漫研チャット
名前:
発言:
[正面] [取扱] [過去ログ]



■■■■2008-06-12■■■■

ルイ >> !!!そ、その通りだ・・・未熟・・・!orz>あの人はドラゴンマンさん

ルイ >> ・・ところで、いまいちハルヒにノリきれませんw観出したら案外ミーハーの血が騒いで、逆に萌えオタ成分が増す事を恐れていたんだが。・・・「普通に面白い」を一歩たりとも踏み越えてきません・・・orz

ルイ >> んんー。・・・なんだろ?「動機のないキャラ」って、面白くないじゃないですか。でも次に面白くないのは「動機しかないキャラ」というかね・・・んんー。

ルイ >> つまり、動機を云々するような横槍といいますか、揺らぎといいますか。それすらないイメージなんですよね。なのでもう、文字通り「○○というキャラは、○○です!」という一行テンプレを切り貼りしているような印象で。情報圧縮タイプの作品ではない、という事はわかった上で観始めたつもりなんですけども、それにしてもちょっと薄くないかい。

ルイ >> んーんーんー・・・まだ結論には早いな。ここからグッとくるかもしれない。まあ、かみちゅもエルフェンも、1話からグッときたんですけどw

ルイ >> ・・あ、ATXで一騎当千先行放送ですか!LDさんは観られるんだな。本編はどうでもいいけど、EDだけみたい!w

ルイ >> ところで水野さんが亡くなってしまったわけですが、これによって大地監督のアニメ「シベ超」が、追悼作の意味合いを持つ事に・・・

井汲 >> そうだ、ヂアでこれを紹介するのを忘れていた。アニメ!アニメ!の安藤真裕監督インタビュー。http://www.animeanime.jp/interview/stranger1.html

ルイ >> うお・・・GJです

ルイ >> というか、2ページ目冒頭の発言が、僕の感想へのそのもの「答え」ですね。

ルイ >> ・・・歳は近くないけどw好みは近いんだろうな。

ルイ >> ところでヂアなんですが、買ったも何もアマゾンのカートに入れただけでしたwアホス!

ルイ >> ・・で、ここでミスったのは、何かの縁ではないか?と考えるにつけ(←エー?)・・・初回限定版にしようかな、とw

備品 >> なんか「がらくた屋まん太」思い出した。http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/world/north_korea_nuclear_program/?1213226747 今更ですが開設10周年おめでとうございます。

ルイ >> 最近家庭用ゲームをしていないなあ・・・そんな私に(?)朗報、「フタコイオルタナティブ」を買ったよ!!

ルイ >> ・・・。・・・?・・・・・・・・・なんで?orz

ルイ >> 双恋無印に関しては、原作もアニメもゲームも触れたことすらないんですけどね。フタコイオルタに泣かされた身として、ついつい。しかし沙羅双樹以外の事ほっとんどわかんねw1話アバンで沼田さんが描いてたタヌキみたいな双子やら、ゴスロリ仮面しかわかんねw

ルイ >> まったく、1クールアニメランキングは日々変動ですよ。truetearsを観た後だけに限定しても、かみちゅは素晴らしかったし(ただ、DVDだと全16話だからあんまり1クールイメージないんだなあ)、エルフェンも良かったし、フタコイもグッとくる。

ルイ >> ハルヒは・・・「サムデイインレイン」は面白かったかな。というか、これが最終回というのが通常の構成なんでしょうね。で、他をシャッフルしてもなお、これを最終回にするのはアリという気がするなあ。

ルイ >> 人気のEDアニメですが、どうにも好きになれないです。OPアニメの方がヨッポドいいと思う。ハルヒとミクルの胸のデカさの差が出ているし(笑)・・いや、EDのロトスコ、つまんないですよね。特に放送版ではない、DVD特典のフルダンス版。あれがメチャクチャつまらない。

ルイ >> 放送版でも、ラスト数秒の動きのキレはちょっとイヤーな気持ちになったなあ・・・ロトスコしても、結局原画のセンスってのは出るはずなんですよね。枚数とか諸々で。でも、言うほどは出ていない・・・。

ルイ >> 孤島症候群あたりはぶっちゃけ睡魔と戦いながら観てましたw俺の目を爛々と輝かせるくらい頑張るんだ!ていうかDVDのメイキング、ただの平野綾おっかけムービーじゃないか!いい加減にしろ!orz

ルイ >> (・・・で、沙羅単独ルートはあるのかね?)



■■■■2008-06-13■■■■

LD >> 今週の一番24時開始予定で…。少し遅れるかもしれません。

LD >> しかし、すっかり「ハルヒ」は嫌われた……という言い方も正確じゃないですけど、淡々とされてしまったなあw

LD >> 僕は藤子F先生の「俺、神様」系の短編とかけて観ているところがあって、ああ〜こうすれば連続話になるんだ〜っていう、ナルホド感で楽しんでいる面が大きいかもしれませんね。

LD >> セカイ系の終着点みたいな言われ方もしていて、それもナルホドなあ…とw

ルイ >> とらぶる〜紅視聴中なのですが、え、終着点ってかみちゅじゃなかったんだwいける、でもいかないってのがゴールだと思ってたw

LD >> とかいいつつ、むかし菅野博士の「亜州黄龍伝奇」というマンガがあってな…とか言い始めたり…おっと「紅」だ。

ルイ >> 一部の原作ファンはこれでも「とらぶる」のアニメ版に不満をもっているらしくて・・・京アニの先見の明というか・・・アニメを原作にとっての「グッズ」の位置にしたい人達がいるんだな。

LD >> いや、「かみちゅ」は八百万の神ですけど、「ハルヒ」は絶対神だからw

ルイ >> そういう比較ですか>セカイへの訴求力の差で終着点 いや、単純に、セカイにリンクできるけどどーでもいいっていうかねwベサメムーチョのあの作品を観た後で、セカイ系云々という話を聞いてもあんまりピンとこなかったもので。え、まだ?みたいなw

LD >> 絶対神が覚醒する時に、セカイが無に帰すという恐怖と恍惚が、セカイ系の終着駅って気はします。

ルイ >> だから先日ちょっと書いたけど、好きとか嫌いというより、かみちゅの一ヶ月後に観たっていうタイミングが悪かった。逆に観れば両方もちっと楽しめたかも。

LD >> いや、セカイ系って話を聞いた時に、その世界観ってつまるところ「自分が生まれる前はセカイは無であり、自分が死んだ瞬間またセカイは無」って話になってくるかなと。

ルイ >> ベニカさんを描く機会は、この1クールじゃ足りないんだろうなあ・・。

LD >> ヤミエさんって「レッドガーデン」的な人ですねw

LD >> あ、失礼、ベニカさんだった(汗)

ルイ >> 自分以外の人間は思考を有しているのか、なんて問いから発するものですかね。それをそのもの世界の事象に直でリンクさせようとするのが特徴的だったんでしょうね。終着点かどうかはわかりませんが、ド典型的なセカイ系だと想いました。でもそんな中でも一人称の置き所は、セカイに直に触れる存在ではなく、それを観察しているナレーターなんですよね。何か、その距離の取り方すらもある種あざといなあってw

ルイ >> (だまれ下郎!って結構萌えワードだと思う←・・・)

ルイ >> このコ本当に演技上手いなぁ・・・マカの8倍くらい上手いぞ・・・

LD >> 「ハルヒ」が終着点とおぼしき場所から一歩退いているとすれば、そこでしょうね。>ナレーター しかし、僕は、この作品観た時から「実はナレーターが神なんじゃね?」ってずっと思っていますwそう予想というか…とにかくそういう読みをしている。

LD >> 紫ですか?

ルイ >> 下女言うたー!

LD >> 弥生さんは?

ルイ >> 紫ですね。声の震わせ方なんかに特別な良さがある。

ルイ >> な、なんだその表情〜!?

ルイ >> いま何か明らかに、これまで統制されてきた紫とは違う娘が。

LD >> ああ〜もう……

ルイ >> ・・・

ルイ >> そうだよねえ。

ルイ >> 自分を巻き込んでくれる、神としてのハルヒというポジションを望んだ、という視点ですか?それなら僕もちょっと考えてましたけど、どっちにせよズッコさは変わらないやいw

ルイ >> これは次回が楽しみすぎる・・・

ルイ >> 紅DVD,最初からこういうCMにしとけばいいんだよ・・・w

LD >> うんうん。正しいDVDのCMだ。

LD >> いや、そこをズッコいと言われると特にもうカードはないですけどw

ルイ >> まあ、そもそもの話として、別に「嫌い」って事はないんですよ?wそれ以上のサムシングエルスは感じないなぁ〜?というだけで、構造としても、そういうものとして楽しんではいます。

ルイ >> あと、単純に演出は面白いですね。長門の本棚の後ろにカメラ置いて、ハルヒによるミクルセクハラを見えそで見えないようにするコンテはオモロ!と思いました。

LD >> ただ、僕の世界の捉え方って、今、話した内容と全く逆なんですよね。だからこそ惹かれるというか……すっと突然、全て無に帰ってしまう“怖さ”を下地にしてコメディやっているところに面白さを感じていますね。

ルイ >> あ、孤島症候群だけは、もう、どうしても、普通に眠かったけどw解決編のあたりで逆転裁判コンテを切っていて、そこは面白かったかな。

LD >> 動作の演出は京アニの真骨頂ですね。それはED含めて利いていると思いますw

ルイ >> ああ、それはありますね>怖さを下地 設定だけ組んで、あとは泳がすだけ〜ってタイプとは違う。

ルイ >> EDはわからないです(wつけろよ!)

LD >> や、「孤島」にしてもハルヒが別の犯人を望んだから、その何者かが今もあの島にいるってオチになっていて、それは逆もあるって事ですよね。

ルイ >> あそこに動作の演出がある、という考え方は、正直本当にわからない。顔の表情で演出してるだけですよね。そのギャップに面白さがある、という映像的な旨味なら頷けるんだけど、まあそれは動作演出とは言うまいと。

ルイ >> 「憂鬱」を先にだっと見せなかった構成は正しいと思いました。あれ先にやっちゃうと、残りがかなり消化試合的になるというか・・

LD >> あの世界の中では多分、統合思念体が最上位存在なんでしょうけど、そこらへんもね…。飛鳥了とバイオレンス・ジャックの戦いみたいなもので。

LD >> 消化試合ですね。

ルイ >> 逆もありますけど、「ハルヒ」に登場するキャラクター達は皆迷いない行動・思考テンプレを持ってますから、キャラ視点で考えれば、それは「ありそうで無い」ですよね。「あれしかない」。←ここがもっとものめりこめなかった原因かも。観てる最中、そのあたりの「可能性」で一度も視点がブレなかったので・・

LD >> 動作の演出って言い方はよくなかったかな?僕も思い出し思い出しでしゃべってるんで、定かとは言い難いんだけど、いくつかのカメラワークを含めた世界のとらえ方がわりといい感じになっていたと思います。→

LD >> →ああ、カメラワークの演出という言い方がいいのかな?「みくるの冒険」なんかでもわざと素人映画的な味付けをしていますよね。

ルイ >> ああ、それはありますね>素人映画

ルイ >> カメラワークは好きですね。ヤマカン演出というものが好かれる理湯はわかった。・・だから、最初の方に書いたけど、「それ」がなくなるDVD得点、ハレハレダンス完全版が凄まじくつまらないw

LD >> 「ありそうで無い」>そこはちょっと僕とは捉え方違うかな。ハルヒは実際に閉鎖空間で世界を壊していますしね。かなり破滅的な面があるはず。

ルイ >> え、でもそれってキョンにキスされる「前」と「後」で分かれてません?どうなんだろ。

LD >> だから彼女がこの世界を「楽しくない」って思ったら、セカイは終わるんですよね。それを「憂鬱」とはよくつけたと。…まあ、そっから続くんで消化試合って話もあるんだけど、第二期は「消失」という事で…読んだことないですけど、なんつーか。その「一手」は分るw

LD >> いや、一応、「後」でも閉鎖空間は現われてたはず。…だちょ?(汗)

ルイ >> そうですね。それは同感>消失 タイトルからの勝手なイメージですけどねw でも、だからこそ「憂鬱」は、シャッフルしてみても基本流しの作品というかな・・・弛緩してみちゃったなっていうのはあるかな。

LD >> で「消失」やったら、次の一手は「神の移譲」だよねってw僕がイメージできるのはその流れだよなあw

ルイ >> 個人的には「サムシングインレイン」が好きなんですけどねwさしたる事はないけど、雨降らせて、相合傘で帰りたいんでしょ?可愛いじゃないのw

LD >> 噂によると長門が萌え萌えの話らしいんでw萌え萌えでスタンバイしておこうかなとw←別に長門ファンじゃない

ルイ >> ハルヒで萌え萌えのキャラって難しい話ですねえ。鶴屋さん?w

LD >> 「ライブアライブ」でも雨が降るんですよね。…こう、強烈に宇宙人とか超能力で何かっていうより、こういう話の方が利きますよね。「神様」系としてw

ルイ >> でも、なんだろう?アニメ唯一のオリジナルエピソードの脚本を原作者に書いてもらうってあたりが、KEY作品にも通じる京アニの対原作姿勢を如実にあらわしてますよね。

ルイ >> あれはもう、リンダリンダリンダだよなあってw>ライブアライブ でも、そう。天気が願望や感情とリンクするのって、多分イメージしやすいんですよね。

LD >> 鶴屋さんだけど、それは単に松岡さんだからって話でw 実は僕は好きなキャラは特にいません。敢えて言えばキョンw……とその妹(ぼそっ)

ルイ >> 松岡さんだからなのかなあ・・・口ぶりとか好きなんだが・・・wまあ、所詮脇ですしねw

LD >> いやいや、ルイさんの鶴屋さん好きと、僕の鶴屋さん好きは違うでしょうしw

ルイ >> あ、序盤の「憂鬱2」あたりかな?で、日曜に変なもの探しする話があるじゃないですか。あの時、ハルヒのクジがキョンと一緒にならなかったのはなんでなんでしょうね?

ルイ >> 自覚がないからって話なら、それは全編そうですよねって事になるし・・・何かミクルと長門が凄い力で介入したのか?w

LD >> (`・ω・´)キョンが神様だからじゃね?w>クジがキョンと一緒にならなかった

ルイ >> キタヨーw

ルイ >> ああ、でも、一番自然だなw

LD >> だって、そうなると思いますよ。現実問題として、一番、半日常/半非日常のセカイを一番堪能しているのは彼なんですからw…意味無く長門とみくるにも気に入られているんですよ?

ルイ >> どちらも「憂鬱」を共有してますからね。

ルイ >> いわゆるひとつの恋愛原子核ですもんね。いやそんなでもないが、SF原子核としての立場は、気付いていない(時には何もないまま終わったと勘違いしている)ハルヒより、キョンの方がよっぽど享受してますかね。

ルイ >> とりあえず、「憂鬱」は僕の中では長い序章みたいな感じでしたね。基本、6話くらいあれば大体通じた気すらする。その分の流しの話数が、ちょっと反応を芳しくないものにしているのかも・・・って、期待はしてます。でもヤマカン関われないんじゃね?

LD >> そう。自分を脇役におけば、何というか、セカイを壊さずに世界を滅茶苦茶に出来る事を神様が発見したというかね。

LD >> ヤマカン関わらないとどうなるんでしょうね?w

ルイ >> そうそう、そこがズッコいって思っちゃうんですよねえ〜?あ、だからこそのセカイ系の極北って考え方はアリだなw

ルイ >> それと比べたら「神のみぞ知るセカイ」なんて、先週丁度いずみのさんがおもっくそセカイ系な視点を指摘してしまった(おいw)けれども、自分の首が飛ぶなんて、立派な神様だよ!w

ルイ >> いやあれはセカイ系とは真逆ですけどねw認識が包むという点でのみ共通かw

LD >> まあ、とりあえず「消失」はシャッフルする必要はないでしょうね。

ルイ >> ・・・大体カメラが面白いと思った所はヤマカンさんのようなので、クラナドのようにテンポとレイアウトで押し切るような作品になるんじゃないかなあ・・・

ルイ >> ないですね。憂鬱をシャッフルする理由って、「憂鬱」それ自体が未完成というか序章・あるいは1章としての役割しか果たしていなくて、しかもその最序盤に構造を提示した後の数話は「再確認」の1話っぽいんですよね。そのオマケ臭をオマケと感じさせない為の組み方というか。・・・何か、ファンサービス云々とか言ってるインタビューもあったそうですけど、それ無関係でもそう思います。

LD >> うん。何というか「神のみぞ知るセカイ」は逆セカイというか…何か上手くいえないな?

ルイ >> 例えば僕が順番通りのTVを観ていたら、感想で「憂鬱6まで観て、あとはサムシングとライブ観りゃいーや」とか素で言い出すと思うw

ルイ >> セカイに届かせたいというよりは、セカイを届く範囲にしたいっていうのが「逆」と感じるポイントなのかな?

LD >> 少なくとも1クールで組もうと思ったら「憂鬱」の6話がベストだとは思うんですよ。ここらへん07式の萌芽があるとは思うんですよね。

ルイ >> 07式と繋げるべきかは正直微妙だと思いますけど、要は「憂鬱6が最終話になるような、全1クールの話の構成を考えよう」という尺ありきの構想をしなかったという点?

LD >> 思いつくまま綴りますけど、ゲームとして閉じられたセカイは閉じられた小さなセカイであって欲しいんですね。僕は、その上でその小さなセカイが世界に通じて欲しいという……それってセカイ系じゃん?ってあれ?そうだよな?でも何か僕がいいたい事は違うような?って思って「逆」とかつけているんですけど、明確な提示はありません(汗)

ルイ >> その辺を「原作重視、サービス重視」で軽々と越えていくのが京アニだからなあw

LD >> はい。>尺ありきの構想 実際「憂鬱」のみで1クールシリーズ構成したら、かなり“不味い作品”になったように思います。

ルイ >> で、普通に1クールの序盤半分で憂鬱を終えたら、後は本当ちょっと長めのボーナスエピソードに化けますしね。

LD >> しかし「クラナド」なんかに比べるとその動作はかなり機能的ですよね。…やはりヤマカンと石原さんは違うという話になってくる。

LD >> そして「憂鬱」の楔で、ボーナスエピも、セカイが終わる、書換えられる怖さが常に下地にされているという、単純な番外ではない効能があると思います。

ルイ >> 監督として未熟とかまで言われた所に戻る事があるとしたら。それはUFOと金月先生の関係よりもウルトラCだなあw

ルイ >> そこは憂鬱の後ろの方をとっておいたからこその効能なんでしょうね。そして僕は、折角とっていてくれたのに、あまりその効能を感じられなかったんでしょうねw

LD >> だから大人げない事するなって…(汗)クレバー!クレバー!人生クレバーにやんなきゃ!w>未熟

ルイ >> 金月先生と言えば、フタコイオルタゲーム版、初回限定版買ったんだがwそこに金月先生によるイラスト&ポエムみたいなダイアリーが二冊ついてて、俺それだけで涙目&満足w

LD >> ってか「フタコイオルタ」は気に入ってくれたんですねw……「ハルヒ」よりもいろいろ全然無様な出来って言い方もできる作品だと思いますけど?w

ルイ >> 凄く好きですw

LD >> んじゃ買う!(`・ω・´)>イラスト&ポエム

ルイ >> 情がフィルムから溢れてきたら、その辺はもう許容ですねw>無様

ルイ >> え、読み上げましょうか?w←おいおい

LD >> ってか「コヨーテ」のコミックス注文しなきゃw

ルイ >> イラストの塗りやゲンガーがユーフォなので、そのままフタコイ印ですね。

LD >> 溢れてるでしょwこう…こうしたいんだ!って思いがw>「フタオル」

ルイ >> まあ、でも、この後世にも名高い?イカだかクマだかが始まるらしいので、感想変わるかもしれないw

LD >> あれやり切っているから、かなり計算されている「まなび」があるんだと思います。

ルイ >> フタコイ系の、例えばスレッドなんかを覗くと、フタコイオルタってボッコボコなんですよねwそのせいで、今でも「潰れてほしい会社」とかのスレに「フタコイをレイプしたユーフォ死ね」とかいう書き込みがあるんだけどw

LD >> あ、まだ、そこ観てないんだw>イカだかクマ 感想変わるかもなあ〜w

ルイ >> フタコイオルタは、例えば既に用意されていた双子キャラをどう使うか、とか・・・そういう視点に立てば、決して優れた作品とは言えなくて。

ルイ >> ああ、変わるんですかね・・・w

ルイ >> 少なくとも「1話が一番面白かった」的な感想には、現時点でハァ!?はぁ?ハアアアア!?などと三兄弟気分なんです。

ルイ >> 原作レイプって言葉は、結構受け手のナイーブさやもろさが出ていて、好きな言葉(悪趣味だなw)

LD >> ´_ゝ`)ほう……その人は「双子を二人とも愛する」という世界をどういう風に観ているんだろう?w

LD >> ちなみに無印「双恋」の評判はどうなんです?テレコムの。

ルイ >> 元が歪だとしても、その「歪な元」を過剰に神棚に据えてしまうといいますかね。ある種の原典主義ですよね。僕にだって全く0の気持ちとはいえない気がしますけど、それにしたって使い方がちょっと、楽しくない。

ルイ >> どっちもダメ的な評価が多いらしいw

LD >> あ、そういえば「フタオル」って京アニ的な「キャラ全部なめよう」という思想からは完全に逆の存在ですよね。

ルイ >> まあ、でも、言わんとすることはわからなくはないですよね。金月!近藤!お前ら俺たちの好きな「双恋」の世界を使って、使わなくても出来る事しやがって!と。・・・・で、確かに、そういわれたら返す言葉もないwまあ企画の時点で許可は出てたんだろうけどw

LD >> ほう……僕は「双恋」はひたすらモラトリアムにして楽園という意味において好きですね。

ルイ >> ぜんっぜん真逆ですね。京アニ的なものが寧ろ特殊で、それを範にして、JCなんかが追随している印象です。

ルイ >> ああ、なんかホラ、映像的なクオリティに不満があるらしいwで、映像に不満がなくなったフタコイの方は展開に不満があるらしいw当てはまるパズルのピースだけを、空白ありきで求めると、世に楽しめるものは減りますねっていう典型かも。

LD >> あ、それは少し違うと思う。あの作品、沙羅と双樹で描いているけどテーマは「双恋」のキャラ凡てに通底するものを使っていると思っています。

ルイ >> 漢字の方の双恋は正直全く知らないので・・w

LD >> 双子だという事に対するブレーキがね。エロさに拍車をかけているというか…w

ルイ >> まあ、怒ってる人達はそういう話らしいです。双子でなくってもいいじゃん!ってのを良く聞く。そうかな?とも思うんだけど、まあムリすれば双子じゃなくて出来るかな?とも思う。←でもムリすれば、って時点で、双子は使えてる気もする・・・つまり「選択」の象徴として。

LD >> 全然違う作品ですw>「双恋」vs「フタオル」

LD >> 僕はあれ「探偵物語」+「神田川」って言いましたけど、あれ相手が一人だけだと単なる同棲物語ですしw…二人を赤の他人にってやり方は、今、ルイさんが言ったとおりムリすればって奴で、わざわざ双子という事で説明不要になる「絆」フェーズを解体する行為ですよね。

ルイ >> うんうん。あ、他の双子がモブになるのがイヤだったのかな?出崎AIRの話と近い気がしてきたw

ルイ >> フタコイダイアリーの一冊、赤の日記帳の文章が、グッとくるもの多すぎですよ金月先生・・・orz

LD >> 堀江子+小清水子を蔑ろにしていますからねw…あ、一つ言うと「双恋」の方では沙羅双樹はワンエピで去ってますね。…だから「オルタ」で抜擢されているともw

ルイ >> そ、そうなんですか!>ワンエピ 考えもしなかったw

LD >> PCゲームですか?>「フタオル」

ルイ >> PS2です。極上生徒会を全クリしたLDさんの手にかかれば、赤子の手をひねるようなものといえよう!

LD >> 他のキャラたちはわりとずっと出ているんですよ。……あ、一番出番なかったのはメガネ双子だったかな?

LD >> え?LDさんって「極上生徒会」全クリしたんですか?w

ルイ >> だからこの、フタコイに怒る層の事を考えてみると、現在の京アニ隆盛の理由が、例えば作画のクオリティであるとか、仕掛けであるとか・・それに限らないところで、しっかり見えてきますよね。

ルイ >> ・・・ねえ?w>全クリ

LD >> ん〜めんどくちゃいと思いつつ。最近、話題にしている「並列指向」の流れは確実にあるなと思えますね。>京アニ隆盛

ルイ >> そうなんですよね。ある一部の消費者にとっては、実はここで話題にしてきた、「次」は特別求められていないというのが見えてくる。

LD >> ちなみに僕は桂聖奈さん(名前覚えてた)と、忍者子をクリアしたら放ってあります。「マブラブオルタード」も御剣姉妹クリアしたら、その先やってません。……何か自分の指向が見えてくるな?(汗)

LD >> えっと「次」というと?

ルイ >> 並列型から、その構造を活かしたままどう「物語」を描くか・・?という、その物語の部分の優先順位が圧倒的に低いと。とにかく、見せ場作れとw

ルイ >> 並列なら並列の型のまま出しやがれって事ですねw>次イラズ

LD >> ああ〜そっか、何かが組まれ、積まれて行く必要はないんだっ>見せ場作れ

LD >> それはデータベース消費論だw>並列なら並列のまま

ルイ >> 大丈夫、オルタードは純夏だけクリアした僕の方がミエミエだから!w

ルイ >> その人達の願望に応えたまま、徐々に啓蒙しようとしてるんでしょう?偉いですよね〜京アニw

ルイ >> オルタードの世界があることそれ自体が純夏の想いが解放されたという事なんだ!さあ、恋を謳歌せよ!・・・というのはわかっているつもりなのに「オルタ世界からやってきた霞はその世界でのタケルと純夏の事を知っていて、たとえ彼女自身がタケルを好きだったとしても、その霞が好きなタケルは純夏を選び続けたタケルであり、純夏もまたタケルを想い続けたタケルなのだから、寧ろ霞の為にも、純夏を選ぶべきである」とか考える俺の脳は間違いなくマヌラブ動脈硬化。

LD >> 啓蒙なんですかね?まあ、以前ちょっと話したとおり「AIR」の並べ方より「クラナド」の修正の方が好きですけどね。

ルイ >> 啓蒙なのか欲求の噴出なのか・・・wただ、ここまでのKEY原作には少なくともそういう「道筋」は見えますよね。ただカノンの形を踏襲するなら、姉妹とトモヨをああいう処理の仕方をするってことは、まずありえなかったはずで。

LD >> 関係あるかい!俺は冥夜にいくんじゃい!(`・ω・´)

ルイ >> 野郎!決めにきたっ!(懐かしいなオイ

LD >> 智代は番外救済みたいですけどね。

ルイ >> はい。だから、そこが京アニらしいというw>番外休載 そこで突っぱねたり押し切ることはできないんですよw

ルイ >> 僕は別にね、作品のメディアが変わった瞬間、別の生き物です!って言い切っちゃうのもアリだと思うから、原作は漫才みたいなボケツッコミが面白かったのに、アニメ化したらクラシック流れたりハーモニー処理乱れ飛ぶようなアニメになってもね?「それはそれ」で切り替えられますけど・・w

LD >> いや、でも諸々の評判聞く限り藤林姉妹はアニメが圧倒的に良さそうですね。

LD >> なんの事?w>ハーモニー

ルイ >> ゲームの姉妹、基本的に「クラナド世界に生きていない」ので。独立して「君が望む永遠」を希釈したようなモノになってますからwそれと比べたら、それがたとえ「とるてあ」におけるあいちゃんのようなものだったとしても、存在の意味を与えたアニメ版の方が良いのは当然ですね。

ルイ >> 何のことでしょうwhttp://members.jcom.home.ne.jp/ryo6/harmony47/harmoniy.htm

LD >> ん〜つか、アニメ「とるてあ」のゲームはでないんでしょうか?w比呂美→乃絵→あいちゃんの順でコンプリートするんだけどw

ルイ >> ブロッコリーがプライドをかなぐり捨てれば、出てもおかしくないんじゃないですかねwそこが最大の難関だw

ルイ >> まずブロッコリー以外ではありえない話ですから。でも、んー、あいちゃんを選ぶ眞一郎って凄くイヤだなあw

LD >> アニメ版で出ないかなあ〜と思いつつ、ゲーム「true tears」を買うのがファンというものなのか?

ルイ >> あいちゃんの時は三代吉を主人公にしてくれないと、どうにもならんw

ルイ >> いやしかし、名前以外の99%が別物だとわかっているのに・・・w

LD >> 三代吉カワイソス展開が待っていますからねw>あいちゃんを選ぶ

LD >> どうにもならない事はないでしょうw三代吉「俺…いいぜ。お前なら」って言ってるしw

ルイ >> それもそうですけど、眞一郎にとって「はじまり」が比呂美であり、「翼をくれた」のが乃絵じゃないですか・・・ここはもう、描き方一つでね、後者への道もなくはないと思うんだけど、この2つを得てあいちゃんに向かうってどういう登山ルート?ってw

LD >> ルイさんが最初の頃言っていたように…。>あいちゃん

LD >> あいちゃんで困っていたら、もうトモヨルートとかあり得ないわけだw

ルイ >> えーと近くにいすぎて忘れてたルート?w

LD >> さて、そろそろ失礼しますが……。う〜ん、ブログ、更新しそこねたなあ…w

ルイ >> 隠しルートにちょくちょく登場する二人のおにゃのこルートがあるわけか・・・って、基本とるてあの評価って→

LD >> ん〜。体で繋ぎ止めるってやつかな?w>ルート

ルイ >> 必然に彩られてますよね、っていう評価軸ですからねwそもそもが、IFのゲーム化というもの自体が難しいですよね。IFもまた必然に仕立て上げるなら、それこそ監督や岡田先生に手掛けてもらって、根っこから組みなおさないと薄っぺらいものにしかならないという。

LD >> まあ、とりあえず「今週の一番」アップしたし、よしとするか。(7月改変期前にアニメのデータ入力も一段落ついたし)

ルイ >> 俺はどこまでけしからんのだ・・・!orz>体でつなぎとめる えーと失礼しますw フタコイダイアリーはこういうのがいいです→「事務所による前にわたしたちは秘密の作戦会議を開く。 会議室はいつでも駅前のカフェ。議題はいつでも「どんなふうに今日を楽しく過ごすか」。

LD >> それに関しては同感。>IF IFがある得るように緩い描写に直して行くとあの緊張感は出ないでしょうね。

ルイ >> わたしたちはそうやってほんとうのわたしたちを”証拠隠滅”して、双葉探偵事務所の双子助手へと”変身”する。 ううん。 もしかしたらほんとうのわたしたちに変装していたのかもしれないな。」    わ〜か〜か〜あ〜った〜あの〜ころ〜♪w

LD >> 金月先生……orz もう何かいろいろ「まなび」と一直線な気がするよ…w

ルイ >> 金月先生の基本に、流れゆく時間というものはあるんでしょうねえ・・・。では、失礼します。

ルイ >> 「まっすぐゴー!」も”証拠隠滅”なんだよ!なんだよ!(そうか?w)

LD >> はい。お疲れ様です。それでは失礼します。

GiGi >> 今日は2時くらいになるかな…?



■■■■2008-06-14■■■■

ルイ >> gigiさんが2時という事は・・・4時だな!(おい よーし仮眠とろうw

LD >> 遅れます。でも

LD >> べらぼー参上!(`・ω・´)/

LD >> …が、いろいろ作業があるので、それをやりつつ、ぼそぼそと語りたいと思います。

LD >> 「フタコイオルタナチブ」DVD−BOX \19,950-か…。

LD >> http://www.websunday.net/toreaders.html …ふむ。

LD >> かなりいろいろなところから、意見が出ているようですが…………まあ、まだ出尽くしてはいないかな?

ルイ >> な、なんだこのネリネリ動くクマー!?

ルイ >> 「古くはジョンとヨーコでミルク&ハニー」・・・金月先生・・・orz 確かジョン・レノンの遺作「ダブルファンタジー」の数年後、そのジャケの別バージョンをジャケにして出たアルバムがミルク&ハニーだったかな・・・

ルイ >> イカとクマがー!?

ルイ >> 世界そのものが動かしやすい線にー!?

ルイ >> このイカ・・・w

ルイ >> イカまたきたー!?

ルイ >> イカに立ち向かった親父の陰を振り払うチャンスと捉えるべきだな!って、マジメな事言ってるはずなのにイカって何?!

ルイ >> イカ、イカすわ・・・w

ルイ >> これが小島大和さんがその名を一気に高めたとされる、イカクマか。大変美味しゅうございました。

LD >>

ルイ >> 大体、話の筋をうっちゃって一気にこういう暴走コーナーに突入するくらいの覚悟をしていたので、話に沿った形で暴走している「コレ」で、僕の評価が変わるわけがないですね。てか、イカクマ以降嫌いってどういう感覚?

LD >> 「クマのように舞い、イカのように刺す」を観たようですね。

LD >> イカって第一話で出ているんですよね。かつ親父の回想にも出ている。…これで唐突な超展開という人は節穴ってもので…。けっこうここいらへんの構成が07式です。

ルイ >> 観ました。とても面白かったです。作画も話も演出も面白かった。ユーフォと金月さんの最高傑作はフタコイだったんですね。

LD >> おっと、それは「まなび」と比べて言っていますか?w>最高傑作

ルイ >> はい。いや。音楽の世界でよくある事なんですけど、「もっとも完成度の高いアルバム」が5枚目くらいにあるとして、「でもやっぱ1・2枚目の熱気には敵わないよね」っていう事がよくあるんですよw僕は「まなび」大好きだし、凄く楽しませてもらったけれど・・・この隙だらけの方に惹かれちゃいますね。

LD >> 「まなび」に比べたら隙だらけですよねwテーマ絞りも甘いしwキャラクター無駄に多いしw

ルイ >> 作画も、何か確変はいっちゃってる感がアリアリで、観ているだけで変な汗でてきます。これがアニメーターズハイって奴だな。

ルイ >> 双恋への半端な配慮が見えますねw>無駄に多いキャラクター ここまで突っ走るなら、もう他の双子なんて更にどかしても構わないのにw

LD >> ああ…でも瑕疵ではないですけど「まなび」のラストシーンってけっこうウェットじゃないですか。「フタオル」のラストも観ちゃおれんくらいウェットですよw

LD >> ところで、この話で針山さん気に入りませんでした?

ルイ >> ここまで来たら走り切ってくれてかまわないけどwもともとウェッティなもの大好きな性質があるので、楽しみですw

ルイ >> ・・・針山って誰・・・?(うひょう!

LD >> ……orz ショック! やたら発砲する警官さんだよ…orz

ルイ >> ああ〜ああああ〜。あれが針山さんですか。

LD >> 人呼んでダーティー針

ルイ >> なら、針山さんずっと好きですけどね。特に木村豪さんによる、銭湯回想シーンあるじゃないですか。6話か7話くらいで。

ルイ >> (殴ろうか・・・いや・・・)>ダーティー針

ルイ >> あそこで携帯で騒いでるヤジ馬を、股間の銃で撃退しているトコロがあってwあれはメチャクチャ好きでしたねw

LD >> いやいやいや、本当にダーティー針って呼ばれているんですよw

LD >> いいい人ですよねえ針山さんw(←いい人!)

ルイ >> あ、あのキャラって、テレコム版からいたりするんですか?

ルイ >> ユーフォテーブルの最新作「空の境界」は、原画ごとの暴走なんて1ミリも許さないような完成度を誇ってますけど、その根っこにフタコイがあると思うと楽しくなってきます。今「まなび」見直すと何か違うものが見えるかなぁ・・・

LD >> ユーフォオリジナルです。>針山 テレコム版には良くも悪くも毒というものはありません。

ルイ >> ああ、そうなんですか。あ、ニコタマという場そのものが創出物かな?つまりコロッケ屋のおばちゃんとか、ヤクザとか。

LD >> 「空の境界」当るとまたユーフォ、TVで何かできますね。

ルイ >> オルタもきっと、ウケ悪くないですよね。原作ファンがいい感じに淘汰されて、真っ当に評価されるいいタイミングで再放送されたのかも。

LD >> コロッケのおばちゃん、もヤクザも全部オリジナルです。「双恋」は主人公は田舎の神社に住んでるし。

ルイ >> ああ〜あ、だからあの田舎の巫女双子だけ声優豪華なのかw

LD >> そうですね。>淘汰 よい、作品を作ると経年に耐えるから、こういう時、強い。じわじわと取り返す事が可能です。

ルイ >> UFO枠を維持する為にフタコイを流してるんだ、みたいな話がありますけど、じゃあ来年はドッコイダーが観られるなとw

LD >> 「ドッコイダー」もいいですよ。ベタですけど。

LD >> 。o(……む、2時半とかゆーてるのに…GiGiさんが現われない?)

ルイ >> さて、やっぱりギギさんは少し遅れているわけですが・・・お前(謝)は次に「さて、ではそろそろ一番に入りましょうか?」と言う。

GiGi >> 遅れましたが帰宅しました。

ルイ >> はやーいッ!

LD >> さて、ではそろそろ一番に入りましょうか?

ルイ >> (こんなに気の引けるジョセフ成功は久々だぜ・・・w)

LD >> ジャンプから行きましょうか?w

GiGi >> 思うところあってモニタを追加購入したりしました。2画面です。

ルイ >> へえ〜!!>2画面

LD >> …ほうw動画編集とかで大きく画面を使いたいとか?

ルイ >> 「神のみぞ知るセカイ」に影響を受けたんだ!(?)

LD >> 。o(ちなみにオラはテレビ三画面だったりする)

GiGi >> 動画編集はPC自体を新調しないと厳しいかなw。まあ、ニコニコとかGyaOとか見ながら作業するのに1画面は辛いというのがあります。

GiGi >> やってみるとかなり快適ですね実際。下手に大画面のモニタ買うより安いモニタ複数使うほうが良いです。

LD >> 横に広くとれるのがいいかもしれませんね。>二画面

LD >> さてジャンプからいきましょうか。

LD >> まず「ブリーチ」から。

GiGi >> 「どがしかでん」は分かりやすいくらいアイシーメソッドですね。

GiGi >> え、鰤っすか。どぞw。

ルイ >> 次に俺は「ブリーチで語る事なんてないです・・・」と言う。

LD >> 愛染副長、いろいろ露見しちゃっているんですけど、いいんでしょうか?

ルイ >> ブリーチで語る事なんてないです・・・ハッ! えーと、まあ、−99ですねw

LD >> みんにゃ〜!?もっと語ろうぜ?

ルイ >> ちょっと眠いのと、「陰からマモル」を通して観ているので・・wえーと「ナルト」、イタチさんの死後格上げが凄い事に。先に上手く混ぜたら、印象も違ってきたろうに。

ルイ >> 「どがしか」は先週のド頭に言ったけど、ほんっとうにスラムダンク21で、しかもメソッドはアイシー直系ですよね。

ルイ >> 流川くんが登場したぞ、と・・・(メモメモ

LD >> サブタイトルのナンバーが2nd period とかになっているのも「アイシ」的ですね。

LD >> それから「愛を育む」ですが、これは「引き返した」と言うべきなのか……ちょっと残念です。

ルイ >> うーん・・・・当然2話アタマを考えずに1話を組む事はありえないでしょうからw(5話くらいはストックして構成組みますよね?)引き返しというべきかってのは難しいんですけど、感覚的にはわからなくもないかなあ。

LD >> 「ナルト」はイタチ株、ストップ高ですねw

GiGi >> そのアイシールドですが、うーん。これまで負けフラグが立ってもひっくり返してきたわけですが、今回はどうなのかな…糸口すら掴めないんですが。

ルイ >> 先週のヒキの「強さ」に対して、今週アタマの受けの「弱さ」は、ちょっと残念という気はしました。凄く典型的な組み方で、これ自体に瑕疵があると言う気はないですけどね。 でもコレなら今週の序盤を先週に収めるネームが考えられたでしょう?と。まあ、先週のヒキはちゃんと「1週間分の期待」を上手い事作り上げたと思うんで、成功か失敗かでいったら成功と言っていいと思う。でも、その成功は今週アタマだけで一気に軽くなる類のものなんですよね。

LD >> その「アイシ」ですが、ようやくカリンちゃんの実力が分かります。

ルイ >> アイシールド、試合構成が神龍寺タイプになるイメージしか沸かないんですが、同じ事を同じようにやって同じ結果を生み出す稲垣先生というのが想像できません。

LD >> 「一緒に暮らす」展開を抱えていた方が面白さが1.2倍くらいにはなりますよねえ?w>「どがしかでん」

ルイ >> あ、勝利するなら、という前提での話しです>神龍寺タイプ 基本イメージとしては、最初の王城戦くらいのイメージ。

ルイ >> 誤解なら誤解のまま引っ張っちゃってもいいと思いますよね>どがしか

LD >> 「リボーン」はまるで昔の星野桂先生のようにペンタッチがトゲトゲしてきたな?

ルイ >> 一瞬花梨二重人格キャラだと思ったのに〜w

LD >> タツオくん、再登場フラグ立ったな。>「サイレン」

GiGi >> ワンピースも結局喧嘩を売っちゃったわけですが、んー。ここはむしろライバルのお披露目的展開になるのかな。

LD >> しかし、あの細い腕では飛距離はかせげないだろうな…。>カリン

LD >> グランドラインのダチョウ倶楽部ですから。>ルフィ

ルイ >> セナが提示した「動く砲台」の理想形という可能性もなくはないですけど、何かイメージも出来ない一芸があるんでしょうねえ。

LD >> 「ぬらりひょん」のネーム……というか画はいいです。かなりよい感じの連載です。

LD >> ああ…足早かったりして。>カリン

ルイ >> 「ネウロ」なんですが、自分が使う毒くらいもう体に耐性備わってるよ!という展開じゃあるまいな。

LD >> ちょっと2chのスレ読んでいたら自称マンガ家の人が現われて「ネットで盛り上がっていても全然嬉しくない。それならファンレターだして欲しかった。お陰でもう打ち切り」という弱音を吐いた意見がありました。

GiGi >> いや、薬で体質強化しているから過剰摂取でダメージという話なのでその線はないのでは。過剰パワーアップの可能性はあるかw>ネウロ

LD >> →「アマゾンで俺の作品は4.5点。担当はネットの評判はいいのにしか言わない。もう遅い」などを語り「スケットダンス残念だったな」と言われてしまっていました。

LD >> ネウロが「ひとたまりもない」と言っていることに読み違えはないと思うよ。

LD >> →さて、あの人は本当に篠原先生だったのでしょうか?確かにアマゾンの評はよいです。>「スケットダンス」

LD >> サンデーいきましょうか。

ルイ >> うーん、ジャンプ打ち切りラインで遊んでいる人が、その辺演じたって可能性も普通にありますよね。

ルイ >> 「スケットダンス」は見事に兄貴がスイッチだったという事で、妄言でもなんでも吐いてみるもんだなとw(も、妄言じゃないよ!)

ルイ >> 篠原先生の「痛み」の描写は、何か妙なリアリティがある・・・

LD >> 本人は自分は誰とは言っていないんですよね。ただ、誰かが「スケットダンス」と言い始めた…。

GiGi >> ちょっと次回予告の煽りが不穏ではありますね>スケットダンス

LD >> いや、今回、二人の別れのシーンいいですよね。すごくオールマイティにネームが組める人です。>「スケットダンス」

GiGi >> 仮に篠原先生だとしても、これで漫画家廃業だという話でもないでしょうし、そこまで悲観せんでもとは思いますが。1作目からヒット飛ばす作家なんてそうはいないわけですし。

ルイ >> スイッチの腹痛は、腹を刺された弟の傷を自分のものにしている?

ルイ >> てか、コミックは結構売れてるみたいですしね。

ルイ >> 沙羽を責める流れで「さよなら」にもっていく流れは、カメラワークコミでアニメで観たいなあ。

ルイ >> 「と思ったら」が不穏ですねw>アオリ

LD >> う〜ん、「金剛番長」は好調だなあ…。

ルイ >> 沙羽が兄貴の方を好きだったというのも、「痛い」なぁ・・・。全てが兄スイッチを苛む。

ルイ >> あれ、サンデー?w

ルイ >> 「とらぶる」がある種外堀からの最終回みこしエピみたいですね、とか言いたかったんだけどもw

GiGi >> 「犬夜叉」が次号で最終回ですね。

LD >> 剛力番長、キャラ立ってるなあ……鈴木マンガでランスロットを差し置いて目立つなんて…。

GiGi >> とらぶるは何か消化試合っぽいエピソードでしたねw。、

GiGi >> 金剛番長は仲間主体で組み始めたのは良いんじゃないかなと思います。

LD >> 最終回だすなあ…あと一回でどういう結末になるんだろう…w>「犬夜叉」

ルイ >> 恋愛争奪戦からの「撤退」を最も平和裏に表現する方法って、他に打ち込む対象を見つけることなんですよね。それが「他の男」なら軽薄な色合いがでるけれど、今回の「アイドル」のようなものだと、それすらもない。キレイに線を整理したい時の典型的な匂いがしますよね>消化試合

LD >> 久しぶりに一話完結しているので違和感を感じたんじゃないかい?w>「とらぶる」

ルイ >> ようやく終わりますか。てか、このタイミングでるーみっく作品が終わるというのも、何か・・・

ルイ >> んー、遠いキャラを使って、今後のテストを行っている1話と観ましたがw>違和感

GiGi >> 「ハヤテ」はどう見ても現世じゃないんですがw。んー神のみぞ知るセカイ以上に現世と彼岸の境目が曖昧になってきた?w

ルイ >> ラ・マルセイエーズ歌詞こええええええ!(サッカー観ている

GiGi >> 高橋先生クラスになると意見してくる編集自体いないでしょうし、それはもう諦めてる気もしますね。次作があるかどうか。

ルイ >> 絶対♪運命♪黙示録♪>ハヤテ 城〜。城〜。

LD >> あう!ルイさんもそう思いましたか?>絶対運命黙示録

LD >> 天王洲アテネ→天上ウテナ→って思ったし…w

ルイ >> 元々ヒナギクがウテナになったりする作品ですし、白皇自体が鳳学園っぽいんで、自然と感じるものかもしれませんがw何かこう認識世界っぽい作りも込みで、ウテナを色々想起させますよね。

LD >> 高橋先生がサンデー本誌で描きたいなら余裕であるでしょうね。>次作

ルイ >> 読者の中での、高橋先生のゆるいラブコメへの需要の高まりは凄い事になってると思う。10年くらい溜められたからなwこれが、自分で自分の作家寿命を伸ばすということか・・!w

LD >> なあ、なんだって〜!!!!?ΩΩΩ>作家寿命伸ばす

GiGi >> 黄金世代もギャンブルも今週は溜め回だな。ゴールゲットした回が溜めってのも変な話だがw。

LD >> いや、でもアーニ……アテネさんですけど、ちょっと住んでいる世界が違う人ですね。

ルイ >> 一時期、ナギの認識力がこのハヤテを形づくる、みたいな視点があったと記憶してるんですが、その上位者権限はアテネ→ナギへと移譲されたものなのかもしれないですね。で「ハルヒ」的な読み方をするなら、実質的にはハヤテが持っているっていう・・w

GiGi >> あだち先生のような老境に至るのか、それともまだやり残した事があるのか、ですね−。本格ホラーファンタジーをやりたいという欲求は犬夜叉でおおよそ満たされちゃったでしょうし。

ルイ >> 視点が違いますね。なんかお子様のくせに、圧倒的に達観してます。人生が短いゆえの早熟だったりするのかしらん。

LD >> 少なくとも俗世くさい三千院家よりも上の格式に見えますね?>天王洲家

GiGi >> アテネとナギの間にアクセス経路が何かありそうな雰囲気ですねぇ。んーあんまそうゆうのは要らなかったんだがw。まあ、畑先生は好きそうだ。

LD >> 。o(犬夜叉って本格ホラーファンタジーだったんだ…)

ルイ >> (同文・・・)

GiGi >> 紆余曲折あったにせよ、やりたかった事はそうでしょうよw>ホラーファンタジー

ルイ >> 「ギャンブル」は予想外に溜めましたね。いや、今回で終わる可能性も込みで読みはじめていたのでw

LD >> …(思考中)あかん、経過をみよう。ハヤテくん、とにかく完全にこのアテネさんのお手つきなんだなあ…。

LD >> 「神のみぞしるセカイ」消えて見えるのは駆け魂の影響だったんですねw

ルイ >> お手つきってのは重要かもしれないですね。いやその事実が重要というよりwハヤテの作品テーマとして、「運命の出会い」=「はじめての出会い」ではない、みたいな距離感が。

ルイ >> 「神のみぞ」これは良い引き返し?wいや、今回も面白かったです。ギャルゲーマーならわかるこの感覚w

LD >> 「ギャンブル」は手の内バラしすぎw……案外、このおっさん観察が武器じゃなかったりしてw

ルイ >> このままいくと、これ、「ノーマルエンド」なんですよね、ギャルゲ的にはwさすが落とし神!w

GiGi >> ニコニコのスパイダーマが4ヶ月ぶりに削除された模様。実に126万再生。天晴れな最期であった。

ルイ >> (・・・スパイダーマ。)

GiGi >> 駆け魂の影響?なので予断は許しませんw

LD >> いや、この演出、このネーム組み。…どうみてもアテネとの出会いの方が「運命の出会い」でしょう。むしろ、ハヤテにとって「ナギとの出会い」に淡々としていたのが分る。これヒナギクや西沢さんで奪い合うレベルじゃないですよ?w

ルイ >> いや、でも「運命の出会い」を「書き換える」話になるんじゃないのかな?

GiGi >> アテネさんが現世の人でない場合はナギとハヤテの出会いそのものに介在してたりするかもしれませんね。

ルイ >> 或いは与えられる側だったものが与える側になる事で連鎖を繋げる話かもしれないけど、それにしてはハヤテの精神には色々と隙というかギアスというかwがかかっている。ここはやっぱり、2人で乗り越える話か・・(ずっと妄想中

LD >> それはナギ勝ちって事ですか?>書換える

LD >> まあナギはナギで姫神って奴がまだいるはずなんですけど。

GiGi >> 「ケンイチ」はこれはいいエピローグ。

LD >> ……ま、マリアさんなら楽勝だから。いっか。深く考え無くって。(←逃げてる)

GiGi >> お互いに何かをやり直す話になってるのかもしれませんね>姫神

ルイ >> ナギ勝ちっていう言い方なのかな?ナギだって欠如したものをハヤテで埋めてもらっているわけだから、強いて勝ち負けでいうなら「現在の主従の勝ち」?もしくは、それを勝ちとすることこそがかつての勝者に報いる手段かもしれないですよね。まーこのへん様子見でw

LD >> 「ロストブレイン」が土俵際で面白いですねw

ルイ >> 「ケンイチ」しぐれ・・・!これは20巻をはるか越えているのに瑞々しいエピソード〆ですねえw

LD >> お互いに何かをやり直す……なんて美しい物語なんでしょう……しかし、それはコメディじゃないよなあw

ルイ >> 嗚呼、似たような視点かな>やり直す 最初にアテネ→ナギの線を考えてしまう時点で、似るのは当然か。

LD >> 「ゴールデンエイジ」は近江の反射の描写が素晴らしい。

GiGi >> ロストブレインはやりたい放題で描いてて楽しいでしょうねw。

ルイ >> 近江のゴール、もっと醜い、フィールドをボテボテバウンドするあたりでもグッときたかも。いや、彼の天分を描写する為にはこの描き方がいいんでしょうね。

ルイ >> 「結界師」はちょっと影宮ウラヤマシス。これは男なら一度はやってみたいw←久々に結界師に触れてこれか!

LD >> 「副長、腰細ぇえ〜!」ですね。分ります。(´・ω・`)

ルイ >> いや、腰に触れるだけじゃなくて・・まあ、伝わってるみたいだからいいかw

LD >> こう、近江もやっぱり目で追うのはワンテンポ遅れているんですよね。そこから反射だけでボールを何とか横に蹴っている。正に、唯くんのギリギリパスなわけで。

LD >> マガジン、いきましょうか。

GiGi >> 上条先生の新連載はヒロインの女の子がいい感じです。

ルイ >> うむ、ナギの名前はなんでナギなのか(親の名づけ理由とは別に)、とか考えてたら妄想の世界に旅立っていたな。マガジンマガジン。

ルイ >> 俺はどっちでもいいけど!・・・いいけど!>新連載

LD >> 新連載「コードブレイカー」ですが、犬を殺すシーンはそれなりにショックでした。

GiGi >> 凪という話ですかね。まあ考えます。

ルイ >> (つまり、上条先生もカブトボーガーだと・・・)※ねーよ

LD >> 「フェアリーテイル」…よし。イカルガ仲間決定。

ルイ >> イザナギと考えた場合、「大神」の流れで生まれたとはいえ、ペットのシラヌイ=アマテラスが急激に重たい意味を・・wとか、そういうのも込みですw勿論「凪」そのものの意味でも考えてますが。 一応由来はセカイを薙ぎ倒せ!らしいけどもw

GiGi >> 「花形」は背中を小さく見せといてめくりで宇宙を背負うのにはやられましたw。凄い落差だw

ルイ >> 更に言えばナギがナミでない理由・・などと妄想の更に妄想に旅立つと、もう「しゅごキャラ」が始まるあたりまで帰ってこれない気がするので、とりあえず収めますw

LD >> 。o(…相変わらず「エルザにおまかせ」だしな…っ)

GiGi >> シラヌイ=アマテラスだとタマはスサノオですか?w

GiGi >> しかも言ってる事が力強いけどダジャレというw>花形

LD >> ナミ…?

ルイ >> いや、大神というゲームでは文字通りシラヌイはアマテラスなんで・・・まあ、タマがスサノオでも構いませんがwで、敢えて男性神の名前をつけ、マリアさんがそのもの聖母の名前という事で、ナギ+マリア→ハヤテ(子)の図式が見えてくるな?とか、だからもう収めますwしばらく妄想は陰で進めておきますw

GiGi >> 登場シーンだけで仲間決定とか言ってますか?w>斑鳩

ルイ >> ギミックで敵味方を判断しおる・・w

LD >> 「輝」会長選いい感じですねえ。何か少年誌ではなかなか読めないものを読んでいるかもw

ルイ >> 「花形」は雑誌の安い神質と合ってなかったかもw特にはじめて敬遠云々のあたり、読みづれー読みづれーw

LD >> ジュビアが仲間になるくらいだからなっ(`・ω・´)

ルイ >> ジュビアはもう途中からキャラ立ってたからなあ。

GiGi >> ジュビアはグレイに最初から執着してたから読みやすかったですがw。

GiGi >> スクランは高野の過去編来ましたね−。ド直球でした。

ルイ >> 「スクラン」は二重螺旋の一本化構想?まー天満の表情集が良かったですね。言葉がなくても、何をもって高野が感化されたのかよくわかる。

ルイ >> で、最初に「評定衆」と変化した俺のバカPC・・・orz

LD >> いや、というか「フェアリーテイル」ってみんあキャラかなり立ってますよね。女キャラのバラエティから考えても、尾田先生軽く抜いているとさえ言えるかも。>真島先生

GiGi >> 女キャラのバラエティは軽く越えてますねw。

ルイ >> 尾田先生は群島1つ1つに目に見える図式のわかりやすさを生むのが上手いので、また別種の才能なのかもですが。

ルイ >> おお、厳しいツッコミはいったなw「から」考えるのではなく、そこでとどめろとw

GiGi >> 真島先生の才能も疑うべくもないんですけどね。女キャラのバラエティで比較したら尾田先生の立場がw

LD >> …そうか。高野が某国のスパイだとか、そういうネタはガセだったのか……orz

GiGi >> ゲッペルさんは閉じ込めるよりも上手く付き合ってくほうが建設的>絶望先生

ルイ >> ガセっつーか、妹の為にそういう小説書いてたって話じゃないの?(真顔

GiGi >> 小説のネタとかそうゆう事だったのかもしれませんね>高野の冒険譚

GiGi >> ゲッペルさんが現れた時は炎先生の名言「それはそれ!これはこれ!」を唱えると良いよ!

LD >> OH!NARU☆HODONE〜>小説

ルイ >> 「ネギま」は遂にナギ亜子ストーリーにほろ苦い結末がー!?って、ネギが成長すればナギみたいになるんだから、そう報われない恋でもない気もするなw(キャラ格的には報われないけどw

LD >> ふ……ゲッペルに己が行動を支配されるなんてマダマダだな…w

ルイ >> (OH!MYコンブ並みにイラッときたわ・・・orz)

LD >> チャンピオンいきましょうか。

ルイ >> 「君街」(略せねー!)は、涼風の絵でこうまで殊勝なラブストーリーを淡々と描かれると、ドキドキしますねw

LD >> 「ギャンブルフィッシュ」天狗が現われるのはいいけど、月夜野、なぜに上半身下着w

ルイ >> ギャンブルフィッシュコラボ企画、小島監督との対談、小島さんがギャンブルフィッシュ側に一歩も踏み込まない(知らないんじゃね?)ので、まるで対談の意味がなかった件w

ルイ >> 月夜野のキャラ格どおりすぎて爆笑しましたw敗れる過程すらねぇw何かマジでヤられる5秒前(古!)みたいになってるw

LD >> だからピュアゆーたやん…(´・ω・`)

ルイ >> 天狗っつーか、髪の生えたアビじゃないの?w

LD >> ……ん?「NY1997」だったっけ?>対談

ルイ >> あと、「天狗」について速攻で答える彼にも笑いました。やっぱり無駄にアジア圏の文化に詳しいw

GiGi >> 対談読んでなかったなw。月夜野はお色気要員というよりもオチ要員となっているw

LD >> (調べた)→おう「ニューヨーク1997」でよかった。何か1987だと思っていた(汗)

LD >> 「イカ娘」はとにかくお姉ちゃんが怖いとw

GiGi >> ゲームの話より映画の話載っけといたほうが楽しかったんじゃなかろうかw>対談

LD >> 「ストライプブルー」このアー坊の花ちゃんへの干渉の仕方は一体なんなんでしょう?

ルイ >> でも、この姉ちゃんこわいオチってのは既にパターン化されちゃってますよね、うーん、と。>イカ

ルイ >> 急に花ちゃんに介入しだしましたけど、花ちゃんがさほど嫌そうではない・・・w

ルイ >> >ストライプブルー ってか扉、扉!のりっぺをもうちょっとちゃんと描こうよ!w

LD >> 嫌ではないだろうけど、釈然としていないようにも見えます。>花ちゃん

GiGi >> 花ちゃんはアー坊に気にかけてもらうだけで嬉しいでしょうそりゃw。

LD >> これはネームでガン無視している森高先生に対する、松島先生の無言の抗議だね。>扉ののりっぺ

ルイ >> 気にされて嬉しいけど、それだけではないっていう複雑さですよね。単純な話、アー坊の「余裕の無さ」を描写する演出の1つかな、と考えています。だから気が立つ、というか。

ルイ >> 海はどこまでもカッケエですね。

LD >> アー坊「おれが言うからじゃない。自分の問題だろ」って言われた次のコマの花ちゃんの表情が複雑です。

ルイ >> この余裕のなさは、ノーヒットピッチから一本内野安打打たれたら5点くらい取られるようなイメージ。。。?まあ、縞青がどうなるのか、妙に楽しみにはなってきました。

LD >> 「ヤンキーフィギュア」のこのオチは普通に退学だと思う。

LD >> 5点>そこを平太に助けられて「俺が本当に好きなのは誰か」分ってしまう新展開ですよ?

ルイ >> 「バキ」501年と4001年・・・克己のモノローグ笑いましたけど、そこで「いっかァ」と飲み込めるのが既に成長ですよね。・・・って、随分ゆったりとした成長ですね克己さん!?

ルイ >> アー坊のアーはアッー坊という事だったのか!! ・・・・・・・・・・。

ルイ >> ∵(´ε(○=(・∀・*)

GiGi >> 最近のヤンキーフィギュアはマイティハートよりひどい。

ルイ >> ヤンキーフィギュアが酷くなかったことなんて無いと思うけど、まあマイティハートは何気にマトモかもw

GiGi >> 克己さんのこの器の表現はちょっと面白いですねw。バキにはない余裕w。

LD >> 「24のひとみ」が最終回でした。大変、らしくて良かったです。

LD >> (´・ω・`)。o(…アッー坊とか言っている人に殴られたよ?…)

ルイ >> 言わせた癖に!orz

ルイ >> 最近、チャンピョン名物のダーツが飛んでないですよね。

LD >> 板垣先生的にはこの余裕は負けフラグという気はするけどw>克巳

GiGi >> 最後までひょうひょうと笑わせてくれてありがとうございましたw>ひとみ先生

ルイ >> 普通にバトル終わってても面白いですけどねw>負けフラグ

LD >> そろそろ「パニッシャー」に当る気も……。>ダーツ

GiGi >> パニッシャーの場合はダーツというべきかどうかw

ルイ >> ダーツってのはさあ!もっとさあ!「断絶」なんですよ!(何故か力説

GiGi >> 今週は飛び抜けてこれってのがなかったような。

ルイ >> こういう時に限って、ダブルアーツ話題にすることもないのなw

GiGi >> んーダブルアーツw。

LD >> では今週の一番を。

ルイ >> ダイモンズも順調に終わりますし・・・ひとみ先生も・・・なんだか、チャンプオンが普通だ!

GiGi >> ジャンプは「スケットダンス」ですかね。

LD >> ジャンプ。「ぬらりひょん」、「スケットダンス」

ルイ >> 「スケットダンス」「ハヤテのごとく」・・・・・・・・・・・・・・・・・・ないかもw

GiGi >> サンデーは「ケンイチ」「ロストブレイン」?

LD >> サンデー。「ハヤテ」「ゴルデンエイジ」

ルイ >> あーまあケンイチは斤量ですかね?能無しは、あくまで巻き前提に楽しむものという気がするw

GiGi >> マガジンは「フェアリーテイル」「花形」「スクラン」がいつも通り面白い。

GiGi >> チャンピオンは「ひとみ先生」?

LD >> マガジン。……なす。

ルイ >> ネギまもブラディマンディもいつも通りには面白いですけどね。ポイントではないか。

LD >> チャンピオン……「24のひとみ」

ルイ >> あ、そうだ。このヘンな読みきりあるじゃないですか>チャンピオン

GiGi >> ハンデ作品ばっかりだなあw。スケットダンスか24のひとみですね。

LD >> 正直、「ハヤテ」にしたいです。

ルイ >> 12Pで掴みだけとか、どんなお試し読みきりなんでしょうねwチャンピオンはほんとちょっといい加減にしたほうがいいと思うw>トラベラー 絵は面白いのにw

LD >> 読切りよかったですね。小粒ですけど。>チャンピオン読切り

ルイ >> スケットダンスで。やっぱり心に迫る回だったので。

ルイ >> あ、これから暫くこの12P読みきりシリーズが続くのか!?

ルイ >> ハヤテは、この回を活かすも殺すもここから数話次第という気がする。読み込んでるから今の時点で色々考えられるけど、それは今週単体の評価ではない気がしますね。

GiGi >> ハヤテですか。んー。お手つきだという話は既に提示されてませんでしたっけ?この話の流れでどう、というのが特にないなあ。。。

LD >> んんんんん?……ここって本当に「あの世」なんじゃね?>「ハヤテ」

GiGi >> あの世にしか見えませんが、それを今出してきた意味はちょっと掴めませんね。

ルイ >> あの世にしか見えないですけど、あのよにしか見えない状況であの世だったら敗着にも似て。・・・つまり、リアルワールドなんだよー。

LD >> いや、今回の僕の評価は設定開示という事ではなくって、天王洲アテネの王城含めたキャラクター性ですね。「ハヤテ」の中では稀有にスケールがでかそうなキャラだと思いません?

ルイ >> でかそうなキャラがでかいキャラかどうかの決め手は次回次々回あたりで決まるんじゃないかい、とさっき書いたつもりなんですが・・w

GiGi >> 希有にスケールがでかそうなキャラですね。でかいかどうかは留保したいところです。来週待ちだなと。

GiGi >> まったくルイさんと同じ事を言っているなw。

LD >> いや、先号を読み直したんだけど、ハヤテが既に「天国か?」って思うんだけど、自分は天国にういけないからここは天国じゃないって判断しているんだよね。→でも、それって…

ルイ >> スケールがでかそう、自体には同感です。そもそも、ハヤテにギアスをかけ続けていたのは既に示されてきた情報ですからね。その時点でキャラ格の予想はたつのですが、予想通りかそれ以上に、世界そのものを決定しそう。

GiGi >> クリスマスの奇跡自体が神様が一回だけくれたチャンスなのかもしれないし、そうではないかもしれないし、三千院翁という全部を見通しているキャラも控えてますしね。

ルイ >> 三千院の名前は「帝」でしたっけ。他のキャラの名前が神々の名が多い中、おじいさんは人の身での最上位なんだな。

LD >> う〜ん、「でかそうな演出される」だけで既にハヤテでは稀有なものだと思うんだけどw…ちょっと感覚にズレがあるみたいだねw

ルイ >> んーと、でかそうな演出をされることは、先週の力みまくったシリーズ構成から既に予想してましたw

GiGi >> つか、サンタクロースですよね>三千院翁

ルイ >> で、ここはこれまでの畑先生と違って、踏み込んだらヒヨったりすることはないと思うんですよね。一気に突っ走ると思う。・・・だから、早急な評価を焦る必要はないと思っていたりします。機を逃すことはないと思っている。ある意味、これが最も評価しているとも言え。

LD >> でも「あの世」だと、その後、ハヤテとアテネが交わらないのも分る形になる。

ルイ >> あ、「機」てのは評価のタイミングですけどね。あそこで一番にしておけばよかったーッ!は、無いと思っているw一番をこのシリーズで取れなかったら、このシリーズそのものの責であってwちゃんと素晴らしいシリーズになるなら、それに相応しい回が用意されるんでないかと。

ルイ >> あんまり「あの世」は好きじゃないんですけどねーwずっとコミックの表紙裏でそういうファンタジーやってたのが、壮大な伏線とか?w

ルイ >> ああ、サンタって、この過去編にも登場しうるのか?

LD >> まあ、僕も前回から繋いで観てはいますね。とはいえ王城が出たのは今回なわけでこの王城の風景全部含めてアテネなワケですよね。それは強い描写だと思います。

ルイ >> バックステージによると、この城これまでにも出た事あるそうですね、そういや。

LD >> …が、まあ、言いたいことはいいましたw

LD >> そうなんだwそれは覚えていないなあw>王城

ルイ >> いやー僕も全っ然覚えてないですねwちょろっとファンサイト巡れば速攻でわかるとは思うけどw

LD >> そうすると「スケットダンス」でしょうか。

ルイ >> 速攻でわかったw1話見開きにあるのと、三千院爺の家とソックリらしいです。

GiGi >> スケットダンスにしましょう。ルイさんの慧眼に敬意を表してw。

ルイ >> ・・・やっぱりあの世かあ〜w

ルイ >> 展開予想なんて漫画そのものの中身の前では、児戯のようなものですけどねwあくまで、このシリーズそのものの評価のつもりです。

LD >> ほう。>三千院爺の家とソックリ …それは何かあるなあ…(思考中)

LD >> はい。それでは「スケットダンス」でw

ルイ >> つまり三千院爺さんはアーカーシャの剣という名の石をですね・・・w(妄想中

ルイ >> 或いは、爺さんが子供の頃、ハヤテと同じような事を体験した、なんてのもあるか・・・?むーん。いよいよ設定に縛られた作品になってきましたねw

LD >> (1巻ひっぱり出した)

LD >> ほう…確かに1巻の冒頭の城だ。

LD >> サンタは三千院じいさんなの?

GiGi >> まあ設定に引っ張られる話は様子見の方向でいきたいですね。

GiGi >> LDさんは畑先生のキャラパターンの問題だと言いたいわけですね、わかります。

GiGi >> サンタが三千院翁あるいは関係人物でなかった場合は、もっとちゃんと描き分けろよと言いたいですねw。

ルイ >> この設定格に挑めるイメージが、ナギとマリア(てか、正確にはナギ)以外にまるで想像できないんですけども、そこは全員で押し切りにくるかもしれないですしね。確かに設定漫画になってしまうかどうかは保留で。

LD >> そうだね。こういう表現で出してきたキャラはいなかったし、いろいろなものをかなり溜めていると思う。>キャラパターン

ルイ >> このシリーズが勝負球である事には、異論を挟む余地もないですね。

LD >> もっと他愛もない縛りだと思ってたんですけどねえ。>設定

LD >> では、そろそろ失礼しますね。

LD >> お疲れ様でした。

ルイ >> んーとこのシリーズが始まる前か始まった直後にいったけど、今ある「ハヤテのごとく!」という、外からみてモラトリアムみたいな空間でも、鳳学園には次の世代が入学してきているし、全ては変化するというのは描きはじめていた。変わらないものはないというのは事実である一方で、それが精神においてもそうか、というと別の話で。・・・そのトラウマとしてギアスがかかってくるのも、イメージは出来ていた。・・・・・・・・・・・・・・・でも、仰るように、もっと漠然としたものになると思ってたんですけどね。細部までキチキチのヨカンw

ルイ >> まあ、ウテナ大好きです、ハヤテ好きです、頑張ってくださいw

ルイ >> あ、鳳学園じゃなかった☆

GiGi >> お疲れ様です−。

ルイ >> あ、後でLDさんに確認だけしてもらいたいんですが「陰からマモル」の設定を支配している古き盟約って、実際の所もうまるで風化しているし、その事を陰守家の誰もがわかっているという事になりますか?

ルイ >> 結局マモルに限らず母さん父さんも、こんにゃく家の人柄に惹かれて守っているんじゃあるまいか。・・・となると、そこにあるのは既にこんにゃくがどうこうではなく、極端な話「うまいもん作る家系はいい人の家系」みたいな・・w

ルイ >> ギアスのせいか、最近とるてあだろうがマモルだろうが、何にでも反復の歴史をとりたがってイカンなあ。



■■■■2008-06-15■■■■

GiGi >> ありがとうネタ書いたよ!我ながらよく書けたと思う。 http://d.hatena.ne.jp/GiGir/20080614

ルイ >> 陰からマモル!が妙に面白い。これはアニメ冬眠機から目覚める直前あたりに、当時も一応観ていたんだけど。。。視点が伴ってなかったですね。なんというか、アニメという文化に対しての死人が見ていたようなものだった。今コレを見ていて感じる刺激と比較すると、明らかにそうだと思う。

ルイ >> LDさんと同じ、というのもおこがましいけれど、彼が表現物から得ている「楽しさ」は、こういうベクトルのものなんだろうなあ、と思います。ここ半年〜1年くらいはできてきていると思う一方で、比較対象がないからイメージが沸かなかった。数年前、普通に観ていたこのタイトルを今観直す事で、自分の変化含め色々と感じ入ります。これはたまらない体験。まだまだ足元レベルですけど。

ルイ >> 当時も少し話に出たかもしれないけれど、「うる星」的な構造を持ちつつ(ゆうなの序列が絶対に動かない)、現代らしくヒロインは全員主人公にほれていて、しかも、惚れているのに肝心な「序列1位」を追い落とそうとは夢にも思わない。皆、ナチュラルにゆうなを助けたり探したりしている。これはEDで歌われているように「結ばれないかもね」を普通に受け容れた、時として想い人に何かが通じる事のみを喜びとするという、美しき敗者wの感覚なんでしょうね。面白いなあ。

ルイ >> 脚本も面白い。金月さん構成ですけど、基本的には「赤ずきん」あたりの脚本チームが回しているのかな。

ルイ >> 自分が「おっ」と思った回はどちらも柿原優子さん脚本で、思わずニヤリ。ネタの詰め方にクセがありますね。律儀なツッコミとか、ネタに反復気味にもうひとネタかぶせる感覚なんかを感じると、あれ?と思うし、そうすると実際柿原さん。楽しい発見。

ルイ >> ・・ただ、「赤ずきん」と比べると、他の脚本家と比べ柿原さんだけを殊更に騒ぐ必要はない気がしますね。僕は魂レベルで好きみたいだからw知らずとも柿原回に反応するけど、それ以外の回もうまく回してると想います。竹内さんとか。  「一方その頃」で、「ネギま』で最近話題の?Cパート的なものを、結構多くの話でナチュラルに組み入れているのが面白い。

ルイ >> 更に言えば、埋蔵金の回で・・・作画にいくつか見所があって(まあ、根本的に「マモル!」って作画ゆるいんですけど・・・)。作監と原画だけ、暗記・・・というほどでもないな。今度見かけた時、脳が引っかかるように、一度脳みそにプレスしておいたんですよ。(僕の記憶力では、動画まではコレを広げられないんだなあw)

ルイ >> →そしたら、数時間後に観た「しゅごキャラ!」で、フツーに同じ亀谷さんが作監していると言う・・・w面白い偶然だなあ。興味の芽を広げたご褒美かしらん。

ルイ >> 長々書きましたが、結論としては中原さんの代表役はゆうなでキマリ!という事ですね。・・・・・・・・・・あれ?

ルイ >> ちゅか、この作品何気にキャスティング凄く上手い気がする・・・刀っ娘?の椿がキリノ小島幸子さんであったり。 妹キャラも、くぎゅうと同じ声ベクトルでありながらもうちょっと臭みwを抑えた清水愛さんだったりね。

GiGi >> 只今ニコニコ動画アイマスクラスタでは24時間アイマスTVという狂気のイベント開催中。とりあえず番組表眺めて、ゆっくりしてってね!http://www11.atwiki.jp/24himastv/pages/19.html

LD >> カグヤ…。

LD >> タマキ…。

LD >> …お、ゼロ。

LD >> あ、これは…?

LD >> 小芝居。

LD >> …さて「陰からマモル」ですが、確かに「赤ずきん」チームが主体ですね。「赤ずきん」チームと言っていいのかどうか分りませんがw…金月先生は最終回あたりをやっていて「フタオル」とかぶるというか……要するに金月先生って少〜しウェットな感じをシナリオに載せる人なんですね。もともと注目したのが「コスモス荘」の第3話(vsエーデルワイス)の話がよかったからなので。

LD >> …しかし、中原さんの代表はメイ→レナ→渚だろ…常考。(´・ω・`)

LD >> ところで今週の「狂乱家族日記」観ましたでしょうか?…くぎゅが出ているから……ってワケでもないですが、けっこう好きな一話だ。

ルイ >> ・・・・・・・・・。

ルイ >> 何か物足りないと思ったら、千羽顔がないんだよ!orz

LD >> 「ドルアーガ」次回最終回とか……絶望した……orz

ルイ >> まだ観てないです>ドルアーガと狂乱 ちょっとマモルにハマってました。

ルイ >> ギアスに関しては意が通じている上に更に先にいっているギギさんが速攻解説してくれるでしょうけど、前期の「紅蓮舞う」「ナリタ攻防戦」をアタマにおいてみるべき今回と次回になるでしょうね。

ルイ >> まあ、ニセモノギミックは今回しかないけどw次回予告は見事に対照的で、前回はルルーシュは上手く行くと確信して、何か未来計画を立てている。今回は失敗の確率が高いと認めた上で、それを切り返そうとしている。前期のルルはスザク=ランスロットの存在含め、かなり楽観的な予想を組んでたんだけど・・・これも1つの成長だな。

ルイ >> どるあーがは分割なんでしょお?

LD >> 原作のイラスト観ると、椿だけなんかやたら美人なんですよね…。>「マモル」

ルイ >> あ、でもドルアーガ、最新回の1つ前までは観ましたよ。裏切りという名の「予言ギミック」が、ジルとカーヤ両方に発動しているのが面白かった。ジルに発動しているものはカイによるもので、これはもう100%確度の予言ですよね。一方のカーヤへの予言は、ニーバによる「人物観察」から発しているものなので、これがそのもの当たるとは限らない・・・まあ、当たるんでしょうけど。

LD >> はい。ナリタとの対比で、ルルーシュの成長というか、変わったところを観せいようとしているようですね。

ルイ >> や、僕は真顔でゆうなでいいと思ってますがw>中原さん 他の役と比較しても、彼女以外でゆうなが成立するイメージがまるで浮かばない。レナは方向性だけなら結構の人が出来ると思う。その結果でたものが、どこまで優れているかというのは別の話ですが。

LD >> いや…それが……次回で最終回だそうなんですけど…終わるように見えない(汗)やっぱ劇場に足を運べってことか……?orz

ルイ >> ドルアーガと狂乱、どっちを先に観るべきかなw

ルイ >> え、1クール×2では!?ゴンゾグループの赤字決算アオリがここに!?

LD >> ふむふむ。>彼女以外で

ルイ >> 基本的に、僕はリアルでも架空でもw女性の媚び声って大の苦手なんですけど・・・w100年の恋も冷める勢いでw

LD >> …だったよね?>1クール×2 …あ、一旦切って次の夏にもう一回昇るのか!w

ルイ >> ゆうなの「うざかわいさ」は素晴らしいと思いますね。イラッとくるんだけど、イヤなイラッとではなく、このキャラがこういう人生を辿っていけば、まあこうなるよなあ・・という。これはクラナドの渚が変な丁寧語を駆使した事にも感じる感情なので、中原さんの上手さといっていいかもしれないけど。

ルイ >> 1話か2話くらいの時点で、そういう構想バナシしてませんでしたっけw>次にもう一回のぼる

LD >> 「狂乱」を先ですね。わりとひさしぶりにくぎゅ声の魅力120%ですよ?…そして作画安いんだけど妙にエロい。

ルイ >> くぎゅうは苦手なんだよなあ・・w観ますw

LD >> いや、なんか最終回って力説されちゃったからショックを受けて…(汗)>構想バナシ

ルイ >> あ、だめだ!地元の「狂乱」って地域最後発だ!w

LD >> どうも中途半端に出崎演出しているみたいなのですが、その中途半端さが妙に笑えるw>「狂乱」

ルイ >> 出崎演出と言いますと、ハーモニーとか三連PAN?

ルイ >> (・・・三連PANは出崎演出か?w)

LD >> ハーモニー“らしき”ものが…w>「狂乱」

ルイ >> らしきって・・・w

ルイ >> あ、ドルアガ観てます。1話で観る人を絞った作品らしく、ハイブリッドな作品になってますよね。

ルイ >> にーばー!?>キス

ルイ >> これは新手の死亡フラグだな!>続きは今度 って、新手でもなんでもないな・・・1話で既にこれをギャグでやっているという「知ってますよ」度が、妙にキイてる。

LD >> 気に入ったセリフ→「はやい!はやいはやい!」>「狂乱」 もう〜…ハリハリ君の俺様大満足w

LD >> カリーが死ぬところは観ました?>「ドルアッガ」

ルイ >> 観ました。死んでるか生きているか断言しにくい気分になるのも、1話がキイてる証だと思います。

ルイ >> 兵隊が氷壁のぼろうとロープ引っ張るとこ、無駄にフルアニメだった気が。。w

LD >> ん〜これで、ジルもニーバと同じ境遇になるのかな?

ルイ >> Aパート終了。いいヒキだ!

LD >> それと「チルドレン」観たら、シャドー入っていて、子供向け番組でんなことするなよ、逆にエロくね?って思いました。

LD >> 「ギアス」の方ですが、カグヤの格がガンガン上がって行くのが分りますね。

ルイ >> 夏オワタ!

ルイ >> もう「チルドレン」が子供向け番組だと思っている人はいないのではないかと。

LD >> 分析しづらいだけだ。玉城は宴会太政大臣。

LD >> 子供向けじゃないワリには脚色の仕方が…orz

ルイ >> カグヤは天子様にとって、既にシンクーと同格にいるらしいですね。シンクーの死後もカグヤがいるから安心って位置。

ルイ >> あまり考えない大きなお友達向けなんです>脚色

ルイ >> 葵とモモタロウのキャスティングは、ハヤテパロをいつでも組み込む為のものだと改めて実感。

LD >> 何だろうな?……遠隔ロボット?>ゼロ

LD >> 葵とモモタロウ>よせやい……orz ふふ

ルイ >> 負けた側が私と伍するとか言い出した件。

LD >> ……玉城たちの後にいる井上っぽい人は誰?

ルイ >> ほえ?何分あたりですか?>井上

LD >> 「まだ、負けてはいない!!」>伍するとか言い出した人

LD >> 13分52秒あたりでワンカット。そこから玉城応援団席で。>井上っぽい

LD >> コトゥーザが子供の頃のルルーシュの写真を持っていたわけは?

ルイ >> 早速CMはなくなっているのでw13分あたりって事かなw

ルイ >> アー!

ルイ >> 井上さんの色違い!?

ルイ >> ゴトゥーザもいいとこの貴族で、かつて離宮にいったことがあったというのはどうか。

LD >> でも、そうした以上は何かその設定を絡めて来ますよね?>離宮

ルイ >> 紅蓮が捕獲されるところのカット割りって、なんかイマイチですよね。

ルイ >> 玉城ありきの作劇だな、ここはw

LD >> ん〜、ビレッタ先生が出てないかな?>ゼロの影武者説

LD >> だって端折ってますモン。>紅蓮の捕獲 でも、ま、正しいかな?……そんな時は今回の「狂乱」の「はやい!はやいはやい!」を観るのだ!

LD >> つか、うおおお?大河内先生きばりすぎじゃね?

ルイ >> スザクはCCとの面識はあるんだけど、あの紙袋だけで気付かないか・・w

LD >> …ああ、でもR1確かめたら11話までの大河内先生が描き続けてら。

LD >> きわどいですねw>CC

ルイ >> 何がですか?

ルイ >> 髪の色が特殊すぎるし、気付きますよねえ・・w

LD >> いや、ずっとシナリオ書いているので。ギアスのクオリティで。でも、ま、すっげえ時間もありましたしね。>大河内先生

ルイ >> 今回は1人脚本でいくという話だったのでは。盟友もマクロスFやってますしね。

LD >> いや、それは、その前に更衣室のシーンとかあったから、既にスザクは視線を逸らし気味だったとは思う。なるべく観ないようにとか。ルルーシュだけ目に入っちゃったけどw

ルイ >> 寧ろシナリオのあがりが遅いから、作画が今凄い事になっちゃってるわけで。それなら8話とかもっと詰めろという指摘にもなりかねないw

ルイ >> んーw>理屈付け

LD >> ああ、そうでしたか。>一人で行く いや、この作品、いろいろ考えること多いと思うから…。

LD >> 観直したけど、そういうワケでもないかw>視線を逸らす

ルイ >> 藤堂クラスなら、シンクーが長期戦できない?(途中で動きが鈍った)くらいの印象は持ち帰るかな。

LD >> シンクー味方につくのかなあ?

ルイ >> とりあえず国家に他国の干渉が入るのはヨシとしないでしょうから、ここでブリタニアを凌げれば、シンクーと和平は結べそうですね。

ルイ >> で、ラストシーンw

LD >> そう…この状況で蓬莱島はどうなるんだ?

ルイ >> カレンに限らず、100万の人質がいるという話になるかな?>蓬莱島 でも、既に改造してひょっこりひょうたん島にしてたりしてw

ルイ >> ルルーシュは今間違いなく中華にいるんだけど、李さん一家もいるとw

GiGi >> 今週まだ見てないですが、3人娘の一人では?>色違い。OPチェックしてて、あれ?井上?と思った記憶ガアルので。

LD >> ひょうたん島はムリでしょうwただ、氷島で既に避難って事はあるでしょうけど。しかし、なんかの一穴になるような事をCCが言っていましたよね?

ルイ >> 3人娘で何故か1人前に出してもらってる娘でしょうね。>井上2Pカラー

ルイ >> 資源採掘の為の人工島だったはずですから、言い換えればそこには資源が沢山あるんですよね。

LD >> 確かめましたが、違うようですね。>3人娘 ん〜、3人娘も全員確認、この娘らが影武者って事もないか。

LD >> いや、三人娘って赤いバンダナが目印だし…。

ルイ >> あ、確認。資源じゃなくて発電用か。そりゃそうだよなあ、そんなトコ貸さんわw

LD >> ああ…ガス油田とか…。>人工島

ルイ >> え、違います?同じバンダナ巻いてるような。

GiGi >> 今週は演出のクオリティは安心して良いのかな?

ルイ >> あくまで政治的な意味で、ですね>一穴

LD >> ちなみに、セリフもないから、そんなに井上にこだわらなくてもいいw

ルイ >> あー、前回前々回ほどの違和感は感じなかったですね。というか、10話11話のワンセット対比構造がハッキリしているから、安心できると思いますよ。

GiGi >> 揚力発電施設ですね>人工島

ルイ >> また観直し。ボールギャグとかどうでもいいところで放映時間に挑むなw

ルイ >> CCが道筋を知っているのはマオがらみっと。

LD >> うん、ディートの演説の最中にも黒の騎士団の兵卒が死んでいるのがいいなあ…。

LD >> マオがね。…マオの身分が明らかになったりするかな?

GiGi >> では仕事戻ります〜

ルイ >> CCが運転してるトラックが大猫(ダーマオ)なのは、マユを暗喩しているんだよー。

LD >> あっと。そろそろ失礼します。

LD >> マユ?(´・ω・`)

ルイ >> ×マユ ○マオ モンゴルやビルマは動くって、ここでチベットと言わずビルマと表現するところに配慮が・・w

LD >> (´・ω・`)ノシ じゃっね!

ルイ >> お疲れ様です。で、最後の解釈はどうなのよっていうw

LD >> まあ、チベットとかウイグルとかは、まずいでしょうね。

ルイ >> ディートの翻意を積み上げているかなあ。一期の頃より、確実にディートにとって、ゼロは魅力を減じているはずだ。イヤ、次回次第かな?

ルイ >> フランス系の名前だから、そこまで特別ぢゃないよ!!>ルルーシュ ・・・だめかあ・・w特徴的な顔だよなあ・・w



■■■■2008-06-16■■■■

ルイ >> http://www.gurren-lagann-movie.net/gurrepala/interview/index2.html グレンラガンのグレパラ始まったよ〜。22日までなので、皆さん忘れず観るように。そして原画のクセが知りたい人は、保存ツールで保存するようにw

井汲 >> 「機情のヴィレッタ・ロロ以外のメンバーは籠絡できてないから、ルルーシュが長期に渡って日本・学園を留守にするって、話の作りがいい加減になってないか?」と思ってたので、今回のラストはカウンターを喰らいました。

井汲 >> 緑川シンクーは味方になるだろうなー、と思って見てます。死が目前に迫っているので、いい「死に場所」(と、緑川にとって思える場)さえ与えてやれば、いいようにルルーシュの手駒になって活躍してくれますよ?全力で。

井汲 >> グレパラは忘れるところでした。ありがとうルイさん!

GiGi >> めちゃめちゃ面白かったです。良かった。本当に良かった。

GiGi >> 正直、TURN8、TURN9は3回も見れば十分かな…という感じだったのだが、TURN10は10回は見る。大勝利。

GiGi >> 2周したのでLDさんとルイさんのやりとりを確認する

GiGi >> ナリタとの反復でもありますが、ブラックリベリオンのやり直しでもありますね。

GiGi >> オディッセウスの動きが面白くて。シュナイゼルとの間に相当の信頼関係がありますね。

GiGi >> シュナイゼルはおそらくオディッセウスを皇帝にしたくて、オデュッセウスもシュナイゼルのほうが優秀なのを知りながらそれに乗っかっている気配を感じます。

GiGi >> カレンに呼びかける時のルルーシュの声が…ゼロの声じゃなくてルルーシュの素の声なんですよねえ。涙出そう。

GiGi >> わかっています。諦めません。カレンはいい子や。

GiGi >> 大局とカレンを秤にかけてカレンを取るという選択はブラックリベリオンの反復ではあるが、その意味合いは違っている。だけれども、その選択の理を説けないのはルルーシュの弱さではあるか。

GiGi >> いろいろと時限爆弾が仕掛けられてますね。アーニャの写真もそのひとつ。ルルーシュの正体が公にされる日が近づいてますね。

GiGi >> とりあえずわかりやすいところからザックリと書いた。思考のシンクロニシティ コードギアスで多用される言葉をつなぐ演出 - 未来私考 http://d.hatena.ne.jp/GiGir/20080615/1213563549

GiGi >> やはりコードギアスが面白いと気合いの入り方が違うわ〜

LD >> http://www.websphinx.net/manken/labo/clmn/j_amemiya5.html  ←「天元突破雨宮ゆり子」最終回……終わった…orz つか死んだ。ちょっと寝かせて、それからチェックして告知予定。

LD >> …なんで、こんなに時間かかったんだろう…?(汗)ま、いっか。次は「ギャンブル」で、手早く行きたいところ。

LD >> アーニャの写真>あ、そっか。単純にルルーシュの正体がばれる伏線なんだ。何か気が回らなかった(汗)

LD >> 選択の理>あれはディートを黙らせるだけでいいとは思います。だって、みんなカレンを助けたいんだものwむしろ、一兵卒とか(んなわけないw)、贔屓とか、助けに行っちゃいけないディートの説得不足かも。

GiGi >> お疲れです。

GiGi >> そうですね。あの場面は理詰めで考えてもカレン救出作戦で正解なんですね。だけどそこを理詰めで詰める事を反射的に避けてしまった。それが明後日の方向での言い訳(インドが裏切るかも)という台詞になって出ているなと

LD >> さて、仮眠ていどか…。

GiGi >> あと、紅蓮の電池切れはそのままシンクーの寿命切れという形で反復されるシーンに思います。

GiGi >> まあ理詰めでそれをやり込められたらディートは離反するかもw。それはディートの好む狂気の世界とは違う、王道の選択だから。

LD >> ああ、うん。でも、みんなカレンを助けたいってのはディートには分らん話でストレートにその話をすると議論になっちゃうものw……とはいえ、ルルーシュのある種のテレのようなものは出ているとは思います。

LD >> いや、寝ますw失礼します。



■■■■2008-06-17■■■■

ルイ >> 「SA」をようやく観ていて、どうしてここまで生理的に受け付けないのかを考えています。

ルイ >> 生理的に受け付けない、というと完全否定のようですけど、ちょっと違うというか・・・いや?合ってるかな?完全否定した上で、そこそこ楽しんでいるってのが正しい状態なんですけどwこの感覚がどんだけの人に通じるのかっていうw

ルイ >> GONZO×AICだから、一応「瀬戸の花嫁」のライン上にある作品なんですよね。2話は確か柿原さんが書いておられたし(あんまりボクの思う柿原特長はなかったな?まぁ、序盤は原作準拠かな?)

ルイ >> 天才が秀才の凄さに惹かれる(もの凄く単純に纏めてます)という構図はカレカノを思い出させるし、それは引いてはアニメ放送中の「いたずらなKISS」にまで通じるものが見出せるような。

ルイ >> 有閑倶楽部を持ち出すまでもなく、少女漫画で「特別な集団」を舞台にすることって、ありふれた作劇で・・・(大雑把に分けると、少年漫画では特別な集団は「目指すもの」あるいは「敵」なんですけど、少女漫画だと結構ナチュラルにそこに組み込まれるんですよね、読者視点)

ルイ >> それ自体に拒否反応示してたら、少女漫画そのもの読めないハズなんだよなあ。どうしてここまで受け付けないんだ・・・orz

ルイ >> 設定の隙を気にせず楽しめ!と「図書館戦争」あたりで言っている自分が、舌の根も乾かないうちにSAの設定にツッコミだすのも、何か違う気がする。・・・でも、物語の核に関わってくる部分の設定は、やっぱり抜いちゃいけないだろうし・・・そこは全部ひっくるめて「設定」という名のもとに、無駄に寛容になりすぎちゃいけないんでしょうねえ。いわば「つまらないものはない病」の派生形か?

ルイ >> ・・・プロレスの扱いがいい加減なのは、僕がプロレス好きだから気になる部分であって、ここは看過できるところだな、うん。

ルイ >> 教師が授業範囲から出題するような学校の定期テストに、あらゆる意味でのキャラ格を全て預けているからピンとこないのかな・・・?学年1位には、学年2位は勝てないんですよね。勉強に限らず、跳び箱でもなんでも。そも、勉強だってどこまで定期テストの順位が頭脳に関わるのかわからないけれど、とにかく上位の順位が基本変動しない。・・・形だけを見れば「しゅごキャラ!」のロイヤルガーデンと大して変わらない形なんだけどなあ・・・?何故引っかかる?偏差値コンプレックスでもあるのか?w

LD >> 「SA」。o(…ぎくっ!)

ルイ >> (ちょっとキレたら滝島がすぐルルーシュ声になるのが気になるのか・・?←これは絶対関係ない)

ルイ >> (あ、観てない人が通りすがったな!)※5話までようやく観ただけなのに偉そう

LD >> ってか「ブラスレイター」とかも観てないなあ…。とか言っている間にもう7月期が始っちゃうよ…orz

ルイ >> ツンデレとしての滝島を楽しむのが、基本線なんだろうな。それはわかる。

ルイ >> プラスレイター、最近恩田さんのブログ見つけたんですけど、結構凄かったですw

LD >> 7月はよしながふみ先生の「西洋骨董洋菓子店」だな。ノイタミナ…妥当すぎて笑えるw

ルイ >> 既に削除されちゃった文なんかもあるんだけど、8話の作監に人格否定レベルのケンカ売ってたりして、新約Zの頃から何かツイてない人だなあと。

ルイ >> あんまり作画的な面白みはなさそうですね>西洋 大奥は実写映画で企画が動いているかな?

LD >> 「DC2SS」はココ完全ないがしろにしたところ以外は概ね良作でよかったです。高垣姉がよいので許してあげましょう。

ルイ >> ココ、一応引っかかってたのでランク的には「パンピー最上位」みたいですよ?w演出がそこを突いてないから、皆括れちゃうけどw

LD >> ノイタミナは基本、手堅く作るだけでしょう。でも、よしなが先生の画って本当にマンガの空気で、動画する意味があるかどうかは不明ですね。

ルイ >> ココ(最後まで、しかも何か引っかかる)>男親友2人(最終日まで)>ボーカル子(前日危ない所までいってて、最終日には完全アウト)>言葉様たち(前日まででアウト)>委員長 とか。あーまかせっ!はどうなのかなあ?無機物に桜はどこまで効くのかにはちょっと興味があるw

LD >> まあ、どうやら岡嶋子と胸子さんよりは上位のようですね。

ルイ >> あ、そういえば二十面相の娘で、崎山さんの回ありましたよね。あそこの少し前から面白いカットがあったと思うんですが、あそこ「もやしもん」の農大前〜回の人らしいですよ。確かLDさんが作画チェックしてた気がするので、一応報告。

LD >> (`・ω・´)なるほど!ここで天枷ふっかつで大逆転というわけですね?わかります!

ルイ >> あらしまへんがなw

LD >> ほう。というか二十面相はBSで追っています。…追えているはず。

ルイ >> 作画チェックみてきました。「横堀久雄」さんですね。正門前の人。

LD >> 「魔法遣いに大切なこと」をもっかいやるとは思わなかったw>7月

ルイ >> クレジット順に誰の権限が働くのかわかりませんけど、演出なりに作画への意識があると、やっぱり原画頭に見せ場の人を出したりすることも結構あるみたいですね。この回で横堀さんがアタマなのって、五十音とも登場順とも関係ないわけで、やっぱり「作品貢献度」評価なんだろうな。

LD >> ( ・`Д´・)φ横堀久雄…と。

ルイ >> しかも、ハルフィルムでしたっけw>大切な事 保守本流だあ〜w

ルイ >> 人間タンクの攻撃をチコがジャンプしてよけるトコとか、最初僕はあそこも崎山さん!?と思うくらいはっちゃけてたんですけどね・・・

ルイ >> ネットに転がってる一騎当千のED、画像ですが観ました。「カイト」と全く同じデザイン=梅津さんの巣デザイン過ぎて笑いました。

LD >> まあ、あと「スレヤズレボリュション」か…7月

ルイ >> ARIA〜スケッチブック〜魔法遣いの流れが見えるよララァ。

ルイ >> スレイヤーズは、スケジュールが何故か逼迫しているそうですけど・・JCスタッフはいつもの事ですね!w

LD >> 人間タンクの攻撃をチコがジャンプしてよけるトコ>あそこですか。〜ん、違和感が……横堀久雄。「もやしもん」でやっていたパートは細かく分りますか?

LD >> すたちゃページ観てきたけど、お、おそろしいほど「スレヤズ」の画だ…w

ルイ >> カートが突っ込むところです。

ルイ >> お、僕も観てこよう。実はのいぢ画っぽくなってるんじゃないかドキドキ(今そのまんまって言ってるやん

LD >> おう、久々に玉井☆豪 先生じゃないか。>「野木坂春香の秘密」

ルイ >> ・・、キャラデザまで宮田さんでまるっと同じじゃないですか!w

ルイ >> そろそろNHKで始まる、テレパシー少女が少し気になってるんですよね。

LD >> う〜ん、そうか…。正にそこか!>カートが突っ込むところ。

LD >> どうかなあ〜僕も気にはしていますけど…「テレパ蘭」

ルイ >> 確か、どこぞのミクシィかブログで、もう「作画回」がある事はバレてるんですよね。5話あたりで。

LD >> いや、自分の所感をいうと、チコがジャンプしてよけるトコって言われて、真っ先に思い出したのが「もやしもん」でカートつっこませるシーンでした。しかし…あのシーンってすっげえ見事で。それと比すると、チコジャンプは僕には多少拙く見えたんですね。タイミングの取り方とか。しかし、同じ人だと。

LD >> 「蘭」が?>作画回

ルイ >> ああ、新番組前のアニメ雑誌は買った方がいいと思ってたのに!そうかもう7月期なのか!orz

ルイ >> 蘭です。

ルイ >> (トムスなのに?とか思ってやがる・・・!)

ルイ >> ノイタミナと比べると、スケジュールの余裕が違ったのかも。でも、僕はあのあたり、下手とは思わなかったですね。下手に見せそうな所をキッチリやってるな、という面白さがあった。だから、崎山さんってこんな空間上手く使えるの?とも思っていたw違って安心w

LD >> ふむ「ストライクウィッチーズ」が「スカガ」みたいでよさげだぞ?

LD >> (*゚Д゚)<テレパス発見!(トムスなのに?とか思ってやがる・・・!)

ルイ >> スカガみたいで→良い   ・・・うぐぅ。←何かを呑み込んだらしい

LD >> ふむ。もっかいチェックしなおして観ますが、んでもカートの動画はほんとすばらしいですよ。>横堀久雄

LD >> (`・ω・´)<名塚も沢城さんも出ているから安心しる!>「ストライクウィチズ」

ルイ >> いや、そこはコナミアニメじゃないから安心しる!が正しいと思うw

ルイ >> コナミアニメって、良くも悪くもとにかく「ゆるい」ので・・w

LD >> 。o(…っち、今回はひだまりも録ってみるか…)

ルイ >> ひだまり、無印もそうつまらなくはないですよね。なんというか、アベレージラインのシャフト演出が見える作品という印象。

LD >> あの緩さはけっこう、いい味だしてると思うぞ?w>コナミアニメ ダメボなトムスや、アタリハズレのゴンゾより一定しているし。

ルイ >> http://www.anitsu.co.jp/newanime/newanimetop.html ようやくサイトを見つけたぞ。

ルイ >> ちょっと待つんだ、ダメボって僕にとってのトムスはエミリー→いたキスで連続安打中です!w

LD >> バーディーは千葉紗子か……あれ?なんで三石琴乃だと思っていたんだ?むかしアニメやりましたっけ?

LD >> あ、同じサイトみてる。

ルイ >> OVAであったはず。観た事ないですけど。

LD >> ああ、確かに「エムリー」も「イタキス」もよいねえ…。

ルイ >> 鉄腕バーディーは、一応7月期のエースですね。

ルイ >> とりあえずうつのみやさんが来るのはバーディーだろうっていう・・・w

LD >> MISSION−E……orz 何かいろいろ納得がいかないんですが…orz

ルイ >> いや、これ、レッドガーデン→デッドガールズのかほりが・・w

LD >> (`・ω・´)チェックけってい!>うつのみや

LD >> あ…同じ事考えてる…orz >デッドガールズ

ルイ >> あの主人公22歳になったんですね。5年くらいたったか。

ルイ >> ヴァンパイア騎士はエロすぎると思うんだ(`・ω・´)

LD >> お、ざっぱごうだ…。>「恋姫無双」

LD >> 「ヴァンパイア騎士」は……いいね!最近観てないけど。

ルイ >> きっと世の中に偶然のシンクロはありますね。今全く同じタイミングで、あのページから恋姫クリックしてニヤリとしてましたw

ルイ >> (恋姫無双はチェックと・・・)

LD >> なんかね。岡田さんと西田さんの仕事がかなりよいよね。>「ヴァンパイア騎士」

ルイ >> あ、でも最近注目している「動画工房」の制作だ。って。マイユアも確かそうだから、まんまやんorz

ルイ >> 西田さんは本編参加してないんで、版権などで方向性を管理しているような状態ですけど・・・目の中はじめ、かなり徹底してラインを守ってますよね>ヴァンパイア 岡田さんの構成は良いと思います。ゆったりとしかし確実に進めているし、ED前の英語ヒキに毎回きれいに繋げている。

LD >> 薬師寺涼子はどうすっかなあ…ま、観るんだろうけど。

ルイ >> http://yaplog.jp/aslog/ 14日付けの所で西田さんの原画がちと拝めるけれど、成長した日奈森あむみたいだw

LD >> え?そうなんだ。この前見たブログでかなりどっぷり「ヴァン騎士」に嵌っているようだから、どっぷり描いているのかと思っちゃった。>西田

ルイ >> ・・あれ?薬師寺も動画工房ジャマイカ。

LD >> ってか岡田さん「護くんに女神の祝福を」のシリーズ構成もやっているんですが、こっちもかなりよいですよ。

LD >> おっと。>動画工房 これは既に危険信号が…?(どきどき)

ルイ >> ああ〜、一度観てみたいですねえ、それは。岡田さんはスケッチブックなど、気になる作品ばっかり手掛けているので。

ルイ >> ただ、動画工房には神速を纏いし中西麻美子さんがいらっしゃいますので!(で?

ルイ >> 春期の作品だけで、10近いタイトル、20以上の回に名前を出しているという、悪魔ゲンガーですから、まあ、中西さんを内に囲えば。

LD >> すっかり忘れていましたが「ゼロの使い魔3」も7月からですな。

ルイ >> じゃあLDさんにゼロ魔は任せるとして・・・(つらっと

LD >> なに?…締め切りに間に合わない?……おれにまかせろ?(´・ω・`)

LD >> おれにまかせろ(=´ω`=)ゼロ3

ルイ >> うほ、のり気だ!w

LD >> …つか、だめじゃないか。そんなくぎゅ嫌いしちゃ!(`・ω・´)

ルイ >> やっぱり嫌いなんですかねえw←まだ自覚がないらしい

ルイ >> くぎゅというか、ルイズが苦手なだけな気もする・・w

ルイ >> 安ツンデレのクセに序列圧倒的1位で変動の余地じゃないですか。でもやっぱり安ツンデレだから観ていて楽しくないし・・・どこを楽しめばいいか迷っちゃうんでしょうね。まあ、多分「いよっ!ツンデレ屋!」と楽しめばいいんだろうけど。

LD >> ぬ〜ん。「無限の住人」どうしようかと思っていたが…ビートレイン、真下耕一かああ……。

ルイ >> それはスタッフが出た瞬間吹きましたねw>無限の住人

ルイ >> チャンバラの時すごく・・BGMが大きくなりそうです・・・

ルイ >> あ、そういえば今日のソウルイーターご覧になりました?僕まだなんですけど。

LD >> いや、なんか真面目な話をすると「双月の騎士」はけっこうよかったよ?いろいろ上手くまとまっていたと思う。

LD >> どうかしましたか?>「ソウルイッタ」

ルイ >> あいも変わらず、原作ファンはアレにも原作レイプゆーてる人もいたんですけどねw

ルイ >> いや、先週の次回予告が明らかに凄かったから、必ず今日は何かあるんだろうと思って。一応。>イーター

LD >> (´=ω=`)原作レイポ

ルイ >> アニメを観る上で、原作視点ってかなりミス率高いですよね。

LD >> 実は何話かデータが失えたのでAT−Xで追い直しているんですけどね。>「ソウルイタ」

ルイ >> おお、そうですか。今日は絶対凄いと思うなあ、といいつつ今観始めた所>イーター

ルイ >> (ちゅか、データ消えますねえw)

LD >> そうは思わないんですけどね。…原作視点…ってか原作原理主義なんじゃないの?

LD >> 一応、原因は分ったと思いますw今後はそんなにデータは消えないでしょう。

LD >> ああ、そろそろ失礼します。

ルイ >> そうですね。段階をちゃんと設ければそういう事でしょう>原理主義 改変即悪。

LD >> ちょっと、編集とかしなきゃ…(汗)

ルイ >> ハイ、お疲れさまです。先に「悪役」お願いしますw

LD >> あ、はいw それでは。

ルイ >> あ、そうだ。雨宮お疲れ様でした。ってブログのコメントにでも書いておくか・・・こう「特別じゃない」事と「特別なこと」をどちらもアピールしている所がいいですね。

ルイ >> 凄いのきたあああああああ!

ルイ >> 今の空間の奥行きを利用した走りそしてアクション・・・こ れ は ま さ か

ルイ >> てか、話的にも面白かったんですけどね。ソウルイーターで一番回るキャラって、ブラックスターと椿だよなあ。

ルイ >> ブラックスターはいい男すぎるな!

ルイ >> 村人モブが凄く良かった。これはキャラデザおこしてるかな、村人Dくらいまで。

ルイ >> 中村豊さん、眼福。

ルイ >> 名塚さんがちょっとハジケはじめてる・・・w

ルイ >> 恋姫無双で徹夜するとか、超予想外wいや、今寝ればいいんだが、このままやっていそうな・・・w

ルイ >> 戦闘はね、画面だけ光栄みたいで実質は凄いショボイジャンケン、マギレもないし面白さなんてまるでないんですが。

ルイ >> ある程度三国志に親しんだものだけに許される、変な想いいれを妙に注げるんですよね。僕は一騎当千、途中までしか読んでないんだけど・・・

ルイ >> あの作品にはここまでのニヤニヤ感はなかったと思う。原作への愛は、こちらが上か。

ルイ >> 公孫サンに声どころか立ちグラフィックとかあるとさあ・・・w絶対抱けないってわかってるけど、何かこう、片思いしちゃいません?W

ルイ >> カクはメガネっこ、遼来来の張遼は関西弁、そして何よりウケたのが、華雄!凄い初期に首はねられたくらいしか記憶のないこの武将が、何故か声と、妙に美人なグラフィックを備えている件wモブシステムの対極をいくというか・・・メインに絡まない子は筆そのものをあまりちゃんといれず、格差を出すって手法あるじゃないですか。それを敢えて全くやらないで、空気読まず美女連発することで、不思議な楽しさを作り出していますね。

ルイ >> http://www.tactics.ne.jp/~baseson/koihime/image/chr_kayuu.jpg ←素敵です華雄さん・・w

ルイ >> http://www.tactics.ne.jp/~baseson/koihime/image/chr_toutaku.jpg もう・・・言葉がないwザッパ業構成ながら、アニメ化楽しみになってきますた。

ルイ >> 呂布は長門系無口不思議っこ。納得度90。

ルイ >> 袁紹は金髪ロールお嬢様タカビー。納得度250w

GiGi >> どこの天子様ですかw>董卓

GiGi >> さて、今日は玉城の事でも書いとくか。

ルイ >> 顔良文醜テラカワユス。てか、袁紹を金髪ロールにすることで・・・お嬢様記号のデフォルトともいえる、お嬢様とそれに付き従う2人の娘、という構図が袁招顔良文醜でしっかり取れているんですね。上手い。

ルイ >> お、玉城ですか。「だから言ったのに!」キャラの典型にして憎めない男、大体の話、ゼロが何故天子を運ぶトラックの助手席に玉城を乗せるのかwまあ勝手に乗り込んだ可能性も高いのだがwそれを排斥しないあたり、ルルにとっての心休まるときとしての玉城ってのはいるかもしれないですよね。

ルイ >> LDさんブログの井汲さんコメントバロシュw

ルイ >> チャットならログさえあれば簡単にあげられるんですけどね。ヂアチャットは纏めてあげておこうかな・・w

ルイ >> よーし華雄さん演義と同じく、萌えイベントも何もなく関羽に首斬られたー。・・・ねえ、なんで美女グラフィックと声あげたの?ねえ?w 何かマトモに巳水関破りとかやってるんですよねえ・・・皆が女で武将の数を絞ってるだけで、架空戦記としての三国志世界は大真面目にやってる印象。

GiGi >> ブログ更新:繰り返しの差異によって浮き彫りになる情報 玉城とシンクーに見る繰り返し演出 - 未来私考 http://d.hatena.ne.jp/GiGir/20080616/1213650385

GiGi >> 第10話に関してはあとはナナリー救出とカレン救出作戦の意味の違いと、シンクーに仕掛けられた時限爆弾の話は書く予定。

GiGi >> あとシュナイゼルとオディッセウスの関係に関する妄想も書いておかねば。

GiGi >> シュナイゼルとオディッセウスは異母兄弟ではあるけれども、そこにルルーシュとナナリー、コーネリアとユフィのような関係を見いだす事が出来るんじゃないんだろうかという妄想。

GiGi >> アッシュフォードのルルーシュに触れる気が全くないのは自分でもどうなんだろうと思うがw。あれは何の情報もないから引きようがないんだよなあ。

ルイ >> 謙遜で妄想と言っておられますけれども、それもまたギアスが生み出した反復の生み出す蜃気楼。無から生み出したものじゃないですよね>シュナとオデ

ルイ >> 言ってみれば、皇帝の動機を推察するのにも似た行為。大体勝ちすぎを控えるシュナの思想に、矢面に立つのは兄上でいーやんという考えがあってもなんら不思議はないですし。

ルイ >> ブログ読みました。アイシールドの鬼兵メソッドと通じている事を確認w

GiGi >> ですね。皇帝とシュナイゼルの思想の違いから紐解いていくと、オディッセウスが皇位につく事の意味が見えてくるんですね

ルイ >> 藤堂を鏡とした対比については・・・スザク、藤堂機をもっと破壊してますからね。凌駕というのはいかがなものかと思うけれど。(でも、ルルの吾する→凌駕についてはつっこまないw)

GiGi >> 玉城がインド軍〜と言ってくれたおかげでインドの動向に関する心配が一切消えてしまうと言うのがすごいなあとw

ルイ >> 思えば、一期のラストでゼロへの全幅の信頼をツンデレ玉城が口にした瞬間、ナナリー目当てにゼロは黒の騎士団を捨てるわけですからね。

GiGi >> カレン救出絡みでも何か空気読まないコメントを期待したいところw>玉城

ルイ >> ・・でも、R2にいたるまで、玉城はずっとその時の幻影を、ゼロならやってくれるという思いを抱き続けていたんですよね。玉城のデフォルト・リアクションだと「ゼロならやってくれる(一期)!」→「ゼロだめじゃん!ほらな!俺は言ったじゃないか、あんな奴信用できないって!(空白期)→「ゼロー!俺はお前を信じてたよー!」という道を辿るのが自然に思えるのですが・・・w

GiGi >> シンクーの完璧ぶりってのはアンチ玉城キャラなんですよね実は。全ての言動が理に適って、ことごとく成功するという。

ルイ >> ここでその「ワンクッション」を挟んでいない事が、そんな玉城にも存在する夢への切実な希求と、ゼロがそんな玉城を遠ざけない理由を見出して(妄想して)悦に至りたいところですw

GiGi >> 親友発言もかなり厄いのでツッコミ入れようか迷ったんですがねw

ルイ >> ああ、シンクーと玉城の対比ってのは見えていなかったので、それは素直に面白いなと。特に、10話で特別目立った2人ですし。という事は、玉城の無病息災も確定っとw

GiGi >> 玉城と扇はルルーシュとスザクが死ぬ事があっても生き残ると思ってますw

ルイ >> 俺だけはゼロの事をわかってやれる!という思いが結構マジモンであるのではないかと>親友 それは先ほど言った通り、囚われてもゼロを信じ続けたという、自分の基本にないw継続が肯定されたことが自信になってますよね。

ルイ >> 仰る通り、基本掌返しが玉城のキャラ格だから。・・だからこそ、それをしていない無印〜R2期の玉城が大きいのだろうという、これは反復ありきの「反復崩し」に重きを置く読み?まあ、どっちにしても反復によって積み上げたキャラありきの読みですね。

GiGi >> 玉城と扇の着地点はコードギアスのテーマを映す鏡になるでしょうね。楽しみです。

ルイ >> 扇といえば千草なんですけど、考えてみれば「100万のキセキ」の回でヴィレッタを特区に呼びつけた&「扇に会いたいですか」は興味深い。

ルイ >> 思いっきりギギさんにも僕にもスルーされているw10話ラストの読みに関しては、8話に何かしらあるのではないかとも。

ルイ >> ルルーシュが学園に居続けているという状況は、ルルとロロとヴィレッタにとって必要なもの。だからヴィレッタも何かしら協力はしているはず。見事に、9話以降顔一回も出さないですしね。・・・仮面の中が映らなかったら、中華にいるのは衛星通信でルルの傀儡になっているヴィレッタだ!とか叫びたくなるところだw

ルイ >> 8・9話はこちらも潜りが浅いんですけど、チャス台を挟んでロロと会話するあたりは面白いと思っています。ロロに「同じ境遇だね」みたいな事言われて、沈黙で返すあたり。「ああ」すら言いやしない。・・・チェスと言えば今回ラストを観て最初にイメージしたのは、ダイの大冒険でもお馴染み、ルークのキャスリングだったんだけど・・・あれは王の移動だからなあw概念違うわw

ルイ >> ルパン三世が使うような、ペリペリ剥れる変装がアリならなあ・・・世界観的に絶対アウトだw

GiGi >> 100万人はそっくりさんオーディションだったのかしらとか思ったけど全員日本人だからむりぽとか思ったw。

GiGi >> そうですねー。中華にいるのはルルーシュ本人だというのは散々強調されてるので…それ自体がミスリードなのかもしれませんが。認識書き換えギアスは皇帝しか使えないはずだしねえ。

GiGi >> 蓬莱島が実質的に中華の人質になってるんですよねえ。100万人か…谷口監督ならやりかねない…とちょっと怖目の連想をしてしまったりも。

ルイ >> 最近アキバの事件のせいで、アニメでは刃物描写すら黒塗りされたりしてますからね・・・

ルイ >> そう、そこは気になっていた>蓬莱島 ただしブリタニアが手を出せるものでもないので、速攻で中華に介入しようとしているシュナ勢を凌げれば、シンクーたちとの利害が一致しそうです。

ルイ >> すっごいソックリさんだなw

ルイ >> あ、そうか!10話って作劇は面白いけど作画はイマイチ目力がないと思ってたんだけど、それはキムタカさん総作監してるからで・・・キムタカ顔のルルと、千羽顔のルルといるんだな!←アホがいるな

ルイ >> しかし元々のキャラデザは木村さんなのに、すっかり千羽さんの爬虫類&目力が基準になっている自分にビックリだぜ。

ルイ >> 紅蓮はエネルギーを失っているだけなので、補給さえしてもらえれば輻射波動拡散式で、またラウンズを止められるな。同じ手2度って、かっこわるいけど。

GiGi >> 千羽ルルーシュは確かに別人のような気がしてきた。特に1期を見るとw。

GiGi >> 神虎と紅蓮の共闘は、ランスロットとガウェインの共闘の反復なわけですね。神虎が紅蓮にエナジーフィラーを手渡しするわけですよ!

GiGi >> 作画の事はおそるおそる書くけど、カレン回はキムタカさんでおkという気もしているw。

GiGi >> ところで雨宮はFireFoxだとBGMがならない気がする

ルイ >> エナジー切れてるから、手で受け取る事もできない気がすw

ルイ >> いや、でも神虎と紅蓮ってのはアリな気がするなぁ。

ルイ >> え、ちょっと目がキツイ?w>カレン

ルイ >> でも「しっかりしろルルーシュ!」の時のカレンの表情は、千羽さんならではなんだよなあ・・wでも、今回のけなげなカレンはキムタカ画だからこそなんだよなあ。・・w←どっちだよ

GiGi >> まあともかく10話よかったです。やはりスケジュールの問題が大きかったか。中国の震災の影響とかも言われてますが、きつくなったらホントどっかもう一回くらい休んでいいんでクオリティ維持して欲しいです。

ルイ >> 現時点で19話あたりの作監修正とかはしてたはずなので、あの一週が10話にどう影響したかはわからないんですけど・・・練りこみが違いましたよね。脚本は先にあげてるはずなので、8・9話が厳しい理由は、やっぱり展開急ぎすぎたせいって事になるんだろうな・・・

ルイ >> 早送りで8話以降を再生中。時間がねえ〜w

GiGi >> オディッセウスの動きはもうちょっと細かく追い直してみたいなーとも思ってます

GiGi >> 釣られて8話視聴中。藤堂はゼロを完全に信頼してるわけじゃないんだよな。いろいろと妄想を掻き立てる

ルイ >> そんなに動いてないのでは・・・w>第一皇子 いや、今回もルルがオデュッセウスは眼中にないのが面白かったですね。シュナイゼル!って2度叫んでるのに・・w

ルイ >> そうそう、そのあたり観てて思ったんですけど、一期だとあそこでゼロのやり口に疑問を出すのは扇であり、玉城だったんですよね。R2はそれが藤堂やディートにシフトしてるし、特に玉城は基本肯定してかかろうとしている。

GiGi >> ないよねえ。視聴者の眼中にもないと思うw>オディッセウス。でも、第1皇位継承者なんですよねえ。それはつまり皇帝に対しそれを表明しているという事なんだよなあ。

ルイ >> 最後のルルは咲世子さんでいけないか、という読みをとりあえず始めてみる。ロロの「協力」は、ボロが出そうになったら認識時間とめて対処。ヴィレッタの協力は、体育の授業などバレ方面に近づけない作業。ついでに先生陣にはギアスをかけているので、そのへん融通はきく・・か?

GiGi >> シュナイゼルの勝ちすぎると〜も大きな伏線だよなあと。“可能性”ってのがシュナイゼルを読み解くキーワードですね。

ルイ >> そして、実力なきものに用はない!という皇帝の考え方にあって、策謀渦巻く一族の中で、彼はその地位を守ってきたんですよね。そこにはやはり、特別な運なりを持っているか、シュナイゼルという切れ者が隠れ蓑とする為に擁立しつづけたか、というのを観ても不思議はないと想います。

GiGi >> ルルーシュとロロにかんするイレギュラーは全スルーでしたっけ?w>機情。問題は生徒会だけなんですよね。

ルイ >> あれはおっきい、というか現時点ではシュナイゼルの人格を汲み取る最大にして唯一の情報?>勝ちすぎると〜 他のユフィがらみの発言やセシルさんに対しての発言は、事実が伴いきってないから読みきれない。

ルイ >> 声はコナン君に借りるとして・・・←

ルイ >> ただ「勝ちすぎると」を素直に読み取ると、ユフィの特区案は確かに「素晴らしいよ、ユフィ」だったのかも、と思えますよね。その意味するところが、ユフィの思うものとは違ったとしても。シュナから観れば特区はまさに「勝ちすぎないアイデア」ですもんね。

GiGi >> ギャンブルッの話じゃないけど、シュナイゼルは常に自分の天運を確かめてるんですよね。それが潰えたならば、それは天運がなかったと諦める腹をくくっているように見えるオディッセウスを立てると言う事も、シュナイゼルにとっては賭けのひとつなんだろうと。

ルイ >> その気で観ると、8話でゼロに微笑むサヨコさんと10話ラストのニッコリルルが似てみえてくるから、思い込みの力は怖いわ〜・・・

GiGi >> ナナリーの動きがどうなるかだな…

ルイ >> シュナイゼルはルルーシュほど「計画ありき」じゃないですよね。今回の「しょうがないねえ」じゃないけど、軌道修正はしょっちゅうしていそう。

GiGi >> 玉城に発言させてるのが厄いなーw

GiGi >> ところでキャンドル流しのところで、ナナリーがゼロの正体を把握している事を勘付いてますね>スザク

GiGi >> どっかにキャラクターシートとかないですかね。ルルと身長が同じキャラをピックアップしとく?w

ルイ >> まぁ、背は低い分には・・w

ルイ >> 「全ての罪を許す事はできませんものね」「え」のあたりですか。

ルイ >> ルルーシュが「ユーフェミア」と書くのは彼なりの拘りかな。ユフィを撃った時の「ユフィ」で、その呼び方を自分に相応しくないと封じたのかも。

GiGi >> しかしそれはゼロがルルーシュだから許すのかという疑念にも繋がるな…微妙なところか。

ルイ >> スザク自身が、現時点のゼロをルルと断じるか、という部分で・・まあ8話ラストでほぼ確定ですけど、100%にはしていないですからね、前期同様。ナナリーも似たような心象かなと。

ルイ >> http://www.syu-ta.com/blogimg/2008/20080530geass01.jpg 頑張って探しますたので褒めてくださいwでは失礼しますw

ルイ >> あれ?404になっちゃう?http://www.syu-ta.com/blog/2008/05/30/025422.shtml コレの344ですね。

GiGi >> 乙ですー

ルイ >> シュナ様2M越えかよ!

GiGi >> まて。cmとは限るまいw。つか皇帝より大きいんやね−>シュナイゼル

LD >> FireFox はBGM聞けないですね。一応、IE7推奨と書いていたんですが、5枚目は書き忘れてしまいました(汗)

GiGi >> カレン救出の葛藤は、そのままシンクーの天子救出の重ね合わせだという事に気が付いた。

GiGi >> そしてルルーシュの動揺は、天子に対して、理屈より感情で動くタイプは分析しづらい、という言葉がルルーシュ本人に跳ねかえってきている演出だという事にも気付いた。一連のカレンのシーンは分析しがいが有りすぎる。

GiGi >> 1期8話の「情のしっぽが邪魔をする」という台詞についてずっと考えてて、このR2-8話は転換点かもしれないなと。情をしっぽだと捉えるから邪魔になる。情こそが胴体だと思い至れるかという。


MANKEN CHAT(1.1)