漫研チャット
名前:
発言:
[正面] [取扱] [過去ログ]



■■■■2008-07-16■■■■

ルイ >> 作画チェック、これまででは最短だったりはするのですが、何か当初イメージしていたものとは規模が違うような・・・wもっとこう、サクサクと・・・10分でできるような・・・。orz

ルイ >> 画像UPをしてから、漫研に合わせて行数を調節したりするのに案外手間取るんですよね。そのへんもうちょい短縮できないかな・・・

ルイ >> まあしかしそれはそれとして「一話に力を入れるのが基本」たって、あの2話は酷いだろう、ワールドデストラクション!orz

井汲 >> RD、みなもちゃんかわいいなあ(笑)。

井汲 >> ところで「地球律」関連のおっきな話はどうなってるの?ラスト3〜4回くらいで一気に畳み掛けるネタという予定でいるのかな?

井汲 >> 「キミキス」は11話(能登屋敷探索)まで見ました。うーん、今の所まだ、「このまま順調に進むと時間を持て余すだけなのでちょっと入れてみただけの波乱」以上のものにはなってないですね…。

井汲 >> それにしても残り話数、あと半分以上もあるのか…!(←カウントしちゃうと精神衛生上よくないじょ(笑))

ルイ >> RDも溜まってきた(2話)けど・・・さて。フラワーオブライフの一巻でも読もうかな?w

LD >> !!……「フラワーオブライフ」の事書くの忘れていた…!(´・ω・`)ゞ



■■■■2008-07-17■■■■

いずみの >> そういえばちょっとLDさんに打診したいことがあるので、あとでメッセージ送ります

みりん >> こんばんは。スクランあと1回か…賛否両論でしょうけど、この主軸のブレなさは最後まで凄かったなあ

ルイ >> スクランこの後の予定もあるみたいなので「後一回」としての総括に走りだすのも躊躇われる、なんとも微妙な気持ちです。

ルイ >> フラワーオブライフは再来月くらいまでに読み終わればいいなって感じなので、ガンガン遅らせていただいて結構ですw

ルイ >> さて、じゃあ次は「薬師寺涼子」か「夏目友人帳」かなあ〜?今度こそ画像含め20分コースでいきたいwがw(乃木坂さんで画像キャプチャ含め40分近く)

ルイ >> ちょっと「夏目」の為の確認に、「かみちゅ」から無作為に一話だけ観たんですが、その話もいいなぁ〜wってライブ感に乏しいですか?でも、今更神戸守やったように、個人的にはあんまり気にしてないんだよな〜w     ところで今週は、花形のイメージコマに笑いました。本当に描くとはw>花畑の中の少女

ルイ >> しかし原作読んだ事ないんですが、夏目で先生で猫って・・・何かメインテーマにも関わってくるのか?w自意識克服の物語とか?



■■■■2008-07-18■■■■

ルイ >> ようつべで観た事ない動画を観た時の興奮は、ニコでは手の届かない全人類データベース共有計画。

ルイ >> http://jp.youtube.com/watch?v=-q4foLKDlcE ジョニ・ミッチェルの「カリフォルニア」映像を発見。凄い・・・ジョニは歌唱も演奏も最高だ。こんなライヴを、ずっと座ったまま観られたら・・・至福だろうなあ・・・スタンディングはイヤだよ(よぼよぼ)w

ルイ >> http://jp.youtube.com/watch?v=nvrA2UL-glk ああ・・・。ジョニの「ブルー」をもっていないなんて人間として勿体無さ過ぎる、という偉そうなことを言うのは好きじゃないので、言わないけど←言ってる言ってるw 結局、オタクというのは一つの方向においてこの身勝手な「勿体無い」をいくつ有するかと。・・そういう生き物っていうことは言えるかもしれませんねwで、それを沢山もつのは当然、もってからがオタクの差が出る所なんでしょう。いつまでも新鮮に感じ続けたいなぁ・・・っというわけでようつべの森から脱出wやべやべ、検索数か時間決めて入らないと、出てこれない魔の森だw  しかもこんな恥ずかしい賛辞を言いつつ、一番好きなジョニ作品は「ブルー」じゃなかったりする俺w

ルイ >> アニオタに戻って「ひだまり」を見るわけですが、LDさんが押さえる宣言をしているので、何か結構お任せ気分w

ルイ >> ひだまりのOP.リップシンクロしているようでクチパクは二種類なんだよなああ・・・←どうでもいい

ルイ >> 今日も人生ゲーム絶好調なわけですが、それよりも省エネすぎてもう背景不必要ですねw竜美堂の仕事極端すぎるw

ルイ >> でも、色彩設計の貢献度は高いんだろうなあ。

ルイ >> すごく・・・昔のひだまりです・・・。・・・いや?一期よりは新房演出は控えめかな?もっと、もっと記号で攻めていた印象がある。ゆのの髪の毛についてるバッテンだけとか。

GiGi >> 今週は明日希望ですが、参加は3時過ぎになると思いますので適当に進行してください。

ルイ >> http://ia.ath.cx/dz/20080718_025406_625.jpg 何か先行情報では、パンツアニメ・・じゃなかったスク水アニメに規制はいりまくってるみたいですね。この局だけ?

ルイ >> 斬新すぎる透過光使いに俺も震えた(ちげえよ)

井汲 >> 「キミキス」15話まで到達…先が見えてきたかな?サッカー子が水面下で参戦して、話を面白くする下地ができつつありますね。

井汲 >> 13話ラストで、「毎週会いに行く」宣言までしといて、結局マオ姉ちゃんなのか…それは確かにひどいなあ、と思う一方、残り話数との兼ね合いから言って、ここで小清水子との仲が深まったように見せて、マオ姉ちゃん側の心の揺れをああやって思わせぶりに見せるからには、マオ姉ちゃん勝ちの線も十分見える、とは言えますね。これまでの所では。

井汲 >> (…あいつら、いつもうどんタダでご馳走になってるの?(笑)それともちゃんと代金払ってるんだろうか)

GiGi >> 洋楽スキーにこの動画の感想を是非いただきたい。http://www.nicovideo.jp/watch/sm3984285

ルイ >> そこはキャバーンじゃねえ、デビュー前ならドイツのスタークラブだってツッコミだしたらもう廃人。

ルイ >> これは素晴らしいですね。字幕の字体だけちょっと残念ですが・・・

ルイ >> 両側から掘り進めたと思しき引用があって。洋楽側からも、ジョージに「慈愛」と言わせたりするのは知っていないと出来ない。

ルイ >> マイリスト速攻入れましたが、アップルに目をつけられない事だけを祈ろうwまあようつべで溢れ帰ってるし大丈夫かw東芝EMIとか仕事しすぎんなよ!w

ルイ >> ここでコメにあるぬるりPだの流浪のPだのも、こういう選曲をしているのでしょうか。

ルイ >> moneyを当てるということは金の亡者的なキャラが付与されているんでしょうけど、曲自体はR&Bクラシックだからキース・リチャーズにコメントさせるのははまってるんだよなあ。

ルイ >> そこで何かいい事ないかい子猫チャン?のトムジョーンズってのがなあ・・・w面白いなw

ルイ >> 律子は地味メガネでクラプトンにつなげたのかな?ここだけ隙があるな・・・

ルイ >> アイ・ミー・マインでアミマミは上手すぎるんじゃないかw

ルイ >> これで逆転的にシックスティーズ聞き始めました、という人がある程度でてきたら、ニコマスのある一つの完成形なんでしょうね。引用、村内消費という所から始まっていって。モノによってはそれが成功している分野もあるんでしょうけど、さすがにここは遠いか?でも確か、JBの動画ではそういう現象が起こったハズですよね。JBか、JB'Sだったか覚えてないけど。

ルイ >> 金持ちだったのはポールの家だっけ?ピート・ベストの家だった気がするな・・・いや、そんな事つっこむ前に、アイマスの為にレコードとギター売ったジョンがいる世界でしたねwどこにツッコんでるんだ俺w

ルイ >> ・・ああ、そうか!こういうのこそマイリストじゃなく、保存しておくべきなんだ!w

ルイ >> んー、JBのヤツはJBのスパルタン・グルーヴがあくまで主格だったかな?これはビートルズやストーンズ「より」と言ってしまったのが少し失敗というか、その方が面白い一方で、ネタ分を強めてしまっているかも。両方を立てるようなバランスを取ればよかったんじゃないかな。

ルイ >> 使いやすいモノとしては、ビートルズとビーチボーイズ(ポールマッカトニーとブライアンウィルソン)の競争意識というものがあって。ビートルズのラバーソウルを聴いて刺激を受けたブライアンが、ペットサウンズという究極の美を作り上げる。更にソレに触発されたポールが「サージェントペパーズ」を作り上げる。・・・この図式パクってポール・ブライアン・そしてPのw三角関係図式を捏造なんかしてもらえないでしょうかwそれでこそ洋楽も浮かばれるw

ルイ >> ・・・・そういえば、僕は洋楽スキーっつか、全体傾向としてふるい音楽が好きなだけですwhttp://jp.youtube.com/watch?v=zDzEuAf5ZMY&feature=related 中村八大さいこーう。ひゃっほーい。

ルイ >> ボーカロイドの分野でも、ニコマスのような凄まじい雑種性が発揮されていくと面白いですね。ニコマスは鍛えられすぎだわ。

LD >> おはようございます…orz 明日って土曜日ですね。“3時”は15時って意味でいいのかな?では、土曜日でよろしくお願いします。

GiGi >> や、金曜深夜の意です。土曜日は全日無理です。日曜ならギアスタイム前後なら可

GiGi >> めるりPは多芸の人で洋楽専門というわけではないですね

GiGi >> 洋楽コラボだとこれが決定版かな。見たことあるかもですが。アイドルマスター × BonJovi ― It's my life コラボPV Short.ver‐ニコニコ動画(夏) http://www.nicovideo.jp/watch/sm2267586

LD >> 分かりました。それでは金曜深夜25時から開始したいと思います。

ルイ >> ギアスタイムで一番とかムリすぎるだろう・・・wJKw

ルイ >> いえ、はじめてみました!>ボンジョビ  あああ〜、こういうのを観ると、アイマスキャラに「真顔」があるともっといいなって思いますね。笑顔がちょっと惜しい。

ルイ >> ・・この動画で「シナトラ嫌い」とか書き込む人は何がしたいんだろうw

ルイ >> 最近ニコ動をダウンロードする癖がついちゃったなあ・・・いいのあったらガンガンお願いしますw

ルイ >> さて、そういえば「夏目友人帳」をサックリ書いたのですが、調べていたら面白い程色々見えてきて、結局かかった時間大差なしってか乃木坂オーバーwタグは何にすればいいのかなあ。作画チェックだけタグ化して、岸田隆宏チェックなり背景美術チェックなりをただ書けばいいのかしらん。

ルイ >> 個人的には「ハイエナ」の中にEDチェックツリーを作っちゃいたい気分もあるんだけど・・・ま、EDチェックもタグ化ですかね。

LD >> アニメにライブ感が入るのは、まず「声優」と「作画」でしょうね。あと4クールくらいもらうか1話完結目の作品構成だと「脚本」にもライブが入りやすくなります。「カブトボーグ」なんかはおそらく間違いなく「競作ライブ」が入っていますよね。

井汲 >> > SSを観賞してみる事をオススメ そ、それはご勘弁を(笑)。

井汲 >> > DC2は「都合」が見えないんですもん。この差は大きいなあ なるほど。その辺りも考えに入れてみつつ、もう少し考えてみることにしましょう。



■■■■2008-07-19■■■■

LD >> さて、仮眠とって参上します。

ルイ >> ちょっと起きていられる自信がないんだけど、とりあえずw

ルイ >> 今日、フジで何故か「時空の旅人」を放映しますね。なんで?時かけタイアップ?w

ルイ >> 個人的には梅津さんの作画を一度観ておきたかったので、冒頭だけは録画しようと(おいおい)・・・いや、全部録画しますけどw

ルイ >> >それはご勘弁を(笑) エーッ!?いや、本当に得られるものがあると思うんだけどなあw

LD >> |・ω・`) 

LD >> 「時空の旅人」ですか…!!

ルイ >> おはようございます。ポーニョポーニョポニョ、どっかガラッガラの映画館ないかなあw

LD >> 2:50からですね。ふ〜、あぶねえ、あぶねえ…予約してきますた。

ルイ >> 僕も慌てましたっていうか、うちのレコーダーだとアニメにも映画にもカテゴライズされないこのエアポケットw

LD >> 「ポケモン」よりは席あいているかもね。

ルイ >> ここんとこの宣伝タイミングがさすがに抜群なので・・・そんなこたぁないとは思いますが>席あいてる 子供がワンワン泣いてない映画館が良いですorz

LD >> さて、次の作画チェックは「わーるどですhsdjgj」で行こうかと思いつつ、「みっそんE」のEDでいこうかと。

ルイ >> ・・・・2話、みました・・・?>WD

LD >> まだです。(=´ω`=)

ルイ >> 観たらチェックする気が減退しかねないので、やるなら今だな!(カッ

ルイ >> ・・あ、でも、どうも3話が「あの」ノエイン2話の人らしいですよ!?よ!?>WD

LD >> おおお!のえいんの3話!の人!(`・ω・´)

ルイ >> あれ、3話でしたっけ?wまあとにかく、キャラデザよりキラキラする人ですねw

LD >> …ってか2話そこまでダメでしたか…orz >「わるどdghdkh」

LD >> あ、すんまそん。3話が、のえいんの2話の人ですね(汗)

ルイ >> 僕はが・・・・・・・・・・・っくり来ましたけど、案外LDさんならその寛容さで飲み込んでしまうかもしれない(真顔) まあ、2話グロスであのデキを見せられると、今後にも軽くテンションは下がりますね。

LD >> ところでルイさんは、キッズステションで「紅」が放送されるのは知っておいでかな?

ルイ >> 僕の印象で言うなら、プロダクションIGの名のつくTVシリーズの中では、とりあえず最低だろうと。つまり図書館戦争よりは悪いだろうとw

ルイ >> Ω>なんだってー!!!

ルイ >> って、更に高画質で録画せよというお達しですか?w

ルイ >> 渋いとこ突くなぁ、キッズ・・・

LD >> それとカートゥーンネットワークが観れるなら来週月曜日から帯で「海のトリトン」がやります。

ルイ >> 観られます・・・が、チャンネルボタンふってないので案外ド忘れするところです!ありがとうございます!これだ、こういうのを日々コレでやって欲しいんだ!w

LD >> 「図書館戦争」もなあ…。(←お、何か文句言いたげ?)

ルイ >> う・・海の日スペシャルで海のトリトン・・・!

ルイ >> この調子だと来年の海の日は「桃太郎海の神兵」をやってくれるな!カートゥン!

LD >> あとAT−Xで「ななついろドロップ」がやるんですが…これ観ました?どうでした?

ルイ >> ななついろは「プレ乃木坂」的な価値はあると思いますよ。去年少し話したけど、やっぱり名作劇場的な感性で捉える脚本と、そもそもの狙いが萌え向けの作風とのミスマッチがひきつけられなかった原因でしょうね。実際どの方面に対してもイマイチ押しの足りない作品だと思うんですが・・・・嫌いじゃないですw

LD >> 「桃太郎海の神兵」はかかるかなあ…w 以前、TBSチャンネルで「仙人部落」(アトムとほぼ同時作品)がかかっただけでも相当ビビリましたがw

ルイ >> 部落!

ルイ >> 出崎AIRみたいな感覚で、「ロミオと青い空」の島田エロゲーを味わう作品だ、とw

LD >> ふむ。「ななついろ」は頭の方と最終回あたりだけ観てるんですね。…ま、コンプしておくか。ちなみに「紅」はレート3.0で予約済み。

ルイ >> 一話がごっつい地味で驚くと思います>紅 この夏の作品が、皆ちゃんと「掴みの一話」を意識しているのに、明らかになーんにも意識していないw

LD >> 。o(…あと「恋姫無双」もやる事を見てしまったけど…そうしよっかなあ…)

ルイ >> 恋姫無双は切りたいお(`・ω・´)

LD >> さて、今期の番組表もだいぶ詰まってきましたが……「ストウィ」はルイさんが押えてくれるんでしたっけか?

ルイ >> (とりあえず早速規制喰らってるスク水ウィッチーズをLDさんに丸投げしてっと・・・)

ルイ >> ふお!?何故同タイミングでなすりつけあい!?

ルイ >> 「スカガ」を普通に楽しんだLDさん向けなんじゃないかな(真顔

LD >> …「バーディ」はりょーちもアニメのようですね…何か各所で作画崩壊とか言われそう。…というかやはり「キスダム2」とか言われそうw(←言われない)

ルイ >> http://vanishingpoint.air-nifty.com/blog/ 監督が変態さんなんですね、わかります。

ルイ >> キスダムは調べれば調べるほど、魔の化学反応が起こってるからなあ〜wBS11の「R」で、EDの後に毎週監督さん?が作品語ってますけど、あれどんな罰ゲームだって思いますw

ルイ >> バーディーはゆらゆらと自由に動かしてるんですけど、もう一本芯の通った作画を観たくもありますね。前ハイエナにあげた、マクロスのグレースさんみたいなヤツ(すっごい高望み

LD >> んんん……(´=ω=`) >「ストウィ」

ルイ >> 3話をチラ見した限りでは、主人公の親友子ちゃんは、僕の記憶では「スカイガールズ」でお兄さんがどうこう言っていた娘のクローンだ。

LD >> …そうですね。>「バーディ」 ちもパートを精査して行きたいですけど、感触的に言うと「動かそうとしている新人がタイミング組め無くって困っている作画」に思えます。

ルイ >> ああ、同感です>バーディー 動かそうという意識は伺えるんですけど、基本的な動きができてこその話ですしね。

LD >> 4月期にはじまった良作がまだかなり残っているんで、7月期は相当良くないと残せないんですよねえ…。

ルイ >> うーんと。「夏目」と「魔法遣い」と「スケアクロウマン」と「バーディー」と「薬師寺涼子」「と「乃木坂」と「E」は僕が血反吐はきながら泣く泣くおさえるので、他の請ったものからよりどりみどりでどうぞ☆

ルイ >> ・・・やっぱ「スレイヤーズ」を残すのは甘すぎですよね。ちゃんと見てトドメを看取ってあげたい気持ちもあるんだが。

LD >> 多分、新人さんって動かす作画したら「見て見て」の気持ちが出てタイミング遅めになるんですよね。→

ルイ >> あー!!!誰か来た!!!>バーディー テレ玉版

ルイ >> 明らかに上手い人がやってる!これは・・・今まさに僕の中で旬の岸田さんじゃないか!?

LD >> (´・ω・`)。o(…そのライナップで泣く泣くとか言ってるよ?…)

ルイ >> ああ、ゆらゆらの正体はそんな所にw>タイミング遅め

LD >> →で、やっぱ作画名人は、あとで作画厨が分解して見てみて「そんなんワンフレームで終わらす画じゃないだろ〜!」って画を惜しみなくワンフレームで終わらしますよね。

ルイ >> わー、プールのアクションは全般良かった。若手の「動かしたいだけ」のアクションとは一線を画してる、と思う。

ルイ >> 溜め自体が悪い事だとは思わないですけどね。僕の感覚では、重さや重力を感じさせないことがおおいなってのがある。

LD >> http://www.websphinx.net/manken/hyen/hyen0238.html ←例として適切かどうか、「とらぶる」の春菜ちゃんビンタって0.5秒あるかないかですよね。

ルイ >> 坂崎忠に岸田隆宏!?ちょっとこれまでのバーディーの印象と違う原画陣。

LD >> 当然、溜めるところは溜めですよね。

ルイ >> 「しおんの王」の最終回が最も例として適してるんだろうけど、消しちゃったやw

LD >> おう。観直そうw>坂崎忠に岸田隆宏

ルイ >> 「沼田誠也の隠し玉」さんとやらが一原をやって、2原佐藤利幸さんっていう、ハニ弟が兄を殴るカットですけどね。あれなんかが、今のLDさんの話の典型例だと思う。

ルイ >> ちなみにりょーちもさんも原画クレジットの最後尾にいましたね。総作監とキャラデザやって、どうして原画にこう参加できるんだろう?凄いな。

LD >> いや、憲生さんとかね。「ラガン」の14話のカミナの墓参りのシーンとかやってるって聞いてさすがとか思うんですよね。

ルイ >> 最近あんまり描いてないですねえ>松本さん 劇場アニメーターかー!

LD >> ハニ弟が兄を殴るカット>ああ、あそこ面白かったw…タイミングどうだったかは記憶薄いですけど。

ルイ >> 俺の殴りを見ろ!って感じで、殴った瞬間時とまってますよ、あれw>しおん

LD >> 「NARUTO」やってんでね?>憲生 で、空いてもジャンプ系のアニメがもっていっちゃうイメージ。…そういえば「銀魂」がかなりいいとゆー噂がチラホラ。

ルイ >> そうですね。>銀魂 ヨイですよ。ローテが大安定なんで。あと、殺陣やエフェクトに強い原画陣が何気に揃ってます。

LD >> りょーちもさん的には死ぬ気だからじゃないかな?>どうして原画にこう参加

ルイ >> 僕の最近の岸田フェチ・アイからすると、マクロスFの岸田さんはスイッチ起動以降で、バーディーの岸田さんは・・・プール序盤の触手攻撃か、最後のぬるぬる破壊だなあ。どっちかな。

ルイ >> そういえばりょーちもさんのサイトの掲示板に、藪野さんらしき人が書き込みしてて笑いましたw誰かの騙りかもしれないけど、妙に言葉に重みがあったw

LD >> やはりか…最近「銀魂」が作画マンガ(笑)っぽい感じになっているのは、それに引きずられたからかな?w そして脚本的にもかなり実験的なところを突いてきているようですね。

ルイ >> そう思います>引きずられた 脚本は元々カブトボーグチームなんで、適度に遊んでますよね。じゃパンの後継者的位置づけ?

ルイ >> (マクロス総集編ジャマイカ・・・

LD >> 岸田さんはぐっちょりしたのが好きだからw…というか、原画マンってコンテからパートどのくらい選べるんですかね?…むろん格にもよるけど…。ちもさんだと岸田さんがやりたいって所は逆らえないし、何も言わんでも面白そうなところよこすかな?w

ルイ >> ミクシィでパート決まってるのを見たことはありますねw>選べる 「ここやりたいなぁ」→「じゃあそこで」→「やったー!」みたいなw

ルイ >> 岸田さんはラフ目に描くときは優しい線引くのに、いざ本編参加の時はぐっちょりな印象ですねえw

LD >> 「スケアクロウマン」は録らんとなあ…「セキレイ」はどうしようかなあ…。

LD >> え?ミクシィでそんな相談しているの?w>パート

ルイ >> ハヤテ39話の演出の人が、「二十面相」の人間タンク回も演出してるんですけど・・・

LD >> 「バーディ」はアニマックスで録るかな?

ルイ >> 確かSNIPESさんあたりはおもいっきりそういうやり取りでパート割り振ってたような。そういえば、絶対可憐チルドレンでも、ハヤテ39話みたいな事が起こってしまうらしいですねえw

LD >> 「人間タンク」回よかったですね。…というかおじさんってまた出てきました?

ルイ >> なかなか痛々しい三角関係だなあw>マクロス

ルイ >> スケアクロウマンは録らなくてもいいんじゃないかい!←エー!? 

ルイ >> これはw面白いwシーンだw

LD >> こう…むしろ「ストウィ」と「セキレイ」を切れると僕の中ですごくスッキリするというか…「…よし!俺、切れる子!」みたいな?w

ルイ >> セキレイは切ることはできないなぁ。ベルカ師匠を待つので。

LD >> …う、今度は「マクロス」か…忙しいなw 「スケアクロウマン」は「アクアキッズ」とか「ゼントリックス」とか録っていた僕には必須コンテンツですよ?…「SDガンダムフォース」は切りましたが。

ルイ >> ・・・ちゅか、「スケアクロウマン」の榎本温子さんよいですね。僕の中で今期、井上和彦さんに次ぐかも。

LD >> ベルカ師匠っすか……あかんわもう……「西洋骨董」くらいしか切れんやん?orz

ルイ >> むむむ・・・マクロスは「歌のアニメ」だから、認識支配力を歌で演出できるのか!?

ルイ >> ・・あ、あと、グレイスさん@17歳もよい。これが三強かな(なんの?

LD >> ああ…「ロマンチカ」ですね。わかります。>井上 (←意図的ににゃんこ先生をスルーしている)

ルイ >> 何故w あれ、ラストシーンとかアドリブなんですよね>にゃんこ先生 たまんねっす。

ルイ >> すっかりシェリルが姫川亜弓化している昨今ですが、そろそろいっときますかw

LD >> ま…いっかなあ?「西洋骨董」と「恋姫」切れば「切れる子」クリアかな?

ルイ >> (なんという自分に甘いハードル設定・・・)>切れる子

LD >> はい。まあそろそろ一番に入りましょうかね。

LD >> …まあ、もうちょっと絞り込んでみましょうか(汗)>ハードル設定

ルイ >> 一応「ブリーチ」が巻頭なわけですが、ルキアとのカラッとしたワンシーンは良かったですね。でも、元々『再会』は読者的に久しぶりなだけで、ブリーチ内時間だと大して経過してないんじゃないかっていうw

LD >> 時間的にはそのはずですよねw>「鰤」

ルイ >> 多分数時間とかそんなもんですよね。・・・これがまさに、読者体感時間ありきのマジック・・・!(か?)

ルイ >> NARUTOは敵来襲時に修行フェイズで里を離れるという、ジャンプメソッドが炸裂ですね。いやジャンプに限ったものでもなく、単純に「真打は遅れてやってくる」パターンですか。

LD >> 「とらぶる」ですが、矢吹先生、彩色上手くなってるなあ…。

ルイ >> アニメが始まる少し前くらいかな?カラーでそれ、よく感じます>上手くなってる

LD >> 「トリコ」ずっと掲載順頭の方キープしているって事は人気あるみたいですね。

ルイ >> そうですね。最初の頃言ったけど、「モンハン」の型で上手いこと「掴んだ」かなって印象があります。

ルイ >> それにしても、トリコは今のジャンプの中じゃダントツなくらい、物語に明示しない所で物語膨らませまくってますよね。

LD >> 「リボーン」に今出ているお姫様は、「ギアス」の天子様とかぶるなあw

ルイ >> それに、四天王の後姿まで描いてるし。これが昔の北斗の拳〜キン肉マンあたりなら、フードを羽織ってるもんだが!w

ルイ >> ギアスの話はチャンピオンあたりまで取っておきましょうw

LD >> ふむ。意味分かるような気がしますが、もう少し詳しくお願いします。>物語に明示しない所で物語膨らませまくってますよね

ルイ >> やあ、フルコースの決定済み品数の差であったり、ココの口ぶりからすると、虹の実も食べた上で「俺のフルコースじゃない」と判断したりしているわけで。そこに登場人物たちは逐一つっこんではいかないんだけど、一つ一つの情報が世界を厚くしてますよね。

LD >> ああ、というか今、なんか「バスタード」の最初の頃がリフレインされたw>「トリコ」の四天王

ルイ >> そういえばあの四天王も、昔一緒に修行してましたっけ?w>バスタード

LD >> 一緒に修行はしていないですけどね。…って言っておいて何だけどDS+四天王だったw構図が違ったw

ルイ >> 一緒に戦ったんでしたっけか。まあそれはともかくとして、身近なヒキとしては「死相」でヒイてますしね。万全ですよね>トリコ

LD >> 「アイシールド」もよかったです。…というかバック走が異様に速い一休はこのにらめっこに負けない事がまず前提なんだろうなあ…。

ルイ >> ・・・・・・・・・これ高垣あやひーか!!!(゚∀゚ノ)ノ>いたキス

ルイ >> アイシールド、多分連載の初期にコレをやっても通じないですよね。アメフトのルールを単純なところから積み上げて、ここまできたんだなあっていう感慨があります。

LD >> 元々、同じ悪の軍団で…DSが魔王だったんだけど、なんか行き掛りで敵対してしまった展開ですねw>「バスタード」

ルイ >> バック走が速い上に、最後まで目線を切らないからこそ一休は一休たりえるんでしょうね。

ルイ >> で、途中から天使がどーこうで話が変わってくると。わかります。>バスタード

LD >> え?どこどこ!?>高垣

ルイ >> (やっぱり高垣あやひーか・・・!)

ルイ >> イヤミな新婦さんw>あやひー 数ヶ月で一気に芸幅広げてる・・・w

LD >> 最近、単行本出てましたね。驚きました。>「バスタード」

ルイ >> しかし、花梨はこのまま描けず終わるんじゃないかって危惧がありますね。結局真の天才を2人擁しているようなチームに求められるQBってのはこういうのだ、って話かもしれないけど。

ルイ >> どんどんタッチが変わっているので、地層ならぬ画層を見ている気分>最近単行本

ルイ >> アイシールドのこれまでのネーム感覚でいくと、目線で勝つイコールボールキャッチまで一話で描ききるかな、という感覚があるのですが、それを敢えて避けたということは何か展開か、あるいは見せ方に意味があるんでしょうね。

LD >> 花梨はセナと対比を示唆されたキャラですよね。そこに沿うなら、終盤で一化けあるかもしれませんね。

ルイ >> ・・やっぱり時空の旅人の番組のはずなのに、冒頭で時かけ宣伝しまくってる・・・w

ルイ >> うは、フジテレビマニアックな質問をw

ルイ >> ・・さて、今週は読み切りもありますね。SAWの系譜と言い切っちゃっていいんでしょうか。

LD >> 「SAW」…なのかな?…いや、洒落じゃなくw

ルイ >> ストーリーのタイプというより、見せ方の話ですけどね。

ルイ >> 密室、理不尽、ルール・・・そういうあたりを指してw

LD >> ラストシーンがちょっとよく分からないですね。何か、元の世界の方がおかしい…って話みたいですけど。

みりん >> こんばんは

LD >> ソリッドシチュエーションスリラーってやつですね。>「SAW」

ルイ >> うーんと、とりあえず皆前提として死んでいて、その中で何か適合者を探していた?

LD >> こんばんは、みりんさん。

みりん >> ROOM303はどうやら町自体があの世の入り口みたいな感じらしいっすよ

LD >> うん。もうちょっと情報拾わないと分からないみたいですね…。>「ROOM303」

ルイ >> こんばんは。結局どういう行動をとる事が眼鏡に適う行動なのかはイマイチわからない。殺される側も、殺したあと反省する側も皆ひっくるめて死ぬだけらしくて。

みりん >> ゆえにガンガン行方不明になってるという

みりん >> 多分殺すとこまでが屋敷の力でそこからどうするかっぽいですよね

ルイ >> それはわかりますね>町自体が入り口 アストラル体になる前みたいなw

ルイ >> その「どうするか」を判断する材料がないというあたりが・・・漫画としてどう評価したものか困る所ではあるけど、いかにもプロになる前って感じ(なりたて?)ですね、と言いたい気分でもあるw

みりん >> でも今のジャンプでこういうオチの話できるんだなーってのはちょっと新鮮でした

ルイ >> いや、読み切りでしか出来ない気もしないではないけど・・・読み切りだと、結局釈迦の掌ダッタノサ、みたいなオチも結構たまーに出てきますよね。

みりん >> まあ連載ではムリでしょうねw

ルイ >> 好きな漫画に「JOJO」がないのが何か久しぶりな気がした(笑

ルイ >> こういう掴みを出来る人が、じゃあ連載でどういうものを描くかと。この辺に編集さんの手腕が問われるんでしょうね。

ルイ >> 「ダブルアーツ」・・・ホントにエルーがひたすら吸い取る話になりそうな・・・

LD >> 一通り意識して情報を拾ってみましたが…分かりませんね。最後、雪丸くんたちがいる家(部屋)もどこか分からない。

みりん >> やっぱりエルーがハイネをドレインするオチっぽいですね。でも患者の家のおばあちゃん可哀想だなあw

LD >> 「ダブルアーツ」なんでしたっけ?あの「何でも上げてしまう王子の像」の話を想起し始めていますw

ルイ >> 何か、あんまり好きじゃないんですよね・・・なんでだろ?>ドレインオチ

みりん >> ハイネさんは元々シスターにはなりたくなくて、しかもあれだけ死ぬの怖いって言ってるけどって事は教会側も何か事情があるんですかね

ルイ >> 嗚呼、幸福の王子か。

みりん >> とりあえずドレイン体質の子がシスターに出会うと、本人の意思関係なくシスターにさせられるっぽいですけど

LD >> …分からん。窓を見ると車やら人やらが降っているのは何故だ?

ルイ >> マグノリアが好きなんでしょうw←なんだそりゃ

みりん >> とりあえず死者の街で角生えた悪魔さんの白屋敷試験に失格した人が天国に行けてそれ以外は地獄落ちっぽいですね>LDさん

ルイ >> そう、幸福の王子は寓話としては別に何も文句つける気はないですけど、この世界の物語として、ドレインオチって、目に見えるトコだけを救済するに過ぎないというか・・・何か、仮初の「良かったね☆」な匂いを感じちゃうんでしょうね。

ルイ >> なるほど。地獄に落ちてるわけか。

みりん >> まあハイネさんはたまたま助かっても他に苦しんで消えていくシスターがいっぱいいますしね

LD >> 多分、殺されるか、殺人の罪を認めると、悪魔に「用なしの死者の魂」として外に出されてしまうみたいですね。…で罪を認めるか、殺されるか、っていう条件付けの分かりづらさがこの読切りを分かりづらくしている…。>「ROOM303」

ルイ >> そうですよね。それなら、最初からそんな事はムリだ、と描く方がまだ優しいという気もする。実はその辺、来週描くかもしれなくて、少し期待もしてるんだけど。

みりん >> 個人的には夢のあるハイネさんと情のあるエルーさんとどっちかを選べるかって話をちょっと期待していたんですが…

ルイ >> 一応「罪を犯す事が罪ではない、罪をなした後の対処こそが大事である」という主張が、殺された子と殺した子を同列に扱うことで描いている・・・の、かな?

LD >> はい。でも目に見えるトコだけを救済し続けるだけでも、主人公は消耗しきって消えてしまうのではないでしょうか?それが最初に示唆されている「過去として語る」伏線だと思えますね。←多分、これ逆フラグですけどw

ルイ >> どこまでもFF10ですなぁ〜w

LD >> 「キレイな魂は要らない」という観点では一貫しているのかもしれませんが。罪を認めた子も殺されてしまった子も。…でも「試すための部屋」との絡みがスッキリしませんね。…いや、とまれネーム運びと展開は楽しく読めました。そこが面白いからオチが不思議な形でもかえっていいかも?と思えてしまうわけですw

ルイ >> ネーム自体は別に読みづらくもなんともないですけどね>ROOM303

ルイ >> 悪魔の悪魔候補スカウトなんでしょうね、この世界。

LD >> そだね…正に「FF10」じゃん……orz

みりん >> でも電話で助けを求めても相手は楽しい!としか聞こえないってのは地味に怖かったなあ

ルイ >> ちょっとデジャヴというか、既読感はあったんですけどね>逆に聞こえる 本人の気持ちになってみると、顔青くなりますよね。

LD >> 多分、最初の娘は助けというより「絶対にここに来てはいけない!」って事を雪丸くんに伝えようとしていますねw

ルイ >> 真逆ですからねぇ〜w絶対きちゃダメ!言うてますね。で、それを言う事自体が、悪魔的に用無しな証。

みりん >> 聞かれちゃ生きていけない秘密ってのは少年誌的にアレな秘密だったりするんですかねwこの辺別に明かされても…と思うし描かないのは良かったなあ

LD >> …う〜ん。>悪魔候補 なんか失格しないとずっと同じ事繰り返すように見えますけどね。…ってラストカットよく見たら、器の街から人間たちを下に落としていますね。(分かりづらい…)

ルイ >> 「ネウロ」は生態系をSMの関係性に纏め上げましたw大変わかりやすいですw

みりん >> 何か妙な説得力ありますねw

ルイ >> ネウロが既にドSだということは描いてきていて、そのものサブタイになった時すらありますからね。説得力が出るようには描いてきてるんですよね。これ、連載開始直後に言い出したらトンデモ理論ですよw

みりん >> シックスとネウロの初対面でドSサミットとかネウロのDRさん拷問シーンでやたらドSってタイトルついてたとか、ちゃんとハマって気持ちいいです

LD >> 「ぬらりひょん」はカナちゃんを積んできたなあ…ここらへん構成がよい感じでね?

みりん >> ジュニュインさんが注入してたのってひょっとしてDCSですかね?ってことはシロタさん?w

みりん >> カナちゃんヤンデレ路線にw

ルイ >> ぬらりひょんは多分リボーン寄りにして、いい男増やした方がいいんじゃないかなってのもあるなあw

ルイ >> おお、それはありえなくはないようなw>DCS

みりん >> 男性キャラ増やすとますますリボーンと競合しちゃうから美少女押しは正解じゃないですか?

ルイ >> ああ、そうか、今ジャンプでは逆にベタな美少女押しの方が稀少なんでしたね。

みりん >> 元々マフィアモノとヤクザモノでちょっと被ってるし、主人公が多重人格っぽい点でもちょっと被ってるし

LD >> …ちょっと葛西の位置が面白いというか、遊撃的な位置にいますね。

ルイ >> 会社名Xですし・・・何か細かく積まれてますねえ。

ルイ >> シックスが葛西をサッサと先鋒に押し出さないのが面白いなと思います。ジェニュイン責めてるヒマがあるなら、現場責任者の葛西はいいのか?って思うんだけど、葛西の狡さを買ってるのかな?

LD >> 前のネームで雪女はかなり積んだんですよね。>「ぬらりひょん」 で、今度はカナちゃんを、もっと明確にカナちゃん個人をぬらくんに守ってもらう事で積もうとしていますね。…よい形だと思います。ダブルヒロイン(並列)として。

みりん >> 意外に5本指の一員と見せかけての右腕ポジだったりするかも知れませんね

LD >> いや、葛西ってシックスに忠誠というより絶対悪に忠誠していて、だからネウロの方が悪だと見切ったら、さっと手のひら返すような感じがしません?w

みりん >> カナちゃんが一応メインヒロインポジっぽいですけど、うまくジャンプ名物空気ヒロインになるのを避けてる気がします

ルイ >> でも、まだ人気投票はしないが吉でしょうねw>空気ヒロイン

みりん >> リボーンだと京子ちゃんは積極的に空気化させようとしてるけどぬらりでカナちゃんの空気化はマズいですよね

LD >> …別の言い方すると、やっぱり一番恐いのは人間で……葛西ってシックスよりも恐い人間で、自分が新しい血族だなんて事を思った事は実はありませんですた!<(`・ω・´) とか言い出すんじゃないかと妄想したりしています。

ルイ >> ネウロは上位者権限で好き勝手やってるだけで、そこにシックスに感じるような絶対悪を感じはしないと思うけど・・・葛西のキャラ格的には、Xに乗り換えとかありそうだw

ルイ >> 京子ちゃんを強くしちゃうと、リボーンの構造的には「仮想敵」みたいになっちゃうんですよね?>空気化させようとしてる ぬらりひょんでソレやったら、味方もいなくなるw

LD >> 雪女がねえ〜日常パートまで浸食しているのがいい構造なのか、まずい構造なのか…w ここらへん多分「静かなドン」が比較対象になるんですよねえ〜w

ルイ >> 「スケットダンス」は余裕で平凡な話組んでるけど・・・・いいのか?wロマンとか出さなくて大丈夫か?w

LD >> ネウロにつくって例えはイメージまずかったですね。ともかくコイツ(葛西)、シックスにも腹の中では舌出してるんじゃないの?って妄想がよぎったんですね。それが言いたかった。

みりん >> 普通に面白かったけど、今この話って大丈夫かな…w>スケット

みりん >> 京子ちゃんの場合、「京子ちゃんの為に頑張るツナ」って要素しかいらないって部分はあるんじゃないかな

LD >> 最近、ボッスンの顔が若干カッコよさげになっているので、大丈夫と見た!>ロマン抜き ってか多分、作者的にはロマン出し過ぎで別のマンガになったり、パターンがロマンネタに制限されてしまうのを恐れているとみたw

ルイ >> 京子ちゃんに物語を与えない、っていうと言葉が強いけど、それは全体のキャラや読者層を考えての配慮ですよね。

みりん >> 可愛い女の子以上でも以下でもいけない感じですかね。クロームより強くなっちゃうと困るし

ルイ >> それ、ありますね>ロマンネタを恐れている キャラが強すぎて、出す事にビビるパターンって実は多い。・・・そしてそのうちの何割かは「ほうら!やっぱり!恐れず!出せば!良かったのに!」って事になるw

みりん >> リボーンがすごいのって構図はダブルヒロインモノなのに女の子同士が常にセットなんですよね。本当に華以上でも以下でもない

ルイ >> しかし関係ねえ〜w>ボッスンの顔が若干カッコ良く そっちの層はもうDグレとか溢れかえってますw新八の方がかっこよかったりしますw

LD >> 京子ちゃんて、なんか対抗になるヒロインいましたっけ?

みりん >> 確かにロマンちゃんは麻薬ですよね…だからロマンちゃん出せばよかったのにって言われるし

ルイ >> 対抗をおいちゃいけないっていう話ですね、みりんさんの言ってるのは。

みりん >> 一応ハル→ツナ→京子ですw

ルイ >> でも、それは外殻だけって事ですよね>ハルと京子

LD >> いや、クロームよりも強くなってもいいのでしょうけどw …でも設定格の時点でクロームよりも強く成りようがないw

みりん >> ハルは積極的な子でツナに積極的だけど京子がヤキモチとか一切なくて、京子と学校違うけど親友で常にセット扱いなんですよね

ルイ >> 漫画の読み方がブレるって話をされてるんじゃないかって感触がありますが>強くなってもいい ・・・・「銀魂」はすっかり独走状態ですよ。

みりん >> 銀魂はギャグパートは好きなんだけどな…シリアスはアニメ版の方が遥かに見やすいんですよね

LD >> ふむ。でもその構図はあまり前面には出してないわけですね。とくにバトルの流れに入ってからは。

LD >> >ハル→ツナ→京子

ルイ >> アクションの画に才のある人ではないですしね。>空知先生 でも、表情なんかは妙にこう、ドギツイものも取り入れつつ。

みりん >> いや、でも要所では結構出てますけどね。京子ちゃんの為に戦う!と宣言するツナとか。ただ単行本では変更されてたりします>LDさん

LD >> 「サイレン」何気に“プログラム”と言い出したところがキモかも。…単純にパワー超能力じゃなくっていろいろ面白い事がやれそう。

みりん >> 確かにプログラムって概念は結構面白いかも

LD >> 「サムラ……ま、いっか。サンデーいきましょうか。

ルイ >> サム・・・デー。信じる心いつまでも。サム・・・デー。

GiGi >> ヒロイン強化すると男衆を人外化できて一石二鳥?かな

みりん >> うさぎは本当になんでバトルなんかやったんだろう…

LD >> ただし、ヒリューの竜尾はすでにプログラムを組んでいるような気がしないでもないw

GiGi >> もうしばらくかかりそうなのでそんなペースでよろです(笑)

LD >> 日常ネタが続かなかったとか…。今のジャンプの担当さん、無理にバトルにはいかないでしょうけど、作者が「すみません!ネタ出ません!」とかいったら「じゃ、バトルいっときますか?」くらいはいいそうですよ?

ルイ >> 「ハヤテ」は畑先生がノリノリな事だけは伝わってくるんだよなぁ〜w

ルイ >> ネタというか、アンケート順位じゃね?

LD >> なんだろ?あのブラックボールの技が一定の動作をしたところで自然消滅するようにプログラムを組むとかね。とりあえず。>「サイレン」

LD >> ノリノリで何故、泉ばかり積む?(`・ω・´)

ルイ >> バックステージによると、他に妥当な役回りがいなかったって事ですけど、この辺あんまり上手くいってないようにも思いますね。

ルイ >> ぶっちゃけた話、畑先生の「6歳児」ってダメなんですよ。1%もっぽさがなくってwこの時点で既に漫画滑り気味なんですけど、まあ、畑先生ノリノリだから読むっか〜みたいなw

みりん >> うーん、なんかブレそうっすね。畑先生のそういうところ苦手なんだよなあ

ルイ >> 畑先生って、結構頭でっかちだと思いますけどね>ブレそう 本人その辺全然意識してないで、当初の都合のままに泉を出してたら配分比おかしくなっちゃったーみたいな展開だと妄想。

LD >> 「神知る」は最後の、Cパートの宣伝ページがちょっといいですねえ。

みりん >> ああーそういう感じっぽいですね

みりん >> 神知るは宣伝ページがなんかエロゲのデモっぽくていいです

LD >> しかし、アテネ編は少し分からないですね。アテネが作品内でド強い事だけはわかるんですけど…こっから、逆転するプランがリザーブされた上でやっているんでしょうか?w

ルイ >> アテネ編に入った頃かな?言ったかもしれないけど、これは結局ハヤテにトラウマを与える為のものって風に捉えてはいるんですけどね。アテネはかぐや姫みたいなもので、そもそもの話世界が違うと。

LD >> 本当に少しずつ変えて行くんですよね。>「神知る」

GiGi >> 神のみの宣伝ページよかったですねえ。本編もよかったです(笑)

ルイ >> ほんっとうに、人の心にちょいとプラスって感じですね。>神知る

ルイ >> それより、本編の中の堂々たる宣伝は、既にあだち充な風格が、って明らかに意識してやったでしょうけどw

LD >> トラウマを与える、話世界が違う、は同感ですけど…どうなりますかね。いや、なんか僕の中では矢吹ジョーが力石の事ふって、葉子さんや、紀ちゃんと幸せになる話が組めるの?くらいの感覚になっているんですけど(汗)w

ルイ >> 誰エンドって考え方ではなく、ヒロイン候補全員で「おめでとう」ゆーてハヤテが「ありがとう」という話なんですよ(違 や、でも、誰かにどうこうってんじゃなく、ハヤテの存在肯定の物語なのかもしれないですね。

LD >> NOW LOADING… は前回でしたっけね。>「神知る」 かなりいい雰囲気ですよね。

LD >> あ、うん。この展開でもハヤテが誰ともくっつかないけど、皆とセカイに肯定されるラストシーンは見えますねw

みりん >> なんか畑君だったらありそうだなあ>ルイさん

ルイ >> 基本的にエヴァ、ナデシコ、ウテナの世代の人なのでw>畑先生

ルイ >> 今週は「お茶」が面白かった!一番に推すタイプかどうかはさておいて、ニヤニヤが止まらない回でした。

みりん >> この世代だとどうしてもそうなりますよね…でも改蔵で師匠はその一歩先を提示したと思ってるので、畑先生も頑張ってほしいw

ルイ >> ハヤテのごとく!っていうのも、実は君は君らしく、の言い替えっていう説がw

LD >> 「トラウマイスタ」ですが、スジャータさんの反魂香は今も燃え続けているの?

ルイ >> やっぱり西森先生は、ナチュラルなキャラの描き分けが上手いなあ。各々のリアクションの差とか、もうテキストデータではなく感覚で見えちゃってるんですかね。赤松先生と対極ちゅか、良い意味でアナログです。

ルイ >> スジャータさんのケースは何か特殊な気もしますね。

LD >> (`・ω・´)。o(…たしかに改蔵のオチは一歩先だったかもしれん…)

ルイ >> あんまりそっちに揃って進まなくても・・・w

みりん >> 改蔵は一筋縄じゃ行かない問題児系の女を面白い女として許容できる男ってだけでOKな気がする

ルイ >> まあ、アレですよね。例えばセカイ系というジャンルに不のイメージが集まっていって、その理由には納得できるんだけど、一方で「良質なセカイ系ならセカイ系でいいじゃない?(鼻ほじり)」とか思う僕もいてwマクロにダイレクトで繋いじゃう心象が心象として存在するなら、それを描く表現そのものが否定される必要はないとも思うんですよね。あとに作品のデキフデキっていう判定基準があれば良くて。・・・なんの話かって事ですが、まあつまり、畑先生頑張ってってw

みりん >> 後半はすごくラブコメしてるんですよね。まだヤンデレって概念がない時代なのに>改蔵

LD >> 西森先生は本当にアナログですよねえw

みりん >> 今日俺もそうですけどヤンキー漫画出身の先生ってワンナイトカーニバルとしての青春の描き方がすごく上手いんですよね

ルイ >> うん。西森先生はそれに加えて、単純に人間観察力が妙〜に、高いですねw

LD >> そうですね。セカイ系ってある種、揶揄の言葉としても使われるんだけど、そんな事ないですよね。また、もう既にセカイ系の枝葉は相当分岐していて一括りに仕切れない段階に来ている気がします。

ルイ >> 「チルドレン」ブリーチの再会に通じる話かもしれないけれど、皆本が『蒙いないんだなあ・・・」とやるのは、読者感覚的には納得できる一方で、髪型が変わる過程まで全部地続きなハズの(一日すら離れてないんじゃ?)皆本が言うとちょっと違和感がありますね。

みりん >> 確かに毎日会ってるはずですよねw

みりん >> 今の連載の中でワンナイトカーニバルとしての青春の描き方が一番上手いのはWORSTだと思う

ルイ >> 読者視点の代弁なんでしょうねえwかなり自然に変わっていったハズで、特定段階だけを懐かしみの対象には感じないハズなんだがw

ルイ >> ああ、クローズやワーストはそれが全てと言ってもいいかもしれませんね。西森漫画って、不良漫画っつか、結局人間マンガなんですよねw

LD >> 多分、西森先生、自分で感覚的に納得できるキャラしか描かないと思うんですけど、その幅が広いというか、方向的にはそんなにキャラ変わらないと思うんですけど、多岐に渡りますよね。

みりん >> 高校生活はケンカしたり凄く楽しいけど、卒業したら半分近くの人間は野垂れ死んだり悲惨な末路を辿るんだって、執拗に言い聞かせてますよね。そうならない為に動いてる人間もいてという

ルイ >> 作品を追っかけていくと、類型化できるかな?>西森キャラ 大雑把にはできるんだけど、そこから個別に個性が枝分かれしてるのが面白いですね、この作家さんは。

LD >> ああ…。>「チルドレン」 でも、一番最初に会った時の状態ってのはある程度保存されるかもw

みりん >> 同居してる家族を見てふと「ああ、年取ったんだなあ」と思う感覚でしょうか

ルイ >> 葵だけ描き分けが大変そうw>成長チルドレン あれ?タイトル「絶対可憐ガールズ」とかになります?w

みりん >> まあ子供はいくつになっても子供ってセンで行くんですかねw

LD >> 三橋は伊藤と一山当てに行くみたいな終わり方でしたっけね。

ルイ >> いや、それだと未来予想通りになるような・・・w>子供は子供 ああ、でもタイトルを深読みするとそういう解釈もw

LD >> …そろそろ三人一組で行動する歳でもないと思うんだ…。まあ桐壺局長がこのチームで行くんだ!って言い張るとは思うんだけど…皆本にだって昇進はあるし…。>「チルドレン」

ルイ >> 個別任務って、色々やってほしいと思わせつつも余りやらなかったですよね。それが小学校の頃だからこそ3人の仕事を描きました、ってんなら感動します。でも、1組で行動しそう・・w

ルイ >> 一応未来回避という事もあるわけで、チルドレン同士の絆は維持した方がいいって考えがあるかな?

みりん >> ああー三人個別任務だと燃えるんだけどどうだろうな…

LD >> カボチャの馬車に乗って疾走するシンデレラの見開きの画はなかなかよかったです。

ルイ >> 「ギャンブルッ」は正直肩透かしのオチでしたね。読めてはいたんだけど、僕に読めちゃう時点でって感じ。この試合、やっぱり一週で圧縮するくらいでよかったって印象だな、今の所は。

みりん >> でもいつも常に三人一緒ってだけが絆じゃないって展開は来そうな気もするけどなあ

ルイ >> 最近アニメで葵と紫穂の個別任務回をやったんだけど、やっぱり良かったですねえ。原作ホントにあれだけだったからな。

みりん >> 100万$キッドだとポーカーフェイスの達人みたいな人がいて、グラスについた水滴→体温変化でクリアするってのはあったんだけどなあ

ルイ >> 今週マサルが言ったそのまんま「クセ(個性)、いいじゃないか!」っていうテーマを乗っけたいが為の戦いだったんだけど、それは既にマサルのステージじゃないよって感想ですね。

LD >> 「ミクシム12」のタイトルが「ミクシム11」になっていますね。…で射手座が消えたとか言っているわけですが…。

ルイ >> (さすがLDさん・・・その眼力はホーク・アイと呼ばれるほどの事はあるぜ・・・)>11

LD >> マサルのステージじゃないkは同感ですね。…でも、技術はマサルはまだ追いついてないという話に持って行っているみたいですね。

みりん >> このままガンガン減っていくんですかね

ルイ >> ああ、そうそう「月光条例」富士鷹先生の筆はノってましたねw

LD >> マサルがトーナメントで前に闘ったのって競馬の吸血おじさんまででしたっけ?

ルイ >> 「オニデレ」にお嬢属性が付加、と・・・(メモメモ

ルイ >> 吸血おじさんまでですね。

みりん >> カボチャの馬車で公道爆走って単純に絵がいいですね

ルイ >> 絵の面白さからどこにいくかってトコなんですけどね>月光条例

LD >> どうも、ガンガン減っていきそうですね。…なんか不思議な連載です。

ルイ >> 『金剛番長』ブリアクのペアスケートからの流れ・・・なのか?w

LD >> カボチャの窓から小さく姫の顔が見えているのがいいです。まずとにかく、そのモービルがでかいのがいい感じw

LD >> そういうわけでもないでしょうけどねw>ペアスケート

みりん >> 金剛番長は普通のバトルっぽい感じだとあんまり面白くないなあ

LD >> >ギャンブルのマサル 対戦相手のレベルから考えると確かにレベルが低い(LD基準)。じいさんがこれまでの対戦相手の中で一番格上なのも納得。……つまり、そのままのマサルだとロシアンには勝てない話だったのかな?

ルイ >> 金剛番長のここ数ヶ月の空気っぷりって凄いですよね。気のキイた事言うキャラでもないから。好意的に受け止めると、これは「溜め」なんですけど。最後の勝負、16P全部見開きで殴りっぱなしとかやってくんないかなあw

LD >> 双子の戦いというアイデアはそんなに詰まってないですね。色気に惑わされるのをさけるために目を閉じたところで一気にケリまで持って行く方がエピソードは締まったと思います。>「金剛番長」

ルイ >> ギミックで戦うマンガじゃないんですよね、どこまでいっても>普通のバトルっぽい感じだと エフェクト勝負というか。奇人ゾーンに進むなら、テニプリの手塚ゾーンでも見習った方がいいのかも。

みりん >> 白刃取りすげええええって言ってもねえ…という。別にあの攻撃だったら目を潰す必要あんまりないっすよね。

ルイ >> 「ゴールデンエイジ」は小波ちゃんのサービスカットに咽びなくところなんでしょう(そうか?)…近江に不吉な独走自爆フラグが立ってますけど、オウオウにして、こういうキャラが唯くんの認識を超えたところで結果を出したりもするんですよね。

みりん >> 居合い番長あたりだとギミックバトルやった方がいいと思うんですけどねえ。バトルだと大して面白いわけじゃないし迫力あるってわけでもないので

ルイ >> これ、心眼の人相手じゃないと見栄えゼロのワザですからね>双子同調

LD >> どっかで助言というか喝を入れるシーンも出てくるとは思うんですけどw今のフェーズじゃないんでしょうね。>金剛番長

みりん >> 最初から目隠しなり目を潰すなり目を閉じる前提ですよね>双子同調

LD >> 蓮葉は近江にはずっと付き合うんだなあ…w

みりん >> アーティストアクロはなあ…いつの間にか収集モノになってますね。ただモノじゃなくて人だけど

みりん >> なんで芸術なんてテーマにしたんだろう…普通にエンターテインメントとかパフォーマンスで良かったのになあ

ルイ >> んー。>アクロ やっぱり「うえき」の方向に行きたいってのはわからなくはないんだけども。設定が死にますねえ・・まあ、しばらく保留で。

ルイ >> 蓮葉って、このキャラ格を維持していけば「近江の才能を唯より先に気付いていたキャラ」という地位を保てますよ。

LD >> 基本はジェットストリーム・アタックみたいな感じだと思いますけどね。>双子

ルイ >> それなら同調しなくていいのにw>ジェットストリームアタック 視覚的には意味のない事ですからね、このシンクロ。

みりん >> 大道芸人とかミュージシャンとかマジシャンとかパフォーマー集団の中にアーティストがいるとかならわかるんだけどな…

LD >> 既にそれはあるんでしょうけど…>唯より先に近江の才能を なんか掴めない人です。唯くんも蓮葉だけは読めてないんじゃなかろうか?(近江の才能は読み切れないけど、性格は読める)

ルイ >> 『結界師』新キャラ・・・お前、限か!? って誰かがツッコんでくれると思ったら、良守も誰も言ってくれなかったw

ルイ >> 生き写し設定だとばかり・・・単に画力の問題か!w

LD >> いや、多分、後衛は前衛にいる人間に完全に隠れてしまって目が見えていても後衛の存在は見えないって話のはず。

LD >> 少しワイルドさが足らないのでしょうw>新キャラ

ルイ >> それが偶々極めたが故に、心眼でも察知できぬと。

LD >> あと、近江の父ちゃんの「お前はなにもできないプレーヤーだ」という指摘の真意はなんなんだろう?w

ルイ >> うーん。寒川先生としては、現状の日本サッカーに満足しているならこんなマンガ描く必要もないわけで。

ルイ >> 近江の父ちゃんは、基本倒すべき敵であり、認識のハズなんですよね。

LD >> マガジン行きましょうか。

LD >> いやw 一瞬、近江の父ちゃんも近江と同じくひねくれか、テレでこういう事言うのかも?と一瞬思ったんですが…もうちょっと何か別に指摘がありそうに思えます。

ルイ >> だから父ちゃんが「実は応援してたんだー」という路線は考えにくいんだが・・、ま、マガジンでw

ルイ >> 何もできないんだから、とにかく走れ!とか?っていい話になるなw

みりん >> トッキューは最終回ですね。そしてスクランもあと一週か…

ルイ >> つか「エリアの騎士」って人気なんですね。マガジンって「あひる」もたまにやるけど、堂々たるNPCマッチやるので僕はヒヤヒヤするんだけど、鍛え抜かれたマガジン読者は気にもしない?

LD >> う〜ん、「フェアリーテイル」ゼレフは当然、復活……するよなあ?w

ルイ >> まあ、エルザが活躍しなくて良かったですw

LD >> 俺、ユリちゃんの空気っぷりは酷いと思うんだ…(´・ω・`)

みりん >> 結局進展しなかったんですねw

ルイ >> いやあ、女は港路線を願った俺涙目w>ユリちゃん 兵悟くんは自分で権利があると思うまでユリちゃんに連絡すらとってないとか、ちょっともう困ったさんですね。彼は自己解決してるんだけどw

LD >> もうしばらくエルザはこのパターンかもw どっかで仲間に閉じこめられたり、気絶させられたりするw

みりん >> ここだけの話ですが、作者さんの出自を考えたらありえるシナリオではありますけどねw>ユリちゃんの扱い

ルイ >> いや、エルザはツナデ様よろしく、前線に出すぎちゃイカンよw食うからw

みりん >> ツナデ様もエルザさんも前に出すぎちゃ強すぎますよね

ルイ >> 腐の方でしたっけ?w

LD >> とりあえずTVの前で「一生、彼女を大事にします」って言ったのが進展といえば進展?………か?orz

ルイ >> でも夢オチで結婚シーンをカラーで入れるあたり、需要自体は気付いていたようですね>トッキュー

ルイ >> いや、進展はしてますね。兵悟くんの覚悟と立場が伴った話なんで、こっからはトントンでしょう。ただ、そこは描くメインじゃないんだよっていう主張がw

みりん >> それこそリボーンにおける京子ちゃん程度のポジションだからなあ。一応彼女は凄く大事とか彼女の為に頑張るってエクスキューズは付いてるけど、男の世界という

GiGi >> おまたし

ルイ >> ここで京子ちゃんとの最大の違いを敢えて指摘すると、ユリちゃんはエロすぎたんですね(真顔

LD >> いいや!途中で目を覚ますとみるね!そしてルーシィとジュビアが見せた魔法合体の再現、火焔剣でジェラールを一閃!これだ!

LD >> >エルザ

ルイ >> ちょっと・・ありそうだよ・・・w>ジェラールを一閃

LD >> ´_ゝ`)ああ…エロくなかったら、この位置のまんまでもでんでんいいですね…。わかります。>ユリちゃん

ルイ >> そうですね。ユリちゃんを見ていると、リボーンの管理力が改めてわかるし、でも一方でそれが是なのかっていうと、ユリちゃんの行く末でモンモンとして読むのも楽しい読み方だったから、それはそれでいいじゃないかってのもあってw

GiGi >> スクランはマガスペで続投決まりましたね。

みりん >> 結局続編やるみたいですね

ルイ >> だからあと一回というテンションで感想を言うのは難しいですねえ。

GiGi >> ユリちゃん引く手あまただろうに…(涙

みりん >> 今週は賛否両論でむしろ非寄りだったけど、最後まで主軸はブレないってのは個人的にはよかったです

ルイ >> まあ、陽のあたる場所からユーアーマイサンシャインと。君は僕の太陽って事でしょうね。

みりん >> 普通は序盤の展開なんでしょうけど、

GiGi >> 今週、来週は最終回先回り、ということかもしれませんね。(本編では見られない)成長した播磨を見られるかな?

みりん >> 沢近さんの婚約者役で八雲さんと同居しててってラブコメだと数ヶ月引っ張れる要素を1話で切るってのは良くも悪くも思い切りいいなあ

LD >> 「ネギま」…「己が私欲の為にくだらねえ戦をおっぱじめやがったバカ共を暴き出し、世界を二つ分けていがみ合っていた連中をまとめ上げて、諸悪の根源をぶっ潰して世界が滅ぶのを喰い止めたた、が…一つの国と一人のか弱い女の子を守る事ができなかった」→これネギくん、全部やりますね。それで一つの国と一人のか弱い女の子を守るんでしょうね。

ルイ >> 制服を着て集まるっていうアリエナサが・・・2−Cらしくて良いっていう反応になるのかな?天満も烏丸も歩みだしてるわけで、もう制服じゃなくても良かろうって気分もあるんだけどwまあ、ロマンですかねえ。

みりん >> いい意味で絵空事ですよね。単純に良かったなあと

みりん >> 沢近さんは思いっきり賢者モードですねw

LD >> ああ、続編決定ですかマガスペで。…タイトル変えたりするのかな?

ルイ >> ネギのゴールは「どっちも守る」なんでしょうね。

みりん >> スクールランブルZになるらしいですよ。16Pで。一応学校か飛び出して…って書いてますけど続編か読みきりかは謎で>LDさん

GiGi >> ネギまは今週はすばらしかったですね。

ルイ >> 「涼風Z」は徐々に本領発揮してますな。

みりん >> いろんな意味で本領発揮ですねw

ルイ >> やっぱり困ったヒロインが出てこないと、こっちも落ち着かないっていうこの馴らされた犬状態w

LD >> 「涼風Z」とか言うなw

LD >> も〜読んでて「ちょwww

ルイ >> まぁ。Zと言うからには八雲の物語じゃ・・・え、ないの?w超能力学園Zからじゃないの?w

LD >> も〜読んでて「ちょwww なんなんだよ!こいつはw」とか突っ込むのが楽しいのw>「涼風のいる町」

みりん >> 増刊号のZじゃないですか?w

みりん >> うぜえwwwwwって言いながら楽しむもんでしょうねw

ルイ >> そのホラーみたいなタイトルもどうかと思うw>涼風のいる街 杜王町みたいな響きだw

GiGi >> コードブレイカーも好調ですねえ。桜小路さん後先考えてなくてよい人だ。

ルイ >> 正直、用意された設定は物凄く薄味なものですよね、多分>涼風 短編映画クラス。ここまで何一つギミック追加しないで既に単行本一冊分くらいやってるわけで、やりおるわ・・・って思います。

ルイ >> 警官が物凄い勢いで矮小な存在にw

LD >> 「ブラッディマンディ」はファルコンパパを見つめるあおいの目つきがいやらし過ぎる。

みりん >> 桜小路さんはいいヒロインですよね。ゆやさんの反省点が生かされてるなあ

ルイ >> 最近触れてなかったが「ブラディマンディ」はいつまでも加速し続けます。

LD >> でも、上手いっていうか、これだけ絶望的な社会にする事で、コードブレイカーの存在を際立たせている。>悪い警官

ルイ >> 特に今回の主人公のキャラクター造形からして、桜小路くらいのキャラにしないとバランス成立しないですからね。

みりん >> ドラマ化されるらしいけどどうするんだろうなあ

GiGi >> ブラッディマンデ−はここでヒデを動かしてくる展開がえげつなくていいですねえ

LD >> (`・ω・´)。o(…声は川澄だな…!)>桜小路

ルイ >> 「花形」お花畑描いたよ・・・w面白いのが、飛雄馬の「球速」云々の形容を誰もしない事ですね。スピードガンがなくたって「○○くらい」という形容は可能のはずで。・・でも、しない。そして花畑は描くw

GiGi >> ドラマ化とは?

みりん >> ブラディマンディがドラマ化されるかもとか何とかそういう話があって

ルイ >> (むうう・・・悔しい・・っ!異論がない・・・っ!賛同の声が漏れちゃう・・っ!)>川澄

みりん >> 花畑は正直吹いたw

ルイ >> 作ろうとすると、24みたいな作品にならざるを得ないと思いますが>ドラマ化 一つのチョウセンですね。

GiGi >> ほほう。和製24みたいなノリを狙うのかな

LD >> 前の「しろがねの鴉」もいろいろ考えていたようには見えるんだけど…「コードブレイカー」の方がインパクトある1回を用意出来ていましたね。

ルイ >> 30分枠ドラマに向いてるかな?一時間でアレは、疲れ果てると思うw

ルイ >> 「しろがねの鴉」は一話で正直見切ったけどね(酷

ルイ >> 「ベイビーステップ」が凄く良かったです。何か定例挨拶みたいになってますがw

LD >> 「KYO」と同じパターンだったしね…>「しろがねの鴉」

GiGi >> ネギまやっぱりよいわ。前半で、明日菜を立ててるのが効いてるんだよなあ。

みりん >> コードブレイカーはボーイミーツガールモノっぽいですね。ある意味武装錬金ぽいというか

GiGi >> ベイビーステップは何か、このまま決勝まで食っちゃいそうな不気味さがよいですねえw。

LD >> エーちゃんがどことなく“プロを目指す覚悟”というものを今一つ分かっていない様子が素敵です。

ルイ >> ここでエーちゃんに提示された「弱点を攻めること」って、実は二段構えで、もう一段奥の方は触れられてもいない気がする。この辺が地味に不穏w

GiGi >> このまま優勝でもした日には本人が望むと望まないとという話になってくるでしょうね。

LD >> ああ…でも「武装錬金」は勇ましいヒロインがそれ以上のヒーローに出会う形ですけど、「コードブレイカー」は勇ましいヒロインがダークヒーローに会うという形になりますね。

ルイ >> あくまで

ルイ >> 今回言われてる弱点云々は、それを機に共に成長するシチュエーションだから感謝なんて言葉も出てくるんだけど、そうじゃない弱点狙いまっちってのは、寧ろ「引導を渡す」ものになるんだけども・・・エーちゃん、とりあえずあまり深く考えてないのかな?勝利しか見えてない感じが地味にプロ気質っぽくていいなw

GiGi >> 零はやけくそな展開だなあw

ルイ >> ロープを部屋中バラッバラ全部に出す優しさは良かったですけど、ここで腕ケガしてる人がいたらオシマイですねw>零

LD >> 荒谷くんは勝負の中で“プロを目指す覚悟”を見せてくれるだろうけど…エーちゃんに負けるんでしょうねえw

みりん >> 誤報→五方→下だっ!って感じで

ルイ >> 破れた荒谷くんを見て、エーちゃんははじめて迷うんじゃないかな?でも、そこで「勝ったら教えてあげる」がキイているという、ウホッ見事な構成w

LD >> キツい試合になるかどうかは、荒谷の弱点の種類によるでしょうね。しかし、エーちゃんが何か深く考えていない様子があるのは同感で。そこがどう展開するか楽しみですね。

みりん >> エアギアは顔見せ回か…こういうトーナメントモノの顔見せって結構好きなんですよね。あのレディースチームが効いてるなあw

GiGi >> 輝先生もすごい展開だなあ

LD >> そろそろチャンピオンに行きましょうか。

LD >> 最初の方に出てきたチームはオッズが異様に高いんで、多分、今回限りくらいの連中だとは思うんですけどねw…その逆をついて!っていのがあるのでしょうか?w

LD >> >「エアギア」

みりん >> 読みきりは何かマガジンぽいっすね。歯車工学ってのはちょっと面白かったけど

ルイ >> ん?何故だろう?ジョジョ立ちのページを見ていて迷惑観光客っぷりに大爆笑していたら、マガジンが終わっていたw何を言っているか(ry チャンピオーンッ!

みりん >> 多分ほとんどがかませでダークホースがいるって程度ではないかとw。エアギア

LD >> …しかし、ライオンがエアトレック履いているは面白いねw>ライオンハート

ルイ >> http://kajipon.sakura.ne.jp/art/jojo4.html 自分がジョジョを知らぬ老人で、何事もなく日課の散歩をしに公園にいってこんなんに遭遇したら、まず間違いなく寿命が4時間くらい縮むと思う。

LD >> 「浦安」のノムさんがますます可愛くなっている件。

ルイ >> ノムさんかわえええええええええええええ!!!!←

ルイ >> 浦安なのになんですかこの萌えキャラっぷりは。何かの嫌がらせですか。

LD >> みんな「ジョジョ」好きだなあ…ww

みりん >> すいません。そろそろ落ちます。今週はネギマとトッキューがよかったです

LD >> おかしいよね?ノムさんだけ、ヨゴレないし!!w

LD >> あ、お疲れ様でした。みりんさん。

ルイ >> いや僕も人生級に(?)好きですけど、好きの形は様々ですねw>JOJO 「バキ」は想像力の話ですね。わかります。

LD >> 「弱虫ペダル」今回、この展開になる事は分かっていたけど、それがよかった。

GiGi >> おつかれさまです

ルイ >> 「弱虫ペダル」は今何やってもミスらない状態ですね。上位陣を全く描かないのもキイてる。

ルイ >> お疲れ様です。マガジンめ!

GiGi >> 弱虫ペダルは全身から喜びが伝わってくるのがいいですね。

ルイ >> サブタイにいたるまで、ヒネリゼロなのもいいですね>弱虫ペダル 勝負は追いついてからってことで、この回に衒いはカケラも必要じゃないんですよね。

LD >> 「ギャンブルフィッシュ」エミリー・ドーンがギアス使っている件。

ルイ >> 王(ドーン)の力はお前を孤独にする・・・

ルイ >> 片目だけってのがね。普通に威厳とか威圧なら、両目光らせればいいじゃないw

GiGi >> ギアスですねえw。青山先生おそるべしw

LD >> 「ストライプブルー」は縁の下で、関口平太がカッコ良すぎる件。

LD >> まあ、昔っから魔眼とかあるっちゃあるんですけど、今のこの時期はギアスだよねえw

ルイ >> ただ、イカサマで超常の力を相手にするのはいかにも苦しい・・・今後の展開がちょっと不安になるギアスではありました。

LD >> 「マイティハート」、ヴォルケンが好きな事は完全に自覚しているの心ね?

ルイ >> てか、兄貴ショーバン何やってんのその2年のタっちゃんプレイw>ストライク入らない

LD >> んじゃ、アビ谷か天狗に打ち殺されるな。エミリー?最後にトムをかばったりして。>不安になるギアス

ルイ >> 気になって仕方がない、で止まっているのでは>心 まあ、なかなか香ばしい展開で宜しいことですが、もうイケメンもいないし作品広がりようがないですね。ここまでかな?

ルイ >> トムは基本全てをコマす男だから、死なせてしまうのは一種敗北ですねえ。

ルイ >> で「バキ」は結局どういう話なんですか。海王なにしにきはったんですか。

LD >> 「ジャンR」、XO醤のリュウジがダメ出しされている件。

ルイ >> 今まで匂いの事考えて虫詰めとかやってたんだ・・・w>ジャン

LD >> なるほど。そうすると打ち殺すのは天狗じゃなくってアビ谷だな!>一種敗北

LD >> ジャンの虫は、いい匂いの虫なんだ…。

GiGi >> 闘争心が高まらないと使えないっぽいですからトムにめろめろにされたら無問題ではw>ドーンの血

LD >> こんなところでしょうか。一番決めましょうか。

GiGi >> そしてアクトは今週も楽しい

ルイ >> つまり体を鍛えるなんてのは体を変異・特化させようという気のない妥協案だと。変異させちゃえと。腕に何十もの関節つくっちゃえばいいじゃんと。  なるほど!

ルイ >> 「冥王」はやっぱりハクレイ死んでたんだな。それならなおの事、あの描き方じゃダメなんだよなあ・・・惜しい。

ルイ >> や、車田メソッドでいくなら、まだ死んでないかな?w肉体が残っているうちは疑わしい。

GiGi >> 仮に死んでいたとしても魂はまだそこにある可能性はありますね>ハクレイ。少なくともこの場から童虎は生き残るわけで…そこにどうつなげていくのかも見ものですね。

LD >> ああ…一瞬寝た。

ルイ >> 今週は・・・斤量級ばっかり順当に良い週だから・・・「トッキュー」かなあ。

LD >> 念ずれば通ずですね。>「バキ」

GiGi >> ジャンプは今週地味だったかな?

LD >> ジャンプは読切りでしたね。>「ROOM303」

GiGi >> サンデーは神のみぞ知るがよかったかなー。まー一番じゃなくていいですが

GiGi >> …読みきり読んでなかった…

ルイ >> なんぞーw

ルイ >> サンデーはお茶トチルドレンも好きかな。まー一番じゃなくて(ry

LD >> サンデーは…「神知る」と行きたいけれど斤量ですね。…「月光条例」でしょうか。

LD >> マガジンは「コードブレイカー」かな。

ルイ >> ああ、コードブレイカーという選択肢もあったか。

LD >> チャンピオンは「ノムさん」。

GiGi >> 単行本買ってこなきゃなー。カペタの新刊もでてるか。

LD >> 「お茶にごす」もいいですねえ…w

GiGi >> マガジンはネギま推しだなあ。チャンピオンは弱虫ペダルかなw

LD >> 「ROOM303」「月光条例」「コドブレイカ」「ノムさん」のどれか…。

LD >> 読切りはオチの不明瞭さをどう評価するか?ですね。

ルイ >> トッキューいいじゃないすか、カラーであれを描くって事は、わかってるんですよ諸々。それでも、女性を動機にするのは作者的にピンとこなかったんでしょう。逃げにしたくなかった。そして、男は社会性のチンケな見栄が満たされた時、ようやく相手に連絡とれるようなバカチンなお子様なんですよw可愛いねーw

GiGi >> "モノローグが見えなきゃ見えるようにすればいい”、”好感度を下げるのを恐れないのがすごいですねー”という会話がよかったなあ>神のみぞ

ルイ >> 好感度は下げてもいいんですね、上がるからw特に会話選択肢型は、好感度云々というより、とにかく会話を多く引き出したもんの勝ちだ。

LD >> いや、「神知る」はよかったんですけど、まあ、そろそろ斤量かなあと。

ルイ >> 弱虫ペダルは良かったけど・・・wさすがにw

GiGi >> トッキューは何か激しくデジャヴがw。んーいい連載だったんだが、どうなんだろうなーこのオチは。

LD >> まあ…「月光条例」は弱いかな…?

ルイ >> ちゅか、素直な好みだけで言えば、僕は「お茶」「花形」「ベイビーステップ」ですよ。バッラバラw

GiGi >> あー宮本物語もよかったですねw。

ルイ >> トルシエがかわいそうだw

ルイ >> あの大会のロシア別に攻撃力高くもないので、あの試合で神の視点を得たかのように言われてもちょっとコマってしまう気もする>宮本物語

GiGi >> まあ見えた見えないという話は結果とは関係ないですからね本来は>ゾーン

LD >> 「花形」も良かったんですけどねえ…。もう、本当に「花形」通りのネームでw

GiGi >> ネギまはそれほどピンとこなかったのかな

ルイ >> 斤量が突き抜けるほどのデキではない(前後にもっといい回があった)という感覚でいくと、残るのは自然、読み切りかトッキューかお茶かノムさんくらいなんですってwマジデw

GiGi >> ラカンは守れなかったと自嘲気味にいってるけど、本当は、守ったんですよね。だからこそ今につながっている。

LD >> ああ、ところでルイさん読切りではないと。

ルイ >> いや、当人が横にいてこその「守った」でしょうね。だから記憶を失うことになったのでは。言ってみれば、保留状態というか。

GiGi >> 前々回、明日菜かネギかみたいな話があったじゃないですか。やっぱりあれ、両方だったんですよね。明日菜の絶対的な安定感と、ネギの必死さと。

LD >> 「ネギま」も良かったですねえ。相変わらず情報が詰まっていてw

ルイ >> 読み切りも刺激的だったことは間違いないです。最初に言ったけど、ネーム自体が読みづらいわけでは全くないからこそ、説明されてない所を気持ちよく裏読み深読みできるわけでね。

GiGi >> そうゆうことでしょうね。それはただ無事でさえあれば守ったことにはならないということでもありますね。「みんな」にこめられてるのはそんな話ですえん。

LD >> しょうがないなあ…じゃあ、間をとって「ノムさん」かな?かな?

GiGi >> そこでノムさんかw。

ルイ >> そういう意味では、31人全員で卒業でしたっけ?あれはやっぱり強固な予言フラグですよね。

GiGi >> まあネギまでないなら読み切りでいいんじゃないんでしょうか

ルイ >> 宮本じゃない方の読み切りなら別に・・・w

LD >> 超、戻るのかあ…wでもなあ、この流れはそれがあるかなあ…w>予言フラグ

LD >> はい。では「ROOM303」にしましょう。言われるとおりネーム自体はすごい読みやすかったですよね。

GiGi >> 超戻ったら感動しますねw。ネギの嘘を飲み込んで許しちゃうとこがやっぱり素晴らしいなあ明日菜は。

GiGi >> ではそうゆうことで。

GiGi >> 今日は土曜日だ…今から根性入れて解きかけの記事書くかな…

LD >> それでは、お疲れ様でした。

LD >> それでは失礼します。

GiGi >> おつかれさまです

ルイ >> ま、僕はベイビーステップが好きてのさえいえればいいや。エーちゃんが考える事変わってきたっていうのは、気持ちよく、どこをどう撃てばいいかっていう「自分」から、その自分の能力は前提条件になって、次向かいにいる相手をどう倒すか、という事への変化ですよね。 それは次に、相手の長所をどう封じるか、出させないか、という所から発展して「弱点」へと繋がっている。地続きだなあ。まさに小さなステップだ。

ルイ >> というわけでお疲れ様ですー。

GiGi >> ギアスの記事も書きたいんだが…

ルイ >> 時間的には今日時かけ、明日ギアスですねw

GiGi >> スザクとカレンの共闘の予言の話と、嘘に守られて生きているという話と、どっちを優先で書くべきか

GiGi >> 朱雀がめためたに言われてるんで、共闘の予言の話かなー。なんというか、そうか、スザクひどいのか!とか思ってしまうのでw。

ルイ >> リフレインで怪しい積みが存在している段階なので、前者の方が鮮度は高いかな?

ルイ >> スザクは酷いですw酷いっていうか、間違ったやり方で得た結果に縋らざるを得ないくらい、寧ろスザク自身が今めためたなんですね。めためたに言われてる場合じゃないよ!本人メタメタなのに!w

ルイ >> ・・そういえばLDさんに聞き忘れてた。「まなびストレート」のコミック版ってもっていらっしゃいますか?もし持っているのなら、三巻以降の評価を教えて戴けると。

ルイ >> 2巻までは金月シナリオ小笠原篤作画、と言う事で買ったのだけれど、そこからアニメ放送と時期かぶったのかな?三巻から脚本など違う人になってますよね。そのへんどうなのかなぁと。

LD >> 「まなびストレート」のコミックは読んでいないですね。…それで読んだ方がいいという話ですか?

ルイ >> なんと>読んでいない いや、2巻までは金月脚本なんて、読むと面白いです。その先は・・・僕がいくしかないっかあw

ルイ >> タカちゃんの控えめな強キャラっぷりが出ていたり・・・あと、本編よりもはるかに「蜜柑の物語」として描いてるなって印象がありますね。結局「まっすぐGO」は伝播する!って言うのがアニメ版のテーマでもあったろうから、その方向自体は不思議じゃないんだけど、もっと直球ですね。

LD >> 「まなび」も「コヨーテ」も「護くん」も近くの本屋だと見つからないんですよねえ。アマゾン行くかなあ?

ルイ >> 2巻で、生徒会メンツが皆「あ行・ま行」の名前だ、という事を学美が見抜くんですけど、そこからの流れで愛光学園の生徒会を、学美が妄想するんですね。その流れが・・・金月龍之介だなあって。しゅごキャラでも「藤咲波ー!」とかやったからなあ、コノヒト。

ルイ >> そういう意味では、あ行とま行で構成された面々の「宮」となって、率先して学んでいくのが「雨宮学美」なんだな。・・・フガフフ(なんでサザエさん!?)ではでは。

LD >> では、何とか手に入れてみますw

LD >> それではお休みなさい。

GiGi >> ギアスメルマガのあらすじがまるで最終回のようだw

GiGi >> まースザクいじめる方向に誘導してるよねえw。ここから印象ひっくり返す算段だとすると大した自信だなあとw

GiGi >> 読んでる:時をかける少女 千昭の視点の物語 - 未来私考 http://d.hatena.ne.jp/GiGir/20080719/1216431064

GiGi >> カウントの問題を除いて一応筋は通ったはず。変なところがあれば指摘よろ

LD >> 読みました。>千昭の視点

LD >> 千昭Bは、自分が知っている真琴とは違う行動をとる真琴に違和感を抱き、その原因を探ることになる。まず第一に考えられるのが、何らかのはずみで真琴が死ぬ運命の時間軸からずれたという可能性。それは同時に千昭が未来の元の時間軸へと帰る事が出来なくなることを意味する。←これがちょっと分からなかったです。

LD >> 千昭Bは真琴が事故死する事は知っている千昭なのかな?ただ、タイムリープを与える経緯を知らない千昭が元の時間軸へ帰る事ができなくなるという結論を得る流れがイメージしずらいですね。

LD >> 千昭がそれを望んでいたとするならば、←その後に続く文のこの千昭はどの千昭なんだろう?とか。多分、千昭には文中全てにAやBなどの状態(?)を振る必要があって、時間軸にも元の時間軸(時間軸Xの事かな?)ではなくって何の時間軸か振る必要があるように思いました。

LD >> あと仮説5は…改変時間をパラレルに分岐すると考えると(仮説4含めて)そう考えざるを得ないかなあ?と思いつつ、やっぱりちょっと引っかかりますねw 時間点Lから分岐した千昭Mと千昭Nが時間点Lに戻ってきたとして千昭Mの戻った理由(及び記憶)と千昭Nの戻った理由(及び記憶)は違うでしょうしそうすると時間点Lからの派生も違ってくるはずで…。

GiGi >> 手抜きがばれるw。全体的に、説明が回りくどくなる部分ははしょっているのはあります…歴史の復元力に関する問題は別項立てて説明するかな…

GiGi >> 千昭Bは、事故死する未来をしっていて(おそらく何度かの歴史改変に挑戦した)千昭ですね。歴史改変に挑戦したかどうかで迷って書いたせいで、分かりにくくなってますねたしかに。修正します

GiGi >> なんにせよもうちょっと読みやすく整形する必要がありそうだなあ。ではでは。

LD >> 多分、何らかの図面を引いた方がいいのでしょうね。……というか最近、仲間内で「時間もの」を扱った作品の上映会をやりまして、そこで僕は「時かけ」の話をしたんだけど…今一つ伝わりが悪くって(汗)…作家の人には興味を持って聞いてもらえた気もするけど(単に相槌打っていただけかも…)他の人は「ああ、なんかLDさんが熱弁振るってる…」くらいの感じだった気がしないでもない(遠い目)w

LD >> そこらへん、ちょっと機会をみて「今の話の何処が面白いかというと…」って話で総括した方がいいかも(他の人により「時かけ」を愉しんでもらえる)かもしれませんね。

井汲 >> > 「時間もの」を扱った作品 椎名先生の「長いお別れ」とか「TIME SLIPPING BEAUTY」とか「極楽」アシュタロス編とか?(←上映できねーよ、それ(笑))――― 椎名先生は昔から時間移動ものが大好きなんですよね…

井汲 >> 「キミキス」20話まで到達。いい感じにこじれてきましたね(笑)。

井汲 >> (川澄信者としては苦行のような時間だった…だがそれももうすぐ終わりだ)

井汲 >> これまで見たところでは、LD さんが「マオ姉ちゃん勝ちでそれほどひどいとは思わない」という感覚はわかる気がします。たぶん、LD さんとしては、http://www.websphinx.net/manken/hyen/hyen0087.html での“物語としてみた場合「告白し→別れ→再び出会い→そしてまた別れる」と物語に起伏があるのは明らかに西野さんなんですね”に近い感覚を持っているんじゃないかな。

井汲 >> 光一の星乃さんへの行為のヒドさがどれくらいなのか、それは残り4話も見ないと何とも言えない部分がありますが、そういう点を置いておいて、「物語に起伏があるのは」どちらか、と言ったらそれはやっぱりマオ姉ちゃんの方がはっきりありますね。それを重視する感覚の人なら、光一―マオラインでも「よし」とできるだろうなあ、という感触はあります。

井汲 >> 一輝は何だか大げさなことをしてきましたが、経緯が経緯だけに、「身体目当て」だけなんじゃ?という疑念が拭えない(笑)。

ルイ >> 結局二見さん20話は誰によるものなのかなあ。あれは知っておきたいな。

ルイ >> むうう・・・今日のしゅごキャラ作画良いな・・・ややのキャラなり素晴らしい。

ルイ >> そんなに鈴木信吾臭がしない変身バンクなので、井元さんの仕事じゃないかと思うんだけど。掃除機ぶんまわすサアヤ様のカットと、タイミング付け近いし。



■■■■2008-07-20■■■■

LD >> Re:井汲さん 「物語に起伏があるのは」どちらか>僕はそんな感じですね。…でルイさんはプロットはそれでいいんだけど、積上げが足りてないんじゃねの?って話をしているはずw

LD >> まあ、僕はマオ姉ちゃんのキャラの「強さ」が好きだし、それに対して“僅かな手札”で対抗し続けた星乃さんの健闘ぶりも好きなんで、そこで「楽しんで」しまっている面はあると思いますw…でも、多分、この話って光一が一番追い切れなくってそこで躓きが生じるはず。もう少し早い段階で光一の心がハッキリしていて、それに星乃さんが気付いていれば、ああまで酷くは言われなかったはず…。

LD >> ……なんだけど脚本としてはそこは悩ましかったはず(汗)今、言ったようなシリーズ構成かけるとオーソドクス過ぎて多くの人に“読まれて”しまってハラハラしなくなるんですよね(汗)…多分、3割か3割5分くらいの人が「納得いかねえ!」って言うくらいが、ちょうどいいハラハラ感を演出できると思うんですけど…匙加減は難しいw

ルイ >> (ハミルトンは褒められて伸びる子・・・)

ルイ >> ミッションEは時代性から隔絶したようなところを志向している割に、何故はちゅねミクを描いちゃったりするのだろう。

ルイ >> http://www.musicrayn.com/info01.html コミマこえええええ!っていうかソニー傘下なのにミュージックレイン発想やわらけええ!orz

ルイ >> ・・・でも、あやひーのCDが目に見えるほどダントツで売れちゃうけど、いいのかな?(信者アイ)

LD >> あ…よかった。

LD >> んんん…シュナイゼルが来たなあ…。

ルイ >> 詰め込みすぎスw

ルイ >> とりあえず深夜にでも考えたいと思いますが、一つ。・・・一年半前のナナリー妄想が、ある意味今更的中していたw

ルイ >> あ、EDチェック乙です。やっぱり公式サイトはっつけたほうが良さそうに思いますよね。

ルイ >> ニコ動はアカウント必要なので、紹介する際の照会(ややこしいな)先としては、ようつべの方がいいと思いますよ。

LD >> う〜ん、次はナナリー救出なのか?というか、ブリタニアvs合集連合で世界大戦の流れに入るのかなあ?

LD >> シャルルゥは、やっぱりウソが嫌いなんですねえ……シュナイゼルはウソとの付き合い方を知っているように見える。

ルイ >> 緊急時に皇帝が空位になるのでシュナイゼルがしかるべき地位に、で、皇帝はバグナード(何言ってるの?)

LD >> ああ…VVを殺して、CCを殺す権限を手に入れている?……Cのコード、Vのコードの意味は?扇www

LD >> …いやぁ、このシュナイゼルというキャラを用意していたのが「コードギアス」のすごい特徴になるかもしれませんね。

ルイ >> 一つ指摘するなら・・まあ、そういうのはギギさんに任せて他番組のチェックにいきたいんだけどw。 シュナイゼルって、「この世界」にあってさしあたっての対置・反復対象がないんですよね。ルルーシュと対比されたりすることはあるんだけど。そういう意味では、オデュッセウスがらみの読みがいくつかあったけど、あの辺あっさり切り捨てた方がシュナイゼルらしいのかもしれない。

LD >> 「人はこの世界に一人しかいない。過去も未来も人類の歴史上たった一人」う〜ん(思考中)、とりあえず「俺神様」系の言葉に思える…。

ルイ >> そこでシュナイゼルがオデュッセウスと何かしらの太い線を引いてしまうと、やっぱり貴方も、という風になって、構造としては美しいつか徹底している一方で、シュナイゼルの位置への面白みは薄れそうに思いますね。

ルイ >> 人類保管計画に聞こえましたがw

ルイ >> とりあえず、薬師寺涼子か、しゅごキャラか、PIPOPAだな。・・てか、諸評なら数分だから、とりあえずザーっと諸評に投稿してしまうという手も・・・(ry

LD >> 「神殺し」する話や、「天元突破」する話なら、これまでも様々な物語で積まれて来たんだけど、多分、シュナイゼルは違う。…で新OP観て気にしてたんだけど、今回、シュナイゼルはシャルルウの先にいるように思えたりします。

LD >> 「人類補完計画」の場合、「これから一人になる〜」という表現になるんじゃないかな?w

ルイ >> 順序としては皇帝→シュナ→ルルなわけですから、それは自然な事のように思います。先とはいっても同じ線上かは微妙なので「次」といった表現に留まるのかもしれませんが。

LD >> ああ、諸評の○×、まだつけていませんでしたね。つけます。

LD >> 「テレパシー少女蘭」の3話観ました。

LD >> ’08は、素晴らしくバラエティに富んでいて、外せる作品が少ないですね。「薬師寺涼子」観ました。…少し地味かな?

ルイ >> ああ、どうも蘭の4話を録画しそこねたみたいで、ものっそ凹んでますw

LD >> やはり「ソウルイータ」を通して観て行かないとという気もする。

ルイ >> (・・・まあ!NHKアニメなら!再放送!してくれる!かも!)

LD >> あるあるw>録画し損ね

ルイ >> ソウルイーター、中村豊さんという超一流クラスの人が、TVローテとして普通に回ってるんですよね・・・恐ろしい。

LD >> 「蘭」3話のテンポは好きですね。不格好ではあるけどはやい!はやいはやい!w

ルイ >> ただボンズは先日の情報漏えいがありましたから、この後地味に作画集めるのにクロウしそうな気も。影響が出るのはザムドかな?

ルイ >> ああ、それは嬉しい反応です>蘭3話 はっやいですけど、主人公たちの年齢がそれを可能にしている側面ってありません?

ルイ >> あのケロ子ちゃん(誰だよ)の感情の動きがとにかく速いんだけど、思春期前後の友達できました〜の流れってあんなもんだという実感もありますね。

LD >> 「PIPOPA」、「しゅごキャラ」、「ソウルイタ」は1年腰を据えて付き合う愉しさを享受しなきゃいかんかなと思う。

ルイ >> 「ソウルイーター」をそこに並べられるかどうかは、僕はまだ保留でしょうか。でも、前の2作は良いです。

ルイ >> しゅごキャラも、PIPOPAも、先日&今日の最新話が物凄く良い!

LD >> 関兄ちゃん、が圧倒的に「早い」と思いましたw 「ビンゴォ!精神感応だw」って…www>「蘭」

ルイ >> あれも速いですねえw>兄ちゃん 兄ちゃんの適応の速さは、まさにフィクション慣れした世代である僕らなら納得できる部分なんですよねw全員が全員、そこに手続きがいる人とは限らないだろ、っていう。

ルイ >> でも、親が小説家でしたか。そういう「空想と親しむ一家」という構造を設定レベルからおさえているのはポイント高いと思います。「とるてあ」の眞一郎が童話描いてる、に通じる評価。

LD >> いや、個人的な評価は置いておくとして、送り手のテンションというかこの時代に1年ものでしっかり話を組むという感覚は近いと思うんですよ。…「ハガレン」…よりももっと昔、「勇者シリーズ」のような…。

LD >> >「ソウルイタ」&「PIPOPA」&「しゅごキャラ」

ルイ >> 2クールでは組めない組み方をしている事は確かですね。原作をある程度読んでるんだけど、展開をムリに進めようとしていない。

LD >> やはり「セキレイ」と「ストウィ」が切れるとカッコいいんだけどなあ…。

ルイ >> (現在のところ、再放送の予定はありません、って公式サイトのFAQに書いてあるお・・・orz)>蘭

ルイ >> 物語にしか興味がないなら、容易く切れる所ですね。スケアクロウマンなんかも。でも、僕はスケアクロウマンを切られる人にはなりたくないんですけどねw

LD >> 土曜のあの時間にまとめられると観ちゃうんだよなあ…楽だしw 「乃木坂」の方が切りやすいのか?(←何故、切る算段ばっかりしているのか?)

ルイ >> 「ストウィ」は結構トップをねらえ!を意識している事が伝わってきてるんだけど・・・構成力は低いなあ。あと、無駄なフェチ心が映像的な完成度を下げている点では「こどものじかん」に通じるかも。

ルイ >> 「こどものじかん」、見ていてとにかくイライラするんですけど、まあこれは見終わってから諸評にでも書こうかなwでも、一方で、DVD版レンタルしてチェックしたい気持ちもヒトカケラくらい・・w(カケラだから、やらないでしょうけど)

LD >> 「セキレイ」でベルカ師匠が来る可能性ってどんなもんなの?w …ってかあれ「いぬかみっ」監督なんで切りたくはないんですけどね。

LD >> 「ストウィ」は、すご〜く、ぼっさい手だけど、誰か何人か戦死すれば、そこそこストーリーとして締まると思います。…でも、そんな事するのか?

ルイ >> トップをねらえとアイマスの合体、って最初に言いましたっけ?まぁそういう話ですからねえ。「ゼノグラシア」が示してみせたように、実はそういう「締まり」は、商業的な需要とはまるで相容れないでしょうね、この作品の場合w

LD >> まあ「魔法遣い」と「ひだまり」は押えます。「とらぶる」も押える。「マクロス」も押える。「狂乱」はいいですねえ。今週の回も満足しました…ってかまた宮崎なぎささんかと思ったら違ったあたりに監督の意向が…。

ルイ >> 「チルドレン」も10話越えたあたりから調子でてきてます。

ルイ >> 「ひだまり」は切る、かも。切るというか、流し見?

ルイ >> (「こじか」は見たそばからHDD削除してるんだけど、兄貴の過去話の回だけは残りっぱなしというこの俺さ〜♪)

LD >> 主人公のヒロインがあんなに戦争を嫌っているなら「それでも戦う」と決意する事に、「自分の責任で誰か死ぬ」イベントを入れないと話にならないでしょう。…やらないなら、もっと無邪気に戦争(悪い奴をやっつける)事を愛して、みんな上手いこと生き残って万歳!って話を組まないと気持ち悪いわけでね。

ルイ >> ゼノグラシアですね、志村。>気持ち悪い 生半可な重さは自己満足を越えないと。

LD >> 兄貴の過去なんて別に知りたくないw(←あ、本音が…w)>「こじか」

ルイ >> まあ、酷い言い方しちゃうと、折角数多いですしねw>スク水

LD >> え〜っと「ゼノグラシア」が死ぬ話って事ですか?死なない話って事ですか?

ルイ >> 兄貴の過去というより、母親の過去と考えた方がいいです。結局ああいうところが描かれてないとキャラに命が宿らないのは、ジョジョあたりにも通じる作劇の基本だと思う。ので、知りたくないなんて事は僕には考えられないかなあ。

ルイ >> 死なないって話です>ゼノグラシア でも陰鬱。

LD >> 主人公は戦争好きでもね。サブキャラの誰かが戦争嫌いって設定ならサイドストリとして「それでも戦う」というエピくんで、そんなに厳しい話詰めないって手法もありなんですけどね。…んで「主人公もきっとこれくらいの覚悟はしているに違いない!」って観客とサブキャラが仮託するのw

ルイ >> お母さんが死ぬ前、ファンタジーなガレ方じゃなくって、ミもフタもなくボロッボロの病人になっている所が、表現悪いけど「良い」なあって。こういうことを描きたいハズなのに、あの無駄な「の」規制が邪魔をする。

LD >> いや、以前、原作読んだんですけど、ちょっと暗かったんで、もっと明るい方が好きだなあって…(汗)>「こじか」

ルイ >> 原作は読んでないですけど、「こどものじかん」って、結局の所あらゆる要素が別の方向向いちゃった作品だと思うんですよね。個別で捉えればかなりデキは良いはずで。

ルイ >> ああ、あの設定で明るいことだけやってくれてたら、僕は2話で切れましたw>こじか

LD >> まあ、あと「バーディ」はちもさんがフル回転するようだから見守ってみましょう。

ルイ >> バーディー、岸田さんも来たし、いよいようつのみやタイムが近いようにも思うんだけどなぁw

LD >> ああ、「WD」まだ2話観ていないや(どきどき)

LD >> のーりーお!のーりーお!>「バーディ」

ルイ >> 戦わなくちゃ、2話グロスと!(ぐっ あれと比べたら乃木坂のスタジオコメットグロスなんて可愛い可愛い!

LD >> むう…聞く事もなかったかw もはや、死ぬ話でも死なない話でも「ゼノグラシア」を押える事は決定していたんだし。

ルイ >> ・・・しかし、ローテ回るとかいう以前に2話3話グロスってのが今の形なんですね。グレンラガンも確かジーベックグロスだったはずだし、今のアニメは一話より、2話3話で判断するのが正しいのかもなあ。

ルイ >> それは好きモノですねえ(?)>ゼノ

ルイ >> >作画的には 物語・構成的にはやっぱり一話が命ですね。

LD >> 乃木坂は、2話みて、僕はてっきり例のアニメ誌の創刊号渡したのは、友人のおたくくんだと思っていた……ら、主人公のような話に…w このスイートさがたまらん!と楽しむ話なんだなw

LD >> 結論。1〜3話までは確認せよ………orz orz orz

ルイ >> スイーツな設定ですねえ(笑)。僕は一話の時点でチェックにその、オタ的願望をヒロインに投影する〜みたいな構造にビビってたんですけど、念押しですねw

ルイ >> しかも気付いたら呼び捨てしてたんだぜ。

ルイ >> 肯定してあげる理解者な上に、王子様でもありますよっというこの設定カンストっぷりw

LD >> 逆なのがねwこちらが認めてあげるというw>オタ的願望

ルイ >> PIPOPAは初動はそんなに上手くなかったんですよね。ひかるちゃん可愛いなってくらいで(ダメだこいつ)。もしそのあたりで切った人がいるなら、ご愁傷様ですけど。

ルイ >> 弱ってますよねえ〜wなんかw>認めてあげる

LD >> こうねえ。「セキレイ」もねえ……ほとんどポケモン扱いですよ?…って多分、ポケモンを元にしているはずw

ルイ >> ポケモンでスタンドバトルなんだけど、肝心の構造はエロゲ長屋モノっていうのがポイントなんだと思いますw>セキレイ

ルイ >> で、主題歌は何か田中公平の、サクラ大戦みたいだw

LD >> いま、僕、セイレーンに夢中ですもん。彼女(?)との交流が4クールを成して行く大きな物語になるはず。…そして多分、最終回はネット世界に二度と入れなくなるはず。(←そこまで妄想完了かい)

LD >> つまり、最初の女の子はピカチュウで、次の子はゼニガメですよ?

ルイ >> 最終回は25年後、夫婦となったユウタくんとヒカルちゃんの息子が携帯電話を手にするところじゃないのかな(←妄想しっぱなし)。

LD >> 。o(…んじゃ、早速「ポケモン」+「セキレイ」のMAD作るか…)

ルイ >> ヒロインがコブシ系なのは、スタープラチナですよ(真 顔

ルイ >> セイレーン、声がスゥなんでスゥよね・・・スゥめ・・けしからんな・・・

LD >> ユウタはマモルのものだろうがあ〜!!!`∴(´A(`○=( ・ω・´ )

ルイ >> 男の友情はカップリング以外にもあるって腐れに教えてあげてくださいw

LD >> じゃ、次の幼女が植物なのはハーミットパープルですかw

ルイ >> ハイエロファントじゃなかったのか・・・(そこ?

LD >> つか、マモル、自力でネット世界に入ろうとしていますね。

LD >> いや…一応、ハーミットがいばらかなあ…てw

ルイ >> ユウタと手繋ぎして入るのは納得いかないんですかね。一応タナバタ回でその辺のズレは解消されたので、あまり不穏な積みではなくなってるんですが。

ルイ >> 寧ろピンチの時にマモルが助けにくるのが、今のところの正道だな。

LD >> いや、離れて暮らしているから、手つなぎができないからですよ。

LD >> …想像では完全に入るというより、何かバーチャルマシンから、マモルのアバターがユウタと会うみたいな形じゃないかと。さらに言えばネットビーナスも同じ事をしている可能性がある。(←きた!妄走!キタ!)

ルイ >> あ、モニタから実体化して出てきたりはできないのかw

ルイ >> む。実はその妄想は同じだったりします。妄走?w

ルイ >> えーとねえ。パッと考えていたのはねえ。ミッションEみたいなロックマンみたいな格好した、謎のいい男が助けてくれて、ヒカルちゃんがちょっと惚れるっていうのを考えていたw

LD >> テレポートをした事はないですよね?たしか、いっつも携帯から出入りしているはず。

ルイ >> ネットビーナスに相当する人は今の所は想いつかないのですが、何せEDやOPに未登場キャラわんさかですしね。アリな読みじゃないかなあ。

LD >> まあ、マジレスするとヒカルちゃんはマモルみたいな子と結婚した方がいい。ヒカル×マモルは許す。ヒカル×相沢は許さん。

LD >> 悪会社社長の秘書じゃないの?(´・ω・`)>ビーナス

ルイ >> 相沢は青春の幻影だって言ってるじゃないかw

ルイ >> ・・ただ、何故か相沢さん、不思議な積みというか、カンがある所を描いているような・・・。

LD >> 相沢さんがセイレーンの開発に携わった事は間違いないと観ています。

ルイ >> うん。セイレーンとの線ですよね。ああ、相沢〜元カノ〜秘書=ビーナス という線をイメージされている?

LD >> 「PIPOPA」、「ロックマン」をやると「なんだ『ロックマン』か…」っていわちゃうような。

LD >> おおう。元カノという線はなかった。ありがとうございます!w

ルイ >> まあ、あくまで格好の話ですけどね。ダサかっこいい、みたいなwいや、素直にかっこよくていいのかw

LD >> ああ…もう、妄想していたら、何か全体が見えてきてしまった(汗)…つまりあっこをファンタージェンに例えようとしているかな?w

LD >> 祖父江博士と相沢とマモルが会話し出すとかなり話が回るはず。

ルイ >> 妄想が綺麗な像を形作れる程度に、この1クールちょいで伏線散らしてますからね。かなり構成しっかりしてます。

ルイ >> 相沢は社長と縁故者かもしれないですけどね。博士とマモルは同感。別ルートから取り組んでるような印象ですし。

LD >> セイレーンの超ハイスペックは何に使われるべきかっていうと、もうこれになってくるかな?>「ネバエンストリ」

ルイ >> 超ハイスペック・・・超高エネルギー体?w

LD >> もう一つ、超ハイスペックを活かす道として「攻殻」の素子ラインがあるわけですけど、これは「PIPOPA」ではやらないでしょう。

ルイ >> あ、そういえば鬼公子炎魔のアニメってご覧になった事ありますか?

LD >> いや、多分、セイレーンは計算速度も記憶容量も今存在しているネット世界全部をさらに凌駕していて、つまりネット世界の神になれるはずなんですよね。それが悪会社が執着する目的なはずで。…で、ユウタがそのセイレーンに何を望むのか?って事を考えたら自ずと答えは見えてくるかな?って。

ルイ >> そのセイレーンを閉じ込めているシステムって凄いですね。

LD >> ないっす。CMを観たことはありますが。>鬼公子炎魔 ってか、マンガの雪子姫の子供の話も読みたいんですけどね。

ルイ >> ないですか・・・じゃあ借りてみようかなあ・・w←それすらラクしようとしていた

ルイ >> 神戸守監督作品で、キャラデザはコメットさんで一番人気の作監さんで、音楽はコメット〜エルフェンコンビで、脚本は吉岡たかをさんなんですよね。こりゃサボらず観ないといかんか・・・w

LD >> 閉じこめる事自体は、最終、物理回線を切れば可能ですしね。プロトコルを合わせないとマシンスペックがあっても世界に接続はできないわけで。

LD >> 吉岡たかをさんというと「ゼロの使い魔」の?の?

ルイ >> で、最終的には人間の干渉をさせず、ネットをあるがままに、という距離を築き上げようとすると>ピポパ 涙の別れですね、わかります。

ルイ >> ・・・何それ?食える?(´・ω・`)>ゼロの使い魔

ルイ >> ・・あ、僕の中では、エルフェンリートで吉永さんちの人ですw

LD >> いや、だから僕は「ネバーエンディングストーリー」のラストシーンを予想しています。…当るといいなあw

LD >> ∴(´A(`○=( ・ω・´ ) <すききらいしちゃイカ〜ンじゃないか!>食える?

ルイ >> 好き嫌いはありますよ?食わず嫌いをしないだけでw

LD >> …「スレイヤズ」どうです?

ルイ >> いや、ゼロ魔は別に構成がどうって作品でもなかったですよね。

ルイ >> いや、ゼロ魔は別に構成がどうって作品でもなかったですよね。

ルイ >> 一応分割2クールらしいですね>スレイヤーズ

LD >> …ま、切るものは切らないとやってけないしねw

ルイ >> いや。僕らには文明の利器が生み出した禁呪があるじゃあないですか。

ルイ >> 1・5倍〜2倍速というw

LD >> ん。というか多分「ゼロ魔」は原作の構成が良くない。早い展開を与えるキャラ配置が少なくもっさりしている。…でいろいろまとめてさっさとやった「双月」はかなりいい感じのはず。

LD >> …2面同時はやるけど、1.5倍速はやらないなあ…あまりに風情が…w

ルイ >> フタツキは、マクロな軍事状況で押し切った分、逆に感情が掃除しやすかったですね。でも、シリーズ3作も作った今でも、なんでタバサに一話割いたのかまっったくわからないw

ルイ >> 風情を求めるなら二面同時の音殺しだって結構なもんでしょうにw

LD >> あの話、展開を早くするキャラがアンリエッタ姫しかいないんですよ。だからかなりの頻度で姫が変な依頼を持ってくる。シエスタはけっこうニッチにどこにでも顕われるGKな存在なんですけど…タバサもキュルケも正直、物語貢献度が低いから、もっさりしてるという印象をどうしても持ってしまうw

ルイ >> タバサやキュルケはパーティメンバーとしても軽く不足しているんですよね。ギャルゲで、単独ルートが怖くてとりあえず脇に並列ヒロイン作るのに近いかな。

ルイ >> シリーズ3は、姉妹で回そうとしている・・・のかな?まあ、ほぼ丸投げで、僕は1・5倍ですw>ゼロ

LD >> …くっ、その調子で「シャナ」とか釘系は全部なげる気かっw

ルイ >> (失礼な!そういうと僕がまるでくぎゅ嫌いみたいぢゃないか!)

LD >> ああ…3姉妹はある程度、「回る」事が期待できるかも。…というのは、ある種、ルイズの悩みを具現化したような二人なので。

ルイ >> 知の理想とボディの理想ですかね。

LD >> んじゃ、好きなの?(´・ω・`)>釘宮理恵

ルイ >> 好きじゃないです(〃'∇'〃)ゝエヘヘ 

LD >> いや、たとえば貴族の義務とかねw 才人とだけいると、もう相当、才人におしきられちゃってるでしょw

ルイ >> ・・・恣意的誘導だ!!断固抗議するっ!オールオアナッシングで括れるほど人間は、僕らは単純じゃない!(涙目

ルイ >> くぎゅうがいたって、「赤ずきん」は後追いで楽しんだもの・・・orz

LD >> ∴(´A(`○=( ・ω・´ #)。o(………)

ルイ >> でも、どのルートを辿っても基本サイトの外様的な強さで押し切る構造しか想像できないんですけどね。

LD >> …すみません。誘導して、しかも、殴りました。

ルイ >> 作品テーマとしては、お前は俺にとってのオンリーワンだからもうゼロじゃないよ、ってことなのかな?(恥

ルイ >> ・・・「○○役とか結構好きですよ?」wって言おうとも思ったんですけど、乗る勇気を選びました>誘導

LD >> その構造しか想像できないですねえw…というか「双月」に時点で既に落ちまくっていてw もう全デレ状態w 基本「うる星」なんですよねw

ルイ >> 今回の第1話、観ました?>ゼロ

ルイ >> サイトの浮気性も、多分あたるモチーフなんでしょうね。

LD >> えらいw>乗る勇気 ………えらいのか?w でも、己の整合性より乗る方を選ぶ、余裕を持つのは大事ですw

ルイ >> 多分最終的にはサイトがルイズを追っかける構造にすればオチると思うんだけど、原作も続いてるだろうし、そのへんはぼかしっぱなしかもしれませんね。

LD >> いえ、キッズで追う予定で……今晩ですね。>「ゼロ3」1話

ルイ >> ああ、そうですか。じゃあ冒頭3分にテラ注目でお願いします。

ルイ >> トリトンは明日か・・・どっかに書いておかないとなあ。

LD >> 1作目でサイトは帰るのを止めていますから、そこで結論ってもんで。あとは集散を繰り返すだけとも言えますね。

ルイ >> そうですね。あの帰還ヤメで既にマラソン大会は終わっていて、でもそれでもおそらく「うる星」が続編作ろうとしたらそうできるのと同じようなもんでしょうね。

ルイ >> まあ、ただ、帰るのを止めるよりももっと具体的な形にする為に、魔王(誰?)がルイズの力に目をつけて、攫うとか。そういう古典的お姫様構造に当てはめそうな気もするんですよね。でも、繰り返すけど原作自体終わってねえw

LD >> いや、サイトずるいのは浮気性じゃないよね?あいつ。…そこがあたると違うところだけどw …むしろアンリエタが読めないw

ルイ >> 精神の浮気性じゃないけど、肉体の浮気性なんでしょう>サイト 単純に、お子様体型だけじゃつまんない〜みたいなw

GiGi >> ギアス見ました

ルイ >> お疲れ様です(精神的に)>ギギさん

LD >> やあ、一作目「ルイズの為に帰るのを止める」、二作目「ルイズの為に死地に向かう」で、大分やる尽した感はあるんですが…まあ他に何かネタがある事に期待したいところですw

LD >> ああ、肉体の浮気性ですね。わかります。

ルイ >> 2作目はそこまで伝わってないかもしれないですね。だから、どっちも面と向かっては言い切ってないんじゃないかな?・・・ハタから観てる分には言い切ってるんだけどw多分最後の線を残してるつもりなんじゃないかな?w

GiGi >> Aパートで「完」の文字を幻視した気がしたが…なるほどそうきたかー

LD >> 「完」なんだw

GiGi >> VV退場は想像してなかったですねえ。シャルルは何故…ということになるが…

ルイ >> アバンのナレーションがこれまでよりはるかに激烈だなってのは感じたんですけどね>ギアス

GiGi >> 勝った!おれは皇帝に勝ったぞー!とw

GiGi >> 何にせよひとつのフェーズが終了しましたね。

ルイ >> ギアスをその身に全て引き受けて、自らと共に世界から滅するというのはどうだろう>シャルル 

LD >> そこで、オレンジレンジの「O2」がかかってスタッフロールが流れるんですね。わかります。>勝った!おれは皇帝に勝ったぞー!

ルイ >> 恋焦がれたんだw>O2

GiGi >> 軽く整理。VVとシャルルはコードの委譲によらない不死者の抹殺方法を研究していた、と。ではCCとマリアンヌは?んんん。

LD >> ああ、ギアスというかギアスを生み出すコードを全部集めているとか。>シャルルウ

GiGi >> ふむ。死ぬ方法を既に見つけているけどその任を自ら引き受けたと

ルイ >> コードの委譲は、新たな不死者やギアスの芽を残すだけなんですよね。

ルイ >> それはやっぱり世界からみての「嘘」なのだろうと。

GiGi >> ああそうか。VVはマリアンヌからコードを引き継いだのか

ルイ >> まあ、この辺すぐに判断できるものでもないですね。のんびりと。

ルイ >> おっと、一旦失礼。メシメシ。

GiGi >> いや、違うか?Cの世界のマリアンヌは…いや、Cの世界はただのアーカイブ?(混乱中

LD >> コードを引き継いだとするなら、マリアンヌが今、CCと交信できているのは?

LD >> あ、お疲れ様です。……まあ、僕も20時までには。

LD >> でも、CCが「愛されギアス」を持っていたってネタはちょっと使える。どうも妙にマリアンヌが周りの人々に信奉されているのも、ギアスだったんじゃないかって読みが成立する。

GiGi >> しかしそれ以外にVVがマリアンヌを憎む理由が思いつかないな

LD >> そも、不死者になるとギアスは消えるのか?……というかシャルルゥを見るとそういう事らしいですけど。

GiGi >> CCとVVは別系統なのか、CCの株分けなのか。株分けだとするとCCは更に罪深いが…

LD >> 憎むというと?何で憎んだんですか?

LD >> ………あの、ナナリーのウソか本当か分かるのって「ギアス」じゃね?

GiGi >> いや、それはないw>ナナリー

GiGi >> ナナリーもシュナイゼルと同様、戦後のためのキャラに思いますね

LD >> あの継承システムで株分けできるのかな?不死者を殺さない限り、ギアス保持者はギアス保持者のままのように見えますね。…で、統合はできる?シャルルゥ?

LD >> うん。ないって話も分かるけど。でも、マリアンヌが不死者で、彼女が死ぬときに一番近くにいたのはナナリーだよって思って。……ってか不死者も子供は作れるのか?

LD >> マリアンヌが不死者で→マリアンヌが不死者としたら

GiGi >> そうそう。統合は出来るんですよね、シャルルがやろうとしたことを見ると。

GiGi >> やはりどこまでが嘘かという話になってくるか

LD >> 戦後か……。いや、僕はナナリーが戦後だとしても、シュナイゼルは戦後のキャラじゃないんじゃないかと考えています。…ってかラスボス?w

GiGi >> 上位存在は仮定しなくてすみそうで、それはよかったかな

GiGi >> んんんw。シュナイゼルは何と対立するのでしょう。ルルーシュ?w

GiGi >> ラスボスはルルーシュ自身なんじゃないんでしょうかねー

LD >> 下で語ったんですが、やっぱりシャルルゥはウソが嫌いな人なんですよね。でもシュナイゼルはウソとの付き合い方を知っている人に見える。……で、僕としては「神殺し」のような話はこれまでも観てきたので「神殺し」を頂点じゃない話をされると、ちょっとシビれるかな?と今思っています。

GiGi >> OPの3軸の戦いは、今回のエピソードでちょっと見えてきたかな?と

LD >> ルルーシュかな。まあ、そういう決着をつける何かですw>シュナイゼル

GiGi >> 次回予告見た感じだとブリタニアは皇帝が不在となり混乱しそうな感じですね

GiGi >> ルルーシュに引導を渡すのが、スザクかシュナイゼルかといったところですね。

LD >> ラスボスと言っているルルーシュは誰と対立するって話ですか?ルルーシュ自身?

GiGi >> 最後の最後に世界を裏切り世界からはじき出されるわけですw>ルルーシュ

LD >> 「神殺し」の話ってある種、どうにもセカイ系の側面が出てしまうんですよね。だから、そこから返った時に、徹底的に普通人を貫いて「最強の力」を手に入れたシュナイゼルが起つという構造は、僕好みというかルルーシュのラインの意味をかなり感じるんですね。

LD >> そう。近いことを言っているかな?ルルーシュが負けるとしたらやはり「現実」に負けるんですよね。勝つとしても「現実」に勝つんですね。「神」に負けるわけでも「神」に勝つわけでもないとは思う。

GiGi >> シャルルVSルルーシュ:ゼロVSシュナイゼルという二正面作戦を迫られるわけですね。しかもCC抜きで。

GiGi >> スザクとカレンがどう動くかだなあ

LD >> ええ〜っと?ラスボスをルルーシュと言っていて、じゃあ何と対立するの?って話には「世界」だよって言っているのかな?……世界が主人公?なんか分からなくなってきたw でも世界を顕すものとしてシュナイゼルはありだと思う。

GiGi >> 主人公はスザクだと思っているので…まあシュナイゼルが実は主役でしたという話でもよいんですがw

LD >> シャ“ルル”→“ルル”ーシュなんでしょうねえ。最近のシャルルウ観ていると、もうメッチャ、ルルーシュとかぶって観えてw…この鏡のような存在は最後の壁じゃなく見える。

LD >> 「世界」=スザクみたいな?まあ、僕はスザクはヒーローだと思っているけど、それとは違う話なのかな?

GiGi >> 世界って何のことだろう…あ、言葉に殺される人か。ことのはでころされるー

LD >> なんだろ…!今、僕は逆にスザクが倒すべきはやっぱりシャルルゥに思える……いや!!展開ラインは見えないんだけど……スザクは「現実」を積上げてきたから、その果てに最後は「神」を殺してもいいんだよね。

GiGi >> ルルーシュもシャルルもCCもこの世界からいなくなることが物語の帰結として正しいので…彼らが正しく世界からはじき出されることがゴールと思っていますが

LD >> 僕にも分かりませんw>「世界」 最後の最後に世界を裏切り世界からはじき出されるわけですw>ルルーシュ ←GiGiさんのこの文言が、僕の「ラスボスと言っているルルーシュは誰と対立するって話ですか?ルルーシュ自身?」に対する返答だと思って話を進めているだけですw

LD >> ラスボスって表現は、主役の対立者と僕は考えていて、でシュナイゼルが…って話がある。…で、GiGiさんがルルーシュをラスボスと言うなら、その対立者(つまり主役)は誰にあたるの?って事になるけど……スザクって事でいいのかな?

GiGi >> ふむ。世界は世界ですよ。ナナリーがいてスザクが居てカレンがいてシュナイゼルがいてニーナやリヴァルやミレイがいる世界。

GiGi >> 引導を渡すのはスザクかシュナイゼルかあるいはその両方でしょうね。

GiGi >> 物語の主格に打ち倒される人ですね>ラスボス。シュナイゼルが誰かに打ち倒されるとは思えないのでラスボスシュナイゼルという表現には同意しかねるなと。それならルルーシュがラスボスといった方がまだしっくりくるかなーみたいな

LD >> うん……え〜っと、つまりこの場合「ラスボスはルルーシュ」という表現は、ともかく、彼以外の世界に対する敵対者という事を意味しているって事かな。

LD >> 了解です。僕はラスボスに対立者の意味をかけても「倒される人」の意味はかけてなかったから、感覚は近いかもしれません。いや、倒されるとも倒されないとも今は思っていないですがw

GiGi >> いまいちルルーシュが世間的にどう思われているのかが分からない。ルルーシュが何かを手に入れる事が出来ると思われているのだろうか

LD >> まあ、でも次回、皇帝不在ならシュナイゼルとかなり肉迫するフェーズですね。逆に土壇場でも皇帝が帰還するならまだ皇帝との戦いのフェーズって事になる。

LD >> 思われていると思いますw>何かを手に入れる ってか僕もそう思っていますw結果、死ぬかも知れませんけどね。逆に、GiGiさんはルルーシュは何も手に入れずに死ぬなり、消えるなりすると観ている?

GiGi >> ルルーシュが何かを手に入れるイメージをもったことがないですw。

GiGi >> ルルーシュが何かを手に入れようとあがき、それを諦める話だと思ってます。

LD >> 「何かを手に入れる」の言葉の範囲が違う気がするw たとえばルルーシュが生きて終われば、それだけで「いずれ手に入れる日もあるかもしれない」って希望の解釈の余地を残すと思うけど、そこらへんも絶たれるって話になりますか?

GiGi >> で、世界はナナリーとシュナイゼルとスザクとカレンたちが回していくと。あれ、そういえばOPのシャッフルCCか…?CC残る?

GiGi >> 求める事をやめて穏やかな日々を手に入れる…という可能性はあった…かな。過去形ですが

LD >> ああ、はい。>それを諦める話 「諦める」事ができるなら「何か」を手に入れたんだろうと。僕や(多分、他の手に入れるビジョンの人)のいう「何かを手に入れる」はそういう解釈を含むものですね。

GiGi >> シャーリーの死は、そのわずかな望みすら絶ってきたんだなという絶望でしたが

LD >> ほうほうw OPシャッフル→CC残る

GiGi >> まあ最強伝説黒沢の黒沢さんが何かを手に入れる事が出来たのかと言って出来たんだよと言うのならまあ同意はしますがw

GiGi >> 記憶を奪われたのはCCにとっては救いなんですよね。人生をもう一度やり直せる。不死の能力がどうなったのか

LD >> でも、まあ、ナナリーが(多少の不幸を抱えながらも)幸せに暮らしていれば、ルルーシュが死んでも消えても、やっぱりルルーシュは「何かを手に入れた」んですよ。そういう感じの話ですね。「手に入れる」方の話は。

GiGi >> そもそも記憶が失われたのか記憶退行で昔の記憶はあるのか。CCではなくまだ本当の名前だったころに戻っているのかもしれない

GiGi >> んーそれは一般的な話なのかなあw

LD >> そうそうw正に、その範疇の話をしています。>「最強伝説黒沢」 だから、最初のGiGiさんの言葉は「ルルーシュにハッピーエンドがあると思っているんだろうか?」という方がしっくり来そうな気がします。

LD >> すみません。調べて喋ってはいません(汗)>一般的な話 ま、僕はそんな感じとw

LD >> そしてシャーリーが死んだのなら、ハッピーエンドの目は相当減った事は間違いなく思えます。無いとも言わないんだけどw

GiGi >> まあ

GiGi >> まあそんなところで。

LD >> まあ、でもホント、シャルルウは嘘が嫌いで、戦争なんぞ下らんと言って……でも、シュナイゼルは戦争をしっかりやって、「勝ち過ぎない道」を選んで、そして「戦争の在り方」を変えて、ってやってきたんですね。多くの普通の協力者を拾いながら……ちょっと今、かなりシュナイゼルに惚れてますw

LD >> ああ、CCの本当の名前が分かったりw

GiGi >> そうですね。シュナイゼルはとても正しい道を歩んでいます。

LD >> それでは失礼します。

GiGi >> たぶんそれが来週のAパートのイベントだと思いますw>CCの本名

ペトロニウス >> シュナイゼルは、凄い男だね。まったくギアスなどの超常現象に目もくれない姿勢も凄い。かといって情報機関も掌握していそうだし。

GiGi >> 今週のエピソード、あとからゆっくり感動の波がやってきた感じです

GiGi >> CCが、CCがなぜ最後の最後になってシャルルを拒絶したのか…永遠を生きる地獄の苦しみを誰よりも知るCCが。

GiGi >> この設定は本当に秀逸だな…死ぬ方法が、誰かにその業を引き継がせること…シャルルの決意…VVの嘘…ううむ



■■■■2008-07-21■■■■

GiGi >> シュナイゼルはシャルルの力を継ぐ事を拒絶するだろう…オデュッセウスは?

GiGi >> シャルルとシュナイゼルは明確に利害が反目している。ルルーシュはその狭間で木の葉のように揺れ戸惑うのか…

GiGi >> これは…シャルルの思惑が予想通りだった場合だが…

GiGi >> しかし我ながら意味不明瞭なポストだ(笑)後でまとめます

GiGi >> スザクの事も時々思い出してやってください(笑)>LDさん。手繋ぎの予言はまだ生きている

GiGi >> しかしLDさんとの会話の噛み合わなさを見るに、コードギアス読解の基礎みたいな話も書いたほうがいい気がしてきたな。。。

GiGi >> ここにきてナナリーがギアス?みたいな話が冗談にしても出るとは思わなかったし(笑)

LD >> いや、僕はスザクの事は「コードギアス」の中では片時も忘れた事はないよw今週は自力でリフレインを止めたので大満足ですw

LD >> ナナリーの話は全体の情報から不整合がある事を分かっていて出したから冗談という事になるかな?(汗)

GiGi >> ナナリーの話は、物語が超常の力を否定するフェーズに入ってるのに、まだギアスを隠しもっているキャラがいるという発想に、それはないと言ったわけです(笑)

GiGi >> 人の世で生きるのに超常の力はいらないよね、という話をして、ましてやナナリーという、ハンデキャップを背負って現実の過酷なフロントラインで戦ってるキャラが実は超常の力で世渡りしてましたとかなったら台無しにもほどがあるので(笑)冗談にしても趣味が悪いなあと。

井汲 >> 今回のあれ、本編では「あの空間に皇帝を置き去りにした」ということがわからなかった(シャルル普通に自力で戻って来れそうなので…)のですが(笑)、最後の皇帝の表情、あれどうなんでしょうね?私には、「息子を(厳しくも)優しく見守る父の目」に見えたんですが。LD さんの「皇帝ルルーシュ類似説」に近い感覚ですね。

井汲 >> 数回前から、ダラス研究所に場面がうつるときだけ、テロップで場所説明が入るようになっってません?(検証はしてませんが)他の場所にうつるときはテロップ出ないのに(今回の扇とヴィレッタの密会の場面とか)。視聴者に、研究所の名前を強く印象づけようという意図が感じ取れますが、だとすると今後ここが主要な舞台になっていくこともある…のでしょうか。

ルイ >> 冗談として出たものに趣味の良しあしを判定するのは、言葉を規定しすぎてしまうのにも似た「罠」だと僕は思うなあ。ま、僕の言い方で言うなら「ギアスじみた処世術」なので、ギアスでなくても「ギアス?w」っていう冗談が生み出す話のベクトルは「アリ」だと思います。あんまりカチコチに考えたくはないですね、色々と。

ルイ >> ちなみに発汗なり匂い(僕は正直、ブチャラティの「ウソをついている味」を連想したぞ!)で判断しているとして、ギアスというものがなくても、ナナリーがそういう能力を生活に必要なものとして得てきたと。それは感動的な対比ですね。ただ、一期の頃から読心ギアス〜みたいな事は言ってきたので、面白かったです。あと、ギアス契約は個の潜在欲求説もかなり初期から言ってきたっけな?なので、それも嬉しかったところ。

ルイ >> 個人的にはハッピーエンドや手に入れるって言葉はちょっと難しいので、単純に捉えなおします。失ってもなお求めることをとめなかった彼は、その歩みに自分なりの意味・納得を見出せるのか。実際何かを手にするか否かとか、ましてやハッピーかアンハッピーかなんて曖昧な基準ではなく、この実感の世界だと思ってますね。シャーリーの死によってここは相当難しくなってるんだけども。加えて、今回のCCの記憶喪失(不死者でもなくなったかな?)は、CCにとっては「世界に組み込まれた」幸せな出来事ですけど、ルルからすりゃあ、こりゃ、母性の喪失しかも二度目ですよ。どんなイジメ。

ルイ >> シュナイゼルは、物語「世界」の主人公ですね。OPラストの皇帝→シュナイゼル→ゼロをどう捉えるかって話なんだけど、実はどこにVSなりを置くかで意味合いはいくつかあるように思える。まず基本なのが、世界に対しての三軸というもの。次が、皇帝の世界支配に対しての、シュナとゼロによる回答、という捉え方(この場合、皇帝VSシュナ・ルル とでもいった表現になるのかな?)。

ルイ >> 登場の順番に意味を見出そうとすると、認識なり世界の「書き換え順」=上書きという事で、皇帝→シュナイゼル→ゼロ、という風に捉える事になる。これだと、文字通りシュナイゼルラスボスって視点ですね。

ルイ >> ただし、皇帝の放つ光に対して明確に真逆のビジョン(光)を提示しているのはシュナイゼルだけであって、ルルーシュはそこで七色の光を出すんですよね。そういう意味で、マクロな意味での「世界」の主導権は、皇帝→シュナイゼル、という線一本で描けてしまうのかもしれない。この辺難しいですが。

ルイ >> まあ僕はギアスはそこそこに、ユーフォテーブル&金月さんの往年の作品をほぼ押さえたいので(ツタヤの半額に乗じてw)観賞地獄だぜえ。

ルイ >> ドッコイダー→シノブ伝を一気に攻めるか!フリクリを見るか!(あれ?)梅津エロアニメ、メゾフォルテを見るか!(あれれれれ?)

ルイ >> ところで先日の話の続き?ですが、午前9時からNHK教育で「テレパシー少女蘭」3話まで一挙再放送するそうですね。3話は結構好みの圧縮脚本なので、30分アニメの「詰め」に興味のある方は是非。

ルイ >> ・・でも、俺がとりのがしたのは4話ですよ・・・orz無念・・・orz

LD >> 「蘭」は2話に欠損があるので再放送押えました。「フリクリ」の話はしたいなあw

GiGi >> 最近はルイさんが全部書いてくれるから楽ちんだなあw

GiGi >> シャルルとシュナイゼルの対立という線で追うと、シャルルの目的意識が少し見えてくる気がしますね

GiGi >> 世界の嘘を暴くこと=ギアスの存在を世界に周知させることなのかな、と思い始めてます。

GiGi >> シャルル兄弟が誰の手によりギアスを得たのか…CCの眷属はVV以外には存在しないのか…ここらへんが揺らぎではありますが

GiGi >> CCはおそらく嚮団によってCCと呼ばれていた(Crist.C?)CCにギアスを与えたシスターはおそらく人間の名前を名乗っていた?

GiGi >> VVはCCにあやかって嚮主となった時に自らそう名乗った?

GiGi >> なんにせよマリアンヌ、CC、シャルル兄弟はかつてこの忌まわしい力の系譜にピリオドを打つことを願った。嚮団によるギアスの実験もそのため。

GiGi >> しかしVVは、若さゆえかその力を享楽的に使ってしまっている。それが、VVがついた嘘なのではないか。

GiGi >> 何らかの方法でコードの継承を断つ手段を講ずる…ブリタニア皇位継承者という立場を利用してコードギアスの謎を解き明かす。それが(おそらくは)徒労であることを知っていてCCは袂を分かった?

GiGi >> VVはシャルルがいるからこそ人生を謳歌できている。自分が孤独に耐えられないことを知っている。だからシャルルの寿命というタイムリミットを前に、共に生きるパートナーとしてCCを欲した?

GiGi >> しかし元々不老不死の眷属がいるのであればCCがここまで孤独に苛まれるだろうかという疑問もある。なのでVVの存在自体が、CCの孤独を癒すために株分けされた能力者であるという可能性もある、か?

GiGi >> ちょっとこのあたりが澱むなあ。わからん。まあそれはそれとして。

GiGi >> 孤独に耐えられない兄に対してシャルルは、孤独の王となることを覚悟していた。シャルルは絶対的な王として世界に君臨し、ギアスの存在に耐えられる世界に作り替えることが目的なのかもしれない

GiGi >> であるならば、超常の力の干渉を是としないシュナイゼルとは完全に対立する

GiGi >> そしてルルーシュは、そのどちらかの価値観を選択することを迫られるかもしれない。超常の力によって世界に君臨することを是とするか。否とするか。

ペトロニウス >> ちょっとまって、シュナイゼルは、超常の力を拒否するのかな?。自分自身の不老不死とか、権力のスキームに組み込むのは拒否するだろうけど(彼の理念的に)、、けど、自分が勝利するために、そういうものを平気で利用する気も合うするんだけどなー。別に強制した仕組みを作ってもいいわけだし。シュナイゼルには、凄い現実主義を感じるだ・・・。

GiGi >> おっとペトロニウスさん。その話は書こうと思っていました。システムに超常の力の(その継承も含めて)組み込もうとシャルルはしてるんじゃないかな、と。シュナイゼルとシャルルはその点において、恒久的な統治システムを構築しようという思想は共通してる可能性が高いなーって考えてます

GiGi >> ひとりの超越的権力者によって帝国を統治するという考えはローマ的ですよねえ。非常に強固だが、時に権力の暴走を呼ぶ。そのリスクをどう捉えるか、の違いかもしれませんね。核の力もギアスの力もどちらも本質は同じじゃないかという問いかけもありそうです

GiGi >> あとこれはOPをシュナイゼルとシャルルの反目の予言として読むことを前提にしてますので、そこが間違ってると違う結論に至るかもです。基本的にシュナイゼルって誰かと対立しそうな気がしないんですよね。強いて上げるならば、やはりユフィの暴走の時の表情でしょうか。生理的に不合理を憎んでいる(幼少時のトラウマとかかも?)という可能性はあるかもです。

GiGi >> シャルルの目的が、自分が超越的な能力を持った神であることを世界に周知し、その上で絶対王者として君臨する=嘘のない世界を構築することだったとしたら、やっぱりシュナイゼルはそれは認めないかな。かな。

GiGi >> ところで次回予告でルルーシュが「ナナリーの救出」とか言ってるんですよねえ。

GiGi >> かなり余計なお節介臭がしますが…どうなるやら

ルイ >> ルルーシュ一流の「逃げ」という視点でどうでしょう、ムリあるでしょうかw>ナナリーの救出

ルイ >> 精神的には、の話ですけどね。シャーリー失って、CC失ってるんで。

ルイ >> 理屈で考えた場合、今のゼロ=ルルーシュが皇帝の知るところとなった(まあ前から知ってたんだろうけど、ルルーシュから観て)ので、ナナリーを人質として利用される、という恐れもあるんでしょうね。ゼロ=ルルを隠せている上で、ナナリーの総督オンマイウェイは成立したのでしょう。・・・まあ、繰り返すけど、最初っからそのへんバレバレのはずなんですけどねw

ペトロニウス >> >ひとりの超越的権力者によって帝国を統治するという考えはローマ的・・・これは、ちょっと誤解のような気がするが・・・。ローマはシステムの国で、通常行政権においてのみ、独裁的な裁量権を与えているんですよね。それも、即位等の大掛かりなものには、民意と元老院による裁可を必要とするという、ちゃんとしたシステムバランスを取っている仕組みなので、ここの必要はテキトーではない、と僕は思いますが。

ペトロニウス >> 必要 ×   比喩しては、、、です。GiGiさん。

ルイ >> ブリタニアという国自体、血による根拠を強く刷り込ませている国家な割に、その血の中では絶えず権力争いが繰り広げられ、淘汰されていくという(おそらく血の中でも能力主義が採られている為、年長者が安穏としていられる環境ではない)。血を根拠にしながら、血に甘えないスパルタなシステムなんですよね。シャルルがどこまで意識していたかはともかくとして、このシステムがシュナイゼルという現実的な世界の導き手を生み出したんだよなあ。なら、それもシャルルの功績じゃないかって。・・・ちょっと外出。

LD >> そうか。不老不死の帝王が世界を滑るのは「安らかな世界」の一つの答えではありますね。そしてそれを絶対的に否定する勢力は必ずいる。

LD >> その血の中では絶えず権力争いが繰り広げられ> 最初僕は、シャルルゥはそのシステムを凄く肯定しているように見えたんだけど、VVとの昔話の会話を観ると、それを嫌悪しているように見えます。兄弟同士で嘘をつかないという誓いは「何故、兄弟同士で、家族同士で争い合うのか?」という考えの裏返しにみえる。

LD >> シャルルは「ブリタニアはどうしようもない」といい、VVは「それを言うなら人間は…だろ?」と応える。

LD >> 滑る→統べる

LD >> でも、結局、ウソの範囲によって具体的な目的は違ってくるなあ…。

ルイ >> ふむ。では子作りに励んだ理由は、計画が上手くいかなかった場合の備え?

ルイ >> ところで近所のツタヤにいってきたんですが、「人造昆虫カブトボーグV×V」の一巻が借りられていました。何故か嬉しいw

LD >> 。o(…どう観ても単なる実写だなあ……実は背景じゃなくって、他の人観るべきなのか…?)>「魔法遣い」

LD >> …というかシャルルさんちの兄弟は実はすごく中が良い描写ですよね?ルルーシュにだけきつく当っているように見えない事もないんだけど…。まあ、普通にマリアンヌの死のからみですれ違っている感もあり。

LD >> 。o(…ああ!これ“背景”かぁw これが本当の背景動画ってやつかw…)

LD >> で、シャルル的にウソをつかない一家を目指した結果、凡庸でも長兄を立てる理想的な一家が生まれている。シュナイゼルの才能はともかくとして、その人格は集大成になっている?クロビスはクロビスなりにがんばってるし。…どうしてもマリアンヌとの婚姻がよどむけど、そえはこの物語のキーだからなあ。

ルイ >> なんのこっちゃw>本当の背景動画

LD >> 3話の最後の方、駅で電車が通り過ぎる画があるんですが……背景が描いてますねw>「魔法遣い」 これまでも季節背景の移り変わりとか、建築物のゆっくりした崩壊とかで動かす事はあったけど、こんだけ早いのはちょっと観た覚えがないw

ルイ >> 確認しました。ちょっと言っている事を咀嚼したいと思うのですが・・・

ルイ >> 基本、背景動画というのは原画さんが背景も描く、特殊ケースの事を意味しますよね。それが特殊という事は、それ以外は全て背景が描いているということになる。

ルイ >> 例えばそれは、雨粒だろうがなんだろうが同じことで。波が動いてもそう。

LD >> はい。最近はCGという手段もありますが、雨粒、波、などは原画マンの仕事ですね。

ルイ >> で、これは・・・トレス気味な背景を、1コマでやってる?

ルイ >> 実際に走り抜ける電車を録って、パラパラ漫画状にしているかな?w

LD >> 電車だけを重ねて……動かしているかな?>電車

ルイ >> これ、リアルタイミングじゃないですよね?

ルイ >> 何かこう、褒めたものか貶したものかよくわからなくなってくるw>魔法遣いの背景

LD >> 今「ソウルイタ」追いつこうとしていますが、「しゅごキャラ」も何とか追いつきたいところ。

ルイ >> 電車だけは確定ですね。

ルイ >> うーむ、どちらがオススメ!とも言いがたい難しいセレクトですねえ>ソウルかしゅご 僕はミッションEの2話ちゃんと観ました。てか、また高垣あやひーがいた。

LD >> 残像にしないのが背景の仕事っぽいですよね。連続写真から…おこしているのかなあ?

ルイ >> 僕はそうにしか見えないw>連続シャシンから起こしている

ルイ >> そうですね、ここ、オバケや線の入れどころだと思います。

LD >> トレースし過ぎ…という感触はどうしても持ってしまいますね。…ここまでトレースするなら写真でも別に僕は貶さないというか、全然ありなアプローチなんですけどね。

ルイ >> つまり、「べき論」を使いすぎない方がいいということになるんでしょうね>全然あり ただ、この作品のアプローチとしてどうなのかってのはちょっと考えてみたいかも。

ルイ >> この作品は、人生いたる所に青山ありという・・・(おいおいw) 言い直してwソラという視点がそこにあれば、世界はどこでもその美しさを見せる(つまり、在り様の問題ですよキミィ。どっか観光いきたいとかじゃなくって)・・・ってテーマがあると思うのですが、それを実写の従格になりかねない背景で描くというのは、良手なんでしょうかね。

LD >> 22歳で、女子高生はいろいろと無理がある話ですね。わかります。>「MISSON−E」

ルイ >> でも、手描きだと恣意性が透け出てしまうかな?自分の住んでいる街をじっくり見渡すような視点を提供したいのなら、この背景の意味がわかってくる。ような。

ルイ >> え、エビハラいけてましたよw>無理がある

LD >> はい。アニメを選択して、なお背景は実写に近づけるという…やり方は、ただ実写をするよりも意味があるように思えます。>「魔法遣い」

ルイ >> タイトルが示す通り、チュンソフトのゲーム「街」はそういう意図をもって選択してますよね>実写に近づける

LD >> いけているところに無理があるというw>海老原 しかし、なんだあの妙な千波美さんのハイテンションぶりは……恋人がいると無敵なのかw

ルイ >> グルメチェックしているようで、実は食事の混入物を調べていてエビハラさんの成長を称える所だな。

ルイ >> あれ、社長がいる前でノロケ気味でしたけど、そのへんオープンカードなんですね>ちなみ

LD >> 5年の間になにがあったのやら…「CODE−E」の最終回で、ほんとに名塚子はあきらめたの?w

LD >> 「WD」2話も観ましたけど、ちょっとルイさんのガックリが分からなかったです。確かに作画回ではないですけど…崩壊もしていないですよね?

ルイ >> ああ、そういうリアクションはちょっと予想してたかも。>WD

LD >> 救済委員会のにいちゃんが人間に見えるんだけど…?それから小林ゆうには当り前のようにキレ気味のキャラが回ってくるw

ルイ >> コンテをそのまんま作画する際に、何も起こらなかったって印象ですね。省エネコンテに乗っただけだからアップ口パクと演出も画面寄り引きが多いし。崩壊云々は顔の似る似ないに話しがいきやすい単語なので、まあおいといて。

LD >> 何も起こらなかったって印象ですね> それはそうかも。特筆する動画を観止める事はできなかったですね。

ルイ >> うーん。特筆だとニュアンスが変わっちゃうんだけど・・・wいくつか中抜きつか、動画たりてない動きも散見されたんですよねw

ルイ >> そういえば「薬師寺涼子」は3話も安定してました。動画工房はじまりすぎた。

LD >> しかし「WD」は最後はゲーム買わせようって話で、途中で終わってしまう可能性が高いかなあ…。「ドットハックGU」がそんな感じだったんだよなあ…。

ルイ >> そうですね。1クールアニメだから「仲間が仲間になる話」か「世界を巡る話」だけで終わりそう。構成どなたでしたっけ。

LD >> ふむ。僕が、特筆すると言ったのに対して、そうではなく全体的にレベル低かったという話かな?

ルイ >> そうですね。全体的に。言い換えれば、特筆するほど酷いところもなかったです。キャベツみたいなwでも、全体としてIG作品ワースト級ではありましたよと。

ルイ >> http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A8%AA%E8%B0%B7%E6%98%8C%E5%AE%8F ふむ。構成は中継ぎしかやってないような。

ルイ >> デルトラのラストクールも蛇足以外の何者でもなかったしなあ・・・wああいう、なんとなく世界をまわる作品になるかなw

LD >> 横谷昌宏……「デルトラクエスト」の第五クールシリーズ構成ですね。

ルイ >> デストラクトコードを賭けて、小林ゆうが歯軋りするところ。。。背景にいるのがひまわりちゃんに見えるなあw

LD >> IGだからいてもおかしくないですねえw>ひまわり>「ホリック」

ルイ >> うん。ちょっと見直してましたけど、動画のセンスのなさは異常です。ちょっと綺麗なMUSASHIにしか見えません。>WD

LD >> う〜ん、古谷徹さんが好演しているだけに、途中終わりは惜しいなあ…。

ルイ >> 作品もDSですからねえ。多分クマ、決めゼリフが数個収録されてるくらいですよねw

LD >> (WD観直していた)

LD >> …うん。まあ、良い回ではないw ただまあ「BLOOD+」とか、これくらいの回はあった気がします。

ルイ >> そうでしたっけ>BLOOD ポーカーが終わるあたりとか酷いもんですね。ジャンプにも銃撃にも、全てにタイミングというものが存在しない。

LD >> 「薬師寺涼子」はよいですか?

LD >> ひねりはないですね。>ポーカー後のアクション

ルイ >> 良いですねえ。アダルト・ハルヒとして観たら視点もラクチンだしw

ルイ >> ヒネリというか、タメツメ指定してないんじゃないかな。

LD >> アダルト・ハルヒかあ…w

ルイ >> 和田高明さんはボンズゴンゾジーベIGハル・・・なんでもかんでもだなあ。

ルイ >> あくまでアダルトだから、薬師寺さんには特別なセカイ能力はないんですよ。単に権力と才能があるだけでw

LD >> 「ソウルイタ」見終わったら、観てみます。>「薬師寺」

ルイ >> 今ソウルイタ観てましたけど、ソウルイーターは安定してますねえ。情報流出が響かなければ、最後までこれくらいでイケるはずだ。

LD >> さて、そろそろ編集に戻ります。

ルイ >> はい。僕もメシですね。まあ、PCやりつつ新番組崩してるんで、戻すもいくもないんですがwお疲れ様ですw

LD >> う〜ん、どうでしょうねえ。>情報流出 実物を見ていないので、僕は何とも言えないんですが、聞いた限りでは会社としての人物評価にあんな事まで書かないんじゃないかとは思うんですが…w

ルイ >> あれ、実物みてないのに?>あんな事

LD >> え〜っと、2チャンネルとかの情報で…w また聞きですね… 「昔はすごかった」とか…。

ルイ >> 一応、会社として、ではなく、あくまで制作進行の管理ファイルという認識ですね。

ルイ >> で、ボンズの公式ではあの紙は使ってねーと言っているわけですが。ここは結構微妙。更にアニメーターの電話番号や住所は本当に流出しちゃってるんで、他同業者からの嫌がらせってのもありえなくはないんだけど、それこそ犯罪なので難しい。

LD >> ああ、なるほど。制作進行の個人的なメモ書きなら、充分あり得えますね。

LD >> 実物みてない事もあって、ボンズから流出っていうと、会社の文書流出と思い込んでしまったかも(汗)

ルイ >> とりあえず「これこれこういう経緯で、コイツが犯人でした!」というのがないと、依頼されても敬遠する、或いは優先順位が下がることはありえるだろうと。

ルイ >> 今はどこにもないのかな?速攻保存したけどw

LD >> まあなあ、アニメ業界そこらへんのしこりはどう処理するんだろうなあw……いや、経過を見ますってか、それで「ソウルイタ」が落ちたらちょっと悲しいですねw

LD >> それでは失礼します。

ルイ >> うん。中村豊さんに「俺Cかよ!」とか言われても困りますよねw>落ちたら悲しい あれは流出にせよ嫌がらせにせよ、個人の評価に過ぎないってことだけは確かです。同時に、マジで住所などが漏れちゃったというのも。

井汲 >> > シャルル兄弟が誰の手によりギアスを得たのか VV はマリアンヌでしょうか?不死者マリアンヌからギアスの力を授けられ、マリアンヌによって(騙し討ちで)不死者であることを継承させられてしまった(CC が先代に騙されたように)。だとすると、VV があれだけマリアンヌを憎んでいることの説明がつきやすい…と想像。

井汲 >> で、この連鎖を断ち切ることを、兄弟2人で誓い合い、VV はシャルルにギアスの力を授けた。いつか不死者の存在を、継承することなく滅させる手段を見出すことを誓って。

井汲 >> > 元々不老不死の眷属がいるのであればCCがここまで孤独に苛まれるだろうか CCが倦んでいたのは「(仲間がいないことによる)孤独」なのではなくて、「人の世の埒外の力により生き続けなければならない罪悪感」のようなものだろう、と思っています。普通なら死があるからこそよく生きようとあがく、その枷がない自分はただズルにより「死んでいない」だけに過ぎない。それがやるせない…という辺りを、今回のルルーシュとのやりとりで感じました。これは不老不死の眷属がいても癒せない徒労感なのでしょう。

井汲 >> 次回予告、ジェレミアがコーネリアを監禁しているなあ。「皇女殿下!」と叫んで助けた相手であっても、ルルーシュの敵であれば監禁することも厭わないのか…。彼の忠義心の働き具合は複雑だ。ただ単に「マリアンヌの死の事情を聞き出すための手駒」扱いというわけでもないんだよなあ…。

井汲 >> > 「CODE−E」の最終回で、ほんとに名塚子はあきらめたの? Mission-E の第1回で、現在の夫さんに電話入れてて、子供もいて夫婦仲も良好な描写がありましたから、ほんとにあきらめたんじゃないでしょうか?CODE-E 的には尻切れトンボでしたが、まーもともと名塚子が科学バカに執着する、さして強い理由があったわけでもなかったんで、シリーズ変わって仕切り直しであの状態なら、まあそんなもんか…と納得できます。

井汲 >> > 次回予告でルルーシュが「ナナリーの救出」とか言ってる ………やっぱり、カレンの救出は2の次なんだろうか(笑)。なんだろうな(笑)。………結構長い間放ったらかしな感じがしてるけど、実はそんなことはないのかな?作中での時間経過は、カレン捕縛からまだそれほど経っていない?

井汲 >> (「ストライク〜」、あいつら何語で会話してるんだろう…とか言うのは、(例によって)ダメ?場所から言って英語としか思えないけど、あの主人公が英語に堪能とは思えねえ(笑))

ルイ >> ダメというか、世界が違うという前提があるってのがありますね。それは言葉のような「ツッコんだら負け」の部分に限らず、例えば経済や軍備などに関しても、同じものさしを使えるとは限らないわけです。カブトボーグは軍事衛星を破壊して、11機で旅客機の重さを支えて、宇宙空間でも海底でも無事で(というか海底で養殖していて)いるわけだけど、何で出来ているの?ってツッコんでも、その先に我々の世界で理解できる何かがあるとは限らない。・・・それを「ムリヤリあてはめる」事によるゆがみ、面白み(多分。そのうち前者ばっかり目だつようになったけど)を表現しようとしたのが「空想科学」だったりするのでしょう。

ルイ >> マカこええ・・・前はニュータイプCMで魂奪われそうになって、今度はDVDでバンダナ強奪宣言か・・・なんというカツアゲ少女・・・orz



■■■■2008-07-22■■■■

ルイ >> 日本映画チャンネルで、カラーアトムの方の、地上最大のロボットを放映していますね・・・。

ルイ >> プルートの影付けが80年代特有のゴテゴテ感と相俟って、不思議な魅力を醸し出しているなあ。

ルイ >> 地上最大のロボットは原作自体そうなんだけど、TV2話でってのもかなり圧縮がキイています。イプシロンが最高のロボットですねわかります。

ルイ >> 転調アトムのBGMかっこいいな!

ルイ >> しかしカラーアトムのOPは出だしが機動戦士ガンダムだったり、単にチョッパーベース弾きたいだけだったりするこの半端なダサさがたまらんねorz確か当初の予定では、樋口康雄さんが別のOPを作るはずだったような・・・あれ?この次のアトムかな?

ルイ >> げ、げ、原画頭に湖川さんが!?こえーー・・・・昔のアニメこえええ・・・orz

LD >> ほんとにあきらめたんじゃないでしょうか?> あ、はい。「Mission−E」の時点では本当にあきらめた事は疑ってないんですが、「CODE−E」のラストの時点ではどうだったのかなあ?って。ま…5年の間にいろいろあったんでしょうねw

LD >> マカ・チョーップ!!ですね。わかります。……やっぱ「ソウルイタ」作画すご過ぎていちいちチェックしてらんないよ…orz 中村チェックとかにすればバランスとれるのか?のか?

LD >> カラー「アトム」の「地上最大のロボット」はボラーのデザインがとても嫌なんですよ…orz うわ〜ん(泣)ボラーは……ボラーは…コレジャナイロボー!!!(号泣)って感じですorz

井汲 >> カラーアトムのボラー………うーん、どんなんだったっけ。全然覚えてないや。そもそも見ていないのかも?

井汲 >> 「キミキス」、最後まで見てから書こうと思っていたんですが、21・22話で結構動きましたね!?特に光一の内面が!そうか、マオ姉ちゃんが引越しで身を引いてしまったがために、却って光一に追いかける心が生まれてしまったんだ…!

井汲 >> たぶん、明日見終わります。

LD >> 裏番が「DR.スランプ」〜「うる星やつら」超リレーで苦戦を強いられた作品ですね。>カラー「アトム」

井汲 >> 「ストライク〜」は「トップ!」との対比など、まだ書きたいこともありますが、それも機会とタイミングがあるようでしたら。とりあえず、キャラの見分けがつかないのも困る、と書いときます。「赤系の長髪、長身」カテゴリのキャラと、「白の短髪、チビ」カテゴリのキャラがどっちも3〜4人ごろごろしていて、えらく視認性が悪いです…。

LD >> 却って光一に追いかける心が生まれてしまったんだ…! >そうなんです。要するにマオ姉ちゃんアイテムもカードも満載なんですよ。星乃さんはカードの少なさが逆に武器という…orz

LD >> 視認性悪いですねえ…みんな整理しちゃあghfっhじゅふじこ

井汲 >> そうか!あれ整理フラグか!(笑)

LD >> とりあえず眼帯隊長と、狙撃子を覚えておけばいいかな〜とも。

井汲 >> カラーアトムのOP………はあんまり印象に残ってませんねえ。ED の方は今でもメロディーの一部は頭に蘇ってきますが。ぼく〜のうでとあ〜しは〜♪

LD >> ルイさんとも話したんですけど、ヒロインの子が戦争嫌いだけど「でも戦う」って道を選ぶなら「仲間が死ぬ」ところまで詰めて欲しいなあってのはあって。でも、殺さないんでしょうね。…それでも眼帯隊長は死ぬかな?とは思っているんですが、そこらへんがいいバランスってもので。

井汲 >> 狙撃子かあ…。私の場合、録画されてる番組が順に「ストライク〜」「Mission-E」「コードギアス」で、名塚子が3連チャンで出ている、という…(笑)。名塚密度がこんなに高かったのは、人生で初めてです(笑)。

井汲 >> >死ぬ そうそう、そこら辺の話もしたいっちゃあしたいんですよね。こんなアニメにそんなに語るだけの価値があるかどうかは甚だ疑問ですが(笑)。

LD >> カラーアトムはEDがいいんですよ。パラパラアニメをやるのが虫プロ(じゃないけど)のセンスっぽくって、そして歌がいい。「ぼくの、腕と足は♪ジェットで空が飛べる♪」

井汲 >> サ〜チライトのぉめっもお〜♪レザーブラストのてぇっもお〜♪うん、ちゃんとスラスラ出てくるぞ(笑)。

LD >> いや〜、「ソウルイタ」にも出てるし、「とらぶる」でもエロい声を出している。一人営業とはいえ、働き過ぎですよ名塚さん。もうジャッカル・名塚と呼んでもいいくらい。(←いいのか?)

LD >> まあねえ…「死に」があると思ってチェックを続けて、最後まで「死に」がなかったら…「死人が出ると思って期待して観ていたのに〜!!」とか言って、ここにイチャモン書くのも「楽しい」かな?w

LD >> 今、どこにでも出没している感があるのは名塚さん、沢城さん、そいから高垣さんかな?

井汲 >> あれ、世界各地にストライクウィッチーズ隊があって、それがネウロイの侵攻を食い止めているのかとおもったら、どうもそうじゃなくて、ストライクウィッチーズ隊ってどうもイギリス(ブリタニア)のあそこにしかないみたいですね?単純に考えて、ヨーロッパの大陸部を制圧したネウロイはなぜロシアやアフリカ方面に侵攻しないんだろう?(…とか考察する価値も、たぶんない(笑))

井汲 >> 名塚さん、「タイタニア」でリディアをやると聞いて、「またアンタそういう役ですかい!?」と思ってしまいました(笑)。

LD >> ネウロイさん、けっこう戦略がもっさりしてますよねw

LD >> 今一つ、ウイッチ隊じゃないと対抗できない感覚も分かりにくいんだけど……多分、大艦巨砲主義時代の頃で、それだとネウロイにとっては当て放題の的なんでしょうね。で、的の小さいウイッチが重宝されている…。いやぁ〜なんだろ?w

井汲 >> 確か、(1) 敵の砲撃を防げるシールドを展開できるのが、魔女だけ (2) 敵に有効な打撃を与えられるのも、魔力を込めた攻撃だけ …とかいう理由で、通常兵器がほとんど役立たず、とかいう話だったかな?あー、でも本編にはまだそんな話は出てなかった気がする…。

LD >> では、そんなところで失礼します。

井汲 >> あ、お疲れ様でしたー。

LD >> 。o(…魔女めえ…)

ルイ >> 中村・・・豊チェック・・・・wチェックするまでもなさすぎるw

ルイ >> うーむ、井汲さんもカラーアトムばっちりか。1人で無知無知くんじゃない・・・orz

ルイ >> 知らない事を恐れずにいこう。クンフーの年月が違うんだ、それは仕方ない。まずはユーフォテーブルをおさよう(なんで?w

ルイ >> ユーフォって、シナリオも作画も好みなんですよねー。ガイナックスよりは控えめというか、抜け目なさが足りないというかw

ルイ >> それに今丁度BS11で「テイルズオブシンフォニア」をやってくれますから・・・これを機にしようと。空の境界2巻はいつ見るべかw

ルイ >> 僕がちょうど、、ほぼまるでアニメを観なかった時期がユーフォ勃興期ですものね・・・

井汲 >> ばっちり…とはとても言えない。ボラーを見たかどうかすら覚えてないんだから(笑)。カラーアトムで印象に残ってるのは、アトラスが原作に比べてえれえ扱いが大きくなっていたことですね。金ピカ豪奢なボディーに甘いマスク!登場話数もふんだんにとられてました。キーワードは「ブラックホールだ…!」です(なにそれ)。


MANKEN CHAT(1.1)