漫研チャット
名前:
発言:
[正面] [取扱] [過去ログ]



■■■■2008-08-25■■■■

ルイ >> 灰羽…まさにこの次観ようかどうしようかって所ですね。先ず風人物語かな。

ルイ >> ん?天使のたまごが好きだと楽しいのか?wじゃあ観ればいいのか?w

ルイ >> ハガレンがアニメ化だってー。・・・アニメ版って、思いきりごまえ(GOMYWAY)したと思うんだが・・・どうするんだ?

ルイ >> ・・ああ、でも、多分。井汲さんには合わなかったということですが、僕にはバチコンじゃないかなって感触もあるんだよなあ>風人 いや速度の弟子だなんだといったところで、結局僕はアクアノートの休日が大好きな人間なんですよ(だから?w)

ルイ >> ・・つまり、来月PS3でアクアノート出るんですよね、とw話変わったw

ルイ >> (ちゅか井汲さん、このハリハリ・ルイよりせっかちさんなのか?w)

ルイ >> ニュースを見ていたら、星野さんにWBC監督要請ってあってホントにビックリしました。       いや・・・・・それはありえない。星野監督リベンジ物語なんてものを、国民的レベルで行うだけの理由がどこにあるのか。野球連盟は何を考えているのかサッパリわかりません。んー、メジャー監督経験があって今手が空いてるアメリカ人やとった方がいい気がしてきた。

GiGi >> うーむ。なかなか今週のギアスは言葉にし辛いな。

GiGi >> 単純に作画も演出レベルもクオリティが足りてないので、演出意図の足りてない部分を埋め草しないとよくわからないことになっている。

GiGi >> しかしCCがあっさりと元に戻ってしまったな。。。んんん。まったくわからなくなってしまった。

LD >> ああ…CCがあっさり元に戻ったの分かんないですね。……う〜ん、(思考中)…CCの助言が外れなかったら、展開に何か変化があるかなあ?

LD >> ハイエナツリーは作品ごとで吊るのだろうか…。

LD >> (*゚Д゚)<「灰羽連盟」は宮沢賢治の童話みたいだよぉおおおおー!!?………って言ったらペトロニウスさん観る気になったりするかな?w

LD >> …で、ルイさんには「マクロスF」の最新話を観てみて欲しいです。ちょっと「死亡フラグ」と「残念の演出」の話をしましょうw

ルイ >> ミャクロス・・・なんとかしますw今「風人」観てます。これは凄い。1話2話は西村純二コンテ演出なのだけれど、二話で・・・俯瞰のロングショットで、主人公たち3人(俯瞰ロングなので小さい)が驚いたとき、色がチカチカッと変わるんですよね。ん?なんだ?と思ってコマ送りしてみたら、服装の色パターンを全員コマごとに変えている。これは「どこからの演出」なんだろう?

ルイ >> セガサターンの名作と言えば「七ツ風の島物語」ですよ、http://www.nicovideo.jp/watch/sm852301 と言ってしまうこの僕に合わないわけがない。明らかに主要ターゲット。

ルイ >> 胸がキュンキュンしてきて、それだけが視聴を妨げる。

ルイ >> ちなみにドリキャスの名作と言えば青6ですからね?…2つ足しても売り上げ15000に届かないヤッホーイorz

ルイ >> …ん。「七ツ島」も小林七郎・・・。・・・ただ涙を流していたあの日から10年経って、こんな線が見えてくるとは…時間と云うものは〜。

ルイ >> 3話「ランニング・ガール」が素晴らしかった・・・。>風人 なんという良い作品。

ルイ >> とりあえず今夜中に4話から最終話、あとマクロスを観よう。←不 可 能

エルバ >> 今週のソウルイーター、面白かった。こういう話に弱いんだよなぁ。EDの絵も変えるという芸の細かさは良いですね。

GiGi >> んー何も言うことが思いつかないギアス20話(笑)。気がつけば誰かギアス×ルージュの伝言でMAD作らんかな、とか考えてた(笑)

ルイ >> 優しさに包まれたらですらないんだw

ルイ >> ルージュの伝言ってアメリカの純正ドゥーワップ度の高いポップスですけど、あれでギアスMADを望むとはいよいよもってギアス脳ですねえ。ユーミン大好きとしては、「ヴェルヴェット・イースター」のCCMADなんてどうだろうっていう。

ルイ >> http://jp.youtube.com/watch?v=V3BTivYQAUE&feature=related ←コレね。

ルイ >> さてイーターはVHSで涙目録画しておいたわけですがwこういう時、複数台所持に価値がでるんだなあって改めて感じた次第。

ルイ >> ただ、今二台目ってどういう選択があるのかな?そこらの安いアナログレコーダを買っておく?微妙。ちゃんとしたレコーダを買うとなると、ブルーレイドライバの価格を考えると今は無いだろって思いますしね。そうすると、ブルーレイ非対応のレコーダを将来のセカンド候補として乗り換える、という選択肢も出てくるんですが・・・・いやそもそもウチのレコーダ、チューナーが故障してるんだろうなあ。HDD関連には何一つトラブルがないw

ルイ >> 「イーター」観てます。ここは好みなんでしょう。僕はあんまり好きじゃないw「部屋をあけて」類型の一話(そんな類型はない件)ですけど・・・マカの母性にも似た感情の出し方に、ここまでの積み上げを感じないので・・・こう、都合よくヒロインがヒロイン格になってるな、って感じてちょっと胡散臭く思っちゃうんですね。マカはクロエの気持ちが特別わかるような、何か理由がありましたっけ。ソウルがいる、親父とは疎遠なようで通じ合っている、お母さん好き。彼女の特別な優しさに「彼女は特別優しいから」という一行以上に説明できるものがない、と言えばいいのかなあ・・・

ルイ >> 総じて、このキレイなシチュエーションを描きたい欲が先行しちゃったかなと。・・・あ、でもEDは良いなあ。誰かが死んだ回、そいつでこのEDやられたら泣くな(そんな作品じゃありません

エルバ >> あー、私は基本的に「不幸な子どもの救済」というシチュエーションに弱くて、それさえ描かれていたら多くの場合感動しちゃう性質ですのでw 夏目の子狐回とかね。(出来としては夏目の方が数段上でしょうけどね。)

エルバ >> リアルでもボランティアとかで関わっていたりする分野でもあるので・・・、思い入れの違いで大きく差が分かれるでしょうねぇ。

エルバ >> 作品として評価するなら、マカの動機・感情の積み上げは不十分な気はしますね。全体的に、(個々のストーリーに話数は割いている割に)積み上げは希薄なストーリーですよね。

GiGi >> ふうむ。どうやらギアス20話は個人的なタブーを踏んでしまったっぽい。自己分析も含めてきっちりダメ出ししたほうが誠実かな。

ルイ >> ああいや、僕もこういうシチュエーションには弱いですよ(笑)。だからオールOKになりそうな所を「待てい!(待たなくていいのに)」とやるから、ちょっと厳しい言い方になっちゃうんでしょうね。反省。

ルイ >> 子狐の一話は、その前の話の「面布」の話から繋げて考えるとちょっと面白い一話ですよね。あの子狐、妖怪なのにそれは既に萌え記号でしかない「耳&尻尾」しか、人と分かつものがない。そんなの今日びそこらのコスプレアイドルでもやってますよと(おい

ルイ >> それによって、今回のエピソードは「人と妖の話」ではないんだな、という事がわかる。寧ろ人に近い妖怪を反射して、夏目を描く物語なんですよね。前回の燕より明らかに子狐の方がセリフも露出も多いのだけれど、じゃあこの一話が前回ほど迷いなく「狐の一話だ!」と言えるかといったら、そのあたりちょっと難しいと思います。で、このあたりについて話したいな、と思っていたところ、逆にミャクロスを観ろと言われているとw(←今ココ

ルイ >> 多分、それは子狐が「子」である事がおおいに関係していると思うのだけれど。

ルイ >> ・・・で、再生だけは無事なレコーダでマクロスを観ようと思ったら、何故か狂乱家族日記をみておジャ魔女ドジデビルに捕まっていると(今ココ

エルバ >> 人間化したはずの子狐に耳が現れちゃったりしてる点も、ルイさんの論の根拠になりえるかもですね。

LD >> 「狂乱家族日記」に捕まった場合、「月曜日に猫をひろう」と「ビタミンC」のシリーズ構成位置(あるいは構成意図)を考えてみてくれると嬉しいw

LD >> 子狐の話は、かなり「うる星」のしのぶの子狐を思い出したりw …ルイさんの言われる通り、ベクトルは同じなのに“面布”一枚分、燕と子狐は違う印象の話になっているはず。…そこは「面白い」ですよね。

LD >> 個人的にはやはり燕が好みかな…最初に、恨みて鬼となっている経緯からも、燕にはやはり面布が要る。…その面布一枚がたまらなく良いのですw

ルイ >> 直ったワァー:.。..。.:*・゚(゚∀゚)゚・*:.。. !!

ルイ >> さて直ったものの番組表がスッカラカンなわけだ。・・・犠牲はギアスと薬師寺涼子の一話ずつかな・・・?どちらも好きな作品だけに辛いが、ギアスはDVDなりでおさえればよいし、とりあえずPIPOPAとスケアクロウマンと夏目が録れるなら重畳(←個人嗜好モロバレ

ルイ >> あ、そうそう、狐の話はLDさんの仰る通りかなと。ただ、最後に燕が好みか?というと・・・好みなんだけどwちょっとフォローしたいのは、やっぱりこの子狐は「子狐だから」面布一枚無いことに意味があるんですよね。

ルイ >> 燕の話の次にこの狐を組み込む事で、単純に比べれば「え?燕最高じゃん?」で終わる(ひどいw)差を、ちょっと違うものに仕立てている。こういうのは、構成の隠れたGJだなあと思うわけです。

ルイ >> スケアクロウマン放送3分前に大体を戻す。これを愛と呼ばずなんと呼べばいいのか。そして、その愛があるわりに3話くらい頭とりのがしている事はどう言い繕えばいいのか(笑

ペトロニウス >> 宮沢賢治かぁ。。。。。非常によくわかる。っさっきいったとおり、詩ですね。ふむー。



■■■■2008-08-26■■■■

ルイ >> ・・・ん。ハイエナにされちゃったか。先ほど20話を観て、慌てて一話からダイジェスト気味に観ています。

ルイ >> 僕は天才じゃないから、全てのものを観た瞬間パッとは組み込めないんですよね。意識の中での順位付けが低いものは本当に「流し観」レベルで・・・マクロスは嫌いじゃない寧ろ好きなんだけど、間違いなくそちらの扱いをしていた。それを、今キューキョ書き換えしているところです。

ルイ >> でキューキョ5話まで観ている所なんだけど、色々と見えてきて、かなり完成度が高いなと。こんな事も意識しないと軽くしか気付けないんだなって事に軽く凹みつつ、色々と発見があって面白いです。3話で既にオズマが死亡フラグ外しを発動していたり。中心の三角の関係性が、今までよりハッキリと理解できたり。情報量が飛びぬけて多いわけではないのですが、その分配置されているものはおおよそクリティカルですね。

ルイ >> 早巻きも駆使すれば、一話10分ちょいで可能だ!頑張ろう!w

ルイ >> うん(ハイエナを読んだ)。LDさんにハイエナで、僕の書き込みまで引用してもらったのは恐悦至極です。ただら、あの方向でよかった、引用されていいんだという実感はあります・・・そんなにLD文に挟まれても浮いた事は言っていない。特に「揺らぎ」と、あと死亡フラグに限らず「古典フラグ」とも言っておいたのは、推敲なしで書いた割りにはイケてる(自分でry) ハイエナにレスしてしまう形でも良いのですが、LDさんの意図どおり?チャットをして、それを纏めてもらってレスとしてあそこに貼る方が良いかもしれない。今はこれまでと違って、ちゃんとマクロスFそのものを見つめたという感触がありますので、後はお任せします。で、半分まで観たので寝ますw

GiGi >> ミシェルの物語の話は、マクロスはちゃんと見返すかな、という気分にさせますね。

GiGi >> 更新:フィクションの中で人が死ぬということ - 未来私考 http://d.hatena.ne.jp/GiGir/20080825/1219698409

GiGi >> アニメギガ ゲスト谷口悟朗http://www.nhk.or.jp/animegiga/guest/index.html

LD >> ルイさん、チャットは難しいかもしれないのでハイエナにレス返してくれると有難いです。

備品 >> 新居にてやっとネット繋がりました。今後ともよろしく。

備品 >> TV見ないのでネット環境にないと世間様の情報にとんと疎くなります。で、「学園七不思議」DVD-BOXが出ているとは・・・待ち続けてみるものですね(今度東京出張の時に買おう)

備品 >> で、また今月の「月刊ヤングキング」にて膝枕カカト先生の読みきり掲載されてました。10月には短編集が出るようでめでたい。さすがにバックナンバー買うのはためらってましたのでw。

備品 >> ネット環境にない分オフラインの積みげーが崩れたかというとそうでもなく、「マスクド上海」のみorz。1個崩す間に3本くらい積みあがってくなw

備品 >> ではでは。

ペトロニウス >> 『マクロスF』って、すっごい好きで見ているんですが・・・何がいいのかさっぱり言葉になりません。いやほんと、はっきりいって、コードギアスは一度だけでなんとか我慢できるが、マクロスFは、回によっては、何回も見返してます…いったいなにが、そんなに「よい」のだろう????教えて、くださいLD先生。



■■■■2008-08-27■■■■

?さん >> http://mainichi.jp/enta/mantan/news/20080826mog00m200024000c.html  オリコンDVDランキング:「コードギアス」DVD、ブルーレイで1位に 出荷枚数は10万枚突破

エルバ >> おっと、無記名になってしまった。DVD売上は2万6000枚、ブルーレイは無記入…。

ルイ >> 了解、では関東で21話が放映される前になんとかできたらいいな、と。ギアス並みとはいかないまでも複数フレームでの楽しさがあるマクロスFの、コアの一つを総括するような話題になるはず。まだ構想もしてないけどw

ルイ >> 一つ後で書き出すときの為に思いついた事を言っておくと、マクロスFのFは、フォーマットのFなんだと。多分文には全く絡めないから、ここで言ったが最後だろうけどwでも、方向はそうなるはず。

ルイ >> …とりあえずソレは昼間漠然とトイレ中などでイメージして夜なんとかするとして、まず今日は早起きして「風人物語」観ます。「かみちゅ!」と「中学生日記」の真ん中で反復横とび決めてるような作品、と言うのは多少乱暴でしょうか。

ルイ >> 今のところ☆5つの感覚なんだけど、このあと僕もダレたりするのかな・・・?

ルイ >> 「ランニング・ガール」に続いて「保健室物語」もえらく名編だと思う。かみちゅ!のコタツエピソードと兄弟のような回と言いたいな。

ルイ >> 風邪の風と、アジアの風を。風邪の熱と、人の語る「熱気」というものを掛け合わせてるんだよな、この回。素晴らしい。シンガポールなりの風を、赤い線で表現しようとしたセンスの時点で既に「勝った」回だと思う。「まなびストレート!」で、天宮学美がイメージを伝播させた、その「認識力フレーム」があると、この回の味わいが増すはず。認識力というよりはもっとシンプル「想像力」なんですが、見事な語り口でなされるその想像は、風を産み、熱を呼んでみせると。…なんでこんな好みど真ん中を観てなkattaんだあああ!orz

ルイ >> 同じ話2度観ちゃったりしたのであんまり進めなかった。 http://www.nicovideo.jp/watch/sm1218408  ・・・で、どこに売ってるのかなw極上といい・・・

GiGi >> ギアスの1期1話を改めてみているのだが。やはりいろいろと仕込みが生きてるなあ。社長になるつもり?といわれたルルーシュは後にCEOになったわけですねw。

GiGi >> クロヴィスは自らを総督という権威を演じる役者であると嘯いている。

GiGi >> コンテナに閉じ込められたルルーシュはあるいはアーカーシャの剣に閉じ込められたルルーシュとの反復か

GiGi >> 民間人をうつことは出来ないというスザク。

GiGi >> スザクとルルーシュの出会いは、スザクの側が仮面を被っているというのも趣深い

LD >> 「青春少年マガジン」は短期集中じゃなくって本格連載しれ。

LD >> Re:ペトロニウスさん いや、僕もよく分かりませんwでも「マクロスF」はかなり総合的にシナジーが出ている作品だと思います。たとえばこの作品において音楽の菅野さんの存在は外して考えられないでしょう。〜その菅野さんにしてからシナリオに食いついて「私がやる!」と言ったみたいですし。

LD >> 僕としてはシェリルとランカにかなり食いついている状態です。……やっぱり「誰か好きになってね?」じゃなくって「この娘を好きになってね!」と練られたキャラは気迫が違う。

LD >> だから、シェリルとランカがアルトを挟んで「どっちを選ぶの?」と歌い出すシーンがあるんですが、あそこ(#゚Д゚)<うわあああxtu

LD >> あそこ(#゚Д゚)<うわあああっ!て感じで…個人的にはあそこが「マクロスF」のクライマックスw今のとこw

エルバ >> クランクランがs(ry

ペトロニウス >> あそこは、最高のドラマでしたね。<LDさん。

ペトロニウス >> 何なのかな、表層の理由はわかるが、、総合のシナジーというのは、言いえて妙かもしれない。



■■■■2008-08-28■■■■

エルバ >> なんてことだ・・・マクロスFの19話目を録り逃してるやんorz 恐らくオリンピックのせいか・・・

エルバ >> とりあえずギャオで見られそうだけど・・・無念

いずみの >> LDさん、そろそろ例の企画の詰めに入ります。近いうちに構成を確認していただこうかと。

ルイ >> あのシーンの時、丁度ここにいて、認識戦の実体化かー!みたいな事を叫んだ気がするw>ランカとシェリルのアピール合戦 この2人、好きかどうか?で全く逡巡してないんですよね。ランカはゼロ映画でもってスタート地点にたつけれど、そこまでは好きじゃなかったのっていったらそんな事は全くなく。ただ、押しのけてまだ得たいものかというのが明確化していないだけ。いわんやシェリル。 あと、僕は地味にアルトも見えるキャラだなと思っています。いまどき、万遍ない優しさと優柔不断を一緒くたにして恋愛原子核として認められるなんて、今期でも「セキレイ」くらいのもんだw

ルイ >> アルトはそうじゃない?なら?と考えていくと、アルトはアルトで面白いですね。やっぱり初期動機を描かれたキャラは信頼できるわ。

GiGi >> 更新:ルルーシュを突き動かしてきた行動原理の根本 - 未来私考:http://d.hatena.ne.jp/GiGir/20080827/1219872349

ルイ >> お疲れ様です。皇帝ギアスに関しては一話ラストの時点で「乗った」とも言えると思うので、そのあたりはみっつくらいにルルの段階を分けたほうがよかったかもしれません。皇帝ギアスと、スザクやCCイレブンたちを殺した事への怒りとがどちらも組み合わさっていた強ルルが3話頭まで。そこで日常に帰ることで、クロヴィスを殺した感触をも「普通人として」思い出してしまい、ゆっくりと夢想していた口だけ打倒ブリタニアを本物にしようとした、ノーマルルル。そこからスザクの死刑によって先送りしたゼロルル〜あとはなし崩しですね。こう考えていくと、皇帝の「死んでおる」自体には遂に乗ったも何も、ずっと乗りたいけれど乗る術がないから現状反発していて、その手段を手にした一話ラストの時点で「乗った」と言えると思います。あとのルルを動かしたのは、それ以外の要因ですね・・・大意には異論ないので、コメントつけるよりとりあえずたたき台気味に問題提起。

ルイ >> あ「乃木坂」観ました。作画回と言われると・・・「ん・・・」と言ってフリーズしてしまうかなw総合的なクオリティ回ですけど、どちらかというとコンテ回?

ルイ >> お母さんが出てくる直前の、オヤジのレイアウトとか無駄に面白かったです。

ルイ >> 「風人」の公式ページ観てきたんですが、監修の押井さん自身が「渡鬼と中学生日記」って言っているのには笑いました。なんだ、じゃあかみちゅと中学生日記ってのは的を射ているなw押井作品として語りたくはないけど、あの人が引っかかり続けている現世の夢みたいな部分には触れてる作品ですよね。でも、中学生の実感に素直に沿っているせいか、その辺本家ほどグダグダwしない。スッパリと、風を力に変えられる。というか、思春期幻想としての風を心の風にそのまま転化させて、ファンタジー道具が人生の携帯品になる構造が上手すぎるっちゅうねん。

ルイ >> http://www.magmani.com/2008/08/27/1708/ 先生・・・!トークライブが・・・みたいです・・・!って券含め2度いく必要とかなんという・・・当日関連商品買う人に配布する形式でも十分間に合う人数しか集まらないと思うが(酷

GiGi >> C.C.の存在とマリアンヌの問題についてはあえてはしょったところもありますね。ルルーシュの元々の心の在り方は自分に力のないことを前提としていた。だから力を得た時点でこうなるのは必然だったというのはあります。

GiGi >> 7話のサイタマゲットーで死にかけるまでは、ともかくルルーシュは他人を巻き込もうとは思ってなかったんですね。扇たちもスザクを助けるために仕方なく利用しただけで、ずっと付き合っていく気は全くなかった。それよりも、日常のほうが大事だと。

いずみの >> LDさんにメッセージ送りました。

LD >> Re:いずみのさん、メッセージは読みました。内容の確認はしばらくお待ちください。



■■■■2008-08-29■■■■

LD >> あ、今週の一番は、本日の深夜25時という事でお願いします。…もう少し早く顔を出すかもしれませんが…。

ルイ >> 結構とりのがしたり前半数分切れてたりするんですが、「アリソンとリリア」を追っかけてます。最後尾からの追い込みです。

ルイ >> ・・てか、これ結構好きだな。何故だろう?エネルギーのある女の子がグイグイと物語を引っ張るのが爽快だから?そのキャラ格が全部ヴィルの前では従格になるから?地味に速度があるから?OPがICOのエンディング曲みたいだから?(なんだそれ)栗コーダーが好きだから(オイオイ)?

ルイ >> ・・・多分、一期一会を強く感じさせるから、なんでしょう。二話で軍服を貸してくれたおばちゃんとか。・・こう、再登場したらしたで嬉しいし「お、伏線だねえ!」みたいな話になって、それもまた評価できるんですが。

ルイ >> そういう構造的な旨味ではなく、人生における通過点の匂いを嗅がせてくれるのが、アリリアの魅力なのかもしれません。更に言えば、脇の人達が、描かれないけれど、実に強靱な意志をもってますよね。おばちゃんは国境付近で敵討ちしようとしてたわけだし、毒ガス中佐は三十年ウソを若者の柔軟な頭にぶつけ続けて、きっと待っていた。フィーの村の人達は、ロミジュリ(ゴンゾ版)の皆さんと違い、来るべき蜂起の日の為・・・なんて考えはまるでなく、単に辛い目にあったフィーに穏やかな日々を与えようとしていた。これら全てが「再登場」という形で繋がる事がなくても、一点だけですれ違うそういう人達にそれぞれの物語がある、と感じさせる時点で、既に・・・良いですね。録画ミスりすぎて観る気なくしてたけど、好きだ。

ルイ >> あと、軽く能登さん始まったな!

ルイ >> truetears、PIPOPA、紅、マクロスF,ギアス、アリリア、夏目、次いで狂乱ってとこかな!(何が?

ルイ >> (なにこのNARUTO劇場版の空爆・・・面白そうじゃない・・・)

GiGi >> 本日って一瞬今のことかと思った(笑)

ルイ >> そういえばシレンDS買っちゃいました。ピータンとか懐かしすぎて泣けた。

ルイ >> その時ゲーム屋にいって驚いたんだけど、DSで「トワイライトシンドローム」なんて出たんですね。いくらホラーブームに乗っかるったって、あんな90年代前半を切り取ったような作品まで・・・しかもヒューマン作品・・。 これは、長生きしていれば青6がどっかで再販されるときもくる?のかも?

GiGi >> DS版はいろいろ言われてますが無難な出来でしょうね。買ってないけど(笑)

ルイ >> (そしてDSカードヒーローが叩き売られてて、もう一度びっくり…何かシステムミスったのかな?)

ルイ >> えっ、色々言われてるんですかwブログで貼っちゃダメだよーw

ルイ >> ダンジョンの中におにゃのこがいて、村まで連れていくというミッションがあったのだけれど、落とし穴に落ちて村到着→ついてきませんでした はなかなか切ない気持ちになれてよかったです。そして、オヤジ戦車の攻撃に三度耐えた少女は神。

GiGi >> ところでブログのコメント返し考えてたら、ルルーシュの力が何故絶対遵守なのかに思い至ってしまった。検証して出発前に記事にしたいところ。

ルイ >> しかし、山登ってるんじゃないのか?なんで落とし穴落ちたら先に進むんだ?w

ルイ >> それはギアスは内在的欲求から、みたいな説からのアプローチですかね。

GiGi >> いや、追加ダンジョンの出来が悪いとかそんなもんですよ。基本スーファミ版のはずなんで…個人的にはwiiのバーチャルコンソールがあればいらないかなと。

ルイ >> なるほど。wifi番付なんかもあって覗いてみたんですが、一位が全スコア9ついてましたwはいはいチートチートw発売何年もたってから何やってんだw

GiGi >> そうですね。何故ルル・ルールに反する、意思をねじまげる力を望んでしまったのか。これが整合がついた気がする

ルイ >> ルルーシュに関して言えば、親父に対して「父上ならなんとかできたはずです!」→弱者にぃ、興味はぁなぁいぃ!って言われたのが皇帝ギアス同様のトラウマとなって。自分の言葉が死んでおるもののソレだから、世界からの反応を得られないと。それを、届かせたいと。・・・そういう願望だって風にはずっと考えてたけど。何か新説か。

GiGi >> スーファミ版のスコア上限はオール9にはならんかったはずだなあ(笑)。スコアシステムかアイテムの値付けが変わったかな?

ルイ >> あ、まあ漫研勢には無駄にある程度通じちゃってますからね。ガンガン書いて欲しいです。今回のルルの行動原理の話も、大変良いテキストだったんじゃないかなと。今、レスで「ナナリーの位置はどうか」みたいな話題にはなってますけど。

ルイ >> うーん、力は99でいいとして、スコアに限らずあらゆるものが全て9でしたねw>スコア

GiGi >> いや、ほぼ一緒ですが、絶対遵守って、つまり=皇帝の力なんですよ。少なくともルルーシュにとっては。

ルイ >> 一期一話でルルーシュが叫ぶ「ナナリィィッ!」も、映像としては車椅子に座る彼女なんですよね。それがルルーシュにとってのナナリーの位置そのものであるように。ついでに、サヨコさんは車椅子を引いてませんよと。

GiGi >> ナナリーの位置付けがわからないという問いへのアンサーなので、ありがたいコメントではあります。

ルイ >> 子供の頃、ユフィとナナリーに言い寄られて「困る」くらいの優先順位ではあった、って切り返してしまえw←最低

ルイ >> ナナリーの事が大事だったのは、それはマリアンヌ存命の頃から当然そうだったわけだけど。そこからナナリーに全てを捧げていく過程で、「自分」もナナリーに乗せていったんですよね。まあ、考察期待です。

GiGi >> ルルって実はシャーリーのこともそんなに愛してなかったんだよね…順位付けると実はユフィが最上位だったりするかもしれない

ルイ >> シャーリーはあくまで「好きになれたかもしれない」ですからねー。このまま日々を紡いでいけば、という可能性の話で・・。

GiGi >> ところでネブリ鉱山は山頂の街からの下りルートなので落とし穴で進んで正解です(笑)

ルイ >> ああ、そうですか。トルネコ2か3で、何かそういうバグあったなーって思って。これは正しいのか。

ルイ >> つか、鉱山の名前出てくるとか、さすが本物の風来人は違うw僕久々にやって「え!?風来人ってエルドラドも止めてたの!?」とか驚いた始末ですからねwずっとスリルを求めてると思ってたw

ルイ >> そういえば「どきどき魔女神判」の最終話サブタイは「反逆のルル(終)」だったなあ・・・。

GiGi >> コバミ谷〜テーブルマウンテンルートはそれこそ何百周としてますからねー。

ルイ >> 久々にやって思ったのは、やっぱりアスカなんかと比べても、最後の無手ダンジョンでもないのに、敵が強くなる時の階段が明らかに「あちら主導」ですよね。

ルイ >> こんぼうと皮盾じゃあねえ、って言えてしまうご無体さが流石本家だぜ。

GiGi >> 虐殺ギアスをくちばしったのもユフィへの信頼の裏返しですしね…ルルーシュはユフィ以外の誰にもギアスの力を自らバラすことはしていない。

ルイ >> 信頼と、好きな人に舐められたくないというチェリー感覚かな・・・あの時のルルーシュは、ユフィの前である意味子供になっちゃったんですね。

ルイ >> 『私がルルーシュを撃つと思った?』→『(ユフィの事わかってないと思われるのはカンベンならん!)』てな思考が泣かせます。

ルイ >> あと、何かギタン感覚がせちがらい。こんなボルタック商店みたいな買値と売値の関係だったっけw

GiGi >> 明らかに殺しにきてますよね。大根にしろ戦車にしろ初遭遇は死んどけという強い意思がある(笑)。

ルイ >> ああ、きてますきてます。フイウッチーあたりにやられとけとw

ルイ >> こう、初代(シレンの)を遊ぶ事で「ペリカンはイカンのだな」とか素直に思えたのは収穫だった。ペリカンは、技術で運の差をある程度取り戻せる存在なんですが・・・万能すぎるんですね。攻撃力10倍くらいにした方がいいなw

GiGi >> 皮甲の盾はむしろ勝利フラグ(笑)こんぼうは装備しちゃダメですけどね(笑)

ルイ >> 皮のみの+なしはキツイですよ・・・wぬすットドの出現率も、最近のものを遊んだ後だと抑え気味に思えてくる。

GiGi >> ギタン関係はシレン3もひどかったんですがDS版はどうなんだろう。ちなみにスーファミ版のこんぼうなら売値300買取150だったはず。

ルイ >> 攻略情報みないようにして、wikiチェックしました。売値400買取120だそうです>DSこんぼう ケチケチさ・・・orz

GiGi >> 3階までに皮が出たら9分9厘クリアした気分になるなー。ハラヘリが最大の敵。

ルイ >> それはあるかもしれませんねえ。保存の壷が沢山あればってのもあるけど。

ルイ >> 合成できないなら、歩きまわりようの皮と、強敵用の青銅甲以上は欲しいなw

GiGi >> ちなみにシレン3は売値:買取が10:1です(死)

ルイ >> うーん、泥棒スコア稼ぎを警戒しすぎたかw>10対1

ルイ >> 初代シレンにはなかったけど、GBシレンなんかで、ハラヘリの為に復活の草消費したりした記憶あるからな・・・

ルイ >> それ、でも、金の盾とか・・・どういう位置づけにw>10分の1

GiGi >> こばみ谷無手タイムアタックとかが結構アツかったりして、一時期はまってたり。成功率4割くらいで1時間切る程度だけど、さくっと終われて失敗も出来るのがよい。

GiGi >> ルールの縛りが強いとそうゆう遊びの幅がなくなっちゃうんだよねえ。遊び場だけあればいいのに。

ルイ >> こばみ谷からてっぺんまで一時間切るってのは想像できないなあ。凄い。

ルイ >> あ!不確定名、6文字までつけられる!w習性で「ばしがえ」ってつけた俺顔真っ赤・・・

GiGi >> 7階までにレベル20にして、あとは階段即降りが基本戦略ですね。

ルイ >> レベル20にするってのが既に凄いな・・・初もぐりテーブルマウンテンに到達しましたが、既にヒイコラですw

ルイ >> うーん、テーブルマウンテン初階っからチェインヘッドとか出るのか。30以上ダメージってもうね、バカかと。

GiGi >> テーブルマウンテンの敵は戦わないほうが吉(笑)2対1になったら軽く死ねる(笑)

ルイ >> 階段直後にチェインヘッドとウサギセットきたあぁあ!w

ルイ >> いや、いいバランスですね。さすがに。こう、初期装備で殲滅を前提にできない時点で。

GiGi >> おめ。吹き飛ばしと場所変えは必須。

ルイ >> 何もめでたくはないけど、一時しのぎ様を一回消費しました。てか、今レベルようやく17ですよ。20って・・!

GiGi >> 17は厳しいなー。まあそのぶんメキメキレベル上がって楽しいけど。地下水脈までに22あると良いかんじですね。

ルイ >> 序盤で真空ギリみっつもあってモンスターハウスも余裕だぜって思ったら、使う機会もないまま既に相手のHPがアレな件。間違ってるのは俺じゃない、世界の方だ。

ルイ >> いや、メキメキってかw一体倒すのに瀕死w

ルイ >> みどりトドに保存の壷をスられたZE!wギギさんなら探しますか、階段ですかw

GiGi >> 中身による(笑)おにぎりだけなら見捨てますね

ルイ >> ああ、おにぎりメインだったな・・・でも、飢え死にしそうw

ルイ >> お、リーバの神が舞い降りた。これがギギさんのいう、何度でも刺激ってやつだな。

ルイ >> 階段から三歩→大型地雷→即弟切→右に一歩→おにぎりの罠+一歩右にノロージョの姉(今ここ

GiGi >> 真空切りあるならピータン即切りで回避可能と信じたいところ。

ルイ >> スーパーゲイズ登場か・・・何か色々と懐かしくて泣けます。決して辛いからじゃない。多分。

ルイ >> ああ、そうか。真空切り、まだ使い道ありますよね。

GiGi >> アイテムは 使いきってこそ 風来人(字余り

ルイ >> それはありますよね。あるけど、案外難しいことでもある。。

ルイ >> おにぎりを無駄に余したとき思い出すのは、登山ゲーム「蒼天の白き神の座(絶対ギギさんが好きな類の作品)」で、余剰物資ださないで登頂した時だけ表彰されるゴミゼロ表彰だ。

ルイ >> ・・・あれ?転ばぬ先の杖って、回数あったっけ。

GiGi >> 基本的には0回のはず。DS版はわからない>転ばぬ

ルイ >> 4回ありました。なかなか地味な嫌がらせ。>ころばぬ さて幽谷に到着したが、一回目終了のかほりがしてきましたよw

ルイ >> ふわあ〜クロスアーマー2匹とガイコツまおうに囲まれて終了直前までいきました。まあ今おにぎりで封印で鈍足なんで、数歩歩いて終わる可能性も大w

ルイ >> つ、ついた・・・毎回同じBGMだけど、このクリアの時のBGMは何故こんなに植松FFっぽいんだろう。

GiGi >> おおお

ルイ >> ボスは勝てないなあ、どう考えてもw

GiGi >> んーアイテムどんなかんじだしょ。

ルイ >> あ、そうか!真空様が二本いるので・・・このボス、ザコ敵うんでくれましたっけ。

ルイ >> 杖がきくかどうか想い出せないので、はねかえされたら即終わりだから使えないw

ルイ >> うわああああああああ勝ったああああああああ!?吹き飛ばしも回復アイテムもゼロだったが・・・粘るものだw

GiGi >> スーファミ版は効くけど、地味な嫌がらせがある可能性はある(笑)まあ撥ねかえりはないと思いますが

ルイ >> 安西先生の教えに従ってたら勝てました。ありがとうございます。もう使えるアイテムのこってない。

GiGi >> おめ!

ルイ >> ザコがいるうちは身代わりを数回ふって、いなくなったら痛み分け使ってひたすら逃亡。一回で50くらい喰らうからwそのまま相手のダメージという・・貧弱装備ならでは!wあとは突起物のまわりを延々周回してHP回復してましたw倒したときのHP22、満腹度3w

ルイ >> ・・・ひょっとして、ボスに身代わり効いたりしたのか?w>効く

GiGi >> そうかー真空2枚あれば魔王は死ぬから…うん、やはりシレンは面白い。

ルイ >> いや、面白いですね。一周目だから必然的に無手ダンジョンになるんですけど・・・色んな要素が絡みますね。

ルイ >> 途中でノロージョたちに吹き飛ばしの杖をダメにされたせいで、このギリギリバトルが・・・

GiGi >> あ、身代わりあればほぼ勝ち確定ですね(笑)

ルイ >> ん、まあ、恐れて使えないチキンのお陰でギリギリ戦えたとw身代わりもしっかり0になったな!

ルイ >> 27F以降は溜め込んだ一時しのぎ&ばしょがえ%みがわりを消費して階段探してたんで、あそこで一回多く敵にあったら身代わりもゼロになってたかも。回復アイテムなかったんで。

ルイ >> ・・よし!シレンのベスト盤でも買うか!w

ルイ >> (確かシレンの10周年企画アルバムがあったハズ)

ルイ >> よーし、wiki番付みたら今月の50位にも入ってないぞーorz

ルイ >> ○wifi番付 てか、皆装備が火迅+重層ばっかりぢゃないか。+50とかね、もうね・・・

ルイ >> カブラステギ&ラセンふうまも多い事多い事。作り方なんて忘れたちゅうねん。

ルイ >> 歴代番付はスコアが5億以上なんですが、何それ食える?ってレベルだ。

GiGi >> まースコアシステム変える気ないのが不思議。スーファミ版の唯一と言っていい欠点なのだが。

ルイ >> なんでしょうね。ギリギリプレイが金満装備に凌駕されるのは何か釈然としないw



■■■■2008-08-30■■■■

LD >> |・ω・`)

LD >> |・ω・`)。o(………)

エルバ >> マクロスFも最新話まで追い付いた・・・。ほぼ3日ほどで、これまでの全話を観るのは流石に大変だったorz

LD >> こんばんは。

LD >> こんばんは。エルバさん、「マクロスF」追いつきましたかw

エルバ >> Σ今週の一番だ@p@!

エルバ >> こんばんは。色々と語りたくなる作品ですね・・・。

LD >> 今週はこれからやるのかな?

LD >> 今週の一番ですw

エルバ >> 21話までやりました。名古屋在住で、昨晩放送なので大雨情報がずっと表示されてますが・・・orz

エルバ >> 今週はまだジャンプとサンデーしか読んでないな。。。

ルイ >> フジテレビを観よう。

LD >> うあああ…。21話やっていますか…。

LD >> 「爆笑問題の検索ちゃん」?>フジテレビ

エルバ >> フジ系の東海テレビでは、地方番組が・・・

GiGi >> どもども。LDさんの背後から参加しています。

LD >> さっきまで飲んでいたので、少し身体がだるい…orz

ルイ >> んーマクロス書く予定だったけど、風人など色々観まくったりした上にシレンまで買ってどうしようもなかったな。

エルバ >> おぉ、GiGiさんはLDさん宅ですか? 今度は同行したいものです。

ルイ >> 羨ましい話だ。僕も二日くらい監禁してもらって、学園七不思議を観たい(?)。

LD >> んーマクロス書いて下さいw

ルイ >> あ「惑星のさみだれ」読んでます。前のLDさんやペトロニウスさんたちのやり取りを見直してないので、その辺とのすり合わせはできてませんが・・。

LD >> とりあえずGiGiさんには「PIPOPA」のメモリンの話をかけて見ました。

GiGi >> ネットゴーストPIPOPA見せてもらってます。

ルイ >> 何故メモリンw

エルバ >> 水上悟志さんの新シリーズ「戦国怪狐」1巻、読みました。今の所は、王道の少年バトル漫画的な体裁を取ってますね。

LD >> 。o(…監禁ネタなら「桃華月憚」かな…)

ルイ >> おぼろげな記憶で「御意」についてのやり取りがあった記憶があるんだけど、個人的にはそこまで違和感を感じなかった…。

LD >> たまたまあったのでw>メモリン

エルバ >> そうそう。LDさんとルイさんは、今週のDC2のラジオを聴いて、あやひーに悶えてください。

LD >> 違和感を感じなくて良いですよw…よくよく考えてみると変だねって話だと思うのでw>「御意」

ルイ >> んむ、とるてあムックは注文したんだけど、しっかりと発送遅れてるようだ。

LD >> URLとかあります?>エルバさんDC2ラジオ

エルバ >> http://www.animate.tv/digital/web_radio/detail_115.html こちらでございまする

ルイ >> いや、よくよく考えて、ですw最初に夕日って、「巻き込まれキャラ」とかいって物語類型化を、相手にフられたわけでもないのに始めてるじゃないですか。深く考えないで水上先生の心象そのままなのかもしれないけど、とりあえずこの時点で夕日という人物は、物語にまみれた時代に生きていて、浸かった上で、自分の物語はそれに比するものじゃないと。そういう感覚を抱いていたと思うので・・・じゃあ騎士だ姫だという話になって、リアルにそのスケールの物語に触れた時、咄嗟に口をつくのが「御意」なのは酷くわかるって話です。僕なら「おおせのままに」って言うと思うから、御意ほど気は利かないんだろうけど、ベクトルには何の差もなく理解できるので。

LD >> なんというか、普通に読むと、地球を割るのを思い留まる話に見えるんですけどね…。

エルバ >> 獣の騎士団が揃った際に、さみだれの呼びかけに答えた言葉が「応ッ」ですからね。「御意」だけが特殊という訳でもないかもしれませんね。

LD >> ふむ…。つまりルイさんは、夕日の反応は「分かる」って言っているんですね?

ルイ >> セカイ系の文脈で語るなって話の筋でしたっけ?語りてえ〜w  いや、ちょくちょく言ってたと思うんですが「セカイ系だから○○」っていう理屈自体がもう既に思考の硬質化なんじゃないかって思ったりして。これ、セカイ系のレンジを広げる為の作品なんじゃないかなあ、とか。

ルイ >> そうですね。そこに至る積み上げも、道筋も「見える」って話でもあるのかも。例えば巻き込まれ云々言い出さず、ファンタジー設定にもまるで適応できなかったら、御意は圧倒的に「違和」ですけどね。

LD >> ふむ。>セカイ系のレンジを広げる …僕は、セカイ系全体の話として、セカイ系という言葉は「死につつある」という視点で見ています。セカイ系という観点に関しては。

エルバ >> 言葉のチョイスは単純に、夕日が時代小説を好きなのも関係してるかもしれませんね。

GiGi >> 今日のオフ会でfate/zeroの久宇舞弥だねといったら全否定された(笑)

ルイ >> 言葉を広げて殺すのと、狭めて固定化させるかって話ではあるのかもしれないな。

LD >> 夕日はそこで「全く違う経緯の物語」に乗り換える事に、違和感というか不条理を感じていないんですよね。

ルイ >> そうそう、時代小説も好きなんですよね。・・・だから、物語のデータベースとしてのストックは既に備わっている人で。

LD >> ああ、その指摘は既にありますよ。>夕日が時代小説好き

ルイ >> スケール一点で乗り越えましたよね。「飢え」あらばこうかな。

LD >> セカイ系の文脈で語って下さいw …それが普通の読み方かな?とも思うんですね。

ルイ >> ・・・それなら、広げて死ぬ方を選びたいというだけの話ですかね>セカイ系 「葉隠れ」を用意するのも面白いんだろうけど・・w「次」とか言っちゃわず、これもそれら(一般イメージのセカイ系)と同じ心象風景から発生しうる一つの作品だよって言い切りたい。まあ、そこで違和感なく「セカイ系」に組み込まれるのも、なんかこう・・・ジレンマなんですがw

ルイ >> いやだから、その「普通の文脈」と解釈されるのがジレンマw

LD >> 「飢え」…なのかな?そうかもしれないし、そうでないかもしれない…。

ルイ >> まあ、面白いですね。ただ漫画ネームとしては「表」と「裏」とか、唐突に作品内に入ってきたかと思ったら「ありき」の組み方になってて・・・正直「エー!?」って思いましたけどw

LD >> おっと失礼。>その「普通の文脈」と解釈されるのがジレンマw  意識切り替えますのでお話続けて下さい。

ルイ >> 最初に裏だの表だの言い出したところで、もっとちゃんと描いてくんないと・・・w

LD >> 「葉隠」は基本的に誤読ですね…。というか、僕自身、この物差しは夕日には大きすぎるという話をしていますね。

ルイ >> じゃないかもしれないですね。これはマクロスFの話に繋がりかねないけれど、そこを一旦ニュートラルに戻したい作品なんだろうな、とか思いながら読書中。まだ半分。

ルイ >> でも、そのフレームで観ようとした時に作品が見える事もあるんだろうから。だから、コアに最短で抉りこむのが「正解」で、そうじゃないのが「誤」かってのは難しい話です。まあ、誤読という前提を固める必要はあるかもしれないですけどw

LD >> 「裏」って夢の中の世界の話ですね。

ルイ >> はい。チュー云々の話が出た時に、アレー?って。

ルイ >> まあ、あのあたりの理解の早さは、昨今のエロゲノベル的なのかも・・・しれない?

ルイ >> ちゅか、さみだれが良いですね。良いというのかなあ・・・「ワールドデストラクション」と対比させたいんだけど・・・んんんw人選びすぎ?w

GiGi >> セカイ系って言葉を使うと話がフワフワしちゃうので出来れば言いかえたいところ。

LD >> ルイさんの話が「セカイ系」の際のような位置に対する判断の話になっているので、ちょっと難しいですね。→

エルバ >> すごい対比だw

ルイ >> だから、広げて死ぬか、って話ですよ>フワフワ そこで「セカイ系はこれこれこう」という別枠にするより、サッサと同根の作品で、そこから出発しようがこういう物語に届こうとしている、って言っちゃったほうがラクだと思うんですけどね。・・・まあ、一つの見方として。

ルイ >> いやいや、ベタな対比だと思うんですw人を選ぶってのは、両方知ってる人すくなくね?っていうw

LD >> →「葉隠」は物差しとしては大きいのだけど、何かそういう夕日や、さみだれの決意を肯定的に見てあげる視点が欲しいのですよね。その言葉を探しています。

GiGi >> いやまあ、世界が滅ぼうが滅ぶまいが女の子はかわいいよね、って話なのではないかな>ちゅー云々。

ルイ >> その話自体は非常にわかるというか、ずっとその感覚で考えてはいます>視点が欲しい 

LD >> 論旨理解しました。>そこから出発しようがこういう物語に届こうとしている そして、この物語はセカイ系に対する何らかの提言ではあるのでしょうね。

ルイ >> いやそうじゃなくて、技術論的な話で>ちゅー 夕日が、こっちのさみだれは云々・・・って言い出すんだけど、いやそんなキレイに比較できるほど情報ないじゃん、とかw

LD >> でも、今の会話でルイさんが苦慮されているように、セカイ系という言葉を載せてしまうと、どうも他者を意図せぬ方向へ誘導しそうで恐くはあります。

ルイ >> アンチ・アンチセカイ系っていう言葉をとりあえず用意したけど、セカイ系という言葉が色んな誤解や反発が生みやすいのは「フワフワ」同様確かな話なんで、まあ自分の中で寝かせていこうかなとw

LD >> 表のさみだれと、裏のさみだれがそんなに明確に違わないような…って話ですかね?まるで「ぬらりひょんの孫」のように…ようにっ

ルイ >> 丁度同じタイミングで書き込まれた、そのLDさんの指摘どおりですね。・・・まあ、その誘導しかねない側面も含めて、敢えて使いたい感覚ではあるんです。ニヤニヤしながら寝かせますw

ルイ >> うん。違わないような・・・っというより、あれ、二話でちょっと「飛べるで」って言ったさみだれしか情報はないですよね?>夢 まだ違う違わないの判定すらできんのじゃないかっていうwこれはもう、単純な「マンガ」の話で、物語の話ではないですw

LD >> あと、GiGiさんと話した時に出てきたんだけど、他の獣の騎士たちが、けっこう夕日と近い視点で世界を観ていたりするんだよね。

ルイ >> 冷戦下で自意識をもって生きていないワタクシなので、このあたりの世界の温度は、イメージですね。ってまあ、こんなのどの時代だろうが、「現代人」には通じるはずなんで、ちょっとした謙遜みたいなもんですが・・・

LD >> 普通に読むと、犬の騎士の人は、夕日に「大人」を見せるためにいるように読めるんだけど……なんか、違うように感じてしまうんだよね。

ルイ >> とりゃえず三巻途中までしか読んでないんですけど、トカゲに指摘された時夕日がラグなしで切り返すところが、まあ、この作品なんだよなと。

ルイ >> あ、そうなんですか>大人を見せる またKYに同時書き込みしてしまったけど、その視点ガン無視しちゃってるw

LD >> 花子ちゃんって娘が、騎士の契約をTVで観た悪人を殺す事に使ってしまうんだけど……すごく虚無を見たふるまいで…花子ちゃん。ここらへんは夕日に通じるものがある気がする。

GiGi >> その花子ちゃんの従者がカマキリってのが、なにかすごくよいな。とか。人間的に欠落があるんですよね。

LD >> ノイ「お前はタダのガキだ!」→夕日「その通りで返す言葉もない」ってやり取りですか?

ルイ >> そうですね。

LD >> ルイさん、猫の騎士は出てきましたか?_

LD >> ペトロニウスさんのブログに書いたかもしれないですけど、僕はあの時のノイの指摘が的を射ているとは思えないんですよね。>お前はガキだ

ルイ >> 世界の広さを測量せずに世界に踏み出そう、踏み出したいという物語を「セ(ry」としたとしてw夕日が見せているのは今の所「それはわかってますが何か」って話に思える。拙速さも自覚した上で踏み出すのなら、それはただ糾弾され修正されうるものなのかっていう・・・

ルイ >> 的を射ているかどうかはさておき、ある一面からの事実ではあるんですよね。で、それはその通りですねと。ここを踏まえた時点で、物語として・・・・・・・・・・・って視点でしか読んでなかったから「大人を見せる」とかに全然対応できてなかったw

GiGi >> 猫の風巻さんが、世界を平和に導くとか言っちゃうのがすごく良いんだよなー。というか騎士の人たちはみんな好きだな。亀と鶏の子はまだよくわからないけど、自分に好かれる時点でなんというかね(笑)

ルイ >> ※「ワールドデストラクション」はそういう物語に思ってるんですけどね。

LD >> 「WD」はそういう物語に見えますね。だって、モルテの動機はもっと明確というか復讐的だもの。

ルイ >> お兄ちゃん・・・

LD >> 「それはわかってますが何か」>うん、その言い方でもいいのですけど、その境地にいる人間が何か世界の美しさや、大人の在り方で、心変わりするかな?って。

LD >> 弟じゃなかったですっけ?>モルテ

ルイ >> んー、やっぱり21話前までに書いておきたかったかなwやっぱり、マクロスFって何かといったら「揺らし」の物語なんですよね。揺らした後逆側に触れるかどうかって事じゃなくて。まあ、そのうちw

ルイ >> あ、いえ、マクロスFみてたw>LDさん

ルイ >> モルテの動機は・・・本当にアレダケなんでしょうか。それはそれで、酷くワイルドだ。

LD >> おおおおおおおおお!!お兄ちゃん!?それでお兄ちゃんとか言いますか?dxghjtgじゃrつ>「マクロスF」

ルイ >> いや、別にネタバレでもなんでもないですwそっち方面の明示はないまんまw>ふじこ でもまあ、これは、ねえ?w

LD >> ワイルドですけど、まあ、普通のテロリストでしょうw>モルテ

ルイ >> ロックオンより長足ですねw>モルテ そこでテロル許すまじ!とかじゃなく「このセカイもうだめぼ」に到達できるのは結構凄い。深く追求すればw

ルイ >> (・・・そろそろ鬼神童子ZENKIOPのマクロスFMADはできましたか?LDさん)

ルイ >> 今日のマクロスは三文字さん作画なのかしら・・・

LD >> あああはいはい、ばじゅらおん、ばじゅらおん(´=ω=`)=3

ルイ >> ものの見事に呆れられたw

LD >> さて、そろそろ一番始めましょうか。

ルイ >> そうですね。エルバさんも4誌読み終わったでしょうし←ムチャ振り

LD >> 何か「さみだれ」の話は宙ぶらりんですが…まあ、寝かせておきましょうかw

ルイ >> まだ単行本でもおっついてないんで、寝かせて戴けると非常にありがたいですw

GiGi >> シャルルさんは世界もうダメぽって言ってるのかな?(笑)

ルイ >> シャルルさんは言ってるんじゃないですかね。いやこれは真顔でw

エルバ >> おっと、会話見ながら、旅支度を整えておりましたよっとorz

LD >> 「アイシールド」見事タッチダウンした後、すかさず取り返すとこまでやる速度は見事ですね。

エルバ >> 泥門の反撃フェイズから一瞬にして・・・

ルイ >> うわぁー・・・これ、テンション下がるなあ・・・>マクロス ちょっと待ってくださいね、一番テンションにするからw

LD >> 「バクマン」も普通に好調。

LD >> テンション下がるのか……orz>「マクロスF」

GiGi >> アイシールドも難しい展開ですね。

ルイ >> 神龍寺戦ありきの回ですよね。あの時の怒涛のエネルギーを読者が知っているという前提で、それを一週で打ち消すという>アイシールド

エルバ >> マクロスF、21話そうなんですよ・・・まさかナナリーがあんなことになるなんてね・・・orz

ルイ >> あの時はモン太が一休のパスを短くしていっている、という形で、泥門の「侵食」具合を描いていたんだけど、今回大和は逆に攻撃的に距離のばすっていう、この対比が格積み上げだ・・・。

エルバ >> 泥門側の「反撃できそうな芽」をあらかた提示しておいて、の得点ですからねぇ

LD >> 「ナルト」はやはり尾獣との戦いが長引いていますね。

ルイ >> 長いですね・・・・どうしてこんなに長くするんだろうって思ってしまう。

GiGi >> トリコが小松くんが本当に死んじゃったのがよかった(笑)

エルバ >> 他の尾獣は意外とすんなり捕まっていたから、サスケの格が下がるだけの展開にも見えますね・・・。 <ナルト

ルイ >> バトルだけで見所の在る一話を描いてみせた、アニメ版の影響つか刺激なのかなあ・・・先延ばしメソッドとして考えてはいないと思うから、多分アニメの間にガチで挑んでるんだろうって好意的解釈はしてるんですがw>ナルト

ルイ >> 「トリコ」は最高に面白いですねえ。爺さん再登場はわかってたけど、マスターアジア級だったw

エルバ >> 爺さんは、あれで四天王じゃないんですか?w

ルイ >> シャッフル同盟ではないらしいですね。いや、もう、格上でしょ?俗世ですよ、四天王なんてw仙人仙人w

LD >> 「ぬらりひょん」の陰陽子は、なんで体操服姿なんでしょう?

GiGi >> この爺さんは四天王より格上な気がする(笑)

ルイ >> それは、「かみちゅ!」は何故かコミック版では貧乏神編、ゆりえサマは体操服なんだ。・・・答えはそこにあるんだ。

LD >> (`・ω・´)そうか!そこに答えが!>ゆりえ

ルイ >> トリコはでっかいスケールで生きてるんだな・・・だから耳栓なんか忘れちゃうとwひどいやつだw

LD >> 「スケットダンス」は謎遊戯フォーマットでした。……ロマン縛りが続くなあw

LD >>

LD >> 「ネウロ」は正直言って、ヤコ、ピンチとさえ思った(`・ω・´)

ルイ >> 謎遊戯シリーズですねえ。なんていうのかな、こんなどうしようもない遊戯なのに、読みながら能力覚えようとしちゃう時点で、もう、男はダメなんでしょうねw

ルイ >> 「ワンピース」は50巻を過ぎて「次代に繋ぐ為の戦い」をできる時点で、もうすげえなと。

LD >> 駒にアイロンとシューズがあるだめさ加減が気に入ったw>ヒュペリオン

GiGi >> ジェニュインの順応ぶりは素晴らしかった(笑)葛西の動きもいいですね。

ルイ >> モノポリー以外の何者でもないですがなw

エルバ >> 「ワンピース」、レイリー参戦しちゃったら、誰が船の加工をw

ルイ >> 民明パロ系の中でも、咀嚼度がぬきんでてますよね>スケット 本当にそれっぽいし。ていうか、ここを熟読してる時点でやっぱり男はヒュペリニストなんだなあw

ルイ >> ・・・つまりこの回、スケットダンスの中で男のバカ加減を描いてるんだけど、これを読んでる三次元にも・・・で、最後にロマンが慰めてくれるという、どうしようもない一話なのに無駄にスキルの高い一話だ!無駄に!orz

LD >> ジャンプ、これくらいでしょうか。

エルバ >> 。o(…細かい部分は読んでない、とは言いづらい流れだ。 >スケット

ルイ >> 珍しくバリハケンをスルーなされた。

ルイ >> ユーアーワイズマン・・・。>エルバさん

GiGi >> バクマンは露悪的なやりとりはどうかな?と思ったんですが、おじさんの仕事部屋もらって興奮してるのを見て満足しちゃいました(笑)

LD >> おおうw>「バリハケン」 でも、ま。

GiGi >> あとヘタッピマンガ研究所の模写の仕方の話がよかったですね。

ルイ >> わざと平熱を下げて、ああいう所への溜めにしてるんでしょうね>露悪的〜仕事場 ・・でもまあ、普通かな・・。

ルイ >> 矢吹先生は偉い人だ。あのマンガの作者がエロ苦手って言い切るのは「強い」!なんて強さだ!

LD >> 「ハヤテのごとく」はマリアさんとデートする話でした。

ルイ >> いや・・・それよりマリアさんのモノローグが・・・

エルバ >> 「はじめては、ハヤテ君」・・・・・・・・・・・・・

ルイ >> ああああ!エロ同人の最後のコマが「はじめてはハヤテ君」ですねわかります!!!ってそっちじゃなくって!w

ルイ >> 「嘘・・・だろ?」  だろて、マリアさん。これは恐ろしい積み上げだ(そうか?

GiGi >> ここら辺が畑先生のいっぱいいっぱいかな(笑)

ルイ >> いやトレカとか観てると口だけかもしんないw>いっぱいいっぱい ん、バックステージみてみよう・・・

LD >> 「お茶にごす」は素晴らしい展開でしたね。

ルイ >> 自分が言った事をそのまんま部長に言われるとは。その意味でイメージどおりの展開だったんですけど、いやあネームが綺麗綺麗。一番候補かな>お茶

エルバ >> 最後のオチも面白かったなw >お茶

GiGi >> お茶がよかったなー。ブルーを理解出来ないのは当然として、魔女が出てきたのもよかった(笑)

LD >> 前半のブルーの行動が理解できない、まーくんもいいですが、自分の言動と部長の言動を比べてみる夏帆もよかったです。「ハムスターでも飼えば?」あたりがw

ルイ >> 最後にブルーたちの行動をひと括りにして汲み取りましたけどねwちょっと違うけど、まあ、いいやw

ルイ >> ブルー自身に言えば違うといわれるし実際違うと思ってるだろうけど、いや本質的には問題ないでしょ、まーくんの解釈でw

LD >> 「黄金世代」もよかった。ここで主将が声をかけてチームが立ち直る流れが。

ルイ >> 唯くんは、あの位置には立とうとしないんですね>黄金世代 分を弁えているというか・・・できない事がわかってるなあって。

エルバ >> 主将の声かけ良かったですね。ここまで存在感が薄かったけど・・・。ある意味でのGK対決か。

LD >> 唯くん、とくにあの円陣の流れを手引きしていたワケじゃないんですよね。

エルバ >> 唯くんはゴールが入らない理由にも思い至っているのに、自分の思考だけに沈み込んでましたねぇ。スーパーマンじゃないのは好感。

ルイ >> あれは管理下にはないですよね>唯くん キャプテンもよかったけど、ここの唯くんの距離感が好みです。

ルイ >> 「金剛番長」は、先週の話でいくと、あれですね、LDさん・・・

ルイ >> つまり、オーラが大きいから国会議事堂をつきやぶった『気がする』んですね!うん!(ム リ

LD >> あれですね?

GiGi >> 徳ちゃん先輩が自ら声をかけたのがよいんですよねえ。

LD >> やwあれは、オーラ説崩壊でしょう。…あっこまでやって、まだ器のデカさだという話をしても面白いですがw

ルイ >> てか、どうやって議場に入ったのかを考えると、オヤジの謎は解けるんだぜ。ヤツはいわば、クラン・クラン大尉なんだぜ!・・・まあ、崩壊ですw>邪鬼

LD >> なんだか、やたら、身体がでかいためにマイホームいっぱいになってしまう、バーバ・パパを思い出していました。>金剛パパ

エルバ >> クラン・クラン・・・・・・(/□≦、)エーン!!

ルイ >> トランスフォームって言いたいだけちゃうんかと(ry しかし、これは良い事だ。言いたい事を画にする為だけにネームを組む。いいじゃないか!w

LD >> 金剛兄が車をトランスフォームさせているのに対して、金剛パパが国会議事堂をトランスフォームさせている図が愉快ですw

GiGi >> ケンイチの真・呼吸投げに感動した。

LD >> ああ…そっすか…わかりやした………orz >クラン・クラン

ルイ >> ケンイチも一番候補だなぁ・・・

エルバ >> あ、そういうネタバレ的な意味は一切ありませんよ。 >クラン・クラン

LD >> 真・呼吸投げもそうだけど、手を離すという信号を送る前に、数回投げるというのもよかった。

ルイ >> 演出としてはストレートなものですが。・・・それにしても、大体このシンクロ演出をやってくれるのは秋雨なんだなあ・・・w

エルバ >> ちゃんと弟子達の戦いとは別次元になってるのが凄いですね

ルイ >> 次元は別なのに、想いが同じなんですよ。前回その前段部は描写できてるんで、今回は後段部かな?ポイントは。

ルイ >> 「神のみぞ知るセカイ」・・・また言うかな?・・・・「この世界ファンタジーですね(笑)」

LD >> …ちょっと、甲越寺師匠は上過ぎて、アレクサンドル君では足りなかったねという感じだw

GiGi >> 達人バトルのステージが上がってますよね。お互い死角をとってるからずっと背中むけあってるとか(笑)

ルイ >> 眼球を鏡にする、と・・・

LD >> 「神のみぞ」は、あまりの榊っぷりに吹いたw

ルイ >> 榊でしたねえ。自分の世代に正直なのは良いことだ(?)。

エルバ >> 榊さん……(/□≦、)エーン!!

ルイ >> あの時榊さんがゆかり先生の車に乗らなかったらね・・・>21話

LD >> 桂馬が一気に「弟子にして下さい」に踏み込む流れが好きです。

ルイ >> これ、名言じゃないっすか?>桂馬 良いセリフだ。

エルバ >> さて、明日も仕事なのでお先に失礼しますね。私の一番はジャンプは「トリコ」、サンデーは「黄金」「お茶」で。

LD >> 普通のゲームオタクだと、あの形になるのに、いろいろ技巧がいるんだけど、極めた桂馬は一気にそこに決断できるんですね。…それが「お言葉ながら、違う世界なら極めています」に続きますね。

エルバ >> 最後に関係ない話を投下。 「スクエニがテクモに対し子会社化を前提とした友好的公開買い付け提案」

ルイ >> 接点がないなら沸点を合わせる。だから、そんな人生訓を持っているのに何故ゲームの中だけに閉じこもれるんだwやはり神は超越している。

エルバ >> おつかれさまでした。

GiGi >> 乙です>えるばさん

ルイ >> FF10リメイクのブリッツボールがキャプ翼になるってーー!?←聞いた反応がそれか

ルイ >> お疲れ様でした。

LD >> エルバさん、お疲れ様でした。

ルイ >> (むう、次のエロバレーにFFキャラがでるってー、の方がよかったか・・・)←

GiGi >> どうもトラウマイスタも盛り上がらないなー

LD >> 「オニデレ」は少し展開が加わって来てますね。

ルイ >> トラウマイスタは物凄く冷めて読んでしまった・・・寒いギャグの話だから正解なんですかねえ・・・でも、そんな正解引いてもいい事ないぞw

ルイ >> 女の子は好きなカレの前ではみんなオニデレ、という最終回ですね、わかります。

GiGi >> トラウマイスタにしろハイクロにしろなんか延々と練習試合してるような感じなんだよねえ。

LD >> 「ギャンブル」沢尻、球見てますねえ。

ルイ >> ああ、わかるなあ。「月光条例」はどうです?>ギギさん

ルイ >> 沢尻は、球見てますね。てか、沢尻がどうという以前に、相手の話術が安すぎるんですがw僕でもできるレベルなんだが・・・いいのかw

GiGi >> 月光はどうなんでしょうねー。

ルイ >> 月光条例はそれらと比べると、筆は何か楽しそうなんですよね。でも、乗り切れない妙な温度差。

LD >> あんまり、負けたら終わりとかそういう感じがしないよね。いや、「ハイクロ」は負けたら終わりっぽいんだけどw

LD >> 僕はね……やっぱりお椀子がねえ〜wあの娘武器にするのってどうなの?って。>「月光」

ルイ >> ハイクロは「巻けたら終わり」の構造で、それをそうとみせられないのは設定とは別の問題で・・

ルイ >> 月光は、何か構造を全般棚に上げてる気がしちゃうんですよね。初期動機のある作品じゃない。じゃあ何が迫ってくるかって、迫ってくるのは「おとぎ話」なんだけど・・・こっちは今の所、ハイクロ以上に切迫感ないですねえ。

LD >> でも、シンデレラはカッコいいですけどねw

ルイ >> 今エンゲキブって正しいのかなあって凄く思っちゃうんだけど、まあ、楽しそうに描いてるからいいか?みたいな?w

ルイ >> そう、シンデレラかっこいいですねえwだから、ま、いいか?みたいな?w

LD >> 「魔王」の蜂女は、もうすっかり犬飼に飼われていますねw

ルイ >> 桃子→ゲルダ→蜂子ですね。わかります。

LD >> う〜ん、シンデレラは確かにカッコいいし、その馬車もいい感じなんだけど……こう……。

ルイ >> 蜂子、描くの結構大変そうだけど・・・凄く頑張って描いてるなあ。偉いw

GiGi >> 蜂女のスカートのまくりあげかたは堂に入っていてよいなあ。

LD >> なんかね。富士鷹先生ね。「うしとら」描いている時は、獣の槍カッコいいね。符呪師ヒョウカッコいいね。武器もカッコいいね。カマイタチカッコいいね。って感じだったんだけど…→

ルイ >> ここから蜂子が自らのアイデンディティを取り戻す話になっていったら、物語ガン無視だけど俺大喜びする。ってこの感覚どこかで・・?って思ったら「こわしや我聞」の時の桃子とまるで同じ事を言っていると気付いたw

LD >> →「からくりサーカス」になると、こう、どうもコレジャナイロボ見ているような気分になって……「月光」のお椀子もなんか、コレジャナイ武器というかね…。

ルイ >> 一本芯のあるなしの違いを話しているのかな?

ルイ >> ファンタジーに引き出しがある人じゃないんだから、もうちょい「寄れ」と?w

GiGi >> どうもからくりとかからシンプルさというか機能美が失われている気がしますね。

LD >> 「イフリート 〜順当な最終回〜」は無事に終わりそうですね。

LD >> 「寄れ」というのは富士鷹先生の事ですか?

ルイ >> 「シノブ伝」よりは最初のルーティンうまく作ったんだけどなあ。設定が足引っ張っちゃったか。>イフリート

ルイ >> ・・「クナイ伝」だなあ。ニニンがシノブ伝と間違えたw

ルイ >> そうですね。本性に寄ったほうがいいんではないかと。基本、真っ直ぐな心を真っ直ぐに描ける人なんですし。・・ああ、でも、読みきりとか読むと・・・こっちも好きか・・・

LD >> ちゅーかね。宮崎駿は「もののけ姫」でオリジナルの物の怪のデザインがイカしている人だという事をまざまざと見せつけてくれました。その頃「平成たぬき合戦」を作っていた高畑監督は、自分はオリジナルな物の怪なんかデザインできない事がわかっていたので、文献を紐解きました。……で、富士鷹先生は宮さんじゃないんですよ(`・ω・´)

LD >> 「シノブ伝」って……-orz

GiGi >> 一瞬「カスミ伝」が頭をよぎった(笑)

ルイ >> 人間から離れたフォルムでいかに魅力的なものを出せるかってのは、もう才能ですねえ。

LD >> 何か一回、いいロジック組んだ回もあったんですけどね…。でも「イフリート」の世界を描くには“視界”が足らなかったかも…。

ルイ >> 固まるまで、もうちょい依頼でもたせられたんじゃないかって思うんですけど、そう甘いものでもないですかね。「コードブレイカー」くらいは予め組み込んでおかないとキツイか。

LD >> あ、でも、ちょっと「イフリート」引き合いで、今だと「コードブレイカー」の話してもいいかも。

ルイ >> ・・・w

LD >> おっと、シンクロ。>コドブレイカ

LD >> では、マガジン行ってみますか。そして速やかに「コドブレイカ」を。

ルイ >> まぁ、勿論構造は違うんですけどね。イフリートは主人公格が「自分探し」(言葉わるし)をしているわけで、その視点がそのもの作品の謎を追う視点で。・・・コドブレイカは、2人でその視点を分け合ってるんですよね。

LD >> 「イフリート」について、ちょっと厳しく言及すると、やはりどうも“視界”を狭く感じるのですよね。

ルイ >> じっちゃんが持つステージが、イフリートを重層的にするチャンスでしたかね。組織内でのしあがるって方。

LD >> これはね。「グランドライナー」の時も感じたんだけど、大きな世界を描こうという“思い”のようなものは感じるんだけど、なんか“視界”が狭いのよw厳しい事を言うと(汗)

ルイ >> グランドライナーは個人的には異様に惜しまれる作品だなあ。。。orz

GiGi >> ああ、それは話がつながるなあ…>グランドライナー

ルイ >> それが作品の表に出てくるかどうかは別として、そのあたりはしっかりと組まないと、表の方にも伝わってきますよね。今「ダブルアーツ」が問われてる部分かもしれないですけど。

LD >> 自分らをとりまく、大きな世界の凄さ、壮大さ…のようなものが見えてこない。見えてこないのに…何か世界を救うような話をしたりするのよw…悪い意味でセカイ系で(´;ω;`)

ルイ >> グランドライナーについてはホンのちょっと違う感触かもw見えそうなのに、見せる術を知らなかったというか〜w

LD >> …ああ「ダブルアーツ」も近いですね。

ルイ >> 悪い意味で話合わせるなら「世界」にいけるキャパシティを一話でみせた割りに、悪い意味でセカイ〜ゾーンに入っちゃったのが、あの作品の「惜しさ」の全てですね。予めそっちを志向してたと思ったなら、残念にも思わないですもん。

LD >> 「グランドライナー」は着想のアイデアはあったのに、そのアイデアをきっちり膨らませる事ができなかった感ですね。いい種を仕入れてきたのに…という感じです。

GiGi >> でもそれを結局鍛えられなかったんだよねぇ>見せる術

ルイ >> イフリートはそのあたり、実直に追求しようという感があったんだが・・・今度はギミックそのものがキツかったw

LD >> …で「コードブレイカ」なんですけど、この少ない話数で、この展開に踏み込んだのはよいです。

ルイ >> コドブレイカは、今の所、ちょっと「舐めててスイマセン」的な状態ですね。

ルイ >> 桜の視点を担保に、かなり明確に視界を広げていて。それを読者がつかめないのは、桜の位置があるから「問題ないんだよ」と保障されているというか・・・何か、構造からしてキレイですよね。まあ「KYO」も初期構造はキレイだった気はするがw

LD >> うんうん。身の回りの可哀想な人を助けるために私刑をするヒーローと、もっと大きな視点から世界の不幸を無くそうとするヒーローの戦いだよね。現実の警察官僚を交えて。>「イフリット」

ルイ >> 警察官を交えたとき、話がそのテーマに広がりそうだったんですけどね。「ライダーに改造しやがって」系にブレたか?

LD >> 桜の「被害者の無念を晴らしたのは確か…」ってのが、僕としては良くって、ああ、桜って「人を殺しては駄目だ教」の信者ではないんだなと思ったのよ。

ルイ >> 毒ですね?w>人を殺しては駄目だ教     フォローすると、宗派はそうかもしれないですよ。でも、狂信者ではない。

ルイ >> 狂信者でないのなら、真逆の方向からの「可能性」も曇りなき眼で感じ取れるものなんですよね。桜はかなりいい、マンガ視点確保としての「眼」をもってますね。

LD >> 。o(…書き出してみると基礎構造自体はかなりいいところ突いているなあ…「イフリート」…)

LD >> 真逆の方向からの「可能性」も曇りなき眼で感じ取れるものなんですよね。>そう。正に。

ルイ >> 「ダーカーザンブラック」の2期がそのうち作られるみたいですけど、このラインで注目しておこうかな。>イフリート〜コードブレイカー

LD >> 次回どうなるでしょうねえ。……「引き返す」なら、刻がおっさんを殺すと見ていますが…。>「コドブレイカ」

ルイ >> んー、わかりやすい>引き返し この場合は「保留」の意味を多分に有する引き返しですね。

LD >> 桜というキャラを転がせた時点で「コドブレイカ」の流れは定まっていますね。

GiGi >> コードブレイカーは興味深い展開ではありますが、来週次第ですね。

LD >> はいw>「保留」 でも「これは、ある」と示した事で、今回のミッションは果たしたともw

ルイ >> 「ブラッディマンディ」なんかは、そこまで十全な構造じゃないんだけど、もう「乗せたら勝ち」でまわしていて・・・それで回せるアイディアやネームには敬服するしかないんですが、コードブレイカーはかなり「組んで」ますよね。でも「しろがね」との空白があまりないから、アリモノのストックでも使ったかな?

ルイ >> そうそう、まさにそれですよね>「これは、ある」と示したことで  この場合の「引き返し」は、戻って別ルートにいける引き返しとはちょっと違ってて・・・未来図の提示なんですよね。まあ、このへん一緒くたに「引き返し」とか言うから、言葉ちゃんと定めろって話になるのかもしれないですけどw

ルイ >> チラ見せ引き返しは、椎名先生(「チルドレン」)の得意技w

LD >> いや、こうね。「KYO」と「しろがね」読むとね…。作品は作家を育てるなあとw

GiGi >> ブラマンはマヤ先生のリサイクルが見事すぎて(笑)。今週はアンコの表情がすげくよいなー

ルイ >> あ、そうだ。ブラマンって、正面からの顔アップ表情が結構バシッと決まりますよね。

ルイ >> (まだとるてあムックが発送されないな?)←こんな時間にメールチェックしても

LD >> 「ネギま」

ルイ >> ハルの成長っぷりが・・・>ネギま ゆえとネギの線の繋げ方はお見事ですね。

ルイ >> やっぱ、普段からファンタジーに親しんでた人ほどリアルがファンタジーになっても適応力が高い、って感覚があるのか?w>ハル、本屋、ちう

LD >> ハルナのスケッチブックにストックが利くのが面白かった。

ルイ >> ちょっとした魔弾銃ですね>スケッチブック

LD >> なんかね……それって、TRPGのマジシャンそのものの形態なんですよねw>ハルナ

ルイ >> 今週、ネギ先生が出てないんだけど・・・ゆえの方向の先にネギを示すことで、作品の中における「不在感」には繋がってないんですよね。ちょっとお手本にして欲しいなあ・・。

GiGi >> ネギまは敵も味方も手札をまったく出し惜しみしてないのが素晴らしいなー。

LD >> …で、やっぱり、のどかの技が凶悪なんだよね。

ルイ >> (ぶりっちあたりに)リボーンは二軸の描写を、あまり上手くないけどなんとか纏めようという意志力を感じるんですよね。Nとか鰤は、もう単行本しか視野に入れてないから。。。

LD >> 「青春少年マガジン」はほんともう、本格連載して欲しい。

ルイ >> のどかの技、凄く既視感があるんですけどね。・・JOJO?w

ルイ >> 次回童貞喪失w

ルイ >> 「青春少年マガジン」の「立ってない」も、何か基本中の基本で、意識してない漫画家さんはいないのでしょうけど、改めて問いたいところですね。

LD >> 「JOJO」のどの技ですか?

ルイ >> いや、JOJOかどうかすら想い出せないんですが。相手に投げかけた時点で決まっている、というのは・・・エロゲーかな?エロゲーマーだしw

LD >> あれ。

GiGi >> やーネギますげーな(長文めんどいので手抜き(笑))

LD >> いや、これいい表現かどうか分からないけど「ネギま」って、「鋼の錬金術師」のような構成の物語を毎回フルアクション交えて、しかも週刊連載をしているような作品なんだよね。

ルイ >> ネギまだけを観ていると、いつも通りにすら見えるかもwでも、そうできてない連載が沢山あるので、他観ると色々・・・

ルイ >> 週勝負してくれてますよね。大きい物語だけで戦えるのに。これは週刊連載で読むと改めて感じられる部分じゃないかな。

LD >> これだけの物語情報を詰め詰めに詰めながら、かつ、週刊連載しているってのは驚異なんですけどね。>「ネギま」

LD >> ああ、そうそう。>大きい物語だけで戦えるのに 大きな物語を作って、それに突いてきたファンだけ取り込んで、ゆるゆる〜っと連載を続けて行く作品なら、沢山見てきたんだけどね。

ルイ >> で、動くまで待ちましょうと。確かに多い。で、別にそれは悪い事じゃないってか、週刊というムチャなシステムでは当然の策とも・・・w

LD >> あ、「フェアリーテイル」の話まだしてなかったw

GiGi >> 今回、のどかチーム、ラカンチーム、ゆえチームの3パート構成なんだけど、それぞれのテンションが全然違うのが良いんだよなあ。

ルイ >> 表紙でカラーなのに避けてるから、意識してやってるかと思って合わせてましたw>フェアリーテイル

ルイ >> フェアリーテイルも良いですねえ。結局、エルザ編なのにナツが持っていった。意図がはっきり見えた、いいシリーズでした。

LD >> エルザは素晴らしいねw

GiGi >> フェアリーテイル!

LD >> エルザが素晴らしいんだい!(`・ω・´)

ルイ >> いや、エルザが素晴らしいのは、こう言っちゃあなんだけどとっくにわかってることであってw連載として目指すのは「先」ですよね?w

LD >> エルザ退場回になるのかと思ったんだけどなあ〜w

GiGi >> 見事に感情をもってかれましたねー>フェアリーテイル。エルザが死ぬわけないだろ!何言ってんだよ!というナツの叫びに完全にシンクロした(笑)

LD >> わかった!ナツもがんばったな!(`・ω・´)

ルイ >> エルザみたいにとてつもないキャラ格&回転力を有したキャラを一人持っているだけでも強い連載ですけど、それを受け止められるキャラを育てるというのは、また、もう一つ・・・ステキだなと。

ルイ >> なんだかすっごい上からだ!w>がんばったな!

LD >> これから、あのガングロくんはどうするんだろう?

ルイ >> うーむ。自分を鍛えなおす旅?w←

LD >> ジェラールはまだ生きているかな?

LD >> 。o(…やっぱり、いらない子あつかいなんだ……ガングロ…)

ルイ >> いや、エルザ精霊みたいに仕舞えないから。。。w>ガングロ

ルイ >> どうでしょうね。エルザに強く根ざしたキャラ配置ではあったので、再登場するならもう姿形から別物の超生物みたいな?・・・いや、出てきたらラスボスに近くなりますかね。

ルイ >> 「恋愛無双」は、何か読者投票で一位だったそうで。

LD >> ガングロ(・∀・)<姉さん!実は俺、星霊だったんだ!

GiGi >> 輝先生もよかった。これはいい追いつめかた。

ルイ >> いい話だな!(∩´∀`)∩>実は星霊

LD >> それは「女大太郎」の時代が来たって事ですか?>「恋愛無双」一位

ルイ >> 予想外の方向からのパンチに噴出してしまった>女大太郎の時代

LD >> 「ゼロセン」ですが、歳三先生、いいキャラ過ぎで、これはもう従来の加瀬キャラを超えているかもしれない…いや、超えはしないんだけどw(←どっちだ?)

ルイ >> え、越えてるんじゃね?>先生

LD >> 「サムライなら当然、刃物の携帯もOKだよな?」→「一理ある許可する」がいいなあw

ルイ >> キャラクターとして、動き出す為の核があって、自分の中にカッコたるルールがある。シモネタがいくら混ざろうと、このコアの厚みは揺るがない。しかも、加瀬先生はそこの両立が上手いときてる。・・・大安定でしょう。

LD >> 従来の加瀬キャラの延長上にいるキャラだとは思うんですが、なんというか別次元までビルドされていますね。>歳三先生

ルイ >> 「輝」は何か今のマガジンの中では孤高ですね。掲載位置みると、心配しなくてもいいんだろうけど。

LD >> 加瀬先生の士道はシモネタも混ざる士道でしょうから、その辺も楽しみですw

ルイ >> 加瀬先生の表現って、硬軟の「超わかりやすい」表現ですからね。酸いも甘いも知っているということはそれだけで信頼に足るじゃないですか。・・・こう、真面目な人が萌え萌え言ってると・・・信・・・こいつダメだって思うやん?(あれ?オチが繋がらないぞ?

ルイ >> 「花形」はいつも通りのネームなんだけど・・・!これらを最後にキャッチする何かがないと、物足りないなあ・・・!まだかな・・・!(うずうず

LD >> そろそろチャンピオンに行きましょうか。

ルイ >> 「零」がさすが福本先生って感じで笑わせてもらいました。

GiGi >> 春巻が箱○買っててびっくりした(笑)

LD >> 「ギャンブルフィッシュ」お嬢様惚れすぎだろうw

ルイ >> 俺が必ず守る・・!〜〜〜〜〜〜〜〜〜甘さ…っ!相手の土俵に乗って戦う立場、相手の提示するものすら知らない状態での「必ずという決意」・・・!まさに蛙・・・井の中の・・・!(あれ?空の青さは知ってるからいいのか?

ルイ >> 「ギャンブルフィッシュ」何か、最後ゴキが落下して、その反動でトムが一気に上までいきそうな・・・w

GiGi >> お嬢様は完オチですね(笑)

ルイ >> しかし、天狗でわかったギアスの弱点って何ですかね?光情報だから反射が可能?(まんまギアスだw

LD >> 今週の「刃牙」わりといいネームだったなあ…。

ルイ >> バキは最近ずっといいネームですけどね!

ルイ >> 「マイティハート」は色々整理してまとめにきたかと思ったら、新キャラで補強してきたぞ?どっち?orz

LD >> 「弱虫ペダル」登る時、笑うというのはかなり「シャカリキ」入っているなあw

ルイ >> クライマーに対するモチベーションの面では、シャカリキのテルほどの強烈な動機付けはないかな?

GiGi >> 弱虫ペダルは鳴子くんも今泉くんも余力を残してるのがよかったです。

ルイ >> 最初から「坂しかみてなかった」のがシャカリキだとして、弱道ペダルって、才能が坂に特化してた、って順番ですかね?

LD >> 「ストライプブルー」なんかいろいろ複雑だなあ〜w

ルイ >> 「ストライプブルー」はもう、大好きですw最近僕の好みすぎるw

LD >> そうですね。>「弱虫ペダル」vs「シャカリキ」

GiGi >> それはいったいどんな試練なんだ(笑)>ストライプブルー

ルイ >> あの主将に凄まれてペラペラ言い訳はじめるアー坊とか・・・先輩の根性論・精神論の世界への線引きをきっちりするとことか・・・最後の「主将のため」とか・・・w「自分のために戦え!」というベタなテーマだったとしても、その描き方の面白さが抜けてます。花ちゃん、アー坊の言い訳聞いて軽くショック受けてるだろうしw

LD >> あー坊、ここに来て海先輩のためだったんだよおおお!!って話がw

ルイ >> 坂道は、坂じゃなくて「仲間」を見ているはずですよね。

LD >> しばらく、海の言動にあっけにとられて「?」を出しているアー坊がいいなあ。

ルイ >> いや先輩の為ってのは見えてたんですけど、花ちゃんとの優先順位をここまで明確に宣言するとは思ってなかったですね。・・・で、この塩磁場の描かれ方からすると、「本当に」最初っから海>花ちゃん なのかは疑わしいといわざるをえないw

ルイ >> 「なんだいキャプテン、おれはあなたの為に頑張ってるのに・・!」という気持が増して、結果一位の座を奪っただけかも。脳内後付公式設定というヤツですね。

LD >> 「悪徒」もよい展開ですねえ。もう、これは針塚とのダブルヒロインだな!(`・ω・´)

ルイ >> 「悪徒」今週イクナクナクナイですか。

ルイ >> ・・・針塚はおいといてw

LD >> いや、そんな感じだと思うんですけどw …脳内後付けw ただ、直近では「花ちゃん、花ちゃん」言っていたワケでねw

ルイ >> 読者の中に、すんなりと「そうだよなあ、海先輩の為にずっと・・」って読める人はいないはずですw皆「エー!?」って思うと思うw勿論その気持ちはウソじゃないんだけど・・・この生々しさは凄いよなあ、このコンビの作品は・・・。

GiGi >> 鯉の人は赤丸急上昇ですね

LD >> ちょっと「マクロスF」最新話みていたり。

ルイ >> キャラが最初からはっきりしてますよね>鯉 ここからツンデレになっていくと思うと・・・(なるの?

ルイ >> 「ナンバ」もシャバシャバな部分が最強のアニキにばれて、ちょっと先が気になる所。って、木にのぼってクワガタ総どりするのはシャバくないのかなあ・・w

LD >> 鯉は一枚脱いだら制服なのはいいなあw

LD >> 「マイティハート」は終わるのだろうか?終わらないのだろうか?

LD >> 「覇道」は最終回…と。( ・`Д´・)φまあ、しょうがないね。

ルイ >> そこがサッパリわからなくなってしまいました>マイティハート

GiGi >> 第二部突入したきもする(笑)>マイティハート

ルイ >> スカジャンなのに、鯉は貴族だ・・・。しかも、「3分17秒たってなかった」は、いわゆるガンマンの「抜いたら負けてた」的というか・・いいなあこういう導入wワクワクするw

ルイ >> 冥王は二部っつか、完全にインターミッション。修行フェイズ。

GiGi >> マクロス最新話今見てました。すごくよかったです。

ルイ >> ちょっと「君が望む永遠」的でしたね>マクロスF アージュ的と言えばいいのか?

LD >> さて、一番を決めましょうか。

ルイ >> いっかしーたーあの娘はエイリアーン♪←伏線だったんだよー!

ルイ >> そういや「恋愛無双」についてフレ損ねたけど、好きでもない相手(男)までカウントに含めると、その「100回フラれる」というギミックが何の力ももたなくなるのはわかってんのかいな、と思いました。マル。

ルイ >> 今週は地味に粒ぞろいだ。

LD >> ちょっと、シェリルも、ランカも強烈に上げてきましたよね。

ルイ >> 選ぶ事と、選ばない事を前面に押し出してきましたね。残り5話?くらいでこの設置は良いと思う。

LD >> ジャンプは…「トリコ」と「ネウロ」かなあ?

ルイ >> ジャンプはトリコかなあ。

GiGi >> ジャンプはトリコですね。ネウロもよかったですね。

LD >> サンデーは「ケンイチ」かな。

ルイ >> 「お茶」「ケンイチ」ががっぷりって感じです。

ルイ >> まぁマガジンはフェアリーテイルでガチ。

GiGi >> サンデーはケンイチがよかったなー

GiGi >> フェアリーテイルはガチ。

LD >> 「お茶」ですね。そしてマガジンは「フェアリーテイル」それから「コードブレイカー」と行きたいのだけど…これは次週か?

ルイ >> コードブレイカーは作品への信頼を増すような一話って評価かな?これが特別どう、というのとは・・・まあ次週でw

ルイ >> 「ネギま」は斤量アリス、と言っておこうw

LD >> チャンピオンは…わかんにゃい。

ルイ >> 「縞青」だろおおお!?orz 悪徒もバキも良かったがw

LD >> 「悪徒」よかったですね。

GiGi >> まあケンイチとフェアリーテイルの一騎打ちだと思ってるんですが。

LD >> う〜ん。「ケンイチ」か「フェアリーテイル」かなあ?

ルイ >> まあ、フェアリーテイルの一騎駆けだと思ってるんですがw

LD >> ふむ。では「フェアリーテイル」にしましょうか。

ルイ >> 感情を乗せることに勝る「ライヴ=週刊連載」の武器はなかろうと。勿論ケンイチも素晴らしいですよ。

GiGi >> 読み返すとまた味わいが増すんですよね。明らかに死なない前提でネーム組んでる(笑)

ルイ >> いやもう完全に感情ジェットコースターですねw

LD >> 「フェアリーテイル」にします。

GiGi >> ネギまも読み込むとまた凄味が増す。赤松先生凄すぎる。

LD >> そんなところでしょうか。

ルイ >> 何か久々にDSでゲームやったせいか、眼がショボショボしてる・・・w一気に「アリリア」観ようと思ったけど、素直に寝かそうw

井汲 >> 「一番」決まった所で、ぷれぜんとふぉールイさん。http://hikawa.cocolog-nifty.com/data/2008/08/post_bcaf.html うーん、私も見てみようかな。

ルイ >> わかってるぢゃないか!!!>カブトボーグ

ルイ >> まあ、ネタアニメと言っている時点でまだ5合目ってトコですねwカブトボーグは、本当は、純粋な脚本実験アニメですから。

ルイ >> ・・・井汲さんはとるてあムックを買ったりしたのだろうか・・・?

LD >> あれ?高垣さんのラジオはどうやったら聴けるの?

ルイ >> あ、そういえば聞いてなかった>高垣ラジオ いや、普通に・・・

井汲 >> 結局買ってないです。うーん、もうちょっと安かったら買うんですが。

ルイ >> いや、僥倖です。CDにかわって僕が人柱になろうと思ってましたからw>買ってない

ルイ >> ただ、同時に風人物語のサントラも注文するハズだったのに・・・すっかり忘れてた・・・orz

井汲 >> お、唐突に無線LANの調子が悪くなった。このメッセージももう届かないかも…

ルイ >> 無線LANと秋の空っていうからなあ・・・秋も近いですし

LD >> おやおや…こえが…おくれて…くるよ?

LD >> それではそろそろ失礼します。お疲れ様でした。

ルイ >> これが伝説の1人ウラシマ効果・・!

ルイ >> お疲れ様です。あ、井汲さん、プリンセスナインラスト二話だけ観られたんですけど・・・

ルイ >> ・・なんで「俺たちの戦いはこれからだ!」メソッドなのん?w

ルイ >> 26話しっかり放映しているはずなのに、どうしてか不思議な「巻き感」がある・・・好意的に受け止めれば、演出したかな?「夏は終わらない!」を。

ルイ >> カブトボーグ、新録あるのか・・・DVDにもないのに・・・w録画しておこうっと。・・で、DC2ラジオを聴く。

ルイ >> ・・あ。「極上生徒会」はベストアルバムを買ってしまいました。キャソンを聴くと恥ずかしくなるようでは、オタクとして成長できないと思うorz

ルイ >> ・・・キャソン?orzギャバン?orz・・・キャラソンorz 風人物語サントラも欲しいなあ・・・これ、コメットさんと出会う順番が違ったら、僕の心の作品になってたかもしれない作品だし。

ルイ >> 「あったよ!」。。。あやひーに萌えちゃった。萌えオタとして生きていける。

井汲 >> プリ9は、制作者側としては続編をやりたかったんです。結局実現しませんでしたが。

井汲 >> あと、監督の望月智充は、たぶん、ドロドロの恋愛模様(お子様の、だけど)が描けて、やりたいことはまあやっちゃった(笑)のであんまり執着心なく「私たちの戦いはこれからだ!」ができちゃったんでしょうね。

井汲 >> 実際、野球アニメにしては不思議なくらい、試合のシーンが少ないんです、これ(笑)。おのれ望月〜!(笑)

井汲 >> うお、ここ数日忙しくてあちこち見回る暇がなかったうちに、こんなものが…ルイさんLDさんお待たせです!http://www.dot-anime.com/tb/interview/0808_1a/

井汲 >> ついでにこれも。http://www.dot-anime.com/tb/AdM/002/

エルバ >> 蘭かわいいよ、蘭

エルバ >> 井汲さん、面白いインタビューありがとう!

ペトロニウス >> 北方謙三の楊令伝呼んでいるんですが、、、1巻の楊令がまるで、あまりにスザクにみえるので、、ちょっと呆然。


MANKEN CHAT(1.1)