漫研チャット
名前:
発言:
[正面] [取扱] [過去ログ]



■■■■2008-10-04■■■■

LD >> |ω・`)

LD >> こんばんは。データ入力とライブラリ整理に余念がないLDです。

LD >> あんだぁ〜、おらぁ、データぬーろくしている時さ〜、しあわせだあw(=´ω`=)

LD >> しかし「今期」を試験的に実施しましょうとなったら、なんか10月期の新番組観るヒマがなくなっている気がするぞ?

LD >> …とりあえず「とらドラ」と「ヒャッコ」と「夜桜四重奏」と「クラナドアフタ」は録ったかな…?

LD >> 今日、うまくすれば「ラインバレル」とか録れているはず…。

LD >> う〜ん。新番組、自動録画にしているとさすがに、ワケ分からんくらいひかかってくるなあ〜。

LD >> ヒョードル…。

LD >> ああ、なんかSRSを観てしまう…。

LD >> あ…「ロザバン2」録れてるな…。

LD >> 「夏目友人帳」は二期があるみたいですね。

LD >> SRS終わった。

LD >> むう…誰も来ないなあ…。

LD >> う〜ん。

LD >> 少し疲れているので明日の深夜に移動しますね。

LD >> それでは、明日(10/4)の25時という事で。お休みなさい。

GiGi >> あと30分くらいかなー。

GiGi >> と、延期ですか。明日は参加出来ないかもしれません。

ルイ >> 今帰宅。何か変な用事が絡んで死にそうになったうえに、今日録画しわすれてね?orzorzorz

ルイ >> 延期ですか。とりあえず今日無かったのは、LDさんには悪いけどラッキーですた・・・クンフーできるかも・・・。

ルイ >> 今期は今回が試験的なものだから次の期に流れているのであって、本当はリストアップも放送時から順次行っていって、大体最終回が終わった翌週くらいにズバーン!といけると凄くかっこいい(録画溜まりまくってる奴のいうセリフじゃねえ

ルイ >> 色々あって・・・足が・・・棒です・・・風呂にいく気合もおこらんw

ルイ >> しょうがないので彩陽厨としての活動を行うぜ。

ルイ >> http://www.nicovideo.jp/watch/sm2094522 12分25秒、モノマネ大失敗。

ルイ >> 13分7秒でも自爆(あやひさんなにしてはるんですか・・・)

ルイ >> 21分、さすがセイレーンの歌声の中の人。この動画はここを聞く為だけに存在した。

ルイ >> http://www.nicovideo.jp/watch/sm2525418 むう、これが初ラジオなのかな?2分〜3分あたり、嫁入り。

ルイ >> http://www.nicovideo.jp/watch/sm2763683 6分過ぎに事故シリーズ。

ルイ >> 8分50秒あたりからも大自爆。自爆・事故シリーズの中では一番の名演だな。

ルイ >> 9分30秒まで続く自爆。

ルイ >> 11分15秒あたりから泣き始め。14分半まで。高垣さんは心の綺麗な人ですねえ(凄い真顔

ルイ >> http://www.nicovideo.jp/watch/sm2156944 9分50秒 受験生射出。

ルイ >> (・・よし、これを全部コピペして自分のメモに貼っておくぜ)←

ルイ >> などとやりながら、バーディー終了。うー。。。む。。。

ルイ >> (・・・ストライク・ウィッチーズを入れてる・・・)

カルマ >> ログ読みに来たら延期でしたか。

LD >> GiGiさん、申し訳ない。よければ各誌でよかった所なんかをコメントしておいて下さい。

LD >> あ、「スケアクロウマン」は継続か…。

ルイ >> サンレッドはキッズ録画にまわすとして・・・ラインバレルと黒執事の1話を録画し忘れたのかorzorz 特に黒執事の1話はかなり楽しみにしていたのにな・・・。

ルイ >> ・・まあ、ラインバレルはネット配信もある(チャンピョン見る感じ、リアクションに困る作品だけど)。黒執事はアニマックスに来る。面白かったらDVD買うか借りるかすればいいわけだ・・・ガマンだ。うん。

ルイ >> さて、全話揃えた「まなびストレート」を観たくはあるんだが(二年前とはアニメを観る目が数倍違うと思うし)、まずは佐藤順一さんによってどこまで変わった?な「しゅごキャラ」をチェックしてみようかな・・・

ルイ >> 予告を観た感じだと、キッズ分がアップしてる印象なんですよね。

ルイ >> あと、ランと同じくらい堂々とスコートをみせていたあむ・・・また某所ではビッチとか言われるんでしょうw

ルイ >> むう。今までしゅごキャラたちはED、という住み分けがあったのだが、それを初っ端から破壊したな・・

ルイ >> (逐一一時停止)・・・あれぇ。鈴木信吾臭がズバッと抜けた・・・?orz

ルイ >> 総作監が高品さんと萩本さん・・・に?

ルイ >> ん、やっぱり鈴木信吾さんが抜けたのかな・・・アゴの描き方をはじめとして、彼のタッチが全体に与えていた影響、大人っぽさみたいなものがあったのだけれど。

ルイ >> うーむ、しかし原画には鈴木信吾、井元さん、内田さんという前期の主力どころがいるぞ?・・・崔キャラデザのままなのにこの大幅なチェンジ感は一体???

ルイ >> (OPを見直している)最初の王子とややがくるところ、ちょっと鈴木信吾さんっぽいかな・・でも正面顔になったら一期の面影ないんだよな・・・

ルイ >> 最後のほわほわイエイイエイ言ってるあたりは、前期の線が残ってるかな。先述の3人の中の誰か?鈴木信吾さんだとこのラインはありえないから、井元さんだったりするのかな・・・井元さん使うなら、回り込みなんかという気もするんだが。

ルイ >> そもそも、しゅごキャラって総作監システムをもうちょっと大きな枠組みで為している作品というか・・・崔〜鈴木ラインをサテライト大阪の主力全員で押さえて、全体を管理するような格好だったんですよね。それで既に作画ラインは安定していたわけだけど、2期が決定してそのラインが維持できなくなったからしょうがなくの妥協案?

ルイ >> とりあえず、一期は全体的に上手くいっていたから、それ以外にテコを入れる必要性ってないですよね。同時間帯のライバルとかがいて、負けていたわけでもないし。

ルイ >> ダ・ダイヤが堂々と現れた・・・wじゃあ何の為にお前は卵に戻ったんだw

ルイ >> しかも総集編となorz

ルイ >> ふむ・・・ふむ・・ふむ。OPとEDはまるで別物だけど、総集編の合間の本編はそこまで違わなかったぞ。アイキャッチも同様に良かった(特に後半) でも次回予告は大幅に・・・自回が真の2年目開始、作監に高品さんあたりがつくのかな?

GiGi@移動中 >> 4誌雑感ですが、手元に雑誌がないので記憶頼りで。

GiGi@移動中 >> 内水先生の新連載(タイトルまだうろ覚え)2話目もよかったですが、彼を3人目にするのは微妙な気も。もう少し単話積んでキャラのたったゲストが出るのを待ってもよかったのでは…

GiGi@移動中 >> ネウロ笹塚さん消えましたねえ。殺すとは思えないですが、ヘビーな状況を予感させます。

GiGi@移動中 >> ワンピース、ボアハンコックイイですね。ルフィには石化が効かないとかな展開かな?

GiGi@移動中 >> バクマンは展開早くていいですねー。来週がすごく楽しみです。

GiGi@移動中 >> サンデー、アラタカンガタリ文句なしです。とても楽しみな漫画がまたひとつ増えた。

GiGi@移動中 >> 魔王第2部も素晴らしい導入でした。

GiGi@移動中 >> ギャンブルはねちっこく沢尻が異能であることを描写してきましたね。こうゆうのはすごく大事。

GiGi@移動中 >> オニデレはオニデレ。神のみぞも好調。骨太な作品が一本入ると雑誌全体が引き締まって見えますね。

GiGi@移動中 >> マガジン、ベイビーステップはスパッと負けましたね。これはこれで良い展開です。

GiGi@移動中 >> 花形これは原作通りの展開になりそうですね。しかし熱い。

GiGi@移動中 >> ネギま、ネギくんのオーラが白くなっているのが…何かとてもよかった。石化で読心を途中で強引に止めるというのも巧いなあ。

GiGi@移動中 >> シバトラ、ニコニコ動画で顔出し犯行予告とか(笑)。こうゆうの実際にあったら削除されるのかな?

GiGi@移動中 >> 青春少年マガジン、これは確かに死ぬな(笑)。窓の外の変化がリアリティありすぎて怖いです(笑)

GiGi@移動中 >> 零の世界の人たちはダジャレが好きだなしかし(笑)。城山小太郎くんの最初のツッコミにはとても同意(笑)

GiGi@移動中 >> チャンピオン、感謝感謝。

GiGi@移動中 >> 悪徒面白いです…が、これは巻きに入った?

GiGi@移動中 >> ジャンは竜二が駄目すぎて吹いた(笑)。

GiGi@移動中 >> 弱虫ペダル、全力で!というのはとてもよかった。絵としてはもうちょっと何か欲しかった気も。

GiGi@移動中 >> ラインバレル読むの忘れてたな…どうだったんだろう。

GiGi@移動中 >> 一番はアラタカンガタリか魔王第2部、かな。ベイビーステップもよかったですね。



■■■■2008-10-05■■■■

ルイ >> 内海賢二さん顔だしでキャシャーンを語るwか、かっけえw

ルイ >> キャシャーン、凄まじくスケジュールが優良らしいです。既に収録は10話越え、作画も8話あたりまではほぼ完了しているらしい。

ルイ >> (作画のあがりより先に打ち上げのハガキを発送しおわるギアスとは偉い違いだぜェ・・・)

ルイ >> お、ギギさんの野郎、俺の一番候補であるところのゼロセンをスルーだぜorz

ルイ >> アニメTVで、リコーダー?による「ハイウェイ・スター」が流れていて思わず笑っちゃったんだが、これ栗コーダーあたりなのかなあ?

ルイ >> 気の抜けたアレンジって可愛いですよね。少し違うけど、スーパー等で流れているイージーリスニングアレンジも、たまに「うわ、これ欲しい!」と思うものがあります(うわ、ひでえ、ってのもあるけど

ルイ >> 先日耳にした、スタイル・カウンシルの「エバーチェンジングムーズ(だっけな?)」も清涼なアレンジでよかったなあ。

GiGi >> ゼロセンかあ(笑)。うーん、どうなんだろう。ハッタリは効いてましたが。

ルイ >> http://jp.youtube.com/watch?v=mJeP3mipHQY&feature=related ・・・「マイ」が抜けてた・・・ハズカシス・・・。イージーリスニングに向いてたってのは、多分ポール・ウェラーの当時の狙いからすると願ったりってトコなんでしょうね。

ルイ >> いやいや、あれによって零戦という存在そのものが新訳されて新たな命を吹き込まれてるじゃないですか。僕は軽く泣きそうでしたよw←明らかに拡大解釈

ルイ >> 「俺は君の為にこそ死ににいく」の8000倍くらい感動した(え?

ルイ >> いかん!シャタホモアニメが堂々とCMで流れた!orz観たら引き返せない恐れがあるので手を出せない作品ですね。http://anime.sod.co.jp/pico.html

ルイ >> とある魔術、ケメコあたりが作画的には良さそうなのかな?(CMを観ながら)・・まあ、あいかわらず神奈川さんはエースですなあ。なんでもかんでも放送がはやいよorz

ルイ >> ・・・東京MXで「かみちゅ」始まるんだw何故だろうw

LD >> (´;ω;`lll) あと、ちょっとで〜9月までの番組DVDに落とし終わるよ〜!死ぬる〜。

ルイ >> !!!!!←まだ半分以上落としていない人

ルイ >> まぁ僕の場合、CMカットされて分数が減ってるもの=観たものということで、それ以外は動かせないわけですがw

ルイ >> マクロスはDVDでおさえよっかな・・・このままHDDにおいといてそのうち消しちゃう手もあるか。

LD >> ⊂⌒~⊃。Д。)⊃<おかしい……何かが間違っている…。なぜ、こうも追い立てられているんだ…?

ルイ >> バーディーのCMカットしてダビング。

LD >> よし「隠の王」ダビング開始、放送時間が安定しなかったから、切り貼りになって苦労しました。「バーディー」は血デジキャンセル録画を嫌ってアニマックスに切り替え。まだ最終回終わっていない。

ルイ >> ふむ。スレイヤーズとかお稲荷さん、ナバリなんかは観たけど即消ししてるや。

LD >> AT−Xで「スレイヤズ祭」と称して、TV版や映画版を流しまくるそうです。とりあえずTV版押さえましたが…3作78話分はけっこう厳しい…。

ルイ >> でも、作画などは劇場版の方が寧ろ気になるなあ>スレイヤーズ

LD >> 僕は記憶力に自信がないって事と……あとデータベースにしたいので基本録ったヤツは全部ディスクに放り込みますね。

ルイ >> 続けて乃木坂さんもDVDへ。今日は2作・・・一番チャットしながらあと数作やれるかな。

ルイ >> まあ前者は謙遜みたいなもので、データーベースの執着心の差でしょうね。僕だってフツーの人と比べれば相当なんでしょうけど、それだってある程度切り捨てちゃいますから。

LD >> ちょっと前に「ブラックマジック」をDVDに落しましたが、作画のメンツはやはりけっこう笑ってしまう程いいw

ルイ >> ただ、気になった時にそこらのレンタルにも無いってのは結構ダメージなんですよねえ・・・最近レイン見つかってよかったけど・・・明日のナージャはどこにも置いてないんじゃね?w

ルイ >> いい、というのは・・こう、後のビッグネームとして当時の若手もカウントしてしまうから?

LD >> こう枚数こなしていると分かるんですけど、DVDディスクの実態的なデータ欠損率は1〜2%くらいあります。→これはデッキの相性のようなものを加味した上での話ですけどね。

GiGi@もう寝ます >> ナージャはバンダイチャンネルで見れませんでしたっけ。まあUI良くないというのはありますが。

LD >> 「ブラックマジック」に関して言うと、当時もビッグネーム…というかまあけっこう知れた人が参加していると思います。

ルイ >> 乃木坂さんも全CMカット完了・・・DVDへ。

ルイ >> ネットで観られる頭の柔らかさがあれば(ry

ルイ >> げ。大平晋也さんも参加しているのか・・>ブラックマジック

LD >> (確認中)sakuga

LD >> (確認中)作画監督…沖浦啓之、メカニック作画監督…吉田徹

ルイ >> 動画にキムタカさんがいるのは、もう時間差トリックみたいなものですねw

ルイ >> 老人Zは見たんだけど、ブラックマジックはまだ観る機会がないなあ。いつか観たいもんですが。北久保さんの作品は作画アニメ率高いですよね。

LD >> 原画…吉田徹、黄瀬和哉、浜川修二郎、谷口守泰、貴志夫美子、毛利和昭、柳沢まさひで、寺田浩之、逢坂浩司、沖浦啓之…

ルイ >> 谷口さんがいた頃のアニメアールですからね。バブル期アニメって感じだなあ(予算的に

ルイ >> お、恩田さんにブラスレイターでぼっこぼこに批判された浜(ry

LD >> まあ、この作品は、士郎正宗先生が、脚本、コンテ、監督全てこなしているのが最大の目玉ですけどねw>「ブラックマジック」

ルイ >> アンドロイドものみたいな作品でしたっけ。

LD >> あと、撮影に大地丙太郎の名前も…w

ルイ >> 「風人物語」を観て以来、大平晋也さんの作画ダイスキなんですけどねえ。最近はそこまで参加してないから・・・「わんわ」を観るしかねぇw

LD >> そうですね。まあ「バーディー」のオンディーヌのアクションのツリーに繋げようと思っていますw>アンドロイド

ルイ >> ああ、そうか。・・・ってあれ?本編でオンディーヌってどうなったんだっけ?w

ルイ >> あーもう「今期の一番」にちょっとフライングして思わず叫んじゃうけど、終わらないで終わる作品多っ!orz

LD >> 期間設けて選考しているんですから、フライングありというか…積極的に出して行って欲しいですw>「今期」 僕はそうするつもりですw

LD >> 本選考のチャットは「しゃんしゃん」で終わるのを理想形で考えています。…それくらい量膨大ですしね。本選考までに書ききれなかった事を一気にまくしたてる感じでw

LD >> オンディーヌはゴメスが回収して、それっきりですねw……出張レンタルだったと思われw

ルイ >> うーむ、井汲さんの嘆きもなんか頷けちゃうなあw

ルイ >> 作品賞に関しては結構きっちり語りたい気分ではありますけどね。それ以外は、賞を分けている意味を考えてズバッといきたいです。

LD >> 井汲さんの原作もの忌避の話はよい話だと思いますよ。…ただ僕は(ルイさんもそうでしょうけど)作品に接する事を優先するだけで…たとえばマンガ連載なんかについても、僕も言いたい事はある。…作品に接する事を優先しますけどw

ルイ >> はい。良くても悪くても作品として前提のよしあしがある、という話よりは、前提のよしあしがあっても作品の中、そのものによしあしがあるっていう・・・スタンスの順序の問題ですね。ゼロってわけではない。

LD >> たとえば、作画選考で「ひだまり」第一話を候補に挙げましたが、本選考では当然、ハイエナに書いた「作画チェック」を俎上に上げます。…なんで、その材料を先に出来るだけアップしておきたいなと。

ルイ >> 前者の「立ち方」をしてしまうと、おのずと作品の中に対して、切っていかざるを得ない面がありますから。個人的にはそれは本意じゃないですしね。

ルイ >> うぇ、あげろと?w>俎上

LD >> たとえば根源的に富樫先生の「HxH」のあの原稿はいいのか?って話がありますけど、僕は「面白い」からと言って思いっきりスルーしていますよねw…でも何か思うところが無いわけではないw

ルイ >> 僕はどっちかというと、作品補助としての作画に触れたい気分ではあるんですけど(それこそ、単話なら普段書けばいいって感じで)その場合はもう、アップは大変だなあw

LD >> 上げるズラ(=´ω`=)>俎上 …というか僕はできる限り上げるつもりですw

ルイ >> ああ、僕はそこに関してはLDさんほどスルーできてなかったですよねwでも、面白いというのは別に存在していて。一つ近視眼的な見方と言われればそれはその通りなんですけど、近場を観る事は忘れたくないし。

ルイ >> あぁ、でも田中宏紀はあげちゃってるから、あとは大体全体評だなあw>作画

ルイ >> 松本バーディは全体が凄すぎてどこがどうって話でもなかったんですが、最終回の作画の方が「バーディらしい」のかもしれませんね。松本回はなんかもう、模範解答みたいな感じでw

LD >> 今週「Dグレイマン」が未完成原稿上げてますけどね。「キミがやっていいのかどうかは考えた方がいいよ?」と思っているw…編集部も才能で“差別”して考えるべき。

ルイ >> (てか、最終回の『波』が良かったんだお・・・)>バーディー

ルイ >> まあ、才能とは別に商業的なパワーってのもありますからwDグレは今がアニメ終わる前の、抜いちゃいけない時期ですしw

LD >> 松本回は「ちもバーディー」ではないですよねw…美し過ぎw

ルイ >> ロザバンの新キャラは千和さんなのかしら。女性声優、判別するのに数十秒かかります・・・orz

ルイ >> てか、普段のバーディーと同じ動きですかね、あれw街中をジャンプする動きとか、あんな快感があった記憶はないw>松本回

LD >> 「ちもディー」はやっぱり、もっさり動いている……でも、OPみると普通に動いているから、やっぱり動画…中割の問題なのだろうか?

LD >> 近い声質の声優さんはどんどん出てきますしね…技術的にも全体の水準が上がった分“作り声”はどれも似てしまう傾向がある。

ルイ >> うーん、僕の駄目音感のせいかもしれないですけどね。野川さくらさんと区別つかねえぞ、とか。

ルイ >> 「テレパシー少女蘭」で今週ゲストキャラが出てきたんだけど、彼女も名前が出てくるまで30秒かかりました(LDさんを試すために名前出さず

LD >> 「ネオアンジェリーク」ダビング開始…1話以降全く観ていないなあ〜(汗)

ルイ >> まあ、そんなに面白い作品でもなかったですからね・・・>アンジェ 女性イチものとしては、やっぱ金色のコルダが面白かったなあ。

LD >> 千和さんの声幅あんまし聴かせてもらった記憶がないな…(汗)

ルイ >> 千和さんは声幅はともかく間などは作品ごとに作っていて、ヘタな方じゃないですよね。

ルイ >> 多分かみちゅのタマと貧乏神が、彼女のハイライトなんだろう(絶対違うよ

LD >> 「コルダ」はよかったですね…って中抜けてますが(汗)…そして、来週からは「ロマンチカ」2期がスタートだ!(`・ω・´)

ルイ >> この声は森永さんかなぁ・・・いや、女性声優難しいですねw

ルイ >> 「まなびストレート」の1話を見直してたんだけど、前生徒会長の声も、森永さんか小島幸子さんかで俺様10秒以上シンキング。

ルイ >> コルダに限らないんでしょうけど・・・逆にせよ正にせよwハーレムものは、恋愛原子核にそれに値する何かを感じた瞬間、作品がガラッとかわるんですよね。

LD >> まあ「ケロロ」の夏美だよね…JK。

ルイ >> 夏美は何か、誰でもできそうに思っちゃうんですよえね、ヒネてるからw

LD >> …小島幸子さんだったかな…?確かに森永さんのある音域って誰かとかぶるんだよな…。

ルイ >> 巡よりちょっと太い感じの声を出されると、小島さん(バンブーのサヤ、エミリーのエルゼ)と差が見えなくなってくるんですね・・・正解は森永さんw

ルイ >> は!イルゼだ!確かイルゼ・バーンリだ!俺様の記憶力ときたら・・!orz

LD >> ああ、小島幸子さんじゃないやい。竹内順子さんだ。彼女が女性役の声するとき…けっこう森永さんとかぶるw

ルイ >> ああ、竹内さんの女性声もあるな。

ルイ >> あれれ、ロザバンに変身バンクがw

LD >> 多分、「みなみけ」のマコちゃんは竹内さんでもやれる。←あ、やべ!

ルイ >> 「その人じゃなきゃ」と思わせたら声優さんの勝ちですよね。・・・・・・そういえば、今悩んでるんだった。

ルイ >> ・・・銀英伝、いくつかヤンの声が郷田ほづみさんらしいですね?orzorzorz←この人じゃなきゃ値がムチャクチャ高いらしい

LD >> う〜ん…w>郷田ほづみ ありそうで無いのが富山敬さんの凄いところだから…。

ルイ >> おう、千和さんだった!そして森永さんと思っていたのは小島幸子さんだった!w←やっぱりだめだこいつ

ルイ >> いや、郷田さんにしても分の悪い依頼ではあったと思うんですけど・・・ちょっと聞いた感じ、郷田さんのヤンって「賢すぎる」んですよね・・・

LD >> だから、最近、真綾の株が上がっていますよ?>その人じゃなきゃ なんか棒すれすれなのに…(汗)w

ルイ >> こう、全部わかった上で飲み込んでるというか。飄々とした自分を演じられる、視点の高さを感じてしまうというか。諸葛孔明が郷田さんならここまで違和感覚えないだろうけど、ヤンにこの達観は似合わないなあって。

ルイ >> ・・・さて、ロザバンのEDチェックはどちらがやりましょうかね?←

ルイ >> 声のオンリーワン度と、演技でオンリーワンにもっていくのは並べたくはないですけどね。真綾さんにはオリジナリティがあるとは思います。

LD >> まだ観ていないんですけど「ロザバン」のEDよかったですか?w

ルイ >> ロトスコープについてどう思いますか?みたいな話題を、ハルヒ→乃木坂ときてロザバンで書けるんじゃないですかね>ED

LD >> この人じゃなきゃってのは技術力とは違いますよね。

ルイ >> 技術のケースもあるとは思っています。ヤンは声質とも、技術とも言えるんだ・・・

LD >> ハルヒ、ロトスコープなのかな?w

ルイ >> とにかく、賢いのにズボラな部分、厭戦なのに戦で輝く部分・・・あの感じが富山さんの声とジャストフィット通り越して溶け合っちゃってるんですよねw

ルイ >> ハルヒは間違いないでしょう。ハルヒをスタートとして。

ルイ >> いや、コメットさんのEDなんかもそうなんですけどね。

LD >> ちなみに「乃木坂」のEDはおっとは思ったんだけど、ちょっと肌に合わないというかセンスじゃない感じがして取り上げていません。

ルイ >> これはバシンED書いた時に少し触れましたけど、今「カメラ引いて」からの揺り戻しみたいなものが、作画的に起こっていると思うんですよね。で、それと同じくしてというか、ロトスコの行く先を見つめた時、全身を固定カメラで捉えて「すげー」ってのは、ネタがバレるまでの一時的なものにすぎないだろうと。

ルイ >> 乃木坂さんは惜しい感じですかねえ。やっぱりロトスコを何も考えずやると、枚数的にもああいうリズムに合わせてチクチクはや回したような動きになっちゃうんですよね。

LD >> 実はロトスコープのように見せてそうじゃない気がしたりw……でもロトスコープでも驚かないというか普通そうですよねw>「ハルヒ」ED えっと「キャッツアイ」の2期EDが完全にシルエットをとっています。1期EDはかなり細かく描いているけど、まずとっていない。…どっかに落ちてないかな?

ルイ >> ハルヒがロトスコ・リテラシーwを普及させてしまったから、もうあの捉え方で「凄さ」をアピールすることはできないだろう、って話でもありますね。結局、どう見せるかを問われるんですよね、ロトスコも。

ルイ >> ハルヒはロトスコじゃなかったっけ。擬似臭いのは寧ろ乃木坂さんなんですが・・どうなんだろうなあ。

LD >> http://www.nicovideo.jp/watch/sm3625840 これか。

ルイ >> http://jp.youtube.com/watch?v=B3ee5IRqyM8&feature=related これは一期ですか?(真顔

LD >> ロトスコの定義にもよるんですけど「ハルヒ」はやっていて、ダンサー撮影してそれをトレース&アニメ用チューニングかな?回転あたりの動作がちょっと描きくさいかなと。

ルイ >> ニコのは、ただの曲紹介じゃ・・(汗

ルイ >> そう、結局その「チューニング」の所が問題にはなるんですよね。

ルイ >> まぁチューニングって、要は例えばフル一コマな所を中抜いたり・・・人間の視覚として煩わしくないようにしたり、ですか。で、そのテクニックの一つとして、多分コンテと組み合わせていく手法との相性がよくて・・・ロザバン、そっちに進んでるんですよね。

LD >> ∩(´ω`= )。o(…なぐりてえ…無性になぐりてええ……)

ルイ >> 争いは何も生み出さないよ。そのコブシを仕舞うんだ。

LD >> …あれ?張ったニコ動って動かない?(汗)

ルイ >> で、結局EDはどこに・・・w

LD >> http://www.nicovideo.jp/watch/sm2783000 ←こっちか、キャッツアイOPED4曲良画質

LD >> 4:42あたりですね。>2期ED

ルイ >> ふむふむ。いや、一期EDのヒザ曲げも怪しいけどwあれはビデオ見て描いてますかね。

LD >> これは完全にとっていて、これくらい気味悪いレベルに行くとロトスコって感じがするんですよね。…いくつかの洋物アニメも拾えないかな?「指輪物語」あたり…。

ルイ >> シルエットというより、タイミングが最大の問題ですよね、ロトスコって。

ルイ >> ああ・・でも、これは上手い。既にハルヒで出てくる不満に先に対処しちゃってるというか。シルエットによって、ロトスコの不気味さを軽減してるんですね。

LD >> う〜ん、「指輪物語」で探すのは無理か…wなんか「瀬戸の花嫁」がトップに出てくるしw

ルイ >> ・・だから、ロトスコ発で違う所にいく可能性ってあるはずで。っていう方向を、ロザバンの先に感じるんですよね、という話です。ロトスコに使われるんじゃなく、ロトスコを適度に使えばいいんだな。

ルイ >> 確かにそんなサブタイが・・・w>指輪物語

LD >> 終盤に入る“跨ぎ”とかが凄いんですw>二期ED

ルイ >> http://jp.youtube.com/results?search_query=anime+lord+of+the+ring&search_type= この中に見せたいものあります?

LD >> でも「乃木坂」もあんなに“見て見て”な雰囲気を醸し出しているという事はロトスコかそれ以上の苦労をしてるのでしょうね。「ロザバン」も観てみます。

ルイ >> ん、跨ぎは普通に作画?

カルマ >> こんばんは〜♪

ルイ >> 乃木坂のロトスコ観はちょっと胡散臭いんですよね。ワザとテンポはやめてロトスコっぽさを出そうとしているというか。。。「擬似ステレオ」に通じるいやらしさを感じるw

カルマ >> 10月期はロボットアニメ好きとして「ラインバレル」は観ます。一応谷口監督も関わっておられるので・・・

ルイ >> ラインバレルは素敵に1話を見逃したのかなwフヒヒヒw

カルマ >> 舞HiMEとかと同じ「クリエイティヴプロデューサー」という肩書きがちょっと気になりますが(笑)

LD >> …無さそうですね。僕の印象に残っているロトスコープのアニメというと「白雪姫」もそうなんですが、今言っている「指輪物語」、あと「ファイア&アイス」っていうやはりファンタジーものがありますね。…機会があれば。

ルイ >> 任天堂作品の「エグゼクティブ・プロデューサー 宮本茂」臭がします、先生。

カルマ >> が、ガンダムも、ロボットアニメだったんだな・・・(汗)

ルイ >> まあ、ロザバンで観て欲しいのは、誤魔化しと、利用のテクニックですね。

LD >> “跨ぎ”は撮ったものをトレースだと思います。タイミングにチューニングはないはず。

LD >> 。o(後進ってエグセクティブ・プロデューサの事だったんだな…〜)

ルイ >> 6分8秒ですよね?>跨ぎ ・・・ふむ。今ロトスコって言うともっと枚数使う細かな動きってイメージがあるからかな。

カルマ >> 売り方とかスケジュール調整に関わるのかしら>谷口プロデューサー

LD >> あ、違うwクリエイティブ・プロデューサだw ちなみにエグゼクティブ・プロデューサは限りなく名誉職のはずです。…谷口監督はもっと口を出したがりだと思うから、ぐっとこらえつつ、それでも口出しするんじゃないかな?w

ルイ >> クリエイティブ、っていう肩書きが何かいいわけがましいですねw

カルマ >> 舞HiMEのときは明らかに畑違いな印象があったのですが、今回は原作と展開を変えてくるという話もあり、谷口監督の『口』がソコに出ているなら・・・という期待ですね。

カルマ >> キャッツアイ2期EDのシルエット・・・えろい(どきどき)

LD >> いや〜、あそこイメージだけで描けたら凄いと思うw…撮るところまではしているはず。……というか、そもそもずっとシルエットでやってきて、あのポイントを入れるのってセンスあり過ぎだと思いません?w

ルイ >> うーむ。線を選んでないから今の目だとあんまりエロく感じなかったw>キャッツアイ2期ED ←俺の目オワタ

ルイ >> 確かに、あそこだけはシルエットにしなかったという選択があるわけですよね。

ルイ >> あ、いや、イメージだけって事はないですね。はい。撮ることはとってるでしょう。

LD >> キャッツアイでエロいのは二期OPだお!(`・ω・´) ちょっと有り得ないくらいのエロさだお!

ルイ >> OK.これは犯罪だw>2期OP

ルイ >> こう、アクションや警察の彼との追いかけっこをダイジェストで見せたい!なんてコンテも思い浮かぶ中で、ここまでエロイメージフィルムに徹底するのはかっこいいぜ。

カルマ >> シルエット化した方が想像力が増すのでえろいという考え方も>ED

カルマ >> あぁ・・・尻フェチにはたまりませんね>2期OP

ルイ >> それはロトスコってない場合の話ですかね>シルエット化した方が このEDでシルエットじゃない場合、多分取り込み臭が強すぎると思うんですよ。そういう意味で、さっき言ったけど、このEDは上手いです。

LD >> う〜ん…(「ラインバレル」のスタッフの力関係を観ている…)

カルマ >> あんまり映像に関しては分からないので、ちょっと。むしろ男の妄想力の話で(笑)

ルイ >> 秋はどうなるかなあ。春秋が本番というわりには小粒な作品が多そうで軽く不安ではありますが、まあ懐古乙にならない程度に期待します。

LD >> そうそう。「ルパン三世」のOPだってそうとうかっこいいけど、それでも人物紹介とか、とっつあんとの追いかけっことかは“描く”のですよね。当時「これ」は際立ってました。

ルイ >> 男の想像力の話としては、それはそうですよwただ、それを言うなら「動きの想像力」というものもありますよね?ロトスコというか取り込みを極端に行うと、その想像力が使われないね、という話でもあります。で、ロザバンのデジタル処理との融合コンテがそれを回避・・・まあ、観てくださいw

ルイ >> ルパン三世2mdは、3期かな?あのOPアニメが最高だなあ。フジコちゃーんがライダースーツみたいな服のジッパーあける奴なんですけど。

LD >> 10月期は「バシン」と「イナズマイレブン」が面白かったら、僕は子供向き番組にかかりキリになる予感がします。

ルイ >> (バシンは面白くなるに決まってるだろ・・・何言ってるんだこの人・・・)

LD >> ライダースーツからジッパ下ろしてマシンガンは2期ですね。>「ルパン」

ルイ >> 2期ですか。っていうか大野さんの曲の’○○として語られる事が多いから、○期とか結構新鮮w

カルマ >> 単にリアルに描くより、上手にウソをついた方がむしろ演出としては効果的だったりもしますよね。アニメがまさにそうで。>想像力が使われない

LD >> まあ、あとAT−Xで録りますが「屍姫」と「喰霊無修正版」ですね。無修正版という言葉に騙されドキドキしています(=´ω`=)

ルイ >> てか、秋に本腰入れるためにもはやく「今期〜」はシャンシャンしたいですねw多分終わるまでは集中できないだろうという確信があるw

カルマ >> イナズマイレブンはゲーム版のストーリーが・・・本当に何のおもしろみもなく「王道の少年漫画」以上でも以下でもなかったからなぁ。

ルイ >> はい、結局ハルヒEDに「気持ち悪い」とかいう少数のw意見があったのは、そのあたりにも繋がると思うんですよね>上手なウソ アニメってのは、全部がウソ・・・というと語弊があるけど、創造の世界なので。光があたったら色が変わる〜なんてとこから全部そう。自然法則で自然とそうなる、なんてものは無いんですね。皆当然知ってるでしょうけど、それを意識したら俄然アニメが面白くなるっていう気はするなあ。

ルイ >> ゲームのアニメ化って、あんまりゲームのシナリオは引っ張らないんじゃないですかね?漫画以上に構成として使えないでしょうし。

ルイ >> ※まあその意味で言うなら、ロトスコも結局何枚で抜くとか、そういう選択の時点で「ひとからげ」ではないはずなんですよね

カルマ >> どんな設定でも足せるくらい「何もない」んで、そういう意味では作りやすいかもしれません>アニメ版

LD >> 「ルパン三世」のOPは1〜2クール、3〜4クール、で変わって、後は年ごとに’79、’80とOPがありますね。歌が歌われるのは3〜4クールの時です。

カルマ >> 中盤で飽きちゃったからあんまり厳しいことはいえないんですけど・・・(爆) でも、序盤の段階でモチベーションを生むだけの物語や設定がなかったのも事実。>イナズマイレブン

LD >> そうですね。第一回の「今期」は試験と割り切って問題点抽出に注力しましょう。>しゃんしゃん

LD >> でも、一説にはテクモ「キャプ翼」という噂もありますが?>「イナズマイレブン」

ルイ >> 元ゲームオタとしては、ゲームデザインで牽引するタイプもあるのでそれだけでは何とも口を挟めませんが・・まあ、物語にするとなりゃあ、自由なんじゃないでしょうか。漫画と比べて、こう、井汲さんが危惧されるような主従関係みたいなものはほとんどないですよね>ゲームとアニメ 表現がまるで別物って認識がハッキリしてるんだな。

ルイ >> テクモキャプ翼なら最高ジャマイカ。

カルマ >> アニメの動きをCGでやろうとしてるのがサイバーコネクト2ですね。>上手なウソ

カルマ >> これ。http://www.famitsu.com/game/news/1217976_1124.html

ルイ >> む、動画は観られないんでしょうか>カルマさん

LD >> さて、長々話してしまいましたが一番に入りましょうか。

カルマ >> よほどの能力差がないと必殺技を使わないとシュートを止められたり、タッチペンの操作の曖昧さに考慮せずに結構シビアな入力が求められる辺りは辟易しましたね。

ルイ >> そうそう、今週の一番だって十年選手なんですからね>抽出・・・って、一番いきましょうかw

カルマ >> PS3で開発中(日本では発売未定)のNARUTOのゲームの話なので・・・記事の中盤辺りから。

ルイ >> キャプ翼では、名もなきキーパーにもサイクロン止められたりしましたよ?w

ルイ >> ふむ・・・観ないとなんともいえないですけど、溜めやオバケみたいな表現を取り入れたりという事かな?>NARUTO

LD >> 燃えるよね〜w小次郎のタイガーシュートで何人ふっとばせるかとかw

ルイ >> いやそこはじとうくんの強引なドリブルでどこまでいけるかとかだろうよw

LD >> オバケは無理じゃね?

ルイ >> 時間をつぶしたいとき、自軍ゴール前から必殺シュート→敵がディフェンスに入るたび30秒消費・・・みたいなワイルドテクニックもあるぜ。ってキャプ翼語りだすと止まらないやw一番w

カルマ >> これかな?プレイムービーhttp://www.nicovideo.jp/watch/sm3988521

LD >> ゴールラインギリギリのギリギリのギリギリまで詰めてタイガーシュート撃ってるのに若林くんがパンチング一発で止めたりねw7人ふっとばせるのにw

ルイ >> ムリですかね>オバケ そのものオバケを上方に出すくらいは・・・サマーソルトキックの応用でw(ねーよ

ルイ >> ミューラーくんから点取れないから、相手のPKエリアで数十人かわしながらPK待ったりですねw

カルマ >> アクション視点での話だと思いますけど>アニメの動き

カルマ >> 講演で、「ウチのモーションデザイナーはyoutubeとかの作画MADをひたすら観まくってる」って言ってましたね。

ルイ >> うむ・・・やっぱりタメツメの話なんですかね。ありがとうございます>動画

LD >> ああ、これはすごいw

ルイ >> プログラムで「気持ちいい動き」を取り入れようという逆上陸ですね。これも結局パターンっちゃパターンなんだけど、凄い試みだ。

LD >> 「キャプ翼」の世界で若林君とミューラーはある種、神だよねw

LD >> さてジャンポイ。

ルイ >> いや、僕は若島津が森崎しか使わないですけどねw

LD >> 「ワンピース」なるほど、このハンコック船長が、ルフィの嫁さんですね?わかります。(`・ω・´)

ルイ >> うーん、そのセンは非常によくみえるw>ワンピース

カルマ >> 僕もそのつもりで読んでいます(真顔)>ハンコック船長がルフィの嫁

カルマ >> というか、ルフィに惚れないと収拾つかないんじゃないでしょうか(笑)

LD >> 若島津は神に到達する前の勇者だから、ギリシア神話ていうヘラクレスみたいなヤツだw

ルイ >> なんというか、彼女の倫理が自分の美によって許されているので・・・それを打ち崩したり、その上のかっこよさを見せる存在に出会ったら、その人の為、という切り替えがすんなり行われそうなんですよね。嫁、或いはひたすら追っかけてくる追いかけ女房?

LD >> おっと、意外に皆、真顔で返されるw>ルフィの嫁

ルイ >> 三角とびがただただ好きなんです、という話でもあるw>勇者

カルマ >> ルフィにその気がなくても、ハンコックが惚れる可能性は高いと思います。

ルイ >> しかし、惜しかったですね。右左はいい感じにブサイクなんだが、真ん中は美女以外の何者でもなかったw(惜しいとか

LD >> 「トリコ」ですがIGOの幹部はなんでこう揃いも揃って強そうなんだ。…そして事務局長は何気にたけしなんだ?w

ルイ >> 時代はスターシステムなんだぜ。

カルマ >> あと、尾田先生って「ボア・ハンコック」を一番の美人としてデザインして、それ以上の美人にならないようにそれ以外の女性キャラをデザインしているんじゃないかな、とか考えました。

ルイ >> ああ、確かに「何にも考えずに美女描け」って言ったら直でハンコックにたどり着きそうですよね。ここまで10年到達しなかったってんだから。

みりん >> おひさしぶりです。こんばんは

カルマ >> 七武海は全員最初にデザインしてそうだ、というだけなんですけど(笑)

みりん >> 一応絶世の美女としてアルビダさんもいるんですけどねw

LD >> こんばんは。みりんさん。

カルマ >> はじめまして〜、みりんさん

ルイ >> コンバンハ。まぁここでボア惚れなんてのは皆が皆思うところで、どうしてくるかは注目です。・・・別に皆が思う事をやったらダメって話じゃないけど。

みりん >> はじめましてです>カルマさん

LD >> そしてアルビダは、もうバギー船長の嫁でしょう(`・ω・´)

ルイ >> 「トリコ」は、結構すんなりとロボットとか言うてましたね。

カルマ >> アルビダさんも良いところで使うんだろうな・・・忘れた頃に(笑)

みりん >> 一応ニコロビンも美女って言われてるんですよね

ルイ >> 尾田先生の中では忘れてナインでしょうねえ。スパンの捉え方が・・・w

カルマ >> メカもあり・・・と。市場を荒らすメカを操る集団とのバトルも入れてきそうですね。

ルイ >> まあ、でもニコの描き方は美女記号に直って感じではないですよね。鼻筋とおして〜、とか。

みりん >> わりとお姉さん系=美女って感じじゃないかなあ。ナミやビビは可愛いけど美人ではないって感じで

LD >> …ま、正直、ロビンが一番美人だと思うよw

カルマ >> 設定上はさておき、絵としてもう「美女!」というのを完璧に追求したのはボアだけなんじゃないかなぁ。

ルイ >> 美女そのものが記号か、他の記号に美女がついてくるか、みたいな視点ですか。

LD >> う〜ん、で、ロボットみて、トリコもココも総毛立つほど危険を感じたんですねえ……操縦者のオーラが出てたのかな?

ルイ >> うーん、先週のヒキの強さの割には今週のロボット紹介がすんなりだったので、俺軽く肩透かし状態w

みりん >> アルビダさんみたいに悪魔の実の力なのか元々綺麗なのか気になりますね

みりん >> トリコは何だかわからないけど滅茶苦茶怖い敵っぽいのにロボなのか…って正直がっかりしましたね

LD >> 少なくとも「ワンピース」世界でここまで自分の事を美女美女言っているのは、この人だけですね。>ハンコック

ルイ >> 市場、食物、ひいては生態系?>バトル

カルマ >> ロボットという存在は公にされていないなら、トリコたちは未知の生命体として本能が察知した・・・という考え方もできますかね。

みりん >> 一応アルビダさんも美人になる前から自分を美女美女言ってましたけどねw>LDさん

ルイ >> いや、生物じゃない言うたから・・・wどんな!?って、機械ですっていうそれだけですた。

みりん >> ロボってどうもかませってイメージ強いからなあ。デビル大蛇があれだけ強そう!ってなった後でちょっとがっかりかなあ

ルイ >> なりたがりの美女とナチュラルボーン美女で差を出すなら、ボアは悪魔の実によらないんでしょうけどね。

カルマ >> 痩せたら美女になったんでしたっけ?>アルビダさん 太ってるからブサイクに見えたとかそんな話?

みりん >> 実の効果で美女になってたとかそんな感じだったような>カルマさん

カルマ >> 中に人入ってるんですよねぇ・・・あのロボ。ガッカリ感は凄いんですけど

みりん >> 実際、新キャラの所長さんの方がワクワクしますしね

LD >> 「Dグレイマン」がこれまでのネームにない画運びになっていて……やっぱアニメの影響かなあ?とか思ったりします。

カルマ >> そうでしたっけ・・・ボアは天賦のモノだった方が箔が付きますよね、キャラとして。

ルイ >> 四天王2人があのロボ一体に総力出しかけたっていうこの「格」の描写が、後の修業?wなりに上手く繋がるかってとこですね。ここは保留。

みりん >> IGOと美食会って味皇料理会と味将軍グループみたいなもんなんですかね

ルイ >> うん。Dグレとナルトってネームにアニメの逆輸入感をえらく感じますけど、特にNARUTOの方は液体の描き方なんかは完全に松本フォロワーはいってる気がするw

LD >> どうでしたっけねえ…ルフィへの復讐心でやせていたかも…?>アルビダ

みりん >> アレンが敬語やめちゃってますね

みりん >> 鴉って新設定が。リナリーも元鴉だったのかな

LD >> 多分…w>味皇料理界と味将軍 でも、こっちはもっと大規模なバトルと非合法活動が入ってくるのでしょうけどね。

ルイ >> 「アスクレピオス」。手術シーンの表現・描写が上手いのは武器ですね。キャラに関しては、ギギさんが不安がるのもわかるなあと。・・・追っかけてトラブルしょいこむ、うっかり八べえみたいなポジショニングなのか?w違うなw・・・こう、腐を想起させるキャラでもないですし、かなり漫画として特化したキャラクターですよね。

みりん >> でも助手の子も先週で命助けてもらってるのに試すってひでーなw

みりん >> 主人公のビクビクぶりって大きく振りかぶっての主人公ちょっと思い出しました

LD >> 「ナルト」、「銀魂」、「Dグレイマン」ここらへんは、ネーム観ているとアニメの影響が出ている気がします。……でも、それはいい事…だと思う?とりあえず画に立体感が出ているもの。

みりん >> 銀魂は面白かったなあ。ショートギャグだけやってればいいのにと思いました。個人的には一番候補だなあ

ルイ >> 自分の体だから実感がないんですよw>試す

LD >> めっちゃ、はがゆいんですけど、キャラが「弱い」と思います。このピノ…、アッチョン…、ロザリィーも「牽引力」という域には行っていない。

ルイ >> アッチョンブリケはいらないだろJK・・w

みりん >> キャラが弱いというか名前とタイトルがパッと出てこない時点でジャンプ漫画としては…な気が

カルマ >> 女の子がもっと可愛ければ・・・斉藤千和が少し聞こえてくるくらいですね>アスクレピオス

ルイ >> ロザリィはリアクション・キャラですよね。さっき八べえとか言ったけどw誰か、ストーリーをまわしていける器が必要で。主人公が弱気くんなら、なおのことですよね。

LD >> 「おお振り」の三橋をこの構造で中央に添えるのは厳しいと思うんですけどねえ〜(汗)

カルマ >> あ、主人公もヒロインの名前もわからないや(苦笑)>名前出てこない

ルイ >> まあ確かによくこのタイトルで通ったなとは思うw>パッと出てこない

みりん >> ツナタイプやセナタイプが出ちゃってる以上、まだ使ってないのは三橋タイプだけどここで主役はなあ

LD >> いや、主人公がこうビクビクしているって事は、明らかにピ…ロザリィーで「回す」つもりなんですよね。…だからはがゆい。それは分かるんだけど…!もう一味…!

みりん >> ジャンプ漫画って正直読み飛ばし位の人が凄く多い雑誌なんで、名前とタイトルがパッと出ない時点で本当に弱いんですよね

みりん >> だからみんな仇名つけたり、固有名詞をもじったり苦労してるんだけど

ルイ >> うーん、三橋タイプかどうかはともかくとして・・・少なくとも、このメンツじゃあ街を歩いてるときに通りすがった子が倒れこんで・・・パターン以外の物語発生が想像できなかったり、らじばんだり・・・ゲフンゲフン。

LD >> 「おお振り」の三橋は、高校野球という“大勢のチームメイト(それから家族)”が支えてくれるスポーツという視点だから置けたキャラであって、けっして阿部くん単体の「牽引力」で三橋とのバランスがとれているワケではないと観ています。返ってみて、この主人公、かなり孤独なんですよね。

カルマ >> ナルトとブリーチしか読まないバイトの同僚が居ますね。>読み飛ばし

みりん >> だからブリーチやナルトの大ゴマ漫画って漫画読みとしての評価は低いのもわかるんですが、ジャンプとしては良くできてるんですよね…

LD >> …「アッチョンブリオス」だったっけ?(´・ω・`)

ルイ >> 一応医療への志自体は1話である程度完了してますしね。>アスクレピオス そういう意味では視点にはブレはないし、医療時に誰かの助けを必要とするような状況にも陥っていないのだけれど・・・それゆえに、他のキャラとの絡みが極端に弱い。

みりん >> 電車の中で読んでもそれなりに読めるクオリティを求められるというか

カルマ >> 物語が動くイメージが持てないんですよね・・・敵が出てきてもバトルにもしようがないし

みりん >> サムライうさぎと同じく1話目で完結しちゃってる漫画って印象です

みりん >> サンデーだったら良漫画だったのにな…的な

ルイ >> いやサムライうさぎはあそこから進みようもあったんだけど、終わってみたら1話以上のものを生み出せなかったんですね・・・アスクレが打ち切りで同じトコに入る可能性は高いけどwとりあえず、もうちょっと視点としては先が見えると思いますよ。簡単な話、世界の偏見を取り除いていかないといけないので。

LD >> 異端審問を受けたときに“勇気”を出して堂々と反論したりしたらカッコいいんですけどねw…内水先生は以前の連載は大きく物語を取りすぎたので、まず小さくてもエンドまで持って行く事に主眼を置いている気もします。

ルイ >> とにかく、ロザリィがマスコット度はちょっとあるものの話は回してくれないと。そこで次にうつ矢が何か?って答えが、後を追っかけて技術を学ぼうとする青年・・っていうこの泰然自若(超ポジティブw)さがタマンネw

LD >> ですね。「ナルト」や「ブリーチ」にそういう価値はあると思います。>みりんさん …「面白い」かどうかは別ですけどねw

みりん >> この青年がトラブル起こして云々としか話が回っていかないですよね…

ルイ >> 消費という価値はありますからね。読む以上はあまり意識しないけどw

ルイ >> ですよねえw>みりんさん だから思わずうっかり八べえ呼ばわりですよwまあ、黄門のハチは別にそんな物語引っ張ってこないけどw

みりん >> 私はわりとナルトブリーチとかリボーンDグレとか漫画読みの人に基本的に好かれない漫画贔屓なんでw>LDさん

LD >> まあ、何かその内、暗黒病魔4人衆みたいなのを出してきて戦ってもいいんですけどねw>「アクスレピオス」

みりん >> いや、黄門のハチは元盗賊ってバックボーンが一応ありますからねw>ルイさん

ルイ >> うーん、ドクター・キリコを出すとどうなるかな・・・だめか。縫合自体に拒否がある社会で、尊厳死とか明らかに論点が先にいきすぎだ。

ルイ >> うん。でも全然使われないですよね?wたまに身のこなしで示すだけでw>ハチ

みりん >> 初期は結構敵の機密文書をスるとかやってたんですけどねえ>ハチ

ルイ >> 極初期だけってのはあの一行大体そうですね。スケさんくらいか、生き残ったのはw

カルマ >> ナルトはアニメでずっと観ていた(ブリーチもだけど)せいもあってか、アクションが凄いイメージが強いんですよねぇ。それで変にプラス評価入ってます(笑)

ルイ >> えーと、病魔四人集は厳しいとして・・・切り裂きジャックみたいなのがいると対立構造が出来上がるのかなあ?相手が戦争とかだと、個人のテクじゃ明らかに届かないもんなあ。

LD >> あ、ところで「ブリーチ」のワンワン隊長は好きです。

ルイ >> ブリーチもちょくちょく作画いいですからねwこのあたり、脳内補正はありますねw>アクション ナルトとサスケの関係性の積み上げなんて、明らかに131話で5割くらいもってるw

みりん >> 悪徳医者が出てきたり、戦争だか事故だかで大量にけが人がでたりとか位ですよね。あとはストーリーで味付けしていくとか

ルイ >> ・・あれ、133話だったかな?

カルマ >> 殺しちゃったら終わりなんで、腕だけを欲しがる手フェチとか、そんな感じでしょうか>切り裂きジャック

みりん >> 妹を助けて!とか

ルイ >> それだと手術のパターンが限られるのでwこう、特殊嗜好の依頼人にジャストで答える仕事人みたいなイメージ?>ジャック って、とにかく現状じゃ回らないって話ですねw

LD >> 病魔は違うかな?…外科医だからもっとそういう流れのバトルに…(←バトルからは離れないんかい)

カルマ >> 第1部のクライマックスのバトルシーンとか、全く作画とか分かんなかった頃なのに「すげー!すげー!」言いまくった記憶が>ナルト

ルイ >> 超執刀カドゥケウスっぽいので、敵が病魔というのはアリ・・・ってアスクレピオス外科医でしたサーセンwwwwwww

みりん >> 最終的にハンドパワー的な感じになったらちょっと凹むなあw

カルマ >> バトル構造に持って行かないと、という風に議論が進んでる段階で・・・(苦笑)

みりん >> 今の路線だと主人公の性格が真逆ってだけで完全にブラックジャックとネタ被りそうですよね…

カルマ >> これの1分半はどうやってるんだろう・・・さっきのゲームのプレイ動画ですhttp://www.nicovideo.jp/watch/sm3998110

ルイ >> バトル構造でなくてはならない、という話ではないと思うんですが・・・いかんせん、今のままだと「街をテンテンとする中、病人を助けました」というエピソードで繋ぐしかなくて、それに肉付けをしていくにはメインの連中の力が足りない。じゃあ、打ち切られるまで延々とこれをやって、そのうち騎士にひっとらえられて「でも、僕たち私たちはアスクレピオスに救われたんです!」・・・ちゃんちゃん♪ みたいな、この先細りしか思い浮かばないw

みりん >> 「これが、後の世で言う〜である」とか現代医療をなぜか主人公ができたとかそんな感じになったりとか?w

LD >> かぶりそうですねw…僕が先ほどからピノとかアッチョンとか言っているのは正にそれでw…いっそ、おもいっきしかぶせても面白いとは思うんですけどね。大丈夫!「BJ」にはならないからw

ルイ >> ああ〜、そのハッタリはいいんじゃないかなあw

みりん >> 中華一番で似たような事はやってますけどねw

LD >> 「でも、僕たち私たちはアスクレピオスに救われたんです!」>観えすぎだよママン……-orz

ルイ >> そう、ネタがかぶりそうなんですね。テーマは更に入り口の所に置いてあるんだけど、それ以前に病人が手術台に運ばれてくるまでの流れが・・w

ルイ >> これ、どうしたものなのかなぁ。ちょっと袋小路ですね。単話は面白いので、読む分には面白いんだけど。

カルマ >> 患者自体が「人を切り刻んで治すなんて」だしなぁ・・・

みりん >> まあぶっちゃけ身もフタもない事言うと、いろんな意味で杞憂に終わりそうな…w

ルイ >> 悩む前に終わるみたいな事言っちゃダメだろおお!w

カルマ >> もう死にかけてる人を強制的に助けるしかない・・・けど、パターン化してしまうかも・・・

みりん >> せめてタイトルがもっと覚えやすければ…「アスクレ!」でいいじゃんw

ルイ >> 超執刀アスクレピオスでよかったんじゃないかな(真顔

カルマ >> ちょうしっと・・・くそ、言われた!(何

LD >> 「アイシールド」は何だか雪光閑話だと思ってしまった。

みりん >> ヘタすれば主人公の名前もアスクレピオスにすればよかったんじゃwアスク・レピオスとかそれ位の勢いで

ルイ >> ふーむ。騎士に捕えられてしまって、処刑かと思いきや、影で生かされる。で、その後から彼らの命じるままに患者に手術をしていくことになるんですが、彼らがこう、命を助ける価値のないゴミクズばっかなんですね。・・・どうよこれ?wって、今の形だとこれくらいやらないと何もイメージできないや。

みりん >> アイシはファンタジーとしてよくできてますよね。

ルイ >> あ、でも「アイシールド」は結構好きです。

LD >> 「アスクレピオス」だけに連載を続ける「明日をくれぴおす」と…(´=ω=`)

みりん >> アスク=askとか後付でw

カルマ >> せめて大衆の中の伝説としてでも「アスクレピオス」の名が救世主的に広がっていたら、「あの腕の紋章は!」的な(笑)もって行き方ができたのに

ルイ >> これ、先週あたりの雪光の「とにかくマーク1人ついてるだけで・・・」みたいなところにコマを割いてることが、キッチリ力になってるんですよね。流石稲垣先生だなあって。

カルマ >> 何週か前?に、雪光の話がちょろっとだけ出てませんでしたっけ。

カルマ >> アレがよぎったので、こう持ってきたかと。

ルイ >> うん、同じこと言ってるかな?>カルマさん このあたり、ネームの仕込みを怠らないのが稲垣先生ですよね。

みりん >> なんというかファンタジーとして見たら凄くいい話だと思いますね

LD >> 「バクマン」はもうとにかく次週!です。次週で決まる。

カルマ >> はい、同じ事ですね。今週は上手いなーと思いました>ルイ

カルマ >> さん

みりん >> でも、今ん所バクマン評を見てたらほとんどの人が挫折フラグとして捉えてるんですよね

ルイ >> 大和には破られっぱなしの状態で、その再対決が物語のクライマックスに来るべく、雪光などで点差つめてるんですよね。ワザ以外の何者でもない。

カルマ >> あう、呼び捨てになっちゃった(汗) すみません

ルイ >> え、何、俺呼び捨てにちょっとときめいちゃった(´Д`;)

みりん >> それまでの中二病描写があまりにも痛いってのもあるんですがwこれで酷評じゃなかったらストレス溜まるだろうなあ

カルマ >> この歳で完成原稿を描き上げること自体が既に凄いんですけどね(笑)

LD >> 逆に先週あたりに周辺情報的に潜ませておいて、今週上手いこと展開に持って行くのが上手かったですよね。>雪光

ルイ >> 基本的な「読み」の流れでいけば、「フラワーオブライフ」よろしく編集者にボッコボコでしょうね。サクセス・ストーリーに進むには道真っ直ぐすぎますし。

みりん >> そしてアズキちゃんは何気に性格悪いなあw

LD >> なるほど…。僕はどっちか分からないんですけど、多分、この二人才能ある設定だから、酷評でもなんでも“才能”は認められるとみています。

ルイ >> アズキちゃん個性全然ないイメージが最初の一ヶ月でしたから、ここ最近の補強はさすがに手がはやくて(いい意味で)結構だなあと。男の子大好き宣言は可愛らしいんじゃないでしょうかw

カルマ >> 僕は「アニメ化したはいいけど深夜1クールでアズキは『女生徒A』」ビジョンを浮かべてますけど(笑)

ルイ >> その時には別に好きな人がいるんですね、わかります>女生徒A

カルマ >> アズキの性格の悪さ(というか、ある種の女としての強さ)は既にシュージンの分析で語られてて、アレは好きです。

LD >> それと、何か中二病描写というのが、よくわからないんですよね。この二人、どっか中二病なのかなあ?…むしろ、かなりスレてる気がするんだけど…?(汗)

ルイ >> 無意識に強かに、今の位置を選びとっている、というアレですね>シュージン

カルマ >> 後で編集さんがネーム運びにサイコーの叔父の面影をみるとか>酷評した後

みりん >> 周波数とかモロ中二じゃないですか?w>LDさん

ルイ >> 僕は正直、中二病って言葉で何かを表現するのが好きくないので・・・いや、それって親父と電話して「ハンパはやめだ」観たいな所も全部ひっくるめちゃうの?みたいな危険性もあるじゃないですか。

みりん >> 酷評が前提になってるんですけど、それがそんなに酷評でもなかったら相当ストレス溜まると思うんですよね…

カルマ >> 厨房が出しゃばると中二病っていう条件反射はある気がします。

ルイ >> そうなんですよね。セカイ系を「セカイ系だから(笑)」で酷評する流れに近いノイジーさがあると思って、そこは正直気をつけたいところではあるんですが。

カルマ >> 僕はもう、一夏で完成原稿を上げてる時点で感動しますね。単なる『中二病』だったらこうはいかない。

カルマ >> 僕自身、クリエイター志望だからわかるんですよ。作品を完成させるって恐ろしい労力なんです。

みりん >> あーなるほど。でもそういうキャラって聞かれたら「中二病の二人組み」って答えちゃうなあw

LD >> う〜ん、アズキ…や、これから出るかもしれない周辺は“才能”なくて困る展開があるかと思うんですけど…今、ジャンプ「ヘタッピマンガ研究所」とか「マンガ脳の鍛え方」とかやってマンガ描く人煽っているんで(「バクマン」もその一環とみている)…主人公が挫折や頂点届かずの結果で終わって(届いて折れるならまだしも)…世の中そんなだよって物語にするかなあ?という思いがあります。

ルイ >> うん。覚悟の話は踏まえてますからね。・・・でもそれを踏まえてなお、2人で思い描いた最高の話なんてこんなもんだよ、という「踏みつけ」があるのは良いと思います。それは決して、今のサイコーやシュージンをバカにする為のものではなくね。漫画の深さとして。

ルイ >> ふむ。そこはまさに「来週でわかる」ゾーンですね>LDさん

みりん >> 漫画を描いたり漫画家志望の人には凄く嫌われてるみたいですね>バクマン

みりん >> 同人やってる人だとか

ルイ >> まあ、記号は伝達性が高いからいいんですよ、それでw>中二秒の2人組 でもそれにポジティブな意味も込めるか、嘲笑オンリーかとか。。。そういう比率は抑えてくれないんですね。そこが怖いってだけなので。

カルマ >> 編集として、悪い点も良い点もハッキリ言うでしょう。「荒削りだけど光るモノはある」ってむしろ少年漫画の黄金パターンでは?

ルイ >> まさにフラワーオブライフw

カルマ >> >どう評するか

LD >> 周波数ってなんでしたっけ?いや、子供っぽい与太話はしているなとは思うんですけどw

ルイ >> 漫画界のヒット分析なんかがかなり吹いてる感があるのは確かですねwでも、実際徹夜して漫画作った連中をバカにはできない。まあ、描き続けてナンボですが、ってこれをサイコーが言っちゃってるところが流石ですね。

みりん >> 自分が振り向いたのと同じ瞬間にいつも目が合うってのは彼女との周波数が合うんだ!的な>LDさん

ルイ >> いいポジティブシンキングじゃね?w>周波数

みりん >> シュージン君がぬらりの清継くんみたいな感じだったら凄く好きになってたかもなあ

みりん >> 清継くんって凄く妖怪が好きで凄くいい子なんですよね

LD >> なんだろ?僕の中の中二病の定義が一般と違っているのかな?…よく「邪鬼眼ネタ」とかで言われるような「俺の特別な能力」とかそういう夢見がちな感覚を中二病というと思うんですけど…。

ルイ >> シュージンは、やっぱり「こみっくパーティ」のメガネ君の配置なんですよね。あれからメガネらしく分析力を足して、メガネキャラのもう一面でもある謎めいた牽引力を奪っただけで。

カルマ >> むしろバクマンは、普通に大学行って就職できるくらいのヤツが「あえて」漫画家を目指すくらいじゃなきゃダメだってメッセージが提示されてると思うんですけど

みりん >> むしろ世の中を斜めに見ちゃう的なのが中二病って感じですかね。世間の人間はオレとオレの友達とオレの好きな子以外はみんなバカとか>LDさん

LD >> 亜豆ちゃんとの、のろけは変な事いいますよねwでも、それはそんな「中二」とか言って嫌われる事でもないようなw…実際、中三だしw

カルマ >> さっき話してた「ラインバレル」の主人公を指して中二病と言われてるらしいです。「俺が正義だ!」が決めぜりふ

カルマ >> 伊集院さんのラジオが最初なんですよね。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E4%BA%8C%E7%97%85

ルイ >> アイムジャスティスか・・・強烈だなあw>ラインバレル

LD >> ああ…それですね。反発を買っているのはwそれは分かりますw>オレたち以外みんなバカ →なるほど、そこか!w

カルマ >> 症例http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C3%E6%C6%F3%C9%C2

みりん >> これ中学生位の子は読んでてどう思ってるのかなあ

みりん >> 女の子の絵描いて喜んでるアイツきめえとか言っちゃう感覚w

ルイ >> ナナメに観ようがマンガ描いて出版社に持ち込むんですよね?それでダメだ→いやサイコー、俺たちのマンガの良さはきっとわかってくれる人がいる、同人誌だ みたいな展開になって、コミケの超人気作家→アニメ化 みたいな変化球ルートが通ったら、確かに中二っぽいけどw

カルマ >> 女の子の絵描いてるヤツがのちにエロゲーの人気絵師になると面白いですけどね

ルイ >> まあエロゲーの立ち絵には画力いらないし、イベントCGは盗作できるしね(超問題発言w

カルマ >> 下に書いたように「頭の良いやつが『あえて』漫画家を目指す」ってところもメッセージだと思うんですが・・・

LD >> なるほどw…反発される正体が分かったから安心しました。…でも、多分、シュージンたちは慢心でそういう話をしていないと思うんですよ。…だから多分、自分らより才能があったり、頭がいいヤツらがいる事は、かなり素直に謙虚に受け止められる連中のはず。

みりん >> 八神健にあやまれええええええええwwww>ルイさん

ルイ >> 既に現状でいますよね>自分らより才能

カルマ >> 中二病だったら、手塚賞取ったヤツを「こんなやつすぐに追い抜いてやるよ(あるいは既に追い抜いてる)」だけど、そこは素直に凄さ認めてるし

みりん >> んーやっぱでもここでは大人の感覚で読んだら…てのはあると思いますよ。正直ジャンプ読んでる時は本当に中学生位の感覚で読んでるからなあ。同属嫌悪というかうぜえええええって言うのが強くなっちゃうw

ルイ >> サーセンwwwフヒヒヒwwwwっていや、やっぱりバクマンって、確かに2人は子供だから捉え方も極端かもしれない。けれど、編集者の手に委ねようと今の全力を出して投稿しているその行い自体には何の衒いもなくて・・・そこまで斜に構え〜の論法で捉えたらハズすなって思ってるんですよね。普段の言動を中二wwwって笑う分には、別に・・・というか、それは狙ってるとも思うんですが。

カルマ >> さらに言うと、ヒット分析なんかもしない(笑) なぜなら、中二病なら「自分の描いたヤツは面白いはず」だから・・・無根拠に。

LD >> …うん、読み直したけど、別に世間がバカとは言っていませんね。クラスで(あるいはこの学校で)頭が良いという話をしています。多分、シュージン、サイコーは彼ら基準が介在するとしてもかなり客観的判断で自分らが頭がいいと言っているように思います。

ルイ >> まあ、それにしたって言う時点でちょっとアレだとは思います>バカ云々 でも、それと混ぜすぎるのは危険だと思うんだよなあ。

カルマ >> うーん、バクマンを批判してる漫画家目指してる人は、一夏で完成原稿何ページ描きましたか?って聞き返したくなる(苦笑)

みりん >> 変に都合いい所で大人だから気持ち悪いのかなあ

ルイ >> 言動のフワフワした部分と、行動の真っ直ぐな部分はいい対比だと思うな。最初の頃ギギさんだっけかな?あたりと話したかもしれないけど、原稿に向かうと態度が極真面目になったりね。

みりん >> 変な所でものわかりいい所とか読んでてどうしても気持ち悪いんですよねえ

ルイ >> まあ、それはガモウセンスかもしれないですねえwデスノートの登場人物も結構・・・w

みりん >> デスノは凄く好きだったんだけどなあ

みりん >> 評判悪かった二部も結構楽しめたし

LD >> …で、僕はサイコーが「それでも運」だと、そこまでやっても「運」がなければダメと言っちゃう当たりが、むしろ老成しているとさえ思っちゃうんですよね。…中二、中三なら努力すれば願いは全て叶うくらいの思い込みをもっておけよとw

ルイ >> そこは叔父さんがいいブレーキになってるんじゃないかな。

LD >> あああ…!「デスノ」と比較したいなあ!この話。

ルイ >> ・・っと、「ヘタッピ漫画研究所」は、河下先生が登場しましたねえ。まもりねえちゃんの剛毛カワイソスww

LD >> ですね。叔父さんの経験が無駄になっていないというか、サイコーにある種の基準を与えている。>叔父ブレーキ

ルイ >> だから、シラケ世代wの熱血、という初期の印象は結構崩していなかったり。

みりん >> サイコーとシュージンが大学生位だったらそこまで抵抗なかったかも知れない

ルイ >> 大学生でこんなアホとか言い出してたら僕はそっちのが引くかも・・・w

LD >> 僕は、ライトはもう読んだ時から…じゃないなwLと対峙した時から、ずっとガキだと思っていました。…でも、当時、ライトを中二的に言う意見はあまり耳にしなかったんですよね。

みりん >> ヒマな大学生ってそんなもんっすよw

ルイ >> え、ライトって究極的に中二秒ですよね?サイコーたちをそういうのなら。

みりん >> 究極に中二病って言われてましたよ?

ルイ >> 今サイコー達がこの年だから、足りない部分も時が補ってくれそうじゃないですかw

みりん >> まあその頃はそこまで中二病って言葉が流行ってなかった気もするけど

LD >> サイコーとシュージンにある種のらしからぬアンバランスさがあるとは思いますね。…でもサイコーは叔父さんがいるからある程度は分かるかな?分からないのはシュージンですよね。→

みりん >> サイコがブレーキ役でシュージンが暴走してオレたちすげーみたいなキャラだったらどうなってたかな

ルイ >> ライトはたまたまそれを通せる力をもっちゃったわけで、サイコーたちは強いていうならその力はペンの力という奴なんだけど、身近に叔父さんというケースも知ってしまっているし、そうじゃなくても連載0週打ち切りなんてのも沢山みてきている。・・・シラケやすい環境は整っているんですよね。でも、それがわかっていてもなお、徹夜して読みきりあげるんでしょう?・・・この冷静と情熱の間みたいな部分を評価してあげたいな。

ルイ >> ああ、うん。確かにシュージンのキャラというのは、叔父さんがいない分、夢に夢みてる感はあるのかな?・・・でも、覚悟は決めてますよね。

LD >> シュージンは「マンガ描きたい!」じゃなくって「一発大きな事したい!」からここに来ている人なので、読めない面があるんですよね。…多分、サイコーと意見が180度違ってしまう瞬間が出てくるんじゃないかと思っています。

ルイ >> この場合、ガモウ先生がシュージンでいいのかしらw

LD >> はい。>覚悟 

カルマ >> どうだろう?サイコーを通して価値観を共有し始めてますよね>一発大きな事がしたい

LD >> はい。>覚悟 サイコーもシュージンも「頭いい」という表現は究極的には、そういう「がんばらなくてはいけないポイント」を知り「それを実行する意志」を持てる事なんかを「頭のよさ」という表現をしているように観えます。そういう判断を自分でできない者が、テストでいくら高得点をたたき出しても別に頭いい(この場合はマンガを描くパートナーになれる)とは思わないというか。

ルイ >> シュージンとサイコーの道のズレは、構造が内包しうる可能性の話とは思いますね。大河になればそこまで描くかも(小畑先生も個人でマンガ描きたい!みたいなw)・・・とりあえずは、カルマさんの仰る通り、同じ方向を向いているようにも思います。

ルイ >> うん。多分そこを「頭いい」という大雑把なワードで語ったから反発もゲットしたんでしょうけど、当然狙ってネームくんでますよね?

LD >> …実はシュージンのキャラクターは何となく分かるんですが、あやういキャラですね。今は足場もはっきりしないし。>価値観を共有し始めて

みりん >> 狙ってるけどそれで好感持てるかってのは別だからなあw

みりん >> 順位の話になるとアレなんだけど

ルイ >> 「とらぶる」おおっと、アニメに促されたか、踏み込みましたね。基本ララ「ありがとう春菜、言ってくれて!これからは恋のライバルだね!」っというアッケラカンルートが見えるんですが、ここでララが違う反応を示したらそれは「強い」なって思います。・・・まだ引き返しもありえるな?w

ルイ >> やあ、好感もつために狙ってはいないんじゃねw

LD >> 「デスノ」のライトくんは、Lに挑発されてTVに移ったLと思しき人間を殺した時点で、ああ…この子は子供なんだと。…で、やはり基本的にライトはこの時犯したミスと同じミスを繰り返して追い詰められてゆきますよね。

みりん >> 春菜ちゃんとララが仲いいってのがとらぶるの一番いい所なんでそのラインは崩さないと思います

ルイ >> 一番いい所でもあり、一番の関所でもありますねw

みりん >> 好感って漫画自体の好感って意味で>ルイさん

LD >> はい。>みりんさん あの一連の自他評(おれらは頭いい)は反発受けそうですね。なるほどなあ〜と思っています。

ルイ >> 感情を動かせればそれが好感嫌悪感でもそのうち引っ張り込める、という考え方もありますしね・・・アンケ順位に余裕があるのなら、まあ理解できるのかも。ユートとは違うのだよっていうw

ルイ >> LDさんとしては、このあたりの三角構造を浮き彫りにする為に、小手川さんあたりに初動をかけて欲しかったはずなんだよなw

ルイ >> 2chのAAみたいなもんですからね>○○だぜ俺ら〜

LD >> 僕は「惑星のさみだれ」なんかを読んでも地球を壊すってだけで、そのキャラを子供とは言わないのですが…(子供かもしれないけどw)、自分が為そうとしている事と、自分の顕示欲は別なんだけどライトくんはそこができなかった。もっと淡々と殺しを続けていれば世界は変わったかもしれないのに。…その場合、物語にするのはかなり難しくなりますがw

みりん >> バクマン順位実は余裕なさげなんですよ…

LD >> 最近、どこかで、嫌われるのはその分パワーがあるから観たいな記事を読んだような…井汲さんのリンクかな?

みりん >> 結局ララvs春菜に絞るのかな。蜜柑参戦とかあるかと思ったんですがw

ルイ >> 感情というものの正体の一つでもありますよね。何であれエネルギーを照射されるということは・・っていう。

ルイ >> 蜜柑も面白いキャラなんですが、まともに踏み込むと三角なんでしょうねえ。ただ、問題はどこからもドミノが倒れださないことだけどw誰かがやらなきゃいけない。ここでララと春菜が仲良く認め合ったら、一つ進んだところで相変わらずのガマンゲームが続くんですよねw

LD >> 「とらぶる」はスルーされるか、「引き返す」かなあ…w

ルイ >> ネガティブな二択だなあw

カルマ >> 続けるためにそれは充分あると思いますが>仲良く認め合う

LD >> 僕はリト〜ララ〜春菜の三角は硬くて動かないので、現状動くなら美柑が一番「強い」と思っていますよw

みりん >> 恋のライバルだからねっ!お互い負けないよっ!みたいな清々しい方向性しか浮かばないなあ

ルイ >> うん。続く分には無敵ですからね>十分ある やりすぎると固まっちゃって「今日もリトのまわりはとらぶる!」という酷いライフゴーズオンで終わる可能性がありますがw

ルイ >> 清い方向が最有力には思えますよね。・・・その場合、まわりのサブヒロインたちにも波及したりしたら面白いけど。メインからサブへの波及という順番ですね。

LD >> WF分類て言えばリト・ララ・春菜でFFWなんですけどね。これを動かそうと思ったら、FWWか、WWWにしないといけないんですよ。…お、何かやっぱ使えるか?w

LD >> 「お互い負けないよっ!」って言ったらFFFになります。これは基本、混線目的のユニットですw

ルイ >> 先生、どっかに説明記事確立するまでは僕とかギギさんとかにしか通じませんw

カルマ >> 波及してくれなきゃ困るなぁ(笑)>サブヒロイン

カルマ >> WF分類はログ読んだことありますけど・・・とても・・・難解です・・・早見表を是非!

ルイ >> 要は、春菜とララのステージが挙がる事で、皆が皆リトへの恋愛ステージに上がったら・・・それは構造を壊さないまま物語を進められますよね。

LD >> ほんっと〜っは!小手川さんを動かすのが一番良さそうなですけどね、最初から負けフラグキャラで。でも、動く目が見えないし、ちょっと「弱い」。

LD >> すみません…(汗)>難解

ルイ >> 今までの「とらぶる」は今週みたいな展開があっても、華麗に引き返してきてるんで・・・wまあ、そのあたり注目でw

ルイ >> これまでの引き返しを積みにして力を出すなら、ここはララが取り乱すくらいでいいと思うんだが、まあ期待薄な願望だw

カルマ >> 有名作による具体例と、FFFならこういう傾向がある(という仮説がある)・・・という形なら「読みの手段の1つとして面白い」かもしれません。

カルマ >> >WF分類

ルイ >> 「スケットダンス」は遂にボッスン登場。真打登場のおもむきですねえ。

カルマ >> 無言で硬直・・・無いか(苦笑)>ララ

ルイ >> 僕はLDさんとちょっと違っていて、WF分類がそれぞれの視点を示す際の伝達道具なら面白いって思うんですけどね。この例なら必ずこれ!ってのは、ちょっと違うとも思っている・・・でも、そこはまた別に詰めないとですねw

ルイ >> 僕は結構期待してますがwそれやったらフェーズ2くらい進みますw>硬直

みりん >> ポニーテールヒメコ可愛いなあ

LD >> アドバイスありがとうございます。「アイシ」「ハヤテ」あたりに当てはめて詰めて行こうとは思っているのですが…時間がなくって(汗)>WF分類

カルマ >> あぁ、「僕はFFF分類だと思うけど」・・・って使い方か>伝達道具

ルイ >> 確かにそれは苦虫を噛み潰したような顔で同意せざるを得ない>ポニテヒメコ ※素直に同意しろよ

カルマ >> フォーマットが出来上がったら、進んでネギま!やります(笑)

LD >> いや、僕は今、リト・ララ・春菜でFFWって言いましたけど、そもそも別の見解はあると思いますよw

みりん >> ヒメコがボッスンの出会いに置き去りになってた過去スイッチも絡んでくるのかな

カルマ >> ボッスンついに来ましたね。帽子が渡されるんだろうな・・・わくわく。

ルイ >> まあそこで話を進めるには、WとFの明確なイメージの共有から始めないといけないわけですよ。・・・エルフェンリート観てからやってね?w

LD >> 硬直したら進みますねえ…w>「とらぶる」

ルイ >> いつも通り笑おうとするララだが、うまく笑えないみたいな方向が強烈ですね。

LD >> …ヒメコと組んでから、スイッチの扉をこじ開けたのかな?>ボッスン

カルマ >> その辺のハードルが高い・・・のかなぁ・・・分類の「型」とその傾向を作ってしまえば、人海戦術で自分なりに当てはめてみた書き込みをぶら下げて、比較してみる・・・という感じ?

カルマ >> 与えられた情報に自分の思考が追いつかない・・・ってイメージです>硬直

LD >> いきなりそれやっても“許し”ますが、積み上げ的には唐突な反応なんですよw>うまく笑えない

ルイ >> ボッスン自身心に傷ある男のハズなんですが、ここでヒメコを包み込むんですねえ。・・・というか、高橋千秋ちゃんの格が異常。

ルイ >> まあねえ。それってのは読者の「ええ加減このビューティフルドリーマーもねえ・・w」っていう認識自体を根拠にするしかないんですよねw>唐突

ルイ >> ボッスンは後でしょうね。

LD >> ああ、もしかしてカルマさんはこっちは読んでないかな?というか他の人のために一応張っておこう。→http://blog.goo.ne.jp/ldtsugane/e/b98c0c3092ace3a13d6926218f57a41e

ルイ >> あ、間違えた。スイッチは後。

カルマ >> 好んで読んでる人にその発想があるかどうかが問題ですね(笑)>ええ加減にせい

みりん >> うーんとらぶる自体がいちごと比べてもらったらわかるんですけど、平和って事で人気出た部分もあるからなあ。そこを壊すってのはかなり慎重にやらないと厳しいだろうな

ルイ >> そうなんですよwというか、「今日もまたとらぶる」ってのは結構愛される構造で・・・「とるてあ」の感想一つとっても、ギャルゲー文化の影響か、こう、ルート確定みたいなものに異様に打たれ弱い層があって。

カルマ >> リンクどうもです♪記事は「見た」気はするけど「読んだ」かどうか怪しいです(汗)

みりん >> とらぶるってWヒロイン論争みたいなのがほとんどない漫画なんですよね

ルイ >> 今のまま、今日は誰だれ可愛かった、そろそろ○○も観たくなってきた、とか・・そういう内燃機関を抱いた作品なんですよね。

ルイ >> で、それを大和屋先生たちが捉えたら、最終回を「ララ」にする構図しか見えなかったっていう・・・w

カルマ >> とるてあの感想で「主人公が(スクイズの)誠化してる」みたいなのを見た記憶が。○○がかわいそうみたいな?

みりん >> ギアスやエヴァみたいな恋愛が主軸じゃない漫画でもあんなにヒロイン論争起きてたのに

カルマ >> キャラ増えて最高って言ってる感想も見ましたね>とらぶる

ルイ >> 乃絵ルート希望、というのが最弱ですね、敢えて釣り気味に言うなら。飲み屋で三時間くらいかけて説得したいw

みりん >> ヒロイン論争に疲れた人たちが来る漫画って印象あったからここでも…ってなると大変だろうなあ

LD >> 無いですね。Wヒロイン論争w…「スクラン」で言えば、お握りvs旗っていう対立を寡聞にして聴かないw

カルマ >> 保健の先生とノリの良い同級生がリトにエロいことしてれば満足です(酷いな

みりん >> スクランはあの後で作者叩きで両軍和解したって凄いことになったけどw

LD >> してないw…小一時間問い詰めたいw>眞一郎が誠化

ルイ >> 僕は並列ヒロインを物語に落とし込む時の流れの分派として、そういう無菌構造も生まれたんじゃないかっていって・・・その流れにらきすたとか、そういう男すら排除していくような作品があるんじゃないかってほざいたことがあるんですけど。とらぶるの場合、リトという男性視点はキッチリ確保している割に、そこから動かさないんですよね。男と女がいりゃ、そりゃ動くだろ・・・っていう共通認識が、女性無菌みたいな構造を生み出したのだとすると、とらぶるってのは結構天秤バランスからなる作品で。・・・って通じないかな、これ?w

カルマ >> 僕は一夫一婦制に縛られてると思ってるところがあるんで、「誰を選ぶ」みたいな話は「全員と付き合えばいいじゃん」で済ましちゃいますね(爆)

LD >> …そもそも「ララは俺の嫁」、「春菜は俺の嫁」発言自体をあまり観ないような…。

みりん >> でもリトって男性男性してないからなあ。ショタっぽいというか。中性的ですよね。

ルイ >> HEYカルマさんは俺といっしょにフタコイオルタナチブを観るんだYO。

みりん >> ぶっちゃけリトが女の子でも成立する世界というかw>百合スキーの寝言w

ルイ >> そうですね。そこがバランスの肝のはず>みりんさん アニメ化すると面白いですね、そういうのは。声が大体女性になる。

ルイ >> 「かのこん」の主人公が能登さん声なのは、明らかに中の人による百合プレイを見せているはず(やっぱり真顔

LD >> 通じていますが、それっていい事なの?w>ルイさん

ルイ >> 良いかどうかはともかく、日和ってる風に見えて結構チャレンジブルって評価になるのかな?w

カルマ >> その感想書いた人が、典型的な「若いアニメオタクのメインの層にいる人」なんですけど、酷い感想だったから「今のアニメオタクの人はこういう感想を持つんだ」というサンプルとして見てただけですね。

みりん >> エロ場面でもショタっぽい男の子がとにかく困ってるってバランスが良かったんですよね。これがもうちょっと男の子っぽい感じだったらおかしくなってるというか

LD >> 「かのこん」録画してるお。今から楽しみだお(=´ω`=)

ルイ >> つまり、おっきして隠すような展開は違うってことですよね、みりんさんw表現直裁ですけどw

カルマ >> フタコイオルタナチブはリアルタイムで観て感動してました。アレは恋愛感情というより「家族」的な印象がありますけどね。

カルマ >> 男性性の排除は、もう今の萌え作品の主流ですよね

LD >> う〜ん、なんか凄い際どいバランスって事?「いちご」だって東城vs西野、論争は起きて西野氏ねとかあったと思うよ?

みりん >> おっきしちゃダメでしょうwある意味ストイックさを求められるというかw>ルイさん

ルイ >> あれぇ、カルマさんソウルブラザーじゃね?w>フタコイ感動 いいですよねえ、あれは勇気ある、選ばずの選択の物語ですよ。

みりん >> 女性向けだとそれがリボーンに行くんじゃないですかね>男性性の排除

みりん >> いちごのWヒロイン論争は凄まじかったからなあw

カルマ >> でも、ショタっぽい「ネギま!」のネギくんはけっこう感想見ているとウザがられているんだよなぁ・・・天然ジゴロだからかな?

ルイ >> うん、見えるな>リボーン それが以前の、ヒロイン排除的な話に繋がるわけですよね

ルイ >> ネギくんは結構男性性に溢れてますwショタで通じたのはクンフー倣う前くらいでw

カルマ >> イカファイヤーが、あんな造形なのに『怖い』と思わせる時点で「勝ち」でしょう!

みりん >> ショタっぽい可愛い男の子が主人公とヒロインを兼任しちゃうって構図と、男の子にヒロインを感じられない人の為に、陰性のヒロインであるクロームを用意する構図

カルマ >> あぁ、ツナとクローム絡まないかなってずっと思ってますね(笑)>リボーン

みりん >> 結構絡んでますよ。クロームが骸さん以外で心を開いてる数少ない存在って感じで>カルマさん

LD >> だねえ…というか選ばすというか、とにかく“ああ”なんですよねえw>「フタオル」

ルイ >> だって3人だと分子として安定してるんだもんっていう話ですね、フタコイはw>LDさん もうこれが見えてるかどうか、その一点とも言える作品でw

カルマ >> 3人で居ることが自然体って印象ですね

ルイ >> さすがブラザー。

LD >> ツナがすごく良くできたキャラだとは思いますね。…多分、ネギくんが目指す位置があそこらへん。

カルマ >> そうなんだ、安心しました。 アニメを最初の方観て、雑誌を未来に行くちょっと前から読み出したんです>みりんさん

ルイ >> ・・・と、あとは「ネウロ」かな。Xの事件とつなげてくるとは思いませんでしたが、一気に作中の空気が変わりましたね。ギャグとシリアスを混ぜ込む作品の中でも、松井先生のこのあたりの上手さは絶妙。

みりん >> ツナくんは最初期のひねくれた冴えない現代っ子からよくシフトチェンジできたなあ

ルイ >> ネギくん目指すにはちょっと、赤松先生のタッチなり造形手段との問題が・・・w

カルマ >> カラスが鳴き始めたと思ったらまだジャンプという恐怖(笑)

ルイ >> ツナ、序盤は内気なツッコミキャラでしたよね。

みりん >> 笹塚さんが役に立ってる描写とか松井先生は警察側を立てるのが上手いなあ

LD >> クロームは“位置取り”の勝利という気がします。ボンゴレ・ファミリーとの距離感がよくって。

ルイ >> サンデー7分、マガジン9分、チャンピョン4分で完璧だな。

カルマ >> 目指す先にツナはいない気が・・・? あぁ、組織のリーダーとして、か。周りに支えられ・・・みたいな感じですか?

みりん >> 内気というか内弁慶なキャラから所謂いい子系になりましたよねw

ルイ >> ああ、そうか、王将としてのあり方としてか。

LD >> いや、でも闇魔法で武装したネギくんて、やる気モードのツナくんと雰囲気似ているかもw

ルイ >> 今回のネギくん、何か止揚・・・ってサンデーいきます?w

みりん >> 自分を慕ってる部下がいて、雲雀さんみたいな何考えてるかわかんない人がいて、骸さんみたいな敵だか味方だかはっきりしないけど、役に立つ人がいて…みたいなバランスですね

カルマ >> サンデー・・・サンデーか・・・ふぅ・・・orz

LD >> いや…どう言えばいんでしょう。ツナくんって、守って上げたい雰囲気と、最強モードになった時の頼もしい雰囲気が両立しているキャラなんですよね。…そこらへん多分、ネギくんも近いはず…という主旨です。>目指す先

LD >> 渡瀬悠宇先生が新連載です。

ルイ >> 頼れる部分と助けたいと思わせるバランス、将器の話ですよね。

ルイ >> ふえw>新連載

みりん >> ショタショタしい気弱可愛い子って感じと、ハガレンのエドとかテニプリのリョーマみたいなクール天才タイプが両立してますよね

ルイ >> まんが家バックステージに渡瀬先生の欄自体ないっていう。

みりん >> 身もフタもない事いうとふしぎ遊戯っぽいっすね

カルマ >> 異世界召喚ものなんですか?今週はサンデー手に入らなかったので・・・

ルイ >> うーん、でも一応サンデーっぽいタッチは意識しているかな?

ルイ >> いえ、異世界ものです。(召還ではない)でも、本来の自分のいる場所からそうではない場所に送り込まれ・・・っていう流れが存在するので、実質異世界召還モノとして読めちゃったりもする。

LD >> 将器…まさに勇者というか主人公の話かもしれません。ツナくんはスタート時は二重人格系というかMAXが既にあってそこから両極の自分を融合させて行く流れですけど、ネギくんはやはりオーソドックスに下からMAXを目指しているんですよね。

ルイ >> まあ導入から華があって宜しいですね。>アラタ 主人公の視点そのものが読者の視点なので、今の所の「わけわかんねー感」は望む所でしょう。

LD >> ん〜?異世界から“こっち”に来る話かな?>渡瀬新連載

ルイ >> ほうほう。逆召還だと。・・・逆犬夜叉?

LD >> ア、アラ、ただんだったり?…orz ややこしいタイトルのマンガが増えている件。orz

ルイ >> 新たな神の語り・・・新神話って覚えればいいよw

みりん >> でもまだ作中では両極を融合させるってより差異をはっきりさせてる段階っぽいんですよね…絵柄や性格もショタモードとクールモードで>LDさん

ルイ >> ぬらりひょんの孫は、クール分への融合完了が早いねって話にも繋げられますねw>ツナ

みりん >> 多分アラタって言われるんでしょうねw

みりん >> ぬらりはクール分に普段が近づくって感じだけどリボーンはもうちょっと別人格として割り切ってる感じかな。可愛いツナが好きって層が多いってのもあるけど

LD >> 「結界師」の無の箱は、箱根細工みたいな感じにバラバラに分解できると観た!(`・ω・´)

ルイ >> 「ハヤテ」はらきすた談合などをしつつも、そういえばすっかり忘れていた後輩とのクイズ決戦。ハムスターは安定して回るけど、安定しすぎていてすごく予定調和です。

ルイ >> それにしても「魔王」の最近の好調ぶりは一体どうしたことだと。

みりん >> らきすたのは無駄に完成度高いなw

ルイ >> ここ5週くらいずっと一番候補クラスの印象しかないぞ、魔王・・。

カルマ(携帯) >> マガジンに入ったらまた復帰しまふ。

LD >> そうですね。常にMAXモードというわけではないですし、そうする事もないでしょうね。>ツナ ただ、元々弾丸に撃たれないと出てこなかった死ぬ気の自分をどんどん制御して扱うようになって来ているなと。

みりん >> いわゆるヤンデレっぽいなあw>魔王の弟君

ルイ >> 弟に継ぐ物語だったらイイナとは思ってたんだけど、ジャンケン無敗もそれきっかけとか、何か理想的な流れでした。ってか、腹話術の次がジャンケンか・・・orz同様にちっぽけな能力に思えるけど、未来予知全般だったりするのかな?

ルイ >> いや「魔王」ね、最近ネームがノリノリなんですよね。大コマの使い方とか、ここ!ってところの表情とか・・・今週だと、勿論弟の最後の表情ですけど、こういう所のひきつける力がグングンあがってるなって思いますね。

みりん >> 勘が鋭いというか直感力みたいな感じなのかなあ

LD >> 「ケンイチ」は、しぐれさんと千影が、やはりかなりかぶり気味な件。

ルイ >> 無敗ですよね。無意識の内に何かを観ているとしか思えない。色々裏読みすれば、相手の手先だけ、或いは脳の小さな命令だけ実行させられる、とかもあるけど。

ルイ >> かぶってますね。まあ、ワザとじゃね?>ケンイチ しかしケンイチは先週の悪徒を読むべきなんだぜw

LD >> 予知能力だったと思います。もともとは、もっと未来を観ることができたはずだけど…。>「魔王」

ルイ >> そういう描写あった気もしますよね>予知 漠然とした不定期の力を常時使用に固定しようと思ったらこうなった、みたいな?

LD >> 多分、それの精度を上げて、数秒先の未来が確実に“視える”状態にしたのではないかと。…それで犬養やマスターと戦うんですね。

LD >> おっと、同じ事を言っている(汗)w …長年、チャットしていると思考のシンクロ率が高いんだぜ?(汗)

ルイ >> ああ、同じような事を言っているのかな?・・・こう、自分の基本技として成立するように落とし込んだという印象ですよね。

ルイ >> 道理でギギさんとLDさんがチャットすると数行で終わるわけだぜw

LD >> それから蜂女がまたもや置いてけぼりにされた件。今さら出てきてもかなりカコ悪い件。

ルイ >> うーん、ハチ女はゴスロリからメイドファッションになっているのではないかという斬新な卓見←どこがよ 

LD >> あれ?wここまで太字にする気もなかったんだけど(汗)

ルイ >> 安藤編のラストで、マスターと泥試合やってましたよね?もう犬養には到底敵わないことを見せ付けられてしまtっているので・・・扱い難しいな。

LD >> 弟は狂っている分、犬養に近づけるかもね。

ルイ >> まあまあ(笑)>太字 ※明らかに言い訳だろお前、とでも言わんばかりの優しい笑顔

LD >> 「あおい坂高校」はラブコメな件。

ルイ >> 弟は兄貴と比べて、動機も覚悟も踏み越えてますよね。兄貴が死んだ、殺されたということを踏まえているわけだし。

ルイ >> まあ、ベタ即悪ではないってとるてあの西村監督が言ってたけど・・w>あおい坂 ベタですねえw

LD >> 「お茶にごす」って、もしかしてライバルは「よつばと」なのか?

ルイ >> 何も言わず泣いて走り去るって・・・あおい坂の青春ラブコメ指数が問われるな。MAXだと勝利投手インタブーで告白するよ。

ルイ >> んえ?w>ライバルよつばと その視点は素でなかったw

LD >> 兄貴は悪いことが起きるのではないかという予感の元に不確信に動く、デッドゾーン的な部分がありましたけど、弟はもう既に悪い事は起きていますからねえ。

みりん >> その視点はまったくなかったっすw

ルイ >> せめてとめはねっ!とか、そっちをライバルにしないか?w

LD >> ライバルって言い方は正しくなさそうだけど…でも「お茶にごす」もやっぱり特に何もおきない日常を描いているよね?

ルイ >> うーん、でも「お茶」の描き方は竹内まりあじゃないけど「毎日がスペシャル」な描き方じゃあないと思いますよ。あくまでキャラがいて、キャラの精神を見せる為に出来事があるという主従はハッキリしている印象。

LD >> 部長がじきに引退という話を皆華麗にスルーしましたが、これは時限爆弾w

ルイ >> 何も起きないようでいて、誰かの心は確実に見せようという意図がある・・・よつばとの場合、出来事とそれを感じ取る視点があれば既にそれでいいってくらいの割り切りを感じる時がありますからね。

みりん >> あ、すいませんそろそろ落ちます

ルイ >> 部長がいなくなったらこの優しい世界はどうなるのか、という奴ですね。ちなみに副部長の器不足は少し前にしっかり描写済みという抜かりのなさw

ルイ >> お疲れ様です。一番何ですか?

みりん >> ジャンプの話で色々長引かせるような事ばかりで申し訳ないですw

LD >> ……かな?>キャラの精神を見せる そこらへんは、西森先生とあずま先生の心構造の差っていう言い方もできそうだけど、まあ、無理に繋げる話でもないかw

LD >> いえいえ、どんどん長引かせる話をして下さいwお疲れ様でした。>みりんさん

みりん >> 魔王か銀魂ですかねえ

みりん >> お疲れ様でした!

ルイ >> 面白さは時間を凌駕するのですよw

ルイ >> まあ、あずま先生もあれで真っ直ぐ物語を積んでますっていう主旨で話すなら、そういう言い方もアリなんでしょうね。西森先生は、どんなフニャフニャしたエピソードは大体必定の気概でw入れてると思いますよ。

ルイ >> ×エピソードは ○エピソードも

LD >> 「月光条例」あ……パンチありなんだ。

ルイ >> 「神のみぞ」は桂馬へのデレルートが見えたな、桂馬!・・・桂馬は観てないのか。こう、作品セカイそのものを「クリアしたい」というのは素敵ですね。

ルイ >> 「金剛番長」は何かかませの卑怯番長が活躍していますよ(棒

LD >> 「神のみぞ」はハクアは、もう惚れちゃうの?

ルイ >> いや、ある程度積んで中ボスあたりにハクアに駆け魂ってのはどうでしょう。・・・って、何か駆け魂の重要な設定が語られたようだけど、特段リアクションが浮かばないw

LD >> なんか、どうも鈴木先生、卑怯番長はかなり気に入っているみたいですねw

ルイ >> まあ、誰にも先駆けてパワーアップしましたからねw>卑怯

LD >> 実は、逃げた駆け魂は既にハクアの中に隠れているってのはどうでしょう?

ルイ >> ただ、卑怯番長という矛盾を思いっきり抱えたようなキャラが、マシン番長の心のなさを詰るというのは良かったと思います。他の誰が言うより味があると思うので。

ルイ >> す、既に!・・・エルシィのセンサーどうなってるんだよwあ、悪魔の中だからわからない?

LD >> 「スペシャリテ」は読みやすいなあ…。

LD >> エルシィはドジっ娘だから…(´・ω・`)

ルイ >> 多分今一番読みやすいクラスだと思いますよ。ブレが笑っちゃうくらいないので。オドロキもないけど。

ルイ >> 「ハイド&クローサー」はこれ、巻きで捉えていいんですかね?パワーアップ前の第二部直前にも見えてしまうわけですけど・・・

LD >> 巻きでしょうねえ…ってここからが何気に長いのがサンデーだったりしますが。

ルイ >> 「ゴールデンエイジ」はいよいよそこ>PKならかもめ絶対不利 に踏み込みましたね。・・・ここまで強調されると、PKで勝つ事に最高のカタルシスを感じるんですけどw・・・流石にムリがありますか?w

ルイ >> 近江をGKにして合計スコア1−0みたいなのはダメかなーwファンタジーすぎて作品音頭と違うかw

LD >> 今、GKは徳ちゃん、退場で、蓮葉でしたっけ?

LD >> ……ここで、実は蓮葉の方が単体技術ではSGGKだった!ってオチですよ?(`・ω・´)

ルイ >> 近江の凄い能力とチームへの献身、というもので既に点をとってしまったので、マンガの常としてw同じ方法は取れない。・・・点をとるなら唯くんがリベンジする必要がありますね。SGGKの格自体はまるで落としていないから、結構難儀だ。

ルイ >> いや、というかPKってそこまで止められるもんでもないですよね?wでもこのSGGKはどーも、止められそうだ。

ルイ >> 蓮葉の格上げはブリーチじゃないので行われませんw

LD >> SGGKくんと唯くんの格付け勝負みたいなのでもいいのですけど、その場合、かもめもPKを止め続ける必要があえるのです!(`・ω・´)

ルイ >> 「ギャンブルッ」が良かったですねえ。沢尻の丁寧な解説に対して、マサルが最後の一言でグアッと喰ってかかるという。ここのマサルのセリフは、正直予想を超えてました。

ルイ >> うん。だから、PK戦になると偉く描き方が面倒ですよねw

LD >> なにぃ!蓮葉が「卍解!」とか言うのか!(←話まともに聴いていない)

ルイ >> まだ変身を3回残してるとかでもいいですw

LD >> 沢尻の強さは、超感覚ですからねえ…これは究極的には…というかマサルから観れば「沢尻のお兄ちゃんはギャンブルをしていない」って事なのかも。

ルイ >> ほほうほう。

ルイ >> つまり、マサルは沢尻のしている事は見抜いたけれど、自分はできない&やらない?

LD >> さてマガジに行きましょうか。

ルイ >> マサルのこれまでのギャンブルに「相手を見てこそギャンブルだ」っていう芯を感じ取れたら、その読みはいけそうだな・・・そして、実際可能っぽいな。

ルイ >> ・・あ、でも競馬は・・・まあ、「人」を観てはいるか。あ、マガジンマガジン。

LD >> 同時に、ルーレットを回させない事で、沢尻の感覚の限界も表してますしね…。これで超感覚で勝敗が決まるギャンブル勝負に行ったらすごいかも。

ルイ >> マサルだったら、ルーレットを回さないっていう選択自体とれないかとらないのかもしれないですね。

LD >> GiGiさんも言っていましたが「覇王伝零」の世界の人は、ほんっと駄洒落が好きですよね。

LD >> 正に駄洒落覇王伝。(←何が正になんだろう?)

ルイ >> 殺さナインの世界ですからね。っていうか、これ復讐気分に浸れるか?w>頭の文字の意味

ルイ >> もう王探しなんてマジどうでもいっていう割り切りがたまりませんw

カルマ >> この問題は・・・ひどいですよねぇ(苦笑)>ゼロ

ルイ >> 数字クイズは、何か図形を思い浮かべなかったので答え方が違うんだけど、正解の8は出せたぞ・・・200分の1にして6足しただけなんですけどねw

LD >> 「フェアリーテイル」はラクサス編に突入。

カルマ >> 僕は、2倍に6を足すっていう共通項で8が出ましたよ(笑)

ルイ >> 結構この問題、不思議なんですよね。いつ髪の毛をそうしたとか、答えない限り解答の可能性はゼロで。一応、解けうる状態にまではもっていってあげてるんですよね。失言だけどw

ルイ >> てっきり別ギルドを立てるかと思ったらフェアリーテイル再建だったりするあたり、ラクサスもツンデレ(違  まあ、最終的に分裂の可能性はあるかな?

カルマ >> 解けるはずがないという思い込みからですけど・・・まぁ、迂闊ですよ。

カルマ >> ガジルがよーわかりません。

ルイ >> ガジルの中では禊ぎのつもりだったんでしょうね。不器用で可愛いと思いましたが。

ルイ >> ちゅか、零はホント一体何者なんだろうw>ラーメン丼

LD >> ガジルはつっぱているとラクサスとかぶるので、ああしました…って感じですけど、そもそもガジルを仲間にする必要があったのか?

ルイ >> ナツに負けた奴は心もすがすがしくなるんだっていう主人公格の問題>ガジル

カルマ >> 仲間になった経緯から分からなくて・・・ジュビアは分かるんですけど、弾き語りだしたのもキャラ付けが不明だし。

LD >> クイズ王じゃないんでしょうか?>零は何者 そろそろ「零」と「アメリカ横断ウルトラクイズ」のMAD作る頃合いじゃないかと思うんだ…w

LD >> その理論から行くと、ジェラールもすがすがしくなるハズですか…さてw

ルイ >> いやここはアタック25だろうJK・・・

ルイ >> ジェラール死に際に清々しくなったからエルザを解放したっていう読みがあるんだぜ?

LD >> いや、エルザ、ナツ、グレイ、以降、強い団体戦要員が不在だったじゃないですか。これにジュビアとガジルを追加しようという腹ですよ?w(←適当)

ルイ >> ガジルなりに、こういった空間に飢えていたのかもしれませんね。僕は今ナツの〜と言ったけれど、作品としては「フェアリーテイルの磁場」と言った方が正しいのかも。で、それに嫌気がさしてるからこそラクサスとの対比が際立つわけで。

ルイ >> サンデーやチャンピョンが平野綾で攻め(媚び)ようが、マガズンは堀北さんだべや。

LD >> 「純情カレン」はあまりの展開の速さに笑ったw

ルイ >> メンツがズバーっとw>純情カレン

LD >> いやぁ〜、なんか「フェアリーテイル」磁場的にラクサスもいいヤツで終わりそうな気もしますねえw

ルイ >> うん、さっき書いた通り、フェアリーテイルを壊すとか別に何か作るってんじゃなく、フェアリーテイルをラクサスなりによくしようっていう・・・wそっちも見えますねw

LD >> 女マネまで!しかも、次回、キャラの特性紹介!w>「純情カレン」

カルマ >> 純情カレン、本当にあっさり行きましたね。

ルイ >> つか、女マネに定員とかってそんなにあります?ウチの部活だったら来た分だけ歓迎しましたがw

ルイ >> 「はじめの一歩」は悲しい事にランディのターンが始まってしまう模様。やっぱりいつもの森川先生でした本当にありがとうございました。

LD >> 「青春少年マガジン」は栗原編集長の素晴らしさを堪能…。

ルイ >> 青春少年マガジン面白すぎるけど、バクマンやらヘタッピマンガ〜やらの対比と考えると、マガジンの硬派さは異常w

ルイ >> 何か柱でフォロー入れれば入れるほど「これくらいの覚悟してこいやぁ!」の置き換えに見えてしまうw

LD >> 「君のいる町」はいいところ突いてきた気がしないでもないかもしれないことかしらよ?(←何なんだ?)ここから盛り返すのはイメージないというか、ちょっと読んでていい感じに鬱です。

カルマ >> ランディ立っちゃいましたね。もうボロボロにしか見えないんですが(苦笑)

ルイ >> 「君のいた町」今週はいい感じではないでしょうか。

ルイ >> いや、でも何か大砲じゃなくてジャブとか言っちゃいましたからねw>ランディ

カルマ >> 青春少年マガジンは凄かったですね。鼻血出てるとかリアル(汗)

カルマ >> 読者が感じてるダメージ量と、説明が噛み合って無いんですよ(苦笑)>ランディ

LD >> 幼馴染み積みをしたキャラが、「兄弟にしか思えない」とか言ってフルのは、伏線のある話なんですけどねえ…。こう、もう取り付く島がない(汗)w>「君のいる町」

ルイ >> 柚希の言ってる事って、全部自分自身に当てはまるという演出ですよね。おのれ瀬尾先生〜。うまい事やりおって〜。>君のいた町 ←意地でもageのエロゲーにしたいらしい

LD >> …ってか、ハシラ読むと目茶目茶好評ですねえ!>「青春少年マガジン」

LD >> ああ…age買わないと…。

ルイ >> 僕の感覚だと、フタコイとage作品でいいバランスですねwって、それはマブラブオルタだけでも遊んでれば感じるんじゃね?

ルイ >> (・・は!オルタ繋がり!全く意識してなかったのに!)

LD >> 「コードブレイカー」おお…!今度は桜が命を狙われるのか?そして大神は行動不能で、相手を燃え散らせないと。

ルイ >> 桜がかなり「勝手に動き出して」ますね。今週の表情とか、絶対キャラ表情集にはいなかったと思うw

ルイ >> ちょっと大神の行動不能説明ゼリフは何とかならんのかと思いましたがw展開としては面白い所ですね。ムリして大神が飛び込んでくるあたりまで見えるけど。

LD >> 「オルタードフェイブル」はゆるくて楽しかったお。

ルイ >> オルタードフェイブルはバレーの難易度が微妙にクセになるけど、他はほとんど脳内消去したおw

LD >> 少なくとも桜が暗殺者と「殺し合わ」なくてはならない状況になるまではブレイカーたちの登場はなくなる…と観ました。(←ハードル上げ読み)

ルイ >> オルタードフェイブルはage作品らしからぬというか・・・極上生徒会みたいな作品ですねw←また伝わりにくい

カルマ >> 上条先生のクドさですよね・・・>大神の行動不能説明ゼリフは何とかならんのかと

LD >> 登校時の真っ平らな風景がとても好きでw……あれは素晴らしい。>「オルタド」

ルイ >> 「花形」うーん。いずみのさんに教わった通り(持ってるんだけどすっかり忘れてたな?w)伴のアレなオチが待っていそうなラストのコマですね。ちょおっと新規読者に「先読みさせない為」に、伴の積みを怠ったかな?と思ったりも。

カルマ >> 桜って「ええとこのお嬢ちゃん」みたいな設定ありましたっけ?

ルイ >> そこかYOw>平らな風景 ああ、あれがフェイブルという作品世界の精神そのものも顕しているという(ry

カルマ >> 僕は原作をほとんど知らない(懐かしのアニメ特集で触れられる程度の知識)ので、元々どんなキャラなのか知りませんが・・・新訳では、実直な男だという印象ですよ。

LD >> 栗原「じゃ、何ページなら描けるんだ?」→小ん林「4ページですかね」→栗原「よし!4ページでオールカラーにしよう!!」→シビれる!!栗原編集長!!w

カルマ >> >伴

ルイ >> あ、積みつっても長期的なものではなく、この回のネームとして、という事なんですけどね。そこが意識的なものなら、来週の花形で、伴視点で描いたりすると思います。

カルマ >> ショートコミックというジャンルを作っちゃったというのが、もう。>4ページ

LD >> そうだったのか…!!(`・ω・´;)>真っ平らな精神世界

ルイ >> しかし、この流れだと星は伴を罵倒する・・・のかなあw

ルイ >> ちょwLDさんが言い出したようなものなのに、そのパス酷くね?w>マッ平らな精神世界

GiGi@もう寝ます >> あら、まだ終わってない(笑)

ルイ >> おはようございますw

カルマ >> あぁ、1話で伴の視点からモノローグ入りで葛藤して、結果邪魔をする、みたいなことでしょうか>来週伴視点

カルマ >> おはようございます〜☆(笑)

ルイ >> で、さっきギギさんに力説した(してねえ)「ゼロセン」の良さなんですけど・・・展開自体は類型的なのに、そこに零戦というものを絡めただけで、スケールが一気にハネ上がっているんですよね。

LD >> あわわわ…(涙)島田英二郎先生、こんなにペンタッチがこなれちゃって…ごりごり太い線じゃない英二郎なんか英二郎じゃないやい!!>「伊達グルーヴ」以来のファン

ルイ >> はい。今週もラス前のページで、伴のコマを敢えて隠していっていて・・・

LD >> いや、作品をよく顕していると思いますw>真っ平ら

ルイ >> それは、「君の為に死ぬんだ!」とか言われたら軽くヒイてしまうんだけど、結果はどうあれ、零戦は本来戦闘機としての使用目的で作られ、その目的は国を人を守る事で、それは想いを繋ぐことなんですよね。大戦末期、そうではない使われ方をしたわけですけど・・・21世紀にこんな使い方で蘇った事で、零戦のそのコアの部分、先んじた世代が後ろの世代を見守るという・・・そこがクローズアップされているんですね!これぞまさに新訳ゼロセンというか・・・俺は感動したね!したとも!  ※以上・妄想乙

ルイ >> は、は、はんなりヒロインだとう!?!?←おかしくなっている

LD >> 「ネギま」ですけど、フェイトの本名に、のどかは何か思うところがある見たいですね。

ルイ >> 先週、のどかの読みを上手く引き返す手段について色々考えをめぐらせていたわけですけど・・・石化で消すってのはうめぇなぁ。

LD >> (´・ω・`)そうなんだ…。>零戦

エルバ >> バシンチャットはここですか?

LD >> とりあえず、どっから飛ばしたんだろう?とか考えちゃだめなんだね?w>零戦

ルイ >> そうなんですよ ( ・Д)!←振り向きザマ 戦後日本ならではのJRに零戦が並走することに、これくらいの感動はしないといかんよ、チミィ←偉そう

LD >> うお!始っていたか!

ルイ >> ああだめだめだめもう絶対だめねw>どこで滑走

LD >> 。o(…飛行艇とかなら、隅田川から飛ばせるかな?…)

カルマ >> 石化は本当に上手かったですねぇ。 アベアットしたらアーティファクトは修復されるのかしら?

ルイ >> 校庭から飛ばせるんじゃね?w

カルマ >> すみません・・・ロマンが分かりませんブラザー。>ゼロセン

ルイ >> ダメかなぁw僕結構素で感動したんだけどなあw>ロマン 零戦が数十年後の日本の若者の巣立ちを見つめてるんですよ?涙で手てこねぇ?w

LD >> ちゅか、アーティファクトに何か書いてあるな?

ルイ >> コタローの石化は永遠じゃないから大丈夫だったのか・・・

ルイ >> しかし、ネギ先生が何か光と闇を止揚したような状態に見えた件。

LD >> でけ〜!都内のクズ高校でけ〜!!w……と言いつつ着陸はしていたよな?かつ、カレは空母戦隊か…。

カルマ >> 永遠石化だったら、おそらくネギの村にいる人と同じ事になってますね>コタロ

カルマ >> 闇魔法を使いながら、白いオーラを纏っている?ようにも見える気が・・・?

LD >> 現実世界の人間を巻き込むのは本意じゃないけど…君のその能力は看過できない……か。>アーティファクト

ルイ >> まあ、石化だって、殺すという手もありますよね。シンプルに。>対のどか

ルイ >> でもとらない、と。・・・あとこの回、地味に月詠のセリフが良かったです。「殺してしまいますえ」になりそうなところを「全部頂く」にした事で、何かエロスな響きも含むという。

LD >> あれ、なんでしょうね?>白いオーラ

カルマ >> 質問をするのは形式的なモノで、表層意識にその答えを浮かばせればいいわけですが・・・フェイト、改めテルティウムには通用しなかったようです。

LD >> 月詠は「ネギま」らしからぬ、エロさですねw

ルイ >> お京はベアトリーチェかな・・・?

ルイ >> ネギまらしからぬってどうなんだろうw

カルマ >> 電気系の魔法を装填しているから、白く光っているという風に考えましたが、どうでしょうか。あくまで闇魔法は身体に紋様が浮かぶので・・・

ルイ >> (マイサンシャインカモーン・・ナムナム

LD >> これまで、あんなエロいヤツいましたっけ?w>ツクヨミ ぎりぎり刀子先生くらいじゃね?w

カルマ >> 月詠は初登場時ははんなりした感じだったんですけど、狂気を見せ始めましたね。

ルイ >> カタナなめたり疼いたりしてたからなぁ・・・w

ルイ >> で「ベイビーステップ」ですね。妥当な結末だったのではないでしょうか。

カルマ >> ハプニング的なエロさならともかく、倒錯した欲情はネギま!には無い感じですね。

LD >> 白いのは電気まとっているからみたいですね。

ルイ >> 荒谷が叫ぶ事で、彼の意思の力で手繰り寄せたのだ・・って風に見えるところが良かったな。実際は、叫ぶ前に結末は決まっているのだけれど。

エルバ >> ベイビーステップは良い結末でしたね。今後にも繋がる感じで。

カルマ >> 荒谷が叫ぶシーンが好きです。気迫で押し込むというか

LD >> ハッキシ言ってツクヨミ、股間濡らしてますよ?…今まで「ネギま」でそんなヤツ見た記憶がないw

カルマ >> 咄嗟に手首で逆を突くのを真似るのもイイ。

ルイ >> まさに高めあいの試合だったわけですね。タクマはこれ、どっちが相手でも2人による高まりと戦うことになったんだな。

カルマ >> で、負けたときの見開きのすがすがしさはなんだ!

ルイ >> ナツの慰めもいいですね。そしてメガネ娘は、どのマンガでもどうしてかこんな役回りばかりw

LD >> 「ベイビーステップ」は荒谷の「サンキューな」が素晴らしいw…で、次週は荒谷と江川の違いを出すんでしょ?(わくわく)

カルマ >> 荒谷がギュッと握って・・・これはもう、素晴らしい戦いをしてくれた相手への敬意ですよね。

カルマ >> 荒谷がギュッと握って・・・これはもう、素晴らしい戦いをしてくれた相手への敬意ですよね。

カルマ >> ネギ先生に惚れてる子は、年齢が年齢なら、じゅんじゅんしてると思いますけどね(笑)>濡らす

LD >> メガネだからだな…(´=ω=`)

ルイ >> それ以上に、自分が成長したっていう実感があったんじゃないですかね。プロを目指す男だから、そういう自分へのリターンも、打算とかじゃなくて組みこめてこその表情だと思います。

カルマ >> 悔しくて泣き出すシーンは、エーちゃんの気持ちとシンクロして泣きそうになりました。

ルイ >> ナツの言う通りで、泣き出せる時点で凄いよっていう話ですね。しかし、これによってナツのテニス動機は保留になったのだったーw

カルマ >> あ、それも書きかけました。>成長した実感 成長というか、荒谷自身がエーちゃんを通して「気づき」を得たという印象ですけど。

LD >> さて、そろそろ平野…じゃなくって、チャンピオン行きましょうか。

カルマ >> そんな話もあったっけ・・・凄い過去に思えます(笑)>テニス動機

ルイ >> (平野・・

ルイ >> まあ、感謝しましょうか。

LD >> 「克巳」ですが…寝るってどういう意味?w

ルイ >> 感謝してから語りなさい!w

カルマ >> チャンピオンですか。寝ないとマズイんで、落ちますね。ベイビーステップについて書くために頑張って起きていたので(笑)

ルイ >> 克己読みはずっと前に話していたまんまではあるんですが、先週の超クライマックスの翌週ってあたりが流石すぎます。あざやかなネーム運びに感謝を。

ルイ >> お疲れ様です。ここまでの頑張りに感謝←ヒツコイ

LD >> 「ベイビーステップ」は素晴らしかったですね。カルマさん、お疲れ様でした。

ルイ >> あの、ホラ、気持ちよくパンチが入ると気絶する、的な?>寝る ・・・せめてそう取ってあげないと可哀相すぎるw

カルマ >> というわけで一番は「ベイビーステップ」か「青春少年マガジン」で。

LD >> う…あ、さ、サンクス…。で、寝るってどういう意味でしょうか?(汗)

ルイ >> 意識を刈り取ったくらいは出来てないと、マジカワイソス・・・>寝る

LD >> 気絶したんだったら勝ちじゃないの?

カルマ >> ・・・カンシャ?

ルイ >> (つか、なんで外人なんだ・・・卑怯?だぞ・・)・

ルイ >> うーん、10カウントルールとかではないだろうから・・・w

LD >> 博士「真マッハ打ちで気絶したと思うか?……スローモーションでよく観てみるといい……ピクルは克巳くんの打撃があたるコンマ3秒前に、深い眠りに入っている…」とか?

ルイ >> ピクルは超回復する為に、ダメージを負うと冬眠するのだっていう設定はどうだろう(どうにもなんねえよ

ルイ >> んなw

LD >> んじゃ、これから仕留めるんだよね……って多分、利かないんだろうけど。

ルイ >> 一応先々週あたりの打撃を観ていると、いくらなんでも眠りも冷めないほどの蚊パンチって事はなかったと思いますが・・w

ルイ >> まあ、鮮やかな魔法の解けぶりですが・・・今週、バキも普通に称えちゃってますよね。これ、バキの格がピクルより克己に近いようにしか見えないじゃないか。どうするんだ。

LD >> めちゃめちゃ感心してますからねw>刃牙

LD >> ん〜(思考中)まあ、意識をとられる程度で、ダメージはゼロって事が言いたいのかな?

ルイ >> キレはいいけど、重みはないって話かもしれないですね。

LD >> ん〜(思考中)まあ、意識をとられる程度で、ダメージはゼロって事が言いたいのかな?

ルイ >> さて「弱虫ペダル」も一番候補なんだぜ。

ルイ >> LDさん、最後の叫びの素晴らしさを説明してあげて!(ムチャパス

LD >> 博士「だから言ったじゃろう。どんなに克巳が練度を上げて最強の一撃を撃とうとも、Tレックスの一撃に勝る事は有り得ないと!」な感じ?

LD >> 何のパスやねん!…それ以前に「ヒメ!」の意味がわからへんねんw

ルイ >> ・・・っかぁ〜!!!LDさん、そいつぁダメだあ!ダメダメだあ!orz

ルイ >> 説明したら一番推ししたくなりますよw・・・ヒメってのは一巻詠めやぁ!坂道クンの、大好きなアニメなんですよ!ラブ☆ヒメですよっ! 彼が魂の全てを吐き出したその先に、コアに「ヒメ」がいたんですよ!それはつまり、オタクがチャリこぎ始めました、オタク脱却アスリートですか、みたいな最近の流れに対し、彼の熱情はそこにある!という事を示したという・・・それほど、魂の根っこの所で愛してたんだ、アニメを!という証拠になってるんですよおおお。

LD >> いや、この回に絞ってポイントを言うなら、今泉くんの顔が圧倒的に崩れていたのが良かったですね。>「弱虫ペダル」

LD >> …あwそうなんだw>ヒメ

ルイ >> つまり、最後の叫びによって、ロードレースとオタク趣味というものを、高次で等しく並べてみせたんですよね。

LD >> 。o(…なんか今週は「ゼロセン」といい、ルイさんのテンションが妙に高いぜ……?)

ルイ >> だってその2つ、普通に感動したのに誰もついてきてくれないんですものw

LD >> それはいい話ですねw…ともかく最後のふんばりを出す時の反射というかリフレインが「ヒメ」だったとw

ルイ >> はい。パンドラの箱にも似ているというか←ムチャ言うなw こう・・・全部吐き出していって、体にあるものを全部吐き出した結果、最後に残ったのは希望ならぬヒメだったとw

ルイ >> まあこれ、伝達性考えたら、バックに「ヒメ」をぼんやり描くくらいでよかったんですかねえ。でも、それやったらギャグですよねえw

LD >> 最後の一滴まで出し切ったから出てくるものって事か。

LD >> ぼんやり描いても良さそうですけど…まあ、際どいですねw>「ヒメ」

ルイ >> 何かこう、ロードレースマンガを描く為の導入として、アキバボーイというのを利用しようというか・・・そういう初動エンジンとしての役割もあったわけですよね、オタクって。実際作品の中では特にオタクらしき引用などがあるでなし、ロードレースの面白さを描く事に集中していて・・・ああ、やっぱりオタクはロードレースの楽しさに目覚めるまでの踏み台だったのかな、という風になってきた所で、この叫びが一つあると・・・オタクもロードレースも情熱で繋がっている!というこれ以上ない表現になりますよね。絵は今泉くんの方が良いんですけども。

ルイ >> ここが、オーバードライブとの違いだなあ。あれは、絵だのってのはチャリの為の回り道だったんですよね。

LD >> 「悪徒」がいいですねえw バレバレの五人目もそうですけど、金坐座のキンマッソー・ソウル・ブラックがw

ルイ >> 悪徒、ギギさんも心配してたけど、巻いてね?w僕今回、読みながら「完」が最後にこないかドキドキしちゃいましたよw

ルイ >> いざ

ルイ >> 勝負!俺たちの戦いはこれからだ!ドーン!ってとこで終わりかねない勢いを、今回のネームには感じたです。

LD >> ……こ、この団体戦が終わるまでは大丈夫じゃないかと…(汗)>「悪徒」

LD >> さて、そろそろ一番を決めましょうか。

ルイ >> っと、あとチャンピョンいくつか。「冥王」サソリの逆襲始まる!?これが克己メソッドなら全国の蠍座に謝るべき。

LD >> ジャンプは…特にない…「とらぶる」かな?

ルイ >> 「ストライプブルー」・・・アー坊、これ、マジ進化じゃん・・・(笑)。

ルイ >> 「ラインバレル」すいません、コミカライズの意味がわかりません。何の為に描いたんだろう????・・・というわけで一番ですね。

LD >> 「ギャンブルフィッシュ」がいよいよアビ谷との対戦なのかな?

ルイ >> 最終フェーズっぽいですね。まあ目標金額にも達しているし、何か宵鮫とかをハケさせたし・・・

ルイ >> ジャンプは「アイシー」「とらぶる」「ワンピ」ってとこかなあ。ルフィに「生きてりゃ戦える」とか「どいつも越える」みたいな事言われると、何か新鮮だよw

LD >> サンデーは…あれ?ないなあ…サンデーも。…「魔王」かな?

ルイ >> サンデー・・・・・・・・・・・・・アラタは今週だけで評価するのもなあ。「ギャンブルッ」「魔王」でしょうか。

ルイ >> マガズン・・・「ネギま」「ベイビーステップ」「ゼロセン」「君のいる町」「青春少年マガジン」かな(多っ

LD >> マガジンは…小林先生たたおれる凄惨な「青春少年マガジン」かな。あと「ベイビーステップ」

LD >> あっと「君のいる町」もいいね。地味だけどw

ルイ >> 瀬尾先生にしてはテクニカルって言ってあげたいw

LD >> チャンピオンは、たしかに「弱虫ペダル」だなあw あれを聞くとw

ルイ >> サーセンw「ラインバレル」でもいいですよ?

LD >> 「涼風Z」なんて言っていたけど、「君のいる町」いいですよね。

LD >> …ま「青春少年マガジン」か「弱虫ペダル」だけど…。

ルイ >> はい、やっぱりユズキじゃないですかね。彼女は涼風とはちょっと違う。或いは、涼風もこういう読みができたのかもしれないけど。

LD >> 今週は「弱虫ペダル」でしょうね。

ルイ >> まあ、青春少年マガジンは圧倒的な実話の凄みでしたね。これも凄かった。

LD >> では、そんなところで…ふ〜けっこう時間がかかったなあ(汗)

ルイ >> スケジュールを考えている所がリアル過ぎて、吐き気がしましたからw

LD >> それではお休みなさい。

ルイ >> お疲れ様でした、途中参加された皆様にも感謝※これが新種族、感謝厨だ!

GiGi >> お疲れさまでした。魔王は原作だと予知なんですかね。予知でなく純粋にじゃんけんだけでいくほうがスリリングな気もします(笑)

GiGi >> 弱虫は帰ったらもう一度読み返そう。

ルイ >> ガンダム00のハリハリっぷりに吹いた。詰めに詰めたなw

ルイ >> ギボンズの管理している?アロウズは、ティターンズのような地球管理軍閥なのかな?

ルイ >> 超兵ちゃんが一番可愛かったな(真顔シリーズ あれ、プロポーズだと妄想してしまうオタを尻目に、養子縁組あたりかなw>荒熊さん

ルイ >> 戦争が科学技術を促進させるというのは世の常ではあるんですけど、エクシアを「5年前の機体」として旧世代扱いしているのがちょっと新鮮でした。これって、宇宙世紀0080年代あたりの速度感覚なんですよね。ソレスタルビーイングは技術的優位性を100年だか200年かけて蓄積したわけだけど、それを速攻で吐き出したのが一期終盤。2期に入ると、もう5年前最新機は相手にならないと、現代のPC並みの扱いになっている(PC以上か?w。

ルイ >> グレートマジンガーを2期1話に組み込むのはよいとして、という事は、今のダブルオーガンダムなりの世代の技術優位性を、数年で覆されるって事ですよね。

ルイ >> ×を ○も まあ・・・赤青白とかわかりやすい色分けをしている気もしましたが、今後には期待しましょう。しかし線整理するどころか更に増やしたなあ。普通に呑み込むだけで脳みそ稼動する必要があるじゃないか。

ルイ >> あと萌えオタ的には、爛れたスメラギさんが可愛かったです(笑)。

ルイ >> サジとルイスはロミジュリか・・・しかしやっぱりこの時代の医療技術的に、目がやられても片腕吹っ飛んでも大丈夫なんだな。もうこのへんのギミックは悲壮感には使いづらいぞ。

GiGi >> 超兵ちゃんと荒熊さんが元気だと聞いて見る気が30%くらいアップ。

井汲 >> アニメ版銀英伝の郷田さんキャスティングについてはこの辺を… http://w2.avis.ne.jp/~tpo/gingacasting.html

井汲 >> 「アッチョンブリオス」に爆笑(笑)。

ルイ >> ああ、凄く納得です>キャスティング

ルイ >> 少し前の女性声優版の妄想トークになった時も「ヤンを誰にするかで始まる話で、ヤンが違う声なら、その時点で全く違うキャスティングになるだろうな」と思っていました。

ルイ >> って、老け声じゃないやい!w

ルイ >> 若いヤンとして、か。昨夜書いたけど、ぶっちゃけ、郷田ヤンの方が「賢い=老成している」ように思えた件。

ルイ >> ちょw芸術提督初稿わけぇw

カルマ >> 養子縁組wo

カルマ >> おっさんは養子縁組を持ちかけてるけど、超兵ちゃん的には恋愛感情だという方向だと思ってました。

ルイ >> 石器時代の英雄はブルーザー・ブロディがモデル・・・これは観ながら感じていたw

ルイ >> 銀英伝、現時点でDVD10巻と、長編二枚観たのか・・・あと33枚っとw

ルイ >> いいんじゃないでしょうか>カルマさん

ルイ >> しかし、ひょっとして僕「ニニンがシノブ伝」で銀英のネタバレ喰らってたのかw音速丸=ロイエンタール若本が、雑誌読みながら「イゼルローンが目標とみせかけて実はフェザーンだっただよおおお」とかほざきだして、まあ一応「ちょw銀英w」という事は単語でわかったものの、話の事を覚えていない俺的にはなんの事だかわからなかった件。

カルマ >> そういえば1期最終話をまだ観てなかった(爆) まぁ・・・キングオブコントを観るか。

ルイ >> っと、井汲さんありがとうございます。そのサーチ能力が欲しいw

ルイ >> ハァァ!?>一期最終回 ジム観てないの!?

カルマ >> HDDには残ってるんで、観ます(汗) なんかどうでもいいTV演出が入りそうなキングオブコントは録画でいいや。

ルイ >> キルヒアイスがいない世界とあと100話も付き合うんだぜ・・・(濡れた目

ルイ >> (志向性のゼッヘル粒子で俺の脳内のアッーな部分をなんとかしないと)

ルイ >> ○指向性 何か粒子に意志があるような書き方になってしまったw

はる >> 一応、「ヒメ」で感動した人間がここにもいることを表明します 笑 次にこの設定が活かされるのはいつでしょう、、女マネに告白されても「ヒメ」とか言って断ったりしたらマジ泣きしそうです

LD >> 今週の「バシン」はとても冗長で楽しくなかったです…シナリオと絵コンテは「PIPOPA」とか「とらぶる」100回観直して反省して欲しい…。

LD >> 「イナズマイレブン」は相当良さそうです。キーパーが主人公というのも新しいし、各キャラクターの「立ち」もかなりいいです。

LD >> 「ライブオン翔」は、OPEDがまだ出来ていないという状況がかなり不安ですが、バトルそのものを作画する部分は「バシン」より楽しそう。プレーヤー自身がモンスターに変身するという設定もナイス。でもOPEDが…(以下ループ)

LD >> 「とらドラ」の第一話はかなり良いです。釘っぷりに目がいってしまいますが、岡田麿里先生を追うならこれじゃないかという気がする……これ、「終わり」まで持っていかなかったら笑っちゃうよ?w

LD >> その後の「ヒャッコ」も第一話は良いです…が、こっちはどうなんでしょうね?作画に梅津泰臣さんと黒柳トシマサさんの名前があったのはよかったですがw

LD >> …そういえばヒャッコにはゆりしーが出ています(´・ω・`)

LD >> 「夜桜四重奏」は……まあ、ヤスダスズヒト先生(「神様家族」の絵の人)だとかね。松尾監督とか、花田先生とか、沢城さんとか、福圓さんとか、いろいろあるワケよ?

LD >> 「フラナドアフター」は雰囲気全く変わってなかった…これはまあ鉄板。

LD >> そんなワケで「イナズマイレブン」、「ライブオン翔」、「とらドラ」、「ヒャッコ」、「夜桜四重奏」、「クラナドアフター」はチェック確定。



■■■■2008-10-06■■■■

LD >> 第一話の所感なんで変わるかもしれませんが、最近の深夜アニメの雰囲気つかみたい人は「とらドラ」追ってみると良さそう。第一話どっかで流れているといいんですけどね。…腰を据えてアニメを楽しむならやはり「バシン」か「イナズマイレブン」あたりでしょうか。

LD >> 「ガンダム00」、プロポーズなら超兵ちゃんは迷わないと思うので、ちがうんでしょうねえ。

GiGi >> アスクレピオスは女の子をいっぱい手術すればよいよとオモタ。

カルマ >> 何故か、ぬらりひょんの『つらら』ちゃんが『ゆかな』さんの声で脳内再生されたんですが(笑)



■■■■2008-10-07■■■■

カルマ >> うーん、ちょっと可愛すぎるかなぁ・・・記憶が奴隷時代に戻ったCCを少ししっかりさせたイメージ

カルマ >> しょこたんブログのだっきコスがエロ過ぎて困ります。http://blog.excite.co.jp/shokotan/2865194/

カルマ >> ぎんえ〜伝(萌え銀英伝のことです)の記事を読んで思ったんですが、僕の場合話を知らないのでキャスティングはできないのですが、キャラクターデザインの選定とかも面白そうですよね。

カルマ >> キャラが多いので、萌え系でありながら、ちゃんと原作のキャラクターの特徴を表せる人の方が良いですよね。 例に挙がっている「いとうのいぢ」さんはどうなのかしら。

LD >> (`−ω−´)<ぬ〜〜ん…←真剣に悩んでいる

LD >> (`+ω+´)<見えた!

LD >> (`・ω・´)ノ<“女学生”と“雪女”でギャップをつけるなら、やはり、ゆかなさんが適役という気がします。女学生の時はすっとぼけていて、むしろドジっ娘で…でも吹雪くと“怖い”という感じですねっ!(熱)

LD >> (`・ω・´)ノ<ギャップをつけない、あるいは怖くしないのであれば、広橋涼さんがよいかと思います!高橋美佳子さんも考えましたが、これは微妙に高い…!(熱々)

LD >> く…今日は黙々とデータベース入力するべきなのか、記事書くべきなのか、迷うなあ…。

井汲 >> オールヒロイン銀英伝、ゑヴぁ声優やせーらーむーん声優も…(笑)

井汲 >> あと、オーベルシュタインは矢島晶子でどうでしょう?

LD >> いえ、あくまで「萌え」なので、長門みたいなキャラを“オーベルシュタイン”と言い張っている状態をイメージしてもらえると幸いです(←何が幸せなんだろう?)…今ならアーニャで後藤邑子さんでもアリです(`・ω・´)

ルイ >> 萌え英伝はどう考えても対案に時間を要するのでおいといて・・・w

ルイ >> とりあえずLDさんと違って不器用な俺様、秋期はほとんど保留です。夏期を総括するほうで手一杯。

ルイ >> ソウルイーター追いついた、スケアクロウマンいよいよ観始め、勇気を出して「ゼロ魔」8話まで。

ルイ >> ゼロ魔に関しては必殺の倍速再生がなされており、8話2時間というマジックが行われております(おい

ルイ >> 釘声の好き嫌い判定する以前に、ルイズというキャラがダメなんだな。もっと言えば、作品自体なんですが。

ルイ >> ソウルイーターで、シュタイン博士が「背徳感なしにバラバラにしたいんだよおお!」などと言っていたわけですが・・・(あの辺アニメ向けに、もうちょっと子供に伝わるニュアンスに変えられなかったのか?原作ママだけど)

ルイ >> ゼロの使い魔という作品は「背徳感なしに浮気したいんだよおおお!」と叫んでいるようにしか思えません。

ルイ >> 全体的に感情やロジックの流れにムリがありすぎるんだけど、多分脚本の問題じゃなくて、原作からそうであるものを、恐れて?かどうか知りませんがまるで動かす気がないんですね。

ルイ >> まあ、魔法遣い〜がなかったらベスト駄脚本(ワーストって言えよ)がこっちに流れても不思議はないな、と思います。・・・さて、最終になるかな?ノミネート追加しようかな。

LD >> 「魔法遣い」と「ミッションE」はちょっと悪口書きたいですねえ…。

ルイ >> むむう、ミッションEもいたか・・・

ルイ >> あ、「ef」の1話は相当良い出来だと思う。演出が演出の為に演出することは好きじゃないんですが(ワザとわかりにくくしているw)この1話は伴ってるな、と思いました。数少ない、既に観た秋番組orz

ルイ >> ・・・ただ一期の時も思ったけど、基本的にタイトルに即した「主題」の方はかなり片方の組に寄っていて、もう一組はなんかこう、オマケに見えて仕方ないんですが、この2×2の構成って何か意味あるのかしら。一つのシナリオだけでひきつける自信がないのだろうか?

ルイ >> 一応一期のミヤコ(だっけ?)の方も「相手の記憶に残りたい」という意味でもってメモリー繋がりはしていたんですが。。。苦しげだよなあ。。。少なくとも、バランスが取れているとは言い難い。2期の「メロディー」はどうなんだ?どう考えてもクゼさんの方に寄りかかってるな?

ルイ >> 褒めることと批判することは表裏一体なので、ワースト賞があっても僕は全然OKですけどねw負の感情垂れ流しに、抑制をきかせて理なりの道をつける自信と確信がないのなら、やめておいたほうがいいゾーンでもあるw

ルイ >> あと僕らみたいな押さえまくりジャンキーでも(問題発言)「切る」という行為は行っているわけで、勿論切った事には理由もあるんですけど、所詮はその時点での予測に過ぎない面もあって。それとの相性をどうつけるか、という問題もありますしね。・・・特別賞にワースト候補あげるのも、使い道としてはアリかもしれないけど、後ろ向きだなあ・・w

ルイ >> (萌え英伝を見ている)

ルイ >> ・・・トリューニヒト桑島は高い評価だなあ。

ルイ >> ケンプ画伯はちょっと失礼な方向w

ルイ >> そういえばソウルイーター新ED、あれ鈴木典光さんですよね?何か作監以外クジット無いんですが、こうすることで翻って前EDも典光さんですよ、と暗に示そうとしている?(・・・なんで?

ルイ >> http://springs.sunnyday.jp/report/2008/?20081004_001 なんという詳細なレポート。次の単独イベントには行ってみたい。

ルイ >> そうか、こういうイベントにはなんとかして録音機器を持ち込まないとなあ・・w

ルイ >> http://anime.goo.ne.jp/special/charawood/yakkohan.html ↓の情報から慌ててネットアニメを探して発見。高垣さん目当てだったものの、何か妙に間の掴み方が良い佳作w

エルバ >> 「蘭」はルイの活躍回か…

エルバ >> コードEの最終回までは付き合いましたが、ミッションEには手を出しませんでしたなぁ・・・

エルバ >> 「アリソンとリリア」・・・良い1話目だなぁ

ルイ >> ああ、そうか。今アリリア追いはじめなんですね。

ルイ >> 数観すぎている人特有のウィークポイントみたいなのもあると思うんで、キレイな感想を期待しております。

エルバ >> アリソンハァハァ <キレイな感想

ルイ >> ( ´∀`)σ)∀`)

ルイ >> えふ、カオスヘッドといったあたりはキッズステーションで放映してくださるのか。そっちでおさえよっかな〜。放映時間かぶらないからラクだしw

ルイ >> 屍姫は・・・画質的にはBS11か。うーん。

ルイ >> http://www.bs11.jp/anime/ しかし何か、わかるようでわからないセレクトだ。

ルイ >> efは前期の方でした。謝。・・・って、えふ滅茶苦茶放送局少なくね?orz

井汲 >> > ゼロ魔批判 原作に言及されているので、原作好きのペトロニウスさんとの論戦を期待(笑)←なんてぇ煽りだい

ペトロニウス >> なんの文脈ですか???<井汲さん

カルマ >> つらら可愛いな・・・(ぬらりひょんの単行本を見ている

カルマ >> 女学生の時はすっとぼけていて、むしろドジっ娘で…でも吹雪くと“怖い”<はい。そのイメージだったんですけど、戦闘中でも意外に「学生時のキャラになりがち」なんですよね、つららって。

カルマ >> でもまぁ、アニメ化前に声優さんの声が聞こえてくるって個人的には無いことなので、正直驚いています(笑)

カルマ >> 銀英伝のwiki見てたら「ベテラン声優が若手声優を育てた」という記述があって、キャスティングはその要素をパロっても面白いんじゃないかとか勝手な提案(笑)

井汲 >> あ、すんません(笑)。17:34〜17:35 のルイさんのコメントをご覧ください。超下らない話で申し訳ない。

カルマ >> ゼロ魔のアニメ版は1期だけ観ました。原作未読ですが、感想を観てると原作ファンには批判されがちですね。

カルマ >> 2期が酷かったという話で・・・単に「原作通りではない展開」だからじゃなく、いろいろ問題があったようで。

井汲 >> 個人的に、川澄綾子はクールビューティー系の声よりも、かわいこちゃん系の甘い声の方が好きなので、ラインハルトは別の人にやってもらいたい…と考えて、野田順子とか甲斐田裕子とかを推薦。川澄は、それこそアンネローゼとかその辺りがいーや(笑)。

井汲 >> で、能登麻美子は川澄とセットになってることに意味があるキャスティングのはずなので、川澄を更迭するんならそれに合わせて交代ですねえ。豊口めぐみとか小林沙苗あたり?小林沙苗はいろんな役を器用にこなせる7色の声を持っているので、何でもできそう。

カルマ >> 鷲崎健さんの曲を探していて、思わず爆笑してしまった。http://www.nicovideo.jp/watch/sm3037144

カルマ >> 原曲の「15の夜」のテーマをそのまま活かしながら、見事にパロディにしてるんですよね。



■■■■2008-10-08■■■■

ルイ >> イベント追っかけるのが楽しいやって話なら、論争にもならないと思うんですが・・。それは読む時に、求めるものを徹底して分けているということですからね。とりあえず「萌えオタとして」などと区切らない上では、僕は全部作品として語ってはいます。

ルイ >> でもまあ、原作読む気は起きそうにないので、土俵違っていて論争はムリですねw残念ですw

ルイ >> >小林さんは七色の声 激 し く 同 意 。萌え英伝キャストを考えた時、ナバタメさんや小林さんはワイルドカードだなと思いました。まあ、結局ヤンを誰にするかなんですけどね。

ルイ >> 鷲崎さんとやら、何かちょっと見覚えある程度なんですが・・・良い曲ですね。

ルイ >> DMCの作者がそのジャンルに愛着がないからって話があったけど、これにも通じる話じゃないかな。

ルイ >> しかし、紅の最終回はいい回だなあ(キッズを観ていた) そして、背景美術お疲れ様です。

ルイ >> ちょっと脚本で語りすぎという面はあるけれど、それもいいんじゃないかな。プレスコの、話芸で魅せる作品ですしね。>紅ラスト

ルイ >> 確か紅って「守るべきものが見つかったとき人は強くなれる」だったか、そんなキャッチコピーを持った作品でしたけど・・・作品を観ていくと、テーマはその先に至りましたよね。自分で立てたテーマを自分で越えるというのは、意図的なトラップみたいなものかな?・・・て、春番組に意識戻してる場合じゃねえ!orz

ルイ >> 魍魎まで主題歌ナイトメア・・・何というパイプの太さよ。

ルイ >> 西田亜沙子に金子英俊か。もう耽美ベクトル一直線ですね。

ルイ >> これは良いマッドハウスですね。>魍魎

ルイ >> 美しさと不気味さが良い塩梅です。光源含めた撮影処理、美術が相当良い仕事をしているのだけれど、クランプというより西田亜沙子キャラの美麗さをしっかりキープできているのも大きい。このタイプのデザイン、ちょっとクオリティ落ちるとモロバレですけどね。・・・・・・・・・で、なんでナイトメアなん?

ルイ >> このクオリティ全話維持したらDVD買うなコレ。

ルイ >> ・・・で。何故ナイトメアなんだい。

ルイ >> 総作監に西田さんじきじきに入ったか。彼女のキャラデザは、いわゆる「版権でキープ」は向いてないんですよね。どうやったってクオリティは及ばない、というのがヴァンパイア騎士をみての素直な感想。

ルイ >> 確かヴァンパイアには一度も本編参加していない・・・魍魎はどれだけ参加できるかな?

ルイ >> これが良い意味での作監アニメ・・

エルバ >> 「ヒャッコ」の平野綾は、彼女にしては珍しい役柄を演じてるなぁ

ペトロニウス >> アニメ見たかったんですが…どんなにひどくても、、、ゼロの・・・<井汲さん



■■■■2008-10-09■■■■

ルイ >> キャシャーン、2話も馬越さん作監・・・

カルマ >> PIPOPAのインタビューがあったので、一応貼っておきますね〜。http://seiyunews.com/modules/news/article.php?storyid=1664

GiGi >> 今週は土曜か日曜の昼でお願いしますー

カルマ >> 赤松先生の日記が興味深すぎる件。http://www.ailove.net/diaries/diary.cgi

カルマ >> 一般にはアンケートの「順位」が掲載順に影響するという都市伝説があるわけですが、ここで提示された「支持率(全投票に対する特定の作品に投票された割合?)」の高低は知られてなかったですよね。

カルマ >> (もしかして、『支持率』の概念は漫画読みの中では常識的な話なのかな・・・)←不安になってきた

LD >> 興味深い話ですね。

LD >> 支持率>う〜ん…w 知っていたというわけではないんですが、データを集めた以上、それくらいの数字のこねくり回しはするだろうなあ…というのが正直な感想ですね。


MANKEN CHAT(1.1)