漫研チャット
名前:
発言:
[正面] [取扱] [過去ログ]


■■■■2009年02月22日■■■■
LD >> つかね。「悪徒」と「覇道」の続刊がマジで出ていないですよね?
kichi >> ジャンプは……やっぱ「ネウロ」になりますかねぇ。
LD >> 「ヘレン」は単行本出てましたっけ?
LD >> サンデーは……う〜ん、「月光条例」かなあ…。
kichi >> サンデー……、無難に「神知る」かなぁ? ツブ揃いっては思うんですけど……。
kichi >> 出てますよw>ヘレン単行本
GiGi >> ネウロ今週のほうが好きですね。先週哲弘にしておけばw
LD >> マガジンは「ダブルドラゴン」と「波打際のむろみさん」。
LD >> あ、そか。「神知る」忘れてました。候補です。
kichi >> マガジンは……「ネギま」も良かったけど……「ベビステ」かなぁ。
LD >> チャンピオンは…確かに「冥王神話」と……「ジョギリ屋ジョー」ですね。
GiGi >> ダブルドラゴンはまさに予告編の面白さだからなあw。
kichi >> チャンピオンが引き続き好調で難しいんですが……今週は「冥王神話」にしとくかな?
LD >> 「ネウロ」は、先週、確認したものが、速効で今週炸裂して、うるっときちゃいますねw クライマックス連載の連続確変周期に入っていると思います。
LD >> 「ネウロ」、「神知る」、「冥王神話」、「ジョギリ屋」のうちのどれかではないでしょうか。
LD >> 「神知る」、は先に言った、あれが桂馬の読みなら候補残しだけど、そうでなければアベレージのものだなw
kichi >> その判断を今するのは難しいですねぇw>読みなら
GiGi >> 神しるは神の読みの枠が揺らいだこと自体がイベントとして面白かったですね
LD >> 「ネウロ」、「神知る」を落すと、「冥王神話」と「ジョギリ屋」が残るなあ…。
kichi >> 雰囲気的には「冥王神話」でしょうか。ここ3週分の積み含めてってことで一番にしちゃって良いような気はしますw
GiGi >> バクマンはあっさり和解フラグが立ったのはちょっと拍子抜けでしたが、ここでヒキを作ってもかえってしらけることになりそうなので、まあベターな展開なのかな。
kichi >> 「ジョギリ屋」も良かったですけど……ああ、これも3週含めてバリエーションを評価するなら一番にするのもアリかなぁ?w
LD >> ああ、うん。あの桂馬のあの表情から観ると、全て予定通りという事は成さそうですね。……って、なんつーか“予定通りの冷めた表情で”キス受けているのも何ですから、そこまで桂馬の制御(演技内)って事はあるかもしれませんがw
kichi >> ラストページの中段では、「ゲ、ほんとに別れる展開?」と思ったら最後のコマで和解フラグというのはなかなかでしたがw>バクマン
LD >> 最後の一押しのトリガーがまだ残っているつもりだったんだけど、実習子が一気に“来た”って所かな?予定が図にはまり過ぎた。
kichi >> 私にはそんな感じに見えましたねw>最後の一押しのトリガーがまだ残っているつもりだったんだけど
LD >> そこですね。>和解フラグでヒキ 本来的には、今回は別れるかも…までで引いて、次回で別れなくて良かった!って組み方が「正着」だと思うんですが…そうしなかったのは、今回ヒイたものが、さらにどんでんがひっくり返るから……という読みも成立するんですよね。
kichi >> んむぅ、無いとは言い切れないのが怖いところではありますw>さらにどんでん
LD >> そのトリガーって何?で、また微妙にボーダー別れそうですけど、言葉上、ここまでは同イメージでいいですかね。>最後の一押しのトリガー
LD >> …で、そこを新妻エイジの「答えはベタです」に乗って考えてみると……、別れてしまうかも!ってヒキは、多くの読者に“耐えられないヒキ”と判断したかな?とも。ヒキを見せてしまえば、次の回はベタ…分っている展開になるんですけど、そこはそれを選択したかな?というのが今の所の僕の「読み」ですね。
GiGi >> 決め台詞を言う前に勝手に自己解決されてしまったこれだから現実と言うやつは…といういつもの語りに入るかもしれないですねw
LD >> ヒキを見せてしまえば、次の回はベタ→別れないヒキを見せてしまえば、次の回はベタ
GiGi >> うん、どんでんはないと思います。その手のあざとさはバクマンからは感じない。
GiGi >> 別れるかも?で引いてどちらも同じことを考えていました。というのはオチとして弱いという判断かなー?と。
LD >> 次の回に、桂馬の解説が入れば、桂馬の格が分りますね。今までのフォロー具合からするとそうするかな?とも。……ただ、ここのゾーンはそのままの不明瞭な方が「面白い」ような気もします。>「神知る」
kichi >> そうですね。……ここまでの流れがかなり悪かっただけに絶対無いとまでは思えないんですけど……w ずっと先の展開への伏線にはなるのかな……。
kichi >> >どんでんはない
LD >> ふむ。確かにオチとしては弱いですね。「同じ事を考えてました」なんて話は“転”に使うにはいかにも「弱い」。そうると“結”からその次の“起”、ヒキに使うという事になるか。…そういう詰め詰めして行く感覚は「速度論」的だなあ。
GiGi >> シュージンとサイコーの”探偵もの”に対する主観の違いでバトルになったりすると面白いかもw
LD >> えっとね。今、GiGiさんがオチとしては弱いといったように、次回に「同じ事を考えてました。あーよかった」というだけなのは既に「弱い」一回なのですよね。だから別のオチを用意しなくてはならないって事はあって。……まあ、シュージンの為とは言え、サイコーが既に立ち入った行動を起していたのが気に入らなかったとか、「なんだそうだったのか?」が出る前に“別れ話”を聞かされて、サイコーが自分(シュージン)を捨てる可能性を見せられるとか、いろいろ考えられますね。
LD >> サイコーが用意した「サギ師探偵」と噛み合わせが悪かったりねw
kichi >> 和解の話だけでなくどんどん進めちゃうイメージでしたw それこそこうなったら次回連載決定くらいまでいくかも?wとか思ってましたがw>弱い一回
LD >> さて、一番ですけど「冥王神話」でいいと思います。「ジョギリ屋」も惜しくはあるんですけどねw
kichi >> 異存なしですw>一番冥王
LD >> ああ、はい。それはそれでキレイかな?>どんどん進めちゃう
GiGi >> ただ探偵モノというのはコンビでやるには理にかなった選択なんですよね。担当さんの反応が楽しみですね。
LD >> 担当さんに「すごくいい!これなら連載に持って行けそうだよ!」と言わせるところまでとかね。……でも、なあ。どんなに良くても、シュージンはそれ出すのに一夏使っちゃったんだよなあ……。対して新妻エイジは数十分…。
LD >> さて、そんな所で失礼しますね。
LD >> お疲れ様でした。
kichi >> おつかれさまでした〜。
GiGi >> お疲れ様でした。
GiGi >> ところで来週、関東か関西に遠征を考えてるのですが、LDさんはスケジュールどんな感じでしょう?
ルイ >> まずアニューを好きになる流れを積みなさい!
ペトロニウス >> 漫画のエルフェン流しですが、とりあえずすべて読みましたー。<ルイさん
ペトロニウス >> アニメのほうが出来は良かったですね。うん。漫画は絵が下手すぎるし(苦笑)
ペトロニウス >> 漫画では、にゅぅがかなり自意識を持っているんですね。もった意味自体はあまりなかった気はするが・・・。でも結局別人格にはなっていない・・・様に思えた。
ルイ >> そうですね。にゅうが自意識を持っても、「ディクロニウスとしての」選択を普通に取っているので、にゅうとルーシーの人格は別・・・なんだけど、合議の末統一!みたいなw
ルイ >> 漫画を読むと、アニメの方の「選択」に色々シビレるという仕掛けになっております。コンパクトは日本の美!w
ルイ >> POPOPA SUGEEEEE
ルイ >> ・・・ポポパ?orz っていやあ、この作品は…本当に「幸福な作品」だなあ。もっと優れた作品は知っているけれど、「もっと幸福な作品」はなかなか思いつかない。
LD >> 「エリン」みました。死刑をモロに見せるのはちょっと衝撃。「PIPOPA」…今、追い中。
LD >> 「kanon」視聴終了。最初の方を観返してみたり……けっこうしっかり組んである。…ユーイチは超ユーイチだな(`・ω・´)まじで。
LD >> おっと、GiGiさん。関西は知らないけど、関東にはいると思います。


■■■■2009年02月23日■■■■
LD >> 関係ないですが、ネットビーナスがホステスみたいなデザインになってしまって、ちょっと鬱です。
ルイ >> 僕の記憶が正しければ、瞬間移動或いは超スピード移動術も習得しているはずです>祐一
ルイ >> ホステスっていうか、まんまマリリン・モンローですね。
LD >> ちょっと、質問なんですが、あの話って奇跡の発行権があるのは、あゆだけなんですかね?…まあ、狐子にも、魔物子にも、ありそうっちゃありそうなんですけど。
LD >> ゲームとしての質問ですね。分岐が起こっても、奇跡の発行自体は、あゆが制御しているのかな?という…。
LD >> 正直、魔物子の話が、傍観者じゃなくって主犯だったときには、衝撃を受けましたね。……お前の仕込みの周到さに脱帽という。>超・祐一
ルイ >> KEY作品は「平行世界」の概念を取り入れてるっぽいのに、それぞれの世界をあまり峻別しないゆるーいSF世界なのです・・・
ルイ >> 奇跡は、あゆだけのものです。但しヒロイントイメンシナリオになっていくギャルゲーの構造上、その「あゆが○○(そのルートのヒロイン)の為に権利を行使する流れ」みたいなものは殆ど描写されないんですけどね。
ルイ >> kanonの反省?で、AIR以降のシナリオに道筋をつけるようになったんだろうな。。
LD >> ゲームの場合、子供の時の祐一は何か神懸かり的な……預言者・救世主のごとき超人であっても、7年後の祐一は、その配置された物語のオンリーワンを選択する……って構造に見えるんですけど。アニメの場合、は7年経とうが記憶が薄れようが、落とし神は落とし神のまだった…って話だと思いますがw
LD >> ちなみにアニメ「kanon」は、狐子の帰還だけは明示されていないのですが、これは何か含むところがあるのですかね。
LD >> とまれ、前振りにハーレムメーカの話をしていただけに、祐一は相当興味深く観ることが出来ました。「愉しかった」ですね。…こいつは、僕の言うスーパー・ハーレムメーカにエントリーしていてもいいんじゃないかって気がする。
LD >> 奇跡は、あゆだけのもの> それ、明確に描写されていると、相当「強い」ですよね?祐一がどの選択肢を選んでも、あゆは絶対ヒロインとして君臨し続けているって話になってくる。
ルイ >> そうですね。というかあゆシナリオを遊べば「そういう話」だという事はわかるんですが、AIRやクラナドと違って、分岐として特別扱いはしてないんですね。他全員クリアしたら開帳!というつくりになっていない。
ルイ >> その辺の演出力不足を反省して組まれたのがAIR,という話。・・・祐一は何者なんだろう?僕にはよくわかりません。
ルイ >> とりあえず、彼の行動というエネルギーに値するほどの、彼の「中身」がまるで見えなかったので・・・やっぱまあ、超人ですねw
ルイ >> 超人を、地に足つけさせて・・・というか物語表現(おおくは成長物語)に対応させてこそ個人的なメーカーの興味範囲内になってくるので、少なくとも祐一は「とんでもない化け物」だけど、彼を読みたくなったことはないw
ルイ >> ・・・あんれえ?マコちゃんってこんな声だったっけか。
いずみの >> そういえばペトロニウスさんはカレイドスター観てくれないかなぁ。いずれお子さん向けになるという意味でも http://www.saiani.net/article/114608325.html
LD >> |ω・`)。o(…ちょっと、ブログ書いてた…)
LD >> 個人的なメーカーの興味範囲内>ふむ…。やはり、それぞれ観たいフィールドが微妙に違うようですね…。ちなみにルイさんの範囲は具体的にはどこらへんのタイトルになってくるんだろう?…「とある」じゃないんですよね?「マブラブ」、「君のぞ」あたりって事かな…?
GiGi >> んではまあ週末東京行きますんで、よろしくお願いします
LD >> マコちゃんの声って違和感ありますよね。…実はちょっと、2chの森永さんのファンスレをROMったりしたんですが、そこでも違和感の話が出ていました…。ので、単に気のせいでもなさそう…。まあ、今年、相当仕事していないので、感覚が戻らないのかなあ?とは思っていますがw
ルイ >> >カレイドスター 無料放送してるんですよね。ゴンゾさん追悼(死んでねーよ)記念に観るという手もある。ただし、話数多しw
ルイ >> >興味範囲 いや、僕の興味は単純な話で、祐一なら祐一で、どうして祐一は祐一なの?(ロミジュリ?)という所こそが興味という事で、そこに触れずじまいな時点で興味から外れたという順序ですね。なので「とある」は普通に観察対象です。
ルイ >> >森永さん うむむ・・・瀬戸のOVAでは特に違和感なかったんですけどね・・・あれはアフレコ現場のテンションで強引に引き戻されたかな?w
ルイ >> シムーンの森永さんは良い森永さん。
ルイ >> ・・でも、LDさんにはシノブ伝を観て欲しいさ。但し、最近気にしているような事にはまるでからまないですが!w単純に面白いだけで!w
ルイ >> (東京ではとるてあを叩きつけてやってください。)
ルイ >> http://www.at-x.com/html/spring-event/ LDさんは契約者オブリージュとしてこれに応募するといいと思うよ。
ルイ >> http://www.at-x.com/html/spring-event/ おっと繋がってしまった。
ルイ >> ・・・う、歌を歌わないなら、羨ましくなんてないんだからねっ!
いずみの >> そういえば『愛の天使ヘッドロココ』のロココはなかなかの女たらしというか、「ホルダーではないハーレムメーカー」でした。フェミニストで美人に弱くて超善人で、超イケメンだから出会った女のほとんどが惚れていくという。「ロココを女に会わせるだけでライバルが増える」と戦慄するマリアも、もっともな感想に思えてくる(笑)
いずみの >> ああそうか、能動性としての「誰でも助けるフェミニストの善人」がメーカーとしての素質で、出会うだけで惚れてしまう超イケメンって要素は原子核との合わせ技になってるのか。そりゃ強力だ。
いずみの >> ロココとマリアの関係は「誰にでも優しいロココが、なぜマリアに一番かまうのか」という動機が深く詰められていて、いいですね。
井汲 >> 森永理科の名前を聞くと、「くそう!お前なんか『みっくす JUICE』の『春』のくせに!」と訳もなく悔しくなってしまう(笑)←何か「ワンダバスタイル」に恨みでもあるんですか?
井汲 >> 同様に、中原麻衣を見れば「くそう、お前なんか『みっくす JUICE』の『夏』のくせに!」植田佳奈を見れば「くそう、お前なんか『みっくす JUICE』の『冬』のくせに!」清水愛を見れば「くそう、キク8号のくせに!お前なんか、『基本姿勢♪』と言ってればいいのだ!」と思ってしまう。←だから、何か「ワンダバスタイル」に恨みでもあるんですか!?
井汲 >> でも、斉藤千和だけは「LAST EXILE」での演技が光ってたので許してるんだ。←何だそりゃ!
井汲 >> ―――いや、真面目な話すると、全員いい役もやってますけどね(笑)。「かみちゅ」の森永さんはよい森永さん、etc.
ペトロニウス >> ヴィンランドサガの7巻でてた。やっぱこの漫画すげーいいなー。好き。
ルイ >> ヘッドロココ良いですね。過度に自らを物語に捧げないポジションどりの主人公としては、かなり強烈です。
ルイ >> ・・・ワンダバスタイルを観なくてはいかんのか・・・アニメ冬眠期だったので、たまたまTVでチラ見したくらいかな?何かムッシュかねやつがEDか何かにからんでいた印象がって、ザ・スパイダース大好き人間としてニヤニヤしていた記憶しかないぞ。
ルイ >> ・・かねやつって誰だい?・・・orz orz orz 下駄を鳴らして誤字を打つ〜♪


■■■■2009年02月24日■■■■
ルイ >> http://www.animate.tv/news/detail.php?id=atv090223e プーが出ないPIPOPAゲームって、それ超サイヤ人になれないドラゴンボールナメック星編みたいなもんだよ?※ファミコンのZ2がまんまそうです
カルマ >> PIPOPAのDSは「ロックマンエグゼっぽいなぁ」と心配してたらファミ通でオール4点付く勢いでガックリ来ました。
カルマ >> ファミ通は遊びやすさとか完成度の評価に関してはけっこう信用できるので、4点はなぁ・・・orz
カルマ >> 森永理科さんは、声優と全く関係なく始めたバンドが普通に売れちゃったんですよね。そっちかと思ったら、案の定2008年はライブたくさんやってるなー。http://ja.wikipedia.org/wiki/Function_code();
カルマ >> でもまぁ、声優さんって名前が出ないような仕事を一杯やってたりしますけどね。声優ファンの観測範囲から外れたら売れなくなった扱いだからなぁ・・・
カルマ >> 植田佳奈さんといえば地味に凄いことが。http://blog-edge.com/uedakana/index.php?eid=1082
カルマ >> 今度始まる麻雀アニメで主人公をやるんですが、そのキャラが嶺上開花(カンした後ツモった牌でアガる)を得意としてる(笑)んですね。
カルマ >> で、そのアニメの麻雀大会で、初めて嶺上開花アガッて、しかもラストの海底ツモとな。なんすかそれ。
カルマ >> いい笑顔だ・・・可愛いなぁ(写真を見ている)
カルマ >> カレイドスターは好きでした。GONZOでしたか、あれ。
カルマ >> Kanonは清水マリコさんのノベルスを中学時代に読んだっけ。当時まだゲームそのものを手に入れる手段に乏しかったんですよね。
いずみの >> ふと気付きましたが、フェアリーテイルのナツの立ち位置って「アニメビックリマン」のヤマト王子なんですね。主人公としてクレジットされているけど、仕事はロココ(=エルザ)とスーパーゼウス(=マカロフ)の部下としてのサポートだという
いずみの >> するとルーシィがクロスエンジェルで、グレイ他のメンバーが神帝かな? わかりやすい
ルイ >> 誰だ!植田さんに脅威の積み込みを行ったのは!(積み込みでリンシャンムリだよ
ルイ >> >森永さん ドラマCDなども地味に多いですからね。但し「名前で売れる」段階になるまでは、TVアニメというものがどれほどの武器になるかは言うまでもない事なので、本数カウントもまああながち間違ってはいないのでしょう。
ルイ >> ・・まあ、売れる売れないはともかくとしても、演技がなあ・・・orz
ルイ >> それにしてもケイト・ブッシュの嵐ヶ丘がオーディションがわりってのはすごいですね(恋のからさわぎのテーマ、といえば皆知ってるかな)あんな超ウィスパー、どう歌ったんだろう。
ルイ >> http://www.sanspo.com/geino/news/090224/gnd0224000-n1.htm ぼくもあやひーのすとーかーにならないようきをつけようとおもいました。
LD >> スレに行ったんですけど、そいつ、マジキチです(´・ω・`) 久しぶりに見たわ……ってゆーか、これほどの奴はそうはいない…(´-ω-`;)
LD >> 「ヴィンランド」の7巻買ってきました。やっぱ、クヌート王は好きです。
エルバ >> るいさん、はやくじしゅしなさい
LD >> アシェラッドとビョルンの関係もいいなあ……こういうのすんなり描き抜けて見せるのが幸村先生の凄い所だよなあ。
ペトロニウス >> 最高の言葉だよね・・・「友達になりたかったんだ・・・」
LD >> 「友達になりたかった」人と、斬り合いますからね(汗)……トルケル見ているとわかるけど、ヴァイキングはホントに“死狂い”ですね。その“死狂い”共に号令する人が現われたんですから…。
カルマ >> うわぁヴィンランド早く読まないと、漫研に来れなくなる(汗) (あ、明日の通学中にいけそうだな・・・)
LD >> 折り返しのコメントで幸村先生が「プライド第一」が嫌いとあるんですが、その嫌いなものを…友達になりたい者と斬り合うような事を…克明に描いているんですよね。嫌いだとしても理解していなければこれは描けないと思う。
カルマ >> 今年のGDCは異常なほど豪華だ・・・http://www.famitsu.com/game/news/1222269_1124.html?ref=rss


■■■■2009年02月25日■■■■
ルイ >> アニメフェスタデビューしようかと考えていたのですが、上田氏も気になりますね。
ルイ >> http://ameblo.jp/anican-staffblog/entry-10213961697.html 中島敦子すぎワロタです。
ルイ >> スレの纏め見てきたんですが、これは凄い狂気ですね>ストーカー てか、かなり長期に渡って粘着してるんじゃないか。
ルイ >> 池澤さんも生まれもっての強気さを持っている方でしょうから(三月のライオンの香子みたいな感じ?w←失礼?でも俺は好きだ!w)こう、論理的に屈服させたり皮肉をチラつかせたりという事をずっとやってきたんでしょうけど、それで逆上するタイプではなかったのは幸運と言えるのかもしれないですね。相手のタイプによっては、池澤さんの対処は結構際どい。
ルイ >> http://changi.2ch.net/test/read.cgi/anime/1235291422/51 2chでも100レスにすら到達しなかったアニュー追悼スレなのですが、このレスで笑ってしまったぜえ。
カルマ >> GDCは素人は参加できないんですよね・・・毎年レポートを読みあさってますけど。
カルマ >> 池澤さん<昔、HPを見ていたとき、掲示板の書き込みに出没していて、もう飽き飽きだという感じで・・・しかし丁寧な文章で対応していたのを記憶しています。 スレのまとめって2chの現行スレなのかな?
ルイ >> 全部ではないかもしれませんが、当時の書き込みも見ました。丁寧さを崩さないのはプライドゆえでしょうか・・・事実報告だけ淡々としてしまうのも手なのですが、丁寧なまま攻撃性を全く隠そうとしないあたりに、池澤さんの本質と賢さを見る思いでした。この辺、賢くない方がトクする事もありますけどね。僕は気の強い子が好きなので(志村、年上年上
LD >> …あああああ…orz 「3月のライオン」の話もしなくては……orz
LD >> まあ、声優板にいるアンチくんとか、元々、妄想凄まじかったりしますけど……それでもあれは洒落にならんレベルだと思う(汗)これ以上の事件にならない事を願うだけ。
LD >> 「00」は最近、観てなかったんで、何とか追いつくお(`・ω・´)ノ>アニュー
ルイ >> 中村豊2週連続原画なんて、俺は信じない・・・!ブラックスターの城壁突破カットが中村さんだろうから、そこを使いまわしている為連続クレジットしただけなんでしょう?そうだと言ってよバーニィ。
ルイ >> ・・と、ちょっと頑張って色々観てました。とりあえず「とある」のOPが新しくなったw←今更!?
ルイ >> エリンは考えるだけで涙が出るから遮断←豆腐メンタル
ルイ >> ライドバックがいいですねえ・・・ここ、圧縮決めれば序盤の3話で到達できそうにも思うのですが、「それ」だと辿りつけない演出の深みというものがありますね。
ルイ >> ・・・ただ、これは「2クールの組み方」だと思う。どういう事なんだろう?1クールのはずだが・・・
ルイ >> 1クールで構成しろという話なら、やっぱり序盤3話を詰め詰めでココまで辿りつかせたいですね。分割クールなのかな?
ルイ >> 1クールだと、本当に2クールアニメが序盤数話で行ってしまうような「はじまりの動機」だけを丹念に追っかける物語になりそうですね。それはそれで美しいけど。
ルイ >> 「ドルアーガ」は、ジルの決意にもうちょっと演出が乗らないものかと思ったりオーディオコメンタリ。
いずみの >> もっと単純な話で、「ありきたりな展開でもそのありきたりな展開を行うタイミングが読めるわけではない(読めないように繰り出す)」というのを「意外性のあるベタ」って呼んでるんだと思いますよ>エイジ
いずみの >> んでそれは、かなり秀才チックな発想で……、やはり「大場つぐみが語ることのできる創作論」の限界かなって感じがしますね
いずみの >> 実際バクマンはそのフェイントとミスリードの手法を多用していて、本命のベタ(和解とか仲違いとか)を繰り出すために、その逆の展開をやって読者を油断させたりしていますからね、いつも
LD >> ああ、その方がシンプルですねえ。少なくともベタを撃つタイミングを計るという手法は確実にありますね。
いずみの >> 「ゲゲー、まさか仲間になるとは!」とか「ゲゲー、ここで死にフラグかよ!」っていうのはベタだけど驚くことは驚きますからね。逆に言うと、ベタなストーリー展開なんていくつも可能性があるのに、その全てを「想定の範囲」に組み込んでおけるような読者はちょっとヘン、とも言えますけど
ルイ >> なんてこったい。DSでcivが出ていたのか。買ってはいけない買ってはいけない買ってはいけない・・・
GiGi >> civrevoはあんまり評判よくないかもなの。
GiGi >> ところでルイルイは週末空いてないのかな?


■■■■2009年02月26日■■■■
カルマ >> DS版civ買いましたが、操作がイマイチというか、分かりづらくて投げました。civ4の方が面白い感じがしますし。
カルマ >> マウスで最適化された操作に対して、どれくらいコンシューマのボタン配置で対応できるかは難しい問題です。FPSはやっぱりマウスでエイミングしないとキツいし…
エルバ >> WiiリモコンでのFPSは超快適ですよ、とメトロイドプライム3をプレイ中の人間が言ってみる。
ルイ >> 「夏のあらし」の主題歌が面影ラッキーホールと聞いてワクテカが止まらないぜ。
ルイ >> 日本の音楽界はクレイジーケンバンドと面影ラッキーホールとPE'zによって成立しているんだよって言ったら白い目通り越して純粋な目で「?」って言われた。
GiGi >> そういえばLDさんはダークナイトは見てましたっけ?
LD >> そういえばLDさんは「タークナイト」見てますね。
エルバ >> そういえばLDさんは「ダークナイト」見てるらしいよ。
カルマ >> そうするとLDさんは「ダークナイト」見てることになりますね。
LD >> だとすれば「ストライクウィッチーズ」2期目決定みたいですね。
ルイ >> だからこそ高垣彩陽チェックの下調べをしていたんですが、結構ムチャクチャな経歴で現在に至っている事がわかった。オーディションの最終結果発表が2月の終わり。→デビュー作・桜蘭ホスト部第1話(フナ姫さん)  ・・・。どう考えても一ヶ月経ってません本当にありがとうございました。
ルイ >> 1話の放送日が4月4日だからな・・・
ルイ >> 同じ事務所の豊崎さんが06年秋のレッドガーデンモブ、戸松さんが07年頭のまなびストレートモブでデビューした事と比べても、無茶すんな!というくらい徒手空拳の状態でアフレコデビューした事がわかります。


■■■■2009年02月27日■■■■
LD >> 今週の一番は、本日の深夜1時に行いますね。
ルイ >> ,毎日10分の高垣彩陽研究、定例報告。どうやら14年間女子校って、女子校は女子校でも田園調布雙葉だったらしい・・・いまどき純粋すぎると思ったらこれだよ!!乃絵えええ!orz←おかしくなった
ルイ >> イナズマイレブンの放映時間が水曜ゴールデンに栄光の左遷w→ソース情報消去?と、ちょっと噂が踊っているモヨウ。
いずみの >> 今週はヘタッピ研究所Rの松井先生でいいと思います。
いずみの >> 今日は不参加


■■■■2009年02月28日■■■■
LD >> |ω・`)
LD >> |ω・`) 。o(………)
LD >> |´・ω・`)ノ <こんばんは。何故かやたら「るくるく」をダブって買ってしまう、LDです。
カルマ >> こんばんは〜
LD >> 「蒼穹のファフナー」とか、パチンコになるんだあ……。
LD >> こんぼるま。カルマさん。
カルマ >> どんどんパチンコになってますよね。 逆の流れがあるならいいんですけど・・・
カルマ >> ドンドルマ。LDさん。
LD >> 和歌山アドベンチャーワールド…。
カルマ >> どうかしたんですか?>和歌山
ルイ >> http://www.sea-story.tv/ 逆の流れを求めるあなたに。
LD >> グッズとかまでは買ったりしてるみたいですけどね……>逆の流れ
カルマ >> ルイさん、こんばんは♪  そういう意味じゃなく(笑)、パチンコから作品のファンになってくれる人がいたら、クリエイターもうれしいですよね。
LD >> 今、やっている「クマグス」という番組でオススメの動物園として紹介されていました。>和歌山
LD >> これがねえ〜。佐藤順一監督なんですよねえ〜w>海物語
カルマ >> 関西に住んでますが、初耳ですね・・・>和歌山
カルマ >> ARIAのスタッフって、ただの水つながりやないかという(笑)
ルイ >> パチンコアニメで喜んでるのはレンタル業界だと思いますね。ある程度「逆」は成立しているはずですが、それをどう食いつかせるかは悩み所で・・・ワンソフト高いからなあ。
LD >> なんか、飲んだくれのおじちゃんとかが「エヴァンゲリオン」を観たりする事もあるみたいですよ?全般的にどういう反応になのかは分りませんが…。>パチンコ
ルイ >> ZEXCSの最近の体力にちょっと驚いているところです。レギオス2クールでしょう?そこでサトジュンのオリジナル。元気だなあ。ゴンゾさんに見せてあげたい。
カルマ >> 安めの玉数で、原作DVDに引き替えられたらいいんですよ。3巻くらいまで。
LD >> http://aws-s.com/info/traffic.htm 関西ゆうても外れの外れですね。関東でいうと木更津越えて館山に行くようなイメージです。
ルイ >> むう、久々に桃鉄遊びたくなった(何故?
LD >> 結局、ゴンゾさんとかは株式上場したのが良くなかったのかも……完全なる結果論で話をしていますが。
カルマ >> 今週のファミ通の、カプコンの稲船さんのインタビューが激アツでした。
カルマ >> 白浜ですか!海水浴で有名な、観光名所です。立地は悪くないですね。「あわせていきたい」って感じの。
LD >> ただ、やはり食いつきいいのは、ノスタルジーなものでしょうしね。「ヤマト2」とか。……なんか「アクエリオン」が当たっちゃったから惑うてる面がある気がします。>パチ
ルイ >> http://www.linebarrels.jp/event.html このイベント自体はバカげたチケット価格に笑ってしまいますけど、地味にこのスタッフキャスト集めて、というのは良い回収手段かもしれません。打ち上げに一般人呼んでディナーショー状態にするとかw
LD >> ああ…速く、ヴァーチャルコンソールで「天外魔境」落ちてこないかなあ…。
ルイ >> 何か、こう、ラブゲッCHUがパチンコ化とか・・・w一応最後まで観た自分でもビビったw
カルマ >> 1年間スタッフ説得して、ミドルウェア開発に注力して、現在のMTフレームワークによる開発の効率化とか、世界を見据えた展望とか、自信に満ちあふれててカッコイイ。>稲船さん
カルマ >> アクエリオンはCMの勝利というか・・・アニメが当たったという感じではないでしょう。
LD >> やあ…「ラインバレル」がどうというより、柿原、能登、中村、千和、植田、釘宮、福山、に会えるなら集まる人もいるでしょうねえ。
カルマ >> 声優イベントで5000円なら、安いもんです。 どうせ、作品に関係ない内輪話で盛り上がるイベントになりますし・・・
ルイ >> この時間と価格が凄くてね。3時開演で夜の部が5時半開場って、2時間ちょいで完全に終えますよっていう。国内の一流アーティスト並みのチケット価格で。素敵です。
エルバ >> 「天外魔境」の1は、昔のデータがないとかいう理由でリメイク不可だと、ファンが言っていた記憶
LD >> ミドルウェア開発……プラットフォームを選ばない、ミドルウェアの開発という意味ですか?>稲船さん
カルマ >> あ、時間が短いのか・・・それはひどい。 イベント時間100分とみた。
エルバ >> 稲船さんはそりゃあ、権力争いに勝ちましたからね。自信も出ますわな(謎
カルマ >> カプコンは現在「MTフレームワーク」という、PCと360とPS3に対応したゲームエンジンによる開発の効率化を進めています。 そのために、稲船さんは1年間スタッフを説得したそうで。
エルバ >> マルチだったり、開発ツール的な意味合いだったり。
ルイ >> 稲船さんはやりたい事と売れる事にズレがなくて良いでしょうねえ。そりゃ名越さんが海に石投げるわけですよ(?)
エルバ >> スクエニだとホワイトエンジンに当たるかな。でも、カプコンは日本メーカーの中では取り組みが早かった印象ですねぃ。
LD >> ふむ。>リメイク不可 まあ、卍丸とかカブキのやつでいいんですが…。
ルイ >> いいのかよ!
エルバ >> │_・)・・・こんばんは
カルマ >> ロストプラネットも、デッドライジングも、バイオ5もMTフレームワークで作っていますからね。
エルバ >> あと、天外はネタがブラック過ぎt(ry
LD >> PCと360とPS3> ほうw 何時までに作るって話はしていますか?
カルマ >> バイオじゃなくて、DMC4かな? ・・・流れ的に、バイオもそうかもですが
LD >> 何かワンテンポ違うよwエルバさん?w
LD >> あ、既に出来ているのですか。それは素晴らしい。>MTフレームワーク
カルマ >> いや、もう完成してて、先日発表された「ロスプラ2」ではver2.0になってました(笑)
エルバ >> │_・)・・・お、おはよう・・・?
LD >> 正直、あとはVCで昔のPCゲーム出してくれれば言うことないんだよなあ…。
カルマ >> セガはどうも内部が怪しい雰囲気ですねぇ・・・>名越さん
ルイ >> ほう。まあハードメーカーでなくなったセガは夢の残滓だから(←おおい!
カルマ >> ていうか、龍が如くシリーズを1年ペースで作ってるっていうのがね、どんだけ激務やねんと。
ルイ >> 龍が如くは最初からそういう構想だったみたいですね。シェンムーの反省というか・・・wでも、確かにムチャクチャだ。
LD >> さて、ではそろそろ一番に入りましょうか。
ルイ >> http://phantom-r.at.webry.info/200902/article_7.html みなぎってきたああ。
エルバ >> ルイさん、ランティスで高垣さんの出るラジオが3月から始まるぜぃ
ルイ >> アニメ本編は真下・私TUEEE・スパイアクションになって銃撃戦の時ヤンマーニヤンマーニ言う事になると既に覚悟完了しているので、俺は声オタの俺として生きるZE。
LD >> あ、そういえば「初恋限定」ってアニメ化なんですよねえ…。
エルバ >> http://lantis-net.com/sphere/ 事務所の4人衆のユニットらしい。戸松さんもトーク面白いんだよなぁ。
ルイ >> Ω>なんてってー。>3月から
ルイ >> 初恋限定は元々アニメとか、構成アリキに向いてますよ、正直wスタッフ知りませんが、やりようによってはちゃんとしたものになるはず。・・・やりようによっては、OVAいちごみたいにしかならないけどw
カルマ >> ひっそり注目のTVを貼り付けるテストhttp://www.oricon.co.jp/news/movie/63481/full/
LD >> ……「ノワール」みたいなの?(´・ω・`)>「ファントム」
ルイ >> いや、原作は全然違うんですが、多分ノワールになるだろうとw
ペトロニウス >> ストウィが、第二期決定?だそうですね・・・・
ルイ >> 戸松さんは高垣さんのオーディション当日の様子を教えてくれたので、えらい人。←どんな理由?
LD >> …ってジャンプから。
ルイ >> U局の生半可な規制がDVD売上に貢献するテストケースにすらなっちゃいましたからねw>ストウィ
LD >> 「ストウィ」も二期、「乃木坂」も二期、ですよ?(´・ω・`)>ペトロニウスさん
ルイ >> まあ「乃木坂春香」の続編という情報で僕の驚きゲージは使い切ったので、ストウィは妥当だなーと。
カルマ >> 今日のバイト中、ぼんやりと「中学生の時『おもしろいアニメほど26話で終わる』とかボヤいてたなぁ」となぜか記憶がよみがえってました。
LD >> 「まかでみ」も地上では裸になると泥をまとっていたのですが…AT−Xではモロ裸でしたよ?
ペトロニウス >> そうか・・・なんか時代を感じてしまうな・・・世界は不況だなって・・・(←意味不明な発言です流してください)
ルイ >> いや、表現コンテンツが絞られて守りの続編が増えるということで、意味不明ではないですw
エルバ >> 「バクマン」は既に語りつくされた?
エルバ >> (LDさん、ボールは投げたよ!!!
ルイ >> なんだってええええええ!>泥         ・・・・でもあの絵柄だからどうでもいいやw
エルバ >> と言いつつ、DVDを予約するルイさんであった。
LD >> 昔のアニメ・メソッドだと、ストリー展開を主体にした作品は2クールくらいが丁度良くまとまるのですよ。真に4クール必要な作品はむしろ少ないかも。
ルイ >> エルバくん。ちみね、人に自首を勧めたりね、失礼なのですよ?僕が予約するわけないでしょう?だってATX未契約だから予約できないでも充電ちゃんが先行放送というからまず予約じゃなく電話ゲフフン
LD >> ま…僕は福圓さんが出てればなんでもいいのだが…どうも違うという噂もチラホラ…。>「ストU」
カルマ >> 今はテンポが速くなって、2クールだと冗長だけど1クールだとまとめるのに技術がいるみたいな過渡期の印象です。ここのチャットを見た限り。
LD >> いや、ジャンプ行きましょうジャンプ。
ルイ >> ああ、ヨーロッパ戦線を舞台とした別バナって手もありそうですね。サクラ大戦メソッド。
ルイ >> でしょうね。というより1クールのメソッドが物凄い勢いで蓄積されて、逆に「2クールもかけて何をやりたいの?」が問われる段階になったという印象かな。>カルマさん
LD >> 2クールだと冗長だけど1クールだとまとめるのに技術がいるみたい>正しいです。 というか、まあ2クールだとあそべるの……DEATH!よね。
カルマ >> あ、もうそこまでいってますか。時代は早いなぁ・・・ゲームオタクには追いつけないです。>2クールもかけて何をやりたいの?
LD >> さて、新連載の「ベルゼばぶ」ですが…!(`・ω・´)
ルイ >> 「とるてあ」も「まかでみ」も「5の2」も作れるし、ハルヒというムーブメントは1クールで起こってしまった。じゃあ半年枠買って何すんの?って話ですね。
エルバ >> LDさん、福圓さん好きなら『STB 桜真町町内放送 』は聞いておいてね! http://www.animate.tv/digital/web_radio/stb.html
LD >> 読切通りの展開でしたが、第一話としては上々じゃないでしょうか?>「ベルゼばぶ」
ルイ >> ベルゼばぶ、連載まで結構早かったですね。面白かったけど・・・ああそうか、あの新人競争の勝者か。
カルマ >> 読み切りの半分もいってない?印象で、でも1話としてはまぁ普通かな、という感じです>ばぶー
エルバ >> 「ベルゼばぶ」は読みきりの時から好きだった記憶が。
ルイ >> 半端に銀魂風味な・・・引用ネタやメタっぽい姿勢を見せるあたり、ジャンプラノベ化を感じたり。
エルバ >> 配役変わったっけかな?友人っていましたっけ?
?さん >> 携帯からなので、ときどきチャチャ入れます。
ルイ >> いえ、連載用の構造強化ですね。どっちかというとクラスメイトの風紀委員おにゃのこが欲しい感じですが。>友人
カルマ >> 銀魂的なギャグって、浸透しましたよねぇ。
LD >> ふむ。「ヨザクラカルテット」か……聴いてみますw
カルマ >> ヒロイン格をあの悪魔の女にするの?とは思ったり。
エルバ >> 夜桜はアニメよりラジオの方が面白いです(ぉぃ
LD >> ?さん、こんばんんは。
エルバ >> やっぱり構造強化だったか。
ルイ >> ?さんはじめまして。
エルバ >> ?iGiさん、こんばんは
ルイ >> おうい!w
カルマ >> ?さんさん、変わったお名前ですねぇ。
エルバ >> !!!!!
LD >> 直感的な話ですが、あのヒルダって子がデレたイメージしたら、えらく萎えてしまったんですが…w>ヒロイン格
LD >> 。o(…よし、ブックマーク…)
GiGi >> バクマン、すれ違いはドラマの王道ですねえ。中居さんの株が上がりますね(笑)
カルマ >> 「母親になるのは誰だ!」な争奪戦はやってほしいところですねぇ。
ルイ >> 正妻が彼女でもなんら問題ないのですけど、彼女が認めるということが物語の終わりとほぼリンクしてるでしょうから・・・あんまり定期的な動力になってくれませんよね。
LD >> え〜っと、どっちかというと、現世の不良どもを倒して行く話…なんですよね?多分。>「ベルゼ」
ルイ >> どうだろう?幽白の初期構造で回すようなイメージ?>ベルゼ
カルマ >> ラジオの方がおもしろいと言えば、ラジオバレルですよ。http://www.animate.tv/digital/web_radio/linebarrel
カルマ >> そういえば、どういう話になるのかは、提示されてませんね?読み切りでも、主人公とばぶとの関係性に絞られていたっけ。
LD >> そう…。>物語の終わりとほぼリンク 認めるというか……「人類を滅ぼす指令」の総責任者って実質、彼女なんですよね?…まあ、それを速攻でデレさせて、あと、ゆる〜く、正に「銀魂」みたいにしても、それはそれで“まったり面白い”かもしれないけどw
LD >> いや、確か記憶だと「全国制覇のはじまり」みたいな事を言って締めたような…。>どういう話
ルイ >> うーん、連載に直すなら、主人公はもうちょい「足りない」人の方がいいように思ってたんですけどね。
LD >> 「ワンピース」…う〜ん、バロックワークスって、ロビン以外、一網打尽にされていたのか?w
LD >> 「足りない」人とは?
ルイ >> いえ、親と子というとどうしても子に注ぐ形ですから、この未成熟な親も、子に与えられるバランスの方が良いかなと。そう描いていくとは思うんですが・・・
ルイ >> 或いは○○さんかっけえええで押し切るか、というのもありますけどね。あんまり連載まわらなくね?とか。
エルバ >> 女性陣がどうなっているかは扉絵でも言及してなかったっけかな?覚えてない・・・ >バロックワークス
LD >> 「ネウロ」はXiが目覚めたら、アイちゃん殺したシックスは許さないとして……そうなるとシックスに何か奥の手がないと厳しいですね。
カルマ >> バロックワークス以外のかつての敵って、どうなってるんでしょうね?Mr.3が入るなら、インペルダウンに入れられるレベルは結構いそうですが・・・
ルイ >> 「ネウロ」は、まあ自然ですね。推理なんて興味ないのです。これを描きたかったのです。ククク。
LD >> う〜ん「赤ちゃんに乾杯」みたいな感じになるのかな?…とりあえず、かなりニュートラルというか、いろいろな展開の可能性を持ってはいるみたいですね。>「ばぶ」
ルイ >> ハンカチのような小さな出来事も、ここでヤコが懸命にアイちゃんを思い出す為の引っかかりなんだな。松井先生計算高ス。
ルイ >> そうですね。何なら赤ちゃんの家破壊オチコメディでもいいわけでw>ニュートラル
LD >> 正直、僕は、キャプテン・黒ネコと、首領・クリークを出して欲しいのですよ。僕は。
ルイ >> クリークは黙っていても出るのでは。ただこれ、総決算の意味合いがあるから・・・ここで出ない事=溜める事 かもしれないですね。
LD >> おっと、4月からのアニメ、「バスカッシュ」はチェック決定かな。
ルイ >> ・・・やっぱりニーナ主人公以外の何者でもないじゃないかYO!←レギオス観ていた
LD >> 嬉しい事を言ってくれる!(=´ω`=)>クリークは黙っていても出るのでは。
カルマ >> 目的があって海賊になった者と、純粋に悪である海賊では、純粋な悪は出しにくそうですねぇ。
エルバ >> バギー船長、出世物語じゃなかったのか・・・
ルイ >> ブリーチを一生懸命読んだお。上には上がいるって事がわかったお。
エルバ >> ハンサムの正体がクリークだと期待していた俺が通りますよ
LD >> 「アイシールド」は、今まで、悪そう&高校生に見えなかったMr.ドンが、少しいい人な描写に…。
G?G? >> シックスはもう打つ手はないでしょう。ネウロを道連れに出来るかどうかあたりが仕掛けどころかな。
LD >> …な!「ラインバレル」はどした!!>レギオス観ていた
LD >> G?G? さん、こんばんは。
ルイ >> アイシールドはこういう回上手いですね。稲垣先生は「ここ」だなって思う事がある。ラスト1デイとか。アフター1デイとか。
エルバ >> この高垣厨めっ!ハーレイが主人公だろ!!!>レギオス
カルマ >> わざとか、わざとなのか・・・!!つ、釣られクマ・・・>G?G? さん
エルバ >> 苦しいなorz
ルイ >> ん、いや、エルバさん悪いけど僕本当に高垣厨だからwそこは峻別できている自信が、冗談じゃなくてないwので乗っかろうにも迷うw
LD >> こ…これがウルキオラの本気かお…(((`・ω・´;)))ガクガクブルブル
ルイ >> 変身を残していたもの同士が、その回数を競うような。
エルバ >> 何言ってるんだ、ルイさん!! 俺も高垣厨だよ!
エルバ >> それなんてドラゴンボール? >変身回数
カルマ >> 先に本気を見せた方が負けるんですね、わかります。・・・その本気も読者には区別つかないからなぁ(苦笑)>ブリ
ルイ >> ヒル魔の動機が「一歩」の宮田級になっちった件。
LD >> 何というか…こう…中二病魂を奮い起こして読むんですよ!たぶん!黒虚閃と書いて「せろおすきゅらす」とか読ませるなんて、正に邪鬼眼な感じじゃないすか!
エルバ >> まぁ、俺も中学生だったら嬉々として読んでる自信があるぜ >ブリーチ
ルイ >> ☆-ヽ(*´∀`)八(´∀`*)ノイエーイ>高垣厨
カルマ >> アニメのルキア奪還くらいまでは楽しく観ていましたよ?
LD >> 「黒子のバスケ」は、まあ……これでいいのかなあ?僕の感覚を言うと…→
エルバ >> ただ、ハッスルラジオは聴いていられませんでした、すみませんorz >高垣厨
G?G? >> ところで貫かれた弥子まで含めてサイなんでしょうね。
ルイ >> 界王拳って、体を蝕んで打ってましたよね。そうはいっても厳密に数字で示されたわけじゃないので、最終的には「孫悟空が持つと思った所まで持つ」んですけど・・・wで、一護のホロウ化にもリスクは同様にあるはずなんですが、どうもその実感が薄いのは、白と黒のスタイリッシュ過ぎる画のせいなのかな?とか。とかとか。
ルイ >> ☆-ヽ(*´∀`)八(´∀`*)ノイエーイ>ハッスルラジオは聴いてられない
LD >> →「奇跡の5人」でしたっけ…?毎回、毎回、こんな奴に勝てる分けがない!!って感じのキャラを出して欲しいです。「ギャンブル・フィッシュ」とかあんな感じ?
カルマ >> 1人目から、そうでもなかったよーな>勝てるわけがない
ルイ >> あ、でも2人目のキャラ立ては悪くないんじゃないですか。いかにも二番手って感じでw>黒子
LD >> おおう。>弥子まで含めてサイ 僕は、貫かずにヤコを持ち上げてる状態だと思っていました。
ルイ >> んなw>持ち上げてましたードッキリ大成功!
ルイ >> ただ、弥子が死角に潜った所で何ができるねんって思ったりはするんですけどね。ネウロと再び接するのはあんまり美しくないので。こう中距離から何かを仕掛けるような事が・・・まあ、あくまで美意識の話なので、また日常回帰するなら別にいーんですけどね。
LD >> って、今の話で思いましたけど、完全体XIって、分裂、増殖できるのかな?さすがに質量は変えられない?
ルイ >> うわ、地味に脳科学的な問題w>分裂増殖 質量は変えられるのでしょうが、2つにはなれないんじゃ。そう考えると、やっぱりサイは「そこにいる」んですよね。
LD >> 1人目から、そうでもなかったよーな> ですねえ……いや、そうすると奇跡の5人というか、最強の一人がいる話になってくるんですよねえ…。
カルマ >> そういえば、サイレンがよかったです。電話が使えなくなり、携帯みてる人は日本に多いから、人込みもやばいと。 召集はこういう使い方をするのねー、って納得しました。
ルイ >> 4人まで倒してあと1人!と思ったらその1人が補欠→「キセキの世代、何するものぞ!われらこそが伝説の”カミの世代”!」 2人倒した所で何と残りの3人が同じ学校に転入。俺達の戦いはこれからだ! 好きな方で。
LD >> …って、元々、キャラが弱そうなので、無理せずここらへんで落ち着かせるのがバランスという気もしますね。>二番手
ルイ >> (ムントの野郎〜、若本さんはいい若本じゃねえか〜orz)
G?G? >> サイは現状でシックスの言うところの進化の頂点に居るので、シックスを排除すること自体は造作もないと思ってます。そのうえで、シックスのその思想まで打ち破れるかどうかが見所ですね。
LD >> んじゃ、神の世代の方で…。必殺技は“ゴッド・ノウズ・スロー”と“ジェノサイド・ダンク”ね。(`・ω・´)
ルイ >> 悪かったよ・・・orz>イナズマファイブ
LD >> 「ムント」の良いところを探すと、とりあえず若本さんの演技が目にとまるよねw
LD >> うむ。サイを戻した時点で、物理的には“勝負あり”なわけですね。それはHAL戦などを観ても、松井先生ならありそうだ。
ルイ >> まあ。脚本はラインバレルを上回りかねないですからね。>むんと 若本さんと作画ですよ。 「トリコ」は堅調・・・GTロボ迫る!という描写と、一方で健康状態のココもGTロボに怒りを燃やしてるわけで、これはアツイですね。
LD >> 「サイレン」は久しぶりに雨宮の逝っちゃった目が観れてよかったですw
カルマ >> 「逮捕なんてこの際どうでもいいでしょ?」
ルイ >> 「ぼっけ」も、西先生のウマさが見えるネーム運びでした。
LD >> 「マンガ研究所」で松井先生の魔人状態は“虎”を表している事がわかったw
LD >> ま。画像貼りますw>「逮捕なんてこの際どうでもいいでしょ?」
ルイ >> マンガ研究所、バクマンと組み合わさって「背景なんて描けなくていい!」と・・・まあ、そうですけどwこの意識がある限り、総合表現としての漫画は限度があるな。それでいいんだけどね、個人表現という解釈で。
LD >> 「ぼっけさん」、主人公の動機の形作りが上手いですね。ハシラには“ヒーローの戦い本格始動”って書いてあるけど、ちょっと違うとは思う。でもそれがどう展開するかは分らないけど。
エルバ >> 「ぼっけさん」よかったですねぇ
ルイ >> どうしてもJOJO四部のしげちーを思い出すのだけれど、思い出してもそれを自己流に消化する力は別物ですね。
LD >> 「バクマン」は、見吉は可愛くなり過ぎだと思うにょ?(´・ω・`)
ルイ >> 「バクマン」は、色々匂わせた挙句こうオトすという、まさにベタと意外性は表裏一体です、みたいな話に。
ルイ >> GGさんが仰ってましたけど、中居さん・・・或いは「編集者」そのものをヨイショするようなw
LD >> 付け加えると、前回も、今回も“ヒキ”を取る場所が上手いですね。“ヒキ”の場所を押さえて、そこから逆算してネームを組んでいるようにさえ思えます。>表裏一体
エルバ >> さて、明日も仕事なのでお先です。おやすみなさいませ(-ェ-)。o○Zzz…
ルイ >> しかしサイコーの逡巡は、やっぱり「天才」を描く漫画なら踏み越えていきそうなゾーンですよね。とはいえエイジが展開分析とか始めちゃうくらいなんで、この世界の天才観微妙ですけど。梶原的天才ではないかな。
ルイ >> おやすみあやひー、ってキモい声優オタみたいな事を言わないと挨拶として認めない。じゃなかったお疲れ様です。
LD >> うん、「ぼっけさん」はヘタレくんが、どういう文脈なら目覚めるか?という意識の上に話が組まれていますね。
ルイ >> かなり逆算の物語なので、正直意図は透けるんですよね>ぼっけ けれど、順当に組んだなと。
LD >> サイコーの逡巡っていうとラストの部分ですか?
カルマ >> おつです〜>エルバさん
ルイ >> です。シュージンなんて!はサイコーの格じゃないと。同時に、エイジなら迷わないっていう対比なのかもしれないけれど、エイジも妙に人間っぽいと。
ルイ >> 「とらぶる」は、古手川さん立ててるヒマあったら春菜ちゃんたてんでいいんかい、といっつも思うんですが、もう徹底してるなあ。
LD >> ちょっと「アスクレピオス」と比較すると、パレとメケのキャラ格はほぼ同じ……少しメケが落ちるかな?で、パレの時は「泣け!」って演出を組んでいるんですが、メケは違うんですよね。
ルイ >> メケ落ちますね。落ちるというか、もっと明確に「トリガー」の為として存在する。パレは連載が順調なら、あの3人描写でルーティンで回してもいいわけだし、寧ろその方が落差がキク。でもぼっけで狙ってるのはそうじゃないんですよね。もっと冷淡というと言葉がヘンですけど、明確に「初期動力に」という意図が。
ルイ >> (今人気投票したら春菜ちゃんどうなるのかしら・・・大丈夫かな?ティクビ吸われてるし、おはぎ声だし・・・←どんな根拠?)
LD >> え〜っと、まずサイコーは天才としては扱われてないですよね。…でエイジは多分、天才として扱われている。…いや、最近、格が落されてますけど、でもスーパー完璧超人描くとリアリティが目減りするので、このバランスって難しいんですよね。瑕疵があるから天才じゃないのか?と瑕疵があるけど天才なのか?って判断で。…僕としてはサイコーを天才として描いていない以上、非常に天才に近い者として描いているとは思って居るんですけどね。
G?G? >> 編集者を仲裁に入れることで自然と読者の視点を誘導してますね(笑)。あと、とりあえずこの場を納めつつも火種が残るような展開も考えられる(笑)
LD >> 声の話したら、おはぎvs名塚になったちゃうじゃないか〜!w
ルイ >> それはわかります>天才に近い者として描いている でもその描こうとして描いているものが、かっこいいと思ったものを描けば自然に・・じゃなくって、教えてくださいわかりましたベタです!てな人で。こうなると、天才観だなあ・・ってつくづく思います。そして、サイコーとエイジをもっとステージが違うように描かないのは、計算なのか天才観なのか、と。
LD >> で、「ぼっけさん」ですが、ルイさんが冷淡といったように、泣いていながら、実はこのシーンは“哀しくないもの”として描いているんですよね。むしろ“哀しくない”自分に幻滅したから、ヒノはメケの死を無駄にすまいと行動を起している。大雑把に言うと。
カルマ >> 服部さんがどう伝えるかで、今後の仲がまるで変わってくる・・・というか、お節介が過ぎてしこりを残しそうで・・・ううん。
カルマ >> エイジはもう天才って印象ではないですね。いや、「絵の天才」かな?
ルイ >> まあ「残しそう」で「残さない」わけですよw
ルイ >> 大雑把というか、鋭利なきり方ですねえ>ぼっけ評
LD >> う〜ん、まずハッキリしているのは、大場先生=ガモウ先生なら、「ラッキーマン」の天才マンの世界は観えている人である事は確かなんですよね。同じく、勝利マン、友情マン、努力マンの世界も観えている。……で、天才マンをそのまま「バクマン」に持ってこれるか?っていうとそれは難しい……計算でもなく、天才観でもなく、なんというか構造構成の綾という感じがします。
ルイ >> ふむ。いざフィールドがバクマン・・・漫画という世界になった時、天才マンは天才マンとしてある事ができるか、というような話か。
LD >> ふむ…。やはり、そういう評になるか…。>エイジはもう天才って印象ではないですね。
ルイ >> ヒノのような主人公って、とにかくサユを守る!という動機でもって描くのがパターンですけど、それだけだと大きな物語と結びつかないんですよね。極端な話、火の粉を払うっていう選択肢を取り続けていればいいわけで、それじゃダメだよ、とサユに制限時間を設けたりするわけですが・・・今回は、もう1つの絆でもって、大状況へのリンクを速やかに済ませましたよね。>ぼっけ
LD >> あ、その線に沿うとして「絵の天才」じゃなくって、「ネームの天才」とは言えるかな?って思いますけどね。
ルイ >> メケを見つめながら、同じくぼっけで肩身の狭い思いをしてきた自分を見つめて決断を下させているところがウマイ。サユに情報集めすぎると、なかなか視点がヒノ自身に戻らない。
LD >> 。o(……サユがいまいち、エロくないんだよなあ……メガネ先生とかあんなエロかったのに……)
カルマ >> 自分のイメージを絵にする天才・・・なので、原作をつければ花開くか?というとまた難しそうですけどね>エイジ
ルイ >> ちょっとお花を摘みにいってまいりますわ、ホホホ。
ルイ >> ちょっとお花を摘みにいってまいりますわ、ホホホ。
LD >> アドバイスを受けたり打合せしたら天才ではなくなる…というのは僕が言い出しそうな事なんですけど…(汗)僕は天才感覚は維持されていますね。…ただ、エイジはサイコーのライバルではあるけど、倒すべき敵ではないという感覚を出そうとして、今、エイジはどんどん可愛くなっているような気がしますw
カルマ >> サユのエロスはニットで強調される乳だそうですよ?
G?G? >> エイジが孤高の天才である必要性をあまり感じないので(バクマンは才能論をやるつもりはないと思ってる)アレですが、エイジは“結果を出す”キャラになっていくと思いますよ。
LD >> ケースにもよりますけど、物理的には今の連載「CROW」が打ち切られたら、天才ではないでいいと思いますね。エイジにとって「編集には天才と持てはやされたが、そうではなかった者」としての物語が始まるのでしょう。
LD >> あ、G?G?さんと、同じ意見です。そもそも「バクマン」は天才の物語ではないんですよね。
G?G? >> サイコーが四苦八苦してる間にあれよあれよとジャンプの看板作家になるんじゃないかな。それは何故?という追及は特にないまま。
LD >> ああ、同じイメージだ。ただ、けっこう格が落ちたと言われてしまっているので、そうじゃない展開だとどうなるのかなあ?と僕の頭の中は考え始めている。
カルマ >> 読者が納得するかは微妙な印象ですねぇ・・・>看板作家
LD >> 「ぬらりひょん」ですが、黒幕らしき、山ン本五郎左衛門はこんな人→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E3%83%B3%E6%9C%AC%E4%BA%94%E9%83%8E%E5%B7%A6%E8%A1%9B%E9%96%80
LD >> 読者が納得するかは微妙> そこですよねえw何か僕が思うに新妻エイジって、最初の登場から「一番になったら好きな連載切らせろ」発言あたりで、かなり読者に嫌われたんじゃないかと。…で、それが本意ではないガモウ先生としては、いろいろ調整が入っている状態じゃないかと。
LD >> …で、山ン本五郎左衛門って「うしおととら」にも出ていたって事ですけど…そうでしたっけ?(汗)
LD >> ああ、そういえば「とらぶる」で春菜ちゃんが弱くなるように、「ぬらりひょん」ではカナちゃんが、がんがん「弱く」なっている件。
カルマ >> 印象の悪さもあるんですが、それはそれとして、才能部分での格を落としてしまったせいで、そこでの文句も言えてしまう状態になったってのが厳しいですね。
カルマ >> カナちゃんの弱さは・・・寂しいですね。つららがいくら可愛くなろうとも(笑)
カルマ >> それにしても、ゆらちゃんはリクオの正体をまだ怪しまないのか!さっさとラブコメでもはじめなさいよ!
ルイ >> しんいちろーの、べんじょのうらーに、べんじょこおろぎー♪(そのまんま
LD >> ああ、成る程w難しいなあ…ガモウ先生的には親近感を出そうとしたんじゃないかと思っているんですけどねw
LD >> (´・ω・`)ノよう!べんじょこおろぎ!
LD >> さて、ルイくんが戻ったところで、サンデーに行きましょうか。
ルイ >> ふう、あのリシアンサスめ、まさかHPが30%を切るとケアルガ、リジェネ、プロテスを唱えるとはな・・(; ・`д・´)
ルイ >> いや、カナちゃんが弱くなるのは物語のフィールドが初期構造から切り替わってるんで、まあわかるんですよ。じゃあ学校でずっと回してるのに春菜ちゃんって何なの?って話でw
LD >> さて、ネットではあまり話題にならないけど、単行本の売上げは相当良い「あおい坂高校」が巻頭カラーですね。
LD >> ……空気?(´・ω・`) >春菜ちゃんって何なの?
ルイ >> 連載としては磐石ですからねえ。あだち先生型・・・つまりバッテリー野球の形は取りつつ、プチアストロ球団にする事でナイン全体が回る。いわばイナズマイレブンから必殺技をゴッドハンド以外削って野球にしたような・・・。
カルマ >> もっと才能バリバリって描写なら、印象の悪さはおいといて、「そんだけ才能あるなら仕方ない」となるんですけど、そうでもないとなると・・・うーむ。>エイジ
G?G? >> 看板背負ってるけど、あんなの大した漫画じゃねーよと言われてしまうのもある意味リアリティがあるような(笑)。別に才能がある=ジャンプでエースというわけではないですしね
カルマ >> 単行本の売上というと、ダイヤのAもすごいですね。最新刊が5位だっけ。
LD >> マジレスすると、正統ヒロイン記号以外、これといって特徴がない子だから、「こわしや」の國生さんみたく、バックアップがいったのよ。本当は。
ルイ >> ま、それこそ「青春少年ジャンプ」だ、と考えるとエイジはあまり気にならなくなってくるんですけどね。同世代の漫画坂の登り方の一例って感じでw良かったー、サイコーと亜豆の約束が「ジャンプアンケートで年平均一位取る」とかだったら血みどろだったヨー・・・。
カルマ >> 記憶喪失になって、リトのことをご主人様って呼び出したら、人気出ると思いますよ?(真顔)>春菜
LD >> >春菜
ルイ >> いや、僕としては西園寺と天上院さんが半年くらい性格入れ替わってくれたら(ry
LD >> そ、それは……あり!だな!(`・ω・´)しきーん 個人的には、記憶喪失になって、リトの事を弟だと思って欲しい!!(`・ω・´)しきしきーん!
ルイ >> 最近またルーティンぽくなってますけど、ララが「恥」に踏み込んできたので、春菜はホントは「積極性」でバランス取らないと成立しないんですけどねー。
LD >> 「はじめてのあく」はサムライ装束で無類の女好きって、なんだ、そのサイコロを振ったみたいなキャラクターはw
カルマ >> 天上院さんがリトにデレる所は激しく観たい!そして、元に戻った後も尾を引くんですね、わかります。
ルイ >> まあ、あっさりと久能って言っちゃうんですけど・・・w>はじめてのあく
LD >> うん、だから恋愛感情抜いて、それでいて近しい関係が組み直されるってアリなんですよ。マジにw>疑似弟
LD >> ああ…そっか。確かにこいつ「らんま」の久能帯刀そのまんまじゃないかw
カルマ >> そういえば、植物子が春菜のことをお母さんだと思い込む形で、補強できたりしたのになぁ・・・
LD >> ……ってことは妹がいるな!(`・ω・´)>久能
カルマ >> 「リトの家にいなきゃダメ」な状況を作るのはありですねぇ>疑似弟
ルイ >> も、も、桃子きたああああああああああ!orz>妹
ルイ >> てか、今週の家を直した皆様も、僕はどのコマにかスターシステムが導入されてるんじゃないかと・・・目を皿にして・・・orz
LD >> おっと。「神知る」は前回の実習子のキスをどこまで読んでいたか?の謎は、謎のままか…。
ルイ >> まあ読めてないんでしょう。読めてたら「現実はクソゲーじゃない」方向に進まないもんね。
LD >> も、も、桃子きっ…(´Д(`○=(・ω・´ ) <もちつけええええええ!!!
ルイ >> 今週の「神知る」はインターミッション回としてのノルマは果たしてますね。この死神なんちゃってゼーレがまるで重たくなかったことや、普通子を描いてることも含めて。
LD >> 進まない?…ですか?
ルイ >> ちょっとずつでも桂馬の意図を超えたリアクションを仕込みたいね、と。
LD >> まあ、ルイさんの読みは、あのシーンは桂馬は待伏せて話あそこで盛り上げて、自分でキスするつもりだった…って「読み」になりますかね。
ルイ >> そうですね。これまでの攻略がそうだったように、桂馬って「しゅごキャラ」のオープンハートみたいなタイミングで自分からキスするのが基本なんでwまあ、それで計画は立ててるだろうなと。
LD >> ああ、そうですね。>桂馬の意図を超えた 普通子の話や、実習子の話は、かなりそっち方向への流れを感じますね。
ルイ >> 特に実習子は立派な中編ですからね。それくらいは積んでもらわないと。
カルマ >> なるほど、そういう考え方もできますね>意図を超えた
ルイ >> 「ハヤテ」は、もうハヤテが当然のようにアニメ最終回ありきのセリフを組んでいる件。まあ、もう、今更ですが。
カルマ >> 「先行最終回」の方は観たのですが・・・(笑)>ハヤテ
LD >> 成る程。反証はないですね。僕は自分からなら体育館でかなって思ったんですけど、まあ、予想外って事をキレイに見せようと思うと、自分からってビジョンが妥当かなあ…。
ルイ >> 最終的に認識の奪い合いで、実習子がひと太刀浴びせたって考える事もできますしね。
ルイ >> 「月光条例」トショイインがキラキラしてきている件w
LD >> 「いつわりびと」の薬馬小四郎ってキャラですが……女ですよね?
ルイ >> 俺のおにゃのこセンサーの感度は抜群です。
ルイ >> しかし赤ずきんちゃんのこの表現が少年誌で可能という事は、9・11は遠くなりにけりなんだなあ。イエスウィーキャンなんだなあ(?)
LD >> 「魔王」の潤也の能力限界が出ましたね。また「金は力だ」という言葉もいい……「銭ゲバ」いくか?w
ルイ >> 銀と金かと思ったけど、ああ銭ゲバだw
ルイ >> 10%以上の確立を全て100%にできる・・・という解釈でいいのかな?
LD >> 「金剛番長」はもう23区計画は終わりか…。
ルイ >> まあ、「リボーン」ほど上手くないですけど一応同メソッドの信奉者ですしね。23区計画は踏み台ってのは妥当です。最終的に太陽系番長とかでいいんで。
ルイ >> てか、キャラメル番長とかもう意味わかんねえw
カルマ >> 47都道府県番長とかやらないんでしょうか?
LD >> いや、そこなんですけどパーセンテージって難しいですよね。…何というか多分、10択1正解問題までなら、外さない能力というか、そんな感じかなあ?と思ったり。
ルイ >> 少し前に、撒こうとされたけど大丈夫でしたよね。
LD >> とりあえず、ベタな想像では23区計画が終了したら、次は47都道府県計画ですよね。…でも、兄貴番長は「ダモクレス計画」ってファイルを持っていましたが。
ルイ >> あれは道・・・選択肢が10なかったって事ですよね。
ルイ >> そう、ベタだと関東か都道府県ですね。
カルマ >> けっこうアイデアが来ているだろうに、チョイスがアレな感じがするのがなぁ(苦笑)>キャラメル番長
ルイ >> 敢えてハズしている感じはしますよね>アイデア 答えはベタです!って教えてあげて欲しいw鈴木先生は画でかませる人なだけに、特にね。
LD >> 例えば大穴の馬が来る可能性って上手くいえないですけど10%じゃないですよねって感じで。…だからよく分かんないけど10択、1/10なんですよね。
ルイ >> ん、そういう意味ですか。なるほど。
LD >> メガネの女の人、文学番長なんだ…とか思いましたがw
ルイ >> さっき言ったけど、やはり選択肢、可能性そのものですね。道の太さは考慮外。
ルイ >> しかし、これをどうギミックとして使うんだろう・・・?ダイス2つ振ったりルーレットだと使えないということだから・・・あれ?ギャンブル漫画用ギミック?w
LD >> 自分の心の中で選択が意識できればいいのかな?>10択
ルイ >> 12個選択肢があれば、そのうち2つを何とかして潰せば能力が発動するんだ。そこの際がポイントかな?
LD >> たとえば、今日自分は襲撃を受けるか/受けないかを当てられるって事ですよね。
ルイ >> 心だとダメなんじゃないですかね。思いつかない選択肢の責任が取れないわけで・・・現実問題としての「可能性」。どんな上位者が知覚してるのかって思いますがw
ルイ >> YESorNOも使えるかな?もっと限定条件下の、動詞が固定化された時の「それ以外」を認識できるというイメージですかね。襲撃を受けるとわかって考えた時に、どこから来るか・・とか、そんな感じ?
LD >> あ、だから今、いった見たいに二元論に落とし込んでしまえるものは全て当てられるんですよ。…でも、具体的に、どう襲われるか?といったような事は制御できない。>思いつかない選択肢
ルイ >> 「ケンイチ」は、女性陣や運のめぐりが、意地でもケンイチの主義を守りに着てるなあ・・・wそして、何だかんだいって師匠と弟子が拳を交える事はなし。
ルイ >> そうですね、「どう襲われるか」と書かずに「どこから」と言ったのは、意識してです。例えば十字路の真ん中に立って「どっちから?」といった感覚に近いですね。手段は10じゃ足りないだろうと。
LD >> ああ、二元論に落としこんで行けば……襲撃者は一人か?→○×、二人か?○×、その中に能力者はいるか?→○× ……かなり強烈な使い方ができないか?w
ルイ >> んんん・・・・・・・・・・・その使い方は可能なのか?と思ってしまうな?
G?G? >> 選択肢の合計が100%になるならば、任意の設問に対して、10択まで予言出来る、ということでしょう。例えば10番目の選択肢に「その他」を置くことは可能なはず。
LD >> ちょっと楽しみですね。今、マスタークラス・バトルも順次公開していますけど、中でも甲越寺師匠のバトルは強烈だった。馬師匠はおそらくそれクラスになるんでしょ?w
ルイ >> ふむ。例えば競馬には同着があるわけですが、単勝の上では影響がないから選択肢は増えないんですよね。「その他」か・・・・その他だってわかっちゃったらどうするんだ?w
LD >> 難しいねえ…。僕がいった二元論に落とし込むやり方もそうだけど、「その他」がアリなら、事実上、10択、1/10以上の能力を獲得しているようなものw
G?G? >> 同じシチュエーションに対して絞り込みはできないでしょう。ただ例えば12頭立てでも、うち3頭をその他に置いて予言することは出来るはず。
LD >> その他だってわかちゃったら、最初に候補に上げた9択以外の、選択肢を再度セットしてまたトライですよ?w
ルイ >> 予言を繰り返して確率を絞るような使い方はできないと思う。だからイエスノーも、その他もないように思っています・・・えーとロシアンルーレットが成立したのは、毎回引き金を引く為にイエスノーをやっていたのではなく、銃弾入れられる数が10に満たないから、一発変換で「何発目」というのがわかって・・・それをまだ認識していなかったから、ああいう使い方になったのかなとか。
ルイ >> うん。今GGさんが言ったそれを「できない」と考えているのが僕、という事になりますね。だから、誰が判断するの?神?って問題は残るにしても、その選択肢を減らせるか否かというのが駆け引きになるはず。
LD >> 同じシチュかあ…w それも難しいよね。12頭を10択に割るのと、3頭を3択にするのが、同じシチュかどうかというと……wって、まあ、今言った連続選択をすると絶対的中者に限りなく近くなるから、そこらへん(曖昧ながら)制限しますかねw
LD >> まあ、ともかく、今、僕が言っている話は制限がないに限りなく近くなるんで、それはしないでしょうね。
ルイ >> 同じシチュというか、同じ対象に向けての問いかけ・・・というかね。そも、イエスノーではないのでしょうから、問いかけとも違うのかもしれませんけど。時間をかければ100分の1も当てられますってそれはもうギミックとして成立してないw
LD >> 「オニデレ」はいきなりしおらしく、脚を隠すサキさんが可愛かったw
ルイ >> 「コナン」で明智警部相当が「今」でてきたよ・・・?所轄孔明・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・うわああああああああ!orz
ルイ >> やおよろっ!は、だからテンポを上げるんだ。ネームを削るんだ!
LD >> 所轄孔明w
ルイ >> 板垣先生的に、青山先生「すまんみんな!思いついちゃったんだ!著作権代わりに俺が使う!」みたいな・・?orz
LD >> ……ま、そうですね。8Pもらっているなら、4柱は出しなさい。>「やおよろ」
G?G? >> 2択を4パターン見たら2^4で16パターンになって予言は外れる。もちろん、1回1回“確定”させれば別ですが。あとその他の可能性を見逃して予言を外すパターンはありそう。
ルイ >> 先ほども言ったけど、撒かれなかったのは十字路なりの4択を何回も繰り返したからですよね。1回1回確定できた。
LD >> 「ギャンブル」もう終わりだろうけど…、ようやく、そこの言及まではいったか。もう終わりだろうけど…
ルイ >> そう、可能性の見逃しってのがポイントですね。競馬の頭立てのように、明確に選択肢が絞られてるわけじゃない。・・・まあそうなると、今度は実現可能性などから「誰が」それを判断するんだって話に・・・神(ry
ルイ >> 「お茶」が、ヤーマダが地味に一発で「こうあらねば」的なイマジンブレークしていてスガスガシス。
LD >> ああ、こうも言えるかな?12頭だてがダメだったように、頭で12択を認識したものを10択に落とし込む事はできないかも。
ルイ >> でも当麻、誰かを犠牲にしなきゃ、ってケースは「ある」よ。幻想じゃなくて。←急に「とある」にツッコミだした!
LD >> ええっと。サイコロの目のどれが出るかは当てられるけど、何からの理由でサイコロが割れたりする未来が来た場合。予想はただただ外れる…か?
LD >> えらく時間かかってますがマガジン行きましょうか。
ルイ >> 誰が分母を決めるか、という所でブレそうですね、やっぱ。
ルイ >> 「コードブレイカー」は、バレンタイン漫画が・・・・一週遅れたなあ・・・・・・・w
カルマ >> すみません、パタポンやってました(汗)
ルイ >> ドカポン?パネポン?ヒロポン?タンポン?←徐々に最低
LD >> 「コードブレイカー」、案外、総理がいろいろ一癖ありそうですね。
ルイ >> 一癖って程ですか?何かわっかりやすいかなぁ>総理
カルマ >> おぉ、マガジンか。
ルイ >> オマケの方のわかりやすいつくりで思ったけど、コードブレイカーの大神と桜の関係ってアレだ、「SA」にちょっと似てるんだ。
LD >> 「フェアリーテイル」はラクサスがドラゴンでしたか。…でも、まあ何かすごく納得w
カルマ >> 人見先輩の動機がショボ過ぎて残念というかこんなもんだろうというか。
ルイ >> フェアリーテイルもイマイチかなあ・・・確かに納得はしたんですけど、そこまでナツ周辺に「強者の力学」を集めないと回せないの?主人公補正?みたいな冷めた気持ちも少々w
G?G? >> 慮外をどう処理するかは不確定なところがありますね。
カルマ >> うーん、ラクサスが持つことで、滅竜魔法の価値が下がった印象です。そんな簡単に使えるの?っていう。
LD >> いや、最初はどうでもいい人質くらいの感覚だったんですけど…自分がターゲットなのに、割と平気で腕組みしてへらへら笑っているしw>総理
ルイ >> ああ、レアリティを下げたという点を重視すると「下がった印象」になるんでしょうね。僕はボスに対して「減竜だから強いのか!」→じゃあナツも特別なんだ!という順序で組んでいるところが気に喰わないんですが、まあゴールは近いとこです。
カルマ >> シバトラ、普通に恋愛感情でいいじゃんと思ってしまった・・・
LD >> 人見先輩は、何か「泣いた赤鬼」の青鬼くんですよねえ…w 彼が青臭いせいで、その場にいたコードブレイカー全員が全員、青春野郎に見えてしまいましたよw>カルマさん
カルマ >> ただ、僕はずっとラクサスが強いと思えないままここまで来てるので、違和感があるんですよね。
LD >> なるほど。いや、僕としてはラクサスが雷属性だって事は前から分っていて、それってナツとすごく近いよねって思っていたもんだから…。
ルイ >> 人見先輩、青鬼だし、ものっそチャッチイアンチスパイラル的な・・・w
カルマ >> いや、大神はれっきとした青春野郎炸裂してるんで、その言い方で間違いない気が(笑)
G?G? >> そろそろギブアップです一番思いつかない
LD >> 本当なら、普通に恋愛感情でいいんでしょうけど、そこで大人目線を確保するのが「シバトラ」の「シバトラ」たる由縁ですよ?……って、その上で最終的にどう落ち着くかはわかりませんけどね。
ルイ >> 「君のいる町」が、やっぱり「とるてあ」に影響受けたかのような進行をしている件。っていうより、「真っ向からトレンディドラマ志向」って事なんですけどね。演出力はともかく。
カルマ >> 「ダイヤのA」の沢村の表情がいいなぁ。いつの間にか甲子園が目的じゃなくなってることとか。
ルイ >> 「エデンの檻」が、危機的状況とお色気の融合度が高すぎて凄いです。
LD >> いや、本来だと大神はそんな青春まっすぐ野郎じゃなくって、ニヒル気取りの中二病じゃないですかw…それが人見先輩を殴って説教とかwなんぞその展開ってww
ルイ >> 見開きも妖怪辞典のように決まってるしwいい連載だなあ。
カルマ >> 「花形」・・・「男の戦場・・・」って巨人の星にもある台詞なんでしょうか?
ルイ >> 「花形」一番候補だと思います。
LD >> バシロサウルス、背中傷だらけな所に萌え。
ルイ >> 実際その言葉があるかどうかは思い出せませんけど、今回原典の明子さんと遠ざけつつ近づけるという、面白い組み方をしているんですよね。
LD >> マガジンはエロい連載が多いですねえw>「花形」
ルイ >> 梶原先生の明子さんはもっと「男の世界に立ち入れないもの」としての矜持がある、峻厳とした美しさがあって、だからこそ花形も惹かれたのでしょう。でも今回の明子さんって、わかりやすいところで「モノローグ使ってる」んですよね。
カルマ >> そうか、「ありそう」と思わせた時点で勝ちなんだなぁ・・・
LD >> ああ、あの明子姉ちゃんの表情は、原作明子にはなかった物だと思います。
ルイ >> モノローグを使ってるという事は、使う対象としての花形を仰ぎ眺める事になって、極端に言えば花形に惚れたマネージャーとかと、大差がないように描いている。少なくとも、花形の意識(視点)でもって仰ぎ見る形を取っていない。・・・のに、「男の戦場」の所にページを開くと一気に「僕らのよくしる星明子という女」に近くなって(それでいて女としての感情も混ざっていて)、最後にはまた弱い「モノローグ子」に戻るという、その明子ントロールに魅せられました。
LD >> 「賭博覇王伝零」の第一部完はちょっとよかったかもしれません。…というか、このシステムだと標のいった計画はどこらへんのタイミングで出てくるんだろう?
ルイ >> で、その後の広告で吹くというトラップw次回は星平成版と昔の花形でお願いしますw再来週はW左門でw
ルイ >> 「零」良かったですね。ギアスの一部完に匹敵するヒキって言ったらGGさんに殴られるか・・・w
カルマ >> 生徒会役員共のヤンデレ風に今更ながら吹いた(笑)
ルイ >> つか、もういいからアトラクションやる前に車落とそうよw
カルマ >> 王を選ぶのに、それでええのん?ってのは野暮なツッコミでしょうか。王っていうかいつの間にか地下ギャンブルの代打ちになってましたけど。>零
ルイ >> つまりこれは主催者側の甘い「王」認識を突いて真の「王」を簒奪する物語・・・だから「覇王伝」なんですね。(したりフェイス
カルマ >> ベイビーステップ、ここに来て100分割を持ってくるか・・・!!と震えました。
LD >> いや、ルイさん、原作の明子姉ちゃんって、あんな強く出る事ってありましたっけ?支えはしているんだけど…あの画はフォワードなんですよね。
ルイ >> 原作の明子姉ちゃん、花形には厳しく、強いと思いますよ。
LD >> まあ、彼らの“王”は財前じいちゃんが“王”っていうお魚
LD >> まあ、彼らの“王”は財前じいちゃんが“王”っていう“王”ですからねえ。
ルイ >> 支えているのは「新」以降、夫人になってからで・・・巨人の星中での明子は、寧ろ花形より率先して「男と女の世界の違い」を主張して身を引いたりしていたと思います。その、世界の境目が見えている者、としての星明子があの流れで到達したから、震えたわけで。
LD >> むう〜(汗)そうだったか……記憶にないや……orz >厳しく、強い
ルイ >> あそこまで普通の、これまで描かれてきた「花形という天才をまぶしく眺める者」の位置を踏襲しながら、いざという時に視点を奪い返す、その明子っぷりに感動したんですね。この明子プニ巨乳萌えキャラだけど、やっぱ明子だぞと。
ルイ >> 勿論梶原的な「強さ」なので、その強さは「引く強さ」だったりしますけど・・・やっぱり、強かったですよ。
LD >> 「ベイビーステップ」、難波江戦、自分の手持ちの武器で何とかする事では足りずに、試合中に進化する道を選び始めたか…。
ルイ >> 「ベイビーステップ」も一番候補ですね(笑)。難波江のメンタルが究極なら、エーちゃんの技術も究極やーん。でも、諦めないからこそたどり着けた「ムチャクチャな思いつき」なんですよね。
ルイ >> いや、正しくは「自分の手持ち」と言っていいんじゃないかな?理想論とはいえ、イメージしていたんだから。イメージにないものを引きずり出したわけじゃない。
LD >> ああ、はい。そこは全く同感です。>いざという時に視点を奪い返す、その明子っぷりに感動
カルマ >> 少なくとも、未読の僕に「原作にこういう台詞があるなら、納得」と思わせる・・・文語を使う上手さも含めて良いシーンだったと思います。
LD >> イメージしていましたね。まあ、でも何というか、今、為そうという感覚ですね。
カルマ >> 試合中に実現するかはともかく・・・いや、実現したとしても負ける展開で、しかし最強の武器を手に入れるとしたら。>ベイビ
ルイ >> んで、ナッちゃんが地味に凄いというか・・・何だろう?鮮やかな格の上げ方というか・・・ナッちゃんにシビてたりして。
LD >> 「ファウスツ」は、ちょ〜〜〜っと、悪魔がしょぼくなってないかい?w
カルマ >> きっかけ作りが、見事にナツですよね。
ルイ >> エーちゃんの論理って、動いてるボールをいつも真正面で捉える、動体を止まっているものとして、その上で究極のコントロールを求めるという・・・完全に計算でたどり着くゾーンですよね、これ。
カルマ >> 来週のサブタイトルが「コントロール」で、もしかしたら今週すらフリでしかないかもしれない、と思っています>ベイビ
LD >> さて、チャンピオン行きましょうか。
カルマ >> アンケートで「つまんねぇ、最初の悪魔出しとけ!」って書いときました(笑)>ファウスト
ルイ >> あれが「プロのメンタル」という事なのかもしれないですねぇ>ナツ
ルイ >> ぶはぁw>ファウスツ
カルマ >> 先週の緊急カラーの言葉が「最強のメンタルで勝利」だったっけ。ナツの位置づけって、そういう所に置かれてますよね。
LD >> どっからでも100分割で打てるなら、正直、手塚ゾーンいけるんじゃないか?って気がしてきますw
ルイ >> 「純情可憐」が終わったらしいよ・・・orz
カルマ >> 毎回呼んでいた→つまらない→(好きなキャラは?)最初の悪魔ヤジッド で選択しました。
ルイ >> んーと100分割を成立させるには、相手に深いショットを打たせないような計算も求められるんですよね。まあ手塚ゾーンまでは・・w
カルマ >> あ、なんかパラパラしてたら最後のページに「終わり」って書いててビックリしました。>純情可憐
LD >> ま…しょうがないね…(´=ω=`) >「純情カレン」
ルイ >> チャンピオンといえば、車田星矢より前に手代木星矢が連載されている雑誌ですか!
LD >> さてチャンポン。
ルイ >> つか、柿原徹也さんの如才なさっていうか・・・ウマさっていうか・・・wは、ちょっと意外っていうか・・・wんー・・・w
ルイ >> ロストキャンパスは出演者一堂の代表作にな・・・・らねーよ!w絵が凄いってトムスに何が起こればそこまで凄いことになるんだYO!orz
LD >> なんかねえ〜もうねえ〜。青銅聖衣の見せ場作るトコ含めて、もう作品の愛し方が違うよねえ…ってw>「星矢」
カルマ >> チャンピオンは読んでないので・・・落ちますね〜
ルイ >> いやあ、本当に。セイントセイヤより、セイントセイヤなんですもの>LC
カルマ >> ベイビーステップはもとより、ダイヤのAを挙げるつもりだったんですが、花形の良さを説明された後だと霞むなぁ(汗)
ルイ >> ブロンズの・・・言ってしまえば「時代の徒花の」矜持を描くとはね。しかもアイアコス、登場時にレグルスふっとばしてるわけですよね。まだやられてはいないだろうけど、重傷くらい負ってるかも。
LD >> 「弱虫ペダル」、チームワーク走強いですね。流れから行くと、これを破って先に行くように見えますが……ああ、うん?即席で3対2をするか?
ルイ >> まあまあ、気にせずw
ルイ >> 「弱虫ペダル」熱いですね。それこそ「ヘタッピ漫画研究所」の松井先生の言へのカウンターとして、この作品や、また同ジャンルのさきがけとしての「シャカリキ」なんかが存在するな。
カルマ >> まぁ、ダイヤもベイビに比べたら落ちるんですけどね。
LD >> あ、うん。そこ期待しているんですよね。ブロンズが「レグルスさえ戻ってくれば!」みたいな事を言った時点で、アイアコスが「それは、こいつの事か?」って血だらけのレグルス出すのw
ルイ >> まあこれはどっちが正解って話じゃないでしょうしね。
カルマ >> そんなわけで・・・一番候補はその2つで。滅多に話題にならないダイヤを挙げておく意味でも。
LD >> →んでも、多分、レグルスは息を吹き返して、アイアコスと再戦……で、相討ちになったりするかなあ?とか。
ルイ >> ここでレグルスが死んでたら、スーパークラスの踏み台メソッドですけど、まあそれはないとして(いて座くらいしか場を裁けなくなるので)レグルスも無事ではいられないでしょうね。ここかあ・・・ここがレグルスの死に場所か・・じゃあ蟹が一番かっこいいよ?orz
ルイ >> 僕もそのビジョンですね。三巨頭って、正直イメージからすると「安い」んですけどwまあ手代木マジックに印象操作されてるなとw
カルマ >> では、お疲れ様でした♪
ルイ >> お疲れ様です。あやひーおやすみ。
LD >> 「ギャンブルフィッシュ」でアビ谷と一緒にいるモーリーって何でしょ?今までは出てませんよね?
ルイ >> 出てないですけど、舌の感じからしてアビの美人妻w
LD >> 蟹のカッコよさはガチ。あれは一番でしょうがないw
ルイ >> 「弱虫ペダル」のこの描き方って、所謂花形の「
LD >> お疲れ様でした。>カルマさん
LD >> ……あれ?もしかして、大学時代の学生の中にいたりした……か?記憶薄す(汗)>モーリー
ルイ >> 「天才が凡人の数十コマ回想を一発で踏み越えるメソッド」に通じる描き方なんですけど、それにしちゃあ、この先輩たちが異様にかっこいいんですよね。足りないものを見据えた末、一年なりの時間をかけて磨き上げている。結果の差も飲み込んでいるので不和にならない。何か、ここまでアシストプレーに納得できたことってそう無いかも。
カルマ >> ますみんおやすみ。佳奈さまおやすみ。静御前おやすみ。ほっこりさんおやすみ。このくらいでいいか。
ルイ >> ・・・いつかカルマさんをやっぴやぴに(?)してやらねばな!
LD >> 「ジョギリ屋ジョー」は、「地獄少女」と比べて、斬るものや、斬るレベルを選択できる分、フレキシブルですね。
ルイ >> もうホント、これは地獄少女へのアンチテーゼなんじゃないかな、企画段階からw>ジョギリ
ルイ >> ちゃんと「胸の痛み」が可視状態で残っているのがヨイです。心に残る「じょぎり」というオトの強さもいい。・・・地獄少女の紐引いた事なんて、絶対皆忘れるって。死んだら思い出すんだって。
LD >> チームワーク先輩が、かなりカッコいいので、それを精神力ないし、体力ポテンシャルという才能だけで、超えてしまう展開なの?って躊躇を覚えますよね。…で即席チーム・スプリントみたいな事を考えたりしましたが…う〜ん、それもなあ。
ルイ >> 即席で同フィールドに入り込まれて、越えられるのは・・・切ないですねえ。才能はいいんですよ、才能に立ち向かうために磨いたもので、あくまで対立関係だから。でも「才能」が、数時間で「チームワーク」を得て越えていったら・・・・・・・・・セツナス・・・・
LD >> ああ、それは、本当にそうですね。ジョギって音は正に代償を払った音なんですね。
ルイ >> オチも、何か不思議な余韻を残しますよね>ジョギリ
ルイ >> 生きてるからいいんだって・・・ああ、そうだなあと・・・そしてケーキ屋さんという、ささやかながら典型的な「少女の小さな夢」で。
LD >> 必、勝、のハンドとかねえ……これを超えてしまうのは切ないよねえ…。って割と抜かれても爽やかな人たちって気もしますけどね。今度は彼らのサポートに回ればいいわけだし…。
ルイ >> 坂道の前しか観ないひたむきさが、計算を狂わす・・・そんなあたりの穏やかな解決キボン。
ルイ >> とにかく今臨むのは「彼らの一年間の価値を奪わないで欲しい」それだけです。抜く事自体は構わないので。
LD >> 「風が如く」は何かいろいろツッコみたいんだけど、ツッコんだら負けかなって、そう思っている。
ルイ >> まあ、負けかな・・・てか、負けの連載多いですw
ルイ >> 「刃牙」も、大概ツッコんだら負けですが、編集さんの言い訳がましいヒキにLDさんが一言。
LD >> 「ストブル」はのりっぺが、とうとうキレました。
LD >> | ´_ゝ`)。o(打合せと違うじゃないですか〜…って……いいセリフだ……)
ルイ >> 「ストブル」、のりっぺにはもう「これ」くらいしか役回りはないよなあ〜ってとこですね。
ルイ >> 大体、打ち合わせをちゃんとしていたらバキVSオーガ表紙で序盤繋げたはずの「ハンマバキ」が何故こうなってるのか、どっから打ち合わせと違うのか言うてみいと。
LD >> 「先生、もう喰うとか喰わないとか、そういうの止めましょうよ?」とか、うかつなセリフ吐いて、板垣先生の何かに火を付けちまったのか…。
ルイ >> 本能<無意識の「思考」 みたいな事を言いたいのかしら・・・
LD >> (´・ω・`)。o(…どっからって……ピクル思いついて、皆、すまないって……)
ルイ >> 正直カマキリと戦ったのを一笑に伏したあたりから・・・w
LD >> そんな話は「続きを!」で全てふっとんでるって事ですね。わかります。
ルイ >> 「ムラマサ」 やっべえ、全然わからない(笑)段々全開になってきたぞ・・・
ルイ >> 最後のページで「かわいいもの好き」という属性を付与したのか・・・突然・・・w>ムラマサ
LD >> カマキリは一応、前哨戦って言えるんじゃないかな?ぎりぎりw
ルイ >> いやあ、前哨戦っぽかったのに、それを聴いたオーガが切り捨てたじゃないですか。そこかなってw
LD >> どうも、祭りの格好をさせると、心がえっちにノリノリになって、仲よくなれる……と考えたようですが?
ルイ >> しかし「ストブル」、盤角の作戦も凄いですね。ここまでモエ〜先輩って、4割ノーエラーくらいの印象を読者に残してるのに。・・・というか、敢えてその印象を植え付けてたわけですよね。
ルイ >> 哲弘さんが全開の時って、彼が当然のように引いた→の矢印が、何かまったく繋がらなかったりするんですよね。
LD >> ん、でも。ピクルが現われる前までは、刃牙と、オーガの戦いしかなかった……です……よね?>記憶遡り
ルイ >> いや、オリバとアンチェインとかやってましたよ?w
LD >> こう、何か、えっちな祭りと、えっちなお祭り衣装という物があるらしくって……でも、必勝くんは、間違えてお祭り衣装に変えてしまったらしいんですけど……じゃあ最初のえっちなお祭りって何ってそこから分らない。
ルイ >> それで、必勝くんが気にしてるのは「更衣室に入ったならちゃんと・・!」ってそこじゃねえよ!ある意味、浦沢脚本に通じるのかなあ・・・この、違う所拾われてる感は・・・
LD >> あ、そっか。……って、オリバとアンチェインって同じでは。え〜っと、ゲバラでよかったです?
ルイ >> 哲弘作品をアニメ化する時は、必勝に限らず主人公の声は堀川りょうさんでお願いします。
ルイ >> あ、そうか。ナンバー2、ゲバラですね。大地踏みしめるとか言ってたはず。で、筋肉ぢからで押し切られたはずw
ルイ >> 「マイティハート」が英雄論に踏み込みましたねえ・・・(笑)
LD >> え〜っと……?刃牙vsオーガをやるに当たって、オリバと決着つけとかないと、まずいだろうとオリバと刃牙を戦わせに行ったと。それでオリバの強さ測るためにゲバラが用意された……って何か、板垣先生も哲弘先生と近い、思考回路してるなあ…。
ルイ >> 次回最終回だそうですが、イケメンの格を壊さないよう配慮してたな・・・
LD >> というかピクル編に入ってから、刃牙の株が大暴落で、こう……アライJRみたいな状況になっていませんか?w
ルイ >> アライJR・・・ほぼ同じイメージすぎて言い換えられないw
ルイ >> 扉でだけカッコつけてるのが、また哀れみを誘うんですけどね。板垣先生の中でどういうイメージなんだろう。
LD >> うん…。というか、以前、イケメンと戦った時、ルイさんがイケメンが提示したテーマに対して昇華が不充分って話をしていましたが、次回終わりってところを見ると、ずっとそれが引きずられた形になりましたね。
ルイ >> やっぱり漫画って、わかりやすく「相手の想像を超える」というのが格の描写としてあって。実力が劣っていたとしても、イメージが上回れば才能とか、可能性の面で上にいけるんですけど・・・
ルイ >> バキは本格的に、誰に対しても「イメージ超えられてる」んですよね。克己もジャックもw
ルイ >> あの時イケメンは、愛する女の為に何を犠牲に出来るか、っていう問いかけもしていたんですが、その辺は大きい状況にくるむ事でうやむやになっちゃいましたね。
LD >> あの時は、僕は「まあまあw」とか言ってなだめていてw…で実際、頃合いを見て、それを昇華する猶予は当時充分あったと思うんですけどね。ただ、まあ終わってみると、そこについてはほとんど何も処理せず今、正体がばれて終わろうとしているという。
ルイ >> あの、マイティハートにとってヴァルケンが過去の因縁があってと・・・そういう歴史改変ネタを組み込んだ時点で、「ヒーローを好きな俺は怪人」という図式はもう消えちゃってるんですね。ほら今、気付けば「英雄」に認定されてる。
LD >> 刃牙って、ある意味、特徴がないファイターですからねえ…。ところで梢江ちゃんどうしてるんだろう?(遠い目)
LD >> 最後に「英雄」認定されるのはいいと思うんですけどね。それを宣言するのがメラクというのもはまっている。
ルイ >> まあ、今終わる作品としてはキレイですよ?イケメンも生きてるから、最終回のビジョンも見えるし。
ルイ >> 確かに>特徴がない これ、多分皆にイメージで超えられて・・・もう刃牙「おぎゃあ」するしかないんじゃないかなって思ったりもしてるんですよね。
LD >> イケメンと激突している時が乗っている連載で、今、イケメン再登場してもやっぱり乗っている事がわかるんで、なんか惜しいんですよね。じゃあ、なんでイケメンを排除した?というか。
ルイ >> イケメン並みのキャラをそう作れるものじゃないですね。あの後ハーレム方向に舵を切ったんですけど、それがちょっと・・・でした。
LD >> 逆に、もう一キャラ、イケメンクラスの面白い奴を配置できれば勝ちだったかもしれないけど……上手く行きませんでしたねえ。
ルイ >> カマキリをイメージしたのは、親父がこんなもんじゃないかと思ったからです!ピクルにすぐ会いに行かなかったのは、自分が負けるのを恐れていたからです!克己が負けたときすぐ動かずジャックに取られたのは、「次は真打である俺だろ」と増長していたからです!!・・・おぎゃあ」みたいなw
LD >> イケメンは、もう創れないと判断して、ハーレムに行ったという事なら、妥当な線だとは思うんですが…。ってマサトシとクーデター子をもっといじり倒すって手もあったと思うなあ〜。
LD >> ダメなまま放置されてるよ……刃牙!w
ルイ >> 個人的には、マイティハートは敵のボス、ってあたりの設定から「歪んだ」と思ってますけどね。そんな入り組んだ設定、いらんから!惚れた女と敵対する男の葛藤に女難からめればいいから!それで嫉妬呼べば!
LD >> さて、そろそろ一番決めましょうか。
ルイ >> 一応「ずっとダメ」というのは1つの積みだと思うんです。それを「ダメだった」と公式で表現することができたら、ダメは溜めになる・・・はず。ラインバレルの正義厨を指摘するか否か、ってのに近いかな。
LD >> いや〜でも、なんかそれ、かなら最初の段階から、そう予定していたっぽい気もするんですよね…w>マイティハート=女王
ルイ >> 馬鹿めぇ〜orz欲張りおってからにい〜orz
ルイ >> 「サンレッド」なんて絶対入り組んだ設定ないよ?かよ子とサンレッドの馴れ初めくらいなもんだよ?orz
LD >> 「俺はダメでした!」とか、ここに来て反省している一が、ピクルとかオーガに、勝てるんかな?読者も謙虚になったから強くなるとは思わないだろうしw
ルイ >> どうなんでしょうねえ。今観客席で汗かいてるわけで、とりあえずそれを認めないと進めないと思いますがw
ルイ >> ん、そういえば「スケット」触れなかったですけど、困った時のロマンでしたね。彼女こそが少女漫画の世界に原作作画タッグシステムを普及させた作家なのであった・・・。
LD >> いや、「マイティハート」の構造上、なんで劇弱のマイティハートとゆるゆるに戦ってるの?ってのがあったと思うんですよね。それを幹部が黙殺しているのは、彼女が女王だから!ってw
ルイ >> そんな頭でっかちな事気にして・・・だから、プロシャイムはどうするんだとw
LD >> 今、刃牙は、反省しないとリングに入って戦う事さえできない状態ですよね。でも、反省しても強くはならないというw
ルイ >> 反省した後、それこそ梢とヨリ戻して抱きまくるってのはどうなんだろう。性交パワーアップ説はそれなりに存在しますが。・・・・・・・ムリだなあ。
ルイ >> ただバキって「オーガの血」とやらがあるので、精神1つで覚醒っていう手は使えるかもしれません。それでオーガ越えできるのか、オーガから継いだ血だけで、ってのはありますが。
LD >> いや、あっちは強いヒーローがいい加減…ってのが基本線で。ヒーローが弱いと悪の組織が勝っちゃうから話が進んじゃうんですよねw……ってまあ、入り組んだ設定組まない事には賛成ですがw
LD >> …オーガの血って、反省したり、謙虚になったり、する事で覚醒したりはしないような気がするなあw
LD >> さて、一番。ジャンプ。
ルイ >> 一番はー。はー。「ネウロ」「花形」「ベビステ」「ジョギリ」 あと、カルマさんは「ダイヤ」ですか。
LD >> …う〜ん。「ぼっけさん」?
ルイ >> いや、反省して開き直るw
ルイ >> ああ、そうか。ぼっけさん。
LD >> サンデー。……「魔王」?
LD >> あ、っていうか、ジャンプ、「ベルゼばぶ」そんなに悪くはなかったです。
LD >> マガジン…「花形」ですね。「零」面白かったけど弱い。
ルイ >> そうですね。悪く・・は無かった。でも連載を回す構造が見えたでもなし、それ以上でもないですね。
LD >> 「ダイヤのA」は…区切りのある回かもしれないけど、そんなに突出したものは感じなかったかなあ…。
ルイ >> 「零」は正直かなり納得したんですけどね。ああこりゃ福本チックでよろしいとw
LD >> チャンピオン……「ムラマサ」…と言いたいところを押さえて「弱虫ペダル」!!
ルイ >> 例えばこの赤ちゃんって、学校につれていけるのだろうか。まあ、いけなきゃ話にならないとは思うんですが。。。その辺をどう展開してくるかですね。
LD >> 「ぼっけさん」「花形」「弱虫ペダル」でしょうか。
ルイ >> 僕はペダルは斤量なので、そこをジョギリですね。ってジョギリもずっといいんだな。
LD >> で、今週は「新約花形」でしょうね。
ルイ >> 花形良かったですねえ。やっぱり、最初明子さんを気安いおにゃのこにしているのが成功していると思います。
LD >> 「ジョギリ」ずっといいですよ。…本格連載とかじゃなくって「ヘレンesp」ぐらいの感覚で掲載して欲しいところ。
LD >> 「新約花形」にします。
ルイ >> ジョギリみたいな物語形式は、ジョーに物語を預けないからこその美がありますよね。ジョギリ屋の方も語りたくなるんだけど・・・この神秘性と引き換えにできるほどの物語が組めるのかってのがあって。組めないなら「謎の人」にしておいた方がいい。往年の漫画みたいですが。
LD >> さて、ルイさん、今日、GiGiさん来ますが…。
LD >> ああ、僕は、ジョーの事はそんな知りたくないですね。そういう者とだけわかればいい感じw
ルイ >> むーん、今日開催の「徹夜でとるてあ鑑賞会」には参加したかったんですけどねえ・・・(あるのかよ 昼間は厳しいですね。
LD >> 土曜の夕方と、日曜の昼とどっちが都合良さそうですか?
ルイ >> 僕も同感です。これが、物語配分を一方に預けきるタイプの良さですね。
LD >> あ、日曜の昼もむずいですか?
ルイ >> そうなんですよ。桂馬が、会うほどに感情値は高まるって言ってた・・・土日監禁システムを目指す為にも、ここは是非とも参加したかったのですが。今度、もうちょい前に予定組める時で・・・すいません。
LD >> そうですか。いや、急でしたし。すみません。
ルイ >> いやホントにね、お会いして熱くとるてあを押し付けようと思ってたんですが、それはLDさんにお任せするということで・・・3月のライオンでも語り合ってください。。。orz
LD >> また、何かありましたら連絡しますんでw
ルイ >> 特にギギさんですね。お願いしますw
LD >> ああ…「とるてあ」ダビングしないといかんなあ…。それでは失礼します。お疲れ様でした。
ルイ >> 3月のライオンも、単行本派だから連載がどこまでいってるかわからなくて、迂闊な事言えない感があるんだけれどもw
ルイ >> お疲れ様です。アイマス〜(未練たらしい
LD >> 3巻速く出ないかなあ…。>「3月のライオン」 それでは。
edo >> こんにちはあ


■■■■2009年03月01日■■■■
井汲 >> > 「ムント」の良いところを探すと、とりあえず若本さんの演技 若本の大将はもう「いい」のは分かりきってるので、ちょっといいくらいで褒めるのはもはやかえって失礼に当たるかも…と思うくらい。
井汲 >> ………にしても、前回あたりからようやく話が動いてきて普通に楽しめる水準に上りかけたかな…?と淡く期待していたそばからこれだよ!(笑)延々と説明台詞で設定開帳。た〜す〜け〜て〜く〜れ〜。
井汲 >> (らいんばれるって、これといい勝負をしかねないのか…どこまで凄いのかちょっと期待すらしちゃうほどだぜ(ゴクリ))
kichi >> うぅ、忙し過ぎる……orz昨夜は一晩中会社いました……; そもそもまだ4誌とも半分くらいしか読めてなかったりしますし……;;
kichi >> ところで、佐藤秀峰先生のHPのプロフィールがかなり赤裸々に編集部との軋轢の様子、「ブラックジャックによろしく」が雑誌移籍した経緯なんかも描かれてて興味深いです……。う〜む……。 http://satoshuho.com/index.html#home
LD >> プロフィール、面白かったです。マンガ制作に対して真摯な人だなあって思いましたね。
LD >> 「ガンダム00」追いついたかな。………。
LD >> (#゚Д゚)<イノベーター!YOEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEE!!!
LD >> ( ´・ω・)。o(…………)
LD >> (#>Д<)<YOEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEE!!!!
LD >> なんか通信機要らずなだけで、どこらへんが超人類なんだろう?というか、「烈火の炎」の天堂地獄なみのしょぼさというか、あんなに強敵だった怪人が再生怪人になると、なんであんなにあっさり弱いんだろう?という、それが最初からいきなり再生怪人!みたいな弱さだ!
井汲 >> もうこれはほとんど「プロフィール」とは呼べないものになってる気がする…(笑)。
井汲 >> ところで「ウイングマン」買ってきました。まだ始めの方しか読んでませんが、やっぱりよくできてて面白いなあ。さすが上昇期のジャンプ。


■■■■2009年03月02日■■■■
LD >> 「夜桜ラジオ」聴いてました。面白かったです。
LD >> 「ウイングマン」もまた、色々話したいなあ…。
LD >> 「医龍」20巻……ついこの間立ち読みした所まで収録されているじゃんw
エルバ >> おぉ、お気に召したようで何よりです。 >夜桜「ラジオ」
ルイ >> http://ranking.goo.ne.jp/ranking/026/jojo_word/ いかん、俺の思うベスト30とビックリするくらいかぶっていないのに、これはこれで赦せてしまう・・・!
ルイ >> とりあえずポコとシーザーの叫びは入れようよ。お願いだから。
ルイ >> 「フルメタルパニックTSR」観ました。最終回が上手い。最終回のせいで、不満を言う気が失せてしまったw
ルイ >> 1つ!1つ思うのは、中国にいた「かなめのドッペルちゃん」ですね。彼女「可愛すぎる」と思うんですが、LDさんはどう思っているのだろう。
ルイ >> あのキャラクターは、もうちょっとランク落とした方がいいと思う。いや明確に落とすっていうより、「ガンダム」のミハルみたいにそばかす付けてみたり。浦沢直樹先生なら、もう遠慮なくブサですよ(何でだよ)?
井汲 >> ではウイングマン話を。単純なルーチンに陥るのを防ぐべく、話のバリエーションはいろいろつけてますね。全部桂正和自身が話を考えていたんだとしたら新人離れしてますが、やっぱり編集(トリシマさんでしたっけ?)のアシストがあったんでしょうね。
井汲 >> まだ途中までしか読んでませんが、「敵側はもっと簡単に健太たちを窮地に追い込めるのではないか」とか、「父親が捕まってるのに、あおいは軽すぎやしないか」と素朴な疑問が湧きはしますが、そういう所はあんまり気にしないで、アクションの切れのよさを楽しむのが吉ですね。
井汲 >> 健太が急にモテ期に入るのもおかしいと言えばおかしい(特に、桃子や久美子が何のきっかけもなくいきなり惚れてたのは笑った(笑))のですが、この辺もやっぱり面白さ優先でぐいぐい読ませていくなあ。
井汲 >> そして感情の動きがよくわかるあおいさんかわいい。メインヒロインのはずの美久は、どうもやっぱり影が薄いですね。作者としては、扉に度々出してる桃子がお気に入りなのかな…?
カルマ >> サンマガの野球ゲーム買いました。 パワプロをシンプルにして必殺技くっつけた程度のゲームですね。つまらなくはないし、野球ゲームとしてよくできてるけど、キャラゲーとしては個性を発揮できずじまいな印象。
カルマ >> 選手能力が「走攻守」の3種類でしか示されてなくて、必殺技もキャラ固有のものがあるわけでもないので・・・ううん。


■■■■2009年03月03日■■■■
カルマ >> バカボンパパと明日菜とクロマティのフレディは必見(全部マガジンオールスターチームだよ)
カルマ >> 明日菜が選手扱いで、ネギくんが応援キャラなのもようわからん(笑)
カルマ >> なんにせよ、必殺技に個性がないのが痛いですね。PSPかPS2で、バリバリ演出効かせて派手にやってほしかったです。
カルマ >> (サンデーの野球漫画のうち3作品があだち充なのは微妙すぎる・・・)
カルマ >> 格ゲーの方もサイトオープンしてる。こっちは外注じゃないのか・・・?http://www.konami.jp/sunmaga/vs/index.html?ref=top
ルイ >> ガッシュは?って聞いたらいけないんだな。うん。
いずみの >> W3は?(手塚治虫の)
LD >> 「フルメタTSR」観ましたか(嬉)話はまた。僕も「カイバ」からこなして行こう…。
LD >> 「ウイングマン」> 桃子は特撮(ヒーロー)好きで繋がっているんですよね。桂先生が妙に桃子がお気に入りなのも、そこらへんに故があると思われ。
LD >> ストーリー的にはあおいさんがシャフトなんですけど、ヒロイン的には美紅ちゃんはじめ、桃子も、くるみちゃんも、あおいさん抜きでも出会うんですね。久美子も同じ学校であって、かつ、健太が元々有名人だった事を思うと交差しないとは言えない。そこらへん「面白い」なあとか思ったり。
カルマ >> こりゃすげぇ。http://www.nicovideo.jp/watch/sm6280081
LD >> 「ラジオバレル」も聴いたりしました。なんだかんだ言って能登さんのガードが緩くなって行ってるのが、柿原さんすげええ!とか思いました。
LD >> 本編の方は中二病でいいじゃん?みたいな話かな?とか思い始めています。…でも大人は中二病じゃだめだろとか、あるいは加藤が中二病のふりしてるだけの人だとまとまるかな?とか。
LD >> ルイさんは「黒執事」追えてるのかな?締めに向けて動いているのだろうか?
ルイ >> 黒執事とキャシャーンは何故かバッチリ追いついてますね。前期ほどじゃないけど、ちょっくら溜まりだしてますが・・・あ、あと子供アニメ?=朝アニメに関してはほぼマンマーク完璧w
ルイ >> 黒執事は、岡田さんの吉野弘幸使いにシビれますね。ケレン味だけが欲しい所でザックリ使ってくるw
ルイ >> さて、何か風邪の引き始めっぽい状態で雪が降り出したわけですが・・・。・・・・
ルイ >> ・・・・・とるてあ観たいなあ←日本の冬、その季節感を実感すると瞬時にとるてあが観たくなるパブロフくん
カルマ >> ますみん!ますみん!http://www.youtube.com/watch?v=iWi40eHRreo
カルマ >> 英語のコメントが多いのは、ユーザー層の違いを感じさせますねぇ。完全日本語の動画チャンネルでも観ているのが凄い。
カルマ >> ラジオバレル<能登さんって女性・男性ともに凄く清純派な扱いをされがちなんですけども、柿原さんは全然気にしないたちで、年上のお姉さん目線で切り込んでいくのが面白いです。今まで能登さんをそんな風に扱う相方はいなかった(笑)
ルイ >> 谷川さん残ったああああああああああ!!!
カルマ >> あくまで「いろいろ経験してるでしょ?」という扱いで、暴走しまくる・・・しかも、柿原さんの誕生日には巫女のコスプレまでさせてしまったし、どんどんハードルが下がってる(笑)これは凄いことです。
ルイ >> 序盤戦はどうかと思ったが、所詮素人だからよくわかんなかったwしかし谷川さんが陥落という歴史的瞬間を観ずに済んでホッとしたぜ。
エルバ >> 「黒執事」も締めに向かっている感がヒシヒシと。
エルバ >> ますみん!ますみん!
ルイ >> うわあ。。。
ルイ >> 馬2VS龍2ときましたか・・・w
ルイ >> 天然とか清純派なんて俺は信じない。そう言っていた頃が私にもありました。
ルイ >> あやひは天使(すっごい真顔
ルイ >> 振り返ってもらわないと手順全部観たわけじゃないけど、やっぱり谷川九段が勝ったのは、こういう際の勝負を知っていたからでしょうね。最初から振り飛車に合わせたりして、一発勝負の変化球っぽかったしな。
ルイ >> 盤面を見せなさい!orz
ルイ >> むむ・・・wこ、これわw
ルイ >> ちょw一手差詰みあいw
ルイ >> 竜王カワユスw
ルイ >> 竜王可愛いなぁ・・・w


■■■■2009年03月04日■■■■
ルイ >> ライオンが人間に戻っていく。ワーライオン乙。
ルイ >> 王位がA級陥落か・・・別の歴史的な瞬間を見ちゃったなあ・・・。
ルイ >> 谷川さんの美しい攻めに萌えた。
LD >> そういえばGiGiさんに「とるてあ」は渡しておきました。1話とか観直したんですがやはり演技の取り方とかすごい。「観方は大体掴めた」との事でしたが、さて…(って書いたら観るかな?)
LD >> …ふむ。「黒執事」も締めを描くつもりなのかな。…追いつかなきゃ。
LD >> 「宇宙をかける少女」の最新話がなんか変だった…単純に遊びの回にも思えるんだけど、変な所で切れるし、ED別個にあるし……何かの暗喩?とか思ってしまう。(単なる釣り糸とも…)
ルイ >> >とるてあ 画面をじっくりと注視して欲しいですね。大きな構造やテーマに限った話じゃなく。それくらい、情報に満ちた作品です。
ルイ >> >黒執事 アンジェラさんの配置がテレビ用「締め」構成という感じなんですが・・・どうも岡田さんが(岡田さんが連れてきたんだよな?)吉野さんと組んだ理由がわかるというか・・・シエルにルルーシュと近似の物語負荷をかけたがっているように思えますね。
ルイ >> >宇宙かけ 多分今期で最も苦手な類(笑)。頑張って観るぞ、おー。・・・とやってみたら、午前0時台でフッツーに寝オチですよ。最後まで観られないっていうw
ルイ >> 何となく、初めてyoutubeでとるてあを観てみた。外国の人も大概乃絵カワイソスVSこれでいいんだ状態で笑いましたが・・・w
ルイ >> 字幕も結構いいものですね。最終話の乃絵と眞一郎の会話は、文字を追っていてもグッとくるものがありました。
ルイ >> ・・・で、何で「おぎゃあ」を「mugiha」にしてるんだろう?w知らないスラングかと思って検索してしまったじゃないかw
ルイ >> mugigha...mugiha!      でっていうw
ルイ >> http://www.nicovideo.jp/watch/sm4623498 溢れ出る妄想力による補完・・・!これこそ良MADという話。
ルイ >> いや、瀬戸の花嫁の数万再生MADとか、神MADとか言う人がいるけど・・・何がいいのかわからなくて。こういうのですねえ。これなら俺もカップリング厨になっちゃうぜ。
ルイ >> http://www.nicovideo.jp/watch/sm2223559 DS始まったな!(今?


■■■■2009年03月05日■■■■
井汲 >> > 宇宙かけ 番外編っぽかったですね。最初、「あれ?何か変だけど、学園祭っぽい話やってたし、この連中の作った自主制作映画、という設定か何か?」と不思議に思ったんですが、どうもそういうことでもない、と途中で解って。こんな完全番外編ならDVD特典ででもやればいいのに。「これが今後の重要な伏線になってる」ってことは…ないだろうなあ。レオパルドの扱いからするに。
井汲 >> ところで、ウイングマンですが、引き続き楽しく読んでいます(読み終わってしまうのがもったいなくてチビチビ読んでる)。
井汲 >> 荒削りでバランス悪かったりするのですが、若さと勢いで読ませますね。荒削りというのは、例えばあおいの昔馴染みがやって来たときの「証拠はない。ヒーローの勘だ!」には大笑いしてしまいました(笑)→
井汲 >> →一方で、あおいと健太の命がけの対立というシリアスな話をやっていながら、その原因になってる部分の理由づけがこんなにいい加減…というのはどう見ても褒められたもんじゃないんですが、でも週刊連載ならではの勢いで突っ走る。「読者が見たいもの」を届けることが最優先なんですね。(ああ、これって「キン肉マン」と同時期でしたっけ?あれと同じような、「理詰めで考えてもしかたがない。勢いだ勢い!」という姿勢が感じられるな)
井汲 >> あと、「もったいぶらせて盛り上げる」ために、決め技デルタ・エンドは「タイムリミットぎりぎりにならないと出せない」設定にしたのに、刺客3人組がやってくる話では、「本屋で立ち読みして時間稼ぎする」というチグハグっぷり。そりゃあね!「デルタ・エンド破り」と「デルタ・エンド破り破り」のプロットを思いついちゃったらやるしかないよね!!(笑)その話がやりたくて仕方なくて、打ち合わせで編集者と盛り上がっちゃって、それこそが読者に見せたい話になっちゃったんだもんね(多分)!!そのためには、あっさり簡単に時間稼ぎができちゃう話にもしちゃうよね!(笑)
井汲 >> それと、桃子に「幼い頃助けてもらった思い出があり、ずっと前から好きだった」設定が付与されたのがまた楽しい(笑)。これで「ななか」の雨宮と同じスタートラインまで上ってきましたね。最初登場させたときには絶対そんなこと考えてなかったはずなのに、描いてるうちにどんどん作者が気に入って行って、相当な好待遇が与えられてますね。今の所まだ、そのスタートラインから上には上ってきてないみたいですが…。
LD >> おっと、「ハヤテのごとく」二期は深夜なのか。んで、監督は岩崎さん?
カルマ >> 糸色チルの後番が何になるかの方が気になります。
LD >> 「絶チル」の後番は「クロスゲーム」だという……そこはかとない噂が流れている……(´・ω・`)
カルマ >> きっと子供から「タッチのパクリが始まった」とか言われるんですよ!(関西では再放送をよくやっている)
カルマ >> スポーツ系は爽やかでいいですけど、どうせならあおい坂?でしたか、サンデーの野球漫画。あっちをやればいいのに。
ペトロニウス >> とらドラ・・・うん、ほんと安心して見れる良作ですねー。
ルイ >> 4・5ですか。おっきく出ましたねえ。
カルマ >> サンデーやばいなぁ・・・http://catmania.blog13.fc2.com/blog-entry-2063.html#bs1
ルイ >> 2大巨頭がいないだけなんで、クロスゲーム復帰でちょちょいのちょーいですよ←楽観的予測 あと今頃るーみっくに泣きついて(ry
ルイ >> むむう。ちゃおを購読すればいいのか。
ルイ >> ついに ねんがんの「護くんに女神の祝福を!」と「喰霊零」をみおわったぞ!
ルイ >> …まさかこの2作品をまだ観終わっていなかったとはね。自分にビックリだw
ルイ >> これでLDさんのグチも聞けるんで、今度お話しましょう。
ルイ >> http://broadband.biglobe.ne.jp/index_program.html?ch=anime_p&prog=tms&movieid=941600 のらみみ2の1話はチワチワとあやひーが共演してるから、俺的に良い1話。


■■■■2009年03月06日■■■■
カルマ >> たしか「月刊少年サンデー」立ち上げるんですよね、いまさら。この状況でそんなことやってられるのかしら。 ジャンプSQが好調で30万部売ってますけど、アレは現在ジャンプブランドが強いからかと。
GiGi >> ガンダムA売れ過ぎワラタ(笑)サンデーの部数はこの数年ずっと横ばいな気も。むしろ数字だけ見ると健闘してる?
GiGi >> 今週サンデー誕生秘話みたいな漫画が載ってましたが、同じ誌面でゲッサン発表とかどんな自虐ギャグだとは思いますね。果たして他誌にないウリを用意出来るのか…定価でも下げる?(笑)
ルイ >> いやいや、あの漫画から学んだ結果付録三つつけるって事でしょう?w
LD >> ⊂⌒~⊃。Д。)⊃<今週の一番は、本日、深夜でいいよね?
エルバ >> とらドラの音響制作担当者名が「田中理恵」で、ちょっと驚いたでござる
井汲 >> ウイングマン、第2部に入ってから唐突によくわからん脱衣バトルに突入してるなあ…(笑)。
井汲 >> 何だろう、第1部が盛り上がってケリがついてしまったので、人気が下降してテコ入れにお色気過剰パワーアップ作戦に出たのかな?それとも、それと余り関係なく低年齢層の取り込みを狙った?
井汲 >> 同姓同名の「田中理恵」は数年前からEDでちょくちょく見かけて気にはなってましたね。最初に見たのは何だったか…。「ガラスの艦隊」で見たことははっきり覚えてます。


■■■■2009年03月07日■■■■
ルイ >> 田中理恵、宮村優子、伊藤誠は押さえておかないといけないZE>同姓同名
エルバ >> 電脳コイルの小説版を持っているから、宮村優子はチェック済みだZE
エルバ >> あさのあつこも押さえよう
LD >> |ω・`)
LD >> |ω・`)。o(……あ!ジャンプの新連載読んでねー!…)
カルマ >> |ω・`)。o(……あ!マガジンの新連載読んでねー!…)
LD >> というか、ちょっと飲み物買ってきます。15分くらいで戻ると思いますが…。
LD >> こんばんは。カルマさん、ちょっと待っててねw
エルバ >> |ω・`)。o(……あ!サンデーの新連載読んでねー!…)
ルイ >> ここでチャンピオン担当の俺はナガレ読み飛ばしたとか言うべきなのかもしれないが、空気を読まずいつもの厨モード。 http://www.nicovideo.jp/watch/sm6044595
カルマ >> ふむ、前号のアオリを見る限りはエッチラブコメの印象でしたけど、結構まともな部活漫画になりそうな雰囲気・・・
カルマ >> マガジン編集部が、単なるラブコメでは構造が弱いと見切りをつけてるのかな・・・
エルバ >> |ω・`)。o(……あ!チャンピョンの新連載読んでねー!…)
カルマ >> ダイヤのAといい、漫画家のやりたいことを拾ってうまく絵柄と併せて適した作品形態を提案してる?
エルバ >> チャンピオンは雑誌自体読んでませんでした
カルマ >> 対抗してポアロを貼ってみるhttp://www.nicovideo.jp/watch/nm6190814
kichi >> こんばんわー(´・ω|
エルバ >> 3人いても、それぞれ全く別の話をしている、この一体感
LD >> よ〜し、おじいちゃん、戻ってきたよ〜?(=´ω`=)
エルバ >> そこに救世主登場。kichiさん、こんばんは。
エルバ >> おじいちゃん、晩御飯はさっき食べたでしょ?
kichi >> Σ(´・ω・`)何を救世したらいいんだろ?
LD >> まあ、何か「ハンドメイド・メイ」とか観てたりしたのですが…あれって途中から等身大になるの?w
エルバ >> あやひー地獄に嵌っていくルイさんを救ってあげてください。
LD >> んでも、おじいちゃん、野菜生活100とか飲みたいの…(´・ω・`)
エルバ >> その間に!あやひーは!いただいて!いくぜ!!
エルバ >> 野菜生活は紫が一番美味しい。
カルマ >> 充実野菜派です(いま飲んでる)
エルバ >> 充実野菜は紫が一番美味しい。
エルバ >> ジャンプSQでは王子様リターンでした
LD >> 。o(…よし、今、新連載読んだ事は内緒にして……)
ルイ >> いや多分無理ですよ、普通に心酔してるからw>エルバさん 僕みたいな理屈っぽいやつがね、あらゆる観点で理屈でふるいにかけて落ちないんだもん。もうどうしようもないw
カルマ >> 高校生になったんでしたっけ。見た目が変わらなくても通用するのはメリットですね(真顔)>テニプリ
LD >> 王子様って「テニプリ」ですか?
エルバ >> マジレスktrk
ルイ >> ハンドメイドメイは、等身大になるってのは結構面白い選択ですよね。成功とは言わないけど。
エルバ >> 「テニぷりっ」ですね
エルバ >> ところがカルマさん。舐めちゃあいけやせんぜ。
LD >> 青学メンバー、学校違う所に行ったりしてます?
ルイ >> 農協野菜を1リットルごく飲みするのが(ry
エルバ >> いや、ここは敢えて呼び捨てにさせていただこう。ガルマ様、中学生のままなんだよ・・・。
カルマ >> 多すぎるキャラを再編成できる契機ですよね、そういえば>高校
LD >> 等身大になる所まで観たんですよね。…で、あれ1/10とか書いてあったのに、何故にここで最終回?とか思いました。…何か最終回想定の何か?って気もするなあw>「ハンドメイ」
エルバ >> 中学生のまま、高校生の代表合宿に呼ばれちゃったりするんだよ。
カルマ >> な、なんだってー!!!  ・・・こうですか、わかりません><
ルイ >> 最終回の後の1話がレアなキムシン脚本なんですが、確かチャンネルの「全○話」表記だとそこもやってくれるんじゃなかったかな。
エルバ >> 流石はテニプリ。予想の上をいくぜ。そこにしびr(ry
ルイ >> キャプ翼は10巻台で中学編終わってたんだから、速度は立派なものだったりする。
LD >> 「テニプリ」始まった時にイメージしたのが、いずれ、越前が手塚や不二と試合でぶつかるってやつなんですよね。
GiGi >> アストロノーカ楽しいです。PSP持ってる人は義務レベルの面白さ。
エルバ >> (以上、鼻をほじりながら。
ルイ >> 何、今更アストロノーカやってるんですか。
ルイ >> 僕の知ってるPS名作をこれを機に全部遊んで欲しいですね。パネキットはいいからw
kichi >> ……小学編だったような……?w>キャプ翼10巻台
ルイ >> AIという人工物を自然の摂理に組み込むとああいうものが出来ます>アストロノーカ
LD >> ん。「キャプ翼」は小学→中学3年じゃなかったですっけ?
ルイ >> ・・・ん、ジュニアユース編といいたかったのだった。
カルマ >> アーカイブ買おうと思いつつ、最初に買ったはずの「MGSポータブルオプス」序盤で放置してたり、街特別編が1日目終了で止まってたりするんだよなぁ・・・
エルバ >> その昔、コスモぐらしというゲームがあってだな(以下略
ルイ >> 昔ってほど昔じゃNEEE!
LD >> しかし、大河ドラマ想定ですよね。岬くんは、ジュニアユース編には出場してませんでしたよね?w
カルマ >> パタポン2をこないだクリアしました。めちゃめちゃ面白かったです。平面ピクミンとか呼んじゃダメ。
エルバ >> 全国農業協同組合連合会とのタイアップ企画があったりしてだな(以下略
GiGi >> プリンス中2じゃなくなっちゃったんですか(心底残念そうな顔で)
ルイ >> 平面ピクミンってポコスカウォ(ry
LD >> 「鉄腕バーディ」特製原画集か…。>DVD
ルイ >> 岬くんは中学全国大会編に出てなかったのですよ。FCの岬くん探しアドベンチャーは地味に初見正解率激低ですよ。
LD >> あ、ところで、最近「バーディー」立ち読みしたら、中杉さんが登場していたんですが……ちょっと驚いた。
ルイ >> 中杉さん?WHO?
kichi >> ジュニアユース編で……どうでしたっけ?Wikiみたら「メインキャラとして復活」とか書いてありますが……。>岬くん
LD >> さて、ではそろそろ一番に入りましょう。
カルマ >> ゲーム自体は既存のシステムを下敷きにしてるんですが、描いてるものが宗教の聖地に向かうための侵略戦争で、しかもプレイヤー側が侵略する側という。
ルイ >> PSPアーカイブリストはどっかにあるのかな?オススメしまくってやるw
LD >> 真綾子ですよ?>中杉さん
kichi >> あまり見やすい一覧はないんですよね……>アーカイブス http://www.jp.playstation.com/ps3/psn/store_archives.html
GiGi >> これが600円とか申し訳なさ過ぎるんでアストロノーカ代としてあと5、6本かうつもり。ラインナップみてオススメがあれば是非
カルマ >> しかも可愛いキャラクターでリズムアクションでオブラートに包むことで、普通に遊んでいたらそういうことを感じさせずに「楽しいリズムゲーム」になるところもすばらしい。
LD >> ああ、う〜ん…ジュニアユース編では黄金コンビ復活してましたっけか。…何か欠けたままやっていたような記憶だった…(汗)
ルイ >> 後夜祭は・・・美樹本絵の無駄遣いだった・・・w
LD >> さて、ではジャンプに行きましょう。
ルイ >> 「アディのおくりもの」結構スキですね。再評価キボンヌ(古
ルイ >> 信長秘録下天の夢も地味に・・・いやしかしPS版なら叩き売りだw
カルマ >> 武蔵伝とか好きだったなぁ・・・単に好きだっただけですが
ルイ >> 信長秘録下天の夢もそこそこ。
ルイ >> エリーのアトリエはゲームバランス的に良作ですが、まあRPG勧めるナガレじゃないな。
LD >> 新連載の「フープメン」ですが、地味でまるでサンデーで始まるような連載ですけど、けっこう良いですね。「黒子」とも違う特徴は出ていたと思います。
カルマ >> 今度PSPでグローランサーのリメイクが出るんで、是非。
ルイ >> お、「ネオアトラス」の1がある。ネオアトラスは2の方がずっと親切なんですが、1の無骨さこそが愛おしいっていう意見もありますね。
ルイ >> グローランサーの1ですか?>リメイク 1くらいしかわざわざ遊ぶ価値はないような←ハードル高!
ルイ >> みちのく秘湯恋物語がある・・・w
エルバ >> 「フープメン」は、いつの間にか勝手に指示出したり、楽しそうなシチュは思い浮かびますね
ルイ >> あ、Prismaticallizationだ。gigiさん、これは是非。
カルマ >> 1のリメイクです。移植じゃなくて、この作業はリメイクだと思うhttp://www.atlusnet.jp/topic/detail/844
kichi >> 特技「通訳」ってのはなかなか面白い切り口ではありましたね。……でもどう展開するのか……、難しそうだなぁ。>フープメン
ルイ >> 学校であった怖い話S、俺の料理といったあたりは鉄板だなあ。
ルイ >> おお、「ちっぽけラルフの大冒険」だ。これも是非。
エルバ >> 「べるぜバブ」は、あっという間に校内平定?3年がまだかな?
カルマ >> 俺の料理ってアナログスティック2本使いませんでしたっけ?記憶違い?
ルイ >> 「SuperLite 1500シリーズ ザンファイン」も発想の勝利的STGでスキだな・・・
エルバ >> 「通訳」だけだと、コートにいなくてm(ry
カルマ >> フープメンは切り口が違ってホッとしました。たぶん外人はコミュニケーションできずに日本に来たってオチがあると思う。
ルイ >> メタルスラッグXは教官モードで「君が望む永遠」を再現しちゃった猛者がニコ動でいたとかいないとか・・・w
エルバ >> それにしても、新連載がバスケだとは思わなかった。
LD >> 特技「通訳」で、かつ、バスケの才能もあるって話をするのか?が分水嶺という気もしますね。…「黒子」と差別化を図るなら、才能は無い方がいいのですが……かなり地味は話になってきます(汗)>「フープメン」
カルマ >> サイレントボマーは、サイバーコネクト2初期の作品ですね。個人的に気になってるだけ。
カルマ >> しかし、競技がバスケじゃなくても成り立つという(ry
ルイ >> R・TYPE DELTAも相当いいですね。Rタイプの復権的一作。俺屍は当然PSRPG最高傑作の一つとして・・・ま、こんなとこですか。はやく「サイフォンフィルター」あたりが入ってきて欲しいですね。という事で、一番一番。
kichi >> 実はタイトルでバスケマンガに限定しちゃってるのは失敗じゃない?って気分もあるんですがどうでしょう?バスケきっかけだけど通訳マンガへ……って道も残しといても良かったような?w
エルバ >> コート全体を見渡す能力・指示を出す能力だけが突出して高い、とか。
カルマ >> シルバー事件はDSにリメイクされると報じられてから一切情報が出ないんだぜ。
ルイ >> 「フープメン」、女性を可愛く描く気がかーなり薄くて笑いましたが、連載をどう組むのかがイマイチわからない、かも。
LD >> 特にバスケの強豪チームというワケでもなさそうだから、飛び抜けて才能なくてもレギュラーまではいける…かな?
カルマ >> (俺屍はやはりやんなきゃダメか・・・買うか)
ルイ >> バスケは5人でやるもので、そのうちの1人を素人成長物語にあててしまうと、それは花道のような「一芸」が確立してない限り、普通成立しないですよね。いくら通訳対象が凄くたって、バスケはそういうゲームじゃない。
GiGi >> ノベル系はお買い得感があるので何本か買いたいところですね。ハード特性にも合ってますし。
LD >> 通訳マンガはどうなんだろうw 次から次へと通訳の仕事がやってくるのは、また別の設定が要りそうw

MANKEN CHAT(1.1)