漫研チャット
名前:
発言:
[正面] [取扱] [過去ログ]


■■■■2009年03月29日■■■■
ルイ >> 今日エリンの前にやってたメジャーで、少し前にサンデーでやっていた国際大会編だったんですが、韓国が全敗クラスで改めてワロタですw満田先生のアメリカ劣等感はストレートでいいなあwアジアにゃ敵を作らないw
LD >> いや〜「エンジェルボイス」、んでも、ここから逆転はないでしょうねえ…。でも廃部はなくなるというか、そういう展開かな?
LD >> さて、で。「トラウマイスタ」か「ブラボー」かという感じかと思いますが…。
kichi >> そうですね。こっからさらに頑張る姿を見せて、1点は入れて、「感動した廃部はおかしい」という声が高まる……っていう展開になりそう>エンジェルボイス
LD >> ライバル、そんないないですし……「トラウマイスタ」でいいですかね。
kichi >> ……その2択なら「トラウマイスタ」がいいなぁw 正直今週の「ブラボー」はガッカリ感の方が大きいです……w
GiGi >> ん、まあトラウマイスタですかね
ルイ >> ブラボーが対抗馬とか、LDさんは昨日の風邪を引きずってるとしか思えない←
LD >> 「ブラボー」先週期待値高かったですし、今週明らかに抑えましたしねw……でも、おそろしくエロイ部活だなあ…w
ルイ >> いやー、勿体無いなあ、ホント。記憶失う組み方じゃないのにいwでも「引き返した」という表現には当てはまらないのでしょうから、これはとにかく前回のヒキを意識するあまり、それ以外の演出が甘くなっちゃったんですね。
LD >> いや、ボラボー、キャラの組み方(?)とか、オチに持って行く情報量とか好きですけどね。しかし、ま、腑に落ちていない部分があるのも先に言ったとおりw
ルイ >> あ、僕も部活が一番遅くまで・・・といった、周りを固める情報の出し方って実は地味に好きですね。ストーリーマンガなんだけど、あずまんが系というか・・・四コマ系の情報の積み方をもってきてる印象。スクランの柱でもいいけど。
カルマ >> マガジンで何か言及しようと思ってましたが、全体に低調ですね・・・
LD >> 「引き返した」には当たらないと観ます。そも先週が単に謎展開で、今週、その説明を求められただけですからね。でも、僕的には先週、先輩が既に恍惚としていれば、大体OKな感じではあるんですけどね。
LD >> ボラボー?「ブラボー」ですね。
ルイ >> 輝先生は良かったよ!w
LD >> が、まあ、そうは言っても「トラウマイスタ」です。今週は。最後の花道かもしれんし。
ルイ >> どこかで記憶と引き換えにキス魔のスイッチが入る瞬間があるんでしょうね。ってどこだよw
ルイ >> LDさんがサブタイ表記をどうするかが気になってあと8分は眠れないよ
カルマ >> フェアリーテイルの二重スパイについては語られてるか。 ダイヤの終わった感の凄さは目を引く・・・
LD >> 分りませんw>スイッチ むしろ→「せ、せんぱい?…あああ、あの事は覚えてないんじゃ……(滝汗)」→「あら、ホントに忘れちゃうと…思ってたの?(くすっ)」→ここらあたりがインじゃないかと(`・ω・´)
ルイ >> えーとその場合、上位視点であるナレーションが読み違えるという、一般的には叙述トリックの禁じ手みたいな話になるんですがw面白い事は面白いけどw>ホントに忘れちゃうと〜
LD >> 第37話 覚めろ(以下、無限ループ)←こんな表記?
kichi >> あ〜、それならアリかもですねぇ。>くすっ
カルマ >> トラウマですかー。先週に比べると乗れてないんですけど、全体に不調でしたから納得はできますね。
カルマ >> んー、個人的にはフラグが折れる音が聞こえたのですが(笑)>ブラボー
ルイ >> 僕も聞こえたwでもアーアー聞こえない言うてる人がいるからw
LD >> 「ダイヤのA」の勝負所の早出し感はよいですね。
kichi >> 正直、ブラボーもトラウマも先週の方が良かったんですよねw でも先週はストブルが凄かったというw
ルイ >> まあ先週はストライプブルーがアレなので比較にならないんですが・・・「ネーム単体」で言えば、僕は今週のトラウマイスタの方が先週よりいいと思ってますね。
LD >> <(=´ω`=)>アーアー!
ルイ >> 先週は先週言ったけど、とにかく扉のアオリがやっちゃった感があって・・・w
ルイ >> 省エネ、かっこわるい。>無限ループ
カルマ >> 僕もフラグはできるだけ立てたい派なのですが(何)、主人公の性格が違ってたら「奪われるんじゃなく唇を奪ってみせる!」まで行ってれば、まだ残るかなと
LD >> うん。僕も。>「トラウマイスタ」今週よい ダビンチ編に入ってから、かなり毎回キレているんですけどね。
カルマ >> あう、頭が回ってない。日本語が変なり・・・ 
kichi >> 先週のネームも文句なく良かったと思いますけど……っと、アオリの差かーw>トラウマ
ルイ >> 要は先週はダビンチが登場するページまでの不吉隠し溜めがポイントで、今週はダビンチのキス→最後のチャンバラまでの溜めがポイントなんですけど、その2つを比較すると今週の柱利用などの方にキレを感じますね。
LD >> まあ、あんまし強烈にフォワードに出すと、エロ顧問先生とエロかぶりしちゃうキャラだしねw
ルイ >> エロ顧問先生は体がエロいだけで精神性おばちゃん状態なので、住み分けは可能だと思うんですけどねえ。まだ収めるキャラ選ぶような段階じゃないと思うので、素直に作者はキャラ並べてるだけだと思うが・・・wその軽い場モノ感覚が「ウミショー」っぽくて不安になるんだよなあw
LD >> なんか単純にふられた直後に、モテ期が来ているよね、この主人公w>「ブラボ」
カルマ >> 作品的には、どんどんいろんなキャラがエロって問題ないように思うのですけどね。>ブラボー
LD >> 「ウミショー」に対して軽い場モノ感覚ってわかるなあ〜w あの作品、ちょっと全体的にキャラ軽かったよね。
LD >> エロるかエロらないかは置いておくとしても、図書館通いで前髪が隠れている女の子とか、中国からの留学生で拳法の達人とか、いろいろ出さないとっ!>「ブラボー」
ルイ >> アクを持ったキャラを1回パッと出した後すぐディフェンスラインに下げて、これでいつでも使えまっせって感じ?w引っ込めるなんてノンノン!というハリハリ血族なもので・・w
ルイ >> ヘイユー、キスからバクテイオーに連想ゲームし杉。
カルマ >> 一本線、部活モノとして縦線が入ってれば、どんなにエロっても大丈夫じゃないかな?と。ネギま!を思い出しつつ・・・
LD >> 静岡さん以外、イマイチ芸人としてインパクトがないというか…。(←芸人ってなに?)>「ウミショー」
ルイ >> フルートのエロい子とか、シンバルのエロい子とか、どんどん出してほしいってのはありますね←
LD >> さて、ではそんな所で、そろそろ寝ます。
LD >> とりあえず半目の子はキャラ確定みたいだけど、あんまし可愛く描いていないな…w
ルイ >> いつまでも あると思うな 上手いキャラ orz
ルイ >> キス魔というキャッチーさを才能認定だけに使い捨てる作者に未来はあるか!?待て次号!・・ではでは!
LD >> それでは。お疲れ様でした。
kichi >> はい。おやすみなさい〜。  (´・ω・`)。o(今寝たら確実にバシン見逃すな……どうしよう……)
ルイ >> 寝 る な ! >見逃す
カルマ >> 僕も落ちます・・・お疲れ様でした〜♪
kichi >> そうですねw 積みマンガでも崩して待つとするか……>寝るな
ルイ >> まあ、今日はPIPOPAの最終回ってのがね、ポイントなんですけどね。多分プーが出てきてくれるから。
ルイ >> 「乙女の祈り」を聴いているとイライラして仕方ないんだけど、80年代初頭のアイドルを復古しようという狙いは理解する(どっち?)
ルイ >> F1を観ていると、久々にマリオカートの、しかもルイージのオバキュームに乗りたくなる。
ルイ >> そんなこんなで(?)ガンダムですねぇ。
ルイ >> リボーンズキャノンキター。一期はジム2期はキャノン、映画版のラスボスはタンク!(?)
ルイ >> 最終回はOP流さない方がスペシャルっぽくて感動するってばっちゃが言ってた。
LD >> F1ってルールどんな風に変わったんですが?
ルイ >> 大改革過ぎて一言では言えませんw
ルイ >> メダル制だけは遅延されてよかったーって本編だZE。
LD >> 前期のボスは百式で、今期のボスはガンキャノンですよ?
ルイ >> あ、なるほど。☆さんそういう演じ方に出たか。面白いな。
ルイ >> ゴールドジムってのが通説ですw
ルイ >> ライルの演技をワザとニールに「寄せ」ましたね。ミーヤノさんの演技は今一歩なんですが、こっちは良いです。
ルイ >> のっぺりとした宇宙空間背景だな・・・地球圏だからか?彩り豊かだ。
ルイ >> 超兵強スギワロタw
LD >> うん、まあ…そうだよな。>人類と共に歩む
ルイ >> 作画
ルイ >> 作画が素敵なことになってるなあ。さすが最終回。
LD >> お…LAST SHOOTINGみたいな感じ?
ルイ >> ラストシューティングでしょうね。
ルイ >> 会話自体も随分トミノゼリフへのオマージュを感じるものでしたし。
LD >> タマ…
ルイ >> ほう〜・・・これは黒田さんのセンスだなぁ。
LD >> ははは…w
ルイ >> アムロとの対比を取りましたね。これは面白い脚本。
ルイ >> 流れてキターw
LD >> だははははは…w
ルイ >> ストレンヂアじみてきたw
ルイ >> なんというテキサスコロニーw
ルイ >> 中東限定なんですね。
ルイ >> ちょw
LD >> お…切腹しているのは誰でしたっけ?
ルイ >> テーマとしては妥当な会話ですね。
LD >> よしよし、コーラw
ルイ >> 大佐ぁーは式でも敬語ですか・・orz
LD >> 准将!メガネはとろうよw
ルイ >> 聖地巡礼の旅?
ルイ >> なまはげ宣言ですね。
LD >> ふむ。やっぱり、ソーマの話がかなりテクニカルだなあ…。
LD >> さあって、スーパーロボット大戦でどういう扱いを受けるかなあ?w>「ガンダム00」
ルイ >> 一時的協力という形かとw>00inスパロボ
ルイ >> つか、切腹が無駄に笑いを誘ってるなあ。
LD >> 最近、こう終わり方にまったりする事がおおいなあ……こっちの心境が変わって優しくなったのかなあ?
ルイ >> ガンダムベストもナレーション高垣さんか。
ルイ >> 僕は昔から優しさで出来ているから、わからない心境の変化という奴ですね(淡々と
LD >> いや、「SEED」がボロクソに言われていたから…w>「スパロボ」
LD >> | ´_ゝ`)←昔から変らぬ優しさの顔
ルイ >> ああ、そういうのは知らないんですけど>ボロクソ CBはスジは通したんじゃないかな?随分とマイルドな所に落ち着けたとは思いますが、基本的に「死による禊ぎ」という記号を忌避し続けた事は評価でき・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・切腹・・・・・・・・・・・・・orz
LD >> | ´_ゝ`)←優しく見つめている
ルイ >> (つω`*)テヘ
LD >> いや、切腹してるのって誰?ブシドーはメガネの後に立ってましたよね。
LD >> うん、まあ、元の結論に立返りましたね。>CB
LD >> ああ……でも刹那が生きていると難しいなあ……。
ルイ >> 切腹してるの誰でしょうねえ。アロウズのえらいさんか前大統領ってとこすかw
LD >> ミスター・アローズの天パくんは死にましたよね?>切腹
ルイ >> 普通にイノベイターらしき人が会議に参加してたりしてますね。
LD >> まず、刹那が超人になる展開は、要するに“全員の死亡フラグ”外しとして機能させて、そしてエンディングを迎えているワケですよね。→刹那が生きていると、彼のイノベータ設定が中空に放り出されてしまいますよね。…劇場版って事?
ルイ >> ブシドーと語らっていた人だとして、何故切腹なのかな?
LD >> なんか、色々なモブに混じってますよね。“イノベータいろ”があってw じゃなくって、イノベードか…潜伏率たけえええええ!w
LD >> んんん……誰だか分らないので、まったくのあてずっぽうの話ですが、思いついたのは、アロウズの関係者だとして、切腹という潔い行為によって、逆にアロウズの行為の正当なる可能性を示唆している……かな?
ルイ >> そうですね。特にラッセとルイスに対するご都合的な救済は、作品の宣言でもありますね。>超人 イノベーター設定は・・・どうなのかな?例えば刹那こそが人類を指導する立場だ、という事になるとそれはリボンズの継承でしかないわけですよね。
LD >> そして木星……もう〜〜出しちゃえよ!モノリス出しちゃえよ!w
ルイ >> 刹那には「できる」けど「しない」。幼年期にある人類が自ら巣立つまで、母鳥のようにCBはあり続けるんでしょうね。但しこの母鳥、食事を届けるわけではなくひな鳥同士がケンカしていると上から嘴でつつくのであるw
LD >> 指導するかどうかはセツナの意思によりますけど、ノーブレス・オブリージュというか……そこに辿り着き、超人的能力、超人的遺産を引き継いだ者が「これからも、ほどほどに人が死ぬ矛盾した作戦をとり続けます」っていう結論は“中空”だと思うのですよ。
LD >> あ…違うか。
ルイ >> 違うでしょうねえ。
LD >> これがセツナの選んだ、人類管理方法って事か……。←「読み」に入っている
ルイ >> 管理というと少し上位視点が過ぎると思いますが・・・
LD >> うん。腑に落ちた。CBの思想自体は、出発した第一期の頃とまったく変らない。……変ったとすれば、これが滅茶苦茶重要な事なんだけど実力なんだ。
ルイ >> リボンズが言ってましたけど、人間が家畜を云々ってのとの対比としてね。結局刹那はスメラギさんやフェルト達と共にあるわけで、自らをイノベーターとしては置いていないんですよね。CB、天上人ではあろうとしているけれど。
ルイ >> 一期ラストのラッセのセリフが、やっぱりそのまんまコアではあるんですよねw在り続ける事だって。
LD >> 僕は、今、“上位視点”で語っています。ルイさんの「過ぎる」という言葉の意味を知りながら…ですね。話し合えば多分、ニュアンス、フィーリングは一致しそうです。でも言葉の使い方として、多分、“上位視点”で話す方が、言いたい事が「伝わる」気がします。
ルイ >> いや、話し合うまでもなくニュアンス・フィーリングは大丈夫でしょう。僕も僕の立場として、そっち側から指摘しておいた方がいいというだけですので。その上で、何か別の言葉が当てはまったほうがリボンズとの対比が効くなとは思ってますね。
LD >> 天上人ではあろうとしているけれど。 >うん、この言葉で「観ているもの」が同じだとは分ります。そして今、僕は、CBはともかくセツナは天上人だと言い切ってるワケですね。
LD >> そして、下から眺めた上から目線の話というややこしい説明をしますけど、CBって元から「上から目線野郎」ですよね?第一期から、実は、リボンズを糾弾しつつ、お前らも最初ッから「上から目線の自分警察の自分治安維持、自分世界統制野郎じゃないか」っていう誹りを免れないはずでw
ルイ >> CBの思想は基本変化してないですね。変わったとすれば、純粋種としての能力根拠と、ヴェーダリンクが確保されてることと、あとは人類の意識そのものですね。結局サジやルイスに当事者意識を持たせる為の4クールだったということになるでしょう。
ルイ >> 謗り上等、という覚悟の差ですかね。リボンズは矛盾があるなんて思ってないですからね。CBは「仰る通りですけどやめませんよ」っていう・・・タチワルスw
LD >> …で、これは僕は第一期の時から指摘していた事ですが「彼らが本当に“超人”なら“超越者”なら、それはしてもいい事だ」という話はしていたと思います。…実際にはタクラマカンでボコボコにされて、そんな“実力不足”なら世界を混乱させているのと寸部違わんという話になりましたがw
LD >> サジやルイスに当事者意識を持たせる為の4クール> 今、僕はその話はしていないですけど、その視点は真っ当なものですね。…僕は今、こういう「読み方」をすると反発を受けるだろうなと思いつつ、僕の「読み」の話をしている。
ルイ >> リボンズは超人で超越者ではないのですか?>してもいいことだ
LD >> サジやルイスに当事者意識を持たせる為の4クール→真っ当ですね。 僕は今、CB及びセツナに世界にケンカ得る実力と…あと一回り強化された“覚悟”をまとうための4クールだったという話をしようとしています。
LD >> リボンズは負けたので実力不足の超人で超越者という事になりますが、勝利した超人で超越者ならしてもいいと思っていますよ。僕は…という話ですけど。そも個人的には「リボンズはリボンズで正しいという所をみせて欲しかった」と思っているくらいで。
LD >> 一回り強化された“覚悟”については、ハレルヤとソーマが…それからサジもと観るべきなのかな?彼らが脱落している事でみてとれますね。
ルイ >> 反発になるかわからないですけど・・・CBは天上人、見上げればその空にはCBがいる、という意味での空を舞うなまはげ(笑)なわけですが、一方で何かを為す時は必ず実体化し、天から「降りてくる」と考えてるんですね。それは刹那にとってのオーガンダムがそうであったように、或いは全てのミッションがそうであったように。その辺はメメントモリとの対比でいいと思うんですが、絶対的上位からの管理管轄というものは志向していない。その点で、CBというのは思想は上位視点なのだけれど、行動に関しては「人」という線は越えない。だから僕は「してもいいこと」という論法では考えていませんけど、CBとリボンズの差はそこだと思っています。
ルイ >> リボンズはリボンズで間違ってはいなかったんじゃないですか?大きな違いがあるとすれば、赤子は自らの足で揺り篭から出るべきだっていう価値観の相違でしかないような。
ルイ >> サジは元々食客みたいなもんでw
LD >> セツナが絶対なる一人になった時に何を思うか……ってそれが不明なままセツナ退場というのも手だと思ったんですが、この物語はセツナにもう一度CBに立返らせた……で、多分、もう世界はこのCBの武力介入に太刀打ちできない…と思う。彼らの思想によってはトランザムを“兵器市場に流す”かもしれないけど(まあ、普通そうはしないわな)、でもセツナには適わないでしょうね。
ルイ >> 少なくとも、ここでは「いつかCBが負けるイタチゴッコ」という視点では語られていないですね。
LD >> 「してもいいこと」→僕は理屈上ボーダーを定めにくいので、そのように話して居ますけど、たとえば本家CBとトリニティが「違う」と僕らは思えるわけで、リボンズとCBもまた「違う」でしょうね。人の世は理屈じゃなくって、そういう“矛盾の際”にありますよね。
LD >> “なまはげ”の視点に観えますw>「いつかCBが負けるイタチゴッコ」 劇場版や、木星がどう関わるかによっても変るでしょうけどw
LD >> リボンズと、CBの違いは、「来るべき対話」を最終目的に添えたイオリアの思想の解釈の違いとも言えそうですね。
ルイ >> 「世界と向き合う」が大事に使われてましたけど、向き合うという事は眼前には必ず「人」がいるんですよね。その道をCBは選択しているし、逆に言えばリボンズはどこまでも上位から管理しているだけだった。それは世界を見下ろしてはいないけれど、向き合ってはいない行為。管理という視点を強調すると、権利争いの結果実力によって刹那>リボンズという視点になってしまうので・・・そうではなくCB>リボンズという視点を強調しようと思ったら、ここには上位視点以外の視点を持ち込むのは大事だと思う。 その上で「CB上位じゃん」という指摘があれば・・・そうですねとwその矛盾を抱えてやっているのでしょうから。だって「天上」で「人」なんだし。矛盾矛盾。
LD >> 完全にセツナとベーダが機能する状態に入っていますしね。
ルイ >> ×見下ろしてはいない ○見下ろしている 意味まるっと変わったw
ルイ >> そうですね。実力的な根拠はこのイタチゴッコが継続できる根拠、と捉えてよいのでしょう。
ルイ >> まぁ劇場版が続編扱いなら、1回抜かれるんでしょうねえw>いたち木星
LD >> はい。僕は、CBとリボンズが“違う”という“感覚”があると知りながら〜たとえばメメントモリをつかったら見下ろしで、使わなかったら向き合いか?って非常に微妙な話ですよね〜敢えて分けないというか……そうではなくCB思想の是非を語りたいのではなく、彼らはCB思想の是非がどうであろうと、それをする“実力”を持ったんだ……とういう話がしたくて、こういう語り口になっています。
ルイ >> 了解してます。ここはLDさんの視点と僕の視点が混じっておいた方がいいと思ったのですよ。じゃあ力でのレースかよ!という極端な解釈を避ける為にも。
LD >> …で、それが「世界が平和であるめすように」「争いがなくなりますように」というテーマとどういう関係が?とか言われる→反発を受けるかもとか思いつつ、自分にとって腑に落ちる物語の形を「読んで」しゃべっているんですね(汗)
ルイ >> tommorowが流れたのは、まさに・・・マリナっつーか、。後ろの子供たちの方が大事でwあれが「世界」なんですよね。
LD >> 人類は超人み手取り足取り導かれて先に行くべきではない…というのがこの世界が出した結論なんですよね。…その場合、本当はセツナは退場しなくてはならない……でも、残るとしたら、そういう事があるか?という話ですね。
LD >> うん…。>子供 第一期のCBのあり方は“非日常”だったけど、第二期終えての結論は、俺達はCBのいる“日常”になるって言い方もできるかな?なまはげ。
LD >> だからコーラはえらいのよw>後の子供 ちゃんと、戦って、必ず生きて返って、結婚して、これから子供つくるんだからw
ルイ >> 仰る通りでね。僕の刹那CB外宇宙説というのは、基本それに則っているんですよね。人類は己の足で立て、というのがテーマというのはもうわかっていましたから・・・その上で選択したこのエンドはというと
ルイ >> →今LDさんが言っている刹那という存在自体をCBの根拠にしているという話になるわけですけど、それ自体はそんなに異論はないんですね。ただ、最初に仰っていた「イノベータ問題を中空」というのは違っていて・・ってLDさん自身そう言ってたかw
ルイ >> 刹那のイノベータは、こう言っちゃうと寂しい表現ですけど、軍事力でしかないというかwそれこそヴェーダ同様、優位性を保つ為のツールでしかないんですよね。刹那Fセイエイ自体はイノベータとしてではなく、ソレスタルビーイングとして・・・天上「人」として接する事を決めてしまっている。その点においては、刹那はやっぱりスタート時と同じく、戦争を根絶したい人間でしかないんですよね。少年が青年になっただけで。
LD >> コーラえらいよなあ……なんか「00」の中で一人勝ちという気もする(←なに言い出した)、だって、もしあれで死んでいたら、大佐のお腹の中に赤ちゃんいるの確実でしたよ?生きても、死んでも、勝ちジャン?両得バイソンやん?
ルイ >> (考えてみると、CB外宇宙論をぶちあげられるほど人類を信用できなかったとw)
LD >> 正に、いま最終回を観た、瞬間的な感覚なんで、しゃべっている内に変っているのが、チャットでみてとれると思いますw>中空
ルイ >> ですね。例えばビリーはその才能でもって世界の技術力を先導していくでしょうけど、まあCBというなまはげの意味はみとめた上で開発していきますよね。間違ってもCB消え去るべしとは思わないというか。これを世代を跨いで維持できるかというと別問題ですが・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・刹那とフェルトで子供作るしかないね!あとミレイユの両親が頑張るしかないね!←何言い出したシリーズ
ルイ >> >非日常から日常へ
ルイ >> 両得バイソンとか言い出したw
LD >> ……!思わぬ所でフラグ回収が!>セツナとフェルトで子供 (`・ω・´)
ルイ >> コーラは最強でしょうね。んーと笑い話でなくて、1人テーマ体現者と言ってもいいんじゃないかな?物語が色んな展開やらで語ろうとした事を、全部1人の存在だけで示しちゃってて。
ルイ >> いや、花は別に恋愛フラグだと思ってないんですが・・・w花の時は違っても、最終的にはそうした方がCBの為にいいんじゃないかなーって何その義務感にまみれた考えw
LD >> フェルトめえ〜。もともとイノベードっぽい色しているけど…w
ルイ >> いや別にミレイナでもいいですけど、まあ難しいだろうとw
ルイ >> 宇和嗚呼あああああああああああああああ!!!!ミッチー涙目!!!!!
LD >> あ、やっぱりそう思いますかw>コーラは最強 なんかもう、何も語らない奴だっただけに、今となっては逆に惚れますよね。世間は逆玉みたいにコーラをからかうかもしれないですけど、コーラもそれを否定しないでしょうけど、本当は逆ですよね。マネキンがいい男捕まえてる。
LD >> 。o(…ミレイナとセツナは全然馬が合わないだろうな……いや、逆にそれがいいのか…)
LD >> ミッチーって?
ルイ >> 00が全体的に、いや絹江とか色々死んでるんですけどw最終的な選択としてはラッセもルイスも活かしてみせたわけで、その選択をした作品、としてみれば、コーラサワーはまあ最強ですね。
ルイ >> いや「バシン」のOPいっつも1分30秒スキップしてたものだから・・・今まともに再生したら・・・涙目だなって・・・>ミッチー
LD >> うん、正直、僕はノリエガさんが、すごく気に入らない人なので彼女は……少なくとも、中華ちゃんがああいう殺され方するなら、彼女も撃たれるべきだと思っていたんですが、もう皆生かされるとね。優しい話なんだなあ…って。まったりw
ルイ >> そうなんですよね。リューミンたんは殺すんですよね。なら、って感覚は僕もわかるんだけど・・・→
ルイ >> 「また前線に戻って向き合ってみせた」という点で、弱さを込みでいや弱さがあるからこそノリエガさんを評価する視点もあるな、と思ったりもします。
LD >> 逆にルイさんが言っていたとおり、サーシェスには優しくしないといかんよなあ…とか思っていたんだけど、ここらへん作り手と感覚逆なんだなあ…。まあこの感覚の方が一般的なんでしょうけど。
ルイ >> だから、こういうとヘンですけど・・・凄く気に入らないけど、凄く好きなキャラでもあるw>ノリエガさん
ルイ >> あー、でもサーシェスは殺意見せなきゃ多分ロックオンはしとめなかったですよね。あのワンクッション入っただけで満足できた部分がありますね。「引き返し」の話じゃないけど、可能性提示した後ならどっち進もうが大差ないっていうかね。
ルイ >> リューミンたんは徹頭徹尾で他人事というか丸なげ状態でしたので、それはまあ「向き合う」テーマの作品からすると断罪されるだろうとw
LD >> これに関しては「アクスレピオス」の“あいつ”、あたりの着地がよくって、サーシェス、一回半身不随くらいになって、自分を見つめ直してみるといいんですよw……ま、ああなってしまいましたがw
LD >> サーシェス、看護婦さんに世話されて、ボールが転がってきて、セツナそっくりの子供に「おじさん、ボールこっち!投げて!」とか言われてみろw
ルイ >> サーシェスは死んだけど、それはあくまで「ニールを姉貴を皆を殺した仇」としてじゃなくて「今殺されそうになったから殺した相手」であってね。そこの違いは大きいと思ってます。その上でサーシェスの死について言うなら、ルルーシュとかエルフェンリートのルーシーに近いというか・・・まあそうした方が万人が理解するねっていうwそこの違いを理解してない人も満足できるやん
LD >> 正直、丸投げ、自分さえよければ思考はわかるので、中華ちゃん、あそこまで糾弾されるとは思ってなかったですね。
ルイ >> なんだかんだいって不理解もあるよね。でも歩まなきゃね。という象徴をサーシェスに預けたんでしょうね。僕のサーシェス生かせっていうのは「悪い事しかから罰するとかじゃなく、そこにも可能性を探す象徴」にしろって話なので、やっぱライルが一度銃引っ込めた時点でそのテーマには届いてるんですよね。その上で好みを言うなら、まあ全くLDさんに同感なんですけどねw
ルイ >> ダブルオーじゃなければってトコでしょうけど、CBは糾弾上等で最初に言ったけど眼前に姿現すわけですよね。そも、CBので出し自体がイオリア映像による宣言だったわけで、ある意味では最後のチャンバラに限らず、基本が「いざ尋常に」の価値観ではある。その中にあってりゅーみんたんって、やっぱ線引きやすいと思いますね。しかも、三度殺しw
ルイ >> とにかく表に出ろとw意見言うなら名無しで書き込むなとwそういう圧力が見えるんですw>リューミン
LD >> うん。ルイさんの話でいと思いますね。>引っ込めた時点でテーマ でも、やっぱりサー背yす
LD >> うん。ルイさんの話でいと思いますね。>引っ込めた時点でテーマ でも、やっぱりサーシェスと、ノリエガさんの扱いは言いたくはなる。はっきり言ってこの二人メインテーマ持っていたし、もっと突っ込まなきゃならんかったとは思います。3点つけているのを3・5か4点にするって話ですけどw
ルイ >> ノリエガさんを認めないと、動機や過程がよわっちいと全部ダメって話になっちゃうので・・・wまあ彼女みたいなヘタレがラストミッションにまで貢献することは大事かなと。
LD >> なんか水島監督、インタブーで匿名批判にもの申していたみたいですね。>意見言うなら名無しで書き込むなとw
ルイ >> あ、そうなんですか?水島監督のインタブーは読んだ事ないですけど、リューミンの殺し方があまりにごっついのでwあれは確実に憎しみだろうとw
ルイ >> 大体何度考えても、セカンドシーズンまでの間ビリーと爛れてたってね、もうね、ゴミクズの所業ですよねw何フェルトとかイアンさんとかラッセだけ死地におきっぱなのwそれならせめて最年少のフェルトだけ眠らせて連行するとかしないの、とかw
LD >> ノリエガさんを誉める言い方をすると、彼女がCB思想の体現者だと思います。まさにミスター……じゃなかった。ミズ・ソレスタル・ビーングだと思う。
ルイ >> その弱さも含め矛盾を含んで生きるということだと。
LD >> 能力的にもねw……タクラマカンのノープランぶりには、EEEEEEEEEEE〜!?って感じでw
ルイ >> タクラマカンは永遠の謎なんですが、今思うとあのスメラギさんだけが、1期と2期の間のスメラギさんに繋がっている気もするw
ルイ >> あの時見せた「ダメならダメ」程度のしょぼくれた感じが「あーやっぱ私じゃダメだ」になってビリーと隠遁、という所には繋がっていると思いますね。
LD >> いや?ノリエガ、あいつ分ってないよ?多分w 無駄に頭がはしっこいから、ビリー丸め込んじゃった時点で、自分も総括したと思い込んじゃってるけどwぜんっぜん!分ってないよ?w>弱さも含め矛盾を含んで生きる セツナは基本バ……教育的環境が劣悪なご家庭にお育ちだったために、逆に返って理屈をこねない分の「体感理解」がありますよね。
ルイ >> 私の戦術予報の「せいで」ニールやらクリスやら死んじゃった、という自責の方が先にたったんでしょうね。戦術予報が少しでも足し算になると思ってるなら、あそこでCBは降りられない。っていうか思って降りたなら本格的にカスw
ルイ >> まぁ、ラストショットでもフェルトに大切なこと言わせて、スメラギさん「そうね」言うて、刹那がそれをナナメ後ろから見つめてますからね。殆ど2人の被保護者w
LD >> う〜ん…w(←しゃべらせると、自分のノリエガさんの嫌いっぷりを改めて思い知って、逆におどろいている…)
ルイ >> 僕は好きだけどなあ、スメラギさん←しらじらしい
LD >> ねえ…普通、こんだけボロクソに言うと、段々好きになってくるものなんですが…w(汗)
ルイ >> ビリーについていかなかっただけでも、ちゃんと消化はしていると思いますよね。ていうか、アレルヤ降りてるのにスメラギさん降りてないわけだから。ここもうちょっと評価してあげたいw
LD >> まあ、でも「00」終わってみると、まったりと楽しめましたし、よかったですね。個人的にはエレベータ崩落のエピがよくって、あれが答えだし、あれを描いたならあとの話がまったりやさしめでも、それは選択かな?という気がしますw
ルイ >> アレルヤは降りたというか、矛盾を抱えたままの世界、CBというものに対して「それ以外」を探しに出かけたって事なんでしょうけどね。自分の中でアレハレ飼いならすことに成功したしw・・・で、聖地巡礼してるの?ヒマラヤに登って山頂の神を見る気なの?orz
ルイ >> ですね。00別に悪くなかったです。少なくとも言いたい事は言った感があるので、アニューだ何だやった中でもそれなりに頑張ったなと。
LD >> いやw降りても降りなくても、彼女の選択は“分ってない”ものだと思いますよ。…って、僕がノリエガさんのキャラにダイブしてそう思っているんですが、人の覚悟なんて端では分らもんでもありますね。また、内心が分っていようがそうで無かろうが、覚悟を決めた行動をとればそれでいいとも思います。→ここらへんは「電視」に書いた「とある」のアクセラレータの話を読んで欲しいですが。
LD >> それ以外というか「マリーを守って生きる事のみ」に決めたのでしょうね。…が、同時に路線変更したので、これまでの自分のCBの活動はなかった事に…ちゃお!wってワケにもいかないので、では「どうするか?」をマリーと一緒に探すのでしょうw
ルイ >> それでいいと思っている割には冷たいのねw
ルイ >> どうなんでしょう?>アレルヤ 口ぶりからすると後者の方が先にあって、ソーマとはもう一身同体って具合ですけど。
LD >> 行動をとれればいいですけど、また逃げたりする可能性さえある…と思っているって事ですw …これまでのノリエガさんの行動について「あ、この人変った?」と思った事がないって話でもありますね。無論、セツナたちの行動を見て、どこか内心で“悟った”、“頓悟した”、瞬間があった可能性はありますが外に出た描写ではそれを感じなかったな…ってw(←しゃべればしゃべる程ノリエガ嫌いw)
ルイ >> うーむ。ギアスも00もあやひがナレーションしてるのはソニー系列だからわかるんだが、すたちゃのCMナレーションは何でなんだぜ。
ルイ >> 2期になって私服団体だったCBが制服を作ったんですよね。スメラギさんはまあ、あの服着た時だと僕は思ってます。
LD >> んん〜っと?後者が先かどかは置いておいて、まず「マリーを守っていきる」が確定事項で、それと並行してCBとは別の生き方を探してハイキング…という事が確認されていればいいかな?
ルイ >> マリー云々は、もう脳内会議にすら上がってこないという解釈w
LD >> パツパツのあれ?>あの服着た時
ルイ >> パツパツのあれ。パツパツに気を取られてる人にはわからんのですよ!w
LD >> それでよいですw>脳内会議にすら上がってこない ルイさんが省略して書いたのを注釈を添えたって所でしょうか。
ルイ >> って、ハイキングってwあれは何なんでしょうね。世界のお遍路さん的な風習?
LD >> パツパツ→スメラギさんがおっきくなった→胸もおっきく→心もおっきく…→こうですか?わかりません!(`>ω<´)
LD >> なんでしょうね…。まあなんかお遍路さん的ななんかという感じがしますが…。
ルイ >> やっぱね、元々のCBが制服を決めないフリーダムな組織だったこと自体が仕掛けではあったんですよね。制服によって、ヴェーダなりの上位計画によって動く実働愚連隊ーみたいな所から脱して意を1つにする思想集団、家族として再始動したわけなので、それに袖を通すってのは今度こそな覚悟を強いるものではあるのよねっていう!w
ルイ >> あー、そういえば切腹さんはブシドーじゃなかったグラハムの決断を強調するための「IF」なのかもしんないですね。グラハム選ばなかったですよ、的な。
LD >> なるほど…w>家族として再始動 いや、ノリエガさんが分ってるとは(ry w…が、指摘としてはいい所をついていると思いますw
ルイ >> もう見捨てる事はできないと思うんですよ。だからビリーもスメラギさんとの思い出を抱えて生きるけどスメラギさんもそおうで、CBは降りないよねっていう。
LD >> ん〜(サイト見ている)、ノリエガさんを真ん中に、フェルトとシエラで、通称ボイン1、ボイン2と呼ばれていた頃がなつかしす…(`・ω・´)
ルイ >> ビリーの写真立ての写真って、ラストバトルの後にとったんだなあ。朗らかな手切れだw
ルイ >> そんな時代あったのか・・w
ルイ >> んー、しかしミキシンさんの演技が良かったな。さっきは何故か☆と勘違いしてたけどw
LD >> ん〜…。まあノリエガさんの落としどころとしては、そう信じてあげる所かな…という気はします。
LD >> うん。保志ってどこ?とか思いましたw
ルイ >> 奥歯に何かマメシバか何か挟まってますよw
ルイ >> 最初の「あいよ」から、確実にニールとして・・・というか「ニールだった頃のロックオンと同じ」ように演じているのがわかるんですよね。俺がヤロウの演技を認めるなんて奇跡に近い←
LD >> ビリーはまあ…。
ルイ >> ビリー大事っすよ。あいつ天才科学者ですからねw
ルイ >> ビリー大事っすよ。あいつ天才科学者ですからねw
LD >> だって、こいつ、実際は分ってる描写ないものw>マメシバ …でも物語の流れからノリエガさんだけ分っていないなんて形は全然キレイじゃないよね、って事は理解しますwww
LD >> あ、そうそう。あいつはすごいよねw>天才科学者
ルイ >> ビリーに色香で釘刺しておかないと、奴の想いひとつでいたちごっこが面倒なことになるのでw
LD >> 。o(ん……ちゅか、僕はやっぱり、物語の形としてキレイだ…って方向には「読み」を落さないんだなあ…しみじみ)
ルイ >> ああ、それは僕にはそういう傾向があるって話しでもありますね。・・・いや、エルフェンの読みは別にキレイだからじゃないんよ?w
LD >> まあ、なんかあれじゃね?年に一回ぐらい、そうだな。7月7日あたりがいいかな?逢瀬するという事でw>ビリ×ノリ
ルイ >> それは普通にアリだと思・・・・・・・・・・・・・・んんん?難しいですね、地味に。LDくんそこ地味にいいとこ突いてるよキミィ(誰
LD >> 「エルフェン」のルイさんの読みはその方がキレイだからじゃないでしょうけど、僕は、その話に合わせるとしたら、その終わり方の方が全部まとまっているから…って話でしたね。まあ、今のノリエガ読みも然り……でも、自分の「読み」を失くすわけじゃないですけどね。
ルイ >> 「天上人」である事を徹底するという事は、刹那とマリナも、スメラギとビリーも「会わない」事が美しい形とは思えますね。劇場版で偶然バッティングするかもしれないけどw
ルイ >> でも一方で七夕程度のシバリのユルさの方が「日常」に落としこんだ感じもするなあ・・・
LD >> ああ…それはルイさんがいいところ突いていますね。>天上人である事を徹底
LD >> まあ、なんちゅうか、牽牛と織姫にかけるなら、明らかにセツナ×マリナの方がはまりますねwフェルトのターンが消えますがw
ルイ >> セツナとマリナは「想い人」であればいいんですよね。それは生活を共にすることとイコールではないし・・・セツナやマリナと一緒になる人は、その一種の精神浮気を肯定しなきゃいけないですけどw確かに2人に恋愛感情は無いでしょうから、刹那がフェルトに言ったセリフは真実その通りなんでしょうね。
LD >> 同時に、二人が徹頭徹尾否定しているように恋人関係ではないという話に僕は乗っていますけどね。
ルイ >> あ、はい。同感です。>恋人関係ではない でも逢瀬というかな、時々会って状況確認したくなる関係ではあるなと。でもしないw
LD >> セツナとマリナはいい関係が描けているよなあ……これは「00」の成功としてもいい気がしますね。
ルイ >> あれ?これはとるてあ厨の視点を混入させているな、俺?w案外汎用性高いから色々使っちゃうなあ〜w
ルイ >> セツナとマリナに関しては、ヒイロとリリーナより納得度は高いかなと思っていたりしますね。
LD >> ビリ×ノリは、年一とかそんな決まり事なくって、もう疼いたら即行きますよ?…ノリが(`・ω・´)
ルイ >> 本当にノリエガ嫌いなんですねわかりますw>疼いたら即
LD >> 「とるてあ」の乃絵と眞一郎の関係だとも僕は思っていないw……これ折りを見て、もう少し正体詰めても「面白そう」ですね。
ルイ >> スメラギさんがちゃんとCBという組織に覚悟を決めて入ったのなら、自分からは会いにいけないはず・・・まあ、フェルトなりが「いってくださいスメラギさん」とか言い出せば、「悪いわね」とか言いつつ3秒後には飛び出してますが。
LD >> 。o(…本当に嫌いだよなあ……なんか自分にびっくりだよ…)
ルイ >> あの関係とは違いますよ。ただ、異性関係を恋愛関係と線を引きがちな中、そうでない、と最初に敷居を隔てる効果としては使い勝手がいいと思ってますね>乃絵と眞一郎
LD >> ちなみにヒイロとリリーナは恋人だと思っています。…なんつーか。もう、とにかく恋人。あれはw
ルイ >> マリナと刹那は、寧ろ平行世界を生きる自分AとBみたいな・・・
ルイ >> うん。恋人を混入させたことでブレたと思ってるってことでもあります。
LD >> 最初に敷居を隔てる効果> ん〜(思考)、適切な分離ツールがないとは思うので、最初に拠るものとしてはいいかもしれませんね。しかし、用法に気をつけないととも思う。>乃絵と眞一郎
ルイ >> だから最初に言い出さなかったじゃないかあ〜w
LD >> 正しいそうなイメージです。>並行世界 3次元…いや4次元方向からは重なっていても、世界の階層としては全く(ほとんど)交わりがないような状態ですね。
LD >> 最初、マリナをモロに母親と言おうとしていたんですが、CBの家族性からながめてもちょっと違いますよね。ふむ。「面白い」な。
ルイ >> 一応、マリナお前が間違ったら俺がお前を、っていう関係性自体は残っているのかな?ま
ルイ >> マリナ姫自体に母性が溢れてますからねえ。そう言いたくはなりますが・・・やはり同志・・・志同じじゃないなあ・・・wでも大きくは同じか。
LD >> 大きくは同じという事が分かり合えたとは思うんですけど…でも志が同じだから繋がってるワケじゃないですよね。
ルイ >> マリナの手紙部分観直してましたけど、ビックリするくらい会話がクロスしてないんですよね。
LD >> う〜ん、分らんwまあ、折りをみてもう少し詰めてみましょう。
LD >> そんなワケでそろそろ、失礼します。期せずして「00」最終回チャットでしたが、まあ上々でした。
ルイ >> 平和志向という点では同じ。但し手段には完全な隔たりがあるし、マリナは刹那に「個人の幸福追求もして」って言ってるんだけど、刹那はCBである決意を固めちゃってるんですよね。強いていえば「俺たち」である所が救いかもしれませんが・・・
LD >> それではお疲れ様でした。
ルイ >> 刹那の対応する言葉としては「未来の為に」になるのかな?未来の為に自らの幸福追求を放棄する事は、マリナからすると哀しい事なのだけれど・・・んんん。やっぱ誰かと家族になった方がいいな?劇場版w
ルイ >> お疲れ様です。10時からのラジオ聴こうかな。青二の超大型新人がゲストらしいし。
LD >> いや、劇場版はもう木星行きだからw………は!ここで「プラネテス」か?タナベ登場か?
LD >> そえれでは。
ルイ >> 哀しくてもやるから天上人だ、という事になるか。
ルイ >> F1・・・こうなりましたかあ・・・。ホンwダww
ペトロニウス >> 悲しいことに子供がコードを抜いてしまっていて、ガンダムの最終回が録画されておりませんでした…(涙)
ペトロニウス >> ルイさん、エリンの小説注文しちゃtぅた♪
ルイ >> 早いですよ!orzアニメ追い越し禁止区画ですよ!orz
GiGi >> F1まだ見てないけどなかなか楽しみです(笑)
LD >> ちょっと観直していたんですけど、切腹の人、ブシドーとなんか話していますね。…やっぱアロウズの創始者かな?


■■■■2009年03月30日■■■■
ナガサ >> こんばんは、遅かったみたいですね。00チャットやっていたのでしたか。
LD >> http://blog.goo.ne.jp/ldtsugane/e/e8e02bc37c4ad5ec9ff5f185f485abb7 ←コーラ誉めてみました。
LD >> コーラとか、荒熊さんとか、セツナとか、最近の作品ではめずらしく男キャラが気に入る作品だったなあ…不思議と。
ナガサ >> (過去ログ見た)メンバー内での特有の圧縮省略会話に、居たとしても入り込む余地が無かったようですね(汗
ナガサ >> 切腹の人はアロウズの司令だったはずですよ。ホーマーカタギリでしたよね?>LDさん
ナガサ >> で、アロウズの悪行がばれて責任取らされたり、軍事裁判にかけられそうだったから、我を通すために切腹したのかな。
ナガサ >> コーラは最初っからストーリーが決まっていたキャラで、歪みが無かった所は「カッコイイ」って言えますね。
LD >> 「圧縮省略会話」> すみません…orz(汗)
LD >> 。o(…なまはげとか……そこらへんかな…?)
LD >> ホーマーカタギリ>ありがとうございます。……カタギリって…ビリー・カタギリの親戚だったり?
いずみの >> マリーは最後の最後まで失敗キャラでしたね。この手の失敗例(リメイク時に補完か添削が必要なレベルの)キャラって前例ではどんなのがありましたかね
LD >> 切腹さんの掛け軸には「我事において後悔せず」って書いてあるんですよね……切腹さんは、切腹さんなりに覚悟したものがあったんじゃないでしょうかねえ…。
LD >> 1期、2期、同一ドラマでまたぐ作品が最近ですし、ちょっと条件付けが難しそうに感じます。……たとえば僕は「Zガンダム」のロザミアあたりを失敗キャラだと思っていますが、今のいずみのさんの失敗キャラに沿えるかどうかは自信がありませんw
LD >> ただ、マリーがソーマである事の意味合い、ソーマがマリーである事の意味合いは互いにかなり薄く感じてしまいますね。もう少しすっきりドラマに通す方法があったのでは…。
いずみの >> 出すことによって破綻した新キャラっていうのは逆になかなか無いと思うので、教訓として蓄積しておきたい気はしますよね
いずみの >> 「ツェペリさんに家族がいなかったこと」 とかは違うか……?(笑)http://d.hatena.ne.jp/keyword/%b9%f5%ce%f2%bb%cb%3a%3a%a5%de%a5%f3%a5%ac
LD >> 僕はソーマが好きなんで、マリーの意味があんまり見出せないと、やるせない気分にはなってしまいますね。……CBに転身するためにこの綾はあったのかな?とも思うんですが、そのトリックのみだとちょっと……という感じです。
いずみの >> ルパン小僧とかターミネーター3とか、作品単位での黒歴史は挙げられやすいけどキャラの描き方、っていうのは少なそうですね
LD >> いや、マリーが黒歴史化するって事はないと思いますけどw…そこらへんちょっとニュアンスが掴めてないかも。あと、最近のアニメは短期が多いので、失敗するヒマもないというのが実情かな。
いずみの >> ぼくは「出す意味あったの?」と思うかどうかという基準で言ってますね。「出すならもっとうまくやるべきだろう」と言うことは同じですけど
LD >> 「ゼロ魔」にキュルケというお色気担当のキャラがいたんだけど、サイト囲み要員として「強くない」判定が下ると、さっとハゲ先生に走ったなとか、そういう事を思い出したり。
いずみの >> でも「いたら困る」というニュアンスで消えていったキャラは、覚えてないだけで、けっこうありそうですよね
いずみの >> <続編やリメイク時に 神話レベルまで遡れるかな? 「なぜそんなキャラを出してしまうのか」という教訓も残せたらいいんですが
いずみの >> ああ、旧約聖書のリリスとかそうか。むしろ原作の方がスジが通っているという例ですが……
LD >> マリーは「出す意味あったの?」と思ってしまいますねw…ソーマがけっこうリア充過ぎたんですよね……もっと人間的に欠損があるキャラだったら、人間を取り戻す→マリーというシナリオを組めもしたと思うんですが(汗)
いずみの >> いや、リリス=アダムの妻説って聖書的には新キャラ扱いなのか(調べてる)
LD >> 神話は一人の作者が管理していない事がほとんどなので、誰につっこめばいいか迷うところです。…っていうかつっこめないwまた、後からの考古検証で意外な辻褄が判明したりw
LD >> 。o(…みなみけ……)
ルイ >> 賢しいなぁ。
ルイ >> ソーママリーについては「足りてない」「勿体無い」と思うだけでそれ以上の悪感情はないので、この話題は傍観で。
いずみの >> 響鬼の後半の話とかは、まぁ
LD >> | ´_ゝ`)。o(…賢しがってる……)
ルイ >> (今日こそ背景会社の名前を覚えておいてやる・・・)
いずみの >> 「強すぎていたら困る」バトル漫画のキャラとかは……まぁ殺せばいいだけだから破綻とは認識されないか
LD >> 「響鬼」の後半は、テコ入れはしたけど最終回ブレてないので、でんでん良しという僕。
LD >> 賢しいなぁ。
ルイ >> 作画スケジュール的には11話を少数に任せられた分、アスリードの本気は出てるな。背景が目立つレイアウト組まれる度にイラつくけど。
いずみの >> まぁ「21」が存在しない場合での杉村さんは近いものがあるかもしれない(笑)。だからケリをつけられないほどの破綻というのは基本的には無いと思うんですけどね
ルイ >> フー・・・
LD >> フー・・・
ルイ >> とりあえず藤岡をはじめとした男性キャラの立ち位置の変化をおっかける面白さはあったな。・・・・・・・・・フー。
ルイ >> 道理でスタッフがほぼ「おかわり」だよ!orz
ルイ >> 美術のスタジオ・イースターなんて聴いた事ないなぁ・・・
LD >> いた!こ、こ、こいつですよ!?出す意味あったの子!m9(`・ω・´)
いずみの >> ほうほう
LD >> まじで、1話しか出てない事ありません?この子?
ルイ >> 絶対間違ってるw
LD >> うん、この子…南家次男を気にしているこの子。
ルイ >> イラッとくる最終回ではありましたが、まあ良く出来てました(←) 基本的に黒モブありきで成立する背景情報から黒モブだけ排除したから、こういうスカスカ感が出たのかな?でも、南家内では黒モブなんて元からないし・・・この場合背景をのべっと(謎擬音)見せてしまったコンテレイアウトの問題だったのかも・・・。
LD >> え?あれ?(汗)>間違ってる
LD >> なんか、やたら賢しいシナリオじゃありませんでした?w>「みなみけ」
いずみの >> 出す意味あったの誰得キャラの蓄積は、まぁ宿題ですね
LD >> 藤岡は「ラインバレル」で忙しかったのか?
いずみの >> からくりで一番誰得だったのはやはりフェイスレスさんだろうか……
ルイ >> 賢しすぎですよ・・・。素人が思いついたなら許せる構成ですね。さすがにツラかったです。
LD >> いや、今回の「おかえり」での…多分、唯一の新キャラなはずなんですけど記憶では1エピしか出ていない感じで…。
ルイ >> 次男を気にしている子は、例えば藤岡にホレてる黒髪ちゃんの未使用バージョンというか・・・使いたきゃ今後原作なりで使うだろうし、って感じで。少なくともポジション的に何か物語を背負えるような人では根本的にないわけで、比較対象としては適してねーなと。
LD >> そんな事はないと思うおw>フェイスレス というかフェイスレスを今の話(と僕が想像するもの)に含めちゃったら、みんな混乱すると思いますよw
ルイ >> やっぱり11話以外は脳内消去できるな、「おかえり」は・・・。
いずみの >> いや、一番テーマの軌道に悪影響与えたのは誰かというとやはりフェイスレスでしょう(笑)
LD >> とか言いつつ、リーゼロッテさんとか要らなくね?とか言い出したりw>「からくり」
LD >> 悪影響を与えたのは誰か?という話だと、フェイスレスは俎上に上がるキャラですね。結果、結論は別問題としても。…でも最初にマリーに対して言われていた「出す意味あったの?」とは違うイメージに受け止めました。
いずみの >> ぼくは「いなくてもいいじゃん」っていうニュアンスでは言ってないですね
いずみの >> 「○○なんかやったからこの有様だよ」という言い分に近いと思います。「いたから困る」と「いなくてもいい」の違いですね
LD >> 比較対象としては適してねーなと。>ああ、うん。3人ともイメージが違うようですね。僕は「出す意味あったの?」に沿って、本当に出さなくてもよかったんじゃないの?(敢えて付け加えれば重そうなキャラとして出てきて)というキャラを探している感じです。
ルイ >> 僕はいずみのさんのイメージは捉え間違ってないと思いますよ。単にソーマ・アリーのキャラ判定が異なるだけです>イメージ違う
いずみの >> 「出す意味あったの?」って言い方は「出しちゃダメだろ」の裏返しであって、「出さなくてもいいだろ」ではないですねえ
LD >> 「○○なんかやったからこの有様だよ」>なるほど。なんか連載マンガのキャラではコツをつかめば幾人か見つかりそうですね。
いずみの >> んで、「出しちゃダメだろ」は更に「出すなら出すでやり方はあっただろう」の言い換えなので、「出す意味あったの?」と「出しちゃダメだろ」と「やりようがあるだろ」は全て同一対象に向けられる評価ですね
ルイ >> 次男にほれてる子は、単に使えてない空気ってだけだから話題にそぐわないという事を言っただけで・・・本論にはノータッチですね。前提からして違っているので、これ話すなら一期から詰めるしかないので。
いずみの >> 単純な「いなくてもいいキャラ」はそれこそ無数にいると思うので教訓にならないんじゃないかと
LD >> 「おかえり」は正直、全脚本している子鹿りえなる人を鍛えるためのフィールド…という感がありますね。
LD >> はい。主旨は分ったかな。>教訓
LD >> というか、次男にほれてる子って、かなり扱い酷くないですか?正味出番なくって、テスト→判定レベルにも達してないはずでw
LD >> ちなみに、「おかわり」を数話、「かのこん」を数話、やっている人か……>子鹿りえ
LD >> ん……「スキップビート」も最終回だったか。そりゃそうかw
GiGi >> 誰得キャラ…ピクルとか?論点違う?w
LD >> ああ…で、「咲」が後番と……( ・`Д´・)φ
いずみの >> なんらかのねじれを作中に残していったキャラ、というのが正確な説明かな?>失敗キャラ
GiGi >> 今週のネウロが素晴らしくって。あと何話残ってるのかな…噛み締めて味わいたいですね。
LD >> ピクルかあ…w
いずみの >> 郭海皇以外の海王はみんないらないと思う
LD >> そろそろ寝ます。お休みなさい。
GiGi >> 刃牙はいろいろと捻れ過ぎてもう手詰まりになってますね
いずみの >> 死刑囚編はみんなそうだとも言えますし……、これは作品の方向性の問題なので、ピンポイントにキャラを対象にはできないですね
みりん >> こんばんは。昨日僕のマリーの話題が出てたんですが、かんなぎ騒動の時はぼくマリを思い出しましたねえ。神聖視が一気に憎しみに変わるあたりとか
ルイ >> 「黒執事」観ました。エラく感動した。俺もチェックしよっかなあ〜w
ナガサ >> こんばんは、昨日のLDさんとルイさんの過去ログを覗いての意見を少し言わせてもらえればと
ナガサ >> まずは00のスパロボでの扱いですが、ウィングと同じようなものだと思います。
ナガサ >> 序盤は敵でも味方でもない第3者(黄色ユニット)の扱いで、仲間になってからの扱いも種より叩かれないと思います。
ナガサ >> 別に紛争根絶という理想を掲げているとはいえ、犠牲を出すことにためらいはないですし、パワーバランスが歪ですが今までのガンダムでの戦闘行為と同じようなものですし
ナガサ >> まあ、ウィングや種見たことないんで断定しませんが、そんなところだと思います。
ナガサ >> LDさんが途中言っていた、サーシェスの半身不随ですが、2期のサーシェス登場回で(6話かな?)半身が消し炭にされて再生治療を受けたと言っていました。
ナガサ >> ルイさんが言っていたスメラギが「変わった」と思えるところは、自分もCBの制服を着たところだと思います。
ナガサ >> それまでのスメラギは刹那に(半ば)強引に連れてこられてなし崩し的に戦術指揮をしていましたが、それでも戦う理由が見つからず、ここにいる理由もないと思っていて制服を着るのを拒んでいました。
ナガサ >> でも、いろいろ考えてそれでもとにかくやってみようと思って、それを象徴したのが制服を着るという行為だったのだと思います。
ナガサ >> 昨日の会話でわからなかったのは、「モノリス」「中空」「両得バイソン」とか(多分アニメや漫画に出てきた用語なんでしょうね)です。
ナガサ >> あ、そうそう、ホーマーはビリーのおじさんらしいですよ。


■■■■2009年03月31日■■■■
LD >> Re:ルイさん 「黒執事」は僕は「引き返す」観点から「引き返さない」意味のような話をするつもりです。ルイさんはするとしたらEDの解説からの延長になってくるんじゃないかと、想像しますが……まあ、かぶりとか気にせず、チェックしたい作品をチェックすればいいんじゃないでしょうかw
LD >> Re:ナガサさん サーシェス不随>ああ、相当なダメージを受けてもわりと機械的に治されてしまう世界でもあるのかなあ……あの話はサーシェスも無償の優しさみたいなものに触れる(感じる)事があれば変る事もあるかな?っていうたとえの意味でした。
LD >> スメラギが「変わった」> なんかちょっと書いていて僕は相当ノリエガさんが嫌いなようなので(汗)あんましごちゃごちゃ書くのもあれなんですが…w
LD >> 僕の中で持ったノリエガさんの失点というのは、制服に袖を通してもう一度やってみようと“思っただけ”では、ちょっと取り返せるものではなくって、白銀武(マブラブ)みたいに、どうせまたヘタレを打つんじゃないの?って思ってしまうw
LD >> …うん、白銀武みたいな感じですね。実際にそういう展開があるかどうかは別にして、CBがもう一度全滅をするような…ノリエガさん以外全員死ぬような状況になって、それでも彼女がするべき事をやり切ってくれたら「ああ……少なくとも逃げなかったね。やりきったね」と…それでも変ったかどうかなんてわかりゃしないんだけどwでも僕の“嫌い”というレッテルははがしてあげられるかな?という感じですね。
LD >> (↓)ああ…これはルイさんの「家族読み」が前提ですけどね。…別に“逃げた”んだから元から家族なんて思っちゃいないか、真逆に厨房のようにベロンベロンに甘えた家出をしてたんでしょ?w(←ああああああ、何故だ?なぜここまで嫌う?)
LD >> …でも、嫌いだけどキャラとしての造形が悪いという事では無いですね。むしろ僕にとってジャストフィットなキャラなんでしょう。僕は元からCBの思想は嫌いで「こんなのはカルトだ」とこき下ろしている。それに対して「ああ…君みたいな人はこういうカルトにはまるよね」って、すごくリアリティを感じているのでしょう。
ナガサ >> こんばんは、たしかに心が弱っているときに付け入られるという典型的な人ですよね>スメラギ
ナガサ >> うーんでも、CBはカルトって言うほど的外れな思想でしょうか?
ナガサ >> 言ってみるとブッシュ時代のアメリカと大して違わないような>思想
LD >> モノリス→「2001年宇宙の旅」に出てくる謎のオブジェクトです。人類を進化させる何らかの意思を象徴しているようですね。また木星探査を舞台としたこの作品以降、人類とは何か?を問うタイプのSF作品ではしばしば木星は特別な場所としての扱いをうけますね。たとえば「コードギアス」のCの世界のイメージの中に“木星”があるんですが、あれは(←)こういう意味じゃないかな?という解釈をする人はけっこういるんじゃないかな?
ナガサ >> 喧嘩する奴は両成敗をできるならそりゃ喧嘩なくなるよね…としか思わないです
LD >> 中空→言葉通りというか、ぽーんと放り出されて、そのまま…みたいな表現ですね。…宙空とか書いた方がよかったかな?w
ナガサ >> ほったらかしということでしょうか?>中空
LD >> アメリカ大統領は国民によって選ばれ、また、現実の国土と国民とを持ち、世界の政治経済を担っています。その選択は現実の状況の中から判断し選択された来たものでしょう。…僕がカルトという言葉を使うのは“思想だけ”浮いているような状態の話ですね。
ナガサ >> モノリスってナデシコでも出てきたような気がしたのは、それが本でしたか。
LD >> そんな意味で使ったと思います。>ほったらかしということでしょうか?
LD >> 実は何がカルトで、何がそうでないかという説明はとても難しいです。…特にチャットやネット上の議論は「言葉だけ」の世界で、今、僕とナガサさんは現実の背景に何を持っている人かという事を全くブランクにして話しています。それはそれでいい面があるのですが、世界を変える話は、現実に生きる難しさを背景にしないと……“理屈だけなら簡単に辻褄が合う”話はできるんですよね。
ナガサ >> ネット上でよく見られる過激な言動のようなものでしょうか?>思想だけ
LD >> だから、CBの思想を“辻褄が合わない”、“矛盾している”という指摘でカルトとは言っていないんですよね。むしろ、辻褄が合っているからこそ……とさえ言えますw
ナガサ >> 理想と現実の話ですよね>世界を変える
ナガサ >> だからチャットやネットは「正論」が横行するんですよね>背景がわからない
LD >> どうなんでしょう?>過激な言動 たとえば共産主義革命によって起った国のいくつかは宗教や文化を人が平等になれないネガティブな存在ととらえ、排除し、ブランクな人間を作る事によって平等になるのではないかと考えました。(勉強不足なので事実誤認があるかもしれませんが)…それは理屈上では矛盾の無い話だったんじゃないかとは思うんですよ。…でも歴史を振り返って見た時、あまり正しくはなかったと…少なくともそうでない国々はそう思っていますし。僕もその思想はカルトだと思っています。
LD >> いや、ネット上の会話で、その特性を理解していれば、その「言葉だけ」のブランクな世界を「愉しむ」のはアリというか、また血肉にして行ける話ではあるんですけどねw
ナガサ >> 例えばネットで、「俺実は某国の王様なんだよ」って言ったとしても言葉だけでは証明できないですし(嘘かも知れない本当かも知れない、言葉だけでは限界がありますよね。
LD >> 「正論」が横行する>そうですね。背景がブランクなので「言葉の正しさ」だけが強く飛交いますよねw……でも、その特性を理解していれば、それはそれで議論としていい事も多くあります。
GiGi >> 。o(両得バイソンってなんだろう…)
ナガサ >> まあ、どんなに頑張っても給料同じならどれだけ楽するか(さぼるか)になって結局破たんするとは思うんですが(自分も勉強不足なんでこんな考え)>共産主義
LD >> …まあ、ちょっとカルトとそうでないものの話を詰めて行くと、かなり政治的な見解の話にもなってきますし(汗)…ほどほどに「ああ、この人(LD)はこれをカルトと思っているのか…」程度に受け止めて貰えるとありがたいです(汗)w
ナガサ >> こんばんは、GiGiさん
LD >> 両得バイソンは、TCG「ライブオン」にて使われるモンスターカードです。大地形、POW2000で、特殊能力は特にないみたいですね(`・ω・´)
GiGi >> 実現可能性云々というよりは、現実と折り合いを付ける意思の有無を問題にしたいところ。
ナガサ >> LDさんがスメラギさん嫌いなのはわかったのですが、スメラギ=白銀武ってされると感情的に否定したくなりますw
GiGi >> まったくわからん(笑)
ナガサ >> もし自分がスメラギと同じ性能で同じ状況なら逃げないと(勝手に)思い込めるんですが、武と同じだと100%逃げる自信がありますよ!w
LD >> 現実を折り合いを付けると、しばしば矛盾した答えになってくる。そういう時“理屈だけ”で生きている人は「矛盾している!w」としたり顔になるんだけど、現実に生きる苦しさを分っている人は、その矛盾した答えの正しさ……とは言いませんが“苦しい中で判断した事”だと嗅ぎ取ることができるんですよね。
LD >> んと。逆に、ナガサさんは白銀武が嫌いなんですね?w
ナガサ >> いえ、武全肯定ですよ?w
GiGi >> それでも理想に殉ずるのは時として美しかったりもするのですが、それは一兵卒の倫理で、指導者がそれをやると災厄でしかないですね。って00ロクに見てないし文脈に合った話じゃない気もするけど(笑)
ナガサ >> もうヒロイン全員武の嫁!ばりに
LD >> 僕は武はそんなに嫌いではありません。なんでかというと、ドラマの中で、夕呼先生にボロクソに苛められているから…ってところがあります。…で、そうですね。ノリエガさんなら、夕呼先生がいなくても、夕呼先生に苛められている武と同じくらいに、一人で内省できる能力があるとは思いますね。頭がいい事は疑っていませんw
LD >> それでも理想に殉ずるのは時として美しかったりもする> そうですね。…んでも、あいつ(ノリエガ)逃げたしwタクラマカン作戦は正に“彼女こそ死に場所”で、血反吐吐いても作戦を考え続けなければならなかったのに、なんかボサッとしてるしw
ナガサ >> そうなんですよね、一兵卒ならそんな大層な責任背負っているわけじゃないんでしょうが、指導者だとそうはいかない>理想に殉ずる
GiGi >> 夕呼先生は指揮官としては究極の理想系だと思いますね。タケルは上司に恵まれたもんよ(笑)
LD >> あれ?w>武全肯定 ああ…うん。ヘタレという事含めて全肯定している。それとこれとは別に、ノリエガさんはヘタレじゃないっって話ですかねw
ナガサ >> まあアレ(タクラマカン)はそうしないと脚本的にピンチを演出できなかったのでしょうw
ナガサ >> いえ、武とスメラギさんは立場(一般兵と指揮官)が違うので覚悟のLvも違わなきゃいけないはずで、そこをはずして=だとちょっとw
LD >> でも、一兵卒から現場でがんばり続けて、そして指導者になった者は、彼が理想に拠った選択をしたとしても、それはギリギリの中で、また全て分った上での判断だと思えますからね。……そういう自分の縁(えにし)のある場所でどれだけ頑張ってきたか?という蓄積にショートカットはないんですね。
ナガサ >> まあ「思っただけ」かどうかは試練が来ない限りわからないので、とりあえずアニメ終わった段階で逃げてないんでこの時点までは証明できているとは思うんですよ
LD >> はしさんと話した時は、夕呼先生が敬語を使っている人たちの話をしていましたね。あの人たちこそ、本当に分っていている人たちだと思いますけどね。むろん、頭脳及び新規作戦能力は彼女がトップですが。
LD >> 脚本的にピンチを演出>トリニティださないといけませんしねw…でも、結果としてノリエガさんは、そういうキャラになったとw
ナガサ >> あ、スメラギ肯定してるように見えますよね、ぶっちゃけ武>(大なり)スメラギ、武≠(同じでは無い)スメラギって言いたかっただけです
LD >> アニメ終わった段階で逃げてないんで> それでいいと思います。なんというか、何か罪を犯した人がいて、その人が本当に反省しているかどうかは実は誰にもわからない。…この時、ナガサさんは「反省していると思う」と言えるし、僕は「いや、僕にはそうは見えない」とも言える。…まあ、罪っていうのも強い言葉なんですがwそういう話でもありますw
LD >> まあ、そんなところで、両得バイソンの謎は中空のまま、ここらへんで失礼しますw
ナガサ >> うーん、00最終回は「最初に戻る」ですが、「トムとジェリー」みたいな「仲良くケンカしな」状態しか思えないんです、世界描写が甘かったからでしょうか?
ナガサ >> あ、はい、おやすみなさい〜
LD >> あ、世界描写が甘いという指摘にはあまり逆らえないような気がしますが、「最初に戻る」ではなく、もっとスパイラルなものが描けていたと思います。…ここらへんはまた機会があれば…wでは。
ナガサ >> 元々世界が90%だか平和で、反連邦のカタロンまで合流したとなると紛争って起きるの?って思うんですよね。なんの苦労もなくアザディスタン女王になったキャラもいましたし。
ルイ >> http://ryo-ko-pentan.jugem.jp/ ・・・どうも・・・
ルイ >> あやひーが勝手に「続く☆」とやったのをキムシンが面白がって採用したような感じが・・・文章に・・・漂ってるんですが・・w
ルイ >> >LDさん 引き返し、引き返さないの視点って僕のEDチェック時点でもかなりポイントにしちゃってるんですよね。まあ、なんでもかんでもやっぱ記事にしておくのは大事だなぁって思いましたw
ルイ >> >ナガサさん 僕もLDさんと近い感覚で、スパイラル気分ですね。CBは大して変わっていない。何が変わったかと言ったら、CBを遂行し続ける根拠を得た事と、世界そのものが緩やかに変わったということなんだと思うのですよ。結局CBという「行動」を通じてこの螺旋が世界に生まれたという描き方をしたのなら、りゅーみんを三度殺しした作品倫理と照らし合わせても、描きたいものはかなり描ききれてるという判断ですね。こまい部分の評価はまた別w
ルイ >> (中空はまあアリとして・・・両特バイソンとか言い出すのは完全にLDさんがマジキチだからで・・・あれを僕込みの「圧縮トーク」とされるのは非常に遺憾ですw)
ルイ >> 僕の「なまはげ」なんかが軽く圧縮ワードなんですが、まあヘンに構えた言葉を使うより伝達性は高いんじゃないかとは思っていたり。ナガサさんにも挙げられてないし、ホッとしたホッとしたw
カルマ >> LDさんが喜びそう?なCD。CD化されてない音源もあると思いますhttp://www.amazon.co.jp/%E9%9D%92%E6%98%A5%E3%83%A9%E3%82%B8%E3%83%A1%E3%83%8B%E3%82%A2-20%E5%91%A8%E5%B9%B4%E8%A8%98%E5%BF%B5%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%90%E3%83%A0-%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93%E4%B8%BB%E9%A1%8C%E6%AD%8C/dp/B001PM0BZ6
LD >> マジキチかよ!Σ(´・ω・`)ゞ
LD >> >CD めちゃめちゃカオスなリストですねえ…w 「がんばれゴンベ」、「三国志ラブテーマ」あたりは、これを逃すとマジで手に入らないだろうな…ふむ。


■■■■2009年04月01日■■■■
ルイ >> 危ない危ない、スフィアの公演チケットを予約し忘れていたZE。←厨モード
ルイ >> ・・・・・・・・・え!?4月になったの!?で、で、でも1月期のアニメがまだフタケタ話数残ってるよ!?何か間違ってない!?orz
ルイ >> あ、あ、あー。わかった。今日が4月1日だというのがエイプリルフールなんだ。なるほどね。・・・あれ?でもエイプリルフールにならないと発動しないエイプリルフールがウソというエイプリルフールは(以下略
LD >> とりあえず、迎撃体制はとりましたけどね…。ねらい撃つぜ…!PAC3のように。
ナガサ >> こんばんは、「なまはげ」は前に(ギアスの時かな)使用されてたのを覚えていたので分かってました。でも考えてみると、かなりの圧縮ワードでしたねw
ナガサ >> エイプリルフールだから、どこのサイトも面白いことやっているみたいですが、アージュはホントマジバカですね…w


■■■■2009年04月02日■■■■
GiGi >> ニコニコ動画がようやく有料動画配信を始めましたが…言いたい事が山ほどあるので後でまとめます(笑)
GiGi >> 世の中の動きが加速してきている。今年の後半には、もっとずっと先だと思っていたことが次々と現実化してくる予感がある。
GiGi >> 書かなければいけないテーマが山ほどあるが手が追いつかない。テレビの在り方、音楽の在り方、すべて変わってくる。より正確に言えば、既に変わってしまったものを認めざるを得なくなってくる。
GiGi >> そういう大法螺をエイプリルフールにかこつけて書こうかと思っていたけど間に合わなかった(笑)
ルイ >> http://changi.2ch.net/test/read.cgi/voiceactor/1237519849/ かなり秀逸なスレタイ。とりあえず目にした瞬間ワロタ。
ルイ >> http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/anison/ ンモー、活動広げられるとチェックが大変ダヨー
カルマ >> バナーの名塚さん、あまりにも別人すぎる(笑) 美人には変わりないですけどねぇ。
ルイ >> 名塚さんは何きっかけで上手くなったのかなあ・・・
ルイ >> 「よいち」1話をちょっとだけ。これは辛い。
ルイ >> 戸松さんがどうこうという話でしたけど、それ以前にキャスト全体が異様につまらないんですが・・・ここまでくると、音響監督が何もディレクションしないのが問題なんじゃないのと思えてくる。役者個々を問うには、全体が適当に流し過ぎ。
ルイ >> 明田川仁さんのアイドル声優行脚に辟易としているのかもしれない。ていうか、ジェネオンのそういうキャスティングを唯々諾々って図式と考えた方がいいのかな?だからその線での仕事が切れず増えている。傾向として、演技が問われるような作品じゃない時にそのタッグが多いのだよな。全く、色々気にしだすとキリがない。キリがないけど、ただ今わかっているのは、「よいち」をずっと観る自信は相当ないよ?って事だ。萌えオタのフリしてるけど、実は冗談通じないからなあ、俺w
ルイ >> 「バーディ」、見逃したLOVEなんたら〜の回をLDさんに今北産業でお願いしたいわけですよw やあ、その後も結構面白いし。多分バーディとナタルの最後の逢瀬というか、ローマの休日的な回なのかなーと思ってたりもするのだけれど。
ルイ >> 「屍姫」「ソウルイーター」最終話まで。ソウルイーターは、やりたい事はわかるけど理屈で詰めすぎかなぁ。お陰で阿修羅のしょっぱさが、ポテトに塩かけようとしたら塩のフタが外れてドバッとかかっちゃった時みたいになってるじゃないか(?)
ルイ >> 恐怖云々→はあ!?知るか! のエネルギーで押し切ること自体は作品の狙いだろうし、それを狙ってのマカとソウルのキャスティングレベルからの造形であるので、そこはまあ・・・いいんですけどね。
ルイ >> 「屍姫」は最後までメインキャストが成長しなくてビックリ。僕はマカの小見川さんもここで言われていた程劇的に成長しているとは思ってないんですが(発声同じとこからだし)ただ、シャウトは相当良くなったんですよね。それと比べるとマキナさんのシャウトは・・・いや、マキナはまだマシなんだ。オーリの方が、ほんっとうに、まったく成長しなくて・・・ビックリしました。
ルイ >> 最終回、廃墟ビルの階段を登りながらオーリがマキナに話しかけるシーンがあって、ここはもうこの2人の関係性を決定付けるような重要なラストシーンだと思ったんですが、いつもどーりのテンションでフツーに「君は生きてるよぉ」とか言われて俺様轟沈。さけーんでー(演技的にもっと、の意)♪
ルイ >> ・・・っていうか、地元まだバーディ終わってないじゃんorz
LD >> 「よいち」>キャスト全体が異様につまらない >う〜ん…いまいち気にしているポイントが分らないです(汗)……「バーディー」の方で誉めていた浅沼さんが演っている鳥谷どうでした?縮むにつれて声を次第に高くして行っているハズなんですが…w
LD >> LOVEなんたら〜の回> 川澄子がナタルを困らせるために病院を飛び出します(改行)それをバーディーとナタルで追いかけます(改行)ナタルが学生の頃聞いたという爆発音が次回の伏線です(END)
LD >> というか「バーディー」構成に無駄がない分、一本外すと欠損大きいかも。(単純な話なんでストリーを見失う事はないと思うけど)
LD >> 「ソウルイーター」最終話 話の焦点に収束する直前まではよくって、そこからの「解放」がそういうものにしたいのなら、シリーズ構成一から組み直さないと…!って気分ですね。
LD >> 元々、マカも最近巷で噂の「空気ヒロイン」に片足つっこんでいる子でw 死神の息子で謎を追いかけるギミック的にはキッドが、熱血マンガ的な直情径行さはブラックスタが、完全に上回っていて、彼らが倒れた時点で残されたマカに勝てる道理はただの一点も残されていないんですよね。
LD >> もし彼ら(キッド+ブラックスタ)に優る何かがあるとすれば、それはクロナを救った“あれ”しかないワケで……故にいろいろ解説さんたちがいろいろ言っている所にクロナが割って入って「マカはそうじゃない」と言う所までは、完全に図に当たっていると思います。…が、そっからが(汗)ええ?そうなのか?ってw…鬼神の目というより、シナリオライターの目が泳いでいるのが見えるようでしたよ?
LD >> 理屈で詰めすぎというのはその通り。…そんなマカさんには「スケバン刑事III少女忍法帖伝奇」の最終回を視聴される事をオススメしておきます(`・ω・´)
LD >> 「屍姫」かあ……(遠い目)


■■■■2009年04月03日■■■■
LD >> 今週の一番は、本日の深夜25時開始予定でお願いします。
カルマ >> 能登さんの顔出しCM http://www.avocom.jp/index.html
カルマ >> 地上波では流れてないのか・・・こういうレベルからやっていくと声優への見方も変わっていきそうなもんですが・・・


■■■■2009年04月04日■■■■
LD >> |・ω・`)
LD >> |ω・`)。o(………)
カルマ >> こんばんは〜
LD >> さきほど、ようやく「PIPOPA」の最終回を観たのですが……。
LD >> ちょっと、いろいろショッキングでした。
LD >> こんんんんばんは。カルマさん。
カルマ >> 真相版シャーマンキングの最終巻を読んでいました。なんとかまとめきってて、面白かったです。
kichi >>    ……こんばんわー(´・ω|
LD >> 伝説のプログラム・オリハルコンって、ずっと謎のまんまだったなあ…というか。
kichi >> ……明日も会社行かなきゃなもので、今週も途中まで……(´・ω・`)というか先週もかなり厳しいことになってたのでもうちょい早めに寝る予定……w
カルマ >> レッツコンバイン、LDさん。
LD >> お、そうですか。>「マンキン」 …どうしよっかなあ〜w(悩)
カルマ >> 中学生の時に読んで、自分の哲学に凄い影響受けた作品なので、買ってしまいました>シャーマンキング
LD >> こんんんんんんんんばんは。kichiさん。
kichi >> マンキンですかぁ……。ユンボルはとりあえず買ってみたものの積んでます……(汗)
ルイ >> (PIPOPAに何かショッキングな要素ってあったかしら)
カルマ >> 26巻の折り込みhttp://jjaga.blog77.fc2.com/blog-entry-95.html
LD >> ほう…。>哲学 …つって、武井先生の作品って、全て打ち切りなもんですから、テーマ完うしきってない面があるんですよねえ(汗)
LD >> ええっと、最後に、社長と秘書が歌唄って楽しそうなシーンとか…w>ショッキング
ルイ >> 微笑みこそすれ、ショッキングとは感じなかったですね。その何がショッキングだったのかは聞きたいな。
ルイ >> ああ、kichiさん「キミの名を呼べば」のエロアニメ上巻だけ観たんですけど、エラク良かったです。オヌヌメ。
LD >> んんんん〜w……………買おうかなあ〜orz orz orz >リンク観た
ルイ >> エロアニメで涙腺が緩んだのも初体験だなあ〜w←どんだけ涙脆いの?
カルマ >> 哲学というよりは、世界観かな?全ての宗教が等しく存在してて、霊が悪いわけでもなくて・・・なんて言えばいいかな。
LD >> んんん……何かショッキングという、言葉を悪くとられた気がするのですが、そんなネガティブな感覚では言ってないですよ?w
kichi >> ふむ……。何度かエロアニメ売り場探してみたんですが(正直見つけても定価で買う気はなかったですが)、売ってるとこ見たことすらないんですよね……。>キミの名を呼べば
ルイ >> いや、ネガポジ関係なく。何がショックなのかなって言ってるつもりw
LD >> いや、武井先生って仏ゾーンの単行本でも、巻末の設定とか読んじゃうと「それは読みたかったあああああ!!!orz」って思っちゃうんですよね(汗)、それは「ユンボル」も一緒で。で、今回もというw
ルイ >> まぁねぇ、やっぱりエロアニメのハイエナは開設しておこうかなとw抜き出す画像むずかしいいw
LD >> そうですか。では、まず、二期に続くのか?というか、そういうラストがショッキングでしたw
ルイ >> 肉便器設定だけ取り上げてエロアニメ然とする事も可能だろうし、出すのがエロしか描かないみら乃ブランドという事で半ば覚悟してたんですが、ちゃんと「いたたまれなかった」ですね。正視できないエロアニメになってました。
ルイ >> 2期は知ったこっちゃないでしょお、あれはw
LD >> んんん……「エロアニメのハイエナ」は、画像を張るなら、ちょっとゾーニングを考えなくてはな……という判定になりますね。
いずみの >> キミの名を呼べばは原作読んだ方が早いのではないかなあ
ルイ >> いやいや、さくらんぼとかタワシとかは勿論捉えませんがw
ルイ >> 原作は僕もkichiさんも読んでるので。その上でアニメ版に意外にも価値があったよーって話です。
いずみの >> なるほど
LD >> 2期は知ったこっちゃないでしょお> それでいいのかな?にわかにイメージが組み上がらなかったので、ちょっとショッキングw …あと、プ〜が最後に転生はしていたんですけど、復活しなかったというか、もっとフォレスト博士と絡むと思ったんだけどなあ〜というあたりが、ショッキングw
kichi >> ……ちとググってみたりしてたのですが、なかなか良さそうですねw う〜ん、正直いろいろ敷居は高いんですがもうちょっと見れる努力してみましょうか……。
ルイ >> 痛ましさがスポイルされずに、寧ろ30分という尺を使って強化されているのが意外でしたね。いまどきエロアニメなんかで苦い読後感で押すものがあるとは夢にもw
ルイ >> あ、LDさんにこれを見せたかったんですよ。 http://playlog.jp/ayahi-takagaki/blog/2009-04-02
ルイ >> ああ、評判いいんですかw僕ググらない人だから・・・wや、良いです。かなり。まあ、ある程度毒にも薬にもならないエロアニメのフォーマットを知ってる人の方が感動するだろうけどw
kichi >> ……とりあえず会員証持ってないレンタル店をまわってみるか……(´・ω・`;)
LD >> それから、世界中のみんながメールを入れて崩壊が防がれるんですけど、これってチェーンメールのバーストでは?wとか思ったあたりもショッキングw……という感じにいろいろ泡を食った…というといいのかな?そんな感想を持ちましたね。
ルイ >> 描写は原作から何一つ逸脱していないんですよね。単にページの1つ1つにあるヒダを、映像という・・・時間というものを使って補強していて。あれそんな幸福な原作アニメ関係、TVアニメでもめったにねーぞ?というw・・・・・・次はエンジェリック・ハウルだ!カモーン!w
kichi >> あ、いや、とりあえずいつどこから出てるのかな?って辺りの情報目的でググったんで、評判を見て廻ったわけじゃないんですが、目に入った範囲では好評ぽかったですねw
ルイ >> プーの処理はギリギリの綱渡りという感じですね。まあ卵に喋らせたあたりがバランス感覚でしょうか。
LD >> ええですねえ〜w>リンク そうそう。カリンちゃんが、いきなり変身するのもショッキングでしたw
カルマ >> 「ぬらりひょん」もう100万部か・・・(帯を観ている
ルイ >> 花梨ちゃん、必要もなく変身しましたよねwあのあたりになると、もう完全にスタッフが「遊んでるなぁ〜」という。
ルイ >> まぁ、つまりラストのCパートはスタッフの願望が結晶化したものっていうか、コンテでそれを描いた時点で、「LIFE GOES ON」を残したかったんだろうな、という解釈ですよね。続編あるなしは別の話で。
ルイ >> オリハルコンは完全にナデシコのモノリス扱いですw
LD >> プ〜は本当にメモリンの話そのまんまというか、一度、破壊されたらそれは戻らないという線を守ったのかなあと思って……対象年齢から考えたら、もう少しやさしい団円でもよかったとも思うんですけどね。(まあ、そこは選択というものだと思いつつ)
ルイ >> アニメーションってやっぱり「遊ぶ」際の労力がハンパなくて、1つのセクションで遊ぼうと思った時点で原画動画音響どころか設定デザイン・・・色んな所まで皺がくる、言い方悪いけど鈍重な表現形態なんですよね。そこであそこまで遊びきったPIPOPAは、やっぱりすばらしい作品だったんだなと。
ルイ >> はい。やっぱり、卵にプーそのものの喋りをさせたのがポイントだと思うんですよ。あれを例えば「卵から聞こえた幻聴?」という表現にしたら、ハードさが随分と増しますよね。
LD >> オリハルコンが謎なままな事も相俟って、あのラストは混乱したって面もありますね。…社長と秘書へのキャラ愛だという部分は疑わないんですが。
ルイ >> アフレコは本編の1ヵ月くらい前に終わるとして、そこのアドリブを採用して尺そろえて口パク追加するんだから、まあ愛がないと出来ない。 本来は無言の秘書に「まだだ、まだおわらんよ」(社長)」ってつもりだったんだろうな。
LD >> さて、一番に入っていきましょうか。
LD >> 「ガンダム00」と比較すると……別に比較せんでもいいけどwともかく、ずっと楽天的に世界が仲良くなる画を描いて見せていますよね。そういう子供に送る作品として「PIPOPA」の選んでいる線というのはすごくよいものだったと思います。
ルイ >> なんたる比較w
LD >> さて。ジャンプから行きましょう。
LD >> いや、「ガンダム00」、全宇宙放送ぜったいあると思ってたクチでね…(汗)それだけに「PIPOPA」のネット世界防衛線・全世界放送は、それを思い出してしまったのですw
ルイ >> あー、僕も全宇宙放送はあると思ってたなぁwそうか、なかったから「姫様空気じゃね?」っていうネット界の論評があるわけか。
LD >> 「ワンピース」がちょっとだけエロかったぜ…?な?(`・ω・´)
ルイ >> 今週のジャンプーは。。。ジャンプーは。。。
kichi >> ああー、ありそうなのになかったですよねぇ>OO宇宙放送  ちなみに私がだべってたチャットでもコラ沢がすべて持ってったという感じの話になりましたw 主人公扱いというかw
LD >> ああ…空気っていうか「み〜て〜る〜だ〜け〜」みたいな?(←古いな)でも、まあ何か。あれはあれでいいかな?というかw>「ガンダム00」
kichi >> あー、エロかった……のかな……orzとても微妙な気持ちになりましたw>ワンピ
kichi >> しかしイナズマも先週と性別違ってるぽいんですけどどういうことなんだろう……?
LD >> いや〜。コーラほんっとカッコ良かったですねえ!なんか、同じ感想の人すっげええ多いみたいですねw
ルイ >> 全てもってったってのは本当は違うんであって、刹那はちゃんと主人公してるんですけどねwでも、そう言いたくなる気持ちはわかる。 姫様は終わってみれば、宇宙放送がなくてよかったんでしょうね。刹那と混ざり合って螺旋を描くイメージだったわけですけど、私とアナタは別主義です。互いに頑張ろうって話であって、やっぱり姫様の歩む道は着実というか、世界に根ざしたファンタジー感皆無なものしかないんですよね。その対比をキかせる意味で、まあ正解だったんだろうなと。・・・・LDさんも大体そんな感じに思ってるんじゃね?w
ルイ >> 「トリコ」は文字通り怒髪天っていう。
LD >> ん…?(先週号読み直している)……ああ、なんか、確かに性別違いそうですね……でも、どうなんでしょう?単にだましたと言えなくもない…?ような気もします。>イナズマ
ルイ >> 何かココもサニーもギミックが素敵になるほど、トリコの肉弾オンリーっぷりにDQの戦士みたいな切なさを感じてしまう・・wMPゼロですね、みたいなw
ルイ >> まー逆に言えば、そのナチュラルボーン武闘派な所こそが超サイヤ人的な方面へのキャパを感じさせますが・・。
カルマ >> 既に限界感じまくってる感じですしね(苦笑)>肉弾オンリー  あ、パフュームの彼女と組み合わせて活きるのはトリコだけでしょうけど
ルイ >> グルメ細胞がちょっとサイヤ人設定なので、パヒューム=界王拳と捉えればまあ合点がいくかなと。
kichi >> 私もそういう路線で刹那姫様擁護にまわったんですが、「でもコラ沢とマネキンと比較しちゃうとな〜」「主人公と比較しちゃ可哀想だよw」みたいな掛け合いがナチュラルに発生する雰囲気は止めようがなくw
ルイ >> カップリングで比較する観点はなかったw
LD >> ああ、ルイさんの指摘がよいですね。>私とアナタは別主義です 僕は、そこまで明確に思い至ってなかったです。
カルマ >> あぁ・・・グルメ細胞って設定あったなぁ・・・(苦笑)
ルイ >> グルメ細胞はバトルインフレへの保険なんですけど、とりあえずトリコの根拠がほとんどそこにしかないので、トリコ防衛アイディアみたいになってますね。
LD >> いやw僕も明言しているように、コーラが一番カッコよかったのは間違いないと思ってますよ。一番おしゃべりに見えて、実は一番黙々と自分の人生を生き抜いている人だったんだもんw……でも、物語を全部持って行ったかというと、そういう…事は……ない…かなとw
LD >> ふむ。ああ…トリコのギミック足らずな話をしているのですね。
kichi >> ああ、そこまで突っ込んだテーマ話とかではなかったですのでw>物語を全部
ルイ >> んー、LDさんの言いたい事はマジキチ同盟として理解はしてるんですが、この場合「コーラが全部喰っちゃったねww」で他への思考を止めることこそが問題だっていいたいのであって・・・まあいいやw
カルマ >> 四天王とかは全員?に組み込まれてるので、同じモノを食う限りは同じパワーアップをしそうですよね。 あるいは反映される能力が変わったり相性があるかもですが。>細胞
ルイ >> 最終的には、グルメ細胞の絶対量の違いなんですよね。才能限界というか。
LD >> すごく、単純に考えれば、トリコが“飛び道具”を持てば、当面は良さそうですね。…そこらへんのオールラウンドさを廃したカッコ良さを追求してもよさそうですが。
ルイ >> RPGでいうとレベル上限って感じか。
ルイ >> ああ、なるほど。放つ度に猛烈に腹が減る「グルメ波」の出番ですねわかります>飛び道具
kichi >> 。o(そういえばこの前いずみのさんがしてた「出した意味無い」でしたっけ?その話、根っこを辿ればマリーというよりアレルヤ出さなきゃ良かったんじゃ……とか思ったりしましたが、今する話じゃないかw)
ルイ >> 確かにそこは今度しようぜ、ですw僕は出した意味はあったと思ってるし長くなるw>kichiさん
LD >> 他への思考を止めることこそが問題 > 僕もそう思いますよ。一番カッコ良かったは明言しつつも、全部持って行ったという意見はぎりぎり否定してみせている通りw(←ぎりぎりなんだ) ルイさんの懸念する通り「コーラだけ」と言い切ってしまうのは「ガンダム00」が可哀想だし、見渡した視点では無いかなと思いますよね。
kichi >> 「スケットダンス」両親とも亡くなってましたか……。しかしパパスンの死はあからさまに不可解なので何か裏がありそうではありますね。
LD >> 「ナルト」、ヒナタが絶賛死ぬ死ぬ詐欺中な件。(´・ω・`)
ルイ >> (よし、遂に「マジキチ」をスルーさせたぜ・・こうやって少量の毒をコーヒーに溶け込ませてそれと気付かなくさせるように、俺の計略は進むのだぜ・・・)
カルマ >> もう一山、絶対ありますねぇ・・・ってこればっか言っている(笑)>スケダン
GiGi >> イナヅマの性別は何か違和感があったけど気付かなかったなー言われてみればなるほど。
ルイ >> 同時刻同時間交通事故とか・・・・・・・・その車は同じ車じゃないのかな?←
kichi >> えっとまぁ、冗談半分での会話でしたので、あまり深く捉えない方向でお願いします(汗)>コラ沢主人公
ルイ >> kichiさん大丈夫です。僕らは、少なくとも僕は冗談だとわかっていようがそれキッカケで語る事があると思ったら語りますwその辺はわかってやってるんですが、わかりづらいですねスイマセンw
LD >> ああ……でも、ルフィもゴムゴムギミックだけで、ここまで来ているから、トリコもグルメギミックというか、お食事なギミック?(ん、釘か)でそこそこ行けるんじゃないかと思いますけどね。
ルイ >> ワンピースとトリコをそう並べますか。楽天的・・・なのかな?w
ルイ >> 「ナルト」はヒナタが死ぬ死ぬ詐欺な事は理解してましたけど、それならナルトプッツンくる前に彼女を救えと。
カルマ >> んー、トリコの方は応用聞くかなぁ・・・???>ゴムゴムギミック
ルイ >> 「デルトラクエスト」なんかにもあったテクニックですけど。誰かが語る回想ってのは「その人の語ったことを映像化している」という事なので、真実とマルッと異なるということにはできるんですよね。・・・ややこしくなるから取り扱い注意だけどw
ルイ >> ナイフとフォークと釘しかない感じではあるw>トリコギミック
LD >> ああ、はい。>冗談半分 僕もその良さというか、自分の感動を伝えるために、敢えて針小棒大に「全部持って行った!」って言う事はありますし。そこらへんは全てを一度に「伝達」できるワケではないねって事で、計量な意見、バランスな意見とは、また調整して行けばいいと思うんですw>kichiさん
LD >> それならナルトプッツンくる前に彼女を救えと。>ん……何かね熱血主人公は、簡単に死んだと思ってしまうのか、ベクトルが仇を抹殺する方に向いてしまいますね。…だからこそ問答無用にユフィを拾いにいった、スザクにマジ惚れしてしまうわけでねw>ナルト
kichi >> 嘘を吐いてる可能性もありますしね。パパスンがダメスンである可能性もまだ消えてはなさそう……>スケット
ルイ >> 「ネウロ」は事象だけを捉えれば「引き返し」の範疇ですけど、正確にはちょっと違うな?つまりシックス→人間のような一方的な上位視点ではなく、ネウロは人間と交わって生きる中で、ヤコがそうであったように様々な知己を得ていったって事なんでしょうね。
ルイ >> パパスンがダメスンとか、kichiさんもすっかり漫研の人だなあw圧縮絶好調w
LD >> 楽天的・・・なのかな?w>敢えて楽天的に言ってみました。実際、かなり敏感な反応で、まだ顕在化している面は小さいと思いますよ。……つってGTロボとの対決でかなり顕在化してくるか?
カルマ >> 手を丸めて、スプーン! ・・・あんまかわんねぇなぁ(笑)>トリコ
kichi >> 「ネウロ」良かったですね。感覚で何かを得たことを感じつつもあえて整理はせずに、静かな気持ちで終わりへと向かう感じ、とても良かったです。
LD >> はい……お母さんの、これまでの証言には様々な違和感を感じます。>「スケットダンス」 篠原先生の作劇力だと、この違和感を「まあ、週刊連載だし?」とか言ってスルーする気にはなれないんですけどね。→
GiGi >> それにしてもネウロはしみじみと良かった。
カルマ >> さ・・・さ・・・先割れスプ(もうだめだ
LD >> 釘が出ているんで、けっこう自由な工具が使える気もしていますw>カルマさん
kichi >> ジョギリか!Σ(`・ω・´)>自由な工具  ……どうやって?w
ルイ >> 少し前に言った事ですけど、種として先細ったという点をさせばネウロとシックスには大きな差はないんですよね。じゃあ何が違うのかといったら「そんなに違いはない」と思っていたのはネウロ本人だけで、実際違うのは「ここ」だ、って描き方なんでしょうね。
カルマ >> そのうちパフュームで筋肉を痙攣させて、振動でチェーンソー!とかやるんだろか・・・(笑)
LD >> →まず、この証言からすると、事故ったのお母さんですよね?ボッスンの生みの母、死なせてしまったのお母さんですよね?…ならもう少し別の態度があるんじゃないか?と思うんですよね。
kichi >> ああ、そこもたしかに気になりました。……う〜む、結構具体的に予想がついてしまいましたねw まぁ、当たってるとは限りませんが>事故ったのお母さん
GiGi >> ハンマー系の技はありそうですね
ルイ >> うん。親父が母親と事故って共死にという事実を自分が泥かぶったとか、色々読めますね。
カルマ >> バクマンは、こういう展開か・・・てか、完成原稿を細かく描写したのは初めてかな?
LD >> …で、先週言ったように、この状況でお父さんを悪く言っている感覚が僕には信じられないんですよね。やっぱり。…まあ、元々悪口言い合う仲だったろうから、そこに立返ってるって事はあるかもしれないけど。……さて、どういう展開をするか…。
ルイ >> バクマンはマンガのような展開に、ってマンガだったー!wさて、ここから編集部判断お披露目のコーナーですね。
kichi >> ん〜……(考)。人間への興味というか、固定観念のなさみたいな辺りという理解で合ってますか?>ネウロ「ここ」
LD >> 「ネウロ」…一度世界を滅ぼした経験値の差なのかもしれませんけど……シックスとネウロどちらも自己中なんですけど、片や殺しまくろうとした者、片や殺すまい死なすまいとした者、その差がそのまま出たという感じでしょうか。
GiGi >> 編集部判断としては全部連載の方向しかないでしょう。あとは順番とか時期がどうなるかですね
ルイ >> 一方的な使役・捕食といった関係で捉えておらず、それが結果としてともすれば「下」である人間側からの魔人への救済、という形で結実しているって部分ですね。
kichi >> KOOGYはあっさり落としましたね。これはジャンプという雑誌の格を守ったという取り方もできるかな?w<嫌な視点だw
LD >> 「KIYOSHI騎士」を観ていると、なんとなく「べるぜバブ」を想起してしまうという…w
GiGi >> 人間を殺すまいとしてきたネウロが、人間に死なすまいとされてるわけですよね。
LD >> 何かKOOGYは、変化球ツール的な気がしますね。…たとえば今回、金未来杯にエントリーした者が一堂に会したワケですけど、普通、そんな事にはならないですよね?KOOGYまた何かする見たいですけど、また展開のヒキや、ちょっとしたアクセントに使われる気もしますね。
kichi >> なるほどです。>一方的でない
ルイ >> ここで人間からの手がなければ、それこそネウロは「神」というかな・・・一方的に救おうとして、救って、消えると。何かかっこよすぎるというかwやはりそれって上位の話になっちゃうんですよね。でもこのラストシーンによって、ネウロはシックスと違ってこの世界の円環に組み入れられたんだなーという事が伝わってくるという、良いシーン良い展開デスネ。
GiGi >> ネウロにとってはHALもまた人間の範疇だったというのも感慨深い…。
ルイ >> 「電」人HALが人間の範疇なら「魔」人ネウロも人間の範疇ナノカモネ。ある面では。
LD >> ……最初にネウロを起しているのはシックスなんですかね?
ルイ >> HALでしょうw
GiGi >> HALですね。HALがそこで生きていたという。
LD >> あ、そうそう。「べるぜバブ」の東邦神姫という言い回しは、OKなんですね?大丈夫なんですね?そうですか。
ルイ >> トウホウシンキ・・・サムす・・・でも一周してアリかも・・・w
kichi >> 「フープメン」が引き続き地味に良いですね……。ほんとに地味なんで心配ですがw
ルイ >> 「フープメン」なかなか良いですねえ。
ルイ >> でも黒子っちにある程度のファンがついたら、ジャンプアンケを知っている読者はまあフープメン冷遇するよ?w○つけないよ?w
GiGi >> ところでこち亀のカメラインボールは普通に面白そうだった。素材の問題で何にでも使えるとは思わないけど実現してもよさそうな。
LD >> あ…HALなんだ。(←よく分っていない)
カルマ >> もし人気連載になったら、凄く時代を感じさせるギャグになりますね(真顔)>東邦神姫
kichi >> 少なくとも卓球は無理だと思いましたw>カメラインボール
ルイ >> (ボーリングかー・・)
カルマ >> 今の黒子に票が入るとは思わないけどなぁ(笑)>冷遇
LD >> 「フープメン」地味ですねえ……。好きなんですけど…。う〜ん…w(苦笑)
ルイ >> 簡単に悪い奴や倒す奴探ししない展開に好感持てますけどね>フープメン
GiGi >> とうほうしんきってなんかネタなのん?とか言ってみるテスト。
kichi >> ……その「黒子」、今週の印象がかなり微妙なんですよねぇ。客観的にみてがんばってる感はすごくあるし実際悪くないと思うんですが、なんかイマイチ乗れない感じ……(´・ω・`)
LD >> 「黒子」評判そんなに悪くなさそうなんですけど、それはそれで拙いかも。(←!)
kichi >> ……よく考えるとボールって大抵高速回転してるからまともな映像にはならないことがほとんどな気がしてきました……w>カメラインボール
LD >> それから「サイレン」、面白くなって来ました。…この未来を改変した結果を引き受ける物語で、どこに行くのか?は見てみたい気がします。
ルイ >> 戦国BASARAはLDさんに任せる流れ、と・・・(メモメモ
LD >> 黒人をインタバル・エピに使ってしまう感覚も好感ですし、試合のテンポも悪くないです。>「黒子」 ……キャラね。キャラ。…どうしてもエッジが利いたの出せないなら、必殺技バスケで勘弁してやるぜ?(`・ω・´)
ルイ >> (真田って★かなあ・・・下手すぎてめまいがしそうだ)
LD >> おや…wま、見てから決めますがw>「バサラダンカン」
kichi >> そうですねw 黒子の能力もそこまで行っちゃうくらいの方が良いと思いますし、必殺技バスケはアリだと思います。>黒子
ルイ >> 黒子はどうも、火野の才能が「達しちゃったら」という、その一点だけで突き進むようなんですけど、よほどテンポ良く切り詰めないとそれだけってキツイですよね。
LD >> しかし「サイレン」。この世界観に対する、どうしようもない薄っぺらさは如何ともしがたいものがありますね。
ルイ >> 必殺技はもう手遅れだと思うなあw昔のジャンプと比べて今のジャンプはそういう舵きりに開き直りが足りないw
LD >> ねえw>必殺技 いいじゃん?「アイシ」だってゴーストとか言ってるぜ?黒子奥義インビジブル・ストーカーくらい、言ってみそ?(`・ω・´)
ルイ >> まあ、シャイニングティアーズの後継者です>BASARA さすが☆さん、はずれクジ引く力がハンパねぇぜ。
LD >> その「アイシ」ですが、何故かまったりモードから抜けきらない…なんだろうな?全日本がドリームチーム過ぎて、全米、全米ゆっても、なにかまったりしてしまうのか?全部のキャラ格守ろうとしたら、まったりせざるを得んよねというか?(汗)
LD >> さて、そろそろサンデーに入りましょうか。
ルイ >> 前言ったけど、MVP投票システムがまったり感に油を注いでるというか・・・・あのシステム要らなくね?あのせいで個別演出が際立って勝負論が前に出てこないのよ・・・
ルイ >> すばらしい作画で描かれるMUSASHIとでも言えばいいのかな?>BASARA まあ笑えるんで観ますが録画はしないのでw
LD >> 今週の「ハヤテのごとく」は心なしかページビジュアルに気合いが入っていました気がしましたよ?お?
LD >> 図星だ……orz あれ、ぜっっっったいよくねえ〜〜よ……orz >MVP投票システム
kichi >> 人気投票結果発表を兼ねてたせいっぽいですねw>ハヤテページビジュアル デフォにしてもいいと思うくらいですが、絶望先生ぽく感じもしたのでどうだろうw
ルイ >> 気合が入るとすぐ久米田っぽくなるんですね。
カルマ >> BASARAは考証もムチャクチャで、なんつーか・・・キャラ人気なんだろうなぁ・・・
ルイ >> いや、考証って、外来語使ってたのでwそこを責める気は今更ありませんがw
LD >> (´・ω・`)。o(ま……僕は、ワタルとサキさんが「固ければ」それでいいという事がよく分る回だったそ……)
カルマ >> あぁ、観たことある感はそれか(笑)>久米田化
カルマ >> あ、元のゲームしか分かりませんけどね>BASARA  真田幸村と伊達政宗とか交わらないよねぇ・・・???
LD >> まあ、ゆかり無く段ぶちぬくと、久米田先生メソッドって感じがしますねw
ルイ >> てか、ハヤテ人気投票のつまらなさは異常ですね。何ていうの?投票用紙が来る前から何書くか決めてる感じ? 俺が珍しく声優雑誌買ったら全ての質問に「高垣彩陽」としか書く気がなくて、そんな自分自身に鼻白む感じ?←
ルイ >> まあ、1話で信玄と雪村が殴り合って正宗と義元の首級合戦はじめたけどね。(真顔
kichi >> ……しかし、人気投票結果発表を兼ねてたにしては1位2位のヒナギクもマリアさんも出てこなかったのは……ツッコミどころなのかなぁ?微妙過ぎるw
LD >> ………つか、なんだろ?この人気投票w ヒナギクのダントツっぷり…wwwwww
ルイ >> 何か世にいる「くぎゅうの声に飽きたツンデレ族」が結集してる気がするんですよねえ。ヒナギクを観てるようで観てない?w
LD >> お…この「アラド戦記」ってのの、ED、ちょっと面白いかも。
カルマ >> 「自分はツンデレ好きだからツンデレキャラのこいつも好きなはずだ
カルマ >> みたいな自己暗示にかかってない?とは思います
ルイ >> ところでヒナギクがハヤテにとって「心配する女性」じゃなかった方はまあいいとして、伊澄がそれに加えられてないってのは地味にハヤテはココ並みの猛毒使いだと思ったり。
LD >> 僕は、ヒナギクの良さってさっぱり分っていなくって、その意見には首を縦に振りたくなりますね。>ヒナギクを観てるようで観てない
ルイ >> シャナ、ルイズ、大河!またかよ!俺は中の人が好きなんじゃなく彼女達が好きなんだよ!という意識がナギから票を奪いたい意識と大同団結したってイメージですねw正直、僕もびっくりするくらいわかっていない部分ではあります。
kichi >> あ、私も|ω・´)ノ >ヒナギクの良さ分かってない   ……断然マリアさんですね!<誰も聞いてない
LD >> ただ、人気が強烈に集中するパターンに、キャラの中身がブランクってのがあって、ヒナギクはその属性かな?とも思いますね。…そこまで言う程、空でもないので迷い所なんですが(汗)
ルイ >> あと、千桜に繋げるネームがどこのダメ漫画?ってくらいボロボロなんですが・・・・・・久米田っぽくしてりゃいいってもんじゃねーぞ?最近のハヤテのズタボロ感はちょっと異常。
LD >> |ω・´)ノシ お、お、お、オレも!オレも!!>マリア党
カルマ >> あ、ぼく千桜さんは好きですね。今週意味不明だけど。
kichi >> ……そこは割りと良かったような気がしてしまいました……orz>千桜に繋げるネーム
ルイ >> 言わずもがななので何も言わないけど、いい加減マリアさんを「影が薄いのが彼女のキャラ」みたいな使い方しかしないあたり三行半も間近ですよ?
LD >> ネームのキレが悪いですよね。(冷静顔)実は、パロディ・トークがかなり少なくなっていて、それも原因ではないかと思っているんですが…。
ルイ >> 千桜さん自体はいじりやすそうで嫌いじゃないですよ?まあ千雨みたいなもんだしw名前もw
カルマ >> ん、釘宮氾濫より前からヒナギクは人気高いイメージですけど・・・ホントになんだろう?とっつきやすい、わかりやすいキャラではあると思いますが
kichi >> (゚∀゚)人(゚∀゚)ナカーマ >マリア党
ルイ >> アンチナギの流れとは結びついてると思うんだよなあ〜w要研究ですねw
ルイ >> ああ、思い出したように00のパロをされてもしっくりこなかったのはそれか。
LD >> 実は、今のマリアさんはヒナギクと同じくらい中身ないじゃん?って言われたら反論がなかったり(冷静顔)……最初の貯金を崩している感はありますね。>マリア党
カルマ >> まぁ、ナギって最初から心はデレてるっていうのがあって、ヒナギクはそのつもり無かったけど読者から観れば明らかっていう・・楽しみ方の差異はありますね。
ルイ >> 敢えて言わなかったけど、そういうことです>冷静顔 ※どっちの冷静顔もw
カルマ >> 咲夜さんを笑いでしか使えないあたりでダメだと思うんだ(贔屓目
ルイ >> 咲夜はコメディリリーフでいいじゃないか・・・w
kichi >> ああ、ハヤテも結構積んでますし、サンデー読むようになってから特筆するほど良いと思った記憶はないですし、私も過去のイメージでですね……(汗)>マリア党
ルイ >> 寧ろ、珍しく畑キャラの中で「迷ってない」キャラだと思います>咲夜
カルマ >> いや、単にもっとハヤテとの絡みが観たい僕の願望なだけです(笑)
LD >> 感覚的に言うと、ヒナギクの人気の集まり方って、「ナディア」のイコリーナさんとか、「ヒカルの碁」の名瀬に近い気がするんですよね。…明らかにそういうキャラ格じゃない登場の仕方なんですけど(汗)
ルイ >> ああーなるほど。業ですねえ。・・・カールマー♪w
GiGi >> つまりもっとアニメとか見ろよ畑先生。ということですね>パロディが足りない
カルマ >> え、呼んだ?(真顔>ルイさん
ルイ >> 見ていないのか、内輪のバランス加減を計りかねているのかは定かではなく。
LD >> 「神知る」ですが、ハクア、「強い」なあ……この子とバディ組んでいたら、話が一気に進んじゃって、全3巻くらいだったよ。正に「ロケットプリンセス」だよ。(←何が正に?)
カルマ >> むしろアニメでやりきった感があるんじゃないですか?>パロディ
kichi >> さて「はじめてのあく」がすごく良かったです。……キョーコちゃんの平凡な一日を追っただけの話がこんなに良いっていうのも困りものなんですがw、でもエロさといいコメディ具合といい充実した日常感といい、ほんと素晴らしく良かった。
ルイ >> アニメはカブトボーグまで出たからなあ。あれはバランス間違ってたwボーガーの俺が言うんだからw
LD >> アニメ化で注目度が上がった事によって、どっからともなく、ブレーキ的な力学が働いてるのでは?とも。>パロディが足りない
kichi >> ハクアのメロメロ感も良かったですねぇw しかしこのバディ、どう話を転がすつもりなのかいまいち読めないなぁw
LD >> キョーコちゃん、「回り」杉です(´・ω・`)…もう完全に「キョーコちゃんオーバードライブ」です(´・ω・`)
ルイ >> 僕もそっちで考えてますね>ブレーキ力学
ルイ >> でもこのハクアのアイボウ、すぐにとは言えないけど何かデジャヴがありますね。・・・なんだろ?
ルイ >> メテオさんの家が爺さんばあさんの家だったことか?違うな?
LD >> このバディだから、本来、優等生のハクアの戦果が上がらないのでしょうねw…そして、今回、桂馬が陰でハクアが駆魂捕獲するの手伝ってあげて、それにハクアが気付いて、もうもう完全にメルトという事で…。ひとつ。(=´ω`=)
ルイ >> んー、ちょっとホントキョーコオンリーなんで、今回を再確認に一歩踏み込んでほしいという願いももってますね。あの、キョーコが身だしなみ整えると可愛い!とかあったじゃないですか。個人的にはあれはよしてというか「もう!?orz」って感じで・・・他いこう、他!w桃子ー!w←まだ言うてる
LD >> あ、う、ルイさんにデジャブって言われたら、僕もデジャブを感じた…。(←ものっそ当てにならないデジャブ)
GiGi >> まあヒナギクはブルーアイズホワイトドラゴンみたいなものだと思っている
ルイ >> おいおい超高評価じゃね?(そうか?)>ブルーアイズ
LD >> ん、いや、正味、桃子でも対抗難しいレベルに来ちゃってるよ(汗)正直「こわしや」にここまで「強い」キャラはいなかった。…ま、ためしにキョーコのダチの“あの二人”をビルドしてみそ?とは思うけど。
GiGi >> 神しるは読んでいて絶対的な安心感がありますね。サンデー家中ではダントツの安定感。
LD >> 解説お願いしますw>ブルーアイズホワイトドラゴン
ルイ >> 上も上もない、というのは何か意味がわからないけど妙な力がありましたねえ。
カルマ >> 土塚っぽい(バンブーブレードとか)外し方だなーとは思ってしまいました>ハクアのバディ 
kichi >> ん〜、バディの変更ってできるんでしょうかねぇ?う〜む(考)
LD >> 「キングゴルフ」よかったです。まだいろいろ課題は山積み……って感じの連載ではあるですが、今回のエピソードは形が出来ていると思いました。
GiGi >> おばちゃんの潜在能力を引き出す展開とかをキボン(笑)
LD >> …え?なに?重婚?(`・ω・´)>バディの変更
ルイ >> キングゴルフはこういう他を圧する天才というかバケモノとしての表現をしていくんですか・・・んー。犬・・・ねえ。100万で買えばいいのにって思ってしまったw
ルイ >> おばちゃんを大事にして駆け魂を進められないっていう、ハクア人気積みでしょ?変更しちゃダメだよw
kichi >> あ〜、ダチに謝らせる云々って話はどうなっちゃったんだろ?(いや、ダチ云々でムカついたから絞めるみたいな感じだったんでしたっけ?)ってとこは気になったのですが……、まぁ。>キングゴルフ
カルマ >> (ゴルフ読んでねぇ・・・)
LD >> さて「オニデレ」で、もっとも可愛いキャラ、ユナ話が回ってきたわけですが…。
kichi >> 「オニデレ」、やっと本編に戻ってきましたねw<ちげぇw
GiGi >> 見た感じ成犬ですが、犬の気持ちとしてはどうなのかなーとかは思った(笑)>ゴルフ
ルイ >> 「金剛番長」は、この程度なら1週分圧縮できないか?と思ったけど・・・というか居合が生きてようが死んでようが金剛一本かぶりの戦力上大して意味がないような・・w
LD >> 「金剛番長」、ヒキのハシラがUZEw……つか、何か締めに入っていたり?
ルイ >> 「月光条例」の赤ずきんが可哀相可愛い。というか、僕結構絵本のキャラ撫でた事あるなあw←危ないです
kichi >> なるほど……。強そうにもどうでも良さそうにも思えるおばちゃんの格がどんなもんなのか、とりあえず次回待ちでしょうか。>おばちゃんを大事にして
ルイ >> おばちゃんが強いと、あれか?すももももももの大家さんみたいになるのか?w
kichi >> いや、キャラ格としての話ですw>おばちゃんの強さ
LD >> いいねえ…w正とサヤは鉄板だからねえ…w>ユナ話
kichi >> 「月光条例」はなんというか、ほんとに本の中から読んでる人が見えちゃうんだ、って辺りに妙なショックを感じたりw
LD >> そして「トラウマイスタ」wwwwww……なんだこれ?wwww
ルイ >> キャラ格としてはハクアブースト以外の何者でもないと思いますが、まあ今回ハクアによって桂馬の駆け魂の出し方の特質が明記されたのが良かったな。それってギャルゲが物語を有していく過程での典型である「相手の物語に踏み込んで解決してあげることで恋愛成就」ですもんね。やはり若木先生のギャルゲ観は2000年前後で止まってる。いい意味で・
LD >> もうねwモナ・リザの指の形とかねwサイコーなワケですよ?ww>「トラウマ」
ルイ >> 「トラウマイスタ」え?凄く好きなんですけど?ww>なんだこれ?wwww
ルイ >> この三部作は結構キタなぁ。>トラウマイスタ
LD >> まあ、ハクア、文句言いつつあのおばちゃん好きそうではありますよね。
ルイ >> つまりエロ本の中から見られてるんですよ?kichiさん?(何故名指し?
ルイ >> 「魔王」も良かったな。とにかく兄貴の格は高いんだよ!という価値観だけで動くさまは何かもう清々しくて。
kichi >> ここまでやっておいて、ここまで相手にされない展開がくるとは意外でしたねぇ。今回もネームキレてましたし、凄いんだけどなぁw>トラウマ
kichi >> Σ(´・ω;`)……これが世界の悪意ってやつかー >名指し
LD >> 実際、桂馬のメソッドも、実は直接惚れさせるというより、何らかの形で充足を与え、その結果のキスという手順だったりしますよね。
ルイ >> それは言い換えれば、恋愛ゲームでアタック→デート電話 というナンパ延長はときメモで一旦途切れてるということでもありますね。
カルマ >> え、ルイさんはより興奮を煽ったんじゃないんですか?(だめだこいつ)>悪意
kichi >> 「アーティストアクロ」、やっぱタイトスカートさんはスバルと絡ませるのが最高ですよ!
LD >> ちゅかね!モナ・リザの指!w…ってか、それぞれのキャラクターたちの指先を見てやってくれ!w>「トラウマ」
ルイ >> 恋愛ゲームのフォーマットが「彼女を口説く」ではなく「彼女にとって大切な人になる」事で、それはイコール彼女の問題を解放することだっていう本質・・・このギャルゲ観を持っているのが桂馬だけだったから、彼のやり方はトップクラスなんでしょうね。
ルイ >> 見られる興奮ですねわかりますってカルマさんレベル高すぎるだろうw
GiGi >> 魔王はいい感じに狂ってますねえ。
ルイ >> 良い狂い方ですよね。あと、針抜かれたのに生きてる蜂が可愛いというか、なんで弟現れた時の蜂の顔がどっちかというと「嫉妬」なの?w
LD >> ちゅか!大きなコマもいいけど、小さなコマ!見てあげて!wかなり小さいコマとの複合でネーム組んでるから!ww(←なに興奮してんの?)
ルイ >> なんだ、褒めたかったのかw
LD >> あれ?wなんか順番がへんだな?w>蜂の顔が嫉妬
カルマ >> えらいこっちゃ!LDさんがトラウマ狂いやで!
ルイ >> 弟が犬養の心を大きく占有しているって事がわかってたと思うんですよ。地味に演出だと思います>嫉妬
ルイ >> 弟が、というより安藤兄弟が、か。
LD >> スバル…撃沈してるよね(´;ω;`)まだ、これから?
LD >> こういう順番の綾って、以前、「アイシ」の時にも話しましたけど、面白いですよね。
LD >> さて、そろそろマガジンに入りましょうか。
kichi >> まだこれからと思いたいですねぇ。レオンジに対する感情は尊敬とか憧れが強そうではありますし。>スバル
LD >> 「フェアリーテイル」…………ルーシィパパさん?………orz
ルイ >> フェアリーテイルはおいといて。
ルイ >> 坂本勇人って随分先物買いですねえ、マガズン。まだ打率2割前半でこっからなのに。
kichi >> あと、読み切りも手堅く良かったです。悪人っぽく見せるやり方とか、親が主人公を殺してくれと言ってたこととか、フックになる部分は結構ありましたし。
カルマ >> 巻頭カラーでこれですよ(笑)>フェアリーテイル
ルイ >> まあ・・・ホント、手堅い読みきりでしたね。サンデーの読みきりはいっつも完成度は高いんだ。
LD >> ん、でも、いろいろ遍歴を重ねたとしても……最後にスバルはニコの所に帰ってくる…オイラそう思ってるんだ?(´・ω・`)
ルイ >> なんかこう実の家族は見捨てられないよ!実も何も俺たちも家族だろ?助けるぜ!という流れが見えるようだよハレルヤ。
ルイ >> 「ブラボー」はアイスでもって口を湿らすとかいう話なんでしょうけど、何かをする前に大会に入りましたね。
カルマ >> 坂本、えらく天才っぽく書かれてるけど、そうでもないですよね。むしろ比較されてる田中選手と、練習量がそのまま現在の実績に結びついてる感じで。
kichi >> なるほど、たしかにそれは正しいかもですね……>ニコ  ただ私はモカがツボ過ぎてですねw
カルマ >> 二人のみさきの区別がつきにくいのは意図的な造形なのかな?>ブラボー
LD >> 「ブラボー」は、うん、順当だな。…そして、とりあえず、この子は眉子ちゃんと命名しておこう…と。( ・`Д´・)φ
ルイ >> いや、天才とは描かれてないかな?「何か持ってる(byイチロー)」人として描いてるんで、まあそれはそれでいいと思うんですよ。で、それが無かった人として大森さんを出しているのも上手いと思う。・・・でも、本当にプロの成否をわけるのってそのサムシングだけなのか?ってw
LD >> そうなのか…な?ならもっと強調する気も……でも、名前、一緒なんだ?>みさき
ルイ >> 「ネギま」は完全にバトル漫画ですな。○秒耐えろって魔貫おっとNGワードですね。
kichi >> ああ、弟の彼女の子だったのか。私、アオリとかナチュラルにスルーすることあるんだなぁ(汗)>ブラボー
LD >> 「ゴッドハンド輝」は、なんだろ?w笑ってしまった。これまでけっこう地に足ついた展開してたから、あんまりな挑発的対決行動に、子供か!?とwww
ルイ >> ちょいと席外します。お花を摘んだり水をやったり観察日記描いたり。
kichi >> う、すでに4時だったのですね。どうしよ……orz案外眠くはないんですが……
カルマ >> バトルに目が行きがちですけど、亜子の言葉遣いの変質が良くて。 姿はナギだからナギさんと語りかけてるけど、気持ちの方は「ネギくん」を観て「年上のお姉さん」目線になっているんですね。
LD >> 「エデンの檻」は…ああ、分らない。どきどき…w
GiGi >> フェアリーテイルはこれはラクサスの父親話の前哨戦なんでしょうね。
kichi >> あの「場所」が悪いってことなのかな?とは思いました。……まぁ、すでに感染してるのに移動するだけで回復するもんなのかな?とか、いろいろ微妙ではありますが>エデン
カルマ >> メガネくんの図鑑に対処法が載ってるって展開?んー・・・
ルイ >> ネギくんが「僥倖」とか言い出すとは思ってなくてちょいとビックリはしましたね。ヒーロー用語だよ、僥倖!(そうか?)・・・ラカンが妙にギブを勧めるものだから「小太郎くん。わかったよ、ラカンさんも実は限界なんだ!」という展開を夢見たけどまったくそんな事はなかった。
LD >> ネギくんの次の技は……ゲム・ギル・ガン・ゴー・グフォー…みたいな?…あ、それは以前、タカミチがやったか?
GiGi >> 疫病じゃなく中毒症状だったのかな?何にせよ主人公の気付き方がちょっと違和感あるので、どうオチをつけるかお手なみ拝見ですね>エデン
ルイ >> 空気中の毒素みたいなもので、水中で定期的に落とせばいい→ルーティンな色気パート確保 ですねわかります!!>エデン
カルマ >> カンカ法は超絶技巧だし明日菜の持ち技なんで・・・>メドローア
LD >> むしろ、場所を移動するだけで助かるか?とも思うんですが(矢瀬は大丈夫な場所を探しに行った)、そうなる理屈が想像できないというか…w 何か食べればいいのか……分りませんw>「エデンの檻」
LD >> むしろ、めっちゃめちゃ花粉症…みたいな?(´・ω・`)
GiGi >> ネギまは「このかのアーティファクト」も使える事を匂わせたのが長大な伏線ぽいなあとか思ったり(笑)
kichi >> ああ、それわかりやすいw>めっちゃめちゃ花粉症
カルマ >> 今の展開は珍しく読めないので、不安ですねぇ>エデン
ルイ >> 長大ってこのバトルだけのチートじゃないの?w>アーティファクト
ルイ >> 放射能で真っ赤になったりはしないし、蓄積型だから何かをしてもどうにもならないもんな。でも、何か空気中に成長促進する何かを撒布してるとか・・・そこを1回出ればゼロに戻るのか?w
GiGi >> 主人公>理屈はわからないけど原因は飲料水にある!、回復した眼鏡くんが解説という流れかなあ
カルマ >> ネギ自身は期間限定にしたがっているようですね。>カード入れ
LD >> 「花形」のこのアイドル話はなんでしょうね。…別に女の子成分不足してる連載だとも思わないんですが…。
ルイ >> 花形がいない状態で勝ち上がるシチュエーションを作りたいんじゃないかな?
GiGi >> 目玉が飛び出る花粉症やだなあ(笑)
kichi >> そのうちエヴァちんとパクテイオーしたらいいと思うw>カード入れ
ルイ >> 「ゼロセン」完全に運で生き抜いてやがる・・・w
GiGi >> ラカン戦自体がVSフェイトの模擬戦みたいなものでしょう
kichi >> 可愛いとか何かよりまず不思議でしたよねw>花形アイドル話
ルイ >> アイドルと言えばうつつを抜かしてゴーゴーを踊る星くんを思い出すわけですがwあれとの時を越えた対比だったりする?w
カルマ >> カード入れ出してる間は従者が使えなくなると思うんで、刹那とか以外は戦力が大幅ダウンしそう。使い分けはありますけど、分散化する方がメリットは多いでしょうし。>カード入れ
ルイ >> 「課長令嬢」前回が面白かったのに、何か安易に妹というか・・・低きに流れたなぁと。
LD >> そこの時を越えるんだw>ゴーゴーを踊る星くん
ルイ >> カード入れって元気玉の可視化みたいなもんでイマイチ好きになれないんだよなぁ。
LD >> う〜ん、なんだろ?今、僕「ネギま」のバトルをもの凄く厳しく観ている……(汗)まあ、普通に考えたら順当な組み上げですよねえ…。
いずみの >> 作者が「この花形のキャラを立てる」ことが楽しくてしかたない感じがしていいですね。>謎のアイドル話
kichi >> 「課長令嬢」は先週も今週も「面白かったけど定番だなぁ」……という印象の域は出なかったですかねぇ。
ルイ >> ああまあ、先週も言うほどではないですねw>kichiさん ただ、やっぱりこうきたら係長令嬢が正しかったなと・・・w
LD >> では、そそくさとチャンピオンに行きましょうか。
kichi >> でも、係長どころかリストラされてたっぽいんじゃなかったでしたっけ?w 今ほんとの肩書きはどうなんだろうw>係長令嬢
カルマ >> 逮捕令状で落とすとキレイだったんじゃないでしょうか>課長令嬢
ルイ >> ベイビーステップが真っ当な修行パートに走りそうですね、とは言っておこう。
ルイ >> キレイ・・・なのか・・・?ww
いずみの >> 真面目な意図としては、陸上部員とかチアリーダーの子とか、なにげに本宮キャラ的な回転寿司方式を巨人の星の中にトリコみたいんじゃないかな? と
カルマ >> あ、「コードブレイカー」のにゃんまるの歌が切なすぎることには言及しておきたい(笑)
GiGi >> カード入れは本来的には前線に出られないキャラの特質を生かすためのギミックなんでしょうね。ラカン戦で使うとただのチートですが、まあ相手もチート性能なので(笑)
kichi >> ああ、「コードブレイカー」はなんか面白かったですね。絶対可憐チルドレンでもやってましたけど、アニメ?に動かされる重要キャラw
LD >> あ、見つけた。そうそう。http://anime.livedoor.com/movie/5fc0614b1aa18e9a/ ←これ思い出していました。>「課長令嬢」
ルイ >> うううーーむ>回転寿司 ヒロインの描き分けを強く意識しているようにも思えないんですよね。とにかく定期的に「可愛い子に惚れられる」事で花形のキャラを立てて、で、その子たちに眼中がないことで野球への熱意と、唯一その心が向く登場の少ない明子ねえちゃんへの潜在積み・・・ですかねえ。だから回転寿司というか・・・上手い言葉が思いつかないですけど、定期的な積み上げじゃないかと。
ルイ >> ・・・串団子積み?w
いずみの >> 本宮が理解されないらしい(笑)
いずみの >> 本宮の喩えが、
カルマ >> 消えゆく命の儚さと、誰より悲しみ知っている  いつしかみんな思い出す 善悪切り裂く命の重み  ・・・重いよ!(笑)
LD >> あ!これいいなあ!wカルマさん、ありがとうw>にゃんまるの歌
ルイ >> 回転寿司と言うと、どうしても一枚一枚は手にとって喰うイメージになりますね。そこを食べないw
いずみの >> マガジン劇画そのものである巨人の星に対して、村上先生は花形=本宮のイメージもあててるんじゃないか、という話ですね
ルイ >> 大きいフォントにしてまで・・・w
いずみの >> うしとらも回転寿司だからなあ。そこはオレ定義すぎるでしょう>食べるイメージ
LD >> さて、バキ先生はピクル師匠の、ご相伴にあずかっているわけですが…。
ルイ >> ん、僕の言ってるのは花形における定期的に登場する美少女の存在意義、という話ですね。まぁこれはこれで言いたい事いえてるからいいか・・。
カルマ >> 「命ある限り生きるのだ!」・・・だめだ、もうにゃんまるをアニメ化して欲しい(笑)
ルイ >> 用語が俺モノなので、勿論そうなります。が、とりあえず今言いたいのは「とにかく異性としては構わない構えない花形」という所ですね。
ルイ >> ピクルはどうしてバキに食物を与える権利を認めたのかな?
ルイ >> 何か、バキは先週のオーガもそうですけど、今回のピクルも・・・読者がどう感じるっていう以前に、強者のオススメ!みたいな感じで格を上げている?のが、何というか・・・orz
GiGi >> 板垣先生は嘘でもいいからピクルを圧倒する刃牙を想像するべき。話はそれからだ。
kichi >> バキはもうノーコメントで……(´・ω・`)
LD >> 手嶋、青八木の格が上がってるなあ…wいや、元からこのつもりか…w
ルイ >> いい男が認めるからいい男、という根拠を連発されてるようでピンとこないんですよね>バキ
いずみの >> そこらへんは説明せずとも回転寿司というワードの中に圧縮されてると思ってください。>ルイさん
kichi >> いやほんと、ここまで競るとは思ってなかったですねぇw>手嶋、青八木
ルイ >> 「ペダル」おもしれえええっていうか坂道が追いついてきたら「ニヤリ」のヒトコマを入れるのが大事ですね。
LD >> 板垣先生は嘘でもいいから→板垣先生は嘘はつけません(´・ω・`) つか、もう完全にアライJRゾーンに入ってるろ?(´・ω・`)
ルイ >> ・・・・いや、ノーコメントの前に、とりあえずピクルの心境を読みたいなぁw
GiGi >> このレースの結果で田所先輩の格も決まる…ということは2年生が僅差で勝つかな?
ルイ >> 例えばバキの位置にジャック達がいても、彼らには肉を与えなかったと・・そういう対比を取っているんですよね?多分?それはバキは予め捕食対象ではない・・・同格の「狩るもの」だっていう宣言なの?でも同属だからメシ分け与えるなんてぬるい感覚が太古に存在していたとも思えず・・・え?バキを自分の子供だとでも思ってる?w
いずみの >> エロコメ回転寿司(サルまん出典)と、少年誌的な回転寿司に分けるのが普通で、ルイさんが言ってるのはただ後者の方だねってだけで、なんつうか「この方式を巨人の星に取り込もうとしている」作者のノリノリ感の方が楽しいんですよね
LD >> 「750ライダー」ですが……ちょっと記憶が薄いなあ……こんなに子供っぽい顔つきだったっけ?という感じ。
kichi >> 「ムラマサ」、必勝の被害妄想ページをそうと読めなかったのがなんか悔しいw 「えっちだから仕方ないんですっ!!」に思いっきり吹いちゃったしw
いずみの >> 今までの戦士には、与えようにも与える肉も無かったわけで、刃牙にはなんとなくでしょ(笑)
GiGi >> いや、ピクルって襲われたから反撃しただけで別に無差別に破壊的なわけでも元々ないしねえ(笑)
ルイ >> ふむ。僕はどうしても定期的補給観でいっちゃうけど・・・意識してみます>花形
LD >> なんか戦意の乏しい奴がいるな…?だれ?みたいな感じじゃね?(´・ω・`)>ピクルの心境
ルイ >> いいもん一緒に食べて、楽しくバトろうぜ!という感覚でもないとw
いずみの >> ただ、烈→克己→ジャックという順で、ピクルが「現代人を好きになっている」という流れはあるから、4人目のバキだからもらえたんだっていう状態ではあるでしょうね
いずみの >> そうですね、刃牙も単にそばにいるわけだけなわけだし>無差別に破壊的ではない
ルイ >> 「ムラマサ」はそんな事より、扉の「100%ピュア」ってそんな事考えたこともなかったんですが・・・w
いずみの >> 好きになっている、はニュアンスが狭いかな。親しみを抱いている……かな?
いずみの >> 「存在を認知しはじめている」くらいかも
GiGi >> これも言っても詮ないけど、生きているシベリア虎よりティラノの肉片が貴重という考え方も理解できない。
LD >> そうだ!ずっと側にはりついていれば遅れは取らないんだ!→……いや、きみ、誰と競走してんの?(´=ω=`;)
ルイ >> 認めだしてるってことですよねえ・・・>親しみ でもその対象のバキさんは、眼前に座る前に気付いておけ!みたいな事に今更気付いて冷や汗かいたりしてるんですよね。格を上げる気あるのかなあ・・・。
kichi >> あ〜w、でもなんとなく村崎さんをそう予備隊ニュアンスは分かる気がしますよw>ピュア100%
kichi >> 予備隊>呼びたい
いずみの >> まぁ刃牙は、自分によくしてくれた相手ほど、倒す時の仕返しがひどいというのが定番パターンだから(笑)
ルイ >> 「750ライダー」はこんな感じでしたよ。でも「連載当時」って読んだ時「連載のどこ当時?」」と思ったのは内緒の事実だw
LD >> というか「ムラマサ」、お父さん、我鳴をあそこまでほとばしらせるのは、とてつもないエロさという事なんだけど………修行不足で想像できません!!w
ルイ >> 最終盤当時でしたけどねw何コマか連載初期に近い顔があったりするから困るw
ルイ >> いや、だってヤロウのチンを見せるという行為は、おなごのマンを見せるという行為に相当するんですよ?LDさん?
GiGi >> 必勝もピュア100%ですよ!むしろ哲弘先生こそがピュア100%説。
いずみの >> そのお約束が位置エネルギーの上位にあると考えたら、ピクルは充分危ないですね(笑)。オリバもたしか結構歓迎してくれてたよな〜?
ルイ >> 絶対ピュアの解釈おかしいよ・・・w
LD >> 「ギャンブルフィッシュ」は…もう、月夜野…なんか、もう、脳内麻薬が出てますねw
ルイ >> 750ライダーらしい会話の運びに世代でもなんでもないのに2828してしまった・・・ヨ!←
ルイ >> 「ギャンブルフィッシュ」、月夜野は何かもう凄く素敵なんですけどねえ・・・wかませ・・・w
kichi >> 「ギャンブルフィッシュ」のこのルーレットは象が力でぶん回してるってことなんでしょうかね?もしそうなら、安定して狙い定められるものなのかな?w
LD >> ん……そっか〜お父さん、娘と似てピュアっぽいから、全裸くらいかなあ……。よかった〜その程度なら…w
ルイ >> いい指摘だw>回す方がゾウ
GiGi >> じゃのめは飽きた言った瞬間にバトル終わってて好感度アップ(笑)
LD >> 何か安定して狙いを定められそうに語っているんですが、明らかに象さんの気分が影響してくると思います。まあ…よく飼い慣らされた常時やる気満々の象さんかもしれませんが。
ルイ >> ああ、じゃのめ同感。これは最初のバトルの時も思ったんですよね。案外見せ方がわかってるというか、苦手分野がわかってる。
LD >> んんん〜ww 厳しく言えば、もう1週は切ってw…でも、確かに今週で全てのオチまで持っていったのは、まあ良しという感じw>「じゃのめ」
LD >> やあ、でも何かヘビ腕が、寄生獣のミギーみたいになって、ああ、こういう風だと寄生獣バトルくらいにはなるかな?とか思ったり。
ルイ >> 縞青はテンポ良く終盤までいってて安心。そして試合前頑張ったのにのりっぺの空気度は異常。
ルイ >> よれよれの左だけで行った方が良かった!という結末だったとしたら、海が本来捕手である事も含め、何か皮肉すぎる結末ですが・・・このコンビ皮肉好きだからなぁw
LD >> 集中連載の「新撰組カズエ」は、とりあえずインパクトはありました。ま…どうなるんでしょうね。
kichi >> 引き続き「エンジェルボイス」も良かったです。なんというか、「ストブル」と真逆な良さですねw
LD >> え〜っと、関口は「ツイている」と判定してこの戦略をしてきましたね。それはちょっと拙いかも。ツイているなら無為自然でそれに乗るのが正着ですね。→システムの36!「ツキを当てにした捻った作は、逆にツキを消費する」だぜ!
GiGi >> カズエは月例賞でこのレベルの原稿を持って来られたら編集部も応ざるを得ないところでしょうが、何にせよもう1本くらい見てみたいですね
ルイ >> 「カズエ」って、何かこう山口先生をネタで解釈したような・・・JOJOをネタに解釈した漫画に近いものを感じるというか・・・w
LD >> 「イカ娘」何気にというか、この海の家、女の子が山盛りになっていたんだな…。
ルイ >> パワーはありましたね。顔面殴る流れとか良かったです。
ルイ >> エンジェルボイスは一矢報いるってことか。
LD >> 山口先生をイメージしますよねえ…でも、とりあえず松島先生のとこにいたみたいですよ。>「カズエ」
ルイ >> 同じく一矢報いる展開か?と思ったら次の回で逆転勝ちしてその次の回で校舎崩壊して宇宙人と遭遇するイナズマイレブンの凄さたるや。
GiGi >> あ、読み切りかと思ったら集中連載だったか
ルイ >> 僕も最初続くかどうかを咄嗟に確認しましたw
kichi >> ……え〜と、つまり、次々回で天使降臨ってことか……φ( 。 。 ;)>エンジェルボイス
GiGi >> そろそろ限界。一番は…ネウロ一択かなあ
ルイ >> 今週はあんまりないよー。
LD >> 世界ちがうからw>「イナズマ」、「エンジェル」
ルイ >> 忘れていた正しいツッコミw
LD >> さて、一番ですね。
kichi >> ジャンプはまぁ「ネウロ」でしょうねぇ。
ルイ >> まあ・・・・・・・・・・・・・・「ネウロ」「カズエ」「トラウマイスタ」・・・・かな?
LD >> ジャンプは…「ネウロ」かな。一応、「サイレン」も上げておきたい。
kichi >> サンデーは、「アクロ」も捨てがたいけど「はじめてのあく」かなぁ。
カルマ >> 一番はネギま!だけだにゃん(ひきずってる
LD >> サンデーは「トラウマ」ですね。一応、「はじめてのあく」も上げておきたい。
カルマ >> あぁ、トラウマイスタもだ。
kichi >> マガジン………………「コードブレイカー」?
ルイ >> トラウマイスタはやっぱこの三回良かったですねえ。一度一番にしといてよかったよかった。
LD >> 先週は「トラウマイスタ」でしたっけ?一番?
ルイ >> ・・・あれ?Wしてない?w
LD >> 「コードブレイカー」っていうか………にゃんまる?w
カルマ >> にゃんまる単体で挙げれるのかというとこで躊躇したのですが(笑)>コードブレイカー
ルイ >> 普段からGOOO!一点とかそんなんばっかですw
LD >> チャンピオンは「新撰組カズエ」?かな?
kichi >> チャンピオン……んん〜、インパクトとか勢いとかしかコメント思いつかず流してしまったんですけど、やっぱ「カズエ」かなぁ?
カルマ >> じゃあ「にゃんまる」押しで(笑)
いずみの >> ジャンプはネウロで、バクマン、とらぶるもなんか凄かったですね
ルイ >> うーむ。ネウロは次回かなって気もするんだけど、他も圧するほどの回ではない、か・・・トラウマもいいけど一度評価してるのかな?
LD >> いやいや、今回のエピソードで分るとおり、このにゃんまるのテーマって、つまり桜たんのテーマですからねw
ルイ >> とらぶるは「スースーするの」ですね。わかります。
カルマ >> トラウマはこの3話の流れでっていう感じで、先週取ってるし良さは示せているかなと。
ルイ >> 別に珍しいことはやってないんですよね。
ルイ >> こう、修行とかで強くなって、強くなったら気が大きくなって、俺なんでもできるんじゃね?って思った所を叩きのめされて、っていう。結構ベタなんですが、どれもこれも手綱がまったくというほど緩まない描写w
LD >> 今週の「トラウマ」はとっっっっても、好きだけど、血涙を飲んで無し!(`・ω・´)
ルイ >> まー上手くいけばネウロ2週もアリかってとこかな?
LD >> ああ、でも、シナリオは敢えて敢えて緩いなと言ってしまおうかな?「うえきの法則」のロベルト十団編は、ここから行ったZE?(`・ω・´)しきーん!>「トラウマイマスタ」
LD >> え?「にゃんまる」でいかね?(´・ω・`)
ルイ >> 世界ちがうからw>「トラウマ」、「うえき」   なんて悪趣味なやり方は冗談としても、トラウマイスタの場合、ここが最大最強の「トラウマ」として立ちはだかりうるから、ポイントとしての強大さは雲泥だとは思いますよ。
LD >> ああ、そうそう。それも思った。…まだ、全然語り足りなかったな……これがトラウマになって新たなアートマンが出たりするかな?って事は思ったりしましたね。
kichi >> ……私は名前挙げちゃってるし反対はしないですけど、ほんとにいいのかな?w>にゃんまる
カルマ >> 理想像としてのスジャータさんだったら痛すぎるけどなぁ(笑)>新たなアートマン
いずみの >> 今週は、ここがピークっていう回は少ない週ですね
カルマ >> え、にゃ、にゃんまる選ぶの?(どきどき)
ルイ >> スジャータトラウマ像はもう前回イメージ澄みだぜw
ルイ >> 来週ネウロ以外も良かったら困るよ?w
LD >> うん。今、「トラウマイスタ」で伸びているのはネームのノンストップさで、「うえきの法則」のロベルト十団編はノンストップさにおいてはかなりのものだったと思うんですよね。「トラウマ」は画はともかく“シナリオ的な演出”の弱さは出てしまっている。
カルマ >> なんだろ、幽閉されてるスジャータさんの中の人(?)を救い出してそのトラウマが消えるって展開なら、キレイだと思うんですけどね・・・そこまで描ける期待はしてないので(笑)
ルイ >> いや、スジャータさんの中の人はやっぱりスジャータさんじゃあないんですよね。
ルイ >> スジャータさんがそっから生まれた偽・・・というか仮のような存在だとしても、やっぱりほれたのはそのスジャータさんなんですよね。・・・って所を突き詰めてほしいw
カルマ >> まぁ、そうなんですけどねぇ。>スジャータさんじゃない  過去に縋る格好になるのは「出した答え」として大丈夫か?と。
LD >> んんん〜w まあ、「ネウロ」が妥当かなあw 「コードブレイカー」は心意気を見せるのは割と簡単なんで、やはり桜たんが、難しい問題に挑んだ時に一番を上げたいかなw
ルイ >> 縋っちゃダメなんでしょうね。まあ・・・どう扱うかなぁ。
kichi >> 深い真贋の話きますかねぇ。ちなみにそういう話は「機工魔術師」という作品の終盤でやってまして面白かったんですが、量あるので薦めにくいw
LD >> そうか……スジャータさんが消えたから、思う存分、ファーブルに甘えるという展開は……やはりだみか。(´・ω・`)
カルマ >> 「機工魔術師」は傑作ですね!
LD >> 今週は「ネウロ」という事で。
kichi >> お、分かってくださる方がいるとは!(゚∀゚)人(゚∀゚)>機工魔術師
kichi >> では、おつかれさまでした。おやすみなさい〜 ノシ
ルイ >> http://www.at-x.com/program_detail/index.html/2414/new LDさん、これだよこれ!

MANKEN CHAT(1.1)