漫研チャット
名前:
発言:
[正面] [取扱] [過去ログ]


■■■■2009年06月20日■■■■
kichi >> 私はそんな気がしてます……>帽子くん男   でまぁ、おにゃのこも仲間になりそうで順調っていえば順調ですね……。いまいちノり切れない感覚はあるんですけど>空
LD >> 「RINNE」は安定し過ぎていて、今、何も言うことはない…。
LD >> 悪役の造形が、昔の安西先生よりダメなんですよ?(´・ω・`)>「空」
いずみの >> ケンイチの修行は、わかりやすいサバイバル感があって良かったですね。「高さ」はすごくわかりやすい。アトヒキも秀逸でしたね
LD >> 。o(桂馬くん、ノーラ落とさんかなあ…)
ルイ >> うーん、RINNEはあの化け猫はどうなんでしょうね。一応うる星にも犬夜叉にもいたマスコットポジションなんですけど、人面が確立しすぎていて正直ちょっとキモいw
GiGi >> お茶は部長がいない世界を描いてくるということかな。
いずみの >> (暗黒流れ星だったら驚くな……)<新必殺技
カルマ >> お茶、終わりじゃなくて新展開なんですね。
LD >> 「アーティストアクロ」…う〜んwレオンジ、生き残ったかあ…(=´〜`=)
GiGi >> リンネは何も考えなくても面白いという…大枠の構造がどうなってるのかはもう少し待ちですね。
ルイ >> 思ったより同年代のキャラを増やさず、ルーティンを確立しにかかっているなあと>RINNE
GiGi >> それは(笑)活人拳じゃない気も(笑)
ルイ >> 「魔王」は、サブタイの「定点観測」という言葉が雄弁すぎて特に言う事がないですけど・・・潤也がそれなりに穏やかな生活を営む事ができていたのは驚きました。でもヤバサ消えてネェ。
LD >> 「お茶」って、すごい展開…っていう言い方をしたくなるんですけど、どうなるんでしょうね?
kichi >> 「お茶」は……う〜ん、分かる気もするけど寂しいですねぇ……(´・ω・`)
ルイ >> 元々卒業前の先輩を憧れの人にして、実は大学の付属校なんですー、といった、かりそめのモラトリアム堅持みたいな形は取らなかったわけじゃないですか。その点見えていた形のようにも…。
LD >> やあ〜とりあえず、結婚して良かったねえ…というか、まさか結婚しといて、散華的な事を考えいたりしないよね?w
kichi >> 「魔王」はとりあえず驚きましたね。でもこれはこれで納得というか、予定通りの終わりなのかな?とは思っています。
ルイ >> うーむ、兄貴の巨乳大好きも同じ事なんでしょうけど、結局「全会一致」というか、全体主義的なものを危惧する告発マンガだろうとは思ってるんですけどねえ。散華イメージはあまりないけれども。
ルイ >> (マリみては大学がすぐ近くなのがイクナイ!)←?
いずみの >> そろそろ離脱します
いずみの >> ではでは
LD >> う〜ん、とりあえず姉崎さんがいなくなっても、いい人を続けられるか?というあたりと………それと彼女がいたら、相当やばい諍いに巻き込まれるかなあ?>展開
ルイ >> 前回から今回の時間経過それ自体については、驚くよりも当然といった気持ちの方が強かったんですけどね>魔王
LD >> お疲れ様でした。>いずみのさん
ルイ >> 姉崎サンがいる以上、どんなに自発的な行為にも「彼女が見てくれたら」的な打算が混じる、混じってなくても本人がそうやって自分を見つめられてしまうという・・・容赦ないぜ、お茶。
ルイ >> 「魁!金剛番長」は、折角トンデモマンガを模しているのにモグラ番長が面白いギミックを使ったりしないのはどうなのよ、と。何かやらかせよ。攻撃力と速さと固さってうぉい!orz
kichi >> (まぁ、マリみてはシビアな話ではないんで、猶予期間を選ぶこともできる緩さ……あえて良く言えば「優しさ」が魅力の作品ではあるんでw)
カルマ >> 姉崎さんがいないところで何か起こったら、いないまま進む時間(話数)そのものが溜めになるのかな。
LD >> 「オニデレ」は深い話になっているような…なっていないような…なっていないね。
ルイ >> 時間経過する作品はキッカリした方がいいと思うけどねぇ。まぁ僕の大好きな「極上生徒会」の最後もそんなんでしたけどw
kichi >> なってないですねw>オニデレ
ルイ >> 物凄く子悪党臭をまきちらしてくれていたので、生徒会懐柔ポジションは理想的じゃないですかね。
LD >> そうやって不在で寝かせておいて、突然、ヤクザが人質にとるかもしれませんけどね。>姉崎さん
LD >> さて、マガジン行きましょか。
ルイ >> どう観ても最終回だと思ったら最終回じゃなかった作品が載っているマガジンですか。
LD >> 「コドブレイカ」、とりあえず、ツッコミますけど桜ちゃんのリボンがいっしょに小さくなるのは、なぜなんだぜ?
kichi >> 基本的にはそうかもしれませんけど、大学近ければ高校の延長として同じように接することができるわけでもない、そういう実際に変化後実感しての寂しさを描いたりとか、その選択自体にもいろんな意図があったりとか、マリみてでこうなのは良い設定だと思ってますよ。
LD >> まあ、「CLANNAD」みたいなモンすか?(`・ω・´) (←違う)>「ツバサ」
kichi >> あ、「はじめてのあく」が良かったです。ほんと地味な日常ドラマ回に弱いな、私はw 比較的弱いほうだったアキちゃんのキャラ積みもしてるし、個人的には文句なしの一話でした。
ルイ >> 異能の打ち止めと峻別したいみたいですけど、見た感じあまり違いがわからないですね>桜ミニマム化 まぁアリな展開だなぁ。南くんの恋人か。
ルイ >> 「GTO」、これ居間にまでモニタごと持ってきてバイオ5やるって事は「内向的だけど仲間といる事に関しては自分ひとりよりも価値を上位に置いている」という事になるんだけど、勿論そのへんわかって描かれてるんですよね。
ルイ >> (って何か結構金持ちだなコイツら・・・w)
kichi >> 今週読む限りじゃなんでロストと区別しようとしてるのかよく分からないですね。……ま、なんにしてもアリだとは思いますw>桜ミニマム化
カルマ >> 大神の胸ポケットに…と思ってよく見たら無いですね>コドブレ
LD >> 「はじめてのあく」>僕も現行のキャラ「回している」だけでかなり満足です。…でも、そろそろ「展開」っぽい事もないと飽きられるかなとか思ったり(汗)
カルマ >> あ、僕もリッチだなと思いました>GTO
ルイ >> 肩に乗るに決まってるジャマイカ
GiGi >> スマッシュはライバルくんのほうから格を下げに来てくれましたね(笑)
kichi >> 会話の描かれ方とかからいっても、いちおう仲間意識は強いんじゃないでしょうかね?仲間以外への敵対心が過剰に大きいタイプに見えます>GTO
ルイ >> うん、それならいいんだけど、居間までわざわざ持ってきて1人でバイオってのはひとつの「特徴」である事は間違いないので、そこを考えなしで描いたってことがなければいいなと思ってますね。
LD >> 大神のポケットに入れるのは……ありだと思います!(`・ω・´)
GiGi >> ネギまは御馳走回でした。ネギくんはジェントルだなぁとしみじみ。
カルマ >> ちょこんと顔が出るのが良いんジャマイカ>肩に乗る
kichi >> Yシャツの胸元から顔を出すというのはどうでしょう?w
GiGi >> ツバサ最終回だからニコニコで遊んでたのだと思ってたのにそうでもなかった(笑)>くらんぷ先生
ルイ >> 「シバトラ」リカちゃんと違って甘いハナシーサー。この二人を分かつものは何だったのかーとか考えてしまうぜ。
カルマ >> …うん?ベアトリクス「ネギくん」と言いかけて「ネギさん」に直してるな。なんだろう。
LD >> 「エデンの檻」ですが、なんかこの子やっぱり石動ミイナなんじゃないかと思ったり。
kichi >> 「ネギま」はさすがに素直な展開はしないって感じでしょうか? まぁ、ナギとの違いといったテーマを見せるにも良い展開ではあります。
LD >> 「はじめの一歩」は“ハリマオ”が出てきましたか…。
kichi >> 元々男ってことでしょうか?無いこともなさそうですけど……、正直もう「エデン」のことはよくわかりませんw>石動ミイナ
GiGi >> エデンの檻はよくわからないテコ入れですね?
カルマ >> エデン…石斧持ったのがなんか唐突感あるんですけど。
ルイ >> エデンにコメントするのはそろそろ疲れたよ。
LD >> 「ネギま」、アスナに当たったのは、アスナが偽者だというヒントになるんですかね?
LD >> 。o(あわわわわわ…すっかり、皆のテンションが落ちている…)>「エデン」
kichi >> 「エアギア」はイッキ達の方の敵レベルも上げてきたのは偉いな。まぁ、それでも当然メインディッシュは眠りの森の顛末なわけですが、イマイチ宙ぶらりんな印象だったリカ姉の立場もハッキリして、いい具合に緊張感高まってきてると思います。
GiGi >> あれでおかしいという話にはなりそうですね>アスナ
カルマ >> 最近のどかが冷静なので、のどかが気づくと良いかなと。というか、急に知識を付けているキャラになってるので、気づくフェイズものどかに与えると補強されるのでは。
LD >> 「ガマラン」が良いですね。ちょっと少年マンガとしては新しいタイプのバトルマンガになり得るかも…とも。ただ、そうだとすると、第一回で間に入られて腕で防がれた描写が気になってしまいますけどね…。
ルイ >> のどかのコマも挟んでますしね。寧ろそこに気付きがないならコマとして無意味なコマに思える件。
ルイ >> 「ガマラン」は、とにかく知らない型を言ったもん勝ち状態ですね。ちょっと都合が良すぎる印象もあるけど、初戦だし・・・ま、いっか。
LD >> ネギくんが気付かなかったら、のどかなんでしょうけど…。
kichi >> 偽アスナは精神ごとコピーしてしまう能力なんでしょうかね? これまで偽アスナの言動や行動に違和を見出していいのかどうかかなり微妙だったんですが……。
カルマ >> 意味なく裕奈の反応が何回も挟まれたりした(その後フォロー無く)こともあるのですが…展開に問題なくば入れるでしょうね>気づき
カルマ >> …これ、単純な位置関係じゃないな。はっきりベアトリクスを「ネギ側」で描いてる。セラスの指示で最初から動いてるのか…?
LD >> 「ガマラン」、キャラを「積み上げ」ておいて、それを消す事で昇華しているんですよね。…もう少しセンスがいいと「ストレンヂア」を連載しているみたいになると思うんですが…w
ルイ >> それはわかる>ストレンヂア
LD >> ネギの呼び直しもそこらへんだと?>ベアトリクス
ルイ >> 読み応えない雑誌だなぁと思ったらベビステがないじゃねえかこの野郎!
LD >> 「ストレンヂア」は動画の妙で、あれ、観客に“瞬間解説”をさせるんですよねw
カルマ >> 26巻を確認しましたけど、性格まで自己暗示でそっくりにできるみたいです>kichiさん
LD >> 「花形」は………………………………………いいね!!(`・ω・´)しきーん!
kichi >> あ、能力説明あったんでしたっけ。どうもです。>性格までそっくりに
ルイ >> いいんだ。ハーレムメーカーだからかなあw
カルマ >> いやにツーショットが多いですね。呼び直しは「ナギさん」だとわかったから…ではないでしょう。
LD >> いや、なんかw……きゅん!に至るまでの流れがw>「花形」
LD >> さて、チャンピオンいきましょうか。
kichi >> 「ブラボー」はまぁ、いろいろショートカット気味ではあるんですけど、とりあえず今週の描写、ヒキは良かったですね。……巻いてるのかな?とも思いますけど……。
LD >> 「バキ」。…「やはり君は天才だ!」、(やはり君は天才だ!)……大事な事だから2回言いました。(´・ω・`)
ルイ >> 「カズエ」がまた始まっている…w
カルマ >> ブラボー、そら交代するわなぁという。
ルイ >> まあその連載はおいといて>天才だ!
LD >> 巻いているように思えますね。>「ブラボー」 でも、どうなんだろ?もうちょっとがんばって欲しいのですが。
kichi >> ……天才なのかぁ……(´・ω・`)
LD >> 最初に戻ってきたのは「カズエ」ですかw………や、ま、いんですがw
カルマ >> そろそろ落ちますね〜
kichi >> 「カズエ」も悪くはないんですけどねぇ……w
カルマ >> 一番候補は…ジャンプ「ぬらりひょん」「アイシ」
LD >> ( ´・ω・) (・ω・` )ヒソヒソ… (“天才”について審議中…)
GiGi >> さてそろそろ。チャンピオンもたまにはエロイ以外のことも言ってやりたいが…。
ルイ >> この「カズエ」って、基本構造が「後の○○である」であったり、隊員紹介の側面が強いですよね。本格的に新撰組が活動する段を描くのはちょっと難しいと思うんですが、巨乳女性のカズエを混ぜたままそこまで描いたら凄いエネルギーが出るような気もする。その辺どうするんでしょうね…ってどうもしないかw。
カルマ >> サンデー「お茶」、マガジン「ネギま!」ですかね。 まぁ「ぬらりひょん」でしょう。
LD >> 「カズエ」も悪くはないんですが、戻ってくるなら「ジョギリ」か「レイラ」が先じゃないの?って、まあ、こっちはもう少し練り込み中かな?
ルイ >> 「バチバチ」よし、強気の次女は言った通りだ。包容力のある長女と幼女はどうした。ほら、どうした※いねえよ
カルマ >> ガマランも悪くないけどもう一歩って印象がずっと続いてます。楽しく読んでるんだけど。
GiGi >> らんぽうはこれは今でも通用するなあ
ルイ >> まだ「もう一歩」ですね、僕も>ガマラン 今に不満があるというよりは、この「一連」は剣術の型のように流れがあるものだから、この流れが1度止まった時、作品に何が還元できていてどう表現するかに興味がある。
ルイ >> らんぽうは現役感高いっすね。
カルマ >> あ、言い忘れたけど「シバトラ」あっさり暗号解きすぎだろっていう(笑)  それにsage進行でも気づくものですかね。
GiGi >> カズエはよかったですね、エロくて!(まて)
ルイ >> いや、あれはダメネームですねw>シバトラ 何だろう?「そこがポイントじゃない」ならもっとアッサリとバレる所を突けばいいし・・・肝心の所はぼかしたまま、何故か知的な情報を載せたっぽくなっているのが・・・圧縮するならすればいいし、引っかかるならちゃんと引っ掛けろと。
kichi >> 「バチバチ」は一人出しただけで許してあげましょうよw 受けた力士のダメージ描写もあり、とりあえず順調……なんですが、新連載組総じて掲載順の落ちっぷりが酷いなぁ……(汗)
GiGi >> なんかいろいろ考えてたら、めだかもエロかったりエロスだったりすれば許せるような気がしてきた(駄目思考
ルイ >> ああ、胸のアザ良かったですね。
LD >> 相馬主計が入隊したのは、大分後のようですからね…。鳥羽伏見〜五稜郭と完全に滅び行く新撰組の話になりますけど…それはそれでかなり見応えありそうですね。
GiGi >> 一番候補はアイシ、お茶、ネギま、じゃのめあたりということで。
カルマ >> そんなところで。お疲れ様でした♪
LD >> 「ガマラン」は僕は、今、良い形だと思っているんですが、これが続けられるかどうかには疑問符がつきますね。あと第一回のあたりはやはり淀む。
ルイ >> うん。相馬主計がいかにして生き延び、隊長となり、明治にまで生を繋ぐかってところに「新撰組の紅一点」というウソ史観を持ち込む事で、命を散らす隊員たちの「道」が見えてくるというか・・・ありていに言ってしまえば、よしながふみの大奥が見えてくると思うんですがどうでしょうか。どうでしょうかって絶対どうにもならないけどw
LD >> お疲れ様でした。
LD >> 「大奥」は大きく出たなと思うけどw 毎回1発芸披露!みたいなこの連載が、このテンション維持したまま“生き様、死に様”を描けて行けたら、ちょっと凄いかもしれませんね。
ルイ >> でも、それが往年のチャンピオンの得意技だったはずだぜ。>テンション維持で生き様死に様 一応気にしてはいます。どうせまた載せるなら、前回の繰り返しじゃ仕方ない。
LD >> 「バチバチ」は良いですホント。女の子も一人出せばとりあえずよしw
ルイ >> くそお〜。みんな1人で満足しやがって〜←?
ルイ >> 「ムラマサ」 亀甲縛りが水でキツキツになったとしても、妖刀鬼六は普通に使えると思うんだけど思ったら負けだと思っている。
LD >> 「ギャンブルフィッシュ」は負けフラグ立ちまくりなチャイナさんが、だんだん不憫になってきましたが…wしかし、それ故、むしろ勝つんじゃないか?と思えてきたり…いえ、負けるでしょうけどねw
ルイ >> これでも、阿形もまだ十両ですし、ともに登っていく位置なんでしょうかね。相撲の世界って位の前には先輩後輩なんてカケラも価値がない世界でしょうし。
LD >> じゃのめ」はやはり、次第に“行為”がエスカレートしている件。(´・ω・`)
ルイ >> いや、最後の最後でガトー姉妹がジャスト一年切れ→幼女化しちゃって幼女エクスタシーを見せて体が小さい分耐えられず悶絶逆転負けすると俺は思っている(`・ω・´)
LD >> カケラも価値がないですね。阿形をどう描くか?でこの作品の全体像が観えますね。
kichi >> 「ギャンブルフィッシュ」は双子が実は幼女だとか主張しだしましたが、この作品的にそれはアリなんでしょうか?(´・ω・`)?
ルイ >> って、このガトー姉妹のファンタジーは何なんでしょうね。ギャンブルフィッシュの世界観だと、こういうファンタジーはありなのかなあ・・・。
kichi >> 「じゃのめ」はほんと毎週ドキドキですなぁ……w(/ω\)
LD >> んんん…僕は、ジャスト一年切れは、トムとの対戦で、何もかも失った幼女二人をトムが抱き上げて、皆は「貴様!見境無しか!」と総ツッコミ…というビジョンだったけど…w この際、雑魚はダブルOKでもいいかもですねw
ルイ >> で、両者絶頂によるダブルノックアウト。これだ。←
ルイ >> あんれぇ、かぶった?w
LD >> ありっちゃありでしょうけど、トリックのカモフラージュの可能性も高いですよね。>ファンタジー
kichi >> ……ていうか、まさかトム戦以外をこんなにじっくり描くとはw まぁ、女性対決だからでしょうけどw
ルイ >> それよりコマの端で蛇兄貴惨殺してっぞ。>じゃのめ
ルイ >> そうなんですよね。何のメリットがあるかはわからないけど、とりあえずブラフっていうか、心理的に優位に立つためのカモフラージュにも思える。
LD >> もう、最後までいっちまうんじゃね?これ?(´・ω・`)>「じゃのめ」
ルイ >> まだマウストゥマウスはないんだぜ。
ルイ >> ・・あれ?あったか?w
ルイ >> 最後までいったら「雷火」を越えたと認めよう。
LD >> 「ムラマサ」……ほっほ〜w リットンが背負っていた星条旗にはそんな意味が………ウソこけ!!www
ルイ >> いや〜、LDさん星条旗の説明の前に涙目だったでしょう?
kichi >> もう一つ連載再開されてた「ツギハギ生徒会」は百合展開……。しかし百合姫S等で百合分をたっぷり補給直後だった私にはこの程度の百合じゃ………………ま、来週も百合百合にするのがいいと思うよw
ルイ >> 哲弘にやられた!と思う事の切なさといったら。
LD >> そして、それは無いと言った数P後に判明する呪われたチェーンソーカイヤw
GiGi >> チャイナさんもラテン双子もトムが落とすに決まってるだろう常考
kichi >> チェーンソーにはなんか不思議とやられた気分……(´・ω・`)なんでだろう?
LD >> なんでやねんw>切なさ
ルイ >> 結局親父が言っていた近代兵器に呪いは無い云々はどこにいったのだ。実はこのチェーンソー、妖刀を溶かして作った獣の槍なのか。
LD >> ってか、それとなくSOD、壊滅しているみたいだし…w
ルイ >> ガトー姉妹の目の描き方はトムズエンターテイメントターゲットに入ってると思うけど、チャイナさんは多分アウアウだと思うよ、目の描き方的に(真顔
LD >> 大量生産じゃなくって、一品もののチェーンソーとか?
ルイ >> 怒ってないと
LD >> 「ナガレ」はサバの刺身は美味しそうに描けていると思うよ…。
ルイ >> うーむ・・・・・>ナガレ
LD >> さて、では一番を決めましょう。
LD >> ジャンプは「アイシ」、「ぬらり」、「黒蜜」……あと「バクマン」も好きですね。
ルイ >> リアクション芸で脱衣してアバター空間にいくことは選択しないのか・・・>ナガレ
ルイ >> まあ「アイシールド21」。「黒蜜」「ぬらり」「お茶にごす」。・・・・・・・・・・・・・「ネギま」?
kichi >> ジャンプ難しいですね。一番印象強く残ったということなら「めだか」なんですけど……、まぁやはり良い最終回だった「アイシールド」かな。
kichi >> サンデーも微妙に難しいんですけど、私としては「はじめてのあく」を推しておきましょう。
LD >> サンデーは…「お茶にごす」でしょうか。
kichi >> マガジンは……、「ネギま」になりますかね。
LD >> マガジンは…「花形」と「コドブレイカ」
ルイ >> んーと、まずお嬢を美味しいものを食べると恍惚の表情で失禁するキャラにして・・・(以下妄想中) いやでもナガレってホント時間おいたのにテコ入れないんだなぁ。バクマンのケースと違うんだぞ。
LD >> あと「ネギま」。
LD >> ん〜っと。そもそも「ナガレ」は連載が好調で、休載後も復帰を望む声が多く寄せられた……から、この路線のまま…なのでは?
kichi >> チャンピオンは………………「じゃのめ」……いや、今週は「バチバチ」の方にしておきましょうか……。
ルイ >> うーん、それは初音ミク関連で絵柄自体を求める声があったようなものだと思うけどなあ。
LD >> チャンピオンは「じゃのめ」と「バチバチ」かなあ…。
LD >> 僕は面白いと感じていないので、いろいろ手を打ってくれる事を望んでいますけどね。>「ナガレ」
ルイ >> 強いてあげるならバチバチだけど・・・・いや「ペダル」の金城キャプテンがかっこよすぎるってのもあったけども。
LD >> 「アイシ」、「ぬらり」、「ネギま」、「バチバチ」あたりではないでしょうか?
ルイ >> 「アイシールド」か「ぬらり」だなぁ。そしてアイシールド。充足感があると、逆に全てのキャラのその後を虱潰しに描写したいとも思わなくなるんだな。
LD >> 「アイシ」か「ぬらり」ですね…。
LD >> …「ぬらり」はあの画を張って。今回は「アイシ」でしょうか。
LD >> 「アイシ」にします。
ルイ >> クリスマスボウル→ライスボウルの間に何人かは脱落してるんですよね。例えば雪光はその道は選んでないでしょう。
LD >> (´・ω・`)「バカリズムマン対怪人ボーズ」7月24日DVD発売!
LD >> いえ、雪光は高見と一緒にいましたよ?
ルイ >> 脱落って表現がよくないんだけど・・・これを道と定めた人が絞られていく。結局この道のてっぺん、NFLのスターになるようなごく一握りの人間以外は、いつもこの尖った山を当然のように登り続けていく。才能の差、人種の差によるステージの違いなんてのは、大きな山から見れば小さな話なのかもしれませんね。
ルイ >> あっと、じゃあ雪光じゃなくていいんです。とにかく全員が全員このエスカレートをしてるものではない、自発的に選択してるって話がしたいので。
LD >> ところで「フレッシュ・プリキュア」のEDってモーションキャプチャーしていますかね?
ルイ >> ボク観てないからわかんない。
LD >> 番場は残りましたけど、原尾くんとか居ませんしねw
LD >> 最近、キャプったOPEDって「ロザバン」、「かんなぎ」くらいでしたっけ?他に何かありましたっけ?
ルイ >> 流行が過ぎた感はありますね>キャプ みっそんEとかがはむかうから・・・
kichi >> ああ、どうなんでしょう? あんまり揺らぎみたいのは感じないんで違いそうにも思いますけど……、微妙>モーションキャプチャー
LD >> 「みっそん」はそんなかんけないだろJK…(´・ω・`)
LD >> そっか…。>キャプ じゃ、どっちかっていうと「アイマス」の流れなんだ…。というかあのEDの素材、“商品”になると思うんですけどねw
ルイ >> 川の中の小石だと申したか。
LD >> 川の中というか……沼の中?
kichi >> カードゲームとかに流用してるのかな? 5の頃からアイマス風の踊りを披露するカードゲーム?みたいのは出てるのですが……。>ED素材
ルイ >> (o´∀`)○))`з゜)!・;'.沼の中ッ
ルイ >> あー、ゲームでありますね。
LD >> まあ、「フリキュア」のED好きなんで、何かチェックかけたいんですけど、他の流れ引っ張ってこないと「…なんかいいね!」くらいしか言えない感じだったり(汗)
ルイ >> 今度観てみましょう。プリキュアはDVD借りて倍速で観るしかないな(倍速?
LD >> 明らかに上手い事言ったのに殴られた気がするよ?Σ(`・ω・´)
ルイ >> だれう、までタイピングしてたんだけど気付いたら全部消して殴ってた。反省は若干している。
LD >> まあ、直に「今期選考」に入るんですけど……今期はあんまりエントリーするものがないんですよね(汗)
kichi >> EDは良いですよね。最初ちょっと3Dなのに引き気味だったんですけどw、あれも慣れればなかなか悪くないし(ブッキーがやたら可愛い瞬間があるしw)、曲も良曲だと思います。……OPは未だにもうちょっとどうにかならなかったのか?としか思えないですが……orz
ルイ >> まぁ、チャット時間は収まる確信がありますねw
ルイ >> 語りたいものがないと長引かないんだよって・・・今回逆に短くなりそうな気もするんで、ちょっと本気でチェックかけようと思ってます。
ルイ >> プリキュアはアレなんですよねー、観るなら無印から全部見たくなっちゃって、それが無理だから見られてないっていう。僕の中ではおジャ魔女、ケロロと同じ扱いなんですよね。がんばって観るしかないのか。
LD >> 振り付けもいい感じですし、僕はラブがこっちに目線をやる画が好きですね。>ED 4人目が入ったらED一人増えるのかと楽しみです。
LD >> そういう人のためにはどうかは分かりませんが「プリキュア」は1作、1作かなり独立していますよ。「おジャ魔女」シリーズではないですね。
kichi >> 無印はほとんど見てないんですよねぇ……(´・ω・`)参加してるチャットで皆見てたから見るようになった、みたいな流れだったもので。今も基本的にチャットでツッコミ入れつつ見るのが楽しい作品という位置づけではあります。
kichi >> 2期、1期、2期、1期←今ココ、とセットではありますけどね。って書き方で伝わるかな?>独立
LD >> ただ、東映アニメのあのシリーズもの感ってのがあって、ある程度想像できちゃうって面もありますね。そこは悪いわけではなくって、むしろ堅くいかないといけない。
ルイ >> いやいや、もちろん独立しているのはわかっているんですけどね・・・
ルイ >> そうなんですよね!>ある程度想像できちゃう 勿論その中に差異を見出してこそなんでしょうけど、そうなると・・・・・・・・・倍速だなあって・・・・w
kichi >> フレッシュはそこを若干崩してきてる作品という印象はあって、その辺も楽しんでるポイントだったりはしますね>シリーズもの感
kichi >> さて、では寝ます〜。おやすみなさい〜 ノシ
ルイ >> うむ、おやすみなさいませ。iphone買うからPSPのメモリなんて8GBもいらない気がしてきた。
LD >> 若干崩してきてる>それは思いますね。 …とは言っても東映の戦隊シリーズとかも毎年どれくらい崩すかを観るような所があってw1作ごとに相当変える伝統を持ったのは平成ライダーシリーズなんかの方ですね。
LD >> お疲れ様でした。
LD >> …で、今期、あんまり気を引くのがなかったなあ…って内に「プリキュア」とか「シンケン」とか「デケイド」を観ておこうかと思ったワケですよ。
LD >> では、そんな所で。iphoneがんばって下さい(`・ω・´)
ルイ >> シンケンジャーは、大和屋さんが参加して勝手に不思議シリーズの味を混ぜ込もうとしてるんですよねw
LD >> 大和屋さん…w 「ヴァルキュリア」では大人しい仕事しているのに…w
ルイ >> iphoneをがんばるより、DSを修理か買い替えか叩き割るかの三択の方が・・・(叩き割る?)
LD >> まあ、井上〜やんちゃ〜敏樹先生の大風呂敷を畳んでみせた靖っちゃんは懐深いからいいのかなw
ルイ >> 2期モノで飛びぬけてないと触れづらいし、分割クールや映画ヒキもまた触れ辛いし、って引いていくと本当今期は・・・ま、いいや。まず観よう。今日はLDさんが何気に楽しんでいるヴァルキュリアを観てみっかな。
LD >> そいではお疲れ様でした。
ルイ >> お疲れさまでした。充電ちゃんがそろそろ始まるから高画質で録画するといいよ。
ルイ >> で、今度ルから始まってイで終わる良い子に貸してあげるといいってばっちゃが言ってた。
ルイ >> あ、ルーシィ?みたいなボケはイカンのですよ。
GiGi >> ルパンサンセイ?
?さん >> GiGiさん、東のエデンさっぱりわかりません(笑)。解説してくださいぃぃ。
ペトロニウス >> ああ、僕です。
A-kiyama >> 君が望む永遠→マブラヴ→マブラヴオルタが終わったので、オルタチャット読みに来ました。
GiGi >> 最終回見るのは来週ですので、なんか書きますw。
GiGi >> 咲の存在感が思ったより小さくなってしまったのかなーと思いつつ。映画は平沢とか活躍すると期待
GiGi >> 9話、10話はちょっと圧倒されて記事をかく手が止まっていたりします>東のエデン
ペトロニウス >> 情報量が多いから、圧倒されたんですかね?
GiGi >> 物部というキャラクターがとても面白く描かれていて、彼は滝沢くんがミサイル攻撃に同調しないのをわかっていて、あえて接触してるんですよね。


■■■■2009年06月22日■■■■
LD >> 。o(…よし、「プリキュア」追いついた…。次は「シンケン」か…)
LD >> 。o(…「充電ちゃん」の高画質は難しいかな……でも、「ハルヒ」の新作とハイブリッドにしたら、きっとサプライズだよね…)
いずみの >> そう言えば27日にヱヴァ破を観ることになりそうなので、できれば28日までに観ておいていただけると嬉しいですね>GiGiさん


■■■■2009年06月23日■■■■
GiGi >> それはとても難しいですねw
GiGi >> 28日の集合時間如何ではその前に見てから合流というのはあり得るかも知れません
いずみの >> イベント時間中に観るのは可能かもしれませんね(笑)。11:00〜15:00です。
いずみの >> ↓名古屋コミティアの時間が11:00〜15:00
GiGi >> 調べて見たがわりと厳しいな…名駅徒歩10分の109シネマズが12時〜の回があるが、国際会議場までたぶん30分以上かかるんだよな…
GiGi >> ちょっと検討します。
いずみの >> そういえばGiGiさんが挙げていた、ドラクエとFFの画面の違いを語ったゲーム論のページってわかります?
GiGi >> 野安さんのところかな?ちょっと携帯からなのでURL示せませんが、野安の電子遊戯工房でぐぐれば出てくるはず。
いずみの >> 確認できました。ありがとうございます


■■■■2009年06月24日■■■■
エルバ >> ほうほう、名古屋でこんなイベントが開かれるんですね。覗いてみるかな。
エルバ >> って、28日か・・・ダメっぽいな。残念。
GiGi >> ああ、えるばさん28日ダメですか。お誘いしようかとも思ってたんですが。
kichi >> この前もちょっと書きましたが、プリキュア最新話はこれまでこのシリーズが諦めないことが何より大事というか、結構強引なくらい「絶対に諦めない!」で押してきたイメージからするとちょっと意外性も感じたヒキだったので次回が楽しみですね。
kichi >> ていうか、この状態で1週休みとかレイニー止め(マリみて用語です)かよ!って感じなんですがw、私ら大きなお友達は平気でしょうが、本来のターゲットであるはずのお子様方にはどんなもんなんだろう?(汗) ま、次回予告で大丈夫そうなのは見て取れるしそんなに気にしてないかな?
kichi >> あと数学ガールの記事良かったです。漠然と感じてはいたけどきちんと言葉に出来るレベルでは整理してなかったことをきちんと説明してもらった感じでした。
kichi >> しかし、発掘して読み返してみたんですが、そういえばこんなヒキでしたっけw 下巻楽しみですねぇw
kichi >> あと、LDさんがミルカさんを好きなのはよく分かるなぁw めだかを好きだと言っていて、でも先週のデレにガッカリしてるっぽい(今週のもでしょうかね?w)辺りから想像できるLDさんの好みからすると、ミルカさんは今のとこパーフェクトと言っていい振舞いを見せている感じがしますね。いや、私も好きですけどw
エルバ >> 惜しかった。一昨日に誘われていたら同行できたのだけど・・・。
ルイ >> 「戦場のヴァルキュリア」を観始めています。第一話が横手さんだったか吉田さんだったか、そのあたりだったと思うのですが、気付いたらボーグ・チームで回している?
ルイ >> ファイアーエムブレム的なルールに則った(つまりアーマーナイト1人で橋守りきったり、一個小隊で砦ポンポン落とせるイメージ)ゆるめの戦記モノか。・・・まぁ、戦記として観ちゃダメなんでしょう。
ルイ >> その視点で見るには、色んな所に穴が沢山あって・・・ちょっとキツいなと。キャラものとしてどこまで観られるか、ですかね。
ルイ >> ん、今はじめてLDさんのノート書き込みを読んだのだけれど、同じ印象だな。
ルイ >> ユル戦場(戦記)、銀河英雄伝説、という2つについてはシンクロ。特に後者、アレですよね。もちろん心の中で「ヤン・ウェルキン」ってつぶやいたんですよね?←
ルイ >> 今期、FEライクな上での戦場モノとしては「ティアーズトゥティアラ」もあって、こちらはキャスティング以外は結構楽しく観られているので、ここを比較すると面白いかもしれませんね。
ルイ >> ヴァルキュリアって僕が観ている時点では、小隊は犠牲者が1人も出ないし、同時に敵兵はその個々の云々など度外視して、戦車で骨すら灰にする勢いで殺しまくっている。直接描写してないだけでね、ウェルキンにヤンのような「あーもう逃げれば無駄な血を流さずに済んだのに…」といった具合の厭戦っぽさも伺えず、なんとも微妙な「俺たちTUEEE譚」になっていると思います。ヒロインも猪突猛進が運命の女神に愛されて死に繋がっていないのは「ヒロインで美少女だから」としか思えないのが微妙…。ま、このへんのご都合を看過した上でキャラものとして楽しもうかな、ってのが今思っている所なんですが、それにしても隙だらけですねぇ。
ルイ >> ああ、皆様はとうの昔に切ったであろう「黒神」、がんばって最後まで観ました。作画は安定してたな、ほんと。
ルイ >> 原作が淡々と続いている事を考えると、最終回の〆方はなかなか美しかった。最終回それ自体の脚本は、巻いたような所があって良いとは言い難い。
ルイ >> 1話2話の「出会い」のあたりを別視点から覗く事で組み立てようとしているのかな?と思ったけれど、そもそも各キャラクターが特別な作中秘匿情報を抱えて生きてるわけじゃないから、どの視点で覗いても得られる情報に大差がないという。じゃあ、なんでここでダイジェスト?・・・ケイタさんの走馬灯として視点をケイタにそろえてしまえば、オチと繋がって綺麗なフィルムになったとも思うんだが。
ルイ >> ・・・さて、このへんはデキはともかくとして「疲れずに観られた」作品なんだ・・・残しているのは、一話なりを観ただけでクラクラしたようなものばかり。どうしたもんか。
ルイ >> http://kc.kodansha.co.jp/magazine/news_detail.php/02888/1030 コミック以外売ってくれないかな。
カルマ >> なんか原作絵を見る限り春香さんと冬馬がいるんですけど>5の2
カルマ >> 「弱虫ペダル」の1・2巻を買ってきました。いずれ読みます。
ルイ >> もうぶっちゃけね、ジーベのアニメだけが最高なんですよorz「みなみけ」も童夢版のデキが抜けてるんだけども、それでも全作品とおしてキャラクターは一貫しているんですよね。だから童夢版のクオリティで他版を脳内再生するような荒業も可能で・・・でも5の2の場合完全にリ・メイクリ・モデルしちゃってるから・・・orz
ルイ >> おお、弱虫ペダル。ヒーメヒメヒメ魚の子♪←
ルイ >> そういえば「SA」の南マキが、声優ラブコメを開始しましたね。花とゆめで。読みながらキャスティングを想像してしまうのだけれど、主人公を山戸めぐみさんで読んでるのは多分俺だけ。皆パクロミやサイガーで読んでるだろこの野郎。
ルイ >> この人の作品、SAもツッコミ所多すぎな大雑把世界観なんですよね。まぁ「バクマン」のような作品でソレやられても困るけど、少女マンガだと適当につまみぐいしたんだねーとか許せてしまう不思議。
ルイ >> おっと、しかし取材協力に81プロデュースが。なんてこったい、81声優で固まるじゃないか(第一話時点でアニメ化前提トーク
ルイ >> ・・という事はくまいもとこさんか・・・←第一話時点以下略
ルイ >> 女友達の子をアスミスにして・・・主人公を三宅華也にして・・・今後出てくるオネエ様声優を恒松あゆみにすればいいんだな(何が?
ルイ >> ペンギンきたあああああああ!!!!
ルイ >> ア、ア、アワワワワ
ルイ >> 全部影山が悪い!
ルイ >> 染岡さんを「雷門のアシスト王」と呼ぼう。
ルイ >> 引き分け!?
ルイ >> 皇帝ペンギン1号に妄執するさまを見つめる風丸のカットが、また・・・。神のアクア、皇帝ペンギン1号、それらを繋げる選手間のレベル差拡大(入院中の雷門イレブンなんてもう雑魚扱いですよね?)
ルイ >> ゲームを遊んでいくと、おそらく仲間が増え続ける代わりに使うメンバーと使わないメンバーというものが生まれていって、そこには差が生まれる。スパロボやFEのような出撃選抜タイプのゲームには全て共通した部分ですが、これを当然のものとせず「物語」に落とし込もうとすると、こういう構成になるんじゃないかな・・・うむむ。
ルイ >> そして染岡さん。豪炎寺以外に有力なFWが生まれた時点で既に予測できたものではありますが。次週か。単にレベル差に納得してベンチに座っている図を是としない場合、必然的に見える部分ではある。つまりイナズマ「イレブン」なんですよね、この作品。
ルイ >> 「雷門イレブン」は何十人何百人いてもいい。けれどその想いを表現するのはピッチに立つ11人に注がれる形でもって「イナズマイレブン」なのだから、基本的にはベンチにはあまり座って居ない方が美しい。ベンチというのは「11人」と「今ここにはいない何人もの仲間」の、グレーな中間位置なんですよね。目金のように独自ポジションを開拓してしまえば、その違和から逃れられるんだけど(誰もメガネに交代しろ!と思わないよね?)
ルイ >> 当初この辺、雷門イレブンを全国に散らす事で顕在化させないかな、とイメージしてました。「銀牙」で各地に「男」を探しにいったあのイメージですね。そうすると最終決戦以外では、誰も明確な二軍落ちはしないで済む。ところがキャラバンをひとつに定めた場合はどうなるかというと・・・・こうなりますよねえ。
ルイ >> んー、入院中の雷門イレブンが神のアクアに手を出さないか心配だYO。
ルイ >> 源田たちは入院の悔しさの中、影山に再び従ってしまった。それとの対比をとるのか、源田たちが前フリで、半田たちはその反復なのか。ココですね。この作品、物凄く視点が行き届いた作品なんですが、その割りに入院中の半田たちはビックリするくらいカメラに捉えない。例えばOP前アバンで少林や半田に会話させて、病院の窓から空をみて「円堂たち、今ごろどうしてるかな・・・」→OP→Aパート明け空から下PANでイナズマキャラバン俯瞰、とか、どうにでも入れ込めるはずなんです。そんな簡単な事が思いつかないスタッフで作られているとは思えない。
ルイ >> そして半田きゅんたちもそれなりに愛されてるキャラだと、僕は感じているわけで・・・それなのに徹底して映っていないのは、既に「映していない」なのではないか、と思いながら観ている俺ガイル。まぁその結果先ほど書いたように源田たちとの対比を綺麗に取ってもいいんです。「ずっと映っていないから不安だったけど、彼らは円堂たちをまっすぐ信じて応援していたんだ!」という結論でも、非常に美しいし、それでも不安を煽った意味がある。・・・つまり、ここまで半田たちを映してこなかった事自体(その上で旧帝国の神のアクア前哨エピを挟んだ時点)、もう作品として勝っちゃってる、という判断。どっちに転んでも。
ルイ >> ・・・あれ、意外とちゃんと考察してしまった。半田きゅんって言いたかっただけなのに。電視にでも纏めればよかったw
エルバ >> 半田きゅん


■■■■2009年06月25日■■■■
ペトロニウス >> ピーエーワークスの新作は、カナンなんですね・・・・・これは楽しみです。
エルバ >> 428を遊んだ身としては、非常に待ち遠しかったです。 >カナン
エルバ >> てっきりカナン始まるのに合わせて、PS3辺りで完全版が出ると思っていたが、未だにそうした情報は出てこないな。
カルマ >> 桝田省治さんの新作、モバイルだったのか。http://game.watch.impress.co.jp/docs/interview/20090624_296361.html?ref=rss
カルマ >> アイデアとして、この発想はあったなぁ…ただ、難易度曲線として「強すぎて楽勝」から「弱くなって苦戦」へ、カタルシスはあるのかという命題があって。
ルイ >> pspで繋いでみますた。
ルイ >> うーむ、慣れるとそれなりには速くできそうかな・・・
ルイ >> pspで繋いでみますた。
GiGi >> ケータイRPGって密かに一大ジャンルになっているんじゃないかという気が最近している。大手が参入してるってことはそれなりに儲かるってことだからなあ
ルイ >> 移植してくれないとiphoneじゃ遊べないよっていう。
ルイ >> PSPはLRボタンのチープさがワロッシュですが、他はなかなか良い端末ですね(ゲーム機と言えよ)
ルイ >> 凄いワンダースワン触ってるというかw
ルイ >> メモリースティックのレスポンスの速さにはちょっと感心しましたが、一方で人差し指のあたりでジーコジーコ鳴ってるUMDの音がコワス。ゲーム次第でしょうけど、ナウローディングもそこそこ目立つZE。最近PS遊んでないからすっかり忘れてた感覚。
ルイ >> http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090625-00000021-zdn_n-sci アワー
ルイ >> 続は放映するのに無印の夕陽のガンマンを放映しないBSに絶望した!でもシェーンを放映するのか・・許す!(?
いずみの >> ヱヴァ破は、初日に観るのはヤクいということで、後日観賞することになりました、すみません>GiGiさん//普通に昼頃、金城ふ頭駅の名古屋国際展示場って所に来てください。
LD >> (´・ω・`)ノシ <「ファイト一発!充電ちゃん」観たよ〜!!
LD >> (´-ω-`)<ん〜……………。
LD >> (´-ω-`)<…………………。
LD >> (´・ω・`)ゞ<失禁…アニメ?……とか?


■■■■2009年06月26日■■■■
カルマ >> スフィアのラジオ特番…って2日後ですか。http://www.famitsu.com/game/news/1225271_1124.html?ref=rss
カルマ >> 『A&Gゾーンナンバーワン・ラジオパーソナリティーの“鷲崎健”』またこのネタでいじられそうな(笑) 実際4人を仕切れる存在として歓迎はされてるんでしょうけど
カルマ >> ケータイRPG<モバイルゲームは、登録ユーザーを集めてるところは勝ちまくってる状態じゃないですかね。ドルアーガの遠藤さんもビデオゲーム市場に居ない間ずっとモバイルでやってらしたし。
カルマ >> UMDはそもそも失敗だったような感じがしますね。バッテリの食い方半端ないし、外で遊ぶときは音も出せないですし。
カルマ >> PSPはモンハンのやりすぎでアナログスティックがバカになり始めてるので、買い替えたいのですが…まだその時期ではないかな。DSの方が稼働率高いし。
GiGi >> あれ?金城埠頭?会場違ったような…
GiGi >> http://nacomi.vanvi.com/comitia.htmああ、やっぱり国際展示場じゃなくて国際会議場ですね。金山から地下鉄名港線に乗って日比野駅で降りるのが一番わかりやすいかな…。
いずみの >> な、なんてややこしいんだ……>国際会議場
GiGi >> まあ事前に気付けてよかったですね(笑)。28日は昼過ぎくらいを目処に会場向かいます。着時間わかったらメールしますね。
LD >> (´Д`) 今週の一番は本日、25時開始予定です。
ルイ >> あいぽんの設定に手間取っているので今日も遅れます(いや関係なく遅れます)
ルイ >> PSPを買った翌々日にあいぽん…機械オンチの私には盆と正月が一緒にきたようなてんやわんやですよ。誤用すぎてどこからツッコめばいいかわからないですね。
ルイ >> >充電ちゃん ぢゃ、放映が終わった頃に飲み会という事で・・・←超打算 ってのは冗談として、失禁やエロで釣りつつ、基本的にはハンドメイドマイになるんだろーな、と思っているオレガノ州オレガイルって所なんですけどね。
ルイ >> ハンドメイドマイって確かOVA版だったかの続編が消滅したんだけど、ちょっと勿体ねーなって思うんですよね…んー。
ルイ >> とりあえずOPはいい曲だ。かなり好きな方なので貼っておこう。 http://www.youtube.com/watch?v=ZP6grlOwu3s
ルイ >> クラップハンズにあわせたカット割りと、アパートの狭くて急な階段に皆で腰掛けてナメるあのカットで、既に作品表現が完了してるんじゃないかって思う事もある。作品の質以上に、なんでか脳内で流れる事がある曲ですね。
ルイ >> あ、こういうのをあいぽんに詰めればいいのかハァハァ。
ルイ >> これ、時代的にもリメイクいける題材じゃないかなぁ・・・贔屓目か・・・。
GiGi >> 結局両方買ったんですねえ。景気のよい話ですな。


■■■■2009年06月27日■■■■
LD >> |・`)
LD >> |ω・`)
kichi >>          じーっ(´・|
LD >> |・ω・`)
LD >> |・ω・`)ノ まいこー!
kichi >>       こ、こんばんわっ ヘ(´・|……まいこ?
LD >> こんばんは。…いや
LD >> マイケル・ジャクソンがお亡くなりになりましたねえ…。
kichi >> ああ、ビックリしました……>マイケルジャクソン
LD >> また、マイコー・ゲームが企画されていると聞き、「それはムーン・ウォーカーのことかああ…!」などと吹き出していたのですが、それどころじゃなくなってしまったわけです。
LD >> 関係ありませんが「クイーンズブレイド」観終わりました。(´・ω・`)
kichi >> むぅ。個人的にはまったく思い入れとか無い方なんですが、それでもムーンウォークの真似はしたことありますししねぇ……。
kichi >> QBは11話だったかな?レイナを無理矢理格上げした回まで見ました……(´・ω・`)
LD >> レイナ……なんていうかダメな子ですよねえ…w
LD >> でも、すぐに第二期のようですけど、微妙にキャラが減らせない状態の中で、どう話を進めるか…かなあ?いや、どうにも大した事ない話なんですが(汗)
kichi >> ダメですねぇw 妹が主人公のマンガ版の1巻(レイナ未登場)だけ読んだ後見たもんで、勝手に結構強いもんだとイメージしてたらあんなだったのでちょっと衝撃的なダメさでしたw
kichi >> どうなんでしょうねぇ?トーナメントとは行かないまでも、勝ち残りな感じで試合特化……てのも、う〜ん、微妙かなぁ?
LD >> ああ、なんかメガドライブでマイケル・ゲーム「ムーン・ウォーカー」ってのがあって、一部では味ゲーとして有名だったのですよ。
kichi >> 味ゲーですかw まぁ、メガドライブは私はもちろん周りで持ってる人もいなかったもんで全然なのですよね……(´・ω・`)何故かゲームギアは持ってたのですがw
LD >> ダメな子なんだけど、そのダメさを思い知らされるような大失敗をする…というわけでもなく、微妙な反省で何となく上手くいってしまうような…?というぬるま湯な展開が妙な味を醸し出していますが…………やっぱダメなアニメかなあ?wなんか微妙に嫌いじゃないんですけどw
kichi >> んん〜、そうやって味を楽しめる人なら……w でも当初の私のように普通に爽快なエロアクション期待で見たら厳しいと思いますよw はじめから深いものを期待してた人はほとんどいないでしょうけど……w
LD >> http://www.nicovideo.jp/watch/sm5803717 ←これはアーケード版かな?やはり動画あったな。
LD >> 第一話でいきなり漏らしていますからね…(´・ω・`;) >爽快なエロアクション
LD >> あ、そうそう「フレッシュ・プリキュア」も追いつきました。
kichi >> 。o(なんか霊弾みたいなの撃っとる……)
LD >> って、今週、おそらくイースが4人目になるんですよね?…何というかイース様、まだ改心フラグ立っていないような気がしていて、そこらへんどうなるんだろう?って思ったりしています。
kichi >> いや、どうなんでしょう? まだパワーアップ用の切符が二枚残ってるのでその後かな……?って気がしてるんですが……どういう話運びするのですかねぇ?>今週
kichi >> 。o(ちょっと目を離した隙にロボ化しとる……)
LD >> 子供たちが助けられる度に「まいこー!」と言うのが、何だかちょっと微妙にやくい気持ちにさせるワケです…(´・ω・`)
kichi >> やくい……w
LD >> 切符が二枚残ってる> そうなんですよね。まだ、全然悪の側で葛藤にまで至っていないように思えるので…。いや、先々週の予告がもう出る感じだったように記憶していてw
LD >> さて、ではそろそろ一番に入りたいと思います。
LD >> 来週からは、またアニメに新番組攻勢が始まるので大変なのだ…。
kichi >> 3人が倒れて、4人目必要って流れですからねぇw 結局今回は3人で凌ぐのかなぁ? なかなか微妙で読めないのですよねw
kichi >> (´・ω・`)。o(来期はネットで見れる新作はあるのかなぁ……?)
LD >> ジャンプから。
kichi >> ……そいえば「シャングリラ」もカリンちゃんエピ見たんですが、あまりマクロと繋がってない感じでしょんぼり……(´・ω・`)
LD >> ああ、そう言えば「初恋限定」は通して観ると、やっぱり江ノ本と楠田の話がメインだと思ってしまうなあ…。(他は上手く派生できなかった)
LD >> カリンちゃんエピ>そこまだ観てないですが、あの作品、カリンちゃんがダメだとかなりキツいですねえ…(汗)
kichi >> ああ、そういう印象はありますねぇ。あと、10話は2つのエピくっつけてるんで仕方ないかもですがやはりちょっと駆け足過ぎ、そしてあのEDの入り方もこういう強いヒキにはあまり向いてないなぁ……といった印象で、なかなか難しいものですね。
LD >> 多分、ここではピーエーワークス応援で「カナーン」を観て行く事になると思うんですけどね。
kichi >> 単にカリンちゃんを積む話としてなら、まぁ許容範囲というかイメージ通りなんで特別悪く言う必要も無い気はするんですが、残り話数を考えるとこんなエピやってる暇あるのかな?というような……。あ、待てよ。2クールやるんでしたっけ?1クールと思い込んでましたが……。
LD >> さて、ジャンプですが巻頭に青キジのフィギュアとかが出ていて、今さらながら、見れば見るほど松田優作だなと思いました。
kichi >> ……多分見れない……(´;ω;`)……ようつべ……か……>カナーン
kichi >> まぁたしかにw>松田優作
LD >> た…ぶん、2クールじゃないかな?新番組の中に「シャングリラ」の時間のが無さそう……なんで?(汗)
LD >> 「ナルト」は今週読んで、あ、そか。ナルトたちってサスケが暁に入ってた事知らなかったっけ?とか思いました。
kichi >> ふむ。まぁ、すでに1クールじゃとてもまともに畳めなそうな感じではあったんで、それならもうちょい長い目で……(´・ω・`)いや、正直いろいろ厳しいですけどねw てっきり覚醒したのかと思ってたクニコもまだぼんやりした状態なんだもんなぁ……orz
LD >> 「トリコ」はなんか変な小芝居をしていましたが、全体的に煌めいていたのでよかったですw
kichi >> むぅ、サスケのことはサッパリですw<出てた頃読んでないので
kichi >> いちおうリンが生きてた理由も描かれてましたね。申し訳程度のものではありますが、先週の反動っていうか、なんか好感触に感じてる不思議。……前回の表紙クッション含め巧い、のかな?やはり。
kichi >> >トリコ
LD >> クニコちゃんはダメですねえ…w多分、もうちょっと大人が頼もしかったら、ああでも良いと思うんですけど(汗)あんま頼もしいとは言えないから、もっと神懸かりジャンヌみたいなキャラになってくれないとツライものがある。
kichi >> 一方ワンピの方ではイワさんにイナズマがあっさり戦線復帰したのですが、こっちは理由説明あるかなぁ? 死んではないと思ってましたが、戦線復帰は無いと思ってたので微妙な気分ではあるんですが……。
LD >> 巧いというか……多分、死が当り前にある世界が描きたいのでしょうから、こちらが受け止めるより、サラリと描いているんでしょうね。>リン
LD >> 「バクマン」は、TRAPは連載が軌道に乗ったのかな?ここから、どんでんは返らないかな?
kichi >> なるほど。>死が当たり前にある世界   ……ちなみにこの世界では「料理」はどうでも良い感じなんでしょうか?w フルコースも食材であって料理ではない?<連載初期は読んでないもので
LD >> あと、「ハイドアウトドア」の幼児っぽかったキャラが、連載用にキャラ年齢上げてきているのがよかったというか……気がついたら「とらぶる」みたいなマンガになっていたらどうしようw>「バクマン」
kichi >> 案外あっさりと軌道に乗ったように見えますね。さらに手を打ってるわけですし、どんでんのイメージは湧かないですが……、結構簡単にひっくり返るのがバクマンなんで、う〜むw
LD >> ああ、あくまで主になる食材を何にするか?という事みたいですね。>フルコース
LD >> 少なくとも、全ての連載が打ち切られずに、全部大人気で上手く行きました!めでたし!って話にするようには思えないですからね……TRAPが打ち切りないと、やはり福田新太が危ないんですよね。
kichi >> ああ、気にしてなかったですけど、たしかにこの絵だとそういうイメージ湧きますねぇw>「とらぶる」みたいな  でも蒼樹さんがそれを許すとも思えないんですがw
LD >> …うん。10週目で6位という作品が、そうそう落ちるとは思えないですね。「P2」あたりとかは、もっと低空飛行であれだけ続いたはず…。
kichi >> ちょっと今回のこの順位はうまく行き過ぎな感じですけど、どっか落としてくるのは確実でしょうねぇ……。……ていうか、このジャンプ、ワンピにナルトは載ってるんですよね?たしかw 他にも結構名前出てたはずですけど、どんな順位になってるのか興味あるなぁw
LD >> いや、蒼樹さんには「とらぶる」みたいなネームは確実に描けないでしょうけどねw……でも、まあ、少し変ったというか“取り込まれた”というかw完全に子供じゃなくって、ちょっと色気がある方がウケるよという話は受入れたように観えますね。
LD >> まあ、新妻エイジ=久保帯人という説を採用するとね…(´・ω・`) 1位「ワンピ」、2位「ナルト」、3位「クロウ」って感じじゃないでしょうか?
kichi >> う〜む、作中作読んでみたいですね。読みきり版と連載1話だけでもw>ハイドアウトドア
GiGi >> トリコはジュエルミートはコマツが料理すると思ってたのでそこだけちょっと残念。全体的には煌めいててよかったです(笑)
kichi >> やっぱり煌めきがポイントなんですかw
LD >> いかにもジャンプっぽくない話を描いているはずなのに、連載検討できる人気を獲得するのは、相当に実力高いように思えますけどね…。でも、ジャンプっぽくないから、劇中作は「キヨシナイト」以上に難しそうw
LD >> 何か、今週、全体的に煌めいていますからw>「トリコ」
LD >> 「べるぜバブ」は上手いなあ…もう、ホントそれだけだなあ…w
kichi >> 今のトコ一番読んでみたいのは「ハイドアウトドア」ですねぇw 他はまぁ、大まかな想像は付くんで、そんなに読みたいと思わないんですけど。……もっとも、実際読めたとしてどれを面白いと思うかはまた別って感じにはなるでしょうが……。
kichi >> 「べるぜバブ」、葵さん思った以上にまともっていうか、嫁に対しては敵意向いてないんですねぇ。
kichi >> あと、バトルが完全にヤンキーマンガの文法じゃない感じの空中戦なのは私としては好感w>べるぜ
LD >> ヒルダが、問答無用に攻撃をしているのも、邦枝の誤解に一役かっているのでしょうね。
LD >> あ、kichiさんがヤンキーマンガ的展開のそこらへんを忌避しているのなら、多分、もうその心配はないように思いますよ。
LD >> とりあえず、東条の強さをどう表現するか?でしょうけど……柔道、空手、拳法のどれか?あたりかなあ…。
kichi >> ああ、本気で心配してるわけではないですw いちおうそういう視点担当という感じのつもりなだけでw>ヤンキーマンガ忌避
LD >> 邦枝さんがヒルダに敵意向けるのは、もう少し後でしょうね。要するにヒルダや男鹿の方が無茶なんで、今は普通人のリアクションをとってしまうという…w
kichi >> ああ、そういうイメージですか。……ん〜、あまり深く考えてなかったですけど、単純に腕力で男鹿を上回ってるのをイメージしてましたね。で、肉体的には東条が上だけど、精神的な部分で男鹿が選ばれるような……?
GiGi >> 人気の上がったり下がったりという話は赤松先生がよくしてますが、そのあたりをテクニカルにやろうとして滑るという可能性はあるかもですね。
LD >> 「いぬまるだし」は、何か上手いこと言ったオチもよかったんですが……実在した変な四股名は、笑えるというかある意味、衝撃でした……悪魔ちゃんより酷い名前なくね?w
kichi >> んん〜と、先週辺りのイメージでは、最初だからこそヒステリックに「嫁」に敵意を持ってそうに思ってたんですが、それはなかったのがちょっと意外だったのですよね。……まぁ、私の持ってる女性全般の感情のイメージがマズイのかもですが……orz
LD >> 単純に腕力で男鹿を上回ってる> それもあると思うんですが、でも、それだとヤンキーマンガに戻っちゃうなあ〜って、自分が言った事で思考を絞っちゃったかな?w
kichi >> ああ、四股名はたしかに酷いとしか言いようの無いものが……(汗) 名づけ親って親方なんですかね?例の事件もあってイジメだったんじゃないかと勘ぐってしまうくらいのものなんですが……(汗)
kichi >> たしかにそれはそうですねw 私としては予想が外れることを願った方がいいわけかぁw>ヤンキーマンガに戻っちゃう
LD >> 最初だからこそ>そこらへん、機先を削がれたというか……邦枝は、嫁がいたという事実にショックを受けてる間に、向こうが先に敵意を向けてきた……という感じに後手後手になっているようですね。さらに言うと「あの事が奥さんにバレて…」っていうのは嫁が怒っているって事は、自分がからかわれたワケじゃない可能性ってのを考えて、あのシーン、刹那に赤くなっているという。…いや、上手いんですよ。なんかw
LD >> 自転車早吉と自動車早太郎は、確実に同じ親方がつけていると思う……(´・ω・`)
GiGi >> 今週のめだかは何故か普通に面白く読めた
LD >> 「めだか」は良い話でした。…しかし、kichiさんが指摘されたように、めだかのこのキャラ付けは、僕としては好みじゃないw……が、このキャラでいくのね。分かった。
GiGi >> アカボシもいいテコ入れできてるんじゃなかろうか。
kichi >> ん〜、そうですね。個人的にイメージしてたのと違ったってだけなんで、この流れの描き方として上手いのは同意ですw>後手後手
LD >> …で、衣替えなんですよね?…あ、そか。生徒会だけ黒い学生服なんだっけか?
kichi >> 「めだか」は私はむしろ今回のキャラ付けで好感度上がった感じでしたw 思ってた以上に自然体なだけというか、自分の正しさに忠実なだけなんだなぁ……っていうかですね。
kichi >> 「アカボシ」はたしかにテコ入れ感じましたねw そしてなかなか良かったです。仲間見せもギャグも師匠も私にはしっかりフックになってましたので。……あとはスイレンの空気っぷりに対してももうちょいテコ入れしてほしいかなw
LD >> 「アカボシ」は、どうなんでしょう?施策としては正しいと思うんだけど…。
LD >> 「オーバータイム」の時の、天才くん、とか何故出さない?とか思っていたりw………あのキャラはなかなか雰囲気があってよかった。>「アカボシ」
LD >> 自分の正しさに忠実なだけなんだなぁ> そうですね。第一話から示唆されているのに、僕の方でキャラの読み違えがあった感じですね。
kichi >> そうか、生徒会だけ服違ったのか……。それは結構敷居高いなぁw ところでチビな先輩(何子ちゃんと呼ぶのがいいんだろう?)の擬音がちょっと楽しいw あぎゅあぎゅw 先週は、ぽきゅるぽきゅるとか言って歩いてたしw
LD >> 「銀魂」は、今回のエピソードは、なかなか凄いサスペンス感がありますw
LD >> ぽ…ぽきゅるぽきゅる…(`・ω・´;)
kichi >> いや、私もブレまくったというか、記号的に捉えようとし過ぎるあまり間違ってたような気分ではありますね。それが案外あざとさを狙ったキャラ作りではなかったようで。……まぁ、先週の描写はあざとさを感じないわけにもいかないんで、微妙なとこではあるんですけどw>めだか
kichi >> この前のスケットといい、ジャンプでは人気投票ネタ好調ですねぇw>銀魂
LD >> あ…不知火か。>ぽきゅるぽきゅる 呼ぶならチビ子ですかね?w
ルイ >> おはようございます。
kichi >> チビ子でOKですかw
LD >> まあ、でも銀さんが一位ってけっこう正しいマンガなんだなあ…って思ったりw
LD >> 「サイレン」はネメシスQがいきなり変なキャラにw……シフト・チェンジしてるなあ…w
ルイ >> まず何より、「JG1は化け物か!」って言い続けてきた日々ハズゴーン。
ルイ >> 何かえろうホッとしたYO。
kichi >> ダメQかぁw まぁ、当面はちょっとヌル目に行くのがいいんでしょうね?w ワンランクは上みたいな敵が出てきたみたいですが、こちらもサクっと片付けてくれるといいなw>サイレン
LD >> 「ぬらりひょん」は、今週は一つ目がよかった。元々はこういう奴なんですねwあと、羽衣狐はやはり九尾狐なんだなw
ルイ >> 「アカボシ」はやはりキャッチーさを意識して、名前をタイソウから流星にシフトさせようとしているフシが。全体、悪くないんだけど今一歩・・・という際どいあたりで飛行中ですね。
kichi >> あ〜、今回の読み切りは絵も話も粗かったですね。……設定のアイディア自体は悪くないと思うんで、そう嫌いでもないんですが……。
ルイ >> 「めだか」は、天然分を強めたという事になりますかね。読み切り時点では「完璧すぎるが故に欠損がある」というポジションを徹底していたハズなので、親しみやすさを付加しようと考えたらこうなったのだろうし、その意味では正解かなぁ。キャラ読みする分には物足りない人になったけど。
LD >> まあ、なんかアゲハが新しいプログラム考えているみたいだから、それとか、雨宮の何か新しい技とか、そこらへんの実験台で…w>サクッと片付く
ルイ >> 「めだか」、僕はいずみのさんと違って西尾維新先生がそこまで「週刊施策」を施しているとは思っていない人なんですよね。構造面ではそれなりに意識して読み切りとのマイナーチェンジにも意味を感じるんですが、毎回のテーマは大体既に文字に起こしてあるものの派生だと思う。寧ろ案外まんまだと思っていて。そういう視点からすると、今週のめだかも実にデジャヴってました。ま、それで戦えるんだからそれは元からそういう素養があったという話とも思ってるんですけど。
LD >> いや、これはこれで「読める」と思いますよ。…西尾先生の中で、これで「回る」のなら問題ないというか、しばらく瑕疵を感じるまで観させてもらおうかなという。
kichi >> 一つ目もいいですし、若い牛鬼もなかなかいいですね。過去編好調だなぁ。>ぬらりひょん
ルイ >> どうなんでしょうね?>読み切りの設定アイディア 長身という人によっては羨むステータスが本人にとっては負担でしかないと。そこで身長無関係に勝負ができる世界を見つけたと。・・・ここまではアリだと思うんですが・・・んんん、身長の反則っぷりと、カート競技においては逆に身長ありすぎるとマイナスってところのギリギリの兼ね合いが「小学生」なのかな…?
ルイ >> 過去編が好調すぎて現代編の弱さが目だってきそうな勢いですよ>ぬらりひょん やっぱり意志のままに行動している人が多いから締まるんだろうなぁ。
LD >> 「アカボシ」は、タイ宗と林チュウの激突の瞬間に衝撃があれば、全て上手く回りはじめる…という気がするんですけどね。画でねじふせる形だったので、そこに「掛った」人は上手く回りはじめたように感じるはず…。でも、僕はちょっと物足りない。
kichi >> 私も「読める」と思っている……というか、天然って言っても反射で動いてるタイプでは無いんで、葛藤も生まれるでしょうし(先週はそうだったんでしょうし)、基本的な部分での人格の在り方としてすごく好感なこともあって、私はやっぱり好きですね>めだか
ルイ >> うーん、主人公が能力的に充実しすぎていて、カートもこのチートキャラにとっては天職ではないように思えてしまうなぁ。数周走ってりゃトップのライン取りを掴めて、あとはそこより攻めるか否かっていう単純な意志、踏み込みの話になってるから・・・まぁ、漫画賞に応募する読み切りですね、という感想しか出てこないです。
ルイ >> 「読めない」と言った覚えはないので、別に異論はないです。
ルイ >> ただ、もっと面白いキャラになったかもしれないけど、媒体にあわせたって事だろうと考えてます。>めだかちゃん
ルイ >> 「ワンピース」は、ルフィがこういう喜び方をすると大概海賊団に入らねェかフラグだったんですけどね。ここもルフィのキャラなら言葉にはするかなって麦わら今ネェよ!w
LD >> でも、先週、林チュウのキャラは組んでいたように見える……じゃあ、ギミック?とかすぐ、そっちに気を向けるんだけど…実際どうなんだろう?とも思う。…単純にお涙頂戴で、この林チュウのキャラが出せていたのか……(考)
ルイ >> 「銀魂」は、作者人格をここまで強調されるとちょっと・・・寒いなって・・・w
kichi >> ああ、そこまで詰めて考えるとそうですね>読み切り設定   まぁ単純に、負担であった体格差を無くす世界としてカートっていうのは悪くないと思ったもので……。
LD >> 媒体にあわせた、という評価には異論がなくって、西尾先生、あわせるために、自分の中で回しずらいキャラにしなかった?という経験感覚による危惧を感じてるんですけど、そこらへんどうなんでしょう?>ルイさん
LD >> ところでルイちゃんなんで黒?(´・ω・`)
ルイ >> うん、三沢さんの魂がまだ旅をしているので。>黒
ルイ >> 本当はピンクにしたいのだけれど、そこはまぁ。なんか黒いだけで攻撃的に見えるなぁとか思ってる所なんだけどw
ルイ >> 回し辛い事はないと思っていますね。LDさんは化物語をこれからアニメで観る事になりますけど、あの作品のヒロインはドツンというか、デレがないツンデレ=ツンドラって事だけども、行動の根っこ、というか読み方にそれほどの大差があるようには僕は思っていないです。
LD >> 「黒子のバスケ」……うん、今週悪くないなあ…。なんというか、今、僕「べるぜバブ」ベタ誉めですけど、「黒子」とか「アカホシ」読んでいると、そこらへん紙一重なんだなあ…って思う。
LD >> 回し辛い事はない> ふむ。
kichi >> たしかに今週の「黒子」は良かったですね。突き抜けたネタによってとかじゃなく、順当な展開なのに良かった、ので、紙一重って言葉もよく。分かります
ルイ >> 要は、ヒロインがそのあり様を簡単に見せないと、読み手はヒロインを見つめる観測者(=小説だと主人公)の視点に立って、答えを詳らかに本人提示してはくれない中で理解に努める…文字通り『読む』面白さがあると思うんですけど。めだかちゃんはそのへん、毎週のヤマに合わせて結構堂々とカードを見せてくれるので、キッチリ週単位で読んでいけるわかりやすさがあるんですよね。個人的には、今週ある意味結構大事な回だと思ってるんですけど・・・
LD >> それから「フープメン」も全然悪くない…wwどうしたもんかなあ(汗)w
ルイ >> 善吉という翻訳者、視点なしでも読める形を見せたわけですよね、今週。ここが「めだか」の、めだかちゃんのキャラの伝播しやすさなどから通じて見えてくる、優れた計算だなと思います。まぁ、やってる事自体は西尾先生の中にある感覚だと僕は思っていて、要は観測者の方の位置づけを変えた=同時に観測対象のキャラクターも「見える」形にした=週単位で読みやすい=週間漫画の形 と、思ってるところ。まー様子見ですけどw
LD >> キッチリ週単位で読んでいける、という指摘は良いですね。めだかの造形は正にそれに観えます。(1週ごと…とは言わないまでも短期)
LD >> あと、今週の「とらぶる」はエロかったね……と。( ・`Д´・)φさて、そろそろサンデー。
kichi >> 「フープメン」も良かったですねぇw 才能より努力を尊ばれたいという気持ちはまさにこの作品のテーマに沿ったものですものね。……でもたぶん来週最終回かな……;
ルイ >> 読み切りの時は…って読み切りって事は一話しかないわけだから比較対象としてフェアではないんですが…もっと観測者・善吉の視点オンリーで成立している作品で、いつもどおりの唯一性を軸に周りにハーレムやら連載構造つけたすようなイメージだったんですよね。それと比べれば、キャラクター造詣から「めだか」に寄ってるし、それでムリがないような造形にもしている。彼女のリアクションを絵の力も相俟ってシンプルに楽しめる作品ですよね。と、いうのを今週はからずも?はかって?wイケメンの物語を通して表現してみせたって事ですよね。じづは先週よりその辺納得できて好き。
ルイ >> 「フープメン」面白かったというか、アイシールド最終回に熱いコメントを寄せていた作家だけのことはあるなってw
LD >> 「境界のRINNE」は面白くて困る……w なんというか、正直、僕、連載始まる前は、さすがに天才も老いるか…などと心中思いながら、奥歯に物が挟まったようにびみょう〜な批評をする準備整えていたんですけどw(←)
ルイ >> あっと、「トリコ」は煌いていて良いですね。フルコースですが、「食材ありき」である事に疑いはないでしょう。料理の仕方次第で味が変わる、という視点が「無い」事は無いと思いますが(小松いるし)でも、レベル80の食材が調理次第でレベル100を超えるって世界観ではないはず。
kichi >> ふむ。私も今週「見えた」ような感覚はあったのですけど、単にめだかのキャラだけでなく観測者側の視点っていうのも大きかったのですね。なるほどです。
GiGi >> 読み切りは今モータースポーツ描くならもう一捻り欲しいよなあなどと。あとカートに限らず乗り物系は基本チビのほうが有利ですね。
LD >> …びみょう〜な批評をするじゅnb∵(´A(`○=(゚∀゚ )
ルイ >> レベル100の素晴らしい素材を活かす為に、最高の調理人がいる!・・・というのが「食」と「人」の最高の関係だと考えればこそ、僕もギギさん同様に「小松が調理しないのはちょっとガッカリ」の人だったりします。この辺、難しいですね。トリコという作品自体のバトルマンガシフト度なんかも関係していそうなヨカン。
ルイ >> ですね>チビの方が有利 体重も落とせるし筋肉も残せるし。
LD >> アメとムチが自然に出てくる天賦のキャラなんでしょうね。>めだか
ルイ >> るーみっくのカラーはあんまり好きじゃない←ムリヤリ粗捜し出した
ルイ >> 教諭陣の呼び方が徹底して説明的で、そこも妙な味になっていますね。血圧を上げない個性は考えてみれば元々高橋先生にあったものとも言える…犬夜叉お疲れ様でした!(?)
GiGi >> 高橋先生はやっぱり年1でもずっと読み切り描いてたのがね、基礎体力になってると思いますね。
ルイ >> ポイントとしては「本人にとっては、自分の恵まれた体格を理由にしなくてもいい」って所なんでしょう。万が一連載になったとしたら、伸び続ける身長によるデメリットと天賦の能力の綱引きという、減量必要な天才ボクサーみたいな扱いになっていくんじゃないかなあってううーむ、万が一とは言いすぎたか。
ルイ >> http://www.sasameki.com/index.html 百合ん百合んな倉田英之×AICで主演の中の人が・・これどんな漫研ホイホイ?
LD >> 今はもうそういう感じでもないんですけど「結界師」が始まった時、その“あやかし感”をすごく誉めていた時期があるじゃないですか。高橋先生はもう息するように“それ”なんですよね。
ルイ >> ですね。日常片足かけたSF描かせたら、って人だ。>高橋先生
kichi >> ほほう、あやひが……! 見たいなぁ……。ネット配信しないかなぁ……orz>ささめきこと
ルイ >> ワンセグ携帯の出番だYO!
ルイ >> 「ハヤテ」マリアさんの弁当がアッサリアイテム使用される事が物語りの暗示であるとは誰も気付かないのであった〜。
LD >> 「マギ」も良いです。う〜ん、なんだろ?このネームの完成度…。今度「すももも」買ってくるかなあ?w
GiGi >> 毎回面白くて、どうにでも話を広げられる柔軟性もあって、言うことなしですね。なので担当アオリもどっしり構えていてくれ(笑)
kichi >> ……む?ワンセグって地方とか関係なく見れる感じなんですか……?ってそもそもうちでワンセグ映るようになってるかどうかさえ……orz
LD >> ぽんっと、奴隷というものがある世界を描いているのもよい。>「マギ」
GiGi >> マギは際どい線をついてきましたね
ルイ >> 「マギ」ね?一話時点で悠然と構えていた理由がわかるでしょ?w僕とLDさんの違いは、「すもも」を読んだかどうかだけですよw
kichi >> 「マギ」良いですねぇ。本題(ダンジョン)に向かいつつ、メインヒロインになるのかな?てな感じの奴隷子ちゃんが登場で、巧いなぁ。
GiGi >> ドライブユアドリームスときたか(笑)
ルイ >> 大高先生、キャラクター創出で苦労する事がないタイプの作家なんですよね。ハズレキャラ産まない才…一部のサンデー中堅どころに欠けているものですがwそれは本当に武器だと思う。週刊だと更に映える感もあるな…。
LD >> 「神知る」、幼馴染子が出ましたねえ…暫定ですがwで、なんかこの駆魂は、けっこう育ってそう?
kichi >> 「ハヤテ」は伊澄の扱いは酷いけど面白かったですねw
ルイ >> 「神知る」、LDさんが幼馴染子とか言い出した途端に出てきたからワロタです。ドライブユアドリームスは苦しい、苦しすぎるw
ルイ >> 寧ろあれくらいポンポンと使えるならいいのに、ってとこですね>伊澄 伊澄に限らず、全般的に。
ルイ >> 桂馬が恋愛論をエルシィ以外の前でご高説たれたのって初かな?後ろで切ない顔しているママンが良かったです。育て方は間違えたと思うよ、M機関のマネー出所にもよるけどw
kichi >> 私もw>幼馴染子ワロタ 早売り読んで知ってたんじゃないかってくらいのタイミングw
LD >> ヒエラルキーが完全に固まった世界で、それを覆す逆転の手段がダンジョンという感じかな。>「マギ」
ルイ >> マギ自身ダンジョンから出てきたような描写もありますし、ダンジョンに挑んだ人たちも皆肉片が帰ってきたわけでもない。何らかの仕掛けがあるのだろうと思いますが、とりあえず今この世界でダンジョンに挑む人にとってのダンジョンは、そうですね。そういう意味で、キャラクターにとっての「ダンジョン」がモチベーションとしてわかりやすくて、同時に作品世界にとっての「ダンジョン」はヘビースモーカーズフォレストの中って事で、非常にバランスがいいんですよね。角度によって見える部分と見えない部分がハッキリしているというか。
GiGi >> 魔王はなんというか、押しきったなあと。
LD >> そうですね。ちょっと驚きましたw>幼馴染子 …が、まあ、いろいろシフト・チェンジしているのでしょうね。
ルイ >> 王様のイメージイラストでの連れの巨人も頭がないんだなぁ・・。
kichi >> なんにしても「神知る」は注目のエピソードですねぇ。ノーラも出てきて、いよいよ複合的に展開してくるのかな?って辺りもあって楽しみです。
ルイ >> 桂馬を「削る」って意味で・・・かな>シフトチェンジ 手にした攻略テクに限らず、自分の記憶の隅から何かを引っ張ってこなきゃいけないとしたら、それは「落とし神」として落としたんじゃなく、「桂木桂馬だから」落とせたって事になりますよね。まぁこれは期待大。
LD >> 「ウィザードリー」的に考えると、中で生活している人までいそうですが…w そういう展開なのか?どうか?って所も含めて楽しみですw>「マギ」
LD >> いや、あれはほぼ確実にアラジンでしょうw>王様
ルイ >> 「魔王」は、歳取った犬飼が弱っちくなっていたのはアレですが、なかなか意欲的な最終回でしたねぇ…。「タイトルの魔王とは誰か」で〆るのか。
ルイ >> 言うなよう・・・w>ほぼ確実に
ルイ >> 眷属の可能性もあると思ってますけどね。
kichi >> 「魔王」は言うことなしな最終回でしたね。地震も偶然ではなかったってことも示したことで、ほんと綺麗にまとまった感が。
ルイ >> ウィザードリィVだな、それはw>中で生活
LD >> いや、僕もね…。そろそろ駆魂たちの中にも、“アランカル”とか名乗って幹部会を組織している連中が出てきてもいいんじゃないかと思ったりするワケですよ…。(←まるきり冗談です)
GiGi >> 月光条例のオトヒメ様が、なんか凛々しすぎて気になります(笑)
ルイ >> やっぱり反全体主義、思考停止を忌む作品って、意味では、同時期に始まった(んだっけかな?)「ロストブレイン」と兄弟ではあったのかもしれないなあ・・・>魔王
LD >> 「魔王」は押し切ったという言い方が、一番しっくり来ますね。多少、強引だけど形になっているという。
GiGi >> 三ツ星が島流し、と。
ルイ >> 確かに>「押し切った」
GiGi >> 考え続けろってのは原作者のテーマでもあるんでしょうね
kichi >> 「月光条例」は妙に複雑な展開ですね……。ん〜、まぁ、様子見。
ルイ >> んー、段々WEBサンデーの存在って良くないな、と思ってきた。安直な島流しによる延命は、死に様をぼかすというか・・・サンデー作家総宇喜多秀家計画というか・・・(何言ってるの?
kichi >> 「三ツ星」ここで島流しは微妙な気分ですねぇ……(´・ω・`)ちょっと先気になるものはあるんですが……、たぶん読まないので……
LD >> そうかもしれませんね。>死に様をぼかす WEB流しという宣告だったら「トラウマイスタ」のあれは生まれなかっただろうとは思えますね。
LD >> 「絶チル」、薫に指摘されて、手を離す葵。うんうん、葵の動作はこれだよね。
ルイ >> 「トラウマイスタ」の場合は、WEBサンデー逝きシステムのギリギリ一歩手前だったのか・・・あるいは「人気はないけど凄い」という事で、作者の次に期待して一気に走らせたのか。なんにせよ、この二段構えでいくんでしょうかね、サンデーは。どうもWEB送りに未来が見えないのだけれど、注目しよう。
ルイ >> 今週の「絶チル」は結構キャラクターが動いてましたね。そして巻頭でネタにされた戸松っちゃんカワイソス。桃太郎のパーツ自体は他の人よりちゃんと掴んでるのに、表現する能力がどこにもなかったんだね。カワイソス。
GiGi >> 短期的な戦略としては微妙なんですけどね>Web送り。クラブサンデーがやろうとしていることはまだ上手く言葉に出来ないですが、いい挑戦だと思っています。
LD >> 「アダラガン…「アラタカンガタリ」は、なんかすっかり毎週、コトハをどうしようか?という話が気になって楽しく読んでしまうw
ルイ >> 例えばジャンプにおける「JOJO」みたいな手ごまがあれば意味のある媒体だと思うんだけどなぁ・・・黄金世代が軽くそうかなとも思ってるんだけど>WEB
ルイ >> 「アラタ」僕は楽しくは読めないですねぇ・・・wこのひとネタでいくのはコナンの蘭並みに苦しいと思う、ってひょっとしてコナン参考に「これでもいける」って判断してサンデーに乗り込んだ?w
kichi >> 「はじあく」は悪(正義も)の組織が野生動物的扱いにw 世界自体が別物だったのかぁ。
LD >> 本来、クラブサンデーはいい挑戦なんでしょうけど、こうも島流し感が強くては堕しているように感じてしまいます。…本当に挑戦するなら、たとば「クロスゲーム」か「RINNE」のどっちかを送ってみろ。
ルイ >> 「メジャー」今更おにゃのこが出てもヒロインは固定されちゃってると思うが、正直今までで一番可愛いと思う(真顔
ルイ >> ん、クロスゲーム送るってのは凄いわかる。
ルイ >> でも、部数そのものに影響及ぼしすぎるwまぁ作品の格として、ね。黄金世代はそのへんギリギリの決断だったのではないかと思ってるんですよね。そこまでサンデーを支えてないけど、そこまでお荷物ではないと。一番最初に送り込んだこの作品くらいじゃないかな、島流し感「だけ」には支配されてないのは。
kichi >> 私もあまり楽しめてないですねぇw>アラタ  まぁ、たしかにコトハは可愛いんですけど、やりようによってはちゃんと話も面白くできそうには感じるだけに、不満の方が強く感じてしまいます。……ていうか、コナンって蘭で持ってる作品なんですか?w
ルイ >> や、「続く構造」と「終わる構造」の要としてw>蘭と新一ネタ
LD >> 「コナン」は、単発繰り返し型な上に、超長期連載になっているからって面があると思うんですけどね。…「アラタ」の方は本来のストーリーが良いテンポで進めば、この形はそれに連動して「回って」くると思いますよ。
GiGi >> 葵は空気読みだよねえ。先週のデート編はつくづくもったいなかったが…まだ時期尚早という判断だったのかな…
kichi >> ああ、なるほどw>「続く構造」と「終わる構造」
ルイ >> ゲッサンの「マコトの王者」の連載形態がいいもんだから、もうこれでやらなきゃ「アラタ」はダメ!と思っている俺ガイル。ってそれこそ作者自体のもつネームバリューなど考えて、WEB逝き適任なんじゃないですか?安西先生あたりと双璧で。
LD >> 「はじめてのあく」は、もうなんか……大好きだちくしょうw
ルイ >> ちなみに「アラタ」のその「本来のストーリー」の方は、あんまりどころかほぼ無関心といっていいくらい興味がないw
ルイ >> 「いつわり」が結構良いんじゃないですかね。あそこで手に刃物つきさすってのが良くて。
LD >> ええ〜っと……そりゃ、「マコトの王者」の方が良いです!w …が、まあ、それはそれとしてねって事ですね。まあ、水位の差かなw
ルイ >> お、WEBサンデーと同期した連載ってどうよ!?>アラタカンタベリー もう現代の方はWEBで!w ※そんな早く描けません
kichi >> あ、それいいですねぇw>現代の方はWEBで
LD >> 「いつわりびと」悪くないですよね。……なんだろ?ネームもキャラも、そこまで良くないんですけど……けっこう、長い事ネタを温めてきた感覚があります。
LD >> 。o(「ツバサ」、今週は休みか…)
ルイ >> うーん、そうなんですよね。こう、大事な人の為にウソをつく、って事自体はありふれていて、そんなに飛びぬけた何かではないんですけど、「いつわりびと」だからこそ描くと映えるヤサシイウソってのがあって、その上で子供たちの手を傷つける行為をもって己を曲げる薬馬のワンクッションが良く利いてるなと。ここを挟めないと本当凡庸なネームになりそうなんだけど、一粒がピリリと効いてる。
kichi >> ん〜、たしかにいろいろ弱さは感じるんですけど、悪いってほどではない微妙なバランスではありますねぇ。う〜ん……>いつわりびと
LD >> …で「アーティストアクロ」もWEB流しなのか?(´・ω・`)
kichi >> そんなじゃんじゃん流したり終わらせてたら本紙の作品がなくなっちゃいそうw
ルイ >> ネヤが最後に「かなしくない。これからまた、ずうっとあの子たちといっしょにくらさない」とか言ってれば良かったのか※作品違います
LD >> …で、薬馬は、もうクラピカティエリアって事でFIXなの?どうなの?死ぬの?(´・ω・`)
ルイ >> 死にはしないけど、声は櫻井孝弘だと思うよ?(・ω・
ルイ >> 「お茶」が卒業式から新入生勧誘まで淡々と一週で「流して」いて・・・ここに峻厳さを観た。時間を堂々と流す連載だ。
カルマ >> おはようございます。無限航路に没頭していたら時間を忘れていました。SF的な意味で。
ルイ >> ずっとそんなイメージはなかったんですけど、今週読んでいて「ケンイチ」の千草は中川里江のボイスがいいと思いますた。サンデー以上
LD >> 櫻井孝宏なんだ……このギャップ……オイラは白石涼子だと思ってたよ…?(´;ω;`)
ルイ >> 無限航路ってエターナルアルカディアっぽい印象がありますね。
ルイ >> そんなこったろうと思ってたから敢えて言ったんですよw>櫻井
カルマ >> バクマンは無策に人気上がりすぎかな、という印象です。それと、編集がファンレターチェックするんだ…とちょっと意外だったり。
カルマ >> 先日まで大航海時代DSを遊んでいた影響か、戦闘メインの大航海時代って感じですね>無限航路
kichi >> しかしほんと覇王巣はすごいな……。“「正とサヤ」を別れさせる事にまで発展していた”って、それは発展と言わねぇw ツッコムとこしか無いもんなぁw
ルイ >> バクマンは週刊連載の中で週刊連載を描いているわけですけど、その週のライヴを追体験させてくれるものじゃないですからね。その辺はある程度割り切って読む必要があるんだろうな>無策に人気 こう、これをこうしたから次こうなったんだ!というライヴな乗り方をする類ではない。
LD >> いや、推理物って、サイコーのシナリオがよくできていたらそれだけで人気出ると思うんですけどね。…むしろネタの全てを見せるワケにもいかない、微妙なネタを選んでしまったなあと思わないでもないです。>「バクマン」
ルイ >> 覇王巣は良い造形だと思います、ホント。
ルイ >> 何かこんな連中の為にモモが思い悩んで刀抜いたとか、どんだけアホかと思いますものねw
カルマ >> バトル展開といいギャグセンスといい、サイレンの作者は久保先生のアシだったんかなぁ…と思ってしまいます。
kichi >> まったくですw>モモが思い悩んで
LD >> 「サルまん」の「とんち番長」は中身をある程度見せていたから、その中での悲喜こもごもも具体的に描けていた。「サルまん」と「バクマン」は似て非なる系統だと思いますけど、具体的な苦闘にもって行きづらいという面は生まれているように思います。
LD >> マガジン行きましょうか。
カルマ >> 「お茶」の新部長が凄く好きです。凡人が必死で扱いに悩む感じがかわいい。
ルイ >> うむ。内語があふれると西森キャラらしさが増すってのもありますしね。>新部長 姉崎サンはそういう次元にいない人だったから。
LD >> 「フェアリーテイル」のレーサーですが…いや、ちょっと待ってw何か前の展開と噛み合わない気が…w
ルイ >> つまりwwwレーサーは土台足止めするまでもなくwww追いつけなかったとwwww言うwww事wwwですねwww
ルイ >> ふう、w草沢山はやしたぞ。リンクにダッシュ斬りしてもらわんと。
LD >> 「ベイビーステップ」は、マーシャが微妙に絡んできて、俺様よしよしと思っているぜ?(`・ω・´)
ルイ >> マーシャかわいいよマーシャなんだけど、言葉の壁がある分どうしてもワンクッションあるのがもどかしいよマーシャ。
カルマ >> 意訳で気を利かせるようなキャラがいないのが惜しいですね>ワンクッション
kichi >> マーシャ良いですねぇw 「Good luck!!」という落ち着きどころもいい。いつもながら順調ですねぇ。
ルイ >> 今週のマガジンは「ヤンキーくんとメガネちゃん」の委員長に不覚にも時めいたっていうか月を浴びてザパァのカットが構図として綺麗だった。 でも、三つ網でも顔が整ってるのはわかるから。瀬尾先生といい、マガジン作家には三つ網の呪いでもかかってんのか。画力のなさを三つ網に頼るなYO。
LD >> 「ネギま」…そうか〜ww恋すると、この魔法は解けてしまうのかあ〜wwロマンチックな展開だなあ〜w(=´ω`=)
ルイ >> ちょっと笑ったw>恋すると魔法は解けてしまう 結構酷い設定だなぁ〜w
kichi >> レーサーも気になりましたが、「ダイヤのA」の先頭打者をストレートでフォアボールっていうのもなんか気になりましたね。とてもここまで無失点できてるバッテリーとは思えない酷いミスに感じるんですが……(´・ω・`)
カルマ >> 一応、自分の感情が前に出すぎるとダメなんでしょうね…でも可愛いからなんでもいい(笑)
ルイ >> こういう所に「唐突さ」が乗らないように、予めこの魔法と同種の魔法なんかでネタ振りしておくべきでしたね。赤松先生にしては下策だったかなと。まぁネギに惚れる様は楽しみにしてるけどw
LD >> 「エデンの檻」……サードマンなにかすごいヤクい事になっていそうなんですけど…w
ルイ >> サードゲッツーの布石だから気にすんな!←?
kichi >> 前から思ってましたが、まったくですとしか言いようがないですねぇw>ヤンメガ三つ網呪い
ルイ >> 「エデン」サード厄すぎですね。所で、やくとかヤクって書くのはみどろさんへの敬意が足りないんじゃないかねキミィ。
カルマ >> 普通に可愛い認識じゃなかったんですかね>ヤンメガ 君町はともかく、この三つ編みは良い三つ編みだと思いますし
GiGi >> ベイビーステップは本当にいい作品だなあ。
LD >> あと、このメガネの総督、ネギくんと手を組んで何がしたいのかな?口で言うとおり世界征服?う〜ん…。>「ネギま」
ルイ >> うーん、しかし人間間のクライムサスペンスと、古代動物を相手にしたサバイバルの相性は本格的にムリが出てきたな・・・後者は印籠のようなものと割り切った方がいいか。
GiGi >> 六魔将軍が思った以上に脆かった>FT
いずみの >> おはようございます
LD >> むしろ、みどろさんになるのを避けてたりして…w
ルイ >> グッドラックってのは運よ来いって言う待ちの意味じゃなく、もう運が来る以外の事は全部やったからあとは運だねって境地なんだねってワザワザ言葉にすんな俺。
kichi >> 「ネギま」は「B 君の父を奪った誰か」を「未来」とするのがなんかちょっと引っかかりました。ふ〜む。
ルイ >> いや、でもサードマンが殺したとも限らない、マスクマンが・・・・でも、サードだろうな・・・wこれ、大人達をダシに「信頼しあう仲間とそれ以外」を描いた直後だから、結構構成としてキレイなんですよね。サバイバル度外視すれば。
ルイ >> あ、確かに論法としてスンナリとは読めなかった>ネギまの過去現在未来
カルマ >> なんでしょうね、ハイエナ的動物が掘り起こしてサードマンの殺しが露見、とか>サスペンスと動物
LD >> 「ガマラン」、次の相手は弓と総合格闘か……。まあ、ここらへんで決まるかな?
ルイ >> 今世界を滅ぼそうとする相手に対処することは在る意味では「未来」だし・・・んんん・・・「その実過去に拘泥してるだけだ」っていう結論部分には納得できる分、その前段階の言葉の通りの悪さはありましたね。何気に読み直しちゃった。
カルマ >> 正確には奪った誰かを追い求めてるわけじゃないですしね。ナギ自身ですから>未来
ルイ >> ああ、いい読みだw>掘り起こして殺しが露見 最近の比重から考えると、適切な読みですね。最近動物たち、ワイルドカードだからw
ルイ >> そう、読み直せばまぁわかるんですけどね…スッとはこなかったなぁと>ナギ自身
GiGi >> さて、時間がないので候補だけ上げておきますが
LD >> あ、カルマさん鋭い。確かに、殺したあの子は埋めたはずですから、殺しが露見するターンがあるはず。……単に行方不明をその後の経過から殺されたと断定しているだけかもしれませんが。
kichi >> そうですね。かえってナギ自身に会うこととした方がまだ「未来」のイメージに沿うと思うんですけど、わざわざ奪った誰かとしてるのは何だろう?
ルイ >> 人同士の問題に何らかのシフトや結末を与える為に動物たちがいるという・・・「魔王」じゃないけど、それが天災なりなら偶然がワザとらしくなるじゃないですか(「魔王は」結果としてそれがワザとだったんですが)。それと比べ、自分たちの本能でもって行動している動物、というはさみ方をすると、寧ろ自然になるという読みが・・・あるのかな。それはそれで、前半の圧倒的な脅威描写を観ていたせいで、なんか都合良く使ってる気分なんだけど。
LD >> 何でしたっけね?ナギって今、公的情報としては“死んでいる”事になっているんですよね?>奪った誰か
カルマ >> 僕も好きではないですね。動物はある程度脅威であって欲しい。
LD >> あれ?記憶違いか?>ナギ 
カルマ >> 雪の日に助けに来たナギは未来のネギ説ってのがあるけど、まぁおいといて(笑)>未来
ルイ >> 「奪った誰か」って言い回し自体が知っている情報をアピールするものだったんでしょうね。っていうか、そういう「キャラクターごとに知りえている情報の階層」があって、そのへんをキッチリ管理して言葉を選んだ結果、言葉それ自体の力がちょっと逃げた・・・そんな印象でしょうか。まぁ繰り返すけど、結論は納得なんでイイんですが。
kichi >> ああ、周りの目を考えてってことなんですかね? あるいはこのメガネさん自身死んだと思ってる?>ナギ
いずみの >> 「誰か」はこれから知ることだから未来ってことでしょうね>ネギま 実際、ネギはまだ「誰か」に対する恨みなんか抱いていない(知ってしまったらそこに何か執着せざるをえないはず)わけで
LD >> ん〜…。>動物
ルイ >> そっちは超鈴音でネタ振りしてるから正しくウマいなぁw>説
いずみの >> 雪の日の黒幕は昔っから敵だと認識してて、今の黒幕は今憎んでて、ナギをどうこうした相手は実感としてまだ憎むも憎まないもどうもしないと
GiGi >> 今週の一番、ムラマサでよくね?
LD >> クウネルが、ナギを複写する魔法を使った時に、ナギがこの世にいない的な事を言ってませんでしたっけね?
ルイ >> ああ、動物達を上位者がコントロールしているという方向に流れる事もありえますかね。それなら動物たちの「都合よさ」がちゃんとフックとして機能するし。・・・・でも、生態系実験島の管理組織みたいなつまんない話になりそうだなぁw
いずみの >> 発言としても「トラウマ」や、要するに「敵を憎むモチベーション」を指していってるわけなので
ルイ >> タイムリープだよLDくん。
カルマ >> 逆ですね。仮契約カードが生きてるから今もナギは生きてる>食う寝る
いずみの >> それは逆。パクティオーカードの反応はあるから生命反応があるのは間違いない的な発言ですね>クウネル
kichi >> ああ、やっぱりそっちもありうるんでしょうね。どういう人物なんでしょ、このメガネさんは……>「誰か」はこれから知ることだから
ルイ >> ちゃんと解釈するといずみのさんの言うとおりだと思いますね>過去現在未来 初見の通りが良いか悪いかってのは主観的な部分ではある。でも「ん?」と引っかかる人が一定数いるなら、ネームの言い回しなりでもうちょいなんとかできたかもしれないですね。
LD >> ご意見承った。(`・ω・´)> 「ムラマサ」一番
カルマ >> 僕はすんなり飛ばしたというか、ちゃんと雪の日が根源動機だって作中で明言されたなーという印象の方が強かったですね。>過去現在未来
LD >> ああ、すんません。完全に勘違いしていました。>逆
ルイ >> 駆け足気味でマガジンはこんなところなのだろうか。
ルイ >> うん、そこは同じ。二度くらい書いたけど>ちゃんと雪の日が根源動機
GiGi >> 一応、ジャンプはトリコ、サンデー魔王、マガジンはゼロセン上げておきます
ルイ >> 「ゼロセン」ときましたか。
LD >> 飛行機に乗ってない「第九」の後に、飛行機に乗ってる「エアギア」が並ぶのは、何かの冗談なのだろうか?と思たあるよ?(´・ω・`)
GiGi >> チャンピオン新連載2本はどちらも好調ですね。
カルマ >> あぁそうだ、思い出した。サンデーの「マギ」なんですが、ダンジョンは「帰ってこない」だけで「死んだと確定してる」んじゃないんだよな、と引っかかったんですがどうでしょう。
GiGi >> ネギま話は参加したいが無理ぽ。ではあとよろ〜
ルイ >> 平野綾が表紙のチャンピョンですか(棒読み
kichi >> あと、「GTO」の「昔」はメタギャグ的な意味でなのかな?とちょっと気になりましたw
ルイ >> うん。それをさして「肉片になってきてるわけじゃない」とか「ダンジョン内で住んでる」という僕とLDさんのトークが出てきたわけですね>「マギ」
カルマ >> あ、僕も少し(笑)>メタギャグ 
LD >> 「コードブレイカー」何だろう?この「南くんの恋人」というか「ヤンキー・フィギュア」な展開は?w
ルイ >> しばらくほっておくといいよw>コードブレイカー
カルマ >> あぁ、ほんとだ>トーク
LD >> 確かに「帰ってこない」だけだと思います。……むしろ、完全に未帰還になってしまうのか、それも少数ながらも生きて情報を持ち帰ってくる者がいるダンジョンもあるのか?あたりが気になりますね。
LD >> それも→それとも
いずみの >> 第九はヒロインがちょっと可愛いので少しだけ注目度が上がってます
ルイ >> ダンジョン内はロストテクノロジーか何かかもしれないけど、世界自体の文明程度は本当アラビアン・ナイト並みと考えると、伝聞情報は伝聞情報に過ぎないし、世界各地で情報を共有しているわけでもないですよね。ダンジョンによる違いはあるかもしれないなぁ。
LD >> では…平野…チャンピオンにいきましょうか。
いずみの >> エアギアの煙がどうこうってのは意味不明だったけど、これは来週に原理を説明するよっていうネーム組んでるんですかね
ルイ >> エアギアは絵の力で押し切っちゃうのも手かとは思うんですけどね。理屈で納得できるとは思えないしw
LD >> 「弱虫ペダル」、金城主将ってけっこう謎のキャラだったけど、かなり泥臭い感じの人だったんだなあ〜wいや、泥臭いのが悪いわけじゃないけど、もっと圧倒的な人かと思っていた。
kichi >> ああ、あと「ブラボー」は先週に続き今週の描写自体はいいんですけど、それだけにいろいろショートカット気味なのが惜しいなぁ……って印象ですねぇ。この和田先輩の方もひと積みあるだけで全然違うと思うだけに……(´・ω・`)
いずみの >> ナルホド〜
ルイ >> 「弱虫ペダル」、僕は金城先輩が思ってた通りの人で大好きですね。もう、彼の事を「金城=ブチャラティ=主将」って呼んでるよ俺。
いずみの >> なんであそこまで納得しなきゃいけないんだ……>鞭打
LD >> …うん、何でしょうね?原理かどうかは分かりませんけど、来週には説明してくれそうではありますけど…。>煙
ルイ >> 仲間の想いを誰よりも大事にする男が「皆で仲良くやればいい」に落ち着かなければ、必然ああいうキャラになるよなと思ってました。金城を単純な天才ゾーンに持っていかず、意志力の領域で描いたのはおおいにアリだと思いますね・・・好きさ主将。
LD >> 「ブラボー」わりと好きなんですけどねえ……もう一積みってのはそうかなあ…っと思います。
kichi >> ……私はどっちをイメージしてたんだったかな?特に違和感は感じず読んだからこういうキャラだと思ってたのかな?w>主将  なんにしても今週も良かったですね。
ルイ >> まぁ何も異論ございません・・>「ブラボー」全体にショートカットのもやがかかってるんだけど、作者の中では「動かせてる」し「動いてる」んだろうな、と。読者にも伝わらないとアレですが。
LD >> 花山が納得している画ってのは、あんまし観ない画ですねw
いずみの >> 手代木星矢は、ちゃんと原作の設定を大まじめに活かしてて、ほんと星矢好きなんだなっていう気分になれる話でしたね
ルイ >> 女性のビンタ経験が納得力に繋がっているという事かな・・・。うーんしかし鞭打でピクルを上回ったとして、それってオーガに向けて地力レベルからの納得を求めたいバキにとってどうなんだ・・・まぁ、烈海王にも選択できなかった手をとっさに取れるというその闘争センスみたいなものは評価できるんでしょうけど・・・って「オーガの血」はいよいよダイの大冒険の「竜の血」ぢゃん。
いずみの >> 「俺もあれくらったら痛そうでヤだな〜」って思ってることになっちゃいますしね>花山
ルイ >> いやー、ファラオ良かった!!!!>冥王神話
LD >> 「バチバチ」がよいなあ…何というか相撲の奥深さが出ている。
いずみの >> 一応マッハ拳の使える刃牙としては、ピクルの突進には対抗できる、と思っていいわけかな
kichi >> ダメージと痛さって別の問題で、耐えられるから痛くないなんてことは無いと思うんですが……。まぁ、新しい種類の痛さにビックリってのはあるかもしれませんが……。とか真面目に語るべきじゃないんだろうなw
ルイ >> 原典最近読んでないんですけど、ファラオの能力ってブロンズのような名のある聖闘士にしか使ってない・・・ですよね?今回アテネ軍の尖兵を一挙に葬ったじゃないですか。その絵面は素晴らしいなと。この能力が映える画ってのはコレだよな、とまた原典以上に原典を納得しちゃったよ。変な言葉ですが。
ルイ >> ああ、あくまで鞭打は時間稼ぎ、バキがトップフォームでやれるまでの・・・って考えると、まじめに語る甲斐はそれなりにあるかとw>kichiさん 多分ねw
いずみの >> いやーでもいきなりエジプト神話の宗教上のルールを持ち出されて「そういうものなんだー」と受け入れさせる説得力は原作には及ばんですよ
ルイ >> 「バチバチ」良いですねえ。阿形と吽形ってネーミングがもう素晴らしいけど。
LD >> 勇次郎は、あんまし鞭打を評価しなさそうですね。…でも、以前、ピクルに「技を使わさせられた」とか言っていたから、ギリギリの所、どうなんだろうなあ…。
kichi >> 「バチバチ」はほんと順調ですねぇ。
ルイ >> ああ、それはやっぱり原典の魔力ありきの話なんでしょうね。エジプトとギリシャと仏教と・・・色々混ざり合ってますからw・・だからその原典を蔑ろにするんじゃなく、原典ありきだからこそできる原典を更によく見せる法というかな・・・とても幸福な新訳だと思いますよね、やっぱり。原典ありきの価値観は崩していないし、その上で後発なのに原典に新たな魅力も与えたりしていて。
いずみの >> そもそもこの世界では中国拳法の格がガタ落ちになってるので、拳法界から評価されててもそんなに大したことではない気もしてきました>空道の秘拳
ルイ >> 「ナガレ」遂に休載中ビルドの正体が明らかに!!・・・・・・・ビルド?
ルイ >> うーんと、2日ごとの手紙で「姉さん事件です」的な…ナレーションをルーティンに挟める利点があるのかな・・・?うううん?何か、そこじゃないだろって気がするけどw>ナガレ
LD >> 幕下>阿形>吽形>川口>>>>白水の順みたいですね。>「バチバチ」
kichi >> 「ナガレ」……、たぶんそういうわけじゃないんでしょうけど、なんでこう行き当たりばったり感が強いんだろう……orz話の流れが読めなすぎる……
LD >> | ´_ゝ`)。o(……ビルド……?)
kichi >> 「カズエ」はいちおう女の自覚はあったのかぁ……(´・ω・`)自己暗示で男だと思い込んでるものかと思ってました
ルイ >> いやいや、kichiさん自信持って言うといいよw「そういうわけ」なんでしょうw
ルイ >> なんてこったあああ!「カズエ」、髪下ろしたら予想外に可愛い!可愛く描けるとは思ってなかったので意外でした。
LD >> 「畳の上のミクロ」は、主人公がこうなる事にはある意味納得なんですけど、そのスイッチがどこにあったのかが分かりづらいんですよね。……むしろ、スイッチ自体は“ある日”そうなった…という感じに置いておくのかなあ。
LD >> 「カズエ」、次回お休みですね。
ルイ >> 同感。さっき書きかけて消してた…>ミクロ でも、読み直すとスイッチは仰るとおり「ある日そうなってた」でいいんだと思いますね。少なくともこの回はスイッチじゃないでしょう?
ルイ >> 最初の内股すかしの時から、実態はこの回と同じだったんだろうなと。ただ、そこの描き方をもうちょっとうまく描いていれば印象違ったようにも思う。
kichi >> 同感です。なんで今までそのスイッチが入らなかったのか?というのが疑問ですし、このタイミングで入ったキッカケの方もイマイチ説得力に欠ける印象ではあるんですよねぇ……>ミクロ
ルイ >> (・・・スイッチといえば「スケットダンス」触れ忘れてたYO)
LD >> 「ギャンブルフィッシュ」はあまりに強運姉妹にターンを持たせるので、逆転あるかな?と思っていたら、そんな感じになってきたw……でも、強運姉妹リミットが半年先という事で、その言葉に従えば、大会中にリミットが来る事はない事になるけれど…。
ルイ >> やあ、半年先宣言で先手打ってきましたね。このあたりが良い連載>ギャンブルフィッシュ
ルイ >> 逆転っていうか両者KOが見えてきたかなぁ・・・w
LD >> いや、でも運動って、練習していると、できなかったものが“ある日”できるようになる瞬間ってあって。なんかそういう感じの事かなとも思うんですけどね。>kichiさん
ルイ >> 今までそのスイッチが入らなかったのは、それこそ「連結」がなかったからでしょう。だから「目」で判断していたし、自身も目で判断してると思っていた。ところが「目」では判断しきれない連結をされた時、その実態がただの目だけではない、体全体に根ざしていたと本人も気付いた ←こうだと思うよ。
kichi >> ……エロ的にはイマイチでしたけどねw ていうか軽くヒイたw>ギャンブルフィッシュ
ルイ >> 「入らなかった」は表現が悪いかな・・・?スイッチというほどある瞬間ONOFFってのも言葉が悪いかもしれない。蓄積によって積み上げられてきたものに過ぎなくて、その実態が「ここ」にあると、今回はじめて認識したと。だからあたかもはためにはスイッチのように見えてしまうと。そんな所かな。
LD >> 「じゃのめ」単発話に戻りましたが…。正しいですね。あんまり年がら年中ちちくりあっていると、段々エスカレートせんと読者が納得しなくなるでな!(`・ω・´)しきーん!
ルイ >> 「じゃのめ」の単発クオリティは高いけど前も木が人ふじこ
kichi >> んん〜、まぁ、なるほどです。ちょっと期間が長過ぎたりして、いまいちしっくりは来ない印象ではあるんですが、無い話ではないですね。>“ある日”「連結」
ルイ >> ミクロ自体は出だし凄く弱かったわけで「投げられる回数に価値がある」と思ってたわけでしょ?それを数える事をモチベーションにしてきたんだから。だから、一話のような「きっかけ」がないと、目も体も追いついてきても、勝とうという行動自体に出なかったハズなんですよね。ミクロにスイッチがあるとすれば能力のスイッチじゃなくて心のスイッチだな。
kichi >> 「じゃのめ」は良かったですね。……でも言われてみればたしかに……>前も木が人
いずみの >> そういえばジャンプに戻りますけど、「生徒の願いに対する遇し方」と「めだかの部下への遇し方」の両方を同時に説明してたのは、速度論的に言えば情報が詰まってて、このタイミングとしては的確な構成でしたね
いずみの >> あと、相手を変えた二度目の「ありがとう」だったり
ルイ >> 「エンジェルボイス」、劇的に変化したとしてハーフで三点ですか。厳しい設定ですねぇ。
kichi >> ええと、理屈としては分かります。……ただ、年単位で数える事だけをモチベーションにできるもんかな?とか、引っかかってしまう感じではあるんですよねw>ミクロ
LD >> それが“ある事”と、マンガ的に納得値が“高い”かは別ものですしね。放置している印象はある……でも、まあ覚醒したミクロがこうなる事はすごく納得できるはずで…そこを初動で完成している事がまず良いなと。>スイッチ
kichi >> ほんと、随分厳しくしてきましたねぇ。観客もすっかり相手側に付いちゃってて……、どうするんでしょ?>エンジェルボイス
ルイ >> まぁ・・・僕らからみてそれが「違和」なら、それ自体がミクロの根拠なのでしょうから、良いんじゃないかなぁ。ミクロがハウトゥー柔道的なキャラなら問題あるかもだけど、ミクロっていう異才を通して継続の力なりを謳いたいのでしょうから、その行い自体が僕らの常識から引っかかるのは寧ろ正しいような。こういうとナンだけど「アイシールド」の「パシリで鍛えられた」よりは僕は納得できますね。ま、後付で陸が走り教えてましたけどw
LD >> 一つのエピソードや、一つの演出に、複数の意味を持たせて行くのは「速度」……まあ「情報密度」を上げて行くのに有効ですよね。
ルイ >> 観客ゴミすぎワロタw>エンジェルボイス
LD >> ミクロは基本、モン太が主人公みたいな話ですけど、ただ、投げられ続ける…っていうのは柔道全体にとってずっと大きなものを得ていた…という視点ですよね。
LD >> 一応、書いておくと「ヒイロとナナシ」は速攻で終わったね。うん、そうだね。(´・ω・`)
ルイ >> 極端に言えば「負け続ける」というかね>投げられ続ける その事の価値を謳うならかなり素晴らしい初動なんじゃないかと。でもこれ、既にここでテーマ完結してる気もするのが・・・w
ルイ >> (「ヒイロとナナシ」・・・?)
LD >> 「ムラマサ」は、「米国、バンザイ!」を呟く白の顔がカッコいいのがよかったです。
kichi >> ん〜、たしかにそこに「異才」を見るのが良い楽しみ方なんでしょうね。なるほどです。
ルイ >> 最後の白の死ぬ死ぬ宣言がイミフすぎて逆にヤバさが伝わってきました。>ムラマサ
いずみの >> あとバクマンですが、ダメな編集者は終始ダメなやつとして描いてほしい側からするともぞもぞしますね。みんな優秀すぎ(笑)
いずみの >> まぁでもそういう意味でユウジロウの格は特に上がってないままなのか……無責任なテコ入れ派だったし
LD >> ホントはねw>テーマ完結 これから別の強敵に会って、やっぱり投げる技もしっかり練習しなきゃ!みたいな事を言い出したら「んじゃ、最初から両方バランスよく練習してろよ!」みたいなツッコミを受けてしまうw……言われる通り他の人がやらない、積極的に負け続けるという行為で、気がついたらとんでもない達人になっていた……というあたりがテーマ的にはキレイになるw
いずみの >> 「立ち上げ編集よりは劣るけど、ちょうど対等くらいの担当さん」みたいなキャラ付けにしたいんですかね。それもまたひとつの理想を描いているとも言える
kichi >> 「ムラマサ」はなんだか凄いことになってますねぇw いくら硬くなってるっていってもチェーンソーで頭削られてる絵はこええよぅ……w
LD >> 最初の頃に語られた、気がついたらキャバクラにいるような人ですか?w>終始ダメな編集
ルイ >> ひとつの連載で編集がずっと同じって事も滅多にないですよね。まぁ、適材適所とは違うけれど、その時その時の編集に求められるものやできる事がある・・・ってスタンスなんじゃないですかね。地味に漫画家志望だけでなく編集の卵にも応援というか指南しているw
LD >> 肌が黒光りするとか…なんか、こう、もう少し画的に堅くなってくれるといいんですけどねw>「ムラマサ」
いずみの >> だから個人的に期待したいのは、ライバル連載のどれかを服部さんが引き継ぎで担当することになってサイコーたちと対峙する展開ですかね。服部さんがストイックにトラップへ肩入れしないようにしてることもそれで説明がつくし
ルイ >> あれえっちじゃなかったら両断ですからね・・・>チェーンソー 考えてみれば凄い事になってるよ。酒とか奥さん抱いてた頃からすると隔世の感ありだよ。
LD >> さて、一番を決めましょうか。
いずみの >> ジャンプはトリコ
ルイ >> 「めだか」「お茶」「ネギま」「弱虫ペダル」「バキ」「冥王神話」。 冥王神話を推したいかな?
LD >> そうそう。雄二郎の方は、これだけ新連載起しても、それ全部担当させてもらっているんですよね。
LD >> ジャンプ。「トリコ」、「メダカ」あたりかな。
いずみの >> そうそう、良く考えたら小松っていまはただの「客」なんですよね? 彼が料理長でいられるホテルに今いるわけじゃないわけで
kichi >> ジャンプ今週も難しいなぁ。……「めだか」かな。
LD >> サンデー。「RINNE」がけっこうたまらんのだけど…んん、「魔王」と「はじめてのあく」?
ルイ >> おお「魔王」がいたか。突っ走ってましたねぇ。
kichi >> サンデーは「魔王」かな。
いずみの >> 「プロの料理人」として描くなら、よその厨房に頼まれもせず立たないのはむしろちゃんと大人な感じなんじゃないですかね
カルマ >> ジャンプは…んー、「トリコ」?サンデーは「お茶」で。
LD >> んん…今週、マガジンが厳しいなあ…マーシャ、じゃなくって「ベイビーステップ」?じゃなくって「コドブレイカ」?
ルイ >> ふむ。というか、誰か「お前の腕に頼むよ、小松」という事があっていいんじゃないかとwこの場合小松のわきまえた姿勢云々というより、作中での小松の扱い…かな?ま、今回のジュエルミートはねぇ。手刀で切り取ってゴックンしただけで・・・っていう究極の素材勝ちですしね。そして基本、これトレジャーハント、素材探しですしね。
いずみの >> めだかは、おおまじめに「ダブルハーレム構造」を作ろうとしててこれから大変そうですね。そういえば惑星のさみだれもダブルハーレムと考えれば、あんな感じと思えばいいのかな
kichi >> マガジン……………………順当にいくなら「ネギま」なとこですけど、ちょっと「ブラボー」を推してみよう……。
いずみの >> ぼくは「あの世界」での必然性はほとんど感じませんね>たのむよ
LD >> チャンピオンは、GiGiさんが「ムラマサ」と言っていたけど、僕はそうでもないかな?(←)……「バチバチ」と「ミクロ」でしょうね。正に。
カルマ >> マガジンは「ネギま!」かなぁ。
kichi >> チャンピオン、……ん〜、まぁ、「冥王神話」……ですかねぇ。
ルイ >> 「ほとんど」の中に「ちょっと」が残っているなら、それを言葉にしたのが小松調理させないのねって事なんでしょうね。僕もギギさんも今週のトリコ好きだし、この世界が素材を探す方に比重が置かれてる世界ってのも踏まえての話ではあります。
ルイ >> うん、なんで今週ムラマサなんだろうってのは結構普通に気になるw
LD >> え〜っと。「トリコ」、「魔王」、「ミクロ」あたりという気がします。
ルイ >> 結構バラけてるんじゃね。
いずみの >> まぁ、フグみたいな「捕獲する時点で料理のウルテクが必要な食材」は出してましたから、次や次の試食あたりで「調理にも超ウルテクが必要な食材」を出してくるんじやないかな? そう考えると、リンが復活して試食してメニューの奪い合いがあって……っていう回で必然性もなく「小松は料理キャラなんだから料理しなきゃね!」なんて使い方をするのは、非常にもったいないとも言える
LD >> 「トリコ」の評判がいいので、「トリコ」にしましょう。心の中のエントリーを蹴り退ける小芝居が往年のしまぶーっぽくって良かったし。
ルイ >> 今週の冥王神話好きだけどなぁ。聖矢的に既存のギミックを華々しく自軍の信を問う事と雑魚掃除に両用していて。
kichi >> トリコの煌めき勝ちかぁ……w
いずみの >> というか良く覚えてないんですが、虹の実の試食の時は小松のホテル……だったんでしたよね?
LD >> 「星矢」の一芸を使い倒すみたいな感じが出ていましたよね。
ルイ >> いつでもオームカーン言ってるだと・・・?>使い倒す
いずみの >> 蠍座の技と、ファラオの能力をちゃんとひっかけてくるあたりも計算してやったのか、考えてみると芸が細かいです>手代木先生
LD >> それでは、そんな所で。お疲れ様でした。
kichi >> おつかれさまでした〜。
カルマ >> お疲れ様でした
いずみの >> 「ラダマンティスの心臓を燃やした!」→「そういえばファラオを使えば復活させられるぞ?」という順番なのか、その逆なのか(笑)
いずみの >> お疲れ様でした
ルイ >> 確かに小松、というか「人の料理」というもののスタンスを気にしてるわけですけど、それを要求する食材も必ずくるでしょうね。今回はそのフェーズではなかったというだけなんでしょう。モノによってはそのものが最高、ってのもあって然るべきだし、今回がソレだった。・・・それならそれで、小松にその事を「人間(調理人)代表として」理解したセリフを言わせて欲しかった、なんてのもなくはないんだけど・・・今回はそれ以外に情報詰まってましたしね。あとで小松が「ボクジュエルミートの時も・・・」とかグチりだして、サニーが「…んに言ってるんだよ、小松!」などとフォローするのも美しくあり、結局どう転んでも面白い軌道に乗ってるんだなあ。
ルイ >> その発想の順序は気になりますね。どっちも既存ギミックから発想できるものではあるんだけど、多分ファラオ先行じゃないかなぁと思えるw
ルイ >> ファラオの能力をハーデスへの忠誠を問う事に使おうと考えた時、やられ役として適任の格を持っているのがラダマンティスで(笑)じゃあ元々冥界の大物と黄金聖闘士を戦わせるのが基本の作品なのだから、ラダマンティスの相手はいっそ心臓に関わる技を放てるさそり座にしよう!←美しいけど・・・うまくいけばOVAのライナーノーツなりでバラしてくれないかなぁ。
ルイ >> っていうか、OVA星矢、チャンピョン連載作品に対するリソースとして見合ってないほどトムスの本気臭いですね・・・。どうなることやら・・・。
ルイ >> あいぽん32と色々格闘してたんですが、これは慣れたら凄く楽しそうです…しかし説明書が超簡略状態なので、手探りで潰していくしかないっていう。そういやまだメール転送登録もしてないよorz
ルイ >> とりあえず、あいぽんを横にして観るようつべの映像は予想以上にキレイだ。画面サイズのマジックか…。
カルマ >>http://iphone.wikiwiki.jp/
ルイ >> あなたが神か。
ルイ >> itunesでPCと同期したのはいいとして、整理の全くされていないごっちゃりブクマがそのまま持ち込まれたのには凹んだwこれを機にブクマを整理整頓ですぅ。
ルイ >> マイケルジャクソンが逝ったけれども、日本のメーカーで公にマイコー追悼作品という尻馬(言葉悪いけど)に堂々と乗れるのは、SEGAだけだと思うんですよ。
ルイ >> LDさんが昨日ムーンウォーカーの話してたけどね、その後も筐体あげたりしてたわけで。スペースチャンネル5にもマイケル局長出てたし。これは「マイケルチャンネル5」を出すときではないかな。・・・え?権利問題?アイター


■■■■2009年06月28日■■■■
エルバ >> Sonyは堂々と乗れるような・・・ >尻尾
エルバ >> まぁ、確執もあったらしいから(?)、「堂々」って訳じゃないか
LD >> さて、そろそろ「今期選考」のエントリーをしようと思うのですが……今期は目立ったものが極端に少ないですねえ〜…orz ちょっと困ってる。
エルバ >> ポリフォニカ終了。よく最後まで付き合いました。
LD >> 「ポリフォニカ」か……。(←途中で切った人)
エルバ >> 切っても問題なかろうかと。
エルバ >> 魅力的なヒールは大切だなぁ、と再認識させていただきました。
LD >> 「タユタマ」視聴終了。ん〜……なんか納得いかないなあ…。
GiGi >> 昨日言い忘れてたけど、チャンピオンの鳴り物入りなほうの新連載がマッハで打ち切られたのはいいとして、単行本出るのはびびった(笑)いったいどんな力関係によるものなんだろう(笑)
LD >> 「アスラクライン」視聴終了。…「どうして誰も教えてくれなかったんだ!」←(´・ω・`)ノ まったくだよ。まあ、分かっちゃいたけど。
LD >> (#゚Д゚) mjd!?>単行本
LD >> 「初恋限定」も終了。ん〜…まともだけど、パンチが弱いとも…。
?さん >> あいぽんから。漫研チャットを指でクリックするのに超手間取ったw
ルイ >> 名前...まあ、ひだりの文字デカくしませんか?w
ルイ >> 凄い事に気付いてしまった。なんとあいぽん液晶サイズだと、ようつべへの許否反応がでないwこれはヤバイ、倫理ブレイカーだYO!
kichi >> 結局プリキュアらしく押し通してきたなぁw ま、これはこれでw ほぼ無いだろうと思いつつもみゆきさんが4人目って可能性も捨てきれない見せ方にも結構ドキドキしてしまって面白かったなw で、来週いよいよって感じのようで楽しみ〜。
ルイ >> レギオスのどこが駄目だったかをネガティブではなくポジティブに検証したいのだけれど、誰もちゃんと観てないですよね・・トホゥ。それなりの話になるとは思うんだけど。
LD >> 「レギオス」観てますよ。…でも、途中が抜けたかな?英語パートの結末知らないし…。すぐ埋められます。
LD >> 「けいおん」視聴終了。やはり良いでき。後半は顔崩してきてるし。
LD >> ちなみに「ティアーズ」と「ヴァルキュリア」は抜け無し。
LD >> 今期、作品選考だと「BASARA」か「けいおん!」と言う事になってくると思う。
ルイ >> 「ティアーズ」は、中原と小清水のキャストが逆だと思うんですが。明田川さんの定例キャストの中で微妙に新味加えようという学芸会な配役だけがちょっと気になるw
LD >> 今期、作品選考だと「BASARA」か「けいおん!」と言う事になってくると思う。
ルイ >> やあ「レギオス」、今言われたけど「英語パートはなんだったのか?」からでもいいけどね、最終的には「何を表現するための構成で、どういう手順が組めたのか?」あたりまで、結構詰めた考察チャットができそうな題材にも思えたのですよ。少なくとも「良くできる余地」はメチャクチャあったと思う。池田眞美子さんの株が下がったもんね、ぶっちゃけ。
ルイ >> (・・大事なことだから二度・・・)
ルイ >> とりあえず候補には挙がってくるだろうけど、頷く事はしない。今週の〜に時たまある圧倒的なものなら「遊び」として先手打ちますけど、ココではあまり先に方向絞りたくないですしね。なんならkichiさんなりがプリキュアノミネートしてきても面白いわけだしwエルバさんも地味にちゃんと観てるからなぁ。
LD >> 中原さんと小清水はあのキャストでもいいんじゃないでしょうか?w …「ティアーズ」は「うたわれるもの」と比べると、どうしても話の進みが遅く感じてしまいますね。
LD >> 「レギオス」は……って今は、あまり方向付けはしない方がいいって話なのかな?
LD >> 今「宇宙をかける少女」観てますけどね……どうも、どんでんが返っているようなのですが…。
LD >> 「ファントム」は1クールの崩壊から先を観ていないのですが……でも、ここからが本番なんですね?
ルイ >> いや「あのキャストでもいい」が曲者だと思うんですよねえw中原さんがそれなりにこなしてるから表に出ないだけって気もゥ。
ルイ >> http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090628-00000013-maip-soci プギャー。まだ本物とか使ってるからそんな事になるんだよwwボーグ使えよww
ルイ >> しかし6歳でキングジョーとは先がおそろし・・・あ、クローズからですか。そうですか。
LD >> 。o(…ああ、でも、つつじ(「宇宙をかける少女」)はキャラにエントリーしておこうかな…)
LD >> プギャーとか言っちゃかわうそでしょwwwww
LD >> コイル、どこ要る?フレミング
LD >> 。o(…サブタイトルの時の絵は……)
ルイ >> 原画クレジットがないクソアニメですね(淡々と
ルイ >> 田の中さんがダンディ声を無理に出しているシーンがあって、あれがマリガリの価値の8割を占めている(ねえよ
LD >> ん〜…でも、「マリガリ」エントリーする程の話は無いんだよなあ…。
LD >> ああ、うん。ダヴィンチがダンディーに振る舞う話はよかったw
ルイ >> いやあ結局0話が一番面白いのはなんなんでしょうねw
ルイ >> 時間の短さをテンポのよさに使えばよいのだけれど、マリカがガリハバラに親しんで自分を変えていく心の描写が不足している事に「短時間」を見てしまうのが現状・・・かなぁ。まぁ一巡は奇人変人紹介コーナーだから座して待て、って言うこともできると思うんですが、その割にはアリモノキャラで回す回も多くて、こういうと5分アニメには合ってないかもしれませんが・・・「構成があまりいい仕事してないな」と。
ルイ >> LDさんはマリガリ、前後どっからどこまでをカットしているのかな?それが気になるw
LD >> 一応、「すいえんサー」全部残しているんですが…どうするか迷っています。「初恋限定」の放課後トークもどうするか迷っています(´・ω・`)
kichi >> ネタにマジレス状態かもですが、プリキュア楽しんではいますが、そんな深いものを見ているわけではないので仮に参加する意志があったとしてもエントリーしないと思いますよ?w
kichi >> ところで「うみものがたり」は無料配信されるそうで、これはちょっと楽しみにしていよう。
kichi >> あと、こちらで名前見かけたことある気がする「大魔法峠」もGYAOで配信はじまるようなんですが、見てみようかな?どんな方向に見所な作品なんでしょう?
エルバ >> もちろん「レギオス」もちゃんと見ましたよ!
エルバ >> 「うみものがたり」は、パチンコ関連の作品だと聞いて、ちょっと興味が減退気味になりそうに・・・。いかんいかん、フラットに見ないと。


■■■■2009年06月29日■■■■
カルマ >> おそらくアニメは「好きに作っていいよ」と言われてると思います(笑)  映像や演出はアイレムが作ってますしね>パチンコ海物語
カルマ >> ルイさんへ。友人がとるてあイベントについて記事にしてたので参考にどうぞhttp://yannegi.blog42.fc2.com/blog-entry-2555.html
カルマ >> あぁ、アイレムが作ってるのはパチンコの実機の方です、念のため。
カルマ >> モバイルだと漫研チャットの直リンをブクマしてますね。ヘビーユーザなら各所のリンクをブクマしてもいいかもしれない。
LD >> 。o(…「エヴァ破」の評判がいいなあ……観に行くか…)
LD >> 「プリキュア」は入れるなら、以前ゆいましたが「「お母さんが消える話」と「皆の本音が出る話」ですねえ…。
LD >> 「うみものがたり」は予告編を観ると、なにかクオリティがぱねえw…あとフリーハンドの佐藤監督がどんなもんか…という所かな?「魔法使いTai」とか微妙にコケてはいて…。
LD >> 「ファントム」も追いついた……と。( ・`Д´・)φ
ルイ >> >大魔法峠 さういえばLDさんは観たんだろうか・・・大菩薩峠。
ルイ >> ってのはおいといて、大魔法峠の「見方」は・・・んーと、サトリナの演技ですねw基本的に水島単発ギャグもののパターンを踏襲している作品ですけど、ドクロちゃんよりは面白いと思ってます。
ルイ >> 水島単発ギャグものってのはつまり、ギャグ漫画をパラパラしているような感覚でコンテも実際に切ってるんだろうな、という、「ひと画面ひとネタ」の間のことなんですけどね。まぁ言葉にするとイミフですが、ドクロちゃんなりケメコなり観た人は感覚でわかるんじゃないかと。大魔法峠はその中では作品そのものの良さを活かしている印象かな。
ルイ >> >エルバさん よーしじゃあレギオスについて語るぞ。おー。
ルイ >> >カルマさん 富山在住者偉いなぁ、イベントの為に上京してるのか。小津に見せてやりたい(何を?)
ルイ >> >エヴァ破    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ああ、序を三年以内に観よう。
ルイ >> チャットの直リンをブクマ、と・・・いや、モバイルっていうかコイツちっこいノートブック状態で半ば勝手に同期する(てか、今度面倒臭くなって同期した時泣く)から、全部PCの方のブクマを整理することがモバイルに繋がるのです。今ここでポチっとな。
ルイ >> http://changi.2ch.net/test/read.cgi/anime2/1237729931/l50#tag485 元はアンチスレだったのに気付けば古今東西森羅万象の創造主ならぬ修理主として崇め奉られるスケマン様スレとなりネバーランドパークつながりでマイコーとも感動的なエピソードを残すようになったりしている凄いスレ(ここまで一気読み)。
ルイ >> スケアクロウマンの最終回は素晴らしいから1度は観るのだよ。(茅原実里口調
ルイ >> http://file.asagawo.blog.shinobi.jp/090621-gundama-5.jpg たとい出番がまるでなくとも、構図を決めるのは人気様なのである。
ルイ >> ガンダムAで歴代女性上位とかね・・・明らかにやりすぎよね…まぁ前人気一位の分析かけた時の理屈がそのまま使えると思いますけど。
ルイ >> ・・・そういえば「タユタマ」最終回だけまだ観てないや。ラス前までは「あかね坂」を研究しつくした僕とLDさんはニヤニヤできるだろーなと思ってたんだけど、確か最終回後のLDコメントが芳しくなかったような記憶。あれ?何が起こったんだろう?
LD >> よろしい、ならば「タユタマ」チャットだ。(ならば戦争だトーンで)(´Д`)


■■■■2009年06月30日■■■■
ルイ >> 拡大縮小は画面を二本の指でタッチしてからひろげたりとじたりすればいいと気付いた。慣れるほどに劇的に使い勝手よくなるなあ、あいぽん…
ルイ >> アプリストアにあった無料の2chビューアなんて、ぶっちゃけPCより良いような…全板の瞬間検索とレス自動スクロールが使え過ぎるぅ。
ルイ >> 良いアプリを見つけて行くと本体の快適度も格段に増す…ああ、こりゃすごいなあ。カスタマイズ意欲へのリンクが半端ない。
ルイ >> (やはりPSPが置き物に…wゲーム機として何かゲーム探さないと)
カルマ >> なんだこりゃhttp://www.tim.hi-ho.ne.jp/suga-t/yuuhisenga.jpg
カルマ >> あぁ、アプリの拡張性は羨ましいですねー。日本の携帯じゃこうはいかない。docomoから出ててimode使えるなら買っても良いんですけど。 もしくは、これのUIが良くなれば欲しいんですがhttp://www.nttdocomo.co.jp/product/foma/pro/sh04a/
カルマ >> 何故か日本の携帯は操作がモッサリしてて、タッチパネルの反応も鈍いんですよね。そこが惜しい。
カルマ >> PSPはPSアーカイブの優位性が無いのがルイさん的に辛いですねぇ。僕が薦められるのも「パタポン」と、一緒に遊ぶ友人がいるなら「モンハン2ndG」を勧める程度で。
ルイ >> アーカイブ、案外増えてないですしね…セガがサターンやDCアーカイブを大々的にはじめてくれたらいいのに。企画違いが裏目だよママン。
ルイ >> そうしたらPSPでルームメイト井上涼子を遊ぶという、究極の時代錯誤ぷ
ルイ >> …コホン。タユタマ観ました…反応に困るな、これ。
ルイ >> 一応綺麗に上江洲史観で捕える狡い語り口も思い浮かんだけど…w
ルイ >> アメリェ…
ルイ >> この構成でこの最終回は違うな。最終回そのものがダメって言うより、この最終回なら違う構成。
ルイ >> ...指大きいからまだあいぽんキータッチ慣れないお。レスポンスは最高にいいんですが…
ルイ >> 最大の欠点がバッテリーで、現状バッテリーとして使えるのが不満も多いワンセグチューナーのみって事は…
ルイ >> バッテリー兼用のキーボード販売すればいいんじゃないかなw開発思想レイブですかw
kichi >> >大魔法峠  ふむふむ。ギャグの間とかテンポとかに留意ですか。ちょうど「神無月の巫女」が終わったとこですしw、見てみようと思います。
kichi >> しかし「神無月の巫女」、百合界隈ではえらく評判のいい作品だったので観たのですが、前半は物凄く厳しかったなぁw 中盤くらいからは結構良かった(部分も多いw)ですが、それも私が百合好きだからだろうなぁ……。なんというか……なんだろう、これ……w
kichi >> いわゆる「セカイ系」を百合+ロボでやった作品なわけですけど、ロボ側の強引さが凄過ぎて前半はただひたすら唖然w ある程度慣れて、セカイ系百合な展開が前面に出てきてからは結構楽しめたってとこでしょうか。まぁ、そっちもかなりステレオタイプな感じで結構アレなんですが、だからこそ百合好きなら大変美味しくいただけるとも言える……のかな?w


■■■■2009年07月01日■■■■
LD >> 単純に言えばアメリの伏線が、なんか放置されたままなんですよね…。>「タユタマ」
LD >> 「宇宙をかける少女」終了。………何が作りたかったのか、さっぱり分からないんだけど……ちょっと観直してみようかな。
エルバ >> え・・・アスラクライン、ここで最終回なんだ・・・
井汲 >> >「宇宙をかける少女」 結局、“Q 速∞”って本編に対して何の役割も果たさなかったね…ってこと以上に、とっ散らかって「芯」のない作品になっちゃいましたねえ。
ルイ >> 正直に言わせてもらえば、最初の数話でわかることですけどね。あのあとLDさんが☆3だったか、それなりのスタンス取った時は流行病にでもかかったのかと思った。(淡々
ルイ >> …ま、次は07ゴーストいこう。乙女向けと切り捨てない俺。ナツコ構成だから切ろうかとは思ったけど
エルバ >> ほう、最初の数話で分かるんだ。
エルバ >> 07ゴーストは7話目くらいで切ってしまったなぁ
LD >> 「宇宙かけ」> う〜ん、ちょっと気になっているんですけどね。構成、花田さんだし…ま、ちょっと寝かせておこうかな。
ルイ >> うーん、俺ならわかるんだぜできる的な話ではなくてね。井汲さんの表現「芯がない」
ルイ >> …というのは全く同感です。そして該当作品は序盤数話でやっぱ特徴みせますね、フリに対する鈍感さ、などの形で。自分で振ったのに何故こうも無頓着で他のフリに精だすの?というような…


■■■■2009年07月02日■■■■
いずみの >> ところでキュアパッションのパッションはパッションフルーツのパッションで、パッションフルーツのパッションは情熱じゃなくて「受難」の意味なんですね
ルイ >> はなまる幼稚園…
ルイ >> 悩む役で輝く人ですが、単純な作品だと演技の良さが出るのは5の2やぼのぼので見せている通り。まあ愉しみ。
ルイ >> 水島監督あるいは三間さんに気にいられたかな…イナズマは明らかに00からのオファーだろうし。
ルイ >> くぎゅうと括ってキャラ人気を声優人気による、と語った時の違和感はここに繋がるのか…?
ルイ >> 倉田さんと水島ガイナか。相変わらず表街道からはズレてるが楽しみな所だなや。
ルイ >> あ、アニメージュの脚本家鼎談よかったです。アニメージュはああいう企画をどんどんやってほしいですよね。


■■■■2009年07月03日■■■■
LD >> 「エヴァ破」観てきました〜!……………ルイさんは「エヴァ序」も観てないのか…(´;ω;`)
LD >> 正直、パッション・フルーツって地味だよね……(´・ω・`)
LD >> 今週の一番は本日25時開始予定でお願いします。
ペトロニウス >> LDさん、、、電話します―――はなしてーんだよーーーーー
GiGi >> エヴァ序は今日見てその足でレイトショー行けばいいんじゃね?
ルイ >> 何故そんな明日までに見なきゃ死ぬみたいな…wとはいえ序はこれから観ます。考えてみればストレンヂアのお返しのようなものかな
ルイ >> あの時ストレンヂアに反応してくれたから、って別にヂアをそこまで大きく捉えてはいないけど、万事こういうことの繰り返しですよね。
ルイ >> そういうバランスでいえば僕はレスポンスいいほうじゃないから、LDさんには基本うしろめたさのようなものが…
ルイ >> まあ、行き着くのは「これについて話したい!」というシンプルなハナシなんでしょうけどね…自分と人の尺度は違うから、そのへんビクビクもしているとw
ルイ >> ところでLDさん、メールあるのに私信てのも変な話なんですが、メール届きました?また、時間はいつ頃になっていましたか?あいぽんは色々扱いがアレで…確認させてほしいなと。
ルイ >> そしてバッテリー持ち悪いなあホントw残量を%表示にすると、手軽な「24」が楽しめるー、みたいなーw
エルバ >> 今夜の金曜ロードショーでエヴァ序が放送ですね。もう1度観よう。
ルイ >> なんだてえw
ルイ >> 日本でそんなに見る人が…じゃあかんなぎの特典話観ようかな<日陰思考
LD >> Re:ルイさん メールは6:52スタンプでした。
GiGi >> ちなみに昨日見ました。Mixiに書いたつもりだったがどうも確認押してなかったらしい。おかげで睡眠時間2時間とか…
ルイ >> ハンズフリー通話デビュー。何これちょっと恥ずかしいぢゃない。
ルイ >> 手をまったいらにして頭の上で構えたら、次はチョップがくるっていう宣言になるやん?それと一緒で、機械を耳元にほっぺにもっていくのは電話してます、という宣言になるやん?(たとえがもうおかしい
ルイ >> つまり公的なフィールドで私的なフィールドを生み出しますよ、という許諾を求めるポーズなわけですが、その過程ゼロでズカッと「世界」の中で電話するのは、唐突に独り言をブツブツしだすような恥ずかしさが・・・ん?意識過剰?ナルホド!
ルイ >> 全世界初の日本でのTV放映に先駆けてエヴァ序を観てるぜ!←モノは言いようで、単にギリギリまで観る気が起きなくてここまできただけ
ルイ >> あ、地上波初、なのかな?いやどうでもいいけどw
GiGi >> そしてみんながテレビを見てる間に映画館行くんですね。頭いい!


■■■■2009年07月04日■■■■
LD >> |ω・`)
LD >> ご、ごんばんば。
井汲 >> http://www.asahi.com/showbiz/manga/TKY200907020262.html 柔軟な姿勢を見せることになったこと事態は喜ばしい。どうせ使うんなら、少しでもマシな使い方をして欲しいものです。
井汲 >> 「破」は火曜以降かな…。
井汲 >> おっと、割り込んでしまってすみません。そう言えばちょうど今から「一番」だったっけ…
LD >> 森進一です。
カルマ >> 晩婚派。今日「序」TVで観たので近日中に「破」を観に行きたいです。
エルバ >> みんな!スルーしたら、LDさんが泣いちゃうよ!
エルバ >> LDさん、かわいいよLDさん
LD >> 森永卓郎という人を僕はあまり好きではないのですが…私のしごと館を改装したらどうだ?という提案は悪くないと思いました…。>まんが殿堂
LD >> ありがトン、エルバさん。(´;ω;`)
エルバ >> 私のしごと館の改装案はなかなか良かったですね
LD >> …って、私のしごと館ってどこにあるか知らないのですが…(ぐぐる)……あ、あ”そ”こ”か”〜〜!!!
カルマ >> ?よくわかりません。>スルー
エルバ >> "研究員はボランティア的な「客員研究員」を想定”とか聞くと腹立たしいぜ!
井汲 >> (「しごと館の改装」は完全にイヤミだと思う…(笑))
LD >> ……そ、相当、バカな所に作ったなあ〜!!!さすが、官僚というか、なんというか…www(汗)
エルバ >> カナンに絡めて、予想通り428は移植か。あぁ、GiGiさんに送らねば・・・。
井汲 >> 今日放映の「序」、どこが DVD と違うのかと確かめてみましたが、キャスト・スタッフのクレジットを主要なものだけ冒頭にカットインさせて、ラスト本編直後に予告編をつないだんですね。たしかに、TV 放映だと、クレジットが流れ始めたらみんなチャンネル変えてしまって予告編は見逃されてしまいそうなので、よい判断だ。
井汲 >> (おかげで歌が流れなくなってしまった宇多田ヒカルにとってはとばっちり(笑)だけど、まあしかたあるまい)
LD >> いや、これが、イヤミじゃなく、本気だったりする所が、僕が森永卓郎を胡散臭く思ってしまう所以なのですが……(汗)
kichi >> ……こんばんわ(´・ω・`)。o(県内の「破」上映劇場まで車で片道2〜3時間……たぶん3時間近くかかるな……。無理……o...rz)
エルバ >> まぁ、あほな赤字を増やされるよりは、よほどマシかと・・・。
LD >> | ´_ゝ`)まあ、しごと館改装は反対w ……もう、ちょっといい場所の施設探してきた方がいいw
エルバ >> ハコモノなんざ、あまりまくりデスヨ
カルマ >> ハコモノは今後刑務所くらいしか有用な用途ないんじゃないかな…(苦笑)
井汲 >> ちゃんと人が集まりそうな所がいいですよね。
カルマ >> ミニカー置くっていったら新設支持したと思いますよ。あの人確かミニカーオタクだから>森永卓郎
LD >> 修造`・ω・´) <ちょっと、待って!なんて言った?いま、kichiさん、なんて言った?
エルバ >> 「指定管理者制度」みたいなものを想定してるのかのぉ・・・orz
エルバ >> 「破」上映劇場までno車で
エルバ >> 「破」上映劇場に移動する車の中で、序を復習できると仰っておられます。
kichi >> ……ひょっとして隣県の上映劇場の方が近いのかな?と思ったりもしてますが……、行った事ないしなぁw お祭には乗りたいので非常に残念ですが、やっぱムリポ……(´・ω`)
LD >> つくばの学研都市だって、どうだろう?って感じなんだけど……んでも、秋葉原からつくばエクスプレスがひいてあるから……そこらへんが限界?w
LD >> 修造`・ω・´) <いや、無理強いはしないにょw
LD >> 修造`・ω・´) <でも、修造になった流れでこれだけは言わせてほしいにょw
LD >> 修造`・ω・´) <あきらめんなよ!!あきらめちゃ、ダメなんだよ!!

MANKEN CHAT(1.1)