漫研チャット
名前:
発言:
[正面] [取扱] [過去ログ]


■■■■2009年07月04日■■■■
LD >> 森進一です。
井汲 >> > お祭り ペトロニウスさんのシンクロ率は凄いですね。あれで400%くらい?(笑)
井汲 >> ネタバレ避けるために、詳しくは全然読んでないんですけど。
LD >> そして「破」を観てきましたが、とりあえずこれを言っておきたい。
エルバ >> しばらく休日は潰れまくりなので、劇場で観られるかは微妙だなぁ。東のエデンは前売購入したが。
kichi >> むぅ。まぁ、福島県のかなり南側在住なんですが、なんで郡山でやってないのか……orz
LD >> 真綾サイコーじゃね?(`・ω・´)しきーん!
エルバ >> 真綾サイコーじゃね?(`・ω・´)しきーん!
kichi >> 真綾なのかΣ(´・ω・`)
井汲 >> (東のエデンもそのうち前売り買わないと…。そして武蔵はいったいいつになったら見にいけるのか…)
井汲 >> 以前も書いた通り私は坂本真綾への評価は低いのですが、それを覆す名園を期待しておきますー。
エルバ >> 東のエデンは特性冊子を入手しました!が、中身見てません!
井汲 >> 名園→名演
LD >> 福島、厳しそうですねえ…(汗)
井汲 >> さて、そろそろ「一番」をどうぞ。私はこの辺で撤退。
カルマ >> あうあう。大学帰りに梅田で観ようと思ったけど、前日までにチケット買っておきたい…しかしその時間が…ううむ。
LD >> いや、坂本真綾さんって、基本どの役でも声質ほぼまったく変らないので…さらに言えばちょっと棒な所もあるので、ある意味、評価低いのは頷いてしまうんですけどね…(汗)でも、僕は彼女凄いと思っているんですよねw
エルバ >> エーちゃんのことを考えながら、ウィンブルドン男子準決勝を見る。
kichi >> ん〜、やっぱ宇都宮も近くは無いなぁ……(´・ω・`)道に迷うリスクを考えると福島の方がまだましな感じかぁ……
LD >> (=´ω`=)しあわせは〜♪あるいてこない♪だ〜からあるいて…(←ネタバレはじめた!)
エルバ >> ビ---ム!! (o゚ロ゚)ノ‥‥…━━━━━☆)`ν゚)・;'.、
LD >> ペトロニウスさんの言うとおり、多くの人が観たかった「エヴァ」…という気はしますね。>「破」
エルバ >> ビームアタック!!(ノ゚ロ゚)o・:*‥…━━━☆)゚3゚(★━━━…‥*:・o(゚ロ゚ヽ)
LD >> …orz ごめんよ。もうしないよ?
エルバ >> ワクワク((o(゚▽゚○)(○゚▽゚)o))ドキドキ
エルバ >> ( ̄Д ̄;) ガーン
LD >> さて、ほどなく一番に入りましょうか(`・ω・´)
エルバ >> ( ̄Д ̄;) ガーン
LD >> ジャンプ。
エルバ >> ( ̄Д ̄;) ジャンプ
LD >> 「銀魂」が、かなりメタな展開をしていますがw「スケットダンス」とはまた違う、ギスギス感がなかなか良いですw
kichi >> ……ん〜、まぁ、面白かったとは思うんですが、さすがにちょっと引っ張りすぎじゃ?という気分もややありかもですw>「銀魂」
カルマ >> マスコット同士の殴り合いは最高でしたけどね(笑)>銀魂
LD >> 「いぬまるだし」は……続く話は、以前もあったっけ?いや、今週も楽しかったです。
LD >> 確かに、今週くらいでオチまでつけるのが、いいテンポに思えますね………って、どっかに順位引き下ろしの犯人いるはずなのに、別の展開に入っていて何気に遠回りしている?w
LD >> >「銀魂」
kichi >> まぁ、ルイさんやカルマさんはこれも「何千番煎じ」って感想なのかなぁ?と思ったりはしましたが、結構楽しく読めましたね。いや、アイテム家探しネタなんかは私でも何千番って思いましたけど、まぁw
kichi >> >いぬまるだし
GiGi >> 破はまだ未見の人も多いのでネタバレにならない範囲で書くと、第3新東京市の外の世界が描かれてたのがよかったですね。
kichi >> ああ、そういえばw>順位引き下ろし犯人
エルバ >> ビームアタック!!(ノ゚ロ゚)o・:*‥…━━━☆)゚3゚(★━━━…‥*:・o(゚ロ゚ヽ)
LD >> 読切の「LOCKON」は、かなり素直なマンガでした。……狙い撃つぜ!(←なんか言いたくなったらしい)
LD >> 外の世界いいですよね。そして通勤、学校…といいです。そこが好き。
カルマ >> 最近ゲームネタ多いなぁという印象は少しありますね。ちょっと前の銀魂、続いてスケダン、そしていぬまるだし、サンデーの連載とかも。
kichi >> ……まぁ、読み切りは素直っていうか普通でしたかねぇ。話も絵もいい線いってはいるんですけど、ちょっと足りてない印象。
LD >> 「ぬらりひょん」は良いなあ…。
カルマ >> 普通に良かった、かなと。無難だけど面白いとまでは>読み切り
GiGi >> そしてプロジェクトDivaを買ってしまい寝不足に拍車がかかってます(笑)
kichi >> 「ぬらりひょん」過去編はほんと好調ですねぇ。本気で現代戻ってからが不安になってきましたw
LD >> 「ぬらり」の後に、「アカボシ」が載っているのですが、この二つは似ていて、でも「アカボシ」の方が少し足りないかも…。→
カルマ >> 今週ふと思ったんですが、転生を繰り返すとなると、今回の過去編はラスボスの提示なのかな?とか。
カルマ >> >ぬらりひょん
エルバ >> ラスボスの提示のようには見えますねぇ
kichi >> ラスボスかどうかは分かりませんが、十中八九現代戻っての次のエピソードで闘うのだとは思います>羽衣狐
LD >> 「ぬらり」の方も画と線の組み方で魅せるタイプなんですけど、たとえば今のバーサス、ぬらりも羽衣狐もギミックが入っているから画に“掛らなくても”いけるんですよね。「アカボシ」はギミックが薄いから、画に“掛らなかったら”そこまで。…という感があります。
LD >> たしか、リクオの次の対戦相手のような示唆があって「過去編」に言っていますよね。>羽衣狐 ………幼女きたな。(`・ω・´)
LD >> 言ってます→行ってます
GiGi >> 読み切りよかったですね。展開自体はベタですが、見ることをテーマにした切口はよかったです
kichi >> たしかに、ぬらりひょんのギミックがある意味は大きい気がしますね。まぁ、それだけでもなく、キャラやドラマの魅せ方も現状ではぬらりに軍配上がると思いますが(少なくともこの過去編ではw)
kichi >> 幼女なんだ?Σ(´・ω・`)
LD >> そして、正直、一番候補の「ヘタッピマンガ研」。………村田先生、もう連載枠獲得じゃん?(´・ω・`)
GiGi >> フープメンの最終回がすごくよかったわけですが。今期の打ち切りダービーは厳しいなあ。
カルマ >> カナちゃんに憑いたらヒロイン格がちゃんと保たれるとか考えてるのヨソに…>幼女
LD >> ああ、うん。主人公の特性があって、そういう特性ならこう考え、こういうキャラになる…というような積み上げが良かったですよね。>見ることをテーマ
kichi >> 一番候補ですか……(`・ω・´;)まぁ、こうやってジャンプ作家の先生方を描いていくのは興味深くはありますねぇ……
LD >> あ…w>カナちゃんに憑く …いやいや、カナちゃんのヒロイン特性は既に“放置”だから…いやいや…(←何言っているの?)
kichi >> フープメン最終回良かったですねぇ。思いっきり打ち切りではありますが、この作品の持つテーマに関してはわりと綺麗に描ききれちゃってるような印象すらあって……w
kichi >> しかしほんと、今期の打ち切りダービーは本気で厳しいですね……。ていうかDグレ復帰が怖い状況w もうSQ辺りに行ってくれないかなぁ……(汗)
GiGi >> バクマン掲載位置見て、実は結構やばい?とか思ったり。
LD >> キャラは、しまぶ〜や、あるいは松井先生に聞くのがよいでしょうね。やはり、画で苦労する(した)人の方がよいよい。
カルマ >> フープメンは結構綺麗に描いた印象がありますね。
GiGi >> DグレはSQ行きが平和ですね、いろんな意味で。
ルイ >> おはようございました。
kichi >> バクマンですら危険に感じるくらい接戦なんですよねぇ。あ、でも今週の掲載順はなんか全体的に変だった気がします。まるで福田の掲載位置順に関する意見が通ったかのようなシャッフル具合w
カルマ >> 一応2ch情報ではこういう感じらしいですhttp://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/news/1245617238>バクマンとか
GiGi >> 村田先生にバクマンの漫画内漫画描いてもらえばいいじゃないとかふと思ったり
ルイ >> ヘタッピ漫研が一番候補といわれてもちょっと首肯しかねるんですが、とりあえず追いつける範囲で・・・読み切りの感想はgigiさんに近いかな。
LD >> 「フープメン」良かったですねえ!!描かれなかった部分も、何というか、今までしっかり積み上げてあるから、イメージできるんですよね。…そして、そのあらゆる展開が「フープメン」らしいと思える……。…ヤンジャンか、Sジャンかなあ……
kichi >> ハンタ復帰で切られる作品があるのはまだ「ヤムナシ」って思えますけど、今Dグレで切られるのは……orz
ルイ >> JG1は化け物か!?というところまでは戻ってこなかったですけど、それなりに期待するものが見える読み切りではあったかなぁ。そういう意味では、正しく「読み切り攻勢の5番目になる読み切り」という印象。ってか、キャラは良いですね。キャラは良いと思います(二度言った
LD >> ですよね。…なんか最近、掲載位置にすこ〜し違和感がwちょと福田の意見通ってない?w
カルマ >> 河下先生の新連載でとらぶるヤバいなんて言われてますね。コミックス売れてるなら維持しても良いと思うのですが。
エルバ >> アンディ・マレー、22歳でウィンブルドンの準決勝か・・・
GiGi >> こんばん破>ルイさん
カルマ >> ルイさん晩婚派。
ルイ >> 展開がつまらないんだな。イケメンが出てきて実は悪い奴、なんてのは本当に捻りがなくて、別の何かが乗っているわけでもない。ただ、主要キャラ二人は良くできていて、彼らが学校内の事件なりにどんなリアクションを取るか?どういう情報を散らすか?というだけで物語は作れると思う・・・・何かもう、正しく「原石」って感じですねぇ・・・。
ルイ >> 今日見に行くから許してよw>こんばん破 感想はオールカットしてます。ペトロニウスさんのも当然読んでない。
LD >> 「めだか」も良かったなあ…。ちょっと思ったのですが、この作品、少年マンガ的、あるいは西尾的、「フラワー・オブ・ライフ」を目指しているかもしれませんね。→
エルバ >> まぁ、最年少優勝記録は確か18歳くらいだけど。
ルイ >> マレーはもう去年からトップ級ですから驚くこともないですねぇ。
エルバ >> エーちゃんと絡めて見ていたので、ちょっと別の感慨を。 >マレー
LD >> →少なくとも、ハーレム積みをすると想像していたのに、それは打って来ない。スタートダッシュのこの時期に来ないという事は(やるとしても)そこで勝負しない……という意図にも思えます。
ルイ >> 地味にギミックがマガジンの「第九」とかぶっているけれど、こちらの方がテーマ的な処理も上手いな。忘れられないから笑顔を多くしたい、というのは化物語のアララギさんの眷属とも言える(めだかちゃんもそうか)圧倒的な「ハーレムメーカーでも許される素材」です。
kichi >> 「めだか」も安定して、って言っていいのかな?良かったです。しかしほんと積極的にキャラ回してますねぇ。……猫美先輩が案外おっぱいで意外でした……w
ルイ >> うん、「めだか」は週1人、みたいなあせりがなくて良かったですね。
ルイ >> 「フープメン」の最終回は完全に一番候補でしょう。ていうか一番じゃないの?
カルマ >> 陸上部の先輩可愛いなぁ>めだか 今週は読みやすかったです。
LD >> まあ、そんなワケで「べるぜバブ」が上手いのは恒例になってしまったので、なんか言うこともない?w
ルイ >> ジャンプの巻末で打ち切りルートが見えた時点で、もう僕はこの図しかイメージしてなかった、というのもありますね>フープメン 途中でデカブツくんが出てきたりした時「あれ?間も描けちゃうの?」とは一瞬思ったけど、巻くならこの作品はこう巻くしかないと思っていたし、それを最上の形で見せてくれたので何も不満はないです。そう、絶対卒業(あるいは部の解散だけど、高校の部活は卒業するまでゆるゆる続くから・・・)を描くと思ってた。高校の部活動というひとつの時間が終わる時、何をなしえているかっていう話だと思ったし、それは特別な受賞なり評価なりで示す作品じゃないんですよね。
エルバ >> 「ワンピース」ボンちゃんはまたもこんな役回りを・・・(TT
LD >> 「バクマン」は連載3本とも順調だなあ……それゆえ、福田が一番ピンチ!という事になってくると思うけど……。
LD >> ボン・クレー、いい役回ってきますねえ…w
kichi >> 「フープメン」と「ワンピ」、どっちを候補として挙げるか迷ってた感じなんですけど、LDさんにスルーされてるっぽいとこを見ると「狙い過ぎ」な感じだったということでしょうかね……? まぁ、この段階でこのキャラでこんな風に盛り上げてしまうのに痺れてしまって、さらにレベル上な展開がくるであろう今後がますますワクワクって感じなのですが……。
カルマ >> あ、ワンピース凄い好きです。こういう反復は想像してなかったので。
ルイ >> 「ぬらりひょん」も凄く良かったですね。姫は池澤春菜かと思ってたけど、あやひーでもいいな(← ただ、ちょいと不満を言うなら・・・姫の表情付けが甘いなぁと。妖も結構イケるし男性もいいのに、美少女になると途端に表現力が足りてないな、とは思います。残念。
ルイ >> 「ワンピース」はまぁ綺麗でしたね。久々に、いかにも尾田先生!みたいな。
LD >> 「TRAP」は完全に安定期に入ったように思える。「ハイドアウトドア」は……中井さん、潰れるのキツいんですよね。今の状況的に………SQ流しとかそういうのならアリかなあ?
kichi >> ああ、つららの表情の描き方は好きなんですが、アレもちょっと特殊、妖怪っていうことがあってのグルグル目を生かしての表現ですもんね。人間の少女の表情はたしかにイマイチかも……>ぬらり
ルイ >> バクマン、掲載位置をそのまんま考えていいかはよくわかんないですけど・・・単行本は売れてるけどアンケ投票層にはウケそこまで、っていう典型なのかもなぁ。
エルバ >> 「黒子」に天敵登場ですか、へー
ルイ >> つららはかなり例外ですねぇ。ただ、つららも果たして際の表情が描けるかっていうと・・・その点、ぬらり爺の若かりし頃は色気も若気もあって素晴らしいですね。
LD >> や、「フープメン」は良かったですよw「ワンピ」はよかったけど、一番とは思っていないと…そんな感じかな。>スルーされてる
kichi >> 「バクマン」はエイジのキャラをちょっと戻すような雰囲気? ちょっとうまく行き過ぎにも思える展開の中、それは維持しちゃってその中でドラマを作ってくるのか、この変化が順位にも大きく影響するような展開がくるのか……、どっちにしても楽しみですね。
ルイ >> 「ナルト」って面白いですねぇ。
LD >> つららは「リクオ様にげてえ!」の画がありますからね……ちょっと、桜姫は影がなさ過ぎなんでしょうね。この場合、“陽”の姫を描くのがミッションでしょうけど、ちょっと椎橋先生にはそのスキルというか、実績がないという感じですね。
GiGi >> フープメンは予想通りで期待以上でしたね。思った以上に回してくれた。当然一番候補筆頭です。
ルイ >> 「暁を裏切ればちゃんと死んでもらうといったハズだ」・・・不思議な言い回しをするなぁ。  それ以上に、前も指摘した記憶があるのだけれど「同じ画面内で同じリアクションを取る集団」を、なんのアングルなりの捻りもなしでそのまんま直球で捉えるんですよね。なんて不思議なんだ。
LD >> ドラマを作らざるを得ないと思うんですけど……ちょっと作者がキャラを好きになり過ぎて切れなくなるパターン、あるいは切る事を納得させるネームが引けなくなるパターン…にも思えるので、少し心配もしています。>「バクマン」
ルイ >> 最近「バクマン」はちょっと距離おいて眺めてますね・・。
ルイ >> サスケたち4人を正面から捉えているコマで、全員にフキダシで「!?」(×4)とやるのは、コントかと思った。
GiGi >> ごめん、よく聞こえなかったな>ルイさん
ルイ >> あーでも中井さんの方の編集さんにはフォローなしって感じですねw>バクマン
ルイ >> ・・・・ナルト巻きはラーメンにかかせないよね・・・>GiGiさん
LD >> 中井さん、アシ4人体制で、相当描き込んでいるようだな…。>「バクマン」
LD >> さて、ジャンプ、こんなもんでしょうか。
ルイ >> 「とらぶる」は別にピンチな事もないんじゃないかなぁ。っていうか、河下先生はここまでバカになれんのかと。やれんのかと。(高田延彦ボイス)
kichi >> たしかにそういう印象もありますね。かなり波の多い物語展開をしてるものの、実は本当に厳しい描写ってこれまで無かったような気もしますし……>切れなくなるパターン
カルマ >> 僕も意味わからんかった(苦笑)>全員にフキダシで「!?」(×4)
ルイ >> サンデー
LD >> サンデー。
カルマ >> サンデー?
ルイ >> 個別に受け取り方に差異を作るなり、差異がないなら代表してサスケにリアクションして他の三人を「後ろで控えていて描かない=一枚岩で同じリアクション」と表現するなり、どうにでもやりようがあると思うんですけどね。アクションだけアニメの超作画に引きずられて、それ以外の演出力が全く進化しないっていうより一巻もっと良くなかったっけコンチクショー>N
kichi >> サンデー♪
GiGi >> ワンピはボンちゃんというのが納得度が高くて効いてますね
LD >> http://www.youtube.com/watch?v=mLtF1DmSjoc 「この意味わかりますか?」ですね。分かります。(`・ω・´)
ルイ >> 「ハヤテ」は久々に面白かった。ハヤテもサンデー連載作品、あだち先生の子供なんだなあ、というか。こういうトボケを言い切りで押し切る「味」は、サンデーのものっていう印象がありますね。もうちょい名所を回るネタにすれば、シュールさが際立ったと思うけどなぁ。真実の口が音声の湯が出るライオン口だったりとか。
LD >> >高田
LD >> 「境界のRINNE」が、とても楽しいです…。(´・ω・`)
ルイ >> 高田総統がハッスルから去ったらハッスルがつぶれちゃってそしたらあやひーのラジオが聴けなくなるから困るので全日オタだけど新日出身の高田さんには頑張ってほしいっていうかどうせ総統じゃなくて別キャラで登場ってオチでしょ(一気に捲し立て
ルイ >> あ、そうか。どうして「ハヤテ」が面白いかって、二人しか出てないからだ。テトラを動かせてない昨今のハヤテとはそこが違うのか(なんて後ろ向きな解決策・・・
LD >> 「マギ」も良いですよねえ…。
GiGi >> マギは結構意表をつかれた
ルイ >> 「マギ」はオモロですね。レギュラーな香りはしたけど、まさか二重奴隷とは。
kichi >> 私も今回の「ハヤテ」はかなり好きですね。雪路ってこんな味のあるやりとりできるキャラだったのかぁ……。
LD >> ふ〜む。サキ×ワタルが回るように、実は、畑先生、テトラはあまり得意じゃなす?
LD >> に、二重奴隷!Σ(`・ω・´)
kichi >> 「マギ」もいいですねぇ。意外性ある敵方描写をしつつ、ダンジョン突入。上手いなぁ……。
LD >> あ、テトラじゃなくって、この場合は三角関係か。
ルイ >> アラジンの行動原理がシンプルに「世界のシステムに?を言う人」だから、少年漫画としての感情が乗りやすいんですよね。これ、奴隷制のようにちゃんと「今とは違う時代のシステム」を描くなら、登場人物もその時代の人なんだから、そんなリベラル思考しないだろ?とツッコめちゃうんだけど、そこはアラジンというキャラの特異さがキイてますよね。アラジンはこの社会で生きてきていないから、こういう素朴な疑問や好き嫌いを語る権利がある。・・・あと、逃げる時奴隷子ちゃんが逃げたのを振り返って確認したのも良かったですね。キャラ徹底って意味で地味に大切なヒトコマ。
ルイ >> まー場合に限定すれば三角関係ですが、今言いたいことはテトラでいいですw
LD >> 「おじさんはどうしてそうなの?お酒やお金なんかのために人を嫌な気持ちにさせて…」っていうセリフ回しとか、そこらへん一つ一つ上手いですね。
ルイ >> あと、とことん悪いだけの「おじさん」もデフォルメ描写がキイててかわいらしいというか・・・楽しいキャラになっているのも良いですね。
ルイ >> 「チルドレン」うむむ、三人ともちゃんとコマぶちぬいて全身描いてやがる。許すしかない(何を?
ルイ >> http://websunday.net/backstage/set_fujiki.html 俺ならピーチとマリオ兄弟を頼む。絶対頼む。・・・という「はじめてのあく」も安定してますね、何か。現メンツじゃジリ貧な気もするんだけどなぁ・・・。
LD >> 「神知る」は、ともかく、この駆魂が強いのは間違いないでしょうから、強い駆魂がどういうものかというのをとりあえず見たいなと思いますね。
ルイ >> 「神知る」はちょっと予想はずれ・・・・というか意外なフェーズに入ってきてますね。シフトという最近の印象には沿っているのだけれど、こう攻略被攻略自体をある種ひっくり返す攻守逆転というか・・・これは予想外でした。
LD >> 僕は今ならキョーコだなあ〜(=´ω`=)>サイン会
kichi >> 今週の「はじあく」はほんと「ピュアすぎだろう、悪の人」という感想に尽きますねw ま、少年マンガなんだしそういうこととは別に負けたら悔しがろうよwとは思わないでもないですがw
LD >> ノーラで引いていますけど、これ多分、ノーラチームは歯が立たない展開だと思われ。
GiGi >> りんねですが、これ、多分来週にはクラス中にりんねの正体バレますね
ルイ >> ノーラは完全にカマセの引きじゃん。或いは「駆け魂の集め方」のほかのアイディアとして、おにゃのこを犠牲にするような手を提示してくれるかもしれないけど。
LD >> 「はじめてのあく」は、やはり九条のキャラは「弱い」なと。…正確には噛み合わせが悪い?かな?“浮いている”という特性は得ているけど、そこからの派生がないというか……金持ちとか?そこらへんでビルドできそうな気もするんですけどね。
ルイ >> 執事の同級生を作れって事ですね>九条
ルイ >> あとメイド。
LD >> 来週言いましたか?(`・ω・´;) >正体バレ
LD >> ん、メイドありっすね。……つか、多分、正義の味方とかが乱入してくるようになったら、多分、九条も「連鎖」起すんでしょうけどw
kichi >> やっぱりそういうことなんでしょうね。>ノーラチーム歯が立たない   こういう展開を、わざわざ幼馴染みというキャラでやるわけですから、やっぱりかなり重要度高いキャラなんでしょうね。ラスボス?w
ルイ >> ふーむ>「りんね」 根拠がいまいちわからないのでリアクションに困りますけど・・・こう、折角桜とりんねの唯一性みたいなものを押してこれてるので、ルーティン確立するまでそんなに皆同じフィールドに入れなくてもいいと思うのだけれど。
GiGi >> んーサキワタルにしても雪路ジャージにしても既に出来上がってる関係なのでなんとも。
LD >> 「アーティストアクロ」は次の旅にはニコもついてくるのですね?分かります。(´・ω・`)
カルマ >> 執事キャラが最近男性で定着してますけど、凜とした女性執事も見たいんですけどね…>執事の同級生
kichi >> ニコはともかくタイトスカートさんは……?(´・ω・`)正直、ついてこなかったらこの作品終わりだってなくらいの気分なんですが……>アクロ
LD >> ふ〜む。心のスキマ四天王みたいな展開も想像したんですけど、ちょっとしっくり来ないですしねw(←)…この話、桂馬に全く脈がありそうでない所がミソに思えますね。それ故、どっかでどんでんが返らないと、ラスボス説とかが僕の中で起きない。
ルイ >> つまり國生さんが見たいと>凛とした女性執事
LD >> ええ?タイトさんはレオンジと、イチャ…幸せな家庭を築くんでそ?(´・ω・` )ノノ
LD >> 國生さんは秘書だかな…。(´・ω・`)
kichi >> ……(´;ω;`)>レオンジとイチャ
ルイ >> 「MY SWEET SUNDAY」良かったですねwヘタッピ漫研よりは一番候補に推したいかもw
GiGi >> キングゴルフがちょっとよかったですね。
kichi >> そういえば、今週の「コナン」はガチノンでした?
LD >> 「お茶にごす」は夏帆ちゃんの“言えない”ボーダーみたいな所が良かったです。
kichi >> キングゴルフ良かったですね。ある意味メンタル面無敵なポテンシャルを持った主人公ですけど、当然といえば当然ですがいつでもそうっていうわけじゃなくて、スイッチが入ったらそうなるという点でカタルシスが生まれるキャラクターなのですね。
LD >> ガチノン…って、なに?(´・ω・`)
ルイ >> 実際週刊漫画の作家って多くは年齢にあわせて他の漫画雑誌にシフトしていくわけですけど、連載をやめているとは限らない。走り続けてるっていう吉田先生の姿勢は、これまでの週刊少年漫画を卒業したすべての漫画家の想いを代弁しているようで・・・良かったですね。漫画文化の縦の線が垣間見えた。 いや、ただかっこつけてるだけっちゃそうなんだけどw
kichi >> 片方はガチ百合、片方はノンケって意味です……(´・ω・`)殺された女性はガチだったのかなぁ?という妄想読みw
kichi >> >ガチノン
LD >> いや、ゴルフ、メンタル無敵だと無敵ですからね………でも、メンタル無敵から入ってしまったが故にメンタルの話をしなければならない展開になっていて、それは良いことかも…とか思っています。
LD >> ガチ…ノン…と。( ・`Д´・)φ
LD >> 殺された女性はこれはガチでしょうね。……にしてもセリフ一息で説明しきるなあw
LD >> 「月光条例」は、もうちょっと上手く組むと、もうちょっといい話になると思うんですけどね……題材というか「フランダースの犬」はともかく、どうも「浦島太郎」の方がこのプロットに対してごちゃっとしている……かな?
カルマ >> なんか毎週のように状況説明のセリフが入るのは、わかりにくさの裏返しかなとか>月光条例
kichi >> もうちょっとガチ……とは言わなくても、悪意ではなかったような描写があるかと思ったんですけど、そこは流してるんですよね。まぁ、想像の余地が多くてかえって良かったとは思いますが>コナン
ルイ >> (あれ、秋葉原に映画館ないYO・・・)
LD >> わかりにくさの裏返し> 正しい指摘ですね。なんか何って言えませんけど。多分「浦島太郎」よりも、この状況を上手く作れる童話があるような気がするんですよね。
LD >> マガジンいきましょうか。
kichi >> ここ数週の「月光条例」は、ちょっと状況を複雑にし過ぎてる感じはしますね。そういう複雑さを「しようがない」という言葉一つで片付けちゃう気持ちよさはあるんですが……、それで片付けちゃって良いもんなのかどうかって引っかかっちゃうくらいの状況なんですよねぇ……w
LD >> 「ガマラン」は、やぱりどうも一枚落ちる感があるけど、やろうとしている事は好きですね。
ルイ >> ふむ。とりあえず今回の「月光条例」は、小橋健太だなと。あの人いっつも「”しょうがない”って何だ!」って言ってたから。遠まわしな三沢追悼とみた※完全に偶然です テーマ表現する為に作中のルールなりがあるのは結構なんですけど、そのへんわかりいいところがどこにもなくてゴチャゴチャしてますよね。
LD >> どうも、説明がごちゃっとしていて「しょうがない」にすとんと落ちてこないんですよね。
ルイ >> 「ガマラン」基本的に速度に忠実にいこうっていう意志は感じられるので、その点で嫌いにはなれないです。つまり聖杯戦争がやりたいのかな、という風には思えてきたんだけど。
kichi >> 傷直さずに次の闘い突入っていうのは、大変そうですけど楽しみでもありますね。どこまでいけるかな?>ガマラン
LD >> 弓は、威力が大きくて音の出る矢と、音が出なくって曲がる矢を使っているのかな?…………よし、白土三平先生の忍者マンガを100回読んでみよっか。
カルマ >> 右足もつんですかね?>ガマラン
ルイ >> 森の中から放つのはミスだ、っていう読み自体を誘ったわけですよね。ガマがひとかどの武芸者である事を見越しての構えですし、このへん面白いな。
LD >> ジョジョじゃないけど逃げるのも兵法ですけどね………とは言え「森ならいける!行くなら今!」と判断した所まではえらくって、そこらへんは押えてくるから好感なんですよね。
LD >> おう。ルイさんが、誘ったとイッコ上の事を言っている。
kichi >> ええと、跳弾ならぬ跳矢というのはどうでしょう……?w<ねぇよw
カルマ >> アーチェリーならまっすぐ飛ばないですよ(真顔
LD >> 「君町」は、メガネ子が出てきましたね………よいんじゃないでしょうか。
LD >> いや、この場合、入射角から考えて、U字に曲がる矢を……跳弾は、さすがに殺傷力が失われてしまうと思うけどw
ルイ >> ふむ。断る時にエバが好きと口にした所を木陰でエバが耳にするためのかませですねっていやに具体的w>メガネ子
kichi >> な、なるほど……φ( 。 。 ;)>かませ
LD >> しかし、弓がアリって事は、砲術もありなのかな?w
カルマ >> これで迷ったりしたら、「お前エバで一本化したんちゃうんかい!」とキレるところです。>君町
ルイ >> 砲術はありだと思うなぁ。もうイメージが聖杯戦争だから、魔法扱いはそっちしかないじゃないw
LD >> もう少し効率良く、神咲にも聞かせてみよっかw| ´_ゝ`)>メガネ子
ルイ >> 神咲はもう瀬尾先生的に死んだキャラだとばっかり。
LD >> ところで、単純にメガネ子かわいいから、もうちょっと伸ばしてみてもよいのではなかろうかw
GiGi >> 仕掛け弓じゃいかんのん?
ルイ >> 一応武芸者バトルなんだから、嘘ギミックでも何かこう、フリッカージャブみたいな・・・w>弓
LD >> 「コードブレイカー」のこの小さくなる設定は、何かこう……引っ張るのか?w
ルイ >> 大神くんコミカル界の住人になりすぎじゃないんかい>コードブレイカー
LD >> 仕掛け弓でいいですよ。というか、曲がる弓というのも、それぐらいのつもりでしゃべってますけどね。
LD >> もう、完全に非情の男ではないですよねw>大神
kichi >> ……いや、先週の印象ではもっと引っ張るのかと思ったら、今週あっさり解決しててあれー?って感じでしたがw ……この液垂らすだけで直るなら今後チビ化する意味も……いや、状況によっては有効な使い方もあるか。>コドブレイカ
カルマ >> 「エデン」女性ばっか殺してるのはハデスから何か指示があったんでしたっけ。
ルイ >> CA先輩といい、過去回想の使い方がちょっとワンパターンだな・・・色んなタイプを織り交ぜて散らしておいた方が良いような>エデン
LD >> “上手く隠れて”、“何かの秘密を聞く”……とかね。使わないとホントに意味分かんないしw>チビ化
kichi >> ただ、戻る方は液さえ常備しとけばいいようですけど、お手軽にチビ化することはできるんでしょうかねぇ?w 来週辺りそっちの説明があるかな?>チビ化
LD >> いや、特にハデスからは無かったような……でも、これでサードマンが殺しまくっているというのも、まんま過ぎるという気もしますけどね。
ルイ >> ぱっつんぱっつんの服を見せたかった。>意味
ルイ >> ハデスってサードマンの第二人格とかじゃないんだ。←
ルイ >> でも、脳障害で人格そのものが変わってしまうってのは実際ある事だから、もしそちらに踏み込むなら・・・まぁ、これってどこまでも同情の対象になってしまうって面もあるんですけど。責任問題にならない悪人というかw
LD >> 第二人格>ほう。…でも、最初にハデスが出た時、僕もそれ考えたんですけど、なんか違うかな?という結論になったんですよね。なんだったっけ…?仮面から見える人相が違うからだっけか?
LD >> 「新約花形」敵の天才くんがいきなり打たれてますね。
ルイ >> 「シバトラ」なにやら危機センサーに進化…?
ルイ >> んー、天才を天才として描く事と、天才の中に階層を作るのは別の能力だからなぁ。僕はこの花形の予選を充実させようってアイデア自体が好きじゃないです。
kichi >> ちゃんと見比べたわけじゃないですけど、体格から違うような印象ではありますね。サードマンは結構背高いイメージですけど、ハデスは小さめなイメージなんで……。あとやっぱり、ハデスはこの状況の裏を知ってそうなので……。>第二人格
LD >> 「エアギア」は暗い展開だなあ……まあ、分かっちゃいたけど。
LD >> なぬ?もっとアイドルといちゃいちゃしろとな?(`・ω・´)>予選
kichi >> 「シバトラ」はどういう展開なんでしょう……(´・ω・`) あと、あからさまにあやしい態度の武良もここまでくるとミスリード狙いに思えてきますね……。
kichi >> 「花形」に関しては全面的にルイさんに同意ですねぇ。予選はコールドでどんどん勝ち上がっちゃうくらいで良かった気がします。
LD >> 「シバトラ」は………………………………ぐう。
ルイ >> アイドルとゴーゴー踊るのも花形のキャラでもないかもだけど・・・んー、例えば「ボクは君達と一緒に甲子園に行きたいし、星くんに・・・彼のチームに勝ちたいんだ!でも、今のみんなの力では無理・・・だからボクは今回、『一打席』しかバッターボックスに立たない!そのカードをどこで切るかはキャプテンに任せる!」みたいな無理難題をふっかけて、花形の格を落とさないままやってほしかったですね。今も怪我させたり、気を使ってるのはわかるんですけど・・・イマイチだなあって。
カルマ >> 花形と飛雄馬(や旧作ライバル)以外に魅力的なキャラが少なくて、展開が冗長に感じますね>花形
ルイ >> うん。速度で言うなら予選は圧縮対象ですね。敢えてこの中で部活モノをやりたいというなら、今いったアイディアとか・・・とにかく「花形という天才を描くこと」と、「花形という天才が生み出すチームの輪を描く事」があって、その二つの板ばさみが今っていうイメージなんですよね。求心力をもって皆を高めていく、孤高で突き放す天才像とは違うものを提示しようとしているとは思うのですが。
kichi >> 「エアギア」は、どこまで踏み込むのか……怖いですねぇ(´・ω・`)
LD >> 「ネギま」はラカンは相変らず凄いなとw正にチート・キャラw
ルイ >> 「エアギア」は重過ぎるけど、逆にここまで重くしたらいっそふんぎりがつくような気もしませんか?だってこれでフラグ外したらギャグみたいになってしまいかねないやん。
ルイ >> ラカンはこのかと刹那のエピソードまで知ってんのか。もう何か楽なキャラですね。「力」も「情報」もとりあえず上位のものを与えておけばいいというかw
kichi >> そうですね。ふんぎりつくとは言えるんですけど、でもそれは心情的には見たくない展開なので、怖いなぁ、と……(´・ω・`)>エアギア
LD >> ふむ。>フラグ外し外し
LD >> さて、チャンポン行きましょうか。
GiGi >> エデンはねえ。一番怖いのはみんな疑心暗鬼になって殺し合っているというパターンだけど、そこまでやるかなあ…
kichi >> ああ。今週死んでたメガネ子ちゃんを雪ちゃんが殺してたら怖いですねぇ……(((´;ω;`)))
LD >> ああ、それいいですね。>殺し合っている ハデスが他にも声掛けていたりね。でも、それをするのは少年誌的にちょっとハードルがありますね。
カルマ >> お、それいいなぁ>殺し合ってる
LD >> チャンピオン、「弱虫ペダル」は良い話。主将のキャラと因縁が取れたなあ。
カルマ >> チャンピオンというとこんなアンケート取ったみたいですね(笑) http://seiup.net/moepic/res/seiup_1246594259185.htm
GiGi >> カマキリを捕食するピクルを想像してほのぼのするなど。
LD >> 新たなる象形拳・トリケラ拳発動!刃牙の底知れぬ天才性にピクルは遂に古代の好敵手の姿を見るッッ!!
ルイ >> バキはトリケラトプスになる前に、なんでひと通り・・・?
kichi >> なんかもう、ワロタw>トリケラトプス拳
LD >> 沢……、ゆ………〜〜!>アンケート
LD >> 気分を高めていました…(´・ω・`)>一通り
ルイ >> 説明役の烈さんによる「それじゃ勝てないよバキ…」というツッコミ待ちではなかったのか。うーん、難しいなバキ。
LD >> そして「バチバチ」は良い。今、かなりお気に入りの連載です。
ルイ >> 「弱虫ペダル」は良かったですね。掴んで転倒してしまった後、すぐ何かを吐露しようとしたのが良かった。・・・でも主将、これ極限のバトルになると古傷が発動しちゃうフラグなのかなぁ・・・。
ルイ >> 膿か…いい表現ですねぇ。
ルイ >> >バチバチ
LD >> 主将が今、グラサンしているのは、これが原因なんじゃないかな?>古傷
kichi >> 「弱虫ペダル」に「バチバチ」は大安定な面白さですねぇ。
LD >> 「これから伸びる髪は力士の髪だ」というセリフも良いですね。
ルイ >> 「アフロボマー」圧倒的にキャラ勝ちの漫画ですね。結局警官の名前が出てこないってのも好み。ドリフのワンコントみたいな設定ですけど、ちょっと短期集中連載してほしい。
LD >> 「ギャンブルフィッシュ」は、ムフフとか「残念!!6・6・6」とか言う時の、獅子堂じじいの目がとてつもなくイッています。
LD >> 「アフロボマー」面白かったですね。
GiGi >> アフロボマーよかったですね
ルイ >> 本官さん(?)の「運転ができない」って情報出てきたじゃないですか。何か具体的な行動原理だの名前だのというのではなく、そういった細部の情報から人を形作っていく、言ってみればスクランの柱みたいな良さがあって。この味を残したままもうちょっと続けてみてほしいですね。
ルイ >> 「ムラマサ」・・・・・・・なんてえろひどい漫画なんだ・・・・・・・。えろいと硬くなった後白放出してフニャフニャとかもう大概にw
LD >> 「エンジェルボイス」も熱くて好きです。「水内じゃねえ…ジミーだ!」ってセリフがw
GiGi >> バチバチはまったくブレなく正道を突き進んでるなあ。ミクロは次の展開が正念場。
ルイ >> エンジェルボイス、良かったですね。見事な指摘だと思いました。その文字数の違いは時間の違いでもあるし、気持ちの距離の違いでもあるんですね。
LD >> リットンの体……何度見ても変だなあw>「ムラマサ」
ルイ >> 「ナンバ」どうでもいいけど、銭湯に入ったら皆美術部部長生徒会長の体つきにビビるだろうなぁ・・・w
kichi >> 「エンジェルボイス」はもっと根本的な部分で意識を変えるのかと思ったら案外地味な指摘、指示でしたねw これでこの差をひっくり返すほどの変化が生まれるのかな?(ってナレーションから生まれるっぽいのですが、説得力は足りるかな?) とりあえず注目。
LD >> 「ムラマサ」のえろひどさは、とんでもないですねw
GiGi >> 来週のグラビアは声優じゃないのねん
kichi >> 「ムラマサ」はもうなんというかwww
LD >> 「ナガレ」はとりあえず、縞パンでした…(´・ω・`)
GiGi >> ムラマサはとにかく白々しい説明がひどかった(笑)
kichi >> 「ナガレ」はちょっと見直したかも。目隠しブランコにパンチラって、さすがチャンピオン作家だな!w
ルイ >> 「ナガレ」これは違うだろおおお!!!!!!!(怒
ルイ >> 目隠しブランコでパンチラ→「おっとっと」→「わぷ!」→「なんだこれ、布か・・(フガフガ)」  なああああんんでこれがないの!?ねえなんで!?死ぬの!?俺の脳細胞が死んでるの!?どっち!?orz
LD >> さて、そろそろ一番を決めましょうか。
kichi >> ああ、そこまでやらなきゃ駄目かぁw>わぷ
かんで。 >> おはようございます。
LD >> その口で「ムラマサ」批判してたか!?(`・ω・´)>「わぷ!」
かんで。 >> ヱヴァ破と、フープメンに反応してのぞいてみました。
ルイ >> いやこれはボクが変態だから言うんじゃなくてね。いや変態なんだけどただの変態というよりは変態紳士としてね。どうしてこの最上のシチュエーションを活かそうとしないのかと。
ルイ >> せっかくパンツと目隠し顔の高さが同じくらいという素晴らしいポジションを作ったのに・・・orzもういいよ、変態で・・・orz俺はこの変態の気持ちがわからない人間になんてなりたくないよ!(逆ギレ
LD >> ジャンプは……やっぱ「フープメン」かなあ。
ルイ >> ・・・「フープメン」じゃないですかね(ケロリ あ、かんで。さんおはようございます。エヴァはこれから見に行くから我慢してね☆w
LD >> おはようございます。かんで。さん
かんで。 >> フープメンのラスト、予想以上によかったと思います。
kichi >> ジャンプ……、ん〜、「ワンピ」も捨て難いですけど、まだまだこれからではありますし、やっぱり「フープメン」ですかね。
カルマ >> ジャンプは「フープメン」ですね。
LD >> サンデーは「境界のRINNE」。
ルイ >> 何かねぇ、学生生活のベストプレーが二年時のものだったり、色々いいんですよ。
ルイ >> (おかしい・・・「ナガレ」の共感者がいない・・・何だこの世界・・・)
かんで。 >> はい、ヱヴァ破は我慢します。ネタばれは本当に酷な作品だと思いますので。
kichi >> 「サンデー」は……「神知る」……かなぁ?
GiGi >> 久しぶりに完走できた。まあフープメンで。
LD >> マガジンは「君町」。
ルイ >> 完走してもらってなんだけど今週低調ダッタリw
kichi >> (ああいや、私はあの状況つくっただけで満足しちゃったもので……w まだまだだなぁ……orz<w >ナガレ)
GiGi >> マガジンは輝先生とかネギまとかベビステとか大安定だけど、今週だからとはいかないかな。いや、輝先生はかなりよかったか。
LD >> チャンピオンは「弱虫ペダル」と「バチバチ」。
かんで。 >> そうそう、二年時というのは、なんかよかったと思います。
カルマ >> サンデーはない…かなぁ。マガジンも…うーん。
ルイ >> (おそらく「ナガレ」のシチュエーションに疑問を抱くと、夏休みがはじまる前に記憶がリセットされてしまうんだ・・・だからその事に疑問を持つことも許されず・・・いや、許されないんじゃない・・・彼らは何度もナガレの縞パンブランコにツッコミ、時間をリセットされ、そんなサーバでの生活の中で精神を磨耗させてしまったんだ・・自分では気付かないうちに、思った事を言う事を諦めてしまったんだ・・・嗚呼・・・)※発想の出所のわかりやすい病気
ルイ >> わかんない人は「ゼーガペイン」を観よう。そんな縞パンアニメじゃないけど。
GiGi >> エバ破はマリの格をどう取るかで評価が分かれるかもですね
kichi >> マガジン……………………う〜ん困った。「ネギま」……か……。
ルイ >> うん。2年生の何が良かったかというと、部活ものってどうしても練習量と比例関係の曲線を描く所があって、それは当然間違ってないじゃないですか。ユーホだって三年の時の方が上手いとは思うんですよ。
ルイ >> でも「それ」と、三年間のベストプレーが出る瞬間ってのは本来イコールではないもので・・・漫画は「成長の瞬間」を描きたいから、そこを同期させることが多いんだけど、そうじゃないんだ、この平凡な選手のバスケ人生では、というのを宣言しているわけですよね。
kichi >> チャンピオン…………「エンジェルボイス」かな。
かんで。 >> サンデーは個人的に選ぶなら「神知る」でしょうか。
ルイ >> それはつまり「優勝」などに代表されるような天井志向のてっぺんを勝ち得る物語とは別の価値観を提示し続けた作品として、非常に正しい選択だなと思うんですよね。最後まで作品に自覚的だったというか。・・・ジャンプって打ち切りシステム激しいから、これくらいの話数で終わる作品ってどっか下向いてるというか陰の気が感じられるのに、それが全くなかったという点も高く評価したいですねえ。
かんで。 >> マガジンは無し。相対的に選ぶなら「ネギま!」
LD >> (´・ω・`)。o(…真綾はサイコーに決まってるだろ?JK…)
ルイ >> フープメンか弱虫ペダルかアフロボマーでフープメン。サンデーマガジンは今週はいいや。
ルイ >> あ、「冥王神話」は・・・・・・・・まあ、射手座はかっこいいものだと思ってるから、イマイチ感動が・・・wそれよりキャスト表みて、マニゴルドが小野大輔って方が個人的に沸点あがったw
LD >> ああ、確かに、下向いている所が全然なかったですね。正しいかどうかは分からないけど、先々週の「バクマン」みたいに、作品をブレさせる事がなかった。>「フープメン」
LD >> ま、「フープメン」でしょう。
かんで。 >> そうそう。絶対的に技術、体力の向上してるのは3年時のはずなんだけど、自分で印象に残るプレーは何かというのと、絶対的な能力の高さとは決して絶対的な相関関係にないんですよね。試合の格とかも含めて
ルイ >> (マリ…五番街のマリ・・・)←最初の連想がそれか、20台
かんで。 >> 私もスポーツ(陸上長距離)やってたんで、その辺がすごく共感できました。
ルイ >> 黒子より面白いけどなぁ・・・・・・wちょっと黒子ファンの参加を要求しますwボッコにしないからw
かんで。 >> 個人的には、マリは次回に期待しています。
かんで。 >> 黒子も悪くないと思いますよ。
かんで。 >> フープメンの方が好きですけど
GiGi >> 例え連載が続いたとしてもそこがクライマックスで、理想の最終回なんですよね。ジャンプでそれを望むのが難しい以上、ほぼベストの最終回だったと思います>フープメン
LD >> マリの活躍自体は次回でしょうね。学園生活して欲しくもあったんですが…w
GiGi >> しかしジャンプ最近いい最終回が続くなあ。認識を改めないと行かんな
ルイ >> ああ、うん。運動系部活動経験者には確かに「これ」って感覚はありますね。僕も武道系やってたんですけど、やっぱり「どこが一番強くなったか」というのとは別種の、やり続けたから到達したであろう、と自分で思える瞬間があって・・・それはあとで二本取り返された試合の一本目だったりするかもしれないんだけど、でもその一本目で生きていける、みたいな。ユーホの照れ隠し気味のナレーション含め、非常に小市民的な筆致が見事な作品でしたね。気宇壮大じゃないとダメかなぁ、ジャンプは。
LD >> そんなワケで「フープメン」にします。
ルイ >> 忘れるな、アスクレピオス、消されるな、ぼっけさん。>GiGiさん キースしーてーグッバイ♪
カルマ >> 黒子が続くのは…女性人気?なのかしら?
ルイ >> http://www.youtube.com/watch?v=QYgrzVYnMFw やべえ。。。脚本おけやさんの回だ・・・おけやさん合掌・・・orz
LD >> 「スケットダンス」が続いているので必ずしもってワケじゃないと思うんだけど……って、「スケット」の話し忘れてたな。「ヤム…ボッスーン!!」ってセリフが笑いましたw
カルマ >> ゼーガ繋がりですか>忘れるな消されるな
LD >> あれ?
かんで。 >> よっしゃ、フープメン!! あの感動を誰かに伝えたかったんですよね。ここでも評価されてて嬉しかったです。
LD >> 「スケットダンス」がやっている以上、必ずしもじゃないとは思うんですけどね。…って「スケット」の話をし忘れていたw「ヤム…ボッスーン!!」ってセリフに笑いましたw
ルイ >> まあギギさんに同感ではあるんですけど、ちょっとヒネた見方をすると・・・
GiGi >> つまり真綾の格をどう取るかで評価が変わってくると(マテ
ルイ >> 「フープメン」はどこからでもある程度この形が見えていた作品ですよね。その上で期待以上だったって点には異論がないんですけど、一方でジャンプという肉食のw雑誌にあって、そのいつなんどきでも綺麗に終われる!という感じの手当ての行き届きっぷりってのが・・・こういう結果に繋がったのかもしれないですねえ。  ま!作品は面白かったけど!
LD >> いやwマジレスすると、かんで。さんが触れたように、マリで評価が割れるターンがあるとしたら次回以降でしょうw 今回、マリは評価を変える程の場所にはいないと思いますよ。>GiGiさん
ルイ >> スケットダンスのヤムチャ引用は素晴らしかったです。引用の中でも大きすぎるDBを前に、見事な距離感を見せたんじゃないかな。・・・でも声が大きいだけならともかく力も何もってなると「お前人造人間だよ」というか・・・ちょおっと現実味乏しすぎたかなと。身長、声・・・そのあたりで十分とも思うんですが。・・・そうすると逆に一部の人の心の痛みに直撃しちゃうかな?orz
カルマ >> スケダンのコマちゃんはボッスンと付き合えばいいよ。あんだけ殴られてもヒメコにやられるほど怪我負わないし(笑)
かんで。 >> そうですね。ジャンプの読者の10人に2人に受けるところを目指して、どこで終了してもいいように、最終話もきっちりプロットした上での連載と考えれば、このまとまり方の美しさは納得のいくところだと思います。
LD >> たしかに「これをやりたかったんだろうなあ…」というような無念さを感じさせないですね。それはある意味、どこでも負われるって事で、ヒキの弱さを生んでいたかもしれません……と少しバックしてみるテスト。
かんで。 >> 今回のマリの位置づけは他キャラにとっての「旧作」及び「序」のようなものかな、と。つまり前提。
LD >> さて、ではそんな所で。
LD >> お疲れ様だよ?
ルイ >> ホントに秋葉原映画館ないのな・・・何やってんの?オタク街なのにそんな事でいいの?(プンスカ
kichi >> おつかれさまでした〜
かんで。 >> 確かに、無念さは感じないんですよね。それがいいことなのか悪いことなのか、よりマクロ的に考えると議論の残るところだと思います。アプローチによっては、フープメンも、もっと面白くなったかもしれません。
カルマ >> あぁ、アニメ・特撮系専門にやる名画座というのはあってもいいですね>秋葉原
カルマ >> 小さい部屋に音響・プロジェクタセッティングして、120分2万円を20人で割って上映会とか…維持費や設備投資がどうかな?
カルマ >> お疲れ様でした♪
かんで。 >> お疲れ様でした。
ルイ >> お疲れ様でした。新宿かブクロでみっか・・・orz
かんで。 >> 今から初見できるルイさんに嫉妬(笑)
ルイ >> 昨日の今日であまり気持ちもあったまってないので、作品に失礼のないように観れたらいいなぁとw
ルイ >> やー・・・今エヴァ序観終わりました(笑)。昨日色々あって頭の20分くらいしか観られなかったのよねw
ルイ >> 映画はTVより予算も期間も人員も大掛かりなわけですけど、その力をそのままヤシマ作戦表現に転用したような印象ですね。結局シンジはトウジたちやミサト、レイなどを観てそこにいる事を選んでいるけれど、画面情報とクオリティの力で明らかにそこに「日本列島」と「何百何千万の人々」が乗っかっているという。モブカットの顔にまるで手抜きがないのは、もうそういう意図って事なんでしょうね。シンジと民間人を接触させるような手もあったと思うけど・・・頑なにそこに直接の線を引かない代わりに、「直接触れなくてもイメージすることで実感できる重み」を演出に載せたわけで、それは視聴者というひとつ隔てた側でも理解できる感覚だ。
ルイ >> 徹夜のまま破か・・・・寝たらどうしようwま、頑張ろうっと。思ってたより面白かったからモチベーション上がったぞ。
ルイ >> 秋葉原であやひー+3のイベントを並んで予約し、ブクロで映画館の列に並ぶ。昨日の朝から睡眠と食事をとっていない…死人が出たら私です。ってなんかもうハイテンション。
はる >> アキバにも東京アニメセンターという施設に付随してとても立派な映画館はあるのですが、
はる >> アキバにも東京アニメセンターという施設に付随してとても立派な映画館はあるのですが、
はる >> アキバにも東京アニメセンターという施設に付随してとても立派な映画館はあるのですが、
はる >> 確か最後に上映したのがトップの合体劇場版だったかな。今年なんてアニメ映画や漫画原作映画が多いのにもったいないと思ってます。。
はる >> 慣れない端末からだったので、連投になっちゃいました。失礼しました。
カルマ >> 寝ないでも食事は取りましょう。マジで死にまっせ。
ルイ >> なるほどなあ。あまり頭が働いてないけど、オリジナルがいかに駄目なスパイラルで紡がれていたかというかw
ルイ >> 内容と微妙に関係ない話ですが、終わったあと拍手が起こったんですよね。自然発生なものも多いし、個人的にも拍手アリな気分ではあったけど…若干無理矢理作り出した感があって、ちょっとカッコ悪い拍手だったw
ルイ >> http://www.youtube.com/watch?v=Cdm9iGN60YM 何この熱気。
ルイ >> 帰宅。カルマさんに言われたので帰り道でバナナだけ買ってきてもっふもっふ食べた。いや、暑さにやられて食欲もなくて・・・w結構キツイ旅路だった。レッツ2時間仮眠。
GiGi >> いやいや、拍手は起きるでしょう。


■■■■2009年07月05日■■■■
LD >> さて、ルイさんはいるかな?「今期選考」の話がしたのだけど…。
LD >> 具体的に言うと選考項目削りたいんだけど…w
井汲 >> 「エレメントハンター」忘れてて最後の1分くらいしか見られなかった…(テンション↓↓↓)。不幸中の幸いながら、NHK オンデマンドでやってくれるという話なので、そっちで見るか。(うちのケーブルテレビの配信プログラムにちゃんと入ってくれるヨネ!?)
ルイ >> 賢しらなことを言うw>拍手は起きるでしょう
ルイ >> 今期はどっか土日の昼でお願いしたいですが、項目そのものの話なら、キャラクターを削る手はあるかなあ。作品と結びつく部分ですし。
ルイ >> ま、こと今期の「今期」にかぎれば、さして削りに執心することもないような。
ルイ >> 07ゴーストが案外…
LD >> キャラクターかあ…。いや、僕は「作画」と「演技」を削りたいかなと思ったり。作画は「サブタイトル」に、演技は「キャラクター」にそれぞれ収斂できるんじゃないかと。「OPED」はどうしようかと思っているけど、これはまあ別個にあってもいいかな。
LD >> 今期はともかく、充実している期なら12時間コースってのはキチ○イ沙汰だとは思っていて…継続するためにもね。あっさりね。まとまる道を模索したいなと。
LD >> 「07ゴースト」は切ってしまったなあ…頭見てあまりピンとこなかったからなんですが…(汗)
ルイ >> 演技は収斂できるかな?お市とか…w
ルイ >> んー、その幅も込みで「キャラクター」にする手はありますかね。今は前提にキャラクターがよい!というのがあるのに対して、「そのキャラクターの何かをかたりたい!」にまで広がると言うか。それで良いなら。
ルイ >> >ばるくりあ 緩いから疲れないけど…やはり変な作品だなあ…
ルイ >> いつのまにか野菜キャラやオカマが。ヤン館隊に「何故なった?」血筋に恵まれているしお荷物小隊つくる必要はないんだよなあ。どうしてこうナデシコクルーみたいなんだ、ここだけ。
ルイ >> 予告だけは圧倒的に正しいと思うのだけれど。
LD >> 。o(ばるくりあ…って何の事だろうと思ったら「ヴァルキュリア」の事か…)では、作画と演技さっ引いてエントリー台つくってみます。


■■■■2009年07月07日■■■■
GiGi >> なるほどネブカドネザルの鍵か(何か思いついたらしい)
GiGi >> エヴァ破感想は今のところ玖足さんが頭ひとつ抜けてるなあ。シンクロ率高いし本当に言うことがない
GiGi >> エースの貞本エヴァは読んでないのだが探して読んだほうがいいのかな。
GiGi >> ペトロニウスさんの読みに関係あるかどうかわからないけど、ループが地球上だけで起こっているとしたら天体を観測すればその世界にいる人がループに気付くことは可能なんだよねー
GiGi >> あーだから月面基地が存在出来るのか。
LD >> ん、というか。月に“血”が残っていた気がするんだよね。
LD >> ロンギュヌスの槍を回収するのも、前回は南極からだったと思うんだけど、今回は宇宙からですしね。
LD >> 。o(…たしかに、もう一回観に行った方がもうちょっと色々分かりそうな気がするなあ…)
GiGi >> もうちょっと論点整理してから見に行きたいなあとは思いますね。
GiGi >> ペトロニウスさんの話も聞きたいしw
GiGi >> コメ欄で自意識の檻からの脱出という言葉を使ってるので多分それに沿った話なのかなーとは思ってはいるんだけれども。
GiGi >> シンジくんやレイが明るくなったと言われるのは性格が変わった訳じゃなくて、視野が広くなったんだよね。で、それはなんでかっていえば大人が変わったからなんだと思うってとこまでは新訳Zと同様の解釈
GiGi >> だけどここまでは序の話で。破は更にもう一歩踏み込んでるなーという感触がありつつも、人を怒らせない書き方がまだ思いつかないので秘しておくw
ルイ >> 新訳Zの影は観ましたね、確かに。
ルイ >> おっと、黒はやめだやめ。
ルイ >> 正直言って作品解釈的な方向には、今回はあまり意欲が向いていないので(主に体調と精神的スケジュールの問題)、主にそちらからばかり眺めていました。
ルイ >> 今一日13話ペースで春期崩してるからな・・・余裕ないんですよねw バルキュリア、クィーンズブレイドは観た。
ルイ >> QB、結構面白かったです。サブタイに挙げたいような話もあった。
ルイ >> まぁ平野綾天使がうざったいのは、キャラ的には「うざったくて正解」という所なのだろう。伊藤かな恵悪魔は下手でしたねぇ・・・あむちゃん・・・。
ルイ >> LDさん、東京まで観に来る時は言ってくれればボクももう一回行きますよ?w(今度はドリンク買って入るぞこの野郎…←ケチ
ルイ >> http://www.veoh.com/browse/videos/watch/v18730247j6XeWMdh# 朝日のスタンスはわかってたよ。


■■■■2009年07月08日■■■■
LD >> 「QB」って、そんなに悪くないですよね。不思議な事に…w
LD >> Re:ルイさん、んじゃ、今週か来週?w 「おしっ……「充電ちゃん」の1、2話くらいなら持ってこれます。
ルイ >> オイラのあやひセンサーでいくと、多分3話がポイントだと思うんですよ>充電ちゃん
ルイ >> >QB いや、悪くなかったですね。〆かたは好きになれないですけど、ラス前あたりまでもっていく構成自体は、寧ろ今期の1クールの中ではウマクないですか?
ルイ >> とにかくレイナヘタレだなーっていう「見せ方」をしていて、そこに対して「だぁからお前はダメなのだぁー!」っていう”指摘”を作品自体が行ったじゃないですか。ここに作品が触れているだけで、構成がちゃんとしてるなぁって思えますよね。
ルイ >> 9話か10話か思い出せないんですけど、レイナが覚醒する回、単話として良い一話だと思うんです。
ルイ >> たった一話でアッサリ覚醒されることに対して「あー強くなっちゃうんだー」的な寂しさwはありましたけどね。ただ、結局才能の発露、という見せ方をしていて、僕は多分そういう唐突なものがあまり好きじゃない。・・・はずなのに、あまり不満が出なかったんですよね。
ルイ >> ローションプレイというエロ需要を防御力に転化して(普段から塗って戦ってりゃいんじゃね?)、丸二日くらいぶっとおしバトルしながら生死の際を感じ取ったと。・・・つまりアマカケルリュウノヒラメキなんでしょうけどw描写に納得があったかなぁと。あと、最後のヒキまで美しいしね。盗賊再戦に繋がるような構成をちゃんと組みながら(コインなどで)、それをバッと奪うというヒキのエネルギーがあって・・・って、語りすぎたwまぁとにかくノミネートありだなぁと。
井汲 >> 坂本真綾、見直しました!お見逸れした、とはこのこと。
井汲 >> (欲を言えば「トップ2!」でこの境地に達してくれていて欲しかった)
井汲 >> ネタバレにならない範囲で「予告」での反応を書くと…
井汲 >> 『が、眼帯ィ!?(笑)』
井汲 >> 『何が“Q”だ!!(笑)』
井汲 >> でした。さて、ペトロニウスさんの所見に行ってこよう。
井汲 >> あ、そうそう、バルト9で観たらパンフが売り切れてた…。
井汲 >> なので、帰りの足でミラノによってパンフだけ買ってきました。手間をかけて入手しただけの価値はある内容でした。
井汲 >> http://d.hatena.ne.jp/k87p561/20090707/1246992282 素晴らしい色紙!(←エヴァの話しとったんとちゃうんかい!
ルイ >> うーん。トップ2もエヴァも良いほうのまあやだという以上の認識はないけども。
GiGi >> QはクイーンのQなんなんだぜ


■■■■2009年07月09日■■■■
井汲 >> あ、そうだ。クレジットで名前の出ていた「謎の円盤UFO」って、どこで使われていたんでしょう?(「ウルトラマン」と同じで、どっか単発の効果音?)
井汲 >> 軽く検索かけてみたけどわからない。LDさんなら昔の特撮にもお詳しいので、お解りになるかなー、と。
カルマ >> 三大週刊少年漫画誌の連載作家陣年齢調べhttp://d.hatena.ne.jp/negimaclassmate/20090706/1246874523
カルマ >> やはりというか、ジャンプ若いですね。 若手だと勝木先生と大高先生の上手さが目立つ印象です。
LD >> 「謎の円盤UFO」>すみません。これが気がつかなかったですよ…。「スペース1999」の方は、どっかで見たな…って感じで言われて分かった…orz
LD >> それと朝の通勤シーンが、デジャブってて…何かの邦画で観た気がするのですが思い出せない…というか邦画だとあまりにありふれたカットなので混濁しているだけかもしれませんが…。
LD >> 「QB」>なんか悪くないんですよね。ちなみに僕が好きな話はレイナが泥レスでぼろぼろになって帰ってきたら、義賊の姉さんはどっかいっちゃって宿がもぬけの空だった話。
GiGi >> 太陽を盗んだ男からの引用があるらしいのでそれかな?>通勤シーン
いずみの >> 作中の携帯の着信音ですね>謎の円盤UFO
ルイ >> 冥王神話、素晴らしかったなあ…
ルイ >> 泣けたなあ…一番だなあ…<おい
ルイ >> >QB その頃はレイナがヘタレ街道をまっしぐらな頃ですね。ああいうキャラが「実はこいつ凄いんだぜ?」とされても、正直気持ちが乗る事はないのですが・・・何故か許せちゃったんですよねえ。いや、何故かっていうか前述のリュウノヒラメキ回が良かったからだと思うんですけど。
ルイ >> あと、地味に姉ちゃんは手傷負っててラストバトルで主役になれなかったり、義賊は前の戦いで手が痺れていて姉ちゃんとの戦いが100対100じゃなかったり・・・地味にこう、単純な優劣関係を避けているあたりは素直に上手さといっていいと思う。←なんでこいつQBヨイショなの?
ルイ >> http://www.nicovideo.jp/watch/sm7575241 勿論発売日に買いましたよ。もう出荷枚数少なすぎるから信念をフニャフニャにまげて最初から通販で。
ルイ >> ・・・いや、信念ってのは嘘だなw単に「店頭で見かける運命の錯覚と娯楽」が好きなんですw
LD >> ミサトさんの携帯着信音は「ウルトラマン」(帰ってきたウルトラマン?)ですよね。
LD >> 太陽を盗んだ男> それだ。というか本当はモロに「太陽を盗んだ男」を思い出していたのですが、帰って来てから速攻で調べたんですが、少なくとも冒頭の通勤シーンは違う感じだったんですよね。
GiGi >> なんか。http://gazouuproda.up.seesaa.net/image/1246958540733.jpg
ルイ >> ・・・圧縮ってレベルじゃねーぞ。>アスラクライン
ルイ >> この作品とベルカ師匠の組みあわせは・・・近視眼に近視眼をかけあわせちゃいけない。
ルイ >> 百田光雄は『銀河英雄伝説』を読むべき。特にヤンが死んだあとのムライの行動を読め。(怒ってる
ルイ >> http://www.1242.com/takuya/anicobo/?YMD=2009-07-08 ZIPでくれ(何
井汲 >> > 作中の携帯の着信音 なるほど、どうもです。次観るときに注意して観てみよう。
井汲 >> スタッフをじっと眺めてみると…あー、原画に山下明彦さんが入ってる。どこ担当したのかな。
井汲 >> んで、もりやまゆうじさんは今回は参加されていないんですね…。ちょっと寂しい。


■■■■2009年07月10日■■■■
ルイ >> ヂアは素晴らしいですよね。ここ数年のアニメ映画で「映画館いくべきだったー!」と本気で思ったのはヂアだけ。
ルイ >> いや、ある程度の作品には皆思うんだけど。魂レベルでそう思ったなあ…
ルイ >> 久々に観たくなったけど、泣く泣く崩しを続行…
ルイ >> アスラクラインは.…
ルイ >> 作品の「義務」を考えさせられるアニメですね。表現難しいな。
ルイ >> 重層的なテーマがないとダメとは思ってない。ただし、扱うなら細部まで行き届いてないとキツイ作品というのがあって、アスラは最近ではもっともその「求めるライン」と「結果としてのクオリティコントロール」にギャップがある作品だと思う。
ルイ >> もっと作画や脚本がダメな作品はある。けれど、作りが…細部まで抜かりなくやらないとカタチにならない作りなんだよなあ。
GiGi >> ヂアはいい加減見ないかんのう。
GiGi >> KANNANは昨晩1話放送されたんで見たんだがよくわからなかった。428やれば分かるのかな。
井汲 >> ヂアは海外でも評価が高いようで嬉しいですね。http://animeanime.jp/news/archives/2008/07/post_458.html http://animeanime.jp/news/archives/2008/11/post_584.html http://animeanime.jp/news/archives/2009/01/_400.html http://animeanime.jp/news/archives/2009/02/post_654.html http://animeanime.jp/news/archives/2009/05/20_2.html
井汲 >> そしてペトロニウスさんはいい加減「ヂア」観て欲しい(笑)。
井汲 >> canaan は「何かすげーアーパーな子を、正面切ってアーパーに演じてる役者がいるなー…」と思って調べてみたら…D.C.II の小恋かー!!(笑)
ルイ >> まだ観てないですけど、エラく面白い表現だなw
ルイ >> ・・・ああ、三つのアドレスが繋がってるのか。
LD >> 「アスラクライン」同意見ですね。細部までぬかりなくやらないとカタチにならない作品……その通りだと思います。そして終盤、他愛もなくエロいネタを並べている尺があるなら、少しでも演出を積む努力をするべきではなかったか?そう思いますね。
LD >> (#゚Д゚)=○)`ω゜)・;'.、ココは、アーパーじゃ、ねええええええええええ!!
LD >> と言うわけで今週の一番も本日25時予定でお願いします。
井汲 >> あ、「小恋がアーパー」という意図ではありません。すんません(笑)。「図らずもこんな所で D.C.II の縁と巡り会うのか!」という驚きを表明したかっただけです。
井汲 >> …なんか、3つどころでなくつながってますね。そういやこのチャット、URL を複数列挙するとこうなっちゃうんだっけ。空白で区切れるようになってると嬉しいかなっと、LD さん。


■■■■2009年07月11日■■■■
LD >> |・ω・`)
LD >> |ω・`)
LD >> |・`)
LD >> |`)
LD >> |`) <こんばんは!
井汲 >> (本格的に始まる前に、どさくさに紛れて一言だけ…→
井汲 >> →西尾維新も、椎名先生と同じで「定理を解く」って言っちゃってたなあ。「問題」と違って「定理」は「解く」もんじゃなくて「証明する」もんなんだけど…→
LD >> あ、井汲さん、アーパーとかの話は謝ることはないですよ。
井汲 >> →些細な違いといえばそうなので、椎名先生は仕方ないにしろ、職業柄「言葉」の用法に人一倍注意を払うべき立場の人はたとえ些細であってもちゃんとした言葉遣いをしてほしかったな、と思うのでした。マル)
LD >> 「化物語」は、かなり新房でした。(´・ω・`) でも、それが原作的によいのか、どうか、は、わかんにゃい。読んでないから。
LD >> URLについては、半角スペースだけ“抜く”のはちょっとむずいかも。全角スペースとかで割って欲しいかなあ?
LD >>http://www.youtube.com/watch?v=mLtF1DmSjoc http://www.nicovideo.jp/watch/sm5564279
LD >> ふむ。一応、複数回処理しますね。
井汲 >> なるへそ。全角スペースか。半角スペースで切るのが難しい、ということは、単純な正規表現ベースの処理じゃないのかな?
LD >> phpは、なんかまとめる言葉があるんですよね。[:alnum:]←アルファベットと数字、とか、[:print:]←印刷文字(半角)総てとか。
GiGi >> 化物語とるの忘れてたな…後でOPはチェックしておこう…
LD >> …で、正規表現の変換処理って、微妙に動作不良があって、正直いま動いている形からいじりたくないって所があります。
井汲 >> はいはい、あれですね。[:ascii:]とかやってると、半角スペースも含んでしまうわけか。なるほど。
LD >> OPは、とかw
LD >> たとえば、今も、このサイト、スクリプトな“書き込み攻撃”を食らっていると思うんですが…半角文字だけで入力された文章は、はじく処理をしているんですね。チャットで時々体験された人もいると思いますが。
LD >> 「大正野球娘」と「うみものがたり」をまだ観ていないなあ…。
LD >> 今期の新作、一話、いくつかチェックしましたが、けっこうどれもよい感じ。
LD >> 「狼と香辛料」は、ものっそイチャイチャしてるのねん。まるで新婚旅行みたいなのねん。(´・ω・`)
ペトロニウス >> そうだよなーヂアみねーとなー。井汲さんに怒られたし・・・(笑)
LD >> 面白いですよ。>「ヂア」 けっこう一生懸命みないと普通の「出来のいい作品」に見えてしまうんですけど。
LD >> 「うみねこのなく頃に」と「化物語」は切っちゃまずいだろうなあ〜…いや、面白かったんですがw
GiGi >> 問題は近くのレンタル店にヂアが置いてあるかどうかだな…
LD >> 「NEEDLESS」は、あ、これは切れそうだぞ?と思って観ていたら、後半けっこうよかった。(←なんか切る作品さがしている模様)
GiGi >> カナンは録画は続けるので面白かったら教えてください
LD >> ん〜どうかなあ?でも、2007年制作で、言うほどマイナーな作品でもないとは思うんですけどね。>レンタル
LD >> 「カナーン」は「ファントム」みたいな感じに見えたけど、いきなり違う感じ。
LD >> ちゅか、「ファントム」後半に入って面白い。なんかすっごく「レオン」な感じなんだけどw
LD >> 「エレメントハンター」は、いかにもNHKな感じかな。分かりやすさを主に圧縮を避ける感じというか……主役の声優さんの声が気になる。
井汲 >> 「エレメントハンター」なかなかいい感じでしたね。榎本温子がレギュラーの番組って、私はひょっとして初めてかも…。
GiGi >> ところでエヴァの通勤シーンの裏はとれたのかな
井汲 >> 問題は、NHK オンデマンドで観てしまった後に、再放送予定があることを知ってしまったことだ!(笑)
LD >> というか。今期選考エントリーしないとな。■作品選考は、とりあえず「戦国BASARA」と「けいおん!」で…。
GiGi >> けいおん!は最終回を見てしみじみいいアニメだなと。本編見たのはこれが初めてなんだけど(笑)
井汲 >> 「太陽を盗んだ男」は、曲が流れたのははっきりしてるみたいですね。http://hikawa.cocolog-nifty.com/data/2009/06/post-ce6a.html
LD >> 通勤シーンの裏>いえ。 「太陽を盗んだ男」で合致するのは、偶然に思えないんで、もう一度当該作品を舐めてみるつもりですけどね。…実は手持ちの他の邦画探ったりしていました。
井汲 >> 本編の方はどうなんだろう。「太陽」って、ずーっと昔にラスト近辺の数分だけしか観たことないからわかんにゃい…。
カルマ >> あぁ、そか。今日でしたね。
LD >> 視聴しました!間違いなくこれですw井汲さん、ありがとうございます。すっげえ胸のつかえがとれたw……問題は「太陽を〜」の本編のどこで使われていたかw
LD >> ■作品選考、「クイーンズブレイド」も入れておこう。カルマさん、こんばんは。
LD >> 曲名になったいる「YAMASHITA」は、菅原文太の役名だから、彼の登場シーン付近か…な?
井汲 >> うわあ、「太陽」のCD、“38%のカスタマーがヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 オリジナルサウンドトラック SPECIAL EDITIONを購入しています”だって(笑)。
カルマ >> いや…ちょっと明日は早いので参加が辛かったりします(汗)
LD >> ■サブタイトル選考… 「バスカッシュ」の第1話かな。あと「東のエデン」のイリュージョンの回。
LD >> あ、はい、そんな無理なさらずw>カルマさん
LD >> 今、「太陽を〜」を買う人はそうでしょうねw…むしろ少ないくらいではw
LD >> ■サブタイトル選考…「ヴァルキュリア」の9話、10話。「QB」の4話あたり?
LD >> あ、そうそう。「涼宮ハルヒ」の「エンドレスエイト」。そういうネタとは言え3話ずっとやりっぱなし…というのは驚いたw
LD >> ■サブタイトル選考…「ファントム」で12話、「初恋限定」で…ん〜クリスマスの回か?小宵の回でも良いけど。
kichi >> こんばんわ……(´・ω|。o(仕事忙しいよぅ……; たった今帰ってきたとこですが、明日も8時には家出ないとなんで……3時には寝ないと……)
井汲 >> (このご時勢、仕事が忙しいのはいいことじゃないですか…(笑))
LD >> こんばんは。kichiさん、今までお仕事ってのはお疲れ様でした。
カルマ >> ざっと書き残して落ちますわ〜
GiGi >> (…忙しくても儲かってるとは限らない…)
kichi >> 。o(ちゃんと儲かってて忙しいんならいいんですけどね……;)
カルマ >> ジャンプ「あねどきっ」は、わざわざ年上のお姉さんでこんな無邪気キャラやらんでも、と思いました。しかしとらぶるでララが人気なことを考えると、そういうタイプの方が小学生くらいには受けるのかなとも…うむむ。「あね」という言葉に期待した僕としては残念でした。
LD >> じゃ、駆け足で、ジャンプとか、サンデーあたりくらいまでは…w
カルマ >> あ、分割ですか。なら普通に参加できそうです(笑)
LD >> うむ。分かりやすすぎて抵抗を感じてしまうんですけど、小学生というかそれくらいにはちょうどいいのかもしれませんね。>「あねどき」
kichi >> あ、お構いなく〜(←?) ……もっとも、マガジンとチャンピオン半分くらいしか読めてなかったりもするんで、ちょうどいい申し出だったりはするんですがw
GiGi >> あねどきのお姉さんは実際宇宙人なんじゃないかというくらい理解不能ですね(笑)
LD >> …というか創刊からこっち「ゲッサン」を毎月買ってしまっている(汗)……「マコトの王者」が面白いですね。
井汲 >> 「あねどきっ」は、「初恋」が「ToLOVEる」より後に始まって、「ToLOVEる」より先に終わったことを踏まえて、「ToLOVEる」みたいにやろう、としたんだろうと見ています。
LD >> あ、GiGiさん、それいい「読み」ww 僕はそれすっごいしっくりくるw
井汲 >> (もっとも、巻末爆走中の「ToLOVEる」を見習っても、果たしてうまくいくかどうかは…(笑))
カルマ >> 確かに、幼い頃から日本で育ったとは思えないメンタリティ(苦笑)>お姉さん 
LD >> (`・ω・´;)。o(女子大生、生水着ファッションショーか…)
GiGi >> バギー船長 いいなあ…単行本50巻越えてこんなシーンが見れるとは思ってなかったので大変嬉しい
LD >> まあ、後半はルイさん来たら考えますけど…w
kichi >> 「あねどき」は……私は普通に良かった印象ですかねぇ。……理解不能ですか……。なんかマンガの登場人物としては普通に受け入れてしまってた感じです……(´・ω・`;)
LD >> しかし、奏ちゃんの方は分かりやすくてよい…?この微妙な際みたいのは……。>「あねどき」
kichi >> 「ワンピ」いいですねぇ!いやほんと、こういう場面でバギーみたいなキャラがこんな風に見せ場を作るとは思ってなかったです。ある程度期待はしてましたけど、期待以上に良い回し方。
LD >> マンガの登場人物として受入れてしまった……という話も分かります。う〜ん、なんだろうな?ちょっと古い?w
カルマ >> そういえば、バギーは弱いのにとにかく慕われてましたよね。そこにバギーの本質があるというか。
GiGi >> バクマンはこれはどう考えればいいのかなあ
LD >> 青年誌あたりで……なにか、女子大生の家庭教師が来る話とかありますよね。あそこらへんの組み方がイメージされてはいるんだけど…。>「あねどき」
井汲 >> > マンガの登場人物として受け入れてしまった 私もそうですね。それと、作者の、少女マンガ作家時代の作品の雰囲気を強く感じました。ああいう現実離れしたキャラ描くのが好きな人なんだと思います。
カルマ >> なんだろ、良く典型として揶揄される「空から女の子が降ってきた」とあんま変わらないというか(笑)>あねどき
LD >> バギー船長のノリはいいですねえw
井汲 >> > あんま変わんない だから、私は「あれ、『ToLOVEる』がもう1本始まったよ…?」と思ってしまった(笑)。
kichi >> ……まぁ、目新しいわけではないですけど、古いは言い過ぎな気もw 今でも萌えマンガとかエロマンガでは結構見かける気はしますね。いや、物凄く大雑把な括りをすれば、ですけど>あねどき
LD >> (#゚Д゚)=○)`ω゜)・;'.、 シータの事をバカにするんじゃ、ねええええええええええ!!>「空から女の子が降ってきた」
カルマ >> バクマンはフラグ通りというか順当というか。サイコーの親が出てきそうな感じ怖いですね。こうなったときに、親はとても強いから。
LD >> 「ブリーチ」愛染隊長(←入力時は“あいぞめ”と入れている)が出張ってきました。
kichi >> バギーって監獄内ではほとんど逃げることばかり考えてましたけど、口癖が「ハデ」だったりするくらいですし、こういう切り替えすることに違和感はないんですよね。そういう部分含めて慕われる人物ではあるんだと思います。>本質
カルマ >> 「あねどき」って言うからにはだね、いろんなタイプのお姉さんに誘惑されるというのがだね(真顔)  や、真面目な話、ハプニングでエロを生むトラブると、エロを生む構造に差が感じられないですよ。どうせ年上やるならそっち狙おうよと。思うのだよ。
LD >> マンガ家始めるときのお父さんとのやりとりを考えると、あくまでサイコーの意志を尊重するようにも思えますけどね。>「バクマン」親
kichi >> バクマンはエイジスルーしてそっちで来ましたかぁ……(´・ω・`)ちょっとどういう展開にするつもりなのか読めないですねぇ
kichi >> 。o(……まぁ私もこのタイトルならそのまま近親ネタが良かったなぁ……とかは思ってたりもw)
ルイ >> おはよう!みんなおはよう!ございました!
井汲 >> 差を生む構造を作れるほど、河下先生の構成力はないと思う…(笑)。やっぱり、「絵」が先に立つ人だからなあ。毎度思うんだけど、どうして原作者つけて作画に徹しないんだ…。
LD >> 「スケットダンス」のビニーズミュートアンプは面白かった。いや、まじで、久しぶりに腹抱えて笑いました。
ルイ >> >マコトの王者 面白いですね!(反応そこかよ いや、特に元王者の方が良いですね。痛んだ体と拳を押し付けて才能と若さを得てしまったものの苦悩がある・・・サンドバックを殴った瞬間って「手ごたえ良すぎて」凹んだんですよね?
井汲 >> 「バクマン。」は、毎度思いますが複数の要素を並列で入れ込む手際が見事ですね。
LD >> ああ…近親ネタになるのを避けたかなあ〜?(そういうのは編集が止めそうだ)……「マコトの王者」の琴音は血がつながっていない展開もいいと思うな!(`・ω・´)
井汲 >> 「SKET DANCE」今回はすげえツボに入りました(笑)。
ルイ >> ・・・ジャンプ(コホン)。「あねどきっ」ですが、少年に「大人」を提言するお前が家出少女ダロ!!!というツッコミはさすがにホイホイ状態だと思うので、そのへんは意図して組んでいるのかなと。あまり二人に層の違いを出そうという風には見えない。・・・まあ、ほんと、宇宙人ってのはアリだなとw
井汲 >> ビニー隊長を一発ネタで終わらさず、利用を続ける丁寧さもいい。
カルマ >> ゲッサンは継続購入に至りませんでしたが、あだち先生と島本先生と忍者とボクシングは単行本で読もうかなと。
ルイ >> ・・・マネコイ・・・orz>単行本で読もうかなと
LD >> 「俺はこれを手に入れてしまったの?(奪ってしまったの?)」って思ったんでしょうね。また、鍛えによって作られた肉体である事も感じたんでしょう。>「マコトの王者」
kichi >> φ(。 。 )。o(「マコトの王者」か……単行本待とう……)
ルイ >> 一方で元王者の体に入ってしまったほうは、そのバイタリティで彼の環境を変えていく物語になるのでしょうね。互いに再戦の時が着地点でしょうし、非常に見通しのよい、良い連載だと思うのです。が、まあ、ジャンプw
LD >> そういえばスペリオールでやっている、星里先生のやつが宇宙人ネタだったかな?
ルイ >> あれはもっちー漫画としてはイマイチですね(何様だよ
kichi >> ほほう!Σ(`・ω・´)>星里先生のやつが宇宙人ネタ
ルイ >> 「スケット」は、ヒネリたがりの篠原先生がヒネらないで真っ当にボケた良いこ臭がありますねw
GiGi >> 作者急病って言ったら急病なんだから信じてくれよみんな!という話なのかな(違
LD >> アンドレ隊長のポーズや、表情がいちいちツボだったんですw>「スケット」
ルイ >> 「トリコ」は素晴らしい導入だなぁ〜。
ルイ >> オブサウルスって外見的にいつ死んでもおかしくない厄さがあって・・・w
井汲 >> 「スケット」最後のコマが、凄く古いギャグマンガのセンスなんだけど、そこも含めて凄い面白かった(笑)。
GiGi >> 星里先生の漫画はお兄ちゃんにもうちょい暴走して欲しかったですね
LD >> む!「アラド戦記」の新OPよい感じだな?
LD >> オブサウルスって外見的にいつ死んでもおかしくないですねえ…(´・ω・`)
カルマ >> ビリーネタを今やるセンスは伊集院光みたいなセンスを感じる…と思いました。真っ当に流行のネタには乗っからないんですよね。
ルイ >> 同感です。お兄ちゃんの押しがない分バレ→記憶証拠の変なルーティンができちゃって、そこにスパイラルが見えなかったんですよね。完全に円環状態というか。・・・実際は「日々」そのものを積みにしていたんでしょうけど・・・兄貴もうちょい動けと。>星里先生
kichi >> テリーメインのエピソードになりそうで楽しみですね。……狼にとうもろこしってどうなんだろう?とはちょっと思いましたがw>トリコ
ルイ >> ×記憶証拠 ○記憶消去 タイピング…orz
LD >> しかし、順調に行っていた亜城木がビハインドをくらう、いい組み上げではありますね。…と見せつつブラフかもしれませんが…。
カルマ >> バクマンの親というのは、母親の方ですね…とはいえ「マンガは分からなくても身体のことは分かる」と、良いバランスで介入する形に落ち着くかな?
kichi >> 割と人気順調な新人が落としてしまった場合のペナルティってどんなもんなんでしょうね? あ、そこはちょっと興味あるかもですねw>バクマン
ルイ >> 先週あたりでサイコーの体調描写をしておいて今週ズバンですから、本当に弓引いたら即放つ漫画だなぁと>バクマン
LD >> →そも、最初一発目の連載でコケる人って大ヒット作家になるのは難しいんですよね。故にポテンシャルはあるけど、諸般の事情で……って、小畑先生とか最初コケているか(汗)
井汲 >> > 割と人気順調な新人が落としてしまった場合のペナルティ それは「青春少年マガジン」での小林先生を見るとわかる………のか?
ルイ >> 「リボーン」の幻騎士描写が結構エグかった。
LD >> 最近の読者は優しいから待ってくれると思うし、シュージンの脚本が本当によければ、返って口コミで広まる可能性さえあると思う。……ただ、気になるポイントとしてはここで止まると、解決編で休載になるんですよね。
ルイ >> んで、マクロに実感を持てない人たちが手近な悲劇を前に決意を新たにするっていう、まあ美しい構成です>リボーン おいおいブリッチとえらい違いじゃネーカ
LD >> 平丸さんの連載、割と平気っぷりには笑いました。実は、エイジよりも一番苦労なく連載こなしてるんじゃないか?w
ルイ >> 「ぬらりひょんの孫」は結局素晴らしく面白かったのです。ところで、これは最初の1話60Pなりでガッとやってしまう手はなかったのだろうか。今連載がそれなりに安定してるからよかったけど、これ出す前に連載終わってたら泣くに泣けないぞ。
ルイ >> (最後のコマ、ぬらりひょんが我慢できなくなって姫を襲っているのかしらん)
LD >> マクロに実感を持てない人たちが>ツナがモロにそう言っていますよね。
kichi >> 平丸さんはなんというか、美味しいなぁw 現状いいアクセントになってる気がします。今後エイジを尖らせる分、なのかな?w
LD >> (´・ω・`)。o(…そりゃ、押し倒してるだろ、JK…)>「ぬらり」
kichi >> 「ぬらりひょん」過去編はほんと文句なしでしたね。ラストエロいですねw
LD >> 最初の1話60Pで、やるとリクオの話でトーンが落ちるというか…w 筆が乗っていましたけど、基本的には後付けのビルドだとは思うんですよw>羽衣過去編
ルイ >> うん。僕もそう思って、誰かにそういわせる為にフッたんですけどねw>後付ビルド
カルマ >> 過去編素晴らしかったですね。ラストはそゆことか…(笑)
LD >> 椎橋先生、“陽”を描くのがあまり得意じゃないのでは?という指摘をしましたが、今週の桜姫みて、そこらへんは分かっているんだなあと。
GiGi >> 解決編手前で連載止まる<ああ、これは確かにきっつい状況ですね
ルイ >> ただ、これで一本背骨が通った感がありますね。「うしおととら」で獣の槍誕生秘話を覗く話があったけど、あれのプチバージョンみたいな。・・・でも、この情報リクオたち持ってないんじゃね?wその辺何か、上手く現代編とリンク張ればいいんですが。あとでぬらりなりが「…という事があったんじゃ」じゃ、なんかつまんないですしね。
kichi >> 。o(おっと、もう3時過ぎてるのか……。とりあえずちとシャワってきます……)
GiGi >> ぬらりひょんよかったですね。過去編やるならこうすべしというお手本のような。
LD >> 「べるぜバブ」は、やっぱり夏目が動いたか…。いや、ここまで来たら、別に強いわけじゃない方がよかったんじゃないかと思うんですけど。この夏目は強そうですねえ…w
ルイ >> 「黒子のバスケ」は、なかなか素敵なハッタリが効いてましたね。
GiGi >> 黒子が何か…それはちょっとどうだろうという感じですが…
LD >> いやあねえ……この羽衣過去編って、つまり、陰陽子とリクオの繋がりが「強い」って事ですよねえ………名前もぬらとゆらだし…(←?)
GiGi >> しかしべるぜばぶは徹底的に惚れさせにキテるなあ(笑)
LD >> 緑くんは、一見無敵のような描写ですけど、いい感じです。これまで彼が散々、ジンクスを気にしてきた事がいい伏線になっている…………という事ですよね?(汗)>「黒子」
ルイ >> 3Pエリアからなんてもんじゃねえ!→ハーフから!→いやいやコート全体です。 ってこう、必殺技を出さない作品世界としてはギリギリの反則を突いた感がw>黒子
ルイ >> ルーティンを崩せば脆かったりするかもしれませんよね。いつ何時でもオールコート3Pなら、それこそ無敵なんで。
LD >> トビラがいいですねw>「べるぜバブ」 邦枝は後発で来ているのに「序列」を感じさせないですね。ここらへんも上手い、相当に上手い。
LD >> 緑は、あくまで“今日は入る日”のはずなんで、ちょっとした違和感レベルでも狙いがぶれはじめる可能性がある……しかし、そんな事は置いて置いて、今週今回まず、チートレベルに見えるキャラの表現をした事を評価するべきでしょうね。こうでなくっちゃ。
LD >> 「めだかボックス」は金のために泳ぐ集団…という設定がよくわかんないんだけど、まあよしw
ルイ >> なんだか最近古手川プッシュが激しい気がする「とらぶる」。
ルイ >> 「めだか」女性部員が生徒会入りスルカモネ。
kichi >> 「べるぜバブ」は順調ですねぇ。……ただ、あの拳銃はなんなんだろ?w エアガン?wライター?w
LD >> 実は、古手川しか“崩せ”ない位置だったりしますからね…。って最近、モモを“崩す”位置に持って行こうとしているようにも思えるけど…。
GiGi >> なるほ>黒子
LD >> ああ…それだw>女性部員が生徒会入り その通りやんw
ルイ >> うん。俯瞰で情報を持っていて、やきもきしてかき回しに入る役どころたりえますね>モモ
kichi >> 「めだか」は早くも長めのエピソードきたのかな……? まぁ、いろいろツッコミどころもあって楽しく読んでます。
ルイ >> とりあえずモモに情報を収束させてる感触はあるんだよな。
LD >> 違法改造されたエアガンでしょうねw
カルマ >> あぁ、女性部員入るか…そうか(笑)>めだか
LD >> 「ぴゅーっと吹く!ジャガー」が衝撃のオチですけどw……なんだろうなあ?このメアリー・スーネタ…wどっかで有ったような気も…w
カルマ >> 古手川は単純に人気高いのもあるでしょうけどね。モモはなんだろうなぁ…?
ルイ >> 「ジャガー」は素晴らしかったんですけど、何か躍起になって否定に走りすぎている気もするw後書でまで言わなくてもw
LD >> いや、あれを本当の本気にする人がいるんですよwしかも、本当の本気にする人は何故か行動も早くて躊躇がなかったりするw>躍起になって否定
ルイ >> やあ、モモはシンプルな話観察者の視点ですよね。読者視点の置き場とも。・・・でもそういう立場は状況も進めるおせっかいができるプレイヤーって事なんですけどね。
LD >> モモはルイさんが言うように俯瞰者になれる位置にいるんですよね。古手川はなぜかあの位置で俯瞰的な視点を持っていない子なんですよね。
ルイ >> そうなんですか・・・wしかし唐突に可愛くなった事含め、面白かったですね、このシリーズ。久々にジャガーさんを楽しく読んでたw
LD >> いやぁ〜、何故か「とらぶる」って、ちょっと前にリトをからかったあの子(エロ子?)くらい離れていないと俯瞰視点が手に入らなかったりするんですよね?………ハーレムだから?(´・ω・`)
ルイ >> でも今週の「とらぶる」でいうと、こういう持ち情報の齟齬みたいなのが積もり積もって固まった状況を動かす力になっていくんだと思うんだけど、オチでアッサリ「その後3人が事情を話して謝りました☆」で終わった感があって(そう書いてすらいないw)・・・これをやられると、なかなか「しこり」は残らないんですよね。徹底した積み外しがすげーな。
LD >> では、そろそろサンデーいきましょうか。
ルイ >> む。いい崩し思いついた。校長がタイーホされるんだ。(真顔
LD >> 積み外ししますねw「とらぶる」は基本的にローテーション・マンガで状況を動かして読ませるマンガではないんでしょうね。編集から終わりを言われた時にようやく締め目指して動き出す感じじゃないでしょうか。
ルイ >> サンデーと言えば、誰得な表紙ですね!?
LD >> (´・ω・`)。o(…いい崩しなのか?…)
LD >> 結界師は、一時デザインが危ぶまれていた管理ペットがいよいよ登場しましたね。
ルイ >> うん。その瞬間とらぶる世界の「ビューティフル・ドリーマー」が終わるんですよ(笑)>校長タイホ 当たり前のことに当たり前のツッコミ(というか世界の反応)が返ってくるようになり、それは否応なくリトの浮いた状況の不自然さも炙り出すわけで・・・(以下妄想乙
LD >> 「神知る」は、とりあえず幼馴染み子は、武道子と同じ憑き方をされているみたいだけど…。
ルイ >> 「ハヤテのごとく」が
ルイ >> 何かしら仕掛けてきているなぁ・・・いや、雪路の話久々に好きって言いましたけど、あの話もラストのオチが些か強引気味に黄金の城ーだのといった情報にリンクを張っていたので、畑先生の誰も望んでない伏線へのご執心っぷりは凄いなと。
LD >> (・∀・)。o(…炙り出すんだ…)
ルイ >> 「神知る」は、やはり他の駆け魂あぶりだし方法を出してきましたね。
LD >> 何故か、一瞬、恐怖マンガを感じたんですけどw>伏線つなぎ
ルイ >> 例えば図書館子にこのやり方で向かった場合、えーと図書館を力づくで守っちゃえば良かったのか。推進派を痛めつけるなりして。
ルイ >> ちょっと恐怖マンガでしたねwこのヒナギク、ほんとにヒナギク?とも思った。
LD >> 「境界のRINNE」は世界設定がなんだか分からない事だらけなんだけど、もうきっちりローテフェーズが成立しているのが良いなあ。
カルマ >> ヒナギクっていうかひぐらしでしたね>ハヤテ
ルイ >> あーそうか、「ひぐらし」の見せ方に似てたのか。空気がスッと変わる感じですね>恐怖マンガ うみねこもこんなんあるな。
kichi >> 「神知る」は、この方法だと問題はあるけど荒稼ぎは出来そうなイメージなんですけど、実際はたいした数捕えてないですよね。失敗した分はマイナスカウントされるルールでもあるとか……? それとも単純にバディが駄目な子過ぎるのかな?w
ルイ >> おっと、誓って言うけど今の僕の書き込み、カルマさんの書き込み表示されてない状態で書き込んだんだぜ。「あーそうか」は自発で・・・丁度シンクロした。
LD >> 単純に処分される本を預かる場所を作る→過剰バイアス→別に図書館をもう一個作るとかでも…って事かな?>図書子
ルイ >> それで実際満たされる人は少ないって話なんでしょうね>たいした数捕らえてない
GiGi >> ひぐらしってあんな感じなのか
LD >> 「ひぐらし」とかの感じですよね。……でも、画的には全然怖くしていないのに、なんで恐怖を感じたのか?そこもうちょっと知りたいな…。
LD >> …やっぱり「意外な」事を言わないしない世界の住人が、突然、「意外な」事を言ったからかな?>「ハヤテ」
カルマ >> まぁどちらでも(笑)>シンクロ
ルイ >> 相手の持っているであろう情報量と、実際見せてきた情報量にギャップがある、と一言でわかった瞬間の空気のズレってのは、それイコール「自分の知覚している情報すべてに信頼がおけない」という事じゃないですか。思考の足場を崩しにかかる怖さがあると思うんですよね。
ルイ >> いや、重要なところだよカルマくん!w
LD >> …あと、最初にヒナギクが突然笑い出す所も“恐怖”の演出に繋がっていますね。
LD >> 思考の足場を崩しにかかる怖さ> それも妥当な話ですね。
ルイ >> まんが家バックステージの西森先生書き込みが素敵。そんな「お茶にごす。」も素敵。この新入部員、まーくんに惚れてかき回したりしてくんないかな。
カルマ >> いや、気づきを与えるにしろ、シンクロするにしろ、とても嬉しいことには違いないのさ、ルイさん。
LD >> とにかく“怖い”。期せずして一瞬で“怖さ”を完成させているから、ちょっと演出の参考になる。
LD >> 「電脳遊戯クラブ」は、ホントにエロゲ作るの?なんでそんなチョイスしたの?(´・ω・`)
ルイ >> もちろん、別に「あ、あなたの影響を受けてのものじゃ、な、ないんだからねっ!!」というニュアンスではないんですけどねwまあ、つまり色んな角度からその単語が出てくるくらいのものでしたという事ですね。
カルマ >> 手法としては普通のように思うんですけど、積みの無さがより効果的にしてるんですよね。
ルイ >> (電脳遊戯クラブはLDさんが追っかけてくれるらしい)
LD >> 「お茶にごす」の、「見捨てます」はよかったです。そうなんだよなあ〜って思う。何でも一律に是非を語ってはいかん。
LD >> (じゃ、ルイさんは「悪魔裁判」追っかけ担当という事で)
kichi >> ……「電脳遊戯クラブ」は、もうこれゲーム作りマンガにする気はないってことでいいんですよね……?(´・ω・`)
LD >> 「絶対可憐チルドレン」のこのヒキはよい。
GiGi >> まーくんは執着というものがないから、実は禅の境地に近いという
ルイ >> (式の左辺と右辺がイコールになってないぞ・・・ファラオも怒る不釣合いだ!>悪魔裁判)
LD >> ゲーム作りマンガにする気はない> ……ああ、そうか!いや、僕は有ると思っていたから、よく分からなかったんだw
ルイ >> 「チルドレン」のヒキですけど、なんでこれ賢木が説明ポジションなんでしょう。紫穂じゃなくて。
ルイ >> ゲーム作りマンガにする気なんてwあるwわけwねーw
カルマ >> 1話でわかりますわ。真面目にゲーム作りについて考える気はないと(苦笑)>電脳遊戯
LD >> 禅の境地に近い> そう。あくまで“近い”だとは思うけど、一期一会がどういう意味なのか?別の角度から問われても、すっと答えてしまっている。そこで変な俗世の別な基準に惑わされていない。
GiGi >> (…悪魔裁判と電脳遊戯倶楽部だったら後者のほうを選ぶ)
kichi >> ……私はいちおう1話の時点では、この先はちゃんとするのかな?と思ってたんですが、先週の2話で、ああ違うんだ、とw>電脳遊戯
LD >> えええ〜?だって、第一話とかラストページで、プログラムの意味とか解説してたやん?(´・ω・`)>「電脳遊戯」
ルイ >> あんなポーズ気にしちゃダメですよw>解説ページ
ルイ >> さて、村枝先生のサンデー×マガジンなんですが、レベルたかすぎて僕にはどう読めばいいか良くわかんなかったのです。すいません。
ルイ >> 電脳遊戯はデキが大した事ないだけですからね。悪魔裁判のようにイラッとこない。
カルマ >> サンデーの方を先に読んだのもあって、本当にサッッッッッッパリでした。>読み切り
ルイ >> どうしてひとつの企画を2つの角度から光を当てるという面白い題材を用いて、デザインも多種多様で、村枝先生で、こんなにつまんないの?←あ、ゆっちゃった
カルマ >> 悪魔裁判、すぐ終わると思ったら10話以上続いてる…なぜだ…
GiGi >> エロゲ購入シーン見て、サンデーの倫理コード的にありなんだろうかという疑問は沸いたが…
ルイ >> サンデーは短期集中連載以外は、そんな大胆なきり方はしないようなw>10話以内
LD >> 。o(…い、言っちゃったよ…)ん……まあね。スタンドアロンで濃すぎるキャラが林立するのは、実は「回し」ずらいだけなんですよね。…詳しくは「物語愉楽論」、「キャラが回る」参照。
GiGi >> ちょっと誰得な企画でしたね>ヒーローズ
GiGi >> サンデーに10週打ち切りはありませんから…
ルイ >> さて、手遅れ感もなきにしもなんですが「アーティストアクロ」がテコ入れをしてきました。『もがくように出す作品終盤の新ヒロインバッチコイ主義者』(なげーよ)の僕としては、応援するぜ!応援!
LD >> 「はじめてのあく」……ノースリーブのセーラ服か……………(八重歯)……………よし!山下みのり、再登場決定!m9(`・ω・´)
kichi >> ……タイトスカートさん以上の魅力を出せるかなぁ……?(´・ω・`)>アクロ
ルイ >> (セーラー戦士にしか見えないよ)
LD >> (#゚Д゚)遅いよ!! むしろ、正一位ヒロインは出さないマンガなんだねとか理解した後で、出てきたよ!!>「アクロ」
kichi >> ……ていうか、山下みのりもアイドルキャラにしては地味ですよねw
ルイ >> そのへんは「トリコ」を参考にしてもっとテッカテカさせた方が良かったか?>山下みのり
カルマ >> アクロ、実はずっと読んでないんですよね…(汗)
LD >> や、この娘、「回る」よ?手下完全に手懐けている事と、キョーコにライバル意識がある所がかなりいい。(`・ω・´)
LD >> アイドルキャラにしては地味ですよねw > ……orz 藤木先生にそれはゆーなよ……桃子で限界なんだよ……。
ルイ >> つか、キョーコも結構しっとハードルが低いですよね。もういい加減このマンガも「14番目の月マンガ」に組み入れよう。
LD >> しかし、ま、それについても、アイドルアイドルしたキツいキャラじゃなくって、むしろここら辺の普通線出している所がまた「回せる」要項かな?とも思います。>山下みのり
kichi >> そうですね。キョーコの回りっぷりからいっても、かえって回せそうな印象はありますw>山下みのり
LD >> 14番目の月…って?(´・ω・`)
ルイ >> 「月光条例」ん、また月光が自分で決めゼリフ言い出した。こうなってくるとうしろやナルミと同じ人間・・・・ってか、まあ、富士鷹先生こうなっちゃうって事ですねw
kichi >> さて、さすがに寝ます〜。おやすみなさい〜 ノシ
LD >> 八重歯だしな!(`・ω・´)>山下みのり
LD >> お疲れ様でした。>kichiさん
ルイ >> ※もう確定なのに最後の一歩だけ踏み込まない満月一歩手前で延々とまわす構造を「14番目の月構造」と呼んでいるのは僕がユーミンオタだから。この構造の特徴は、「積み上げ」で観る構造じゃないってのが最大の特徴ですねw
LD >> もう少し設定を気にして困っている方が富士鷹先生っぽいかもよ?>こうなっちゃう
ルイ >> むむう〜、じゃあ月光素直に思うまま饒舌に説教たれんなよ!w
LD >> ふむ。「とらぶる」はどういう評価になるんですか?>14番目の月
ルイ >> 「とらぶる」はリトがカード切ってないですからね。「奇面組」あたりが14番目の月の典型とも言えw
LD >> まあ、絶対に、死んでちゃだめだろうが!って考える人が、逆の事を言うという設定を取り扱うのは少し無理があったかも(汗)w……この場合「確かにお前は最低やろうだ!」的なセリフになりますよね。
カルマ >> "もう確定なのに最後の一歩だけ踏み込まない"ここがポイントですか>14番目の月構造
LD >> …「狼と香辛料U」観ました?
ルイ >> 「なんで最低なのか」はネロが自分で考えて結論を出すか、まわりの「翻訳者」が伝えてくれるかだと思うんですよね>月光条例
ルイ >> 一番のポイントは「もう確定」かもしれないですね。だから「とらぶる」はその視点で捉えた事はないです。「フタコイ」あたりがその捉えかたの革命というか。
ルイ >> (スルーする気だったなんて言えやしない・・・>わっち2)
LD >> いや、でもキョーコとジローはもう果てしなく確定だと思いますよ。…この場合、最後の一歩を行かない理由を鈍感あたりに置いている感じ?
LD >> ん。まあ正直「狼と香辛料U」は、最後の一歩を踏み込まないというより踏み込みまくって、そっから先の印象かな?w
ルイ >> さて「マギ」も堅調ですね。○×色々あったので、もうちょいヒネりのある謎かと思ったけど、アラジンとアリババの関係性が見えたので良かった。あと、迷宮を別ルートで悪者が追ってくるよー、ってのも古典的ながら良いです。
LD >> あとね。言おうか言うまいか迷っていたけどね。文学番長の刺青は、ちょっと痛かったよ。いたたって。(´・ω・`)
ルイ >> 文学番長やっちったなぁ・・・文学とは程遠い事を・・・w
ルイ >> まず日本番長の本名聞いてから彫ろうとか思わなかったのだろうかw
LD >> 「マギ」は、奴隷という際どい設定を持ち出して、領主ジャミルもまた奴隷(本人はそう思っている)に過ぎないって構造を見せてくるのが感心しましたね。なんというか、世界と異世界と冒険に行く理由の構造が上手いです。
GiGi >> もういいからとっととくっついちまえYO!という話ですね、わかります
LD >> というか「すもももも…」とりあえず5巻まで買ってきたんですが、この頃はまだそんなに上手くないですねえ…。以前、1〜2巻読んだ時の印象と代わりはなかった。
ルイ >> その「とっととくっついちまえYO!」が一方的になると、実際「とっととくっつく(終わる)」んだと思いますね。そこでくっついちまえYO!と思いつつも何故かこの満たされない感に身悶えしてくると、延々と回せるわけですねえ。
LD >> さて、ではマガジンに行きましょうかね?
カルマ >> さて、僕も4時間切ったので寝ます。お疲れ様でした〜
ルイ >> マガジン。ハルヒのトリックに踊らされてるヒマがあったらマガジン。
カルマ >> マガジンに行くなら…マーシャが可愛すぎて困る(2回目)のと、妙に君町の地味子の表情がエロいのと…
LD >> やっぱり、メガネ子は出して正解ですねえ〜w>「君町」
ルイ >> http://aliproject.jp/blog/index.html もう干しちゃえよ、こういう手合いは。
ルイ >> メガネ子、必死でかき回しに走ってますね。これぞ崩す為だけに生まれたキャラの悲哀。
LD >> そしてマーシャ………いいよね!マーシャ…(`・ω・´) ぐ…
ルイ >> 「ベビステ」マーシャ、13歳でしたねえ・・・性犯罪者になっちゃうのか・・・(何が?
LD >> 作品なにの話?>ALI
ルイ >> ふぁんとむ。
ルイ >> 二部終わるまで黙って待ってろとw
カルマ >> ていうか、他のエントリも酷いな…こりゃ。アニスパとかで聴く分にはさほど感じられませんでしたが。ううむ…一瞬、公式を騙ってる別人かと思うくらいでした。
ルイ >> ま、そんなキャラ作りのネタに構うのは早々にしてですね。「フェアリーテイル」 ニルヴァーナ・・・・・・・・・・直感的じゃねえええ(笑)。なんてピンときにくい設定なんだ。
LD >> 「ゼロセン」……「真っ黒な犯罪者は警察にまかせりゃいい……俺が洗濯したいヤツラは落ちようのない黒いシミになる前の灰色のヤツラだ!」→「だったら最近この街で頻発しているひったくり事件はどうです?」→………(´・ω・`) …黒いよ?それ、真っ黒だよ!?ゼロセン?
ルイ >> ひったくり犯程度なら更正させて現金なり返還すれば許すってバランスなのでわ。
カルマ >> あ、直近の数エントリが特に酷くて、BACKすると「好き嫌いをはっきり言う人」くらいには落ち着くな。
LD >> まあ、なんかあんなナリだし、DMCみたいなポーズの部分もあるのかも。>ALI
ルイ >> 善と悪が総ひっくり返ったら全体の調和は崩れない気がしてしまった俺は基本悪より。
カルマ >> フェアリーテイル、意味が分かりませんでした(笑) なんか脇役の魔法でも十分足りそうな感じで、凄みがないですね。
ルイ >> たとえがDMCw
LD >> や、まあ、少年はまだ更正できる→灰色って判断なんでしょうけどねw
カルマ >> あ、僕も善悪って半々じゃないのかなとか思ってしまったり>全体の調和
ルイ >> ・・・ああ、つまり圧倒的に善が強い、だからこの世はこうなってる、っていう感じ方ありきなのか。なるほど。
LD >> 「ファアリーテイル」は、まあ、なんか普通のクエストですね。ジェラールが生き返る事以外は。
ルイ >> 「絶望先生」は結構してやられましたね。でもアレはちょっとたとえと違っていると思う。わかりやすすぎてどうってんじゃなく、今更誰もタイトル字なんて見てないだけだよw
LD >> 善悪という分別のとらえ方によりますよね。……この場合は、多分、ロウとカオスの事かな?と思うんですけどね。
ルイ >> うん、ロウカオスならそれなりに・・・ただ、人の意識の中にある善悪の総量みたいな話だと思ってしまったので、それ言い出されちゃうとって。...それにしてもわかりにくいですよね。善悪どっちとも寄り切らない人は、引っ張られた感情の側の極北まで振り切られるって言ってる・・・のかな?
GiGi >> 瀬尾世界では眼鏡を外すとかしこさが下がるらしい。そして攻撃力はあがる、と
LD >> 「ネギま」が火星の話をしてきましたね。
カルマ >> 「ネギま!」はやっとこ火星の話が出てきたなと。
ルイ >> 火星ですねぇ〜。ビックリするくらいすんなり繋がってきたな。
ルイ >> 脇役と自覚している人が大転換点を引っ張ってくるあたり、ベタっちゃベタだけどマンガとしての面白さがありますねえ。
カルマ >> 界隈ではずーっと話題になってたんですよねhttp://d.hatena.ne.jp/adagium/20071108/p3
LD >> GiGiさんが、以前、そこらへん見つけてきて、うちにも載せていましたよね。>火星テラフォーミグ
ルイ >> 「ガマラン」はやはり三段構えか。うーん、本当速度オンリー連載だ。面白い。
GiGi >> 13歳が16歳でも犯罪なので安心してください(何が
LD >> 僕の「読み」は、あの魔法世界はじきに崩壊して難民が地球にエクソダスしてくるというものだったんですけど、火星はどうも超の頃まで健在のようなので、ちょっとそこらへん「読み」直しかなと思っています。
カルマ >> 日本の法律なら13歳だと合意だろうが問答無用で犯罪ですね。16歳なら…どうかな?
ルイ >> いや、でも土地が半分なくなるorそこが鎖国するだけでエクソダス状態になるので、まだ読み直しとは限らないような。
LD >> ちょww待てよ、エーちゃんいくつなんだよw犯罪じゃないだろw……つって米国の法律はどうか知らんけどw
カルマ >> 戦争による難民は十分あり得ると思いますよ>エクソダス
カルマ >> まぁ、超はいくつの時代に時間跳躍して、何を見たのかとか、謎は尽きません。
ルイ >> (・・・・エーちゃん・・・?)←自分目線でしか考えていなかったらしい
GiGi >> ネギくんの驚愕のポイントがよくわからないんですけど、どこからどこまで繋がったんでしょうね。超まで繋がったらそれは腰抜かすけど(笑)
LD >> 問答無用で犯罪>あ、勘違いしてた(汗)
ルイ >> 超まで繋げたんじゃないかな?細部まではともかくとして。
カルマ >> つか、このヒキで来週休載とか、相変わらずタイミング分かりすぎてて泣き笑い(苦笑)
LD >> http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail.php?queId=9020240 ←うん、これでいいはず。勘違いではなかった。
ルイ >> 休載もタイミングに組み込まれるのはちょっと釈然としないwでも「休載の前でやっちゃいけない切り方」はあると思う。そういう意味では、加点というより減点方式で減点ゼロって印象ですね。
ルイ >> 自分で言い出しておいてナンだけど、何でヤる事前提で話進めてるのこの変態たちは?w
カルマ >> あ、未満か。ブクマブクマ(何
LD >> ええっと…?ルイさんが性犯罪者ゆーたからだと………思うよ?(´・ω・`)>変態
カルマ >> 赤松先生の構成スタンスとしては、今回のようにガッツリ引くか、数話続き(バトルとか)そうなら、休載前の話はクラスメート短編のような閑話で繋ぐみたいですね。
LD >> 「エデンの檻」はサードマン、皆、共犯にする道をとっていたようですね。
ルイ >> (´・ω・`) にょろーん>ゆーたから
LD >> クラスメート短編は、大きな区切りがついた時に打ってくる感じがありますね。
ルイ >> 従順か死を選ばせまくっていたと。>サードマン うーん、沢山死んだという事は、皆結構良心的だったんだな。
カルマ >> む、ちょい言葉足らず。「次にやる話が」数話続き(バトルとか)そうなら、休載前の話はクラスメート短編のような閑話で繋ぐ感じですね。
カルマ >> つか、長居しすぎた。落ちます、落ちます。
LD >> ちなみに、CAさんは、仙石くんに手を出したら犯罪……では無いようだな。ふ〜条例もない土地だし…(´・ω・`)
ルイ >> 休載が引っかからないようにするか、或いは強烈にヒクかの二択ってことですね、大雑把に言えば。
LD >> お疲れ様でした。カルマさん。
GiGi >> ああそうか、総督から真実を聞かされる前にネギくんの中で答えを出しておくという構成なのか。
カルマ >> とにかくアンケート落ちる(次読んでくれない)
カルマ >> アンケート落ちる(次読んでくれない、わからなくなる)をとにかく恐れてますね。読者信用してない(笑)
ルイ >> 「花形」・・・自分で%を語る「天才」は、天才としてのスケールがあまり大きく見えないのでオススメできないけど・・・。ううむ。
LD >> 「本物のアリカ姫はどっかの誰かが颯爽と救いだし、どっか遠くの国で子供が生まれるまで幸せに暮らしました」というのもいいですね。「情報圧縮」かかっていて。
ルイ >> 19%なら打てない、最終打席でギリギリ20%にもっていったって事かなあ・・・。この打席、ミドリ君は花形に思い切りぶつけてしまえば負けないで済むのかな・・・?(思考中 ここでスライダーで勝負にいくくらい気が大きいなら、今週花形に呑まれないように思うんだよな。
ルイ >> む。見えた。恐れから花形にぶつけにいったミドリ、それを読んでいた花形が大根気味にホームラン。このとき花形にはわかる術はなかったが、実はこれが大リーグボール1号の打倒に繋がるバッティングの原点なのであった。(完
LD >> 「ツバサ」はこれ「CCさくら」にも繋げたって事なのかな?んんん…すごい「バイオレンスジャック」になりつつあるな。(←「VJ」にたとえんでも)
ルイ >> 「ツバサ」強烈に世界横断してきましたね。ちょっと混乱してきたけど、単話としては良かったとも思う。
ルイ >> 「ぜったい大丈夫だよ」につなげられるとさぁ・・・w記憶に訴えかけられるから・・・wこれは当時CCさくらを観たり読んだりした人にはちょっとしたトラップですよねw
LD >> 大リーグボール1号の打倒> すげえ…すげええ冴えてるよ!(`・ω・´)
ルイ >> いや、そもそも超本格投手として描かれている新訳の星くんが魔送球がらみの大リーグボールに手を出すかっていう・・・w
LD >> 正直、「ツバサ」と「ホリック」を相当買う気になっていますw>繋げる 実際、CLAMPの集大成のような作品になっているでしょう。
GiGi >> トサカのあの語りはよかったですね
LD >> そもそも一徹親父って、その後の正調一徹親父から考えると魔送球とか投げそうにないんですよねw
LD >> 天才の話に関していうと、僕は、花形は星に一歩劣る天才だと思っているので、少し格の低い情報が入るのもかなりありなんですよね。
ルイ >> なっているんですかねえ・・・>CLAMP集大成 確かになっている「ような気はする」んだけど、実際そうなのかなぁ・・・VJなのかなぁ・・・。
LD >> ゴラク版の「バイオレンス・ジャック」ではありますね。…ラストシーンまで符合させるためには、CLAMPにとっての「デビルマン」が必要なんですけど、まあ敢えて言えば「さくら」だったという所かな。
GiGi >> ホリックは線になってるんですけど、ツバサのほうはどうにも断片的なんですよね。過去の記憶とがっちりはまればクるんですが、そうでない場合はそれなりというか。
ルイ >> そうなんですよね。ツバサの方は週刊のヤマとかに引っ張られていて、凄く断片的なイメージがある。でもまあ、LDさんに読ませて良い反応なら僕も読もうw
GiGi >> ホリックで四月一日というキャラクターを育てて来たことがひとつの突破口になるのかなとか。
ルイ >> なるほど>花形の格 僕も星くんが上というイメージ自体はあるんですけど、村上先生がそれを意識して組んでいるとも思えない部分があって・・・ちょっと保留したい部分ですね。単純に花形スゴス、っていう描写として選んでいるようにも思える。
LD >> では、そろそろチャンポヨン。
GiGi >> さてチャンピ。カズエはそろそろ息切れだな(笑)方針転換してもいいころ
ルイ >> っていうか、今日はチャンピョンまではウォームアップ状態ですよ?(腕をぶしながら
GiGi >> ムラマサはイイハナシをしつつグダグダであることも忘れないさすがのクオリティ
LD >> 「新約花形」って確か、花形は連載当初から変って化けた(転換した)キャラで、それはつまり天才を演じている面があって、最初からという天賦天才ではない……という記憶なんですけどね。
ルイ >> 「弱虫ペダル」の田所が泣かせるんだ。田所が。この想いを積んだ男が2年生を育てたと思うと、もう鼻水と目水が混ざりそうになる。
ルイ >> そして金城先輩、以前ブチャラティっつったけど、もう完全に同一人物じゃん(おい)。なんと気高いんだ。やあ、予定調和だった(読者は既にわかっていた)結末なのに、なんとも熱くなる良回でした。
GiGi >> 弱虫ペダルの部長熱すぎですね
LD >> 一応、フェーズ変えようとはしているみたいですけどね。>「カズエ」
LD >> 田所いいですよねw
ルイ >> 僕はまだイケると思うw>カズエ この調子で隊員回していきながら、実任務を織り交ぜていけば僕の妄想伏見なり函館なり・・・w
LD >> それに引き替え刃牙さんは、20%とか言う以前に、パントマイムでいきがっていますよ?
LD >> ルイさんは、むしろ変えるなと?
LD >> >「カズエ」
ルイ >> とにかく僕にとってチャリ競技の目を開いたのは「シャカリキ」じゃないですか。で、あれは今でも物凄い傑作だと思ってるけど、結論の前に「やっぱりこいつらチームレースやる器じゃないよな!」って所に落ち着いている。つまり個人の凄い才能を描きたかったわけですよね。・・・でもリアルに見渡すと、自転車競技なんてチームスポーツのまま頂点まで進む競技で。今曽田先生はカペタでそれを描いている面もあると思うんだけど、自転車競技という器の中で「チーム競技」を再定義して教えてくれているので、何か僕にとっては凄く尊い連載なんですよね>ペダル
ルイ >> うーんと、ルーティンで描写を深めながら状況を「織り交ぜて」ほしいんですね、変えるなというよりは。まぁこれ、以前言った壮大な妄想ありきの話ですw
GiGi >> 巻島が落車は仕方ないっしょ、と必死でかばうのもいいんですよね。
ルイ >> テルは1人でラルプ・デュエズを見据えちゃって、「あいつの器ならまぁ鉄片とってるだろう!」っていう・・・「天才の物語」にはなっているんだけど、一方で自転車競技がそのダシになってしまった気分もあるんですよね。やっぱラルプデュエズだろうが何だろうが、結局そこを登らせてくれるチームメイトがいてナンボってのがロードスポーツの真理ではあるので・・・その面で金城先輩のメンタルとかもう最高です。
LD >> はい。正に「シャカリキ」が示唆しながらも、通らなかったルートを突き詰めて行ってますよね。>「弱虫ペダル」
GiGi >> ピクルじゃないけどメマイがしてきました。魔術師おそるべし(´・ω・`)
ルイ >> バキなー。(よつば口調
LD >> むしろ「ガラスの仮面」とか「昴」の方がピクルに勝てるんじゃないかって話になってきている。……ま、それは言い過ぎですがw
GiGi >> 最近えろいえろいとしか言ってなかったじゃのめですが、今週のエピソードの構造には感心した。人見御供を出すのは人間側だけじゃないという話なんですよね
LD >> 「冥王神話」、心臓がなくてもアテナ・エクスクラメーションを撃つ展開は燃えますねw
かんで。 >> おはようございます。
ルイ >> バキのイメトレって「イメージの素材」は要らないんでしたっけか。一気にトリケラトプスに踏み込んでるけど、それなら「なんかわかんねぇけど地上最強のもの」を想像しちゃえばって言う気も・・・。
ルイ >> 「冥王神話」はフライングして書いた通り、普通に泣いたw僕にとっての天元突破ですねw
かんで。 >> ヱヴァ破と「シャカリキ」と「弱虫ペダル」に反応して寄ってみました。
LD >> ま…何気に春兎の「心痛、ウサっしいたします」というセリフがウケましたが。
ルイ >> おはようございます。普通におはようございますって言っていい時間じゃねえかこのヤロウ!orz
ルイ >> 「じゃのめ」段々よくなってきてる感触があるんですよね。物語の構造もスムーズになってきているし。
かんで。 >> 確かに、「弱虫ペダル」はシャカリキの描かなかった部分を描いていこうとし出しているのが面白いですよね。
LD >> なんかわかんねぇけど地上最強のもの」を想像> ああ、範馬勇次郎の事ですね。わかります。「怪物くん怪物ランドへの招待」念力親父になれ!ですね。
かんで。 >> 確かに北島マヤや「昴」のすばるだったらピクルに勝つイメージを創造できるのかも。MOONのすばるはどうかわからんけど。
ルイ >> 前言った記憶があるんだけど、蟹座や魚座と比べて、「射手座なんだからかっこよくて当然やん?」という、シラケ世代特有の(何言ってるの?)モードになっていた面があったんですけど・・・この射手座は僕の高めハードルを更に越えていきましたね。
ルイ >> まぁカマキリからの線をつなげれば、想像力を結論とする事自体は唐突じゃないんですけどね・・・でもね・・・なんかね・・・w
LD >> 新連載の「ファランクス」はお供らしい、アンドロイドの女の子の四肢がちょっときているなあ…。
LD >> あっと、かんで。さんおはようございます。
LD >> (´・ω・`;)。o(シラケ世代おそるべし…)
かんで。 >> 元々、カマキリの話に板垣さんらしい豪快な説得力を感じなかっただけに、それを話の中心に持ってこられると違和感はあるのかも
ルイ >> んで、これも前「ぬらりひょん」の時、女性の表情がちょっと甘いなぁ・・・みたいな話をしたと思うんだけど、今回の冥王神話、表情が素晴らしくて。サーシャの表情がね、いいんですよね。サーシャがどうして安直に涙をドバドバ流さないかといったら、シジフォスと約束をした遠い日の記憶がそうさせているんですよね。シジフォスとサーシャは、読者が見ている過去をそのまま見ている。お互いに言葉に相手に発する事はないんだけど、その理解はともに持っていて・・その気高さに泣けますね。あと、そこいらの雑兵セイントモブも地味にこみあげたり泣いたりしている描写がいいんだよ。この新約でもって、まさしくこの戦いは「聖戦」に見える。そういうスケールを纏ってる。
LD >> そして競技自転車の世界としては「弱虫ペダル」の方が正当なメンタルなんですよね。…だから、映画の「シャカリキ」とかどうもそっち側につくってあるみたいですね。
GiGi >> かんでさん、どもです。私はそろそろ引き上げ。
ルイ >> ああそう、冥王で忙しくて後回しにしてたけどw僕も映画シャカリキの事を考えてた。今観たら何か見えるかもなって。
GiGi >> ぬらりワンピ、サンデーなし(お茶)、ネギま、弱虫ペダル、かな。あとよろ〜
かんで。 >> そういうことなんですよね。最高峰の「ツール」自体が個人よりチーム主体の考え方に立った競技ですよね。
LD >> もつかれさま。GiGiさん。
かんで。 >> ども、GiGiさんお疲れ様です。
ルイ >> (お茶)とかw
ルイ >> あーいいなぁ。最後にセブンセンシズを越えた感覚で「1人の女の子としてのサーシャへの慕情」が言葉にならずに中空に溶けていくんだなぁ。泣けるなぁ。こう、ラストに死に顔をドアップで捉えたりしてるわけじゃないんだけど、ナルトあたりとは雲泥の「死にきった感」がありますよね。変な日本語使ってるけどw
LD >> 「バチバチ」もよいですね。なんかこれしか言っていないけど、すごく順調な連載です。
ルイ >> アテナエクスクラメーションってのも原点世代には超おなじみのワザなんだけど、そのワザに必要性と最高の見せ場を与えた点でも評価したい。あの構えを見た時、心が震えた。小規模ながらビッグバンに匹敵・・ってどっちやねん!とか原典の頃から突っ込んでたのに、ツッコむのすら忘れたぜ・・・。
ルイ >> 「バチバチ」も素晴らしいですね。何か細かい設定なり展開がどうっていうんじゃなく「相撲部屋というのはどんなものか」という情報を今週だけで眼いっぱい詰め込んでいて。
LD >> 「死にきった感」いいですね。キャラクターの死に様を描くのは作品を決めますね。
ルイ >> 幕内がいないから土地を売るしかないし、幕内用の部屋もひとつしか用意しないでいいし、大部屋も大きくない。・・・一方で「阿吽はどうして幕内にいないの(それくらいの力があるのに?)」という疑問もさりげなく提示している。何かしらメンタルな理由なり、個人の事情に根ざした「上がれ(ら)ない理由」があるんじゃないか、という積みが。
ルイ >> ・・・でも、言葉遣いは直さなくていいのかなwやる事やってりゃ許してくれるのかな・・・まあ、これも何か「幕内がいないしょぼいj部屋だから」という気もして、何かそこまで大きな問題には思えないですね。幕内力士や大関クラスがいる中であんな言動とおしてたら、また違う感想になると思いますけど。
LD >> 「ギャンブルフィッシュ」も色物対決に見せかけてなかなか熱戦になっていますね。
ルイ >> 「ギャンブルフィッシュ」も良かったですね!!!・・・ぜは、ぜは←チャンピョンになって途端に加熱しすぎて疲れている
ルイ >> (あ、そうか・・・だからチャンピョン好きって話になるのか・・・w)
ルイ >> 曲によるダイスバレなど、獅子堂エクストリームらしい「見抜いたら有利な情報」がちゃんと配置してあって、運否天賦だけには寄りかからないようにしながら、最終的には「ガトー姉妹は自分の運に素直に従わなかったから運気が切れた!(だから勝てる)」という、「運」そのものの話に持っていってしまっている。その矛盾・・・というか相克したスタンスが素敵だなと。
LD >> ジャスミンが切り返して来たのが大きくって、これでドロー含めてどうなるかまるで読めない状態になっていて、次週がすごく気になるんですよね。>「ギャンブルフィッシュ」
ルイ >> もしこれで結末が両者KOだったとしても、僕やLDさんの言うソレは単なる下世話な視点だったわけでw(ですよね?w)例え同じ結末でも、この時点で既に別のものを描いてみせた、といえると思いますね。
LD >> 「運」の話をしましたねえ…。青山先生は同然、知っている世界だと思っていたけど、ここに来てしはじめた。……もしかしたらアビ谷はその世界のラプラスになっているかもしれませんね。
LD >> 同然→当然
ルイ >> アビ谷がラプラスって異様にしっくりくる・・・
ルイ >> あっと、ちょっと流してしまいましたけど「ファランクス」、LDさんの反応としてはどうなんです?僕は結構次週が楽しみなんですが。
LD >> 「畳の上のミクロ」は、大会に、この天山と剣崎の二人が出るって事ですね。天山は一回戦……剣崎は準決勝か、決勝ですね。そこまでは分かりました。(`・ω・´)
ルイ >> いかにも大正のゴシック感を残した、自分の趣味に素直な作品って感じでね。自分のカードをオープンにしきっているので、良い印象を持っちゃうのかな>ファランクス これは梅田先生の初期作品にも言えたことなんだけどw
ルイ >> 「ミクロ」も堅調ですけど、やっぱりこの先の「続く構造」がよくわからない・・・w終わっている気がする・・・w
LD >> 雰囲気はいいですね。まだ、ちょっと設定の全体像が見えていないなという感じです。>「ファランクス」
ルイ >> はい>設定の全体像が見えていない チャンピョンじゃなきゃ「・・・ネーム整理しよっか」ってな話にもなりそうだなとは思うw
LD >> アンドロイドが球体完成だったりすると梅田先生と話が合いそうですねw
ルイ >> あ、あと「バチバチ」、床山さんのキャラが素晴らしくいいですね。あのネームだと、僕の初期妄想に基づいて「おっとりお姉さんキター!?!?」って思うし、それは僕みたいな変態じゃなくてもそう思うように仕向けてネームを組んでる。・・・そこでオッサンwっていうのは・・・上手いなぁと。しかもキャラがいいキャラしてる。
LD >> でも、敵が負けると“存在”を無くす設定はよいですね。怪紳士もその瞬間に戦った記憶を無くしているのが凄くよい。
ルイ >> 「ムラマサ」は最近読んでいて、実は哲弘は「泣けるセリフまわし」に定評があるんじゃないかという気がしてきた。・・・気だけという気もしてきた(?)。
LD >> そこはお姉さん来ようよ?JK(´・ω・`)
ルイ >> そうそう、時間を遡って存在そのものを抹消して「ああ、よくわからないけど苦戦したんだな」というのは・・・それに、存在を消されるってのは何よりも怖いですよね。
ルイ >> お姉さんは取材記者の人と、近所の八百屋の1人娘と、後援会長の孫娘が・・・ ※全部妄想
LD >> 敵の記憶も、戦いの記憶もなくなるのに、どうしてこの男は敵を知ったのか?何故、戦っているのか?……ギミックからキャラをつくって行くメソッドに乗っていますね。そして面白い設定(ギミック)はそれだけでキャラを作る。
ルイ >> なんかねぇ。この短期連載と和月先生を足して2で割ったら、互いに求めてるものが出てくるんじゃないかなぁとかw
LD >> 「ムラマサ」は、なんかもうリットンがおかしいw
LD >> 和月先生>(`・ω・´;)。o(…な、なんてスルドイ事を言うんだ……!!)
ルイ >> まぁ確かにこの世界の妖刀なんて撃っちゃえばいいんですよねw大したもんじゃないってのは武器を武器として使おうとした斧の時点でわかってたw
LD >> こいつだけ、違うギャグマンガの落書きみたいになっているw>リットン
ルイ >> いつか擬音を普通にカタカナ表記しちゃうんじゃないかとビクビクニヤニヤしながら読んできたけど、全部ちゃんと英語だった。
LD >> さて、一番を決めましょうか。
LD >> ジャンプは……「スケットダンス」、「ぬらり」かな。
LD >> サンデーは…まあ実は「アラタカンガタリ」けっこう良かったんですけど、う〜ん、「絶チル」あたり?
ルイ >> 「ぬらり」「ワンピ」「弱虫ペダル」「冥王神話」「ギャンブルフィッシュ」・・・・んんんん・・・・「アクロ」・・・?いや違うな・・・
LD >> マガジンは…「ネギま」、「君町」。
ルイ >> うーん、マガジンは強いて挙げるなら「ツバサ」。
LD >> チャンピオンは「冥王神話」、「弱虫ペダル」……「じゃのめ」がけっこう好き?
ルイ >> 「じゃのめ」いいっすね。何がいいって言葉にしにくいんですけど・・・梅田先生が元来持っている線の魅力を活かしながら、一般性というか大衆性をどこまで拓ける?という視点で見ているので・・・今回因習だなんだとオドロオドロしたものを題材としながら、ドラマとしてスッと通っていると感じられたのは良かったです。
LD >> 「スケットダンス」、「ぬらり」、「明王神話」、「弱虫ペダル」…かな?
LD >> 日常の生活感の出る風景を描きながら、ふっと、妖怪とか、花嫁衣装とか出してボーダーを超える。…“ハレ”と“ケ”の混ざり具合がけっこう美しいのですよね。>「じゃのめ」
かんで。 >> サンデー「ハヤテ」、「お茶」、マガジン「ベビステ」、「ネギま」、他誌は今回精読出来なかったので上げないでおきます。
ルイ >> いや。僕は冥王神話。弱虫ペダルなら認めなくはないけど・・・でも、弱虫ペダルはここんとこずっと良くて更によいって回なんだけど、冥王はもっと「ここ!」というのを感じるのでね。アイアコスの技で神経を焼かれたり・・・全て「護る」為にすり減らしたものが、心の何一つをもすり減らしていないっていう「射手座シリーズ」の完結編として見事すぎて言葉も出ないんだぜ←言葉弄しまくり
LD >> 「スケットダンス」か「冥王神話」……かな?(←「スケット」が残り続けている件)
ルイ >> どんだけ好きなのよ、ブートキャンプw
ルイ >> 確かに幼馴染演技の時はハライタクなりましたねw
LD >> いや、僕も「冥王神話」だと思っています。「ビニーズミュートアンプ」は惜しかったけどね。またね。(←)
ルイ >> やっぱり後に続く一兵卒に至るまで、想いが伝播された表情をしているのがいいなぁ・・・しみじみ。
ルイ >> まぁ、そういえば李老師が絡んでないのは珍しいな?とかw
LD >> 僕は「なんかちょいちょいジョアンナの所に行くなこの人」とかが良かったですw
ルイ >> 好きだから、細かくアタックしてるんですよねww>ジョアンナ 若干迷惑顔だしw
LD >> では、今週は「冥王神話」にします。
ルイ >> やぁ、車田先生毎回大喜びで読んでるんじゃないかなぁ・・・いや、対抗心燃やしてるか?w
LD >> いや〜w「ネクストディメンジョン」描きづらいと思うんだけどw
ルイ >> はい>冥王 ・・・まったくチャンピオン好きなマイナー志向で通気分の困った所ですねw
LD >> さて「今期選考」なんですが、今日明日中に「ハイエナ」にエントリーを挙げますので、来週にやりましょう。
ルイ >> あったなぁ>ネクストディメンジョン 本家が1人だとね、今やってる「蒼天の拳」みたいに、何か北斗が織田信長と絡みだして「にこり」とか、お前どんな風流人?いくさ人?みたいな感じにできるんでしょうけどw
ルイ >> 来週・・・・か、再来週・・・か、来週・・・にwいや、来週ですねw
LD >> 織田信長と絡み出していますか?w …それなんて逆流「修羅の刻」?w>「蒼天の拳」
LD >> じゃ、来週で。
LD >> では、落ちます。お疲れ様でした。
ルイ >> (にべもネェ・・・w)ではw
かんで。 >> お疲れ様でした。
ルイ >> あいぽんのニコ動閲覧アプリを入れる。画質は許すとして、音質がガビガビなのはなんなのさあ!コメント出ないこと多いし…つべは綺麗なのにィ
GiGi >> ペトロニウスさんの記事読んだ。続きはまだか続きはw。
GiGi >> たぶん同じ構造を見ている自信はあるんだが、その解釈が結構違いそうな予感。
ルイ >> TTTの最新回がなかなか作画がよいと思ったら、コンテ演出原画に細田直人。横顔の口の描きかたに特徴があるかな。
ルイ >> 今日明日はバスカッシュと…何にしよう。ポリフォニカ観ても話に発展しないのか…w
ルイ >> 井汲さんが以前バスカに突っ込んでたのって、何に対してでしたか…あいぽんはctrlFに相当するものはなくてw
ルイ >> ダンと妹の話…だったかなたあ。むーん。
ルイ >> 「咲」は田中宏紀の変な作画…
LD >> 「涼宮ハルヒ」> …………………………なんだ?これ?
井汲 >> > ダンと妹 Yes. あと最近、妹単体でも「変だな?」と思うことが増えてきました。昨日の放送はまだ見てないんですが、「足が不自由で」「経済的にも貧しいであろう」妹ちゃんが、どうやってダンたちに着いて来て、blog 記事を書きまくるなんていうお大尽な生活が送れているのか?
井汲 >> 一応、皆川純子子(←わかりにくい)が手を貸しているらしい描写がありましたが、あれもなーんにも伏線がなくて凄い唐突で解りにくいんだよなあ…。最初から2人はグルなのか、そうでないのか?「最初から」にしろ、「途中から」にしろ、いつどのようにその2人に接点はできたのか?また、「途中から」なら、接触するまでは妹ちゃんはどうやって糊口を凌いでいたのか?とか、その辺が全然わかりません。
井汲 >> ちょっとドラゴンマン………じゃなかった、佐藤竜雄さんに問い詰めてみたいところではあります。
井汲 >> (ミュートキャンプは「一番」逃したか…チッ(笑))
井汲 >> ((ミュートアンプだった…))
井汲 >> http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/02ryutsu04_000015.html 例の話題、継続して取り組まれていますね。「一度話題にしてそれっきり」じゃない辺り、行政もかなり本気で取り組んでいるんだなあ。

MANKEN CHAT(1.1)