漫研チャット
名前:
発言:
[正面] [取扱] [過去ログ]


■■■■2009年08月01日■■■■
ルイ >> 実はこれがエイジがジャンプを飛び出す発端なのであった(ナレーション
LD >> ん〜しかし、この楠田、曽我部、財津の動きはとてもいいなあ…。早いトコ、かぶらない土橋や、小宵は出して欲しい気がするw…江ノ本はかぶるけど、少し意地悪な子にエッジをかければ出せるかな?
ルイ >> 「スケットダンス」はボス男のアウトオブっぷりが笑えたwこういう一つのネタで粘着質にいかせたら、この作品は強いですね。
LD >> エイジ…!(´・ω・`)
ルイ >> 「トリコ」地球が調理器具w素晴らしいスケール描写だ。
kichi >> サイコーを黙らせる言葉は「体調管理できなかったサイコーが悪い」であるべきだと思うんで……まぁ、川口たろうの名を出すのも分からなくはないんですけど微妙な気分です。
LD >> 「スケットダンス」は、ここ最近、ロマン・サーガも、モモコ・サーガもお休みだったのが、この連載の強さを顕わしていますね。
ルイ >> ま、そこはまだ未成年である彼らに大人がどう言って聞かせるかっていう選択の話ですよね。
ルイ >> 確かに。モモコとロマン、あと発明は基本安全パイですしね。
GiGi >> BBコーンの切口は、これはGTロボの組織とは別のライバルが出てくるのかな
ルイ >> ふむ。ライバルというより師匠筋みたいなイメージでしたけど。。。そうか、それもあるかもしれないですねえ。
カルマ >> 生で食う用の甘いコーンは別にあるんですかね>トリコ
LD >> 確かに川口たろうの話を持ち出すのは微妙ですね…。別に、高校卒業までの理由にはならない気がするし…。
ルイ >> 「めだかボックス」めだかちゃんがきゃるーん状態になった時の顔が、僕はどうも、どうしても、どうやっても好きになれないんですが・・・(笑)それはそれとして、モロモロらしさが出た良い回でしたね。
ルイ >> レンタル料金はどっから出すんだろう。学費からだったらオリャ切れるよ?w
カルマ >> うん…例えば特定の内臓が悪くなりやすい家系みたいなのって存在して、川口たろうが肝臓疾患で亡くなっている、とかですかね>名前を出す理由
LD >> 「めだかボックス」は、この子が会計になるのはよしとして…基本的にめだかちゃんに惚れているキャラで周りを固めるのかな?それは正しそうですが。
ルイ >> おお、それは。>家系    ・・・・でもそれって、一般性に著しく欠けますね。確かにこの場合、「サイコーだから」を理由にもっていくのは・・・「漫画家と学生を両立しようとする人」全員に通用する理でいってほしいというのはありますね。
kichi >> 「めだか」のデレ顔はたしかに違和感ありますねぇ……。その違和感が良いという考え方もあるんですが……、前も書いたけどなんか変な汗が出る感じでどうもなぁw
LD >> さて、サンデいきましょか。
カルマ >> めだかが好きじゃない大きな理由はデレ方ですね(笑) 脇キャラが良いので読めてますが。
ルイ >> 意思キャラなら、凛とした顔のままデレた事言って何の矛盾があろうか、とか思っちゃうんですよね。まぁこれは慣れていくしかないのか?w ま、今回は柔道部のネコ先輩の格が注目か。
ルイ >> サンデエエエエエエエエエエエエエ
ルイ >> 「ハヤテ」今更こんなこと言うのもなんなんだけど・・・・やっぱり畑先生って、あんまりマンガ上手くないですよね(笑)←おおい!
LD >> や、正に「ヘタッピ」にあったギャップを出して共感を呼び込むメソッドに拠って、逆に共感から遠のいているイメージがないワケではない(汗)……理屈上は「そういうキャラで行くんだね」って言えて、実際、筋は通っているんですけどね。
LD >> >めだか
kichi >> 意欲的にキャラまわしてるとこは好感ですねぇ。>ネコ先輩の格
ルイ >> キャラのフックを作るセンスとオタの加減を弁えてるから大けがにならないだけだな。彼がご執心であろう本筋にこだわればこだわるほど、畑先生にとっては勝負回なのだろうけどボロが出るという・・・カワイソス・・・orz
LD >> あ、ほんっとに!ルイさんとはシンクロしやすいなあ…!>「ハヤテ」
ルイ >> 読んでいると、溢れてくるんですよね。「言わせたいセリフ」と「もっていきたい展開」が。でも作者がここまで読者と同じ目線の高さで見せたいものをキラキラ押し込んでくるというのは・・・どうなんでしょう。
kichi >> 最後のページ、最後のコマですよね……?私もどうかと思いましたw>ハヤテ
LD >> 今週の「ハヤテ」はちょっと某「ナルト」のダメネーム読んだ時みたいにいらいら来ていました。…しゃべるなしゃべるな(説明セリフを延々)とか。ヒナギクはそういうキーパーに組んでこなかったじゃん(汗)だから前回の展開も「ひぐらし」みたいになるんだよ。この局面でキーパー張れるのってマリアさんしか組んでないじゃんorz なでにヒナギク?とか。
ルイ >> ヒナギクなぁ・・・ヒナギクという積み上げてきたキャラなぁ・・「アーたん」なぁ・・・wそう言わせなきゃ演出が成立しないんだけどさぁ・・・・・・・・・・・・ま!描きたいものに近づくとどうしても先走って強引になってしまう悪癖があるようですね。キャラクターは既に勝手に育ちつつあるのだから、もうちょいキャラに耳貸すといいと思うお。
ルイ >> あら、かぶったw
カルマ >> ギャグ展開で気づきを与えるとこまで狙ってやってるのに、まぁ目も当てられないと…
カルマ >> アーたんって呼ぶキャラじゃないでしょう…一番仲良い3人娘ですらそういう呼び方してないのに…あああ。
LD >> …あんまり、いらいら来たので、読み返して観た時に「……まあ、そこまでは悪くないか?」と思い直した程ですよ(←)あと、キーパー、マリアさんしかいないのに彼女を使わなかったって事は、マリアさんとアテネの関係はもっと“深い”所にあると観ました。
ルイ >> 先週の時点で「マリアさんじゃないんだ」とは思いましたよね。これはマリア教だからじゃないよ?wこ、混同してないよ?w
LD >> ところで「悪魔裁判」大人気?……でも、路線変更?
ルイ >> とにかく、キャラの配置自体は回すためのテトラ的なものをイメージさせたりしたりするのだけれど、いざ畑先生にとっての勝負所にいけばいくほど、ガチッガチのアナログ思考が見えてくるというこの面白さ(?)。
ルイ >> 「悪魔裁判」サクラ大戦で見た。
kichi >> ……まさか大人気なんてことはないと信じたいですけど、路線変更は正しいと思いますね。……個人的には手遅れというか、それでも厳しそうには思ってますがw>悪魔裁判
ルイ >> http://www.youtube.com/watch?v=d26n4kluzrY フウ。
カルマ >> 大人気だとすれば、そこは読者の質を問われるところだと思います(真顔)
LD >> 「マギ」は、アラジンが、実は地味にすごい奴である情報を入れてきたよ?さっきのトーン子と同じ組み方だけど、「マギ」の方がキャラ組みがしっかりしている(回数こなしている意味もある)ので、くっきり情報になっているよ。
ルイ >> まぁ基本プロットは放棄して「悪魔滅するべし!でやってきたけどアラなにこの人・・・この人も悪魔なのに・・・」メソッド(なげえよ)に切り替えるって事ですよね。いーんじゃないですか。裁判システムゴミだから。
ルイ >> でも何かこのサクラ大戦3(略称の方が長い)の金請求するシーンとか、もっとネームで味を出せそうに思いますねぇ・・・。
LD >> http://www.nicovideo.jp/watch/sm288328 シャルルの事ですね。分かります。(´・ω・`)
カルマ >> 裁判とかじゃなく、悪魔に無理矢理地獄に落とされようとする人間を救うなら、とても普通のお話になりますけどね。あれ、普通になるだけですね…?
GiGi >> まあ畑先生自身、最低のネームセンスと自認してますし(マテ)
ルイ >> だって悪魔の方が裁判システムに「乗って」ないんですもんw弁護人が存在する意味がないw
kichi >> えっとアリババの方ですね?>地味にすごい奴   たしかに古代語知ってるほど知識ある人物だとは思ってなかったですから、なかなか効果的に格上がってる印象ありますねぇ。
LD >> すみません、アリババです。
カルマ >> なんだろうな…神が裁判長を務める法廷があり、天使が弁護人、悪魔が検事を務める中で、主人公の悪魔が弁護士になるプロットなら…?>システムに乗る  いや、神は天使寄りだから成立しないか?
LD >> 「あれ?ここで俺、おしまい?」で場面が切り替わるヒキも上手いですね。>「マギ」
ルイ >> シャルル見てたw
ルイ >> アリババを上げたのと同時に、領主がアラジンの笛を理解できてない描写が挟まれてるじゃないですか。こういう細かい所が上手いですよね。
カルマ >> アリババも過去はどうあれ、一度「落ちたら」富や力を得ないと「上がれない」存在として描かれるんでしょうか。
ルイ >> とりあげたことで警戒はできてるのだろうけど、自分で吹けないんだーとかやってる時点で「何か」までは知りえていないという情報の階層を生み出すことにエラクたやすく成功してる印象。
LD >> もともとは素のフラッシュ動画なんですけど、シャルル持ち上げすぎな所がよいんですが、そこにチャチャ入れているコメントがあってノイズになっちゃうなあ…w>シャルル
ルイ >> こういうのは持ち上げすぎ動画とけなしすぎ動画を観ればいい話なんですけどねw>ノイズ
GiGi >> 幸いタイトルに裁判の文字ないですし、綺麗さっぱり忘れるのが吉でしょうね>元裁判
ルイ >> 「RINNE」特に何も言う事はないんですが、りんねの回想ビジュアルイメージにサクラが低血圧のままツッコミう入れてるのが良かったです。そんなどうでもいい事くらいしか言う事がありません。
LD >> ジャミルのキャラもとても良いです。奴隷制度が“在る”世界の人間の動作に近いと思う。…よくある描写ですぐに鞭打ったりする図がありますが、身分の違いが厳然にして当然なら、そうやたらめったら苛めないと思うんですよね。
ルイ >> 「クロスゲーム」はあだちってますなぁ。すっかりやりとりが「ラフ」みたいになってきたぞ。
カルマ >> ディフェンスデビル…あぁ、「守護天使」からなのかぁ…(いまさら気づいた)
ルイ >> ジャミル良いキャラですよね。
LD >> 「RINNE」は本当に面白いのですが、安定し過ぎて連載開始数回で、もう既に「コナン」の風格が出てしまっている感じw
カルマ >> 貴族の婦人が黒人の奴隷の前で何も気にせず裸になった、なんて話がありますが、それですね>身分の違いが厳然にして当然
kichi >> ああ、あれは妙に気になりましたねw>RINNE 回想ツッコミ
ルイ >> あだちる(あだちーる)【動詞】妙齢の男女が互いの真意を直裁に口にはせず、言葉遊びの中でしかし真剣にキャッチボールを行うさま、
ルイ >> 「お茶にごす」は最終回でしたね。やっぱ先週が最高だったよ。っていうか、ブルー・・・w
GiGi >> 奴隷の扱いが、ペットに対するそれなんですよね。わかりやすく描けてると思います>マギ
ルイ >> 「神知る」これは確かに超展開。波でできた洞窟を通り抜ける魂の群れ〜みたいな世界観で駆け魂が出てきたよ。
ルイ >> 桂馬の圧倒的な物量に、これはやっぱり育て方間違えたんだなあと思いつつw
LD >> 「お茶にごす」良かったですね。すごく簡潔にテーマを語ってしまった。
ルイ >> お茶にごすなとw>すごく簡潔
LD >> この出来事と、この頃の桂馬の記憶がはっきりしない理由とが繋がるのかな?>「神知る」
ルイ >> 三次元には興味がないから覚えてない、という理屈で押しても無理はないでしょうが・・・まぁそんなヘタは打たないでしょうね。第一それなら「なんで覚えてないんだ?」という類のフリをする意味がないし。
LD >> 「アバタ…「アラタカンガタリ」は……苦しいが、まあ、よい。
kichi >> 「お茶にごす」は、あっさりとした最終回でしたが良かったですねぇ。
カルマ >> お茶は綺麗にまとまってましたね。
ルイ >> んー>アラタカンガタリ
ルイ >> ん〜…>アラタカンガタリ
kichi >> ……まぁ、コトハが可愛いので……まぁ(´・ω・`)<結局それかw >アラタカンガタリ
ルイ >> んんんん。。。>アラタカンガタリ ひつこいですねwいや元の「アラタ様」への思慕があるなら、またそれが地位的なものとも結びついてるならいくらなんでも「勝ってる」の言葉のセレクトはないだろと・・・思うんですけどね・・・どうなのこの違和感。アラタ様じゃないとわかった瞬間言いミス皆無でタメ口な所がビッチー感(?)なの?
LD >> 幼馴染み子はもうレギュラーですよ?どうやって、この状態で置いておくか?の話が組まれているに違いない…。(´・ω・`)つって、ただ、そも、幼馴染み子、スタンドアロンのキャラとしてはそんな「強く」ないんですけどね…。
LD >> いやいや、言いミスについては、相手に対する意識が変われば、そんな言い間違えないとは思いますよw>コトハ
ルイ >> コトハカワ(・A・)イクナイ !!
GiGi >> お茶終りましたねえ(しみじみ)
LD >> 「はじめてのあく」は、ジローが「回って」きたので、キョーコとジローで「回し」すぎだとは思うが……まあ、よい。
ルイ >> やぁなんかその無理のない敬語脱却に、ああなんか敬意から来る敬語じゃなかったんだ、形式ばってたもので堅苦しいからすぐ抜けたんだ、的な・・・こう制度に生きてきた人間らしからぬリベラルっぷりが・・・w
ルイ >> 14番目の〜トゥットゥル〜♪>はじめてのあく もう、バカップル枠としてジャンプにおけるマサルさんみたいにやってればいいよw
ルイ >> 「ジオ」画力はじめ色々足りないなぁ、とは思ってるんですが・・・・・・悪くないですねぇ・・・・。
GiGi >> 神しるはまだなんとも言えない感じですが、問題は桂馬がやってるゲームがこの頃からギャルゲなのかどうかということだ
LD >> 「月光条例」は、浦島+フランダース編も大詰めですが、これで上手く締まればなかなかよいエピだったんじゃないかと思いますが……まあ、よい。
ルイ >> じいちゃんが師匠の席にいるから俺の人生で師匠の席は空けない、というか。。。そういうキャラクターだけが持っている内面を出すのってイイとは思うんでね。そこはぬかってないなと。ここで・・・王様の名代としてカワイイおにゃのこがお姫様で魔法使いの許諾を・・・(いつもの妄想
kichi >> ……たしかに「勝ってる」は違和感あるのですが……、なんか私はうまいこと良い違和感として飲み込めてしまったような……?……まぁ、かなり自分を押さえてたってことだったんだなぁ、というような……? 本物アラタには女として意識されるはずないとスッパリ言い切ってた辺りの感覚と通じるところがあるような……?
ルイ >> 「月光条例」物凄い力技感を感じますが、まぁそれが富士鷹先生って事ですかね。妙に乙姫のオチが綺麗だよ。
ルイ >> まぁ「マギ」の話に合わせるなら、コトハは神話の従者制度がある時代の人っぽくないねって言いたいわけです。
LD >> ああなんか敬意から来る敬語> 敬語はなくなったけど、そんな態度強烈に変ってはいないと思うよw…正に言葉遣いが変った程度で、まあそれは相手への意識が変れば変ってくるものだと思うw
kichi >> 「はじあく」はもう可能な限りこんな感じでイチャコラしてたらいいと思いますw
GiGi >> つかまあネオポケはともかくリンクスにギャルゲ出てたという話は聞かないのでジャンルフリーなエリートゲーマーだったんだろうけど、そこからどんな経緯でギャルゲ一辺倒になったのかは気になるところ
ルイ >> うーん?僕はコトハの内面にそこまで無理ない移行は感じられないですねぇ。
LD >> ああ…ただ、コトハがどっちかっていうと現代っ子っぽいところは同意。
カルマ >> それ普通に重要な指摘な気が>この頃からギャルゲなのか
ルイ >> なるほど、桂馬が他ジャンルでは神になれないという挫折から一つのジャンルを選び取るまでの涙の物語が・・・・エーッ
LD >> イチャコラ…………いい〜ひびきだなや…(=´ω`=)
ルイ >> 何故か初読の時、桂馬が遊んでるのはギャルゲーじゃないと思い込んでたんですよね。何でだろう・・・?
カルマ >> コトハは…読んでて特に思わなかったけど、確かになんで気づいたそばから勝ってるとわかるのか。 最初は意識してくれた喜びが先に立ってたと読んでますけど…
kichi >> 「月光条例」はさすがに力技過ぎてかこのエピソードは全体的に乗れなかったですねぇ。まぁ、らしい話ではあったのですが……う〜む。
LD >> 桂馬、ギャルゲー一辺倒ではなかったと思いますよ……って違うなw一辺倒だけど他のゲームを排除しているワケではないが正しいかな?
GiGi >> そりゃPSPとネオポケじゃ物量の差が(笑)そのあたりでよっきゅんの話を絡めて来たらかなり神展開(笑)
ルイ >> えーちょっと待って、ギギさんひょっとして今の(神知る世界の)ギャルゲ隆盛は実は桂馬がひと口噛んでる、くらいのことまで射程に収めてる?w
LD >> 一応、元から違和感あったみたいですけどね。記憶をなくしているから、ちょっと性格が変ったかな?という補正をかけていただけで。>コトハ
GiGi >> 桂馬は、すべてのギャルゲおにゃのこを救わなければという使命感から骨身を削ってるだけで、他ジャンルのゲームの造詣も深そうですしね
LD >> いや、ギャルゲ隆盛は実は桂馬がひと口噛んでる設定じゃなかったですっけ?ただし、この頃は違ったはず。………あ!もしかして、このエピソードでギャルゲ一辺倒になる?
ルイ >> うーむ・・・・・・・その使命感だと同じシナリオは二度とプレイしないという哲学をもっているということに?
GiGi >> えええ、それは前提なんじゃないの?(笑)>神しる世界のギャルゲブームは桂馬のせい
ルイ >> ギャルゲーに命を救われました(キリッ とかね。
カルマ >> カケタマ絡みで3次元への興味が喪失し、関係性を2次元に求めてるとか…うーん、桂馬自体のキャラが弱くなるかな。
ルイ >> 逃げで二次元はイヤだーw>カルマさん
LD >> 「オニデレ」は、ユナ株が上がりすぎじゃね?
カルマ >> 逃げというか、カケタマが関わってるなら無意識のうちにとかですね>2次元 元に戻っても「2次元は2次元で好き」と言えるかな?
ルイ >> (思考中)・・・・・・ま、一応可能ですかね。現在の桂馬の格をどこまで観るかって事なんだけど。
kichi >> いや「オニデレ」はミヅキのはじけっぷりも楽しいですし、ユナに限らずいいキャラ揃ってますよ〜。
LD >> まあ、この昔話の時点で既に、3次元世界への興味はないみたいだし…w>桂馬
カルマ >> 駆け魂と出会って、どう解決するか…と。うーむ、何かに依存した途端えらく落ちる印象があるのが桂馬の辛いところですね
LD >> さてマカシン。
kichi >> 「ミクシム11」のこれは金剛番長リスペクトと考えていいんですかねぇ……?w ま、ソバカス子ちゃんは結構いい感じだったのですがw
LD >> 「エデンの檻」ですが……来栖先生、勝手に洞窟入って勝手に迷ったな……たまんねえドジッ子っぷりだぜえ…w
GiGi >> 先回で、数あるギャルゲの中から一番大切なものとしてよっきゅんを選びとったことにちょっとした違和感というか意図があるんじゃないかという気がしていて。神の愛を持つ桂馬にとって、特別を作るのは本来ない話なはずで。
ルイ >> うん。僕も桂馬にとって全てのヒロインは愛すべき、しかし一期一会で一顧だにしないという印象があるんで、よっきゅんは何か・・・スタートのピースなのかもしれないですね。
GiGi >> エデンはここで矢頼は正解ですね
ルイ >> 「エデン」思ってたよりアッサリとサードマンと面会した件。目が見えない、はなかなかな表現。
LD >> 「フェアリーテイル」ですが、ウェンディが助けてもらったのって、ジェラールじゃなくってミストガンの方じゃね?
ルイ >> やあ・・・・・・・・・・「むろみさん」が無駄に面白いですねぇ・・・
GiGi >> ベビステは本当に言うことなしだなあ
LD >> 目が見えない……って書くと盲目のようになりますねw え〜っと目が無い……じゃなくってwwwwあれw……目が描かれない描写はいいですねw
ルイ >> 目を認識できない、といえばよかったんですねw
GiGi >> むろみさんは良いねえ。一番でもいいよ
ルイ >> 「ベビステ」は、この試合を見るマーシャってカットがないのだけ残念だね(えらく真顔
LD >> 「むろみ」さん、いいですねえ………これが!これが!ムロミ・リスキニ・ハーデン・セイバー・フェノメノンだ!!
ルイ >> この生活感はなんなんでしょうねw>むろみさん
kichi >> むろみさん良いですねw あのオチが絶妙に思えるのはなんでだろう……?w
LD >> この試合を見るマーシャってカットがないのだけ残念だね(´・ω・`)
カルマ >> データが通じるのは良くて1セットってことですよね。3セットを描くのは難波江以来?>ベビステ 
カルマ >> むろみさん良いですねぇ。面白いわー。好きです。
ルイ >> 単純に再戦としてみれば、まぁベビステ面白いです。プレースタイルを変えていこうとして、そのうち入ってくる!さあどうする!という。
kichi >> 「ベビステ」はほんと良いですねぇ。変化も予想してたエーちゃんに、言わば力技でねじ伏せようといった雰囲気のアレックス。ベビステらしいゲーム展開で面白いです。
ルイ >> 北海路でも南海路でも10日とかいう「むろみさんとしてのリアル」が、妙にむろみさんという存在に実感を与えてくるんですよね。
カルマ >> そうだ!何か足りないと思ったらマーシャだ!
ルイ >> 潮の流れに逆らう=疲れる  ・・・・・・・・・・・・・・まぁそうだよね、そうとしか言いようがないよね、というかw
LD >> 「花形」がバットでテニスしている所はちょっと笑った。よかったw
ルイ >> 「スマッシュ」もどカオスで面白いです。集めるだけ集めてみたw
カルマ >> ブラボーはなんか終わりそうなんですけどやっぱり積みが足りないですね。
LD >> え?いや、半日でいけるそうですよ?>北海路でも南海路でも
ルイ >> ブラボーはプロットだけ見せられてるダイジェスト感ですね。
ルイ >> おう、何故か大航海時代脳が働いていた。>10日
ルイ >> (もっとかかるがなw)
LD >> 「スマッシュ」は1話の中にかなりボリュームのある情報がつまっている回でしたね。
カルマ >> 大航海時代オンラインなら実時間くらいかしら…>10日
kichi >> 「ブラボー」ねぇ……w ほんと、この回の描き方自体は決して悪くないと思うのになぁ……w
ルイ >> いやほんと、LDさんが最近使ってた語録でいうと「結晶点」にしうるポイントのはずなんですけどね>ブラボー くっ!ガッツが足りない!みたいな。あ、ガッツじゃなかった積みだ。
LD >> 「ガマラン」弓使いを殺さなかったですね………これは?
ルイ >> ・・・これは?>ガマラン 
GiGi >> 北ルートは海中移動出来る人魚だからこそ通るというのもポイントですね(笑)
LD >> …で、今度の敵は毒使い……かな?>「ガマラン」
ルイ >> なんだかんだ言って一騎打ちってところか・・・?一人で流派を背負う気構えに感じるものがあったのかな?
LD >> いや、なんか不殺マンガになるのかなあ?って。>「ガマラン」
ルイ >> 天候はガン無視ですからねw距離と潮の流れしか計算式にないのが潔いw
ルイ >> 不殺マンガですと!?
LD >> (´・ω・`)。o(…ムロミ・リスキニ・ハーデン・セイバー・フェノメノンはスルーか…)
カルマ >> 「絶望先生」は面白くないけど1話でキャラのフラグを立て…たはいいけど、出るのか今後。
kichi >> ……ん〜、不殺まではいかないと思いますけど、殺さず済む状況でまで敢えて殺す気はないってとこじゃないですかね? 勝負中殺しちゃうのは仕方ないとして、勝負あった後に殺しはしないという……>ガマラン
ルイ >> うーん・・・何かガマランの中で基準があると思いたいが。少なくとも、殺す事に意味を見出してる人でないことはわかった。でも、殺す時は殺すでしょう。
LD >> むろみさん、ここはスエズ運河ルートでどうだろう?
カルマ >> 殺さなきゃやられる状況では躊躇はないでしょう。 むしろ、生かしておけるくらい実力差があるということに。
ルイ >> どう反応していいかわかんないよw>バオー
GiGi >> 誰もに勝利を祈らせながら、翔太を敗けさせる気がみじんも感じられないのが咲先生らしいところですね(笑)
ルイ >> ですよね。今回は懐に入りこむまでが勝負で、そこで弓を落としたから勝負がついただけですよね。例えばこの弓使いが「弓使いとしての純度」が低くて、接近戦となるや短刀でも持ち出したら・・・・・僕は切ったと思う。
LD >> 殺す時は殺すでしょう。>そう。単に「良い技量だったから」では皆殺せなくなるか、ともすれば気分次第で殺す殺さないを決めている話になってしまう。
GiGi >> ネギまはフェイトの従者を普通の女の子と言ってきたのはよかったですね。なるほど恥じらいがあるのはそういう意図だったのかと(笑)
LD >> ふむ。んじゃ、武器を落とせたら殺さない……くらいの感じかな?
ルイ >> うま!w>パンツネタ→普通の女の子
LD >> ここで「大好きだから!」と叫んで欲しい所(´・ω・`)>何でフェイトなんかに従う?
ルイ >> 弓を落とした瞬間、彼は武芸者ではなくなった・・・は言いすぎにせよ、無力化したわけですよね。これが名誉なりを求めるなら首級をあげたがるでしょうけど、ガマランはあくまで流派の最強を競いたいだけなので、その手段がイコール殺しの時もあればそうじゃないときもあると・・・それだけのことですかねぇ。あとは、彼の中の優先順位を知っていきたいですね。基本無力化を目指す、とかおおっぴらに宣言されちゃうと、なんかヌルいし。
GiGi >> この仕合の、団体戦アリルールがどう効いて来るかというところもありますね。不殺ならそれはそれでありかも知れず
ルイ >> 個人的には、やはり一人という所が何かしら関係している気もス・・・
LD >> 基本無力化を目指す、とかおおっぴらに宣言されちゃうと> そう。辻褄が合わないわけじゃないけど、どうも違和感があって……「ヂア」の羅狼は面白かった奴でも勝負がついたら斬ると思うよ?……や、まあ、要するに血に飢えた殺人鬼じゃない描写として“見逃し”は少年マンガ的にも入れたい所なんでしょうけど、それはそれで気分の殺しって際どい線がありますよって事ですね。
LD >> カンピオーネいきまそか。
ルイ >> なんだ、秋田出版の弱小少年誌がまるで黄金のような・・・>カンピオーネ
LD >> 「弱虫ペダル」の御堂筋、キャラ立ちすぎやねw
ルイ >> みんな生きてる特攻天女が読めるのはここだけ!というチャンピョンですね。
ルイ >> 御堂筋、最高すぎてワロタ。
カルマ >> む、そろそろ落ちます。お疲れ様でした〜
LD >> 「釣り屋ナガレ」が大人気御礼!との事。…そうなんや……。
ルイ >> 「ザク」て・・・w量産型って事か・・・w
LD >> 「特攻天女」瑞希と遊佐が生きているのは無駄に泣けますねえ…w
kichi >> 御堂筋は最高すぎてというか最低すぎてワロタですw
カルマ >> 一番はジャンプ
カルマ >> 一番はジャンプ「ぬらり」「ワンピ」
ルイ >> あらすじも人物紹介も踏み込みすぎてないのが良かったです。これによって、関係性が気に入った新規さんが「特攻天女」を読むってのがありえると思うので。こういうやり方もあるんだな。
LD >> 御堂筋のチームが、一番、跳ねっ返りのいない統率されたチームとして出てくるかもしれませんね。
kichi >> 「特攻天女」はなかなか良かったですね。本編を知ってる人にはなお感慨深いのでしょうけど、短編としてみても結構いい感じでした。
ルイ >> 御堂筋くんのキャラたちすぎて、皆山岳のこととか忘れてたでしょ?くらいのw
ルイ >> ・・ああ、それは御堂筋の「用兵」如何ですね。
カルマ >> サンデー「マギ」、マガジン「ベイビーステップ」「むろみさん」で。
GiGi >> 有りし日の風景でしたねえ>特攻天女
ルイ >> チームメイトをこきつかって自分のみのタメに使役するなら、そういう秩序の上での統制があるでしょうけど・・・完全制覇宣言が自力への圧倒的な自信なら、過度にチーム力を行使することはなさそうにも思える。この辺、御堂筋のキャラ格に直結する選択だ。
LD >> オバマ「チェインジ!!生まれ変われ!!王の名の下に!!」……ちょっと、名ゼリフだとおもたよ(´・ω・`)
ルイ >> オバマ最高だ!w
カルマ >> そういえばToLoveるがなんか真っ当なラブコメしてたのを思い出した(笑)
kichi >> 「ナガレ」は……、あんな装備でマグロ釣りですか……(´・ω・`;)いまだに作品温度がわからんです
ルイ >> アヴィと一回戦という、この強烈な・・・いや世界の理をアヴィが破壊しちゃうのだと思うと、なんかオバマ勿体無いなぁって・・・orz
ルイ >> 僕もそこが気になってる>あんな装備でマグロ
ルイ >> 僕もそこが気になってます>あんな装備でマグロ
カルマ >> ま、そんなところで…お疲れ様でした♪
kichi >> 双子の件があっさり自己暗示ってことにされちゃってたのにワラタw>ギャンブルフィッシュ
ルイ >> 手首に糸巻きつけて、海面までついていってバトルするってのは「釣り師」としてどうなんだ?と。矜持のある釣り師なら100人いれば100人「もう負けてるよ、その勝負」って話だと思うし、そこを押し切る事はカタルシスというよりは「海、ナメてるの?」が先に立つというか・・・
GiGi >> ムラマサはここにきて新キャラとはちょっとびっくりした
ルイ >> 自己暗示は酷いですよねw 幼女→ナイスバディの間は?自己暗示?w
LD >> 「じゃのめ」は、ほんとに“もののけ”な話だなあ……はりつめた〜ゆみの〜♪
ルイ >> お疲れ様です。
LD >> お疲れ様でした。
ルイ >> まぁ後でナガレはキッチリひっぱたかれるとは思うんですが・・・そのへんどこまで本気でひっぱたくかに注目。・・・え?叩かない?フヒヒw
kichi >> ですよねーw>海ナメてるの?が先に立つ   ……そもそもこんな熱血釣りマンガだったっけ?という違和感もありますし、う〜むw
GiGi >> 御堂筋のキャラは、ちょっとチームとして成立するのかギリギリのラインですね(笑)
LD >> まあねえ……ナガレくんの対処が素人以下なのはどうしたもんかと…w
ルイ >> チームスポーツとしては成立しえないと思うけど・・・w>御堂筋 でもここで、ザクの皆さんは「俺たちはザクでいい!だって御堂筋はグフなんだ!」とか言って「強者に巡り合っちゃった弱者のありよう」を見せてきたら・・・・・・・・・・泣くかもw
ルイ >> ・・・うーん、我ながら無駄にいいセリフだw>グフなんだ!
LD >> なんでしたっけ?西東も、「ナイトクラブ」にいましたよね?>「ムラマサ」
ルイ >> 御堂筋はザクを使役あるいは弾除け程度にしか見てないかもしれないけど、その御堂筋がいればこそここで勝負ができて、そして一人総合優勝したら全員ナンバーヒトケタになる勝負の世界ではあるんですよね。ここ、御堂筋頼りだけじゃ意味がないよ!というのも、御堂筋くん、君がエースだ。。。!という描き方もどちらもありえるので・・・いやー楽しみだ。
ルイ >> 西東・・・wikiみたらナマズのいい総長か・・・w
LD >> 御堂筋の格が悪いと、今泉の格も落ちるので、多分そこそこの所ついてくるとは思います。ただし、チームは完全に使い捨てるでしょうけど。
ルイ >> 俺たちはザクでいい!だって御堂筋はグフなんだ!→悪いな、われわれはリックドムなんだ  これだな!(何がよ
ルイ >> うーん、でも今泉がチギられたのは精神戦に負けたからって事になったって事自体が、今泉の格への配慮かもしれないですね。
ルイ >> 当初の描写だと、単純に力負けしたっぽかったし、だからこそ必死に練習してたように映ったもんな・・・。
LD >> 「お、おれ、ビグロ!!」(←なにが?)
GiGi >> 御堂筋の言う「完全優勝」の意味をどう捉えるかにもよりますね。
ルイ >> 実は1〜5フィニッシュを狙ってたとか?w>完全優勝 ちょ、御堂筋カワユスw
LD >> 「ファランクス」の絶体絶命の命題はちょっといい話。
ルイ >> 「冥王神話」うーん・・・・・・三途の川のない世界で船乗り持ってきたのはGJだと思うんですが、アテネ封印はちょっとワザとらしいかなぁ・・・。
ルイ >> あ「ファランクス」良かったです。一話目といいと思う理由が全くリンクしないのはいかがなものかとは思いますがw
LD >> え〜っと、彼の性格から考えて、山岳賞をとった上で自分だけで優勝…ってあたりだと思いますけど、区間賞みたいなものがあればそれもとって行くかな?
ルイ >> それって半端ない力量差がないと無理ですねぇ。最終的に山岳のサシミのツマだと考えた場合、御堂筋結構あっさりヘタレるかも。
LD >> 。o(マニゴルド役は小野大輔かあ…)
ルイ >> 小野Dですね。「ニニンがシノブ伝」モブ忍者として有名な←他にいくらでもあるだろ
LD >> ああ〜一つ思いついた、チームメイト前で転倒させて、ライバル巻き込ませるのw>御堂筋
ルイ >> 海に落ちた富豪たちもキッチリ救ってあげたあたり、結構ウェットな作品なんだなぁと>ファランクス
LD >> 一応、セバスチャンって言ってあげたら?w>小野D
ルイ >> アリ・・・・・・・・・かな?御堂筋の線引きがまだわからないですからねぇ。とりあえず俺のせいじゃないでしょ?という「言い訳」が設置できないことはしない、という印象がある。
kichi >> 「ファランクス」良かったですね。単に覚悟ってだけでなく、女の子を助けることを最優先とすることで良い結果を得られたというのは、寓話的に綺麗なまとまり方で好印象でした。
ルイ >> ああ〜思いついたっていうか、御堂筋が力負けしそうになった時にザクにそれを指示して、ザクがロードレーサーとしての矜持でそれを突っぱねるんだ。これだ。
LD >> ウェット……ですね。でも、なんかロボ子の出番がなかったので使ってみました…って感じな気もします。>「ファランクス」
GiGi >> 上位独占なり、各賞なり、総合優勝以上の何かがないとこのキャラで統率は取れない気はしつつ、敵役にタクティクスの巧さを体現させるのってメチャハードル高そうで、ちょっと読みきれないですね
ルイ >> 寓話なら連中絶対サメに食われるよなぁw
LD >> さて、一番決めましょうか。
ルイ >> タクティクスって極論「それぞれがペースを守って機械的に動くこと」で・・まぁ全力で揶揄すると「シャカリキ!」で優勝したチームみたいになっちゃうんだけど、あそこまで極端ではなくとも、あれじゃドラマにならないですもんね。やはり御堂筋の介入なりで強引に個人勝負が持ち込まれることになるかな。
LD >> ジャンプは実は「サイレン」。上手い。良かった。
kichi >> そういえば助かってましたっけw ……私もロボ子の出番のため助けただけに一票ってことでw
LD >> サンデーは実は「マギ」。上手い。素晴らしい。
ルイ >> 今週の一番って何なのかしら。最後まで参加すると思わなかったんで・・・よし、徹夜しよう。血走った猟犬のような目であやひーに会うんだ←
ルイ >> ジャンプは・・・・・・・・・・・「ワンピース」か・・・・。
LD >> マガジンは実は「むろみ」。上手く…もないが、おもろいw
kichi >> ジャンプは……、やっぱり「ワンピ」かなぁ?この分だとこの先しばらくワンピ押しになっちゃいそうなんでバランスが難しいとこですがw
ルイ >> サンデーは・・・「お茶」「マギ」・・・マガジンは「スマッシュ」「ベビステ」・・・チャンピオンは「弱虫ペダル」「ギャンブルフィッシュ」の常連さん。
ルイ >> ううむそうだ「むろみさん」だ。
kichi >> サンデーは……いちおう「お茶」で。
GiGi >> ファランクス良かったですね。一番候補です。富豪たちも、助けたというより、生きようという意思(エゴ)が強かったから生き残った感があって良かったです。
LD >> カンピオーネは実は「ファランクス」。ウェットでもいいのさ。女の子が助かれば。
kichi >> マガジン……たしかに「むろみさん」も良いのですよねぇ……。でも「ベビステ」で。
ルイ >> ふむ。それは読みとしては正しいですねえ>エゴが強かったから助かった それを感じるコマがあるとなお良かったかな・・・?
ルイ >> 女の子が助からなきゃダメだ教めー。<ツッコミホイホイ
kichi >> チャンピオン……「ペダル」「ギャンブルフィッシュ」も良かったですが、今週は「ファランクス」かなぁ?
LD >> ふむ。「サイレン」、「お茶」、「むろみ」、「弱虫ペダル」、「ファランクス」のどれか…という気がします。
ルイ >> まあ。           「むろ(ry
GiGi >> ムロミさんかファランクスかなー
LD >> …「むろみ」か「ファランクス」かな?
ルイ >> うーん、いや、僕がウェットなことを嫌ってるということはないと思うのですが、作品テーマ的には「時間切れ」を描く必要があって、そこから敢えて敗者復活を描くなら、ギギさんが指摘したような別のテーマをほんの少しでもネームの端に乗せるべきだと思うんですね。これは好き嫌いというよりは、もうちょっと真面目に・・・そこだけが引っかかる。ギギさんはすんなりエゴまでたどり着いてるので、何か違うもの見てるかもだけど。
LD >> まあ、潮臭さで皆の心を掴んだw「むろみさん」に一票という感じでw
LD >> 別のテーマ>正しい…というか、そもそもこの話はなんか「ファランクス」の本題とかなり関係なさそうなんですよね。
ルイ >> このままなら死ねばいい、助けるなら生への執着を落ちた後でもひと駒でも・・・例えば落ちた全員で他人の体を浮き輪にしようとバカなバトルやってる所で、地平線からロボ娘が飛んでくる(落ちた連中アングル)とか・・・作品として、乗せるなら乗せる、乗せないなら乗せないって所だとは思うな。
LD >> まあ、そんなワケで、「むろみさん」にしましょうか。フェノメノン!!
LD >> まあ、正しい批評ですね。
ルイ >> ちぇ〜〜んじざわーる♪←フェノメノンと言われてトラボルタの映画しか思い出せなかったらしい
kichi >> 「むろみさん」かぁ……w まぁ、そんなこともありうるから世界は面白いw<大袈裟なw
LD >> では、そんな所で。お疲れ様でした。
ルイ >> マガジンは「スクラン」をいい伝統にして欲しいのですよ。ってむろみさんとスクランに線引く人もいないでしょうけどw
kichi >> おつかれさまでした〜。
かんで。 >> おはようございます。「むろみさん」は確かによかったです。新境地を生み出すかも。
ルイ >> 少ないP数のマンガでこそ「情報」で勝負する!っていうのは、マガジンが先に気付いているし築いてきている所だと思うのですよね。イカ娘をみなよ!前時代じゃないか!w
ルイ >> (そういえばゆる部活モノの方ガン無視ジャマイカ・・・
ルイ >> おはようございます。まぁそんな大したもんでもないでしょうが(笑)←おい
かんで。 >> いや、「大したもんじゃない」と感じさせるところがよいのですよ。
かんで。 >> この調子で潮臭く社会風刺してくれれば、きまぐれコンセプトとかより、よっぽどオシャレでクールな気がします。
ルイ >> しゃ、社会風刺・・・オサレクール・・・
ルイ >> まあ僕も何故かむろみさんに「ヨコハマ買い出し紀行」を見ちゃってる変人だしなぁw
GiGi >> もちろんただのギャグ漫画なんだけど、不死者が日常に飽きずに健康的に楽しく生き生きしてるのを見るのは心が洗われる
かんで。 >> ああ、それはありますね。三只眼みたいに一族全員が閉塞感に捕らわれるような者ばかりじゃない、というのはいいですよね。
かんで。 >> 実際、自分が不死になったら、やっぱり何百年もサンデーやマガジンで一喜一憂してそうではあるのですけどw
ルイ >> あれ、ギギさんの指摘で何故自分がヨコハマを見ていたかわかってしまった・・・?何この人、かっこいいじゃない・・・(ポッ
かんで。 >> 「ヨコハマ買い出し紀行」、スクランよりはわかる気がします。この世界の閉塞感から解放された力強さがあるんですよね。
GiGi >> 十分とは言わないけど、3人が浮かんで来た時に三菱がすごく嫌そうな顔してたのが、ま、ありかな。と思ったポイントですね>ファランクス
かんで。 >> あ、でも、スクランは世界に洗礼を受けるところで終わっているので、それ以後がもう少し語られると似てくるのかもしれませんね。なるほど。
ルイ >> たった30分程度のトークショーのタメに徹夜する自分が少し可愛く、おおいにバカに思えてきた。折角だから秋葉原探検でもしてみよう。
ルイ >> ・・って、この機会があるならセブンアンドワイで注文することなかったんや、節子・・・orz
ルイ >> まさかの抽選ポールポジション近辺orzちょっと自制心を失えば、二秒であやひにSTOかけられる状況だった…(STO?


■■■■2009年08月02日■■■■
井汲 >> (一番はむろみさんか…(笑)。ジャンプの「サイレン」は確かによかったですね。「あ、この締まり具合いいな」と、かなり満足するできでした)
井汲 >> (やっと仕事が少し余裕出てきて、NHK のガンダム特番の録画をちょこちょこ見てみました。やっぱり、自分がガンダムと富野が大っっっ嫌いであることが再確認できた(笑))
井汲 >> 「あねどきっ」のキャラは、楠田、曽我部本人じゃなくて「もどき」なんじゃないかな。学年が合わない。本人だとすると、「初恋」の数年前の話をしている、ということになりますよね。
ルイ >> そこは前提ですね>「初恋」の数年前の話 あわよくば楠田のナイスバディ遍歴のはじまりだとか、曽我部の精神主義の契機がここで刻まれると面白いねっていう。まぁ、パラレル臭いですね。そも、そういう作家世界志向のある人なら「初恋」と「いちご」はリンクさせるでしょう、どっちも特別なファンタジー要素もないんだし。
GiGi >> NHKの富野特番はすっかり忘れてたなあ…
GiGi >> そっか井汲さん富野嫌いなんだ…それは寂しいな…。というかそりゃ話合わないなあ(笑)
ルイ >> そういえばガンダムAの対談遅ればせながら。あれ、安彦先生の方のリアクションとか編集判断でカットしてないのかな?w
ルイ >> 以前話題にしたハンナさんの事ですが、やはり僕は基本的に、トミーは最近もそこら中でハンナハンナ言うてたよ、ってのがあるんですね。すぐにでも書物でゼロから得られるものと、思想と世相を連結させて眺めるように語る事は同一視してないと思う。・・・で、その印象は変わらないんですが、あの対談に関して言えば無意識にせよ安彦さんへの感情が働いて、固有名詞を控えるナガレを生み出してるかなとは思いましたw
ルイ >> 生彩陽を間近で目にした興奮にまかせて、ブログを立ち上げました。今日からブロガーと呼んでください。
ルイ >> ささめきの1巻読みました。一話で終わってる件www
ルイ >> http://rui-r.at.webry.info/ ふむ。とりあえず24時間前はブログの作り方も知らない、っていう以前にブログ作る気なかった人が本当に作っちゃいましたよ。公然とあやひ厨化していくので、「ヨッ!あやひ厨ブロガー!」と呼んでください宜しくお願いします。・・・改行はこまめにしない方がいいんでしょうね・・・フォントサイズ差などで見え方に差が出る部分だから。 でもあやひごろだと改行してるから…←ダメだこいつ
GiGi >> おお、さっそくRSS登録したのでガンガン更新したってくださいw
kichi >> ブログ立ち上げおめでとうございます(でいいのかな?) 早速読ませていただきましたが、あやひ厨と普段のスタイルの間での揺れみたいなのを感じてちょっと萌えましたw<コラ
kichi >> さて、百合者としてちょっと「ささめきこと」の記事に関して反応させてもらいますと、“ストパニコアが百合コアの一つ〜”という話題に関してですが、そうですね。そこは百合全般が持つベタな視点、良さだと思います。
kichi >> ただ、ちょっと興味深いのが、普通この視点って社会通念の壁というか、「告白なんてしたら友達じゃいられないどころか、“普通じゃない人”として気味悪がられる」という前提があってのものなのが一般的なんですが、ストパニの静馬さまもささめきの風間もその部分はクリアしてるんですよね。どっちも女の子との交際自体の受け入れは公言してる。
kichi >> そうなると実は、“(異性の)幼馴染みへの恋心”っていうタイプの作品と本質的な違いがあるのかどうか、結構判断しかねるものがあったんですよね。感覚的には「ある」と思ってたけど、いまいち自信はなかった感じでした。でもルイさんがこの2つであると感じたわけですから、やっぱりあるんでしょうね。あると思いたかった私としては収穫ですw
kichi >> ちなみに以前ストパニの話を振られた時あまりピンとこなかったのは、単純に百合作品ならよくみるものだったからというだけでなく、六条会長が容姿的にマリみての蓉子さまに似てて、私は蓉子さまの聖さまへの想いはあくまでも友情だという立場なもんで(百合者にあるまじき発言かもですがw)、ちょっと変な補正入っちゃってた感じな気がしています。
kichi >> ちと脱線ですが、私がマリみて好きな理由って百合好きの延長では全然なくて、「やさしい世界」の描き方そのものって言うかですね、この例で言うと、運命的出会いと別れで傷ついた聖さまを、その運命的なものと比較したら全然特別なものじゃないけど、でも真剣な思い遣りで関わってくる蓉子さまの友情や、その周りの人達ひっくるめてのリリアンのやさしい空気が癒してしまえる、という辺りなんですよね。ドラマの強度としては圧倒的に前者が強いわけですけど、でもそんなドラマすら包み込んで癒してしまうやさしさを世界っていうのは持っている、というか。
kichi >> ちょっと前にリリアンは隣に大学があるのがいいと主張したのもこの気持ちの延長でして、卒業という一点を境にガラリと変わってしまうある種の厳しさというのは現実であるし美しくもあるけれど、でも、その時までにまだ整理のつかない人に対しては比較的小さめの変化で済む場が用意されていたりもする、世界はそのくらいの柔軟な優しさは持ってたりしますよ、という感じが心地よいんですよね。
kichi >> あと、スクイズ3,4話観ました。まぁ、予備知識のせいもあると思いますけどかなり分かりやすく理を通してるのは感じますね。すでに好感は持てない主人公の性格も物語をまわすのに非常に都合が良さそうですw
kichi >> これも予備知識ありきだからこそ感じることなんでしょうが、まだ特別な動きは見せてないのにやたらとカメラを向けられる刹那は、序盤から重要人物としてアピールはされてるってことなんでしょうねぇ。……いや、ひょっとしてこの辺りの感情すら後からなら読み甲斐があったりするのかな? ふ、普通に1周目ではたぶん読めないはずと思うんですがw
カルマ >> おぉ、開設おめでとうございます。デザインがスッキリしてて良いですね(そこ?)
カルマ >> 丹下桜さん、ブランク大丈夫かしら。http://www.gpara.com/pickupnews/news/090801_loveplus/
カルマ >> KONAMIはどうやってこのキャストを実現したのかが気になる…というか、単に周囲がビビって仕事をオファーしなかっただけなのかしら>丹下桜さん
ルイ >> >gigiさん 性癖を明らかにしたら案外スイスイ書けたけど、それはそれ、これはこれw
ルイ >> >kichiさん 社会通念の壁・・・なんですかね。ここは結構難しそうで。というのも仰るとおり、風間も静馬さまも女性を受け容れる事じたいは公言してますよね。
ルイ >> 2人とも共通しているのが、女性に対する思慕と女性に対する友情を、かなり綺麗に使い分けている点。身近に接しているとそのあたりはハッキリわかっているのでしょうけれど、そうなると気になってくるのはやはり「友達」と「恋人」の壁なのでしょう。つまり友人判定で高ランクになる事は確定しているが、恋人判定で低ランクに置かれてしまった時、前者が生き残る自信がないというかな。
ルイ >> だから、その部分のみに関して言えば「ない」・・・異性の恋心と共通する部分なのだと思います。但し女性同士に社会通念の壁があるのは確かですから、ここで気持ちの逃がし方、説明の付け方として「異性の壁」を半ば強引に置く・・・・そういう順序かな。
ルイ >> 実は、動いてみれば壁の位置は「そこ」(女性同士だから〜)じゃなかったのに、動けない理由を「そこ」に置く。そういうロジックがあると思っています・・・が・・・二巻以降を読んでから言えっていうw
ルイ >> >マリみて こっちは僕が歩み寄りで、最近仰ってた意味が不思議とムリなく入ってきました。
ルイ >> アニメの三期を観た時、流れていた空気が「そう」だったからかな?さしてデキのよい回でもなかったけれど、空気の違いは感じたなぁ。
ルイ >> マリみて内の初年度配置が、ちょっとその「厳しさ」を感じさせる配置だったんでしょうね。留学してしまう歌のうまい先輩であったり。
ルイ >> >スクイズ 誠の性癖のスイッチがあると仮定してみると、面白いかも。元々は間違いなく「電車で観ているだけで幸せ」だったので・・・誠がサルっぷりを増すほどに忘れてしまいがちな部分じゃないですか。
ルイ >> >ラブプラス DSの解像度で何故思いついたしって企画とは思ってますけど、興味深いですよね。丹下さんについてはファミ通かゲーマガで、個人的な縁故がらみって仰ってた気がします。
ルイ >> ささめき2巻読みますた。面白いです。アニメ化ちょー楽しみ。
ルイ >> そうだ、大切なツッコミをば
ルイ >> >丹下桜さんブランク 元々声質一転突破ですから!
LD >> |´・ω・`)ノ <ヨッ!あやひ厨ブロガー!
LD >> 「サマーウォーズ」の評判がなかなかいいみたいですねえ〜。
LD >> 「スクイズ」3,4話 刹那は多分、キャラに違和感が出てくるはずなんです。…人によってはキャラが“ペラい”(ご都合的)と片付けてもおかしくはないですね。そこをルイさんと“直感”に任せて突破したようなイメージがあります。
LD >> 丹下さん、ナツカシス…といいつつ、今「CCさくら」の編集やっています。キッズステションで放送しているんですよねえ〜w
LD >> 世界が分からないと刹那が分からない→刹那が分からないと世界が分からない→というようなループがあって、ここにどうやって入るか?みたいな所がある。(´・ω・`)
GiGi >> 今日のガンダムは時間よとまれでしたー
GiGi >> フラウの心の動きが面白いっ
GiGi >> 漫研の表紙が夏っぽくなっている
井汲 >> 俺、今の仕事が終わったらサマーウォーズ観に行くんだ…(ムダなフラグ立て)。


■■■■2009年08月03日■■■■
GiGi >> しかし完全にガンダムブログと化しているんだぜ。まあいいんですけど。ガンダム記事を書くのはまったく心に負担がかからないので他の記事も暇を見て書いていかねば。
カルマ >> 夏のあらしのOPが良いとあったので探してましたが、これはすごいhttp://www.nicovideo.jp/watch/sm7289689
カルマ >> ジャケット風じゃなくて、ほぼ実在のジャケットだったという…
kichi >> >「異性の壁」を半ば強引に置く   なるほど……。と言いつつも実際純夏や六条会長がそういうロジックで気持ちを逃がしてるかと考えると……、いまいちしっくりこなかったりはします。特に純夏の方はもっとシンプルそうですね。
kichi >> ……って、4巻の内容がこの辺具体的に描いたものだった気がするんですが、4巻が行方不明でどうしても見つからなくて確認できない……orz間違いなく部屋のどっかにはあるはずなんですが  まぁ、もうちょい一般化した話として書く意味はあると思うんで書かせてもらうとやたら強調される「カワイイ」の壁が単純に高いというかですね。
カルマ >> 声質一転突破<僕はさくら以外知らないのでにゃんとも…皆口さんがそうなのはわかるのですが(笑) そうなると「ファンが期待している丹下桜」とのギャップが大変そうですねぇ。
kichi >> 百合ってBLほど受け攻めハッキリしてないのが普通で、対等に愛し合う姿が美しいみたいな感じの描かれ方が多いこともあってこの概念持ち出すこと自体にやや抵抗があったりもするんですがw、風間が「カワイイ」女の子を求めているというのは“自分は男役となってより可愛い女の子を愛したい”という風に解釈もできると思うんですよね。少なくとも純夏はそういう解釈の仕方をしていて、それを自分に当て嵌めるのは無理がある、と思っているんだと思うんです。どう考えても自分と風間がカップル化したイメージって自分が“男役
kichi >> おっと……orz  自分が“男役”だろう、というイメージだからですね。まぁ、容姿的な部分だけを見た狭い視点ではあるんですが、純夏には充分過ぎる説得力を持った理屈なんだろうと思うんです。
kichi >> でもまぁ、実際その恋愛対象にしたい人物よりも女の子らしくなければならないっていうのはかなり大きな壁だとも思うんですよねぇ。他の競争相手以前に、その同性の対象相手が基準になりうるっていうのが、なかなか……w
kichi >> ……まぁ、こういう立ち位置みたいな問題で、女の子受け容れを公言してる相手であっても百合の場合大きい壁が発生してる場合があるかなぁ?とか。……なんかもうちょい触れようとしたことある気がするんですけど……まぁいっかw
kichi >> ちなみに「ささめきこと」1巻だとやはり“お面ちゅー”が巧いなぁ……と感服しましたねぇ。「恋人」と「友達」という壁をお面で隔てられたプラスチックの感触として表現してて……、その見た目の可笑しさがまた切なさを誘って素晴らしいシチュエーションと言う他ありませんでした。
kichi >> >マリみて   あ〜、まぁ、そうですね。というか、あくまでも厳しい現実は当然あるものとした上で、そのカウンター的にやさしい世界があるのが心地よいわけなんで、その順序も正しいのだと思います。……まぁ、個人的には聖さまがリリアン大学を選んだ理由を話した辺りから見出した良さではあったんですがw
kichi >> >スクイズ   スイッチ……。う〜ん、なるほど……。そして、LDさんの刹那読みの話は3,4話時点でも読めるっていうことでしょうか? ……確かに世界の解釈はある程度テンプレを元にしたものというか、描写そのものを見ただけだとややブレも感じるようなとこはあったんですけどね。1話目のキスの時点で結構唐突な印象はあったので……。
ルイ >> 世界からってのは超ムズですね。刹那からがまあ順路かと
ルイ >> 4話だとまだかな?刹那が携帯切るシーンがあって、あそこは肝かと。
ルイ >> 違和はとにかく違和として意識に溜めるとヨイです。○○だから、みたいなテンプレ解釈は避ける。
LD >> 刹那> 読めるけど、3、4話だとまだ情報は不足しているかも。刹那は、簡単に片付けようとすると多分、ペラいキャラで終わってしまうんですよ。…でも「読み」や「違和感」を留めて行くとその後出てくる情報でだんだんと繋がって行くんですよね。そこに“気付ける”というか。
LD >> 世界はペラいキャラと思うと入りやすいかも?…刹那はペラいと思われたキャラがそうではない所が「面白い」のですが、世界は本気でペラいキャラだったのが超ムズだった…という言い方も可能かも。
LD >> 最後に言葉様の「読み」が残ったのも「愉しい」……って、あんまり僕や、ルイさんが通った経路を打たない方がいいのかも(汗)違和感を簡単に片付けてくれなければそれで良い気もします。
kichi >> なるほどです。“理を通そうとする読み方”という意識のせいでかえって一話のキスを「はい、情報は出しましたよ」と解釈していいのかな?って考えてた部分もあったのですが、ちゃんと違和を残した方が良いのですね。気に留めておきます。
ルイ >> いつの間にか、日本のアスリートって凄く成長してるんですね・・・競泳の男子選手たち、あやひ厨の僕をも唸らせる見事な人間性揃いでした。
ルイ >> 50m銀のインタビューは、これまで水泳のレース後インタビューの中で最も素晴らしかったのじゃないだろうか。
ルイ >> http://www.nicovideo.jp/watch/sm2053662 最近PS起動してないから、久々にやってみようかな。
GiGi >> ククルスドアンの島は改めて見返すと本当にひどいなあ。スカスカ。
井汲 >> トーン子、あざとく狙ってきてるなあ…(笑)。
井汲 >> あ、ルイさん、blog 開設おめでとうございます。文章量が多すぎてちょっと着いて行けてないですが(笑)、今後のご活躍に期待大。
井汲 >> > NHK の特番見逃し あれは「ガンダム」特番であって、「富野」特番ではなかったので、富野ファン的にはそんなに損失はなかったと思います、GiGi さん。「過去の」富野の NHK 出演映像集と、あと「アニメ新世紀宣言」の記録映像がちょっと価値あったかな?
井汲 >> 個人的には、あの特番の一番の注目ポイントは「後輩が出演していた」ことでした(笑)。そうか、彼そんなにガンダム好きだったのか………と思ってメール出してみたら、やっぱり当時は少し離れていた時期だったとか。さもありなん。
エルバ >> あなたがBlu-ray化して欲しいアニメ作品は? http://av.watch.impress.co.jp/docs/special/yajiuma/20090803_306749.html
ルイ >> オラ投票してくるぞ。
LD >> 「とるてあ」率たかっ!w
LD >> ところで、皆様は「るくるく」という作品は最後までご覧になられておりますでしょうか?
LD >> 何かかなり分り難い終わり方だったんですが………(思考中)
LD >> とりあえず「ハルヒ」的な「ぼくは神様」系の話かな?とか考えつつ…。


■■■■2009年08月04日■■■■
GiGi >> るくるく終わったのかー
GiGi >> どこぞのメーカーが1テラバイトの光ディスクを開発したという話。
LD >> http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20090803-OYT1T00551.htm ←ここらへんかな?ホログラム、2012年に実用化かあ…。
LD >> 個人的にはSSDの様子を見ようかな〜と。ちゅか、東芝RDに実装されるものには基本的について行く予定(´・ω・`)
ルイ >> 1テラあれば俺の全エロ画像が一枚に(ry
井汲 >> エルバさんありがとう。投票してきましたー。
ルイ >> http://www.nicovideo.jp/watch/sm7800614 ふむ。 8分から瞬間最大風速。
ルイ >> だんだん声優応援ブログじゃなくなってきた気がする。
LD >> …ふむ。「うみねこのなく頃に」。とりあえず楽しめそうだな…。
ルイ >> 実はひぐらしもうみねこもコミックで読んでいたりするのですが、うみねこはなっきゅんが最高ですなっきゅん。
ルイ >> (;;;誰だよ)
LD >> 。o(……あ。イサラが……)
LD >> 「うみねこ」はマリアだろうJK…。つか、堀江さんすごいな。ヒロインしか回ってこなかったのが、ここに来て彼女本来のポテンシャルが開花しつつある。
LD >> (((´・ω・`)))ガクガク。o(…「かなめも」はガチ過ぎて正直怖いです…)
LD >> 。o(お……何故か劇場版NARUTOが録れている……)
ルイ >> あいぽんのいいところー。ブラウザがひらきっぱなしなところー。
ルイ >> 沢山開くと負荷がかかるでしょうが、3〜4ページ開きっぱなしで他作業おいしいです。(うまいの?


■■■■2009年08月05日■■■■
ルイ >> >マリアだろうJK 人はわかりあうことはできないようだよ、ララァ。
ルイ >> ようやくささめきことの4巻を読める…orz


■■■■2009年08月06日■■■■
ルイ >> http://www.nicovideo.jp/watch/sm6872995 確かダカーポ2ってこんな話。
ルイ >> http://www.nicovideo.jp/watch/sm7007563 色んな意味で間違ってる方向に宣伝されてしまった宣伝動画。
GiGi >> むろみさんがあやひー…その発想はなかったw
GiGi >> ところでブログにコメントしようとしたら会員じゃないとやだよーとか言われたんですが、あえてその設定なんでしょうか
井汲 >> サマーウォーズ見てきました。事前の予想通り「筋のいい」作品でした。
井汲 >> 1ヶ所、びっくりする仕掛けが入っていて、そこは素直に感心。ネタバレを丁寧に回避していた価値はありました。
井汲 >> 全体としてよかった、ということを踏まえて敢えて更に言うと、まずもっと面白くできそうなのにちょっとまとめ損なった所があるように思えて、惜しいです。具体的には、クライマックス付近でのヒロインと主人公の動機と行動ががっちり噛み合っているわけではなく、割と「めいめいに」行動しているように見えてしまう所。
ルイ >> >設定 それは知らなかったですw
井汲 >> そのせいもあって、CM なんかでも見られるヒロインが一族郎党の代表を張っているのも、「ヒロインだから」以上の理由があんまり見当たらない感じがしてもったいない。
井汲 >> それから、敵は「土俵・ルールそのもの」を書き換えて電脳世界を侵食してきたので、それを電脳世界的にぶっ飛ばしてもやや爽快感が欠けるきらいがありました。「大金」が掛かった大一番で勝ったからと言って、相手がそれを律儀に吐き出してくれるのは、その電脳世界のルールに相手がちゃんと「乗って」くれたからであって。
ルイ >> サマーウォーズウラヤマシス。
井汲 >> まあ「わかりやすさ」を優先しなければならない場面でもあるので、致し方ない、という面もあると思いますが、以上2点が気になった所でした。おしまい。
ルイ >> そういう話なのか。ぼくらのウォーゲームなのか。
井汲 >> ルイさんも見に行けばいいと思うよ!ヨ!YO!


ルイ >> やあ、てっきり七日間戦争的なものだと思ってたら、電脳世界なんですねえw
井汲 >> それはまあ、予告動画とか見れば大体わかると思います(笑)。と言うか、私は「ぼくらのウォーゲーム」の方を見たことないや。
ルイ >> フムム。週末観に行こうかな。予約せなせな。真ん中ちょい後ろの席とらな。(エヴァ破の時はちょっと首が疲れた・・・)
井汲 >> 私の場合は、物心つくかつかないかの頃、一時上田(舞台になった土地)に住んでいたこともあって、見に行くのはもう義務みたいなもんですね(笑)。
井汲 >> 上映30分くらい前に言ったら、もう「1番前の列の右から3番目」とか「2列目のいちばん左」とかの席しか残ってなくて、視聴環境が最悪だったのが心残りです(笑)。
ルイ >> うほ、地獄ポジションw
ルイ >> 最前列の左右とか、もう見上げつつヒネリも加える必要があるという・・・w
LD >> (´・ω・`)。o(よもや、「むろみさん」が二週連続一番になる日がこようとは…)
LD >> 「サマーウォーズ」は観に行きたいなあ…。
井汲 >> (今週もむろみさんなの!?(笑)不定期連載の宇宙探検物でくすぶっていた前作が嘘のようだ…)
LD >> 「ちきゅう探検隊」、僕好きでしたw
井汲 >> http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20090806_vardia/ こういうのは LD さんにとって朗報なのだろうか(「そんなに録っても見る時間がない」ということになりそう…)。
井汲 >>http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20090806_cr_nadesico/ 「元祖」なのだろうか…)
LD >> ん〜…1年前だともっと嬉しかったですね。今は、HDDではなくSSDに期待している私なので、その流れ…としては朗報ですね。
ルイ >> 文化の縮図ですね>「元祖」
LD >> http://natalie.mu/comic/news/show/id/19423 雷句先生は微妙に突っ走っている人だなあ…(汗)
LD >> 萌えアニメの元祖を決めるのはすっげく難しいと思う……SF萌えアニメかあ…そんなに差はないかな?(汗)
GiGi >> 鉄腕アトムということにしておけば全て丸く収まる
ルイ >> ある程度の層に萌えという言語とセットで愛されたSFアニメ、という意味では・・・・・・・・まあ、近辺なのかもネ。
ルイ >> とりあえずこれをキッカケにDVDでもレンタルして、当時のジーベが出すグロスの質の低さを再認識すればいいよ!←
LD >> “萌えの要素がある”と、“萌えアニメ”はまた違うもの……という言い方もできますw
LD >> サトタツが超傑作「とべ!イサミ」を作ったあとの作品で…。なんて言えばいいんでしょう?「アニメに人生教えられた」を持ち込んだ元祖と言った方がいいかも?>「ナデシコ」
ルイ >> アニメをアニメとして消化した…ってとこですかね。そういうと当然ガイナックスが思い浮かぶのだけれど、取り込み方に違いをみることはできるかも。


■■■■2009年08月07日■■■■
ルイ >> は、設定はまったくいじったつみつ
ルイ >> …?あいぽんゆえの謎のミス。自分でもよくわからないw
カルマ >> 萌えは単なる感情を定義した言葉でしかないので、言葉が生まれる以前からそういう感情はあったのでしょう。あるいは萌えアニメとは、作り手が大きなお友達を狙ってキャラ造形した作品…?うーん。
カルマ >> あぁ、僕もむろみさんの声を考え始めてたり…あの年季が出せる声優さんって誰やろ。博多弁も考慮に入れたいところ。 つか、もうその時点で「勝ち」やなぁこの連載(笑)>ルイさんのブログより
LD >> (´-ω-`)ぬ〜ん… → (`+ω+´)見えた!
LD >> m9(`・ω・´) 生天目さん一択で。
ルイ >> ムダヅモなき改革アニメ化…なんてこったい
エルバ >> パトレイバーや攻殻、CCさくらなど劇場アニメDVDが1,995円均一に http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20090806_307473.html
エルバ >> 先日もスクライドなどのDVD-BOXを低価格で発売すると発表しましたが、バンダイが色々と模索していますね。
ルイ >> 風人物語のBOXが出たら結構ほしいっていうかああいうのこそBD。
GiGi >> メイン商材がBDに移行しつつあるので値頃感を出して売り抜けようという腹でしょうねえ
?さん >> 皆さんは参加なされないのですか? http://d.hatena.ne.jp/kaien/20090807/p1
GiGi >> ランバ・ラル特攻!面白かった!神回とはまさにこういうのを言うんだな。
GiGi >> 海燕さんの企画は積極的にどうこうとは思いませんが、気が向くこともあるかもしれません。
LD >> 。o(…gooブログはカテゴリ分けがあまり柔軟ではないんだよねえ…)
LD >> 今週の一番は本日深夜25時予定という事でお願いします。
ルイ >> 元々、カテゴリ分けが嫌いだからブログ読まない書かないというのもあって。
ルイ >> 定期的に、自分のまとめを作らないとダメだと思う。ブログにトップページ作るイメージで。…おっと関係ない話しだ。
LD >> のりP事件よりも大原麗子がお亡くなりになった事の方がショックなLDであった…。
GiGi >> ちょっとボカロ曲の体系的なレビューを書こうかとか思っていて、どういうやり方が一番スマートか思案中。
GiGi >> 時系列で200曲くらいチョイスして、1曲200文字くらいで文脈を説明していこうかな、などと。1曲1エントリだと冗長かな…
ルイ >> 1曲1エントリでいいと思うんですよ。大切なのは、それを網羅的に辿る事ができる、目次のような記事を立てて、カテゴリを特別に分けてそこから入れるようにする事だと思います。僕はね。  まぁ、僕ホムペが好きだからそう思うだけでしょうけど。
ルイ >> あ。ようつべこじつけ企画忘れてた。再編集してこなきゃ。
GiGi >> ぶっちゃけどういう形式なら読む気がするかなあということなんだけど。
GiGi >> 目次大事だよねえ。というか、最近出たボカロ系のムックが、索引がなくてげっそりしたのが主な動機だったりする(笑)
GiGi >> んーとりあえず時系列で1ヶ月ごとにまとめて見れるような形式が妥当かな。ジャンルによるカテゴリ分けは出来たらやる方向で。
GiGi >> 目標ミクの誕生日。1日10曲レビューかけば間に合う!(ェ
エルバ >> 資料的な本で索引ないとげっそりするよねぇ
エルバ >> ミク・・・・3月9日か!?(違
ルイ >> おお。目から鱗だ。
ルイ >> 目標あやひーの誕生日であやひーの全仕事レビューを書けばいいのか←
ルイ >> http://218.219.144.2/~img/2/jlab-tv/s/tv1249580878417.gif これなんてアニメ?


■■■■2009年08月08日■■■■
LD >> |ω・`)
LD >> 眠いよ〜。
LD >> さっきまで、イーストウッドの「硫黄島決戦」を観ていました。ようやく。
LD >> 。o(……のりPはどういなったかな……)
LD >> かなり淡々とした映画でした。テーマが多分「英雄はいない」という感じの話で正にそういう作りになっていますね。
LD >> 「戦う司書」……。
LD >> 「カナーン」を観ているのですが、まだ、内容がよく分かりません。
kichi >>        ……こんばんわ〜(´・ω|今週もなんだか忙しくて4誌とも全部は読めてなかったりするkichiです……
LD >> 「ニードレス」は分かりやすいです。
カルマ >> こんばんは〜
LD >> |<(`・ω・´) こんばんは〜。
LD >> ところでkichiさんって「るくるく」読んでないですか?
kichi >> 「うみねこ」は面白くなってきましたね。……魔女の扱いが逆転裁判2くらいの感じだったら凄いんですけど、うまくやっても3くらいの感じにはなっちゃいそう……かなぁ?
kichi >> ああ、読んでたんですけど、何巻かで積んじゃうようになってまして……(´・ω・`)購入記録みたら8巻までは買ってるらしいですが、読んだのは5巻くらいまでな気が……
kichi >> <るくるく
LD >> キュアパッションが誕生する所まで観ましたが、一旦死なすてから転生する形で禊ぎしていますね。…というかメビウスってかなり特定の世界から覇権を延ばしてきている人なのかな?
LD >> む、「逆転裁判2」ってそんなに面白いんですか?w……いや、不可能犯罪ムチャ振りみたいな話なんでしょうか?w
LD >> いえ、なんか10巻で最終巻で、かなり突然終わるんですよね。(よくよく読み直すと突然ではない事が分かる)…で、えらく謎かけされて終わっちゃってて…。>「るくるく」
kichi >> ああ、逆転裁判2の2話だったかで、「霊」を扱った話なんですけど、事件のトリックには霊一切関係なしだったのが好印象だったんですよねw 逆転裁判3の最後の話は、いちおうトリックの「肝」は別のとこなんですけど、霊がトリックに絡んじゃってたのが残念ではあったので……w
LD >> …で気になってネット回ってみたら、かなり賛否がある。…いや完全な賛はないかな?w謎の概要的な所までは誰でも到達すると思うんですけどディティールまで合わせて行くのはかなり難しそう…。
kichi >> んん〜、メビウスがどうっていうのは分かりませんが、彼の治めるラビリンスは徹底した管理社会のようで……、寿命まで管理ってのは子供向け番組でやるには重過ぎない?と思っちゃったりはしましたね……(´・ω・`)
エルバ >> ルくるく、ぐるぐる、まにまに、にはには・・・・
LD >> 「うみねこ」の展開は、僕やルイさんが「認識戦」と呼んでいるものをそのまま劇中に出したようなイメージですね。「認識戦」は正に「スクイズ」の話をしている時に出てきた言葉です。
エルバ >> にはには、じゃなくて、はにはに、だった
kichi >> ふむ……。まぁ、元々シニカルなギャグがメイン……いや、メインは押しかけコメディなのかな?w あまり設定きっちりした物語って感じではない気がしましたね。シニカルさのための天使悪魔設定っていう印象で……。>るくるく
LD >> そう。彼が治めている世界ってあの管理社会だけ……あるいは支配下においた世界は全てああなるのですかね?…いや、なんか時空を超える得体の知れない魔王のイメージと、あの世界の支配者のイメージが上手くリンクしないんですよね。
kichi >> ああ、なるほどw>認識戦   私が気にしたのはあくまでもミステリとしての巧さの話ですね〜。
kichi >> あ〜、どうなんですかね……? なんらかのシステムがあって、支配下におけば管理できるようになる……のかなぁ? そもそもFUKOゲージって何のためのものなんだろう……?(´・ω・`)そういえば深く考えてなかったなぁ
LD >> あまり設定きっちりした物語って感じではない> ああ、いや。オチは多分、設定メチャメチャしっかりしていました……って事なんだと思うんですよね。途中変更や思いつきの部分がある中であの謎かけをするのは、ちょっと悪質かもw>「るくるく」
LD >> 多分、ベアトリーチェは辻褄を合わされてしまうと退く事になるんですよねwまた全員を信じさせないと魔術は完成しない……ある意味不利だなあw
kichi >> ふむ……。興味深いですね。なるべく時間みつけて読んでみよう……。……時間欲しい……orz
LD >> まあ、そんなワケで「るくるく」全巻ひっぱり出してきて、今、ああだこうだ考えている所ですね。(´・ω・`)
kichi >> なんにしても楽しみですねw>うみねこ  ……ちなみに私は間をとってローザさん推しということで……w(?)
kichi >> あとスクイズ5,6話も観たんですが……、結構LDさんの言葉がヒントとしては大きすぎたか、随分見通し良くなってしまったような気分ではいますw いや、単純に読めてないだけという可能性もありますし、まだこれからなんだろうとも思うんですが……。
LD >> とりあえず10巻だけ読むのも手かと思いますね。途中を読んでも、ああいうオチになる事を想像した人は多分いないでしょう。…オチを観たら読み返したくなるとは思いますがw>「るくるく」
LD >> ローザは間なんだw
LD >> kichiさんの話を聞いていると、多分、世界の動作には違和感を持ったんじゃないかと思うんですよね。…で、少なくとも僕も違和感を持ちましたよ、って話ですね。>「スクイズ」
kichi >> 10巻からですか。……基本的には順番に読みたい人なんですがw、今の状況だとなかなか読めなそうですしそれもアリかもですね。検討してみます。
LD >> さて、そろそろ一番にはいりはいりふれ、片桐ハイリ(`・ω・´)
kichi >> そうですね。>世界違和感   ただ、ある程度テンプレ読みというか想像をつけてはいたところ、「実はペラかった」という言葉が裏づけとしてかなり有効に働いちゃうところはあってですねw
LD >> 「こち亀」のドラマは観ていないのですが、もこみちくんの中川はかなりハマっていると思いました。
カルマ >> civをウィンドウ表示にして遊んでいたりしました。なかなかの好立地で嬉しいです(笑)
ルイ >> それはLDさんが悪いね。(`・ω・´) >世界はペラい
LD >> 有効に働いちゃう> ん〜では、ヒントはここまでの方がいいですかね。後は連鎖させて「読む」だけなんですが…w>「スクイズ」
LD >> ん〜でも、そこが分岐だと思うんですよね。世界の違和感を簡単に片付けるのは簡単(?)で、そうすると「スクイズ」に対する視界が切り替わらないと思うし…。>それはLDさんが悪い
kichi >> ……ちなみにルイさんの誠に関しての話は、個人的にはあまりしっくりこないというのが正直なところではありまして……って一番ですね!w
ルイ >> いやそうじゃなくて、そこは最終回で実感させた方がいい言葉だったかもね、という。>世界はペラかった まぁしかし、所詮kichiさんもアタリつけてるだけでしょうから、作品の作りの的確さにビビるといいさ。
LD >> ああ、お昼にテレビ東京で「劇場版NARUTO」が3本連続で放送されていたので録りました。…ちょっと通して観てみようと思います。
ルイ >> 誠の段階を踏む作業は愉しいですよ。でも、現時点じゃムリですね。誠氏ねって思ってればいいと思います。
LD >> 個人的にはあまりしっくりこない> よしwそこは、とりあえず、しっくりこないままキープですw
LD >> 実際、誠氏ねですしね(´・ω・`)
ルイ >> 折角ブログを持ったからスクイズ再評価も書いておきたいのだけれど、どう考えても「リメイクするなら言葉様はあやひー」とかムリ目な話題繋ぎしかできないのが難点(そこかよ
ルイ >> 誠カワイソスというか・・・桜の魔力に囚われたというか・・・w>氏ね
LD >> 「ワンピース」はとにかく白ヒゲが笑える程カッコいいw…七武海や、三将が雑魚に思えてしまえる所が笑ってしまうw
kichi >> 誠氏ねというか……誠は一貫した行動パターンを持ってるような印象ではいてですね。まぁ、私が規定したパターンその2を「スイッチ」と呼んでいるのかな?といった感じの理解の仕方もできるのですが……、まぁ、まだこれからなのかもです。
カルマ >> ちょ、アレクサンドロスからいきなり宣戦布告された…
ルイ >> 今週の「ワンピース」も凄いですね。回想の入れ方が上手い事上手い事。しかも一話で処理しちゃったよ。見習う点オオス。
kichi >> 白ヒゲかっこいいですねぇ!w いや、私は七武海や三将を雑魚とは思わなかったですけどw
LD >> ふむ。「スクイズ」はチャットのログである程度語っているとは思っているのですが、順序立てて説明する親切さは乏しいですかね。(語っていない部分もあるし…)
ルイ >> 白ヒゲの能力は将の能力で、白兵戦では結構取られそうな気もするのが厄いですねえ。
GiGi >> どむどむ
ルイ >> ガイア乙。
カルマ >> 今週のワンピは凄かった…ハンコックがどのタイミングで寝返るかな?七武海は海軍に分が無くなれば椅子なんてすぐ捨てるし…とか期待していますね。
GiGi >> ワンピースは面白かったですねえ!
LD >> 雑魚というのは言い過ぎなんですけどw……でも、やっぱり全部敵に回してもまるで動じてない所が本当に笑ってしまうw>白ヒゲ
GiGi >> 世界を滅ぼす力ってフレーズに説得力があるってすごいよなあ
kichi >> この回想の速度は見事ですよね。長過ぎと思う回想が多かったですけど、こういう風にも描けるんだよなぁ……。あと、あんま強そうに見えないマルコが妙に好きですw どうやってこの立ち位置にいる人物なのか、興味深いなぁ。
LD >> いや〜、多分、全盛期は個人戦闘のミホークと互角かそれ以上とみましたけどw…今は病床の身でミホークに分がある。
ルイ >> ああ、言いたいのは「世界を滅ぼす力」が個人の絶対的な安全・無敵と直結してないあたりが上手いなってとこです。
GiGi >> civ4のcomは防備手薄だと友好でも攻めてくる愉快な奴らですね
LD >> ああ、それ言い忘れていました。>回想話 短くってよかったですねえ……以前ならここで2〜3週くらいエース&白ヒゲ出会い編をやる流れとも思えるんですが…w
kichi >> グラララという奇妙な笑い声が何気に能力の伏線だったというのもいいなぁw>世界を滅ぼす力
ルイ >> やっぱり、さすがにそれは今の話の勢い的にやるわけにはいかんと尾田先生本腰入れたんでしょうw>回想
LD >> 「リボーン」が何か設定組んで来ましたね。
ルイ >> 「リボーン」なんとわかりやすい図解。
カルマ >> なんというか、女人島編からギアを変えてきてる印象がありますね>ワンピ
GiGi >> 回想でもやっぱりティーチの野望が見えないのが興味深いですね
カルマ >> 創造志向の国境線圧迫が激怒の原因です>civ
ルイ >> つか、入江くんすぐ10年弾使いすぎでしょwどんだけゆとってるのw
LD >> そして「鍵人」はGOOD。グッドだ!トーン子!そしてネコミミ子もナイシュ!(`・ω・´)
ルイ >> 「鍵人」はいいですね。ロストテクノロジーでコスプレとか、少し前にレギオスでも見たけど。
ルイ >> なんかねえ、前作では感じなかったのに、田中ユタカ的なエロスを感じる時があるんだなぁw>チルダ
kichi >> 「鍵人」のトーン子は素晴らしかったですねw ちょっとこれは想定外の素晴らしさw
kichi >> 田中ユタカ的……(考)
GiGi >> 真犯人キタコレといった感じでしたね(笑)>リボーン
ルイ >> 特にミュージシャンになれたかどうかで10年ボムってのは本気で「ぅおいっ!!」ってツッコんでしまった。>入江
エルバ >> 三皇がみんな白ヒゲ並だったら恐ろしいなぁ
LD >> 田中ユタカなんだ……。
GiGi >> 田中ユタカ的かどうかはともかく戦闘服は素晴らしい
ルイ >> 「スケットダンス」はエラクつまんなかったですね。こういう押し切りタイプだと、銀魂などには敵わないというかなぁ。ここはスケットのフィールドじゃないと思う。
LD >> 「サイレン」の碓氷のオチの付け方はそこそこ良かった。…なんか、ちょっといろいろ一捻りしてくる連載になっていますね。
LD >> 「バクマン」はえらく変な展開に突入しているのですが…?(´・ω・`)
ルイ >> 「サイレン」はちょこちょこフックかけてますよね。童貞もそうだけど。
ルイ >> 「バクマン」は何これ、ツッコミホイホイしたいのか、読者アンケートがどこまで順位下がるのか試してるの?
LD >> 。o(…む!ベアトリーチェ、ミニスカはくのか…!)
GiGi >> いやバクマン予想外の展開ですが面白いです(笑)
LD >> ツッコミホイホイだよねえ…w 編集長含めて、皆、熱くなる方向が間違っているというか…w
kichi >> 「サイレン」はなんというか、本来のイメージ?より妙に軽く描いてるバランスがかえって良いですよね。ワッショイワッショイw
カルマ >> 「サイレン」は地の性格は公衆電話に近い方ってことですかね(笑)
kichi >> 「バクマン」は……う〜んw いや、これはこれで面白い展開とは思うんですけど、前提部分で酷い違和感があるのがなぁ……(´・ω・`)
LD >> ふむ。GiGiさんは面白いという言葉の他に何か解説するか、付け足す言葉はありますか?
ルイ >> 物凄い読者不在感だ。まさかゴールが漫画家労組作れ!だったとわ(棒読み
カルマ >> バクマンはどうする気なんですかねぇ。編集長の言い分がこじらせる方向にしかいってないのが。
LD >> サイレンゲーム自体がけっこう意地悪な感じなんで、あんまり素直で優しい人間が画策した…という事にはできないでしょうからねw
ルイ >> 漫画を作るのは作家も編集も含めて子供ばかり、子供の論理で動きますだって子供の為に作っているから!でいいのかな?←解釈
ルイ >> おお、公衆電話。ナルホロ。>サイレン
LD >> 僕は「バクマン」がこれまで描こうとして来たラインに対して、今の展開がどれ程の意味を成すか……まあ、即、結論付けるつもりもないけど、ちょっと疑問ですね。
ルイ >> 要はフタするのが誰かって事だと思ってたんですが、一応ジャンプの長とも言える編集長がカスほどの役にも立ってなかったのが、何この組織・・・みたいなwこれ、どこで歯止めかけるんだ?読者アンケートでも送りつけて読ませるのか?
LD >> いや、ルイさんの解釈はちょっと意地悪に過ぎると思うけどw………ボイコット事件が本当にあったりしたとか?
kichi >> ……もし大場先生が違和感なくこの展開を描いてるんだとすると、マンガ業界は一般的社会人の常識は通じないレベルで熱意が尊重されちゃう世界だったりする……のかなぁ……?
ルイ >> 「あねどきっ」うーむ
ルイ >> 「あねどきっ」うーむ
GiGi >> いや、これって合理的な答えってないんだよなーと。
ルイ >> 意地悪かなぁw
ルイ >> kichiさん、さすがにそれはないと思うんだぜ。・・・ただ、今回はそうやって躁状態で進めたって事なんでしょう。どこもかしこも7日間戦争。
kichi >> 「あねどきっ」……とりあえず夜のプールに忍び込む話は好きーw
ルイ >> 「トリコ」はおもすろいなぁ・・・。ヒキも見事ですね。
ルイ >> 状況パブロフか!w>夜のプールに忍び込む=好き
LD >> 一般的社会人の常識は通じないレベルで熱意が尊重されちゃう世界…とも思うんですが、この展開はそれがあまり上手い方向に回っていませんね。
kichi >> まぁ、さすがにない……と思いたいんですけど、川口たろうがおじじゃなければこんな事になってないと言い切らせちゃう感覚がまるで理解できなくて……orzそもそも常識が違うんじゃ?と疑ってしまう感じなのです
ルイ >> 少なくとも学業との草鞋に失敗した自分という存在がここにいる時点で、フィフティーでやりあう話じゃないと思うんだけど、これは言ったら負けなのかしら。
GiGi >> 読者不在というのはそうなのかも。説得するなら納得させてくれというのが人情だし。だけどこれ、たぶんあえて納得出来ない物言いを選んでるんだよねえ。
エルバ >> 煽ってるのは福田だからなぁ
LD >> …ちょっと読み直しましたが、これ編集長が川口たろうの話を持ち出しているのが間違いで、しかも「もし川口たろうが僕のおじさんじゃなかったら、こんな事にはなっていない。そうですよね?」に「そうだな」と答えている所ですね。
エルバ >> まぁ、私は楽しいです。 >「バクマン」
ルイ >> ああ、落としてないから失敗してないって事になるのか。うーむ・・・川口たろう云々は編集長がアホだとしか言い様がないですけど、まあ彼のトラウマ?だから?仕方?ない?かな?
ルイ >> あえて納得できない物言いなら、もっと強権発動的に描いたほうがいいような。
LD >> …で平丸先生はマンガ描きに戻っている…後で合流してしまいますが、これは正しいw福田くんはガキですね。でも編集長の“川口理論”で福田が怒る筋道を作ってしまっている。
kichi >> そこら辺が微妙と言えば微妙ではあるんですよね>落としてないから失敗してない  一般常識で考えれば入院した時点で失敗ですけど……マンガ業界では締め切りさえ守ればセーフなのかなぁ……?どんなボロボロになっても原稿だけはあげるっていう熱が無条件に尊重されている……?
ルイ >> 「そうだな」→「それは君が考えることじゃない」これだ。
エルバ >> 別の言い方をすれば良かったのに、とは普通の感覚では思いますけど、それだとあまり膨らまないですしね。「真剣にマンガに取り組んでいる作家には、本音で付き合いたい」とか、「まだ未成年だから」とか、理由付けなんて色々できそうな気も。
ルイ >> 「CROWN!」は妙に纏まった読みきりですね。曽田正人先生なら「怖くない」って言っちゃうよ? ※月刊少年マガジン参照
ルイ >> いや、もし本音なら、本音で川口たろうがおじだから→YES! はマズイようなw
LD >> 締め切りさえ守れセーフ> この話題は前回あたりでしましたけど、描き上げたものを載せないという人情のない事はしないと思うんですよね。一般社会でも。…でも、その後は大人だろうと子供だろうとストップですね。そこは年齢とかやる気とか関係ない。
ルイ >> 王族、チームスポーツ、コメディ記号の王冠を能力の根拠に・・・・・・・・ああああ、瑕疵がなさすぎる。なさすぎるってのも変な言い方だけど、無さ過ぎるなぁ・・・。
kichi >> ……でも、あれですね。このボイコット組の連載が好調だったのもここを目指してのものではあったのだろうなぁ……ってのも感じて、無理矢理編集側にも否を作ってこういう展開してる感じなのかなぁ……?
ルイ >> これで休載はするけど健康診断でOK出たら再開、というそりゃそうだろ的な着地だったらバロッシュ。
ルイ >> そうですね。>kichiさん ムリに非を作ってる感は確かにある。非というか、隙というか。お陰でポコスカウォーズだぜ。(?)
LD >> 編集長が川口理論じゃなくって、大場先生が川口理論でしゃべって、その後の流れを止められるロジックがなかったという感じかなあ?…で、まあそのまま暴走を止めないならそれはそれで「面白い」ですね。
ルイ >> いや、きっと読者の声が、読者の声がやってくれる。
GiGi >> 漫画家なら死んでも原稿を上げろというのも正論でしょう〜面白いのは編集長一人が悪者になることで同業者も編集者もみんなサイコーの味方になってるあたりですね
kichi >> 「CROWN!」はほんと、よく出来てるとは思うんですけどね……。王冠の使い方とかほんとに巧いんですけど……、あまり惹き付けられるものはなかったかなぁ。タイトルからエイジを連想しただけにちょっと残念w<おいw
LD >> 健康診断でOK出たら再開>ああ〜なんて妥当な着地点www
ルイ >> 「バブ」はもうちょっと邦枝をフロントに出さんといかん…。
エルバ >> 何がマズイかはよく分からないな。
カルマ >> この展開だと、一番正しいのは読者…ともならないのかな。
エルバ >> っと、まぁ、読み返すこともできない状態なので、これ以上はよう分からんとですよ、はい。
GiGi >> 手順の問題で、もしもサイコーが親を説得出来るなら4月を待たずに復帰可能でしょう。で、たぶんそうなるんじゃないかな。
カルマ >> 入院で母親が出てきたのはまぁ納得なんですが、父親が出てきてないのが気になるところです。
kichi >> 同感ですw>邦枝をフロント   いちおう東条も邦枝を特別視してるみたいなんで今後どう絡んでくるか楽しみではあります。
LD >> サイコーの味方になると……どうなるの?編集長よりサイコーの方が正しいとか?それとも逆とか?
ルイ >> 「めだかボックス」ふむ、一時の常時はめだかちゃんにとって嫉妬判定じゃないんだ。ここは面白い。・・ただ、ネームつまり過ぎてる時にめだかちゃんの背後モノマネは、結構気をつけないと「流れ」ちゃうんだなぁ・・・。
ルイ >> 編集長「ヌシらのその熱意が見たくてワシは敢えて敵となり、貴様らが上り詰めてくるのを待っておったのじゃ。その気概あれば日曜や銃弾などに負けはせぬ。いざ飛翔せん」 これですね、わかります>サイコーの味方になると
LD >> ん〜っと、これ登場って悪魔紋があるって事ですよね。側にいるネコがそうだったりするのかな?
ルイ >> ×一時の常時 ○一時の情事 なんだそりゃwしかも第二変換が譲治とかね・・・もうね・・・・・・・チャイナしチャイナチャイー♪
ルイ >> バブの悪魔紋が移り気って話ではないんだ。
GiGi >> いやいや。サイコーが一人で漫画描いてるわけじゃないって話です。
カルマ >> まぁ、ただのタトゥーなんてオチではないでしょう>東条
kichi >> 「めだか」は……なんか悔しいけど良かったですw 萌えたw しかしこんな娘だったとはなぁ。
LD >> 銃弾だったんだ……いや、弾倉じゃね?wあと王者は?w
ルイ >> 王者は触れないであげてよ。ゲッサンの方にマコトのがいるし。
ルイ >> ただのタトゥオチw逆に斬新だw
ルイ >> あだち充的なスカシ感覚なら結構アリだなぁ>ただのタトゥ
LD >> ふむ。まあ、先ほど言ったように、ルイさんの意見の健康診断OKで再開ないし、GiGiさんの親を説得で再開あたりは今観える中では妥当な線ですね。
カルマ >> めだかはサブキャラばかり可愛くなるなぁ。あと、めだかの反応は少し読めないです。「私の善吉はみんなの善吉」だったら嬉しいけど(笑)
LD >> 「めだか」は、この子がめだかと被らないようにしてきましたね。…で、けっこう良いですねwこの娘w
ルイ >> つうか、お金先輩’sの絆がとても美しいものとして描かれてるのが、もう面白いw
LD >> めだかちゃんにとって嫉妬判定> そこらへんは、多分、めだかちゃん自身がキス魔だから、ちゅーで、しかも女の子の方から…ってのは気にしないって事かも。…逆に不知火に対して善吉が「大好きだぜ!不知火!」とか言うと気にしていましたよね。
ルイ >> 不知火の格を恐れている、という可能性もまぁありますけどねw
LD >> ホントにお金にがめついとまたキツいキャラになるので少額で喜ぶ女の子にしたのは、大正解ですね。
LD >> (`・ω・´;) …し、不知火の……格!!
ルイ >> そうですね、セクハラ→金額のルーティンネタが確保されたように思う。
kichi >> ……たしかに、めだかと対等足りうるのは不知火くらいかもなぁ……w きゅぽるる〜ん
ルイ >> まぁなんか巻末の方なんですが、なかなか回ってますねと。AKABOSHIとかは触れると涙がこぼれそうになるから語らない。上を向いてサンデー。
LD >> 「ぬらりひょん」は、やはり特訓の手順が正しくない…(´・ω・`)さっさと次のフェーズ行くか?う〜ん、こっちの土地で本気で命狙う相手と戦ってみるか?
カルマ >> 不知火は執着がないから強いのかもしれませんね。
ルイ >> 「ぬらり」は、僕のイメージだとぬら軍団総特訓だったので、ちっと違うなぁと・・・。畏れ云々は保留。
LD >> いや、「めだか」の掲載が後の方ってのが、今のジャンプの充実度を示していると思いますけどね。「べるぜバブ」の後に「鍵人」も気を抜けない連載になりそうでよいよい。
kichi >> 「ぬらり」はやっぱせめてつららだけでも同行してほしかったですねぇ……(´・ω・`)手紙書いてる場合じゃないっしょ
LD >> サンデーいきましょうジャミルいいですね。
ルイ >> 何その流れるような喋りw
カルマ >> ぬらりは保留です。うーむ。
LD >> ここは、つららも放置の方向って…遠野に現地妻作る展開はどうでしょう?(`・ω・´)
kichi >> 次の打ち切りレースマジコワス(´;ω;`)Dグレが赤丸行ってくれたのは良かったですけど……AKABOSHIともう一つ切られるとしたらなんだろう……?黒子辺りが個人的にはありがたいってことになってしまうのがなんともまぁ……。
LD >> いや、ジャミルいいですよ。奴隷を酷く苛めても自分も結局奴隷に過ぎない事を分かっているし、この好機に対してちゃんと自分の命を張らないといけない局面である事も分かっている。
ルイ >> http://rui-r.at.webry.info/200908/article_10.html 一応マギについてちょっと書いたから貼っとく。やあ、全体的に「マギ」はすごくいいですよ。一番候補。
カルマ >> 単行本が売れてるぬらりとバクマンは大丈夫でしょう。べるぜバブは華がないように見えるのが辛いですねぇ…女性票も少なそう。
LD >> …で、僕がジャミルに気を取られている間を縫って、ちゃんとモルジアナのキャラも積んでいる……キャラ、ネーム組み、共に優子と茄子よ?
ルイ >> NPCがいないというか、皆プレイヤーキャラだなあ、って感じるのがヨイところですね。漫画のネームとしてもアラジンがいきてた所やモルジアナの見上げるカットとか、見せ場もあるし。よい一話や。
kichi >> 。o(そういえば、ルイさんブログで一箇所アラジンをアリババと書いてるのがわざとなのかどうなのか判断つかなくてなんだか難しい気分になったっけ……)
ルイ >> フフフw
LD >> NPCがいないという評価は良い言い回しですね。
ルイ >> 「ハヤテのごとく」 やべー。咲夜きてもちっとも嬉しくないwなんてヒキだw
LD >> (´・ω・`)。o(…フフフwじゃねえだろ…)
LD >> 「神知る」よし、レギュラー化!ミッション・クリア!……が、最大の難点は、幼馴染み子がこれまで出た子の中でもキャラの「強さ」が下位な所だな!(`・ω・´)
kichi >> 「マギ」良いですね。私から付け足すことは特にない感じですが、巧い。
ルイ >> 「神知る」は寧ろ、幼馴染のキャラが弱いからバランスが取れるのかも?だって、設定格上位のものを抱えちゃってるわけで。
LD >> 「神知る」よし、レギュラー化!ミッション・クリア!……が、最大の難点は、幼馴染み子がこれまで出た子の中でもキャラの「強さ」が下位な所だな!(`・ω・´)
LD >> 。o(…「RINNE」の魔狭人は、格闘家の魔裟斗と何か関係があるのだろうか…?)
ルイ >> 旧悪魔か・・・おっきい設定もってきたなぁ。クトゥルフ神話みたいや。
LD >> ん…何かPCの様子がおかしいな?
ルイ >> ネーミングには関係あるでしょうw
LD >> B・A・バラカス。通称ヒナギク。大統領でもぶん殴ってみせらぁ。でも、飛行機だけはカンベンな。
ルイ >> http://websunday.net/backstage/set_nisimori.html なんか語っちゃってる件。
LD >> 「ケンイチ」、とりあえず「ピンチの時は笑っておけ!!」はいい教えだなあ……汎用性高いよ?
ルイ >> 行き過ぎるとボクシングの効いてないアピールみたいに「効いてる事の言い換え」になるので注意が必要ではありますがwでも、面白いですね>ケンイチ
ルイ >> 「はじめてのあく」はいよいよご当地正義が出てきそうでワクワクしております。
LD >> 深いな…西森先生。大高先生、奴隷テーマは便乗か……むしろ、それがテーマに思っちゃってるよ?w
ルイ >> 僕も今まさに大高先生のを読みましたw奴隷テーマって、未踏の地に踏み出すRPG的な価値観とムチャクチャ相性いいんですよね。ワンセットで考えたと思ってた。
LD >> 「いつわりびと」は何か手品の話をしていますね。
GiGi >> 桂馬はエンディングルートに探りをいれてくるでしょうから、どんな障害を仕掛けてくるか、ですね>神しる
ルイ >> 「いつわりびと」は凄いなぁ。どストレートなカラクリだw
カルマ >> なんかプロフィールの「青年誌でデビューしアニメ化まで果たすも、かねてからの夢であった週刊少年誌で頂点を目指すべく」このへん引っかかるものが>大高先生
LD >> 「悪魔裁判」はシスターかわいいですか?
GiGi >> トリックみたいな話だなぁと素直に思った>いつわりびと
ルイ >> 「あおい坂」の今週は、逆に「速度が出すぎてて気に入らない」回かな。凄く予定調和的に読めてしまった。
ルイ >> 何故クエスチョンマークなんだ。
LD >> 「はじめてのあく」は、そうですね。いよいよヒーローが出てきそうでワクワクしています。……とりあえず「サンレッド」被りは避けてみよっか?w
ルイ >> 「悪魔裁判」は敵味方悲恋を直球で積んでますが、まあ被告原告より悪魔天使(の僕)の方がわかりやすいからいいよ。
LD >> ん。ちゅか、この試合、決勝なんですよねえ……なんか決勝感がないんですけどね…。>「あおい坂」
ルイ >> でも、シスターがクカバラを殴るコマは、最初の方では言葉をなくして、殴るほうでセットで「キャアア」入れた方が締まると思うよ。マジレスすっけど。
ルイ >> 決勝感、ないですね。というか「右京のラストゲーム」というのが完全に勝っちゃってる。
kichi >> そいえば「いつわりびと」でギャグツッコミで投げたクナイが薬馬に刺さるのが軽くひっかかってこの前の充電ちゃんの話を思い出したんですが……、どうなんでしょうねぇ?この辺のバランスってw
LD >> マガジンいきましょか。
GiGi >> 金禁は絵柄のまんまに地味な展開回してますが、憎めない
ルイ >> そんな略称になったんだ・・・w
LD >> クナイが刺さるのは唐突ですねw……ま、もうちょっと繰り返さないと何とも1カットだけのブレはよくあるので。
LD >> 「ジオ禁」にしようよ…?(´・ω・`)
ルイ >> 「チルドレン」で、ここまでワザとらしいのに薫は気付いてないとかホントなんだろうか。気付いてないフリをしてるんじゃないだろうか。
GiGi >> ブラボーはテーマ語り入りました〜
LD >> 新連載の「ティジクン」ですが…まだ、よく分かりません。歯が欠けている女の子はよかったれす。
ルイ >> 「ティジクン」はとりあえず生徒会が全てですね。
ルイ >> 学園初の偏差値50越えと言っちゃったんだから、ちゃんと責任もって構内の登場人物は主人公・ヒロイン含め偏差値40台っぽく描いてくだしぃ。
LD >> 「だぶるじぇい」は亜桜先生、ペンタッチもどった……よね?
LD >> そこか…!>偏差値40台っぽく
カルマ >> 今のところ何も面白くないですね>新連載
kichi >> 「ティジクン」は話の方はまだなんともですが、妙に押しの強いアップ顔というか……、コマに対しての顔の比率なのかな?なんか気になりましたね。
GiGi >> 新連載は保留。熱は感じない
LD >> 「フェアリーテイル」はジェラールの“許して光線”がなんかムカつくんですけど…。(`・ω・´)-3
ルイ >> ていうか1ページ目の武装なき武装→武装とは何か って時点で若干論理が破綻している件。原作ついてるのにこはいかに。
ルイ >> ジェラールうぜえええええええええええwwwwwww
GiGi >> ベビステ容赦なくアレックスが成長していて素晴らしい
ルイ >> 本当(魂)はいい人演出が過ぎますね・・・エルザが惚れるんだから、っていう順序で修正施してるかな?。
ルイ >> マーシャが出ていたので許しますけど、エーちゃんは相手も伸ばしちゃうのか。なるほど。
カルマ >> 別に逝ってくれて構わないんですが、うーん…ちょっと鬱陶しい死に方ですね。
カルマ >> ベビステは最高でした。最後のページで震えました。
GiGi >> 北斗神拳の伝承者はどうも当て馬っぽい?>ガマ
ルイ >> 「スマッシュ」キスの約束もご破算にしないままにそれにおびえた数秒後に優飛に笑顔で語りかけられる翔太は、生まれもってのジゴロの素質がある。
LD >> 「ネギま」、ラカンにはイマジンブレイカー「いいぜ」のAAをあげよう。
GiGi >> コーチになったら超一流になるなあなどと思った(笑)>ベビステ
ルイ >> 「ネギま」惚れたら解ける、をシンデレラの12時と合わせてきてるよーwウヒョヒョイw
LD >> このウザ光線にエルザがモロにひっかかるのはキャラ的に仕方がないw
ルイ >> ハチワンの単行本が出ないとチッチの記事が書けないよ。
LD >> そして「むろみさん」素晴らし過ぎますね…一番候補です。
ルイ >> 「エア・ギア」はいつものことですが、レイアウトがイマイチで最初どういう状況かよくわからんかったとです・・・。
カルマ >> あーこの明日菜は偽物だから解けちゃうよ…っていうニヤニヤがとてもいいですね(笑)>ネギま!
ルイ >> 「むろみさん」は凄いですね。とにかくここで中古宣言してみせた事を高く評価したい。
LD >> 「ガマラン」は、まあいろいろあったが、とにかく最後のコマは良かった。ノンストップ感は維持していますね。
ルイ >> 確かに、館内の部屋ですからね。間合いも何もノンストップ。>ガマラン
kichi >> 「ネギま」はいい溜め状態ですねぇw ラカンにしろネギ側にしろどうなっちゃうのか、素直にワクテカです。
LD >> 福満しげゆき先生のマンガ…多分、最終回とか言われていますw
ルイ >> そして福満先生の男らしすぎる生き様を観よ。モーニングとセットでな。
ルイ >> (福満かぶりとか・・・最低だ・・・)
カルマ >> むろみさん一本でどこまでやれるか楽しみです。ネタがなくなったら潔く終わってもらって(笑)
カルマ >> アンケートに別のマンガでも良いから帰ってきてって書いたのできっと帰ってきてくれます>福満先生
ルイ >> まあねえ。ライバルキャラが出たら回るって話でもないように思えるのがw>むろみさん とにかく彼女のパーソナリティをどこまで詰められるかの一点ですね。世界史や考古学を学びながら描いていけばネタは持つと思うw
GiGi >> 中古言うな(笑)つかそれ以前に産卵してるし(笑)
ルイ >> スパンが長すぎて全部許されちゃうんじゃないかなぁ・・・って感じが、こう・・・新古っていうか?膜再生っていうか?←ホント最低
LD >> それ以前に産卵している>ああ、そういえばそうでしたw
LD >> チャンピオン行きましょうか。
ルイ >> 「君のいる町」はヤンヤンしててタマンネ!
カルマ >> イルカの習性に関しては、現実でもウナギなどと異種姦するほか、オス数体でメス一体を傷つけて集団で無理矢理交尾する暴力性があるので…イルカというチョイスは狙ってるかもですね。
kichi >> う〜む、「むろみさん」はすでに相当ヨゴレなイメージはあったし主人公に対してのヒロインポジションみたいのは全然感じないので中古宣言自体は軽く流しちゃいましたw いやでも、良いですね。この前GiGiさんがおっしゃてた不死者がイキイキ生きてる感じが素晴らしいですw
ルイ >> まあ、正確にはイルカじゃないんだけどねw
ルイ >> 菊川さんがどう動くか・・・楽しみやけん。
ルイ >> 作品が作品ならいざ告白って時にわき腹を刺すに違いないんだが、瀬尾作品だとどこまでが許される温度なんだ。わからん。
LD >> | ´_ゝ`)……嫌な話聞いたなあ…w>異種姦
kichi >> 菊川さんねぇ……(((´・ω・`)))ガクブル
LD >> 「君町」はこれでメガネ子に熱を上げている男がいたら、完全に「スクイズ」の流れですが…w メガネ子(菊川)もそうだけど、実は神咲にも注目だと思う。
ルイ >> うーん、神咲は今週の動きはちょっと不満なんですよね。
カルマ >> 「へんなせっくすのいきもの」好評発売中です。http://www.amazon.co.jp/%E3%81%B8%E3%82%93%E3%81%AA%E3%81%9B%E3%81%A3%E3%81%8F%E3%81%99%E3%81%AE%E3%81%84%E3%81%8D%E3%82%82%E3%81%AE-BUBKA%E7%B7%A8%E9%9B%86%E9%83%A8/dp/toc/4877348174
LD >> W・ヤンは業界初ですよ?これだ!m9(`・ω・´)>「君町」
ルイ >> BUBKA・・・やりおる・・・
LD >> チャンポンいきまそ?
ルイ >> しかしネギまの3人目、お供の数は全体の救った数からすると極一部の選択、ってあたりがなんとも許せちゃうぜ。反則だ。
LD >> 刃牙、3倍盛りだそうですよ。
GiGi >> むろみさんだったら現在形で二股三ツ股しててもむしろ問題ない
ルイ >> 袋とじが袋とじとして機能しているチャンピョンですか。
LD >> 本当に単なる趣味なんですかねえ…w
ルイ >> ガイア、良かったです。本編はシラネ。
LD >> 板垣先生の「刃牙はやればできる子!」感がこう……たぎっていますか?
カルマ >> 「趣味」と認識させられているかもしれませんね。先代は自我が芽生えたときに性能が落ちたので、今回は最初から擬似的な自我を持たせたとか。>フェイト
GiGi >> ギャンブルフィッシュがミリも色気ないけど面白い(笑)
ルイ >> 「弱虫ペダル」はほんに絶好調だなぁ・・・・・・・・・・。自信だ、自信がこの一話を描かせているんだ。
LD >> 「冥王神話」、このカロンの話、これで終わりですかね?何気に筋が通った奴ですねw
GiGi >> カロンいいやつだった(笑)
LD >> ちょっと、思出したのは、西森先生の「道士郎」に殿の真似をして仲間を増やして行く神野ってキャラがいたんですが、そいつの事ですね。>フェイト
ルイ >> もうおにゃのこと線引く必要なんて感じてない、って事ですよね。寧ろ作者の視点は寒咲にこそ投影されている。導き手である必要も目標である必要もなく、ただ憧れる視点があればいい、という紅一点の使い方。この一点ではシャカリキより徹底してる。
ルイ >> 「冥王神話」良かったですねw
GiGi >> 弱虫ペダルは熱量高くて良いです
LD >> 「バチバチ」はいろいろあるけど、あっこまで強い阿形と吽形さえも、すんなり関取になれない世界観がまずいいです。
ルイ >> 2年生は掛け声違ったり、いいんですよ。ていうか田所だけ?
ルイ >> 「バチバチ」は、ライバルがつまらないと思うんですよね・・・それ以外は大変魅力的なんですが・・・ううむ。
LD >> 「ゲッチューまごころ便」懐かしかったッス。そして次は「魔界都市ハンター」かああ!!(ぐっ)
LD >> こんな奴、石ころですよ?>ライバル 多分、頂点には全盛期の千代の富士みたいな奴が待っていますからっ
ルイ >> 「カズエ」が隊も決まり、徐々に史実と柔らかく流れを合わせる流れになると期待。
ルイ >> いいのか、主人公がタッパとかない方向で描くのに、ライバル千代の富士でw
ルイ >> つうか、連載絶好調の時にリアルで日本人が敢闘賞取っちゃったりするんだから、この天運つかみっぷりは凄いぞ、ペダル。
LD >> まあ、西の横綱には雷電とかそういうのがいるからw
kichi >> 「弱虫ペダル」いいですねぇ……! レース前の空気をまず寒咲視点で描いて、その後坂道たち選手の緊張や高揚も描いていくんですけど、最後また寒咲視点に戻ってきて「思いっきり楽しんできてね」というのがねぇ。いいです。最高の開戦前描写ですね。
LD >> 。o(…問題は、曙とか、朝青龍とかが、モロモロの事情で出しづらい事だな……)
GiGi >> ゲッチューはお祭り感あって良かったですね。しかし、ひさい先生はすっかり堅気の人なんだなあ…
ルイ >> ゲッチューはこの恥ずかしい感じがゲッチューですね。
kichi >> 「ギャンブルフィッシュ」はホントに全試合やるのかな……? まぁ、これはこれで面白そうではあるんですがw
ルイ >> 初めては1度きり、ってのがあやひーも言ってたから寒咲の声は(ry
LD >> 「ギャンブルフィッシュ」は半裸の女を描いたら次は半裸の男を理論ですね。ゴキ島を見る気の毒そうな視線がよかった。
ルイ >> 「ギャンブルフィッシュ」、即失格ルールがアツいですね。折れた方が負けってのを先週の描写で描ききっちゃってるから、もう既に誰も当たる当たらないの勝負だと思ってないというか。そして正解は6だな・・・(ゴクリ
LD >> 「ムラマサ」はなんでいい話描こうとしてるん?(´・ω・`)
ルイ >> ゴキの縛りが亀甲シバリだから答えは6。間違いない。(NEEE!
ルイ >> 「ムラマサ」はいい話を描こうとしている中にも隠しきれない哲弘クオリティがあって、正直かなり好きな一話です。
ルイ >> たこ焼きのたとえ・・・・・・・・いい話だけど、直感的じゃないよ!wなんか色々まわりくどいよ!w
LD >> 「畳の上のミクロ」は、絵がそんなに上手いわけじゃないのに、やはり安定した構えが描けているのがよいですね。
kichi >> ……たこ焼きの例えはわかるようなわからないような……?(´・ω・`)>ムラマサ
ルイ >> ミクロはどうすればいいのかしらん。思いつかない。
LD >> 。o(…亀甲縛りに関するルイさんの直感は侮れないからな…答えは6……あり得るな)
ルイ >> そういえば鬼六ピタリ賞って前科があったか・・・w
LD >> 鯨井先輩の汁なし麺はなかなか良さそうだと思いました。
kichi >> ……まぁ、誘い受け的な……?w>ミクロ
ルイ >> そう、寒咲の視点を通す事で、どの視点にも寄り切らない、なんともいえないレース前の高まりが描けてますよね。よい一話です。
LD >> さて、ではそろそろ一番を決めましょうか。
ルイ >> あまりにも気持ちよく投げられそうってスキを出せってこと?「柔道家は一本をとりたいという欲求に逆らえない!」みたいな?>誘いうけ
GiGi >> ワンピースかむろみさんかガイア?
kichi >> はいw 具体的にどんな構えにすればいいのかとかはイマイチ思いつきませんがw>誘い受け
LD >> ジャンプは「鍵人」と「めだか」だな。
ルイ >> ガイアwじゃあさっき一緒に触れてくださいよw
LD >> サンデーは「マギ」
kichi >> ジャンプが良かったんですよねぇ。「ワンピ」も「めだか」も良かったんですが、今週は「鍵人」推しで!
LD >> マガジンは「むろみさん」
LD >> チャンピオンは「弱虫ペダル」か。
カルマ >> ジャンプ「ワンピ」、サンデー「アギ」、マガジン「ベイビーステップ」「むろみさん」ですね。
ルイ >> ああ、でも自分で言ったけど「一本取れるチャンスがあるなら罠でも取りにいっちゃう。だって柔道家だから」はアリな論法に思えますね。「柔の道は一日にしてならずぢゃ」にも書いてあると思う。
kichi >> サンデーは…………やっぱり「マギ」になるかなぁ?
LD >> 「めだか」、「マギ」、「むろみさん」、「弱虫ペダル」のどれかだと思うんだぜ。
kichi >> マガジンは……「むろみさん」2週連続もなんなんで「ベビステ」でw
ルイ >> ジャンプはちょっと弱いかな。面白かったのはその3つですけど。強いていえばワンピ。
kichi >> チャンピオンは「弱虫ペダル」だなぁ。
ルイ >> まあ・・・・・・・・・・・・・どっちかな?「マギ」かな?
LD >> 僕は「マギ」がいいと思うけど……他のでもいい。
ルイ >> 今週のマギはほとんどパーペキな一話だと思うので、マギでいいんじゃないですかねえ。
ルイ >> ガイアはほんと、袋とじにするならこういうネームを組めっていう理想だと思いますた。
LD >> では、「マギ」にしましょう。アラジンもアリババも、ジャミルもモルジアナもいいよねえ〜。やっぱりキャラがいいといいよねっ
ルイ >> そうですね、アラジンには明確な目的が描かれていないのに、ここまで「読める」時点で凄いと思います。主人公に目標設置しないのって結構怖いと思うんだけど。
LD >> なんだろ?実はアラジンで「回して」いないですよね。第一話も元盗賊だった事を隠していた女の子が主軸で…。
ルイ >> これ、案外最終的にヴィンランド・サガみたいな物語になったら驚くなぁ。商ルートを一話の娘たちが確立したりして。
ルイ >> アラジンは「世界の観察者」ですね。そう描いていると思います。そしてその視点は読者に近いところに設置されていて・・・ってのはブログに書いたか。
LD >> アラジンは、「すもも」のもも子と似た所があるんですが、そこが最大の違いで……意識しているかどうかはわかりませんが、アリババが動かなかったら、ただじ〜と見ているだけって感じさせる描写もありますよね。
LD >> そう。>観察者 でも、完全に傍観者を決め込むかと思うとそうでもない…介入する。ピンチを打破し、人を説得する。ここらへんのバランスが上手いですね。
ルイ >> 友達>おねえさんの価値観を突き詰めていくと、王道の話になるのかも。
LD >> おねえさんの価値観?(´・ω・`)
ルイ >> まぁ何かもう、モルジアナの物語がとってつけとは思えてない時点で俺様の完敗って感じなんですがw
ルイ >> や、アラジンそのものの動機云々ではなく、アリババのような「友達たち」の動機の為に動き、それらが適えられる状況を探し出す旅になるのだとしたら、みたいな話です。 おねえさん、で切ってくださいw
LD >> まあ、ちょっとどういう方向に行くか分からないですけどね。とても楽しみな連載です。
LD >> それではそんなところでお休みなさい。
ルイ >> ですね。どこにでも向かえそうな視界の開けっぷりがある。サンデーはもう表紙任せられる連載がきたんだから、そりゃ強い。
kichi >> ……正直に言うと、現状では“面白い”より“巧い”が先に立ってるような感覚はあって、心の底からはノれてはないような気分もあったりはするんですが……、まぁその辺も今話に出たアラジンの動機が育ってきたりとかで変わってくるかもですし、今週一番は納得ですね。>マギ
kichi >> おつかれさまでした〜。
ルイ >> ファントムのDVD一巻観たら、冒頭のリズィ姉さんのビーチクが露になっていた。そんな俺が一言。      誰得・・・・・・・・orz
ルイ >> それはわかるかも。でも、やっぱキャラがいいと思うんですよね。モルジアナとかワクワクする。大体僕とLDさんが名前覚えてるってのがもう凄いw←
LD >> (´A(`○=( ・ω・´ ) <明乃さんの悪口をいうなああああああああ!!!>リズィ
LD >> (`・ω・´)>じゃ!ご苦労様です!
kichi >> たしかにモルジアナはいいですね。本格的に仲間になるといいなぁ。そんでお得意の感情だだ漏れ系の明るい女の子と対比させたりするといいなっw
ルイ >> テガミバチTVアニメ化。 アニメーション監修 - 神戸守   \(^o^)/         監督じゃなくなってる・・・orzもうやだ・・・orz
ルイ >> http://www.nicovideo.jp/watch/sm7867585 岡田磨里さんの作詞センスといったら・・・
かんで。 >> 新宿へ出張中。サマーウォーズ見てきました。よかったと思います。少年視点でありながら、ヒロインに神とか聖女とか理想を背負わせるのではない、というのは最近の潮流の一つなのかな、と。東のエデンと共通するものを感じました。
かんで。 >> しかし、「新宿バルト9」の音響はマジ最高でした。音が普通割れるはずのところで割れない、というのは衝撃的でした。
かんで。 >> ヒロインに対して何を求めるか、というのは、もう一度考え直すべき時なのかな、と。
かんで。 >> 私は常に、「理想の存在としての女の子像」へ辿り着くための手がかりの欠片を、創作作品に求めてきたのですが。
かんで。 >> で、その理想はつきつめても、決して全知全能の神にも、全て自分のいうことに従う有能な召使いにも向かわないのですよね。
かんで。 >> サマーウォーズでヒロインがヒロインとして機能していない、という意見を散見するのですが、ヒロインに求められる機能ってなんなのよ、とちょっと思ってみたりしたわけです。
かんで。 >> >意見が散見される
かんで。 >> で、神とも召使いとも究極に離れた位置にいるのが「むろみさん」なのかな、と。彼女はやっぱり素晴らしいです。
かんで。 >> 夏希先輩は、女性の視聴者の視点の回収先としては十全に機能していたと思うんですよね。
かんで。 >> 強いていうなら、もっと強烈な魅力を持ったキャラが他に居たから、割を食った、というのはあるでしょう。
かんで。 >> 実際私もあの人の方に惹かれましたし。でも夏希先輩はあれでいいんじゃないかなぁ。究極的には、人は分かり合えないのだし。救世主、というか人柱の役目を果たしただけでも彼女は物凄く立派だと思います。動機うんぬんを別にして。かえって動機周辺の他者とのシンクロが弱いところがリアルだなぁ、と感じました。
ルイ >> (意訳すると、観にいけということだな・・)
かんで。 >> ぜひ観ましょうよ。私ももう一度観ようかなぁ。
ルイ >> ストレンヂアが急に観たくなったけど誰かに貸しっぱなしでござるの巻。
ルイ >> ヂア、秋葉原で映画館オープンしたらこけら落とし記念に上映してくんないかなぁ(IFにIF重ねすぎ そうしたら今度こそ絶対劇場で観るのに・・・。
ルイ >> http://changi.2ch.net/test/read.cgi/anime2/1238287124/683 この断片情報から名前を特定できるのがLDさんの凄いところ(ムチャ振り しかし富野修正ワロス。
ルイ >> ようやく数学ガールが読めるでござる。


■■■■2009年08月09日■■■■
ルイ >> ラインバレルはどうしようもない作品だったけど、想像の大切さを謳いあげた事だけは良かった。毎年しつこく繰り返される原爆関連の番組などには、そういった意味がある。多分火垂るの墓もそう。・・・・じゃあ毎回繰り返される「魔女の宅急便」あたりは何なの?・・・・。・・・・・・・・作画オタクが金田伊功のパートを当てたりする修行場です。
LD >> ……ムチャ振りするなあ。「PIPOPA」は何話か分かります?「リーンの翼」を観てみようかな?
ルイ >> うーうー、始めたばっかなのにこちらが言わなくてもブログタイトルを彩陽さんが言ってくれた件。うーうー。
ルイ >> まさかの多幸感じゃないか。何これ幻聴?
ルイ >> もうこれだけで意味はあった。よし閉鎖しよう←
GiGi >> kwsk
ルイ >> 我ながらビックリだよ。倍率400倍超のあやひ三択クイズのラストワンに勝ちぬいちゃったよ。凄いなw
LD >> お…?かなり来ているな?>地震
LD >> ちょっと大きめでしたね。(by神奈川)………千葉震度4か…。
ルイ >> 地震きてましたねぇ。
ルイ >> 数学は苦手でござる。お陰で数学ガールズ読むのに時間かかってるでござる。
ルイ >> アタマの数式、3つまでは読みながらわかりましたけど、4つ目はさぁ…俺どうせ、円周率少数点第6位までしか覚えてなかったしさぁ・・・w←恥
ルイ >> しかし、非常によくわかる組み合わせです。こういうのを発見というのだな。


■■■■2009年08月10日■■■■
ルイ >> kwskっていうから長文にしちゃったじゃないか(いつもの事


■■■■2009年08月11日■■■■
カルマ >> 荒川アンダーザブリッジとワーキングがアニメ化だそうで。本当にYGは全弾撃ち尽くす勢いですね。絶大な人気を誇る聖おにいさんではなく、荒川の方がアニメ化されたのは個人的に嬉しいです。存在がスルーされそうで怖かったので(笑)
ルイ >> 荒川は時々ハッとするんですよね。で期待値あげては戻す、みたいなwまー聖おにいさんはねえ。世界最強の宗教相手だからねえ…
カルマ >> ルイさん、ブログ読みました…おめでとう。おめでとう。おめでとう。
カルマ >> 一応ストーリーありつつ、ギャグがメインですからね>荒川 あのギャグにどれくらいハマれるかも大きいけど。 おにいさんは…こう、結局有名誌で連載されたら人気出るのかっみたいな思いもありまして。 広く知ってもらう手段としてTVアニメは有用だし。
ルイ >> 何故どうでもいいトラバ記事まで、起承転結とか意識するんだ・・・素直にリアクションコメントだけ書けよ・・・orz
ルイ >> シューマッハ劇場には世界中ビックリやで。
ルイ >> 甲子園様のお力で、録画したマリガリが実質2分しか録画できていなかったよ。ウフヘヘ。
GiGi >> シューマッハ…


■■■■2009年08月12日■■■■
ルイ >> スフィアのチケット届いた。いつもこんなもん、だから一喜一憂しない・・・orz
LD >> ルイさん、ブログ、メニューに入れておきました。
ルイ >> ありがとうございます。ちゅか。アラド戦記のOP面白そうですね。メロディに乗った時どう感じるかかな・・・ちょっと予約録画しておこうっと。
ルイ >> 「君街」がえらく14番目してるなぁ・・・w←こういう風に使う
LD >> やあ、今週の「ガマラン」は巻中カラーかあ!と思ってページをめくったらお嬢様マンガになっていたでござる…  の巻(´・ω・`)
ルイ >> ただBD投票をネタに軽く書くつもりが、やっぱり書き終わったら長文の構成型になっていた件。俺短く書けない人なんだなwわかってたけどw
エルバ >> おぉ、ルイさんのブログもメニューに入ったのね。行きやすくなったわ。


■■■■2009年08月13日■■■■
ルイ >> イナズマイレブンは凄いキャスト数だなぁ。成田剣さんや水島大宙さんまできよったぞ。
LD >> 「プリンセスラバー」の第6話がちょっと変だったのでチェック入れるかも。
ルイ >> あいぽんアプリにしょうもないもの登場。「ゆっくり」…ゆっくりしていってね!!の順に文字を押すと自動音声がゆっくりしていってね、という。入力ミスすると「ゆっくり死ね」と言ってくる。…終わりwでっていうw
kichi >> 「プリンセスラバー」6話は変でしたねぇw 内容自体もですが、流れ的にはそこそこ重要度がありそうな回なのにどうしてこうなった?w的な変さが……w
kichi >> でも、第5話で姫様の序列一位感が上がってたんですが、6話の終わりではまた並列な感じになってたのがちょっと興味深いかも……?普通にいい話を組んでここまでニュートラルに戻せたかどうか……、う〜ん、微妙なところですがw


■■■■2009年08月14日■■■■
カルマ >> 「ガマラン」巻中カラー<僕もそれ思いました(笑)
カルマ >> アプリとかアドオンって一発ネタみたいなのも多いですからね。僕が好きなのは「中止ボタンがしいたけに見えて困る」です。必須アドオン。https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/4298
ルイ >> ちゅかさ、いつからでしょうね。巻頭カラーと言われても全く嬉しくなくなったのは。どうせ扉だけだーみたいなー
LD >> http://d.hatena.ne.jp/Gaius_Petronius/20090815/p1 土曜日の22時からペトロニウスさんとネットラジオをやります。
LD >> 今週の一番は本日、深夜25時予定という事でよろしくお願いします。
LD >> 「プリンセスラバー」は、ツインテル子さんが主人公が好きな事をあっさり認めたのが意外でした。多分、あの子の話の時、絵に描いたのは主人公で内心は確定だったと思うのですが、表に出すとは思わなかったです。
LD >> 「イナズマイレブン」は本当に素晴らしい。キャラへの目配せが完全に複数のドラマを並列させて走らせていると言っていいレベル。……遊園地の回、サイコー!(`・ω・´)
ルイ >> さすがあやひーブログ、遠慮して画像引用はできないぜwようつべ引用も自分の中の可否の線は設けてあるんですけどね。
ルイ >> ○あやひートラバ用ブログ
ルイ >> ゼーガペインの追い上げすげえ…明らかに某板のブーストはいったな…
ルイ >> なるほど、プリンセスラバー面白いっすね。しゅごキャラはこの作品のためにダメになったのか。じゃあ許す。
ルイ >> まー6話なんてまだ放映してないんですけどねorz


■■■■2009年08月15日■■■■
LD >> |・ω・`)
LD >> |ω・`)
LD >> |ω・`)ノ <「サマーウォーズ」観てきたじょ〜。
LD >> |ω・`) <サマ・タイ・ウォーズ♪サマー・タイム・ウォーズ♪(渡辺美里調で)
LD >> 面白かったです。…なんだろ?喋るとネタバレになっちゃうのかな?
LD >> BD投票は、「とるてあ」と「ゼーガペイン」が2強というのは何を意味するのか……組織票。
LD >> さて、アニメの話ですが「化物語」と「ニードレス」が面白いですね。
kichi >>      ちょっ、身も蓋もないですなw>組織票Σ(´・ω|こんばんわ〜
kichi >> ……ニードレスはEDがエロ百合という噂なのでチェックしてみようかなと思ってはいます……w
LD >> 「ニードレス」はかなり、えー加減な作りで、ちょっと絵の整った(?)「ボボボーボ・ボーボボ」みたいになっているw
LD >> こんばんは。「ニードレス」はEDがエロ百合姫ですよ?(`・ω・´) なかなか登場しないので誰なんだろう?ってずっと思っていました。
LD >> スチャラカ・アニメとしては今期「アラド戦記」と「ニードレス」が二大巨頭という感じです。
LD >> そして「化物語」ですが……「ひたぎクラブ」も「まよいマイマイ」も面白かったなあ〜単純に。
kichi >> アクセスログとかそういう話ですか?>なかなか登場しない   まぁ、映画はちょっと見に行けなそうだったりで、入るタイミング伺ってる感じでしたw
LD >> そして「カナーン」は、実は未だに内容がつかめていません……「428」やってないとダメなのでしょうか?
カルマ >> こんばんは〜
LD >> ああ……「エヴァ」よりさらに上映環境良くなさそうですからねえ……w>映画
カルマ >> カナンはてっきり428の話の再構成と思っていたのですが、わからんという話をちょいちょい聞きますね…
LD >> いえ。>なかなか登場しない 第1話のEDからどかんと出ていて女の子チュチュしまくりで、やたらハイテンションな三人娘なんですが、最近まで劇中登場してなかったんですよ。
kichi >> なのは映画も無理そうだなぁ……とか今日思ったとこでしたw いや、近くでやったとしても見に行かなかった可能性の方が高いですがw ……1期じゃなぁw ……でもPSPゲーは買おう……。3Dモデルいまいちだけど買おう……(´・ω・`)
kichi >> ああ、なるほど。EDの人物の話でしたか。>なかなか登場しない
LD >> なんというか、直感としては全部見終わった後に、もう一度最初から観直すと感動するんじゃないか?という気がしているのですが、状況がよく分からないからヒキにクリフハンガーが掛らないんですよね(汗)
LD >> >「カナーン」
kichi >> よく分かってなかったんですけど、428の中のオマケシナリオ的なもの?と繋がった話なんだそうですね……。分からないってことは続き的な内容なんですかねぇ?
カルマ >> 状況がよくわからない…という状況が良くないというか、繰り返し観なきゃわからんというのではダメでしょう。そこでわからんかったら切る人も多いでしょうし。
LD >> 「プリラバ」は、温泉回で、ツインテル子さんが横一線に並び駆けて来たのが意外でした。……でも、ここまで偏りがないと最終回は誰も選ばずにこのまま〜みたいな形をイメージしてしまいますね。
カルマ >> 例えばテイルズオブヴェスペリアの劇場版は、ゲームの前の話をやるとか、そういうことをして一見さんでも大丈夫なようにしていますよね。そういう感じではないんだなぁ…と。
LD >> 想像すると「428」のオマケシナリオで知り合ったキャラたちが、今度は偶然にも中国でも巡り会ってまた冒険をしている……という展開に観えます。高層ビルでトラブルに巻き込まれたダイ・ハードが、今度は飛行場だ!みたいな感じ?w
kichi >> どう着地するのか今から楽しみですねぇ>プリラバ   いちおう親の敵討ちという線も消えてはないんじゃないかとは思ってて、そっちに踏み込んでくるならやっぱり姫様エンドになりそうには思うんですが……。
LD >> まったく、以前有った事の情報を出していないワケではないのですが、極少ですね。…不充分と評していいように思えます。
LD >> …まあ、桃姫様ですよねえw…他の三人はそれぞれスキルを生かして主人公をサポートするのがキレイに観えるw>「プリラバ」
LD >> さて、そろそろ一番に入りましょうか。今週はチャンプが無しですね。
kichi >> 来週はジャンプだけ無しなんですよね……。サンマガの休みはいつになるんだろう?
LD >> 「ワンピース」、白ヒゲ、空間を割っているなあ……これは勝てんなあ…。
LD >> 「ナルト」はサクラちゃんが泣いているな……と。( ・`Д´・)φ
カルマ >> サンマガは9月の連休に休むみたいですね。ということは編集部の夏休みもそちらで片付けられるということですね…(苦笑)
LD >> 「べるぜバブ」は、ベル坊の風邪が長引いてるなあ…。
カルマ >> ワンピ、中将たちもキャラ立ちしてそうなのにモブなんですよね…(笑)
kichi >> 空間割りはグラグラの実の能力なんでしょうかね……? しかしいきなり青キジ、ミホーク、黄猿と、なかなか飛ばしてきましたねぇ。
LD >> 「あねどき」は、桜井さん、かわいいな……と。( ・`Д´・)φ
LD >> ミホークと黄猿の技は、白ヒゲじゃない奴が止めているのが凄いですね。どちらも“勝てそうにない”を完成させているキャラだけに。
kichi >> ねえちゃんを喰いかねない勢いですねぇw>桜井さん   ……まぁ、なんかいまいち方向性が掴めない感じはしますね……>あねどき
カルマ >> サクラが泣いている感じにいまいち乗れないですね。>ナルト
LD >> いずれにせよ、遠距離攻撃は全部空間をずらされて白ヒゲに届きそうにありません。……直接叩き込む事に成るわけですが…コイツ接近戦は滅茶強だろうなあ〜w
カルマ >> 桜井さんが可愛くなるのは読めてましたけど…うーん。 お姉さんが弱いですよね。新しくお姉さんらしいお姉さんを出しても良いと思うくらい。
kichi >> それだけでスゲェって思えますもんねぇw>止めてる   正直デザイン的にはそれほど強そうな感じを強調はしてないように感じたマルコなんですが、やっぱ強いんだなと納得させられてしまうなぁw
LD >> あねが何を考えているか分からないのが、いろんな意味で大きいですね。洸太を説教しても、自分に何か金持って逃げた疑惑があるままだと、どうも強い言葉に思えないんですよね。>「あねどき」
カルマ >> 少なくとも防御に徹すれば隊長格=七武海クラスですよね(笑) 戦って勝てるかは別としましても。
LD >> え〜と、あねの謎をひっぱるとしたら、別のフックを用意した方がよくって、楠田や曾我部以上
LD >> →楠田や曾我部以上の、男友達キャラを置いて「牽引役」にした方がいいかも。……あるいはモロに桜井さんのライバルを出して洸太モテモテロードに入るかなんだけど……(考)
LD >> でも、本質的には、大した謎(ひっぱる程の謎)じゃないなら、さっさと山場含めて開陳して、あねが居候する根拠を置いてあげる方がいいと思う。
kichi >> ……ん〜、私の印象ではあね(と呼ぶの違和感あるんですがw 隣のねえちゃん的意味合いであねって呼ぶのは変な気がしてw)のキャラ自体はこれでもいいと思うんですけど、展開がいまいちに思えるかなぁ? もうしばらくは主人公と二人に絞ってあねのエロスにドギマギってので押してって良かった気が……w
LD >> 「ぬらりひょんの孫」の展開は正しいです。先週も言いましたが特訓編なんて正直後回しでいいし…。あと、河童が仮面ライダーアマゾンだったので満足です。
カルマ >> お姉さんの高校に潜入でもしてお姉さんキャラの増加をですね(ぉ
カルマ >> あねのエロスにドギマギ<僕もそれを期待していた1人ですが、お姉ちゃんのキャラクターがそれに寄らせないところがある感じがしますね。
LD >> 主人公と二人に絞って> いや、そこは桜井さんくらい入れていかないと「弱い」とは思いますが…。う〜ん、どうせ謎ならメリーポピンズよろしく魔法でも使ってくれればいのにw
カルマ >> ぬらりひょん良いですね。あまのじゃく…じゃなくて、展開が(笑)

MANKEN CHAT(1.1)