漫研チャット
名前:
発言:
[正面] [取扱] [過去ログ]


■■■■2009年08月15日■■■■
LD >> 「鍵人」は、トーン子と、ネコミミ子で、下手を打たなきゃもう勝ちな気がしてしょうがないので……あった……。(´・ω・`)
kichi >> まぁ、謎を強調しすぎとも思うんですよね。ミステリアス属性付与のための謎程度で充分なはずで……。でまぁ、同居ラブコメ的ドギマギに絞って押していっても私的には充分なものにはなりそうなんですが……、ジャンプ的には弱いかなぁ、たしかにw
LD >> 「ぬらりひょん」……敢えて論えば、つららと、ゆらを出してない(ゆらはチラと回想)のが難点だな……(`・ω・´)
?さん >> サンマガの作家さんはコミケ休みとりづらそうで大変ですね
kichi >> 「ぬらりひょん」はまぁ……妥当というかw 小ネタをちらつかせつつ順調な展開で良いですね。
LD >> ミステリアス属性じゃないんですよねw…普通に考えれば単なる金を持ち逃げした家出娘に見えるw
kichi >> 「鍵人」のトーン子とネコミミ子はいいですねw あの技も、ゆっくり丁寧に切ることもできるってのを見せてていい感じです。
GiGi >> ども。今期のアニメ?はガンダムしか見てないGiGiです
LD >> 「鍵人」それと、冒頭は鍵人対鍵人をやって、その後は非鍵人との対決をして行こうという流れも悪くない感じかな。
LD >> んちゃっす。
LD >> 「スケットダンス」、やはり一番妥当なツッコミは「親子か!」だと思う。ヒメコのおかん属性ゆえに…(`・ω・´)
GiGi >> ワンピースはめちゃめちゃ楽しいですねえ。中将ズにガープがいないのは意図がありげ。
kichi >> この将軍さんも敵か味方か判断難しい見せ方が気になりますし、やっぱなかなかいい感じで進んでますよね>鍵人
LD >> 「黒子のバスケ」、パンチパスもいい感じ…やはり緑間を組めた所で「掴めた」感じがします。…今は“桃”をマネージャーにつかってしまったので、後、2色、何色だろう…と悩んでいる所です。
カルマ >> あぁ、僕も「敵とは思わないのかな?」と読んでいて引っかかりました>鍵人
カルマ >> 今期のアニメは絶望先生とワンピの女人島編という有様ですね(笑)
LD >> 将軍はいい人そうだけど、とりあえず戦う事にもなりそうかなと。クロコダイルみたいな感じかなと。
kichi >> ん〜、赤白かな?>2色
LD >> 「リボーン」の設定は、なんか分かりにくいような、そうでもないような……まあ何かミルフィオーレ・ファミリーの成り立ちとかけっこう複雑ですね。
LD >> ああ、白だ。白ですね。あるいは白銀w>「黒子」
LD >> 「バクマン」ですが、5本ともそのまま落としてしまいましたねw
LD >> ちょっと、こうなると「読め」ないですねえ…。一段落つくまで様子見という感じですね。>「バクマン」
kichi >> ……並行世界の考え方にいまいちしっくりこないものがあるんですけどねw 普通、同じ世界をやり直すわけじゃないはずなんで、他の世界全部の歴史を塗り替えたかのような説明にはど〜も違和感がw>リボーン
kichi >> 「バクマン」は……そうですねw ほんとにこんなアッサリボイコット成立しちゃうとはなぁ……w わからんw
LD >> 「めだかボックス」は、あの風紀委の正論に対して、めだかちゃんが、どう回答をするのか楽しみです。……めだかちゃんの“格”が決まると言ってもいいかも。
カルマ >> バクマンは…編集長クビになりますよ(笑) ニュースにもなって(汗)
ルイ >> おはようミナサマガタ。
GiGi >> 将軍さんの扱いはわりとバランス感覚を要求されそうで、どう処理するか注目ですね>鍵人
kichi >> あれ?今週のですでに決着してたわけじゃないのですか……>風紀委の正論に対して
kichi >> 普通に考えたらそうなりますよねw あんな理由だしなぁw>編集長クビ
カルマ >> もがなさんの水着がハイレグすぎやしませんか>めだか
LD >> 「トリコ」はストローくん、いろいろ気色悪いなあ〜w でも、次のフェーズに対していろいろとワードを揃えて来ていますね。グルメ界とかGODとか。
ルイ >> ちなみに僕はカナーンかなり好きですね。428はやってないけど、さして必要性を覚えていない。
GiGi >> 編集長クビルートですね(笑)。うんまあやっぱりサイコーが折れる形でまとまりそうですね
LD >> いや、もがなさんの水着は実はそんなハイレグではありません。…わたし、食い入る程見たからわかるんです。(`・ω・´)しきーん!
LD >> ふむ。たとえば、どういった所を観ていますか?>「カナーン」
カルマ >> …ん?ああ!水着の柄か!まぎらわしい…けしからん(笑)>もがなさん
LD >> たしかにアクションとかはいい感じなんですよね。>「カナーン」 …ただ、どうも話の流れが掴めないのでガチッと全体がはまる感じがないのですよね。
ルイ >> 基本的には執着の連鎖ですけど、大元は「カナンになれなかった人の、なれた人への感情」ですかね。真綾キャラ押さえておけばOKという感じ。
kichi >> ストローさんはなかなかいいキショさでしたねw ……しかし、そういえば情報出た週はスルーされてそれっきり触れられてなかった気がするんですが、今回のGODも含めてですけど、グルメ細胞がクラゲ云々で人為的ってことにしてるらしい設定はどうなんでしょう……?せっかくの未開の世界観を台無しにしかねない気もするんですけど……(´・ω・`)>トリコ
GiGi >> ハイレグではないてすが変なデザインですね>水着
かんで。 >> おはようございます。ラジオの時間がかぶって残念のかんで。です。
ルイ >> トリコは面白いですねえ。
kichi >> おお、ほんとだw>ハイレグじゃない   まぁ、もがなさんに続き良いキャラ投入されてていい感じですね。持ち直すといいなぁ……>めだか
ルイ >> 「リボーン」はやり直すも何も、全並行世界の情報を各人が集積してもってるから、そのまんま直線で全世界ヤっちゃうんでしょうね。まぁ結局しっくりはこないんですがw
LD >> 「カナンになれなかった人の、なれた人への感情」> 掴んでるじゃないかあw…いや、そういう形は見えるんですが、どうも……なんだろ?さっきいったように最後まで観てもう一度観直すとそこらへんがくっきりしてくる。逆に言えば今は薄ぼんやりしている感覚なんですよね。>「カナーン」
ルイ >> かなり再見性を意識しているのは確かだと思いますよ>カナーン
ルイ >> かなり再見性を意識しているのは確かだと思いますよ>カナーン
GiGi >> トリコは真面目にSF考証するといろいろと怖い話も思いついたりもしますが、まあまだ考えなくてもいいかな、とか
LD >> おはようごさいます。かんで。さん。…ペトロニウスさんがとにかく自由時間が限られている人なんですよねえ(汗)
ルイ >> でも、それを未見である「428」に頼る必要はないように思える、という事ですね。1話でじいちゃん子供の兄弟がしっかりウーア患者逃亡手引き者を車ごと爆撃してたり、二話で既にリャンチーがネネの新曲着メロにしてたりwそういうのは作品内で集まるのであって、「わからない」→「わからないのは、わかりようがない428がベースにあるから?」というのはちょっち違うと思うのです。とりあえずかなり面白いです。
ルイ >> 「めだか」はホントに不人気なのかな?よくわからんち。
LD >> 「リボーン」は、何というか、ある意味、意識して複雑なバトルをやろうとしているようにも見えますね。…僕は、ちょっと複雑だとすぐに「分かりずらい」と言ってしまうのですが、もうちょっと掘り下げてみてもいいかも。
ルイ >> ラジオは普通にムリなので、あとで三行…←最低だ!
ルイ >> しかし入江くんが異様にかわいそうなんですがw>リボーン こう、設定の障害となる部分は全部入江くんをヘタレにして理由作ってません?w
かんで。 >> と、いいますか、その限られた時間の中でペトロニウスさんがラジオをされるということに驚愕しているところです。遠慮して声かけてなかったんですがw>LDさん
kichi >> 単純に掲載順を気にしてるだけですけどねw>めだか不人気   ……とらぶるが固定枠なんだとしたら次の改変期切られるのは現状だとAKABOSHIとめだかに見える……(´・ω・`)いぬまるやジャガーと争う枠かと思ってましたが、わじまを切れば済むんならそうしてほしいなぁ……くらいしか希望が見出せない
ルイ >> まぁAKABOSHIは間違いなく終わりますけどね。
ルイ >> 一番最初に言ったけど、中華色と異世界ファンタジーのバランスってことで、やっぱ漢字を使いすぎたのが根本的にミスだと思うんだよな。ま、終わった時にでもw
LD >> ふむ。それは最初に言った、 まったく、以前有った事の情報を出していないワケではないのですが、とも言っている通り、ともかく細かい情報を拾って行く作品…という事になるのかな。ちょっと腰を据えないといかんな。>「カナーン」
かんで。 >> 鬼瀬は本当に西尾維新なキャラだなぁ、と思って見てました。個人的にはあんまり好みじゃない。ぺらい感じがして……。
ルイ >> 「めだか」に瑕疵を探すとすると・・・全体的にキャラクターの完成度が高すぎて、主要キャラに上積みがないのはつまんないかもしれないですね。ギャグものは基本そういうものなんだけど、一応ラブコメ軸なり学園モノとして捉えようとした場合、この受身の天才三沢光晴状態はちょっと刺激がないのかもなぁ・・・。
GiGi >> アカボシもそんな下手打ってる感はないのですけどね
ルイ >> 多分ね、ウィルスやばいちょーヤバイって前提と、カナンにとってマリアが「執着」たりえる何かがかつてあって、それがカナンという喪失を繰り返した少女にとっての最後のよすがだ、と。そこだけでいいような気すらするw
LD >> 「アカボシ」は可もなく不可もないマンガという感じです。「オバタイム」よりは可が多くなっているかな?……ギミックにアイデアが載っていなかったのが良くなかったんじゃないかと思いますが、結果論で喋っている気もします。
ルイ >> まあ、全体的に西尾維新なキャラなんではないでしょうかw
ルイ >> 僕はアカボシ、オバタイムよりすきじゃないかも。関を突破したところまでは良かったんですが、次が「最強の男を目指して都」ってのは。
かんで。 >> アカボシ、水滸伝なんて美味しいネタを使ってるのに……武松ファンは嘆く(汗)
ルイ >> 水滸伝はおいしいネタなのかな?wそもそもがンマイ話の寄せ集め英傑伝みたいなところがあって、そこからエピソードを抜いてキャラクターを残す、ってーと単に異世界ファンタジーの足かせになるような気もwまぁゲッサンの方も注目しとこっと。ハルノクニの人だし。
LD >> カナンという喪失を繰り返した少女> そこらへんがぼやけていると思う。…きっとそうなんだろうなとは思えるけど。で、そこらへんを強く読み取って行く感じになるのかなと。
カルマ >> アカボシは普通という感じですね。実は鍵人も近い印象だったり。鍵人の方が少し上くらいの印象です。
kichi >> まぁ、めだかちゃんと真正面から激突できる(幾分ぺらい)正論キャラって意味で作品的にはいいポジションだと思うんですが……ってそういうあまりにも役割がはっきりしすぎててイマイチって言われればそれはそうかもですねぇ……(´・ω・`)う〜ん>鬼瀬
LD >> さて、そろそろサンデーいきましょうかジャミルだめですね。
かんで。 >> 水滸伝はオッサンキャラ萌え人間にとってはパラダイスなんですけど、なんでタイソウがおっさんじゃないの……とか、まぁジャンプだから仕方ないんですけど。
ルイ >> だから一気に喋るなとw
LD >> だって……「鍵人」にはトーン子がいるじゃん?(´・ω・`) この差は大きいよ?(←フルートは?)
ルイ >> あ、正確には「キャラクターの“名前”を残す」ですね>アカボシ 換骨奪胎のバランスが三国志と比べてあんまり解答例が出てないと思う。
ルイ >> フルートの使い方が悪かったですね。>アカボシ
カルマ >> めだかは全体的にキャラの面白みがないのはそうですね。役割を果たしたあとで出てこれるのか? …なんか絶望先生思い出したりしました。
LD >> 。o(…「一騎当千」が出た時、実は「水滸伝」こそ、ああするのにピッタリなんじゃないか?と思った事は黙っていた方がいいかな……)
かんで。 >> 「めだか」はキャラ総登場後の確変待ちですね。でも何も起こさない可能性もあるからなぁ……。
かんで。 >> あ、それ私も思いました>一騎当千は水滸伝でやるべき
ルイ >> 面白みがない、というのは語弊があるかもしれないんですが・・・何がイベントが起こって「どう対処するか?それを経てどうなるか?」が主要キャラの役割で、ギャグものは勿論前者に寄ってるんですけど、「めだか」はそのへんがどっちつかずかなってのはありますね。多分水戸黄門並みに「今日も日本晴れ!」みたいなルーティンで眺める余裕を持てば西尾的言葉遊びを愉しむだけになるんですけど、じゃあジャンプ読者がそれに対応できるかってのが・・・まあ、あくまで「不人気なら」ですけどね。僕は最近結構いいと思うですよ?w
LD >> 僕は、善吉も、不知火も、もがなも好きですけどね。…めだかちゃんもこれはこれでアリかも…と最近思うようになってきた。…ただ、ルイさんのキャラの完成度が高すぎるという指摘は真っ当……いや、本当に不味い所かどうかは分かりませんが、急所を突いている気がしますね。
ルイ >> 幻想水滸伝をエロゲでやれってことですね。
kichi >> ……まぁ、不人気ってわけではないのかな?掲載順に関しては時期が悪かったっていうのが大きいかもしれませんね……。
かんで。 >> 私は内面描写好きな人なので、第三者視点ガチガチな西尾維新は苦手なんです。その辺は個人差があるところなんでしょうね。
LD >> ふ〜。そろそろジャミルだめな話に戻ろうかな。
kichi >> 私も好きです>善吉も、不知火も、もがなも、めだかちゃんもw
ルイ >> 寧ろ「役割はなんじゃらほい?」みたいなね。キャラも、作品も。>カルマさん
かんで。 >> 今のところ「めだか」の登場人物は劇で配役を演じているような感覚があって。その辺を肯定できるかどうかが評価の分かれ目になるんでしょうね。
カルマ >> うーん、なんか違和感があるんだけど、言語化しにくくて困ってますね>めだか  不知火が好きなのはトラブルメーカーとして回っているからかな?
ルイ >> ふむ。僕はネコ先輩が好きですけどね。あと水泳部の先輩2人も好きですけどねw
LD >> ジャミル〜…orz 期待していたのになあ…w まあ、がんばれ。虎金井天下くらいがんばれ。応援してるぞ。
ルイ >> ふむ。LDさんはいつもの癖でジャミルになんかでっかいものを観ていたのかな?僕は案外こういう奴だと思ってたんだけど、ああそうだ。
kichi >> ルイさんの話の繰り返しかもしれませんが、完全に配役に徹してるだけではない、悪く言えばブレもある感じが個人的には好きなんですけどね。当面の役割を終えた後も積極的にキャラまわししてる辺りからも、役割を超えたキャラ積みをしようとしてる意図は感じますし。>めだかキャラ
ルイ >> 「自分も奴隷である事を知っている」だったか、ここにアクセントを置いた文章の書き方をしてる時点で、ああなんかLDさんの中のジャミルでっけえ・・って思ったんだw
ルイ >> 結構西尾作品って、開始時点でクリア後セーブデータみたいな所もあってw
LD >> いや、僕もめだかのデレモードには違和感を感じてはいましたね。…ただ、まあこんだけ繰り返されると、こういうキャラと思わざるを得ないというかw…とりあえず腑に落としてはいます。
かんで。 >> ジャミル……合掌
ルイ >> 僕はめだかデレに関しては、LDさんがどんなに寛容になっても認めないw
kichi >> 私もジャミルはそんなに大きくは見てなかったので、まぁ、「あー、やっぱこんなもんかw」くらいな感じで眺めてましたw LDさんの言うような格を見せてくれたら面白いなと期待もしてたんですけどねw
カルマ >> ジャミルはまぁ、奴隷刺したりしてましたし、小物感もあった印象ですね。
LD >> 案外こういう奴> いや、大高先生の作家性から考えても、どっかで分かってはいたんですが、いくつかの行動がハマって夢見てしまいました。…そんなに怯えるなら少数精鋭じゃなくってもとジャラジャラ連れて行けよ…とかw
ルイ >> なんてこった、ジャミルにシュナイゼル格を見ていたというのか!orz
かんで。 >> まぁ、キャラとして成立していることは認めるんですけどね。でもなんか作られた感があって……何なんだろうなぁ、この違和感
kichi >> ジャラジャラ連れてったんだけど入口で消えちゃったとかじゃなかったでしたっけ?……自信ないですが、そんな説明あった記憶が……>少数精鋭
かんで。 >> シュナイゼルはさすがに無いかなぁ(汗)
ルイ >> でまあジャミルはそこそこにして、アラジンのウーゴくん情報の出し方がなんかもう凄いですね。情報小出しの見本のごたる。
LD >> 「神知る」ですが、幼馴染み子、レギュラー化です。……“幼馴染み”、“記憶は残っている”…設定は間違いなく「強い」ですね。……でもスタンドアロンのキャラが……図書子の格落ちに見えてしまうのが残念に思っています。
かんで。 >> 幼馴染み子可愛すぎる、最高!!
ルイ >> うーん、天理は何か惜しいですよね。
ルイ >> お、僕とLDさんと、かんでさんとの間にギャップがw
LD >> そうそう、アリババの方はガチで、凄い……少なくともある程度はやる奴という事で格を上げてきていますよね。ようやく「お前のこといろいろ教えてくれよ」という会話に戻ってきて、アラジンが素直に「うん」と答える組み上げもナイスです。
かんで。 >> アルバトロス人格も含めて、素晴らしい。大好き(爆)
kichi >> ん〜、この場合図書子を出してしまったことの方が失敗だった、みたいな印象ですかねぇ? 私は幼馴染み子のキャラ自体はこれでいいような気がしてます。>神知る
ルイ >> 若干死亡フラグっぽさが香るのがなんともいえないですね>アリババ
カルマ >> 天理は微妙ですね。素のキャラも弱いし、入ってる人格も普通…ですね。
ルイ >> 図書子を失敗ってのはちょっと遡及しすぎじゃないかいw
かんで。 >> 私はキャラがかぶること自体にはマイナスを感じていません。どっちもかわいい。大ラッキーw みたいな。
ルイ >> 内気なキャラが動転して気絶すると強気なキャラが出てくる、というのはまぁ良いとして、やっぱ造形がイマイチ気に入らないです。内気を目を隠すという特徴で表現した時点で型落ち感が出てきてしまうし・・・何か別の外見的特長はなかったもんかなと。いっそ、アホ毛属性に踏み込むとかさ。
カルマ >> 図書子は大好きですね。 幼馴染という属性自体は強さを感じないです。よくいう「ヒロインだからヒロイン」みたいなキャラになってしまうのでは。
GiGi >> 神しるこれは予想外の展開だなあまったく読めん(笑)
LD >> う〜ん(考)、キスで幸せ過ぎて気絶、また二重人格など、確かに置かれている設定で充分な気もします。……でも、僕はこれまでのヒロインはそういう「強い」設定に守られていないのに、それぞれ連載一本クラスの「強さ」を持ったキャラだった事に魅力を感じていて、そこから考えると天理は逆に設定に埋没してしまった印象を受けてしまうんですね。
かんで。 >> まぁ、現時点でキャラが弱いと言われればそうかも知れません。なんだろうな、属性なのか、それでも可愛く感じる。
ルイ >> まぁ、それこそこれまでのヒロインと比べて必要性に迫られて生まれたキャラって事なんでしょうね。
LD >> 予想外というのは天理がレギュラーになる事ですか?
GiGi >> おお、不評なのか興味深い。私はアリですね(笑)>天理ちゃん
ルイ >> あまり予想外という印象はなかったり。基本構造は変わってないですよね?
ルイ >> アリかナシかって二元の話はしてないつもりだけど。
かんで。 >> むしろ、明確なガジェット無しに存在を成立させてしまった辺りを評価してたりするのですが。なんというか、存在がリアル。
LD >> それでも可愛く感じる。>それはそれでいいんだと思いますw…僕も図書子もそうですが、武道子とかも好きで、ああいうキャラもう一人出しても全然喜びますしw
GiGi >> ですね>レギュラー化。むしろそのキャラの弱さを買われたのかも?
ルイ >> ふむ。設定で包み込む事をガジェットなしと言い切ってOKなのかってのも気になる部分だなぁ。僕は先ほどのかんで。さんのめだか評って、ある意味この娘が一番当てはまるような気すらするんですがその辺いかに。いや、僕も嫌いじゃないから、単なる疑問なんですが。
かんで。 >> めだかのキャラにはダイブできないんですよ。天理は今回のアップのカットでダイブ出来た、その違いです。
GiGi >> いや、モチロン彼女がいることで面白いプロットが組めるかどうかが一番重要です。その点で、展開の自由度も含めてレギュラー化というのは面白いなあと
ルイ >> あれれ、true tearsがまた突き放してるw ν速が本気出したか?w
ルイ >> まあ色々言ってるけど、エルシーにハクアと天理でバリエーションもたせてるかんじですね。
かんで。 >> その辺は主観的であって、客観的批評にはならないのかも知れませんね。
GiGi >> 天理って立ち位置は本命なんだけど、いつでも身を引けるキャラなんですよね。
LD >> ほう。やはり、そこらへんGiGiさんと僕は感覚違うんだなあ…。僕はレギュラー化のためのエピ(少なくともその目が一番高い)だと思っていました。
LD >> いつでも身を引ける>む、けっこう重要そうな指摘だw
ルイ >> 立ち位置はともかく、設定格だけは妙に高いですからね。でもそれに伴うほどキャラが立っているという判定は僕にはないので・・・まあ、使いでのよいオプションになるんじゃないかなと。
ルイ >> 「ハヤテ」    やっぱ漫画が下(以下略
かんで。 >> キャラの見せ方、という意味では、「めだか」は全部喋って説明。天理は語らずに描写。それぞれの力点の置き方が違うところはあると思います。
GiGi >> 設定格高くてキャラも立ってたら序列1位になっちゃうじゃない(笑)
カルマ >> あぁ、幼馴染ヒロインとしては微妙という評価で、メインストーリーに絡む分には問題はないと思うんですけど…そうやって時々出るくらいのイメージしか持てないですね、今のところ。
kichi >> ……ん〜、私も役割的にこのキャラクターは妥当という印象の方が強くて、それほど萌えられてはないかなぁw 萌えということなら私はめだかキャラの方が……w この辺はやはり好みの問題ですかねぇw
LD >> 少なくとも天理に置かれた設定は強力で、いきなりロトの剣とロトの鎧を装備しているような状態ですよね。…普通なら、もう他のヒロインは寄れない(寄れない故に波紋はあるかもしれないけど)、それに対してその最強装備を強く振るわないキャラとして天理の設計がある所までは「読め」ますね。
ルイ >> でも逆に言えば、圧倒的な設定という天から降ってきたエネルギーに頼っているという指摘もできるわけですよね。それに頼らず言葉で・・・っていう評価も。何を好むか、という違いはあるかもしれないんですが。。。ううむ、好みを越えて、ここにリアルを感じるってのはなかなかわからない部分で、課題かもしんないです。
かんで。 >> まぁ、ヒロインはエルシィだし。
LD >> 設定格高くてキャラも立ってたら序列1位>そうそうwその話、その話w ただ立てない…じゃなくって振るわないキャラにした…それが図書子かぶりでも…という事かと。
かんで。 >> 最強の装備を持っているけど、そのことに価値を見出せないキャラになるんでしょうかね。「CARNIVAL」の理紗みたいな。
GiGi >> ええとですね。ハヤテが天王洲関係でやった失敗と真逆のことをやったと考えると分かりやすい
LD >> 教員子だな。(`・ω・´)しきーん>ヒロインはエルシィ
ルイ >> gigiさんが言ってる技術論的評価でいえば、多分誰も異論はないと思いますね>アテネの真逆
kichi >> エルシィヒロインっていうのは正直懐疑的ですが、でも教員子は無いような……w
ルイ >> ふむ>LDさん じゃあ最終的に、意図的にパワーバランスで人気の図書子のサブ気味な印象を付与する事で突出を抑えた、くらいの「読み」をしておくのが、今後のためには一番愉しそう?w
ルイ >> LDさんは言ってるだけだから。言いたい年頃なだけだから。>教員子は無いような
カルマ >> あぁぁ。多少合点はいきました>最強装備を強く振るわないキャラ
かんで。 >> 教員子はさすがに無いでしょう(爆)
LD >> そのことに価値を見出せない> この場合、多分、トリガーが引かれれば振るうのですよね。…ただし、並列志向のこの時代、まったく発動しないか別の事に使われる可能性があるという事かなと。
かんで。 >> 作者はアイマスのあずささんにハマってたんですよね。それで行くとやっぱエルシィが本命では。
ルイ >> 本命は別にいないんじゃね(真顔
kichi >> いや、分かってますけど、ついでにツッコんでおこうかな、とw>言ってるだけ
かんで。 >> そのトリガーに期待ですね。ドキドキです。想像しただけでもう萌え死にそう。同人誌描こうかなw
LD >> サブ気味な印象を付与する事で突出を抑えた> そこは今後ビルドされる事はされるんじゃないかな。ただ、それがどの程度制御的に行われるかが注目所……と言ったら嫌らしい観方かなあ?w
かんで。 >> あ、それもありなのかも>本命はいない
ルイ >> ただ設定格で言えば幼馴染子が圧倒的なので、「神しる」の物語を経たあとの日常が続くなら、自然と天理が・・って形になるとは思いますが、そこに主眼が置かれている形になるイメージはないな・・・まぁ結局、最終的には物語のテーマ・構造のイメージのママですね。
GiGi >> あずささんスキーなのかなるほど
ルイ >> とにかく「ハヤテ」が酷いんだ。多分最初のアニメ化で色々間違えちゃったんだ。
LD >> エルシィが“無い”とエルシィがメーテルになるんですよね。…それはイメージしずらい。んじゃエルシィなの?いやいや、それは…というあたりで思考がぐるぐるしています。
かんで。 >> ウィングマンのアオイ=エルシィ、美紅=天理 みたいな立ち位置なのかな。
ルイ >> メーテルとは強く言ったものですね。別に5巻のドラえもんでもいいよ?w
ルイ >> ん、僕はそのイメージ近いです>ウイングマン ただしこの作品はもっと「桂馬にとっての世界の見え方」の話だから、そちらにあまり重きを置いてないだけで・・。
LD >> (`・ω・´)。o(……む!最近、マリアさん胸おっきくなってないか?)
GiGi >> どこまで最初から設計したのかはわかりませんが、天理レギュラー化で本命がいない構造が完成したようには思いますね。もちろんその上で天理エンドもあり(成り行き次第)
ルイ >> エルシィはメーテル→李さん一家で綺麗になるんじゃないですかw
かんで。 >> そうなんですよね、主題とは離れてしまう、という。
ルイ >> 誰エンド、ってのは難しいなぁ。最後に隣を歩いてるのは天理、って意味ではギギさんにまぁ同意。
GiGi >> ああ、そうだ正ヒロインはよっきゅんだった。失念してた(笑)
ルイ >> うん。ずっと思ってたけど敢えて言わなかったw>よっきゅん よっきゅんサヨナラ、という形になるにしてもそれこそ正ヒロインだよね、強いて言えばねw
LD >> アオイ=エルシィ> 正にそれですけど、僕はエルシィにアオイさんが演じきれるようには見えてない所があります。キャラ的にね。…いや、勿論、作者がそう描けば描けるんだけどw
かんで。 >> 後は、よっきゅんにそっくりの転校生登場!!とか
GiGi >> これ以上いじめても涙も出ないよ…ハゃ
かんで。 >> 性格が違い過ぎるんですよねw>あおいとエルシィ
LD >> そう。エルシィってキャラはどうも李さん一家化するイメージが強いw…ってえらい「神知る」話をしているなw
ルイ >> ははwwでも連載当初イメージしていたまさにそのままのイメージなんですよね、実は。>よっきゅんそっくりの転校生 要は現実にギャルゲーそのままの属性を持った子が出てきたらどうする、って話なんだけど・・・なんかそのうち、存在消えるアイドルとか、ちっさくなる少女とかリアルがファンタジーじみてきて、そこの対比にあまり価値を見出せなくなっていたw
かんで。 >> 初めてサンデー時間に私がお邪魔したからかも(汗)>「神知る」話
LD >> そして「アラタカンガタリ」の発見!……コトハの出番が少ないと俺様異様にテンション下がるよ?(´・ω・`)
GiGi >> マギはこのダンジョンを攻略したあとどうなるのかがまったく想像がつかなくて保留しています。明らかにまだプロローグですよ…ね?
かんで。 >> コトハかわいいですからねぇ。
ルイ >> うーむ、いじめではないことはないんだけど← ハヤテで言いたいのは、まずキャラクターを展開の具をする事からいい加減はなれた方がいい、って事なんですよね。このキャラクターはどんなキャラクターとして造形して、どういう事を言ったりやったりしてきたか、ってのを、アニメとか声優さんとかから切り離して、捉えなおした方がいい。じゃないとこの同人化、とまらないですよ。
LD >> ちなみに「はじめてのあく」の水掛けキョーコの姿には萌え散りそうになりました。(´・ω・`)
GiGi >> なんだろう…ジョジョ大一部の序盤のような印象?(笑)
かんで。 >> でも、秘女王様の身体が成長しているので私はOK
ルイ >> そも、何をすれば攻略なんだいリリン。
ルイ >> このサイトは、っていうかLDさんはもう「はじめてのあく」になるとダメだな、使い物にならんw
LD >> 正直、ヒナギクを描けば描くほど、ヒナギク人気がよくわからなくなるアルヨ………って、前、僕違う事言ってたかな?(汗)
ルイ >> 今回はヒナギクは勿論ですが、マリアさんもマズいですね。とにかく「思い切らせたいから思い切らせる、ボケさせたい時はボケさせて、ツッコませたい時ツッコミにする」という負過ぎるスパイラルが止まらない。多分西沢さんくらいしかキャラが生きていない。ヤバイです。
カルマ >> むしろファンの方がヒナギク像がしっかりしてて、少々の原作のミスではびくともしない説(笑)
かんで。 >> 私正直ヒナギク嫌いです(言い切った!!)
kichi >> 「はじあく」はまぁ水かけキョーコも良かったですけどw、田舎でのんびりな日常回としてしみじみ良かったですね。……まぁ、ジローママンの強烈なキャラでぶち壊し気味でもあったんですが、そっちはそっちで楽しかったのでまぁいいやw
GiGi >> ええと、どうすれば攻略かもわからないけど、よもやこのまま何十話もダンジョンさ迷うわけにもいかないでしょう(笑)
LD >> な…!Σ(´・ω・`;)ノノ >使い物にならんw
ルイ >> 嫌いという強い感情を持てる分、寧ろうらやましい、みたいな・・・?←なお酷い >ヒナギク
GiGi >> ケンイチ良いなーこのまっすぐさには心洗われる
かんで。 >> 私は伊澄さんを愛していますから。
ルイ >> 一瞬「のび太と竜の騎士」的な、ダンジョン都市を楽園にするイメージが浮かんだのだけれど、何せモルジアナの太陽を観にいく約束と全力でバッティングしちゃうし食料が自給できそうにないぜ。トホホ。
kichi >> ……田舎でのんびりな日常回としてっていうよりは、仲良し家族回としてかなぁ?(読み返しつつ) その仲良しぶりに的確なツッコミ入れるキョーコがいいのですよねw
かんで。 >> 観鈴的な魅力が>キョーコ
LD >> あ、そういえば「月光条例」ですがw
かんで。 >> あ、そういえばw>「月光条例」
GiGi >> ATフィールドなんか張ってるから人から受け入れられないんだよーとか言われて動揺する結界師兄にちょっと胸キュン
ルイ >> 「境界のRINNE」の地獄描写はあまり好きじゃないかも。とはいえ、一般的なオドロオドロじゃない所に彼女一流の軽さを出したい感覚自体はわかるか・・・。何故それが昭和中期なのか、ってのはあるけどね。
kichi >> ケンイチは良いですねぇ。師匠たちも動いてるし、流れ的には一安心と思っていいのかなぁ?……まだわかんないか……>レイチェルの処遇
ルイ >> ん。「結界師」面白いですよね、今の展開。
ルイ >> 絶界を使う事自体を人間性と結び付けられちゃったら、もうグウの音もでんわ、みたいなw
かんで。 >> 1話読み飛ばしたのかと思いました(爆)>月光条例
LD >> そうそうkichiさんが言うように…いいいいいいなかでのんびりな日常回としての九州のだだだだだ大自然ののの……どー考えてもキョーコ、サイコーじゃん?(`・ω・´)ゞ
kichi >> 「結界師」も良いですね。こういう方から兄貴を追い詰めてきましたかぁ……w
ルイ >> 月光は月光条例っておとぎ話の主人公なんですね、わかります。
ルイ >> 溶けた脳で日本語なんていう高等言語を操ろうとするから・・・>(`・ω・´)ゞ
kichi >> ああ、なるほど……!>月光は月光条例っておとぎ話の主人公
かんで。 >> 月光条例は工藤さんの位置づけに完全に失敗している感があるのですが、今回みたいな扱いは妙にかわいさを感じたりするんですよね。
LD >> なんというか、ずばし「フランダースの犬」を生き延びた事にするさすが富士鷹先生という感じw
ルイ >> 工藤さん、失敗というか・・・まぁ当初の第二スタンド使いみたいなのは失敗でしたが、作品的に失敗してるのは月光その人だとは思いますw
カルマ >> 改変だけは好きになれないなぁ…>月光条例
ルイ >> なんかね。>さすが冨士鷹先生という感じ 「あかずきん」に続けてやられてしまうとね。これはある意味「うまい」と言っていいんでしょうね。
かんで。 >> 月光がいなくて、工藤さんが主人公だったら、より私向け(爆)
LD >> 工藤さんはスタンドアロンではミスのないキャラだと思います。むしろ彼女は良い女優なのに、他の役者さんがキツくて損をしているように見えます。
ルイ >> いやカルマさん、その論調だと以前僕も批判していた人なんですけど・・・赤ずきんを踏まえ、次のセレクトがフランダースの犬で、しかもこういう結末にするってのは「正しい」と思います。大したもんだと思う。
かんで。 >> ああ、確かにそうですよね>他の役者さんがキツくて損
かんで。 >> 老人ネロは有りだなぁ
kichi >> 絵本改変自体もメタ構造的意味あいで処理してしまうことで“そういう物語”ってことにしちゃえば……案外通ってしまうのかな?なるほどなぁ。
かんで。 >> 老人ネロは有りだなぁ
カルマ >> あいや、フランダースは不覚にも感動してしまったんですけどね。 元が単なるお涙ちょうだいな話だっただけに(アニメしか知らないけども)、今回の改変に関しては悪くはなかったと思います。ただ、好き嫌いは別(笑)
ルイ >> 赤ずきんやフランダースは救いがなくて、だからこそ「救いはあるべきだ!」と考える人を生んだなら、その救いのない展開自体にやはり物語としての意味はあったんですよ。その事に縛られるとどうしても納得できないのだけれど、これ、「月光条例」という富士鷹式紙芝居の中だけのこと、と強く割り切った方がいいですね。この辺距離感難しいけど。
LD >> 改変あるいはそれ以前の作品に対する解釈へのつっこみは、以前、ルイさんがしていた話が真っ当だとは思うんですけどね。ただ富士鷹先生は「誰がどうだろうと!俺はネロに生きていて欲しいの!だからそうするの!」って言っているはずで…それはもう“富士鷹節”として「楽しむ」しかないですよねw
ルイ >> そう。LDさんとkichiさんに大体同感。で、その今LDさんが大文字にされていた部分をぼんやりではなく明確な主張・宣言とする上で、やっぱり赤ずきんから間をあまり置かずにフランダースや浦島太郎をこうしちゃう(悲劇を奪って、悲劇からの教訓・・・というニュアンスを溶かしてしまう)のは、まあ、自覚的な作劇ですよねって。
かんで。 >> 確かに、藤田先生の思い入れがストレートに出たというのは確かですね。それをストレートに楽しめるかはまた別の問題なのですけど、「赤ずきん」編はラストがあれでも、そこまでの流れで私は大絶賛。今回は正直微妙。
LD >> さて、そろそろマガジン。
ルイ >> うん、単話の構成としてはごっちゃごちゃしていて褒められたもんじゃないw>今回
カルマ >> 浦島太郎の方に触れないのはどうか?(笑)
ルイ >> あ、単話というか単一エピソード、ね。
ルイ >> 僕は_単位で触れましたがw
LD >> がまらんと おもってめくれば かちょうれいじょう (´・ω・`)
ルイ >> センターカラーを一つ増やせたのに皆お盆進行で死にそうざけんなバーローっていうからガマランの宣伝を入れたんだ(´・ω・`)
kichi >> う〜む、私は今回の内容自体は微妙だったんですけど、今のルイさんの一言で目から鱗状態です。先週の乙姫が月光の正体的なのを何か言いかけてたのは気になってたのですけど、そういうことかぁ! そう考えたらたしかに絵本改変アリだなぁw
カルマ >> 赤ずきんは人間界での話が良かったですよね。 単独で良いところはあるのですけども。
GiGi >> ティジクンはルイさんの期待通りIQの低い展開ですよ(笑)
LD >> 「エデンの檻」は、ここでケース・ベジータが!Σ(´・ω・`)
ルイ >> こういう望みじゃなかったんだが・・・wいや、作者の偏差値は別に60越えてて良かったんですが・・・w
カルマ >> ティジクン、先週と何がちがうん?
かんで。 >> ティジクンはGTOと区別が付かなくなって来るような……
ルイ >> (俺言っただろ・・・この作品、困ったら恐竜が動き出すって・・・)
GiGi >> 赤松先生と大暮先生がお盆休みですね、わかります
かんで。 >> 主人公のいないGTOというか
kichi >> やっぱケースベジータなのかなぁ……(´・ω・`;)う〜ん
かんで。 >> エデンの檻、豪腕ですねw
ルイ >> うーん?脳の欠損でこうなっちゃったのだから、情状酌量の理由たりえても、実際に治療できない限りケース・ベジータにはならないような。
カルマ >> 普通扉の裏に広告入れるわなぁ…これも読み続ける中での無意識の産物っ…!?
ルイ >> 「お前のまっすぐな目だけは俺の頭に残ってるんだ・・・さあここはオレに任せて先にいけ」 で、なんか悪い事全部頭のせいにしていい奴イメージで散華じゃね?
LD >> う〜ん、なんだろ?少年マンガ版「ホーリーランド」みたいな感じに?>「ディクソン」
カルマ >> 忘れた頃に動物がやってくるマンガですね。>エデン
ルイ >> あと、エデンの扉はこれ、数週前のマガジンヒロイン水着企画にハブられた恨み節な。ここ大事な。
LD >> え〜っと、この場だけ共闘して有田は走り去る……という展開が妥当な所かな?>「エデン」
GiGi >> ケースベジータってそういうことか。うーんどうだろう。そも、この子別に要らなくね?(酷)
かんで。 >> いかずちは電ではなく雷ですよ、というツッコミは無しなんでしょうか>ティジクン
カルマ >> 機長殺したって最大の謎バラしちゃったし、ご退場願ってもいいんじゃないでしょうか>サードマン
ルイ >> 人殺しは許しませんぜ、という線は守られているので、まあ死ぬと思いますけど、今回のエピソードだけで消化しきるかは微妙ですね。逃げもない話じゃないな。
かんで。 >> エデンの檻は幼女を出すべき。今の状態はいびつです。
kichi >> ケースベジータの捉え方が皆微妙に違ってたぽくはありますねw
ルイ >> あとは石仮面に…気をつけるんだ・・・奴はくせェーッ・・・みたいな事を言い残せば任務完了ですね>ご退場願っても
LD >> そんな「ガマラン」ですが、前回のヒキから一発目で既に一人屠っている速度は相変らず守られていますね。
ルイ >> 二次元なら幼女でも幼男でもオレ様気にしない。
GiGi >> 君待ちは埋設した地雷を踏みぬきながら展開してますが、どうなるんだこれは(笑)
かんで。 >> 有田はもう少し引っ張りそうな予感ですね。
かんで。 >> 私は気にしますw>幼男
ルイ >> 「ガマラン」良いっすね。あの狭い室内では一触即発、という読み手の意識そのままに、一気にしとめているのだから。ここでしとめないという事は、そのままガマの反応速度の鈍さというイメージに繋がってしまうんですよね。
LD >> サンデーで“富士鷹節”が炸裂する一方で、マガジンでは……“瀬尾公治節”が炸裂するのであった…。
ルイ >> 「君街」は、とりあえずとってつけた14番目の月。40年前ならともかくこのご時勢に遠距離だのを言い訳に14番目の月っていうふてえ根性は、やはり瀬尾先生が色々甘いなぁと。
kichi >> 「ガマラン」いいですね。ここにきて遠隔解説wっていうのも、解説する価値がある技にできてるので良い感じです。
カルマ >> ガマランいいですねぇ。殺しの判断もいい。
LD >> だいじょぶ!巻頭の扉みても、既に幼女扱いw>幼男
ルイ >> やっぱりこの漫画読んでる時、そこが気になりますよね>殺しの判断 今回は対人戦闘ですらない、という事になっているのだけれど。
LD >> 遠隔解説はありですよねえ。板垣先生は回想録解説ですが。
かんで。 >> ガマラン確かにかっこいいです。でも、今回の技の原理は体術の基本中の基本という気もしないではないですが(汗)
ルイ >> 烈海王ホント自重しろ。
kichi >> 「君町」は……そばかす子ちゃんをどう処理するのやら……(´・ω・`)
GiGi >> 「ゴッ輝」ゾクッと来たなあ。怖さがよく出てるいい演出
カルマ >> 課長令嬢は読み切り?の方が面白かった印象ですね。
LD >> そこらへんは、やっぱり無理してでも弓使いを殺しておくべきだったんですよね。物語の性(さが)というか変に見逃す方がそういう問題が起き上がる。
ルイ >> あれ?そうなのかな?弓使いを生かしたからこそ、今僕はガマの生殺与奪の「際」が気になって、そこをサンプルを増やす事で読もうとしていますよ?こういうモチベーションを付加した功績はあると思う。
GiGi >> 瀬尾先生は甘いというよりもやっぱり図太いというか、よくも臆面なくこんな展開出来ると感心します(笑)
かんで。 >> その扱いが受け入れられないんですってばw>扉の幼女扱い
ルイ >> あそこで弓使いも殺したなら、ことは至極単純で・・・まぁ、今の所納得できるようなものが提示されるかは微妙なんですが、期待はしています。単独戦闘…逃げる選択肢があってもプライドにかけて逃げない…何かこう、どっかに引っかかるポイントがあるはずなんだ。
ルイ >> 図太いの方が正しいw
カルマ >> いや、僕は弓使いは生かし、今回の敵を殺すというのはラインが明確化されて良いのではと思いますね。 これで、他の兄弟は誠実だけど強くて、殺さないと勝てなかったりするかもしれない。
ルイ >> まだ「ラインが明確化」というほどのものはないと思うんだけど。でも「何かラインがあるのではないか」が愉しさに繋がっているという点ではカルマさんに同感ですね。
kichi >> ……というか、「課長令嬢」は連載でやるのは厳しそうですねぇ。このネタでどれだけ引っ張れるもんなのか……。来週からはじまる「GE」もですけど(汗)
LD >> そこをサンプルを増やす事で読もうとしていますよ?> ふむ。ポジティブでよいです。まあ、僕の話は一般的にはここの際は難しいよという心配の話ですね。
GiGi >> うん、LDさんは「気分で殺す」ことに懸念を持ってるみたいですが、この子は気分で殺す子なんだと表明したのはある種誠実かなとも思います
ルイ >> うん。「課長令嬢」はだから、短期の当時もいったけど、課長代理令嬢とかパートチーフ令嬢とか、タイトルをコロコロ変える勇気があるなら。それ以外は続きそうにないです。
ルイ >> 「気分で殺す」のも一つの解ですよね。それもアリだとは思うな。まだ確定ではないと思うけど。
LD >> 「だぶるじぇい」は何かどうしても野中先生の絵にリイマジネーションして読んでしまうところがある(´・ω・`)
ルイ >> 社長子息なんだけどパンピーの不利してる美男子を出せば構造的に・・・(いつもの妄想
kichi >> ……ん〜、気分でっていうか、私は単に「勝負」=「生死」って価値観ではないだけだと思いますけどねw 前回はたまたま殺す前に勝負がついてしまったというケースなだけで、殺さなきゃ勝てないという状況だったら躊躇なく殺してたんじゃないかなぁ?まぁ、今回は爺さんを殺されてたことで明確な殺意も持ってたようですが。
かんで。 >> 課長令嬢は新キャラに期待しましょう。このままだと辛すぎ
GiGi >> そして「ベビステ」素晴らしいねえ!素晴らしい。時間が静止したヒキの絵も素晴らしい。とにかく素晴らしい。
ルイ >> 大富豪の息子だけど貧乏人のフリ、軍人の娘で鍛え上げられてるけど内気な読書少女のフリ・・・とか、この際タイトルはとっかかりにしちゃって、学校生活という社会の縮図でそれぞれ自分を偽っていきる男女たちの青春群像劇→最終回に皆自分の正体を明かしあう、案外皆気にしないでカララと笑いあう。そうやって現代のテーマを語ってしまう。  これでどうだ。(何がよ。
かんで。 >> ベビステは文句無しですよね。震える。
かんで。 >> そこまでやってくれたら有りかもw>ルイさん
LD >> 「気分で殺す」と言い切るのはよいですね。僕の話は無いものをこちらが「読む」分には構わないんですが「作り手」が意識して線引きを考え出すとかえってむつかしい目に落ちるかも…という懸念の話ですね。それこそあれは何だったんだ?って感じに完全スルーでもいいんですよ。気にしなければ。(でも、読者は既に気にし始めているよねって事でもある)
カルマ >> ベビステは震えました。最高です。
kichi >> 「ベビステ」は素晴らしかったの一言ですねぇ。
カルマ >> 前回のサブタイが「超越」で今回が「覚醒」とかね。珍しく気にしていたらばっちりハマッていて…。
ルイ >> ベビステはルーティン確立の時もそうだったけど、モノローグで進行する割りに肝心な所は先に画で示しますよね。
LD >> 殺さなきゃ勝てないという状況> それを描くのはけっこう難しかったりすると思うんですよね。たとえばこちらから奇襲をかけるのは×?とか。気にし出すと……って意味ですけどね。
かんで。 >> 今回のは、エーちゃんがついに早いテニスの感覚を身体で覚えた、という表現ですよね。
ルイ >> あとは、「思考を続ける事が体で反応する事に繋がる為の蓄積だった」とでも言うかな。
ルイ >> 頭が筋肉に理屈ありきの指示を続ける事で、筋肉が頭脳化するというか・・・おっと言葉が難しいZE。
LD >> 「ベビステ」は、人事を尽す者たちのみが迎える世界を出して来ていますね。
かんで。 >> ですね。大脳の思考を元に身体を動かす、という「錯覚」を払拭した、というか。
ルイ >> そですね。そのへんはギギさんが好きな話。東大のバッティングマシンの話でもしようかw
カルマ >> 脳裏にデータがちゃんと浮かんでいるんですよね。反応と直結している。
kichi >> んん〜と、もうちょい強く、勝つための最善手が殺しを伴うものでも躊躇しない、くらいなら私の感覚理解してもらえるでしょうかね?こちらから奇襲も○です。勝つためなら何をも厭わないけど、ただ、すでに勝った後にわざわざ殺すという勝負と関係ない行為はしないだけ、なんじゃないかなぁ? だからたぶん殺す前に決着っていうのは遠距離攻撃できる弓という武器以外では生じにくい状況かもですね。
LD >> そこらへんですよね。くり返しくり返し、そのパターンをイメージして思考と行動を合致させる事で、身体にそれ専用の“回路”が焼き込まれて行くんですね。
ルイ >> ・・・うん。これまでの状況との符号はOKですね。kichiさんの纏めたソレで今後読んでいけばいいんじゃないでしょうか、とりあえず。
ルイ >> 弓使いのケースは本当に「仕合」が終わったレアケース・・・もっと考え方を進めてみよう。あの時、距離的にガマの踏み込みでは体まで届かなかったんだ。だから、どちらにしてもしとめるには2撃必要だった。しかし一撃目で「仕合」は終わってしまった。  こうかな?
かんで。 >> 厳密に言えば確かに大脳を通過はしてるんだけど必要最低限の通過をしてる、ということですよね
かんで。 >> 最低限は言い過ぎか。以前よりショートカット、というのが結局一番打倒っぽい
かんで。 >> >打倒
かんで。 >> >妥当
ルイ >> ただ、ベビステという漫画の基本描写との相性はどうなんだろう。ゾーンに入った時だけのモードですかねぇ。
LD >> そうですね。いや、kichiさん、あるいはルイさんに「読ませる」のが難しいという話ではなくって、多数の読者、たとえば奇襲はそうしないと勝てないと思ってくれない人なんかを相手にし出すとキツいかもねという事です。>kichiさん
かんで。 >> そこは来週待ちでしょうね。単に早いテニスに対応できるようになっただけで描写が元に戻る可能性もなきにしもあらず
ルイ >> 「むろみさん」は、こうやって適当な名前を持つ知人をどんどん増やしていくのはイイですね。ちゃんと作者がどっかにまとめておくこと。赤松先生に習うといいと思うよ。
カルマ >> むろみさん可愛いよむろみさん
kichi >> ああ、相手が降参すれば殺さないのか?ってとこは、場合によっては微妙になってくるのかもですね。嘘かもしれないし、今回は勝負とは別に殺意も伴ってましたしね。……奇襲もそもそも勝負がはじまってるのか?という意味では微妙とも言えるのかな?ただまぁ、今回のこの試合のルール的には奇襲OKなんで完全にアリでしょうけど。
LD >> 「ベビステ」がどういう描きをするかは分かりませんが、僕のイメージでは“ゾーン”はこの焼き付けが数パターン焼かれたその先ですね。>「ベビステ」
カルマ >> あ、室見って福岡の地名なのか。
かんで。 >> むろみさん最強説を唱え出しそうな自分をどうしようもないですw
ルイ >> むろみさん、万を生きているのに「女」として必死なのは好感が持てますね。フォーエバーヤングだなぁw
LD >> メモ…と。( ・`Д´・)φ>室見
ルイ >> え、まろびでるの言い換えじゃなかったのか・・・orz(絶対ねえよ
GiGi >> 感動も、頭で考えるよりも先に来るものデスよ、とか言ってみたり
かんで。 >> むろみさん億生きてませんでしたっけ。>9桁
ルイ >> いわんや言葉をや。
ルイ >> おう、億。
LD >> 賢狼ホロも相当に“女”ですが、むろみさんは、その数十倍生きていて“ギャル”ですからねw
ルイ >> わっちはイマイチ好きになれないでありんすw
カルマ >> 室見川は白魚のおどり食いが名物らしいです。あのうねる感じが作者のインスピレーションに…!!(違
ルイ >> 違うんだなぁ・・・スタンスが違うんだよ。わっちはナンか、長生きしてきても「今この出会いが運命の出会い」みたいな体をしているのが気に入らないんだwむろみさんはこれを千年後も繰り返すんだ、そこが違うw
LD >> 億でしたっけ?w なんかどっかのラインで「そこまで歳じゃない」って言っていましたよね。
かんで。 >> うん。億を生きることによって「ギャル」属性が異様なまでの深みを持ってくrのですよね。
かんで。 >> あれ、そうでしたっけ>そこまで歳じゃない
ルイ >> 中古騒動の某ナギ様も、そのへんおおいに割り切っちゃえばいいと思うYO。あんな塩辛いガキんちょが特別なワケあるか!ケッ!・・・といおうと思ったら神様設定自体が土地に混ざった純度低い神様だったとかいう設定の魔力。脱線。
かんで。 >> 白亜紀から生きてること自体は否定してなかったような。
GiGi >> ゾーンはまた別の話ですね
LD >> いえ、どっかのラインで。今、億を否定しているワケじゃなくって、どっかのラインで「そこまで歳じゃない」って言っていたよなあ?って。
ルイ >> 単行本1巻早く出せよのび太・・・ぶちころすぞ・・・(ドラえもんAA
かんで。 >> あ、違うか、否定してるんだ。読み違いでした(汗)
カルマ >> うん?イルカの先祖って元々陸上生物なのか…むろみさんのイルカの先祖は架空のものかしらhttp://www.tokyodc.info/dolphin/dol3.htm
ルイ >> 億の場合、むろみさん超進化してますよねwいや別にそれがカンブリア紀であろうがやっぱり異様な存在なんですがwなんとなく感覚としてw
カルマ >> まぁ、それでも大体3000万年くらい(笑)
kichi >> んん〜、ホロの良さとむろみさんの良さはまた別種のものという気はしますねぇw ホロはその重さが良くて、むろみさんはその軽さが良いっていうかw
GiGi >> 久米田先生がお盆休みがないことに抗議してますが、やすみたければ休めばいいじゃない(笑)
ルイ >> ダメだダメだ、それで賢狼の体もキープしようってのが気に入らない!wCCなんて100年程度であんなツンデレた皮肉屋さんになってしまうというのに!
ルイ >> 久米田先生は抗議する事自体がネタって奴ですね。でもまさかのあやひーがクラスメートになっちゃったから、連載長期化とアニメ4期を期待してやんよ(ダメだこいつ
GiGi >> 産卵方法から考えると両生類の一種なのかなという気も>むろみさん
ルイ >> むろみさんというありえない生態を前にリアルな起源を紐解いてくるあたりが、もう既に孔明の罠。
かんで。 >> むろみさんは、通常の価値観でおバカに見えることをやることで、逆に「女の強さ」の魅力を自然に生じるんですよね。この構造は凄いとしか言いようがない。
kichi >> いやでもホロの場合は数百年間麦の神様やってて、久々に“感情”触れたという背景があって、感情に飢えているところがあるというかなんというかw
ルイ >> え、それじゃ久々に触れたからロレンスなの?そういう理由なの?  ダメだな!やっぱ考えるほどわっちはダメだ!w←どこまで嫌ってるんだよ
LD >> 両生類> いや、………………魚類だよね?ウロコあるし…………いや、まて、これが孔明の罠ってやつか!
ルイ >> むろみさんはむろみさん。そのはじまりを誰も知らない。最終回はBE FREEオチだなこりゃ。
カルマ >> 鮭の産卵方法も、卵産んでから精子かけませんでしたっけ。>むろみさん
kichi >> え〜、でも出会いなんて結局はそんなもんじゃないですかw キッカケは単なる偶然だけど、その相手がロレンスで良かったというとこには落ち着きますよ?もちろんw
かんで。 >> 人魚という時点でウロコがどうとかいうのは意味がないかとw
かんで。 >> きっとむろみさんの誕生には感動のドラマがあるんですよ。そうに違いない。
ルイ >> そうだ、それこそむろみさんには「リアルを感じる」というのはわかる形容で、だからこんなファンタジー造形にこういうツッコミが百出してしまうんだ。
ルイ >> 「ゴッ輝」は良いヒキですね すごい今更レスですがw
LD >> さて、ではそろそろ一番を決めましょうか。
GiGi >> この世界にむろみさんがいないなんて誰が決めたんだ
かんで。 >> むろみさんはきっとこの惑星の記憶を背負居続けているんですよ。で解放されるためには「愛されないといけない」
ルイ >> ずっと命の重みを感じ取って・・・というスタンスで続けてきたからこそ、作品世界から真っ向はずれる発言がシビれるという。
ルイ >> そこのにははマジ自重。
かんで。 >> 無理矢理ファンタジーに振ってみました(笑)
ルイ >> もう・・・ゴールしても・・・よかと・・・? これか・・・うーん、無駄に整合性があるw
カルマ >> むろみさんを現実に寄せよう寄せようとしてるのがもうおかしい。はまってる証拠(笑)
LD >> ホロはなんだろ……つまるところ“別れ”のあるヴェルダンディーというか……つーか、ベルダンディーこそ何歳だっちゅー…w
かんで。 >> あ、やっぱりわかりました?(爆)>ルイさん
LD >> ジャンポは…。
ルイ >> すげえ、オレよりポエミーだ>別れのあるヴェルダンディー
GiGi >> ジャンプはワンピースが絶好調。
ルイ >> ワンピースはなんか、どこ!って言い辛いですねぇ。実際週というよりは、これはもう明らかに単行本で一気読みゾーンにも思える。
LD >> ………おや?なんか………ないな?
kichi >> ジャンプは先週に続き「ワンピ」「鍵人」「めだか」の3択なんですが……、今週は「めだか」でw
LD >> ああ、うん。「ワンピ」挙げときましょうか。
カルマ >> ジャンプは特にないですね。強いて上げるなら「ワンピ」と「トリコ」。
ルイ >> うーん、「ワンピ」かな。この世界の大物大集合感覚は凄い。
LD >> サンデーは、まあ「神知る」でw
かんで。 >> ジャンプ
LD >> マガジンは「ガマラン」、「ベビステ」ですね。
かんで。 >> ジャンプは今回見送り。
ルイ >> サンデーはなくてもいいくらいなんですが・・・うーむ。
kichi >> サンデーは……、「はじめてのあく」かなぁ?
LD >> 「鍵人」は好きだなあ…w
かんで。 >> サンデーは「神知る」、マガジンは「ベビステ」。むろみさんは別格。
ルイ >> マガジンは「ガマラン」「ベビステ」。多分ベビステが強いのだろうけど・・・うーむ。まあ。
カルマ >> サンデーはなし。
kichi >> マガジン……今週も「ベビステ」になりますかねぇ。
カルマ >> マガジンは「ベビステ」「ガマラン」ですね。まぁベビステです。
LD >> 「ベビステ」と「ガマラン」並べると確かに「ベビステ」が強いんだけど、「ガマラン」推したいよねえw
ルイ >> そうなんですよねw
LD >> 「ワンピ」、「神知る」、「ベビステ」……のどれかと観ましたが。
かんで。 >> ガマランも、いいですよね
LD >> 僕は「神知る」がいいような気がしています。
かんで。 >> 私はもちろん天理……じゃなくて「神知る」です(笑)
ルイ >> 先週のヒキに対する今週アタマの答えがとにかくわかってるな、ってのがあってね。>ガマラン しかしまぁ・・・ベビステかな。ワンピースも凄いんだが、どうも僕の感覚ではいつ一番とるかよくわからない。週スケールで組んでないってのもあるんですが、これは判断できる人がココですよって教えて欲しいw
ルイ >> 「神知る」はよくわからない。今週に何か特別なものが?先週からの順列以外の何でもないように思いますが。どっか・・・何かセリフなりにフックが?
LD >> 「ガマラン」毎週1つは、ここが良かった、がある感じなんですよね。…でも、一つだけの場合も多いというか(汗)
kichi >> 3作品とも高々度安定作だから難しいとこですねw ……個人的には「ベビステ」かなぁ?
かんで。 >> やっぱ天理のアップ(目出し)の効果ですね。>神知る
ルイ >> ですよねーwワザのギミック自体はちょっと普通のアマカケルリュウノヒラメキみたいなw
ルイ >> んー。そこなんですよね。最初に言ったけど、もう「目を隠す」→「出す」はギミックとしても二度目なので・・・何かなぁ。うーん。
LD >> いや、これまでの天理編のまとめで、天理がキスで気絶するまでの流れや今いったように最強装備を載せて行くやり方は上手かったと思いますよ。……ただ。
カルマ >> ガマランに取らせたい気持ちは凄いわかります(笑)  うーん、やっぱベビステに震えたのですよね。
かんで。 >> 逆に、だから「やらない」と思い込んでいたんですよね。それをやられたのでツボにはまってしまいました。
ルイ >> あー、なんか僕の感覚は「ガマラン」なんですよねえwカルマさんに読まれてるけどwこれぞ週ネームの読み方だろ、みたいなのがあって。やっぱ週刊誌で読む旨みってここよねみたいな。
LD >> 要するに、いろいろ言いましたが全体のストーリーを示すターンの纏めとしては充分だったと思います。……ただ。
ルイ >> 上手い事言うなあw1度やったからもうないだろうを逆手にとったと。・・・でも、それを言うなら天理の造形が出た時点で、って事でもあるんでは・・・まあ、そのまんま最後まで奇をてらわなかったのね、という評価は可能か・・。
LD >> これも、真っ当に比べると「ベビステ」という事になってきますね。ある種の意外性のある展開含めて。…「神知る」は勢いが出ていたと思うんですけどね。
kichi >> そういえば「ガマラン」はまだ一回も一番取ってませんでしたっけ。バランス的にも「ガマラン」ってのはいいかもですねぇ。
LD >> 「ベイビーステップ」にしましょう。
ルイ >> まあね、単純なデキではそりゃベビステには敵いませんよw
かんで。 >> ただ、純粋に漫画として最高の評価をすべきなのかは、微妙なところなのも認めます。
LD >> いや、「ガマラン」好きなんですけどねw…ず〜っとこのテンションなら無冠というのもアリかもw
ルイ >> でも、その比較ではない。という事は言っておきたい。その上で今週のベビステが抜けているという判断なら、それには文句ないです。
かんで。 >> まぁベビステなら納得です。
LD >> という事で「ベイビーステップ」で。
kichi >> 私ももちろん異存ないですw>ベビステ一番
ルイ >> とりあえずマガジンでジャンプみたいなキワキワの速度を追求してるので、走り続けて欲しいですね。これって「ブラッディマンディ」あたりからのノンストップ系譜にも思えるんですが、ギミック(アタマ)でそれを行ってない分、肉体っぽさというか・・・感覚的な分、なんかジャンプ臭いなって。
GiGi >> おっと決まったか。神しるかベビステでベビステ納得です。
カルマ >> ガマランはもっと良くなると信じつつ。ベビステはさらなる高みを祈りつつ。
LD >> ジャンプ臭い> ふむ。いや、僕は今の「ブラマン」の系譜という話が腑に落ちましたが。>「ガマラン」
ルイ >> クロスゲームも最終回見えてきたなぁ。やはり「ラフ」に近いものが。
ルイ >> 技術的な評価をすると、僕もブラマン系譜という読みをした方が・・と思うんですが、先週のヒキと今週の入りを繋げる感覚だけは、そこからだと導けないっぽいんですよね。緒戦→弓使い戦という展開自体はまさにその系譜だと思うんですが。
LD >> うん。「ガマラン」は連続バトルしているのに、ジャンプっぽさを感じない所が特徴という気がします。
かんで。 >> クロスゲームも高水準安定作品ですよね。
LD >> 今のジャンプで、あんなに上手い繋げ方する連載ないと思うよw……って、最近「サイレン」の繋げ方は面白かったんですがw
かんで。 >> サイレンの人はやっぱ天才だなぁ、と思う時があります。どこか読みづらいのですけど
ルイ >> http://www.miki-ha.com/project/dailylife/dailylife_090813.html ミキシンめー。
ルイ >> なんでしょうね。背骨が甘いのかな>サイレンの人
LD >> 時々、恐ろしく(?)良いネームを引きます。…でもそういう嵌る本数は少ない。あと新妻エイジじゃないですけど、“マンガだけ”の人独特の画面の軽さ…みたいなものがありますね。>岩明先生
LD >> それではお疲れ様でした。
ルイ >> じゃあミキシンの為のあやひー楽曲全レビューでも書き出すとするか←
カルマ >> お疲れ様でした〜♪
かんで。 >> 以前は特にコマ割等に難があったイメージで、それはなくなって来た印象なんですけど。そうですね、画面が漫画漫画してるところはありますね。その辺で深みがでにくい、というか。
ルイ >> 内水先生と足して2で割って3掛ければいいという結論か。(総量越えてるよ
かんで。 >> お疲れ様です。
かんで。 >> 3かけたらそりゃよくなるでしょうねw
kichi >> おつかれさまでした〜 ノシ
ルイ >> 「サマーウォーズ」は来週の土曜に観にいく予定。あやひーが観たいっていうから。とことんまで自分の無い発言。
かんで。 >> サマーウォーズは観るべし。今日のラジオで語る予定です。
LD >> 「バスカッシュ」を観たら何か言い訳満載の総集編だったでござる の巻(´・ω・`)
LD >> …げ!BSで「銀河鉄道の夜」やっていたのか!(汗)


■■■■2009年08月16日■■■■
ルイ >> 先週のバスカのことだな。変な構成ですほんと。
ルイ >> 川上とも子さんの病気と、バシンの構成には関係があるのだろうか。明らかにナインとバシンママの線を端折ってる印象があるのだけれど、元々うまくない構成なのでやむをえずか元からとりこぼしてるかがわからない。
ルイ >> でも、たまに面白いんだよなあ…wナインとエリオット戦とか。
ルイ >> カードと精神状態のリンクがうまくいくと面白いのよね。マイサン対メガネコとか
ルイ >> (それにしても元メガネコはおっとこまえやなあ…
ルイ >> プリンセスラバー6話観ました。ちょいとこなれてない感もあったけど面白かった。
ルイ >> つか、かなり踏み込んだ…というと言葉が違うかな?整えた一話ですね。6話らしい6話、とも。
ルイ >> やはりこれが1クール構成のデフォかな。


■■■■2009年08月17日■■■■
kichi >> お嫁さん宣言良かったですねw(/ω\)>メガネコ
kichi >> しかしプリラバ6話を整えた一話と言ってしまえるのはすごいなぁw いや、分かるんですけど、結構番外編扱いしてるような意見も聞いてたもので……w
ルイ >> 基本的には箱根駅伝の二日目だと思いますがw
GiGi >> ラジオ聞いてます。2Ch閉鎖騒動の話でサマーウォーズ観るモチベーションが結構上がった(笑)
ルイ >> なんだ、true tearsに物凄い加速がついてるwゼーガの集団投票運動がどっかの火をつけたかw
ルイ >> あぁ、なんか正しくあやひ厨やってる気がする。そうだよ、これでこそ俺だよ←
ルイ >> 何故か本日19時より1時間、TVKで三沢光晴追悼番組。何故TVKなんだw・・・三沢光晴もまた、高垣彩陽同様惚れた人・・でも彼の場合もプロレス好きというレッテルが最初に貼られてしまう。そうじゃないのに。人間としての器に人間が惚れたというだけなのに。畜生。  そんな僕やあなたの想いを乗せて、方舟フォーエバー。
LD >> http://www.geocities.jp/ldtsugane/mv/MZradio-090815-1.mp3 ← ペトロニウスさんとやったネットラジオの録音ファイルです。1週間くらいで消しますが…。
LD >> http://www.geocities.jp/ldtsugane/mv/MZradio-090815-2.mp3 ← 「エヴァ」とか(前編)、「ひぐらし」とか「マブラブ」とか(後編)の話ですね。


■■■■2009年08月18日■■■■
LD >> 。o(…トンボは止まれるんだ……)
LD >> わりとあっさり「トラウマイスタ」の最終巻が出ていました。
ルイ >> iphoneに使える携帯バッテリーをアマゾンで注文したお。オラワクワクがとまんねえ。
ルイ >> ハッキリ言ってiphoneのバッテリーの持ちが三倍になったら、それはもう、シャアより強いよ?(何て?
ルイ >> トラウマイスタはどげんかせんといかん。
ルイ >> あ、でも先に数学ガール下巻読まないとwいや先に上巻について軽くふれんといかんw
ルイ >> まだ読んでないのかよ的な。構造で満足して先がきにならんとです。
LD >> 「数学ガール」は、僕は、上巻の構造で満足して、下巻の構造でもっと満足しました。(=´ω`=)


■■■■2009年08月19日■■■■
kichi >> 「トラウマイスタ」は、ある程度予想はしてましたけど、やはり雑誌で連載を追いながら読んでこそな作品ではあったかもですね。……初見が単行本だった場合どのくらい痺れることができたのだろう?ちょっと予測がつかないなぁ……。
kichi >> 「数学ガール」は上巻と下巻では違う構造が見えますよねw 最初は「ちょっと構造からは外れた展開だったけどかえって面白かった」くらいの感想でしたけど、むしろ下巻の構造こそメインと考えた方が良いのかもですねぇ。
kichi >> 「プリンセスラバー」7話は期待してた展開ではあるんですが、思ったよりずっとガッツリとそっちに行くのだなぁ……って感じで戸惑うくらいにwktk
kichi >> 「スクイズ」も10話まで見ました。面白いです。……ただ、自分がちゃんと深く読めてるのかは自信なくなってきてたりもして、最後まで見るまでコメントは保留しておこうかなぁ……といった気分。
kichi >> あと森島明子先生の百合短編集「瑠璃色の夢」が発売されてホクホクですw 以前ちらっと書いたことあったと思うすごく気に入った短編「追憶」も収録されてるんですが、これが改めて読んでもやはり素晴らしくってですねぇ……。“変わっていくことへの肯定”がメインテーマだと思うんですけど、その際の“過去の自分への憧憬”の掬い取り方が美しくってですねぇ……。大好き。
ルイ >> スクイズはそこあたりから、もう、タマンネ。
ルイ >> あ、構造というのは言葉がマズかったかも?まぁちょっと、書いてみます。
ルイ >> というわけで、書いてみた。これでそのうち下巻が読めるYO。
ルイ >> プリラバはまだ放映されてないけど、まあ6話を普通に観たヒトには納得ってかんじなのかな?その様子だと。
ルイ >> えまーじぇんしー。今日の「青い花」は20分延長してるヨ。
ルイ >> おっと、カタカナに変えるだけでなんだか750ライダー的な趣が出るな。言い直そう。 今日の「青い花」は20分遅咲きだ…ヨ!


■■■■2009年08月20日■■■■
ルイ >> http://recochoku.jp/search/Srch?fkw=&tgt=mid&o=0&ext=&mid=0%3A20257808,&ftgt=akw&sort=c-,r-,m%2B,a%2B&st=  うおおおおおおおおiphone使えねええ・・・・・orz なんて駄機種だよ!orz←おいおい
ルイ >> 今日の「東京マグニチュード」は15分だけ余震が長続きする…ヨ!(バレーは生放送じゃないから逆算で結果見えちゃう、って欠点を延長メソッドで誤魔化してるのかなぁ


■■■■2009年08月21日■■■■
エルバ >> 「コードギアス 反逆のルルーシュ」の新作や続編か、気になる動きがあることが明らかに http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20090820_geass/
GiGi >> 続編作るなら主人公はジェレミアで確定ですね
LD >> ところで、今週の一番は本日25時開始予定でお願いします。
ルイ >> ルルーシュの冠は外した方が
ルイ >> サイスマスターになら舐められてもいい
ルイ >> イナズマイレブンすげぇよ…独走状態だ。
ルイ >> http://www.youtube.com/watch?v=6nxnDlKpT5E i-phoneの無料アプリをダウンロード。流しているBGMに自分で合いの手を入れられる。だから何って感じではあるのですが、無駄に音がいいw「アブラムシの唄」に合わせるのがお気に入り。すーぐそこーにアブラムシ(いょい!)
ルイ >> http://www.youtube.com/watch?v=6nxnDlKpT5E おっと、またアドレスに混ぜちゃった。
ルイ >> http://www.youtube.com/watch?v=vzPP5rMNINU そしてこれがiphoneの誇る最強アプリ、BB2Cですよ。この動画時点で驚異的なのに、そこからも月イチペースくらいで改良更新されており、既にその到達地点は孤高。どんな動画よりも「金払わせろ!」という気にさせる化け物。でも無料・・・。


■■■■2009年08月22日■■■■
LD >> | ´_ゝ`)
LD >> 「イナズマイレブン」は、ほんっと凄いですよねえ…。
LD >> 暑いですねえ……いや、もうほんっと暑い。そして最近、なんかよく揺れています。
LD >> うひゃ、
LD >> 。o(この時間にスカパーつけると、なんかラテン/エスパニョーラなドラマがやっているんだけど、何だろう?)
LD >> 明日、日本映画チャンネルで、「スカイクロラ」が流れるみたいなので録る予定なんだぜ?
ルイ >> この夏はそこまで暑かった的な印象を持っています。
LD >> そういえば「ハガレン」の後は「UC」とか言われていたみたいですが、OVAになった模様。全6話とかで。http://animeanime.jp/news/archives/2009/08/uc20101506ova.html
ルイ >> ○暑くなかった  で、来週は参加できなさそうなんですが今日はその分?早くからいるぞ、と。コンニチハ。
LD >> こんばんは。雨降りと日照りのブレンドが絶妙でサウナみたいな感じになっている所がありました。
ルイ >> kichiさんの言ってる百合関連、何か読んでみたい気持ちはあるのだけれど・・・これが本丸!って奴を一つオススメして欲しいですね。入門にはピッタリとかじゃなく、これがコアですよ的な。
LD >> あ、そうですかwそれはそれで幸いなのではないでしょうか。ってか例年と比べているわけでもないので。
LD >> おや?こんな時間に誰だろう………
ルイ >> これが最後の書き込みになろうとは。
LD >> 森島明子先生 ←この人とか…?ってか読んでみようと思っていますが。>百合
カルマ >> こんばんは〜
LD >> セミでした。い〜の〜ち〜>こんな時間に誰だろう
ルイ >> 森島明子さんの短編は昔読んだ事があるんですよね。なんかシムーン期のAS姉さんみたいなタッチで、その短編は特別なものは感じなかったんですが。
LD >> カルマさん、こんばんは。
ルイ >> こんばんは。珍しく早いですね(しれっ
ルイ >> 今週の一番はやっぱりハチワンダイバーでいいんじゃないかと思うんだ。
kichi >>      こんばんわ……(´・ω|週前半はそれほどじゃないのに週末になるとやたら忙しくなるのはなんとかならんものなのかなぁ……ってなわけで、今週も3誌とも半分くらいしか……
LD >> ヨクサル先生、メチャメチャ筆が乗ってきていますね。毛色は違うけど「エアマスター」のクライマックスに近い者が“降臨りてきている”感があります。
ルイ >> そしてゲッサンが面白いんですよ、というのを言っておきたいわけだ。というか、連載の中で「あああ〜。こいつはしくじっちゃったぜぇ〜orz」ってのが少ない。まぁ楽進王は間違いなくしくじってますが。
ルイ >> やはりチッチというキャラクターが素晴らしすぎるんですよね。雑誌とっといてないから網羅研究できなくて、単行本待ってるんですけど、でも雑誌でこそという魅力もあって。
LD >> チッチの色気がおかしいんですよね。あそこが乗るのは週刊連載ならでは、という気がします。そして板○垣は見ならえ(´・ω・`)
ルイ >> よくあるシンクロ。
kichi >> ……百合のお薦めは……ちょっと薦め方が難しいんですよねぇ……。コアっていっても萌える甘百合作品代表みたいなのを求めてるわけじゃないでしょうから……w でも私が百合好きなのにはそういう傾向っていうか、かっこつけた言い方するなら美しさってことなんですけど、そういうのも切り離せなくはあって……(´・ω・`;)
LD >> kichiさんこんばんゼミ。
ルイ >> kichiさん、遅いじゃないですか(しれっ2
カルマ >> 最近朝方になるとチュンチュンじゃなくてミンミン聞こえて困りますね。>セミ
LD >> ゲッサンは思いの外良い雑誌ではないでしょうか。
ルイ >> セミと言えばひぐらしだって僕のあやひ脳が言ってた。これからだ、これから。
kichi >> ……まぁ、森島先生はそういう意味でも“夢”と“現実”のバランスのいい作品を描く方ですし、個人的に超ツボった短編も収録ってことで「瑠璃色の夢」はお薦めですw
ルイ >> 思いの他、ですね。てか、あずまんがの使い方がなんか多段式ロケットみたいだなぁってw
LD >> あるいはJQも良い雑誌なのかもしれないですけど……くう、ちょっと手が持ち上がらない。「エンバミング」と「ウルティモ」読んでみようかな?
ルイ >> JQはそんなに・・・テニプリがあるけど・・・。
LD >> すっかり「うみねこ」の単行本とか買ってきたですよ?3巻ほど。
ルイ >> なっきゅんの可愛さが少しはわかったかこの野郎。
ルイ >> 巻末の自制愚痴コーナーとセットで読まないと和月漫画を読んでいるという気がしない(棒読み
ルイ >> 何冊か出されてると思うけど、瑠璃色の夢なんですか。・・・ってか、バランスとかどうでもいんだけどなぁw
LD >> ………何か逆らった事言おうかとも思いましたがwまあ、なっきゅん可愛いですねw
ルイ >> あの漫画はかなり良くできてると思いますね。特に最初の方。ひぐらし同様作家バラマキなんでしょうけど、通して欲しいくらい。
LD >> 。o(…だが、やはり一等はマリアだな、という話は今は黙っておこう。それが大人の対応ってもんさ…)
ルイ >> ひぐらしも、皆殺し編の人で全部やればくらいの・・・以下愚痴。ま、敢えて画を特定しないことで作品の寿命を延ばすテクニックかな。
ルイ >> いや、僕別にマリア好きじゃないんで、言っててもいいですよ?堀江さん云々の時からかみあわねーなぁとは思ってたのでw
LD >> そうですね。>通して欲しい 「ひぐらし」程幅のある展開じゃないなら、漫画家個々のネーム力で雰囲気変えるより…とも思いますね。
ルイ >> ふう、少し眠気が取れてきた。いやさっきまで「シャングリラ」の最新回観てたら、眠気が大変なことになっていたので。(最近たまにみる、脚本の綾奈ゆにこさんって何者ジャラホイ・・・)
kichi >> 私としては「瑠璃色の夢」ですねw 女子高生でエロありで長編な「半熟女子」もいいですけどw ……まぁ、バランスでなく百合の魅力を存分に発揮した作品となると……う〜ん、いろいろ候補はあるけどいまいち決め手に欠くなぁ……(´・ω・`)
LD >> う〜ん、他のキャラの筋の通し方から観ると、マリアはかなりマスコットに観えるかもしれませんね。
ルイ >> kichiさんの思う、これが百合の極北!みたいな。
LD >> 「シャングリ・ラ」は原作読もうかなあ……もう少し、何をどう失敗しているのか知りたい気がする…(´・ω・`)
ルイ >> これ、原作は「成功」してるのかなあ・・・・・・>シャングリラ
LD >> 極北なんだw
ルイ >> 例えばホラ、「数学ガール」とかって、明らかに原作時点で成功してるんだなって思えますけど、シャングリラって本当に成功してるの?みたいなwアニメだけが失敗してるというのなら、それはよほどのオリジナル改変を行ったって事ですよね?
ルイ >> や、どうせ読むなら中央よりは極北かなってw
LD >> 原作からして失敗なら、まあそれはそれでw……でも、文字で解説が入るとかなり違う気もします。>「シャングリ・ラ」
ルイ >> もし改変してないというのなら、そりゃ原作もダメなんでないかいっていう・・・だって、各ユニットを繋げる回路が存在してないじゃないですか。これはもう、構造欠陥みたいなものでw
LD >> あ、それはそれとして「ニードレス」は面白いですよ?(`・ω・´)
kichi >> なんというか、極北行っちゃったら百合じゃないみたいな気分もあるんですよw 本格的に同性愛をリアルに深く描いた作品となると、百合というよりはビアン系とか呼ぶ方が相応しい、という気分とかですね。その際を突いてる、という意味でバランスって言葉を使ってるつもりなんですがw
ルイ >> ふむ。・・・じゃあビアンを読めってことかw
LD >> 各ユニットを繋げる回路が存在してない> なんだろ?文学に過ぎるのかもしれないですけど、文字媒体だとけっこうアリに読めちゃう事はあると思うんですよね。
ルイ >> 例えば「レギオス」は、原作の持っているであろう欠陥をクローズアップしたアニメだろうな、って感触がありましたね。その分魅力スポイルw誰得w ・・・まあ、そういうのって結構感じますよね。
ルイ >> 僕もそれは思います。要は場面転換による同時並列進行は、文章の方がずっと「読める」と思う。その辺をさしてレギオスを引き合いに出してもみたんですが。
LD >> そうそう。「かなめも」観たりするのですが、あれは迷いがなさ過ぎて、こう今言われているビアンに突き抜けちゃっているような…w
GiGi >> ども。夏休みの日記を毎日書けないヘタレGiGiです。
ルイ >> 多分LDさんのビアンの使い方は間違ってると思うw
ルイ >> 「一方その頃・・」にテクニックが要求されるってのが、映像メディアですよね。
kichi >> 間違ってますねw>LDさんのビアン   かなめものは迷いが無さ過ぎてリアリティもない感じなんでw 同性愛の現実的悩みとかを深く描いた作品がビアン系と呼ばれる作品ですw
ルイ >> だから「少女セクト」の序盤がビアンで終盤が百合って事なんでそ?w言葉的にw
LD >> 今期は「プリラバ」、「化物」、「ニードレス」、「うみねこ」あたり。「カナーン」はちょっと保留。
ルイ >> あ、いや、序盤も百合でしょうけどね。中の成分として。
ルイ >> カナーンは物語主体がいないのをどう捉えるか、ですね。
ルイ >> まぁでも、夏も脚本が弱いなぁ・・・春がああだから、夏への充電かと思ってたけど、秋か。(そうやっていつまでも後に期待していく
LD >> あ、ビアン系ってそういう事ですか(汗)……とすると「かなめも」は、kichiさんの百合バランスとしてどこらへんでしょうか?
ルイ >> 現実と夢がぶつかってバランス形成して欲しいようなので、夢が突出したかなめもは絵に描いた百合というかw百合としても現実感なさすぎてノーセンキューみたいな判定じゃね?
LD >> 物語主体がいない> (いない…か)多分、主軸はあるんでしょうけどね。その意味では岡田さんとか信頼していますし。
ルイ >> 「ささめきこと」はあやひー目的で読んだら意外や良作でしたしねぇ。なんか色々眠ってそうな気もする。「ささめき?あんなもの我ら百合16傑の中では一番の小物よ!!」っていう展開になれば本望ですが。
kichi >> ……ん〜、序盤もビアンぽい要素あったかな……? 基本的に同性愛に対する抵抗は極端に少ない作品でしたし(そもそも男がほとんど出てこないw)、まぁどっちかといえばそうなのかもですけど、ビアンとはかけ離れてる気がします>少女セクト序盤
ルイ >> 敢えて外観的にそう書きましたけど、僕はアルファルドがそうだって言ってきたつもりではあるw
ルイ >> ああ、kichiさんゴメンナサイ。ここでは2人でしか通じないので、とにかく「セクトのラストは振り切れすぎ!」という当時の不満を打ち出すために、対比して前半部をまだマシと強調する為のダシに使いましたw
kichi >> ルイさんの説明で大体合ってる感じですw いや、個人的には夢いっぱいの甘々百合作品も大好きなんでノーセンキューってとこは違いますがw
カルマ >> 百合もアニメも入れないので、3月のライオン3巻で涙ぐんだりしていました。
LD >> う〜ん、ルイさん厳しいなあ…w>秋か。 まあ、元々厳しい人なんだね(´・ω・`) 僕はけっこう今挙げた作品で春に空いた穴が埋まりつつあります。(´・ω・`)
ルイ >> アルェ〜(・3・)>厳しい
ルイ >> 3月のライオン、結構進度遅いよね・・・って言おうと思ったけど、なんかハチクロの時も同じ事言ってた気がするので多分速度感覚の相性に過ぎないような気もする。
kichi >> そいえばまだ読んでない……orz>3月のライオン3巻   ある程度気合入れて読みたい作品っていうのも積みがちなんですよねぇ……(´・ω・`)
LD >> 「3月のライオン」いいですねえ……とりあえず香子ちゃんが好きですがw
ルイ >> どこをどう読んでも香子さんが一番ですねえ。
カルマ >> まだハガレンとのだめ新刊もあるんですよね。ちょっと幸せな気分です(笑)
ルイ >> ハガレンは終わったら教えてNE☆
kichi >> ハガレンは読みました。面白かった〜。
LD >> アルェ〜> いやいやw 今、挙げた作品はけっこう良いですよw
GiGi >> 3月のライオンはゆっくりじっくりですね。とはいえ10巻程度で完結するでしょう
ルイ >> 百合十六傑のあたりは男塾を意識したのに鮮やかにスルーされたよね……(´・ω・`)
kichi >> ……まぁ私も「プリラバ」と「うみねこ」は楽しんでますねぇw
ルイ >> 僕もプリラバは愉しんでますけど。んーと、「作品としていい」事と「脚本が充実している」ことはイコールではないと思う。
LD >> その香子がとりすがる後藤が一番じゃないのが、この物語の“遠い”ところですねえ……かなり格は違いますけど、今、「バチバチ」がその分かりやすい構造を組んでいる感じw
ルイ >> それでいうと、ブログで書いたけどふぁんとむの三部一話目はえらく良かったですよ。ああいう脚本家の選択が見えるのがシビれますね。最近イナズマさんの独壇場ですが。
LD >> その脚本指標からだと、「化物」や「うみねこ」ってのはどういう位置づけになります?
kichi >> ……ああ、いや、百合十六傑……かぁ……w ちょっと反応に困ってましたw 百合作品を冷静に評価するには私は百合が好き過ぎる……(´・ω・`)
ルイ >> どちらも原作で先行してしまっているのが大変ノイジーなので、迂闊に口開けない部分はあるんですけど。うみねこならロジック的に、化物ならウリそのものが会話劇なんで、脚本が何かできる度合いが極端に低い作品と捉えてますよ。だからその二作が「面白い」としても「脚本がいい」という評価にはならないし、したがって「秋に期待」という言葉は撤回しない。まぁ大前提として、今僕脚本の話しかしてないんでw「面白い」作品は揃ってると思ってますよ。
LD >> 脚本が振るっていない指摘であって、作品が振るっていないって話ではないなら……まあ、そんなにw厳しい事を言ったわけではないですねw
ルイ >> 百合の奥山けふ越えて・・・
ルイ >> ・・・あさきゆめみし大和和紀。 さて、綺麗な纏まったところで(?)今週の?一番?なの?ハチワンじゃなくて?←
LD >> 「秋に期待」するのも脚本の話という事ですね。…いや、逆に僕は春は作品自体が振るっていなかったと言っているので、僕の方が厳しいかもしれませんね。
LD >> さて。一番に入りましょうか。ジャンプは今週お休みですね。
LD >> 「ハチワン」のチッチの下りは、確かに雑誌買っていたら切り抜いて検証かけたい所ですねえ。…やるとしても単行本待ちですねえ。
LD >> サンデー38号
LD >> 「ハヤテ」のTCGにはヒナたんデッキセットと、ナギたんデッキセットがあるそうですよ?(`・ω・´)
ルイ >> >あおい坂 牽制をビュンビュン投げて暖めるという選択肢はなかったのだろうか。かっこいい場を設置する為とはいえ、イマイチ必然に欠けるなぁ。
GiGi >> 神しるは貫禄の展開だなあ。
ルイ >> >「ハヤテ」はなんでしょうね。ナギの匂わせ方からして、ヒナギクに対人関係のトラウマか何かを追加させそうな気もする。
kichi >> 同感ですw あっさり打ち取れたからいいですが……w>あおい坂
ルイ >> (・・ってか>の使い方おかしいな、俺・・・wどうしたw)
LD >> 「結界師」はあの、夢路さんが死ぬと……どうなるの?というかもう裏会って崩壊している?
カルマ >> 珍しく早く来るからですよ>>の使い方
ルイ >> 「神しる」はこれ、意識的に先週僕が文句ばっか言ってたw目隠し記号をあまり表に出さなくして、目を出してきてますね。これがキャラの押し出しバランスかな?
LD >> 「神知る」は、あの天理の小手品は後で何かの役に立って行くのだろうか?
ルイ >> 多分シャングリラを観たかrだと思う…orz
GiGi >> ………で?>LDさん
kichi >> 「神しる」はエピ終了後の今回になって妙に幼馴染み子ちゃんのキャラが立ってきましたねw マクロというか、大きな展開も見えてきていい感じです。
ルイ >> 「結界師」絶界を解いて結界に自分も入れるというのは良い覚悟の見せ方と思いました(誠意以外に、自分を入れる必要はないわけですしね)・・・でも、あの距離の相手を速攻で結界で囲めるなら、兄貴対人無敵じゃね?w
ルイ >> ですよね。今回になって、という出し方が面白い。>天理
カルマ >> 神知るは、今回の展開で納得です。先週もやもやしてた部分が、晴れた感じ。
LD >> あと予想はしていましたが、桂馬はびくりとも心が揺れてないなあ……。ああ、何か、どうやったら桂馬を攻略できるか?って話になってる?w
ルイ >> んーと、桂馬はちょっと気に入らなかったり、カンタベリーロック(?)。
ルイ >> なんかリアクションが仮にも落とし神のものじゃなく、「巻き込まれ主人公」のそれになってません?なんか桂馬ならではのリアクションじゃないだろ、それ・・・と感じる事が多かった。引越しだって、ギャルゲーにはよくあるやん、桂馬。
LD >> ………で?>というと?何を指してます?>GiGiさん
LD >> 次の展開で、また普通の駆魂回収やって、それに天理が参加するか?否か?とか、そこらへんで今後の組み方が観えてきますね。
GiGi >> や。TCGの話は何かつながるのかなと(笑)
ルイ >> そっちかーw
カルマ >> ふむ…言われてみれば。天理の格の高さが桂馬ならではのアクションを阻んでいると考えられますかね。
ルイ >> 「ケンイチ」は、達人VS達人達人というシチュエーションを作り出す為に組みましたね。つっこめちゃうあおい坂と違ってこの辺上手いや。・・これは逆鬼、あるいは梁山泊の「格」を守るまま危機を演出するための配慮なのかな?
GiGi >> お兄ちゃん頑張ってるよねえ。それでまた誰にも言えない置き土産抱えて、なかなかいじめがいのあるキャラになってますね(笑)
LD >> 巻き込まれ型だけど、ディアナの話を丸呑みしなかったあたりに桂馬の手筋が出ている………ゲーム的にも丸呑みしちゃ不味いのかな?
ルイ >> 天理の格の高さのせいか、設定エピソードが続いてるからか、ってのは微妙な所なんですが。このへんはキャラクターに気をつけていかないと、行き着くのは畑先生ですからね。まあ頑張って欲しいなと>桂馬
GiGi >> マギはアリババの位置を確定させてきましたね
LD >> ああ…TCGの話は何もつながりません。サンデーのページめくって目に入ったものを何も考えずに書いています(`・ω・´)
ルイ >> 「マギ」はだから、こういう観測者のいない過去エピは後でもう一回誰かが知るターンを挟まないといけなくなるんだけど。その辺大丈夫なん?みたいな。それ以外はお見事です。ジャミルとか。
ルイ >> 先々週のジャミル→先週のジャミルという読者感覚を、今週アリババがそのまま消化してみせてるわけじゃないですか。この辺スバラシイなと思います。
LD >> GiGiさんって、お兄ちゃんにルルーシュを観たりしていません?w僕はけっこう観えたりするw>「結界師」
ルイ >> アシュフォード学園→烏森 ナナリー→良守 ギアス→絶界 裏会暗部→ユフィ殺し こうですか、わかりません><
kichi >> 「マギ」、アリババはほんとにこんな設定格のあるキャラだったのだなぁ……っていうのを納得できる、これまで小出しにしてきた情報の出し方がやはり巧かったと思えましたね。
GiGi >> まあ近いものは感じなくはないです(笑)>るるーしゅ
LD >> アリババ、キャラ格たけええ!!w……登場時とか大丈夫かなあ?wつか、あのノリだとジャミル+お供二人くらい余裕で屠れそうなんですけどw
ルイ >> 確かにw>余裕で屠れそう アリババの格に文句を言う気はないけど、今週を単純に「単話」として評価するなら、アリババは凄くない方が「通りはいい」ですよね。
LD >> んんん…そこが分かっていればよいよ?(`・ω・´)>ナナリー→良守
ルイ >> ジャミルの虚像だった格が勝手に落ちたんだ、って結論に簡単に到達できるので。アリババ実は凄い、が混ざるとその辺混濁する。
GiGi >> ジオ黄は何にも起きないけどそれが味になってますね
ルイ >> 王様は豪快に笑い飛ばすくらいしか選択がないような・・・(で、後でキレる)>ジオ禁 まあゆるーくやってますねえ。
LD >> んんん…一つはアリババが「カメレオン」的に強運強運でダンジョン攻略をした…という具合にしたくないって事ですかね。あと、もう一つは……アリババにかなりキーパーをさせる気なのかもしれませんね。
ルイ >> うん。あくまで単話評価なので、全体からして文句を言いたいハナシではないです>アリババ
カルマ >> アリババの設定は、まぁ祖国で何やらかしたかは組んでくれるだろうし、そこの信頼感もあるので良いかなと。
LD >> 虚像だった格が勝手に落ちた> ああ、そこらへんの情報は入れてありますね。んでも…とも思うけど、今は、これで…いいか。
カルマ >> なんとなく、このタイミングで「凄い」という情報を確定させるのか、という違和感は残るんですけどね。うーん、うまく言葉に出来ない。
ルイ >> 何かやらかしたとかは、若干親切過多にも思うw
ルイ >> キラッキラの回想だけ入れておけば、今との落差で「なんかあったんだろうな」と勝手に読めるだろうし、それを敢えてキャラクターでもなんでもない神の声=ナレーションに宣言させるのってあんまり好きではない、んですけど、まあ読者層考えての選択だろうな。
LD >> 。o(「悪魔裁判」は今、どんな感じなんだろう…)
ルイ >> 先週・先々週に言ったまんまですが>悪魔裁判
kichi >> 「月光条例」がいよいよ自由だなぁ……w “どうやらその辺がゆるくなっているようで…”ってw
LD >> ああ、回想入れないで「こいつ何者だ?」ぐらいで、止める方がキレイかもしれませんね。……そこで引けばそれこそアラジンに対して敵か?味方か?まで振り幅が生まれる。
ルイ >> 裁判とか意味わかんないのでw天使と悪魔の悲恋を軸に天使的悪魔と悪魔的天使っていう入れ替えも若干絡めつつ。裁判もどっちかというと審判に意味がシフトしていくかもw
ルイ >> まぁ、とにもかくにも今週の「ナギ」で神視点ナレの強さが確定されてしまったんで、今後も統一はした方がいいんでしょうね。んー、謎で見せているだけにでしゃばられると作品崩壊すっけどw
ルイ >> おとぎハナシの方の人格を描いていくと富士鷹先生愛着わいちゃって、一期一会とかやってられなくなったんよ。>月光条例
LD >> んんん〜……「フランダースの犬」があんだけ気に入らない人が、「人魚姫」に難癖つけるのは時間の問題だったか……wwww
LD >> その内、「ジャッジメント!!」とか叫んでデヴィルを成敗する展開になるんですか?分かりません!(`>ω<´)
kichi >> 。o(そういえば人魚姫で思い出しましたが、「うみものがたり」は本編の方は概ねイマイチな感じですが、EDは凄〜く良いと思います。好き)
ルイ >> 「金剛番長」先週の執事のヒキが何だったのかイマイチ意味がわからない。最後のカットはかっこいいけど。
LD >> さて「はじめてのあく」ですが、「数学ガール」を読んだ私としては、キョーコちゃん1も素数じゃないよとつっこんでおこう。そ、全て「数学ガール」のお陰です(`・ω・´)
ルイ >> 結局執事は金剛類の超回復に対する対策も時間稼ぎという目的もなく単に俺様命がけなら止められちゃうもんね気分で先週のヒキ登場したのか。なんて迷惑な。・・・ってこれ、往年のパターンを踏襲しようとしたとは思うんだけど、今回の場合「敵の特徴と実力がわかっていて」「彼我の戦力差もわかっていて」「時間稼ぎじゃない」なら、実は先人とは似て非なる単なる迷惑自意識過剰乙☆みたいな・・・。
ルイ >> うん。僕も全く同じ事を思ったよ。数学ガール半分読んだ身として。>キョーコちゃん1も素数じゃないよ
GiGi >> マギはプロローグだと思ってるので情報出揃うまで様子見ですね。
LD >> 。o(「うみのものがたり」は本編の方は概ねイマイチですね…)
ルイ >> この中では「はじめてのあく」にあまり好意的でないワタクシですが。今週のキョーコ祭りナンパも好きじゃない。ボサ髪からして都会の洗練に憧れちゃう田舎心理でもないんだから、実質これって「イケてる女に与えられる記号」で。キョーコの立ち位置がやっぱりよくわからない。ファンクラブはマニアックの集まりとか、よく知れば・・・って事でわからなくはないけど。
LD >> 「金剛番長」は、破壊番長が強そうに思えない所がイマサンくらいな感じです。起こっている事、説明されている事でそう思わせるんじゃなくって、もう少しデモンストレーションみたいな事はできなかったのだろうか。
ルイ >> 兄貴は無駄にかっこいいですけどね>金剛番長 そんなに自信あるんだ。
ルイ >> でも新キャラは桃子の転生だと思って可愛がってやろうと思っている(`・ω・´)>はじめてのあく
LD >> う〜んwまあ、ナンパなんだから、一人でいて並の子ならとりあえず声かけるんじゃないんですか?w
かんで。 >> おはようございます。
kichi >> 同感です>破壊番長イマサン   そもそも兵器どうこうって話だったのが結局番長かよ、みたいな印象だったんで、せめてもうちょい兵器と呼ばれるに足る描写がほしいですね。
ルイ >> 漫画の中で描くってことについてのハナシだから、そんなツッコミは意味を持たないんだぜ。まぁ、その程度のキャラの作りってことですよ。お、キツイね!w
カルマ >> なんか長女が好みだな、ということしか(笑)>はじめてのあく  悪の組織がいい人、ってとこはサンレッドで消化されちゃってるんですよね。
LD >> 桃子のヴィジュアルは65%くらい雪路がとってしまったからねえ…(´;ω;`)
ルイ >> やっぱり街破壊して戻ってくるくらいのデモンストレーションが必要だったか・・・>破壊番長
カルマ >> 腕くっつくくらいですか?それも金剛の血のなせる技でしたっけ>破壊番長
kichi >> キョーコは初出時はともかく、今では普通に美少女キャラだと思いますよ?w 髪とかしただけで騒がれるんですから、浴衣効果だけでナンパされるくらいは余裕ですw
ルイ >> 金剛のじい様が大した事なかったのか、みたいな印象になってしまうのはなんなんだ。
LD >> いや、そういうナンパはマンガの中でも“ある”事だとは思うけど、僕自身、作者がキョーコ好きすぎて、そこらへんの線引きを混濁させている可能性を分かっていて行っているので、モロに言い訳ではありますw しかし、まあ、そんだけキャラが好きならテクニック云々を超えてパワーも出てくると思いますよw
ルイ >> うん。その理屈?wはアリだとして、じゃあ実際パワーが出ているか、というところで意見が分かれるわけだなあ。
かんで。 >> 一週違いですけど、天理の評価が上がっていて嬉しい、かんで。です。
LD >> まあ、なんかピッコロ大魔王みたいに一瞬で街を破壊するみたいな…?>デモンストレーション
ルイ >> その一週違いってところにポイントがあるんだと思いますがw評価というより、若木先生の調節だと思いました。
LD >> かんで。さん、こんばんは。
かんで。 >> こんばんは、です。
ルイ >> 噛み付いてた骨を天にフッと吹き上げて、それが衛星軌道まで到達してアメリカの衛星破壊して地上大惨事とか・・・?>でもんすとれーしょん ※こええよ
kichi >> ですねw>一蹴違いにポイント   楽しそうにぷちぷちはじめたとこで、お、キャラ立たせにきた!と思いましたし、見事に可愛くなってましたねw
kichi >> 一週……orz
かんで。 >> 個人的には、物凄く自然な流れで、先週と天理の評価、印象自体は、ほとんど変わってなかったりするわけですが。
かんで。 >> ぷちぷち自体は登場時からやってたわけですが>天理
LD >> いや、最近はジローがビルドされて追い上げてきているけど、当初はこの作品、ほとんどキョーコで「回して」いたと思いますよ。まあ、その作品自体がイマイチって事だとは思いますが。それはやはりジローや脇キャラの話になってくると思うなあ。>パワーが出ているか
かんで。 >> う〜ん、今週も違う形で温度差があるような(汗)
kichi >> れ?そうでしたか。全然印象に残ってませんでした……orz>ぷちぷち登場時からやってた
ルイ >> 天理好きのバイアスがかかっている気がしているので、あまり面白い話題になりそうな気がしない。まぁ、僕は今週で「天理の評価が上がった」んじゃなく「天理をそう見せるバランスを選択した」んだと思ってますね。キャラ評価は今回した覚えがない。
LD >> 天理は、ディアナの動きがやはりいいんですよね。ディアナがアクションするから天理のリアクションが引き出されている。……ふと、ディアナが“落ちる”事はないんか?と思ったりもしますがw
かんで。 >> 和服好きな私は、キョーコの浴衣4段ぶちぬきにドキリとさせられました。
kichi >> ……というか、キョーコは登場時の外見の印象は地味と思いましたけど、作中の扱いは一貫して美少女なような……? だから私は初期にはその扱いに違和を感じてはいましたけど、今は納得してそういうもんだと思ってるんで、今週のナンパは当然に思えましたね。
ルイ >> まあとにかく、桃子ってのは偏愛ゆえとして、一応場のかきまぜキャラを出してきたわけで、キョーコのジェラシー軸にでも組む気なのかもしれないですね>はじめてのあく 流石に障害なくノンストップ過ぎたかw誰がみても「YOU付き合っちゃいなYO」状態だったし。
LD >> いや、今週、天理で「回す」運転を始めているんですよね。必然的にキャラが描かれて行く…。それはどういう事かというと、先週、図書子被りという話をしましたが、トルクのある図書子になったんですよね。(注:程なく差別化されて図書子とは言えなくなるでしょうけど)
ルイ >> 「そういうもん」はわかります。実際そうだろうとも思う。そこにどんだけの妥協があるのかって言いたいだけでw まぁ、今やこの作品、大して初期配置なんて関係ないですからね。でもキャラ判断の脇が甘い作品がどこまでいけるかな?っていう冷や水でもあるということで>kichiさん
かんで。 >> ああ。なるほどバランス。読者にレギュラーとしての立ち位置をわかりやすくするためのフォローを行ったというのは妥当な見方だと思います。
カルマ >> ちょうど立ち位置がわかりやすくなって納得したサンプルがここにいますね(笑)>かんでさん あぁ、でも好みなのはディアナの方かな。天理自体にはそこまで乗ってはいない。
ルイ >> ちなみに「メジャー」のアメリカちゃんもかきまわしキャラらしいんだけど、さすがにコッチの線はもうコッチコチじゃないのかなあ・・・w
かんで。 >> ディアナはいいですね。神で愛が必要という設定と、天理の直接的に桂馬との恋愛を望まない性格とのマッチアップに今後期待。基本はコンフリクトからのギャグ中心なんでしょうけど。
LD >> キョーコは一貫して美少女>ファンクラブがある。→しかし、マニアックなファンと言われている。→しかし、ファンクラブがある。→この回転をどう受け止めるか?という事かもしれませんね。
ルイ >> ・・あ。というかコチコチ状態の2人を前進させるためのそれこそ嫉妬させ子か。恋のストーブリーグあっため用か。
kichi >> ……まぁ、ライバル的アイドル子ちゃんもそんなに華のある感じじゃなかったので、単に画力……というか、作者の嗜好……というか華認識?wと一般性の不一致みたいな問題なのかなぁ?とか思ってたりはしますw>キャラ判断
ルイ >> こわしや我聞の秘書はあんなに一貫してたのに。一貫しすぎてどうにもなんなかったけどw
kichi >> さっきも書きましたけど、髪とかしただけでマニアックでない人からも注目されてたわけで、素材はいいけど可愛く見せる意識が足りないだけって思ってはいるんですよね。だから、今回は浴衣効果で充分というw>キョーコ
LD >> アイドル八重子ちゃんには期待したいんですけどw…とりあえず別のライバルが出たなとw
GiGi >> 先週とほとんど変わってないのにパッと見の印象が変わってるあたりがむしろ匠の技を感じますね>天理
かんで。 >> 2巻見返して思ったのは図書子は、無口属性を思い切りかき回されたため物語に再登場しづらい。天理は、無口属性自体を壊されないままエピ終了→レギュラー化という違いが一番大きいのかな、と。
ルイ >> (描き方も目を中心に変えてると思うけど、一応論旨としてはgigiさんに黙って乗った方がいいんだろうw)
LD >> 僕は、我聞×國生さんの反省から、ジロー×キョーコが組まれていると思っているので、今、多少強引でも(僕はそんなに強引に思っていないけど)キョーコとジローが互いに意識し合う甘酸っぱい流れを作っているのは好感ですね。
ルイ >> 極端なんですねw>藤木先生
かんで。 >> 無口属性じゃなく、内気属性か。
かんで。 >> 秘書さんはかっこよかったですけど、確かにいじりにくいキャラだったんでしょうね。
GiGi >> かんでさんとは後でサマヲの話をちょっとしたいかな
かんで。 >> あ、了解です。>GiGiさん
LD >> いや、この場合、図書子は無口属性を少しずらしたから、自ら再登場するルートに入れるとは思うんですが…。いずれにせよ天理の方がどんどん整備されて行くでしょうね。
ルイ >> 図書子は所詮「人気の出た単発キャラ」に過ぎないので、まああまりキャラ格での比較には意味がない。属性が多少かぶった所に重要キャラ置いてきて、今回見せ方を考えてきてるあたりに面白さがあるかなと。
かんで。 >> そうですね。無口ではなくなったんですよね。失礼しました。内気な部分を直接いじられはしなかった、というところに力点を置きたかったのですが。
ルイ >> 単発キャラの中では、お人形の子が一番桂馬に近いから取り扱い注意なんだろうなぁと思う。危ないと思ったらフェードアウトさせちゃった方がいいw
LD >> 。o(…しかし、桂馬が一番心揺らされて噛みついたのは教員子……そう、教員子なんだよおお!!)
かんで。 >> ですね。単発キャラとレギュラーキャラでそもそも配置位置が全く違う、というのは大きいですよね。
LD >> まあ、最初に言いましたが、手品がどう役に立つかという……っていうか、この後に及んで、ここから、さらに“手品ギミック”を加えてきているというw
かんで。 >> 天理メインのエピソードはむしろこれから本番やってくるようなので、(間に別エピソードを挟むのでしょうけど)大期待です。
カルマ >> あぁ、人形子なんかもいましたね。ちょっと多すぎて捉えきれてないな…
かんで。 >> 手品ギミックの追加、きっと大きな意味を持ってくるんでしょうね。登場時のぷちぷちか、それ以上に(爆)
ルイ >> 見せる相手がいないのに手品、ってギャップに可愛さを見出しこそすれ、これを役に立つ立たないという視点でチェック入れるのは尚早に思うなぁwまあ、でもツバつけとくのが「一番」スタイルですねw
LD >> いや、でもそこは「けいおん!」展開で単発キャラの扱いも分からない事が宣言されたとは思うんですけどね。……つっても、記憶戻るような展開はもう土壇場までないかなあ?
ルイ >> そんなこんなでちょっとあやひーの為のお花を摘んでくるから宜しくやってくださいませ。
かんで。 >> ああ、人形子……いましたねぇ。
ルイ >> ん。「けいおん」展開はあくまで場の中でキャラも生きているという宣言であって、単発キャラという立ち位置自体を崩すものではなかったと思いますよ。最終的にカミーユの体を通して出てくる力にはなるかもしんないけど。あっと花摘みランララン。
かんで。 >> クライマックスまでいかずに、みんなの記憶が戻ってしまって、それでもきっちりとストーリーまとめられたら、それこそ神だと思うのですがw
LD >> ほう。>尚早に 僕は出した以上役に立たせる!と思ってしまいましたが、確かに尚早だったかもしれませんね。
かんで。 >> ですね。単発キャラの位置づけには影響なかったと思います>「けいおん」展開
GiGi >> 記憶戻るような展開は本当の終盤までないでしょうね。
GiGi >> さてそろマガ
かんで。 >> うーむ、確かに尚早と言えばそうですよね(爆)そっちの見方の方が自然ですよね。
kichi >> ……私も役に立たせるとは思ってなかったですねw まぁ、言われてみれば役に立たせることもできそうではあります。>手品
LD >> どうなんでしょうね?記憶はまあ置いておくとして、桂馬、エルシィ、ハクア、天理の1チームで「回す」のがやり良いのは明白なんですけど、これまで消費したヒロインたちを(なるべく高い絡みで)再利用しないと勿体ないと思うんですけどね。
kichi >> 手品といえば「いつわりびと」はなんかクイズになってますね。とりあえず“箱”って言ってたけど実際は袋だったってとこには気付きましたが、他にも何かあるかな?
LD >> はい。マガジン行きましょう。
かんで。 >> 時間差で記憶を戻していく、というのはひとつの手法としてありだとは思います。自然な理由付けが難しいと思いますが。
GiGi >> 加瀬先生復活目出度い!つか今週の一番、このレポート漫画でも良いよ(笑)
かんで。 >> マガジン
LD >> なんでしょうね?…いや、なんか語るに落ちているんだろうなあ〜?くらいの認識で(汗)>「いつわりびと」
かんで。 >> 加瀬先生、いい演技でしたw
LD >> 新連載の「GE」は確か前に読切で「今週の一番」取っていますね。…基本、同じプロットで行くみたいですが…。
ルイ >> うーん?>GE 確か読みきり時に圧縮とらドラ!みたいな事をやった作品ですけど、そうか良く練ったBOYSBEでもやるのかと思ったら、このプロット一本でいくんだ。
GiGi >> 「ゲームなら上手く行くのに」とか謝れ!落とし神様に謝れ!(笑)
LD >> 「ゼロセン」、賊を殲滅せよとか復帰後もいい指示出していますw
ルイ >> 読切はとらドラだったけど連載構造は東京ラブストーリーだった、みたいな? いや、テニス部の先輩が比重増してますよね。彼女を憎めない子にしていくと行き着くのはそこかなぁ、みたいな。単にフラグをぼかしたいだけかな?
カルマ >> 「GE」読み切りで十分ですね。連載でやる意味はちょっと、わからない。
kichi >> ……やっぱり先週「課長令嬢」のついでにも言いましたけど、連載向きの題材には思えないですねぇw 巧くひねりを入れないと……。
kichi >> >GE
ルイ >> ていうかあそこでギャルゲー引き合いに出す奴のDT力がモノスゲェ。
LD >> 短くまとめて、オムニバスな感じとか……。>「GE」
かんで。 >> テニス部の先輩かわいいなぁ。深みはあんまりなさそうですが。
LD >> ああ、そうそう。今週は加瀬先生の復帰マンガもよかったですけど、在全翁の人生相談「ズバリ!言うんじゃ!!」もよかったですよw
カルマ >> むしろ僕は先輩がまだ弱いっていう判断かな。読み切りから何一つ変わってる印象を受けない…というか、主人公のヘタレっぷりが増してるくらいかしら。
LD >> ああ、エンディングを変えてくるとか?>「GE」
ルイ >> オムニバスな感じですかねぇ。大体一本道連載じゃタイトル詐欺になりかねん。
かんで。 >> 「ANGEL BEAT」みたいに第3者を中心にまとめるのが一番自然なんでしょうね。黒川がその位置にあるならすげ〜と思いますが。
kichi >> ああ、なるほど。そうだったら面白そうかもですね。>黒川中心
ルイ >> そうですね。僕はそうイメージして読もうと思ってます>エンディングを変えてくる カルマさんはそう仰ってますけど、まぁ僕は先輩にそれなりのイジリを感じるな、とね。同じ部活内でってのもそうだし。
LD >> Q「とにかくお金がほしいんですが、どうすれば良いですか!?」→A「磁力よ!!」→(;∀;) イイコタエダナー
ルイ >> 「課長令嬢」はアリなんじゃないでしょうか、この兄逮捕は。2週目にしてどんどん手詰まりになっていく感じがw
カルマ >> オムニバスか、その発想はなかった…というか、そうでなくば持たないという判断をされているのでしょうか(汗)
カルマ >> 在全御大の答えありきで質問組まれてるのが好きです(笑)>零企画
かんで。 >> 「BOYS BE」のBEってバッドエンドの略だったとかそんなことは無いですよねwバッドエンドの方が好きだった私ですが
LD >> 「ネギま」ですが……“神珍鉄自在混”は、額面通りならちょっと脅威なアイテムですよ?
ルイ >> 古老師はぶっちゃけ一番かわいいと思うよ(真顔
かんで。 >> 「課長令嬢」本当に追い詰められ方が凄いですよねw 2回目とは思えないっす。
カルマ >> くーふぇたまりませんなぁ。特別ファンじゃなくても惚れてしまう。
kichi >> 古老師良かったですねぇw
かんで。 >> 素直に如意棒と言えと(笑)>ネギま!
LD >> 「エデンの檻」ですが、この……新しい子ってもう、チーム仙石入りなの?(´・ω・`)
カルマ >> 課長令嬢は単行本1冊出たら御の字じゃないでしょうか。嫌味じゃなく、それくらいがまとまりがあっていい(笑)
ルイ >> そんな秋田書店じゃないんだから(またまたご冗談をAA >一冊出たら御の字
kichi >> 新しい子って女の子のことですか?>エデンLDさん   ……まぁ、どっちにしても微妙ですね。
ルイ >> 「エデン」新しい子は名前しかキャラ立ってないですよね。まぁ、ほら、人員が減るショックを与えるには、増やさないとダメやん?←酷い物言い
カルマ >> というか、咄嗟に手を掴むには主人公とサードマンの距離ありすぎじゃないですか>エデン
かんで。 >> ええと、りおんのそばにいる女の子のことですか?>LDさん
LD >> 如意棒の恐ろしい所はどこまでも際限なく伸びる事とそれで折れない事ですな。
GiGi >> ベビステの恐ろしいところは、これまでのえーちゃんは基本的に全部頭で考えてから動いていたというところだな
LD >> りおんのそばにいる女の子のことです。
ルイ >> 「むろみさん」は正しすぎますねぇ、リヴァイアさんの設定とか。
かんで。 >> 軌道エレベーターの材料に使えますよねw>如意棒
かんで。 >> まだ、一悶着あるんじゃないんですかね>りおんのそばにいる女の子
kichi >> リヴァイアさんも良かったですねぇw
LD >> 人員が減るショックを与えるには>うん。ルイさん、良いところに気付いたね。そこでここはザジ死にですよ?(´・ω・`) 
かんで。 >> リヴァイアさんw名前で正体ばれw
ルイ >> 漫画が基本リアルタイムに比して内語なりが多いという特徴を、こんなうまく逆利用されるとはオモワンカッタ。>ベビステ
kichi >> ……まぁ、死にそうにも思えますし、りおんと主人公をくっつけるためのかませ犬的ポジションとして機能させそうにも思えて、結構微妙ですね。
カルマ >> 今週もまたひとつむろみさんが好きになっていくわけですが。
かんで。 >> ザジ死にはさすがにインパクトあるでしょうねw
ルイ >> ツッコんだもの負け感の出し方がとにかく素晴らしい>むろみさん
GiGi >> 君町…あれ…?地雷不発弾だった?(笑)
LD >> しかし…有田どう考えても許されんのに……なんだろ?このネームw
カルマ >> なんか委員長みたいなキャラでしたっけ>新しい女の子
ルイ >> ザジはハーレム主人公に憧れる悪友ポジなんで、結構貴重なんだよなあ。それこそメガネくんの方が伝達すべきことはしてるし、アレなんですが。
かんで。 >> カルドセプトでリヴァイアサンブックつくってた私には嬉しい限りです>リヴァイアさん
kichi >> 君町……www まさかろくに反応すら描かれずにすっとばされるとは、そばかす子ちゃん不憫すぎるw
ルイ >> 最終的に死ぬとして、いい事して死ぬ為の積み上げでしょう>有田 ってことはここで死んだと思ったけど〜、の流れかな。最終的に「病院にいけばいい!」なら笑いますが。
カルマ >> 君町は時間跳躍がありましたね。
LD >> 今にも旗が立つ………旗が立つ寸前のマーシャがたまらんです。(´・ω・`)>「ベビステ」
ルイ >> (自分のキャラに)おせっかいできない男の子作家ってバカみたい。>君街
かんで。 >> うはは、素晴らしい>「病院にいけばいい!!」
LD >> ああ…ここで死んだと思わせて、程なく謎のサードマンがピンチに登場ですね。分かります。(´・ω・`)
カルマ >> あれですよ、顔が動物の酸かなにかで焼ければいいわけですよ>サードマン
LD >> 「第九」はなにやら千機眼がすごいみたいなんですけど、よく分かりませんでした。
ルイ >> おおっと、カルマさん地味に良い点?w>焼ければいい いやその事自体が良いっていうんじゃなくてw肉体的な生死ではない所でサードマンに咎を背負わせる事はできますね。「俺はこの島に残るよ」とか。
ルイ >> 千機眼は最初からよくワカンネ。
LD >> 「君町」は………
かんで。 >> ああ!!その手があったですね>顔が熔解
LD >> CAさんは死にそうで死なないだろうなあ…。
かんで。 >> マーシャはあれですね、カレカノの芝姫ですよね。
カルマ >> おそらくもう、社会的には復帰できない…しかし、生きていくことは出来る。夜の闇にまぎれて人助け、そしてティジクンという伝説になり…あら?
かんで。 >> 葛藤の描かれない芝姫というか
LD >> 「花形」は短い試合としてなかなか良かった。
GiGi >> 何気に忘れられているハデス再登場あたりで何かあるんじゃないですかね>エデン
ルイ >> 最後ティジクンw
カルマ >> お兄さん勝ったのに驚いてるわけですよ。エーちゃんのプレーに釘付けなわけですよ(真顔)>マーシャ
ルイ >> あれ、花形ヒットなの?あれはホムーランの方が花形の化け物が出てるような気が。
かんで。 >> ティジクンにそんな過去があったなんて!!w
カルマ >> あぁ、僕も当然ホームランだと思いました>花形
かんで。 >> いや、あれは、急激なプレーの進化にとまどってる表現でしょ(マジレスすみません)>マーシャ
LD >> いや、なんでしょ?確かにHRでもいいはずなのに、何かのバランスが働きましたよね?>花形
ルイ >> ヒットはもうプロ野球で観た事ある、みたいな。確かにここ、バランス働かせてますよね。
LD >> いや〜あと花形、扉絵で爽やかニコやかにアイドル子の応対をしているワケですよw脈なしでw
LD >> 「君町」はやっぱり皆、菊川がどうなったか知りたいよねw
かんで。 >> 花形はどこかでリアルを追求している?
ルイ >> まぁ、この描写されない時間でヤンヤンを溜めてた、という事・・・うーん?冗談はその程度にして、なんなんだ?
かんで。 >> トビラ絵w 持てる者の義務という奴ですねw
LD >> マーシャは、急激なプレーの進化にとまどってるのでしょう。だからまだ、旗は立っていない。立っていないんだけど!立つ寸前w
ルイ >> 或いは、花形は「天才」であって「怪物」ではないというか、あくまで上位種に挑むという形を作る為の配慮かもしれないですね>かんで。さん これはかなり昔に考えた、「鉄球トレーニングに実感もたせる積み上げ」てやつですがw※そもそも大リーグボールないと鉄球トレしねえよw
カルマ >> エンドランのサインが出てるから、それに従って、ホームランに出来たけどもあえてヒットにした。これでどうですか?(笑)
かんで。 >> ああ、確かにそうかも>立つ寸前w
カルマ >> 急激なプレーの進化にとまどってるってのは、兄とエーちゃんのどっちにかかってるんですかね?
LD >> 冗談はその程度にしたら打ち切りじゃね?ラストシーンは上手く行きそうになった瞬間、菊川に鋸引かれるの。(´・ω・`)
かんで。 >> ああ、人として怪物に挑む構図の布石、というのは凄く納得しましたw>花形
LD >> あえてヒットにしたは、ちょっといいかもw
ルイ >> だからそれが冗談だとw>鋸
かんで。 >> 私はどっちも、かなぁと>急激な進化
かんで。 >> 敢えてヒットにした、の解釈もいいですねw
ルイ >> お兄ちゃんは伸び悩んでたのに、エーちゃんとやったら進化した→エーイチってどんな人?→興味が好意に変わるのに、さして時間はかからなかった・・・(ナレーション
kichi >> 「エアギア」が案外巧い展開してるように思います。いや、当初はこっちのバトルはほんとにど〜でもいい、眠りの森のバトルがメインってしか感じられなかったのが、今は結構自然とこっちのバトルに興味が向かってますのでね。……ま、だからといってあんま長引かせないでメインに行ってほしいですがw
LD >> う〜ん、でも、まあマーシャを組んでくるソツの無さが素晴らしいなあ…。
GiGi >> 試合そのものがプロレベルのそれになっているというのが正確なところではないかなと。
LD >> アイオーンがでけえよwこのマンガw>「エアギア」 あとスピットファイヤw
ルイ >> 「ガマラン」は良いなぁ。誰の格も殺さないまま一回間を空ける事に成功してる。
LD >> 今のメインじゃないバトルっていうのがその通りで、なんかその場その場で面白い画になる方に行っている感じですよねw アイオンとか元はベヒモスの一幹部だったのに、なんか影の主役みたいになっていてw
ルイ >> まぁ実際この準決勝で一気にパワーアップしないといけない面もありますしね。
かんで。 >> アイオーンは神(作者)に愛されてますよねぇw
LD >> 「ガマラン」良いですね……というか、全体的にもうちょっと行けるんじゃないかと思っているんだけど、とにかく応援している。
kichi >> いやもうほんと、大暮先生は勢い重視というか、悪く言えばいきあたりばったりなとこあるんですけど、それでも面白くしてしまえる、力技が通用してしまう豪腕っぷりが魅力ですねぇw
かんで。 >> ガマラン、佐々木小次郎登場。
kichi >> 「ガマラン」良いですね。……確かに何かもう一押しできそうな気分はあるんですけど……、客観的に見て巧いのは間違いないです。
カルマ >> ガマランは敵の当主が良いなぁ。ここで善悪の判断がつく以前のメンヘルっぽいキャラを出してくるのが。ガマ自身は鏡千流に悪いイメージを持っていますよね。
LD >> 実際にアイオーン面白いですけどねw イッキ大好きホモにして、カズの目標という…キャラ格たけぇww
かんで。 >> 「ガマラン」はかなりの良作の印象ですね。
かんで。 >> 逆に言うと傑作というには何か足りないというか
GiGi >> スマッシュはここで勝つか負けるかで展開がガラッと変わりますね。勝つとは思いますが…。
ルイ >> ここで勝ったら相手の付き合う云々が意味ナスに・・・ああ、両方約束は反故だけど結果はっていう見せ方ができるか。
LD >> 「ブラボー」最終回でした。…まあ、主人公シャフトか、先生シャフトか、学園生活か、大会か、で微妙にバランス取りそこなってしまったかな?
LD >> そろそろチャンピオン行きましょうか。
ルイ >> 「シバトラ」、普通に失明しちゃいましたねえ。なんかキャラに思いいれなさすぎてちっと好きじゃないなぁ・・・。
ルイ >> というか、ここで失明悲劇を重ねる事で、リカちゃんの方が印象薄まっちゃうというかね。イマイチ。
カルマ >> シバトラは無駄に残酷、という印象でしかないですね。
LD >> 今、無駄に残酷ですね。僕もそう思います。……現実ならそうなってしまう事を回避するために、死神の手が観える設定をつけたんじゃなかったの?
kichi >> 「ブラボー」はやっぱりもっとじっくりとキャラを積んでいった上でコンクールなりの展開をすべきだったと思いますね。あるいは1年目のコンクールはあっさり負ける処理しちゃうとかして、主人公の上達もじっくりやってくべきとか……。
かんで。 >> 次回の三四郎^2が気になって仕方がないw
kichi >> 「シバトラ」はなんでこんな展開になっちゃってるんですかねぇ……(´・ω・`)
ルイ >> 結局音楽の凄さをどう表現するかに殆ど無策だったからなあ。
LD >> 逆に「ゴッ輝」は命の尊さ云々の話に立返ると、設定に守られている設定を思い出してしまいますね。…あんまりそこを詰める気はないのでしょうけど。
kichi >> 三四郎^2はちょっと気になりますねw 「おせん」も読まなくなっちゃってるものできくち正太先生の作品読むの久々かもですし。
GiGi >> 負けたら約束が全部裏目ってかなり鬱展開になりますね。勝てば翔太に軸が移って一気に話が進む
カルマ >> 最初のコンクールが失敗だったですね。あそこで積みが足りないのに成長やら描いちゃって、今度はそれを前提にしなきゃならなくなったというか。
かんで。 >> 美月ちゃん……
LD >> 。o(…もっと「ぎゃぼー!」な感じにすればよかったとか……?)
ルイ >> あれですよね、輝は蓮先生の問いかけに「だって俺死んだ人に立ち会ったことないもん!」と言えちゃうというw>設定に守られてる設定
かんで。 >> 私もひさびさなんですよ>きくち先生
ルイ >> いや、約束全部裏目ったのにどっちも当人同士の意思で成就したら、逆にものっそきゅんきゅん展開だと思いますがw
LD >> 「バチバチ」は楽しいというか……今出ている連中が皆、幕下なのが笑ってしまうw
LD >> 突き詰めて行くと、蓮先生の諦観を本当の意味で糾弾できるのは、蓮先生と同じくらい患者の死に目に立ち会ってそれでも心を閉ざさなかった(?)人なんですよね。輝先生は設定上、そういう資格が手に入らないというw
LD >> 「おせん」まだ続いていますよね?
LD >> …で、細馬先生って今、特に何も描いていないですよね。「魔界都市ハンター」のさやかちゃんの顔がかなり変ってしまったなあ〜w
kichi >> たぶん続いてると思うんですがよく分かりません>おせん   5巻くらい?までは読んでた気がしますし、その後何冊かは買って積んでたんですが、買いもしなくなって久しいもので……
かんで。 >> 私はおせん自体読んでないんですよ。多分いつか読むとは思うのですが
かんで。 >> だから三四郎^2が非常に懐かしく感じるという。
LD >> きくち先生は「ブル田さん」というマンガが大好きだったのですが……単行本が見つからない(汗)今、探せばあるのか?
かんで。 >> バチバチの世界の白鳳は凄いんだろうな。
LD >> 「三四郎」か?「そばっかす」か?って言ったら「三四郎」なワケだw
かんで。 >> さやかちゃんが妙にかわいくてツボりました>魔界都市ハンター
kichi >> 「ブル田さん」は良いですねぇ。野球マンガは数あれど、あれだけ気持ちいいホームラン描写の作品はなかなか無いように思います。
かんで。 >> あ、そばっかすとくらべるとやっぱ三四郎ですね、確かに。
LD >> 「バチバチ」幕下の段階で、これなら、大関とか横綱とかは、本気で神のように強いんじゃないかって……いわゆる、大きく見積もってしまっていますねw
LD >> (´;Д;`) <さやかちゃんはこの線じゃないよ!!
GiGi >> 細馬先生は漫画自体を久しぶりに描いた風情でしたね。
かんで。 >> ですよね、もう異次元をも支配する勢い?(爆)>大関とか横綱
LD >> そんなワケで、Yahooオークションを探してみた……なんだ、沢山あるじゃないか「ブル田さん」。
GiGi >> むろみさん人気に危機感をもったのか、イカ娘が新技を披露(笑)
LD >> 元々、荒いタッチの人ではありましたが、それでも荒れた線でしたね。ま、懐かしかったので多くは望みませんが。
LD >> イカ娘がむろみさんに危機感を持つのは間違っちょるw
かんで。 >> 「ブル田さん」チェックしてみます。読んだ記憶がないでもないのですが
LD >> 「畳の上のミクロ」は、なんか強い状態になった時のミクロの描き方が上手いというか…説得力があるなあ。
かんで。 >> 確かに荒れた線ではありました。フォルムは取れてるんですけどね
LD >> さて、そんなもんでしょうか。そろそろ一番を決めましょうか。
LD >> ルイさんは寝ちゃったかな?
LD >> サンデーは「マギ」か、「はじめてのあく」だな。
GiGi >> バチバチの幕内描写は楽しみですね。
LD >> マガジンは「花形」か「ベイビ」か「ガマラン」
LD >> チャンピオンは…なす!敢えて言うなら「バチバチ」。
かんで。 >> サンデーは「マギ」ですかね
カルマ >> サンデーは「マギ」、マガジンは「ネギま!」「むろみさん」ですね。
かんで。 >> マガジンは「花形」かなぁ
GiGi >> ちょっとお話する余裕がなくなってしまった(汗
kichi >> サンデーは「神知る」かな?
LD >> う〜ん、「マギ」か「花形」かという感じでしょうか……。
kichi >> マガジン…………「ネギま」かなぁ?
かんで。 >> チャンピオンは無しかな、「ギャンブルフィッシュ」でもいいですけど
kichi >> チャンピオンは……今週もド定番の「弱虫ペダル」ってことになるかなぁ……。
LD >> 「ギャンブルフィッシュ」はヒキに謎かけされたんですけど…なんだろうな?
かんで。 >> 正直わからなかったです>謎かけ
kichi >> う〜ん、ちょっと分からないですね……>ギャンブルフィッシュ謎かけ
LD >> う〜ん…。>「ギャンブルフィッシュ」
GiGi >> バチバチもありかなあ。マガジンは加瀬先生
LD >> 12だから時計で……五木島が短針……。
LD >> やっぱり、「マギ」か「花形」、あと加瀬先生かなあ?
LD >> え〜っと「新約花形」にしましょう。
LD >> HRじゃないんだ…っていうのもあるんですが、扉からオチまでなかなか詰った一回だったと思います。
GiGi >> ああ12という数字は何か時間と関係ありそうですね。
かんで。 >> 新約花形ってw、いやわかりますけど
kichi >> 。o(実はまだ読んでないとはとても言えないw>花形)
kichi >> さて、8時には起きなきゃなんで寝ます〜。おやすみなさい〜。 ノシ
かんで。 >> 「新約巨人の星 花形」ですよねw
LD >> いや、略称でw>「新約花形」
かんで。 >> 確かに時計っぽいですよね、円卓も
LD >> では、そんな所で。お疲れ様でした。
かんで。 >> 略称でしたかw なるほどw
かんで。 >> お疲れ様です。
カルマ >> お疲れ様でした〜♪
かんで。 >> サマウォの話はどうします?>GiGiさん
GiGi >> サマヲですが、ブログにも書きましたが、あの徹底した外の世界の描かれなさについてどんな印象をもったかとか聞きたかったんですが。
かんで。 >> 正解者55人を無視した辺りの話ですか。
GiGi >> ちょっと対話出来そうにないんで何かあれば書いてってください。ルイさんは今日視るんだっけ?
かんで。 >> 私は、特にそこにひっかかりはなかったですね。映画の尺に落とし込む時点でばっさりやってもそれは有りだと思いました。
かんで。 >> サマウォは、出来ないことはやらない作品だったと思いますので、細田監督の作品としてはああいう形になるのも自然なのかな、と。
かんで。 >> 物足りなさを感じることは、それはもうた〜くさんありますが、そこまでは期待しなかったというか。二時間足らずですしね。
GiGi >> まあ55人は象徴的な話で、(一人を除き)家族の誰も周囲に助けを求めないんですよね
かんで。 >> ああ、確かにそうですよね。
かんで。 >> でもそれは、状況を把握していないか、自分たちでなんとかするしかない、と思ったかのどちらかじゃないでしょうか。
LD >> ブログ、ざっと読みました。
かんで。 >> で、それは栄婆ちゃんを象徴とする家風の現れということでいいのかな、と。
LD >> この話ってテクニカルな事を含めれば、おおよそ説明はできそうでだよね。…なんだろ?GiGiさんが感じているものって繋がりの軽薄さ……なんだろうか?
かんで。 >> 私もブログざっと読みかえさせていただきました。
LD >> 田舎に戻ると、普段生活している人たちとの繋がりは途切れるよね。…それとこの屋敷がすっげえ山奥にあるという事もあると思う。

MANKEN CHAT(1.1)