漫研チャット
名前:
発言:
[正面] [取扱] [過去ログ]



■■■■2009年09月26日■■■■

ルイ >> それもわかる。>魂の選択 結局剣姫を動かしたかったんだよなぁ・・・。

kichi >> あと、「充電ちゃん」2話は話の筋が致命的に納得いかないw あの仕事の意味って鬱状態を強制的に引き戻すことが大きいと思うんで、アレスタちゃんのやり方で基本的にはいいんだと思いますし、少なくとも2話でのぷらぐちゃんのやり方が再発防止に役立ったとは全然思えなくて、他のいろいろも含めどうもスッキリしなかったですねぇ。

ルイ >> 僕のイメージでも、9話で協定破るのはテル子、つまりは踏み台プレイヤー扱いでしたので。・・・剣姫と主人公は剣という同じ世界を共有できたはずなので、そちらでもうちょっと演出を積めば面白くなったと思う。配置的には、とりあえず三角関係レベルなら簡単に組めそうな素材。

LD >> 同感、剣姫、絶対強いですよね。実は設定格というかプロット格抜きにして、純粋キャラ格なら、剣姫>メイド>桃姫(ただしフィーバー有り)>>(越えられない壁)>>テル子だと思うお(=´ω`=)

ルイ >> ぷらぐはあくまで主人公特権でたまたま上手くいく例外であって、結局アレスタに代表されるようにおおくの充電ちゃんはそうやってるし、ぷらぐのやり方の方に有用性がある!!って結論にはとりあえずなってないので、そこは許容範囲かな。異分子として、こういうスタンスもあるよね程度で。で、費用自前っていう。

ルイ >> でも、基本的に充電ちゃんは主題歌と声を聴く為にあるから(ぶっちゃけた

ルイ >> 剣姫>メイド>シャル(フィーバー有り これは物凄くわかる。

LD >> kichiさんって「ニードレス」観れましたっけ?

ルイ >> で、メイドさんは祖父に拾われた恩義があって、それをアイデンティティの根っこにしているようだから、「引く者」としての位置を表現しやすくて・・・あとはプロット格フィーバー、っていうかタイトルもこの人しか当てはまってないwシャルに対して、剣姫をテル子たちのブーストで押し上げる、って形が最も盛り上がると思うなぁ。マクロスFが物凄く上手く思えてきたじゃないか。

LD >> テル子は徹底してハブなんだけど、やり方次第でそれが強みになったりしますしね。構造のポテンシャルは悪くなかったですよ。

kichi >> ん〜、1話のは分かるんですけど、2話のは分からなかったなぁ……。1話の場合は兄と妹間の問題を取り除くところへ持っていったので分かるんですが、2話の場合お守り拾っただけなんで、それが問題解決のキッカケになるとは思えなくて……。うまくいったのは結局合格したからっていうそれだけだと思いますし……。>充電ちゃん

kichi >> 観れないです……たぶん(´・ω・`)>ニードレス

kichi >> 私の知らないところでネット配信されてたりしない限りは……。

ルイ >> ニードレスは過去エピがどうしようもなくて発狂しそうになりましたが、他は面白いですよ。少年チャンピオンみたいなアニメで。

LD >> さて、そろそろ一番に入りましょうか。今週はジャンプとチャンプヨンだけですね。

LD >> 過去エピ要らなかったよねwむしろ、5秒くらいで終わらせてくれた方が「ニードレス」ぽかったw

ルイ >> いや、本当ナレーションはいりかけて「以下略!!!」ってやっちゃう(画面全体に筆文字で描く)方がニードレスの圧縮濃度なんですよねw

kichi >> 明日は朝から仕事なんでありがたかったりw>ジャンプとチャンピオンだけ

LD >> 「ぬらりひょんの孫」巻頭カラーまで来ましたが!

ルイ >> ジャンプといえば、先週忘れているうちに新連載も始まっていたんだなぁ。みつを。

ルイ >> 「ぬらりひょん」、ノリノリじゃないか。面白い。

ルイ >> いくらか「もう獣の槍なんて古いんだよ!僕と九印がいればいいんだ!」的な匂いもするんですがwていうかプロットほぼまんまな気もするんですがw

カルマ >> 雪女、堀江由衣さんか…平時はまぁ、まぁ…http://www.shueisha.co.jp/drama_cd/nurari/index.html

ルイ >> ・・ただ、そこではなくて。最後のヒキが良いですねぇ。>ぬらりひょん

kichi >> 「ぬらりひょん」はやっぱ羽衣狐が良いですねぇ。陰陽師チームはあっさりやられちゃったかな? まぁ、まだゆらちゃん達が残ってますしね……w

カルマ >> 400年前の先祖を超えていると自負していても、羽衣狐とその仲間たちはそれ以上に。ヒキで、あっさりやられてしまっているのかな…?

ルイ >> 現代はやはり宵闇も暗さが足りないんでしょうね。ことアヤカシに関して、現代の天才と、古の天才とではレベルの差が大きいというのは実感としてわかる話。

LD >> リクオの修行フェーズと、今戦っている陰陽師たちの壊滅の報が届くという構成がこう…テクニカルですね。

ルイ >> ほちゃのせいでネタもないのに苦労してブログ更新するハメになったわ!(プンスカ

カルマ >> 17歳教の件ですか?>ブログ

ルイ >> ただ問題点があるとすれば、リクオの修行が完成したところで、格的にまるで届いてない感があるって事なんですがw主人公補正でもっていかれると興ざめしてしまう程度には、羽衣狐が素晴らしい。

LD >> “妥当”過ぎるキャスティングに全俺が泣いた……orz>ぬらCD

ルイ >> そうですね。あやひーがバニラソルトの歌詞好きってのは知れてよかったけど(コロッ >カルマさん

カルマ >> 福山潤さんはヒネリがなさすぎるよなぁ。ちょっとなぁ。

ルイ >> 「NARUTO」フフ、ガアラはサスケの留まっている所を突破したようにしか見えないから、存在レベルでサスケの方が格負けして駄々こねてるみたいなのが面白いw

ルイ >> お前は神知るの桂馬が福山さんになった時同じ事を言う。(ジョセフ口調

LD >> そうですね。今のテクニカルな構成は、おそらく修行フェーズの退屈さを回避するのが主目的だと思うんですが、その為か修行の意味自体が減じている感もあります。

ルイ >> 「畏れ」というギミック自体が良いとは言い難いですしね。

カルマ >> 数日前、twitterにナチュラルに「17歳」の表記に驚いてた人がいましたね。「24歳くらいと思ってた」それでも実際に誕生日を迎えた回数より10回近く若い(笑)

カルマ >> >ほっちゃん

kichi >> 存在レベルでは格負けしてる感あるのに、力でねじ伏せちゃうことでラスボス感を演出って感じなんでしょうかねぇ?w まぁ、禍々しい感じは出てていいような気がします。>NARUTO、サスケ

LD >> 桂馬は今なら福山さんだよなあ…orz

ルイ >> そうそう、逆ギレで力だけでラスボス感を出そうとしているのが、何か可愛いなとw>kichiさん

カルマ >> 単行本読んだら、先代とはまた違う畏れを発動させているようですけど、ちょっと『段階』どうこう、が上手くないですね。

ルイ >> 畏れの段階云々は入ってきにくかったですねえ、頭に。

ルイ >> 17歳と○万日おめでとう!って言い回しがもっと一般化すればいいんですけどね。なんというか、自虐込みでナンボだと思うし、その方が周回経てる気がして好感持てる。一応仮想読者にあやひーを想定して言葉選んでるから、そんな事言わないけどw

LD >> 憎しみのパワーとか何となく中二病に思っちゃいますしねえ…w小二病の絶対負けない気持ちとかの方がずっと清々しいよ?w

カルマ >> 私怨だと弱く見えてしまうのはあるでしょうけど…忍道の対比でも、サスケのそれが弱く感じられるのがなぁ。

GiGi >> 桂馬は福山でいいんじゃね?

ルイ >> ちょっと見え透きすぎていては向かいたい気持ちが出るんですよ、多分アニメ観る量と正比例してその気持ちが出るw>GiGiさん

LD >> …あ、「ファントム」まだ最終回観てなかった。

カルマ >> 中川翔子さんは16歳と○○ヶ月って言ってたような。まーめんどくせぇですよ。誕生日は33回目だけど17歳は否定してないみたいな配慮とか(笑)

LD >> …というか今の時点でも「ファントム」良かった。もう、キャル最高(`・ω・´)

カルマ >> 僕は基本的に声優さんのいろんな役柄を見てみたいという気持ちがありますね。

ルイ >> 「ワンピース」は、思った以上にすんなりと場の中央にルフィたちが溶け込んだ。一番云々無関係で、物凄い連載。

ルイ >> 「ファントム」はえがったですよう?

LD >> |´_ゝ`)。o(め、めんどくせぇぇぇええ…!)

LD >> どう観てもNPC劇場になる所を、力業で見せ場作りましたね。>「ワンピ」

ルイ >> シャンクスちょっと久しぶりに見たお。

ルイ >> 白ひげと並び立つカットを画として成立させられる人にしか出来ない、大技ですよね。擬音つけて。

kichi >> 「ワンピ」はほんと凄いですねぇ。ここまであっさり白ヒゲにルフィを認めさせてしまうとは。クロコダイルの立ち位置とか含め、次週が楽しみすぎますw

LD >> 「リリエンタール」はどうなんだろうなあ…。芦原先生、応援しているんですけどね。

GiGi >> シロヒゲと並び立つルフィの絵がやばいくらい様になってますね

ルイ >> 「リリエンタール」なぁ。あの凄い読みきりの人なんですよね。

カルマ >> クロコダイルの攻撃を防ぐのなんかが、『保険』ですよね。僕はもう「海賊王になる」と白ひげに宣言することが同格宣言に見えます。

kichi >> ちょっと赤犬の描かれ方が気になりますね。ちょっと他の面子とは区別してきた感じがするんですが……気にし過ぎかなぁ?w

いずみの >> 明日の朝上京しますが、こんばんは

カルマ >> リリエンタール、可愛さが減じているのはやはり賢くしゃべりすぎかなぁと。

カルマ >> 面白さは熱血じゃなくミステリになったことで、動物ががんばってる感が薄れているんですかねぇ…。>リリエンタール

ルイ >> 深層心理を具現化する、という能力で、人の感情の機微を絵的におもしろおかしく表現する、というのはわからなくはないのだけれど、どうしてもこれも読みきりアイディアに思えてしまう。週1でこのネタ撃ち続けられますかね?週跨いで「誰の、何の深層心理?」で読ませるのも難しそうだし、それ以外だと単に「しゃべる犬」という異邦人と子供たちのふれあい、ってパターンに納まっちゃうか。んー。

いずみの >> ファントムと咲は今夜放送です<関西では

LD >> この描写は何か持っていそうに見えますね。>赤犬

ルイ >> 咲の個人戦を独立アニメ化してクレー!

kichi >> 「リリエンタール」は……、微妙な印象ですね。ギミックというか、謎の能力が大掛かり過ぎて、いい話としてのまとめ方が弱くなってる気がします。いちおう形としてはいい話として成立してるんですけど、読みきりではそっちをストレートに伝えてきてたのが、連載では添え物になってるような……(´・ω・`)

LD >> あ、こんばんは。

GiGi >> リリエンタール良いと思いますよ。絵が分かりやすい。

カルマ >> 赤犬の動きは気になりますね。

カルマ >> こんばんはー>いずみのさん

ルイ >> 確かに、ビジュアル的な伝達力は低くないですよね>リリエンタール 先が不安になるというか・・・w

LD >> こうなると、もう……早いトコ、ドロンパとか出す方がいい感じですね。>「リリエンタール」

LD >> 絵が分かりやすい。> ふむ…。

ルイ >> 「ブリーチ」の色ルールは、ずいぶんジャンプ漫画らしいバトルをやっているなあとwでも、元々の画がそうなだけあって「黒」の説得力は高かったですね。

LD >> 「保健室のぬ〜べ〜」は、この校長先生で大体、キャラ配置はOkな感じ。あと病魔が面白ければ…。

kichi >> 「ブリーチ」は、遊びの種類が変わるのってどんなタイミングなんだろう?とかちょっと気になりました。宣言しないとならないのかな?とかw

LD >> 敵キャラがやってきそうな技を、味方のキャラがやっているのが面白い感じですかね。>色ルール

ルイ >> 「保健室」は順当ですね。声が田村ゆかりってところまで順当←?

カルマ >> そう、それは気になりました。気分、なんですかね?>遊びの種類が変わるのってどんなタイミング

ルイ >> 子供の気まぐれに付き合う形だから、飽きちゃったら遊びが変わっていて、別のルールになっていた、とか普通にありえそうですね。

kichi >> 実は校長っていうのは案外意外性感じて良かったですね。……校長ならもうちょい顔出してるものなんじゃ?って気もしましたがw 理事長なら分かるけど、それだと微妙に面白味は薄いのかな……w

LD >> 「ベルゼばぶ」、男鹿の頭の中では、一応、ヒロダさんと邦枝が競走しているんだ…トーマスとゴードンみたいに…。

ルイ >> 「ベル」 え、ちょっと待って、男鹿、その競争は男として上から目線?と気になったりw

LD >> 声が田村ゆかり>……………orz 言われた瞬間、聞こえて耳から離れなくなったよ、ママン…。

カルマ >> 女性キャラが増えてほっとしています>ぬーべー

kichi >> ああ、やっぱ「べるぜ」で今週一番気になったのはそこですよねw>ヒルダと邦枝

ルイ >> ちょっと最近の「ベル」は判断に困ってるんですけどね。やっぱり邦枝をもうちょっと活かしてからで良かったと思ってはいるのです。

いずみの >> 「弱ければよかったのに」っていうのはジャンプの看板作家になってしまった久保先生自身のジレンマですね(そんなことはない)>ブリーチ

kichi >> (゚∀゚)人(゚∀゚)>最近の「ベル」は判断に困ってる

GiGi >> ダメならダメでいい、とまで言うのはよくないかもだけど、変に気負わずのびのびやって欲しくはある>リリエンタール

LD >> 「バクマン」は港浦さんとかなりやり合いそうですね。ちょっと楽しみ。

GiGi >> 男鹿の脳内はダイナミックで素敵でした。

ルイ >> 「バクマン」は良い展開ですね。これを編集者が読んでると思うとニヤニヤするw

ルイ >> つまり鉄のドンキホーテはだから失敗したと←なんで鉄のドンキホーテにこだわるの? >港浦さんは好みを押し付けてるだけ

いずみの >> あやつり左近が打ち切られてデスノートが始まる流れですね>バクマン

kichi >> 「バクマン」はこれ、ジャンプ編集さん達の心境も穏やかじゃないだろうなぁ……とか思ったりw なかなか楽しみな展開ですね。

ルイ >> サイボーグじいちゃんめー。

LD >> |ω・`)。o(…久保先生は、新妻エイジ見て『ふ、俺の事だな』って思っていると思うよ……)

カルマ >> バクマンは良い感じになってきましたね。

GiGi >> バクマンも熱くて良い。しかし実際のところジャンプのトップレベルってコメディもきっちりこなすんだよね。

いずみの >> えぐいギャグを身につけるというか、デスノートってギャグじゃないですか<トップレベルはコメディもこなす

LD >> 確かに「あやつり左近」(推理もの)が打ち切られて「デスノート」(エグい連載)が始まる流れだ…w

ルイ >> ギャグに関してはメソッド的なものが確立されているというよりは、個々のセンスをそのまんま出している感もありますが・・>トップのコメディ

ルイ >> 久保先生どんだけだよw>エイジ

いずみの >> 正確には「少年探偵ダン+あやつり左近」→デスノート ですね。いや、油断してました。探偵モノってだけで打ち切りフラグはわかってたんだな……

GiGi >> ミウラさんに見せる嘘ネーム描いてたらめっさ面白いものが出来てたりすると愉快。

LD >> きっちりこなしますね。>ギャグ ジャンプでトップ張ろうと思ったら多くは、ベタでもなんでも感動させる力量と、ギャグに落とせる振り幅のセンスが問われますね。

いずみの >> シュージンのネームだけでなく、サイコーが「笑いの取れる顔芸」を描けるようになれるかがキモですね

ルイ >> 「あねどきっ」・・・んー。んー。んー・・・。・・んー。←?

ルイ >> 久々に男塾の最新回読んだら、王大人が亜空間開けるようになっていたでござる。

LD >> で、じっさいシュージンがギャグもこなせるようですしね。…「強い」ライターだなあ…。

LD >> あ、「あねどき」僕、今週好きなんですけどね。キャラの描写が素直だ。

ルイ >> 「トリコ」は独走状態で世界広げていてなんかもうたまんないんですが(オババがグルメ界行った宣言してたり)料理人とのワンセットを小松への予言として打っておいたり、もう色々ちゃんとしすぎです。それでいて読者の料理を細かい所で使ってコミュニケートって、磐石すぎワロタ。

LD >> 設定、こんだけ放置されると、とりあえずいっかって気になってくるし…wまだ宇宙人の可能性が残されていそうな所がすごいw>「あねどき」

kichi >> 私も今回の「あねどき」は結構良かったというか、整理された感はあったのですが……、肝心の姉がそのポジションでいいのかなぁ?っていう引っ掛りがw

ルイ >> 「あねどきっ」って、恋心と年上への憧憬を同時発生させて、感情の当てはめしきれない世代にぶつけてるんですよね?これがあねどきなのか恋かすらわからない、というか。・・・いちご100%なら付き合うけど、保留?w

LD >> ( ・`Д´・)φ<「いぬまるだし」はよかったな……と。

ルイ >> 「いぬまるだし」良かったですね。現代人への警鐘を鳴らしていて(そこ?

GiGi >> 読者アイデアの使い方が嫌味がないというのは本当に貴重な漫画ですね。

ルイ >> 「めだかボックス」は、めだかちゃんのキレ顔が暁月先生の得意分野ではないようで、画が弱いのがエラク残念だなぁ。

LD >> 姉姉は変化しないよね〜。変化させて楽しませる作品って事でもないのかもしれないけど…。

カルマ >> トリコは「普通の道具でも最高の料理が作れる」ことを示しているのが好きです。

ルイ >> 道具・・・包丁とかまな板は問うのかも。環境込みで料理、みたいな視点もあるけど、それにはNOを突きつけてますよね。

kichi >> 「めだかボックス」は良かったんですが……でも確かにルイさんに同感でもありますね。もうちょっと違った描き方ができそうに感じました。

カルマ >> 素材やブランドとかではなく、きちっと手入れしているとか、そういう道具の使い方を重視しているんでしょうね>包丁とか

いずみの >> ルイさんは漫画読めてないなあー>画が弱いのが残念

カルマ >> お面はっつけたみたいな怒り顔ですね>めだか

LD >> 「めだか」は怒る前振りの所で、雲仙が解説やっていて、その時点で雲仙が置いてけぼりくらっているのがいいですね。

ルイ >> 食材至上主義的なものを突き詰めれば当然でしょうけど、見栄えが悪くても味は極上、というものを肯定していけば「目で味わう」的なものはいくらか切り捨てざるを得ないんですよね。オババの店はその辺が端的に現れてる。

いずみの >> どっちかというとデレ顔の表現の方が不得手だったと思うんですが、今回はネームとのシンクロ率が完璧でしたね

ルイ >> デレ顔は苦手というより全否定レベルですからね、僕はw

カルマ >> 全体を通してこういう絵だから、まぁ…うーん、「乱神モード」が個人的にはノイズだなぁ。ここはもう、感情にまかせて突っ切っても良いように思います。

LD >> あと、阿久根はこの状態のめだかちゃんに遭って惚れたみたいだから、乱神モードにはもう一捻りありそう。

GiGi >> どっちもがんばれー(無責任に焚き付ける)

ルイ >> 漫画読める読めないは良くわからないけど、怒る=鋭角 というかな、それ以上でもそれ以下でもない表現で、面白みを感じなかったですね。ネーム先行に対してどこまで画で追いつけるか、という勝負の連載なんですよね、結局。そこが足りていれば、おそらく印象も「頭でっかち」的なものにはならないのでしょうし。

いずみの >> なんかヱヴァ破でとつぜん動揺がかかったようなストップ感がありますね>突っ切らない//でも善吉のキャラからするとああいう台詞になるんだよな

ルイ >> ん?どゆことですか?>乱神モードがノイズ えーと、段階にしなくてもいいという事?でも、言葉にしないと西尾維新ぽくないよ?w

いずみの >> まぁルイさんは信頼してないので、別によいです>アンチ意見

LD >> んんん〜「サイレン」は……様子見。ここが正念場。

いずみの >> 西尾維新観もダメだから、作家読みができてないですねえ、でも同じですけどね

いずみの >> というわけでルイさんもたまには全否定されるべきだな!

kichi >> ん〜、「サイレン」、ほんとに戻ってきちゃったのですね……。もう“あの世界”には戻れないんですよね? ちょっと消化不良感が……(´・ω・`)

ルイ >> 言葉を柔らかくするスキルは大切だと改めて思ったw

カルマ >> 西尾維新は知らないのでさておき(笑) いったんメーター振り切ったのに冷静なターンが入っちゃってて乗り切れてないです。>言葉にしないと西尾維新ぽくない

いずみの >> 動揺→童謡でした ヱヴァ破でも確かに初見ではテンション下がる演出なんですが

LD >> いや、そこがミソなんですが、近々には“あの世界”には戻れるんじゃないんですか?少なくともQ子と話せる世界には…ここ難しくってデリケートな部分なんですが。

カルマ >> 飛龍が残っているから、まだわからんですね。>あのセカイに戻れない 今後並行世界をどう処理するかも見所ですか。

ルイ >> 「サイレン」はキャラクターが良かったのでね。最後に世界の異なる憧れへの恋心とか、もちっと整理つけると思ったんですが、案外そのまま戻ってきましたね。逆にアッサリしすぎていて本当に再会もあるような気がしてしまうのが不思議ですが。

LD >> >「サイレン」

kichi >> ふむ。ありえるのですか……。まぁ、様子見かなぁ……>サイレン

ルイ >> 本当に最後だとした場合、色々勿体無い「未使用演出」がありますよね。編集さんがたきつけてやらせると思いますよ?wもう戻れないならw

GiGi >> あの世界に戻るのか、この世界にやってくるのか、で言ったら後者な気はしますね。>サイレン

カルマ >> ヱヴァ破の童謡<初見ですんなり行けてしまいましたね、僕は。 うーん、映像の場合は問答無用で時間が流れるからですかね。

いずみの >> なんかトラウマイスタに近い、どこにいくかわからないテンションがあるんですが、善吉の扱いも含めて、めだかちゃんがキャラ立ちすぎて、連載としてこれは危険では? って感じさせる所までいってますね

LD >> 本当に再会もあるような気> あるような気がしますけどね。本当に破滅を回避するまでは、どうやってもセワシくんに会える世界のような気がする。……繰り返しますが、ちょっとデリケートな話なんですけど。

ルイ >> 「変わったと思ったのにまたお前らなの!?」みたいな事が起こりそうですよね。しかし平行世界の分岐って本当に細かい違いでひたすら分岐するってのが基本にあるから、本当デリケートな話になっちゃうんだけど。

LD >> 様子見ですね…。(´・ω・`) 失われた未来は二度と…みたいな渋い展開は、ジャンプではそうそうしないと思う。ただ、それでいて破滅が回避されたら永遠の別れみたいな泣かせはするんじゃないかと睨んでいる。…が、様子見。

いずみの >> 善吉の茶々入れは通して見ると納得できるというか、あいつ基本は「お前余計なこと言うなよ」って感じさせるキャラなので、ああなると。王子様役を兼任してるからか、メガネ君にしてはイヤミなキャラに育ってるんですよね。連載としては、この善吉をどう処理するかがネックだと思いますが、そういう不安を抜きにしても今回は素晴らしかったですね。後先考えてなさそうで

ルイ >> まぁ、その辺はドラゴンボールのトランクスを基準にしておけば大多数は目くじら立てない、というデータがジャンプにはあって(以下略

LD >> 「ひぐらし」の鷹野の再来というか、多分、弥勒は何回やっても絶対に破滅は起す存在だとは思うんですよね。>「サイレン」

ルイ >> 鷹野とはわかりやすいな・・・ていうか、わかりやすすぎて読む時の視点が固定されちゃうなw

kichi >> う〜ん、読み返しつつ考えてたのですが「乱神モード」の表情としてはこの描き方はアリなのかもですね。ただ、シンプルにキレた表情としては迫力が足りない、白過ぎる、みたいな印象かなぁ……>めだか

カルマ >> まぁ、人と状況だけ変わっててもいいというか…並行世界って明言しましたっけ?してないならうやむやで(笑)

LD >> 「黒子のバスケ」。モモーイは黒子が好き好きゆーとって、本命は青ゆーことかいな!人騒がせなやっちゃで!ほんま!ヽ(`Д´*)ノ

いずみの >> あれはもうネームとシンクロして読めるかどうかだけなんで、絵の迫力は二の次の問題でしょう。さっきデレ描写が、って言ったのはネームと合ってなかったからですしね

ルイ >> 「黒子」 黒子にホレた理由がとってつけたような理由なのが面白い、というかキャラをあまり強めないようにしてますかね。

いずみの >> 藤田先生みたいに、ネームと合ってないのにド迫力の絵をいつも描かれても困りますしね(おっと言ったな)

カルマ >> まだ信じてますよ。僕はぁっ>黒子が好き好きゆーとって

いずみの >> あとまぁ先週参加しませんでしたが、めだかは前回ネームだらけで辟易してたから今週は見開き多用だけで充分開放感があった、という言い方もできるかも

LD >> 乱神モードって、元のイメージは大魔神で、スーパーサイヤ人を翻案したものだと思うんですが、まあ恐く描きすぎる事にブレーキはかかると思うんですよ。そこにブレーキをかけないのは永井とか石川とか呼ばれるダイナミックな野郎ぐらいで。

LD >> (´・ω・`)。o(違う学校に、主人公好きな子がいても絡めづらいんだよねえ…。「いちご」みたいなラブコメなら別だけど…)

いずみの >> ちょっと行くところまで行ってる感じしますね。それこそトラウマイスタで「来週台無しになってたとしても今週のネームは凄い」とか思ってた感覚に近いです

LD >> デジャニラは、キラークインの鍵人だな。(`・ω・´)

ルイ >> 「あの人は、私がいないとダメだから」でオチつける意味でも、今回くらいの馴れ初めの方が引っ込め易くていいと思いますけど。困ったら突然登場して黒子に飛びつかせればいいし。

kichi >> 「鍵人」はようやく強敵登場みたいですけど、今の状況でそれだけじゃ全然弱いですよ? 早急にミミ姉子を絡ませるくらいの展開がないと!

LD >> ん〜…。「トラウマイスタ」はあの時のピカソの描写って画のブレーキも壊れていた所があるので、その違いはあるかなという気がします。

LD >> ミミ姉が絡む事は心配してない……問題はミミ子だ。(`−ω−´)(←まだ言っている)

いずみの >> あくまでネーム(とそれを裏切ってない絵)の話ですね>近い、違い

LD >> ジャンプ。これくらいでしょうか。

LD >> 「範馬刃牙」なんですが………ちょっと、決着の付き方次第ではいいかも?という気がしています。

LD >> こんな強敵見たことねえ……っていうか、むしろこれが勝負事の真実で、“そこ”では勝負はきまりゃしないんですよね。

LD >> でも勝負は一瞬で決まったそうな……ふ〜ん。何で……?楽しみです。

ルイ >> 烈海王の時は人類の積み重ねてきた武が力の前に蹂躙される、という描き方をしてませんでしたっけ。バキをそこから独立させ、バキたらしめているものが今一歩掴めてないんですが・・・やはり想像力?

kichi >> ニャニャーンw>「範馬刃牙」      ……って、いや、理屈はそれなりに通すことできるのかも?っては思いますけど、実感は全然伴わない気がw 正直ピクルの圧倒的な力を封じ込めるほどの技を持ってる印象はないなぁ……(´・ω・`)

ルイ >> 「ピクル、残念だがお前は俺と違ってオーガを知らない」というあたりで落ち着けちゃいそうな気がしてちょっとビクビクしている。まあ、楽しみかどうかといえば楽しみなんですね、それも。

LD >> 「弱虫ペダル」はずっと御堂筋くんの動向にどきどきしているんですが…………。

ルイ >> みーとぅー。>御堂筋くんの動向にドキドキ というか、今週に限っても、アブが振り向いた瞬間すぐ後ろに御堂筋、というあたりまでは想像していた。

ルイ >> あれ?御堂筋の全部1位通過ってのはハッタリ・・・いや、それはないんじゃないかなぁ・・・。

LD >> いや、本当に何が勝負を決めるかを描けたらキマルのですけどね。そうじゃなかったら、勝負がついた刹那、頭の中でドリフのBGMが鳴り響くかもしれません。…それもまた良し。

kichi >> 私も美味しいトコを御堂筋がかっさらっていくイメージではいるんですが……どうなんでしょう?w 案外多人数を並行して描くのは苦手というか、視点絞った上でそこを徹底的に詰めていく作風なのかも?という印象もあって、微妙ではあります。

ルイ >> 御堂筋の描き方って、極端な二択しかないですよね。とにかく物凄いヤツにしてしまうか、極端に逆ベクトルで「とにかく口だけで、高校のレベルにはつてこれてない」にして今の皆のステージの高さを演出するためのエサにしちゃうか。・・・でも、後者は考え辛いのだけれ・・・うーん、総合一位って、チームメンバーの平均タイムが総合1位、とか?w

LD >> あ、いいねw…田所先輩が振り向いた所で出しましょう(=´ω`=)>御堂筋

ルイ >> 多人数を並行して描くのが得意下手ってのは、この局面では関係ない気も。単純に、御堂筋出すか出さないかって話ですからw で、今の所鳴子の後ろについては全く描かれていない、視点もやっていないのは可能性を残す部分ですね。

ルイ >> 今僕がイメージしているのはこの2つ。A田所先輩の巨体を風除けに、ずーっと後ろにいたw Bアブ「一位通過だ!」→「・・・いや、あなたは2位ですが?1位もう先にいったよ?」

LD >> まあ、このスプリント勝負は各チームがイニシアチブをとるためにやっているだけで、特に区間賞のようなものがついているワケではなかったか?

LD >> ステルスw

kichi >> あぁ、Bも案外ありそうですねぇ。っていうかAはちょっと無理があるのでw

LD >> あんだけ吹きまくっといて奴の能力はステルスw

ルイ >> ステルスモモをなめんなよ・・・龍門の流れちゃんより上位なんだぞ・・・(何の話?

LD >> 「バチバチ」、王虎はやっぱり、さっさと負ければいいと思うよ。

ルイ >> 区間賞はあるんじゃないかな・・・あ、スプリント区間+ちぃいとの山で、でもスプリンターという人種は全うなスプリント区間だけで勝手に区切ってた、みたいな?それはアリに思える。

kichi >> まぁ私はもっとシンプルに、驚異のラストスパートでごぼう抜きというものなんですが、まぁ、冷静に考えるとこれも無理はあるっちゃある……けど、やっぱ後ろ全然描いてないですからね、どうとでもなりそうな気もw

ルイ >> 「バチバチ」そういえば先週面白かったんですよね。しかしチンピラ臭さも抜けない。天賦の才なのに。

LD >> そして「カイザー」ですが…(`・ω・´)+

ルイ >> 「ギャンブルフィッシュ」は今週素晴らしいですね。一番候補に推したいかな。

ルイ >> まず扉のサブタイに「カイザー」の文字があるだけで沸騰するというか、展開隠して進める気がまるでないわけだけどw

LD >> 先に言っておくと、このムハハじじい何とかしてください。(´・ω・`)

kichi >> そうですね。やっぱり正直、王虎が勝って面白くなるイメージは持てないです。サクっと片付けて次行っちゃってほしいなw

ルイ >> カイザーのお年頃だと、やはり最初は胸か。致し方ないな。カイザーでは。

LD >> 「ギャンブルフィッシュ」このトーナメント、めちゃくちゃ盛り上がっていますね!w一戦一戦楽しい!

ルイ >> っていや、カイザーが人間として名誉毀損されてるのはおいといても、最後のエミリーは「あっ!!」と思いました。なるほど、エミリーを持ってくるのはうまい。

kichi >> カイザーはもうwww まさかアビィVSオバマという重大なバトルに絡んでくるとはなぁw 面白過ぎですw

ルイ >> これでリアル世界のナンバーワンを、有耶無耶の状態で生かす事が可能になる!wなるほど、こんな手があったんだ・・・なるほど、と。感心しました。

ルイ >> カイザー格負けしてないのがたまらないですねw

LD >> (`−ω−´) 大丈夫だ……カイザーはものの順序…いや、エロの順序を分ってらっしゃる方だ…。

kichi >> エミリーは知らないんですが、やはりこのトーナメントが最終章なんでしょうね。総決算的盛り上がりが感じられて良いです。

ルイ >> まぁ、この続きやろうと思ったら宇宙からギャンブルで侵略開始する二軍三軍持ちのチーム用意するしかないですね。

GiGi >> ファーストスプリントは特に区間賞はないような気がしますね。

LD >> ファイア&アイスですね。分ります。(´・ω・`)

LD >> 「風が如く」に、そんなにアーパーでもなさそうな、女の子が出てきました。……「フルアヘッド・ココ」のあいつを思い出すなあ…。

ルイ >> 桃太郎子をこうするってアイディアはなかったのか。

ルイ >> 「星矢」・・・ええと、冥王の方ですけどwアルバフィカを対比に使ってきたのは面目躍如といいますか、それこそ車田原典に頼らない、自分の連載の中での引用なので・・・作品としてここまできたなあ、といいますか。良かったですね。

LD >> 「ナガレ」のネームは………一時期の「ナルト」みたいだなあ…。

kichi >> なかなかいい感じですね。そしてルイさんにも深く同意。桃太郎子は正直見てて苦痛を感じるレベルで魅力なかったからなぁ……(´・ω・`)

kichi >> >風が如く

ルイ >> 「ナガレ」はどうして画という素材を活かせないのか、もう血涙が止まらないヨ。

kichi >> 「ナガレ」なぁ……(´・ω・`)ニャニャーン

ルイ >> 桃太郎子、ヘタに胸があるのがまた辛いんですよねw

LD >> 「じゃのめ」は、最近、きれい目の話が多かったから、このグロさに久々に梅田先生のマンガを読んでいる気がしてきました。

LD >> |`)。o(…最近、kichiさんはニャニャーンがマイブームみたいだぞ…?)

ルイ >> 「じゃのめ」、これグロいって評価でいいのかな?

ルイ >> ニャニャーンって言われても、ぼくのび太がどうぶつクッキーでネコになる絵しか想像できないよ←なんで!?

LD >> ヘタに胸があるのがまた辛いんだw

kichi >> ……う〜ん?先週の方がグロかったような?>じゃのめ

ルイ >> いやだって、女として攻めたいの?守りたいの!?ってw

LD >> ん〜…実はちょっと違うけど…延長にある新境地?w>グロい

ルイ >> うん、先週の方がグロいと思う。今回のは、妖怪の・・・敢えて変な言葉使いますけど「マイペースさ」の話といいますか。この感覚、嫌いじゃないですね。

LD >> まあ、生鳥食っているのはキツかったですよねw

kichi >> 今週の反応に困ってる記号と思ってください……(´・ω・`)>にゃにゃーん   バキで不発気味だったのでナガレに適用してみたりw

LD >> 「ムラマサ」は、まあ何かグダグダですね。悪い意味で…。まあ、もう終わりでしょうけど。

ルイ >> 鬼太郎二期みたいに、妖怪が環境問題に怒り散らすのもまぁ、いいんですけど(笑) こう、別の理で、別の目的で、特別な悪意もなくやっている事が人間視点からするとおおいに悪い事、っていうズレは面白くて好きなんですよね。

ルイ >> 「ムラマサ」素晴らしい理屈だなぁ。なんて論理的なんだ。

ルイ >> おっぱいは柔らかいから、おっぱいの凹む分だけからだを乗り出せば届く・・なるほど・・・(感じ入っている ではおっぱいの凹みきる形で縛ればよかったって、それは真の意味でおっぱいのえろさを引き出していないから、やっぱりえろひどさのバランスとしておっぱいは膨らんだ状態で縛るしかないんだなあ・・・なるほど・・(感じ入っている

kichi >> 「ムラマサ」は……三角木馬?<そこかよw

LD >> さて、そろそろ一番を決めましょうか。

kichi >> ジャンプは「ワンピ」か「めだか」。……ん〜、「めだか」で。

ルイ >> (ん・・・なんかウルトラマンかセブンかでそんな話があったような・・・)

LD >> ジャンプは……実は「あねどき」が好きなんですがwあと、やはり「めだか」かな。

kichi >> チャンピオンは当然「ギャンブルフィッシュ」w

LD >> そんな話って、どんな話?>マンかセブン

LD >> チャンピオンは「ギャンブルフィッシュ」ですねw

カルマ >> ジャンプは「バクマン」「ぬらりひょん」が好きですが、展開的には中途半端かな…んー。

LD >> …で、「ギャンブルフィッシュ」ですよねw今週の一番はw

ルイ >> いや、怪獣には特別そんな気はないんだけど、人類視点だと敵対行為だから始末しますよっていう。異種ものの1つのパターンですね。

いずみの >> 二誌じゃやっぱりなかなか寂しいもんですね

ルイ >> ジャンプなぁ・・・「ワンピ」ですかね。いやいずみのさんに全否定されてってんじゃなくwずっと良いのですが、この画がバチコンと決まった瞬間かなと。でも本命はギャンブルフィッシュだったりもする。てか、結構小粒だ。

LD >> 「バクマン」は港浦さんとの対決が楽しみです。

カルマ >> チャンピオンは読んでないのでお任せします。

いずみの >> ワンピとぬらりひょんは良かったですね

ルイ >> あ、そうだぬらりひょん良かったです。ぬらりひょんでもいいような・・・

LD >> らくがきから生まれた怪獣、ガヴァドンがそんな感じだったかなあ…。

いずみの >> しかしまぁ、めだかでしょう。来週やっと1巻出るし(関係ない)

ルイ >> リクオが表に立つとちょっと積み不足が目立ってしまうと思われるので、今羽衣狐の凄みをそのまんま描いている状態が、作品としてもピークっぽいのが・・・それは良いことなのか悪い事なのかわからないけれど。

ルイ >> (5巻が出るイカ娘という手もあるか・・・)

LD >> いや、こんしゅうは。「カイザー」で…。(森本レオの声で)

LD >> 羽衣は先週の百鬼夜行図がよかったですね。

ルイ >> 寧ろ若本ボイスで言いたい。 マイン・カイザー…ギャンブルフィッシュ…ジーク…シモ(ネタ)・・・

ルイ >> そうなんですよねえ。先週のぬらりひょん良かった。

LD >> では、そんな所で。お疲れ様でした。

いずみの >> お疲れ様でした

カルマ >> お疲れ様でした〜

kichi >> お疲れ様でした〜。

GiGi >> じゃのめは「子供の前だからいいか」とか言ってベロンチョはダメだろ!とかおもた。

ルイ >> お疲れ様なのですが、ギャンブルフィッシュを称える割にアビの手袋には誰も触れず、車田パートカラーも誰も触れないというこの・・・まぁ、確かに一輝、最初の喋り方まるで北斗の拳の住人みたいでしたけど・・・

ルイ >> いいツッコミ所です。>じゃのめ

ルイ >> つまり「子供の前だから怪異も親は聞き流すだろう」という意味での大らかさにはなっている一方で「子供の前だからこそそんな破廉恥すんな!」というツッコミホイホイになっているのですね。うーん、ダブルミーニング(違

GiGi >> と、終わってた。まあカイザーは凄いがここの観客どもも大概外道でよろしおま。

いずみの >> 相変わらず瞬はかわいかったですね

ルイ >> 一輝と瞬って、今眺めるとまた物凄い先見の組み合わせに思える。この2人の類型はどのあたりまで遡れるのだろう。

ルイ >> アストロ球団・・・何か違うようなw

ルイ >> 宙まにを慌てて観ていたのだけれど、プリンセスラバー同様最終話は地域未放送だったことに今気付いた・・・orz

LD >> 【ファントム】最終回観た。…昔はこういう話に喝采したんですけどね。最近は人間が弱くなったのか生きていてもいいじゃんよ、とは思いました。しかし、アイザックも、梧桐も、クロウも、リズィも、キャルも、サイスも通ったこの結末を描く事こそが「ファントム」という物語なんでしょうね。

ルイ >> http://www.presepe.jp/soraoto/archives/538 会話が成立しているのかいないのか。
ルイ >> >ぱんとむ 生きている中に死をちゃんと感じ取ってもらえるかって事で、文字媒体ならそれは可能だろう、映像だと伝達率は落ちる?みたいな。
ルイ >> ならば、直で描く事がひとつの誠実さの形、とは思っていますね。
ルイ >> それにしてもラストのとらんすぺあれんつ〜モノローグキャッチボール〜笑顔夕空に溶ける〜の流れはムチャクチャ好きやんな。
ルイ >> ・・・あれ、ひょっとしてLDちゃん、検索の引っかかりやすさとか考慮して「【】」で括るようにしてるのですね?オラも倣おう。良いものはパクるべし。
GiGi >> LDちゃんはTwitterとの連携でほにゃららしてるっぽいですよ。
ルイ >> なるほど、そのうち留置場なうとか言い出すワケか…。
ルイ >> http://www.dhantuchova.com/news.html?id=389 素敵ですわ。
LD >> 【】←本当はチャットログをデータベースに入れる時のタグにしたかったんだけどね…orz何か上手く行かなかった…orz
LD >> <(`・ω・´)でも、おら諦めないズラ。時間はかかるけどリベンジするずら。あと、誰が留置所やねん。
ルイ >> CANAANの最終回が予想外に?素晴らしい件。
ルイ >> キャラソン上手のあやひーですが、ガチ歌唱も聴きたいので「LIFE」は大変結構です。
ルイ >> あーヤバイな、この最終回は凄いや。


■■■■2009年09月27日■■■■
井汲 >> 「カイザーフィッシュ」(←間違い)は、さすがに朝日新聞では勧めづらい内容になってきた…(笑)。
LD >> 【コール】観ました。娘を拉致して、身代金を受け取るまで両親にびったり張付いて30分事に犯行グループが連絡をとりあう話。
LD >> 【コール】ハラハラ楽しめたのですけど、危険を犯しても逆襲を試みる夫婦の心情がイマイチ共感できなかったり…いや、娘は喘息でヤバイってのがあるんですけど、犯行グループ、薬の受け渡ししてくれるし…どうも犯人グループも良い人みたいにシナリオ修正してそれで分りづらくなっていますね。
ルイ >> かなんを観直しています。なるほどパーツパーツの脚本はほぼ読みきれたように思う。凄い完成度だ。・・・あとは、芯だなぁ・・・さて。
ルイ >> 原作を知っている必要はないだろうが、原作ありきの作品である事は踏まえる必要がある。428→カナン編→CANAANというプロセスを経て、予め骨格は手渡されている。そこから考えてェ〜・・・
ルイ >> 異文化コミュ(背骨。但し予め手渡された材料で、こうするしかない的なもの)+428作劇(脇。背骨とのリンクはあまり張られていない?)・・・ってことになるのかな?
ルイ >> 428は個々の物語が大きな物語に結びついていく形を取っていて、「個々」それ自体を並べてもそこにテーマ的な繋がりはない。その作劇をそのままアニメに持ち込む。但し、428は「人類救出」的なわかりやすいマクロカタルシスを追求すればいいけれど、アニメで、岡田磨里でそれはどうかとなった時に、やはり個人の心の物語は用意する必要がある。全体では428の脚本形式は踏襲しつつ、一本の軸も用意して・・・
ルイ >> んー・・・・・アルファルド、カナン、マリアの物語とオムニバス主人公たちの物語がもう少しうまくリンクすれば読み易くなるのだけれど、部分部分という感じだなぁ。ただ、縫合はうまくいかないけどそれ以外は大体見えたように思う。岡田さん、428に挑んだ形ではあるのでしょう。
GiGi >> ラブプラスのすごさがわからないルイさんの為にもう一席ぶつか思案中。
ルイ >> ぶつのはありがたいが、やっても欲しいw
?さん >> いずみのさんって、人を大上段から扱き下ろす割には漫画の予測とかが当たったためしがないですね。
カルマ >> まずGiGiさんはラブプラスを買うことから始めては如何でしょう。僕は買って遊んだ結果、やはりDSの容量の限界という物を感じていますしね…
GiGi >> 買ってもいいけどプレイするつもりはないですよ(笑)
GiGi >> むしろ飽きてからが本番かと思われるので、週1くらいの放置プレイで凛子のツンデレを楽しんでください(笑)>カルマさん
GiGi >> ラブプラスを読み解くにはラブデリのmoonの構造を明らかにする必要があるのじゃよ。
GiGi >> ギャルゲはやらない人なのでギャルゲ史的な文脈はさっぱりですが。まあときメモは引き継いでるか。
ルイ >> いや、そこが気になるんですよね。1つの線上にあるものを、虚空にぽっかり浮かんだものと捉えられているような違和感があるのです。但し僕自身ちゃんと追求してはいないし読み込んでもいないので、そこに確証はないのですが・・。
ルイ >> moon・・・懐かしいなぁ・・・。 ニンテンドッグスか。
ルイ >> ところで「ニードレス」過去回想でガックリ来てたけど、その次、更にその次がまた素晴らしかった。んーーーー・・・・・・・・・・・・・LDさんは気にならなくなっちゃってるみたいだけど、やっぱりこの作品がパンツで視聴者を限定させてるのなら、惜しいなぁ。EDが一巡してまた憎くなってきたw
LD >> 実は昨日、いずみのさんと会いまして(マンガ史研究会に誘ってもらった)、その“大上段”の話は少し詰めてきました。まあ、僕には僕の考え、いずみのさんにはいずみのさんの考えがある様なので様子を見てみようかな?と思っています。(←何でも丸くしたがる人の考え方)対等に「お話」ができるなら、それでいいかなと思います。
カルマ >> moonは遊べてないんですよね…というか、ゲームを経済力をもって買い漁れたのがPS2からなんですよねぇ。PS以前はホント未開。
LD >> >予測 当たったためしがないなんて事はないと思いますw……個人的には“展開の当てッコ”はあくまで“展開の当てッコ”であって、「読み」の深さや「愉しさ」を測れるものではないと思っています。(大きく関わる事もあるでしょうが、必ずそうではないので直リンに考えるのは危険)
カルマ >> ニンテンドッグスは分かるんですけど、ラブプラスはやはりそれに近くて。「ペットの犬との戯れ」「彼女との戯れ」の楽しい部分だけ抽出している感覚は共通している。どうもGiGiさんはデジタル彼女としてラブプラスを観ているようにも見えるんですが、それにしては仕組みがオモチャに過ぎるようにも。
カルマ >> 買うなら遊んで下さい(笑) 遊ばないで居る理由がよく分からない。 むしろ「ラブプラス」にハマっている一部の人が凄いのであって、ラブプラス自体が凄いかはちょっと、わからない。プレイした大多数が同様の状態になっているならともかく…これは、ドールを愛せるかどうかという個人の資質の問題に似るかもしれないし…
ルイ >> iphoneにチュウした俺としても遊ぶべきだと思うね(キリッ
ルイ >> 多分gigiさんに見えていて僕らに見えていない視点があるか、gigiさんが特別だと思っている視点が流れに属するもので、ただ今回そこに達したか否かか。そのどっちかという気はしているのだけれども。
ルイ >> まあ、もうちょっと詰めたい部分で、遊んでもらうと楽でいいなとw僕のDSが動くなら買うんだけどねえw
ルイ >> ニコ厨、クルム伊達うp〜。つかえねえな!w


■■■■2009年09月28日■■■■
GiGi >> moonはPSアーカイブで600円で遊べるんだから買っといてOK
ルイ >> ああ、アーカイブになってましたか…じゃあマストですね。 しかしmoonという事は、エンディングも射程に入れてるのか。それと関係あるかは微妙ですが、パッケージ凄くいいですよね。
GiGi >> 失礼。勘違いでした。アーカイブ出てなかった。


■■■■2009年09月29日■■■■
ルイ >> どんな勘違いw
ルイ >> でも、あのクラスのマイルストーンをアーカイブ化しないで何の為のアーカイブか、ってのはありますね。キャプテンラヴはどうだったっけか。
ルイ >> あ、ちなみにパッケージってのはラブプラスの話です。
ルイ >> しかし…はあ…へこむわあ…
GiGi >> スマンです。当然あるものと思い込んだ(笑)
GiGi >> やらない理由は、やって熱っぽく語ってもキャラに惚れ込んだだけだろうと思われるというのと、あとは書いた通り、一通り体験したあとの折り合いの付け方が思いつかないといったところですね。
GiGi >> つかまあ納得いかないのが文脈の話ならラブプラス体験しても解決にならない気も(笑)
GiGi >> ギャルゲやらないと言っても一応マスターピースは一通りやってるかなともおもいつつ。
GiGi >> ラブプラスに関連するタイトルだと、井上凉子、noel、TLS、キミキスあたりは抑えてる。重要度高いものでやってないのはときメモガールズサイドくらい?
GiGi >> moonは当然エンディングは射程に入れてますね。だからこそああいう論調になった。
ルイ >> ああ、じゃあもう一回読み直して観ようかな。そのラインナップで主張自体はある程度。
ルイ >> 問題はどこを持ってエポックな瞬間とするかと言うことなのだけれど…言葉の使い方なんて人によって変わりますしね。エポックに引っかかりすぎない方がいいみたいだw
ルイ >> しかし、ノエルとか…w
ルイ >> LDさんをゲッサムゲッサムしたいです。
GiGi >> まあ基本的にはdogsの女の子版という理解で問題ないですよ。スト2とバーチャくらい違うとも思ってますが、その程度の違いしかないとも言える。
GiGi >> ああ、ちなみに井上凉子以外はノイズです(笑)連想出来るけど直接の関連はない。直系祖先はdogsとときメモガールズサイドと見立ててます。ラブプラスのルーツを明らかにするためにガールズサイドやろうかなと思ってるくらい。
ルイ >> 起きぬけに突然関係ない事言い出しますが、阪神は金本がフルイニング出場をやめないならCS逃した方がいいと思う。フルイニング出場する意味がわからない。
ルイ >> 東京の球団を金満だなんだとバカにしているうちに、そこが最も聖域・妥協なき野球をするチームになっちゃいましたよっていう。
GiGi >> ゲーム屋に寄ってラブプラスがあればラブプラスを、なければ428を買おうと決めて428買って来ました。
GiGi >> 昨日再出荷があったときいたんですが、まあ店により割り当ても違うか。既出荷分は消化率95%超らしいですね。
ルイ >> 428、気をつけないと追い抜かれちゃうかな。
ルイ >> G+の神編集にまた号泣の巻。
ルイ >> うー・・・かなんについて何か書きたいのだけれど、もう一歩イメージが出てこない・・・
ルイ >> ここは敢えて、自分にハッタリというか・・・1つの視点で押し切ってみるかなぁ。その視点に満足しているならこんなに悩まないんだけどw
LD >> 【黄金の日日】観ている…やっぱり面白れぇ。川谷拓三さん(杉谷善住坊)の役者っぷりとか素晴らしいな…。
カルマ >> 大阪に住んでると、トレードで来たのにまるでMrタイガースのような扱いを受けてて辟易しますね>金本 星野さんもそうですけど、関西メディアが変な持ち上げ方するんだよなぁ…
カルマ >> 428といえば、放置してたPSPの街を最近再開しました(笑) クリアしたら428。いや、繋がりはないみたいですけど一応。


■■■■2009年09月30日■■■■
kichi >> 428は私も買ったのですがまだ未開封……。先にイース2をクリアしないと……(苦笑)
GiGi >> 428買って開封しない運動でも実地中なんだろうかw。
ルイ >> イース2w
ルイ >> 10月の9か10に有楽町に行く。何があっても徹夜明けだとしてもいくぞう。
ルイ >> GEは、読み切りはとらドラだったけど連載はスクイズらしいYO。
ルイ >> http://meister.blu-raydisc.com/jp/bda_title_award/ 久々観にいったら、普通にピースして顔出ししてるナガッチョバロス。
GiGi >> 428、12時まで。なかなか面白いです。
ルイ >> 3時あたりにもう一段回ゲームとして上いきますね。てかお射抜かれるw
ルイ >> バルキュリアが稀にみるつまらなさだった。
ルイ >> ここまで酷いと、全話観る価値はあったといえよう。
ルイ >> 作り手が気付いてない風なのが…たまらない。
ルイ >> ファイアマスタード・・・ファイアレモネード・・・ファイアグレネード・・・ファイアマドリード・・・クイズ応募したいのに正解がわかんないYO。
LD >> 【ニードレス】「ニードレス」熱いなあ…wこれで決着がつかないかw


■■■■2009年10月01日■■■■
LD >> 【化物語】…「面白い」なあ…。
エルバ >> 【化物語】…すばらしかったですねぇ…。
エルバ >> 【イナズマイレブン】・・・かっけえなぁ…。
エルバ >> そしていよいよイナズマのゲームが発売か。うまいタイミングやなぁ。
ルイ >> 段々DS二台目買いたくなってきたけど、イナズマ二つあるのが気に食わない。僕がポケモンを買わない理由の全てだw
ルイ >> ごうえんじさんパネェwそして若干キャラちげえw
ルイ >> …いつもお前は遅いんだよ!←どのへんが格言w
ルイ >> 沼田コンテ演出沼田坂井2人原画…とんでもないな。否定する気は全くないが、どうしても勿体無い気持ちが残る。
ルイ >> 自分は偶々これを最大限に楽しめるけれど…もっと広くていい作品なのに。
ルイ >> パンツ主観カポエラなんて変態コンビならではの原画だなあ。
カルマ >> ポケモンは交換と対戦に意味があるけど、イナズマの詳細を見る限り意味を感じないなぁ…うーむ。


■■■■2009年10月02日■■■■
カルマ >> 凄いhttp://gigazine.net/index.php?/news/comments/20091001_gold_tamashii_nation_2009_autumn/
LD >> そんなワケで、今週の今週の一番も金曜深夜25時に開始する予定なのですよ。
ルイ >> トラバとムリヤリ絡めるのは脳の運動になるなぁ。


■■■■2009年10月03日■■■■
ルイ >> http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091002-00000674-reu-int おおお・・・おおおおお。
ルイ >> アフリカに五輪でいいじゃん。それ以外の選択肢である理由が見つからないじぇ。タコス嫌いだじぇ。
ルイ >> …って、南米だよ、俺! マドリードか…バルセロナから20年?
エルバ >> ファントム最終話をようやく見られた。う、うーんorz
LD >> |ω・`)
LD >> |ω・`)コンバンワ、ペリー、デス。
LD >> |ω・`) 開国シテクダサーイ。
LD >> …キンキの堂本剛くんって、最近、名前変えたりしてるの?
LD >> まだ「カナーン」の最終回を観ていません。
ルイ >> 書きかけブログの全文消しちゃった。
LD >> あ、そうか。10月に入ったから今期の候補挙げ始めなくっちゃ。
LD >> |ω・`) 開国シテクダサーイ、ヨー?
LD >> 馬誰チキンとな?(`・ω・´)
ルイ >> 早く観ろや。
LD >> …そういえば滝川クリステルがCM出てたりするの?
ルイ >> はんとむ、あやひごろ以外でトラバすらしない隠れ小島の割りに記事にたどり着く人が多かったって事は、皆色々気になったんだろうなぁ。まぁ需要とかガン無視ですが。
LD >> 〜早く観ろや。〜> (´・ω・`) 
LD >> 〜〜〜〜(´・ω・`)〜ペリー、デス?〜>
ルイ >> ヽ( ・∀・)ノ┌┛ガッΣ(´・ω・`)
LD >> あ、わりとツッコミが速くない?
ルイ >> 次に書くことがわかってたんで、あとは待つだけでしたYO。
LD >> 気がついたら「ヤッターマン」が最終回でした。…劇場版までの命だったのねん…(´;ω;`)
ルイ >> はんとむ、アニメ絵&声で、XBOX360でゲームが出るらしいwなんてこった、まさかペケ箱○を買う日が来るなんてェ・・・。
エルバ >> |ω・`) 。o(…この人たち、楽しそうだな…)
LD >> 「少年制覇ダン」は観てます?
ルイ >> いや、今「神知る」の記事がズバッと全消ししちゃったばっかなんで、超ブロークンハートよ。そこまでちゃんとしたモノでもなかったんですけどさ・・・でもさ・・・orz
ルイ >> (∀`*ゞ)エヘヘ >観てます?
エルバ >> だから、あれほど何度もメモ帳とかで下書きしろと・・・!
エルバ >> ダンは見てますなぁ
ルイ >> ああ、あれほどね。うん、あったあった。マンソンの言うとおりだ。
エルバ >> そういえば、先日たまたまダンの声優さんたちがイベントしてるのを見かけたな
エルバ >> おかしいな、夢の中で言ったはずなのに。
LD >> ライブオンも、少年ブンブンも、ポプラ社の社運をかけた勝負だったと思うのですが、あえなく撤退のようです。「カードライバー翔」最終回(´;ω;`)
ルイ >> カードライバーは、結局軸がぶれたりぶれなかったり。
ルイ >> http://www.nicovideo.jp/watch/sm8132985 たまに検索したら、また変なMADが。この作者どうなってんだ、インタビューしたいw
LD >> 僕、メモ帳っていうかTeraPadってやつ使っているのですけど、気がついたらセーブキー叩いていて、上書きしちゃいかんものを思わず上書きするくらいですよ?>記事
エルバ >> オリンピックの開催地なんて、臨時ニュースをやるほどの価値があるのか・・・
LD >> や、まだ最終回観ていないのであれですが、かなり楽しませてもらいましたよ。>「カードライバー翔」
ルイ >> んー、ブログは書きやすくてねぇ。大体30分から1時間でノン保存一発なんですよね。反省しますた。
LD >> あ、決まりました?>オリンピク
LD >> 皆、速いなあ……。>大体30分から1時間 何か俺様、極端に遅いよ…?orz
ルイ >> ん、エルバさんははんとむの最終回で僕と殴り合いのバトルがしたいと?
LD >> …ああ、とりあえず東京は落ちた?
エルバ >> いや、まだみたいですけどね。NHKでわざわざ特集番組やってて
ルイ >> 体系的な考察とかしだしたり、言い切りじゃない手当てとか考えたらそりゃ長くなりますけどね。
エルバ >> いやー、私は感想はあくまでも個人のものだというスタンスなので、殴り合いにはならないかとw
LD >> 。o(監督の辻さんが良いのだな……ずっと「遊戯王」をやって来た実績か…)
ルイ >> 面白くなるなら別に構わないんですがw
エルバ >> てか、作品の好き嫌いじゃなくて、私はバッドエンドならどんなに素晴らしくても落ち込むので、ああいう表現を採っただけですよっと。
kichi >>       こんばんわー へ(´・ω|
エルバ >> 東京は落ちましたね
ルイ >> 東京ェ・・・
LD >> いや……なんか、昨日勢いだけで書いた「ファイアボール」とかも2時間くらいかかってるよ…orz
ルイ >> バッドじゃないから恥ずかしくないもん!!ヽ(`Д´)ノ 
LD >> |ω・`)ノ ペリー、デス!
ルイ >> ケータイで打ってたならシカタナイヨ← >2時間
LD >> いやいや、ルイさんが何でそう言うか分った上で言いますけど、世間一般的にはバッドエンドですよ?w>「はんとむ」
エルバ >> レイジは笑顔を見られずに倒れたのが・・・ホロリ
ルイ >> こっちもわかった上で言ってるんで、それを敢えてLDさんに言われても困るなぁw今わかってるもん同士で僕とエルバさんが言い合って終わるとこじゃネーノ?w
LD >> 実は、今期は「ダーカーザンブラック」を真面目に観ようとしているのだよ。
ルイ >> 倫理観様はツヨスなぁ。>ホロリ
kichi >> ……なんか秋はネット無料配信される新アニメ少なそうな雰囲気でしょんぼりですよぅ……(´・ω・`)いまのとこ「生徒会の一存」ってのだけしか……アニメ1とギャオくらいしかチェックしてないですが
ルイ >> ニコニコチャンネルで、また「ハートフルアニメ」とか言う懐かしい触れ込みで「まいせるふゆあせるふ」っていう愉しいアニメが始まるから、kichiさん観ておくといいよ。
エルバ >> おぉ、ダーカーはぜひ真面目に観てください
kichi >> ほほう。チェックしてみます。……ニコニコに繋ぐの何ヶ月ぶりだろう?w
ルイ >> ねっと配信アニメの総数が減少することってあるんだ。もう「流れ」だとばかり思ってた。個別対応次第でそういうことにもなるのか。
エルバ >> 何という誤った謳い文句・・・
LD >> そこは、敢えて言う僕を突き抜けて、さらに言い切るのさ!w……いや、まあ、話の流れ的によくなかったかなw
ルイ >> もう、ブログで言い切ったモン・・・w
エルバ >> 秋はそもそも期待できそうなアニメ作品自体が(以下自粛
ルイ >> 敢えて「良かった良かった」で〆た人にこれ以上何を搾り出せとw
ルイ >> へい、エルバさん、僕もそう思ってたんだけど、ニコのコメントみて感心したんですよ>マイユア
LD >> 「マイユア」をススメるのは強者だなあ…w ちなみにAT−Xでは「H2O」という怪作も始まりましたが、都合により再録画ははずしました。
ルイ >> 「ハートフルボッコアニメ」って。・・・・・・・・・・・・うまいっ!(笑
エルバ >> まぁ、私は評論とかには悉く向いてない性質なので、あまり期待しないでください。ルイさん。
ルイ >> いえいえ。実際レイシのアレは、倫理パワー以外の何者でもないと思いますけどね。って言うか、ニトロプラスの10周年本でマシモンがおもっくそそんな事言ってて吹いた。
ルイ >> だって、kichiさん強者でしょ?←
LD >> 「エルフェンリート」の事だな!(`・ω・´)>ハートフルボッコ
ルイ >> いや、ここはLDさんとコンセンサス取れてると思ってるんですけど、心に波風立てる作品は、それだけで「愉しい」やん?っていう・・・w
エルバ >> kichiさん、サンレッド二期のことは忘れないであげてください
ルイ >> エルフェンリートは超ハートフルだろうJK・・・(´・ω・)
kichi >> 強者……Σ(´・ω・`;)どうなんでしょ?
ルイ >> ちゅか、そのニトロ本でアニメファントムペケ箱ゲーム化って出たんですけどね・・・フウ・・・ほかに遊びたいもんがねぇよ。
kichi >> サンレッドは一期観てないので……orz
ルイ >> H2Oも二度と観たくないけどオススメですねぇ。
ルイ >> サンレッド一期どころか前話も次話も別に観る必要ないっていう・・w
LD >> ニコニコで観れますよ。あれはおもろいですよ。>「サンレッド」1期
kichi >> ……私はアニメに関しては軽めのを求める傾向があるかもですけど……まぁ心に留めておきましょうw φ( 。 。 ;)>エルフェンとかH2Oとか
ルイ >> 僕はそこまで・・・って感触なんだけど、まぁおもろいですね。
ルイ >> 超軽いよ!!!人の命!!!>エルフェン
LD >> でも「マイユア」にしても「H2O」にしても、あれだけモロにダメだと、それはそれで楽しかったりするんだよなあ…w やっぱ「プリラバ」みたいなのがよくないよ。うん。
エルバ >> 軽めならサンレッドはガチですねw
ルイ >> ああ、プリラバは唾棄したいですね。正直、あれはあれで「どうしてこうなった…」的な意味で面白さはあるんですが。どっちかというと視聴時間返せー系はコッチですね。
kichi >> 軽めっていうのも違うな。シンプル? 熱血アクションとかそういう系がw
ルイ >> そろそろニニンがシノブ伝は観たのか、LD野郎。
LD >> 「エルフェン」は観た方がよいでしょう。「スクイズ」と同じく、漫研では殿堂的に扱われている作品です。
ルイ >> シンプルに死ぬし熱い血が沢山画面を埋めるよ!!エルフェン!!
LD >> Σ(`・ω・´)ノノ <シノブ伝!!
ルイ >> (#^ω^)ピキピキ
LD >> すんまへん、キリが無いので今日明日中に観ます。>「シノブ伝」
ルイ >> いや、冗談ですけどwあれも「軽い」の文脈ですね。
ルイ >> 瀬戸の花嫁のプロトタイプだと思ってる所がある、かな。
LD >> じゃあ、そろそろ一番を始めちゃうぜ?
LD >> …まあ、こうなるとリオじゃねえの?
LD >> …あ、今、リオに決まった。
ルイ >> 北半球の警戒連合とか(ry
ルイ >> やあ。良かった良かった。>リオ
kichi >> 古賀先生はまだ西遊記ものを連載中なのかなぁ?アレはいまいち合わなくて1巻読んでる途中で放り投げちゃったのですよねぇ……(´・ω・`)……主人公がおにゃのこじゃないのが致命的だったかもw
ルイ >> 良かったんジャネイロ?
LD >> …あ、白ヒゲって、なんかターンAガンダムみたいなんだ。
エルバ >> ほう、リオに決まりましたな
ルイ >> 男の娘だと思って読めばいいんじゃないかな。←コペルニクス的
kichi >> リオですかー。
エルバ >> ルイさんのギャグは審議中です
ルイ >> カブトボーグも観てないこんな世の中じゃ・・・
カルマ >> 3時間しか寝てないのでどうしようか迷ってたらこんな時間なのでやっぱり参加します(笑)
LD >> バーソロミュークマが、なんかレーザー撃ったみたいなんですけど、そんな能力ありましたっけ?
ルイ >> クマって書かれると物凄い違和感があるw
kichi >> ……う〜ん……(´・ω・`)段々できないこともなさそうには思ってきてるんですけど……、積極的にやりたいことでもないしなぁw>男の娘だと思って
カルマ >> あれですよ、オリンピック開催地決まったと見せかけて敗者復活で東京とシカゴが出て最後の問題は100万点なんですよ。
エルバ >> くま自身がサイボーグ(作品中の呼称は異なる)ですからね
ルイ >> 悪魔の実とは関係ないギミックですね。
LD >> あ、ツイッターがすごい勢いのカルマさんだ(`・ω・´)
kichi >> たぶんはじめてですかね?特に驚きはなかったですがw>クマビーム   
kichi >> しかし、イワさんはクマとも繋がりあるのかぁ……。さすが顔広いなぁw
カルマ >> くまは何体かいたんですっけ?サイボーグなだけだっけ…
エルバ >> パシフィスタか
LD >> 「いぬまるだし」のゾンビシューティングは、ちょっとやりたかったりする(`・ω・´)
kichi >> ていうか、本物もサイボーグなんでしたっけ?ちと記憶曖昧。量産型はロボなんでしょうがw>クマ
エルバ >> くまを元に開発されたパシフィスタは何体もいるようですね。そちらはニクキュウの能力はなし。
ルイ >> こういうと何だけど、そこまで語りたい作品があまりないんですが・・・後ろだけど「ぬらりひょん」で、羽衣狐との格差に自覚的で、埋めにきてるなって感じて良かったですね。追いついてるとは言わないけど、将器を見せていくのは間違ってない。
カルマ >> たぶんフォロー少ない人にはTLを埋め尽くしていることでしょうね。ペトロニウスさんにもリムーブされました(笑)>twitter
kichi >> あれは笑いましたw>「いぬまるだし」ゾンビシューティング
ルイ >> 「いぬまるだし」面白かったスね。何気に本編中ずっとノーブラのままか気になって夜もグッスリ。
LD >> 「スケットダンス」は面白かったです。やっぱり手先が器用という地味な設定を生かす話が妙に笑えるw
ルイ >> いや、でもさ、あれ笑うけどさ、1つの作劇の真理ですよね>ゾンビシューティング つまりこういう事だろって本質を抜き出した凄みがある。←いぬまるだしに何を観てるの?
カルマ >> 「いぬまるだし」は笑った。 あ、ノーブラ…?
ルイ >> 「スケットダンス」も、篠原先生がアクダサければこういう閑話は作れるんですよね。まあ、あの投影っぷりがクセになるから嫌いじゃないけどw
LD >> そうそう。あの話、後半、たまこ先生ノーブラなんだよね…。
kichi >> 「スケットダンス」も面白かったですね。……オチとか、最後の作品がペガサスというあまり捻りとかないものだったのはイマイチで、良かったのは前半って感じではありますが……。
ルイ >> あー、僕はオチ好きかなぁ。というか、オチはミエミエなんだけどね。それを衒いなくやるのが好き。>スケット つまりこの人って、ギャグはヒネらず、展開はヒネりたがる人なんですよねw
LD >> うさぎのクオリティの説得力がぱねえ…w>折り紙
エルバ >> 50巻に「俺はパシフィスタと呼ばれる、まだ未完成の政府の人間兵器」という、くまの台詞がありますな
カルマ >> 「スケットダンス」は猿のあたりまで好きです。
ルイ >> ゾンビシューティングについて何か書こうかと思ったけどコンマ3秒でやめた。
kichi >> 「ぬらりひょん」でちょっと今更ながら疑問に思ったんですけど、いつから裏リクオが常態になったんでしたっけ? 元々裏リクオはそれなりの格を備えてたはずなのに、いつのまにこんなに落ちぶれちゃってて這い上がる段階になっちゃってるんだろう……? なんかこの辺失策してないですかね?気になる……。
エルバ >> リクオどころか、ぬら組全体の格が落ちまくりですしね・・・
ルイ >> うーん、言わんとするところは・・・とは思いますし、実際リクオがまだ上がりきってるとは思わないけど・・・これまでの格じゃ裁ききれない器、としての羽衣狐の描写自体は大成功してるから、これ自体は必然のプロセスのように思いますが。
LD >> う〜ん「リリエンタール」はどうなんだろう…。シュールな事が起こる設定という事でシュールさは緩和されているワケで……もう少し何か意外性を足さないと厳しいのじゃないだろうか?
カルマ >> 格が落ちてるというより、京都の格が高すぎるという認識ですね。東北妖怪は京都が取り込もうとする程度には強いんでしたっけ。
エルバ >> 京都と東北の妖怪以外は、誰も特殊能力の存在自体知らないような感じじゃなかったでしたっけ
LD >> なるほどリクオ……つまりkichiさんは、こう言いたいわけですね。「遊戯王」の法則!!(`・ω・´)
ルイ >> 「保健室」、キャラクターの拡げ方が実に着実ですね。友達の友達、という線を広げていくことで、1つの世界になる。悪くないっすわ。
kichi >> いや、羽衣狐と直接対峙してない段階でここまで格落ちしてるのはどうなんだろう?っていうですね。これまでは裏リクオになりさえすれば!って感じだったのが、羽衣狐には通じなかった、ボロ負けって展開があった後とかなら分かるのですが……。
LD >> 裏リクオが将器を見せるところは良い流れになっていましたね。…それと羽衣との因縁伏線か…。
ルイ >> 羽衣狐にガチで勝てた感のない、若き日のぬらりひょんがいて、老いまくった爺にリクオ完敗でしょう?これで直接対峙しなくとも格負けは規定事実だと思いますが。 で、その上で言いたい事はわかるし、同感。ていうか、これからまさに「それ」をする可能性もあると思ってます。
LD >> 「保健室の死神」は良いですね。これで病魔のデザインがよければ、初期の「結界師」…かどうかは分らないけど、それくらいいい感じになります。
kichi >> 「リリエンタール」も「保健室」も同じような印象で、悪くはないんだけど何か足りないって感じですねぇ……(´・ω・`)
ルイ >> 重力装置で修行した孫悟空がナメック星のフリーザに遠く及んでない・・・そんな感じを、今のリクオには受けるのでね。まだ必要条件満たしてない感じなので、ここで敗北喪失って案外ありえる。或いは、何か主人公パワー発動w
LD >> なあに、土壇場でネネキリ丸を卍解させるのさ…(にやり)
ルイ >> 「リリエンタール」は何だろうなぁ。読みにくさのようなものはまるで感じないし・・・うまいとは思いますが。
LD >> なるほど…つまりルイさんはこう言いたいワケですな。「羽衣狐はまだ2つ変身を残している!」(`・ω・´)
カルマ >> 勝つイメージをそもそも持っていないですね。 京都は取られるくらいは想定する…おじいちゃんが隙を突いて相討てるか?くらい。>ぬらりひょん
カルマ >> 「保健室」今回のラストは普通に良いんですけど、病魔にピンと来ないですね…
ルイ >> カルマさんと見方は大体同じですね。
LD >> 僕は「リリエンタール」にはパンチか、あるいはストリーの捻りが足りなく感じています。「保健室」は、そこらへん悪くないんだけど、画面全体の雰囲気が地味かなと。
ルイ >> 「保健室」って、絵の下手な村田先生っていうか、アイシールドみたいな雰囲気があるような。試合の決めゴマと画力とキャッチーさがないアイシールドの日常みたいな←ダメじゃん
kichi >> まぁ、格落ちさせるにももうちょい別のやり方があったんじゃないかなぁ?という話です。そうすれば、あるいは今ほど致命的に敵いそうにない感が大きくはなかったかも?という風にも思えたもので。……実際どうするんですかねぇ?ほんと、敗北喪失が一番しっくりきちゃうだろう雰囲気なんですがw>ぬらり
LD >> 「黒子のバスケ」は青のチームが良ければ、大体良しだから様子を観る。
かんで。 >> こんばんは。
ルイ >> やあ、でもさ。kichiさん。ポジティブに捉えればさ。減点方式じゃなく加点方式で「羽衣狐の加点がすさまじく上手くいった」という事実はあるのだから、それを抑えようとするよりはそこに追いつかせようと四苦八苦させた方がいいと思いますね。まるでLDさんみたいな事言ってるけど。
カルマ >> 「リリエンタール」読み切り時の口癖を覚える過程をやりたいんでしょうけど…うーん。
LD >> 決めゴマと画力とキャッチーさがないアイシールドの日常> 近いですね。特に今週はページをめくっていて目に止まる「画」が全く無かった。
かんで。 >> いつの間にか1TB全部埋まってていくつかアニメ取り逃して悲しいかんで。です。
LD >> あ、ツイッターはほとんど使っていないかんで。さんだ。
ルイ >> テラって食えるの・・・ファイガは何発打てるの・・・メテオは足りないの・・・←混乱している
LD >> そこはマメに落とすんですよ!かんで。さん!……それか東芝のHD拡張デッキ買って下さい!(`・ω・´)
カルマ >> 正直、当時の羽衣狐を封印できる結界を手下のがしゃどくろが破壊してるわけで…彼女の百鬼夜行自体がおそろしく強いですよね。
ルイ >> 「黒子のバスケ」、やっぱりモモーイは青が好きなんでしょうね。こう、黒子を隠れ蓑にしてる感がある。黒子だけに(?)。
LD >> 。o(……今どき、テラはデフォだろJK…)
ルイ >> REGZAの回し者乙。
かんで。 >> ども、ついったはいまいち有効な使い方がわからんのですよね。内気な私は普通にミクシィで十分というか(汗)
ルイ >> 「バブ」はもうしつこいから言わないですけど、邦枝出さないチキンレースとか開催中ですか?←言ってる どーもここまで行くと、作者は「溜めてる」と思うのだけれども、それが正しいとはどーしても思えない。
LD >> 羽衣組のメンツに対して、ぬら組のメンツに何とかなりそうな奴がいないんですよね。…牛鬼くらい?この人、活躍したらそれ自体死亡フラグみたいな所があるから…(汗)
カルマ >> REGZAの拡張タイプ買って内臓HDDをケースに突っ込んで接続して使うのが一番経済的かと。ブルーレイ再生はPS3で。
kichi >> 「こち亀」は田舎在住の人間としてはウンウンと頷きながら読むしかない内容でした……orzいや、DQはやってないですが、「すばらしきこのせかい」のすれ違いなんて結局一人ともできなかったしなぁw
かんで。 >> で、東芝のデッキは今真剣に考えてます。パソコン用の空のHDD自体は既にもう1TBほどあるので……。
LD >> 溜めてる…というか東条との対決が終わるまで出さないように見えますね。ストリーの流れ的に……ただ、その事を危惧しているなら流れ無視して強引に登場させてくると思う。…さあ!ここで田村先生の作家性が分るぜ!?
kichi >> 「べるぜばぶ」はほんと、今更神姫とか……(´・ω・`)あまり余裕こいてると危険だと思うですよ?
ルイ >> いや、下位はまだまだ余裕でしょw
かんで。 >> つうか、いつのまにかグインサーガが普通に3回目とか入ってるんですけど(爆)録画設定変えないといけないな、これ>DIGA
カルマ >> ギャグも滑ってるしいらないんですけどねぇ…展開が遅くなってしまって>バブ
かんで。 >> うむ。X−9買おうw
ルイ >> 「バクマン」編集側へのフォローがないな。誰に対してもギャグ強要ってもう問答無用でダメ判定だ。
GiGi >> LDさんの記事のせいでファイアボールまた見てしまったナリ。
LD >> ブルレイにはもう行きたくないんですよね。HD増設か、次世代メモリねらうかあたりで様子見中。>録画生活
LD >> いや、多分、神姫を出すのは規定だと思いますよ。妙に憎めないキャラ付けしていましたし。
kichi >> 「バクマン」はなんだろう……?やっぱり熱血がやりたいってのはあるんでしょうね? まぁ、今回のは面白い展開だとは思うんですが、やっぱルイさんも言ってるように、この前の編集長並みに編集側に非を作っちゃう感じなのはどうなのかなぁ……。
かんで。 >> あの編集さんは終わってますよね〜
LD >> 中井さんふられたか……元気だせw
kichi >> 規定だろうとなんだろうとつまらない……と私は思うのですがw いや、入院中の描写の時からこの規定が見えて嫌だな〜って思ってましたしねw>神姫
かんで。 >> あれ、逆にふられなかったらおかしい展開なので、かわいそうとしか……中井さん(合掌)
LD >> いや、この展開はいいと思いますよ。前のボイコットの時とは違う…。速く連載作品出したくて焦っている編集さんとか、自分の好きな作風を誰にでも描かせようとする編集さんって実際にいると思えますもん。
ルイ >> 展開が悪いとは全く思わないですねぇ。ま、カワイソスだなってとこで>編集
カルマ >> 服部さんからの引き継ぎで遠慮してた部分が、新規立ち上げになって我が出てしまっているんですよね。そしたら酷かったと…そういう印象です>バクマン
kichi >> 恋愛ものやるとして、パートナーはどうなるんでしょうねぇ?再チャンス与えられるのかな?なかなか微妙な人間関係が形成されそうなんでぜひ与えてやってほしいですがw>中井さん
かんで。 >> こうなったら蒼樹さんには漫画と添い遂げて欲しい。いきなりコージィとくっついたりしたら抗議の手紙を……。
ルイ >> 「めだか」は巻いてるのかな?つばさキャットなんかのように、時系列自体の扱いにはクセのある人だから確証は持てないのだけれど、ここは巻きじゃないなら、もう少し匂わせる程度でとどめるような気もするので、どなんだろ。
LD >> う〜ん、何だろう?僕は要ると思います。派手なギミック/必殺技マンガじゃないだけに…。>神姫 今回の展開が面白いかどうかはちょっと置いておきますが…。
かんで。 >> そうですね〜。リアルにいそうな編集さんですよね。ジャンプのやり方の構造的にダメな部分を敢えて描いてる、みたいな。これはこれでいいと思います。
ルイ >> 今週の展開が面白いかどうかぢゃないだろう。Cパート的に邦枝軍団あるいは正妻たちを挟めるテクニックカモンって話だろうJK。
LD >> 中井さん、また美人の原作者がついて、また惚れてマンガ描くくらいの感じがいいと思うよw
ルイ >> で、台風の中漫画描くんだwやなキャラ付けだなぁw>中井さん
GiGi >> 月例賞に応募というのはなかなか興味深いですね。編集とエイジがそれぞれどう反応するのか読めない。
LD >> コージィとくっつく以前に、この山久編集に食われちゃったらどうします?w>蒼樹さん
LD >> たしかに月例賞に上げてきたら編集どう言いますかね。…投稿作自体は平等に評価するとして……どうしても担当が気に入らない場合は他誌に移られるよりよしと考えて許すかなあ?難しい所だ。
kichi >> 「めだか」は……そうですねぇ。「学園校舎のひとつやふたつ」ってのは熱くて良かったのですが、核を突き過ぎてて終わりが近いようにも思えますね……(´・ω・`)いちおう単行本買ったのですが……
ルイ >> 月例賞の場合はそれこそ前回の休載駄々とは違うケースだから、それこそ面白ければ評価するってシンプルな話ですよね。問題はその時彼が素直に認められるかどうかだ。
かんで。 >> 山久さんに食われちゃったら、その程度の子だということで見捨てます(爆)
LD >> 「あねどき」はこれでよい。…なんか、じっくり桜井さん描いていたら、このフォームですっきりしている感じになってきた。
ルイ >> 「あねどきっ」は極めて正道ですね。それ以外に特に言いようもないんだけど、結局「どき」に言葉を当てはめる作業なワケでしょう、この漫画。
かんで。 >> いうこと聞かないことは腹立つけど、面白い作品つくってきたから結果オーライで評価、というパターンですかね>編集
LD >> シンプルな話>………うん。担当のリソースの問題があるんだけどね。…それでも面白い作品は全てに優先される……と考えるか?
LD >> 「めだか」は連載が続いたら、このクマ川という男は出てくるんですかねえ…?
カルマ >> 素直に受け入れるかですよね…どうだろ、みうらさん(笑)>バクマン
ルイ >> その辺ラガーマンだからカラッと、というピンフ解決を予想w
ルイ >> LDさんも巻きの匂いが皆無だとは思っていない?ちょっと判断困るんですよね、この描写。>めだか
LD >> あと、雲仙の頭の中で風紀委員会のメンツをよぎらせるのが良かった。…こいつも人間が好きやんw
かんで。 >> 桜井さんかわいいなぁ
ルイ >> 風紀委員会脳裏は良かったですね。最終的に彼らが身を投げ出して命乞い手打ち、というあたりかなと思ってるけど。
カルマ >> 「めだか」の球磨川は「連載続いたらこの人出たんだろうか…」とか妙に過去形で読んでしまいました(笑)
ルイ >> ああ、カルマさんくらいに素直に読めるのは良いですね。
LD >> ラガーマン、この時点で服部さんとかに相談するなら、そこで心象も変ると思いますけどね。…マンガ的には分りやすくってアリでも、本当は裏で読切描かれるまで分らないのは拙いと思うw
かんで。 >> どきどきしてたら、土器を作ってしまったぁ〜、って奴ですかw>あねどきっ
ルイ >> 【審議中】 ( ´・ω) (´・ω・) (・ω・`) (ω・` ). ( ゚ω゚ ) >土器を作ってしまったぁ〜
LD >> …ま、残念だか「鍵人」は終わりなんだろうなあ…。それで数週「めだか」を持たせれば…。
ルイ >> 「鍵人」はなぁ。砂漠サルベージャーを軽く捨てすぎたかな。
LD >> (´-ω-`)。o(…「しあわせのかたち」だな……玉吉今どうしてるんだろう…)
kichi >> 「鍵人」に「めだか」が終了臭いのは残念ですねぇ……(´・ω・`)
ルイ >> 世界の大部分が砂漠、砂漠サルベージ、移動式キャラバン、各地でネコミミはじめ家族をGET,途中で攻撃を受け幾人か喪う、そこではじめて王都、って手順でも。。。まぁ、でも、スターダストクルセイダースか・・・(?)
LD >> サンデラいきましょいかい。
かんで。 >> あ、やはりわかりましたか>「しあわせのかたち」ネタ 桜玉吉さん、漫画描いてほしいですよね。
カルマ >> 「鍵人」は、未だに現代と繋がる設定のようなものがよぎりますねぇ…地下鉄とかなんだったんかなぁ。
GiGi >> めだかはテーマ語りに入ってるんで普通に巻きかと。鍵人とアカボシは一騎打ちの様相。
LD >> 各地でネコミミはじめ家族をGET,途中で攻撃を受け幾人か喪う> よさそうな流れです。…とは言え実際にはバトルの要素が薄くなりそうか?
ルイ >> 変態紳士どものせいで、こんなしょうもないネームで巻頭カラーだよ。ギレン・ザビになって叫びたい気分だ。
ルイ >> ですね。多分JOJO三部的なイメージがあったのでは。>バトル要素
LD >> 「境界のRINNE」観て、その昔「うる星」には怪人赤いマントが登場していた事を思いだした。…それはそれとていろいろやっちゃって下さい。高橋先生。
かんで。 >> 怪人赤マントなつかしすぎw
LD >> (#゚Д゚)ノ <しょ、しょ、しょ、しょうもないとはなんだ〜!!!!!
ルイ >> あれ?しょうもなくないと?(´・ω`・)
LD >> 熱だしキョーコ、どう考えてもサイコーじゃないか!こりゃ、酒飲んでも前後不覚に陥りますよ?(`・ω・´)
kichi >> 「はじあく」はベタベタにベタな寝込み回でしたねw ……ま、これはこれでと思いつつも何かもう一味欲しかった気はするかも……。
ルイ >> (・3・)
LD >> ところで、巻頭にあるなんか変なるーみっくキャラのストラップはなんでしょう?(´・ω・`)
GiGi >> このケイタイ、鍵って打つとkeyって変換してくれる(笑)
かんで。 >> このキョーコさんはかわいかったですねw 漫画としては普通なんですが、破壊力でかすぎ
ルイ >> まぁ「はじめてのあく」は酷かったです。敢えてベタにと言えば聞こえはいいけど、ベタを言い訳に展開の手当ても打たないんじゃただのパッチワークですね。エロ写真に好きな娘の顔でコラ写真作ってるようなものにしか見えなかった。巻頭カラーの無駄ダヨ。
カルマ >> いつも通りでしたね…うん。それだけという印象です>はじあく
LD >> もう一味は何かあったかもしれませんが、巻頭カラーという時にジローvsキョーコおんりーでキョーコ・イレギュラーという選択は、正しいというかこのマンガの特性を捕らえていると思いましたね。
かんで。 >> これってつまり、普段のキョーコの言動は、理性でかなり厳格にコントロールされてるってことですよね。いいなぁ、それ。
GiGi >> それはいつものこ(略>はじあく
ルイ >> 嘆かわしい・・・>key
ルイ >> そうですね。いつものこととも思う。この場所のはじあく評はわからない。
LD >> 展開の手当ても打たないんじゃ>いや、そこはストレートを出したというか……って基本でルイさんがキョーコに当てられていないのでそこは伝わりづらいかも。
GiGi >> クロスゲームはなんというか、展開が渋すぎる(笑)
LD >> いつものことではありますね。巻頭で選んだシチュエーションが正しいと思うだけで。
ルイ >> 「クロスゲーム」最高じゃね。本当前も言ったけど「ラフ」を思い出したり・・・タマンネ。
かんで。 >> クロスゲーム、大好きですw
LD >> まあ、それはそれとして「マギ」は本当に良い件。
かんで。 >> 「野球やろうぜ、野球――」 この台詞への情感の流れがナイスでした
ルイ >> キョーコに当てられるわけがないとも思ってはいますけど・・・その上で、この回のどこにキョーコがいるのだろう?かんで。さんの「理性コントロール説」は、まぁこのパターン全体へのやさしい読み込み方の基本に過ぎないしw
ルイ >> 「マギ」はサンデーでダントツ状態かも。2トップが孤高ってのはあるんですが。
かんで。 >> 確かに正直、キョーコに難しいことは求めてないですw
LD >> アラジンに会う以前のアリババなら、財産を他人の為に使ってしまう事なんてなかったと思うのに、それだけアラジンとの出会いと“導き”が彼を変えているんですね。
ルイ >> 「メジャー」の前回が結構好きだったんですが、あれから一気に時飛ばすとか・・・w本当に球団の人は囃す為だけにあてがわれたのなwムチャクチャやw
ルイ >> アリババのような、黄金の、王の心を持つものを増やしていくのが彼の存在意義なのかもしんないですねぇ。未だ底が見えないぜ。>マギ
LD >> え?いや、キョーコって本来こういう子でしょ?>どこにキョーコがいるのだろう? 別に優しい読みとかではなくって普通だと思う。
カルマ >> 「マギ」はいいですよねぇ…ほんっと。この奴隷解放が後世に語り継がれる逸話の1つになっていく?
kichi >> 「マギ」良かったですね。まぁ今週は想定通りというか、一番可能性高そうな描かれ方で意外性とかはなかったですけど、しっかりきっちりフォローが効いてて良かったです。……モルジアナもアリババに付いてってくれたら良かったのにという気分はないでもないですが、まぁw
ルイ >> 当てられるかどうかってのは言葉として相応しくないかも。キョーコに実感といえるものを感じてるか感じてないか、ですね。今の「本来こういう子」でわかった。基本的に本来と言うほどのものがあると思ってないので。
kichi >> 「メジャー」はまさかあのプロポーズの後時とばすとはなぁ……って感じではありますよねw 終わるのかな?それともひょっとしてジュニアに世代移行なんてのもありうる?w
LD >> ただ、“いつも通り”という評価はあると思います。それは評価が高いか低いかじゃなく、そうだと思う。>「はじめてのあく」
ルイ >> んー、ジュニアのバッティングが吾郎を直撃するんだけど、吾郎は大丈夫でした、おとさん有難う、って形が見えない事はないけどw
かんで。 >> キョーコは、敢えて読みの深度を深めずに味わえるよう整えられたキャラなのかな、と思ってたのですが、違うのかなぁ。
GiGi >> めじゃはまさかの「もうちょっとだけ続くんじゃよ」ですか?(笑)
ルイ >> 萌えさせたかったからこうした、以外の感想は、まあないですね。
かんで。 >> まぁ、普通に結婚式やられても困るんですけどねw>メジャー
ルイ >> そういう意味ではかんで。さんの仰る通りかと。でもあの作者が「敢えて」というほどの事ができる人とも思っていないw偶々そこに生存のフィールドを見つけたちゅかね。
かんで。 >> あ、確かにたまたまかもw>あの作者
LD >> 「すももも」と重ねて観てしまうんですけどね。孝士が誰かに信じ抜かれて変る物語だったのに対して、アリババはその一言で変って、その先に行く物語になっていますね。
ルイ >> 「いつわりびと」も同様にベタだったけど、作品が持つ『主要人物総ツンデレ』みたいな特徴を活かしていたので良かったですYOw
かんで。 >> メジャー、あぶさん化?
GiGi >> 甲子園の決勝だからって特別なことはないって話なんですよね。やはり決勝後が楽しみです。>クロスゲーム
ルイ >> ボクもファントムと重ねて観てしまいますけど(観るなw)あなたのいない世界に〜が「すもも」の世界の限界点で、今「これだけで生きていける」の段に踏み入ろうとしてますよね「マギ」。
LD >> う〜んと。キョーコは確かに外枠のデザインから入ったキャラだとは思います。また、別に“深いキャラ”ではない。すぐに大体わかるキャラだと思います。…でも、それが即出来の悪いキャラとはならないと思う。
ルイ >> 甲子園の決勝言うたで・・・。
かんで。 >> 地区予選の決勝ですよ〜w
LD >> いや、「ファントム」を出して、あなたのいない世界に〜(生きていたくない…でしょ?)まで繋げちゃうのはどうかなあ?…むしろ「グレンラガン」の方がまだ近くて、彼がいなくなってもアリババのこの胸を叩き続ける話だと思いますよw
ルイ >> 「最上の命医」のナチュラルボーンジゴロっぷりに感心。てか、橋口先生は20代の女性の方が素敵に描ける才があるな。じゃパンの10代より魅力的だ。
ルイ >> ?今LDさんが言った事をそのまま言ったつもりなので、意味がよくわからないんですが。
かんで。 >> ジゴロっすよねぇ。うん。女の子はじゃパンよりいいと思います。
LD >> うん…孝士や猿藤に、つなげて観たい……と思ってしまうんだけど、アリババは違うキャラですね。すごく小さなキッカケで動くキャラになっている。
LD >> …あ、読み方間違えました。「すももも」と「ファントム」を重ねているんですね。(それもどうかと思うけどw)…いや、僕が「すももも」と「マギ」を重ねているんだから、それに合わせて「ファントム」を重ねているって言われると、「ファントム」と「マギ」を重ねていると読んでしまうじゃないかw
ルイ >> 補足必要かな?つまり「すもも」はももこが「信じぬく」段で話が終わっているので、その先の描きようがないのですね。IFとして想像の余地はあるけど、結局あなたに信じ抜かれたことで私は変われるって話。相互依存の究極形から動きようがない。では今回はというと、マギがいなくなってもその存在と言葉はアラジンの心に光を灯し続けているから、必然的に存在から記憶への変化が起こっているねと。それ自体に単純な延長線を引けるかどうかはともかく、少なくともキャラではなくテーマの連なりだけを観ると、「すもも」の形では描ききれなかった、そのIFを描いているという実感があるわけです。 という意味だから、別にファントムでもグレンラガンでも大差ないんだけども・・・?
LD >> 孝士は、徹底的にヘタレを貫いて、信じ抜かれて最後に変るキャラでしたからね。猿藤も最後の最後に自分が捨てられないものを理解する。…それに対してアリババは本当に小さな(?)キッカケで世界に踏み出すんですよね。
ルイ >> んんんんんんんん〜〜〜〜・・・・「小さな」は(?)とつけられているから気付いているんでしょうけど、扱い難しいなw
GiGi >> すま(笑)
ルイ >> 本当に一生を変える出会い、その瞬間は永遠に似ているし、それができるからマギという存在は特別なのだ、って話にも思える。アリババへの比重を強めるべきかどうかは・・・今後のマギの進行次第かなぁ。
LD >> はい。同じ話をしていますね。…ただし「ファントム」は伴侶が死んだら自分も生きていられないって話じゃない?(ラストの解釈はあるけど大筋は)
ルイ >> 勘違いはやむないと思います。ぶっちゃけ、甲子園の決勝の方が「160キロ」と「甲子園の優勝旗」がモロかぶりしてわかりやすいのでw
ルイ >> (この野郎・・・そうじゃなくなったから最終回素晴らしいって言ったのに・・・orz>生きていられないって話)
LD >> 「小さな」は(?)難しいですね。…でも、「すももも」との対比の場合は、やはり「小さな」と言うべきでしょう。本当にはたから観たらほんの一瞬の邂逅に過ぎない。今の所。
GiGi >> 観てないので確信ないけど、モトネタ女立喰い師?>神しる
LD >> いや、堂々と大見得切ってモロにその「画」を見せていたら、生きていられる物語の例として持ち出していいと思いますけどねw…この場合の「ファントム」は「マギ」を上手く説明するための道具なんですから、曖昧な例は淀みます。
ルイ >> うう〜、わかりますが・・・むむむ。まぁ、はたから観たら一瞬の邂逅ですけど・・・「ストレンヂア」の仔太郎にとって名無しとの出会いは一生を灯すというか・・・むむ〜んorz←なんか悩んでいる まあ「受け手が凄い」なのか「運命の出会いってそんなもんだ」かは難しい、ってことですね。
LD >> ほっほう!w>「女立食い師」
ルイ >> 展開なんてどっちでもよくて、脚本、台本そのものなので曖昧さはカケラもないと思います。但しなんか読み込み足りてない気がするので、観直していただきたいって気がしてきたw
LD >> はたから観たら一瞬の邂逅だけど、その人にとっては一生を変える出来事だった…って話ですよね。
かんで。 >> 現代女立喰い師……って、ただの大食いタレント?
ルイ >> 「神知る」、今回キニクワネェ!!って言おうと思ってたんだよなぁ。
かんで。 >> 現代女立喰い師……って、ただの大食いタレント?
ルイ >> そうです。そこにアリババの特質を観るのか、人の真理を観るのかみたいな話で・・・マギがこうやって様々な時と場所で人を灯し続けるのなら、どちらかというと後者比重が強めなんじゃないかとも思っている。>はたからみたら〜
kichi >> 「神知る」は……とりあえず都会のラーメン屋さんはあんなほいほいと昼間に終了しちゃうもんなの?というのが気になってしょうがなかったですw
LD >> え〜っと?まず途中のセリフでアインは「生きていられない」と言っている。その上で最終回あの画で、アインは解釈の余地無く確実に生きているという事ですか?
かんで。 >> 今回はエルシィがかわいいことを確認したのでよしとしよう(オイw)
LD >> 大事な事だから二回言いましたね。>かんで。さん
ルイ >> 「その上で」以降は対比の対象たりえていなくて、対比させるのは「それだけでいい」です。
ルイ >> いや、なんかさ、桂馬の「6つの大罪」が気に食わないんですが、これ少数派?w
LD >> ちなみに「女立食い師」は観ていませんが、押井監督の立食い師は、基本食い逃げ師で、この子は食い逃げはしていないなと思ったよ?
GiGi >> マギにあまりピンときてないのは大高先生のテーマを掴めてないからだとして、あまり一見さんにやさしい作りにはなってない気はしていたり。とはいえ終わってみたら大傑作だたと吼えてる可能性も少なからずあるのでまだしばらく保留したいところ。
かんで。 >> 「憤怒」は有り、というか、一類型じゃね、って話ですかね
kichi >> あー、私は割と納得しちゃった感じですね。そんなに深くは考えてないですけど、まぁ嫉妬は抜くってポイントがあるのでなるほどと思わされた感じはw>6つの大罪
ルイ >> あ、かんで。さん、そうそれが憤怒にすら限った話ではないんじゃね?といいますか・・・
LD >> 「それだけでいい」>…うん……まあ、何か言いたい気もするけどw意図は伝わりました。
GiGi >> 6つの大罪はちょっと引っ掛かりましたね(笑)
ルイ >> うん。kichiさんの感じさせ方が、若木先生の意識した組み方だと思う。これどういう事かというと、ヤンデレ・ツンデレ派閥を確保してるんですよね。そこを除外してるからアリって風に読めちゃうけど・・・・難しいなぁ。でも案外ここでは皆さん引っかかってないんだなぁ。五部五部くらいだと面白いんだけど。
ルイ >> お、いいぞギギさん!w
かんで。 >> あ、傲慢もありだなぁ。というか既に好みの問題な気がするw
kichi >> ああ、どれもそれがあるだけで致命傷なんてことはないですよね。どれも見せ方によっては魅力にもなるんですけど、ただ、これっていわゆる“藤崎詩織”の条件って話かなぁ?って思いつつ読んだのですが……ちょっと違うっぽくもありますね。
LD >> あまり一見さんにやさしい作りにはなってない> そんな事はないと思うんだけど、ともかくGiGiさんはピンと来ていないって事ですね。…ふむ。覚えておきます。
ルイ >> 「落とし神」に、あまり「俺の認めるヒロインはこうじゃなきゃダメ」で進んでほしくない、それを「落とし神としてのキャラクターを立てる」こととのバランス調整で喪わないでほしい、って主旨で書いてて、まあ、記事削除しちゃったとw
LD >> 六つの大罪って描き方では全然ありに思えますけど。多分、度を超して……みたいなエクスキューズが……いや(汗)それでも納得いかないな?w
カルマ >> 大罪とまでタブー視されるイメージはないですね。やりよう、というか、そのニッチな発明(or定義づけ)が萌えを広げてきたはずだし…
かんで。 >> 藤崎詩織は傲慢憤怒があてはまるパターンですね。
ルイ >> 傲慢言うたぞw
LD >> バランス調整で喪わないでほしい> 正しいですね。…が、実際どうなんでしょう。むしろ、ここでヒロイン像に偏りがあるなら、桂馬には瑕疵があるって、けっこう重要な「読み」に変える事もできますけど。
かんで。 >> 俺の認めるヒロインを狭めると、多彩なゲームをやり続けて感動出来る、という能力にバッティングしてしまいますよね。
ルイ >> そうなんです。嫉妬も本来大罪だったはずが、カルマさんの言うとおり発明・発見によって外されたという順番のはずなんです。ここで残り6つを単純否定しちゃうのは、落とし神、桂馬としていかにも「小さい」。勿論これまでも義理妹とか・・・あることはあるんだけど、今回ちょっと対象が広くて、ここまで拡げちゃうとギャルゲー全体をめでる落とし神としてはちっせえな。これも若木先生にリアルタイムギャルゲー感がないからこその失敗かな、と思ったりもしたり。
かんで。 >> う〜ん、そっち方面で桂馬には枷をはめて欲しくない、というのはあるんですけどね。>LDさん
ルイ >> 可能ですね>瑕疵があるという読み ただ、ここで嫉妬を外したり、度を過ぎると、みたいなワケわかんない主観フォローを入れたりwしてるあたり、単に「BMW」などに属する、最近ご無沙汰の桂馬語録を要求され、応えただけにも思えます。なんにせよ、案外五分五分の流れでよかったよかったw
LD >> 桂馬には枷をはめて欲しくない> 僕もそう思っています。…が、あくまでそう描かれてしまうなら補正が必要になってくる…という話ですね。
かんで。 >> この大罪を素直に読むと桂馬は鍵っ子?w
ルイ >> 東鳩っ子じゃないのかなぁw
かんで。 >> とりあえず葉鍵っぽいイメージっすよねw
LD >> 桃太郎は全ての「おとぎばなし」のキャラクターの中で一番強い……とか言われると他の候補を探してしまいますねw>「月光条例」
kichi >> ……まぁ、今回のエピがその枷をはずす話って可能性もありそうですね……。ってそれだとかえって格落ち感が酷いのかな……(´・ω・`)う〜ん
ルイ >> 桂馬にギャルゲ哲学を語る機会が減ってくると、ちょっと受身な、ありがちなリアクション主人公になってしまう時もあって、それをボクは恐れているんですけど・・・かといってカウンターでこうなるのも怖いなと。桂馬には、とりあえずルフィの言葉を捧げようw好きなもので語れよ、とりあえず!wそうするとボロあんまりでないから!w  ・・・・それはそれとして、大食い子は可愛いですね!←
かんで。 >> 確かに、そう描かれるなら読みの補正は必要ですよね。今後の動向に注目ですね。
ルイ >> はい。これは作品分析っぽいんだけど、若木先生は90年代後半〜00年あたりで「止まってる」感覚はあるんです。それに最近の流行廃りの記号をコピペしてる、って現時点では思ってますね。>かんで。さん
LD >> …神話ならいるんだけど、純粋おとぎばなし(?)だと結構難しいかも。>一番強い
カルマ >> チャイナ子可愛いですねぇ…♪
かんで。 >> 個人的には渡辺綱を推します>他の候補
GiGi >> 程度問題ですらなくて、神様なんだから「汝らの中で罪なきものだけが責めよ」くらいは言って当然とは思いますね。ただ、嫉妬を別枠にしたこと自体は興味深いです。
kichi >> ……う〜ん、でも案外桃太郎が一番って納得しちゃうものがあるんですよね。何故だろう? ビックリマンの天使No.1が桃太郎だから? 私がにわの先生の「The MOMOTAROH」大好きだったから?w
ルイ >> おとぎばなしの強さって知名度に直結する、って設定ありましたっけ。何か他と記憶繋げちゃってる?w
LD >> ヘラクレスとかね。ジークフリードとかね。
カルマ >> なんでしょうね。怪物と実力勝負で戦うおとぎ話がどれだけあるか?みたいな話ですかね>桃太郎強い
かんで。 >> ああ、確かに、私もそれに近い印象はありますね。>若木先生は、止まってる
ルイ >> だから嫉妬だけを別枠にする事で手当て完了みたいに思えるのかなってw
LD >> いや、なんか「おとぎばなし」ってカテゴリ難しですね。…それ相応の歴史がないと“おとぎばなし”にはなれないの?…で、そうだとしたら神話は入れてしまっていいの?スサノオとかも馬鹿強ですよね。
カルマ >> 桂馬を若木先生に重ねて「桂馬が発見していく」という読みもできるけど…じゃあ作品世界で何百と出てるゲームのキャラパターンってどの程度やねんという話にもなりそう(笑)
かんで。 >> 「腐り姫」とかの文脈が無視されてますよね
ルイ >> それ言い出すと、ゼウスも御伽噺に?w
ルイ >> うーむ、これから発見ですか・・・桂馬にはデッカクあってほしいんですよねぇ。神なんだから。
カルマ >> 海外で真っ向から怪物と戦うとなると…神話のイメージが確かに強い。あるいは児童向けファンタジー?
LD >> いや、たとえばお嬢様子とか、考えようによっては“傲慢”を犯しているわけですよね?…そこらへん若木先生の中でどう整合性とっているのかなあ?って。
かんで。 >> ああ。神話入るとイザナギとかには全く敵わない……
LD >> 桂馬が発見していく> う〜ん、基本、桂馬は「やり尽した」から今のこの状況に打破して行けるキャラのはずですからねえ〜。そこを落とすのは慎重を期します。
ルイ >> (・・あ、あれ?バスカッシュどーなった?)
かんで。 >> ベイオウルフVS桃太郎とか見てみたいですがw
GiGi >> 面倒なのでクロノス最強ってことでひとつ。
かんで。 >> ですよね。キャラを把握しつくしたからこそ、恋愛にも勝利出来るキャラなはずなんですよね。
ルイ >> 親父乙www幽閉しちゃうおwww
LD >> …ああ、対決系ではゼウスvsヘカトンケイルス、あたりが超度級ですかね。…やっぱ落ち着くところは竜退治、鬼退治の英雄ってやつでしょうけどね。
ルイ >> ・・まあ、色々いったけどこっちは桂馬と違って、そういう整合性は求めていないというか、まあ富士鷹先生がそう思うんだからそうなんだろうっていうw
かんで。 >> ベオウルフ、ジークフリート、カドモス、ダニエル、ゲオルグ、スサノオ
ルイ >> ・・・え!?バスカってまさか1時間以上「前倒して」最終回やったの!?ま、ま、まさかまさかまさか・・・
LD >> ベイオウルフVS桃太郎> 正直、「月光条例」そこらへんは狙っていると思います。…故にこの場合の“おとぎばなし”の第一条件は「著作権料を払わなくていい作品」だとは思いますがw
LD >>                                                  …え?>バスカ最終回
かんで。 >> 桃太郎、渡辺綱、ぬ〜べ〜、いやぬ〜べ〜は違うw
GiGi >> ジオま!の「俺、死なないから」ってさらっと言っちゃうセンスはけっこう好きです。
LD >> 「アーティストアクロ」、ニャー子が女の子と確定したら突然可愛い展開になったでござる…の巻(´・ω・`)
ルイorz >> なんかよくわかんないけどバスカられた・・・orz
ルイorz >> 「ジ・魔」は嫌いじゃないんですよねえ。何か特別面白くなる何かがあるようには思えないのだけれど、サラッとした演出が結構レアで。
LD >> さて、そろそろマガジン行きましょうか。
かんで。 >> なるほど、納得w>著作権料を払わないジュビロ
ルイorz >> 今週の「オニデレ」が凄く面白くて一番候補だと思う、って言おうと思ったけどドスルーされてるので言うのやめとこう。
LD >> GiGiさんが「マギ」を保留するなら、オイラは「ジオ禁」を保留するお。(´・ω・`)
カルマ >> ジオ魔は不思議と嫌いになれないですね。初期より絵も描き込まれてる?
kichi >> たしかにそれなりに派手な展開を淡白に描いてるバランスは面白いかもですね。……そういう意味では私が志村貴子先生の作品にみてるのと近いものもあるのかな……>ジオ
LD >> 「ツバサ」の最終回がよく分らなかったです。GiGiさん説明して下さい。
ルイorz >> そういえばこのチャット「ハヤテ」で大人気のヒナギクさんが裸体を晒しているのに無反応だよ。ビックリだな。
かんで。 >> ヒナギクさんは私の中で対象認定されてませんので(笑)
カルマ >> あぁ、マリアさんのおっぱいの方が印象強いです(笑)>ハヤテ
kichi >> 「ツバサ」は……、4誌読むようになってもうすぐ一年ってとこですが、一度もちゃんと理解できたことがある気がしなかったですねw
LD >> 。o(…くっそ〜マーシャの入る余地なしだよ……)
ルイorz >> 「ツバサ」の説明会が始まると聞いてやってきますた。
ルイorz >> なっちゃんは可愛すぎると思うよ。真面目な話。
かんで。 >> ツバサは正直3巻で切りましたw
カルマ >> なんだろう、最初に触れたのがアニメ1期だったのがまずかったのかなぁ…全然興味が持てずにいます>ツバサ
LD >> …最近、マリアさんおっぱいおっきくなってね?
かんで。 >> だから、マーシャは芝姫なんですってば>LDさん
ルイorz >> ボクははじめに触れたのはホリックとの同時劇場版だなぁwまさかアレが構想どおりだったとはw
LD >> 「ガマラン」は読んでいて、何故か「ああああんまりだあああああ!!」を思い出したりしていました。
カルマ >> もうね、マーシャに思うところ無いのがね…なっちゃん強いというか。危惧してたけどエーちゃんの隣で写ってないのもね…
ルイorz >> あれ、そういえば前回一番参加できなかったわけですけど、マーシャがちゃんと最後のコマで泣いてたのは誰か指摘されましたよね?
LD >> え〜っと……後から来た芝姫?…それ、何てノーアドバンテージ?
kichi >> ……なっちゃんは可愛いですなぁ……。それはそうと、もうちょっとフロリダ留学の成果を描くかと思ったら案外あっさりしてましたね。全日本までゆるめず修行フェイズ続行ってことですかね……。
かんで。 >> マリアさんのおっぱい、全く目に入ってませんでした(汗)>今確認した
GiGi >> ホリックで解説されるのを待て!
LD >> …が、気にしなくてよい。…マーシャは来る!必ず!くぅ〜る♪きっとくるぅ♪(`・ω・´)
ルイorz >> 今回の何が「フロリダ留学の成果」かっていったら、試合よりも「当たり前じゃん!」こそがフロリダの成果だっていうのが面白いwさすがベビステ。
かんで。 >> マーシャは非業のキャラですね。自覚した時には失恋パターン?
ルイorz >> そこまで重たく描くかなぁ・・・と思ったりも>マーシャ
かんで。 >> いや、単なる願望ですんで>マーシャ
LD >> 「エデン」、微妙に簡単にミイナが見つかって、ミイナはミイナで何かに気付いたわけじゃなくって、単に学校が嫌いだった件。
ルイorz >> ( ゚Å゚;) >ホリックで解説されるのを待て!
カルマ >> 連載がどこまで続くかによっては強く美しく不死鳥のように成長して帰ってきますよ>マーシャ
GiGi >> と突き放すのもアレなので一応解釈すると、2人の小狼がそれぞれ肉体と記憶を対価にしてひとつになったということかな、と。
かんで。 >> でも、学校を潰してるのはなんなんだろう。>エデン
ルイorz >> ん、ミイナはミイナで価値はあったのでは。>「エデン」
GiGi >> それにしてもなっちゃんはかわいい。
kichi >> 「エデン」なぁ……(´・ω・`)
かんで。 >> しゃにむにGOの外人彼女みたいに成長したらうれしいですね>マーシャ
ルイorz >> ミイナが、不適合だったからこそ「学校という存在の違和」に敏感に気付けたわけで、それは理屈化できなくとも価値のあるものだったでしょうね。
カルマ >> ばずったーもバスカッシュで阿鼻叫喚(?)http://buzztter.com/ja/k/%E3%83%90%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5
LD >> むろみさん、魔女裁判にかけられていたかあ……確かにナイフで刺して生きていたら魔女だ。
ルイorz >> なっちゃん可愛いですねぇ。ブログでネタ文ついでにちと書いたけど、明らかにデフォルメが多用されてるのが今回のなっちゃんの気安さの源だと思う。
LD >> 2人の小狼がそれぞれ肉体と記憶を対価にしてひとつになったということかな、と。 >なるほど!ありがと〜一つ分ったよw
かんで。 >> なっちゃん、GEで簡単に攻略されそう(爆)
ルイorz >> ぶっころすぞ・・・ばすかっしゅ・・・(ドラえもんAA
カルマ >> 僕は日本の学校のムラ社会とか同調圧力が大嫌いなので、冷静な判断は下せないけど「違う」という衝動は理解できるかも>エデン
ルイorz >> いや、マジレスするとそれは難しい。それは難しいと言いたいが為に、なっちゃんをときメモにかけてまで語ったわけですw つまり、なっちゃんは姿勢だけじゃダメですね。ステータスがここまでこないとダメ。
かんで。 >> 違うという衝動はわかるんですけど、即ぶっこわすのはどうかとも思うのですが。いいと思ってやってたひとの立場は……。くにつくろうとかいってたくせに政治力が無いと感じます。
ルイorz >> >GEで攻略 GEは小手先の話だから・・・って、GEに西園寺世界さん登場。
LD >> ちなみに今確認したら私、16分だけ録れていました。
ルイorz >> >いいと思ってやってたひとの立場は 死んだら立場もクソもないから荒療治結構なのでわ。
LD >> >「バスカッシュ」
かんで。 >> 悲しい現実ですね、それw>ステータスが高くないとだめ
ルイorz >> (LD・・・さん付けやめよっかな・・・)>録れていた
kichi >> 「むろみさん」、魔女裁判はなんというか凄いですねぇ……(´・ω・`;)なんかもう言葉にならない
ルイorz >> いや、寧ろ努力を称揚しているのだから正しい話でwだから藤崎詩織なんですよw
かんで。 >> GEの論理はなんかムカツクw
LD >> 「GE」はれんしゅうっが来たか……(´・ω・`)
ルイorz >> つうか、GE,その練習デートが目撃されるって可能性は想定しないのかしら。
かんで。 >> 努力を称揚と結果を称揚の境界は相当曖昧だと思うんですよ。
かんで。 >> 普通に有り得るじゃないっすか、その展開>目撃される
ルイorz >> んー、この場合テニスという勝負の世界の「成功」とリンクさせて進行する作劇を取ってるんで、結構シンプルにも思いますが。どうかな?
カルマ >> 学校というシステムは社会ありきのものだし、決して島での生活に有効とは限らないんですよね。 …展開的には悪手が続いてるから理屈は心配ですけど(苦笑)
kichi >> 「GE」はスクイズまでいきますかねぇ?w 正直、デートの練習ってのは結構よく見かけるシチュだとは思うんですよね。あと、現段階では先輩が落ちてないんで、スクイズと比較したら全然普通にありうるように思えるというか……。
かんで。 >> で、ステータスが無いとだめ、というのは、結果として結果を称揚してるってことにならないか、という話にも。
ルイorz >> 学校って島社会的で、外部の力には無力だよね?みたいな?ここで困った時の古代生物登場?
LD >> 花形が空振ってますね。…今まで格落ちの話をしていたんだけど、花形は格落ちを感じないな?
ルイorz >> あ、すいません。スクイズまでは行かないと思いますよw
カルマ >> むろみさんが幸せな時間過ごしてると幸せになれるなぁ…(笑)
かんで。 >> うん、作劇としては正解だと思います。シンプルによく出来ている。あくまでひねくれた意見ではあるんですよ。ただ、そう思ってしまったというだけで。
ルイorz >> 魔女狩りとか語られると、痛んだ尾ひれみるだけで胸が痛くなるんですがwなんという・・・w>むろみさん てか、リヴァイアさんの存在によって、むろみさんの存在を神性まで届かないように印象操作してるな?なんという計算。
カルマ >> 先輩の心を乱すのに丁度良いくらいでは>デート目撃
LD >> 外部の力には無力>そんな正論を…w まあ学校モデルはどこまでいっても内部の統制がとれる話でしかないとは言えそう。
kichi >> ……まぁ、ルイさんブログのベビステ記事は、凄く理は通っててさすがとは思ったんですが、たぶんかんで。さんと同じような理由というか気分からあまり積極的に乗りたい読みではないなぁ……っては感じましたねw
ルイorz >> そこまで意識しているかはともかく、実際そうなのかもしれないですねぇ>結果を称揚 まぁ皆が結果を追い求める勝負の世界で結果を目指して努力したら、そりゃなっちゃんもデフォルメ顔になるわっていうw
かんで。 >> 学校が、あの島という現実に対応出来ない→現実を直視しろ。の展開はわかるんですけど。何故いきなりぶっ壊すのかと、そこが疑問なわけです。メリット薄いだろう、と。
ルイorz >> 「ベビステは、とにかくテニス漫画である」って言う前提ありきですからね、あれ。ラブコメとかサシミのツマです、褒美CGです、くらいの勢いでw
ルイorz >> いや、俺の破壊にも対処できないならなんたらサウルスが来たらどうするんだよってwこの四匹目の子豚がって・・・w←?
かんで。 >> 丸尾くんはあの世界で正しい生き方をしているのだから、称揚されてしかるべきなんですけどね。虐げられてたらさすがにストレスたまると思いますよ、読者として。
カルマ >> (何故か古代生物東条のタイミングが困ったちゃんなんですけどね…>困ったときの)
kichi >> “あの学校”が普通の学校とは違っている、間違えているっていうことではないんですかね……?いや、それが何なのかは分かってないですが、それが来週辺り説明されるのかなー?って思いながら読んでたのですが……>ぶっ壊してる理由
カルマ >> 努力すれば必ず結果が出る訳じゃないでしょう。結果が出てることが努力の証明になりこそすれ。
かんで。 >> ああ、なるほど、身を持って役に立たないところを示したのか、ってでもそれって泣いた赤鬼の青鬼パターンになるんじゃね、普通w
LD >> いやいや、今回は“皆で協力すれば撃退できる”狼たちが相手ですよ?w>「エデン」
ルイorz >> 困ったちゃんというか、何故かドリフのテケテンテンBGMを鳴らしたくなる>古代生物登場のタイミング つか、その変換ミス、「バブ」の後じゃなかったら何かエラく恥ずかしいところさ・・・w
ルイorz >> いや「お前らの学校は学校じゃない!」は無いと思いますよwそのロジックだと、次に本当の学校を作ればいいって話で終わる・・・ミイナが受け入れられるような学校を?wもう学校って形に囚われる必要なくね?w
LD >> 「ネギま」は、ゲーデルさんがもう、見るからにいい人に見えてしまう件。…しかし、ここまで来ると逆にひっくり変えるか?
GiGi >> いきなり壊すのはアレだとは思いつつ、本当に守りたいんだったら体張って守れよ、というセリフとは一致してるかと。
かんで。 >> 古代生物東条ってw
ルイorz >> 「ネギま」はクウネルの言い回しが気になって夜も眠れそうだよ。
LD >> ドリフのテケテンテンBGMを鳴らしたくなる>なかなかイカしたビジョンじゃないか(`・ω・´)
カルマ >> (面白かったからあえて残したとか言えない空気に…)
ルイorz >> イカレたビジョンって言われた気分なのは何故なんだぜ。
かんで。 >> ゲーデルさんは個人的にはまだ空回り感あります。今後の説明に期待しているところ
LD >> 「アリカ姫の息子だから」がオマケで○だからなあ…?>クウネル
ルイorz >> オマケですからね。
カルマ >> 個人的に「殺しても良かった」は言い過ぎ感があるかな…とは思います>ゲーデルさん(さん言うとる)
かんで。 >> オマケというのが気になるw
LD >> 「WJ」はまごう事なき野中先生のネームだよなあ…。
ルイorz >> さんってのは、もっと敬意を感じるキャラクターに使うもんだぜ。永澄さんとか。ルチアさんとか。リュウセイさんとか。
ルイorz >> スルーしちゃったけど「花形」のこの空振りは上手いですね。
カルマ >> エーシュンの「マホラと元老院は独立してて」お互いの利害が違ってる?
kichi >> ……はい。「殺しても良かった」まで言っちゃってるので、あまりいい人には感じなかったですねぇ。ま、それも本気かどうかも分からないですし、もうちょい様子見……>ゲーデルさん
LD >> 場合によってはゲーデルが殺される事がこの場のMMが画策している事で、ゲーデルさん自身はその画策を実行しつつ内心殺されたかったのでは無いかと「読ん」でいます。
ルイorz >> 実は彼攻略が、のちの大リーグボール三号攻略の布石なのであった・・・  ※絶対ありません
カルマ >> 花形の敵投手、能力がまんまダイヤの主人公なのは引っかかりました。
LD >> チャンビヨンいきましょうか。
かんで。 >> 星史郎さん的な意味で使ってますがw>ゲーデルさん
ルイorz >> ま、まんまそうなの?出所+身長+ナチュラルナックルのヘレン・ケラーなんじゃないの?
kichi >> ……あー。なるほど……>内心殺されたかったのでは
かんで。 >> 私も元老院と学園は実質的に独立していると見てます。
LD >> 「イカ娘」かぶりモノ子キター!しかし、あのオヤジの娘だったとは!なんかそうは思ってなかったw
ルイorz >> 「ガマラン」凄く面白かったです。やっぱり、体を痛めつけている事で緊迫感を維持してるんだな。
kichi >> 私もw>イカ娘かぶりもの子オヤジの娘意外
かんで。 >> 殺されたかった、と読むにはやはりまだ描写が足りないと思うんですよ。その展開は熱くて望むところなんですけど。
ルイorz >> 「イカ娘」って、寧ろ二話目を一話目にして次のヒキを二話目にした方がいいのでは・・・。
LD >> 「範馬刃牙」、ここで決着しなかったか…w追い詰める事ができたのです…かw
カルマ >> 身長はない代わりに腕の柔らかさで、能力的には出所が遅くて変化がわからないムービングですね>ダイヤの主人公
kichi >> ……あ、そうだ、割とどうでもいいけど、「GTO」でなんであれでライトストーンを追えるのか全然理解できなかったのですが……(´・ω・`)
ルイorz >> 日本語的には「そこまででした」という事になるのだけれど、烈さん中国人だから間違ってても仕方ない(´・ω・`)
カルマ >> そろそろ落ちますね〜
LD >> まあ、正直、ゲーデルの立ち位置は次回で相当固まるでしょう。…どんでんが返る可能性が見えるかどうか?って所かな?
ルイorz >> 一番候補を上げていくのが鍛えられた兵士のすることだ。
ルイorz >> つうか、雑誌の表紙でめくればすぐわかるのに「決着!?」って食いつかせ方はどうかと思うw
カルマ >> そういえばトリコの小松くんがとても良かったです。
LD >> ライトストーンだけに………だ、だめだ!何も思いつかない!!orz
ルイorz >> うん。>トリコの小松 前回言いましたけど、やっぱりトリコとワンセットでこの美食ワールドをのし上がる素養が用意されてますね。最近「トリコ外伝」買ったけど、小松って本来トリコの後を追う継承者の立場だったのに、料理人になったってのはそういう事なんでしょうね。己の芸で並び立てっていう。
LD >> カウンターだからピクルがぐらつきましたとか……真マッハ突きの立場はw
kichi >> フォッフォッフォッフォッ (Y)o\o(Y)>「範馬刃牙」
カルマ >> ジャンプは…うーん、やはり「トリコ」か。
ルイorz >> ねえw>立場 結局「何故バキなら大丈夫なのか」がよくわからない。意識の外だから・・・マッハ突き・・・w
カルマ >> サンデーは「マギ」なんだけど、ずっと良いしのう。しかしそれしか浮かばぬ。
LD >> 「みつどもえ」のオチは新しすぎると思いました。(´・ω・`)
カルマ >> マガジンは「花形」ですね。
ルイorz >> 「弱虫ペダル」右と左の胸筋に名前付けたか・・・w
カルマ >> おっと「ガマラン」。
kichi >> 「みつどもえ」面白かったですねぇw オチも笑ったけど視力検査のCをおっぱいに見立てるとか凄い発想だw
ルイorz >> 「みつどもえ」すいません、真顔で質問なんですけど、胴体を通るメガネの幅ってどうなっとるん?超形状記憶合金かなんかなの?
LD >> アンディとフランクって………ちょwww
カルマ >> そんなところでしょうか。おやすみなさい…やべ、昨日寝た時間になっとる
ルイorz >> 日本人じゃないんだなぁ>アンディ・フランク いや、しかしチャンピオンには勿体無いくらいの作品ですよね。ハッタリも効いてるし、画もついてきてる。素晴らしい。さーんそー!!
LD >> なんか皆、必殺技の名前を叫びながら走るマンガになっていますねw小野田くんには「ヒメ!」があるしw
kichi >> 「弱虫ペダル」は「さんそー」もだけど、ここまでやられると「笑っていいの?笑うとこだよね?」(゚ω゚ ;三;゚ω゚)みたいな気分になっちゃうんですがw ま、面白かったのでいいですがw
かんで。 >> 真マッハ突きは完璧に予想されていたということなんですかねw
ルイorz >> 「バチバチ」も素晴らしい。現時点では敵の方が地力は上、でも一発本勝負でかましてしまえば格付けはとりあえず決定する、って局面だ。
LD >> お疲れ様でした。>カルマさん
kichi >> そのツッコミや野暮ってものですよぅ……(´・ω・`)>メガネ幅
LD >> 笑うとこ笑うとこw…ちゅか、アブ!アブ!のあたりで一笑しておかなきゃw
かんで。 >> 名前付いてる筋肉はあとどれぐらいあるんでしょうね。面白すぎw
ルイorz >> あと、明らかに巻いたんですが「畳の上のミクロ」が今週良かったです。何気に一番候補でもいいと思ってます。短い中で、これ以上ないくらい積み上げを開放できていると思う。
ルイorz >> 気になるだろう・・・orz>野暮
GiGi >> ゲーデルは死を賭しているにしては軽すぎるので、もう少し裏がありそうですね。
LD >> 「バチバチ」もいいですのう…(=´ω`=)
LD >> 死は賭してるんじゃないかな?少なくともあそこで自分が死ぬ可能性は想定しているように見えたよ。
kichi >> ……いや、マンガ内の見た目は頭と胴体の幅一緒なんですから、それをリアルな体型に変換して気にするのはやっぱり野暮だと思うんですが……(´・ω・`)
ルイorz >> 剣崎に「投げられることでの柔道の道」を語らせた時点で作品のゴールですね。いや良いわ。読み直したけどやっぱ良い。
ルイorz >> そういう事かw
LD >> 「畳の上のミクロ」よかったですねえ…。いや、実はもうちょっと先に行けたんじゃないかとも思っているんですけどね。…何というか投げられ過ぎていて未知の技にも対応できてしまうというくらいに?
ルイorz >> 「ギャンブルフィッシュ」はオバマが想像以上に汗ダラダラで小物感全開なのですが、ここまで小物感を演出すると逆に「ピンチヒーローの力学」が働くかも?とか期待している所。
ルイorz >> 打ち切りじゃないならそれもありえたでしょうね。
LD >> 「じゃのめ」幼馴染み、なんか生えてますがw
ルイorz >> うーむ、単話に限らず、家族のドロドロした確執から視点を逸らし続けてるのは上手いなぁ。そのうち向き合わなきゃいけないのが面倒臭いけど>じゃのめ
かんで。 >> ギャンブルフィッシュは毎回面白いっす。大好き。
LD >> 「エンジェルボイス」は当然のように存続…と。
かんで。 >> さすが青山先生だなぁ
ルイorz >> つうか、サブタイおかしいですよねw>ギャンブルフィッシュ そこじゃねえだろ、サブタイにすべきはw
ルイorz >> この獅子堂会長も突然メガネキャラになって解説はじめるし・・・w
GiGi >> アンディの段階では心臓移植でもしたのかと考えてしまった(笑)
かんで。 >> 普通にいくとオバマの勝ちだと思うのですが、この漫画には常識は通用しないかな、と。
kichi >> 「ギャンブルフィッシュ」はほんとオバマが小物感でいっぱいで……(´・ω・`)余計にカイザーのノリノリっぷりの印象ばかりが強く残る感じでしたw
LD >> 「エクスタシー・フィッシュ・フラッシュバックじゃ!」とか、のうのうと解説する獅子堂じじいもたいがいにしとけよwって感じですw
ルイorz >> 普通に行くとオバマの勝ち!?それは斬新な視点かも?
LD >> いやいやいや、普通にいくならアビ谷は負けないでしょう?w
GiGi >> サブタイワラタ(笑)>EFFB
ルイorz >> 普通に行くならアビは勝つ→でも今オバマ小物全開→ピンチヒーロー覚醒とかあるかも→大善戦までいくがアビには勝てない、でもエミリー救出してアメリカ送還  このあたりが普通じゃないですかね。
かんで。 >> あれ、違うのですかw
LD >> アビ谷はトムの宿敵だから、そう簡単には負けないと思いますw
LD >> さて、そろそろ一番を決めましょうか。
ルイorz >> 何故アルファベット略称でサブタイにしたのだろう・・・(汗
かんで。 >> でも、手袋jの伏線とラッシュモア山に像を刻む話は、オバマ勝ちの伏線では、と。
かんで。 >> 略さないとネタバレだからではw>サブタイ
ルイorz >> うーん。手袋の伏線は、オバマに回収させる必要はない。トムたちに周知になればいいだけで。ラッシュモアは・・・刻めばいいじゃないw
LD >> >ラッシュモア山に像を刻む そこですよねえ…(考)試合放棄状態のオバマに対してなにか情けを……かけるかなあ?あのアビ谷が。
LD >> うん。結局、ここまでやってしまうマンガだから、山も刻めばいいよねって結論になってくるよねw
ルイorz >> 試合が決まるというところで大統領解任、出場者としての権利失効ってのはどうだろう・・・フィクションでもオバマにそんな事しないかw
LD >> ジャンプは「いぬまるだし」と「あねどき」
かんで。 >> ええと、ジャンプは一応バクマン、サンデーは一応クロスゲーム、マガジンは無し、チャンピオンはギャンブルフィッシュで、ギャンブルフィッシュが一押しかなぁ。
ルイorz >> ジャンプは・・・なんだ?「いぬまるだし」かな。ゾンビゲーの深さを延々と語りたい。
LD >> サンデーは「マギ」(`・ω・´)
kichi >> 今週あまりパッとしなかった感じなんですよね。ジャンプは……う〜ん、「めだか」かな?
かんで。 >> ああ、「あねどき」もありましたか。普通といえば普通なんだけど、その普通さのレベルの高さは確かに評価したい。
LD >> マガジンは……なしだ。敢えていえば「むろみさん」。
ルイorz >> サンデーは…「マギ」。マガジンは「ガマラン」。チャンピオンは「ミクロ」「ペダル」。
kichi >> サンデーは………………やっぱ「マギ」しかないのか……。
かんで。 >> 確かに刻んでしまうのは有りか。手袋はオバマでなくてもいいし。あそうかなるほど。
LD >> チャンピオンは「弱虫ペダル」と「畳の上のミクロ」
kichi >> 「マガジン」…………う〜ん、「むろみさん」……かなぁ……?
LD >> 「いぬまるだし」、「マギ」、「弱虫ペダル」、「畳の上のミクロ」のどれか。
ルイorz >> まあ「マギ」か「ミクロ」かって話で、LDさんは前者にする気マンマンで、僕は後者にしたいけど押し切られるって感じかなと←そこまで読むなw

MANKEN CHAT(1.1)