漫研チャット
名前:
発言:
[正面] [取扱] [過去ログ]


■■■■2009年10月24日■■■■
kichi >> ……まぁ、意味的にどうかはともかく、たしかにキャラ格的に?鍋島先輩が勝つ方が断然熱い状況っては感じるのですよねぇ。普通に読んだら負けそうではあるんですけど……どうするかな?
ルイ >> その場合クラス分けしない方が良かったりはしないのか。いや、競争原理奪う?
ルイ >> 普通に読んだら勝ちそうに思うけどなぁw
カルマ >> まだお姉さんは13組に「入れてない」わけですから、彼女が負けても13組の格が落ちるほどにはならないわけですよね。
ルイ >> あーでも鍋島先輩が「友達だから」介入して、その友達である鍋島先輩がやられたら「友達だから」めだかちゃんが瞬殺するってのはいかにも言語ロジック漫画臭くて正しいか。
LD >> あ、「鍵人」も過去話に入るみたいですね。……流行ってる?(←なにが?)
ルイ >> 「鍵人」もねぇ・・・石仮面か・・・(何
kichi >> 「鍵人」も打ち切りコースゆえの展開なんでしょうかねぇ……(´・ω・`)ミミ姉子もっと活躍してほしかったなぁ
LD >> >クラス分け 強者は強者同士で揉まれて欲しいですしw隔離しているわけではないはず。
LD >> サンデーいきましょうか。
カルマ >> 13組はバランスブレイカーだから閉じ込めて、天才候補者たちを競わせる形式は考えられますよね。
ルイ >> 「ケンイチ」我流ピンク俺もホスィ・・・
LD >> 「マギ」は、帝国兵殺しちゃいそうな気もするけど…どうなるかなあ?
ルイ >> 谷本くんってこの作品におけるフェニックス一輝っつーか色々ワイルドカード気味のキャラなんで、動かしてると取り合えず面白いですね。でも、におわせるだけで武器編にいってしぐれの機嫌を取るモヨウ。
ルイ >> 殺しちゃわないと戦端開かないじゃない(淡々と
ルイ >> 「いたいほど」ってのが良かったです>マギ このルフチェッカーいいなぁ。
LD >> 機嫌なんだw
ルイ >> おばあちゃんがルフという言葉を与えてくれたおかげだ。ありがたや。・・・言い換えれば、作品における任務は完了だ(不吉
LD >> 「いたいほど」いいですね。…というか複数選べるなら、この皇女を選ばないで、アリババ選んだって事になるといろいろ観えてくるものがありますね。
ルイ >> 「神しる」は、なんか・・・・・・・・・・・・・・・・・イマイチ・・・・・・・・・・・・・・ラーメン娘は可愛いけど、なんか・・・・・・直球ストーリーテリングの限界を観た思い。それこそ学園ギャルゲーがストック基盤だからこっちじゃ組めないっていうか。
ルイ >> 迷いがなさすぎるというのは「いたい」ですよね。直接の日光が痛いように。
LD >> えっとね。ここで殺さないで、悪将軍が「ここはお前ら殺された事にしとけ?」とか言って斬って捨てて、戦端開こうとするんだけど、途中で皇女に露見して悪将軍処罰されて「すみません、こちらの間違いでした」とか言ってめでたしめでたし?みたいな展開?(´・ω・`)
ルイ >> うはwありがちw>「お前らは連中に殺されたのだ。いいな?」
ルイ >> めでたしめでたし、は見えないなぁ・・・このシナリオの着地点がまだわからないので。
kichi >> 「マギ」はこのエピはじまってから個人的評価がワンランク上がってるかもです。素直に楽しみ。
ルイ >> ただ、皇女いわく世界全体で何やら起きていて「今こそアラジンが目覚めるべき時だった」的な世紀末救世主伝説的視点が強調されたのはえがった、かも?
LD >> もう、そろそろ全体を動かして欲しいって事かと思うんだけど、単エピを守ろうとする若木先生の心意気は買いたいところ。…じゃなくって編集にもっと単エピで延ばせって言われた?w
カルマ >> 「マギ」はもう見届ける感じになっています(笑)
kichi >> 「神しる」はイマイチでしたねぇ。正直ぬるい。甘いラーメンがヒットしちゃう辺りもなんかなぁ……(´・ω・`)
ルイ >> 「RINNE」面白いなぁ。
LD >> 「マギ」はそれで、めでたしめでたしにしない作品じゃないかと思いつつ。敢えてめでたしパターンを引用しましたけどね。でも、そっちに舵切るとこの痛い皇女の描きハードルが相当上がってきます。…ま、ジャミルみたく迷いが出たらダメ子だったって話もありだけどね?(´・ω・`)
ルイ >> いや、この皇女使ってモズグズ様やりたいんじゃないの?w
ルイ >> 漢字で「痛い」ってなんか意味強いッスネw
GiGi >> マギはファンタジーなことを強調されると何か安心する。
ルイ >> 「ジオ禁」の髪の毛の描き込みは異常。
LD >> ギャルゲ的にはありじゃないですかね?w>甘いラーメンまんまとヒット ラーメン専門マンガってわけじゃないという意味でw
ルイ >> いつもの「現実」と「ギャルゲ」の温度問題に発展しそうな話だけどさ。世界全体の受け容れ方がそのもの「ギャルゲ的」ならもう悩むことなんにもないよね。それはちょっと優しすぎるように思う。あと、夏休みエピの選択温度とのバランスがおかしい。ひょっとして結界師みたいに桂馬の街だけなんかフィールド貼られてる?メタになっちゃうけど。
LD >> あ、モズグズ様なんだ……って、ちょっと分らないw帝国兵を殺されたら豹変して懲罰戦争起すようなイメージを持ちましたけど、それでいい?w
kichi >> 無いとまでは言わないですけど、この話の着地点としても微妙感が……(´・ω・`)>甘いラーメンヒット
ルイ >> モズグズ様を観るファルネーゼ、と付け足そうかw
LD >> >世界全体の受け容れ方がそのもの「ギャルゲ的」ならもう悩むことなんにもないよね。  ん。正しい指摘ですね。そうか、そうだな。
GiGi >> 畑先生は本格的に漫画のネームの書き方を忘れてしまった模様。半年くらい休養したほうがいいんじゃなかろうか。いやマジで。
ルイ >> うはw
LD >> ん〜ちょっと様子を見ますが、僕はこの皇女、信仰的に迷いがないワケじゃないように思っています。その意味でその話は“分らない”かも。まだ。
ルイ >> 最近ジオ禁の絵を見るのが楽しみになってきちゃったYO。
kichi >> ……まぁ、ラーメン屋が昼間に次々終了って辺りから変ではあって……、なんか今回のエピの現実感はさすがにどうかと思ってしまうものはありましたね……>神しる
ルイ >> ふむ。ボクもこの皇女がそんなアホ妄信だとも思えないのですが「いたいほど」が結構強いので・・・こう、不幸を知りすぎたがゆえに性急な単一色の塗り潰しを希求する気持ちが強すぎて回り見えなくしてる、みたいな感はあるかな。
ルイ >> 確かに、最後の一杯シリーズの時点でこういう磁場になっちゃってるんですよね。避暑前、避暑後で意図的にやってる可能性は残るのか?
LD >> ん〜。こういうジャンプっぽい組み方してみたかったんですかねえ…。>畑先生
ルイ >> バックステージを読むと色々「いたいほど」で上手い事いえない。
kichi >> 「ジオ禁」は三賢者の格をどのくらいに位置づけるのか気になる感じで、ちょっと次回楽しみですね。
ルイ >> ていうか、この人のタッチで魔法エフェクト描くと、えらく大変だと思うんですよねwそれって「魔法」のありかた、ありがたみとして正しいなぁって今思っている所w
ルイ >> 三賢者つうてもエレガウラとはケタが違う感じですしね。楽しみですね。でも髪の毛描くのが大変だから退場すると思う←
GiGi >> 大人を話に組み込みたくってちょっと苦戦してるのかもしれないですね>かみしる
ルイ >> 学校を出るってのはそういう事になりますよねえ。
kichi >> 結構気持ちよく描いてそうな気もしますがw>髪の毛
LD >> ん。しかし、このラーメン子はキスしに来るのを“読んで”いるな。そうすると教員子の時のキスもやっぱり“読み”の中と考えて良さそうかな。
ルイ >> それは無いと思うけど本題じゃないので黙っておくw
ルイ >> 「最上の命医」瀬名の空気っぷりが半端なさすぎてワロタ。
ルイ >> 彼女の嫉妬キャラクターを封殺する為に「酔わせて」いるわけで、真中お助け風が凄いぜ。
ルイ >> 「キングゴルフ」はもうYOU入れちゃいなYO的な空気になってきましたね。
カルマ >> 絵の描き込みに関してはどんどん好きでやってってる印象です>ジオ
LD >> いや、前に桂馬の瑕疵の話があったけど、そっちとは逆にオール“読み”だとすると桂馬の神が通るからね。
kichi >> 「最上の名医」はヒロイン交代なんですかねぇ?w 今回は真中エピだから、ってだけかもしれませんけど、どうなんでしょ? 結構人気ありそうですしねw
LD >> 「キングゴルフ」はいい「積み上げ」をしてきましたね。「華」はないけど、演出はここが焦点になっている。
LD >> 仲間さん、人気出てるんじゃないでしょうか?(´・ω・`)>「名医」
カルマ >> キングゴルフ、最近またちゃんと読み始めています。いい展開ですよね。
ルイ >> プレッシャーには打ち勝っていいショットをしたけれど、そのプレッシャーの根っこ自体が甘いっていう段階はいいですよね。
LD >> 「あおい坂高校」は神木の描写を流し気味なのが、ちょっといいなとか思ったりw
GiGi >> アクロも旅立ったか…
ルイ >> 神木の内語を入れて完結させてないのが、って意味でいいです?>流し気味
kichi >> アクロなぁ……(´;ω;`)ここでかよ
ルイ >> ま た ク ラ ブ サ ン デ ー か。もう方法論として確立したクサイけど、やっぱ終わるならここで終われ!とも思うので複雑。
LD >> 戸川臨の描き方が、ソースケの目標だったんですけど、そう描くと“並んだ”所でじゃこれからライバルだね!とかいう感じに収まってしまうんですけど、こうやって通過する際に叩きつぶして行く感覚が「キングゴルフ」の描き方としてかなり正しいのですよね。
カルマ >> アクロ、数週前からまた読み始めたのにこれですか…
GiGi >> ヒロイン交代というか、これこそまさにハーレムメーカーなんじゃなかろうか>西条
ルイ >> 無自覚ハーレムメーカーとしてはかなりキてますね。そんな中次週・・・まあどんなに真中が盛り上がったところで、命にそういう感覚がないのでアレなんですがw
GiGi >> 神木の目が泳いでるのがなんとも不穏でいいですよね(笑)
LD >> ああ、うん。少年サンデーだけ読んでいると、人気のない(でも自分は気に入っている)連載の結末は読めない!って事になってくると冗談じゃねえ!…って思いますねw
ルイ >> 終わらせる事で開花する力もあるかもしれないじゃない!!
カルマ >> なんか、打ち切りで文句言われることへの責任逃れにも思えますね。打ち切ったらファンから批判されるけど、ネット送りにすることには「いや、ネットで読めますよ」と言い訳ができてしまう。
ルイ >> で、作家としてはただギャラ減るだけ、みたいなね。
LD >> いや、「あおい坂」の作風を思うに、おそらく神木は、いわゆる改心をしていると思います。…でも、それをモロに描かない感覚が逆にいいのですよね。いわゆる改心っていったけど実は改心とは微妙に違う物だからというかw
ルイ >> うん。大体同じものは見てそうです。
LD >> まあ、でもサンデーの連載はどれも“微妙に”ファンがついてそれを尊重していると、な〜んかどれも切れなくなってく感覚は想像できますけどねw
ルイ >> なんていうかな。「言葉になる」と、その時点で気持ちがこれ!というフウに確定しちゃうんですよね。それを勝った時負けた後、或いは最後の勝負どころに溜めているのかもしれませんが・・・今のなんとなく言語化しきれずに乗せられてる感じってのはいいです。で、こうなってから序盤あったモノローグがなくなってるってのもやっぱり注目ポイント。
LD >> 「トラウマイスタ」とかねw>終わらせる開花 このまま行くと「オニデレ」もじきにクラブ送りで姿を消しそうですよ?
ルイ >> 「オニデレ」も何か凄い未来図もってきちゃいましたねえw風呂敷でけえw
LD >> ただ、クラブサンデー自体はけっこう気が惹かれるものを描いていそうでもあるんですよね。とりあえず、気になるヤツの単行本買ってみるかとか。
LD >> どっちか、じゃなくって両方起こる事じゃないかとも思いましたがw>未来図
ルイ >> iphoneアプリで配信してくんないかな、と思いますね>クラブサンデー それなら読む。週刊手塚治とか読んでるし。
ルイ >> 雨降って地が固まるだけですからねw>両方 単に豪雨ってだけでw
LD >> wwww「はじめてのあく」は、なぜこんなにメイドロボを「積む」ww
ルイ >> キョーコって誰?
LD >> 「月光条例」は、はちかづきの鍬の武器化はカッコいいと思いました。…うん、こんだけ変化すればいいんだよw金属バットと同じ話でw
ルイ >> 「アラタ」はなんか囚われのお姫様状態というか、時限性の毒負っちゃいましたね。
LD >> ∵(´ε(○=(゚∀゚ ) ぱーんち!
ルイ >> 暴力で従わせようったってそうはイカナイモン…orz
GiGi >> 言葉に出来ないものをわざわざ言葉にする必要はないんですよね。
カルマ >> ぶっちゃけメイドロボの方がかわいいです…
LD >> 「金剛番長」もかなり締めですねえ。これはクラブサンデーには行かないかな?
ルイ >> 今のギギさんの発言、名言だからBGM小田和正な。
LD >> いや、このまま行くとメイドロボが相当「強く」なるであろう事は認める…。(´−ω−`)
ルイ >> いやもう出た瞬間から乙型の方が好きw
kichi >> 「はじあく」はメイドロボがもてはやされるのは分かりますけど……う〜ん……(´・ω・`)
ルイ >> そういえば「まほろまてぃっく」で川澄さんたちが「メイドロボ萌えのさきがけでしょ」的な発言をしていて、全力で「マルチィィィ!?」とツッコんでしまいますた。
kichi >> 「月光条例」、鍬の武器化は良かったですね。その前のコマの絵含めて。……しかし首飛ばされといて放置されてるエンゲキブかわいそす……(´・ω・`)
ルイ >> 「結界師」も面白いですね、地味に。
ルイ >> そんなあたり前田のクラッカー?
GiGi >> 金剛が倶楽部送りになるといろいろ面白い
kichi >> 「結界師」面白いですね。やっぱり兄貴の動き方が肝な作品という気はするかもですねぇ。
GiGi >> メイドロボはなんだか上手いこと娘ポジションに滑りこんだなと。
LD >> や、好きか嫌いか、ちゅーか「強さ」あるいは「積み」がね。>乙型
ルイ >> 兄貴が動いてくれないと烏森が大きな世界単位とリンクされないんでね。
ルイ >> ま、「好き」なんですけどね。←
LD >> もう兄貴が主役ですよね。……やっぱり限が死んだあたりからそういうシフトが起こっているのかな?
ルイ >> ヨシモリ達が烏森を守るってことは必然的に遠出とかできないわけで、黒ボウロウ的な例外でもない限り「攻め」には転じられないんですよね。そこで兄貴が「攻め」ることで烏森にも状況がどんどん更新されていくっていう、まあ素晴らしいバランス設計ですよ。
LD >> マガジンいきましょうか。
kichi >> そういえば「お坊サンバ」終了だったんだっけ。今週2作品終わってるのだなぁ。
LD >> 巻頭カラーの「エアギア」は、何かネコミミ子は大人気ですか?
ルイ >> お坊サンバねぇ。なんかよくわからない終わり方と、よくわからない巻末コメントがw
LD >> うん。「アクロ」は終わってないって事らしいけど。>2作品
ルイ >> 「ブラマン」、今回の2話でようやくブラマンだなあ、と思えました。そういえば連載開始前、確か「二部は1話でビックリですよ」みたいな事言ってたけど、言うほどビックリしなかったなぁ・・・てっきり誰か名のあるキャラが死ぬと思ってたんだ。
GiGi >> このあたりは藤木先生の天然のセンスなんだなあと妙に感心。ガチのSF好きには到底思い付かないノリだ。
LD >> カズ君が何気に成長著しいのですよねえ〜。なんかイッキみたいに「オレは絶対にすげええヤツだ!!」みたいに気張ってない分、自然体のまま急成長していて返ってクールなんだよねえ〜。>「エアギア」
ルイ >> だからギギさんには「マイメリーメイ」がオススメだって・・・orz
LD >> 「ブラマン」は、あ、そういう事なのねってww………あとはマヤ先生だな!(`・ω・´)
ルイ >> 「君のいる町」・・・・・・・・・・ぅおい!!!普通に終わったぞ料理編!?w
kichi >> まぁ、カズ君も煮え切らない期間が長かったのですけどねw じっくりとは描いてるだけにちょっと感慨深いものがあるかもですねぇw
ルイ >> まあ、今回のエアギアは普通にたぎる展開でしたね。
LD >> んん〜でもやっぱり、日本政府はテロで超法規的措置をとっちゃうって見解なの?そりゃ、前科があるけどさあ〜。
カルマ >> 「ブラマン」はいいブラマンでした。パパさんが敵だと思い込まされて立ち上がるのかな
kichi >> ……同感ですw>ブラマンそういう事なのねw
ルイ >> あそこで撃墜はできないのなら、もっと首相が保身に走ってフニャフニャな方がリアリティあるなあw
ルイ >> それなんてカブトボーグ?>パパさんが いや、ハイジャックから始まったのもカブトボーグだと思ってたんだよ←ボーグ脳
カルマ >> 君町はなんだろ?ハルトの将来への積みなのかなぁ…(こんなお姉さんを使い捨てやがって)
LD >> うん………何故かさあ…メガネ子にしても料理子にしても、柚希よりキャラいいんだよねえ…。は!こ、これは「君のいる町」じゃなくって「神のみぞ知る町」?
ルイ >> (うまいこと言った気分なので、褒めて乗せてあげましょう)
カルマ >> (審議中)
kichi >> 「君町」は……メアドくらい書いてあるのかと思ったら無いんですよねぇ……。ほんとにこの料理姉さんとのエピは終わりなんですか……?(´・ω・`;)??
LD >> 「エデンの檻」は一人死亡フラグが立ち過ぎなヤツがいます…(´・ω・`)
ルイ >> う、うめええええええ!神のみぞ知る町 Σ(・ω・ノ)ノ!           えーとでもほんと、エバよりキャラ立ってますよね。これはどういう事なんだろう?「ヒロインらしいヒロイン」を描こうとするとつまんなくなるってこと?
GiGi >> ボーグオマージュだったのか(笑)
カルマ >> (CPU動作不良…)
ルイ >> メアド書いてあったら逆にアタック強くてちょっとアレですねw面白いけどw
GiGi >> パパさんよりも九条大臣の行く末のほうにハラハラしますね(笑)
LD >> 「ガマラン」は、この状態は弱いと言ってくれたので、ちょっと満足。ただ、やっぱりちょっと人斬るのに言い訳をつけるみたいだなあ…そうすると真剣勝負としてはちょっと苦しくなってくるのだけど…。
LD >> えっへん、うまいでしょ?………orz
カルマ >> 「シゴいてあげる」の意味がいろいろ変わるんですね>手紙の仕込み
ルイ >> いや、んなことないですって。>言い訳 ガマランの場合「殺さない」方が特殊で、その時こそ理由を探せばいいんであって・・・勿論読者の口あたりの問題で「もうコイツ壊れちゃって戻らない」という印象は踏まえさせてますけど、ガマ自身の生殺与奪の基準はそこじゃないし、そうは描いていないでしょう。
LD >> >「ヒロインらしいヒロイン」を描こうとすると(ry オールラウンダー、あるいは最大公約数的なデザインの罠というのはあるのでしょうけどね。
ルイ >> それこそ審議通り越して一発レッドだろう、何言ってるんだこの人w>カルマさん
kichi >> 私も今回の描写で人斬りに言い訳つけてるようには思わなかったですね。>ガマラン
ルイ >> ただやっぱり人としての恐れも何も抱いた最高の状態としての左近と戦いたかった、という所に剣客としての矜持を見ましたし、良かったです。結局ガマはギリギリのところで命のやり取りがしたいんでしょうね。結果殺す殺さないってのはあんまり大事じゃなくて。
カルマ >> そうですね、殺してもいい場合は素直に殺すと思います>ガマ 殺したくないと思って、殺さずとも済む場面でどういう説得力を出すか、というか
LD >> >ガマ自身の生殺与奪の基準はそこじゃないし ん。腕を切った所で決着という描きを組んでいるので、その後は言い訳と言えないわけじゃないですけど、その話でも通るので、まずはそっちで様子を見ましょうか。
ルイ >> で、命のやり取りをする前に遠隔攻撃の手段を喪った相手は「のちの脅威」とかでもなんでもなく、ただの人だから殺さない、殺す意味を見出せない・・・まあ、大体このあたりのラインに定まってきたのではないでしょーか。
カルマ >> 深読みせずとも普通に引っかかったんですけどね(笑)>一発レッド
ルイ >> 奥歯にモノ挟まってるじゃなーい・・・ガマがちゃんと命のやり取りするのか、少年漫画フィールドに飲み込まれるのかが心配なんだな。
ルイ >> ああ、ニコニコ動画で「シゴいて・・・だと・・・?」って書き込むタイプですねw
ルイ >> http://www.nicovideo.jp/watch/sm6808636 ボーグ神MADにおける40秒あたりの反応が典型 
カルマ >> まじめな話、他人からシゴキに見えたとして、自分からシゴくという表現を使うかな?という違和感はありますね。 シゴこうと思ってシゴいてるわけじゃないような気もして。結果そうなっているだけでね。
LD >> 僕は、殺していい奴はあっさり殺して、キャラを組まれたキャラの命を奪う際には言い訳を用意する流れを感じたんですけどね。まあ、今、その感触を無理に押し通すつもりはないです。
ルイ >> 「フェアリーテイル」あんまり脅威に思えないけど、なんか一応大ボス、っていうか名のある中ボス格なのかな?
LD >> そんなカルマさんには「生徒会役員共」。(`・ω・´)
ルイ >> んーと、それ自体は先ほども言った通り「読者の口あたり」の問題なので、用意自体は否定しませんよ?問題はそれ自体がガマの行動原理に影響を与えたりするかは別の視点だろうってことで。
kichi >> 今更裏人格とか言われてもほんとに今更でしかないですよね……(´・ω・`)>フェアリーテイル
ルイ >> 動いてたり形があるだけでダメなら、もうこの時点でナツやルーシィ達はミンチになっていないとおかしいと思うのだけれども。
LD >> もう、六将軍は、なんか全然見かけ倒しっつーか…前に戦ったファントムロードたちの方がずっと強かったよ?w
ルイ >> 全体、苦戦感が妙に足りないですよねw
カルマ >> そう、形残ってないことになりますよね?(汗)>フェアリーテイル
ルイ >> 「はじめの一歩」せっかく久々に出たデンプシーロールなのに、大ゴマに決めショット気味に名前が叫ばれる事もなくて(´・ω・) カワイソス
カルマ >> 「生徒会役員共」ってか、氏家先生は好きですね。下ネタ脳は確実にあります…が、氏家先生は深読みできないので楽しみどころが違います(笑)
ルイ >> でないと口だけになりますよねw>形残ってない 結局ほっといたのかよってw
GiGi >> スマッシュは展開が読めん(笑)
ルイ >> 「スマッシュはこういうトレンディ展開を組みましたかーw・・・少年漫画読者は少女漫画読者より「必然」への飢えが強いというか、こういうとってつけ展開は拒否られそうな気もするのだけれどw
LD >> >ガマの行動原理に影響 うん、そこ。今回、言い訳はガマの内語だしね。…でも、内語含めてガマが殺さない選択は見当たらなかったという話も分るし、今、必ず僕のネガティブな感想が当たるんだ!という話をするつもりもないです。
kichi >> ん〜、ナツ達が魔法で身代わりの術を使ってたとかなんでござるかねぇ?(´・ω・`)>ミンチ
ルイ >> ニャンの次はござるという逃がしテクニックを習得した、と・・・(メモメモ
ルイ >> まあ、そうは言っても途中には「気の合うライバル」とか出てくるかもしれないですしね。その辺注目点にしておいた方が面白いんでしょうね。現時点で減点材料にするこたないんでね、て程度なんで。>ガマラン
LD >> あ、なんか「ティグジン」って負けた。
カルマ >> なんかそういう逃がしができる魔法持ったキャラいたっけ…?>身代わり
ルイ >> 「ベイビーステップ」はビッグサーバーとの戦いだとこうなるのか。なるほど。
ルイ >> ティグジンw
ルイ >> 「むろみさん」は短いページ数の中でちゃんとドンデン返しとかあっていいなあ、素晴らしいなぁ。
kichi >> なんか日本語も変なのが作品に引っ張られてる感じもして面白いですw>ティグジンw
カルマ >> ほんとに最近毒キノコが増えてるニュースをやってて、リアルタイム性も抜群すぎる(笑)>むろみさん
LD >> ほほう。「GE」はどうなるますかな〜。
kichi >> 「ベビステ」は安定して面白いですね。サーブで決められてしまうってTUEE感あるなぁ。
LD >> チャンポヨンゆきましょう。
GiGi >> ティジクンは一貫して主人公が頭悪いのは好感がもてるが、人気でないのもわかる(笑)
kichi >> 「GE」もなぁ……(´・ω・`;)
kichi >> 。o(そういえば、割とどうでもいいけど「GTO」はこれで何日過ぎたとこなんだろ……)
ルイ >> 「GE」ね。まあ先週目撃されるも今週目撃されるも作者がその気になった時が、って事でね。でも、ワンクッション入れて同級生子とを目撃させたのは、ある意味連載を簡単に閉じさせないための逃がし方ですよね<マジレス
ルイ >> 「課長令嬢」は次回タイトル変わるってことでいいの?
LD >> 「範馬刃牙」の花山さんの見解は、一貫して徹頭徹尾、刃牙が弱者であるとゆってますが。(´・ω・`)
ルイ >> 「バキ」ねえ。こう・・・非常にシャクなんだけど・・・・案外上手いですよねw
LD >> ああ、「GTO」は14日間って事じゃなくって、14歳の日々って事じゃないかとおもたよ。
LD >> 上手いかなあ?w
ルイ >> うーん。だってさ。ピクルって親父に「俺に技術を使わせやがった」なワケですよ。そのピクルに「俺に技術を使わせやがった」なワケです。    ね?
ルイ >> 物差しのはさめ方として上手いと思う。
kichi >> ……上手いのかぁ……(´・ω・`)>バキ
kichi >> ……いや、案外まだ2,3日なんでしたっけ?とも思ったのですけどねw>GTO
LD >> その刃牙さんは既に技術を使いまくっているわけですが…(´・ω・`)ぶも?
カルマ >> GTOはオチの付け方も、ちょっとほかを見てるとヌルく感じてしまうんですけどねぇ…
ルイ >> 技術戦は拳つきあわせる前までの話なんで。
ルイ >> 「弱虫ペダル」は相変わらず素敵すぎてたまらんち。しかも最後にヒキがぁぁ。
ルイ >> 鳴子の「負けをなかったことにしてきた」→「ムッチャ戦ってきた」というのは・・・こう・・・「勝ちの途中」感覚とか・・・400戦無敗とか・・・色んなものをパッと振り払った地平が開けていて最高や。泣きそうになった。
ルイ >> 「沢山負けましたわ!」といわないで「戦ってきた」というあたりに鳴子の矜持が見えてマジ最高。
kichi >> 「弱虫ペダル」は良いですねぇ。普通に考えるとハプニングに弱そうなのはアブ君ですけど……、どうするかなぁ?
LD >> >技術戦は拳(ry あ、そっか。……って、ちがうw負けてる負けてるww偶然使ったみたいなもんw……とは言え、まあ、そういう形にまとめたのねw
ルイ >> いや、ラストカットはね・・・アブだけ「コーンに気付いてる」んですよ。それは危機回避能力としては上なんだけど、それって一方で「どこまでスプリントに殉じているか」という視点では負けているっていうか・・・うーん・・・言葉にすると泣いちゃうよ?
LD >> 「弱虫ペダル」は三人に三人とも、キレイにコーンが当たっているのがいい感じですねw…で、その配置から行くと対応できないのは沢山負けてない(?)アブ君っぽい?w
ルイ >> いや、LDさん茶かすけどさあw僕もわかるけどさあwこれまでバキと親父は、物差しすらないっていうか・・・もう別次元すぎるんで・・・そういう意味では上手いトコつなげたなってのはありますよ。それに殴り合いだって偶然つうよりはある種根負けにも近いし。
kichi >> あ〜、なるほど。>アブだけ気付いてる
ルイ >> w入れてる時点でこの回の素晴らしさに入ってねえなチクショウイ!orz
LD >> お…。確かに微妙にビクンとなっているのはアブ君ですね。つまり逆に反応できてしまって、一瞬、ペダルを緩めて負けるか?
ルイ >> 「バチバチ」もう一週跨いだ〜。
ルイ >> ああ、それもありえるのか>緩めて負ける 僕は勝負の勝ちと格の勝ちを分けて、勝者が傷つくのが好きなんで、さっき言った読みで。
kichi >> 「バチバチ」はここまでいったらスッキリ勝っちゃってほしいとこですけど……。
ルイ >> どちらにしても、このラストカットである種勝負がついたように思いますね。まっすぐな目が良かった・・・。
LD >> いや、そんな草入れてるかどうかで決められても…w とは言え今のはアブ君が反応している所まで「読んで」なかったので、ルイさんとの視点はおのずと違ってますね。
ルイ >> 一方バチバチのラストカットは、腕力とかでいってもここで引くメリットがあんまりわからないのですが・・・まわしを持つ場所で何かひとつあるかな?
ルイ >> 草って結構・・・あるよ?w僕が言うとアレですがw
ルイ >> ふーむ。鯉太郎は下手投げか・・・
LD >> 「バチバチ」最後のこの大勢は、もう片腕関係ないかな?いや、王虎が勝つにしても、もう一方の腕使うと仮病がばれて王虎が恥かくって展開もいいかなと思ったんですけどね。
GiGi >> 難しいのは、まだレースは序盤戦なんで、そこでリタイアなりなんなりという展開はなさそうなという
ルイ >> まぁツール・ド・フランスなんかでもずっこけてもレースは続行しますね。血ィ出てても。で、最近観て驚いたんですけど、そういう人が集団に復帰できるように全体がペース緩めたりするんですよ、自転車レースって。
ルイ >> これはなんか、深いなぁ・・と思いますた。
GiGi >> 今週浦安がなんか好きだったな
ルイ >> ああ、腕使わせたらってのもアリなんですよね、精神的に負けさせるには。フリーザ様ライクなw・・・で、それはまだ来週ありえると思っていて。
ルイ >> ただその為には今週のラストから、鯉太郎がまず一回勝ちかけて、それに焦って王虎が・・・みたいな。そんな順序が必要なように思えるんだけど、ラストカット王虎が万全に思える・・。
ルイ >> 浦安が好きなギギさんに対抗して(?)今週「BJ」が好きなんですけどw
LD >> 大勢は王虎の方がいいですね。
ルイ >> 漫画再現カットの中で、手術台の上で放置されてる手塚先生?が居るのが無駄に笑えるw
LD >> 大勢→体勢
LD >> や、もう決着はどっちか分らない。でも、今回で最初に王虎が語った格が違うは覆されているのでミッションクリアでしょう。>「バチバチ」
ルイ >> そう・・・ですけども、それだと来週に引かなくて隠者ね?ってのがあるんですよねえ・・・
ルイ >> (素敵な漢字変換だな。普段の俺の知性が滲み出ている)
LD >> 「妖変ニーベルングの指輪」は、「ニーベルングの指輪」が好きなんでがんばって欲しいのだけど、ちょっと何というか全体的に画がごちゃごちゃしている?
ルイ >> ああ、この体勢になった時点でどっちか分からない=五分五分 って読み方をするのが正解なのかな? もっていった時点でミッションクリアというのは、突き詰めればそうなるけど・・・ふむ。例えばこのまま王虎が勝った場合、鯉太郎はおそらく称賛の拍手を浴びますよね。それで完全に勝ちきれなかった王虎が、ジェラシー抱えるって事になる?・・・・鯉太郎への執着がちょっと弱い気がするけど、それもありなのかな。
ルイ >> 僕結構好きですよ、「ニーベルング」。でもネームがイマイチというか、対話シーンでどっちのセリフか分かり辛かったりする部分があるかも。
LD >> いや、つまり今週、王虎の認識が崩されている事を描いて、次週それでも気になる決着〜どっちでもいいから本当にどっちになるか分らない緊張感がある〜の結果を出すという事かなと。>「バチバチ」
LD >> う〜ん……確かに、王虎がにっこり笑って「ナイスファイト」的なセリフを言わざるを得なくさせれば、かなり王虎の屈辱にはなるかも?
ルイ >> 仰る順番はわかります。ただ王虎が組んだ時腕の事バラしたように、確かに圧勝ビジョンは崩れましたけど、これだけだと「最後までチョロチョロもがかれたけど、まあ勝った」になっちゃいますね。やっぱもうちょっと執着を強めたいので、もう一ふん張りで腕使用か何か僕の知らない相撲理論で大アップセット。どっちか求めたいです。
ルイ >> 観客のノリが鯉太郎を否定しなかった場合、ですよね>「ナイスファイト」 それもわかりますね。
LD >> まあ、ここで鯉太郎がずっぱし勝ってもいいのだけど、それだと王虎はもう通過っぽくなってしまう?
ルイ >> うーむ、ここまでケンケンガクガクできる時点で成功してるんだなあ。
GiGi >> ニーベルングの指環は地味に楽しんでいきたいなと。
kichi >> ……まぁ、私は来週負けてたら「バチバチにはガッカリだよ」と言い切っちゃうと思うんですけどね……w
LD >> 「じゃのめ」は四つ角ちゃんが、再び登場ですよ?
ルイ >> ちょおw>ガッカリだよ それはちょっと早計かもw
ルイ >> 「じゃのめ」は本当、いつからこうなったの?最近ハズレなさすぎじゃん。
kichi >> 「じゃのめ」はほんとここのとこずっと良いですねぇ。
ルイ >> ナンバMG5が先輩登場でよかったです。
LD >> やあ、元々、不思議な話を連作している方が性に合っているんでしょうねえ。>「じゃのめ」
ルイ >> あ、そうか、従兄弟ひと段落ついてから調子いいんですねw
LD >> この平和賞はダメだな!さっき(先週)覚悟したと思ったら、今週またあたふたしだしてるよw
ルイ >> ケジメの付け方として何故か兄貴とのタイマンに話しが進みそうなのが、すごく・・・不良漫画ですが・・・。でも、どうなるかな。学校シメるとかに思いっきり背中向ける方向なのでちょっと期待。まぁそうは言いつつ厄介ごとには巻き込まれるんでしょうが。
ルイ >> オマハ→オバマ→平和賞 なんていうか、二つ目の矢印を通過するのが漫研のアレなところw
kichi >> 平和賞ねぇ……w しかしそうか、ワンペア以外じゃダメな状況でしたか。にしてもキング引き過ぎワロタw
LD >> とは言え、平和賞に9:1のロシアンルーレットを「YES,I CAN!」させて、アビ谷に10:0のロシアンをさせるのあ、盛り上がる解法の一つではありますね。
ルイ >> 「ギャンブルフィッシュ」、なるほど繰越ルールがこういう結果を生むんですね。
ルイ >> ただ僕はオバマに言いたい。「捨てるならハートのキングを捨てろよ!相手アビなんだから赤いカードの方がアンパイだろうJK!!!」   結構本気で。
LD >> そして黒手袋の秘密は……想像もつきません!w
ルイ >> アヴィがハートのロイヤル待ちしてるなんてキモカワな可能性を考えると、僕なら黒いのは捨てないなあ、マジで。
kichi >> 黒手袋はなんなんですかねぇ? 手袋自体に秘密があることは確定なんでしたっけ?
ルイ >> いや、ワンペア以外ダメって事もないですよねwとりあえず上がって繰り越し5Pくらいでいいじゃん、とも思う。でも今回のオバマは本当あたふたしてダメだった・・・ていうか先週「9発じゃダメ!」つってるのになんで今回日和ってるの?w
LD >> 今週「木曜日のフルット」はちょっと怖かった。
ルイ >> そういえばギギさんが言っていたカイザーのポーカールールでいけば、ここでオバマが「どのキングを捨てるか」というところで戦略が問われたわけですよね。それが皆無でランダムにキング捨てられた、ってのが今回の脱衣ポーカーの温度だったと。・・・・・・・・・・・・・・ただまあ、まだ終わらないんじゃね?だって美華さんまだマッパじゃねえし←
LD >> さて、そろそろ一番を決めましょうか。
ルイ >> 「みつどもえ」化粧しないと本当に可愛かったのが若干ムカついた。
kichi >> ……む?ちょっと分からなかったんですが、9発じゃダメだからワンペア以外ダメで、迷ったけど一応日和らなかったから今回の展開なんだと思うのですが……。
LD >> 再来週ぐらいにまっぱ寸前になるんでね?
ルイ >> ああ、日和の基準が厳しかったかな?つまり先週これと決めたんだから、今回繰り越しの可能性を想定して「7発でもいい!」とか言い出す時点で、まあ、ダメだよねと。
ルイ >> もうそこはまるで揺らがずワンペ一点狙いくらいじゃなきゃ、平和賞も政治がらみか、とかアメリカに手を引かせない為の牽制球で政争の具か、みたいな話になると(?)
LD >> ジャンプは「銀魂」って言ってましたっけ僕?あと「あねどき」かな。
kichi >> ああまぁ、迷った時点で覚悟は消えてますよねw
ルイ >> ジャンプは・・・・・・・・・・・・・・・「めだか」かな?
LD >> ワンペ一点狙いだと、まさに平和の守護天使なのですね。
kichi >> ジャンプは……「めだか」で。
LD >> サンデーは、まあ「キングゴルフ」だよねえ。
ルイ >> でも単純に、世界の王ゆえに王という立場が彼を苦しめる、ってのは良かったですけどね。アヴィに言わせればそんなもん背負ってるから弱いのだ!くらいの事になりそうだし。
LD >> マガジンは、ネコミミ…じゃなくって「エアギア」か、「ブラマン」。
ルイ >> サンデーは「キングゴルフ」だけど、まあ来週の方が勝負なのはもうわかってるw
カルマ >> ジャンプは「べるぜバブ」ですね。
カルマ >> サンデーは「キングゴルフ」なんですけど、来週の期待の方が大きい感じです。
LD >> チャンプヨンは。「じゃのめ」かな。
ルイ >> バブですか。目が戻った・・・さて!?っていうヒキなので、ちょっと待ちたいかも。
kichi >> サンデーは……ん〜、ん〜、「キングゴルフ」も「ジオ禁」も来週への期待値の高さでの面白さだからなぁ……。かといってまた「マギ」ってのも……。……「結界師」で……。
ルイ >> マガズンは「ブラディマンディ」かな。何か相手のスナイパーとこちらのスナイパーに因縁ありそうだし、正しい線に思える。
ルイ >> 全体、「ヒキ」傾向の強い週ですよね。
ルイ >> チャンピョンは「弱虫ペダル」だな。
ルイ >> あ、あと「バキ」。
kichi >> 「マガジン」は……「エアギア」……「ベビステ」…………ん〜、「一歩」でw
ルイ >> 一歩ww
カルマ >> マガジンは「ブラマン」ですかねぇ。
LD >> ああ、チャンピオン「弱虫ペダル」ですね。
kichi >> チャンピオンは……そうですね。「弱虫ペダル」かな。
ルイ >> だって追い詰めたけど脇すりぬけられるウォルグ戦のヤツが解けてないから、まだ何も決まらないですよ?w>一歩
LD >> 僕は今週「キングゴルフ」かと思っていたんですけど、来週が勝負という話ならスルーしようかな。
LD >> ジャンプして空中で一回転して後に着地します。ハリマオみたいな奴です。>脇すり抜け
ルイ >> おおう、ハリマオ。
ルイ >> (まんまやんけ!)
kichi >> ああ、単にデンプシかっけえってだけなんですけどw 一歩の怖さはこれってのが出てて良かったかなとw>一歩
ルイ >> うん。決まらない=ダメって事はないんで、今のは発言呼び込みに過ぎません、スイマセン。>kichiさん
LD >> そうすっと、僕的には「ブラマン」か「弱虫ペダル」。
ルイ >> 確かにデンプシはねえ・・・でも、ほんと、誰も名称を叫ばなかったのはちょっと肩透かしだった。画を観ればわかるよな、読者?って事で、これも1つのテクニックでしょうか。 あと、一歩のよさは愚直な作戦実行能力ってのも確かにその通りですね。それゆえに、なかなかリカルドが見えてこないんだけどw
ルイ >> 「弱虫ペダル」かな・・・負けをなかった事にするって気持ち自体もわかるから、その上で負けを受け入れて、でも負けって言葉を使わないっていう組み立てと、最後の目線が素晴らしい。でも、斤量でブラマンちゅうなら、まあそれも一興。
ルイ >> 一歩のボクシングはセンス云々とは違うから、正しくスポーツマンガである一方、天上人に届く手段がイマイチ見えないぜ・・・
LD >> なんだろ…今週、(少なくとも良かったのは)本当にヒキの回が多い。おっと「バチバチ」の引きも忘れちゃなんねえな。来週は刮目の週ですねえ。
kichi >> そうそう、名称言わなかったのも結構気になったんですけど、ここは必殺技扱いじゃなく愚直な怖さが重要って場面なんで敢えてなんだろうな、ってのもあって>一歩
ルイ >> 「バチバチ」は次週超楽しみですよ。  ああああ!!!
LD >> その意味では「ブラマン」はかなり、引いているとは言え一度オチまでつけていていいのかも。
ルイ >> すんません、今週「ナガレ」良かったです!!一番とは言わないけど、でも候補にあげてもいい。巻末で作者がすぐ終わらせる予定とか言ってますけど、いや明らかに本編より作品テーマ的なもの感じられましたから!w
ルイ >> ×すぐ終わらせる予定 ○予定だった
LD >> 「一歩」は何か本当に無茶苦茶良くないと一番にしない所があるなあ…。
LD >> 「一生幸せになりたいなら釣りをしなさい」は、あきらかに主人公がいる時に持ち出したいセリフに思えましたw>「ナガレ」
ルイ >> 本当にw>「一生幸せになりたいなら釣りをしなさい」 はじめて「ナガレ」ってこういう連載だったんだ・・と思いましたw
LD >> まあ、そんな所で今週は「ブラッディマンディ」で落ち着けようと思います。
ルイ >> 例の御堂筋斤量だな!
LD >> いや、来週、期待が高まる奴は、今週全部スルーして次週きっちり結果を語りましょうw
ルイ >> なるほど。じゃのめも実際今週に全くヒカなかったですしねwそれでいいか。
kichi >> ……ハッΣ(´・ω・`)3人とも転倒して御堂筋がかっさらっていくという展開もありうるのか?<ないよw……ないはず
カルマ >> お疲れ様でした〜。
ルイ >> まったくないとは言い切れないのが何やら怖いけど、コーンを超能力で動かすのでもない限り御堂筋の意思の絡まらない事故なので、それ頼みで一位は逆にちっちゃく見える罠がありますね。あと、3人の中での描き分けが出来ないのがちょっと勿体無い。
LD >> ……ハッΣ(´・ω・`)3人とも全部コーンが当たっているのは、実は御堂筋の策略だったとか。恐るべし御堂筋!!……なの?(´・ω・`)ぶも?
LD >> お疲れちゃんでした。
ルイ >> 御堂筋は実はタイプ・ブルー級のサイコキネシス使いだった、という所で新章突入。
ルイ >> さよなら三角。
kichi >> お疲れ様でした〜。
GiGi >> まだ決まってないのかな。仕事きっちりでブラマンか、熱量で弱虫ペダルの2択ですかね。
GiGi >> ではでは〜
ルイ >> しゅごキャラ凄いなぁ。ホップステップジャンプで酷くなっていったw
井汲 >> 【バスカッシュ!】最終話配信が始まったんで見てみたんだけど………うーん、結局、何をしたかったんだかわからない。色々放り込んだ要素が、何もかもみんな中途半端に見える。これが大筋竜雄さんの脚本通りだったのなら、ちょっと竜雄さんを見損なわないといけない所だけど…。途中、監督交代というみっともないドタバタがあったことを考えれば、無難にまとまっただけでも御の字(脚本も、竜雄さんの書いた内容からだいぶ離れていて)なのかもしれないけどさー(………と言いつつ、「無難」にもちょっと届いてないレベルだなあ、これ)。
ルイ >> な、なんだってー>配信
ルイ >> 今からチャットしながら観ます。
ルイ >> ふむ。
ルイ >> そんな所にまで最終話で線引かなくていいのに。
井汲 >> ブログのLDさん記事に共感。ミウラを対立役としつつも、決して彼ひとりが悪いわけではない、というバランスの取り方はうまいですね。今回ミウラの株が下がった、という話が出ていますが、まあ、彼も何か深いことを考えているかもしれず、そういう所が出てきたらまた評価の変わる余地もあろう(それに、結果としてギャグ路線が成功したとしたら、当然「ブレずに自分の考えを貫いた」ことが反転して高評価につながるんでしょうし)、と思って眺めています。
LD >> 単純に最後の相手がスラッシュならスラッシュ、アイスマンならアイスマンできっちり焦点合わせて「積んで」行くと大分違ったとは想うんですけどね。
ルイ >> なんでBGMにまめぐのソロが流れてるんだろうw
LD >> また、ミランダをダンの線引きから外すのは、そうしたくなる気持ちが分らんでもないんですけど、構図がシンプルじゃないんですよね。くぎゅ姫や、とまっちゃんの線もキレイではな……「積み」が足りていない。
井汲 >> > アイスマン 途中、地下編は録画をしくじってばかりで結局ほとんど見れてません。なので、アイスマンとダンの間にどんな因縁があるのか、イマイチわかってない(笑)。だけど、断言できる!たとえわかっても、どうせちょっとも盛り上がらない、残念なものだったに違いないと!(笑)
LD >> Re:井汲さん そうなんですよね。結局、成功すればそれが“正しかった”事に塗り替えられるのがこの世界なんですよね。そういう展開があるかどうかは別にして、ギャグで成功すれば港浦は“分っている”編集という事になる。
LD >> 実は、新妻エイジについてもそうで、彼がある種人格者というか人間が円くなったように思えたりもするんですが……「読み」進めてみるとヤツはやっぱり子供なんだろうなと思いましたね。
井汲 >> 1つだけ成果だったのは、canaan と同時進行で戸松遥の演技が確認できたこと。私の場合、彼女の声を本格的に聞くのはこれが初めてだったんですが、悪くないですね。ちゃんとユンユンとは別人に聞こえますし、技術的にも(突出したものが特にあるわけではないけど)しっかりしてると思いました。
ルイ >> 終わった。
LD >> 子供なんだけど、マンガに関する能力はズバ抜けているからそこの彼の読みはズバズバ当たる。それがあたかも人格者としての目を持っているかのように錯覚させる。…でもやっぱり子供で、あのボイコット運動とかは子供の行為なんだと思います。…もっとも田舎にいるときよりも成長してもいるようですが。
井汲 >> > まめぐのソロ うーん、月並みだけど、「エクリップスの3人も、一山いくらのモブキャラじゃなくて、一人一人がそれぞれの役割を負った個人なんだ」という言い訳………じゃなかった、アリバイ作り………もとい、そういうテーマの発現として描かれているんでしょうね。一応、彼女が3人のなかじゃ一番歌がうまいの?
ルイ >> 港浦に関しては昨日大体言ったのでそれでいいとして、うん。バスカッシュ・・・うん。どうかな、「構図がシンプルじゃない」はシンプルな方がいいという話でもない。ただ、複雑な分色んな部分に積みが要求されてハードルが上がるのは確か。
LD >> 「カナーン」のユンユンだと思うけど、戸松っちゃんの演技良かったですね。(何かうろ覚えで…他の役かもしれない)…ちょっと前は“小器用”という印象だったんですが、最近、点睛が入ってきたと思います。
ルイ >> ミランダをダンから外す事自体にはあまり問題を感じない。くぎゅは圧倒的に積みが足りてない(くぎゅに限らず、王国関連が総じて足りてない)けれど・・・憧れる人としての立ち位置と、あと階層の違いによるノブレスオブリージュな個を描写したいって気持ちはわかった。
井汲 >> (新妻エイジの、「嫌いな連載をひとつ終わらせられる権」がどうなるのか、気になってしかたがない…(笑))
ルイ >> ユンユンが一番いいって言ってるジャマイカ。
LD >> >複雑な分色んな部分に積みが要求(ry そうですね。そう言いたいです。と、あとシンプルにしない(できない)必然性みたいなものがあれば、それを軸に「積んで」いけるんですけど、そうでないと単に依れた構図になる危険が小さくないと。
ルイ >> 全体、井汲さんとは違うんですが「最終話でやりたいことはわかった」なので、無難よりは良い評価です。問題はここにいたる道筋の方がおっきいかな。
ルイ >> そも、最終回のスタート地点に行く為に、今の作品構造のまま一番必要なのは何かって・・・
LD >> 井汲さん、それは僕にはもう分っています。……「嫌いな連載をひとつ終わらせられる権」は……「CROW」に使われるんだよおおおおお!!!m9(`・ω・´)
ルイ >> 「アイスマンが圧倒的に個と個をぶつけあう、いつまでも張り合うライバルである」という圧倒的な周知と、あと当初「妹の為」→「ルージュの為」と辿っていたダンが、最後の個人欲求に行き着く前の「世界の為(俺こそが伝説)」っていう領域にいってないといけない。なのにその描写が無いのに、今回「俺、伝説じゃなかった」と凹むのは過程が1つ抜け落ちてる。
井汲 >> ああ、最終話単体で見るとやりたいことは割と見えますね。そこは確かに同意。
ルイ >> くぎゅの親父とスラッシュを結びつけるのは、何か関連付け病にかかっているとしか思えない。意味がない、旨みがない。それでスラッシュが散った時にくぎゅ「お父様のお兄様・・・(泣き崩れる)」っていらねえよ、そんな遠い嘆きw
LD >> ふむ。その流れでもいいんですけど、着地点が「世界も伝説も関係ない!」あたりに観えたので、そういう方向に組んだ方がよいんじゃね?
井汲 >> (つーか、権利を行使する前に、まずその権利を得る所まで行かなくちゃね、と思ってます。確か「ジャンプの一番人気になってから考えよ」と編集チョにたしなめられてましたね。ONE PIECE を超えるのは大変だぞぉ…☆)
ルイ >> 月を支えるものと地上を支えるものの指導者層を相似形にする為に兄弟という関連付けさせたかったんでしょうけど「王なんだから王なんだ」という個に帰結させればいいんだから別に血の根拠いらないじゃん。
ルイ >> LDさんの話はどこにかかってます?個人的には「そういう方向」とやらで読んでいるはずなんですが。
井汲 >> > 関連付け病 ファルコンとヴィオレットのあれもそれっぽいわー。
LD >> ルージュの「積み」って足りてた?
ルイ >> 一回世界を救う伝説じゃなかった、という落とし方をした後、最終的には全体の「個×∞」としての「俺は俺」=全体伝説 という落ち着け方をしたので、その点でアイスマンとバスカりだした以降〜ラストパートは演出としては間違いはないです。ただ、問題はツインダンク決める位置にアイスマンはいたのかって話でね。で、いないだろと。ミランダとナビの線はバスケの起点を1on1においてつがい×沢山という形式にもっていけるので、特には。その感情の積みの不足云々だと別の評価軸ですが、まあミランダと巨人は短い話数では積んだほうかと。
LD >> 「世界の為(俺こそが伝説)」っていう領域←ルイさん、ここにかけました。つまり、そこに寄らなくてもいいのではって話ですね。
ルイ >> ファルコンとバイオレットも、今いった「1on1」という基本価値観に沿っているだろうとは思いましたね。まめぐはアイドル・歌手としての「対画面の向こうの皆(個×∞)」という形を選んだと。だからまめぐソロなんでしょうね。別にエクリップスの中でまめぐだけ歌一本やりって演出あったわけでもないので、この辺は「河森、ランカ」からの情報圧縮な気がしますw
ルイ >> うん。寄って失敗した後離れるって演出組んでますから、最終話Aパートでダンが凹むのなら順序的にその前に寄ってないとヘンなんですよ。>世界の為
LD >> ミランダとナビの話は、端の話という事もあってまあ良しという感じはしますね。…いや、絶対にミランダを外しちゃいけないワケじゃないんだけど、必然性を感じないとソリッドとして美しくないとは思ってしまいます。
ルイ >> ルージュは積みがどうっていうか・・・・こう・・・使い道が凄く半端でコメントしづらいw大体は読めた感があるんですけど、ルージュなぁ。
ルイ >> 今スラッシュとアイスマンで「どっちかに絞れば」っていう基本読みですけど、「ルージュとアイスマン」で食い合っちゃった、というほうが合ってるのかも。
井汲 >> まめぐソロは、2〜3回前にもありましたよ。月への船が起動する(何でこういう流れになったのかも、イマイチわかってないですが…(笑))場面だったと思う。
LD >> >凹むのなら順序的にその前に寄(ry へこむのなら、そうです………ん〜…しかし、「俺は俺!」の物語としても、ああいう終末になってしまうと、それを意識せずにはいられないだろうから「俺は俺!」で寄り道していなくってもあの場面ではああなるよね…って解釈はありかも。
ルイ >> バイオレットのソロがOPになったこともあるんで、まあソロ自体は皆やってるんですけどね。最後に「それを選ぶ」のは意味が強いので。まめぐが歌に生きる感覚は、かなりランカ圧縮だという印象は変わっていませんw 一応作中描写で、最もプロフェッショナル、という印象はかろうじて持っているかな?
LD >> ルージュとアイスマンで食い合っちゃってる同意です。
井汲 >> ミランダは、最初は二言目には遺伝子遺伝子言ってる頭のおかしい子だったので、まあ落ち着いて良かったね、位しか言いようがない(笑)。親父との話もやっぱ中途半端で、あんな具合にさも感動的そうな演出されてもなあ………と思うところ。
ルイ >> だからAパートでダンが凹んだとき、ちょっと唐突じゃないですか?「俺伝説じゃなかった・・・すまねえスラッシュ」ったって、そもそも「俺は伝説になる!」って道を踏んでいないわけでね。多分地底パートあたりを使って、ルージュの次にそこにダンの内心到達させて、視聴者もシンクロさせて、→でもダメ →一番最初にマッチアップしたアイスマン登場「デストロイ!」=個人のバトル →俺は俺!→皆が皆「自分は自分!」→個々の「自己追求、自己実現」がひとつのうねりになる→新伝説    っていうこのナガレはわかった。
LD >> …もう少し調整した言い方すうると、ダンはミユキにも、ルージュにも、くぎゅ姫にも手を回さないといけなくって、アイスマンも直でダンと線をひかれていなくって、アイスマンにはアイスマンの物語がある!!という「積み」上げをして来たので……繰り返しますが「シンプルじゃない」んですよ。「バスカッシュ」は。
ルイ >> ミユキはバスカる畑にはいないけど自分にはできることがある、なんで悪くないかと。くぎゅが若干妹とかぶっていてウマクないですね。
井汲 >> うん、唐突ですねえ。
ルイ >> ルージュとアイスマンの食い合い方って最終回では結構ギリギリですよね。レジェンドバレットを投げつけたりする事で、ルージュは「ラストパサー」になってますけど・・・まぁこの際男と男で終わるのと、男と女で終わるのとどっちが正しいってのは無いのでしょう。ルルーシュやスクライドは男男でいいわけだしw→
LD >> >そもそも「俺は伝説になる!」って道を踏んでいない うん、そうなんだけど、しかしそれでもあの終末の場面で全くそれに意識が振られないという描きを選択するのも迷うかな?という解釈ですね。つまり「伝説じゃなかった」は伝説になりたかった者から溢れる絶望じゃなくって、単に終末を避ける事を失敗した者が出す謝罪じゃないかと解釈しようとしているんですけどね。
ルイ >> →ただ、ダンとルージュの関係性がダンとアイスマンのツインダンク&ラストカットの「ダシ」になってる感はあるので・・・この場合、やっぱりルージュの積みを問う前に、それすら飲み込んだはずの「アイスマンの積み」というのが作品における圧倒的な瑕疵になっている希ガス100%。
LD >> ミユキはいいと思いますね。…で、遺伝子キチガイのミランダと友達で、ミランダもダンを狙っていない事もない…って構図の方がずっとシンプル(依れずに話を進められる)だったと思うんですよね。
井汲 >> いや、相変わらずよくわかってないんですが………結局、ダンの中での妹の位置づけってどうなってるん?スラッシュの肝煎りで、月に拉致されてきてることはダンは知らないんだよね?じゃあ、隕石がガンガン振る地上にココは置き去り、ってことなんだよね、ダンの中では?何の葛藤もないの?なして?どうして「妹のために」で始まった話がここに来ちゃうの?(「答:監督が変わったから」でいいの?そんな悲しい答はいやあああーっ!)
ルイ >> うんとね。それは「どっちにしても大差がない」と思います。>LDさん だって「終末を避ける事を失敗した者」としてダンが凹みきって立ち上がれなくなるには、やはり必要なのは具体的に「伝説になる!」じゃなくても、伝説になる事とイコールの「皆を救える俺」という前提があってこそですよね。ダンがマクロベースの救済意識にシフトしている実感が得にくい段階描写になっている。妹→ルージュは前提ですけど、ラス前まで「スラッシュ、おもしれえぞ!」つって戦いだしたあたりで組み順がどうも通ってないですよね・・・。
LD >> そもそも物語初期でアイスマンをそこまで設定していたのか?という分析が必要ですね。…これは二つあって観ているとアイスマンにはアイスマンの物語がある!って組み方をしているのでそうは考えていなかったという線。もう一方は第一話でダンの進撃を止めたのはアイスマンなのだから最初からアイスマンを最終ライバルと捉えていたという線。
ルイ >> 後者に乗っかりたいかな?>アイスマン分析
LD >> 「答:監督が変わったから」でいいの?→答:かけ声だけで妹はどうでもよかった。(´・ω・`)
ルイ >> 中村悠一という中の人のキャラ格を考えてもw・・・ただ・・・チーム・バスカッシュとして帯同したことがあんまり上手くなかったかな、と思えますね。とはいえダンたち街追放されちゃったし、そう組むしかないかもだけど。
井汲 >> アイスマンも、いつまでもデストロイデストロイばっか言ってるだけというのも単調に見えました。オマエはそれしかないんかと。最終ライバルなら最終ライバルでそれでもいいんだけど、それなら途中それらしく描いてくれないと。
ルイ >> 妹は出だしだけで、途中でルージュになっち。あ、そうか。妹も、ルージュも助けるってのが1→2→世界中の人! みたいなホップステップ感覚になってる?(キツイ
LD >> “結び”を観ると“後者”となってきそうですが、そうだとしたら途中の話が依れていますね。アイスマンの物語という形に拘りすぎてその線がキレイじゃなく、シンプルじゃなくなっている。
ルイ >> アイスマンはデストロイデストロイでいいんだと思いますよ。「それしかない」も上等というか・・・ダンが物語スケールの中で目線あげていって、打ちひしがれた時最初のまんまデストロイ!ってのは、組み立てとして綺麗だ。  でも、今言ったけど、チーム・バスカッシュに入っちゃってからアイスマンとダンの関係線が何1つ積まれてないのよね。そりゃ味方だからただのパス相手なのよね・・・。
LD >> ああ、デストロイから、次の技を覚えるとよかったですね。ジェノサイ!とかwエヴァンジェル!とかw…って、これも実はパスでしたみたいなエピが依れを生んでますね。
井汲 >> > アイスマンとダンの関係線が何1つ積まれてない そうそう、そういう所を言っているわけですよ。
ルイ >> 同感です。アイスマンで予め着地点を見据えていたのなら、砂漠の街以降依れてる。そこで監督交代劇なりでエクリップス(ルージュ)にシフトさせたならシフトさせたで、じゃあ今回ルージュはもう一歩前面に出てもいいのに、アイスマンの脇に収まっている。結果として「初期構造」にも「テコ入れ」にも徹しきれていないという、妙なフワフワ感が残るんですよね。まあ、序盤5話くらいと最終話だけみたら面白いかも。
井汲 >> つまり「デストロイ」がトレードマークというのは別にいいんだけど、それ「しか」ない、というのは困るよ、と。
LD >> >「どっちにしても大差がない」 大差ないんですが、単に目指してはいないが失敗した者としては“わずかに”アリになるかな〜って。いや、結局上手くないので付記レベルですけどね。
ルイ >> ふむ。僕はデストロイ「だけ」については擁護側で。ていうかLDさんの言を借りるならその方が「シンプル」でしょう。ただそれならそれで必要なのは、10話なり15話なり20話なり・・・ポイントポイントでデストロイ積みをしなきゃダメですねって。それがないので、ものっそ久々の懐メロみたいw>デストロイ
井汲 >> うむ。それは、私の感覚からすると同じことを言っていて区別がつかないな(笑)。
LD >> おそらく、多分、……いや、間違いなく、集まったスタッフのやりたいテーマがそれぞれ全然違ったような気がします。単にアースダッシュ紀行をやってアースダッシュとムーニーの一つの“広く完成された世界”を描きたかっただけの人もいるじゃないかな?
ルイ >> 「わずかにアリになる」 うーんと、物語へのフォローとしてはアリになる代わりに、ダンの感情演出はナシが強くなるようなwまあプラマイトントンっぽいですね。
井汲 >> (「同じ」というのは、「私の言ってること(言いたいこと)と同じ」の意)
ルイ >> 同じなのかな?まあデストロイというトレードマークをちゃんと念押しし続けると、最後の「こここそが始まりでゴールだなあ」という実感が全然違うよねって話です。
LD >> >デストロイ積み 僕の方の話も本質的にはデストロイ積みがあれば、それで良いですね。デストロイが進化してデストロイになったというのはメッセージがあります。一方、かけ声が変れば分りやすいですね。この選択はどちらでもいいでしょう。
ルイ >> 全然違ったのかもしれませんねえ。或いは単純に二分割というか・・・スーパーロボットとリアルロボットというかw
井汲 >> あと、「伝説リーグ」なんていうしちめんどくさいシロモノを開催しないと惑星的危機が回避できない、なんていう事態、何でもっとちゃんとした記録として後世に残しておかないかな!(笑)事情が知れ渡ってないと、いらん手間が増えるばっかりじゃないか。
LD >> 一方、アイドルグループをねじ込ませたくて物語に絡めるように“ねじ込んだ”奴がいるように思えますね。多分、監督を降板させた奴と同一人物に違いない!(`・ω・´)
ルイ >> アイドルグループは、「河森だから」の力学が働いているとしか思えないですね。
ルイ >> ダンの破天荒さが皆を変えていく、というベクトルと、皆の自分探し…自分の分を弁える? そんなベクトルがどうも絡み合わない。ダンは他の人の物語に基本介入してないし。バスカりバカに周りが勝手に感化される、という形にしたかったかなぁ。
LD >> 佐藤竜雄さんは、昔から平和的な解決策をとりながら燃える展開(あるいは悪者をぶっとばしてメデタシじゃない話?)を志向している所があるので、ここらへんのアイデアは佐藤さんでしょう。一方、肉体的なバスケアクションを描きたくって慣らした人もいれば、アメ車なデザインのバスケロボでアクションをしたかった人もいる。……どうでもいいから変型するロボットが出ればそれで満足な大元締めもいると…( ・`Д´・)φ
ルイ >> ただ、監督降板は一期OPを延々とブラッシュアップしてるような妙なリソース配分感覚からすると納得とも言えw
LD >> >ダンの破天荒さが皆を変えていく
ルイ >> 今回再起とナイキのバッシュを絡めたのは大人の事情。まぁ悪くなかったけど。
LD >> >ダンの破天荒さが皆を変えていく そういう物語には観えなかったwそういう風に作りたいのかな?という感触がないわけではないですがw
LD >> ナイキはまあ良しとしましょう。でも、これは細かい部分ですが、燃えるアクションアニメでCGロボットが主体になったり、ダンの顔がマスクで隠れるのは細かく拙かったですね。「グレンラガン」のガンメンはロボットに乗っていても表情を出すためにあるというのに。・
ルイ >> 最初の街でバスカッシュ命名して金属ボールを投げ返したあたりだと、そういう風に観えましたけどね。>ダンの破天荒〜  そっからミランダ、アイスマンに個別に過去が付加されて、誰とも絡まず個別に進行して、そこにエクリップスが降りてきてダンと線引いたあたりで、物語の集束機能はなくなりましたね。
ルイ >> あー、でも光の中で裸気味にバスケをするあの表現は良かったんじゃないでしょうか。ニュータイプ空間とかアルター空間という説もあるけどw
井汲 >> エクリップス自体は割と初期から出てましたよね、確か。だから、初期はエクリップスをもっとフィーチャーしたい派と、OP だけ宛てがっとくくらいで十分派の勢力がぶつかり合ってたんかなあ。
LD >> ん〜そうか。そこらへんの時は井汲さんみたく(?)「妹の扱いはどうなってるんだろう?」とか思っていたからあんまり気ィまわしてなかったか。
ルイ >> 妹の扱いは、結局妹が自分でクララしたよ、と・・・w
LD >> もし制作中にエクリップスの扱いが二転したなら、そんな物語は依れてあたりまえかなあ…。
井汲 >> > 光の中で裸気味に それじゃ、ロボにのってバスケする、という物語の一番根本のところを否定しとるやん!と思ったものです(笑)。いや、そう描くなら、普通のバスケアニメで全然いいじゃん!?と思わずにはいられませんでしたねえ、あの多用には。
ルイ >> エクリップスはアルバムまで出しましたからね。なんたる制作費。
LD >> 妹が最強の傍観者になる事を決意する流れを説明した回がありましたけど、実は全然乗れなかったw
ルイ >> やー、そこはカット割り次第かなって思うのですよ。うん。<CGとアニメ融合には擁護気味
井汲 >> > 乗れなかった 右に同じ。というか、あの回どんな話だったかもう忘れた(笑)。
LD >> ああ、そうだなあ。アイデアですけど、CGとアニメで完全に分けるんじゃなくって、ビックフットの動きにダンの身体を上手くスケルトンな感じに合わせる事ができると良かったかも。
ルイ >> 妹は妹で、まあ、読めることは読めるんですけどね・・・通りが悪いなあ。
井汲 >> さてさて、そんなところで、そろそろおいとまします。んでは。
ルイ >> 妹が「伝説候補」だったけど、ダンの下手ぶりで半身不随(のちにクララ)になったと。でも妹はダンに代わりに伝説になって欲しかったわけでもなければ責任を感じさせたいわけでもないので、タイーホ中も自分で金稼げるようなりにして(あるいはスラッシュが予め保護してくれた?)生活の不安はない=ダンが自分の為に稼がなくていい、という形にして、突き放す事で自分を不在にして「妹の為」じゃなく「自分の為にバスケして欲しい」という・・・それがラストの「自分は自分」に繋がってるんだから、まあ筋は通りますよね。
ルイ >> 確かにダンの妹執着の推移に違和感は残るけれど、元の執着自体が言い訳みたいなものというか、妹自身それを望んでいない、という事を心のどこかで理解していたなら、ルージュシフトにもそこまで無理はないように思う。そういう内心描写があったとは思えないけれど。
LD >> ん、ああ、そうなんですよね。>「妹の為」じゃなく でも、その流れで決まった画が用意できなかった。その重いが結実するような感覚に依れがあったと思います。
LD >> >そういう内心描写があったとは思えないけれど。 うん。そこ。だよね。(´・ω・`)
LD >> では、僕もそんな所で作業に戻ります。
ルイ >> あー、やっぱそうですよね。ん、だからこう、依れてるには同感なんだけど・・・それなりに基本線はあって・・・何か演出をたがえているというか・・・
LD >> では、僕もそんな所で作業に戻ります。
ルイ >> そうだ。妹の悪夢を観て苦しんでいたあたりで、ルージュがそこから解放できれば綺麗に通るんだ。勿体無い。
LD >> 第一話は良かったしセンスも感じたんで、かなり期待してみていたんで、勿体ないとは思いますね。それでは。
ルイ >> ルージュに似たようなダンに相当する、家族なりを用意して・・・ルージュの口で「でも恨んでない」とか「自分の事で気をわずらうより、あの人らしく輝いて欲しい」とか言えばダンは妹から解放されるはルージュに軽くときめくは一石二鳥臭い。ん、寧ろ登場順的にこれって個人妄想というよりリアル急所な気がする。
ルイ >> そうすれば妹の為→それを解き放ってくれたルージュの為 につつがなくシフトして、そっから地底編→歴史を知る(このあたりで何とか世界を救う感情を植えつける!)→伝説失敗→個人バスケデストロイ 通る。 依れ・・・不足・・・むむむ。
ルイ >> 何気に結構バスカ総括チャットとして、いい感じになっていたかもw


■■■■2009年10月25日■■■■
ルイ >> BS画質でひだまりのねりねり動くOPを観ていると、何か凄い贅沢感。
ルイ >> USBを特典につけるってのはなかなかオサレですよね。
ルイ >> なんだ、今のガイナックス作画はw
ルイ >> 全体的に色の塗りがちょっと気になる。原色系っつーか。
ルイ >> ん、素敵な夕空。(どこ観てるの?
井汲 >> ああそっか。言われてみればそんな話だったような気もしてきた(そこまで健忘症なのかよ)。
井汲 >> 【プチ・日々是録画】ホームドラマチャンネルで「ゴワッパー5ゴーダム」が始まった〜。LD さんみたいに保存はしないけど、取り合えずローテーションで録って観る。昔これの超合金(とはちょっと違ったけど…)を持ってて、とても好きだった…割には、放映内容は全然覚えてないんだよね。いい感じのデタラメさ(笑)が当時のアニメっぽくて、これはこれで味があります。一郎&亜星の主題歌はイントロからして盛り上がって素晴らしい。デザインは天野&大河原のボカンラインで、ゴーダムの「これでもか!」とばかりに頑丈そうなデザインがいい。肩にでっかいラウンドシールドがついてて、そのイメージが頑丈そうさをより確かにするんだよね。そういう所が好みだった。
ルイ >> 君達は、だから、なんで始まった後『始まった』って言うの!?(プンスカ
エルバ >> あやひー、誕生日おめでとう! と、ルイさんより先に言ってみる。
ルイ >> 僕もう厨・オブリージュ果たし終えてますんで・・・w しかし、その意気やよし。
井汲 >> いや…(笑)。正直、今の目で観て「面白い」と思えるかは期待薄。当時のロボットアニメには珍しく、リーダーが女子の主人公グループなので、「話の種に観てみるのもいいかも」程度じゃないかなー(あああと、OP 冒頭の、海面を割って文字が現れるカットも話の種程度にはなるかも。あんな手間のかかりそうな原画、よく描いたもんだなあ)。
ルイ >> 取り合えず次が三話なことは確認。怨〜。


■■■■2009年10月26日■■■■
LD >> 僕も1、2話録り逃してしまっています。従って3話から……ま、何とかしよ。ちなみにルイちゃんが気にしているのは面白いか面白くないかじゃなくって、観れるか観れないかだよね?w
LD >> 【WHITE ALBUM】ん……こいつ(主人公)思いっきし殴りたいんだけど。そういう観方で合ってるのかな?
LD >> 【とある科学の超電磁砲】第4話観ていて思った事……伊藤かな恵と白石涼子の声はちょっと似ているかも。田中敦子と坂本真綾の声はちょっと似ているかも。
LD >> 今期、深夜は「そらのおとしもの」、「けんぷファー」、「にゃんこい」あたりが楽しい。


■■■■2009年10月27日■■■■
井汲 >> (―――しばらく前にキッズステーションで「ガンバ」が、カートゥーンネットワークで「リボンの騎士」が、それぞれ始まってたのを黙ってたのも悪かったかな…(そっちは観てはいないんだけど))
エルバ >> 「そらのおとしもの」の主人公は「平和が一番」とか言ってるのに、行動がそれに伴ってない気がしてならないw
ルイ >> 次回あたりあやひーが極妻あたりの歌を歌いやしないかと思っている。
ルイ >> ミラクルトレイン、なかなか面白い掴みだ。
ルイ >> 六本木がオールタイムヒーローなのか、各話入れ替えなのかが気になる。
ルイ >> 面白かったw
ルイ >> 逆ハーレムだからどうってこたないな、やっぱ。半端な萌えアニメの方がつまらん。
ルイ >> 都w庁w
ルイ >> ミラクルトレインも今期の押しだな。
ルイ >> 三話録画できてねえええ!面白いのに!orz
ルイ >> 新宿さんのエピソードが…やばい今期一番凹んでるw
ルイ >> なづさん?
ルイ >> あーもう面白いよおお
LD >> …成る程、「ミラクルトレイン」面白いのか…。
LD >> 【Mixiアプリ】ふ〜ん…。HTML、XML、JavaScript、CSSで出来るのか…あとflash。
ルイ >> いいです。擬人アニメ、逆ハーレム(ホスト)アニメの一つのゴールではないかと。
kichi >> 3話は今アニメ1で無料配信されてるみたいですよ。……まぁ、私はスルーなんですがw
kichi >> 1話はいちおう見たんですけど、とりたてて面白いと思わなかったんですよねぇ……。……あれかな、田舎在住で地下鉄なんて修学旅行でしか乗ったことない人間だから、擬人化の面白味をまったく理解できなかったからなのかな……?
ルイ >> 六本木は保守本流ですからね(答えになってない


■■■■2009年10月28日■■■■
LD >> 【ブラボー!】全3巻買ってきました。
LD >> 【そらのおとしもの】…うむ。今回も良いな!(`・ω・´)


■■■■2009年10月29日■■■■
ルイ >> 手塚治虫マガジンと産經新聞と青空文庫(全部タダ)が使えすぎてiPhoneヤバイ
井汲 >> ええと、じゃあ怨まれないようにまた再放送情報(マガジンに載ってたんでよく知られてるでしょうが一応)。「あしたのジョー2」が急遽再放送決定だそうな。http://www.aj40.net/ 見るとわかるのかな?
ルイ >> ジョーは世代的に無縁なんですが、ちょこちょこ目にする度にすげえよく出来てる、と唸ることが多い。映画も金稼ぎ総集編かとたかを括ってたら素晴らしかったし。
ルイ >> エースをねらえ、ベルばらなんかもその系譜だな。世代の切れ端にも引っかかってないが、観ると感動する出来。
ルイ >> リミテッドからの逆転の発想が極まった時期なのかモネ〜
ルイ >> で、醗酵通り越して腐り出したのがアニメハーメルンというのはどうだw(どうだ、て。


■■■■2009年10月30日■■■■
LD >> \(´・ω・`)/<「ハーメルン」はいいアニメだよ!
LD >> …という事で今週の一番は、10/30(金)25:00でよろしくお願いします。
LD >> http://www.tsphinx.net/manken/hyen/hyen0330.html ←お待たせしましたが、今期選考の候補エントリーしました。これを継足していって…来週の土日くらいには本選考としたいです。チャットかラジオかは迷いマイマイ。
ルイ >> ハーメルンはいいアニメです。
カルマ >> ハーメルンは、以前「まんとら」というTVに監督が出演したとき「エヴァの評判を聞いて(監督自身は観てない)、自分なりの答えを出した、それがハーメルンだ」みたいなことを言ってましたね(笑)
ルイ >> ジュンジュンの言葉には諧謔やら韜晦やらあってなあw
ルイ >> とるてあも「時かけみたいのいいよね(俺は観てないけど」だもんな…w
ルイ >> ラジオ投稿したらサイン入りポスター当てちゃったよっていう。
ルイ >> 不運がウリなのに、このままでは生サイン2つ目ゲットじゃきん。
ルイ >> 刀鍛冶←携帯タイプではこれが最もラク キャラ描写に甘さは感じるけど、今の所いうほど悪くもないような。
ルイ >> まあ、依頼者が一括で払えないで「この守銭奴が!」って、相当認識甘い人しかかけないセリフなんで、この一言でもう先行き不安ですけどね。
ルイ >> あそこでルークの金に厳しいキャラを描写しようとしたなら、わかってねえなあ…
ルイ >> しかしマングローブの無駄遣い感はあるなあ
ルイ >> (EDはスキップ、と…
ルイ >> 生徒会の一存を最後まで観たら成長できる気がする。
ルイ >> なでこの後編は寧ろワーストな出来だと思う。言えない雰囲気だけど。
LD >> いや、言って言って。興味ある。僕はなでこの後編よかったと思っているよ。
ルイ >> 良かったと思っているとなると出だしが180度違うので、なんとも言いようがないですねえ。
ルイ >> 1つ思うのは、LDさんの「新房は最新が最高」的な史観はわかりやすくはあるけれど、全話を徹底してハンコ押して作りこんでいる形ではないのだから、それはかなり大まかな捉え方だと思うし、僕はこの話のコンテが「今の新房」的な俎上で取り上げられることに全く納得できないです。ひたぎやマイマイでは若干同意ではあったんですが。でも「良かったとおもっている」という事はこの違和をカケラも感じていないわけで、その理由は直線的な新房観が自らにソウカンジル方向を植えつけているからなのか、或いは僕がなでこを特別嫌う理由が何か存在するのか、そのへんはハッキリしないのですが、ここまでとっかかりがないとそこに言っても、という所もあって。今期もこの流れだろうし、みたいな。
LD >> 普通に感想を述べればいいと思いますよ。僕に伝わりやすいかどうかは分からないって事はあるかもしれないけど、まずはそこからでしょう。
ルイ >> あ、話の筋自体は小説の再現なので、そのテーマ的な面白さとかはおいといて。やっぱり助けられない蛇は男の子であって、嫉妬おにゃのこの方は助けられたってほうに意味を云々とかはおいといて。 それ自体は全体の「化物語」として面白いですね。
LD >> ん。確かに僕は違和感を感じなかったです。…しかし、この場合のよかった発言は「新房的によかった」を指していないので、その角度での議論はまた別の展開があるかもしれません。
LD >> うん。>それ自体は全体の「化物語」として面白いですね。 僕のよかった感想はそこです。演出的な事でとんがっていたかというとそれは難しいけど(むしろ「化物」的にはかなり普通な話ではないか?)、単にとんがっていたか?になると「絶望先生」のイヌカレー起用の方がとんがっていたしね。
ルイ >> うーん。あまり気が進まない。ちょっと引っかかっていてそこをほじくるのに俺のスプーンを貸すぜ!的なものは盛り上がるんですけど。とらドラの時も乗らなかったけど、あれはどちらの正誤じゃなく「LDさんがそういうものとして呑み込んでいるものが、俺は引っかかってるんだ」って実感はあった(つまり、ポイント自体はあまりズレてなかった)。 何かこう・・・とっかかりがないと難しいですね。良いと感じるのは良いし←
ルイ >> 要は、新房コンテってのはカット数を増やしたものが「誤魔化し」か「情報」か、って所が1つの分水嶺だと思っているのですが、なでこ後編のコンテはそれがかなりダメだな、正直最初のアダルトアニメ並みだな、くらいの印象なのです。「とんがり」にはあまりポイントは置いていないのですけれど、カット毎情報なりを詰めていくと必然に「とんがり」にはたどり着くかもしれないですね。でもとんがろうとしてとんがっているだけのものとの見分けは、視聴者がキッチリつけないと「新房演出またきわまったな!」という括りに収まってしまいそうなので、まあなでこ後編はダメだな、と言っておきたくはなりますね。
ルイ >> ONOFFというか・・・1つ省エネを志向した実験回みたいなものだと捉えていて、その失敗回だと思ってますね。実験自体は否定しないです。
ルイ >> 大失敗回、に言い直そうっと。
ルイ >> でもホラ、見た時に違和感がなかったって事はもう原作の持つ物語パワーに引っ張られてるわけで、それこそ「僕の良かった感想はそこです」と仰ったとおりなので、わかるわからない以前に、ホント180度、チェックポイントすらかぶらないっていうorz
ルイ >> ひたぎとマヨイの出来がぬきんでてるんじゃないかなぁ・・・するがはどうだったかな、あのところまで行っていたかどうかは確認必要かも。
ルイ >> ※ちなみに、単にブルマーとスク水が嫌いな俺、という可能性もある。嫌いじゃないけどw
LD >> そうですね。確かに物語を語るにあたっての演出の拙さのようなものは感じませんでした。まあ、観なおしてみます。
LD >> …まあ、敢えて言えば、なでこはアララギにあまり絡まず内語を独白するので画の組み上げが少し違くなるかな?
ルイ >> んーとね、もともとカット静止画の連発ですね、という揶揄に対して「ひだまり」のように「ねりねりする所はねりねりするんだよ!」という意地みたいなものはあるとは思うんですよね。
ルイ >> そこで動かさない所は動かさない、動かす所は動かすというメリハリへの美学はあるはずなんだが、その動かさない部分の拙さはムチャクチャ!!!感じました。ただ、感じないとなれば、それってやっぱり化物語が結局はテキスト勝ちだという証明じゃないかと思っていて、アニメ化にあたって小説を補填したね!という一般的な流れをまた否定するようなものという気もします。 で、少なくともマヨイまでは、特にひらぎクラブは、「アニメ化成功や!」とアニメの側からおんぶにだっこしすぎる事もなく言い切れたなぁと。   ま、僕は生徒会の一存見なきゃいけないから見直しませんけど(おおい!
ルイ >> ・・・・・あれ?今日MXでやる金色のコルダって1stシーズンなのですかね?いつのまに始まってたんだ・・・
ルイ >> 「裸足のヴィヴラート」とか見覚えあるし。結構好きな回だったし。キャラの名前も覚えられないのにそんなとこだけ覚えてる自分にビックリだし。かみちゃまかりんだしー。
ルイ >> おっと、なでこ後編に関してはなでこ内語は殆どなかったと記憶しています。
ルイ >> 僕は・・・僕は、ヒノカホコちゃん!!←神山満月ちゃん!のノリで   おおー、名前覚えてた!俺TUEEE
ルイ >> http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091030-00000019-cnn-int なんたる・・・
ルイ >> これが本当のコヨーテ・アグリー、とか面白いこといえる空気じゃないな・・・←言うなよ
ルイ >> ライブオンを観ているのだよ。アイなのかーって。
ルイ >> 圧倒的な総集編率!
LD >> ああ…後編は、そんななかったかな。いや、なでこってアララギをあんまり困らせない(絡まない)から、そこが前作との物理的な違いかなと思って。
LD >> ブログで「シナリオの下支えを強く感じる」と書いた通り、基本、シナリオが「強い」作品だと思います。しかし、ヴィジュアルや演出が利いていないとは思わない。そこから先の詰めの部分はルイさんの違和感の正体が分らないと何とも言えませんね。
ルイ >> 声優雑誌はクソ高いのに、レコード雑誌は半額で読み応えあるおっお


■■■■2009年10月31日■■■■
LD >> |ω・`)
LD >> |ω・`) ごんばんば。
kichi >> こんばんわです〜(´・ω|
LD >> ああ…なんか。
LD >> (´・ω・`)ノご、ごんばんば。
カルマ >> こんばんは〜
kichi >> ……なんか?(´・ω|
LD >> ねむう。眠いのよ。世界が。
LD >> はんばんこ〜。
kichi >> ……ああ、私も眠いです……(´・ω・`)最近一番の最後まで集中力が続かない……
LD >> 気がつくと朝方までやっていますからねえ〜。もっと、ちゃきちゃき行きたいものです。
カルマ >> 僕も少し眠気もーど。コーヒーでも入れてくるか…
カルマ >> ガンガンいろんな感想投げてく方が良いんですかね?
LD >> 「ブラボー」の単行本買ってきました。そして「とある超電磁砲」も。
ルイ >> http://www.nicovideo.jp/watch/sm8604509 じゃあ眠気覚ましBGM。
LD >> (´・ω・`)ノガ、ガンガンが良いです。
ルイ >> 皆がタイピング速度を倍にすれば半分の時間で終わりますよ←
kichi >> 「ブラボー」ですかぁ……。ちょっと惹かれるものはありつつも……スルーですね。「レールガン」は楽しく読んでます。4巻も面白かった。
kichi >> タイピングっていうか思考速度がですね……orz
LD >> 今期はねえ。「そらのおとしもの」がよいよ?今度、BS11で流れるみたいよ?11月末から。
ルイ >> こうね、スパーンつってスピピーンつってズバーンとね
ルイ >> いや今期は大江戸(自主規制  あれ、この大江戸つータイトルで俺だけ1人走ってる感、なんかデジャヴ・・・
カルマ >> ルイさんの即応性異常ですんで(笑)
kichi >> 「そらおと」は原作最新刊まで読んだんですが、なかなか良いですよ。メッチャクチャあざといんですけど、あそこまであざといといっそ清々しいというか……、エロギャグと泣かせという真逆な双方に全力であざといのがね、いいですw
LD >> まあ、なんつ〜の?「アクスレピオス」も全巻買ったしね。打ち切りでちょっと気になる奴は買っとこうかなって。
カルマ >> (こーしー苦すぎた…)
ルイ >> そらおと、原作読みたいんですけど、会長と先輩の間に流れる妙な男女の空気が気になって、アニメでそれを味わっておきたい感があるのですよね。
ルイ >> よし、じゃあ次「TOらぶる」な>LDさん
kichi >> 「鍵人」は購入予定です……(´・ω・`)
LD >> 「そらおと」めえ〜。>あざとい あとね。「にゃんこい」と「けんぷファー」もけっこい好きなんだす。(`・ω・´)
カルマ >> 最近モンハン3ばっかやってて単行本の積みがひどい…
ルイ >> あざとさを赦せるかどうかのポイントってやっぱり振り切ってるかどうかってのと、自覚的かどうかってのと、構造が美しいかどうかってのがあって、その点で、だから、ミラクルトレイ(ry
LD >> 「TOらぶる」は、あれよ。重版かかるし、数年後には豪華本とかいうろ?それはちがうんろ。(´・ω・`)
ルイ >> マジレスかっこいい・・・
kichi >> 会長と先輩の間の妙な空気も原作でもありますね……。まぁ、ほんと妙な空気レベルの描き方でもやっとする感じですがw
カルマ >> ミラクルトレイン評判いいですねぇ。DVDレンタルで観ようかな…関西在住なので擬人化のニヤニヤ感は味わえないと思うのですが。
ルイ >> そらおとOPでさあ、何かリンリンキャッチボールしてるんだけど、会長のところで会長が閉じちゃって背中に部長がいるあのカットの妙な美しさはなんなのさ、と気になったが最後、単行本を買えなくなった。
LD >> 「鍵人」は買わないとねwちなみに「瞳のカトブレパス」も買ったぜ。
ルイ >> 評判いいんですかwいいことですw>ミラクルトレイン
ルイ >> ああ、もやっとするままなら買ってもいいかも。
kichi >> ミラクルトレインはなぁ……やっぱ私、六本木とか新宿とかにまったくイメージがないのもマイナスなんでしょうけど、それ以前に駅に対して愛着みたいな感覚ないからなぁ……。たぶん社会人になってから1回も電車乗ってない。ってことはもう10年くらいは乗ってないのか……(汗)
ルイ >> 10年乗ってないのは凄いけど、いや別にイメージとか愛着はあんまり関係ないと思うのですよね。とにかく完璧っすよ、あれw
LD >> よし。では眠くならない内に一番入ろうか。
kichi >> おまけに最寄り駅が無人駅だから、「近くの駅」に対する感覚がバスの停留所と大差なかったりw 駅に対するイメージはもっぱら離れた場所に降り立つ場所な感じなんですよねぇ……。
LD >> むう…とにかく観ないとな…。>「ミラトレ」
カルマ >> twitterのアニメ実況見る限りかなり楽しんでますね>ミラクルトレイン
ルイ >> ほう。素晴らしい事ですね。あれはゆめ太久々のエンタイトルツーベースですよ。
ルイ >> ※構造勝ちな部分を走らなくてもいいエンタイトルにかけたらしいがわかり辛いことこの上ない
ルイ >> じゃあ今週の一番は「シュトヘル」で。 ってボケようと思ったら先週だったか〜。
LD >> おお…。>無人駅
カルマ >> 駅単体と言うより、駅の周囲にできる街、そしてその街を使う人がイメージを形成しますよね。 今年東京で山手線の主要駅回って感じたことですが。
LD >> あ…「シュトヘル」先週やってたんか。
ルイ >> あの駅ホストの皆さん、大江戸線のカバーする範囲の街も闊歩できるみたいですしね。あと、多分連中鏡の世界のようなものを使っている。彼らと一緒に観光してる時、普通の人との交流がないのが怪しい。ミラーワールドだ。
LD >> >その街を使う人がイメージを形成 うんうん。わかるわかる。恵比寿ならこんな感じ、高田馬場ならこんな感じってのがあるw
ルイ >> まあ、でも、シュトヘルは前々回のほうが良かったNE←ボケ倒し
kichi >> シュトヘルは今日2巻買ってきましたがまだ読んでません……。
ルイ >> 何気に話の筋が駅に沿っているのも魅力的ですね。都庁さんカチカチしてるし、両国さん昔かたぎだしwシオドメさんを主人公にして新入り参入モノとして描く手もあったと思うけど。
カルマ >> 大阪はそこまで「揃ってない」感はあるかな。新世界とか降り立った瞬間『異常』な場所はあるけども(苦笑)
LD >> “馴染み”を重視するなら、絶対山手線なんですけどねえ〜馴染み過ぎてて逆に垢抜けないから、大江戸線なんでしょうねえ。正直、大江戸線は滅多に使わない。
kichi >> ん〜、やっぱりその辺全然分からないので、あまり興味を持てないのですよねぇ。むしろ知らないことが疎外感を生んでいたりも……(´・ω・`)>両国とかシオドメとか
LD >> 東京駅なら八重洲に行くビジネスマンと、丸の内に行くビジネスマンは、ちょっと違うぜ(`・ω・´)
ルイ >> いや、あまり関係ないのですよ。本編中で両国さんが赤穂浪士のDVDを一期観してるじゃないですか。そっから両国さん=江戸っ子 という線をつなげるのは、理解とか愛着というよりは、「両国国技館」くらいのザックリした認識でも連結が可能なんですね。それが上手いし、その前提があると名塚占い師のグッズを川に投げ捨てるその思い切りの良さに「江戸っ子だから」という根拠が伴うのが上手いっていうね。←すげえマジ
LD >> >その辺全然分からないので、あまり興味を持てないのですよねぇ ふむ。そういう事なんでしょうかね。
カルマ >> 観ていく中で掴めるモノなんですね>駅の個性
ルイ >> うん。この空回り感、大江戸ロケットだ。
LD >> さて、ジャンプ。
ルイ >> そうです。そこが上手いですね、脚本仕事やってるっていうか。>途中で掴める 強いて言えば1話の六本木は扱いに困ってたっぽいけど、あれ紹介話だからしょうがない面もあって。大体、六本木だからナヨホストみたいなナリなのかもだしw
kichi >> まぁ、いい話系はツボに入る話があれば気に入る可能性はありますし、もうちょっと早く言ってくれれば見てみるのもアリだったんでしょうが、すでに2話目流れちゃってるからなぁ……(´・ω・`)>ミラトレ
ルイ >> ジャンプと言えば。
LD >> 「ブリーチ」、結局、ヤミーが十刃の中で一番強かったの?
ルイ >> 2話目は都庁さんだから見逃したのは惜しいNE。でも新宿でも両国でもイケるぜ。
ルイ >> 表紙がせっかくハロウィン祝祭なのにナルトが休載っつーアレですね。
LD >> それから、イチゴの変身が上手くいかなかったのは、あれは義侠心というか正義の心が出ているとなれないものと観たっ
ルイ >> エスパーダの数字ランクは言ったもん勝ちみたいなところがあって難しいですけどwどうせ愛染に捨てられる連中ではあったので、まあ。
ルイ >> 「リボーン」がマフィア連帯を根拠に主人公チームの「俺たちの戦い方はコレ」ってのは上手かったですね。とはいえ、最終的には個別バトルになるわけだけど。
LD >> 「ワンピース」、ミホークは別の剣士で避けたか…でも、なんだろ。この感じ……NPC劇場じゃなくって…。
kichi >> ……ふむ。そういうものなのですか……(´・ω・`;)>正義の心
ルイ >> 「ぬらりひょん」が素敵なヒキ。この破軍はヨロシイですね。ぬらりの過去エピソードを考えても、ギリギリでちゃんと「溜め」になってる。こっちは上手い。
ルイ >> 「ワンピース」は良かったと思うが、LDさんが何をいいたいのかしらん。
ルイ >> なんつーの、「ロードス島戦記」でパーンがいつまで経ってもカシュー王に勝てない感じ?
カルマ >> ブリーチはなんというかキャラ性と強さが伴ってないというとわがままかしら(苦笑)
LD >> 何かの作品を思いだしているんだよなあ……「ベルセルク」で?いいのかな?>「ワンピース」
ルイ >> 土俵をムリに揃えない作りはありがたい。っていうかちょっと遡るとナミにギミックバトルとかさせてたから、それを思えば、もう、ずっと好き。
カルマ >> まぁ、斬撃なのでおそろしく相性は悪いですけど>ミホークとルフィ 
kichi >> 「ワンピース」良かったですね。ミホークの断空剣痺れましたw そしてそうか、考えてみればここにくまロボ軍が出てこないはずもなかったか……。
LD >> 「ロードス島戦記」の“それ”はデフォなんで、とくに歯痒くないのですがっ(`・ω・´)
ルイ >> エスパーダは所詮踏み台・・・まあ、ドクロが一番強そうに思えるけどw
ルイ >> ええ?だからこれがデフォだろって言いたいわけですが。何、歯痒いのこん子?カードバトルやりまくった口?
ルイ >> ミホークは鍵人だった、と・・・(メモメモ
LD >> いや、面白いのですけど、今週観てほんとうにもう、なんか実力値では本来ルフィの出る幕ではないな…ってのがちょっと寂しいというかね……あ、「風の戦士ダン」かな?
ルイ >> その寂しさはあんまり共有できない。僕はどっちかというと嬉しいなあ。つか、LDさんも「海賊王は最強じゃねえ」とか、こっち側の人間じゃなかったの?おセンチモード?←タイピング速度上げてます
LD >> エスパーダは結局、老人が一番強そうでしたよね。
ルイ >> だってあの驚きようを観るに、老化王ギミック破られたことなかったんでしょう?w
kichi >> あとクロコダイルが「おれ達」と複数形にしてるのが地味に気になりました。
カルマ >> 「味方につける」というのが海賊王としての格の維持ですかね。
ルイ >> 「ベルぜバブ」はどうなんですか、カルマさん的に。ちょっと違うんじゃね、みたいな?
LD >> 「風の戦士ダン」は、主人公が“頂上決戦”のレベルに全く追いつけずに終わってしまうんですよね。→えっと「海賊王は最強じゃねえ」?
kichi >> 私もルイさんに同感。どっちかというと嬉しかったですね。そして、実力差ありすぎな中でルフィがどう立ち回るのか?ってのが楽しみでもあります。
ルイ >> 海賊王を目指すんだから強さベクトルは仲間に任せてしまうのも手だろう、というオハナシ。 その点、もう少しミホークと数合かわせる位だといいなぁ。・・・という温度の好みは個々のものとは思うのですが、ミホークと張れない事それ自体は、寧ろ作品として「とおっている」というかね。それはゾロに任せりゃいいやん。ところでゾロ最後に見たのいつやん。
kichi >> つい数回前に扉連載で見たようなw>ゾロ
ルイ >> 扉では見ましたねw
LD >> 「海賊王は最強じゃねえ」とは思っていますね。最強の男は別でいい。でも、そこそこやらないとってのもあって、そこは総合性を求めている部分もある。今、ルフィは“そこそこ”やれるようにも見えないんで。……いや、面白く読んではいるんですよwそことはちょっと別の話。
カルマ >> もうちょっと描きようがあっただろうと。ギャグを挟むのはこの先生の手癖だなぁ…>「ベルぜバブ」
ルイ >> ふむ。先に書いといた「温度の好み」の話っぽいかな。
ルイ >> 思ったよりグッとこなかったですね>バブ
カルマ >> 赤ん坊は何を考えてるかわからない、だから心情を描くことは出来ないんだけど…でもさぁ…
ルイ >> 詩情ネームが描けない人、ってことは言えるかもしれない>手癖
LD >> 最初っから「強さなんて必要ねえ!」ってキャラなら、完全人任せでもいいのですけど、ルフィはそういうキャラではなかったから。いや、まあ、この場合、僕は無敵ヒーローが好きだからこれまで無敵ヒーローに近かったルフィが、一気にピンチヒーローの下層まで落ちてしまったのが寂しいのでしょうね。
ルイ >> 下層って所に悪意を感じるw
kichi >> まぁ、今はまだやれなくていいんじゃないでしょうかw 最終的にはやれるようになっててほしいですけど、それはまだまだ先の話でしょう……って今作品全体のどの辺なんでしょうねぇ……(´・ω・`;)1年かそこら前に半分くらいまではきたような?みたいなインタビュ記事を読んだ気がしますが……。
GiGi >> 最近mixiで人狼ばっかりやってるGiGiさんですよ。
LD >> それで、ギャグって?>「べるぜバブ」
ルイ >> 元々悪魔の実って超ギミック特化型なんだから、斬撃とゴムのように絶対的な相性の悪さを「そのまま」通す事は、良いと思いますけどね。何かこう、今描かれているミホークとルフィというものに、全体の格を大きく投影しすぎてる気はするんだぜ。
kichi >> 最後のコマのダーが決まってないって話かな?って思ってますが……>べるぜギャグ
ルイ >> 「トリコ」は愉しそうにRPGやってるなぁ。自然は強大だし、スバラシイ。でも、ターバンくんは若干ココとキャラかぶり。
ルイ >> 「黒子のバスケ」モ、モ、モモーイきたあああ!まさかの!
カルマ >> ギャグというかギャグ的な処理、ですね。>今回のオチ 選ばせるとしているにも関わらず…選ぶまでもなく、ってことにしても赤ん坊にも視覚による記憶はあると思うし…
LD >> >下層って所に悪意 いや、悪意ではなく、相手に“伝わりやすそう”な言葉を選びました(汗)そして、今、実際にあの場では下層でしょう。kichiさんの言うように上がって行けばいいとは言え……(ry
ルイ >> …っていうか、青が来た後でチームワークは低下した、という理屈をこねるかと思っていたんですが、学校全体で個々の力タイプ、単に青がその最上位にいるって形のようですね。これじゃ後半に劣る部分皆無だな。>「黒子」
ルイ >> んーと、好みで言うと、今週の「バブ」ってしっくりこないんだけど、理屈で整理できてる自信がない。
LD >> うん。オイラもそうおもたよ?(´・ω・`)>ターバンくんは若干ココとキャラかぶり
kichi >> ももいはまさにまさかの展開でしたねぇ。何やらかしてくれるのか楽しみ。>黒子
GiGi >> ミホークさんはむしろ鍵人涙目とか思ってしまった(笑)
ルイ >> 先週のヒキで選択権を一回バブに預けた形に思えたんですが、精神世界描写で男鹿が手を差し出す格好が強調されちゃったんで、それって「バブに人格を認め」云々のカルマさん視座に乗った身としても、アレなんか美しくねえな、とは思うのです。ギャグ、って言葉の響きはあんまりピンとこなかったけど。
カルマ >> あーぼんやりしてんなぁ>バブ 例えば、男鹿の言葉を思い出す回想でもいいし、東条の背中から男鹿の背中にモーフィングしても良い。  今回は肩すかしを食らったというか…むーん
ルイ >> それだったらバブの淡い記憶回想でネーム組んで、言葉なしで男鹿のトコまで歩かせればいいじゃない。
ルイ >> おっと、ぼんやりしながら若干シンクロw
LD >> 僕は、そもそもベルがリンクを切るとかの話がピンと来ていなかったのでちょっとノーコメ。今週の「バブ」は夏目が出てきた事と、神崎と姫川が意地を見せている所に注目しています。
ルイ >> 涙目で感謝ってオハナシでしょうか>鍵人
カルマ >> あ、精神世界の方ですか。あっちは男鹿から手を出す事にはなると思うんですけど、そのシーンを選択したこと自体がそもそもしっくり来ない。
ルイ >> うん。精神世界を出しちゃったこと自体が男鹿主体の選択ですね。
kichi >> ああ、神姫はどうでもいいですけどw、私も今週一番気になったのは夏目が出てきたことですね。何故ここで?なかなかに興味深いものはあります。
GiGi >> 実のところルフィがゾッとしたところは若干違和感があって、これってルフィが自らの限界を見極めはじめた描写になってるんじゃないかと。
ルイ >> 「いぬまるだしっ」前回の嫉妬アングルが結構突き詰めたら面白いと思ったんですが、やっぱあれどっちかというと「終わらせる力学」なんで、すぐ時事ネタに戻るあたりに大石先生の生命力を見た。
ルイ >> 突貫小僧から将になるシフトって事?いいすね。
カルマ >> 手を出したシーンは入れるとしても「一方その頃」の部分のページの代わりにバブの回想を挟めると思うし、いろいろ上手くないです。
ルイ >> 「リリエンタール」は一週詰める意識で描いていった方がいいと思うYO。
LD >> ルフィが自らの限界を見極めはじめていますね。…そこを上手く伸ばせば違う人間に成長して行く話ができるんですが、そこはまだちょっと分りませんね。
カルマ >> 現在の限界ということで、限界突破もしていくだろうから気にはならなかったですね>ぞっとしたところ
kichi >> ああ、でもいぬまるくんは結構変幻自在というか、ガチャガチャとかゲームとかの回では鬱キャラ化しますし、今後も割と自由にやっていくんじゃないでしょうかw
ルイ >> 「スケット」は先週の予想通り、こういう時だけベッタベタの篠原先生っぽさ全開w
LD >> ふむ。カルマさんの話は、バブの視点が観える構図じゃないと盛り上がりとしてシケている…という感じの話になってきますかね?
ルイ >> 三歩進んで二歩下がる感じかとw>いぬまるくん まぁ、別にギャグものに着地なんていらないっていやそれまでなんですけどね。終わる時も登場人物ワーッと出して祝祭にしてしまえばいい。・・・勿体無いと思うけどw
kichi >> 私もカルマさんに近い感覚ですね。突貫小僧からシフトではありますけど、必ずしも将にってだけの話とも思わなかったです。あくまでも力の見極めであって、限界ってわけではないような?
カルマ >> あぁ、すみません。もやもやしながら話してる感じなので、ありがたいです。そういう感じになりますね>バブの視点が観える構図
ルイ >> 「保健室の死神」は想像を上回るすばらしい展開に全俺が泣いた。一番候補に1人で挙げちゃるw
LD >> ああ「Gガンダム」でもいいかな。今、「ワンピース」って、回りマスターアジアだらけみたいな状態なんだけど、ルフィはドモンなんだなあって感じです。ドモンでもいいじゃんって話は分るんで、それ以上はないんですけど。でも、僕はちょっと寂しいw
ルイ >> つまり無いものねだりでダダをこねている、と・・・w
ルイ >> ああいや、こねてはいないですね。寂しいんですね。・・・この英雄好きがッ!
kichi >> スイッチが気付く過程を丁寧すぎるくらい丁寧に描いてるのがなんか良かったですw>スケット
ルイ >> スイッチは素敵すなぁ。親心すなぁ。
LD >> カルマさんが組んで欲しい演出の形は、ある程度イメージできたような気がします。…ちょっと難しい所かもしれませんね。この作品、バブが本当の所何を考えているのか分らない…って感じに描こうとしているようにも観えるので。
ルイ >> でも、だからこそ今回はそのポイント回に思えた、ってのが先週のヒキってことですね>バブ
LD >> 天才好きってのも絡みますね。>英雄好き
ルイ >> 「バクマン」は大方の予想通り港浦さんの巻き返しですね。てか、デジタルに限らない古い資料まで引っ張り出すのは「熱意」演出としては十分だ。
kichi >> 「保健室」はたしかに今回面白かったのですけど、ルイさんの感動してるポイントは分かってなさそうかなぁ?おっぱい?<おい
カルマ >> うん、バブの心情を出す事の難しさは伝わってくるんで、その辺もやもやしてるのもありますかね…しかしなぁ。
ルイ >> あと、山久さんが相変わらずステッキーだったり、中井さんがアレだったり、いつも通りですね。
kichi >> 「バクマン」ねぇ……。せっかく巻き返したのにラストで地雷踏んじゃう辺りが港浦さんだよなぁ……(´・ω・`)
GiGi >> うん、スリラーパークでオーズと対峙したあたりのルフィと比べるとわかりやすいけど、尾田先生は意図してこのルフィの変化を描いている。ということはその先を描くつもりがあるということでしょう。その先に期待しつつ、だからこそ今の限界を認識しはじめたルフィに違和感を感じ寂しく思う気持ちも自然な受け止め方に思います。
ルイ >> や、要はこの作品、どこまで線を網目状に拡げられるか、みたいな話を前回したと思うんですけど、僕のイメージはせいぜい校内だったんで、他校に、しかも返し刃の設定を絡めて組んでくるなんて美しい線だなあ、って。おっぱいもいいけど。
kichi >> 中井さんはアレですねぇw しかし蒼樹さん側も揺れてるようで、まさかの三角展開か……!?(´・ω・`)
LD >> 多分、男鹿とバブが試されるシーンは、もう一段階出てくるとは思うんですよね。ただ、今週、ページかけた割りには後半平坦な印象はあるので、そこはそうなのかなと思います。>「バブ」
GiGi >> ミウラさんジェットコースター人生だな(笑)
ルイ >> シュージンも熱血マンガ的な切れ方しやがる。
カルマ >> 今回のぞっとする描写はシャボンディの「俺たちでは勝てねぇ」あたりから続いてるもんでしょうか。>ワンピ
kichi >> なるほど。>保健室他校に
ルイ >> しかも絡めた先がハーレム姉妹だっていうんだからうらやまじゃなかった面白い。
カルマ >> なるほど。>保健室
LD >> >意図してこのルフィの変化を描いている。 サイボーグくまと対決しているあたりからそうですけど、今までの流れで抜ける感じではないんですよね。
ルイ >> 「あねどきっ」は次週キッスですか?キッスのやり直しですか?本当にやってないのに噂にされるのはなんか納得いかない!って奴ですか?2828ですか?←病気
kichi >> ハーレム姉妹にもちゃんと個性付けを感じて良かったですねw この辺地味にしっかりしてるのは確かだなぁ、この作品。>保健室
LD >> すっかり、乗り遅れてしまいましたが「保健室の死神」は、これはいいテコ入れ(`・ω・´)
ルイ >> あの姉妹を見て「青い花」を思い出したのは俺だけでいい。
ルイ >> あ、そういや今回、先生のマユなしの怖さを説明してくれたのも良かったですねw>保健室
LD >> テコ入れといっても、本当に土壇場まで無策の泥縄なテコ入れとは違う、要所で要所を締めるいいテコ入れなのだっ(`・ω・´)
kichi >> 「青い花」ですか……。なんかもっとそのまんまに近い作品がいくつかあるはずですけど、具体的に思い出せないなぁ……(´・ω・`)
LD >> ルイさんだけでいい!w>「青い花」
ルイ >> 「AKABOSHI」・・・ブログで「ジャンプの後ろの方が面白くて悲しい」みたいな事書こうかと思っちゃったYO。
LD >> 「あねどき」は、もうなんかすっかり好きです(=´ω`=)どこのポイントから好きになったか確認するために単行本買おう。
ルイ >> エヘヘ(●´ω`●)ゞ >ルイさんだけでいい
ルイ >> どうしてそんなに好きなんだw
kichi >> 私はそこまでではないかなぁw いや、以前よりずっと良くなったというのには同意しますがw>あねどき
ルイ >> 流星の作り間違いが、ハタ目にもわかりやすすぎて痛々しい・・。
GiGi >> エースの救出(失敗)というクライマックスで何を見せてくるか、ですね。
カルマ >> 前よりかは良いですけど、好きとまではいかないですね(笑) 姉にドキドキしてないし>あねどき
ルイ >> はじあくといい、なんかLDさんに変なモードが来ている、という事で納得しておこう。
LD >> 「バクマン」は、なんか今、編集山久くんから目が離せない感じです。チャラ男に観えたんだけど、こいつは“できる編集”に観えます。
ルイ >> 今の所山久さんいいことしかないからなw
kichi >> たしかに何かやらかしてくれそうで楽しみですね。>山久編集
LD >> どこが好きかって…桜井さんがいいんだけど。冷静に分析してみると、実は小姉投入からという事が分る。つまり、小姉投入で力場が分散(?)されて、結果、姉じゃない桜井さんのキャラ輪郭がはっきりしてきたのかな?>「あねどき」
ルイ >> 姉の輪郭は?
ルイ >> この回想が初期構想からあったとするなら、スイレンを「観察者」として描けなかった時点で失敗。彼女に流星の中にある哀しみなりに気付かせない時点で、もうどうにもならない。とってつけの回想にも思えない。最初から考えてたはず。なら、心の影の入れ方が不足、というか皆無?>アカボシ
LD >> >エースの救出(失敗)というクライマックス そうですね。そしてそこが上手くいけば僕が寂しいだの何だの言っている事は一瞬の感傷で吹き飛ぶと思います。
kichi >> まぁ、姉が謎過ぎるので、小姉の投入で分かりやすくなった感はありますねぇ。
ルイ >> 「めだかボックス」わあ、勝ちきりましたね。で、先週のオラの突っ込みをそのまんま猫先輩に言葉にされたわけですけど、ここまでソレに気付かないで来ためだかにビックリ。
GiGi >> そうそう。本線でミウラさんがヘタレてるのと平行して山久の大冒険やってるのが大場先生さすがといった感。
LD >> 今の、ルイさんの「アカボシ」の指摘は完全に急所を突いていると思います。
ルイ >> 今回の回想がガチで結構良くできているだけに、尚の事口惜しいですね。>アカボシ
kichi >> 「めだかボックス」勝ちきりましたねぇ。ここまで完勝とはなぁ……。
カルマ >> 一瞬スイレンって誰のことかわからなかった(汗) 同時に彼女のヒロインとしての強さも獲得しますね>気づき
LD >> 姉の輪郭というか、姉の謎がかなりどうでも良くなったのが功を奏しているかなとか。小姉まで住み込みはじめると、もうかなりシュールな域に入ってきていてw受け止め方のチャンネルをひねられた気分w
LD >> 「めだかボックス」、鍋島先輩のこのキャラ格の高さはwww西尾先生、絶対外伝イメージは持っていると思うw
ルイ >> これこれ。これに全治○○っていうわかりやすい基準を組み込めば完成。 → うーん、攻撃される謂れはないから避ける理由もない、みたいな理屈はどうなのよ。それによって相手は犯罪者となりタイーホされたり、最も大事な目安箱への貢献が疎かになったりもするんだが。ってまあ、やっぱ雲仙先輩と違ってめだかちゃんは存在自体が矛盾抱えてる「白すぎる白さ」だからやっぱムズカシー。
LD >> …で、善吉がものすげえ勢いで置いてかれてる気がするな……こっちはなんだろう?
ルイ >> 手紙はめだかちゃんに届かせない、っつって戦ったら善吉タイムですか。
ルイ >> 「サイレン」も面白いですね。つか、幼女のスタンドが素敵ス。リリエンタールも真っ青←
LD >> >攻撃される謂れはないから避ける理由もない この場合“瑕疵”と表現していいのかどうか…とにかくめだかのキャラ造形は完璧をとりつつ、実は(完璧すぎて??)完璧じゃない部分も入れようとしているように観えるので、その匙加減のイメージは掴み辛いですね。
LD >> 小畑先生が意図している…のか、山久って、メチャメチャ表情と顔つきが変るんですよね。
kichi >> 「鍵人」はやはりまとめに入っちゃった感じですかねぇ……。しかしこの辺、正直言ってあまり興味を持てないなぁ……。これよりはミミ姉子をもっと活躍させて、ミミ子が人質に取られててニ゛ャンニ゛ャン泣きつつ再登場みたいな展開の方が見たかった感じ……(´・ω・`)ていうか、「鍵人」に関してはクラブサンデー行ってくれたら喜んじゃうとこなんですがw
ルイ >> ああ、姉がどうでもよくなってるように視点誘導してる、ってのは、色ボケ先輩の発言としてスルーしようと思ってたけど何気にポイントかもしれないですね。>あねどき
ルイ >> クラブサンデーw
ルイ >> サルベージに一旦戻るイメージも、これまた最初からあったんでしょうね。
LD >> あああ、そうか。善吉。今、僕は善吉に対して「カペタ」のノブになれるか?みたいな思考をしているんだw
ルイ >> ふむ。そんな突拍子もない思考ではないですよね>カペタのノブ 皆具体的にそうかはともかく、その辺を求めているのでは。
LD >> だしょ?(=´ω`=)>何気にポイント
LD >> 突拍子もなかったか…w いや、単純に言えば、善吉が今、埋没しているようにも観えるんで、どこかで面目躍如して欲しいなってだけですね。そして次週あたりは狙い時でしょう。
ルイ >> 妹姉を置いた事で、線が原始的な三角、ていうか線二本?に限定されずに済む事になって、おかげで姉を一時的にただの色気の象徴ってか、憧れの雛壇に置けるって感覚はありますね。まったくもって不満ですけど!
ルイ >> ややや、突拍子なくはないなとw
ルイ >> 善吉に能力的なベクトルで肩を並べて欲しいとは誰も思ってないでしょうしね。
LD >> 僕としては「鍵人」は、何気に土俵際で粘っている気分w…よし、ここでマスターキーは仮面型にして、それ被って、師匠の如く不死鳥復活だ!w
ルイ >> ただ、そうなるとめだかちゃんの切れモードの時に1人で止めなかったのが・・・むー、翻訳者はツライよ。
ルイ >> 俺は鍵人をやめるぞチルダァァァァ これか…orz
LD >> や、まあ、どっちでもいいw>突拍子 しかし、連載当初と比べて、めだかの視界から善吉がやや意図的に遠ざかっているようには観えます。これは何を意味するか…。
ルイ >> 善吉が裏返って不在に気付くってのがアリガチ?西尾的イメージでは皆無ですがw
LD >> 元々、善吉はツンデレとか分りやすい言葉にまとめる分、読み違え疑惑がついていて、今、ヘタすると雲仙の方が翻訳者としては適任だったりしますね。
ルイ >> そんなこんなでサンデーじゃないのかね?サタデーかね?
LD >> さて、それそれサンデヘ。
LD >> ま、もう何回言ったか分らんが「マギ」がいいわけだが…(`・ω・´)
ルイ >> 雲仙は解説者だったんですけど、ヒダの部分まで雲仙の方が通ってましたねw 善吉はめだかちゃんのそのままを肯定する、みたいな役所になりつつあって、理の説明はそれこそ雲仙先輩任せになってるから薄いのかも。
LD >> それから「キングゴルフ」やね。
ルイ >> 「マギ」は予想の範囲内なんだけど、それにしても見せ方がうめぇ。
kichi >> 「マギ」良かったですね……(´;ω;`)
ルイ >> 「キングゴルフ」は正直言うと期待値ほどじゃなかったですね。ちょっと言葉に支配されすぎたというか。
ルイ >> 一回引き返すあたり、もう週ネームわかってるう!と、某ハヤテ以下略
ルイ >> 先週のギギさんじゃないけど、今週の「ハヤテ」は結構戦慄しました。なんじゃこりゃ・・・。
LD >> そうですね。善吉は、自分以外誰もいなくなっても、絶対にめだかちゃんの傍らに立つ覚悟をしているのでしょう。そこはそうなんだろうけど、今、阿久根先輩や鬼界島が一緒に立たないイメージがないので、そうすると善吉のキャラ特性にならないんですよね。それは。
カルマ >> マギは上手い、面白い。良かった。後言うことあるっけ(笑)
kichi >> 「キングゴルフ」ルイさんに同感。単純にごちゃごちゃしてて分かりにくかったですし、なんかあまり綺麗には上回ってることを表現できてない印象でした。
LD >> 言葉に支配されすぎかもしれないですけど、相変らず画もネームも「華」がない中で、これはがんばっていると思いますよ。>「キングゴルフ」
カルマ >> 「キングゴルフ」は今週引っ張ったのがちょっと。
ルイ >> 華がない言うなw
LD >> おいらは「境界のRINNE」のあっさり女装に戦慄…(`・ω・´;)ごくり
ルイ >> 最強と無敵…サブタイからしても畑先生が盛り上がってるのが伝わってきて、それがなんともいえない痛みを呼ぶw
カルマ >> ハヤテ、なんかもうずっと悪い印象しか無くて、でも人気は衰えてる印象がないのがまた不思議で…うーん
ルイ >> 伊澄は自分より上のものと当たった事がなかった!?   ヒキにならんよ、それw
LD >> ドルジが敵兵を殺さずに返ってきて、ばっちゃが「戦争だけはいかん!」とか言い出した時点で、がちりと旗の立つ音がしたよ?(´・ω・`)
kichi >> 「RINNNE」はほんとに温度低いですねぇw 桜ちゃんに限らず、作品全体に淡々としたところがあるなぁ。
ルイ >> 僕は家族宣言したときに既にビーチフラッグス開始前でしたがw
LD >> いやぁ…こう、あたかも「ネギま」のようなバトルをやりたい年頃なんでそう…(´・ω・`)>「はやて」
ルイ >> 「RINNE」の温度の低さは望んでいた所で、それがそのうち減じちゃうんだろーなーと覚悟していた所でもあるんで、今の所大満足ですね。桜の「かっこいい」とかも、表情がついてきてないから「今この瞬間のかっこよさ」以上に意味が強まってないのがいい。
LD >> 。o(…家族宣言は、ばっちゃの旗というより、部族の旗なんだな…)
ルイ >> 今回のハヤテや咲夜の空気ぶりも凄いなあ・・・・明らかに、作中2大巨頭激突!夢の対決!然としてるんだけど、誰かそれを望んだのか、或いは誰かどっちが強い?と考えたことすらあるのだろうか。
ルイ >> (それは間違ってるんだな・・・マギに2人の会話で家族という考え方を伝えたんだから、ばっちゃが1人で家族を背負うんだな・・・)
LD >> メイド姿もいいよねw>桜
GiGi >> 善吉はフェードアウトでまったく問題ないと思っている。
GiGi >> ハヤテは相変わらずれべるたけえな。
kichi >> 女装もですけど、やっぱ特に抵抗した様子もなく普通にメイド姿披露してるのがいいんですよねぇw>桜
LD >> さて、ハクアは目出度くヨゴレとなったわけですが……ん〜やっぱ、序列的には天理が「強い」?って桂馬はオール無視しているからかんけないかw
ルイ >> 「神しる」は本当学校以外に色んな線を作ってますね。
kichi >> ヨゴレ……(汗) しかしノーラも絡めてくるとはなぁ……。ふむ。>神知る
ルイ >> 「神しる」と「オニデレ」でサンデー内世界の季節を押しとどめていたという説。
ルイ >> ノーラは誰得?
LD >> >善吉はフェードアウトでまったく問題ないと思っている。 すっぱり、そう行くならそれが正しいとさえ思います。ただ、少年マンガ的にそれもやり切れずにぐずぐずした状態だけが保たれてしまうのが一番恐ろしい。
ルイ >> 「MAJOR」をハヤテと並んで逆一番に推そうかな!!
ルイ >> 俊哉で引っ張ってフォアボールとかクソワロタ。ドカベンスターズ編越えよった。
kichi >> 「オニデレ」はやっと海の家編が終わるようでホッとしてる気分があります。……特に何かが嫌だったとかではなかったと思うんですけど、あんま乗れてなかったのを再確認気分……。でまぁ、今回は良かったです。>オニデレ
LD >> ノーラは、誰の得が無くても点火プラグですから…(´・ω・`)
ルイ >> や、今回のオニデレ若干ビューティフルドリーマーはいってて良くって。これが正しくエンドレスエイトの志向すべきものだったと思いますよw違うけどw
カルマ >> ノーラは数字上は「優秀」なんでしょうね。ハクアもあのおばちゃんがやってる限り相当優秀なはずですが。
ルイ >> 面白いけど・・・長い!っていう実感が浸透した頃に「だってずっとこのままが良かったんだもん!」って作中キャラに言わせるのは伝統の良さですね。
LD >> ま「悪魔裁判」もいいテコ入れ……なんか上がってきてるし…w
ルイ >> どうも悪魔裁判の掲載位置については、編集部の贔屓が入ってる気がして仕方ないんだけど・・・w
ルイ >> とはいえ、風呂場到着に限らず、ちゃんともませたのはいいんじゃないかな(`・ω・´)キリッ
カルマ >> 編集部の評判はいいんでしょうかねぇ…?>悪魔裁判
kichi >> 「悪魔裁判」はまた露骨なテコ入れですなぁw ま、弁護してた頃よりは読めますが……あざとさが鼻につくレベルを脱せてはいないからなぁ……。
ルイ >> 評判っていうか、ネームバリュー的な問題で。
ルイ >> 「コナン」の声優交代劇は写真つきで円満アピールだお。
GiGi >> めじゃの枯れた展開はこれが最後だと思うと心暖まるものがある。
LD >> 「アラタカンガタリ」も…wなんだろ「悪魔裁判」といい…テコ入れ週間か?wあとコトハの身体が微妙に汚れているのは冒険の怪我というかアザ?
ルイ >> おお・・・侘び寂びの境地・・・>心温まる
ルイ >> 「アラタ」こそロコツすぎるだろうJK。なんじゃこりゃ。
GiGi >> そしてジオ金が本気で面白くなってきたんだが。
カルマ >> ネームバリューですか…漫画でそれは重要ではないと思うけど、そして読者から評判がよいと信じたくない部分もあり(笑)>編集部には評判
kichi >> 「アラタ」もねぇ……w コトハのはアザなんでしょうね。
LD >> 「はじめてのあく」は、乙型の水着姿ですが…おそろしいほど普通の人間体なんだなあ…メイド服の下は球体関節に思っていました。
ルイ >> LDさんがシカトこいてる「最上の命医」ですが、かなり面白いことになっていたりして。なんつっても、真中用に関係図が組みかえられているw
カルマ >> 小山力也さんは良いんじゃないでしょうか。ジャックバウアー強すぎてコミカルなイメージがないのが玉に瑕?>声優交代
ルイ >> m9(^Д^)<下は球体関節
ルイ >> (死神様…)
ルイ >> 「ジオ禁」の扉絵までタマンネ。
kichi >> 「最上の命医」面白かったですねぇ! 瀬名いつのまにw
カルマ >> (死神様はそれこそネームバリュー的に…一般も考慮しなきゃいけないアニメだし…)
LD >> え?なにかシカトこきました?w
ルイ >> 気がついたら引いていたり惹かれていたりw>瀬名
カルマ >> 「ジオ禁」とてもいいですね。
ルイ >> コナンの視聴層とソウルイーターは、ジャックバウアーを心配する必要があるほど離れちゃいないと思いますよ。   ってかまあ交代のさせ方がゴミクズ展開なだけで、代わったこと自体は心配ないでしょう。
kichi >> これで西條せんせ→瀬名の線があったら綺麗な四角を描いちゃうんですが、そこはどうなんだろうなぁw
LD >> 「ジオ禁」は、なんかふわふわしている所がおとぎ話な感じですよね。
ルイ >> それは瀬名を参画させるルートですから、可能性低いですね。真中を中心とした逆三角形でしょう。
ルイ >> ジオ禁はマイペースですよねぇ。画がそれを助長してる。こう、ページ開いた瞬間別世界だから許されるというか。
LD >> あと、山下みのりんは、そこそこ「回って」赤城会長ほど危険人物じゃないあたりが、使い出が良さそう……じゃなくって、普通に赤城会長「回せよ」(`・ω・´)
LD >> さて、ちゃきちゃきマガジンいきまひょか。
kichi >> 「ジオ禁」いいですね。……引き続き三賢者の魔女さんの格を守ってくれるのかどうか気になるところ……。
ルイ >> とらぶるあたりを見習ってるのかなーと。
ルイ >> もう守りようがない気がw>格
ルイ >> ネギまがイキナリ前の方にあるとビックリするマガジンですか。
ルイ >> 「ブラマン」内側ロックは正解なのだろうかw 
カルマ >> この回は入稿早かったのかな(笑)>ネギま!前の方
GiGi >> はじあくは良いね。2号投入が思いがけず上手くいっていて驚いている。
ルイ >> 乙型ちゃんをキョーコと一緒にすなと>2号
LD >> 「ネギま」ええっすねえ今週。このレベルのエピをこのヒキの部分まで一回で持って行く連載そうはないですよ。…「ワンピース」でも5回分、「アイシールド」でも3回分って所じゃないでしょうか?(←何の指標?)
GiGi >> 線を引くなら命→危じゃないの?(マテ)
ルイ >> 「ネギま」は相変わらずマクロ英雄ミクロ英雄の方向でド直球ですね。最近遊びも皆無で胸が苦しいZE。
ルイ >> まあ、その指標はガン無視するとして(淡々)結果が見えているからこそこのヒキが味わいがあるってのはありますね。変えようがない過去を振り返る事の切なさがよく表現できとります。
kichi >> 内側ロックは微妙ですよねw まぁ、毒の強さによっては……でもなぁw しかしこのヒキは2年ブランクはブラフだったと見ていいんでしょうかね? やっぱりハッカーの2年はピアノの2年とは全然違うと思うからなぁ……。
LD >> いや、何か「Dr.スランプ」ってワケじゃないけど、かなりシャフト張っているのは事実ですね。>乙型
ルイ >> 卒業!卒業!
ルイ >> あれ、まだ疑ってたんですかw>ブラフ 内部スパイなんかも警戒してたんでしょうね。
カルマ >> サードアイにも裏切り者が居た経験から、表向き完全に線を断っているんでしょうね>ファルコン
ルイ >> 「エデン」  ねーよ。
kichi >> 「ネギま」は良かったですねぇ……。今週のはもう良かったとしか言えないなぁ……。
ルイ >> 状況と感情が行動を生むんだろう?なんで肉食獣の群れを抜ける時にジェラシー考え事で前見失うんだよ。いい加減にしなさい。ねーよ。
GiGi >> 日本沈没なネギまですが、これで大枠が見えましたね。こういう手続きエピソードをきっちりロマンス絡めて描ききっちゃうのはさすがです。
ルイ >> サバイバルもので、極限状況である事を疎かにする作劇は下の下策なんだよー。
カルマ >> 「エデン」はもうずっと展開に無理がありすぎるんですよね。
LD >> まあ、ねえ。森のクマさんに出会ったってくらい、ほのぼのしてるよね。>「エデンの檻」
ルイ >> これまで人間パートと古代生物パートを都合よくONOFFしてきたツケといえばそれまでですが>もうずっと ここはダメだろう・・・w
LD >> 日本沈没って?ああ、王国がね。
ルイ >> 日本沈没・・・w
ルイ >> 「はじめの一歩」 あ ありのままに起こった事を話すぜ!「先週ロープ際に詰めたと思ったら今週のヒキでロープ際に詰めようとしていた」 何を言っているかわからねーと思うが(ry
LD >> 「だぶるじぇい」プライベートの真田さんカコイイ!(・∀・)
LD >> いっそ、某亀田氏のように一歩を投げたりしちゃってはどうか?ウォーリー?(`・ω・´)
ルイ >> 今週の「GE」は悪くないですね。
カルマ >> 「だぶるじぇい」は真田さんしか見てませんよ、ええ。
LD >> 「GE」わりとまともな展開。
ルイ >> GEでシンクロとか顔真っ赤になるくらい恥ずかしいんですけど。
LD >> 「君町」、神咲………なにしに来た?w(疫病神を見る目)
kichi >> まともなのかぁ……(´・ω・`)まぁ、言わんとすることはわかりますがw>GE
kichi >> 「君町」はなぁ……w ほんとなんでここで神咲なのかw
ルイ >> 「フェアリーテイル」 ・・・・やっぱり肉片残さない割りには優しかったな、と。これは伏線だな!←
LD >> 真田さんだけ、なにか格が違うかラナ…w
カルマ >> 「GE」ええと、割と普通に展開。
ルイ >> 「ゴッ輝」は、医療は数字ゲームじゃない!って言う人達がタイムアタックに加えてポインヨ制まで導入したあたりにクラクラしますね。なんかもう、この時間使ってリアル手術してた方がいいんじゃね?って気がしてきた。
LD >> まあまあw…いいじゃないですか、ここで先輩のトリガーが引かれてw妥当w>「GE」
カルマ >> 「形を残さない」がノイズ過ぎて読めないです>フェアリーテイル
ルイ >> この場合、時間は負けるけど点数が100点、あたりが着地点ですか。
ルイ >> バカだけど一心不乱な子に行動力の背中を押されるとか、少女漫画の王道的な展開でよいじゃない>GE
LD >> いや、何というか展開的に“勝負”をしたかったんでしょうけど、本当に命の掛った患者さん相手に競争とかやっているのは輝的に有り得ない…という判断から、この超科学シミュレーターが出てきたのでしょう。>「ゴッ輝」
ルイ >> 「形を残さない」は大失敗すぎてフォローできませんなぁ。
カルマ >> 別の軸を打ち出さないと勝つ見込みが無くなってきたんでしょうね>輝
ルイ >> ピッコロ大魔王みたいに「カケラすらのこさんぞ!」つって全力のエネルギー波撃つのはいいんですよね。それはエネルギー波の威力を過信しているという事になるから、別に実際にカケラも残らない必要はない。
ルイ >> ただ、今回の場合、既に倒れている相手を「まだ形がある」つって続行してるわけで・・・w
ルイ >> なんだ腕ももげてないのか、と怖いマジレス
LD >> 逆にこういう勝負に変換していかないと、畢竟、マネーウォーとかになってすんげえ分りづらくなるw>「ゴッ輝」
ルイ >> その辺が少年医療マンガのジレンマを感じさせて、このシリーズは味わい深いっすね。
ルイ >> 「むろみさん」 おおおおお〜orz 名島先生容赦ねぇ・・・orz
GiGi >> ゴッ輝は輝の番になって計ったように緊急手術が来るに一票。
ルイ >> あるあるw>緊急手術 喉まで出掛かってたけどポインヨがついたからないかな、とも思ったw
ルイ >> 単にタイムアタック勝負なら、計ったように緊急手術がきて「長船・・・時間をはかれ!」って展開があると思ってましたねw
LD >> 確かにw全滅w>「むろみさん」
LD >> さて、そきっとチャンプヨン行きまそか。
GiGi >> ベビステは引きが上手すぎて震える。
ルイ >> 「むろみさん」中古云々も同様だけど、とにかくむろみさんに変な情状酌量の余地を与えない所が凄い。今回も大量殺人・・・殺魚に加担してる。
ルイ >> 「スマッシュ」の優飛のぺちんビンタをスルーなんてしないぞこの野郎。
カルマ >> せっかくの新キャラの名前すらわからないし(笑) イカ娘が面白いとかどの口が言うか>むろみさん
ルイ >> 思い切りぶたないのは彼女の優しさ、ぶつ事自体をやめないのは翔太を取るなという想い自体の肯定。 ンー!!!←奇声
ルイ >> 「ベビステ」はまた筋力ひとめぐりなの?ちょっとわかってなくて次週気になる。
LD >> ああ、うん。優飛のぺちんはいいよね。
カルマ >> 次の成長段階が読めないですね>ベビステ
kichi >> 「スマッシュ」のぺちんビンタは良かったですねぇ。
GiGi >> 吉本浩二の泥臭い絵の手塚治虫伝良かったですね。
kichi >> たしかに「ベビステ」は何に気づけと思ってるのか読めないですね。楽しみです。
ルイ >> BJイラストなんですが、やっぱり渡辺先生と梅田先生がノリノリって事がよく伝わるので、LDさんはっつけてください。
ルイ >> 「医者はどこだ!」って今読み返すと、BJやさしすなぁ。
LD >> 「ブラック・ジャック創作秘話」ですが、こんな風に描いていた「ブラックジャック」を手塚先生はどんな風に終わらせたか俺は知っている…w
ルイ >> 最初板垣先生の描いたのがキリコじゃなくBJだと思ってしまって、大爆笑したのはないしょのつぼみ。
ルイ >> 8時間伝説バロス。
GiGi >> 弱ペダは見事としか言いようがない。ところで先週の一番て結局どっちだったんだろう(笑)
LD >> 渡辺先生はノリ過ぎだろうwJKw
ルイ >> 弱虫ペダル、素晴らしかったわ。個人の好みは結果負け勝負勝ちってのは繰り返したとおりだけど、勝ちきりましたね。それもよし!
LD >> 先週の一番は「ブラッディマンディ」だな!(`・ω・´)
LD >> 「弱虫ペダル」勝ちましたね。正に勝負の綾という感じですが。
ルイ >> 最後のページの厳選されたコマの中に、寒咲先輩の画があるのがクッてきますね。
kichi >> 「弱虫ペダル」は素晴らしかったですねぇ。まぁ先週すでにルイさんが解説してくれたので特に言うことはないですがw
ルイ >> アンディたちは良い仕事をしたんですよね。
GiGi >> 水島先生のピノコが可愛くて、いっそ水島先生が手塚リメイク漫画描けばいいじゃないとか不覚にも思ってしまった(笑)
ルイ >> でもその仕事を生み出した時点で負けていたっていうのかな。あのセリフに打たれてる「・」が1つ1つノイズ、それこそ研ぎ澄まされた肉体に生まれた、精神の贅肉の象徴なのよね。ゴメン上手い事いってw
GiGi >> じゃあ今週は安心して弱ペダ推せるな!
ルイ >> まあねえ。ドカベン復活で追撃って組み方したはずなのに気付けば殿馬の確変続行を祈る謎マンガ描いてるくらいならねえ。
LD >> 「範馬刃牙」は、ブッシュとかオバマが出てくる、わりと国際派なマンガw(←国際派?)
ルイ >> というか、少年チャンピオンには現役アメリカ大統領が2人出てくるワールドワイドな雑誌。
LD >> 「こっちの方が面白いでしょう?」と言う時の手塚先生の悪い顔がちょっと好きw
カルマ >> (くそう…弱虫ペダルは単行本なんだよ…)
ルイ >> 同じ大統領なのに、かたや「オマハ」という若干抜けた名前、かたや「オズマ」という1つ間違えたら魔球すら打ちそうな名前ってあたりに作家性を観る!!!(みんな
ルイ >> BJ傑作選もかなりガチなセレクトですね。僕見てない話とかもあるかもしれないんだけど、普通に全部知ってた。
GiGi >> そうは言ってもギャンブルフィッシュも凄かった訳だが。こっちもきっちり引き金弾かせた。
ルイ >> 「ギャンブルフィッシュ」きましたねえ。アヴィ数式絡めてくるとかトンデモなりに整合性バツグンで、言うことがない。
ルイ >> そしてエミリーの星条旗ブラを剥ぎ取った時、何故かコマに描かれるキノコw
LD >> 「バチバチ」は取り直しですか。まあ…なら負け?(´・ω・`)ぶも?
ルイ >> 「バチバチ」は熱い!熱いんだけど、次週どうすりゃいいんだ!
ルイ >> 下手フリまでは読み切りましたけど、そこで「下手不利をひっくり返した火竜」を組むのはこれまた天晴れですね。火竜の投げザマの絵を思い浮かべていれば、ここまで先週で読めたんだ。畜生、まだまだ足りないなぁ。
kichi >> 「ギャンブルフィッシュ」はなんで手袋指定だったんだろう?とはちょっと思ったw あといい人顔のアビィキモイw しかしまぁ、いよいよ見せ場ですねwどうするのかなぁ?w
GiGi >> じゃのめはいろんな意味で理解あるお父さんで良かったな!
ルイ >> 毒気が抜けたアヴィは有害図書ですねw
LD >> が…まあ、根性負けした所で勝負付けは終わったかな?……新たなライバルも登場してるし…。
ルイ >> 鯉太郎に出血させちゃってるのが、典型的な「今回は負ける理由」付けなんですよね。しかしライバル2人は良かったですね。凄くいい。ディ・モールトいい。
ルイ >> あそこで王虎の認識に口挟ませるだけで格がグッと出て・・・どうも王虎との関係に閉じ気味だった物語で、他の力士をポンと立てたのは大きいです。
kichi >> 「バチバチ」はとりあえず事実上今回勝ったということで、まぁ、次週負けててもアリではあるんですけど……やっぱちゃんと勝ちきって欲しいですね。個人的にどうしても王虎にはライバルにして面白くなる格を感じないので、さっさと通り抜けちゃってほしいなぁ。
LD >> お父さん……これはいかんだろうwというか、もうこの二人止まらんだろう…w>「じゃのめ」
ルイ >> そうそう、血をフェイクに勝ちきって欲しいですね。そこは同意。
ルイ >> 「じゃのめ」               アチャー
ルイ >> 手袋を指定したあたり、オバマも紳士という事でしょうw
GiGi >> バチバチは上手い!ですね。さりげなくこれから絡む脇キャラを紹介したりとかも。
kichi >> 「じゃのめ」は……うん、まぁ、もうどこまでもいっちゃえばいいんじゃないでしょうかw
ルイ >> でも、なんですかね。今回のエピで週跨がないのは、強いですよ。>じゃのめ
ルイ >> 目玉取らざるを得ない状況1つ挟んで、親父目撃でヒイて、次週・・・なんて組み方してないんだから。掴みもバッチリで。
ルイ >> 「冥王神話」 隣が教皇なのに、出てきただけで「これで勝つる!」オーラの強すぎる、乙女座という存在の持つ存在そのものの情報量にワロタ。
LD >> ねえwもう同衾でも何でもしてくれって感じなんですがw>「じゃのめ」
ルイ >> シジフォスまでは想定内だったって事は、シジフォスならなんとかできたって事だよ。乙女座ー!
kichi >> はい。ほんと、この前の竹婆ちゃんの話も続かなかったですし、単話で描き切るキレがあって最近の「じゃのめ」は素晴らしいですよねぇ。
ルイ >> 「雷火」ですねわかります。
LD >> 教皇よりも頼もしい乙女座にワロタw
GiGi >> しかしじゃのめはこの話を一話で描ききるのは贅沢感があってよいですね。巡り合わせ次第では十分一番候補。
ルイ >> OVA,アルバフィカ編だけ観たいかも・・・。
kichi >> 乙女座の格高さは確かに異常なレベルですねぇ。
ルイ >> 「釣り屋ナガレ」ナガレに戻っちゃったんでwこっからが勝負ですね。
LD >> お、俺!キャンサー!\(`・ω・´) (←観れよ全部)
ルイ >> 車田聖矢の乙女座情報が全部圧縮されてこの画に入ってるんですよね。車田未読だとどれくらいの差が出るのかは気になる。でも、大差ない気もするw
ルイ >> キャンサーは1クールに入るの?w
LD >> ちゅか、程なく、AT−Xで流れるのでは…などと。
ルイ >> (#^ω^)ピキピキ
ルイ >> ニーベルングはラストが酷いけど上手いですね。こう、影で見えない足だけ見せるとか、ベタですけどちゃんとしてて。
LD >> いやぁ、僕のイメージでは獅子座がミスター・黄金聖闘士という感じなんですけど、乙女座は黄金聖闘士超えてるからw…女神の下僕に何故神が混ざった?みたいなw
GiGi >> 乙女座描いてて本当に楽しそうだ(笑)
ルイ >> わかるわかる。なんでワードナの迷宮にマイルフィックいるの?みたいな話ですよねw←わかる人いるのか?
LD >> なんか色々、ごちゃごちゃしているんですけど「ニーベルング」という素材の期待値がでかいです。
ルイ >> ごちゃごちゃしてますねえ。スピード感があるという言いかたもできるけど。
ルイ >> 今の所、ゼルダの伝説神々のトライフォースですね、と言いたいけど、言ったらバカにされるから言わない←
LD >> さて、そろそろ一番決めましょうか。
LD >> ジャンプは、「バクマン」、「めだか」、「あねどき」…。
ルイ >> (「あねどき」とか言い出したぞ・・・)
LD >> サンデーは「マギ」、「RINNE」、「悪魔裁判」…。
GiGi >> まあ原作佐々木ヒロト先生なんで芯は外さないでしょう>ニーベルング
ルイ >> 「保健室」「マギ」「オニデレ」「ネギま」「スマッシュ」「弱虫ペダル」「ギャンブルフィッシュ」。まからんよ。
kichi >> ジャンプは……ん〜、「ワンピ」か「バクマン」……、「バクマン」でいいかな。
LD >> マガジンは「ネギま」、「ベイビーステップ」、「GE」…。
ルイ >> (「GE」言い出したぞ…)
kichi >> サンデーは……「最上の命医」でw

MANKEN CHAT(1.1)