漫研チャット
名前:
発言:
[正面] [取扱] [過去ログ]


■■■■2009年11月15日■■■■
LD >> いやあ、このマンドンナ三位だろ…とか言うとちょっと淀む気がするし…wまあ、ちょっとここは大体そんな感じとして…。
LD >> ワシも厳しい事を言うようだがな!100歩譲って「乃木坂」はワシの事後報告で「大体わかった」感じになるとも思うが、「けんぷファー」と「生徒会の一存」はそういうワケにはいかんのじゃああ!
ルイ >> うはあ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ルイ >> そ、そ、そうなの!?ていうか「生徒会の一存」ってこれ以上の発見あるの?w
ルイ >> 今の所、なんもかもほちゃが序列一位に見えるんですが。
LD >> むしろ「乃木坂」は、「ふたりエッチ」と同じ結論で描かれているというので大体分ったらから、後はその説に反証的な事件が起こった時に再検証すればいい感じだ。(`・ω・´)
LD >> どー考えても、ほちゃが一位なんですよ。…でも、EDはまだ観てません?>「けんぷファー」
ルイ >> 今ステキな声の生徒会長が出たところなんで、ちっと待ってくだしい。
LD >> いやぁ…「生徒会の一存」は単行本巻数とか考えると、この期は全く場が動かないと想像されるけどね…w
ルイ >> ええええええ・・・・・・・orz
ルイ >> 「この堀江由衣声が!」のあたりで俺様の体温が2度も下がったんですが、大丈夫ですか。
LD >> ステキな声に関しては他にあるだろうJK<(`・ω・´)
LD >> そこは笑い飛ばすところだ。ルイ二等兵。>体温
ルイ >> 上官殿、大丈夫でありますか!(頭を指差しながら
ルイ >> なんかね?「田村ゆかり声」はともかく「ほちゃ声」は田村ゆかり声に対応した脚本家か声優のアドリブに思えて、体の芯が冷えるんですよw
LD >> 分るような、わからんようなw>体の芯が冷える まあ、田村ゆかりのあの声は揶揄の対象になるけど、堀江由衣の声はなんというかそもそもその俎上に上げられないだろうというか…?
ルイ >> あ、あんれええ。。。。?
ルイ >> 何故かEDで「一方通行両想いコメディでござる」って宣告されたでござる。
LD >> 別に田村ゆかりの声が変だと言っているわけではなく………言っているんだけどwいや、特徴があるから、そういう聞き分けに使われるんですよね。言い返しがこの「金朋声が!!」はアリというか。
ルイ >> 本編20分よりはるかに饒舌ってどういうことなの・・・っていうか印象操作なの・・・
LD >> ね?(´・ω・`)>「一方通行両想いコメディでござる」
ルイ >> これはさあ・・・・・・・・・・・・つくりが悪いから起こることじゃないですか?w
LD >> しかも、このまめぐ、シエスタがナメック星につくまでにオラ死ぬ程特訓するぞ〜!ってスーパー・シエスタになってしまったような、シエスタなんですよ。…それって一位か?って言いたくなるんですよね。
ルイ >> ちゃんと1話Aパートで「まめぐちゃん、だから好き!」っていうポイントを一個置いておくだけで解決するのに、物語軸の中心が「女になっちゃってどーするの!?」を強調しすぎて「好きなさくらさんに振り向いてもらいたい!」がメインと認知されてない時点でEDになだれこむから、後付印象操作臭くなるんですよ、これ。
LD >> 普通、うまいんでないかい?一方通行両想いコメディを思いつくのはw
ルイ >> いや、だから、構造はうまいけど順序は踏めてないというかw
LD >> 「まめぐちゃん、だから好き!」→ああ、そんなのはっきり言って無いです。一話にずべり込ませる事ができなかったという事じゃなくって、無い、です。そりゃ、優しく、可愛らしくは振る舞いますけどね。シエスタぐらいには。(←コイツ、どんだけシエスタが嫌いなんだ?)
ルイ >> キャ、キャスト表でまめぐ五番目だよ?・・・オラなんか意味わかんなくなってきたぞ。
ルイ >> 無いのかぁー・・・・え!?それなのに基本構造なの!?w
ルイ >> シエスタが好きって言われるほうが困るので、それはまあいいけど。それにしても結構面白いトークなのに、なんの注釈もなしで「シエスタ」で話進めちゃってるのがダメな所だなw
LD >> だから、キャラ位置は本来「GE」の先輩のノン・ビルディなんですけどね。でも、何故かEDでは「負けるもんか!ひるむもんか!」とか歌っていて、しかも設定格はそんなに悪く無さそうなんですよね。
ルイ >> OPのらすとで、男の方にツンってしてるよ?まめぐ?
ルイ >> ノン・ビルディの先輩というのは文字通りの「原初マドンナ」ですよね。予め卒業を見越して配置される、くらいの。
ルイ >> それなのにEDは「この構造が作品のメインで、目指すべきゴールはここだ」と宣言している。
LD >> >五番目 や、だから一位は堀江子で確定なんですよね。その意味で、まめぐは「マドンナ」だと。でも…この「マドンナ」どうなのよ?って。
ルイ >> しかして「まめぐちゃんが好き」についての演出が全体通して積まれていないというのは・・・んんん?どゆこと?格が上がったり下がったりで、色んな方向向いちゃってますよ?
ルイ >> ちょっと待って、俺のpenU級の脳内スパコンにアクセスしてみます。
LD >> 2話か、3話観れば分りますけど、井上女の好きな人が井上男という噂がながれるので井上男はライバルだと認識するんですよね。…だから、アイデアはいい事ありません?w
ルイ >> ・・・どっちにも「かえで」って人がいる?
LD >> ちょっと「面白い」んですけどね。要するにまめぐ子は明らかにオミソなんですよ。でも、最近のハーレム作品でここまでオミソを中央に置いている作品は逆に珍しいんですね。
ルイ >> あ、そ、そうか。なるほど。
ルイ >> 要するにまめぐとの恋愛成就を「ゴール」にしてしまって、作品全体はそこには寄らない「成長物語」にしてしまえばいいんですかね?で、成長の相棒がほちゃだから・・・なんつうの?「ウイングマン」あたり見た方が通る?
LD >> …で、そこの部分を指摘してダメ出しするだけで終わってもいいですけど。この中央(「マドンナ」位置)にオミソがいる事によって、主人公の「恋愛原子核」がストップなしに利いて、本当に磁石が鉄引くようにハーレム構造ができあがるんですよね。ここからさらに引き放題だし。
ルイ >> 要するにまめぐとの恋愛成就を「ゴール」にしてしまって、作品全体はそこには寄らない「成長物語」にしてしまえばいいんですかね?で、成長の相棒がほちゃだから・・・なんつうの?「ウイングマン」あたり見た方が通る?
ルイ >> しずちゃんのテンポについていけてない感が無駄に萌える。
LD >> 「ウィングマン」持ってきたのは正しそうですね。
ルイ >> 生徒会長が好きです!!スイマセン!好きです!
LD >> …あ!しずちゃんって、しずかちゃんの事かw南海キャンディーズがどうかしたのか?と思っていたw
LD >> え、そこまで何故、比呂美子にはまった?w
ルイ >> ああ〜ここで文字一文字抜かした僕のミスですね〜・・・って!!!「シエスタ」は通るのに!!orz
ルイ >> 「ウイングマン」で通じるなら、なんかまあ、EDもしぶしぶ理解できる気がしてきました。本編で手当てしない事の言い訳たりえるし・・・OPやEDって「壮大なバンクシーン」だから、印象を積めるんですよね。
ルイ >> まめぐはなんでこんな切実なの?百合なの?
LD >> かなりエエ加減な作品……それ故、気持ちいいくらい正統派なハーレム作品になっているので、最後を決めている事はない(決めていてもコロコロ変えられる)ように思えますが、それでもこの話はほちゃが本命だと思いますけどね。…と言いつつ、ほちゃ子もかなりシエスタですが。……シエスタ、なんの代名詞になっているんだろうw
ルイ >> うーん、途中でEDを変える気がないなら、逆に「正統派なハーレム作品」すぎて、最後はまめぐにしか落ち着きようがないような。いや、皆でおっかけまわすEDか?
LD >> 百合という事もなかったようですが、ともかく井上女にはビビビと来たみたいですね。
ルイ >> (ビッチかな・・・w>代名詞)
LD >> ただ「ウィングマン」の頃は、美紅ちゃんが完全に「ヒロインのためのヒロイン」でその機能を認められていましたからね。今、その感覚がそのまま通るかどうかは疑問。
LD >> まめぐ子がキャラとしてオミソな事を認識していなかったら、正統派なハーレム作品として、最後はまめぐ子でしょうね。しかし、僕はさすがにその認識はなくって、意識的にオミソに描いていると思う。…そうなると、当然、ほちゃの繰り上げ当選なんですよね。
ルイ >> うーん、でも何か、このまめぐヒロインは構造の外に思えますね。ストーリーの結果受け皿というか。
ルイ >> ふむ。>繰上げ当選 その場合、ラス前前あたりまででED打ち止めして、残り2回を特別仕様にすれば成立するかな?・・・いやこれ、序列とかの話じゃなく、「強すぎるED」の話ですが。
LD >> いやぁ、キャラとして認めて、はじめてビッチと呼んであげようというキャラですよ彼女はw少なくともアニメは、お前の微妙にサイトをかばわない行動、微妙にルイズと張り合わない行動はすごく納得がいかないw
ルイ >> 「そらおと」もそうなんだけど、スペック高い割に作中優遇されてないキャラが好きなのかもw>生徒会長
LD >> EDは混乱を呼びますね。…とは言え、僕はEDがどうあれ内容を観る限りはまめぐ子は一位じゃない(一位のような振る舞いをするけど)と言っていますね。
ルイ >> お、これは一本取られた。本来僕がそっちに厳しくなきゃいけないのに、仰る通りです、失礼しました>ビッチですらない
ルイ >> うーん、「ヒロインのためのヒロイン」復古臭いなぁ・・・。
LD >> え?生徒会長は優遇されてね?…以前、部長を佐久間先輩と呼んだけど、生徒会長と部長を会わせると佐久間先輩になると気付いた。
ルイ >> これ、キャスティングで考えても回りと比べて「中島愛」という棒というか・・・声質オンリーというか・・・w←おい これを引っ張ってきた事自体に、さくらというキャラの器を見ますけどね。
ルイ >> ちなみにどっちの生徒会長ですかw>優遇
LD >> 「そらおと」の話をしましたw>生徒会長
LD >> つか、この状態で肩書きオンリはキツイので、名塚会長か、高垣会長と呼んでw(←まともにキャラ名を呼べ!)
ルイ >> ああ、うん。今LDさんが「生徒会長と部長をあわせると佐久間先輩」というのは仰る通りだと思っていて、それを「佐久間先輩の半分なんて凄いじゃん!」と観るか「ああ、ここで分割されたのね」と観るかの違いという事です>そらのおとしもの
ルイ >> ちなみに「佐久間先輩」は「まかでみWAっしょい」な・・・このチャット、平気で横にタイトルポイポイ広げていくからw
ルイ >> 水樹奈々みたいな声・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・LDさんに任せよっかなああああ〜!!!!!
ルイ >> つかね、今時「田村ゆかりみたいな声」すらね、俺の場合キタエリかどうか悩まないといけないわけですよ!!まだまだ圧縮に使えるワードじゃないんですよおおおお!!!
LD >> つか、「まかでみ」の佐久間先輩のキャラ格が高すぎるんですね。…と言いつつ、部長は会長がいる事によってキャラ格を高めているので、なかなかここらへんは色んなやり方があるなあと思う。
LD >> ああ……昔、「乃木坂」で「あそこに居るのは声優の植田佳奈さん!」→「こんにちは〜」とかで、いやぁ…こんにちは〜くらいしか言う事がないならそっちに振るなよ〜orz って思った感覚に近いのかなw
ルイ >> 素晴らしい!!まさにそれだ!LDさん!>「あそこに居るのは声優の植田佳奈さん!」
ルイ >> モビルスーツとか三倍早いとか、凄く歯痒い感じでオタネタ使うんですけど。
LD >> まあ、ぶっちゃけ、スーパーワードの「しずかちゃんの声」から、横に拡げてみましたって感じではあるね。…大丈夫、その内「能登麻美子みたいな声」が出てくるから!!(←何が大丈夫なんだろう?)
LD >> そこらへんは耐えてこその「けんぷファー」(´・ω・`)(←何かいい事言っているつもりらしい)
ルイ >> 能登の声も戸松ぅぅ〜(以下自主規制
LD >> ちなみに「けんぷファー」、幼馴染みが“遅れて”来ます。…これも興味深い、それによって基本FA属性がすんなり並列に組み込まれている。
ルイ >> 「京四郎と永遠の空」にラブコメ付与したものと捉える事にしますた。
ルイ >> ああ、幼馴染ね。マブラブの尊みたいな人ね。 ただ、「FA属性」なんですかね?
LD >> 戸松っちゃんの「若いって加減知らなくっていいよね」感は、思わずファンになってしまいそうなパワーがありますw
ルイ >> いや、FAってこの場合フルアーマーとかフリーエージェントじゃなく「ファイナルアンサー」として勝手に読んでるんですけどw・・・幼馴染って結構極端に二分割される属性ですよね。
LD >> 「京四郎と永遠の空」はラブコメじゃなかったの?w
ルイ >> いや、あの作品日常磁場が足りないというか、ミクロに置く足場が足りなかったじゃないですか。学園転々とするのもそうだし。>京四郎
LD >> FA(ファイナルアンサー)でいいです。そして今、ルイさんが言っている指摘も理解しているつもりではありますが…。言ってしまうと、それがFAじゃないなら、FAを計る定番のハードルである事も含めてFA属性と言っていますね。
LD >> まあ、ぶっちゃけひたすら「レベルたけえ」作品ではありましたね。>「京四郎」 松岡エンゼルのハーン!な感じが楽しみだった。(´・ω・`)
ルイ >> ああ、うん。それは「マドンナ」も同様に捉えている僕としては異論ないのですよ。「幼馴染じゃないね」とは言わないのでw・・・そりゃそうだがwいやだってマドンナだって憧れてる高嶺の時点でマドンナであって、本来「マドンナじゃない」は結構変なんだぜ?wそういうことを言いたいんだぜ?w
ルイ >> 「レベルのたかさ」はどこから生まれるか、という答えの1つに、日常の足場が無い、ってのは1つの条件たりえるでしょうね。
ルイ >> 「けんぷファー」EDのこの動きって、7枚なんですね・・・ムチャしやがる・・・
LD >> >「マドンナじゃない」は結構変 もっともな指摘ですねwとは言え一応、「序列一位」という考え方がある以上、そこで結ばれる、そういうストリーラインが想像される以上は規定通り「序列一位」だねという事でいいと思うんですけどねw
ルイ >> 設定が「そういうもの」として進行して、常識からのツッコミ・指摘が入らない、というのが「レベルのたかさ」の第一条件に思うけど。・・・でも、「京四郎」って主人公が・・・あれ?ああ、あの子結構巻き込まれるまんまで世界観に適応しちゃったから、レベルたけぇんだ。
LD >> あと、まめぐ子は僕の中では人気ないと思っているのだけど、さっきのようにそこの予想がはずれてるといろいろ状態も変ってくるかも。…まあ、本気で「まめぐは無い」と思っているのが「まあ、あり得るかも」に変る程度ですが。
ルイ >> 序列一位である数ある根拠の1つに「マドンナだから」がある、同様に「幼馴染だから」がある。これが基本的な捉え方でね。LDさんが言ってるのはそれとは違う、虚偽の位置というかwそういう話だから、何かしら、似たような別ワード当てはめると楽だとは思うんですけどね。「青春の幻影」にご登場願います?w
LD >> ん〜。話が「まかでみ」に飛ぶのと、話が「京四郎」に飛ぶのでは、どっちがレベルたけえのだろう?まあ、どっちも高そうですがw
ルイ >> まめぐは人気出るポイントがEDの中割なしの7枚くらいしか求めようがないので、まあ、人気ないでしょう。
ルイ >> 「まかでみ」はちなみに主人公がツッコミとして機能しているので「ワケわからない割に、ワケわからないものとしながら許容する」形が整っているのが良い所ですね。だから案外、あの作品観ていくと観易いんだ。
LD >> 一応、今の話の流れで「櫛枝」とかも妥当っぽいですけどね。いや、今のルイさんの言う「マドンナだから」は「ヒロインのためのヒロイン」な話で。また、主人公が好きである事が即、一位の理由にはなっていないと言う事でもあります。
ルイ >> 今このチャットがかなりダメなレベルのたかさである事は間違いない(淡々と
ルイ >> 確かに。>好きである事が即一位の理由にはなっていない その辺の作品ごとの捉え方の違いを観測するための、言葉のツールであればそれでいいんですね。
LD >> 「まかでみ」は情報圧縮作品として、もう少し色々な角度から分析しないといけない気もするんですけどね。時間が…アニメの「そらおと」が近い感じが出ているんですが「まかでみ」ほどキレイに圧縮かかってないですからね。(注:作品評価とは別の話)
ルイ >> 「そらおと」は「まかでみ」と比べると全然に思うなぁ。仰る通り作品評価の話ではないんですが、イカロスをはじめとした「天上世界」の話と、トモキを中心とする日常エロコメの話は、そこまで綺麗に絡み合っていない。単に「超パワーをしょうもない日常に使う」というあたりにリンクが張られているだけで。
LD >> はい。さっきまで「一位のように見えて一位でない」キャラを「偽一位」とか「疑似一位」と呼ぼうとしていたのですが、何だかなあ…?という感覚から別の言葉を探していますしね。>「マドンナ」
ルイ >> 「まかでみ」の場合、単話単話があまりに飛んでいるので、逆にあらゆる角度から一点を照射すると輪郭が見えてくる、というか・・・そういうテクニカルさがあって。まあ、パッと見とっつき辛いことは間違いないけど、観終わって同じ印象の人はそういないと思う。
LD >> ただ「マドンナ」って、属性じゃなくって被属性ですけど、「幼馴染み」属性と並べるのは意味がありますね。「思い人」は単純に「幼馴染み」に匹敵する強い属性だ。…むしろ、思われてないのに「強い」、「幼馴染み」が凄いんだけどw
ルイ >> 属性でなく被属性。仰る通りだ。
LD >> ああ、コア構造はほぼ同じだけど「まかでみ」はそれだけじゃなくって、もっとにぎやかしなキャラが画面からはみ出るほどいるから、そこが大きく違いますね。
LD >> まあ、そんなワケでルイさんもすっかり「けんぷファー」の魅力にはまってしまったようなので、そろそろ寝ようかと思います。
ルイ >> うーんと、「幼馴染」が「主人公を想う」とリンクする可能性はかなり高くて、潜在的には対になる関係性ではあるんですよね。で、「想われていない」とは言わないけど・・・こう、幼馴染の一途さほどには及ばない、「適度な憧れ」で留まるマドンナは、それこそ幻影となって「本命」の刺身のツマになるという意味では・・・幼馴染と同じ強度を確立できた「マドンナ」は、それこそゴールたりえる、結ばれるのかな。えーと比呂美は幼馴染属性もあるから、そっちを無碍に出来なかったという可能性。
LD >> ここらへんの話をしようと思ったら、多分「けんぷファー」は近年で必須って事だぜ?「乃木坂」よりもな。(`・ω・´)←なんかカッコいい顔
ルイ >> 非情に不本意な纏めではありますがw>けんぷファーの魅力にはまってしまったようなので でもまあ、たまに行うこういうチャットが蒙を開いてくれるのはあるから、まあ、否定できないwムカつきますがw
LD >> いやぁ「とるてあ」は、比呂美云々というよりも、乃絵の格をさらに上げようと思ったら、ああなったという感じに思えるなあw
ルイ >> 「乃木坂」は一部で出ていた、無菌構造の「逃がし」が更に発展して「ふたりエッチ」っていう、わかる人にはかなりわかりやすい。ただ、その成立過程は色々ドロドロしていて、オタクとしてみているのが辛いけどw
LD >> 「にゃんこい」もそういう目で観ている面もありますが、実は形としてはそんなに歪じゃないので、普通の良い話に収まりそうに思います。
ルイ >> ま、そうですね。僕もずっとそう想っていたんですけど、今の属性の話で考えると、という。乃絵主体で比呂美に落ち着いたのだとは想いますが、その時の比呂美に落ち着く根拠には「マドンナ」同様「幼馴染」も機能したんだろうな、くらいの。基本は「この2人は恋愛感情に留まらない」に尽きると思いますけどね。みのりんもだけど。
LD >> 「ハーレムメイカー」の議論の中でペトロニウスさんが、繰り返し描いている内にどうしても倫理の問題を描かざるをないなくなったという文脈で語って居るんですが、そこからもさらに“逃げた”のが「乃木坂」なんですよね。そこらへんの形が見えた上で、あの“苦痛”の削り方を見ると正直本気で気持ち悪い面がある(汗)
ルイ >> まさに、ですね。例えばアララギさんや上条勢力がどうして成立するかといったら「倫理的なおとし所を探していったら超人に片足踏み込んだ」みたいな話なんですよね。
LD >> 乃木坂春香って多分、シエスタくらい都合で苦痛をはずされているキャラだと思うんですが、でも、シエスタは衝突があるから“それ”が見えてシエスタはひどいって言えるんですよね。乃木坂春香はその衝突も回避されるから……それも無いのですよね。
ルイ >> そこで落とし所を用意しないと「周り全体の全肯定」という、凄い逃がし方が出てくるw
LD >> 僕曰く「スーパーハーレムメイカー」の完成形の一つはアニメ「Kanon」だと思っていて、これは広めたいんですけど、なかなかねえ……記事書けばいいのかww…そして、そのつもりでKey作品一通り買ったけど積んだままなのかw
ルイ >> シエスタと繋げたのはわかりいいですね。でも、ペトロニウスさんが愉しめるって事は原作ではそれなりに上手く距離感取れていて、多分顕在化しないように出来ているんでしょうね。・・・あくまで顕在化しないだけであって、対処できているとは思わないけどw
ルイ >> アニメの「kanon」は確実に跳躍術を使える、というのは僕もちっと触れたなあw
ルイ >> だからペトロニウスさんが「乃木坂」見たら、多分吐くんじゃないかなとw
LD >> たとえば「乃木坂」で言えば佐藤利奈子は、おかしい上に「面白くない」のですが……僕は「面白くない」のは良くないと思うのですが「乃木坂」は“苦痛”があるくらいなら「面白くない」方がいいという作品に思えるんですよね。だから、普通にそのまま見ると「面白くない」…人魚姫が何の代償もなく足生やして、王子様と速攻で両想いになって、幸せにくらしましたとさってくらい「面白くない」。
ルイ >> 「シエスタ」は、衝突があるべき状況までは用意しているのに、そこでキャラが「ケースバイケースで無反応」と言った対応を取るので、キャラの不明瞭・不徹底という形でもって「逃がし」ているのがわかる・・・言い換えれば、ポイントははっきり残っているんですよね。いや、本来わからないくらいちゃんと作れって思うけどw
LD >> >顕在化 そこはまさに文章と画面の違いだと思っています。文章は書かなければシエスタが何かしていても分らないけど、でも、何かしているんだろうなあとイメージを行間から得る。画面はシエスタが何かしないとぼ〜っとしているだけですからね、それは文章でシエスタは呆けていましたって明記するようなもので。
ルイ >> 乃木坂の場合、状況そのものを回避にいっているから凄いんですけどね。それで2期続くってのがもう、凄いじゃないですか。どれだけおたくは舐められてるのって話・・・というか、実際それを多数が肯定したんですね、というか。だから、観ていてメチャクチャ気が重くなる。
ルイ >> ああ、正しい指摘に思います。もっと言えば、「行間イメージ」すらあまりしないで済むのかもしれない。文章の書かれていない様って、案外読者は気にしないで飛ばせるんですよね。深く読めば「その最中も葛藤はあって・・・」という読み方は可能ですが、その読み方でアンリエッタやシエスタが綺麗に「通る」かというと疑問ですしwスポットライトの当てる当てないがハッキリするのが、文字メディアとは言えそう。
LD >> 状況そのものを回避したら、普通「面白く」ないはずなんですけどね…でも、そこにアイデアを入れるわけでもなく、ただ、回避するんですよね。そして、どうもそれがいいというか望まれている事のようなんですよね。
ルイ >> 「化物語」でも、例えばなでこの最中のひたぎってどうなんだろう?というのは、アニメのほうが「気になる」んじゃないかな。小説だと「するがモンキー」からもっと直列で心情をつなげるように思う。
ルイ >> そこで「君の知らない物語」が常時心情の底流、「積み」になっているというのがうまいんだ。・・・横断チャット、これで何作目の横断?w
LD >> ただ、そこまで逃げても「乃木坂」もさすがに長く続けると山谷から逃げられなさそうなのが第二期ではあるですけどね。でも、まあそれは普通の話に戻るという意味でもある。
ルイ >> 乃木坂の2期が作られたということは、もう事実として受け止めるしかないですから>望まれている 勿論ね、ひだまりスケッチが三作目作られるんですね、とか。そういう所にも感じようはあるんですが、「ひだまり」系の無菌は、出だしがそうなだけで後で逐一回避してるわけじゃないから。「乃木坂」は男女やらライバルやらパーツパーツを普通に選択しながら、回避を続けているので・・・こう、整形した後の「綺麗な顔」すぎてちょっと怖い、みたいな。
LD >> いやぁ、ほんとうに「なでこ」の時にひたぎを出さないのは何故なんだぜ?って思っていました。あれ、側にいるのがするがである意味は何なんでしょうか?
ルイ >> そういわれると2期も最後まで観るしかないか・・・w
ルイ >> そこはだから、LDさんが仰った通りじゃないんですか。小説が出自だと「不在の在」はあまり気にならないから、とにかく駿河を立てよう、使おう、という順序になるというか。
LD >> >整形した後の「綺麗な顔」 そういう言い方をすれば「乃木坂」は僕には最初から故・マイケルの顔に見えたんですね。
ルイ >> 僕もマイコーって言いかけたけど言わなかったんで、まあ、マイコーシンクロも起こってたよ、と。
LD >> いやぁ…報告聞けば済む感じもする。しかし、止めませんが…w>2期も最後まで観るしかない
LD >> でも、確かにひたぎのセリフ回しの対にできるのはするがだなあ…アララギの困らせ方の角度がちょっと違う。しかも、するがはひたぎの「従格」だから、かなりうってつけキャラではありますね。
ルイ >> ひたぎを横に置いたまま「なでこ」を進めるのは、会話劇として面白くなるイメージがもてなかったのでしょうね。大体エロロリに踏み込むとひたぎに脅されるというのは既に定型で、新鮮味がない。・・・言い換えれば、その「新鮮味」を目的に素直に駿河を横におけるのが小説メディアで、そこで「その時のひたぎが気になってしょうがない」と思ってしまうのが、アニメや漫画を中心に物語を読んできた人の感覚なのかも。
ルイ >> そゆことですね。大雑把に言えば「否定される」と「肯定されすぎて困る」ってくらいの対ですね。
LD >> まあ、そんなワケでこの角度での今期おさえとけは「けんぷファー」、「にゃんこい」、「乃木坂」、「一存」という事ですよ。
ルイ >> すいません、今日かなり雑食全開チャットでしたけど、「一存」加わるようなこと言ったっけ?w
ルイ >> あ、ああ、そうか。前言った「ハーレムを目指すバカキャラ」という一巡によって逆に視聴者の視点が気軽に乗って、敵視されない、「みなみけおかわり」のフユキくんにならない、って話か。なるほどね。
LD >> という事でそろそろねちまうぜ。ああ…なんか色々作業が止まったけど、思考は進展したから良し。
ルイ >> それでいて個別には2828パート用意されてて、しかも尾を引かないので、相当杉崎無双の杉崎ビューティフルドリーマー構造。
ルイ >> 面白かったです、ありがとうございます。半分くらい作品知ってりゃ、まあ、人が読んでもわかるんじゃないでしょうかw
LD >> 「一存」は…あ、今ルイさん自身が補足していますね。
LD >> 2828ってなに?
LD >> ああ…ニヤニヤか。
ルイ >> 2828=ニヤニヤって御婆ちゃんが言っていた。生徒会に2人だけで残った時、例えば姉妹の姉とか、雰囲気自体は「男女の空気」を一瞬出すんですよね。ロリ生徒会長も妹もそうで、副会長を除けば「まったく男女がない」という描写はされていない。
ルイ >> でも、それが積みに繋がらない。積みに繋がらないということは、生徒会の中の微妙な空気にも繋がらないし、軋轢も生まれない。常時狡い位置からイベントCGだけ回収してるようなのが、杉崎という位置ですねw
ルイ >> このチャットを切り抜いて記事にしたら、「何作知ってますかクイズ」みたいなものになると思うw
LD >> 杉崎を「スーパーハレームメイカー」の眷属と考える方向もあると思うんですが、やはりちょっと違いますね。ちょっと一歩引く。それで意図的に無菌室を作る。それは実はハーレムメイカーではない。…でも、基本“彼が主人公”。ここが「面白い」wそれでは。
ルイ >> おっと補足「するがはひたぎの従格だから」というのは、ひたぎがずっと出ていなくても、駿河がひたぎを裏切ってまでアララギ先輩と旗立てるようなことは、ひたぎも、読者も考慮しなくていいって意味で安全が保障されてるんですね。そういう意味では「小説だから」とは言ったけど、しっかりキャラクター的な手当ても出来ているんだな。
ルイ >> 杉崎健は・・・・基本的には「無菌室の観察者」なんですが、オタク全開で、ハーレムEND目指す(という事は順位下位を指定する事で俺のお気に入りを蹴落とさない)、かつイケメンという諸要素が組み合わさる事で「男がいないと、百合くらいでしか表出させられない女性のリアクション」もしっかり生んでくれる、プレイヤーキャラなんですよね。
LD >> まあ、ちょっと久ぶりに「電視の部屋」に張っておきますよw
ルイ >> オタク趣味・ハーレム志向という業の深さ、そしてそれをさして生徒会メンツにキモ指定されている事で「オタクからの承認」を得る事ができるってのがポイントですね。やっぱ、オタクに否定された男はフユキ君のように哀れだからw
ルイ >> でも、まあ、「生徒会の一存」はこれに気付いちゃったら、もう別にとりたてて何も起こらないんじゃないかって思ってはいるwそれではw
井汲 >> ふふふ。宣伝ミッション成功。http://minami-n.cocolog-nifty.com/diary/2009/11/post.html
井汲 >> そこの人にとるてあを薦めた所、前半で眞一郎母が比呂美いじめをしている所は「さすがの猿飛」の魔子の母を思い出した、というコメントを貰いました。私は「猿飛」のことはほとんど知らないのですが、話を聞いてみるに確かに類似点が見出されるように思います。参考になれば。
井汲 >> とるてあ BD BOX ですが、「新作エピローグ映像」を付けるという話はちょっと残念だったかな。あれはもう綺麗に終わってる話なので、「続きの話」は余計。せいぜい、ドラマ CD でやってたくらいの、番外編的な余景をサラッと、くらいがいいと思うのですよ。ドラマ CD の奴も、あれは映像がなくて音声だけだからいいのであって、あれに映像までつけちゃうのはちょっと興ざめだと思いますし。
井汲 >> 私としては、新作映像を入れるなら、http://www.truetears.jp/special/20080405.html でチラッと触れられていた「眞一郎の両親の若かりし頃」が見たかったのに!に!に!(まあ、そっちを描くだけの尺は取れないでしょうけど(笑))
井汲 >> ふむ。またハーレムメイカーの話や「王」論が進んでいるみたいですね。以前紹介したサイトの、こんな記事が多少関係するのかな。http://d.hatena.ne.jp/FXMC/20090619/p2 http://d.hatena.ne.jp/FXMC/20090624/p1
井汲 >> この人、確か以前ペトロニウスさんの所にもコメント残されてましたが、ペトロニウスさんが忙しすぎて返答できなかったのか、そのまま立ち消えになっている感じですね。なかなか能力の高い書き手さんに見えます。http://d.hatena.ne.jp/FXMC/20090531/p1 http://d.hatena.ne.jp/FXMC/20090601/p1 http://d.hatena.ne.jp/FXMC/20090602/p1 なんか、ルイさんの http://www.tsphinx.net/manken/hyen/hyenex.php?vi=hyen0294.html と併読すると、この手のゲームをまったくやったことのない私にも、かなり当時の状況がわかる感じですね。
井汲 >> あ、http://d.hatena.ne.jp/FXMC/20090609#c1244744124 には、「漫研」の名前も出ているな(笑)。FXMC 2009/06/12 03:15 こういうのって、はてなの人力検索とか使えますかねえ。少年マンガ誌の「ラブコメ枠」「お色気枠」「萌え枠」の変遷について調べています。ジャンプ・マガジン・サンデー・チャンピオンの4誌で、該当すると思われる作品を挙げてください、って。hatikaduki 2009/06/12 09:19 手土産もって「漫研」さんの掲示板あたりに突撃するとよろしいんじゃ無いでしょうか。FXMC 2009/06/15 22:04 むむぅ。手土産、ですかぁ。なんかあまり最近のモノって詳しくないんですよね私。ハーレム系作品史の連載くらいしかたいしたことやってませんし。
井汲 >> LD さんが色々知見を示されると感謝されるかもですね。
ルイ >> 井汲さん宣伝乙ですが、しかし、BD環境がなかろうが買えって言いたい・・・w
ルイ >> 記事よりもコメント欄が面白かったなっと。
ルイ >> >とるてあ ふむ。仰っている事はわからなくはないのですが、いくらか杞憂に終わりそうにも思う。その理由としては「3分」ですね。
ルイ >> 3分というのは、新しい物語を付与しようと考えた時の尺ではありえないですよね。どちらかというと最終回の脚本から、最終にいたるまでに削られた部分、くらいのものと考えた方がしっくりくる気もしています。岡田さんが「開脚は残されたので、私の残して欲しいところが削られていた」っていうアレですね。
ルイ >> ×ので ○のに んで、それでもまあ「残念」という気持ちが理解できるのは、オリジナルに不足を感じない場合、もうそれは原典として過不足ないものにしか見えないんですよね・・・あ、ドラマCDは普通に映像化して欲しいです、僕w
ルイ >> ところで「けんぷファー」も最新話まで一気に観たのですが・・・なんだろう?1話を観た時はほちゃ子一本かぶりに思えたのですが、観ていくと寧ろ一位不在のような感触を持っていたり。
ルイ >> それにしても、まめぐ子の「マドンナ」としての無策っぷりは凄いですね。ただの百合変態状態になっている今、読者や視聴者が彼女に、主人公が感じるような「高嶺の花感」を感じるのは難しいし、それどころか「学園三大美女」も相当無理があるように思える。
ルイ >> …ま、今回の話は別にハーレムメーカーの話ではないんですけどね。生徒会の一存や乃木坂春香が例外的にそちらにリンクを持っているだけで、全体的には並列ヒロインの順位付けのお話でした。 
ルイ >> BD、投票サイトの経過報告を観るに順調…なのか?最初の1週間に8割9割いかないとヤバイか、という感覚ではいるのだけれど。
ルイ >> エグザイルェ…
kichi >> ふ〜む、レイナとエリナの直接対決は無さそうなんですかね……。ちょっと残念(´・ω・`)
kichi >> あ、ちなみに「普通に面白い」と言ってたのは2期視聴前の“ダメ子の見方によっては愉しくなる作品”といった話に対して、特殊な視点でなくても素で面白かったという意味で言ってただけで、低く見てたつもりではないです。
kichi >> ……ああでも、1期の頃からレイナ中心でない構成にした方が面白くなりそうな題材だとは思ってたんで、“やっぱり”という気持ちが強くて一期の積みを軽視してた面はあるかな?
kichi >> あと「そらおと」6話は…………正直もうまともに判断できない感じです。というか、ハッキリ言うと原作読んでると残念感ばかりが募ってあまり楽しくないですね。まぁ、原作にも問題はあるんで、アニメ版の方が整理されてるとこもあるのかな……?とか考えたりもするんですけど、……判断不能。
kichi >> でもニンフに“ありがとう”を強要させちゃう辺りはどう考えても失敗としか思えないなぁ(´・ω・`)ていうか、最後にまとめてやるんだろうと思ってたんですけど、泣き話自体完全スルーって可能性もあるのかな?
ルイ >> 差は愉しむためにつかうもんす。
ルイ >> ニードレスのレジスタンスって、別に囮もスパイもいらないよねw力量差ありすぎw
ルイ >> 単にアークライトが街中ぶらつけば殲滅説w
ルイ >> チップ見つからないうちに痺れ切らすなよ…w


■■■■2009年11月16日■■■■
ルイ >> そらおと面白いな。部長と会長に分けた効果について、もうちょい触れた方が良かったか。…まあ、前提としてまかでみ知ってないといけないけどw
ルイ >> 佐久間先輩を産まない施策、とも言える。個々の人格を広げすぎないで済む。設定も茶化しも担う佐久間先輩は怪物で、実際それに自覚的な設定が伴ったから良かったけど、あの設定がないなら「化物」として宙に浮いてしまう…
ルイ >> 部長は設定に踏み込めるが、その研究意識においていちずだ。会長はとりあえず賑やかしたい人だが、設定面は部長に預け、その優れた知能を使おうとはしない。
ルイ >> つまりストーリーのメインにおいては会長が部長の従格に、バカばなしにおいては部長が会長の従格に収まって、互いに相手の領分を浸食しないことで、いち人間としての器に留まり、メインキャラを覆うようなエネルギーを出さない…ふむふむふふん?がお?
ルイ >> 生徒会室より明らかに新大陸部に入り浸っている会長に萌える。今回のEDで、なんで登場しなかったんだろう。
ルイ >> ミラクルトレインも相変わらず素晴らしい。アバンで圧縮したのは正解。若い子だけじゃ無いことを宣言しつつ、誰得な描写に時間は割かない。
ルイ >> 今期脚本上位にあるのは間違いない。


■■■■2009年11月17日■■■■
LD >> あ…「マドンナ」じゃないのに、一位に見えて一位じゃないキャラいたわ………「神知る」のエルシィだわ…(´・ω・`)
LD >> >「ラブコメ枠」「お色気枠」「萌え枠」の変遷 恐ろしい作業ですw僕もハーレム構造視点(+並列視点)で、整理しようとしているのですが、ブログのマンガ編を見てもらうと分りますがけっこう雲を掴むような感じになっています。まだ「あ、その作品は知ってる」とかぐらいしか言えない感じです。
LD >> アニメは比較的、自分のライブラリーの中でもやりやすそうなので、まずここを地固めしてアニメに影響を与えたマンガ〜みたいな形で押えて行こうかと思っています。…ちょっと前に「天地無用」第二期OVAの話をしたのは、これの一環ですね。
LD >> 【にゃんこい】そんなワケで1〜3巻まで買ってきたズラ(=´ω`=)
LD >> 【にゃんこい】目的は楓と加奈子のどっちが序列一位か測るためですが…(注:分らない時点で並列です)…まあ、「キャラ格」は加奈子ですね。ほぼ圧倒的に。楓はほとんど加奈子の動きにブレーキをかけるための従格キャラに観える。…その構造を“隠す”ために楓が先に登場していると…。
LD >> 【にゃんこい】…しかし、ルイさんの「読み」はこの作品はそこまでひねった構造設計をしていないだろうという事になるのかな?最初に序列一位のように登場した楓は、そのまま序列一位だろうと。…この説は潜在的には裏の裏は表を誘導していて、それはつまりメタでは加奈子が一位。だからこそ楓だろうという説も出てくる。
LD >> 【にゃんこい】…が、そこまでひねってもしょうがないので、やはり“決め打ち”のルイさんの説と、“ひねり”の僕の説の2本……原作読んだ僕の読みを言うと加奈子を中心とした構造がキレイ過ぎに感じます。出して見たら上手く活きました…という感じには思えない。
LD >> 【にゃんこい】…が、分かんないですね。単に二本軸の並列構造ができればそれで良かったのかもしれない。(実際、わりと簡単にキャラ増やしている)…とは言え楓が相当追いすがっている状況な事は確かで、まあ、こっからどうなるか?ですね。
LD >> 【そらのおとしもの】…あ、やってる。(´・ω・`)
LD >> 【惑星のさみだれ】8巻、こっちも買ってきたのだった…。
ルイ >> 「にゃんこい」で楓側として言わせてもらうと、「加奈子を使うなら、もっと使えるだろう」というのがあります。ガンダムに対するアムロ少年な叫びじゃないがw「加奈子が一位ならもっとうまく演出を組めるのに!」というか。原作読むならそこの感触が同じか違うかは気になる。
ルイ >> 彼女を真打に使うなら、もっとポイントポイントで溜めの演出が組めるんじゃないかと思っている。その割に先輩とジェラシーという点で右大臣左大臣化したり、「楓とはっきりすればいいのに(=はっきりしたなら諦めがつく)」という心証を出してきたり、ブレーキのかけ方が内圧目的つうより純粋に旨み減少に感じている。まずアニメでもって、異説のLDさんが「それ」を別メガネで汲めるか。汲めるなら、比較して原作はどうか。そういう順序で頼むよ、LDくん。←小間使い
ルイ >> 母ちゃん寒いよ!
ルイ >> 最近、元日ハム監督大島さんが可愛く見えてしょうがない。あやひー以来の萌えを感じるわけですが、相手年齢倍のおっさんっていう…


■■■■2009年11月18日■■■■
カルマ >> ん、セキレイのゲームに高垣さん出てるのかhttp://www.alchemist-net.co.jp/products/sekirei/chara2.html
ルイ >> 黒いってとこからキャスティングしたならぬっころすぞのび太…
ルイ >> ま、中古かな。セキレイ構造から何から魅力感じなかったし。
ルイ >> しかしこんなキャラ用にまで専用サインが存在するから侮れねェ。
ルイ >> http://ameblo.jp/honeystyle-315/image-10379096746-10294186643.html イラストセンスはあるよね。
ルイ >> ん、両腕炭化か…重いな…情状酌量で読めるかも。
ルイ >> ふむ。メイドインアレスタはおもろかった。気にならなかったです。
ルイ >> 炭化がいい効き方してたな。
ルイ >> ぷらぐがダメキャラで、救助にだけ特殊技能発揮するってのはまあ、キャラどおりなんで。その執着に理由欲しい気持ちは変わらないが、炭化というダメージまで背負ってやってるならまあいいやというか。
ルイ >> これで奇跡的にノンダメージだったりすると話し変わってくるんですが。…性格は元々ちっとも良くないとわかってる。
ルイ >> 痛み止め求めるシーンが効いてたなっと
LD >> 【にゃんこい】4巻も買ってきました。…先に言っておくと「面白い」です。これ。
LD >> 【にゃんこい】さて、ルイさんの指摘は「アニメで加奈子って言ってたヤツがマンガ観て『加奈子の構造』なんつっても信憑性がねえんだよ!カス!」…という事だと思います。…まったくガラの悪い人です。(´=ω=`)フウ!
LD >> 【にゃんこい】「ファクト」のもう一つはA楓が内語を語りだすのは加奈子の後、なんですね。加奈子は登場2話目には語りだして感情誘導を行います。楓がそうなるのはずっと後、後述しますが、あるエピの後です。これをどう「読む」のかがポイントかなと。
LD >> 【にゃんこい】加奈子のブレーキは旨味減少→気のせい…とは言わないけどw様子を観てもいいと思う。右大臣左大臣→たまたま動作が一致しただけ。…いやw後から登場させて二位子に見せようとしているのだから、そういうのはまあ、あるかなと。後、楓も加奈子の事を思ってブレーキがかかっています。つまり両者そうなのは連載を“続ける”ための施策だと思われます。
LD >> 【にゃんこい】…で、後述すると言ったポイントですが、アニメは原作初期に「詰まれる」加奈子の重要なエピを削った(あるいは後回し)しています。熱出した潤平にお粥を作る話なんですけどね。これがあると無いとでは加奈子の「強さ」の印象が大分変ってくる。ここらへんで加奈子が人気一番になるのは納得します。
LD >> 【にゃんこい】…で、楓が内語を語りだすのは、この後、遊園地に行く話です。これはアニメで既に放送。ここらへんが何を意味するか…僕としては加奈子が「積み上がった」後に楓が動き出した…という言い方をしたいのですが、まあ、そこはもう読んだ人の感覚かも。
LD >> 【にゃんこい】アニメの方は、これは決着まで行けない事が分かっているので、楓がはっきり“それ”を意識する所まで…くらいをエンドに定めて構成を組んでいると思う。加奈子のエピ後回し(多分やる)した事見ても。つまり、後から水位を上げている楓がイーブンな感じになった所で締めかなと。
LD >> 【にゃんこい】…個人的には楓はブレーキ見せてる場合じゃなくって、スタンド名“星乃・ザ・ワールド”を使わないと加奈子の水位に追いつけないと思う。(´・ω・`)もう使えないけどwそれでも4巻はけっこうブレーキ忘れていて大分追いついた感があります。
LD >> 【にゃんこい】まあ、要するに4巻くらいでイーブンですけどね。下でルイさんが“決め打ち”という言い方をしましたが、僕もこの人が“決め打ち”だとは感じていて、“直”で最初に出した楓だろうというのがルイさんで、“ひねり”で加奈子だろうというのが僕ですね。まあ、どうなるか。しばらく結果は見れないでしょうけどねw
LD >> …お?よく見たら連続投稿で、一文抜けていました(汗) ↑これを10:56 と 10:57の間に入れて下さい。
LD >> 【にゃんこい】そこで先に「ファクト」の構造を述べてみましょう。状況を堤防に喩えると@「加奈子は既に決壊直前」に対して「楓はこれから水位を上げて行く」状態。これはマンガを読んだ人は異論がないと思います。ただアニメだと多少印象が変ってくるはず。これは後述。
LD >> ん〜。頭だしが全部【にゃんこい】だからどれがどれか分からなくなってしまった(汗)
ルイ >> なにやってんだかぁ。
ルイ >> まあ、ふっかけた手前買ってみようかな。
ルイ >> 気付く人少ないかもしれないが、スパイについて土門に語らせて鬼道さんが土門をチラと見るとか、クオリチー高いなあ。
kichi >> ……まぁ、充電ちゃんは8話9話も大分アレで、もう「適当なんですね」みたいな感想しか持てなそうなんで別にいいです……(´・ω・`)
kichi >> ただ、悪い部分でも気にするところは人それぞれなものですね……とは思っているところです。
kichi >> ルイさんが乃木坂春香を切ると言ってたのってメイドパーティーの回だと思うんですが、私はそこまでは気にならなかったので。いや、好き嫌いを問われれば大嫌いですし、私は1期見てないって点でも大きな違いがあるでしょうけど、でも私はそれこそ“定番幅”(コメディ幅に対する用語としてw)みたいな捉え方で黙ってスルーできそうでしたので。
kichi >> 私はレギュラーじゃないキャラがちょっとくらい酷い描かれ方で便利に使われてるっていうのには割と許容幅広めに取れそうな気はするんですよね。まぁ、やっぱ嫌いではあるんで気に入ってる作品でやられたりしたら相当がっかりするでしょうけど、乃木坂みたいな軽い萌えアニメでやる分には別に……と思えそうというかですね。
kichi >> でも、充電ちゃんの場合主要キャラ二人に関する歪みなんで、私はそこはスルーしがたいものがあるんですよね。まぁ、コメディ幅とか“充電に関してだけのこと”とか言う理由で通らないこともないって話なんでしょうけど、やっぱもろもろ考えて本当にそういうキャラとして描かれてるとは思えないので私はどうしても拒否反応出ちゃいます(´・ω・`)
ルイ >> そこは並べてしまうと問題があるやも。
ルイ >> 乃木坂はその全てが恐ろしいのだよ。
ルイ >> kichiさんの「許容」って「コメディ磁場で捉えようにもリアルとの地続き感が気になる」バットも含めそこに尽きると思うので、それは例えば以前言ったけどピコピコハンマーなら気にならないのか、殴る瞬間2D処理ならイケるか、超合金の支払いを結局自分が持つならいいのか、とか・・・ポイントポイントのライン探しが作者と視聴者でズレているだけ、と思っています。それは「ラインが違う」というのが第一で、そのラインが違ってくる理由なりを探るのは愉しい。例えば朝書いたように「炭化」「痛みに苦しむ」は確実にそのライン用の演出。金属バットは何故そのまま金属バットで通したのか、という以前の指摘もそこに通じる。・・・でも、そういった演出の狙い所の違いをさして、そのものキャラの歪みというのはちょっと違うんじゃないのかいというのがあります。それは「コメディ処理で色分けしたいハズなのに、繋がっちゃってるよ?」と言った指摘が適当で「こいつオカシイ」とは直では繋がらない。作中でそこが繋がるのは、「ぷらぐの過剰な救助意識」くらいだと思うのですが、それへの答えはないのかなと。無い代わりに炭化させて言い訳したって捉えてますけどねw
ルイ >> 因みに過剰な救助意識≒“いいひと”≠アレスタをいじりすぎるぷらぐ というのは、それこそ「≠」の所の位相の使い分けが上手くいってないって指摘ですね。まあ、ある程度は「人命が関わる事だけ超本気で、後はごらんの通りのダメ人間」で通じると思ってますが。
ルイ >> 乃木坂は別にキャラについてどうっていうのではなくて・・・つうか、木偶しかいない物語だし・・・w←
ルイ >> 初詣直後回も結構なものがありました・・・。チンピラABがサトリナ子のアクセサリを川にはねとばす。最低な捨てゼリフを言って「お前らが気をつけろ!」みたいな事をユウトさんが言う・・・ふへへへ←壊れてきている この作品の凄いのは「誰が見ても酷い敵を出して、それに常識的なリアクションをすると“その人特有の善性”として積まれていく」つうルーティンが確立しているのが凄いですよねw
ルイ >> サトリナのユウトさんへのキスは、彼女にとってのご褒美なので、作中でアレを盾に乃木坂さんを揺さぶる展開が発生する可能性は極端に低い。ユウトさんが眠っちゃってるのは『キスされちゃった』ことすら精神的な瑕疵と取られない為、ユウトさんの春香100%を崩さないための処理ですね。別にほっぺチュウくらい、唐突にされても・・・とは思うのですが、そんな「不実の芽の芽」すら許さない、乃木坂世界の処理そのものが「恐ろしい」・・・まあ、やっぱりキャラについてどうこうっていうのではないのですけどね。
ルイ >> これは、まあ、気にした方が面白いと思いますよw
ルイ >> そういえばこの回、原画が妙に豪華なメンツだったんだけど、その割りに全体のクオリティタカスという印象はないので、多分2原にすさまじく撒いたんだと思う。
kichi >> え〜と、いや、わかるんですけど、そういった違いがある中で許容のポイントは人それぞれですねという話をしたつもりだったりはしてですねw
kichi >> 構造的にとかなんかで通っていたとしても、実際の描写で、作者のそういうラインがマズイという理由でも通ってないと思ったら私はそれは許せないものがあるんですよね。実際の描写による実感重視というか。でも、それこそ乃木坂ははじめっから木偶しかいないんでw、そう割り切ってみてる作品でさらに酷いのが出てきても、それはそんなに気にならない。
ルイ >> 人それぞれってワードを使わせないように文字数割いたのに、なんて酷い事するんだw人それぞれで挟むとかw
ルイ >> でも、kichiさんが乃木坂を充電ちゃんとのナガレで持ち出す意味はわかりました。僕は正直全く違うものを当てはめてみてるので、引き合いに出されてもちょっと困るというのは本意だったのですが・・・kichiさんにとっての「乃木坂の気にならない」は同じ判断基準なんだな。いや、繰り返しますが僕の「乃木坂は気になる」は違うとこなんですけどね・・・orz
ルイ >> 要はアレですよね、イヤミ外人クンの捉え方ですね。まあ、あのキャラが木偶の必要悪なのは仰る通りですw異論なし
ルイ >> 畏れたのは、1期と全く同じ使い方をするソレ自体だったりする、という話なんですが・・・多分ハーレム構造とか無菌の話から芽生えてくる問題意識なので、確かに作品単体の評価として語るには色々手続き必要かも・・・。
ルイ >> ま、そのうちLDさんがしてくれるよお。←
kichi >> ん〜、気にしてる所が違うことは理解した上で、そのまま“気にしてる所が違いますね”って言ってるつもりではあるんですが……w ……まぁ、漫研のメインフィールドはそっちなんでしょうし私がもっとそっちに話を合わせるべきではあるんでしょうね……orz
ルイ >> 漫研のメインフィールドと僕はあんまりカンケイナイキモシマスガwただ、気になる、の違いにもでっかいのとちっさいのがあるとして。でっかい意味で気になるトコが違うんですね、となるとそれはまあ真理というか、ハイそうですねで終わってしまうかなと。で、ちっさい方はというと気になるポイントの擦り合わせで。
ルイ >> 乃木坂を持ち出した動機はでっかいそれだったのかもしれませんが、まあ話し続けるためにもポイントを絞った使い方にすると、この場合僕の乃木坂は別のポインヨですよって話になる。ついでに作品語りもできるw
ルイ >> それへの返答で、ふむkichiさんの場合は同じポインヨ比較でもって乃木坂は引っかからなかったんだなとわかる。但し僕もそのポインヨだと別に乃木坂に引っかかってはいないという宣言代わりに、メインじゃない脇=金髪くんについて同意した、という順序かなあ。
ルイ >> 根底にあるのは人それぞれはスタートに使いたいねって個人感覚と…とりあえず掘れる土質にいこう楽しそうって部分は「漫研的」なのかもw
ルイ >> にゃんこいを近所の24時までやってる本屋に買いに?みに?行ったら売ってなかった。マイナー出版社マジタマンネ。


■■■■2009年11月19日■■■■
kichi >> たしかに“ハイそうですね”で終わってしまう話ではあるんだと思います。そもそも私がしたのはそれこそ個人感覚的な許せるポイントの違いについてで、作品や描写の客観的優劣とか、ましてや制作者の志の高低ではなかったですので(ルイさんが気にしてるのはこっちの方なんだと思うのですが)。
ルイ >> 志というと強いですが…wでも、そうなのかな。これでOKと判断され、じっさいOKであることに慄然とするってのはありますね。それはそれで対象としては面白いんだが。
ルイ >> ヤンジャンの新連載に烈火の如くダメだししたいです…
GiGi >> 今週の一番はめじゃでいいんじゃないかと一瞬思ってしまったことは内緒だ
ルイ >> じゃあギギっちは名前が「ユユ」である理由を俺に納得させたら賛成票ゲットな。
ルイ >> 「生徒会の一存」って北海道だったんだってさ!!!!流し観してたせいか全然きづかんかった!!
ルイ >> 上京→夜行列車→北斗星→星→車掌→肝付ボイス ですねわかります。
ルイ >> プロダクションエース声優の一斉売り出しに、ゲストキャラは大御所から直のライバル(あやひ=ミュージックレイン)まで、という戦略がどうなるか。それが生徒会一存の裏の楽しみ方だ。
kichi >> 2つ目書き込んでる最中にメンテナンスに突入されました……orzそいえば毎週木曜深夜メンテでしたね
kichi >> でもまぁ、もういいのかな?w えーと、違いは把握しておいてもらわないと話の擦り合わせも難しいとかいう話。
kichi >> 充電ちゃんの件でも、いろいろ汲み取って捉えたりすればいちおう筋は通るみたいな話にされちゃう感じなんですが、私は例えばそれがコメディ幅の差によるものでしかないとしても、実際のキャラ描写に歪みが生まれてればそれは作品世界を壊しかねないという話をしたいわけではあったので……。まぁ、理で詰めるのは難しいとこはあるので、やっぱこちらのメインフィールドではないのだろうとは思うのですが……。
kichi >> でも極端な例え話をすると、制作者のコメディ幅が致命的に間違ってて、例えばギャグのつもりでぷらぐをバット殴打で殺しちゃったという展開を作っちゃったとしたら、それはさすがに作品を壊す間違いってことになりますよね? そこまでではないにしろ、私は充電ちゃんでやってるキャラ描写の歪みはそういうレベルで作品の本質に影響与えて駄目にしてるという印象があるんですよね。
ルイ >> あやひーは坂本真綾の事がメチャクチャ好きなのよね。CANAANのネネラジオでも尊敬尊敬言ってて、まあそれはCANAAN絡みの発言かと思いきや、夜ナ夜ナハッスルでも彼女の曲を流したりしているという。
ルイ >> え、そういうレベルで?wそれはもう印象とか通り越して万人の一致するレベルではw>殴打で殺人
ルイ >> 高垣彩陽が坂本真綾を尊敬する流れを探る。声優に憧れたきっかけが三石琴乃、っていうかセーラームーンと林原めぐみ、っていうかドラグスレイブにあるというのは何度となく語ってきたとおりだ。しかし彼女たちと比べて、坂本真綾は「直近の憧れ」たりえたのでしょうね。年齢的に。
ルイ >> ポイントは『天空のエスカフローネ』で、あの少女漫画的世界観が自称・少女漫画脳の彼女にジャストフィットし、主人公に感情移入しまくっていたであろう事はDVDBOXを買った事からも明らか。で、多分あのアニメのOPを歌っていた、というのが大きいはず。林原さんもスレイヤーズやらで沢山やってた事ながら、菅野よう子の品のあるメロディというのも相俟って「頑張れば声優さんでもステキな歌が歌える!」という根っこにはなっているはず。
ルイ >> そこでガンダムSEEDに出演、加えてデビュー作(ホスト部)で光り輝く主人公、となれば・・・まあ、当然っちゃ当然か。
ルイ >> 演技じゃもう全然ヒケとってないけどね(小声
ルイ >> 朱宮きゅん妹、誰の声だろう・・・おはぎよりだけど違う・・・
ルイ >> ほ、これが竹達さんの声か。まだ名前と声が結びついてないんだ。
GiGi >> (めじゃのさんとじゃのめさんは1字違いで大違いというやつだな…)
GiGi >> それはそうと、一番はピアノの森だろjk
LD >> 【乃木坂春香の秘密】これについては、僕とルイさんはイチャモンつけているようなものですね。「作り手」の意志はおそらく“そこ”に在り、構造的にも筋が通るのに、それをどうなのよ?という話をしている。(´・ω・`)
LD >> 【乃木坂春香の秘密】ただし、各キャラの“練り込み”がもっと為されていれば、また違った感想を述べたかもね…とは言えそうに思っています。
LD >> 先の「充電ちゃん」の話で、読み方、組み方でルイさんの説を概ね是としつつも、僕自身の女の子を金属バットで殴る拒絶反応を述べるのを止めたりしない。感覚的な拒絶を述べると、思考の「読み」を怠っていると誤解を受け勝ちだけどね。そこは「面白さ」を感じる事の「核」だから止めない。同じように「乃木坂」の構造を読みつつも、ある種感じている「キモさ」を述べるのを控えたりはしない。かように、私の姿勢は一貫しているのだよ。<(`・ω・´)
LD >> 【充電ちゃん】……で、kichiさんのモヤモヤというかわだかまりは、ルイさん、あるいは僕が一般的な感覚を度外視して、極端な許容と程々の中庸を相対化して語っている事によるものではないかと想像します。
LD >> おっしゃる通り、少なくとも僕のメインフィールドではないですね。個人個人の感覚というものを超えてkichiさんの話を論じようとすると「一般的にどうか?」という話になってくると思うのですが、僕は「人気様」の「面白い」判定は参考程度にしか思ってないですし。「面白さ」判定じゃなくって整合性判定でもそこは同じ…というかギャグという価値観がからむとかなりそこは混沌としてきますしね。……ただ、僕の中の感覚や一般的平衡感についてはkichiさんの意見に沿っていますよね。「なんか嫌だよね」って言ってますからね。
LD >> 一般論的な感覚の線引きは“存在しない”と言っているわけではないのですけどね。「面白い」の受け取りに使えそうだったら使うし…今回は棚に上げておく方がルイさんの話を受け止めやすいかなと考えました。ルイさんは「いや、普通の感覚で充分受け止められるよ?」と言うかもしれないwそしてまあ僕もそこまでおかしな感覚ではないと思っている。
LD >> そこらへんの誤差を「ファクト」で詰めて行く…って方法もあるのですけどね。まあ…でも、ねえ。99人OKで自分1人だけでも嫌なものは嫌ですしねえw詮無いかなあと。
LD >> 【生徒会の一存】生徒会東京へ行くですが、ラストシーンで缶の回し飲みをしているのですが、あれって杉崎飲んでる?飲んでない?いや、それ自体はどっちでもいいのですが、問題は杉崎が間接キスだのなんだのと大騒ぎをしなかった点。杉崎……やはり空気読む男なのか?wそこらへん妙に印象に残る肝付兼太回でした。
ルイ >> ファミ通の宮本さんインタビューが素晴らしすぎて、マリオwiiやりたくなってきたが俺はとるてあBDを選ぶぜ。
ルイ >> ピアノの森良かったですね。人の曲から必ず始まる世界だからこそ、この世界での「自分は自分」は僕らの現実よりも古色然としない、普遍的な目標たり得るんだろうな。


■■■■2009年11月20日■■■■
LD >> 【空中ブランコ】観てます。「面白い」。心身に病のある人を治す(?)感じの話ですね。…何となく「マインドゲーム」を思い出したけど…とくに関係はなさそう?
ルイ >> ちなみに録画ミスってから放置↓(キリッ
ルイ >> 杉崎、そもそも暑いって理由で胸もみ放棄したです。
kichi >> >一般論的な感覚の線引きは“存在しない”と言っているわけではないのですけどね。   え〜と、この部分って充電ちゃんの話で言えばバット殴打のようなコメディ幅で説明可能なこと、いちおうは筋は通ることでも、作品にとって致命傷足りうる場合もあるという意味で合ってるでしょうか? そういうことならとりあえず了解です。
ルイ >> 桃鉄wifi対戦できるのか…切断対策が気になるw
kichi >> まぁ、個人的には本当に一般論的な線引きの仕方しかできないのかどうかというのはやや疑問を持っているから引き摺っていたわけでもあるんですが……、まぁやはりちゃんと理詰めで説明っていうのは難しくありますからね……(´・ω・`)
kichi >> あ、下で言ってたレベルに関しては、ライン超えちゃったら同様に壊れるようなイメージで、殴打だけでも殺人でもライン超えてるという意味では同じというような意味で言っています。
LD >> >いちおうは筋は通ることでも そもそもルイさんの筋の通し方は正しいのか?あたりから焦点になる話だと思っています。言葉上の“辻褄”なんかはいくらでも合わせられる。…でも、辻褄が合っていたって観た人に拒絶感、ダメ感を与えるならそれはダメだろう…という話と理解しています。
kichi >> ルイさんが万人一致と言ってるのが今の疑問の答えになりそうでちょっと気になったのですけどね。これはコメディラインの問題でも万人一致でライン超えちゃってて駄目なレベルはあるということなんでしょうかね?それとも殺人まで行っちゃうと筋の通しようがないから駄目っていうことでしょうか?
LD >> でも、ルイさんがOKでかつ辻褄が合っているなら、それは揺るがせにできないものでもあるんですよね。それは僕が先ほど99人OKでも嫌なものは嫌と言ったようにですね。…無論、僕は基本OKと言った人に沿おうとするスタンスですが。
kichi >> ああ、たしかにそっちに焦点を合わせた方が感覚との擦り合わせもしやすそうですね。なるほどです。>ルイさんの筋の通し方は正しいのか?
LD >> そう、そこからは少なくとも僕のフィールドではないという話になって来ますね。では、その一般的ラインはどこにあるか?本件は万人にとってアウトか?セーフか?というそういう「ファクト」を詰めて行くことはできるんですが、そこで何か決着しても僕としては詮無いものに思ってしまう。…とは言えそこをはっきりさせたいなら、そうするのも対応と言うものですが。
LD >> ああ…もう一つはルイさんの説明も「普通感覚上の説明」という事であれば、話の焦点は合っているはずなので「ファクト」を詰める事はできますね。
LD >> ちなみにルイさんの感覚がそんなに普通じゃないとは僕の普通感覚は思ってないですね。…まあ、何ていうかモンティ・パイソンとかでも世の中にはきっついギャグはいくらでも存在しますしね。
kichi >> う〜ん、万人一致までいくならそこには一般論的でない何かがありそうにも思えるんですが……、やはり納得いくようなうまい詰め方っていうのは無いものなんでしょうかね……。むぅ。
LD >> 【生徒会の一存】>胸もみ放棄したです ああ…杉崎ヘタレ説かあ…。いや、何か回し飲みはそんな雰囲気でもなかったんだけど…。
LD >> kichiさんの目的がどこにあるかに拠りますね。>納得いくようなうまい詰め方
kichi >> ああそうだ。何度か書こうとはしたんですがもしかしたら書いてないかな?たぶんそこは、LDさんルイさんと私では充電ちゃんを見る視座自体ズレがあるんだろうなとは思ってるんですよね。LDさんルイさんの方がずっとギャグよりに見てて、私は基本的にはいい話として見たいと思ってるのだと思います。だから、ギャグだからと言ってシリアス設定を脅かすような描写が入ることに対する許容が狭いんですよね。ほんとに単なるギャグアニメならこんなに気にしないとは思いますw
LD >> 万人一致までいくならそこには一般論的でない、生理科学的な何かが突き止められるかもしれませんけどねw…まあ、ちょっと大変難しいでしょうね。
LD >> ふむ…。やっぱり人間そうやって言葉を尽すしかないですよね。>視座
LD >> 金属バットもそうなんですが、あと、失禁ネタとかが入りますよね。僕、実はあれもあんま好きじゃないんですが(汗)それらの演出意図を合理的に説明できるとしたらギャグかな……とそう合理的に思ったわけではないですけどね。まあ、観て直観からギャグととりました。
LD >> まあ、失禁も金属バットも割とキツめのギャグである所は間違いないと思います。そこからいきなりハートフルな話に変ってもなかなかついて行くのは難しいかもしれませんね。
kichi >> 失禁もキツイですよね……(´・ω・`;)ただ私は、この充電ちゃんの設定はうまくやれば結構いい話を展開できそうなイメージを持ったもので……。でも実際そうはなってないのでその時点で見立て違いだったとも言えるのですが……orz
kichi >> ……バットに関しては明らかにギャグをはみ出した描かれ方してるのも問題だとは思うんですが、まぁこの辺の話は何度かしましたし別にいいかw
LD >> いや、僕の個人的な感覚からは金属バットも失禁もキツいですが、経験からくる一般論の感覚からすると、そういうギャグは普通にあると思っていますよwもっとキツいのあるしw
ルイ >> 極北から極北って、スイッチの切り替えはむしろ簡単かとも思います>LDさん ただこの場合はキツめからハートフルへの振れ幅が難しいというより、金属バットを「振り抜く感覚」が通じてしまう…寧ろ逆に横断できてしまうのが問題かなと。失禁はどうでもいいやw
kichi >> ああいや、金属バットで殴ること自体がダメって言う話じゃなく、アレスタが殴られることに歓びを見出したり、監察官に対し明らかな攻撃心から使ったりと、ギャグとは違う部分でも使われてるという意味ですw
LD >> >寧ろ逆に横断できてしまう ふ〜ん。ちょっとよく分ってないかも。
ルイ >> 殴打死亡は簡単に纏めすぎましたが、要は「事実」がほぼ確実に展開に影響してしまうだろう、という意味で、印象の差じゃきかないだろうってことで言いました。ただし、実は死亡やそれに準じるものもファクトまではいかないことはあってね。
LD >> >歓びを見出したり ←まあ、こっちはギャグの延長として >明らかな攻撃心から使ったり ←まあ、こっちかなあ。
ルイ >> 例えば「大魔法峠」で猿や犬にされた生徒。「シャナ」の席の子は言い訳設定つけてギリギリ。
kichi >> ほんとにツッコミ専用で、ツッコミ入れる時だけどこからともなく取り出して殴るならギャグとして通りやすいんですけど、セント君って割りと普段からバット常備してる感じなんですよね……。正直その辺からどうも気持ちよくなかったり……。
ルイ >> 横断ちゅか反復横飛び?本官さんのピストル云々で以前話題にしたかも。
LD >> まあ、ちなみに意図を持ってつかったけど「ファクト」も強い言葉なんですよね。これ持ち出すと話は大抵“推定無罪”に向かっちゃうからw……もう、ちょっと「言い張り可能な世界」でたゆってる方が掴めるものも多いかなと思う。
LD >> 本官さんは「バカボン」?「バカボン」はリアルに考えると相当ひどい事していますけど、あれはオンリーギャグですしね。
LD >> ちなみに僕は初期の「ダメおやじ」は吐き気をもよおすくらいに嫌いだった…。(´・ω・`)あれの笑えなさ、マジぱねえ…。後半はもう「レモンハート」寸前な優しい話になるんだけどね…。
ルイ >> オンリーギャグならOKでシリアスとの差で云々ってのは単純にラインを引く場所が皆一致してるから。オンリーギャグだから、というのは理屈としてはちょっとはしょってて、基本的には同軸の話でしょう。
ルイ >> 「ダメおやじ」は凄いですね。あれは僕も吐いた。
ルイ >> あれは絵柄的にギャグの了解をとっているということなのかな。のちにツヨシしっかりしなさい?w
kichi >> ふむ。……とすると、ちょっと面白いなと思ってしまったんで書きますがw、ぷらぐがバットで死んだ→でも幽霊になって存在→こっちの世界では元々霊体みたいなものだからあまり変化なし→充電ちゃんの活動はアレスタに憑依することで行える(アレスタはいい迷惑だろうけどぷらぐはアレスタに迷惑かけるのは元々平気なキャラだから問題なし)→ぷらぐ死んでるけどその後もたいした変化なく話は展開できる   そしてセント君の罪悪感はコメディ幅で処理。みたいな感じで作品温度まで変えずそのまま続けられればOKってことになりますか? 私はセント君の罪悪感をコメディ幅で処理されちゃったらもう間違いなく作品の根っこから否定しちゃうんですが……w
LD >> うん。今、いくつかの例をあげたけど、それらのOK/NGを整合性を持って倫理的にも問題なく答えを出しているか?仮に出している人がいたとして、それが規範というべきなのかは疑問なんですよねえ。
ルイ >> うん。大魔法峠だしたのはまさにそこで…あれ?誰もみてない?LDの野郎?w
LD >> いやぁ〜?ダメおやじは血ぃ流してましたし、オニババに蹂躙される様は凄まじかったですよ……ツヨシの比じゃないでしょうw
ルイ >> だから、時代性が見えるじゃないすか。>ツヨシ 本官も現在だとかなり苦しくなってきて、描き方は変わるかも。
LD >> いやいや、kichiさん、それは仮定に仮定を重ねていて設問の意味を無くしていますよ。さっき、言ったように一要素だけでも人の反応はそれぞれ違うので、そんなに複雑化すると一本軸に論じる事ができなくなってしまう。
LD >> というかルイさんが、今、kichiさんが言っているような酷いという話は全く通らない話だと思っているワケではないんでしょ?
ルイ >> 「そういう作品なんだね」という、言葉強いが「程度は知れる」と思いますが、OKですね。敢えて返事すると。ただこのOKは別に僕の好き嫌いとイコールではないんですが。で、田中ぷにえは結構そんなん。
ルイ >> はい。つかひどいと思ってますがw観ようによるなあとも思っていますね。なんでか擁護の急先鋒みたいになってますがw
kichi >> ん〜、オンリーギャグかどうかは重要な違いに思うかなぁ……。いや、それがほんとにギャグ内で収まってるならそうでもないのかもですけど、収まらずシリアス話に悪影響与えちゃう場合は……。
LD >> それから、kichiさんのプラグへの批判のくだりは、ちょっとルイさんが「けいおん!」の澪にしていた批判と近いと思った。どちらも表で観えるキャラの整合性の部分を指摘しているんですけどね。…で、ルイさんがプラグがよくって、澪がダメって言うのは、プラグの方で“許すこと”が先立っているって事はないですか?w
ルイ >> だから、悪影響か否かの判定線じたい存在しないからライン一定って話なのね。
ルイ >> (澪って誰だ…
LD >> (忘れたのか…)o。(´・ω・`) まあ、良いです。今、敢えて擁護しているという話が出たので、ここを詰める必要は薄いでしょうw
LD >> …で、僕のフィールドでは「観ようによる」という考え方が主体になってきますね。ここらへんは、ルイさんも僕の話につき合っている以上、その話に沿っていると思っていますが。
kichi >> う〜ん、そうですね……。まぁ、単純に死んだらダメってことなのか(致命ラインがあるのか)筋通らないのがダメなのかって部分を見るのに結構いい例を思いつけた気分だったもので(汗)>仮定に仮定を重ねていて
ルイ >> キャラは覚えてないが、けいおんは「ゆる日常」で場は一定だと思ってますから、そうなるとキャラクターの詰めは問いますよ。で、問えないとああ記号だからこんなもんか、みたいな順番で。…つかぷらぐって別に「ずっといいこで通したい(通る」という話は僕もしてないんで、引き合いが近いようで遠いような。
LD >> >悪影響与えちゃう いやあ、そこはそんな減じる影響を与えるとは思わなかったでけどね。僕とkichiさんの違いはそこですね。僕はワンギャグの嫌出しに留めているけど、kichiさんは全体の調和の話をしている。
kichi >> ……でまぁ、やはり「観ようによる」って話にはなるんでしょうね。う〜む。
LD >> >引き合いが近いようで遠いような。 ちょっと話が他に派生するので「けいおん」は避けるけど、端的に言うとルイさん他のキャラの理詰めのチェックは厳しいけど、プラグには甘くね?って話ですね。でも、今、なんでか擁護側にって言が出たから、ま、それでいいかって。
ルイ >> 昨日ブログに書いたままなんですが、あのぷらぐ評が甘いというと、甘いのでしょうね…本人自覚無いですw
LD >> >「観ようによる」って話にはなるんでしょうね。 そうですね。…で「漫研」としては価値基準がはっきりしていて、こういう場合「楽しんでいる人」の方がエライのでその人に教えを乞うスタンスになります。詰らない…って話を確定させても、まあ、しょうがないしw
ルイ >> 前言ったけど、ぷらぐは人命救助、応援意識以外はダメキャラって認識でいいとは思います。それが甘い読みとは思ってなくて、なぜなら作中でも減俸食らったりしてるから、そこはそうだと。で、この場合「なんでそんなに執着すんの?異常だよ?」というのが「逆流」の印象で、そこを詰めると一段上に行きそうですが、詰めない中では「炭化」は最適解に思えましたね。ってなんか許容トークからずれたが。
LD >> 応援意識以外はダメキャラって「読み」でいいでしょうね。さらに言うと心底落ち込んでいる人間じゃないと、その応援意識は出てこないみたいですね。
kichi >> あの視点はなかったのでナルホドとは思ったんですが、でもだからといってアレスタを好き放題弄れる理由足りうるとは思えないので、やはり甘いとは思いますねぇw 最初の一つ二つならともかく1話延々弄りとおし、あげくの果ては金も出させようとかはなぁ……(´・ω・`)
LD >> まあ、で。kichiさんはその意識が天然なら根は善人って事で、それならアレスタをこき使うとしても善人の楔というかにおいのようなもので統一してくれ…って話だと思っているんですけど、まあキツめに詰めるとその話も分らなくもないw
ルイ >> いや一和いじり倒すダメさも指摘してるつもりなんで…w>甘い
LD >> この話はキツめに詰めるとって話ではあるんですけどね。でも、ルイさん、キツいキャラにはキツいやん?ってw
GiGi >> 充電ちゃん見てないのでアレですが、モンティパイソンとか引き合いに出されるとどうなのかなー?それならむしろ暴力で何を表現してるのかを聞きたい。
LD >> や、今、何か流れで甘い甘いでルイさん責めてる感じになっていますが、それは僕の意図に反していて。僕は「観ようによる」という方向を見出そうとするのがよいし「愉しい」話につながる事だと思っていますよ。
kichi >> 8話見ると、応援意識というより、単純に充電することにかけて拘りのみ特化してる印象ですね。でまぁ、私はその根拠が描かれなきゃその程度を描かれてもキャラ描写として筋通ってるとは実感できないですねぇ……>応援意識
ルイ >> キツイキツイいうと僕のキャラが誤解されるだろうw….いや、強いて言えば全てのキャラにキツイですよ。それはなぜかというと、細かいところまで通る気持ち良さが何ものにも変えがたいカラで。ぶっちゃけテーマよりそこ重視くらいの(ま、キャラが通ればテーマも通りますが。逆もしかり
LD >> む。まずいな。そろそろ眠ります。
kichi >> あ、私も寝ます〜。長々とおつきあいありがとうございました。
ルイ >> でもそれは、最初は高いハードルからチェックかけてくといった話で、通らないとハードル下げるだけなのでずっとキツくあたる意識はないのよね。「その高さのハードルじゃないだろう、こいつは」て部分は厳しいけどw
LD >> >細かいところまで通る気持ち良さ それは良い事です。途中でダメ出ししたりした「言葉に縛られない」なら良いのではないでしょうか。
ルイ >> その点で、ぷらぐは根拠書いた方がいい、は同意。てかさっきもかいてます。でも、ないなら次のハードルに行くだけで、じゃあダメとは言わない。
ルイ >> 炭化はセカンドハードルとしてモストベター(?)だねとは思うが、甘いかなあw実は好きなのかなあw
LD >> いや、甘くはないと思うよw 自分はキツい宣言をした場合、甘いかもねって話が出てくるだけでw
ルイ >> 寧ろLDさんがおらをキツイと(ry …ええい、第魔法峠みれ!w
LD >> ごめんね…(=´ω`=)ノシ いま「ミラクルトレイン」観てるから許されよ〜。
LD >> それでは、お休みなさい。
ルイ >> ミラクルトレインなら許すしかないw策士だw
ルイ >> ところで田中ぷにえじゃなくドクロちゃんだと気付いたwどんだけ括ってみてるのかモロバレなんですが…まあばれなかったからいいやw←
ルイ >> gjgiさんのリアクションは間違ってるけど合ってて面白いですね←なんだって?
ルイ >> 表現じたいへの引っかかる引っかからないのはなしだから、それを使って何をなし得たかというのは別の話とも言える。でも一方で、その「表現できたもの」それ自体がラインの位置を推移させる側面は確実にある。
ルイ >> つまり何が言いたいかと言うと…
ルイ >>
ルイ >> LDさんは「サウスパーク」つった方が良かった!←ひよった!
ルイ >> だから言ったんや。学園三大美女なんて嘘っぱちだったんや。明らかに学園一大美女なんや。
LD >> ああ、「サウスパーク」の方がよかったかな。
LD >> ちなみに、今週の一番は本日深夜25時に開始予定です。
ルイ >> 加奈子筋肉痛だよ?LDっち。
LD >> ん〜。ルイっちそれ何のこと?
ルイ >> にゃんこいっちです。引く時引きまくりますよね、ほんと。
井汲 >> 「一番」始まる前に、どさくさ紛れに LD さんの http://blog.goo.ne.jp/ldtsugane/e/6faddd0b2610ac8cd8952042dc8fea7e についてのコメントを。
井汲 >> ちょっと前に急に面白くなった、というのは同感です。で、LD さんはこれを「ちあきの登場」に結びつけて捉えているのですが、私はちょっと違う見方をしていて、河下先生に何か「スイッチ」が入って、そのタイミングがたまたまちあき投入後しばらくしてのことだった、という風に感じています。
井汲 >> これははっきりした根拠があるわけじゃなくて単なる印象論ですが、ちあきそのものはそれほど重要な役割を果たしていないように感じられるのですね。私には。
井汲 >> 桜井さんがブランコから飛び降りて、「どっちがよかった?」と微笑んで見せた場面がここしばらくでは一番印象的な場面でしたが、このように思わせぶりなセリフで読者をどぎまぎさせると割とツボにはまる破壊力を発揮するのが、河下先生の作家的特徴だと思います。
井汲 >> これ、いちごの西野と共通してるんですよね。たぶん、西野で「それをやると人気が上がる」というのを河下先生は学習しているんだと思うんですよ。で、きっかけは何なのかわからないんだけど、何か急にスイッチが入った河下先生は、当時の「必勝パターン」を桜井さんで再現することができた………という見方をしています。
井汲 >> ついでに言うと、桜井さんが洸太のことを好きになる事情があんまりちゃんとしていなくて、見て見ぬふりを必要とされるなしくずし的な既成事実化でごまかしが図られているところも西野と共通ですね(笑)。桜井さんの場合、元来、「なつきへの対抗心」が洸太への関心のほぼ全て(100%ではないけれど)を占めていて、それが真剣な好意へと変貌していく過程はどう見てもほとんど描かれていないのですけれど、西野のときと同じく、それは強引に知らんぷりする手に出たようです。
井汲 >> まあこのまま西野みたいに納得感ゼロのまま締めくくられてはたまらんので、「あねどきっ」ではツケはちゃんと払って頂くことを河下先生には願ってやみませんが、それにしても「スイッチが入った」状態でも、相変わらずなつきは持て余しているみたいですねえ。なつきメインのエピソードに突入したとたん、またピンと来ないありきたりな話になってしまいました(笑)。
井汲 >> やっぱり、仏作って魂入れず、「年上のお姉さんが勝手に同居を始めてどきどきっ」という設定優先で形だけ作ったキャラなんでしょうね、なつきは。相変わらず、河下先生のストーリーを作る力にはかなり難が感じられます。………やっぱり、この人はピンでやるんではなく、原作をつけた方が絶対いい仕事につながると思うんですけどね。担当編集が、かなり強く説得すべきだと思うんですが。


■■■■2009年11月21日■■■■
LD >> |・ω・`)
LD >>
LD >> |・ω・`)ノとう!
LD >> |・ω・`))) <ここんんばばんわわ
LD >> Re:井汲さん ちあきがそれほど重要な役割を果たしていないのは、ある意味賛成です。ほとんどストーリーに絡んでいない子ですし。
LD >> ただ、特に桃栗先生のテンションに変化があったようにも思わないんですよね。…そうやって「面白く」感じた自分の心象を分析していってみると、姉が二人出たせいか、なつきの存在があんまし気にならなくなった…という面が大きく思えました。
カルマ >> こんばんは〜
LD >> Re:ルイさん や、まあ、加奈子引かないと話おわっちまいますしねw 構造から観ても楓が追いつくまで加奈子は待機状態というか……んでも、既に楓にもブレーキがセットされているんですよね。
LD >> |・・ω・・``))) <ここんんばばんわわ
LD >> 「ラピュタ」放送記念つ http://www.nicovideo.jp/watch/sm8668271
LD >> しかし、下で言いましたが楓はブレーキをかけている場合ではないっ
LD >> (´・ω・`)ノノ三○ 大体、加奈子話と楓話は交互にやってくるのですが、楓がスリーポイントを一本決めている間に、加奈子はタッチダウンで6点、さらにトライ・フォー・ポインヨで1点、つー感じですから。←LD比
LD >> …む?
kichi >>     こんばんわ〜(´・ω|
LD >> 今、観てる動画つ http://www.nicovideo.jp/watch/sm214697
LD >> |・・ω・・``))) <ポポイインンヨヨ
ルイ >> ちょいとブログかいてたら遅れます太。
LD >> 寒い日が続くなか今日はそれなりの秋日よりでした。いかがお過ごしでしょうか。
LD >> |・・ω・・``))) <ここんんばばんわわ
kichi >> ……今日もふつーに寒い日でした……(´・ω・`)
LD >> そろそろコートとか出さないと、やってらんないんですが……どこいったっけ?
ルイ >> >追いつくまで待機状態 言うと思ったw
LD >> いや、でもそうでしょ?w>待機
LD >> さて、え〜っと51号?
LD >> さて、では一番に入りましょうか。
ルイ >> いや、3Pとタッチダウン云々は印象強すぎてなんともねw
LD >> ジャンプから……って?
ルイ >> オラも手袋紛失したので買いなおすしかない予感・・orz おかしい、この樹海のどこかに必ずあるのにorz
ルイ >> 恋姫無双からミドルネームなくせえええええ
LD >> ああ、スリーと、タッチダウンはわざと言っていますが…wでも、構成を観ると加奈子が「積まれ」た所で楓がスタートしているようには観えると思うんですよね。
LD >> >「恋姫無双」 チラっと観ましたが、なかなかすごい画になってました。普通に雑兵がいるんですねw
ルイ >> ジャア今週のけんぷファーは、ほかが積みあがるまで桜は待機しているんだな。おうおう。
LD >> さて、ジャンプ。ジャンプの新連載読んでなかったですよ?
ルイ >> いかにもライヴシーンを見たっぽいコメントだあ>すごい画
LD >> >桜は待機 そうなの?というか、桜、内語でも語り出しました?
LD >> 新連載は……まあ、とりあえず、わかんないやw
ルイ >> いいえ?キャスト表から消えました。
kichi >> 新連載は……、「わじまにあ」よりは面白かったかも。でもその程度の印象ですね。……ていうか丁度入れ替わりかぁ……。
ルイ >> 『新世紀アイドル伝説 彼方セブンチェンジ』。この内容がどうとかいうより、勇者学の人がすぐ連載席もらえるほうにビックリだよ。なんか編集者枠とかあんのか。
LD >> 「ナルト」は鬼鮫が……「ブリーチ」の十刃側の卍解みたいな事をしました。
ルイ >> 細かい所かもしれませんが「ジャンプ史上最高のイケメン」は、色んな女性読者を潜在的に敵に回す、良くないアオリだと思いました。
LD >> (さらりと…)どした…?まめぐ……orz>キャスト表から消えた
ルイ >> 「私の○○をさしおいて何言っちゃってんの!?間違ってもアンケに名前書かないわプンスカ」←単純
LD >> 編集者枠っていうか……港浦さん枠?(´・ω・`)
kichi >> kichiの港浦さんへの好感度が5下がりました(´・ω・`)
LD >> その「ブリーチ」は、ヤミーがけっこう巨神兵みたいでカッコよかったかもです。
ルイ >> 「ブリーチ」は一護フォロー設定に加えて自力自体がまるっと上という事にいい〜。
ルイ >> ヤミーが最後のコマで「完全に死んだ」と思えないのが、ブリーチヒキの苦手なところではあるんですけどね。なんかこう、いつまでも「畜生〜」って言って立ち上がってきそうで、そのする・しないがピンとこないちゅか。
kichi >> 主人公優遇されまくってますねぇw>ブリーチ
LD >> 「ぬらりひょん」はぬら組は、実はまだ隠された実力を隠していたようですね。隠された…。
ルイ >> 「ぬらりひょん」は確かに遠野妖怪の格の方が高く見えてしょうがないので、この線の引きなおしは妥当。
LD >> 先のことは考えるんじゃない。今、ぶちのめしたカタルシスを……感じるんだ!(`・ω・´)>ぶりっち
ルイ >> Ω「若代表が目覚めるまで同じステージで戦ってあげていたんだよー」 ←ぬら組某氏
ルイ >> いや、だから決まりきった実感がないからカタルシスが弱いって話。
kichi >> 「ぬらりひょん」は……、なんだかなと思いつつも、まぁ、妥当ではあるんでしょうね。でもこれやるとただでさえヤバイリクオの格がますます下がっちゃってどうなんだろう?ってのもあるんですがw
ルイ >> 格ゲーでド派手なコンボきめても、ゲーム設定で体力ゲージ大して減らなかったらカタルシスないじゃん。それならサムスピの鬼設定で強斬り一発でKOの方が来るっていうか。
ルイ >> リクオは主人公特権「覚醒」が補強根拠「血」つきで発動するので問題ないですw
LD >> 最近、いずみのさん(と、みやもさん?)の位置エネルギー論を聞いていたら、この力学に「ブリーチ」と「バキ」がずっぱしはまるなと思った。この2作品主体のシナリオはほとんどこの理論だけで形成されていると言ってもいい。
kichi >> 覇王丸の強斬りは熱かったですねぇw
ルイ >> 「ねこわっぱ」についてギギさんのコメントマダー。
LD >> いや、だからそれは「また、立ち上がってくるかもな〜」って先のことを考えるから…って、いやまあよっぽど先の事すっぽり忘れられる人か、たまに読む人じゃないと無理な話をわざと言いました(汗)
ルイ >> 話通じたよw>強斬り熱かった
ルイ >> やっぱり読みきりの解体作業ですよね、「ねこわっぱ」の1話2話って。誘拐と学校訪問。
kichi >> 「ねこわっぱ」は……前半はそれなりに楽しく読んでたのですが(人間モードだと美人なママとか良いですねw)、…………まとめ方はなんかモヤっとしました(´・ω・`)
LD >> 織田信太郎くんが、単体でもカッコいいというか……このキャラの立ち方がタマとどう配合して行くかが、楽しみかなと思いました。
カルマ >> 異常にブラウザが重い…アイドル伝説ですが、「汚れもできるアイドル」とか既に現実に「ウェンツ」という人がいるのになーとか感じました。
ルイ >> あと、「神社」で街そのものを相手にとれるのに、学校フィールドに寄りかかりすぎるのが良いかは疑問。殿とか悪いキャラとは思わないけど、寄りかかるほどとも思ってないので・・・相変わらず、あんまり上手くいかないですね。
ルイ >> うん。明らかにウェンツですよね。>新連載
ルイ >> つまり既に「隠さなきゃいけない」という前提条件が成立していなかったりする。
LD >> まあ、拙者は正直、勝負は昔の忍者マンガみたいに淡泊に一瞬で決まる方が圧倒的に好きではあるんだな。それ故、今好きなのは「クィーンズブレイド玉座を継ぐ者」なんだな。
LD >> あ、「QB」のチャットまとめるの忘れてたか?
ルイ >> 飯綱落としで命はとらないでおいたっつっといて植物人間化してりゃ似たようなもんじゃん!HIDEEEE!!!って話ですか。>昔の忍者マンガ
kichi >> ……まぁたぶんハンタ復帰までの繋ぎ……だったらいいなぁ……(´・ω・`)やっぱ次はめだかちゃんがヤバイのか?>アイドル
ルイ >> ねこわっぱには期待しまくっているので、もっと頑張って欲しいなぁ・・・切法師みたいなのはまっぴらロックよ?
LD >> ハンタ復活までって…みじか!w
ルイ >> 10週コース越えてるw>ハンタまで
LD >> まあ、なんだかんだでジャンプ今、激戦区だからねえ…がんばらんといかんねえ…。
ルイ >> さて「いぬまるだしっ」が銀魂を越えていった件ですが。←単純比較した!
LD >> 「いぬまるだし」はハートフル…と。( ・`Д´・)φ
LD >> あ、越えていったというか、僕も「銀魂」思い出しました。あたりまえかw
ルイ >> ハートフルですね。雪の精との出会いのごたる。
kichi >> 「ねこわっぱ」はほんと頑張ってほしいですね。今回のもあとになってから割と暴力的に見える片の付け方で、あんま気持ちよくない形なのは問題だと思いました。特にこの作風なら、とにかく気持ちよく見せてほしいですねぇ。
kichi >> 「いぬまるだし」良かったですねぇw 一番候補だと思いますw
LD >> 「べるぜバブ」はバックドロップで決着はいいんだけど、今まであんなに遠くにぶっとばすようなバトルしていたんだから、地面が割れるくらいのバックドロップじゃないと納得いかないなと思いました。あと邦枝惚れすぎw
ルイ >> 僕お別れしたくないから風邪ひいたままなんだい!!みたいな物語、どっかで観た覚えがありますが・・・この場合、いぬまるくん自体は淡白で、周りの観測者との絆があるのがポイントですね。で、風邪らしく「伝染」で命を永らえるという展開も上手し。
ルイ >> バックドロップは三沢さん思い出して呼吸が止まるから、素人が適当に使うなこの野郎。←フィクションをフィクションと(ry
GiGi >> なんかみんなバルスバルス言ってると思ったら金曜ロードショーか。
kichi >> 周りの観測者だから、いぬまるくんの風邪が直ったことを喜ばなきゃならないと思う葛藤があるのが良いのですよねw
LD >> 「あねどき」ですが、いよいよ次週くらいに姉の謎が解け始めるような気がしない事もなくもないw
カルマ >> あそっか、銀魂とネタかぶってたのか。>いぬまる
ルイ >> 「バブ」で・・・・・・・・・・・・・・・・・・結局なんで古市は呼ばれたのかね。ひょっとして東条の紋を見たのが古市だけだから?ちょっとそれ、うまくないな。
ルイ >> 風邪を治すな!と強く言い出せない所がいいですね。まあ、あの世界の園児結構常識あるなとw
kichi >> 「あねどき」はどうなんでしょうねぇ?文化祭と同時進行はなかなか大変そうですが、うまくやれれば面白くなりそうでもあります。>姉謎解き
ルイ >> 「あねどき」は普通に様子見。と、いうか既に姉に興味があまりないw
LD >> ラストでふり返る所が、もうなんか「時を掛ける少女」(1983年)w
ルイ >> 「トリコ」マッチに嫌なフラグ臭がするです・・・orz
LD >> >東条の紋を見たのが古市だけだから? ほんとにそうですね。目配せはいいのですが、うまいとは言えない感じ。
カルマ >> なんかスルーしそうな予感も(笑)>あねどき秘密
ルイ >> 「作家の理由」はそれでいいんですけどね。「物語の理由」は存在しない事に気付かないと。>古市
LD >> いや、なんか桜井さんが可愛く動いていたら、大姉の動きもけっこう楽しみになりました。…やっぱ、キャラ配置は変らないのに、誰が、どっちが「シャフト」か?というのは重要な問題なんですね。
kichi >> 私もしばらくはスルーの可能性の方が高そうな気はしてますw 文化祭終了のタイミングってのは高そうかな?桜井さんといい雰囲気になったけど引き戻される形は綺麗ではありそう。
ルイ >> 「リリエンタール」は導入自体はうまい!と思ったんですが、アキラに魅力が足りないのがちょっと問題だなあ。アキラのキャラ立ちが良ければもっと素晴らしいのに。
GiGi >> ねこわっぱは今週も説明セリフ乙といった風情でしたな
ルイ >> ああ、綺麗ですね>引き戻される(取り返す)形 ・・・でも、取り返すってあの常態正しいのか?w犯罪?w
LD >> 「バクマン」は、見吉がどうなるか気になりますが、僕は何かすっかり山久さんの物語が気になっています。あと、中井さんが旗立てた?
ルイ >> 「バクマン」ラスト2Pの見吉が明らかに美少女キャラとして描かれているのですが。
LD >> >桜井さんといい雰囲気になったけど引き戻される形 ああ、いい形ですね。
kichi >> 「リリエンタール」はなかなか変なとこ突いてて面白いなとは思いましたね。……まぁ、この組織の印象をここまでゆるいものにしちゃっていいのかな?という部分でちょっと微妙さも感じたのですが……まぁ悪いってほどではないですねw
ルイ >> 組織はゆるいくらいが丁度いいとオモw
LD >> ま、たまには美少女に描いたらんと。(´・ω・`)>見吉
ルイ >> や、美少女に描くには美少女に描く理由がある、みたいなね。描こうとして描いてるんだろうなあ、と思いました。
ルイ >> 「サイレン」やっぱこのNPCバトルおもしれー。
kichi >> 「バクマン」はやはり見える展開はサクサク進行しますねぇ。見吉……(´・ω・`)対象が蒼樹さんじゃなく岩瀬ってのがまた根が深いというか面倒な状態だ……
ルイ >> ラグナのESPの説得力・見栄えは作中ナンバーワンだろうw主人公のブラックホールよりw
LD >> 「サイレン」、ワイズ誕生話、なんか面白いですねw サイキックのパワーのみならグラナの方が上な感じなのもよいw
ルイ >> グラナ・・・orz
カルマ >> 見吉はまぁ…バクマンの速度なら来週すぐに展開するか?
ルイ >> 「保健室の死神」はトウヤのラフな部屋着が可愛い。←ダメだこいつ
LD >> なんでしょうね?主人公たちの戦う“上限”を、見せてもらっているのもいいのですかね?
カルマ >> 「サイレン」面白いですねぇ。
kichi >> 「サイレン」は良いバトルでしたね。ちゃんと捻った感じのするESPの使い方で、しかもその強力さに説得力があって。
ルイ >> 「めだかボックス」は色々気に入らないけど、学園全体フラスコは読み通りでしたね。
ルイ >> ああ、そうですね。あと、僕らも「未来」は知っていて、グラナが勝つとはオモっていないのにグラナの力が明らかに最強っぽいというか・・・そこも読み易くていいですね。
LD >> 校長が波動拳を打ったときは、校長SUGEEEE!!と思いましたが…夢だったですねw
kichi >> 「保健室の死神」は波動拳が良かったですw ジャンプでやるならカメハメ波のが良かったんじゃと思わなくもないですけどw
ルイ >> いや、あの校長の波動拳って結構「深い」ですよねw
LD >> 「めだか」締めに入ってるん?(´・ω・`)
ルイ >> だってさ、ハデス先生すら認められるといった社会的な欲に縛られるのに、校長は誰を倒したいでもなく、ただ波動拳を「放ちたい」っていう、この満たされっぷりが凄い。
kichi >> 「めだか」は……う〜ん……(´・ω・`)巻いた印象もありますね……
LD >> いやぁ〜「保健室」も悪くないのに、もう後ですよ〜って、最近はそんなし掲載順関係ないのかな?
ルイ >> 「スケットダンス」は固定支持者がちゃんとアンケ送りますからねwもうスイッチくらいしか残ってない気もするが。
LD >> >ただ波動拳を「放ちたい」 カッコいいですねw…というか、何か打ってた時納得してしまったんですがw校長のキャラが「積まれ」ているのは間違いないですね。情報っていうのはこうやって「積んで」行くもんですw
kichi >> ふ〜む。満たされてる……ですか。なるほど。
ルイ >> 今回もヒメが透明人間を見た瞬間チュウさんか!?っつう「理解の早さ」が笑えましたが、それって自家中毒状態というか(?)
LD >> さて、そろそろサンデーいきましょうか。
ルイ >> 言い換えて「虚無」でもアリですね>満たされてる
kichi >> ああ、1回脅かしただけで即バレは早いなと思いましたねぇw>スケット
カルマ >> あの理解の早さは好きですねw
ルイ >> 王土がパシリ案内人状態なのが気に入らないんだよなあ・・・あと、今週の説明語りで先週のめだかちゃんの選択の後付もしてたっぽいけど、やっぱり「確実に強くなる」と「どうなるかわからない」とじゃ対比前提がおかしい。うーん。>めだか
LD >> 「結界師」そうとう、不意に母さんが登場しましたね。
ルイ >> 要は連載のルーティンネタが、キャラにとっても情報圧縮されてるんですよねw>理解の早さ それは面白いけど、言い換えれば新味がないって話でもあるw
kichi >> たぶんそういう意味なんだろうとは思ったんですが……、でも私はたぶんLDさん同様、どっちかというとピュアなかっこよさみたいに感じましたね。言われると結構納得もしちゃったんで微妙なとこですが……>虚無
LD >> >対比前提 あの選択は、いろいろ説明を伴うと分らない事もないんですが、普通に聞いた瞬間すぱっ!と分る、特に小学生に分る選択ではないですよね。そこは瑕疵に感じました。
ルイ >> 気持ちよさの話ですね。言葉を詰めていくと「確実に強くなる保証があるから選ぶんじゃない」が内包するものも理解はできるんですが、一方で学園を救う是非もない選択という側面もあったので、パッとはいってはこなかったですね。
kichi >> ……ちなみに靴はいた状態で足の握力で壁張り付きってありうるのかなぁ……?(`・ω・´;)いや、別にいいんですけどw
ルイ >> その二択が登ってくる段階で、既に「積み」ですよね>kichiさん いい感じだと思います。
ルイ >> そこは許すw>靴はいた常態
ルイ >> さて「ハヤテのごとく」はいよいよ「ネギま」したんだなぁ〜。
ルイ >> ×したん ○したいん 意味が大きく変わるw
LD >> 「マギ」はジンの金属器を使ってきましたが、これが“無敵のアイテム”じゃなくって、大軍で落ち着いて対処されれば御されてしまう事を描写したのは重要ですね。
kichi >> 「ハヤテ」はなかなかシビアに選択を迫ってきましたねぇ。ま、様子見……。
ルイ >> http://websunday.net/backstage/fujita/ ←今週の面白すぎたバックステージ。
ルイ >> シビアな選択の迫り方が、全部伊澄さんの知識情報任せなつくりが甘いんだけどねw
LD >> いや、なんか王土は、でたらめなヤツなんで言葉通りに受け取らない方がいいというか……足の握力といいつつ何か変な別の力を使っていたりすると思いますよw
kichi >> 「マギ」は姫さまの格が上がったかと思ったら下がってなかなか忙しかったですがw、その分詰まってたというか、うん。いつもながら巧かったですねぇ。
ルイ >> 今週の「マギ」は僕はちょっと苦しい作りに感じましたけどね。アラジンを主人公だと再認識させるための苦肉の展開ちゅか。
GiGi >> バクマンはまあいろいろ言われてますが、見吉がかわいいので(仲直り前提で)許す
kichi >> 爺さんの気まぐれ……ではないのかもしれませんけど、爺さん次第な選択肢の作り方ですしねぇ……w つくりは甘いんですが、でもまぁシビアではあるんでどうするかな?とw>ハヤテ
ルイ >> とりあえず、姫が雑魚の伏兵すら読めなかったという「瑕疵」は、ちゃんと作劇的盛り上げとは別に意識にプールさせておいて欲しい。こういう展開以外にアラジンが入ってこれなかったから選んだにしても、結構姫様の格下げてます。
LD >> …まあ、でも何かあれですね。アニメ二期が無事に終わったらから、心おきなく最終ステージに向かってはいるんですね。>「ハヤテ」
ルイ >> そこですよね>見吉がかわいいので
カルマ >> マギはちょっと引っかかりましたね。ここまで姫を落とす必要は感じなかったかなぁ。
ルイ >> しかし相変わらずマリアとナギは同じコマに描写しちゃってるので「内心の格付け感」は済んじゃってる感があるんだが、でもまあ「どっちも救えて英雄」にいきたいんでしょうね。まさかfateの桜ルートってこともないだろうw
kichi >> すでに仲直りは前提ですよね。万一そこ崩されたらかなりダメージでかいです……(´・ω・`)>見吉
カルマ >> まーどっちも救う方向に行くんでしょうけど…ネギま!と対比するとなんとスケールの小さい(笑)
LD >> 瑕疵というか、この場合本当に格が高くないのでしょう…低いわけでもないけど。騙されやすい……アラジンが迷いがなくて痛いと言っていたのが、ここに返ってきているのでしょうね。
ルイ >> ここでアテネ選んだら俺様ムッハーだぜw
ルイ >> 「迷いが無くて痛い」のと「戦略レベルが低い」のは似て非なるものだと思います。・・・「迷いがなくて痛い」はもっと・・・こう、潜在的ラスボス候補とか、そっち用だと思ってますけどね。
LD >> うん、何とはなく「ネギま」と比べてしまうのだけど……wちょっとそれは酷というかだめw>「ハヤテ」
ルイ >> 今回じい様も「ナギ」ではなく「マリアとナギ」に知らせてはだめ、と「言わざるを得ない」というかな。ナギとアテネを綺麗に1コマに抜き出して比較を迫れる作りになってないのが辛いですね。
ルイ >> ギギさんが「めじゃ」がいいというから、思わず「じゃのめ」に脳内変換してしまったYO。
ルイ >> 吾郎のサイヤング賞に続き、ジュニアの三冠王もカブトボーグのオマージュ(キリッ わかる人はわかる。
LD >> >潜在的ラスボス候補  そうですね。言っている事は分ります。…でも、まあ、呂斎に軍を任せて出かける時点で既にいろいろ嵌められているんですよね。ここの戦略レベル(?)をクリアしていれば、痛いほど迷いが無いのは潜在的ラスボス候補でいいと思うんですが、そこを超えてないなら迷いがないのは、こうなると…そういう話でしょうか。
ルイ >> しかし、プロまで地続きで連載してきた自負があるなら、本来「ここ」・・作中宿命のライバルが、世界の野球界にとっても頂上対決なんだ、という格上げは、本来自分で積まなきゃダメだと思いますけどねwここまでが牛歩だったから尚の事。ペース配分間違ってるよ。
GiGi >> おっとサンデー今日は駆け足ですな
ルイ >> 少なくとも今選んだ展開自体が「痛いほど迷いがない」の意味をLDさんが言っているほうに固定してしまう、という点で同意します。
GiGi >> 良いと言った覚えはない。しかし今週一番爆笑したのは事実。
ルイ >> ち、ち、ちくしょう〜!!大人め〜!!>良いと言った覚えはない
LD >> しかし、「バイオレンスジャック」で言えば、逞馬竜の後に出会うのは、天馬三郎であって欲しいという事ですよね…。(「VJ」自体そうなってないけど)まあ、この姫の格自体はエピが終わったところで判定した方がいいかなと。>「マギ」
kichi >> なるほどw>爆笑
GiGi >> 20年近くかけて積み上げたものを最後の最後に台無しにするのはさぞ爽快だろうなあー
ルイ >> 「最上の命医」は「誰か灯りもってませんかー」と叫べば一発でクリアだと思うが、まあ、許すw
ルイ >> 爽快なんだw
カルマ >> そういう意味ですか(笑)>爆笑
LD >> 「神知る」は天理交えての攻略になるワケだすな。…ディアナの方がうるさかったりするのかな?
kichi >> 「最上の命医」は引き続きwktk状態キープしてるんで私も許しますw
ルイ >> 「神知る」は天理が将棋メチャウマって事ですか。ふーん・・・・・・・・・・・・あんまり美しくないなあ、他校キャラへの線の繋げ方が。
GiGi >> ハヤテはどっちも選べず地獄に落ちるというのが畑先生のセンスかなとか思ったり
ルイ >> お、いいねいいね。実は畑先生のセンスはウテナやナデシコではなく「ホワルバ」にあったという新説w時代的にはかぶるw
kichi >> 「神知る」はまぁ、やはり変化は加えてきた感じですし、とりあえずは様子見……。
LD >> 「キングゴルフ」は、戸川臨の置いてきっぷりが良かった。なかなかなかなかいい連載です。
ルイ >> しかし「神しる」のけいおん部、入り口の扉が思いっきりセックス・ピストルズのオマージュですね。アノ辺で「けいおん!」じゃねえんだよ!みたいな意地が、まあ、音オタっぽくて微笑ましいw
カルマ >> 神知るは天理を絡めるのは悪くないと思いましたね
ルイ >> 「キングゴイルフ」凄く良かったですよ。正直勝負回より良かったかも。
ルイ >> (ゴイルフ・・・)
ルイ >> やっぱりタイガーウッズの解読書みたいなマンガだと思って読んでたとおりですね、今回のキングゴルフも。
LD >> >ハヤテはどっちも選べず地獄に落ちる  指摘されて、すっげえしっくり来た。確かに畑先生ってそんな感じがする。
ルイ >> 基本的にはヒナに励まされて英雄ルートだと思うけどねw
LD >> いや、この場合、桂馬が将棋メチャウマなんじゃないですかね。設定的に考えても。
GiGi >> 枯れた展開で締めるのかなあと油断してたらまさかこのオチのためのフリだったとは気付けなかったわ
kichi >> 「キングゴルフ」良かったですね。しかし結構早々と行くとこまで行っちゃったような感じではあって、今後どうするのかな?というところは気になったり。というか、大変そうw
ルイ >> ゴルフの「最終組」の真理をついている。今回は別に4ラウンド制じゃないけど、主力そろえて基本最終組として配置した。その中で勝負付けを済ませたものが優勝して、それ以外の組でのベストプレイヤーがスコア的に2位に入るんだけど、でも実力的には3位4位に劣るといいますか。その辺スコアに出ないゴルフの深みを感じますね。
LD >> すっげえしっくり来たけど、ハヤテが地獄に落ちるのは全然かまわないけど、それはアテナやナギも託生する図が高いですよね。…するとそれはないかな?とも思い直した。ハヤテ単体で地獄に落ちる道があればそれを選択しそう……というか何か分らないけど“英雄ルート”とはそのラインか?
ルイ >> 僕は結構気付いてたw>オチのためのフリ 前どっかの「一番」で言わなかったっけ。言いそびれてたなら勿体ないな。
ルイ >> 子供が腹の中い居る時点で、吾郎のおとさんフラグ回避物語だと思ってましたね。
kichi >> 私がもしかしてJrの話に移るのかな?って言った時そういう話を聞いた気はしますw>オチ
LD >> あと、1戦か2戦はこのメソッド〜ソースケのメンタル最強!故に技術がはまれば無敵!〜でいけるんじゃないかと思いますが、その“先”は難しくもあり楽しみでもありですね。メンタル無敵と完璧な技術の「先の世界」が描けたら、ちょっとした傑作ですね。
ルイ >> イメージ沸かないw>先の世界
GiGi >> 結界師お母さんがでてきましたな。りんねはお父さんが。めじゃで来週おとさんが出てくるフリですか(違います)
カルマ >> どういう世界でしょうか(笑)>メンタル無敵と完璧な技術の「先の世界」
ルイ >> 「ツール」は遅いなぁ・・・というか、作者だけ盛り上がってる感が少々ある。「逃げは捕まえるのが当然」という情報が周知じゃないと「皆控えた!」というのは大きな情報たりえないんですけど、作品が描く前にそこが盛り上げどころですよ、みたいに提示されてるのが気になる。
LD >> >どういう世界でしょうか(笑) それを描くのが作者の仕事じゃないかあw(にこやかに)……って、単純に言えば「テニスの王子様」みたいな世界とかねw「キングゴルフ」でやれるかどうかは別として、そういうやり方もあるとw
ルイ >> 「クロスゲーム」は面白い、ネ。竜旺のピッチャーが格的にここを凌げる描き方はされてないので、阿吽のスクイズとかなんとかいう話でしょうけど・・・。
kichi >> ああ、たしかに作者だけ盛り上がってる感は感じたかもですね……>ツール   ……まぁ、ラストページのゼウスアップはなかなか期待できそうな印象は受けたので、来週までは様子見……。
LD >> ああ、「めじゃ」来週、お父さん出てきますか(涙)w
カルマ >> ツール・・・んー。イマイチですねぇ。
GiGi >> ツールはルールや戦術の説明だけ丁寧にやってくれればそれでいいやくらいのスタンス。面白くなるにしても相当先の話だと思われ
LD >> …「ディフェンスデビル」は理由あって弁護士稼業は休業中…(はあと)とか……余計な事はイワンでいい!!(`・ω・´)しきーん!
ルイ >> 「ケンイチ」は達人買収w刀を好む感覚が人を斬る感覚と切り離されて、純度の高い「刀ラブ」になっちゃったらそれはもう善や悪じゃないって事ですかねw
ルイ >> 理由あって・・・深いな。
LD >> 「金剛番長」は、何かラストページでひどいものを見た気がするんだ……(´・ω・`)
ルイ >> 「チルドレン」は何気にクィーン形成のポイントっぽいですね。融和の可能性見て薫はノリノリになってるみたいだから。
GiGi >> いや理由はわかってるから忘れていいから(笑)。
ルイ >> 「金剛番長」、凄く冷静に言うと、最後のページに行く前のページのラストコマがちょっと弱いのが勿体なくないですか?卑怯の中の顔描き慣れてないからかもしれないけど、もっと表情がよければいいヒキになったのに。
kichi >> ああ、「金剛番長」は充電ちゃんの話でしてたギャグ幅の見誤りみたいなとこに通じる酷さを感じましたね……(´・ω・`)
LD >> 「はじめてのあく」は、この新キャラ・草壁ゲンがどのくらい定着するかが争点だったが、妹シズルの役6分で定着確定だと思うんだ。(´・ω・`)
ルイ >> なかった事にすればいいのに、無駄に律儀ってことですねw>休業中
ルイ >> あんまりネガティブな酷さは感じてないや。スマン。>金剛ラスト ポジティブでもないけどw
LD >> さて、そろそろマガジンに行きましょうか。
GiGi >> ケンイチはケンイチがこの場にいて生きていることの整合をとるためにアクロバティックな展開をした印象ですね
kichi >> 「チルドレン」もなかなか良いというか好みな展開で楽しんでますね。これをどう決着付けるのかは結構重要度高そうですしね。
ルイ >> 達人世界とケンイチ世界のリンクを避ける為の施策ってことか。>整合を取るため
GiGi >> 妹だけでいいですね(笑)>はじあく
ルイ >> んー、なんか結果ありきっぽいからノりきれないんですけどねーw>「チルドレン」
LD >> デビル「は?弁護士?なにそれ?地獄にそんなもんいるの?」くらいの勢いでいいよね。(`・ω・´)
ルイ >> 妹の召還に必要な依りしろってことで。
kichi >> 「はじあく」の妹ちゃんは気になりますねぇw ヒーローっていうより忍者みたいな動きしてたんですが……w
カルマ >> タイトルに裁判とか入ってないからそのまま「守護悪魔」でいいと思いますが(苦笑)>悪魔
ルイ >> マガジン、「ダイヤのA」は良かったすね。誰もがバントってわかってる中の見せ方としてはベストに思える。
LD >> 兵部が何を考えているかなんですけどね…まあ、単純に言えば、薫がこの子たちを見捨てられなくなるようにしている感じかな。
LD >> シュタってねw 多分、兄貴より有能というか情報収集みたいな事を妹がやって、兄貴が悪を討つというフォーメーションじゃないかと。>「はじあく」
ルイ >> 「GE」は先輩が死ねばいいってくらいキャラ下げた件wだから「携帯のある時代の作劇」って前回言ったんだよ。
LD >> 「GE」これでそのまま、収まるところに収まるのは、ちょっとつまらない。もう一捻り欲しいところ。
ルイ >> 付き合うのも夜のうち決まったならメールで書けよwどwんwだwけw 不実っぷりパネェけど、多分「ダメな先輩に使い捨てられちゃう」っていう「電影少女」のもえみちゃんみたいな使い方しそうでバルスじゃなっかったバロス。
LD >> いや、ヒキの時はひどいと思ったけど、今回謝っているから持ち直してはいるよ。…某神咲さんよりは全然おkな感じ。(´・ω・`)
ルイ >> いや違うでしょ。態度確定なのにあんなメールだけって時点で遡及して更にダメでしょw
カルマ >> なんでメール送らないかな…>先輩
ルイ >> LCっちは糸電話の世代だからここの話はちょっと難しかったようだNE。
LD >> いや〜、それは言いづらいと思うなあ〜w>態度確定 もちろん、悪くないワケじゃないけど。僕としては今の段階で謝れば許されるレベルに思える。
kichi >> 「GE」先輩はまぁダメですけど、時間的余裕がなかったことを考えれば情状酌量の余地はあるかな?という気分ではありますw でまぁ、どうするんですかねぇ。ほんとこのまま収まっちゃうのはつまらないんですが……。
ルイ >> 言い辛いなら「昨日言わなきゃ言わなきゃと思ったんだけど」的な事は印象としても今週言わないと。つまり「言い辛さ」を理由に「誠実さ」を取らなかったことは紛れも無い事実だから。ばれてから謝るなんて、ばれて居直るとの二択しか存在しないから酌量の判断基準たりえん。
LD >> というのと、この先輩が好きな健人先輩?…は、なんかいろいろ引っかかる所があるので、まあ、何か展開がありそうだとは思う。
ルイ >> そう「時間的余裕」が唯一の酌量ポイントですね。で、そこで「携帯電話時代の作劇」と言った意味に繋がる。実は「直接会って言わなきゃと思って」という心象を加えない限り、携帯時代においては時間的余裕は有り余っているわけです。そこの印象操作が上手くないって話。今週「直接会って言わなきゃいけないと思って」と言っていれば酌量ポイントUPですね。
kichi >> ……というか、まだ告ってない段階なんで、いくらバレバレとはいえ、先回りして振るのも変じゃないですか?どういう風に伝えるのかは結構微妙な線だと思いますが……>GE先輩
ルイ >> これは、描く人の世代が前時代で書く対象が携帯時代だと、今後もちょくちょく見かけることかなぁと思うw
LD >> まあ、そこらへんの許せる、許せないの範囲は人によって違うよねw>先輩
ルイ >> もっと技術的な不足の話をしているつもりですけどね。>人によって どうとでもできるんですよ、ここを気持ちよく通す方法はある。
カルマ >> 約束を反故にする必要はないというか、待ち合わせ場所で伝えるなりすればいいようにも>GE
ルイ >> kichiさんの言っている事は「キープ目的」って意味じゃないのならよくわからないwキープ目的でもおおいに問題ありますがw
LD >> うん、だから、人によってはルイさんの案さえも蹴って、とにかくドタキャンブッチしている時点で許せん!って人もいるよね。この話、先輩は一切悪くない!という描きをしようとしているワケではないはずだから、そのラインは微妙だし、まあ今回謝っている形でアリだと僕は思うよ。
ルイ >> だから、沢山選択肢はあるんですよね。「人によって」とやらが介入しない線を設けられるポイントは。そこは携帯に浸かってないと作劇で見落とすことが多い所でもあるし、それ以外でもそう。さっきの「マギ」の話同様、こう描いちゃったら先輩のキャラがある程度固定されちゃう(そのつもりはなくとも)というポイントだったりします。これは許す許さないの話じゃなく、気付く気付かないのはなしの方が近い。
ルイ >> 先ほどから「謝ってる」って仰いますが、謝る以外に何があるのかよくわからないんですが・・・。
kichi >> ん〜、分かりませんか……。告白されてるわけでもないし、ましてや付き合ってるわけでもないんですから、デートキャンセルの理由を詳しく書くのもなんか自意識過剰的なんじゃ?というのはそんなに変な感覚とも思いませんが……。恋心バレバレってのがなければ単なるクラブの先輩後輩で、先輩が誰と付き合うことになったかの報告義務なんてないんですし。
LD >> 「ネギま」はねえ…ふ〜ん、なるほどねえ…って。つまり“三次元人”を持ち出したかな?と「読み」ましたが。
ルイ >> 約束チャラですか?→楽しみにしてるよ、の一巡を経てまだその感覚なら、特に言う事はないです。先輩はそういう人ってことは今回で確定してはいるので。ま、そう描かないと僕は見てますけどねw
LD >> >謝る以外 本当にひどい人なら、謝らずに開き直るでしょうね。
ルイ >> うん。そんな極端な二択しかないところですよね、そこは。
ルイ >> 誤解を避ける為に言うけど、ボクも先輩はLDさんやkichiさんの方向で描かれていくと思ってますよwその上での作劇ミスが多すぎる、作者の程度が知れるっていうハードル下げのお話です。先輩を赦す形にはもっていきたいはず。だから最初「使い捨てられる(=赦す心証UP)」っていう風に言ったんですけどね。でも、ここのハードルミスをなかった事にはしない。
ルイ >> ま、こうやってラインを下げていく作業を「キツイ」とLDさんは翻訳したわけだ。でもこれ気付く気付かないであって僕自身の赦す赦さないと関係ないんで。って昨日の話につながりましたね。
ルイ >> 「我間乱」は緩やかに「ハンターハンター」じゃないけど、ジャンケン的な性質を持ってきましたね。わるかない。
LD >> そんなにミス多いかな?今、話していると謝り方のワード、あるいはニュアンスくらいの差に感じたんだけど…。
ルイ >> 「フェアリーテイル」はマガスペの読みきりが凄くデキがいいんで、多分あっちにネーム時間割いてたから今回の敵がショボショボなのだろうw
かんで。 >> おはようございます。
カルマ >> 先輩が捨てられる頃には黒川と良い雰囲気になるって感じを狙ってるんでしょうけど…もう少し先輩の描き方はやりようがあったとは思います。
ルイ >> 謝り方はどうでもいいですねぇ。
かんで。 >> お久しぶりです。
ルイ >> 「ネギま」は上位魔法キタコレ。これ、魔力があるなら防げるとかいう設定をつけないと完全無敵だけど「ラカンだから」って部分強調すると、そういうことでいいのかな?それとも既に勝負論で解いてはいけない魔法?w
ルイ >> いつ何時でもお久しぶりは存在しないのがこのチャット世界ですwチワッスくらいのw
かんで。 >> ガマラン、敵味方の新キャラの位置づけがさりげなくうまくて良いですね。
kichi >> う〜ん、約束チャラ自体は酷いですけど、でもメールに理由書けばそれが軽減されるとも思い難いものは……(´・ω・`)まぁ事実をありのままに伝えれば誠実とはいえるのかもですが……、でも先輩とこの主人公の距離だと微妙な問題には思えるなぁ……
LD >> まあ、僕としては先輩はひどい人じゃないとして描こうとはしていないし、その中で完全に悪い人でもないという微妙な表現をする中で、人の“許せる”ラインもそれぞれ違う。…そういった中でまあこの形はアリの範囲、ミスとはしない範囲だと思います。
ルイ >> 敵の立て方は結構常道ですよね。あの名のある流派が潰された!ってのは。本当はその「名のある流派」にも1人くらいキャラが既に描かれていればエネルギー増すんでしょうけど、そうするとちょっと展開が重たくなるというw
GiGi >> GEをそれほどひどいと思わなかったのはエデンを先に読んだからなんだぜ
ルイ >> どっちもダメですがサバイバルの緊急性が加味される分「エデン」が勝つかなw
かんで。 >> エデンはひどい(爆)
LD >> さっき“三次元人”と言いましたが、多分「物語の作者」クラスのものが“リライト”をかましているのだと「読み」ました。>「ネギま」
GiGi >> ネギまは言葉を慎重に選びながら新世界の真実を明かしてきてますね
かんで。 >> うん、その辺はほどよい情報圧縮なのかな、と。>あの名のある流派が潰された!
ルイ >> 今回のエデンのダメさはどう指摘したものか結構困るなぁ。GEは理のミスだからまだいいんだが、エデンの場合「ここで描くもんじゃない」とかミもフタもない事言うしかないような気もするw
LD >> お久しぶりです。かんで。さん……というか大怪我されたんですよね?もう大丈夫ですか?
かんで。 >> 「ネギま!」は凡人として正直まだついて行けてないです(爆)いや面白いですけど。
kichi >> やっぱりそういうことに思えますね。>物語の作者クラス   ……でもそれ、どうするんだろう……?
カルマ >> ネギま!は魔法世界出身であるのが影響したりするかな?と感じましたが…んー>リライト
ルイ >> んー、このお嬢様が、極限状況の中で神経磨耗して「こうなっちゃった」という描き方ができたなら、この一連もサバイバルの中起こること、になるんですけどね。どうもそう読めないのが厳しいが・・・まあ「なんでもチヤホヤされてる甘ちゃんはサバイバルじゃつかえねぇ」っていうテーマには沿うからいいのかな?w
かんで。 >> 死の淵から甦ってきましたぜ(爆) ということで、まだ首は時々痛みますが、ほぼ普通の生活できますよ。>LDさん
ルイ >> おおう、魔法世界出身。それなんてブリーチ。
ルイ >> ほう、お怪我でしたか。首は気をつけたほうがいいよ・・・三沢さん・・・orz
カルマ >> この一連もサバイバルの中起こること<だとしても、このタイミングか?というのはありますね…作中の時間経過というより、積みの問題かな…
LD >> しかし、この海原藩ってどれくらいの力を持った藩なの?…御三家とか親藩じゃなさそうなんだけど、そうするとすごいローカルな話に思えてきてしまうw>「ガマラン」
かんで。 >> というか、知り合いにもチヤホヤされてるお嬢はいますが、その表現にこんな切り取り方は無いわ、と思います。作者の愛が感じられないよ〜。
ルイ >> 愛はないですねw
カルマ >> おぉ、首とは…無事で良かったです。
GiGi >> 問題はどこまでが人形…造られし者なのか、ということで、王家の血筋が除外されるのは間違いないとして、ナギはどうなのか?ゲーデルはどこまで見えているのか?といったあたりでしょうね
LD >> >魔法世界出身 その指摘は正しそう……というか僕が言った「物語の作者」クラスのデタラメさよりは妥当そうですw
ルイ >> だから、やっぱお嬢様が今かんでさんが仰ったような「知り合いのチヤホヤされてるお嬢」と比較されてしまうこと自体が問題というかね。本来「極限状況において」という条件がつくはずなんだけど、この子の言動がその辺の状況とまるでリンクしてこない、ただの「キレちゃったチヤホヤ子」にしか見えないのが問題・・・一言で言えばカルマさんの「積みの問題」になりますか。
かんで。 >> お嬢のウザさと今までの流れとの関連付けがイマイチなんですよね。国作りの障害の一つということなんだろうけど、あんまりだ。
カルマ >> 獣人系はいずれも「後から造られた」かもしれませんね。>どこまでが人形
LD >> はい。「エデン」は、サバイバルの中で、そういう事は起こっても不思議ではないと思うんですが、こういう起こり方はしないというか…イメージとえらいズレがあるんですよねw
かんで。 >> ああ、そうですよね、極限状態だからああなった、という感じが読み取りづらいのが問題ですよね。
カルマ >> これも3泊4日編集部に泊まって描いたそうですが…正直ここ数ヶ月やばいので、1ヶ月くらい休んで立て直して欲しいですね>エデン
ルイ >> どっから立て直せばいいのかな・・・w
かんで。 >> ライフメーカーの覆面取ったらナギだったってオチは無しですかね?
ルイ >> とにかくさ、どのキャラのどの言動にも「人間ヤバイもっと強い動物いるこの島ヤバイ」っていう前提をしみこませないと、建て直しようがないと思いますw
LD >> 「積み」というより……多分、“緊張感”の問題に思えます。たとえば、前の回の「オレの女だ!」はああいう時言うのは、何かもう“命懸け”でそう言っている感がでないと情感にならないと思うんですが、何か学園ラブコメで思わず言っちゃったレベルに観えるんですよね。
ルイ >> うむ、大体かぶったかな。まあ、積みってのも大きくとって「今この状況下で言うに足る積み=緊張感」なので大差はないんです。
LD >> >ライフメーカーの覆面取ったらナギ はっきり言ってあり得るとは思っていますが、ベタ過ぎて、そういう引っ張りを読者に意識させながらも違う気もします。
GiGi >> 前にハイエナに走り書きしたラインに沿う話ですが、ゲーデルは6700万魔法使いは被造物ではないと考えているように見える、が、それは本当にそうなのか?とか
かんで。 >> そうなんですよね。「オレの女だ!」はめっちゃ重要なシーンのはずなんだけど、感動がちっとも無かったんですよね。りおん一人だけ感動してる感じで置いて行かれている
ルイ >> 「ブラマン」は親父の二重バレてない方に賭けるとオッズ1000倍ですが誰か賭けますか。
ルイ >> 「はじめの一歩」このまま負けたら面白い!!! でもそれ、宮田ランディの時も思った!!orz
LD >> りおんとかもそうなんですよね。今って「明日死ぬかもしれない」状況のはずで、そんな中で好きな人に「好きだ」と言わずに済ませられるか?そこで両想いじゃなかったらどうしよう?とか考えている場合か?っていうのがあって。仙石はそこらへん意識していないから…って思っていましたが「オレの女」発言をするなら、まあ同じですよね。
かんで。 >> うん、今までの流れを考えると、ベタなとこは全部外そうとしてるみたいなんですよね。ベタが結構好きな私としてはちと物足りないっすけどね。バランスとしてもう少しベタがあってもいいなぁ、と>ネギま!
LD >> きっつ〜!w>オッズ1000倍
GiGi >> ともかく今赤松先生がやっているのはこれから起こることの予行演習なはずで、埒外の出来事を読者に受け止めてもらうための下地作りをしている印象ですね
ルイ >> メタを周知させるにも手続きがいるってことやな。
ルイ >> 「ゴッドハンド輝」は妥当な線だな。レーベンなのに術後の回復具合を見越す、とかいかにもタイム負けポイント勝ちの布石っぽい。
ルイ >> 或いは「ポイントにも出ないポイント」というのもありえるか。
カルマ >> なかなかねぇ。魔法世界編自体に反発してるファンもいたし、バランス取りが大変だなぁ…>ネギま!
LD >> ちょっと、読みの裏の裏は表みたいな話になってしまうんですが、ナギがラスボスならゲーデルが真の敵を告げる時が言い時だったんですよね。やっぱり、MM元老院よりもずっと衝撃は走る。…でも、それを言った場合、僕はああ、このどんでんは返るな…と「読み」ますがw…いや、何が言いたいかというと「ナギがラスボスかも?」という疑惑は多分最後の最後までひっぱり続けると思うんですよ。…で、尚かつそのどんでんは返るかな〜?ってw
ルイ >> 魔法世界自体に反発しだしてもファンたりえるんだ・・・w
かんで。 >> 「はじめの一歩」、これからこの野人を主人公にすればいいんでないかいw
GiGi >> ブラマンは親父の二重スパイがバレてないと考えるとアンバランスで居心地が悪いですね。どんでんのどんでんのための設定というのが透けて見えてるというのもありますが。
かんで。 >> ネギま!のファンはいろんな人がいそうですもんね。赤松先生も大変だ。
LD >> わかんねえw>魔法世界編自体に反発 こんなに「面白い」のにw…というか「コードギアス」が無くなった今、これが「情報圧縮論」の雄だと思っているしw
カルマ >> 「ずっと学園周りで話をやって欲しかった」ってのはよく聞きましたし、 今でも「魔法世界編いい加減長い」とかは言われてるし。>ファン
ルイ >> 元々一歩って任務遂行型だから、天才マンガの魅力には欠けるんでね・・・w
カルマ >> 宮田とランディに比べたら面白く読めてるので、まぁ>一歩
GiGi >> レーベンどんだけオーバーテクノロジー(笑)で、ゴッ輝ゲーム化まだですか?(笑)
ルイ >> く、くそう・・・ランディが宮田倒してランディがリカルドにボッコにされても面白そうじゃないかあ。
ルイ >> 既にカドゥケウスという名前でゲーム化されている気がw
かんで。 >> うん、私も宮田ランディ戦より面白く読めてますね。
LD >> 「むろみさん」ですが、正解が内容に観えて、拳骨や掌底打ちよりは、裏の平手がいいです。従って正解は「小さい方がいいかな」と言って慰めるだす。(`・ω・´)
カルマ >> なんかちょうどいい特殊能力的なのもありましたっけ>カドゥケウス
kichi >> 魔法世界へ行くクラスメイトが選抜されちゃった辺りで残念感というか寂しさを感じたりはしたので、全然分からないことはないかもですw まだ時期尚早なんじゃ?みたいなことを思ったりもしましたし。いやもちろん私は今は文句なく楽しんでますけどねw>魔法世界編
LD >> いや、これ程じゃないにしろ、板垣がかなり近い動きをしますよね。>「一歩」
ルイ >> 「むろみさん」ですが、リアルで経験ありますが正解はあるように思います。「お前がどんな答えを求めてるか大体わかるけど、俺はお前くらいが丁度いい」だと思います。(`・ω・´)
かんで。 >> あの稲妻みてぇだったジャブが……(以下略)>ランディがリカルドにフルボッコ
LD >> ああ、全員連れて行ってないから、お気に入りの子が行ってないとずっと、お休み、みたいなものかあ…。でも、人気どころは一通り連れていってますよね?
ルイ >> もう既に一歩も宮田も「才気」とは違う所で描いてるので、まあ魅力的に映りますよね。リカルドへの接続地点が見えないって話でもあるけど。
ルイ >> お?LDの野郎、今いいんちょディスった?
カルマ >> 問題は彼が全くむろみさんに惹かれてないことだなぁ(笑)>俺はお前くらいが丁度いい
LD >> それを真顔で目を逸らさずに言えるなら、たっくんのウィンドウにも正解の選択肢が出るのでしょうけどねw>お前くらいが丁度いい
LD >> …おお!wいいんちょかw
ルイ >> おにゃのこが身長気にしてる時は「俺相手だと皆背伸び必要だからおなじだよ」な。ここテスト出るから。
かんで。 >> なるほど、勉強になります。胸の好み問題はリアルに生じてますのでw
カルマ >> ブログで文句言うクラスの人は「円」とかザラにいますよ?>人気どころ
ルイ >> いいんちょ好きなのにいw常人のままってところがいいwでもそれは作品世界的には参戦資格剥奪だw・・・まあ、こういうステージ層の違いによる切捨てってのは確かにありますね。
kichi >> 「エアギア」のにぎり毒はさすがに無い気がしましたw あとになってニギリの負けを狙い通りってことにしたくなったのかなぁ?大暮先生はその場のノリでどんどん展開変えてるだろうからなぁw
カルマ >> ケータイサイトの9月の人気ランキング、アキラが1位取ってて吹いた>ネギま!
LD >> まあ、と言いつつ、オラも置いてかれた五月と、超鈴音の人だがな…。つまり、お気に入りの子はいなくって読んでるぜ!
ルイ >> まあね。ボクも昨日「ピアノの森」について書きながら何度「便所姫出せ」ってタイプして消したかわからないから、気持ちはわかるw
かんで。 >> ちなみに私はさよちゃんが生き残ったので魔法世界は許容っす。
GiGi >> ハカセや五月の出ないネギまなんて認めねーというファンがいてもいいじゃないという話ですね
カルマ >> いいんちょはむしろあのポジションが良いんですけどね(笑)
かんで。 >> いいんちょは己の限界を知ってこそ、ですよね。
ルイ >> それはその通り。でも、作品的に出番制限されまくるのは確かなので。
LD >> 「エアギア」はネコミミ子が退場したこれからが正念場だな!(`・ω・´)(←なにが?)
ルイ >> 今週のうちにもう一方の準決勝もオチつけると思ってた。
LD >> あと、アイオーンが何かノロけてたなw>「エアギア」
カルマ >> あぁ…ていうかネギ批判だな。ネギが教師としての役割を果たせてないとか生徒を蔑ろにしてるとか…そういう不満は大きいかも>ネギま!
kichi >> ていうかまぁ、うまく忘れさせたというか、こっちの試合に集中できるよう描かれてましたが、眠りの森にリカ姉がどうなってるかの方が重要度ずっと高いので来週は注目ですねぇ。>エアギア
LD >> さて、チャンポヨンゆくがい。
かんで。 >> 私は猫属性無い人なので今後が楽しみです>エアギア
ルイ >> それはあってしかるべき批判でしょうね。全方位に対応できた傑作、って評価もまた本質を見誤らせると思うし。
ルイ >> 戦艦チャポムキンか。
LD >> 「弱虫ペダル」は小野田くん最下位っすか……まあ、ちょうどいいハンデだな!(`・ω・´)
ルイ >> 弱虫ペダルの連続表紙を邪魔したから里田まいの好感度が2下がったチャンピオンでいいんですよね。←
LD >> チャポムキン……それは、苦しいな!(`・ω・´)(←おい!)
ルイ >> 坂道が落車に気付くまでのネームが凄くいいですね。坂道が気付いたとき、僕もゾワッとできたし「焦れた」。
ルイ >> これまでの苦しい履歴を検索する機能をつけてくだしい。
ルイ >> 巻島先輩の表情が、こうなると憂い帯びまくってるみたいでたまらんす。
ルイ >> いいハンデというか・・・有力選手が落者した場合、レース全体が緩める事はある。でも坂道はそうじゃないから・・・「それ以外の多くの選手」も含めてどう判定されるか。
ルイ >> こういう時はチームカーが風よけになって引っ張ったり、或いは遅れたもの同士で敵ながら協力、というのもある。僕は一瞬山岳が「それ」を担うと思ってたんですが、落車はしてないモヨウ。但し、今回描かれていないので可能性はあると観ている。
kichi >> 巻島先輩……(´;ω;`)
LD >> あと、ここで御堂筋が登場。……何かダメっぽい気もするんですけど、やっぱり凄いのかな?
GiGi >> バチバチありがとう!おかげで「今週の一番?めじゃでいんじゃね?」とか言わずにすんだ!
ルイ >> やっぱり先週含めての流れが凄くよくてね。坂道がスプリンターの消耗した姿をみて「役割」を与えられてそれに奮いたつってのは、単独でオタクやってきた彼だからこそ、もう身震いするくらいのアイデンティティ貰った気分だったと思うんですよ。一番で熱く語りきれなかったけどw
LD >> 「バチバチ」はようやく決着。ちと長かったが、勝ったからまあよし。
かんで。 >> 全員無事ってハコガクの人が言ってたから真波の落車はないっすよね。なんらかの事情で遅れてる可能性はあるかもだけど。
ルイ >> それが落者認識してからの、自転車直すスピードの遅さにも繋がって・・・まあ単純にレーサーとして経験値が低いというのもありますけどね。それ以上に気持ちの焦りが大きい。
ルイ >> うん。なんらかの事情といいますか「私情」でw>山岳
LD >> …で、その与えられた役目を果たせない責任感から、自爆覚悟の猛追をするのでしょうね。>小野田
GiGi >> 御堂筋の見ている世界はまだ全然わかんないですね
かんで。 >> キン肉がーど炸裂!!>バチバチ
ルイ >> 御堂筋は落者の危険性も見越して最後尾だったのなら大したタマですね。落車を引き起こしたとまでは言わないけど、コースレイアウトや風的に可能性はあったのだろうし。
かんで。 >> ああ、私情、有り得ますねw
kichi >> 「バチバチ」はとにかく勝ってくれて良かったですw ようやくホッとできたというのもありますが、勝ち方も迫力ある描写で文句なしでしたね。
LD >> 「ギャンブルフィッシュ」の、この勝負、カイザーのエクストリームさが一番器大きく感じている件。
ルイ >> 「バチバチ」は素晴らしく良かったです。もう長さとか言わないw
ルイ >> 結局右手の骨がイっちゃってるのが凄くいいですね。王虎に対外的な言い訳ができているのがいいw
かんで。 >> かっこよかったですよね>バチバチ
ルイ >> 世間は許容するけど本人は格付け済まされた事を唯一自覚できるというか・・・痛々しい。
LD >> あれですね。「バチバチ」多分、連載ここまでで一区切りを構成していたのでしょうね。スタートダッシュを終えてここから本番という事かな。…こうなるとまあ王虎は置いてかれるだろうなあ…。
かんで。 >> カイザー、少年誌じゃなければなぁ(核爆)
kichi >> 「ギャンブルフィッシュ」は……どうするんですかね?これw 殺しちゃうのはこの作品的にOKなんですか?いや、死んだとしか思えないんですけどw
かんで。 >> 王虎なぞ、所詮、角界では一番の小者に過ぎぬわ!!的な。
ルイ >> 「ギャンブルフィッシュ」は、ロイヤルストレートフラッシュの時もそうだけどオバマの読みがちょっと頭悪く思えるのがイマイチ。
LD >> ああうん。その要素があるかあ…。>右手の骨
GiGi >> うんうん、焦ってチェーン直すのに手間取って、あの残酷な時間描写は素晴らしい
ルイ >> 結局残りのカード読めてたって事?エミリーに自信満々に語ったってことは。・・・じゃあ4が一枚も出てない事は考慮しなきゃおかしいだろう。
LD >> ここでヒキなんですよねえ…。はっきり言って、どんでんが返らないと、このヒキはしないと思うんですが……それはイメージできない(汗)>オバマ撃たれる
かんで。 >> 右手の骨はあるんだけど、印象的にはきびしいかな、と思ってます。
GiGi >> そうそう。あの骨折が本当に素晴らしい。
ルイ >> いや。折れた中よくやった!という世論になるかと>かんで。さん でないと同体取り直しの時点でもうちょい歓声流れると思う。 でも王虎自身は・・・っていうギャップがいいですね。
かんで。 >> 実はドン、っていうのはアヴィの口真似説……(最低だw)
LD >> ん…それはその通りだ。>4が一枚も出てない事は考慮しなきゃ
GiGi >> 小浜も無茶言い始めてますが、カウンティングしてるならファイブカードの可能性は見越してないと変ですわね
かんで。 >> うん、世論はOKなんだけど、本人がもうだめっぽい……。
ルイ >> どうもヘンなんですよね。どう考えても5を捨てるナガレに思えました。カウンティングしてるなら。で、してないとエミリーへのセリフはおかしい。矛盾。この対戦面白かったけど、オバマをもうちょいちゃんと描けば最高でしたね。
LD >> 今、思いついているヴィジョンは、オバマがコールまでを成功して息絶えて…でもそれでも配られたカードでアビ谷の勝ちなんだけど…。あるか?つか、大統領殺したまんまでいいのか?w
ルイ >> 王虎はもうダメでしょうねw
ルイ >> 多分アヴィの撃ったのはとまと弾かなんかで・・・w
ルイ >> 最後の大小勝負ってのはどちらも死ななくて済みますからね。そこに持っていくのでしょうが、ヒキが強烈すぎるぜ。
GiGi >> バチバチは王虎が名ヒールたりえるかという視点でも見てて、今回のこの遺恨の組み方はほとんど満点回答に思ってます。
LD >> 「菊の助」ナツカシス。
ルイ >> 菊の助ってこんな絵柄だったっけって言おうとしたらチャイムが鳴った。誰だろうこんな夜中に。
GiGi >> 競い合うライバルとして以外の関係性もあると思うんだけどなあ。ただの踏み台なら骨折ケアする必要もなし。
ルイ >> ふんどしが落ちてくるまではいいとして、それがご利益と考えて巻く、って所で何かステップがはしょられてる気がするw
LD >> 「ニーベルング」は、ここまでは規定路線だけど……こっからどうなるか…。
ルイ >> 王虎論ですか。うむ・・・・・世間が赦す分屈辱が蓄積されて鬼ヒールになるって可能性はアリですね。とりあえずこの骨折は物凄い屈辱プレイなんで「復讐」と「フェードアウト」の二択で、キャラ使い倒すなら前者もアリだ。
かんで。 >> ふうむすか。本人が折れてても、時間をかけて復活、って展開もありですよね、それは面白いかも>王虎
ルイ >> 時間をかける場合は第二の主人公ルートまで見えてこないでもないw
LD >> >ただの踏み台なら骨折ケア その指摘は正しいと思います。でも、あんだけ豪快明快に負けてしまうと格付けが終わってしまったように思っちゃうんですよね。その上で別の役割…ってイメージ難しい。
LD >> ああ、怪我治して再登場した時は黒騎士か。>王虎
ルイ >> あ、骨折って「ケア」というよりは、ボクはもう「屈辱」として強調して捉えてるんですけどね。でも、対外的に言い訳がつくというのは、立ち直るチャンスがあるという意味での「ケア」というのもわからないではない。
かんで。 >> アトラスの身長高いバージョンというかw
LD >> 「じゃのめ」いい話。こういう切ない話はすきやねん。
ルイ >> 「出陣!! 武将頭高校排球軍」はやっぱりやっぱり悪くない。←1人でずっと言ってる
ルイ >> LDさんが「ユユ」である理由についておおいに語るらしい。
LD >> 何時だったか「じゃのめ」のエピで、恋人が木についてしまう話でしたっけ?そこらへんの時、どうも座りが悪いって話をしましたっけね。今回、そういうのがなくって、そのまま切なくてキレイです。
kichi >> 「じゃのめ」なかなか良かったですね。まぁ最近ずっと良いのでアベレージって感じではあるんですが。
ルイ >> しかし「じゃのめ」の短編って、完全に印象ですけど、なんかこう手塚治虫みたいな詠嘆背負いだしてますよね。何この風格。
LD >> いや、けっこうおもしろいっすよねw>「武将頭高校」
ルイ >> 主人公に縦軸がキッチリしてるのがいいんですよ>武将頭
ルイ >> 兄貴越えというテーマと美少女振り向かせたいというテーマが「バレーうまくなりたい」という上昇志向にきっちり根拠与えているので、殿様の破天荒バレーという「ありえなさ」だけで読まなくていいというか・・・ギャグといいつつも普通に成長譚になっているのがいいですね。
LD >> まあ、確かにプロット自体はえらく単純な事含めて「BJ」の人情話に近いものを感じなくはない。梅田先生多分、「人間鳥」みたいな話は素で描けると思うw
ルイ >> 主役を出すタイミングとか、なんかもう匠の領域ですよw「はいはい待たせましたね」みたいなw>じゃのめ
LD >> 「カズエ」が……なに?このお父さんもしかしてレギュラー化するの?w
ルイ >> 「カズエ」来週、沖田が止まった時間の中で親父を知覚できていたら合格。
ルイ >> せっかく死期近いと見える設定組んだなら、沖田も絡めないとね。・・・あれ?隊士結構条件満たしてる?w寿命でないならダメ?w
ルイ >> (・・・誰も「ユユ」について語ってくれない)
GiGi >> 黒騎士<うん、まさにそういうイメージですね
LD >> いや、ルイさんどうぞw>ユユ
ルイ >> 「エンジェルボイス」もなかなかNPC対決ながら気になるヒキ?
LD >> あ、そういやそうだw>隊士結構条件満たしている?
kichi >> ああ、「エンジェルボイス」も良かったですね。
ルイ >> 名前を言おうとしてどもった結果ユ×2になったと思ったら、彼の名前ユとカケラも関係なかったでござる・・・orz
LD >> さて、ではそろそろ一番をきめましょか。
ルイ >> エンジェルボイス最大の欠点はアレなんですけどね。
LD >> ジャンプは………なし。じゃなくって「サイレン」。
kichi >> ちょw 答えあるんだと思って結構考えてたのにw>ユユ
ルイ >> 「どっちが勝っても、どっちにしても来年倒すべき敵である事には変わりがない」というw・・・まあ、でも一応常勝を敵視する見方が基本なのか?
GiGi >> ケアであると同時に悪魔に魂売り渡したくなるレベルの屈辱でもあるという>骨折
kichi >> ジャンプは「いぬまるだし」でw
ルイ >> だから答え教えてよw>ユユ
ルイ >> お、丁寧。完全同意です。>ケア兼屈辱 これでフェードアウトって、たまに意地悪い作家は組みますけどねw
カルマ >> ジャンプは「サイレン」、サンデーは…なし?
ルイ >> 「いぬまるだしっ」、「ネギま」「弱虫ペダル」「バチバチ」
kichi >> サンデー……う〜ん、「キングゴルフ」になりますかねぇ。
ルイ >> あ「オニデレ」は良かったな。
kichi >> マガジン………………まぁ、「ネギま」かなぁ?
ルイ >> 正の恥ずかしいナンパとかwクイズとかw
カルマ >> マガジンは「ネギま!」ですね。
kichi >> チャンピオンは「バチバチ」でしょうね。
LD >> サンデーは…「クロスゲーム」がけっこう好きでしたけどね。
ルイ >> 「キングゴルフ」も良かったですね。他所の組から2位出てるのが凄く良かったです。
ルイ >> じゃあリアクションしてよw>クロスゲーム
GiGi >> ゆゆは夕鶴から取っただけじゃないかなとか
ルイ >> おおう!?>夕鶴 ・・・え?ユユが夕鶴から取ったの?w←落ち着け
かんで。 >> クロスゲームよかったですね。主観では「神知る」ですけど、天理ファンだからフェアじゃないしなぁ。
LD >> マガジンは、たまには「はじめの一歩」もいいと思うんだ。
GiGi >> といったところでバチバチを推して消えます。ネギまでもいいけどちょっとテクニカルすぎるかなとも
LD >> いや……コサギっつてたよ?(´・ω・`)
ルイ >> じゃあララァから取ったな。あの白い方が勝つわ、だな・・・(´・ω・`)
kichi >> ……まぁ、別のこと言いたかったのを名前と取られたのを受け入れたっていうのは綺麗なんでそう解釈したいですけど……単に本当にゆゆって名前な可能性の方が高そうかなぁ?w
LD >> チャンピオンは…「バチバチ」だんな。
ルイ >> ま、なんにでも理由求めるのは悪い癖って結論かなw
かんで。 >> チャンピオンは「バチバチ」っすね
LD >> …と「じゃのめ」だった。ユユが突き飛ばされたのに笑っているのが好き。(´・ω・`)
ルイ >> うぉう。LDさんが今日はじめていいことを言った(失礼)!!
ルイ >> おお・・・おお・・・(組みなおしてる)ああ、それはいいですね。顔文字使ったのは照れから?いや、結構ポイントですね、なるほど。
ルイ >> そっか、ユユにとっての評価は既に固まっていたのだなあ・・・見返りを求めない謝意100%か。純度高い。物語の美を底上げする。
LD >> 「ネギま」、「バチバチ」、「じゃのめ」あたりだと思うんだ…。
ルイ >> このチャットのペダルへの斤量っぷりがマジパネェですけど、まあ「バチバチ」でしょうね。
LD >> …で「バチバチ」ですかね。今回は。
LD >> 「バチバチ」にします。
ルイ >> かんでさんの復帰祝いもかねて「バチバチ」すな。←意味がわからない
LD >> それではお疲れ様でした。(割といい時間で終れたかな)
カルマ >> お疲れ様でした〜♪
ルイ >> LDさんが木曜深夜アニメをまだ観ていなかったのがこの時間の正体だと俺は知っている。
kichi >> おつかれさまでした〜。
かんで。 >> 今読み返す。あ〜ユユかわええですね〜(爆)
ルイ >> あ!そういえばLDさん、梅田先生のピノコ抜き出さなかったな!畜生!orz
かんで。 >> 今日の晩はラジオもやるのでよろしゅ〜。
LD >> つか、梅田先生の単行本の表紙はまじ、ぱねえからw
ルイ >> 梅田先生、じゃのめは素晴らしいけど何か毒にも薬にもならないラブコメとかもやってほしいですよねw
LD >> ああ〜。9時からでしたっけ。聞きます聞きます。
ルイ >> 最近はじめてあやひー以外のラジオ聴いた。茅原さんの誕生日のやつ。←結局あやひー
かんで。 >> GEみたいなのをやったら萌えそう>梅田先生
ルイ >> GE・・・・・・・・・・・もっとこう、普通に・・・・・w
LD >> とりあえず、姉弟のチュッチュでガマンしとけ?(`・ω・´)>ラブコメ
かんで。 >> ですです。9時からですんで、よろです>LDさん
LD >> ん、ではお休みなさい〜。
ルイ >> お疲れ様です。ご自愛くだされ。
かんで。 >> もはや普通のラブコメがなんだかわかんなくなってるな>私w
かんで。 >> いちる先生のエンゼルビートみたいな奴かな。
ルイ >> 多分北崎拓ゥゥの「このSをみろ」みたいな奴←
かんで。 >> お疲れ様でした。
かんで。 >> ああ、北崎拓さんかぁ、なるほどw
ルイ >> 来年、クロスチャンネルがPSPで発売されるらしいですね。gigiさんは買うといい。
ルイ >> だからしゅごキャラはもう録画しないと言っているだろう、HDD君。
GiGi >> DL販売があるなら考える>クロスチャンネル
GiGi >> 今から京都。
ルイ >> どうしてそんなにナウいの...>DL販売
ルイ >> W杯予選プレーオフの神の手問題、結構面白い、というと不謹慎ですがアレな話題ですよね。何が最善手だったのか、みたいな。
ルイ >> 例えばアンリがゴール直後に「待ってよ今のはハンドだそんなので決まっちゃtいけない」とか言い出したら、とてつもない美談だしアンリの人間評価は上がりまくりけど、アイルランドが勝った場合「要らない正直さ」になってフランスの町歩けないクラスの売国奴扱いされそう。。
ルイ >> じゃあ試合直後に「あれはハンドだった。再試合がフェア」ってのも、何か基本的に再試合がありえないことを見越した発言のようで、どうも素直に称えるものかは迷う。
ルイ >> アンリはハンドを墓場まで持ってった方が、互いのチームにとっては・・・まあ、でもそれは本人が辛いですよね。そういう意味で、マラドーナの「神の手」は実はベストに近い抜け道だったんだなあ。
ルイ >> ま、基本的に「アンリ視点でどの選択がベター」みたいな話で、大前提として審判が無能なのが問題だし、審判増やせだのといった話にしかならないんですけどね。
ルイ >> あとは、はやく充電ちゃんのステルス素材を発明して、腕につける事だ(真顔
LD >> 【けんぷファー】お…会長を「積んで」きたか…。
LD >> 【にゃんこい】…ん〜。閑話だ…。       お、お父さんは帰ってこないのか!?
LD >> 【DTB流星の双子】あ、これ1クールなんだ?なかなか良いロードムービーになってる。
LD >> 【DTB流星の双子】最初、直観的に弟って存在しないんじゃないか?(一ヶ所に閉じこもってるし目撃のされ方も微妙に違和感)と思ったんだけど、話が進むとそれは整合が悪くなってきた…。今度は姉が造られた存在(なんであの親子は簡単に姉を置いて行ったのか?)じゃないか…とか言ってみる。そんなひねった展開が好きなお年頃なのであった…(´・ω・`)
kichi >> うお、QB7話泣けた……。本気でレベルたけぇなぁ。
ルイ >> 純粋なのね。
ルイ >> 元々あの学園の美女は会長だけなんや。
kichi >> まぁ、ルイさんよりはそうなのかもですね……(´・ω・`)
kichi >> 「そらおと」7話は結構良かったかも。この話をニンフ居る状態でやるのはいろいろ通りが良くはありました。流れも見えてきましたし、次回はトばされたと思った夏祭り回みたいなんで楽しみw
kichi >> ……まぁ、あちこち演出的にとか気に入らなかったりはするんですけどね。原作と比較してってのもありますけど、でも飛ぶ時飛行グッズ装備させるのはいらなかったと思うなぁ。ノせられて見えない翼で飛ぼうとするから面白いとこなのに……。
ルイ >> 原初存在したというピュアを形取って生まれたという僕よりとな!
ルイ >> 原作知らないが、今聞いたかぎりそこはあれでいいと思いますよ。
ルイ >> 会長+部長=佐久間ってのがよく出てる部分ですからね。
kichi >> いくら面白いポイントとはいえ、脇のポイントのために本道の面白さを削っちゃうのはどうかと思うんですがw
ルイ >> 部長の方は「ガチで」飛べる可能性があると思って、だめだったら「ああ、だめだったか」。これくらいが丁度いいキャラ描写で、そうなると部長がまともに飛ぶ道具を出すのは彼の想いが見えて良い部分。会長は見えない翼だろうがイカロス翼だろうが失敗前提で応援してる。そこの対比がうまく出る。
ルイ >> いや、まさにそこが「面白い」という話で。読みに勝る面白さなしちゅか。
ルイ >> 少なくとも「頭を入れるか入れないか」の選択が行われて「入れる」方を選択してそれに相当した演出効果が出てるんだから、まあいんじゃねっていう。
ルイ >> お、俺の嫁ターニャが…orz
kichi >> ん〜、まぁいいです。トモちゃん的にはイカロスの言葉から見えない翼を信じてしまって飛ぼうとしてるはずなとこなんで、そこで飛行グッズを使うっていうのは大分歪むというか、筋通ってない印象あったんですけどね……。
ルイ >> DTB一期ほとんど覚えてない件。でも掴み所無い一期よりは全然良いや。
ルイ >> 翼があるならロウの翼があろうがなかろうが飛べるんで、素直に「人類の希望」をブーストした形に取れば良いかと。別に潰し合う関係ではないはず。
ルイ >> 変わった意味と効果をまず見出してから、そっからの対比とした方が愉しむ順序としてはオススメです。
ルイ >> エイプリルの能力がよくわかんないまましんじった…酸性雨?
ルイ >> ほこちゃんはいい芝居するようになったなあ。
ルイ >> 花澤さんは…(自重
ルイ >> まず滑舌よくしてから、そっから演技力付与かな…
kichi >> 潰し合いまではしないとしても純度は下がったなぁ……っていう。いやまぁいいんですけどw でもその説明を聞いてもやはり個人的好みから言えば好ましい変化とは思えないというのは正直なところです。
ルイ >> でも契約者の設定上、この形の方がいいよなあ、そりゃ。一期が謎だよ。
ルイ >> 好みは自由ですね。いらないとまで言っちゃうと、なんも考えてない変化と意図的な変化が括られてしまいそうで、作り手カワイソスと思いました。
ルイ >> しかしまあ、結局設定は詰めるんだなあとw1クールだしアホアニメ強調もアリだと思ってたんですがね。柿原さんにフる時点でかっちり構成所望ってことかな。
ルイ >> そういえば「そなたバーディラッシュ」の作者って同じ人です?
kichi >> そうかもしれませんね。全体的にそはらの描写は深めにアレンジされてる印象があります。ただ、エンジェロイドの描写は大分端折ったりしてて気になるんですが……まぁ、後半まとめてやるんでしょうね。今後に期待w
ルイ >> 少し前から「誰がこんなアホな漫画かいてるんだろ」と悪い意味で気にしていたら、ふと見た作者名が、なんか、こう。
kichi >> 知らなかったんですが、検索してみたとこそうみたいですね>そなたバーディラッシュ作者同じ
ルイ >> そはらを強めるのは良いかも。いや、少し前にLDさんと「幼馴染」について意見が割れたんですがw僕はこういうハーレム構造の幼馴染って貧乏くじだと思ってて…
ルイ >> 「幼馴染に甘えてこれまで(構造が組まれるまで)必死こかなかった」というのが瑕疵と判断される事って結構ありますよね。そこからネジ巻き直すとマブラブ純夏ですが、基本値は「出遅れ」だと思ってて。その点そはらは必死こいてていいですねw
ルイ >> 良い意味か悪い意味かわかりませんが、えらくあほですw>そなたバーディラッシュ kichiさん作家買いとは違うんですね、なるほど。
ルイ >> 印象でいうと、「少年誌だからパンツ、青年誌ならその中」というくらいの、度し難いシンプルな媒体の捉え方がみえるw
kichi >> 「そらおと」1巻買った動機はなんだったかなぁ……? たぶんどっかで褒めてたからとかだろうとは思うんですが。
ルイ >> アニメ化がさかんな雑誌系の連載、買ってないなあ。おかげで未見が多くてありがたくはありますが。
井汲 >> (誰もかんで。さんの「アトラスの身長高いバージョン」に反応してない。ヒドい…!(笑)(のでここで私が言及(するだけ)))
kichi >> ん〜、……「そらおと」気に入ったことだし他にも手を出してみようかな……w
井汲 >> > だあかあざんぶらっく 1期は見てなくて、去年だか今年だかになってアニマックスの再放送で途中から見ました。JOJO もどきではあるんだけど、割と面白く見られたです。2期も、放映時間変更などの攻撃で一部見られてないんですが、これもわりと面白く見ているところ(最新話はまだですが)。
ルイ >> http://www.illusion.jp/preview/real/corresponded/index.html ナンテコタ〜!
井汲 >> DTB でひとつ収穫だったのは、水樹奈々が望外によかったこと。歴史的経緯からロリキャラばっかり持ち役としてる人だけど、そちらはちっともよくなかった。こういう、年齢相応のキツめの役をやらせるといいもん持ってるじゃん。もうずっとこの路線で行こうよ。
ルイ >> JOJOからバオーへって視点はアリかなw
ルイ >> シノブ伝のシノブは良いのです>77

MANKEN CHAT(1.1)