漫研チャット
名前:
発言:
[正面] [取扱] [過去ログ]


■■■■2009年11月21日■■■■
井汲 >> 「シムーン」のモリナスも何かピンと来ない平凡な出来だったし、これ見るまで水樹奈々は薬者役者としては完全に見くびってましただよ。
井汲 >> 「薬者」は削ってくだされ。
井汲 >> 「対価」を要する、というあたりは、「バオー」よりかはスタンド寄りだにゃー。
ルイ >> モリナスはちょっと声細いですね。「けんぷファー」の堀江変身後に通じる重さ不足が。
ルイ >> いや、単に二期に入って物語として、普通のことのロードムービーを基調にしたので….w
kichi >> なのは……(´・ω・`) いや、別にいいですけどw でもなのはのOPはどれも内容と合ってて好きだなぁ〜。一期のは重い雰囲気まとってて曲としては一番好みなんですけど、段々内容と共に熱い曲へと変わっていったのが良かった。
ルイ >> まあ、水樹さん発音悪くないんで基本聞けるんですけどね。そっからの上積みは役者としての資質。
井汲 >> 歌手としては………あんまりちゃんと聞いてないんですが、まあそこそこうまいんでないかい?(こっちについては特に一家言はなし)
ルイ >> なのはとらきすたは死ぬまでに見たいです(棒
井汲 >> 1期は、2話ずつワンセット、という形をずっと貫いてましたね。2期ではそのフォーマットがなくなった分、自由に作りやすくなってるのかな。
ルイ >> 歌手としてはちとブレスがくどいくらいで、僕も特には。ただ歌手評価ちょい下げて役者評価ちょい上げれば実像かなと思ってます。
ルイ >> 一期は物語主体の選択から微妙だったように思いますね。だから依頼者の事情に預けるルーティンしかないんだけど、それは積みにくい。
井汲 >> 設定から言ってシリアス指向の話になりやすそうなところ、意図的に軽い要素(キコとか)を入れ込んでるのが構造に自覚的でちょっと興味深かった。じゃっかん空回り気味(笑)な所もありましたが、大きく外してはいないと思います。天斎さんは監督として信用できる感じですね。
ルイ >> 岡本さんはまだコンテマンとしてしか捉えられてないや…
井汲 >> (私が聞いた範囲では、ブレスはさておき、ちょっと巻き舌が効きすぎてる感じがしたかな?水樹ソング。でもまあ、個人的好みの範疇に収まる話)
井汲 >> (ああ、マクロスFって今日からだったんだ…(←ノーチェック)。「エデン」と「ヤマト」はチェックしてたんだけど(前売券も先日買ったよ!))
ルイ >> 彼女は望まれてる曲調が、アニソンの「ドラマチック」の極北までいっちゃったようなものが多いんでね・・・忙しい曲うたってんなぁ、と思いますw
ルイ >> マクロスFはちぃとも観る気が起きないけど、それは好きだったLDさんあたりがやってくれるでしょう。
井汲 >> ああ、「あねどきっ」の話に LD さん返答くださってたんですね………んー、書き忘れてましたけど、ちあきとの映画館デートの話も結構引き込まれるものを感じたんですね。「映画に引き込まれるちあきの顔に引き込まれる洸太」とか、「大切なアクセサリーを落としてしまい、それでも洸太に弱音は吐くまいと無言でやせがまん」とか、「やっとのことで探し出してくれた洸太に素直にお礼を言いにいく」とか、なかなかよろしかった。それで、桜井さんともどもヒロインの描き方が向上したので、何か河下先生に「モードチェンジ」のようなものを感じました。
ルイ >> 対価がしょーもないものが多いのもバランス感覚かな。
井汲 >> (ジャンプの新連載は………割と楽しく読めてしまった(笑)。「勇者学」も、大して優れたギャグマンガではないと理屈では解っているのに笑えたし、どうもこの作者のギャグセンスは私と波長がよくあっているらしい…(笑)。困ったことに、理屈抜きで受信感度良好みたいです)
ルイ >> 坂巻さんはちょくちょく聞きたい声だニャー。
ルイ >> 俺の花澤棒がくぎゅうγみたいになっちゃった。
井汲 >> ひゃほう、上田夢人さんがこんなもん描いてくれはっとる! http://www.genocidekiss.com/
LD >> 「DTBリュウセイさんの双子」いいですよね。けっこう。(´・ω・`)
LD >> 「メダロット」を作った岡村監督の事は信頼していて、かつ、一期もそんなに悪い出来ではなかったと思うのですが、なにしろ闇鍋感というか、やりたい事を詰め込みました感が強い作品で、しかも黒や銀は必ずしも感情移入できるキャラじゃないのが視点の置き場に迷う作品だったかなと思います。今回なんにせよ花澤さんで視点は置けて、そこから黒が観えると黒もカッコいいんですよね。
LD >> 「あねどき」の話は、何かがシフトチェンジした、でもいいと思います。ただ、さらに前に井汲さんと「可愛ければ設定の謎は気にならない?いや、僕は気になる」みたいな話…でしたっけ?をしていて、僕の心象としては何か一回…というか一瞬?姉が気にならなくなったのがこの作品を見渡せるポイントだったんですよね。
LD >> 「マクロスF」は時間ができたり、大評判だったりしたら観に行くと思うけど……多分、そのままずるずると観に行かない気がする。「グレンラガン」も観てねいしねw
LD >> あと[
LD >> あと「QB」のサクサク感はガチ。ねっちり描いて泣かせる演出もあるけど、一瞬の場面で過ぎ去るから沁みるという事はある。確かに。
ルイ >> なんという若干乃絵の髪型がはいったあいちゃん。。。
kichi >> 「QB」7話良かったと思うんですけどねぇ……。サクサク展開というか……、単にカード消化してくだけでも面白いのに死霊メイドの件といい今回のシズクの件といい、違った展開もみせてるのがレベルたけぇと思いましたし、あとまぁ、やっぱ泣けると思うんですけどねぇ、今回の話。
ルイ >> レベルたけぇってココではネガティブワードだよ?w
LD >> あ、すみません。7話単体についての評価はkichiさんの話でいいと思います。僕の言っているサクサク感は、全体的な評価で、かつ変な比喩ですね。1クールに展開が詰っている…と言った方が伝わりやすそう。
kichi >> ちょっと「かりん」のラストとか思い出したんですけど、シズクのやり方は客観的に見てあまり良いやり方には見えない。ぶっちゃけ間違ってるとさえ思うw でも、シズクの中でそれが筋通ってしまってて、自分の命を懸けて筋通してるんですよね。それが客観的に見て間違ったやり方だからかえって切ないっていうか。無情だ……(´;ω;`)
kichi >> そうなのか……orz>ネガティブワード
LD >> ただ、いや、何かね……釘宮少年が、なんかもっと死霊メイドに心の陰影を落としてもいいというか…その方が泣かせるとも思うんですけどね。わりとすっと立ち直ってドワッフ姫と組んでいるあたりの展開も含めて好きなんですよね。さくさく。
kichi >> う、そこはまだ未見です……orz>少年
ルイ >> このネタバレ野郎が。
ルイ >> QB7話をまともに評価すると、やっぱ分割クールが効いてると思いますね。
ルイ >> 1クール+半年置くと、本当にかつてあったイメージカットの断片が「遠い過去」として実感が強まる。これを力ワザで行ったら「カブトボーグ」の49話になるんだけど、いい加減アニオタはとるてあのBDとカブトボーグのDVD買おうよ。免許みたいなもんで。
LD >> ハーレム構造の幼馴染みは……統計的に考えると割を食うくさいですかね……いや、僕は最後どうなるにせよ「幼馴染み」が「強い」属性である事が確認できればいいのですが。
kichi >> あ、シズクじゃなくてシズカか……orz
ルイ >> 正ヒロインとしてのカナエ、裏ヒロインとしてのwレイナって視点も押さえておきたいところだな。


■■■■2009年11月22日■■■■
LD >> 「幼馴染み」が割り食うのはケースによると思うですが、構造見渡しているキャラは割を食いやすいですね。いや、この場合「けんぷファ」の生徒会長は割り食いやすそうという話ですがw
ルイ >> そこを統合して「先行者は敗れ去る」というカッコイイ呼称を与えたいw>幼馴染、俯瞰キャラ
LD >> シズカ観てる時は、心の中で「これ何て泣いた赤鬼?」とか思ってますた。(`・ω・´)
ルイ >> まあ、オラも。>なんて赤鬼?
ルイ >> あれえええええ
ルイ >> スフィアの最新シングルCMのあやひーが、か、可愛いよ!?←スッゴク失礼
LD >> >「先行者は敗れ去る」 そう。構造的に「強かった」者がそのまま勝つのはドラマにならない…とは言わないけどまあ少なくとも「強く」でもピンチができないと形にはなりませんよね。最近やっている「にゃんこい」の論争はそこが「面白く」て、要するにどっちが設定として「強い」?って話が焦点になっている所。判定が難しいなら、もうどっちか分らない並列「ハーレム構造」と言ってもいいのだけど、この作者は違うだろう…という所感から端を発してもいる。
ルイ >> 「けんぷファー」の幼馴染はちょっと微調整加えられて普通に弱化しちゃってるんですが、「さくら以外」だとジェラったりよくわかんない。さくらならいいのか?
ルイ >> 先行逃げ切り(ん、この「先行」案外使える感触があるな・・・)だと「ToHeart」のようなケースが存在しますね。
ルイ >> それは、作品自体が「非ドラマのドラマ」を志向していた所があるので、作品個性と丁度合致している。
LD >> シズカの話に関していうと、あの裏切りはシズカの設定としては有り得る所がいいというか展開に納得できるんですよね。だから、オチはそんな忍法ない…でしたっけ?そうじゃなくって本当にシズカはそういう任務を持っていたでキレイだと思うんですけどね。
ルイ >> ふむ。
LD >> シエスタよりひどいシエスタって言ったのは、「けんぷ」のさくらでしたっけ?…しかし、実は僕は堀江子も、なじみも、けっこうひどいキャラだとは思っていて、ようやく何か生徒会長は背骨が入った感じなんですよね。あれも登場時はそれなりにひどかった気がしますw
ルイ >> (思考中)
kichi >> ……それだと私の読み方は通らなく……まではならないとしても純度は下がるんですが、まぁあんま一般的な見方ではないみたいですし、そっちのがキレイではあるんでしょうね……(´・ω・`)
kichi >> >シズカ
LD >> まあ、ぶっちゃけ「Kanon」は名雪がどう考えても正妻だろう…って思うんだけど、先行しすぎでかつ瑕疵がないからメインストリーでは、うぐ子に持ってかれるんですよね(汗)
LD >> シズカが愚かな子だから泣かせるって事ですよね。……いや、あのシーン、もう少しよく観れば何か「読め」そうな気はするな…。>「QB」
ルイ >> 今ちょっと見直してたんですが「忍術」そのものがちょっとノイジーじゃないすか?どっちでもいいわ!wみたいなw
LD >> 「となぐら」をやっているあたりで論じていたと思うんですが「幼馴染み」は説明なしで強烈に情報圧縮があるんですよね。「けんぷ」のなじみは、明らかに「軽い」のですけど、それでも「読む」気になった奴が読めば相当のめり込めるはず。それはなじみの地力というより「幼馴染み」属性のレガシーなんですけどね。(←んんん、こいつ、幼馴染み萌えなのか?)
kichi >> まぁ、トモエを納得させるための方便だったのでしょうし、いちおうハッキリさせておきたい気持ちは分かる……けどまぁ、たしかにちょっとノイジーではあるかもですねw
LD >> いやいや、まてまてw そのファーストインプレスを避けてもう少し「読んで」みようよw>どっちでもいいわ!
ルイ >> いやファーストっていうかセカンドなんだけど・・・2人の会話を順番に追っていくと、術の有無は問題になってないように思えるので、じゃあいらんなと。
ルイ >> 忍術操心理・・・知ってるだろ?→では友情は偽りだったのですか?
ルイ >> この術は心の底からなりきるんだ。今でもトモエ様の為なら命はいらないと思ってる→じゃあ→でもこれだけはダメだ、何故なら甲魔忍者だからだ
LD >> あ、うん。会話の流れで即断に観えて思わず反応したけど、まあそんなことないね。>セカンド
ルイ >> ・・・つまり。「心の底から」の時点でどっちでもいいことは他ならぬトモエ自身が「じゃあ」という発言で表明している。では問題はどこにかかるかというと「トモエの事は命を捨てていいくらい大事だけど、甲魔の掟は守るしかない」という、「トモエ好きの自分」と「甲魔の掟」の綱引きになるので・・・既に術は「心の底から」ならどっちでもいいというか、前提に収まっているように思える。
LD >> け、「けんぷ」のWEBラジオのパーソナリティ、内海賢二さんがやってるのか…w
ルイ >> 「術が本当だろうが嘘だろうが、そこにある行動は真実だ」が僕の好きな着地点ではありますが、それはただの好みの話ですね。
ルイ >> 内海さんってニードレスじゃないの?w
kichi >> まぁでも実際にトモエが本気を出すのに、その振舞いが忍術のせいだったかどうかっていうのはまったく考慮に値しないってことはないと思いますよ。……ま、もうちょっとうまい会話の流れあったような気はしますけどね。甲魔指令優先は刷り込まれた忍術なんだとか。
LD >> ところで遂にゲームの「うみねこのなく頃に」を買ってしまったのだよ。
ルイ >> 説明っぽくなりますがwまぁアリですね>刷り込み そうすると忍術の有無がそのまんま結果に繋がるので。 でもまあ、術とかなんも言わずに「甲魔忍者だからだ!→モノローグ→トモエ様、今みたいに本気で戦ってよ…→シズカさん、貴方は・・・!うわああああ!!   これが一番スムーズに通る希ガス100%。
ルイ >> ダカッポすらクリアできない俺にはゲームなんて。
LD >> いやぁ、たとえばシズカが操られているとかだと、トモエは本当に手を出せなくなると思うんですよね。人質じゃなくってこれまで心を通わせた事もあったけど敵…それを倒せるというのがシズカが狙っていた所のはずでね。
LD >> うん。だから、先にいったみたいに徹頭徹尾そういう任務だったという方がキレイですよね。それをしなかったのは…なんでしょうねえ。シズカの意志のようなものを出したかった?
ルイ >> いや、QBのほか対戦相手で最大の情ってレイナだと思うんだけど、それを想定した生き残るためのビルドなら「あのシズカさんが忍者としての掟とはいえ私を・・・!」で必要十分に思えるのですが。
kichi >> 自分の意志で忍術かけてるのは前提だと思うんで、そこは考慮しなくていいんじゃないでしょうかw ま、忍術使うとその辺の通りも悪くなるのはたしかかもですねぇ……。
ルイ >> 術はなんでしょうねえ、シズカが言いたい気分だったかな。
kichi >> あの振舞いが演技だったなんて到底信じられない→もしかして操られてるのかも? ていう形でそれはそれで疑惑を生むのかもw いちおうその辺のフォローのための忍術設定ではあるんでしょうから。>徹頭徹尾任務
ルイ >> 術=ニセモノって今僕らは捉えてるけど、そうじゃなくて、術によって一期の日々が逆にホンモノになるという。それが「心の底から」の意味するところだったように思う、かな。
ルイ >> 「あの日々は嘘だと思って欲しくない」という心象が働くと、シズカの発言もわかるような気がする。術の肯定によって本物になるってのも若干とおりが悪いですが。
ルイ >> そう、今kichiさんが丁度「演技」つったけど。演技が嘘で、術が本当みたいな価値観があるように思えてきた。歪んでるよwわかりにくいwで、結局は「演技(嘘)だったけど本当になっちゃった」、かな。ああ、なんかコレでいい気がしてきた。
LD >> >「あの日々は嘘だと思って欲しくない」という心象が働くと ふむふむ。「読み」になって来ましたね。たしかに、これから殺される気でいる者の心象を追えば、そこだけは伝えておきたいってものがあるでしょうね。
LD >> 。o(「アスラクライン」はお風呂の回か…)
ルイ >> 。o(まだみてんのか・・・)
LD >> 。o(いや、今放送しているからな…(`・ω・´))
ルイ >> アスラクラインって、状況の階段設置が下手すぎると思うんですよね。
LD >> 。o(追ってたのか……オラこれ断片話)
ルイ >> 一応全部みてます・・・。うぐう。
LD >> しかし、並行世界ってめちゃめちゃ流行ってるなあ……なんだろ?ペトロニウスさんとのハーレムメイカー考察で一通り分析したけど……他にも何かあるかな?
LD >> ↓一応全部みてます・・・。うぐう。
ルイ >> 分析したんだ。まあ5分後の世界ですよね。
ルイ >> 幼女じゃないおはぎの声はじめて聴いたかも。喰霊も幼女おはぎ声だったし。
LD >> いや、いろいろあって一つはハーレム構造の全ルートを一本軸の物語に変換するための解法。もう一つは失敗した世界を見せて正解の世界の当り前さ…王道への回帰…そこらへんの話を詰めていますが…。(思考中)
ルイ >> 後者がだから5分後の世界ね。前者はKIDギャルゲ「インフィニティシリーズ」ね。
LD >> うむ。おはぎと幼女はよく似合う…(´=ω=`)
LD >> うん。…で、今色々やっているのはそこらへんの路線とあと流行りだから…ってだけかな?と。また別の角度の視点がありそう?とか考え始めてまして。
kichi >> たぶんまったく関係ないですけど「シンシアザミッション」というマンガでボクサーが“パンチよけた並行世界の自分とバトンタッチする技”みたいなの使ってて笑ったことがありますw 眼術とかかなり無茶でも他はいちおう武術の範疇で描かれてる作品なのにいきなりSFw
ルイ >> アスラクラインの並行世界は、その話のナガレには属しないとは思うが、今ニアが幼女卒業して登場したように、「一粒で2度おいしい」使い方が潜在的に存在するやもしれず。まあ、並行世界行き来しだすとハーレム構造つうより、もうSBR大統領なんだよねw
ルイ >> それは面白いw大統領と若干かぶってるけど、もっと確立分岐に素直だw>よけた自分
ルイ >> インフィニティシリーズは遊んでおくとこのへんの会話効率が増すんだが。
ルイ >> 能登め・・・・・・・・・・・
LD >> うん。青山広美先生が描いている麻雀マンガ「トーキョーゲーム」の最後の敵は、自分がもっともツイている世界を選択した男なんですよね。…って、そこらへんは前近代感が出てくるから、その整理からはじめないといかんか。
LD >> やや!「生徒会の一存」がはじまた!\(`・ω・´)/
ルイ >> 「一存」のOPがよく見えてきた。病気かな。
ルイ >> 妹、初出キャラだと思ったらもう出ていた件。
kichi >> 並行世界ものっていうとまず思い出すのは長谷川裕一大先生の「クロノアイズ」かなぁ? ま、設定の詰め方はかなりアバウトかもですが、並行世界を視覚化した樹のイメージとか分かりやすくて、ちょいちょい脳裡に浮かびます……。
LD >> ああ…!す、杉崎が嫉妬されている……!(が〜ん)
ルイ >> あんれええええええええええ
ルイ >> 構造の真実を見せられた思い。
kichi >> てまぁ、あれは基本タイムトラベルものの並行世界描写ですが……(汗)
LD >> あ、確かクレオパトラとか、歴史上の人物がチームにいるやつでしたっけ?>「クロノアイズ」
kichi >> え〜と、たしかクレオパトラではないんですけど、たぶん合ってると思いますw>クロノアイズ
ルイ >> しりとりは終わらないから間にんを1つとか2つ挟むシバリをつけるべき。
kichi >> いちおう有名人とかはチームに入れられない初期設定があったような気はするんですけどね。でもイメージ的にはそんな感じのチームだったのでw
ルイ >> なんだこの妹、レベルたかすぎるぞ。。。
LD >> あれ?なんか楽しいよ?(´・ω・`)>「一存」
ルイ >> うん、愉しい。今ちょっと作品を見つめなおしてる。
ルイ >> つまり・・・「生徒会室内の均等圧力説」を採用すべきか・・・。
ルイ >> そこはノンタイムで殴りつける・・・うむ。
ルイ >> 僕「納豆食べて」で覚えたよ!
ルイ >> Bパートつまらん。ふむ。
LD >> な…!
ルイ >> ナンテコッタイ
ルイ >> んあああああああああああああああああ
LD >> す、杉崎…?w
ルイ >> アウアウアウアウアウア
ルイ >> 待ってくれ、これは夢オチだ。
ルイ >> きっと夢オチだ。
LD >> はああああ…杉崎フィーバー!!!!
ルイ >> うおおおおおおおおおおおお花田マジック!!!
ルイ >> これがたまにあるから花田チェイサーはやめらんないぜ・・・(ゴクリ
ルイ >> 凄い回だったのでサブタイノミネします。、
LD >> これは「一存」史観に補正が必要かも……しかし、あれですな。「乃木坂」みたいに嫌な気分はない。
LD >> 来週、しっかり元に戻っていたら上々の上出来だと思うます。(´・ω・`)
ルイ >> いや、LDさん。今回のエピソードって結局「どこまで本当か」は全然分からない形になってますよね。そこがメタ使い花田の本領発揮で
ルイ >> しっかり元に戻っていると思います。
LD >> 社長やるきね〜!>tvk
LD >> 本当か分らないとは…この形は踏み込んでいるけど、簡単に元に戻せるって事?
ルイ >> 演じきったとも言えるし、演じられるということは内包していると捉える事もできるなあ。
ルイ >> いや。違う。「本日の生徒会終了」の一言で上位視点が入ってきたってこと。
ルイ >> スキャンダルを望む能登に素材提供、という総意が存在する可能性が高いです。しかしそこに本質が含まれている可能性もあり・・・ってとこですね。
LD >> ふむ。>上位視点 前回の肝付回で、杉崎空気読める「読み」が入って来た事もあり、なかなか今期目が離せない作品だすな。
ルイ >> うみねこは何て言えばいいのかなぁ。
ルイ >> 物凄く根本的な事言うと「TVアニメにするものなの?」って思わない事もない。
LD >> …は!
ルイ >> さくたろうのみのりんはいいかも。昨日代表作思いつかなくて困ったんだけどw
LD >> 分かんない。それを今からゲームをして確かめるの。>TVアニメにするものなの 少なくとも推理をしようと思ったら情報が次々に流れてしまうアニメじゃ難しいと判断しました。
ルイ >> 馴染みのある声だなあw
ルイ >> まほろまてぃっくはなんでもいちど作られたのだろう。
ルイ >> うみねこっていくらくらいで売ってるんです?
ルイ >> 小清水もちょtっと細い。細い声を集めすぎた業界全体の問題という気がしてきた。
LD >> まあ、しかしそろそろ寝ます。
LD >> 「うみねこ」ってEP.1〜EP.4まとめて2500円くらいで売っていたかな?
ルイ >> みのりんがしんじった。
LD >> ふむ。やはり、魔法は実は恐ろしく貧弱なんだな…。そこがポイントだな。
LD >> では、失礼します。
ルイ >> やっぱり横山剣は最強やな・・・
ルイ >> 日本のJBともいえる地位を齢40から作り上げようとしてるんだから、もう。
ルイ >> サンレッドで使われる、神田川と天国への階段の合いの子みたいなBGMが気になる。思わず演奏してみた。
LD >> 【日々是録画】 そんなワケで1.5TBのHDDを購入。大体余らしている感じの動画とか、そんな感じのを放り込んで行く予定。
LD >> 【日々是録画】 しかし、来年7月にはアナログ地上波終了かあ〜(←ずっとコピフリのアナログで取っている人)まあ、コピワンとか止めてなかったら、DVD-Rにメディアを戻すつもり。安くなって返っていいかも。
井汲 >> 志村〜!(再来年、再来年!!)
LD >> 【日々是録画】(´・ω・`)ゞ再来年でした…。
井汲 >> > DTB 1期は視点の置き場に迷う作品 なるほど…私は、あまり視点の置き場は気にしてなかったかな。単純に、能力アクションバトルものとして気楽に見てました。
井汲 >> ああでも、銀は確かに難しいキャラですね。そこはやっぱり福圓ウォッチャーの LD さんにお任せしなければ!(笑)
井汲 >> ………っと、LD さん凄いタイミングだなあ(笑)。ひょっとして、ここのメッセージがリアルタイムで携帯に中継されたりするようにしてます?


■■■■2009年11月23日■■■■
LD >> いえ、偶然ですwただでさえwriteの動作が怪しいこのプログラムにそんな余計な動作は入れれません。
LD >> 【11eyes】レベルタカス…orz


■■■■2009年11月24日■■■■
ルイ >> 東芝がBD対応のばるであ出したらレグザと一緒に買うからはよ出しなさい。はよはよ。
ルイ >> >11eyes レベルは相当たけぇです。ディソードとか言ったのは殆ど失言だろうJK。比較してどんだけ高評価になることか…
ルイ >> アニメ「ドルアーガの塔」ってどんなオチでしたっけ…
LD >> 【ハチワンダイバー】13巻買ってきた。チッチはなんであんなにエロカッコイイのだろう…(真顔)
ルイ >> 聖剣の刀鍛冶は真っ当につまらないなあ。
ルイ >> こう、駄目さを声高に叫びたくなる駄作は「ある意味で面白い」という表現に落とし込めるんですけどね。
ルイ >> 一応「世界」にも触れる作りながら、登場人物の言動が悉く甘くて見てるのが辛い。
ルイ >> ノギサカさんは歪みなく歪んででたまんねえな。
ルイ >> 「○○さんだって可愛い」この日本語が内包するものを答えよ(5点)
ルイ >> 妹がユウトについて話す時、姉の彼氏という線を説明しないでどう持ち出したんだ。
ルイ >> 全話通してひどいということは、一つの方向性は突き詰めている事の証明なのよさ。
ルイ >> >ハチワン チッチはもちろん素晴らしいが、意外にもそよを掴んでる藤島先生ワロタ
LD >> 「刀鍛冶」は一般には“マングローブの無駄遣い”、でも「ミチコとハッチン」こけたならしゃーない?と言われていますな。(´・ω・`)録ってはいるのですが、こう、際だった展開がないので…気がつくとスルー。
LD >> 【イナズマイレブン】追いつきマスタ。「面白い」です…でも、もしかして年内に終了?
LD >> 【イナズマイレブン】僕が「イナズマ」の乙女座(バルゴ)として秘かに尊敬していたアフロさんの必殺技ヘブンズ・タイムを破った、熱波くんには惚れた(`・ω・´)しかし、もう二度と出てこないかもしれん。
LD >> 【イナズマイレブン】熱波くんには、まるでジャイッチくんのような熱き魂を感じると言ったら、その話は通じるべきなんだな!(`・ω・´)
LD >> 【イナズマイレブン】それから、これは極秘情報だが……帝国のDFには影山の息子が一人混じっている。間違いない。


■■■■2009年11月25日■■■■
LD >> 【神秘の世界エルハザード】…う〜ん。演出(テンポ)や構成は、あんまり良くなかったりするんだけど、プロット自体は好きなんだよなあ…。TV版でリライトするかも…って期待をしたんだけど、あっちはイフリータを外してしまった…。
ルイ >> エルハザードはシリーズの広がりがよくわかんなくて、見る順不明のまま今に至るです。
ルイ >> イナズマイレブンは来秋だったはず。
ルイ >> ノギサカトークしたいですぅ。
ルイ >> DSぶっこわしてから、そのうち中古で初代買えば7000円くらいだろと思っていたのですが、これはすべてdsiLLへの布石だったのかもしれない。
井汲 >> エルハザードは OVA 版と TV 版しか見てないけど… wikipedia 見れば順番解るのかな。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E7%A7%98%E3%81%AE%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%8F%E3%82%B6%E3%83%BC%E3%83%89
井汲 >> OVA 版→「2」→異次元、の順でいいみたい。
井汲 >> TV 版はイフリータを外した………というか、名前だけ同じの全然別キャラにしちゃってたんですよね。理知的な役の多い天野さんが、珍しくアホの子を楽しそうにやっていたのが印象的。
井汲 >> OVA 版は、ネタバレになるので詳細は伏せますが、現実世界から向こうに行った連中の、ラストでの扱い方はちょっと感心しました。
井汲 >> http://www.production-ig.co.jp/contents/news/2009/11/_ii_paradise_lo.html まだ脚本いじってる段階だったってこと!?そりゃ間に合わんわ…。


■■■■2009年11月26日■■■■
GiGi >> 医龍はやっぱり誠実な漫画だなと改めて思う。
ルイ >> 神山監督、色んな媒体でインタブー受けてたような。順番TIGEEEE、っていうかIGからスケジュール管理を引き算する日がくるとはな。PAの時代来たな。←飛躍
ルイ >> ゲームをする時間がどっから出てくるのかイマイチイメージできないのですが、PSP+ときメモ、DSiLL+ドラクエとかラブプラスとかゼルダ、wii+ニューマリオ・・というみっつの選択肢があるのです。助けて偉い人。
ルイ >> ちなみに、PS2のダカッポ2を一人目攻略中のまま半年経過でござるよ。あと、最近「ゲームセンターCX」レンタルしたせいで海腹川背さんがやりたいでござるw
ルイ >> 有野の挑戦状はかなりゲームの魅力を引き出す回が多いが、川背さんはあんなんじゃなかった。
ルイ >> 医龍か・・・今週の一番は「モテキ」にあげたいなぁ※どっちにも上げられません
ルイ >> 回想になるとトロくなるの法則。
カルマ >> PSPで海腹さん出ませんでしたっけ?
GiGi >> 先生、PS3+FF13という選択肢が抜けてますw
ルイ >> ファイナルファイト13まで出てたのか。ハガー何期目よ←ありふれた逃げ方
ルイ >> PSPの海腹ってなんかボコられてませんでしたっけw
カルマ >> あぁ、こないだ出たのはDS版でしたか。紆余曲折の末にオリジナルスタッフが作ったみたいですね。
カルマ >> 360とCOD4やFalloutという手もありますよ?


■■■■2009年11月27日■■■■
ルイ >> 360はぱんとむ買うから必ず買う時が来るんですがね。ハードバージン←超特殊概念 を捧げるに値するかっていう。
ルイ >> PS3は基本トリコに捧げる予定。
GiGi >> PS3が4万円と考えると高く感じるがFF13とトリコが各2万円と考えると妥当な気がしてくる不思議。
GiGi >> カルマさんはCOD評で何かいい記事知ってたら教えて欲しい。あるいは一発アツいヤツを書いてくれても可(笑)
ルイ >> 医龍は何秒くらいの出来事だったのかしら。
カルマ >> 僕はFPSはCOD4しかやってないので、知識が不足してますね。FPSの最高傑作だけ遊んだみたいな状態だからそれだけで判断できない(汗)
カルマ >> 僕が評すると、COD評というより「ゲームにおける主観視点評」になってしまいますね(苦笑) 主観視点の没入感を利用して物語の「体験性」を異常なまでに高めている>COD4 途中で様々な人物の主観視点に切り替わるんですね。  あと、FPSの「メイン」であるマルチプレイを遊んでないのも痛いな。
LD >> 今週の一番は本日深夜25時予定でお願いします。
ルイ >> 生徒会のgdgd感は化と似たようなもの、という書き込みを見て蒙が拓けたでござる。
ルイ >> FPSの最高か。覚えとこ。
ルイ >> (なんの略称かわからないけど…
ルイ >> DSでも買ってくるかな…
ルイ >> 液晶がでかくなれば、おらのテトリステクニックも世界30位にはなるんじゃないかと←根拠なし
GiGi >> L4DとL4Uが紛らわしい今日この頃です
GiGi >> FPSが物語性を取り戻した記念碑的作品なのかな、とは思ってるんですが、何分体質的にプレイ不能なので>CoD4
GiGi >> FPSのマスターピースはウルフェンシュタイン3D>DOOM>QUAKE>HALO>CODかなと思ってるんですが何か抜けあるかな
ルイ >> 360にDCエミュ機能がついてたら即買うのに。青6のために。
ルイ >> やっぱにゃんこいについてはテッテ的に戦うしかないようだな。
ルイ >> 加奈子の次に双子回置いちゃうと、すっかり意味が並列サービスに置き換わっちゃうんだけどね。


■■■■2009年11月28日■■■■
LD >> |・ω・`)
LD >> |・ω・`)ショボーンヌ!
LD >> なんか、最近、WindowsXPの僕のPCがよくフリーズしちゃうんですよね。
kichi >>     ……こんばんわ……(´・ω|最近またちょっと忙しくて4誌とも全部は読めてないのですが……
kichi >> あと明日も仕事あるので3時くらいには寝ますです……(´・ω|
LD >> そこで場合によってはPCを新規購入してやろかいと重いわけですが…、
LD >> |ω・`)ショボーンヌ!
kichi >> いまだとやっぱ7が良いんですかねぇ……?
LD >> なんか、今だとどこもかしこもWindows7で、それが嫌ならVista…ってな感じなわけですよ。
LD >> 7がいいのでしょうかねえ…?いや、よくない…ってか、あと3年は今のXP機のつもりだったから買い換えなら大出費ですよ?
kichi >> XPマシンはもう普通には手に入らないでしょうねぇ……。
LD >> 7にしてもあと1年2年は揉まれて安定確認されてからの方がよいのよ、正直な話が。
カルマ >> こんばんは。
カルマ >> 一応、BTOパソコンならXPにダウングレードすることもできます。vistaより8000円?くらい高くなりますが…
LD >> 打ち込んでいる、今は安定しているのだけど…なんか何かの表紙で画面がちらついたかと思うと止まるのです。(´・ω・`)しょぼんぬ
kichi >> ん〜、中古か……、でなきゃXPのOS単体で手に入れて自分でOS入れ替えするしかなさそう……?いや、私もあまり詳しくはないので、ネット通販とかなら普通にXPマシン売ってるとこもあるかもですが……。
LD >> |ω・`)ショボーンヌ
カルマ >> OS自体あるなら問題無いのかな?どうだろう…>XP
kichi >> ん〜、PC不調の原因はいろいろ考えられますからねぇ……。その説明だけではなんとも……(´・ω・`)音は正常ですか?
LD >> 僕は多分買う以上は、かなりフルスペックなものを買うので……XPのOS単体で持っているのですが、もう以前にインストールしたからねえ。2000の時は守っていればまた次のハードに入れれたんだけど。
カルマ >> OSの再インストールでなんとかなる場合も多いので、バックアップとって一旦再インストールしてみては。
LD >> 音とかめっちゃ正常ですね。筐体がでかくって、熱暴走的なものも考えずらい。…というか、起動時に同じ現象が起こったので熱問題じゃないとおも。
LD >> ああ、そうか。その手はありますね。>再インスコ …CDとかどこにやったかなあ?
kichi >> 音正常ならハードの問題ではない可能性が高め……? なら、カルマさんの言うようにOS再インストールしてみる価値はありそうですね。
カルマ >> ざっと構成してみたけど、epsonでcore i 7の4GBメモリ+グラボでも16万か…安いな
LD >> う〜ん。これだったけか?
LD >> 16万安いっすか…w(汗) でも、確かに買うなら、そこらへんのスペック狙います。最近、1.5TBのHDD買い増したしね。
LD >> 個人的には電源の問題じゃないかと思って、今、なんていうの?使う機器減らしているみたいな事をしているんですけどね。
カルマ >> いや、全然買う余裕はないですが(笑) 2年前にフンパツしたPCで満足してるし…いや、CPUはちょっと不満が出てきたかも(笑)
ルイ >> てぃーす。
LD >> 僕も今のスペックで満足しているのですが…ん〜安定さえしてくれれば、こんな事言い出さないんだけど…w
LD >> |ω・`)ショボーンヌ!
ルイ >> なんという発言>買うならフルスペック 40万か!水冷か!
kichi >> うちのPCももう結構な年数使ってるのか……。実はそろそろヤバイのかなぁ……?(´・ω・`)いまんとこ特に問題ないですが
カルマ >> メモリが一時期バカみたいに安かったんだけど、まだいいやと思ってたら最近高くなってきてタイミングを逃したなぁ…
ルイ >> いつでも買い換えたいですねwモニタだけ買ったまま実装はしていないw差を実感したいからw
ルイ >> つか、OSなんすか?グラボが壊れたとか、そんなもんじゃなく?
ルイ >> XPにはカルマさんの言うとおりダウングレードがありますね。まぁ7はvista改なんだから、二年叩き台に必要ってほどの試作OSではないと思うけど。
カルマ >> …あ。デュアルチャンネルってそこまで差はないのか?ならいいか…3GBだし>メモリ
ルイ >> kichiさん何年くらい?5年越えてたら超コスパ高いコなので、お墓に入れてあげてください。
ルイ >> OS32bitまでだとどーせ3GBまでしか認識せんとです。
LD >> やあ…フルつっても、今、カルマさんがあげた感じの範囲だす(汗)>core i 7 4GBメモリ
ルイ >> LDさんが三画面で大好きなエロアニメを見ていても、多分corei7の使用率は30%程度だと思う。
LD >> うんうん。今、32bitだす。次に買うなら64だす。
ルイ >> 64bitはLDさんの好きな00時代のエロゲが…ん、これ前やったな。
kichi >> ちょうど5年くらいですね。まぁ、壊れるまでお墓に入れる気はないですがw
LD >> いいねw>30%程度 や、今でもほとんど無理はさせていないと思うけどw
ルイ >> エンコードやりながらニコ動みてエロゲしつつフォトショ使えばソコソコかも。
LD >> 。o(…なにか、オラをエロじいちゃんにする陰謀が渦巻いているな…)
ルイ >> グラボがぶっこわれてるんじゃないのかなあ、LDさんの。
カルマ >> 3Dゲームやると途端にきつくなるんですよねぇ>CPU  COD4は実はPC版をプレイしたのですが、最新作だとどうなるかなぁ…
ルイ >> 64bitだと理論上はメモリなんだっけ、100GB以上は認識できるんだっけ。ので、32GBとか積めばもうそれだけで40万コースだZE。
ルイ >> PC版!!こ、こ、このおしゃれ泥棒!
LD >> う〜ん、何か今は安定しているからねえ……買い換えたくないんだけど…。再インスコも躊躇がある…。フリーズすると、むっき〜!もう!もう!絶対買い換える!ってその時はそんな気分になるんだけど…。
ルイ >> 5年というと、さてはCPUはpen4の3・2あたりやな。
カルマ >> まぁ、最新のエロゲをやりたいならi7ですね!http://www.illusion.jp/img/information.html
ルイ >> やっぱりイリュージョンか。
LD >> ん〜、グラボ…か?何というか、マウスもキーボードも入力受け付けなくなるんで、強制的に電源落としているんですけどね。
ルイ >> 推奨corei7のエロゲwww
LD >> さて、そろそろ一番に入りましょう。
ルイ >> いんてるはいってる推奨なのは何故?AMDのデバッグ環境が整ってない?イジメ?
LD >> そして、このチャット中に止まったら、とにかく対策を考える事にしよう。<(`・ω・´)
kichi >> 2.8です……(´・ω・`)
ルイ >> まずその同時作業中のエロゲを中断させるんだ。>止まったら
LD >> ジャンヌ。(´・ω・`)
ルイ >> 別にながら作業しない分には2・8で十分じゃないですかね。
カルマ >> スペックを試したい年頃だったのよ…>おしゃれ泥棒  や、真面目な話FPSのエイミングはPCのマウスでやった方が快適なんですよね。
ルイ >> 今日はサクサクいくぞう。皆さんもシュビビっとあまり考えずタイピングだ。
ルイ >> ゲーミングマウスとかありますもんね。オラボタン9個ついてるマウチュ買ったけど全然使えてないw
LD >> …ああ、とりあえず「うみねこ」を並行してやってもいいかな?w
LD >> ジャンヌ。(´・ω・`)
ルイ >> 「トリコ」は滾る展開。先代の英雄は、いつ散って「格上の敵」描写に使うかがポイントとも思うのですが。
カルマ >> 5ボタンですら満足に使えにゃい…><
ルイ >> (うみねこってPCゲームだったのか・・・←なにもわかってない)
LD >> 「トリコ」はノッキング次郎のカッコ良さに笑ったw
kichi >> まぁ、今のトコ特に不満はないのでw ……今はPCよりTVだ……(´・ω・`)
ルイ >> あの肉体はやっぱり制限時間つきなのかしら>次郎
LD >> 次郎さん、今出ている敵にやられるとは思えなかったりw>格上の敵
ルイ >> TVは東芝がBDレコ出すまで、もう、シカトこく。
ルイ >> まあ、料理長の一角くらいで敗れてしまうと相当のパワーアップを要求されますしね、トリコ達も。ただ「力」と同時に「老い」のファクターもあるって白ひげが言ってた。
ルイ >> 「ワンピース」いいすね。白ひげ海賊団の思考の持っていき方が実にいい。
ルイ >> オヤジを疑うなんて!バカもうバカ!…ってんじゃなく、オヤジを疑うことになるなんて!可哀想もう海軍このヤロウ!っていう。
LD >> 一方、白ヒゲは本気で強いけどww……まあ、このエピの締めには“退場”するんだろうなあ…。
ルイ >> 本気で強いとは言っても、よくある「ふんっ!!!」「りゅ、流血が止まった・・・!筋肉でふさいだのか!!」みたいな、「凄い防御力」の方にはまったく描写がさかれていないので、どこまでいっても白ひげは危ういというか、はかないですね。
kichi >> 「ワンピ」良いですねぇ。白ヒゲ大暴れに三大将が並び立って応戦と、いよいよ総力戦らしくなってきて燃えます。あとさりげなくオーズJrも立ててる辺りとか、鉄壁ですね。
ルイ >> オーズな・・・
LD >> 時流にもよるけど、BDじゃない選択肢もあると思う……ってああ、「とるてあ」BD買うから。
ルイ >> 買えよばか。
カルマ >> 「ワンピ」良いですね。どこで白ひげが「止まる」のか。
ルイ >> 井汲さんが大好きな「彼方セブンチェンジ」は、ギャグだから突っ込むのもアレなんだが、彼方のセンスに引っ張られてリメイク決意したのに最終的に彼方外れる所が・・・まあ、ワザとそういうボケにしてるんですけどね。
LD >> 「サイレン」の頂上決戦はよかったですね。うん、なんかこう上限(突破あり)を見せてもらった感じがよい。
ルイ >> 「サイレン」がやっぱりこのNPCバトル最高でした。ここまでついてきそこねた人も、多分ココでかなり一斉にスタートラインに立てたというか、それくらいの感触がある。ので一番候補。
ルイ >> 文字数的に遅れをとったか・・・orz>サイレン
kichi >> 「サイレン」も良かったですね。シンプルに熱いバトルでした。
ルイ >> グラナと弥勒の超常レベルの戦いを、具体的にではないとはいえカメラが追ってるそのリアルタイム感、人民周知感がいいですね。そういう次元をみせられた後「お前ら来い!」っつったら、まあ来るだろうと。
LD >> 要するに弥勒は、グラナに勝つために場所を選んで色々仕掛けをして勝ったんですよね。乱戦なら、グラナの日輪にそうそう敵わない。
カルマ >> 「サイレン」は素晴らしい。僕も一番候補です。
GiGi >> PCのスペックは今のより落ちなければこだわる意味はない気も。具体的な用途があるなら別ですが
LD >> 読切の人は、あれですね。えっと「斬」でしたっけ?連載していた人、星野先生んトコでアシやってたようですね。
カルマ >> 以前とは明らかに未来が変わってきているんですよね。計算外も多数あるけど、弥勒はこの中継でより多くの同志を集める結果になるかも知れない。
ルイ >> 一発で芯が通った感があるんですよね>サイレン
ルイ >> グラナに勝つ為場を選んだのは計算。けれど中継でダダ漏れ状態になっちゃったのは計算外。でも、その計算外をアピールによって(正確には、バトルの印象とアピールを組み合わせることで)最大限に活用できているので・・・弥勒はちょっと「ギアス」のシュナイゼル的な格を帯びてますね。計算もするし、そっから外れたものも咄嗟に使える。
LD >> 具体的な用途はない。…つか、そもそも買い換えたくないw ただ、Vistaや7を買う際に下手にロースペなもん買って快適さが失われたら嫌というだけですね。別に予算がないワケではないので。
ルイ >> 読みきり「SWOT」は、良い意味で頭悪い感じが結構良かったです。
ルイ >> OSかわるんだからスペックはあげんとしゃあないわな。
kichi >> 読切はイマイチ……すらいかない感じでしたね。計算でケンカ勝ってる風には見えなかったですし、そもそもそう見えたとしても今更なアイディアではあって……。
ルイ >> まあ、イマイチってのもわかるw僕はその隙だらけな感じが「あー、アホな人が愉しそうに描いてるなあ」って好印象なのですがw
ルイ >> なんていうの?頭いい→目指すのはNASA→持っているのは六法全書 っていうこの繋がっているようで繋がっていない連想力が、若干哲弘ライクでね。NASAへのルートに六法間違いなくかかわってこねぇw
GiGi >> 斬の人は相変わらず世界観狂ってますが、なんか読みやすくつよかったですね。
LD >> >一発で芯が通った うん。当初はそれ程、出来の良い連載には思えなかったんだけど、走りながら考えて何とか形にして来ているあたりに好感を持ちますね。以前のデリートスパイダーの回の時も誉めましたが、それとは違う“遠望できる積み”が今回なんですよね。
kichi >> う〜ん、私は好印象は持てなかったですねぇw あんまり愉しそうに描いてるイメージでもなかったり……。
ルイ >> おう、ギギさんとはちょっと通じた感。>斬の人
ルイ >> とりあえず「サイレン」は、敵の格は言う事なしになったんで、後は味方ですね。
LD >> ここで、哲弘キタ!Σ(`・ω・´)
GiGi >> 最新のエロゲが7でしか出来ないんじゃ仕方ないですね
ルイ >> 「つっこめるけどとりあえず読みやすい・楽しそう」というものを総じて「哲弘的」と呼ぶのれす。
kichi >> 哲弘を見られたんじゃ私には通じようがないや……(´・ω・`)
ルイ >> アトラク=ナクア起動しないんじゃね?orz>win7 iphoneアプリにしてよ・・・orz
LD >> NASAとか六法全書とかの頭の悪さは、ある意味「すももも」に通じるものがあって、上手くすると大高先生んトコまで行けるって事かもしれません。(←適当にゆってる)
ルイ >> サッサと大高先生に謝れ、な。
GiGi >> スッと演説に繋げたのはたしかにうまかった>サイレン
kichi >> ……大高先生は違うんじゃないかなぁw 関係ないけどそらおと原作の水無月すう先生はとこか大高先生に通じるものは感じていたり……。デフォルメ絵とかも似ててねw
ルイ >> 乱戦ならそうそう勝てない、というLDさんの言葉で思ったんだけど、DIOとヴァニラ・アイス・・・或いはDIOとブッチ神父かもしれないんだけど。そういうクラスの「いい男・しかも悪い男が2人並び立ってる図」で、結構ドキドキしますね。>サイレン
ルイ >> 水無月先生も頭悪い方だからどっちかというと哲弘磁場に呼びたいなぁw(良い意味で
LD >> 「いぬまるだし」の「ツッコミ「やわらかいわ」はいいと思う。(`・ω・´) とりあえずいぬまるくんたちはやりきった顔していいと思う。(`・ω・´)
ルイ >> 「銀魂」は男子には読めないだろうJK。
カルマ >> 計算でケンカ勝ってる風には見えなかった<そうですね、闘ってる間に強さの説明がなかった。そこは引っかかりましたが、それなりに楽しめました
LD >> や……「すもももも」って、相当ええ加減なマンガだと思いましたけどw良い意味でw
ルイ >> 「ねこわっぱ」を読んでいて、今週のバンチ「リーダム」(北斗の拳開始時エピ中)の、連載一週目で一位だったけど速攻打ち切りなんて沢山ある、というセリフが頭に浮かんだ。時系列順逆だけど。
ルイ >> あ、ちなみに計算でケンカ勝ってる、てのはカブトボーグ5話のオマージュな。←出た!
ルイ >> でも、学校ルーティンで回すのを早々に切り上げて、ライバル出してきたのは次善の策だとは思いますね。順位なり観て焦って前倒しって見たくもなるけど。
LD >> 「ぬらりひょん」は、こう遠野組の格を守りつつ、ぬら組も格上げでござる……の巻でごさった。
kichi >> ……「すもも」と「そらおと」はかなり似てるイメージでいたりはしますね。……ま、そらおと原作はアニメ終了後でもいいから読んでみてほしくはあるかもですw
カルマ >> 「そらおと」が水無月先生と知ったのは最近です。「救世主さま」は読んでたのですが。
ルイ >> 「ぬらりひょん」は妥当すな。なんかもうTVアニメも決まってる?そうで?
kichi >> ああ、そうらしいですね。ちょと意外でした。>ぬらりアニメ化
カルマ >> トリコが先かなと思ってました>アニメ化 
LD >> 「スケットダンス」は、けっこう成功者が増えてきています。基本、ダメな子の話だと思うのですが、ダメな子ゆえに“優しい世界”を作るのかな。
GiGi >> 今週のシュージンは呪われてもいいと思った
ルイ >> 元々、過去のエピソードの重さは現在と対比きかないと意味なくもあって。>スケット 今横に結びついた人達が優しい世界ってのは、妥当でしょうね。
ルイ >> 「めだかボックス」妹・妹・妹もそうでしたが、ジャンプ熱を取り込もうという色んな跡は見えるんですけどね。ふむ。
LD >> 「めだか」は、あれかな?逆五重の塔じゃなくって……ダウン五重の塔?
カルマ >> ロマンは自分が突っ走る分には良いけど他人に影響与えすぎるとちょっと痛々しい?かも。>スケット
LD >> 「べるぜバブ」ですが、今回のはヒルダさんの“デレ”なの?どうなの?
kichi >> 「めだか」はいろいろツッコミどころありつつもなかなか良かったかな……? スッパリ良かった!と言えるほどではなかったってことではあるんですけどね。
GiGi >> 売りのはっきりしない漫画は正直ダメだと思うな>ねこわっぱ
ルイ >> 毎日百万分の1を突破しているってのはわかりやすい「格」ですけど、同時に各々の特異性は何故この数字に落とし込まれなければならないのだろう=つまり異常とかも「総数からのパーセンテージ」で捉えてるんだなあ、というか。また、「めだかの次に打つであろう数字」というのは、逆に門の側がめだかに合わせてるようでもあり、どーもこう、やっぱりすんなり読めないなぁ。
ルイ >> 個人的には「めだかの特異性でもって生徒会全員の思いつきで打ち込む数字が通ることすら保証されてる」くらいの格描写だと滾ったかもw
LD >> そして、転校はいい展開……というか、当面の基本は番長的に上に上がって行くことのようです。>「べるぜバブ」
ルイ >> まあ、同意>ねこわっぱ
GiGi >> 校舎全壊で転校というのは発想の勝利ですね(笑)
ルイ >> 「リリエンタール」は緊張感のなさが徹底されてるのは良いですね。
LD >> それは、思いました。めだかの強運が、生徒会にも乗ってしまうというか。…しかも、それってその後も色々説明つけるのに使えそうなんですよねw
kichi >> 「べるぜ」はまぁ、デレなんでしょうねw ……しかしまだ続いてる様子見気分……。結局夏目もなにもしなかったですしねぇ、う〜む……。
ルイ >> まあ、全壊→直る に読者が慣れすぎてるってのもあるがw
ルイ >> 「保健室の死神」トウヤの願望は妥当なものですね。こういう「当然のもの」を見せられると、やっぱり校長の特異性が際立つけどw
kichi >> 「リリエンタール」は当初組織はそれなりに真っ当に描いて、犬のゆる不思議さと対比させるのがいいんじゃないかと思ってたのですが、まぁここまでゆるゆる行くならこれはこれで……w
LD >> >「総数からのパーセンテージ」 そのまま数字に落とし込むって事でもないでしょうけど、ああ、西尾先生ってこういう感じなんだなあ…とか思いながら読んでいます。
LD >> 夏目ひっぱりましたねえ…。ここまでひっぱると、何らかの形で魔族と繋がりがないと、座りが悪くなっている。>「べるぜバブ」
カルマ >> 「リリエンタール」ほんとそれで良いのかと(笑) ええんかなぁ…w
ルイ >> 僕らの言う所の、認識戦的な要素が入ってくるのはそっちですね>組織は真っ当 そういう描き方もあるとは思う。
ルイ >> 「バクマン」サイコーがしょっぱなから運命線一本なんで相方にハーレムメーカーってのは理屈としても分かるところ。でもシュージン氏ね。
LD >> 「バクマン」、「大発タント」は当たるんだろうか……というか連載に持ち込めない気がする。
ルイ >> 「あねどきっ」んんん・・・これは「情状酌量」の描写として届いてんのか?w
ルイ >> 企業色が強すぎて編集長NGという事でひとつ。>持ち込めない
LD >> おのれ、ポルナレフ。(`・ω・´)
kichi >> 「バクマン」は……う〜む、手紙に気付いてないからとは言え、う〜む……(´・ω・`)見吉もあっさり言ったなぁ、って感じでしたが、シュージンの反応のもここまでドライとはなぁ……
ルイ >> どこに向かってるんですか?ポルナレフってw
kichi >> とりあえず港浦さんが山久さんに勝てるイメージをもてないというw>大発タント連載に持ち込めない気が
ルイ >> んー、しかしねこわっぱが序盤三週華麗に滑ったのが結構ショックだ。
kichi >> 「あねどき」は並行して展開してきましたね。……そして姉がまた増えた……
LD >> 港浦さんの方針に従って“本気”でやったけど、やっぱりダメでやはり自分らの持ち味はエグイ作品だと…。で、そう判断した時には、もっと暗い作品を描く新人が幅をきかせていると。そこらあたりがいい落ち着け方という気もします。
GiGi >> リリエンタールは悪人のいない世界を描いてるんだよねえ
ルイ >> 正ヒロインは次女の法則ってのは、多分「ああっ女神さま」から引っ張ってる。これ、もっとサンプル色々ありそう。
ルイ >> すね。牧歌的す。>リリエンタール
カルマ >> 「バクマン」シュージンなぁ…変にプライドあるなぁ。
kichi >> 四姉妹ですが、ゆうき先生の「じゃじゃ馬グルーミンUP」が何故かすぐ頭に浮かびました。>次女の法則
LD >> すくなくとも、これまでの描写を観ると港浦さんより、山久さんの方が編集としては圧倒的に上に観えますね。…というより対比して描いているのでしょうね。方や女性作家に色気を取り入れたラブコメを上手いこと言いくるめて描かせたり、暗い作風の作家を理解して「そのままいけ」としたり。で、片方は、誰にでもギャグ描かせようとしているワケですよ。
GiGi >> ダイハツタントはたるるーとくんを連想するなあ(笑)
ルイ >> 間違いなくタルですねw
ルイ >> サンドラは前言ったと思うけど、さてどうすることやら。
GiGi >> シュージンは20年後にはヒゲメガネの文化人気取りになってそうな(マテ
LD >> まさか、この姉も住みつかんだろうな………いや、住みつくかw>「あねどき」
kichi >> 「黒子」はどうやらズタボロに負けそう? 結構順位安定してるらしいこともあってここはじっくり行けるんでしょうね。
LD >> シュージンは20年後にはヒゲメガネの文化人気取りになっているか、ハーレム系ラブコメの大家になったブイブイ言わせているか、どっちかじゃないでしょうか(`・ω・´)
ルイ >> 黒子はどーなんでしょうね。チームワーク→個→チームワーク+個 みたいなステップアップに使いたいのかも、ってこれなんてサッカー日本代表?
GiGi >> しかし実際これでダメなら原作交代しか道がない気もしつつ、シュージンが修羅場をくぐって化けるのかな(笑)
LD >> 人気は出ているみたいですが、まあ、“緑”は間違いなく「面白ろ」かったです。“青”もそうであって欲しい所です。>「黒子」
ルイ >> ちゅか、サイコー外しの時は速攻で切れて今回ここまで対応にぶいって、もう対比演出にすら見えてくる>シュージン かわいそうねー。
LD >> さて、そろそろ「ハヤテ」5周年のサンダー行きましょうか。
ルイ >> 「みなみけ」の三女かと思ったらナギだったでござる。そんなサンデー表紙。
カルマ >> 「黒子」は緑間以後は結構楽しみに読んでるんですけど、基本的に火神の成長に説得力がないんですよね。
ルイ >> グッズはヒナギクが多すぎて、作品格背負ってないのが人気背負うと色々大変だなあと思ったり。
GiGi >> 250回目も決断出来ない執事くんはおいておいて。
LD >> ハムスターがしている、このサングラスって何でしたっけ?こう…のどまで出かかってて出ない感じ…。
カルマ >> カラー扉絵見てなんか吹いてしまったのですが(苦笑)>ハヤテ
ルイ >> 表紙といい、意地でもナギとアテネを対置させたいようなんですが、実はハヤテの「金は力だ・・・」の部分で既に誤魔化しの言い切りが起こっていたりらじばんだり。
GiGi >> めじゃって今週最終回じゃないんだ…先週そんな文字列をみたような…願望で幻視したかな…?
ルイ >> あ、表紙じゃなくて扉絵でした。カルマさんの言ってる奴。
LD >> 「結界師」は、お母さん血圧低いなあ…。
ルイ >> 別にナギにとっての金ってアテネの記憶なりと対比できるようなもんでもなくて、「マリアとハヤテがいればそれでいーのだ」とか言っちゃえばそれだけで終わる→そして金も失わない あ、この展開ハヤテ決断しねえw
LD >> (あ、あれ?……めじゃ?!)o。Σ(`・ω・´;)
ルイ >> めじゃについては今の所イメージ通りすぎて特に何も。
ルイ >> 「マギ」もかなり輪郭がハッキリしたなあ。
LD >> ん〜今のルイさんの指摘を視野に入れていないとgdgdになるでしょうねえ…。え?いや、もっと、ね。>「ハヤテ」
kichi >> なんとなく意外だったのですが、パパさん良かったですね。>結界師
ルイ >> 「じゃのめ」といい「結界師」といい、作品世界に入れない家長ってたまにこういう格の出し方してくるからたまらんですね。
LD >> ええっと、最終戦、無理を圧して投げる……みたいな?>「めじゃ」
ルイ >> 勿論さ。>無理を圧して投げる っていうか投げない場合どうなるの、これw
GiGi >> マギは乗り切れてないぎぎさんですが、アラジンがアリババの事を気にかけてくれると嬉しくなります。
ルイ >> で、最後の一球投げる瞬間に背後におとさんが立ってて、103マイルとか出して「これがホントの天国までの103マイル」 完
カルマ >> 想像以上にアリババの所に行くまでが早かった…いや、すれ違うか?>「マギ」
LD >> 「マギ」は、あの顔隠した人、二人目のマギに何か指図していますね。……ふうん。
ルイ >> ただ、今回の帝国側のマギなり王候補なりの描写でもって、いよいよ「争いのない世界」の遠さというか、無謀さが見えてきたなぁとも思う>マギ 王同士が主義で争ったらそりゃもう世界大戦だよ。
カルマ >> めじゃはなんか先週話題になったので読んでみたら意味が分からなかったでござる
ルイ >> 意味わからないことはないでしょうw
ルイ >> 「クロスゲーム」が良かったですね。ブログに記事書こうかと思ったくらい。
LD >> >投げない場合 いや………眉村が完投して、次週、リハビリ編のはじまり…かな?
ルイ >> ああ、ここまでシチュエーションそろえておいて、もう一度来年ワールドシリーズ組むんだwってウォイ!
LD >> や「争いのない世界」なの?
ルイ >> いやだって、俊を骨折させてまで「初バッテリーはWS」というシチュエーションを組んだのに(普通開幕直後に怪我して出場機会のない一年目なんて、プレーオフやWSでベンチにもいれねーよ)ここで一年経ったらドッチラケでしょう。まあ、ドッチラケは十八番という説もあるが。
kichi >> 投げない場合は悔いを残したまま引退、Jrに世代移行してこっからまた数十巻クラスの物語が展開されます(´・ω・`)>めじゃ
ルイ >> さあ。ルフ婆ちゃんに聴いてくださいw>争いのない世界なの?
ルイ >> 「最上の命医」はなんかこう溜まっていってるなぁw
LD >> や…だってさ。少年野球の全国大会決勝とか、「スラムダンク」の山王戦とかじゃないんだよ?…精密検査受ける怪我で、しかも子供も生まれるのに、「今、危険をおかしても投げる」決意になって、それを周囲が納得して送り出すの?w>「めじゃ」
kichi >> 溜まってますねぇw 何気に瀬名がかなり気になる……w>最上の命医
ルイ >> それにしても「目にゴミ」があまりに必然力低くて、ギャグみたいなのはいただけなかったですね。なんかこう、作れなかったもんか。おとさんと子供吾郎並みの父子がスタンドにいて、息子が思わずフラッシュ炊いちゃったとかさ。
カルマ >> いや、意味はわかるんですけど…「…何がしたいの?」って、混乱してしまいました。>めじゃ 
ルイ >> ギブソンシニアが試合中にタイムを取って敵ベンチに歩み寄り「私からもお願いする。投げさせてやってくれ」って言うのです(淡々と
LD >> あれか?精密検査では、異常はなかったから、送り出したけど……第6ラウンドに受けたテンプルへの一打とその後の転倒による打撲で……ってやつか?
ルイ >> なんで不幸オチw
ルイ >> 瀬名が無理やりフェードアウトから持ち直してる感じではありますね。キャスティングボードを多少握ってる。>命医
LD >> >「私からもお願いする。投げさせてやってくれ」 なんでw
LD >> 第6ラウンドに受けたテンプルへの一撃ネタだと、マウンドで倒れて、その後
ルイ >> こまけぇことはいいんだよ!!w 本人納得することが何より大事なんだよ!wそういう世界観だから「おとさんは喰いはねぇ」ってことじゃないかよ!w>なんでw
LD >> 第6ラウンドに受けたテンプルへの一撃ネタだと、マウンドで倒れて、その後、吾郎くんはどうなったかというと……まだ二階にいるのです。(´・ω・`)という感じか。
ルイ >> せめて病室にいさせてよ、李さん。・・・あれ?それ植ぶ(ry
ルイ >> ・・・いや、とにかくここで吾郎が達成できないと、マジで
ルイ >> 「三代目」の物語が始まっちゃうので・・・そんな魚河岸みたいな事は・・ちょっと・・・
LD >> 「神のみぞ知るセカイ」ですが、鉄火場が来ましたね。桂馬vsディアナの事ですが。
ルイ >> 「ディフェンスデビル」は弁護士捨ててマシになったといおうとしてるのに、登場人物みな迂闊すぎてまいっちんぐ。
ルイ >> ディアナはかわいいね。
ルイ >> 特に敵がいる中イダマリアを糾弾して子供奪われてるメガネ神父はギャグにもなってねぇ。>守り悪魔
LD >> お、次の連載タイトルは決まったねw「メジャー・ネクストジェネレーションズ」これだw 第1ページでは歳食ったギブソンJR出して「我々はこの男を知っている!」これだ。
ルイ >> 桂馬の世界では、ギャルゲーが他ジャンルを包む方向で進化したようですね。やっぱり90年代で「止まってる」という印象には合致するw
kichi >> 「神知る」のこの対決はちょっと興味深いですね。……しかし「所詮現実の神」って凄いセリフだw
LD >> いや、ディアナvs桂馬は、ちょっと重要な一戦ですね。この一戦で作品世界が見渡せるようになる。…かんでさんは千日手引き分け、か桂馬の勝利みたいな予想をしていたけど…。
ルイ >> 「はじあく」は真っ当すぎる妹ビルドが。なんかこう、珍しく「はじあく」でちゃんと組んでるように思えた。
カルマ >> ディアナ良いですねぇ。 僕も一瞬戸惑いました(笑)>所詮現実の神
ルイ >> 桂馬が負けるイメージはそんなに無いな・・・ここで負けちゃうとアイデンティティ崩壊するでしょw
kichi >> 「はじめてのあく」は期待通りというよりは期待に応えてなのかな?とにかくヒーロー見習い妹がレギュラー化ですねw
LD >> 「しょせん現実の神」は超名セリフですね。その後にくる“本物の神”は意味が深すぎる。
ルイ >> (深いのか?)
ルイ >> 「金剛番長」ネームの前半からしつこいくらい「外道!外道!」って叫びまくる卑怯に吹いた。この場合一回も使わないか使いまくるかの二択だと思うんですが、後者選んだんだな。ギャグみたいだ。
LD >> 僕も負けはないように思いますね。…でも、どう勝つか?とか。本当にこの作品世界の在り様が分ると思います。引き分けなら、それはそれで意味が深い。
ルイ >> 一応「将棋」というフィルターは通してあるので、軟着陸も可能なんですけどね>作品世界の在り様がわkる
ルイ >> 盤上がそのまま絶対的な格の表現とは限らない・・・・でもまあ、将棋を持ち出したってことはガチでやる気なんでしょうけどね。
LD >> 深いというか、シンプルに回帰するんですが、いろいろ考えちゃうんですよねw現実じゃない所にある本物って何か?とかw
ルイ >> 現前する神は神じゃない、というロジックは深い気がするのですが、その直後で「アイムゴッドだしい」なのでその辺ちょっとよくわかんねw
ルイ >> 「MiXiM☆11」がちょっと今面白い。
LD >> 「はじめてのあく」は、鉄は熱い内というかなんというか、とにかく対応早くてよかったです。(´・ω・`)
ルイ >> 「オニデレ」は夏で巻いてるなんて言ってた頃もありましたが、すっかり順調に拡げてますwアンジーはナイス。
LD >> 「アラタカンガタリ」の新キャラ、ミヤビちゃんが、コトハちゃんとおんなし顔に見えた件。(´・ω・`)
ルイ >> ていうか、連載中に明らかに絵が三段階くらいよくなってるんだよなあ、オニデレ。
LD >> アンジーはいけるね!(=´ω`=)
カルマ >> 「はじあく」はちゃんと二人目のヒロインらしいヒロインが出来てきましたね。 …あ、アンドロイドもいたか。
ルイ >> 作品に欠ける(まあタイトルからして当然なんだけど)ツン成分をこんな自前から補充するとは、新キャラとりあえず打つこととは違う解法ですよね。アンジー。
LD >> そろそろマガマムいきましょうか。
ルイ >> やっぱ書いとくべきだったなぁw
LD >> 実は、出したはいいがどれくらい「回る」か?っていうのもあるんですけどね。あんまし、こうキョーコや、乙型との絡みのシミュレートはしていない雰囲気があるので…w
ルイ >> 藤木先生なんだからそんなの(ry
ルイ >> ハッキリ言ってニート姉とヒーロー見習いをつなげた時点で、藤木先生は三年分の仕事をしたよ。もうムリだよ。
LD >> マガジンの新連載は、びっくしする程、昔気質なヤンキーマンガです。第一話女の子まったく出てこないし。
ルイ >> 昔気質っていうか・・・組み方が秋田書店的なのよさ。唯一の土壌すら荒らそうと・・・!
ルイ >> ハナノアナの格をあげたいんだが下げたいんだか微妙な感じが気になりましたが(動けない、とか)まあ、妥当に面白かったデスネ。
LD >> …で、わりと単純に楽しかったり。>「A−BOUT」
ルイ >> 「フェアリーテイル」六魔将軍なんておらんかったんや。
GiGi >> (めじゃ話が盛り上がってる…開けてはならない箱を開けてしました気分…)
ルイ >> 「むろみさん」今週のむろみさんは、ちょっと僕のイメージよりは弱くて、実は少し気に入らないwまあ、勿論リヴァイアさんみたいな神格を備えてるとも思わないんだけど、長年生きてきた生命力を買ってたので。。。これだと、長年ずっと仲間に庇護されてきました、って話になりかねないな。
LD >> 「フェアリーテイル」は、やっぱりナツが竜出す画とかはいいんだけど、ゼロは弱かったなあ〜。歴代でも激弱だと思う。
ルイ >> 最後に残された希望が吾郎の子供って誰うま。
GiGi >> すみませんページ数多すぎて飛ばしてしまった…あとで読みます
LD >> いや、むろみさんって、捕食者に残さず食べられちゃった事ってあるのかな?
ルイ >> マヤ先生キタ━━y=-(゚∀゚)・∵━━ン!!
ルイ >> 何そのホラー。
GiGi >> 最大の謎はなぜ真島先生はゼロをチンピラ顔に描いてしまったのかということだな
カルマ >> 新連載普通に楽しめましたね。メガネくん強かったり>アバウト
ルイ >> 今週「ブラマン」で、アレクセイがオヤジに向かって「苦笑」の漫符。。。でもないんだけど、そのまんま「苦笑の汗」を描いてるのが結構印象的ですた。あれ?オヤジバレてないの?w
LD >> 「ベイビーステップ」は、何というか切り上げ方が自然だ。それで、戦う為の武器を一つ手に入れるフェーズに移るんだから。
ルイ >> 「ベイビーステップ」は素晴らしすぎて特に、ナニーモ。
LD >> ん〜相変らずこの人の無駄なエロさんは健在か…(`・ω・´)>マヤ先生
カルマ >> マヤ先生が来たので安心ですね。 …それはともかく、ドラマ2期早すぎないだろうか。
ルイ >> 早いですね。ビックラこきました。>ドラマ
LD >> マヤ先生、今回味方になったりするかな?とか一瞬思いました。
カルマ >> ベビステは素晴らしかったですね。中断のタイミング、その理由も納得がいくし。
ルイ >> 「絶望先生」は一番候補←え?
ルイ >> オラかなり初期にそういったはず>マヤ先生 あ、1話の時かwファルコンにマヤがリハビリ施す展開をイメージしてたんだけどw実際は鈍ってなかったから・・・まあ、上手に利用しあう不二子ちゃんかな?
カルマ >> 今回はマヤ先生味方になって貰わないと困る。藤丸たぶらかして南海さん焦らしたりしないと困る(何
ルイ >> オヤジとマヤ先生を恋仲にしてしまえば勝つる※誰に?
LD >> 「君町」、も〜う、なんか〜、いろいろ問題を起こすなあ〜もうw
LD >> 値踏み小僧よかったんだw
ルイ >> 「君町」なー。
ルイ >> アニメーターの賃金は上げなきゃダメだろうw<値踏み小僧
LD >> 「第九」は………まあ、よい。
ルイ >> 「第九」は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・マガジンでこんなダメエンドなかなか読めないぜ。
カルマ >> 最近、音響監督が労働時間あたりの給与高すぎみたいなのどっかで読みましたね>アニメーター給与 報酬の配分がおかしいみたいな話で。
LD >> 「君町」。で、また捜しに行ったら、妹が出張ってきて、なんちゃらかんちゃら〜みたいな〜、もうw
GiGi >> マヤ先生は敵の敵は敵かな?味方かな?みたいな展開でしょうね。そしてお父さんは既にコントの領域に入ってる(笑)
カルマ >> 「第九」まぁ、打ち切り宣告されてもまとめるつもりなかったんでしょう。
ルイ >> 何故か監督とトントンくらいの勢いですからね>音監 それだけの責任があるといえばそれまでなんだけど、しかし結局アフレコには監督も顔を出して指示をする以上「した」ではあるはずなんだ。とか。
LD >> そうかあ。音響監督美味しいのかあ〜w ってまあ、あそこらへんはある程度高くても当然という気もしますけどね。下っ端が圧倒的薄給ってだけで。
LD >> コントいうなw
ルイ >> でも給与の基準はバンブー流出でお馴染みのw制作費の配分から始まってるんで、音響にドバアと割きすぎってのはあるとも思いますよ。
カルマ >> 音響監督は拘束時間短いのでガンガン掛け持ちできるとも。 だったら単価抑えてもよくね?その分をアニメーターに回すべき、みたいな論旨だった記憶が。どこまで本当かはわかりませんけども。
ルイ >> いや、だからアレクセイの汗について、誰か・・・w>コント
ルイ >> 「ゴッドハンド輝」はめでたし。しかしレーベンとはいえ手術中にそういう話はするなw
カルマ >> この汗は…んー、どう判断して良いやら>アレクセイ
ルイ >> 「我間乱」はガマの期間が予想より早かったわけですが、それにしても最後のリアクションが素晴らしかったですね。ブツクサ言ってたLDさんもw満足なのでは。
ルイ >> アレクセイの芝居マジパネェって話ですか
GiGi >> 事実だけどそこを下げて解決する話じゃないことは意識しないとあれですね>アニメーター間の賃金格差
LD >> (´・ω・`;)。o(こええ!ビースト顔こええ!)←あたり?
LD >> え?最後のリアクリョンって?
ルイ >> 殺しについてですよ。「弱いのを殺してもつまらない」という価値観は、ガマがそこまでストレートかはおいといて、弓使いとの話にも使える感覚だと思います。つまり結局の所、バトルマニアなのよね。良い意味で。
LD >> 「スマッシュ」も、なんかいい感じなんですけどね。「ベイビーステップ」みたいにいい感じ…とか思ってしまう(汗)
ルイ >> ところで「ヤンキー君とメガネちゃん」が良いと思ったんだが、話題にするのも久々すぎて凄く・・・気が引けます・・・
GiGi >> 輝先生はよかったですね。
ルイ >> 心のないゴッドハンド、という組み方を作品全体でして、煽りも何もその流れできたのに、ここにきてその技術の使い方という圧倒的な証拠でもって「そんなわけない」と輝が一蹴する流れは見事でしたよね。
LD >> ん〜、いや、僕の言ってた話とは違うような…。>「弱いのを殺してもつまらない」 いや、まあバトルマニアならそれでもいいんですけどね。
カルマ >> 「スマッシュ」最近の試合はとても好きです。ベビステみたい…です(笑)
ルイ >> 殺す殺さないの判断に拘ってたじゃないですか。今回のふーん、的なリアクションを見ても「そこは重きを置いてない」って事だと思いますけどね。
ルイ >> んー、まあ、試合してますねw>スマッシュ
GiGi >> これを今週の医龍と絡めるのは無理があるけど、どちらも医の原点を見せてくれたという点で素晴らしかった。
ルイ >> エアギアはもう手遅れですた、って描写かと思ったら姉ちゃん普通にまだ生きてるや。←
ルイ >> 医療ってのはどこまでいってもミクロなんですねえ。勿論改革や組織という単位からの発展を目指さないわけじゃないんだけど、立ち返ると「ここ」になっちゃうし、ならないなら医者なんな、くらいの話ですかね。
LD >> 「そこは重きを置いてない」なら、殺せばいいんじゃない?w いや、ガマがキャラとして通らないって話をしているワケではないんですけどね。
GiGi >> スマッシュは咲先生の中にバドミントンの理路があるので試合は間違いない、というか、咲先生は前からこんな感じだけどベビステのおかげで読み方が浸透してきたというのはある。
ルイ >> ちなみに、何故?>なら、殺せばいい
ルイ >> チャンピョンまで一気にきたぜー。
GiGi >> そう、それですよね>ならないなら医者になるな。そしてゴッドハンドと呼ばれるような人はやっぱり“医”者なんだと。
ルイ >> 「弱虫ペダル」の重大発表がくると思いきや、どうやら来週「みつどもえ」のアニメ化情報が公開されるっていうギギさん怒髪天の雑誌ですか。
LD >> 奇襲とかかけてザコはざくざく斬り殺していて、弓使いに対して止めにいかなかったのはどういう感覚?って話でしたよね。そういう思考をするキャラが成り立たないワケではないけど、僕は(倫理が優先されて)何でもありの真剣勝負に対する徹底さに欠けると思う…ってな話をしていたかな。
ルイ >> やっぱ間合いの限界で獲物ふっとばした時点で死合終わっただけな希ガス。
GiGi >> たぶん今週の医龍は賛否両論あるとは思うけど、これを描いた勇気をまず讃えたい。
ルイ >> そこで勘定を働かせるものじゃないんだ、みたいな部分ですよね。まあ、暫く大注目です>医龍 で、しかも今週のアオリが相変わらず「作れ!最強のチーム!」みたいなまんまってのが、なんともアレですがw
LD >> え?賛否両論あるのかな?僕はすごく良かったと思うけどw>「医龍」
GiGi >> 5週連続カラーで最後だけ巻中なのは何故なんだぜ。というか何の戦略もなしに渡辺先生にむちゃぶりしたんか…
ルイ >> お前の立場でとる選択か、みたいな話かな>賛否 「もっと良い手段があるだろう」は、その緊急状況で思いつくかどうかの話だから読者の言い分としてはちょっと反則。
ルイ >> さすがチャンピオン編集部。そこにシビれないアコがれないぃ。
LD >> >限界で獲物ふっとばした時点で死合終わった ん〜。記憶としてはそんな感じな画じゃなかった気がするけど…。でも、それで通るなら、そこは「わざわざ殺さなくてもいい」場面に思えますね。
ルイ >> つのだじろう先生と鬼形礼の対談は、何故前半だけ袋とじなんだろうw
ルイ >> 「弱虫ペダル」は相変わらず灼熱ですね。こう、ギギさんが言ってたけど「ロードレース」を描こうとすると、ああこの絵面だなってのがよくわかった。
かんで。 >> おはようございます。
かんで。 >> って、今週はもうチャンピオンっすか。早w
ルイ >> 駅伝やマラソンは、他人が触れた時点でリタイヤなんだよね。触れる事は断絶を意味する競技と、触れて、押し出す事で思いを伝える競技の違い。ナルホド、この絵を出す為に落車する必要があったのか。なるほど。
LD >> ああ、はいはい。> お前の立場でとる選択か 僕が今回感じたのは、ああ「医龍」は天才の物語……少なくとも天才主体の物語ではなかったんだな。という一抹の寂しさw……いや、全然素晴らしい物語だからいいんですけどねw
ルイ >> あと、寒咲マネージャーがまるでロクなセリフを与えられていない事も凄く注目したい部分。彼女も彼女なりに、この道に引っ張り込んだ人なので、それなりの事を言う権利はあるはずなんですよね。→
ルイ >> でもやっぱり、ここは「レーサー同士」でしか語らせないという・・・その意識の徹底に胸が震えた部分なのです。
ルイ >> 寂しさw
ルイ >> つくづくジーニアスマニアw
ルイ >> やあ。クロスゲームについて皆さんにシカトこかれましたよw
LD >> やあ、やっぱりあそこは手嶋に言わせるのが熱いですね。…なんというか、徹底的にブーストというか……まあ、とにかく最後の最後のスパートをする選ばれた一人が、どれだけの人に押されてそこに居るのか描いている。
GiGi >> 俺たちの想いも積んでいけ!の絵はいずみのさんに解説してほしいくらいの素晴らしさ
ルイ >> 「キガタガキタ!」は、いい〜い感じじゃないでしょうか。連載してみればいい。
LD >> |・ω・`)おはようございます。かんでさん。
かんで。 >> ペダルは基本シャカリキの石渡山な展開なんだけど、キャラ配置を入れ替えることによってまた別の読み味になってるのが気持ちよかったです。
かんで。 >> クロスゲームいいっすよねぇ。超西村君最高にかっこいい
LD >> 「ギャンブルフィッシュ」は命懸けのオバマとカイザーの無念が同格に描かれているのがワロタw
ルイ >> やっぱり作品がステップアップする上で、二年の存在が極めて重要でしたね。丁度話に出た「シャカリキ」との違いはその有無と言ってもいいかも。極論。
GiGi >> ああ。我慢してたけどやっぱり今週の一番弱虫ペダルでいいや(笑)
ルイ >> ですよねー!!!僕もそのベクトルで書こうと思ってました!まあ、僕はカブトボーガーなので「西村くん一族の末裔、猛る!」って見出しを考えてたんだけどw
ルイ >> 「ギャンブルフィッシュ」は終わってみればカイザーが一番格をあげましたね。一種の魔法使い理論だと思うんだけどwDT力の頂点を見た思い。
LD >> やっぱり、箱根に来るまでに、抜いてきた人の思いを乗せて自分がここにいるという事を描いてきましたからね。そこらへんは個々で戦いながら最後に共闘して勝つ境地に達する「シャカリキ」の石渡山とは違う形の物語になっていますね。
かんで。 >> そうですね。モチベーション保ち続けて努力し続けながら敗北した存在から見た天才である勝利者、という視点がシャカリキには欠けていた。柘植、マキセのその後はどうなったか、って奴の回答なんでしょうね>2年
ルイ >> 2年が置かれる事で、マネージャーの兄貴の位置もスッおハマる・・・そう、今週丁度「ペダルのアシスト」ことw「ツール!」で描かれてましたけど、ロードレースは絶対に公平じゃないんですよね。「そのシチュエーションに立てる人」が選抜されて、それ以外はフォローに回る世界。皆がいっせーのーせの競争って価値観はどうもやはり、ロードレース的じゃない。だから輝は1人でラルプ・デュエズに行くわけでw
LD >> 声は中尾隆聖さんですね。分ります。>超西村
ルイ >> 中尾さんの方がいいと思いますね。ってマジレスだけど。>声
かんで。 >> わははナイスですw>「西村くん一族の末裔、猛る!」 いや本当はあいつら凄いはずなんですよね。あだち補正がかかってただけでw今回はそれを証明したんですよね、嬉しい。
GiGi >> スーパー西村くんはかっこいいんだけど、絶対に感動させないあだち先生のテンションの保ち方もすごいです(笑)
ルイ >> それってのは、あだち充さんという作家が己の画のパターンを圧縮に使いこなす人だからで・・・じゃあ、声もそれに沿った方が通りがいいのは間違いないと思うんですよね。またマジレス。
ルイ >> 解説さん、高校野球で賭博持ち出したからハズされたとかバロスw>クロスゲーム
かんで。 >> そうそう、「サイヤ人風情が、この西村様をなめるなよ!!!」みたいなw>中尾さん
GiGi >> このあたりあおい坂とやってることが真逆で興味深い>クロスゲーム
かんで。 >> そうそう、あの解説を外すには、その手があったか、と思わず感心しましたw
LD >> そこらへんは、曽田先生がやっぱりたった一人の天才…はるか先に行く者を描きたいからなんでしょうね。背中を押されるとか思いを受け取るとか、そんな事言っている間に既に次のステージに行っているというかw
ルイ >> ああ・・・まさに柘植はその価値観を感じさせた人かもしれませんね。でも、あの激しい勝負の世界では、それは純度の低さなりそのもの才能の不足でふるい落とされて終わりなんだ・・・
ルイ >> 「MOON」はなんか、ケースバイケースの「プロフェッショナル」に話が進みそうな気配ですが、脱線すねw
かんで。 >> 曽田さん、MOONはもういいからシャカリキの続編書描いて欲しいっすw
ルイ >> まあとにかく「キガタガキタ」はかなりアリだと思います。どこまでハードにするかってのはあって、西条先生だとガチガチにハードな悪霊バトルにしちゃうとは思うんだけどwうまくバランス感覚もってれば、学園パートとかヒロインとか挟めていけそう。
LD >> 「キガタガキタ」よかったですね。ルイさんの言うとおり連載行ってもいいんじゃないでしょうか?ここは一つ「ナガレ」のリボで。
かんで。 >> はるか先に行くテルも見たいんですよね。ペダルによってその他のキャラはかなり補完された気がしているのですけど。
ルイ >> 「ギャンブルフィッシュ」はしかし、良い幕引きでしたねぇ。しみじみ。
ルイ >> テルを描くには競技ミスった、ってのが根本にあるやもしれずwで、自分の好きな競技なりを見ていったら自然それは「ピープルズヒーロー」の世界ばっかりだった、あれ俺の自然な筆致は孤高の天才なのに・・・?   みたいなw
ルイ >> ナガレはかるたよりしくじってる気がしてならない。一番のピークはミクの絵描いたときだよ←酷い
LD >> 「バチバチ」もよかったです。前回、まともに転がっていた王虎は格落ちと思ったんですが、あれほど無様を見せて今回、ほとんど格を落とさない描きが上手い。負けた事自体はまともに反省していて、しかし、同時にとんでもなくどす黒い復讐心も溜めているのがいいのですね。
ルイ >> 「バチバチ」は完全にギギさんの読みですな。
ルイ >> 今回の王虎の位置って、薄氷を踏むような「ここしかない」ラインを踏んでますよね。バツグン。
ルイ >> 負けのコメントは、決してこれまでの「取り繕った王虎としてのコメント」ではないですよね?
ルイ >> 敬語はまあ、育ちが踏みとどまらせたのかもしれないけどw王虎はかなり負けを見つめている。で、出世レースから遅れると同時に怪物フラグってバツグンです。
かんで。 >> 「キガタガキタ」西条さんはやっぱ面白いなぁ。
ルイ >> 「冥王神話」も良い。自らを賭して兄を正道に戻すしかなかったのだとすると、悲しい話ですが・・・「お前の中にある憎しみの心を撃つ!」みたいなもんか。
かんで。 >> 「バチバチ」は一応先週の私の読みも……>「アトラス身長高いバージョン」
ルイ >> ああ、アトラス。アトム←
LD >> テルの“先の物語”は「ケガするのは怖くなくなった」…でしたっけ?それと込みなんですよね。…そこが回収されるシーンは是非観たかったw
かんで。 >> ギャンブルフィッシュは巧すぎw。やっぱバードを描ける人は違う。
ルイ >> あれって、ショウ・ザマは言う事はいうけど結局バーン・バニングスと相打ちで殺しあっちゃってるんでイマイチとおり悪く思えるのは後追い世代だから?w
LD >> >「取り繕った王虎としてのコメント」ではない 完全に反省して相手を認めていますね。しかし、それと悪役的な復讐心を同時に持ち合わせているという。
ルイ >> ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・あれ?
LD >> まあ、ぶっちゃけバーン自体、どうも煮え切らないライバルな感じだったからw
GiGi >> バチバチは理想的な回収でしたね。王虎の再登場が楽しみです。
かんで。 >> 私は単純に「オレはまだ登りたいのに!!」がまさに回収されるところを見たくて。作品としてはあの写真で回収されてるので問題は無いんですけどね。
ルイ >> そういえば、アヴィって結局ラッシュモアに刻まれるの?w
ルイ >> 作品的に副将戦みたいになっちゃいましたしねw>煮え切らないライバル
LD >> …………あ!!Σ(`・ω・´) でも、アビ多分忘れてる!!
かんで。 >> バーンは影薄い印象なんですよね。いや影だけ濃いけど本体が無いというか。
ルイ >> 「ニーベルング」ってこんなアキレスみたいな話だったっけか。いや異説だからいいんだけど。
LD >> ああ、分った。黒騎士じゃなくって、イプシロンで行こう。王虎が鯉太郎のあの姉ちゃんに惚れる。これだ。(`・ω・´)
ルイ >> ミストバーンw
LD >> 「ダンバイン」はちょっと観直そうと思っていて……ショット・ウェポンが追いたいんですよね。
ルイ >> うん>あの姉ちゃんに惚れる やっぱその辺、空流の娘はもう2人必要だったなと。「あねどきっ」見習えよ。
かんで。 >> 多分、アヴィは、大統領が刻もう、と言った時点で興味なくなってるから、無視するんじゃないですか? あれって単にオバマへの嫌がらせでしょう。
ルイ >> ふむ。読み直してみないとわからないけど、その可能性もありそう。>オバマが乗った時点でつまらん
かんで。 >> お姉ちゃんに惚れる、その発想はなかったですw でも面白いw
LD >> 「ニーベルング」って、こんな話ですよ。ただし、不死身じゃないのは背中つーか、左肩だったかな?「闘将ラーメンマン」で筋肉拳の使い手の弱点と同じ所ですね。
ルイ >> 「出陣!! 武将頭高校排球軍」はやはり悪くない・・・←いっつも言ってる
かんで。 >> バチバチがあねどきっを見習うというのも面白いっすね。あんだけ違う作品だからこそ
ルイ >> マガスペあたりでやってる「地院家若美」でしたっけ、あれってもう、縦の物語が出場禁止で奪われちゃってるんだけど。。。この作品はそこがまだキッチリ存在しているので、いいです。まあ、殿が監督で麻呂がリベロのチームを外見で参加禁止、とかつまんない事やらない限りは。
LD >> 「じゃのめ」は、土壇場で朝灯ちゃんが現われて、チュッチュタイムですね。分ります。(´・ω・`)
かんで。 >> 肩の裏側辺りでしたっけ
ルイ >> そうでしたか・・・神話は横のつながりがあって俺様の脳には収まりキラネ!
LD >> そんな事しちゃだめだw>外見で参加禁止
ルイ >> いや、でも「若美」はそれをしたってことなんですよね。言ってみれば。セクハラ禁止で。まあ、あっちは元々物語り軸がないんですけど・・・武将頭、ベタながらシンプルに纏まってるので、この構造には応えていった方がいいですよね。ギャグといいながらも基本マジ、でお願いします。
LD >> さて、ではそろそろ一番決めましょうか。
ルイ >> 「カズエ」は次回で終わり。沖田さんハブか・・・いや、爺、『死んだ親父殿見える』ことより『止まった時の中で動ける』方が本当は問題なんだけどねwだってそれ、ザ・ワールドとスタープラチナの世界よ?w
ルイ >> 「じゃのめ」は久々にキレがなくて安心しますた←順調すぎると不安になる性分
LD >> ジャンプは「サイレン」かのう…。よぼよぼ。
ルイ >> 「サイレン」「クロスゲーム」「ベイビーステップ」「弱虫ペダル」「キガタガキタ」   マッカラーン!!
LD >> サンデーは………「オニデレ」かもしれんのう……。
ルイ >> あ、輝先生か。
ルイ >> 「オニデレ」いいですよね!さっきリアクションして欲しかったけど!w
ルイ >> おじいちゃん、そういえばフリーズしなかったじゃない。
LD >> マガジンは…「A−BOUT」にいこうかのう…。
ルイ >> それは新連載に甘いな・・・
LD >> そうですね。というか妙に僕も今思ったところ。>フリーズ まあ、やっぱりしばらくこれでがんばってみるか。
かんで。 >> 主観的だと「黒子」、「月光条例」、「神知る」、「一歩」、「ギャンブル」 客観視点を考慮すると「クロスゲーム」、「ペダル」、「バチバチ」
ルイ >> そういえば「月光条例」触れなかったなぁ。
カルマ >> ジャンプ「サイレン」、サンデー「オニデレ」、マガジン「ベイビーステップ」「輝」でしょうか。「スマッシュ」も好き。
ルイ >> あれって赤ずきんたち、ずっとあのニヤニヤ茶番繰り返してるってこと?結構永遠の牢獄ですよねw
LD >> チャンピオンは「キガタガキタ」……サチ子さん、飯まだかねえっ?
LD >> まあ、誰かに読んでもらう度に……かな?>茶番
ルイ >> サチ子さんはケッコンした頃から殆ど皺が増えていないアンチエイジングの神※それはあぶさん
ルイ >> まあ、でも、バチバチは先週でしょう。あれ、先週とったっけか。
かんで。 >> 本人達が幸せだと思っていたらそれが幸せなんですよ。バカップルと同じで。うまく現実を切り取ってるなぁと思います。>赤ずきん
LD >> シンデレラは最初暴れ回っていた頃より、毒がなくなっちゃって、ちょっと残念。でも強ければいいけどw
かんで。 >> あ、先週バチバチでしたね。
ルイ >> ああ、まあそうですよねえ。どうしても意志があるとなると「飽きる日」を畏れてしまうのだけれどwずっと幸せなのでしょうね、登場人物の分として。
かんで。 >> シンデレラはなんかダリューンみたいな強いのがアイデンティティなキャラになりそう。
ルイ >> LDさんのバランサーならサイレンっていうけどギギさんは気にせず「は?この4週でペダル何回一番取ったの?足りないよ?」っていう流れだな。
カルマ >> 赤ずきんあの顔で「ですとろい」やるんでしょうか。だとしたらうれしい(笑)
ルイ >> 笑ったまんま?w>あの顔
LD >> 水島マンガの恐ろしい所は時間は確かに流れているんだよなあw
かんで。 >> とにかく来週久々に「だむ ですとろ〜い!!」が聞けると思っただけで嬉しい私ですw
ルイ >> あぶさん60越えてましたからね。殆どリアル浦島太郎よ。
カルマ >> そう、笑ったまんま。にこやかに。やばい惚れる>ですとろい
かんで。 >> あの顔でですとろいw いや無いと思いますけど、ワロタw
ルイ >> んー、富士鷹先生だけに凄い表情描き込みそうな気もw
LD >> う〜ん、「サイレン」、「オニデレ」、「バチバチ」、「キガタガキタ」という感じかな?
カルマ >> 月打されてないのに怖い表情になっても困りますが(笑)>凄い表情
かんで。 >> 西武に戻った工藤は岩田鉄五郎の歳まではやってほしいな。
ルイ >> (また御堂筋だよ・・・)
ルイ >> ドカベンって実はCSと相性悪くてコマってますよねw
かんで。 >> 月光が壁に貼り付けられてたら、凄い表情でも納得。
LD >> まあ、シンデレラは元のサンドリヨンに変えると、モロに魔女なので相当強いはず。
ルイ >> 前は優勝以外は捏造してもそこまで大きな差にならなかったんだけど、CSで名勝負なり各々がドラマ背負っちゃうと、その枠を奪いづらくなるというか。スーパースターズ気を遣うの巻w
かんで。 >> CSが定着した今、キャットルーキーの続編を読みたいです。
LD >> なんという。サイレントシンクロw僕も、さっきの水島話で、工藤と岩田鉄五郎を思い出していたwちなみに「野球狂の詩」の時は約53歳w
かんで。 >> とりあえず赤ずきんが大人気で嬉しいです(爆)
かんで。 >> あと7年か……、工藤ガンバ!!
カルマ >> あぁ、そのビジョンはなかったかも>月光が壁に貼り付けられてたら
ルイ >> http://www.pasela.co.jp/paselabo/event/autmun_kansya/index.html これに行ってみようかなと思っているわけなので、間に合いそうで良かったw
LD >> 「キャットルーキー」って、三日月のバッテリーの話って終わる所まで行ってましたっけ?
かんで。 >> にゃんこいは確か大学の後輩が演出してたよ〜な
かんで。 >> 三日月、寅島の話が終わるとこまでで完結してますね。
ルイ >> にゃんこいは質高いほうなので自慢していいです。ただ、あなたの後輩がナベシンなら猛省を促してくださいw
LD >> 渋谷は恐いから会場を変えろ!(`・ω・´)
カルマ >> …し、司会が酒井香奈子さんかぁ…大丈夫かいな(汗>イベント
ルイ >> ウーアウィルスが散布されるとでも?w
かんで。 >> いや、さすがにナベシンではないですw
LD >> 反省したらナベシンじゃないw
ルイ >> 酒井さんって多分声優さんで一番かわいいよね(真顔
ルイ >> 顔が良いだけじゃダメっていう生きる証拠(失礼
LD >> さて、一番ですが、みど…筋…ん。「サイレン」か「キガタガキタ」じゃないかと思うのですよ。
カルマ >> タイガーウッズが事故で大怪我だと…http://edition.cnn.com/2009/US/11/27/tiger.woods/index.html
ルイ >> (LDっちは和をもって尊しのなすペダルが嫌いなんだよ!あの野郎、ベムスター並みに破壊衝動に溢れてるから!)
カルマ >> さすがに酷すぎる(笑)>顔が良いだけじゃダメって証拠 
ルイ >> えええええええええええええええええ
ルイ >> ん、まあ、反省はしているw
LD >> ん〜いやぁ、まあ、いろいろいるけどね。>酒井さんかわゆす
かんで。 >> 小林、福井の印象しか……って普通にきれーですね酒井さん
ルイ >> いや、いろいろいるけど多分一番かわいいと思います(真顔) そして一番かわいいのにそこまで売れてないということはうわなにをする
カルマ >> まぁ、声優業の充実抜きにここまでいろんなメディアに出れてるのはそれはそれで
ルイ >> ま、情報番組司会ってのは外見で取れる仕事ですね。
カルマ >> 凄いことなんちゃいますかねぇ〜?(落語家口調で)
ルイ >> ウッズ大丈夫かいな・・・。
かんで。 >> オマハのように華麗に復帰してほしいです。
カルマ >> NHKにも来てますね>ウッズhttp://www3.nhk.or.jp/news/t10014069961000.html
LD >> 「キガタガキタ」は、鬼形礼にあなたのような犠牲者を出さないために見守っていて下さい…って行っているけど。ちゃっかり礼くんは新聞配達しているのをどう評価するかだな…(思考中)
ルイ >> 「サイレン」でいいと思います。「キガタガキタ」は面白いし、連載もして欲しいけど、その分読みきりとしてもかなり余力があるというか・・・このプロットが劇的になるようにまでは組まれてないと思う。まあ、ページ足りなかっただけかもしれないけど。
ルイ >> そこ?w>どう評価するか
かんで。 >> それですよね(汗)>新聞配達
LD >> 小林さん怖いです。まじぱねえです。(´・ω・`)
かんで。 >> 私もそこでひっかかったw
LD >> はいw>かんでさん でも、あの主人公はそういう事知らないかから勝手にそう思っている分には問題なくもありますw
GiGi >> あれ、ペダルの流れになってない(笑)
ルイ >> いや、新聞配達している礼くんは、もう魂とられた別モンですよね?なんか朗らかにインタビューはしてるけどw
かんで。 >> ああ、そうですよね、知らなくてもOKはOK。でも読者としては気になるところでw
ルイ >> LDさんが妙に厳しいのよさ。>流れ
LD >> …という事で、判断の難しい「キガタガキタ」は避けて、ここは「サイレン」だな。(`・ω・´)
かんで。 >> ペダルの斤量の重量感、星さえも砕けそうだ!!!!!!!!!!!!!!!!(爆)
LD >> まあ、最近取ってるしねw>「ペダル」
ルイ >> まさにバランサー発言w
LD >> というワケで「サイレン」にします。
ルイ >> まあ「サイレン」良かったですけどね。連載を決める勝負回と言えるかもしれず。
かんで。 >> あ、そっか、私しばらく休んでましたからその印象が薄かったです(汗)
GiGi >> ペダルでないなら医龍だな。さもなくば3A07(漫画ですらない)
かんで。 >> 了解っす。サイレンももう一度読み返しておくかなぁ。
ルイ >> いや僕はモテキのプンプン引用にこそ一番を(ナナメ方向
かんで。 >> 赤ずきんの笑顔に乾杯。
ルイ >> 読み直すと、読み辛いですよね、色々w 
カルマ >> 顔に傷は負ったが搬送先の病院からはもう出てるみたい?>ウッズ
ルイ >> グーグル先生で検索したらアイマスの単語が出てきたので、そっとブラウザを閉じるッス。
LD >> そうですね。ある意味、悪の組織誕生編をやっている物語は、けっこう希じゃないでしょうか?四天王とかどう生まれたのか?とかけっこうやらないですよね?「バスタード」とかか?
ルイ >> 顔か・・・ウッズの顔はカッコいいダウンタウン浜ちゃんみたいだから、まあ顔はいいや←おい!
LD >> プンプンって「さよならプンプン」?
GiGi >> モテキのどこにだろうと思ってたらそこか(笑)
ルイ >> そうそう、だからDIOとブッチとか言い出してしまったのですだね。
かんで。 >> 確かにサイレンは読みづらいことを除けばほぼ完璧に近いぐらい好きなんですけどw
ルイ >> うん。引用の多くは「引用すること」それ自体に意味が出来てしまって、そこで止まることが多いんですけど、「モテキ」は完全に「技法」として使いましたよね。これはいいなと。
かんで。 >> でも読みづらいのは確か
ルイ >> まあ、そこで今回の弥勒グラナの招集宣言が一本、作品に致命的に欠けていた「見易さ」を与えてくれたんじゃないかっていう。
かんで。 >> 月光条例の四天王、赤ずきん、工藤、月光、シンデレラ
LD >> 「サイレン」は、最近、ネーム力はあがっていると思いますが、キャラは正直まだまだ感が強いですね。
ルイ >> 「さよならプンプン」です。オム先生がプンプン状になったけど、ネタというより「通っていた」のでね。
かんで。 >> 悪の組織誕生(爆)
カルマ >> 僕は「スマッシュ」途中から入ったんですけど、主人公が「全国優勝する」か何か宣言する回で一気に読みやすくなったんだけど、そういう感じでしょうか>招集宣言
LD >> しかし、岩代先生は昔から、ときどき凄いネームをひくのだ。だ。でもコンスタンスには出ないのだ。だ。
ルイ >> あー、マネージャーに言われて宣言するところ?>スマッシュ あそこは通りましたよね。
かんで。 >> そうなんです、時々神が駆るんですよね>岩代先生
カルマ >> ですです>マネージャーに  それまではパラパラめくる程度だったんですけど、あの回からちゃんと読み始めて。
かんで。 >> >神がかる 間違いだけど妙に合ってる誤変換w
LD >> どうなんでしょう?>読みやすくなった 「サイレン」って本来はミステリー&サバイブな、右も左も分らないものというかそういう感じの作品だったと思うんですけど、そうすると謎が多ければ多いほど、世界の描きというかディティールとリアリティが軸として重要になってくるんですね。初期の「サイレン」はそこがかなり不足していたと思います。
ルイ >> やっぱり行動原理は大事だよね、っていう至極ありふれた結論に達するw
ルイ >> ただ翔太って、ケガする前はもっとこう、「孤高の天才」の素養も抱えていたように思っていたんですが・・・今ちょっとタイプ違いますね。オールマイティな努力天才みたいな。
かんで。 >> モチベーションの描写は必要ですよね。ミスディレクションでもいいんで何か納得できるものが欲しい
LD >> でも、岩代先生には風景というか世界のディティールを出すなんて事は、本当にできない話で(汗)……代案としてキャラを固める事に注力して行っているようですよね。超能力チルドレンとか、今回の悪ボス誕生編とか、そこらへんは成功して行っていると思います。
ルイ >> サイレンは最初、味方も敵も世界もわかんない、だったので。いや、しかし、今思えば良く乗り越えたなw雨宮のおかげかw
かんで。 >> めだかちゃんのモチベーションが凡人の私にはわかんないです。
ルイ >> めだかちゃんのモチベーションは殆ど読みきりで公開済な気がするw
LD >> 「スマッシュ」ちょっとあのケガの位置づけがよく分らなくなっていますね。
かんで。 >> ああ、読み切り読んでないんですよ。>めだか
ルイ >> なんでしょうね。怪我をさせて盛り上がる筆に一旦ストップかけて、落ち着いて眺めてみたら「バドミントンの世界は、日本が強い世界ではなかった」。そこで、その事実を直視せずにはいられないくらいにはバドがすきだった。・・・こんな順序とか、妄想したくなりますけどね。
LD >> 雨宮で持ちましたねw……つっても、あれも造形としてはあやしいキャラなんだけどw
かんで。 >> 雨宮さんがんばってますねw
LD >> 最初に変型した富士山を出したりね。そのアイデアはいいだけど、そこから先が広がらないのは、もうディティールを詰めれないという話にしかならない。
ルイ >> 一応怪我の最中に優飛が先行していった形ではあるので、位置がわからないというほどではないとは思うのですが・・・当時はもうちょっと大きなものに見えたのは確か。
かんで。 >> 時々主人公が誰なのかロストしますけど、まぁ主人公が悪いわけではない。
ルイ >> まあ、ディティールは殆ど漂流教室並みって言う・・・
ルイ >> 主人公、悪いんじゃないですか?w「サイレン」ですよね?
LD >> 本来は、追い詰められた人のある意味普通の心理状況的なもんだったんじゃないかと想像しますが…。ウケたので、あれが雨宮さんのキャラになっちゃってるんですよねw
GiGi >> その判断を後悔するとよい>ブラウザを閉じる
ルイ >> 正しい指摘に思える>追い詰められた人の焦りとして表現→人気出たのでドツンとして強調
ルイ >> な、なにい・・・
かんで。 >> 個人的には悪いとまでは言わない。他に気になるところがたくさんあるんで。でも、まぁ悪いのかもw
LD >> >怪我の最中に優飛が先行していった 分らないと言えば、そう説明される事は分っているんだけど、何というかあんまり影を落としてないよね。これに関してのイベントも起きていない。時間が経てば経つ程、単なる昔の出来事になってしまうしね。
LD >> や、でも何か「サイレン」不格好でも何でも、連載走らせながら大きなストーリーを作ろうとしているのが分るので、けっこう気に入って居るんですよw
かんで。 >> 目指してるところは物凄く好みなんですよ「サイレン」
カルマ >> 不満はあったけど、やろうとしてることは好きというか…かなり「好き」な作品なんですよね>サイレン
LD >> 多分、イメージとしては「ジョジョ第二部」くらいの感覚でストーリーが纏まらないかとか四苦八苦していると思うw>「サイレン」
ルイ >> ま、そうですね。単純に翔太と優飛のキョリを置くだけの効果になっている。スゴロクでいう「戻れ」以上の効果は現状でてないですね。
かんで。 >> ああ、なるほど>ジョジョ二部
LD >> ちなみに「漂流教室」とか目指しちゃダメw楳図先生はハッタリかましている内に勝手にストーリーが出来てしまう人だからw
LD >> 今回のグラナの“日輪”が“神砂嵐”くらいの位置づけでw
LD >> さて、ではそろそろ寝ますだ。
かんで。 >> 神砂嵐かっこよかったなぁ。
カルマ >> お疲れ様でした〜♪
かんで。 >> お疲れ様で〜す。
LD >> お疲れ様でした。
ルイ >> サーセン。今週の一番3A07でいいっす・・・。
ルイ >> びっくりしたなあ。なんじゃこりゃ。
ルイ >> びっくりしたなぁ。
ルイ >> これは765が買い取って声あててDVD販売していいレベルだやな。
GiGi >> いやはやまったく。
GiGi >> アイマスに思い入れのない人が見た時の反応サンプルが欲しかったので期待通りの反応で嬉しいw
GiGi >> この動画の紹介記事を書くのに3日くらい四苦八苦してます。今日中にはなんとかものにしたいところ。
GiGi >> ちなみにダンス部分を除いてCGは全て自作ですね。
GiGi >> ということで、30分くらい時間のある時に「3A07」でググって一番上の動画を再生するときっと良いことあるよ!と言っておく。
ルイ >> うん、あまり情報圧縮されている気はしなかったです。つまり突き放された感が少なかった。
ルイ >> 大きく取れば、「あずさがこの役割であること」それ自体にニコマスのキャラ付け歴史が関わっているかもしれないのですが、そこはすんなりそういうものとして見られました。
ルイ >> わからなかったのは、律子メールの謎の文面くらいですかね。それ以外は普遍に手が届いてますよ。
ルイ >> サンプル役として貢献できるのか…じゃあこのままでいようw
ルイ >> それにしても、地獄のようなイベントだった…w
ルイ >> まさかあやひの関わるイベントで、生涯ワースト候補の経験をするとはw愚痴は好きじゃないが、まあ書き残さないとダメだなあれは。
GiGi >> つーことで東のエデン見てきました。ちょっと軽すぎる感もありつつも面白くはあった。
GiGi >> 律子メールはアイマスネタじゃなくて中原中也ネタですねw。
井汲 >> カルマさんが言ってたのはこれですね。http://www.janica.jp/club/modules/director/details.php?bid=3&uid=9
井汲 >> (………誰もジャンプ・マガジンで「ど根性ガエル」ネタがかぶったことを指摘していない!これぞシンクロニシティーなのに(違います))
井汲 >> XP マシンは………まだ買えるのかな。http://www1.jp.dell.com/content/topics/promo.aspx/xp_promo?c=jp&cs=jpdhs1&l=ja&s=dhs&~ck=mn
井汲 >> (今週の「彼方セブンチェンジ」は、オチは余りノれなかったとです…(Q「じゃあそれ以外はノれたんですか?」A「はい、わりと」Q「(…ダメだこいつ、早く何とかしないと…)」))


■■■■2009年11月29日■■■■
ルイ >> で、ラブプラスは買ったけどやる気力はない。この心の乾きは、AngelBeatsに高垣彩陽が起用されました、くらいのニュースがないと満たされない。
ルイ >> ・・・でも、来年以降順調にアニメ減ってるんで、その中でレギュラー三個?確保できてるだけで喜ぶべきなのかなぁ・・・
ルイ >> LLのパッケージでけぇ…売り方だな。
ルイ >> うは、でかwでもキーはでかくないw
ルイ >> 説明書を読んでいるが、ラブプラスのセーブが3つ作れることが気に食わない(真顔
ルイ >> タイトル画面で怖くなって電源切ったw
LD >> |ω・`)ゞ 。o(…「ラブプラ」ツンデレ……?)
LD >> TV観てたら「泣ける動物映画ベスト10」とかやっていたけど、1位は「キタキツネ物語」だろうJK(´・ω・`)
LD >> 【アスラクライン】追いついた。レベルたけぇけど、全体像が分ると悪くない感じ。でも、余計な設定はずしてプロットをシンプルに顕した方が……というのは「情報圧縮」の否定か?w
ルイ >> まるで人間は動物の次のステージといわんばかりの増長…←めんどくさいやつ
ルイ >> 最近密かにサイボーグ009を読んでいるのですよ。全体的に導入が上手いし、既に圧縮をみている感も。
ルイ >> 微妙に読後感の悪いエピソードが多いのですがwだがそれがいい。でもたまに「でっていう」とかいいたくなるものもある不思議。サルガッソーとか、プロットの導入だけ見せられたようなw


■■■■2009年11月30日■■■■
井汲 >> つうわけで、「東のエデン」見てきましたよっと。ネタバレはまだ避けておきますが、うーむ、最初からいきなり何の疑問も持たずに「リセット」を目指すものなのかあ……。続きが3月に伸びちゃったのは痛いですね。
井汲 >> (ルイさんが「009イヤー」に便乗しようとしている…!)
井汲 >> いや、面白いですけどね、009。ブラック・ゴーストが滅びちゃった後の話は、やや頂けないものが多いんですが。「天使編」構想メモを息子さんがまとめたという奴、買ってくるかなあ…。
ルイ >> ミラクルトレインは本当面白いなあ。構造に自覚的なんですよね。
ルイ >> 原作あるのかな?設定だけでオリジナルなのかな?脚本が素晴らしいよ。
ルイ >> 普通に今期ベストの一つだよ。自信持って言える。
ルイ >> 目から汗が…
ルイ >> すげえ。すげえ一話だ。
ルイ >> アスラクラインは、やりようで良作以上になったのだろうな…だいたい作品の潜在的な質とクオリティは近いところで揃うものだけど、これは揃わなかった例だ。二巡目の世界では名作かもしれない。
ルイ >> 村下孝蔵…
カルマ >> 公開録音レポ読みました。これは残念ですね…(苦笑)  舞台の高低差は重要ですよね。 以前声優の石毛佐和さん主催のライブハウスイベントでも、スタンディングだとほとんど見えない状況がありました(僕の身長は155cmくらい)。そのときは最後の曲以外は座っての鑑賞だったんで、そこまで苦痛でも無かったですが…その環境でオールスタンディングだとキツいなぁ…
カルマ >> 休憩挟みすぎですね。向こうの準備だけなら10分でもいいはず。
カルマ >> 公開録音についてですが、本来もっと楽しいものです。9月に行われた「まるなげ」の公開録音に行ってきましたが、予定より45分押しの2時間45分、笑いっぱなし+ライブの最高の時間でした。ラジオDVD購入者限定イベントでしたので、払ったのはDVD代3000円のみですね。
ルイ >> ですよね…w
LD >> 【そらのおとしもの】…あ、ED「ワイルド7」だ。(´・ω・`)ゞ


■■■■2009年12月01日■■■■
井汲 >> http://www.animeanime.biz/all/2009113001/ エデンは出足好調のようで何より。日曜も立ち見でしたよ。
ルイ >> 昨日も勇気がでなくてドラクエしてたとです…
LD >> 【みつどもえ】アニメ化との事。(´・ω・`)
ルイ >> 先週一番で言いますたのこと。
カルマ >> 「ラブプラス」彼女にするまでは劣化ときメモだから怖がらなくてもいいのよ?  僕は3人と同時に付き合うことでなんとか飽きずに遊べていますね。会話パターンや行動が単調になるので1人だけだとすぐ飽きるんじゃないかなぁ。実際1週間くらいで「ラブプラス飽きたクラスタ」がtwitterに発生していたし。
ルイ >> ゲーム的な欠陥もあってのセーブ3つてことすかね。セーブひとつだと文句も出るか?かっこいいけど。
カルマ >> ホントに激ハマりする人は「浮気できない!」ってなるみたいですけど(笑) 毎日15〜30分くらい触ってる感じかなぁ。
カルマ >> リアルタイムだと毎週日曜しかデートできないのがツライ。せめて土曜日も… 会ってキスするだけなら平日でもできるけど単調だしなぁ。


■■■■2009年12月02日■■■■
ルイ >> ↓注・ゲームの話をしています
ルイ >> めめっめめめめ
ルイ >> 免許更新時期きたあああ!orz
ルイ >> アナログだよー、アナログすぎるよ…orz
LD >> 【神のみぞ知るセカイ】あ!負けた!「組み直し」か?
LD >> 【神のみぞ知るセカイ】いや、違うか。そもそも「神」とは絶対勝つ人間を指していないか?
LD >> 【HUNTER×HUNTER】しかし、「HxH」も一度まとめないとなあ〜(汗)ペトロニウスさんの指摘は「HxH」のベースであり、物語の全貌が観えない今、ほぼテーマとなっている。 http://ameblo.jp/petronius/entry-10009768304.html
LD >> 来週から日本映画チャンネルで、岡本喜八特集…つか、放送可能な38作品連続放送か……。とにかく録れるやつは録る(`・ω・´)
GiGi >> 東のエデン劇場版についてなにも書かない訳にもいかないなあと覚悟を決めたので数日中にまとめます。かなり辛口になりそう。
LD >> それから変身人間特集…「透明人間」、「美女と液体人間」、「電送人間」、「ガス人間第一号」、そして「マタンゴ」………録るぜ!<(`・ω・´)
GiGi >> ところでjuizのカスタマイズはラブプラスを連想したり。juizとno6はよかった…no6でスピンオフ作ってほしいくらい。
LD >> 辛口か……2で、そこらへんひっくり返る事はない?
GiGi >> 2は2で期待しますが1が不出来だったことははっきりしとかないとブレるかなと。不出来ではあるけど見所がないわけではないし。
井汲 >> 岡本喜八か…。「沖縄決戦」って見たことないんで、それを目当てにしてみようかな。「大誘拐」は面白かったです。「愚連隊西へ」はあんまり。
井汲 >> エデンは、TV シリーズと比べて特に不出来とは感じなかったですが、まあ GiGi さんの書くことだから期待して待ちます。
井汲 >> No.3 がまったく登場しなかったように思えるにもかかわらず、パンフレットに名前と顔が紹介されているのは何だったんだろう…。もともと登場する予定だったのが変更になって、パンフレット制作担当者との連絡がうまく行ってなかった?
井汲 >> (エデンはエデンでも「エデンの檻」の方はもう何と言ったらいいのか…(笑))


■■■■2009年12月03日■■■■
ルイ >> マクロスは見にいかないのですか。
ルイ >> マリオに触れたいが、僕はtt!…これいいな、あらゆるものにとるてあ当てはめて行けば、結果かなりの節約になるテクニック。
LD >> 「西へ」よりは「独立愚連隊」ですねえ。12月は唯一のSF(のはず)「ブルークリスマス」が目玉かなと。
LD >> 1月は仲代達也の「殺人狂時代」と、「近頃なぜかチャールストン」がオススメです。>岡本喜八監督
ルイ >> ぶっとおし再生って誰が見られるんだっていう。ひょっとしてcellレグザ用の企画?←
ルイ >> 今週の一番はぁ〜。はぁ〜。バチバチで。
ルイ >> http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091203-00000415-ism-golf 石川&池田最下位とか、漫画家が見習うべき展開ですね。
ルイ >> あんれえ?充電ちゃん面白いなぁ。なんでだろ。充電してないから?w
ルイ >> それにしても雲雀の作画クオリティはここ2〜3年でググっと上がったなぁ…。
LD >> 実は東映チャンネルで石原真理子の「めぞん一刻」が放送されるのだが……怖くて録画ボタンが押せない…(´・ω・`;)
井汲 >> (LD さんの意気地なし!押せ!押すんだ!!←無責任なアオリ)
井汲 >> マクロスは見ないですねえ。「センコロール」は見ておけばよかった、と後悔してます。
井汲 >> 「12月の連続放送の目玉」というと………ファミ劇のヤマト?(笑)
井汲 >> http://ameblo.jp/bdmeister/entry-10401395982.html ふむ。とるてあとゼーガ、両方 BD 化の交渉してみたけど、そのときはとるてあの企画の方しか動かなかった…ということみたいですね。
ナガサ >> こんばんは、ここ最近の「ハヤテ」がネギま!というよりマブラヴで、ここ(漫研)でバットエンドみたいな展開を期待する声が多かったので今週は期待していたのですが…。
ナガサ >> これだと「ナギを選ぶ→ナギ、ハヤテに説教→ハヤテ、ナギとともにアテネ説得」どころか


■■■■2009年12月04日■■■■
ナガサ >> ハヤテ決断も何もしないでナギを伴ってアテネ説得→丸く収まる、にしかならない気がします…。
ナガサ >> 漫研の人たちはどう読みますか?ここから奈落に落とす余地ありますでしょうか?
ナガサ >> あ、これからサンデーつながりで2作品ほどつらつらと
ナガサ >> 金剛番長。この展開は卑怯では…。卑怯番長から残虐非道番長にクラスアップすると思ったのに
ナガサ >> 今後は残り四天王で極楽番長とか怪力番長とか出てきそうですね(素人考え)。
ナガサ >> オニデレ。ちょ、わけわからん、今週の一番ですね!
井汲 >> おお、こんなものが。http://bamboo-inc.com/gallery/tt01.html 後でゆっくり見よう。
GiGi >> センコは劇場で見るほどのものではないですよ。
GiGi >> ハヤテは何も決められず主人公抜きで問題解決。その後ハヤテ失踪というパターンはあるかな。
GiGi >> そんなことより来週めじゃが重大発表て…不安で胸がいっぱいです。
GiGi >> まさかのクラブサンデー移籍だったりしたら激笑ですが(笑)
ルイ >> ファイナルシーズンでしょうJK
ルイ >> あ、そうか。生徒会の一存って田中ロミオ系なんだ。
ルイ >> 凡そ納得。
ルイ >> 本編を見て確認…
ルイ >> じゃ、兄貴今夜は生徒会で。
ルイ >> 戸松ェ…岩浪さんのミューレ使いマジパネェ。売れっ子だがゲストにガンガン使うぜ。
ルイ >> さざめき、最新話ワロタ。挑戦のない構成だがクオリチーは高い、かんなぎに続き倉田さんは「現在望まれる構成」をテクとしてつかんでしまったのかも。
ルイ >> い、いてえええ!orz
ルイ >> 二期可能性あるかなあ…どうもやった方が良さそうだ
LD >> 今週の一番は本日深夜25時開始予定でお願いします。
LD >> …う〜ん?やっぱりどうにもPCのフリーズが慢性化してきているな…?
LD >> 7に替え時なの…か?
LD >> 特に強烈な処理をするつもりがなかったら32bit機にするのが無難なのかな…?
ルイ >> 赤松乙。
ルイ >> 村下さんの「初恋」聴いてると、ラダトーム城思い出す←病気
ルイ >> 乃木坂が酷すぎて生きてるのが辛い
井汲 >> > 劇場で見るほどのものではない ふむ?劇場以外ですでにご覧になってたのかな?まあそのうち、レンタルかオンデマンド(もしあれば)で見ようと思います。
井汲 >> でとるてあ BD は映像特典追加…っと。http://ameblo.jp/bdmeister/entry-10403295725.html
井汲 >> 「DVDの各話チャプターメニュー」ってのがよくわかんないんだけど(DVD じゃなくて BD だし…)、『「既発の DVD のチャプターメニュー」が画像として出来のいいものなのでそれを「眺めて楽しんでもらう」ために、(単なる1枚絵として)収録』ということなのかな?
ルイ >> チャプターメニューって特典なの…w
井汲 >> > PCのフリーズが慢性化 (録画ボタンを押す勇気がなかったバチが当たったのさフフフ…)
ルイ >> DVDのチャプターメニューは凄くいいです。7巻のチャプターメニューは神域。
ルイ >> なんたって、チャプターメニュー見てるだけで泣いたw
井汲 >> どうもルイさんこんばんは。そうか、そんなにいいのか。それでそれを映像特典にしようということなのですね。
ルイ >> 動画サイトでダイジェスト動画なんかが作成されますが、あれの究極って感じはしましたね。
井汲 >> ってことは、BD 独自のチャプターメニューというのは別に作るということですね(それとも、BD だとチャプターメニューというものがない?)
ルイ >> しかし、望まれている特典とは違う気がするが・・・やはりどこかから「映像が全て」系の指示が出ているかな?でも、シムーンで普通に喋ってたぞ、西村さんw
井汲 >> あんまり予算をかけられない…という事情から、特典の内容にも制約がつくのかな。
ルイ >> ふむ。オーディオコメンタリは安上がりだろ、と思ってきたのですが・・・gigiさんなら費用算出できるかな?
井汲 >> 「ちゅーりっぷ放送局 えくすてんでぃっど」が第1回以来音沙汰ないのも、3人娘のスケジュールが押さえられないのと、あと予算の問題もあるんじゃないかな(笑)。
井汲 >> ナガッチョさんの判子ひとつで支出できる金額ではないんでしょーね。やっぱり、バンビジュの社内的に書類揃えて承認貰わないと無理なんでしょう。
ルイ >> 勿論ハンコ1つは難しいでしょうね。ただ、ネットラジオと押さえるスケジュールについては大差ない気も・・・ああ、勿論3人娘そろえると大変でしょうけどね。
ルイ >> BDのオーディオコメンタリといえば、確か「ケメコデラックス」が、声優サイドとスタッフサイドで2つコメンタリを用意していて。
ルイ >> 僕は元々画質にあんまり興味がないので、わかりやすくコレはいいなと思っていたのですけれど・・・実際デキも悪くなかったのに、ケメコは売れなかった、と。そうなるとコメンタリそのものの対費用効果も考えたくはなりますよね。僕はそれも踏まえてなお、安上がりじゃないかと思ってはいたんですが。


■■■■2009年12月05日■■■■
井汲 >> まあ、声優 web ラジオがあれだけ林立している状況を見ると、たぶんすごく低予算で実現できちゃうんだろうな、とは思いますね。よくわかんないけど、音響関連のスタジオとか押さえる必要なくて、自社の会議室にキャストさん呼んで、オペレーターも1人、2人程度で最低限のことはできちゃう感じなのかなあ。
井汲 >> とるてあの場合は、やっぱりまだ確定している企画じゃない、ってのも大きいんでしょうね。これまでは、「捨て金になっても構わない」という範囲内でしか予算が執行できてないはず。
井汲 >> 実際入金が始まって、企画が確定すれば、バンダイビジュアルとしてもまた動きようがあるんでしょう、きっと。
ルイ >> とるてあのラジオでは、PAの本社で録った回すらありましたからねwまあ、基本スタジオは押さえる必要はあるでしょうが、1つモニタがあれば事足りるわけでね。
ルイ >> ふむ。なるほど?ではGOサインが出ると同時に収録の可能性もある、と。ゴメンネウチノ観光大使忙シクテゴメンネ
井汲 >> それにしても今日の朝日朝刊の ONE PIECE 広告は凄かった。40 ページ中の実に9ページが全面広告なんだから(笑)。
井汲 >> 1回にまとめてだから多少のディスカウントはあるだろうにしろ、いったい何億かけたんだろう…。
ルイ >> 実は観にいきたいと思ってますね>わんぴ LDさん誘って昼間っからって手もあるかな〜とw
ルイ >> 今更すぎてなんですが、尾田栄一郎という人の怪物性が遺憾なく発揮されてそうです。てか、「今週の1番」には斤量システムがありますけど、もうワンピは殿堂に置いちゃった方がわかりやすいですよねw
井汲 >> (「漫研」を読み始めた頃、「斤量」を「斥量」だと思ってしまっていて、「『せきりょう』って一体何だろう?」と思っていたのはナイショ(要するに、「斤量」という言葉を知らなかった))
ルイ >> いえ、LDさんにもそんな感じで返されていて、ああ多分そういうことなんだろうなあと思いながら僕も訂正せずそのまんま流してましたのでw
ルイ >> 「1番」というコアに近づくのをはじく力という考え方で、まあ、斥力だろうがなんだろうがニュアンス通じるんでw
井汲 >> ONE PIECE の映画は、尾田栄一郎の「総指揮」というのは宣伝用の枕詞みたいなものだろうと思っています(笑)。いいデキだとしても、それが尾田さんの力のそのままの反映かと言うと、そうではないんじゃなかろうか。
井汲 >> でジャンプは今度300万部復帰かあ。明らかに、ここ最近の ONE PIECE の盛り上がりが寄与しているなあ(それだけではないだろうにしろ)。
ルイ >> いや、ぴあが特別発行した雑誌にロングインタビューが載ってるんですが、かなりガチですね。密に関わってるようです。
ルイ >> 改めて化け物め、って思いました。いい意味で。
井汲 >> おお、そうなんですか。それはすごい。失礼しました。

MANKEN CHAT(1.1)