漫研チャット
名前:
発言:
[正面] [取扱] [過去ログ]


■■■■2009年12月05日■■■■
ルイ >> プロット全部、主要スタッフ決定、モブ動物全部デザイン、衣装全デザイン、脚本コンテ全部チェック入れと行っているよーですよ。ハハッワロス。
ルイ >> 誰もいない海 2人の愛を確かめたくて♪
ルイ >> 開始日より15日くらい遅れちゃったから仕方ないか。てへっ。
LD >> |ω・`)
LD >> こんばんは。
LD >> 寝過ごしました。(汗)
LD >> 年末で忙しい日々を送っております。皆様いかがお過ごしでしょうか。
kichi >>        ……こんばんわ〜(´・ω|私も忙しくて今週もまたサンマガチャン読み切れてないのです……
LD >> え?今週の「ワンピ」のあれは斤量なんだ。
LD >> こんばんは。…む、マガチャンはともかく、サンを読み切れてないですと?
カルマ >> こんばんはー。遅れたと思いきや。
かんで。 >> こんばんは。
LD >> ジャ、ジャン…サンマガチャン?…ジャンマガサンチャン?……ジャン…
kichi >> 1周目っていうか、好きな作品は読んでますけどw>サンマガチャン
LD >> ジャンマガサンチャン!(・∀・)
かんで。 >> 来週は関東へ出張なのでその準備中のかんで。です。
kichi >> Σ(´・ω・`)何かに目覚めさせてしまったようだ
かんで。 >> 今回のサンは個人的に大当たりでしたねぇ。
LD >> よし、12月はWindows7を買おう。(`・ω・´) こう、買うか買わないかで悶々とするのいやなんだ。(`・ω・´)シャキシャキーン!
カルマ >> ギャンブルフィッシュを10巻まで読みましたが、気になってチャンピオンも立ち読みしちゃいました。
LD >> ( ゚∀゚)o彡 ジャーンマガ!( ゚∀゚)o彡 サーンチャン! (←皆さんに挨拶しているらしい)
カルマ >> そういう「音遊び」が好きなら「パタポン2」を遊ぶべき。
カルマ >> OSの再インストールでもだめですか?
かんで。 >> 東のエデン劇場版のカスタマイズジュイスにベタ惚れですw
かんで。 >> さすがタチコマ!!(意味不明)
LD >> 私も今週のサンは好きなのです。(=´ω`=)
かんで。 >> 後は「フダンシズム」を再読してはまりまくり。そんなとこが近況です。
kichi >> ……わ、私はジャンが好きだったかも……ってまぁ、サン読み切ってないわけですが……(´・ω・`)
かんで。 >> おお、今週のサンよかったですよね〜w嬉しいw
LD >> ん…ああ、そうか。一応やってみるかなあ?…症状の雰囲気がけっこうハードっぽいので何とはなしに除外していた…。>OS再インストール
LD >> 「フダンシズム」は、もりしげ先生の…。
カルマ >> マガのスポーツマンガが良かったかなとか。
LD >> む、僕が来る2分くらい前にはルイさん来ていたんだけど…?
カルマ >> フダンシズム、連載で読んでる限りはそこまででもないかも?…って、最近ずっとヤンガン読めてないですが(汗)
かんで。 >> そうです、もりしげ先生の奴です>「フダンシズム」
かんで。 >> 私は単行本で読んでるのですが、とりあえず女の子が大概好みなので嬉しいです。
GiGi >> 朝日新聞なら億はいかないなあんじゃないかな。どっかに資料あった気も
かんで。 >> でも好き嫌いは完璧にわかれそうな作品かも>フダンシズム
カルマ >> 主人公と女の子にあんまり大きな事が起こらないので…んー。となってる部分はあるかも。女装絡みの秀逸なラブコメとして、並びで「ニコイチ」読んでるというのはあるかも。
LD >> 「花右京メイド隊」って最後まで読んでないのですよねえ……今「ハヤテのごとく」を読むと何とはなしに思い出されますが、いかがお過ごしでしょうか?(´・ω・`)
かんで。 >> ああ、なるほど。主人公と女の子の間にドラスティックな展開を期待すると拍子抜けかもしれないですね。
かんで。 >> 花右京は私も最初だけ読んで切った覚えがあります。
GiGi >> ちょっと裏取り中ですがサンとチャンの発行部数逆転するかも
かんで。 >> 私はメイドは本来の家事に邁進する種のものしか認めたくない原理主義者なので、エマぐらいしか対象がありませんw
GiGi >> juizは最高でしたね。あれだけで元は取った(笑)
LD >> ほう……2強、1弱、1底辺のあの構図が変化すると。サンが落ちたの?チャンが上がったの?
かんで。 >> 私もジュイスだけで元とった気分です(爆)
LD >> 今、メイドさん色々やりますからねえ…w
カルマ >> サンの部数かなりやばくなってませんかい。100万は既に切っていたっけ。
カルマ >> ブラックラグーンのメイドさんは?(笑)>原理主義
かんで。 >> しかし神山監督は咲ちゃんに恨みでもあるのかと勘ぐりたくなりますが……(汗)
GiGi >> サンが急落チャンが微増かな?
かんで。 >> ブラックラグーンのメイドさんは却下です。別の生物として認定していますw
LD >> NTTドコモで、iコンシェルジュってサービスがあって、うっとうしくってしょうがなかったので切ったのですが、もっとジュイスみたいなサービスにするとウケるかも。
かんで。 >> ジュイスみたいなサービスあったらキャリア乗り換えてでも申し込みますよw
LD >> 「ブラックラグーン」のメイドはメイドじゃないよねえw“メイドのふり”した何か?であってww…しかし、アニメ、TV放送にはこぎ着けられなかったんかな?
ルイ >> オハよー!
カルマ >> いや、作品カラー的にあり得ない場合でも拒否するのかなとか(笑)>別の生物
ルイ >> まずは皆であいぽんのセカイカメラやりましょう。
かんで。 >> メイドの皮をかぶったテロリストですね。自制効かなすぎ……w
LD >> サンが急落か……ああいう、おたくが読む感じのは既に読者は別の雑誌にうつっていて、返って居場所がなくなっているのかな?
ルイ >> ブラックラグーンのメイド編は良かったですね。
GiGi >> juiz=ラブプラス説
LD >> じゃ、ルイさん来たので今週の一番入ります。
ルイ >> やっぱ、あそこで常識人のフリしてるのが1番ぶっ壊れてるよね、という・・・構造への自覚的言及が00年代の基盤の1つと思っているので。ILLノデ。
かんで。 >> おお、同志w>juiz=ラブプラス説
ルイ >> 最初に来ていたのに重役出勤状態なこの謎。
LD >> 「ブラックラグーン」は好きですねえ…「ヘルシング」みたく厨二じゃない所をどう評価するかですが…。
かんで。 >> あ〜メイド編辛くて読むの投げたんですよね〜>ブラクラ(汗)
かんで。 >> 私は雪緒編が飛び抜けて好きで、次点が双子
ルイ >> アニメ映像としては双子がダントツかな。
GiGi >> 金獅子のシキって映画のキャラなんですねえ。本編にも絡むのかな?
kichi >> メイド編のラスト良かったですねぇ……>ブラクラ
ルイ >> いや、投げちゃいかんw>メイド編
LD >> 重役こわいです。><
かんで。 >> 私は結局洋画ノリが苦手なんでしょうね>ブラクラ
LD >> 僕は双子編が飛び抜けて好きで、次点がメイド復讐編……って、雪緒編の方がつらくないですか?w>かんでさん
ルイ >> 雪緒編はファントムの影響が感じられなくもナクナクですよね。
かんで。 >> え〜何故っすか?>雪緒編の方が辛い
ルイ >> 構成としてはメイド復讐編がダントツで好きで、序破急・・・っていうか単話としては双子編が好き。LDさんと好みが似てるけど似てない具合がよくでてるぜ。
カルマ >> 双子編がダントツかなぁ。後はまぁ。>ブラクラ
かんで。 >> 確かに雪緒の内面が描き切れたとは到底思えないですけど、彼女の藻掻きは共感出来たんですよね。
kichi >> メイド、双子の順ですねぇ……(´・ω|
LD >> ロックって多分、最強の偽善者とかちょっとそんな感じのキャラなんでしょうね。ちょっと変っています。もっとヒロイックな道もあったと思うけど、それはメイド復讐編のぼっちゃまがやってしまった。
かんで。 >> メイド復讐編は多分いい展開が待ってるだろうことは予想出来るけど、あまりにとっかかりが無くて読み進める気力がわかないんですよ。
ルイ >> 生きる為に環境に適応した、というのを隠れ蓑に、本質は「虚勢されたw島国にいて、本質がこの世界を欲していた」というキャラクターでしょうからね。基本的には日本人の壊れっぷりを象徴してるのかな、と。>ロック
かんで。 >> ロックが雪緒を全く理解出来ていない、あれがせつなくてよかったですね。
LD >> ん…ああ、かんでさんの“辛い”って、話が暗いとかそういう意味ではないんですね。いや、雪緒の方が一般的な観方としては救いがないと思っていて。それを辛いとしました。
ルイ >> まあ、こういうとLDさんは「国民性がどうっちゅか、まあロックがおかしいんですよねw」と仰るだろうし、そこには未来予測同意!!←必殺技
かんで。 >> ロックは生まれる場所を間違っただけなんですよね。野茂みたいに
ルイ >> そこで野茂w面白いw
かんで。 >> ああ、説明不足でしたね。読み進めるのが辛い、という意味でした(汗)
ルイ >> いい展開というか・・・作品のコア?
LD >> ぶっちゃけ、レヴィをみじめにさせない為に変化していって、それで多分レヴィと一緒に地獄に堕ちる。…レヴィを地獄に連れて行くキャラだと思いますね。>ロック
kichi >> んでもまぁ、それが仮に偽善だとしても、実際良いことを為してはいて……というような味わいがいいんですよね。私はそこまでロックを悪くは見れない感じで、でもまぁ壊れてるって意味は分かるし、味わい深いな、とw
かんで。 >> ロックは結局、自分の枠で相手を規定したがるタイプなんですよね。だから雪緒みたいな規格外は理解出来ない。
ルイ >> ロックの選択は効率的すぎるんですよね。普通人情が足を引っ張るのこそが「日本人キャラクター」のポジショニングなのにw>実際 色々複雑でこんがらがったようでいて、優先順位自体はシンプルなあの街を魂が求めていたのでしょう。で、作中のポジションとしては、レヴィと地獄中の幸福を見せるための配置かなってのは同感。
LD >> あの作品、レヴィをおもいっきし厨二として扱っていて…(この厨二という言い回しは特殊)……正直可哀想なくらいなんですよね。明確に描写されてないけどレヴィの育った環境なら世界を恨んだってしょうがないだろうにw
かんで。 >> 私はロックが苦手なので、間接的にでも彼を根本的に批判する雪緒編が一番好き、というのはあります。
ルイ >> 僕はLDさんの「厨二」の使い方は正直わかっていないというか、わかっている気もするけどわかりたくないからわからないっていうんだけどw←素直 「世界を恨む権利」は常々仰られてますね。アベンジャー許可証みたいな。
ルイ >> じゃあメイド編最後までみようぜw>かんでさん
かんで。 >> 雪緒を理解したつもりになってるロックの道化ぶりはたまらなく痛快だった。
kichi >> レヴィの、たしかに厨二的なんだけど、ちょっと図抜けたものを感じる闇の深さも良いですよね。チビメイドさんにあれだけ言い負かされて、なお凄味を感じさせるのだからなぁ。
かんで。 >> でもロベルタも苦手なんですよね……w
LD >> いや、かんでさん。多分、ロックは雪緒のあれ見て“変った”のだと思います。レヴィは「傷になる」と言いましたが。
ルイ >> 僕はでも、レヴィのその「凄み」とやらはあんまり感じてないですね>kichiさん やっぱ基本「ちょ、フルボッコカワイソス」的に見てはいます。
かんで。 >> レヴィは割と普通の子っぽい印象があります。境遇が悪かっただけで。だからロックにも理解出来るんだろうなぁ。
ルイ >> レヴィは「そう生きるしかないから、そう生きてる」だけで、裏に肉付けがないから脆く見えますね。「phantom」のアインと対照で捉えてますけど。陽がレヴィで陰がアイン、本質は似たりよったりだと思ってます。
かんで。 >> う〜ん、そうなのか。変わったようには見えなかった。その辺、多分私のアンテナが低い部分なんでしょうね。
かんで。 >> 単に、現在の自分を肯定し直しただけに過ぎないように見えた。私よっぽどロック嫌いなんだろうなw
LD >> 闇の深さというか“覚悟”の具合は、バラライカや張の方が深く描かれているのですよね。…ともかく意図があるか、あるいは無意識なのか、あの作品レヴィをかなりみじめというか……小さい存在として描いている。
かんで。 >> バラライカはなんというかある意味覇者ですよね。
かんで。 >> 彼女の行動には全く無駄がない。
ルイ >> バラライカはハチワンのそよと対照で見ている・・・いい加減僕の対照シリーズやめたほうがいいな?w同意者いないしw
ルイ >> メイド編のバラライカは結構無駄だらけで良いですよ。
かんで。 >> バラライカが雪緒を否定するのは非常に納得が行くのですよね。あの二人は本当に好対照でした。
LD >> >現在の自分を肯定 あの結末で単なる善人が自分のやって来た事を肯定できるのは、おかしい、という話ですね。今、ここでは本性がそれ…って話になっているのですが、とりあえずそうなんでしょう。僕はちょっとロックというキャラは今は測りかねていますが。
かんで。 >> あ、そうなんですか。それはびっくり>メイド編のバラライカ
ルイ >> http://www.nicovideo.jp/watch/sm97476 ニコニコなつかし劇場。
ルイ >> そうですね、いまここでは「現状肯定はフリで、元々そう」で読んでますね。
かんで。 >> あそこでレヴィにロックを本気で殴り倒させるくらいの方が私の心情にはあってるんですけど……もちろんレヴィはそんなキャラじゃないとわかってはいるんですが。
カルマ >> 友人から借りて読んだだけなので、買って読み直したくなってきたなぁ…とクチを挟めずにいる自分(笑)>ブラクラ
LD >> バラライカは「死狂い」なんですよ。「葉隠」と言ってもいいんだけど、使える主君が消えたので「死狂い」だけが残ってしまった。メイドも「死狂い」なんですけど「死狂い」を否定する思想が彼女の中に入ってきて「死狂い」としては純粋さを失ってしまっているんですよね。レヴィは「死狂い」になりたくて仕方がない子なんですが、ごちゃごちゃ御託を並べている分、まだ全然狂っていない子。…それは同時に彼女が“救われる可能性を持った子”って意味でもあるんだけど、その可能性がどんどん彼女をみじめにしている。
かんで。 >> ええと、
ルイ >> 色々置いてきた感があるけど、まあ1つの視点としては間違ってないかなw
かんで。 >> 私の言ったのは、ロックは日本に代表される普通の生き方を出来なくなっている自分に気が付いている、そしてその自分を肯定している、
かんで。 >> だけど、それを雪緒のことを理解することなく、行っていることに空回り感を感じる、という辺りなのですが。
LD >> 最初、ロックはレヴィの“救われる可能性”として邂逅されたと思うんですけど、雪緒編でシフトがかかって、レヴィを地獄に誘うもののような危うさを持ったキャラに変っていますね。よほどのラッキースターでも降らない限り、正直あの二人は心中すると思う。
かんで。 >> レヴィより遙かに壊れたキャラっぽいですよね。
ルイ >> それに合わせると「出来なくなっている自分を肯定している・・・肯定するしかないという形式に落とし込んではいたけれど、何の事はないそもそも貴方はこっち側の住人」というシフトというかビルドがかかってる、という返しになるかな。だから雪緒なんて理解できるわけがないw
かんで。 >> そう、理解できるわけないんですよね。で、本人は自信満々で理解したつもりになっていた。いや、何故理解できないか、ということをわかったつもりになっていた。
ルイ >> http://www.nicovideo.jp/watch/sm7622679 ちょっと和もうか。
LD >> >それを雪緒のことを理解することなく ふむ。理解したかどうかは分らないんですが、生きる方向が違う。平行線が観えるという感じに受け取っています。それと僕もロックは測りかねていると言ったように、それを「空回り感」と評する事は可能に思っています。
かんで。 >> でも、ロックの捉えたわからない雪緒と雪緒の実存は全く別のものなんですよね。
ルイ >> それはありますね。で、雪緒編を経て1つ開き直ったというか、
ルイ >> 次のステージに逝っちゃった感はあって、こちらは歩むほどにレヴィと一緒に街ともども腐れ落ちるルートですね。
かんで。 >> でも、その差を指摘するものがいなくて宙ぶらりんになっているのが歯痒いんですよ。
LD >> >色々置いてきた感があるけど だって、僕、フライフェイスが一番好きで、彼女が最強!「ブラクラ」は実は彼女が主役!で通る視点で語ろうとしてるMON!(`・ω・´)-3
ルイ >> だから、メイド復讐編読もうぜ!w
かんで。 >> 雪緒の扱いがあまりにも小さいんですよね。レヴィはまだ雪緒のことを大きく捉えようとしていたけど。
ルイ >> LDさんって純度マニアなケがあるからね(淡々と あ、それ俺もだ・・・orz
かんで。 >> 私は雪緒ヒロインで読むのが気持ち良すぎたので、その後が抜け殻に見えるんですよw。
かんで。 >> でも確かにロック達の異常性を描くには機能しているんですよね。まぁそこはトレードオフなんでしょう。
ルイ >> それはありますね。僕もミハルヒロインだからその後が(ねえよ
LD >> ん〜…。 >実存は全く別もの 宙ぶらりん
ルイ >> イプシロンヒロインだからその後が抜け殻に見えるボトムズ。ん、これはあるな。
kichi >> 。o(……やっと先週のサン読み終わったとか言えない……orz)
かんで。 >> あ〜。実存は全く別物、という辺りは作者の意図には全くないのかも。ただ、私はそう読まされてしまったんですよね。
ルイ >> 実は読み終わるのを待っていたのだよ。
LD >> 雪緒の実存については、ちょっと詳しく聞かないと分らないですね。 その上でロックに雪緒の世界が分らなかったであろう事は確実だと思います。…で、宙ぶらりんについては、先ほど僕がレヴィを厨二と呼んだように、この作品、主役がすごく小さく描かれているんですよね。それはロックも同じで彼の視点は場の支配じゃなくってホリックに過ぎない…とは僕も「読んで」います。
かんで。 >> 雪緒は、単に無理矢理組長をやらされてる普通の少女、ではないですよね?
かんで。 >> 彼女は来るべき時に備え、哲学を修め、決断の出来る自分をつくりあげた人間でした。
LD >> ですだよ姉ちゃんの相棒が病院へ行く件りがありますが、ロックも何か薬をキメているようなもんなんですよね。レヴィが乗っているブレーキなしの車に自分も乗り込んで、ギリギリでカーブを曲がりきるスリルに生きる事を決めた…って事なんでしょうけどね。
LD >> >決断の出来る自分 そうですね。
LD >> それをロックは「捨てて逃げればよかった」と言い放つのは、ロックが“分っていない事”だと思います。
かんで。 >> ロックは、その彼女の欠片のような悲劇だけを見て、彼女の全てを見たような気になってるようにしか見えないのですよ。
かんで。 >> 言い方を変えればロックの心を動かすためには、セーラー服と機関銃のヒロインでもよかったわけですよね。それが悲しい。
かんで。 >> すみません、脱線し過ぎました。今週の一番へ行ってください(汗)
LD >> でも、雪緒(……う〜ん、由紀夫と変換されるw)の指摘によって自分が“夕闇の偽善者”である事は自覚させられるんですよね。それを自覚した時のシフトが単に地獄行きを決めたのだとしたら、小さいと僕は思うんですけどね。実は単純にそうも思っていない所が「測りかねている」という言い回しを用いる理由ですw
LD >> はい。すみません。一番のジャンから。
LD >> 「ワンピ」2話掲載なんですよねえ…!!
ルイ >> 始まったか。超スピードでいくよ。
かんで。 >> ああ、確かにそこにjは少しひっかかりはあります。でもそこに他に意義を持たせるとしたら説明不足だよなぁ、と。>夕闇の偽善者
ルイ >> 尾田栄一郎という人は、まあなんか、もう、おかしいなと。
kichi >> 「ワンピ」0話はズルイですねw あんなん見せられたら映画見たくなるに決まってるよw
ルイ >> 物凄い勢いで溶け込みましたよね>ワンピ0話 最初の脱獄者とか、つい最近ルフィたちが集団で抜けたばかりだからそれだけで「格」描写になってる。
LD >> しかも、尾田先生「ストロングワールド」めっちゃ気合い入ってますねwん〜こっち観に行くかな?w
かんで。 >> 150万部限定(笑)
kichi >> GiGiさんも言ってましたが、この金獅子って本編に絡めずに済むようなキャラなの?ってくらい格高く描かれてますからねぇ……。尾田先生が総指揮だからこそやっちゃえたことなんでしょうし、ちょっとこの映画は見なきゃならんかなぁ……って感じですねぇ。DVD待ちにはなるかもですが……。
カルマ >> この映画は観に行かないと…って感じですねぇ。ちょっと凄い。>「ワンピ」
ルイ >> ロジャー(ルフィ)との対比が物凄くわかりやすいんですよね。本編に入れてもよかったんでしょうが、長すぎたんでしょうw
LD >> それぞれのキャラの若い頃、子供の頃が可愛い過ぎなんですよねw
ルイ >> 『バブ』の扉はなかなかスッキリしていてステキですね。邦枝別人格扱いでこんがらがせるのも、「オニデレ」のデイジー同様いい感じ。あっちは一巡して変ですがwこっちは王道の誤解。
kichi >> 可愛いのもそうですがw、過去情報もいろいろと見所多いですよねぇ。やっぱセンゴクって武力もちゃんと凄い人だったんだな、とか。
ルイ >> 「バクマン」は、色々ダメな男が多すぎてツッコミに困るw
LD >> 「ブリーチ」はルイさんの予想通りヤミーが立ち上がりました。…いや、ブリーチスキーなら皆イメージしていた事ではあるんですがw
ルイ >> 後ろめたい事ないんだから小豆には素直に言えばいいのに、シュージンその辺がよくわからん。
ルイ >> で、そんな事気にするな今その時を楽しめっていうんでしょ?w耳タコですw>ブリーチ
kichi >> 「バブ」の扉は久保先生の弟子らしい?(とどっかで聞いたような)影響を感じることがちょくちょくありますね。……いや、今回のはそれほどではないですが、でもまぁ傾向としては……。
GiGi >> おや始まってる
かんで。 >> バクマンは、あ〜若いなぁ、と。なんかドキドキ感が全くないのが悲しいですw
LD >> | ´_ゝ`)< まあ、ここらでちょっと邦枝ビルドをかけておかんとな…>「べるぜバブ」
ルイ >> 「ねこわっぱ」は連載版に入ってはじめて、まあ、良い方かな・・・と思いましたが、やっぱりタマの異常性観測者としての殿とかがそこまで良いキャラとも思えないのがLDさんとの差かな。その場その場のゲストに観測させてもいいような。
ルイ >> 久保先生の弟子として納得させたかったら、もっと白と黒でいかんかいw
カルマ >> この手の話になるとダメダメだなぁ…うーん>「バクマン」
kichi >> とりあえずは手紙に気付いてなかったってことで、シュージンの気分は分からないこともないんですけどね。でもまぁ、やはり対応ドライすぎでした……(´・ω・`)
LD >> >今その時を楽しめ 分っていればいい(`・ω・´)……いや、違うwルイさんの指摘は指摘で正しいんですが、まあとくかく「ブリーチ」は先週何があったか忘れるくらいで丁度いいんですよw
ルイ >> いや、シュージンが意地張るのは関白宣言だから構わない「そういうキャラなんだ」の話ですけど、今亜豆に対して秘密主義とおしてサイコー側の関係まで悪化させるのは、ただのアホですよね。ここはプライドの問題じゃない。
LD >> 「バクマン」は僕は、蒼樹さんの株価がちょっと落ちましたね…。つられて、そんな話通した山久さんの株も反落…w
ルイ >> >丁度いい 大人ですなあ…。
かんで。 >> 「めだかボックス」は、善吉が規格外なんだったらもう凡人は無視ですか、という感じで更に疎外感を感じてしまいました。
ルイ >> 蒼樹さんヒネらなすぎですよねwアレンジしろよw
LD >> 「ぬらりひょんの孫」は、人気投票、羽衣狐が4位……よ、黄泉お姉ちゃん!?(`・ω・´;)
ルイ >> 「ぬらりひょんの孫」は予想通り、羽衣狐もっと高くてもいいけど・・・ってトコですかね>人気投票 カwwwwナwwwww
ルイ >> 最近やなハモリが多いので、今度一緒に「初恋」を歌おうと思う。
かんで。 >> 羽衣狐が4位ってのは実質1位といってもいいかも。
kichi >> 結果的にアホなのは同意ですが、亜豆に話したら見吉にだって筒抜けなイメージでしょうし、「そういうキャラなんだ」の延長でしかないとは思いますよ。流れ自体はそう不自然とも思いませんでした。
kichi >> ああ、それは全く同意(´・ω・`)>蒼樹さんヒネらなすぎ
ルイ >> 「彼方セブンチェンジ」はちょっと面白かったですけど、ライバル軸か・・・
カルマ >> カナちゃんは健闘したとの読み!(真顔)>ぬら人気投票
kichi >> 羽衣狐(現代)は4位だけど、羽衣狐(過去)は影も形もない件……(´・ω・`)いや別にいいんですけどw
ルイ >> 確かに健闘といえない事もないw
LD >> あと、微妙にピンチになってきた福田くんと、おそらく少し落としているが好調の新妻エイジと、何だかんだ言って好調の平丸さんの対比が細かく良い感じです。…実力順というか、才能順になっていますね。
kichi >> 大健闘でしたね!w>カナちゃん
かんで。 >> 私もそっちの印象でした>筒抜け それを顧慮しても素直に話すことを選択すべきだとは思いますけどねw
カルマ >> 筒抜けでしょうけど、素直に話さないことにはどう転んでもこじれるでしょう>「バクマン」
ルイ >> 「黒子のバスケ」は・・・んー?青相手でも『異常な身体能力』で押すんだ。ふむ。ちょっとつまんない?
かんで。 >> あ〜確かに、結局は才能順に落ち着いてしまうのでしょうか。
ルイ >> エイジはテンションが影響するタイプ、平丸さんはしないタイプという事になりますかね。
LD >> 個人的には、ゆらはもっと上かと思ったんですが、カナちゃんとそう大きく違いませんね。……つららの一人勝ちか………やはりここは羽衣をぶつけるしか…!!(←何を考えているのだろう?)
カルマ >> 5位に人間リクオが来たのは嬉しいなぁ。そっちのが好きなので。 つららの絵のチョイスは良いなぁ。「わかってる」
GiGi >> シュージンは相当ひどいめにあってもらわないと釣り合いが取れない印象ですな。
かんで。 >> 一応アメリカで変則に慣れてるから、という補正が付いてはいるんでしょうけどね>火神
kichi >> まぁ、手紙に気付いたってことで、もう素直に話すしかないと思うんですけど……、それであっさり解決するほど甘くはないっていうかそれじゃ面白くないでしょうしw、どう展開するのでしょうね……。
かんで。 >> 羽衣狐(過去)が順位高かったら逆にこわいですw
ルイ >> ああ、でも今回青に「踏み切り位置で驚かせちゃった」んで、変則慣れという設定補強とはまた別物ですよね。
LD >> あと、担当の吉田さんと、雄二郎さんによる差も出ているような気がしますね。>平丸エイジ
ルイ >> 「保健室の死神」はトウヤがかわいい←お前そればっかな
ルイ >> あ、ちが、シンヤ!ノ、ノンケです!orz
LD >> 「いぬまるだし」はたまこ先生の流れるようなツッコミに惚れ惚れしてしまう…(=´ω`=)
kichi >> 「黒子」は……、とりあえず青はいい感じですね。しかし火神の見せ方はルイさんの言うとおり、身体能力は青に圧倒されてほしい感じですから……、う〜ん(´・ω・`)
ルイ >> 「あねどきっ」は、明らかにされると大したことのない設定が明らかに!w
kichi >> |ω・´)ノ 同意!>たまこ先生の流れるようなツッコミに惚れ惚れしてしまう
ルイ >> 懐かしいなぁ〜、姉宇宙人説w ただのバイト代持ってきたボンボン家出w
かんで。 >> ああ、そっか、そこはそうですね。>踏切位置 まぁ、蒼には今回は負けて全国大会で再戦の流れでしょうから、荒削りだけど潜在能力あり、で通しきるのもわからなくはないですね。
LD >> 「保健室の死神」色々好調ですね。…なんていうかもう…「ぬ〜べ〜」まであと一歩?(←誉めるに事欠いてそれか)
カルマ >> 先週も似たようなこと言いましたけど、火神の能力や成長のギミックが乏しくて上回る際の説得力がないんですよね。>「黒子」
ルイ >> そう、結局「今の身体能力」と「試合中に伸びる身体能力」、どっちに転んでも身体面しかないのがツライとこではあるんですよね。変則バスケは、それが苦しいからつけたしたオマケというか・・・wでも抜本解決にはなっていない。
LD >> 敢えて厳しく言うか、青つまんねーよ。(`・ω・´)、 身体能力で圧倒するのがノンアイデアだと思うなら「一歩」の一歩vsウォーリー戦、100回読んでからネーム引けよ。
ルイ >> 「保健室の死神」は、とにかく連載が軌道に乗るまで「ハデス先生」というハコは開けまい、というか。ハーレム構造ではないんですが、主人公への手順はハーレムメーカー解法に近いものを感じます。「ここまでやるという実例多数」→「ここまでやるコイツはどんな奴?」と。
ルイ >> 身体能力とひとことで言っても、線をそろえない方法はあらあな。
かんで。 >> そうですよねぇ。今回の試合はもうなんか消化試合になってる感じが>黒子
LD >> 身体能力…っていうより、この場合フィジカル(体力)か?
kichi >> 「あねどき」今回凄く面白かったですw 期待してなかった姉設定でしたが、大したことないんだけどエロ的にとか姉の立ち位置的にとか、いろいろ巧く出来てる設定ではあって面白でしたw
カルマ >> 「保健室」面白いですねぇ。無敵ヒーローが多少ピンチヒーローになってる感じ?
カルマ >> 青つまんねーよ<同意。もっと言うとずっと火神つまんないんだけど。
かんで。 >> 後はベンチワークの勝負でどれくらいネタを出せるか、ですね。私は桃井さんもカントクも好きなんで、そっちで読ませてくれればいいかなぁ、と。
ルイ >> まあ、強いて言えば青はその「つまんない火の為のキャラ」なんですよね。
LD >> 「あねどき」は姉の謎が意外にあっさりわかってしまった?w…いやあ、わりとあっさり味で返っていいのどごし?w
かんで。 >> 青はアジリティだけじゃなくてヴァイタリティも強そうですね。
kichi >> 今回はとりあえず設定開示だけして引くのかと思ったらさらってくラストも好印象でしたし、たぶんLDさんを追い抜く勢いで「あねどき」好きになったかもw
ルイ >> 青が身体一点で押し切るなら、対比として緑間のような視点の違う異能者をもってくればいいわけで。敢えて同じベクトルに置いたというのは、火神の「身体一点」に中身を伴わせるための挑戦で、まあ連載軌道に乗ったから出来る事ではある。でも、今のところつまらない。
ルイ >> 過度の期待を奪う意味では良いのでしょうw>あねどき
かんで。 >> うん、敗北によって火もプレイスタイルを再考することが出来るかも、とか淡い期待。
ルイ >> 「スケットダンス」は思い出したようなDOS回。
かんで。 >> 正直、青峰と桃井の対決が一番みたいです(爆)。
ルイ >> 最後の生徒会のコマがちょっと意図見え辛かったんですけど「一方そのころ」ってこと?助けには間に合いませんよ、っていう。ふむ。
LD >> 「めだかボックス」は、二人で遊園地に行っていたのは………いいな!(`・ω・´) 喜界島が誘ったな!
ルイ >> モモーイ。
かんで。 >> >見たいです。
ルイ >> ますますヴァルハラコンビちっくに。>喜界島
カルマ >> 今週のベビステじゃないけど、使う筋肉の差とか、体の使い方とか…いろいろありますよね、違いの作り方は>青のキャラ付け
kichi >> 「スケットダンス」は……なんかなぁ。こう、勝算とか全然あるわけでもなく行ったわけですよね? 元々敵多そうな性格な割りに……(´・ω・`)ん〜
かんで。 >> 確かにめだかちゃんの方からは誘わないでしょうねw
LD >> >過度の期待を奪う意味では そうなんですよね変にひっぱらなかったというか、さっと開陳されてしまったんで、受入れるしかないというかwうまいですw
ルイ >> わからないけど、キスのコマはロマンもビックリの少女漫画臭でしたw>スケット
kichi >> |ω・´)ノシ 同意!!>二人で遊園地に行っていたのは………いいな!
ルイ >> 「めだか」は悪い展開組んでるようにはまるで思えないのに、どうしてイマイチ気持ちが乗ってこないのかな?理が勝っちゃってるのか?
かんで。 >> まぁ、21の蛾王と一緒で余りにも身体能力差が有りすぎるとその特徴にも意味がなくなってくるというか。
LD >> サンいきましょうか。
かんで。 >> 「めだか」は感情移入出来るキャラがいないんですよねぇ。半袖か冥利ぐらいしか。
ルイ >> 「賢い犬リリエンタール」がかなり良いのですが、周り順調な分ピンチなんだろうなあ。やっぱ、最初に出てきたいい人ギャングが没個性すぎるだろ。
kichi >> ……そうですねぇ。理が勝っちゃってる印象もありますし、もっと単純にネーム量多過ぎてマンガ的にはちょっと乗りにくい感じがしてます。>めだか
LD >> そうそう峨王。青って戦うと相手が再起不能になるとかね。それくらいでいいのよ?w(←むちゃくちゃ言っている人)
ルイ >> バスケww触るとwwファウルwww>戦うと再起不能
かんで。 >> 精神的に再起不能になってる人はいたけどねw
GiGi >> あねどきは打ち切り間際の最後の花火という気がしますが(笑)。
カルマ >> 「めだか」は人吉がどういうポジションを獲得するか、という線で読んでいますね。今週は「めだかの影響力」というのがあって、彼の特異性はめだかと共に在り続けたことで得るものなのかな…とか。
かんで。 >> 相手のディフェンスファウルになるケースのみ思いっきりふっとばせばいいんですよ(爆)
ルイ >> 元々、河下先生はちょこちょこ短編描いてりゃいい気もしますね。キャラ人気っつーよりは絵人気でしょうし。・・・まあ「とらぶる」終わった次がソレかよ!と某先生にはツッコミたくなったけど。。。
ルイ >> 先週のパスワードでなー。それを発揮して欲しかったなー。>影響力
LD >> 僕はめだかが“完全無欠”だったら、ノリノリにのめり込んでる自信があるぜ!!(`・ω・´) でも即デレで孤高感を落としたり、最近だと王土にひれ伏したりして、ああ少年マンガ補正かな?とか思いながら、キャラを組み直すと少しテンションが落ちるんだな。
かんで。 >> でもめだかの影響力も「まあ会長だからね」の人たちには届かないんだよなぁ……物足りない。
カルマ >> 触らなくても良いならテニプリの病気してた主将の能力とか?>再起不能
ルイ >> 今「無駄ヅモなき改革」でやってる精神戦ってのもアリですね。「今3Pを決められた・・・」「な、何を言っているんだ?・・・ハッ!?何故かスコアが3P増えている!!」←漫画ちげえよ
ルイ >> 「トリコ」は順調すぎるが、ブログになんか書こうとしたがあやひごろ更新が多くて断念した←
LD >> …で、いい加減、火神が好きな女子マネもう一人用意してね。青との決戦に向かう時に告白させて「行かないで!死んでしまうわ!」とすがらせるのよ。火神は言う「全国最強の男がオレを待っているからな。だから、行かなきゃな…」(←妄走中)
ルイ >> 青はいつそんなメンドーサ格にw
LD >> で、そろそろサンなのよ。
GiGi >> 燕雀いずくんぞ鴻鵠の志を知らんやキリッ
かんで。 >> そこですかっ(爆)>燕雀 といいつつ私も好きですけどw
LD >> 「ケンイチ」弓の達人の人は、ブラもパンツもしていないのは、さすがだな!と感心しました!(`・ω・´)+
ルイ >> 今週の「トリコ」って結構重たいですよね。美食って突き詰めればこういうことで「もっとソレが必要な誰か」からその機会を奪っているかもしれない。勿論全員にいきわたるならそれを配分すればいいのでしょうが、限られた場合どういう選択をするのかな?という匂いも孕んでますよね。実はその部分で「クィーンズブレイド」と対比させて書こうと思ったんだけどw
カルマ >> あぁ、僕は序盤に、誰も気づかないはずの黒子に「気づける」ヒロインとか居たら強いなーとか思ってました>女子マネ
ルイ >> 「ケンイチ」は、一応リアルタイム同時進行と思って読んでいるので、そう読むと長老がラスに残っているのが少々引っかかる。相手どんだけ達人なのよ。・・・それ以外はもう、文句なしですね。秋雨かっこよすぎ。
kichi >> ああ、そういえば私もQB連想しましたw>トリコ
ルイ >> あ、そう?じゃあ書けばよかったw>kichiさん
LD >> 甲越寺師匠は、掴まれたら本当に何ともならん感覚があっていいねw
LD >> 「マギ」は、第一話のライラが再登場で、モルジアナと一緒ですよ。
LD >> 「ハヤテ」は……ん〜〜〜。
かんで。 >> 神知るはとりあえず、先週ミクシィで書いた予想が完璧に外されました(爆)。でも神知るのそんなとこがすきw
ルイ >> ライラが中継地で商人として出てきたのは予想通りですが、モルジアナセットで倍率ドンですね。僕が竹下恵子ならはらたいら←お前幾つ?
かんで。 >> ライラたちとモルジアナが一緒にいるのは良い感じでしたねぇ。次週に期待。
ルイ >> 「ハヤテ」は、だから、先週も言ったまま。「金がなきゃ生きていけるわけがない」はフェイクです。
kichi >> やあ、素直にwktkしましたねぇw アリババに付いて行けばいいのにと思ったものですが、こうくるとはなぁ。>ライラとモルジアナ一緒
カルマ >> モルジアナと絡ませるか…と。素晴らしい。>「マギ」
かんで。 >> とりあえず天理が可愛すぎる件。
LD >> そこらへん、かんでさんに聞きたかったんですよね。僕は、かんでさんの予想はすごく妥当なものに思っていました。…で、この展開の意味ってどこにあると思います?>「神知る」
ルイ >> ナギなりマリア(ここを一本化しきれてないのが、本当キツイなぁ・・・マリアさん、大きくするならもっと大きく、小さくするならもっと小さくしないと)に「泥なんてなんだい!」って言わせるんじゃないかい。
ルイ >> ・・・マリアさんのバストの話じゃないんだからねっ。
kichi >> 「神知る」は案外あっさり負けてましたね。個人的にはどっちもありうるとは思ってたんですが、思った以上に拘らなかったなぁ……。
LD >> >「金がなきゃ生きていけるわけがない」  …ねえ?(´・ω・`)ゞ
ルイ >> 「神知る」はなんちゅか、若木先生の作家性が出た分岐点かもしれん。地味に。
kichi >> 「ハヤテ」は……ひらりとかわすマリアさんに久々に素敵さを感じたかな……?w
かんで。 >> この展開の意味……はまだ確定は出来ないかな、と。ただ田舎行きの時の続きで桂馬にゆるやかに自分が設定した価値観を変えていかせるトリガーの一つとして位置づけているのかな、と。
LD >> なんでしょ。とりあえず僕は桂馬がゲームの達人といっても別に無敗ノーミスでゲームをしているわけじゃないよな…って考え直しましたが。
かんで。 >> で、天理を桂馬と並べて描写しよう、という意図は感じられるかなぁ、と。
ルイ >> 負けるにしても、ずいぶんスンナリ・・・いや、若木先生としてはディアナを焦らせた時点で十分なのかもしれないけど、ネーム中のコマサイズなどで見れば「あっさり」な印象なんですよね…そう、スンナリ負けたので、ストーリーの道に対して結構順目順目を行く人というか。どっちかというと椎名先生タイプかなーと思ったりも。
カルマ >> どんなクソゲーでも捨てない、攻略の芽を見出す…ってところに凄さがある。神は神でも拾う神?>桂馬
かんで。 >> そうですね。桂馬は効率よくトライアンドエラーを繰り返すことの出来る天才なんでしょうね。
ルイ >> まあね。マリアさんはああいう格もあったはずで。その辺がハッきりしないんですよ。それがさっきのマリアの大小の話。
LD >> >価値観を変えていかせるトリガー やはり、トリガーですか。そう言われると僕は「神知る」組み直しなんですよねえ…。桂馬に瑕疵はないと思っているから。
ルイ >> トリガーでしょう。だから今回の展開って凄く自然ですよね。自然すぎて、「落とし神」というキャラクターの積み上げからすると違和感が出るくらい、自然。
LD >> 多分、サマーウォーズ編と、ここの展開の「読み」方で「神知る」の観え方がかなり変ると思うんですよね。
ルイ >> 「最上の命医」は、やっぱり真中効果で好調なんだろうなあwしかし、レーベンでもないのにリアルで気付きを待つとか、命は何気にスパルタだぜ。そして若干医龍みたいな事言い出したぜ。
かんで。 >> そうなんですよね、桂馬の価値観でいくと桂馬には瑕疵はまったくなくって、それでも現実にとっては瑕疵ある存在であって、そこの位置づけがまだあやふやで見えない感じはしますが、現実を無視出来ない、という方向に徐々にシフトさせているっぽいですよね。
GiGi >> 予定通りか人気様に従ったのかはわかりませんがこれは嬉しい展開ですね>モルジアナ
LD >> いや、トリガーだとしたら、あっさり描写しすぎてない?って指摘もあると思いますよ。そこにマーカーが打たれていない。…だから、この出来事は桂馬の神とは特に関係はない…って「読み」も有り得て、僕の「無敗ノーミスでゲームをしているわけじゃないよな」になるんですが。
kichi >> ……ん〜、たしかにそれはそうかもですね。>無敗ノーミスで   ただ、過去にそういう経験積んで今はほとんど負けなくなって、“神”を名乗れるまでになった……というイメージではあるので……う〜ん、桂馬の神性をどう捉えたらいいものか、微妙なところではありますね……(´・ω・`)
LD >> 今の所、僕はサマーウォーズ編も、桂馬の思考に元からあるもの〜揺るがしていない〜で、「読み」を組んでいますしね。
ルイ >> 描かれてきた格と構成上の格のズレが今の印象に繋がってると思いますけどね。基本、方向性としては「やっぱり神」から1つ前の「現実って」方向に組んでいるようには思う。
かんで。 >> ああ、それはまぁ、そうですね。>あっさり  ただ、今回、天理にもわざわざ別の価値観を語らせてますからね。そのタイミングには意図を感じるのですよ。
ルイ >> まあ、天界の住人で現実認識を揺るがすというのも、何かこう、凄いがw
かんで。 >> なるほど、私は揺るいでいる方向で読みを組んでいますね。そこが違うんだ。
kichi >> 「最上の命医」はほんとに余裕ある手術風景でほのぼのしてしまうのはいいのか悪いのか……w
ルイ >> 裏の裏の・・・がどこまで続くかという話なので、言うほど違いはないように思ってますが、今LDさんの究極裏ケースは「将棋に負けた
ルイ >> 」なんて事実だけでも苦しくなるほどハードルの高い、究極格での視点ですね。
GiGi >> うんうん。桂馬は別にパーフェクトソルジャーじゃなくて負けもあっさりと認めるんだよね。
LD >> さっきの、バラライカや、めだか完全無欠の話なんかをするように、僕は完璧人が好きなんでw…どうにも持ちこたえられなくなるまで“それ”で「読もう」とする癖がありますね(汗)>そこが違うんだ。
カルマ >> 僕は桂馬の考え方に少しずつ影響を与えていっているとは感じます。 が、今回の負けはそれほど強い意味は感じないです。ゲームの神という語を桂馬自身が過度に背負いすぎてる感があるくらいです。
ルイ >> ま、今回エピのラストで「勝たせればいい」で終わるのか「勝たせた→今度はボクも勝ってみせるから、また戦え」のどちらで組むかといったら、後者で組んだほうが定期的に天理ディアナも入れられるし、桂馬の「神であろうとする感覚」も繋げますけどね。
かんで。 >> 私にはめだかちゃんは欠点だらけにしか見えませんが(爆) 求めてるキャラ像が全く異なってるんでしょうねw
ルイ >> 欠点だらけだから気に食わないって話だから、そこはいんじゃね。まあボクはLDさんより先に、デレ顔見た瞬間にそのビジョンは撤退してるけどw
LD >> 究極格の捉え方にもよると思っていて、無敵無敗は“完全無欠”だけど、負ける事もあるそれら含めて神は“自然体”なんですよね。どっちが究極格か?って話にもなって。…で、今、僕は負けたって事は……後者か?ってww(←何だろうね。この人)
GiGi >> ハヤテはナギを選ばない理由を積んでて、わりとそれ正解ルートなんだけど、説得力を伴って描けるかはかなり微妙。
ルイ >> でも、まさに今将棋娘で「勝ち負けじゃない」って言っちゃってるんですよね。その辺、ギャルゲーの勝ちは「落とす」事なんで、若干の矛盾が・・・やっぱ、気付きの1つかな。
かんで。 >> ああ、そっか、いずみのさんのめだかちゃん完璧説が頭にあって勘違いしてましたw
ルイ >> (面倒くせえw>この人)
LD >> >欠点だらけ はい。だらけ…かどうかは置くとして、めだかはそれでいいと思います。…完全無欠は単に僕の願望の話なんで(汗)
かんで。 >> 色即是空 空即是色
GiGi >> いや、今回はLDさんの読み支持しますよ(笑)。
ルイ >> 後者の話ならボクも一定支持。但し、それって言葉遊びっぽくて「その人間性でいけるところはさすが神だなぁ〜」みたいな話になるので・・・まあ、単純に「現実に打ちのめされる」ほど弱いとは思ってないですね。
kichi >> ……うん。読み返してたんですが、私もどっちかというとLDさんの読みを支持かなぁ?
LD >> >今将棋娘で「勝ち負けじゃない」 そうそう。その上で桂馬は、自分は負けたぐらいではスキマにはならない…って言っているんですよね。これはトリガー方向の「読み」には属さないものですよね。
ルイ >> 「クロスゲーム」は代役解説者も使えなかったwさて、1アウト満塁で回るシチュエーションを作るのか?
ルイ >> 要は「トリガーを経た神」という状態で、桂馬の強さと現実への折り合いを高次でどっちも成立させることは可能で、その配分比の違いでしかないって気はしてますけどね。最初の頃に良く話題になっていた「ゲームを捨てはしない桂馬」的な話に連なるか。
GiGi >> まあなんというか、桂馬がカケタマ狩りに付き合ってること自体が既に答えというか、神知るは「桂馬の世界」を世に知らしめることがゴールだと思ってるので。
LD >> 「月光条例」は、シンデレラも赤ずきんも戦闘モードでは悪役な感じに戻るのねw
ルイ >> だから言ったじゃないかw>月光条例の顔
kichi >> 「クロスゲーム」は代役立ててまでこの回で決まるって言葉を印象付けておいて結局決まらないんだなぁw
かんで。 >> でも、そこで天理に「榛原さんが羨ましい」と言わせて、更に最後に髪をいじらせて印象に残った、という演出をしてるのが、トリガーとしての役目を補完してるのかなぁ、と。まぁ確かに弱いですけど。
ルイ >> じゃあボクは止揚がゴール、と言っておこうか。BETBET。
kichi >> 「月光条例」、悪役モード良かったですねぇw だむですとろw
ルイ >> いや、この回で決まるってのは絶対ハズれる前解説者の予言なんで、仕切りなおし感が出て結構です。
GiGi >> いや、解説者わりとよかったよ(笑)>クロスゲーム
ルイ >> 使えないってのは褒め言葉やからねw
かんで。 >> 赤ずきんはやっぱりキャラとしては一端終わってしまった後の感じになるのは仕方ないんでしょうねぇ。
かんで。 >> うん、絶妙に使えなかったかも>解説者。
LD >> クライマックスで何が起こるか?によって、これまで積んだ桂馬の「読み」が全部ひっくり返ったり、あるいは一気に通ったりする状態ですからねえ…。その上で、高次でどっちも成立させることは可能、あたりが最良形な感じですね。
kichi >> いや、代役立っちゃったから当たるのかな?って思ったんですが、そういうわけでもなかったか、とw
カルマ >> 赤ずきんはだむですとろ可愛いので許す(笑)>「月光」
ルイ >> 「あおい坂」で、読んでいて「おっぱいバレー」になるかと思ってヒヤヒヤしていたら、単に自分がダメ人間なだけだった。←
かんで。 >> なんか鷹取小夜の再登場時と同じで、再生怪人っぽいんですよねぇ。
ルイ >> 1度あがって仲間になった後、って感じはしますが・・・再生怪人とは無体なw
かんで。 >> それでも赤ずきんはかわいいのですけどw 相対的に
LD >> “止揚”は解釈遊びをしますって宣言に近くって、展開予想ギャンブルとしてはエクストリームがないなあw
かんで。 >> その際、ずっとエンゲキブはこのままで居てもらおう。工藤さんも出てきたことだし。
kichi >> 「あおい坂」は素直に良かったですね。2点差をチームプレイに結びつけて奮い立たせる言葉は素直に巧いと思いました。あと、応援席の大半が泣いてるのがええねぇ……w
ルイ >> 「がんばれツール」ですが。まあ、漸くスタートかな。
LD >> 「おっぱいバレー」?(´・ω・`)ぶも?
かんで。 >> 確かにどっちか一方に落としてしまうのは綺麗じゃないですよね>桂馬
ルイ >> それくらい「どっちか一方」はないと思ってるのさ>エクストリームがない 前言ったでしょ、僕教育実習子の時の汗は本物だと思ってますからねw
ルイ >> ぶもぶも言うなやデコ助野郎!!!←逆ギレ
LD >> ああ、エンゲキブさんの体が、7つのパーツに別れて、それぞれを7人の悪魔童話が預かるんですね。分ります。すごく…良くわかります。<(`・ω・´)
ルイ >> (どっちか一方シンクロってのも珍しいなあ)
kichi >> 「ツール」もまぁ、なかなか良かったですね。振り向いた時はもう抜かれてたって描写はもう当然くらいの感覚かもですが良いですし、あれだけ差があったのに僅差ですらなく、余裕で負けちゃう辺りが良かったですね。
ルイ >> 今週の工藤さん可愛いし、そのミートくんは正しいと思える。
ルイ >> 「ディフェンスデビル」の必死さが段々かわいらしく思えてきた。
LD >> いや、実習子編のあの汗が本物じゃなくっても、止揚ってのは成り立つからさ…w でも、そこらへんの話でルイさんの止揚……というか“中道”の感覚は分った気がします。
ルイ >> いやしかし「境界のRINNE」とか素晴らしいけど、サンデー部数落ちてるんですか。むー・・・まあ、確かに面白いけど、りんねにキャーキャー言える構造ではないわな。
かんで。 >> 桃太郎、渡辺綱、ジークフリート、ベオウルフ、アーサー、孫悟空、魯智深……
かんで。 >> あ、童話じゃないのをたくさん混ぜてしまったw
ルイ >> キャークーフーリンサーン
LD >> そしてまあ、今週のサンデは「はじめてのあく」と「オニデレ」なのですよ。(`・ω・´)
かんで。 >> 天理も赤ずきんもモルジアナもこんなにかわいいのにサンデー部数落ちてるのかぁ。
ルイ >> 絶妙に低血圧ですねえ、しかし。>RINNE 長寿の作家が「面白い」を現代にすり合わせるのって色々労力も要りますけど、「脱力」については何も迷う必要ないですよね。だって脱力してるんだから・・・その辺のこう、悟りの境地を感じるw
GiGi >> それにしてもジオ金は地味に良い。
LD >> ああ、孫悟空いいなあ…「西遊記」じゃなくって、「そんごくう」なら童話じゃないかな?
ルイ >> 「ジオ禁」良いすね。扉もいいけど。あと、巻末コメントで作者がナイアガラ系の人だとわかって、あの偏執的な描きこみの正体が見えた感w
かんで。 >> ああ、そうかリンネのテンションの低さは悟りの境地だったのですか。妙に納得。
カルマ >> りんねはテンション低いですからねぇ…オタク多い大学ではサンデー好まれてたけど、リア充多いバイトの同僚にはジャンプの話しか基本でない…マンガ好きの後輩がマガジンが好きだったりはしたか。>部数落ちてる
LD >> あと、悪魔だから「雪の女王」とかね。
かんで。 >> 普通にフェイトになりそうですねw、月光条例「七人の悪魔超人編」
ルイ >> 盛り上げられる所も確実にスカしてますからね。見事なまでに。>るーみっく
カルマ >> あんまりこう、少年誌の看板になる感じではないですよね>りんね
kichi >> 「はじあく」良かったですね。正しくドタバタラブコメしてて。…………と言いつつ、ヒーロー妹子ちゃんは兄弟の面倒見てるポジションの方が私的には好みだなぁ……みたいな気分はあったりして……なんで私この作品に関しては日常寄りな方にばかり読もうとするのかな?w
LD >> まあ、そんなワケで正直、妹シズカの下ジャージにはやられてしまったのだよ。(`・ω・´)
カルマ >> ジオ禁も好きですねぇ。しかしこれも地味だわ。
ルイ >> 「金剛番長」は、もっと面白く出来た気がする・・・というか「外道」と「卑怯」の対比はもっと突き詰めれば、ちゃんとしたものが出てきたような。
LD >> 「面白い」のですけど看板感は無いですよね。…ちょっと「こち亀」読んでいる感覚に近いかもw>「RINNE」
ルイ >> 「道を外れない為には卑怯にもなる」って事でしょう、この対比って。もっと深いもの掘り出せたっぽいなぁ。まあ、基本ブロンズセイントばりに戦況に応じて勝手に進化するのはどうでもいいけどw
kichi >> 「ジオ禁」も良かったですね。ここでドラゴンって展開は正しいですねぇ。
ルイ >> るーみっくさんも退くための準備してるのかもしんないですね。看板には置くなとw
ルイ >> 「オニデレ」は素晴らしく上手く決まっているのですが、これって「続く構造」ですよね>デイジー
LD >> >兄弟の面倒見てるポジション 実は同感なんですが、それやると多分僕その内「本編いいから妹を出せ!」とか言い出しそうな気もして、メインシャフトに接続させる設定を置いた上で、そっちに戻ったりする方が正解っぽいんですよね。>シズカたん
かんで。 >> アンジーかわいいw
ルイ >> 夏休みは「終わる構造」を念押ししたのに、その次にすぐさま打ったような「デイジー」という続く構造がバチコンとハマってしまったこの不思議。終わる構造の方はどうなるんだ・・・w
ルイ >> アンジーっすね、いつもの事さw
ルイ >> シズカはまあ、正解でしょう。
LD >> >「道を外れない為には卑怯にもなる」 うわ〜。ルイさんが鈴木先生は絶対に気が回わりそうにない部分の指摘をしている〜。
カルマ >> 妹は…確かに面倒見てる方が和みますね。でもジローと関わらないと活きないので、こうするのは正しいかと。
LD >> アンジーの「あたし負けませんから」はいいセリフですw
ルイ >> 「結界師」も展開に圧倒されっぱなしで、少年誌を読むモチベーションではないですねwそういう点で、看板不在なのか。
カルマ >> アンジーは可愛いんですけど…2週続くと若干クドいかも(笑)
ルイ >> いや、もっと続くんじゃないのw
LD >> 看板は「コナン」ですね。…そこがサンデーのつらい所じゃないでしょうか。
かんで。 >> コナン続いてたんだ(爆)
ルイ >> かんで。さんがいると俺様の毒を出さずに済むからラクだぜぇ。
LD >> さて、クン○…じゃなくって、マガジン行きましょうか。
カルマ >> 続くんでしょうねぇ…うーん。「はじめてのあく」の方が今週においては好みかな。
ルイ >> 国じゃなくてマガジン行けよ!ですね、わかります。
LD >> 今週の「絶望先生」は、このネタだけのために1話組んでいたw
カルマ >> コナンは完結後にメインストーリーだけより抜いて出せばバカ売れすると思う。真面目に。
GiGi >> リンネはここから毎週お母さん候補が入れ替わり立ち替わりやってくるハーレム漫画になるんだぜ
ルイ >> というか、デイジーをある程度定着させれば普段の中のスパイスにはできるんで、ここはネタどまりじゃない事を意識させるためにも続けないと。・・・いや、ホント、ビックリするくらいアンジーがハマっちゃってるんですよw何だコレってレベルw
LD >> 明確に取りにくるキャラが現われて、キョーコのトリガーもかかりましたしね。>「はじめてのあく」
ルイ >> (まだデイジー言ってる)
かんで。 >> 例え4畳半一間でもお母さんとお母さんとお母……(以下t略)
カルマ >> (スケットの影響ですね、ってフォローしたらルイさんの好感度上がるかな…)
ルイ >> 「RINNE」のお母さん候補の中におユキちゃんくらいは出してくるかと思ったが、るーみっく先生はそういうスターシステムは採用しないのであった。
かんで。 >> 見捨てないでデイジー(ぼそ)
ルイ >> 流石カルマさんや・・・成る程。(ティンティロリロリン♪)
LD >> まあ、実はアンジーがいたら、太もも子は要らないんじゃない?っと一瞬思ったくらいの威力はありました。…でも、もも子も要るんですけどね。
ルイ >> 途中に記号入れないと、なんか重たいですw>かんでさん
LD >> まあ、これまでの話の流れから、僕は「ベイビーステップ」の難波江が好きなのは想像に難くない話であろう。(`・ω・´)
かんで。 >> デイジーってヒナギクだよなぁ……。
ルイ >> いや、このサヤアンジー正の偽三角って、これだけで作品組む人が現れちゃうくらいの急所点なんですよね。こんなもん思いつきでホイッと出されたら、これがよりどころの「けんぷファー」の立場はどうなるのよ、みたいな。
かんで。 >> 池君じゃなくってですか?
LD >> 今週は「他人との戦いより自分との戦いのレベルが高くて、もう、プロになるしかねえんだ」というセリフには痺れきってました。
ルイ >> 難波江でしょう。難波江がそのまま壁を感じずにいけば、LDライク。
カルマ >> 巻頭カラーで筋肉の話やってくれるベビステにベタ惚れです。「一気に振り向かせるぞ」も良い。
GiGi >> オニデレは何か付け足す言葉がないぜ
ルイ >> 100回直前というのは大人の事情を感じますが、難波江くんの格をもう一回引き締めなおした感じですね。
kichi >> そのセリフは痺れましたねぇ。>プロになるしかねえんだ
LD >> ああ、池くんじゃないな…?それならエーちゃんの方ですね。…別に最強の人が好きなわけではなくって、ここらへん説明難しいですが、最強になる事の“必然性”を感じさせる人…とでも言いましょうか?
ルイ >> エーちゃんでいいだろう、普通にw
LD >> 最強の人が好きなわけではなくって→単に最強の人が(ry
カルマ >> しかし、エーちゃんは本当に良いコーチに巡り会ったなぁ…としみじみします。
かんで。 >> 違いがあるのはわかるんだけど、言葉で説明しにくいところっぽいですね。わかたちょうなわからないようなw
ルイ >> 「ABOUT」は堂々と組めてますねえ。古い気もするが面白いや。
ルイ >> 「こいつならそりゃ最強になるわ」っていう感情や言葉の流れにシビれる人なんですよ。勿論実力伴ってないとダメですけどね。
かんで。 >> 元アスリートとして言えばエーちゃんが最強になるのは難しいと思います。
LD >> 難波江はエーちゃんよりずっと先を行っている所が好きですね。追いつける感覚がない…今週の「3月のライオン」でもありましたが。いや、物語的にはいずれエーちゃんは難波江を破るでしょうけど、それとこの追いつける感覚がないというのは、また別な話でね(汗)
ルイ >> 「フェアリーテイル」悪い事は悪い事、で結論が出た後にジェラールで引っ張られても・・・色男補正ですか?w
かんで。 >> 身体能力に見合う結果を出す、という点については最善を尽くせるでしょうけど、それこそ蛾王にふっとばされて終わりになるのが普通(爆)
カルマ >> 個人的に今週の「ダイヤ」好きなんですよねぇ。弟くんが好きだっていう一点なんだけど(汗
ルイ >> タクティクス→フィジカル→タクティクスの螺旋を描いているので、作品テーマが「生まれもった差がある!」なら、そりゃエーちゃんは無理・・・でも、じゃあそんな人を主人公にするかってのもあって。まあ、殆ど作家性の領域かと。
かんで。 >> ただm最高峰の選手にはなれるし、なって欲しいと思います。難波江もエーちゃんも
ルイ >> 「弟くん」なんて言っちゃうと俺の中であやひーボイスが再生されちまうぜ?
GiGi >> 真島漫画に色男補正があるのはわかってるのになぜゼロをあの顔にしたんだぜ
LD >> 星矢や一輝が、乙女座のシャカに勝つことはあるかもしれませんけど、多分、永遠に追いつくことはないですよ。…そんな感じ?>難波江 (←さらに混乱を呼ぶ比喩を使う人)
かんで。 >> だから最強を目指してはいるけど、そこに辿り着く物語ではないのだろうな、と。
ルイ >> なるほど、そこまで遡れるかw>ゼロ
ルイ >> それはいえますね。>最強にたどり着くものがたりではない てか、これまで描いてきただけでも、同じ相手でもその時によって結果は異なるというか・・・常勝無配に到達する話ではないですね。
GiGi >> LDさんがナバエくんにガッカリする日が楽しみです(^^
ルイ >> ナバエくんはちっとこじんまりとしている感じはあるので、バルゴは吹きすぎだろうと思う。が、まあ言いたい事は。
かんで。 >> う〜ん、難波江とエーちゃんとの違いは正直よくわかりませんw
LD >> 「ネギま」、ネギくんが跪いて「仲間になります」と言うのは、なんか駆け引きっぽかったのですが、何か上手く説明できます?
ルイ >> いや、だから『仲間になるんだから言えよ』ってw>駆け引き
ルイ >> 交渉決裂まで見越した態度ですね。こんな子供イヤだなあw
かんで。 >> 難波江くんは、セカイに挑戦してベストを尽くして敗れて欲しいな。
kichi >> たぶん理の通り方が真っ直ぐっていうか、揺ぎ無く天才、あるいは最強なキャラが好きなんですよねw 負けるにしても、その天才性は貫かれたまま負けるなら納得できる、みたいな?w>LDさんの好み
カルマ >> 能力的に最強であることと、プロとして年間通して1位である(あるいは上位に君臨し続ける)ことはイコールにならないかもしれないですよね。エーちゃんはまだプロになることで一杯で、その先はわからないけれど…
GiGi >> 怪我をする前に止めたというのはスポーツ漫画のエポックかもしれんですね
ルイ >> 「ネギま」はまぁ最近ギギっちがボツボツ言ってることのまんまなので、特には。
かんで。 >> ああ、なるほど、ちょっとわかった気がします。>kichiさん
カルマ >> ゲーデルの性格も見越した上で駆け引きしてますね。ネギくんはホントにもう(笑)>ネギま!
かんで。 >> ネギまはあんまり深読みする気力を失っています(汗)
LD >> うん。バルゴは吹きすぎたw>ルイさん まあ、何か瑕疵が出たら「難波江にはガッカリだよ」と言いますw>GiGiさん
LD >> ありがとうございます。kichiさんの説明で正しいです。>負けるにしても、その天才性は貫かれたまま負けるなら納得できる
ルイ >> 少なくとも、今回の難波江の表現ってのは「勝ち負けに一喜一憂せずマイウェイで己を突き詰めてたら、結果勝ってる」と言ってるので、その泰然っぷりは確かにLDさんの好む精神性でしょう。でも、以前の対戦時に出たとおり、彼もまた特別な身体性を持っていたりするわけではないので・・・基本は「エーちゃんの先行者」なんですよね。なので、かんでさんの言う世界に行って負けるってのは僕もいいセンだと思っていて。まあ、それはそれとして、今回はエーちゃんが勝つしかないんだけどw簡単に「エーちゃん>難波江」というセンを引けるほど格は(まだ)落とせないと思います。
ルイ >> 「エデンの檻」は相変わらずキてるなぁ。
かんで。 >> エーちゃんが勝てないんだけど善戦して感動した両親を動かす……、我ながらベタすぎか(汗)
GiGi >> しかしガマランのお殿様は普通に気がくるっとるな
かんで。 >> エデンの檻はもうさっさと終わらせていいですw
LD >> うん……ゲーデルの気を少し緩ませた所で、畳みかけて本音を引き出させている…かな?と思っているのだけど、ちょっと手が込んでるかなとも思え。
ルイ >> ガマランの殿様いいですね。こんな大仕合、そもそもキチ○イ沙汰なんだから狂ってないとw
ルイ >> 声は若本。
LD >> 「シグルイ」ですねえ…w>普通に気がくるっとるな
ルイ >> キレさせる為にやっているとしか思えませんw>ネギ
かんで。 >> あの難波江の稲妻みてぇだったロブがこんなになっちまって……。
ルイ >> またジョーかw
カルマ >> 「エデン」コトミさん死んで終わりは無いわー。結局何も影響与えてないですよね…メンバーに。
かんで。 >> 普通に頭の不自由な方でしたね>殿様
kichi >> エデンなぁ……(´・ω・`)褐色子ちゃんが一瞬厄い雰囲気漂わせた気がしたんですけど、気のせいなのか……。
GiGi >> エデンは反省の仕方が間違ってる(笑)
カルマ >> 「ぬしらが見つけた流派が最強なら心配あるまい?」そらそうだけど(笑)>「ガマラン」
ルイ >> クンニちゃんがさ、最後の最後で人心取り戻して壁に突っぱねたから無事だった、とか。それを経験したから、カイジじゃないけど「人は人間性を保っていられる!」というテーマを掲げるとか。そういう風に活かさないと意味ないですよね。まあ、それいったら当の「カイジ」も、今の和也ゲームのどの辺が人間性否定なのかよくわからないけどw
かんで。 >> 殿様どれだけ最強好きなんだよw と。
ルイ >> 権力も色も満たされたら、まあ、最強厨にはなるだろうw←そうか?w
LD >> 「だぶるじぇい」は、漫才研究会を出してしかも美少女会長とは迷走じゃないのかw
かんで。 >> つうかお嬢が死んでたのに唖然w
ルイ >> やっべえ、今思いつきで書いた「エデン」案、結構いいな・・・w←ナルシー
LD >> 。o(稲妻みたいなロブってどんな……垂直ボンバー?)
かんで。 >> これで鉄仮面少女として再登場してくれたら最高なんだが(ギャグ的な意味で)。
カルマ >> 良い感じの動物ラストに挟んできたけど、最早その使い方にも期待できないし…はぁぁ…orz>「エデン」
LD >> 言うだけ言って退場するのはどうかと思うんだ……(´・ω・`)>「エデンの檻」
かんで。 >> よかった、ツッコんでもらえたw>稲妻みたいなロブ
ルイ >> 「GE」は必要なお約束ポインヨには確実に挟めてくる精神には好感を持つのです。
ルイ >> 稲妻みたいなロブって普通にあるからなあ。熱血高校ドッヂボール部とかにw
かんで。 >> イナズマイレブンにも似たようなのがあったようなw
ルイ >> 「スマッシュ!」は唯一この試合を上位視点で眺められそうな優飛が若干フェードアウト気味なのが気になる。っていうか、言い換えれば登場したら勝ちですね。あの童顔の方が勝つわ。
LD >> チャンにいきましょう。
ルイ >> 「君のいる町」に俺様大爆笑。1番候補でもいい。
ルイ >> 瀬尾漫画はクセになるなあ。
LD >> 「君町」神咲………おまえ………orz
カルマ >> はらわたが煮えくりかえった僕はまだまだ未熟ですね>大爆笑
ルイ >> いやまあ、近い所ですw>はらわた
GiGi >> ネギまは見事でしたねえ。これで完全にネギくんが主導権を握った。
ルイ >> 別れたという言質が取れたわけでもないのに・・・凄いなぁ。しかも何て上から恋心なんだw
かんで。 >> 君町、普通に感動した(爆)
ルイ >> 上から目線の上位存在、上から恋心やで・・。
kichi >> 「君町」なぁ……(´・ω・`)なにがなにやら
かんで。 >> 舞い上がりっぷりがかわいいw
LD >> 上から恋心て……。
かんで。 >> 迷惑だけどw
ルイ >> 若干「いちご100%」ライクといいますかね。「子供ならまぁこんなもん」という部分を捉えている、といえない事もなくなくなくなくなくないですよね。
かんで。 >> 神咲さんはバクマンの連中を好きになるといいと思うよ。
ルイ >> まあ、瀬尾漫画はやっぱり爽やかにはいけないね、という事で。
カルマ >> 10代の恋愛なんて、まぁあかりの感覚が正しいんでしょうけどね。神咲、お前はちゃう。ちゃうねん。
LD >> 言質はとってないですけど、認識戦では「あんなフラれ方!」と確定しに行っていますね。>神咲
ルイ >> 認識戦だよなあ、あれw>フラれ方
かんで。 >> まぁ、他人事だと思えばかわいいもんですよ。
ルイ >> とにかく神咲は人のモノが欲しくなっちゃったので、何かしら自分に言い訳つけて今獰猛な肉食になっている所ですね。いつ頃からの孔明だったのか気になる所で、瀬尾先生的には「そんなつもりはなかった」と描きたいのだろうけど・・・
LD >> >「子供ならまぁこんなもん」 物語ってのは、虚ろな心象を写生すればいいってもんじゃないとお嬢。
kichi >> ……な、なるほど……(´・ω・`;)>認識戦
ルイ >> 普通に彼女持ちを偽彼に使う時点で未練潜在です本当にありがとうございました。さすが瀬尾ヒロイン。
LD >> おっと ないとお嬢。→ないと思う。
カルマ >> 確かに言われてみれば、認識戦ですね(笑)>ふられ方
かんで。 >> まぁ、心から振り向かせることが出来るんならいいんじゃないですか。
ルイ >> 東京ラブストーリーが見えてきた。
LD >> うん…ちゅか、神咲の動作、意識的にやっているならけっこう嫌らしい手筋の人なんだけど、全部潜在で済ませようとするとどんな夢遊病者や?って感じになってくるw
ルイ >> ところでマガジン表紙にちっさく描かれたアスナが、まるで今のタッチとは別人に見えてこれ何て二次創作?と思ったのは内緒の話でチャンピオン。
kichi >> ……神咲なら世界と呼んでもいいような気がしてたんですが、言葉さまの素養も持ってるのか……?(´・ω・`;)
ルイ >> 嫌らしくは描きたくないはずなんだけどなあw
LD >> 心から振り向いた頃に、柚希が現われる展開で一つ。(´・ω・`)
ルイ >> 携帯のある時代なんで、まあ、それを忘れずに・・・←繰り返し
カルマ >> ていうかこの辺につけ込む役目ってメガネヤンデレ子じゃなかったのかしら。>君町
LD >> 心象は多少、世界さんに近いかもしれませんが、手筋というか……世界さんの「これを躱すのは無理!」感はないですねw
かんで。 >> それどんな澪つくしっすかw>心から振り向いた頃に、柚希が現われる展開
ルイ >> メガネは思い込みタイプ、神咲は未練タイプなので一応配置は分かれていたり。
LD >> 世界さん、本人はイノセントだけど、スタンドで諸葛亮ひかえてますからね。
ルイ >> 世界はちょっと近いです。まあ、この後神咲がもう一度「まだ失恋してないのに失恋済み感」を強調するか注目。
LD >> さて、チャン。
LD >> 「みつどもえ」がアニメ化なのですよ。
かんで。 >> イヤな奴だよなぁw>失恋を更に強調
ルイ >> 「みつどもえ」のアニメ化と、今号のアンケート用紙には密接な繋がりがあるw
LD >> 一時、京アニ製作という噂が流れたが、それはない。………テレコムだな!(`・ω・´)
ルイ >> 以前アンケに声優リストがあった時は「冥王神話」がらみだったのでしょう。
ルイ >> テレコム亜細亜堂勢作かufoテーブルじゃないの。京アニとか常識的な発言には思えない。←言った!
かんで。 >> 亜細亜堂かなぁ。
kichi >> 「みつどもえ」アニメは“はいてるパンツ”は描かないというコダワリを再現するのかどうかに注目ですねw
LD >> ま、正直、マジでスフィアが声を当てたらどうじゃろ?
ルイ >> スフィアと括られるのは迷惑だな!最もアニプレ関連の恩恵を得ていないあやひーに!w
LD >> 「範馬刃牙」…………あ、梢江ちゃんいたの?(´・ω・`)ぶも
ルイ >> 「バキ」は何か記憶を操作された気がする。
kichi >> 学ランとか食パンとか……(´?ω?`)>バキ
かんで。 >> 「バキ」は梢ちゃんに思い入れができないので困る。
LD >> う〜ん、1=茅原、2=平野、3=戸松? 見えない…orz
ルイ >> もう、こう言っちゃアレですけど・・・学生服で通学している時点で、もうオーガの敵ではないというか・・・wそれくらいの密度の差を感じるのはなんとかならんのかwそこを何とかする為にこれまで色々組んできたはずなのに。
ルイ >> 凄い既存キャスト脳ですw>見えない
LD >> 正直、女子高生に見えませんしね。>梢江
かんで。 >> あの食パンが実は鉛入りなんですよ、きっとそうに違いない。
ルイ >> ああ、それだ。>鉛入り
LD >> 「バチバチ」は……良いね!
ルイ >> まあ「弱ペダ祭」に後ろから水ぶっかけられた形になりました。本編は好調ですが。
かんで。 >> 「バチバチ」読んでるとなんか落ち着きますw
LD >> 鉛、キケンです。><
ルイ >> 「バチバチ」は1番候補!
kichi >> 「バチバチ」良かったですね。とりあえず膝蹴りが良かったwめくり効果抜群でw
GiGi >> 弱虫ペダルは本当にすばらしい。何がすばらしいかって100人抜きが前提として描かれているのが素晴らしすぎる
LD >> 大外からダンシングで抜くシーンとか良いです。>「弱虫ペダル」
ルイ >> ヒメヒメが彼のルーティンなのですね。
かんで。 >> 弱虫ペダルはもう今回のノリで100人抜き確定した感じですね。
LD >> 「ギャンブルフィッシュ」、美女4人とさも当然のように風呂に浸かっている主人公ってイカすと思う。(`・ω・´)
ルイ >> いやーしかし「バチバチ」はグッときました。
ルイ >> ギャンブルフィッシュは、あの時キノコがどこにいたかはきっと後の伏線になる>風呂 ※ねえよ
かんで。 >> で、山岳モドキに、「君は僕の敵ではない。今使うべきべき足をあの時使ってしまった。」と突っ込まれるわけか。
ルイ >> それにしてもあのSEXまがいの腕立てシルエット、むかつくなぁ・・・w>アヴィ
LD >> どっかで、箱学のあいつとかが待っていたりしてw
ルイ >> ボクはずっと言っている通り、山岳は待っているものと思ってるんですけどね。
ルイ >> でも、今の熱だと「待ってたよ!来ると思ってた!」でも通りそうかな。
かんで。 >> ハンデでかすぎw
kichi >> 「弱虫ペダル」も良かったですねぇ。100人抜きが達成できそうなイメージなのって、坂道がケイデンスによるクライマーであることも生きてますよね。
ルイ >> そこで山が2つあるというこのコースの特色が
かんで。 >> W>シルエット
LD >> 「ニーベルング」がさらっっと終わりました。「カズエ」も終わりました。「ネコチワワ」も終わって、「ガリガリ」も次号最終回………で、新連載攻勢だそうですね。チャン。
ルイ >> 火竜の思いを想像するだけで泣けてくるのだけれど、うまく言葉にならんのです。でも、1つ言えるのは阿形の表情が全部いい。どんな格の高い幕下だよw
ルイ >> メチャクチャたくさん終わりますね。武将頭以外失敗だと思っていたので正しいけど、この辺大胆にまとめて終わらせるのは結構立派かも。やる前に気付け!とは思うけどw
ルイ >> 「ニーベルング」はもうちょいやってみればいいのに、と思いつつ。
kichi >> とりあえず「ジョギリ」の人が連載はじめるのは楽しみですね。
ルイ >> 「ナンバデッドエンド」を結構気にしていたり。ヤンキー漫画で生計立ててる秋田書店で、突いてきたなぁ・・・。
LD >> ああ、やあ、ナンバが悪いと思いますけどね…。でも、そういうもんかも。>「ナンバデッドエンド」
ルイ >> 「ドカベン」困ったときは女性プロ(キリッ
ルイ >> 隠していたのが悪い、という部分で濁してはいますけどね。本質的には不良天下取り否定以外の何物でもない。軟着陸だと「でも、何か得たものはあっただろう?」てな感じですか。
GiGi >> ニーベルングはもともとここまでの予定だったんでしょうね
LD >> ん〜>新連載攻勢 
LD >> さて、一番を決めましょう。
LD >> ジャンプは「ワンピ」ゼロ。
ルイ >> ん〜、で終わりかw
ルイ >> 「じゃのめ」はもう一週使ったらクソミソに言ってやろうと思っていたのですが、使わなかった。
LD >> サンデーは「はじめてのあく」と「オニデレ」だな。
kichi >> ……ん〜、まぁ、この噛み合ってない感じは狙ってのものなんでしょうけど……、とりあえず親の方の態度がまだハッキリとは分からなくて様子見気分ではあります。>ナンバ
LD >> マガジンは「ベイビーステップ」かな。
ルイ >> 「冥王」はテンマ親父登場。しかしジェミニ、そのままハーデスのところいくとか・・・散華ルートまっしぐらじゃないか・・・器を知れw
kichi >> ジャンプ……「ワンピ」が殿堂入りって噂なので、そうなると「あねどき」かなw
かんで。 >> ジャンプは確かにワンピゼロっすかね。
LD >> あと、「君のいる町」とか、い、言ってあげてもいいんだからね!
ルイ >> 親父は千葉まで、兄貴は関東までってどうしてストップしたかも気になりますね。時間が無かった?w
kichi >> サンデーは…………迷うけど「あおい坂」で。
かんで。 >> サンデーは神しると月光条例
LD >> 誰だそんな噂流したのw>殿堂入り
かんで。 >> マガジンは無し
ルイ >> ワンピゼロ、オニデレ、バチバチ、弱虫ペダル。バチバチ。
ルイ >> オラ〜。>殿堂
LD >> チャンピオンは「バチバチ」だなあ…。
かんで。 >> チャンピオンはまぁ、バチバチ
kichi >> マガジンは……「ベビステ」になりますかね。
LD >> …で、まあ、正直「ワンピゼロ」だと思う。
kichi >> チャンピオンは…………ん〜、まぁ、やっぱ「バチバチ」か。
かんで。 >> まぁ、異論はありません。
カルマ >> ジャンプは「ワンピゼロ」ですね。サンデーは「はじめてのあく」マガジンは「ベビステ」「絶望先生」(笑)
ルイ >> 「バチバチ」じゃないの?ワンピゼロでもいいけど、それなら連載の中の展開とか超えて「尾田栄一郎の漫画ぢから」に1番やるようなカッコウなんで、本当もう、殿堂入りしてもらいたいw傑作すぎて迷惑だw
かんで。 >> 確かに殿堂入りというか特別措置を考えて良いかもしれません。
LD >> ん〜1話だけでワンピースの世界を全部凝縮されちゃったからねえ〜。なんかもう文句のつけようもない。
LD >> 特別措置というと?
ルイ >> ぴあのインタブー読んだ後だと感慨深いです。これまでも言ってたかもしれないが、僕彼のインタブー読んだ事なかったんで。
かんで。 >> J1J2みたいにリーグを分けるとか(爆)
ルイ >> ネームの削り方みたいな話をしていたんですが、今回の0話がまさに実践編。
かんで。 >> 単なる思いつきですけど(汗)
カルマ >> ダブルであげる手もあると思いますが、僕はチャンピオン読んでないので、そのあたりの判断は任せます。
LD >> いや〜、まあ一応、連載横一列で…w
ルイ >> ダブルって事はないかな。まあ、ワンピゼロでしょう。ああ横綱が最も活動的とかもうねw
ルイ >> ペダルに御堂筋斤量とかわけわかんないことやってた人が横一列言うた〜。
かんで。 >> まぁ、そうっすね、すみませんw
LD >> 「バチバチ」もよかった…というかすっげ〜好きなんだけどね。まあ、今回は「ワンピゼロ」が一番にします。
LD >> いや、当然、ワンピにも斤量ついてますよ。それでも、今回は一番だと思いますwバランスとか考慮しても“抜けて”いる。
GiGi >> 時間切れ。一番は特に主張はないので任せます。
ルイ >> 主張NEEEEEEE!!!
かんで。 >> まぁ、読み比べてワンピが凄いのは間違いないと私も思います。
LD >> それでは。お疲れ様でした。
かんで。 >> お疲れ様でした。
カルマ >> お疲れ様でした〜
ルイ >> お疲れ様です。LDさんが寝坊したから生徒会の一存についてはまた今度。
kichi >> お疲れ様でした〜。
ルイ >> LDさん、パソコン買うならボクと相談ピロートークしませうね。15万前後でイチャイチャしましょう。
ルイ >> そろそろラブプラスを始めてもいいかな、と思うその手でドラクエ9。畜生、マップ上のシンボルエンカウント方式は遊びやすいぞ、畜生。
ルイ >> どんな優秀な装備を手にしても、ニーソックスから装備を変更できない。指が許してくれない。多分呪いの防具なんだと思う。
ルイ >> この先きっと存在するであろう、うさみみ、アブナイ水着系ものろわれていると思う。予言する。
ルイ >> のろわれているなら仕方ない(キリッ
LD >> ん〜。何かPC安定しているな…。こうなると決心が鈍る……。が、ちょっと情報はとりに行くかな?
LD >> >15万前後 大体、10万くらいでPC買って、5万くらいでビデオキャプチャーボードと必要なソフト購入かな?ディスプレイは据置きかな。
ルイ >> mは
ルイ >> キャプチャーボードについての知識がないので教えてください。オヌヌメとか。
ルイ >> cpuは、4コアの恩恵を享受したいならi7で確定ですが、用途がハッキリしているならデュアルコアでも何の問題もない件。
ルイ >> XPモードはなんか結構どうでもいいらしいw
ルイ >> 赤松先生は64bitにしない事を後悔したクチ。今過渡期なので、とりあえず64にしておいても今後の者は基本対応してきます。既存ソフトで動作するかどうかで判断ですね。http://www15.atwiki.jp/win7/pages/30.html
ルイ >> http://www.starchild.co.jp/event/hanamaru/ 出演者次第では裏切りを行うところだったぜ・・・フウ←
ルイ >> のだめカンタービレはどのへんが良かったのだろう(真顔
ルイ >> んー・・・一巡感がイマイチ足りないラストだったなあ。どっちかというとひとめぐりというより「それなら最初からそれでいいやん」感というか。多分ステージが上がっての一巡を表現したいハズなんですけどね。
LD >> いや、ぶっちゃけね。perlとPHP5とあとANhttpd が動けばいいのよ。(あとFFFTPだけどこれは完全に動くらしい)この環境がないとHPの管理が出来ないからね。
LD >> 64bitはネットゲームとかとにかくMMOなものをガンガン動かさない限りそこまで必要ないと言われていてナローな僕もそんな感じ。僕の場合、ディスプレイを2つか3つ繋げて使うか?とか考えたらいるようになるかも。…でも部屋も机もそんなスペース無いw
LD >> ただ買うなら32bitの限界値は取ろうかなと。i7 でメモリ4Gは押えたい所。
LD >> 実はさっき電気会社に利用電力拡張の工事をしてもらいました。…なんとな〜く、止まり方が漏電というか電源の問題っぽく感じていたので、これで安定するなら無理に買う事もないんですけどね。
LD >> 再インストは…どうもソフト的な問題に思えない部分があって足踏みしてしまいますね。いろいろ細かく設定変更しているので…。
LD >> う〜ん、何か安定していると決心が鈍る……止まるとむっき〜!ってなるのに。(←先月からここをずっといったり来たりしている人)7が出たばっかなのがなあ…。
カルマ >> ギアス新作ですか。http://m-pub.channel.or.jp/geass/
ルイ >> ふむ。オリジナルの大作なのでまずは万歳ですが、スタッフと前作との関連性をどうするかだな。
ルイ >> 終わっておけばきれいなのに、的な事は現状オリジナルが少なすぎるので言うのやめた。
ルイ >> デュアルディスプレイには憧れますう。ってディスプレイ2つ持ってるのに繋げてない俺w
ルイ >> でも、ディスプレイ2つつなげたらエロゲ同時プレイやりたくなるので・・・←なんで?
ルイ >> http://www.nicovideo.jp/watch/sm6463442 ふう・・・
ルイ >> 32bitにi7っていうのはさぁ・・・いわばさぁ・・・
ルイ >> クリスチーナ・マッケンジーにアレックスっていうかさぁ・・・
ルイ >> セイラ・マスにRX78っていうかさぁ・・・
ルイ >> ボスにマジンガーZっていうかさぁ・・・
ルイ >> ギャリソン時田にダイターン3・・・あ、これはいいのか。
GiGi >> 新プロジェクトって言い回しは新作っぽくない予感。過去編のOVA展開が妥当な感じ?
GiGi >> i7入れて64bitにしない理由というのはよくわからない
ルイ >> ドラクエのせいでラブプラスを遊べない。んー、ようやく6以来のダメ転職システムに手をつけたか。
GiGi >> もう一台DS買うしかないですね。LLがオヌヌメ
GiGi >> PSPの液晶にヒビが入ったんだぜ…保証書探さんと…


■■■■2009年12月06日■■■■
ルイ >> LL買ったんだが二台持てとw
ルイ >> PSPの液晶?
ルイ >> (゚∀゚)人(゚∀゚)ナカーマ
ルイ >> 全然遊ばないからそのままなんだけど、ボクもちっさく傷が。これは完全に過失です。gigiさんの顛末期待。マリッジロワイヤルが出るまでに道筋つけといてくださいw
ルイ >> キーで引っかいちゃったんですよね・・・気になる事は気になるんだけど、遊べなくもない。でも遊びたいゲームはときメモくらいしかない、という。
GiGi >> ネギまについて昨日書ききれなかったことをちょっとメモっておいた。娯楽のハイエナ:http://www.tsphinx.net/manken/hyen/hyen0333.html
ルイ >>                                                                       
LD >> ルイさん、何か空打ち?(´・ω・`)
LD >> GiGiさん、exスザクってなに?スザクが、簡単に利用されてしまう少年の代表例だって言っているの?
井汲 >> ん〜、「何億」はちょっと言い過ぎでしたね。でも1億はかかってそうな気がします。
LD >> 【生徒会の一存】……な!杉崎マジで同時落としか!?(`・ω・´;)


■■■■2009年12月07日■■■■
備品 >> 1年以上のご無沙汰です。引っ越してやっとこ回線開設できましたのでごあいさつ。休みの日にでも欠席中のチャットログ全部読んだらまた来ます。ではではノシ
LD >> Re:備品さん お久しぶりですw…ログ全部読むのは相当ホネだと思うなあ…w時間できたらまた話しかけて下さい。
LD >> 【坂の上の雲】1〜2話と観たけど…良い。すごく良い。
GiGi >> スザクが簡単に利用される少年の代表例だと言ってますw
GiGi >> 簡単にというと語弊があったかもですが。前にゲーデルネギをルルーシュとスザクに例えてその線で読んでたけど、ネギはスザクではなかったという話?かな。ちょっと上手い説明考えてみます
ルイ >> ログ全部とかw3割僕の独力ついったーw
ルイ >> R2スザクと言ってもらおうか。
ルイ >> 「坂の上の雲」ハハッハー、見たかったのに見忘れた。これも全部乃木坂春香の憂鬱のせいだ。あの作品が203高地なんて無かったんや!みたいな話組んでるせいだ←?
ルイ >> 「一存」ちょっと読みが浅い感想に思えるが、僕もLDさんもとりあえず直感で吐く事を否定しないので、そっからどう読むか、ですかね。
ルイ >> >空打ち 煩悩が無い人には読めるのです。 あ、俺よめねぇ。俺書いたのに。
ルイ >> あやひーにかまけていてNOAH見られなかった・・・武道館行きたいくらいの大会だったのに。再放送マダー。
ルイ >> 丸藤の復帰戦必殺技「タイガーフロウジョン」ってもう発想が天才すぎる。
ルイ >> 復帰戦というシチュエーションで追悼と継承と進化を一気に見せるなんてのは、身体能力に留まらない才能ですね。
ルイ >> だが!俺なら「エメラルドタイガー」だな!←どっちもどっち
ルイ >> ・・アルェ、今夜G+で放送だwやったぁw
LD >> ゲーデルとルルーシュ、ネギとスザクに重ねるのは少し分るけど、ちょっと違うと思う。何しろルルーシュはこの場合、大雑把とは言え「全部を救う道」を示してそれにスザクは乗っていますしね。(それを僕は折れたと評するけど、どちらかというと特殊な感想の部類)
LD >> …でそうなるとGiGiさんにとって「コードギアス」は、ルルーシュが簡単な話を持ちかけて、スザクが簡単に利用されて、それはそれで終わってしまった物語という事なのかな。ふうん…。
ルイ >> 素直に例え悪いって言ってw怖いですw
ルイ >> R2の対皇帝で捉えたらそれなりなんだが。
ルイ >> ラブプラス、なんか、違うな。TLSとずっとらいっしょの合の子みたいだ。井上涼子までいってない。
LD >> 【けんぷファー】ん〜、会長「強い」ね。2ちゃんとか見ると、ずっと会長のターンなのだそうだ。(`・ω・´)
LD >> 【坂の上の雲】 んじゃ、今度、1〜2話は持ってくよ。3話からは観るようにな。(`・ω・´)


■■■■2009年12月08日■■■■
井汲 >> むう、何だこりゃ…。http://88552772.at.webry.info/200912/article_2.html チャンピオンを下回ったとしても同情できないくらいに編集部が腐っているということなのか?(だとしたら椎名先生逃げてー!)
ルイ >> 編集部というか、まあ、トップが壊れてるw
ルイ >> ら、ラブプラスモードがやばい。アイデンティティやばい。
ルイ >> そっか、ここか….
ルイ >> 人としての尊厳とのバトルですね。負けたほうが楽しそう…
ルイ >> ささめきすこみやってなかったら死んでたな。
エルバ >> 「坂の上の雲」かぁ。ドラマを見てない私が言うのも変ですが、どういう路線にしてくるんでしょうね。
エルバ >> 「坂の上の雲」のテレビドラマ化をめぐっては、司馬は「なるべく映画とかテレビとか、そういう視覚的なものに翻訳されたくない作品でもあります。うかつに翻訳すると、ミリタリズムを鼓舞しているように誤解されたりする恐れがありますからね」と語ったという。
エルバ >> ・・・なんて話もあったりで、色々とある作品ですからねぇ。
ルイ >> まあ司馬史観一辺倒の時代でもなし、いい頃合では。
LD >> NHKなのでそんなミリタリズムの鼓舞みたいな感じにはならないと思いますけどね。僕はビジュアルで観たことで、また思うところがあったのでブログに何か書こうと思っていたのですが、昨日は疲れて寝てしまった(汗)
LD >> 僕はむしろそういった批判でこの製作が止まる事を危惧している人間ですね。
LD >> 中には日本が戦争に勝つ物語を描く事自体がダメという人がいるでしょうけどね。僕は「物語の感動」はそういう了見を超えた価値があると確信して生きている人間です。
LD >> だから僕はそういう批判から「物語」を守りたいと思って生きている。司馬先生には「誤訳はどんな作品にもある。殊更に『坂の上の雲』だけ恐れる事ではない。あなたは自分の作品にもっと自信を持つべきだ」と言ってあげたいですねw
ルイ >> あずま先生にも言ったって。
LD >> あずま先生は現物観てがっくり来ているしね……orz 本人の回復力の問題かな…。


■■■■2009年12月09日■■■■
カルマ >> あずま先生?
ルイ >> 尾崎先生の歌声も好きですね。
LD >> http://www.nicovideo.jp/watch/sm9020236 【等身大】初音ミク作ってみた  うp主、ひどく多芸ですwそして最終的にもらった称号はお茶の水博士w


■■■■2009年12月10日■■■■
ルイ >> 今週のイナズマイレブン、殆ど究極の一話だと思います。
井汲 >> http://meister.blu-raydisc.com/jp/blulog/cat8.php#000457 ナガッチョ“アイディアがあれば連絡ください”ルイさんがバンビジュに「新規オーディオコメンタリ収録」を切々と訴える日がやってきた。
ルイ >> で、訴えますが、どこに訴えればいいのでしょうw


■■■■2009年12月11日■■■■
備品 >> http://www.amazon.co.jp/gp/product/images/B002W8215K/ref=dp_image_0?ie=UTF8&n=465392&s=books 昔で言うソノシート感覚なのかしら?DVDって
井汲 >> これ……かな? http://www.bandaivisual.co.jp/support/center.html
GiGi >> ところで界隈でマイマイ新子と千年の魔法という映画が話題になっているようですが、私はまったくノーチェックだったのですが、井汲さんは観に行く予定あるでしょうか?
ルイ >> それですか?w>バンビジュサポートセンター
ルイ >> とりあえず書いてみっかなw
ルイ >> つーなーがーりーよ♪ひろがりーよー♪
ルイ >> http://www.animate.tv/radio/details.php?id=soraoto 誰か仕切れや!w
ルイ >> 保志さんのモノマネ…ガンモをリメイクするならあやひーって事か…
LD >> 今週の一番は本日深夜25時から開始予定でお願いします。
ルイ >> 明日雨が酷くなかったら、秋葉原にいくます。秋葉原にちゃんとした映画館ないのは痛いなあ
ルイ >> なんか最近秋葉原利用率が上がってる。30分もいないんだけどwそのうち利用数馬場さん超えて来るかも…
ルイ >> DSILLのデフォルト収録である脳トレこそ、どのゲームより長時間遊んでる稀ガス


■■■■2009年12月12日■■■■
井汲 >> 今年見に行く予定のアニメ映画は、あとヤマトだけです。もう、お弔いにでも行く気分(笑)。
井汲 >> 23年前に確かに臨終を看取ったはずなのになあ。こんな、墓からゾンビとなって徘徊するような姿を晒すとは、痛ましすぎる。こんな直視に耐えないみっともない思いをしなきゃならないほど、ヤマトファンは悪いことをしたんだろうか(笑)。
井汲 >> まあヤマトに魂の最後の一辺まで捧げ尽くしたファンの義務として、最後まで見届けます(「2520」のときも、大概そう思ったもんだったけど…「2520」が潰れてくれて小躍りしたのが結局ぬか喜びに終わるとは、つくづく因業な)。
井汲 >> 「映画は撮ったことない」は、いい機会だから買おうかな。確か以前新宿紀伊國屋で見かけたときは、009の天使編構想を小説の形に起こした奴が近くにあったので、併せて買ってくるか…(笑)。
井汲 >> (違った、23年前じゃなくて26年前だ…。引き算を間違えてるようじゃ世話がない)
LD >> |ω・`)
GiGi >> (ヤマトは今後のためにも心を鬼にしてボイコットするべきじゃないかなあ…)
LD >> |ω・`) 。o(「2520」ナツカシス…)
LD >> あの頃は、「真・仮面ライダー序章」とか痛いリメイクがいろいろあったのよ。
LD >> しかし、それらの「なんか違う」リメイクの屍を越えて、今、なんとはなく真っ当なリメイクのノウハウがあるのよね。リメイクというかこの場合、リ・イマジネーションか。
LD >> 以前、ここで宣言したように岡本喜八特集と特撮変身人間特集を録り始めたのですが…。
LD >> 予想外に、以前から継続して録っている番組に邪魔をされてそんなに録れていません。(´・ω・`)
kichi >> こんばんわ〜(´・ω|
LD >> 「黄金の日日」を録り終わった後に継続録画決定した「太平記」の存在がけっこうアダになっている…。
LD >> (`・ω・´)ノ や!や!
kichi >> 今週もまだマガチャンが読み途中だったりはします……(´・ω|
LD >> 「ウルトラマンティガ」が終わった後に、滞りなくはじまった「ウルトラマンダイナ」を録っているワケだぜ。これ録り終わると「ウルトラシリーズ」で録っていないのは「80」だけになるぜ。
kichi >> 80w 懐かしいなぁ……ってろくに憶えてないんですけどw
LD >> 年末は忙しいですよねえ〜。僕もけっこう色々気を使う仕事が詰ったりしてくたくたですよ〜。実は。
LD >> 先生要素は、多分、当時「3年B組金八先生」が当たったから取り入れたと思っております。>「80」
kichi >> 先生要素……w いや、やっぱ憶えてないですw 主題歌のウルトラマ〜〜ン エイティー♪ってメロディくらいしか……w
LD >> 備品さんが顔を出した事で、何とはなしに膝枕カカト(高柳ヒデツ)先生を思い出して「カカトの落書き」を買ったりしました。
kichi >> う〜ん、わからないです(´・ω・`)>膝枕カカト先生
LD >> あとね。もう、何か、今月すっげ〜いろいろ買ったのよ。辻村深月先生の「凍りのくじら」とか。
LD >> 昔はPN中村慶吾で「遙かなるリング」という女子プロレスのマンガを描いていて、その後、チャンピオンでPN高柳ヒデツで「ぷろぶれむちゃいるど」ってタイトルの連載を始めたんですが短期で打ち切り。どうも週刊連載のペースに恐れおののいて逃亡したようなんですよね。そういう先生です。
LD >> む…地味に他の人がこないな…。
LD >> む…地味に他の人がこないな…。
LD >> あ、連続投稿してしまった。
kichi >> ああ、もしかしたら持ってる気がしてきました……(´・ω・`;)>ぷろぶれむちゃいるど
カルマ >> すみません、狩ってます(笑)
LD >> 「モンハン」だすか。
LD >> 「ぷろぶれむちゃいるど」は、一部単行本化されたみたいですね。ネームの完成度が非常に高い人です。…でも、根気がないというか連載が続かずにいろいろ損している人ですね。…月刊ペースで何とかできないものか…。
カルマ >> ラストなので30分後にはきっと。
LD >> まあ、ルイさん来ないですけどぼちぼち始めましょうか。
kichi >> ふむ。ちょっとあまり印象に残ってないんですが、今度探して読み返してみようかな?たぶん当時も“あの高柳ヒデツの単行本”みたいな評判に乗せられて買ったんだと思うんですけど、もっと題材自体から特殊な作品を想像してたら、題材自体は割とオーソドックスな内容で肩透かし……みたいに感じたような……?
kichi >> >ぷろぶれむちゃいるど
ルイ >> この流れだと「すみません、デートしてます(笑)」っていうべきなんじゃないかな、俺。
LD >> 高柳ヒデツ先生は、格闘技が好きな人なのでそのアクションの練り込み具合を楽しむマンガになりますね。その上で「ぷろぶれむちゃいるど」は何がしたかったのかわからない状態で終わっているので…(汗)
ルイ >> でもね、こちらチューリップ放送局の素晴らしさについて書かないといけないのだよ。
LD >> わあ、出た!\(´・ω・`)/
ルイ >> http://www.truetears.jp/ 聴いときなさい、不心得者の皆様。
LD >> データ重いよお…。(´・ω・`)
ルイ >> ポンコツPC早く買い換えるべし。
LD >> しかも、ゆかちを聞こうとしたらこれだぜ→ Service Temporarily Unavailable
GiGi >> こんな真夜中に女子高生とデートとはケシカラン
LD >> やあ…これがさあ、電源工事したら、めっさ安定してんのよ。オイラのPC(=´ω`=) こりゃジオンはあと平成11年まで戦えるねw
LD >> じゃ、ジャンボいくか。(`・ω・´)
カルマ >> ふぅ、間に合った
GiGi >> 東のエデン劇場版で、滝沢くんが初めてみた映画がダンボって話があるんだけど最初ランボーに聞こえて困ったことをふと思い出した。
LD >> 「ワンピース」は、クロコダイルが何というかキャラ格を上げてきていますね。彼が白ヒゲにこだわる事で、ルフィの正ライバル化しているような所があります。形は違いますがルフィにとってのシャンクスが、クロコダイルにとっての白ヒゲというか。
GiGi >> ねこわっぱは心を無にして読むとやはり面白いんだがいろいろと間違ってるなあ…
LD >> 「ランボー」も確か、すっぱだかで警官にいじめられていました…(´・ω・`)
LD >> いや、心を無にするのはだいじ。(`・ω・´) でも、ダメだと思う所はちゃんと刻んでおく。
GiGi >> ワンピ表紙のメガネ娘は誰?ロビン?
カルマ >> ロビンですね。異様に可愛くなってる(笑)
kichi >> クロコダイル良いですよねぇ。元七武海ってことでドフラミンゴとも絡んでますし、白ひげとの因縁が予想以上に扱い重くていい感じ。しかし、首飛ばされるのがかえってカッコイイんだよなぁw
kichi >> 妙に萌えるポーズですよねw>表紙ロビン
LD >> “白ヒゲの死を悼む役”としてクロコダイルに白羽の矢が立っているんですよね。マンガ的に言うと部下仲間は彼の死を悲しんで当然なので白ヒゲの格にはつながらない。外側で“残念”をする人間を欲したんでしょうね。
kichi >> う〜〜〜ん、段々良くなってきてるのかな……?とも思うのですが……、やはりどうも微妙な気は……。とりあえずタマがあまり目立ってないのがなぁ……(´・ω・`)>ねこわっぱ
kichi >> ああ、なるほど。>“白ヒゲの死を悼む役”
GiGi >> 本編はもう凄い以外言う言葉がないというか。海軍を滅ぼせぇとかたまらんですな
LD >> ロビンって今、正ヒロイン?…いや、そういうマンガじゃないんだろうけど、蛇姫様が入ると妙に気になるw今回の見開きトビラではルフィの正面にいるしw
kichi >> センゴクもいよいよ智略以外の凄さも披露してくれるのかな?ってことでwktkが止まりませんねぇ。何気に0話のガープとの共闘イメージが効いてるんですよねぇw
LD >> 前回の0話で分っていたけど、ガープやセンゴクも只者じゃないみたいだしねw
カルマ >> あまり意識して描いてるようには…本編ではゾロとの絡みが多かったりしますしね。>ロビン
カルマ >> ガープもセンゴクもおそろしく強いんでしょうねぇ…
kichi >> ロビンは正ヒロインとかっていうよりは物語上の鍵を握っている関係での重要ポジションなイメージですかねぇ。
GiGi >> よくはなってないです>ねこわっぱ。ただあまりに残念なのでネームの出来だけ見たら、やっぱり上手いよな、と。
LD >> 以前、ちらっと「ワンピース」を「水滸伝」になぞらえた事があるんですが、この盛り上がりは108星一堂に会するが如きものがあります。
GiGi >> センゴクが三大将よりもキッチリ格上に描写されてるのも素晴らしいですね。
kichi >> ……やっぱり上手い下手よりも気持ちよく魅せることに重点を置いてほしい作品なんですよね。そういう意味ではやっぱりよくなってないですよねぇ……(´・ω・`)>ねこわっぱ
GiGi >> めだかが連載開始以来初めてといっていいくらいシックリきた回だった
LD >> 基本的にはアラバスタ編のビビを、「ワンピース」という物語全体に拡張したのがロビンだと思うんですけどね。クルーの中で「設定格」が抜けてるんですよね。ルフィも進行に合わせて「設定格」かなり高くなってますが。
LD >> …というと?>めだかが連載開始以来初めて(ry
カルマ >> 古代文字の解読という、世界中の誰も代替できない能力を持っていますしね。 『兵器』の在処はずっと握ってるんだったかな…?記憶が曖昧ですが。
カルマ >> >ロビン
LD >> まあルフィがどうとかは置いておくと、アニエス・ロビー編で完全に物語の正ヒロインという観がありますね。…既に設定回収し終わっているナミが不憫だ…w
LD >> 「トリコ」は、あのキャラ、ノッキング次郎かどうかで引っ張りましたね。
GiGi >> キャラクターの言動とか設定に違和感がなかったというだけです。逆に言えば今までずっと違和感を感じていたということですが。
LD >> 「べるぜバブ」は、邦枝2の話をもっと膨らます事ができたと思うんだけど、じいちゃんの紹介であっさりヒイてしまったのは、ちょっと残念です。
GiGi >> めだかの凄さを言葉で説明可能なレベルまで下げたことでめだかというキャラの格とピントが合った、のかな?
kichi >> ……ん〜、私はそこまでは高く見てない感じなんですが……、でもまぁ、あえて正ヒロイン選ぶとするとロビンになってくる感じではあるんでしょうね。でもやっぱりワンピは基本的にルフィが中心でクルーはサポート、その中での重要度の違いくらいな印象ではあるんですよね。
GiGi >> 次郎の弟子でしたねえ。いや上手いです。
LD >> ふうん。違和感があったという話はわかるけど、今回でという方はちょっと分らない。>GiGiさん
kichi >> 「べるぜバブ」残念というか物足りない感じでしたねぇ……(´・ω・`)
GiGi >> 彼方セブンチェンジはジャンプネタの使い方は悪くない印象
カルマ >> 東条の時といい、葵をあまり多用したがっていない?のかもしれませんね。>バブ
LD >> >キャラの格とピントが合った あ、ちょっと、分りましたw
LD >> はい。ああ…“残念”だと概ね良いんだけど一点難を言うなら…っていうニュアンスになってしまうかw僕も物足らなかったです。じいさんの紹介はこのレベルくらいなら端にやって並行してメインの展開を組むくらいじゃないと…って思いますね。とりあえず邦枝2を膨らます展開をイメージするワケですけど。>「べるぜバブ」
LD >> どうなんでしょうね?出すタイミングを観ていると、邦枝の“美味しさ”は分っているみたいなんですが。
GiGi >> バクマンアニメ化決定とのことですが…とりあえず青樹嬢と直接話すなら漫画の内容についてツッコミいれようよ(笑)
kichi >> ちょっと当初の予定以上に良いキャラになってしまって扱いかねているようなところはあるのかも?という感じはするかもですねw>邦枝
カルマ >> あまりメインになると作者の持つ作品イメージとぶれてくる…でも人気はある、みたいな。閑話的に扱うくらいで留めておきたいのかも。>葵
LD >> 「ぬらりひょん」は、なんか「畏れ」が根性のある方が勝つ!みたいなロジックになった?
kichi >> NHKでアニメ化だそうですねぇ……。ふ〜む。>バクマン   で、マンガの内容にツッコミ入れようは深く同感ですw あと、なんで蒼樹嬢と切れなきゃ話せないのかがよく分からないな……。しかし、そんな違和感を吹き飛ばすくらい中井さんが屑過ぎてワロタwな一話でした……(´・ω・`)
LD >> 「バクマン」は中井さん最低ですね。
カルマ >> なんかこういう展開になると変な感じになるなぁ…という印象になってしまっている(苦笑)>中井さんとかシュージンとか
kichi >> あと、「タント」1位取ったか……。編集の腕とか、“理”で良いマンガができるわけでもない……ましてや人気様が取れるわけじゃない……って感じに捉えておけばいいんでしょうかねぇ?(´・ω・`)
LD >> や、あれは逆にツッコミずらいというかwダメさが「鼻毛出てますよ」レベルというかw……まあ、今回は一位とった嬉しさでそんな事吹き飛んでいたのでしょうね。
カルマ >> 2chでも早速AAになってましたね(笑)>中井さん
カルマ >> 今週の「ぬらりひょん」は好みじゃないですね。まさに根性的な。
LD >> >編集の腕とか、“理”で良いマンガができるわけでもない ああ…でも、一つは静河くんの面白さはあくまで玄人向けで、本来1位がとれるものじゃない(2位でも上出来)って事があるかも。
kichi >> 「ぬらりひょん」は……まぁ、とりあえず羽衣狐と対峙する前にリクオの格を上げられるだけ上げておこうってことなんでしょうねぇ……。
GiGi >> 現実逃避の代償は高くつくのが相場ですが、どうなるやら。
kichi >> ああ、それは確かに>2位でも上出来   ……ただ、どっちかというと「タント」が受け入れられたことが意外だったというかですね。このまま港浦さんの方針でOKな流れに入っていくのかな……?という辺りでちょっとモヤっとはしたりw
LD >> 亜城木は、まずジャンプ王道的なマンガはダメという前提を持っていて、じゃあどうするか?で話を進めていますからね。でも、エグいのは玄人が面白がって亜城木にも向いているけど、でも、ジャンプで一位になれるかというと疑問…という側面を持っているかも。
LD >> モヤっとしますよね。サイコーがシュージンに向いているのはこっちだ!と強く念じた事が回収されないままに連載になったりしたら…。でも、なんか「バクマン」って慢性的にそういうモヤっとするゾーンがある連載ですよね。今回の中井さんの動作もそうですし。
kichi >> たしかにw>慢性的にモヤッ
LD >> 「ねこわっぱ」ってタマは、可愛くないんですかね。…まあ、アラレちゃんみたいな位置だとは思うんだけど。
カルマ >> 「売れる物を描きたい」と言ってたはずが「シリアスなモノが作家的に良いはずだ」となってしまっているんで、それに対するカウンターなのかな?と思ったり>今回1位
LD >> 「黒子のバスケ」、青の背面スローは良かった。…でも、足りない…って言いたいところだけど、ここらへんが及第かな?個人的にはもっとインパクトが欲しいのだけど。
kichi >> ……はい。いや、設定上は別に可愛くなくてもいいと思いますし、狙った萌えを振りまく必要はないんですけど、もうちょい自然な形で可愛さがあってもいい気はするんですよね……。>タマ
カルマ >> あぁ、僕もずっとアラレちゃんをイメージしていますね…けど、今はもうそれだけでは物足りないんだけど…これはオタクだから?
カルマ >> >タマ
LD >> 「保健室の死神」は今回、本設定も絡んで良い感じだったのですが、苦戦してるのかな?
kichi >> 「黒子」は、青、先週私だけ好印象で皆さんダメ出し状態だったんですがw、どっちかというと身体能力の差をパワー主体で捉えてたのとスピード主体で捉えてた差なのかな……?みたいには考えたりしました。私はスピード主体で見てたんで、“捕まえられない”変幻自在さってのは結構良い感じに見えたし、今週も概ね好印象でした。……まぁ、もっと!とも思うレベルではあるかもですけどねw
LD >> 「めだか」は、うん。まあ、次回、完全さの秘密が分るとか。
kichi >> 「保健室の死神」は……とりあえず悪夢の内容見たかったなぁ……(´・ω・`)
LD >> ふむ。すみません。あの時、というか今も「はじめの一歩」のウォーリーの動きの良さが頭に残っていて、それと比較してしまっているのがよくないかもです。多くを望み過ぎというか。>「黒子のバスケ」 でも、まあこういうのは“程々でいい”なんてない事でもあるんですけどね。
kichi >> 「めだか」は、まぁ、やはりちょっとネーム量が気になる感じではあるんですけど、敵方のアブノーマル具合もなかなかヒネリがあって良い感じではあります。めだかちゃんの特殊性に踏み込んでくる展開も良いですね。
LD >> や、先生の悪夢は設定が絡むんでまだ、全貌は見せられないのでしょうね。このエピにかこつけて一端を見せるのが上手い。…で、それはそれとして波動拳出して喜んでいた校長がどんな悪夢でへこんでいたかは興味ありますねw
LD >> 「むだか」を観ていると、西尾先生は“完璧超人”は好きだけど、“無敵超人”はそうでもないのかな?と、ふと思った。
kichi >> あ、見たかったのは校長とねーちゃん二人の悪夢ですねw 先生のはあれだけでもとりあえずOKなんですが、他二人はひとコマも触れられずだったからなぁ……(´・ω・`)
LD >> 「むだか」→「めだか」
カルマ >> 校長の悪夢「波動拳!…で、出ないだと!?」
LD >> 「あねどき」は、やばい?連載終了?
LD >> かなりへこむね。(´・ω・`)>波動拳出ない
kichi >> それは単なる現実なんじゃw>波動拳出ない
LD >> では、そろそろバルサン。
kichi >> 「あねどき」どうなんでしょう?(´・ω・`)今週も好きだったんですけどね。手を取り合ってワンワン号泣辺りがツボw
カルマ >> んあ、あんまり終わるイメージはなかったですけど?>あねどき
LD >> 「メジャー」ですが、静香って誰でしたっけ?(´・ω・`)ぶも?
GiGi >> ツールは唐突過ぎます(´・ω・`)
kichi >> あと……「リボーン」は妙にギャグっぽく感じたんですけど、アレ普通のファンは普通に燃えるバトルとして読めてたんでしょうかね……? あと「ジャガー」面白かったです。この手の若者言葉弄りネタは結構見かけますけど、ここまで徹底してそれだけで展開してったのははじめて見たかもです。
LD >> まあ、僕としては続いて欲しいのだけど終わっても驚かない。>「あねどき」 つか、別に「初恋限定」も続いてくれてよかったし。
GiGi >> あねどきは続くイメージがない
カルマ >> あぁ、それは確かに>終わっても驚かない  今回の話で終わるイメージを感じなかったという話です。
ルイ >> オハヨウゴザイマス
LD >> 「ジャガー」は良かったですね。
ルイ >> ブログノルマ達成したので来たよーってまだジャンサンだ。これは後追いでイケル!
LD >> わあ、出た!\(´・ω・`)/
ルイ >> 「あねどき」は僕もgigiさん同様、続くイメージがあまりないのですが、一応次女と桜井さんの「巣k 
GiGi >> ハヤテはナギの一人勝ちの構図。どうするのかなあ…
kichi >> 「ツール」唐突でしたね……。来週は数年後だったりするんですかねぇ……? ていうか、ゼウスの大物感を出すのには成功してると思うんですけど、主人公は子供の方なんでしょうから、世界の舞台に立てる頃まで現役で居れるのかどうかっていう辺りもなぁ……(´・ω・`)
ルイ >> 「好き」を比べるという最終フェイズには到達していないので、延ばそうと思えば延ばせますね。でも、先週も言ったけど河下先生って絵と、単話の演出力の人で「構造の人」じゃないでしょうから、このこじんまりルーティンで何も問題ないかも。ジャンプの中で「続く」に対して最も畏れを抱いていない人というか。
LD >> そんな……桜井さんがくるくる回るだけでけっこう幸せなのに…(´・ω・`) >続くイメージがない
LD >> (´・ω・`)「巣k
ルイ >> 「ツール」は最初からここに来ると思っていました。1話2話あたりで何か言った気はするけど、まあ、メジャーでありがんばれ元気なんですよね。
GiGi >> そう言えばtwitterで若木先生と中山敦支先生をフォローしました
LD >> 「ケンイチ」は、なんか陽炎がいいキャラ位置に来ている気がします。…なんていうかジークフリードみたいな感じ?もしかすると、新白連合に入ったり、とか思ったり。
カルマ >> 「ツール」はこういう展開だろうとは思いつつ…んー。
ルイ >> ものっそジークフリードですねwいや、食客みたいな立場で梁山泊にいたりいなかったり、というのはありそう>陽炎
ルイ >> 「ハヤテ」は、ずっと言ってきたマンマなので特に何も・・・ああ、でもこの回を読んで欲しかったのか、畑先生。この人も98年あたりで止まってるなw別に悪いこっちゃないけどw
LD >> まあ、幼少時代から始めるという伝統的なサンデー・ビルドゥングス・ロマンですよね。>「ツール」
GiGi >> 陽炎は気付いたらセミレギュラーになってそうですね(笑)
ルイ >> まあ、僕はゼウスが親父を破壊すると思ってたんですけどね。この組み方だと、ゼウスを憎むエネルギーが生まれないので多分主人公は「自転車なんて」から始めないといけないというか。・・・なんか面倒臭いなぁとw
LD >> や、でもナギにこれやられると。ハヤテは一生をナギを守るために捧げないといけなくなるんですよね。…そこで、もう一回、アテネの鞘に収まるか?って話をすると「面白い」ん〜…そこまでキツい事はしないか?
ルイ >> 「ナギは本当に良い子だなぁ」とか作者が言ってる場合じゃなくて、そう言い出す必然を積んでこなきゃダメなんですけどね、作者の仕事としては。まあ、僕らは展開から読みきったわけだけど、そうじゃなくて「キャラから読みきらせて欲しい」ところ。「ナギならこういう」って奴ね。
LD >> そっからはじまったら〜、まじ、まんどくせ!ってかんじっス! (くっちゃ、くっちゃ)
ルイ >> 遺産はなんだかんだで復活するんで心配すんなYO。
ルイ >> ガム食ってヒーローインタブーと1番はすんなや^^
ルイ >> 「マギ」はアリババの故郷が「約束の地」、集結場所になる組み方のようですかね。いいですね。
LD >> や、ただ。この石って壊したら、アテネやじいさんにまつわる様々な設定が全部閉じてしまいませんかね?そこらへん閉じる展開はない……というか、別ルートでそっちに繋げてくるとは思う……ああ、それでアテネを救うフェーズもやるのか。んんん〜キツい事、避けて優しい展開だぁ〜。
ルイ >> モルジアナの足が太いのが凄くいい(真顔)
GiGi >> うん、唐突って別にオトサン死ぬのがどうこうじゃなくてオーバーワークで事故ってのがノーアイデア過ぎて…
ルイ >> レース中に故障を背負っていた、という形だと劇的ではないという判断なのでしょうね。確かに「選手生命」は絶たれても「生命」の話にはならないけど。
カルマ >> いや、すげーいいですよ。すげーいい。>モルジアナの足が太い
GiGi >> マギはいい踏み込みですね。というかモルジアナいるだけで嬉しい
LD >> あ、つまり百烈脚が出るって。そう言ってるんだ?(`・ω・´)>モルジアナ
ルイ >> 単にふとましい足が好みだ、というのもあるのですがw筋力を女性に与える上で「足」は最高ですね。腕から凄いパワーってのは大概違和感があって「マンガだから」で許して読むんですけど、足の筋力SUGEEは普通に読める。モルジアナ最高。
kichi >> ……個人的にはせっかくゼウスをこれだけ立てたんですから、当面おとさんは海外で頑張ってる形で進めて、時々てっぺんの様子を見せる構成でも良かったんじゃないかな?って思ってたんですけどね……。>ツール
井汲 >> ご存知かもしれないけど GiGi さんへ。http://animeanime.jp/news/archives/2009/12/1219.html "
ルイ >> アラジンとの会話で出た「精神の奴隷」の消化の仕方も、ほとんどベストクラスのベターなんじゃないかなあ。自由貿易やってる商人からませて「奴隷制度」に文句言わせるとかさ。素材で出来る事としては、殆どベストでしょう。
井汲 >> 関西ではワーナー・マイカル・シネマズ茨木、MOVIX堺が12月18日までを予定する とのこと。
kichi >> モルジアナ良いですねぇ。単身で乗り込めちゃうようなキャラなんですよねぇ……。
GiGi >> キンゴルとジオキンは今週も地味に安定。
LD >> やあ、なんというか「がんばれ元気」、「六三四の剣」が完成され過ぎていて、それとは違う展開を考えたらああなったという気がしないでもないw>「ツール」
ルイ >> 「ジオ」はじわじわ面白くなってますね。
ルイ >> エンシェントドラゴンの幻術に対して「答えた」「効かなかった」「破った」って凄い面白い三様ジャン。
カルマ >> 「ジオ禁」は良いですねぇ。うん、それしか言えないんですが(笑)
LD >> 冒頭、足の回りをルフが舞ってましたし、彼女を繋いでいた鎖も足、ポイント絞ってますねえ。完成度高いキャラだw>モルジアン
カルマ >> あぁ、僕はモルジアナの人生を感じてしまうんですけどね>足が太い
GiGi >> 関西遠いです…名古屋近辺は全滅ですね
ルイ >> そういえば、サンデーの部数低下をWEBサンデー創設とかこつけて思いっきりこきおろそうと考えていたんだった。とるてあ記事で断念したけど←して良かった
ルイ >> 勿論そうですよ>モルジアナの人生 民族的にそう、って特徴もあったかな?
カルマ >> 茨木。ふむ、近いので観ようかな。>映画
LD >> 「キングゴルフ」は、何となくダメな「ベイビーステップ」を観ている気がしないでもないけど、まあ、それもよし。(`・ω・´)
ルイ >> ダメなベイビーステップw比較対象が悪いよw
ルイ >> 「結界師」のマイウェイな面白さは、なんちゅうか、サンデーとは別個の生命みたいだw
kichi >> ん〜w>ダメなベビステ   でもまぁ良かったですね。メンタル面に関しては前エピソードで割りと行くとこまで行っちゃってるんで、次はシンプルに飛距離っていう展開は正しいと思いますw
ルイ >> 「RINNE」は相変わらずローテンションで面白いですね。牢屋のサイドが襖なんて、あまりにも作品カラー通り。
LD >> 「神知る」は、将棋子編とディアナの話を並行して組んだわけですが……うん。これでいいのか……う〜ん。んんんん(思考中)
ルイ >> ドラコンは筋肉特化でオールマイティには使えないって部分もきっちり押さえていて良かったですね。もうちょいいい流れで説明できた気もするけど>キングゴルフ
ルイ >> 神知るは暫く様子見。
カルマ >> 民族的な足の発達があって、足枷はそれを利用した反逆を封じるつもりだったんでしょうが、モルジアナは精神的隷属後に足枷によってさらに足が強くなったのかもしれない、と。ちょっと描写は単行本で要確認ですが>モルジアナの足
カルマ >> フォームが崩れる…というのを凌駕していくんでしょうね>ゴルフ
LD >> まあ、何か将棋子が、おミソっぽいのが気になるって事なんだよな。
kichi >> 「神知る」はどうなんでしょうねぇ……?将棋子はこれまでのヒロインと比較すると大分適当というか、まぁやはりディアナメインの話に使われた感じに見えましたが……、う〜ん……。
ルイ >> 足かせによって、とは読んでないですね。でも、彼女から「生まれた地」をはじめとした縁故を奪えば、残るのは民族的特色だけであって・・・
ルイ >> 言ってしまえば「足のふとましいじゃなかった足の強いボディガード奴隷」という認知のみが残ったという意味では、「足が強くなるしかなかった」わけですから、その点において人生が見える同意です。
LD >> あ、でも、今週の冒頭観ていたら、ジャミル生きてるんじゃないかって気がしてきたな。>「マギ」
ルイ >> 凌駕なんですかね?とりあえず、典型的に体幹を鍛えそうではあるwダメなベビステw
ルイ >> 将棋子のキスはなんかねー。>適当
ルイ >> 本当は数あるアクションの中で「キスを選ぶ必然」を組むのって結構難しくて、桂馬がリードしてやった方が筋は通りやすいんだけど、構成的に桂馬は享受した方がいい、って判断はあるのかもな。
カルマ >> あぁ、キスのお約束感?は感じましたね。>将棋子
LD >> ああ、やっぱりそうですよね。>大分適当 これから、天理やディアナ、あるいはハクアが本格的に絡んでくると、一編一編のヒロインたちは本当に片付けるべき事件レベルに留まってしまうのではないかと心配しました。これまでの「神知る」はエピが終わってもヒロイン性が保持されているのが良かったので。
ルイ >> 「はじめてのあく」は前のマント引っ張ったキョーコに吐きそうになった俺だけど、それはおいといて、藤木先生はシズカと乙号の線見つけて喜んでるんだろうなあw
LD >> 「はじめてのあく」は今週、ジローくんはひどいと思うんだ…(´・ω・`)フルートじゃないんだからさ…。
LD >> え?あれは好きだけどw>マント引っ張ったキョーコ
kichi >> 砂を吐くんですね、わかります……(´・ω・`)まぁ、今回の「はじあく」もドタバタ楽しくて概ね良好でした。
ルイ >> 「オニデレ」が思ったより素直にアンジー引っ込めましたね。まあ、続く展開の急所ってことは進めるための障害でもあるから、悪くはないけど。僕はこういうのは暴走させちゃえってクチです。
ルイ >> 画像抜き出したことから好きなのはわかってます。>マント引っ張ったキョーコ
LD >> 「あおい坂」は、う〜ん、なんか盛り上がってるなw
ルイ >> 「ディフェンスデビル」はたのしそうだなあ。
ルイ >> 「あおい坂」は、神木に勝たせてあげたいですねwまあ、そう思わせた上で負けさせるんだろうけど。
kichi >> 「あおい坂」、試合はじまった頃はあまり決勝感なかったですけど、段々盛り上がってきていい感じでしたよねw
LD >> 「月光条例」は、なに?え?シンデレラも赤ずきんも月光に惚れたの?……そうだっけ?
ルイ >> 基本的に「主人公チームが勝つ」という流れの存在するスポーツマンガは、相手が強すぎて勝っちゃうかもしれない、或いは相手こそ勝たせてあげたい、この辺で読ませるのが基本ですからね。
ルイ >> シンデレラってエンゲキブとの線だと思ってたら、何故か月光一本化だったでござる。
LD >> 今週、「優勝に王手!」と言ってはじめて読んでる気分がそこに追いついた感じですw>「あおい坂」 気分的には準決勝くらいだったw
kichi >> やっぱり違和感ありますよねぇw>月光に惚れた 今回長々と過去エピ解説させたこと自体違和感でしたがw
ルイ >> それは遅いなぁ。決勝自体は良く組めてますよ。ここまでの試合の印象が弱いだけで。
カルマ >> なんか知らないけどそういうことになってますね(笑)>月光に惚れた
LD >> そもそもシンデレラ、王子様はどうなのよ?wえ?役だけの関係?w
LD >> う〜ん。そうかも。>遅い 僕ののめり込みが遅い感じはします。

MANKEN CHAT(1.1)