漫研チャット
名前:
発言:
[正面] [取扱] [過去ログ]


■■■■2010年01月16日■■■■
GiGi >> 花形がトリックプレーって何か違和感があるなー
LD >> マガジン行きましょうか。
ルイ >> 最近ニコニコで「○○だけ抽出」ってのが流行ってるので・・・
ルイ >> そろそろ「ビーストだけ抜き出してみた」お願いします>ブラマン
LD >> 「ブラッディマンディ」大ピンチだすな。(`・ω・´)
カルマ >> ここで撃たないのがブラマンだろうけど、撃たなきゃまずいだろ…>ブラマン
ルイ >> もう徹底した小者汗だすんだもんーw笑ってまうやないか・・・w
kichi >> 「ブラマン」は……あれ1発目で当たりだったら残りの踏み絵はどうしたんだろう?ってのが気になったのですがw
ルイ >> ここで撃ったらヒキの意味ないじゃない。
ルイ >> バロバロバロッシュw>一発目アタリだったら ブラマンって前からこんなトボケを愉しむ漫画だったっけw
GiGi >> どう言い訳するのか、あるいは天の助けが入るのかをニヤニヤして見守る流れですね(笑)
LD >> …え?「君のいる町」、ここで神咲のターン終わり?(´・ω・`)
ルイ >> そんな事より、新年4コマで神咲が出てるほうにびっくり>君町
GiGi >> こういうのも一種の力石現象というべきか、描写を間違えたら間違えたなりにそのまま展開に生かしてしまえるのはブラマンの長所だとおも(笑)
ルイ >> 板垣くんのこれまでで一番宣言はいりました>はじめの一歩
kichi >> 「君のいる町」は…………どっからツッコんだものやら……(´・ω・`)
カルマ >> 空砲オチはないか。無いな。>ブラマン
ルイ >> 君町って、あの手紙がなかったらどうしてたんでそ?
カルマ >> エバがこういうことしないキャラ…って共感できるほどキャラが読めてないんですけど…>君町
LD >> 「ガマラン」、目玉がとんでるね…(´・ω・`)
ルイ >> ペイント弾オチとか結構あるよ。「ハハ、すまんビースト。ちょっとした冗談だよ。こいつには利用価値がある」ビースト「悪い冗談だな(汗)」
カルマ >> 「一歩」は…さすがに長いです。
ルイ >> 「ガマラン」目玉とんでますねえ。
ルイ >> 長すぎると、一歩のタフネスってなんなの?って思えてきますよねw
kichi >> ああ、ありそうですねw>ペイント弾オチ
カルマ >> ペイント弾でも至近で撃つと痛そうなんだけど(笑)
LD >> ビースト「悪い冗談だな(汗)」 ……はらいてwやめてくでwwww
GiGi >> 一応、前にも同じことやった実績はありますね。共感できるかどうかは話が別ですが。>君町
ルイ >> 「フェアリーテイル」はドラゴンスレイヤー優遇すなぁ。
LD >> 「むろみさん」のすり切れていない尾びれに驚愕w
GiGi >> ガマランは守りながらって縛りが気を付けないと敵の甘さを浮き彫りにしちゃうので考えどころ
ルイ >> 回想ですりきれてない事は沢山あったんで、それ自体はいいんですが、理由が大した事ないほうに驚愕w>むろみさん
カルマ >> 氏家先生の「なんて粗末な…」「心壊れそう」で久々に吹いてしまった。
ルイ >> ふむ>敵の甘さ 驕りとかあるかもですね。ほら、相手が剣客ならともかく、そうじゃないとノレない、みたいな。
ルイ >> 痴漢撃退法としてアリだなあ>粗末
LD >> 「君がいる町」はね……せっかく神咲のターンを積んだのに、それをまったく利用せずに「エバはこんな手紙かかない」をするのはいかんですね。そういう展開なら数回かかって積むな。神咲と取り返しのつかない仲になって、その後に手紙がくるのが正着。
kichi >> やっぱり甘さは感じちゃいますよねぇ(´・ω・`)>ガマラン
ルイ >> LDさんがちゃんとした人みたいに見える。
GiGi >> 先週巻頭カラーで今週ブービー位置の某人気漫画は連載自体がサドンデスしそうな
ルイ >> 或いは、神咲が手紙発見して、それを見せるかどうかで悩むフェイズは入れなきゃダメですね。神咲の存在が無意味だもの。
ルイ >>
LD >> 「だぶるじぇい」は真田さんがモテモテな件。
ルイ >> 「ベビステ」は6-0TUEE
LD >> ちゃんとしとるわ…(´・ω・`)
ルイ >> 「スマッシュ」は偉そうに色々言っていたので、翔太が傷心旅行じゃなくてホントほっとしたw
カルマ >> 「GE」こういうしゃべれない子は普通にいるので良いんだけど、展開が見えないなぁ。
ルイ >> 最初の数ページそうも読めるから、心臓バクバクしてましたよw
ルイ >> 「GE」バイトに先輩を入れなかった時点でオラと作者はなかよくなれない。←?
LD >> カウントダウンがなくなりましたが……(´・ω・`)
LD >> >「エデン」
ルイ >> 「エデン」カウントダウンが正直者にしか見えなくなったかな・・・
カルマ >> あぁそうだ、先週で先輩とバイトが一緒になる展開は少しよぎったんだった。>GE
kichi >> 「ベビステ」はこれまでの成果がわかりやすく描かれてて良かったですねぇ。
ルイ >> しかし、たくさんの怪鳥に囲まれた主人公こそ一番ダニにやられてそうな件。
カルマ >> 僕らの真田さん…いや、ネギま!のアキラみたいなキャラだと思えばむしろ良いのか…?
kichi >> 「GE」はなぁ、ほんとなんでこのタイミングで別の娘を出す必要があるのか分からない……(´・ω・`)
LD >> 怪鳥の大きな翼がかえって邪魔になってダニが防がれたんだよ…。
ルイ >> ダニもかよ!w
ルイ >> 訓練されてない恋愛漫画家は、嫉妬と波風用に新ヒロインを出す。訓練された恋愛漫画家は、最初から用意しておくか既存のキャラを活かす。>kichi二等兵
LD >> 「A−BOUT」、主人公の強さが不充分な内に、いきなり負ける展開を持ってきた感じ。まあ、ここから這い上がりなら様子見。
ルイ >> 「課長令嬢」のあまりのつまらなさにビックリしてるんですが、これが続く不思議。
ルイ >> ABOUTって、タフさなり描写したい割にはケッコウ失神KOしまくりますよねw
LD >> チャンピオン生きましょうか。
ルイ >> もののけ姫乙。
カルマ >> なんか不思議なテンションだなーって思って眺めている感じですね>アバウト
LD >> 第一話で主人公TUEEE!が完成している認識で話をすすめているようなのですが、僕的にはもう少し主人公TUEEE!ターンがないと、単によわっちい奴がKOされた感じ。
ルイ >> 佐渡川先生の「ハンザスカイ」、んー・・・・・・・・・・・・・・無難かナァ・・・・・・・・・・・・・・。
LD >> 徳川〜!!!!てめ〜か!!鳩山に子供手当て渡していたのはああああ!!!
ルイ >> 一応空手娘が可愛いのは良いのだけれど、とはいえケンカ無双がここまで弱いとされるのも強さインフレの処理が大変そうっていうかまた無敵看板娘構図かよチクショウ。
LD >> 無難ですけど、好印象ですね。いきなりレベル高そうだった「パニッシャー」よりずっと、つかみがある。>「ナンバスカイ」
GiGi >> まさに徳川埋蔵金。
ルイ >> 徳川が世渡り上手なのは結構なんですが、少し前にオバマで描いた部分を内閣でそのままなぞられたら、読者的にこれほど要らない回もないよね。板垣先生は圧縮とかないのね。単に「オーガに慄く内閣みたい」のね。
LD >> 誰馬>徳川埋蔵金
ルイ >> 山田くーん・・・
ルイ >> まあ、現実を舞台にした分、パニッシャーよりはw
LD >> 「弱虫ペダル」、ここで小野田くんと御堂筋くんの対決が!?
GiGi >> ケルベロス第2話はちょっと添削したいくらい残念な感じでしたね
ルイ >> 「みつどもえ」はなかなかオチまで纏まっているのだが、「イカ娘」が最近オチ放棄気味なのはなんなの?みつどもえアニメ化でモチベーション落ちたの?
GiGi >> 見開きが決まっていたのでなかなか好感触です>ハンザスカイ
ルイ >> 「ナンバ」の先生がいい先生すぎて泣いたけど、決めゼリフは教師のソレって言うよりヤンキーマンガのソレってあたりが若干ワロタ。
ルイ >> 「AL」怪我きっかけに巨大化したならほんと赤カブトなw
kichi >> 「ハンザスカイ」は、まぁ、好印象ではありますね。こっからどう展開していくのか、様子見つつ……。
LD >> いやぁ、まあでもアクションに注力したんでしょうね。>「ケルベ」
ルイ >> 「ケルベロス」バトルシーンの見易さにはおおいに課題が残りますが、お姫様の食いっぷりが良くて「友恵にはこんな目にあわせねえ!」って凄くシンプルに思えるのと、人間じゃなくなっても人間として生きたい、というあたりにキャラが乗っているので好きれす。
kichi >> 「弱虫ペダル」はここで御堂筋登場は意外でしたねぇ……。見事に意表を突かれました。
ルイ >> あと、モノローグの距離感が巻末のフクイ先生『気の毒』とエライシンクロしてるのがいいw
kichi >> ……が、この展開が良いのかはちょっとまだ保留……な気分もアリってことで……>ペダル
LD >> 「ギャンブルフィッシュ」このルールはトムに不利すぎるw
ルイ >> 『弱虫ペダル』はこの展開によって、坂道の合流が送れちゃうわけだけど・・・週を跨ぐから難しいとはいえ、読者感覚の中の「3分」を越えないで欲しいですね。
ルイ >> ちなみに坂道無双すぎとか追いつくわけないとか言う批判があるらしいが、インターハイの一日目でしかもペース押さえられてる第二集団を後先考えず実力ある奴が追いかけたら、99人抜きとかできます。フツーに。
kichi >> 「ケルベロス」は、やっぱ1話と比較するとイマイチ感あったのですが、キャラの描き方に関してはブレがないので、まぁ。……やっぱあとはギミックにひと工夫欲しい感じですかねぇ?
ルイ >> 「ギャンブルフィッシュ」月夜野KAKKEEE
ルイ >> 雪房が友恵咥えるってのは好きすね。
ルイ >> しかし、意味不明だなあ、ギャンブルフィッシュw上の4人が気付いたら問題ない!ってその時点で準決勝として機能してない・・・w
kichi >> 「ギャンブルフィッシュ」は先週の印象よりは大分逃げ道が用意された気がしたかもですねw
カルマ >> 月夜野と聞いて(ガラッ
LD >> 「エンジェルボイス」が何か不吉なことを言っています…(汗)
GiGi >> これって看板娘の美樹と勘九郎の関係なのねん>ハンザスカイ
ルイ >> 別に下痢にはなっていないですよ(ピシャン
ルイ >> そう言ったつもりなのねん>看板娘
ルイ >> 「エンジェルボイス」イソップは誰かを当てるゲームですね、わかります。
ルイ >> 普通に読めばマイちゃんで、若年性アルツハイマーとか見えるんだけど、まあフェイクっつっても許される範囲かな。
カルマ >> (そうか…トボトボ…)
GiGi >> 100人の中に当然御堂筋もいるってのは考え落ちしてましたね。これで坂道が間に合うのと、御堂筋の怖さを見せるのをどう両立させるのか、見当つきませんが楽しみです。
ルイ >> つか、今週の「エンジェルボイス」って、そういう予言もあるけど、サッカーものの真理だなあと感心したんですよね。確かに選ばれたもの達が新年早々たたかってるんだから、そうじゃない連中は元旦からだ。正しすぎる。
LD >> さて、そろそろ一番を決めましょうか。
ルイ >> 「バチバチ」が凄く良か・・・・・・・・・・あ?スルーだと?
ルイ >> 阿形のニヤリが物凄く良くてフツーに一番候補でもいいのにスルーとな。
LD >> サンデーは「マギ」…と「ジオ金」?
GiGi >> サンデはマギ、かオニデレ。
kichi >> ああ、そこも良かったですねぇ。>「エンジェルボイス」元旦から
LD >> お、阿形のニヤリの説明をおながしますます。
GiGi >> マガはブラマン?(笑)
カルマ >> サンデーは「マギ」でしょうね。「月光」も好きは好き。
kichi >> 「バチバチ」も良かったですね。期待以上と言っていい先輩対決でした。
LD >> マガジンは……ぐう。
kichi >> サンデーは……ん〜、まぁ、「マギ」でしょうねぇ。
カルマ >> マガジンは…ううむ、ホントに無いなぁ。
LD >> チャンピオンは「ハンザスカイ」悪くなかった。
ルイ >> え、説明って・・・wいや、阿形のニヤリってバツグンですよね。両者の格を落とさない上ではこれ以上ないように思います。阿形は勿論「やるじゃねえか」という表現で、それは今回は特別に負けてやるよ、という形になるんだけど、そのニヤリは同時に「ニヤリできてしまう時点で、気持ちは王虎が勝っている」証明にもなるんですよね。今回の一番に、どこまで自分の物語を追い詰めて、込めたかという点で。凄く良かったです。
kichi >> マガジンは…………無難に「ベビステ」で……。
ルイ >> 「バチバチ」・・・・・「マギ」?こんなもん?「めじゃ」?
kichi >> チャンピオン…………「バチバチ」かなぁ。
LD >> ああ、はい。そういう感じですよね。>ニヤリ
ルイ >> あと「風が如く」の「これは木を切るもんじゃねえ」にも笑いました。いや、間違いなく木を切るためのものですw
LD >> 「バチバチ」で行きましょうか。
ルイ >> マギは来週巻頭カラーらしいでの。
GiGi >> ハンザスカイは前半のバタバタがあんまり生きてないのが微妙なところ
ルイ >> ・・・ああ、あと「エンジェルボイス」も候補に入れておかないと可愛そうだよな、イソップ。
GiGi >> 阿形が勝ち上がれない理由でもあるんでしょうね。相撲を楽しみすぎるというか。
LD >> イソップを探せとかゆーてたのに…(´・ω・`)
ルイ >> ハンザスカイは正直59Pもあった実感がないとです。主人公が「普通になりたいヤンキー」以外の何の積みもないんだもん。ケルベロス一話読もうぜ。大事なのは外観とかより細かい描写だ。
GiGi >> らいしゅうはめじゃあとぶらまんのいっきうちだな(棒読み)
LD >> では「バチバチ」でな。
ルイ >> >相撲を愉しみすぎる ギギさんは毎週1つかっこいい事言うよね・・・なるほど名言。
LD >> うむ。同感だ。>「メジャー」vs「ブラマン」
ルイ >> そっかそっか、土俵の上で、鯉太郎なら絶対笑わないですもんね。そっかそっか。
ルイ >> 何そのモスラガメラみたいな頂上決戦・・・
LD >> それでは、そんな所で、お疲れ出しら。ルイさんハイエナ追記しておいてなのねんじえ。
ルイ >> タコスが語尾についてるからハイエナは遅れます。
LD >> それじゃあ、京はほんともうつかれきっとるよ。お休みなさい。
ルイ >> http://www.nicovideo.jp/watch/sm9349385 ぱっぱー。
kichi >> お疲れ様でした〜。
LD >> ルイさんハイエナ追記しておいてなのねんかな?
ルイ >> 了解なのよさ。
LD >> おやさっした!
ルイ >> ロリコンじゃないのにリピートがとまんねぇ・・・
カルマ >> 何回観れば良いんですかこれ。>ぱんだねこ
ルイ >> 最近ペトロニウスさんに続いて医龍を纏め読みしていたのだけれど、無人島に持っていくなら16巻がいい。
ルイ >> 最低6回だが、おそらく7回は必要だろう・・・
カルマ >> 初回で全体を観ようとして挫折しますね>7回
ルイ >> そういうことですwでもこれ、3D系作画の1つの回答ですね。
ルイ >> 揃いすぎない良さがあるんだな。まあ、これ揃いすぎないっていうより、一人ひとり濃すぎるけどw
カルマ >> 僕がアイドルマスターのダンス映像で気になる点のひとつに「ダンスの動きの個人差がない」ことなんですけど、やっぱり個人差あった方が観ていて楽しいよなぁ。ユニゾンの気持ちよさはわかるんですけどね。
ルイ >> ユニゾンの気持ちよさは、基本が「揃わない」にあるリアルでこそですね。基本が「そろう」にあるのがデジタルだから。そうなると答えは逆になる。
ルイ >> バタバタな小梅、元気な杏、完璧な柊、なんかセンスのないつっちーwドアラ状態のぱんだねこwしっかりしてて逆にエロい山本先生、だな。
カルマ >> 杏と柊の差なんかは、そのまま春香と千早に適用できそうな印象を受けますね。
カルマ >> 保存しといて、出先で観て堪能しよう…お疲れ様でした〜
備品 >> やはり、パンツ先生の今日の絵は目玉のオヤジか
LD >> 【はなまる幼稚園】 おお…えらい、思考の焦点が定まった幼稚園児だw
井汲 >> 昨日、「一番」に遠慮して書きそびれたことを…
井汲 >> BD レコーダーのカタログもらってきて検討を始めたんですが、現行機種って、どれも「アナログ地上波のチューナー」なんていういらないモンが付いてるのしかないみたいですね…(場合によっては2つも付いてたりする)
井汲 >> あと1年半で使えなくなってしまうそんなシロモノは省いた機種がいいんだけど、どうやら今現在は、BD レコーダーは1台で何でもかんでもまかなえる「高級機」としての需要・市場しかないんですね。
井汲 >> まだ「必要な機能に絞って、値段を勉強した『普及機』」が出回るステージじゃないんだな…。うーんどうしよう。とりあえず、とるてあ BOX が届く3月にもう一度調べてみるか。それで状況が変わらないようだったらどうすっかなあ。
井汲 >> ブルーレイについては、再生ができれば必ずしも録画はできなくてもいい(HD から DVD に録れればよい)と思っているので、録画機能のない BD 再生機を買って、DVD に焼ける HD レコーダーを CATV 会社のレンタルでまかなう、という手もあるけど…(そうなってくると、確かに PS3 も選択肢のひとつにはなりうる)
井汲 >> もう一つの手は、ブルーレイの普及機が出るまでじっと待つ、という作戦。10年前の「プリンセスナイン」の DVD のときもそれをやってたな、私(笑)。あのときは、「プレイヤーは数年後になってもいいから、とにかくプリ9は今買わねばならんのだ!」という使命感に駆られて買ったものです。(その DVD を見るために、TSUTAYA に入会して「DVD プレイヤー」を借りたんだった。私が TSUTAYA で最初に借りたのは、ビデオでも CD でも DVD でもなく、「DVD プレイヤー」だったとゆー(笑))
ルイ >> http://up.arelink.net/up50/src/are16649.jpg ふう…
ルイ >> ちなみにオラ、もう20日以上放置…orz


■■■■2010年01月17日■■■■
LD >> >20日以上放置 …ちょっと開けてみて。(というか、ぶっちゃけコナミさん、そこらへんどう設計してるの?)
LD >> 【DTB黒の契約者】 観返してみると、黒って笑っちゃうぐらい“女”がらみな奴だなあw…しかし、まあ、前代のハードボイルドの文法って奴ではあるか。
カルマ >> 機嫌が最低まで下がって、電話しても取り合ってくれなくてメールとか送って機嫌直すまでは会えなかったり…かな>20日以上


■■■■2010年01月18日■■■■
LD >> ふむ。一定期間、放置したらゲムオバでもいいと思うのですが…それだと“重い”って事かな?>20日以上
LD >> さっき、ついったでシュレディンガーの猫を話題にしたので、シュレディンガーの「ラブプラス」を想像している…。
カルマ >> えーと。「どうぶつの森」系として分類するのが妥当だと思うのですが、その辺のゲームにはゲームオーバーの概念はないですね。その代わり現実と地続きなものとして、セーブせずに電源を切ると再開した時にゲーム内キャラクターから怒られ、ペナルティを受けます(ラブプラスの場合女の子の好感度が下がる)
カルマ >> つまり、ゲームオーバーだと「なかったことにしてやり直し」になるところ、ゲームオーバーがないので「セーブせずに電源を切ったことも含め現象が全て蓄積される」んですね。僕はあまり好みではないんですけど。
カルマ >> 全てと書くと違うか。保存しなかったことで得られるメリットと引き替えにデメリットも被るようになっている、か。
LD >> ふむふむ。( ・`Д´・)φ
LD >> 【今期選考】オイラはエントリーしたぜ。ルイさん後頼んだぜ!!<(`・ω・´)
カルマ >> エコノミーモードで観ると昭和っぽくなってまた味わい深く(笑) コードギアスでクックロビン音頭【手書き】 (3:11) - ニコニコ動画 http://www.nicovideo.jp/watch/sm9376788
GiGi >> エコノミーでみるという発想はなかったw
GiGi >> ラブプラスはそのあたりの処理のむつかしさも踏まえて「別れ」があったほうがよかっただろうな、という話ですね


■■■■2010年01月19日■■■■
備品 >> http://sankei.jp.msn.com/entertainments/entertainers/100118/tnr1001181931010-n1.htm ショッキングすぎて…
GiGi >> アバター見てきた。とりあえずスゴい映画だった


■■■■2010年01月20日■■■■
GiGi >> めじとぶらまんはどっちも酷くてやれやれだぜ。
ルイ >> あとはダカザンを見てっとw
ルイ >> http://www.animate.co.jp/event_info/event/event_e20100123_2.html これが終わってから帰宅してラジオか・・・エントリーは明日仮、明後日本で2回出せるといいかな。なんだかんだいって土曜朝までやってるかもしれませんが。一番出られるかなあ・・・w
ルイ >> つか、どこにDTBなんて見直す余裕があるんだwやっぱり映像を見てきた蓄積が違うから、なんかこう、観ることがスムーズですよねw
LD >> 余裕がなくても見直す。それがDTB魂。(`・ω・´)←


■■■■2010年01月21日■■■■
ルイ >> ペダルで。
GiGi >> おk
ルイ >> iphoneでの投稿って、画像うpしておけば電車の中でも投稿可能ではあるんだけど、画面ちっさいから改行に自信なし。
ルイ >> (・・・は!あいぽんで画面小さいとか言い出してる!人間の慣れKOEEEE)
ルイ >> ダカザン見終わった。LDさんに色々聞けばいいか。←よくない
LD >> オチ以外のところなら話せると思うお。(=´ω`=)>「流星の双子」
ルイ >> オチを話せよデコスケ野郎。
ルイ >> そういえば、ソラノヲトの2話がつまらなすぎて鼻血でそうになったんだけど、今前期で忙しいからおいておこう。
ルイ >> ポスターの額縁っていくらくらいで買えるのでしょうか。true tearsのサイン入りポスターとどいたんだけど・・・w
LD >> |ω・`)。o(乃木坂キタか…)
LD >> |ω・`) …あ
LD >> 「キディ・ガーランド」のチャット会話は「電視の部屋」に載せようと思うのだけど、画像がないので味気なくなっています。ルイさんが何か適当なこのシーンは観てみて的な注目画像を僕に送ってくれると後で編集しておこうかと思う。
LD >> 一応、投稿しておきましたので、観てもらって画像、レイアウト等指示してくれればそのように編集しなおすじえ。
LD >> 「暗黒街の対決」観ている。…天本英世さんとか、若い。
LD >> 「凍りのくじら」読み終わりました。
井汲 >> 「流星の双子」は最終話を見損ね&録り損ねてしまったので、今月スタートの ANIMAX の放映でカバーしよう………と思っていたら、先週から一足先に MX で放映が始まったのでそちらを見始めています。
井汲 >> 途中の話も、TBS では頻繁に放映時間変更があってアタマやオシリが欠けた状態でしか見られなかった(録画が残ってなかった)ので、これでのんびり補完する予定。
井汲 >> 「キディ・グレイド」のパンチラについて補足しておくと、何が嫌だったかといって「ただ、漫然とそこにある」だけなんですよね。ルイさんが「トップ!」を引き合いに出していたけど、あれみたいに「どんな手を使ってでもお客さんをこっちに引き込んでやるぜ!」という覚悟と気合が入ったものではなくて、本当にただ漫然とそこに転がってるだけ。
井汲 >> 紹介しといた以前の感想でも触れてたように、「ナジカ電撃作戦」くらいまでやってくれれば、パンチラだって立派な芸になるんですけどねえ………。


■■■■2010年01月22日■■■■
井汲 >> http://www.truetears.jp/ 「三人娘ばかりじゃなく、一応は主人公の石井さんももうちょっと立てたってください(笑)」と思っていたら…!
井汲 >> (収録はオーディオコメンタリのとき一緒にやったんだろうから、コメンタリへの石井さんの出演もかなり期待できるかな?やっほい♪)
ルイ >> 果たしてエリンを見終えられるのだろうか。僕の中は素晴らしすぎて、見る気が起きなかったのだ。
ルイ >> 中では、ね。こんなんさ、前の日にいうのもなんだけど、別格ですよ。
カルマ >> マンガ雑誌の発行部数。下のコミックス販売部数も興味深いですね。「べるぜバブ 」単行本売れてるんだなぁ…http://blog.livedoor.jp/insidears/archives/52165068.html
LD >> あ、「今週の一番」は本日深夜25時開始予定という事でよろしくお願いします。
備品 >> ヤングジャンプ内のGANTZの位置が興味深い。あと2000年のチャンピオンのラインナップ堅いね
備品 >> さてフンドシの人作風変えてきましたね今回はどうかな?
ルイ >> 一番は遊撃で参加かも。ギギさんみたいに。
ルイ >> ずっと涙が止まらないんだが、これで徹夜鑑賞〜午前午後のトークショー〜ラジオって大丈夫か。
ルイ >> エリンはだめだ、僕の心のダントツで弱い部分にヒットしすぎ。


■■■■2010年01月23日■■■■
LD >> |ω・`)
kichi >>       (´・ω|
LD >> |ω・`)ノ やぽん
kichi >>   こんばんわ〜 ヘ(´・ω|
LD >> 町の遊撃手、ルイさんは遊撃参加との事ですが…。
kichi >> ……今期のネット配信アニメは「クェイサー」に「れでぃばと」に「デュラララ」、あと密かに「おまもりひまり」……か……。
kichi >> 町の遊撃手だったのか……(´・ω・`;)どこの町なんだろう?
LD >> (`・ω・´)ノ「れでぃばと」だな!「れでぃばと」だな!
LD >> 地上波で流れていないので、ちょっとあれだったんですが、「れでぃばと」が良い感じなんでがす。
kichi >> 「れでぃばと」なのか〜w ま、幼馴染みが面白げではありますね。2話見た感じではそれほど真っ黒ってほどではないのかな?と思いつつ。
カルマ >> こんばんは〜
LD >> 「クェイサー」はまだ観てないみょん。…ってかあれ?AT−X?
LD >> おはようございます。
kichi >> 「クェイサー」は通常放映版はエロシーンが全面カットというか風景のみであえぎ声すらカットみたいな状態になってるようで、正直何やってるのか全然分からなくってつらいです……(´・ω・`)DVD売るためにしてもさすがにやりすぎだろう……乳首隠すくらいなら許せますが……
LD >> 幼馴染みのキャラ次第ですねえ…。ただ、1話でそのキー具合を感じさせるのが好きです。>「れでぃばと」
LD >> 多分、AT−Xで放送されるやつはそんなカットしていない気もするんですが…どうなんだろう?>「クエイサー」
kichi >> ハーレム風ではありますけど、完全に2ヒロインの一騎打ちな雰囲気ですよねw でまぁ、やっぱ幼馴染み次第ですなぁ……>れでぃばと
LD >> 「ソ・ラ・ノ・ヲ・ト」はクオリティ高そうです。これも今期注目だじえ。
kichi >> 配信だと有料版もあって、そっちだと大丈夫なんだと思います……(´・ω・`)>クェイサー
kichi >> 「ソラノヲト」はネットでは見れなそうですねぇ……(´・ω・`)ちなみにあまり評判は良くないような……
kichi >> とまれ、あと「レールガン」「キディガーランド」「戦う司書」が継続なんで数的には充分というかやや多いか……。どれか切ろうかな……?(´・ω・`)う〜ん
LD >> 一騎打ちの盛り上げ方がなんかいい感じでw チャンピオン=川澄子vsチャレンジャー=中原子 …って程確定的じゃないですけど、ともかく中原フレイムハートが不利スタートな感じもよくって。
LD >> 「戦う司書」が、録っているけど観てないです。どうなんですか?
kichi >> ルイさんも当然のようにやってることありますけど、実は声優子という書き方だと見てるアニメでもほとんど理解できなかったりw ま、流れ的に川澄子が幼馴染みですよね?w
LD >> 「バカとテストと召喚獣」も悪くない感じですが…あれ?制作、シャフトじゃないんだ?
kichi >> あー、うー、ちょっと説明難しいな……。とりあえず分かりにくくて、ストレートに面白い作品ではないです。特に3話目までは厳しい……>戦う司書
GiGi >> 町の二塁手GiGiさんですよ
LD >> ああ、すみません。フレイムハートさんを、お嬢様子と書こうと思ったのですが、考えてみるとお嬢様だらけだと。…で、幼馴染み子vs中原子だと、なんか統一感がないよなという感じで、川澄子に変換しました。という思考経緯だったのです。(←フレイムハートって書けよ!!)
LD >> じゃ、じゃあ!オレ!オレ!投手ね!!
kichi >> ただ、4話目辺りから段々分かりやすくはなってきますし、結構いい感じの萌えキャラの活躍とかもあって結構楽しめる感じにはなってきてるというか……。あと、原作読んでる人が、後半の展開が凄いので我慢して見続けるべしとも言ってましてねw>戦う司書
kichi >> ああ、たしかにお嬢様子だと該当者多数でしたねw じゃ、ドリル子でw
LD >> あっと。そろそろ一番にはいってちゃっちゃと遊撃しちゃいましょう。
ルイ >> エリン観ながら再掲織り交ぜ強引に記事2つ捏造しますた。このまま観続けながら遊撃してショートして6します。(←高度な遊撃違い)
kichi >> 。o(ちなみにフレイムハートという名前も覚えてなかったのでピンときてなかったのは内緒……)
ルイ >> 極上生徒会だよ!orz
GiGi >> 二遊間のコンビネーションで今週の一番は鉄板と行きたいところ
ルイ >> 誰かが3やってくれるとダブルプレー完成だじぇ>鉄板
LD >> 確かに“ああゆう設定”なのは、何故なのか?分らないとそもそもの観方に迷いますね。でも、分って成る程と思わせると「楽しい」かもしれません。>「司書」
カルマ >> じゃ、じゃあ僕ミッドフィルダーで…
kichi >> そうですね。(真面目子ちゃんや褐色子ちゃんを楽しみつつ)長い目で見てる感じです。>司書
LD >> じゃ、オレ!オレ!隠密で!というか聖奈さんで!!(`・ω・´)ノシ>極上生徒会
ルイ >> 聖奈さんはマリアさんの上位種だからダメ。あげない。
LD >> 。o(確か、AT−Xかどっかで「極上生徒会」の再放送があったような…)
GiGi >> それはともかく今週のハンタは作画密度が高くてびびった。
LD >> (#゚Д゚)<聖奈さんはお前のもんじゃねええええ!!!
LD >> あ、すんまぞん。ザンプからっす。
kichi >> 今週のハンタは良かったですねぇ。これぞハンタ!という感じ。合掌の解説が最高ですし、ヒキもまた楽しみで!
kichi >>        
kichi >> ……あれ?(´・ω|
LD >> 「HxH」の王は、この時点でネテロに対するリスペクトがあるわけですが、この時点でロジック的にはコムギとかぶりますね。
LD >> あ、すみません。ちょっと手を離していました(汗)
ルイ >> 「誉めて遣わす」てなんで手書きなんだろ。
カルマ >> ハンタは安心したという感じですね。
LD >> 「黒子のバスケ」は、インターハイがどうなったら、さらりと描かない気だな。でも、果たしてそうさらりと誤魔化せるか?w
LD >> 擬音だからじゃね?w>「誉めて遣わす」 何というか“空気”の擬音w
ルイ >> あれが噴出しにあった方が王の心からってニュアンスが出ると思うんだが、手書きである事でマジ舐められてるってニュアンスでますねって誘導させたかった。でも自分で書いた。エリン観る。
カルマ >> ぽくないというか、なんとなくネギま!とかでよく見る台詞の使い方だなぁ、と思いました>誉めて遣わす  あえて緊張感を緩める印象を受けるというか…なんだろ?
kichi >> ……ん〜、まぁ、「天晴れだ」だけでも充分なとこだとは思いますからねw>手書き
LD >> 「ワンピース」は、ちょと上手く言えないんですが、直截に言うと少し落ちたという言い方がいいかな…?
kichi >> 「黒子」は……とりあえず新キャラはもうちょい見た目頑張れなかったのかな?という気分が……。
カルマ >> キャラの区別があんま付かないのに人気投票とかやってますしね(笑)>黒子
kichi >> あれ?そうですか?>「ワンピ」   個人的にはここで祖父孫対決行くか〜!と結構盛り上がりましたがw
LD >> いや、なんか「誉めて遣わす」って声に出していない気がするんですよね。思いっきり上から目線なんだけど王自身としてはその自覚がないというか、さすがに「誉めて遣わす」まで言っては相手に失礼かな?とか思って呑み込みつつ、でも「天晴だ」で充分上から目線だというw
GiGi >> ああ、発音してないという読みはありますね>誉めて遣わす
LD >> 「黒子」の新キャラは回り方次第ですね。…藤巻先生のキャラ付けは毎回かなり苦しそうに観えてしまいますが。
GiGi >> 攻防の解説をしながら時間が静止しないコマ割りの技術はさすがとしか言えない
カルマ >> やっぱり基本的に覇気に乗れてないので、それを見て結集する流れは少し冷めて見てしまいますね>ワンピ
kichi >> キャラ付け以前に、カルマさんも書いてるように見た目の区別レベルで厳しい印象なのがなぁ……w>黒子新キャラ
LD >> 「ワンピース」は……よく他でもNPC劇場の害のような話をしていて、それを白ヒゲ編ではここまでレベル上の戦いをしつつルフィも混ぜている上手さを語っていたわけですけど、これはNPC劇場の逆の…何て言うんだろう?…→
GiGi >> ルフィを持ち上げることで相対的に他のキャラの重み付けが下がった感はありますね。
kichi >> たしかにそれはあるんですが、そこは2週間待ってる間に飲み込んだというかw、結構素直に流れに乗って読んでましたね、私は。>ワンピ覇気乗れない
ルイ >> なんかね、ルフィで収まる想定内の世界に、ミニチュアワンピに戻った感はある。そのミニチュアが精緻だって評価は別にあっていいけど。
LD >> →先に言っておくと、以前「ワンピ」評で僕だけ、ルフィの格落ち感、弱い感がちょっとショックみたいな事を言っていた事があって、そこと繋がっている流れだと思うんで僕だけの感覚かとも思うんですが…。
ルイ >> リランと巨像はPS3でいつ発売されるのかな。
LD >> あ、けっこう同感されている?w>「ワンピ」
GiGi >> それはともかくトリコも良かったとですよ。
ルイ >> 「トリコ」のキモキモ具合素晴らしいです。DBのセルやJOJOに通じるジャンプ伝統のキモさだ。
カルマ >> どうやってこの現場に介入していくか?そして主役になっていくか…という中での説得力のある演出ができてない印象ですね。それはやっぱり覇気じゃないかと思うんですけど>ワンピ
ルイ >> (ここでキモの撒き得をっと・・・)
ルイ >> 覇気もそうだけど、ヴァタシの人のドーピングがビジュアル的に負荷を印象付けられていないのもあるんではないかなと。ギア2とかもそうだけど、尾田先生は段階演出はうまくない。
LD >> NPC劇場って揶揄の先の話なんですが、元々これTRPGの用語(?)なんですが今度はNPC劇場の先に、NPC劇場にならないようにディスティニーでPCを中心に持って行く事があるんですよね。でも、本質はNPC劇場だから形式的にNPC劇場の定義を回避しただけというか…これ特に「言葉」はないんですけどね。そういう感覚を「ワンピ」に受けていました。…でも、ほんのわずかな所感で上手い事に変わりはありませんが。
ルイ >> 「保険室」ああ〜、タオルでゴシゴシ拭かれている所の悶えをもうちょい描写すれば、イケるのに。いやずっと福田パンティとか変な事いってるけど、やっぱ「大コマ」。。。といってもそこまで大きすぎなくていいんだけど、メリハリは多少は必要で、調伏を端折る選択をするならソッチだろと。実際可愛いんだし、やれるよ。やってよ。
LD >> ところで、ブログで「NPC劇場」の解説しようと思うんですが、何か有名所で典型的にNPC劇場になっている作品ってありますかね?
GiGi >> ルフィは巨大化させても良かったかもとか思ったり。
LD >> 福田パンティというのは、万乗パンツと同属の何かか?(`・ω・´)
LD >> まあ、ぶっちゃけ「ロードス島戦記」の英雄戦争の決着フェーズあたりがモロにNPC劇場なんですが…。>「NPC劇場」
kichi >> ん〜、まぁ、この戦争でルフィが出張る展開自体に落ちた感を感じるというのは分かる気はします。……というか、やっぱ私は覇気のイマイチさ含めて前回に感じて飲み込んだ感じが強いかなぁ?だから、今週に関してはそこは乗った上でガープと対決という展開の印象の方が上回ったというか……。
LD >> ってか。福田?ああ、なんか知らないところで「バクマン」と混ぜてるのか。
カルマ >> 「保険室」なんとかフックを作ろうという感じが見えますねぇ。
LD >> はい。>kichiさん 僕も盛り上がっているし充分よい形だなという思いもあります。ちょっと、詰めて観てみると白ヒゲが「全員、全力でルフィを援護しろ!」と宣言したのが“嫌”みたいですね。分りやすいけど口に出されると興が削がれるというか。
GiGi >> 万パンは希少価値。
kichi >> 今週の「保健室」は好きですね。でもたしかにいろいろちょっとずつ弱い印象もあるんですよねぇ……。オチも何か……悪いとは言いませんが……う〜ん。
GiGi >> キモキモ言うバブは別にキモくないなあ
LD >> 「トリコ」の今回戦っている、この上下キバさん、間接がパキポキ外せて不定形な感じなんですね。…故に今回のヒキは次回「効いてない!」で処理されると観た。…というかもう一回はコレクションを見せにやってくると観た!
kichi >> ああ、なるほど……。仕方ない気もするものの、分かる気はします。>白ヒゲの宣言が嫌
LD >> 「バブ」は構成力がすごい落ちている気がする。あと、アンジェリカも転送時には真っ二つに割れて、みんなそこに入って行くのがすっごい気になるw
カルマ >> 「トリコ」イイですねぇ。気持ち悪いなーほんと(笑)
LD >> 「バクマン」は「BBケンイチ」が終わって、中井さんが去って、ちょっと腑に落ちるというか観たい展開を観れた気がする。
kichi >> 「バブ」厳しいですねぇ……(´・ω・`)ラストのモンスターの造形は悪くないと思いましたが……
ルイ >> バブは構成っつか、先週言った要望がちょい悪い感じで微妙に叶えられてるんだけど、じゃあ先週は無価値な一話ですね、と言いたい。今週、先週のリテイクみたい。描き直しは編集者との間でやってちょ。
LD >> ちゅか「ブリーチ」、おお…なんか気付いたら、ラスボス戦なわけだ…?
ルイ >> ところが最近はネットで地方でも連載できるので、ジャンプじゃないけどラッシュとかビームとかブレイドあたりで活躍するのであったー。>中井さん
カルマ >> 「バブ」のこの滑ってる感はなんだろうなぁ。この悪役も古くさいし…
kichi >> 「バクマン」そうですねw 港浦さんがいよいよボロボロって辺りも含め、なんか腑に落ちる印象な回でしたw
ルイ >> 「スケットダンス」デレのないツンは読者は好まないぞ、篠原先生。
LD >> 魔獣は悪くないですね。…でも、ちょっとファンタジー世界を維持するのはキツいものがあるかも。
GiGi >> 元ジャンプ作家ってのは結構な金看板ですしねー。てかここまでやった上で喉元過ぎればな展開してこそのバクマン(笑)
LD >> 「スケットダンス」、クエッチョン酷いよ〜w(´;ω;`)
LD >> >喉元過ぎればな展開 言いたいことは分るし、そうなのかもしれないけど、僕はもう少し厳しい話のバランスで行って欲しい。
カルマ >> 「スケットダンス」好きですねぇ(笑) そういう女もいるんだよね。
GiGi >> ぶりっちさんは藍染がちゃんとラスボスらしい振る舞いで好印象ですね
カルマ >> ネットで絵を描いて人気出たりして>中井さん
kichi >> 「スケットダンス」は私も割と普通に好きだったというか、クエッチョンのキャラは予想通りで、まぁ、スケットらしいオチかなとw
LD >> でも、何か袋だたきフェーズなんで(実際には袋だたきにできないだろうけど)、藍染上手いこと逃げてもう一回“幹部”とか“魔城”とか組み直すかもね。
ルイ >> 袋だたきっていうか、肉の壁ですね。
LD >> 「ぬらりひょん」は、なぜか鳥居の影から百式観音が…!!
LD >> 逃げてって表現はよくなかったかな。いや、なんかこの構図って「ダイ大」でバーンが囲まれて、仕切り直しをした流れに似ている気がしていて、で、仕切り直しがあるかなって。…ところで何か「メラゾーマではない、メラだ」って流行ってます?
LD >> 「保健室の死神」好きなんですけどね〜。今回の話もよかったと思うんですよね。
LD >> 「めだかボックス」は、宗像くん、ちょっと弱いですねえ〜。
LD >> 「あねどき」はすんげえさらりと終わっていました。(´・ω・`)
kichi >> 「めだかボックス」宗像くんはちょっとガッカリしてしまいましたねぇ……(´・ω・`)しかし来週センターカラーか。人気出てきてるのかぁ。
LD >> さて、そろそろサンデイ行きましょうか。
ルイ >> めだかボックスは1p目の時点で銃までいくのがミエミエなので、遅いし重い。驚きもない。
カルマ >> 「あねどき」ほんっとーに、なんのひねりもなく終わりましたね…
ルイ >> 「保険室」良かったですよ。僕時間があったらなんか書きたかったもん。でも、だからこそ色々残念。
ルイ >> 「あねどき」ストーリーテリング能力なさすぎワロタ。
kichi >> 「あねどき」はさらりとした終わり方でしたねぇ。でも個人的には割と好みな終わり方ではあるかもです。(姉が好きという気持ちへのショートカットを飲み込めばですがw)寂しさも希望もさらりと込められた最終回で、なかなか良い味わいでした。
GiGi >> あねどきは意外?にバランスのとれたラストでしたね。長々続かなかったのがかえって効を奏した気も。
LD >> 「マギ」、ヒキの具合から別人のオチも考えましたが、さすがに巻頭カラーでそれはないかw
ルイ >> 元々さして期待もしてなかったのでアレだけど、ただの4〜5歳のカップル候補誕生ってだけじゃん。構造への自覚ちゅか追求がたりなすぎ。憧憬と思慕も比較してない、感情の誤読も匂わせもしない、単にいい体のネーちゃんが来て好きになって両想い、って何それ。
ルイ >> まあ、でも桃栗的にはこういう萌え短編を延々と続ければいいと思うってのは以前言ったかな。
カルマ >> 僕は結構それ考えてました>別人 まぁ、そういう巡り合わせの必然が起こる話なんですね。
ルイ >> 構造は唾棄するとして、最終話のネームは結構綺麗。好みで言うと期待のプリクラは匂わせるだけでフォーカスしないくらいが好み。
GiGi >> マギはまたアリババ詐欺でしたよ(笑)
LD >> 「手がつかえないんじゃ、みんなの力も借りられないし…」か。
ルイ >> 「マギ」は名前にステップアップしたという事ですね。まあ、来るとは思ってました。
kichi >> 「マギ」はモルジアナ同行かぁ!素直に嬉しい展開ですね。……逆に一話で出てきた二人の絡みがあまりにも少ないのはちょっと気になるとこですが……また出てくるかな?
ルイ >> 「ハヤテ」は「一方その頃」の方がネーム比重大きいせいでどっちが主格かわからないアチャーな作り。
GiGi >> めじのことはひとまずおいておいて。
ルイ >> ここで三振なら見直したのに。
LD >> 構造への自覚が足らないというとそうでしょうね。後半は時間が足らなかったとも言えますがそれは初動で成してないとという感じで。僕としては走っている最中に構造が変化する話に期待していた感じで。期待といっても可能性が高いと思っているわけではない。
LD >> 「アラゴ」の新井先生の描く、女の子は好きやなあ〜wペンタッチがw
kichi >> 「ハヤテ」……なんかちょっと酷いなと思いましたね。比重もですけど、電話から入る意味が全然わからなかったりして、なんかもう……(´・ω・`)
LD >> 「ハヤテ」はなんか知らんがアポロガイストと書いてるから、僕は誤魔化された事にしよう。
ルイ >> 「アラゴ」ね。ちょっと言い訳しましたけど、それにしたって先週の言い回しは酷かったw
kichi >> あ、「あねどき」は全体の感想を言えばそう(ルイさんの言うとおり)でしょうね。でもまぁ、最終回でどうにかできることとも思わないので、最終回は悪くなかったかなぁ、と。
カルマ >> 「ハヤテ」はなんでしょうね…場面の温度差も酷いし。
LD >> 「神知る」は、桂馬のキャラが「面白く」て成り立っている作品と改めて実感。あと「やればできるじゃないか!現実!」はけっこう意味深。
kichi >> 「めじゃ」はほんとになぁ……、まさか三振しないとはなぁ……(´・ω・`;)
ルイ >> 三振か、三振ふりにげで一点かですよね。
LD >> 「ツール」も、とりあえずフランスに来て、女の子も登場しているから、この1回は乗り切った事にしよう。
カルマ >> 良い台詞ですよね>「やればできるじゃないか!現実!」
ルイ >> んー、2Dや3Dのゲームでいくら裸みても修正も入ってるし、リアルな女体へのあのリアクションはもう不能者だな。
kichi >> 「神知る」は……そうですね。さすがに女の子になって「意外にフツー」と思うものかな?とは思うんですがw、でもまぁ、それくらいのキャラだから面白いのですよね、実際のところ。
ルイ >> 男女交換自体をありふれた展開と取るのは、キャラ格まんまで特別いい描写でもないし、まあ、そこ描けないならこんな連載やめてまえ!みたいなところですね。
GiGi >> 結界師が低体温なまま大きな展開をしていて面白いなあ、というのと、りんねのサクラの低体温ぷりも面白い。
LD >> 「メジャー」はともかく回数与えるとどんどん吾郎を出す“勢い”を失ってゆくぞ〜w こんなん考える時間を与えられたら、普通に吾郎を出せなくなると思うんだけどw
ルイ >> りんねと並べるのは、わかるけど作為的だなw
ルイ >> 結界師は、こういう風に淡々と、一生の重要な瞬間は過ぎる・・みたいな作者感覚があって好きですね。
kichi >> 「ツール」なかなか良かったですね。ま、こっからでしょうが……。
ルイ >> 誰か歌舞伎に触れてくりゃれ。ちょっと井上先生ぽいとか言っておぎゃれ←間違ってる
カルマ >> 「ツール」レース部分はこれからでしょうが、ひとまず悪くない展開だと思います。
ルイ >> んー、「ツール」、おにゃのこがマーシャなら合格(マーシャ?
LD >> いや、ちょっと表現微妙ですけど、桂馬って不能者な面はあると思いますね。現実側から観れば。それに無修正の3D画像で依れるくらいなら、それはやっぱり桂馬の2D愛は代償行為だったんじゃない?というかね。苦しい面もありますが、ここらへんが妥当なところだと思います。
GiGi >> ツールはなあ…お父ちゃんの通った道をなぞるという話にどこまで自覚的なのかなあ。そのあたりが注目かな。
LD >> そうそう!「結界師」!これって、さらりとフェーズが変ったんですよね?それこそタイトル変えるくらいに。なんだろ?
kichi >> 「結界師」同感です。淡々と展開しつつ、ラストで別れの話を切り出す辺り巧いですねぇ。意味に気付いた時はすでに手遅れという……。
ルイ >> つか、親父結構どうしようもないですね。もう一回過去の上書きあるかな。
ルイ >> なんか嫁死なせちゃったし逃げるように日本に戻ってきたけどゼウス来るから打倒ゼウスで倒せばヨーロッパへの道開けるぞ!           なんか変じゃね?
LD >> あ…冷静になってる。>なんか変じゃね?
LD >> 「はじめてのあく」は、ちょっとスルーで。
GiGi >> 学校が崩れ落ちるのが良いんですよねえ。さてこっから魔界編ですね(いろいろ台無し)
kichi >> 歌舞伎……、まぁやっぱり華やかな方向目指すのがいいんじゃないかなぁ?とは思ってるんですけどね……。しかしそれにはいろいろ足りてないのは事実でしょうねぇ。とりあえず絵は方向性から変えつつ頑張って欲しいところ。こう、芸術性とか感じるくらい尖った方に向かうべきと思うのですが……ないかw
LD >> 「オニデレ」、あれですね。今のアネゴの人格も成りきりでやっていたなら、アンジーの人格も“同等なもの”なのかもしれませんね。
LD >> ああ、そうか。「バブ」にちなんで魔界編かあ……ってもう行ったよw
ルイ >> アンジーをかぶせることによって、元の設定のムリさを補強するってのはなかなかテクニカルだなと。
kichi >> あれ?今週の「はじめてのあく」はそんな悪くもなかったような……?特別良いってほどでもなかったですけど。ラストの寝言は好きですw
LD >> 伝統芸能に、相応の経緯やリスペクトがなかれば、必ず面白くならない!…ってワケじゃないんですけどね。あんまり「楽しく」ないですし、そうなると歌舞伎に対する愛を感じないのがすごく鼻についてくる。
カルマ >> 「オニデレ」良いですね。上手い。アンジーちょっと引いてたんだけど、こういう理屈ならちょっとイケるかも、と思わせてくれました。
カルマ >> 「歌舞伎」登場人物全部『軽い』ですよねぇ。
LD >> 特別良いってほどでもなかったという事で……微妙な話ではあるんですけどね。>「はじめてのあく」
kichi >> 「オニデレ」同意です。
LD >> しかし、東京王・石原の消炭ってwww
kichi >> 「最上の命医」はスカされました……(´・ω・`)が、理由あって故意にそらされた形なのでまだセーフかな?どんな理由なのか様子見……。
LD >> マガジン行きましょうか。…かかってこいよ!鳥ヤロウ!!
ルイ >> 命がなんかごっつい重病の疑い?とか?
LD >> 最終回にダルシムを描いた人なので、いろいろセーフとかそういうの超えた展開が待っているかもしれませんw>「最上の命医」
ルイ >> 人間が棒でテコ原理も使わず突き破れる程度の腹だったでござる。
ルイ >> 今週のビーストコントコーナーも良かったです。
kichi >> あと「チルドレン」は重い展開来るのかなぁ……?(´;ω;`)ビクビク
カルマ >> そういえば、襲撃に備えて木の槍とか作ってたわけでもないのか…ただの棒(笑)
LD >> 「ブラッディマンディ」は、コント、コント、ゆうてるからすっかり画面を観るだけでも、っぷ!と吹き出す状態になっています。もう「ブラッディマンディ」のタイトルだけで“温まって”います。
LD >> 重い展開がこないとアポカリプス編は始まりませんしね…。>「チルドレン」
kichi >> 「エデン」も「ブラマン」も笑ってしまうのが笑えないというか……(´・ω・`)
ルイ >> 「君のいる街」見て、この何かを切り捨てる痛みのない作劇。たまんね。
LD >> 「エデンの檻」は……まあ、つっこもうと思うといろいろつっこめるけど、まあ…………一本に絞るならカウントダウンどうなった?(´・ω・`)
カルマ >> 「ガマラン」勃起する描写はちゃんと…って、この服で描いたらギャグになるのか…うーむ
ルイ >> 最低でも今週、送り出した神崎は元メガネちゃんか幼馴染ちゃんを登場させた上でそいつに吐露、号泣させたらんといかんがや。
LD >> いや、「ブラマン」の笑いはありだと思うな、正直w
kichi >> 「A-BOUT」のこのショボい超展開みたいな2話目はなんなんでしょう?(´・ω・`)
ルイ >> いや、勃起結構わかりやすかったような。良かったです>ガマラン
ルイ >> 「アバウト」は何がしたいかサッパリわからない。
LD >> そんな事したら、神咲カードが切りづらくなるからじゃね?>号泣
カルマ >> 「アバウト」2話目が意味不明なんですけど…
kichi >> 「君のいる町」なぁ……。転校という展開の仕方はいいとしても……って感じですよねぇ……(´・ω・`)
LD >> 「A−BOUT」ちょっと、何がしたいのか分りませんねえ。3年生にリベンジを“溜める”なら、もうちょっと何か「積み」が欲しいところだし。そもそも僕はこの主人公TUEEE!!って気になっていないから、そこで「作り手」とのギャップがあるように思います。
ルイ >> いや、違うねッ!!瀬尾先生はこのままフェードアウトさせるねッ!確実にッ!そう確実ッ!政権交代するたびにオーガ発表会するくらい確実なんじゃあッ!!
LD >> いや「A−BOUT」いきなり80人相手にケンカはじめる向こう見ずなヤツならそのままの勢いで、しばらく連勝街道突っ走って欲しかったんですけどね。それでああ、こいつ規格外だよ〜って思わせた上でなら3年生が出張ってきて一撃KOに衝撃がはしる。…でも、実際は多人数に囲まれてぐずつくくらいなのに粋がっていただけですからね。
カルマ >> 「君町」転校するにも一度会いに行って一緒に住む場所を作るため?とかなんか理由が欲しかった感じです。
LD >> ああ、駄目だ!全然駄目だ!尾瀬先生がこのままフェードアウトさせる気なら「返事待ってる」とか神咲に言わせないね!その上でしばらく間はきっちり忘れる!!それが瀬尾先生だよ!!
ルイ >> 向こう見ずすぎて親がDQNに見えちゃうのはアレですねw
kichi >> ……まぁ、トラックに突っ込まれてもピンピンしてるってことで主人公を積みたかったのかもですが、それは明らかに力加減を間違えてますよねw>A-BOUT
LD >> つか、ぶっちゃけね。メガネ子とか、バイトのお姉さんはもう忘れているだろうけどね。神咲カードはいつでも切れるように本能的にストックをとってしまっているよ?これ返ってよくないと思うんだけど。
ルイ >> どうなんだろ?ホテルで裸になるくらいしか神咲にはないような。
LD >> リヴァイアさんは、ルーン文字が刻まれた魔剣に弱い……と。( ・`Д´・)φなにかいろいろ微妙な世界観が観えてきてますね。
ルイ >> 若干北欧w
カルマ >> というか、バイトのお姉さんトコに仕事に逃げるくらいの方がまだ説得力あったかなぁ…とか。行くとこまで行きやすいし(笑)>君町
ルイ >> ていうか、むろみさんは二度目だから耐性ついてたって事ですか?リヴァイアさん凍っちゃったのに。凄い変温動物だ。
ルイ >> 正しすぎる指摘。ageのゲームならそれはある。>バイトお姉さんルート
LD >> 一つは、「君のいる町」がもう終わりなら、ここで神咲はエンドですよね。一度、遠距離になってそこから近くに越したらタイトル的に最終フェーズですしね。
カルマ >> 「むろみさん」良かったです。ほっこり温まる話でありつつ「らしさ」を感じるネタがきっちり入ってて。
ルイ >> なんで大仏建立とか知ってるんすかねぇw
kichi >> 「むろみさん」はさらっと腹に刀刺したりとトンデモなことやりつつハートフルな話をしてるバランスが良いですねぇw 今回好きです。
GiGi >> 今週の豆知識。むろみさんは変温動物。
LD >> しかし、瀬尾先生的に、すず…神咲はなかなか捨てられないカードだという感覚があるって事ですね。
カルマ >> 「ネギま!」容赦ないなぁ…いや、女性キャラまで広げると更に印象が違うか。どこまでやるかな
LD >> さて、そんな感じでチャンピオンに行きましょうか。
kichi >> 「GE」、バイト子ちゃんのエピソード自体は結構好きなんですが、本当にここに入れる必要あるの……?という辺りでどうも気になっちゃいますね……。まぁ今後うまく絡める可能性も無いわけじゃ無いですが……。
LD >> ああ、この技女性キャラにかますとさらにキツいですねえ。どうなんだろう。そこらへんバランスが観える。>「ネギま」
GiGi >> ネギまは踏み込んできましたねー
LD >> 新連載「シュガーレス」あれですね。「フンドシ守護霊」の人ですね。かなりペンタッチがこなれてきたなあ…。
ルイ >> バイトちゃんはなかなか良いキャラなので許す。
ルイ >> バイトちゃんはなかなか良いキャラなので許す。
LD >> このアフロくんが、ちょっとインパクトあっていいキャラに観えるので期待です。「A−BOUT」と同じ構造なので、こうすりゃいいんだよ!的なものを見せて欲しいです。
LD >> 。o( 二度 )
ルイ >> 絵自体元デブって感じられるのが立派だし、そういう経緯を持つ人が優しさに触れたら、まあホレる。恋の鞘当としては十分合格かと>GE
ルイ >> 「シュガーレス」新境地というわりにかなりクローズですね、このリンダマン、とか言おうと思ったら作者にとっての新境地だったでござる。
LD >> でも、アフロくん、こんなヤンキーの世界じゃなくってプロレスの世界に誘っている気がする。
ルイ >> アフロがタイガードライバーかエメラルドフロウジョン決めたら一番候補にしてた←
kichi >> ああ、「シュガーレス」で「A-BOUT」連想は私もしましたねw こっちの主人公もいきなり2回も失神させられてますがw、主人公よりアフロ君を立ててる感じなのですよね。
ルイ >> うん。「ろくでなしBLUES」のボクシングの強調版みたいに読めない事もないですね。>プロレス プロレスロードにいったら面白いけど、まあないな。
LD >> 「弱虫ペダル」は、いい「速度」で戻ってきましたねえ。
ルイ >> タイトルが無糖なのに最初のたとえがショートケーキと、若干荒木飛呂彦的なトボケ風味と言葉遊びがあるので、そこでヤンキーマンガ内の差別化をはかってほしい。
ルイ >> 御堂筋がアルマジロに見えてしょうがない。
LD >> 「A−BOUT」のハナノアナもなかなか面白そうなキャラではあったんですけどね。ちょっと強さの位置づけというか意外性のようなものが微妙になっていて……作者の中でスカウターはっきりしているのかもしれませんが、それがあまりいいバランスで番付されていない感がある。
GiGi >> ヤンキーの美学にあまり思い入れがなさそうなところが吉と出るか凶と出るかという印象ですね>新連載
LD >> 僕は、シャクトリ虫に観えました。>御堂筋
ルイ >> ヤンキーマンガ読みには独自のリテラシーが備わっていて、そのへん敏感にはじくかもしれないですよね。
kichi >> 「弱虫ペダル」良かったですね。まぁ、ルイさんのブログに同意ってことで。……ただ実は、合流の際の演出は期待より弱かった印象ではあるんですけど、速度を優先した結果のことではありますしね。
GiGi >> 弱虫ペダルなにが良いって全部。なんだけどルイさんの言ってないところで言えば御堂筋の巨大さが良い。
ルイ >> まあ「弱虫ペダル」はブログで先行しちゃったんだけど、やっぱ御堂筋をこの一話で振り切り、かつ「百人目」でしかないというのが凄くいいし、同時に御堂筋の格もまったく落とさない寧ろ上げてるあたり殆ど神域。
LD >> 「ハンザスカイ」は自覚ある勘九郎というか……つか関係ないけど「看板娘」の時はこいつら学校行ってないなあ…まさか成人?とか思っていたのですが、それが学園ドラマになって共感しやすしさ5%増し。
ルイ >> 無敵空手娘は若干自重。 まあしかし、この子どんだけ強いんでしょうね。
GiGi >> 常に御堂筋が小野田くんの2倍くらいの大きさに見えるアングルをとってるんですよね
ルイ >> なるほど。目もそうだけど、包み込むようにじいっと見つめる巨大さはキモさを増幅させますね。そして強さも。
ルイ >> 「みつどもえ」が独自の磁場を出していてかなり面白かった。この感覚、全体の何割くらい通せてるだろ?ずっとなら単行本買う手もあるかも。
ルイ >> ツッコミ所がざっと3〜4箇所あるんだけど、それを「作中キャラにとっての理」で堂々と押し切ってるのがかなり良い。良かったです>みつどもえ 前開かれたら困るから警察官に言わないとか。道同じだからって家にまでくる警官とか。
LD >> 「AL」、牙王…T−レックスの弱点が急制動というのは納得。トリケラトプスが二足走行するとか色々「楽しい」。
kichi >> 「みつどもえ」面白かったですね。……でも私は今回が別格とかそういうレベルとは思わなかったので、ある程度は通してきてる磁場だとは思うんですが……。ただ、単行本1巻はつまらなかった記憶が。ふたばのキャラが違っててウザいんだよなぁw
ルイ >> 「AL」も凄く良かった。恐竜解説漫画の面目躍如。
ルイ >> 別格とはいわんですwどれだけこのノリでいけてるのかな、とは思った。
ルイ >> 「バキ」いいからTASERでも使えよ、もう。
LD >> どうだろう…でも、言われてみると今回、独自の磁場を出している気がします。…いや、正確には元から独自の磁場は存在していたのですが、今回それがキレイに“回った”感があります。>「みつどもえ」
ルイ >> 漫画家はどうかしらんけど、ピアニストは腕力あってもピアノ弾くと思うよw
LD >> 今回、「冥王神話」もよかったと思うのですよ。ストーリー構成として。
ルイ >> 学内に留まらない方がいい連載なのかな、とは思った>みつどもえ あと、声は結局誰がやるんだよ。
ルイ >> 冥王は良かったというか、強烈どんでんですね。
LD >> 「誰もが腕力で夢を実現したい」ってのは、板垣先生の幻想だと思うけど、まあそれが「範馬刃牙」の世界観そのものなんでしょうねw
ルイ >> 「ケルベロス」が相変わらずかなり良くておいちゃん嬉しいよ。
ルイ >> この人の嗜虐趣味みたいなものは強烈だなあw
GiGi >> そんなやつは男じゃないと板垣先生はおっしゃるわけだ。
ルイ >> 力が無いから言葉とか遣うようになったんだろ?って言われたら、まあ人類的には正解におもえるw
LD >> いや、よくルイさんは「冥王」の翻案の良さを上げるじゃない。今回思ったのはそれで、元々はハーデスと決着のつかないままにステージが「星矢」に移るサーガだったんですよね。でも、この構成でハーデスと決着つかなくてもアーロンと決着をつける物語にシフトしているんですよね。
ルイ >> 「幽霊」というワンクッションを入れる事で若干「薄め」ているのが興味深い所なんですが、それによって出たばっかりの崩はまだまだザコい=後になればなるほど、敵は階段状で強くなる、って説明が自然とできてるのがいい。あと、裸足と透明も上手い。
GiGi >> んー。3話目もやっぱり勿体無いという印象>ケルベロス
ルイ >> いい指摘ですね。冥王神話という物語を未完のキャンパスにしない施策と言えるか。>アローンと決着 ハーデスが表だとどうしても無念の物語がチラつく。
ルイ >> あと、多分8体目の崩は御堂筋。これはチャンピョン愛好家としてかなりカタい。
kichi >> 「ケルベロス」良いですねぇ。記憶奪うために友恵をガブリといっちゃう辺りとか素晴らしいw その前の友恵が主人公に詰め寄るとこの迫力とかも良いですし、目を惹く描写が多くて良いです。
ルイ >> ドドドドドーンのコマ運びとかいいですよね。
ルイ >> 友恵を離し過ぎるとコナンの蘭になっちゃうから困るんだけど、「8」というムリのない数にした事は評価できます。足りなきゃ増やせばいいんだって、週刊連載はこれくらいでいいよ。ロックマンもそういってる。
ルイ >> 雪房が上着に宿ることで、チャンピョンという世界に学ランヒーローという形で溶け込みを計っているのも良い。かなり良いです。
LD >> 幽霊はいいラインですねえ。人が食われまくって消えまくったら、今回の友恵の記憶を消す意味が薄くなるし。人知れずの線を守るならね…。ところで、十三塚は幽霊も守ったりするんだろうか?w
kichi >> 「お弁当お残ししたらブッ飛ばすからねー」なんて叔母さんのセリフ一つにも個性があってキャラに血が通ってる感じがあって良いんですよねぇ。>ケルベロス
ルイ >> 叔母さん、目の中描かれない方が幸せなのかなあ・・・描かれると食われちゃうかなぁ・・・←色々穿った見方
LD >> 描かれないから食われるのかもしれないよ…(´・ω・`)
ルイ >> まあ、人が食われまくったとしたらそれは「謎の大量失踪」になるのであって、どっちにせよ友恵に責任をかぶせない、という目的は機能するんですけど。でも一息に人間にいっちゃうと恐怖の胎動がなくなるんでいいですね。あと、もう死んでるから・・を言い訳に、フクイ先生の趣味性全開にできるしw
ルイ >> それもありますね・・・>描かれないから食われる まあ、同じ視点をどっちから観るかって所で、話は通じてますw
ルイ >> 「分身の術使ってるっつってんだろ!」→「お客様、素晴らしい分身で、その分身は"質量を伴って”おります。質量がある以上質量分をお払い頂くか、もうちょっとヘタな分身をしてくださいませ」
ルイ >> >ナンバ
LD >> さて、ではそろそろ一番を決めましょうか。
ルイ >> 「ギャンブルフィッシュ」トムの切り方がどうも納得できないw
LD >> ジャンプは「保健室の死神」だな!「保健室の死神」だな!(`・ω・´)
kichi >> 特にとんち効かせた返しではなかったよなぁ……とは思いましたねw>ナンバ分身
GiGi >> まあ今週はむろみさんくらいしか実質ライバルがいないわけですが。
ルイ >> セオリーのダブリー消ししつつチャンタ形残すならスーワン以外ありえないだろwダブリーに筋とかねえよw
GiGi >> つかトム普通に麻雀弱そうだ(笑)
kichi >> ジャンプは……「ハンタ」かな。
LD >> いやぁ〜筋を追っただけなんで、トム、麻雀はかなり下手w
ルイ >> いや、だから初手リーチの豪運メンツにローワン出たから9ワンって・・・w
kichi >> サンデー………………難しいな。「結界師」かな。
LD >> いや、筋切りとか無意味だと思っていますよw それを言うなら下りる降りる要素もなく一発消しとかねw
kichi >> マガジン…………「むろみさん」ですかねぇ。
カルマ >> ジャンプは「ハンタ」、サンデーは…なし?マガジンは「むろみさん」でしょうか。
ルイ >> 「保険室」「オニデレ」「みどろさん」「GE」「ペダル」「みつどもえ」「ケルベロス」で。シュガーレスでもいいっす。でも技がタイガードライバーじゃない(ry
LD >> サンデー。「マギ」は斤量で。全然言ってなかったけど「境界のRINNE」がけっこう好きでした。
ルイ >> 極論チェンジ牌があるから、まあ役のランク下げたら後は逃げるか攻めるかしかないんですけどね。でもダブリー消しで鳴いたらもういくしかないすね。
kichi >> チャンピオンは……「ケルベロス」も好きだけど、やっぱ「ペダル」でしょうかねぇ。
GiGi >> 今すごいことに気付いた。天使たちって普通に手が覗けるんじゃね?
LD >> マガジンは「ブラッディマンディ」かな。(←ない)
ルイ >> 「RINNE」は良いですねえ。「クロスゲーム」も、あだちっぽくて嫌いじゃないです。新田に話しかけてるスミ工の監督思い出した。これ、柏葉監督に出場の瞬間とられた明青監督のリベンジでもあるのね。
GiGi >> みどろさんだと…(ざわざわ)
カルマ >> あぁそうだ、サンデーは「オニデレ」。
ルイ >> ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・みどろさんwwwwwwwww
LD >> ああ…どうだろう?一応、遠くて判別難しそう。揺れてるしw>「ギャンブルフィッシュ」
ルイ >> 自分に吹いたw
LD >> >明青監督のリベンジ あ、たしかに。
カルマ >> え?みどろさんてなんですか?
LD >> チャンピオンは「冥王神話」に「弱虫ペダル」ですね。
GiGi >> 揺れは慣れるとして、バルーンが下がるとよく見えそうな
ルイ >> なんていうのかな。「普通の」野球漫画って、やっぱ勝負決まる後に勝った後の事はなすのって、ノイズであり、フラグにされると思うんですよ。その瞬間に集中してない、って判定で。 それがおくびも出てこないのが、あああだち充だなって。
LD >> 「涅槃姫みどろ」という連載が、かつてチャンピオンであったのです。
ルイ >> 決まる前に。失礼。
LD >> 点数とって行くと下がるんですっけ?んんん〜何か脱出方法に使えるか?自陣で。
ルイ >> カイザーのセンシズを信じると、なんかこう抜け道あるんでしょうねえ。剣山カスるような。
ルイ >> つか、キノコ自らの内にカイザー飼ってるのかよ。すげえな、NARUTOみたいだ。
GiGi >> 厄いはその年の流行語大賞だったはず。
LD >> さて、一番ですが「弱虫ペダル」でいいと思うけど…。
ルイ >> イケてるわの画はたまに夢に出る。
kichi >> そういえばカイザー現れてましたねぇw
ルイ >> いや、現れてないwキノコがカイザーを見つめてるwその距離がなんか凄いw
GiGi >> 思うけど…。?
ルイ >> 政治家とLDさんは奥歯にモノはさめるって言ってた。
LD >> あ、思った程、「弱虫ペダル」って一番とっていない。
kichi >> ああ、まぁ、そうかw>カイザーを見つめてる
ルイ >> まあ、どっかの誰かが御堂筋斤量かけたかんねw僕とギギさんはノリノリだったのにw
LD >> いや、どのくらい一番とっているか確認していたw>思うけど…
ルイ >> つか、チャンピオンかなりいいんですよね。これでキガタガキタが来るのかしらんけど、陽性のラブコメ一個入れて、武将頭とかしょーもないの入れて・・・恋愛もう一個か?とにかくバランスいいです。シュガーレスはできればクローズゼロかクローバーと入れ替え戦してください。
LD >> というワケで一番は「弱虫ペダル」にします。
ルイ >> そういえば「エンジェルボイス」も良かった。矜持(プライド)ってテラ親切。
LD >> 「キガタガキタ」いいですねえ。いい原作つけば……それこそ「みどろ」さんの大西先生とかね。
ルイ >> 一回西条先生に学園モノを描いて欲しい感はある。ありましたっけか。
LD >> それでは、こんな所で。今回早く終わりてよかったな。
ルイ >> 11時半からアキバでイベントな。エリン徹夜続行。
LD >> 「365歩のユウキ」は、部活モノだったと思います。>西条先生
カルマ >> お疲れ様でした〜
ルイ >> 真王ってなかなかステキなキャラクターでびっくりしました。
kichi >> お疲れ様でした〜。
ルイ >> ああ・・・・・>将棋
LD >> 待てやコラww ラジオの体力持つんかいw 多分、3時間じゃ済まないぜ?w
ルイ >> そんな事言ったって、見出したら止まらないw>エリン ちなみにいつから見てなかったかというとね、17話あたりからww
LD >> ダミヤの考える事もそんな分らないワケじゃないんですよね。
LD >> 一瞬、殴ろうと思ったが、僕も長く放置する事はよくある事を思いだして留まった。
ルイ >> 教養はあるけれど、それを活かす材料が足りない(祭り上げられたせいで)というか。実際歴史上、こういう王は沢山いたんだろうなあ、と思えたりもします。
ルイ >> とらえず、出発前にもう一回ノミネはします。アドレス探しとか、してくれてもいいよ?w
LD >> シュナンが正しそうなんだけど、実は立場を変えたらダミヤとそんな変らない。セイミヤ様がシュナンを好きなだけでw(だけは言い過ぎだけど)
ルイ >> とにかく色々素晴らしいですね。こりゃダメだと思ったのは、モックムックの閑話くらいw
LD >> OPEDの動画くらいは探しておこうかな。
ルイ >> ちなみに三徹になるところを、そのモックムックのつまらない話のお陰で2時間寝てしまったといういい話。
LD >> エリンで検索していたらエリン・ブロコビッチがでてきたでござる。(´・ω・`)
ルイ >> ダミヤ、まだわからないけど、根本には「男だから王になれない自分」への劣等感があるんでしょうね。出だしが歪んでるからそういう道は選ぶけど、それを補強する部分はそれなりに「国の為」で組まれている。
ルイ >> エリンギが出てきても驚かないぞ。
LD >> それでは、おいらは寝て体力を溜めますよ。ルイさんも適当に仮眠とってね。
ルイ >> うん。今40話なんだ。で、11時半からイベントなんだ。全50話なんだ。・・・・・・・・・・・・・・ぼく算数苦手なんだけど、どう仮眠とれるか教えてよ理系の人。
LD >> | ´_ゝ`)OPとEDをとばせ。
ルイ >> (賢っ・・・!)
LD >> それではお休みなさい。
ルイ >> ・・・・・・・・・・・39話だったでござる。
ルイ >> また泣いたああああ
ルイ >> 母の何を受け継ぐか、という事ですね。素晴らしい回想と回り込み、そしてBGMタイミング。
ルイ >> うおおおおおおおおお
ルイ >> 宮沢作画きたああ
ルイ >> 面白かったので5分戻す←
ルイ >> ラブプラスには失恋が、チョコボには暴走が、召還には失敗が必要だ。
ルイ >> 40話なう。
ルイ >> 王獣は美しい。その美しさは、人間なんかじゃ御しきれないからこその美しさだ。
ルイ >> また泣いたあああ
ルイ >> そうか、男と女の会話ってこう演出するんだ。
ルイ >> 素晴らしすぎる。少年と少女がその蓄積を経て男と女になった瞬間を観た。
ルイ >> グレイト。この一話ノミネート予定。
ルイ >> 41話なう。OPは聴くよ。ラストカットが観たいから。
ルイ >> このOPさ、素晴らしいんだけど、ジョウン軽視してるのがジョウンスキーには耐えられないよorz
ルイ >> 真王いいなあ
ルイ >> 聡明な会話劇よ・・・素晴らしい
ルイ >> ああ・・・・・・・・・そうか、この真王は5歳で継承を喪失・・・断絶されていたのか。先ほどの謎が解けた。
ルイ >> ノミネート予定←
ルイ >> ななななんだってー
ルイ >> 42話も素晴らしすぎた。切り離しの限界か。
ルイ >> 泣いたああああ。43話は素晴らしすぎて言葉もない。ベストの一話だ。
ルイ >> ああ・・・
ルイ >> 47話なう。
ルイ >> 言ってしまった!!>観ていただけ?
ルイ >> これはノミネートだなあ、常識的に考えて・・・
ルイ >> 観終わりました!さあ、11時にアキバにつく為に、仮眠なんて取れるのかい!?w
LD >> 【あにめラジオ】掲示板 http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/radio/14811/1264213955/ 
LD >> ルイさん、17時から開始でいいよね。お願いします。
LD >> 。o(…あ、「デュラララ!」の2話切れている…)
LD >> 。o(…あ、「デュラララ!」の3話切れている…) orz …どうしようかなあ…「デュラララ!」
ルイ >> 帰宅なう。
ルイ >> デュラララってBSTBSパターンじゃないの?
LD >> BS-TBSか!
ルイ >> ・・・・アドレス貼られてねえな・・・・じゃあ、死にそうなボクがこれからペタペタするお。
LD >> BS-TBSなかった…orzでも、いろいろがんばってみる。
LD >> 【あにめラジオ】ネットラジオの準備はじめました。
LD >> 再度掲示板 http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/radio/14811/1264213955/
ルイ >> あ、ないんですか。何をどう頑張るんだw
LD >> あ、アドレスとか、掲示板の方に貼ってみて下さい。公式HPの方探しましょうか?
LD >> 1.人を当たる。 2.ネット配信を探す。 3.スカパーで流れる事を祈る。 
ルイ >> えーと、LDさんだけのヤツをお願いします。
LD >> う〜ん。公式開くと音がでるヤツがあるなあ…。
LD >> いや、作品選考のタイトルのHPはとりあえず投稿しますよ。もうけっこう調べてしまったので。
LD >> 掲示板に投稿しマスタ。
LD >> OP・EDは僕は(総合)みたいな話で振っているので、ルイさんのエントリーに沿います。
LD >> ルイさん利用する掲示板は見れますか?
ルイ >> うぃっしゅ。カフェイン摂取する。
ルイ >> んと、おしゃべり版は初なので試験的なものとなりますけど、方向性としては僕らのダベリタイプ?かなり固めタイプ?
LD >> マイク、マイク。(←メガネ、メガネのチョーシで)
ルイ >> 「今期」はチャットだとクソ長くなるから、ジョーク要素を削っていった経緯があるわけですけど。
LD >> 僕らのダベリタイプです。(`・ω・´) ただし、知らない人が聞いても分るように説明を心がける。
ルイ >> つまり、名塚子とか言うな、と。
ルイ >> じゃあ、作品から語った方がいいのか?・・・いや、そういう事もないか。進行は任せますが、全体に軽く触れた後の方がいいんでしょうね。09年を締めくくる期だから、一年の印象でもいいし。
LD >> http://std1.ladio.net:8050/animeRadio.m3u ←放送URL
LD >> 名塚子とか言ってもいいけど、後で説明する事を考える。
ルイ >> あと、ご存知の通り今死に掛けなのでwLDさんの大活躍期待wいや、逆に壊れたテンションになるかもしれんがw
ルイ >> 了解しました。>説明を考える。まあ、一度目だから当たって砕けるカンジで。
ルイ >> おっと、HDDに残ってるぶんだけでもすぐ見直せるようにしとこ。
LD >> 僕も、手元に資料そろえているんだけど、PC上で再生するとガンガンすごい音がするんですよね。…いっそ、スカイプ用のPC買おうか?って感じで。
ルイ >> ああ、そうなんだ。まあラジオなんだから、なんならお送りするくらいの勢いでw
LD >> いや、何か音の調整ができないんですよ(汗)すっげえ音が鳴る可能性が…。
ルイ >> それもすべて実験ですねw僕はテレビ使うw
LD >> さて、それではルイさん。ちょっと繋いで観ましょうか。
LD >> 【あにめラジオ】放送開始しました。 http://std1.ladio.net:8050/animeRadio.m3u 
LD >> 【あにめラジオ】終わりました。6時間の長丁場でした……orz 次回はもっと短くまとめようと思いました。
井汲 >> 【キディ・ガーランド】まさか「Q速∞」みたいな本編に全然関係ない番外編なのか…!?とぞっとしたけど、B パートでほっと一息つきました。ここ2話での主役設定開帳で、ちょっと盛り返してきたかな。
井汲 >> む、しまうま技研さんが。
井汲 >> 【キディ・ガーランド】 技研さんもちょっと言及されていた通り、今回のアスクールの腹から絞り出す芝居はなかなかよかったです。なぜかサトジュンなんていうビッグネームが音響監督だけに徹するという、事情がちょっとよくわからない布陣が敷かれている制作体制ですが、それが役者へのよいディレクションとして反映したのならよいことでしたね。


■■■■2010年01月24日■■■■
ルイ >> サトジュン音監ってちょこちょこありますね。
ルイ >> LDさん、クェイサーをください← いやエロはいいんだけど、芝居も切られたら困るのよ・・・あやひ的に・・・・
LD >> 【あにめラジオ】録音データアップしました。(その1)http://www.geocities.jp/ldtsugane/mv/animeRadio-100123-1.mp3
LD >> あにめラジオ】録音データアップしました。(その2)http://www.geocities.jp/ldtsugane/mv/animeRadio-100123-2.mp3
LD >> 「クエイサー」は来週からスタートです。まあ、録れていたら。
井汲 >> あ、そなんだ。それは認識不足でした。どうも。


■■■■2010年01月25日■■■■
ルイ >> おはスタ二部でやっているミニアニメ「ケシカスくん」のあやひー演技が良い。
ルイ >> ちょっと怖い話。
ルイ >> 気付いたら、運転免許失効まであと数日だったでござる       KOEEEEEEEEEEE!!!orz
ルイ >> iphone音声篭ってますね。これは僕の話し方とかの問題じゃないだろうw
ルイ >> 更新って警察署でも・・・いいんだよね・・・(検索中
ルイ >> 確か前回、某鴻巣くんだりまで行ってシュールな映像を見せられたし。その間違反は・・・一回一方通行逆走があったか?w← いやでも軽微だから・・・最寄の警察署でもいいんですよね?
kichi >> 警察署でもいいと思いますけど、今は更新の際の講習必須なはずですから、警察署で更新してもシュールな映像は見せられるはずですよw ……ちなみに私のとこの最寄の警察署では講習が週数回しか行われておらず、手続きとは別の日に講習受けに行かなきゃならなくなったことがあります(´・ω・`)以来私は免許センターで更新してますね。若干遠いけど大差ない距離なこともあって。
カルマ >> 今月半ばに警察署で申し込んだら、うちの市は月1回だけで講習日が2月25日になりました。署で申請した段階で免許の延長はつきますけどね。僕はペーパーだから良いですけど、平日に時間が取れるなら即日交付が楽でしょうね。
井汲 >> http://sankei.jp.msn.com/life/trend/100124/trd1001241801006-n3.htm 「(秘)色情めす市場」ってやっぱり評価高いんだ。へぇ。


■■■■2010年01月26日■■■■
kichi >> そういえばうちの地区でも週数回じゃなくて月数回だったかもですね。日時もキッチリ指定されたから有給取らなきゃならなくなった記憶もあって、だったらあらかじめ自分の都合と合わせて決めた日に有給取った方がいいなぁってことで免許センター行くようになった気が。
ルイ >> なんだか恐ろしい話をしておる…
備品 >> http://www.php.co.jp/magazine/taiga/ みなもと先生、大谷吉継に思い入れがあるのかな?以前もどこかで描いてた気がするのですが
ルイ >> まあ一巻ほとんど彼でしたしね。


■■■■2010年01月27日■■■■
LD >> 【物語愉楽論】「NPC劇場」http://blog.goo.ne.jp/ldtsugane/e/8a5bb4f5fb35e2603c7d8588edfa13ca
LD >> 今週の一番付記で「ワンピース」を取上げて、今の「ワンピ」がどのようにNPC劇場を回避しているのか書き留めておこうと思い「NPC劇場」の説明から書き始めまして、それが書き終わった所でタイムオーバーな感じです。……書くの遅い……orz
LD >> あと「ジャイアントロボ」をけなしている感がなきにしもな文章になっているのですが「ジャイアントロボ」は好きな所は好きなので、後で好きな所の記事も書こうかと思っています。
ルイ >> 『獣の奏者』の文庫版を読んでいます。ハードカバーは値段以上に、携帯したり保存する気がまるで起きないのですが、3巻以降はいつ文庫化されるのでしょうかorz
ルイ >> メディアを跨いでいるのはペトロニウスさんくらいかな?僕もコミック版も押さえたい所だ。・・・こう、小説を読んでいての今の僕の感覚は・・・「統合」ですね。設定に違う部分があったりもするのだけれど、各々の良い部分を統合していくと、一つの「獣の奏者」という世界がより高みに上る。そういうイメージ。
ルイ >> その意味では「原作」は勿論「原作」なのだけれど…ペトロニウスさんほどの人が言うことだから、コミックも加えちゃっていいとは思う…三位一体を感じます。互いに互いをフォローしあって、より物語世界を高めている。ある種理想の、究極のメディアミックスバランスなのかも。
ルイ >> 真王ハルミヤの捉え方は、アニメでは「おそらくそうなのだろう」と思えていた部分が小説ではもっとちゃんと感じられる。この人は歴史を継承できなかっただけで、聡明なんだ。
ルイ >> 一つ面白い差異があって、小説では、ハルミヤの祖母は生きている。両親が暗殺されたものの、祖母はなんとか難を逃れたようなのだ。・アニメは再確認しないと誤認識かもしれないのだけれど、確か祖母は死んでいる。両親は説明が回りくどくなる事を恐れたか、最初からいないものとしてショートカットしていたかな?
ルイ >> これは・・・見事な改変。ハルミヤの上を完全に「絶つ」事によって、彼女の祖母までソジェの想いは継承されていたのか、或いは祖母の時点で既に途切れていたのかが霧の中になっている。「生きている」より魅力的だ。ハルミヤの祖母が生きていると、祖母の時点で継承はされていない、という可能性が高くなって、それはハルミヤの「継承する機会を失ってしまった」という悲劇性をぼかしてしまう。
ルイ >> 竪琴設定変更に関しては良い点悪い点があって・・・ああ、興味深い。
ルイ >> っと、ハルミヤの祖母だが、一方で「セ・ザンを作ったのはハルミヤの祖母だ」という情報はアニメでは届かない部分。この場合、暗殺を逃れたものの息子夫婦を喪った彼女の哀しみが、制度レベルにまで深く働きかけた=真王はお飾りではない、という色合いが強まる。
ルイ >> これは、共存しない情報です。祖母が暗殺されていたなら、セ・ザンは違う人が作った制度でしょう。一方で祖母が生き残っていたなら、真王の一族に受け継がれうる物語、というものにノイズが混じる。・・・・この辺を「統合」というか良いとこ取りすると、豊穣な世界になるんです。違いも飲み込んで、一つの獣の奏者世界に纏めあげたい。
ルイ >> 原作と並び立つレベルの原作モノ、か。オリジナルかそうでないかなんてのは、やはり外見の違いに過ぎないですね。志と力が大事。
ルイ >> 元々読むの遅い僕にしては早いペース(1時間で150Pくらい)なんだけど、これは読み終えたらもっと、ちゃんと読み直そう…。
ルイ >> ・・なんで聖奈さんの画像わざわざもってきてるんだw
ルイ >> ピピルマピピルマ、値段そのままでいいから、あした文庫版にな〜れ☆
LD >> 聖奈さんはマジで好きだからな!(`・ω・´)
LD >> 桂聖奈<>シズノ先輩<>レイテ<>比呂美 \( ・ω・´ )図にするとこんな感じかな!(時価)
ルイ >> <>がサッパリわからんのさ。
井汲 >> 私に対するコメントっぽいけど、私が言ってるのはそれとはレイヤーの違う話ですね。単体の作品としていくら優れていても、あるいは、優れていればこそそれが却って、結局は害となるということを私は言っているので。
井汲 >> 私にも<>がわからないよー(笑)。
井汲 >> あ、ちなみに螺巌篇 DVD 買ってきましたよっと。後で見ます。


■■■■2010年01月28日■■■■
ルイ >> もちろん井汲さんに対してもありますが、別レイヤーって事はないと思います。ttはIG原作アニメの下請けありきですし、急に人は出てこない。逆にいえば、形があれば作品は出てくる。そしてTVアニメの歴史は原作ものの形から来ている。…そのうえで、単なる感慨でもあります。自分への戒めでも。
ルイ >> そのへん強固なのは知ってますから、翻意させようとかは思わないけど。でもエリンはとるてあ級だあったなあ。
ルイ >> でも、じゃなくて「それにしても」の方がいいかな。でもだといやだからそれは関係ない、って話になっちゃうから。
ルイ >> アイズピュアを借りて来たなうなんですが、観られるかなあ。
ルイ >> 6時間ラジオって基本残す気です?すぐ消すものだと記事も書けないのでどうしようかなと。
ルイ >> あとLDさん、キディ一応録画しておいてはいかがですか。抜けたもんに意欲がわかないのはわかるけど。
ルイ >> アスクールの演技がもうちょいメリハリ効いてたらなあ。
LD >> >録音データ 迷っていますが、基本的にはずっと残しておく予定ではありません。ここにはそれだけの容量がないので。リクエストされたらアップするとか、まあ色々サービスは考えたいですが。
ルイ >> 記事書いてしまった以上、僕がそのうち引き受けます。それは聴く人のいるいないじゃなく、僕のケジメなんで。まあ、消す一週間前くらいに言ってちょ。慌てて考えるからw
井汲 >> 頷けない所もありますが、まあそれも含めて「わかりました」と言っておきまーす。
井汲 >> 螺巌篇見たときに確か言い忘れていたこととして、「お前を信じるお前を信じろ」がシモンからさらにロシウに伝承されていた所がよかった、というつぶやきを残しておきます。確か TV 版ではこのセリフそのものの受け継ぎはなかった、ような(記憶違いかも)。


■■■■2010年01月29日■■■■
カルマ >> 音声ブログを利用されると如何でしょうか。ケロログは1GBまでいけるみたい。http://www.voiceblog.jp/  昔ラジオをやってた時は、チャットログをキャプチャして聴きながら読めるようにしてましたね。
LD >> >ケロログ ……!ありがとうございます。ちょっと検討してみます!w
ルイ >> おそらくアスクールのくだりが頷けないのだろう←
ルイ >> 「悪い夢」って、この人の演技次第でもっと良くなった回だと思うんですよね。
ルイ >> ・・・この人の。←名前でてこないやつ
ルイ >> しかしあの魚座、相変わらずチートだなあ・・・w
ルイ >> 既に10人ほどの方に読んでもらっていたようなのですが、ラジオ反省会の記事は翌日(今)ほぼ倍に膨れ上がりましたので再読お願いしますw
ルイ >> http://www.nicovideo.jp/watch/sm9436423 提供も含めて作品なんですね、gigiさん。
ルイ >> J・D・サリンジャーが生きてt…死んだー!?←無知
LD >> |`)。o(「キディ」っていつやってゆの…)
井汲 >> http://www.kiddygirl-and.com/img/top_btn_broadcast_on.gif こえみゆよのさ。
井汲 >> http://wiredvision.jp/news/201001/2010012920.html 「エデンの檻」でノーパソのバッテリーを持たせてるテクはこれだったのか!(えー)
井汲 >> あ、ふたつ前のアドレス間違えた。こっちだ。http://www.kiddygirl-and.com/info/broadcast.html


■■■■2010年01月30日■■■■
LD >> |・ω・`)
LD >> |ω・`)
LD >> おはようこんばんわ。
LD >> 「デュラララ!」を何話か録り逃してしまいますた…orz
kichi >>      こんばんわー(´・ω|
kichi >> 「デュラララ」は2話が良かったです。なかなか好きかも……(´・ω|
LD >> ああああ……2話が良かったですか。そうですか。orz
LD >> というか、先週まで「今期選考」のアニメばっか観ていたから、まだ新作消化しきれてないのですよ。「おおかみかくし」とかまだ全然観れていない。
kichi >> まだ2話までしか見てないんですけどねw
LD >> 。o(まんがラジオの録音データ作らなきゃ…)
LD >> いや、それが奥さま!3話目も録り逃しているらしくって!>「デュラ」 もう、あたくしどうしたらいいか!
カルマ >> こんばんは。twitterでアニメ観てるPOSTがあるとTV付けたりするようになりました。「デュラララララァ」と「ひだまり」の3〜4話?は観ました。適当すぎるな…(笑)
kichi >> かる〜いエロ妖怪バトルものですが「おまもりひまり」もそれなりに楽しい感じだったかも。まぁこれも2話までですが。……クェイサーはやっぱ規制が辛すぎるので切ることに……。
LD >> あと「おまもりひまり」っていうの。まだ観てない。
ルイ >> デュラララ、DVD発売が早いからいいじゃない。
ルイ >> 新しいモデルといえるかな?翌月発売ってのは。
LD >> おおう。そうそう「クエィサー」も。AT−Xではどうなんだろう?
LD >> んちゃら。
ルイ >> 今期選考の一人反省会とあやひー月例演技チェックを書いていたら、おらも何も観れてないよ。ていうか、マガジン読んでない。
カルマ >> 刀語も観ましたけど…びっくりするくらい退屈でした…。
LD >> …!!「アバター」観よう!
kichi >> ちょΣ(´・ω・`)>マガジン読んでない   ……ま、最近マガジンは低調ですよね。いや、良い作品は良いですけど、ちょっと酷いと思うような作品が多くて全体のイメージがどうも……。
GiGi >> アバター観るべし
ルイ >> ・・ああ、カルマさんありがと。今刀語言われてなかったら、明日の録画忘れてた。
LD >> …あ、なんか微妙に席が埋まってる。(´・ω・`)
ルイ >> いや、手元にはありますけどね。今読むべきか、後でリアルタイム読みすべきか、ここは取りあえずエリンでも見直すか←
kichi >> …………周りの評判は良いし、なのは劇場版観たいな……(´・ω・`)当然この辺じゃやってないんでDVD……いや、BD待ちなんですけどね。
ルイ >> 日曜に神奈川行くから、予約してくれるなら一緒に見てもいいですよ←何様だよ
LD >> …!「化物語」買ってこよう!!
LD >> あ、ほんと?>神奈川
ルイ >> 逆に考えるんだ。「わざわざなのはを観にいく人は基本思考がサクラさと、そう考えるんだ。」
ルイ >> スフィアのライブがありますからねw
kichi >> …………(´・ω・`)いや、いいですけど>なのは   ……私はPSPなのはプレイして我慢してますw
ルイ >> いやーほんとハードカバーって買う気起きなくて、獣の奏者をどうしたもんかコマってます。文字メディアの大事な2度搾取システムなんで尊重はしたいんだけど、読むのも持ち運ぶのも全部文庫の方がいいもん。スモールライトくだしい。
カルマ >> なのはは相当調子良いですね。館数が増えてロングランすると面白いけど、そこまでのポテンシャルはないかもなぁ…
LD >> じゃあ、場所は川崎で。合う時間があるなら。→http://cinecitta.jp/daily/sch_20100131.html
ルイ >> なのはとかfateとか、劇場版ビジネスは気になる所ですね。
ルイ >> 朝イチのヤツを観て喫茶店でダベりましょうかw
LD >> 同感。ハードカバーって、持ち歩きづらい。仕事の移動中に読めない。
ルイ >> あ、字幕だから昼の方だな。
LD >> うい。10:00からね。それじゃ予約するズラ。
ルイ >> 読む時も、手の力で歪めて読むようなことができないんですよね。文庫って片手で簡単に読めるし。
カルマ >> あまり詳しくないですが、ハードカバーで値段つり上げとか日本の嫌な商法ですね。ハリーポッターとか、アメリカでは最初から文庫のはず。
ルイ >> ちょ、吹き替え?w
LD >> おっと。13:20からでいい?どっちかな。
ルイ >> んー、嫌とは言わないかな・・・ただ、あと一年文庫化のサイクルを早めて欲しい。日本のゲームやCDほどワイルドな値段じゃないし。
カルマ >> アクション映画とか映像を楽しむなら吹き替えで良いかな、と思っております。時間の都合で「アバター」は字幕にしましたけど
LD >> 僕もレンタルで借りてきたやつは吹き替えで観ている。…ながらでできるから。ながら。
LD >> それではジャンプから始めましょうか。
LD >> 「サイレン」が黒雨宮登場ですよ?
kichi >> ……通なら字幕みたいなイメージありますけど、それもどうなのかな?と疑問に思ったことはありますね。文字で内容を認識するのと音で認識するのでは、本来は音で認識できる方が、こう、直通な分良いはずではあるんで……。
LD >> あと、主人公の黒点はPSIホーミングするから、まわり毒ガスPSIだらけだと上手く飛ばないという展開は地味にいいかも。
kichi >> ああ、私は分からなかったんですけど、この黒雨宮は今回が初登場なんですか?
ルイ >> ふむ。吹き替えの早朝でもいいなあ。
ルイ >> 確かに翻訳は翻訳で、役者のニュアンスで読むことになるのよね。基本はネイティブ並みになれとw
LD >> 通なら原音、字幕なしだすな。……なんかねえ。英語勉強したいなとも思うんですけどねえ〜。
ルイ >> ×役者の ○訳者の
ルイ >> 駅で困ってる人を助けるくらいならできるから、いいよおら、受験英語で・・・orz
kichi >> もちろんそれがベストなんでしょうけどw>ネイティブ並みに
LD >> スフィアは何処で何時からですか?
ルイ >> 神奈川県民ホールで18時からです。17時開場。それまでグッズも売ってるんだけど、まあ、グッズはさせて興味ない。声が出るグッズなら並ぶけど。
カルマ >> アバターの字幕は戸田奈津子御大でした…英語話せないから何も言えませんが。
ルイ >> 御大だからってのも一つの罠なんだぜ!!
カルマ >> 僕もそこ好きですね>毒ガスPSIだらけだと上手く飛ばない
ルイ >> ジャンプが始まっているだとう。
LD >> 英語で聞かれても、日本語で答えているぜ。(`・ω・´)「あっち!」とか「京葉ラインに乗んな!」とか。
ルイ >> 10時の吹き替えを見てから、少し喋って、シンケンジャーを観れば解決だな。
LD >> んじゃ、朝観てだべりましょうか。10:00からね。
カルマ >> 黒雨宮って前にも出ましたっけ。僕の記憶にはないんですけど…たまに出る性格とはまた違う人格なんですかね。
ルイ >> 責任もってダベってねwすぐ放り出されるとすることなくて泣くからw
ルイ >> 失礼しました。ジャンプ脳に俺はなる。
LD >> 予約するぜ。
ルイ >> 黒雨宮ってどうなの・・・?
kichi >> 今回はじめて出てきたんだとすると、ちょっと唐突な感じはしますね。……記憶障害云々とも別の話でしょうし、う〜ん。>黒雨宮
ルイ >> 別に人格複数自体を否定する気はないのですが、表面化っていうのは、「脳内での対話」を読者に周知させるまで積まないと、エラく唐突感ですよ?
ルイ >> 唐突シンクロしたけど、まあ、これは驚くシンクロじゃないなw
LD >> 2000円は会った時に払ってね。>映画代
ルイ >> ワロッシュw
ルイ >> んーと、少し前に「頭痛」は積んでるんだけど。そっからの直列だとすると、かなり際どいな。
LD >> 予約おわり。一番にもどるぜ。
kichi >> あの頭痛ってネオ天草のPSIの後遺症みたいな扱いだと思ってましたしね。
ルイ >> ツンデレにヤンデレを足してやれ!的な編集入れ知恵なのかしら。あんまり意味がわかってない。
LD >> 黒雨宮は以前から、黒くないけど“出て”いて、れいのデリート・スパイダーで分離表層化したってあたりかな?
ルイ >> 僕もそう思ってました。記憶欠如した隙間に発生した的な意味合いなら、認知させるプロセスがないなと。
カルマ >> 僕は人格が複数存在してること自体があまり好みではないですね。 なんか雨宮の言動の極端さは、1つの人格の中で行われてる方が収まりが良かったようにも。
ルイ >> ふむ。前からいてスパイダーで表層化ならギリギリ通りますね。それでも、スパイダーの時ひとコマ欲しいが。
カルマ >> あ、僕もそっちですね>ネオ天草のPSIの後遺症  …しかし、記憶の問題もあるし、精神面でややこしくさせすぎてるような。
LD >> 僕も雨宮の言動の極端さは1つの人格の中で行われている方がよかったと思うのですが……対象読者の少年にはわかりづらかったかな?収まりがいいかというと、視点変えるとそこは難しくってヒロインがそんなキャラだというのは恐い/混乱する事ではあるんですよね。
kichi >> 時々ヤン入るキャラって話ではありましたからね。それは黒雨宮がにじみ出てたような扱いになるっていうことなんでしょうかねぇ? このヤン具合もLDさんが元は危機状況のパニック的な扱いだったのを個性として定着させた印象……みたいな話をしてましたが……、う〜ん。
ルイ >> ま、週刊はライブでナンボなんで。次回の言い訳に期待w
LD >> 頭痛はデリートスパイダー(←なんでこの能力だけまともに覚えているのだ?)の後遺症でしたね。
ルイ >> 「ワンピース」はエース合流。映えてはいるんですけど、色々期待しすぎたかな?まあ、普通に良かったです。
LD >> ルイさんの言うように、伏線で積んだ方が通りがいいんですが。まあ「サイレン」は既に長いこと自転車操業連載なはずで。ならこれもまた自転車展開ではあるかな?とw
GiGi >> 3Dの字幕処理は面白かったですね。翻訳は特別変な訳はなかったかと。
カルマ >> うーん、天草の時に描写が無いので最初から持ってるもんとして捉えてます。そうするとキャラがよくわからなくなるな…と
LD >> 次号エース大暴れで、カタルシス・ゾーンですかね。
GiGi >> そういえばテニミュのプロデューサーがドワンゴに入社とか。
kichi >> 「ワンピ」良かったですね。まぁ、展開的には想定の範囲内といえるんですけど、熱かったです。……しかし今回黄猿が仕事してるなぁ。光の能力ってやっぱ本来特別扱いされて然るべきものではあるしなぁ。
LD >> 今週の「ナルト」はねえ……ネームが悪くなかった。時々、いらっとするアレがなかった。(`・ω・´)
カルマ >> 「ワンピ」うーんガープがなぁ…展開的には妥当ではあるんですけど。
GiGi >> エースは今まで良いとこなしで来てるのでどうなるか興味深いですね。
kichi >> 「ナルト」、ちょっとよく分からなかったんですけど、目は本当に一回使ったら二度と使えないんでしょうかね?それともその戦闘中の回復は無理くらいのニュアンス? 本当に一回きりなんだとしたら、ちょっと簡単に使い過ぎじゃね?って気分ではあるんですがw
LD >> ガープは能力わからなかったですね。(あるいは徒手空拳?)センゴクのあの巨大化はなんだろう?
カルマ >> ダンゾウの術の意味はようわかりませんでしたけど、使わせるために攻め続けるというのは良かったです。>ナルト
LD >> イザナギという最強術を使うと使い物にならなくなるんでしょうね。まあ、そうしないと勝てないという流れかと。>「ナルト」
kichi >> ああ、ガープは……複雑な気持ちで眺めてた感じでしたねぇ。残念な気持ちもあるけど、でも当然分からなくはなくて、まぁ複雑な気持ちになれたという時点で私的にはOKでしたw
ルイ >> 銀魂がなかなかホラーでよかったなと。テキストゲーの良さですね。
kichi >> どっちかというとセンゴクの巨大化の方がガッカリ感は大きいかなぁw 仏のセンゴクともどっかで呼ばれてた気はしますけどさぁw
カルマ >> 大仏?になったように見えますね。能力としてはサッパリですけども…>センゴクの巨大化
LD >> 「ぬらりひょん」は、あれ天邪鬼は何かおっぱい要員なのかな?つて、天邪鬼は妖怪格高いよなあ。
LD >> ……よし!あれだ!仏々の実!これだな!(`・ω・´)>ゼンゴク
kichi >> 「銀魂」良かったですね。
GiGi >> ネームの真理にもっとも近い男という二つ名はカッコよすぎる
LD >> 「トリコ」は、あの骨格大丈夫だったかな…?調べてないけど「範馬刃牙」の克己のあれと同じだったら不味いような…。
カルマ >> うーん。何かあると思うんですけどねぇ>センゴク 今の段階ではサッパリですね。
LD >> 村田先生、すっかりマンガ研究所の人だなあ…。
kichi >> 「ぬらりひょん」結構良かったですね。泣いちゃうのは女状態だから?とか思いつつ読んでてラストああ切り返す辺り、なかなか面白く読めました(´・ω・`)今やるべきエピか?みたいな気分はあるものの。……あとカラー扉はつららたんでいいんですよね?
LD >> 「黒子のバスケ」の新キャラの普通っぽさに、軽く絶望。(´・ω・`)
ルイ >> 「黒子のバスケ」はやばいですね。
kichi >> あ、あとつららたんの「リクオ様…どうなってしまうの!?」っていうセリフは正直無いと思った……(´・ω・`)
LD >> ちなみに、今週の「いぬまるだし」は一番候補やでえ。
kichi >> 「黒子のバスケ」はほんとにねぇ……たぶんすぐモブと区別がつかなくなる……(´・ω・`)
ルイ >> 頭で個性をつけたいんだけど、それが出来ていない・・・と言う痛々しさが凄かった。>黒子
LD >> 読者みたいなヤツですよね。…なんだろ?リクオ様が来る事を堅く信じていて、百鬼夜行がばらばらになっても割りと他人事?みたいな?(´・ω・`)
ルイ >> 「ぬらりひょん」もNPC状態でニントモ。感じとしては、パーティバトルの個別戦なんでしょうけど。積めてないしw
kichi >> 。o(LDさんの「いぬまるだし」一番候補率高いなぁ……w 私は今回はそこそこレベル。いや、面白かったですけど、一番候補にするほどのものは感じなかったなぁ……)
ルイ >> 何をもって一番候補なのかな?
カルマ >> 「黒子」のキャラの弱さへの自覚の足り無さ凄いですねぇ…。
LD >> 黒子という主人公を観ても、緑谷を観ても、キャラが立てば上手く回る事が分っているのに、そのキャラに対して悩み抜いた感覚がない。…どうしたものか。
カルマ >> 「ぬらり」正直展開がよくわかってないです。今回も敵の妖怪はしっかり怖いんですけど、まぁそれだけというか…
ルイ >> いや、自覚はしているはず。黒子との会話で色々「変なヤツ」感を出そうとはしていた。  出ていないだけでorz
ルイ >> 僕とカルマさんのジャンプ温度近いなwノレてないw
LD >> クライマックスのタートルパーツが足り無くって、いろいろ隠すあたりがクライマックスなのが楽しかったですw>「いぬまるだし」
ルイ >> 楽しかったのはわかるんだけどね。
ルイ >> 「スケットダンス」もなんとも盛り上がらないな・・・ていうか、今週のジャンプちゅまんない←言った!
LD >> 一人休んでいるみたいな伏線はあったっけ?>「黒子バスケ」
カルマ >> いや、うーん、変なヤツでも印象に残らないじゃないですか(笑)>黒子との会話
ルイ >> いや、その辺はまさにてこ入れだと思いますよ。テコになってないんだけど。
kichi >> 「バブ」はそうか、これがやりたかったんですね……というのは理解できましたし、それなりに楽しくはあるんですけど……う〜ん、諸々考えるとどうも微妙感が……(´・ω・`)
ルイ >> それはその通り。>印象に残らない でも、このネームを組んだ事自体が「黒子も大概だけど、もっと意味不明なヤツ」として描きたい意図の表れなんですよね。ただ、それは出来ていないし、LDさんの言う通り悩みぬいた感もない。
LD >> まさか、と思うけど……木吉、今までの展開で「あいつが居てくれたら!」みたいな伏線を「積めて」これなかったから、ある種、その程度のヤツじゃないとこれまでの整合性がとれないとかアホな事を考えたんじゃなかろか?そうじゃないなら高校生なのに白いヒゲで巨人。あるくと震動でグラグラ音がするっていうくらいインパクトのある新キャラを出すべきだと思う。(´・ω・`)>「黒子バスケ」
ルイ >> 「バクマン」編集長の押し引きの感覚がわかるようなわからないようなw
kichi >> あと先週評価したモンスターですけど、立ち上がったら微妙になった……(´・ω・`)
カルマ >> 実は、「保健室」でおっぱいスパッツなお姉さんが出てきただけでなんかちょっと満足している(笑)>ジャンプ
ルイ >> 「ねこわっぱ」も正直正視するのがつらいぜ。良くなる可能性を見て、飛ばしはしないけど。
ルイ >> 「保険室」は安定の面白さです。来週の覗きパートでどこまでやれるか。
ルイ >> ジャガーさんが敢えて言えば面白かったかなあw
LD >> 「スケットダンス」は、しばらくしたら、ヒュペリオンの世界大会があるかな?w
ルイ >> 「めだかボックス」不意打ちが銃でなく刀である理由を教えてくだしい。美学がらみ?
カルマ >> というか「バブ」、今のトコこのお姉さんさっぱり可愛くないです。
kichi >> 「バクマン」はなかなか楽しい展開と思いますね。テンション上がってく過程が良いです。しかし、服部さんはやはり策士だなぁw
LD >> 「リリエンタール」は、最初、うさみに観えた巨人が実はてつこだったというミステリ雷句な展開がよさげ。
kichi >> 「保健室」は安定ですねぇ。
ルイ >> 「リリエンタール」は、てつこの過去エピが来るたびにしんみりする。虫食いはなかなかどうにもならんわorz
LD >> 「保健室」はいいよねえ……地味…という以外、ダメな所を感じない。(←地味)まっとうに続いて欲しい連載です。
カルマ >> (ミステリ雷句)
カルマ >> 「実はてつこ」じゃなくて「うさみとてつこ」だったんじゃないかなと、ふと思いました>リリエンタール
LD >> 新キャラのつり目、おっぱい、スパッツは何もかもいいですね。(`・ω・´)
kichi >> 「リリエンタール」は……どうなんでしょう?正直言うとあまりしっくりはきてないんですけど、きちんとしっくりくるようまとめてくれたらかなり良かったということになるかも……>展開
LD >> ω・`)。o(…やた!つっこんでもれた!)>ミステリ雷句
kichi >> ああ、それだとしっくりくるかもです。>「うさみとてつこ」
LD >> 最初はうさみに観えますからねえ。>うさみ
カルマ >> うさみの心が解消されたのでてつこが表出したのかな?
LD >> 何故、「黒子のバスケ」の新キャラがダメ出しで、「保健室」はツリ目、おっぱい、スパッツでOKなのか?それはズバリ、キャラ描写の(回し)の信頼性の差です!m9(`・ω・´)
ルイ >> それはありだな。「互いに同じ事を思ってたんだね」的な。
ルイ >> ちゅか、保険室の先生は別にそこまでスポット浴びてないけど、黒子は殆どこのキャラに任せた!状態で、一話預けてコレなんでね。
LD >> はっきり言って「黒子のバスケ」のキャラはふつうのノーマルなキャラの「動かし」がすでにツマンナイんです!ベースがそうだとギミック含めた「キャラ立て」に強いインパクトが必要になってくるのです。
kichi >> ……ていうか、単にスペックや描写を比較しても黒子ダメ出し保健室OKは当然という気がしてならないんですがw
LD >> >そこまでスポット浴び あ、それもあるわw(=´ω`=)ゞ
GiGi >> バクマンのこの展開はアツいですね
カルマ >> みのり先生の心の声とかね、一瞬で可愛く見せますよね。 可愛いなぁ…♪
LD >> いや、まあ「保険室」が分りきったギミックでOKなのに対して、「黒子」には強烈に立てたギミックを要求した、その差は、ベースとなる描写力の違いですよという話ですね。>kichiさん でも、人気は「黒子」の方が上っぽいですけどね。
LD >> サンダカいきましょうか。
カルマ >> 「黒子」も既に女性向け同人結構あるなぁ。http://www.toranoana.jp/mailorder/cot/genre/5/891_01.html
GiGi >> パームがこうなったのはキルアのせいということになるのかなこれは。なかなかエグい。
LD >> 「結界師」は旅編スタートですか?
LD >> お、きてるねえw>女性向け同人
kichi >> ああ、はい。わかりました。>差  ただまぁ、この比較だと他の部分での優劣もかなりはっきり出てるとは思ったものでw
LD >> 「アラゴ」、新井先生の描く女の子は飛び抜けて好きだなあ…絵だけでwすっげえ武器だと思う。
kichi >> 「ハンタ」もホラーな感じでしたねぇ……(´・ω・`)どうするんだろう、これ……
カルマ >> 「トリコ」より多いけど…客層的には当たり前なのかなhttp://www.toranoana.jp/mailorder/cot/genre/5/896_01.html
kichi >> 魅力的な女の子絵ですよねぇ。イキイキとした線で躍動感ありますし、やっぱ目に力がある。>アラゴ
LD >> 「マギ」はいよいよというか、シンドバッド登場。…バルバット編に入るのも全然ひっぱってない感じがいい。展開はやくはやくという感じでw
カルマ >> 「ハンタ」パームが不憫すぎる…これは…
カルマ >> 「アラゴ」女の子可愛いですねぇ。
LD >> あと、何気に世界地図出てきたけど……どこだここは?インド…じゃないよな。アラビア海…ペルシャ湾の出口あたり?
LD >> >「マギ」
ルイ >> マガジン読了w
ルイ >> 「アラゴ」は良いですね。子供の時の太ももの線とかいい←マニアック
kichi >> 「マギ」はいろいろと期待高まる展開って感じですね。
ルイ >> マギは「バラすなよ〜」に激しく同意。ページめくりながら「バラすな、バラすな」って祈ってたんだけど、思い切りシンドバッドっていったったw
ルイ >> 同じ世界である必要は全くないですけど、言ってることはポルトガルに思える。>マギ
LD >> 「神のみぞ知るセカイ」は乙女ゲーをやっていなかった、しかも食わず嫌いっぽい桂馬は見損なった。
ルイ >> しかし、あのSML盗賊がジンの道具も手に入れちゃったのか。
kichi >> ……言われて見れば>食わず嫌い見損なった   個人的には心は体の影響を受けるっていう話をこういう形で描くか〜、と結構興味深く眺めてた感じではありました。
ルイ >> ちゅか「アラゴ」はリオがいいとかだけじゃなくて良いと思う。大ゴマで、アラゴがブリッジ効かせながら力使ってて、あれがいいです。
LD >> ダンジョンに選ばれなかった者が、ジンを出せるのか?どうなるのか?興味がありますね。
ルイ >> いや、基本アラジンの笛も他の人吹いてもダメだし、出せないでしょ。
LD >> シンドバッドは、以前のダンジョン攻略者の説明でもしかしてアラジンのこと?と思わせていたその人ですね。
ルイ >> 「結界師」はここまで高まっておいてキスしないあたりに女性作家を感じたw
カルマ >> あー。確かにそういうことになるのか>食わず嫌い んーでも、一度やってみて求めるものとは違ったんじゃないかなとも>乙女ゲー  男性向けと女性向けで、作り方も違いそうだし
GiGi >> 怪傑アリババってことは義賊的なアレをナニしてる感じなのかな
ルイ >> 10年前に最初のダンジョン攻略した人でそ。>シンドバッド ていうかダンジョンの事についての本も出していたな。
LD >> >基本アラジンの笛も他の人吹いてもダメだし うん、やっぱり何ともならんかなあ…いや、ランプの魔神や指輪の魔神はけっこう誰にでも仕えたりするから…「三つの願いを言え……ヘイル・トゥ・ユー!」みたいな。
ルイ >> 国一番の犯罪者言うたら国家にはむくって事だから、遣り残しは旧制の転覆に思える。
ルイ >> その願いはダメだなあw>ヘイルトゥユー
GiGi >> そしてジオ金はクラサン送り
LD >> まあ、以前から少なくとも桂馬は守備範囲が“狭い”事は指摘されていたので、見損なったといっても多少…というかキャラとして通ってはいますね。
kichi >> (´;ω;`)>ジオ禁
ルイ >> ジオ禁は読んでる最中から巻いてる感が凄くて、ああクラサン臭がすると思ってたら実際そのとおりだった。くだらん。作家の巻き力を奪う悪政だ。
カルマ >> ジオ禁…orz
ルイ >> 「RINNE」の血圧低い世界に異物(少し熱血)がやってきて、どうなるかですね。まあ朱に交わるのは固いが。
LD >> >作家の巻き力を奪う悪政だ。 (`・ω・´)ノ異議なし!総括せよ!
kichi >> 凄い巻き方でしたねぇ……。っていうか、クラサン行くなら巻かなくても良い気がするんですけど……(´・ω・`)>ジオ禁
GiGi >> まあキャラとしては通ってますね。
LD >> 「ツール」はとりあえずがんばって。
ルイ >> 「ハヤテ」名前忘れたが、雪路を好きな先生をロングショットで白抜きしてるからなんか幽霊みたいだったw変なのw
ルイ >> キャラとしては通ってますが、勝手な期待とは知りつつも、ボーイズゲーもやってないようじゃまだまだだね。(真顔
カルマ >> それ思いました>ラサン行くなら巻かなくても良い
kichi >> 「RINNE」はなんか展開はえーw 勢いがあるわけじゃないのに淡々とはえーw って感じがまさにこの作品の温度で面白かったですねw
ルイ >> 特に乙女ゲーの場合(主人公が女性の場合)逆転現象なだけでシチュに学ぶ所は大きいのに。ときめもガールズサイドも遊ばずに落とし神とはな!!←本当に勝手な期待
ルイ >> クラブサンデーの一話目を、章はじめからやりたいんですよ。
LD >> 「あおい坂」は、いい1回。打つ手は全て打ったあとの見開きがロングな所はよい。打つ手は打ったから客観に引く。
ルイ >> ハヤテはなー。まあハヤテパートを全くはさめなかったのが、逆にギリギリOKかな?
ルイ >> これで来週の1コマ目がハヤテorアテネじゃなかったら笑うけど。
ルイ >> 「ミクシム」は死亡予言で延々と引くなぁ。
kichi >> 「ツール」はとりあえずなんとか今週も面白かったですね。なんか先行きには不安がある印象だったりはするんですが……、がんばれw
LD >> たしか、連載初動の頃も、桂馬のある種の“狭さ”に違和感があってとりざたしていましたよね。それが再び首をもたげた感じですね。>乙女ゲー
kichi >> 「あおい坂」良かったですね。いい演出でした。>ロング
LD >> 「ディフェンスデビル」はとりあえずがんばって。
カルマ >> 「ツール」は僕のお姉さん好きを差し引いて面白いか判断できないので保留で!
ルイ >> 「月光条例」もロマン富士鷹が爆発だじぇ。
LD >> 「チルドレン」は少佐が本気を出したら世界征服できるって情報は何気にきわどい。
ルイ >> 「あおい坂」は良かったというか、まあ良かったんだけど、神木の内語があおい坂の望むままに出たり消えたりするのがちょっと気に入らない。本当はもっと両側の際までいけそうなのに。「最強!」の枷かな。
LD >> タコス食ってんじゃねえ!(`・ω・´)
ルイ >> いい加減椎名先生は平野綾から意識を離そうよ。
LD >> 神木の内語が出てみるとつまんない…あるいは妥当に小さい所が残念に思うと同時に、よい所でもあり。
kichi >> 「月光条例」はもう力技って感じでしたねぇw しかしまぁ力技を通してしまえる力を持ってるわけですからねぇ、ズリィwみたいな気分もあるけどやっぱそう悪くは思えなくて……
ルイ >> 「オニデレ」が面白さとまんねぇなぁ。
LD >> 「消失」観に行く気満々のヤツにそれゆーても…(´・ω・`)>平野
ルイ >> なんか狭さを感じるんですよ。ここ押さえておけば俺もこの世代感覚通じる、みたいな錯覚を。>消失
ルイ >> 「楽にしててね」違いw
カルマ >> 「オニデレ」面白いですよねぇ。何ってんじゃないけど面白い。
LD >> う〜ん……どっちかなあ?ロートルが無理しているのかw真性なのかw僕は後者な感じだとは思うんですけどね。ここらへんは椎名先生を定点観測している井汲さんに伺いたい所。
kichi >> 「オニデレ」良かったですね。定番な風邪話ですが、オニデレらしい極端さが面白いです。
LD >> 正気にもどった桃太郎がなんか桃太郎っぽくって(?)よかったw
ルイ >> ああ、僕は前者に見えてしかたない。報告待ちましょうw
ルイ >> 「ツール」の不二子ちゃんはいいですね。
LD >> 「はじめてのあく」はなかなか強力な発明だったと思う。(`・ω・´)
ルイ >> んー。画力がな。
kichi >> 「金剛番長」は先週の技より今週の本当の秘剣の方がよっぽどくだらない技に思えた……っていうかここまで相手頼りな秘剣ってどうよ?w
LD >> インドメタシンいきましょうか。

MANKEN CHAT(1.1)