漫研チャット
名前:
発言:
[正面] [取扱] [過去ログ]


■■■■2010年01月30日■■■■
ルイ >> 金剛番長って、体に刺さった時点で勢いとまってるんで、最初から自分にブッ刺したものを押し出せばいいのでは?と思ったら夜も起きられた。
LD >> 秘剣っていうかボツ剣ですよね。手数、手続きが多すぎるw
kichi >> 「はじあく」は、まぁ、なかなかエロ楽しくて良かったですかね。
ルイ >> 「フェアリーテイル」善悪反転の次は性格反転だったでござる。
カルマ >> 「金剛番長」はダメですねぇ…
ルイ >> つか、最近チャンピョンばっか一番取ってるのって、明らかに他誌のふがいなさもあるよね。好みもあるけどw
kichi >> 「フェアリーテイル」……、これ、吸い込まれたっていうのが本当の出来事なら、吸い込み描写があまりにも雑だと思うのですが……(´・ω・`)あまりにもあまりで、ひょっとして幻術系?みたいにも思ってるくらいなんですが
カルマ >> 「フェアリーテイル」特に面白くはないですねぇ…今のところは
LD >> 「エデンの檻」は謎に迫る展開。
ルイ >> 「エデンの檻」カウントダウン出す前に、まずこの名簿みたいな扉を描けという話。
カルマ >> 性格が反転した世界で発展した関係性や感情が、元に戻った時に残ると楽しいですけど…展開としては、まだわからないかなぁ
kichi >> でまぁ、先週の「A-BOUT」の超展開気味な描写と似た匂いにも感じられてて、2話掲載することで雑になってるって面もあるなら即刻やめるべきだなとか思ったのですがどうなんでしょうね?(´・ω・`)
ルイ >> その「アバウト」は、相変わらず主人公が凄い凄いトークがおわんねぇw
LD >> まあぶっちゃけエルザがどうなっているか気になるw>「フェアリーテイル」
カルマ >> 僕も2話掲載の意味を今のところ感じてないですね>マガジン 作家に無駄に負担を強いるなら尚更。
ルイ >> 確かに。2話掲載でどっちもおもしれぇ!って「弱虫ペダル」にはあったけど。
カルマ >> 山登ったら地平線まで陸が続いてると良いですね>エデン
LD >> >名簿みたいな扉を描けという話 セイロンティドゾー 旦~ _(´・ω・`)
ルイ >> 山登ったら裏側は普通にってそれなんてLOST。
LD >> 「A−BOUT」は、朝桐強い詐欺継続中w…なんか「シュガーレス」もそんな感じなんだけど、これがヤンキーマンガの作法なのかな?w
ルイ >> 「ブラディマンディ」あまり勢力増やしすぎるのも混乱するだけだと思うんですが、まあ。あとビースト汗拭けよ。
ルイ >> いや、朝霧バケモンって言うほどの何かがあったか?w
ルイ >> 「むろみさん」は川端くんの立ち姿がかっこよすぎて濡れた。
LD >> むろみさんのこのほっぺは何………って、コイヘルペスか!相変らずエグイとこエグイな!!w
カルマ >> 実は名前ちゃんと覚えて無くて「朝桐って主人公で合ってたよな?」とか思いつつ読んでました。そんなに強い言われる印象がなかったので混乱した(笑)>アバウト
カルマ >> 「ブラマン」顔バレまでして戦えるんですかい。データ送信される前に破壊すれば良いけど、この状況でそんなの無理だし…
LD >> 「ネギま」、キツい展開ですね。正直、モロにこういう描写にしてくるとは思ってなかった。
ルイ >> 「ガマラン」が面白いですね。劣勢で後がない状態がこの緊迫感を生んでるんだな。
カルマ >> 「むろみさん」の「見込み」っていうのは何かの積みなんですかねぇ…気になります
ルイ >> 顔バレしたら相変わらず妹を誘拐されるわけですね。
ルイ >> 「見込み」は伏線くさいですね。半漁人適性とかだったら吹くw
LD >> 「不動金縛りの術!てぇ〜い!!」←なんかレインボーマンの技だったらしい
kichi >> 「ネギま」、なかなかキツイ描写してきましたねぇ。
LD >> 「ガマラン」ぶっちゃけ、この状況で直善守るのは本気で不可能に思える。
ルイ >> 「決まった」の時に金縛りに必要な何かを行ったのかな?
カルマ >> 「ネギま!」ここまでバタバタと消えていくと、逆に救済の可能性を感じてしまいますね。 いや、これもメタな視点で見過ぎて良くないと思うんですけども…
ルイ >> そう思わせたもん勝ちですね。
ルイ >> カルマさんと結構同感。
LD >> あのリライトは、問答無用の力だけど、魔法世界の創造物限定って所はそうみたいですね。
ルイ >> まあ、誰かが造物主マジックで再生すれば?仮初の命でも、命は命?みたいな?そういう事は普通にありそう。
kichi >> ……同感。どっちかというと悪い意味で。正直結構ギリギリな印象です。>直善守るのは本気で不可能に思える
カルマ >> そう見えますね。少なくともガマ一人では無理。>直善守るのは本気で不可能
ルイ >> え、なんで悪い意味?w
LD >> 少なくとも再度リライトすれば復活するんでしょうね。…その展開含めてこの能力は要注意ですね。
kichi >> ああ、同感ですねw 実はさっき書きかけて消してました>ネギま救済の可能性
kichi >> いやまぁ、リアリティ的な意味でですね。>悪い意味
カルマ >> そういえば、「デリート(削除)」じゃなくて「リライト(書き直し)」なんだな。
LD >> いや、不可能と言っても、もう一捻り二捻りすると回避できるとも思うんですけどね。…ここで直善が天才的な逃げ上手だったりね。…って連載一回目の時にガマの斬撃の間に割って入りましたっけ?
カルマ >> 書き直しじゃなくて書き換え…か?
kichi >> すでに何回も死んでるはずのとこをマンガの都合で生きてるように思えますし、今の状況もそういう都合で生かされちゃう気がしてならないっていうのがあって結構微妙な印象です。今週の内容自体は良いと思うんですけどね。>ガマラン
ルイ >> 漫画の都合で生きてるって思った事はないなあ。もしくは、それなら全部の作品にそう思うって程度のレベル。
ルイ >> リライトって事はその存在を掲載していた魂的な何か・・・質量みたいなものは残ってるんでしょうね。ルフみたいなw
カルマ >> うーん、キャラの心情としては殺されたも同然で、その心象に乗せられてない今回は上手くいってないと言った方が良いのかなぁ…うーん。でも「赤松先生だから」という見込みありきなんじゃないかとも思っていて。そう読むのは良いのかどうかとか、考えています。>ネギま!
LD >> >それなら全部の作品にそう思う そこまでマンガ的に無理がないレベルだとも思わないけどwでも、まあまだ「この状況は不可能じゃね?」って思い始めたレベルでしょうか。
ルイ >> 「花形」参加費削減を狙うシニア監督なんていねえよw
カルマ >> 相当ギリギリのとこで生きてはいますけど、ちゃんと相手も「ちゃんと殺しに来ている」ように読めてるので、ご都合主義的には感じていないですね>ガマラン
LD >> 「ゼロセン」休載…と。( ・`Д´・)φ
GiGi >> んーこれ性格反転なのかな?別人という可能性もあるような。つかジェラールとミストガン
kichi >> う〜ん、直善が一人になった時点で普通は殺されてるはずと私は感じてしまいましたね。まぁ、LDさんの言うような理由付けでもなんとか納得はできるかな……?といった辺りでギリギリな印象ではあるんですが。
LD >> この状況って「右腕が動かない?」って止まる動作があった瞬間、直善が死んでるじゃない?って思ってしまうんですよね。でも、それは現状ハラハラする展開って話ですね。
GiGi >> ビーストはいつも汗かいてるから単なる汗かきと思われている説
ルイ >> いや、それは何か違う気がする>瞬間、死んでる そこには剣客としての矜持や快楽主義が混じってくるはず。そんな誰もが100の力で殺しに来る世界では・・・だから、それは「絶チル」の「少佐が本気になったら」の「本気」に近い。
LD >> GiGiさん、素晴らしい指摘です。>ジェラールとミストガン
カルマ >> ああああああ。そうか、なるほど、素晴らしい。>ジェラールとミストガン
ルイ >> ミストガンが鏡の世界からやってきたということか。
GiGi >> ねぎまで重要なのはMM正規兵もさくさく消されちゃってることで、ゲーデルの目論見が既に崩れさってる可能性が。
LD >> 矜持や快楽主義でを目的達成より優先させるなら、そういう説明が入れば特にご都合主義という事はないですね。でも、僕は今、目的最優先される中でこの危機をどう回避するか観たいし「ガマラン」にはそれを期待したい。…僕は別に悪い意味でとか思ってないですよw
ルイ >> そろそろ俺のチャンピオン(俺の?)
kichi >> ……まぁ、「ガマラン」に関しては今回の試合の方式が決定した時点で“どう護るのか”というのが着目ポイントだと思ってたのですが、実際はそこにはあまり力注がれてなかったというか、少なくとも私は満足してない、だだ甘と言っていいくらいの描写だったなぁ……っていうのはあるんですよね……。
ルイ >> うん。そうは思ってませんし「目的最優先」だとも思ってはいますよ。ただ、突き詰めすぎはよくある「○○すればいいのに」的な安いツッコミに終わりかねないって。
ルイ >> 乱戦の中の選択を描いているので、正直そんな瑕疵は感じていない。ここはkichiさんと真逆と言ってもいいかな。>ガマラン
GiGi >> まあ一応、任務より戦闘狂いっぽく見せてますが、ヌルイはヌルイ。とりあえず横が堀なので飛び込むといいとは思いますが>ガマラン
ルイ >> 自分の武器があるならそれを用いてやりたいはずだし。そういう意味では行動なんて縛られて当たり前なんですよね。・・・堀は最終手段、動く的でもあるんでそんな問答無用で選べはしないでしょう。まあ、万策尽きたらある選択ですが。
LD >> 「ゴッ輝」四宮先生が決りましたね。婚約…かな?あっちはどうなるんだろう?w
カルマ >> 今回に関して言えば、結構無理があるなぁ…とは思っています。何か利害の一致する他流か仲間が来ればいいですけど、それも期待できないので…>ガマラン
ルイ >> 兄弟子がそろそろ間に合いそうな感はあるけど、それは今回というか、次回じゃね?
ルイ >> 「輝先生」は絵柄が子供なのでなんでか笑ってしまった。
カルマ >> 今回というのは、今回の戦いですね。うーん、兄弟子来ますかね…?
ルイ >> あ、兄弟子って師匠じゃない方ね。まあお手並み拝見で、そういう意味で結果が提示されるまでの「不可能に思える」は面白いスパイスにしか思えない、というのはおそらくどんな物語に対しても同じスタンスです。結果がダメならこき下ろせばいい。
kichi >> ガマの選択の描き方自体は良いように思うのですけど、状況はガマがどんな選択をしようが直善を生かすのは無理な状況だったように思えるんですよね。たぶんルイさんはその意志決定の仕方とかを重く見るから、瑕疵なく行動したのだから助かるのは自然……というような感覚なのかなぁ?と思ったりしてますが……。
LD >> そろそろルナリオンにいきましょうか。
ルイ >> んー、そこまでは言わないが、例えば1人で逃がした時は当家のボンボンだからとりあえず普通に斬りかかったら一応剣は使えて、つばぜり合いはできた・・・って程度ですよね。剣客でもない相手にイキナリMAXパワーで奥義使うほうが自然とは、別に思えなくて。そうなると「どんなことがあろうが絶対死んでた」は言いすぎに思うっていう程度です。
GiGi >> 今世界の真実に到達してるのはネギとゲーデル、フェイト、あとのどかかな。今回の事件でゆえも一気に核心に踏み込んでくるかもですね
LD >> 「シュガーレス」ですが、かなり「A−BOUT」と似た構造ですね。さきほども言いましたが、これがヤンキーマンガの作法なのか…。しかし、違うのはハナノアナとマリモちゃんの扱いで、実はこの差は大きいと思います。
ルイ >> 「バチバチ」は一番候補です。
ルイ >> 巻頭カラーというのも含め、読ませ方がメチャクチャ上手い。いい「騙し」だ。
ルイ >> カラーでのやり取りは、鯉太郎が洗礼を浴びた図にしか読めないんですよね。でも最後まで読むと、それは格負けした先輩の負け惜しみ、捨てゼリフに変換される。これは上手いです。普通に一番推し。
kichi >> 私もそこまで(絶対死んでた)は言わないですけど、う〜ん。ちなみに私が問題にしてるのは今週の話じゃなくて、兄弟子達と一緒に居たとこから一時的に直善を見失った時の方です。
LD >> フェイト≧ゲーデル=のどか>ネギ ですよね。フェイト=ゲーデルなのかがミソで、多分、違いそう。そこらへんをのどかの情報を元にゆえとネギくんがフェイト・レベルに推理を進めて行くあたり?
GiGi >> バチバチはバチバチでしたね。一見のお客さんにもわかりやすいよい作り。
ルイ >> いや「どんな選択をしようがムリ」というのはそう言っているように思えますから。そして一時的に見失ったときの話だとは了解したうえでさっきの事を言っていますよ?切り結んでいたでしょう。案外やるなっつって。
kichi >> 「バチバチ」上手いですね。これは意外でした。
ルイ >> わかりやすいっていうか、ネームとして素晴らしく上手い。 あと、ここを経ても朝青龍が出来上がるのは結構凹む事実w
LD >> 基本解説役のハナノアナと、格の低い主人公の変わりに格を確保しているマリモちゃん。一瞬、ハナノアナの格を期待した分含めて、ここは「シュガーレス」の形がいいと思うし、主人公の格が低くても「シュガーレス」の展開はいい感じだと思います。
ルイ >> 前回同様「みつどもえ」について聞きたいんですが、パンツは一定の時期を経て見せなくなったの?なんかこう、見せないでエロい構図を追求してるように思えるんですが。そして、それが案外上手い
LD >> 朝青……orz 一応、外国人力士がいる世界ですよね。新弟子では見当たりませんけど。
LD >> 「範馬刃牙」の「想像……以上だね…」はなかなかいいセリフw
kichi >> 私が検証したわけじゃなく某ブログに書いてあったことですが、これまで“履いているパンツ”は一度も描写したことがないそうです。ズリ下ろされて膝あたりにかかってるパンツとかはアリなんですけどねw>みつどもえ
ルイ >> 「シュガーレス」は、3人目の1年クンの方が先にシャケに仕掛けてるんだけど、一回ビクってから同じ事やる主人公は格的に大丈夫なんだろうか。・・・「強さを感じるほうが、感じないものより↑」という力学がないとちょっと苦しいんで、今後の描き方に注目。シャケはなかなかカッケーし良いです。
GiGi >> ヌルく見えるのは、ガマたちが組織だった相手から頭を守る策を見せてないから。一度やっておけばそういうものとして了解出来るけど、場当たりな対応なので座りが悪いという根本はビースト現象と一緒。
ルイ >> ほほう・・・!!!>はいているパンツは描写したことがない   でも下ろし掛けはいいんだwわからんw
ルイ >> 城でてすぐなのを何年も埋服していたビーストと一緒にするのはさすがに。
ルイ >> 「弱虫ペダル」は最高すぎるんで、残った年賀状使って人気投票応募しようかなと。誰か5位を俺に教えてくだしい。
ルイ >> 巻島、坂道、鳴子は上位にいるはずだ。金城が3位か4位とした場合の5位は今泉か御堂筋かアブ君なんだ・・・←予想中
LD >> いや「シュガーレス」“も”いきなり主人公の格は低いですよね。第一話でもマリモにこてんぱんだし。…しかし、そこに確信があるというか「A−BOUT」みたいな主人公強強詐欺が入ってはいない。
LD >> 御堂筋くるんだ!Σ(´・ω・`) 人気投票
ルイ >> そこはいいんです>岳 今回出てきた瞬殺クンとの「認識の差」はどう処理するのかなって興味だけですね。てか、あばうとは意味がわからんので。
GiGi >> 弱ペダ人気投票3位までは鉄板ですね(笑)。4、5位はタイミング的に田所、巻島なんじゃないかなあ
LD >> ビースト現象ww ビースト現象ってなんだろ?緊迫感がある展開がコントになるとビースト現象?w
ルイ >> 一年3人が上位だと申すか!?>鉄板
kichi >> 「弱虫ペダル」は最高でしたね! ずっと見たいと思ってたのが見れたということもあってほんと最高でした。先週は追い付いた際の演出がイマイチに感じられたと書きましたけど、今週のを読むとあれもかえって良かったように思えますね。坂道が合流するのを待たずに巻島先輩が飛び出してるのが熱くてですねぇ。しかしその感謝の念は巻島先輩らしいやり方で伝えてて……ほんと最高でしたね!
ルイ >> そう「今巻島が出た」がいいんですよね。イコール「よくきた坂道ぃ」を坂道は聞いてないって事でもある。絶妙のタイミングで飛び出してる。
GiGi >> んールイさんは今泉を下位に見るのかー。私は今泉2位希望。だって女子読者がいるってことになるから。
LD >> 「冥王神話」のパンドラもいい……ああ、なんかホントに今、チャンピオンいい展開の作品多いな。
ルイ >> そしてブチャラティ金城の要所要所のコマがいいんだ。彼は巻島がクライマーを求める気持ちの根っこがわかっていたんですよね。同じタイプのレーサー同士が惹かれるって感覚は「ある」と思うんだけど、それ以上に巻島は、チームを任せられるクライマーをずっと探していた。自分の為と、それ以上にチームの為に。チームに優先して戦う気は最初っからなかったってのがこの回想でも伝わってきて、燃えます。本当、「団体競技」を高めるマンガだ。
ルイ >> いや、人気投票を開始した時期を考えて、ここんとこ今泉空気やん?ってw
ルイ >> 女性読者がイメージどおり動くなら、今泉か山岳なんですよね。
LD >> 冥王軍、次々倒れる黄金闘士に対してけっこう盤石(?)に観えたのに、こっちから崩れて行くとはな。
ルイ >> 「冥王神話」のパンドラいいですね。思わず水樹さんで脳内再生しちゃった。
kichi >> パンドラいいですねぇ。正直先週のでフェードアウト気味に扱われる可能性も感じてただけに熱いです。
GiGi >> 3人選ぶ形式なので1位はぶっちぎりですわな。123でポイントをつけるか不明だけど、ポイントつけない場合は山岳くんも結構上位にくるかも
ルイ >> 明らかに彼我の戦力さあり杉って感じだったのに、先週のアーロンの所業も含め、ほんとうイイカンジに瓦解して、結局「限られた数名の戦い」にもっていけてる。
ルイ >> ん、3人選ぶ形式はポイントですね。ちょっとギギさんマジで5位予想して協力してよw
ルイ >> ブチャラティ金城かな・・・
LD >> 「ギャンブルフィッシュ」、カイザーのエンディングは観えるか?
ルイ >> トム下手すぎて何もいえないw
LD >> 「ハンザスカイ」悪くないです。元々、アクション描写は悪くない人だったので、変にひねらずこれくらい単純明快に戦って行く方がいい。ずっと。
ルイ >> カイザーの「むッ!?」がうざったいなぁw・・・しかしチェンジ牌どんだけ出ないのよ。
LD >> まあ、トムのマージャンの下手さはガチですね。もっと単純なギャンブルじゃないとエクストリームしないんだwこの分だと囲碁や将棋はもっと破滅的に弱いですよw
ルイ >> 「ハンザスカイ」良いんじゃないですかね。先輩が40に見えるのはアレだけど、大コマの使い方も気持ちいいです。
GiGi >> 麻雀経験ほとんどないなら仕方ない(笑)というかたぶん麻雀以外の要素で勝敗決するだろうからいいんだけど(笑)
ルイ >> トバなきゃ役満一回で終わるしw
LD >> 「ハンザスカイ」も「シュガーレス」もいい出だしなのはいい感じ。
ルイ >> あと、最近「ドカスパ」が面白いんだけど、多分この剣ってキャラがいい感じだからですね。いい感じにアホというか。
LD >> 「ケルベロス」、本物の金屋はどうした……って、金屋さんってまだ無事なの?
GiGi >> 予想1。坂道今泉鳴子田所巻島。女子読者頑張ったパターン。予想2。坂道鳴子田所巻島今泉。女子読者なんか幻やったんやパターン。
ルイ >> 岩木とからむと、アホ2大巨頭って感じでとてもスイスイ読めます。水島御大も老成するのはまだ早いよ。アホを描こう。
ルイ >> 田所が高いですね。
LD >> 「AL」も大体分ってきた。戦国武将ものに見せかけた暴走族ヤンキーマンガなんだ。
kichi >> う〜ん、巻島坂道鳴子田所御堂筋かな?<単に私が好きな順w
ルイ >> 「ケルベロス」相変わらず楽しそうで何よりです。作者が楽しそうだと漫画は楽しいよね、基本。
GiGi >> 基本は1年3人の投票が多数派と思われ。鳴子田所はラインが強力なので鳴子が頑張ると田所も引っ張られる。
ルイ >> 好きな順なら金城巻島坂道田所鳴子ですが絶対アテにならないw
LD >> 坂道鳴子今泉巻島田所……アブが7位くらい。
kichi >> 「ケルベロス」はうまく騙された……じゃなくて、タイミングが巧かったってことになるでしょうかね。とりあえず感情を揺さぶられる描写があること自体を評価したい気持ちです。
ルイ >> 1年3人多数派でしょうね。あとは3年3人という通もいるかもシレンwそこで1年との線を持っている田所が上にくる、か。そうすると5位巻島というのはクライマー連鎖はあまり起こらないって事だけど、今週来週が応募って事を考えると巻島追い風はかなりあると思う。
GiGi >> 投票するなら金城田所巻島だなあ。
ルイ >> 景と雪房の会話とか結構好きですね。
ルイ >> 通がいたw
kichi >> あと、金屋が「かっこいいなぁ」って言ったのを聞いた時の友恵の表情が御堂筋みたいでちょっと笑ったw>ケルベロス
GiGi >> じゃのめはばたばたと手仕舞に入って残念感が。
LD >> 僕は手嶋巻島アブかな。
ルイ >> そこにあるため息もいいですよね。>かっこいいなあ 後、穴あけた後の向こう側から覗く偽金屋の目が見えるのもいい。こう、手癖で描いてない感があってかなり好きな連載。映える画を考えてる。
LD >> ここ重要だと思うんですけど、雪房はあれが百代狸の変化だって看破していましたかね?
ルイ >> 2年から1人だけ選ぶ人は極悪だってばっちゃが言ってた。
ルイ >> 結構微妙>看破 どっちとも読めて、そこが面白いですね。
GiGi >> 気付いてない風ですねえ(笑)>雪房
ルイ >> 僕は看破で読みたい。すると「残念だ」という言葉の意味が、そのもの「期待」への残念という冷酷な響きを持って趣深い。ただ、景!?の「!?」がちょっと邪魔。
LD >> 「じゃのめ」店じまい……というか、梅田先生って、けっこう短くして次の作品描きたいタイプ?
ルイ >> 「じゃのめ」は元々本編つまらないので、それを巻かれるともう更に。
kichi >> どっちかというと看破っぽい?と読んでましたが……微妙なとこですねぇ。
ルイ >> 「ナガレ」は主人公が動かないってYOU認めちゃいなYO。
kichi >> 「じゃのめ」は読み切りエピは凄くいいのに、本編的な展開はなんでここまで支離滅裂とすら思えるくらい駄目な感じになっちゃうのか……(´・ω・`)
LD >> (´−ω−`)。o(…やはりそうか…)>主人公動かない
ルイ >> ただ、偽金屋と一緒にいるページで雪房が一言も発してないからこそ完全に気付いてないと断じる証拠もないんですよね。そこはおそらく、気付く気付かない無関係に、前半の会話どおり「景に期待しているからこそ、黙ってみている」というスタンスあればこそなので・・・そこは成功している。
ルイ >> あと、お嬢は縞パン推し。いや、こうわかりやすいから今更「みつどもえ」について色々思ったワケで。
LD >> そう。「甘やかすつもりはない」から、ここまでの展開は一本軸に考える方がキレイなんですよね。
ルイ >> ちゅまり、基本ケルベロスは面白い。あとLDさんがなんか言ってたけど、本物の金屋さんは最後のコマで志村うしろ状態なので、来週フクイズム爆発。フクイタクミ先生の陵辱が読めるのは少年チャンピオンだけ!!
LD >> では、そろそろ一番を決めましょうか。
kichi >> 「みつどもえ」はかなりいろんな面でコダワリ持って描かれてる作品であるのは間違いないと思いますよ。先週話してたようなそのキャラによる理はやはり通してたように思いますし、成長もある。……ま、サザエ時空の作品で成長描かれるのも微妙ではあるんですがw
LD >> いや…あのラストのコマが回想の可能性は?あと「まだうまく動かせんのかの何せ体をもつのァ久しぶりだし…」というセリフが気になります。
ルイ >> ちょっと集めたくはなってます>みつどもえ まあ、アニメの制作会社か監督か構成かキャスト次第で決めるw←僕の重要な四要素
ルイ >> ラストのコマが回想って意味がわかりません><
LD >> 次週で金屋をどうしたか、狸が回想で語ってくれるとかね。まあ、間に合う、手遅れだったけど助ける、いろいろ展開有りますけどね。
GiGi >> さていち。ジャンプはバクマンかな〜
ルイ >> 喰う邪魔になるから襲ってるって事は、末端神経の触手クンが来週大活躍してくれるとしか思ってないぜ←
kichi >> ……金屋がはぐれた辺りの描写がちょっと微妙ではあるんですよね。どうなんでしょう……?>金屋
LD >> いや、ラストのコマから回想が始まっているという事ねwそうじゃない可能性もあるけど。
kichi >> ジャンプは……やっぱり私も「バクマン」になりますかね。
ルイ >> バチバチと弱虫ペダルとケルベロスで、バチバチかな ・・・嘘ですw後はオニデレ、むろみさん、保険室、RINNE、あおい坂。
LD >> …あ、そうですね。読み落としました(汗)>「食う邪魔になる」
GiGi >> さんではマギかリンネとか?
LD >> ジャンプはさっき言った「いぬまるだし」
LD >> サンデーは「あおい坂高校」
ルイ >> ああー、マギもいいですね。当然のように。でもシンドバッドは隠して欲しかったなーw
LD >> マガジンは「ネギま」
GiGi >> まがじんはむろみさんでもいいけど、んー。他は…輝先生とか?(笑)
ルイ >> 先週ならまだしもって気はしないでも>ネギ まぁ勢いに任せて一気にいってるのが良いって判断?っていうかマガジン駄目の言い換え?
LD >> チャンピオンは…今週いいの揃ってますよねえ。敢えて「シュガーレス」と「冥王神話」上げようかな。
ルイ >> 「冥王神話」も良かったですね。シュガーレスはそこまでじゃない。というか、それならハンザスカイも同じくらい良いです。
kichi >> サンデー……………………、う〜〜ん、「ツール」か「アラゴ」辺り……?「アラゴ」でいっか(´・ω・`)
GiGi >> ちゃんぴは弱虫ペダルでいいけどバチバチと冥王もよかったでゴンスな
ルイ >> おう、「アラゴ」いいね!←影響受け放題
ルイ >> ちょっとやり直そう・・・w
LD >> マガジンでいいのが無かったとうのは無いでは無いですが、けっこう踏み込んだ描写評価ですね。すぐ補填されるんでしょっていう先読みは別にして。
カルマ >> ジャンプは…うーん「保健室」、サンデーは「オニデレ」、マガジンは…ぐぬぬ。
ルイ >> ジャンプは無し。サンデーは「アラゴ」「あおい坂」。マガジンは無し。チャンピオンは「バチバチ」「ペダル」「冥王」。以上。
LD >> 「アラゴ」いいよね!(`・ω・´)
ルイ >> 直しますた。
kichi >> マガジンは…………無難に「ベビステ」?「一歩」でもいいかな?……「一歩」で。
カルマ >> あぁそうだ、「アラゴ」良かった。
ルイ >> まあ、僕の中では「バチバチ」で鉄板すね。LD力学がチャンピオンを外したがるかも。
kichi >> チャンピオンは「バチバチ」も「ケルベロス」も「冥王」も良かったけど、でも「ペダル」で。
LD >> んんん…「アラゴ」、「あおい坂」、「バチバチ」、「冥王」かな。
GiGi >> ねぎまクラスだと状況描写のその先を期待しちゃいますね
ルイ >> ペダルはずっといいからね!
ルイ >> しかし、ペダルとか書いてるとどうしてもライブオンを思い出す俺。ついでにナップルテールも思い出す俺。
LD >> LD力学がチャンピオンを外したがるかは別にしてw「バチバチ」に斤量とか考えはじめている事は否定しないw…個人的には「あおい坂」か「冥王」なんですけどね。
kichi >> ずっといいけど私には今週特に良かったのですw>ペダル
ルイ >> まあ、今週は色々いいからそこまで不満を感じる事もないかな。でも、繰り返すけど僕はバチバチな。最初に読んだ時からカラーの出だしが「鯉太郎の勝ち」だと思って読んだ人がいるなら兜脱ぐけど。
GiGi >> 冥王は先週と併せ技という側面もあり
ルイ >> なんてこった!これが教習所!地獄の洗礼や!って身構えて読ませる効果があるのに、読み進めると現実が書き換えられる。スバラシィです。「アラゴ」「冥王」なら譲らないこともないが、「あおい坂」はコテツ描写は上手いが敵方がイマイチ。
ルイ >> それはわかるな>先週と 車田星矢と比べて、やっぱりキャストが多かったんですよね。雑兵含め。それを一掃してリモデルした感があって良いです。
LD >> んんん……「冥王神話」かな。何というか、この展開の変わり目でパンドラが生きてくるのがいい。
ルイ >> 本当にチャンピオンが好きなサイトですね(他人事
ルイ >> 生きてくるって、まあ、いたからどうなるかはアレですがw
LD >> 最近、4週続けてチャンピオンから選んでいるんですよねえ。雑誌に斤量…って考え方はしないけどw
LD >> いや、単純にパンドラさんカッコいいねって事w
ルイ >> つまり今年は全部チャンピョンだと。
ルイ >> うん。水樹さんってきっと神経質なヒス女がハマり役だと思うんだよね、歌声的に←失礼
LD >> 「冥王神話」にします。
LD >> それでは、みなさん、おっつー。(´・ω・`)ノシ
ルイ >> そういえば、ドカスパの感想誰も同意してくんなかったなっと。
kichi >> ふむ。まぁ、アリですね。>「冥王神話」一番     ……ちなみに、やっぱりLDさんには「CLOTH ROAD」を読んでみて欲しい気持ちが高まったりしたのでしたw ルイさんもぜひ最新刊読んでみてほしいのですけどね。私はかなり痺れた展開があったものでしてね……、でもあまり話題になってなくて哀しい;
kichi >> では、おつかれさまでした〜。
ルイ >> あー、そっか、最新刊か。トークショーで倉田さんのキモオタっぷりを鑑賞して、すっかり気持ちリセットしていたw
ルイ >> パンドラにメイ様を観たわけだw
kichi >> メイ様の方が断然格上だと思ってますけどねw
LD >> 「CLOTH ROAD」は1巻出たくらいの時にチラっと読んだんですが…あんまりよく分らなかったかなあ…。
LD >> しかし、ちょっと買って読んでみます。
kichi >> むぅ、駄目でしたか……(´・ω・`)メイ様大活躍の4巻までは読んでみてほしい気持ちもありますが……まぁ、全然合わないようでしたら強くは推せないですね。
LD >> はい。それでは。
カルマ >> お疲れ様でした〜
ルイ >> メイ様が捨てられるとこまでは読んでから決めた方がいいですね。
ルイ >> 明日のことを考えると何時に寝るのがいいんだろう、とか考えていたらこの時間まで徹夜してしまったでござる。
ルイ >> せっかく徹夜したから、昨日の話題の続き?で、アナン前事務総長と緒方さんのスピーチをリスニングしてみた。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・40%ってとこか?w
ルイ >> 話題の方向性がわかりきってるから、内容は大体つかめたのだけれど、それは理屈で読んでいるのであって聞き取りにはなっていない件。
ルイ >> 東大生の質問は流暢すぎて全然聞き取れなかった・・・w
ルイ >> 東大生の質問は流暢すぎて全然聞き取れなかった・・・w
ルイ >> アナン氏の英語は聞き取り安いはソフトだわで、やっぱり違うなと思わせる。
ルイ >> そろそろ北朝鮮の質問がくるかと思ったらいきなり来たなぁw
ルイ >> 真面目に質疑応答を聞いていたら眠気がなくなってきたでござる。
ルイ >> 思い出話をさせようとするなw
ルイ >> アナン氏のマジレスに全俺が泣いた。「在任中に最も難しかった決断は何ですか?」「イラクです」こんな答え待ちの質問に付き合ってあげるなんて。
ルイ >> 明日確かエクボとかいう映画を観るわけだから・・・逆算して・・・ムニャムニャ
LD >> あ、あ、あ、……あ〜〜〜〜〜……!(((゚Д゚+)))
LD >> オ、オラが用意していた駄洒落とったあああああああああああ!!!m9(゚Д゚+)>エクボ
LD >> ま、あれだ。9時半にJR川崎駅の改札口にキナ!
LD >> 【はなまる幼稚園】観てたぜ!EDとかやっぱり作画で遊びたいみたいだぜ!
LD >> 【刀語】観てたぜ!斉藤さんの声がフィットしすぎてて、田村さんの声を変換してしまうオラがいるぜ!
LD >> 【刀語】…第一話って何か長い?(´・ω・`)
カルマ >> 刀語は月一回60分で全12話ですね。
LD >> Re:カルマさん あ、そうなんですね。ありがとうございます。
LD >> 【ソラノヲト】観ている…。これって最後は戦場になるんだろうか?
ルイ >> いちわはおもしろかったのに(なんどめ
ルイ >> はなまるは、二話のAパートが良かった。…Bっていうと思ったろう!見損なうなYO!
ルイ >> 園児が好き勝手に話題進行させてるとこが好き。
井汲 >> >いちわはおもしろかったのに 私は2話3話を続けて見逃してしまったので、4話でつまらなくなってるのかどうか、いまいち判断がつかない…。丁寧に描いてるな、という気はしています。
井汲 >> ………「一番」読み返していて思いましたが、PSYREN の雨宮の別人格って、以前出てませんでしたっけ?脳内別人格と対話していた(脳内で)記憶があるんですが(それとも、それを踏まえた上で、「あれじゃダメだ」という話が交わされているのかな?)。
ルイ >> かなり無責任一代男な言い分ではありますが、その印象の薄さを理由にしていたってとこですかね。
井汲 >> 椎名先生の、平野綾への傾倒っぷりは、とりあえずは生データを挙げると http://cnanews.asablo.jp/blog/2008/06/20/3586281 とか http://cnanews.asablo.jp/blog/2009/07/09/4424033 とかが象徴的かなあ。あと http://cnanews.asablo.jp/blog/2008/02/28/2670066 もあるか。
井汲 >> ただまあ、あえて「真性」ぶって、お客さんを面白がらせようとしている(さすが大阪人の根っからの芸人気質!)…という見立てが、いちばん正解に近いんだろうな、と見ています。
井汲 >> そして椎名先生が人としてダメになりすぎていて、見ているのがツラいエントリはこちら(笑)。http://cnanews.asablo.jp/blog/2009/12/27/4780588


■■■■2010年01月31日■■■■
ルイ >> あ、そっか。じゃあ明日DS持ってくんで、ラゾーナで俺のラブプラス開けますか。文字通りシュレディンガーのDSだぜ。
ルイ >> 刀語は今日BSでミマフ
ルイ >> 刀語を見ないで語れるのは今しかないから言うけど、30分に区切ってみたら印象変わった、みたいな事はないのかな?いや、アニメの60分メソッドって確立されてないと思うので。80分あたりになると違ってくるだろうけど。
ルイ >> レールガンを観ているとザ・モモタロウを思い出す理由は口にしてはいけない。
ルイ >> 各駅停車トラップなう。有楽町とか全部とまるのね…
ルイ >> LDさんとアバター見終えますた。
LD >> 【アバター】観てきたずら。
ルイ >> スフィア終わった。やはり昼間からビール飲んで声優アイドルライブ3時間ってなんか間違ってるw
ルイ >> 一つだけ、文学的な感想。
ルイ >> オールタイム彩陽さんしか観ないつもりだったおらに、戸松さんのお臍が歯向かった。…文学だなァ


■■■■2010年02月01日■■■■
ルイ >> 帰宅して即ブログ。アバターも書こうかなぁ。エクボだし。
ルイ >> 山本先生は典型的なファンタジー天使だ。リアルな天使はあやひーみたいになるが←
ルイ >> ゆーきーがーふぅる♪←20代


■■■■2010年02月02日■■■■
LD >> ぎゃ〜!!!雪で番組受信が出来ない!!
LD >> 「月給泥棒」観ている。
ルイ >> アバターかいといた。
GiGi >> ルイさんのアバター感想読み始めたらめちゃ長かったのであとでもう一度読む。
GiGi >> ひとつだけ、あれはよく考えるとハッピーエンドになってないというのはキャメロンは意図的にやってるんじゃないかなと。インタビュー等で騎兵隊映画って言ってたのは言外にその意を含んでると思った。
LD >> 「ゆめりあ」……(´・ω・`)


■■■■2010年02月03日■■■■
GiGi >> ツールのこの展開は良いな。
ルイ >> 続編にいくなら確実に通らざるを得ませんからね。まあ単品としてはうまく個人の物語にしたてたなと。
ルイ >> つーるとな。
ルイ >> そういや先月、シュレディンガーのDS持ってったのに見せる機会なかったなあ。ちゃんとした店に入ったせいだw
ルイ >> 鬼道さん獲った!
井汲 >> 【エデンの檻】充電はしとったんかい(笑)。


■■■■2010年02月04日■■■■
カルマ >> 「アバター」は3部作と聞いて納得した感じですね。細かいところは最初から気にしないようにしてましたが。 個人的なクライマックスは初めてアバターにリンクした時に走り回るシーン(笑)
カルマ >> 密かに期待してたのに…>シュレディンガーのDS
GiGi >> あら3部作言うてたのね。それは知らんかった。じゃあ2作目はI'll be backですね
GiGi >> 2月15日〜18日まで連休になったので、関東勢の都合が良ければ上京しようと思うのですがどうでしょう?
ルイ >> じゃあ秋葉原でいいメイド喫茶みつけときます←?
ルイ >> 三部作をどこまで前提にしてるかってのはあるが、ファンタシースターなヨカン。
ルイ >> LDさんと話した時は、三部作だと最後までタイトルが主軸になるのは大変そうですねと。そしたらタイトル変えろとか言ってたけどw
ルイ >> マリガリ観てるとダビンチの外しっぷりが泣ける。声を変える判断は取れなかったか…
ルイ >> でも、マリカの車はダビンチ作、というあたりに追悼感?
GiGi >> ルイさんの行きつけのお店でいいですよ^^>メイド喫茶
LD >> 15日〜18日って平日だよね。夜なら何とかなるけど…って感じです。
GiGi >> そんな感じでしょうね−。週末は戻らなければならないので…。ルイさんのオフと合えばそこに合わせて行こうかな。


■■■■2010年02月05日■■■■
LD >> あ、今週の一番は、本日深夜25時開始予定という事でお願いします。
LD >> 【鍵人】下巻買ってきました。


■■■■2010年02月06日■■■■
LD >> |ω・`)
LD >> ちょっと今、ブログの記事を書き中だぜ。もう少しで終わるぜ。
kichi >>     こんばんわ〜(´・ω|私も鍵人下巻買ってきました。まだ読んでないけど。書き下ろしとかあるのかな?
LD >> うい。ちょとまててネ。(´・ω・`)
LD >>
LD >> 今週の一番付記「ワンピース」白ヒゲ襲来編におけるルフィの役目 http://blog.goo.ne.jp/ldtsugane/e/6682ea189d3bc60281459ede6b5be774
LD >> …は!そういえば僕も「鍵人」買ったはいいけど、ビニール破いてもいないや!Σ(`・ω・´)
ルイ >> ブログを書く時間もなかった今週だが、ゲームはやっていた今週。
kichi >> ……たしかに別の形で器を見せるという形が良かったはずですよね。覇気はやはりいろんな意味でイマイチ……(´・ω・`)>ルフィの役目
LD >> 何をしていましたか?シュレディンガーDSですか?
ルイ >> んにゃ、ときメモ4。 NPC劇場の話は、ロードスの引き合いにイマイチ得心がいっていないのでムシャムシャ咀嚼中。
LD >> 「バカとテストと召喚獣」は面白いですか?僕は、また「デュラララ!」が切れていたので、かなりモチベーションが堕ちています…orz
ルイ >> 僕の中では、あそこでファーンとベルドが回想語りして魔神戦争に行やダイス割いたらNPC劇場ですね。
ルイ >> ケシカスくんが面白いから、来週からおはスタを録画するんだ。
kichi >> 「デュラララ」は4話目もなかなか面白かったですね。
LD >> 「ロードス」はリプレイ時点を素地にした話ですね。物語にリライトした時の景観はまた違ってくる事は認識しています…でいいのかな?
ルイ >> デュラハンのため息まで音にしてしまうのはどうかと思うんだけど、kichiさんはどー思います?
kichi >> ああ、そこはたしかにひっかかりました。というか、正直声のあて方もしっくりきてはなくて……。
LD >> リライトした時も、多視点性確保というか群像劇性を志向した作品に仕上がっているので、そもそも単体ではあまりNPC劇場という話にもならない。…が、それでも僕の感覚では英雄戦争のくだりは…ってここらへんは見解に差はでそうです。
ルイ >> うん。僕もしっくりきてない。>沢城さん
LD >> くっそ〜。このままだと「ギディ・ガーランド」の時のように物陰から、しくしく泣くはめになってしまう…。>「デュラ」
ルイ >> 表情を付けすぎだと思うんですよね、沢城さん。文面から文意を汲み取れるのは、ずっと暮らしている変人クンだけでいいはずで、他の誰と話している時もあの流暢な沢城喋りってのはデュラハンのサイズを見間違えてしまうように思う。せめて声を入れるのは変人相手の時だけ、或いは他の人だと平坦喋り、といった細工が欲しい。
kichi >> 最初、あれ?いちおう声は出るの?とか思っっちゃって混乱しましたしね。……まぁ、声なしというのは不親切かもなんですが、なんかもうちょいうまくやれないもんなのでしょうかねぇ……。
ルイ >> うん。声は実際出てはいないので「受け手がそう受け取っている」ものなんですよ。でも、それが受け手が誰であれ同じニュアンスになるのはおかしいという話。チャットの音声化にも通じるのかもしれないんだけど、『文字』にちょっと過度の信頼を置いた作劇だと思いますね。
kichi >> たしかにいかにもな平坦読みが基本なら単に視聴者用の声だしと思えそうかも。
LD >> 「刀語」は面白かったです。あ、「おまもりひまり」を観ていない。おかしいな…けっこう色々観ていた気がするんだか、案外消化していない?…「ぽぽたん」とかを新番組だと思ったからか?
ルイ >> あやひーとキャストチェンジしてみたら面白かったのに(真顔 でもまあ、オタ子さん好きだからいいけど。
ルイ >> はい。でね、心が彼女に近づいたら、流暢な喋りに聞こえてくるの。いい演出じゃないっすか?w
ルイ >> 「キディ」はバトルものとして観たら魚座が強すぎてなんかもう、僕の知らない制限or限定条件があるんだろ!?教えてくれよ!orz状態なんですが、物語はまあまあ。でも「悪夢」は自分で振り払わないと現状認識に働きかけないぞ。
LD >> …あ、今週の一番に入りましょうか。
kichi >> 「おまもりひまり」も案外面白いです。……いや、ベッタベタにベタでテンプレなんですけど、なかなかに楽しい。3人目の水使いの子も案外強い(キャラ格的な意味で)感じなのが面白いかも。
kichi >> なるほど。>流暢な喋りに聞こえてくるの
LD >> ああ…そういえば「キディ」も観ないと…(遠い目)
ルイ >> 新番組溜まってるけど、なんか「エリン」を見直してました。いやー星川さん?明らかに18エリンは声作ろうとしすぎてて逆にダメなんだけど、補って余りある本編の良さ〜。最終回3回くらい観たけど、やっぱいいです。
kichi >> 「キディ」は悪い夢の回まで。……何も聞いてなければ「いつもよりは良かった」と思ったのかもしれませんが、井汲さんの発言を念頭に置きつつ見たらやっぱりダメ出ししたくなるレベルでしたねw正直なところ
kichi >> >アスクール演技
ルイ >> 声無しだと画面が文字情報に縛られてカット硬質化しちゃうと思うんで、そこは難しいとは思うんですけどね。
ルイ >> そう、僕もなんかあの回で、凄い演技が聞けると思って構えていたけど寧ろ減点だったw
LD >> 「エリン」ばっかり観てないで、ちゃんと三角食べしなさい。(`・ω・´)-3
ルイ >> ケシカスくんも見直していたり。あと「イナズマイレブン」は数話録画しそこねたかと思ったらそうでもなかった。つまり、なんか話飛んでる感があるw
ルイ >> あの回アスクールが「嘘だッ!」ばりに吐き出したら回がワンランク上がったと思うんですよね。なんかこう、シャウトする時も普段の媚っぽい抑揚が残るのが「演じてるクッション」が入っていて気に食わない。あそこは「素」と思えるような演技をしないと。
LD >> さて、一番に入りましょうか。
LD >> ジャンプから。
kichi >> 同感ですw>媚っぽい抑揚が残るのが気に食わない
LD >> 「バクマン」、大発タント連載決定。
ルイ >> 「バクマン」は高木と岩瀬の会話が、なんかこう・・・w
LD >> 冒頭の静河くんの後の本棚にあるあれは全部マンガでいいんですかね?
kichi >> ……まぁ、「タント」連載は置いておくとして、この岩瀬&エイジタッグという展開は楽しいですね。タントに関してもこれとぶつかるという意味で連載決定した展開を頷けるというか……10週打ち切りもありうるかなぁ?w
ルイ >> もうちょっとわかりやすい会話にしてくんないかなあ、大場先生w
LD >> 大発のお祖父ちゃんは、エッグマン教授に見えるずら。
ルイ >> CLAMP先生のXがあるのだけわかった←ホントかよ
LD >> ここまで来たら「大発タント」も打ち切られるべきだな!(`・ω・´)(←ここまでって、どこまで?)
kichi >> ……どうでしょう?そうとも限らないような?というか、そうだったとしても大した量には見えないかなw>静河くんの本棚
ルイ >> 本棚をカラフルに見せる為なんだろうけど、長編マンガがない事が気になったwここまで読み込んでいいかな?w
LD >> 山久さん、腰を据えてて好きだなあ。新妻ネームを最初に見抜いた吉田氏もいい。
LD >> それは僕も思ったw…で、飽きっぽいというかすぐにうっちゃってるかな?とか。>長編ない
ルイ >> 港浦さんが使えないまんまなので、彼に何か起こらない限り現状でエイジと勝負とか言ってもね。打ち切りだと港浦好みも叩き潰されるわけで、それでいいんじゃないかとすら。まあ、タルるーとくんの可能性もあるが。
ルイ >> メジャー的な価値観にそっぽ向いてる事の描写かもしれないですね。>長編ない
LD >> 「ワンピース」は、エースが解放されて大詰めに入りました。
ルイ >> エースは見栄えのいいスモーカーみたいなもんなのか。まあ火は絵ヅラが映えますね。
ルイ >> とりあえず本編としては来週。ロビン回想の時のような職人的回想コマ挟みが見られるぜ。多分。
ルイ >> 「NARUTO」・・・「サスケ助けて」はないだろwこの辺が岸本先生を信じきれない所だよw
LD >> 「ナルト」は今週もネームがそんなに悪くない……のか?(汗)
LD >> まあ、それはそうかw>「サスケ助けて」はないだろw
kichi >> とりあえずエースとルフィが並んでのバトルは燃えるものがありました。エース描写に関してはいい感じ。……ただ、この前LDさんが白ヒゲが言葉にしちゃってるのがって言う話をしてましたが、今回ので私はそれ感じましたね。宣言するんじゃなく、自然とそういう形になっていってほしかった感は……。
ルイ >> カリンがあの瞬間、「サスケの決意を見せる為のカード」に成り下がってるから「サスケ助けて」なんて現実味のないセリフを描けてしまう。ここ、カリンの事なんてミリ単位で考えてないでしょ。考えてたらこんなセリフ出せないって。もう全部憧術でしたーとかじゃないと認めんよ?w
LD >> 「ブリーチ」は藍染隊長がすごい、つ、よ、い、……と。( ・`Д´・)φ
kichi >> 「NARUTO」は……、まぁ、言われて見ればって感じではありますが、今回結構良かった気はしてました。頑張ってサスケをラスボス化してるなぁ。
ルイ >> 「バブ」はこの造形に大ゴマ任せるのはムリだなあとおもいました。まる。
ルイ >> 藍染隊長強すぎワロタ。
ルイ >> 「ぬらりひょん」はNPC終わってよかったな、と。
kichi >> 「バブ」コメントしにくいなぁ……。怪獣決戦みたいなノリは嫌いじゃないんですけど……なんかイマイチorz
LD >> 「ぬらり」は、なんか唐突ですよねwこの展開……導入をミスったのか?w
LD >> (´・ω・`)ノ 「バブ」はスルーの方向で。
ルイ >> なんでしょうねえ。学園生活にいたわけでもないんだから、主要メンツは遠野に一緒に来るくらいしなきゃダメだったとしか思えないですね>ぬらり
kichi >> 「ぬらりひょん」は、何故今NPC?っていうのは飲み込んで、単純にこのバトル内容だけ見れば結構好きな感じでした。天邪鬼女はなかなか魅力持ったキャラだと思いましたね。
ルイ >> うーむ、こういうバトル内容だけ乗ってる感じが一番苦手かもw楽しそうだなあってw
LD >> ギミックの「強さ」は出ていましたね。…やっぱり導入を上手くやれば良い話なのかもw>天邪鬼
LD >> 「トリコ」ボギーウッズは、再登場あるのか?しかし、再登場した時はなんというか……やられ役になってる?w
LD >> 「サイレン」は黒雨宮の人を殺さないゆるさが「サイレン」(←よく分らない事を言っている)
kichi >> ん〜、導入というよりはこのエピの配置位置辺りまで調整しないといけない印象ではありますかねぇw>天邪鬼
LD >> 「銀魂」は大河頼りなネタが「銀魂」らしかった。
kichi >> 「サイレン」黒雨宮は、いつの間にできた人格?という違和感を飲み込んじゃえばなかなか楽しげな人格で良い感じかもですね。真っ当に?ヤンデレですねw
LD >> >配置位置辺りまで調整 まあ、そうなんですけどねwすみません、何か神懸かり的な導入の話をしました。
LD >> 「アゲハ大好き!」っていうのは、いろいろ絡みそうでOKな設定だす。
ルイ >> 読みきり結構面白かったです。
LD >> …で、黒雨宮に合わせて、アゲハも新技を披露している構成は良いです。「サイレン」時々よいです。
LD >> 読切けっこう面白かったですね。
kichi >> 私もこの読み切りは結構良かったと思います。
カルマ >> (作業をしながらそっと見つめています)
ルイ >> 明智光秀のギミックとかいいですよね、日常生活過ごしにくそうで。
LD >> 「スケットダンス」は、ジョアンナはけっきょくアンドレと結婚しました……と。( ・`Д´・)φ
LD >> しかし、これは直にヒュペリオン世界大会くるな………なんか「ハイスクール奇面組」的になってきたぞw
カルマ >> (「バクマン」の本棚にはゲームソフトも多くありそうな気が。確認できてないですけども)
LD >> 「リリエンタール」は、なんか色々いい話でした。
ルイ >> デュラララ面白いな・・・「街がどうしようもない感じ」がよく出ているという意味で、チュンソフトノベルの唯一のアンサーたりえてるかもしんない。
kichi >> 「スケットダンス」、キャプテン中心に展開するのは良いのですけど……、う〜ん、なんだろう?何か煮え切らないような感覚が……。まぁ、そんなとこもスケットらしくはあるんですけどw
カルマ >> (黒雨宮はもっと表情にヤンデレ感を出して欲しかったかも)
ルイ >> 面白かった。5話はこれまでで一番面白いかも。とはいえ、一話抜き出すタイプの作品でもないが。>デュラララ 『アクセルワールド』の次のラノベはこれにしよっと。
kichi >> 「リリエンタール」は……、先週カルマさんが言ってた“うさみからてつこ”というのがしっくりきすぎてて、そういうわけじゃなかったようなのがちょっと残念に感じられてはしまっててw ……でもまぁ、悪くないまとめ方ではあったかな?
LD >> 「リボーン」がけこう大詰め?
kichi >> ああ、わかる気はしますが、個人的にはこのくらいの表情で丁度いいような気分ではいるかもです。あんまり振り切れちゃってると単純に切り捨てられるだけになっちゃいそうではあるんでw>黒雨宮表情ヤンデレ感
kichi >> ほほう、楽しみです。>デュラララ5話
LD >> 「HxH」は、何か今、キルアが何を迷っていたのかつながるはずなんだけど…?休載が長すぎてフックが思い出せないwなんだっけな?w
LD >> ちょっと可愛いかもって思えるくらいが「面白い」ですよねw>黒雨宮
ルイ >> ハンタは良かったですね。
LD >> 「黒子のバスケ」は新キャラがあんまおもろないので、がっくし。
kichi >> 「HxH」は“ネームの真理にもっとも近い男”という呼び名に肯首するしかないと思える神ネームだったと思いますね。あ、ヒキが前回の繰り返しなとこは別としてw
ルイ >> 休載のデメリットは確実にあるでしょうね。わかってるから連載再開直前に単行本発売するわけだけど。
LD >> そして「保健室の死神」は、今週も……いいぞ!!(`・ω・´)
ルイ >> ネームの真理云々は年間このスケジュールで回さないと首肯しないw単に近いならサッサッサーイっと描けるじゃん。近くまでいけるけどその為に溜めを超必要とする人、でそ。
kichi >> ……ちなみにLDさんが何を思い出せないでいるのかピンときてなかったり……。ま、休載のデメリットは当然あると思いますが……。
kichi >> 「保健室」はルイさんの要望に応えてサービス回でしたねw 良かったですw
ルイ >> キルアはゴンが凄い事になってるのを目の当たりにして、自分は隣にいていいのかっていうか、ある種の引け目を感じてましたからね。
LD >> 新聞部の山田さんもけっこういいしね!メガネ子!
ルイ >> 「黒子」は駄目すぎて困る。上履き云々は「上履きじゃないなら勝負になってた」つまり、また「能力値」でしか個性出せてないって事ですよ?
ルイ >> 保険室はいいですねえ。やっぱこう、怪異=倒すべき悪!って意識が強くないのが独特なんですね。そのせいで見栄えしないんだけどw
LD >> いや、何かキルアってゴンに対して何かこう……「読み」切れない挙動をしていたじゃないですか?(汗)…う〜ん、単行本買うかw
kichi >> ……んん〜、どんなに時間をかけてもこんなネームそうそう切れるもんじゃない、くらいの気持ちがあるので……w 最も真理の近くまで行ける人という意味で肯首したい気分ですw
LD >> この「過保護」の病魔は、退治されたと思いたくないくらい、人好きのする病魔でしたねw
ルイ >> 基本は「ゴンが思ってるほどの自分じゃない」から大概来てると思いますが、まあ読み直すの時間はない←
ルイ >> 近くまでいける、って言い回しなら構わないけどwデフォで近いならもっと連続で出せとしかいえないw
LD >> あ、いえ。僕は今回のネームにけちをつけているワケじゃないですよ。ただ、キルアが泣き出すあのシーンがどっかとリンクしていたはずなんだけど、それを明確に思い出せないんですよね。
ルイ >> 誰もそんな事は思ってませんので>ネームにけちをつけている 僕も特定のシーンを出せるわけじゃないが、心情自体は積みあがってる認識あったので、第三者に現状を言葉にした所で決壊するってのはしっくりくるものでした。色んなラブコメでたまにある「私じゃダメだから!」タイプな。最近だとあやひーが「ささめきこと」の朱宮くん回でやってた演技の眷属。
LD >> 「めだかボックス」は、人を殺した事がないに、ちょっと衝撃を受けましたw次号の説明どうなるかな?w
ルイ >> 「めだか」善吉善吉言うてる所はちゃんと顔まで描き込んで欲しいところだな・・。 でも、いつかの表情よりはずっと良かったです。上は望めるけど下見りゃ大進化。
LD >> うん。単に僕が思い出せないだけw>言葉にした所で決壊する
LD >> ああ、ここ。ロングでも……じゃないなロングなら、顔描く方がいいですねえ。アップなら隠す方向もあるけど。>めだか
kichi >> 私も特定のシーンを抜き出せる感じではない印象ですね。結構じっくりと積み上げられてる印象です。>キルアの心情
ルイ >> 人殺した事ない、はちょっと面白いですね。なんというか、0年代の作劇っぽいというかw
kichi >> 「めだか」は……しっくりこないというか、う〜ん……。まぁ、次週待ちですが殺したことないならどの辺がアブノーマルなのやら……。
LD >> んん、なんか齟齬がある感じだけど、思い出せない僕が悪いw……あの時感じた違和感がここで繋がるはずなんだとかそういうのが、喉まで出かかって出ない感じ(汗)>「HxH」
LD >> サンデー行きましょう。
GiGi >> ハンタのキルアは演技が演技でなくなっているというのが特によかったですね
ルイ >> ハーレムメーカーと根っこは同じと思っていて。「こんな奴いるわけないじゃん」と思わせておいたら実際「いるわけなかった」或いは「特別なサムシングがあった」みたいな。人殺しにしては武器の選択など詰めの甘さは感じていたので、その前提ありきとしてはシックリ来る展開です。ただ今週冒頭で殺した気分だったはずなので、そこの宗像にあんまり動揺的なものがないのをどう説明つけるのかは気になる。
LD >> 「最上の命医」、西條先生、ガンでしたか。Yah Yah Yah〜。
ルイ >> 最上の命医はなんか当てちゃった感があるなw
GiGi >> たぶんピトーとのやりとりだろうと思いつつ、読み返さないと正確なところはわからない。
kichi >> 西條先生ガンでしたね……。むぅ。
ルイ >> 特定のシーンという認識はないが、複数個はチラホラ思い出せる。
LD >> なんか、そこらへんの読みをおもいっきしズラさないと説明できない気がするんですよねw>今週冒頭で殺した気分だったはずなので
LD >> うん。一応、チャットでここのキルアのセリフってどういう意味?とか議論した記憶まではある。>GiGiさん ルイさんの言うように複数散らばってもいたと思います。
ルイ >> はい。途中から「殺したくないみたいだぜ?」ってのはまあ、わかるんですけどね。冒頭は殺した認識のはずだから・・・w
GiGi >> 大発タントは5週目くらいからバトル漫画化するとよいんじゃないかと
LD >> 「マギ」はねえ。やっぱこういうダメキャラをてらいなく出せる所が強みだと思うなw
GiGi >> ガーン!といわなかったのは自重したんだろうか。
ルイ >> でも、真中さんが育った後なのでガン展開も悪くないです。基本、聖人は与えて去るもん、って認識ありますしね。
LD >> さて、シンドバッドですが、ある意味、煉白瑛に期待したものがシンドバッドにありそう?
ルイ >> モルさんの胸にはアラジン興味ない、と・・・(めもめも
ルイ >> シンドバッドは脱マギした人なんですかね。2人お連れがいる事で軽くジャミルを思い出させるのは狙っているのでしょうか。
GiGi >> 野心家がいないと大きな話は回り辛い気もするので、シンドバットは裏の顔があるとよいなと思っている
LD >> ないだろ…(真顔)ライラにも興味なかったしな…。
kichi >> シンドバッドをどう描くのかは楽しみですねぇ。しっかり格高く描かれてくれるといいのですが……。
LD >> ぶっちゃけ、シンドバッドがどういう人物かの前に、今回の邂逅でモルジアナとマスルールが闘う事は固められたと思ったりするわけで。
LD >> →そうなるとシンドバッドは、そこそこ何か対立するものが必要かな?という逆算。
kichi >> ……そうなのかぁ……orz>モルジアナとマスルールが闘う事は固められた
ルイ >> 先代バルバット王ってのは、アリババを見出した人と同一?ならば若干マギというかジャミルの「先生」的な立ち位置だったのかも。
LD >> マギと仲良しじゃない…という発言も、その仲良しじゃない度合いが気になる所ですよね。スルーしているだけか、それとも対立しているのか。
LD >> でも、息子たちダメ過ぎじゃね?wそこらへんどーなのよ?先代!w
GiGi >> 西條さんはガンなのはよいが手術しないという選択はよくわからない。
LD >> ハヤテは……(ママドゥ先生は…口調で)(´・ω・`)
GiGi >> 結界師がゾクゾクするくらい「よい」なあ
ルイ >> 「アラゴ」はユアン登場ってなんかかなりのカード切ってるように思うんですが、ジャンプじゃないんだしもっと単話でまわしてみてもよかったよーな。リオ可愛いし。
ルイ >> 「ハヤテ」読んでると自分がダークサイドに堕ちそうになる。
kichi >> ああ、凄く同感です。>アラゴもっと単話でまわしてもよかったよーな
GiGi >> ちょっと使い方が勿体ない印象ですねー>アラゴ
LD >> 「結界師」は新展開に期待だけど、兄貴の物語とかなり乖離して来てない?最後に収束するとしてもダブルラインくらいの勢いでやるのかな?
kichi >> 「ハヤテ」は無理矢理ヒナギクの格上げを図りましたか?(´・ω・`)
GiGi >> ハヤテを思い出そうとすると記憶にモヤがかかる
ルイ >> ヒナギクをムリヤリからませたいなら、先週のうちにやりなさい。姉&ハムスターに貰った熱と直列つなぎしないからこんなにテンポ悪いし無理やりの施策が透け出てしまうんじゃないか。そして今週頭はハヤテにして、しばらく問答した後「先週からのつなぎ」でヒナギクに登場させなさい。今週の中で全部やらないでください。
LD >> 「クロスゲーム」重要な事をさらりと言う。勝負の決まり方も良いし、非常にあだち先生らしい一回だと思う。
ルイ >> 「結界師」はここにきてようやく真のグランドデザインが出てきたような気がしないでもない。
GiGi >> 兄貴のラインとは並行じゃないかな。というかまあ、修行ターンなんだけど、それがこれだけ雰囲気があるというのが素晴らしい。
LD >> >しばらく問答した後「先週からのつなぎ」でヒナギクに登場させなさい。 ああ、正論。ふつうそう組みますねw
LD >> まあ牙銀ショックから考えると、ああいう雰囲気のある化け物が出てくるだけで「楽しい」ですw
ルイ >> 烏森を封印したい、ってのは物凄く単純に言えば「自由になりたい」わけで、その想いとお殿様のネバーランド籠の鳥への思いを合わせると、最終的に「獣の奏者」まで見えてこないこともない←何言ってるかわからない
GiGi >> クロスゲームなー。ここにもネームの神がひとり。
kichi >> 「クロスゲーム」良かったですねぇ。実に巧い決着の付け方でした。
ルイ >> クロスゲーム自体に乗ってるわけじゃないんだが、それにしたってさすがのネームでしたね。子供時代とかそんなに描ききれてたと思わないんだが、扉で印象書き換えできちゃうくらいの素地はある。
LD >> 「境界のRINNE」は、ライバル登場?…というか、もうごく自然にりんねくんは桜ちゃんの事が好きなんだね?
ルイ >> 勝負に行ってのフォアボールだから、動揺がない=内語やバッテリータイム的なものがないんですよね。
kichi >> そういえばいつの間にw>ごく自然にりんねくんは桜ちゃんの事が好きなんだね?
ルイ >> もっと言うと、審判がボールと判断しただけで、ピッチャーもバッターもあの一球で勝負付けが済んだと想っているから、その後セリフ的なものがない。
LD >> 「神のみ」は、桂馬くんが乙女ゲーに大ハマリしていますがwあと、なでし子が動くのは桂馬のここらへんのラインを動かす施策なのか?
ルイ >> 「めじゃ」ギブソン「吾郎が出てくるかもしれん・・・!(汗)」 シニア汗拭けよ。
ルイ >> 桂馬おっせーな。俺はときメモGSで校長に薔薇差し出された時にとっくにこんなとこ通過したよ。男女とか大した問題じゃないよ。
LD >> 「ツール」はいい展開ですね。単純明快で。
LD >> 「チルドレン」は、葵の能力に底がないと評された時点でけっこう満足。(´・ω・`)
ルイ >> 「ツール」は展開がいいというギギさんのフリに警戒してたけどw良かった。あとそれ以上に、おにゃのこがかわいく描けてますね。僕の言っていた「マーシャ」到達です。おめおめ。
LD >> 桂馬、相当狭いみたいですねwそこはそうだと思っていたけど。
ルイ >> 先週までは口元にクセが強くて、ちょっと心配してたんだけど。マーシャおめ←だからマーシャって?
ルイ >> 「チルドレン」は仰る通り葵久々よいしょで満足したんですが、なんか細かくパンチラ描きまくっているのが気になったw椎名先生どうしたのw
kichi >> 「ツール」良かったですね。しばらくは不二子ちゃんに引っ掻き回されるのかと思ってましたが、ここで主人公が無鉄砲かつ本道を行く展開がくるのは良いです。
LD >> ああ、17かあ…たとえば今「弱虫」や「シャカリキ!」がやっている部分を全部端折ってフランスに来ているんですね。
LD >> 脳にインプラントは、かなり重いし、ちょっと今の展開の着地点には注目らす。
ルイ >> うん。ロードレースのある種の「本質」を思いっきりマーシャちゃんが説明してくれたのが良かったです。(不二子から格上げ)あのね、弱ペダは「こいつらの為に頑張る」で、ツールが言ってるのは「頑張ったらチームができる」なんですよね。シャカリキはあんまりロードレース描いてないからw割愛w
ルイ >> (5回以上はパンチラさせてるよな・・・)
kichi >> 「チルドレン」は……怖いなぁ……((´・ω;`))
LD >> クラブサンデーの宣伝マンガ「ムシブギョー」が気になってます。……「妖奇子(ようきこ)」?(´・ω・`)
kichi >> φ( 。 。 ;)。o(マーシャは不二子の上位……と)
ルイ >> 「オニデレ」の好調がとまんねぇんだけど、今週は更に良かったなあ。一番候補かも。
ルイ >> いや、だって未成年なのに不二子ったら老成しすぎでしょw
LD >> スカートくのいちも良いしな!(`・ω・´)
ルイ >> 特に正の男っぷりが最高で、段々サヤでもないのに正が色男に見えてきた。ラストカットとか、正は路上に死す前提で喰ってるんだもんなあw
kichi >> 「オニデレ」良かったですねぇ。やっぱアンジーの立ち位置は巧いです。……しかしさすがに料理上手くなったりはしないのかw
LD >> 「オニデレ」は何というかこう……他のキャラに拡げてまたメインのキャラに戻ってきた感じですよね。
カルマ >> 「ツール」一般人との認識の差がキャラのスタンスの違いにもなってて良かったですね。個人的に彼女にはスパッツ尻をもっと期待したい(真顔
LD >> さて、マガジンに行くか。
カルマ >> ただ、自転車は安いから…ってちょくちょく泊まってたらそっちのが高く付きそうな感じがしますけど、フランスはそうでもないのかしら。
ルイ >> 「ムシャブギョー」ってロリなアヤカシアヤシじゃないの?w
?さん >> 今って、桂馬に駆け魂がついてる状態?>神汁
ルイ >> それだとエルシィのドロドロで速攻指摘しないとウソって気もするなぁ。>駆け魂
LD >> ……!ええっと……駆魂は心の隙間に入るので、一応憑いているのはお嬢様の方だと思います。…でも、そのままだと駆魂目的が果たせませんね。
LD >> 「ヤンメガ」ですが…品川くんって、優等生だったんだ…!
ルイ >> 今乙女ゲーをプレイしているのは、なでしこという「女外見」で桂馬の「男外見」を攻略することの前フリみたいなもので、それを果たすと駆け魂による異常がなくなる=元に戻るって順番かなと。ぱっと見の構図自体は乙女ゲーになるはず。
ルイ >> 「ブラマン」ビーストすぐ怒鳴るなよ、そして汗ふけよ。
GiGi >> ツールは今まで早さが足りてなかったので、ここにきて、上に行きたきゃレースに勝て>じゃあレースに出る。という分かりやすくて早い展開をしてくれたのがよかったですね。
LD >> 「ブラマン」の“単行本第1巻絶賛発売中!!ドラマ土曜夜8時枠にて放送中!!”を出すタイミングが奇になります。(´・ω・`)
LD >> ルイさん、素晴らしい「読み」だ。>前振り
ルイ >> 確かにw>広告
GiGi >> ヤンメガこの展開は「つまらない」ですね。
kichi >> 「ヤンメガ」は設定的に結構強そうな娘出てきましたねぇ。何気にタイトルになってるメガネポジションも奪ってる形ですしw
ルイ >> ヤンメガは、その女の子を出す前に昔語りをする意味がわからない。
ルイ >> あの宣伝でチクビ隠したのなら笑うけど、そういう位置でもないなあw
LD >> あれだよね「ブラマン」、Kも正体バレてからの格落ちが激しかったけど、そこから考えるとビーストって文字通り出オチなんだよねw
ルイ >> 「ネギま」はラカンかっこよすぎて全俺が泣いたわけですが、多分赤松先生くらいの人なら、ネギが殆ど「ラカンさん!」としか言ってないってのは意図したものなんでしょうね。男の花道に理屈は入ってくるなというような、美学によるネギ押さえつけを感じる。
ルイ >> 今やビースト、囚われのお姫様ですからw
LD >> 「ネギま」はカタストロフが続いております。
ルイ >> 「絶望先生」良かったですが、一番気になるのは「これで日本もおしまいあるね」の人のマヌケさ加減だw
kichi >> ラカンは最後までラカンを貫き通してて素晴らしかったですねぇ。
ルイ >> 「GE」内海くんは妄想癖が結構酷い。
LD >> 「ガマラン」は金縛りの術の種明かしは先送りか…。
kichi >> 「GE」なかなかいい感じではありますね。
ルイ >> 「ガマラン」の何はともあれ攻撃ってスタンスは好きですね。今回に限った話じゃないんだけど、「100%の状態でやれることなんて滅多にない」という意識があるからこその作劇って感じ。それが一回戦の連戦感にも繋がっていたわけで。
ルイ >> 「ベビステ」はえらく地味だが、えらく面白い。ある種ベビステのコアがある一話。
GiGi >> ラカンの生き様というのは、作り物の命だからってその生に意味はないのか、という問いの体現そのものなんだよね。
カルマ >> 「ネギま!」良かったですね。
GiGi >> ラカンがこのことを「知っていた」というのはかなり大きな情報でしたねえ
LD >> 何か「進撃の巨人」っていう異様なマンガの宣伝しているんですけど…………けっこう良かった。別マガ読んでみるかな。
LD >> 「フェアリーテイル」は、エルザがどうなっているか楽しみだったが、悪者にしても弱くはしていない所にふいた……っていうか嬉しかったw
ルイ >> 異様なマンガってほど異様とも思わなかったけどw本編後の宣伝読むと主役継承でもすんのかな?>巨人
ルイ >> 正直に悪エルザと対決させたいから描いたネタっていっちゃいなYO。
kichi >> 「ガマラン」良いのですけど……でもやっぱりちょっと引っ掛かるのは兄弟子達がこの厳しい状況にしては余力を残して見えるというか切羽詰った感が少なく感じるというか……。ま、気にし過ぎといえばそうなのかもですが……。
GiGi >> エルザ対エルザをやる気に違いない(笑)
LD >> そうですね。>異様 巨人の気味悪さに思わず使ってしまいましたw
GiGi >> 読み切りはゲーム的な、というか静河流くんが描きそうなイメージ(笑)
LD >> 「エデンの檻」、餌をこういう事するのは鳥系だと思うんだけど…。
ルイ >> 「アバウト」はほんとアバウトだなぁ〜←これで通すと決めたらしい
LD >> あ、うん。僕もそう思った。>静河流
ルイ >> マリヤくんの唐突な自分語りがなかなか不吉でよかったです>エデン
kichi >> 「ベビステ」良かったですね。作中で言ってる通り「前は必死に負けから逃げてる感じだったけど今は勝とうとしてる感じ」がちゃんと感じられるのが良いです。実はこの試合も割と余力を残して勝っちゃうくらい成長の成果を描いても良いんじゃないかな?という気分もあったのですが、この感じが描けてるだけで充分ですね。
GiGi >> エデンは先週パソコンを使っていて、おや?とは思っていたんだが(笑)
カルマ >> 「気持ち悪い巨人が人を残酷に食う」という描写の意味性というか…単に残虐描写で目を引くだけではない何か、読み切りではそういう部分が見えてこなかったので少し期待はずれでした>巨人
ルイ >> うーんと、数字にするとただの「ワンゲームキープしあい」なのですが、その実互いに唯一と見据えたブレイクチャンスの為の「データ」を収集してるのがアツイんです。地味だけど、情報戦として熱い。>ベビステ
LD >> 真理谷くん充電の秘密が明らかに………いや、まあいくらなんでも持ちすぎだったからねw
カルマ >> 「エデン」最大の謎が判明してスッキリしました(笑)
ルイ >> ふむ。そこはあんま気にしてないかも>意味性 こういうもんは「いる」と言えば「いる」ものだしwとりあえず「圧倒的な力」の表現という意味で、それがベータか巨人かーみたいなものは、まあ。
ルイ >> 足こぎ充電なら周りもっと活用すればいいのにw
kichi >> 「エデン」はなんか、ああいう風に“一番最初に出会った”を強調されると一瞬マリヤを怪しく感じちゃうんですが……演出的にどうなんだろう?
LD >> いや、やっぱりテニスってこういう積み上げでブレイクできるか?ブレイクされてしまうか?って話になって行くんだよね。
LD >> チャンピオン行きましょうか。
LD >> あ!ベッキーですよ!(`・ω・´)
LD >> 「浦安鉄筋家族」は、やっぱりノムさん萌え。
LD >> 「弱虫ペダル」の東堂の「たった今、絶好調になった!」は泣けたw
GiGi >> 電源があれば行動の選択もいろいろ変わってたんじゃないかとは思うが、隠していたこと自体はマリヤというキャラには合う印象。
LD >> 「範馬刃牙」は、昔、オーガが決着つける前にガンで死んじゃうかもって話しましたっけ?
ルイ >> べっきーは口元が胡散臭いからちょっとプンプン顔してみて欲しい←
kichi >> 「弱虫ペダル」は今週も素晴らしかったですねぇ。熱い!
GiGi >> 弱ペダはどこまで泣かせてくれたら気がすむんだというくらいの熱い展開
LD >> 「透明人間の作り方」はネタとしては短期集中っぽそうなんだけど…。
ルイ >> 「弱虫ペダル」は素晴らしすぎて特に何というか。
LD >> 「バチバチ」は、ザコの三下に見えても幕下には幕下の実力があるとしている所が良い。この作品の世界観を描いている。
kichi >> ああ、同感です。>「透明人間の作り方」はネタとしては短期集中っぽそう   岩泉舞先生の「ふろん」だったかな?たしかデビュー読み切りを思い出したりw
ルイ >> やっぱり巻島と藤堂の関係性も、モチベーションの沸く泉から見れば弱いんだと思うんですよね。そこが徹底できてるのが素晴らしいなと。
LD >> 「シュガーレス」かなり面白いです。あんま引き合いにだすのも何だけど「A−BOUT」よりいい。でも、このシャケの理論って風車って言葉の時点でそうだけどモロにプロレスの理論ですよね。なにかリンクして行くのかな?
ルイ >> 弱虫ペダルってのは坂道の事なんだけど、大きく捉えれば御堂筋あたりを例外として皆「弱虫」なのかもしれない。
kichi >> でもまぁ、良かったです。写真の表情がちゃんと適度な虚ろさで良かったですし、女の子のキャラも良いです。>透明人間の作り方
LD >> モチベーションの沸く泉から見れば弱いんだと思うんですよね。そこが徹底できてるのが素晴らしいなと。←ちょっとよく分らなかったので、もう少しkwskお願いします。
ルイ >> 「透明人間の作り方」良い導入でした。楽しみです。まあ一発ネタものなんで、まさかこれが恐怖新聞ばりに続くとは思わないけど。
LD >> 「ハンザスカイ」もいいです。元々、佐渡川先生、アクションの“間合い”の描写がすごく上手い人だったんで、その長所が最大限生かされる話になっている。
GiGi >> ハンザスカイモヨカッタデスヨー
kichi >> 「シュガーレス」なかなか良いですね。……この先主人公をどう扱うのかといった辺りには不安もあるんですが、さて。
LD >> ……違うタイプの透明人間が出てくると……か?(←無理に考えようとしている)
LD >> 「シュガーレス」、かなりシャケとマリモの話になっていますよね。主人公割り込めるの?って感じでw
ルイ >> わかるまで読み直せYO。←自分の説明不足棚上げ     つまり自分の中から動機を引っ張ってこれる超人たちの世界とは別に、「君(たち)がいるから僕がいる」の関係性が坂道の動機であり、その変奏が巻島と藤堂であるという事です。その通低する意識がロードレースというチームスポーツに繋がって、仲間・敵、それぞれの形で描かれてる良さがありますね。スポーツものってまず「そのスポーツが好きだ!」を描ききらないと、仲間やライバルだけじゃモチベ不足で離陸失敗って事も多いと思うんだけど、「弱ペダ」は作者がチャリ好きで好きでたまらないのに、敢えてそれを秘めて描いているのは人間関係で・・・その人間関係を表現できるものとしての自転車がいいね、という一周手間があるところが素晴らしいんですよね。
LD >> ああ、なんかチャンピオン、よくなっとるやん?「AL」も楽しく読んでいます。忍者隊みたいな恐竜たちが出てくるのはいいw
kichi >> いっそシャケとマリモの話にしてしまえば不安ないくらいなんですが、主人公を割り込ませようとすると「A-BOUT」に似たゆがみ方しそうで不安はあるんですよねw
ルイ >> 「シュガーレス」は仰る通り全日プロレスの哲学なので、だから一話でタイガードライバーを出せと(ry
ルイ >> 今からオラが凄いこと言うよ。
LD >> ああ、その後の「皆「弱虫」なのかもしれない」って発言でそういう意味かなと思いました。巻島と東堂の関係性が弱いってなんだろう?弱いのが徹底できてるってなんだろう?って読んだのでw
LD >> 「ギャンブルフィッシュ」のトムのこの麻雀の下手さは戦慄するレベルだw
ルイ >> ・・・「ハンザスカイ」良かったですね(コロッ
ルイ >> てか、ここまでで第一話だ、ってのは流石に言いすぎだけどw>ハンザスカイ
GiGi >> 「弱虫」ってのは御堂筋も除外しないほうがより大きなテーマになるかもですねえ
LD >> いや、主人公を割り込ませようという施策をアバウトにはぜず、そこはシュガーレスに行くと思いますよw(←何か上手いこと言ったつもりらしい)
ルイ >> 「ギャンブルフィッシュ」は物凄く絶体絶命状態ですねwチェンジ牌で強者に月夜野を送れば、その人が回復してくれるよ。トムにゃむりだw
LD >> …え?凄い事ってそれ?w>「ハンザスカイ」
kichi >> 点数計算できないレベルの私でもトムの下手さは分かるw ……しかし父娘だったとはなぁw
ルイ >> 大きなテーマかどうかはともかく、一つの認識戦みたいなもので、「御堂筋は弱虫か否か?」という攻防があると思ったうえで読んだ方が面白いでしょうね。
ルイ >> ああ、凄いこと?・・・コホン・・・
ルイ >> ・・・・・・・・・・・・ALジャノンに花束を(`・ω・´)キリッ
LD >> 「ナガレ」お嬢様はボウズで帰ってきました。
LD >> | ´_ゝ`)すげえ…。
GiGi >> 「風の慈円」とかもうね(笑)
LD >> 「じゃのめ」は、もう終わりですね。………終わりだと思って好き放題やっているな?w
kichi >> 「じゃのめ」なーw orz
ルイ >> 「もう終わるんだから読者人気とか意識しなくていいもんね!男と男でいくぜ!」 こうですか。
GiGi >> 麻雀で勝負しようというのが間違いだったという認識の変換が待たれる(笑)
ルイ >> 竹下けんじろう先生は、ベッキーに英語コメ書いてる場合じゃないよ、まじで。
LD >> さて、そろそろ一番を決めましょうか。
ルイ >> 「ケルベロス」の「理屈で助けるわけじゃねえ」は良かったです。こういうのは言葉にしない良さもあるんだけど、そのせいで月光条例みたいに離陸が遅くなるくらいならこれでいい。
LD >> ジャンプは……「戦国アーマーズ」か、「サイレン」かな?
LD >> サンデーは……「クロスゲーム」か「ツール」だなあ。
kichi >> 「みつどもえ」やはり千葉の漢っぷりは凄いなw やってみたいと思うことはあっても(たぶんはじめてのチョコで)実際行動できるヤツはそういないw
LD >> マガジンは……「ネギま」と「巨人の進撃」かな。
GiGi >> ケルベロスは狸の認識が乾いていたのもよかったですね。
kichi >> ああ、「ケルベロス」も良かったですね。まぁ、順調に。
kichi >> ジャンプは「ハンタ」で。
LD >> チャンピオンは……「シュガーレス」と「ハンザスカイ」を上げたい。
kichi >> サンデーは「ツール」か「クロスゲーム」でしょうね。ん〜、「クロスゲーム」で。
ルイ >> 元々殴られてりゃ終わるって選択自体が「答えを自分の内に求める」人のやり方なんですよね。相手を変えたけりゃ殴って絶滅させるしかないわけで。そうやって「在り様」を追求しながら来た人間が、「力がないとどうしようもないこと」を知って、その上で「力がないと助けられない人」を目の当たりにしたとなれば、それはその力を行使しない自分なんて生きる意味がない、と思う。ここで景が舌切ったら金屋とか当然見殺しなんだけど、やっぱりそれは「自分の内」の問題としてきた少年の正解だなあ、と思うわけです。
kichi >> マガジンは……「ネギま」かなぁ?
GiGi >> バクマンがよかったですねえ。あとハンタ。一応言っとく
ルイ >> 「ハンターハンター」「ツール」「ネギま」「ハンザスカイ」かな。後「オニデレ」。
kichi >> チャンピオンは……本当は「ペダル」だけどずっとだし、今週は「透明人間〜」にしてみようかな?
GiGi >> サンデはクロゲ。今週はサンデーアベレージ高かった。
GiGi >> マガジンはネギまと言ってもいいんだけど、今回の、というより今後の展開の起点として。
LD >> 「クロゲ」、「ツール」、「ハンザスカイ」あたりかな?
GiGi >> チャンピオンは弱ペダでなければハンザスカイですかね
LD >> 「クロスゲーム」が良かった気がします。
ルイ >> 個人的には「ツール」が、「あ、これで読める」と思ったって意味で大きいんですが、まあ今週は全体的に良かったです。
LD >> 「クロスゲーム」にしておきましょう。
GiGi >> うん、本当に「これで読める」というのが正直な感想(笑)。いままでは読んでてつらかった(笑)
ルイ >> 親父云々の動機とか、しょうもないですし、こうやってシステムに入っていく事で、ゼウスの偉大さみたいなものを感じるようになっていくんじゃないでしょうか。
LD >> では、そんな所で。お疲れ様でした。
kichi >> おつかれさまでした〜 ノシ
LD >> うん、あ、「ツール」の方が良いですか?「クロスゲーム」の方が節目でキレイに思えたんですが。
LD >> まあ「ツール」は今、シフトがかかってこれからって所ですね。
GiGi >> クロゲで全然問題ないですよー 。
ルイ >> 今回はそんな頑張って何かを推す気はないw
LD >> それではお休みなさい。
GiGi >> このレベルのネームを切る人は休載多くても仕方ないかななどと思い始める昨今。
ルイ >> 隔週になってしまえ。
ルイ >> http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100206-00000536-san-soci 趙治勲越えとか・・・
ルイ >> 地味にタイトル戦速報をFAXで受け取り、週刊碁を定期購読していたような家に育っているので囲碁シュキなんですよね。囲碁漫画は最近出てこないのう。宇宙すぎますか。
井汲 >> あ、kichi さん「ガーランド」はそんなに早いローテーションで観てたわけじゃないんですね。すみませんでした。
井汲 >> アスクール演技については、元々「普段よりかは」よかった、程度の意味しか込めてないつもりでした。kichi さんルイさん両名には、空期待させてしまって申し訳ないです(笑)。まー新人相手なので評価が甘くなってる、とゆーことで。


■■■■2010年02月07日■■■■
井汲 >> 絶チルのパンチラはしょっちゅうあります。別に今回が特別な訳じゃなくて、「いつものこと」ですよん。http://cnanews.asablo.jp/blog/2007/11/06/1893729 (←この記事を探し出すのに時間かかっていた)
ルイ >> うーむ、なんか変なパンチラというか。構図の必然と言うよりムリに描き足してるような印象があってw
ルイ >> ただ、スタンスとしては納得した・・かな。
ルイ >> 検索をしない人なんですが、ふととるてあでググってみたら・・・ストレス溜まりますね、これw
ルイ >> 「あなたわかってない」的なコメントするのもね・・・うーん、こんな苦労をしてまでも僕の隠れブログにたどり着く人もいるのだと思うと、なんかもうちょっとちゃんとしないと、と思いますねえ。まあ「寿美菜子」で検索されてこられても、応対はできないんですがw
ルイ >> コメンタリはどうやら3人娘のようで、そこはナガッチョさんのサービス精神がある意味恨めしい。ジュンジュンと岡田さんでいいのに〜←高垣彩陽ファンの発言
ルイ >> iPhoneに「キラキラ」が登場したが、2200円。なんかこう…データ引き継げない訳だし、1500円あたりまで落とせないものか。
ルイ >> この値段自体が、固定層からの搾取を第一にしたモデルなんだけど…アプリはDVDなんかより、値下げする旨味があるように思うのだけど。
GiGi >> 2200円って高いのかなー?もともとニッチ向けのニッチ市場だしな…
GiGi >> ときメモ4、PSPダウンロード版決定だけど、3800円なら買うよ。4800だと迷う。でも買うかも。くらいの気分。
GiGi >> コンテンツ価格は高止まりさせたほうがニッチの人たちにはむしろよいと思うようになってきている昨今。
GiGi >> もちろん全世界数百万本とか狙うなら話は別だがなー
GiGi >> それにしてもAppStoreの視認性の悪さは異常
GiGi >> はした金を取るくらいなら0円にした方がマシ。ストーリーものは1/2くらい無料体験可にして続きは課金みたいなモデルのほうがよいかもね。
ルイ >> うん。PSPDLはニッチ市場です。
GiGi >> iphoneがニッチじゃないとか言い出すのは林檎脳。
ルイ >> ところがAppstoreの場合、仰る通り視認性が悪い。視認性が悪いという事はどういう事かというと、網羅性が極端に低い代わりに人気が高いものにはひたすら集まるという・・・物凄い格差を作り出す形式なんですよね。
ルイ >> いや、絶対数とタッチする人の主目的がゲームに拠ってないから、比べれば全然ニッチではないです。可能性としては。
GiGi >> iphone全世界3000万台。PSP全世界5000万台。DS(ry
ルイ >> だから、順位の高いところにキープさえしておけば、延々とユーザーは増え続けるって事なんですよね、現状のAppstoreの欠点はそういう事。
GiGi >> まーねー。でも0円でもキラキラは高順位にはならんでしょうw
ルイ >> 欲しい人が欲しがることは、この際あんまり問題にしてないんですが、、たとえばアニメDVDの値段を下げても買う人は増えないだろうというのは、その間口が根本的に「アニメDVDをチェックする人にしか用意されていないから」。
ルイ >> いや、それが可能だと思うんですよね。えーととるてあのキャラ原案の人が関わったゲームがあって・・・
GiGi >> AppStoreが話にならんのに同意してもらえれば特に言うことはない。
GiGi >> それはマス露出よりもバイラルに頼った方がたぶんいいよね
ルイ >> http://ascii.jp/elem/000/000/461/461105/ これか。これは売り方と形式がジャストマッチしていて、全部なかなかの高い順位にある。から、今でもユーザーが増え続けている。第一章をフリーにしたのも上手い。
GiGi >> オンライン販売はマルチ展開がしやすいのが利点なのでPSPでも2200円でだしてくだしあ。買うので。
ルイ >> Appstoreは話にならないですよwせめてタグのような「横への繋がり」とか、そのタグ内順位とか作れないとw youtubeと同じ発想でいいと思ってるのが間違い、ツール売るものなのにw
GiGi >> 一定分量を無料にするのは売る気があるならやるべきでしょうね。
GiGi >> うん、ブランディングがされてない同人タイトルの売り方としては理想ですね>収穫の十二月
GiGi >> 2時間のボリュームで230円というのも妥当かと。価格の印象を考えるとノベルゲーは分冊販売する方がよいかもですね。
ルイ >> シナリオ分岐とデータ継続があるゲームは純ノベルものほどうまい事分割できないんですが、それでもSLGのように数値しょいこむわけじゃないんだから導入→フリー 一章を一本の半額 ヒロインシナリオ分岐後→パスワード引継ぎでもう半額 って売り方が適しているとは思う。でも半額で1000越えると割高感が出るみたいで、大体ゲームランクは800円くらいに抑えようという動きがあるから・・・だから、×2で1600円。これが1500円の正体なんですが、ギギさんだと話がクソはやいなw
GiGi >> アニメも単話400円とか500円とかでうりゃいいのにと前から思っている。
ルイ >> PSPなら4000円はとらんとw
ルイ >> 5年くらい前にそういう試みがあったんですよね>アニメ単話 ただ流通が食いついてくるから、そこまで下げられない。結果・・・
GiGi >> そうなのかw。それは何故だろうw>PSPなら4000円
GiGi >> 動画はレンタルの軛を断ち切らん限り次に勧めないねーとは思っている。
ルイ >> http://nttxstore.jp/_II_D110480072 こうなって根付かなかった。
ルイ >> だってPSPに触れる人は皆ゲーム好きだもーんw搾取搾取w
GiGi >> ガンダムUC配信限定はええんだがレンタルとか金払うきがしね−。レンタル300円、落としきり600円とかすりゃ割安感も出て手が出るのに。
ルイ >> ああ、でもこのアドレスのは実質OVAだから安いなwまあこれをTVシリーズでやって上手くいかなかった、と。
GiGi >> こういうのもありますね。http://timeofeve.com/diarypro/diary.cgi
ルイ >> レンタル動画配信はイヤですね。情報を見たい時に確認するから
ルイ >> 単館上映は一つの道ですねえ。って、これそうなんだよね?
GiGi >> ネット配信なら流通考えなくてもいいからディアゴスティーニ出来るよ!みたいなね
GiGi >> イヴの時間はネット無料配信>DVD単話1000円>劇場公開という流れ
GiGi >> 数量限定(制作元買い切り)でDVD売って各3000枚売り切った。
ルイ >> まあ、そうすると流通とケンカすることになるからとるてあBDBOXのバンビジュPも及び腰なんですよね。
ルイ >> ああ、それは素晴らしい。「ほしのこえ」最新バージョンみたいな。あの頃は出版に寄っていく形しかなかったんだけど。
GiGi >> ファイアボールも近いモノがあるよね。いまだにニコニコでもようつべでも見れる。テレビ露出はCSと朝のディズニーチャンネルのみ。それでDVD再版かかるほど売った。
ルイ >> 3000円のDVDを1000本か…中間が少ないから十分っぽいですね。
GiGi >> これで劇場でかけてBOX販売なりすればここからの売上は全部利益だから大きいよね
ルイ >> http://www.nicovideo.jp/watch/sm9425300 これが消えない事も、多分スネ夫以外の事情が絡んではいるんですよねwでもまあ、他作品も含めてずっと経路を確保しているところはおおっぴらには動けないから、こういう「黙認」で効果を出そうとしている。はず。
GiGi >> スネ夫w
GiGi >> まあ制作会社もいろいろ手探りで実験中なんでしょうね
ルイ >> 一回タグにスネ夫って入れたんだけどなあw
ルイ >> 動画配信の落としきりって、どっか実験してます?
ルイ >> ネット共有が怖くて踏み込めないってのはあるか・・・・なら落としきりではなく10年レンタルとか?あーでもそこまでサーバ維持とかめんどい?w
GiGi >> それが本当にどこもやらんよねえ。イナズマイレブン落としきりやったら買う気満々なのに。
ルイ >> イナイレは駄菓子にDVD単話混ぜ込むというモデルを提案しましたね。懐メロCDとかの変奏なんだけど。
GiGi >> そんなんやってるんだ>DVD同梱菓子
ルイ >> http://www.amiami.com/shop/ProductInfo/product_id/117189 高いけど売れたらしいw
ルイ >> http://www.amazon.co.jp/dp/B0024FB50S あ、セット売りよりこちらが正しいです。失礼。 これで全話網羅してみせたら一つの事件だとは思う。多分しないんだけど。
GiGi >> たけえw
ルイ >> 「スペシャルセレクション」つまりサンプラー以上にはできないところがまだ限界ですね。これで全話とか超萌えるけどw
GiGi >> DVD以外に収入経路のあるキッズアニメは特に突破口だと思うんですけどね。つかそれこそボーグ売れボーグ
GiGi >> DVD単話付きカブトボーグとか売ればぼーがー共がこぞって買うぞw
ルイ >> 1話×8の3000円セットだからクソ安いともいえる。OPEDを入れないのはスリム化の駆け引きですねw
ルイ >> ボーグなー。ちょっとそれ記事書いてくださいよw
GiGi >> あーボックス価格か。勘違いした。1話400円なら全然おk
ルイ >> ボーグはキッズアニメなのかという前提はあるんだけどねw
GiGi >> データ販売だったらそれこそOPEDとか入れる必要ないしねー
ルイ >> ノンテロップのOPEDだけを入れてるDVDとか入れちゃえばいいですしね。
GiGi >> 制作費はタカラ様が制作費出してくれてるからキッズアニメカテゴリでおk
ルイ >> イナズマはDSの方でもミリオン突破したし、試みが大体成功してます。これを深夜アニメに転用できるかというと、また違うんだけどw
ルイ >> なるほど。話の中で脈絡もなく「ビフテキにカツだよ」とか言い出してもキッズアニメでおkですね。
GiGi >> まーねー。しかしコンテンツビジネスは基本勝ち組に右に倣えだからねー
ルイ >> ガンダムUCがどう出るか、というのは一つのポイントではあるのでしょうね。かく言う僕も迷ってるw
GiGi >> どこで阻害が起きてるのかいまいちわからんのよねー。アニメ業界なんて全然一枚岩じゃないから造反がでておかしくないのに。
ルイ >> とにかく、イナズマ駄菓子はキャラ別スペシャルセレクション、という体でもって流通とケンカせずに済ませてるんですよね。これで全話網羅だと、ビジネス自体が変わってしまう。それは出来ないという判断はありますね。・・・「けいおん」2期あたりでちょっと特攻してくれないかなと思うけど、京アニポニキャは何気に保守本流だからムリ臭い。
GiGi >> UCもネット配信に関する告知は公式ページでも隠すようにしか載ってない。もちろんPSストアではガンガン押してる
GiGi >> レベルファイブがケータイゲームポータルのRoid立ち上げる時、イナズマ配信するって言ってて超期待してたのに、蓋を開けたら動画配信自体がなくなった…どういうことなの…?
ルイ >> 管理している上位組織がない、という意味では一枚岩じゃないのでしょうが、例えば制作費なんかは横一列ですよね。以前のアンケートでもそうだけど、基本労組のないバイトみたいなw皆でおっかなびっくりって気はするw
GiGi >> うん、だから完全に外様の、ゲーム出身レベルファイブには暴れて欲しい。スクエニが出版殴り込みでいろいろやらかしたみたいに。
ルイ >> イナズマは仰る通りDVD以外にもいけるキッズアニメなので、(ソーセージとか)敢えて配信チャレンジするのは避けたって事かな。というかRoidってどうなの?w
GiGi >> きゃば嬢Pの広告よく見るよね!w
GiGi >> いまのところレイトン教授が安価で出来る以外のメリットは感じない
ルイ >> レイトン映画化とジブリタッグの二ノ国か。>レベルファイブ ビジネス自体をどうって動きではないけど、地力つけにいってるからその先は見据えているかも。
ルイ >> http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091117-00000014-isd-game 誰かコメントしろよw
ルイ >> いやなんかロイドって、こういっちゃなんですけどファミコン版スト2とか、スーファミ版ときメモみたいなものを感じてしまうというかw携帯自体がスマートやOSモデルに進もうとしてるのに、ケータイでハイクオリティゲームできます!ってのはちょっと手が遅かったと思うのですがね。でもまあ、とりあえず応援する。っていうかユーザーなのかギギさん。これはいい記念、握手してw
ルイ >> ・・ふむ。しかしイナズマイレブンがRoidにいけなかった事ってのは、冷静に考えると他のスポンサーと足並み揃えられなかったって事なのかな?レベルファイブ単独出資作品じゃないし。
ルイ >> http://www.nicovideo.jp/watch/sm8187017 これは結局どうなったのさ。
ルイ >> まあ、TVのヒットと関連商品何より主力ゲームのヒットが結びついて、TV自体が続投することになったから、他に手を広げるメリットが薄まった=旧来のキッズアニメビジネスで成功しちゃった、という言いかたはできるのかな
ルイ >> 余談ですが、「収穫の十二月」は正直買う気マンマンなのだが、何せフリーの十二月自体がまだ終わっていないっていうw
GiGi >> まあ地道に買ったよ遊んだよ面白かったよと言っていくのが結果として最短経路なんだよねー
GiGi >> ネット配信とかアクセシビリティと商品単価下げてくれるとついったーとかで衝動買いする敷居が下がるしどんどんやってほしいよねえ
GiGi >> 商品単価1000円以下なら突発的に100個や200個ガッと動くんだけど、実体商品だと対応できないよねー
ルイ >> 「ときメモ4」ですが、んー・・・・・・・・・ん。←飲み込んだ
備品 >> おはようございます、鳩プリ見てました
ルイ >> 敢えて漠然とした言い方をすると、時代遅れを価値と自認したことは評価する。けど、もっと振り切れるだろう。 そういう評価になりますかね。
ルイ >> プリンス鳩山総理がどうしましたって?
備品 >> ミンスはとっとと解体してください
ルイ >> ああ、ああ、ああ。水樹さんになる前のぷりきゅあ。←
備品 >> ファーストインプレッション
ルイ >> あ、水樹さんになった後のぷりきゅあか。
備品 >> その1:キュアムーンライトと敵の黒髪ボブの人カコイイ!
ルイ >> すっかり忘れてたなあwDVDで追うかなwとかいって追った試しないんだけどw
備品 >> その2:ストーリーはメンタル重視の予感
備品 >> その3:マエケンさんEDダンス続投おめでとうございます
ルイ >> メンタル重視、ですか。わかるようなわからないような。
備品 >> しかし、最大の衝撃は
備品 >> プリキュア変身後の名前、自己申告かよ!
備品 >> て、感じですw
ルイ >> 自己申告じゃ・・・なかったんでしたっけ?
備品 >> いや、淫獣から名前を決めろって言われて桜の木を見てブロッサムって流れでした
ルイ >> 淫獣言うなw
ルイ >> なるほど、自己申告ってそういう事か。その辺の「軽さ」は意図的なのかもしれませんね。
GiGi >> ルイさんはラブプラスプラス買ってくれればおkですw
ルイ >> キュアドリームっつったらやっぱ夢を守るーみたいな意味が強いわけで。名前の重みを減じる事で、等身大ヒロインにしようって狙いかな。
備品 >> 5やフレッシュでは、変身したら最初から変身バンクで名乗ってたので、その前に決定のシーンが入るのは見たこと無かった
ルイ >> ラブプラスプラスってEVSでも対応すんの?w
ルイ >> 前ここで書いたと思いますけど、基本ラブプラスって雛形・プロトタイプという認識なので、一つに固執せず次に行くのは好感。でも、プラスって事はあの3人は継続ですかね?キャラビジネスと結びつきすぎるのもどうかと思うけど。
備品 >> 話の腰を折ってすみませんでした
ルイ >> いや、ちょうど終わった所?なのでいいんですがw名前を名乗る事で運命性を減少させようとしている、というのはナイス情報でした。
ルイ >> あーでもアノ程度の雛形でも結婚式挙げられちゃうわけだからなーw
備品 >> あと、パートナーの来海の性格が想像以上にウザくて素敵な部分も追記w
ルイ >> とりあえずラブプラスモードの会話バリエーションが信じられないほど少ないので、そこを埋めにいくのか、別の解答を用意するのかでさしあたっての方向性は見えるかな。
ルイ >> ウザいとステキって並び立つんだw
GiGi >> 詳報は来週にならないとわからないけどたぶん拡張版だと思われ。新キャラ展開はそれはそれでやればいいけど
備品 >> なるほど、運命性の減少
ルイ >> それよりは破局や修羅場のある「ラブプラスマイナス」を作ってくれないか。あ、これ特許出願なw
GiGi >> 寧々バージョン/愛花バージョン/凛子バージョン出すんじゃね?というのが個人的な予想。キャラ順に他意はない
GiGi >> ラブプラスプラスを妄想する - 未来私考:http://d.hatena.ne.jp/GiGir/20100204/1265316919
ルイ >> わざわざ断られると他意があるとしか思えないw
備品 >> 爆弾処理ゲーム?コナミだからありかw
ルイ >> ふむ。>妄想記事
備品 >> ネタバレしてもよければ>ウザくて素敵
ルイ >> DSってカートリッジによるアペンド、という可能性を自ら放棄したので、ギギさんの言うDSiウェアってのは個人的には非常にアリだと思う。でもそうなるとユーザーのDSiウェア個別事情シカトで圧迫することになる(PSPのメモリ的な逃がしがない)ので・・・・・・・・
ルイ >> ネタバレは正義。
ルイ >> 2台目必須はさすがに現実的じゃないよなあ。
GiGi >> 1台の人はDSステーション使ってという話になるかな。
ルイ >> 小手先で出来る事は、登校会話などを×365する事だけど、それって「年刊ラブプラス」的であんまり面白い解法じゃない。
備品 >> えりかがアクティブで転校してきた内気なつぼみをいじったりするのが、いじめっこみたいなとこがあって自己紹介に「声が小さくて聞こえませーん」みたいなw
ルイ >> 水樹さんはどっちなんです?僕彼女の内気芝居はシノブ以外全部嫌いなんだけどw
備品 >> で、高校生モデルの姉にコンプレックスを持ってて、その負の部分が1話目の敵モンスターの材料にされちゃう辺り素敵
備品 >> 水樹さんは内気な方
ルイ >> ふむ・・・互換性がないって可能性は?
ルイ >> ちはやふる?w
備品 >> でも、それぞれの決め台詞が、つぼみ「堪忍袋の緒が切れました!」えりか「海より広いあたしの心も、ここらが我慢の限界よ!」っておまいらどんだけ切れやすい若者なのかと
ルイ >> DSが互換性やアペンドに適さない道を選んできてしまったのは事実(軍平さんならカートリッジ穴は残したと思うなあ)ですけど・・・・・・・・互換しないとなると、それはそれで彼女2人持ちで二律背反みたいになっちゃう?w
ルイ >> ふむふむ。全体的に等身大ヒロインを志向してるってのはありそうですね。ハートキャッチってのは輝き探し的な事なのだとしたら「しゅごキャラ」も取り込んでるかも。
カルマ >> シンケンジャー最終回の流れでプリキュアも観ました。アバンの敵の黒いプリキュアが良い。あとは…絵がおジャ魔女ですねぇ。
GiGi >> 新キャラと考えると発売までの間隔が短すぎる&互換性ナシのファンディスクで売れるとは思えないってとこですね
GiGi >> つかシンケンジャー5回くらいしかみてないけど最終回感動した。
kichi >> ちはやはあれで姉にコンプレックス持ってないどころか世界一愛してる辺りが良いと思ってたんですが……(´・ω・`)5巻だったかの4コマは泣けたw
ルイ >> いや、互換性ナシでギギさんの言う通りキャラ別に分けてデータ詰め込む、しょっぱなから告白、みたいな。
カルマ >> 二股やハーレムがある「ラブプラス×」をですね
ルイ >> じゃあ三股もあるラブプラストライデントを・・って何この込み具合w
備品 >> おはようございます
kichi >> ちなみに鳩プリ1話で一番印象強かったのはEDの3Dモデルクオリティの半端なさかも……。技術の進歩は凄いなぁ……。
ルイ >> kichiさんいっつもEDED言ってますよねw
カルマ >> ラブプラスはああいう恋愛モノのジャンルになるというか、あのタイプのよくできたエロゲが出ると面白いと思いますね。
ルイ >> 絵がおジャ魔女・・・馬コッシーか・・・orz録画しときゃよかったorz
GiGi >> トライデントの発想はなかったで…さすがルイさん器がでかいわ…
備品 >> ED4人揃ったらまた後期Ver.になるんでしょうね
kichi >> たしかにw 気持ちいい映像を見たがってる面が強い私にはOPEDの重要度は結構高いですw
ルイ >> 何この貶されてる感。
カルマ >> 僕もシンケンジャーは最後の2ヶ月くらいしか観てないですけど面白かった〜。
ルイ >> シンケンジャーは良かったですねえ。アバター見た時、LDさんに冗談でシンケンジャー観ようぜっつったら超あしらわれたw
カルマ >> ケータイ版が出たら「ラブプラス割」とかは考えていた。
備品 >> 戦隊物はライダーに押されてる印象だったのですが、シンケンジャー良かったらしいですね
GiGi >> あー彼女との通話とメールが無料になるんですね>ラブプラス割
ルイ >> あのタイプのエロゲっていうけど、元は本当ノエルで井上涼子なわけで、一線を画したのは作りこみ以外の何者でもなかったり。単に「リアル彼女」なんじゃね?
ルイ >> 彼氏同士の通話が安くなるんじゃw
備品 >> 基本無料にして、コミュニケーション1アクション1円で課金スレ
ルイ >> ラブプラス破産が出るからそれはダメでしょうw
備品 >> ビジネスモデルとしてありかも知れんと真剣に思った
備品 >> そこは、定額プランと併用で
GiGi >> それなんてダイアルQ2
ルイ >> まあ、現実的に考えましょうよw
備品 >> コナミならやりかねんw
備品 >> PASELI使用でアーケード筐体も出せば完璧
ルイ >> ギャルゲものは解像度が命、みたいな方向性にそっぽ向いて、五巻をより活用できるという理由でDS選んだわけでね。さしあたってラブプラスwiiがあるかiphoneに来るかくらいだと思うおw
カルマ >> リアル彼女はどれくらいラブプラスの系譜にあるのかなぁ。ユーザー的にはラブプラスのエロゲ版と見てる向きがあるけど、開発時期的にはあんまり志向してないようにも思っていて
ルイ >> DSにメモリースティックがあればラブプラスプラスも万事解決なんだけど、ニンテン様の基本思想はハード内で全部納める事だからなー。64以降メモリーパックは諦めたけど、携帯ではまだそこを譲らない。独自規格作るまでうごかなそう。
備品 >> リアル彼女の公式通販ページの画像がオリエント工業っぽい
ルイ >> えーと、エロゲになる時点で系譜には存在しえないと思って言ってますね。基本イメージは「サクラ大戦」→「らいむいろ戦記譚」でシクヨロ。
カルマ >> 解像度という意味では、リアル彼女をフルスクリーンで見たときの「そこにいる感」は凄かったですけどね。
GiGi >> つかDSiLLのCMでラブプラスが使われててびびった
ルイ >> それはでも、視覚を突き詰めたって話ですから、その時点でラブプラスの系譜ではないですよね。どっちかというとアバターの系譜(待て
GiGi >> Touch-DS.jp - Media Gallery:http://touch-ds.jp/mediagallery/dsill_b.html
ルイ >> ななんだってー>CM ワンダープロジェクトJ2はやはり10年早かった・・・orz
備品 >> LLはラブプラスのために開発された説浮上
GiGi >> なんだったか触るエロゲがあったはずだがそれが一番ラブプラスに近いとおも
ルイ >> こっそりとラブプラスをDQFFマリオゼルダに混ぜるなwwwクソワロタww
GiGi >> そのタイトル群と並べると壮観だよなw
ルイ >> タッチペンでいくらかダイレクトとは言え、基本はカーソルクリックの進化版でしかないわけだから。液晶タッチパネル必須環境のエロゲとか出たら認める。
ルイ >> やはりラブプラスの肝は音声認識なんですよね。「愛してる」と言った時心のベルリンの壁が崩壊するわけで。
GiGi >> いpほねってエロゲ出せたっけ?
ルイ >> 変換やる気だせよw
備品 >> PCはマウス必須だから、マウスでいじるゲームは太古からありましたけど…
カルマ >> 「リアル彼女」はラブプラスとは全く違うと思いますけど、それはエロゲだからではないですね。リアルタイムでありながらバードキスしかしないラブプラスが僕はどうにも奇妙に思えて。
ルイ >> ソフトなエロ漫画がアプリを席巻してはいますが、感覚としてはセガサターンどまりかな>あいぽん
備品 >> 18推奨までって感じか
ルイ >> いや、僕が言いたいのは、ラブプラスをラブプラスたらしめているのはハード選択レベルからのこだわりであって、その外観を他ハードで利用しようにもまがいものしか出来ない現状ですよ、って話。だからリアル彼女が全く違うのも然り、エロゲだからじゃないのも然りです。PSPだろうがムリなもんはムリ。
備品 >> ソシエッタ代官山に頑張っていただくわけですね
GiGi >> それは寧々さんたちが高校生であるってとこにも意味はあるんですけどね。ラブプラス大学生編とかでてくるとまた話が違ってくる
ルイ >> >リアルタイムでありながらバードキスしかしない 仰る通りですが、そっちに踏み込んだときラブプラスの本質は掻き消えてただの「リアルタイムコミュニケーション“風”でエロまでいける」という、ハルヒのコスプレしたAVみたいにしかならんよと言いたいw
備品 >> そのうち、DSiそのもので嫌って程ラブプラスもどきは出るでしょうけどね
ルイ >> バードキス→結婚式の線が引ける人には引けるらしいじゃない。
カルマ >> アップルはアダルト駄目なので、アンドロイドでアダルトコンテンツが出るんじゃないかと言われてますね。
GiGi >> 深夜に会えないってだけでも、もうそれだけで、何かが産まれるわけですよ。
備品 >> 寧々さんたちも年を取れば良いのですね、毎年一本誕生日にリリース
GiGi >> それでコナミはあと10年は戦える(負けフラグ)
ルイ >> 寧々さんは普通に結婚OKな年齢、っていうかそうか全員OKなのか。
備品 >> 実際は1年も経たずにマイナーチェンジするわけですが
カルマ >> 確かDSで動かすタッチエロゲを同人が出して問題になってなかったっけ?僕の妄想かな(笑)
GiGi >> しかし親御さんの許可が必要なんだな、これが。
ルイ >> ほう、それは強そう>アンドロイドでアダルトコンテンツ いや現状でもアップルで、ソフトオンデマンドかどっかがしょぼい半エロアプリとか沢山出してるんでw
備品 >> メイドイン俺で作ってみたシリーズ?
ルイ >> タッチエロゲまでは、まあマーソルで痴漢するエロゲとかの発展であって、イリュージョンの歴史そのものとも言える。
ルイ >> マーソル?カーソルw
カルマ >> でなくて、開発キットから普通に。2〜3年前だったような…>同人DS
ルイ >> あれだけしょぼい音声認識システムで、恋愛ゲームを別の次元まで引き上げたことこそがラブプラスの本領だと思うのよね。
カルマ >> どう答えても大丈夫なような受け答えしかしないようになってるのが透けて見えて全くはまれなかったなぁ(笑)>ラブプラスモード
ルイ >> http://news.livedoor.com/article/detail/3774654/ コレ?
ルイ >> 僕も基本的には同感。しかし結婚式を開く人まで出たというのは事実です。
カルマ >> あぁ、それそれ。触手だった気がしてたので多分合ってます。
備品 >> DSソフトって自作できるのか、SM調教師瞳みたいなもんかな? http://www.nicovideo.jp/watch/sm7744091 メイドイン俺で十分楽しそうよ?
ルイ >> ラブプラスの音声認識システムってのは、いってみれば「ワールドネバーランド」あたりを物凄く後退させたものなんです。後退させたものなんだけど、言霊ってのはリアルにあって、「声に出すとその気になる」効果はバカにならない。そういう、データ量インフレから1度抜けだした事がラブプラスの価値だと思うわけです。・・まあ、結局この方向突き詰めるとまたデータ量が必要になるわけですが、現状のデータ量でも廃人は生まれるんですよね。そこはカルマさんとか、一ヶ月以上放置の僕とかはなんだかんだいって外様。
備品 >> なるほど、マジコンか
備品 >> ラブプラスは始めたら大変なことになりそうなので触りません
ルイ >> リンコの「あいしてる」繰り返さないと抜けられないトラップイベントは、僕も壊れそうになったもんよ(体験談 こう、愛してないのに、愛してる気分になるw←バカ
備品 >> もはや宗教ですね、自己啓発セミナーみたい
ルイ >> とはいえプロトタイプとしての価値は認めてるから、話に聞くカイエンさん等のスタンスとは違うことを証明するため、続けようと思ってたんだけど・・・基本物語愛好者だから続けられなかったなあwスタンスは違うはずなんだけど「ん、プロトね。わかった、次来なさい」みたいになっちゃったw
ルイ >> まーでも、それくらい音声ってのは強いってのは事実ですよ。「声に出す」ってのは気持ちを誘導しますね。
ルイ >> 受け答えパターンが異常に少ないことをデータとして気付いてしまうと醒めることは醒めるんですが、とはいえ勝手な事を呟いて「私も好き」と言わせて脳内物語を形成する人の気持ちはわかる。僕も0と1ならそれを出来るから。音声モノだと「収録されているか否か」という壁が高すぎて、そこまでデータに気持ちゆだねられないんですけどね。
ルイ >> もうちょっと「大変なこと」になってみたかったんだが、案外なれなくて残念だったという話>ラブプラス始めたら
ルイ >> http://abk00.blog71.fc2.com/blog-entry-1166.html メイドイン俺のソレよりは面白いと思うw
カルマ >> 愛してる連呼は「あーとか言っても認識するんだろうな」と思いつつ叫びましたね(笑) 長いので、一瞬「ちゃんと認識させなきゃダメなのかな?」と思わせる意味であれは上手い。
ルイ >> それは思っちゃいますね、ある程度賢い人は。でも真に賢い人はあーとか言わないってのが僕の持論wだからささめきすこみでも、口で画面にチュウするわけでw
カルマ >> 成熟したらハマるかも?とは思います。未だに一応続けてますし。キスモードの冗長さは本気でイライラするけど。3人分だし。
ルイ >> そこは乗っからないことには愉しめないって部分ですからね。やっぱそれは「君望で悩まず全ルート行く人」同様、僕の想像の埒外っつーか対象外の人達ですね。そこでバカになれない人は限度あるでしょw
ルイ >> 1人に絞れよw
カルマ >> うん、ロールプレイをするんですよね>乗っかる
ルイ >> そういう奴は「どらみちゃーん」って叫ばないでおあいあーとか叫んで海底鬼岩城をクリアするんだよ・・・←FC世代
GiGi >> 1人に絞れない時点で距離を置いて付き合ってるわけですからまあはまらなくて当然ですね。ルイさんみたいにトライデントで爆弾処理をするならともかく。
備品 >> はどそんはどそん
GiGi >> タスケテタスケテタスケテ
ルイ >> 没入を恐れる人には娯楽を堪能する権利が限られるって話でもありますね。そこまで上からの評価者姿勢を貫く気はない。
ルイ >> この人たちは・・・w
備品 >> ファミリーコンピュータベーシックぶいすりゃーーーーーー
GiGi >> ときメモ4は都子の話聞いてあーなるほどなーと思ったのでやってみようかという気はある
備品 >> 楽しんでます
カルマ >> 一夫一婦制は単なる制度的な縛りですから。ほんとは平行世界じゃなくて同じ世界でそれをやりたいくらい(笑)
ルイ >> なんでギギさんって持ってないゲームで俺より詳しいんだろw
GiGi >> なんでだろーねーw
ルイ >> うん、実はカルマさんの言ってることもわかる。僕もみっつ並行してたんだけど、まずマナカがどうでもよくなるし← 手間がかかりすぎて持たなかったですね。
ルイ >> そこはちょっと体験者としての距離を置きすぎてるんじゃない?ちょっとこう、味わってわかった感をつまみぐいする事になれちゃってるんじゃない?賢い人の落とし穴よ?w
備品 >> 昔ファミ通には定期的に「やったふり道」って記事が掲載されてましたがそこを突き詰めると
GiGi >> いや実際付き合ってる男が隠れて複数人の女の子とデートを繰り返してたらそりゃヤンデレ化もするだろという
ルイ >> ヤンヤンはときメモの大発見と言っていいと思いますし、昨日「一番」で言った「ゼロ年代の話の作り方」のマナー範疇だとも思うし、もっと言うと昔書いたハーレムメイカーゲーム版の話にも接続できる気はします。
GiGi >> うん、作法として正しいというのが良いよね
備品 >> なるほど、ばれてないんじゃなくてばれてるけどそれを飲み込んで付き合っている状態を全てのヒロインに当てはめて再構築
ルイ >> 「隠れて」なのかな?いや情報提供キャラがヤン化するってのがいいんですよね。
ルイ >> ハーレムメーカーがキャパ的な「無理」から造形を突き詰めることになっていったことを考えても、幼馴染の情報提供者という位置の「無理」を突き詰めるとヤン化するというのは、実に問いかけの方向性として正しいんですよね。ときメモ1の良雄が男で、その後TLSあたりを見ていくと面白い流れだと思います。
備品 >> そろそろ仕事に向かいますではノシ
ルイ >> TLSは異性だけれども親族、という形で「逃がし」ていたんだけど、親族だからって女は女だ!って力学が強くてwどんどんヒロイン然としていったし、ボーナスCGも増えていったという歴史がある。・・・ときメモ4って明らかに1と2の足し算なんだけど、途中でトゥルーラブストーリーも引っ張ってきてるみたいですね。
GiGi >> ノシ
ルイ >> TLSの情報提供者、の話>異性だけれども親族
GiGi >> ラブプラスは出発点だけどときメモ4は帰着点だよね
ルイ >> なんかブログでっちあげればよかったかなあw失敗したかも・・・wではw
ルイ >> ですね。その点で、もっと難易度上げて欲しかったって思いはある>帰着点 藤崎詩織にまで帰れてないもん、この転生ヒロイン。
GiGi >> 2009年にこの2作が交差したというのは意義深い
GiGi >> なるほ。てかときメモ4やってたんだ。忘れてたw
ルイ >> そこは同感です。ときメモは今後、ファイアーエムブレム的に生き残るでしょうけどね。
GiGi >> まーやってないゲームのプレイ感にアタリが付くのはゲームの構造についてずっと考えてきた成果ではあるんだけど。
ルイ >> 所詮ギャルゲーマーですから・・・←
ルイ >> 確かに。僕もギギさんほど科学的なアプローチではないけど、構造をずっと見つめてきたから一で十掴める感覚自体はある。そういうのはそのメディアに浸かった人へのギフトすね。
GiGi >> ゲームの面白さは要素分解しても出てこないんだよねー。構造をみないと。
GiGi >> どんだけリッチでも妻らんゲームはつまらんし、ストーリーが破滅的でも面白いゲームは面白い
ルイ >> FCまでなら要素分解でもそこそこ追いついたかもしれないんですが(ギギさんはテトリスとかまで食指を伸ばしていたから別意見かな?)それ以降はどうにもなりませんね。個別の数字評価とかはいかにも苦しい。電撃かどっかでやってたけどw
ルイ >> リッチさそのものを愉しむFFユーザーの発言とは思えぬw
ルイ >> 面白さの核を探さないとしょうがないし、厳しく言うとそれをしないで「話は・・・音楽は・・・」と言った形でレビューされても、利用度はムチャンコ低いですね。それはコアじゃないから。
GiGi >> どこまでチープにしてもゲーム性が保てるかってのはまず考えますねw。その上でラブプラスは物量がものをいうゲームという判定は間違ってはいない
ルイ >> ゲームとは氷炎将軍フレイザードなんだよ、という名言っぽいなんでもない発言を残そう。
GiGi >> FFもリッチじゃないと成立しない形で構造を構築しているので、リッチであることを賞賛します
ルイ >> 一回リセットボタンは押せてるんですけどね>ラブプラス ただ、押した先で歩んだ方向は結局物量勝負ってのは確か。だから、物量から離れた答えってさっき出したけど「ワールドネバーランド」あたりになるはずなんで。
GiGi >> ルイさんがラブプラスはボーンだって言ったのが、ああさすがだなとかね。
ルイ >> ラブプラスのチープさと、そのチープであるという事の可能性はもっと多方面で語られてもいい切り口なんですけどね。なんか絶賛は絶賛に過ぎるし、切捨てはベクトル自体を否定にかかるしでナカナカ。
GiGi >> あれですよ。話唐突だけどぷよm@sみようぷよm@s。SFCぷよの面白さを極限まで絞り出す組み方が凄い
ルイ >> アドレス張りましょうよw
GiGi >> ぷよm@s‐ニコニコ動画(9):http://www.nicovideo.jp/mylist/10641358
GiGi >> 普通に1話からみておkだが、とりあえず掴みが強いのは4話とか6話とか8話とか12話とか最新話は面白すぎて呼吸が苦しかった
ルイ >> すーぱーぷよぷよはやり込みましたね。とことんぷよぷよで2日電源入れっぱなしだったことがある←
GiGi >> あーなついなついすーぱーぷよぷよやりこんだわーと言う人ほど、見進めていくと「げえぇ」となるw
ルイ >> この一話のつかみの弱さ・・・w
GiGi >> 1話はあーなついなついで終わる話ですね。
ルイ >> 1見終わったけど、想像していたものとは違いました。ぷよキャラとしてアイマスキャラを行使して、必殺技ボイスを有名なセリフとかで埋めるもんだと思ってた。
ルイ >> やっぱり文化として成熟すると、コラボ先への還元意識が出てくるのかなあ・・・
ルイ >> 今のJPOPに見せてやりたい←?
GiGi >> これがこんな出だしで初代ぷよという題材をとことんまで突き詰めてくんですよ高テンション維持したまま。
GiGi >> 今は最速5連鎖VS致死2連鎖みたいな話になってるんですが。
GiGi >> あとまあウテナは卑怯w
ルイ >> ああ、でも出だしからそれは感じてますよ。
GiGi >> 改めてみてるが、3話は導入の引き込みが上手いなー
ルイ >> ところでこの小鳥さんというカワイコちゃんは、元のゲームからこんなに可愛いCGパターンを持ってるのかい?
GiGi >> 小鳥さん立ち絵は基本ユーザーの捏造のはずw
ルイ >> なんてこったい><
GiGi >> 元々は説明書にしかいなかったのが、ファンディスクでデビューというキャラだからw
ルイ >> デスタワーーーーー!!
ルイ >> 鳥肌立ったw要は連鎖ラグを削る戦いと、配ぷよに対応できる柔軟性との兼ね合いなんだな。
GiGi >> これを実践譜付きでやってるというのがまた凄い。ネット上のぷよコミュニティが騒然となるのも当然。
GiGi >> んー5話の伏線の組み方は神がかっている
GiGi >> そして神回の6話。
GiGi >> なにこれやばいくらい面白いんだけど
ルイ >> 僕のテトリス世界50位は、とにかく圧倒的な速さで効率追及していた。速さだけなら世界一位にも負けてなかった感はある。ただそれはSPINを放棄した、原初テトリスの強さでしかないんですよね。僕以外のトッププレイヤーは全員といっていいくらいスピンしてたし・・・だから俺はとことんぷよぷよを延々やる事を選んだんだなあ。そして「対戦格闘」を追及するゲーメストなんかがこの道にくる。わかる。
ルイ >> 読み込み失敗しまくるが、とまらん。
ルイ >> 相殺ルールというのは、求道からの逃がしだったのか・・・通の意味が15年経ってわかった気がする。
ルイ >> さすがに2時間くらい寝る…orz
井汲 >> 最初配信から始まったアニメ、というと、忘念のザムドもありましたね。あんまりうまくいかなかったみたいですが。PS storeで配信→MXで放映→BS11で放映、という所まで今来ているのかな?
ルイ >> 本編終わってないじゃないかこの野郎orz


■■■■2010年02月08日■■■■
備品 >> またすぐ消えちゃうのかな?マリンの自爆と敵の黒い人がお気に入り OP http://www.youtube.com/watch?v=j74UJ5bde5k ED http://www.youtube.com/watch?v=FnE2jmc007E 
GiGi >> ところで来週上京するとして何曜日に照準あわせましょ
ルイ >> 平日かー・・・いっそ僕もどっかの昼時間とって、メイド喫茶かストロングワールドというのはどうだろう。夜は夜メンツに任せて。
ルイ >> 何故ここまでメイド喫茶にこだわるんだろう。
備品 >> ハートキャッチプリキュアおはなしブック2冊とも買ってきたけど、ダークプリキュア設定画すら出てないorz
備品 >> ムーンライトさん(紫)の意思を継ぐからブロッサム(桃)&マリン(青)の配色なのかしらん?と勝手に思った
ルイ >> プリキュアの考察進めててなんか楽しそう。死のうかな。←なんでだよ
GiGi >> 真剣勝負の例えは上手い。
備品 >> 今なら1話目YOUTUBEで違法アップロード?見れるよ!よ!一番大事なアバンのムーンライトVSダークプリキュアの部分はHDでは上がってないけどw

MANKEN CHAT(1.1)