漫研チャット
名前:
発言:
[正面] [取扱] [過去ログ]


■■■■2010年02月20日■■■■
LD >> やあ、あだち先生に描かれてしまうとねw 「ここで止めるのが正着だろ?」ってそう思ってしまうw「虹色とうがらし」でさえそう思ってしまうような所があったw
kichi >> クラサン……orz
ルイ >> む。違うな。Hして翌日、2人で冷凍睡眠に入る事にするんだ。しかし先に入った命の前でドアがロックされるんだな。で数百年後蘇ったら子孫が治してくれてて、電飾で「オカエリナサイ」あれそれなんて(ry
LD >> いやぁ、ゲンガーちゃんで丸めるルートきついわ、となったらサラッと赤石くんの物語に流して締めるあたりのサラサラ感が見事w
ルイ >> 物凄い物語の達人ではないのでしょうけど、切捨て感というか、諦感みたいなものが絶妙なんでしょうね。あんま自分に期待しないというかw
GiGi >> 来週真中と命のSEXが命中…と素で読んでしまった
ルイ >> 「キングゴルフ」の、一つの感触とやらの正体が気になる。何気にドラコンいち抜け宣言だったりする?
ルイ >> 当然一発必中だよ。物語に意味のない過程は描かれないからね。
GiGi >> ここまで飛ばす必要ないってのは勝った上で言わないと格好がつかないけど、そのあたりをどう処理するかは興味深いですね。
LD >> 逆にゲンガーちゃんみたいなキャラを出したら、絶対にこの娘で丸めるんだ!そうじゃないとこの娘が可哀想なんだ!ってなって困ると逆に燃えてしまう富士鷹先生とは真逆の資質なんだな。>あだち先生
ルイ >> そうそう。ただ、のめりこみすぎても総合的なゴルフとのリンクが張り辛い。
ルイ >> 「あおい坂」あれ?一点取ってもピッチャーいないからバントはないとオモットッタよ?なんか読者を引っ掛けにきてる?
LD >> その「月光条例」は以前、レギュラーになるといいのに…って言ってた子が戻ってきたのかな?
ルイ >> 「はじめてのあく」キョーコが目立ってないから面白かった(淡々と
LD >> 「ツール」のあの子……ジャニーか。ジャニーさんはあの歳で色々不二子過ぎると思った。(´・ω・`)
kichi >> ああ、「キングゴルフ」の描き方巧いですね。ここで驚かないでいられる意味はかなり大きく思えますけど……なんなんだろう?
LD >> なぜ、そこまでキョーコを目の仇にするのかw
ルイ >> 「ツール」金持ちのおっさんは「カペタ」で言う桃太郎だなぁとオモタ。
ルイ >> キャラクターとして何一つ面白みがないからかな?
ルイ >> ジャニーはかわいい顔率が増えてきてヨロシイですが、行いは不二子ちゃんですねえ。若いのにorz
LD >> …が実際に、乙型とシズカの「回り」はかなりいいですね。ライバル線が引かれているキャラが少ない事もあって相乗でかなり回転している。
kichi >> 「月光条例」はなんだか華やかになってきてますねw とりあえず海楽しみですw
カルマ >> 「月光条例」エピソード単位で区切ればそんなに前に出たキャラじゃないって感覚なんでしょうか。覚えてない人もいるかも…?
ルイ >> あ、桃太郎と工場の社長を足した存在か?
ルイ >> 覚えてない人いるかもしれないですね。まあそのヘン富士鷹先生は気にしないw
カルマ >> 月光はとりあえず楽しい。「タイミングがいい」ってのでニヤニヤしてしまいました(笑)
ルイ >> 「オニデレ」がカオススパイラルに入ってますねえ。サヤさん人格きりわけすぎw
LD >> 何一つ…って事はないと思うけど。つーか、普通に暴力的だったりヤキモチ焼いたりするキャラでいいと思うけど。まあ、ルイさんは以前から言っているので特に驚きはしない。
ルイ >> 「タイミングがいい」は繰り返し使用でいいですね。これって一つのハーレムメーカーの冨士鷹版回答かもしれないと思えてきた。
GiGi >> ツールは個人スポンサーがついたりするとあまり見ない展開になって面白いかもですね。
カルマ >> 「はじあく」僕はまぁ女性キャラが可愛ければそれなりに楽しんじゃうので、気にせず読んでしまうなぁ>キョーコ
ルイ >> 安直なデレをかます子は僕のガイガーカウンターはビースト並みに反応しネェよ。
LD >> 「オニデレ」の「アンジー紹介してやるよ」は吹いた。相当いいw
GiGi >> ルイさんのキョーコ嫌いは念頭にオニデレのサヤさんとの比較があったりするのかな。
ルイ >> 「正はアンジーなんか好きじゃねェよな…?なァ…?正…??」もディモールトいいコマ&せりふですよ>オニデレ
GiGi >> オニデレのサヤさんは本当に素晴らしいねしかし。
ルイ >> んー、念頭にはないですけど、並べていけば当然比較されるくらい逆位置とは思うw
カルマ >> サヤさん意味分からないw どうしたいのよ…
ルイ >> これって公開浮気宣言みたいなものですよねw
GiGi >> まあ私も藤木先生のキャラの扱い方はしょうじきよくわからないのであまりとやかくいえない。
ルイ >> そう、そこがこの金持ちの使い道かもなーと思ったりしてますねー>個人スポンサー
LD >> 安直って言葉は難しいよね。乙型やシズカは安直じゃないんだ。まあ、分らない事に拘るならもう特に言う事はない。分ろうとしているけど、それでも分らない、と言うならそれを信じるよ。>キョーコ
GiGi >> ああなにかこう、ぶんしょうをひらがなにひらくこのもどかしさははじあくのそこにつうていしているきはするな。
ルイ >> そも、全体的にそんないいキャラがいるとも思ってないけど、脇だと自由に暴れさせる分想定外の幅や面白みが出るってのが桃子やシズカの位置だとは思う。それ以上は前提としてロクなキャラと思ってないので、正直最初の方のここでの評価から全部正反対に近いです。
kichi >> ……キョーコちゃんの魅力はデレとはまた違った意味で相手を認められるマイルドさ辺りに持ってるかなぁ、私は。単純にデレとカウントしちゃうと味わいも何もないんですけど……。
GiGi >> ああ。そのものズバリの言葉を思い出した。カマトトぶってんじゃねえよ!という話か。ゆうこりんがコリン星を捨てるこの世の中じゃ。
ルイ >> 何というか、巻末コメントの「ディフェンスデビル」の人のコメントが素晴らしすぎて涙出たw日本人が求めるものを演じてるのなら更に凄いw
LD >> マガジンに行きましょうか。
ルイ >> ゆうこりんは元もと嫌いじゃなかったですが、ええことですね。たまに思い出したようにコリン星も語って欲しいです。0か100かは単純に過ぎるので。
ルイ >> まー僕は「心が動く」という事に関して間違いなく厳しいし、それが主要キャラならサブとは違うレベルの要求がなされて当然だと思うし、その判定がキッチリしてるだけだと自分では思う。だからシズカや乙を引き合いに出すのは、そもそも話が違うというか、じゃあキョーコが脇ならどうよ、の方がまだ近いかも。
ルイ >> 「コードブレイカー」最初から親父の血を使わなかった理由を誰か俺にkwsk
LD >> 「フェアリーテイル」はこのエピソード引っ張るなあ…というか、普通にワンエピ分構成するつもりなのか。…何となく番外編のように思ってしまっていた。
ルイ >> うーむ、読み直してもコードブレイカーがよくわからないw僕のIQ90←半端リアル の限界が・・・キターッ!
ルイ >> 会長を釘付けにしたとして、会長は捜し者に勝てないと思ってるから取引に応じたはずで、まず「コレ抜いてくれないか?」もよくわからない。その上でホントになんで「はじめからそう」しなかったのかもわからないwどうしようw
LD >> まあ、いいんじゃないの。「分らない事」に固執していなければ。>「心が動く」という事に関して間違いなく厳しい ここは「言い張り可能な世界」だから本当の所は君にしか分らない。(すごく時間をかければ問い詰める事ができるかもしれないけど、そこまでヒマじゃない)だから僕からはもう何もないよ。
kichi >> 「キディガーランド」的に読むと、油断させなきゃならなかったって辺りでどうです?w>コドブレイカ
ルイ >> 「フェアリーテイル」ルーシィが魔法使える理由が、鍵召還の特別さなのかミストガンがなんかしたのかは気になる所。でもまあ、いつもの中ボスエピですよ。
ルイ >> 言い方が攻撃的なのが気になるが、まあ魅力を感じないのは事実だから、何とも。以前みたいにコレが一番候補!的なモードに入らない限り無理に反対はしないですよ。
カルマ >> 来週に会長が「まぁこれはただのケチャップなんだけどね」くらいのことを言って華麗に参戦しないと良くわからんです>コドブレ
LD >> 「エデンの檻」は「残り31人」とか本当に関係なくなっちゃったなあ…w それともどこかでまた復活するの?w
ルイ >> いや・・・多分親父は使えるから泳がせたってコトなんでしょうけど・・・それで正直「最初からそうすれば」は後付でなんとかなるとは思うんですが、会長自身の行動は妙にブレててわからないですね。とりあえず来週を待つw
ルイ >> ああそう、カルマさんが言ってるような感じw
ルイ >> 「エデン」即死しない人体の神秘に感動した!!俺なら100%ショック死だ!
kichi >> 「はじあく」はなぁ……たぶん私の読み方はかなり特殊だったんだと思うんですが、結構常識人であるキョーコちゃんがジロー達非日常により振り回される話……と思わせといて実は日常圧勝!ってくらい日常の魅力を前面に出してる辺りが好きだったです。でも最近そういう感じじゃなくなってきてるし、正直ラブコメ展開自体それほどは乗れてないようなとこはあって……。
GiGi >> 残り31人といった端から増やすエデンの檻さいこーでうs。
LD >> 攻撃的というか強い意味合いは込めましたよ。それは僕は「固執してるんじゃない?」と思ったから。でも、そこから先は本人が判断する事だと思っているから。それ以上はない(引っ張らない)というのも本当です。
ルイ >> 「GE」はえらくベタなんだけど、このエピソードのうちに消化した事自体は寧ろ評価したいかも。会話の運びとかもいいですね。「急に」「ごめん俺の中では急じゃねえんだ」とか、なかなかリアルなやり取り。ベタなりに。
ルイ >> まあ、同じ反応と言うことですよ。>強い意味あいは固執してるんじゃ?でも個人判断だからそれ以上はない
kichi >> 「GE」良かったですね。真っ当に展開してて。この状態を長々引っ張られるのは嫌でしたからね。
ルイ >> それが一番の俎上に乗って僕が思ういいものとバトらない限りは踏み込みも限度問題だし、更に言えば一番も所詮一番でしかないので、そこもまた限度問題ではあります。ただ作品の出来なりを突き詰めて膝つきあわせる機会があれば、互いに容赦はしないだろうけどw
ルイ >> なんか「GE」単行本が売れてるとか?w
カルマ >> むろみさん買い忘れてると思って尼見たら売り切れてる。嬉しいなこれはhttp://bit.ly/aMkupb
LD >> 「GE」は、まあこのまま次回上手く行きました、みたいな展開はないんだろうけど…。なんか主人公いろいろ積極的に動くんだけど報われない事が続いてつらいなあ…。
GiGi >> そろそろむろみさんにアニメ化のオファーとか来て良い頃。
ルイ >> 「むろみさん」の会話が高尚すぎるのはさておき、ある意味作中初の線の広げ方ですねえ。
ルイ >> これまでむろみさんの珍獣知り合いしか線は広がってなかったのに。たっくん側に、しかもたっくんの知らないところに。どう広がるのやら・・・単行本は皆買えYO!
カルマ >> 数ヶ月前だったか、特段マンガ読みでもない友人同士が「どうなると思う?」みたいな話で盛り上がってて不思議な感じだったなぁ>GE
ルイ >> これまで青田買いの色合いが強かった「GET」ですが、城島って評価確立しすぎだろうwそして王さんにてねえw
kichi >> 「むろみさん」良かったですね。単行本はゲット済みです。
ルイ >> トレンディドラマとしてのマナーはしっかり持っている、という事かも。同じ人が「君のいる街」で同じトークしても、ギャグになりかねない(なんねえよ
LD >> 工藤と城島は熱いなあ…。
カルマ >> 数千万年っていう単位がもうね(笑) 繁栄極める人類ですらむろみさんから見ればたまたま一時地球を支配してる一種族に過ぎないんだろうな。
LD >> 「むろみさん」の単行本って「ちきゅう観測隊」は載っていたりしますか?
ルイ >> 工藤の1シーズンあげる宣言はちょっとアツすぎますね。
カルマ >> 「オレのこの一年をお前にやる」はうるっと来ましたね>GET
ルイ >> まあこのシンクロは妥当w
カルマ >> うむw
LD >> 「むろみさん」のこの言は、以前からの設定通りの言葉だけど、凄いなあ…。火の鳥がコギャルになったがごたる。
ルイ >> 1年あげられちゃうところまで実績積んだ工藤という存在にもビビりますけどね・・・
カルマ >> ベビステの番外編とかマガスペ買うしかないか…
kichi >> 載ってないです>むろみさん単行本に「ちきゅう観測隊」
ルイ >> 輝先生はなかなか良い閑話ですた。
ルイ >> 袋開けてないですw>むろみさん
ルイ >> 最近「エレメントハンター」とか色々買ってるんよ・・・orz
LD >> 「はじめの一歩」一歩vsウォーリーなんかもうホントに勝てない雰囲気になってきているけどw……でも、勝ちに繋がる積みもちゃんとやっている…みたい?
ルイ >> 「ヤンメガ」の重大発表を A・雑誌移籍 B・まさかのアニメ化 C・OAD から選べ。
ルイ >> 実はレバーが効いていた説?w
kichi >> 閑話……なんでしょうかね? ってまぁ直接繋がるような話ではないんで、まぁ、そうか……。でも結構大きな一回という印象はあった話でした。>輝先生
ルイ >> まーそうですね。大きいとも思わないんですが、言いたい事自体はわかります。ジャネラリストの再強調とか。
ルイ >> ジャ・・・
LD >> 「ブラッディマンンディ」は、すごく淡々とビースト劇場が終焉しました。(´・ω・`)
ルイ >> 「君のいる町」 まぁたキャラ増えたorz
LD >> D・TVドラマ化決定!
ルイ >> 「ブラディマンディ」は悲しいすなあ・・・コント・ビーストが閉演とは…
カルマ >> D・深夜枠TVドラマ化で。>選べ
ルイ >> ド、ドラマ!ありえる!!
カルマ >> 被ったw
ルイ >> おいおいシンクロニスト〜。
kichi >> 「はじめの一歩」はほんとどうするんでしょうねぇ?……やれることを一歩ずつってのはもっともな話ではあるものの、このペースじゃ試合中にはどう考えても追い付きっこないしなぁ……。
カルマ >> 新キャラはわかりきってましたが、空き巣がのこのこベランダ出るかいな…と>君町
ルイ >> もうブラマンの何を楽しみに読めばいいかわからないorzそれくらい悲しいorzこんな気持ち、千代の富士やシューマッハが引退した時以来だ。
カルマ >> 「一歩」は何やってるんだかなーという感じで…あまりにも遅すぎて、もう。
ルイ >> 遅いよねーーーーーーーーーーーーーーー。
カルマ >> 「ブラマン」にはまだマヤ先生がいるじゃないか!
ルイ >> 最近ベストバウト別冊を売り出しましたけど、何より驚いたのが「一歩VS伊達」があの分厚すぎない雑誌に、しかも間柴エピとかタカムラ防衛戦とかはさみながら収まっている事ですよw
LD >> 「ガマラン」、忍者くんは真っ二つにされています。…金縛りの術はこれで終わりか。
ルイ >> ビーストの汗に含有されるフェロモンには及ばないよ…今週も笑い死ぬかと思った。
ルイ >> 「ど…どうしたアーサー」っていい加減バレてる可能性考えて、銃向けてろよw
LD >> いやあ…触るだけとか、ちょっとその先が想像つかないけど………そういえば「BB」で10センチの爆弾(1インチパンチか?)ってのがあったな。
ルイ >> それはまさに伊達戦で一歩もやってたよーな>距離なしパンチ
LD >> アフロの決死の演技に胸打たれたから自分の死ぬまで演技するつもりだったんだお。それがビーストの生き様だお。…でも、速攻で動かぬ証拠を出されてあきらめたんだお。
LD >> あ、伊達戦でやってましたっけ。
ルイ >> まあ、作劇としては確かに「third-iにスパイ」の可能性があるんでしょう。でも読者としては、「面会重ねてww信用厚くする前にwww汗が出てこないようにww面の皮ww厚くwwしとけよwww」としか言いようがないのがホント面白かった。
ルイ >> 「ガマラン」の変則アマカケルリュウノヒラメキはなかなかかっこいいですね。思いっきり殺しぬく所含めて、満足の一話でした。あと、もう1人はド変態だから効率重視じゃないのはわかりきってるしw
LD >> 「もう、しませんから」、スケルトンって素人がやると余裕でコースアウトして死ぬと思っていました。…まあ、足でブレーキかけながら進めばいいのか?
ルイ >> ちょっと時期的に・・・>もうしま
LD >> まあ、思いっきり殺してくれれば言うことないですw>「ガマラン」
LD >> ああ、れいの失格か…。
ルイ >> 無楽はイキかかったから撤退したってこと?w
LD >> チャンピオン行きましょうか。
GiGi >> ほぼ逝きかけたならそのまま逝っちゃえばいいじゃないとか思うところもあり
カルマ >> 印刷所入った後だったんですかね…まぁ関係ないっちゃないんですけども>もうしま
ルイ >> 一対一宣言、鳴神破り宣言というあたりが個人的には結構ポイントと思っていて。無楽ほど極端でなくともやっぱり剣客として、皆それなりに矜持やこだわりでもっての俺ルールで動くんですよね。だから大仕合ともいえる。そして剣客と言えば藤田まことさんに合掌。
ルイ >> 逝ったら隙だらけになるだろうJK
GiGi >> その訃報は今知ったよ…まだ現場で頑張ってる人が亡くなるのは悲しいね。
LD >> 「バチバチ」の袋とじですが、真ん中あたりはすぐ見つけてしまうので、もっとはじの方にしましょう。
ルイ >> ていうか、こんな「ウォーリー」やるんだから「いっぽん」の女王とか主人公とかいるんじゃねーかと思って無駄に長時間かかった件。>袋とじ
LD >> 「必殺シリーズ」は勿論の事、「はぐれ刑事」も好きでした。
LD >> そして「バチバチ」ほんっと上手いな。前回、石川の方が圧倒的に強いのでは?と引いて、今回あっというまに互角の有耶無耶に入れてしまった。
GiGi >> 上手いですね。群雄割拠に持って行き方が。>バチバチ
LD >> その上で第三の男登場と。こいつは前から気になっていました。
ルイ >> 「バチバチ」今週も素晴らしい・・・・・・・・・・
ルイ >> 見開き連発がたまんないですね。
kichi >> 「バチバチ」巧いですねぇ。石川と鮫島のことかと思わせといて第三の男のことだったという、こういう意外性の演出巧いですね。
ルイ >> 『弱虫ペダル』はほとんど15禁の全編チークタイムだわさ。
kichi >> 「弱虫ペダル」は今週も素晴らしかったですね。言うことなしです。
GiGi >> その背中を山岳と坂道が見てるんだよねえ。うっとりするわ>弱ペダ
LD >> 新連載はC級アイドルの話ですか。
ルイ >> 「苦しそう」に見えてる人は、クライマーの素養がないというか・・・ここでも選別が行われていていいですね。やはりクライマーの事はクライマーが語る。
ルイ >> いや勿論苦しいことは苦しいんだけど。そこから楽しさを汲み取れるかどうかなんでしょうね。
kichi >> ……新連載は凄いgdgd感でした……(´・ω・`)漫研の人達ならこんなgdgdさも愛せるのだろうか……?
LD >> 「ドカプロ」は、この人けっこうよくお風呂に入るよね。(´・ω・`)
ルイ >> 「エンジェルボイス」は敵への切捨てにちょっとシビれた。色んな理由があっても、でもそこで腐ってファウル主体になった時点で、もう「おめーらごとき」なんだよね、という厳しい納得が。
LD >> ……いや………いろいろgdgdだったよね。(´・ω・`)
ルイ >> まあ、巷では「ひだまりスケッチ」か「ドカスパ」か、と言われていますね←言っている人
ルイ >> 「はみどる!」ですか?いいのいいの。雑誌バランス的に萌え絵が必要ってだけだから、内容は問わない←おおい!
ルイ >> それよりまりお金田先生が、若干ヤブケンあたり取り入れて絵を変化させかけているのが貪欲だなあと感心したり。
LD >> 「ハンザスカイ」、何か知らんが番場くんはカッコよいw…こんなキャラで「回して」いて大丈夫なんだろうか?
ルイ >> 「バキ」誰か烈先生を止めてよ。
kichi >> ほんとになんで今烈先生のターンがきてるんだろ……?(´・ω・`)
LD >> そして「シュガーレス」も良い。ここまでノンストップだ。また「A−BOUT」と違って、この人(主人公)ダメじゃん視点もちゃんと確保されている。
ルイ >> 「みつどもえ」来週スタッフ発表しちゃうらしいぜ、LDっち。俺ら無根拠に騒げるの今までだぜ。なんかあてずっぽうしとこうぜ。
LD >> ……なんででしょう?(´・ω・`)>烈先生
kichi >> 「みつどもえ」は最後のページの展開がみらくるで素晴らしかったですw めちゃ笑いましたw
kichi >> 「シュガーレス」と「ハンザスカイ」は順調ですね。
ルイ >> 「みつどもえ」は最後なのかなあ。色々おかしすぎるw(頭が
LD >> 確かに……戸松、愛生、寿だろうなどと、当たり障りのない話ではなく、ちょっと思い切った事言ってみるか!
ルイ >> 「ハンザスカイ」はかなり良いです。シュガーレスは僕はそこまでノってないけど、考えてセリフレベルでキャラ作ってるのはわかる。
ルイ >> おい1人抜けてるぞこのヤロウ・・・
ルイ >> 「みつどもえ」は制作はゼクシズ>雲雀>動画工房>ufo の順でありえる!←会社かよ
ルイ >> まさかの亜細亜堂制作もちょっとある!
LD >> テレコムじゃね…?(´・ω・`)
ルイ >> テレコム・・・星矢作ってて体力ないです・・・
ルイ >> 今週「イカ娘」がものっそ久しぶりに面白かったんですが。いつ以来?
GiGi >> 内容問わずに萌え絵があればいいんならナガレでもおkなわけだルイさんは^^
LD >> あと、シャフト(除外:新房、大沼)とかな?(´・ω・`)
GiGi >> ものっそ面白かったですか。特別普段との差異は感じませんでしたが。むしろオチがわかりにくいと思ったくらい>イカ
ルイ >> ぶっちゃけナガレが萌えマンガに徹するならいいですw
ルイ >> え、待って、「ものっそ面白かった」って日本語的に反則だろw
ルイ >> 「凄く久しぶりに」面白かったのですよ?面白さの程度ではないのですよ?w・・・ラスのコマ運びとか好きですね。
GiGi >> ハンザスカイはいいよね。実はバンバがどういう立ち位置に立つのかまだ読めない。
ルイ >> LDさん、シャフトは瀕死だって言ってるだろうw
kichi >> ん〜、最近低調だった中では面白い方だったかも?とは思いますが、特にライン引くほどの差異は感じなかったかなぁ……?>イカ娘
GiGi >> うん、別に普段からまったくつまらないとも思ってないので、何か特別なアレがあったかなとイカ
ルイ >> だから特にラインはひいてないよう・・・皆が俺の日本語の不自由さをいじってくる
LD >> 僕も番場が読めないんですけど、すぐに外れたり、脇に寄せられたりできないくらいフォワードに来てますよね。単純には当面の師匠なんですけど、ちょっと置かれたストーリーに対して迂遠に思えますよね。
ルイ >> 「ナガレ」は萌えマンガに徹しきれない所がどーにもあれなんですが、お嬢使って釣りエクスタシーを描く手は悪くない。でも、主役はあくまでまるで動かない少年な。
GiGi >> いや、空手部退部したまま、礼儀作法の師匠になったら一番面白いかな、とは思ってるんだけど、本当に迂遠でw。
ルイ >> 番場は礼節を教える役割なんでしょうけど、確かに今キャラがでっかくなりすぎているかも。そも、何度も言われているように名前がハンザに似すぎwそれだけでキャラ格が上がる。
GiGi >> まあ短期連載のほうは萌え絵としても中途半端なところが悲しいじゃなイカ
ルイ >> 「透明人間」?いやー悪くないんですけどね。
LD >> 「ナガレ」が萌えマンガならそれはそれで一向に構わんけど、そもそもその萌えが足らないというか「かるた」レベルにも達していないと思う。
GiGi >> 透明人間は好きですね。こういう連載が1本あるのは悪い事じゃない。
ルイ >> 「何かが足りないのよね」←酷
ルイ >> え、何、ガールズブラボーのまりお先生の萌え絵disってんの?
ルイ >> ですね。>「かるた」にも達してない もうミク登場させるしかないよ・・・
LD >> 多分なんかこう、釣りコスチュームの重装備感から既にビハインドをくらっているのだと思うw
kichi >> 「透明人間」好きですね。加奈ちゃんの透明人間化もありそうな流れでなかなか興味深いです。
ルイ >> 「透明人間」今回良かったんですけど、最後のコマの人体じゃNEEEE感はもうちょい頑張って欲しかったなあ。笑う所じゃないんだし。
LD >> 「かるた」は袴だったり普通の学生服だったりするだけで大分違う。
GiGi >> いや、よう知らんし>まりお先生。
GiGi >> ガールズブラボー - Google 検索:http://images.google.co.jp/images?hl=ja&q=%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%BA%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%9C%E3%83%BC&sourceid=navclient-ff&rlz=1B3GGGL_jaJP314JP314&um=1&ie=UTF-8&ei=u_t-S6eYKMygkQWKg-2LAQ&sa=X&oi=image_result_group&ct=title&resnum=4&ved=0CCwQsAQwAw
ルイ >> 「ケルベロス」叔父さんは馬場さんの血族か何か?w
kichi >> あー、ほんとだ……(´・ω・`)>透明人間ラストコマ
GiGi >> 釣コスはむしろアリなんだが安易に美少年裸に頼りすぎという感>ナガレ
LD >> 月夜野の脱出は図を観ると脱出に見えない件。…いや、これロープと針の間にかなり高低差があるんだよね。
kichi >> ……ちゃんと読んだことはないんですけど、なんか角川方面で、ベテランってほどじゃないにしても結構昔から描いてる印象なんですが、なんでまたチャンピオンで起用ということになったのかちょっと不思議ではありますねぇ……。>まりお先生
ルイ >> 「ケルベロス」のタンマしてくんない指の切り落としっぷりは流石でした。数日休むだけで敵がパワーアップしていくってのはいいなあ。ドラクエモンスターがジュンジュンに強くなる事に理由があって。
LD >> 「ギャンブルフィッシュ」は、トムくん何かしたり顔で上がっていますが、ギリギリトムくんの中でも史上最大級のギリギリさだったと思うw
ルイ >> 萌え絵が欲しかったとしか言いようがないw
GiGi >> つ都落ち
ルイ >> 仇喰の連れ子がエプロンのような不思議なファッションで気になるなあ。
LD >> いやあ、この作りって短期だよねえ。>「透明人間」
GiGi >> 長期になったらむしろビックリするw>透明人間。
kichi >> 「ケルベロス」も良かったですねぇ。容赦なさももちろんですが、金屋たんがいい位置に付いてて良い感じ。無邪気さも可愛らしいですしw
ルイ >> どう見ても短編映画一本ですw>透明人間
ルイ >> 金屋・・・たん言うたぞw
ルイ >> 叔母さんの無駄なSっぷりとか、叔父さんの馬場っぷりとか、雑に扱われてるんだけど、その雑さで景に意識させないようにしているっていう優しさが根底にあっていいですよね。細かい、言葉にならないところがいい。
LD >> いや、しかし皆、髪白いのはいかんよ。一応、十三塚は白髪で、この新キャラは何か光沢がある髪(金?銀?)みたいだけど。>「ケルベロス」
ルイ >> LDさんトーンおくったって。
GiGi >> 雑さの中の優しさってのは取り方次第なのかもだけどちょっと引き出しにくい情報に思える。うーん、どうなんだろ>
LD >> なんか、校長?とかが、封印とか墓守とかを知っているんですかね?
kichi >> あの扱いで「カワイイ甥っ子め」というセリフな辺りがまた良いのですよねぇw>叔母さん
ルイ >> 多分情報としては合ってると思ってるが、引き出しにくいってのはそうだと思う。基本的に行間を読ませるタイプの演出をしている人で、それは個性なんだけど、場合によってはもうちょっと親切にって事もある。今回の家族の演出は、僕はこれでいいと思うけど→
LD >> ん?つか、あ、この新キャラ片腕なんですね。……片腕ドラゴン。
ルイ >> 例えば狸を封じた時、霊にも解放される霊と一緒に一部になる霊がある、って言ってたじゃないですか。本来あそこって、エピソード冒頭の姉妹幽霊を当てはめて 妹→成仏 姉→一体化 ってやりたいハズで、多分コマにちょっと描きこまれてた解放されてるおにゃのこはその「妹」だったと思うんだけど、その辺の情報はかなりわかる人にしかわかんないもので、あそこは説明あってよかったと思う。→
GiGi >> ケルベロスにたいしてどうしても一歩引いた目になってしまうのは、そういう読者に対する突き放しを是としてしまっているところにあるのかも。
ルイ >> →ただそれを説明させるには姉妹霊を主要サイドが認識してないとダメなので、狸に襲われる前に景とちょっと絡むような描写があるとわかりやすいんだけど・・・そうなると今度は展開の速さとの兼ね合いになってきて、その選択で「速さ」を選んでいるとは思う。ゆえに判り辛いところはあるし課題だが、読み込めばかなり楽しいのは確か。
GiGi >> なんというか。うん。もったいない。
ルイ >> 突き放しに是も非もないとは思いますけどねえ。そういうのは極論好みだから。売れる売れないには関係するけど、好みを覆うほどのものとも思えない。
LD >> さて、そろそろ一番決めましょうか。
ルイ >> 勿体無いのは確か。でもこれが好きな作者ならなんとも言えないとも思うwまあ、家族はこれでいい、前回の霊はもうちょい、が僕の「もったいないバランス」ですけどね。
kichi >> ジャンプ……んん〜、「ワンピ」にしときましょうか……。
GiGi >> ジャンプはいつものオーダーで(ぉ
ルイ >> 「リリエンタール」「保険室」「オニデレ」「クロスゲーム」「ガマラン」「ブラwwディwwマンwディww」「むろみさん」「バチバチ」「ハンザスカイ」
LD >> ああ、微妙に説明不足な所はあるかも。(かと言って、そこをきっちり説明すればいいかというとそうでもないけど)でも、実際にはストーリー追うのにはそれほど関係がない領域の話だから、拾うつもりになればそれが置かれている…って事でもいいと思う。>「ケルベ」
kichi >> サンデーは……「神知る」か「アラゴ」かな?……「アラゴ」で。
ルイ >> あ、「クローズゼロ」の乱戦の中掃除が進む感じも嫌いじゃなかったな。
LD >> ジャンプは「ブリーチ」かな。
kichi >> マガジンは……「むろみさん」かなぁ……。
カルマ >> ジャンプは「サイレン」が好きだけど…やっぱり「リリエンタール」で。
LD >> サンデーは「クロスゲーム」と「神のみぞ知るセカイ」
GiGi >> サンデはクロスゲームか、オニデレか。
カルマ >> サンデーは「神知る」「アラゴ」。
LD >> マガジンは「むろみさん」
ルイ >> ジャンプのいつものオーダーって何w
LD >> あっと「オニデレ」忘れてました。
GiGi >> 割れるなあw。最近何故かサンデーはわりと充実している。
kichi >> チャンピオンは……「バチバチ」「ペダル」も良かったけど、……今週は「みつどもえ」でw
GiGi >> ワンピハンタバクマンですね自分の場合<いつもの
LD >> チャンピオンは「バチバチ」かなあ。
ルイ >> 俺のいつもはリリエンタールと保険室という事でよろしく
カルマ >> マガジンは「ガマラン」、読み切りのGETなんちゃら。
GiGi >> マガジン、ブwラwッwデッwィwマwンwデwィwというのは否定はしないw。
LD >> 「神知る」、「クロゲ」、「オニデレ」のどれかじゃないかと思うんだ。…ちなみに「クロゲ」は先週取っている。
ルイ >> 絞る?「リリエンタール」「オニデレ」「ガマラン」「ハンザスカイ」かな。
GiGi >> チャンピオンはバチバチが上手かったですが、まあペダルで(ぇ
GiGi >> クロゲは先週とってたか。じゃあオニデレで。
ルイ >> つうか、先週の方がいいと思うし。>クロゲ
LD >> 失礼、先々週かw>「クロゲ」
LD >> 「オニデレ」が良さそうですね。「アンジー紹介してやる」は吹っ飛んだしw…なぜそんな展開になるw
ルイ >> いやー、ベビステもスマッシュも悪くないのに触れ忘れてたw
ルイ >> 来週マガジンが物足りないなら、それはビーストの汗が苦しみの汗でダメな汗じゃないからだよ・・・orz
LD >> 「オニデレ」にします。
ルイ >> 来週はなんつってもみつどもえのスタッフ発表、弱虫ペダルの100話。
LD >> それでは、そんな所で。お疲れ様でした。
kichi >> お疲れ様でした〜。
カルマ >> お疲れ様でした〜♪
ルイ >> フィギュアスケートの四回転問題を、なんかこう変に捉えている人がいるけど・・・
ルイ >> ジャンプが全てじゃない事なんて当然なんだけど、今回のプル様の演技がジャンプ強引な印象が強いから負け惜しみみたいに聞こえてしまったのが問題。もっと深い問題提起なんだけど・・・
ルイ >> 競技自体が技術と表現の止揚を目指す事で発展されてきたわけで、表現偏重ならそもそもジャンプは「回転しなかった」わけです。ステージを技術が引き上げ、それを表現で突き詰める世界に成熟し、そうしたらまた技術が引きあがる。それがフィギュアのスパイラルなんだけど・・
ルイ >> 今、表現が重視されすぎていて。この採点方法だと技術スパイラルは上がらなくなってしまうね、というのがこの問題の本質であって、プルだライザチェックだってのは重要じゃないんですよね。
カルマ >> twitterが話題だったのでそちらから引用。こういう情報も実況してると流れてきて良いですねhttp://twitter.com/tinouye/status/9322040942
カルマ >> 4回転はメディアが女子のトコで盛り上げすぎてて過剰に評価されすぎてるような。プルシェンコは全体に演技が荒れていましたね。
ルイ >> 採点がライザチェックやキムヨナに有利なのはわかりきってるので、それは今更ではある。勝って否定するのが一番だったでしょう。けれどプルシェンコはその誇りでもって8年ジャンプノーミス?wという化け物記録でオリンピックを終える事で、ギリギリ言う権利を得たかなと思いますね。ライザチェックは勝つべくして勝ったんだけど、問題はそこじゃない。本当に採点システムを改めないと・・・
ルイ >> プルの演技が荒れていたのは確かで、問題はそこじゃないのに、そのせいで問題がブレてますねw
ルイ >> 女子の場合はクアサルコーとか言うよりは3アクセルなんでしょうけど、回転数同じでもアクセルとかはやっぱり同じ問題ですね。
カルマ >> 採点システムに関してはわかりませんが、今回はプルシェンコは4回転を飛びこそすれ評価は出来なかったように思います。素人目には…ですが。
ルイ >> うん。でも別にプルシェンコは今回だけの負け惜しみとかで喋ってるわけでもなくて、競技の為に全試合でクアドに挑んで、成功してきたってのは事実なんですよね。そこがこの問題の本質で、オリンピックは一番注目される舞台だから言うしかなかっただけ。加えて、生来の負けず嫌いもありますがw
カルマ >> あぁ、ちょっと試合後のプルシェンコのコメントは知らないです。ソースがあればください。
ルイ >> 芸術点は主観混じるのも仕方ないんだけど、それにしたってまずショートプログラムで差が出なさ過ぎで、あのあたりでちょっと問題ではあった。ショートでプルが独走して、今回のフリーの演技でライザ逆転なら、今回の採点システムなりの納得にはなっただろうな。フリーのプル様は近年まれに見る荒れっぷりだったから。
ルイ >> http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/sports/figure_skating/ 訳が雑で間違ってるんですが、ベクトルとして。
ルイ >> 理想は勝った上で「差がこれしかないのはおかしい」という筋書きだったはずで、彼の性格からして勝てばいいって事はなく、それは絶対言ったとは思うんだけどw
ルイ >> 問題は、昔の採点基準でも結構際どいよ?wという感じだったことで「負け惜しみ言うな」に問題がすげかえられちゃったこと、そして当然負け惜しみも内包していたことw元々皮肉屋だしー。
ルイ >> まあ、とにかく四回転の評価点はもっと上げて、回転の足りた着地ミスと三回転の点数差を考え直さない事には、フィギュアはかつての時代に追いつけないままでしょーねって言う問題提起になったから、今こう話題にされている事自体が一つの勝利ではあるっと。
カルマ >> ふむふむ。ルイさんが仰ってる意味がちゃんとわかりました。
カルマ >> 高橋は試合後のインタビューで「思ったより点数が伸びなかった」と言ってたけど、あれは芸術点重視の現状を踏まえての発言だったのかな。
ルイ >> ああ、四回転の失敗が回転不足で三回転扱いのミスにされた、だったかな?あと、やっぱり技術の印象が芸術にも響いている気もしますしね。高橋大輔も、四回転を飛ばないと後悔する!って人ですから、根底にはあるでしょうね。プルシェンコほどの異常な矜持は、多分ヤグディンくらいしかわかんないだろうけどw
ルイ >> 芸術点の重視ってやっぱ競技の進化的にもそうなんですけど、プログラム固定のせいでプレ五輪の時点である程度「格付け」が終わっちゃう所にも問題はあって・・・いろいろ難しいですね。
ルイ >> まあ、格付けは昔の6点満点システムの方が強かったかもしれないですけどねw
ルイ >> 織田の紐が前からボロボロだったってのはビックリしましたけどねえ。
ルイ >> 個人的には小塚の演技には感動して、泣きそうになりました。
ルイ >> http://www.nicovideo.jp/watch/sm1142818 コレガフィギュアダヨ。
カルマ >> 土曜の18時半にこんな番組やるのか〜http://www.bs11.jp/hobby/920/
カルマ >> 今気づいた、これBS11か。BS2と勘違いしてNHKの編成も凄い判断するなぁと(笑)↓
LD >> | ´_ゝ`)今夜23時から、ペトロニウスさん、ルイさん、僕でラジオをするかもしれないです。
LD >> |ω・`) さっきのラジオの話ですがペトロニウスさんから連絡があって中止になりました。
GiGi >> 【動画時間】ぷよm@s part17【短縮計画】‐ニコニコ動画(9):http://www.nicovideo.jp/watch/sm9774349
ルイ >> はやいw
ルイ >> 致死2連鎖の弱点って、起爆に順逆がない事?脇にペチペチ用を一つ用意しておいて、弱強強で組めば速度的に上・・・なの?
ルイ >> 起爆フェイント・・は、無理か。
ルイ >> ラジオがなくなったから、ぷよマスラジオでもやりますかw←
LD >> | ´_ゝ`)まあ、あれだルイどん。夜にちょっとアニメの話、チャットでやらないか?「おまもりひまり」観ていてくれると良いな。
LD >> 【おまもりひまり】今、kichiさんとツイッターで話をしているんだけど、やっぱりこの作品いろいろ喋る事があるw
ルイ >> ここでしゃべ・・・いや、ネタバレ回避してくれてんのか?w
ルイ >> じゃあちょっと見てみます。ホントは書こうと思ってたけど。
LD >> いや、会話はどこで始まるか分らないからさw
LD >> GiGiさんが、今週の一番チャットをツイッター上に切り替える提案をしていた事があるけど、それはさすがにTL的に迷惑かな。でも基本姿勢のようなものは似ているとは思うんだけど。
ルイ >> 1話なう。
ルイ >> 面白いアイデアですね。まあ僕はリード側に回るけどw
ルイ >> ま た 猫 ア レ か
ルイ >> え、これでAパート?・・・ほほう、なかなか詰めてる。
ルイ >> 揃いも揃って暴力的な胸なのがちょっと気に喰わない。
ルイ >> これ制作どこなんだろ。ななるいろドロップス・・・のところは乃木坂作ったばかりか。
LD >> 編集とかしているから夜に話そうね。ちなみに1時から「ひまり」の最新話な。
ルイ >> それは放送局の違いとかシカトしてそうな気がする発言>最新話
ルイ >> ゼクシズか。力つけてきてるな。
ルイ >> 何かアレを思い出すんだけど、チャットでいいか。いや、別にスカイプでもいいけどw
ルイ >> 二話なう。
ルイ >> そのまま数十M海に沈めたら万事解決にしか思えない…なの。
ルイ >> 二話は若干眠いの。
ルイ >> ゼクシズでワンパックグロスで相坂ナオキってど典型のB級黄金ラインだZE,
ルイ >> 三話なう。
ルイ >> 侍らすw
ルイ >> 四話なう。
GiGi >> ついったーにTLに迷惑という概念はない(基本的には)
ルイ >> 五話なう。だめな光きたこれ。
ルイ >> 裸が見たいってよりは、気になる画面構成にされるのが嫌だ
ルイ >> 誰かこの猫調伏してくりゃれ。
ルイ >> イライラすりゃれー←誤用
ルイ >> 一位嫌い党をそろそろ立ち上げようと思う。
LD >> |ω・`)
LD >> |ω・`) ノよっす!よっす!
LD >> 【おまもりひまり】kichiさんとの会話をトゥゲッターってやつでまとめてみました。http://togetter.com/li/6473
LD >> >迷惑という概念はない(基本的には) なるほど。しかし、まあ、なんだろTLにネタバレを流すのはどうなのよ?っていう意見もあるし、ある程度意識的にチャットに来た人限定で話をするというのも重要かなと。
LD >> 今、「チェンジリング」観てたりします。
LD >> | ´_ゝ`)ほう…ひまりが嫌いとな。
ルイ >> 見終わったよ。ラジオすんべかw
LD >> というかな。まず「タユタマ」のとの構造精度について語りたいのよ。
LD >> ラ、ラジオがしたいのか、ミスター・マシンガン!(`・ω・´)
ルイ >> いや、タユタマだけでは不足だと思うね。僕はそれに「ご愁傷様二ノ宮くん」を足さなきゃいけないと思う。
ルイ >> いや、その予定があったからってだけw
ルイ >> 特別物凄く語りたいコアがあるとは思わないんですが、ちょいちょい触れておきたい要素がありますね。ちょいちょいゆえに、意識して纏めておかないと、なんか語ると取りこぼしありそうなんだけど。
LD >> まあ、今からラジオ立てても誰もこないので、むなしゅうするワケですよ。
ルイ >> ラジオなんて音源残す為だけにあるんですよw←
LD >> っち………「ご愁傷様二ノ宮くん」だな。( ・`Д´・)φ
ルイ >> チャットでも構わないんだぜ。俺のあばれんぼうなタイピング速度についてきてね☆
ルイ >> 全てを貫く一本線があるとは思わないから、お題ごとですね。
LD >> 音源残すより、文言残す方がいいですよ。聞くのは一定の時間を強要しますけど、読むのは速度をはかれる。
LD >> …「天国と地獄」だな。>「チェンジリング」
ルイ >> うん。僕がまず思ったのは「ご愁傷様二ノ宮くん」ですね。あれをタユタマ的に地ならししたように思えた。最初にタユタマを見た場合、多分凛子がいつ妖怪側につくかなー、みたいなw
LD >> あ、でも絞首刑ですぐ死ぬんだぜ。オレ知ってる。
ルイ >> それをラジオかぶれの誰かに言ってやってくりゃれ。>文言残すほうがいい
LD >> う〜ん、今「二ノ宮くん」のHP観てるんだけど…どうなんだろう。
ルイ >> 記憶による運命度の奪い合いって時点で、凛呼はフェイク幼馴染だってのはわかって見てた。凛呼をビルドして真幼馴染に使おうとすると、それこそタユタマ的ビルドが見えてきますが。
ルイ >> へあ?見たことないの?>HP観てる
LD >> ちがうちがうw文言残すのは当然、チャットの方がいいんだけどw 長丁場は異様に時間を食うのと、リアルタイムのおしゃべりの臨場感みたいなのはラジオだよねとwつまり“楽しそう”が伝わりやすいのはラジオだねと。
ルイ >> 幼年期の「思い出の女の子」の記憶を奪い合う認識戦的な様相を呈していて、答えが「どっちも幼年期にいた」だったっていう話なんですが。
LD >> 観たことないぜ。たしか、録り損って切っているぜ。…「キディなんっちゃらのようにな…(ダンディ顔)
ルイ >> ついっとの纏めツールとやらは悪くないですね。それがあって漸く僕の中では「アリ」な話です。>ついた
LD >> 「どっちも幼年期にいた」…おk、りょうかい。
kichi >> |ω・`)それなんて「らぶひな」w>思い出の女の子の記憶奪い合い
ルイ >> まあ、そのせいで最終回はマクロスF的といいますか、どちらともいえなくなってしまった。それはそうですよね、「どちらも」なんだから。原作がその後どう展開してるかは知りませんが、アニメはそういう形だった。その辺を、異種婚モノとか押しかけモノの構造を使ってもうちょっと初動のバランスを乱すというか・・・それでどうなる、という作品に見えますね。
LD >> 「タユタマ」って構造的に悪くない所ついていたと思うんだけど、イマイチ融合度が悪かったと思うのよ。…マルチルートの障壁かもしれないけど。
ルイ >> 要は運命序列の競い合いだから、古来そんな無い手法でもないんでね。
井汲 >> 【キディ・ガーランド】うわあなんて中身のない回。あっさり元の鞘に戻っては拍子抜けだから「ため」を作ろうとしたのはわかるけど、ほとんど「1回パス」でしかない回だなあこれ。
ルイ >> 主にどのへんが?>融合度の悪さ
井汲 >> おっと割り込み失礼です。明日は早いので今日はこれにて退散…。
ルイ >> クフィーユが一回攻めてきて帰った話すか。>中身のない回
LD >> kichiさんは、アニメの「タユタマ」を観るといいと思うんだぜ。http://www.tayutama.com/
ルイ >> 鵺は元々ヒロインではなくて、XBOX用にルート新設されたってのは面白いと思いますね。・・・それはそれとして、ならば「おまもり」が特段融合に優れているとも思わない。凛子とメイドは死に体だし。
カルマ >> 僕もとぅげったーの登場でようやくアリかなと思うところです>一番チャットをtwitterで さらに、同じ話題をタグ化して表示するハッシュタグ機能を使えばどうかなと(#manken とかをPOSTにつける) ただ、漫研さんのコンテンツとして一番チャットをどう扱うかはLDさん次第なので…。
kichi >> 「タユタマ」ですかぁ……。後半ガッカリだったという噂も聞いてるのでちょっと敷居高めですが……記憶に留めておきます。
LD >> ゆみな、美冬、ぬえ、あたりの繋がりかな。>融合度 多分、こっちにはいると完全に別ルートって事じゃないかとも思うんだけど…(←当てずっぽう)
カルマ >> ネタバレ云々に関しては、基本的にtwitterの磁場では「嫌ならリムーブ(フォローから外す)すればいい」という話になっていますね。ただ、それが受け入れられるかはユーザー次第だと思います。
ルイ >> 退魔の血を引くユウトさんとユーリさんがいて、押しかけのひまりとマシロがいて、幼馴染の凛子がアメリで、妖怪まんまのシズクが鵺って所まではそのまんま同じ。くえす相当がいないんだけど、それは「二ノ宮くん」だから、だと思う。
LD >> 以前、TLの中でついったーでネタバレ流すのはどうなのよ、という意見があって特性から考えて確かにそうかなとも思うんですよね。あと、僕の感覚的にちょっとブロード・キャスト過ぎるので、ちょっと悩み所ではあります。>カルマさん
ルイ >> ああ、ゆみなと美冬は存在を消してました。それはメイドと凛子みたいなもので、ペンタゴン以上を作劇に組み込める作品なんて滅多にないでしょ。そも、男1他女って時点で歪なんだから。
LD >> 後半ガッカリだったので記憶に留めるくらいでいいです。…ただ、それを観ると僕が「おまもりひまり」いいですね!ってkichiさんよりテンション高めなのが分るかもですw
kichi >> ……というか、いつ誰がネタバレするかわからないんで、ネタバレ嫌ならツイッターするなっていう話にはなるんだと思いますね。
カルマ >> ネタバレを流すかは難しい…って話はありますけどね。 twitterはスルーしてく文化なので、頭に【○○ネタバレ】とか付けて見たくない人は見ないようにしてもらうとか。
カルマ >> ブロードキャスト過ぎる<わかります。たぶん、一見さんの流入率が高まりますよね。
ルイ >> 少なくとも言えるのは、その「使えてないもの」に対してエピソードを、時間を、演出をあまり割いていないというのはあって。それが主要ラインの濃度に繋がっているとは思う。それ以上の特別な違いって程は無いとも思うが。
LD >> 「タユタマ」は、ユーリ×マシロが一強完全FIXで、それはそれでいいのですけど、それを思い知るキャラがアメリしかいなかったのが「弱い」面もあると思うんですよね。
LD >> だから、編集したものは僕のTLに流しているので、とりあえず。そのレベルの効果だけでもいいかなって思いもありますね。>ついった
ルイ >> マシロが女子学部に転校して溶け込む云々のエピソードと、鳳凰=ゆみなの線は作品的に使い道がないんで(それこそマルチエンドの名残)「要らない」エピソードになっちゃったんだけど、今の所カフェで悶着する回くらいしか明確な「ムダ」はないし、あの回も一話丸まる支配って程でもなく、それなりにバランスとってるのと「ダベリ場提供」の効果もあるので悪くはない。そういう意味で、タユタマほど捨て要素がないって言い方はできるかな。
LD >> 対して「おまもりひまり」はメイド子以外はけっこう「強い」のですよ全キャラ。それゆえ逆説的に一位:ひまりで決まりじゃないかという話にもなってしまうんですが。
ルイ >> それは無い。凛子が強いというのはダウト。ちょっと「おまもり」を良く観すぎていると思いますね。
LD >> >タユタマほど捨て要素がないって言い方はできるかな ←ああ、僕が言っている構造観測を、ストーリー構成観測に直すとそういう言い方ができるかな。今、6話までですけど、けっこう話がまともに動いてるでしょ?
ルイ >> ひまりのキス直後の上機嫌に対して、何のリアクションも取れないキャラは作劇的にもう死んでいると言っていい。「どうしてこんなに上機嫌?」から最低限違和積んでいくくらいは無いと、もうキャラとしては動いていないと断言していい領域かと。
ルイ >> それはわかります>けっこう話がまともに動いている 全体的によく締まってますよ、これ。
カルマ >> とぅげったーのPVはかなりのものなので、外に向けての窓口?的なコンテンツとしては丁度良いとは感じています。と申し上げた上で、コンテンツの扱いはLDさんがお決めになることですね…という感じです。
LD >> 凛子が強いはダウト。→認めます。 ただ、そこで変な崩し方をすると、くえすも別に強くないんじゃね?とかそういう話に流れるのを避ける意味で、凛子を同列に扱う事を調整しています。
ルイ >> 大前提に1話2エピソードくらいの感覚があると思うんだけど、そのものの締まりの良さと、加えてルート分岐ギャルゲではないので「凛子回」「メイド回」的なものもないのも、逆にパージの良さに繋がっている。シズクもキャラ立ってはいても具体的な「シズク回」的なものは対決回だけだと思うんで、先ほどの「1話2エピソード」感にも通じると思いますが、メイン線を順当強化・積み上げする事で周りもそれなりに積まれるという良い循環に入ってると思います。下位2名は富樫虎丸だけど。
LD >> >とぅげったーのPVはかなりのもの ふむ、考慮しておきます。ところで、今の話題のように定期的なチャットに使っている人たちとかはいるんでしょうか?>カルマさん
ルイ >> くえすに関して言うなら、登場が遅くならなかった事が素晴らしい、という言い方をしたいですね。この辺、1話から感じていた「詰め」の意識がかなり奏功していると思うのです。
ルイ >> あのキャラが9話あたり登場になっちゃうと、それこそデウスマキナ的というか、巻き要員としての意味合いが強くなってしまうので。折り返しまでに出した事は高く評価したい。
LD >> いや、ルイさん、これ変な外し方すると「別にシズクも強くないんじゃね?」って話になって行くと思うんですよね。そうすると結局、ひまりFIXなんだけど、先に挙げた「タユタマ」のユーリ×マシロの関係とは隔絶の感がありますよね。
kichi >> ん〜、私も田舎帰った回で誠とひまりを長時間二人きりにして放置してる辺りから言っても凛呼の動いて無さは気になってるのですけど、ただ、ついったでの話の通り設定的にひまりを上回ってる要素があったりするので完全無視もできない感じはするというか……、結構面白いバランスの気はするんですけどね……。
LD >> くえす、このタイミングいいよね、ぱらや。
ルイ >> B級の萌えラブコメアニメって括りはできるんだけど、その中にも明らかに質による二分化はあって面白い所だ。このスタッフはそのへん「良いB級」を手がけてきた人達ですね。
ルイ >> うん。「強さ」とは何か、という話になってしまうかもしれないんですが、シズクは少なくともストーリー本線にキレイに絡んでこれているんですね。一方で、ユウトさんとの距離であるとか、「恋愛序列」的にはちっとも強くないという言い方もできる。つまりは一本のストーリーに対していい位置取れてるキャラって事で・・・まあ、でも、そこだけだと「タユタマ」の鵺もかなり回っていたので、シズクでそこを語るのはちょっと微妙なんですが。
LD >> >結構面白いバランスの気 ←ここらへんが同感で、時間:凜子>ひまり ではあるんですよね。「そこは勘案しない」って宣言してはずすと、他のキャラも別の角度の指摘で外せそうではあるんですよ。……ただ、そういう構造の話を別においた場合、キャラとしては凜子はけっこう「弱い」wあの中ではw
ルイ >> 設定的にひまりを上回る要素?基本ないですよ。それが「回想認識戦」の正体で、積み上げた日々がそれに対抗できるって認識があるなら「それ」をキャラに叫ばせます。二人にはこんな思い出があるんだから、何も知らないんだから、と。そこは二ノ宮ラインを見たくなる理由でもある。
LD >> 凜子、ひまり、くえすの三人が、幼馴染み属性勝負をしているから、残りをシズクが総取りしている感があるんですよw
ルイ >> 幼馴染トライアングルってのはミスというか、設定ではそう考えたかもしれないがまるで活きてない形骸の類だと思います。あるいは、凛子の「代わり」としてクエスが作られた、という順序かもしれないけど、そのへんは原作のライブ感次第。
ルイ >> というわけだから、その観測は反対。>三人が〜
LD >> いや、幼馴染みの“積み”は基本潜在だからこそ、どこからでも叫ばせられるんですよ。ちょっと影ができたら神砂嵐が撃てるようにw……という考え方ですね。
kichi >> 現状してないのは確かですしそれは残念なんですけど、今後できないわけじゃないよう設定はされてると思うのですよ。LDさんが時間:凛子>ひまりと書いてるように、いちおう一番幼馴染みらしい幼馴染みなんで。唯一普通の人間でもありますしね。
ルイ >> そう使うには隙が多すぎますね。嫉妬は常時積まないとキャラとしてうつろになるってのは「宙のまにまに」の姫でもわかる通り。
LD >> まあ、ここでは特に拘らないけど〜>三人幼馴染み対決 その構造の視点は基本、他を総取りしているシズクの説明をするためのものだからね。
LD >> >嫉妬は常時積まないとキャラとしてうつろになる ←うん、指摘としては真っ当です。まあ、見立ての話だからちょっと保留していてもいいと思う。
ルイ >> 作品が延々と回す事を志向するなら話は別ですが、この作品が1クール設計としてちゃんとリモデルしてあるか、あるいは元作品もちゃんと話動かしてるなら、基本「動かない」と断言していいと思ってます。物語読みとしての宣言ととってもらって結構。(動かすにしてもカオスドタバタ落ち要員くらい?いわゆる「私も〜!」ってやつ
LD >> あ、同時に隙が多すぎようが何だろうが、どこからでも撃てるってのも事実って事ね。
ルイ >> シズクの話をすると、鵺の話になるは必定かと思うんですがw
ルイ >> うん。でもそれって作品の格下げ宣言に近いですけどね>どこからでも撃てる そういう作品は多いけど、残念ながら?僕がここまで観ていて、この作品は結構しっかりした作品だと思います。
LD >> 「物語読み」……でいいのかな?その視点で語ると、かなりひまり一強まで言ってしまう所があって。宣言してもいいですけど、この話はひまりで決まりですよw……ちょっと、そこらへんは意図的に淀ませたいし、そうしないと構造の妙が見えてこないと思うんですよね。
ルイ >> 僕はキャラ単体で比べれば鵺とシズクは大差ないと言うか、寧ろそこはタユタマの成功例なんだからあんまり比較しやすい場所じゃないとは思うんだけどwただ、シズクは鵺と違ってハーレム序列に加わっていっている事と、実力的に鵺みたいな「はったり三強」じゃないところが強みで、更に良い位置にいると言えるかも。
LD >> 。o(…ひまりできまり……ぷふ、よい洒落だ…)
kichi >> ……キョーコ嫌いなルイさんの反応としては実によくわかるかもですw 私は凛子がこのくらいゆるいキャラであることも一般人代表という立場からいえばむしろプラスともなりうるような気もしてたりはするんですよね。……ま、恋愛要素を真っ当に考えたら下手打ってると言うしかないのは確かだろうとも思いますが……。
カルマ >> とぅげったーじゃなくてとぅぎゃったーだったでござる。 ざっと見た限り、今のところ定期的なまとめというのはあまり見あたらないですね。ただURLを貼って「続きです」とか「○○6」とか付いてるまとめもありました。
ルイ >> んーとね、くえすが惚れたらなあなあトライアングルまでは持っていけると思います。ひまり一択が演出的に過ぎるから気に食わないってのはあるけど・・・ああそうか、僕がこういうキャラを好かないのは、演出の「濃度」や「精度」ではなく、圧倒的な物量作戦で攻めてくるからなんだw
LD >> 「はったり三強」じゃないんだよねw……というか、本来ひまりももっているハズの“ブリッジ”の主張をひまりがしないから、シズクが追ってしまって、かつ状況的にはひまり以上にロミジュリなんですよね。
ルイ >> kichiさん、前段と後段はちょっと別の話題として切った方がいいかも。キョーコ嫌いは寧ろひまり嫌いに繋がる部分で、凛子は単なる配置評価に過ぎないので、そこには繋がらないですね。
ルイ >> ロミジュリ?ってのは何が?異種婚的な意味で?でもそこ、皆人型をとってくる以上あまり強調されてなくてwその辺はすぐ化け物体になる鵺の方が好みではあるw
LD >> うん、というか構造の妙もそうなんだけど、キャラ単体として観た時も、クエスやシズクは相当強い。パラヤ。…で、その視点で語る時に凜子は「強く」ないよって指摘は納得なんだよね。「弱い」ならそれでやりようはあると思うけど。
カルマ >> なんか作者がデュラララ裏話とかつぶやいてた。http://togetter.com/li/6418
ルイ >> んで、先ほどの「強い」って何さ、ってところが曖昧な状態で今LDさんがシズクをクエスと並べて強いって言ってるんだけど、この2人の強さが同種かはちょっと微妙。
LD >> あれ?いやいや、シズクも化け物になりませんでした?あれ?僕の勘違い?(汗)けっこう鵺以上にえげつない正体だと思いましたが。
ルイ >> シズクの強さはキャラ回りの良さに尽きる話で、構造的に割って入る何かがあるとは思ってないのですよね。だからロミジュリにピンとこないのかも。
LD >> なぬ?それは重要だ!>「デュラ」
ルイ >> いや、鵺って退治された後もちょくちょく変身してたけど、シズクってこっちに来てから1度も・・なような。水触手キャラみたいになってるw
ルイ >> あんまり面白い裏話じゃなかったw
カルマ >> 大したことつぶやいてないな…>裏話
LD >> うん。ルイさん、ルイさんのそのボーダーで話を進めるとひまり一強にならない?今、もう残っているのはひまりとクエスだけになるけどこの二人は同格?>構造的に割って入る何かがあるとは思っていない
LD >> ちょっと待ってね。>シズクチェック
ルイ >> もっとこう、あやひーが服のサイズシールつけっぱなしで夜まで仕事してたとか、夜指摘されて気付いたはずなのに別現場で朝仕事してた小清水さんがそれを写真にとってるってどういう事?何も言わず写真だけとってバラさなかったの?とか、そういう裏話キボン←
kichi >> あー、というか、“理”との向き合い方?みたいな部分でと言いますか、持っている設定を活かしてないということで凛子を即切り捨てる感覚が、作品のメインヒロインとして中途半端と評価してるんだと思うキョーコを切り捨ててる感があるのと共通したものを感じたというかですね……。
ルイ >> そこが「二ノ宮くん」言うた所ではありますね。ていうかまあ、ひまり一強はそうだとしか言いようがないんだけどwただ、くえすの積み方次第でここは二ノ宮くんまで持ってこれると思っています。それ以外は、まあ、立ち入れないでしょう。


■■■■2010年02月21日■■■■
LD >> あ、多分、6話でクエスを襲っているのはシズクの本性じゃないかと思うんだけど……他特にあるワケじゃないかw(汗)
ルイ >> 設定活かしてないなら誰でも切り捨てるけどwいやそういうキャラが一発でパラダイムシフトかけられる作品ってのはね、言っちゃえば作品そのものの演出レベルが低いんですよ。だから隙をうっちゃれる。でも、この作品は出来がいいと看做しているから・・・寧ろ単純な作品評価の観点から、凛子を捨てていると言った方がいいし、それは「捨てられているだけ大したもんだ」といった感覚の方が強い。週刊連載とかライブな作品は、使えないものに足とられちゃ手間取るから。
ルイ >> カタカナで書くと本当にαアジールになるからやめなさいw
LD >> >ひまり一強はそうだとしか言いようがないんだけどw ←うん、だから“持って行き方”ってヤツは他のキャラも見守るとして、今は構造観るのに可能性を緩めに観ようという感じですね。
ルイ >> とはいえガバガバになったら設定表見て話すのと変わらないわけで、「くえすが入るか否か?」がポイントだと思ってはいるけど、それ以上ユルいのはどうかなというポジションw
LD >> まあ、とにかくルイさんの凜子の評価は“間違ってはない”と思うよ。間違ってはいない、はいろんな意味があるけどw
ルイ >> くえすを襲うとき、一応貯水タンクのある屋上を戦場に選んだのは良いですね。一方で、ユウトを殺す気しかなかったのに一回地面に引き上げてるのは、正直意味がわかんないけどwあれはシズクの根底に「人殺しはできればいや」という感覚がないと通らないな。勝手にそう読んでマス。
kichi >> そういう意味ではルイさんの方が「ひまり」を高く評価してるのかもしれませんね。私は正直そこまで完成度を求めてる感じじゃないので、今後何か面白い形で凛子が絡んでくるのもアリと思ってるところはあります。
ルイ >> その含ませ方に何を込めたいかも正直わかってはいますが、ここは込め所じゃないと思ってますw>いろんな意味 そういう「遊び」も、十把ひとからげではなく個別に遊べるものかそうでないかを見極めたいし、見極められるものはちゃんと切り分けていきたくはある。それができないものまで分ける必要はないと思うけど。
LD >> 齟齬がありそうなのはむしろシズクの方のようですね。…僕は、ロミジュリって言葉を使ったのは妖と人間の間で本来的には誠を殺すたちばの妖が、私情で待ったしている状況を指しています。その他シズクの置かれている位置はバトルアニメ(?)のロマンス的にはけっこう「面白い」という評価。さらに単体の「回り」もいいという評価になりますね。
ルイ >> 結構高い評価かもしんないですねえ。いや、さっき言ったけど、僕B級萌えアニメは二段階評価なんですよ。二段階しかないのか!ってのはあるけどw
ルイ >> 観られるもんか、そうでないかの二択wたまに「けんぷファー」みたいに、観られたもんじゃないのに面白い要素があったりはしますが、基本はこの二択で観られない判定のものは、冷めて観てますねw
ルイ >> うん。今LDさんが言ったものは全部捉えているので、齟齬はないと思いますよ。キャラの回りの良さは同感。あのポジショニングに読み取れる設定埋蔵的にも同感。
LD >> >個別に遊べるも 同感です。なのでルイさんの今の指摘は、僕の評価としては「間違っていない」になる。…で、こっちのゆるめた構造の観方ですけど、それは特に不可分という事もなくできぞうじゃない?って事ですね。
ルイ >> ただ、今回は逆に「おまもり」はギャルゲー発ではないので、この作品がもしそうで、シズクルートがあったならそういう掘り下げ可能ですねって話になるかな。というか、実はその話があるからチャットの最初の方に「鵺ルートが360版で新設されたのは面白い」って言ったんだけど、その意味はわかりますよね?
LD >> いいんだって!wけっこう評価高いんだって!w僕も「タユタマ」よりいいって話がしたくて引っ張ってるんだから!w
ルイ >> 「タユタマ」は、ラストバトルに鳳凰からませて断念者たちの物語くらいは描こうぜ。
LD >> >この意味わかりますか? (´・ω・`)ぶも?高田延彦?http://www.nicovideo.jp/watch/sm6251
ルイ >> リンク先みなくてもすぽるとだってのはわかってるよw
LD >> アメリのキャラ格はそんなに低くなかったのに、そこも落とされたかも…って感じですね。
ルイ >> それは、「タユタマ」において鵺だけが「ルートのないヒロイン」として、普通の物語の登場人物のように羽を伸ばしていたという事でもあり、同時に「そんな鵺にヒロインルートを設けたら」・・・それは即ち、LDさんがシズクに対して使った言葉をほとんどそのまんま当てはめればいい、という話になる。
LD >> >キャラの回りの良さは同感。あのポジショニングに読み取れる設定埋蔵的にも同感。 ふむ。するとシズクも凜子も齟齬はなさそうですね。“並列構造”に対する判定の調整に見解の相違があるだけ。
LD >> や、でもシズクって鵺ほど遠くはないよwなにしろローションプレイみたいな事してるしw
ルイ >> でも最初に仰った、元が並列ギャルゲーか否かってのは何気にタユタマ対比の上では急所なんですよね。その上で、鵺はアニメ後ヒロイン化という特異点ってのも押えたいけどw
ルイ >> うん、だからそこは各々の違いをしっかりと見ていく必要があるんですが・・・
ルイ >> シズクは予め、「ユウトに惚れるキャラ」として作られている。同時に、この作品は並列ギャルゲ原作ではない=序列はそれなりに存在している
ルイ >> 鵺はそもそも、おそらくは美冬の連れ子のようなオプション配置。ただ、共通する「妖そのものとして人間と融和する象徴」というヤツを大きく捉えると、そこにはヒロインルートが新設される。
LD >> …でクエスもけっこう急所な造形していて、幼馴染みで許嫁なのに、正統的なツンデレ(?)…なのか?とにかく最初厳しく出て後から惚れる形をとっているんですよね。……原作買ってくるか?
ルイ >> ローションプレイはユウトが気絶していて認識論的には存在しない所業ですw
LD >> …パラヤ。
LD >> まあ、そう言っても距離的には鵺より近いでしょうw>認識論
ルイ >> くえすは今の所ユウトにまるっきし興味ないのがポインヨですね。逆に興味皆無な方が、ツンデレ的に効果はあるから、それによってひまりと戦えるんじゃ、と思っているわけですがw
ルイ >> ま、惚れてるからね。でもXBOX版ではそのうち惚れていくんですよ?ルートあんだから。>鵺
LD >> 「面白い」、基本、全デレで押しているのに、くえすは、キツいところからスタートしているギャップでくえすの「強み」が出ている。
ルイ >> その辺が面白くて、非ゲームの並列構造ってのはゲームの真性並列構造を範にしている、という僕の立場からすると、直接的にルート分岐はしない(から、話がキレイ)んだけど、一方で「並列化しても困らない程度の埋蔵量を込める」んですよね。その産物がシズクの、LDさんが触れたようなロミジュリ要素。
LD >> でも、他キャラは一様に全デレっていうとまた違うんじゃないか?って見解が出てくるんだけど。シズクとかね。…しかし、こうなるとその淀みも併せて「面白い」な。
LD >> そうです。ストーリーものは基本一本筋だから、そのキャラにその設定…切り札?が埋蔵されていた、っていう形で「愉しむ」ですよね。あるいはその札が埋まったままで終わってしまったとしても。
ルイ >> 一方で鵺は予めヒロインとして作ってない・・・というと語弊があるんだけど、隠しヒロイン的な扱いでルートはない「追加版用ヒロイン」として元々設計されたろうから、キャラは回るようにして、魅力的に描くんだけど、同時に彼女の位置が持ちうる「ロミジュリ要素」は総カットしているんですよね。その名残がアニメ版にも出ていて、鵺はユーリに特別惚れない。でも、埋蔵的には見える・・・から移植ヒロイン化、という、シズクと鵺って登山口違うのに山頂近い、みたいな感じなんですよね。
ルイ >> シズク殆どデレやねw
ルイ >> ・・・・で、これらの建設的な話の中で「メイドさんクソつかえねえな!」という話が出てくる、とw
LD >> 思い出したけど、鵺は中川里江のCVに拠る所も多いなあw
ルイ >> まあ、カブトボーグ最多ヒロイン声優ですからね(つらり
LD >> いや、こんだけ構造堅いと、メイド子さんも何か役割があると思いたくなる。…構造柔い「にゃんこい!」とかだと「あ〜、出しても回らなかったんだね」で終わりなんだけどw
ルイ >> いや、あのメイドはJOJO五部における亀みたいなもんだと思う←ひでえ!
LD >> 「おまもりひまり」の方はくえすの松岡さんがけっこう利いていると思うw
ルイ >> 松岡さんいいですよね〜。
LD >> kwsk…orz >亀
ルイ >> 小清水さんはデレだすとわっち化して「中間点」がないのがイマイチ気に喰わないんだけど、多分それは井上マリナさんあたりと共通する部分。
LD >> ちなみにシリーズ構成は「DCUSS」のヤツだ!長谷川勝己!
ルイ >> それこそ「にゃんこい!」の新聞配達さんみたいなもんだよなあwあの人が好意持ったらあんなもんw
ルイ >> 長谷川さんは、僕の「Bの上」に多く絡んでくる人ですね。
LD >> まあでも小清水さんいいんじゃないんでしょうか。黙っていれば川澄さんを呼びたくなる所をよく小清水さんにしたよ。(?)
ルイ >> ちゅか「まかでみ」の人、と言った方が。
ルイ >> 何言ってるんだw>黙っていれば川澄さん
ルイ >> 個人的にはユウトが男性声優の時点で大まかには許せます。
LD >> まあ、でも「ハーレム構造にしよう!」と思っても4キャラ目くらいから微妙にミソが混ざるもんかもんね。「セキレイ」における松さんみたいなね。
ルイ >> ミソっかす宣言w
ルイ >> EDのユニット名もなにやら示唆的で、Lだけ浮いてるのがね、もうね。
LD >> ああ、うん。アニメ制作「まかでみ」の所だよねえ。
ルイ >> B級萌えラブコメの上下格差がはなはだしいというか、良いとこは順調に文芸込みで成長していってますね。
LD >> まあ、でも本当に何もないから逆にウケたりするのが世の中だからなあ…w
ルイ >> キャラごとの人気はそれでいいんだけど、作品レベルでも当てはまる現状はナントモ。ちなみににゃんこいちっとも売れてないらしいZE。
LD >> あ、そうそう。「まかでみ」のタクトって、最後、人間界の双葉(佐藤利奈)を選ぶらしいね。
ルイ >> へーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
LD >> ……orz まあねえ。今どき真っ当過ぎて華がないというか……orz >「にゃんこい」売れてない
LD >> そういえば福井ユカリ子ことファルチェさんも、ミソっぽい人だったよね。
ルイ >> なんかそれって、ドラえもんの最後は引き出し使えないようにしなきゃダメ的な美学を感じないでもないけどwまあわかる話ですね。それはもう、積み上げとかじゃないでしょ、作家論に近いでしょ。
LD >> まあ、原作はもっと色々あるんだろうけどね。>双葉
ルイ >> まあ、そもそも誰とくっつこうが的な作品だと思うんですがwそんな作品でもオチはつけたい、という意識の高さの方を評価した方がいいのかもしれないですね。少なくとも、タナロットは誰が観てもペットか子供ではあった。
ルイ >> フェルチェさんは相当おミソですな。つか、基本三角形が鉄板で、それ以上はメソッド化されていない以上どこまで個別の物語と配置をよくできるかっていう辛く厳しい戦いですからねえ。
LD >> タナロットだと、ちょっとタクトくんセリフィー過ぎるだろうって。じゃあ、鈴穂ってのもこの子、負けキャラでしょ?ってのも分らんでもない。…でも「まかでみWAっしょい」の最終回を観る限りは鈴穂=嫁、タナロット=娘が正着に見える。
ルイ >> いや・・・・・・うーん、難しいな。
LD >> まあ、今だと四角くらいまではキレイに組めるんですけどね。4〜5人あたりになると、どうしてもオミソ位置が混じってしまう?
ルイ >> 「まかでみ」の最終回を観る限りでは、タナロット娘はともかくとして、ほかはもうドタバターでその中での順位が鈴穂上位ってだけだし、そも、物語の焦点ではないから「誰でもいい」というと語弊あるけど「そこじゃない」といいますか。
ルイ >> だから、双葉を選ぶというのは一つの「この作品はそこじゃない」の宣言ではないか、という気もしなくはないですね。
ルイ >> 勿論仰る通り「原作には色々ある」可能性もありますが。まあワイワイやるのと人生ゴーズオンは別腹というかw
LD >> >「この作品はそこじゃない」の宣言 そうですね。さっきの「ドラえもん」理論も同感で、そこはそうなんだと思っています。ちなみに今、同作者の「スクラップド・プリンセス」を観ていますが。
ルイ >> http://www.macademi.tv/ ・・・・・・・・・・どういうことなの・・・
LD >> うんうん。僕もぐぐっておどろいたっちゃ。
ルイ >> え、ほんと、どういうことなの?w
LD >> 何かDNSサーバーの不具合かもしれませんねw
ルイ >> なるほど、公式も見捨てたかと思ったw
LD >> 「まかでみ」って売れてないの?「そらのおとしもの」って売れてないの?
LD >> さて、そろそろ「おまもりひまり」が始まるわけだが…。(`・ω・´)
ルイ >> ダカッポ的な価値観で「おまもり」を観ると、やはり切り捨て感覚はそれなりにしっかりしている、という評価はありえるかも。
ルイ >> 「そらおと」は売れてるよwなんで混ぜるんですかw
ルイ >> 俺がチケット取れたからって倍率大した事ないって思ってるでしょう・・・orz
LD >> まあ、そんなワケで「おまもりひまり」悪くないのですよ。というか今話したとおり、設定の埋蔵量はかなりいい。
LD >> ああ、でもこの詰まり方は「まかでみ」的なのかも。無論、1話完結、1話2話分とかやった「まかでみ」とは比ぶべくもないけど、メソッドにはその流用を感じる。
ルイ >> んと、設定を埋蔵させるのは「流行」なんだけど、そこにあまりかかわずらされてない、ってのを付け加えたいかな。「埋蔵してんのに振り向かない贅沢感と通しの心地良さ」
ルイ >> うん、それは正直感じますよ?最初に言った1話2エピってのは当然まかでみを想定に入れての発言です。
ルイ >> くえすかわいいです><
LD >> あ、はじまった。
ルイ >> OPのひまりは何で服剥かれて赤くなるんだろ。キャラとの若干の齟齬を感じる。
LD >> やっぱり、この構造ではくえすって「強い」よねえ。ぱらや。
LD >> 知らない人に剥かれているから?(´・ω・`)
ルイ >> それなら怒るだろう。ユウトならもうちょいデレるだろう(マジレス
ルイ >> 伸びる舌はオタの人外判定的にはセーフゾーンなんですよ。ここがポイント
ルイ >> こういう一括リアクションってのが「キャラ弱化」の象徴な。
LD >> お客様だから…かな?(´・ω・`)>怒れない
ルイ >> どんだけw
ルイ >> あ、そうそう。この作品カットイン使ったコンテ割りが多くて、監督の趣味かはちょっと気になっている。
ルイ >> 凛子なぞ歯牙にもかけない
LD >> >一括リアクション 弱化というか並列化かな。その要素を持つという事だと思う。
ルイ >> ま、そこは「にゃんこい」でも先輩と元ギャル云々で意見が割れたところですよねw
ルイ >> プギャーw
LD >> ところで、くえすって初見、水銀燈に思った。(`・ω・´)
ルイ >> 今のメイドと凛子のカットもかなり弱いw
ルイ >> 今のキスを知った反応もメイドと凛子同一カット。それなら水をこぼすシズク専用カットの方が強い。
ルイ >> 隠し記憶の多い方が勝つわ、大佐
LD >> >意見が割れた いや、そういう要素がある事は確かなんだけど、それで確定はしないというか、いわゆる“一概には決められない”って話ですね。
ルイ >> 家の為を強調しすぎるのも「弱い」んだけど、これがさっき言った「9話じゃなくて良かった」の話。9話10話で家の為家の為言い出すと間に合わないから。
ルイ >> そこはさっきの「遊び」の思想を流用させていただくぜw
LD >> そこはひまりが切り札持っているみたいなんですよね。>隠し記憶
ルイ >> そういえば何事もなくブルマね、大佐
LD >> 家の話から“転じる”時間があるんだよね。「アニキス」の時の逆かな。
ルイ >> 筋金なら曲げるってシモンが言ってた
LD >> 深夜で他の選択はないから。(`・ω・´)>ブルマ
ルイ >> そうですね。「家の為」から解き放つのは一発なんだけど、それが転じるのはもう一段階ですね。
ルイ >> 大佐は今スパッツ党を敵に回したわ。謝っておきなさいな。ヘルメットもおつけになって。
ルイ >> 3月に観る映画決めとこうぜ←観るのかよ
ルイ >> このクラシック冒険でしょは何度聞いても吹くwwwwwwたすけてwwww
LD >> ああ、そういえば「ガンダムTHE ORIGIN」って「光る宇宙」と「宇宙要塞ア・バオア・クー」を一緒にやる観たいですね。
ルイ >> 一緒にってのは一挙2話的な意味で?
LD >> ん?「消失」みたいの?
ルイ >> ひまりの勝負装束は餓狼伝説のナコルル2Pカラーみたい←フル
ルイ >> そうは言っておりませんがw
ルイ >> ほらきた
ルイ >> この図式用意されたらさ、蓄積時間とかさ、もうねw
LD >> ん〜。要するにララァが、ア・バオア・クー要塞戦に参加している。このまだとジオング+エルメスvsガンダムとかになるかも。いや、それはないか。ジオングなしの方かな。
ルイ >> ジオングなしってラストシューティングできないだろう!
LD >> いいよ。7話でここまで来てるよ。
ルイ >> すね。速度感をそれとはわからぬ形で出している。
ルイ >> 松岡由貴さんキャーカッコイイー
LD >> ジオング乗っててどうやって「大佐あぶない!」になるの?w
ルイ >> 頭だけで向かったんじゃね?危ないでしょ?w>ジオング
ルイ >> 白猫の方がひまりよりかわいいよ
LD >> ああ、でも残存艦隊が集結するまでに「光る宇宙」で、集結後に要塞戦に入れるか。
ルイ >> デストローイ!
LD >> ジオング+エルメスvsガンダムで、首だけって大佐、立つ瀬なさすぎじゃんw
ルイ >> そういやあ、実家みはり妖怪がダイダラボッチ以外美少女だったのがアレだと思った。
ルイ >> あの構図では大佐なんてそれこそミソですw
ルイ >> もうちょっと表情作画がんばっておやり。
ルイ >> 当然のようにトイメンで夕食を食う凛子。
ルイ >> これはわかっておらんのう。
ルイ >> わかっておらんのう。
LD >> なにが?
ルイ >> 単独EDなら画も専用に組めやああああああああ!!!!!!!orzこの程度の意識じゃ現代のED演出事情には割ってはいれんぞ!orz
ルイ >> 今回小清水単独EDじゃよ。
LD >> あ!「ガンダムUC」どうしよう。
ルイ >> ガ、ガンダムコーヒー?
ルイ >> 「出番が少ない」で括られたお
LD >> いや、単独だけでもいいじゃんw 
ルイ >> それはどうかな?
ルイ >> 今毎回のルーティンを崩すなら、もうちょっとやり切らないとってのは本音。今回Aメロで既存作画をちょいと入れてましたけどね。
LD >> ま、メイド子は出番少ない事すら言及されないがな。ぱらや。
ルイ >> 「出番が少ない」ネタはメイドと凛子でやるべきでは・・・
ルイ >> さて、映画は何を観ますか←
LD >> いい、ってのは許してやれよって事ねwそら当然、画も単独にする方がいいけどw
LD >> 「インビクタス」(`・ω・´)
ルイ >> ナルホドウ。いや、それくらい作品の地力に期待してるって事です。
ルイ >> http://newtype.kadocomic.jp/soraoto/2010/02/post-123.html こんなのあったんだ的な。
LD >> まあ、そんなワケで今期の深夜は「おまもりひまり」でウッドボー!それから「ハトプリ」を押えてみようかと思います。
ルイ >> なぜデュラララを観ないのさ。
ルイ >> ハトプリなー。
LD >> あ、いやいやみるみるよ「デュラ」はw
ルイ >> 3月20日の16時開始なんで、その前の上映スケジュールを確認するです!
LD >> 気にしてるからな。>「デュラ」
LD >> おげ。じゃな。おら落ちるぜ。
ルイ >> そっすね。僕はじゃあバカノ観ます。オリンピックながらが出来ないのが痛いが。
ルイ >> マイマイやってないすかねえ、いい場所いい時間で。
ルイ >> ガンダムUCCってPSP配信あるんだー。ちょっと考えちゃいますねw
ルイ >> http://blog2.surpara.com/soraoto/archive/2010/02/63766.html おろ?
ルイ >> 無料イベントなのに150名しか来てないの?イベンターってもっと頑張るもんじゃないの?俺がスフィアばっかり観て感覚おかしくなってる?
ルイ >> そういえば昨日スフィアライヴの一般発売があって、瞬殺というか誰も取れた報告がでない程の空状態だったらしい。東京国際フォーラム完売の次のハコはどんなもんなのか、ここは詳しいカルマさんに質問しておくぜ。
ルイ >> というわけだから(?)、LDさんもエレメントハンターの漫画を買ってあげんさい。
カルマ >> 東京国際フォーラム完売<あー5000ですか…パシフィコ横浜と同じくらい…んーんー、追っかけ需要も含めて・東名阪ツアーとかじゃないですか。>次のハコ
カルマ >> スフィアは結成段階で戸松さんがいたじゃないですか…やっぱりフックとなる個人がいるといないとでは違うんじゃないでしょうか。
カルマ >>  Aice5のことを浅野さんが「他の4人は堀江由衣のバックダンサーだから」なんてネタにする感じ(笑) まぁこれはネタだけども
GiGi >> 思うんだけど、声優ライブとかってファンクラブ優先販売とかしてないの?
カルマ >> やってますよ。>ファンクラブ優先  ただ、ファンクラブがある声優さんがどれくらいいるのかな。そのへんの売り方も事務所次第。
ルイ >> なるほど。追っかけ需要ですよねえ。
ルイ >> みつどもえのスタッフが公開されちゃうよおお←されて困るの?
ルイ >> あやひーは出ない気がしてしょうがないんだけど、出るならみつば。ひとはと見せかけてみつば。ひとはは戸松ちゃん。みつばと見せかけてひとは。ふたばはアンケートに名前書かれていた人。制作はセブンアークスかディオなんたら。 ふう、とりあえず打ち上げておかないと、あたりもハズレもないからな。ノルマノルマ。
LD >> |ω・`)。o(…ノルマかよ…)


■■■■2010年02月22日■■■■
備品 >> 鳩プリのために地デジチューナー付きHDDレコーダー買ってきた(今まではアナログアンテナすら繋いでなかったのが大いなる進歩です!)
備品 >> 今回の見所は変身後の姿をえりか様に「うわー超キュートかわいい!超かっこいい!」といわれてドヤ顔しているブロッサムと、朝からずっと変身後の名前考えてたえりか様です
備品 >> フラワータクトがこれに見えてくる http://www.hotoke.net/SHOP/47232.html
ルイ >> ( ・ω・)=つ≡つ 意地でもベビステときメモ論者として押し通してやんよ
LD >> あれ、「みつどもえ」けっこういいところ来たなあ?w
LD >> こうなるとキャストは「みなみけ」、「5の2」あたりから探したいところだが…。水樹さんは忙しいか?
LD >> こうなるとキャストは「みなみけ」、「5の2」あたりから探したいところだが…。水樹さんは忙しいか?
LD >> ぶっちゃけ、茅原さんの可能性がかなり高いのではないだろうか?あと個人的には森永さんの声が久しぶりに聞けると嬉しい。


■■■■2010年02月23日■■■■
LD >> 【ソラノヲト】…ふむ。けっこういいと思うんだけど…小林さんの演技がキビしいなあ…「にゃんこい」の先輩みたいになって来てるし。(´・ω・`)
LD >> 【ソラノヲト】…というか、ぶっちゃけ“敵”がやってきて、戦車で戦って、アメージンググレイス吹くんでしょ?って感覚で観てますが…。
LD >> 【れでぃ×ばと!】ところで「れでぃばと」は、もっと動くと思ったんだけど、そうでもないね?1クールならこのままキャラ紹介で終わってしまいそうな勢い。
井汲 >> 【ソラノヲト】 ふむ。私は小林さんは特に何も。他作品と大差なくても、その作品でちゃんと仕事してくれてればそれでいいや。
井汲 >> 【ソラノヲト】 OP からすると、“敵”が来たら、彼女たちは“巫女”になりそうな感じもありますね(どうやって巫女になるのかはわからんけど)。
LD >> 【ソラノヲト】 いや、けっこう微妙な話です(汗)曹長がコメディ・リリーフに回った時に、小林さんの演技が思いっきりコメディに振り切れてしまっているのが、ちょっと曹長のキャラを崩してしまっているなと思ったりして。コメディがない作品じゃないけど、あんまり振り切れない方がいいなあと。


■■■■2010年02月24日■■■■
カルマ >> どういうことなの…>あ、ありのままに今起こったことを話すぜ・・・ 『まかでみ・WAっしょい!』の公式サイトにアクセスしようと思ったらスバル レガシィの紹介サイトになっていた。 http://tinyurl.com/yghnghr
ルイ >> 小林さんの演技のキビしさは序盤から感じてるぜ。っていうか少年専用でいきましょうよ。過呼吸気味なのもピッタリだし。
ルイ >> フィギャー
井汲 >> 私が少数派なのですね。別に小林さん悪くないと思うんだけど、何か視点が足りてないのかな。次回はもうちょっと注意を払って観て(聞いて)みましょう。


■■■■2010年02月25日■■■■
ルイ >> いや、人それぞれに逃がす気はありませんが、この三人でも三者三様ではありますね。僕は真顔であやひーをU30頂点クラスに評価してる人だからw
ルイ >> フィギャー、一応テーマは男子の継続なんだが、まあヨナキムさんが素晴らしすぎた。ルール上妥当。ただ問題があるとするなら、技術評価が難易度に比例していない点ですね。
ルイ >> 33のほうが採点上ってのは問題だ。
ルイ >> しかしキムさんの精神力ぱないなあ。
ルイ >> ヨナキムになんもなかったら勝負は決まりなんだが、ミスを願う精神性は醜い。どうすればいいの…
ルイ >> フリープログラムはぶっちゃけ評価高くないんだよなあ、真央ちゃん。荒川さんはプログラム変更、真央ちゃんは変えなかったという対比ができる。楽しみすなあ。
ルイ >> 衝動気味にPC購入。ハハハ…ハ…   orz
ルイ >> true tearsのBDに備えて、あとはPS3で準備OKかな。TVも買いたかったが東芝が本気レコーダ出すまで後ろに回し続けよう。なんというとるてあ需要。
ルイ >> http://www.amazon.co.jp/%E3%81%8B%E3%81%BF%E3%81%A1%E3%82%85-Blu-ray-BOX-%E8%88%9B%E6%88%90%E5%AD%9D%E4%BA%8C/dp/B0037OI0H6 ところで、これが。誰か買ってくださいよ、僕のとるてあと貸しっこしようよ(笑)   LDさんって確か結局特典話観てないんですよね。「凄くいい」ですよ、特典話は。買っちゃえYO。
LD >> …ふむ。東芝VARDIAが、BRレコーダー出したみたいですしね。ちょっと検討してみましょう。
LD >> ちなみに僕も衝動で27インチディスプレイ買ってしまいました。
井汲 >> ふむ。ながっちょさんちょっとミソつけちゃったっぽいですね。それにしても、騒いでる連中は「高画質でアニメを観る」ことそのものが目的と化してないか?(笑)中身はどうでもいいのかな。
井汲 >> 私個人としては、これまで VHS で録画してたわけなので、極端な話、DVD と同レベルの画質でも全然問題ないくらいなんだけど(笑)、それを別にしても、「あの作品を手元に置けること」が重要なのであって、画質は2の次だと思うんだけどな。
井汲 >> まあ確かに、とるてあは高品位な画質を意識して制作されていたことは間違いないところではあるけれど………「1080p でなければ申し込まなかった」とか言うのが許されるのは、「既に DVD も買い揃えていたけど、更なる高画質を求めて『のみ』BD BOX を申し込んだ」というレベルの人くらいじゃないかなあ(そういう、一握りの人にとっては確かに迷惑な話だったろう、ということは理解できる)。
井汲 >> 先日発表された東芝の BD レコーダーは、OEM で中身は三菱だか松下だかのといっしょ、と聞きましたよん。
LD >> ああ、何か調べたらDVR-RAMの読み書きができんようですねえ…そらあかんなあ…。
LD >> 【バカとテストと召喚獣】 なんというか…ひたすらデレまくっている話だが……好きだ!そういうの!(`・ω・´) 翔子と雄二がいいね。
カルマ >> 衝動じゃないですけど、春から使うノートPC買いました。http://kakaku.com/item/K0000065378/  2日で1500円くらい下がってるけどめげないもん…。


■■■■2010年02月26日■■■■
LD >> 「黒子のバスケ」の話とかまとめました。http://togetter.com/li/7151
ルイ >> クリックしたら負けだと思っている←?
ルイ >> >カルマさん なんでこれ4GBも積んでるの?w
ルイ >> おらもデスクの値段下げてノート一緒って手もあったなあ。しかしこの値段となると、ネットブックってなんだったの?死ぬの?って感じですね。
ルイ >> 本当は、PCの値段は順に下げていって賢い消費者気取りたかったんだけどなあ。俺はFF14でもやる気なのか。はたまたリアル彼女か。
ルイ >> 東芝BD まだカスです。秋ごろどうなるか。
ルイ >> とるてあの画質問題は、心からどうでもいいですwそれより発売記念にSSでも書こうかと思うのですよ。思うだけですが←
ルイ >> 花粉を感じるので死にます
カルマ >> なんで4G<え、2スロしかないから3GBにするために2GB×2にしてるって答えでおk?w
カルマ >> なかなかのPC買ったんですね。一定以上の性能はゲームでもやらんといらんからなぁ
カルマ >> あ、そうだルイさん動画制作デビューでもすれヴァ?
カルマ >> これがデュアルコアのノートPCでは最安価格くらいかな…32bitなのが惜しいけど、メモリを買い足さなくて済むので安上がりですね。特にストレスは感じないです。
LD >> 【アステロイド・マイナーズ】 GiGiさんにススメられて買ってきたけど、良いです。これ。あさり先生の“宇宙開発愛”にはシビれるものがあります。
LD >> 動画制作デビューいいよね。僕もずっと「グレンラガン」MADを作ろうとしていたのに、すか〜り時期を逃してしまった始末。
LD >> ついでにツイッター・デビューするといいかもよ?最近、kichiさんとはツイッターで話している。ああ、有意義だ。
ルイ >> 動画制作いいすね。あやひ動画作りたい。ついたはあやひーがやるなら←全部基準そこ?
LD >> そして、今週の一番は、やはり本日深夜25時開始予定なんだな!(`・ω・´)
備品 >> フライングカキコ、番場さんカッケー
LD >> お、お、お、おらが言おうとした事なのに〜!!w>番場
備品 >> きっとLDさんが言われると思ってました


■■■■2010年02月27日■■■■
LD >> |ω・`)
LD >> |・ω・`) …ま、あれだ。来週はもう3月なワケだ。
kichi >>       こんばんわ〜(´・ω|……早いですねぇ……>3月
LD >> そして27インチワイドディスプレイを買ってきたわけだが、いろいろいい事はいいのだが、目の前で画面が広くって首が疲れるのだ。
LD >> そう。そして3月が終わると、また今期選考の季節がくるのだよ。(´・ω・`)
kichi >> ……大変だなぁw>今期選考
LD >> 「バカとテストと召喚獣」が楽しいです。でれでれにデレているだけの作劇がなんともまったりと心地よい。
LD >> 「バカとテストと召喚獣」…つまり、僕はどちらかというと無菌よりも、てけとうにデレている方が好きみたいだ。
カルマ >> こんばんは〜。3月っすねぇ…
kichi >> 評判良いみたいですねぇ。デレデレものは基本的に好きなんで見てみたいですが……、まぁ、レンタル待ち(少なくとも準新作まで落ちてくるの待ち……)かなぁ?(´・ω・`)>バカとテストと召還獣
LD >> つか、kichiさんもやんね。今期、なんやかやでけっこう観てね?(`・ω・´)>今期選考
LD >> もうね。誰が誰を好きかとかはっきり示されちゃってて、実にストレートに愛情表現するのよ。何故か告白はしないし、主人公も気付かないんだけどw>「バカテスト」
カルマ >> 27インチかぁ…小さめを2画面並べる方が解像度的にもお得なのかな。
kichi >> うぬ、……まぁ、チャットでやるようなら、可能な範囲でなら……。ただ、スカイプは……いろいろムリポです……orz>今期
LD >> 腕ひしぎ逆十字極められながら、水橋さんの声で「愛してるって……言え〜!!」とか言われると、もう、もう。(=´ω`=)
kichi >> ほほう、良さそうですねぇ……w>愛してるって……言え〜
LD >> そうだったかも。>小さめを2画面並べる方が でも、置き場所としてそれも厳しいのですよね。
LD >> 今期は「おまもりひまり」と“これ”でデレ分には困りませんなw……エロ分は多くても意外にデレ分が少なくって困っているのが「れでばと」だすな。
kichi >> 今のところサブキャラエピを回してるだけなんで、いまいち面白味に欠けますねぇ……(´・ω・`)もっと思いっきり一騎打ちしてくれるかと期待したのですが……>れでばと
LD >> しかし、2ちゃんとかでは、玄人はセルティ萌えだろ!…と、ささやかれているのであった…。
LD >> どうも、原作の方がようやくそういうフェーズに入ったあたりみたいで、今期アニメで詰めるのはけっこう難しそうですね。>「れでばと」
kichi >> まぁ、分かる気はしますw 私はそこまで萌えられませんがw>セルティ萌え
kichi >> 2期前提かぁ……orz>れでばと
LD >> 第1話を、観た時は、ワイルドカード(幼馴染み)で余裕かましていたら、ドリルに全部もってかれて川澄子が泣く話に違いない(そこから決戦)と思ったんですけどね。…って多分、そういう感じの話なんですけど、そこまで動かなそうですね。>「れでばと」
LD >> そして「とある超電磁砲」と「ソラノヲト」は無菌なのであった……。「ソラノヲト」けっこういいですけどね。
kichi >> ……まぁ、幼馴染みも最初のイメージほどには黒くないようで、あれならいい勝負になりそうではあるんですよねw
備品 >> こんばんは、チャンピオンしか見てないのでROM確定ですがフライング失礼しました
LD >> ルイぼんが来ないな…。
kichi >> 「レールガン」はまぁ、ソフト百合……っていうか友情百合視点で見ると大変美味しいですw メイン4人の関係性が味わい深い。
LD >> やあ、なんというか川澄子って「ウサギとカメ」のウサギだと思うんですよ。今、昼寝しててドリル(亀)に抜かれているとこw
LD >> こんばんは。備品さん。いえ、いろいろ書いちゃってくださいw
備品 >> プリキュア関連で、日記とか見て回っているのですが、次回予告の解散って文字にどこもかしこも「8話ですか?」「8話ですね」「8話だね」と共通言語過ぎて吹いた
備品 >> ちなみに無印プリキュアの解散話が8話目で神回だったそうです
LD >> 黒子はそんなソフトじゃないようなw……って、ああやって如実に動いてコメディ化するとそれはそれで、バリアーがあるものかもしれませがw
LD >> おっと。>8話 無印「プリキュア」は録っているかな?
備品 >> 自分はチェックしてなかったのでこれから探します、近所の中古屋でも無印DVDあまり値下がりしないのね
LD >> 「ハトプリ」は観ることに決めたのですが、まだ2話を観ていない…(汗)まっずいなあ…。
kichi >> ……そうですね。……ただなんというか、川澄子の自覚レベルと言いますか……いちおう主人公を狙ってはいるのかどうかとか、ちょっとハッキリ分からなくて微妙かもですね……。
備品 >> 今期は、東映3番組は見てこうと思ってます
kichi >> 私の周りでも次回予告が出た瞬間その反応でしたねw>8話
備品 >> 先週のWも面白すぎたのですが
LD >> アニメだと川澄子、主人公を狙ってみえないですよねw …僕もそこは「あれ?狙ってない?」って思って原作情報あたって、あ、やっぱ取りに行くんじゃんと分ったところ。
備品 >> やはり、共通言語なのかw>kichiさん
kichi >> 基本的にはコメディ感が勝るんですよねぇw まぁ、そこはガチでも個人的には構わないんですがw、それより佐天さんと初春の方が面白いな〜と思ってはいたりw
kichi >> いろいろと無印をオマージュしてるらしいですね。私も無印はちゃんとは見てないんでよくするんですが分からなかったり……>ハトプリ
LD >> 初春って、何で頭お花畑なんですか?(´・ω・`)ぶも?
備品 >> プリキュア以外の作品の影響もそこかしこに散ってる気がしますが、いろいろ上手い作りだと思います
カルマ >> ニチアサはプリキュアは普通に楽しめてますし、Wはアクセルとかのキャラがふざけてるのでツッコミ甲斐はある感じ。
kichi >> あ、佐天さんと初春の関係性だけっていうんでもなく、その二人が美琴や黒子と関わっていく辺りで、なんというかいろいろと味わいがw
kichi >> なんでなんでしょう?(´・ω・`)あれ?どっかである程度の意味とかは見た気もするけど……>お花畑
LD >> 味わいがw ←深い
LD >> 別に超能力じゃないすよね?>お花畑
備品 >> ゴセイジャーが1話目はテンポ悪かった気がしたのですが、2話目は普通に見れました。なんであんな1話目だったんだろう?
kichi >> ……たぶん……。でもこの前の学祭回での発言がイミフ過ぎてなんとも……(´・ω・`)>お花畑
LD >> ああ、そっか。今期は特撮に力入れよう。…って話だった。
LD >> さて、ルイ春さんが来ないのですが、そろそろ一番に入りましょうか。
カルマ >> ゴセイジャーはまだ保留ですね。2話ではブルーのキャラはちょっと好きですけど…。 Wも実況向きというだけで面白いとは思えてないですねぇ。 並行してちょこちょこ観ているシンケンジャーが良くできすぎてるからかなー。
kichi >> とりあえずハトプリはハイペースで進んでる印象なんで(4話で無印8話的な話をやるみたいですしねw)、基本的なとこをこなした“後の展開”があることに期待したいですね。……まぁ、通常エピで安定させちゃう可能性もあるんですがw、いろいろ伏線も多いので凝った展開を期待したいですねぇ……。
LD >> ジャンプリ。
kichi >> ルイ春さん……(`・ω・´;)
備品 >> ブルー良かったですね、イエローのツンぶりが素敵な感じですがどうなるのかなwレッドの線の細さが異常に感じます
LD >> 「ディケイド」と同じく、オールスター出せる設定なんですよね。…って昔からか?>「ハトプリ」
kichi >> オールスターは映画で出てるし今度第2弾やりますw ……でも、ハトプリ本編ではやらないと思いますよw
備品 >> 鳩プリはすでにお互い名前呼び捨てで呼び合ってるしなぁ、無印8話はそこが転換点だったとのことですが、さて
備品 >> あれ?3話でりんちゃんでてきたお(違
LD >> 新連載の「ロックオン」は読切であったやつですね。…ん。第一話はこれでいいのだろうけど、第二話以降をどう回すかが注目点だと思います。
LD >> あ、いや。映画でやったのは知っているのですが、本編でもやるんじゃないかなあ…とか。初動の設定的にけっこう無理なく呼び出せる気がする。>「ハトプリ」
kichi >> ……しかし、ハトプリは人を直接取り込むような形で敵作るので案外重い面もあったりはしますよね。花言葉利用とかやや小難しいこともしてますしw
kichi >> 「ロックオン」、結構良かったですね。読み切り版より好印象でした。でもまぁやはり、今後どう回すかが問題ですよねぇ……。
LD >> 「ワンピース」はここで黒ヒゲ海賊団かあ……。でも、エースを捕らえたのは黒ヒゲなんですよね。
ルイ >> ちょりっす。ちょっとブログかいてたら遅れました。
kichi >> ……ん〜、2話見てないんでしたっけ。……というか、1話の印象でも私は本編でオールスターは無理を感じるかなぁ?w ムーンライトというハトプリにおける“先代”が出ちゃってるので、ハトプリの系でのプリキュアが明確にあるように思うので……。
LD >> 重いですね。そも、つぼみも、えりかも、それぞれに瑕疵のあるキャラとして描かれている第一話がよかったんですよね。そこらへんから気に入って観ることにしました。
カルマ >> 僕は先代の存在を示唆することで「想いの継承」みたいなのがテーマの一つにあるのかな、とは思っています>ハトプリ
カルマ >> それはそうとしてつぼみがメガネをかけなくなったのは個性としても見た目の魅力としても失敗だっただろうと
LD >> ああ、はい。オールスター可能な設定かな?と思っただけで、この作品はそれをしたいのだろう、そういう展開になって行くのだろうと、感じたわけではありませんw
kichi >> 「ワンピ」この戦争の裏で黒ヒゲが監獄で動いてるっていうことが、白ヒゲ没後黒ヒゲがその立ち位置を乗っ取るようなイメージで嵌ればうまい形でラスボス化が成されるかもなぁ……というイメージは持ってたんですが、これは思ったよりも直接的な形で立ち位置乗っ取りにかかるのかもですね。
LD >> 備品さんが持ってきた、泣けるマンガがよくってw>「ハトプリ」
kichi >> 私もつぼみがメガネはずしちゃったのは超残念としか言いようがないです……(´・ω・`)
カルマ >> 「ロックオン」何か物足りなさを感じてしまったんですよね…んんん。
LD >> 「ナルト」、はやいよ!サクラちゃん!いろいろ早すぎるよ!(`・ω・´)
備品 >> 一瞬何のことかわからなかったw>泣ける漫画 からあげのやつか〜w
カルマ >> 明らかにオシャレがテーマなのに、メガネをファッションの一環に取り入れないとか下策過ぎる
ルイ >> 何の話題かよくわかんないから落ち着くまで静観しようっとw
LD >> 「べるぜバブ」は何かエライすっとぼけた新キャラが登場しましたが…w
備品 >> ルイさんも見れば良いとおもうよw今なら90分で追いつく!
kichi >> 「ナルト」は……ふ〜む、カカシ先生も死んじゃうですか?(´・ω・`)
三沢ルイ晴 >> さて、ぼちぼちいくかな(汗ワイパー ←ハル違い
カルマ >> 「ナルト」サクラが全然わからんっすな。
三沢ルイ晴 >> 「LOCKON!」はぶっちゃけね、今のご時勢的にはね、「ろくおん!」って言う名前にしちゃった方が振り切れてていいんじゃねえかなあ、っていうね。そういうアレはあるけどね。
kichi >> 「バブ」ツインテ子は結構良いですね。初登場時四つん這いな辺りとか良いですねw
LD >> なんでしょうね。単純にマンガ的にはメガネを活かす方が正解に思えるんですけど、女の子のおしゃれ的には違う(少なくとも地味なメガネをかけるのでは)のかも。>カルマさん
三沢ルイ晴 >> 読みきりの時より線に魅力はあるなってのはあるよね。アマレスできるヤツがプロレスやると違うんだよ、じゃあお前らプロレスやってみろよっていうね。
LD >> ハルが……CHIGEEEEEEE!!
備品 >> ではHALで
LD >> しかし、まあ、なんというか…いかにも福山潤さんが声をあてそうなキャラクターですな。(´・ω・`)
カルマ >> いや、オシャレメガネってのは普通に今もうあるでしょうっていう。外す一択が気にくわない>ハトプリ
三沢ルイ晴 >> 基本的には悪者やっつけ構造は読みきりと大差ないんだけど、伏見くんのワンクッションに頑張りをみたよね。読みきりの時はホラ、ぶっちゃけ「いい男だと思ってたら悪者でしたー」っていうもの凄い前座感のある悪役だったわけでしょ。あれはねえだろと。どこのグリーンボーイだよっていう(苦笑)。そこからすると、一瞬また伏見くんが小動物のフリして獣かよっていうね。そういうアレは見えたんだけどね、ひとひねりしたあたりに編集と考えたんだろって評価したい気持ちはあるよね。
LD >> >オシャレメガネ そうなんだけど……ん〜。まいっか。
kichi >> 正直、いつの時代の価値観だよ!とは思うんですが……でもまぁ、ベタな少女マンガフォーマット的に根強く存在し続けてはいるのですよねぇ……>メガネはずし
LD >> 「ぬらりひょんの孫」は、こう、最近つららさんの小芝居にとってつけたような感覚があって、どうも…。
備品 >> 一周回ってえりか様がメガネも似合うって話を…アイキャッチでえりか様伊達メガネしてるじゃない!
三沢ルイ晴 >> 読みきりの時書いたんだけど、キャラと構造そのものはね、かなりこの時代の作品としての適正があって。真田はアララギさんや上条さんの眷属たりえるからね。ただ敵の練りこみが半端なく甘くて、ドロップキック一つ見れば実力がわかる俺的にはね、ちょっと一緒に試合したらこっちもしょっぱなくなるなっていう(笑)そういうアレはあったんだけどね。一話は頑張ったなと。どんだけ続けられるかだよね。レスラーは年間300試合続けるわけで、総合と違うから。
三沢ルイ晴 >> 『ワンピース』は黒ひげの捕獲はダウト臭いって思ってたから、素晴らしいタイミングで割ってはいってきたなってのはあるよね。総取り感覚は敵意を向けたくなるから敵としての格上げが効くよね。
備品 >> そのキャラ続けるの大変そうだw
kichi >> ああ、凄く同感です……orz>つららたんの小芝居感
LD >> 「黒子のバスケ」は閑話ですが……まあ、日向くんと監督の仲がいいよねって。そういう事でしょう。
三沢ルイ晴 >> 『NARUTO』はサクラが治療しなかったのは予想外なんだけど、1人で殺せるとマジで思ってたってのはある意味凄い下策だよね。本気でそんな事考えてるとは思ってなかったからさ。実力差くらいロックアップひとつで気付けよっていうね。
カルマ >> つららさんの小芝居<なんでしょうね、今の話に入ってからキャラが自然に動いてない感じがします。
LD >> 「スケットダンス」が今週楽しかった…というか笑いました。一番候補です。(`・ω・´)
三沢ルイ晴 >> 「ぬらりひょん」のつららはちょっとアレだね…堀江由衣だから!っていう脳内情報圧縮が作者にかかってる気がするんだよね。あの声の人だから正当ヒロインなんですって言う。
三沢ルイ晴 >> >続けるの大変そう ぶっちゃけ何一つ考えなくても(できる)ってのはあるんだけど、文字が増える分シンドイなってのはあるよねw
LD >> リクオのパワーアップの流れに困って、とりあえず、つららいじめで行っとくべか。ってな感じでつららさんの小芝居が始まっているのかも。
kichi >> 「スケットダンス」面白かったですねw オチも力技っていうか、そのまま押し切ってるだけなんだけどメチャメチャ面白いのがもうw
三沢ルイ晴 >> 「黒子のバスケ」は悪くねえんじゃないかな。ちょっと遅いし、アマレス仕込みの積み上げムーブは試合序盤で使って観客(読者)暖めておけってのはあるけど。ただ、外見に特徴ないから皆が並んでカレー喰う画がイマイチなのはちょっと勿体無いなって思うよね。
LD >> 「いぬまるだし」はうすうす思っていたんだけど、肉眼でも見えるよね。(´・ω・`)
三沢ルイ晴 >> 「スケットダンス」あれをそのまま放映する感覚がわからないから、正直俺的には特別…ってのはあるよね。TVCMってさ、そんな安上がりじゃない大きい企画だから。俺のリーブ21とかもそうだけどさ。
LD >> この場合、CM自体にはオチも何もなくなっているあたりが、一層本編の寂寥オチの笑いになっているw
三沢ルイ晴 >> それより今週は「ハンターハンター」で殆ど決まりじゃないのって思う時はあるよね。
kichi >> すでに最近出てきた創設者の人がモブ同然にしか感じられなくなってきてる辺りがやはり寂しいですねぇ……(´・ω・`)>黒子外見に特徴ない
カルマ >> 「スケット」僕は全然ハマれなかったなぁ。むしろ今週は出来が良くないという感覚なくらいで。
三沢ルイ晴 >> 好意的に言えばそうなるのかな?本編の従格になってちゃんと考えられてないって思うけどね。あれが送られてきたDVDかビデオのラッシュなら別にいいんだけどね。
LD >> いや、これはかなりローカルな安いCMじゃない?「関西電気保安協会」みたいなw
三沢ルイ晴 >> 俺も出来悪いくらいの認識だね。
LD >> すごいよね。「HxH」は。
三沢ルイ晴 >> エアーズロックの次は針の糸通しっていう、富樫先生はちょっと凄すぎるよね。俺も受けきれるか自信ないわ。
kichi >> ……まぁ、ペロキャン自体がなんで継続して売られてるの?ってしか思えない代物なんで、その辺のリアリティはスルーしてました……(´・ω・`)>スケットダンス
LD >> 「コムギとの対局が、予知のごとき先見を可能にした」とかすごくいい。
三沢ルイ晴 >> 「無慈悲の咆哮である」あたりでヒク漫画はまだまだって思うよね。ブリーチとか。
kichi >> 「ハンタ」は凄いとしか言えないですね。……そして、これだけ圧倒的な攻撃でも、一矢報いたと言えるとこまで行っていない無常感がまたなんとも……(´;ω;`)
LD >> ほんまもんのカーズ様というか…「我は種全体の惜しみない奉仕の末たどりついた賜」とか、説得力の塊みたいなセリフが素晴らしい。
三沢ルイ晴 >> 祈りとは心の所作、だけで一週余裕で作れるくらいのネタなんだけどね。三段挟みの二段目でしかないっていう、タイガードライバーをつなぎの技にしちゃうような所があってね。ってそれは俺かw
三沢ルイ晴 >> 観音なのにファックユーポーズになるあたりがもうね。
LD >> 「ブリーチ」なら、腕がなければ祈れねえとでも?あたりで一回引いているよ。…で、次回、別の戦闘前半に載せて、無慈悲の咆哮でもう一回引いているよ?(´・ω・`)
ルイ >> ちゅかれた。
LD >> 「リリエンタール」に出てる、宇宙ねこは、「魔法陣ぐるぐる
ルイ >> 今週描き込みもしっかりしていて、尚の事完成度を上げてますね。元々ネームの良さに甘える所のある人だけど、今回は画も完璧。
カルマ >> これだけの戦いの描写でもって、ネテロの生き様に王が何を受け取るかとか、そういう話になっているのがたまらん。
LD >> | ´_ゝ`)やあ、おかえりルイ春。
LD >> 「魔法陣ぐるぐる」の声の長いネコを思い出す。
ルイ >> 個の極地だから蟻に使うには勝手が悪いっていうこの結論w
ルイ >> 特区を用意して喰う数と質選定ってなんという牧場。
LD >> 「バクマン」、山久さんはいいなあ。もっとチャラい奴でもよかったのに、相当いい編集者だよ。
ルイ >> 「リリエンタール」は面白いなあ。
ルイ >> 「紳士危うきに近寄らず」は笑った。
kichi >> ああ、そういえばw>声の長いネコ
ルイ >> オアー猫には異様に似てる。
LD >> もう、何度も何度も何度も言っているけど「保健室の死神」は今週も良い。
ルイ >> 新妻くんは人払いまで覚えちゃってもうチート振りに歯止めがかからないYO。>バクマン
kichi >> 「リリエンタール」は、こうなってくると兄の名前にもなんかしら意味があるのかな?と気になってきちゃいますね。いろいろ気になる設定をしてるのが分かって巧いなぁと、改めて。
ルイ >> 「保険室の死神」は素晴らしい。忘れてたけど単行本買ってくる。
LD >> 「サイレン」は雨宮が恥ずかしがってるよ?(´・ω・`)
ルイ >> シンヤちゃんが健康的でかわいいよシンヤちゃん。チャック上まであげてる上着なのにそれが逆にかわいいよシンヤちゃん。
備品 >> 兄が妄想の産物って可能性?
kichi >> 「バクマン」 山久さんいいですねぇ。エイジはほんとチートですねw ただ、エイジのこのチートぶりって「ワンピ」が載ってるジャンプという設定にしてしまってることで、作中で“巨匠”を出すのが困難という、自ら嵌めてしまった枷に対する施策という意味はあるのかもなぁ……と、2位3位はワンピナルト辺り?とか思いながら考えたのでした。
LD >> さて、そろそろサンデーかな。
ルイ >> 「燃焼」が動かないと供給しっぱでブクブクとか、一週完全解決には勿体無いくらいしっかりしたネタ。これ、順位的に余裕がないから詰まってるのかもしれないんだけど、それが良さに繋がってる。ジャンプ下位が内容の良さに繋がるケースかな。これがあるからクラサン逝きがイヤなのだ。
ルイ >> 「めだか」の「完全にッ!!人を超えているッ!!」ってアオリはかっこ悪くて編集仕事しろって思うです。
kichi >> 「保健室」も良かったですね。高いレベルで安定してて素晴らしいです。
LD >> これがあるからクラサン逝きがイヤなのだ……と。( ・`Д´・)φ
GiGi >> ルイ晴さん、パねぇな…
ルイ >> テストに出すお。
GiGi >> ロックオンはよかったですね。たぶんヒロインがお預け食らって、いろんな女の子にちょっかい出す展開で華やかになるんじゃないかな。
ルイ >> 三沢さんはあやひーくらい好きだから、言動は瞬間で捏造できるんです。←
LD >> 「ハヤテのごとく」ですが、かなりハヤテとアテネがいちゃいちゃしていますねえ。
ルイ >> ギギさんがジャンプ終わるまで待つますか?w
カルマ >> 「保健室」はほんと良いですね。みのり先生が出る巻は買う(真顔
LD >> それから、城から力を持ち出した神様に選ばれたような人って誰?マリアさん?
ルイ >> 普通に買ってよw
ルイ >> ナギのママンじゃないの?どういう幻想読みだよw>マリアさん
GiGi >> 今週はハンタでほとんど決まりじゃないの?とは毎週思ってるけど、今週はハンタでほとんど決まりだよね。
ルイ >> どうしてもネーム神だから評価外になりがちなんだけど、やっぱりがっつり描きこんだ時の完成度としても評価したいですね>ハンタ ここを一律に並べたくはない。
LD >> 「マギ」はモルジアナ素晴らしいです!(`・ω・´) 鬱陶しい展開を一吹きに吹き払うこの解放感!
カルマ >> 城から力を持ち出した<ちはるさん…じゃなくて、なんかネギま!における千鶴さんみたいな立ち位置のキャラいませんでしたっけ。それを思い出したけど違うのかな
GiGi >> 王の言葉の説得力、予見性が増せば増すほど、実は王とゴンが対峙したときにゴンの格を高めるのに寄与するんだよね。
LD >> そして、3巻はやはりモルジアナか!
ルイ >> うん。3巻モルジアナってのはちょっと言いたくはある・・・
kichi >> 「マギ」は、アリババの器はやっぱこんなもんか……とちょっとガッカリしたものの、やはりモルジアナが良かったですねぇ。
GiGi >> ゆっくり周回遅れで走ってますんで、ちゃっちゃと進めちゃってくださいな。
ルイ >> ちょっと視点として穿ちすぎかなって思ったからブログには書かなかったんだけど、「予定より売れなかったのかな」と思った>三巻モルジアナ まあそういう事もないんでしょうけど、やっぱばあちゃんとか白麗とかには預けられんか、と。
LD >> ん〜何か生徒会にいたかもしれないですけど。それは何か唐突な気も…。>千鶴
ルイ >> 「ハヤテ」のイチャイチャは、まあ僕は構わないんだけど、結構「派閥読み」で支えられてる作品だと思うから反応が気にならない事もない。
カルマ >> うん、だから唐突だなって思いました(笑) シルエットで見分けつかんつーことかな>ハヤテ
ルイ >> しかしラストページのアテネの「…」の画はデッサン力ねえなというか、あれはハヤテから観るくらいのレイアウトじゃなきゃダメなんじゃないのか。折角のポージングなのにあそこから観る胸とかを描けないのは勿体無い。
ルイ >> 「アラゴ」はスカボロー・フェアが出てきたから許す。民間伝承曲なのに自作曲クレジットしたサイモン&ガーファンクルは許さない。絶対に。
LD >> 「神知る」はなでし子さんが、かなり男前になっている件。
ルイ >> おっさんとリオとアラゴってトリオは動きやすくて良いですね。
カルマ >> 「マギ」はすっきりさせましたね。上手いなー…いや、下手なところを取り戻したから上手いというのは違うのかな
ルイ >> 「あおい坂」三振圧縮された一番カワイソス。
ルイ >> 「マギ」は素晴らしい。先週ダメだったけど今週で許す。ポールサイモンは許さ(ry
LD >> 「最上の命医」は次回からは「最上の明医」ですか。これは子供がほんとにありそうですね。
ルイ >> これ、以前話題にしましたっけ>最上の命医
ルイ >> 2月3週をログ化してないせいで確認できんよ←他人事
kichi >> 「最上の命医」はそうきたかーって感じですね。いや、最上先生とは単なる脇役にしちゃいい苗字もらってるな、と気になってはいたんですよねw
LD >> 「オニデレ」は「面白い」(`・ω・´) これが。すっげく「面白い」のだ。
ルイ >> それは思ってましたねw>脇役にしてはいい苗字
ルイ >> 「オニデレ」のラストページはクソワロタ。スケットはわからんが、これは一番候補。
GiGi >> バクマン1位と4位ってことはワンピブリナルのうち1個消えてんだぜ。
カルマ >> 個人的にはちゃんと第2部として本誌でやってくれて安心しております。>最上
ルイ >> サヤがどこまでアンジーなりきりか判断しきれないから、浮気発言と取られかねない事はいえないっていう、正にしかわからない葛藤があるなあ。
カルマ >> 「オニデレ」面白すぎますねぇ(笑) なんなのこの秀逸なコント。今気づいたけどアンジャッシュの勘違いコントに似てるな
ルイ >> 「ディフェンスデビル」この殺生丸展開、よくわかんねーけどいいぞもっとやれ
kichi >> 「オニデレ」はアンジーの設定をほんと最大限に活かして面白くしてて良いですねぇw
LD >> なかなか、新しい三角関係ですよね。>「オニデレ」
ルイ >> 最近読んでるけど「みつどもえ」って基本単話をこれで回してるってのはあります>カルマさん ただ、それを構造レベルまで大きくもってくるとこうなると。
ルイ >> ジュピターの「ほわわぁ…」ってのはやっぱり悪魔の悪魔級サイズ(?)にビビったと思うのよね>守り悪魔
ルイ >> 「はじあく」ジローが帰ってくるまで校舎を打ち抜かなかった衛星の気持ちがよくわからない。
LD >> 「チルドレン」の今回のエピソードは全体的になにげにエロかったよ?
kichi >> 「ディフェンスデビル」はやはりバトルものやってる分にはそれなりには楽しいですねw ……しかし最後の「ほわわぁ」は何に対する「ほわわぁ」なのか?w
GiGi >> 最上の明医は普通にずっこけた。
ルイ >> 一応、ジュピターの体のきれいさにだとは思うのですよw>ほわわぁ さっきはああ言ったけdw
ルイ >> ×ジュピターの ○シュガルの
LD >> や、撃ってはいたみたいやん?>校舎
ルイ >> 真中との子供だと思ったんだけどね・・・
kichi >> ふむ〜w>きれいさに
ルイ >> 描写だけ観ると、ジロー来てからの校舎一発ミス→連弾で貫きって風にしか見えないので、じゃあそれまでの数十分は何してたの?単発空打ちしてたの?とか思いますね。一発ミスで修正したなら、AIとしてわかるけど。
LD >> まあ、今週は乙型のワンエピに匹敵するネタを一瞬で燃え散らせた圧縮がよかった。
ルイ >> まあ、そこに含みを持たせるって意味では上手いといっていいかとw>kichiさん
kichi >> 「はじあく」は……とりあえず扉、「怪獣大百科」はほんとに置いてたら人気図書なんじゃないかという気はするw
ルイ >> 「ツール!」よし、ジャニー可愛い。段々描き込みの加減がわかってきたな。
LD >> え?真中との子供じゃないの?……で、真中さん以外キャラを一掃とかじゃないの?…けっこう冒険だけど。
GiGi >> 正かっこいいわ〜これはアンジーじゃなくても惚れる(笑)
LD >> 今、図書館に置いてあったら狂喜するなあ…w>怪獣大百科
kichi >> 「はじあく」本編に関しては、やはり乙型のロケットが良かったですねぇw
ルイ >> 「金剛番長」なんかから回ってるけど、地球一周は嫌いじゃない。
LD >> 「ツール」はなにげに、この眼帯親父とかも好きですけどねw
LD >> いい話だけど2Pで燃え散ってますからねw贅沢だあw>乙型
kichi >> 第二部予告を読みましょうw>真中との子供じゃないの?   ……ま、西條先生のその後についてどういう情報の出し方するのかも気になるところではあります。
ルイ >> 漫画雑誌の表紙は漫画にしろ党の僕ですが、今週のマガジン表紙は許す←
LD >> 鈴木先生、やっぱ画力は凄いですけどね。…これは地球割れちゃうかな?
ルイ >> 地球の反対側から兄弟2人がダブルハンマーしてくっつける展開キボン。
kichi >> ありそうで怖いw>地球の反対側から兄弟2人がダブルハンマー
LD >> 何という天元突破w……って、それがやりたかったんだろうけど。
ルイ >> あるいは4方向からで、三方向はなんとかなるけど残りをオチこぼれ番長たちが結集して、っていう展開キボン。
LD >> マガジィーン。
ルイ >> これぞ五反田メソッド・ファイナル。
LD >> 悪矢七の出番ですな!(`・ω・´)キリ!
ルイ >> 繰り返すけど表紙を許すマガジンですね。
LD >> 「A−BOUT」は人気なんだろうか?そして、微妙に評価されている瀬下に笑ったw
カルマ >> そこらのアイドルとは磯山さやかは格が違うでぇ。
ルイ >> ゴッ輝と医龍が似たような手術をしている件。ところで、今回の医龍はさすがに批判する人の気持ちがわかってきた気がしないでもない。集約させすぎだろというかwでもま、前フリはこれ以上なくやってるんで、ここはもう進む以上仕方ないんだが。
LD >> 「ゴッ輝」人気投票、北見先生人気あるなあ…ほとんど出番なかったのに。
ルイ >> ちゅか、水着で投球モーションはいい←真顔
ルイ >> そりゃ、抱かれるなら北見でしょ
ルイ >> 野口デーにトコトン評価下げ続ける加藤助教授以外の候補かわいそうです><
ルイ >> 「ABOUT」なぜ瀬下wどういう情報網?w
ルイ >> 今回は面白かったですね>アバウト ていうか、元々初動の端折りが色々問題な連載なんで、気付かないフリして進めちゃうって手はなくはない。
ルイ >> しかし海って、体つき見えるんだからケンカ売る相手選べよ…w
kichi >> 「A-BOUT」はすっかりgdgdな感じに……(´・ω・`)ハナノアナが評価されてるはずもない気がするんですが……、ま、もうギャグとして読んでくれってことなん?w
カルマ >> 「A-BOUT」はもうついていけてないなぁ…(苦笑)
LD >> 「ブラマン」ビースト死にそうです。(´;ω;`)
ルイ >> 「君のいる街」何がしたいのかよくわからないが、ひょっとして作品テーマは人生いたるところに青山ありあのだろうか
kichi >> んむ?なんかどうも助かる流れっぽい?と思ってましたが……(´・ω・`;)>ビースト
ルイ >> ウィルスで死ぬ人間の腎臓怖くて使いたくないです><
LD >> 「ヤンメガ」TVドラマ化だしたな。
GiGi >> ロックオンの主人公とはじあくのジローってわりといい比較対象になるんじゃないかと思っている。
ルイ >> 「ゼロセン」えーとこのOHMYコンブな食べ方本当にアリなん?試しちゃうよ?
カルマ >> 普通にいい時間だったのでビックリ。そんなにコンテンツないんかね…>「ヤンメガ」
LD >> そして内容もえらい小芝居なんですけど、まあ、作風に沿った形なんで、けっこうよかった。>「ヤンメガ」
ルイ >> 若い役者の人気を利用しないといけないんだけど、そうなると原作がないってのはあるでしょうね。
ルイ >> 「ヤンメガ」は八王子の方が可愛いから雨宮現象しちゃってください。この子もメガネちゃんだし。
LD >> 「はじめの一歩」はウォーリーに勝てる要素が考えられない…が、何か足には来ている?
LD >> けっこう、アイドル使えそうなキャラ配置ですよね。……もしかして、はじめから狙っていた?
ルイ >> ウォーリームチャに動きすぎの自爆なら爆笑しますけどね>一歩
GiGi >> 医龍は喉元にナイフを突き付けるような展開でゾクゾクしますね。
ルイ >> 一発で崩すように積み上げてきたのは確かなんだけど、急病患者混ぜたりしてくると恣意の色が出すぎちゃうかなってのはある>医龍 その上で面白いけど。「何派だ」はクソワロタ。
LD >> 「ネギま」ののどかのこれは、どこかで観たなあ…と思ったけど、あれば「GS美神」でアスタロシュと対峙した横島くんがやった手だ。
kichi >> 「ヤンメガ」はほんとヒロイン交代もありうると思わせるとこまで行ってほしいですねw 八王子がメガネで、今花がメガネしてない状態ですからね……って花が再メガネでヒロイン保守という分かりやすいことにもなりそうですが……。
kichi >> 「はじめの一歩」はほんとこっから逆転は考えられないんですけど……、どうなんでしょう?一回負ける展開もアリなのかなぁ?
GiGi >> ネギま、うん、分かりやすくて良いね。
LD >> 「新約花形」ですが…紅洋の校歌ってこんなんなんだ……レッツゴー、レッツゴー、紅洋ボーイって………w
ルイ >> ネギマのバラモスゾンビみたいなデュナミス戦はおもろかったですね。確かに既視感はあったけど面白かったし一週で纏めてるからいいや。
カルマ >> 「一歩」はもう負けない展開というのがよくわかんないですねぇ…
ルイ >> いや、今週のつまづきは逆転の為の布石っすよ。問題はそれがなんなのかなって。
LD >> いやぁ、もう一歩は宮田くんと当たるまでは負けらんない話だと思うんですけどね。
ルイ >> あ、因みに逆転じゃない場合、いよいよホセ・メンドーサ対カーロス・リベラにww
カルマ >> 新設校だと普通にありそうな印象>紅洋の校歌
ルイ >> http://www.ongen.net/search_detail_track/track_id/tr0001264890/ レッツゴー♪
kichi >> やっぱりそうですよねw そうは思いつつもこれはさすがに……って感じだったのですが、う〜む、ちゃんと納得できるのかなぁ?w>一歩逆転
LD >> そっか〜元からかあ…w>レッツゴー♪
ルイ >> 泥臭い青雲と対比する意味合いで、モボ的なふいんきを出したかったんでしょうね。
カルマ >> オリジナルからなのかw
LD >> さて、そろそろチャンピオン行きましょうか。
LD >> 「みつどもえ」のアニメスタッフはやりましたね。
ルイ >> エデンの扉には触れない、と。
ルイ >> 「ガマラン」も地味に直善さまが将器つうか従うに足りると評価されてきてるのが萌える。
LD >> 公式サイトだ。http://www.mitsudomoe-anime.com/index.html
ルイ >> 「ベビステ」が物凄く良くて一番候補だぜっていう。
LD >> こうなるとVCもマジで、ひとは=水樹、ふたば=戸松、みつば=平野 あるかも?かも?(`・ω・´)
ルイ >> 花形メソッドじゃないけど、ついにエーちゃんがこういう「相手に物語を抱かせる存在」になったんだなあと思うと、結構感慨深いですね。
ルイ >> センスねえな!>キャスト
LD >> 「ベビステ」ですね。宮川くんの己の不利をはっきり認識して立ち直るシーンは熱いですね。
kichi >> 「ベビステ」良かったですねぇ。
ルイ >> 編集もいいすね。決死の抵抗!押し切れるか栄一郎!ってのはこの構図の本質をキレイに抜き出してる。そう、この想いを押し切るのが強者に必要な能力だから。
GiGi >> 「弱ペダ」読んでておもわず、ああああって声上げちゃったよ。熱すぎる。今週の一番でいいんじゃね?(さっきと言ってること違う)
カルマ >> 「ベビステ」凄くいいですよね。
LD >> そんな事ゆーたかて……じゃあ、ひとは=茅原、ふたば=MAKO、みつば=下田麻美 ?
ルイ >> 実はこの試合ってベビステのターニングポイント回なんだよねってのがよくわかりますね。
kichi >> 「弱虫ペダル」は言うことなしでしたね。熱い対決を真正面から描ききってました。
LD >> このご時世に、モロ脱糞のシーンを描いているのは「浦安」だけ。
LD >> 「ANGEL VOICE」も地味によい。
ルイ >> 「エンジェルボイス」は表紙取れなかったんだなあってあたりに何か壁を見た
ルイ >> 「みつどもえ」のアニメスタッフは僕やLDさんホイホイね。
LD >> 「弱虫ペダル」は両者の手打ちがスカッとなるシーンがいいですねえ。
ルイ >> 「弱虫ペダル」は良かったす。見開きの決着コマに、一つでも擬音とか入れる人とは仲良くなれない。
kichi >> 「ANGEL VOICE」良かったですね。なかなか見せ場のこなかった主人公が、驚かれるようなプレイで決めてくれるっていうのは気持ちいいもので。
ルイ >> まあ、その人の美学次第で、セミの鳴き声とかなら許す。

MANKEN CHAT(1.1)