漫研チャット
名前:
発言:
[正面] [取扱] [過去ログ]


■■■■2010年04月10日■■■■
ルイ >> 監督なりが出ないとキャスト予想の楽しみも半減だぜ。理想は音響監督がほしい。
GiGi >> てか、今の編集長、若木先生の初代担当だったんだねwいつから編集長だったっけ
ルイ >> シンドバットとすれば国交が回復すればいいわけだから、アリババが王権奪うならそれはそれでタイーホに固執する必要もなさそう。今の王様あほだし。
LD >> 「あおい坂高校」すっごい爽やかに次回最終回だよ!二周目行くかと思ったんだけど、なんかえっらい潔いというか。
ルイ >> 「国崎出雲」粂寺先生は当然男なんですよね(真顔
kichi >> 「マギ」は、シンドバットが力を見せ付けるようなイメージですかねぇ。情を理解しつつも現状の打開策を厳しく見せ付けるようなイメージ。
ルイ >> 「あおい坂高校」騎手ってその程度で翻るものだったんなら、優勝してもしなくても、決勝までいってる時点で翻意の可能性大だった件。なんかこう、やっぱりあだち充ほどうまくはいかねえなあ。
LD >> でも、アリババは最終的にはアラジンと一緒に旅に出る所まで持っていきたいわけですよ。>アリババ王
GiGi >> ツールの天才君をみて、ああ御堂筋ってつまりこいつなんだと勝手に納得するなど。モデルいるのかな?
kichi >> 打開策ってのは違うか。まぁ、そのまま盗賊討伐しつつ王様にも灸そすえる感じ?
ルイ >> あの程度の薄い両親なら、なんにも描かないで「あ、やっぱいいってサ」とか言わせちゃうネームのキレ具合を求めたいところ。がっつりさっくりどっちかお願いしますと。
ルイ >> カシムを宰相にして留守を預け・・・むむむ、学がないw
GiGi >> アニメ化でフォームを崩すのはサンデーの伝統行事になりつつありますが、神知るはマイペースで行ってもらいたいところ
LD >> 「アラゴ」はなんか、パッチマンVer2.0 が登場なの?
kichi >> 「国崎出雲」粂寺先生……その可能性は浮かべつつもここは素直にS女にしとこうぜ?と願ってる私……。
ルイ >> 「ハヤテ」ハヤテのキャラってこういうキャラでしたっけ。あざといとか言い出すのはナギやワタルのようなすれたオタクという認識だったので、いまいちティンとこなかった。
カルマ >> あぁ、僕も一瞬迷いましたwでも女なんだと思いたい…かな。好み的には>先生
ルイ >> 今週サンデーいいなあ。「キングゴルフ」「アラゴ」「ツール」あたりいい。
LD >> 「はじめてのあく」は、ちょっとエンドの形を見せてきたかな?
kichi >> 「あおい坂」はなんか微妙でしたね……。先週までの熱の余韻がほとんどない印象でなぁ……(´・ω・`)
ルイ >> 「キングゴルフ」はやっぱりプレデターをどう描くかってのがポイントなんで、義憤フェイントをかけといて、単に陰口だからだめ、言うなら表で言え、みたいな描写が良かったですね。もっと言うと、つぶしがいがあるくらい相手を発奮させるのに使え、と。
GiGi >> まあリハビリ回ですね>ハヤテ。伊澄を便利使いするようだと今後の期待値もダウン
LD >> 「ディフェンス・デビル」は段々服がやぶけてく、ハニー・フラッシュなイダマリアであった…(´・ω・`)
ルイ >> 「最上の明医」まだ呼び方が「真中先生」だった件・・・orz
ルイ >> あそこで「有紀さん」なら俺様大満足だったのに、っていうかこいつら歳とらNEEEE!!!
kichi >> 「ハヤテ」あざとい発言は私も違和感でしたね。なんかほんとにお約束のための発言って感じでした……。あとオチも寒いというか……、う〜ん、考えてみると割と普通な気もするけど、凄い残念感を感じたのは何だったのか……?(´・ω・`)
カルマ >> 僕も気になりました>あざといとか言い出す 「絶対言うと思う」ってヒナギクの台詞で補わせてるところある感じするし
GiGi >> あおい坂は右京エピは確かにとってつけ感があったけど、早く夏になれでほんわかしたのでok
LD >> 「キングゴルフ」は、ここでしらっと皇帝コールを要求する、皇帝くんも嫌いじゃないかもw
ルイ >> そう、あれは「ハヤテがあざといというとわかっているヒナギクのハヤテ観ている度」の演出なんだけど、読者としてそれがハヤテの当然の正解には思えないので、どうしても展開の奴隷に見えちゃうんですよね。そこそこキャラは動いてるんだけど、その分動いてない分が気にかかる状態。
kichi >> 「キングゴルフ」良かったですねぇ。ルイさんの話に付け足すことない感じです。
ルイ >> これで皇帝を永作のオヤジが破って二位に入っちゃったりした日には、大団円ですね。
kichi >> 「最上の明医」は普通に西條先生達も絡めてきたかぁ……。
ルイ >> やっぱり大森アニメに藤原さん出てきたああああああ
LD >> マガジン。いきま。しょうか。
ルイ >> いや、いかないよ?w
ルイ >> そうだ、今週の「RINNE」が物凄く面白くて感動してしまいました。これも一番候補に推したい。
LD >> 「君町」は……うん、まあ、よし。(`・ω・´)
ルイ >> 犬が土佐犬である事へのノンタッチ具合と、同時に「つながった・・・」とか言ってる連中が本当に面白い。拾って当然のところを拾って、拾わなくてもいいところを拾うってのはつまり浦澤義男みたいなテクニックなんですよね。
GiGi >> 皇帝が400ヤード越えした上で更に上回るのを期待
LD >> ああ、「RINNE」よかったですね。かなりいい話を交えつつ、三角関係(?)も継続。
ルイ >> 地縛霊の設定を大きめのコマ使って明かした後、すぐ小さいコマで延長コード出しちゃうのも好き。
kichi >> 「RINNE」面白かったですね。シュールなツッコミどころ満載な展開をしつつ、決めるトコは決めてるというか、「恥ずかしくないよ、好きになったことは」ってセリフが凄く良くて素晴らしいです。
LD >> 浦澤義男(´・ω・`)ぶも?
カルマ >> やっと繋がったと思ったら猫が乗っているんだが…http://www.uniqueradio.jp/agplayer/newplayer.html
LD >> じゃ。マガジン。な。
ルイ >> 「さわらないで!」がこれまでにないくらい大ゴマなのも、なんか無駄遣い感があっていいんですよね。こう、ベテランの生き方の理想値を見せてもらってる思い。熱量勝負だと現役感が細かく問われるけど、脱力は比べれば普遍って事なのか。
LD >> 「ベイビーステップ」が素晴らし過ぎる件。(`・ω・´)
ルイ >> 「アラゴ」もいいですね。ただ、ギャリーベガーのリオいじりは毎回殺すぞとか言われつつずっと続けてほしい(真顔) 一話で倒したボスが皆を今でも走らせてる形で、かなり好きな構造です。
GiGi >> 浦沢言うかw高橋先生は昔からこの作風だとは思いますがw
ルイ >> 「ディフェンスデビル」はブリーチとは違うんだけど、前後の文脈とかあんまり細かく考えない限りは結構まとまりのいい一話で好きです。
LD >> 「ブラッディマンディ」ビースト死亡っすよ。………しかし、それこそが本当の「ビースト伝説」のはじまりだったとは、この時のファルコンには知る由もなかった………(`・ω・´)
ルイ >> いや、なんか強調されてる気がするんですよね。もっとこう、追いつくのを極端にあきらめたというかw>作風
GiGi >> ベイビーステップの何が素晴らしいって、荒谷もまたエーちゃんの成長を見越して、そのエーちゃんの情報を引き出す戦略をとってる点で。
ルイ >> 「ツール」のジュニアチャンプ、ローランが相当いいキャラで、意外にも速攻で回ったのが良かったです。ただ脚質に関してはルーラーとかパンチャーとかたぶん僕だけでなく浸透してないんで、あとでちゃんと描いてくださいorz
LD >> 荒谷が、単に前戦った相手のパワーアップというより、様々な弱点を補強して、長所は伸ばしてって、半端なく成長している所にすげ〜真剣勝負感がありますね。これを超えて成長して結果をたたき出さないといけない。>「ベイビーステップ」
GiGi >> 死せるビースト生けるマヤ先生を走らす!?
ルイ >> ンモージャンプ遅いのにサンデー早いよwマガジンマガジン・・・
ルイ >> 「君のいる町」まぁた順位低いヒロインのほうがかわいい説更新だよ。
LD >> 「エデンの檻」は矢頼くんがフラグ立てているワケですよ……。来るか!二軸ハーレム!(`・ω・´)
ルイ >> 「コードブレイカー」はクールダウン回。城マニアとかもうさっぱり初期の面影ないすなw
GiGi >> この荒谷の成長を描いたおかげで、ゲームの序盤、中盤、終盤それぞれの旨味を生かした試合描写が出来る。有限の時間の中の変化をドラマに昇華している。かなりエポックな回だと思いますね
ルイ >> 「フェアリーテイル」エルザ対エルザですねわかります。
GiGi >> エデンの檻はこういうノリのほうが面白い
kichi >> 「ベビステ」はほんと素晴らしいですねぇ。パワータイプな荒谷でもやはりパワータイプとしての情報戦となる辺り、さすがベビステといった感じ。
ルイ >> 「ベイビーステップ」相変わらずいいけど、お二人の言うほどとは思ってないかな?二週目感は宮川戦で出ていたものなので、それがさらに実力が拮抗した相手だとこうなるということで、エポックという意識は僕にはない。ただ、このカタチだとともにPCが戦ってる形を濃密に描写できるから、この先楽しみだし、テニスの本質としてのブレイク合戦がほんとよく出てるなと思う。雪合戦みたいなものというか。
LD >> しかし、矢頼くんメガテリウム3頭相手ってのは、いくら何でも無理じゃない?w
ルイ >> 「ブラマン」はビーストが逝ってしまうなんて悲しすぎるおorz 沢山笑わせていただきました。
ルイ >> 「ヤンメガ」のメガネ下克上がなかなか終わらない件。
LD >> ふむ。確かに宮川戦でもあったと言えばあったんだけど、でも、何か荒谷の方がクッキリしている感じがします。何だろ?一つは対戦前に荒谷の環境の描写から入っている事。もう一つは前回勝てなかった相手が、にも関わらずさらに成長している所かな。
カルマ >> 「ベイビーステップ」僕が見てるのは少し違って、これまで実力差を補うために使っていた情報収集を、実力が同等の相手に勝つための戦術になっている、意味合いの変容というか、そこが良いと思いましたね
ルイ >> 「エデンの檻」2軸ハーレムは正しくないと思う。というか、仙石が男女問わずリーダーとしての資質を問われているから、対比として矢頼の方は純度の高いハーレム構造にしているというイメージ。だから、矢頼はハーレムメイカーたりえるけどアキラは違いますね。
LD >> いや、多分生きているという気がしているのですが、僕としては。しばらくしたら、謎のゴリラ仮面が大活躍ですよ?>「ブラマン」
ルイ >> それは僕も触れたつもりよ?>荒谷の方がクッキリ でも、それでエポックとはいわんかなってだけ。素晴らしいのは相変わらずです。
カルマ >> 「ブラマン」液体窒素でアッサリ止められたガッカリ感の方が強いなぁ(苦笑)
kichi >> 「あひるの空」なかなか良かったですね。建前と本音のあり方がベタながら味わい深く……、ラストのつっぱねられ方も良いです。
ルイ >> ところでミイナの眼帯は黒ひげでもローゼンでもなく、常識的に考えて狙い撃つぜの人かレッツパーティーだぜいの人だろう。おにゃのこなんだから(?)。
ルイ >> それは結構同感w>液体窒素であっさり
ルイ >> 「はじめの一歩」ウォーリー乙。
GiGi >> 両方ともPCが戦っている>まさにそれですね
kichi >> 「ヤンメガ」、やはり八王子エピ好きだなぁw 今回の弟話の落としどころも好きです。
LD >> >矢頼はハーレムメイカーたりえるけどアキラは違いますね。 成程。まあ、そもそも「エデンの檻」はハーレムメーカーのサンプルになる構造を発揮するかも未知数ですよね。…とは言え仙石くんが純粋なリーダーの資質を問われていると同時に、馴染み子、CA、普通子、真里谷を有している所は間違いないと思いますよ。
ルイ >> 「ネギま!」はこの作品で僕の好きなキャラばっかり活躍していて俺得ですなあ。楓と龍宮とエヴァとかもうね。
ルイ >> マリヤを加えられても困るというのと、普通子は別にアキラにシンプルな線を備えてはいないようにも思うけd。
カルマ >> 間違ってないけどw>真里谷 
LD >> うん。僕はエポックとは言っていないので。宮川戦よりも、さらに良くなっている。それは勝ち上がった事により必然的に遭遇するより“先に行く者”を相手にしてい感覚が出ているって事ですよね。
ルイ >> あと「ネギま」のルーナってカワイイですよね。造形的に。こう、僕赤松先生の絵ってシステマティックであんまり絵それ自体にティンとくることはなかったんだけど、ルーナは鼻の高さとか妙にお気に入りです。
GiGi >> マンガキャラクターの成長というのは過去の無限回の積み重ねと秘められたポテンシャルの解放という描かれ方をされることが多くて、宮川戦もその範疇ではあったんだよね。所謂勝負の前に格付けが終わっているという。
ルイ >> まあ、宮川は実力差がありすぎて、試みてもエーちゃんの力と思考の前につぶされていたんで、一旦五分に思えるフィールドまで持っていけなかったってのはありますね。ただまあ、宮川にも「人」は感じたっちゃ感じたのです。
カルマ >> 「ネギま!」運動部4人組にネギの状態を見て欲しいなぁ。というか、運動部という一般生徒の存在がネギが自分を制御するキーになるのか。
ルイ >> うん。普通の生徒がネギの制御キーになると思います。ていうかそれ以外のなんの理由でこのタイミングで入ってくるの?w
LD >> あれ?普通子、線なかったっけ?や、まあ、そこが主題ではないだろうけど“その形”は形成されているよねって話ですね。ちなみに、男のチビ子は脱落っぽいけどな!(`・ω・´)
ルイ >> ていうかね、順番としてはアキラが「そこ」から発したんだけど大所帯でピープルズヒーローに寄っていかざるを得ないから、分離して別働隊の矢頼にハーレム分を預けたという形と見ています。だからあちらには男がいない。
ルイ >> だから形成ってか、コアはそうだったねというか、残り香というか。
GiGi >> うん、フォーマットは宮川戦も同じ。なんだけど、今回はベイビーステップのフォーマットのすごさを改めて感じされてくれたなと。
ルイ >> このフォーマットの限界点というか、本来見せられる地平をはじめて見せてくれる戦いになりそう、ってのはありますね。そこまで譲歩w
ルイ >> マリッジロワイヤルを買うしかないのか・・・orz
LD >> うん。なかなか線引きは難しいけど、GiGiさんの言う“マンガキャラクターの成長”というものがあって、荒谷はそれを超えた…というか普通の先に行く者の成長を感じさせたんですよね。
GiGi >> スマッシュは今週は展開からオチまで全部透けちゃってるのがちょっと悲しいw。来週は楽しみにしています。
ルイ >> 越えたってか、互いにそれを備えたもの同士って事ね。一応一回戦の子と宮川ですでに対比は取れてるんだけど、その先に主導権を「奪い合える」関係というのがあって、これがなっちゃんの言う楽しい戦いでもある。
LD >> >分離して別働隊の矢頼にハーレム分を預けたという形 預ける展開だといいなあ!wまあ二軸はそんなにこだわっていないです。潜在ながらもその形はあるなと観ただけで。
ルイ >> 読みきり「TOGARI」異様に見覚えのあるタイトルはともかく、完成度はむちゃくちゃ高いですね。何この安パイ。
ルイ >> あとはトガリがこの場所にとどまるように、行脚モノじゃない構造にさえすれば即マガスペあたりで連載しそう(マガスペなの?)
LD >> 「はじめの一歩」は、なんかもうちょっとタネを明かすんですよね?
ルイ >> ちょっと会長と鷹村の触れ方があっさりしすぎてましたね>一歩のタネ たぶんもういっちょ来るでしょう。先週僕が言ったようなことをw
LD >> 「TOGARI」面白かったですね。…というかあからさまに連載狙っていると思います。既にその形になっている。
kichi >> 「TOGARI」は確かに安パイっていうのが凄くしっくりきちゃう感じでしたねw 面白いのですけど……う〜ん。
ルイ >> 「ガマラン」は面白いなあ・・・うーん。すでにバトルものとして必要なものが用意できている。「ぬらりひょん」あたりで勝手にキャラが走ってる感があるのと雲泥だなあ。
ルイ >> おにゃのこカワイイから満足しようお>kichiさん ←だめだこいつ
カルマ >> 「TOGARI」は良くできてるんですけどねぇ。なんかジャンプっぽいと思いながら読んでいました。
LD >> 「ガラマン」は武器の王様、槍術の強さの感じが出るとよいな。
kichi >> 「ガマラン」良いですね。二回戦の中で親父登場の期待もある辺り、起伏を感じる展開で良いです。
ルイ >> 「スマッシュ」の次週時が飛ぶかどうかで賭けるお。
kichi >> 見直してみまして、確かに可愛いんですが、それで満足できるというほどの特徴は感じず、う〜んw>TOGARIおにゃのこ
ルイ >> 飛ぶ方に5あやひー。
ルイ >> サムシングが宿ってる感じはないですね。ま、僕も感触は大差ないと思います>トガリ
kichi >> 私も飛ぶ方に賭けますw>スマッシュ
LD >> 「GE」は、このタイミングで次の子が入ってきてもとても負け子な気がします。(´・ω・`)
ルイ >> おっと、エンジェルビーツで化のキャラクターコメンタリーをパクってきたか。パクリとか細かいこといわず、ひとつの形式として確立するといいな。
kichi >> 「GE」はほんとタイミング悪いですよね……(´・ω・`)この(元?)ポチャ子ちゃん自体は良い娘なのにー
カルマ >> 賭けにならんじゃないか>スマッシュ
ルイ >> 賭け不成立・・・orz
GiGi >> 賭け不成立だなあw。ワンピとどっちがよく飛ぶかのドラコン勝負なら成立する?w
ルイ >> いや、ダブルス一勝で翔太が調子こいて特攻する地続きの可能性もありますよ?wテーマ的にはシングルスで結果残さないときついけど。
カルマ >> 「GE」先輩エピの前にやれれば良かったのになぁ…という。主人公の癒しみたいな立ち位置を元デブ子さんが獲得できないし
LD >> 「A-BOUT」は……なんだろ?征木と砂原が、いい奴になるみたいな?ならないみたいな?(´・ω・`)
ルイ >> んー、元メタボちゃんは本当にそれっぽい造形で嫌いじゃないんだけど、結構序列ぴっちりの作品ですね。まあ使い道はっきりしてるんで、瀬尾ヒロインほどのもったいなさは感じないけど。
LD >> チャンピオン行きましょうか。
ルイ >> 熱いスポーツマンガガン無視でショート漫画ばっかりアニメ化してる雑誌じゃなイカ!!
LD >> いや……メタボでしたっけ?w ポチャや、デブはいいんですが。
ルイ >> イカ娘、水島努監督ときましたよ。何これ、ひょっとしてイカちゃんゆかちじゃなくて藍ぽん?←
LD >> ああ…「イカ娘」アニメ化だすなあ…。15分アニメ?
kichi >> ……まぁ、最近主流の1クールでペダルってのは結構厳しいでしょうし、1クール前提ならショート漫画がしやすいってのはあるんでしょうね……。
GiGi >> イカ娘アニメがニコニコ枠じゃなかった件
LD >> 前、ゆかちとか言ってましたっけ?w>イカ
ルイ >> 確かに、ペダルって二年ふるい落とすところまでは描かないと構成組みようがないんですよねw
ルイ >> いや、僕の中では延々とゆかち固定でしたがw
ルイ >> ニコニコ枠とはいったいなんだったのか
LD >> そんな「イカ娘」ですが二本立ての一本目も二本目も、微妙にいい感じのできでした。
GiGi >> twitterでネタ振ったらスピンナウトに期待という声もw>弱虫ペダル
ルイ >> スピンアウトって例えば・・?
ルイ >> 「弱虫ペダル」坂道たちを抜く瞬間も見たくはあったけど、抜かれてった連中が御堂筋を語る→坂道「強いです・・!」(場面移行) とか、さすがに今のってる連載は基本的なところをぜんぜん間違えませんな。
LD >> この際、栄子がゆかちでもいいんじゃないだろうか。
kichi >> ……たしかに“微妙に”いい出来って言葉がしっくりくる感じでしたw>イカ娘
ルイ >> 水島精二兄弟からの評判を伝え聞いてあやひーを起用する妄想まではしっかり完成してる(実際はみつどもえより可能性ないと思う。イカは能登さんじゃなイカ!?)
GiGi >> ラブ☆ヒメ
ルイ >> 「バチバチ」王虎との一戦はRPGでいう最初のイベントバトル扱いというか・・・そこではない、自分の本当の立ち位置を観客のがらがら具合で表現するのはかなり好き。相変わらずいいなあ。
kichi >> 「弱虫ペダル」はいつもながら熱いですね。……しかしここまでエース二人の視点がまったくないとこを見るとあっさり抜かれるわけでもなさそうですかね……?どうなんだろう。
ルイ >> ラブ☆ヒメは主人公を寒咲さんにするといいと思うよ。
LD >> イカは……まあ、世が世なら、斉藤桃子さん。(´・ω・`) 今なら藤村歩とかな。
ルイ >> うん。抜かれないと思ってますよ>エースの視点がない まさにその理由で。
ルイ >> 藤村歩ってそのまんま狂乱家族日記やないかーい
GiGi >> さっきツールの時にも書いたけど、御堂筋の本当の強さって、相手の能力を見極めることにあるんじゃないかとか思った。これなら傍若無人でも人が付いてくる理由も納得いく。
ルイ >> MS判定ですね、わかります>見極め 部長2人はサザビーとνガンだったというわけだ。
kichi >> 「バチバチ」もいつもながら良いですねぇ。
ルイ >> 「バキ」この程度のやり取りなら国際電話でいいよw
LD >> 「弱虫ペダル」は、ここで御堂筋の格も見せないといけないけど、金城と福富の格も見せたい所、勿論、この話を御堂筋一強で行くことに決めて、ここまで「積んだ」二人を叩き落すのも手ですけどね。多分、それはない。じゃあどうするか。
GiGi >> 今週も手代木星矢の想像力の爆発具合に感動した
ルイ >> 沼田純先生ェ…
LD >> 「バチバチ」、自分は一睡もできない程、あっぷあっぷなのに客はまばら…で自分の今を知る描写が一等良いですね。
ルイ >> 「ケルベロス」うーん、修行パートのはずなのに実に良い。これって、ちゃんと景の雪房であったり、寧々であったりの『関係性のドラマ』を消化しながらだから、修行に全部食いつぶされてる感じがないんですよね。素晴らしいです。
GiGi >> あえて言っておこう。「キモいほうが勝つわ」
LD >> 「ケルベロス」のこの特訓編、相当、世々さんのキャラクターでもっているw
ルイ >> ケルベロスのまたいいのが、最後のコマの寧々が地味に汗とかかいてて、巧い具合に「圧勝感」がないんですよね。速さも強さもある描写なのに、これだと本チャンが来た時寧々なら苦しいんだろうな、というのが感覚でわかる。イイネ!
ルイ >> 。。。。。。。。。。。ヨヨ?w
ルイ >> 悪かったよ!orz世々…
ルイ >> 「御堂筋は賢いな」←誰だよ
LD >> 「シュガーレス」、マリモちゃんかっこいいけど、まさかマリモvsヒュドラヘッドの決着がついたら、岳vs白の決着もついてましたって展開じゃw
ルイ >> 「AL」任侠恐竜RPGとして楽しんではいるんだけど、崖をのぼるトリケラとか、一巻帯で呼んだっていう世界的恐竜の権威的にはOKなんだろうかw
ルイ >> 『シュガーレス』本当ケルベロスと並んでチャンピオン二大言葉理屈漫画だずぇ。
ルイ >> ヒュドラのボスは一人でここまできつづけた人に憧れるのを認めたくないから敵視してるんでしょーね。
kichi >> 「ケルベロス」ほんと良いですねぇ。寝かせてたことに関してのひと悶着の描き方も凄く良いですし、もちろん世々さんの魅力も大きくて。さらに“力の使い方”というのがどういうことなのか、真っ当に修行内容も興味そそられるものですし、ほんととても良いです。
LD >> 「ハンザスカイ」ここで二位子を出すのはソツがないが……あんま、顔変わってない事ない?
ルイ >> 「ロストキャンパス」はアルデバランを持ち出してきたあたりでもう愛が勝ってるなあ。
LD >> あんま、顔変わってない事ない?→藤木さんと佐倉さん、……ま、いっか。服装と髪型が違うんだな。
ルイ >> 「ナガレ」なんて微妙な裸リアクション漫画化・・・
LD >> 「ハンザスカイ」敵の主将もなんか強そうで良いです。
ルイ >> 「ギャンブルフィッシュ」もうこの大会、獅子堂学園長の勝利でいい気がしてきた。
LD >> 裸の必然性が感じられない…(´・ω・`) ←
LD >> 今まで何をやってきたんだ、この殺人鬼は!w>獅子堂学園長
kichi >> 「ハンザスカイ」は普通に空手部活マンガになりそうな感じかぁ……。ま、それはそれで。二位子も可愛いですしねw ……髪型違うし、性格というか人間のタイプは全然違うので、まぁw
kichi >> 「ギャンブルフィッシュ」なぁw ま、もはや麻雀とは別物なゲーム内容でホッとしましたw
ルイ >> 絶対あとで「これぞまさにロストバージン!」とか言い出すぜ、こいつら。
LD >> 読切の「マウンドの上の焔立つ」が面白かったです。けっこう一番候補。
ルイ >> 「ハンザスカイ」の敵主将は、最後のコマで汗の漫符とかないのがいいですね。
ルイ >> 「マウンドの上の焔立つ」良かったですね。こう、なんでもない話といえばそれまでなんだけど、対決モノ漫画に必要な最低限のものがしっかり備わっているというか。
LD >> あと、特設リングの中で、モーリーをお姫様だっこして優しくおろすアビ谷に、何故かスマックダウンな世界を感じるLDであった…。
ルイ >> キャラ立てってこうですよという教科書的な内容といえなくもなくもなくもなくなくも。
ルイ >> ディーバ乙>スマックダウン
ルイ >> 強いて言うなら、羽毛のようなスイングのとき、チアガールたちのスカートは全部めくれるくらいでいいと思うよ←病気
kichi >> 「エンジェルボイス」もなかなか良かったですね。先週の強くなった実感が悪いほうに出たわけですが、それを即座に戒めざるをえない相手の変化が分かりやすくて良いです。
ルイ >> ん、「エンジェルボイス」良かったです。4-3-3とは何ぞなんてのもむちゃくちゃわかりやすいし。
LD >> さて、そろそろ一番を決めましょうか。
ルイ >> なんかこう、微妙〜〜〜に、本当に微妙〜〜〜に、JOJOを感じるのが面白い>読切 普通JOJOって存在がでかすぎて、ちょっとでも活用しようとするともっと「食われる」イメージがあるんだけど、調味料クラスでおさえきっているような印象。
LD >> ジャンプ…「保健室の死神」?
LD >> ん〜JOJOかあ……。
ルイ >> 見開きのラストピッチに、もうちょっと力感乗ってるピッチングフォームなら言う事なかったな。
LD >> サンデー…「境界のRINNE」?
kichi >> ジャンプは……「バクマン」かなぁ?
kichi >> サンデーは「RINNE」ですかね。次点「キングゴルフ」。
ルイ >> なんだろ。このフォームで収めるなら右上にもっと縮尺小さくして描いて、ボールの方を強調すればいいと思うし(エフェクトはいいから)。このサイズで描くならもちっとお願いしますという感じ。でもそれくらいかな。
ルイ >> 「保健室」「RINNE」「ツール」「エデン」
ルイ >> 「ケルベロス」・・・読切は、まあ。
ルイ >> あと「バチバチ」。なんだろ。RINNEかなぁ。
LD >> いや、僕はこのフォーム好きなんですけどね。>見開き 何だろ?本当に球を押し出すとああいう感じになるというか……。でも読切だから分かりやすくぐわっと振り下ろしている画の方がよかったかもですね。
kichi >> マガジン……「あひるの空」か「ヤンメガ」辺りかな?……ん〜、「ヤンメガ」で。
ルイ >> うん。理想的なピッチングフォームはむしろ軽く見えるってのはリアルとしてはそうだから、僕もその感覚自体はわからないではない。ただ、それなら力感のなさを逆に強調してもっと小さく淡々と描いてしまう方が構図として「フォームシズカなのにボール化け物」の対比が効くんじゃないかなと。
LD >> マガジンは……「TOGARI」よかったと思うよ?
kichi >> チャンピオンは……やっぱ「ケルベロス」かなぁ。
ルイ >> それとも、左のボールと右の人、両方灼熱にしちゃうかどっちかがモアベターですかねって話ですだよ。
LD >> チャンピオン……「バチバチ」か「マウンドの上の焔立つ」。
LD >> いや、同意です。>モアベター この画になった意味は分かるくらいの感じ。
LD >> で、今週は「境界のRINNE」か「マウンドの上の焔立つ」だと思うのですけどね。
ルイ >> ちなみになぜかラノベのブラックラグーンを読んでいるからですだよ口調なのですだよ。
ルイ >> RINNEは作品性そのものが、こう、こういうときに強くプッシュするのを拒否しているのが大変手ごわいw
LD >> ラノベにはですだよ姉ちゃんがでてくるか?
ルイ >> でてくるのことよ。
LD >> んじゃ、「マウンドの上の焔立つ」にしましょうか。久しぶりにシンプルな読切のような読切を読ませてもらいました。
ルイ >> ていうか、ですだよ姉ちゃんと戦ったニンジャな敵が普通に「飯綱落としである」とか言う描写で人殺すから大爆笑したw
LD >> 最近、週刊誌に掲載される読切は、連載想定だったり、ページ沢山だったりして、それ一本の勝負感がちょっと低かったのよ。
GiGi >> ああ、言い忘れてたけど、リリエンタールの「本当の世界」という言葉の使い方がすごくよかった
ルイ >> ふむ。RINNEを推したいが推す気が起きない作品マジックwマウンドでいいかなぁ。こう、難しく考えずにこういう投稿でもいいんだよって作品でもありますよね。
LD >> 「ブラックラグーン」にそんな必殺技出していいのかw>飯綱落とし
ルイ >> 「本物の世界」な。ソラノヲトディスってんのかと思ったw
ルイ >> 書いてるの虚淵さんですからねえw>ラノベブララグ
カルマ >> おっと、違う作業してて完全に出遅れたw
カルマ >> ブラックラグーンの話が出たのでひろえれい先生が表紙描いた本http://www.amazon.co.jp/dp/4861461812
GiGi >> 一番は特に今週は異論ないですw
ルイ >> 「それ一本の勝負感」特にジャンプやマガジンでは見越して描きますからね。サンデーはあまり読みきりの印象がないwチャンピオンは・・・・たまに意味不な読切あるけど、完成度低いw
LD >> それではお疲れ様でした。
ルイ >> けいおんは結局録画できていたのかNE。
LD >> …ん〜、多分…。>「けいおん」
ルイ >> ちなみにカルマさん、GASが使えないのはあっちのストリーミングがどうっつうより単純に僕のほうの問題ですwなかなか使いこなせないぜ・・・
kichi >> おつかれさまでした〜。
ルイ >> ペトロニウスさんはああおっしゃってたけど、僕は単純には「大名ネーム」のアニメ版だと思いましたね。同時に部分部分の演出精度などは大差ないと思いました。
カルマ >> お疲れ様でした〜
カルマ >> あぁ、ダウンロード解析とかね。それもできないところもありますしね>GAS A&Gはちょいと面倒。僕も成功したり失敗したり。
GiGi >> 日曜のラジオですが手元に現物がないのでどうなるか…取り合えず大まかな進行をskypeにでも投げといてもらえれば
ルイ >> 「躍起になっていない第一回」なんて言い方もできるでしょーか。掴みにいってない。それはとりもなおさず、既に「掴めてる」確信があるからできることなんですけどね。
ルイ >> まじすか・・・GAS以上のツールってまだ無いのんですか?
LD >> へい。というか22時開始で21時30分くらいには打合せをします。>ラジオ それから「地獄の家」の話を交えます。
ルイ >> そういえば前PCのデータは基本持ち込んできたはずだったが、今井麻美の超ラジを一個置いてきているな←
ルイ >> なんだろ。「サクラ大戦2」に若干印象が近いか?w>けいおん二部
カルマ >> たぶん一番わかりやすいのはGASじゃないですかね、そんなに調べてないですけど
GiGi >> どういう流れで蒼天の話しようぜってなったのかも把握してないので…取り合えず袁紹の話でもするかなあとか考えてますが
LD >> ああ、まあ特に流れという事もないです。話したいタイトルであがっただけで。僕は孔明と赤壁のあたりの話をしようと思っています。かんでさんは董卓が好きみたいでその話になると思います。そんな感じで後は流れ次第というか……僕もあまり打ち合わせているわけではないです。
カルマ >> あ、これはすごい。音泉からもURL検出できます。で、そのURLをGASに入力すればDLできる。http://www.gigafree.net/internet/streaming/bitanalyzer.html
?さん >> >BitAnalyzer  GASのプロトコル解析との差はリアルタイムであるかそうでないかぐらいでしょうか?
ルイ >> GASの解析、機能しない時があるような・・・ってまだぼくは環境自体がアレなんでもう少しいじってから。
ルイ >> ロジクールのマウス&キーボード割り当てsetpointちゃんがメディアプレイヤーの邪魔したり、色々あるんだぜ。
ルイ >> win7についているWMP12は色々はじいたりその癖アンインストールできなかったり厄介者です・・・おらXPが恋しくなってきたぞっといいつつようやく解決。
ルイ >> おお超ラジさん・・・お久しぶりでございます・・・orz
ルイ >> ちゅか、某声優さんが関わらないとまったく聴かないから気づくのに遅れるんだなw一途すぎるのも考えものだw
ルイ >> ああ、何かやっと聴けた超ラジが愛しい。もう離れたくない。抱きしめたいぞ、超ラジ←
ルイ >> 偶然聴いている超ラジは、西川さんが東京M8.0を語っているでござる。すいません、OPまるっと飛ばして本当すいません。
ルイ >> ガンダムが三国志してるでござる…
ルイ >> 農民ジムの可愛さはほとんど異常
ルイ >> わあ、スタジオダブの少数原画だ。90年代のガンダムみたい
LD >> 【シムーン】1話観た。…よし、大体分かんない!(`・ω・´)
ルイ >> 序盤はサクサク通過すべし


■■■■2010年04月11日■■■■
ルイ >> まさか振れまくっている松井と勝負するとは・・・大リーグは右左の信仰が想像より強いのかしらん。ゲッツー狙えるから一塁埋めるっつっても、松井がゴロキングなのは手首こねる不調時だけだからなぁ・・・
井汲 >> 何となく、BD レコーダーにとるてあドラマ CD を突っ込んでみたら、ネットに接続されてるわけでもないのに「true tears ドラマ CD」と認識してチャプターリストまで表示された…。巷の CD のデータベースを出荷時点で内蔵してる(んで、ネットに接続すればさらに再新データをどんどん取り込んでいける)らしいけど、こんなマイナーな CD のデータまで登録してあるとは(笑)。
井汲 >> まあ最近は記憶装置の容量比価格が本当に下がってるので、これくらいのデータを最初から入れたところで、コスト的には誤差の範囲で済んじゃうんでしょうね。たぶん、うちにあるような CD のデータは、ごく最近に出たばかりのようなものでなければ、全部入ってしまっているのであろう…。
井汲 >> あと、ようやく「ソラノヲト」1話・最終話見比べやってみました。ふむ、「砦の乙女」の言い伝えが、向こうとこっちでどう違っていたのか、やっときちんと把握できました。………で、LD さんはこれについてどういう問題点がある、と仰ってたんでしたっけ?(ちゃんと覚えてなくてすみません)


■■■■2010年04月12日■■■■
備品 >> 鳩プリ10話、作監馬越さん。もうこれだけで説明要らないや
ルイ >> それだけじゃだめだい!馬場さんをはじめとした軍団構成員の皆様がいるのかで、マコッシーレベルの中での上下があるんだい!←ほんとか?
ペトロニウス >> 「大名ネーム」とは?<ルイさん
ルイ >> そうですね。例えばあの作品がちゃんと「掴み」を意識するなら、新勧ライヴを圧縮する手はないだろうと。でも、あの飛車角落ちの構成が成立してしまうというのは、すでに一期のライヴクオリティが視聴者に存在する、という前提ありきの組み方なのだろうなと思いました。だから二期一話だけ見るとパンチも足りないし、魅せるべきところを魅せてない!って思ったりもしたのですが、それが許される作品という言い方もあるかなと。その点での「余裕」の事ですね。あんまりがっついてないな、守りのアニメだなという印象です。
ルイ >> あずにゃんや唯たちの思考などは、まあ一期からツッコミたい所なので、そこは突っ込まないw
ルイ >> ちなみに演奏が描かれない理由は、新勧ライヴに遅れちゃった子に視点を合わせているから・・・という場合でも、それは作中の納得の話で、基本的な印象は攻めにいかない構成なんだな、では変わらないんですよね。
ルイ >> コンテや演出は一期と違いはないと思いました。むしろ違いを感じた人の感覚を突き詰める方が面白いと思う。
LD >> R:井汲さん 問題点というか転換点ですね。「炎の乙女は町を守る」という言い伝えが、別のところでは「炎の乙女は命を守る」だったと。それ自体が何か物理的効力を発揮するわけではないのですが、あのタイミングでそれをいうのは「町を守る」という言葉で立てた“フラグ”が自覚的なものであり、そのフラグが“変わった”事を宣言しているのではないか?という話です。あのラストに対する不満とセットで話してはいましたが、分離した時に炎の乙女の言い換えに何か問題があるとは思ってないです。
LD >> 。o(…ペトロニウスさんは、「大名ネーム」そのものの意味を聞いている気もする…)
LD >> ちょっとニュアンスの説明が難しいですが「受け手」に対する気配りが足りない、あるいは緊張感がないと感じさせるのが前提で、そこにある種の“大御所の驕り”っぽさを感じると“大名”を載せますよね。ちなみにアニメなら大名コンテ、大名シナリオと言うといいかも。
ルイ >> 答えたようなもんだと思ってましたがwいや、好意的にもそうでないようにも使えるとは思っていて、大名の御旗がある事でできること、大名だからやっちゃう事、みたいな二面性をはらんだものとして捉えているのだけれどこの辺人と使い方は全く違う気がするぜ。
ルイ >> そうですね。驕れるだけ余裕があるんじゃん、という・・・好意的ってのは違うか。フォローというか、その優位性も含むといった方がいいか。
ルイ >> >炎の乙女 そう、そのロジックがどうというより、変えて何が言いたかったの的意味の方がおおきいw
ルイ >> 「街を守る」の方に意識が乗ってないので引掛けになってないという表現を僕はしますけどね。街にこだわってないし、なんていうのかな。「私たちは、街を守らなきゃ!だって・・・だって、私たち炎の乙女だもの!」「待ってカナタ!カナタ!…誰かあの娘を止めてー!」「@:;@@:;っl。」シスター「・・・なんですって?皆さん、炎の乙女はまったく違う伝承だという話を、今・・・」 みたいなー。なんちゅか、誤認識の方に誰も動いてないので上塗りの意味を感じない、ぶっちゃけw
LD >> そうですね。二面性があると言えばありますが、まあ一般の大名商売という言葉が持つ二面性の範囲の話かなとは思います。要は運用と文脈。
LD >> >誤認識の方に誰も動いてない 登場キャラクターは一切誰もこの誤認識にも到っていないので作劇場の意味は全くないように思いますね。(何かあるかもしれないけど)つまり、「受け手」の認識に対してシフトを投げかけている…と考えました。少なくとも僕は「あ、替えやがったw」と思ったのでw
LD >> 【会長はメイド様】1話 観た。桜井監督的安定感がある。
LD >> 【Angel Beats】1話 観た。あ、「愉しい」。…アクション・バトル有りの「灰羽」みたいな話だろうか?
LD >> 【トランスフォーマー】1話。 観た。今回は若本さんがメガトロン。どれくらいおちゃらけられるかがミソ…って事もないかもしれない。(←どっちだ?)
ルイ >> ある種のフラグ外しのような効果なのかもしれないのですよね。僕は今伝承の違いを大きく「街を守る」「命を守る」としか認識していないけど、どれくらい取りこぼしがあるんだろう?・・・いや、こちら側に伝わっている伝承が自己犠牲だったりするとわかりやすいのにな、と思って。街を守るという一方に立つニュアンスが、勝手にその辺を含む?
ルイ >> 僕ペトロニウスさんに灰羽って言ったわ、そういやw>AB
ルイ >> 僕らの七日間戦争のような学生闘争臭は、命というもののビューティフルドリーマーと言えなくもない←何言ってるんだ?
ルイ >> 生きる事は闘争であるってヤツですな。はふー。
LD >> 「命を守る」なら、敵の命も、そして自分たちの命も、守るんだよね、というかね。もう少し言い伝えの内容を細かく考えていたかとも思いますが、まあ尺の関係か、意図的にかで1ワードにまとめたように思います。
ルイ >> うん。街を守るは命を含まないけど、命を守るには・・・というのがワンワードでの限界解釈のように思います。ただ、命を守るといってもメガザルのイメージも以前力強く、あれもまた命を守ると言えない事もなく。その辺をワンワードで集約するには言葉が弱い、キレてないという感覚もナキニシモ。
LD >> 本来「命を守る」乙女の伝説が、伝承の流れで「町を守る」話にダウングレードする事は(結果として当然町も守るので)イメージできる話で。まあ、だから本当はそういう物語だったんだよというシフト。
ルイ >> 城塞都市、砦というのがまさに一面からの防衛意識の現れで、伝承もそちらに向けて時の流れとともに削られていったというのはわかる話。ただ、感覚として「敵」自体弱い作りだったので、敵を敵視してたけど・・・っていうシフトはやっぱり「次の1クールの物語」といいますか。何か向いてる方向が揃ってない印象があるのよさね。
ルイ >> 物語の内包しうるものを全部サバっと出した印象ですね。24話で見たかったニャ。
LD >> >敵を敵視してたけど その描写自体が薄いですしね。ある日、“敵”と呼ばれるストレンジャーがやって来ただけで。そりゃ怪我してりゃ助けるだろうという流れが自然になるけど、逆に(潜在的には有り得た)敵視していた敵をどう遇するかという物語は霧散して行きますね。
ルイ >> そうですね。つまりけいおん磁場(わざとこう言います)のまま描かれている以上、怪我しているストレンジャーは絶対助けるんですよ。あそこで他の選択肢のゆらぎは、キャラにも視聴者にもないでしょう。そうなると、つまりシフト後に自動でたどり着いていて・・・いや正確にはシフトがシフトである意味って?というはなしになってくる。それが視聴者に向けてだという解釈をすると・・・ま、何度か言った記憶もあるんですけど、戦争という極限状況下でもっても「けいおん」が押し切るというか、そういう力強い肯定物語にも思えますwほら、けいおんとかって「時間を進めながらも時を止められる」みたいなある種力強い宣言なわけで、あれのシチュエーションケースですねw
LD >> というか終りのあたりの言及になるとどうしても、愚痴がこぼれますけど、ラスト前までの話自体は普通に好きなんですけどねwあのラストだとそれが全て意味無くなるとも思ってないですw
LD >> >戦争という極限状況下でもっても「けいおん」が押し切るというか 全体像をまとめようとするとそんな感じでしょうね。
ルイ >> やっぱり愉しんでるんだなあ。まだしゃべってるんだもんw
ルイ >> 現実時間の中の「ゆるさ」には好意的な大多数が、極限状況下だと拒否反応を示したというのはテストケースとして価値がある作品かもしれず。
LD >> 「愉しい」ですね。それは間違いない。
LD >> ちょっと単純に言うとドラマツルギーに対する直感だと思いますけどね。「ゆるい→ゆるい」という物語よりも「ゆるい→厳しい」、あるいは対案的に語った「厳しい→ゆるい」の持っている“起伏”は多くの「受け手」が求め得るもので、またこの作品はその直感予感が設置されていたと思います。
ルイ >> OPも都市内の伝承同様嘘フラグを含んでいたという事は言えるかも。・・・いや。OPはやめてよw作品外から包むんだからw
ルイ >> 逆もまた然り、な反応を思うほど得られなかったという事かな>起伏の絶対量は同じくらい
LD >> また「ゆるい」物語と言っても、真に起伏がないかというとそうでもなく。ここは安心と緊張のバランスの問題ですよね。逆にいきなり「けいおん」でカタストロフが起こったら、それはやっぱり非難GOGO!でしょうし。
LD >> >逆もまた然り 実は“一周感”を感じないわけではないんですけどねwそうだとしたら、365度前進しても5度の評価だよというか、ここは素直に行こうよとか思いますがw
LD >> 昔書いた「フィクションの構造」の解説で、「共感」と「意外性」のバランスのような話をしているはずだけど、この言葉を「安心」と「緊張」と言い換えてもいいかも。いずれにしてもバランス。
ルイ >> 西村ジュンジュンも言ってましたね。展開は意外性、キャラクターは地続きというか。それってどういう事かというと、驚いた後に納得が追いついてくる程度の足場の確保はされ続けてるって事なんですよね。
ルイ >> だからソラノヲトが最終的にソッチに行くのは構わないんだけど・・・撒き餌が過ぎたかなぁw
LD >> >展開は意外性、キャラクターは地続き 正しい分け方だなあ。キャラクターにはあくまで連続性がないと「受け手」がついていけなくなる。…全く連続予測不能なキャラがいたとしても、それはそれで地続きのキャラと言えますしね。
ルイ >> カナタたちは一貫してああでしたよっていうとまさにその通り。僕がOPとアメイジング・グレイスに勝手に色々なものを付与していただけとも言える。・・・でも、それは意図して組んでるでしょうと。なら、ひっかけ懲りすぎすw
LD >> >撒き餌が過ぎたかなぁw むずいですね。「乙女の伝説」については僕が過敏反応な面もあると思いますけど、戦争と滅び行く世界ってワードは撒き餌では納まらない作品世界の“意味”を成しているから。
ルイ >> 極論、OPがとまっちゃんなら僕かなり静かになってたと思う(本気
LD >> だから「?この作品最初っからこういう話でしょ?あなたたち何を期待していたんですか?」ってしらっと言える事は承知していますけどね。僕も他の作品で使う場面があるだろうし。…でも過敏反応にしろ何にしろ「炎の乙女」の伝説はじめ、それらは確かに置かれていて、それを……まあ、上手く言えないですけど“感動的”に昇華する道をこの作品は持っていたとは思うんですよね。
ルイ >> 同意ですよ。いや、その言い方だと設定埋蔵クラスのこう、遠慮した物言いになりますけど・・・やっぱり僕はOPの顔としての効果って大きいと思っていて、あれはもう「宣言」だろう、って思っちゃいますけどね。
ルイ >> ま、ものすごく贅沢なフェイントとも言えるか。メタがどこまで許されるとか、結局完全な答えはないしなあ。
LD >> まあ、しゃべらせると色々言いますけど、でも大分落ち着いたというか。繰り返しますけどラストの不満点で全部が駄目になっているとは思ってないですけどねw
ルイ >> 落ち着いたのかはわからないけどw考えは進みましたね。お行儀よく肯定する気もあまりないんだけど、この作品はフローチャート作って語ればいいとは思う。「こうならこうでしょ?」が多岐に渡っている、いい素材の作品です。
ルイ >> 先代PCで聴くとラジオが保護されない事に気付いた俺は天才なのかもしれないよ。


■■■■2010年04月13日■■■■
井汲 >> んー、そうか。LD さんルイさん共々、「ソラノヲト」のラストにはもっと何らかの自己犠牲的 or 破滅的、もしくはその両方を兼ね備えた展開を、半ば約束されたものとして期待・想定していた、ということなのですね。
井汲 >> 私は(「けいおん!」を観てなかったこともあってか)そこまで既定のものとしては想定していなかったから、そんなには気になってないですね。「もしそういう展開に至るのであれば、OP が示唆するような宗教的場面になることもあろう」とは思ったけど。ただ中盤以降は「そういう風にはならなそうだなあ」とも感じていました。
井汲 >> まあ確かに、あれだと「滅びゆく世界」を題材に取った意味がどこにもないですね。そういう意味で、やや不整合が生じていることは確かか。
井汲 >> あとあれか、あれだと向こうとこっちで伝承の内容に差があることにもほとんど意味が見出せない、というのもその通りではあります。
井汲 >> 【 Angel Beats! 】 色々と気になるフックを仕込むことについてはうまくやってますね。その筋では有名らしい脚本の人、私は初めて知ったんですが、今の所はいい仕事をしてると思います。
井汲 >> 【 Angel Beats! 】 登場人物が「消える」ことは忌むべきことであると(なぜか根拠もなく)信じてる(「生まれ変わる(下等生物へ、の可能性込みで)」なんてこと、なぜ断定できるのだろう?)という所と、「死後の世界」にしてはなぜか重力やら反動やらに物理的に「縛られてる」あたりのうっすらとした胡散臭さが先の方のポイントになるのかなあ。
井汲 >> 作画が結構大変らしいけど、よく P.A.Works はとるてあ Box の特典パートを作る余裕があったものだ(笑)。
井汲 >> (ところで P.A.Works が担当してるにしては関口さんの名前見かけないなあ。川面さんの名前はばんばん出てるのに。関口さんは何をしてるんだろう?今回は平田さんという強力助っ人にお任せで、早くも P.A.Works 次回作の準備にてんてこまい、とか?)
井汲 >> (ちなみに「灰羽」は BD で出るそうな http://blog.geneon-ent.co.jp/graphid/2010/04/post_17.html
ルイ >> 関口さんはIG出身のフリーなので、別にPAではないのですよ。
LD >> 【岡本喜八監督作品 今何処ベスト8】http://blog.goo.ne.jp/ldtsugane/e/6e67003ada989815a793e29a496908f6
LD >> 続きは後日。
LD >> 【ベイブレード爆】1話 観た。ん〜…どうしようかなあ…。
LD >> 【リルぷりっ】1話 観た。「ミンキーモモ」みたいな「クリィーミィマミ」みたいな…。三人組…かな?
LD >> 【Angel Beats】2話 うん。「面白い」。…それにしても、主人公以外は自殺の線はさっと消された…のかな?w 主人公は登場時、飛び降りっぽく思えたけど。
LD >> 【Angel Beats】「灰羽」よろしく…というか、他のキャラも自殺の記憶を失っていて「でも、あなたたちは今生きようと戦っているでしょ?」みたいな流れをイメージしたんですけどね(汗)
LD >> 【Angel Beats】でも、あの子らには何かの共通点があるはず。年齢だけ…かもしれないけど。今回、死因は隠されたようにも思える。
LD >> 【Angel Beats】記憶を失っていて→失ったままで ですね。「いずれ戻る」みたいに行ったのは自分らも含めた掛け声みたいな感じでw
井汲 >> あら、そだったんだ。てっきり PA の人だとばかり(恥)。
井汲 >> 【 Angel Beats! 】 別に、自殺した人だけがこの世界にやってくるわけではないみたい。1話見直してみましたが、花澤子が「事故死でこの世界に来ることもある」みたいなセリフを言ってました。
ルイ >> あのキャラくらい普通に天使って言いましょうよw
ルイ >> FF13、シドの昇格ぶりときたら…外見ではシリーズベストですね。かっこよさは多分4と2なんですが、並んでくる勢い。
ルイ >> 迷い猫は切るかもねかもねマジかもね♪
ルイ >> 脚本作画構造演技…ひとつとして見所ががが
ルイ >> あ、でも三角形データ収集か。


■■■■2010年04月14日■■■■
LD >> 三角形データ(´・ω・`)うむ。
kichi >> 個人的にはFF13のシド外見は、普通にイケメンな感じであることにどっちかというと残念感を感じたのですがw 役どころは悪くなかったですけど、やっぱシドはかっこいいおっさんがいいなぁ……。あと、12のシドも重要ポジションだったのであまり昇格って印象も受けなかったですしねw
kichi >> ちなみに個人的には7のロケット親父がベストシドかなぁ……?
kichi >> ……現状では4作品しかない(まだ増える可能性はありますが)今期の無料配信アニメの一つなんで、迷い猫は見るつもりなんですが……そうですか、見所ないんですか……(´・ω・`)とりあえず明日にでも1話見てみよう
ルイ >> まあシドの声が中村悠一になる日がくるとは、15年前は思わなかったですねえ。いや、中村悠一しらなかったけどw
ルイ >> けいおん。
ルイ >> また、ゆとったギターがああ
ルイ >> またレスポールだよおお
ルイ >> ギータに苛立った思い出カムバックだぜー
ルイ >> ふぅう
ルイ >> >井汲さん いえ、まあ2作品連続でやってますからね。
ルイ >> 関口さんは攻殻の仕事で注目されて、クオリティ底上げのキーとしてPAに呼ばれたわけです。つまり関口さんを起用するという事は自分たちが未熟な事を認め、その上で一定以上の速度でクオリティ底上げしてくれる人を求めていた。
ルイ >> 堀川社長の考え方を読むに、本来CANAANで連続関口、というのもちょっとした冒険だったとは思います。同じキャラクターデザインを続けるとタッチが固定化されてしまう恐れもありますし。よほど一作目のtrue tearsで手応えを得たのか、それとも「僕らにはまだ関口さんが必要だ」だったか。なんにせよ今回は一度そこから離れてやってみた、という形のようですね。っていうか、それより背景仕上げも今年中に自社になるっていう予定の方が凄い。背景のクオリティ落ちたらPAなんてららーらー♪
LD >> ペトロニウスさんに近日、何かアニメを貸し出してくれと言われている。(`・ω・´)
LD >> 僕としては一本目は「ソ・ラ・ノ・ヲ・ト」を薦めた身として「このラストどうなのよ?」シリーズとして「喰霊−零−」が確定しているのだ。(`・ω・´)
LD >> すかさずルイさんに、ラストじゃなくて転換点じゃあ?とか言われそうだけど…。まあ、そこはそれとして。
LD >> 二本目は何がいいかのう…「青い花」にしょうかとおもっちょるんじゃが…。


■■■■2010年04月15日■■■■
井汲 >> (いや、あのキャラ自分では「私は天使なんかじゃない」って言ってるしさ(笑))
井汲 >> とるてあイメージミニアルバム、昨日到着。うん、やっぱり eufonius の歌声は綺麗だな。正直、曲数の割には高い値段だ、とは思うけど(笑)。まあ、「信者」の末席を汚す自覚を持って、「お布施」として受け入れるか。
ルイ >> ま、そういう事ですw
ルイ >> 喰霊は漫画を先に読ませておくと こうかは ばつぐんだ!
ルイ >> ラストっつーか・・・逆算で色々選択肢が出るあたり、ソラノヲトに通じるものはあるのだにゃあ。
井汲 >> くそう、無線 LAN が調子悪くて、しょっちゅう接続が切られる…。
井汲 >> ちなみに、岡田さんが最も観たかった場面ってどこだったんだろう。やっぱりラスト付近の「ぐんぐん、たたた」なのかなー。
井汲 >> 【 閃光のナイトレイド 】 第2話は作画がちょっと残念な出来(特にバイオリンの演奏作画)。「ソラノヲト」でラッパ作画監督を立てたようなことは難しいだろうけど、次回が正念場かなー。全然関係ない話だけど、川澄綾子をナレーション専任で起用するというのは珍しい。
井汲 >> ペトロニウスさんに見せるアニメといったら、当然「ストレンヂア」一択でしょう!!!無理やりにでも見せるんだー(笑)。
ルイ >> うーむ。今回のBOXで森田さんの事をクローズアップしていたし、何気に愛ちゃんエピソードだったりするのかも。>見たいシーン
ルイ >> それ、僕も前LDさんち言った時質問したんですよねw>ストレンヂア
ルイ >> 僕の読みとしては、桜子たちとのエピソードかなあと思ってオリマス。ちなみに僕の好みでいうと、眞一郎が地べたと話しているシーンは、後ろの方に乃絵を描いていたら究極。
ルイ >> ヂアはイーストウッド好きならいける←
井汲 >> (井上ひさし追悼で、先日買ったこの CD を聞き返しました。http://columbia.jp/prod-info/COCX-35989-90/ 「長靴をはいた猫」の挿入歌の歌詞に、井上ひさしのセンスがびんびん感じられる。「はなれられない友だちさ」の言葉遊びの部分や、「カラバ様万歳!!」の底抜けに明るい雰囲気が特に好き)
ルイ >> ↓わ、クニ河内さんがいる。羨ましい。
井汲 >> > 後ろの方に乃絵を描いていたら 眞一郎が乃絵の様子をこっそり気にかけていたのと同様、乃絵の方もまた眞一郎のセリフをそれとなく聞く、ということですね。きれいな対照をなしていていいですね!
井汲 >> もちろん、桜子たちとのシーンもとてもいいー。
ルイ >> http://www.youtube.com/watch?v=CZMRzvmuEus クニ河内さんは本当に凄いという事がわかる曲。60年代にこの曲ですよ?明らかに早すぎるでしょう。
ルイ >> 時代的にグループサウンズとして括られているのだけれど、英ビートの影響あ殆どないので本当は音楽畑からして違うんですよね。まあ、そういう異物すら引っくるめてジャンル形成するのって嫌いじゃなくて、例えばニューウェイヴなんかもどっからどこまでやねんwと思う事が多い。それは音楽ジャンルを超えて、一文化なった事の証なんですよね。だから色々含む。時代性と結びつくから。
LD >> 「ヂア」は既にDVDを買って貸し出したのですがまだ観てもらってない気ガス…(´・ω・`) まあ、ナイスアイデアなので、もっと強く押してみましょう。
カルマ >> おおう、ムダヅモアニメ1話無料配信か。http://www.animate.tv/anime/details.php?id=38&d=1


■■■■2010年04月16日■■■■
ペトロニウス >> ストレンヂアは、、、LDさんにかりっぱなしです・・・(すみません


■■■■2010年04月17日■■■■
LD >> 今、終電車です。ちょっと遅れそうです。
?さん >> 今駅
LD >> |・ω・`)ノうい!
LD >> なんか、外、みぞれ?かな?が降り出したりして電車遅れたり遅れなかったり。
LD >> 東芝のREGZAという新しいTVを買おうとしているのですけど…。
LD >> これが大人気で何か品薄なんですよね。
LD >> む?これは「大魔神カノン」か?
LD >> それから「刀語」の日だな。今日は。
LD >> む…今日は人が来ないのかな?
LD >> 長門裕之だ…。
kichi >>        ……こんばんわ〜(´・ω|
LD >> 「勇者スレ」読むか…。
LD >> こんばんはんばんこ。
LD >> こっちは、みぞれだらけです。(´・ω・`)
kichi >> 私も今読んでましたw>勇者スレ
LD >> そしてさっきまでペトロニウスさんたちと飲んでいたので、休まずチャット突入です。
kichi >> 珍しくこっちでは降ってない状態かな?いや、今は分かりませんが、会社から帰ってくるときは降ってなかったです。
GiGi >> オバマ大統領は度胸星でも読みましたか?w
LD >> これ、めちゃくちゃ「面白い」ですよね。全部読み終わったらブログにまた何か書こうと思っているのですが…。
GiGi >> まだ読みきれてない…ゆうにラノベ1冊分くらいはありますねw
kichi >> 面白いですねぇ。素晴らしいですねぇ。なんというか、これまで人類が手にしてきた叡智や思想をありったけ注ぎ込んで書かれているというか……。ほんそ素晴らし過ぎです。
LD >> 本気で“その先の物語”を描いてくれています。とりあえず“誰か”見つけてアニメ化含めてディアミックス展開しれ!(`・ω・´)とか思っています。>「勇者スレ」
kichi >> まだ7スレ目ですw
LD >> ラノベ一冊以上ですね。しかも、文体に本気で無駄がなくて、それでも大量には違いなくても、この量でこの物語が書ける事を見せてしまっている。恐ろしいことに。
LD >> 早いですね。僕は6スレ目です。
GiGi >> アニメには向いてなくってゲーム向きなんじゃないかとは思った。取り合えず書籍化はすべきだ。作者特定出来てるのかな?
LD >> どことなくオバマ大統領の顔つきは、山田芳裕の絵柄に似ている……というか「デカスロン」のオブライエンって、オバマにクリソツでしたっけ?
kichi >> ああ、そうですね。私もアニメにするのは難しい気がしてましたが、ゲームならいけそうかも……? 大変ではあるでしょうけど。
LD >> 真の意味ではアニメに向いていないのは同意。…単に広める媒体として上げました。ゲームといってもサウンドノベルなのがいいかも。
LD >> 本当はこの文体が生きるようじゃないと、この物語の美しさが減じてしまうんですよね。コミカライズさえダメでしょう。
GiGi >> 典型的なアメリカ黒人顔なので似ているといえば似ていますねw
LD >> じゃ、似てないと言えば似てないかw
LD >> まあ、とりあえず、この作者にお金を儲けさせてあげなさいとw>「勇者スレ」
LD >> さて。そそくさと今週の一番はじめましょうか。
LD >> ジャンプから…って「勇者スレ」読んでたりします?w
kichi >> まぁ確かにw>儲けさせてあげなさい   ……ほんと、どういう方が書いたのだろう……?(汗)
kichi >> とりあえず一区切りしましたw>勇者スレ
GiGi >> 火星着陸じゃなくて火星軌道が目標というのがミソですね。明らかにその先を見越した計画でしょうね
LD >> ほうw>火星軌道 今日の飲み会で話していたんですけど、やっぱアステロイドだよw
LD >> ジャンプから。
カルマ >> こんばんはー
LD >> 「べるせバブ」、やはりヤンキーバトルになると「楽しい」ですが……姫川って、邦枝さん好きなの?
kichi >> ……ん〜、どうなんでしょう? 特別そういうわけでもなさそうな気はしますが……。個人的にはいよいよ夏目の実力が分かるのかな?って辺りに注目です>バブ
LD >> 「リボーン」は……。
LD >> 夏目の格ってなんであんなに温存されているのでしょう?w…なんだかんだ言って東條より弱そうなんですがw
kichi >> 「リボーン」はよくわかんないです……(´・ω・`)まぁイカレ気味なおにゃのこが二人登場してたりと楽しげで良いですが……
LD >> 「ナルト」は……。
kichi >> 気になりますよねぇw なんかあってほしいんですが、どうなんだろう?w>夏目の格
LD >> 普通なら、ここで仕切り直しはいいんですが…なんかなあ……また横道にそれないか…というか構成の形が悪くならないか不安。>「ナルト」
LD >> ぶっちゃけ、正体は魔界住人くらいじゃないと意味深さの埋め合わせができないんですけどw←これだとしたら、むしろ伏線の張り方が足りないくらいなんですよね。
LD >> >夏目
kichi >> 「ナルト」は……、まぁ、なんとなく想像はついてたようなことですが分かりやすく説明があったりで悪くはなかった……かなぁ? まぁ、整理しつつも余計な線を増やしてる気がして不安というのは同意w
LD >> 「黒子のバスケ」は、青峰が第一変身して、黄瀬を倒して「わたしの変身はまだ二段階分残っている…」とか言わないといけない状況。(´・ω・`)
LD >> 「バクマン」は、シュージンたちの新連載獲得を前に、何か服部さんにモテキがやってきていますが…w
kichi >> ですねw 変に謎なだけに、本当に単純に魔界住人ってことじゃあまり面白くない気はしちゃってたりして……、ちょっとハードル上がりすぎちゃってるという意味でもなぁ、大丈夫なのかなぁ?w>夏目
LD >> それと「ナチュラル」のレベルが落ちている…という流れがどうなるか。少年マンガ的に言えば、レベルの落ちていないフルパワーの新妻エイジと勝負したい所だけど…。
kichi >> ……青峰の格に傷つけちゃならないだけに描き方が難しいところですなぁ……(`・ω・´;)>二段階分残ってる
kichi >> 「バクマン」は面白いんですけど、やっぱり熱血志向強いんだなぁとか思ったりw とりあえず修行させて具体的戦術はなしなのかよ!w
カルマ >> 黄瀬の扱いを変に噛ませ犬にして欲しくもないですし…難しいなぁ>黒子
LD >> 青峰の求めていた数少ない“敵”で、かつ、黄瀬の格も落としたくない……難しい命題ですが、ここを超えるとドラマの形がぐっと良くなると思っています。>「黒子のバスケ」
kichi >> 「ナチュラル」に関しては、この段階で問題が浮き彫りになってるわけですし、フルパワーで激突できそうなイメージはありますね。
カルマ >> 「バクマン」最後に突き放してきたのは…まぁ、良いんですかね?
LD >> 「ブリーチ」、ギンの13kmの卍解のシーンの背景……リテイク!(`・ω・´)この回のキモだ。やり直せ。「エアギア」の大暮維人先生のアシでも連れてこい。(`・ω・´)
kichi >> あー、たしかにw>リテイク   「長さ」を見せるアングルではないしなぁ……。
ルイ >> ういー。ちょっと帰りたてで色々、というか風呂も入りたいのでwヒットアンドアウェイ参加。
カルマ >> さっぱりインパクトがなかったですねw>バンカイ
LD >> 「ぬらりひょん」ああ…、茨木童子、なんか強そうに見えたのに、ここで倒されてしまうのか?
ルイ >> 「黒子」の身体能力だけなら青=黄、というのは「言い切り」ですね。読者はそうも思えていないところがあったのだけど、火に宣言させた。
ルイ >> 「バクマン」はやっぱ港浦さんは先週では凄くなってなくて、今週でってタイミングだと思います。先週はとりあえず乗ってみた。まあそれも成長とh言えるけど、かっこいいというレベルとなるとこっから。小畑先生も目をキラキラさせてるし。
kichi >> 「トリコ」、グルメショーウィンドーの最期は美しくて良かったですねぇ……。
ルイ >> 「ブリーチ」構図やアングルは悪くないと思っていて、後ろにAKIRAくらいの背景よこせってことですね。
LD >> 「めだか」は、喜界島もがなさん、どのくらい活躍できるのだろうか?
ルイ >> 「トリコ」はむちゃくちゃいいですね。四天王っつっても上のレベルからすると「世話をしなくていい」程度の扱いに収まるのが素晴らしい。
kichi >> ああ、それは私もちょっと思ってました。先週の時点では実はサイコーが思ってたほどには港浦さんは成長してなくて、そのギャップのすり合わせはどんな形にするのかな?(溝にする段階とは思えないですし)というのがあったんですが、今回無理なくすり合わせましたね。
ルイ >> 「ぬらりひょん」も最近なかなか読みづらかったんですが、今週はコンパクトでよろしかったです。ただ、階段バトルで同時にここも消化してくれって思うけど。どんな優遇?
ルイ >> 読み切りは・・・マサルさんの影響から抜け出るのはなかなか難しいね。
LD >> 「ロックオン」は淡々とふつうの話をやっていますが……線が荒れてきたかな?
kichi >> 「ぬらりひょん」はやはりサブキャラエピと割り切って読めばなかなかいい感じです。……ただやはり、なんで今なのかとw
ルイ >> 「ロックオン」ああ、この見せ方はそれこそリテイク。もっと描ける子だと思っていたのに(?)!! ただ、主人公の見せ方はいいです。おにゃのこの色気が出せてないならこんなシチュエーション持ってくる意味ないって言いたい。
ルイ >> 「スケットダンス」はここ、圧縮してないのがいいかもしれない。サーヤ嫌いだけど←しつこい
カルマ >> 先週は言いなりになってるだけという感じでしたよね。今週はある程度自分で考えてるところが描かれてて>港浦さん
kichi >> 「めだか」はやはり来週のもがなさんの活躍に期待!ですね。「呼吸1ヶ月止められる」は素敵なハッタリw
ルイ >> ベタな展開ほど、速度ゆるめて描く事でどうでもいいところをしっかり魅せる力ってのが問われるな。
ルイ >> 「めだか」はいいんじゃないでしょうか。ゲッタ−3をどう活躍させるかって意味で。
ルイ >> 「四ツ谷先輩」やー面白いけど終わるかな。
LD >> 「スケットダンス」が、けっこう緊張感のある展開になっています……なんぞこれ?w
kichi >> 「ロックオン」個人的には今回かなり良かったです。「二番目に悪い」をしっかり言ったのが素晴らしくて、ちょっと泣けた。
ルイ >> 主人公はいいんですよね。そこは同意>ロックオン
ルイ >> 「サイレン」は凄くいきいきとしてNPCバトル…っていうより、ギミックのかみ合わせ考えるとブラックホールとかより当然面白いしwナイスバトルです。
ルイ >> 「保健室の死神」がどんどん良くなっていて、ほんとこれは「マディ」を晒し上げ(おい)する為に買うしかないなと
カルマ >> んー、大ゴマで女の子ちゃんと描けとは思いますけど、「二番目に悪い」はかなり良かったなぁ>「ロックオン」
kichi >> 「スケットダンス」も面白かったですねw 思ったより展開遅いですけど、確かにここはじっくり描いて正解だったと思える可笑しさでしたw
ルイ >> なにせ、しばらく前から言い続けていた「ブチ抜きで全身画描くべき」を体現してくれていて、おかげで漫画全体の風通しもよくなっておいる。藍本先生はほんと成長してる。素晴らしい。
カルマ >> ボッスンとヒメコの漫才が炸裂してて良かったですねw>スケット
LD >> 「四ッ谷先輩」は、良かったです(少し落ちるけど概ね)。…次に期待…ってか、ああんwなんつ〜つらい連載なんだ。バトル行こうぜ!バトル!w
ルイ >> シチュエーションコメディみたいなものですね>じっくり描いて このワンシチュエーション自体はもう定型で誰もが読み飛ばせるんだけど、実際そうなったら?という所を全部潰して(描いて)みせた魅力があると思います。
LD >> 「マディ」なかなか見つからないんですよw
kichi >> 「四ツ谷先輩」はやはり巧くて好きです。今回もヒロインを使ったオチで、手軽に回してない……っていうか、ただでさえ厳しいネタなのにさらに凝った展開を見せてて素晴らしいです。絵もいいし、個人的には生き残ってほしいのですけどねぇ……(´・ω・`)
ルイ >> 生き残らなくていいんでない?wクオリティ維持してれば声かかるでしょw
ルイ >> 保健室は伸びているので、それこそ生き残ってもらわないと泣いちゃうのですよ。
カルマ >> 「四ツ谷先輩」個人的には良かったですね。上手いですわー
ルイ >> 「HUNTERXHUNTER」(おお、googleIMEすげえ!)は、ピトーがどこから気付いているかがポイント・・・か?
LD >> 「保健室の死神」、ほんっと上手くなっていますよねえ…。ただ、連載終わったらビジネスジャンプとかに行ってしまいそうな上手さでもあるんで、今度はギミック&ガジェットあたりに気を配ってみて欲しい。
ルイ >> 最初の通信が嘘と気づくか否かってところから分岐が起こってる気がする。カイトの話もフェイクっぽいけど予断許さないですね。
LD >> ぶっちゃけ、小さな音は、ゴンも聞きつけると思うんだ。
ルイ >> 「リリエンタール」は明らかに巻きですけど、良いまき方です。オアー猫が出てきた時は普通に感動した。
ルイ >> むう、人間の聴覚はいかほどか。
kichi >> 「保健室」は久々に一話完結話で、やはり良かったですね。一話完結話でも変化は描かれている辺りも好感触です。
ルイ >> こんな中で一応ハデス先生もひとつ仕留めてたりね。マナーとして挟めたんだろうけど、超圧縮だwページ開いたら終わってるw
カルマ >> 今のゴンなら嘘かどうかは識別できるようにも…そうでなきゃ涙は見せないかなぁ>カイトの話もフェイク
LD >> う〜ん、通信だけで確認していない事に、ピトーがどれだけ確信持って動けるか?という所でしょうか。ともかくあらゆる意味でゴンとのここまでの約束は果たそうとしているように思える。
kichi >> 「ハンタ」は……どうなんだろうなぁ? 嘘には気付いていそうに思うんですが、それだとわざわざあの通信の描写を入れた意味も薄くて微妙ではあるんですよね……。あ、私はカイトの話はフェイクじゃないと思ってるのですが……、う〜ん。
ルイ >> それも思いますね>ゴンなら気付く
LD >> サンデー行きましょうか。
ルイ >> んーと何が言いたいかというと、嘘を言ったなら通信も真に受けて精神揺さぶりにいった事になるし、本当なら倒す為とかじゃなくゴンに応えるためってことで、それくらいの判断力があると通信も疑えるか?と。こういう分岐が色々見えてくるという事ですね。
ルイ >> だから通信描写は必要なんですね、読みを増やす為に。
LD >> 「ハヤテのごとく」、さて、いよいよクラウス退場か?
ルイ >> 「サンデー」ま、じいさまが有耶無耶にしてくれるんですよね。
LD >> 僕がピトーを「読む」と、嘘かホントか分からない情報では動けない。故にともかく約束を履行するあたりかなと。
ルイ >> たぶん畑先生なりにあだちりスペクツなネームを切ってくるであろう。
ルイ >> 「ケンイチ」も
LD >> 「ケンイチ」は、何故か宇喜多にモテキが…。(←モテキ、モテキゆーてる)
ルイ >> 素晴らしいお話ですね。
GiGi >> リリエンタールは本当に申し分ないですねえ。リアル山久さん?に感謝w
ルイ >> リリエンタールの道具に帰れとか、いい展開ですよね。生まれてしまったものをどう肯定するかというテーマがあって。
kichi >> ああ、個人的にはカイトの話は本当と結構確信的に感じちゃったものですから、あまり読みが増えたように感じなかったのですよね。でもまぁ、ここまでは本当だけど、ってパターンも考えてますし、“意味の薄さ”なんてものを想定してることからいっても、読みが増えてるのは確かなんで面白さを増している描写であること自体には同意です。
LD >> 「マギ」は良いね。シンの格の大きさがいい具合に、場を転がしている。
ルイ >> 空想という名の嘘をリアルにする能力をもった存在は、実はその存在自体が嘘だったのだけれど、しかしその嘘が生み出した日常という名のリアルがあると。←わかる人にしかわからない
ルイ >> 「マギ」はたぶんベスト解答に近いんじゃないかな。おみごとでした。
kichi >> 「リリエンタール」はたしかに良い巻き方ですねぇ。
カルマ >> 「マギ」素晴らしかったですね。国を思うメンバー以外を散らしたのも上手い
kichi >> 「ハヤテ」は……いろいろツッコミたいけど……、まぁいいかw
LD >> 「マギ」も基本的には「勇者スレ」に近い事をやろうとしている物語だと思うのだけど、ちょっとマンガでは追いつけないくらい、先のものを書かれてしまったなあ〜。まあ、週刊マンガには週刊マンガのやり方がありますがw
ルイ >> 先週言ったけどシンドバットとしては貿易回復させればいいはなしで、基本的な足場が「自分のくにの為」から一歩も動いていない。それが読者に浸透しているから、行動に無理がない。ま、傀儡っちゃ言い方悪いけど、親シンドバッドの国に変えちゃうってのも一つの手なんでね。
GiGi >> ピトーが本当はどうするつもりだったのか、なんですよね。ひとつひとつ紐解くと、直前まで「カイトに生き返ったフリをさせる」つもりだったんじゃないかと。そこから先の読みを口にするのもたいがい野暮ですね
kichi >> 「ケンイチ」良かったですね。……う〜ん、良かったとしか言葉が出ないなw
LD >> 霧の団の膿を抜いた上で、王国打倒の体勢を作ろうとしているんですよね。ほんとに、どこの時点でそのつもりになったのか…w>「マギ」
ルイ >> シン様はその都度行動切り替えていくタイプですからね。異常にレベルの高いケセラセラというか。
ルイ >> 最後のPとか最高ですね>ケンイチ ここまで言ってもまだ弟子と師匠という差がはっきり存在していて、でも地続きだって秋雨師匠たちが言ってくれてるんですよね。
LD >> 親シンドバッドの国、これをそのまま煌帝国が黙っているか?とかね
LD >> 臨機応変な男である事は間違いないですね。これで、最初にシンから道具を奪った男たちとの方でも理由がついたらちょっとすごい。でも、どうやらあいつら義賊に近い連中みたいだけど。
ルイ >> シンドバッド、アリババと闘いながらアリババの王の資質確かめてるんですよねw凄いなw
GiGi >> スーパー宇宙ネコの「なぜだか力が湧いてきました」というセリフが素晴らしくてそれがなぜなのか読者はみんなわかっているという構造の美しさ。
kichi >> 「マギ」素晴らしかったですね。シンドバットは思った以上に懐深い人物だったようで、ちょっともう単純な構図にはできなくなったんで大変そうだなぁ……とか思いつつ、でもそれは“先”を描ける人物ってことですからねぇ、今後が楽しみです。
ルイ >> 「アラゴ」死亡フラグ振りまいた上に今いないというルパートを、敢えて今週に収めずひっぱっているという所に偽リオに通じる作者の味を見るのごたる。
ルイ >> 全部カタカナだとなんかかっこいいなw>スーパー宇宙ネコ
LD >> 「あおい坂高校」は実にあっさりした終わり方でござった。二階繰り返す事にあまり意味はないという見切りが……なんか一期一会に近い感慨を起こさせる終わり方ですた。ご苦労様。
カルマ >> (神谷浩史のオールナイトニッポンを聴こうとしたけど聴けない…)
ルイ >> トゥーリオ漫画は。マガジンのGETSPORTSと共存共栄狙ってるのか。まず日本代表をなんとかしてくれ。
ルイ >> 「あおい坂」は春の優勝校どこなんなーん?
GiGi >> アリババの人物を見定めてますねえ。アリババの反応を伏せてるのは来週見せ場を作るんでしょうね
ルイ >> 「チルドレン」あー薫だけじゃなく三者並立なら面白いだろうに。
kichi >> 「あおい坂」はあっさりでしたねw でも悪くはなかったです。  ……しかしメジャもたぶん近々終わるのでしょうし?3つもあった野球マンガがバタバタと終了なんですなぁ……。
LD >> え〜っと……「キングゴルフ」、皇帝瓜生くんドラコン勝負で終わらせるの勿体ないです。(`・ω・´) その後も出すこと!いいね?
LD >> あだち先生が連載する少年サンデーの野球マンガに、春の選抜はない。(`・ω・´)
ルイ >> 別にここだけでいいじゃんwで、テレビで観てクダ巻くんでしょ?
ルイ >> ですね。夏>春ってまあ確かにそうなんだけど、高低はっきりしてますw
カルマ >> うーん、きっとドラコンのための身体を作ってきているからなぁ…>皇帝
ルイ >> 「ツール」のローランのおかげで、妹がいなくても楽しく読めているでござる。
kichi >> ……そ、そうかなぁ?w>皇帝勿体ない
ルイ >> 孤立すなぁw
LD >> 「ツール」、「楽しい」のですけど掲載順後ろの方だね…。
ルイ >> 「オニデレ」話数調節乙。99.5話って思い切り本編じゃないかw
ルイ >> あのミステリとアスクレピウスをクラブサンデー流しして・・・←お前反対派だろ!
kichi >> 「ツール」なかなか良いのですけどね……。なんで未来のフランスロード界をしょって立つ男がこんな弱小っぽいチームに?と気になったりはしますがw、そこら辺も何か設定組まれてるかな?
LD >> う〜ん、なんかドラコンで負けるから、その時点で既に格落ちするってネックはあるんですけどね。でも、ソースケの元のライバルとかあんまキャラ立ってなくって好きじゃないのよw
カルマ >> 「ツール」楽しいですね。 弱小っぽいチーム<地元とかあるんでしたっけ…?
ルイ >> ジュニアカテゴリーだからってのはあるかも。自転車の世界ってようは強いチームいってもエース待遇を手にしないと真の栄冠は手にできないわけで、その辺F1に似た色々がありそうですね。カペタ参照。
LD >> マガジン行こうか。
GiGi >> あお高は、このメンバーで二連覇出来るほど高校野球は甘くないというギリギリのリアリティーと、それでも可能性は否定しない、いい余韻のひきかたでしたね
kichi >> ああ、なるほど。>エース待遇を手にしないと
ルイ >> あ、そういう線引きあったんだw>高校野球は甘くない
LD >> 「ヤンメガ」、足立さんのターンに入ったのか?
ルイ >> 「ヤンメガ」は元メガネさんの出番ですね。久方ぶりやな。
ルイ >> やってる事はクラナドの渚ンガゴゴ
kichi >> 「オニデレ」、このパパさんのキャラは好きだなぁw ありがとうすら言えないゾンザイな扱われ方が楽しいですw
カルマ >> 「ヤンメガ」ちょっと安心しましたw
LD >> というか、爽やかになった狛くんとの対決とか、爽やかになった(?)神木との対決とか…って負けたみたいだけど、まあ、そういうの諸々ある可能性(ネタ)をスパッと切って幕引きっていうのは清々しくていいんだよね。>「あおい坂」
kichi >> 「ヤンメガ」は花さんのターンに入ったっぽいですね……。ま、八王子さんもレギュラー定着はしてますし、そのうちちゃんと激突してほしいのですが、どうかな?w
LD >> 「エデンの檻」何度もいうが、メガテリウムとまともにやりあえるのは化けもん過ぎるだろう。
ルイ >> まーなんかサンデーはこういうゴーズオンのメソッドがあるように思えるw
GiGi >> 皇帝はライバルたりえないけど、コーチ陣に入閣みたいな展開はありかもですね>キンゴル
kichi >> 「エデン」は……鍵パンチTUEEEE!!w
ルイ >> ダイヤのAは逆転負けですね。
ルイ >> 「エデン」はハーレム陣皆見てる前でかばいイベントってあたりがさすがです。
カルマ >> あぁ、筋トレのコーチとかはよぎりましたが、ちょっとゲスが過ぎるかなと>コーチ陣
GiGi >> 矢頼チートすぎるだろおい
ルイ >> 「ABOUT」の変な脱力感癖になってきたなー。なかなか良く回っている。
LD >> しかし、内語入りで先生助けているのが、かなり主人公だなあ…矢頼。
GiGi >> さて、輝先生はたったフラグをどうへし折るのかw
ルイ >> 輝先生は予想通りですが、思ったよりキュンタイミングが速攻だったw
ルイ >> 「フェアリーテイル」はエルザ対エルザ。まあね。わかってたけどね。
GiGi >> フェアリーテイルはストレートなサブタイだけどあんまりメインじゃなかった意外
LD >> メガテリウムに囲まれたこの状況を手負いの矢頼が突破したら、すんげえヒーローですよ、こいつw
カルマ >> 輝先生早いですねw
ルイ >> 「ベイビーステップ」はここにきて利き腕ギミック登場。これは一回ブレークされるか?決勝って1セットマッチでしたっけ?
カルマ >> 「フェアリーテイル」のゲームもモンハンフォロワーか…いや、真島先生的には願ったり叶ったりか。
ルイ >> 「超人学園」こういう鬼が泣いちゃう話は俺弱いのよ。
ルイ >> 真島先生ってモンハンG描いてましたよねw
ルイ >> 「GE」トレンディすなぁー。
LD >> ん〜確かに、このフラグ、いつへし折るか分からんw……感覚的には早い気もするが…。正直、綾乃さん問題は、山岡さんと栗田さんはいつ結婚するの?くらいにまったり感があるし…。
LD >> 「A-BOUT」は何でしょうねえ〜この回wいや、緊迫感と脱力感が入り交じっていて好きでしたがw
カルマ >> 真島先生モンハン好きだし嬉しいと思いますよ。
kichi >> 「ベビステ」はここにきて結構基本的問題ぽいとこに左右されそうな展開なのですねぇ。少年マンガらしく真剣勝負を真っ当してほしかった気分もありつつ、しかしこういう落とし穴があるのは実にベビステらしくもあり……、むぅ。
カルマ >> 「アバウト」大ゴマのオニギリで吹かされますねw
ルイ >> 綾乃さんのためのせかし要員なんで・・・
LD >> 「君がいる町」……………(´・ω・`)
ルイ >> そう、大ゴマで笑ってしまうw>アバウト
ルイ >> 今も昔も学園祭のお化け屋敷ってこういう使い方だよねっていう>君がいる町
kichi >> 「君町」なー……(´・ω・`)
カルマ >> 「GE」主人公には元デブ子さんで自信を付けて欲しいなあ。彼女とは行くところまで行ってくれていい。
ルイ >> 最初は主人公の意味不明なところとか好きじゃなかったんだけど、もうそれがアバウトのアバウトな(?)持ち味になってきつつありますね。
ルイ >> ああ、面白い意見だ。>GE オタクほど信仰じみてはいないでしょうけど、処女幻想みたいなものは根強いことは根強い。そして男の場合あまりそういうカウントがされないw
カルマ >> 「君町」………・
kichi >> なるほど、たしかにアリかもですね……。>行くところまで行ってくれていい
ルイ >> あっちいってくださいって言われてるのなw
ルイ >> 「一歩」なんとまともなボディブローだったでござるよ。
LD >> 「むろみさん」のハーピィは…かわいい……のだよな?
ルイ >> 結構絶妙>ハーピィ 頭だけ突出してるから、そんなに擬人化された印象もない。人面鳥。むろみさんたちは人面魚に見えないのに。
kichi >> 「超人学園」は私もこの手の話には基本的に弱いですね……。まぁ、ちょっといろいろと拙さは感じつつも好きです。
カルマ >> なんか、今のままだとメインヒロインと並べない感があるんですよね>GEの主人公
LD >> 一歩のボディーブローは蓄積としても効いいてなさそうだったのに。なんか描写ずっこいですね。
kichi >> 「一歩」はあのペチンボディーブローがなぁ……、さすがにちょっと説得力が……(´・ω・`)
ルイ >> 99までは経験値にならない。100になった瞬間レベルアップ。RPGですな>ボディブロー
カルマ >> 今週のハーピィ餌付け可愛すぎるんですがw いや、でも動物的な可愛さですよね。
ルイ >> 一歩って、実際「ぺちん」って擬音つけてましたよね?勘違い?
ルイ >> 擬音とダメージの間に齟齬があるって、漫画表現としての反則トリックみたいでなんか気に食わねぇだ。
カルマ >> 同じ場所に当て続けることに意味があるなら、あんな弱々しいぺち、じゃなくて「軽いからたいしたことない、気にするな!」くらいで良かったですよね…>説得力
LD >> 「ガマラン」は、ふむ…。
kichi >> 「むろみさん」ハーピィ可愛いですねw ペット的な意味でw
ルイ >> 攻めてる最中だから気に止めない!だと、漫画のコマがそのもの「ウォーリー主観のコマ」になるんですよね。ただ、音ってのは皆が聴くものだから・・。
LD >> そんな感じでしたよ。>ぺちん 下手すると「ぺたん」くらいだったかも。まあともかくタ明しのネタとしてはいまいちなんですよね。
LD >> チャンピオン行きましょうか。
ルイ >>
ルイ >> 「スマッシュ」の最終回、時が二度飛んでいたw
LD >> 「バチバチ」の川さんはどこまで行くんだろうか?w
ルイ >> 一度目は完全に美羽の髪伸ばすためだけっていうねw
kichi >> 「スマッシュ」最終回、ベッタベタにベタでしたが良かったですねw
カルマ >> 「ガマラン」、守備が間に合ったコマなんですけど、間に合わせようとすると上に持ち上げる動きになって、ガマが邪魔で戻せそうにないんですが…
ルイ >> 「我間乱」←IMEつえええ!!! は、戻す動きは気になりますが、突く払うな動作が入ったのと、踏みつけた時足が切れた描写が結構好き。
LD >> 「弱虫ペダル」、実はいろいろ内語逞しい御堂筋の負けフラグが立ったように見えましたが、とりあえず金城たちと一直線に並びました。
ルイ >> ちょっと詰まっちゃってるんですよね>スマッシュ 本当は半年後を挟むなら、その時の翔太から優飛へのなんやかも必要な気がするし。とにかく断片的に美味しいベタ部分を入れたとw
ルイ >> 「バチバチ」あー阿形はこういう事を繰り返してきたんだなぁw
LD >> 武器としての槍の怖さ、チートさみたいなものが出せるといいと思うんですけどね。
kichi >> 「ネギま」はこういうバトル担当じゃないクラスメイトにスポット当たる展開はちょっと嬉しい。ゆーなママとか出てくるのかなぁ?
LD >> 「釣り屋ナガレ」、ナガレくんにもモテキが来たようですよ?(←)
kichi >> 「バチバチ」はやっぱり川さんが気になるかな?w 大丈夫なんだろうかw
ルイ >> 「弱虫ペダル」は、ちょっと違う意見・・・?いや、違う事もないのか?結構絶妙の一話ですね。
LD >> 「ギャンブルフィッシュ」は、非常に正しいトム・メソッドでピンチをくぐり抜けてます。
カルマ >> 「ネギま!」下手するとネギが止まるところでヒくかと思ってたので、予想以上に良い絵が来て満足してます。まき絵の理解度も良い
kichi >> 「弱虫ペダル」は分からなくなった印象ですねぇ……。先週はエースが勝つ可能性の方が高そうに感じてましたが、今週のでまた御堂筋が勝つ芽も大分出てきた印象で、むぅ。
ルイ >> 先週時点で御堂筋は負けると思ってたんだけど、今週挟まんで次週に引くとなると一発で跳ね返される形でもないし、文字通り五分五分まで持っていけたかなと。あとはもう印象でどうとは言えるけど、基本は文字通り「誰が勝ってもおかしくない」に思えます。その上で御堂筋の完全優勝の野望を初日で潰えさせるのがいいのかどうかというと〜
ルイ >> そ、今kichiさんとシンクロしてるっぽいよ。
LD >> 「シュガーレス」、あ、マリモっちゃん、シャケに一度負けているんだ。少し格が落ちたようにも感じられるのですが、それだけではないとも。
ルイ >> 「ナンバ」お前ら結構賢い一家やないか。ええ話やで。
ルイ >> 今週の「みつどもえ」は矢部っちに人気男性声優が決まった事の反動←ほんとかよ
LD >> 御堂筋の格も落としたくないし、かといって金城vs福富に変に水さす?というのもある。……前傾姿勢の分だけ御堂筋の先着決着?
カルマ >> 「弱虫ペダル」1日目は御堂筋がかっさらう方が個人的にはわくわくしますけど…いや、「ギリギリで良い」という御堂筋の考えを打ち砕くために負けさせるのも良いな
kichi >> 「ナンバ」良かったですねぇ……。
ルイ >> 御堂筋にもっと本気出させる為に買っちゃうのもいいんですよね。どう転んでも面白いなと。
カルマ >> 1日目に負けさせて、2日目以降は本気の御堂筋が来る…それは最終日に持ってくるのが良いのかな
LD >> さて、そろそろ一番を決めましょうか。
LD >> ジャンプ…「スケットダンス」、「四ッ谷先輩」?
ルイ >> 「ケルベロス」はほんに面白いネ。
LD >> サンデー。「マギ」。
ルイ >> やっぱ先週の世々の汗がちゃんと頭に繋がってるし、その蓄積があると仇喰が来た時の危険度もだんちなのよね。
kichi >> はやっ!Σ(´・ω・`)チャンピオンほとんどスルーか>一番決め
LD >> おっと。いやでも、ちょっと体力的に厳しくなっているんよ(汗)
カルマ >> 「ギャンブルフィッシュ」「愛でしかアガれない」でクソ吹いたことは記しておきます(笑)
ルイ >> 「バキ」は予告みて不安だけが大きくなったw頼むマッチメーカー動くなw
kichi >> 「ケルベロス」面白いですねぇ。景の修行描写も残り時間による心境変化がしっかり描かれてて面白かったです。
ルイ >> 「ギャンブルフィッシュ」こんな早上がりルールではトムの「通るならば遠慮なくリーチ」は嘘というか、通ろうが通るまいがいくしかない気もするんだけどwそれにしてもちゃんと口説きましたね。偉い。
GiGi >> 御堂筋負けると正直存在意義が…w
ルイ >> 「ロストキャンパス」うわー凄い原作愛だなあ。
LD >> マガジン。「超人学園」かな。
ルイ >> これ、山羊座にシリュウが使った技ですよね?この技が最も美しくなるよう逆算してマッチメイクも心理描写も組んできたんだ。凄い愛。これならジャスミンもアガれる←?
GiGi >> ギャンブルフィッシュは前回のバトルが不評だった理由を正しく分析してきてますねw
kichi >> 「シュガーレス」も良かったですね。バトル内容的な意味でもややマリモの格を落とした感はあるんですけど、正直このくらいが適正という気もしてます。
ルイ >> シュガーレスは、やっぱり理屈不良漫画だなとw
LD >> あ、そういえばチャンピオン、2週連続で野球の読切出しているんですねえ。しかも、似たような構成。
ルイ >> 今週の野球読み切りはちょっとわからなかった。才能って球の速度だけじゃなく、常人にかけられない回転ならそれも才能だと思うし。
kichi >> えっとジャンプ、「四ツ谷先輩」や「トリコ」も良かったんですが、個人的には「ロックオン」を推したいなぁ。
LD >> チャンピオンは……「ギャンブルフィッシュ」。かな。時間制限迫る中のぎりぎりまで自分らの利益を追えるか?というのw
kichi >> サンデーは……「ケンイチ」も良かったのですが、やっぱ「マギ」かなぁ。
ルイ >> ロックオンは主人公しか乗れないなぁ。「保健室」「リリエンタール」「トリコ」「マギ」「あおい坂」「超人学園」・・・ん!?今週チャンピオンない!?
kichi >> マガジン…………ん〜、「スマッシュ」でいっかw
LD >> 「四ッ谷先輩」、「マギ」、「超人学園」……かな?
ルイ >> いやあのスマッシュはいかんw髪のとこは描きたいのはわかるけど、単行本時に加筆すべきだw
kichi >> いやまぁ主人公への乗れ方がハンパなかったので、その一点押しでも個人的には充分というか……>ロックオン
カルマ >> ジャンプ「保健室」「トリコ」ですね。
カルマ >> サンデー「マギ」
kichi >> チャンピオンは……たしかにこれだってのはないですねぇ。「ケルベロス」で。
カルマ >> マガジンは…うーん、超人学園もそんな好きではないんですよね。「むろみさん」かなぁ。
ルイ >> 「保健室」「マギ」か。・・・・・・・・・・・・・・・・ん。
LD >> ふむ。「マギ」にしますかね。久しぶりに。
GiGi >> ロックオンも良かったですねえ。ジャンプは今週はアベレージ高かった
ルイ >> 先週の引きが結構リアクションに困る様子見だったので、今週万全の解答をみせられた心地よさはありますね。マギでいっかな。
ルイ >> でも、トリコもかなり好き。
LD >> 「マギ」にします。
ルイ >> まーねー>超人学園 あそこまでベタに青鬼しなくてもいいやん、とは思いましたんね。何かもっと違う手段で断絶を描けたら良かったかなとは思う。
LD >> それでは駆け足で失礼しました。ちょっと体力的に限界が近くって(汗)
LD >> かなり分かりやすく青鬼さんでしたねw
カルマ >> 「マギ」なら納得です。
GiGi >> ところでスマッシュは3度時が飛んでるような。半年後〜オリンピック〜優飛とのダブルス
LD >> お疲れ様でした。
ルイ >> あっ>3度
ルイ >> 待つんだLDさん。
LD >> 待ったよ?
GiGi >> 超人学園は番外編の使い方としても上手かったですね。本編に興味沸きましたし
ルイ >> お、何その「聞いてあげたよ?」みたいなプンスカ ・・・いや、明日夜早乗りしようか、ちょっと早めに落ち合うか、夜終わってから飲むかとかいろいろ選択肢があってw
ルイ >> 確かに本編ちょっと読みたいですね。要は超人という名のあぶれものなんだけど、超人って響きがいいですね、なんというか劣等感を転化させようという意思を感じるというか。いや実際超人なんだろうけどw
ルイ >> 半年後はやっぱり要らないっちゃ要らないんですよね>スマッシュ
LD >> ん〜…多分、昼間はいろいろごそごそやっているんで、16:30くらいに待ち合わせで。…なに駅でしたっけ?
ルイ >> 有楽町?近いんですよ。
LD >> …で終わったあと、残りの体力で飲みを考えましょうか。
ルイ >> 時間があったらグレンラガン劇場版の鑑賞会でもしたかったですがw←
LD >> え?どこかでやっているのですか?
ルイ >> それにしても異様に寒いんだけど、冬着カムバックじゃね。
ルイ >> いや、僕がDVD持ち込もうかとw
ルイ >> 3度飛ぶのはやっぱんまくはないよなぁ・・・(読み直していた
ルイ >> ・・あれ?記者のところで4度飛んでる?w
LD >> ああ、いやいや、ちょっと予定がつまっているのよw今回は16:30に待ち合わせでな。
ルイ >> ふむ。そもそも苦しいのはお互い様なので了解です。まだ手紙も書いてないや←え?
ルイ >> 声を聞いたことのない雄飛の声が、会場の中で特別に響いたのはなぜなのだろうか。
LD >> それでは、寝ますます。お疲れ様でした。
ルイ >> 別に短期打ち切りでもないのに、なぜかこう風呂敷ちょっぱやで巻かされました!なにおいがするのはなんでなんだぜ。
GiGi >> 記者のところは時間軸が平行してると読めなくはない。
kichi >> まぁ、かなり無理矢理詰め込んだ最終回ではありましたねw でもまぁ多少いびつでも詰め込んだなりの良さはあるかとw
ルイ >> まあねー。読めなくはないけど、場面転換してるしキャラ間のよこのつながりがないからむちゃくちゃ苦しいでしょうw
kichi >> ……たしかに、打ち切りなのかなぁ?って思っちゃうところはあるんですが……どうなんでしょう?(´・ω・`)
ルイ >> マガジンでここまでばたばたした身繕いはあんまり見られないようには思うw
ルイ >> あいや、身仕舞いというべきか。
kichi >> では私もこれで。おつかれさまでした〜。
GiGi >> うーん。打ちきりといえば打ちきりでしょうね。あと5年続けるか、一旦まとめるか、みたいな。描きたいことが多すぎたんでしょうね
ルイ >> お疲れ様です。ちなみにチャンピョン裏表紙のギャルげー誰かやること!
ルイ >> 構造は見えてたんですけど、地続きでやるとほんと、ここでそうなっているように翔太たちの逆転はじめ描かないといけないものが多すぎる。・・・いやそれはわかるけど髪の毛wwとかwww
GiGi >> モバゲー担当はカルマさん
ルイ >> じゃ、カルマさん、「こいけん!」な。ってなんてプライドを投げ捨てたタイトルだ。
GiGi >> というか扉絵で先輩がセンターとかねw
ルイ >> エビ先輩出てないですよね本編w
ルイ >> いつのまにか超えられた美都先輩を思うと泣けてきたぞ。
GiGi >> またどこかでクロスオーバー作品描くかもですねー
ルイ >> ・・あれ?これラスト2016年東京五輪ってことか?w
ルイ >> 世界がイメージにあることと、それを地続きで描けるかはまた別ってことですね。ふむふむ。クロスオーバー待ってます。
GiGi >> 2016かも知れないけど東京五輪だけはないなw
カルマ >> え?なに?とりあえずモバゲーに登録してこいけん!始めたけど?
ルイ >> 優しすぎるw
井汲 >> 【 Angel Beats! 】 ああ、関口さん原画やってましたね。つかず離れず、という感じなのか。
LD >> 【Angel Beats】3話 ふむ。EDで一人減って一人増えるわけだな…。しかし、このキャラ3話にして外してくるとは…。
井汲 >> 【 AB 】 沢城みゆきを当てるくらいのキャラだから、もっとずっと使うかと思っていたら、ずいぶん贅沢な起用法ですねえ。
カルマ >> ま、モバゲーのシステムは知りたかったのでw 分岐を排除して最初にヒロインを選択させて、ひたすらイベントを観るためにクリックする形式。友達にクリックしてもらったり課金アイテムを使うことで能力を上げて、能力が一定値以上だとイベントが進むようになってます。友達いない人(=始めたばかりの僕など)は課金アイテムを買えという仕様。あと、なぜかボイスが再生されないと思ったら課金アイテムの購入が必須でござった。>こいけん!
カルマ >> 序章が終了した段階で課金アイテムを買わないと進まなくなったので、ゲーム内では未だに選択したヒロイン(井上喜久子)には会えず状態。
カルマ >> いくら課金がしやすいといっても課金必須の構造にしすぎだろう…


■■■■2010年04月18日■■■■
ルイ >> そんな売り方なんだ…課金がイヤミにならないかってのは課題ですね。
ルイ >> タオルとペンは持ってくるのですぞ。記念にパンフくらい買うのもいいのですぞ。
井汲 >> そういえばとるてあ新 CD、サントラ未収録 BGM があるとよかったな。ボーナストラックで(未収録曲として、少なくとも「そのままの僕で」のアレンジバージョンの BGM はあった。たぶん、他にも数個はあるだろう)。そうすれば、あの値段にも少しは納得度が増えたんだけど。
ルイ >> あんたには関係ない、のところか。
ペトロニウス >> 【Angel Beats】みましたよ。3話。閉じられた世界からの脱出と、バトルロワイヤルの組み合わせって言うのは、非常にアニメに合っているんですよねー。ただ謎の度合いで、物凄く途中から陳腐化しやすい。
ペトロニウス >> 『灰羽同盟』が、たぶんこの関係のモデルになるんだろうけど、、、。どうしても、内面世界というか、世界のな座よりは、そのメンバーの心の問題に収斂すると、世界は陳腐ではあるんですよねー。
ペトロニウス >> な座× 謎○
カルマ >> 訂正。数時間経過してからクリックするとアイテムがもらえるイベントが発生する模様。しかし序章がまだ全然終わってなかったことも判明…>こいけん!
ルイ >> あやひーがソロデビューとかマジ俺得。どうにかなってまうやろ…
ルイ >> さすがにネットのタブ34個同時は開きすぎやろって、はじめてPCに怒られた。33個まではいいのか。


■■■■2010年04月19日■■■■
ルイ >> 急に思ったのですが、PS3互換のせいにしてPS2エミュを公然と遊んでいいのだろうか。もうほんと、ダカーポ2をいつまでもクリアできないw
ルイ >> もうさー、PS3の上にPS2積んでもいいのかって話ですよ。だからそれはメガドラだろっていう話ですよ。
ルイ >> (確かに黒に黒だからテラドライブ感が出るけど・・・)
GiGi >> まともに動くPS2エミュってもう存在してるの?
GiGi >> 5000円くらいでPS3に外付けして使うPS2エミュとか出たら買うね。
LD >> ルイさん、「今期選考」の日程を決めましょう。4/24(土)16:00(〜3時間くらい)で良いかな?
ルイ >> サー。
カルマ >> PS2エミュは限られたソフトのオープニングの表示程度しか出来なかったような。確か浮動小数点ナントカの計算能力が普通のPCは低すぎる…というかPS2の仕様と合わないだかなんだか。
カルマ >> 引っ越した時にダメになった臭いんだけど、PS2の積みソフトまだあるのよね…orz
カルマ >> 高垣さんソロデビューですか。ルイさんのおかげでキャラソンは聴いてるので気になります
ルイ >> いつのまにかPSCX2が使い物になってるって話は聞くんだが、
ルイ >> ななんだてー>OP表示
カルマ >> CELLならエミュレーション出来そうだけど、コア層を除けばもう下位互換にメリットはないと判断してるんだろうなぁ。>PS2エミュ
カルマ >> や、最近できたんかな。知らないので調べてくださいっ
ルイ >> エラー…
ルイ >> >ソロデビュー 音源化されると均質化されて実力が低く見られるので(あれでも)、とりあえずライヴ音源のアメイジンググレース、ロミジュリOPがこれまでのベストだから、そこを収録さえしてしまえば、能力的な疑いはすばっとネットの端まで消えると思うんですけどね。
ルイ >> そうしたらちっこいドジっこギャルがなぜか凄いカバーをする人、という売り方でいいんじゃないだろうかw←なんだその売り方
ルイ >> 単独イベントならプラチナイベントやで。多重影分身してでも1公演3回観る(無理)


■■■■2010年04月21日■■■■
ルイ >> やっぱりけいおんを面白いと思ったことがない。
備品 >> 身もふたも無いw>やっぱりけいおんを面白いと思ったことがない。
LD >> ちょっとチャットのプログラムを手直し…。


■■■■2010年04月22日■■■■
LD >> 【B型H系】1〜3話 観た。なんか、こういう映画観たような……「パンツの穴」とか?もっとエロエロな話かと思いましたが案外そうでもない。
LD >> 【いちばんうしろの大魔王】1〜3話 観た。キャストの順番が、ふんどし子よりも透明子の方が上位にあって「え?そうなの?」と。
LD >> 【kiss×sis】1〜2話 うむ………エロいな。(`・ω・´)まあ、しかし幾分マニアックだった「充電ちゃん」よりも、やや健全な気がする…よ?
LD >> 【B型H系】「H友100人!」とか言っているのでどんなアニメかと思ったのですが、むしろ爽やかさすら感じます。運命的ラブコメより軽い感じで「楽しい」。


■■■■2010年04月23日■■■■
GiGi >> kisxsisテレビでやってるのか…豪気な。
LD >> 今週の一番は本日深夜25時開始予定です。
LD >> 今週の一番は本日深夜25時開始予定です。
LD >> 【今期選考2010年1Q@あにめラジオ】4/24(土)16:00〜 でルイさんとアニメの話題でネットラジオをする予定です。
LD >> 【閃光のナイトレイド】1話 観た。…超能力スパイものの魔都上海?(´・ω・`)……「機神兵団」を思い出していたりして。特にロボットは出ない模様。(←)
LD >> 【けいおん[第2期]】1話 観た。…ん〜「このままでいい。このままがいい」という“想い”を言葉に出されてしまうと、ちょっと野暮ったく観えるかも。まったり観るのに、その1話の目的が観えてしまうというか…。
井汲 >> > 超能力スパイものの魔都上海? イエス、ドクター・カオス!………じゃなかった、ミスター・LD!
井汲 >> > 「機神兵団」を思い出していたりして メイン4人のうち、3人の能力が「念動力」「テレポート」「サイコメトリー」なのでちょっと「絶チル」も連想させますね(笑)。
LD >> |・ω・`)
LD >> |・ω・`) ノ 雨降って寒いっす!
LD >> また色々、ビデオの整理とかしているのですけどね…。
LD >> 明日、REGZAがやってくる予定です。…26インチ?BDとか観れるやつ。
LD >> これに合わせて、アナログBS放送はそろそろ切ってもいいかな?とか考えている…。
kichi >>      こんばんわー(´・ω|
カルマ >> なんか時計表示がバグっている…?
カルマ >> っと、こんばんは。
LD >> こんがんが。
LD >> アナログBSを切れると、長年使ってきたRD-X5くんを休ませてあげる事ができる。
LD >> …む。
LD >> kichiさんは、「この我のものとなれ勇者よ」は読み終わりましたか?
kichi >> LDさんより先に読み終わってますよ〜w(先週の日曜) ほんと素晴らしかった!
LD >> あれ、本当に凄いですよねw
kichi >> ちょっともうほんとに凄過ぎですねぇw ……本当に即興的に書いたものなんでしょうか? ある程度構想はあったのをうまく当て嵌めたみたいな感じとか……?
ルイ >> 時間変な事になってるみたいだけど、まだ観なきゃいけないアニメがあるんでさっさと書いて先に離脱してしまおうかとも思っているのですよ。
ルイ >> そんなわけでジャンプします←やる気だ!
kichi >> 基本構造とか言葉自体の持つ魅力とかも凄いですが、キャラ配置まで完璧っていうのがもう……なんなんでしょ?メイド姉妹とか三子弟とか、どこまで想定した上で出したのか……、普通に考えたら後半の活躍させ方を決めた上での逆算で出してそう……ってくらいの完璧さですからねぇ……。
ルイ >> 「ワンピース」マゼランが生きているのはちょっと嬉しいのだけれど、モリアがもう「足切り」を食らうステージの上がりっぷりに慄いてしまうね。
LD >> 即興という“ウワサ”はちょっと信じられませんねw
ルイ >> 「ブリーチ」藍染の卍解能力って見たもん負けって考えていたので、いま普通に親父と切り結んでいる事が実はよくわかっていない。でも何も言わない←言ってる
カルマ >> うう…件のスレは明日読もう…つーか一番時間あるはずの僕が何やってるのか。ゲームやってんだよ。
ルイ >> 「トリコ」一番候補だなぁ。大怪獣をそのまま格の積み上げにしてしまったし、この世界における料理人の価値もよく出ているし。
kichi >> こればかりは何よりも優先させて読むべきと言う他ないですw>件のスレ
ルイ >> 「ぬらりひょん」茨木童子何気に複雑だなぁ。オヤジの敵の復活を手伝ってる・・の?
LD >> ルイさん、エントリーはどう?
LD >> う。一番はじめます(汗)
ルイ >> 「めだかボックス」もがなの画としての特徴のなさ(気を抜くとめだかとかぶる)のが困るけれど、まあ面白い。しかしこのナレーション・メソッドはジャンプの技法として確立するのかしらん。
ルイ >> 「バクマン」シリアスな笑いってジョジョの事ですか?何故か真っ先に思い浮かんだけれど。
カルマ >> モリアには小物感を感じてたので退場は妥当ですね。というかこのために復活させたのか。
LD >> 【ドラクエSS】世界をミクロから救いはじめるのが“勇者”で、世界をマクロから救いはじめるのが“魔王”なんだなあと。あの世界だけじゃなくて、往々の勇者魔王物語としても。青年商人はそれこそ皇弟元帥よりも広い視界(マクロ)を観て世界を動かそうとしていた。故に魔王なんですね。
LD >> ドラクエSS】→で、“この魔王”は勇者を引き込んだ後は、ミクロから世界を直しはじめるんですよね。すごい異端児w
LD >> \(`・ω・´)/ かえってきたど〜!
カルマ >> 「トリコ」は素晴らしかったですね。
ルイ >> それにしても見吉は完全に美女扱いだwまた、吉田編集の素敵すぎる平丸操縦術がカッコイイですね。アイデアを注ぐ人もいれば、とにかくモチベーション維持に努める人も。作家至上主義はありきで、色んな対処法があるって事でしょうね。
LD >> ちょっと、ついったのコメントに関わっていました。ささ、一番入りましょう。
カルマ >> 「バクマン」はこの結論についていけてる人がどれくらいいるのか…作品像が想像しづらかったですね。それが難しさの表れでもあるのか?
ルイ >> 「保健室の死神」がちょっと前目だよ!?(ドキドキ
LD >> …と思ったらジャンプがないでござる?20号でよかったですっけ?
ルイ >> まあ、言ってる事だけ聞いたらいいとこ取りスーパー漫画に思え無くもないですよね>バクマン作品像
カルマ >> ぎゃ、ギャンブルフィッシュってシリアスな笑い?(どきどき)
ルイ >> 最初の辛い時期を頑張って乗り越えたと言っていいんだろう。。。な(まだ不安)>保健室
LD >> 「バクマン」は、ここで出される新連載のアイデアのハードルが上がっている気がしますねwでも、そこは既に考えているかな?
ルイ >> ギャンブルフィッシュはエクストリームな笑いとしか言いようがないけれど、ツッコミの人がいたり、作品の中に反応する人が出るほどにその笑いは「笑いのための笑い」になる印象はありますね。拾われないほどにシュールになるというか。
ルイ >> 「いぬまるだし」には概ね同意なので一番候補でw>社会風刺
kichi >> 「バクマン」は以前いずみのさんが話してたと思いますが、要するに「デスノ」なのかな?と思いました。……次に思い浮かべたのがビーストですが、これちょっと違うかな?w
ルイ >> 「スケットダンス」は先週同様くどさが奏功していて、その分ベタなシチュエーションが宿らないスキー自体はバッサリカットというのは正しい。で、次回銭湯?先々週予想した形が見えてきたぞう。
LD >> 「ブリーチ」は、なんかお父ちゃんが、藍染さんと互角に渡り合っている雰囲気なんだけど、なんでだろう?
ルイ >> 「PSYREN」ほんと、繰り返すけど、これまでのバトルでは弥勒VSグラナの頂上バトルを除けば明らかに一番面白かったw主役ギミック使いづらいですww
カルマ >> 「デスノ」に関しては読み方にかかってくる気もしますけど、大場先生が言い出すって事は結構そういう読まれ方を意識していたのかなぁ。いろいろ興味深い>シリアスな笑い
ルイ >> 読者の視点を一護に揃えたとした場合、「オヤジは死神だった」から「藍染と互角」に直で繋がってるような印象になるんですよね。誰も説明ゼリフとか言わないから。こういう時って古参の体調なんかに「知っているのか雷電」させるのがいいと思うんだけどどですか。
kichi >> 「ワンピ」は戦争終わっても熱さは衰えないですねぇ。ここで間髪入れずにモリアが切られるのだからなぁ……!
ルイ >> 「ロックオン」ネーム単調でダレるけど今回も話しとしては良い←いっつも言ってる
LD >> 「ぬらりひょん」は相変わらず、敵が強くて、しかもネームバリューも大抵向こうが持って行っててw相変わらず勝てるイメージが出てこないw
ルイ >> なんか、真田の理屈って「私の頭の中の消しゴム」なのよね>ロックオン
kichi >> 「トリコ」は良かったのですが、しかしここでせつ婆が出てくるかー。う〜ん……。
ルイ >> せつ婆は寒さはどう凌いだのかw
ルイ >> 「四ツ谷先輩」は王道ネタの「こっくりさん」というあたりに既にネタ詰まりを不安視してしまうのは意識しすぎかもしれませんが、やっぱり単話としては立派なのであった。こう、芯を作るのは下手なんだけど、作品のクオリティは凄く安定して高い。週間で続けられるのは凄い。ここまで描き溜め?
LD >> ああ、カルマさん、良い指摘ですね。>シリアスな笑い ここで使われている、シリアスな笑いって「受け手」からすると昔からある視点ではあるんですが、「送り手」にどのくらいの意識があったかはなかなか難しい課題なんですよね。
LD >> 「たけし」の時もそうでしたけど、なんか、しまぶーの中でお婆ちゃん最強幻想みたいなものがあってw>せつ婆
kichi >> 「ぬらりひょん」はこの前の天邪鬼と比べればサブキャラエピとの連結が自然ではありました。……しかし残り97時間ときましたか……。その気になれば2,3年……5年だってやれそうだけどどうするんだろう……?w
ルイ >> 97時間は切迫感足りないですねw
カルマ >> 「サイレン」の主人公ギミックはかっこいいので好きなのだ。なんか小手先の応用でなんとかする感じが。
ルイ >> 「HUNTERXHUNTER」はゴンがゲーム系の脳内文字奔流の中から「とりあえず殺す」に至るまでの巻でござる。ピトー圧倒すんのか!?
LD >> 「めだかボックス」は、もがなからこういう話が語られるのが「面白い」ですね。
ルイ >> いやー、なんかアゲハのディフェンスや反射っていうアイデア自体は嫌いじゃないんだけど、相手の能力に対して「発想」したらもう勝ちっていうか・・・噛みあわせた上でどうなる?っていう感覚はないのですよね。
kichi >> 「リボーン」、初心者の私にはありがたい説明回でした。ちゃんとボスになって上のステージ行っちゃえたら面白そうだけど……無理そうかなぁw
ルイ >> 「リリエンタール」はお見事すぎて特に言う事なしってうか短いなりに言い切っちゃってる美しさがあるなあ。
ルイ >> スーパー宇宙ねこの「世界」の言葉の使い方が、たぶん子供にもわかりやすいんですよね。
kichi >> 「めだかボックス」良かったですね。もがなちゃんがこのポジションに収まってるのは本当に「面白い」です。
カルマ >> 「リボーン」、ここに至ってこの性格だとミクロの動機とマクロを連動させるしかないですよね。友達を救うためにはボスになるしかない、という。
LD >> 「べるぜバブ」は、ふつうなんだけど、でも、この展開は好きです。でも、この流れで進むと極北の「ブリーチ」が待っているからそことは差別化して欲しい。
ルイ >> そしてうすた先生が「銀英伝」にハマっているらしいよ。おらも観直したいくらいだよ!
カルマ >> 「めだか」もがなの立ち位置が見えてなかったのですけど、今週その辺がスッキリして良いですね。
ルイ >> んー>リボーンの動機 設定面で揃えようとするなら、とうに手を打っていた場所という気もしないでもないですねえ。なんていうかマイホームパパの表の顔のようにw敢えて揃えない所を突いている気もする。
ルイ >> サンデー侵攻と同時に色を変えてみる。
LD >> 「めだか」、善吉とは全然ちがう……それこそ正反対のめだか観をもがなが語りはじめたんですよね。…興味あります。ここって何かのターン・ポイントではある思う。
ルイ >> 元から「化物」「化物じゃない」という認識戦・・・でもないけどズレを突いていたので、そんなオオゴトとは思わないけれど、善吉すら違う、というククリをした事の方が面白いと思う。
ルイ >> ・・・あれ違わない?w「境界のRINNE」は巻頭カラーなのに脱力だらだらなのがさすが。
LD >> 「スケットダンス」のいたたまれない話が最高潮でした。
kichi >> 「保健室」は今回も安定した面白さでした。先生ピンチと、普通な回とはちょっと違うんですけど、刀哉姉弟とか花巻さんとかもしっかり絡めて、この前のエピを受けての藤の変化なんかも感じられたりと、細まかなとこまで行き届いた面白さでほんと良いです。
ルイ >> hotとdeepの色は同じでござる・・・?
ルイ >> 保健室はこうやって回せる所まで、自前で持っていったんですよね。掴みもないのに、本当よくやったと思う。・・・言い換えれば、あんまり言い訳にならないって事かな?明らかにジャンプ連載に向いてなくたって、毎週質を保てばここまではいけるというか。
LD >> うん、そっちだね。>善吉すら違う、というククリをした事
カルマ >> 僕の画面ではちゃんと違いますのよ。今の方がちょい薄い>色
ルイ >> あ、同時送信で消えた・・・orz「保健室」ですけど、ジャンプ適性の低い掴みのなさなんかでも、実際ここまで回せる環境を整える事はできるんですよね。これって、10週打ち切りコースの作品へのいい戒めになると思う。
kichi >> 「いぬまるだし」は……うんw シリアスな笑いだな!<明らかに狙ってるけどw
LD >> |´_ゝ`)ルイさんのグラボでは区別が付かないだけじゃないかな?>hot と deep
ルイ >> いぬまるだしは感動するところじゃないんかい。
ルイ >> お、俺のRADEONをディスる流れが・・・
LD >> 「いぬまるだし」は社会派だったでござる。今度こそ一番候補でいいんじゃないかと思うでござる。(`・ω・´)
ルイ >> 「マギ」は何気にバクマンリスペクトでシンドバッドが「どうだろうか?」って←関係ないよ
kichi >> 感動しつつ笑えるというかツッコム気持ちもあるというこのバランスの妙がですね……w>いぬまるだし
ルイ >> ああ、僕はまったく突っ込む気がなかったw
カルマ >> 「いぬまるだし」は評価したいけど評価しすぎるとなんかメッセージ感出てアレですよねとかとかw くそー面白い
ルイ >> しかし、「マギ」の銀行屋という呼び方は気になるな。国家予算預けてるんならがっつり奪われるぞ?
LD >> 「サイレン」は、個人的に言うと、ここで殺人鬼・鬼瀬をあっという間に屠っているところが好感触です。…うん、ストーリーが複雑なんだから、バトルはシンプル決着でストーリーを追わせる事に注力しないとっ
kichi >> 「スケットダンス」は今週も面白かったですw ちょっと凄いものがあったw
LD >> 「HxH」はここに来てピトーの隠し技がさっと披露される流れが良い。
ルイ >> 「オニデレ」 季 節 は い つ だ 。
LD >> ある種、壮絶でしたよねw>「スケットダンス」
LD >> さて、ルイさんが先行しているサンデーに入りましょうか。
ルイ >> 「ハヤテのごとく」クラウスさんはハヤテをハーマイオニーとして認識したかどうかが気になる。んーと、クラウスさんが屋敷にいてハーマイオニーを養う形でいいのか?←よくない
kichi >> 「ロックオン」……うん。悪くはないんですが、言われてる通りネーム単調なこともあり、先週くらい突出した魅力がないと途端に厳しい印象になるとこはありますねぇ……。
kichi >> 「四ツ谷先輩」は今回も良さげ。ほんとクオリティ高くて凄いです。
ルイ >> 「キングゴルフ」別にレギュラー化して欲しいわけじゃないけど、皇帝が本当良いキャラです。
ルイ >> 「チルドレン」スフィアライブにきてたらしいから許してやるか・・・←?
LD >> 「マギ」は、弟王がマシな人物のようなので、着地点は観えた気がしますが、ここで黒マギさんが現れて、そう場を荒らすかですね。
kichi >> 「ハンタ」はゾクゾクきますねぇ……! さてどうなるのか。
kichi >> 「リリエンタール」丁寧で良いですねぇ。エリート組の二人までこういう使い方するとは意外でした。
LD >> 皇帝良いキャラだよねw僕は、彼は元の場にも引っ張って来た方が「面白い」と思います。  >「キングゴルフ」
ルイ >> 弟王、マシと言っても兄を諌める事もできないし、預ける事ができるかというとフガフガ。まあこういう間隙をついてきてるんでしょうね。大きくはシンドバッドと帝国のパワーゲームの前線なんだな。
カルマ >> 「キングゴルフ」面白いですね。僕としては、「ドラコンはドラコン」で留めて欲しい感じはします。最初に宣言した肉体作りの面で矛盾してくるし…
LD >> 「RINNE」はショートショートな謎解き(?)でよかったです。淡々と好調ですねえwまたアニメ化まで行っちゃうか?
ルイ >> っていうか、もうどうしようもなく可愛いです、この人たち。どうしよう。いやまーもちろんワタシごときがどうもする必要ないんで、とりあえずCDとかDVDとか買います(笑)。  ←ほら椎名先生許せる。
ルイ >> 「アラゴ」ルパートの声は山ちゃんだったでござる(加持イメージまんまじゃん)
ルイ >> 「はじめてのあく」ん、まあ気持ちよく回ってますね。悪くない。
LD >> >預ける事ができるかというとフガフガ 兄に頭が上がらなくても、他の者に対しても優柔不断か分からないしね。もっと分かりやすい“代わり”を用意してもいいんだけど……いや、むしろこの造形のキャラが活きると大高先生的には「面白い」かも?
ルイ >> 「トショイインは本を守るのが役目なんです!」←このセリフ、もっと盛り上がる所で使わせてあげたかった。>月光条例
LD >> 「ハヤテ」は、クラウスとかなりやばいところまで行って欲しい。
kichi >> 「マギ」は押さえるべきとこはしっかり押さえつつテンポ良く展開してて良いですねぇ。……せっかく微妙さが面白い話になってるんで、あまり巨悪って感じの引っ掻き回し方しないで欲しい様な気分すらあるのですが……、どうなるかな?
ルイ >> いや、この弟が微妙なところにこそ、今のタイミングで黒マギwたちが出てこられるところはあるなと。
ルイ >> 残念な事に、ハヤテの方にオニデレみたいな憑依意識がないので、どこまでいってもクラウスさんは一方通行なんですよね。いや、残念なのかどうかはわからないkどw
GiGi >> おやもうSunday
カルマ >> 黒マギが弟王そそのかしたら楽しいですね>マギ 
ルイ >> 「ツール」町の人達の「ロナンだ」って歓声、
ルイ >> 「ローランだ」の間違いだと思うお。
kichi >> 「結界師」もサブキャラの過去エピだけどとても面白かったです。3回ほど殺してる非情さとか、運命の変わり目が描かれてる感じとか。
kichi >> 「国崎出雲」は近所の本屋で単行本1巻が少女マンガの棚に並んでてちょっとワラタw<関係ない   ……でも、微妙に気になる事象でもあるかなぁ?
ルイ >> それは普通に作家で間違えて並べたのではw
GiGi >> シリアスなギャグは北斗の拳という声もあがってたけど、更に遡るとアストロとかになるのかも
LD >> 「ツール」は……いいんですけど、ロナンとローランって、やや名前かぶりだと思う。(´・ω・`)
ルイ >> デュラララがなんかもうめちゃくちゃオモシロイド。
kichi >> あ、いや、棚というか、新刊平積みコーナーで少女マンガに紛れてたのですよw まぁ、ピンクいからかなぁ?>国崎出雲
ルイ >> マガジンは…ゲットバッカーズコンビかぁ・・・kichiさんに任せよう(無茶ぶり
kichi >> 「オニデレ」って最初に馴れ初め描いてなかったのか……。てことはスタート時点ですでに付き合ってた? ふむ〜。
ルイ >> 今時代もの流行ってますよね!歴女すよね歴女!男×男といえば、やっぱ弁慶義経萌えね? こうですねわかります。
kichi >> なんで私!? Σ(´・ω・`)>ゲットバッカーズコンビ
LD >> >シリアスなギャグ 「アストロ」については「送り手」にその意識はなかったと思う。「北斗の拳」は当初その意識はなくって、原先生がそれを意識した時、実は作風が変わったと思っています。境界線は難しいですが、分けるならラオウ決戦前(アニメ1)とラオウ決戦後(アニメ2)かな?
LD >> あ、なんかマガジンに入っているぜ?
カルマ >> 普通に義経弁慶でがっかりでござる。>新連載
ルイ >> やめてとめてやめてとめてはシリアスなギャグではないと申すか。
GiGi >> 馴れ初めエピは上手く作りましたね。200回記念はさやさん視点でよろしく
LD >> ああ、歴女+男×男か…。
ルイ >> 史実でもないのにノンギミックな感じで、結構扱いに困りますよね>新連載
ルイ >> 「フェアリーテイル」なんでエルザ対エルザをちゃんと描かないの?ひょっとしてどっちのエルザも最強だから千日手以外描きたくないの?
GiGi >> 平松伸二先生なんかもある時期から意識して過剰な描写をギャグとしてやってた印象がありますね
GiGi >> ノンギミックなのはむしろ好印象だったり>鬼若
LD >> 「やめてとめて」は、第二部じゃないかな?>「北斗の拳」
ルイ >> どうせ二話になれば火が出たりするんだぜ>好印象
GiGi >> 頂上決戦はクライマックスにするからでしょう>エルザ
ルイ >> ダイヤのA
ルイ >> とんとんとーんと負けたなあ。
LD >> 平松先生は「ブラック・エンジェルズ」の時はその意識は薄かったと観ますが、「牙」の頃は意識があった…というか小池×池上あたりの“変さ”を取り入れたような気もwまあ「どす恋ジゴロ」とか書き始めますし。
kichi >> マガジン新連載は……まぁ、微妙でしたね。巨乳子ちゃんの最後のとこの描写が意味分からなかったのですが……(´・ω・`)
LD >> 「ダイヤのA」負けましたねえ……地味ですけど。何と言うかこういう展開がマガジンの王道になってきていますねえ。
ルイ >> 一回気持ちを切り替える描写を入れているところが面白いですね>「ダイヤのA」 あれがないと本当勢いで負けた事になるんだけど、一つ挟めた事で勢いだけに負けたんじゃないという描き方になっていて・・・・・・・・・・・・・しかし、それに代わる理由が提示されていないので「気持ちは一回立て直したけど、やっぱりそこで負けていた」というちょっとヒネリのきいた描き方になっている。
kichi >> 「ダイヤのA」は随分さっくり負けましたねぇ。
LD >> 巨乳子ちゃん、死んじゃったんじゃね?(´・ω・`)
ルイ >> 綾辻おにゃのこは多分3人目だから。
カルマ >> 「ダイヤのA」これで3年引退ですか。あっさりだなぁ…
LD >> 勝負の流れというものの無情さを描いているんですよね。どっちも勝つ努力をしているのだから勝負を決めるのはこういう事に集約されてくると…。分かりづらいですが。でも、変に説明すると別のマンガになってしまうし。
LD >> >「ダイヤのA」
ルイ >> 「ABOUT」オニギリくん・・・orz いやしかし面白ですね。不良のすくつ中心に描くかと思いきや、「THE三名様」になっていると言う。
ルイ >> そうですね。>ダイヤのA 一回持ち上げているんだけど、同時に届かない持ち上げでもあるという。
ルイ >> 「ヤンメガ」ではついにメガネちゃんが二人揃って怪獣大激突ですよ。
kichi >> ……ん〜、まぁ、弁慶の強さの程度があれに気付きもしない程度であるってことを示してもいる……のですかねぇ? ちょっと腑に落ちない描写には思えたのですが……>巨乳子ちゃん死
LD >> 「ガマラン」、鬼断はおっそろしく正統派な武芸だなあ…w ちょっとわかってきたけど、大亀流…すくなくともガマが使う技ってバーチャファイターで言えば瞬帝的なところがあるw
ルイ >> 「ネギま」いいんちょが懐かしくて泣けたでござるが、なんかナギ世代の知識を詰め込む事で作品世界に入り込もうと尽力しているでござった。
LD >> 「A−BOUT」、「THE三名様」ですねえ…w
kichi >> 「A-BOUT」はほんともうギャグマンガなんですねw その割り切りさえできれば面白いですw
ルイ >> 「エデンの檻」がいいっすねwまさに最近話題にしていた部分でw
kichi >> 「ヤンメガ」は花さんの再メガネきましたねぇ。即激突とはならなそうな流れなんですが、いずれちゃんと激突してほしいものです……。
LD >> 「ヤンメガ」は、ラストのコマでの品川くんの動揺が気になりますw何か変な設定でてきたりしてw
GiGi >> ブラマンはこう演出されちゃうとビースト復活する気マンマンに見えてしまう
LD >> 「エデンの檻」いいですよねえ。何かこういうのが観たかったんですが、なんであっちではできなかったのだろう?人数が多いから?
ルイ >> 二つとも同じ事したら意味ないじゃない。
LD >> (´・ω・`)ノ はい!ワシもそう思います!>ビースト伝説 …でも、今週はそう先回りする人を一応振り払う行動に出たように思いました。
ルイ >> 「ゴッドハンド輝」んーと、これは輝先生は死に目に出会わない事を他キャラにさせる事でごまかし・・・じゃないけどフォローしてる?
LD >> >二つとも同じ事したら意味ない もっともな意見なんだけど、なんか違う気もする。でも、当面の「読み」は仙石くんの方のアプローチにはもたつきがあったかも、という事でいいかな。
ルイ >> 今LDさんが言ってるのは、矢頼側が成功、仙石側が失敗っていうスタンスですよね。果たしてそうなのか?ってのはありますね。
LD >> う〜ん、単純に、矢頼くんはメガテリウムとタイマン張っていても、ある程度の説得力を保持するけど、仙石くんは大ハゲタカに「かかってこいやあ!!」ってするだけで、空々しく観えてしまう…って違いなのかな?(´・ω・`)
カルマ >>
LD >> >矢頼側が成功、仙石側が失敗 失敗…上手く行っていない部分が、違いが出ている部分→テーマ的な対立軸の部分なのか?って疑問も付加されます。
kichi >> 「ネギま」、このまま魔法世界の方での動きだけで行っちゃったらさびしいなとは思ってたんで、学園長やエヴァたちも動いて麻帆良に集まってって展開は嬉しいですねぇ。
ルイ >> 人数、ってのは重要なんだろうなあ。人数を抱えるから学校の時のような問題が起きるわけで、でも、そういう膿が出る分大人数ならではの武器も出てくるのでしょうね。 で、そういう人数の差を強調する為に矢頼側をハーレム構造にして、極端にミクロな男対女×複数の構造にしているかな。
ルイ >> 「ベビステ」一度ブレイクされるとは思っとった。
LD >> あと、矢頼くん、早く先生とくっついて欲しい。(´・ω・`)
ルイ >> >ビースト不死伝説 妹が泣き崩れてるコマでの音也の顔ゴマが怪しいと思う。あれ、自分が知ってる無事を遙に言えない後ろめたさじゃね?LDさんにチェックしてもらうかw
ルイ >> 榊原ゆいさんは何ものなんだw
ルイ >> 「絶望先生」 わかる、わかるぞ奴隷の鎖自慢!←
LD >> 「ベビステ」、「今、本能に任せるテニスはだめだぞ」がいいですね。少年マンガ的にはもっとも単純な打破法なんだけど、さっとロジックでその道を封じてしまう。
ルイ >> ちゃんと本能の回を描けているからですね。ベビステ世界内の「本能」って、僕らの認識ちゃんと「筋肉が知っている情報で勝手に考える」みたいなものだと判断してるじゃないですか。だからコーチの言いたい事がすぐわかる。
LD >> ああ、つーか正に「ビースト現象」がシリアスな笑いかw
カルマ >> ぐぬぬ、PCが重い…
ルイ >> ま、まさに>シリアスな笑い
LD >> うむ……確かに、音也、今にも吹き出しそうな表情ですね。(`・ω・´)(←ウソ)

MANKEN CHAT(1.1)