漫研チャット
名前:
発言:
[正面] [取扱] [過去ログ]


■■■■2010年04月23日■■■■
カルマ >> 「絶望先生」最近のはてブ読んでるのかっていうネタだなぁ(笑) 面白かったです。
ルイ >> 「GE」悲恋子ちゃんこと大沼さんが一生懸命すなぁ。「大沼さんでいいじゃん!」って想いを集めるほどに「でも理屈じゃないんだ、数値比べじゃないんだ恋は」ってところに落とし込めるので、大沼さんはGJしてる。
GiGi >> 世界樹が光ったことで超再登場期待して良いの?と瞬間的に思った
ルイ >> 「コードブレイカー」腕が喋りだしてお茶目磁場がとまんねぇ。
kichi >> 今週の「絶望先生」はねぇ……うん orz
LD >> 真の奴隷は淡々と櫂を漕ぐのみ。(`・ω・´)
ルイ >> いや、良かったですよ、絶望先生w
LD >> 何気に射的の腕前の凛々しさが気に入ったw>大沼さん
ルイ >> キャラ付けバッチリなんですよ。バッチリなほど痛ましいっていうw>大沼さん
GiGi >> マガジンにはMMRという先達がおってな…
LD >> むろみさんたち、人魚族もハーピィとそんな変わらんマヌケさが露呈。
kichi >> 「GE」良かったですねぇ。ほんとこの作品で一番生きてる感があります。
ルイ >> 「花形」が色々面白いかな。当初は花形メソッドとも呼ばれる(ここで)天才が踏みつけていく形だったのに、今天才二段点火状態というか、天才大気圏突破助力メソッドになっていて。無敵ヒーローとピンチヒーローの行き来をスポーツマンガでなかなか描けている印象。
GiGi >> よもやこの回の翌週のサンデがAKB商法しようとは久米田先生もびっくりだろう
LD >> 「MMR」も途中でシフトがあるはずwポイントは分からないけど、けっこう早い段階で。
ルイ >> ほ、ほんとだ!AKB商法だ!w>来週サンデー まああやひーブロマイドの為に頑張る俺には何も言えないねw
LD >> 「GE」は、構造的に先輩も黒川も、何を考えているか分からない所が残っちゃうんですよね。それで大沼さんが返って際立ってしまうという。
ルイ >> 「理」では大沼さん最高ってところに落とせれば成功なんでしょうね。
カルマ >> 「GE」良かったですね。あぁ大沼さん…(涙)
LD >> まあ、キバヤシさんは宜保愛子とか言っている時点で大笑でシナリオ書いていたかもしれないけどw
LD >> さって、そろそろチャンピオンに行きましょうか。今週はルイさんの手引きで早いね。
ルイ >> 大沼現象でも祈っておいた方が、漫画は面白く読めるのではないだろうか。
LD >> おっと袋とじ開いてなかったZE!
ルイ >> まだ午後6時半!
ルイ >> チャンピオンは「任侠姫レイラ」きたこれ!きたこれら!
ルイ >> なんでバキの外伝を袋とじで見せられないといけないのだろう。そして何より、一挙二話の二話目は一体なんなのだろう。思わず読んでて神に救いを求めてしまった。
LD >> 流石先生は、そこそこ強固な“序列主義”のにおいを感じましたが、ルイさんの「読み」は?
ルイ >> トレンディである事の定義にはベタさが含まれると思うので、僕も強固な・・・いや序列という意識すらないレベルでの序列主義だと思ってます。こういう時、火のない所に煙を祈るくらいが幸せなのかなってw
LD >> ……KENさんって誰?(´・ω・`)ぶも?
ルイ >> KENさんなー。
ルイ >> でも、バキの一話目はやっぱり世界のオオゴトなのか親子喧嘩なのかって綱引をしてますね。ここはこれまで触れた通り。
LD >> もしかして「ボクサー烈伝説」は実は、「アライJR.捲土重来編」なのかな?とか思った。
ルイ >> カイザーは間違いなくハリウッドでのマッチメイカーだからねえw
ルイ >> 「弱虫ペダル」お、保留ですね、三人同着。
kichi >> 「任侠姫レイラ」の連載化は嬉しいですねぇ。でもって良かったです。受けの美学といい、最後までエンターテイメントとして試合をしてるっていうのが示されてて。
LD >> 「弱虫ペダル」、同着かあ…。何気に荒北が、今泉くんを下していたり。
ルイ >> 御堂筋の「結果は結果や」にどこまで真意がこもっているかがポイントかな。実際そう思ってりるのだろうけどそ、その浦でキモとか苛立はあるのだろうか。次回わかるな。
ルイ >> 「レイラ」はプロレスを愛する者としては涙でページがめくれないでござるよ。
kichi >> 「弱虫ペダル」は同着でしたねぇ……。ん〜。
ルイ >> 「みつどもえ」上尾駅、大宮駅、さいたま新都心登場!珍しく地域色があるのはアニメ意識か!?w
ルイ >> 浦安はバキ片手じゃないと読んでも仕方ねえなw
LD >> 「任侠姫レイラ」本格連載良かったです。…何かレイラの地髪は緑で普段は黒く染めているようですね。
ルイ >> 地髪緑って超時空シンデレラかよ!?地球圏の方!?
カルマ >> 「弱虫ペダル」同着は…うーん。なんとも言えないですね
ルイ >> みんな、大ニュースだよ!!「バチバチ」に出てきたこの大関・・・外国人大関だよ!!!!!!!!!
ルイ >> なにげに初登場じゃね?気のせい?
LD >> 昔、「太陽のドロップキックと月のバックドロップ」という凄い傑作の予感がするプロレス・マンガがあったのだけど、途中でなんか打ち切られて(人気なかったとは思えない)単行本も出なかったんだよね。「レイラ」には是非、そこを目指して欲しい。
ルイ >> それを読ませたまえよ。
LD >> ん、ちゅか、まあ、海洋圏の方(トリトン族)って事なんだろうね。>地髪緑
ルイ >> これまで序二段だ幕下だってところでガチガチやってきてるので、大関って時点でものすごい天上人なんだけど・・・現代では軽んじられるl事も多い大関という地位で「神々しさ」が出ているのは良かった。元々横綱って大関やしな←ものすごく省略した発言
LD >> 単行本、1巻は持っているぜ?…って、あ、今調べたら単行本売ってるっぽい?買おう。ミスター高橋原作でブックばらししているマンガなんですよね。
ルイ >> ミスター高橋・・・・・・・・・・・・じゃあ、読まないでいいや←おい!
ルイ >> 「ケルベロス」は鼻おもっくそ殴られてる世々さん可愛いから、是非あやひーに演じてもらいたい←?
LD >> 品切れでした…。(´・ω・`)
LD >> ちょっとど、よく知らないんだけど、金髪の力士って実際いるの?金髪で大銀杏結ったりしてるの?いや、何か髪染めさせたり…って思ったりして。
ルイ >> 稽古場だからいんでね?
ルイ >> ま、あれコマの演出だから実勢金髪って事はないっていうか、染めるけどちょっと色が残るというか。
LD >> 「バチバチ」、石川、かなり鮫島と重なりますねえ…。設定格が違うくらいだ。ん〜……かませ鮫島?みたいな?(´・ω・`)
ルイ >> 友恵ふくえんさんで、世々あやひーで、金屋さんゆかちってはっきり言って俺キャスティングの天才だと思う←
LD >> いや、ほんとよく知らなくてw
kichi >> 「ケルベロス」は……心臓に悪いw 世々さん殺す可能性も無くはないと思うだけに、結構本気でドキリとしてしまいましたよ。あと「やりにくい」は実にらしくて良かったです。それにしても来週巻頭カラーだそうで!人気あるようで良かった良かった。
LD >> ルイさんが世々さんを好きな事はよく分かった!m9(`・ω・´)
ルイ >> まーでも実際把瑠都がモチーフなんでしょうね。>金髪
LD >> ん〜………(´-ω-`)
ルイ >> え、みんなだいすきじゃないのん?>世々
ルイ >> ヤーチャンピオンほんとう最近漫画雑誌してますよ。
LD >> 観えた!(`+ω+´)
LD >> 好きだよ?(´・ω・`)>世々
ルイ >> しかしレイラのマーメイドスプラッシュっていい技ですね。プロレスで関節って流れぶったぎる所もあるんだけど、ドライバー的な要素もある事でちゃんと見せ場のある必殺技になっている。
LD >> 友恵=豊口めぐみ!金屋=花澤香菜!世々=藤村歩!これでどーだ!!
ルイ >> フゥ(肩をすくめて
ルイ >> 今俺のLDさん尊敬度が4下がったね!
kichi >> 最近面白かった「ドカベン」ですが、故意に(なんですよね?)バットぶつける岩鬼にドンビキ……。いっきに冷めてしまった気分……(´・ω・`)
ルイ >> 「ドカベン」は、とにかく大友ってものすごいピッチャーなんじゃないかいw
ルイ >> しかし、岩木は故意なんですよね?なんで汗かいて謝ってるんだろうw
ルイ >> 「ロストキャンパス」は本当に聖闘士星矢。
LD >> フランケンシュタイナー的な投げから、瞬間的に関節をきめてますね。危険だけどマンガ的に映える技です。
ルイ >> まーきめたまま着地なんで、基本折れますねw>危険
LD >> な、なぜだ!花澤さんを出したからか!(`・ω・´)>−4点
ルイ >> 「ハンザスカイ」は男子便所に乗り込むとこ良かったですね。折角だから大の所から番場に出てきて欲しかったけど。
ルイ >> 花澤さんはないすね。声にいちいち弱さが混じるタイプだし、あの楽天的な強さがでないと。
kichi >> 「ハンザスカイ」も良かったですね。初試合のプレッシャーとか描きつつも展開早くて。藤木の保護者っぷりもいいなぁ。
ルイ >> 他はわかるけど、ふくえんさんとあやひーの方がいいと思うw豊口さんより弱さが混じるし、藤村さんより嗚咽が上手いから。←全部マジレス
LD >> 「ハンザスカイ」は、試合は正念場、ここを「面白く」盛り上げると、第一宇宙速度で衛星になれる。
ルイ >> 「シュガーレス」って気づいたらABOUT化しないよな?w
ルイ >> ん。実は試合はあんまり面白くならなそうに思えているのがちょっと不安>ハンザスカイ 画的にもそうなんだけど、ポーズは決まってるけど絡みで映えるわkじゃないのよね。
ルイ >> 「はみどる」うん、まあガンガレ←
kichi >> 「シュガーレス」はシリアスに行って欲しいけど……言われてみれば今週はギャグ化の兆候と見れなくもないかぁw
LD >> 「シュガーレス」は、ヒュドラの株が上がって、マリモは株が下がったわけじゃないけど、下りてきた感じ。
ルイ >> 「ギャンブルフィッシュ」は素晴らしいですね。なるほど、この麻雀はこの局面を描きたかったんだ。
LD >> 「ギャンブルフィッシュ」は、モーリーを救いたい的なそぶりをみせて、隙を見せれば容赦なく追い詰める。トムの成り行きまかせっぷりが素敵です。(´・ω・`)
ルイ >> しかしアビはオープンじゃないのに堂々と西を切って云々って・・・w
kichi >> 「はみどる」、やってることがそう違うわけでもないんですけど、gdgd過ぎてキツイ時とそれなりに読める時とあるなぁ……。今週は読める方でした。何が違うんだろ?
カルマ >> 「ハンザスカイ」主人公の持つ技1個だけ?とか気にかかります。
ルイ >> いやートムさすがですよね。どの辺が白のギャンブラーなんだろうw
ルイ >> 前回優しい接し方だったのに、今回『幻影に過ぎない、消える運命さ!』ってトムお前w
カルマ >> 「ギャンブルフィッシュ」素晴らしいですね。いやぁ面白い。
LD >> 「シューガーレス」は、あと何気にシロと岳の仲がよくなっているのがよさげですね。
kichi >> 「ギャンブルフィッシュ」いい展開、ヒキですね。どうするのか楽しみですw
ルイ >> あと「臆病者が逃げ切れるほどギャンブルは甘くないっ!」などと、恐ろしいほどの「お前が言うな」セリフを吐いているのも素敵。トムって弱気から始まって、最後は線切れちゃってエクストリームになるんですけどね。
GiGi >> 世世さんはよいねえ
ルイ >> 釣り漫画は放っておくだ。
GiGi >> 手代木星矢は今週の一番でもいいんじゃなかろうか。
LD >> 中段突きで一本とったはいいけど、中段突きしかない事がばれて、その後敗退…あたりがいいか?
ルイ >> かなり山羊座のデジャヴだが、中身が伴って理詰めなのがLCらしさ。
LD >> 「冥王神話」ええ感じですね。…つっても、今週の一番というより次週が楽しみという感じなんですが。
kichi >> あ、「エンジェルボイス」も良かった。マズイ点を認識しつつも、その“楽しさ”から将来性を見て指示を出さないというのはなかなか良い描写でした。
ルイ >> 来週のチャンピオン、表紙はなんなのさ。
GiGi >> レイラ復活はチャンピオンらしからぬGJ
ルイ >> 言うなw>らしからぬ
LD >> さて、素早く一番を決定。
LD >> ジャンプは「いぬまるだし」と「スケットダンス」だな!
LD >> サンデーは「キングゴルフ」かな!
LD >> マガジンは「エデンの檻」だな!
GiGi >> 弱ペダが軸になったおかげですべてが上手く噛み合ってきた印象もありますね。
LD >> チャンピオンは「レイラ」と「ケルベロス」だな!
kichi >> ジャンプは……ん〜、「めだか」も良かったけど、「いぬまるだし」かなw
ルイ >> 「いぬまるだし」「トリコ」「めだか」「キングゴルフ」「GE」「ダイヤのA」「ブラックジャック」「ケルベロス」「レイラ」・・・。
GiGi >> ジャンプはまあいぬまるかw
ルイ >> おうっと「エデンの檻」も良かったですね。
kichi >> サンデーは「マギ」か「結界師」か「オニデレ」……、「オニデレ」でいっか。
GiGi >> GEもよいね。
ルイ >> ・・・ブラックジャック?wギャンブルフィッシュが何故かブラックジャックに。。。
LD >> 贔屓目あるかもしれませんが、チャンピオン今良いですね。少なくとも編集にダーツくささは感じなくなった。(`・ω・´)
kichi >> マガジンは「ダイヤのA」か「ネギま」か「GE」か……。んん〜、「GE」?
GiGi >> 小一時間悩んだぜ…>ブラックジャック
kichi >> チャンピオンは「レイラ」か「ケルベロス」か「ギャンブルフィッシュ」……、「レイラ」で。
LD >> ふむ。「いぬまるだし」か、「GE」か、「レイラ」ですね。
ルイ >> 「GE」か「レイラ」かな?
GiGi >> レイラはよかったけど、テンプレを見せただけでまだ序ノ口という印象もあるなあ。
LD >> 「レイラ」はまずまずのスタートレベルでもあるので外して……「いぬまるだし」か、「GE」だすな。どっちも一番少ないから…。
LD >> 時事ネタでもあり、一番の主旨として瞬間風速性の高い「いぬまるだし」にしましょうか。
GiGi >> GEかいぬまるだしか…ベクトル違いすぎて比較できんw
LD >> 「いぬまるだし」にします。
ルイ >> いぬまるだしでもいいです。画像出せば足りると思ってたけど、一番にするのもそれなりに立場表明くさいかなw
ルイ >> ま、俺は酒の力なんてまるで借りないでも同じくらいクサイ事言うけどね!(カッ
LD >> やあ、今日は何か早くおわったなあ。…で、ルイさん。
ルイ >> まだ午後7時半だよLDさん!
LD >> エントリーとか大丈夫でしょうか?
ルイ >> とっくにしているのですよ?(白々しく
LD >> ああ…。ようやく言っている意味がわかりましたが…。すみません時差補正を直しておきます。
ルイ >> これから一気に観て、最終調整します。プリキュアとイナズマイレブンが途中なのよ。
LD >> …ふむ。僕ももう一回検討してみます。
ルイ >> ダンは28話も好きだったりするのだけれど、まあ。
GiGi >> やあ漫研はロンドンに引っ越したのか
LD >> ではそんな所で。夕方はよろしくお願いします。
ルイ >> 今日が2010年だと思っているのかい?
LD >> いや…おそらくチャットだけw>引越し
kichi >> おつかれさまでした〜。
ルイ >> 何時に起きていればいいのかしらん。
LD >> 15時半くらい。
カルマ >> お疲れ様でした〜。「いぬまるだし」ならまぁ納得です。
ルイ >> は、はややー!w
ルイ >> もしもの時はメールを一つ、もしもの時は電話をひとつ。そして最後に思念を一つ。そういえば先週のスフィア、斎賀みつきさんとかも来てたらしい。ほんとかよ。
ルイ >> とりあえず12時まで起きてる予定(体力次第)


■■■■2010年04月24日■■■■
ルイ >> またあむちゃんかよ。
LD >> 時間戻ったかな?
LD >> 【ラジオチャット】http://www.websphinx.net/mv/chat/chat.php
備品 >> 任侠姫のマスク見るとブリザードYUKIとかLADYリンクスとか思い出すの
ルイ >> 長電話で今期を消化したから、なんだか春番組を見る気力が沸いたぞ”!
ルイ >> ・・・そういえば、キディガーランドもスルーしたぞ!w
ルイ >> いや、僕ガクトエル様のどうしようもなさとか嫌いじゃないけどねwなんなのお前ってw
ルイ >> 「お前がいればそれでいい」←最初っから結論がそこから動いていないように思えるのに、何故か途中で宇宙滅んじゃえ思想に毒されたり、それを撤回したりする人。
備品 >> 鳩プリ、今のところ私的ベストは9話。GW明けたらサンシャインですの


■■■■2010年04月25日■■■■
井汲 >> (「魚座」しか言わなかったルイさんが、ちゃんと名前で彼のことを呼んでるぞ……!天変地異の前触れだ!)
井汲 >> 【 Angel Beats! 】 キタエリ祭りだ(笑)。なんで喜多村英梨のコビコビ声をこんなにしこたま聞かにゃならんのだ………とは思うものの、ほんと器用だな(呆れ&感心)。
井汲 >> 【 Angel Beats! 】 以前から多少その気はあったものの、少々マルチョン顔っぽさが気にかかるようになってきたかな。とるてあや CANAAN に比べて、元々リアル度をやや落としたキャラデザだから、意図的にそうしてある傾向もあるんだろうけれど(ライブシーンに注力するなど、作画リソースの分散を図る意図もあるのでしょう)、いかに関口さんがとてつもない仕事をしていたか、ということの現れでもある。
ルイ >> マ、マーモトモトしょぼいキャラデザなんですよw
ルイ >> 伝勇伝、2クールなんだってさ。このご時世に2クール率が異様に高いあやひー様
ルイ >> >魚座 ちなみに山羊座は山羊座のままですw
井汲 >> こりゃひどい。なんちゅー奴らだ(怒)。http://eva2.0.b-ch.com/blog/2_0/archives/266
ルイ >> 一部のファンが全体の民度として語られる事も想像できない〜♪


■■■■2010年04月26日■■■■
カルマ >> 鷲崎健さんのアルバムの一曲「1000000SEX」。ファンの贔屓目を差し引いても良いのではないかと。…かと(不安げ)http://www.nicovideo.jp/watch/1272115915
カルマ >> エヴァの箱根企画<うーん、なんでエヴァなんて大作の企画を田舎でやってしまったのだろう…とは思いますね。
カルマ >> イベント会場のキャパと交通の便と、田舎の人の騒ぎ耐性の低さと…そこを選ぶ理由がわからないな。
GiGi >> 期間限定イベントにした時点で殺到するのは必然ですわねー
GiGi >> ローソン箱根仙石原店http://maps.google.co.jp/maps?hl=ja&rlz=1B3GGGL_jaJP314JP314&q=%E7%AE%B1%E6%A0%B9%E4%BB%99%E7%9F%B3%E5%8E%9F&lr=&um=1&ie=UTF-8&sa=N&tab=wl
GiGi >> どう見ても車以外で行くのは困難だよねー。
GiGi >> 地図張り直し。http://maps.google.co.jp/maps?f=q&source=s_q&hl=ja&geocode=&q=%E7%AE%B1%E6%A0%B9%E4%BB%99%E7%9F%B3%E5%8E%9F%E3%80%80%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%BD%E3%83%B3&sll=35.249194,139.054642&sspn=0.036729,0.090723&brcurrent=3,0x60199f04c1b8824d:0x4cb258bc7e9803a9,0&ie=UTF8&hq=%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%BD%E3%83%B3&hnear=%E7%A5%9E%E5%A5%88%E5%B7%9D%E7%9C%8C%E8%B6%B3%E6%9F%84%E4%B8%8B%E9%83%A1%E7%AE%B1%E6%A0%B9%E7%94%BA%E4%BB%99%E7%9F%B3%E5%8E%9F&ll=35.264315,139.012821&spn=0.008743,0.022681&t=h&z=16
GiGi >> 写真。http://maps.google.co.jp/maps?f=q&source=s_q&hl=ja&geocode=&q=%E7%AE%B1%E6%A0%B9%E4%BB%99%E7%9F%B3%E5%8E%9F%E3%80%80%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%BD%E3%83%B3&sll=35.249194,139.054642&sspn=0.036729,0.090723&brcurrent=3,0x60199f04c1b8824d:0x4cb258bc7e9803a9,0&ie=UTF8&hq=%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%BD%E3%83%B3&hnear=%E7%A5%9E%E5%A5%88%E5%B7%9D%E7%9C%8C%E8%B6%B3%E6%9F%84%E4%B8%8B%E9%83%A1%E7%AE%B1%E6%A0%B9%E7%94%BA%E4%BB%99%E7%9F%B3%E5%8E%9F&t=h&layer=c&cbll=35.264139,139.013516&panoid=PhHxj-cmiB3ztxuVaeqTbA&cbp=12,325.37910500000004,,0,-7.520464&ll=35.264103,139.014089&spn=0,0.002835&z=19&photoid=fr-2751512507
GiGi >> こんな場所だから車止めれないから絶対やめてーってくらい言わないとねえ。
備品 >> 想像を超えるこじんまりさに目が点にw企画立てた人間の方が浅はかだとしか言えないかも
ナガサ >> うーん、社会風刺とか時事ネタとかだったら毎週絶望先生が一番な気がします。まあ、たまにやるからこそ一番になるんでしょうが
LD >> 【今期選考(2010年1Q)結果発表!】http://blog.goo.ne.jp/ldtsugane/e/e461b334628789d5912f616d4b3b39d1
ナガサ >> フェリス(伝勇伝)はもっとりりしい声優さんが良かったかな
LD >> う〜ん……なんかその場の勢いで「バカテス」に寄ってしまっていますが……やはり、落ち着いて考えてみると作品選考については「とある科学の超電磁砲」の方がよかったような気もします…(汗)反省して次回に生かそう(´・ω・`)
ナガサ >> なにか「トリック」の仲間由紀恵を思い出します。
ナガサ >> ドジっ子属性がありそうな声ですね>この声優さん
ナガサ >> 巷では伝勇伝より「学園黙示録」の方が期待されてるような…。
ナガサ >> 「生徒会役員共」アニメ化するの?マジで?>誰に聞いてるのだろう
ナガサ >> パンツとか裸とか露骨なものはなかったはず(水着はあった)だから問題なさげと見せかけてピー音だらけにならないだろうか…


■■■■2010年04月27日■■■■
ルイ >> うっせ!w>もっとりり(ry
ルイ >> 僕は作品選考については、バカテスで全然問題ないと思ってるけど(まあ、推した側だしね)それよりサブタイの扱いをなんとかする事を考えた方がいいと思う。今のままなら、最後に残すものを2つか3つにした方がいいかもしれない。でないと意味が混ざりすぎる。
ルイ >> それはそれとして、ブログに書いた通り、ココがね、もうね、なんかね・・・・・・神なの!!←ボキャブラリー敗北宣言
ルイ >> コーコ コーコココ機械の子ー♪
ルイ >> コーコーコ、コーケコーコケコーコケコーコココ コーコはーココは恋♪←谷山浩子
kichi >> 「カタハネ」は百合界隈でも好評な作品で、百合(萌え的な意味で)関係なく素晴らしいという風にも聞いてたのでプレイしたいとは思ってたんですよね……。う〜む、なんとなく悔しいなw やっぱりなるべく近いうちにプレイできるようにしようか……。
kichi >> ついでに、先週の「いぬまるだし」と「シリアスな笑い」絡みで考えたことをちょっとつぶやいてみるテスト。……というか、本当は昨日「百舌谷さん逆上する」の感想を書きながら考えてたことが当て嵌まるかな?って感じの話なんですが……。
kichi >> まぁ、やはり先週の「いぬまるだし」はバクマンで言う「シリアスな笑い」とは別モノだったとは思うんですが、ただ、アプローチが逆向きなだけ、という気もするんですよね。バクマンの話題ではシリアスが起点で笑いへ向かったアプローチなのに対し、いぬまるだしの場合はギャグが起点でシリアスへ向かったアプローチなわけですので。
kichi >> でまぁこれ、アプローチの向きが逆というだけで、目指す到達点はやはり似たような領域ではあるんじゃないかなぁ?とも思ったんですね。つまり、「笑い」と「感動」(に限ることもないですが、まぁ代表的なとこで)が「両立」する、そういうレベルに届いてはじめて「ジャンプでトップを狙える」作品になるといえるというか……、要するに何を言いたいかというと、「表面的にはシリアスだけどギャグ」じゃ駄目なのかな、と。だから、ビースト現象は笑いに寄り過ぎというか、シリアスとしては失敗してると言っていいと思うので駄目なんじゃないかな?とかですねw
kichi >> だから、本気で感動もできるし笑いの要素もある(ルイさんは無いような話をしてましたが、ちゃんとオチも付いてたわけですし、笑いの要素が全くないとは言えないはずで、実際それがあることによって得られている間口の広さみたいなのもあると思うんですよね)先週のいぬまるだしはレベル高かったと言えるんじゃないかなぁ?などと思ったわけです。


■■■■2010年04月28日■■■■
カルマ >> 僕は逆というか、「メッセージ性をいぬまるだしで出していることへのおかしさ」が良いと思っています。今週は超絶くだらないんですけど、先週と合わせると「くだらないのも真面目なのもどっちもギャグだぜ」っていうのを感じます。
カルマ >> 例えば若い読者層は非実在青少年の話を知らない人もいるはずで、そういう人たちには「なんかわからないけど、いぬまるで真面目なこと言い出してる」っていうおかしさで機能すると思うんですね。
カルマ >> もちろん作者の伝えたいことをぶつけてるのも事実で、そのメッセージは伝わるところには伝わる。伝わらなくてもギャグとして機能する。 この2話は狙ってやってるんじゃないかと思えるほど。
ルイ >> カルマさんに概ね同意。僕は別に無いという話はしてないですね。そのへん振りきって僕は感動だけしてますってはなしで。って、読み返してないから自分でニュアンスわからないけど。
kichi >> え〜と、カルマさんの話の前半部分に関しては逆どころか全面的に同意です。ビーストの話を例に出して“シリアスなのにギャグに寄り過ぎてて駄目”って話をしたんですが、このことを逆アプローチで言えば“ギャグなのにシリアスに寄り過ぎては駄目”ということになるんで、先週のいぬまるはギャグとしてもしっかり成立してることに価値を感じています。
kichi >> 違うのは、メッセージを受け取った層とギャグとして受け取った層に二分割してることで、そこは明確に分かれるものなのか疑問なのですよね。非実在青少年の話を知らない人でもちゃんと読めばそのメッセージ性が幾許かは伝わるはずだと思うんですよ。むしろ知らない人の方が考えるキッカケになる可能性があるかもとすら思えて、それがジャンプという場で描いた価値という気分だってあるくらいです。
kichi >> でまぁ、せっかくメッセージ性とギャグが両立しうる内容なのに、メッセージ性で感動だけして笑いを振り切っちゃうのは“もったいない”んじゃないかなぁ?とも思うのですよね。感動と笑い両方受けた方がより“面白い”ように思うから、というのが私の話です。
ルイ >> その辺はまあ感じ方の違いなんでお任せ。僕は、あると認識した上でどう取るかは大した問題じゃないと思ってます。意地悪な言い方をするなら「これがギャグになる」とわかった上で、更にここに本気の一匙を込めてみた真意こそに感動した、つまりこの感じ方がより上位なんだ、みたいな事も言えるけどね。正直どっちでもいいや。
ルイ >> どちらかに気付かないのは勿体無いというところまでは同意します。で、別に気付かないって意味で感動しかしてないって言ったんじゃなく、今書いたようにその更に上位感覚として云々みたいなニュアンスもあるという事でね。だから今話題にしている事自体にあまり意味を感じていないというか、誰も気付いてない人はいないんじゃないくらいの反応です。


■■■■2010年04月29日■■■■
kichi >> ん〜、あまり興味なさそうですしこれ以上続けるのもなんですが、いちおう……。私も気付く気付かないの話をしたつもりはなくて、どっちかというと評価の仕方に近い話のつもりではあります。でまぁ、要するに何を言いたいかというと、“ギャグとシリアスが食い合ってない”場合、双方を単純加算で評価できると思うことですね。感動面はルイさんの言う“上位感覚”そのままに評価しつつ、さらに笑いの評価を上乗せできると思うんです。ルイさんは感動の度合いと比べたら笑いの質は評価に値しないと言うかもしれませんけど、人によっては笑いの方が大きい人もいて、でもそういう人だって少なからず感動めいたものもあるはずで、その両者を足した評価が可能であること。それが先週のいぬまるの凄さで、それは今の「バクマン」で目指すべき“シリアスな笑い”の要件でもあるんじゃないかなぁ?というのが私のしてる話です。


■■■■2010年04月30日■■■■
GiGi >> ルルーシュの最期は今思い出しても目頭が熱くなるんだぜ
LD >> 今週の一番は本日の深夜25時開始予定でお願いします。
LD >> そして、今晩9時くらいからペトロニウスさん、海燕さん、いずみのさんと「魔王x勇者」のラジオをやる予定なのだ。(`・ω・´)
GiGi >> おつかー。リアルタイムで聞けないが楽しみにしてます。2ch発の読者参加型小説という視点はだれか担当するのかな?
ルイ >> ルイ >> あやひーは出ない気がしてしょうがないんだけど、出るならみつば。ひとはと見せかけてみつば。ひとはは戸松ちゃん。みつばと見せかけてひとは。ふたばはアンケートに名前書かれていた人。制作はセブンアークスかディオなんたら。 ふう、とりあえず打ち上げておかないと、あたりもハズレもないからな。ノルマノルマ。 神でごめん。


■■■■2010年05月01日■■■■
カルマ >> もうお読みになっているかもしれませんが、「トラウマイスタ」の中山先生の新作読み切り。http://club.shogakukan.co.jp/magazine/SH_CSNDY/koinosuhsa_001/detail
LD >> |・ω・`) 。o(……)
LD >> まだ、ラジオやっていたり…。
LD >> でも「魔王x勇者」は、楽しいので、そのまま話していたり。
LD >> 今週は3誌ですね。
カルマ >> まだ5スレ目なので聴けないでござる。
LD >> 5スレ目だと…どこらへんですか?
kichi >>      ……ついさっきからですが聞いてみてます……(´・ω|一番は延期ですか?
LD >> いえw…ぼちぼち、並行してやっていこうと思いますけど…wきびしいですか?kichiさん?(汗)
LD >> あ、でもルイさん現れるのを待って、延期を持ちかけてみるかな?
カルマ >> 魔王が取り込まれたあたりが4スレ目のラストですね。
kichi >> ……並行してですかw ちょっと大変そうに思えますけど……w
LD >> はい。では、ちょっと延期の方向で考えますが…ルイさん。
カルマ >> 凄いツボです:【ケロロ軍曹】ケロッ!とマーチ by 自衛隊音楽隊 (2:34) http://nico.ms/sm8704846
LD >> kichiさんとか明日の夜とかは参加可能ですか?
kichi >> 大丈夫だと思います。>明日夜
GiGi >> 5スレ目だとまおー荘のあたり?
LD >> では、他の人はきっと大丈夫!(`・ω・´)という事で明日の夜25時にしましょう。
ルイ >> 明日なら少し早めがいいなあ。あと、楽しいから続ける程度の理由でバッティングしてたら互いにとって良くないので、今後は上手い事予め調節することw
ルイ >> そして携帯チケット予約がどうなったかは教えて欲しいw
GiGi >> あ。一番延期?来週チャンピオンだけなんで今週パスでもいいかも?
GiGi >> 明日なら早い時間でもいいっすよ
kichi >> ああ、私も早めがいいかもです。ちゃんとプリキュアタイムに起きられるようにw
GiGi >> 魔王勇者はあのメンツで語ったら24時間くらい話しても語り足りないだろjk
カルマ >> 明日はバイトなので参加は16時までか23時以降かって感じですね。ま、管理人様のご都合優先で。
ルイ >> 今週パスもありっちゃありですね。
ルイ >> プリキュア最新話にはまだまだ追いつけないwただ、今日はこのまま起きてカタハネとマリロワをやりつつトランスフォーマーを待つのが俺のジャスティス。
kichi >> ……実は私は来週金曜夜は無理な可能性大だったりしますが、まぁ、その場合は仕方ないかな……。
kichi >> 今週はまたダークさん……というかムーンさんが登場らしいので楽しみなんだぜw>プリキュア
GiGi >> LDさんペトロニウスさんとは違う論点の記事書きたいので録音の供出早めによろ
LD >> では、早い時間にしましょう。みなさん要望はありますか?
LD >> 録音はkaienさんです。
GiGi >> 23時からでいいんじゃないですかね
kichi >> |ω・´)ノ賛成>23時
GiGi >> 明日はマイマイ新子をようやく見に行く予定。
ルイ >> あちょ、マイマイ観たいな・・・
ルイ >> カルマさん考えても妥当すね。
LD >> では、23時に開始しましょう。
カルマ >> あ、配慮ありがとうございます!
GiGi >> みれみれ。関東ならたいがいどこかでやってるはず
カルマ >> このメンツで珍しく僕が観てるという状態w>マイマイ
ルイ >> 調べたら、
ルイ >> 5月8日から新宿で上映するようで。なんなら明後日特攻かけようかと思ったら上映館なかったw
GiGi >> 一度完全にパブリシティに失敗しながら、ネットでの評判に押されてここまでロングランするというのは稀有な例かつ今後の興行のあり方に一石を投じますね
ルイ >> ある意味では「いいもの作ればみてくれる」幻想のフォローですよね。
ルイ >> 幻想もたまには実体化するのだと。
GiGi >> それがネットの作用なのか、「いいもの」の閾値の問題なのか、単純にタイミングの話なのか、考えると面白いかもしれませんね
ルイ >> いわずもがなでしょうけど、複合的なものではあるのでしょうね。ネットによって口コミの威力が高まった事は間違いないし、いいものでなければ話題にならない。映画の料金も後押ししているはずで、同じものでもOVAならまぁ厳しいw
ルイ >> 映画の料金が現在大衆につながる上限価格という事なのかも。アルバムは苦しかろう。
GiGi >> OVAも1000〜2000円で売ればいいと思うよ!(exイヴの時間)
LD >> (`・ω・´;)し、シリアスな笑い…… HUNTER×HUNTER ムキムキゴンさんコラ画像集 (5:00) http://nico.ms/sm10534474
LD >> |・`)
ルイ >> まさか90分で終わるとは思わなかったナァ。あ、俺未来からタイムリープしてきたんですけど。
LD >> |・`) 。o(…昨夜は……)
ルイ >> AKBのクリアファイル欲しい人いるならあげるお。
LD >> 【HEROMAN】5話 アサシン…ふ〜ん、そういう展開か。楽しいです。
ルイ >> ゴンさんのコラは数枚見かけました。編集煽りまで使ってるものがあるのは笑った。
LD >> え?なんかAKBと触れあってきたんですか?
ルイ >> 少年サンデーの付録ですよ!俺がアイドルなんかに興味持つわけないでしょうが!←
ルイ >> 昨日はブログに書いたけど、ランティスがやらかしてくれたおかげでメシウマメシウマ。
kichi >>     こんばんわ〜(´・ω|
ルイ >> あ、LDさん携帯にチケット予約のメールきてないです?来てもいい頃合いよ?
LD >> しかし、昨夜の放送でUSTREAM便利だなと。ちょと使い方みてみようと思っています。(というか、今みている)
ルイ >> あまりのメシウマっぷりにもうメシウマメシウマ(?)。
ルイ >> カルマさんがくるまで、AKBのクリアファイルでもあけてみましょうか。戦闘力が一番高い人が勝ちな(?)。
LD >> ちょっとみてみます。
ルイ >> ・・このサイズのクリアファイル、何を入れればいいのよ・・・
ルイ >> AKBはあまり詳しくないのですけれど、最近好感をもっておるのですよ。TV観た感じ、競争原理を利用したアイドルグループみたいですね。
ルイ >> ただ、何故前田さんがセンターなのかはよくわからない。モー娘。の頃はある程度納得できたんだけど。
カルマ >> KGBのクリアファイルと聞いて。
ルイ >> 不穏当なw
ルイ >> カラシニコフのクリアファイル当てた人俺のAKBとトレード!って何それ。
LD >> ん〜なんか、パスワード通らなくて確認できないや。
ルイ >> それはAKBじゃなくてAK-47やないかーいって高度なボケだったのか。今ググって知ったぜ。カルマさんハイソすぎるだろう。
ルイ >> ちょっちょ
LD >> PC用のメールアドレスには入会確認のメールが来ているんだけど、多分、携帯のアドレスは入力を間違えて無反応。…で、特に連絡はないですね。
カルマ >> 帰宅早々鷲崎さんのサイン入りアルバム注文するなど。密林の方キャンセルしなくちゃ…
ルイ >> んんん、それはどう言う事なのだろう。
GiGi >> おまた
LD >> で、パスワード変更というか、とにかく忘れた場合の入力をしたんだけど、「利用できません」と返される。
LD >> 何であろうと当選していたら、郵送でチケットが来るのかな?
ルイ >> いや、当落に関わらずメールは来るはずなのですよ。
GiGi >> サンデーは手元にないっ。そうか市中から消えてると思ったらそういう話だったか
ルイ >> なんだってー>市中から消える
LD >> 昼ごろに一旦起きたのですが、すぐに寝てしまい、気がついたら20時だったズラ…貴重なおやすみをネで使ってしまったズラ…。
LD >> それは多分、携帯のメールアドレスの入力を間違えたんだな。>メール
ルイ >> お手数かけますが、あとでメールなりしてサイトの方に確認とってみてくださいませ。とりあえずまだ数日は余裕あるし。
ルイ >> それはそれとして、90分で終わるとは思わなかったよタイムリープしてきたんだけど(二度目
カルマ >> あーまたゼーガ再放送忘れてた…
ルイ >> ゼーガやってるんだ!
カルマ >> 土曜23時BS11ですね
ルイ >> サンデーの実倍率がものっそ伸びてたら面白いですけどね。ほんとかいな。
LD >> ん、運営にメールしてみます。
ルイ >> 駄作迷い猫さんのCMしかやってなかったズェ
ルイ >> 予告だけ見る事ができた。川澄さんは当時の印象より下手だった←おい!
LD >> カルマさんって、「ゼーガ」既見の人ですか?
ルイ >> 花田さんの一存キター
カルマ >> ちゃんとは観てないです。途切れ途切れで。>ゼーガ
LD >> いや、「迷い猫」そんなに悪くないんじゃない?諸般の事情で3話は撮りそこないましたが。
カルマ >> 今回ちゃんと観ようと思って2話連続で見逃していたり…
ルイ >> いや、悪いですよ?(取り付く島もない
kichi >> ちょw、3話は結構良かったと言おうか迷いつつ、でもやっぱ積み足りてなかったしなぁ……とか思ってスルーしようかと思ってたとこなのにぃw>迷い猫
ルイ >> あ、ABこの時間にやってるんだ。BS11。
LD >> ええっと、キャラ組みを考えた時にテンプレ気味でルイさんの好みではないかなと思った。他には?>「迷い猫」
ルイ >> キャラ組というより脚本が駄目ですね。原作重視を言い訳にすると、アニメ用の脚本を組めない。ABもエロゲ出身なので似た所がありますが、迷い猫のセリフと見せ方の単調さは無策すぎます。
ルイ >> 今期は脚本の質が低いニャ。
LD >> そうかな?…まあ、でも今、つめても僕の方で「僕もそれ程良いとは思っていない(でも、ルイさんが言う程悪し様に悪いとも思えない)」って答える結論が見えるので、これ以上詰めるのは避けますが。>「迷い猫」
ルイ >> このままだとAB魅入ってしまいますよ?いいのかい?
LD >> む、「AB」ダメ出ししていたのはルイさんでしたっけ?
ルイ >> ABの成仏構造(?)はクラナドを経てようやくたどり着いた感があるなぁ。
ルイ >> 脚本なら多分そうです。
kichi >> 1話2話に関してはたぶん同感です>脚本駄目  なんというか、萌えネタを延々垂れ流してるだけでまともに物語として展開してない印象でした。……でも3話は悪くなかった印象なんですけどね。キャラ積みをそれこそ情報圧縮で補完とか言い張ればw>迷い猫
LD >> ええっと、そろそろ一番に入りましょうか。
ルイ >> 3話目って家出の話でしたっけ?
kichi >> です。>家出の話
ルイ >> 全体光が強い感じの処理なのは、この世界のあやふやさを押し出しているのかしら。
ルイ >> 家出なー。ああいう構成表を組んじゃう事自体が僕にはよくわからないというか、何故それならアバンがあむちゃんと鉢合わせる所からなのかがわからなかった。
LD >> ふむ。そうですか。僕は幼馴染が“ツンデレ”になる流れの説明とか、そこらへんの展開は好きでしたけどね。迷い猫自体はよく分からないけどw>「迷い猫」
ルイ >> 90分で終わるとはタイムリープ!(ry
ルイ >> 2度死ねよりはキディガーランドの倍子ちゃんの方がキャッチーなのはどうなんだ。キャラもの小説としてそこは負けてはいかんのではないかw
ルイ >> 開き直りがあっていいよね。ABは。
LD >> うん、今、軽く見直したけど、当たり前のキャラと当たり前の展開の羅列というのはそういう観方もできると思うけど、そこに特に不味さは感じない。(レベルとしては下記に結論しているとおりだけど)…で、まあ後は2回死ね子のキャラが出せれば、僕としては満足。
LD >> 「AB」の脚本は何かそんな拙い所ありましたっけ?
kichi >> よくわからなかったのでアバン見直したりあむちゃんで検索してたけどやっぱりよくわからなかった……かな? まぁ、構成表って辺りから想像つかなくはないんですが……、まぁいいか。
ルイ >> ABのは見せ方の話ですね。
kichi >> 倍子ちゃんのがキャッチーは私も思いましたけど、“2”という数字に意味を与えてたので、それならいいかと思い直しました。
ルイ >> 光源処理とかすごすなぁ←やっぱ魅入ってる
LD >> よし、UST登録。
LD >> 見せ方…。
LD >> では、一番に入りましょうか。まずジャンプから。
ルイ >> フー面白かった。
ルイ >> 演出をみればその作品の脚本主導度って大体わかるとおもうけど、まあ一番でいいや。構造に近い視点なほど気付かないかもしんないし。
LD >> 「ワンピース」はエースとルフィの過去話に入りましたね。
ルイ >> ジャンプの表紙コミックカバーは、何か一巻打ち切り漫画に使うべきなのだろうか。
ルイ >> これが宇宙なんたら!?
ルイ >> おお、楽しそうじゃないか!宇宙ショー!
GiGi >> ルフィはエースから何を引き継ぐんでしょうね
LD >> いや、分かりません。一応、しゃべってみてくれませんか?>脚本主導度
ルイ >> ワンピースはこの辺の足回りの良さが魅力だとは思うのですが、エースじゃ仕方ないですね。じっくりやってくだしい。
カルマ >> 宇宙ショーは僕も昨日トレイラーチェックしました。面白そうですよね〜
kichi >> 「ワンピ」は過去話ですねぇ。まぁ、ちょっとエースってその立ち位置の重要さに対して描写があまりにも少ない状態のまま死んでしまったので、どう取り戻す(?)のか、今後への影響力の有無含めて注目ですね。
ルイ >> 構造やテーマに視点がより過ぎると大した問題じゃなく思えるのかなとは思っていて、この界隈では僕が最も卑近な視点だって事も自覚してるので、まあ違和感も覚えないうちはいいんじゃないでしょうか。


■■■■2010年05月02日■■■■
ルイ >> うん。エースってもっと積まれていた方がスムーズだったとは思いますよね。取り戻してる感はある。
LD >> 迷い猫のセリフと見せ方の単調さは無策すぎます。←というか、ここで止めるのもよくなかったかもしれませんね。「僕はそう思う」、「いや僕はそうは思わない」レベルの会話で止まってしまって。ここも何か具体的な指摘点は上げられますか?
ルイ >> 宇宙ショーは映画がどうっていうより早く映像ソフトで観たいw←だめじゃん
LD >> え?え?宇宙ショーって何?(おろおろ)
ルイ >> 3話とか見ながらだと言えるけど、もう見ないというか観て録画から消してるなぁ。
カルマ >> 「ワンピース」あぁ、もう継いでいて、それに気づくって話なら死に際に託されてなくても問題無いのか>引き継ぐ
LD >> 僕が最も卑近な視点だって事も自覚してる←うん、こちらも、何か具体的な指摘点があればそれを言ってもらえると何か掴める所があるんじゃないかと思うんだ。
ルイ >> 具体的なアイテムとか技でない限りはそれでOKですね。
LD >> やっぱりね。「良い」とか「ダメ」とか結論だけ言って、それで「伝わったり」、「認めてもらえる」事は気持ちの良い事だけど「考える」人間なら、その後ろで「何が良いのか」、「何が悪いのか」を考えて、次に出せる準備をしておくべきだと思うんだ。
ルイ >> 『BLEACH』の浦原はずいぶん来るのが遅かったなとw
LD >> もう見ないというか観て録画から消してるなぁ。← 分かりました。また、何かあればという事で。
カルマ >> 「ブリーチ」ん、順繰りにいろいろ来るんでしょうw
kichi >> 「BLEACH」は、私は最近になって読み始めたんでよく分からないんですけど、このラスボスが言ってる実は全部俺の掌の上的なのがちゃんと最初から計算されて描かれてたのが実感できる感じなら結構カタルシスある場面なのかな?っては思ってるんですがどうなんでしょう?
ルイ >> 何かあればというより、何か引っ掛かったら言ってください。細かい技術の話だとはわかっているので、質の話の場合俎上にあがる事は少ないだろうし、また上げたくなったら自分で言います。でも、何も感じてない場合言っても詮ない可能性が高いけどもw
LD >> 「ナルトは」ハーレムの術なつかしいと思いました……ってか、ハーレムの術って名前だったっけな?
ルイ >> 『BLEACH』のひっくり返し方は最近の流行り…というと語弊があるけど、こう「今こうある理由そのもの」を問う流れってあるとあ思うんですが、この場合藍染がものすごい格上な所から「全部俺様なのだぁ」って言ってるので、これはカタルシスにはつながりにくいんじゃないかな?いやつまり「全知全能者」が「全部知ってましたよ」って言うのって当たり前じゃないですか?個別のケースをどう知ってどう動いたかという話になっていないから、そこに「ああっ!」というカタルシスは生まれにくいと思うのですよ>kichiさん
カルマ >> お色気+影分身でハーレムだったかしら。>ナルト
LD >> 何か引っ掛かったら言ってください。← うん、今、ひっかかったら聞きました。ただ、ルイさんから「見せ方が無策」という言葉が出てきただけで、僕の方で先回りして「きっと今はこういう結論になるだろうから止めておきます」と言ってしまった事の反省です。そんなに思考をショートカットさせてはいけないって事です。最低、「具体的にはどこに無策を感じた
ルイ >> 計算っていうのは、SRPGをイメージしてもらえばわかるけど、戦力が拮抗してないと成り立たないじゃないですか。最強ユニットがあるなら、それを中央においておけば勝手にクリアというかw藍染はそういう風になっちゃってるので、あんまりこのどんでんは魅力を感じないですね。
LD >> どこに無策を感じた→?策を施すとしたらどういうやり方があった?」とここまで聞いて、感じるレベルの違いと思ったら、そこで退く…くらいの手順をとらないと思考が腐る!(反省)
ルイ >> あいや、僕の言った事に引っかかる前に、フィルムを観て引っかかるのが一番てっとりばやいやん?って意味で>引っ掛かったら
kichi >> ……う〜ん、なるほど? 「ルキアを一護のもとへ向かわせたのだ!」とか言ってるので、その個別のケース説明があったのかと思ったのですが、そうはなってない感じなのですね……?
LD >> →で、今は、また、何かあればという事で。
ルイ >> 無いっすね、特にはw
ルイ >> 脚本のト書きと小説の文章を両方頭の上において見ているような感覚・・・をイメージしてもらうと、伝わりやすいかも。まぁまた引っかかった時にでも。
カルマ >> アニメで観てた範囲ではそういう説得力はないですね。ふーんそうですか、という感じで。>ブリーチ 
ルイ >> とりあえず全部俺の計画通り、っていうwでも、現代的だとは思うんですよ。構造のデフォルト部分を「なんで当然だと思っちゃってるの?」って組み方するのは00年代のデフォだったとすら思っているかも。
LD >> 引っ掛かった→ 僕は、ルイさんが、どこに引っかかったのか知りたいんです。そこで、僕がひっかからなかったのなら、それでいいや……という返答なら、内考して都度、リアクションを考えますね。
ルイ >> でもいかんせん撒き餌が足りないのと、ジャンプのようにその場その場で盛り上げていく形で行おうとすると、言ったもん勝ちな感じ荷なってしまうのかも知れないですねえ。長編で組むには適さないメソッドとも言えるかも。
ルイ >> そーさのう。めちゃくちゃ単純に言うと、セリフ任せなところが映像作品として「視覚的に」隙があるって言い方はできるかもしれませんよ?取りこぼしはあるけど>引っかかった場所
LD >> 脚本のト書きと小説の文章を両方頭の上において見ているような感覚→頭にとどめておきます。以前、話したようなPCゲーム的なコンテという話の絡みかな。
ルイ >> 『ぬらりひょん』はゆらが凄いちゃんと登場した割に、あんまり通用してんかった件。あとやっぱり90時間台は表示の意味に乏しい。最高で24・・48時間あたりじゃないですかね、時間に砂時計感覚を出せるのは。
kichi >> まぁ、ちゃんと伏線として機能してるかどうかっていうのがありますよね。引っかかりを残してたところへの説明なら説得力もありますが、どうも読者も特に問題を感じてなかったところを「実は……」と切り出してもそれは確かに説得力を持ちえ無そうw
GiGi >> アイゼンの話は「それでどうしたいの?」というところにならないと評価が宙ぶらりんですね
ルイ >> それまでは漠然と「あと○日」で何がいかんのかと思ってしまう。逆に時間表示で間延びするというか、焦らす為なのに長く見えるというかw
GiGi >> ルイさんとLDさんがやりあってるのはアニメの「迷い猫オーバーラン」の話なのかな
LD >> 「ブリーチ」は、何かこの変化で、藍染さんが逆に弱くなる気がするのが、どうなんだろう?というか、ちょっと注目。
GiGi >> スケットのこの限界への挑戦っぷりはなんなんだろう
ルイ >> なんか凄い生物を・・・作りたかった・・・?>藍染の話 「私の完成には私に比肩しうる存在が必要だったのだよジョジョオオオオ!」って話にならないと納得はできなさそうか。
カルマ >> キャラが掘り下げられる前の河童が一番イキイキ動いてる感じがする>ぬらりひょん
ルイ >> えんじぇるびーつの話でもあるけど、大まかな共通点だけでくくったのは僕のミスと言えるのよ。元の質が雲泥やしね。>迷い猫
GiGi >> 崩玉の意思って言っちゃった時点でアイゼンさんはただの器まで格が下がっちゃいましたね
LD >> 「迷い猫オーバーラン」と「AB」の話だけど、実はもう僕の本旨はそこになくって。「今、お前、考える事をさぼったろ?」という内なる声に突き動かされているだけです。(´・ω・`)>GiGiさん
ルイ >> こういう、ラスボスの神格に体預けちゃうキャラって結構陳腐というか、んーとケフカとかこんな感じだった?
kichi >> 「ぬらりひょん」は、個人的にはゆらちゃんの描き方はこのくらいで適度でよかったように思いますけど、時間表示に関してはまったく同感w ……あとかなちゃん(だっけ?w)をどう扱うのかちょっと気になりますねぇw すでにつららも捕まってるのですが……リクオが選ばなきゃならなくなるシチュつくりとかするかな?
GiGi >> ふむなる。同じところがダメ>そのくくりは大雑把すぎないか?みたいな話かにゃ。
ルイ >> いや、かんしんそーかんせいの話ですねw
GiGi >> ちょっと天堂地獄を思い出したおいら
LD >> 「幽遊白書」でトグロ弟が、最終形態になった時に僕はすごく、彼から“負け臭”を感じたんですよね。なんか今の藍染ってそんなイメージ。
ルイ >> 天童地獄!近いかも
kichi >> あ〜、ケフカも世界崩壊後の変わりっぷりはちょっと……というとこあったかもですね。当時はそこまで悪いイメージでもなかったですが。
LD >> 天堂地獄は違う!あれは……あれはもっと……もっと崇高な……ダメボスの何かだ!(`・ω・´)
LD >> ええい!違う
ルイ >> いや、とにかく途中で取り込まれちゃうと、その時点で依代キャラになっちゃう・・・とは言い過ぎですが。純粋な探究心やらだとこんなもんかな?
GiGi >> まああそこまで極めるとは思いませんよもちろんw>天堂地獄
ルイ >> うん>ぬらり あと○日があと○時間になったら、その時危機感のゲージが一つあがると思うのですよね。
LD >> 天童地獄は元から鳴り物入りで、ダメな悪役・森光蘭とつながってしょんぼり〜な展開になって行く所が怒涛のダメボスなんだ!(←)
ルイ >> 変なスイッチ押しちゃったで。
ルイ >> 『トリコ』が好きですね。セツ婆無双はともかくとして、食事するシーンが凄くいい。
カルマ >> 「トリコ」飯食って涙流すのが良いですねぇ。
ルイ >> マッチは部下を案じていて気持ちは暗いのに、美味いもん食べたら口元が緩むんですよね。食を描けていて素敵です。
kichi >> ……烈火の炎か……。途中までは借りて読んでたんだけどな〜 φ( 。 。 ;)
ルイ >> 多世界モノの基本テーマ「一回性」ってのは、更に単位を小さくしていくと「一食」にたどり着くという素晴らしい描写なのだよ。
kichi >> 食事シーンはいいですねぇ〜>トリコ
LD >> 首無しって……デュラハン?(←どうでもいい事言ってる!)
ルイ >> 僕らの鈍感さを揺り動かす為に戦争世界に転移させる必要があるとしたら、僕らに食のありがたみを感じさせたかったら腕もげるほどのバトルをすればいいのだと。まあ同種でしょう。
LD >> しまぶ〜あれですよね。おばあちゃん子というか、最強の人、ばあちゃんだったりしますよね。
ルイ >> 『黒子のバスケ』は過去編だけど、過去編描いてるのに残り二人隠すって結構苦しくない?大丈夫?w
ルイ >> 年長者への敬意があるのはいいことですw
カルマ >> 「天堂地獄 ダメ」でググったら見たことあるサイトが。http://bit.ly/bVcZcB
ルイ >> あと、キセキの世代のラスボス?赤が先に出ましたね。都城王土みたいな奴なのん?
kichi >> まぁ、過去編は番外編扱いなんでセーフでしょうw>黒子
ルイ >> 黒子を見出したというキャラ付けで上位格を出してる・・・の・・・か。苦しいか?
ルイ >> あ、違うな。『ツール』のローランみたいなのかな?赤司。身体能力は青なのだし、「目」っぽいですね。
kichi >> 赤がラスボス……ぽくはありますが、どうなんですかねぇ……? 青を最強としてるだけに、残る白?がどんな奴なのか想像がつかないなぁ……。
LD >> 「天堂地獄 ダメ」→ググられた!Σ(`・ω・´)
LD >> 「黒子のバスケ」過去編くるしいですね。…しかし、やはり黄瀬もいい奴ですね。ここらへんどうも黒子が反発を覚えてキセキの世代から離れた物語にカスミがかかるんですよね。
ルイ >> 『バクマン』は岩瀬さんのラブアタックぶりが。
カルマ >> 2人だったんですね。あとは赤だけだと思ってた。赤司は司令塔っぽいですね。
ルイ >> 黒子がいなくてもなんでもできちゃうから、みたいな理由でしたっけ?>キセキ離脱
LD >> 次に出てくるのは赤なんでしょうけど……いろいろ全体を見渡している奴みたいですね。
ルイ >> 『スケットダンス』はここでサーヤと絡むと思ってたんだけど、更に倍率ドン!というチキンゲームのような展開にw
kichi >> ……まぁ、個人的には前も話したように黒子側の劣等感の問題ということで個人的には納得してますw あとは何かキッカケの一つでもあれば充分かと。>キセキ離脱
ルイ >> シックスメンいなくても優勝できちゃうやん!俺も俺が必要とされたい!なら、劣等感と言えますかね。
LD >> >キセキ離脱|いや、最初は、キセキの世代の勝ちに対する姿勢のようなもので反発したような事を言っていたと……で、最近、多少軌道修正したんですけど、なんというか言葉だけでキャラの実感として修正の儀式がすんでいない感じなんですよね。
GiGi >> バクマンは新作のネタ楽しみだなー。いっそバクマン終わったらそれを連載すればいい
LD >> >何かキッカケの一つ|うん、kichiさん、やはり何かキッカケというか儀式が必要な気がするんですよね。たとえば青峰と握手しなおすとか。
ルイ >> 黒子に後でいわせちゃえばいいんじゃないですかね?「なんだかんだ理由つけましたけど、ボクもチームの…5人のひとりになりたかったんです」って。
kichi >> 「スケットダンス」は今週も面白かったのは確かなんですが、先週の方が面白かった印象ではあるんですよね……。同方向でのことなんで……、う〜ん。いやまぁそれでも面白かったのですけどw
ルイ >> 「べるぜバブ」鬼なんは男鹿より、吹っ飛ばす神崎の為に1P与えてしまう作者ではないかと思った昼下がり。
ルイ >> ネタの個別評価なら色々好みやらあるでしょうね。とりあえず今は「まだかぶせるの!?」って段階w
カルマ >> 「スケットダンス」はなんかもう…救えないww
LD >> 「スケットダンス」は、今週も楽しかったですね。先週はいたたまれなかったのですが、今週はリミッターがきれてもうどうにでもなれ感がありましたw
ルイ >> 「銀魂」は殺す時は結構殺すんだよな。作品温度がそちらに寄らないのはバランスのウマさか。
ルイ >> 「ロックオン」は、最初からメガネが祭ちゃんだっていうのは皆わかるわけじゃないですか。そうなるとやがて必ずくる見開きの快感の為に読み進めるわけだけど、それがあのコマってのは駄目だな。こう言っちゃなんだけど、可愛くないもん。
LD >> いや「べるぜバブ」、多分、作者、神崎と姫川が好きなんですよ。それで何でか知らなけど夏目も好きなんですよwそこらへんにこのマンガの妙味があると思うw
カルマ >> 「銀魂」はおとせさんが死ななかったのでだいぶ白けているんですよね…
ルイ >> 夏目が逃れているのはあくまで神崎きっかけなのですよねw
kichi >> ああ、そういう見方はありますね。たしかに今週の方が気軽に楽しめた感はありますw>スケット先週はいたたまれなかった
ルイ >> ストーリーテリングの面白さを放棄した場合、ベタな見せ方がポイントになるだろうって考えた時、あの祭の登場じゃあロボコン0てーん。あと、相変わらずコマ割ほんと単調w
ルイ >> 「四ツ谷先輩」にはライバル登場。いっそのころ連載構造なんて諦めて、完全放棄した方がかっこいい気がするw
LD >> メガネ子…絵力が足りない場合は、大きいコマの演出でカバーって……ちょっと難しいバランスですね。悪くない顔でもあるとは思うんですけどね。
kichi >> 「ロックオン」は同感です。……というか、あの構成なら最初に雑誌に載ってる祭ちゃんの絵を見せとくべきだと思うんですよね。それなら最初から期待値が高くなりすぎないので、物凄く可愛い必要もないですし、流れとしても祭の容姿が分かっててメガネ子登場の方が自然な気が。正直、初歩的ミスとすら感じるのですが……。
LD >> 「ロックオン」のコマ割りは……なんか、厳しいですね。一頃の「ナルト」程ひどくはなかいですけど。
カルマ >> 変身後が可愛く描き切れてない、引っかかりはありますね>ロックオン
ルイ >> うーん、ひどさはトントンな気がするw>一時期のNARUTO
LD >> でも、ここでメガネ子を置くのは悪くないのだ。>「ロクオン」
カルマ >> 「四ツ谷先輩」ヒキで少しだけほっとした(笑)
ルイ >> んー。どうなんでしょね。僕は折角この主人公がハーレムメーカー的な資質を持っているので、もうちょいルーティンを積んでから「そんな主人公なら、当然ここに来る前にもこういう事があるよね」って組み方の方がいいと思う。 でもジャンプって競争厳しいから、そういう積み上げは圧縮対象かな。
ルイ >> 僕は残念でしたよw>ヒキ 賢しらだ!w
LD >> 「ナルト」は、何でもないシーンで、「○○だってばよ!」顔アップ1コマ→「ええ!」顔アップ2コマ→というか目の眩むような割り方している時がありましたから……それよりは。…とりあえず「絶チル」100回読め!コマ数を決めて制限してみそ!
kichi >> 「四ツ谷先輩」はとうとう縦糸出しましたねw でもまぁ、その持っていき方というか、こっくりさんのエピを「お了い」を言わなかったという形で〆る辺りの繋げ方とか好きです。
ルイ >> 確かに、最初の雑誌を隠すと言うことは僕らが言っている期待値を、作者自ら引き上げるネームといえますね>ロックオン
ルイ >> 河下先生の読み切り「ボクのアイドル」は、そもそも河下ヒロインを、髪型も変えないまま「外見C]」とか言っちゃうストーリー構成に無理がありすぎると思うんだぜ。リボンつけただけやで。
ルイ >> じゃあ俺に外見A見せてみろよ!ええおら!ほらさあ!←興奮している
LD >> 「ロックオン」はもっとラノベ原作アニメみたく、軽いフットワークが求められる作品だと思うのよ。それがコマ数の変な整然さでもったりした感じになっている。…ペンタッチももったり気味なのは、とりあえず勘弁してやらああ!
ルイ >> 「保健室」は何気にこんな当然の顔ヒビ情報もここまで触れてこなかった事が凄いw
LD >> いいんだ!「四ッ谷先輩」ここで縦糸でいいんだ!もう、はらはらしずぎて読んでるこっちが苦しかったよw
カルマ >> 読み切りのアイドル、びっくりするくらい退屈でした…
ルイ >> 読者は河下ヒロインがわらわらキャッキャしてるだけで嬉しい、という真理にたどり着かないといけないね(真顔
LD >> 河下先生の読切はよかったんじゃないすか。
カルマ >> 「保健室」影の薄かったアシタバくんにこういう役を回すのは良いですね。
ルイ >> 「いぬまるだしっ」は少し前に書いた記憶ありますが、ジャンプで勢力拡大している「ナレーションネーム」を茶化したものですね。最初の頃西尾維新先生とかそのへんもうちょっと「ジャンプナイズ」してたと思うんだけど、最近「ああ、いいんだ」と思っているフシがあるw
kichi >> 「ボクのアイドル」は……まぁ、こんなもんでしょうw
LD >> 「保健室の死神」が原稿の完成度がガンガン上がって行くなあ………ここまでくると、新人っていうより青年誌で描いているベテラン作家の域にまで近づいてきていて、なぜかすこし寂しさすら覚えるよ?(´・ω・`)
ルイ >> 最後のコマの済に鈍を描き込む構図とかもうね>保健室
LD >> 「いぬまるだし」は、「永遠に回避してやる」という強い決意に、少し感動しました。
ルイ >> 「めだか」はこの作品読んで以来一番の納得かも。良かったです。
LD >> 「黒子のバスケ」2話目。おそらく、キセキの世代で一番ポテンシャルが高いのが黄瀬で、その彼が“殺る気”になったという事は、おそらく「一歩」で言う板垣くんの開花みたいな状況になるんじゃないかと思うんだ。その上でどう物語本命の“青”に落ち着けるか?が見所です。
ルイ >> 「HUNTERXHUNTER」は今回の連載再開以降画のクオリティ安定してたのに、肝心のここでラフ度が増したのが残念だなぁ。
kichi >> 「保健室」は先生の設定絡みの展開で、ちょっと気になるところではあるんですけど……、まぁ、とりあえず良いですw(<今後の展開のさせ方が気になるとか、いろいろ考えてはいるんだけどまとまらなかったのでとりあえずw)
ルイ >> うーむ>黒子 いや、黄色かっこいいんだけど、言ってる事が北斗の拳のトキみたいに見えるのはなんでなんだぜw「模倣は模倣」という論理の上が見えないからかな?
LD >> 「サイレン」は、あれだね。ちょっと触れていなかったんだけど、サイを増幅させる球は二つ以上つけると危険って設定でドルキさんは滅びたんじゃなかったっけな?そこからするとこの敵メンバーの連中がおそらく皆2つ以上つけているのは気になるね。
カルマ >> 身体能力ではまだ青が上でしたっけ。その上で模倣しても超えることは適わないと思いますが…>黒子
LD >> >「模倣は模倣」 むうん…むかし「強殖装甲ガイバー」という作品にアプトムという奴がいてな………そこらへんムズイんですよね。まず黒子の能力は模倣しえないものだとして……緑間の能力って模倣できるの?あれは練習のたまものだからできない?そう言い出すと黄瀬の格はかなり再現なく落ちるんですよね。逆に緑間を完全じゃないにしろ模倣できるなら強い。相当。
ルイ >> 「リリエンタール」は相変わらず素晴らしい。
kichi >> あ〜、なるほど。そっか、ちゃんと読めてなかったな。たしかにコピーできるっていうのはポテンシャルというか、目線的に上回ってなくちゃできないことで、憧れていてはできないことなんですね。なるほど。
ルイ >> いや相当強いのはいいんだけど、その本物と向かい合った時どう上回るロジックを組むのかなと。読者が納得しないとしょうがないでしょ。
kichi >> >黒子
LD >> ……とか、「完全じゃないにしろ赤の能力をコピーしたぜ…」とか言って青の前に立つと「面白い」かも。
ルイ >> 今赤w
ルイ >> でもキセキの世代フルコースあたりでしょうね。
kichi >> 本人出てない段階でコピー出しちゃうのは相当アクロバティックな展開ですねぇw
カルマ >> それ楽しい!>完全じゃないにしろ赤の能力をコピーしたぜ
LD >> そんなワケで再投下。HUNTER×HUNTER ムキムキゴンさんコラ画像集 (5:00) http://nico.ms/sm10534474
ルイ >> 念能力の制約云々はマジ恐ろしすな。実力差なんて一気に飛び越えるぜ。
ルイ >> ちょ、君ら人がアニメ観てるとまったく進行しないのねw
ルイ >> もうサンデーするよ!?
LD >> いやぁ、今週のネームもすごいね!>「HxH」
kichi >> 「めだか」良かったですね。行橋ちゃん可愛いですw 王土との結びつき方が納得度高いのがポイントでしょうかね。
LD >> サンデー行きましょう。
カルマ >> 「ハンタ」読み返しても凄いな…方法は分からないけど。
ルイ >> ネームが凄いからこそ宮殿突入時並になっちゃったのがカナシスな、
ルイ >> もうどうにでもなーれっていう制約じゃないの?wクラピカの上位版というか。アント単位かピトー単位かって所がポインヨ?
kichi >> 「ハンタ」は凄かったですねぇ……。
LD >> 王土は、行橋について多少心を砕いているように“観える”。でも、実は全く気にかけてもいないかもしれない。そこらへんが分かる瞬間が楽しみです。
カルマ >> そうだ、「めだか」良かったですね。行橋の生い立ち→もがなの理解→「俺は俺を超える」まで凄く綺麗。
カルマ >> 今週のハンタをギャグに読めるってのはやっぱり「読まれ方」ですよねぇ。このへん2chがしっかりと育んでるんだなぁ。
ルイ >> そのうち真顔で「俺の隣にいるお前も俺というものを構成する俺ではないか」とか言い出しそうでねw>王土 今のところゆーがったふれんずの構造なんですよね。
LD >> 「神知る」は、今更ですが、縦糸置いてもこれまでの展開フォーマットは崩していないのが好感ですね。あくまでこれまでの展開フォーマットのビルドに「縦糸」が使われている。新展開ではない。
ルイ >> 大魔王の画面半分が湯気だ。バンザイ。
ルイ >> 『ケンイチ』はまあ完璧なんじゃないすか。いじめテーマでこれ以上の漫画なんてないんじゃないかな。
LD >> 「いちばんうしろの大魔王」ですか?
ルイ >> うん。青髪の人下手なんだけど誰でしょう。後輩子も下手。>いちばんうしろ 実は今はじめて見ているのよ。
LD >> 「死ぬな!」、「殺されるな!」っていうのは真理ですねえ。難しいのはその言葉がとどくかどうかもその子次第という事。
ルイ >> 「結界師」王の能力が謎。
ルイ >> フォローとしての「社会的」「精神的」がいいんですよ>ケンイチ そこを交えないと、精神を犠牲に肉体的に死なない選択もとれるから。まあ、これも強者の理屈だろって言い方はできるかもしれないけど、人間それくらいには強いんじゃねーの。
LD >> (( ´∀`)=○)`ω゜)・;'.、 青髪は今をときめく日笠さんだろうが!
ルイ >> 「神しる」は、何気に桂馬に体力がついている所がポイントだと思う。ギャルゲー的な意味では不必要なステータスだけど、対社会的には色々備わっていっているのが。
ルイ >> 今をときめくっておらがけいおんで一番嫌ぶべらっ!
LD >> しかし、気になるのはあれは、話組みだけ観ていると一位は青髪なんだけど、キャスト表示順の一位は赤髪なのであった。>「大魔王」
ルイ >> 「キングゴルフ」葉巻ホクロの物語はどこに行き着くのだろうか・・・自己ベストがいいところか・・・
LD >> 「マギ」もシンドバッドがいい事ゆってる。この「物語」がどこへ向かうかだなあ…。
LD >> ああ、話の組み方からすると葉巻ホクロが帝王を抜く……と思ったんだけど、自己ベストあたりでおさえるのもいいですねえ…。>「キンゴル」
ルイ >> 「ハヤテのごとく」・・・・あ、あ、あれ?クラウスの老いらくの恋はどこへ?
ルイ >> どうも、追い抜くには30Yは物理法則超えちゃってるんですよねw
kichi >> 「ケンイチ」良かったですねぇ。……いや、いじめテーマでと言われるとちょっともやっとするものはあったんですがw、ひとつの真理であるのは確かですね。
ルイ >> あり?赤が中央なの?これはけんぷファーに続く詐欺の匂いがするよ?
kichi >> 「結界師」も興味深い展開ですね。きちんと伏線は張られてそうなんで、どう繋がってくるのか楽しみなところ。
LD >> 「はじめてのあく」は良い話でした。…と、それと「今日のあらすじ」を評価したい。「情報圧縮」で一話完結まで持って行っている。評価。
ルイ >> 「マギ」は以前こうなってくると面白いなーと思っていたポテンシャルにがんがん踏み込んでいるので、すばらしいです。理不尽な世界への対抗、か。わかりやすい。
カルマ >> 「キングゴルフ」いやぁ皇帝には勝てないでしょうね…>葉巻ホクロ
LD >> 「けんぷファー」は成り行きであって詐欺じゃないけど、これは詐欺かもねw
ルイ >> 「はじめてのあく」は面白いですね。というか生まれてはじめてキョーコかわいかった。ずっとそのままでいて。
ルイ >> しかし「あの組織」というのは単純化が過ぎるかもしれずちょっとびくびく。あーでも白黒でいいのか?>マギ
kichi >> 「キングゴルフ」はやっぱプレデターに託す感じになるんでしょうねぇ……。
ルイ >> 「めじゃー」普通に考えて、主人公は寿。
ルイ >> 葉巻ホクロにプレデターが何を言うかは注目かな。がんばったがそこまでだ!俺様のショットを見てろ!とか言うかな。
ルイ >> 「チルドレン」この序列作家がぁ〜。
LD >> うん。どっちでも「面白い」と思うんですよね。オーソドックスなのは、葉巻ホクロ自己新でも抜けず→帝王大笑い→ソースケの一打で笑いが凍る→の流れなんですけど。実は、葉巻ホクロ帝王を抜く→帝王凍る→葉巻ホクロ大喜び→ソースケがそれを抜く→という形の方が「キンゴル」らしさがでるかな?ってイメージしましたが、ちょっとオヤジのポテンシャル的にはきついかな。
ルイ >> 「アラゴ」ギャリーベガーのナイスキャラっぷりが際立ってるな。
kichi >> 「マギ」はやはりシンドバットの器のでかさが良くって、今後の展開が楽しみであり、まぁ、ルイさんも言ってるように単純化する流れも感じてびくびくする気持ちもあったりはします。
ルイ >> ボクも何度か言ったけど、そのイメージでした>おっさんが帝王を破る ただ、それなら描く順番は 皇帝→プレデター→ホクロ になると思っていて、皇帝がプレデターに負けたとショックを受けていたら更に負けるっていうwそこでソースケが「お前は俺のライバルですらねぇってことだよ!」などとぬかすというw
kichi >> 「はじめてのあく」は緑谷君よかったなぁ……(ホロリ)とかなんとかw いや、LDさんの言った圧縮のおかげもあり描写が詰め込まれてて良かったですw
ルイ >> 「ツール!」はジャニー登場したしクラサンに送らないで〜
LD >> 「アラゴ」は、キャリーベガーもそうですけど、おっさんがカッコよいのもいいですね。実はストーリーよく分かってないんですけど、キャラと画でなんとなく読んでしまうw
ルイ >> なんでだよw>よくわかってない
LD >> 教えてw>なんでだよw
ルイ >> ジャニーの登場ぶちぬき画が凄く良くて、ブラジャーの質感を感じるわけですよ!←真顔です
ルイ >> う、うぐう?弟の分まで街を守るアラゴっちだが、守る力が超常の力だから怪異も寄ってくるのであったー。今回は妖精の矢を奪ったバカな人間どものお話〜。
LD >> 「ツール」はローランはいい事言ってるというか、正しい事を言っていると思うのだけど、少年マンガ的に反発を覚えると。じゃあ、どうするか?
kichi >> ああ、今クラサン送るなら「怪体真書」か「TRAP」か「電脳遊戯」にしてほしいですね(「トゥモロー」はもうすぐ終わる前提)。ツールが送られたら哀しいなぁ……(´・ω・`)
ルイ >> ローランに対するヒイロの反応は少年漫画として正統なんですけど、ロードレースとして納得を引き出せるかってのはありますね。
ルイ >> ローランの計算を上回るくらいの力をつければいい!っていう結論が一番少年漫画?「ボクにも読めない・・!」
ルイ >> 「オニデレ」なしくずしに覇王巣崩壊wこういう所がいいw
LD >> うん、そんな感じだと思うんだけど、なんだろ?怪異が連続する設定が語られていないせいなのかな?なんか「アラゴ」に対してはストーリーがよくわかんにゃい判定が出てしまう。
ルイ >> 自分の作った設定に自分でがんじがらめになるくらいなら、こうやってホッホッホーイと実の少ないものを切っていくのはアリですよね。
kichi >> ああ、その気分的なものは分かりますw>「アラゴ」よくわかんにゃい判定
ルイ >> パッチマンの力が触媒みたいになって怪異ホイホイになってるんでないの?
カルマ >> 「ツール」はレースでの戦い方まで変えられる物では無さそうですしねぇ…
ルイ >> なんかボクにはわかんにゃい判定ないんですよね。ロンドンという舞台設定がいいのかな。霧のロンドンって事で。
カルマ >> パッチマンの力に寄せられる、狙われる、みたいな話じゃないでしょうか>アラゴ
LD >> >ローランの計算を上回るくらいの力をつければいい!|うん、でも今ローランは、その場合自分の計算を上回るくらいの力で決められたフィールドで燃え尽きてくれって言っているんですよね。むろんローランよりも上のレーサーになったらローランはサポートに回らないといけないけど、その場合もローランのロジックが間違っていたという事にはならない。
ルイ >> 魔都です!って宣言されてすんなり飲み込める、数少ない街という認識w>ロンドン
ルイ >> 実際ロードレース観てると、本当に個人というよりタクティクススポーツですからね。ボク大概のスポーツは少し見たらコアをえぐりとる自信があるけど、ロードレースは正直まだわかってないと思う。だから漫画でその手がかりを得たいって気持ちもあるんですけどね。スポーツ観戦も楽しみたいから。
ルイ >> 「マイエンジェルを傷つけられねぇもん…」オニデレで面と向かってマイエンジェル言ったのはじめてかw
LD >> うん、そういう個人的な怪異ホイホイの設定と、警察官という怪異を追う(?)設定の部分になんかもやもやがでちゃうのかな?ほら、怪異が寄ってくるなら、そこから逃れたいみたいな反応だと分かりやすいけど、この子警察官でそこに駆けつけちゃうというか。
ルイ >> あと、正の7秒ルールも笑いましたね。サヤさんほとんど珍獣だな。
kichi >> 要するに縦糸が弱いのでしょうかね?主人公の目的に“世界平和”的漠然感を感じてしまうというか。見た目の活劇感と比べるとって話でしょうけど。>アラゴ
ルイ >> 弟が守ろうとした街だろうがよゴルァ!>逃れたい
ルイ >> いやいやそれは読み方が絶対おかしいよ…弟の人生吸って生きてるって実感があるから。そういうと負い目って話になりかねないけど、負い目ってんじゃなくもっと前向きなんですよね。実際体がくっついてるわけだから、想いもくっつくよ,程度のナチュラル感というか。
ルイ >> 縦の物語は基本ないと言うか。最終的に突き詰めるとチキンゲームみたいな話になるかもとは思ってますね。「この力があるせいで怪異はくるんだよ!」「じゃあ力捨ててやるからお前ら出てけよ!」みたいなw
LD >> いや、街を守ると言い切りしちゃうと、今度はアラゴは離れればよくね?みたいな悩みが生まれるというか……「灼眼ウォーリィ」ってやつ?
ルイ >> それは先手打って書いた通り。>離れれば そこが詳らかにされたらそういうフェーズがあるかもしれないが、今そういう判断をできるほど情報ないでしょう。得た力を利用するって点でライダーと大差ない。
LD >> いや、ここでのポイントは、今「アラゴ」で指摘した事っていうのは、作中でべつに明確に読める描かれている事とはちがうから、それだからダメみたいにいってしまうのは言い掛かりに近いのですよね。…でも、なんかそこらへんのピースはめがないから全体像に対し………かんにゃい?(´・ω・`)判定が出てしまう。
ルイ >> マンガズン?
ルイ >> その辺はルーティンの中で実感コミで構造展開するのが正調って気がするなあ。最近構造先行大杉よ。
LD >> >今そういう判断をできるほど情報ない|うんうん。…で、なんか連続して怪異をひきよせるのは自分が得たパッチマンの力と関係しているくさいんだけど、その設定が出ているわけでもなく、また主人公自身が怪異に寄ってゆくという。
ルイ >> いや正調というのは言い過ぎでも、どっちもあって当然か。その前提の上でわかんにゃい言いたいだけなら許すw
ルイ >> 主人公は、怪異がある以上それをおさえにいくでしょうね。怪物を倒せるのは怪物理論で。
LD >> >構造先行|うん……そうとも思います。でも、何かすごく簡単な一言を添えるだけで、このなんかもやっとしたイメージが晴れる気がするんだよねえ〜?(考)
kichi >> ……たぶん、単純に妖怪退治なルーティンマンガだと言い切れる構造ならいいんですけど、そうでない設定がちらつかされてるから
kichi >> 混乱を誘うというか、そんな感じなのかなぁ?
LD >> 禍神行きましょうか。
ルイ >> 混乱さそうっていうと作りのまずさの話になるから乗れないなぁ。オモロイし。
ルイ >> 金田一少年でいうと、なんでこんなに事件が起こるのかがわかんにゃい感じ?
ルイ >> 「GE」の悲恋子ちゃんが相変わらずけなげすなぁ。
カルマ >> 今のところ「アラゴ」にはあんまり不満を抱いてないのですが…うーん。
ルイ >> 大沼さんの心理描写が思ってたよりずっとよくできてる。
ルイ >> 最初の2Pで語ってるようなものですけど、要は「痩せて世界が変わった」実感が鮮やかにあるから、今頑張り続ける事の可能性に対してポジティブでいられるんですよね。大沼さん凄くいいキャラ。この作品のMVPを進呈するお。
kichi >> いや、金田一はルーティンというか縦糸は基本的にないっていうのがわかってるからいいんですけど、「アラゴ」の場合は縦糸があるのは感じつつもその行方がはっきりしない辺りがわかんにゃい判定に繋がるというか……。
ルイ >> それは言いがかりに近いと思うがなぁw進む物語の匂わしそれ自体が問題ならかなりの作品がその構造レベルで否定されてしまうと思うのですよ?
LD >> それはもう“そういうもの”という合意がすんでるワケで。>「金田一」 むしろ、金田一くんが殺人事件を呼び寄せる“呪いの石”みたいなの体に埋め込まれたとして、その設定おいたままで、行く先々で「うわぁ!殺人事件だ!」とか言っているみたいな感じ?
ルイ >> 「とある」なんかも当然同種のロジックで否定だわな。
カルマ >> 「GE」大沼さん良いですねぇ。
ルイ >> 今言ってる事は、ルーティンでまわしつつ徐々にカードを出す構成に対して「一気にカードみせろ!」と言ってるようなもので、それへの評価が「もやもや」「わかんない」というのは、つまり「カードを見せない」という選択をしている作品に対し「カードを見せようとしているのに見せられていない」作品用の判定を下している…ように、僕は思うけど、なんか違うかな?
カルマ >> 「アラゴ」の話は、「四谷先輩」にも繋がるかもしれないんかな?
カルマ >> あ、次週以降の>四谷先輩
LD >> ああ…あれかな?主人公が怪異事件が自分のまわりで連続して起こる事を、するっと受け入れてしまっている事に対して、僕やkichiさんは「あれ?」って思って、ルイさんは「そこはそんなもんじゃない?」って思っている感じかも。
ルイ >> そして、そりゃ失礼ではないかいと思う、と。その失礼を承知の上でわかんにゃい言いたいだけなら、ってのは先程触れた通り。やり方の瑕疵の話じゃないですからね。
LD >> >カードを出す構成に対して「一気にカードみせろ!」| ちがう。ルイさんがそう反論したいのはわかるけど、僕はそう言いたいわけじゃないのに、相手が単純に受け取ろうとすると、そう受け取るであろう事に苦慮しています。
ルイ >> 第一話でパッチマンが思い切り登場したのがそこの所のウマさで、最初にラスボス格の怪異が出たから、怪異事件というものの非日常感覚が薄まっているのは間違いないですよね。それに関しては、寧ろ構成的にうまく出来てるとすら思います。
ルイ >> いや、まずLDさんとkichiさんが一枚岩だと思ってないから>ちがう まずkichiさんも違うかどうか確認したい。僕はそうだと感じたから。
kichi >> ん〜、まぁ、感覚的なものなんで微妙なんですけどねw 謎の多さとかパッチマンの存在感とか、縦糸の匂わし方の“強さ”の問題というところはありそうですし……。
LD >> ただし、この状況を作者はカードを見せない選択をしている事は同意で、だから議論はそこに収斂されやすくなっているんだけど。……でも、それが何かって問題はあるけど、カードを見せない選択なら選択で、ここでカードが見えなくなる、見せてもらえない事に納得できる組み立てというのがあると思うけど、ただ見せてもらっていないだけ、という印象を受ける…という話かなと思った。
ルイ >> やっぱ最初がパッチマンというのがいいんだよな。パッチマンの上位存在が提示されないままパッチマンが倒されて、力が残ったから、「誰かに問い詰める」「誰かが知っている」という方向に進みようがなく、その力をどう活かすか?という使い方の話にシフトするのが当然に思いますが。そこで受け入れに違和感も何も、だって持っちゃったし倒しちゃったし、という答えになる。
LD >> 今まで、出てきた怪異って、みんなパッチマンの能力を狙っているとか、そういう共通点があるっけ?
ルイ >> ふーむ?例えば前回のエピソードは、パッチマンの力と並ぶような力の持ち主の話でしたよね。こういう小出しをしていく形をとりながら、単話としては本当ライダーやウルトラマンじゃないけど、「バレちゃ困るヒーロー」ものという話という認識w
ルイ >> いや、それは無いと思いますよ>狙ってる とりあえず僕やカルマさんは力のせいって考え方してるけど、それもパッチマンが最後にそういう事を匂わせたけど・・・程度かな。
LD >> もう一つ、これまで、何でこう怪異事件に連続して遭うのか?→それはお前の持つパッチマンの力に吸い寄せられているんだ。→みたいなシーンがあったら一旦様子見します。
ルイ >> そこがわかんなきゃにっちもさっちもいかないZE!という組み方だった場合非難されうると思うんだけど、力与えられて持ち主消滅してて、守りたい動機があって周りにうようよ怪異があるならまあアラゴの選択は当然こうなると思ってるし、そもそも怪異が何故こんなに・・・という話になると、それは最初の方で言ったけどルーティンでその実感を積めばいいんじゃないかいと思っている、かな。読者が皆そう思って、アラゴもそう思えばいいというか。
ルイ >> その辺はなんだろうね?「違和感こそが積みである」という言い方をしようか。だからわかんにゃいを素直な感情の発露として使う分には構わないのです。
LD >> いや、ただ「そこらへんをハッキリさせる」という意図の元、話を詰めていたから、なんか対立するみたいな話になりましたけど。なんというか実際はこのもやもや僕はそんなに気にしてないんですよw最初に読んでいると言った通り。このもやもやを「楽しむ」用意は充分にあるし、それはルイさんが「カードが出されていない」と捉えて楽しんでいる心象とそんなに変わらないと思います。
ルイ >> その辺読者認識ないと、それこそ藍染になりますしねwまぁこういう180度の転回も面白い事は面白くて,その場合別の手続きがいるのですが、それは別の話として・・・とりゃえず、今のセレクトそれ自体に瑕疵は感じないというのがボクのポジショニングですね。
ルイ >> うん。だからLDさんとkichiさんはちょっと違う気がすると思って仮想敵にさせてもらいましたw
kichi >> ……まぁ、一話を思いっきり強くした副作用的なものが出てる面はあるんでしょうね。それは魅力でもあるんでしょうけど、一話がラスボス感ある怪異の話だったのに、それ以降が日常怪異的な話になってることに違和感を感じるというか……。
ルイ >> LDさんは言い張ってるだけかもしれないけど、まあ実際そうなんだろうw
LD >> →ただ、何か一言二言、展開を方向付けするセリフを与えて……それこそ「お前がパッチマンの力を持つ限り!魔物がお前を狙いにくる!」…みたいな?宣言をすればピシッとストーリーが分かって、わかんにゃい(´・ω・`)判定は消えるなと。それはそれで「形」だと思うけど「アラゴ」はそういう選択じゃないんだねと。
ルイ >> ふむふむ。展開それ自体を面白いと思うかどうかまではコントロールしようがないので、まあそれは仕方ないかな?
GiGi >> もうしわけないねてしまった
GiGi >> ってまだサンデ?w
ルイ >> ああ、先程言いましたけど「宣言」は進む物語の駆動エンジンで・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・あ、そうか。「灼眼のシャナ」イメージすればいいかな?
kichi >> あ、私もそこまで気にしてるわけではないですけどねw あくまでも“気分”レベルの話なんで。別に一気にカード見せろとも思わないですが、一話で見えたような気がしたカードは幻だったの?それとも今は見えなくなっただけで先には出てくるもんなの?という戸惑いがあるだけ。
ルイ >> 先には出てくるでしょうw前回のエピそうだったじゃないw
GiGi >> (川下先生の読切まだ読んでなかったので読んでたらねてしまったのは内緒だぜ)
ルイ >> 『日常怪異』とくくる中にも、今回のような単純な怪異もあれば、パッチマンパワーを狙う怪異もあれば、前回のような中ボス格?(あれは縦に引くよね)もあるわけで、また今回は単発怪異を利用しつつおっさんのパッチマン・怪異への想いの強さを描いている。・・・そう、心配するほど狭い推移はしてないと思うのですよ?・・・僕がリオ好きなだけかもしれないけどさw
ルイ >> それは仕方ないな>河下読み切りで寝落ち
LD >> じゃあ、禍神ね。
ルイ >> うむ、漫画神。
ルイ >> 〜〜大沼さんはいいなと。(戻った
ルイ >> 大沼さんに一応今回好きな人がいるって告げた事で、内海の優柔不断という心象が軽減されているのもポイント。あとは大沼さんの問題です、という体になっているw本当はそれでもフラなきゃいけないんだけどw
GiGi >> 大沼さんは良い。めざせグッドエンディング
LD >> 「ヤンメガ」、おう。品川くんがメガネの足立さんに狼狽えたのはなんで?って思ってましたが、そういう事っていうか、ああ、そんな感じにメガネ外したんですっけ?
ルイ >> 『鬼若と牛若』は、弁慶の仇が平清盛ならえらくシンプルな構造ですな。
LD >> 漫画神←素晴らしい当て字だ。
ルイ >> 「はじめの一歩」のウォーリー戦が終わる前に、長谷川穂積が実質ワンパンで負けていたでござる。
GiGi >> GEは君町とかと違って序列の力学は働いてない。ただ最良の選択を選ぶと言う提示があるだけ
ルイ >> 漫画でボクシング描くと、スタミナの奪いあいみたいな話になるのは仕方ないですね。今回の世界戦は久々に国内では最高級の試合だったんだが、ああいう日本刀の斬り合いはなかなか描けない。
ルイ >> ほう。それは面白い指摘かもしれないですよ?>GEは序列の力学は働いていない ただ、タイトルがそういう強い言い切りが可能なのは事実ですね。
ルイ >> 序列…ですらないという言い方は正しくないかな・・・難しいな。僕のGEの認識は、既に構成完成して配役も決定してるくらいの認識w
カルマ >> なるほど。>序列の力学は働いてない。ただ最良の選択を選ぶと言う提示がある
ルイ >> 序列以上に序列(まだしっくりきてない)だと思っているくらいなので、その主張は面白いですよ?
kichi >> 「ヤンメガ」はいちおうそんな感じでメガネ外してたと思います。でもこの作品タイトルでこんな風にメガネ否定しちゃって大丈夫なんだろうか?みたいな気分にはなりましたねw ……来週にはまた外してたりする?(´・ω・`)
GiGi >> 今週で横一線になったと思ってますよ。そして横一線ならば、大沼さん有利。
ルイ >> あーでも今回の「ヤンメガ」でゴールは見えましたかね。一周してメガネつけるのがゴールって事なんでしょう。
GiGi >> 今週の主人公の内語を解析するといろいろ面白い
ルイ >> この先が楽しみすね。僕は序列以上に序列の立ち位置のままいかせてもらいますw
kichi >> 私も「GE」は完璧な序列と認識してましたが……、ふぅむ、なるほど。
LD >> ふむ。基本的に、序列の力学ってのは“それに逆らう因子”があって、はじめてその力場が存在していた事を感知できる…というものなので、ルイさんの言うとおり構成と配役が決定しているって評価の方が作品の実相かも。
LD >> え、あ!GiGiさんは大沼さんの目がある…って言っているんですね。それはいい指摘だ。
ルイ >> ところでヤンメガなんですけど、品川がそのメガネについて語っている時に足立の方のリアクションコマがないのはどういう事なの?聞こえてないの?
GiGi >> 晶先輩との3すくみになった上での大沼さんの突撃があるのが良いんです。好きという気持ちは固定ではない。
ルイ >> そう。現象があるかないかという指摘だから面白いw
カルマ >> 主人公が誰に落とされるかって考えると面白いかも知れないw>「GE」
ルイ >> 負け子ちゃんか突破子ちゃんかという分かれ目は、要はキャスト配置型かライヴ積み上げ型かという作品像チェックの話ですからね。
GiGi >> もともとの読切り版の構造自体が、晶先輩を好きという気持ちが解けて、その時の自然な感情に寄り添った結末を選んでるんですよね
LD >> ただ、そこからするとどうなんだろう?僕はまだ……たとえば「この場面で“序列指向”なら力場が出るはずなのに出てない!?」って思えるシーンは見出してなかった。そこを観測したら「面白い」のですけどね。
GiGi >> 大沼さんがキャスト配置としてはかなり後出しなので、そこからよーいドンってあるの?というのがたぶん違和感で、「序列の力学」の源泉でもあるんだけど
ルイ >> そこはLDさんに同感で、可能性としてはいい。でもまだ観測してない、という反応。 そして読み切りを持ち出されると、読み切りこそ単話で、脳内完結なので・・・晶先輩というフェイントを入れた黒川GE、今回それをシネマティックにしているという言い方もできるはずで、やはり現状では「観測できてない」。
LD >> ただ、大沼さんが、ライブの産物だろうというのは同感で、だから「それ」はあり得るんだ!とか、そこで、言い出しちゃうのは、いかにもLD的妄想先走り感があるんですがw
GiGi >> ポイントは内海が黒川とよりを戻すことを「義務」としてとらえていることと、大沼さんが内海の気持ちを確かめたあとも諦めなかったことですね。
ルイ >> 大沼さんの配置それ自体は典型的な関係揺らし子ちゃんなんですよね。そこから現状くらいまで「いいキャラ」に育った事を、想定内と見るか外とみるかという話でもあるかな。
ルイ >> 「義務」と言ってしまえるほどの何かありましたっけ?後段に関してはどこまで揺らし子を育てる(暴れさせる)という選択でラインをぎりぎりにもっていっているだけなので、それ自体は「聞いて諦める」の次の段階相当の何かを作れれば、それだけで済むと思います。
GiGi >> もちろん黒川の芽もあるというか、ここから揺り戻しがないとそれこそお話にはならないのでどうなるかですね。楽しみです。俺は大沼さんを応援するぜw
LD >> 「エデンの檻」は雪ちゃんがキャラ主張で序列席に座ろうとしていますよ?(´・ω・`)(←これがLD的妄想先走り感だ!)
ルイ >> んー?これはつまりどういう事なの?僕が2週くらい前に言った「大沼現象があると思い込めるくらいが楽しい」をGiGiさんは地でいこうとしているって事なの?w
GiGi >> 躱し手(最終宣告を保留する)といっきに序列化したと思うんですよね。ここはわりと妙手。
GiGi >> 大沼現象と言うべきかどうかは悩みどころで、ただ黒川エンドである必然性は氷解したかなと
ルイ >> ふむふむ。今回の選択によって大沼さんが一般的な悲恋子ちゃんより格上になった、という点までは感じています。その先は…仕上げをごろうじろか?
LD >> >躱し手(最終宣告を保留する)といっきに序列化したと|「観測」とは行かないけど、指摘ポイントとしては冴えています。
ルイ >> ふんふん。いやしかし、今立場上序列超序列側でしゃべってますけど、今ギギさんが言っている事は普通にありえる話なんですよね。その場合は「読み切りというフラグの利用」の話になるわけで。
ルイ >> 大沼さんがスーパー大沼さんになった事は認める。漫研語録的にはまずここまでw>躱し手
GiGi >> おk。別に大沼さんが序列1位になったと主張したいわけではないのでこっちもここまでで。
ルイ >> しかし、正直言って読み切り構造を範にここまで持ってこれるだけで、流石先生かなり流石ですけどね(←言った!)
ルイ >> ここで交通事故を起こさない限りは俺の株価は下がらないZE。
ルイ >> 「エデンの檻」は第三勢力登場ですね。王?神輿くんとハーレムメイカーみたいな
ルイ >> 話になってるんで、三人目がおにゃのこなのはまぁ納得できる話。しかし作品的にせっかく構造定まってきたのに、預言者ってなんやのんw
LD >> そして、この占い子も、仙石ハーレムに入っちゃえYO!(←妄想2)
GiGi >> ええとトリック再映画化記念ですか?>エデン
ルイ >> 仙石の場合ハーレムって言わないと思うんだよなあ。ここは前から話し合ってるとこですねw
ルイ >> あ、でも待てよ。「男女問わないハーレムメーカーが王だ!」という結論に歩むのならLDさんの言葉に乗ろうw
GiGi >> ブラマンは予定調和
LD >> そして!「エアギア」!ブッチャさんかっけEEEEEEE!!なんかもうお前!w
ルイ >> 「エアギア」は凄いビフォアアフター。
kichi >> ……基本的にはまだ序列と思ってますが、でもそれこそ某100%みたいに読者人気が極端に大沼さんに寄ったりしたら……とか考えたら普通にあり得る(瑕疵はない)展開が組まれてるのは確かなんですよねぇw う〜ん、楽しみが増えましたw>GE
ルイ >> 「追いついてみれば」追いつける時点で凡夫じゃないっすブッチャさんwww
ルイ >> 特にタイトルそれ自体は「皆が幸せならそれがグッドエンド」くらいの言い切りが可能なのは強い焦らし効果ですね。きめうちよりは楽しいかも。
LD >> 真里谷くんもハーレムに加えてますけど乗らなくていいですよw……というか表構造的にはルイさんの話でOKでしょう。矢頼は一人でなんでもできてしまうリーダーで。…ただ、裏の構造としてハーレム、それもできれば2軸は「読める」と思うんですよね。>「エデンの檻」
GiGi >> ガマランの槍の捌き方はよいね
kichi >> 「エアギア」はもう……w いや、これでこそ大暮先生ですねぇ! もう、力技も力技なんですけど、こうもかっこいいんじゃ納得するしかないw
GiGi >> ベビステも逆転フラグ立った。負けてこそ強くなるパターン。
ルイ >> まあ、確かにハーレム2軸を意識するものにはエデンは観測対象なんですよね。他に意識してる人しらないけどw単純に言うと「この新キャラはどちらに流れるか」というイメージがわいてくると、かなり2軸。
GiGi >> 今週はゴンさんVSブッチャさんですか?w
ルイ >> 「ダイヤのA」が、試合終了から礼までだけで一話さいてるんですけど・・・あまり覚えがないせいか、印象に残りました。
GiGi >> ハンタ補足しておくと、ピトーの言葉を信用すればゴンはもうもとのゴンに戻れない。あまつさえ念能力を失う可能性すらある。そしてピトーの言葉を疑う理由がない。
GiGi >> 来週ピトーにトドメがさされるかどうかが一つの分岐ですね。トドメをささないという選択肢も当然あり得る。
ルイ >> 「君のいる町」はどう読んでも風間にフラグ立ち放題で凄く厄かったんですけど、今週のうちに処理するとは思ってなかったんで瀬尾先生ちょっと見直し←
ルイ >> 先週「殺す」ちいわんかったっけ>ゴンさん
ルイ >> 「ブラマン」んーやっぱ親父生きてるなあ。でも腎臓どうすんだろw
GiGi >> 殺すいうた。ただしそれでピトーが死ぬとピトーの予言は成就する呪いの仕組。
GiGi >> 大丈夫腎臓は2コある!心臓だったらアウトだったなw
LD >> 「A-BOUT」は、もう、なんか「ビーバップ・ハイスクール」じゃないけど……なんだろ?このヤンキーライフw
ルイ >> え、あの状態の親父から腎臓抜くの?w死ぬよ?w
kichi >> ああ、「君町」良かったですね。風間は素直にいいヤツと思えますし、「一生涯の親友〜」ってくだりも良かったです。
ルイ >> 「ガマラン」はまっとうにやってますねえ。良いです。
LD >> 「新約花形」…これで主将は退場…というか今大会で再出場の目はなくなったのか?
ルイ >> あと「輝先生」が良かったと思っていて。引きのモヤモヤ感がちょっと一番推ししにくくしてるんだけど・・・
LD >> 「ブラマン」ならやってくれる!(`・ω・´)>あの状態の親父から (←ムチャ振り)
ルイ >> 「輝」って、多くの場合「凄いメスさばき!おおっ・・・!」っていう形で格を描写してる印象があったので、明らかに心臓の場数を踏んだからこそでる糸の結び方で差を描くというのは、いつにない納得度だった。
ルイ >> 「A−BOUT」は本当面白いなぁ。
カルマ >> 「君町」は病気をぼやかしてるのが引っかかってて、イマイチ乗れてないですね。なんか、後からどうにでもできてしまうというか…
GiGi >> ああその納得度は良かったですね。輝や四宮には基準すら分からないというのも含めて。
ルイ >> 学校に乗り込んでありがちな学内派閥ものになるところなのに、ほぼというか100%学外で進行しているのが面白いw敷地入ったらダメルールでもあるみたいw
LD >> 「だぶるじぇい」は最近、野中先生、確かに原作しているんだなあ…としみじみおもう事しばしば。
kichi >> 「ガマラン」良いですね。巨大槍の有利さをシンプルに突き詰めてて、ある意味地味では(必殺技的な意味では)あるんですけど、その強力さを実感できる描写になってて良いです。
ルイ >> 大体が「手の早さ」で語られる作品だけに、気づく気づかないの差っていうのは簡単に近寄れないゴッドハンドの頂を感じさせてくれて、良かったですね。
ルイ >> 「むろみさん」年齢八桁の子供。
LD >> あ、そっかw学内に入ると戦場なんだ!……って、それなんて負け犬ララバイ!w>「A-BOUT」
カルマ >> 「ガマラン」槍に重みがあるんですよね。…これは重い槍なんだっけ?w
ルイ >> 「花形」は先週言ったと思うんですが・・・言ったとおりになったと思ってます。
ルイ >> あ、ひょっとしてゆるライフにかこつけて個別撃破しやすくなってる!?w>アバウト うはあw
カルマ >> 「花形」良かったです。花形が打つべき理由を獲得したという感じです。
ルイ >> 花形の無敵ヒーロー格が星くんに食われることでピンチ格になったあと、天才二段ブースターで大気圏外にまで押し上げる形になったんですよね。ということは新海は登場時点でこの為に配置していたわけで・・・なかなかやりおるわい、と。
LD >> あれ?!なんか「アオソラ」の続編が、月刊マガジンに載るの?
ルイ >> ねえ。僕読むの怖いんでギギさんに任せるつもり>アオソラ
カルマ >> あ。僕は普通に続きが観たいと思ったクチなんで読みますよ>アオソラ
kichi >> 「コードブレイカ」、本編の展開はともかく人魚は良いな!ε-(`・ω・´)
ルイ >> コードブレイカーなー。
LD >> くじらの子どもたちに「な〜に?あのヒト」「チンピラだ〜」って言われる図が可愛かった。
GiGi >> 読むの怖いという気持ちはわかる。雷句版アオイホノオだな。
kichi >> 「ブラックアウト」もようやく気になる部分に踏み込むようで、次回は楽しみかな? ……まぁ、ここ描き切っちゃうと終わっちゃいそうなんで小出しになるのかもですが……。
LD >> 「ベビステ」は荒谷戦ほんとに良いな!っていうか荒谷がいいな!あいつがホントに強いから“その先”に居る連中の格がガンガン上がりまくりなんだよな!(`・ω・´)
ルイ >> んー。今週のべビステはねぇ。荒谷の内語がないのが象徴的なんだけど、エーちゃんの分析フェイズなんですよね。その点では前の方が興奮度高いっていうか、あの白いほうが勝つわ。
ルイ >> いやw>アオイホノオ まあそれもなくはないんだけど、作品のポテンシャルが一方向に絞られちゃうのが怖いの。
kichi >> 「花形」良かったですね。号泣しながら描いたというのもわかるなぁ……。
ルイ >> 村上先生の過去バナはあざといくらいなんですが、本気で描いてるからいいんでしょうね。
LD >> さて、そろそろ一番決めましょうか。
ルイ >> 読まない限り、俺の「アオソラ」は∞だ!青空のように!(誰うま てな心境w
LD >> ジャンプは…ん、「HxH」ですかね。
GiGi >> ジャンプはゴンさんかな。マガジンはGE。
ルイ >> ジャンプは「めだかボックス」「リリエンタール」「トリコ」でいくYO。
ルイ >> サンデーは「はじめてのあく」「ケンイチ」でいくYO。
kichi >> ジャンプは、ん〜、やっぱり「ハンタ」かな? 「めだか」も良かったですが。
カルマ >> ジャンプは「ハンタ」「リリエンタール」ですね。
ルイ >> マガジンは「GE」「輝」でいくYO。
GiGi >> サンデは記憶便りだけど、ケンイチよかったですね
kichi >> サンデーは……「ケンイチ」でしょうか。
カルマ >> サンデーは「はじめてのあく」かな。
LD >> サンデーは「はいめてのあく」かな。
ルイ >> チャンピオンは「ケルベロス」「レイラ」・・・・・・・・・・・・んあ?
LD >> はいめてのあく?ん〜グーグルIMEは俺様の鍵打スピードについてこれんなああ。
kichi >> マガジン……「エアギア」とか「君町」とか「輝」も捨て難いのですが……、GiGiさんの説を聞いてのwktk具合込みで「GE」かなぁ?
LD >> マガジンは「エアギア」。
LD >> 「HxH」、「はじめてのあく」、「GE」あたりでしょうか。
カルマ >> マガジンは「GE」「花形」でしょうか。
ルイ >> あれ?そういえばぐぐるIMEが反応しねえぞこの野郎。
ルイ >> 「はじめてのあく」「GE」「ケンイチ」の三択かな。三沢さんなら三択じゃなくて三冠だけど。
LD >> ま、今週は久しぶりに「はじめてのあく」かな。色々情報が入っていてよかった。
LD >> ゴンさんはゴンコラで成仏……ってか、ネタが上がるのがはえええwちょっとした事で動画上げる所までいくなあw
ルイ >> 来週はチャットしないけど各々ここに書き込んでいってLDさんが決める方向で?w
GiGi >> 来週はどうすべかねえ
ルイ >> まあはじあく嫌いの俺様が候補にあげちゃったからには仕方ないっか。
GiGi >> まさか閑話で弱ペダくるとは…みたいな展開きぼん
ルイ >> 今のチャンピオンはビッグウェーブだからスルーはだめなんだい!w
LD >> じゃあ、今週は「はじめてのあく」にします。
ルイ >> 表紙におにゃのこがいるかどうかってだけでwktkがとまんねぇぜ>ケルベロス表紙
LD >> ん〜っと、一応、再来週にはそろいマスケット銃?
ルイ >> 再来週には再来週のチャンピオンがいるから同じ時空に二つのチャンピオンはなんたらかんたら!(平行世界っぽい物言い
LD >> 「はじあく」は最近、緑谷くんだけじゃなくって、会長とアキちゃんにも線引こうとしているのが分かる。つか、会長がフォワードになるなら何でもアリ。
ルイ >> 会長とアキの線、すごく仄かでしたよね。何か一言言わせたいところだと思うんだけど。
LD >> ん〜じゃ、一応、来週も一番やりましょうかね。一誌で。
ルイ >> あ、やるんだw
LD >> んでも、最近いろいろ言い合っていますからね。>会長とアキの線 むしろ不思議と展開を変えるフェーズが迫っている感じがする。
ルイ >> あれ?何かイメージされるものが・・・
LD >> さっとね。さっとやって、さっと寝る。これジャングルの常識。
ルイ >> 会長がそこまで軽いとも思わないんだけど、漫画でヒロインのファンクラブ形成してるはずが他の子に流れて、突き詰めると「女の子が好きだった」 的なことってちょくちょくありますよねw
LD >> >「女の子が好きだった」|(=´ω`=)それでいいのじゃ。
kichi >> たぶん来週は私無理なんですが、特に思うところある作品があった場合はルイさんの言ったように事前に書き込ませてもらうことにしようかな?
ルイ >> そういえばみつどもえのキャストバレに喜び勇んでドラマCD予約したわけですが、あれが孔明の罠だった場合俺テロリストになるかも。
LD >> つか、「それでも町は廻っている」アニメ化なのな。それから多分、「惑星のさみだれ」は完結すると即アニメ化だと思うんだ。
ルイ >> DT力の高い結論で、納得値高いんですよね>女の子全般へのシフト そういうと軽くとられちゃうんだけど、そもそも最初のファン意識が本物じゃないって場合が多い。
LD >> そんな感じでよろしくおねがしいます。>kichiさん
ルイ >> 生徒会役員共がアニメ化されるご時勢に、作品の質でアニメ化されるなんて思ってるんじゃねーぞ!
kichi >> 「さみだれ」はぜひアニメ化してほしいですねぇ〜。
LD >> >最初のファン意識が本物じゃない|そうかもしれないんだけど、おおらくもしハッキリと会長がアキちゃんに流れるなら
kichi >> 了解です!w>そんな感じで
LD >> そうかもしれないんだけど、おそらくもしハッキリと会長がアキちゃんに流れるなら、そこらへんを思いっきし悩むと思うんだ。…で、なら、それでいいんじゃない?結論がなんであれ。
ルイ >> ジローに譲るフェーズを経る?それアキに失礼だけどw
LD >> |´_ゝ`)…………寿さんは?>キャストバレ
カルマ >> チャンピオンはほぼ読んでないので参加はしないかと〜
ルイ >> (大魔王にもレールガンにもあやひー出てないじゃん・・)
GiGi >> 惑星のさみだれは完結しなくてもアニメ化しても良いんじゃない?
ルイ >> 寿さんは佐藤説、チクビ説、しょうがない隊説が俺の中で拮抗中。
ルイ >> だから作品の質(ry
LD >> “譲る”なんてフェーズは……どうかな。ただ、カッコよくロジックを組んでカッコよく会長が決める場合もある。思いっきしカッコ悪くなる場合もある。アキちゃんに失礼な物言いしたらアキちゃんにふられるだろうけど、まあ、それもまたよしとw
ルイ >> その場だけのね>ふられる 大体見えました。そこは揺らした結果どう転ぼうが、の領域ですね。
LD >> いや、もうすぐ完結のはずだし。>「惑星のさみだれ」 今までアニメ化しなかったのは完結まで待っていたのではという勝手な裏読みw
ルイ >> 出版社ry
ルイ >> まあそんなこんなで、携帯の確認の方よろしくです。眠くなったからカタハネ遊びます。ココーココかわいいよーココー。
ルイ >> ココが画面に出るだけで俺微笑んでるの。こんなの初めてかもしれんち。
LD >> そんな感じで。それではお疲れ様でした。
kichi >> おつかれさまでした〜。
ルイ >> おつかれさまです。そういえば普段何も言ってないですね。サーセンフヒヒ
LD >> あ、ルイさん「抽選の結果、チケットをご用意することができませんでした。」てメール来てました。
井汲 >> (「だぶるじぇい」が一番取る日が来ると面白いなあ…)
井汲 >> (………と思ったら、以前ジャガーさん一番取ったことあるのか)
井汲 >> > 「ボクのアイドル」 河下先生に「構想」とか「構成力」とかの上等な代物を求めちゃダメ(笑)。この人、やっぱり原作者つけてあげないとまともな仕事ができないよ(ヒドい)。
井汲 >> > 川澄さんは当時の印象より下手だった ずっとあんな調子ですよ、あの人(笑)。クールビューティー系はみんな一緒。何と言うか、ちゃんと感情はこもっている演技はしているはずなのに、不思議と全然うまく聞こえない(笑)。
LD >> 確かに川澄さん、下手に聞こえる領域(?)がありますよね。悠木碧さん何かはそれがさらにピーキー。ポテンシャルはあるはずなんだけど…。


■■■■2010年05月03日■■■■
ペトロニウス >> WORKING 見てるんだけど、、、、店長の声が、伊隅大尉の声だーーーーうわーーー声で、キャラが全然違く感じるのって初めてー。
ペトロニウス >> ぽぷらが、こんなにかわいいなんて、、、やばい・・・。
LD >> 動かしてますよねえ。小さい子がころころ動くと小ささが際立ちますよね。
LD >> あと「アニメ眼」的に言うと、ワグナリア内のレイアウトとか気にしながら観ていますw
ルイ >> OPがあずまんがに似てるのはなんでなんだぜ。


■■■■2010年05月04日■■■■
LD >> ルイさん、今期選考の中間ラジオってやるかい?ちょっと俺様、USTREAM覚えたっぽいんだぜ?(`・ω・´)
LD >> というか、マンガの方でも何か雑誌の総括系をやってもよいかな?(←なんか放送狂い)
ルイ >> 偉いノリノリですねw企画たったら教えてくだしい。
LD >> むしろ、何がしたい?たとえば、僕のRDに録画されているデータをつないで、OPEDを観ながら会話するくらいの事はできるみたい。
LD >> googleに検索かけて、その検索結果が出ているウィンドウをそのまま放送とかもできそう。
ルイ >> まじすか。ついにニコ生スクイズコメンタリー企画が(ねーよ!
LD >> OPEDを観ながら←むしろ、こういうはホストとクライアントでラグが起こるだろうから、あんまりインタラクティブな事を考えると失敗するかな。
LD >> う〜ん、多分、スクイズコメンタリーはシナリオ組まないとまずそうな気がする(汗)
LD >> むしろ、そうとういろんな事がやれそうだから、手際よくやろうとして返って疲れて気力を減じてしまう事を恐れていたり。
LD >> スクイズコメンタリー←むしろ、こういうのは一発録りみたいな形式で動画にして放送するのがいいかも。


■■■■2010年05月05日■■■■
ルイ >> ABを語るしかないか・・・(ゴクリ
GiGi >> ネット上映イベントみたいなことを気軽に出来る世の中になると良いんですがねえ
ルイ >> ニコニコのサービスが雛形臭いですけどね。カブトボーグ上映会したいよ。先日カブトボーグ内時間を超えてしまった。
ルイ >> 2010年5月2日が、ジョ…山田一郎の命日。
ルイ >> 水面下ではビッグバンダンダークプロジェクト4が進行しているのだろう…
ルイ >> それにしてもこのプロジェクトを何も意識せず思い出せる僕のボーグ脳っぷりといったら。
LD >> 昨夜、ペトロニウスさんとテスト放送してみたのですけど…動画をライブでコメントして行くのはちょっと困難がありそう。
LD >> まあ、何か取止めもなくアホ話ができるような…もの。それと、今あがった「スクイズ」とか「カブトボーグ」とか、あるいは「とるてあ」みたいに“番組”として制作するネタを考えるといいかも。


■■■■2010年05月06日■■■■
ルイ >> なんという俺ホイホイなタイトル羅列。
GiGi >> アオソラはとても良かったので安心して読むと良いですよ。
ルイ >> ワッカーリマシタァ
ルイ >> DVDのコメンタリなどを観ていて思ったのですけれど、映像とある程度同期していないと意味を感じられない一方で、喋りたい事のある人たちは映像を無視するという側面があってw
ルイ >> そもそも僕ら、映像なしでも数時間喋り倒せる人たちだという問題点?があるwいつも脳内で流れている映像を抽出して「場所
ルイ >> 」を伝える効果はあるでしょうけどね。
GiGi >> サムネ1枚でもあるとないとではリンクのしやすさは段違いでしょうね


■■■■2010年05月07日■■■■
LD >> >サムネ1枚でもあるとないとでは|同感…ではある。また、肩肘張らないためにその程度で抑えるのが正しいとも思う。でも、もう少し色々動かせるから色々動かしたいな…とも思う。
LD >> チャンピオンだけだけど、25時から一番するぜ?(`・ω・´)
ルイ >> 早くてもいいくらいだけど、時間があるならカタハネのクロハネ編を遊ぶのが俺のジャスティス。
ルイ >> 世紀末オカルト学院にあやひーが出るのかしら。花澤さんほどじゃないけど仕事多いな。ってスフィアとソロやりつつだから仕事量かなわないのは当たり前か。
ルイ >> それにしてもアニメノチカラって何思い出すかって「やるドラ」だよ…


■■■■2010年05月08日■■■■
井汲 >> 魔王勇者読みました。欠点を指摘しようと思えば簡単にできるけど、これはそれよりも「成し遂げたこと」を賞賛するべき作品ですね。
井汲 >> 後半の王弟と大司教は明らかにアルスラーン戦記の影響を色濃く受けている………んだけど、LD さんや GiGi さんならそれはむしろ「情報圧縮解凍術」の好例として評価する方向かもしれないですね。
井汲 >> 【 閃光のナイトレイド 】 石浜真史のスタイリッシュでかっこいい OP………で思い出してしまうのは「スピードグラファー」。あんな風にはならんで欲しいやね。
LD >> |ω・`)
LD >> |ω・`)やあ!
ルイ >> http://wald9.com/schedule/index.php?d=100509 これに行こうかと思ってます。あと2時間3時間早くしてくんないかなぁと思うが、多分そんなにチャンスがない・・。
LD >> それは、それとして今週のチャンピオンは…。
ルイ >> あ、そうだLDさんスフィアの予約ありがとうございました。結果はおいといてw
LD >> ええっと、なになに…?         May'n Special Concert 2010?(´・ω・`)?
LD >> お役に立てず申し訳ない。
ルイ >> 本当にそんなものがあったとわ>Mayn
ルイ >> いえ、3000人ハコはぬっころす勢いだという事が確認できただけで良かったですよ。
LD >> つか、井汲さん、「まおゆう」読終わったんですね。
ルイ >> 当日は水樹さんとかぶってるから、分散すると思ったんだが、どうやら連中は多重影分身が使えるようなのだ。あとで分身とく(どっちかのチケット売りに出す)んですね、フヘヘ。
LD >> ルイさんも、とりあえず読んでおこうぜ!(`・ω・´)
ルイ >> すね。カタハネが終わったら。
ルイ >> ところで本誌に関係ないからフライングしますけど、今週グラビアにAKBの子が出てるじゃないですか。
LD >> まあ、それはそれとして、明日取り損なっていた「四畳半神話大系」が放送だな。
ルイ >> ぼかぁね・・・・中身のない「週チャンを愛読してる」発言の類がね・・・大っきらいなんですよ!!!!!!!!!!ファンの間では漫画好きとして知られてるの!?本当に!?ならせめて質問に「今好きな週チャン漫画は?」って入れなさい!入れないと認めないぞ!あ!?週チャンの何が好きで読んでるんだゴルァ!!(発狂中
LD >> 録画予約を……。
LD >> でた!クレーマーだよお!(´・ω・`)ノシ
ルイ >> いや認めないッ!!中身の伴わない愛を語るなら、愛なんて無い方がましだってラオウも言ってた!(?)
ルイ >> http://www.nicovideo.jp/watch/sm10629303 例えばこんなラジオがあるのだよ。
ルイ >> ここでの寿さんの回答、僕の中ではロボコンですよ。
ルイ >> 四畳半もねぇ。ノイタミナはサブカル路線まっしぐらですね。
LD >> あ、そうそう。先日すごかったよ。TLが。>アニソン三昧 (ちょっとまっててね)
ルイ >> TL・・・トゥルーラブ…
ルイ >> トワイライト…
ルイ >> 小学生の頃から声優になりたかったのに養成所行ってない人って逆に珍しい気がする。
LD >> Twitterのタイムラインだね。TL
ルイ >> 若モンはすぐに言葉を略しおる!orz
LD >> …USTのネタ何にしようか?
ルイ >> ユニバーサル・スタジオトウキョウ…
LD >> お、「大魔神カノン」
LD >> USTREAMだね。>UST 綾波レイプラグスーツver2
ルイ >> 若モンはすぐに以下略!orz
LD >> 「アニメのそれぞれのOP」を流しながら、ファーストインプレッションを語る」or「3月のライオン」のどっちかかな!
ルイ >> http://twitter.com/twi39/status/13234033194 かわいそうです><
LD >> まだまだ省略でわかいもんに負けていてはな!(`・ω・´)
ルイ >> 省略の最上位が老夫婦のツーカーというわけですねわかります。
LD >> …だれだしょ?(´・ω・`)?もぶ
ルイ >> みつどもえのキャストで色々宣伝戦略練ってたのに、ランティスにやらかされた人です。
LD >> 表紙読んでる→いいじゃんwかわいいリップサービスやん?(=´ω`=)
ルイ >> ああ、そうか。今期に限らず、膨大なOPEDからランダムセレクトして90秒の間にインプレッション語り合いまくるトレーニング形式とかアリですねw
LD >> まあまあまあw人生そのくらいの事はあらあなw>ランティス
LD >> 90秒の間に語らい合うのはむり!w…が、まあ最初の手応えの話をしておくと楽かも。
ルイ >> (俺なんで恋姫無双観てるんだろ)
LD >> まあ、ああ何か「恋姫無双」は観てるかも。「一騎当千」は外してしまったけど。
ルイ >> ん、そういえばLDさんはマイマイ見ないの?神奈川でやってたっけ?
ルイ >> 一騎当千も一応録画はしてるか・・・でも、まあ空気ですね。
ルイ >> 恋姫無双はやり方の勝利ってのはわかるんだけど、まさか3シリーズ作られるとはびっくりですよ。
LD >> 「DTB黒の契約者」をリストアしたぞい。
ルイ >> DARKER THAN BLACKな。←IME任せ
LD >> ん〜…誰からも強烈に薦められてないしねえ…>「マイマイ」 調べている。
ルイ >> gigiさんにもうちょっと強くプッシュされたいですよね。←人任せ
LD >> 神奈川じゃやってねっす。
ルイ >> やっぱ新宿しかないね!期間短いからお早めになのですだよ!
LD >> よし。観てないなら観てないでやって、適当になじられる感じで行こうか?>UST
LD >> sinjuku wa tohi yo…
ルイ >> 何を言っているのかしらwまあ来週末とかなら。
ルイ >> あの場所から新宿で遠いとかw
LD >> さて、では。文字通りそそくさと一番はじめましょうか。
ルイ >> 目標はデュラララが始まるまでな。※55分開始
LD >> 「ケルベ」が巻頭カラーな。
ルイ >> 『ケルベロス』が表紙かと先走りしておったのですが、一応その辺訴求力を考えて、刃牙がフォローする形になっていますね。
LD >> 気が付くと、ナニゲに十三塚ハーレムっぽくなってきてないか?(`・ω・´)
ルイ >> 第一話でちゃんと緊急時の選択として描いたのが効いていて、仇喰が言うような騙しの関係になっていないのがポイントですね。
ルイ >> 今週の雪房は本当ワンちゃんみたいでした。
LD >> チャンピオンで「バキ」、「ドカベン」、「グラドル」以外で表紙を飾るのって難しいよねえ…「弱虫ペダル」が何とか割り込んでいる状態かな。
ルイ >> 浦安もいけますね。ここ一ヶ月でみつどもえがあるかどうかがポイントかと。
LD >> 雪房が涙目になっていましたよねwもう、みんな景くんに惚れ惚れか?w
ルイ >> ありがとうを真顔で言える人は、まあカッコイイですよ。
ルイ >> クガイで語る仇喰と、個体名で語る景との対比がわかりやすくて良かったですね。もげた腕を繋げる事で絆を描く、これまたわかりやすい。
ルイ >> 『みつどもえ』吉岡の声が豊崎さんだから思いついた回ですねわかります。
LD >> ここでノータイムで“信じた”って事の意味を見せるのは好感です。…で、この顛末で狗骸の力の意味を見せるのだろうけど見せてくれると。
ルイ >> 相変わらずの安定勘違いルーティンなのだけれど、こう考えると杉崎が3人のうち2人の物語に絡めて強いんだなぁ。
LD >> いや……つーかな。俺様、むかしっから、この吉岡のかあちゃん、大好きなんだが!(`・ω・´)しきーん
LD >> 杉崎?
ルイ >> デュラララの作画が素晴らしい件。
ルイ >> お嬢様ですね。みつばとライバル関係を持ちつつ、ひとはのガチレン同盟に杉崎弟が絡んでいたり、かなり後付で有機的なキャラになっている。
ルイ >> 『バキ』おおう・・・烈先生物語が加速しておる・・・
LD >> 板垣先生、最近、ビニール袋を勢いよく飛ばしたり、こういう描写が気に入ってるだすな。
ルイ >> 烈先生さ、ピクルをはじめ負けっぱなし状態なんだけどさ、ここで透明のベルトに心惹かれるってのはどうなのでしょうね。
LD >> ああ、この子かwなんでここで「生徒会の一存」の話が…って思っちゃったよw>杉崎
ルイ >> アメリカのモンスター達のゴールがオリバだったらどうしよう。
LD >> よく分からないですw 「史上最大の親子喧嘩」と並行して物語を編んでいるのが特にw
LD >> アライじゃね?>ゴール
ルイ >> そもそも親子喧嘩への引き伸ばしを続けるのがバキの基本構造ではあるのですが、ピクルで一本化した後もういっかい拡散させる意図がわからないんですよねw
LD >> ああ!そうだ!少年四誌の近況放送でもいいな!(`・ω・´) リスでかい!
LD >> >拡散|うん…というか、エピローグでそれぞれのキャラの顛末を描くって構成は泣きにしもだけどね…烈先生だけとか。…って言っているとその内、愚地克巳の物語もはじまるんじゃないかとw
ルイ >> いやまあ克己はわかりやすい話、今の隻腕で独歩に勝つだけでテーマの先行にもなるし、それは別にいいんですけどねw
ルイ >> 『ブラックジャック創作秘話』は相変わらず凄くいいですね。ってこれまでの二回、俺褒めてたっけ記憶と自信がないな。
LD >> 「BJ制作秘話」、壁村編集長のむっちゃさに感動。……というか「虚像」まじで名作なんですけど!wこの状況で描いた話なのかよ!(感)
ルイ >> トキワ荘に登った男w>カベさん
ルイ >> ここ2回も良かったはずなのだけど、更に良いと思った理由は何なのかな・・・(思考中
LD >> ああ、独歩に勝つ…って話ならよいね。…じゃあ、この際、鎬昂昇も紅葉に勝つ話をはじめようかw
ルイ >> 「マネージャーに言ってください…」の表情と、後ろの表現が好きですね。青筋立ててないんだけどピキピキしてるといえばいいのかな。→
LD >> や、もう、手塚先生の“らしい”言動を観ているだけで、僕はもう半分涙目なんですがw
ルイ >> このシリーズの何が素晴らしいかを三話読みながら考えてたんだけど、手塚治虫を「人間」にした後で「神様」にするあたりが素晴らしくて、その表現をする上でこれ以上の絵はないかも・・・くらいに感じているのです。
ルイ >> んー、僕は手塚伝説的なものはいくらか知っていても、そんなちゃんと追ったわけでもないんで、感覚としては下の世代の感想になるのだと思いますが。とにかく手塚先生が一回「ちっさく」なるのがいいと思うんですよね。
ルイ >> ネーム的な魅力でいうと、伊藤さんが「どれが一番早く上がりますか!?」つった時の大ゴマを、Pめくったら手塚治虫がその上位系で押しつぶすという。ここ好きですね。表情のラインとしては同一線上なんですよね。
LD >> とにかく、吉本先生の描く手塚先生は、汚いんですよねw薄汚れているという方がいいですが。この事にはすごく意味があると思いますw
ルイ >> 山田起生さんかな、デュラララの冒頭作画は。
ルイ >> うん。言葉の違いレベルだと思います。>汚い 凄さをアピールする前の、凄くない部分がものすごく効いている印象。
ルイ >> 「虚像」はあらすじだけ読んだら、30年後のトレンド先取りしてるみたいだ。
ルイ >> 『弱虫ペダル』は、田所さんがいつからキてたのかが気になる…数P前まで綺麗な顔してる巻島先輩が、焦りで汗だくになってるコマが凄く好き。
LD >> いや〜、手塚先生って回りの証言を聞いて行くと、すごく小人物なんですよ。もっと上手い言い方をしたいですが。でも、マンガを描き続けてやるって執念だけは誰にも負けない。……誰にも負けないなんて定形の言葉じゃなく、本当に!本気で!その執念は誰も!他の追随を許さないんですよね!(ぐっ)
ルイ >> 東堂さんの巻ちゃんラブっぷりはハンパないな!
ルイ >> ABのサブタイはスライ&ファミリーストーンなのかな?
LD >> うん、でも巻ちゃんの東堂ラブも、負けてないんですよねw
ルイ >> 東堂が坂道に話しかけるコマが好き。「メガネくん敵だが」を一つのフキダシに収める事で、次のコマへのヒキがきいているのと、その次のコマで東堂の手が映っている事でカメラの回り込みのような効果が出ているのが素晴らしい。ていうか渡辺先生見せ方がめちゃくちゃ上手くなってる・・。
LD >> うお!びびった!録れてるな。>「AB」
ルイ >> ウィスパーボイスはある程度の滑舌と両立させないといけないはずで、これは演技の課題だな。
ルイ >> 『バチバチ』はバチバチした展開←他に表現ないのかよ
LD >> うむ。ここの流れは、文字通りネームが上手いですね。「メガネくん敵だが」でリズムを取っている。
ルイ >> はい。表現難しいですけど、言葉の流れだとメガネくんで切りたくなるんですよね。でも「敵だが」まで含める事で、東堂の前置き感覚みたいなもの呼吸ごと伝わってくる。

MANKEN CHAT(1.1)