漫研チャット
名前:
発言:
[正面] [取扱] [過去ログ]


■■■■2010年05月08日■■■■
LD >> 「バチバチ」は、この時点で石川に何か嫌なフラグを感じているLDであった…(´・ω・`)
ルイ >> あのままのノリだと坂道は泣いちゃってもいいくらいのコマだと思うのに、そこで不穏な発言をすることで温度を変えて、しかも田所に繋げる流れとか完璧すぎて特に言う事ない←言いまくり
ルイ >> ふむ。>嫌なフラグ わかりますよ。わかりますが一応言ってもらおうかな?僕も言おうかな?
ルイ >> やっぱりABの脚本作りは映像視点だとあんま褒められないなぁ。あ、前の繰り返しになるからここは言ってた事だけ記憶にとどめてくださいw
LD >> ここは、コマ割りの詰め方も美しいです。東堂の指の演技や、小野田くんの心象の変化まで“詰めて”、ページをめくった「生き残れ、キミは、まだ伸びる」までつなげている。素晴らしいです。「ロックオン」にはこういうコマ割りを心がけて欲しいのです。
ルイ >> 単純に、同期面を全部解説してしまったというのもあるのだけれど、石川と鯉太郎って同質すぎるんですよね。それはどういう事かというと、踏み台になりやすいというか。
LD >> 画作りの連携をあまり考えていないシナリオ…という意味かな。
ルイ >> 今後何十何百も当たると考えた場合・・・とか、色々な味方がやってくるぜ。
LD >> そう。正しい指摘です。あまりに同質過ぎる。>石川と鯉太郎って同質すぎるんですよね。
GiGi >> はろはろ
ルイ >> (誤記が多すぎる俺wIME頼みが過ぎるか・・・) 味方は見方、同期は動機〜
ルイ >> あ、武器職人のギギさんだ。
ルイ >> タッグもののパートナーサイドで、そういう役割がちょくちょく観られますよね。実力が同等という表記がされると・・・
GiGi >> 手塚先生の何が凄いって、描かないという選択肢がないんですよね。この話、それをわかってて壁村さんが無理やりねじ込んだ可能性がかなり高いw
LD >> なんていうか、あんまり似てない、でも、動機だけ似ている二人を誰かが「お前ら似てるな」とか言うと、もう少し違った景観なんですけどね。>石川
ルイ >> 『レイラ』は、やや唐突な後半のコマ運びがwいや、どう見てもこの子がライバルだから、作者的には繋がってるんだけど、読者的あるいは漫画的にはつながりが微妙。・・・でもま、いいのか?
GiGi >> 武器を作った記憶がない。なんのことやら
GiGi >> レイラはアリだと思うお
ルイ >> これはソウルイーターのマカ・アルバーンが挨拶でハロハロ言う事からの高度な連想ゲームなのですだよ。(高度?)
ルイ >> とりあえずレイラ、150キロくらいありそうなレスラーをジャーマンしてたけど、無理すんなといいたいw
LD >> 「「BJ」は、絶対一話完結を課していたのも壁村さんでしたっけね」
ルイ >> レイラの告白クン、なんか永井豪漫画の主人公みたいでイカしますよね。死語。
LD >> 高度だ…(´・ω・`)>連想ゲーム
LD >> 「レイラ」良いね!好調…っていうか、けっこう待たせていただけあって、練り込みを感じる展開だ。
ルイ >> 『ハンザスカイ』は、半座が優勢の時強者は動じず、そうでないものは浮かれるという対比がとれてるのがいいなと。
LD >> 短期集中時は、する事以外何もおかないシンプルさが良かったんだけど、告白くんだけじゃなくって、西部の黒霧部長含めて正しいビルドを感じさせます。
ルイ >> ただ、いくつかのコマで、半座の真後ろにいるせいで番場が消えているのは頂けない。藤木で見せたいのはわかるんだけど、僕は番場の表情リアクションも観たい。能面なら能面で読めるし。
ルイ >> 一杯勝たせて最終回に裏切りのアングル、という言い方だけだと、黒霧部長普通に正しいんですよねw
ルイ >> 『シュガーレス』は何か無性に笑えちゃったんだけど、この笑った理由はLDさんに通じるかどうかくらいだと思う。岳の紹介のあたりなんだけど。。。LDさんは笑いました?
LD >> ちなみに佐渡川先生は、特撮好きのオーラも出ている人なので、その流れはこのライバル峰岸くんに入れてきましたね。
LD >> いえ?特には…kwsk
LD >> >「シュガレス」笑う
ルイ >> ああ、僕だけかwいや、改めてこう描かれると笑ってしまうなというのは、岳という主人公の位置が「流れ」の中にいる事でw話題の導入はシロ、目的はマリモ、そこへのつなぎとしてヒュドラ…岳って、「最強と言われるシロと互角にやった」というとってつけの存在でしかないんですよねwその、岳自身の「何ももってなさ」に笑ってしまった・・・通じるかな?w
GiGi >> 8pt差ってずいぶんのんびりした競技なんだなとか思った。実力がはっきり出る競技とも言える
ルイ >> sy
LD >> ああ、それは分かるし、思った部分です。>岳 入学デビューも、インパクトはマリモに持っていかれているから、こいつはヤベエ!感が常に二番手なんですよねw
ルイ >> のんびりていうか・・・まあ、印象としてはフェンシングに近いですね。一回一回が間合いからの動きで決まるから、長期戦にならないのでしょう。
GiGi >> ワニvs恐竜という視点は良いな
ルイ >> それなりにヤバイ事はヤバイんですけどね、岳も。ABOUTほど笑いに転化してない分、じわじわくるのかも。
LD >> ………確かに"配置”だからって番場を隠すのは頂けないですねえ。それこそギャグでもカメラに映りこもうとする番場を描いて欲しいくらい。…やはり、作者の番場好きとはギャップがあるようですねえ。
ルイ >> 「ドカベン」の新人いじめコーナーだお。
ルイ >> そう、番場をナメてるのが伝わってくるんですよね。変な言い方ですが。
LD >> ここで、はっきり言いますが「ハンザスカイ」に文字通り一目を置くのは番場がいるからですよ?(`・ω・´)
ルイ >> キャプテン翼の紹介に置き換えると(置き換えるな)・・・「大空翼!あいつはヤベェ!そしてその翼と互角にやりあった岬太郎!さらには他校を率いる日向小次郎!!だがヤツのタイガーシュートを止めた若林源三!俺はヤツが最強だと思ってる!」・・・・・・・・・・・・・・・・・・・意外にハマったけどw・・・・・・・・とにかく、そういう事なんですよね。>シュガーレス
GiGi >> 雑誌が好調だとドカベンも面白くなる不思議。
ルイ >> 大友剣はいいですよ。大きなお友達って意味の名前かは知らないけどwドカベンは動脈硬化起こしてるんだから、場荒らしがいるのが当然面白い。というかいないなら少年誌でやんなくていいじゃん。
LD >> なんだろう「はみどる」、けっこう詰まっていて、よさそうな感じでした…。
ルイ >> 『シュガーレス』はシュールな笑いもあって好調です。ヒュドラ卜部の「売れえ」ってのがじわじわくる。コマは怖く描いているのに、その後のバカ一言で流されちゃう感じがw
LD >> み、岬くん……?orz
ルイ >> 『はみどる』って不思議な立ち位置で、スクラン系ショートショートと思って読んでみると、実は12Pあるんですよねwだからああそれなら出来るわと思ったり思わなかったり、不思議。どちらからも「赦し」の感覚で観ればいいのかな?ショートにしては、週刊マンガにしてはってw
GiGi >> ギャンブルフィッシュはしょっぱい対決かと思ったらここでアヴィの強さの秘密に迫るのは上手い
ルイ >> 番場いいキャラなんですけど、埋蔵量を見誤っているのだとしたら残念な話だ。
ルイ >> 「冥王神話」また正史書き換えキターーーー!!!!!!!!!!
ルイ >> 冥王神話の作劇って00年代の作劇と同じ発想があってクラクラしますね。
LD >> やあ、なんか今回は、お題に答えてオチまでつけるを二度回して最後ドタバタと、つまっている感じがよかったですよ。>「はみ」
ルイ >> 元々僕ははみどるには優しい方さw
GiGi >> 手代木星矢は本当に安定しているなあ
LD >> あ、あと「君たちは3人で使う方が面白そう」にも説得力。
ルイ >> フェニックスとアンドロメダの誕生秘話ってわけですよね・・・参ったなぁ・・・
LD >> 「ギャンブルフィッシュ」のトムくんの相変わらずの適当っぷりはサイコーです!(`>ω<´)
ルイ >> 「ギャンブルフィッシュ」はギギさんに同感というか、素晴らしいです。金魚鉢麻雀のポテンシャルを、明らかにこちらの予想以上に仕上げている。
ルイ >> つか、トム何気に論理破綻してますよね?w
LD >> ああ、うん。そういう事だよね。>フェニックス
ルイ >> 「死なせない」は能動的意思だけど、「勇気に賭ける」とのリンクはほとんどゼロだw生きる方に賭けるのでいいなら死なせないとか・・・wつまりトムの面白いところって…
GiGi >> 決勝でトムがTHE WORLDを発動する伏線になるわけですな
LD >> そんなのいつものコト…って言いたいけど、今回の適当さは度を越しているわw>トム
ルイ >> 一般的な「ミクロにこだわって危機を生む主人公」の中にいるのに、案外そこの決断の際で迷う事がない。行動そのものは、結構適当に己の勝利を追求している時があって・・・とはいえ最初の麻雀はちゃんと行動を縛ってたんだけど・・・とにかくその辺の一貫性のなさが、普通キャラクターの瑕疵なのに「トムだから」として面白くなるのが素敵。
ルイ >> キャラクターのブレを一語で包括してしまうという意味では、「バカとテストと召喚獣」に近いと思うのよね。「つまりトムは、エクストリームだから!」という言葉に収まるw
LD >> 「死なせない」とか「勇気に賭ける」なんかの、言葉をそのまま受け取ると論理破綻なんだけど、トムの内心の声「勝ちゃいいんだ!」を聞きとると一本筋が通ってしまうw
GiGi >> THE WORLDというよりは大統領のD4Cそのものなんだろうけど
ルイ >> いともたやすくおこなわれるえげつない行為ッ!
ルイ >> おにゃのこを落としながら勝っていけば、論理の矛盾はおにゃのこがマジックカード発動で救ってくれるくらいの適当さがあるw
LD >> あ、もう少し正確に言うと、表層では人道的(?)な思考を面に出すけど、追い詰められると何でも理屈つけて本性を顕すという感じねw
ルイ >> 「AL」は面白すぎて、板垣先生に見習えといいたいレベル。
ルイ >> バキが好きでALに無関心な人はダウトだと思うお。
LD >> 「わかったよジャスミンならば……ロンだ!」(`>ω<´)これが、トムだ!w
ルイ >> 一応おにゃのこに許可をとっているあたりがポイントw
ルイ >> 「冥王神話」を補足すると、最初に別働隊キザの一輝という存在がいて、車田先生はまずそこに対して理由を見出してないというか、コンドルのジョー的な?発想でしかないと思うんだけど・・・そこに理由付けレベルで「何故そうなった?」を求めるとこうなるって事なんですよね。前聖戦という形を使う事で、ほんとマブラヴオルタに似たアプローチをとれてる。
LD >> 「AL」二足歩行したワニとか、もう何か凄すぎてワケ分かんないんですけど…。ワニの特徴って足が横に出ていて、縦についていない事じゃなかったっけ?(って小学生くらいの時にそんな図鑑を読んだ)
LD >> うん。ぴったり嵌るというのとはちょっと違うんだけど、たとえば最初の一輝がブラック・セイントを率いていた事とかが、イメージとして、ああそういう事だったのかって思えるんですよね。
ルイ >> 「浦安」の浜岡先生、巻末でCCRジョンフォガティが来る!って…どんだけ渋いんだよwででっでー♪ででっでー♪ででっでっでっでっでででで♪http://www.youtube.com/watch?v=kOfHOMpU4iE&feature=related
ルイ >> そうですね、後付だからぴったりというのは難しい。この場合ぴったり当てはめるべきは、僕らの印象なんですよね。そこの共有意識にはまるかどうか。
LD >> さて、一誌だけで、そこそこ長いこと話ていましたが…そろそろ一番決めましょうか。
ルイ >> やっぱり自分がチャンピオン好きだと実感したそんな出来事>そこそこ長い
ルイ >> やーしかし期待通り充実してましたねえチャンピオン。一誌で中身ある話ができたのは、チャンピオン好きだからってだけじゃないと思う。
ルイ >> 『ブラックジャック創作秘話』『弱虫ペダル』『聖闘士星矢冥王神話』『AL』ってとこかな。
LD >> ぶっちゃけ、ネームの美しさ優先で「弱虫ペダル」か、手塚愛で「BJ創作秘話」かだと思うんだ。
ルイ >> ペダル、もうちょっと大した事ないと簡単なんだけど、いや後半の素晴らしさは素晴らしいですね←?
ルイ >> 武器職人のギギさんはどこいった。
ルイ >> (・・・あっ!最初武器職人だから、二度はミニストップのとか言った方が良かったか!!)
LD >> いや、展開というか全体構成的には「息継ぎ」に過ぎない場面なんだけど、情報が相当詰まっていてそれを為すためのネーム具合、引きの残し具合と、ほんとに、こういう場面でノリの良さというのが出てくるんだよね。
ルイ >> 山岳と坂道の「自転車に乗ってないと話す事ない」ってのも地味にいいですよね。
ルイ >> マー僕は・・・・・・・・・・・・・・・・・・ペダルを画像うpしてもらって、聖闘士星矢かBJ誕生秘話かな!w
LD >> ん〜…一番は「BJ創作秘話」。「弱虫ペダル」はブログの付記で画像貼って宣伝する。
GiGi >> まあしかしチャンピオン充実してますね。沢編集長も壁村さんの弟子でしたっけ
LD >> あ、良さそうね。
LD >> そうなんだ。>沢編集長
GiGi >> BJか星矢でしょうねえ
ルイ >> チャンピオンガンガレ超ガンガレ。絶好調だと思うよ。
LD >> 「BJ創作秘話」にします。
ルイ >> というわけで、巻頭グラビアの小野恵令奈はチャンピオンの何が好きなのかブログで書かないと、おら一生醒めた目で見るんでよろしく。
LD >> では、今週はそんな感じで…おつかれやした。
GiGi >> 雑誌としての方針に一本筋が通ってる。いつ交替したんだっけ?
ルイ >> そこはLDさんが教えてくれる!>いつ交替
ルイ >> 低迷期も、チャンピオンってずっと「まんが雑誌」って宣言してましたっけ?それが、今花開いてると思うんですよね。
LD >> 沢考史(2005年48号(10月) - )との事。
備品 >> AKB48ってトモチンとトモーミちゃんしかわかんないの
備品 >> 終わりがけにこんばんは
LD >> …まあ、普通にダーツ、ダーツゆってたはず。(=´ω`=)
ルイ >> ドールガンが始まる前あたり?今思うと、ドールガンはチャンピオンの近未来像を一作で体現していたような気がするお。
ルイ >> AKB48は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・わかんないの(おい!
備品 >> 分かりやすく言うとクイーンとエリザベスだけ>トモチン&トモーミちゃん
ルイ >> 凄い!わかりやすくなってねぇ!w
LD >> でも、出口先生帰ってこないけどね。
備品 >> 仮面ライダーWに登場してる準レギュラーなのよ
GiGi >> 実際ダーツだった可能性もあるなw。やはり弱虫ペダルが立ち上がったのは大きいよなあ
ルイ >> wや顔文字が入ってない分切ないですLD先生。
ルイ >> ああ、クラスのマドンナさやかちゃんが出ている…>ライダーW
ルイ >> ペダル、或いはその前の冥王神話?特に冥王神話でもう一度メディアミックス攻勢(若干死語)が可能になったのは大きいかもしれませんね。
ルイ >> ・・あれ、備品さん一番とかで何か言いたかったのかと思って待ってたのにw
LD >> ん〜少なくとも、最近、「ジョギリ屋ジョー」とか「レイラ」とかいい感じに練った試弾を撃ってくるようになったし。「シュガーレス」の細川先生とか、「透明人間」の増田英二先生とか、申し訳ないけどモノになる可能性がかなり低いと思っていた先生方がモノになってきてるんだよね。
備品 >> 1話目かさやかちゃん
備品 >> あ、いや烈先生見てたら泣けてきたくらい
ルイ >> 泣けてきたって侮辱になりうるんだ。。。w
GiGi >> 能田先生も戻って来ないかなー。今プレイコミックで描いてるけど
ルイ >> ハッピーハッピートリガーとアフロボマーの行方、あと武将頭高校がどうなったかは知りたい。
ルイ >> エロ漫画の八神先生ェ…
GiGi >> まおゆうは11スレ目に突入したので今週末には読みきるぜ
ルイ >> >いい感じに練った試弾 連載と読み切りに線のつながりが見えるだけで、チャンピオン的には大事件ですよねw
LD >> 「トリガートリガーハッピー」な(`・ω・´) …こんだけ出ないと事情があったかもな。
GiGi >> ルイさん今からどっちが先に読み終わるか競争しようぜw
ルイ >> 突っ込ませる事で相手が知っているかを探る高度な心理戦…すいませんまちがえますた。
ルイ >> 卑怯だろうw
ルイ >> 卑怯だろうw
ルイ >> 卑怯だろうw
ルイ >> 思わず連射してしまったじゃないですかw>競争
LD >> ただ、チャンピオン、一度出て行った先生って本当に戻ってこないんだよな。40周年記念では描いてくれているけど。…なんかあるの?とか思ってしまう。(原稿料が相当安いというウワサ)
ルイ >> つまり思い出補正がないと嫌だとw>なんかあるの?
LD >> 大事な事過ぎて、ハーモニー処理しているw
備品 >> 細川先生はタンポポさんの回だけ覚えてる
ルイ >> ハーモニー処理じゃなくて3連PANですw
ルイ >> シュガーレスもかなりいいし、その自負があるから新鋭コミックをまとめて宣伝してるんですよね。
LD >> いや、ほんっっっと!チャンピオンが盛り上がる兆しが見える度に言い出すけど、このタイミングで、能田、田口、出口、馬場〜ここらへんの人たちの一人でも戻ってきてくれると相当違うよ?今なら松島先生もはいるな。
ルイ >> 一個、画で押せるような見易くハッキリした線の人が欲しいかもしれない。
LD >> あ、しまった。言葉間違えた(汗)>ハーモニー
GiGi >> なに。オルタで9章はいったとこだから競争しようずって言ってる程度なので何も問題ない
ルイ >> ああ、そこからが本番だ宣言というわけか。
LD >> …チャンピオン、画で押せる人なんていましたっけ?…山口先生くらい?
ルイ >> 言葉がマズかったな。えーとシンプルな線の人ですね。現状ごちゃごちゃした所での熱気は出ていると思うので。
GiGi >> 水島先生が居るじゃないか
LD >> …いやw11スレまで来たなら、終幕はもうすぐだw
ルイ >> ひ、卑怯なりぃ〜。
GiGi >> よし、それなら永井豪先生に来てもらおう
LD >> なら、馬場先生が良いねえ。シンプルな線の人。
ルイ >> 大御所縛りかYO!
ルイ >> みつどもえの桜井先生も、八神先生もジャンプ組やん?つまりここで…ああ、ここで切法師先生をとられているのは残念だ。藍本先生こないかなー←連載中だよ
LD >> …つか、石川数正先生にあれ以上描いてもらうのは無理だろうな。
備品 >> 桜井先生ジャンプ出身だったんだ
LD >> 藍本先生はどういう夢想ですかw…しばらく、契約切れないよw
ルイ >> http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A1%9C%E4%BA%95%E3%81%AE%E3%82%8A%E3%81%8A#.E7.B5.8C.E6.AD.B4.E3.83.BB.E4.BA.BA.E7.89.A9 ジャンプ出身というか、乗り換え組w
備品 >>    
ルイ >> ん、まあ、僕がジャンプで一番好きな作家だからw>夢想
備品 >> ごめんなさい変なリロードになった
ルイ >> おう、好きといえば村田雄うわ何をするやめ
LD >> つか、単純に、チャンピオンREDに行ってる、佐藤健悦先生とか、マツリセイシロウ先生とかが帰ってきてくれるだけでいいんですけどね。
GiGi >> なにその天変地異w>村田先生
ルイ >> クェイサーの英雄は動けないだろう・・w>佐藤先生
ルイ >> リリエンタールと保健室は・・・まあリリエンタールは終わりそうですけど、巨人の二軍選手みたいなものだと思うんですよね。トレードだーせーだーせーよーっていう。
LD >> え〜っと、個人的に相性から言うと良さそうに思う。でも、この人もしばらくは切られない。>村田先生
ルイ >> 切られないですね。マンガ研究所は卑怯ですねぇ〜←卑怯って言いたいだけ
LD >> 夢想としか言いようがないんだけど、今、藍本先生を放出したら、ジャンプ編集部の見識を疑う。
LD >> …それよっかサンデーから引っ張ってきたらどだ?「クナイ伝」のたばさ先生とかな。
ルイ >> ジャンプは才能の受け皿として雑誌広げてますからね。結果としてエレメントハンターも生まれたのだろうし、作家が嫌にならないと夢想ですね。でも待ってるよ☆
ルイ >> サンデーはトラウマイスタの先生やグランドライナーの先生なら・・・
備品 >> 前はチャンピオンが発掘して持ってかれる状況しかなかったけど
LD >> あそこはクラサンという、恐ろしい島があるけどね。…でも、けっこう今、上手く行っていそう?
ルイ >> 最近のバキさんの烈先生武勇伝は、チャンピオンの為の引き伸ばしだと思うと許せるようになってきた。
LD >> 「ジオ金」500年後の世界を角野な。
ルイ >> クラサンは簡易版ブラックジャックによろしく状態?wいや、うまくいってる気がしてますね。
LD >> 藍本先生、以上に今、中山先生を放出するのはあり得ない。ただ、もし編集とギクシャクしているなら隙があるかも。いずれにせよ、あの人にはもう一回連載描かせてみないと。
ルイ >> あんまり時間おいて欲しくないんですけどね。中山先生は抜け殻の境地のまま読み切り一本やって欲しかったw
LD >> けっこう「ムシブギョー」とか好きなんですよね…。
ルイ >> まあそんなこんなで、チャンピオン楽しいしあやひー主役だしそのうちスフィアまで出るかもしれないし俺得状態って事ですよ。
ルイ >> キャストを的中させ、虫の知らせのように数カ月前みつどもえ全巻揃えた俺に何の隙もなかった。
LD >> 中山先生はジャンプで描いていた「コマミタマ」の完成度は相当高いのですけどね。…ちょっと不安定な人に感じています。
備品 >> 気が付くと単行本買ってるのはチャンピオン系ばかりですよと
ルイ >> 保健室もよろしくー。
LD >> うむ…「タッコク」も普通に良さそうだ……元々、サンデーっぽいマンガにぼく弱いから…。
ルイ >> んー、タッコクは構造に文句言いたくて追っかけてる←?
LD >> 最近、「街で噂の天狗の子」というのを買ってきて読んでいます。岩本ナオ先生…他のも買ってこよう。
ルイ >> 人がゲームをしている時に・・・まあココ可愛いからいいけど。
LD >> さて、それでは失礼します。
ルイ >> そんなこんなですっかりいつもどおりの時間ですが、お疲れ様でした。チャンピオン四誌最後ってのは正解だな、時間押すくらいで丁度いいんだ。
LD >> あ、人気ランキングが見えるのもいいな…。>クラサン
備品 >> お疲れ様でした
ルイ >> (ココ可愛いしか感想がない俺はどうなんだろうと思う)
ルイ >> ん、マイマイ新子の席予約しようかな。
井汲 >> 【 Angel Beats! 】 風呂敷を畳む準備を始めたところか………それはいいとして、言ってることが何だか安っぽいような。AIR とか KANON とか、よく聞くゲームってこれと同水準なの?
ルイ >> そっすね。
ルイ >> まぁ安っぽいという言葉に罠が潜んでいるという説も。
ルイ >> 浪花節だよ人生は。
井汲 >> あと、作画監督が平松さん。ちょっとデッサンや顔の造作に難が感じられた回だったけど、全部は見られなかった………と言うより、やはり「ちゃんと見るシーン」と「あまり気にせず通すシーン」にメリハリをつけてるだろうな。
井汲 >> お、ルイさんこんばんは。たぶんすぐ撤退します(笑)。
ルイ >> ところで、ついったでスクエニの人がアニメは全黒字宣言を更新されたんですが、この辺ギギさんにちょっと話を聞きたい。
ルイ >> あ、というより今回のAB、PAっぽくなかったですよね。
ルイ >> 難という言い方もできるけど、PAにはそもそも崩す思想がないので新鮮でしたw
ルイ >> 出版社の論理でビデオメーカーガン無視の黒字宣言なんて、対外的にしていたらカドが立ちますし企画が続かないですよね。ということは最近の製作委員会って出版社側の出資比率が大きくなって、全体の黒を追う形になってるの?スクエにアニメの中には売上1000本級(出荷は1500〜2000?)のものもあるはずなんだが・・・助けてギギエモーン。
ルイ >> ABに話を戻すと、安っぽいという表現は言い換えると「べた」で、そういう意味では取り立ててイノベイティブではないとか言い出すとかんで。さんに殴られるなw
ルイ >> 基本的には見せ方、押し込み方の演出作法を得意としてるんですよね。曲との相乗効果で土俵の外に押し出したらかつる!
井汲 >> GiGi さんではないですが、ルイさんが言ってるのはこれかな。http://bizmakoto.jp/makoto/articles/0910/09/news003.html “この8年間で30本ぐらいアニメをやってきましたが、出版社サイドとしてどれ1つとして赤字になっていません”これ去年の記事ですから、別に今になって twitter で言い出したわけではないと思います。
井汲 >> > そもそも崩す思想がない そうなのかー。「とるてあや CANAAN は関口さんの剛腕によって支えられていた、とすると、関口総作監がかからないシリーズだと結構崩れていたこともあったんじゃないか」と思っていたんですが、そうではなかったんですね。関口さんがいるいないにかかわらず、過去のシリーズでは崩れなかった、と。
井汲 >> > 「べた」 うーん、と言うか、最後になって急に音無がシンジ君………じゃなかった、緒方司令に全力の肩入れをする辺りが唐突で、やや空口上に響いた、と言うか。→
井汲 >> → これまで一応仲間としてつるんできた滝沢朗………じゃなかった、日向やゆりたちを血溜まりの海に沈められ(いかに「死なない」とは言え)たその現場で、敵意むき出しの相手にそんな風に気持ちを急に切り替えられるものなのか、と。→
井汲 >> → そこがね、かつての音無の人生での強烈な体験と強く共鳴するような現象なりセリフなりというものがあってのことだったならわかる。でも音無って記憶を失ってるということだったから。それもないはずで。だからあの場面は勢いと音楽「だけ」で押し切った感じで、そこがちょっとデキとして疑問を覚えてしまうものだったなあ、と。
井汲 >> (つっても、昨晩リアルタイムで見ただけでこれ書いてるんで、何か深刻な見落としとかしてたらゴメンナサイ)
ルイ >> ああ「更新」ということです。今回新たに同じ更新ということ。
ルイ >> >崩れ 言葉からイメージしているものに、少し違いがあるみたい。僕の使った「崩れ」は、アニメ的な嘘というか。あえてパース狂わせたりする類のことです。一方井汲さんの使い方は、もっとシンプルな技術ベクトルの話だとすると、それはもちろん関口さんによって底上げされますよね。つまりPAってIGのレイアウトシステムの継承者ですから、基本的に「かっちりしすぎている」ところがあって、それは武器とも欠点ともなるだろうとか、そういった話。
ルイ >> >音無くん 彼が記憶をなくしていても、行動原理レベルでは刻み込まれているのかも。そのあたりは違和は違和なりにためておけばいいのではないでしょうか。基本おっしゃりたいことは僕も感じました。主人公を主人公たらしめるのは、良いとこ探しと感情移入力だってばっちゃが言ってた。これ、どんな主人公にも付与できているから使い勝手よすぎて転じてマイナス評価になりがち。
ルイ >> いつLDさんにキラーパスされるかわからないから、来週はアニメをみる週にするお。
LD >> 【真・恋姫無双〜乙女大乱】観ている。…けっこう出来悪くはない?(´・ω・`) というか前作観ていないのですが。今は、何進〜董卓から劉備の入蜀を全圧縮で描いているんですよね…今まで何のエピ積んでいたの?


■■■■2010年05月09日■■■■
LD >> 【REGZA】おお!新調した液晶テレビで、デジタル地上波の映像が“補正録画”後も美しい(今まで、多少ぼやけていた)事を確認!買い直してよかった。
LD >> 【ハーバード大学白熱教室】5-1(兵士は金で雇えるか):観ている。「宇宙の戦士」主義者の僕としては、非常に興味深い議論です。
井汲 >> > 違和は違和なりにためておけばいいのではないでしょうか ですね。音無が「記憶を失ってなお『お前の人生だって本物だったはずだろ!』と上っ面でなく言えるバックボーンを持つことが今後明かされるのであれば、伏線としてちゃんと機能することになります。
井汲 >> まあ、色々ケチはつけましたが、基本的には好意的に見ているシリーズです。今後の踏ん張りに期待。
ルイ >> 僕もそんなとこですね。基本は好意的。
ルイ >> ところで、マイマイパンフ売り切れてるよ…どういうことなの…
LD >> 【今何処】「王立宇宙軍」〜“星を継ぐもの”たちの物語 http://blog.goo.ne.jp/ldtsugane/e/a4b672234e797eb0e519d2923a4799eb
LD >> USTREAMのテスト放送の時に、こういう話題を話したりしたので、記事に書き直しました。…この記事書くのに土日ほとんど使ってしまった気がするが…orzま、いっか。
LD >> さて、残り時間で録画の編集ですか…?(´・ω・`)
ルイ >> パンフないけどマイマイ観た。
LD >> |´_ゝ`)どうだった?
ルイ >> 他の感想なにひとつ知らないですけど…凄く良かった。ストレンチア以来かな
ルイ >> 宮崎駿が発狂しそうなくらい良かったです。←?
LD >> |´_ゝ`)ところで「シムーン」ってどこらへんから本番?
ルイ >> 12話あたり?
ルイ >> 僻地飛ばされてから。
LD >> なるほど。では、それとなく観てみましょう。>「新子」
LD >> 「シムーン」、今、4話です。
ルイ >> 観ていいとおもいます。この界隈では僕こそジャストミートとは思うけど、いいものはいいから。
ルイ >> あー、そのあたりでちょっと面白くなるかも。
LD >> あと「DC」観てる。


■■■■2010年05月10日■■■■
ルイ >> デモン…コンチェルト…?
LD >> (´・ω・`)ダーク・コマンドーです。
ルイ >> B級臭がひどいw
LD >> 実質、15分番組っぽい?>「DC」
LD >> (´・ω・`)天枷ゼロ号機がいます。ココはいません。
ルイ >> 美春な。
LD >> (´・ω・`)美春か。
LD >> 「DC」の方が漫然と並べてあるので、どうオチつけるか気になる……こともないか。普通に妹かな。
ルイ >> すなあ。でも確かSSあわせて4クールじゃなかったですか。
LD >> そこはそれ。実質、15分だから…。あれよ。2クールくらいなのよ。>SSあわせて
備品 >> 絶望した!心の種産み出すときの微妙な作画修正に絶望した!嘘ですコレで苦情とやらを回避できるのかな?成田脚本、川村作監って泣かせる気満々ですな。まんまとやられました>鳩プリ14話
LD >> あと「恋姫無双」が、そこそこ「楽しい」のですが…。
備品 >> こんばんは
LD >> 一瞬、三国志武将の誰か分からないあたりが、僕の三国志魂に火をつけているのか?(`・ω・´)
LD >> こんばんは。
LD >> お、張勲けっこうカワイイじゃん?とか、妙にいろいろくすぐる。しかも、二つ名があるためさらにわかりづらく。
備品 >> 張勲とかどんだけマイナー武将までフォローしてるのやら
LD >> 【恋姫無双】うおお…!さすが陸遜!!
LD >> Re:備品さん どうも劉備の入蜀直後からはじまっているんですが、董卓や、袁術がまだ生きていてキャラクターの入り乱れ感が楽しいんですね。
備品 >> 年齢は考えちゃダメなんでしょうねw
LD >> ところでGoogleIME、当然ながら大抵の三国志人物は出てくるな…………荀?!!←!!すげぇ!!
備品 >> それは凄いかも>GoogleIME
LD >> 。o(あれ?こっちはイクが出てないな)
備品 >> オフラインではイクが出るんですね
備品 >> そろそろ仕事に出なくては、お疲れ様です
ルイ >> 笋キ
ルイ >> ・・・あれ?なんか違う変換されてね?
ルイ >> 荀攸
ルイ >> 何故かジュンイクの変換が違うよママン。荀?。
ルイ >> IMEの性能に追いついてNEEEEEEEE!馬岱!馬騰!馬超!
ルイ >> 伏龍 鳳雛  龐統 司馬? 太史慈
ルイ >> 悪来典韋
ルイ >> 五斗米道
ルイ >> 貂蝉 華佗 方天戟 青龍偃月刀
ルイ >> ふぅ
ルイ >> 桃園の誓いは変換されるかと口上を入力したら「われらガッチャマン」という候補が出てききて吹いた。
LD >> (`・ω・´) 兀突骨!!GOTSUTOTSUKOTSU!!
LD >> 【恋姫無双】…ああもうw魏延と馬岱が熱いとか、なんぞこの展開w
カルマ >> 陸遜と聞いて(ガラッ
カルマ >> 「マイマイ新子」は言葉にするのが僕には難しかったんですが…「無常感」とでも言うのかしら。 話としては良くって泣いてしまったんですけど、あまり語れる言葉を持っていない感じがしてました。
カルマ >> 鳩プリ14話良かったですねぇ。それだけに毎回恒例のスカト…脱糞シーンの(隠れてない)台無し感がいつも以上に(苦笑)
LD >> んじゃ、土曜の夜にアニメのラジオな。22時から2時間な。>ルイさん
ルイ >> (どの流れで「んじゃ」なんだ・・・)
ルイ >> http://www.youtube.com/watch?v=7FRLHQhm2eg たまに観ると体温あがる。


■■■■2010年05月11日■■■■
井汲 >> 出る漢字と出ない漢字があるのは、Unicode にあって JIS 規格にない漢字の処理に関わることでしょうね。PHP のことは知りませんが、ここで運用している設定だと Unicode をフルには使えないようになっている、ということは考えられます。
井汲 >> (今年は TVK アニメ祭りはないみたいだな…。やっぱり色々苦しいんだろう。2年で立ち消えか)
ルイ >> http://rui-r.at.webry.info/201005/article_4.html マイマイについて書きました。言葉にすると金払った分取り戻した気持ちになるなっていう。
ルイ >> 福田麻由子さんが本当に、本っ当に良かったので、改めて素晴らしいと思うのか成長を感じるのかわからないけど、ピアノの森をちょっと観たくなったぞと。
ルイ >> まー文章量でわかるようにw大変気に入ったので、ギギさんに感謝を。これは良いので、ちょっと誰かペトロニウスさんに勧めておいてw←
ルイ >> TVKアニメ祭りとかすごい所をチェックしてますね…
GiGi >> マイマイ新子は事前情報ないほうがいいですね。鏡みたいな映画だと思います。
GiGi >> パンフレットは毒が混じってるので少なくとも鑑賞前に読むのはおすすめしない。
GiGi >> 私は車窓から見える街並みが原野に見えたりする病気持ちなのでw、ルイさんの感じたような悔しさはなかったですね。というか、片渕監督も「見えてる」から撮れてるわけで、それを子供だけのものと考えるのはもったいない
LD >> んじゃ、土曜の夜にアニメのラジオな。
LD >> 「マイマイ」はDVD発売は7月か…。
GiGi >> 片渕監督は、これを子供に見てほしいと言ってるのがどうやらマジっぽいナイスガイですね。舞台挨拶でもいいひとオーラが滲み出てましたw
GiGi >> つーことでルイさん、次はまおゆう来週までノルマなー
ルイ >> そこは結構難しいところですね。子供だけのものとは考えたくないが、自分があの頃と比べ何一つ失っていないとも思えない。まあ実際失ったり獲得したりで変化しているのでしょうが。そういうものも込めた悔しさととってください。やっぱりそこは物語と同じで、無いものを痛感した方が「見えてる」ものへの価値も再確認できるのではないかと。
ルイ >> >子供にみて欲しい ちなみに、子供に見せたいならトトロだせって話
ルイ >> いや,言い過ぎたけどwでも視点の確保は大事ですね。言語化しきれない人が多いということは、やはりキャッチーさが足りないという言い方はできる。まあ、そんなもんがないから好きなんですがw
ルイ >> >まおゆう 来月まで、了解です←
ルイ >> あ、そうだ。ギギさんほどの病気持ちでなくともw僕もかなり「その気持ちをもってる」人間ではあると自負しています。だからこそ、泣いておいた方がいいと頭が考えたのかもしれませんね。俺ならわかる、に簡単に落ち着くなと俺の中にいる俺が命令したのでしょう。この辺が病気になりきれない所w
ルイ >> それにしてもパンフはどうすればいいのやら。新宿にまたいけってことか。何か用をくれ用をw
ペトロニウス >> マイマイ新子kaxa?mada
ペトロニウス >> まだ上映やっているのかな?<ルイさん
LD >> ルイさん、ラジオについてですが、一応僕の方では自分のデスクトップで動かしているものを“放送”できる状態にあります。あるはずです。
LD >> …で、僕のデスクトップはRDデッキと繋がっています。デスクトップ上にRDからの映像出力を出せる状態と。
LD >> つまり、特にHDDで録って残している番組なら特に準備無く流せます。…そのまま流すのは良くないのでちょっと配慮しますけど。
LD >> HDDにあるものなら話の流れでちょっと見せる事はできます。…ディスクを使えばさらにライブラリを引っ張ってこれますが、そこまでは考えていませんね。
LD >> で、OPを観ながら作品内容に触れる感じで考えています。
井汲 >> > すごい所をチェック いや、たまたま「そう言えば…」と思い出しただけ(笑)。
井汲 >> ………あれ?ヱヴァ破の DVD・BD って遠い先のことのような気がしていたら、いつの間にかもう今月末じゃん。全然実感が湧かない。
井汲 >> マイマイの上映はこうだそうで。観に行くなら急ぎですね。 http://www.mai-mai.jp/theater.html
ルイ >> あ、井汲さんありがとうございます>上映 バルト9は、要は21時20分に新宿にいられるか。それだけw終わるのが23時ジャストなので、それも込みで。


■■■■2010年05月12日■■■■
ルイ >> エヴァ破なー。来年最新エディション出るのかなー。
備品 >> GoogleIME入れてみた、「やきそば」って入れて『焼きそばパン』、「たこさん」って入れて『タコさんウインナー』が候補に出てほわほわしましたw
LD >> 変換候補の検索のためか、出力が一瞬刹那遅いんですけどね。慣れれば大丈夫かな?何より登録されている単語が、おたくの痒い所に手が届きまくっているw>GoogleIME
LD >> つか、ルイさん、ミスター高橋嫌いなんだ?
ルイ >> いきなり!>ミスター高橋 愛憎入り乱れて憎若干勝りですね。
ルイ >> 幻想は幻想のままにするから幻想なんだろうがよう!おうおう!


■■■■2010年05月13日■■■■
LD >> ふむ。難しいですね。誰かが「王様は裸だ!」って言わないと。王様が好きでない人達からは一歩以上引かれていたわけで。…あとは高橋さんの人柄に拠る話になると思いますが、これはあまり評判なワケではなさそうですね。
ルイ >> イワンとする事は掴んでいるつもり。確かに難しい。最強幻想が綻んだ時どうするか、という選択ではあったんですよね。でも暴露本で個人の懐温める方向にいったり、その真意がどれだけ伝わったのかと。単に「裸じゃんプギャー」が強調されたら逆にマイナスなだけで、それなら馬場さんみたいに「私プロレスを独占させてもらいます」って言ってのける方がずっと好感持てる…基本的に全日本思想にかぶれてるってのもありますね。
LD >> …あれ?「ファイヤーマン」のディスクが消えた?Σ(´・ω・`)
LD >> …あれ?「ファイヤーマン」のディスクが消えた?Σ(´・ω・`)なう。…なう、じゃねええ!!?
LD >> あ…あった。うっかりさん。(´・ω・`)


■■■■2010年05月14日■■■■
LD >> 【今何処】「ファイヤーマン」諸君、私はバローグ星人が好きだ!(`・ω・´) http://blog.goo.ne.jp/ldtsugane/e/1fe52b9bf042422f87a5979b8251feef
ルイ >> 恋姫無双が、スイッチ一つ押すと意外に楽しめちゃうんだよなあ。
LD >> (`・ω・´)ノだよな!


■■■■2010年05月15日■■■■
ルイ >> 今日は風邪気味かつサンデー売り切れてたので、先に書き込みさせてもらおうと思ったり。サンデー最近売れてるん?部数減らしたタイミングなん?
ルイ >> 「トリコ」は読者投稿ネタも堂々と組み込んで、本当面白いです。
ルイ >> 整合性が気にならないではないですが、そう深く関わってこない部分は自由に遊んでますね。逆に言えば制限を入れた所はまさにその「整合性」の問題が関わってきそうであり、今回で言うと「脳腫瘍は治療できない」あたり怪しい。
ルイ >> 「ワンピース」視点が移り変わってしまうと回想モノの味わいってなくて、あとはもう普通に「過去の物語」を愉しむだけですね。
ルイ >> 「べるぜバブ」本編が天津飯の気功砲ネタだから扉をかめはめ波にする、という順序。
ルイ >> 「BLEACH」なにこれどういうリアクションとればいいかわからない。浦原TUEEEとかいわなきゃいけないの?
ルイ >> 「サイレン」すっかり小部隊の攻防戦に。しかも結構楽しい。
ルイ >> 「SKET DANCE」スイッチ間に合わず!を劇的に描ければ良かったのだけれど、大いなる人為臭が鼻についてイマイチ。
ルイ >> ナレーションブームの失敗例と言えなくもないか?
ルイ >> 「ロックオン」ちょっとデレが早いなあ←ソレ単に好みの問題じゃ?
ルイ >> 「いぬまるだし」別にパン選んだせいに繋がるとは思わないので(言いたい事はわかるけど)オチは微妙なんですが、上下コマの背景色を変える事で、もう半分を気にしないまま読み進められるのはナイス。
ルイ >> 「黒子のバスケ」やっぱり北斗のトキなん?
ルイ >> 「HUNTERXHUNTER」ええい次回はまだか。
ルイ >> 「バクマン」完全犯罪クラブ面白そうなんだけど、読者に「じゃあデスノートは?」と突っ込ませるのが狙いなようにも思えるのは何故なんだろう。いや犯罪だからダメ、という若干無条件気味の条件付がそうさせるんでしょうね。掌だなあ。
ルイ >> 「めだかボックス」どうして「無礼な事を言うな」の時点でもがなの声はモガモガ状態にならなかったのだろう。
ルイ >> そのせいで僕も重力操作?と思ったわけですが。ミスリードの為の仕掛けなのかな?マンガとしては成立するけど、王土のキャラとしては成立するのかしら。勘違いさせる為にわざと命令せんかった、とはならないだろう。
ルイ >> 「リリエンタール」尻尾で一緒か。ジャンプ3巻モノ屈指の良作でした。
ルイ >> サンデーがないのでマガジン。
ルイ >> 「我間乱」ちゃんと、命がすり減ってる感じ、いいですね。
ルイ >> 「コードブレイカー」どこにいこうとしてるんだろう。
ルイ >> 「輝」これはちょっと楽しみかも。少年漫画的な設定に「何故」を追求するとドラマになるってのはやっぱり僕的イメージではゼロ年代作劇。
ルイ >> 「GE」黒川の支持率が下がっていくのが見える、見えるぞ
ルイ >> 「ABOUT」かなり見事な先輩のキャラ立。まさかハナノアナフェイスから繋がるとは。この連載掴みどころないけど面白い。
ルイ >> 「ネギま」まさかのアキラさん回。ここの中学生できた子供ばっかりや。
ルイ >> 「君のいる町」不治の病なら浮気カウントにならないですねわかります。・・いやまさか・・・
ルイ >> 「エア・ギア」アレキサンダーのコマが描きこまれているほどギャグとして効くって事ですね。でも、最近堂々と出てきて速攻で潰れるメソッドもそこらで観るようになったなあ。
ルイ >> 「じょしらく」うわつまらない。というか漫画が下手なのか?コマのサイズが大きめだったりするせいで久米田ネタが全体的にやぼったくなってる。
ルイ >> 「ケルベロス」共闘の流れが綺麗に整ってきているよ。
ルイ >> 「弱虫ペダル」一着同着でもこれほどの差。心配しまくる巻島先輩カワイソス
ルイ >> 「バキ」ああ渋川老人でてきちゃった〜
ルイ >> 「みつどもえ」いつもの言い間違い聞き間違いとは少し違うパターンですね。まあ、これも3番目くらいのパターンなんだけど。
ルイ >> つかキャラデザかわいいよキャラデザ>アニメみつどもえ
ルイ >> 「BJ」このバスケ縛りは本当に好評なんだろうか。
LD >> |ω・`)
ルイ >> 「ハンザスカイ」なるほど、一本で3Pってのは妙味でもあり、マンガとしては弱点といえなくもないですね。「大逆転」の範囲が狭い。
ルイ >> おうLDさん先にやらせてもらってます。風邪かつサンデーがないので。
LD >> う〜ん。寝ててまだ頭がお来てないズラ…。
ルイ >> 「イカ娘」最後のセリフが説明臭いのがちょっと嫌。コラしてブログに書こうかとすら思ったけど(やるなよ)「あいつはライフセーバーじゃない、イカ娘だよ」でいんじゃね?
LD >> 明日のラジオとかは、大丈夫?
ルイ >> 「レイラ」抜群のホップステップ。素晴らしい展開。
ルイ >> まぁ喋りは寝ながらでもいけるしwこれから寝ますしね。
ルイ >> 「ドカスパ」ロッテ開幕戦捨て試合にしすぎだろw
LD >> まあ、ともかく。僕もジャンプから追ってみようかな。
ルイ >> 「はみどる」おっとハーレムセッティングが早い早いよ
ルイ >> 「冥王神話」もかなり素晴らしい展開。パンドラ様の力ってイマイチイメージできないので、次週楽しみです。車田感覚だと汗かいて怯えるようなイメージがあるし、ちょっと「強いオンナ」描いて作者の性別的に溜飲下げて欲しいですねw
ルイ >> 「ギャンブルフィッシュ」トム「あるいは…!」  あるいはかwその程度なのかw
LD >> 「トリコ」腕を治すとか、そういう感じのエピソードのからみか…。そもそも、腕をふっとばしたりとかがアリになると、展開の幅が拡がりますね。
ルイ >> 「エクストリーム学園長」がすっかり公称となった事には満足しています。この場合王の能力が働いて、金魚鉢を壊すような展開でも「未来を変える」事になって痛み分けかな?
LD >> 「べるぜバブ」は、展開早いと見るべきなのか…。ともかく六騎聖が全員揃いました。
ルイ >> 「ナガレ」好調な雑誌にあってこのワーストっぷりがたまんねぇ。
ルイ >> あとは意識が持つまでリアクション。「トリコ」でも、逆に「腕がもげる」事が滅多にないこと、というバランスがとられていますよね。アイスヘルだからって理由ついてるし。
LD >> ああ…。というかエクストリーム学園長って、一見ただの殺人狂に見るけど、実はゲームの中で生き延びる方法は残していて、しかも、ヒントを出してくれているんだよね。これまでは。
LD >> まあ、そのヒントって「額のど真ん中を撃ちぬけい!」とか、そんな感じだけど。(´・ω・`)
ルイ >> ああ、麻雀カードをスロットに挿し込めば金魚鉢が割れるとか?それはちょっとあるかもしれません。
ルイ >> 獅子堂学園長「カードは実は鋭利な刃!これで足首を切断すればいいだけの事よ!ムハハハハ!!」 こうか・・・
LD >> 「べるぜバブ」しかし、東条はかなり残しカードに思えるんですが、ここで投入。よく言えば出し惜しみが無いのですが…どうかな?w
LD >> まあ、これまでは学園長の余興で、今回はマジに殺りに来ているかもしれませんけどねw
kichi >>       こんばんわ……(´・ω|。o(……う〜ん、バイオリズム低調なり。今週は傍観しておこうか……)
ルイ >> 「めだか」は「王なら許されるとは何たる傲慢だ」って言えちゃいそうなのがアレだな。
LD >> おお、kichiさん。こんばんは。最近、見なかったのでちょっと心配していました。
ルイ >> 皆寒くなったりでやられてるのかい?←やられた人 えーと僕は「リリエンタール」「HUNTERXHUNTER」「ABOUT」「ネギま」「レイラ」「冥王神話」サンデーは売り切れorz という事で、「レイラ」を推しておこうと思うんだよ。ほな、明日起きたら覗くからこれ見とけってアニメ書いといてなLDさん。ほななー。
kichi >> 。o(「めだか」の件は、命令の“意思を込めた言葉”とただの喋り言葉では違うのかな?と思ったり)
LD >> 「ぬらりひょん」は、青田坊登場。…この団体戦シリーズは、なし崩し感のある展開なんだけど、大丈夫かな?
kichi >> ちょっと忙しかったりのせいもあって、ちょっと低調だったりはしてます……orz まぁ、いわゆる五月病なのかな?w
LD >> 「ブリーチ」、真・藍染さんもブリーチ・バトルメソッドの中に入れるのは味といえば味なんだけど……もしラスボス扱いするなら、そのフォーマットから外すのがいいんじゃないかと思う。というか、外すだけで強敵感が出るから、これは利点なんだよね。
LD >> Σ(´・ω・`)さ、五月病!
LD >> 忙しいと生活の全てが仕事に奪われますしねえ…。
LD >> う〜ん、「サイレン」のバトル、まっとう過ぎて僕はあんまり「楽しく」ないのだけど、ジャンプ的には必要なことかなとおもったり。
kichi >> GWのど真ん中に仕事入って予定がボロボロになったのが結構効いたかもです……orz まぁ、ルイさんも寝ちゃったようだし私も頑張って一番いくかな?
kichi >> 「トリコ」はこういういろいろな世界設定見せる回は好きですね。楽しいです。
LD >> 「ロックオン」は、相変わらず単調なコマ割りだけど、話は悪く無いです。…なんかホント、ネームの工夫でかなり雰囲気が代わると思うのですけどね?
LD >> では、今週は早めに片付けてしまいましょう。一気につぶやき倒す感じで。
カルマ >> こんばんは。僕も風邪引いて寝ていたり。
kichi >> 「ワンピ」はこの過去エピはどういう位置付けになるのかいまいち掴めてない感じだったりするんですが……、まぁ、見守ります。あ、ルフィの兄としてというより、ロジャーの子供としてのエースの死の意味に関心があるんですが、そっちまで繋がるのかな?
LD >> ああ、皆さん風邪ひきなんですか。こんばんは。
kichi >> 「ぬらりひょん」、やっぱりここで青田坊というのは、なし崩し感というかまったり感すら感じるくらいのものがあって微妙ですねぇ……(´・ω・`)残り93時間もまたまったり感を増加させるw
LD >> うん。単純にエースとルフィの積み上げの後追いではないと思うのですが…。何か今後の展開にからむようなヒントかなにか…。
カルマ >> 「ワンピ」は長い過去編のルフィ編くらいな感じに苦笑いする方がダメージ少ないかも、などと
カルマ >> 「ぬらりひょん」は最近の仲間の格上げが「本気出せば実は強かった」って感じがしててちょっと…
kichi >> 「スケットダンス」は……正直微妙。ルイさんの言うとおり作者の手が見え過ぎですし、予想通りの展開をゆっくり描き過ぎてる感じでどうも……。ここにはトイレをじっくり描いた時のような旨みは感じないなぁ……。
LD >> 「黒子のバスケ」、黄瀬は青峰の真似をしてそれだけで、身体を壊してしまう…って展開もアリだけど。でも、それだと黄瀬の格付けが終わってしまう。ここで黄瀬のキャラ格が上手く上がると作品の“見え方”がまるで違ってくるのでがんばって欲しい!
カルマ >> 「スケット」はイマイチでしたね。
LD >> 「本気出せば実は強かった」どころか、今の話の並びをつなげると「リーダーがいない方が強かった」なんですよねw…これ、なし崩しに放置できるタメじゃないと思うんですけどね。
LD >> ああ、「スケット」にしては妙にゆっくりした展開に見えますね。ゆっくりちゃん。
kichi >> 「ロックオン」、悪くないんですけど、やっぱり基礎的なとこでイマイチ感あるのが惜しいですねぇ……(´・ω・`)「愛」の語り方とかは好きなバランスですが
LD >> 「HxH」について、フォローしている方が良い事を言っていて。最初、得体が知れなかったピトーが、段々、可愛く思えるようになってくる。それはピトーに対する絵柄の変化で表現されている。それで読者の感情移入度が最高値近くになった所で、ゴンさんに叩き殺させている。
kichi >> 「いぬまる」、この手のルート分岐描写ってやっぱり読みにくいのであまり好きではないんですが……、同じオチではありつつもG or 蜂という違うエンドなのが……なんだろう?変な味わいがあったような気はしますw
LD >> >「ロックオン」|ネーム…コマ割りが一番顕著ですが、画も、キャラも、実は一つ一つ足りない…とも思っています。でも、それなのに不思議と魅力を感じさせてくれる。磨けば光るのでは?という感覚があります。
カルマ >> 「いぬまる」はそれほど…という感じですね。途中からの分岐は両方観ちゃうし
kichi >> 「黒子のバスケ」はそうですねぇ。……流れ的には“時間が足りなかった”っていう形になりそうにも思える展開ですが……、それだと青の格を守れてない気もするし、難しいとこですねぇ……。まぁ、私も頑張って欲しいですw
LD >> しかし、ゴンのパワーアップ上手いですねえ……すごく禍々しく感じて強くはなっている(戦う条件を満たしている)けど、はらはらさせてくれている。…ここでのパワーアップはある意味パターンにあって、また闇の力?みたいなものでパワーアップする事もパターンにあるんですが、細かくそのパターンを崩して緊張感を出していますね。
kichi >> 今のところ真田の真っ直ぐなキャラクターがいい形で出てて、それがテーマ的なモノにもうまく繋がってて、そこが魅力の核だと思うんですよね。……しかし、やっぱり技術的な面はどこを取ってももう一歩な印象で、それらが底上げされたら……とはどうしても思っちゃいますね……(´・ω・`)
kichi >> >ロックオン
LD >> これで城についたメルエムも何からの方向に変化して、それでゴンさんと対決ですからねえ…。すげえ、単なるバトル展開なのに、その枠を超えている。(`・ω・´)
カルマ >> 「ハンタ」は連載が続く上にこの展開は終わりを予感させて怖くもあります。
kichi >> 「ハンタ」は圧巻と言うしか……。いやほんと、あまり“闇に堕ちた”って感じではないにも関わらず取り返しのつかない領域に足突っ込んじゃってるのはアリアリと分かる、なんとも微妙なバランスが凄いです……orz
LD >> 「四ッ谷先輩」は、今週、中島さんが美人だという事に気がついた。(´・ω・`)
kichi >> 「バクマン」、素直に面白そうなネタですし、個人的に気にしていた“シリアスな笑い”の要件も、ちゃんと厳しめに捉えてるのが分かる描写があって満足でした。
LD >> >“闇に堕ちた”|「ハーメルン」なんかを比較に出したいのですが、もう少年マンガでは“闇に堕ちる(そしてパワーアップする)”も確立されていて、それに沿うと、むしろ安心感が出てしまったりするんですよね。そこをずらす事で、本来の“何かヤバイパワーアップ”を見せていますよね。
カルマ >> ゴンの不可逆な成長は…爆発するオーラは…のちに「あのシーンは成長の圧縮のために必要だった」と語られることを願いつつ。
カルマ >> 「バクマン」かなり良かったですね。マンガの内容の説明でもあり良い話としても機能していて。
kichi >> 「四ツ谷先輩」好調。ライバル登場でも簡単な構図にはせず、親友の子とか先生とかキャラ回しもしてて良い感じです。……ちなみに中島さん美人なのは、今週特に意識はしなかったですがどの辺りで……?w
LD >> 「バクマン」、いやぁ…でも。あれですね。本当に「あやつり左近」→「TRAP」、「デスノート」→「完全犯罪クラブ」な感じですね。そうすると「大発タント」→「サイボーグじいちゃんG」かな、とか。
kichi >> ですねぇ……>“闇に堕ちる(そしてパワーアップする)”も確立されていて   明らかに正気は保っていつつ、しかし異常ではある、のが凄いヤバイ感を増幅させてます……(´・ω・`)
LD >> いやぁ…「髪の」「長い」ってコマが妙に目を惹いたんですよねw>中島美人
kichi >> まぁ、そうなんですがw>デスノート」→「完全犯罪クラブ」
カルマ >> 闇というか…無邪気ですよね。ゴンのパワーアップにはその怖さがある。>ハンタ
LD >> ああ、そうか。一般的な“闇に堕ちる”パターンは、大抵、意識飛んで暴走しているんだ。だから、意識を取り戻せば…っていう安全装置まで見えているんだ。
カルマ >> 「デスノ」の読まれ方を踏まえて考えるならコレ!って感じなのかなと>「完全犯罪クラブ」
kichi >> ああ、そこの絵はたしかにいい絵入ってますねぇ。>中島
LD >> また「TRAP」でも、言っていたし「四ッ谷先輩」でも語ったんですが、この設定って作者に無尽蔵のネタ出しを要求してくるんですよね。シュージンはそれに臨める天才という事は「TRAP」で説明されているんだけど、もう一本何か連載を持たせる“装置”のアイデアを観たい気もする。
LD >> 無尽蔵のネタ出しを要求に対して、それに応え得ると返せば、それは「名探偵コナン」的ヒットまで見えてきます。
カルマ >> なるほど>意識を取り戻せば…っていう安全装置まで見えている 
kichi >> ああ、確かにそれはあるかもしれませんね。もうタイトルからしてそうですが、あまりにもネタがプレーン過ぎる印象はあるので、何かもうひと工夫ほしいところはあるのかも。まぁ、「デスノ」はノートの設定でその辺も成してたわけですけどね。
カルマ >> 無邪気といったのは、こうやって力を得ることに正気なままで肯定的であるというか、そういう危うさを気に留めない…そういうところがあるように思います>ゴン
LD >> 「めだか」、そうか。これが王土の能力かあ…。う〜ん、フラスコ計画って、こういうものの転用の話だったのか?
LD >> ここで自信満々のサイコー+シュージンに対して、服部さん、港浦さんがダメ出しして、それで修正。で、連載会議へ…くらいの過程が正しそうに思えますね。
kichi >> たしかにゴンが元来持ってたイメージでもあるんですよね。正邪善悪関係なく受け止め飲み込むようなところがゴンにはあったので、イメージにはブレがないのだけど……でもこれってどう考えても異常な領域踏み込んじゃってるよね?っていう描写にはなってるのがなんとも……
LD >> 「リリエンタール」最終回でした。まあ、芦原先生はまたすぐ戻ってくると思いますけどね。
kichi >> 「めだか」、さっきちょっと触れたルイさんへの反応の話にも関わることですが、行橋の受信は本人の意思関係なく無差別に受信しちゃうのに対し、王土の発信はある程度本人の意思で調整できるのかな?って辺りが気になりましたね。
カルマ >> ショタコンの女の人と付き合ってあげたりとかね。>正邪善悪関係なく受け止め飲み込む その受け止め方と、彼の中では少ない?執着が踏み込ませているのかも。
GiGi >> はろう
kichi >> 「リリエンタール」最終回良かったですね。紳士がかっこよく描かれてたこととか、愛ある最終回って感じでした。
LD >> え?いや?王土のあれ言葉とは関係ないでしょ?もしかしたら、発声が発動条件になっているかもしれないけど、発声したら必ず起こるわけではない。
LD >> あ、確認。何も言わない時点で、善吉はもがなの首を締めている。発声は発動条件じゃないですね。
カルマ >> 王土の能力はよくわかりませんでしたね。
カルマ >> 回想で、存在するだけで他の声を黙らせてもいますよね>発動条件
LD >> 「催眠術とか念動力とか重力操作とか、お前たちバトルマンガの読み過ぎだよ」→「電磁波を発し対象の駆動系に干渉するのだがな。(中略)ゆえに人であろうと機械であろうと同じことなのさ」→……(´・ω・`)……バトルマンガやん?
kichi >> あ、そうですよね。行橋と対みたいな描かれ方もあったんですが、王土の方は完全に意思によって制御できてそうですねぇ。
GiGi >> おやルイちゃまグロッキー
kichi >> まぁ、バトルマンガですからw
LD >> ええっと、基本、精密制御できる御坂美琴と言っているみたいです。また有線なら「トライガン」のレガートが持っていた能力かな?>王土の能力
GiGi >> リリエンタールは最後までまったくぶれなく完結しましたね。葦原先生には多作の作家になって欲しい。
LD >> ただ、先程もちょっと触れましたが「フラスコ計画」はそういう能力とは別の所にあるはずで、そこが王土を最も強敵たら締めている部分のはずなんですが…。
LD >> サンデー行きます。
GiGi >> ハンタは当たらないで欲しい予感が的中で途方に暮れますね。ジン出てこないかなー
LD >> 「マギ」は、シンドバッドがすっげえ認められているなあ…。まあ、これまでの描写からも納得なんだけど。どこまで「物語」を牽引してアリババたちに渡すか…になってくるかな。
LD >> 「はじめてのあく」は、まあ、モリ先生は今後も、何故かモテモテ野郎として出してもらうとして…(´・ω・`)
GiGi >> ぶりっちは藍染さんは本当にオレTueeee!!がしたいだけの人なんだなあとほのぼのします
LD >> 最近、妙にいい感じにネームが盛り上がって来ています。クライマックスが見えている状態で、思いで作りフェーズが明確だからか?>「はじめてのあく」
kichi >> 「マギ」は、ああ、やはりシンドバッドはそういう立ち位置なんでしょうねぇ……。一方ジュダルはちょっと単純そうで心配だったりもしますが……さて。
kichi >> 「はじあく」は、私アキユキ(特にユキ)好きなんだなぁ……としみじみ思ったりしました。いや、面白かったですw
LD >> 「神知る」ここで、急展開を与える乱入者は、後までひっぱるかと思ったけどすぐ正体表した。メガネっ子だ。しかも、あんまり強そうじゃないぞ。でも展開早くて情報つまっているのは好き。
kichi >> 。o(ちなみにアキちゃんに関しては主におっぱい関連でいじられてる時が好きなんですが、なんとなく最低な気もするので思うだけにしておこうか……)
LD >> シンドバッドがどれくらい真相を知っていてジュダルと離れたかに拠るんですが。多分、ジュダルは人類補完計画というかそんな感じの世界を救うプランがあって。でも、シンドバッドは別の道を行きたい感じだと思うんですよね。
LD >> (´・ω・`)……kichiさん、声に出てますよ?>おっぱい関連
kichi >> 「神知る」同感。あ、強そうじゃないというよりは、悪そうじゃないのが意外だったわけですが、まぁ「神知る」の作品性から言えばこんな感じの方が正しいか……。
kichi >> mjd!?Σ(´・ω;`)>声に出てる
kichi >> ふむ、なるほど。>ジュダルは人類補完計画
カルマ >> 「神知る」これだけ多人数を巻き込む規模は初めてでしたっけ…?
LD >> 「チルドレン」、あれ?なんだろう?九具津がカッコ良く観える!Σ(´・ω・`)ゞ
LD >> はい。そしてこれで楠が巨大化して戦ったら、もはやウルトラマンです。(´・ω・`)
kichi >> 「結界師」が面白げで思わず単行本集めたくなるレベルなんですが……量多いなぁ……orz
LD >> 「ディフェンスデビル」は…ま、いっか。
kichi >> 楠が!Σ(`・ω・´)
LD >> 「アラビアンナイト」は、あれなの?「アラビアンナイト」って一纏まりになっているけど。そうするとグリム童話とかひとまとまりにならないの?
カルマ >> いや、ここはキスするために桂馬が巨大化ですよ(ぇ >神知る
kichi >> 「キングゴルフ」、永作昔は400ヤード越えてたのか……(´・ω・`)永作の方は徹底的に哀愁として描いてきましたね。まぁ、これはこれで良かったです。
LD >> 「オニデレ」は何かよくわからない所で覇王巣編の決着がつこうとしている…!
kichi >> 私もそこはちょっと引っかかってたんですが、ちゃんと纏まったものとしては読んだことなかったので言い出せずにいたのですよねw>アラビアンナイト一纏まり
GiGi >> マギはやっぱりアリババの成長が間に合ってない印象だなあ。どこかでうまく化けるかどうか。
kichi >> 「アラタ」が男の娘な展開って、やっぱり今サンデーでは男の娘推し!って感じなんでしょうかねぇ?w
LD >> うん。この展開は全うなんですが……後はソースケの一打に、この孫の涙がどうリンクするかですね。>「キンゴル」
カルマ >> 僕も詳しくないので、よくはわかりませんね…>アラビアンナイト
LD >> アリババの成長が間に合ってないのは規定路線でしょうね。そのためにシンドバッドがいるはずだし。
kichi >> 「ディフェンスデビル」、イダマリアもエリモナーも謎抱えててなかなか魅力あるのですよね。やっぱ裁判とか言い出さずバトルマンガやってる分にはなかなか面白いですw
LD >> >桂馬が巨大化|あ、でも楠連れてきたしねw…3人巨大化するとカオス過ぎるよなあ…。
LD >> イダマリアが可愛いだけで、すっかり騙されてます。(=´ω`=)
LD >> マガジン行きましょうか。
kichi >> 「月光条例」これは「青い鳥」でしょうか? なんかいろいろ絡めてきててこんがらがらないか心配ですが……さて。
kichi >> 「ツール」は、ヒイロがもうちょい日本でもロードレースの経験積んでたならこの展開も熱いのでしょうが、本気で団体競技としては素人くさいのが、この後どう展開するにせよ説得力を持ち得るか不安なところではあります……。
LD >> 「ゴッ輝」、れいの設定の話に踏み込んで北?
LD >> 「青い鳥」でしょうけど…。なんでしょうねえ。月光と関係あるんでしょうか。「青い鳥」のお話は既に失われている?
kichi >> 「オニデレ」、パパがサヤさんを軽くいなせるほどの強さであるのがいいですねぇw あの立場の弱さや常時レーザー対象みたいな扱いの酷さと合わせて味わい深いですw
LD >> 「GE」は悪くない展開、対ミグ的にも…いい。
LD >> 対ミグ!!なんだ?ソ連からの亡命か?Σ(`・ω・´;)
GiGi >> キングゴルフはなかなか難しいルートを選んでいて好感が持てます
LD >> まあ、強さでは親父に勝てないという設定として……なんでしょう?僕は既に正はかなり男前だと思っていて。あと彼に足りないのは何でしょうね?
kichi >> 「ゴッ輝」、ここに踏み込んでくるのは熱いですねぇ。明確に意識しだすとなると「め組の大吾」みたいに祭り上げられる展開なんかもありうるのかな?なんても思っちゃいますが、さて。
カルマ >> 「ゴッ輝」良いですね。
kichi >> ……う〜ん、正に足りないのは……華というのは大袈裟かな?押しの強さ的なものでしょうかねぇ……?
GiGi >> 神しるは周辺に事態が露出してるのがどうなるかですね。事件の記憶は消えるかもですがテレビ入ったりいろいろ物証残しそうで。
LD >> 「A−BOUT」は何か、妙なアットホーム展開の中でバトルに入ろうとしていますね。
カルマ >> 「GE」さて、これを誰が見てるかな?
kichi >> 「コドブレイカ」、結構重要っぽい炎君の話と並行して前回に続き妙に王子さん押しな展開なのはなんなんだろう?w ……ちなみに、この前書いた後思ったんですが、よく考えると人魚ってこれまで出てきたロストの中で一番キツイですよねw 水場が近くにあればいいですけど、なかったら逆立ちして水場に辿りつかなきゃならないんだぜ?w 体力的には可能でしょうが、なんといっても目立つw 大変そうw
LD >> 「新約花形」は、この程負けた「ダイヤのA」とは好対照を為す、トルネード・レイボー・ホームラン!…T・R・H!
GiGi >> GEは天秤の釣り合いの取れた実に見事な展開。
kichi >> 「GE」、とりあえずはいい感じでしょうか。さてここからどう展開するか……。
LD >> 「ヤンメガ」、足立さん、メガネに戻った!(`・ω・´)……ま、タイトルだしね。そして八王子さんがちょっと崩れたか?「GE」と並んでこっちも良い流れ。
GiGi >> んー。これは誰かが見てる必要はないですね。見てたら意味が変わっちゃう。君町じゃないんだからw
kichi >> 「A-BOUT」はもうギャグとして見てるので、バトル展開しても笑えるオチがつかないと物足りなくなりそうなんですが……、さて。
LD >> そういえば「君町」も、衝撃の展開……衝撃っていうか、う〜ん、よくわかんないだけど。
kichi >> 「花形」はとても派手な描写ではあるんですが、展開早過ぎるせいかちょっとあっさり感もあったような……? でもまぁ良かったです。
GiGi >> まおゆうのおかげでいろんな作品の輪郭がはっきり見える昨今ですが、ネギまってまおゆうと同じテーマに挑んでいて、考えるに一番ゴールに近い作品のひとつなんですよね。
LD >> 「エアギア」は、アイオン・クロックの株がほんと、落ちない件。なんでしょうね?こういうキャラいたなあ…。不死鳥の一輝?
kichi >> 「ヤンメガ」、やはり八王子さんが好きなので良い感じなのですが……、なんかあまり花さんと正面からぶつからなそうなんですよねぇ……。う〜ん、まだ取っておいてるだけならいいんですが……。
カルマ >> 「GE」ううん…まぁいいや。黒川がどう反応するかは次回か
LD >> >ネギまってまおゆうと同じテーマに挑んでいて|うん。僕からはそう観えるね。代替わりという要素を入れる事で、多くの少年マンガヒーローたちに与えられた猶予期間を消して「今!どうするか!決めなきゃならない!未来を信じるとかのお題目じゃなくて!」と言っています。
GiGi >> 君町のここからの展開は一歩のウォーリー戦を見る思いだわ。
LD >> ちなみに「マギ」も、「まおゆう」に近いテーマを観ているはず。僕の見立てではね。ただし、脱・英雄譚という分かりやすい構造からは少し外れている。
カルマ >> 「ネギま!」はアキラ回というだけでまともに評価できない…可愛すぎる…ww
kichi >> 「ネギま」は、きちんと“丘の向こう”を目指す形になっていきそうな流れを感じつつも少年誌でどうやるのだろう?って感じだったのですが、最近の展開で地味なやり方ではなく、ある程度派手な形で“丘の向こう”に辿りつく形になるのかな?というイメージができつつありますねぇ。
LD >> 八王子さんは、足立さんと正面からぶつかるには、手持ちの武器が少なすぎるんですよ。 それでも、無理にぶつけようとすると、けっこう悲惨な事になりそう。
kichi >> ちなみに今回の「ネギま」、まさかのアキラ回はとても良かったですねw さてパクテイオーラッシュくるのかな?w
GiGi >> 「みんなで」ってのがネギまのやり方なんだよね。答え自体はまおゆうとは違う。けど、だからこそ良いとも言える。
kichi >> あ〜、客観的に考えればたしかにそうかぁ……orz>八王子さん手持ち武器少なすぎ   個人的に気に入ってて、逆に花さんはもう一つピンときてないというか、花さんは花さんで品川君とはうまく噛みあわなそうなイメージでいたんで、案外いい勝負になるんじゃ?と思ってたのですが……、う〜ん。
LD >> >“丘の向こう”|まあ、正確に言うと「まおゆう」の体現したテーマの一部という事になるのでしょうが…。それでも相当に難しい。簡単な決着イメージならいくらでもつきますが…どうなるんでしょうねえ。>「ネギま」
カルマ >> だめだ。頭まわんね。アキラに萌え死ぬ…
GiGi >> いいんちょを細かく動かしてるあたりが赤松先生らしさですねえ。
LD >> ナインですよ。八王子さん。(´・ω・`) 品川くんを“困らせる”要素ならいくらでもあるんですが、品川くんを“迷わせる”要素はほぼない。
カルマ >> 八王子さんが今の品川に気づくことが必要なんですよね。認識が遅れているというか
LD >> さて、チャンピオン行きましょうか。
カルマ >> 「君町」親友とエバはどこまで行っているんだろう。その程度によっては相当きつい
kichi >> ルイさんには散々な評価をされてた「じょしらく」ですが、個人的には結構面白かったです(´・ω・`)牛丼をネタにするめんどくささとか、めくるだけでHとか、細かくツボに入って笑えました。
LD >> >今の品川に気づくことが必要| 雨宮的に言うと…っていうか、二位子が勝つ手筋でいうと八王子さんの認識の方が正しかったという認識戦が出てくるといいんですが。既定路線だと常にビハインドを感じますね。
kichi >> 「君町」、これはヤラレタ感あってなかなか良い展開だったかもですね。……考えてみれば予想してても良かった感じですが考えてなかったなぁ。風間をいいヤツとしてちゃんと描けてただけにキツイですし……。
LD >> 「ケルベロス」…あ、ライバルくん、弱みを見せっちゃったかあ…w
kichi >> あぁ、それいいなぁ……w>八王子さんの認識の方が正しかった
kichi >> 「ケルベロス」は、やっぱり思ったより早くライバル君の底が見えてしまったような印象はありますね……(´・ω・`)でもまぁ、ルイさんの言うように共闘に行く流れであることを考えれば、まぁ……
LD >> 「弱虫ペダル」、おお、なんかここで巻島さんに負荷がかかっている。(`・ω・´)
カルマ >> 八王子さんの認識の方が正しかった<八王子さんの認識にこれから持っていく…というやり方になるのかな。
LD >> 「バチバチ」は良い前哨戦。しかし、石川には嫌なフラグが立っている気がする。
kichi >> 「弱虫ペダル」は……むぅ、いきなり厳しい状況になってますねぇ……。田所のアクシンデントはともかく、今泉がここまで綺麗にポッキリ折れちゃうとはなぁ……(´・ω・`;)牧島先輩かわいそす
カルマ >> 「弱虫ペダル」厳しいですねぇ。ハコガクは全く問題が無いどころか温存までしてるのに
LD >> いや、実際に八王子さんをどこまで上げるのか?っていうのもありますけどね。元々、そんなラブコメ〜なマンガとは違う気もしていて。
LD >> 「刃牙」は、渋川先生が出てくる所に何か順調感が…。
kichi >> 「バチバチ」は、同タイプの正面衝突としてこれ以上ないってくらい熱く描かれてはいたんですが……しかしやはり同タイプの正面衝突でしかないってとこはあって、やはり石川の立ち位置自体への疑問というか、微妙感は感じるのですよねぇ……(´・ω・`)
LD >> 「シュガーレス」が、何かシリアスな笑いに来ている!(`・ω・´)
kichi >> 「みつどもえ」面白かったです。「結局パンツの話じゃないの!!」って計算とかなく言ってるのか気になるw
LD >> 石川は、これから悪ければ退場、良くても虎丸って感じになりそうなんですよね。
kichi >> 「シュガーレス」は……んん〜、ちょっと様子見。
LD >> そして、話が風車の外に向かうのはいい展開かも。シャケは置いとけという気がする。>「シュガーレス」
LD >> 「ハンザスカイ」は、この試合にページをかけ過ぎ。もう少し短くしないと締まらない。
LD >> 「任侠姫レイラ」は良い展開。…何が足りないんだろう?単純にプロレス愛だろうか?
kichi >> 「レイラ」は、正体に気付かずプロポーズしてるんですよね?なかなか面白くはあるんですが……、登場時点で割とはっきりレイラより格下に感じるのが不安ではあります。……いや、レイラ負ける展開くるならそれでいいのか。そしてプロレス的真剣を描くのにはそれがいいのか。たぶん。
LD >> 「冥王神話」はパンドラ様カコイイ!(´・∀・`)
GiGi >> ケルベロスはとっとと仲間になっちゃいなYO!といった赴きですね
カルマ >> 「ハンザスカイ」あっさり負けると思ったんですけどね。知らない技なのに綺麗な型でもって有効取れてるのは引っかかります。
kichi >> 「はみどる」はgdgd通り越してカオスな印象で、ここまでくると結構楽しく感じるのだから不思議w
kichi >> パンドラ様カコイイですねw
LD >> う〜ん、試合風景観ていると、相手の技を受けない…のかもしれませんね。>キッド
GiGi >> BJってそういうコラボだったのかw
LD >> 「はみどる」って安斉さん、モテモテですか?(´・ω・`)
kichi >> 「エンジェルボイス」のこの監督はいつもながらちょっと意外ないいとこを突いてきて熱い流れを作るのがかこええですなぁ。
kichi >> ハーレムですねぇ……(´・ω・`)>安斉さん
LD >> そうかあ〜。そういう視点で観ればよさそうだなや。(´・ω・`)>安斉ハレム
kichi >> 「ギャンブルフィッシュ」も面白かったですね。ゲーム的駆け引きよりは命を賭ける流れになるのが、らしくて良いですw
LD >> さて、一番決めましょう。
LD >> むかし「アストロ球団
LD >> むかし「アストロ球団」で、野球にかこつけて殺し合いをしていた事が思い出されます。(´・ω・`)>「ギャンブルフィッシュ」
kichi >> ジャンプは……「ハンタ」か「バクマン」か「四ツ谷先輩」か……。まぁ、「ハンタ」かなぁ?
LD >> ジャンプはねえ…「HxH」。
kichi >> むぅw>野球にかこつけて殺し合い
カルマ >> 「ギャンブルフィッシュ」学園長が「酸素がなければ戦えないなどギャンブラー失格!」と言い切っていて盛大に吹いた記憶がw
カルマ >> ジャンプは「ハンタ」か「バクマン」ですね。個人的にはバクマン推し。
GiGi >> レイラいいですね。漫画的なお約束なら「気付いてない」ですが、本気なら「気付いた上でのプロポーズ」かと
LD >> サンデーは「はじめてのあく」が良かったのよ。
kichi >> サンデーは……「はじあく」か「神知る」か……。う〜ん、「神知る」……かな?
LD >> マガジンは…「ヤンメガ」か「GE」か「君町」で。
kichi >> マガジンは……「ゴッ輝」か「ネギま」か「君町」か……。んん〜、「ゴッ輝」で。
カルマ >> サンデーは「神知る」ですかね。
カルマ >> マガジンは「ネギま!」で(真顔
LD >> チャンピオンは…「シュガ……いろいろ良かったけど、ここは「パンドラ様」と行きたい。お供のチシャ猫もいい味を出している!(`・ω・´)
kichi >> チャンピオンは……「ペダル」か「レイラ」か「冥王神話」か……。「冥王神話」かな……。
LD >> 「HxH」か「神知る」か「冥王神話」でしょうか。
LD >> 今週は「冥王神話」にしましょう。パンドラ様カコイイ!(´・∀・`)
LD >> って言うか「冥王神話」すごいですね。飽きさせない!単行本まだ買ってないけど揃えよう!あきらかに正史として揃えたい一作。
kichi >> かっこよかったですねw 異存なしですw>冥王神話一番
カルマ >> 即決ですかw 読んでないのでなんともいえませんが
LD >> では、そんな所で今週もお疲れ様でした。
kichi >> お疲れ様でした〜。
カルマ >> お疲れ様でした〜
LD >> さて、何かルイさんが観るアニメみたいな話をしていたな…別に観てなくても、そのまま話すみたいな流れを考えていたんだけど…。
LD >> まあ、「恋姫無双」、「迷い猫」、「うしろの大魔王」、「AB」、「ヒーローマン」、「ナイトレイド」、「けいおん!」、「B型H系」、「キスシス」…ここらあたりでしょうか。
GiGi >> おお冥王神話になったのかw。まあよし
GiGi >> 今回に限らず冥王軍の主従関係って良いよね。未来のない美しさがある
LD >>http://www.websphinx.net/mv/


■■■■2010年05月16日■■■■
備品 >> GiGiさんへ、ブラウザ三国志サーバー13が5/20より2周目なのでお誘いです。5/22か23に登録予定してます。
LD >>http://www.ustream.tv/myvideos/1/6939341
LD >>http://www.ustream.tv/recorded/6939341
井汲 >> (「こいけん!」のその後はどうなったんだろう。やっぱり有料アイテムなしだと進展なしで自然終了…という流れかしらん)
カルマ >> 「こいけん!」一応続けてますよ。毎日クリックすると「皆勤賞イベント」というのが発生して「ガチャ券」というアイテムがもらえます。そのアイテムを使ってガチャポンみたいにランダムでアイテムが当たる。運良く…っていうか7割くらいの確率で本編を進めるための能力が上がるアイテムが当たるので、それを使えばなんとか毎日各話の1/4ずつくらいが読み進められる…という感じですね。ボイス化は別途有料。
カルマ >> 最近ヒロインにしてる女の子の誕生日だったんですが、そのイベントを見るのも有料。
カルマ >> ハルヒみたいなめちゃくちゃな女の子(メインヒロインらしいが全く可愛くないCV戸松遥)が現音部…要するに軽音部を乗っ取って「恋研」ってのを設立するんだけど、建前上現音部ということにして新人歓迎会にライブをやる…というところまで見ました(笑)
カルマ >> 僕がヒロインにしてる年上のお姉さんキャラ(CV井上喜久子)は未だ本編で未登場という有様。
カルマ >> 監修:関俊彦って書いてあるんだけど関俊彦って関俊彦さんなの…?
カルマ >> よかった同姓同名の違う人だ…http://twitter.com/toshihikoseki
カルマ >> そんなことより鷲崎健さんの2ndアルバム「SINGER SONG LIAR」が素晴らしすぎるんですよ。贔屓目もあるかと冷静に何度も聴いたけど、やっぱり凄く良いです。http://bit.ly/aRqQx1
カルマ >> ホントはラジオで流れてないバラード系が良いんですけど「!!!!!」http://www.nicovideo.jp/watch/nm10641517
カルマ >> タグで示せば良かったhttp://www.nicovideo.jp/tag/Singer_song_liar
カルマ >> それからアルバムの最後には「ワルツ」。泣いた。http://www.nicovideo.jp/watch/sm7960301
ルイ >> 富野由悠季
ルイ >> ↓検索しようとした際のミス跡
ルイ >> しばらくアニメを観てきたから、ゲームやドラマCDや小説が積まれておる・・・
ルイ >> この辺全部を同時進行出来る人が、賢い人なんだろうなあと思うわけです。
ルイ >> せっかくアニメもほぼ追いついたわけだし、これからはリアルタイム〜あっても数日ラグをキープしたい。
ルイ >> ・・とりあえず、「カタハネ」、だよ、ねー。←ココの口癖
ルイ >> 実は今のいままでカタハネプレイ中。俺・・・俺・・・orz
井汲 >> カルマさんレポートありがとうございます。「毎日」というところがポイントですね。それだけ熱心にアクセスしてくれる=将来いいお客さんになってくれそうな利用者にはちゃんとサービスするわけだ。
井汲 >> そうか、そういう風に物語仕立なんだ。
LD >> 【四畳半神話大系】2話|BSフジの後追いで観てます。…ふうん。正調エンドレスエイト?……か?
ルイ >> 今こそプリズマティカリゼーションを遊ぶとき。結局DL販売してるんだっけか。


■■■■2010年05月17日■■■■
ルイ >> http://blog.goo.ne.jp/kishi-akira/d/20100516 どんなラジオだよ!?
カルマ >> そうだ、ルイさんのブログのアニソン三昧の話。NHKのアニソン三昧に限って言えば「お祭り」ですね。
カルマ >> しかし、関西ローカルでやっている「青春ラジメニア」という20年以上続いているアニソンリクエスト番組がありまして、そちらはリクエスト者によるレコメンドという色合いをしっかりと残しています。 アニメのBGMからゲームソング、ドラマのテーマまで扱っている幅の広さもありますが。
カルマ >> あまりの層の厚さから、FAXかハガキで最低でも半年間毎週リクエストし続けないとかからないなどの重さがあり、その代わりにJASRAC登録されていない曲、例えばエロゲの主題歌をメーカーに問い合わせて許可を取るなどして応えていますね。
カルマ >> 昨年4月から文化放送でも3時間生放送のアニソンリクエスト番組「デジスタ」がやっていますが、こちらはどれくらいカバーできるのか気になる所ですね。 この4月から「ラジメニア」も時間拡大して3時間になりまして、アニソンリクエスト番組の存在感が増してきているかもしれませんね。
カルマ >> と、思いついたまま書いてみました。デジスタには期待したいけど、デジタルでしかやってないんですね…。ラジメニアは関西ローカルだし、大衆にもちっとアピールできる継続した場があると面白いのにな。
カルマ >> そういう風に物語仕立<今のところ特定ヒロインに入る予感はないです。まだこいけん!設立するぜって話なのでw 金をかけるにしても魅力的なキャラが未だ一人も居ない(苦笑)
カルマ >> ブラウザ三国志、UIが変わったと聞いたので研究がてらもう一度始めようかしら…前のデータ削除しちゃったんだけども
ルイ >> ラジメニアって日高のり子さんあたりでしたっけか。
ルイ >> レコメンドの色合いを残すには、ある程度定期的である事が要求されるでしょうね。それにしても半年間リクエストし続けなきゃダメってなんなんだw
ルイ >> しかもFAXハガキってのがまた凄い。なるほどなあ、エロゲ曲。なるほど、電波に乗るだけで痛快ですねっていうのはわかるな。
ルイ >> デジスタは聴いた事ありますね、彩陽さんが出た事あるからwレコメンド番組って、個人的にはパーソナリティがその曲に触れないと、「ただ流れてるだけ」って思ってしまうのだけれど、その辺は感覚が違うのでしょうね。
ルイ >> 寧ろ曲をお題に2分くらいフリートークしろとw・・・あ、BGMとしての機能性重視なのかな。アニソン三昧の時も曲数多ければ多いほどよし!みたいな風潮があった気がします。
カルマ >> 岩崎和夫さんと南かおりさんですね>パーソナリティ 日高さんは文化放送「アニメスクランブル」。
カルマ >> リクエストの量ではなく長さの順にかけるので。1年とかいらっしゃいます。>半年間リクエストし続けなきゃダメ
カルマ >> こういう感じですね。視覚障害者の方と特定のコーナーに関してはメールリクエストを解禁してますhttp://bit.ly/cSIAqf
カルマ >> 「ラジメニア」では、リスナーの曲への想いを綴った文章を読み上げたりしますね。 あとは曲をかける前と後に作品名と曲名を読み上げるので、聴いて気になる曲が見つかれば、みたいな繋がりですね。
カルマ >> ちなみに高垣さんの歌う曲でかかったもの。http://www.radimenia.net/cgi-bin/search/search.cgi?query=%B9%E2%B3%C0
カルマ >> 「デジスタ」は鷲崎さんゲスト回で聴いたけど(お前もか)イマイチトークが拙かったですね…リクエストの合間にグダグダにならずに滑り込ませるのって難しいんですけども。生放送だし
LD >> 【デュラララ】17話|ああ〜、こういう話なんだ。ふむふむ。テンポよいな。
ルイ >> http://mantan-web.jp/2010/05/17/20100517dog00m200037000c.html むむむ。
LD >> ふ〜ん…。
LD >> 【閃光のナイトレイド】ま、とりあえず。ネット配信は観よう。
LD >> 【激走戦隊カーレンジャー】録り始め。浦沢義雄先生をメインライターに迎え、僕の回りの特撮ファンの間では、戦隊最高傑作の呼び声もある一本。…最高かどうかは別として最狂ではあると思う。(`・ω・´)


■■■■2010年05月18日■■■■
ルイ >> >ラジメニア …wiki読んでて少し怖くなってしまった。娯楽文化も内側の囲い込みに走る傾向はあるから、それに沿ってると言えなくはないが。
カルマ >> ん、詳しく伺いたいです>囲い込み
ルイ >> うえ?いや単純な話ですよ。俺こそが好きな人だ、という人に極端に寄って新参入りにくくするやり方のメリット・デメリットの話です。
ルイ >> 一つ一つの文化単位でもそうだし、個別の興行やアーティストに目を向けてもそうと言えますかね。


■■■■2010年05月19日■■■■
カルマ >> うーんどうなんだろう。別に一人だけを採用するんじゃなくて、同じ曲をリクエストした人は全員読み上げますからね。リクエストの長さと年代のバランスを考慮して選曲してく中で、タイミングよくリクエスト一週目でかかることもなくはないですし。マイナーな曲だけでなく、曲数の多い人気作品もバラけるから、そういう人はしんどいですね。
ルイ >> ふむふむ。ま、やり方としてはわかるなと。ハガキFAXリクエストなんて前時代的もいいとこですしね。それに意味を持たせようとしたら一緒に化石化する覚悟を問う形でいいんじゃないかと。俺が参加するかっつったら、絶対無理だけどw
ルイ >> カタハネ二度クリアしてココ編が始まるお!はっきり言って俺はこの為だけに遊んできた!


■■■■2010年05月20日■■■■
GiGi >> さてそろそろルイさんもまおゆう読み終わった頃かと思いますがいかがお過ごしでしょう。
ルイ >> プレッシャーのかけ方がうまくなりましたねw
ルイ >> カタハネがあと数日で終わる気がするのですよ。それまでバリア(たんまと言いたかったらしい
ルイ >> ところで、渡辺先生しなないでー。


■■■■2010年05月21日■■■■
井汲 >> 【 閃光のナイトレイド 】 配信も見た。別に、中国方面を刺激することが懸念されるような要素はなかったなあ。てっきり TV 局が放映に及び腰だったのだろうとばかり予想していたけど、実はそうじゃなくて、単に「いつもの主役グループが出ない、歴史的背景説明回」だったことに便乗して注目を集めようとした宣伝戦略?
LD >> 今週の一番は、本日深夜25時開始予定です。
ルイ >> おっすカルマさん音泉の録音方法教えて←ダメだこいつ
ルイ >> ぷちぷち止まるから聞きづらいったらありゃしないZE。
カルマ >> 音泉の録音方法<BitAnalyzerをインストール→起動→startをクリック→音泉の「番組を聴く」をクリック→BitAnalyzerにWMVのリンクが表示される→選択状態で「copy」クリック→GetASFStreamにリンクを貼り付け→ダウンロード


■■■■2010年05月22日■■■■
ルイ >> カルマさん。これからの人生「ググれカス」くらいの事を言うべき時もくるんだぜ・・・と言いつつ実行。これから手下Aと名乗ろう。
ルイ >> 手下Aなんすけど、音泉だけでこの番組数。笑っちゃいますね。各曜日チェックしたらまだドルアーガがあるぞ。
ルイ >> ラジオ版「今週の一番」みたいな事やってる人たちいないかなあwなかなかやりがいがあると思う。音泉限定でも毎日5時間ほど消費しますがw
ルイ >> 最近、あやひーの作品を色々DVDで見ているでござる。コメンタリがあるものは買って、無いものは借りて(笑)←わかりやすい
ルイ >> 『そらのおとしもの』のコメンタリが結構良いのだけれど、2巻で柿原優子さんが出てきた時はさすがに俺様のテンションもあやひー無関係でMAXだったぜ。
ルイ >> AICの黄樹プロデューサーがやり手な事がよくわかるコメンタリ。全巻でずっぱりなんですが、プロデューサーイメージに漏れず喋りたがりで。でも、おかげで沢山の情報が手に入るのでした。ナイスガイよー。
ルイ >> 特に「瀬戸の花嫁の柿原さん回がすごかったから打診した」というのを聞いた時は、こりゃもうAICは30年安泰だなと!(?)
ルイ >> わあ!来週の「あなたとときめきメモリアル」のゲストは金月真美さんだってよ!
ルイ >> (だから?)
LD >> |ω・`)
LD >> |ω・`)。o(……金月……)
LD >> うっしす。
LD >> こんばんは。
kichi >>      こんばんわ〜(´・ω|
LD >> 「瀬戸の花嫁の柿原さん回がすごかったから打診した」←これは良いセリフ。
LD >> |ω・`)ゝうっしす。
ルイ >> 「詰め詰め」という単語が沢山聴けたのが良かったですね。あと、監督が想像以上に凄い。へたスタのアニメーターのはずなのに。
ルイ >> …へたスタ?wへらスタね、スタジオへらくれすw それはともかくお晩です!今日は3時に終了な!
LD >> 「反逆の麻雀」は話がつながってなかったので、3巻みたいですね。
LD >> なんか、いそぐだら?>3時に終了な!
ルイ >> いや、単に詰める意識があればラジオもチャットも早まるかなーと。
kichi >> 2巻が手に入らないのですよぅ……(´・ω・`)そしてAmazon予約しといた3巻もKonozama状態ぽ……
ルイ >> konozamaで注文するんじゃあない。
ルイ >> ・・あっ!また値引きにつられてゲーム注文してる!orz 今度はいつ届くの〜orz
LD >> 最近、岩本ナオ先生のマンガが好きで「天狗の子」と「雨無村役場」を読んでるだら。
ルイ >> あと10日もすると歴史的偉人の命日じゃないか。
kichi >> セブンネットじゃ予約不可能だったのですよ……(´・ω・`)コンビニ廉価本だからかな?
LD >> 「反逆の麻雀」何か2巻の在庫なしなんですよね。
kichi >> 岩本ナオ先生の単行本は「スケルトンインザクローゼット」から集めてるです。……が、「天狗の子」はちょっと積んじゃってる……orz
ルイ >> 雑誌手元に揃ったぞと。花とゆめも一緒に手元に。
LD >> え?だそ?三沢さんの事?
ルイ >> 三沢さんは・・もうちょっと後です・・・orz←テンション落ちてる
カルマ >> こんばんは〜
カルマ >> 反逆の麻雀<僕も2巻買えずです…
カルマ >> ちょくちょくお人好しと言われてしまうんだなぁ…w>「ググれカス」くらいの事を言うべき
LD >> 読切読んでいても「雨無村役場」が、ちょっと変わっている…というかイモをイモのままに描いているのが好きなんですが。
LD >> そしてなぜか「kissxsis」と「充電ちゃん」も3巻ずつ買っているのだった…(´・ω・`)
ルイ >> このド変態め。
kichi >> ほんとに現実臭い、ゆるい悩みや問題をそのまんま描いてる感じがありますよねw まぁ、アイドルとして成功しちゃう子もいるんでフィクション的フックがないわけじゃないんですが……すごく地味さを大切に描いてる印象はあります。>雨無村役場
kichi >> 「kiss×sis」はいちおう集めてるんですが……あんまツボんないんですよね、個人的には。いや、いくつかそれなりにキたエピもあったのですが、全体的には……。
ルイ >> gigiさんなみに寡黙にいこうかとも思ったが、強引に進行促す形になるからやはり今日もマシンガンタイピングすっぞ。
ルイ >> キスシスはルナ先生の直系すぎてまいっちんぐですだよ。それはそれとして
LD >> 「充電ちゃん」は、ここでも物議があったように、やはりセントくんのギスギス具合が独特(?)な感じですね。原作だとお父さんのギスギスも加わってギス2倍な感じ。
kichi >> そうですね。>ルナ先生直系   ……それがそもそもあまり好きな系統じゃないんだな、私は(´・ω・`)
ルイ >> 漫画だと結構気にならないのはメディアの違いですね>セントくん キスシスはなんというか他愛もなさすぎてコメントがねぇぞ。
ルイ >> いまどき時を止める事に無策という以前に「意識がいっていない」作品は稀有かもしれない。いや時間軸は進んでますけどね。別に時が進もうが関係性は変わらないのでw
ルイ >> エンディングは是非バックレーバークレーボーイズで。ええ。
LD >> 「kiss×sis」はけっこう好きです。…まあ、ツボかツボじゃないかっていう話ではあると思う。
ルイ >> 嫌いって事もないけど、正直言って「何も感じない」類だな。
kichi >> ……ちょっとは興味あったけど……、大量に積みまくってる状況で手を出すほどではないかなぁ?>充電ちゃん   今日は近所の本屋では一冊も売ってなかった今月発売の百合姫コミックスが7冊も届いたのだった
ルイ >> この下手な翼を下さいだけは聴くに堪えない。
LD >> >漫画だと結構気にならない|バットについては緩和がありますね。でも、セントくんのキャラは原作の方がさらにギスっている。まあ、単純にお父さんと仲が悪いのが印象悪いって事ですが、あれはアニメでは削るかなあとは思う。
ルイ >> 30分経ったから鐘鳴らすか。
kichi >> まぁ、基本的にはエロい価値しかない作品だと思いますからねぇw>キスシス
LD >> さて、一番に入りましょうか。
ルイ >> そろそろジャンプしてもようがす?
kichi >> ……なんとなく、もっとギスってるならそっちの方がしっくりきそうな予感もあったりはしますが……いやいや、買わないよ?w>セントくん
ルイ >> 新連載は僕とkichiさんしか触れていなかった『メタリカメタルカ』な。やっぱそこそこの読み切りだろうが触れておいた方がいいってこった。手を抜かない我ら最強。
ルイ >> 読み切り時から「ジャンプ連載を目指している読み切り」以外の何の印象も抱かなかった作品で、やっぱり一話を読んでも印象が変わらない。
ルイ >> 良い部分は・・・特にないなぁ。主人公のキャラが立ってないのがニントモ。
LD >> いやぁ、でもリコ姉アコ姉かわいいよ?…って、徹底ご都合な展開をどう受け止めるか?って事かなあ。
kichi >> 。o(自分が触れていたのを忘れてたのは黙っておこう)
ルイ >> このシエラという娘も、鉱物制限してる割には明かり程度に余裕で石使ったり、弟の病気が酷いから水にも石使ってるって言ったそばから弟ほっぽってルカと一緒に外出したり、なんつうか、キャラが生きてないや。なんで新連載したんだろ。他なかったっけ。
ルイ >> 僕は心が見えない所の可愛さにさして興味がないのよ。
ルイ >> そう、これなら貧弱マンだかの方が良かったかなw
LD >> 「メタリカメタルカ」なー。
kichi >> 新連載は、まぁ、安牌というかなんというか、実にジャンプらしい作品ですね。ギミック的には結構面白げかと思いますが……まぁやはり全体的には無難な印象。
ルイ >> 一応モンハンあたりの流れに乗ろうとしてるのかな。ただ、このラインは既にトリコという成功例がいたりして、果たして共存は可能なのか。
カルマ >> 「メタリカメタルカ」別に面白くもなんとも。ギミックも…うーん
LD >> え?心は見えると思うよ。かなりエロい心なだけで。
カルマ >> モンハンの武器製造系のフォロワかと思ったけど、ギミック的にはハガレンぽいのか?
ルイ >> そういうつまらない返しはつまらないですぅ>心は見えると思うよ
ルイ >> やー、世界そのものの仕掛けを見せたいって事で、やっぱモンハンというか、MMO時代の漫画なんでしょうね。
LD >> 新連載がすっごい無難な感じがします。…逆に言うとこの路線で残って行くのはちょっと厳しいですね。
ルイ >> ハガレンはバトルギミックにあまり活かしてないけどねwこう、鉱物レベルで強さを単純に勝たれちゃう伝達力の高さはある。そこはジャンプ向きですけど、他に魅力がないよ?
ルイ >> 表紙のONE PIECEに「急展開!」って書いてあったけど、読んでみたら過去エピソードだったでござる。うーむ。
LD >> >つまらないですぅ|ごめんねwつまらなくて。でも、僕は心も見える上でかわいいと言ったつもり。
ルイ >> そして『NARUTO』と2つ並べられると、ジャンプそのものの足回りが重たく感じられるのであった。作家同士が打ち合わせはできませんがw掲載順変えたりしてくだしい。
LD >> 第一話に出てくる、この娘はレギュラーじゃないんだね。
kichi >> 鉱物のアイディアとか収集性とかを膨らませればそれなりに面白そうって形なんで、やはりモンハン系なんでしょうね(モンハンやったことないからイメージで言ってますが)。個人的に連想したのは一時期の「ハンタ」でした。
ルイ >> 『リボーン』ハルの方が京子ちゃんより可愛いのはどうなんだっていうか全身ショットってどういう事なの・・・
ルイ >> まぁハンタもMMO廃人のうわ何をする
ルイ >> 『黒子のバスケ』ずっと前から「で?」ってツッコミたくてしょうがないんだけど、黄色が青を完コピ→倒せる!って所に論理の飛躍があると思うんだ。
ルイ >> 「よし、完コピ成功!これで青の破壊力は無力化できる!後は残ったメンバーの力比べだ!」←これならわかる。
kichi >> 「ワンピ」は、天竜人登場ってことはいちおうやはりエースに関して、ルフィとの絆以外の部分での“意味”が描かれると期待していいのかな?と。
カルマ >> モンハンなら狩り、トリコならグルメと生活に密着してるんですけど、メタルカは鉱物を加工するわけではないのか…あ、この既視感はあれか。「666サタン」だ。
ルイ >> あーでもミネラル水になる鉱物ってのはやっぱりそちらのラインを意識してますよね>生活に密着
ルイ >> 『BLEACH』僕がバカなだけかもしんないんだけど、結局「鏡花水月」って破ったのん?おらよくわかんにゃい。
LD >> >黄色が青を完コピ→倒せる!|うん。(´・ω・`) 一応、補完してあげると、青を止めれる状態になるから、あとは他の人の頑張り次第って話になるかな?
ルイ >> 『銀魂』は決めゼリフの為の逆算展開ってヤツですな。男の〜美学〜♪
ルイ >> 補完してもらったのに先に自己レスで済ませていてごめんなさいw
kichi >> 「リボーン」、素でハルをヒロインだと思ってて、あ、そういえば京子ちゃんが好き的な発言はあったか、と思い出す順序でしたw ……真ヒロインはハルちゃんに一票。
カルマ >> そうですね、そうなっていかないんだなぁ>残ったメンバーの力比べ
ルイ >> いや、真ヒロインはクロームうわ何をするその2
LD >> いや、「鏡花水月」は全く破られていないはず。親父がどうやって間を持たせていたのかはけっこう謎。
カルマ >> ハルちゃん良かったですね。アーデルハイトさんにフラグは立たないのかな…(ぼそ
ルイ >> なんでしょうね、このがっかり感w>鏡花水月 ザ・ワールドの謎が解けてない内にタンクローラーだッ!!の感じというかw
LD >> まあ、ぶっちゃけクロームだろう。(´・ω・`) というか、女ヒーローがクロームで、京子がヒロインというべきなのか。
ルイ >> 女性読者として視点をおけるのはクロームくらい、という言い方が正しいかもしんないですね。
kichi >> 未だにクロームちゃんが本格的に活躍するとこ見たことないんだよなぁw 1年半くらいは読んでるのに〜。
カルマ >> クロームにヒロイン的活躍は諦めてますw
LD >> 「鏡花水月」と「万華鏡写輪眼」は、少年ジャンプバトルのある種行き着いた場所のような意味があると思っていて、その究極の描きにはすごく興味があるんだけど、久保先生も岸本先生も、そのヤバさに気づいた時点で退いてしまった感あり。
ルイ >> 『べるぜバブ』しっかり退学に巻き込まれている古市は萌えるが、それだけかな?
LD >> やっぱり、「恋姫無双」作画悪くないwずばぬけていいワケじゃないけど、動かすところ動かしてるw
ルイ >>
kichi >> 「黒子」……ちょっと考えてたんですが、とりあえず同じフィールドに立てれば、あとは、こう、勝負強さみたいなとこになって、それなら負けないみたいな気持ちでいるのかなぁ?とか。ま、厳しいですけどw
ルイ >> 『SKET DANCE』わー・・・ま、来週。
ルイ >> 『バクマン』しかし毎回「どうだろうか?」って入れてるのは明らかに狙ってござるうう
LD >> 昔、「魔界学園」という超能力番長マンガで夜行くんって、キャラがいて、ある種このキャラが最強だったのは「都合の悪い事は夢オチにできる能力」の持ち主だったんだよね。これって、つまり「鏡花水月」と「万華鏡写輪眼」の事で→
ルイ >> 完全犯罪クラブは赤マルで読ませてもらえるんですよね。←
kichi >> 「べるぜバブ」、退学はちょっと面白い展開ですが……、まぁ、取り消す方向にいくのかなぁ?次回がちょっと楽しみではあります。
ルイ >> キング・クリムゾンの「お前はどこにも辿り着けない」がゴール過ぎる気がするw
カルマ >> 「べるぜバブ」退学して学校同士の対決という形に持って行くんでしょうか
kichi >> 「スケットダンス」はあそこでスイッチが手を引く理由がどうもしっくりこないな……(´・ω・`)
LD >> →まあ夜行くん、自体もある意味ヤバイキャラとして誰にも倒される事なく、舞台から忘れ去られたんだけどw あの能力を最上位キャラにおいた場合、どうやって破るのか?というか気になる。
ルイ >> 理由は結構ハッキリしてて、サーヤの表情に「本気」を見たからですね>スイッチ ネーム的にはそう読めるようになっている。ただまあ、という事は、これまではサーヤの決意を軽く観ていたって事でもあるんだけどね。
kichi >> 「バクマン」は面白かったです。やっぱり「完全犯罪クラブ」は普通に読んでみたい作品ですよねぇw
ルイ >> 『ロックオン』は本当漫画の下手さと話作りの上手さが同居する変な作品だなや。ネームはひどく単調だけどやっぱ話は良いのよ。原作(ネーム)つけるか!大場小畑システムがハマリそうな気もする。
LD >> 「べるぜバブ」は本当に退学すると、ちょっとダイナミックかなあw多分、回避の話をするとは思うんですが。
ルイ >> 何が言いたいかというと、毎回ストーリーとしての山場はちゃんと用意してるんだけど、漫画のコマがそこに綺麗に運んでいってくれないというかね。今回で言うと「お前の写真だと笑ってもらえないんだよ」は完全にピークなんだけど、読み進めると意外と淡々とそこに辿りつけてしまう。アイシールド21あたりと読み比べてみよう。
kichi >> う〜ん、その「本気」が間違ったところに伝わっちゃうのを分かってて見過ごすというのはどうも……(´・ω・`)結果は重要じゃなく、サーヤが告白してスッキリするのが重要ということ……?
LD >> 新妻、週刊2本連載で二つともアニメ化かよ……もう完全にナンバー1作家だな。
ルイ >> 『トリコ』は別の場所で同じクラスの課題。いいんじゃないでしょうか。あ、今デュラララに田中宏紀走り。
ルイ >> いや、その辺スケット団の連中は「尊重」しちゃうと思うのよね。連中その辺トラウマ持ちだし、後悔する事を忌避する心理はあると思う。
LD >> 福田組じゃないけど、高浜さんの真摯ながんばりも何気に良いですしね。
ルイ >> 高浜さんは可哀想ですけどね。実力以上に作品の良さがわかっちゃうのは。
ルイ >> 勘違いしてられるくらいが幸せじゃねーかと思ったりも。
LD >> >キング・クリムゾンの「お前はどこにも辿り着けない」がゴール過ぎる気がするw |正しいですね。一つの解として。そこらへんをキレイにみたい。
ルイ >> 『ヘタッピ漫画研究所R』は、もう、その通りでございますというか、村田先生次は?としか言えないな。
LD >> 「スケットダンス」は良い……ちゅーか。こんな入れ替わりネタで出せる所まで出している感じw
LD >> 「ロックオン」は良かったです。一応、一番候補と言いたい。
ルイ >> 『ハンターハンター』タコ可哀想です><
ルイ >> 話はいいですね。一番・・・ま、候補ならアリかな
kichi >> 「ロックオン」は完全に同感ですねぇ。今回もニコの涙に大和のパソ破壊とか、ベタだけどいい展開があるんですけどね……。どうしても描き方次第でもっと良くなるはずなのに……という惜しさも感じてしまいます。
LD >> 画と、コマ割りが短調なだけで、シナリオと演出…かな?よかったと思います。
ルイ >> おう『保健室の死神』を一番後ろにやるんじゃねえ、おう。心臓によくないだろうが、おう。
ルイ >> 「演出」は漫画においてはコマ割りとおおいに関係すると思うので、どうかなあ。脚本はいい、くらいにとどめたいね。
kichi >> 「めだか」はちょっとありがち感の強い内容で残念な感じだったかなぁ……? ま、善吉が男を見せる展開ってことで次回には期待したいところですが……。
カルマ >> 「ロックオン」ホントに話は良いのに、ってのが…
ルイ >> 先週までの昔馴染み組を導入に使ったり、とにかくうまいんだ。あーアニメ化しないかな。いやしないけどwプロの脚本家ならうずうずするくらい「話の芽」が詰まってると思う。30分余裕です、の週刊少年漫画。>保健室
ルイ >> ちょっと「なら君は何故泣いているの」は陳腐ですよねw>めだか まあ、少年漫画研究漫画なので「わかってやってます」という答えではあるんだろうけど。
kichi >> 「ハンタ」は……もう、どうオチを付けるつもりなのか見当もつかないなぁw
LD >> 「ヘタッピ漫画研究所R」も良かったですね。村田先生はほんとに「アイシールド」で命削っていたと思うし。
kichi >> ですねw>「なら君は何故泣いているの」は陳腐
ルイ >> あれもまた、画次第でそう見えなかった可能性はある>めだかの涙 まあ、その辺筆の硬さというか・・・ちょっと出ちゃいますかね。表現難しいけど。
LD >> >「演出」は漫画においてはコマ割りとおおいに関係する|そうなんだけど、コマ割りの単調さをさっぴいても、次のコマに描かれている情報は悪くなかったという感じでしょうか。情報は悪くないけど「画」がね…って、なんつー勿体無いマンガだw
カルマ >> 「サイレン」カブトの能力がよくわかりませんでした。
kichi >> 「四ツ谷先輩」も安定して良いですねぇ。ホラー感も謎の散りばめ方や回収の仕方も巧いです。
ルイ >> ・・・スタンド?w>サイレン
LD >> >「保健室」アニメ化|ぶっちゃけ、大和屋チームに任せればがっつしですよ!(`・ω・´) 「とらぶる」の流れもあるし。実は「保健室」には浦沢脚本を受け入れるだけのポテもあるし。
カルマ >> 「なら君は何故泣いているの」これはなぁw
kichi >> ああ、めだかちゃん(改)も、もっとひと目で違いを実感できるくらい違う印象、インパクトくらいのものが見せられたらもっと良かったのだろうになぁ……っては思いましたしねぇ。>画次第
ルイ >> 四谷先輩の人は逆にシナリオのわかりやすさみたいなものは無いけど、上手いのね。
ルイ >> うーんと、ベタだとダメって話ではないから難しいんですけどね。ただ、意識してやってるなら良いという話でもない。この場合、涙のコマに向かって盛り上がる組み方をしている分画が記号的でちょっと乗れないとか、そういう話になるのかな?同じ展開でも富樫先生なら別のものを見せてくれそうというか。
LD >> 「サイレン」カブトの能力→アクセラレータです。(`・ω・´)でも、複雑作用は無理な。
kichi >> 「保健室」はほんと中身詰まってるというか、こういうバラエティ回では可能な限りたくさんキャラ出してたりするのが素晴らしいですねぇ。
ルイ >> 臆病だから何にも触れたくない、って事なんですよね。いまいちスッと入ってこなかったけど。
ルイ >> >サイレン
LD >> ベタだとダメ…ではないですね。でも、ちょっとね。ここで「分かったフリ」してベタでもいいよねって態度になるのは簡単だけどね。直感的に言うとここにアイデアを投入するのを怠ると、ベタな展開ではなく凡な展開になる急所だと思う。>「めだか」
ルイ >> アイデアそれ自体があるなら越した事はないですね。
ルイ >> エンジェルビーツは本当「喋らす」よね。
LD >> 「HxH」は、分かっちゃいたけど、コムギがすんげえキーマンでやんのw
ルイ >> 王の思い出す、思い出さないが若干こう「展開の為の線」だなあって気がしないでもないけどね。
LD >> また、アイデアの投入場所とか、ベタの方が気持ちイイって場所とかあると思うんですよ。
ルイ >> 核爆発→記憶喪失→見たら思い出す ってところで二個ほどしれっとファンタジーが起こっているw
LD >> サンデー行きましょうか。
ルイ >> なんでしょうねえ、それはもう、どちらの正解はないという話になるのかな>場所 ただ今僕らがそろって引っかかっているという事は、アイディアそのものの問題か、あるいは同じやり方でも描き方がちょっと、と。どっちかではあるのだろうなと。
LD >> まあ、そうなんだけど。王が忘れるから、家臣とのコムギに対しての齟齬がムキ出しになったんですよね。王の心を一番理解したピトーは既に死んでいるってのがせつないw
ルイ >> 月刊ヤンジャンでさ、長田先生が「蛇衆」って漫画をやってるわけですよ。でさ、このさ、サンデーのさ、新連載がさ・・・ふが。
ルイ >> ま、時代は戦国萌えっすね!イエーイ!
LD >> 「これでもいいじゃん」はごもっとも。多分、西尾先生は「これでもいいじゃん」が「これじゃダメ」に落ちる事はまずないでしょう。でも「これでもいいじゃん」が繰り返されれば打ち切りでしょうね。ここが急所と言ったのは僕の当てずっぽうです。でも、ここで何かアイデアの載った、意外なものを観たかった。
LD >> 長田先生が「蛇衆」←これも雑賀孫市の話なんですか。
カルマ >> これを読んでる子供たちにとっては「なら君は何故泣いているの」はかえって目新しいかも知れない?とか思ってみたりも
ルイ >> いんや、九州の傭兵部隊の話です。ただ表現力が段ちだなあって話。
LD >> 「尻くらえ孫一」は、司馬先生の読んだ中で一番好きな作品です。がんばってください。>「八咫烏」
ルイ >> そ。「ベタだから回避する」と「ベタだからって逃げない」が繰り返されるのはそういう事もあってではありますよね。>却って目新しい だから個人的にはアイデアそのものより見せ方が引っかかったという感じではあるのだけれど。
kichi >> サンデー新連載は……う〜ん、面白いことは面白いのですが……う〜ん……(´・ω・`)
ルイ >> 先々週にチャンピオンに載るのが夢だった小野さんが先週マガジンに載って今週サンデーに載っているでござったぁ・・・。
LD >> >かえって目新しい|ローテ狙いなら「めだか」は「ブリーチ」を目指すって事ですね。それならそれでやり方はあるでしょうね。
ルイ >> 『はじあく』この新キャラは線のいらないところに線を作ったようでてんで気に入らないのだけれど、はじあく好きから見てどうなのよ。作品嫌いのせいでそう見えるだけかもわかんね。
LD >> まあ、確かに。単純に先行して泣くのではなくて、もっと善吉くんがボロボロぼろ雑巾のようになってからの方が演出的には良いかもしれませんね。…めだかのキャラ格的には別かもしれませんがw
カルマ >> サンデー新連載、つまらなくはないです。ただ歴史物ってこう…独自性が難しい気もするんだよな
ルイ >> 『最上の明医』は、この構造の限りこういうチンピラ構想からしか話のもってきようがないんだけど、いつまでコレを続けるのだろう。遅い。
kichi >> 緑谷君を応援してる私としてはなかなか良い追い風みたいな印象ですw あんまジローに絡む必要は感じないんですけど、ユキちゃんと緑谷の関係をかき回して欲しいなw
kichi >> >はじあく新キャラ
LD >> >「はじあく」|シズカの処理もままならん内に出しよったなあ〜って感じです。(´・ω・`)ぶっちゃけ、おとなしいメガネっ娘出したかっただけちゃうんかと。
LD >> ああ、緑谷アゲ要員としては、ありですね。それは彼女の運用を見てからですね。
カルマ >> シズカと一瞬区別つきませんでした。よくわからんです。入れ込んでもないので可愛ければ良いかといえば良いかもしれない(笑)
ルイ >> 緑谷要員としてはアリだけど・・・んんん。どうかな、そんなに綺麗に駆動するイメージがモテない。まあ様子見か。
ルイ >> 『ハヤテのごとく』これはマリアさんの電話帳、ナギよりハヤテが上位なんですねって言い出していいところなんだろうか。
LD >> でも、緑谷アゲ要員を置くことと、全体キャラ構成的にあそこに地味メガネを置くことの意味は別です。(`・ω・´)つか、藤木先生、あんまハーレム構造上手くないですね。キョーコ、乙型、シズカって栄養に偏りがあるつーかwまあ、ユキアキをジローにつけたくなかったのはわかるけどw
ルイ >> 『ARAGO』は皆さんお望みの縦線だよw
ルイ >> うむ!部数嘘つかないな!サンデー手薄だ!クラサンのせい!※最後だけ強引
LD >> >ナギよりハヤテが上位|あんまり考えてないと思うんですけど、なんかそうなってますねw
ルイ >> そこは考えてもらわないとw んーと単純に風呂ネタとして言うと、軽く入るだけだから髪そのままなのはわかるんだけど、少年漫画的にはここは髪をおろさないと時めかねーな、とは言っておこう。
kichi >> 「神知る」は体内探索の方でしたか……。しかし、このエピの〆方に楠をどんな風に絡めるのか興味深いとこですね。
ルイ >> ギャルゲーから人生ゲーにシフトですか。神知るは鍵ゲーである!って言い出そうか。
LD >> >皆さんお望みの縦線だよw|うむ。(`・ω・´)まあ、解の一つではある。
ルイ >> 『ツール』は実際のレースで起こりうる、突発的な逃げ協力を見せてもらえたのはちょっと良かった。
LD >> |ω・`)。o(…マリアさん、胸おっきくなったなあ…)
ルイ >> むかしむかし、月光条例という物語があったのサ。
LD >> 「マギ」は、あの黒マギさんが持っている槍はなんだろうとか思ったり。…スタンド使いになれる石弓?
ルイ >> 『キングゴルフ』はなんつっても50ヤードはめちゃくちゃでかいんで、どこまで納得させてくれるか楽しみですね。
ルイ >> 先っちょが尖っただけの杖じゃね←身も蓋もない
kichi >> ん〜、まぁ、分かりやすくはなった……のかな? でもフェイク臭くもあるので微妙……(´・ω・`)>アラゴ縦糸   結局、アラゴのわかんにゃい判定って、コナン的な作品なのか、エピソード積みつつ物語が進んでいってる作品なのか、その区別がついてないってとこにあるのですよねぇ……。
LD >> 「メジャー」はだめじゃ。(`・ω・´)(←どや顔)
ルイ >> コナン的はないだろうw
ルイ >> いやまあ、コナンも後者に属するって言う表現は可能ですけどね。あそこまで独立して不死の生命を勝ち得るシステムじゃない。
ルイ >> 『メジャー』は誰かプロ市民に解説してもらわないとおらにはレベルがたかすぎっぞ。
カルマ >> 「キングゴルフ」わくわくはしますが、ちょっと差がきっついなと思いますね。んー。
カルマ >> 『ツール』はあんなマフィアいるんだろかw
ルイ >> まあ、皆が皆無理だ無理だ言うのって、満田先生的には「結果は無関係に男の勝負なんだZE!」って為に描いてるのかもしれないんだけど、漫画読み的には全員で嘘フラグまき散らしてるようにしか見えないってのは面白いw
ルイ >> 日本人の中でマフィアが美化されているだけで、実際は色々みみっちいマフィアがいるんじゃないかいという説。
kichi >> 「ツール」は区間賞という形での賞金目当てというのが示されたことでこの展開をかなり納得できてしまったのは良かったです。……ま、団体競技としての描き方がどんな感じになるかも注目。
LD >> マフィア!Σ(`・ω・´)
カルマ >> いや、取り締まりというか排斥されないのかっていう不思議さがw>マフィア
LD >> マフィア!Σ(`・ω・´)
ルイ >> 「メジャーはだめじゃ」←これでもあやひーはうふふふふって笑うんだろうなあ。http://www.nicovideo.jp/watch/sm10796718
LD >> マガジン行きましょうか。
ルイ >> 『君がいる町』ェ…つまらないけど巻頭カラーなんだなあ。世界は広い(?)
ルイ >> 『ヤンメガ』が八王子さん視点で追い上げを狙ってますね。僕やLDさん的に言うなら「運命」という竹槍一本で勝負させる気らしいで。
LD >> ちなみに、今週の「メジャー」がダメという話ではない。単に洒落を言っただけ。……まあ、これでもいいんじゃね?
ルイ >> しかし、品川が不良になる前から大差なさすぎるのはどうなのかと思うんですが。これじゃほんと、頭がイイか悪いかだけだ。
LD >> 「君町」は、柚希の事情をすごく聞きたくない自分がいるんだぜ。(´・ω・`)
ルイ >> Wの文字には見えません(真顔)<『エデンの檻』 祭り上げようとしてんのかな。
ルイ >> おっ!sghれ
ルイ >> シュレディンガーの展開ってやつだねぇ!!>聞きたくない
LD >> 八王子さんは壊れないと…いや?ちょっと表現難しいですが、一皮むけないと勝負は難しいですね。
カルマ >> 見えませんね>Wの文字
kichi >> 「君町」は……う〜ん。うまいことステレオタイプな“ドラマチック”を組みましたね、という感想で、そこまで悪くも思ってないんですが……まぁ、ねぇ……(´・ω・`)
LD >> Wの字には見えませんねえ。(´・ω・`) 偶然そう観えたを強調しずぎたかな。そうなると…(逆算)
ルイ >> しかし加藤後藤のキャラ立はゴミみたいですね。>エデン
ルイ >> これが「残り生徒」の人数と、主要メンバーの数にズレがある時のパターンだよなあ。
kichi >> 「ヤンメガ」は、先週LDさんが言ってた“八王子さん視点の品川君の方が正しい”ってのが、私にはしっくりくるなぁ……としみじみ思ってたりw ちょっとgdgd感強くて今の品川君を好ましく思ってなかったんですね、私は。過去の品川君のがかっこいいですw
LD >> いや、普通に辻褄があってくれれば問題ないんですけどねwなんとな〜く「いや、意味わかんない。こうすればいいんじゃね?」とかいう感想を持ちそうな気がして(汗)>「君町」 …それを見越して笑う準備をするというのもありなんですけどね。
kichi >> 「エデンの檻」は、いやまさか、こじつけみたいなWだけど、本当の意味は他にあったというオチがくるんですよね……?(´・ω・`;)さすがに
ルイ >> 『GE』お前らもうくっついちゃえYO。しかしギギさんじゃないけど、あまりにそう思えると『東京ラブストーリー』に見えるって面はたしかにある。
LD >> 八王子さんは、今のままやっても勝てない事を自覚して、はじめて勝負できますね。…そこまでやって欲しいけど。別に、他の角度から品川くんを支えて、そして普通に負け子でもキレイではある。
ルイ >> いや、千里眼が事実の場合ね、毎回こんな「W」なんて漠然とした余地じゃ屁のツッパリにもならないわけですよwそんなもんどう利用しても生き延びられないw
ルイ >> ま、ヤンメガって後者の作品だよねってのが最近の僕やLDさんの見解・・・で、いいっすか?w
LD >> 「エデンの檻」は……で、仙石ハーレムに入るのは何時?(`・ω・´)と思ってる。ミステリがん無視。
ルイ >> 周りの大人が死んだらハーレムいりだお。>ガン無視シリーズ
GiGi >> さて完全に出遅れ。
カルマ >> この後襲った奴が腕や足ひん曲げられて見事な「W」になるとか>エデン
LD >> ん〜…そうすると、八王子さんに懸ける期待値は、ルイさんより僕の方が高いかな?以前、「ヤンメガ」非ラブコメみたいな説を話したように、いくつか「崩れ」得る条件は揃っていると思う。
ルイ >> あーまあね。以前話した通りですけど、それは裏の話しではありますね。そういう話じゃないからこそそうできちゃえるって話ね。
LD >> まあ、CAさんがんがれ、キスシスみたくがんがれ。(`・ω・´)>「エデンの檻」
kichi >> 「GE」は一気にいい雰囲気になってて、たしかにちょっと“早過ぎる”印象はあるんですよねぇ。これだと別れる展開まで見えるような気分で……さて。
ルイ >> 『鬼若と牛若』うん、まあ、是非もない話なんてしないよね。うん。
ルイ >> 『ネギま』3人一括りカワイソス…w
kichi >> まぁ、私も「ヤンメガ」は基本的には花さん一位の序列作品だろうとは思ってるんですけど、覆ってほしい気持ちが強いのですよねぇ……。
LD >> ぶっちゃけ、足立さんは乃絵位置ありの人ですよ。…で、八王子さんが実際のキャタ構図を理解すると最後の1ピースがはまるってくらいに勝負ができる。…単純に言えば八王子さんは品川くんが全く自分に意識がない事を自覚して、まず、振り向かせる所からコツコツ始めれば吉。
ルイ >> つーか。そんな八王子さんの勝負は既に僕らの夢見る勝負じゃないって言い方はできるかもしれん。
LD >> 「ベビステ」は荒谷好きだなあ…でも、荒谷追いつけなくなるんだろうなあ…。
カルマ >> 「ネギま!」亜子はちゃんとネギと向き合ってるしゆーなは動機が補強されてるし、まき絵はまっすぐネギを見てるしで、ブレもなく大満足でした。
GiGi >> GEは良いですねえ。2回するというのがとてもよい。
ルイ >> 『我間乱』はゾーンに入ったんだな。
LD >> >僕らの夢見る勝負じゃない| あ、そうですか。しかし、そうなると僕のイメージは序列負け子になってきますね。気づかないと構図を知った時が負けた時になる。
ルイ >> 『ABOUT』「朝桐爆弾が…投下されます…」←この絶妙な気の抜け具合はいったいなんなのだろう。
kichi >> 「ブラマン」は響の役割がちょっと気になってきたのでした。……いや、別に扉絵のおっぱいに釣られたわけでは……(´・ω・`;)バックの組織が何かとか明らかになってるんでしたっけ?
ルイ >> その戦が天下分け目じゃないとしたら行けるって話ですからね>夢見る勝負
カルマ >> 「我間乱」なんかちょいちょい気の抜けたコマが入るのが気にかかります。アバウトっぽい?ような
GiGi >> あのねえ。いちおう波乱の予兆を挙げて置くと、一番大事な言葉はまだ言ってないんだよね。先行して気持ちだけ通じあってる。こうなると男ってなかなか言葉にしなくなるんだよね。上手いなあ。
LD >> 「ガマラン」は、鬼断さんの方が到達した領域は上に思えるんですが、その槍を弾く、ある種邪道のガマのポテンシャルを顕してますね。
kichi >> 「ベビステ」は、やはり今回エーちゃんが左利き対策できてないってことがあるのがですね……、荒谷は追いつけなくなるレベルまでになっちゃうことをイメージしちゃいますよね……(´・ω・`)
ルイ >> 『我間乱』のアレをABOUTと並べるのはどうかとは思うけどwあれ一つの我間の演出ですよね。戦ったばかりの事なのに金縛り君の事を忘れ去るあたり。
LD >> >その戦が天下分け目じゃない|ああ、そうか。ちょっとイメージ全う過ぎたか。微調整。
kichi >> 「A-BOUT」「朝桐爆弾が…投下されます…」は、今の読み方としてはベストと言っていいくらいの気の抜け具合でよかったですw
ルイ >> なんで敬語なんだろうとかね。なんで!つかないんだろうとかね。色々ABOUTしてます。
LD >> 「A−BOUT」はゴロまきフェーズに戻りましたね。ゴロまき⇔日常ヤンキーのローテなんでしょうね。瀬下カコイイ!(´・∀・`)
GiGi >> ブラックアウトの真相があまりにもつまらなかった件。まあもう一捻りくらいはあるんでしょうが一気にテンション落ちたなあ
ルイ >> 半端に朝桐の株を持ち直すようなエピソード入れなかったのが、逆に良かったですね。瀬下の感覚に乗っかりやすいっていうかさ。確かに色々思い出すと義理立てする必要なにも感じないんだけどwでもファミレスでたむろってて面白いヤツではあるという。
LD >> >なんで敬語なんだろうとかね|多分、一度、中国語に訳した後、もう一度日本語に戻した結果だと思うんだ。(`・ω・´)
ルイ >> サウザーめえ〜。
LD >> 義理がないから、純粋に瀬下の善性というかカコイイですよ。
ルイ >> 『むろみさん』はハートキャッチ。
LD >> 退きません!媚びません!反省しません!帝王の拳に逃走はない事だ!!
ルイ >> 『花形』はこの準決勝で天才として再誕した直後に即明子さんという節操のなさ?が好き。
GiGi >> ブラマンはだんだんスパイ子ちゃんがかわいく見えてきたお
ルイ >> 北斗有情メン飛行!!…だっけか。
カルマ >> 「ブラックアウト」どこまでのスケールがあるかと思いきや。ってとこで。
LD >> たっくんの男前度が上がっているよね。
ルイ >> えーだって第一話の時点で「変化球とわかってるなら打てるのかよ」って言うか・・・>ブラックアウト
ルイ >> 『エア・ギア』作者のアイオーン好きが止まらねぇ。
LD >> いやいや…北斗有情メン飛行をちょうど!!です。(`・ω・´)
GiGi >> まき絵よかったですねー。初代人気投票1位の面目躍如だw
LD >> アイオーンは既に無冠の帝王って感じですからねw
カルマ >> 大事なミステリ面で大コケしたのがね…>ブラックアウト
LD >> たまに観て元気を貰っている動画 http://www.nicovideo.jp/watch/sm4658518
kichi >> 「ブラックアウト」なー(´・ω・`)でもまぁ、ライパチの立ち位置って結局どうだったのか……、最後まで小物な悪者なわけではなかったとしたら一体?って辺りで興味は辛うじて……
LD >> さて、そろろそチャンピオンいきますか。
ルイ >> http://www.nicovideo.jp/watch/sm3858487 LDさんにお返し。BGMで聴いてみそ。
カルマ >> じゃあ僕はコレで。http://togetter.com/li/22703
GiGi >> ホリック良かったんだが「対価はもらったよ」のページ欄外に全員サービスには実費がかかりますとか書いてあってコケたw
kichi >> あ、「ネギま」良かったですね。3連パクテイオーは可哀想な気分もあるにはありますが、それぞれちゃんと描けてはいたので素直に良かったという気持ちの方が上回った感じ。……しかし、来週アキラのパクテイオーはあるのでしょうか?(`・ω・´)
ルイ >> いやー『みつどもえ』にあやひーが出るんですね!俺もう雑誌を買ってびっくりよ!
ルイ >> 『みつどもえ』しょうがない隊の有能さに泣いた。
LD >> あ、ところで「まじもじるるも」ってどうですか?
ルイ >> 『弱虫ペダル』はここに金城以外の先輩がいない事が、とても厄いですね。
GiGi >> わーよかったねるいさん^^

MANKEN CHAT(1.1)