漫研チャット
名前:
発言:
[正面] [取扱] [過去ログ]


■■■■2010年08月07日■■■■
LD >> ちょっと確認なんですが『ワンピース』五老星の上に、天竜人がいるんですよね。天竜人の政体の最高権力者はまだ出ていませんね?
ルイ >> いやもうなかった事にしたほうが…>残り時間 うやむやにできるのが週刊の魅力。
ルイ >> 『ワンピース』はこれまでの海よりギアを一段上げようというのだから、もう何か優れたTRPGのGMがどこまで飽きさせないネタを持ってるか、みたいな。
kichi >> ……あ、そこはどうなんでしょう?五老星が天竜人という可能性もありそうですし、ちと微妙。
LD >> いや、何だかんだ言って『ぬらりひょん』だらけた展開してないですよ。土蜘蛛退治から一気にここまで来ていますし。天邪鬼や首なしの話も許容…というか、リクオをレベルシフトさせる時間としては必要布石でしょう。
LD >> いや、天竜人はあからさまに宇宙服着ているんじゃないですかね?
ルイ >> 『ブリーチ』愛染がギンにやられちゃったーーーーーーーーーーーーーーい。  ふう。
kichi >> でまぁ、「ワンピ」はいろいろと興味深い情報が出てて面白いですねぇ……。センゴクが次期元帥に青キジを推薦ってのはやや意外な印象が。青キジって凄くてきとーな人ってイメージなんで、いかにも頭固い感じのセンゴクが選ぶイメージじゃないんですよね……。
LD >> ちなみに、仲間は再会したとき、フランキーが相当変わりそうな感じですねw
ルイ >> 青キジの中にある熱いものを感じ取っていたのでしょう。個人的にはしっくりくる。
kichi >> あとまぁ、コビーが覇気に目覚めてて、こりゃやっぱ最終段階では海軍元帥になってる可能性も充分に感じられる辺りもいい感じですw
LD >> このまま藍染隊長負けてしまうんでしょうか。はらはらです。(´-ω-`)
ルイ >> 最終回の「そして何年後」要員ですねw>コビー
カルマ >> 「ワンピース」何かしら利権ないしは生体的に天竜人しかできないことがあって貴族として存在しているのでは?前文明の遺産とか
ルイ >> 心臓がやかれちゃったら、『のび太と魔界大冒険』の魔王すら死んでしまうんよ?藍染とて無事ではいられないよ?  ふう。
GiGi >> 天竜人の威光が新世界まで及んでいるかどうかも気になるところですね
LD >> いや、他の二人が、文太に邦衛な分けで…w組織が若返りを果すならせめて優作だろうという感じじゃないかとw>元帥
カルマ >> 青キジはむしろ冷静さを持っているんじゃないかなぁと。
LD >> はっきし言って設定から考えると、威光が及ぶかどうかは別として観測して、知っている場所じゃないとおかしいですね。>天竜人
kichi >> ……ん〜、というか、「正義は価値観」というセリフにも以前のセンゴクとはちょっとイメージが違う感じもしてたりして、あの戦争でセンゴクの心境にも結構変化があったのかなぁ?みたいな印象が……。>次期元帥青キジ
GiGi >> しかしなんつーかみんながみんな内心とは裏腹だったとか死神界って寂しい社会やね
LD >> でも、先週も言いましたけど『ワンピース』ここで、ようやくやって欲しかった物語に乗っている感じです。
ルイ >> 強者の組織なんてそんなものかも>皆内心とは裏腹 だからこそワンワン隊長愛してる。
LD >> 重要な指摘の気がする。>死神界って寂しい社会
kichi >> ……でまぁ、ルフィのメッセージはなんなんですかねぇ? 話の流れ的には“しばらく各自修行して強くなってから再会しよう”みたいな方向には感じるんですが……。
GiGi >> さてバクマン休みだったわけですが、次回予告見て吹いたw
ルイ >> 初代メリー号の沈んだ場所で僕と握手!みたいな?w>メッセージ
kichi >> らっこなーw いや、楽しみですw
ルイ >> 金未来杯、なかなかジャンプの近未来を見せてくれませんね。
LD >> 『めだかボックス』は江迎ちゃんは、そんなに恐くないなと思いました。マイナス組がもう少し出てこないと…。
GiGi >> ジャンプの近未来てらっことかクロウとかPCPのことだろうか
LD >> いやぁ、クルーたちには全員伝わったみたいなんですけど、16点鐘の意味わかりませんねえ。
ルイ >> 江迎にグジュグジュにされた顔面が、そのままグジュグジュなら凄いと思う。>『めだか』
kichi >> 「めだかボックス」、私は江迎ちゃん含めいいキャラが続々出てきてる印象で、最近の展開は好きですね。先代生徒会長もとりあえず掴みはオッケーな感じ。
LD >> 今、バッファローマン(球磨川)とステカセキング(江迎)が話している状態だと思うんだ。はやくBHの登場が待たれるわけだよ。(`・ω・´)
GiGi >> 何か違うところにヒントがありそうな気もしつつわからないですね>16点鐘
kichi >> ゾロはまだ伝わってないっぽいですがw いや、密かにちゃんとは伝わってなかったけど結果オーライな感じになった、みたいなことにならないか期待してもいたりw>16点鐘の意味
ルイ >> つか、日の浅いブルックにもわかってるのが・・・
LD >> 『保健室の死神』は今週も安定でした。(`・ω・´)
GiGi >> 認識されない生徒会長というのは球磨川のアンチキャラクターになるのかな?
kichi >> ……まぁ、今回で江迎ちゃんと善吉の線が完全に切れちゃったんだとするとイマイチなんですけど、善吉にとっての脅威として置いておけば、キャラ配置的な意味で江迎ちゃんにも意味ができて面白げだとは思ったんですけどねぇ……。
ルイ >> 『保健室の死神』は凄い安心度ですね。『みつどもえ』のネーム進歩っぷりが凄いという話しをたまにするけど、保健室はこう、最初から高値だし、しかも学習していっている。
LD >> 『べるぜバブ』の赤ちゃんプレイは、なんだかよく分からなかったけど、1話で棲んだからまあよし。(`・ω・´)
ルイ >> 安田くんのポジティブシンキングキャラは見習うべき点が多いなぁ。
ルイ >> 『バブ』はもう、とにかく生徒会長の格に期待。最近上滑りな印象です。
カルマ >> 「保健室」良いですねぇ。ほんと安定してる
LD >> 『逢魔ヶ刻動物園』、あんまり派手な事起きないなあ…。まあ、これぐらいのトーンは嫌いじゃないですけど。
GiGi >> 少年疾駆は試合なんかやってる場合じゃないと思いつつもう手遅れかな。
kichi >> 読切は……、前半はそこそこ楽しく読んでたような気がするんですが、後半イマイチだったような印象が……。なんだろうな? 前半はなにか不安定な感じだったのを楽しんでたような……?
kichi >> 「保健室」は超安定ですねぇ。安田が案外重要……というか、いい使われ方するキャラになってるよなぁw
LD >> 『サイレン』はけっこうまとめに入っているのでしょうか。
ルイ >> 明らかに巻き指示のもとですがな>少年疾駆
LD >> いや、試合はやっててもいいんだろうけどwでも、色々手を打たないとね。>『少年疾駆』
ルイ >> 『逢魔ヶ刻動物園』面白いけれどつまらないですね。いや、ジャンプである以上これではもたないと皮膚感覚でわかるのか。
ルイ >> ネウロからフックを奪ったらこうなるってところでしょうねえ。絵は上手いんだけど。
LD >> 『逢魔ヶ刻動物園』面白いけれどつまらないですね。←この言い回しが分かる。なんか、そうなんだよ。
LD >> サンデー行きましょうか。
kichi >> 「逢魔ヶ刻動物園」、……う〜ん、ヒロインが園長他に困らせられて、でもへこたれず頑張って、って構造自体はいいと思うんですけどねぇ……、なんかイマイチなんですよね。う〜ん……(´・ω・`)
カルマ >> 「逢魔ヶ刻動物園」これっていう楽しみどころがないかなぁ。キャラはけっこうイキイキしてるんだけど。
kichi >> 「少年疾駆」は巻き入った印象ですねぇ……(´・ω・`)
ルイ >> ああ、読み切りはそういえば西尾維新のウロボロスなんたらもこういう話しだったかなとw
カルマ >> 「少年疾駆」はまぁ、もう…アカン感じですな…
LD >> 『神のみぞ知るセカイ』、ここでヒロイン一本入れてくる展開のそつがありません。
ルイ >> 『神のみぞ知るセカイ』卒がないというのかな?こう、二周目に若干の閉塞感が出たタイミングでもあるので、それを受けてなのかもしれませんね。
kichi >> 「神知る」手堅いですねぇw あと、ママンのリアクションが素晴らしく良かったですねw
カルマ >> 読み切りはウロボロスのパクリ言われてますけど、たぶん担当が同じ筋を書かせたとかそんなんじゃないかと…パクって気づかないわけないですし。
カルマ >> 「神知る」お母様が可愛すぎてなんも見えねぇ。
ルイ >> なに、表だってそんな事言われてるのw>パクリ パクリったってそんな独自性の強いプロットでもあるまいに。
LD >> 『ケンイチ』は、岬越寺師匠のスパイ能力の高さにわろた。まあ、梁山泊の中で一番社会貢献能力がある人だと思う。
LD >> じゃあ、お母さんが女神でいこう。(`・ω・´)>『神のみぞ知るセカイ』
kichi >> Σ(`・ω・´;)>お母さんが女神
ルイ >> 『マギ』、お姫さんはアリババに惚れちゃうと思うんだ、常識的に考えて。火の柱を立てる男はそれだけでなんかもう、神話の王的なかっこよさが。
kichi >> 「最上の明医」、さりげなく難しい問題も絡めてたりで巧いような……、リアリティ的な意味での描写は軽いからあまり巧くもないような……、えもいわれぬ微妙感が……(´・ω・`)
ルイ >> 『キングゴルフ』が、ドラコンのせいとはいえスポーツにつきもののバイオリズムの好不調に触れていて面白いですね。悪い自分にアジャストするのかな?
LD >> 『キングゴルフ』は戸川臨がかなり格付けが終わったキャラとして動作していますな。
ルイ >> いやー、戸川くんいいですね。効いてる。元中ボス現ザコとしてw
LD >> 『最上の明医』は、はやく『南国アイスホッケー部』みたいな連載になればいいと思うんだ…。(´・ω・`)
ルイ >> 『ハヤテのごとく』アテネ編とはなんだったのか。
LD >> ああ、その展開いいですねえ…。>お姫さんはアリババに惚れちゃうと思うんだ|よし、わかった。ここはモルジアナと三角でいこう。(`・ω・´)
ルイ >> ・・ってくらい最近ずっと面白いよね。ははっストーリーすすめる才のない作家たまにいるワロス。
ルイ >> モルさん、アラジンとの距離感が効いていますよね。おかげでアラジンの「与えるもの」というかな・・・今は同じセカイにいるけれど、という脆さに繋がってる。アリババとは当然親友なのだけれど、それ以上の線がどうしても伸びきらない。
kichi >> 「マギ」、お姫さんも思ったより弱い立場の人だったようで……、まぁ、なんか、この辺も作家性が出てるような感じもしたりとか。
LD >> 『ハヤテのごとく』アテネ編とはなんだったのか。→それは、あなたの少年の日の心の中にいた青春の幻影。(`・ω・´)
ルイ >> あんな幻影飼ってた覚えはないなあw>アテネ編 しかもアニメが終わったからか、無理なヒナギクプッシュなどもなくてバランスよいのです。
ルイ >> 姫もまた国の奴隷、って誰がうまいこと言えと>kichiさん
LD >> あ、あそういえば、やにわにヒナギク弱くなった?w
kichi >> 今週のはヒナギクプッシュなわけではなかったのか……ってまぁ、無理なってわけではないですかね。でも前半の虎輸送の話を楽しく読んでたところヒナギクが出てきたことで水を差されたような感覚が個人的にはちょっとあったりはしましたw
ルイ >> そうですね。なんか、でしゃばりそうな所で引いてくれますね、最近のヒナギク。
LD >> 『絶チル』は予言回避にけっこう時間かけているのですが…どうなんでしょうね。まあ、未来の形はそれなりに変わるけど結果の部分に大きな変更は薄いという情報を積むのも必要かなとは思うけど。
kichi >> ……ああ、それは確かに。>姫もまた国の奴隷
ルイ >> 立場が人を規定するものではない、という感覚は、通底しているものかもしれませんね。
ルイ >> いや、つけたすなら「本来規定するものではないはずなのに、規定してしまうこの世界」か。
LD >> 『はじめてのあく』はやけに強そうな戦闘員が出てきました。ゲームバランス悪くなるような気がしないでもないがw
kichi >> 「絶チル」は……なんか、ちょっと方向性がよく分からなくなってきてるというか、フェザーの重要度ってどのくらいなんだろ?とか、いろいろ戸惑いつつ読んでる今日この頃。ちなみに今週チルドレン3人は未来の話聞いちゃったんでしょうか?(´・ω・`;)
ルイ >> うん。ぶっちゃけフェザー邪魔。←ぶっちゃけた!
GiGi >> ずっと面白くなかった漫画が少し面白くなると凄く面白くなったように感じるメソッド>アテネ編
ルイ >> いやまあ椎名先生の王道の組み方だとは思うのですよ。元構造にエピソードヒロインだして、元にまで揺るがしてくるというのはね。ただ未来情報とエピソード情報のバランス、長さがちょっとねぇ・・・フェザーくどいなぁと。
LD >> まあ、想像なんですけど椎名先生的に、未来が分かっていてそれを変えようと努力して、それでも変わらない未来というビジョンが信用できなくなっていて、未来は変わるけど変わらないみたいなひっかきまわしにフェザーを出しているのではないかと。
ルイ >> まあ、それこそGSなんかと比べて「3人」いるからかもしれないんだけど、チルドレン界隈にしぼっても感情消化されてる気がしないのですよ。薫ばっか引き立ててね。だからもっとその辺がっつりやってからやってくれと思ってしまうのかな。
kichi >> 「はじめてのあく」……ゲームバランス崩すほどの強さは感じなかったですがw、ただまぁ、吸血娘とか出てきての楽しい展開を期待してたらちょっと重め(いや、重くはないけどw)の話でしょんぼりみたいな気分はありますね……(´・ω・`)
kichi >> ……う〜ん、現状ではなんとも言えないですね……。今週の描写でフェザー=未来の薫の意識がタイムリープしたもの、って可能性もやっぱありそうに思ったりしましたし……(´・ω・`)
井汲 >> 未来の話は、以前聞いてますよ。チルドレン。(「薫が撃たれる」という急所はまだ伏せてますが)
LD >> >薫ばっか引き立ててね。|超・序列構造だよね!!(`・ω・´)-3
LD >> >未来の薫の意識がタイムリープしたもの|あ、いい『読み』です。
kichi >> あ、そういえばそうだったかもですね(汗)>未来の話は、以前聞いてますよ
ルイ >> …それ以外に何があるんだい・・・?>いい読み
LD >> 彼は特殊能力はないけど無駄に強いと観ましたw いや、『こわしや我聞』にそんなキャラがいたもんでw>『はじめてのあく』
LD >> 想像して無かったです(汗)>タイムリープ
ルイ >> ちょっとお花摘みに。
GiGi >> 絶チル今週読んで、フェザーがキャリーだったらどうしようという妄想がちらりと。
LD >> 『オニデレ』はよく分からないが楽しいな!(`・ω・´)
カルマ >> そういえばあの戦闘員は宿命として、本番では良い所を幹部に譲るようにしてるんだろうか。そら自分より幹部が弱かったら許さないだろうなー>はじめてのあく
LD >> 『電脳遊戯クラブ』、でっかいトンボは好きです。
kichi >> ……ん〜、まぁ、同意w>「オニデレ」よく分からないが楽しい
GiGi >> オニデレは何だかんだで正がまわりに助けられてるのが良い。
LD >> 多分、幹部や怪人と違って、特殊能力をもっていないんですよ。身体一つの戦闘力が総てで、ヒーローを格闘で圧倒しても特殊能力で負けてしまうみたいな。(←なんでか妄想深くなっている)
GiGi >> 電脳遊戯倶楽部はエロくないエロネタは封印したほうが良いよね
kichi >> 「怪体真書」、ああ、ヒロインの重要度が思ったよりも大きかったようで、ちょっといい感じかも。……ただ、このヒロインに感じるもう一歩感ってなんなんでしょうかねぇ……?(´・ω・`)
LD >> さて、そろそろマガジンに行きましょうか。
ルイ >> マガジンー!!!
LD >> 『君のいる町』で、いきなり風間が手術に失敗して死んでるわけですが…(´・ω・`;)
ルイ >> 『君のいる町』なー。
GiGi >> ポルナレフAA持ってこいw
カルマ >> 「君町」この一話だけならミスリードが効いてて良くできてるのがホント意味が分からん(笑)
LD >> ふー、びっくりした。でも多数のサイレントマジョリティを考慮にいれて決定させてもらいます。風間は死んでない。あたりまえの話だよね。
LD >> >『君のいる町』
ルイ >> 難しいですね。キャラが死ぬと当然「殺す為のキャラだった」とは言えてしまうのだけれど、どっちに転ぶかというヒキでもなく、微妙なフェイント導入から手術の過程すらすっとばして殺してしまったので、本当に流れで死んだなあ、的な哀れさが。
kichi >> 「君町」…………(´・ω・`;)ま、もう死んじゃったのはしょうがないんだから前向かなきゃみたいな方に持ってくしかないわけでしょうから、わかりやすくなったといえばなったのかもですが……が……orz
ルイ >> やっぱり輝先生とコラボして、最初の死人になっておけばよかった
LD >> (ウケてる)これでパッツン子とか、空撃ちキャラになるの?w
カルマ >> ほんと読んだ時、死ぬ方向で上手く描いていった並行世界に迷い込んだかと思った。
ルイ >> パッツン子空撃ちですよねえ。「生きてるうちにやらなきゃ!」的な背中押しキャラにはなれるか?
kichi >> ……思いっきり手術勧めてたパッツン子の心情を思うとなかなかキツイものはありますな……(´;ω;`)しかも実際のとこ風間が手術やることにした意思決定にはほとんど関わってないんですからもう……
ルイ >> 瀬尾先生って序列タイプだと思うのだけれど、それにしたってキャラの可能性とかガン無視するよねw
GiGi >> しかし巻頭カラーで人気投票告知してこの展開をする瀬尾先生の自虐?思考にはついていけんなー。いやはや。
LD >> ああ、そうか。相対的に手術に積極的でなかった柚希の判断が正しい事に……って、どっちにしろ死ぬわ。
LD >> 100回記念!巻頭カラー!キャラクター人気投票やっちゃうよー!……で、内容はお葬式かよ。(´・ω・`)
ルイ >> 死んだ奴の存在感は大きいからなかなか勝てない・・・まあ、惣一郎さん的な?無理じゃね?
kichi >> ……しかし持ってく方向は分かりきってるとはいえ、いまいち綺麗に行くイメージは持てないなぁ……。とりあえずはもう会わないと決めて、5年後くらい偶然再会、さらに5年くらいかけてじっくりわだかまりを溶かしていった上でゴールインくらいの長期展開するならなんとか……って感じ?
ルイ >> 10年は凄いなw
ルイ >> まあ風間が死んだので、全ての意思決定に「明日はないかもしれない」的な切迫感は乗せられるので、そこは綺麗に・・・かはしらないけれど、短期間でいける気はするな。寝かせているうちに死んじゃう、という恐怖を皆が持ってるわけですからね。
LD >> いや、惣一郎さんというかブレーキにはなるでしょうね。これでもブレーキもかからなかったら、なんで死んだ?みたいな話になってくる。
kichi >> ああ、なるほど。>「明日はないかもしれない」的な切迫感
ルイ >> それにしても風間哀れすなぁ。瀬尾先生、せめてパッツンはちゃんと使ってね。
ルイ >> ほんと無意味なヒロイン多すぎる人だけど、死人用に惚れたキャラは使ってね?w
LD >> いや、これ、本当に柚希が風間を好きなんだなあ…と思わせてくれて、彼が逝ったら、どうすればいいんだ?という焦燥感というかキレイな構図が見えるんですけどね。
カルマ >> パッツン可愛いから一瞬でいいから幸せになるといいんでない。結局青大は柚希に行くけど。
LD >> その構図ができあがってないから。あちゃぁぁ……………………みたいな微妙な空気が漂ってしまうw
LD >> わかった。柚希も青春の幻影だ。これでいこう。(`・ω・´)
ルイ >> なんだろねえ。風間の位置が「いい人」から全く動かないので、ゆらぎがないんですよね。柚希も春人も「風間はいいやつじゃった」でコンセンサス取れるわけで、確かに死者に勝てない許可取れないというドラマはあるけれど、それだけなのですね。まあ、瀬尾先生にまともに物語組めるわけないじゃない!(カラッ
LD >> 『エデンの檻』、表紙、どした?w
ルイ >> 『エデンの檻』えらくまっしろしろすけな扉ですね。
GiGi >> パッツン子最大限キャラ生かしても後追い自殺(未遂含む)くらいしか思い付かないでござるよ
ルイ >> しかし、岩場に打ち付けて殴るザジは根本的にダメだと思うんだ。あれきっかけで真理谷死んでもおかしくないな。
ルイ >> 柚希をひっぱたいて涙ながらに説得する絵があるだろうが!!>パッツン 「あんた、好きな人が生きてるのに何やってるのよ!!」
kichi >> 「エデンの檻」表紙こんなのは割とよくあることという印象でしたが、言われてみればここまで露骨なのはなかったんですっけ?w
LD >> ん……まあ、よくよく考えると、パッツン子が柚希を「お前、別に風間好きじゃねえだろ!」って喝破すれば、それなりに早く動くかな?
ルイ >> それもありえる。或いは彼女が何か言うのではなく、その有様を観て柚希が「私の思いは違う」と感じるか。なんにせよ、普通に考えればパッツンがトリガーだと思うのだが。
カルマ >> 格闘子がいるってことは彼女もハーレムに入ってるのか>「エデン」
GiGi >> えー。それでいいならいいけど、それってあてう(ry
ルイ >> 前も言ったけど、ここのハーレムは変則なのさ。お色気要員沢山という意味ではハーレムだけど、感情線は純正のハーレムの引き方ではない。
LD >> それから真理谷くんがボコボコになぐられちゃった…。
ルイ >> 上を観るからいかんのよ!>当て馬 料理屋の姉ちゃんを思い出しなさい!瀬尾ヒロイン、あそこまであるから!メガネちゃんとか!
ルイ >> しかし、予知を観て誰にも告げない予知キャラとか価値ないなぁ。
カルマ >> どう扱っても柚希のトリガーにしかならん気がしますね。どうせなら青大に流れて嫉妬心でも呼び起こさせる方がまだ一時的に幸せな気がします。>パッツン
LD >> 当て馬っていうか死に馬っていうか。
GiGi >> まあ困った漫画の話はそれくらいにして、ベビステが素晴らしかったわけですが。
ルイ >> ベビステはtwitterでも呟きましたが、ナッちゃんにちゃんと注目して欲しい。
LD >> いや、感情線も含めてハーレム構造はあるけど、感情の方の精度は高まってないですね。お色気要員としての意味の方が強い。ちなみに格闘子はハーレム要員ではなかったかな?
LD >> いや〜荒谷に二度勝てなかったかあ。荒谷好きなんですけど、意外にキャラ格も高かったのね。
カルマ >> 「ベビステ」素晴らしかったですね。客観的にエーちゃんの姿を見せる…それも、時として写真より雄弁に語る絵を使って。
ルイ >> ナッちゃんについて語らないとグレちゃうぞ。
kichi >> ベビステ素晴らしかったですね。ナッちゃんに注目も同感。負けた直後のちょっと厳しい表情に、エーちゃんが泣いた際の微笑気味な表情、どちらも味わい深いです。
LD >> 『A−BOUT』の楽しさが止まらない。(`・ω・´)
GiGi >> 終わってみればこれしかないという展開なんですよね。試合でお互いが死力を尽くせば最後は地力がものを言う。そして現時点では荒谷が上だったという。
LD >> 『ヤンメガ』は、青森くんを強くしたいのか弱くしたいのか?って迷ったんだけど、つまり品川くんのトリガーになれば良しってことかな。
ルイ >> さすがkichiさんよ!ナッちゃんは今回は勝ったわけだけど、常勝キャラという描かれ方はしていない。だから当事者として、エーちゃんの「勝者のメンタリティ」、勝ちの途中という姿勢を一人で厳しくチェックしていたのですよね。その意味では、コーチより誰より厳しく。セリフがないのにナッちゃんの存在感がすごかった。
GiGi >> エーちゃんはラッキーでは勝ちを拾わないというのは最終局面でその実力を確かなものとして描くために必要な手続きなんですね
ルイ >> あれは大きく見れば、自分の隣を歩き続けてくれる人、の最終チェックだったのかもしれないなぁ。
ルイ >> 以前ラッキーに見えてもラッキーじゃない、という描き方は既にしていたので、ラッキー云々はちょっと違うっつか今更感があるとは思う(つまりこの試合もし勝ったなら、それはラッキーではない)けど、とりあえず荒谷を現状の力関係のままNPCにしなかったら順当に負けた、という事ですね。
GiGi >> なっちゃんの笑顔はプレイヤーとしてのエーちゃんに対する共感ですよね。その悔しさがあるから強くなれるということも含めて。
LD >> 『ゼロセン』が最終回でした。…なにやら肖像権侵害とか何かとかで終了との噂もありますが…。
ルイ >> そうですね。当然ナッちゃんはエーちゃんを異性としても意識しているんだけど、優先順位としてはプレイヤーとしてが先に立つ。それを備えているからこそ惚れるという意味では、ベビステときメモ論者としては(懐かしいな!)w
ルイ >> 肖像権?ぶもぶも?
LD >> 完全なる世界はリア充には効きづらい……と。φ(..)
GiGi >> フェアリーテイルもよかったね。いろいろベタだけどw、それが良い。絵も良い。
LD >> つ 漫画ゼロセンで肖像権侵害 「悪羅悪羅系」めぐり判決http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/100728/trl1007281920015-n1.htm
kichi >> ああ、チェック……。まぁ、そうですね。そこまで意識的な感じではなく、でも厳しい視点で見守ってる、くらいなイメージでしたし、まぁ、ナッちゃんはそこまで明確に意識して視るタイプではない気がしますけど、その無意識を解説すればそんな感じではあるんでしょうねぇ……。
GiGi >> ちうがこのポジションなのがすごく嬉しいわけだけど、何気にまき絵のキャラ格が上がった回でもあるw
kichi >> そしてちうさんはリア充……か。……ま、ネット住人って言ってもネットアイドルとして成功してますからねぇw
カルマ >> んー、ナッちゃんの厳しい表情は選手としての感情移入、笑顔は先輩プレイヤーとしての悔しさへの共感というか、そういうものを感じます。
ルイ >> ナッちゃんは言葉にはしないだろうけど、行動は理屈型に近いというのが僕の見立てですね。感覚で理に繋がってる感じ。いわゆる感覚派とは違う。
LD >> キャラ格が上がるというか……この角度ではともかくこの子が出てくると言う事ですね。
ルイ >> ナッちゃんが2つの表情の間で、話しかけていないのがいいのですよ。それによって最初の表情を引っ張って、そこで笑顔で解き放たれる道筋がすっと通る。
GiGi >> んーkichiさんそこは違うw。ちうは今まさにこの非日常な日常を満喫しているということですこれは。そしてまき絵もw
ルイ >> 『ネギま!』はとにかくフェイトが可哀想で他のコメントは特になしw
ルイ >> 違う事もないと思うな。それもあり、どっちもありだと思う。ちうみたいに対象化して自虐しちゃえる人は、その時点で消化できちゃってるんですよね。だから、見破られた後は元来リア充寄りだと思う。同人ではものっそ飢えさせられてるけどw
LD >> リア充って言葉を使っているけど、客観的な意味でのリア充とはちがって、今問われるのは心に隙間があるか?この現実にどのくらい満足しているか?という話ですよね。現実を改変と言うに足るブレが存在すれば完全なる世界は侵入してくるのでしょう。
LD >> 日常的満足を既に満喫している彼女たちは、非日常まで味わえたらもう満腹で、リアル満足飽和状態なんでしょうねw
ルイ >> うん。違うこともない、のもう一つの理由として、今を満喫なんていうバカンスレベルの判定ではなかろう、というのがある。魂に刻み込まれた欲求や現状認識のチェックが働くはずなので、それは当然麻帆良での日々も対象なのよね。
カルマ >> まき絵は葛藤がないタイプのリア充ですよねー。千雨はIFを望まないタイプなのかな。
kichi >> ふ〜む、まぁ、両方ありではあるんでしょうね。でも確かに現状への満足度という点を重視すべきというのは納得です。
LD >> 少なくともちうと、まき絵は「この冒険が終わったら、明日からはまた退屈な日常かあ…」って思っているわけではないと。
ルイ >> 『花形』が良かったんだー。
ルイ >> もしくは、思っていてもそれを選ぶのが現実だと…ああ、それこそきみまる同人誌を経てるんじゃないの、ちうw
ルイ >> 両方ありで、どっちかというと現状よりそれ以前だと思ってますね、僕はw>kichiさん
LD >> 『だぶるじぇい』の部長のマンガって大分進化してるんじゃない?これで連載レベルまで行ったらなんかいいかも。
LD >> それ思ったけど、この場であんま伝わらないかと出さなかったw>きみまる同人誌
ルイ >> 梶原先生がどこまで考えていたかはわからないのだけれど、構造としては綺麗にここだったんだな、という確認ができて良かったです。やはり星飛雄馬が凄い投手だと、この作品は見通しやすい。ほんとこの後の「珠が軽い」とかいうアホ設定wどうすんだ?
カルマ >> ううん、コスプレもネギのおかげで外で披露できるようになってきたし、特に今はネギを見守る存在と自負してるだろうし、千雨は連載の中で目に見える形でリア充化してるかも。まき絵は真性w
ルイ >> きみまる同人誌、即ちマブラヴオルタ、即ち今ある現実への祝福って事なんですが(説明)まあちうはそんなオルタナティブなIFを過ごさずとも、物語を浴びてきたオタク特有の対象化視点でもってそのあたりは獲得しているのでしょう。やはり彼女は、ネットアイドルどまりのその自分をすら認められる強さがあると思う。そこにワンクッション入れて「読もう」とするときみまる同人誌になる。
kichi >> まぁ、私もやはりどっちかというとそれ以前よりとは思うわけですがw、どっちかというとその“対象化しちゃえる”という性質の表れとして、現状への満足度ってのが目安になるのかなぁ?とか。
ルイ >> まき絵とかいいんちょは、まあ、真性なんだろうw
GiGi >> ifを望まないって表現はしっくり来ますね。ここまで積み上げて来たものへの確かな信頼がちうにはある。でもそれはやっぱりネギ先生との出会いによって花開いたものだとは思うなー
ルイ >> それはそう思いますよ。僕の表現だと「見破られてから」ってとこですね>ネギ先生との出会いによって
LD >> そろそろチャンピオン行きましょうか。
ルイ >> いやいや『ブラディ・マンディ』が、王道のフラグ外しをしていて良かったです。
LD >> ちうについては、それはそうなんでしょうね。>ネギ先生との出会い
GiGi >> きみまる同人誌は読んでないけど、私はちうは元来魂の孤独を抱えた人間だと思う派
カルマ >> んんん、千雨は学園祭以前だとコスプレ関係で怪しい。非日常にもラカンの修行あたりまでは揺らぎがありそう。すごく段階踏んでる気がします。
LD >> あ、あんまり気を回してなかったんですけど。というと?>王道のフラグ外し
ルイ >> これは確認取りたいくらいなんだけど、響が喜んだ時、後ろから敵が銃弾ぶち込むくらいの事をすると思って読みませんでした?不吉の匂わせがよく効いていたと思うのだけれど、自分だけだと判断できない。
カルマ >> いいんちょは弟の死があるから…それもネギの存在によって超えられたのかな。そうだといいな。
ルイ >> 段階は踏んでるでしょうねえ。ベクトル指定みたいな話しかな。
LD >> 袋とじ開いてなかったけど、表紙とオチのコマで大体話分かった。(´・ω・`)
ルイ >> 僕の中で「やったよ!」のフラグ感覚は「終わったら結婚するんだ」クラスの重みを持っているのだけれど。それは何故なのかな。カツが死ぬ前にちょっと喜んだりしたからなのかなw
kichi >> う〜ん、不吉な雰囲気はよく出てたと思いますけど、ここで死んじゃうという可能性は考えてなかったですかねぇ。>ブラマン響
LD >> >後ろから敵が銃弾ぶち込む|ああ、成程。いや、僕は響ちゃんはファルコン裏切るまでは死ねないと思っていたから気を回せなかったなあ…(汗)
GiGi >> ネギくんの策は、超の作戦のやり直しくらいしか思い付かないけど、どうなるかなー
ルイ >> うむ。その感覚の強さが強いほど今週おもすれーって思うのかもしんないですね。僕、そもそも長浜ゲストヒロイン的なものを観ていたので、退場普通にあると思ってたw
LD >> んんん…ちょっとフラグの難しさを垣間見たような気がします。
kichi >> あと「GE」は結局寸止めかぁ……(´・ω・`)というか、もうちょい先輩にしっかりケリ付けてから大沼さんの展開に入ってほしかったような……。
GiGi >> すごくミハルメソッドですw>やったよ!
ルイ >> だよねえ!w>ミハルメソッド 誰かからその言質をとりたかったw
ルイ >> 『GE』は、状況に流されるのは仕方ない、という姿勢を打ち出したので、それがこの作品の「ライン」になるという意味では面白かったです。
LD >> いや、超の計画は「魔法世界の崩壊」を前提としたもので。ネギくんはその前提を崩せるって言っているように見えます。
GiGi >> この御堂筋は読めないねえ
ルイ >> そうですね。その崩壊までの時間に「なんとかなるさ!」だとグレンラガンの縮小版になっちゃうけどwネギくんはもうみえてるんでしょう。で、まあ、見える奴は見えるもんだから、僕はフェイトが気の毒で仕方ないwこの辺漫研界隈でもっとも英雄に思い入れのない僕のポジショニングかな。
カルマ >> 「GE」はなんかこういうの百万回見てるので残念な感じがしますね…
ルイ >> まあ、展開自体は百万回観たかもだけど、すぐ許されるのは数百回じゃね?w特にシリアスストーリーものでは、こういう行動はやっぱ瑕疵判定されやすいと思います。そこをスっとかわしたのがオサレ。
LD >> 『範馬刃牙』これで最終決戦始まるなら、なかなか面白そうな感じだったんですけど…。烈先生の戦いがまだ残ってるなあ…。
ルイ >> 袋とじは・・・花山さんは文化の日は読書をするのかなと。
カルマ >> フェイトはもんのすごい頭に来てると思いますよ。「僕らが何年…!!」ってw
ルイ >> 『範馬刃牙』はすごく良かったと思う。
ルイ >> 天才やヒーローってのは歩む尺度が違うから、仕方ないっちゃ仕方ないんでしょうけどねえw>僕らが何年・・・!の突破
LD >> 御堂筋ってやっぱり扱いが難しいと思うんですよ。ストレートに御堂筋というキャラを表現しようと思ったら箱学もバカにしきる必要があるんですけど、それをして箱学の格を落とすのはNGって事なんでしょうから。
ルイ >> 以前食卓トークをストライダムとしてた回で力説した通りの展開ではあるんですけど、バキの汗がいいんですよね。
ルイ >> 格を並べたかったらビビらない刃牙を描くべきなんだけど、まあ、父に対してビビらない息子があるか、くらいの普遍のノリで格差をそのまま飲み込んでしまっているから、オーガに汗をかきつつ勝つ刃牙、の目が昔よりはずっと見える気がする。
ルイ >> 『弱虫ペダル』つぶやいたけど、まあ、基本は次回御堂筋が超キモがって叩き潰すとは思うんですけどね。しかし王者のエースなわけだから、チギりすぎるとバランスブレイカーになってしまう。加減が難しいです。
LD >> 『ケルベロス』にある、この昔からある処刑方法ってよく考えたな〜って思う。すんげえ残酷な処刑方法だよ。
LD >> ここまでいくと決着は「親父……歳食ったな…」とかそんな感じかもしれず。>『範馬刃牙』
ルイ >> まあそんな事より『弱虫ペダル』は一番候補だと思うのですよね。ここの海千山千の漫画読みに「難しい」「読めない」と言わしめているのは、要は先週今週だけで新開の格描写に成功しているからだし、そしてそれは、これまでの数カ月のハコガクレギュラーの描写を誰一人しくじらなかった証拠、その結果としての印象でもあるんですよね。
kichi >> 「弱虫ペダル」、難しいとこですねぇ……。個人的にはこのまま箱学に行ってほしい気分が強いかな? 御堂筋はオールマイティなとこがある分、さすがにスプリンターのてっぺん勝負まで獲るのは……という気分が。
ルイ >> 『みつどもえ』が最近本当に凄いのだけれど、画力も上がって細かく描くようになっているのに、ネームの練りを往時の三倍くらい要求するようになって、桜井のりおセンセは大丈夫なのだろうか。
ルイ >> そうですね、スペシャリスト礼賛というのも作品が築いた価値観でもある。この辺、あらゆる角度から様々な力学が働いて、「読めなく」しているんですよね。物凄い高次の読めなさだと思う。
kichi >> 「みつどもえ」面白かったですね。松岡さん普通に居付いてるなぁw んでもって霊が絡まなければ案外普通に可愛いのだなw
LD >> そうですね…。というか、渡辺先生としては最終的には箱学との決着を焦点に組みたいという感じで、御堂筋はどこかのポイントで去ってもらう感じだとは思うんですけどね。
カルマ >> いや、「ペダル」わかんないですね…どういう落としどころが良いんだろう。負けるにしても格は守らないと行けないはずで。
ルイ >> 松岡さんとみつばという新しい組み合わせで始めつつ、松岡ひとはの誤解鉄板の逆転バージョンに落としているんですよね。これはなんかもう凄い。
ルイ >> どれくらい凄いかと言うと、タイガードライバーで決まらないところにタイガードライバー91を決めるくらい凄い←?
ルイ >> 基本的にはLDさんと近いのかな>弱虫ペダル ただ、僕はそれを山岳が行うと思っているので、スプリンター悪いけど・・・っていう意識がありますね。
LD >> おお『バチバチ』負けるの一瞬だあ…。って、いい回でしたね。これまで散々粘って粘った熱戦があった分けですけど負ける時は一瞬の気持よさがある。
ルイ >> でもカルマさんやkichiさんの言う通り、僕も言ったけど、全国覇者のスプリントエースをちぎっちゃったらねぇ・・・という気持ちもあるんですよね。抜群の揺れ具合でさっぱりわからんw
LD >> いやぁ、ぶっちゃけ『ツール』みたいに。御堂筋を思いっきし卑怯なキャラにしてしまえば話は分かりやすいんですけどね。それはしない感じに観えますね。
ルイ >> 『バチバチ』すごく良かったですね。
kichi >> 「バチバチ」良かったですねぇ。
LD >> 『キガタガキタ』今回のポルターガイスト、女ですか。
ルイ >> 相撲という競技の特性上、まさに今回みたいな「シミュレーションが」「ハマる」勝利もあるはずで。それって『キングゴルフ』の時に言った事と同じなんだけど、常時HP1000が900に勝つカードゲームじゃないんだよね。そこがみたい。だから見せてくれて嬉しい。
カルマ >> いや、負けるにしてもというのは御堂筋も含めて…何か不気味さを残さないといけない気がしているw>ペダル
ルイ >> 『キガタガキタ』には一本取られましたね・・・この発想はなかったわwやられてみるとコレしかない気がするのにw
ルイ >> まあ、最初に御堂筋が負けて、もうなりふり構わずザク連合や言葉責をはじめとした卑怯に走るのも面白いけど。
カルマ >> 単行本なので連載追ってないんですが、今週の「バチバチ」は思わず読んでしまいましたね。いや面白かった。
kichi >> あ、そういえば「ツール」の話題出し忘れてましたね。不文律としてというよりは、ロードレースならではの長期戦略の意味を感じられる描写で良かったです。
LD >> 『任侠姫レイラ』もいいです。「その方がカッコいいから!」、「そうした方が燃えるから!」という理由で互いが過酷な展開を選んでゆく展開が非常に良いです。
ルイ >> 新開先輩、焦ってカロリースティックを口から落としちゃうと思うんだよなあw
ルイ >> 『冥王神話』パンドラ様なに忠告叫んでるんだよデレ放題だなw
kichi >> 「キガタキタ」も良かったですね。ケレンというかインパクト強い展開ですし、面白いです。
ルイ >> 『レイラ』は何度か言ってるのだけれど、僕はいいと思うけど読者をついてこさせる活動に乏しい気はする。誰か説明役と聴き手いるって。
GiGi >> バチバチは相撲は力押しだけじゃないぞって感じでよかったんじゃないでしょうか。
ルイ >> 『ムショ高排球軍』もすごくいいですね。短期の頃から、この構造を底に置いているからただのシュールギャグとは一線を画していたのだけれど。
LD >> 『ハンザスカイ』ですが、けっこう重要な回。この昔の藤木さんを救ったのって主将じゃない?で、もしかして藤木さんはその人の事が好きなのかな?
kichi >> 「レイラ」も良いですねぇ。思った以上に余裕ない感じになってますが、そんな中でも魅せる展開を選ぶのが、ほんと熱いです。
ルイ >> 『ハンザスカイ』も良かったですね・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ねえ。今更だけどさ、俺チャンピオンで異様に嬉々としてるんだけど、これチャンピオン紳士だから?単にチャンピオンがいいの?どっちも?
LD >> >解説役|ああ…やっているとは思うのですけど。まだ不十分という話はわかります。ちょっと微妙ですね。
GiGi >> パンドラ様デレデレですねwこれでお母ちゃんが全部仕込みでしたとか言い始めたらどうなっちゃうんだろうw
LD >> チャンピオン紳士に追い風が吹いてんじゃね?(`・ω・´)
ルイ >> 『ハンザスカイ』、藤木さんを「憧れた結果」においた所が良いですね。なんというか、佐渡川先生だから「無敵看板娘」の印象があって、ナチュラルボーン強者のイメージもあったわけじゃないですか。そこで「空手道に憧れたもの同士、単に先にいるだけ」の位置においたのは良かった。
ルイ >> >解説 んー、当人つうかね。疑問感じる程度の人に、なんかが欲しいwまあ、それが回りくどい野暮ったいというのはその通りだと思いますけどね。野暮ったいのに残ってきたのはメリットが確立されてるからだからw
LD >> 母さん、仕込みに見えますね。問題は夫婦で仕込みなのか否か。>『冥王神話』
ルイ >> 藤木を救ったのは主将の可能性高いというか、演出だけみれば普通に主将でござる。
ルイ >> ヨウマ仕込みなら凄いなw
ルイ >> だって、当時の写し鏡として半座を主将が助けてるんだもの・・・ひょっとしたら、主将が憧れる前主将とかね、そういうもうひと構図って可能性もありますが。
GiGi >> 一番はネギまかベビステで。マガジン充実回でした。
kichi >> 「エンジェルボイス」も良かったですね。ちょっと解説長くならざるをえなかったとはいえ、もう一人いて、その活かし方を考えてってのは凄く納得いきました。……しかしどういう意味で特別な歌になるのか……(((´;ω;`)))
ルイ >> 『ANGEL VOICE』も大事な回でござる。ていうか、マネージャーの声あやひーで確定じゃねーかこの野郎。
ルイ >> いやいやどういう意味でってwわかってるくせにいw
LD >> >演出だけみれば普通に主将でござる。|演出だけならそうですね。でも画を観ると主将なら足を使っているか、あるいは塔っぽい構えをしていると思うんだ。主将じゃない?と思った理由はそこ。
ルイ >> うん。>ハンザ その辺込みでさっきの予想になりますね。
LD >> そして『シュガーレス』、エクレア編終了にも関わらず、相変わらずフォワードに来ない奥ゆかしい岳さん、マジぱねっす。(`・ω・´)
ルイ >> 『シュガーレス』はやばい。何故この話しで、シャケに殴られるのが岳じゃないのか。マジやばい。
ルイ >> 前、他の生徒のうわさ話でついですぎて吹いたって言った事があるけど、今回も「他の奴ら」に含まれてるよ・・・w
kichi >> 「シュガーレス」はやっぱシャケさんが好きかも。
LD >> またシャケ、超カッコいいのがいい!w
ルイ >> 殴る事で予約入れつつ、戦う理由をあげてるわけですからね。不良モノの「喧嘩以外に理由がない」閉じた感じを最大限に利用している事で、逆にシャケはなんか風通しがいい。
kichi >> そういえば「はみどる」がここ数週普通に楽しい。gdgd感をあまり感じない。……私が慣れただけってわけでもないですよね?(`・ω・´;)
ルイ >> そんなこんなで、チャンピオンがおもしろすぎてまいっちんぐだったぜ。
ルイ >> 『はみどる』元々kichiさん厳しめで、僕はまあこんなもんですねwこれ以上いくにはネーム展開なしには。
LD >> シャケ=悪魔将軍、シャケの部下=悪魔騎士、ハク=プラネットマン、マリモ=バッファローマン、ヒュドラ=アトランティス、岳★主人公=ステカセキング、大体こんな感じか?
ルイ >> キン肉マンいねーぞ。
LD >> 『はみどる』けっこう楽しいですよ。周波数が合うといい感じ。
ルイ >> そして次号はみつどもえキャスト巻頭グラビアという完全に俺得コーナーで俺とチャンピオンの蜜月がとまらないですぅ!!
LD >> や、『シュガーレス』って外の戦いもあるけど、基本学内は上級生=悪魔騎士、下級生=悪魔超人で下克上狙いって感じじゃないw
ルイ >> じゃあペンタゴンあたり使ってやりなさいよw
kichi >> う〜ん、周波数の問題なのかなぁ……? なんか要因がある感覚はあるんですが……、う〜ん。
ルイ >> 基本的にネームの組み方は変わってないすね。なんだろ?分析してください>はみどる
LD >> ペンタゴン?ブラックホールじゃない?(←なんか拘ってる)
LD >> や、わりと密度濃く展開してはいるんですよね。それで、その要素であるネタのクオリティがどうかは周波数じゃないかと。
LD >> >『はみどる』
kichi >> う〜ん……次までにgdgd感感じた時の掘り返して分析しておきます……。余裕があったらw>はみどる
LD >> じゃあ一番決めましょうか。
ルイ >> どうだろ?周波数は全てに言えるので特にアレなんですが、そんなに密度濃いかな?最近みつどもえとかいぬまるだしとかショートの質が高いんよ。
LD >> ジャンプ。なし。
ルイ >> ジャンプは意表をついて『NARUTO』
ルイ >> サンデーは意表をついて……なし?
LD >> ネタの精度を問わないと『みつどもえ』と同じテンポでネーム組まれていると思いますよ。いや、一概に比較はできないので感覚的な面もありますが。>『はみどる』
ルイ >> マガジンは意表をつかずに『ベイビーステップ』。
kichi >> ジャンプは粒揃いだったと思うんですけど弱めではありますかね……。「スケット」「トリコ」「ワンピ」「めだか」「保健室」……う〜〜ん、「スケット」……かなぁ?
ルイ >> んん?どうもみつどもえの評価に差がある事はわかったw
kichi >> サンデー、案外「ツール」?
LD >> サンデー。なし。…む?今週、心が冷めてる?
ルイ >> チャンピオンは『弱虫ペダル』『バチバチ』『ハンザスカイ』
LD >> あ、ジャンプ、『保健室の死神』は良かったね。
kichi >> マガジンは、まぁ、「ベビステ」かなぁ。……意表を突くなら「君町」ですがww
ルイ >> みつどもえは今やかつての2話3話分のネタを消費しようと詰め詰めでやってるから、ネームが別人のものになっておる。いつ頃からかなー。そんな昔じゃないんだよな。
LD >> マガジン……ここは一つ『君がいる町』?(´・ω・`)
ルイ >> 保健室はずっとこれくらいいいw
kichi >> チャンピオンは「ペダル」か「バチバチ」でしょうなぁ。……「ペダル」で。
ルイ >> NARUTOは漫研の犠牲になったのだ・・・
LD >> 一応、違うテンポで組まれているのは『イカ娘』かな。
ルイ >> 分かりやすく『ベイビーステップ』か、マニアックに『弱虫ペダル』かな。こりゃ一番のスタンス、つかその時の波次第かもしれない。
カルマ >> おっと。ジャンプ「保健室」?サンデー…なし?マガジンは「ベビステ」でしょう。チャンピオンは「バチバチ」かしら。
LD >> チャンピオンは…確かに今週全体的にいいな。『バチバチ』かな。…あと『シュガーレス』とか言っちゃだめだよね。
ルイ >> 僕はイカとはみどる結構近いと思ってるけど、まあイカの方がゆるゆるですね。
カルマ >> あぁ、ペダルの読め無さもいいなぁ…!
ルイ >> いや、全然ありでしょ>シュガーレス 本当はもっと挙げられますよ。ANGEL VOICEとか。
LD >> あ…皆、『君がいる町』のインパクトは取らないんだ。(´・ω・`)
ルイ >> インパクトっていうか・・・・・インパクトがないインパクトっていうか。。。
カルマ >> 僕個人としては「ベビステ」押しで。 岩佐の絵にはエーちゃんの正直な姿と、岩佐の思いも合わせて載っていると思うのですよ。
ルイ >> 機運が盛り上がる前に処理されてしまったので、一瞬狐につままれたような気分にはなりましたがw
ルイ >> 巨人の星の新訳でまさに牧場くんがいる時に岩佐とか、マガジンの継承を感じるねw
LD >> ゆるい良さってのはあると思いますけどね。でも、まあ『イカ娘』はゆるいテンポですね。
カルマ >> 今週の君町は時空がねじ曲がって並行世界に迷い込んだ説を支持。
kichi >> さすがにインパクトだけではなぁw 物語的に好手とはちょっと言い難いですし……>君町
LD >> 『ベビステ』、『弱虫ペダル』、『バチバチ』あたりと思いますけどね。
ルイ >> LDさんが言う事とは逆みたいだけど、まあ言うと思った。言わせたとも言う。>ゆるい良さ 別に良し悪し判定ってより、はみどるも入り口のヒトネタを転がすタイプだと思ってるのです。
LD >> まあ『ベイビーステップ』ですね。
ルイ >> まあ正統派って事かな。
LD >> いや、ちょっと変なたとえになるかもしれないけど『イカ娘』は精度を上げてゆくと『ヨコハマ買出し』まで行くと思っているのよ。『はみどる』はそうじゃない。そんな感じですね。
LD >> 『ベイビーステップ』にします。
ルイ >> 言いたい事はわからないでもないが、上げていってもヨコハマ買出しまでもいかないと思いますwそしてそれはゆるさの差があると言った所でまさにその通りなんだけど、それを言うならネタ詰めのテンポでみつどもえとはみどるは更に開きがあるよ?って感じ。
ルイ >> とにかく、何故桜井のりお先生が自分いじめの方向に進んでいるのかが気になる。なんの影響だ。
ルイ >> ベビステ妥当すなぁ。ナッちゃん素敵でしたから納得します。
LD >> テンポが違うと言われれば、それは違う作品だから違うねと。比較として上げたけどそこを詰めてもしょうがないかな。ネタの精度は違うよとは行ったつもり。ただ、『はみどる』の方も周波数というか感覚的にスポっとはまるポイントがあると思うのよ。
ルイ >> そんなこんなで今日は本当に眠いのですだよ。夜は21?22?ですだよ。
カルマ >> お疲れ様でした〜。
ルイ >> 最初に同じテンポと言い出した人でござるな。
LD >> 『ヨコハマ買出し』の話も、行く行かないは感覚だとは思います。まあ、言いたい方向が分かればいいかなと。同じく『はみどる』はそっちの方向じゃないよねという話が伝わればいいかな。
ルイ >> 精度自体にはテンポ比較ではノータッチのつもり。あと、感覚的にはまるってのはもう、全ての表現作品にある気がしています。だから当然はみどるも然り。
ルイ >> じゃ、時間かいておいてくだしい・・・ネムネム
LD >> いや、僕は近いと思ったからねw>テンポ 最初に行ったように近い組み方をしていてネタの精度が違うと。しかし、この話は違う、そう感じないという人が現れた時に、別に強く言える話ではないよねと。それは元から違う作品だから。詮無いよねと。そういう話でしょうか。
LD >> え〜っと、ラジオは21時開始で、20:30あたりから打合せましょうか。
ルイ >> ふあい。ちょうど帰宅時なので、40分あたりを想定していただけると。ではおつかれサマンオサ〜
kichi >> ……う〜ん、言わんとすることはわからなくもないですが、「イカ娘」が「ヨコハマ」行く感覚はないかなぁ?w イカ娘のシュールなユルさとヨコハマのゆったりさは別次元のものには思えますw
kichi >> では、おつかれさまでした〜。
LD >> いや、『イカ娘』と『はみどる』を並べたので、ふと思いついたベクトルで違う方向性じゃないかという感覚を指し示したかったのが先ですw>『ヨコハマ』
LD >> 多分、『イカ娘』は完成度があがると“ゆったり”してくると思う。それに対して『はみどる』は完成度があがると“忙しく”なるとおもうんですよね。それは『みつどもえ』も同じだろうなと。そういう感じかな。
LD >> それではお疲れ様でした。
kichi >> う〜ん、その辺も微妙な印象ですね。正直、現状の「イカ娘」は普通にギャグってツッコミ入ってってテンポなんで、今の作風のまま完成度を上げるなら忙しくする方が正道な印象ではあります。……ただまぁ、シュールギャグの下地もあるんで、路線変更してゆったりの道を選ぶこともできそう、くらいには思うかなぁ?
LD >> そうかあ…。いや、僕はゆっくりに見えますね。速いのを目指しているなら緩いネームだと。そんな印象になるかな?
kichi >> ああ、え〜と、この作風で普通に完成度を上げるなら忙しくするのが普通だけど、あえてゆっくりにすることでこの作品ならではの味を出してる、という印象ですかね。今の作風のままこれ以上落としても完成度は上がらない感じはするんですよね。
GiGi >> LDさんはヨコハマじゃなくてよつばとを例に挙げればよかったんじゃないかとか思った
LD >> 確かに『よつばと』は『ヨコハマ』よりもずっと近いですね。僕の言っている感覚は満たしています。
LD >> ■避難場所で〜す。


■■■■2010年08月08日■■■■
名無し >> だれかいますかー
井汲 >> 【 バスカッシュ! 】(再放送18話) 地底編って、本放送当時は録画がうまく行かなくて断片的にしか見られなかったけど、こんなに薄い内容だったのか。ナヴィを無理矢理一行に加えて、ソウイチの昔の因縁キャラを一人追加して、アイスマンの背景をこれまた無理矢理追加しただけ。多分、監督変更などのゴタゴタの一環で、後付けでシナリオに大幅な変更を行ったことによるもんなんだろうけれど、つくづくシリーズ構成に失敗している作品だなあ。この後月に行く話に繋がるわけだから、結局後半になってからは見るべき部分は何にもない、ということか。


■■■■2010年08月09日■■■■
ルイ >> 気付いてしまわれた…
備品 >> 今週のWが良かった。アクセルがカッコよく見えたのは初めてかも。ご都合なところは目をつぶるとしてw園咲 琉兵衛の最後は良かった


■■■■2010年08月13日■■■■
LD >> 今週の一番はお休みします。来週予定は……もしかしたら土曜夜かも。


■■■■2010年08月17日■■■■
権兵衛 >> ちゃんと聞こえてますよー


■■■■2010年08月18日■■■■
井汲 >> え、TVK アニメ祭り、今年もやるんだ。「ポシャった」なんて不謹慎な憶測書いちゃって申しわけない…。


■■■■2010年08月20日■■■■
LD >> 今週の一番は8月21日(土)の24:00から開始予定です。


■■■■2010年08月21日■■■■
LD >> 高速両面スキャナーの選定なんかをしていたが、よくよく考えると僕の場合、書籍電子化の代行業に頼む方が効率がいい気がする。
LD >> とにかく、雑誌のスクラップを何とかしたいのだ。(`・ω・´)…でも、手元でさっと作りたい時のために、SnapScanあたりは買っておこうかのう。
LD >> CDとかはHDDにバックアップとったら捨てたいぐらいなのだ。(`・ω・´)
LD >> おもちゃ、フィギュア、モデルといったハードを選択したおたくはモノを電子化できないから相変わらず収納問題に悩むよね。僕はソフト、メディアを選択したおたくだから、持っているモノは徹底的に電子化できる…ハズ。とは言ってもいくつか貴重な書籍はあるかな?
LD >> その意味でも、相変わらずおもちゃおたくは業が深い。


■■■■2010年08月22日■■■■
GiGi >> ばんわー。
ルイ >> MAJIで寝落ちの5分前。
LD >> こんばんは。
LD >> そういえば、24時からでしたね(汗)いつも25時からはじめているので、うっかりしていました。
ルイ >> 遅いじゃないかミッターマイヤー…
LD >> いろいろ部屋の片付けとかしていたのですが、やはり高速スキャナーが欲しいな。
ルイ >> 今週の一晩はユンボルにでもすっか。
LD >> はっはっは、貴卿に遅れをとるとは、オレも焼きが回ったかな?(←ミッターマイヤーのつもり)
kichi >>      こんばんわ〜(´・ω|じゃ私の一番は最終回だった「GIRL FRIENDS」で
LD >> 『ユンボル』良かったんですか?
LD >> こんばんは〜kichiさん、最近、ツイタでも見かけないので、どうしたのかな?と思ってましたよ。
ルイ >> 武井先生の画力はまだ上がっているらしいよ。
GiGi >> ユンボルは仕切り直しなのかな?
kichi >> ……特に何ということもないんですが、なんかアウトプット意欲が減退気味な今日この頃だったり……orz あと、アイポン4注文したので届いたらつぶやくかなとか思ったりもあったんですが、一向に届かずそろそろ一ヶ月?(´・ω・`)
ルイ >> ですね>仕切りなおし 元構造は肉付け程度で、さほどいじっていないあたりに打ち切りに立ち向かう姿勢が見える。
ルイ >> 作品が悪かったんじゃない!みたいな。
LD >> とか、そんな事を言っていたら、ジャンプが見当たらないよ?
ルイ >> ないものは見当たらないわな。
ルイ >> ああ、前のジャンプ。…ジャンプ(声が小さくなる
LD >> ふ〜ん…そういえば『シャーマンキング』のラストとか、どう終わったんだろう?>『ユンボル』
LD >> 『ユンボル』…というか、武井先生のロボットデザインは逸品なんで、それを沢山描いたロボットバトルをして欲しい。月刊ならできるとおもう。
LD >> さて、そそくさと一番をはじめましょうか。
LD >> ジャンブイ。
LD >> お、『ぬらりひょん』やっているね。
LD >> ED、カナちゃん真ん中だね。(´・ω・`)
ルイ >> どんどん語ってくれないとオチてしまうど!
kichi >> 「ぬらりひょん」アニメOPの切れ方ってなんであんな中途半端な感じなんですかね?(´・ω・`)内容に合ってると思わなくも無いけどw
kichi >> EDはUFOでも呼びそうな感じが割と好きかもw>ぬら
ルイ >> 皮肉だなあw>内容に合ってる 昔のタイアップ型は結構こういう事ありましたけどね。要はTVサイズ作れてないって事だあら。コナンのOPなんかもそうだっけか。
カルマ >> ルイさんは寝るべきだった(過去形
カルマ >> 新装版のラスト2〜3巻買えば補完できるはず>マンキン
ルイ >> でも、活動時間が長い時は仮眠は難しいんですよね。がっつり寝ちゃうから。
kichi >> ふむ。ジャンプアニメなのに低予算なのかなぁ……?(´・ω・`)>TVサイズ作れてない
GiGi >> ジャンプ思い出し中
LD >> ん〜…(なにか、見つからなくなってしまったらしい)
ルイ >> 低予算というか、アーティストの意向とか、元々ディーンはるろ剣もそんなんだったりとか…
kichi >> なるほど……(´・ω・`)>アーティスト意向
LD >> 『ワンピース』は何と言うかバトルロワイヤルな感じになってきましたね。バトルロワイヤルというか、『グレートレース』ないしチキチキマシーンか。
ルイ >> 天蓋が外れたら次の芽が群雄割拠、というのを描きたいのでしょうね。
GiGi >> ワンピは600話に節目のエピソードになるように調整している感もありw
kichi >> 「ワンピ」、そうですねぇ。登場時は賑やかし的なゲスト扱いで一人か二人は残る程度?くらいの認識だったルーキー達の認知度がジワジワあがっていってるあたり上手いですよね。ボニーピンクも赤犬のセリフからすると何かあるキャラっぽいですし。
ルイ >> 『BLEACH』崩玉は身体の外にあっても問題ない、と。ドラえもんの魔界大冒険みたいだ。
LD >> ん〜ナルトが、今までの物語をリフレインして、もう一度「火影になる!」って宣言するわけですが。物足りないという思いもありますが、まあ、いいシーンだと思います。
ルイ >> NARUTOは多分、アニメと一緒に連載してるんでしょうね。積み上げ足りないと思う所は、大概アニメオリジナルで補填しているはずw
カルマ >> 「ワンピ」ボニーはどうも政府への危険度から賞金首になっていたようですね。ロビンとかと同タイプか。
kichi >> あれ?ボニーピンクってどっから出てきた?orzジュエリーボニーか……
GiGi >> ラッコは普通に連載したら良いじゃないとかおもた
ルイ >> 「スケットダンス」読んでて思ったんだけど、この作品そこそこ長期の割に、組み合わせにケミストリー的なものが生まれてないですよね。
ルイ >> キャラとキャラの横のつながりが弱いというか。好意的に取れば、全てスケット団という間口ありきですよ、という事なのだけれど、なるほどそのままだとエピソードがパターン化する。
LD >> 『バクマン』は、これ1〜2話完結でやっていたのかwすごいポテンシャルだw5話くらいのキビキビした展開の話を組んだら確かに人気出ると思う。
kichi >> 「ナルト」、ママンの多過ぎな残す言葉にひとつひとつ答えるのは良かったかな。
ルイ >> 『ラッコ』まあ、大場つぐみ臭いなーとは思いました。連載はイラネw
LD >> 『ブリーチ』jは、まあ、当然のように藍染隊長無事でした……と。...φ(..)
ルイ >> 『バクマン』、実際の所どうなんでしょうね。中編って結構諸刃だから、最近「保健室」とか避けてると思うのだけど。
ルイ >> 無事かどうかなんて問題じゃねんだよ!どう無事かなんだYO!!>藍染隊長
kichi >> 「バクマン」は1,2話完結の方が玄人好みではあったりしてどうかな〜、って気分がないでもないですが、まぁ、やり方というか、「四ツ谷先輩」くらいの構成が取れれば……。
ルイ >> 『トリコ』の健全なワクワク感ときたら。
GiGi >> つーかまあもう崩玉のほうが本体って話だよね
LD >> 『べるぜバブ』は、邦枝さんがやる気になったら逆転しているけど…でも、まあ何かいい感じ。邦枝vsヒルダの流れから、やる気とか。
ルイ >> 『逢魔ヶ刻動物園』ん、面白かった。はじめて素直におもしろがれたかな。毎回いいものはあるけどー、と軽く二の足踏んでたんだが。
GiGi >> 諸刃の剣だから〜ってのはまさにその理由で避けてた≒今のジャンプの傾向という話なのかもですね。
kichi >> 「ラッコ」は思った以上に普通な面白さでしたね。……ちょっと楽屋ネタ臭ある辺りでスピンアウト作品としての面白さを付加してたくらいで。……私も連載で読みたいほどではなかったかなぁ?w
ルイ >> 回転の早いエピソードで地力を整えて、たまに勝負する印象ですね。ジリ貧になっちゃうから。>中編
カルマ >> 「ラッコ」はまぁ普通ですね。
ルイ >> べ、べつに水着回だからーとかじゃ、な、ないんだからねっ>逢魔ヶ時
LD >> え〜っと、中編をやると、次は気持ちが長編に向かっちゃったりするんですよね。気持ちが長編に向かうと、次は超・長編に。その次は超々編に、その次は久保・長編に、その次は板垣・長編にと、再現なく展開が引き伸ばされて行くわけです。(´・ω・`)
kichi >> 「トリコ」良かったですね。食材アイディアてんこもりな話は素直に楽しいです。
ルイ >> 連載形態にもよるけど、中編でどっかんという印象はあまりないんですよね。蓄積評有にはなるから、小エピでゲージを高めてはそのゲージを使って投資、そのうちリターンがくる、みたいなw
kichi >> 「逢魔ヶ刻動物園」は……、私は今回も変わらぬ印象でしたね……。なんか足りない……違うな、歯車が嵌ってないというか……、ちょっと変えれば楽しくなりそうな印象はあるんだけど……って感じが……。
LD >> その恐さというか、本当にガッツリ読者を掴んでいるなら久保長編でも板垣長編でも、OKなんでしょうが、中盤軌道の連載がそっちに流れてしまうのは、やはり毒に思える。『保険室』はその辺、意識的な自制が見えると思います『PCP』。
ルイ >> まあわからいでもないw>変わらぬ印象 ただ、動物解決モノとして「恋」をハメ込むと重たさが抜けるってのはあってね。
ルイ >> 『めだかボックス』積みが足りないからNPC感ハンパないっす前会長。
kichi >> ……なんか前から言ってる説明臭さが影響してるとも思うんですが、微妙にテンポ悪い気がするんですよね。例えば岩に突進するゲーム云々ってとこも、そもそもしょーもない流れなんだし変に細かい説明加えずに即スタートな感じでいいと思うんだよなぁ……>逢魔ヶ刻動物園
ルイ >> 「黒子のバスケ」髪型は認める(キリッ
LD >> 『ラッキーマン』とかが、正に指レンジャー編でブレイクしたと思います。…が、むしろあれは軌道後のブーストじゃなくって、逆転劇だったかも?
kichi >> 理想を言えば、通常通りの1,2話完結の話だと思ってたら実は繋がりある5話中編だった、くらいの構成だと思うんですが……さすがに難易度高すぎるかなぁ?>バクマン中編
ルイ >> 一応動物トリビアはしっかり織り交ぜたいので、そっちは説明せざるを得ないでしょうね。だから動機や解決の方も付き合って重たくなるとどうしようもないわけで、その点だけ比較してもこれまでよりマシだと思うのよさ。
ルイ >> 『保健室の死神』はクオリティずっと高くて特に言う事ねーや。←これはこれで問題か?
LD >> 読切の『クロノマンション』が面白かったです。
ルイ >> 『クロノマンション』まあ連載にはなると思います。ただ、基本構造が西尾維新…というより「ラノベ」ですね。
LD >> いえ、いいと思います。1〜2話で終わりそうと思ったら、意外な展開に入ってそこから解決までに5話かかる。いいですね。リアルなら難易度高いですけど、作中でシュージんがプロット示せばいいだけですしねw
ルイ >> 少年漫画もこういう作品が増えていくという事かな。
kichi >> 動物トリビアはいいと思うんですけどね。ちょっと手段的なとこでの説明、あと心情説明も過剰かなぁ?と。……あ、あとヒロインはもう少しこう、色気みたいなのがあっても良いような気は……w あ、いや、ヒロインの思考や行動自体は今のままでいいと思うんですけど、視点というか、描写の仕方としてねw
ルイ >> それは「夜明けの炎刃王」の事かい>終わりそうと思ったら意外な展開
ルイ >> ま、望めば勿論沢山ありますよ。とりあえず、片方の問題が軽減されていたとは思いました。
LD >> 元会長の積みが足りないのはしょうがないですね。まあ、次回からどのくらい暴れられるか…あるいは、球磨川の生贄なのかってところでしょう。
カルマ >> 『クロノマンション』うーん、つまらないわけじゃないんですが…まぁ…なんといえばいいかな。
LD >> 『夜明けの炎刃王』は意外な展開からが長い。(´・ω・`)
kichi >> 読切「クロノマンション」は、なんというか、思いっきり連載意識した読切でしたなぁ……。最後まで設定説明で終わった印象で、読切としての魅力は低いんですが、まぁ、連載したらそれなりに面白くなりそうとは思います。
ルイ >> つってもさ、生贄になるものの積みが足りないと、それって効果薄いですよね。この一戦の中でマイナス少し倒すなりしてから倒されればいいのん?・・・ていうか、球磨川に呑みこまれればいいのかな?そうすりゃ、寝返ったあと積めばいいし。
ルイ >> 運動する構造だけ提示する感じがラノベ世代臭なんですよね。雑に言ってますが。>クロノマンション
LD >> つか、『保健室の死神』、マジで言う事ないな。(´・ω・`) 欠点を言うなら、言う事がないってところくらいだ?
kichi >> 「めだかボックス」、前会長はかませ犬臭しかしない展開に行っちゃってちょっとしょんぼり感はあるですね。キャラ自体の掴みは成功してると思うだけに……(´・ω・`)
ルイ >> いや、やればやるだけキャラも回っていくから、もう保健室は・・・なんだろお?
kichi >> 「保健室」……そうですね(´・ω・`)まぁ、最近安田が活躍しすぎな感はあるかも?w
ルイ >> それはつまり男性の視点を意識してるということw>安田の出番が多い
カルマ >> 「保健室」は女性人気がけっこう高いみたいなので良いんじゃないでしょうか>安田出していく
LD >> >生贄になるものの積みが足りない|ルイさんの『積み』という単語の運用に違和感。僕の感覚では『積み』は一定の話数(時間)をかけるものだから前回出たキャラに『積み』は望むべくもない。(僕の運用ならだけど)…で、キャラのインパクト不足という意味ならそうかもしれないけど、ロジックとしてはそこそこ組んでいるよね。
ルイ >> 別にLDさんの言ってるまんまの意味合いでいいので、違和感と言われても。だって望むべくもないってのは展開を見て言っているだけで、別に出して即球磨川にぶつけるってのは決まった選択肢じゃないでしょう?そういう意味で、もうそこにいっちゃうんだ、という意味でですね。
ルイ >> 積み上げてからやればいいじゃない、って言ったのよOK?それに今の時点で望むべくもないとかってのは、それこそ答えになっていない。で、そこへの自主解答が「願っちゃえばいいかも」だったり。そっから積む。この教室バトル内で積むのはいかにも落ち着きドコロがなくて難しそう。
LD >> ちなみに球磨川vs前会長は、球磨川のビルドに出したつもりが気がついたら前会長にボコボコにされて戦いが長引くという、『餓狼伝(板垣版)』の鞍馬vs久我重慶みたいな展開キボン。(`・ω・´)
ルイ >> ×願っちゃえば ○寝返っちゃえば
LD >> > 積み上げてから|了解。今すぐ戦わなくてもいいじゃないという意味だったんですね。でも、今すぐ戦いに行くあたりも含めてこの前会長のキャラだとは思う。
ルイ >> つまり、ポイントは積みがあるかないかというより、積みがない段階で意思をもってラスボス?の所に向かうその意思への「乗らなさ」ですかね。
GiGi >> ふむ。めだかには思い入れがないので判断が難しいところだけど前会長の造形は野心的で面白いとは思ったな。
GiGi >> 面白くなるかどうかはわからんが。
kichi >> ……まぁ、言葉の運用として、より正確を期すなら“積みがない”だったとこを“足りない”と書いてたことに違和感があったということなんでしょうが、意図は通じるのでそんなに厳しくツッコム程のことではないかな?という印象ですw
LD >> そうすると『積み』の言葉の運用に差異はないようですね。
GiGi >> というか前会長VS球磨川とか書くつもりはないと思われ
ルイ >> まあ、それはそうとしか読めないですよね>すぐ行くというキャラ そこは理解できます。ただ直情径行…ってのはちょっと違うかもだけど、即行動タイプも行動パターンとして実例を積むと威力が出ると思ったり。まあなんだ、とにかくこの人頑張らないとヤバイwいやだから、突然数日後に飛ばして寝返ってるってのもいいけどw
GiGi >> あくまで予想だけど、球磨川になんらかのダメージが残って、その理由はめだか側も球磨川も知らないみたいな展開になったらまあ良いんではないかな・
ルイ >> いや、積みが足りないでもいいんです。行動力消費して球磨川のとこに向かうには、という意味なので>kichiさん あと、gigiさんの書くつもりはないはさっき書いた通り何気に同感。というか、描こうとするとアラが出てくるから、それを回避するには「描かない」かな、と。
ルイ >> 気づけばダメージ、それもいいですね。寝返りよりは余程ありえるかw
LD >> >この人頑張らないとヤバイ|このキャラの狙いどころはわかるんだけど、そのアイデアとしてもう一捻りくらい欲しい感覚は僕も持ちました。まあ、それが何かとは言えないんですけど。
GiGi >> これで上手く読者の印象に残るかどうかは賭けですね。1パンチ1パンチの迫力が弱いのはまあ今に始まったことでもないので。
ルイ >> そんなこんなで、ジャガーさんの終わりも近いジャンプなのでした。あの掲載位置にいぬまるだしっは引越しするのだろうかw
kichi >> そういえば、大石先生は休ませてあげようよw
LD >> 『サイレン』がまとめに入っているっぽい。(´・ω・`)
ルイ >> 『サイレン』はなんか、こう・・・・・・・・・・・・なんかこう。
LD >> それ以上に『少年疾駆』がまとまってるっぽい。
LD >> んじゃ、サンデな。
GiGi >> 少年疾駆は匙投げてるっぽいといったほうがしっくりくる。
ルイ >> 過去未来を行き来して運命を変えるって形式は基本トライアンドエラーだと思うんですが、このラストバトル一発で終わりだい!みたいな展開は、ちょっと腕力頼みすぎかなと思ったり>サイレン
GiGi >> キングゴルフが巻頭にいても違和感がない昨今。
kichi >> ……まぁ、「メタリカ」に「少年疾駆」がどう見てもまとめてる流れだし、「SWOT」もすぐ落ちるだろうって気がするから、まだしばらくは大丈夫そうな印象ですけど……>「サイレン」
ルイ >> それtwitterでも言ってた気がするけど、キングゴルフの賛辞というよりサンデーマジヤバイ方向で読んだほうがいいのでわ。
LD >> 最近、メタキャラクターという視点を考えている私は今回の『キングゴルフ』の冒頭で、ふるいを振っていた人が何者か気になります。(`・ω・´)
GiGi >> まあ実際両方の意味合いではあるw
ルイ >> まあねえ。キングゴルフは自分の作品のキャパシティーなりには最大限にうまくやってると思うんだけど、それと巻頭複数回ってのは、ちょっと周りが頼りないなと。
LD >> 当然、あそこはメタ世界なワケだ。(`・ω・´)>ふるいが振られている世界
kichi >> 「キングゴルフ」巻頭は2回目だから慣れた感もありますが、やっぱ基本的にはルイさんに同意な印象……。
ルイ >> スルーだあ
LD >> 『サイレン』は続けばきっとトライアンドエラーをやっていると思うのだけど、まあ「残り1クールね」って言われたら、ラストバトルでもしょうがない。
ルイ >> 『ケンイチ』のアパチャイ青年期かっけえw
kichi >> ふるいの例えは……っていうか、例えになるのか?ってくらいそのまんまの意味を絵にしただけと思わなくもなかったのですが……w
ルイ >> 実力はアパチャイの方が上でも、殺す事はできるんだな。達人の領域は難しいぜ。
ルイ >> kichiさん、構うのは逆にイジメだおw>ふるい
LD >> 『ハヤテ』は元からだけど、こういうフラグ立て夫な感じがいいと思う。
カルマ >> 「キングゴルフ」確かにそこまでの連載ではない印象ですねぇ。>カラー
LD >> それがメタ世界なんだ。マジで。(`・ω・´)>そのまんまの意味を絵にしただけ
ルイ >> 『ハヤテ』はまぁこんな感じでいいのでしょうね。空気読んだり天然ジゴロになったり、立ち位置が数種類ある気がしてしっくりこないけど、今回は後者w
GiGi >> アパチャイが虎の子を抱えてるという絵が象徴的でよかったですね
ルイ >> 『神のみぞ知るセカイ』お、つまらないw
GiGi >> 結界師は裏会総本部を巨大ロボ2体が守ってる絵がなんかよい。
GiGi >> なんで万乗先生が夏帆と対談とかしてるんだろう。誰得。
ルイ >> 企画の意味がわかんなかったですねw>対談
ルイ >> 『マギ』は最近展開が遅めだったが、まあ悪くない。アラジンとの絆に立ち返るのは。
kichi >> 「結界師」はどういう展開になるんでしょうねぇ……。最近の印象からすると敵側が蹂躙されそうなイメージ持っちゃいますけど……。
LD >> 『神知る』つまんないかな?というか現時点では何であの子が人間作りたいのか気になる。中編の真ん中あたりだと思う。
ルイ >> まあ、ギャルゲですね。>なんで人間創りたいか
カルマ >> 「神知る」キスも単なるアプローチのひとつとしているあたりにシフトがあるのかなとか。
GiGi >> ここで対立軸として裏会総帥が立ってきたのは上手いですね。どう「決着」するのかはまったくわからないですが、それがかえって良い。
kichi >> 「神知る」、つまらないとまでは思わなかったですが、人間作りのレベルが低過ぎていつからはじめてここなんだろう?ってのはちょっとひっかかる感じでしたね(´・ω・`)でもいきなりキスな展開とかは結構良い
ルイ >> ふむ。シフトなら重要回ですね。今回は個別アプローチだと思っているのだけれど、一応意識に残しておくかな。
LD >> 『結界師』なんかすごいですよね。期せずして(?)というか、流れるように最強対最強みたいな流れが形成されている。
ルイ >> 『結界師』は下手な事言えない感w
ルイ >> あ、エネルギー尽きてきた。冷水浴びてくる。
LD >> アリババは、やはりどこまで行っても孝士殿なのだなと、孝士殿があまり好きではない私は思った。(´・ω・`)でも、展開はいい感じ。
kichi >> 「マギ」はまぁ、順当に良いですね。……もうちょっと期待を超えてくれることを期待してたのでw、そういう意味ではちょっと物足りなくもあるんですが……。
GiGi >> (アリババをあまり好きではない私はきっと孝士殿も好きじゃないんだろうなと思った)
ルイ >> うーむやっぱり祝福のカンパネラが転がってきてやがる。
kichi >> 「祝福のカンパネラ」を見てると、なんか「国崎出雲」を連想してしまう……。
LD >> ちょっと難しいのですけどね。孝士殿の話を既に描いた事として見ている僕は、アリババがそこをなぞると「それはもう見た」って思ってしまう所があるんですよね。実際には違う作品で、なぞるのも正しい道程と言えるのですが。
LD >> えwそうなんですか?w>『カンパネラ』
ルイ >> 僕はそういう視点はそんなに好きじゃない。なんていうか、物語をざっくりとくくりすぎる怖さがある。シチュエーションと配置が違えば、乗る決断はその人だけのものだから。
ルイ >> まあ、その上で配置自体もそっくりですねというのでいいのであれば、僕もイマイチ乗れないw←おい
kichi >> いやまぁ、徹底してヌルく描いてる感じがですね……。ちょっと安易過ぎるとは思いますが、楽園の作り方のひとつではあるのかなぁ……とか>カンパネラと国崎出雲
ルイ >> ミネットと双子をうまい事利用して、なかなか有機的になってますね>カンパネラ レスター主体で見ると何もないんだけど、これレスターを囲む女の子同盟の話でしょうから。>カンパネラ
LD >> >物語をざっくりとくくりすぎる怖さがある。|え〜っと、同意です。邪魔になりそうなら外さないとね。
ルイ >> だから、レスターのナレーションが乗らないのが作品に自覚的でいい感じ。
ルイ >> ナレーションじゃない、モノローグさ。
ルイ >> ミネット話と8話、どっちがカンパネラのベストなんだろうってくらい良い。かなり良いです。
ルイ >> しかしサンデー…
LD >> でも、同時に、孝士殿が「決意して挫けてまた決意して〜」というキャラなら、アリババもやはりその道を通るのだなとは思った。
kichi >> ……まぁ、ご飯食べながら気楽に眺めるアニメとしては最適な感じですw>カンパネラ
ルイ >> ある意味では、決意に対し判定が厳しいという風に捉える事はできるかも。それってアージュとかと同じよねw
LD >> 『国崎出雲』は楽園系ですね。なんか『クッキングパパ』みたいに思ったり。(←『クッキングパパ』どこから来た!?)
ルイ >> 重たい展開とかいいから!ウシロシンジ監督はいっつもこうやって1クールの体裁整える!
ルイ >> アラゴはいい加減リオを信頼してバラしてしまえばいいと思うのだけど、まあ力のない子を巻き込みたくはないよな。
kichi >> クッキングパパかよ!Σ(`・ω・´;)ほんとにどっから……
LD >> >決意に対し判定が厳しい|そこは、ルイさんの指摘にあった、シチュエーションと配置が違えば、乗る決断は違うという話を持ってきていいでしょうね。何しろ孝士殿の決断は判定が厳しいというより「え?そこなの?」みたいな感じだったのでw
ルイ >> RINNEも面白いのに、作品をまたぐエネルギーは皆無ですからね。楽隠居みたいな作品だしw
kichi >> いちおう自己フォローしておくと、「国崎出雲」と「カンパネラ」の共通点としては、本来厳しいはずの世界設定というか、それは見えるのにヌルく描いてるというとこがですね……(´・ω・`;)
ルイ >> まあ、こうしどのはプロトタイプなんでしょうwアリババは余程正当に積み上げてきているとは思うし、もう迷わないと思います。
ルイ >> まあ僕がカンパネラに言えるのは、ハーレムの視点の置所を変えてみませんかってこった。
LD >> 『アラゴ』はかなりダイナミックな展開でしたね。
ルイ >> 『アラゴ』はあと何かが必要なんですけどねえ。ギャリーベガーというマスコットもいるしw
ルイ >> やっぱり、ショートショートで回していく必要があるかな?前のおばあちゃんの話良かったし。
ルイ >> 『オニデレ』は、パパンが色々アレなキャラすぎて、全部最終フェーズまでここで止まるなとw
kichi >> ああ、それは分かるというか……、たぶん自然と女の子達メインに見てて楽しんではいるんですが、語ろうとすればつっこみたい気持ちが先に立つというか……? というか、そもそもヌルイことにそれほど否定的でもなかったりもしますしね。たぶんこの中じゃ一番「国崎出雲」を生温かい目で見守ってるのが私でしょうしw
kichi >> >ハーレム視点置所
LD >> さて、マガジンだよ。
ルイ >> うん。出雲に一番生暖かいのはkichiさんでしょうね。僕はそこはさっき言った通り、有機的な絡まりを評価するから、その点で出雲は取るに足らないwまあ、でも一話でラインガン下げしたんで、その跡は負の感情はあんまりないですねw
ルイ >> 俺のチャンピョンのライバル雑誌、マガジンきたな。
kichi >> 「アラゴ」はなかなか無茶さを感じる解決法ではありましたねw リオに関しては完全にルイさんと同意。
LD >> 次号新連載『AKB49』か……(`・ω・´)ゴクリ
kichi >> ああ……(´・ω・`)ゴクリ>AKB49
ルイ >> 『GE』泉くんが惚れちゃう展開もあるかと思ったら、面倒とか冷酷な判定きたw
GiGi >> 49人目は男の娘ですかそうですか。
カルマ >> AKB49は衝撃だったでござるw
ルイ >> 恋に対する重たさ、「この人しかいない」が大沼さんの面倒くささの根底なんでしょうね。まあかき氷溶けとか、面倒くさいw
GiGi >> かき氷が溶けてるのは象徴的な演出ですね
GiGi >> ベビステ間髪入れずにこの展開は熱いなあ。
kichi >> 「GE」は泉くんフラグ立った?とは思いましたねぇw ……どっちにしても大沼さんを候補から外そうという流れには見えてちょっとしょんぼり感……(´・ω・`)
LD >> やべえ『A−BOUT』が楽しいw志村と加藤がカコイイw
ルイ >> 『A-BOUT』
ルイ >> 朝桐には通さんぞ的な、砂原と柾木の犬っぷりが何気に凄い。キャラ書く落とさないままに犬になってる。
ルイ >> クワマンはいつ出るのかなっと
LD >> ある意味、ちょっとズルイw外部情報で志村と加藤の格が高いのは当然じゃないかというかw
ルイ >> それはでも、たまにある情報圧縮の手段ですよ。『こわしや我聞』のマリオルイージとかw
ルイ >> いやあれは勝手に高く見ただけだけどw
ルイ >> カトケンのとこの番長がいかりやだったら、もう凄まじい説得力だよなあw
kichi >> 「コドブレイカ」、王子さんのロスト姿にどうしても反応してしまう私ガイル……(´・ω・`;)あんま意識してなかったけど人魚属性あったのか?まぁ、SUEZEN先生の「マリンカラー」とかも好きだったけど……
カルマ >> 「GE」大沼さんのめんどくささはありますねえ。2人きりのデートならこうもならないんだろうけど
ルイ >> 『どうぶつの国』は何故たびたびマガジンにくるのん。期待した結果が得られていないのん?
GiGi >> フェアリーテイル良いね。
ルイ >> つまり大沼さんは、ファッションとして、自然な恋愛感情として好きってだけじゃなく、自分を変えてくれた恩人とか、いろんなものを載せちゃってるんですよね。僕の対あやひーみたいなもんだな←
kichi >> 「A-BOUT」面白いですね。なかなか絶妙なバランス。
LD >> …で、それアリにしたら、その内、"森田”とか”北野”とか出てくるんよw森田は一匹狼だけど、北野は手下多いぞぉw
GiGi >> むしろ載せると販促効果がしっかり出ているからなんではないかと。
ルイ >> ラスボスは「勝」あたりかなw
GiGi >> あんまり手を広げすぎるとなんの漫画か分からなくなるぞw
ルイ >> ふむ。親分格のマガジンの方に還元をみますか。まあその可能性もあるかなあ。
ルイ >> 『君のいる町』自宅お仕掛けといて、二分の一の春人くんだと思ってなかったってそらないぜ柚希ィ…
LD >> 『金田一少年』機長殺されちゃったのは大ピンチで軽くウケたw
ルイ >> 本当に瀬尾漫画の序列魅力反比例説は鉄板だなあ。
ルイ >> 『ネギま』敢えて敵側に「たかが10年」を指摘させるのはよかったですね。フェイトの話の時も言ったけど、とにかくこういう奴は蓄積とか無関係で「たどり着いちゃう」んだ。それに対して必死に時間をかけてきた人ほど、まあ可哀想には映るw
kichi >> 「君町」の読み心地はある意味複雑過ぎて、なんか鍛えられそう(?)とか思ったりも……(´・ω・`;)
ルイ >> 龍宮隊長の返信云々は、幽遊白書の蔵馬オマージュかなんかなのかなと。
ルイ >> 『我間乱』伊織デタラメに強すぎワロタ。でも、あまりの強者に名前を聞かれたら、丁寧語つきで答えてしまう、というのは「武芸者の性」が出ていて面白いと思いました。いや、勝ちの芽があるなら最後まで噛み付くでしょうけど、絶対的な差があった場合ね。
ルイ >> 『花形』左門がカミーユ状態にいい。ここで原典のモーレツ感動星飛雄馬が出てきてしまうと怪我フラグだ。
ルイ >> 『エデンの檻』真里谷が可哀想で仕方ない件。是非もない選択の話をしているのに、前提レベルで冷たいとか言い出して議論を不成立にする子供たちめ〜。
GiGi >> おそらくはポヨもフェイトもネギの策には見当が付いていて、その上でそれは実現不可能だって思ってるんでしょうね。めちゃめちゃ楽しみです。
kichi >> 「ヤンメガ」……自習室から追い出して「何しに来たんだ」とか、さすがに無いだろ……。やっぱ品川君嫌いだなぁ……orz和気藹々としたオチだったけど、もうちょい反省しろよと言いたくてしょうがなかった……
LD >> 『ヤンメガ』の単純な筋立てがけっこうよかった。
ルイ >> 『ブラマン』んー、殺して脱出しそうだなぁw
ルイ >> 『波打ち際のむろみさん』ハーピーは安定の飛び道具ですが、ゆえに、あまり使いすぎないで欲しい。
LD >> 『エデンの檻』は予知子ちゃんの能力は……あれか。真里谷が多少「本物かも」って思っている状態でしたっけ?自分も信じてないと口には出せないと思うけど、でも声あげろよと思っちゃうな。
GiGi >> エデンの檻は珍しく良いフラグ外し。ってこれで本当にザジ死んだらどっちらけだがw
LD >> 『ガマラン』は伊織めちゃ強ですね。
ルイ >> マガジン連載は、なんかフラグと自覚的に付き合う作品多いですよねえ。
kichi >> 「ネギま」はたつみーの正体的な姿も出てきたことに、本当にこのエピで作品自体終了っぽい雰囲気を感じてしまうことに寂しさが……(´・ω・`)というか、敵のレベルとか下がってもいいから、大きな流れの中で扱うんじゃなく、たつみーエピとして独立して扱ってほしかったような気分がありますしね。
ルイ >> 以前伊織を明石剛次あたりに例えたのだけれど、もうほんとそんな感じw>我間乱
ルイ >> 一つのエピソードに注ぎ込まれる贅沢感というのは、裏を返せば独立エピが観られない寂しさなのか。んー、赤松先生は色んな層相手に大変だなーw
kichi >> 「ガマラン」伊織、良いですねぇ。
ルイ >> 『ベイビーステップ』恋の鞘当てキター!!
ルイ >> ときメモ論の時か言ったけれど、エーちゃんは時間がないのであまりそっちにかまけていると不自然なんですよね。それをすり抜けるには、相手が合宿に来てくれればいいんだ。正しいぞ、勝木先生!←荒谷とかガン無視
LD >> 『はじめの一歩』なかなかいい勝負だなあ。
ルイ >> 『はじめの一歩』確かにいい勝負。いや、こういう試合観ていてつくづく思う事があるんですけどね。
ルイ >> …一歩がつまらないよねw←言った!
kichi >> 「はじめの一歩」は一歩のタイムを越えられるのか微妙な感じになってきましたねぇ……。ま、さすがに超えるのでしょうけど……?
ルイ >> 一歩は動揺したりしながら愚直に追いつめるボクサーだから、相手の良さは出るけど、駆け引き的な描写が出ようがない。鬱憤ばらし的な好勝負なのかも。
ルイ >> 眠さの危機ゲージが頭痛に。
LD >> 『ブラッディマンディ』は、イチャイチャ・フェーズがながいぜぇ…。
ルイ >> イチャイチャはそれそのものがフラグだから。
GiGi >> ブラマンはまたちょっと不穏な空気が流れている気もしますがどうなんでしょうね。
kichi >> 「ブラマン」は、変に響たんは罠張ってない説を主張してしまったせいか、毎回必要以上にビクビクしながら読んでる私ガイルw
LD >> ああ、一歩には無い”慢心”によるピンチを描いているから楽しいのか。
ルイ >> そう、響を連れていく人の名前がワザとらしく出てきたのが、んんか不穏w
ルイ >> 一歩は自分がバカだとわかっているから、すぐ開き直るんですよ「教えてもらった通りにやるだけだ」って。ここにどんな展開をこめろと。
カルマ >> 「ブラマン」は良い感じに不穏ですねw
LD >> さて、チャンピオン。
カルマ >> そういえば「ネギま!」は、日記や単行本で先生が「来年劇場版あるから『常識的に考えれば』終わりません」と言っているのが本当に不安を煽るw>終了っぽい雰囲気
ルイ >> 一輝がいつ聖域にきたかよくわからない、少年チャンピオンですね。
kichi >> 「だぶるじぇい」……マンガ自体よりマンガ語りが好き……か……(´・ω・`)足小指の必殺技に繋げる展開は良いですがw
kichi >> ……なんか、以前も同様の表紙サギあったような気がしますが、そんなに一輝の人気が圧倒的ですか?>星矢
GiGi >> 実はスペクターの群に混ざっている説
ルイ >> それもうやらなかったっけw>混ざっている説
ルイ >> ね。一輝って人気あるんだなーと思っている所です。ま、実質表紙は三つ子声優なんだけどな!クワッ
LD >> 『浦安鉄筋』のノムさんと梅星くんのロッテ違い話がちょっと楽しかった。
ルイ >> というか『浦安鉄筋家族』は、ある種弟子への返礼というか、『みつどもえ』へのアンサーと見ると趣深いなと。元々浦安にある要素ではあるんですが。
GiGi >> 新開は去年走ってないから御堂筋のデータの中になかったということなのかな?
ルイ >> しかしノムさんはヒロインだなあ。
LD >> ノムさん可愛いね。http://blog-imgs-19-origin.fc2.com/f/f/a/ffact/nomusan.jpg
ルイ >> 『弱虫ペダル』新開の格がもう一段上がった!どうなるの〜。
LD >> >御堂筋のデータの中になかった|なるほど。にしても御堂筋はキャラの置き場に困るキャラだなあ…w
ルイ >> レギュラー辞退というニュースを知っていたら、事故の話持ち出して走りを乱しにいくでしょうけどね。
LD >> 『ナンバデッドエンド』のこれは普通に考えると言い訳できない。暴力事件以上のピンチだよね。どうやってかわすんだろう。親が認めればそれでいいのか?
kichi >> 「弱虫ペダル」はさすがにこのまま行くでしょうかね。というか、御堂筋は余裕を勝てないくらいなら負けた方が良いと思いますしね。卑怯キャラでもあるんで、“もうなりふり構わない”みたいな怖さは残せるはずですし。
ルイ >> 「これ」ってなんすか?
ルイ >> ああそうそう、潔く御堂筋が黒化しちゃうのは手ではある。
LD >> やりそうな気もしますが。>事故の話|そうすると『ツール』のあいつみたいな感じになってきますよね。
kichi >> あ、余裕→余裕を残して
カルマ >> 御堂筋のデータにない…ふむ。新開の全開をこのレースに持ってきてるとすれば御堂筋の読み違いにも納得ですね
LD >> 入学志願書に何かしらの虚偽記載があるという事です。>「これ」
ルイ >> 元々、御堂筋が平坦山岳部門部門で最強なら、そりゃ勝つのはこいつだろって話ではあって。「真のスペシャリスト」が相手の時に、どういう位置を取るかってのは未だ判然とはしていないんですよね。とりあえず、キャラ格イメージを押し付けてはいるけれど。
ルイ >> ふむ>虚偽記載 そもそも何を書いたんだろ?補導歴のあるなしとか?
GiGi >> 親が「書きました」と言えば覆らない話で、それをどう筋を通すのかということになってきますね。
GiGi >> いやいや、親のハンコやサインのことでしょう。
ルイ >> ふーん、それはなんか言ったもん勝ち感がw
GiGi >> うん、だからピンチと言うよりは親との和解フェーズの話になるんじゃないかな。
LD >> 『バチバチ』がよかったです。自分が背負った覚悟と、それぞれ違うけど、誰でもそれを背負ってここに来ている、という描写が。今の角界の状態が逆風に働いているのが残念です。
ルイ >> 僕の印象では、親との和解は完了しているというものなので・・・どう混ぜ込むかな?ちょっと気になるな。
ルイ >> http://rui-r.at.webry.info/201008/article_10.html いや、ブログに書いたけどさ、これは逆風じゃなくて追い風なんだって!なんだって!
GiGi >> 「バチバチ」今週の一番候補ですね
kichi >> 「バチバチ」素晴らしかったですね。マコさんのリアクション含めて文句なしの一話でした。
LD >> 親のハンコやサインもありますが、中学時代の履歴的に(補導歴など)なんらかの誤魔化しがあるとどうしようもないかも。どうしようもなさ過ぎるから、親のサインレベルで済ませるという事かもしれませんが。
ルイ >> まあ、いっちばん遠回りな相撲ageを行ってるんですよね。もう国技館に呼んで表彰していいレベル。
ルイ >> 親のはんことかは、学校名さえ隠せば書いてくれたんじゃね?w
LD >> お姉ちゃんのリアクション良かったですよねえ〜。>『バチバチ』
ルイ >> 白百合ってところに市松って書いた紙を貼っておけばいいんだYO。
カルマ >> 「バチバチ」素晴らしいですね。僕はもうリアルの角界とか関係なく面白い、としているところですね。
ルイ >> ブログのコメントに書きましたが、姉ちゃんは特に難しく考えないでああ言ってるのが逆にいいんですね。
ルイ >> そらそうよ。ただ、そこにリアルの角界は絶対関わってくるから。その時、残念ではなく、寧ろチャンスと捉えたい。
kichi >> 電話切った後うなだれてるとこまで完璧ですねw>リアクション
LD >> 『ケルベロス』、一瞬助からなかったように見えたけど、助かってるね。よかったねw
ルイ >> 『ケルベロス』も良かったですね。王の組みですね。王道ですね。
ルイ >> 『はみどる』ハミ乳に至る流れが「はみどるだから」以外の何もない不出来っぷりが逆に面白かったw
ルイ >> 友恵の声なら雪房より先に聞こえる景きゅん。
LD >> 『ハンザスカイ』、藤木さんを助けたのは青柳さんでしたか。いや、違う人に思ったの僕だけだけどw
kichi >> ちょっと分かりにくくはありましたねw>助かった   あと、ピンチ度に対して景&雪房の行動がちょっと悠長に感じられたのは減点ポイントかなぁ。でもま、全体的には良かったですけど。
ルイ >> この二人の名前呼び合いメソッドは「新一」「蘭」みたいなもんなんだけど、あっちが詐欺気味な事に比べたら立派立派w
ルイ >> 「ハンザスカイ」お願いだから番場さんにセリフか顔アップを与えておくれよ。大事なシーンじゃないか。
GiGi >> ヒキの絵も良いですが、その前の景と雪房のやり取りがよいですね
ルイ >> 「ANGEL VOICE」あわわー。あやひーの声がー。 ※脳内で勝手に高垣彩陽さんにしています
ルイ >> 景は一話の時から、是非のない時にそれと判断する力は圧倒的なのよね。優先順位がはっきりしているのだろう。つまり、友恵が好きなのだろう。
LD >> 『バチバチ』も『ハンザスカイ』もそうですが、ちっぽけな自分に気づくみたいな所があって、『弱虫ペダル』もその流れか、って事で今のチャンピオンの特徴になっている気もします。
ルイ >> ANGEL VOICEのフラグもへったくれもない王道の組み方はケータイ小説みたいだなとおもた。
ルイ >> んー、いや、とにかくチャンピオンは今、真っ当な成長譚が中心にあるんですよ。他のどの雑誌よりも。
kichi >> 「ANGEL VOICE」…………うぅ(´・ω・`)ちなみに、最初の方読んでないのですが、タイトルってこの娘の声って意味なんですかね?
ルイ >> 『キガタガキタ』人間のヒロインきたー。恐怖新聞と恋の鞘当てー←それしか言わないのな
ルイ >> 勿論そうですよ。>意味
LD >> 『キガタガキタ』の鬼形くん、パンチラを文字通りガン見するの巻。(´・ω・`)
ルイ >> だってほら、ロスタイムの時にさ、「そこにいない」のにさ、皆に等しくユルネヴァが聞こえるわけやん?そんなんもう、天使の歌声やん?
ルイ >> あれは「あててんのよ」の眷属「みせてんのよ」という理解でよろしいか。
LD >> >勿論そうですよ。|えwちょっと待って。そんなだったっけ?wいや、僕もタイトルの意味わかってなかったけどw
ルイ >> しかし西条先生なのに常識的なお胸だなぁ。
LD >> 妖湖くんはいいですよね。さっき『めだかボックス』の元会長にもう一捻り欲しいという話をしたけど、その答えがここというか。当然初登場で『積み』はないんだけど、キャラ立て充分なんですよね。
kichi >> どうやらそうだったみたいですねぇw>みせてんのよ   ……狙いが違うので、バレた時の効果は真逆な気はしますが
LD >> ルイさんの言うとおり、PG(ポルターガイスト)の胸との対比ではないでしょうか。
ルイ >> 確かに、なんか嬉しくないw>みせてんのよ
ルイ >> うん、恐怖新聞と取り合う構図はガチで期待。
GiGi >> ハンザの先生それは大人のマジックとは言わないw
ルイ >> 大人のマジックではなく、ただの女の武器ですねw
kichi >> ……というか、単に罠ですもんね……(´・ω・`)あててんのよは罠っていうよりは積極的アピールな感じですが
ルイ >> 『ドカベン』やっぱ亀井みて思いついたろこの展開。
ルイ >> まあ、後で今度は頬染めながら同じこと言うんですよ。そのときあててんのよの真の力が解放される
kichi >> 「ドカベン」好調ですねぇ。そうかぁ、辞める相談だったのかぁ……。なら納得するしかないなぁ。
ルイ >> 果たして山田の「まだまだ若いよおれたちは!」は、御大一流のフラグなのであろうか。待て次号。
LD >> 『冥王神話』はやいよ、母さん(´・ω・`) 時代は母さんかと思ったのに。
ルイ >> 現役引退っていわば「戦死」みたいなものですから、同期の桜が一枚散るのは十分にシフトたりえるでしょうね。
GiGi >> 母さん逝っちゃいましたねー。
ルイ >> 『冥王神話』いやだからさ、こっちが正史でしょ← あんなシジマが弱いセイヤとかみとめんよ。
LD >> 『シュガーレス』は…よ、よかった。岳の出番が出来て…。(´・ω・`)という感じです。
ルイ >> しかし、母さん、パンドラ様ガン無視でしたねw
ルイ >> パンドラ様にも一言かけてあげてほしかったけれど、天馬とのやり取りを観ていて十分わかったかな。
ルイ >> クローバーに2P見開き水着カットなんてもんが来るとは思わなかったぜ。
LD >> ヒュドラ「岳がやられたらしい…」、ハク「……っふ、しかし奴は一年四天王の中でも最弱の男」、マリモ「…仮にも主人公にその言い草はかわいそうじゃね?」
ルイ >> 『シュガーレス』売れえ。
ルイ >> まあ、岳の意義は理屈先行の不良世界にあって、岳もまた動機は理屈で見つけたとはいえ、決めた後は本能で殴りにいけるところでね。そこはもう、あの中じゃ特別なんですよね。
ルイ >> 『釣り屋ナガレ』が必殺技バトル状態で地味に面白いのだけれど、そういやこれ魚釣ってないなw
ルイ >> フン!て鼻息がかわいかった。
ルイ >> 『ムショ高』楽しいんだけど、この先輩3+1年3で6、というのはちょっと予定調和すぎてつまらないな。数増やせませんか。特に一年。
LD >> …そだっけ?手下とつるんだ方が強いって理屈を構築しつつもそれをゼロにして頂点目指し直している。ヒュドラの方が理屈侠気上じゃね?理屈関係なしに隙あらばシャケを獲ろうとしているハクの方がカッコよくね?(´・ω・`)
LD >> いや、実は『釣りキチ三平』とかにも、こういうリールの飛ばし競技編みたいなのがあって、けっこう燃える展開だったんだよね。
LD >> >『釣り屋ナガレ』
ルイ >> ん?いや、理屈で言えばヒュドラは理屈上だし、シャケの場合も彼の理屈に縛られてるって話でしょう、岳視点でいえば。岳は初日からシャケに殴っていって、単にボロ弱でかなわなかっただけだからwハクとかとは違う。
ルイ >> ははあ、困ったときは三平を読め的な。
LD >> 『任侠姫レイラ』はいい形で展開していますね。虚空がレイラのパンチを逃げられなくなるのが、バトルマンガとして見事。
ルイ >> 釣果を競うよりはわかりやすいですよね、そりゃ。でも釣り漫画で実際面白さがその順番ってのは敗北宣言に近いw
ルイ >> 『レイラ』あー田所さんでも誰でもいいから、解説役ほしいなぁ・・・
ルイ >> 今回二人の男がやってるんだけど、どっちも知った風だから伝達力が低いのがもったいない。
GiGi >> 解説役欲しいですね。バトル漫画として、というよりはプロレスのロジックなので。
LD >> あ、えー、うん。つまり、ボコ弱でもイキがるのを止めない岳カコイイみたいな視点ですかね。それは僕も思うなw
ルイ >> とはいえ、これはプロレスの真理のひとつ。例えば「ロープに振られたらとまればいいじゃん」とか、もうぜんぜんわかってない。それは「振られて技を食らう以上の、客を喜ばせるムーブ」が代案になかったら、ただの口だけの突っ込みなんだよと。その辺わかってない人が多くて困るぜ。
GiGi >> 奥義解禁も攻守交代の合図として使っていて、基本地味技しかない虚空僧侶がちゃんとプロレスやってるのは面白いんだけど
kichi >> 「レイラ」もとても良かったんですが、確かに解説はいた方がいいんでしょうねぇ。う〜む。
ルイ >> 虚空僧侶、これ裏拳だもんなふつうにw
ルイ >> よく三下をあしらう言葉に「吠えるな犬が」ってあるじゃないですか。岳はこれのカウンターで「吠えることも忘れたのかよ」って話ですからね。ど直球。
カルマ >> 「レイラ」確かに知ってる前提で語られちゃってる感はありますね>解説 通じるには通じるんだけど
ルイ >> 通じるんだけど、通じない人を用意しないと「コンセンサスに囲まれた空間」の内部の話になっちゃって、外の人が鼻白みかねない。
LD >> やあ、一応解説もしているんだよね。伝達力が低いというのは難しいな。僕がよく引き合いに出す『太陽のドロップキック〜』はそこがテーマがから相当そこをくどくど説明するマンガだったけど……。
LD >> ああ、だから『太陽のドロップキック〜』が、通過している道をちゃんとなぞらなきゃいけないんだ。本当は。それ前提で先を描くと伝わらない。>『レイラ』
ルイ >> だから、二人とも「わかっている」から。わかっていない人のいない解説はただの披露であって、なかなか紹介・説明になりきらないですよ。僕はこの「食らわなきゃいけない」はとても劇的なプロレスの奥深さだと思うし、勝手にプロレス漫画体系として話を進めていいところでもないと思うから、もっとよくできる、としか思えない。
GiGi >> 絵に華があるしなんとなくでも読めてしまうけど、ちょっと勿体ないよねってところですね>レイラ
kichi >> ……まぁ、やっぱり微妙な話ではあるんですけどねぇ。丁寧に解説されてもやっぱ興冷めな可能性はありますし(それは、通じてなかった人にとっても)、今回くらいの描写なら「そういうもんなんだ」と思える描写という気もして……、難しいところ。
ルイ >> 大まかには伝わるかもだけど、いやもっとここは!もっと感動するとこなんだここは!
LD >> >通じない人を用意しないと| 解説役二人して納得の会話しているんじゃなくって、一人新米で「なんで、攻撃ウケなきゃならないんですか?」とか聞き返さないと“際立たない”って事ですね。
ルイ >> まあチャンピョンが単純に掲載位置で語れるかどうかはおいといても、レイラに外向きの訴求性みたいなものを感じないとしたら、そこが原因とは思うのです。あとはまあ、単品としては楽しかったです。
ルイ >> ギャンブルフィッシュはちゃんとポニ子ちゃん置いたのがえらいよね!
GiGi >> なんだろうな。読み手側が上手いこと優越感を感じられる構造にしないと上から目線に見えちゃうとかそういう話で。うん。難しい。
ルイ >> (そういえばバキを軽々とスルーしてたけど、まぁいっか。いや、汗同様、足震えたり、びびりまくってるのが逆によかったです。今から「びびらない」サイドで格をオーガまであげていくのは無理があるでしょう)
GiGi >> 分かってる人間が楽しいのは当然で。そこで満足しちゃ「もったいない」よね。というのは期待の裏返しなんだけれども、これで良いと言われれば返す言葉はないので。
ルイ >> なぁるほど!って誰かが言ってくれると、ナガレで自分もそう叫びやすいですよね。サクラじゃないけど・・・いや、LDさんご執心のメタ視点で言うなら、サクラでいいんだ。作者がサクラを用意しとけって話が単純かも。
GiGi >> うん、あらためてオーガをビルドしてるのは好印象だった>刃牙
LD >> さて、一番決めましょうか。
ルイ >> そうなんですよね。オーガとバキを同じ意味で上げるのは無理だから、もう「世の中で親父にびびらない息子がいるかい!?」とかいって開き直った方がよほど「届く」気がする。
カルマ >> わからない子「どうして避けないの?」→わかる夫「レイラがパワー勝負の流れに持っていった。こうなると観客の手前避けられない、プロレスラーのプライドなんだ…」(見開き)みたいな?
ルイ >> まあ、そこまで説明口調だとアレですけどねw>カルマさん その方向性で、どう読者感情を誘導するかという話ではあるかも。
LD >> うん、『レイラ』は当然ブックがある世界前提で語るんだけど、そこに「ブックがある!」という激白のようなものはなくって。だから作劇はブックがある事に対する必然的な思考で語るわけだけど、まだ読者にその世界観が周知されているワケではないよって難しさですね。
カルマ >> 下のは思い切りやる夫メソッドw 悪い例で行くと上条先生とかこんなノリですよね。>説明
ルイ >> トリコ、ガマラン、ベビステ、バチバチ、冥王、ケルベロス・・・こんなとこ?
ルイ >> ああなるほど、やらない夫みたいだw
ルイ >> ああそう、読みきりよかったですね。特徴が構造主体ですねってだけで、できが悪かろうはずもないので。まあ、化物語ぽかったけどw
kichi >> ジャンプ……「トリコ」か、今回の話だけで言えば「めだか」も良かったかな。……う〜ん、まぁ、「トリコ」かなぁ?
LD >> ジャンプは『クロノマンション』ですかね。
ルイ >> 周知認識のズレ、というのはわかりやすい答えかも。
kichi >> サンデー………………「結界師」かなぁ……。
ルイ >> サンデーなー。
LD >> サンデーは…なし。
GiGi >> サンデーはキングゴルフも良かったですよ。
kichi >> マガジン……「ガマラン」ですかねぇ。
GiGi >> マガベビステ。とはいえ今週はやっぱりバチバチかな。
LD >> マガジンは…『ガマラン』かな。
LD >> チャンピオンは『バチバチ』、『キガタガキタ』かな。
カルマ >> ジャンプは「トリコ」ですね。
kichi >> チャンピオンは「バチバチ」でしょうね。「ANGEL VOICE」や「ケルベロス」も良かったですけど、「バチバチ」が鉄板過ぎますね。
カルマ >> サンデーはなし。サンデはほんと言うことが無かった…
LD >> 『ガマラン』か『バチバチ』……まあ、今週は『ガマラン』でしょうね。
カルマ >> マガジンは「ベビステ」。
カルマ >> チャンピオンは「バチバチ」ですね。
kichi >> ええっ!?Σ(`・ω・´;)>ガマラン
カルマ >> キガタはこれ3話なんですよね?1話が凄い気になるです。というか短期連載みたいなのもあったんでしたっけ…?
ルイ >> 1話と読みきり時は似たようなもんでしたね>キガタガキタ とにかく事件にいきなり現れて解決する、みたいな。
ルイ >> まあガマランかバチバチだとは思うよ。その先がそんな言わずもがなノリかはしらんがw
LD >> 『バチバチ』にします。
LD >> あれ?w今週は『ガマラン』でしょうね。は、タイプミスです(汗)
LD >> だから『バチバチ』です。
ルイ >> 伊織の良さは、ガマランの蓄積あってこその良さなんですよね。まがりなりにも武器ギミックものとしてずっとやってきたから「それはそれとして、とにかくつえぇ」が映えるという。まあ、ガマランもすごくいいと思ってます。
kichi >> やはりですかwなら納得ですw>ガマランタイプミス
カルマ >> 「ガマラン」は伊織強いというのはあるけど読んだ時にもさほど…?前の直善の表情とかのが。
ルイ >> LDさんも人を踊らす術を身につけてきましたなぁw
カルマ >> あぁ、驚いたw>タイプミス
LD >> それでは皆様、お休みなさい。
ルイ >> ぎりぎり持った。しかも一番お喋りだった気がする。・・・・・・・・・・・・・・いつものことか!では!
カルマ >> おやすみなさいませ〜
kichi >> おつかれさまでした〜。
GiGi >>


■■■■2010年08月24日■■■■
ルイ >> うーん保健室の死神が好きすぎて困るぜ。


■■■■2010年08月25日■■■■
備品 >> http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100825-00000568-san-ent まだまだ若いのに残念です


■■■■2010年08月26日■■■■
ルイ >> 個人的には年齢とか能力は、まあ置いといて。それを惜しめる幸せというものを感じますね。変な話だけど、人の訃報を聴くと世界の素晴らしさに感動する。
ルイ >> 当事者や家族の方は大変なんですよ。巨人のキムタクコーチなんかもそうだから、だから当事者の前ではそんな事言わないけどね。でも、ああ人生っていいなぁと思います。
LD >> ■今週の一番は…なんか先週土曜日すんなり集まった気がするので土曜日にしましょうか。8月28日(土)の24時から開始予定です。


■■■■2010年08月28日■■■■
LD >> |ω・`)。o(ちょっと待っててね)


■■■■2010年08月29日■■■■
LD >> 【ScanSnap】やべぇ……裁断機が来てから、今まで、ScanSnap回しまくり…(´・ω・`;)
LD >> チャット始める前に、ちょっと一息な。(`・ω・´)
LD >> ちょっとエネルギー補給できるもの買ってくる。0:15か0:20くらいに戻って来ます。
GiGi >> おなかすいた。ワシもなんか買ってくるかな。
LD >> ただいま!(`・ω・´)ノ
ルイ >> 準備中。
LD >> おお…やはり土曜夜はGIGiさんがスムースに現われるぞ?
LD >> (もぐもぐ…)
kichi >>      あかずきんちゃんごよ〜じ〜ん♪(´・ω・`))))こんばんわ〜
LD >> まあ、何と言うかスキャナー酷使しまくりだったのですよ。
LD >> にっせものは♪だあれ?♪ こんばんは〜(=´ω`=)(←タイトルすり替えた!)
GiGi >> 来週と再来週はちょっと厳しいかもーまあ任せます
LD >> という事は『オオカミさんと七人の仲間たち』を楽しまれてますねえ〜?
GiGi >> 最近ブログ更新しようとすると気絶する…なんか考えないと…
LD >> GiGi。まつろわぬ御仁よ…(`・ω・´)
カルマ >> こんばんは〜
kichi >> ……えっと、まぁまぁ?(´・ω・`;)凄く楽しんでるって感じではないですが……>オオカミさん
LD >> 気絶してるんだw
GiGi >> 雑誌のスクラップの意味がまったく変わるでしょうねえ。新書のスキャンとかには私は否定的ですが。
LD >> 僕は、けっこう楽しんでいて。地蔵さんとデートの話と、ネズミの嫁入りの話は良かったです。>『オオカミさん』
kichi >> 私は地蔵さんの回までですね。……TLでの反応とかの感じからいって、原作ファンのウケは悪いっぽいですが、地蔵さん側の描写をカットしてオオカミさん側に絞るのは、まぁ、アニメ化の仕方としてアリではあるのでしょうかね……。
LD >> >雑誌のスクラップ|今、正に直撃している所wというかぶっちゃけ、少年誌1冊分を電子化するのに、さほ労力がかからない事が分かってハイになってたところw
LD >> >原作ファンのウケは悪いっぽい|へえ…僕は、二本柱を並行して進めたから満腹感が味わえたのですが…。でも、地蔵さんが可愛いのでもっとみたい!って気持ちはわかります。
kichi >> 私は読んでないので聞いた話ですが、そもそもデートまでの流れの部分でも1冊かけてて?、デート中の話も地蔵さん側は明らかに省略されてる感はありましたからね。地蔵さんはかなりの人気キャラという話なんで、大幅カットが不満だったという噂……。
LD >> 今までスペース的に、読切と、単行本化されない連載をスクラップするのが限界だったけど、それは目次観て確認する作業がけっこうバカにならなかったんだよね。丸ごとスキャンしていいなら、何も考えずに流れ作業でできる。(↑)
kichi >> でまぁ、個人的にはたぶん1クールなんでしょうし、ある程度オオカミさんの話に絞った全体構成って意味ではアリなんだろうなぁ……といった印象でしたね。
LD >> わかるw地蔵さんが人気あるのは分かるw
LD >> あと、慣れたか、トーンが変わったのか。黒子さんのナレが気にならなく…いや、むしろ心地良くなってきているのが大きいですね。
kichi >> ん〜、まぁ、慣れはしましたねw 心地いいってほどじゃないですがw
LD >> ねずみの嫁入りの回の、執事の女性陣全員ダメ出しはけっこう良かったw
ルイ >> なんだかネットの調子がわるかぁ…ぼつぼつ消えるかも。
ルイ >> ナレーションは全然心地よくねぇや。
LD >> 多分なんですが、おとぎ話語り手的、やさしい解説から、単なるツッコミにシフトして聞き口が楽になったんじゃないかと…。>ナレ
LD >> ルイさん、PCの調子悪くなること多いですね?環境が悪かったり?
LD >> さて、エネ補給も済みましたし。(もぐもぐ)一番に入りましょうか。
GiGi >> PCじゃなくてドリキャスとかPS3とかでログインすると良いんじゃないかな(ぇ
ルイ >> ケーブルの接続がこう「ここ」というのを見つけないとブチブチいく事がたまにあるのですよね。ケーブル買ったばっかなんだけどな。ルータは何か、契約自体改めるでもないと買い換える気がしないw
LD >> あ、なんか、どっか海外のメーカーとかがドリキャスの新作ソフト出したりしているんだってね。
LD >> 2chで「『青6』がある限り、ドリキャスは永遠の現役だ!」と宣った人がいて、ルイさんかと思ったが、多分違う。
LD >> ああ…うん。ルイさんのプロバイダ思い出したけど、あるいはちょっと回線弱いかも。
ルイ >> それは僕です(しらんけど
GiGi >> メガドライブの新作。http://gamez.itmedia.co.jp/games/articles/0908/26/news095.html
ルイ >> ブラジルではジェネシスじゃないんだ・・・
LD >> ジャンバイくら。
ルイ >> 本体内蔵のゲームで遊ぶってことは、ゲームハードから買い与えて終わりの玩具にシフトしたって事よね。
ルイ >> つかね、日本に7人くらいはいるよ。ドリームキャストとは即ち青の6号の事だ、という人が。
LD >> 『ブリーチ』、んんん…藍染隊長、マジでこのまま鏡花水月、使わずに戦うつもりだろうか?
ルイ >> チャットと呟きをセルフ連動させるか・・・たまに。
GiGi >> ジャガーさんは思ったよりちゃんとオチがついたなとか
ルイ >> 鏡花水月はなかった事にしたほうがいいと思う。よくわからないし、わかるようにならないだろうからw
ルイ >> 鏡花水月の能力を大きく取れば、彼の戦域に入った人は皆アウアウで、5巻くらいあとに「という夢だったのサ」とか平気で言えちゃう気がする。
kichi >> (こっそり同意)o。(´・ω・`)>鏡花水月よくわからん
LD >> 『ドラゴンボール』で“超サイヤ人”ってワードが出た時「それは大猿状態でマックスパワーって事ですね?怪獣万歳!」\(`・ω・´)/ って思ったんだけど、何だかよく分からない金髪のヤンキーが出てきてショボーンとなった記憶を思い出している。
ルイ >> GTでも観てなさいw
カルマ >> わかってるのは鏡花水月の条件とやらに当てはまってないのが一護だけとかいうことくらい。条件はしらね。>「ブリーチ」
LD >> ルイさんの意見の逆説として、鏡花水月を使って欲しいという気持ちがあります。言葉の流れに沿って言うなら、よくわからないから何処まで行けるか見せて欲しいというか。(僕自身の感覚はよくわからないとも違うんですが)
ルイ >> 卍解見せるとアウトっていう条件までも知っているのだけどね。「あの時見せたって言い切りができるからw
GiGi >> 実のところそもそも藍染隊長が何をしたいのかよくわかってない
LD >> 金髪ヤンキー→金髪眉なしヤンキー→と来て、それもようやく慣れたかな?って時に、ヤマンバが出てきて奈落ショボーンとなった事を思い出している。>『GT』
ルイ >> 藍染隊長が何をしたいのか、は難しいですね。でも、変に理由をつけないままのほうがいいのかな。愛した女性を失って、とかいいでしょ?もうw
LD >> なんか多分、人間界と、死神界を消滅させて神と対決したいとか、そんな感じの事を考えているじゃないかな?>藍染隊長が何をしたいのか
ルイ >> 『ワンピース』が休載するらしくて、ワンピースというリアルタイムの伝説を観る身としては正直「残念」です。
GiGi >> いや、別に新世界の神になるでもなんでもいいんだけどw。俺Tueeeしたいだけ?ウラハラにコンプレックス?みたいなのもわりとショボーン
GiGi >> やーでも1ヶ月くらいいいじゃない。むしろそこで2年の時間跳躍するならアリなんじゃないかな。
ルイ >> そこに山があるから、というノリでいてくれたほうが藍染の格は落とさないで済みそうだが。
LD >> 再開したら2年後(物語時間)という話も小耳に挟んでおります。>『ワンピ』
ルイ >> なんかね、わかるんだよ。わかるけど尾田先生に、ワンピースにそれはみたくなかったというのがある。だってわかるという事は、漫画的に普通なのだもの。今gigiさんが言った事がまさにソレで、そういう仕組と「わかる」から「残念」。伝わるかな。
ルイ >> そこを圧縮しないで突き進み続けたのがワンピースのワンピースたる所以だと思っていたのさって話。
kichi >> 1ヶ月休載は別にいいですが、2年の時間跳躍にはちょっとしょんぼり感……(´・ω・`)たしかここまで1年も経ってないのに2年は飛びすぎじゃ……
GiGi >> うん。わからないw。
カルマ >> あの激動の世界で2年潜るってことは様相まるきり変わるはずなんだよなぁ…とは少し思ったり。
LD >> 藍染隊長「このどうしようもなく、退屈な世界を創造した神が許せないのだ…」←こんな感じ?
カルマ >> 修行フェイズはアニメで緻密に描いてくれるよ()引き延ばして期無い実で
カルマ >> →引き延ばし的な意味で
GiGi >> そんな感じですかね−。惑星のさみだれのアニムスとかはわかるんですけどねー
ルイ >> そんなわかりにくい事を言ってるつもりもないのだが。休載の間を利用して積みを省くなんて、極めて常識的すぎてね。ワンピースは50巻の積み上げをそのまんま晒して「よーし序章終わったぞ」って言える化物漫画だと思っているから、理解の範疇にある事が少し残念だったという事なのよ。
ルイ >> アニメ任せはNARUTOが発明したメソッドかもしれん。
GiGi >> ルイさんが何を“理解”しているのかがわからない。
ルイ >> 藍染、人間界にいたわけじゃないから「死神界にいての鬱屈」とかは想像に想像のダブル重ねでぴんと来づらいってのはあるな。
kichi >> ルイさんの言いたいことを理解はできますが、私には全く無い感覚ですねw 私は純粋に作品の中身だけを楽しんでるというか、尾田先生の化け物っぷりを楽しむって感覚はほとんど無いもので……。
LD >> 「ぬらりひょんの孫」のボスキャラ、安倍晴明。宿願の千年(永遠)の生命。鬼童丸とか、土蜘蛛とかが、余裕で千年生きてきちゃっててすっげぇ切ないww…しかし、それ故、かっこいいと言えるかもしれないw
ルイ >> 2年飛ぶ事とかね。まあもう書いたからいいや。
GiGi >> ワンピースは1話から2話の間で一回10年跳躍してて、その間の話を50巻かけて解凍してきたという読み方もあり得るんじゃないかな。
ルイ >> すぐ切れるなー。
kichi >> ちなみに今回の「ワンピ」ではロビンの横顔の可愛さが妙に印象に残りましたw
カルマ >> あの世界の感覚だと半年の修行で化け物レベルに成長してもおかしくないんで、それくらいに留めて修行フェイズをいろいろな情勢を絡めながら描くという選択肢はありそうに思えます。 が、2年を描くとなるとさすがに長すぎる印象が強いです。
ルイ >> 『ぬらりひょんの孫』は良い感じですね。ずっと都を管理したいのだ!というのはエゴを捨てた先のエゴという感じで好み。
GiGi >> 問題は2年後のウソップの体型がどうなるかだ(ぇ。
ルイ >> 安倍晴明は、自分で自分が図抜けた才能とわかっていて、先の世への信頼が持てなかったのですね。優れすぎるってのも考えものだな。
LD >> kichiさんの言うとおり、ルイさんの話は尾田先生の化物っぷりを楽しむって話に思えますね。そして、まあ、それは僕は分かるw底なしであって欲しかったみたいなwでも、まあ休んだからと言って尾田先生の何かが減じるわけではないですよね。
ルイ >> ま、残念という感覚自体が通じるのであれば、その先の是非の話では別にないので。
カルマ >> 尾田先生は描きたがったけど編集が止めたという脳内妄想をするという手はw>化け物っぷり
GiGi >> 尾田先生が1ヶ月休むと言うことは通常の人の5年分くらいの意味があると逆に考えるんだ
LD >> しかも、晴明の言っている事を、そのまま受け止めると「人と妖が仲良く生きている(おそらく適当に互いの数を減らし合って)世界」を作り出しているんだよね。なかなか興味深いキャラを出してきました。
ルイ >> そうですね。安倍晴明のエゴの範囲をどう取るかという話になるか?要は「陰陽道が中心にあり続ける世界」が彼のエゴの対象なのかもしれない。
LD >> 『銀魂』は、よく分からないけど戦闘メガネがかっこ良くってよかった。(`・ω・´)
GiGi >> 晴明さんは分かりよいですね。調和のとれた世界を維持するために不老不死になったるぜーと。
kichi >> 「ぬらりひょん」良かったですね。月夜を百鬼が飛ぶ様子とか、絵的にも魅力の多い回でしたし。
ルイ >> もう今回の金未来杯はクロノマンションの一強かYO!
LD >> ああ…そこで“陰陽道”というかあ…。灰色の魔女じゃなくって、陰陽の調和なのかもねえ…。始皇帝な感じもする。
ルイ >> 安倍晴明とある程度対比が取れるのが、ゆらのご先祖様ですよね。まあアイツもなんだかんだいって話しかけたり干渉する時点で、人間あんま信じてないし自分を信じてるんだろうけどwそれでも、血を信じる力があった。
ルイ >> つまり、なんか、配置的に案外ベストに近いベタ−状態>安倍晴明
ルイ >> 雨中
ルイ >> 宇宙卓球は、宇宙人が魔人ブウ状態なのはなんとかしてほしかった。
カルマ >> 安倍晴明が再誕するとちょっと歪んでるとか、彼の世界感覚が京都止まりになっちゃうとかはあるのかな
kichi >> 読切「宇宙卓球」は……少年のキャラはもうちょい普通目の熱血少年で良かったんじゃないかな?って印象ですね。逆に宇宙人側の変度はもっと上げても良い感じ。
LD >> いや、この形勢って晴明は表(陽)の集団として陰陽師(花開院含む)を、裏(陰)の集団として百鬼夜行をそれぞれ率いていたってことでしょ?ちょっとすごいよね。
GiGi >> 宇宙卓球は荒いけどそんなに悪くはないんじゃないかな
kichi >> 「バクマン」、思った以上に詳細にPCPの内容考えてて大変そうw しかし、結局ライバル君が点火って部分は諦めちゃったってことなんですね? 妙にそこに注目する流れだったこともあり、しょんぼり感もあるんですが……、さて?
ルイ >> 安倍晴明が京都どまりってのはある・・・というか、彼の実験が成功した小宇宙状態なのでしょう。
LD >> 『ギャグマンガ日和』のライフセイバーは面白かった。
GiGi >> 本当ここまでプロット詰めると漫画にしないのがもったいないw>PCP
ルイ >> 『宇宙卓球』確かにつまんなくはなかったですね。
ルイ >> 『バクマン』PCPの「ホラ面白いだろう!?」感が凄いw
kichi >> 「ライフセイバー」は……正直言うと面白いより不快感がやや上回った感じ……かなぁ? いや、面白くもあったんで微妙な線ではあるんですけど、あまり気分良い読後感ではなかったです……。
LD >> 『べるぜバブ』はバレーの決着は簡単についてしまったけど、この展開はなんだろう?他の悪人乱入で六騎聖とは「ふ…貴様、案外やるな?」「お前こそ」みたいな?そんな?
ルイ >> 『べるぜバブ』の迷走感も凄い。だんだんタカヤに近づいてきた?
カルマ >> 「ギャグマンガ日和」この話は好みではないなぁ。ライフセイバーの方もそうなんだけど、メディアへの扱いがなんだかなぁ…とか
ルイ >> えちょ、LDさん「ろっきせい」ってどうやって一発変換してるん?googleIMEも機能しないよ?orz
kichi >> 「べるぜばぶ」はまさに迷走感ですねぇ……(´・ω・`;)
LD >> 『ライブセイバー』リトマスで、多分、kichiさんの方が僕よりも善良な人なんですよ。(`・ω・´)
LD >> いや、なんで一発変換ってwばらばらに打ってますw
kichi >> 「逢魔ヶ刻動物園」、今回は読みやすかったというか、いつも気になる説明過剰感をあまり感じなかったですね。ヒロインにもちょっと色っぽさを感じていい感じ♪
ルイ >> LDさんは一発変換できないものはシカトするずぼらさんだと思っていました。てへり。
ルイ >> 「六騎聖のアンケートがよくなかった」みたいな登場の仕方に思えて、なんだかね。>べるぜバブ
LD >> 『保健室の死神』は、まず、藤兄が、外へ出るとものすごい普通の人で軽くショックを受けました。(´・ω・`)
ルイ >> 『逢魔が刻動物園』は、うーん、僕は単純に巻きが入ったと思ってしまったがw
kichi >> …………善良……というか……、う〜ん? まぁいいやw
LD >> アンケート良くなかったかあ……orz まあ、基本優等生だから基本、怖くないし、意外性も乏しくなっちゃうのかもね?
LD >> そして、次に。満点ドリアンのお姉さんが美人。再登場させろよ。(`・ω・´)
GiGi >> 六期生がアンケートが良くないというのは納得の行く話
ルイ >> 『保健室の死神』は、本当に調子がいい。また勝負をかけなきゃいけないタイミングはくるだろうけど、基本キャラのパーソナリティ活かすだけでイケますね。
kichi >> 巻きというか、バトル方向への方向転換は入ったかな?という感じですかねぇ……。まだ下いるし、巻き入る状況までではないと思いたいw
ルイ >> 『スケットダンス』と『保健室の死神』の方法論は全然違っていて面白いなぁ。保健室の死神は「誰誰回」と言い辛い組み方をずっとしていて、大変だと思うのだけれど、こういうのが好きな人はやっぱり女性作家という偏見。含桜井のりお。
kichi >> 「保健室の死神」はほんと高度安定ですねぇ。
ルイ >> 『スケットダンス』はチュウさんとおねえさんが着地して…安形が生徒会長やめて・・・閉じてきてますね。あとはスイッチとオカルトの人、桃がらみ、最後に安形妹をダシにしたボッスンとヒメか。
LD >> 『めだかボックス』の球磨川は、何でも夢オチにしてしまう超能力者“夜行くん”の進化系って所かな?
ルイ >> 『ジャガーさん』思っていたより普通に終わりましたね。ある種常春系ギャグマンガの一つの型とすら言えるものじゃね?
LD >> …あ、どちらかと言うと「USO800」?……(考)ちがうな。でも、なんか近い。球磨川が年柄年中、ウソ(心にもない事)を言っている事と、彼自身の能力には関係があるような気がした。
kichi >> 「スケットダンス」と「保健室」の方法論の話、ほんとそうですねぇ。……でまぁ、チュウさんとおねえさんが着地というのも、正直あんまりしっくりはきてないんですよねぇ……(´・ω・`)
ルイ >> 球磨川は世界を拒否しきっているから、なんでも嘘ぴょんと言えてしまうし、出来てしまうということかな。
ルイ >> 拒否というか、ナメてると言った方が近いのか?この世界に対する上位視点を持っていると「思い込む」事が極北までいってしまえば、この世界のデータとかいじれそうですよね。怪我をなくしたり。

MANKEN CHAT(1.1)