漫研チャット
名前:
発言:
[正面] [取扱] [過去ログ]


■■■■2010年08月29日■■■■
kichi >> 「めだかボックス」は前生徒会長無事でしたねw せっかくいいキャラなんでホッとした気持ちもある反面、キャラの魅力自体は減じてしまってるので微妙感もあるのですが……、まぁ、今後の活躍の仕方に期待w 球磨川の能力は方向性としては何でも夢オチにしちゃうので合ってる気がします。
LD >> サンデーに行きましょうか。
ルイ >> ジャガーに触れねぇ気か・・・w
kichi >> 「ジャガーさん」……まぁ、普通でしたかねぇw
LD >> まあ、前回のルイさんの言うとおり、もういくらかキャラ積みが欲しかったですねえ。逃げ帰ってくるなら、この人退却させるのすげえ感がないと、なんだったんだろう?って思ってしまう。>前生徒会長
ルイ >> ちょっと急いでしまった印象は否めないですけどね。前生徒会長の凄みがたりてないので(想像はできるけど)逃げてないとか言い訳乙!って思ってしまうw
LD >> 『ジャガーさん』の最終回は……これも何か『楽園』の終わりの形なのか?とか考えてしまったり。たり。
ルイ >> 最終回だけメタ的に「繰り返す日」に突っ込むのって、結構型だと思うんですよね。あまり奇を衒わなかったなという印象が強い。
LD >> しかし、球磨川の“取り返しがつかない”やおじゃん“と言ったセリフは、物語の流れそのものを破壊する事を想起させる。
ルイ >> 藍本先生がうすた先生にコメ欄で敬意を表していたけれど、定型のないところにシンパシーを感じていたのだらう。
ルイ >> まあねえ。球磨川漫画自体を変えちゃったりできそうだよねw
kichi >> 球磨川は何でもアリに思えちゃいますからねぇ……、何か条件とか限界とかが設定されてはいるのかな?
LD >> 『ハヤテのごとく』ですが、このイルカの同人誌ってお嬢様が作ったの?
ルイ >> うん。かつてめだかが何をどうしたかって話ですよね>球磨川の条件、限界 肉体的にベッキベキにしちゃえばいいのか?精神的には「球磨川をこの世界に定着させてしまえばいい(視点を落とせばいい)」と思うのだけれど、方法が理屈っぽくて綺麗じゃないか。
LD >> >何か条件とか限界とかが設定されてはいるのかな?|いえ、僕には球磨川の能力は条件も限界もなくって、ただただ“自重”しているように見えます。それが球磨川というキャラの恐さじゃないかと。
ルイ >> いや、以前同人誌で出会った新キャラが作ったのでしょう。描き分けできないのにこれ以上広げられても困るんですけどね>ハヤテ
LD >> …!そんなキャラいましたっけ?(´・ω・`;)>以前同人誌で出会った新キャラ
ルイ >> 『マギ』はモルジアナが本当すっかり「貴方の武器」化しているけど、まあモっさんエピを経たあとだからいいかな。
ルイ >> メガネがコミケにいった時であってましたね。
kichi >> …………う〜ん、自重もしてると思いますが、際限なしだとさすがに作品として成り立たなくなるというかw 例えばセリフの『』が取れた時が球磨川の負ける時なんだろうとは思ってるんですが、それがどういう状況下で起こりうるのか……って辺りでしょうかねぇ?
LD >> 『アラゴ』は狼男が出てきました。吸血鬼とかフランケンとかも出すといいと思うです。
ルイ >> 『アラゴ』いいすね、ライカン強そうで。
LD >> 正にそこで僕は球磨川というキャラは“作品として成り立たなくなる”キャラという捉えかたをしようとしています。彼が本気を出すと作品そのものが成立しなくなるというか。…最近ちょっとそういうキャラにメタキャラクターというラベルを用意して分析中です。
kichi >> 「マギ」はやっぱモルジアナ良いですなぁ……。……アリババはやっぱもうちょい頑張ってほしいところ(´・ω・`)どうしてもモルジアナに立てられてしまうね?
ルイ >> まあ、そうですね。アリババの「足りてなさ」を、「モルジアナがこれくらい従ってるんだから」と補正して読んでる印象はあるw
ルイ >> 『キングゴルフ』戸川に叩き込まれた負け犬根性が泣ける…w
ルイ >> でも、本当に凄いゴルファーは一回の勝利で精神ごと叩きおる(から、マッチプレーとか強い)ってのがタイガー・ウッズから抽出したキングゴルフ像だと思うので、戸川は初の被験者として正しいな。
kichi >> 「アラゴ」、狼男いいですね。あと、うっかり「アラゴかっこいい」に同意してしまうリオも良しw
ルイ >> Got ya!
ルイ >> 『ケンイチ』キックを打たれた隙に神経のツボでも撃ちぬいたのか?何か凄い死に方でうね。
LD >> 「この能力には“条件”や“制限”をつけないと“不味い”、物語として成立しなくなる」→「なぜ?キャラに備わる超能力は、物語が成立する範囲内とは限らないんじゃないの?」と、西尾維新という人はそういう考え方をしたりするんじゃなかろうか、と思ったり。
ルイ >> 『神のみぞ知るセカイ』ほんとにゲームみたいなキャラだな。やっぱり侵食してきてるんちゃうんかwラスボスあの目のでかいギャルゲキャラじゃないんかw
ルイ >> 『キミキス』を思い出すよね、ぶっちゃけ。>キス魔
ルイ >> 桂馬としては、ゲームみたいなキャラに「君は現実セカイの現実キャラ」と言われた格好で、存在否定もいいとこだな。
カルマ >> 「キングゴルフ」スイング以外にできることがイメージってのがあまりしっくり来てなかったり>「キングゴルフ」
LD >> さて、モルジアナ、チョーかっこいい!!ですね!(`・ω・´) 振り返ったその視線が凛々し過ぎる!(どの画か分かるよね?w)
kichi >> ……ちょっと考えてたんですが、球磨川のセリフの『』ってのはやっぱり一つのポイントではあって、たぶんこれがあることでメタ的に振舞えもするんでしょうけど、でも読者視点から言えばそれがあることでそういうキャラであることは分かりやすく認識できるってとこはあって、本気でメタなわけでは無いというか……、そういう記号にも思えるんですけど、どうでしょうね……?
ルイ >> 造形自体がメタを意識した造形だとは思う。体系化して面白いものが出てくるかどうかは若干懐疑的。こんなとこかな。
ルイ >> スイングが直せないなら、その間違ったスイングなりにイメージを修正するというかね。例えばバットスイングが鈍っているなら、そのスイングスピードや軌道に即した感覚を構築しなおせば、それでも打てる、そういう話だと思います。
ルイ >> かっこいいモルジアナが従うアリババかっこいいはず、という順番
LD >> >「君は現実セカイの現実キャラ」|あ、いい指摘…と思ったんですけど、ちょっとずれていますね。桂馬「完全な世界は僕の専門」→キス子「お前は完全な人間ではない」で。いやw微妙な差異なんですけど、そこにどんな意味があるかな〜って考えたり。
ルイ >> 『月光条例』口伝こわい、は上手い視点。
kichi >> 「神知る」はなるほど、侵食してきてる……ですか(`・ω・´;)あ、確かにキミキスは思い出しましたw
ルイ >> まあ、言葉は僕のいつものざっくりした括りではあるw桂馬がどう受け取るか、という話ですね。つまりさっき球磨川の時も「ナメてる」という誤解をはらむ雑な言い方をしたけど、その意味で桂馬と球磨川は括れるはず。(でも、メタキャラ云々とは語らないw
カルマ >> アリババはそんな高く見れないんですよねぇ…モルジアナが従うのは理解は出来るけど
LD >> あ、いい指摘です。だから『』が外れた時が球磨川の負ける時というのは良い線かも。>球磨川のセリフの『』ってのはやっぱり一つのポイントではあって、たぶんこれがあることでメタ的に振舞えもするんでしょうけど
ルイ >> 桂馬は、自分は上位からこのセカイを眺めているつもりだったんですよね。それはつまり造形物、システマティックだから全部読めるという話。そこに対して「完全な人間ではない」とは、そういう意図をふくんでいなかったにせよ、桂馬にしたら「お前もこのセカイの中のコマ」と言われてるみたいで、まさにこれこそが「視点を落とす」ワザですよねっていう。
kichi >> まぁ、スイングを意識する状態の方が稀というか、最初のうちや補正しようという時以外はスイングの良し悪しなんてそう意識するもんじゃないと思うんで、打ち筋のイメージに意識を集中するっていうのは私はしっくり来ましたね。
LD >> >若干懐疑的
ルイ >> つまり、自分の安定したスイングが構築されていれば、それが一番出現頻度が高いから、そこにイメージを揃えておけばいいってのが普通。ではたまにある「そうじゃない時」どうするかって話で。普通スイングとイメージ壊しそうだから、耐え忍べって話だとも思うんだけどね。こいつはそうじゃないと。
カルマ >> 「月光条例」口伝の魑魅魍魎感というか、すごく好きですね。ここまでが長すぎたけど、今週に限ればとても良かった。
LD >> >若干懐疑的 |とりあえず、西尾先生と、竜騎士先生を読み解くのに使えそう。とりあえずそれだけでもいいと思っている。ただ、裾野を広げれば『神知る』や『空色パンデミック』などにも使って行けるね。
ルイ >> うん。キャラの読み方などに使えるとは思うけれど、データ網羅とか出自とかはあまり魅力を感じ無いって話ですね。基本的なベクトルの方向性をその言葉で示して、そこから個別にチェックをかけるというのはわかるし使えるなと。
ルイ >> ちなみに「赤ずきん」は最初は口伝モゴモゴ 
LD >> 桂馬と球磨川を括れるならメタキャラ云々とか語ってもいいのにw
カルマ >> ふむ。普段からイメージくらいはするだろう…と思ったのですけど、現状に合わせたイメージの再構築ということなら分かります。けど、キングゴルフのこれは初めてイメージしてみているように感じていて…うーん。
LD >> それから、モルジアナの笑い方に、往年の連載『からくりサーカス』の白銀の笑いの正解を観た気がした。
LD >> 『八咫烏』ってちょっと違った形の『戦国BASARA』みたいになってる?
ルイ >> 壊れたスイングに対し、イメージは強固だから、そこに近づけていこうというのが「スイングの修正」の根底ですよね。じゃあイメージもぶっ壊しちゃえばいい、という話と解釈してますです。
kichi >> ……実は考えてて、『』が取れた時が本気を出した時って可能性もあるかな?とも思ったりはしてたんですけどねw その場合、なんらかの展開が起こってもそれが球磨川が起こしたのかどうか、読者にも認識できないくらいの感じに描くことになるのかなぁ……?とかw
ルイ >> まあねえw>語ってもいいのに LDさんが言葉に納得する当てはめを探しているようだけど、かなりケースバイケースだと思っていて、その一つに「世界を舐める」があるとは思っているの。でも、この辺作者の視点、キャラの動機や在り様を混ぜるとなんでもかんでもになるから、あんまり手をつけたくないw
LD >> 『最上の明医』は、なんで雀荘でバイトはじめてるん?麻雀するん?(´・ω・`)
ルイ >> そりゃ雀荘の中はタバコが多くて肺が痛むからだよ(キリッ
ルイ >> 「はじめてのあく」デレ方に味わいがないな!←久々にはじあくに厳しい人きたー
LD >> ああ言いましたが、それは正しいです。>混ぜるとなんでもかんでもになるから|見てれば分かるけど僕自身がターゲットを絞れてなくて右往左往しているので、今、首をつっこむのは危険ですw
kichi >> 「結界師」、敵側のTUEE感もアップってことで、ほんとに最強VS最強っぽい感じになってきてて良いですねぇ……。そしてそこにお兄ちゃんがどう絡むのかも楽しみです。
kichi >> 「はじあく」は……この展開自体にあまりノれてない感じもあったりしてどうも……(´・ω・`)そんな中日常感たっぷりな登場の仕方だったアヤさんがよかったですw
ルイ >> 『ツール』はローランの視点を超える相手が出たのかな。
LD >> 『はじめてのあく』は、アヤ姉の胸をガン見している黄村と青木が納得いかん。お前らちっちゃいのが好きじゃなかったのか?!(`・ω・´)
kichi >> 「怪体真書」の桃たんって、設定自体は凄く好きな感じなんですけど、何かちょっと足りない感もあるんですよねぇ……。う〜ん。
ルイ >> テンプレを越えてきたところに魅力を感じるものですからね。
kichi >> 「ツール」は、ローランが想定外なほどの卑怯さってことかな?と思ったのですが、さて。
ルイ >> まあ、手段は問わないw>卑怯
ルイ >> マガジンにいくヨ!
LD >> マガジン行きましょうか。
ルイ >> 『AKB49』この漫画で名前覚えてしまいそうでござる。
ルイ >> 恋愛禁止条例ってのがなんかこう、『おねがいツインズ』の恋愛同盟を想起させるんですがw
ルイ >> 男の娘需要、ハーレム需要に応えたなかなか巧みな作品が始まったなと感心したものだよ。
kichi >> 「AKB49」なー……。正直全然興味ないから、48という数字にうんざりしてしまうw ほんと、覚えてしまいそうなんだけど、正直覚えたくないw
LD >> 『AKB49』についてルイさんが一言!(`・ω・´)
LD >> 割とつかみ良い一話でしたよね。>『AKB49』
カルマ >> 「AKB49」わざわざ世界的人気アーティストにした意味はよくわからなかった。口パクじゃないパラレルワールドなのは良いとして。
LD >> 『ハンマセッション』さすがに、学生は苦しすぎたか?と思ったよw
ルイ >> うん。構造的に色々楽しみですよ?ツイッターで変な事言ったけどw
ルイ >> そこが良いと思いますね>世界的にした それによって、現実との線が一本綺麗に引けて、名前を一文字変えたりしなくてもフィクション度が高まる。
カルマ >> 話自体はそんなに悪くないんですけど、主人公の動機がそばで応援したいというのはイマイチだったかなぁ…んー
ルイ >> ビートルズを超えた!ってうまいよねえ。「絶対ありえない」から、フィクションとしての線がきっちりでる。
ルイ >> 主人公の動機はイマイチですね。入っちゃえばうやむやになるレベルだとは思うけどw
LD >> 『エデンの檻』は、何か真里谷くんが覚醒しているの?
kichi >> ああ、そこは私もひっかかりましたw 流れ的に女装は見えてたから敢えてツッコムまいという気持ちも持てましたが、普通ありえない行動ではあるw>そばで応援したくて女装
ルイ >> まあ、こんなんタイアップありきの泡沫企画なんだから、動機で話数を割く愚をおかさないだけで許してやろうw
LD >> でも、僕はどうこう言うつもりないけど、ビートルズを超えた!って要らん敵作った事ないかな?w
ルイ >> ふむ。さっき言ったけど、スケール的に嘘がありすぎて敵にならんと思うけどもw
カルマ >> 僕はそこだけをネタとして消費させる隙を作ったように見えるかなぁ。>ビートルズ超えた  まぁ面白くなれば人気なんか後からついてくるのは漫画の強いとこだけど
カルマ >> 個人的な感覚では数十万枚アイドルとして売り上げてる現状で国民的とは言わないまでも既に日本
カルマ >> 既に日本で一番人気のあるアイドルとして描けるように思ってしまいますねぇ。
ルイ >> それはホントだからつまらないじゃないかw
kichi >> 「ハンマセッション」は、ほんと時代錯誤な展開でつまんなそう……って思ってたら最後にひっくり返してくれたんで、次回が楽しみではありますね。
LD >> くっそ〜!『A−BOUT』のノリに完全にシンクロしてしまっているぜ!俺様!(`・ω・´)
ルイ >> 主人公の動機面のウサン臭さは、言い換えれば描写不足って事なんだけど、配置的にこれはAKBの中にはいれちゃう俺ラッキーって位置なので、主人公が特別な物語を背負って、特別に動くのはちょっとまずいんですよね。
ルイ >> まあ、はやく48人が惚れて恋愛禁止条例を定めないかなーとw←バカ
カルマ >> 今週の「ハンマーセッション」は、初期のハンマーセッションっぽくて楽しかったですね。
ルイ >> 真里谷が熱血を見せるのは、そちらが「正しい方向」と言われているようでちょっとしっくりこなひ。
ルイ >> 『ブラディ・マンディ』もう、響がどこまで死亡フラグを回避できるかっていうクライムアクション巨篇だよね。
LD >> 『ガマラン』は、槍って本当はすごい武器なのに、それが逆に仇となったのか四神槍の特性が引手がすごいとか小手先っぽくなってしまったのが、ちょっと残念です。
カルマ >> 「エデンの檻」真理谷はそっち行っちゃダメだろう、という感じがしました。熱血は良いけど無策無謀でもおk、とするのはなんか違う気が
ルイ >> 槍なんて盾さえあれば大した事ないお。・・・なんの話だっけw
LD >> 死亡フラグ回避アクションか……ww(`・ω・´)>響
kichi >> 同意。>真里谷が熱血を見せるのは、そちらが「正しい方向」と言われているようでちょっとしっくりこなひ。  真里谷は冷静なポジションを維持しつつ、でも全体としては熱血な方向に流れるくらいが良いバランスだと思ったんですけどねぇ……。
ルイ >> 真里谷くんには誇りをもって嫌われモノで良かったのにね。で、主人公だけわかってあげるみたいな。
LD >> 故に、ザジの死亡フラグに見せかけた、真理谷の死亡フラグなんだよ〜!!!m9(`・ω・´)
カルマ >> 熱血であることと馬鹿であることは違うんだけどな…
ルイ >> 真里谷いないとこの軍団終わりだろうw
kichi >> 「ガマラン」は、割と雑魚気味な人達の技にも一工夫二工夫あって頑張ってるな〜感を感じたりw
LD >> 占い子のザジの死のビジョンは、真理谷のイレギュラーな行動によって阻止されるんだ。しかし、その代償はあまりに大きかったのだ!(`・ω・´)…とか?
ルイ >> 「ABOUT」文字通り志村うしろ!のシーンがあると期待したのに。
kichi >> 「A-BOUT」はなんかもう、安定して面白いっすねw
ルイ >> 「我間乱」は真之丞の格があがっていって面白いですね。
ルイ >> 最初、明らかに善さんとくくられていたのに、今伊織寄りだもん。作中一番成長してるかもw
LD >> 『むろみさん』、たっくん割と友達いたね。
ルイ >> 『むろみさん』は何か…残念です…←ワンピースに続き残念きたー!
カルマ >> あぁ、でも片腕失うくらいはあってもいいかも。>真理谷 ザジがその腕の分まで俺が戦う!的な>代償
LD >> >文字通り志村うしろ!のシーン|あるだろ。いずれ。(´・ω・`)
ルイ >> たっくんがコミュニケーションにも問題ないと何が起こるかというと、たっくんの包容力が大きくなって、それって単なるたっくんのハーレムじゃんと。中に人魚や同姓の河童を含むとはいえ。あんまりちゃんとしたたっくんみたくないお…
kichi >> 「ベビステ」はやっぱ岩佐はちょっと特殊過ぎてどうかなと思ってしまうものはあります……(´・ω・`;)あとエーちゃんの話をするナッちゃんの顔ユルみ過ぎじゃない?w いいけどさw
ルイ >> 『ベビステ』ときメモ大好きです!w
ルイ >> 『フェアリーテイル』ミストガン篇終わりましたね。
LD >> 『君がいる町』は…………会わないとどうなるかな?序列落ちる?
ルイ >> 『ゴッドハンド輝』いつやらかすか、という視点が加わっただけで緊迫感がだんちだZE。
LD >> もう、ミストガン帰ってこないの?
kichi >> 「フェアリーテイル」……う〜ん、やっぱ導入が悪かったのかなぁ……? なんかこの終わり方見る限りではもっと面白くできたエピに思えるんですが……。
ルイ >> 二度と接点はなかった的な描き方ですからね。劇場版フェアリーテイルみたいな。でもミストガンはいなくなりましたー。
LD >> ぶっちゃけ、ここしばらくは「患者の為に全力を尽くす!」とかいって何も起きず、忘れた頃にやらかしたら、ちょっとカッコいいね。>『ゴッ輝』
kichi >> 「君町」……ん〜(´・ω・`)しかし「A-BOUT」に反応を返してたのは良かったw
kichi >> 「ゴッ輝」はなんというか、熱血感5割増しくらいな迫力でしたねw いや、良かったです。
ルイ >> 『君がいる町』は最終的に、君がいる町にいるだけで僕は幸せっていう淡々ENDでも目指すのだろうか。
GiGi >> すま。気絶していた
LD >> タンピオンいきまそか。
ルイ >> 気絶w
LD >> ああ…気絶って居眠りの事かあw
ルイ >> 『ナンバデッドエンド』おい手詰まりじゃねーか!!orz
LD >> 『弱虫ペダル』そうかあ…御堂筋、策があるのかあ……なんだろう?
GiGi >> AKB49は前田あっちゃんの格をめちゃめちゃ高く書いてるのが面白いなー
ルイ >> 『ナンバデッドエンド』このデッドエンド感は凄いなあ。あの先生の家に言って、子供用の弁当とか描いてたのはこの為だったのか。小沢先生漫画上手いね←失礼
ルイ >> それは思った。スーパーエース状態ですよねw顔もw>AKB49
LD >> ん〜……一応、ナンバくんが本当に欠席、早退、遅刻ゼロで、補導歴もゼロなら、後は担任の評定次第という感じかな?
GiGi >> むう。マガジンが見当たらない
GiGi >> 御堂筋めちゃ演技派w。相手に敗北感を与えるのが目的なんだろうけど、そうすると勝ち切らんといかんわけで、どうなるんでしょうね
ルイ >> 無欠勤無早退無遅刻で近隣締めるってどんだけ素敵なのw
kichi >> 「弱虫ペダル」は、ふむぅ……(´・ω・`)というか、まだ2kmも残ってたのか……。だとするとあと2、3回ドンデンする可能性もある?w
ルイ >> 『弱虫ペダル』御堂筋、力ではなく「準備」と言った事で作品に対し安心しました。御堂筋の全能力オーバーヒートはいくないと思うので。
LD >> 『バチバチ』、吽形さんの物語から、脇の物語に入っていってますねえ。いい流れを形勢しています。
LD >> 素敵な番長なんでしょうねえwナンバくんはw
GiGi >> 無遅刻無欠勤はともかく無早退はかなり厳しそうですねえ。夜討ち朝駆けなんでもありが喧嘩ヤンキーでしょうし。
kichi >> 「バチバチ」良かったですね。楽しみな対決ではありましたが、直前での盛り上げ方も抜かりないです。
GiGi >> というか出欠の改竄があったとしたらそれは先生やりすぎ…とは思う
ルイ >> 『バチバチ』はなんかもう素晴らしいね。
ルイ >> でも、実際に無遅刻無早退無欠席なら、その場で剛がそう言えばいいのでは?
GiGi >> キガタガキタがわりと想定外のオチw。真斑沢妖子はレギュラー化?w
ルイ >> 『みつどもえ』夏休み最後の号で、松岡さんが丸井家から去っていくこのひと夏の終わり感。しかもみっちゃんの豚根拠つき。かなり完璧な一話なので一番候補←
LD >> 『シュガーレス』やっぱり卜部の方がカッコいいw「バカにされたら、ムカつく。それだけのことだろ」カッコいいw
GiGi >> うん。だから改竄しちゃったんでしょうねえ。どうするんでしょう。
LD >> 出欠の改竄があったとしたらそれは先生やりすぎ…でしょうね。しかも、その改竄によって入学を認めた生徒が実際に問題を起こしたんですから。改竄があったなら原則、詰みです。
GiGi >> 冥王は獅子が出てくると漫画のジャンルが変わるなあw
ルイ >> ああ、なら改竄で先生は糾弾されるべきなのか。為してきた事は為してきた事で、反省とか関係ないですからね。肩入れするにもルールはある。しかし子供に弁当…キツイな。
カルマ >> 「バチバチ」は良いですねぇ。
GiGi >> 内申真っ白にするくらいならまだ裁量だとは思うんですが。
ルイ >> 『ケルベロス』胸にほほをあててもまったく照れや逡巡がないのが良かった。
ルイ >> 『刃牙』何故名前を描かないwww
kichi >> 「みつどもえ」良かったですね。……舐めて分かるみっちゃんの汗。塩キャラメル味!w
LD >> いや、ちがう、ちがう。この時点では、ナンバくんはその意味がわからず、先生から「不良の素行がいいなんで、おかしい」と言われているだけだと思って反論していない。少なくともそういう可能性があると思うのよ。
GiGi >> レイラ今週よかったね。うん。こうやって観客を巻き込むと距離がぐっと縮まる。
ルイ >> 子供の頃のみっちゃんは他の二人と同じ体型だったのになんで雌豚にって、それはこの間にひとはの料理が上達したから。そしてみつばはいいお姉ちゃんだから、美味しいものを美味しい美味しいとムシャコラ食べるんですね。みっちゃんまじ天使
GiGi >> LDさんは無遅刻無欠勤のスーパーヤンキーの可能性があると考えてる?
ルイ >> 剛もうちょっとアタマがいいと思うんですが・・・w>可能性
LD >> ただ、素行不良と書くのはどうなのか?って考えがナンバにはあって、でも、そこなら担任の胸先三寸で済むって話かもしれないんだよね。
GiGi >> ALは最終回。今回はちょっと設定が奇を衒いすぎた感もありますが、また恐竜漫画かいてください
ルイ >> 車田聖矢がらしさ全開で面白かったのだけれど、これって冥王はーです篇をもう一度観てる気分だよねw
ルイ >> というか、最近の車田聖
GiGi >> うん、車田星矢普通に面白いなと思ったw
ルイ >> 矢は、ページ数が足りなくてまるで中身を感じ無かったので、普通に起承転結しているだけで嬉しくなったのかもしれないw
LD >> >無遅刻無欠勤のスーパーヤンキーの可能性があると考えてる?|最初の設定どうだったっけなあ?って思い出そうとしている。でも、可能性がないとは思わないし。僕は他の切り抜ける展開を思いつかなかった。
ルイ >> 高三くらいまでは普通に楽しくヤンキーもしていた時期もあtyたので、まあないんじゃないかと。
ルイ >> あ、中三の間違い。
GiGi >> タイトルに殉じて「切り抜けない」という可能性が一番高いかな…とは思った。ペナルティではなく自主退学の形みたいな。
ルイ >> 【シュガーレス】ちょっと記事書こうと思って、いややっぱりあやひーに殉じようと思ったのだけれど← 卜部ってよくないと思うのよね。LDさんどう思う?
kichi >> 「キガタキタ」良かったですね。これは予想してなかったけどとても綺麗なオチでした。妖湖がレギュラー化っぽいのも嬉しいですねw
ルイ >> 【ハンザスカイ】まあ、ナチュラルボーンマネージャーだよねw
GiGi >> ハンザはこういう話はアリ。
LD >> 『ハンザスカイ』そうかあ、絆創膏って絆を創るって書くのかあ…。ま、創(きず)を絆(つな)ぐ、って事だけどね。(´・ω・`)
ルイ >> 【キガタガキタ】完全に恐怖新聞がヤンデレという視点で観ているので、面白くてしょうがない。
LD >> ああ…ナンバは去っていったけど、皆の心に…みたいな?
kichi >> 「ハンザスカイ」も良かったですね。まぁ、順当な展開ではありますが、絆創膏の話も含め良い描写でした。
カルマ >> 「キガタガキタ」良かったです。2話から読んでるので1話がどんなだったのかがずっと気になっていますw その前の話とかもあるのか?
ルイ >> というか、レイラじゃないけど、【ハンザスカイ】の佐倉さんいいですね。今回彼女の一人称で話が進んでいて、すごく読みやすい。半座は初心者だけどアタマで考える人じゃないから、彼女の視点、価値観は必要。練習試合より早くても良かったかも。いや、でもそれだと退部の後悔がでないか。
LD >> 『キガタガキタ』は、「手、放していいよ」っていう妖湖が妙にしおらしくてよかった。その後に「ギチギチを放してたまるかゴラァ」って凄む所もw
ルイ >> 手は離していいけど、ギチギチは離さない。こういう所にキャラって乗りますよね。ヨウコいいキャラです。
ルイ >> 【釣り屋ナガレ】戦車対妖精。
ルイ >> 【冥王神話】はまさに「捲土重来」ですね。今度こそ頼むぞ、という気持ちがある。
ルイ >> 【レイラ】は観客との一体感、ドラマをさらけ出すのがリング、という価値観が出ていて良かった。でもこれ、最終的にレイラもまた、リングの上で全てを晒すという宣言ですよね。
LD >> 『冥王神話』、パンドラ様、泣いて化粧はげてるって、ちょっとキュンと来た。(`・ω・´)(←先週までティータ、ティータ言っていた奴)
kichi >> で、「レイラ」も良かったです。観客の視線、そのための試合という点が徹底してて。……でまぁ、先週の話を蒸し返しますと、この辺をちゃんと徹底してれば読者だって馬鹿じゃないんで、元々は分かってなかった人でも“気付ける”んじゃないかなぁ?という気もするんですよね。その深い良さまで。
ルイ >> 【AL】ああ、もうちょっと良くできたろうなあ。良い最終回でしたが色々惜しい。アルピノである事を武器にできるエピソードが欲しかったですね。
ルイ >> 読者というか一般人が馬鹿だから人気がモゴモゴ…いや言うまい。
LD >> それにしてもメフィストも相当、謎な人物である。
kichi >> だからまぁ、たぶん“物凄く巧い形で”解説入れるのがベストなのかもしれないとは思いますが、本当に“物凄く巧い”入れ方でなければ入れない方がまし、ではあるかも、とは思ったりもしましたね。
ルイ >> パンドラはデレないツンデレで魅力的だなぁ。
LD >> 『レイラ』は、なんかこう……グレート・カムイって人助けしまくってるな?っていうか、リアルヒーローが、表の職業でプロレスラーやってますくらいの勢いw
GiGi >> 沓馬は完全にメタキャラですね。最終的に車田星矢と大統一するくらいのアクロバットを期待しても良いのかも。
ルイ >> ヨウマが「次のディメンションで楽しむか」とか言い出したら開通しちゃいますねw
GiGi >> リアルヒーローがプロレスラーやってますワラタw。そこらへんがどこまでが本当の話でどこまでが法螺なのか境目をわからなくするとよりGOODですね。
GiGi >> というか車田星矢と手代木星矢ってどうしてこうなったのかはわからないんだけど、全然設定違うってのは手代木先生もわりと困ってる気はするw。そのあたりの葛藤から生まれたキャラクターなのかも。
LD >> やめれwそれやったらヨウマの正体はクロノスかゼウスになるw>ヨウマが「次のディメンションで楽しむか」とか言い出したら開通しちゃいますねw
ルイ >> っと、さっきLDさんに華麗にスルーされたけど、とにかくシュガーレスの卜部はイマイチよくない。良いけど、良いから良くない。
GiGi >> クロノスの線はわりと高いんじゃまいか
ルイ >> 卜部が群れる事をやめた時点で、そもそも今回そう描かれたように「岳の翻訳」ができちゃう人になるんだけど、それって立ち位置にさほどないという事で、岳の作品における特異性を邪魔しかねないと思う。だからそのうち死ぬ←おい!
ルイ >> ただ、ヨウマはどっかで殺さないと車田聖矢まで掻き乱してるはずなんですよね。
LD >> >だからそのうち死ぬ←おい! |ああ…鯉太郎に対する石川みたいな…。しかし、それは無いと言おう。死ぬ方じゃなくって立ち位置の事ね。
ルイ >> 鯉太郎と石川は単に似ているって話なんですけどね。岳の喧嘩馬鹿である事を選ぶ、という理屈っぽい中にあっての清々しさは、あまり周りにわかってもらいたくないなと。
LD >> 卜部も吠える男、ここは岳と一緒。タイマンだと卜部と岳の戦闘力は恐らく同じくらい。ここも岳と一緒。しかし、卜部は手下を従えて頂点を目指した。ここが岳と違う。その上での卜部はその方法、手下で頂点を取る道を自ら放棄した。ここが岳と違う。そして僕に言わせると岳よりも、卜部の方がずっと偉い!(`・ω・´)
ルイ >> フォローになってねえw
ルイ >> そういえばtwitterでLDさんが【ロストキャンパス】のレグルスを素直にかっこよく思っていたけれど、アイアコスの前に何も提示しなかったトラウマが僕の中にあるので、今度こそ頼むって気持ちが強い。
LD >> ルイさんが岳のいいところと言っている部分だけど、普通に考えるとそこはダメな所のはず。シロが毎日、体育館で超高所懸垂やっています。それを岳は「ダセェww」と笑うんだけど………お前の身分はいつから花山薫になったんだ?というw
ルイ >> 普通に考えるとね。でもこのシュガーレスという作品、理で動く連中が多いんですよ。だから「とりあえず噛みつけ」というのは少なくとも唯一無二だし、作者の理屈っぽいアタマを岳にほぐしてもらっているのかもしれない。
ルイ >> 沢山噛み付いているうちに歯が強くなった、というのが岳の到達点のはずだから、まあ、懸垂は馬鹿にするだろうw
LD >> 見方によっては…いや、普通にみれば、毎日努力して頂点を目指すシロの方が偉いだろう。頂点を目指すために手下の統率を覚え、その上で(そこまでできた上で)敢えてその選択を捨てた卜部の方が偉いだろう。岳はそれを笑うw……でも、どう考えても笑える身分じゃないはずなのに、笑う事を止めないのはそれはそれでカッコいいのかな?という一周感が岳というキャラクターだよねw
ルイ >> そうですね、岳みたいなキャラばっかりだと、岳はバカにされる対象だと思う。でも皆ががんじがらめだから、彼はなんだでこの世界の主人公なんですよね。普段ネタにしているけどw
LD >> さて、一番を決めましょうか。
ルイ >> ジャンプは…なんだろ?「ピューと吹くジャガー」「めだかボックス」「保健室の死神」
ルイ >> サンデーは「マギ」「神のみぞ知るセカイ」「キングゴルフ」
kichi >> ジャンプ……う〜ん、「ぬらりひょん」かな?
ルイ >> マガジンは「ベイビーステップ」「ブラディ・マンディ」
ルイ >> ああ、ぬらりひょんだ。ジャンプはぬらりひょんとジャガーに訂正。
ルイ >> チャンピオンは「みつどもえ」「冥王神話」どっちもw「レイラ」
LD >> ジャンプ、『ぬらりひょんの孫』。
kichi >> サンデーは……う〜ん、う〜ん、「神知る」かなぁ?
LD >> サンデー。『モルジアナ』だな。
kichi >> マガジンは……「ゴッドハンド輝」かな。
LD >> マガジンは『AKB49』…かな?
kichi >> チャンピオンは……「キガタキタ」で。
LD >> チャンピオンは『キガタガキタ』。
GiGi >> 「ぬら」「神知る」「AKB」「キガタガキタ」あたり?
LD >> ん〜『マギ』か『キガタガキタ』だと思うのよ。
カルマ >> ジャンプ「ぬらりひょん」、サンデー「神知る」
カルマ >> マガジンは…なしかな
カルマ >> チャンピオンは「キガタガキタ」ですね。
LD >> 『キガタガキタ』が良さそうですね。
ルイ >> まあようがす。ぬらりひょんにしたくもあったが。
ルイ >> ヨウコと恐怖新聞は面識がないのに、読者的には既に変則ハーレム状態なのが萌えるわぁ←間違った視点
GiGi >> ぬらかAKBかなとか思ってたけどまあお任せ。
LD >> 『ぬらりひょん』は話していると晴明のキャラが膨らんじゃったよねw
ルイ >> でも、膨らませられるって事は器があるって事ですからね。キガタも良かった。AKBはギギさんが何か語れw
LD >> はやく新聞破けて巨乳美人さんが出てくるといいなw>PG
GiGi >> いや、本当にちゃんとキャラが立ってるというか、LDさんも言ってたけどこの漫画で名前覚えそうだなーってのは素直にすごいなと。
ルイ >> 恋愛禁止条約というのは普通に考えれば主人公とクラスメイトの事なんだが、男の娘だとバレていない段階でAKBにメンバー間恋愛ご法度って決まりがあったらなんか萌えねえ?
LD >> 『キガタガキタ』にします。
GiGi >> メンバー間恋愛ですね。うむ。時流を掴んでいる。というかこの漫画の企画に秋元康はどれくらいかかわってるんだろうw
ルイ >> 言ってたのは僕とカルマさんですw>覚えられそう あと、ユニット存続という事から考えても、モーニング娘。が歩まなかったのがこの方向性で、これは面白いなと思いますよね。
ルイ >> 大袈裟に言えば、AKBの今後を占うビッグプロジェクトになりかねないので、秋元さんは関わっていると思うなぁ。まあ、短期連載だったらアレですがw
LD >> それでは、オツカレちゃん。
GiGi >> 乙ー
kichi >> 覚えられそう言ってたのはルイさんと私だと思いますが、まぁいいやw おつかれさまでした〜
カルマ >> 僕は言ってないw>覚えられそう ネギま!の岡村PがAKB48育てるゲーム作れば全員覚えてもいい(何
カルマ >> お疲れ様でした〜
ルイ >> てへ、ごめんw
GiGi >> こんなんでAKBの名前覚えるとかむりぽw
ルイ >> 前田敦子、ちぃ覚えた。


■■■■2010年08月30日■■■■
備品 >> いつも単発コメで申し訳ないですが、W最終2回の翔太郎が良いの、事務所でフィリップを探す翔太郎に、「さよならドラえもん」→「帰ってきたドラえもん」ののび太を感じました。


■■■■2010年09月03日■■■■
LD >> 今週の一番は、本日の深夜24時から開始しようかと思います。最近、土曜日を続けていましたが、今日は金曜日…どうでしょうか?
カルマ >> 僕はOKです〜>本日開始


■■■■2010年09月04日■■■■
LD >> |ω・`)
LD >> |ω・`) こんばんは〜?
LD >> さっきまでスキャナー取ってました〜。
カルマ >> こんばんは。バイトから帰ってしばらくFF14を弄ってました(汗 今からシャワってきますー
LD >> まあ、今もPDF編集中なんですが〜。もう、なんか猿ですねえ〜。
kichi >>      ……こんばんわ〜……(´・ω|夕ご飯をモグモグしつつ
LD >> こんばんは〜。FF14ってMMOなんですか?
LD >> |ω・`) もぐもぐこんばんは〜。
カルマ >> ですです。いまオープンβ中なので、レジストコード取れれば普通に遊べますよ。要求スペックえらい高いですが
LD >> やぁ〜、もうなんかこうねえ…ScanSnap最高ですよ?(`・ω・´)
LD >> 今まで僕の部屋の物が片付かなかったのは、ライブラリとして、捨てようとするそれを何時ひっぱりだす事になるか分からないという危惧…もうほとんど怯えからなワケです。
LD >> それが、なんという事でしょう。本棚から溢れかえっていた本が、次々とHDDないし光メディアに格納されて行くではありませんか。(`・ω・´) (声:加藤みどり)
LD >> あれ?
LD >> …と言うかGiGiさんとかは?
LD >> ルイ:あ、1番はレイラとトリコとペダルとネギまを推します。よろしくー。
LD >> え〜っと、取り込んでPDFに成形したファイルを編集しながら待ちます。
LD >> ん…誰も来なくなった…?
カルマ >> いますよ〜。キャラメイクでもして待ちます。 ってもさすがにCPU使用率がやばい…w
kichi >> ……おっと、ちょっとぼんにゃりしちゃってました……(=゚ω゚=;)
LD >> ぽんにゃり…。
LD >> では!そそくさとはじめて、ちょいちょいと終わりましょう!
LD >> ジャンプから!
LD >> 『バクマン』ですが、岩瀬さんがかなり持ち上げられています。『バクマン』じゃなかったら、逆転あるかも…!ってレベルくらい上がったますね。
kichi >> 「バクマン」岩瀬さん、とても良いライバルっぷりでしたねぇ。それがPCPの描写にも繋がってく展開も納得度高くて素晴らしいです。
LD >> というか『+NATURAL』のコスチュームを岩瀬さんがかなりいい感じだし!(`・ω・´)
LD >> 基本的にはライバルを上げようという発送とシンクロさせるために岩瀬よいしょの展開が入っていると思うのですが、結果、その施策が本筋のストーリーにも影響を与えそうな勢いですね。
kichi >> ……ただ、このPCPライバル君の容姿はイマイチな気がしますね……。元々はこういう風に良きライバルとなることを想定してなかったせいもあるんでしょうが……(´・ω・`)
LD >> シュージンはもげていいよ。(´・ω・`)
LD >> ああ…、実は同感です。>明智の容姿よくない|『サルまん』なら、それで明智の顔つきが右肩上がりにハンサムになる所までギャグとしてやってしまうんでしょうけど『バクマン』はどうなんでしょうね。
カルマ >> 「バクマン」いいですね。ライバルキャラは編集長がモデル…?出し抜く相手みたいな。
カルマ >> 「バクマン」良いですね。
LD >> それと『PCP』の描写でボイスチェンジャー吸い込んで話す芸コマな所とかも好感です。吹き出しだと何しゃべっともばれない、みたいになったりもするんですが。
kichi >> ……まぁ、こう、一番のライバルまではいかないキャラってことになるのかなぁ?とか。そのうちサポートにまわるキャラになったりしそうな雰囲気ですね。>明智
kichi >> ああ、ボイスチェンジャーは細かい描写で良かったですね。
LD >> しかし、誰か言っていましたが、この回でキャラ人気投票って岩瀬カモン!にしかならない感じですw
LD >> キャラ人気投票は、中井さんと、石沢の命運を決める気もするな…w
LD >> 『ワンピース』はこれで一ヶ月お休みですね。
LD >> ゾロがミホークに弟子入りしたのは意外…ではあったんですが、展開してみると、こうなる運命だった気すらしてきます。
kichi >> 「ワンピ」お休みはやっぱちょっと紙面的には寂しくなっちゃいそうですねぇ。目に見えるレベルで部数落ちたりするのかなぁ……?
kichi >> ああ、たしかに。予想はしてなかったですけど、妙にしっくりくる展開でしたね……>ゾロ弟子入り   ルフィの方は順当にというか、覇気の修行かぁ……。……2年……か……(´・ω・`)う〜ん
LD >> 2年後、どうなるんでしょうね。『DB』は時間おいたらカッコいい悟空になっていましたが。ルフィも何巻かの表紙であったみたいに海賊の船長服が似合う感じになっているかな?
LD >> 正直、知りたいですねえw>部数落ちたり
カルマ >> 中井さんの順位はおそろしく低そうだw>人気投票
カルマ >> そうですね、意外だけどしっくりくる、不思議な感じです>弟子入り
LD >> 『トリコ』の「お前オレとコンビ組む気はねーか?」もう、なんか、すっかり告白シーンに観えた。いや、告白シーンなんだろうけどw
kichi >> 2年後、どうなってるんですかねぇ……。悟空ほど変わったりはしないと思いますがw、ある程度凛々しくなってそうではありますけど……。
LD >> GTロボもどんどんカッコよくなっている件……って言おうと思ったのですが、これもしかしてGTロボのモデルになった怪獣だったりするかな?
kichi >> 「トリコ」、まぁ、告白ですねぇw ……でも、オゾン草が本当にこのために設定された野菜っぽい感じになっちゃったのには少しひっかかりを感じるかもです。いや、野菜の王様的扱いなだけにw
kichi >> そんな雰囲気ですねぇ……>GTロボのモデル
LD >> え〜っと、ちょっと考えてみると、ルフィ以外の他のクルーたちは容姿が全員見違えるように変わって、ルフィだけ変わらない…感じかも。
カルマ >> 「トリコ」告白というか、いや、良かったです。小松くんが才能を発揮すると嬉しくなっちゃうなぁ。
LD >> 『銀魂』で九兵衛ちゃんが、すごくお約束なハプニングに巻き込まれていますが…『銀魂』でこのお約束そのものな展開は逆に珍しくって新鮮だったかも。
カルマ >> その才能を認め合って、やっと肩を並べる仲間になったというのが…すごくいいです。>コンビ
カルマ >> あぁ、なるほど…モデルとは>GTロボ
kichi >> ……う〜ん、それもアリかもですねぇ。ブルックなんかは変わったとしても衣装がって話でしょうがw
LD >> 『ブリーチ』はいよいよ、本気の本気の崩玉が見られるわけですね。
kichi >> >ルフィ以外見違えるように
LD >> あ、ブルックは変わり様がないかw…逆にフランキーは既に相当変わることを予感させますね。
LD >> 『スケットダンス』は、どうしてこうなったパターンの話ですね。僕、このパターン好きなんですけど、なんかルイさんには評判が悪いんですよね。
kichi >> ……ロビンも2年後には30歳……か……(´・ω・`;)
LD >> というワケで、この新校歌、ウケてました。
kichi >> ああ、まだ読めてないんですが、私も比較的好きなパターンなのかも?>スケットダンス
カルマ >> ロビンが恋する女の子に見えてきて可愛くてしょうがないですw>ワンピ
カルマ >> 僕も好きじゃないですね…特に今回は荒唐無稽すぎるかなぁ>スケット
LD >> ………いいね!w三十!(`・∀・´)>ロビン
LD >> なんかロビン、憑き物が落ちたみたいになってますよねw
kichi >> 先週の横顔、ほんと可愛かったですしねぇw>ロビン
GiGi >> 始まってますん?
LD >> 『戦国バショウ』は、北条という姓で、なんとな〜く、忍城の話がベースかな?と思ったり。
LD >> はじまってますん。(´・ω・`)
GiGi >> 明智が右肩上がりに格好よくなるのは基本でしょう。それは岩瀬さんとシンクロで。
LD >> 『ぬらりひょんの孫』晴明いいですね。かつては陰陽の調和を果たした男が、陰に取り込まれた。…陳腐と言えば(球磨川くんが笑いような)陳腐な生い立ちなんですが、けっこう1話でいい形にくまれていて説得力がありましたね。
カルマ >> 描いていくうちに絵柄が変わるっていうのはあんまりまだ描写されてないですかね。それも込みで描かれるといい感じかも>明智かっこよく
LD >> 『いぬまるだし』、面白かったんですけど、古いタッチ…というか劇画タッチのいぬまるくんの下半身はやはり丸出しなのか?そこが気になった。(`・ω・´)
kichi >> 「戦国バショウ」良かったです。勢いあって素直に楽しめました。「逢ヶ魔刻動物園」なんかもこのくらいの勢いがあればなぁ……って感じ。
LD >> 『保健室の死神』クラスでいけ好かない男ランキング2位の御手本くんの顔は右肩上がりによくならないですか。そうですが。(´・ω・`)
LD >> 。o(…「逢ヶ魔刻動物園」
LD >> 。o(…なぜ「逢ヶ魔刻動物園」を……ウサギと飛脚は雰囲気似ているからか…?)
kichi >> 「ぬらりひょん」そうですね。たしかにちょっと陳腐さも感じる展開なんですけど、やっぱり羽衣狐があれだけ魅力的に描かれてきた上で、こう描かれるわけですからねぇ、かなり“力”持った描写になってるんですよね。
GiGi >> ナミが髪型変わったりするとアツいですね。問題はサンジのかわりにイケメンが来たらどうしようかとか。
LD >> 病魔出てくるわけですが……なんかもう。最近の病魔は無害というか…キャラ立ってていいじゃん?みたいな病魔を多いですよねw
kichi >> 。o(……こんな風に勢いに乗った読ませ方をして欲しいと常々思ってる作品なのですよぅ……>逢ヶ魔刻動物園)
LD >> そうですね。とにかく羽衣狐が容姿が変われども、一貫した貫禄をもった敵として描かれている。その上で晴明のキャラ造形が悪くないので、よくある展開を載せても締まるのでしょうね。
カルマ >> 「ぬらりひょん」個人的に千年を経てさらに歪んだ鵺が京妖怪すらも呑み込む禍々しさを持っているとワクワクするんですが>晴明
カルマ >> 病魔とも付き合い方…みたいになってる感じはしますね。>「保健室」
GiGi >> 変わるのは麦わらの一味だけでなく世界全部が変わるんでしょうねえ。ティーチや先行ルーキーは当然として、コビーとかもどうなるか楽しみですねえ。
カルマ >> 個人的にはコビーが一番楽しみですね。ルフィの海軍側のライバルとかになるともう
LD >> 『めだかボックス』、球磨川の無かった事になる能力“まで”は不知火も持っているみたいですね。
kichi >> 「保健室」は、そうですねぇ……。でもハデス先生の病魔退治の手段がああだから、ハッキリとそうは描きにくいのはちょっと難しいとこなのかもですね。今のトコ圧縮してスルーしてる感じですが……>病魔とも付き合い方
LD >> なんか段々、病魔がポケモンみたいに友達になれるんじゃないかって気がしてきてるんですよね。ヤバいのはヤバいのでしょうけど。
kichi >> 個人的にはバギーが楽しみですかね。七武海に入ってる説が有力ぽいですがw
LD >> 今、西尾先生の『戯言シリーズ』読んでいるんですが、『めだか』の登場人物たちの意味がすごく分かりやすくなるというか、読み方がわかってくる気がします。
LD >> あと『少年疾駆』が次号最終回のようです。『ワンピ』の休載で少し息が延びた連載もあるでしょうが。
kichi >> 「めだかボックス」、不知火良いですねぇw 思った以上に黒いw ……能力はどうなんでしょう?なんか別の形の能力で同様の状況を作った、みたいに思ってたんですが……。
kichi >> ……「逢ヶ魔刻動物園」もやっぱヤバイんでしょうかね……(´・ω・`)ヒキ方が巻きっぽくてイヤン
LD >> >別の形の能力|あり得ますね。
GiGi >> バギーは七武会より四皇としてシャンクスと肩を並べて欲しいなw
GiGi >> 少年疾駆は残念でしたね。主に展開が。
LD >> たとえば、時間を戻す能力と、ただ無かった事にする能力、みたいな感じですが。ただし、大嘘付きというワードがあるように、二人とも何か口、物言いで現実を無効化させるような能力だと予想します。
kichi >> バギー格高ェ!Σ(`・ω・´;)>四皇   ……あ、でもそういえば白ヒゲの四皇ポジションに黒ヒゲがおさまってるかどうかも楽しみですねぇ……。
LD >> 大鳥が現れてからは、目を引く展開がほとんど置かれず、試合しているだけでしたからねえ(汗)>『少年疾駆』
GiGi >> 6年後とかが念頭にあるのはあきらかなのに、最初からかっこいい試合を描こうとか欲目を出して誰も嬉しくないお話になってしまいましたとさ。
LD >> さて、サンデー。
カルマ >> なんとなーくですが、小6,中3,高3みたいな感じで飛んだらどうかなーとか初期に考えていましたね>少年疾駆
LD >> 『最上の明医』は淀とか寧々とか、かなり戦国末期なキャラを並べはじめましたね。
LD >> なんとなーくというか、それは『キャプテン翼』ですね。(`・ω・´)>小6,中3,高3
LD >> 『神知る』キス子、やあ、思った以上に強敵です。あと、抱きつけと言われ背中から貼りつくjエルシィが良かった。(`・ω・´)
kichi >> 「最上の明医」は……相変わらず、こう、本気度が掴みにくいというか、とぼけたノリで進んでますね……(´・ω・`;)う〜ん
kichi >> いや、「キャプ翼」は6年後想定して小6編描いてなかったと思いますし、GiGiさんが言ってるのはそういう意味じゃないと思いますw>少年疾駆
カルマ >> あぁ、そうなんだ>キャプ翼
GiGi >> 桂馬が弱体化してますねえw。んー女神持ちの可能性はあるのかな?
LD >> それから、この子、特に科学に精通しているわけじゃないんじゃないかな?二足歩行のロボットを動かしている隣で、いくらなんでも図画工作レベル。
kichi >> 「神知る」はほんとキス子(なのかw)、ここまで強いとは思ってなかったですねぇ。後ろ抱き付きエルシィが良かったのも同意ですw
カルマ >> キャラの頭身とか大人を基準に縮小しているように見えるので、さっさと中学に上げればいいのにとしか思わなかったなー
LD >> とりあえず、実際の「完全な人間」を演じるのはディアナにやってもらいそうですけど。
LD >> 『キングゴルフ』は、元々、ソースケは他人のプレイを気にしないキャラだけど、今の不調に合わせて、この男がメンタルな部分を攻める事に成功すれば『面白ろ』そう。
GiGi >> キャプ翼は子供体型のまま頭身あげていったらどうしてこうなった状態に。
kichi >> 科学子というわけではないみたいですね。頭はいいけどズレてるってのは科学子っぽいタイプではあるんですけどねぇ……。
LD >> おお、『ハヤテ』の世界にもようやく、キツネ姉さんが……って、そういうワケじゃない?
GiGi >> ハヤテはまたぞろ警戒警報発令。春は短かった。
LD >> 微妙に起こっているマリアさんがちょっと嬉しかったり。
LD >> ここで警戒かー!!!Σ(`・ω・´)ω・´)ω・´)三
kichi >> たしかに私も、何だか春の終わりめいた感想を持ちましたね、そういえばw>ハヤテ
カルマ >> 「キングゴルフ」やはり自分の状態に合わせてイメージを修正するというより、自分のイメージに身体を合わせに行ってる印象を受けるなぁ。うーん、もやもや。
GiGi >> ぶっちゃけハヤテに絡むキャラはもう余ってる。漫画子はナギに絡むキャラだと思ってたのだが。
LD >> 『アラタカンガタリ』はマスコットと入れ替わったアラタを観ていて、あれを思い出したのよ…。あれ、あれ……う〜ん…そうそう。『タキシード銀』!!
カルマ >> え、こいつ新キャラとしてくんの?というw>ハヤテ
LD >> うむ。『ハヤテ』はハーレム構造のわりに飽和起こしても二軸形成したりしないからな…。(`・ω・´)
LD >> 『戦国八咫烏』は、こう戦国時代好きの僕の琴線にはいろいろ上手いこと触れてくるのですが、どうなんでしょうね?なんかいろいろ説明が足りない気もする。
kichi >> いや、それでいいんだと思いますよ。スイングを気にするんじゃなくて、イメージとのズレを気にすることで今の状態での打ち方を修正していくっていう形なんで……ってうまく説明できないな……orz>キングゴルフ
LD >> 『マギ』はサブマドがやる気になりました。…というか色々な人がアリババの物語に巻き込まれはじめている形ですよね。
LD >> 『はじめてのあく』は、会長とアキの話が動き始めたマイレボリューションで満足。(`・ω・´)
kichi >> 「マギ」は……アブマドをどういう描き方するのかちょっと気になってるかもですね。今はまだいちおう威厳を保ってる感じに描かれてますけど、思いっきし小物な感じまで描いちゃうかな?
GiGi >> 最新の「男の子なんて飾りですよ理論」によれば綾崎ハヤテはフェードアウトしてハーマイオニーが常態化しても誰も困らないという仮説が(ェ
kichi >> 「はじめてのあく」はアキちゃんまで動きましたねぇw いちおう転機なのかな?
LD >> あと、何気にアヤ姉さんと戦闘員さんの話も上がってきました。>『はじめてのあく』
LD >> ぶっちゃけ、アブマドは小者でしょう。サブマドをどう描くか…に注目かもしれません。基本、こいつも小者に見えるんですが、小者なりにがんばった男なのか、それともやればできる男だったのか…。
カルマ >> 「マギ」サブマドみたいなキャラは好きなので踏ん張って欲しいですね。
LD >> 多分、最終フェーズに入る前に、こういうラブ構造は一度くっきり浮き彫りにしておくように思います。
LD >> サブマドは悪くないキャラな上に、大高先生の中ではこれまでなかったキャラかもしれないんですよね。
LD >> ジローはもげるほど、羨ましい目にはあってないな…(´・ω・`)
kichi >> コウモリ娘がいまいち目立たないまま帰省編終わっちゃったのはちょと寂しい……(´・ω・`)>はじあく
LD >> 『月光条例』は不幸な結末の物語をどう遇するか?問題に入っていってます。『マッチ売りの少女』…どうなっちゃうんでしょう?
LD >> いやいや、あ〜た。ぶっちゃけ、吸血子動かすなら、とっくに乙型とシズカを旅行に連れてってますよ?(`・ω・´)
kichi >> 「月光条例」は……こっからさらに「マッチ売りの少女」行くんですか……orzいくらなんでもチルチルエピ長過ぎるだろうJK   不幸エンド問題がこの過去エピで決着付いてるとも思えないですし……。
LD >> まあ、このエピ終わっても、アラビアンナイト編が本番ですしねえ…w
kichi >> えー、乙型とシズカを連れてったらますます吸血子が目立つ余地がなくなるようなw
LD >> 『オニデレ』は、婿候補で横暴を働く父上の事情がさらされる。や、この設定はそこそこヘビ。
LD >> じゃから、吸血子を動かしてる余裕はないのじゃよ。(´・ω・`)湯けむりヌードでがまんしておきなせえ。
カルマ >> なあ
LD >> 『ツール』のシャルルくんは、ドーピングもしていましたか…。
カルマ >> む、誤爆
LD >> さて、マガジン行きましょう。
kichi >> 「ツール」はなんか二重にガッカリでした……(´・ω・`)
カルマ >> なんというか、チルチルをこれ以上やる意味がよくわからんのですよね…雉も鳴かずばですら長かったというのに。>「月光条例」
LD >> 巻頭で『ラブひな』が復活していました。四文字タイトルの伝説はここからはじまった…!(`・ω・´)
kichi >> 月光の正体とチルチルの関係とか引っ張ったままでこうダラダラ続けられるのはキツイですよね……(´・ω・`)>月光条例
LD >> 『ネギま』は髪が伸びてて、獣の槍をもったうしおを思い出したりしていました。
kichi >> 「ラブひな」は……正直言うとなんで今更みたいに思っちゃいましたw これ描くくらいならネギまのクラスメイト番外編とか描いて欲しかったです。ネタはいくらでもあるでしょうし……(´・ω・`)
カルマ >> 「ラブひな」なんというか懐かしい感じは出ていましたが、その後とかでもなく本当になんでもない話だったのは残念。ネットのニュースにもなったから販促的には悪くないのかなぁ…
LD >> ネギくんってホントなんか、普通にめちゃくちゃ強い状態に来るだけでも嬉しいよねえ。
kichi >> でまぁ、「ネギま」は良かったです。チームでの最終決戦感+お姫さま視点と盛り上がってて良いです。
カルマ >> 「ネギま!」は良いですねぇ。キャラ紹介もきっちりこなしつつ…ちょっと泣けてくる。
LD >> 下のなんか、キャラクターテロップが地味に利いていますね。>『ネギま』
kichi >> しかしアーニャはあっさりヒロイン候補からは引いちゃった感じなのかな?一応アスナの次に可能性があったようにも思ってたんですが……、まぁ、順当にアスナに落ち着くんでしょうから、早めにあっさりがむしろ巧いのかなw
LD >> 『ハンマセッション』は教師に戻りました……と。φ(..)
LD >> 『AKB49』は、う〜ん、どうなんだろう?
LD >> 『A−BOUT』くっそおおおおおおおお!!LSDめええ!!よくも志村を!!!(`・ω・´)
kichi >> 「A-BOUT」……、このシリアス展開でもオニギリオチか!……爆笑しちゃいましたorz
GiGi >> ネギまは遠くまで来たものだとしみじみしますねえ
カルマ >> 「AKB49」ビートルズ超えたワリにトップがやる劇場のハコ小さいとかいろいろ気になるけどw 悪くはないですね。
LD >> オニギリくんは良かったです。しかも、冒頭で「技にかからない」という謎の能力まで披露されています。……これは!?
カルマ >> 世界的に売れたっての出すなら、AKBになるために来た外国人とかがライバルにいると面白いのに。
カルマ >> 「A-BOUT」今回のオニギリくんオチは最高ですねww 
kichi >> いや、先週からやってますよw>オニギリ君が技にかからない能力   まぁ、それを五右衛門こんにゃくに例えたのは上手いと思いましたがw
LD >> あれ?や、ビートルズを超えるのはこれからじゃないんですか?
カルマ >> あ、超える前に時系列遡ってるのか。勘違いしてた。>これから
LD >> なんか、オニギリくんが、いるだけで本当はトゲトゲ、ギスギスしている砂原や柾木にもなごみが入るんですよねwいいキャラですw
カルマ >> クラスメートが男女関係なくふつーにAKBの話題出してるから既に凄い人気なんだとばかり
LD >> 『君町』、よし。(´・ω・`)もう、パッツンと御島で三角行こう!これだ。
LD >> 既にすごい人気でもあるのでしょうけどね。>『AKB49』
GiGi >> AKB49は秋元さんがヤル気ある感じなのはとてもよいなと。
kichi >> 「君町」……なんかもう、凄いモヤモヤするw(´・ω・`)……あと、広島ってそんなに雪降るんですか? 福島より雪降るイメージはなかったんですが……。
LD >> アニメを観ているおかげで『生徒会役員共』の脳内ボイス再生。余裕でした。(`・ω・´)
LD >> 瀬尾「計画通り…!(ニヤリ)」>凄いモヤモヤする
LD >> 『ブラマン』は、ファルコンと響ちゃんのラブウェーブの影響で魔弾の射手たちまでいちゃいちゃはじめたよ?Σ(`・ω・´)なにこれ、こわい。
kichi >> 「ブラマン」笑っちゃいましたねw 裏とかまったくなさそうだしなぁw ……状況的にはアーサーが裏切られるというなかなかシビアな展開なんですが……。
カルマ >> 「君町」は…青大を見ていけって話なのかなぁ?と…うーん…
カルマ >> 「ビートルズを超えた」と「神に推された」は別の時間軸で考えていた…のかな…えらい勘違いですが(汗
LD >> さて、そろそろチャンピオン行きましょうか。
カルマ >> 「ブラマン」は良い展開ですね。マヤさんの取引が伏線になってたのも
kichi >> 「ベビステ」、やっぱアキちゃんも可愛いですねぇ……。そしてやはりエーちゃんにお似合いの相手ではあるんですよね。どう転がるのかなぁ……。
LD >> 『ハンザスカイ』ノリノリだと思います。
LD >> 『少年疾駆』もこういう風に組めばこのステージまでこれたんじゃないかと…。
kichi >> あと「金田一」、なんだ夢オチか、と思ったら違ったことに驚愕した……んですけど、よく見ると変な辺りはコマ外が黒いんですが……どういうことなの?(´・ω・`)
LD >> 『弱虫ペダル』御堂筋いいですね!弱いと出来ない策略を使うあたりが上手いです。単純なスプリントなら新開の方が上って事でしょうけど、ぶっちぎられるほど離されはしないと。
kichi >> 「ハンザスカイ」良いですね。試合前の熱気を、小競り合い交じりでイキイキと描いてて。
kichi >> 「弱虫ペダル」は……個人的には御堂筋ちょっとチート過ぎじゃないかな?と思ってきてます。今週の描写を見る限り単純なスプリントでも新開より上でなきゃ出来ない策にしか思えなくて……(´・ω・`)
GiGi >> 御堂筋リサーチ完璧でした。
LD >> 『ナンバデッドエンド』は、ここまで来ると、もう逆転のイメージが湧かない。去って何かを残すというイメージになってくる。
kichi >> ……でもまぁ、まだ1.5kmあるから、とりあえず次週はあっさり左を抜いてったりするかな?wなんても思ったりw新開さんも実は演技派?w
LD >> え〜っと、御堂筋は、持続はできないけど、新開を追い抜く事は可能という形でみました。…ただ、あれですね。この際、チートのオールラウンダーでもいいんじゃないですかね。本来、御堂筋というキャラの居場所はそこしかない。
kichi >> 「ナンバデッドエンド」はほんとにデッドエンドぽいですねぇ……(´・ω・`)まぁ、それはそれで味のある終わり方に出来そうですが……
kichi >> ……う〜ん、実力的には各分野のトップには負けるけど、卑怯さがプラスされることで勝てるっていうのが御堂筋の理想的な在り方だと思うんですけど、この描き方だとどっちかというと卑怯さが隙になって負ける要因に……みたいなイメージになってきてるんですよねぇ……(´・ω・`)少なくとも私は……
カルマ >> 御堂筋は…うーん、ここで新開が苦しみながら抜き去って「ありがとうトラウマを超えさせてくれて」とか言うと面白いかなとか
LD >> 『任侠姫レイラ』第1巻の表紙をメガネっ子フォームにするのか!(`・ω・´)
kichi >> あぁ、それはいい形ですね。>トラウマを超えさせて   ……ただやはり、1.5km残ってるのが気になるw 今週500Mしか進まなかったからなぁ……。
GiGi >> 御堂筋は多少チートすぎるほうがちょうどいいと思ってて、というのも御堂筋が完璧なリサーチ能力を発揮すればするほど小野田くんの能力が未知数という状態が御堂筋にとってトゲになってくる。
kichi >> 1巻はレスラーフォームで良かった気もするんですけどねぇw ……プロレスマンガであることをアピールした方が売れるのか、しない方が売れるのか、という問題になるのかなぁ?(´・ω・`;)>レイラ1巻
LD >> 確かに、御堂筋、余裕があり過ぎるように見えますね。…ちょっと難しいなあw余裕がないと御堂筋じゃない面があるので、本当はかなりギリギリの中で手の内さらさずに笑っている…という『読み』をするのがいいのかも。
カルマ >> 裏でバリバリプロレス色を出せばそれもアリじゃないかと>1巻表紙
LD >> 『レイラ』、虚空との対決は、とことんのどつき合いで行きましたね。もう一歩勝ちをブック通りにしようと思う、一押しが欲しかった気もしますが一回戦ではこのあたりとも言えそう。
kichi >> ……まぁ、元々この作品はリアルさを追求した作品ではないですし、御堂筋もこのくらいオーバーな描き方でいいのかもしれないですね……(´・ω・`)いまいちリサーチを活かしてる感じがしなかったりして、やはり難しいとこだとは思うんですが……
LD >> 『シュガーレス』、「一番強ェのは?」→「シロ か丸母」→『シュガーレス』…分かってらっしゃる!(`・ω・´) そして、そうは行ってもヒュドラもカッコいいよね!
LD >> 『キガタガキタ』、恐怖新聞って他でも発行されているんですね。
GiGi >> レイラは気持ちいいキャッチボールでしたね
kichi >> 「レイラ」良かったですね。ちゃんと「ブック通りに」という辺りをハッキリ描きつつ熱さも保ってますからね。かなり満足な一回戦でした。
LD >> まあ、そんな感じでしょうか。
カルマ >> 「レイラ」良かったです。僕も負けを認めるにはもう少し描写が欲しかったですね。あ、負けるんだ?という感じになりまして。
LD >> 一番を決めましょう。
kichi >> 「バチバチ」もまた大鵠を思いっきり憎たらしく描いてていいですねぇw スカッと勝ってカタルシスを味わわせてくれることを期待してますが……。
LD >> ジャンプ。『ぬらりひょんの孫』、『スケットダンス』
LD >> サンデー。『神のみぞ知る世界』
kichi >> ジャンプは……「バクマン」か「ぬらりひょん」か「戦国バショウ」かな。……う〜ん、「戦国バショウ」で。
GiGi >> 大鵠ってキャラもよくわからないところがあって、こいつも上で敗けを経験してきているはずなんですよね。そのあたりが漏れでる展開に期待してたり。
LD >> 『バチバチ』は大鵠の憎たらしさが際立っていましたね。本当に下衆なk汝がよく出来ている。
kichi >> サンデーは…………「神知る」か「はじあく」辺り? ……まぁ、「神知る」かなぁ。
カルマ >> ジャンプ「ぬらりひょん」「トリコ」
LD >> 本当に下衆なキャラがよく出来ている。
GiGi >> ジャンプはバクマン押しだなあ。トリコもよかったが。
カルマ >> サンデーは「マギ」「神知る」。
LD >> マガジンは…『ネギま』
kichi >> マガジンは……「ネギま」でしょうかね。
LD >> チャンピオンは『任侠姫レイラ』かな。
LD >> ルイ:あ、1番はレイラとトリコとペダルとネギまを推します。よろしくー。
カルマ >> マガジンは「ネギま!」ですね。
LD >> ああ、『トリコ』はよかったなあ。
カルマ >> チャンピオンは「レイラ」。
kichi >> チャンピオンは「ハンザスカイ」か「レイラ」かな。……ん〜、「ハンザスカイ」で。
GiGi >> サンデは神知るは当然としてツールもよかったかな?
GiGi >> ネギまはしみじみと良いよねえ。
LD >> 『トリコ』、『神のみぞ知るセカイ』、『ネギま』、『A−BOUT』のどれかかなあ。
GiGi >> チャンピオンはレイラ良かったが…今週は全体的に小粒か。バクマンかネギま押し。
kichi >> ああ、「ツール」も双子の勝ち方は良かったんですよね。……卑怯君の方に大分ガッカリしてしまったので損してる感じw
カルマ >> 僕は「ネギま!」押したいけど思い入れが強すぎる感もありますね…
kichi >> ……今週は特別に推したい作品がある感じではないので静観……。ていうか誰も挙げてない「A-BOUT」が紛れ込んでるw
GiGi >> そういえば緋采先生がひっそりと連載終了…いや、もうちょっとまともな企画はなかったのだろうか。
LD >> いや、『A−BOUT』も候補だけど、チャンピオン作品、『レイラ』と
カルマ >> あぁ、アバウトも良かったw けど天丼の良さ…使い方は確かに上手いけどなぁ。
LD >> …って一瞬眠りこけた。(´・ω・`)
LD >> チャンピオンの中では『レイラ』がよかったですね。
LD >> 『トリコ』、『神のみぞ知る世界』、『ネギま』かな。
LD >> 『ネギま』にします。ここまで来たという感慨の話に乗りました。
kichi >> 「萌え部」って辺りまでは割といいと思うんですけどねぇ……なんかキャラや嗜好性が極端過ぎて、どうしてこうなった状態に……(´・ω・`)>もぶ
kichi >> うい、納得です>ネギま一番
LD >> 『少年疾駆』も『MOB』も化けれるというか…もう少し仕掛けの多い展開はできたんじゃないかと思います。
LD >> では、そんな所で、おやすみなさい。
kichi >> おつかれさまでした〜。
カルマ >> 納得の一話でした。お疲れ様でした〜
カルマ >> MOBそこまで嫌いではなかったんですが、特に面白くもなかったのですよね…
GiGi >> ところでリスキーエッジコンビニコミック版の2巻が再版されているので各位買い逃しないように。
カルマ >> うお、買います買いますw
kichi >> 近所のコンビニは全滅……orzというか正直地方じゃ最初から入る見込みがなさそうな雰囲気なんでAmazon頼りな感じなんですが……Amazonには流れなかったのかなぁ……(´;ω;`)3巻はちょっと前に何故か入ってたとこを押さえたんで2巻が手に入れば揃うんですが……>リスキーエッジ
GiGi >> さすがに今回は完売しないと思うのでAmazonにもいずれ入荷するはず。


■■■■2010年09月10日■■■■
LD >> 今週の一番は本日深夜25時開始予定です。


■■■■2010年09月11日■■■■
LD >> |ω・`)
LD >> |ω・`) おぼんば。
LD >> 相変わらずスキャナー回しまくっているLDです。
kichi >>      こんばんわー(´・ω|
LD >> 【オオカミさんと七人の仲間たち】9話|白雪姫の話。…赤ずきんちゃんと、赤いりんごのダブルミーイングというか何と言うか。そんな感じなの?
LD >> こんじゃんは。
カルマ >> こんばんは〜
LD >> 【伝説の勇者の伝説】8話|叛乱をわざと手引きして鎮圧するエグい話でした。…でも何か、人の動きが単純かなあ。
kichi >> …………ダブルミーニング?どの辺の話ですか?
LD >> いや、ミーイングというか…本来、『赤ずきんちゃん』と、『白雪姫』は何のリンクもないはずなんですが、赤にかけて、名前が赤井林檎でつなげてあるなと…。
kichi >> ああ、なるほど、名前でしたかw ふむ、それは考えてなかったです。
LD >> 。o(『とらぶる』がやっている…)そういえば、『とらぶる』2期って地上波ではじまるんでしたっけ?
LD >> あ…!調べてて分かったけど、頭取と副頭取は、アリとキリギリスなんだ!(`・ω・´)>『オオカミさん〜』
kichi >> む、分からないです。秋アニメのチェックとか全然してないなぁ……。ま、チェックしたところで観れるかどうかという問題があるからなぇ……(´・ω・`)
LD >> さて……やっぱり、今、金曜深夜はルイさんも厳しいのかな?次回は土曜夜にしようかと思いますが、今はそこはかとなくはじめましょうか。
kichi >> ああ、そうだったのかw ……まぁ、メインがオオカミさんに猟師って辺りからして、童話との絡め方の距離感は微妙に遠いような感じもあって、あまり元ネタに拘らず見てたりはしますねぇ……。なんというか、ちょっと不思議なセレクトな気はしますねw
LD >> ジャンプイ。(`・ω・´)
LD >> 魔女さんがいるように、おとぎ話に定番のキャラがレギュラーであって欲しいですよね。その観点から行くとリンクが悪いwオオカミさんは定番ですけど、浦島太郎って…。鶴の恩返しって…。みたいなw…むしろ“正直じいさん”ってキャラの方がレギュラーとれない?とかw
GiGi >> ぷい
kichi >> まぁだから、あんまりがっつりリンクさせない距離感を狙ってるのかなぁ?とは思って観てますw 掴み程度の感覚?w
LD >> 『べるぜバブ』、乱入くんとの決着もついて、六騎聖との決着もついたんですかね?
GiGi >> 秋アニメはアニマックスのアイアンマン押さえといてもらえるとすごく助かります
LD >> やあ、キャラ間の絡み、正直悪いですよw…その逆説としてコアのオオカミ×リョウシ×りんごの三人以外で『回す』のを避けている…という事かもしれませんが。
kichi >> 「べるぜバブ」は結構なし崩しっぽく和解エンド迎えちゃった感じなんですかねぇ?
LD >> うい。(`・ω・´)『アイアンマン』な。おk。
LD >> …はっきり言いますけど。盛り上がりが足りないです。全然。(`・ω・´)>『べるぜバブ』
GiGi >> べるアニメ化とかまったく気が早い。
カルマ >> 『べるぜバブ』は消化不良な感じが残ったままライバルと共闘みたいになっててよくわからんです。
kichi >> たぶん、原作と比べるとコア3人に絞った構成を組んだアニメ版なのかなぁ?とは思ってますが……、まぁ、もうちょっとレギュラーが自然に絡んでくれた方がいいのは確かですねw
LD >> 無論、この後の展開で、今の決着が前哨戦に過ぎなかった事が分かってくるとその評価はひっくり帰りますけどね。六騎聖の登場時に描かれたキャラ格と、展開の落しどころにギャップがあって、パスンッとしけた花火を見てしまった感じです。
カルマ >> トリコすっ飛ばしてべるぜバブとか、よくわかりませんね…夕方・ゴールデンにこだわってたりこだわらなかったりするのかな>アニメ化
kichi >> ま、良くも悪くも自由な展開が売りの作品って感じはするので、こっからもうちょっといい意味で意外性のある展開に行くといいんですが……(´・ω・`)ここしばらくは悪い方が続いてる印象ですねぇ>べる
GiGi >> バクマン今週もよかったですが、引きのアニメ製作会社の営業の仕方がなかなか興味深かったです。なるほど「ご提案」なんですな。
LD >> 『ナルト』は、割と大物のキャラだった、鬼鮫が死んだ……のかな?なんかあっさりしてて分からないや。
GiGi >> アニメ化にあわせて無理に盛り上げようとして悪い目が出た線。
kichi >> 「ナルト」、あっさりってほどじゃない気はしますがw、まぁ、死んだ後発動するブービートラップとか、よく分からない印象があるのは確かです……。
LD >> 『トリコ』は、やっぱり観ていると、真っ当な『HxH』というか…言い方分かりませんけどw 『HxH』が真っ当(?)に連載組まれて行ったらこんな感じの話になったかなあ?という印象があります。段々、グルメ界への冒険が近づいて来ている感じですね。
kichi >> ああ、なるほど。それは凄くしっくりくる話ですねw>真っ当に組まれた「H×H」   ……アニメ化には絵柄が壁になってるのかなぁ?とか思ったり……(´・ω・`)
LD >> 『ロードレーサーGIRI』の「四つ子横一列でコースを!」が好きw福田さん、昔なつかしい感じのマンガ描いていますねw
LD >> いやぁ、『ボボボーボ・ボーボボ』とかもアニメ化するぐらいですから。>絵柄
GiGi >> トリコはGTロボがいい伏線になってますねえ。謎の生物がアレより強いのは明らかで、またオゾン草の食べ方で会長と同格に見せている
カルマ >> うーんw女性人気がないことはわかる…か? http://yunakiti.blog79.fc2.com/blog-entry-4668.html
LD >> 高浜さんは裁判の傍聴に行って取材を下地にいいの描いているっぽい。
kichi >> 「バクマン」良かったですね。なるほど、ドラマCDかぁ。亜豆の反応とか珍しく可愛く思えてよかったですw
カルマ >> ハンタも世界観のポテンシャルは凄いですからね。確かに世界の描写を積み上げていくとそうかも>ハンタ
LD >> それから知らん人が傍で観ると、港浦さんがすっげえ美人を振って去っていったように見える。(´・ω・`)…港浦のヤロウ!!
kichi >> 裁判ものかぁ、麻生みこと先生の「そこをなんとか」(現在4巻まで発売中)面白いですよ!(ぉ
カルマ >> 「バクマン」良かったですが、ドラマCDとアニメで仕切りの事務所が変わるなんて良くあることすぎるので逆にワクワクしてしまいます(笑)
kichi >> ん〜、たしかにw>港浦さんがすっげえ美人を振って去っていったように見える   しかしそうかぁ、泣くのはちょっと意外でした。ライバルとして本気だったのは分かってたつもりだったんですが、泣くのは意外に感じるバランスだったのですが……、う〜ん、ちょと周辺状況含めるといろいろ複雑過ぎる状況なだけになぁ……
LD >> いらん心配かもしれませんが、ドラマCDならともかく、アニメ化した時、亜豆の起用に不自然さが出ると変な叩かれ方しないかな?と思ったり。現状の亜豆の実力次第の事だけど…まあCDとか出しているしいいのかな。
LD >> ぶつけた回、よっぽど自信があったんですかねw>泣く シュージンを相変わらず好きだという面があるのは堅いと思いますが。
kichi >> ……ん〜、でも、実際掲載されたPCPも読んでるわけですし、そこまで絶対的な自信があったはずはない気がしますし、あと、この回で勝っちゃったらPCP打ち切りって事情も知ってるわけですから、そこで泣くほど悔しがるというのがちょっと違和感あったんですよね……。この回がすべてってわけでもないんですし、悔しがりつつ内心ホッとしてる気分を戒める……くらいの描写の方が個人的にはしっくりきたかも?
LD >> 藍染隊長「正直、私も自信の能力がここまで上昇しているとは思っていなかった」→負けフラグすぐるセリフだ。(´・ω・`) ここから「いや、実は準備運動でここまでの破壊力が出るとは思ってなくってさ…?」みたいな事は言いづらいぞ?
kichi >> いやほんと、藍染隊長がいきなり小物感たっぷりになっててワロタですw
LD >> kichiさん、いいこと言った!>悔しがりつつ内心ホッとしてる気分を戒める …って言うか、これは「PCP」残留に安心して泣いているのかも。いや、唇のかみしめ方とかちょっとつらいですがw
カルマ >> 「ブリーチ」藍染さんダサすぎワロタ。山吹っ飛ばしたのを自分の力と勘違いは…なぁw 力の見極めついてないってことだから…
カルマ >> うーん、僕の感覚では「PCPの面白さを認めるとしても、勝負は真剣だ」ということじゃないでしょうか>岩瀬さん
kichi >> その線も考えたんですが、ちょっとつらいのですよねぇw>安心して泣いているのかも
LD >> それにつけても藍染隊長の形態は何だか、蛾みたいになっていて、つぶしやすそうです。(´・ω・`)
kichi >> 真剣なのは分かってるんですけど、状況も含めて「泣く」というハードルの高さを考えるとどうも違和感があるんですよね、私には……>岩瀬さん
LD >> 「サイレン」、マツリ先生が、グラナとまともに戦えるみたいなんだけど、それはちょっとショックw グラナを倒すのには、ちょっと知恵が必要な展開が欲しいなあ…。
kichi >> 「サイレン」はどうも総力戦ぽい雰囲気ですねぇ……。そいえば先週スルーしちゃってましたが(というか、先週の一番の時点では読んでなかったもので……)雨宮の裏人格問題も結構あっさり片付けてましたし……ほんとに終わりが近い感じなんですかね?
LD >> 僕も「泣く」は違和感なんですけど……でも、この子、シュージンに勝つために同じ道を選んで、それであっさり成功を収めるような子なんですよねえ。港浦さんの当り散らし方や、妙にエイジと気が合う事含めて、その感情の起伏は常人に測れるものではないかもw
kichi >> ああ、そう言われると確かにそうかもw かなりの激情を抱えてる娘ではあるんですよねぇ。なんか、納得かもですw
LD >> 『サイレン』|ん…まあ、ぶっちゃけ、いろいろ設定がはた…んんっ!!…色んな展開をあれこれ試したような所があるので、そこらへんたたむとしたら、多少の強引さは必要かもしれませんね。
カルマ >> マツリ先生こんなに強かったっけ?という感じですね>「サイレン」
LD >> 『めだかボックス』は、団体戦みたいなんですけど…団体戦まで球磨川くんの想定なんですかね?いや、不知火に君の想定?って問うている事は知っていて言うんですが。
LD >> マツリ先生に相当力がある事は間違いないんですけど、グラナのパワーは、そういうのの次元を超えている…というのがグラナというキャラの『立ち方』だったんで、彼を倒すのは知恵か、チームワークが欲しいんですよね。そういう怪獣であって欲しい。
LD >> しかし、もう何か、不知火と善吉の関係がどうなるのかが気になるのであったw
kichi >> 「めだかボックス」、修行かぁ……と思ってたらこの展開はなかなかいい感じなんですが、しかし署名で即日罷免かぁ……。キツイ校則だなw あと、この学校ってかなりのマンモス校だった気がしますけど、マイナス13組は一クラスに何人いるんだろ?w でまぁ、さすがに球磨川くんも想定外だったんじゃと思いますけどね。この作戦自体も不知火の提案なわけですし、そこまで全知全能ではないと思いますw
GiGi >> 岩瀬さんは自分でも予期してなかった感情(おそらく喜び)が沸いてきて気が動転したんじゃないかな。
kichi >> あと、現生徒会側が一人少ないですけど、前生徒会長は参戦できるのかな?
kichi >> ああ、なるほど。その方がしっくりきますね。>予期してなかった喜び
GiGi >> PCPに負けて悔しいはずなのに嬉しさのほうが勝って混乱して泣いちゃうというのはある話かなと。
LD >> 『黒子のバスケ』は、キセキの世代に応じて無冠の逸材という連中をぶつけてきましたね。…なんか悪いヤツラが増えているなあw
LD >> ああ…ルールを聞いていると、現役の生徒会役員じゃないと参加できなさそうなですけど…。今、強引に役員増やすとリコールの理由自体が消滅するような…?w
kichi >> 「黒子」は……このリーグ戦は緑君との決戦が目玉なのは間違いないだろうからなぁ……と、ここで無冠の逸材が出張ってもあまり盛りあがらなそうな……と最初思ったんですが、あ、これ負けちゃえば緑戦が盛り上がるんですね。どうなのかなぁ?
LD >> >さすがに球磨川くんも想定外|はい。というか僕の球磨川くんのイメージとしては団体戦なんていう決着の分かりやすい手法じゃなくって、もっとじわじわと、はっきりしないままアドバンテージを奪ってしまうやり方をするんじゃないかな?って思うんですよね。
kichi >> そうですねぇ。この展開はやはりシンプルに不知火が望んだ展開と見て良い気がしますね。……善吉と直接対決となったりするのかな……?
LD >> 『保健室の死神』、今回の病魔・男気(ハードロック)で死にかけた事を分かった上でいうけど、なんかもう病魔って、厨二っ子の友達にしか見えない。(`・ω・´)
kichi >> 「保健室」、そうですねw でまぁ、この前も似たようなこと言いましたが、死にかけさせることでハデス先生の治療法とのバランスを取ってるという感じもしますw ま、そういう穿った見方しなくても「もっけ」での妖怪との距離感みたいに、バランスが大事って感じでも読めるし、ほんと巧い作品って思います。
LD >> 実際、ハデス先生は病魔飼ったままで異能力を手に入れてるし、上手く付き合えばそういう仲間も増えるんじゃないか?新聞部くんとかが慢性的に覗きの病魔患っててもいいと思う。
LD >> 病魔の中には明らかに、本人のやる気を促すというか、前に進む事の力になってくれる連中がいますよね。
LD >> 『逢魔ヶ刻動物園』ん〜…。陸上生物が水棲生物とやり合うのは厳しいでしょう。象やキリンですら、相手になるか分からない連中がごろごろ居る。
LD >> 『少年疾駆』最終回でした……。ん、まあ、ね。うん。
LD >> サンデー行きましょう。
kichi >> 「逢魔ヶ刻動物園」……バトル展開ですねぇ。……ま、厳しいのは確かですが、でもまぁシンプルな構図になって案外面白くなりそうに思わなくもなく?w ハナちゃんをどう絡めるかかなぁ……。
LD >> 『境界のRINNE』、読んでてなんか、ああそういえば『うる星』では、コタツ猫、二番目に強かったなあ…とか思っていました。
LD >> あ、そうですね。バトルされるとハナちゃんお出番が厳しくなる?w
kichi >> 「少年疾駆」は……まぁ、なんというか、いろいろと面白くなる芽はあっただけに残念でしたね。……どうせならラストはCLからWCへの目標シフトとかやってほしかったのですけど、そういう想定はなかったのかなぁ?
LD >> 『少年疾駆』に、いろいろ言うことも可能なんですけどね。足りてなかった。最初に女の子の前でゴールを決めるのは良かった。その後が続かなかった。です。
カルマ >> 動物の特性を活かした司令塔みたいになるかもですね>ハナちゃん活かす
LD >> ああ、そうか。対戦の相性みたいなものは図れるかな?>ハナちゃん
GiGi >> 少年疾駆は最終回に応援団出す気があるならなぜもっとはやく気を回さないと小一時間(ry
kichi >> ああ、バトルっていうとどうしても個人戦(の集合体の団体戦)を想定しちゃいましたけど、うまく団体競技的な意味でのバトルにできれば良さそうかもですねぇ……>ハナちゃん司令塔
LD >> 『マギ』、モルジアナが1週で、敵怪人を一掃してくれて楽しいったらありゃしないw
kichi >> 「RINNE」はマグロ大トロを却下する六道君の顔が怖過ぎて良かったですねw
LD >> 海燕さんと話していたんですけど、次週、アリババとしても作品としても正念場ですね。>『マギ』
kichi >> 「結界師」が素晴らしい展開というか、伏線の引き方というか、これまででも充分高かったwktkがさらに鰻のぼりになってて凄いです。とどめさすのはお兄ちゃん……なのかぁ!
LD >> 『ハヤテ』は何だか新キャラが怪しいのですね?
GiGi >> 結界師素晴らしいですねえ。結界師とケンイチは良すぎて言うことがありません。
kichi >> 「マギ」は、順調に順当ってとこでしょうか。ま、次週ですよね。…………ところで、姫様とモルジアナとで三角ったりするのかな?(ぉ
LD >> 『戦国ヤタガラス』は、ある程度、史実通りに物語を動かすつもりなのか、否か、そこが問題です。というかそこを様子見。悪くはないと思っています。
LD >> モルジアナ、どうなんでしょうね?何となくラブコメしている子でもないように思っているのですが…。
kichi >> 作品としてはイマイチながら桃子さんは好きなので「ミクシム11」は先週からドキドキしつつ読んでたりします……。どんな決着になるかなぁ……。
LD >> 『アラゴ』は、何やら男らしい展開。(`・ω・´) ふ…おまえ、やるな。みたいな?でもオオカミ男とか新井先生の画の良さが出ていると思う。
kichi >> そのままはラブコメしたりはしなそうなんですけど、姫様が言い寄るとこを見せ付けられたりしたら対立しつつ意識する展開もありそうかなぁ?とかw>モルジアナ
LD >> 『ミクシム11』は、まあ、むしろ桃子?(`・ω・´)みたいな?(←よく分からない事を言っている)
kichi >> 「ケンイチ」も素晴らしかったですねぇ。弟子のいる意味。そして、不殺と殺意という違う条件での全力勝負。熱いです。
kichi >> ほんとによくわからないんですがw>むしろ桃子?
LD >> 『KINGGOLF』は、いい“溜め”になっていると思います。ソースケの爆発前に力を見せてきた澤や、単に格落ちしたままで終わるつもりがない戸川とか、いい具合にそれぞれの線が、焦点に向かって詰めている感があります。
GiGi >> マギはこれが作者の持ち味ならこれはこれでありなんじゃないかな。要はアリババにモルジアナに見合うキャラになれってことでしょう。
kichi >> 「アラゴ」は、そうですね。画の良さを活かした直球勝負の男らしい展開、良いです。
LD >> 『ケンイチ』はアパチャイが手加減を覚える事によってむしろ完成されるという説明がいいですね。
LD >> >アリババにモルジアナに見合うキャラになれ|そう思われます。前作が「そうなって終わり」だったので、今作はその先に行って欲しいのですけどね。
LD >> 『月光条例』、裸の王様の得た答えってなんだろう…(どきどき)(`・ω・´;)
LD >> 裸の王様は、月打を受けたら、普通の王様?(´・ω・`)
LD >> 裸やめちゃうの?
kichi >> ていうか、自力で月光条例執行しちゃう裸の王様SUGEEE!w 最後のチルチルの暴れっぷりもなかなかでしたし、“答え”の内容も気になりますし、全然期待してなかったマッチ売りの少女編ですが、今回はなかなか面白かったですねw
LD >> 『はじめてのあく』ああ…シズカさん、展開からはぶられている間にいろいろ失した感があります。(´;ω;`)
kichi >> ……ちなみに答えは、普通に考えれば物語の意味というか面白味というか、登場人物を不幸に描くことで得られる意味、みたいな話かな?とは思うのですが……。
LD >> しかし、富士鷹先生なんで、そんな裸の王様好きなんでしょうね?なんか、もっと別のかっこいいキャラひっぱってもよかったのにw
LD >> 「ワシは、ワシの事を笑ってくれる子供がいる限り!裸!そう敢えて全裸!」ですね。答え。分かります。(´・ω・`)
kichi >> ふむ?……私はそれほど違和感とかは感じなかったですが……。展開が進んだことによりほとんど可能性がなくなった哀愁みたいなのは感じますがw>シズカいろいろ失した感
kichi >> ちなみに「はじあく」は緑谷妹にユキちゃんが絡んでるのがちょっと嬉しいw ……ま、こちらも順当に展開してると言えるのかな?
LD >> >ほとんど可能性がなくなった哀愁|いえ、僕が言っているのもそれですよwもともと可能性なかったですけど。もう、鉄板フェーズに入ってしまったなとw
LD >> 緑谷くんならユキちゃん、告白すればもうOKだと思うんですけどねえ。(´・ω・`) 「んんん〜?じゃあ、付き合ってみよっかw」くらいのノリで。
GiGi >> 裸の王様は笑われるのが仕事というのはあるかもしれませんね
LD >> やはり、アキちゃんと赤城会長が難問なのですだよ!(`・ω・´)
kichi >> 「ディフェンスデビル」はなかなかインパクトある酷さの地獄で、……それだけに、この死神たちを幼稚と言われちゃうのに微妙な違和感が……。いや、こうやってゲーム仕立てにしてること自体が結構高度……っていうか、少なくとも単純ではないのでねぇw
LD >> 『オニデレ』はチームや展開に脈絡がなくってよかった。
kichi >> ……ま、確かにひと山ある感じですが、でもすでに超えるイメージはできてる感がw>アキちゃんと赤城会長
LD >> 『ツール』は新聞記者さんと、ジャニーがぶつかりました。(`・ω・´)
kichi >> 「オニデレ」、自由ですねぇw しかしほんと正さんのスルー能力パネェな!w
LD >> じゃ、もう『はじめのあく』オワタも同然じゃん!(`・ω・´)(←こら!)
LD >> 僕なら、魔法熟女のあたりでつっこむな…。
kichi >> 「ツール」ぶつかりましたねぇw いい感じです。
kichi >> いやぁ、てっきり何らかの理由でそもそも見えても聞こえてもないんじゃ?みたいに思ってましたからねw 私は最初の段階でもうスルーできないと思いますw
kichi >> >オニデレ正
LD >> 『電脳遊戯クラブ』が、問答無用に『アリエッティ』を持ってきているんですが、面白かったですw
カルマ >> 「オニデレ」よくわからんけど面白いですねw 作風だいぶ変わってるのかな。
LD >> マガジン行きましょう。
カルマ >> 「ツール」いいですよねw
LD >> 『君のいる町』が何か…いい展開ですね?ね?(´・ω・`)
LD >> 『ヤンメガ』は、ここで新キャラですか。ちょっとややこしく感じてしまうのですが…。
kichi >> 「君町」……いい展開と素直に思っちゃっていいものなのかどうか悩む……w 記憶の一部を消去できれば、たぶんかなり楽しく読めるのでしょうけどw
kichi >> 「ヤンメガ」なー(´・ω・`)楽しそうにゲームする八王子さんが可愛かったです
カルマ >> 「ネギま!」仮面してたワリに普通のイケメンさんでしたね…しかし、敵を明るく描くのも良し悪しだなぁ。
カルマ >> 「君町」前から思ってたけど、もう月でいいんじゃないかなとも思うw
LD >> >記憶の一部を消去|それだ!ムーンストラックされてしまえ!m9(`・ω・´)
kichi >> 「ネギま」はいちおうこの人が当面のラスボスポジションなんですかね? また随分と軽いw ま、敵を倒せばOKって内容じゃないのでこれでも問題はないのでしょうが……w あと、夏美ちゃんのアーティファクトの能力、最近よく見かけますねぇw
LD >> メレオロンの完全不在と違って、極限まで薄くなるけど完全になくならない?ってパターンが多いですね。なんでですかね。何か理由がありそうなんですが。
LD >> デュナミスって、この様子だとタカミチとゲーデルには遅れをとるキャラって事ですかね?
カルマ >> 夏美は演じる方向でいってほしかったなーと>アーティファクト
kichi >> まぁ、なんらかの形でリスクはないとw メレオロンの場合は時間制限があるわけですし、時間制限をなくすなら見つかる条件が何かないと安全過ぎて面白くないんじゃないでしょうかw
GiGi >> 君町の一連の展開は旧ヒロインを合法的に物語から退去させるための手管だった疑惑が。
kichi >> なんかそんな雰囲気ですねぇw>デュミナス遅れをとるキャラ
GiGi >> というか石ころ帽子ですねw>夏美のアーティファクト。
LD >> >旧ヒロインを合法的に物語から退去|それだ!もう!それでいこうよ!m9(`・ω・´)
kichi >> ……てことは、これから御島がそばかす眼鏡っ娘とか料理姉ちゃんとか一通りぶつかってクリアしていくものの、最後は柚希にかっさらわれるわけですか……?(´・ω・`)
LD >> うん。石ころ帽子ですよね。…なんだろ?透明人間だと困る事みたいな……(考えている)
GiGi >> え、柚希って誰だっけ?
カルマ >> 柚希とかいなかったんや…
LD >> 『ブラッディ・マンデイ』はとにかく徹底的にいちゃいちゃしますねえ(汗)
kichi >> ああ、姿を実際に消すわけじゃなく、“存在感”を消すってのが最近の流行りっぽくはありますねぇ。理由……まぁ、いろいろ考えられますが……う〜ん。
GiGi >> 風間病死編で三島がステルスしてたのも、旧ヒロインのライバルと目されると序列力学的にかえって旧ヒロインの力を強めてしまうから、とか。
LD >> まあ、あれですかね。透明で視覚を無くしても、足音は聞こえちゃうだろとか、匂いみないのはあるだろとか、そういうものを総て消すみたいな理屈ですかね。
LD >> >序列力学的にかえって旧ヒロインの力を強めてしまう|う〜むw
kichi >> 「ブラマン」はアーサー退場か……。なかなかいい展開だとは思うんですが、やっぱいちゃいちゃが空気に合ってなくはあるんですよねぇ……。あと相変わらず死亡フラグ立ちっぱなしの響たんはどうなるのか……(´・ω・`)
GiGi >> 恐るべきはここまでやってもなお旧ヒロインを正ヒロインと見なす勢力が一定数いることだろう…
GiGi >> 旧き神の名を口にしてはならない…
カルマ >> 個人的にバイト先のお姉さんとか所望>君町
カルマ >> ココまで来ると明確なヒロインなんて誰一人いなかったんや、って気分ですけどね>君町
GiGi >> GEがちょっとマッチポンプに入ってきたかも。青少年、それはやさしさじゃないぜえ。
GiGi >> で、今週一歩が、というか板垣がすごくよかったですね。
LD >> いや、『君町』明確なヒロインがいなくなってくれるなら、それはけっこう重畳なんですけどねw
kichi >> ……ん〜、せめて御島にもうちょいヒロイン感があればなぁw 旧ヒロインのフェードアウトの仕方だって全然納得いく形ではなかったので、旧ヒロインを正ヒロインと見なすのは自然なこととしか思えないというのが正直なところ……w
kichi >> 「GE」、話進んでるようであまり進んでないのですよねぇ……。そろそろ一人は決着付けてもいい頃なんじゃ……みたいな気分に……。
LD >> 『はじめの一歩』は板垣編はやっぱり楽しかったりします。
LD >> 『GE』というか、ぶつかり合わないんですよね。なんか皆遠慮し合っている感じ。
LD >> 『エデンの檻』、仙石くん微妙に無事だったwいや、無事じゃないけどw
kichi >> 「ガマラン」、思ったより大胆に展開させましたねぇ。……もうちょい並列で展開させてって欲しかったような気もしないではないですが……、まぁ、どう持っていくのか楽しみではあります。
LD >> って言うかこの女の子、剣道部の桐野さんだそうだから、この子の好きな人って引目くんだよね。(´・ω・`)
カルマ >> 「一歩」板垣いいですね。
カルマ >> 「GE」押しがないキャラばかりなので展開が進まないですね。
kichi >> 「フェアリーテイル」……リサーナのことはよく知らないのですけど、これまたエドラスの展開の中に巧く組み込むことができたはずって気がしちゃいますねぇ……。なんかほんともったいない感が……。
kichi >> 「一歩」良かったですね。眼球より速いのはすげぇなぁw
GiGi >> 輝先生も一時はどうなるかと思いましたが蓋を開ければ見事な着地点を提示されましたね。
LD >> 『A−BOUT』は僕も一瞬「あれ?オニギリ、キャラ変わった?」とか思ってしまいますた。(´・ω・`)
GiGi >> エデンはまた殺せばなかったことになると思って適当言わせてるなあと。
LD >> まあ、マガジンはそんな感じですかね。
kichi >> ちょww>「あれ?オニギリ、キャラ変わった?」とか思ってしまいますた
LD >> チャンピオン行きましょう。
LD >> 『ケルベロス』、ジョギリ屋ジョーの一族みたいなのキタ!
LD >> 『弱虫ペダル』の御堂筋の「左をどうぞ」の嫌らしさがいいです。…しかし、ここで新開がそれを克服しない流れには見えない所があって、そうなると、どうするかな?とか思ったり。
kichi >> ああ、なんか私もジョギリを思い出したというか、なんか前から知ってたような印象を持ったんですけど、今回初登場でいいんですよね……?>ケルベロス
LD >> 『シュガーレス』、ヒュドラ卜部が負けてしまって悲しいよ!リベンジしてくれ!
GiGi >> もう一段何か仕掛けがあってこそ御堂筋の怖さがでるところですね。
LD >> 確か……常世のメンバーはまだ出てなかったはず。
LD >> それと「2年や3年にはもう遊び相手がいない」って言うならシャケの所行けばいいのに!
LD >> 『バチバチ』は、順当…と...φ(..)
kichi >> なんにしても「ケルベロス」、非常にエグイ描写、展開はこの作者の持ち味が活きてて良かったですね。
LD >> 『ハンザスカイ』、ハンザくんが相手と同じように背中叩かれて送り出されたかったみたいなんですが、コマが地味でちょっと分かりづらかった。(´・ω・`)
LD >> 『範馬刃牙』、烈先生、アゴにいいの食らったよ!w まあ、何かいろいろやりすぎだったからなあ…。
カルマ >> 僕も見直してわかりました>背中叩かれて
kichi >> 「バチバチ」は順当ではないんじゃ……(´・ω・`;)目、大丈夫なのかなぁ……。
LD >> 『はみどる』がら〜ん、なんて事はない!…と思うけど。ま、ね。いっか。(´・ω・`)
LD >> 吽形さん、このままいくとめっちゃケガ持ちになってしまいますね。
kichi >> 「ハンザスカイ」良かったですね。いい一番槍っぷりで熱いです。
LD >> 『任侠姫レイラ』ダブルヘッダーだったのね。無茶…。そしてザ土偶も強そう。こんな強そうなレスラーがそろったみちのくプロレスが斜陽とか信じられないw
LD >> すっごい、青春してますよねw>『ハンザスカイ』
LD >> それからレイラのお父さん登場みたいなんですけど、かなり『YAWARA』のお父さんっぽかったです。(´・ω・`)
kichi >> 「イカ娘」……、これまでも千鶴さんは凄い人らしい?くらいには描かれてましたけど、ここまでハッキリ凄さを描いちゃうとはなぁ……(汗) でもま、面白かったです。
LD >> 『冥王神話』、獅子座のイリアスとか…カッコいいなああw
LD >> 元々、戦闘力の高いすごい人だとは思うんですが、今回は音が出なかったり、カメラでとらえ切れなかったりする所がすごすぎですよねw>千鶴
kichi >> 「レイラ」、ちょっと無茶が過ぎる感はありますねぇ……。ま、女子高生で渡り合ってるってだけでも相当ファンタジーではあるんで、やるなら徹底的にって感じなんでしょうが、なんか今回“女の体”ってとこをハッキリ描いちゃったこともあって、さすがに無茶感が強く出過ぎてる感じはしますねぇ……(´・ω・`)
LD >> 『キガタガキタ!』、恐怖新聞が出てこない話でしたが、いい話でした。確かに毎回恐怖新聞を出す必要はない。……オリジナルもそうじゃなかったっけか?
kichi >> イリアス、なんか仙人ぽくて良かったですねw
カルマ >> 「レイラ」ちょっと勝てる気がしないですね…うーん。
kichi >> 「キガタガキタ」は、やっぱり恐怖新聞が出てこないのが気になったんですがw、そうか、いいのかw
LD >> 『レイラ』の物語がミソな所は、基本的にレイラは身体能力はあるには違いないけど、ガチで男のレスラーに勝てる程強くはないって所なんですよね。だからレイラが買った方がいい流れを見せると勝たせてもらえるんですが…。結局、その勝つ流れを創るためには極限までガチでやり合う必要があるというw
GiGi >> 冥王はここでタウラスの先代が出てくるというのも痺れますねえ。
LD >> さて、そろそろ一番を決めましょうか。
GiGi >> レイラはガチで良いんだが生き急ぐような展開は心配だ。
LD >> ジャンプ。『バクマン』と『保健室の死神』
LD >> サンデー。『マギ』、『ケンイチ』
kichi >> ジャンプは「バクマン」か「めだか」かな。……ん〜、「めだか」で。
kichi >> サンデーは「結界師」か「ケンイチ」ですね。……ん〜、「結界師」かな。
LD >> マガジン。『君のいる町』、『はじめの一歩』
GiGi >> バクマン、マギ、一歩、チャンピオンは今週はナシかな。
LD >> チャンピオン。『レイラ』、『キガタガキタ!』
kichi >> マガジンは……ん〜、「一歩」になりますか。
カルマ >> ジャンプ「バクマン」
カルマ >> あ、「トリコ」も
kichi >> チャンピオンは「ケルベロス」か「ハンザスカイ」。……んん〜、「ケルベロス」かなぁ。
カルマ >> サンデー「マギ」、マガジン「一歩」「ガマラン」
カルマ >> チャンピオンは…んー、難しい。「キガタ」もよくわからなかったんですよねぇ。
LD >> うん。並べて見ると。今週は『バクマン』がいいみたいですね。
LD >> 『バクマン』にします。
GiGi >> バクマンで納得ですね。岩瀬さんと小豆どちらもよかった。
LD >> それでは。今週もお疲れ様でした。
kichi >> おつかれさまでした〜。
カルマ >> お疲れ様でした〜


■■■■2010年09月17日■■■■
LD >> 今週の一番は9月18日(土)深夜24:00開始予定です。


■■■■2010年09月19日■■■■
LD >>
LD >>
LD >> |ω・`)
ルイ >> 頭が重たいけれど、何もめざましをつけなかったのに23時54分にめざめました。
LD >> |ω・`) こんばんは〜!
LD >> |ω・`)ノ よっす!今日はお疲れ!よく来たね!
ルイ >> 今日は3時くらいまで、遅くて4時くらいまでな感じになるやもなるやも。
LD >> や、そこはちゃちゃとやって終わらせよう。
ルイ >> 賛成です
ルイ >> 賛成です
ルイ >> おう、賛同する気持ちが強すぎたwまあ言いたい事を控えるつもりはありませんが。
kichi >> こんばんわ〜(´・ω|私もプリキュア見るので土曜夜ならそのくらいがありがたいですw
LD >> 体力、消耗しているぽかったから、そっとしておこうと思ったんだけどね。
LD >> プリキュアか〜!
LD >> そでではずばやく開催して、素早く閉じましょう。
ルイ >> twitterでストウィの主要メンバーが死なない楽観性みたいなものについて語られているが、それは我々が一期の頃に通った道だッ!…じゃないけど、言った記憶はある。
LD >> ジャンプから。
ルイ >> 新連載『エニグマ』。生死をかけた(?)ゲーム、という『GANTZ系』なのか?いや知恵も使うからライアーゲーム的な?なんにせよWJではそんなになかった?
LD >> 新連載の『エニグマ』は、ネームを観ていると、なぜか『マインドアサシン』とか描いていた、かずはじめ先生のような気分になったです……なぜだ!?
カルマ >> こんばんは。まだ帰ったトコなので…シャワー浴びてきま。
LD >> 最近、江川達也先生が作った映画は『KING GAME』だったか…。
ルイ >> 話の筋は頭に入りやすい。そういう点では大ポカはしてないのでしょう。
kichi >> 新連載「エニグマ」……、私が連想したのはえすのサカエ先生の「未来日記」ですね。てのは、デスノみたいにトリック重視ぽい設定に見せて、実際はどっちかというと設定による展開重視(「未来日記」の場合、あとケレンですがw)な感じなのかな〜?みたいな。
LD >> この主人公、予知夢を観るのに、眠りと筆記用具が必要ですね。けっこうな縛りに思えます。
ルイ >> 主人公の口調、モノローグが多分に自己完結的ですよね。「殴ってやるのだっ」といったように。彼の思考の流れに乗れるかどうかなんだろうなぁ。
LD >> それとヒロインの女の子が、何か能力持ちと。……なんとな〜く、この回の時点で何か予想を断てられるんじゃないかと思ったのですが、どうでしょうね?
kichi >> とりあえずはヒロインの立ち位置とか能力に注目な感じでしょうね。そこの見せ方が気になって巧いですし、面白くなるかどうかの一つの大きなポイントに感じます。
ルイ >> 未来日記はイメージしましたね。閉鎖脱出モノの形ではありますが。
ルイ >> 予知夢、そんなにいい能力でもないなとw誰か彼の能力を補強してくれる人がいない辛い。最低限、予知するものを指定させる力が欲しいなあ。脳干渉系でもいいけど。
LD >> ん…読み返したけど何も思いつかなかった。(´・ω・`)>『エニグマ』
LD >> ああ、予知絵日記のパターンを見ると“誰が”そうなるのか極端に分からない記述になっていますね。
kichi >> ヒロインが素直に主人公サポートに納まるのかどうかが最初の展開になるのでしょうかね? まぁ、マジ惚れ臭い描写ですし、少なくとも当面はそうなると思いますが……。
ルイ >> 「エニグマを殴る」という目的は、『サイレン』の初期目的にも近いのでしょうが、親を奪われた事に関係がありそうだったり、殴るなんて言葉で落ち着く事ができるかというのも気にならないでもない。全編主人公のパーソナリティでもっているのだけど、多少作者の中の独断専行系に見える。
LD >> 『バクマン』は白鳥くんが漫画家デビューしそうな勢いですね。
GiGi >> つまり全部LDさんが悪いと(マテ)
ルイ >> 『バクマン』は賢い犬リリエンタールの事かと思ってビクビクしてしまうw>白鳥くんの漫画
LD >> っていうか、すでに次号のジャンプ売られていますが。
GiGi >> ストパンで人死にとか出るわけないじゃない。出たら泣いちゃうよ?
LD >> あ、そうか。『PSYREN』のオルタナティブが『エニグマ』なんだ。
ルイ >> ジャンプで「長寿で人気だけどアニメ化には縁がありませんでした」って最近どれくらいありましたっけか。
kichi >> ん〜、「親を取り戻すため」「エニグマを殴る未来を選ぶ」というロジックなんで、あまり気にならなかったかなぁ?いやまぁ、殴る方別にいらないじゃんって言われればそうかもですがw
LD >> ん〜そこを圧して、死人出したら、ちょっと考えさせられるものがあるなあ。>『スト2』
ルイ >> それこそ黄金時代の、腐るほどアニメ企画が動いていた頃くらいに遡るのでは?まあ目下のターゲットとしてはOVAだけのJOJOなのかもですが。
LD >> むかしは『こち亀』がそうだと。そう思っていた時期が私にもありました。(´・ω・`)>アニメ化には縁がありません
ルイ >> うん。なんか「殴る」というセンスもそうだけど、論理がいくつかショートカットされているというか、作者さんの美観で前のめりってる感を感じはしたのです>エニグマ まあ肯定的な反応にもなりえる。
GiGi >> エニグマはサイレンを想起しましたね。というかこのファーストゲームは導入でメインはそのあとと受け止めた。
ルイ >> 「おめでとう、君たちはこのゲームを抜けた事で、ログインの資格を得た」こうですね
kichi >> ……まぁ、高浜君の時点で“随分狭い世界だなぁ……”みたいな気分はあったのですが……、案外実際にそんなもんだったりするのかもですしねぇ……。>白鳥くんがデビューしそう
GiGi >> 白鳥くんは葦原先生を連想しますよね〜
ルイ >> 今まさに2010年代のトキワ荘の形を描いているのだー。
LD >> 『トリコ』の飲む描写、喰う描写の良さが半端ないね。基本的な確認だけど、何で“それが”良いのかねえ?人間の三大欲求を描いているから?つまり一話に一回、必ずパンチラ描くみたいなもの?
GiGi >> 実際和月組とかダースたんいでデビューしてますしね
LD >> デビューまではw>“随分狭い世界だなぁ……”
ルイ >> 『トリコ』は食の尊さを極端に大きく扱っていますからね。共感範囲も広い。
LD >> 『ブリーチ』、藍染さん、これはいくらなんでも……!(`・ω・´;)
ルイ >> グルメ界に小松を連れていこうと思ったら、ヒーローマンみたいなバリアでも身につけないと話しにならないなw
ルイ >> 『BLEACH』藍染は宝玉と一体化したんだかしてないんだかよくわかりません。モノローグが矮小やぞー。
LD >> 『HEROMAN』のジョーイの淡々としたヒーローっぷりにしびれる件。(`・ω・´)
ルイ >> 『NARUTO』格的にも、マダラをなんとかできるとは欠片も思えないのがちょっとこう、シリアル処理の欠点って奴か?これが連戦の中だったりするのなら、一太刀が後に響いたりしそうなのだが。
kichi >> 「トリコ」そうですね。良い飲み食いの描写は万人に近く共感を得られるポイントですからねぇ……。おにゃのこ分が少ない分こっちで惹き付けてるみたいなとこはあるのかもですねぇ。あと、数増やすことで物凄くシンプルに強化されたのが分かる釘パンチは基本技としては良いのかもと、これまた基本的確認ですが思いましたね。
カルマ >> 「エニグマ」良いですね。僕もこのゲームは始まりにすぎないと思います。主人公が寝てられる状況どんだけ作れるかは心配w
ルイ >> 釘パンチははいいすね。派手ではないけど、露骨に数で強さのインフレ表現はできる(少なくとも開始当初の3倍にはなっている)。あとはレッグフォークなりとの組み合わせ。
LD >> マダラも何か負けそうにないよねえ…。ってか『ナルト』って敵の負けフラグみたいなの発生しないなあ。味方は死亡フラグ、バンバン発行するんだけど。
ルイ >> トリコって、ワザギミックは限度があるから、その前…「食の型」とか作ってしまえばいいのではと思ったり。最終的には天地魔闘w
LD >> “テーブルマナー闘法”みたいなw>『トリコ』
kichi >> ほんと「ブリーチ」藍染さんはどうしてこうなった状態……。最終形態一護が現れる前と後じゃ別人なんじゃ……。あ、なんかそういう乗っ取りが一護の技としてあるなら納得できるかもーw
カルマ >> ブリーチ」藍染さんダメダメですね…w 語れば語るほどダサい状態に
ルイ >> 一応BLEACHの一護は、『HUNTERXHUNTER』のゴンさん的な枷でもって「行き過ぎたパワーアップ」に理屈つけてるんですね。死神の力を全部失うとか、最終回フラグにしか思えないのだけれど、そこから力取り戻したりしそうだから怖いw
LD >> 『ワンピース』で、3時間でルーキーたちのデザインを決めて、修正したネームを出した尾田先生だそうな…。
kichi >> ああ、それビックリしました。ルーキー達は後付け設定なのかぁ……。でももう“本編”の深いとこに絡んでるキャラも結構いると思っていいんですよね……?(`・ω・´;)
LD >> 『保健室の死神』は、一周年Cカラーで、安田がハブられているわけですが、ばかな!『保健室の死神』の人気は25%は安田人気だろう!いや13%くらいか?!(`・ω・´)
ルイ >> 『べるぜバブ』は相変わらず迷走感が凄いなあ。
カルマ >> うーん。他のところで使う予定だったキャラを持ってきてる(ただしグランドデザインに影響しない使い方で)と思いますけどね>ルーキー
kichi >> いや、別に安田自身には人気ないでしょうw 結果的に安田回は人気あるかもしれないけどw
ルイ >> 『保健室の死神』三途川先生のキャラが綺麗に回っているなぁ。
ルイ >> どうだろう。安田のようなキャラは「俺達の代弁者」的な人気を得る事もあるんだぜ。フォルムにあまり特徴がないのが辛いところだが。
LD >> まあ、ぶっちゃけ女学生・三途川には、何かいろいろ直撃した。(`・ω・´)
カルマ >> 安田は使いやすいキャラだとは思いますが、個人的には全く好きじゃないですねw
ルイ >> 『スケットダンス』は最近ランチさんとか出して、なりふり構ってない感があるな。
kichi >> 三途川先生の使い方はいろんな意味で巧いですねぇ。……しかし、ジャンプ創刊号から読んでるのか……。………………(`・ω・´;)
LD >> いや、安田のすごい所はフォルムにあまり特徴がない所だろう。モブからここまで上り詰めた男。それがう安田貢広!(`・ω・´)
ルイ >> 『みつどもえ』の千葉氏的な尊敬は集められるはず。
ルイ >> 『めだかボックス』は、はじめからクライマックス感があっていい定型外しですね。球磨川先鋒は素敵。
kichi >> ああ、たしかにそういう意味で凄いキャラだとは思いますけどねw>安田モブから上り詰めた
kichi >> いや、千葉氏は尊敬できるけど安田は尊敬できないw そこには超えられない壁を感じる。え〜と、ポリシーの持ち方、かな?w
LD >> そういえば人気投票やっているのだけど、安田よりビジュアルしっかしているキャラ腐るほどいるw
カルマ >> 千葉氏は変態紳士だが安田は変態、みたいな?>尊敬
kichi >> 「スケットダンス」はたしかに、なりふり構ってない感感じましたね……。ちょっと、こう、無茶苦茶さが悪い形で出てるような……。
LD >> 千葉氏、尊敬を集めているんだw
kichi >> ああ、まさにそうですねw>千葉氏は変態紳士だが
ルイ >> 本来新キャラの出るタイミングは学年が変わる時で、生徒会が交代したからって学内メンバーがガラッと変わる事はないのですが、その辺予定より詰めているのかもしれない。
カルマ >> スケットとべるぜは同じくらいの迷走感を感じますね…
カルマ >> 安田…http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=13293062
LD >> すばらしいじゃないか?(´・ω・`)>安田
ルイ >> べるぜバブは、エピソードにきちんと決着をつけないままに次へ次へと行っているので未消化感がある。その分読者の判定を先送りにできるのかもしれませんが、六騎聖とか結局なんだったのかようわからん。
カルマ >> 妹尾姉妹とかオイシイはずなのに展開に不要なら全然出さないんだなぁ>保健室
kichi >> 「めだかボックス」いい展開ですねぇ。善吉が(当分)退場となるくらいの展開はやりそうですしね。そう考えると、正直「ちょっとデレるの早過ぎね?」と思った不知火の描写も妙に納得せざるをえないというか……。
LD >> 『ぬらりひょんの孫』は、これもよしかもですが。鬼童丸がただ強いだけの人になっていてちょっと残念かも。
ルイ >> 『保健室の死神』、本好くんが良かったですね。シンヤがみっちゃんの事を高評価した場合、嫉妬より先に「わかってるじゃねーか」という判定が入るのだなとw細かい所だけど、こういう所にキャラクターは乗ります。
LD >> う〜ん『べるぜバブ』の六騎聖は、いわゆるヤラレ役の生産だったのかもしれませんが、変に気をもってしまってこっちの消化不良感がぱないですねえ。
LD >> いや、不知火はデレたようにみせかけて「このくらいじゃ足らなかったみたいだから、もっとひどい目に遭わせてやろう」と思っていると観ました。デレ顔で。(`・ω・´)
カルマ >> 「めだかボックス」良いですね。定型崩しがマイナスのキャラにハマっていて非常にうまい。善吉のやられようによっては不知火の戦線離脱・寝返りもあり得るかな?
ルイ >> 球磨川対善吉は、わかりやすい所では球磨川が勝っても善吉が立ち直ってくれば実質は善吉の勝利。逆の事も言えて、善吉が勝っても壊れちゃったら球磨川の勝ち。そういう意味で、とても良いカードだと思います。
kichi >> 「ぬらりひょん」は、まぁ、たしかに……。なんで黒田坊がこの技の指導できるんだろ?みたいな気分も微妙にありましたしw でもいい絵が入ってることもあって充分読ませる内容だったとは思います。
ルイ >> 不知火はデレっ早すぎて善吉がなんかのフラグ立てちゃった感があるぜw西尾維新はフラグ自覚遣いだからw
ルイ >> 今後時間をかけて消化しそうなエピソードが早々に消化されたのは、「善吉が物語を消化できなくなるから」みたいなメタ読みが基本ですかね。
kichi >> ……はいw 今見返してたんですが、ちょっとデレがみせかけとは捉えにくいかなぁ?w もちろん全然ありえないってわけじゃないですが、基本的にはメタ読みな流れに思えますw
kichi >> >不知火
LD >> まあ、この一戦で球磨川のあの能力の相当な所までは分かるでしょうね。
kichi >> 「黒子」は緑君との対決が先なのかぁ……(´・ω・`)う〜〜ん
ルイ >> このルールって、2勝2敗1分なら代表戦の球磨川めだか戦に持ち込めるのかな?
LD >> デレがみせかけとは捉えにくいかなぁ?>あ、ごめんなさい。デレたようにみせかけて…ではなく、デレながら…が正しい言い回しでしたw
ルイ >> 僕はこんなとこだなや。「黒子」は、妙に熱血な緑くんの成仏バトルですね。
LD >> >2勝2敗1分なら|そうだけど…その形は…。たとえば善吉とめだかが勝って、阿久根引き分け、もがな負けとか、そんな形か。
LD >> 『逢魔ヶ刻動物園』に触れると、海獣はばか強だけど、海水の補給で活動限界があるという設定は悪くないバランスだと思いました。
LD >> サンデーしましょう。
ルイ >> まあ、西尾維新だと5分とか1勝1敗3分とかもありそうだけどもw
kichi >> 「逢魔ヶ刻動物園」、頑張ってるのを感じますねw 個人的にはなんとか踏ん張ってほしいとこですが……。
LD >> 『ケンイチ』は弟子たちの周りで師匠たちがワケわかんない大破壊バトルしているのがよかったw
ルイ >> 『結界師』は初期は兄貴の危うさが目立っていたのだけれど、最近の描かれ方は「弟がいるからこの兄貴は大丈夫」という形になっているかなと。
ルイ >> 『ケンイチ』アパチャイ活人拳なのに、言葉に囚われず平気で「ぶっ殺して」とか言い出すオイオイ加減がいいなw
kichi >> あと「メタリカ」が最終回でしたか。……まぁ、この作品も特別駄目なとこがあったってわけではなかったと思うのですが、……特筆できるような良いとこも無かったというか……(´・ω・`)つか、数年後のシノさんを魅力的に描けてない辺りとかがね……
LD >> 『マギ』は、ラジオでもしゃべったけど、民主主義制ってのはどうかと思うけど、今のこの条約をばっくれるのは革命しかないのは確か。これで革命政権をシンドバッドたちの海洋国家が承認すれば大体よしのはず。
ルイ >> 『メタリカ』は、独自色の打ち出しがなかった。それに尽きると思います。設定もそうだし、キャラもそう。
LD >> 『メタリカ』は特筆できる所がなかったに尽きますね。ここがいい!と思いづらかった。
kichi >> 「ケンイチ」、弟子の周りで師匠達が縦横無尽な見開きページ良かったですねぇw
LD >> …ま、大体、ルイさんとかぶりの意見なわけだ。(´・ω・`)
ルイ >> 『マギ』は、ブログにも書いたけどとにかく「貰ったものを受け渡す」フェーズそれ自体が好き。オアシスでの生活がそれを思いつかせたという血肉の通いっぷりも、机の上に生きてない感が出ていていいですね。細かくはシンドバッドなり「知る人」が調節すればいいよ。でも、紅玉そっちにドッキンしたかぁ〜w僕の読みではアリババ相手だったのだけれどw
ルイ >> 紅玉がアリババにではなくシンドバッド勢(の誰か)に惚れたというあたりも、アリババの足りてない感を端的に示しているかもしれん。
kichi >> 「マギ」はそうですねw 少年誌的に分かりやすいけど現実的に考えるとどうかな……?と思いかけるんですが、ばっくれにはこれしかなさそうという辺りで納得を得られるのは巧いですw
ルイ >> 『神のみぞ知るセカイ』やっぱりロボ子ちゃんはこのセカイの理から外れた子でしたね。「ルール違い」は強すぎるので、非常に妥当。しかし、桂馬の現世デレが止まらないぜ。
LD >> 「革命したので借金とか条約とか関係ありません!」はアリなんですよね。これされると煌帝国は懲罰的軍事行動ぐらいしか取れなくなるんだけど、それをシンドバットたちの国が庇護するというとかなりやっかい。落しどころは「条約は破棄するけど、借金は時間をかけて返す」って所かな。
ルイ >> ところで、アリババがバルバッドの国政に関わるという願望を満たした場合、当然アラジンと行動はできなくなるわけで、モっさん含めた動向が気になる所。このまま帝国との争いに入れば、焦点から外されずに済むけど。
カルマ >> 「マギ」はちょいちょい、この時代の感覚で思いつくかなという所がありますが…「王政の廃止」自体は非常に納得のいくところです。
LD >> 紅玉(でしたっけ?)のこの気持の行方がどう落ち着くかで、物語…というか群像の方向性が決まりますねえ。
kichi >> 「神知る」巧いですねぇ。「ここで通常エピはさむ辺りが巧い」とか言ってたのを手玉に取られたかのようというかw
LD >> 今、懲罰的軍事行動の話をしたけど、アリババや、シンドバッドがするであろう外交交渉を無視して、煌帝国はバルバットを捻り潰す…ってカードを切ってもういいのだけどね。
kichi >> たしか現状ではシンドバッドに惚れてるんでしたよね?>紅玉(でしたっけ?)
LD >> ルイさんとスカイプで話していたと思うのですが、メタキャラターのメタの接続先が分からないとキス子みたいな動作に、傍からは見えるはずなんですね。
ルイ >> そこで『ガンパレード・マーチ』の話しをした事含め、覚えてますよ。メタっていうと大袈裟に聞こえるけど、要は「お前の神はどこにいる」by刹那Fセイエイって事ですね。映画記念。
カルマ >> 紅玉は以前シンドバッドに惚れたような描写を観た記憶が…>マギ
LD >> シンドバッドに惚れていたら、どう動作するのか…ですね。紅玉、この子、なんだかんだいって煌帝国からは離れられない子にみえますが、さて。
ルイ >> オタメガである所の桂馬が現実の不完全なゲーム性を肯定してるんだから、殆ど桂馬のツンデレは完結してるよな。
LD >> 『アラゴ』んんん〜。ほんとに狼男と殴り合っただけだったかw
ルイ >> 『アラゴ』すごく良かったです。本当に、狼男と殴り合っただけのところが。
kichi >> 「アラゴ」良かったですね。殴り合っただけでw ……ところで、ココって思ったよりおっぱい?(ぉ
LD >> んんん〜(思考中)>桂馬のツンデレ
ルイ >> 狼男、アラゴと心を通わせた事で、アラゴがピンチの時に大英博物館突き破って助けにきてくれそうな気がするんですよね。そういう意味でも、閑話の形をとりながらいい補強ができたなと。
GiGi >> アリババはモルジアナの尻に敷かれるとよいよ、とか。
カルマ >> 「アラゴ」良かったですね。本当に殴り合っただけ。でも良い。
LD >> 桂馬のサマーウォーズ編のまとめ会話と今回の会話って、そのまま受け止めると物語の結論にすら思えるんだよねえ…(思考中)
LD >> ある意味では既に敷かれていると思うよ。>モルジアナ
ルイ >> これ以上細かく桂馬の心境変化に段差は作れないでしょう。まあ、もう実質的に結論でちゃってると思ってますね。
kichi >> そうですねぇ……。妙にサイレントな描き方もあって、物語の結論が示された回と見ても良さそうな……>桂馬の会話
LD >> 『結界師』のこの緊迫感はなんだろう?兄貴の闇に釘を指している話にみえるんだけどw
ルイ >> 兄貴は大丈夫大丈夫と皆が言うのがぎゃくに不穏?w
LD >> >まあ、もう実質的に結論でちゃってると思ってますね。 |素直な『読み』です。う〜ん、要するに僕は桂馬に世界を受け入れて欲しくないのか?
kichi >> 「結界師」はほんと良い展開というか、最終決戦の構図作りが見事過ぎて痺れますねぇ。
ルイ >> というか、桂馬が受け入れきってしまうと、今回のように「与える」側に回るから、これまでのように、他の人に刺激を受けて学んでいくという流れが弱まるのですよね。まぁ話し進んでるから仕方ないっかなー。
ルイ >> 『八咫烏』上杉影武者の話しが結構良かったのだあ〜。影武者の器は大将の器だから、影武者しか知らなくともそれは大将をしる事に通じるというかね。
LD >> 【戦国ヤタガラス】は竹中半兵衛の説明をはぶいていたり、今も“飛び加藤”を何の説明もせずに段蔵とだけ呼んでいるんだけど、どうなんでしょう?微妙に知識がいるような…無視して読めばいいのかな?
ルイ >> 全然要らない知識ですだよw基本的には英傑を育てて世界をそちらに受け渡す、という連中らしいですからね。
カルマ >> うーん、桂馬の現実認識は完成しつつあるような…でもこれ、人外だからさらけ出したわけで(桂馬自体は無意識だけど)、リアルに沿ったキャラが出るとそう表には出していかないんじゃないですかね。
ルイ >> 世界は日本と言った方がいいか。
LD >> 南蛮人がワルワルの世界観も正直どうかと思うんだけど、好きですw
ルイ >> まあ、この話しは帝国主義前夜にあって鎖国を完成させるための話なのでw>南蛮人ワルワル 悪いんだよw
LD >> 『国崎出雲の事情』は、なんか女装仲間ができて……世界観的に良いナガレではないでしょうか。
ルイ >> 『ツール』は記者がきたお陰でジェニーの胸がもまれたりして、よく回りだしているです。
kichi >> いや、女装仲間ができたっていうか、一番最初っからいる師匠的な人なんですが……orz>国崎出雲
LD >> そこらへん、どうなんでしょうねえ。西洋諸国のスペックや事情が変わらないなら、鎖国で正解なんですけど。…なんかもうちょっと積極的侵略国家みたいですね。
ルイ >> 『はじめてのあく』うっはー、藤木先生のネット感古い〜wホームページのトップアクセス観だよw
ルイ >> うん。まあ南蛮の連中が積極的な方が「日本は日本人の手で!」というテーマを大上段から掲げやすいですよね。
LD >> え?あれ?こんな人いましたっけ?>加賀人
ルイ >> そんなところでがしょ。アラゴが面白くて嬉しいな〜。
kichi >> 「ツール」良いですね。胸もみもですがwアフロ君の迷いの入り具合とかも長期的な戦略を常に頭に置いてることは伝わっていい感じです。
カルマ >> 「はじあく」のネット感の古さは苦笑いですねww
kichi >> だから一番最初からいますよw 出雲がいない間国崎屋を支えてた人ですよw
LD >> 読切の『魔界外交官』とかどうでした?
kichi >> >加賀人
ルイ >> 『魔界外交官』良かった!すごく良かったですー。
カルマ >> 「ツール」良いおっぱいでしたね。 クライマーが欠けると厳しいのだなぁ。
LD >> あ〜、ん〜。そうか…。>一番最初から
kichi >> 「魔界外交官」はなかなか面白かったですね。まぁ、奇抜な設定の勝利でしょうかw
ルイ >> 『金剛番長』より構造として正しいのは央先生への嫌味かなんかかと思えたり、何気に『NEEDLESS』な配置もツボでしたしね。外交官ってそもそも、開戦までギリで交渉したり、それこそだから外交官特権とかあるんだけど、そうやって保証しないとやってられないくらい危ない最前線職業なんですよね。だから、それを拳と拳の関係に変換するのはすごくわかりいい。ディフェンスデビルも裸足で逃げるw
カルマ >> 「魔界外交官」うーん、勢いは良いけどあんまり設定に乗れなかったですねw
LD >> なんかアラゴが狼男と殴り合っている場面とかぶりましたが…w
ルイ >> これが連載構造なら、新人クンのほうの物語があっていいと思うのですけどね。読み切りで欲張らなかったのは逆にわかりいいだろうと。
LD >> ああ、うん。『ディフェンスデビル』が本来やりたかったのは、こういう“感覚”という気はしますね。
LD >> (´・ω・`)。o(…一撃で『NEEDLESS』構造とか言いやがったよコイツ…)
ルイ >> 基本は鉄拳外交でしょうけど、中には姫とのラブロマンスであったり、幅をもたせられそうなのも良いところ。
LD >> 『月光条例』のチルチルの破天荒な暴れっぷりに富士鷹先生の『アンハッピーエンドはわかっちゃいるが許せねえ』っていう感情の爆発をみた。(`・ω・´)
ルイ >> 『月光条例』やりすぎクソワロタ。
LD >> 「コールか!?ドロップか!?さあ、答えろ!ダービー!!?」(←外交交渉)
ルイ >> まあ、なんだろう。「赤ずきん」の話の頃から、「いや酷い話だからこそ人はそこから”それは酷い”という憤りなども含めて学ぶのだろう?」というテーマはあって、富士鷹先生も「でもいやなんだもん!」と叫びつつも、裸の王様が提示したいのはソレって気もするのですよね。
カルマ >> 『月光条例』はなんだかなぁ…どこまでいっちゃうのんこれ…
GiGi >> ワルワルな南蛮人は結構楽しいですね。佐渡から攻めるというのは新しい?w
ルイ >> 「わしは裸である事に誇りをもっておる(キリッ」って話だろうと。
kichi >> 「月光条例」なーw 裸の王様が提示したいのはそれっぽいのですけどねぇ……、肝心の作者が提示するのがそこに留まってくれるのかどうかヒヤヒヤもんだw
LD >> 裸の王様が提示するものって「裸王にワシはなる!」まで何ですよね。「でも……マッチ売りの少女は……死ぬんだ。しぬんだよぉおおおおおおおおお!?」って血の涙流した妖怪フスマみたいな顔して叫びそう。(´・ω・`)
LD >> うん。まあ、どこのBETAだろう?とか言っちゃだめだよね。(´・ω・`)>佐渡から攻める
カルマ >> うーん、作者の存在に気づいたからこそ「作品のメッセージ性」に王様が気づけたかもしれなくって、チルチルはそこに気づけるかという話か…?
ルイ >> 日本海の随分狭いところから攻めてきなすったな。朝鮮半島を既に手中にしているという理解でいいのかい。
LD >> 「こりゃ、貧乏が生んだ悲劇なんだって〜」「あのガキが気に入ったならやるよ!下働きにでも奴隷にでもしていいからよォ〜」………親父。ブッ殺されるために喋ってんのか?(´・ω・`;)
ルイ >> だってね、親父だって作者によって「そうあるべくして生み出されている」んだよ、チルチル。
LD >> ああ…。いや、サハリンから、流れてきますた。つまり、あの人達は南蛮人じゃなくって、赤蝦夷(ロシア人)だす。(´・ω・`)

MANKEN CHAT(1.1)