漫研チャット
名前:
発言:
[正面] [取扱] [過去ログ]


■■■■2010年09月19日■■■■
LD >> チルチルの鼻の頭に、どうしても赤い道化鼻がついているように観えてしまう…w
ルイ >> 南蛮人可哀想だろうw
LD >> ま、『ツール』は揉みしだき過ぎだなって事で、マガジン行きましょうか。
ルイ >> 作者が登場して「別にオリは幼女が苦しんでるのを観てハァハァしたくて物語を創ったわけじゃない」と言わなきゃいかんな。
ルイ >> マガジン。
LD >> 『フェアリーテイル』、いやぁ〜、ラブと言ったら、コメと返って来るこの時代に、ナツとルーシィの関係は微妙だねえ〜?
ルイ >> 『ABOUT』俺死のうとしたんだぜ。お前らとはみえてるもんが違うのよ、ってのはそれなりにチンケだけど、かつてイビってた奴が全力で舎弟になっているのは笑った。
LD >> 「でも、幼女が苦しんでるだろうが!!」(←チルチル顔)
ルイ >> 当初は朝桐の空気感は色々ネタだったのだけれど、最近すっかりリーダーしてますね。
ルイ >> 『ブラディ・マンディ』面白い。響が死亡フラグ回避しまくってるうちに、その回避能力ゆえに警戒されてしまったよ。
kichi >> 殴られ顔がちょっと嬉しそうな感じなのが……、え〜と、良かった、のか?w 分からんがちょっと気にはなりましたw>ナツとルーシィ
ルイ >> 『君がいる町』最後の裸体はバランスが悪いと思います(キリッ
ルイ >> 君の、か。ついつい高垣彩陽ファンとして。
GiGi >> ブラマン面白い方向に舵を切りましたね。相変わらず良い行き当たりばったり感。
カルマ >> 「ブラマン」良いですね。フラグ回避が優秀すぎて逆に一般人になれなさそうという…
LD >> GiGiさんと話していた事で、魔弾のアーサーは、ビーストを退場させたから死んだのかもとか言ってた。未だにアーサーの横でビーストが汗かいていたらアーサー無事だったかも。つまり、アーサーとビーストは二人で一人だったんだね。
ルイ >> ちょっと強化人間メソッドなんですよね>響
LD >> 『エアギア』は、どうでもいいけど仏茶さんかこいい。(`・ω・´)(←どうでもいいがついている)
ルイ >> しょうもない話してんなぁw>アーサーとビースト
kichi >> 「A-BOUT」、このヒキは素直に良いですねぇ。
ルイ >> 響は前回の首絞めレイプ未遂もそうだけど、結構ギリギリの所で、頑張ってファルコンの為に生きてるんですけどね。結果だけ観るとそう見えない。可哀想なディスコミュニケーションがここにあるぜ。
LD >> 『君のいる町』は、僕は基本、浅倉(パッツン)支持だけど、神咲の目まで出てきている事に恐れ入る。(`・ω・´)
ルイ >> 『エアギア』いくらなんでも脇キャラにあやひーがいるからOAD買えってのは俺様を舐めてるんでないかい!
LD >> >可哀想なディスコミュニケーション|おおう。そういう物語の目が出てれば裏切りメソッドも回避されるかもw
ルイ >> 『君のいる町』はラジオでも話しましたけど、瀬尾先生の強固すぎる序列一位が外れた事で、戦国時代の様相を呈しているのがなかなか良いですね。まあ、基本だっぺちゃんなんだけどさ。だっぺちゃんはだっぺちゃんで、また特徴の乏しいショートだからw
kichi >> 「ブラマン」良かったですね。別にフラグ回避が原因ってわけでもない気はしますがw、やはり一般人になるというのが簡単にはいかなそうな描写は、響たんのデレ具合がハンパないだけに切ないものがあります……。
LD >> や、でも、アーサーの隣でビーストがばれるかばれないかドキドキしている状態で、アーサー死ぬわけには行かないよねw
ルイ >> 『我間乱』ひょっとしたらLDさんが言ってるかもしれないけど、陣介さんって『バッカーノ!』のラッド兄貴みたいだよねw
ルイ >> それは作品の磁場の話しですね。コント時空で場が作られてるから、シリアスに殺される事はないのではないか、的な。>アーサーとビースト
kichi >> 「君町」は……ああ、そういえば神咲なんて人もいましたね……。御島と容姿がかぶり気味なせいもあってか素で忘れてた……。
LD >> これで御島(だっぺ)が一位フィックスになったら、瀬尾先生の一位チョイスセンスについて再度ミーティングだな。
ルイ >> そう、容姿がかぶってるw
LD >> ああ、いいところ突いてますね。>ラッド|僕は、なんとなく、王欣太先生のキャラを思い出していました。
ルイ >> 陣介さんはあと「3月のライオン」の後藤9段にも似てるw僕の中で 陣介ー後藤ーラッド のABCライン(?)が形成されつつあるぜ。
GiGi >> 君町って言っておけば無難
カルマ >> 「君町」面白くなってますねぇ。月も強いと思うんですよね。東京行く前に一番キレイに思い出を残させたし
ルイ >> 『君町』、ちょっとせっかく旅行についてきてるのに、朝倉の描きが皆無に近いのが勿体ないんですけどね。
LD >> まあ、『君町』でかぶりとか言い出すと色々不味い気はします。(´・ω・`)
kichi >> (´・ω・`)。o(……でも、結局最後は旧ヒロインがかっさらってくとしか思えないんだけどなぁ……う〜ん?)
ルイ >> 『花形』twitterでもつぶやいたのですが、細かく新訳していましたね。
LD >> 『ヤンメガ』はえらいゆるい展開だけど、八王子さんが可愛くて良かった。
ルイ >> 星くんが162キロピッチャーになった事で、心の甘さ以外は本当に化物、という整備がされているのだけど。それにあわせて、原作のピンチヒーロー分を全部「星の甘さ」にした事によって伴のホームランまで通りがよくなっていますね。
kichi >> 八王子さん可愛い同意w 先週の方が可愛かったですけどw
LD >> 僕が今まで『読んだ』尾瀬マンガを考えると、そうですね。>結局最後は旧ヒロイン|まあ、一刻の夢かもしれませんが、それでも今回は旧ヒロイン、戻ってくるのなかなか難しいですよ。戻るネタ、話を進めながら考えようと思っていたら、取り返しが効かないくらい時間が進んでしまう程にw
ルイ >> また、試合序盤に指を痛めた事によって原典以上にあの指で投げまくってる事になって、これで最後に花形が打ったとしても、原典以上に星くんの怪物性はキープされるんだなあ。
ルイ >> 柚希は「マヤウルのおくりもの」という絵本を描けばいいと思うよ。
LD >> 分岐として、たしかに品川くんの成績を上げてくれた人にはなんであれ感謝という選択肢もあったんだけど「敵認定」はちょっと可愛いw
ルイ >> 『はじめの一歩』板垣マジ天才
LD >> 『エデンの檻』は剣道部のあの子が拾う剣で何かするのか。
ルイ >> 『エデンの檻』はザジがずっと不吉さをまき散らしてるけど、内臓でもやられているのかい。
LD >> んんん、凄いのは、戦い方までかなり近い、ウォーリーとかぶらずに天才描写されている所とかね。
LD >> どうなんでしょうね。ここでザジ死ぬ話なんでしょうか。
kichi >> 私は瀬尾作品を読むのこの作品がはじめてなんですけどねw ……やっぱり、断念の根拠が薄い……というか、よく分からなかったからなぁw あと、大人になってやり直すような少女マンガを何作か読んでて、それが好きだからそのイメージが強いのかも。
LD >> 『だぶるじぇい』は真田さんが表紙なだけで満足。
LD >> やぱり、普通の流れで戻す展開をイメージすると5〜10年くらい要りそうですよね。>大人になってやり直す
kichi >> 「一歩」引き続き良いですね。……ただ、気になるのは時間。気にせず闘ってたら超えてたというのが綺麗だとは思うんですが、あまり猶予ないですよねぇ?
LD >> チャンピオン行きましょう。
ルイ >> 拳を縦にしてもぐりこませるというのは最近もウォーリーがやっていたっけ?板垣とそこは揃える事で天才シンクロにティを出すかな。
kichi >> そうですね。この前言いましたけど、10年くらいかけて寄りを戻すイメージが一番しっくりきてはいますw
LD >> ここで板垣。「…やぱり先輩は超えるのはまだ無理だったか…」みたいな展開しても面白くもなんともないですからねえ…。
ルイ >> 『ベイビーステップ』は今週の展開から冬コミで薄い本が出るわけですよね。
LD >> 『ドカベン』は三太郎、カープ、トレードと。
LD >> 『弱虫ペダル』は、まだ、御堂筋、奥の手が残っているのか。
ルイ >> 『ドカベン』はマエケンを回避するあたりのノムケンのイミフ采配は、水島先生もノムケンをディスっているのだろうかとw
LD >> 『バチバチ』はさすがに元十両で一筋縄ではいきませんね。というか『バチバチ』の相撲はダイナミックだなあ…。
kichi >> 「ドカベン」順調に面白いですなぁ。カープ移籍によって不調から立ち直ることができるのか……、できないという展開もシビアで面白そうなんですが、どうなるかなぁ?
ルイ >> 『バチバチ』元十両なのにこのレベル違う感は凄いな。この相撲だって、汚いとかいう以前に反応が早いよ。
カルマ >> 「バチバチ」良いですよね。ずる賢さを活かすには強くもあらねばならない。
ルイ >> 『弱虫ペダル』新開は鬼になりながらずっと自問自答してるわけで、自分のテンションを鬼モードで高めていく様が熱かったですね。あと、御堂筋がやっと真のスペシャリストにやられようとしている。
LD >> 『任侠姫レイラ』は、この状況は「10秒で倒す」のが最適解という所までは分かるんだけど、虚空との対決がすごいタフネス戦だっただけに、どうも10秒で負ける描写に説得力が無い。たとえばもう少し反則すれすれの洒落にならない攻撃で仕留めたりしてもよかったのではないか?
kichi >> 「弱虫ペダル」は素直に見守りモード。いや、変に考え過ぎなければ面白いです。
ルイ >> 僕は『任侠姫レイラ』すごく良かったし説得力もあったと思う。なんたって「土偶」だもんw土偶というマスクマンの中では明らか重そうなものをつけた相手にトップロープ垂直落下やったら、まあ納得。
LD >> ふむ。>明らか重そうなものをつけた相手にトップロープ垂直落下やったら、まあ納得。
ルイ >> 脳が揺れたら意識を刈れるからな。他には間接くらいしか10秒はないけど、スリーカウントとあわさるカタルシスがある分これが正解でしょう。
kichi >> 「バチバチ」はシビアな描写が熱いですねぇ……。卑怯さ以上に単純な強さを感じる描写で……。
カルマ >> 「レイラ」は面白かったけど判断付かないです。この一瞬もあり得るのか。
kichi >> 「レイラ」は先週言った“やるなら徹底的に”を本当に徹底してきて、ここまでやってくれれば素直に納得するしかないというか、なかなか気持ちよく読めました。……でもヒキはどうだろう?(´・ω・`)
GiGi >> レイラはとても良かったですがやはり解説不足は否めないですね。
ルイ >> 解説今回まったく機能してないしね。まあ、さすがに今回に関しては10秒勝負なので、解説を入れるのはどうかと思うがw
LD >> 『ハンザスカイ』はライバルでもない敵を強く描くという事をしていて、それは空手部においてバトルものではなく、部活ものをやっているという感覚が近くなる
ルイ >> 『レイラ』のヒキはなくてもよさそうなところに敢えて入れてくるあたりが、後先考えない感じで好きw
ルイ >> 『ハンザスカイ』良いですね。空手家そのものへの敬意が詰まっているように思います。
LD >> 『シュガーレス』は、シロに普通に図星指されている二年。そしてシャケ、バカ強でかっこいいw
ルイ >> ある種セーム・シュルト擁護のようにも読めたのだけれど、それに加えて先鋒としての責任感もはいっているので、まあ十全。身体的に最も正反対な番場に肯定させるのも、とても良く出来ている。番場が認めたら、この会場の誰もが認めるしかないでしょう。
ルイ >> 『シュガーレス』1年全員が地にまみれてリベンジという形が綺麗かと思う一方で、そんな中でもマリモはどうにかしてしまいそうというのと、未だに描かれない岳が気になるw
kichi >> 「ハンザスカイ」良かったですね。巨体を活かした戦い方が素直に巧さとして認められてて。あと、お互い先鋒としての矜持もあって熱いです。
ルイ >> 『キガタガキタ』恐怖新聞の恐子ちゃんが絶好調ですね。徐々に人間に近くなってきておるw
LD >> まあ、このまま行くと2年で一番強い奴はシロが仕留める展開になるわけですよw
kichi >> 「シュガーレス」はやはりシャケのバカ強感が気持ちいいですねぇw
ルイ >> 『ナンバデッドエンド』は扉が怖すぎる。恐怖新聞より怖いぞ。
ルイ >> 哲弘は何をしにきたのだ・・・
LD >> まあ、落ちこぼれをリビングデッド扱いなのはどうなの?とか思ったりした。>『ナンバ 
ルイ >> 別に落ちこぼれかどうかというより、剛にとってのしがらみ、過去 からの 刺客(ギアス調)ってことですけどね。
LD >> 『キガタガキタ!』はPGが少し可愛くなっている所がよかった。…っていうか、妖湖とストカとPGで、ヤンデレハレム完成しとらん?(´・ω・`)
LD >> えっと、分かってていちゃもん付けてみましたw>剛にとってのしがらみ、過去 からの
ルイ >> チャンピオンはちょくちょくシュールギャグ系統の読み切りがくるな。
LD >> ページ短くていいしねw>シュールギャグ系
ルイ >> シュールギャグって、言い張り続ければ味になる世界だと思うので、まあ寒いけど、この寒さを貫くと哲弘的に愛されるかもな、と思ったり。
ルイ >> 『バキ』雑誌を持ち替えたり色々読みにくいです。
kichi >> 「エンジェルボイス」も良かったですね。技術がレベルアップする過程を端折らず丁寧に描いてて良いです。
ルイ >> 『ケルベロス』良い決着だなぁ。本当に「うしおととら」してるというか、いや単にフォロワーというだけでなく同じ熱さを出せているのが立派。相手は傑作中の傑作だしね。
ルイ >> 『ANGEL VOICE』のこのへんの丁寧さは異常ですね。
kichi >> あ、技術に限らず、以前から示された“イメージの持ち方”ってとこまで描かれてるのが素晴らしいんですよね。>エンジェルボイス
ルイ >> この蜘蛛篇の完成度はかなり高いよなぁ。>ケルベロス
kichi >> 「ケルベロス」も良かったですね。大昔のエピソードまで絡めて見事なまとまりでしたね。
ルイ >> 友恵の宣言が最後に効くのも素晴らしいな。友恵は景と違い、完全に普通の人間だから、彼女に看破される意味は大きい。
LD >> 『ケルベロス』は友恵のセリフが帰ってくる所がキレイですね。
LD >> さて、一番を決めましょうか。
ルイ >> そうですね。大昔の人、現在の友恵、人間でなくなった景という三者が同じ方向を向いている事で一つの力を生み出す、とても完成されたエピソードだと思います。何より巻頭で過去をやった先週がすごくいいんだけどね。僕先週いなかったから・・・orz
LD >> んんん…ジャンプ。ない?
ルイ >> ジャンプは『めだかボックス』くらいか?
LD >> サンデー。『神のみぞ知るセカイ』。
ルイ >> サンデーは『神のみぞ知るセカイ』『マギ』『アラゴ』。個人的にはアラゴw
LD >> マガジンは『君のいる町』
kichi >> ジャンプは……新連載はまだこれからでしょうし、やっぱり「めだかボックス」でしょうか。
ルイ >> マガジンは『ブラディ・マンディ』『花形』。あ、『AKB49』のたかみな先輩すごく好きです。
カルマ >> ジャンプ…うーん、「エニグマ」?
LD >> チャンピオンは『キガタガキタ!』と『ケルベロス』か。
カルマ >> あぁ、「めだか」だ。
カルマ >> サンデー「神知る」「マギ」ですね。
ルイ >> チャンピオンは『ケルベロス』『ハンザスカイ』『キガタガキタ』。
kichi >> サンデーは「マギ」か「神知る」。…………ん〜、悩むけど「神知る」かなぁ?
カルマ >> マガジンは「ブラマン」ですね
kichi >> マガジンは……「ブラマン」かな。
ルイ >> 最近今週の一番、アベレージ的なものにもっていかれてないかい!狼男かわいいよ!
カルマ >> チャンピオン「キガタガキタ」「ハンザスカイ」。
kichi >> チャンピオンは……「ケルベロス」「レイラ」「エンジェルボイス」のどれか。……う〜ん、敢えて「エンジェルボイス」を推してみようか?w
ルイ >> 『ケルベロス』か『アラゴ』かな。僕は『神のみぞ知るセカイ』はそこまで推していなくて、それはキス子の正体が想定内だった事以上に桂馬の導きだす現世デレ回答が「もうみえていた」というのがあって。ここはやっぱり、桂馬の世界理解が早過ぎるとドラマチックさが薄れるところかも。
LD >> 僕的には『君がいる町』か『キガタガキタ!』だけど…。
ルイ >> 『ブラマン』もいいですね。らしい作風で。
kichi >> 今週はかなり意見割れてますねぇw
LD >> ただ殴り合ってるだけの『アラゴ』も捨てがたいな…。
ルイ >> 君町は誰も推してないwあくまで天蓋柚希がいなくなってヨサゲですねって話で、結実するかどうかは先ですからね。
ルイ >> 「まさか桂馬がこんなことを言うなんて!」というカタルシスは、結構すんなりと、淡々と通過していった印象があるな。
LD >> まあ、間をとって『AKB49』という手もあるにはある。(←間?)
ルイ >> たかみな先輩の「色んなジュースが混ざってのAKB」という理解は、読者にわかりやすくAKBを伝えた感がありますね。これ、本人たちの感想が知りたいw
LD >> 結実は難しいと思うから、開放感がある今という考えもあると思うんだけどねwまあ『君町』は外しましょうか。
LD >> 「うま……くはないスよね」が、ちょっとセリフとして利いていますよね。>『AKB49』
kichi >> かなり淡々としてましたねぇ。それだけに真理に届いてしまったような印象もあり、でもまぁ、あとでその意味を再認識する機会もありそうではあります。>まさか桂馬が〜
LD >> まあ、今週は『マギ』でもいいかな。(モルジアナ乱入の時、とってなかったし)
ルイ >> なんだろ。コーラスグループやハーモニーポップとして考えても48人なんてのは到底正解とは言えなくて、その面でたかみな先輩の言う通りではありますよね。ただ、下手でもプロフェッショナルであろうとする事は強いです。そして、闇鍋ジュースの中にブラックコーヒー(男の声)がいてもいいというテーマを内包しうるw
ルイ >> マギは先週が良かったんだけど先週いなかったからなんも言えね。ケルベロスとマギは先週がすごく・・・良かったのに・・・
GiGi >> サンデ読み切り読んでなかったな。ブラマンかキガタかそのあたりな気分。
LD >> 『マギ』にしましょう。
カルマ >> 歌が上手いとかダンスが上手いとか、そういう技術面で訴えていかないのも良いですね。一生懸命が美しいという。>AKB
LD >> それぞれの味があるとかね。
GiGi >> AKBも悪くない
ルイ >> 一番上手いとされる?たかみな先輩がそれを言うのがいいんですよね。あやひーもスフィアの中で自分を抑えてるやん?←
ルイ >> まあ僕の中では『アラゴ』だから、他の一番でも許してやんよ。
LD >> それでは、そんな所で。
LD >> お疲れ様でした。やあ、4時に終わっているぞ。
kichi >> 案外無難なセレクトな気はするかもですねw 個人的には、まぁ、納得かもですw>マギ一番
ルイ >> サンデーの読み切りはウルトラジャンプ臭がして悪くないよw
kichi >> おつかれさまでした〜。
カルマ >> お疲れ様でした〜
GiGi >> あらマギ。先週が良かったねに一票入れつつお任せします
ルイ >> 先週は何を選んだんだチミたちは!
カルマ >> なんかMBSのみつどもえが2話連続なの…?録画してるけど知らなかった
LD >> 『バクマン』。(´・ω・`)
ルイ >> バクマン…仕方ないかw
kichi >> 先週、「来週が正念場でつね」みたいな話をしてて今週納得が得られたという流れもあってか、個人的には先週よりは今週な気分ではあるかもですw なのでまぁ、納得ってことでw
ルイ >> まあ、マクロ的には今週という事になるか。ただマギのコアをミクロに観ている者としては、先週が見たいものそのものではあったんですよね。あの感覚のままどこまで多少ファンタジーでも突っ切る事ができるか、というものだから。
LD >> んじゃあ、おやすみ〜。
カルマ >> あぁ、僕の感覚では今週でしたね>マギ
ルイ >> お疲れサマンサタバサ。
ルイ >> なんだろ。今週こそという感覚だと、ギギさんの批判に乗っかる比重が強くなるんだよな僕の場合wそこが主メガネじゃないんですと言い切りたいからこそ回避できる話ではあったので。
GiGi >> まあ今週に力点置いちゃうと評点辛くなりますね。先週はほぼ手放しで褒めてます。
GiGi >> とはいえマギのことを悪く言われてプンプンするルイさんをモルジアナに見立て軽く萌えたので元は取った(ぉ


■■■■2010年09月24日■■■■
GiGi >> 今週の一番はいつだってばよ


■■■■2010年09月25日■■■■
GiGi >> さて、誰もいないようだ。
LD >> すみません。今週の一番は本日の深夜24時から始めましょう。


■■■■2010年09月26日■■■■
LD >> |ω・`)
LD >> |ω・`) 今、海燕さんのラジオからこっちに来ました。
LD >> もしもし〜?
kichi >>     こんばんわ〜(´・ω|
LD >> 『太陽のドロップキックと月のスープレックス』と『ネコの王』をオススメしていたんだ…。
LD >> |ω・`)ノ こんばんは〜す。
GiGi >> エルシャダイ紹介記事を書こうと思っていたのに寝てしまた
kichi >> おお、「ネコの王」! ネコあんま関係ない幼馴染がナチュラルにネコミミ装着しててツッコミも一切入らなかtったりする素晴らしい作品ですねw(`・ω・´)っていや、SF少年マンガ的にも面白いんですがw
LD >> …む。『そらのおとしもの』は面白いですか?
LD >> SF(少し不思議)少年マンガ的にも面白いんですよね。なんでアニメ化しないんだろう?今からでも拾えよ?みたいな話をしていました。>『ネコの王』
LD >> そうそう『エルシャダイ 
LD >> そうそう『エルシャダイ』って何?……ってしらべたら3Dゲームの事なんだね。
kichi >> ……ここ数冊はイマイチかもです(´・ω・`)やはりアニメ1期ラスト辺りの展開を描いた4巻辺りだったかな?が良かったのですが……、その後登場のエンジェロイドがアストレアな時点であまり終わりに向けて描いてはないようなところがあるんですよねぇ……(´・ω・`)
kichi >> >そらおと原作
LD >> ふむ。つまり、“終り”に向けて進んでいたものが、“停滞”したと…それは重要な話に思えますが。>『そらおと』
GiGi >> エルシャダイとは何なのかというのはなかなか難しい命題ではある
LD >> あ、違うんだ(汗)な、何?なんなの?(´・ω・`;)>『エルシャダイ』
GiGi >> いや、基本的には新発売予定のゲームのタイトルですよw。ただその面白がられ方は一言では語れないw
LD >> ん〜…つか、twitterで書いているのでルイさん起きているはずなんだけど…こないなあ。
kichi >> まぁ、実情は分かりませんが、私にはそう見えるくらい今の展開の仕方は遅いしヌルイですね……(´・ω・`)>停滞
LD >> ふむ。チェックしてみるかな?…というか最近、『セキレイ』が僕が思っているよりも話が進んでいる事を知りました。
kichi >> 「セキレイ」のことは何も分からない私なのだった……(´・ω・`)
LD >> いや、まあ、他愛もないマンガなんで…。>『セキレイ』 (´・ω・`)
LD >> ん…。まあ、ルイさん待ちつつ、ぼちぼちと一番入って行きますか。
LD >> ジャンプ。
LD >> 新連載の『LIGHT WING』ですが…。
LD >> けっこう楽しかったです。すんげえ逆境から始めるのも好きですが…なんだろ、どのくらいの人材がここに居たかが問題になるかな?
kichi >> 新連載「LIGHT WING」は……、まぁ、思い切りよく無茶だけど凄いスーパーサッカーマンガとしてどれだけ楽しませることができるかな? みたいな印象でしょうかw
GiGi >> 「右翼」はツッコミをようですがわりと良いんじゃないんですかね
GiGi >> 「右翼」はツッコミを呼んでいるようですがわりと良いんじゃないですかね。
カルマ >> 風邪気味なので寝るシャダイしたいような…iPhoneから反応するかもです
LD >> 『LIGHT WING』をそうしろとは思わないんですが、『イナズマイレブン』とかけっこう当たっているんだし、ジャンプは必殺技スポーツマンガをもっと積極的に載せてもいいと思うんだ。
kichi >> 人材の問題はありますよねぇ。……ま、都合良くやる気さえ出せば凄い人が数人いたってのもありな内容ではあるでしょうねw あ、キーパーはすでに凄さの片鱗を見せてると思っていいのかなぁ?
LD >> 寝るシャルダイ……やっぱりエルシャルダイって何だろう…?
GiGi >> 昔懐かしい感じで他の部活から人材スカウトしたりすると良いかもですねw
カルマ >> 新連載は、うーんそんなには楽しめなかったというか…まだよくわかんないです
GiGi >> まずはこの動画を見るんだ。http://www.nicovideo.jp/watch/sm11157453
kichi >> ああ、それはアリですねぇw ってまぁ、元々いた部員の立場は……別にいっかw>他の部活から人材スカウト
カルマ >> 他の部活から人材スカウトで必殺技サッカーや…それなんてイナズマイレブン。
LD >> 一人ぐらい、学校が近かったから…で入った田島みたいな奴もまじっている気もします。
LD >> それから、基本はノート君が主役で、この子がどこまで行けるかを描く物語だとは思うんですけどね。
カルマ >> ネタ動画ではhttp://www.nicovideo.jp/watch/sm12164104 http://www.nicovideo.jp/watch/sm12205490 http://www.nicovideo.jp/watch/sm12217367 このへんで>エルシャダイ
GiGi >> トップランナー終わったのでテレビオフ。
GiGi >> ストパン最終回見てたら「一護先越された」というコメがあってちょっと笑った。
LD >> あ、魅入っている場合じゃない。
LD >> 『べるぜバブ』ですが、三木くんは何で、男鹿くんといちゃいちゃしたがりますか?(´・ω・`)
kichi >> 真性のツンデレだからです……(´・ω・`)>三木くん
LD >> ん〜大丈夫か?コメントが大丈夫な感じだけど、興味あるな。>『エルシャルダイ』
LD >> ツンデレいうか…(´・ω・`)ゞ
LD >> というか東条とシズカが知り合いだったわけですが。…なんか色々詰まった展開に見えるんだけど…心がもり上がらない?バレー編の未昇華感が魚の小骨のように残っている気分。
kichi >> 「べるぜばぶ」は、六騎聖の女の子(でしたよね?(汗))と、え〜と、虎?この人に関連あったりする辺りはちょっと興味そそられますね。
kichi >> そうですね……。やっぱり未消化のままハッキリとは意味の分からない展開をされてもいまいち盛り上がりには欠けるんですよね……(´・ω・`)
LD >> 『銀魂』の二年後ネタはよかったです。銀さんがヤムチャ扱いで満足しているあたりの、微妙なしょぼさが笑えました。
LD >> 虎はたしか名前が……なんだっけ東条なんとか虎だったと思うんですよ。
LD >> うん。東条英虎。
kichi >> 「銀魂」二年後ネタはなかなか面白かったですねw
kichi >> ああ、東条という苗字も失念してたものでw>東条英虎
カルマ >> 銀魂の二年後はよかったですね(笑) 神楽だけそのままになんねーかな
LD >> 「二年後にジャンボディ諸島で!!」ドン!!とか、脈絡のなさがいいw
GiGi >> 銀魂はこのネタ引っ張るんだろうか?w
kichi >> 銀魂ですし、少なくとも何週かは引っ張りそうw 完全に定着って感じにはならないというか、なってたとしてもあまり雰囲気は変わらない感じで続きそうですけどねw
LD >> 『エニグマ』は……普通ですね。様子見。
LD >> 神楽が成長しているあたりに微妙な感動がw
kichi >> 「エニグマ」は……そうですねぇ。様子見かなぁ。……やっぱりあまりトリック内容勝負な感じではないんだろうなぁ……とは思うものの、夢日記の全文を読者に晒さないのはちょっと、こう……(´・ω・`)
LD >> 『黒子のバスケ』は、何か緑間があせっているっぽい。…しかし、ここでのキャラを“潰す”のは得策ではないのだけど…。ふむ。(思考中)
LD >> 本当は2話くらいで、なるほど!と手を打たせて欲しいのですケドね。>『エニグマ』
GiGi >> 服部さん空気読まずに漫画第一で喋ってるのが良いなあ
kichi >> 「黒子」同感ですね……。この作品は最後までキセキの世代の格は崩さず行ってほしかったというか、新敵の方が強敵となりそうな流れにはちょっとしょんぼり……(´・ω・`)
GiGi >> この調子だと全員の異能力が出切ったところで打ち切りとかありそうだなあw>エニグマ
LD >> 『ブリーチ』は一護くんの最終(?)形態もどうかな〜?と思うけど、藍染さんとはこれで決着っぽいですね。でもすぐ真の最終決戦がありそう。
LD >> 『トリコ』はグルメ界に入りましたが…すんげえ面白そうwもう捕獲レベルとか関係ない世界なんだろうなあ…。
GiGi >> トリコは行ったら行きっぱなしじゃなくて帰ってくるまでが冒険なところがいいですよね。
LD >> 『バクマン』で『PCP』は苦情の電話が多いというのは納得いきますね。子供がマできるくらいが楽しい面白い…として、どこまでやっていいかのバランスは難しい。
kichi >> 「トリコ」はグルメ界が思ったより遥かに広いことに驚いたり。ほんとに大部分が未開の地なんだなぁ……。
LD >> グルメ界に入ったとたん、最初に空気弾(?)みたいなものを飛ばす、キリンだか恐竜だかの生物が好きですね。生物の描き込みがよくて説得力に満ちている。
GiGi >> なんだろう、前に一度思ったんだけど、実はトリコたちってこびとなのかもしれないw。
LD >> グランドラインの“新世界”は実際の広さはどうあれ、あとちょっとな印象を持つんですが、グルメ界はまだまだ全然なんですよね。なんだろ、考えてみると不思議な惑星です。
kichi >> 「バクマン」は……いろいろ微妙な問題、展開ながら納得するしかない内容ですね。ま、順調です。
LD >> ここに来てアリエッティネタが…!!Σ(`・ω・´)>実はトリコたちってこびとなのかもしれないw。
GiGi >> なんかトリコの世界の地球の大きさが我々の地球の2倍くらいあるんですよね。で、トリコたちのサイズが2分の1だとすると重力とかいろいろつじつま合うなとかw。
kichi >> ああ、それはなかなか面白い発想ですねw>トリコこびと
LD >> 平丸さん、『ラッコ』のヒットで1億2千万稼いだか……じきに連載止めそうだけどそこは吉田さんがなんとかする展開なのかw
kichi >> ただ、やはり「トリコ」でちょっと引っ掛かるのがアカシアにGODといった先人の設定が、その世界の広さの割に幅を利かせ過ぎてるような印象なんですよねぇ……。いっそほんとに神話レベルの話にしちゃった方が良かったんじゃないかと思ったり。
LD >> あと森屋くん、ネーム通せるようになるかなあ…。白鳥くんと二人とも上手くいくと“変”だからって冷遇されそうな気も。
LD >> 『トリコ』の世界観は一度、設定を総ざらいしてチェックしてみた方がいいかもしれませんね。
kichi >> ……う〜む、なんとかしちゃうんでしょうかねぇw 吉田さん優秀だなぁw
GiGi >> 森屋くんの使い方も気になるところですね。ジャンプ以外の選択肢というのもあり得ます。
LD >> 『ぬらりひょんの孫』はかなりノリノリです。多分、今、一番いい時期。
kichi >> 森屋くんにはちょっと可哀想な状況ですからね。シュージンの影響がでかいってことを知る前に帰っちゃってるからなぁ……。わざわざそういう形にしてるってことは何かアクションがありそうではあります。
LD >> 鬼童丸を一蹴して、直後に鵺の生誕のシーンまで滑りこませる話運びとか実にいいと思う。
kichi >> 「ぬらりひょん」次週どういった展開を見せるものか楽しみですね。
LD >> 『スケットダンス』は、新生徒会役員は無駄にキャラが立ってないか?大丈夫か?いや、『Dr.スランプ』に摘さん一家が来たと思えばいいのか?
GiGi >> どうなんでしょうね。ちょっととっちらかった印象を受けました>スケットダンス
kichi >> 「スケットダンス」は、ちょっと無駄にキャラ立ち過ぎてる印象ありますねぇ……(´・ω・`)忍者はまだしも二重人格の女の子の方はどうも違和感が……
LD >> 鬼童丸がすんごい技をだして、それでもリクオはかわして、鬼童丸がさらに反撃を試みたのに、それを止めて仕留めているのがいいんですね。ページをめくる度に画が転じている。
LD >> 二重人格の女の子、違和感がありますねえ。上手く言えないですが、これまで積んだ『スケットダンス』のバランスに無い子…という感触を持ちます。もっとも、忍者、二重と立て続けにだしているのは、そのバランスを崩す試みにも思えますが。
kichi >> ここで変に溜めたりせず、いっきに倒して展開してるのは良いですよね。ほんと、残り90時間とか無かったことにして正解w
LD >> 『保健室の死神』、ぶっちゃけこのロリ子は再登場するデステニーだと思っとったよ!(`・ω・´)
kichi >> そうなんですよね。ロマンとかもいるんでリアリティの問題ではなさそうなんですが……どうも二重人格娘には違和感が……(´・ω・`)う〜ん?
LD >> ぶっちゃけ、今回、微妙に恥ずかしがったりして、まるでクローム髑髏のような人気が出るにちないないよ?(`・ω・´)
kichi >> 「保健室の死神」、操の性別は何気に気になってましたが、やはり女の子だったのか!Σ(`・ω・´)でまぁ、それをあの時点では明かさずにこのタイミングで明かす辺り、ほんと巧いと思います。今後の絡み方も楽しみだなぁ……。ハデス先生の養子になる展開とか希望w
GiGi >> Civ5をオンライン配信で購入。ダウンロード中。
GiGi >> 素で女の子だと思っていたのでアレ?明かされてなかったっけ?とか思ったw>操
kichi >> 私はどっちかかなり気になってましたよw どうも実は女の子ぽく思えるのだけど、スルーされたってことは男の子?とか、かなり気になってはいましたw
LD >> 逆に『めだかボックス』は、情報が入っているといえばいるんだけど、もう少し展開を“詰め”られないかな?と思ってしまう。このマンガ多分、情報量が薄くなる事はほぼ絶対にないのだろうけど。
LD >> どうかなあ〜ハデス先生の家に住むと登場頻度上がり過ぎかな〜かも?経一のコブくらいがいいのかも?(ん?大して変わらないか?)
LD >> 僕は性別分からないように見せているなと思いつつ、絶対女の子だと思っとったよ!(`・ω・´)
kichi >> 「めだかボックス」は……そうですね。なんか今週片が付くとは言わないまでも、善吉がズタズタになってるくらいのイメージを持ってたので、案外ゆったり展開したようにに感じてしまったのですよね。確かに情報量は多いんですが……。
LD >> …というか藍本先生的に言うと、この子、キャラ描けたらファイナルよ?最後のピースがはまるくらいの威力がある。
kichi >> いや、ぶっちゃけハデス先生の……成長って言うのは何ですがw、過去から続いてるらしい問題解決のキッカケとなっちゃうくらい重要キャラになって欲しいビジョンですw それこそ「うさぎドロップ」とか「高杉さん家のおべんとう」をやってほしいくらいの気持ちがw(無茶かもとは思いつつw)
LD >> ジャンプはそのくらいでしょうか。『SWOT』今週終わりじゃなかったですね。
GiGi >> うん、保健室に足りなかった最後の1ピースになりそうな気はしているw>操
kichi >> 「SWOT」はもうちょい早くこういうの(メイド喫茶とか)やっても良かったですよね。
LD >> んんん〜ああ、そういえば、操は元々はハデス先生の病魔を奪えるキャラでしたね。今はその呪縛がない状態ですが…。
LD >> ただ、彼女がハデス先生の問題を解決するポイントを持ってしまうと、他の生徒達は何なんだろうというか、そういう危険もありそうですがw
kichi >> ……いや、能力は別にどうでもいいというかw ハデス先生をもうちょっと精神的な意味でバランス良くするには、言ってみれば強過ぎる自己犠牲心を抑えるため、庇護対象を作るのがいいと思うと言いましょうかw>操
kichi >> まぁ確かに、その辺は学園少年マンガ的にも難しいところなんで、実際そこまではできないのかもですが……、ま、個人的には見たい展開ですw
kichi >> >他の生徒達は何なんだろう
LD >> >庇護対象|ふむ。…いや、つっこんだ話をすると、この子、上手く『回り』はじめると強力過ぎると観ているので…w まあ、どう置いてくるか観てみましょうか。
LD >> サンデー。
LD >> 『神のみぞ知るセカイ』いきなり“読者側”に対して解答をバラして来ました。これは上手いなあ。
LD >> 同時にこれはアイドル子の『序列』が一つ抜ける事を意味するんだけど……それに対して何がフォローがあるのか、あるいは頭一つ出ましたで済ますのか。
GiGi >> 神知るこれはやられましたね。女の子側からの視点で、桂馬に打ち明けられない理由を描いてるのも上手い。
kichi >> 「神知る」こう来たか!って感じですねぇw ……でまぁ、思ったほど並列ヒロインが崩された感はなかったですね。今のところ。そういう意味でもいろいろやはり“巧い”って感想になりますねw
GiGi >> 序列といっても四角が五角になる程度の話なので頭ひとつ抜けるとは思えませんね。
LD >> 記憶を取り戻しているとしたら、桂馬に振られている子……という逆算でこの子ですかね。…他に近い思い出になる子はいるかな?
kichi >> たぶん、女神自身が記憶なくして、この場合アイドル子に“なってる”イメージだったのが、実際はディアナ同様取り付いてただけっていうのが、個人的には大きい気がしますが(汗)、それを抜きにしてもやや先行くらいのイメージに思えますねぇ>序列崩し
LD >> >四角が五角|ん。違う。僕が観ている『神知る』は序列構造と並列構造の二本軸を立てる事で並列構造化を実現してる…という形で。今、アイドル子は、並列構造レイヤーから序列構造レイヤーに入る事を意味するんだね。…ってああ元の文の叙述が悪かったか(汗)
GiGi >> ああ、レースに参加する権利を得たという話ですね。それは分かります。
GiGi >> 「ケンイチ」も活人拳の解答を示していて素晴らしいなあ。活人拳>殺人拳というわけではなく、活人拳を目指す過程でより強くなると言う。
ルイ >> おはよおおおおおおお!
ルイ >> だよねだよねケンイチだよね!←さっきからいた風
GiGi >> すでに2時間たっているが大丈夫か?
ルイ >> 一番いい優しさを頼む。
GiGi >> 神は言っている。ここで寝る定めではないと
kichi >> 「ケンイチ」も良かったですねぇ。
ルイ >> 今サンデーですか。ほむほむ。『神のみぞ知るセカイ』は、見せ方が上手い!に尽きますね。メタでもないんだけど、かのんの声優さんってあんまり有名どころではないので、その辺を考えても面白い所。
ルイ >> 『エルシャダイ』は凄いよねえ。ほんとデスクリムゾン以来というか。
LD >> いや、アイドル子をレースに参加させるというのは、アイドル子だけレース参加なのか?『強い』キャラだけどレースの参加権はあたえないのか?そもそもアイドル子の突破は、並列レイヤーにいた攻略女子全員のレース出走を意味するのか?と色々選択肢があって…ともかくそういうトリガーが発動したと。
ルイ >> 一応ディアナ姉妹は三姉妹だから、出走枠は3枠?>レース参加
GiGi >> 3姉妹だったらあと1枠ですかね
ルイ >> 『ケンイチ』の、活人を極めて全力というのは、理屈が通っているようで通っていないようで、やはり通っていると感じる周回廻った境地ですねえ。
GiGi >> あと1枠というとほぼあと1名しか思い当たらなかったりもするが。
ルイ >> ああ、人形子の事な。←>思い当たり
GiGi >> 殺人拳は「相手の命を絶つところまで」で良いけれども「活人拳」を極めようとすればその先に踏み込まざるをえないんですよねえ。
ルイ >> うまい言い方かも>ギギさん 殺人拳からの論法だと「お前たちは人を殺す手前で躊躇している!」となるのだけれど、活人拳に言わせれば「殺せる所を先にいっている」になる。まあ、これってある意味で認識戦に近いというか、優った側の理屈が正しくなるw
ルイ >> 『結界師』の青春ムービー風ネームがたまんね。雪音が抱きしめるシーンとかもうたまんね。
LD >> >あと1名|ああ、教員子の事な。確かに、エピ終わった後、学校にはいなくなっかたら記憶引継ぎ放題だよね。(`・ω・´)
GiGi >> 結界師も良かったですねえ。ここで追いかけてこれる良守はいい男だ。
LD >> 活人拳の方が難易度が高いのは間違いなさそうですw
ルイ >> 雪音?時音だよバカ!俺だよ俺!
kichi >> 「結界師」良かったですねぇw ……しかし、時音ちゃんも最終決戦で展開に関わるほど重要なポジションにいるのかなぁ……? いやほんとwktkです。
ルイ >> 良守と時音の手綱を握る関係性がまるっと逆転しているのですが、「年下の男の子が自分を追いぬいていっていつのまにか頼りにしている」を女性であるイエロウ先生が描いているというだけで僕もうドキドキ
LD >> …って言うかアイドル子のエピ、よかったらから、この設定加えたら、このまま真っ直ぐ伸ばせられるんだよねエw
GiGi >> 雪音…いや、時音だったか…まあいい。
LD >> 『ハヤテのごとく
ルイ >> 『コナン』テニスの女王がシュティフィ・グラフである所に時の止まりっぷりを感じましたw
LD >> 『ハヤテのごとく』のこの展開は『バクマン』のパロディかなんか?
ルイ >> 『ハヤテのごとく』おお、つまらん!←
ルイ >> ナギの漫画云々をこんな語られても、このエピソードはどこに辿りつくのだよ。ナギが一人でくっていけるからハヤテを開放してあげてハヤテがアーたんの所に走るとでもいうのか?
LD >> 『マギ』、このお姫様ってダンジョン攻略者ではあるんですよね?
ルイ >> 『アラゴ』がよくなってきているというか、ミニエピソードで回す余裕を身につけてきたのかな。グレムリンもワーウルフも、とっかかりやすくて良い。この流れで読者を増やせるか。
LD >> いい展開やん?(´・ω・`)>ハヤテがアーたんの所に走る
GiGi >> まあハヤテは(どうでも)いい展開なのでしばらくそっとしておきましょう
ルイ >> 『マギ』はおままごと感のある交渉事ではありますが、先週の流れならこれしかないよね。ガンガンいったれ。
GiGi >> マギは女の子の心理から攻めるのは上手いと思ったよ。アリババはジゴロの才能があるねw
ルイ >> 女の子の心理っていうと、シンドバッド利用に聞こえるじゃないかwそれより、下位皇女という立場を含めた彼女の決定権のなさと、言葉の節々から滲み出る人任せ感みたいな所から読み切りましたよね。アリババまじ成長
kichi >> 「マギ」はお姫様がホッとしてる辺りがミソですよねw
ルイ >> 『ツール』タイムアタックで何か悲劇が起こると思ったら、なんだかいいハナシーサーだったでござる。
LD >> 「政略結婚に乗り気に見えない」ところをついて、帝国に帰ってもいい形を作るところまでが勝負でしたね。>交渉事
ルイ >> 『月光条例』が次週いよいよ富士鷹節炸裂だよ!!
ルイ >> アンデルセンという名の藤田和日郎がそりゃもう作品ラブを語るね。熱く語るね。
kichi >> 「RINNE」、二万円でも買えるんだw ……ていうか、これまでの霊アイテムの価格感覚から考えるとボッタクリとしか思えない高価さなんですがw
ルイ >> 10年持つからねえ。すごくお得なのかも。
LD >> ん、ああ…借金の担保になっているだけで、実は通商権や国土はまだ取られていないのかな?
ルイ >> 『オニデレ』久々にアンジーが出てくるとそれだけでどカオスなんて流石です。
GiGi >> 駐留軍がいないなら体制ひっくり返ったら反故でもおかしい話ではないですね。あとはメンツの問題。
GiGi >> リンネはその2万円がどこから出て来たのかがとても気になりますねw。ツケならまだいいですがまた変な借金になってそうなw
ルイ >> 正のすごくいい告白をさらっと小悪魔風に受け流すアンジー。サヤは心の中で失神でもしているのだろうか。
ルイ >> 『はじめてのあく』腐っても幹部、か・・・
kichi >> 「ツール」はルールがいまいち把握できてないのが歯がゆいかも。このTTアフロ君が本気出さなかったのは単純にいい話ってだけでいいのかどうか、いまいち分からないんですよね。ここで解説がないならそうなのかな?
ルイ >> TTで頑張る分の足を残したという事実はあるのだけれど、それが「言い訳」である可能性は否定できませんね。ロランの為という名の敗北宣言というか。
LD >> 調べたけど、差し押さえられている。終わってたなこの国。(´・ω・`)
ルイ >> 或いはローランの為に温存した事で、個人の争いから解脱したとも・・・これが武器か瑕疵かは後へのポイントになるでしょうね。
ルイ >> だからおままごとだって・・・w
ルイ >> 『チルドレン』また薫だよ!←嫌いなの?
LD >> 体制ひっくり返ったら反故でもおかしい話ではないですね。ただ、それによって損を被る国がその政権を認めないだけですし、それで亡命政権を支持したりして内乱の元になりますが。ただ、それも七海連合が保障するというならかなり手を出しにくくなる。
kichi >> 「ミクシム11」、桃子さん思ったよりあっさり……ってことはないのかもしれないですがw、勝ち切りましたね。てっきり勝っても大ダメージ受けるか下手すりゃ相打ち(でも実は生きてる)くらいにはなるかと思ってたんですが……、まぁ、この前のピエロもですが、かなり強そうな感じで出てきた敵が思ったほどではないようで……(´・ω・`)
ルイ >> とにかく七海連合を含めた海上貿易のルートというエサが旨ければ、「普通の」国はとどまるでしょうね。帝国はイメージモンゴルなんだから、元々そちら弱いだろうし。国土統一そのものが目的なら止まらないけど。
ルイ >> 「ミクシム」はなんかフラグが下手というか、わざとらしすぎて釣られクマーになってしまうw
LD >> 『戦国ヤタガラス』はようやく女キャラ出てきたよ〜!!(`・ω・´)
ルイ >> 『戦国八咫烏』はゲッサン移籍してもいいかも!やあ、夷敵っぷりがバリバリすぎる世界観ではありますが、面白いですよね。
LD >> 『はじめてのあく』は、これはお姉ちゃんと、ヒーローのフラグか?
ルイ >> 姉ちゃんもっと生活力ある相手じゃないと無理だよ・・w
kichi >> ああ、そういえばちょっと気になりましたっけw>お姉ちゃんとヒーローのフラグ?
LD >> 『月光条例』は、最近、チルチルの鼻に赤い球がついている気がしてならない今日この頃。「この子をハッピーエンドにしてやってくれ」って直談判ですよ?
LD >> いやあ、どちらも正義と悪の鞍替え絶対できないキャラですからねえ〜。それでもヒーロー兄さんお姉ちゃん振り向かせたら上出来?
ルイ >> アンデルセンが涙を流すあたりが富士鷹。
LD >> サンデーこのくらいでしょうか。
kichi >> 「月光条例」は、「あの娘を幸せにするんだ!」って言ってる時のチルチルに迫力があり過ぎてw、……でもまぁ、まともに考えれば次号のアンデルセンの方が熱を入れそうでもあって……、ちょっとドキドキw ……あと、マッチ売りの少女って結構重要キャラだったりするのかな?
LD >> マガジン。
ルイ >> 筋を曲げる事を、どういうセリフで拒否するかが見物ですね
ルイ >> 『エアギア』姉ちゃんがそこまで重要という印象もなかったので、この裏切り方向がどれほどの大事件かよくわからないよ。
LD >> 『生徒会役員共』、アニメ観ていて思ったのですが、会長って津田くんにデレていましたっけ?
LD >> 『エアギア』は、そのうちアイオーンがなんとかしてくれるよ?(´・ω・`)
LD >> 『ブラッディマンディ』はパンツ見せながらイチャイチャしていた件について。(´・ω・`)
ルイ >> 会長が津田にデレる理由が何かと問われたら、ハーレム主人公位置だからだと答えよう。
ルイ >> 『ブラディマンディ』のリア充爆発しろ感は最高ですね。しかもイチャコラするほどフラグというか、カルマは積まれていく感じがw
LD >> ぶっちゃけ、ハニートラップにしか見えないのだけど、僕の眼が薄汚れてるの?なの?
GiGi >> まあ響ちゃんはエージェントなんだからいろいろ仕込まれててもおかしくはないw
LD >> 『ネギま』のこのアーティファクト、フェイトに気づかれないのはほんとに素晴らしいな。
ルイ >> きみたちはすぐ房術とかもうね・・・
ルイ >> 『ネギま』凄い石ころぼうし。
kichi >> 私は最初からハニートラップではないと思ってる派なんで違うと思いますがw、でもわざとそんな風に見える描き方してドキリとさせようとしてる感じはありますねw 目のさめ方とかw
ルイ >> スパイかどうかなんて関係ない、結果的に藤丸に惚れるから!って長浜監督が言ってた。
LD >> ああ、でも何だかんだ言って、超鈴音のクロックアウト攻撃の方が強烈か。それでもタカミチとかかわしてたけどw
LD >> いや、結果的にファルコンに惚れるとは思いますよw
ルイ >> つまりスパイでもスパイじゃなくなるし、スパイじゃないならスパイじゃないのだから、問題はそこではなく彼女のフラグ回避能力なんだってばよ!
kichi >> 「ネギま」夏美アーティファクト優秀ですねぇ。あとまぁ、小太郎とネギの実力差もここまで大きくなってしまってるのだなぁ……といった点でもちと哀愁を感じたり……。
LD >> 『きみのいる町』、すぐに御島に決める流れに、瀬尾先生の抗えない『序列』の引力を観た。(`・ω・´;)
GiGi >> 藤丸に惚れていることは確かでもそこで端々に現われるエージェントとしての本能がディスコミュニケーションを引き起こすのですよ!w
ルイ >> 『きみのいる町』はしばらく見を決め込むしかなかりせば。
GiGi >> あー。>君町
ルイ >> 強化人間メソッドきたこれ!>ディスコミュニケーション アニューか!アニューリターンか!←こいつしばらく00脳
LD >> この流れで朝倉が入ってきたら、誉めるというか…なかなかいい展開。でも、存外早く柚希がもどってきそう。
kichi >> 「君町」なー(´・ω・`)
LD >> くの一は、「嘘だろ……響!?」と言われてからが本番。なあに、マガジンの主読者はその展開に耐性ないからガンガンいくべき!(`・ω・´)
ルイ >> 君等奥歯にモノはさみすぎだろうw
kichi >> ……まぁ、ある意味予想通りなんですが、実際見ると残念な気持ちになるものだな……(´・ω・`)>君町
ルイ >> まあねえ。瀬尾先生は序列から解放されたのだ!って論陣貼ろうとしたら、新たな序列で歪みないのがさすがだぜ。
LD >> 『A−BOUT』は、なかなか意外な展開ですねえ。ここで光嶺三年が出張ってくるとは。
LD >> 『君町』はここで、御島一筋!みたいな話されてもあれなんで、早晩崩れるとは思いますが…。
ルイ >> 『A-BOUT』は予想外のテクニカルな展開にちょっとビックリですね。外敵を活かして先輩に認知させたか・・・
kichi >> 「A-BOUT」驚きましたね。巧い展開かも。
LD >> 『フェアリーテイル』、「あたしがフェアリーテイルに入ってもうすぐ半年が…」そうか〜、まだ、半年しか経っていないのか〜。
LD >> 『A−BOUT』、なんか三年の樋口が出張ってくるだけでも、けっこう嬉しくなったりしました。
kichi >> ……サクサク展開しちゃう可能性も高そうですねぇ……。この展開やるにしてもじっくりの方が良かったんですが……(´・ω・`)御島と付き合うまで2年、別れるまで3年、柚希と寄りを戻すのに5年かけるくらいの感じで>君町
ルイ >> 『花形』の星飛雄馬は素敵です。
LD >> 『AKB49』なかなか楽しく展開していると思います。
LD >> 柚希とより戻すのにやっぱり10年くらい要りますよねえ…w
kichi >> 「フェアリーテイル」は選ばれた8人のことをナツ以外よく知らないのが残念な気分ではあるんですが、最初から読んでれば結構感慨のあるセレクトだったりするんですか?
GiGi >> AKBこれは秋元さんはやっぱり分かってるっぽいね。
ルイ >> 『AKB』よかですね。たかみな先輩かわゆすです。
LD >> そして『ベイビーステップ』は、よい展開…あっさりしているのが、この作品らしいというか、まあとにかくエーちゃんにはそういう資格がある。
ルイ >> AKB、惚れる展開にもって行くんだなあと安心した部分。
kichi >> 「ゴッドハンド輝」巧いですね。今後死人を出すって展開はしにくい所、実は原点の記憶として助けられなかった経験が存在していたとは!
GiGi >> 恋愛の成就をクライマックスに持ってこなくても良いってのは良いよねえ。
ルイ >> 『ベイビーステップ』はもう、俺のときメモ論者っぷりが火を吹くしかないよね。やっぱり勝木先生の作品理解っぷりがハンパないです。
LD >> いやぁ?普通?レビィが好きな人には彼女の出番が生まれて嬉しいくらい?>S級試験8人
GiGi >> AKB49わりと憎まれ役の先輩研修生を立ててきてるんだけど、この子はフィクションなんだよね?
ルイ >> テニス大会の片手間とは言わないけれど、それ用のスケジュールは組まないと。正直言って、そう言い続けてきた僕だって告白くらいはスペシャルイベントだし定型崩しするんじゃないかと思っていたのですが、いやいや告白も飲み込んじゃった。もうHしか特別ルートはないお。
ルイ >> あの子ノンフィクションなら逆風ハンパないなw>AKB
GiGi >> ゴッ輝は奇麗にテーマ消化しましたね。お見事。
kichi >> 「ベビステ」良かったですねぇ〜w あっさりではあるんだけど深い納得があるのは、これまでこうなるのが当然と思える描写が積まれてきてたからではあって。ま、なんにしてもいい具合にニヨニヨできましたw
ルイ >> 『ゴッドハンド輝』は今kichiさんが言ったまんまで付け足す事がないっ、くやしいっ・・・(ビクンビクン
GiGi >> しかし清水さんでいろいろフラグ立てた後でこれやると、恋愛ルートでもまた別の展開があるかもとかも思ったりw。爆弾処理?w
ルイ >> 原初の封じられた記憶に「既にあった」ってのはスペシャルな大技ですよね。正直僕の一番推しは輝先生かもしらんよ。
LD >> 『ゴッドハンド輝』ああ、そうですねえ。>実は原点の記憶として助けられなかった経験
kichi >> ありゃ、そうなのかぁ……(´・ω・`)>試験8人レビィくらい?
ルイ >> 『GE』相手が自分の事を好きだとわかっているのに挑発的なセリフをはく黒川さんのナチュラル女っぷりがリア充感全開です!
ルイ >> 『エデンの檻』えーとtwitterに書いたけどもう一度。 ザジは犠牲になったのだ…読者の「何このハーレムw名前売りさえすれば殺されるリストにも入らねーしサバイバル感ねーじゃんw俺もこれなら飛行機墜落したいおwww」という感想…その犠牲にな…
LD >> 『エデンの檻』はザジが死んだようにみえます。しかし、これでも死んだシーンが描かれなければ生きていたりするのがマンガの良い所だったりする。
GiGi >> うん、決定的なシーンは避けたのは正解ですね。
ルイ >> 崖から落ちていきているとは、ザジっていうかザジを助ける島の超科学・・・
kichi >> ……正直、生きてそうな気がしちゃいますねぇ……(汗)>エデンザジ
LD >> 次回から引目くんが大活躍ですか?(´・ω・`)
ルイ >> まあねえ、僕今でもアヴドゥル生きてると思ってるもんね←今でも!?
ルイ >> 『むろみさん』ハーレム2軸来るな!こないな!
GiGi >> 死んじゃうといろいろ引きずるからね。とはいえこれで緊迫感が出たのは事実。尊い犠牲に報いる展開を期待したい。
LD >> ラブコメ作品として観た場合、『ヤンメガ』は、八王子さんと足立さんをいい具合に盛り上げていると思います。ここは『序列』の引力が低いですよね。
ルイ >> 死体が残ると更に引きずりますしね。
LD >> は?脳天弾丸から生き返ったアブドゥルさんが、今さら死ぬわけねーだろ?(´・ω・`)
LD >> >ハーレム2軸来るな!こないな! |どっちだよw
kichi >> 「ヤンメガ」はようやく八王子さんにスポットが当たりだして嬉しいですねw ……ですが、今週の八王子さんはいまいち可愛く描けてない気がして不満w まずパジャマが可愛くないよw あと最後のページ中央のコマの表情はもうちょっといい表情を入れて欲しかった……(´・ω・`)
ルイ >> ヤンメガの八王子さんはいいキャラなんだけど、彼女の満足条件が「品川にとって大切な人であればいい」という具合なのですよね。八王子自身がその根っこに気付くか、足立がそこに嫉妬を発動して降りてきてくれるかしないとな。
LD >> マガジンこのくらいですか。
kichi >> 「ガマラン」はこうも圧倒的差を感じる描かれ方で負けちゃうとインフレしないかちょっと気になったりもしますが……まぁ、伊織がいるからセーフ?
LD >> いや、今週、『ヤンメガ』ペンが荒れてますよw表紙とかもwかなり眠かったんじゃないかと想像w
ルイ >> 『我間乱』はこの後修行フェーズを入れるか時間すっとばすしかない気がしますよね。別にマガジン、ジャンプほど厳しくないんだから、海原大仕合続けていて良かったんじゃ。。w
LD >> チャンピオン。
ルイ >> 表紙に岳と言いつつシャケさんが映っている岳岳詐欺なシュガーレスの載っているチャンピオンですか。
LD >> 『弱虫ペダル』御堂筋くん、底を見せましたねえ。でも、いい底の見せ方でけっこう満足。
kichi >> あとは「だぶるじぇい」の五目そばの話のオチが微妙に気になったくらいかな……(´・ω・`)
LD >> 今週の『シュガーレス』は大好きです!(`・ω・´) 特に岳が失神するあたりが!
kichi >> 「弱虫ペダル」、御堂筋くんのチートっぷりを改めて感じつつも、いちおう底や負けフラグも見えた感じで物語展開的には良かったですね。
ルイ >> 『弱虫ペダル』御堂筋が遂に奥の手を。あれが余裕の源泉なら新開の仕事はでかいですね。
ルイ >> 今週の『シュガーレス』いいよねえ。岳が失神するあたりが。
ルイ >> ネタ的にもそうなのだけど、やはり現状では岳の扱いは火付けに過ぎないというあたりがよく表現されていて。
LD >> フクイタクミ先生、佐渡川準先生、細川雅巳先生、三作品合同イベントかあ…。
LD >> 卜部とシロの顔に怪我していて「負けたのか?」って言われている時に、負けてもいないのに、もっとボロボロになった岳がw
kichi >> 岳が失神するあたりなのか……w まぁ、そうかw こっからは逆襲フラグ後のバトルってこともあり、マリモは負けずに勝ちそうですかねw
ルイ >> 烈先生は何かボクシングに感動しているよ。
LD >> ちょっと思ったんだけど、この風車の学校って一応制服なんだよね?シロも怪しいけど、シャケとかキリオとか着ているものめっちゃ自由だね。ってかシャケとてつもなく堂々とタバコスってるし…コンビニでモメないとみたw
ルイ >> 『バチバチ』基本引っ張る連載ですけど、この回で決まってもいいんじゃないかなぁ。
ルイ >> 『ケルベロス』友恵になでられて頬を染める景きゅんがほとんど少女漫画ヒロインな件。
LD >> マリモちゃん負けないと、いよいよ一年最強はマリモだねえ。いやあ、分かってはいたけど、名実の名としてね。
kichi >> 烈先生……ってまぁ、このくらいのことがないとボクシング編を描く意味が皆無過ぎではあるんですがw……どっちにしてもどこへ行くための烈先生編なのやら……。
LD >> 『バチバチ』この回で決めるとカッコいいけど、大鵠の悪さ考えると「これはシンの分!これはユリアの分!」ってフェーズがあってもいいかも。なんか強さの設定見せるみたいですし。
LD >> そう。この烈先生のサーガにどういう意味があるのかというw
ルイ >> やあ、要はメリハリなんですよね>バチバチ どうも中級の取り組みがないといいますか、さっと決まると大相撲の中間点がないのが、展開が長引いた後の読者のだれに繋がりかねない印象。
LD >> …やっぱ、なんか微妙に景くんのキャラ変わってるよ?w景くんが景きゅんに変わるくらい分w
kichi >> 「バチバチ」は確かに今週決めても良かった気はしますね。大鵠の強さは先週で充分伝わりましたし。……まぁ、次回の吽行の強さの見せ方次第ではあるかもですが。
ルイ >> 悪だろうが強者へのリスペクトがあるのはいいと思うのだけれど、それで毎回綱引きをするかというと、大相撲ってそういう競技でもないわけで。その辺の描き、ですね。
GiGi >> 御堂筋奥の手なかったですねえ
ルイ >> 『ナンバデッドエンド』何週続けて救いないねんw
ルイ >> あれが奥の手、つまり最後はただの実力でござった。僕はてっきりうさぎを放牧すると思ってましたが、まあ漫画変わるかなw
kichi >> 「ケルベロス」、頭撫でよかったですね。……撫でる方な!w<あまり景きゅん観には乗りたくないらしいw   ヒキの常世の在り方もいい感じ。8匹倒した後は常世とぶつかる展開になるのかなぁ?
GiGi >> ルールの外は持ち出さなかったですねえ。いや、そう油断させておいて来週何かやらかすかもしれませんがw。
LD >> うん。御堂筋が計画していない所で、偶然、ウサギが飛び出したりしてなw
kichi >> 「ナンバデッドエンド」はダークサイドに落ちちゃいそうな雰囲気……。う〜ん、どういう着地になるんだろう?
ルイ >> 医龍ならその展開だなw>うさぎ飛び出す
LD >> 『キガタガキタ!』は普通にいい話。なんか1話完結で、サイコが楽しい話と、普通に幽霊のいい話が繰り返されるので面白くって困るw
GiGi >> ナンバはここで出てくるのが家族なのか友達なのかで着地点が決まるのかな
ルイ >> 『ハンザスカイ』先週今週と番場さんが解説位置にいて番場スキーは嬉しい限りなのですが、そうすると藤木先輩が空気に、って今ここにいないのか。
LD >> 鬼形冥くんの「人殺しは天国に行けない〜もっとも天国なんてねえんだろうけどな」ってセリフが地味に深い。
ルイ >> 『イカ娘』が最近頑張りすぎてなんだか心配。『みつどもえ』は相変わらず巧み。最近杉ひとという組み合わせがあるのだけれど、杉ちゃんはやっぱりひとはを招待しないのか・・・w
ルイ >> 深いの?天国を信じきれなくても、己を律するものを外に求めたい心性とかそういう?>キガタガキタ
kichi >> 「キガタガキタ」面白かったですねぇ。
kichi >> 「イカ娘」面白かったです。千鶴さんと二人きりにというだけの状況にビビりまくりなイカ娘の様子がかなりツボでしたw オチもこの作品としてはかなり良かったですしw
LD >> 『任侠姫レイラ』、カムイ社長の人助けライフワークっぷりに吹いた。
ルイ >> ラストのコマでゲラゲラしないみっちゃんが深い。きっとホッとしてるのだろう、この雌豚天使。
ルイ >> 『冥王神話ND』車田先生、本当に「死してなお」好きねwしかも休載w
LD >> まあ、いろいろ。それを死人に言ったりする所とか。>天国を信じきれなくても
ルイ >> 今週の『はみどる』は特筆すべき酷さで、研鑽を積めば哲弘の頂も見えてくるのではないかと思う。
LD >> 奥州プロレス、もう完全にファミリーなんだけど、カムイ社長それを押してプロレスとしてそのファミリーを解体しにかかっているというw
GiGi >> レイラは「例え一人でも観客がいれば」がよかったですねえ
ルイ >> 『ANGEL VOICE』「右手に震えが出始めていた」じゃないってばよ!orz
LD >> まあ、今週の『はみどる』は哲弘先生、一歩手前でしたな。その一歩が超えられない壁だったりしますがw
ルイ >> プロとアマの境界線を観客に求めた格好だけど、観客が金を出していないからその線引きはちょっと間違っている気も。まあ野暮かw>レイラ
kichi >> 「レイラ」も説得力ある説得になってて良かったです。……しっかしほんと体は大丈夫なのかな……(`・ω・´;)ま、どういう描き方するか、ってことではあるんですが
ルイ >> それより奥羽プロレスが理想のプロレス団体に見えて仕方ない件w
kichi >> 「はみどる」酷かったですねぇw 風邪で暴走なネタにしても酷いw
GiGi >> 奥羽プロレスはひょっとしたらカムイ社長が何か爆弾抱えてるのかもしれませんね。
kichi >> 「エンジェルボイス」、独りで抱え込んじゃってるのですねぇ……(´;ω;`)むぅ
LD >> 実際、みちのくプロレスは、一つの理想の形ではありますね。…といっても立ちゆかなければそこまでだけど。
ルイ >> 『キガタガキタ』はすごく良かったです。これも一番候補かな。ナイフさしたり虫体につけたり、今回自体は完全閑話で恐怖新聞なんて出ていないのに、彼の「覚悟」のステージの高さが伝わってくるんですよ。この辺秀逸だと思う。
GiGi >> 観客の人が写真バシバシ撮ってるのがポイントだと思ったですよ。
ルイ >> 正解かも!>カムイ社長が爆弾 あの英雄がいる以上なんとかなる気がしますもの。レイラが「あんたの試合観てて気付いたんだよ」という流れはありうる。
GiGi >> 1話に押し込んでるのが切迫感が出てていいんですよね>キガタ
ルイ >> ああ、じゃあ観客一人な上に外に発信するからアリだとw
LD >> さて、そろそろ一番決めましょうか。
ルイ >> さて、新人さんの読み切り「破壊症候群」ですが、これは続けていけばモノになる人かもしれんね。
LD >> ジャンプは『ぬらりひょんの孫』
LD >> サンデーは『神のみそ知るセカイ』。
kichi >> ジャンプは……妄想込みでな感じではあるかもですが「保健室の死神」で。
ルイ >> 話はまんがをバカにしている人のイカ娘すらアニメ化するわけで(酷)そのうちうまくなる。桜井先生もそうだし。それより独自の間がポップに処理されているのが大きい。
LD >> マガジンは『A−BOUT』、『ゴッドハンド輝』、『ベイビーステップ』。
kichi >> サンデーは、まぁ、「神知る」かなぁ。「結界師」や「ケンイチ」も良かったですが。
ルイ >> 『結界師』『ゴッドハンド輝』『キガタガキタ』『シュガーレス』『神のみぞ知るセカイ』かな。ジャンプは『トリコ』。
LD >> 操たんを気に入りましたねw
GiGi >> ジャンプは「ライトウイング」?wサンデは「神知る」「ケンイチ」
GiGi >> マガジン「ベイビーステップ」「輝先生」もよかったですね。
ルイ >> ああ、ライトウイング。そういえばジャンプ皆何しゃべったんだ。
LD >> チャンピオンは『シュガーレス』ですねえ。
GiGi >> チャンピオンは「キガタガキタ」か。
kichi >> マガジン……「ベビステ」に「A-BOUT」も捨て難いですが、やっぱ「ゴッドハンド輝」でしょうかねぇ。
ルイ >> まあ、ベビステは僕の中ではときメモ論を確信させたなっちゃんに嫉妬するよ!と言った回やエーちゃんずるいの回が上w
GiGi >> そういえばドカスパがカープの守備をやたら讃えてたのがちょっと面白かったw
ルイ >> というか、ノムケン采配をageてますねw>ドカスパ
ルイ >> 輝先生とキガタの二択かと思う次第。
kichi >> チャンピオン……う〜ん、「レイラ」とか「イカ娘」とか「シュガーレス」とかも良かったけど、やっぱ「キガタガキタ」かなぁ。
ルイ >> うほっ、読み切り俺しか触れてねえ!
LD >> 『神のみぞ知るセカイ』、『ゴッドハンド輝』、『キガタガキタ』あたりかな。
kichi >> 操たんが気に入ったというよりは、こう、家族ものな展開行ったら面白そうだなっていう妄想が私的にツボだったものでw
kichi >> 操たんが気に入ったというよりは、こう、家族ものな展開行ったら面白そうだなっていう妄想が私的にツボだったものでw
LD >> ん。まあ『ゴッドハンド輝』でしょう。上手すぎてぐうの音も出ねえよw一周しちゃってむしろ拍子抜けしちゃったぐらいだよw
GiGi >> まあ納得ですね。
ルイ >> 母親位置を考えると、操とみのりんが出会う時がテクノブレイクの始まりでしょう(誤用
GiGi >> さて、Civ5一回やっとくか。
LD >> |´_ゝ`)何故、繰り返すか。
ルイ >> こういう後付には普段もう少しズルさを覚えるのですが、慰霊の山登りで気付くとか綺麗すぎてね。
LD >> いやぁ、上手すぎて、こっちで勝手にコロンブスの卵見せられた気分になっているんですよね。ある意味では葛藤と圧力がない形で抜けてしまったとも言えるw
kichi >> 気合いが入り過ぎてたか連打しちゃってたぽい?w>何故繰り返すか
ルイ >> 後付を後付と思わせない必然感はちょっと凄いです。なんでなんだろう?父の死ぬあたりを記憶封印していたという点と相性がいいのもあるし・・
LD >> それでは。お疲れさまでしたよ。
ルイ >> 輝先生の「命を失う事に怯える」鬼気迫るオペ、とだけ言うとマイナスに思えるけれど、じゃあ連載で読む限り、その輝先生の「鬼気迫る凄み」は、患者に何一つ迷惑をかけていないのですよね。その辺の「あれ?怯えというわりにはマイナスじゃない?」という印象が、今回の「おびえというよりはそもそも強い決意だった」という回答に納得をもたらすのかも。
ルイ >> じゃあ10月2日にでも00見にいこうか、LDさん。
ルイ >> 00のラストシーンは僕とLDさん的には「大勝利だな俺ら」という感じなのだわ(?)
kichi >> おつかれさまでした〜。
LD >> いや、最初の「人の死を知らない医師」という問いかけに「既に知っていたよ?」と上手く応えてしまったんだけど、そもそも上手く答えちゃってよかったの?…いや、いいんだよね?そういう選択だよね?…でもね。とそこらへんグルグル廻っている感じw
LD >> >「大勝利だな俺ら」|ほうwいい気分になれるなら行こうかなw
ルイ >> そしてkichiさんはスパ4できるときは空ぶりでもいいから教えてね☆
ルイ >> http://rui-r.at.webry.info/201009/article_6.html いい気分になれると思います!僕は好きです。この世界にある夢想を情報圧縮と捉えているから、そこはあまり気にならない。つまり、ソレスタルビーイングのしたことは実際0が2つつくくらい長くかかるとしても、そこは批判対象にならない。これは、夢見るガンダムだから。
kichi >> ああ、しばらくやってなかったんですよね。昨日久々にやったのですが、では次の機会にはw>スパ4
カルマ >> おはようございます。「輝」なら納得です。いや良かった。
カルマ >> 「君町」のガッカリ感は異常。
カルマ >> 「神知る」もう1枠は図書子でしょ何言って…すいませんさすがに無理がある。
カルマ >> 自分呼ばれたかとドキッとしたw>レビィが好きな人には彼女の出番が生まれて嬉しい


■■■■2010年10月01日■■■■
LD >> 【今週の一番】チャットは10/2(土)深夜0時予定…ちょっと遅れるかな?くらいでしょうか。


■■■■2010年10月02日■■■■
LD >> 今から帰宅します。


■■■■2010年10月03日■■■■
LD >> こんばんは。もう少しで戻ります。
LD >> |ω・`)
LD >> |ω・`) こんばんは。
カルマ >> こんばんはー
kichi >>        こんばんわー(´・ω|
LD >> こんばんは。『ガンダム00』観てきました。
kichi >> おお(´・ω・|
LD >> 面白かったです。
LD >> ってかルイさんと観てきました。
LD >> 普通に面白かったので、むしろ拍子抜け…というかルイさんの賛否両論の話はなんだったんだろう?とか思ってしまいましたw
kichi >> ……私はようやくiPhone4が手に入ったので弄ったりしてました(=゚ω゚=;)携帯まったく使いこなせてなかった私にはなかなか難易度高いものもあり悪戦苦闘してたりしますが、まぁ、段々慣れてきたいところ……。
LD >> ああ!おめでとうございます。iPhone4!
kichi >> ほほう。……まぁ、レンタルできるようになったら見てみようかなぁ?>OO劇場版
ルイ >> おめでとりー!iPhone万歳!
kichi >> 結局連絡は来なかったんですが、店頭に行ったらあっさり在庫が……w>iPhone4
ルイ >> レンタル待ちw
LD >> あれ?w>結局連絡は来なかったんですが 何かに騙されてマセン?w
kichi >> 映画館が遠くてですね……(´・ω・`)ついでに寄れるようないいタイミングがあれば劇場で見るのも考えなくもないですが……
カルマ >> あいぽんは適当に無料アプリ中心に入れればよいと思います。
kichi >> 何が悪かったんでしょうね……。担当者のうっかりとかなのかなぁ……?>連絡来なかった  (´・ω・`)ま、追求しても時間の無駄だし、在庫持ち帰れると分かってからはむしろ積極的にスルーしたのでよく分かりません……
ルイ >> BB2Cを入れるしか!
LD >> え〜っと。一番はじめましょうか?
LD >> ジャンプ。
LD >> 『ブリーチ』藍染隊長がまるで雑魚キャラのように負けてしまいましたよ?(´・ω・`)
ルイ >> 浦原が来なければ一護は普通に負けていたか…
kichi >> ……まだ設定関連も残ってる感じだったりするんで、使いこなすまでの道のりは長そうですがw、いろいろ試してみようとは思ってます。>無料アプリ   で、BB2Cっとφ( 。 。 )
LD >> そういえば、一護くんが黒髪だったから、一瞬誰だろうとか思ったりして。
ルイ >> 髪の毛すらも白黒スタイリッシュ!
kichi >> 藍染隊長にはほんとガッカリだよw ……しかしやはりラスボスらしき?名前が……(´・ω・`)
LD >> 『トリコ』は、以前、GiGiさんが言ったアリエッティネタがほんとに思えてきました…っていうかホントの話じゃなかろうか。
ルイ >> ナルトはこういう成仏ネームを描きますけど、これって自己満足超えないよな、と思うことがしばしば。
LD >> …霊王ってなんでしょうね?>『ブリーチ』
LD >> 『ぬらりひょんの孫』は、羽衣狐様がすっぱだかだったり、セーラーだったり、大満足ですよ?(´・ω・`)
ルイ >> 羽衣狐のセーラー服には何か美を感じたなあ。
kichi >> 完全に決着後に丸一話使って成仏ネームは確かになんかあれですね……。これならやはり戦闘中に過去エピ交えて、最後の黒く変わるとこだけ決着後というのがスマートな描き方ですかねぇ……>ナルト
ルイ >> うん、ガマ仙人の時もこの形でしたけど、イマワノキワで何も残さない…いわば、回想だけして死ぬ花京院みたいな。
LD >> 『バクマン』は、白鳥くんほんとにここままデビューなんだろうか?サイコーの成長みたいな伏線を考えると、あまり不発にしてもなんだろう?って感じになってしまうし。
kichi >> やはり羽衣狐さま良いですなぁw ……しかし今回の清明はでかいの?
ルイ >> 生きているうちにもう残したんだ、という話とは思うけど、それなら割くなとw
カルマ >> ブリーチは…藍染はおいといて、今度こそクラスメートの話とか片づけるんだろうか。またすぐバトル展開だろうか。
LD >> なんか、もう少し走馬灯で一話とるより、詰める方が美しくなるとおもうんですけどね。特に端のキャラなら。>『ナルト』
カルマ >> 羽衣狐さまが素敵すぎますね。
ルイ >> ナルトという作品全体が「継ぐ」ことを描いているのに、肝心の死ぬ時はあまり足りてないのが不思議ー。
LD >> あれは、卵です。(´・ω・`)>今回の清明はでかいの? 中から今の羽衣狐様によく似た美少年が出てらっしゃいます。
ルイ >> 羽衣狐、単にセーラー服を着ていたからって話じゃないですよね。あのフォルム、濃紺一色に彼女の目指す世界を観たんですよ!よしまずリボンを解け!
LD >> 『LIGHT WING』、みんなのモチベーションを一気に上げてきましたね。展開早く観えます。
kichi >> 「バクマン」は順調に面白いですが……、煽りで意識したんですけど、ほんとに道別れるような展開まで行くのかな……?(´・ω・`)
LD >> 『エニグマ』、まあ、あれですね。念じると消えちゃうのはちょっとすごいですね。
ルイ >> 「ライトウイング」の速度はかなり魅力的。
kichi >> 「LIGHT WING」も順調でしょうか。今回も連打でポスト止めとかスーパーサッカーぶりも見せてくれてますしねw ……この感じだと試合どんな風になるのか結構楽しみかもw
LD >> 二人が分かれるか…というのは、最初は僕はある…と思って読んでいたんですが、これまで読んできてみると、そこまでの展開をわざわざしないかな?という気もしてくるんですよね。まあ、ここらへん勢いというか話の流れ次第で変わってくるのが実情でしょうけど。
kichi >> 「エニグマ」は……どうなんでしょ?w なんか扱いに困るw 地味に凄い能力の見せ方が面白いといえば面白いんですが……、う〜んw
カルマ >> 「LIGHT WING」いいですね。
LD >> 『エニグマ』扱いに困りますねえ…w もう少し手を打ちたくなるような展開が欲しい。逆にそれさえあれば持つと想うんだけど。
kichi >> そうですね。正直あまり道別れるイメージを持てなくなってて、だから煽り読んで、“ああそういえばそうなる可能性もある展開なのか”みたいには思ったんですが……、さて。>バクマン
ルイ >> エニグマのギミックは嫌いじゃないけど、それこそ主人公の主人公らしさにあまり納得がないなあ。元々変な喋りだけどw
カルマ >> 「エニグマ」は…んー。写メでも消えちゃっていいの?w
ルイ >> ライトウイングの主人公は、僕はモチベーションモンスターとして納得がいくのですけどね。
LD >> 『黒子のバスケ』、前回、秀徳は緑間の「自分一人にボールを集めろ」という作戦でやぶれたんだけど、今回、自分に集めた上でパスを回すというやり方に変えたところがなかなかよかった。やっぱり緑間のキャラ精度は高いと思う。
ルイ >> 緑間は既にキセキの世代的に「あがり」っぽい。成長とも取れるけど、作品のライバル格としては弱化?w
LD >> その指摘は鋭い。>ライバル格としては弱化?
kichi >> 「黒子」は、どっちかというとルイさんに近い感想でしょうか……。いや、ちょっと試合順の時点で萎えちゃってる感じもあるんで真っ当な評価ではないかもしれませんけど……(´・ω・`)
LD >> キャラとして“完成”されてしまうと、当て馬が適役になってはくるんですよね。まだ、成長の余地みたいなものがあるといいのですが。…よくよく考えると黄色もかなりあやしかったか?
ルイ >> あとまあ、元々緑間の瑕疵が「他人を使えない事」にあったという印象もさほどない。バシバシ3p撃ってたのは、バシバシ入るからであって。あれで確率が20%くらいになっても「俺がやるのだよ!」ってなったら明らかに穴だけど。
LD >> 『べるぜバブ』、この一回だけ観ると、なかなか楽しそうな展開なんだけど、どうも…構成に違和感?というか異物感がw
ルイ >> 同じ事を青がやったら演出力はすごかろう。でもキセキの世代のゴールが皆「メンバー利用」だと地味に切ないなw大人の力がw
LD >> 『保健室の死神』、操さん、回ってしまいました。(`・ω・´) これはヤバいです。行けますよ。
kichi >> そういえばそうですね……>緑間の瑕疵が〜   あれ?前の試合の勝因ってどんな感じだったんですっけ?緑間が崩れたような覚えはないのですが……??
ルイ >> ベルぜバブ、一手一手がよくわからない。
LD >> この……ハデス先生と鈍さんの、怪しさは何なんだろうw
カルマ >> 「黒子」緑間、そんなメンバーと協調できてない印象はないんですけどね。それこそ青ならわかるけど…
kichi >> 「べるぜ」は……、まぁ、とりあえずヒルダさんの活躍を楽しみにしておこう……(´・ω・`)
LD >> ああ、敗因のように語ったのはちょっと違いましたね。でも、秀徳全体vs誠凛全体ではなく、緑間vs誠凛全体みたいになった面はあるとおもうんですよ。
カルマ >> 「ベルぜバブ」わかんないですねぇ…
kichi >> 「保健室の死神」はまた先が楽しみになりましたねぇw ……しかし鈍さんはもうちょっと操ちゃんの気持ちを汲んであげてほしかった気はするゾw もうちょっと遊ばせてあげようよ……ってまぁ、百合者の私が言うのもなんですがw
カルマ >> 「保健室」操ちゃん可愛いよー。かわいい。
LD >> 操ちゃん、今週でもう人気確定した感があります。
ルイ >> 操ちゃんの金太郎みたいなファッションが既に反則。
kichi >> 「保健室」といえば、あと安田……w メタギャグがカラーページ超えて横行しとるw
LD >> 安田の千両役者っぷりも板について来ましたねえ〜。
ルイ >> つか、この作者結構自然にメタメタしますよね。
kichi >> たしか以前のファッションと近い(同じ?)ものなんですけど、まぁ、反則ですねぇw>操ちゃん
ルイ >> ちなみに僕は、みのりんと操を同居させるといいと思い続けてるうう!
カルマ >> 安田のこの扱いは好きな人も楽しいし、好きじゃない人にもざまぁ感があっていいですねw
kichi >> ……私はハデス先生と同居してほしいですねw ……ってまぁ、先週も散々言われてる通り作品変わっちゃうので実現度は低いかもですが……。
LD >> 『いぬまるだし』面白かったです。この意味の無い傷つけあい、足のひっぱり合い。
ルイ >> ハデス先生のキャラだけみるとわかるけど、彼は保健室に住んでるクラスになっていて、他はブラックボックスなのですよね。
ルイ >> 「いぬまるだしっ」のブリーチサブタイトル位置ネタはもっとも不誠実な類の引用だよなあw
LD >> 操とハデス先生って、境遇が似ている…というわけでもないんですが、似ている所があって、お互いがお互いを救ってしまう可能性があるんですよね。キャラ設定としてかみ合わせが良すぎる。
kichi >> はい。だからまぁ、やるとしたらもう作品自体に決着を付けちゃうだろうとは思うんですが、美しくまとまるイメージは結構具体的に持てちゃってるもので……>ハデス先生のキャラ〜
LD >> ルイさんが、安田の所に操を住まわせるとどうか?とか言っているけど、そんな事をしたら安田大人気になってしまうよ!?(`・ω・´)と思うんだな。
ルイ >> 操を誰と線引くかと考えると、この作品のキャラがいろいろ見えて来ますね。急所キャラなんだな。
LD >> 安田がエロ・アクセラレータになるよ?(`・ω・´)
kichi >> ああ、あれ、ブリーチネタだったのかぁw まぁ元ネタ分からずとも面白かったですがw>いぬまる
LD >> ともかく、この子、側に置いたキャラが『強く』なるのは目に見えているんですよ。鈍の所に置くと鈍が、みのりんの所に置くとみのりんが、『強く』なる。
LD >> …だから、純一の所に置くのが一番無難だとは思うんですけどね。
ルイ >> 守る対象、無垢さが物語を背負いそう…いいキャラだ。みのりんと組ませたい←まだ
LD >> 『めだかボックス』、あ、球磨川に勝ってるw
kichi >> ……エロアクセラレータってそのままの意味で取っていいのでしょうか?私の印象では安田のとこに操ちゃんが行ったら安田が更正(ってのは酷いですがw)してしまうイメージw
LD >> 僕も安田が更正するビジョン…というか、更正はしないけど操に何か悪さはしない感じ。エロ能力は持ち続けるとみたので、エロアクセラレータw
kichi >> 「めだかボックス」は……ふむ。とりあえず名瀬さんが可愛かったのでまぁ良しw ……というか、とりあえず決着まで見守ります。
ルイ >> めだかボックスは、姉上の時点で頼る相手を間違えたくさい。格が…
カルマ >> 操に見られると萎縮しちゃうみたいなイメージw>安田と
LD >> サンデー行きましょうか。
LD >> …っていうか、まあ安田の所に行くのはあり得ないですけどwどんな因果でそうなるんやねんってw
ルイ >> 操の無垢な瞳に絡め取られるイメージ。まあ、正直どのキャラにも+操はイメージできる。
LD >> 『鋼鉄の華っ柱』、西森先生の新連載ですが、期待しています。というか、相変わらず西森先生のラインのキャラだよ。
kichi >> 私もそのイメージですねw ……でまぁ、最初のうちはそれを不満に思ってたりするんですけど、打ち解けていくうちに頼られる存在としての自覚が生まれ……ってまぁ、無いでしょうけどw>安田萎縮
GiGi >> 今日は忙しい…
ルイ >> 西森先生ってお伽噺みたいな構造だよなあホント。
kichi >> 「鋼鉄の華っ柱」、1話は設定見せでこっから本番という感じなんで、次回からの展開に期待ですね。ま、ベタながらかなり楽しみです。
LD >> 『ケンイチ』、アパチャイの胸が貫かれる展開はこれまで観た事なかった。
kichi >> 「ケンイチ」は衝撃の展開ですね……(´・ω・`;)ゴクリ
カルマ >> 「鋼鉄の華っ柱」どういう話になるんでしょうね。楽しみです。
LD >> 『神のみぞ知るセカイ』、うん。やはり、こう、序列の上がった展開が待っているよね。普通に回すと。
LD >> 師匠がここまで傷付いた事ないですもんねえ。師匠死にまで想像してしまいます。
kichi >> 「神知る」は……まぁ、そうですね。でも最後の抱き付きを他の運動子と普通子が見てるのが妙に印象的だったりもしました。……なんとなくですけど、やがて全員上がってくようなイメージでいたり……。
LD >> ここで、かのんちゃんが動いた事で、体育子とか普通子とかが動き出してくれると面白いのだけど、既に伏線は張っていたしね。
カルマ >> 「神知る」はこれから周囲がどう動くか。有名人だから一気に話は広まるでしょうし。
kichi >> ……わざわざ他の師匠達がアパチャイの異変に気付く描写まで入れてるとこを見ると本当に……なんですかねぇ……?(´;ω;`)う〜
LD >> 図書子や、お嬢が、なかなか動きとれないところが厳しいですね。こうなると図書子に女神を載せたくなるか?
ルイ >> 来週冒頭で噂が広まる流れがあるかどうかはポイントかも。
LD >> 教員子と、ラーメン子と、将棋子は蚊帳の外っぽいですが…。教員子は戻て来て欲しい。そう信じている。
ルイ >> アパチャイ、虫の知らせレベルでほのかにまで伝えてますからねえ。
LD >> 『マギ』今週よかったですよ。民主政なんて上手く行くの?って思ったんだけど、いい演説でなんかできそうな気にさせてくれましたw
ルイ >> マギはやっぱりアリババのモノローグで、アラジンから貰ったものを明示しているのがよかったな。
LD >> で、ここまで来てこの国は滅ぶ……って事もないんですが、何からのアリババが冒険に出るトリガーに変換されてしまう気がするんですよねえ。
kichi >> 「マギ」の演説なかなか良かったですね。……ですが不穏なヒキ……というかまぁ、残ってる大きな問題ですからねぇ……どうなるのかなぁ?
ルイ >> 単純にアリババが動けなくなる作劇上のもんだいもあるのですよね、バルバッドがこのままいくと。その場合アリババに代わり別の主役になるかな。
LD >> 『キングゴルフ』、ここでかなりすごい領域の話に入っていますね。スランプがとれると、飛ばせばドラコン、寄せればビジョンという、無敵のキャラになってしまいますが。
LD >> 『月光条例』は良かった。アンデルセンの男っぷりに全俺が泣いた。(´;ω;`)
ルイ >> 月光条例は凄く好きだな。もっとフジタカすると思ったけど、わかりやすい!
kichi >> 「キングゴルフ」も良いですね。前回合ったことでいっきに行くってわけでもなく、今回OBも出してたりとそれが凄く困難なことであることは描いているバランスが良いです。
LD >> 『電脳遊戯クラブ』、この遊び人父ちゃんのシリーズけっこう好きですがw
ルイ >> 作家が死んでもハッピーだよね?と言わんとしたなら、その好みはさておき物語はそうあればいいよ。
LD >> 『はじめてのあく』、黒澤さん?ここに来て変に回るキャラがw
ルイ >> フられたら死んだらバッドエンド、的な雑な価値観をたまに見かけるからなあ。
カルマ >> 「月光条例」良かったですね。
kichi >> 「月光条例」、思ったよりは富士鷹してなかったですねw でも確かにわかりやすく良かったです。……しかし当然ながらチルチルには全く届かず……か……。そろそろ現在のに話戻せるのかな?w
LD >> ってか赤城会長、外では至ってまともだなあw
ルイ >> 黒澤さんは凄くいいキャラだ!
kichi >> 「電脳遊戯クラブ」の父ちゃんシリーズはたしかに結構面白いですね。……というか、最近手を変え品を変えやってる感じが結構良いことも多くて微妙に悔しいw
kichi >> 「はじあく」もなかなか面白かったですね。熱血度の高い学園祭はいいなぁw
GiGi >> 鼻っ柱くんは実家の零落を予測してたっぽいですね。人生やり直し系の亜種という感触もあり。
ルイ >> キョーコが主人公のようだけど(主人公だけどw)偉いのは黒澤さんだよね!
LD >> 『電脳遊戯クラブ』がんばってますよね。土俵際でがんばっているイメージ。
LD >> 『オニデレ』は、どういう話なんだwwwと思いつつ重要な話をする時、二人とも変装してしまうのはどうなんだろう?とか思いました。
LD >> マガジンに入りましょうか。
ルイ >> 僕の鼻っ柱観は、そこまで読めていないけれど、心をキープすることで状況が戻ってくるイメージかな。
kichi >> もともとあまり好きじゃないですし、基本レベルが低めでもっと巧く描けるはずとも大抵思うので“悔しい”って感想になっちゃったりするんですが、確かに頑張ってる感はありますねぇw>電脳遊戯クラブ
GiGi >> 月光条例は言いたいことはよくわかった。
GiGi >> ブラマンは妹ちゃんの預言はいりましたー
ルイ >> 君がいる街、最期の煽り文が、なんかもうテーマやんw
LD >> 『君がいる町』、めでたく…?御島と…?付き合う…?ことになりましたが…?(´・ω・`)ぶも?
カルマ >> 「君町」…もう付き合う、の?w
kichi >> 「君町」は……まぁ、うん。(´・ω・`)
LD >> 瀬尾先生、一位子がいないと、何か、不安になりますか?
ルイ >> もう付き合うの?は正しいなあ。ステップがどうこうというより、ユズキを外したあとのせっかくの「中空期間」を読者が楽しむ前にサトシばりに「君に決めた!」になっている、そこがね。
LD >> 正直、浅倉さんスルーな手順がちょっと分からないwいや、分かるといえば分かるんだけどwここで風間くんの女(?)に手を出すのはどうなのよ?ってw
LD >> 浅倉さんの心が、青大に向くまで、ちょっと溜めたりしたりすると良くなりそうだったり、良く無くなりそうだったり?
ルイ >> 彼女と別れたら、そこら中に魅力的な女の子がいるわけです。元々瀬尾先生の下位序列は魅力的だからwだから転がす期間かと思ったら、迷わず次の一位を作ったので読者ついてきにくいでしょうね。まあ、可愛いから騙されるんだがw
kichi >> ……そうですねぇ。個人的にはステップ的にもかなり不満ですけどねw もうちょっとちゃんと
kichi >> 柚希をふっきったことに納得がいくくらいの期間はあけてもらわないと……(´・ω・`)
LD >> 『エデンの檻』、予知子さんと、本物ミイナの話、二つを並行して組むのかな?
カルマ >> 御島は魅力的だろうけど、いきなり選ぶほど差はついてないだろうw
カルマ >> 感情的な差というか、御島を選ぶに足るエピソードがなぁ…
LD >> 『ヤンメガ』、神戸くん、何だったんでしょうね?八王子さんの嫉妬心を少し煽った。基本は、八王子さん『組み』?
kichi >> 「エデンの檻」はようやく島の謎に迫ってく展開になるのかな?って辺りでいちおうは期待です。
LD >> 『はじめの一歩』、板垣くん強いなあw
LD >> ああ、そうか。『エデンの檻』、人工物が見つかったのも大きいですね。かなり、色んなストーリーが絡んできているのかな?
kichi >> 「ヤンメガ」は……う〜んw 神戸くんの話として綺麗にオチが付いちゃってるのが全体から見るとあんま良く思えないんですよねw
LD >> 『フェアリーテイル』、レビィは、ガジルがかっさらってしまう展開なのか?wちょっと脇の二人がかわいそうだなあw
ルイ >> 板垣は鴨川を出る公算がどんどんと。或いは日本タイトル飛び越して世界、ってそれ一歩に失礼だなw
LD >> kichiさんと同意見です。>神戸くん
kichi >> 「はじめの一歩」良かったですね。右でトドメのはずが左だけで潰しちゃったってのは強いなぁw ……タイムも一歩超えなったのかな?
ルイ >> 強いて言えば、品川くんの学力を八王子さんに瑕疵を残したままあげるドーピング要員かなw
カルマ >> 「フェアリーテイル」キャラの組み合わせに意外な感じがしますけど、狙ってやってますかね。
LD >> 『AKB49』、うん〜、これって前田敦子にバレているって事?
ルイ >> AKB49、ちぃ名前三人覚えた!
LD >> タイムも一歩越えっぽいですね。
kichi >> 「フェアリーテイル」はパートナー側で結構魅力的な対戦構図ができてきた感じなんですかね。……ま、予言があるのでそのまま進むわけじゃなさそうなんですが……。
カルマ >> タイムも超えるんですかねぇ…それまで超えちゃうとさらに格が上がりますね>板垣
LD >> 『A−BOUT』、不思議な展開なんですけど、まあ、何か楽しいと。樋口と、二年のこと人(?)が出てるとお得感があるし。
GiGi >> 君町はこのままエピローグにするとよいよ
LD >> 『だぶるじぇい』は………まあ、真田さんが出ていれば、それはそれで良し。
ルイ >> しかしAKBの青空理論とかおもろいなあ。アイドル論を、ガチでやってて。そして僕の中のAKBにおけるあやひー、たかみな先輩ー。
kichi >> 「ベビステ」もいつもながら良いですねぇ。相手のレベルは予想を超えてたのですけど、余裕を持って対処できるようになってて、とても頼もしさを感じるなぁ。
LD >> 『GE』は、なんかいきなり肉弾戦になっています?(´・ω・`)
ルイ >> アバウトは、何気にキャラ立ってるなあ。皆パンチでギミックレスなのに。
カルマ >> 「AKB」前田あっちゃんにはバレてるような気がしてたんで驚きはないですけど…
LD >> 『エアギア』、オニギリくんのほのぼのエロバトルかと思いきや、えらく酷くこの幼女を殺してしまいました。
ルイ >> 「むろみさん」はかんなぎのナギ様を擁護しているんですよね!
kichi >> 肉弾戦w ……まぁ、そうですね(´・ω・`)大沼さんの扱いがすっかりそのポジションな気がしてしょんぼりではありますが……
ルイ >> 幼女の首をへし折る漫画めー。
LD >> 『ブラッディマンディ』……マヤ先生、かわうそ(´;ω;`)
kichi >> 「エアギア」は……う〜む(´・ω・`)正直かなり嫌悪感強いのは、やはりオニギリのエロバトル磁場の範疇でやってることが大きいのでしょうねぇ……。むぅ;
LD >> 『新約花形』、過去キャラ含めて総出演で、全部まとまって来たなあ…なんか締めにかかっている?
ルイ >> ああ、でもマヤ先生、全額抜かれたお陰でファルコンからは足切れてるんですよねw絶妙に生きてるw
kichi >> 「ブラマン」は……やっぱ妹ちゃんのは預言なんでしょうかねぇ……(´・ω・`)そしてマヤ先生w
LD >> うん。でも、まあ元々、大暮維人先生ってこういう感じの人だよね。
カルマ >> マヤ先生マジマヤ先生。
LD >> チャンピオン行きましょうか。
kichi >> ……う〜ん、まぁ、そうですかね。でも今回のはこれまでの大暮先生の作品中でも一番酷かったんじゃないかとは思ってますが……(´・ω・`)
LD >> 『範馬刃牙』の柴千春戦は、刃牙とオーガの戦力差の対比でしょうね。
カルマ >> 花形って今巨人の星のどのあたりをやってるんだろう、と思ったらまだ全19巻中の4巻くらいなのか…
ルイ >> 花山さんの優しいご指導だけど、まだバキとオーガにこんなに差が?w
LD >> 『バチバチ』は、ちょっと苦言を言うと、この吽形vs大鵠は長いかなあ〜?
ルイ >> まあ、この飛雄馬が大リーグボールいらんだろという根底の問題が>原作では
kichi >> 「BLACK OUT」は、先週「これ以上登場人物いたっけ?」と思ってたらいちおう憶えてた人だったんで、キャラ配置的な意味では結構巧かったのかな?みたいには思ったり。……ま、肝心のトリック的な部分がイマイチなんで全体的にはイマイチな印象をぬぐえないわけですがw
LD >> 『弱虫ペダル』は、御堂筋が勝ったのはいい感じの展開でした。勝った事以上に、御堂筋のがんばりが観えた所がいいです。
LD >> この飛雄馬は、大リーグボール編み出さないよねw
kichi >> 「バチバチ」、今週も微妙に決着までいかなかったですねぇ(´・ω・`)でもま、大鵠が本気になったかのようなタイミングで吽形も本来の持ち味である技を出しての勝利という展開は良かったです。
ルイ >> 弱虫ペダル、新開のモノローグを油断と取りたくはないんだよなあ。しかし…少なくとも御堂筋みたいな乗り方はできないよね。
カルマ >> ”巨人に入団した飛雄馬が「自分の球質が軽い」というプロとしては致命的な欠点を克服するため”あぁ、スペックがもう全然ちがうんだw>大リーグボール
kichi >> 「弱虫ペダル」は…………え、ちょっと待ってw なんか騙されてない?物理法則無視してない?w ……ま、そんなツッコミ心含めて面白かったからいいですけどーw
LD >> 『ハンザスカイ』、気がつくと、すごい謙虚な、謙虚マンガになっているワケですが……それもちょっとどうかな?と思わないでもない。
ルイ >> 御堂筋は筋というか、自分の目標には全身全霊かけてるからただの悪い奴と見るのは勿体無い。
カルマ >> 「弱虫ペダル」twitterで御堂筋がキモくて読みづらいとつぶやいてる人が居て、あぁやっぱり素晴らしく最悪なんだなぁと。
LD >> 『キガタガキタ!』が、快調です。これまで4人女の子出たけど、4人が4人ともヤンデレってどうよ?いや、ヤンデレってのは大雑把な分類ですがw
LD >> 『任侠姫レイラ』、いや、レイラのお母さんって豊田真奈美だったんだね。(´・ω・`)
ルイ >> みつどもえは煽りが言わなくても皆が気にしてるよ!伊藤さんは!
kichi >> 「ハンザスカイ」、たしかに謙虚ですねぇ。ま、好きな感じではあるんで、個人的にはこれでも……。とまれ、来週のバンバさんが楽しみですね!
GiGi >> あっちゃんと秋元先生はバレてるというより「わかってる」と言ったほうがしっくりくる
ルイ >> 確かにハンザスカイ、この先があまり見えないか…半座もう成長してるしなあ。
LD >> 今週、『はみどる』割と好きでした。
GiGi >> バチバチはここまで引っ張った以上、大鵠をただのイヤな奴ではないドラマがあると期待している。
LD >> 最後のページで番場さんが無言でヘルメットかぶろうとしている絵がいいですね。
kichi >> 「ケルベロス」はまたいい展開ですねぇ。先生に取り付くかぁ。崩の先が気になってきちゃってる段階なんですが、この展開なら軽く見れないですからねぇ。
LD >> ああ…大鵠も田舎に帰れば、病気の母ちゃんが待っているとかね。(´・ω・`)
LD >> カラスは好きな生き物なのでわくわくですw
GiGi >> 一人で打つアテナエクスクラメーションはやはり型だけまねた偽物だと思うんだ。つまりこれは真アテナエクスクラメーションへの伏線
kichi >> あと叔母さんが可愛い……w>ケルベロス
LD >> うん。叔母さんは可愛いね。(´・ω・`)
GiGi >> 崩れの残りが見えてきたところで世界を広げるのは上手いですね。
ルイ >> レグルスの猿ならぬ獅子真似感は、扱い難しいよなあ。模倣は人間の武器だけど、どこまでもパクリどまりと言われかねない面もある。
LD >> さて、そろそろ一番を決めましょうか。
LD >> ジャンプ。『保健室の死神』かなあ?
kichi >> あと「エンジェルボイス」…………orzさらに喧嘩展開も重ねるかぁ
LD >> サンデーは、今週多い。『ケンイチ』と、『マギ』と、『月光条例』だな。
ルイ >> ライトウイング、ケンイチ、月光条例…
カルマ >> ジャンプ「保健室」と「ライトウィング」ですね
カルマ >> サンデーは「月光条例」ですね。
LD >> マガジンは、『はじめの一歩』か、『A−BOUT』かなあ。
kichi >> ジャンプは「保健室の死神」ですね。…………そいえば来週「ワンピ」復帰か。案外早く感じるw ……というか、休載中に「ストロングワールド」観るつもりだったのにまだ観てないな……orz
ルイ >> あ、ベビステはなっちゃんとのイチャコラを速攻で締めたあたりが凄くらしくて良かった。その飢餓感も魅力w
LD >> チャンピオンは『弱虫ペダル』と『キガタガキタ!』かな。
kichi >> サンデーは……「ケンイチ」か「月光条例」か……。「ケンイチ」かな?
カルマ >> マガジンは…んー、「一歩」?
ルイ >> 弱虫ペダル、シュガーレス
kichi >> マガジンは…………「一歩」?
カルマ >> チャンピオン「弱虫ペダル」ですね。
LD >> 『保健室の死神』か『月光条例』か『はじめの一歩』か『弱虫ペダル』かなあ。
kichi >> チャンピオンは……「ケルベロス」かなぁ?
LD >> さらにつめると『月光条例』と『弱虫ペダル』だよね。
LD >> ………まあ、今週は『月光条例』かな。
LD >> 「お話の筋は変えられないんだ」は良かった。
ルイ >> ケンイチは次週待ち?ただ、生死問わず達人敗北クラスはでかいな。
LD >> 『月光条例』にします。『ケンイチ』、今週よかったけど。
kichi >> まぁたしかに次週待ちな気持ちも強いんですが、そのショック効果って意味では今週が最大だとは思うんですよね。でもま、「月光条例」でも納得です。
LD >> それではお疲れ様でした。
ルイ >> iPhoneはめんどくさいなあw
kichi >> おつかれさまでした〜。
カルマ >> お疲れ様でした〜。
kichi >> そうそう、iPhoneの文字入力で、バックスペースじゃなく、←っていうか、文字消さずに記入位置移動するのってどうやるんでしょう?(´・ω・`)iPhoneめんどくさいに同意しつつ。ま、頑張って慣れよう
kichi >> あ、自己解決。……似たようなことはやってたんだけどうまく認識されてなかったようだ……。というか、狙った文字などをタップするのにも慣れがいるなぁ……。
GiGi >> 月光条例で特に異論はないです
GiGi >> バクマンはこういうデビューの仕方って実際にあるのかな?などということを思った
GiGi >> ipad用の新ニコニコ動画プレーヤーがなかなかできが良いらしく、いよいよipad欲しくなってきた
GiGi >> LDさん100万人の信長の野望やるならモバゲーの招待状送りますよ


■■■■2010年10月07日■■■■
LD >> 今週の一番は10月9日(土)深夜24時開始予定にしましょう。


■■■■2010年10月10日■■■■
LD >> ちょとスタートまってくださいね。30分くらい?
GiGi >> ラジオおつ。といいつつ聞いてないし映画も見てないがw
LD >> 待っててね?(´・ω・`)
カルマ >> こんばんは。シャワーでも浴びてくるかの…
LD >> 待っててね?(´・ω・`)
GiGi >> 待つお
LD >>
名無し >> すまんね。。。。
GiGi >> じゃあ今週の一番は「3月のライオン」ということで。
LD >> あれえ?ごめんなさい。もうちょっとね。
LD >> こんばんは。
LD >> GiGiさん、お待たせしました。
LD >> ちょっと、ペトロニウスさんと話し込んで、ずれてしまいまして…すみません。
ペトロニウス >> どもどもすみません。。。。
LD >> Re:ペトロニウスさん いや、あそこらへんの話は僕もしたいところだったので、ついつい話し込んでしまいました(汗)
LD >> …って、ルイさんが現れないよ?(´・ω・`)ぶも?
LD >> …む?これは新号のジャンプで、一個前じゃないと…。
kichi >>        こんばんわ〜(´・ω|
LD >> こ、こんばんは〜!kichiさん!
LD >> ちょっと、スタート遅れましてすみません。
ペトロニウス >> つーか、たしかに、ガンダムの本質とは何か?は言いお題でしたね。
ペトロニウス >> 『3月のライオン』は、今週号は神でした。
LD >> まだ、新番組は何も観ていないのですが、『スタードライバー』とか、『パンスト』が評判いいようですね。
kichi >>      いえw iPhoneいじったりとか適当に過ごしておりましたのでw ……って最近ついついiPhoneいじってしまって他のことがあまりやれてないなぁ……orz ニコニコの秋アニメもいろいろはじまってるみたいだし見なきゃ……
LD >> 『3月のライオン』、今号よかったですね。
LD >> …って、ルイさんが現れないよ?(´・ω・`)ぶも?
kichi >> 「スタードライバー」はなかなか良さそうですねw 勢いだけで行っても充分面白そうですし、深い方行く余地も充分ありそうで……期待ですw
kichi >> 単行本待ちなのです(´・ω・`)>3月のライオン
LD >> 最近、ず〜っと西尾維新の小説読んでて、マンガは少年誌以外読んでないような気がする。…『ちょっと江戸まで』とかが読みたい。
ルイ >> おはようございます。3月のライオンでよいですよ。
ルイ >> って、TIGEEEEE!!
カルマ >> 「スタードライバー」良いですね。kichiさんの仰る通りの、どちらにもいける感じ。
LD >> はやく観たい…。>『スタドラ』
LD >> さて、ジャンプから行きましょう。
kichi >> ……最近読んだ面白かったマンガは……御徒町鳩先生の「みどりのまきば」2巻と宇仁田ゆみ先生の「うさぎドロップ」8巻かな。……ていうか大量に積んでる……orz
LD >> …ところで、ツイッターのハッシュタグってどうやって“見つける”のですか?たとえば、少年ジャンプの話題のタグはどうやって発見できるの?
ルイ >> 検索でアタリつけて活性度合いから調べるしかないのではないかな。ハッシュタグ大辞典とかそのうち刊行されそうw
GiGi >> ぼけぼけしてた。あ、ペトロニウスさんがいる
LD >> むう…kichiさんは、知らないタイトルを出してくるので、色々はげみになります…φ(..) 「みどりのまきば」と「うさぎドロップ」と。
GiGi >> タクト様はニコニコで見れないのでどうしようかなと。
GiGi >> ハッシュタグは誰かが使ってるのに相乗りして自然拡散していくものです
GiGi >> だからLDさんがジャンプの話をするときに例えば#w_jumpとかタグつけてれば、そのうちまねする人が出て来て機能するようになるかもしれないw
kichi >> たしかGYAOで配信はじまってたと思います>タクト様
カルマ >> 武井先生の「ULTIMO」2巻まで読みました。まぁ普通…ですが、武井先生のメカ絵観てるだけで若干幸せになるからいけないw
LD >> む…これか? #weeklyjump
LD >> あ、この場合、相乗りしたいのですよ。特に、少年ジャンプなんてとっくに存在するでしょうし。
LD >> さて、ジャンプ。
カルマ >> ハッシュタグは固定した入り口があるというよりTLにたゆたうものなのです。きっと。
LD >> ワンピース連載再会だす!(`・ω・´)ノ
ルイ >> ハッシュタグは誰にでも生み出せて多数派が生き残るだけなので、好きに使えばいいというのもその通りであるし、無駄にtwitterの中にゴミwを増やしたくない気持ちもあるのだな。
GiGi >> 画面が圧倒的でしたねー。背景まで尾田先生が描き込んでるw
カルマ >> ジャンプは #wj もあるようですね。だったらどっちもつけてしまえばいいのです。
GiGi >> どうせ検索では2週間以上前のものは検索出来ないのでキニシナイ>ゴミタグ
GiGi >> ニセロビンの顔が味わい深すぎる…
ルイ >> あと、発信優先ならともかく受信して流れを観たい場合にはまったく別の角度の話でもある。とにかく探せ。
LD >> ルフィは胸のでかい十字傷が印象的でした。
kichi >> 「ワンピ」再開!……思ったほど劇的に変わった感じではなさそうですが、でもそれぞれの変化が楽しみでいいwktk感でしたね。
LD >> …なんだっけな?こういうニセモノが出てくるパターン……喉まで出かかってて出てこない。
GiGi >> というかTwitterで聞くのが早い
ルイ >> 『ワンピース』は、世間の皆様による2年後想像図が劇的すぎて、変な耐性がついていたw
GiGi >> まあ水戸黄門とか…ダイ大とかでもありましたね
GiGi >> 偽物は劇的変化を期待していた向きの欲求もうまいこと受け止めるいいアイデアですねw
カルマ >> 「ワンピース」普通すぎてなんとも…2年も経ってまだニセモノがいるというのもナントモ。
GiGi >> 最近の水戸黄門でも偽黄門様は定番エピソードなのだろうか
kichi >> ブルックがスターになってたのは凄いなw ……ていうか、バトル能力向上は捨てて音楽に絞ったの?w
LD >> 『バクマン』は、新妻エイジがえらい剣幕でシュージン原作にダメ出ししていたのが気になる。
ルイ >> まあ、描き込みに驚きはしましたが、基本歪みない人なのでその「なんとも」は賛辞と言えなくもない。
LD >> いや、連載再開というか、何年後かの展開でいきなりニセモノネタをふってきた作品が他にあったような…?ま、いっか。
GiGi >> ブルックは元々マイペースな人なので…というかこの2年間の間のエピソードは扉絵劇場とかでやってくのかなー
kichi >> 「バクマン」はやっぱエイジのダメ出しが気になりますねぇw
GiGi >> バクマンはドラマCDのセリフが味わいがあって良いなあ
ルイ >> エイジは「その人の本分」以外に異常に
ルイ >> 辛いの?何か本質チェッカー的な眼で観ているの?
LD >> ちなみに、白鳥くんと森屋くんの狭間で「僕もやらなきゃ」言ってる君も気になる。あまり描いて無さそう。
カルマ >> 「バクマン」エイジのこれは予言というよりは…うーん、甲斐のないライバルの浮気にだだこねてる感じw
GiGi >> 彼はプロアシ君と命名しているw
GiGi >> 白鳥くんは原作を外して独り立ちする方向もあるかもしれませんね
kichi >> 「大トロ握って死になさい!!」って意味わかんないけど妙に想像の余地はあって味あるセリフですよねぇw>ドラマCDセリフ
LD >> 二つ読みがあって。『PCP』は『CROW』を抜けるポテンシャルを持っているのになんで他に力を振り分けるのか?あるいは白鳥くんの作風とシュージンの性質があっていないのか?
LD >> ああ、それだけって事もありますね。というか技量を伸ばすのは悪いことに見えないので、普通はその目で考えますね。>甲斐のないライバルの浮気にだだこねてる感じw
GiGi >> 白鳥君の作風とシュージンが合ってないというのはあると思いますね。
kichi >> ……ああ〜、どっちかというと後者の方がエイジっぽくはあるのかな? ……あとまぁ、展開的に言って、これをやるとサイコーとシュージンの道が分かれてくのを嗅ぎ取っている、みたいな?w>エイジ
ルイ >> 白鳥くんは亜豆の寝取り(未遂)キャラになるんでないかなとw
GiGi >> ぶりっち、この藍染さん解釈は悪くない。死人に口なしだし(マテ
kichi >> ちょΣ(´・ω;`)>寝取り
LD >> 『ブリーチ』、すみません。このウルキオラに懐いている子犬は何ですか?実は覚えていません。
LD >> 次号の話をするのはどうかと思うけど、生きていたよ?>藍染隊長
LD >> え?wえらい、展開イメージに飛躍がない?w>亜豆の寝取り(未遂)キャラ
kichi >> 「ブリーチ」は真っ二つ子ちゃんが実にあっさり生きていたなぁ……などと思ったくらい(´・ω・`)いやまぁ当然生きてはいるでしょうけど……
LD >> ウルキオラじゃなかったヤミーか。
ルイ >> 白鳥くんの漫画が先にアニメ化された時にヒロインを否定する理由がなかったら面白いなーって。
GiGi >> 生きていたね…w
kichi >> ああ、なるほど……>白鳥くんの漫画が先にアニメ化
ルイ >> 藍染さんは延々と刑を延ばされるんだなあ。根競べだな。
GiGi >> 最近のアニメ企画は気が早いのでない話ではないなあ>先にアニメ化
GiGi >> もうちょっとだけ続くのじゃよといったところですかねえ>ぶりっち
カルマ >> 藍染さんなんで生きてたん…w
ルイ >> BLEACHは最後のページの大ゴマがあんまり好きじゃない。ルキアの方が背も低いのに、一護の背中から空を映すカットは見えなくなる事の描写たりえていないと思う。つまり消え終わってから空を眺めているわけだけど、そこにはいないし・・・ルキアに目線をあわせた横からのカットで消えて欲しかったな。
kichi >> ……明日は外出よう……wジャンプ買いにw
GiGi >> ライトウイングは展開早くていいな!そうだよこの漫画の場合は試合以外とかやってる場合じゃないんだよ!
ルイ >> あ、そうか今週かw
ルイ >> くそう、珍しくジャンプを2週分知識にくわえ込んでしまっているぞ。
ルイ >> 『ライトウイング』は速度的正論を地でいっていますね。
GiGi >> 「そんな時間ねえッス」はメタセリフとして読んでも良い
kichi >> 「ライトウイング」良いですねぇ。まさに速度的に。
LD >> 『LIGHT WING』はルイさんが言っていたけど、部員がふるいにかけられて、残る者は残って去る者は去った展開の意味が大きいですね。『キャプテン』に合わせて言えば、吏人は“谷口くん”じゃなくって“イガラシ”なわけだ。
ルイ >> 先週チームメイトを巻き込んで、今週練習試合、かつライバル(とも少し違うが)まで出してくる速度感覚が素晴らしい。この場合チームメイトの地力を追いつかせるのが大変で、黒子のバスケは「先輩たち地味に強い」にしているし、アイシールドはデスマーチを行ったわけだす。このチームメイト蓄積がないから、その辺がちょっと大変そう。
カルマ >> 「ライトウイング」良いですね。とても速い
ルイ >> リヒトくんによって退部した人達が出たのは、彼から得たいのしれないジャンプ的超人性を適度に排除していて素晴らしいです。
GiGi >> チームメイトに関しては試合の中で役割を与えていけばいいんじゃないかな。あとはこの試合を超速で終わらせたら完璧。
LD >> うんうん。『黒子のバスケ』は元から、やる気のある先輩(かつ強豪)だし。『アイシールド』は、やればできるというテーマ上、脱落者があまり出せない状態にありましたね。
ルイ >> リヒトはモチベーションモンスターではあるけれど、全ポジションを指示するような監督ではないんですよね。ああこの作品に次に求められるパーツはそこか。
kichi >> 当面はリヒト(プラス何人か超人クラスが加わってくのもいい)が引っ張っていく形でいいとは思うんですけどね。まぁ、スーパーサッカーなんでw でまぁ、長く続くようなら付いていった者たちの実力は地味に凄いことになってたって形に描けるでしょうし。
LD >> あと問題はヒロインが出てない事か!(`・ω・´)こら、部長が女の子でキマリだな!(`・ω・´)>『LIGHT WING』
GiGi >> リヒトがチームメイトを理解するのではなく、チームメイトがリヒトのやりたいことを必死で考えて、ついていくという構図は結構新鮮、
GiGi >> あ、ヒロインいないねw。でもまあ問題ないかも。
カルマ >> ヒロインが監督になったりしませんかね>ライトウィング
ルイ >> まあねえ。ヒロインねえ。リヒトがモチベーションモンスター(使い続ける気らしい)でそこに共振する作りになっているから、モチベーションブースターとしての女の子があまり必要ないんですよね。【花形】なんかも近いけど。
GiGi >> てかまあこの主人公は女の子興味ないのが丸出しなので、絡み無しでも問題はない。華やぎはあったほうが良いとは思うが。
GiGi >> いやホント。ヒロイン?いらないんじゃね?と思ったの久しぶり。トリコ以来くらいかも。
kichi >> なら加えるべきはチアかな!w>華やぎはあったほうが良い
ルイ >> 大体ギギさんとは同じ感覚臭い。
LD >> ぶっちゃけ、出してもテニスの王子様の“あの子”みたいになる気がしないでもないですが…。でも、出した方がいい。(´・ω・`)
GiGi >> キャプつばの姉御と同じポジションで良い(ぉ
LD >> 『トリコ』はノッキング次郎を見ていて、『HxH』のキルアの兄貴、イルミを思い出したりしていました。
ルイ >> 【トリコ】は本当に素晴らしいなぁ。グルメ界、未知の世界のまま撤退しましたよ・・・
kichi >> 「トリコ」良かったですねぇ。ちょっとノッキング次郎の登場にご都合臭さを感じないでもなかったところ、小松の依頼だったという展開は素晴らしい。まさに今進行中の話でもありますからねぇ。
ルイ >> 【四天王】というある種無敵ヒーロー型の出だしだったのに、幹部との戦いではいつもピンチヒーローだし、グルメ界にかかれば赤子状態という「世界の広さ」。そして読者アイデアシステムによって、神経質に体系化だてる必要がない事が担保されている。最強レベルの構造力。
LD >> また、トリコの性格上、物語上(?)に出てしまったグルメ界にはすぐに行かないと気が済まないというか、それで追い返されてくる展開は良いです。キャラの描きとして。
GiGi >> トリコはこの次の展開もたいへん素晴らしかった
カルマ >> 「トリコ」素晴らしいですね。しかし、小松くんに戦闘力を求められない以上、トリコ自身がとてつもなく強くならねばならないということでもありますよね。
ルイ >> 小松くんこそ、ヒーローマンのジョーイばりのバリアーが求められるよなあ。回避に特化して強くなるだけでもテーマ違反かな。難しいな。
LD >> あ、ところで『エニグマ』の榊健滋先生と、うすた京介先生が結婚したそうですよ?(´・ω・`)
カルマ >> 食材に好かれる…を突き詰めるとどういう地平が見えるのかな。戦わずに退けることも、可能なのだろうか。
ルイ >> 【エニグマ】の襲いくるトラップが上滑りして、かつその中で過去を語る作りは、なんつうか、作りだけはわかるけど、って感じです。
kichi >> らしいですねw>結婚  ……いや、それはおめでとうなんですが、何故このタイミング?ってはやっぱ思いますねぇw
ルイ >> 身隠しの体に塗りたくる調味料開発なんてのが妥協点ですか。
LD >> ああ。コマツがGTロボに乗ればいいんでね?(`・ω・´)(←わざとめちゃめちゃ言っている)
kichi >> 「エニグマ」は、第3の手はなるほどなんですが、あんなに部屋中ベタベタ触りまくらなきゃならないもんかな?とは気になったw あまり正確なコントロールはできないとか……?
LD >> 第3の手は、僕は当然ながら『エルフェンリート』を思い出していたワケだ。
kichi >> ……いや、案外良いような気も……(`・ω・´;)>小松GTロボに
ルイ >> 【スケットダンス】は、マロンを飛び道具として切り離しただけあって、マロン回は安定して強いなあ。ページめくったら前のページのコマが見えたお。
kichi >> あ、待てよ、違った。GTロボは遠隔操作なんでしたね……orz勘違い
カルマ >> まろん?
LD >> 『べるぜバブ』…この子が豊崎さんか……まあ、クレバー豊崎ならなんとかするか?
ルイ >> 今回はツッコミ待ちだぜ。ほ、ほんとだよ。
ルイ >> 豊崎さん、たまにラジオドラマなんかでイケメン風の声出すけど、お遊戯の域なんだよなあ。
LD >> 『スケットダンス』はマイケルバーガーが地味に好きです。
ルイ >> 【べるぜバブ】は相変わらずのどこにいくのよ状態で言う事なかりせば。最新号で久々に方向見えそうでしたが。
kichi >> 「スケットダンス」ロマン回は安定して面白いですねぇ。……まぁ、ちょっと安定しすぎな気もしないではないですが、そういえば先週「ロマンの無駄使い」とか思ったこともあって満足感がありましたw
LD >> まあ、一応、大人になったセイレーンの声とかやってるしね。

MANKEN CHAT(1.1)