漫研チャット
名前:
発言:
[正面] [取扱] [過去ログ]


■■■■2010年10月10日■■■■
ルイ >> それは大人の女であってまるで関係NEEE!!
kichi >> 「べるぜ」は……ヒルダの階級的な意味合い?の辺りがちょっと気になったりはしました。
ルイ >> 【めだかボックス】は、なんか展開の奴隷感があって、ママンの「高校生の発想じゃない」とか嫌い。
LD >> サイノンとマガーファンクルwww…『スケットダンス』はこの俺を怒らせた!w(`・ω・´)
kichi >> 「ぬらりひょん」ノってますねぇ。お兄ちゃんズが思ったより頑張って、しかしそれを止めたのが土蜘蛛というのも良い展開具合。
ルイ >> まんが道だすな。
ルイ >> 【ぬらりひょんの孫】土蜘蛛のマイルールで動く強者感いいですね。元々こういう位置が好きだ。
LD >> 『ぬらりひょんの孫』が本当に良い。演出的にどうとか、テーマ的にどうとかじゃないけど、一番乗っている状態のネームだと思う。
カルマ >> 「ぬらりひょん」良いですねぇ。
LD >> 『保健室の死神』は、やけに暗示的な1話だったんですが……でも、こういう構造とも思っていない?
ルイ >> 【保健室の死神】は、この辺が中編クラスにならない所に作者の成長を観て唖然とするぜ。
kichi >> 「保健室の死神」……どうでもいい話ですが、5巻の表紙見て「ちょっと表紙詐欺臭くない?w」みたいなことをちょっと思ったんですが、今週のを見て「ああ、こいつだったんか」「……いやちげぇw」とか軽く混乱がありましたw
LD >> 『めだかボックス』、ルイさんの話にレスると、高校生の発想ではないかもしれないけど、マンガ的発想ではありまくっているので、そこが難しい所ですね。
ルイ >> ふむ。
LD >> 球磨川は能力・大嘘憑きの設定開陳より、自分としては鍋島先輩の解説にツッコミを入れて、かつその声が鍋島先輩に届いている事に注目しています。……メタキャラクター的にね!(`・ω・´)
kichi >> ……でまぁ、内容は素晴らしく良かったですね。……まとまり良過ぎるのか、あまり言葉にならなかったりするんですがw あ、斎賀みどりちゃんって初出ですっけ?>保健室の死神
ルイ >> うん。みのりん、斎賀・・・そのうち「彩陽」が出るって!保健室の死神!w
LD >> 『SWO………ぐう。
LD >> さて、サンデー行きましょか。
kichi >> 「めだかボックス」は様子見かなぁ……。
カルマ >> なんかちょっと見ない間にブリーチみたいに???>SWO
LD >> ジャンプは#weeklyjump だけど、サンデーはweekly_sundayだよ…orz この法則性の乏しさ…。
kichi >> あと「銀魂」も先週を受けての展開の仕方として巧かったなぁ……とか思ったりしましたね。ツッコミサボってたことをネタにしたりも巧い感がw
カルマ >> あ、「銀魂」今週というかこのエピ好きですw
LD >> 『神のみぞ知るセカイ』ですね。いい構成しています。
ルイ >> ほんとにそのハッシュタグが最大派閥なのかい?LDさん
GiGi >> 若干意識を失っていた。最近こち亀が楽しい
ルイ >> ならばパクるが。>ハッシュタグ 僕チャンピオンにしか詳しくなくて・・・
GiGi >> 一番いいタグを頼む
ルイ >> 一番短いタグを頼む
kichi >> 「神知る」は思ったより大きく動きましたねぇ……。いい構成、展開です。
ルイ >> 【神知る】は伝えようとして届かないあたり、JOJOみたいだったぜ。展開がここにきて早いですね。
LD >> かのんちゃんの序列を上げてきた……ように見えて、これは封印と観ました。周りに波乱を起こして、とりあえず彼女には眠ってもらおう…かなと。この展開でこのまま動きまわると彼女(かのん)『強い』よ?(`・ω・´)
GiGi >> 今回頭っからずっと桂馬が動揺しっぱなしですね
カルマ >> 「神知る」ちょっと驚きましたが、噂だけ広めてかのん自体を封じると考えると、なるほど。
ルイ >> 天使が死んだ(消えた)のなら、かのんちゃんのシンデレラタイムが終わったと観てもいいんじゃないかい。まあ、命に問題はないだろうけど・・・
LD >> ってか何?ルイさん『禁書』クラスタでは上条さんdisられてるの?
kichi >> あ、封印なイメージは私も持ちました。……まぁ、分かりませんけど、なんにしても普通にこういう視点での読み方ができるのもこの作品の魅力ですよねぇ。
LD >> どのくらい強いかと言うと、ずっとアイドル子、アイドル子ゆーてた、オレ様が「かのんちゃん」言い直しているくらいに強いワケよ?(`・ω・´)
LD >> え?女神さん、死んじゃったの?その目は薄いと思うけど…。
ルイ >> 上条さんは盲目的に讃えられてるんじゃね。
LD >> あ、それと灯(キス子)は神界の住人ではなくて、悪魔界の住人のよう…?でも雰囲気は神界っぽかった。
ルイ >> 【ケンイチ】のどうにもならない感が凄い。活人拳と殺人拳の違いで語られちゃったら、もう言い訳できないじゃん!
LD >> 『華っ柱』は様子見だけど、西森作品がこの時点で様子見になっているのは良くない気がする。
GiGi >> 活人拳VS殺人拳は引き分けは許されないのじゃ…
ルイ >> 【結界師】兄貴、やっぱりお役目につけなかった鬱屈みたいなのもあったんだろうなぁ。
GiGi >> 内語を語りすぎるのは何かキングオブニートと同じ匂いを感じないでもない>鼻っ柱
ルイ >> 【華っ柱】案外鋼鉄じゃないですね。2話目にしてスケスケだ。それをどこまで貫けるか、というブリッジ勝負の作品になるのか。
LD >> 『ハヤテのごとく』のこの展開はなんでしょう?……同人誌即売会?(´・ω・`)
kichi >> 「華っ柱」はたしかに……(´・ω・`)面白くはあるんですけど、西森作品としては……
ルイ >> 人と同タイミングで書き込むと書き込みが消えるらしい・・・orz
ルイ >>
ルイ >> 【華っ柱】案外鋼鉄じゃないですね。2話目にしてスケスケだ。それをどこまで貫けるか、というブリッジ勝負の作品になるのか。
kichi >> 「ケンイチ」は……ほんとになぁ……引き分けじゃダメなんですよね、活人拳は……orz
LD >> 『マギ』のカシムは、あの銀行屋とかにそそのかされている感じなんですけど……何を思ったんだろう?あくまで復讐をする?
カルマ >> 「華っ柱」外から叩くとどんどん固くなりそうですね。内側から折れるのかな。
GiGi >> うーん、カシムは正しい。正しいのだけど正しいことをやっちゃうとお伽噺で終わらせられないので困るw
ルイ >> 【アラゴ】グレムリンもパーティに加わっる人外増加っぷりも展開も好み。
kichi >> 「マギ」は……とりあえずは様子見かなぁ。アラジンの方にも動きがあるようで……どう展開していくのか……。
LD >> 『キングゴルフ』は素晴らしいですね。こんなの見せられては敵も自滅するというか…そういう勝ち上がり方が正しく積まれている。
カルマ >> さらっとグレムリンいるのは良いですね>アラゴ
カルマ >> 「マギ」はうーん、様子見。
LD >> 『アラゴ』は自転車わんこのキモさが良かったです。
LD >> 『アラタカンガタリ』は、何だかよく分からない間に懺悔室につれて行かれているよ?
kichi >> 「結界師」はどんな形で最終決戦がスタートするのかが気になってきました。この時音ちゃんの行動はすでにはじまりなのかな?って気もしますし……。
カルマ >> 「キングゴルフ」素晴らしいですね。
LD >> 『はじめてのあく』は、先号で目をつけた黒澤さんは何かあるようですね。意図的に目立たせてたか…。
kichi >> 「キングゴルフ」良いですね。自分の調整がひと段落付いたとこでターゲットをライバルにっていう段階の踏み方もいい感じです。直接ぶつかるスポーツではないだけに、ですね。
kichi >> 「アラタカンガタリ」は……なんだろう?変に楽しい展開ではあったんですが、いろいろカワイソスな読後感ではあって……う〜んw
kichi >> 「デフェンスデビル」水着サービス回か……。というかこのオチ、人工呼吸のために泳げないふりしてたってことでいいんでしょうか?……やっぱどうもしっくりこないというか、感覚のズレを感じる作品ではあるんですよねぇ……(´・ω・`)
LD >> 『月光条例』は「いいよって、言ってくれた」とへたり込むアンデルセンに、富士鷹哲学の帰結を観た!(`・ω・´)
LD >> 人工呼吸のために泳げないフリしたみたいですね。
kichi >> 「はじあく」、学園祭は普通に楽しみな題材なんで、黒澤さんに謎付加されたのはちょっと蛇足感も感じてしまったというのは正直なところ……(´・ω・`)ま、今後の展開の仕方次第ではあるんですが。
LD >> 『オニデレ』良いですね。最近、あんま見られなくなったような正統派な王子の“取り合い”をしている。
ルイ >> 寝ていたよ!
kichi >> 「月光条例」……富士鷹哲学の帰結というのは、不幸エンドディスなスタンスを重めに捉えての話ですね?w 確かになぁw ……しかし単純にチルチル=月光なんでしょか?(´・ω・`;)??
ルイ >> 【キングゴルフ】は一番候補だと思うのですよ。これはゴルフの本質。つまり、自分だけの勝負なのだけれど、同組み、あるいはスコアボードでプレッシャーのかけあいは必ずある。
ルイ >> 【月光条例】いいんだろうか、マッチ売りの少女に漫画家がそんな事言わせてもいいのだろうか。と、少しもにょもにょしながら読んだのですよ。
kichi >> 「オニデレ」はなんか終わりが近いのかな?と思うほど展開してましたね。でまぁ、良かったです。
ルイ >> 【オニデレ】は本気のアプローチの前にアンジーの仮面が速攻ではがれたのが、正しいと思う一方で少し寂しかったw
ルイ >> 【はじめてのあく】黒澤さんがいいキャラだと思ったらすぐ絡めてきたので、わかってるうと思う一方で路傍の花を愛でさせろよとか贅沢な事も思うのであった。
LD >> ああ、そうそう。これでアンジーネタおわりなんでしょうかね?それは寂しいですね。
LD >> 僕も黒澤さんには“路傍”を期待している所がありましたw
ルイ >> って、俺もにょもにょしてばっかりだな!
カルマ >> 「オニデレ」良いですね。終わりそうで終わらない感じで続いてる気もしていますが…
kichi >> 分かりますw>もにょもにょ   正直言うとマッチ売りの少女にこう言わせて許してっていうのはね……許しはなくとも、物語に込めた想いを貫くっていうのが一番強い描き方ではありますからね……。でもまぁ、不幸エンドディスりまくりな富士鷹先生の帰結としてはこの辺になるのかなぁ?みたいなw
LD >> 少なくともそれを書いた作者がキャラクターに対して「不幸な話で……ごめん!」と思っていてくれないと救われない…みたいな?>富士鷹哲学
ルイ >> うん。アンデルセンはいいんだ、別にw富士鷹先生が己を投影して何を言おうがね、彼の業の範囲でwマッチ売りの少女が、赤ずきんのような展開的な満足でなく、作者の言説で満たされてしまうというのに多少の越権を感じてしまうのかもしれない。
カルマ >> 「イカ娘」の初回を観ていたりしました。くるくる動いて可愛らしいじゃなイカ。あと声がなんか和みます。
LD >> アンデルセン「お話が言いたい事があって書くんだ。それを変えたらお話を書く意味がなくなってしまう」→チルチルの仮面をかぶった富士鷹「んなこたぁわかってるんだよ!!俺はお前の言いたいことが!女の子を不幸に死なせてそれおしまい!って!その言いたい事に文句を言っているんだよ!!」→という気持ちをぐっっっとこらえた帰結「許すって言ってくれた」なわけですよ?(`・ω・´)(←したり顔だよ)
ルイ >> 【RINNNE】の何も言わせようとしない面白さはなんかもうすごいな。同じ感想しか出てこないぜ。これがベテランの在り方として究極な気がする。
ルイ >> 富士鷹先生の中には、そげぶしたい気持ちと、幻想の中に生きているジレンマがあるのだなあ。
カルマ >> 「月光条例」は…なんともいえねえ…ううううむ。
LD >> ちょっと推理ものな展開だったかもですね。(´・ω・`)←違う感想
LD >> さて、マガジン行きましょうか。
kichi >> 偶然SATSUMAIMOになってたって冷静に考えると相当無理があると思うんですが、あっさり流して読んでしまう空気がいつもながらなんともw>RINNE
kichi >> あと「ツール」良かったです。逃げる難しさというか駆け引きのロジックがわかりやすく説明されててなるほどでした。展開もなかなか面白げですしね。
GiGi >> 「オニデレ」よかったですね
LD >> 『エリアの騎士』の敵GKの遠野くんが何か好き。…っていうか体格が好きなのかな?どうも『エリアの騎士』はキャラが区別つかないわけじゃないけど、均一な感じがして画的に楽しくなかったんですよね。
LD >> マガジンはハッシュタグがないw これでいくか#weekly_magazine
カルマ >> 「フェアリーテイル」やっぱりレビィが可愛いです。エバーグリーンも素敵だけど。
ルイ >> 何故そんなすぐにハッシュタグのあるなしがわかるのさ!
LD >> むろみさんと話している、このコブラみたいなのは、ツチノコかなにか?
LD >> いや、探したのは3つ。 #w_magazine #weeklymagazine #weekly_magazine 一応 #magazine も打ったけどこれは意味がないね。わかってた。他に何がありそうかな?
カルマ >> 「むろみさん」ツチノコさんは前に出ていたと思いますけど。毒キノコ集めか何かで
ルイ >> なるほど。その探し方でジャンプだけ区切りがないんだ。無茶苦茶だなw
kichi >> 「フェアリーテイル」は先週のパートナーに続いて今週の試験形式と、結構面白そうな試験模様になってきましたね。しかし、ルーシィ達的には強敵かもですが、読者的には1回戦は勝ちだなと安心して見れる相手だなぁw
LD >> 『AKB49』は前田敦子がカッコ良すぎて困る。まるで姫川亜弓じゃないか?(´・ω・`)
ルイ >> 【AKB49】ミステリアスな前田敦子、助言をするストレートな大島優子、ちょっと惚れてる高橋みなみ!凄いぞもう3人立ってる!
kichi >> 「ガマラン」はやはり修行か……。
LD >> 『フェアリーテイル』、このS級試験、妙にルーシィ中心に(?)描いている気がしないでもないんですが、ルーシィーがS級になったりするのかな?
ルイ >> 【我間乱】さすがにここまでは一気にきたので、そろそろ修行は許してあげようw
kichi >> 「ベビステ」順調。いやぁ、はっきり言って圧倒的な実力差のある一回戦ですらこれだけ論理的に読ませるのはほんと頼もしい限りです。
カルマ >> 「ガマラン」あぁ修行くるんだ、って感じはどうしてもしちゃいますねえw
kichi >> ああ、いや、別にいいんですが、修行用の里?wとか、ほんとにストレートな修行展開だなぁとは思ったものでw>ガマラン
ルイ >> 【ベビステ】相手がNPCレベルであるうちはエーちゃん無双ですね。
ルイ >> で、今NPCと言ったのだけれど、ベイビーステップの描きは、要はタクティクスを実行する為には力が、力を活かすにはタクティクスが、の堂々巡りで、そのステージの及ばなくなった相手がNPC化する。
ルイ >> つまり強くなるという事は人間をNPC化していく事なのだなあ。ま、次の対戦相手クラスからは現状では「人間」ですね。
LD >> 『ネギま』はバトルが相当すごいっすね。
kichi >> 「ネギま」……あの注射針は確かに怖いw でまぁ、クラスメート大活躍での乱戦は乱戦なのに一つ一つが見せ場になっててゴージャスですなぁ。素晴らしく良いです。
LD >> 『新約花形』は、これで飛雄馬の球質が軽くなる…みたいな展開だとしたら、この決勝が頂点だったという“史観”になってしまって、ちょっとドキドキですね。
カルマ >> 「ネギま!」アキラにもプスっといけよ、あの子素でかなり強いから…って気分なんですがw
ルイ >> 【ネギま】ドーピングに加え元々の「異能者教室」みたいな側面がドバッと出ているので、ある種メタ的ですらあるw
kichi >> ふむ、なるほど。……というか、ステージの及ばなくなった相手でもタクティクスがあるのがベビステの凄いところなんですよね。凡百のスポーツマンガなら力で圧倒してしまっておしまいですから……。
ルイ >> 【新約花形】LDさんと全く同じ事を考えました。組み方としては、ここがゴールで「巨人の星」ラストの十字架まで届かせられそうでドキドキする。しかしそれは「巨人」が関わらないw
ルイ >> んにゃkichiさん、でもタクティクスがあってもパワーが、地力が足りないとアップセットは限度問題ですね。そこがベビステのラインではある。
カルマ >> あぁでも、アキラは感情のリミッターがあるから戦えないか。>「ネギま!」
kichi >> ああ、たぶん先週の話を聞いてたからだと思いますが、それ私も思いましたw>飛雄馬の球質が軽くなるみたいな展開
カルマ >> 力と戦略は相互に支え合ってますから…容易に戦略を立てられてしまうこともまた弱さですね>圧倒
ルイ >> しかし、爪を怪我しようが球の質は軽くはならんぞw爪の怪我をこじらせてどこまでいくんだw
カルマ >> 「花形」まさにw 指が原因になりそうだと感じています…みんなかw
LD >> 『エデンの檻』は、『オニデレ』ほど明確じゃないけど、雪ちゃんが何かいろいろ決意したみたいです。そして人工物の謎がなかなか先に進みません。
ルイ >> 【エデンの檻】決意した雪ちゃんは、何か違うキャラのように見えましたね。凛々しくて。髪型の分ける場所でも変えたのかと思ったけど、そんなことはなかった。
カルマ >> 親指の握りってどれくらい影響があるのだろう?>「花形」
kichi >> 「エアギア」、ちょっと気になってた海人が重要人物に格上げ……!Σ(`・ω・´;)
LD >> 爪って言っても親指の爪だから、ボールにひっかけるワケでもないしね……む、つまり考えすぎか?決勝のこの勝負は満足なものにならなくなる程度の展開かな?
LD >> そんな事より、アイオーンの話しようぜ!(`・ω・´)>海人
ルイ >> まあ、結果が原作甲子園決勝の血染めのホームランボールであるならば、それでいいのでしょう。
kichi >> 「エデンの檻」はいろいろ動き出してて期待感高まってきてはいます(´・ω・`)来週休載だけど
ルイ >> 【ABOUT】いきなりハナノアナと一緒に朝桐をヨイショしだす先輩まじ先輩。
kichi >> アイオーンは設定格は低いのに何故か贔屓されまくってるポジションでいいと思いますw
LD >> 『ブラッディマンディ』、「オレ、軽井沢に行きます!」、「じゃ、あたしも!」…まあまあ。(´・ω・`)
ルイ >> アイオーンの能力って真面目に取り合うと、効くなら最強効かずばカスのアクマイト光線みたいな奴だからなぁw
kichi >> 【定期POST】……そういえば「GTO」ってこれで何日目が過ぎたんだろう……?(´・ω・`)割とどうでもいいけど
ルイ >> ああ、割とどうでもいいですね!
ルイ >> 【君がいる町】お幸せにね!お幸せにね!
ルイ >> 君の、ですか。どうも高垣彩陽クラスタには難しい違いだぜ。
LD >> 『A−BOUT』は、改めて言いますけど、この展開不思議ですねえ〜。だってカトケンからはじまってるんですよ?w
ルイ >> まあ、外部の友情、外部の敵エピソードを通してクローズはじめとした「高校内不良派閥もの」といて、学校それ自体の格を上げるのはアリかもしんない。
kichi >> 「A-BOUT」はたしかに不思議ではありますねぇw でもあまりきちんと段階踏まない展開の仕方はそれこそタイトル通りアバウトでもあってw らしくて良いのですよね。
LD >> 『君がいる町』お幸せに………って、下にはto be continued!!って書いてあるよ?(´・ω・`)
LD >> アバウトですねえwやっぱり、ここで特に仲がよくもない光嶺上級生が出張ってくる流れがないw
LD >> 『BLACK OUT』は終わりなのかな。と。
ルイ >> 僕は先程書いた通り、そこまで笑う事とも思ってないですね。作品のアバウトさは否定しないけど、外部が絡む事で光嶺そのものがクローズアップされて、シュガーレスほど上昇志向のないTHE4名様な連中と上級生を連結させるのは「理屈」だと思います。
kichi >> 「だぶるじぇい」まったく野中先生的なギャグではあるんですがこのラジオネタ面白いなぁw 正論に押し負けるんだけど根っこが間違ってるからおかしいっていうのは、根っこの間違いにパッと見気付き難い方がオチの効き方のしては強くなるのかな?
LD >> チャンピオン行きましょうか。
kichi >> 「BLACK OUT」は丁寧に組まれてはいたんだろうなぁ……っては思うんですけどね……(´・ω・`)
ルイ >> だぶるじぇいはこのシリーズだけは普通に楽しかったです。
LD >> 『バチバチ』のこの大鵠の悪さはもはや笑えるレベルw
ルイ >> チャンピオンは最近木曜につぶやくお仕事をしているのでアレなのだけれど、【ケルベロス】の展開力の高さがかなり好ましいですね。
LD >> …というか吽形大丈夫なんでしょうか?退場まであり得る?
ルイ >> 【バチバチ】はワロエなかったけどね、僕は。ブルブルきましたわ。
ルイ >> 退場までありえるわい!
LD >> ふむ。#weekly_championのようだな。
kichi >> 「バチバチ」……う〜む(´・ω・`)
LD >> いやwいくら何でも悪過ぎだろうとw>大鵠 案の定速攻でブーイングくらってましたが。
LD >> 『弱虫ペダル』は、やはり個人対決のリザルトにチームが従うようですねえ…。そうなの?
カルマ >> 「バチバチ」笑うどころか…酷すぎて、もう。きつい。
ルイ >> 悪すぎたら怒れよ!もっと熱くなれよ!草生やしてる場合じゃねーぞ!と僕の中の修造さんが騒ぐレベルでムカツキマシタ。
ルイ >> 【弱虫ペダル】新開の心が折れていないようで良かった。
ルイ >> 【ハンザスカイ】の番場先輩愛好者としては、たまらない見開きだなぁ。
ルイ >> 【ケルベロス】、先生に取り付いた崩をさておきナメクジ崩でリョナったり、かなり縦横無尽で面白いです。世々さんも可愛いし、素材で出せる最大のものを見せてもらっている感がある。
LD >> 『侵略!イカ娘』は増ページですね。
ルイ >> つまんなかったですね。先週まで面白かったのに。>イカ娘
kichi >> 「弱虫ペダル」、おお、小野田君達もすでに結構いい位置まで追い上げてますねぇ。……正直個人的には新開さんVS御堂筋は長過ぎたような印象ではいたんですが、無理っぽく思えた追い上げへの違和感を小さくする効果は案外大きいかもなぁ……とか思ったり。
LD >> 『ナンバデッドエンド』、ナンバくん、もう取り返しがつかない程、悪くなってる!(`・ω・´)どうするんだこれ!w
ルイ >> 【みつどもえ】相変わらず基本登場人物数は露骨に増えていてネームの詰まりを感じるのだけれど、やはり次女は動かないな。アニメを観て「もっと動くのかも!?」と思ったのかもしれないけど、アニメじゃないと動かないっぽいです。
LD >> ああ、御堂筋と新開さんが戦っている間になんとな〜く、追いつける感覚になっているかも?連載スパン感覚で?っていうあれですね。
カルマ >> 「ケルベロス」世々さん可愛かったですね
ルイ >> 元々、最近読んでいてふたばの「ッス」を邪険にしている感じはあったのですよね。だから体言止めなんかが増えていた。今回ちょっと量が復活気味なのはアニメの逆輸入と想像しますけど、やはり機能しきらないな。次女難しいぞ次女。
ルイ >> 世々さん可愛いよねー。はやく恋愛ゲームでないかな←
ルイ >> しかし主人公が景である以上絶対攻略不可能だよ神様!
kichi >> 「ハンザスカイ」番場先輩の活躍は嬉しいんですが、ちょっと決着の付き方とかわかりにくかったかなぁ……? でもまぁ、変にスカッと勝つより地味な巧さで勝つほうがらしくはあるのかな……?
ルイ >> ポイント制空手はなかなかスカッとし辛いw
ルイ >> 【ナンバデッドエンド】はデッドエンドしてますねえ(恒例挨拶気味
LD >> ああ!『木曜日のフルット』が、単行本記念で、センターカラーだったのだった!
ルイ >> 木曜日のフルットの味わいはいいですねえ、コボちゃんみたいで(?)
カルマ >> ハンザのカラーの使い方が自由だなぁ(笑) 確かに決着がわかりにくかったですね。
kichi >> 「ケルベロス」はほんといい展開の仕方してますねぇ。もちろん世々さんの可愛さも素晴らしいw ……でもなんであそこまで雪房にメロメロなんだろう?w
LD >> コボちゃんなのか!?Σ(`・ω・´)
ルイ >> 「帰らない!!帰らないぞ!!雪房様は帰らないぞ」 何この可愛い人。
LD >> 『ハンザスカイ』は冒頭の“堅”の字がいいです。中堅の堅ですけど、番場に最も似合う文字だよ。
ルイ >> 【ケルベロス】は早くアニメ化しないといけないね。僕の高垣彩陽イヤーが彼女に適役のキャラを探すのだけれど、既存イメージで世々さんは田中理恵さんなのよね。
ルイ >> 【ケルベロス】しかし友恵が福圓さん、世々さんが田中理恵さん、金屋が豊崎さんなんてのはこう、想像力の死を意味するやん?←なんで?
LD >> 『ケルベロス』は、カラスという動物がけっこう好きな僕は、カラスくんの活躍に期待。冬子先生とか…キレイどころ増えてるなあ。
ルイ >> 【シュガーレス】が一番候補かな。
LD >> んん〜…?>世々さん=田中理恵
ルイ >> これから僕もえっちいものを観た時は「おかげでA10神経が刺激される ドーパミンが出て興奮するじゃないか」と言おうと思います。
kichi >> 「ドカベン」がほんとにず〜っと安定して面白くて不思議w
ルイ >> ノムケンが名将に見える罠。
ルイ >> 僕は基本、【シュガーレス】の岳の事をチャッカマン・岳と呼ぼうと決めているのだけれど、先週今週と、まさしく着火っぷりが盛大で素晴らしいですね。
LD >> (`+ω+´)みえた!!
kichi >> 「シュガーレス」も良かったですね。岳のとどめがラッキーな一撃な辺りとか?w ……でまぁマリモはほんと真打登場といった風格ですなぁ。
LD >> (`・ω・´)ノ 友恵=平野綾、世々=水原薫、金屋=悠木碧、これでどーだ!!
kichi >> ……平野綾……?(´・ω・`;)
LD >> DE、シュガーレスね。
ルイ >> LDさんの耳にはがっかりだな!これみつどもえのときもいったな!w
LD >> あ、平野綾につっこまれたw
ルイ >> 岳のラッキー裏拳も素晴らしいし、岳がやっている裏で、「その方法論で」勝ち直しているヒュドラも熱いし、マリモの加熱の仕方も文句のつけようがない。シロが放置されて可哀想ってくらいで他は完璧です。
ルイ >> みつば高垣彩陽、ひとは戸松遥を当てた俺が風切って通りますよ?ブイブイと。
LD >> みつどもえの時なんて言ってたっけね?
LD >> 『シュガーレス』いいですね。ラッキーな一撃と言っても、既に岳とこの2年の格付けは済んでいたいようにも思います。それと倒した敵引ずってくる卜部もいい!wあれかな、捕まえたネズミ見せにくるネコかな?w
kichi >> そうですね。格付けは済んだ上で、でもラッキーなとどめなのが岳らしくていいなwってw
ルイ >> 友恵は長身実績のある高垣彩陽さんにやってもらおう。金屋の悠木さんは悪くないけど包容力にかけるから花澤香菜さんにやってもらおう。世々さんは田中理恵さんでドハマリだと思うが、ドハマリすぎるから広橋涼さんにやってもらおう。
ルイ >> …っていうか【バクマン】じゃないけど、現時点で水面下でケルベロスの企画が動いてなかったら見る目なさすぎワロタ状態です。
ルイ >> 【ビジンマン】は永遠に発想が柔らかく壊れている永井豪先生に敬礼。
LD >> 新連載『ビジンマン』の近藤先生って前は高橋葉介先生の原作で描いてますよね。なんかすごい人つれてくるなあ…。
ルイ >> 明らかにこれ「男の娘」発想だと思うんだよなあ。トレンドも永井先生にかかるとこうなっちゃうのか。
LD >> んん…あんまり田中理恵さんってイメージはないなあ。広橋さんはアリだと思う。友恵は平野さんがダメなら福圓さんでOK。
ルイ >> 【ANGEL VOICE】の不良対処は素晴らしいですね。しかし来週・・・
カルマ >> あぁ、広橋さんならちょっとわかります>世々 もっと凜としたイメージなんだけど、もう最近声優の名前が出てきまへんのや…
ルイ >> 【キガタガキタ!】いい加減女性すがたを隠さない恐子さんの愛が痛い。
kichi >> 「ビジンマン」……ああ、永井豪先生原作だったのかw 時間の飛び方とか意味というか意図というか、なんかよくわからんとこがちらほらある作品だと思ったんですが、なんとなく納得w
LD >> 『キガタガキタ!』は、助け方のテンションが明らかに違う冥くんがよかったと思います。本気で助けるならやり方あるだろうけど、かなりどうでもいいやって感じでしたね。
ルイ >> しかし、これって恐怖新聞の予言通りだから冥くんの寿命削られてますよね。
LD >> っていうか、鬼形くんに尻向けてるんですけどPGw
LD >> 削られてます。完全に喰われてます。
カルマ >> 「ビジンマン」は正直よくわからなくて困惑w しかしこの手のヒーローは正体バレてなおかつ受け入れられないと行けないからハードル高いですよね…
kichi >> 「ANGEL VOICE」素晴らしかったですね。……来週は……(((´;ω;`)))
ルイ >> ああ、このカリカリが寿命を喰うやり方と捉えるといいのか。
カルマ >> 「キガタガキタ」どうしようもないレベルまで来てたんですかね。で、やはり冥の負けか…
kichi >> 「キガタガキタ」も安定して面白いですね。
ルイ >> 【冥王神話LC】ゾディアッククラメーションはダメだ。手代木先生久々の失着というか、もう、全然、アテナエクスクラメーションにすら及んでいない印象度が。
ルイ >> 【キガタガキタ】カリカリしたくて、それが直前まで迫っているから、冥の周りをうねうねしていたと捉えればいいんだろうな。愛が病んでいる。
LD >> あ、違うか?今回の相手も別のポルターガイストの獲物だから、変に手を出せなかったか?
ルイ >> 僕は僕の読みでいいと思いますが。
LD >> 『冥王神話』、そうかな?ゾディアッククラメーション、けっこういい技だと思ったんですが。
ルイ >> レグルスの借り物を糾弾する意味としては理想的なワザでしたけどね。それ以上の感想はないな。
LD >> さて、一番を決めましょうか。
ルイ >> 糾弾は言葉が強いな。示唆にとどめようっと。
LD >> なんでしょう?『侍ジャイアンツ』の番場蛮が最後に投げる魔球が、これまでの魔球を全部足したミラクルボールな感じ?>ゾディアッククラメーション
LD >> ジャンプ。
ルイ >> 蛮の魔球は全部自作だから止揚たりえるでしょうけどね。
LD >> まあ『ワンピース』なのか?
kichi >> ジャンプは……「ワンピ」か「トリコ」か「光翼」か「ぬらり」か……、う〜ん、「トリコ」?
ルイ >> 読み切り「少年期の終わり」に漂うチャンピオンオーラがハンパなくてびびりました。
kichi >> サンデーは……「神知る」か「キングゴルフ」か「ケンイチ」か「オニデレ」か……、う〜ん、まぁ、「神知る」か?
LD >> サンデーは…「キングゴルフ」かな?
LD >> ああ『神のみぞ知るセカイ』もですね。
ルイ >> 【トリコ】【神のみぞ知るセカイ】【キングゴルフ】【ネギま】【シュガーレス】 まあシュガーレスかな。
LD >> マガジンは…なし。
ルイ >> いやーしかし【少年期の終わり】なー。いいなーこのドリームクラッシャーぶりが。
LD >> チャンピオン、『シュガーレス』……ですね。
kichi >> マガジンは……「ネギま」か「フェアリーテイル」か……、う〜ん、「ネギま」かなぁ?
LD >> 『神のみぞ知るセカイ』、『キングゴルフ』、『シュガーレス』のどれかだと思います。
kichi >> チャンピオンは……「ケルベロス」か「シュガーレス」か……、う〜ん、「シュガーレス」ですかねぇ?
LD >> 今週は『神のみぞ知るセカイ』だと思います。構成的にも演出的にも一番良かったと思います。
ルイ >> 僕はどう考えてもシュガーレスだと思うけどまぁいいや。
LD >> 『シュガーレス』もいいですよね。マリモがその気になった事の意味も大きい。
kichi >> 私はどちらでも納得ですねw >「神知る」「シュガーレス」
LD >> どうも、シロの方は手こずっているみたいですよねえ…w
ルイ >> 岳がずっと空気みたいな扱いを受けてから、この数週一気に加熱して、そのチャッカマン精神のゴールだったのですよ。理屈は先週、行為は今週(しかもヒュドラと合わせ技)この辺の、細川先生が自分の理屈っぽさと距離をとる感じであるとか、なんだかんだ卜部もいないとダメか!な感じとか、素晴らしすぎた。この岳成り上がり篇は僕の中でシュガーレス全体の一番だぜ。
LD >> いや、『神知る』は風雲急を告げているので…もう少しゆるく進める事もできたのにそうして来た意味は大きいなと。その決断がいいネームにつながっていますね。
ルイ >> でも、別に展開に刺激受けたってのでも、まあ。僕も候補に挙げちゃったしw
ルイ >> 成り上がっても金的で終わる所含めてな!
kichi >> ああ、いちおうシロの相手がボスっぽいですからねぇ……。シロは負けるという展開の仕方も面白いかな……?いや、でもシャケに一蹴されてるからなぁ……。
LD >> まあ、そんな所で。お疲れ様でした。
kichi >> おつかれさまでした〜。
ルイ >> 前日比+7度ってなんやねん。
ルイ >> お疲れ様です。卜部は魅せつけるがシロはその趣味はないという程度の話かもしらん。
LD >> シロが負ける展開というのは、面白そうですよねえ。
LD >> お疲れ様でしたあ。
GiGi >> すまん、途中で脱落した
カルマ >> 最後の30分くらいで寝てしまったようです…>< 「神知る」ですか。個人的には「キングゴルフ」でしたが納得です。


■■■■2010年10月14日■■■■
LD >> 今週の一番は10/15(金)深夜25時開始とします。よろしくお願いします。


■■■■2010年10月16日■■■■
LD >>
LD >>
LD >> |ω・`)
LD >> う〜ん。
LD >> |ω・`)う〜ん。眠いよう。
kichi >>    ……こんばんわ(´・ω|明日も仕事なので今日はちょっとだけ……(´・ω・`)4誌とも読み終えられてないですしね……
LD >> こんばんは。
LD >> こんばんは。
LD >> 明日も仕事ですかあ。いや〜、なんか大変ですねえ。
LD >> ちょっと、まだ他の人きていないのですが、粛々と進めましょうか。
kichi >> 明日は丸一日仕事確定ですねぇ……(´・ω・`)定時近くには帰りたいものですが……
LD >> ジャンプ行きましょう。
LD >> 『バクマン』、森屋くんが少年スリーに持ち込みました。スリーはサンデーですね。
LD >> なんか他誌の作家さんや、ライバルが出てくるといいんですけどねえ。
kichi >> ……サンデーなのか……(`・ω・´;)なんか、月刊誌の何かかと思ってました……
kichi >> それはありますね。……まぁ、ジャンプで連載してる以上難しいのでしょうが、やっぱちょっと世界の狭さは感じますからねぇ……。
LD >> 『ワンピース』は、ハンコックの世話女房っぷりが良かったですが……この人も体外不憫だなあwチチになれるのかなあw
LD >> スリー=3=さん≒サンデーだす。(`・ω・´)
kichi >> はっきり断られてますからねぇw さすがに悟空ほど簡単にはいかなかったようで……、どうかなぁ?w
kichi >> なるほどΣ(`・ω・´)>スリー=3
kichi >> しかしゾロは独眼になったか……(`・ω・´;)ふ〜む
LD >> ああ、そうか。悟空は「結婚してけろ!」って言ったら返事が「じゃ、けっこんすっか!」だったんだ。ルフィは「結婚は嫌だぞ」なんだけど。
LD >> ニセルフィは覇気かなんかで倒したのでしょうかね。
kichi >> でもなんだかんだで結婚しそうなイメージもあるんですけどねw ……ナミやロビンもあまりルフィとくっつくイメージじゃないだけになぁ……w
kichi >> たぶんそうなんでしょうね。>覇気
LD >> いや、ゾロは修行のために片目をつむっているのです。その目を開くとき、真のゾロの実力が分かるのでしょう!(`・ω・´)-3
kichi >> mjd!?Σ(`・ω・´)>修行のために片目
LD >> いや、この『マトリクス』なピストルの弾が出てニセルフィを倒すまでのコマのナガレとかすごい良いなあ。
kichi >> しかし割と淡々とといった雰囲気でスタートしてる2年後ですが、次回600話だしそれなりに華やかな全員集合が見れるのかな?
kichi >> ……ああ、たしかに良いですねぇ>コマのナガレ
LD >> そうなんでしょうね。600話に合わせているってのがまた憎いですね。
LD >> 『トリコ』は小松の包丁がド根元から折れてしまいました。
kichi >> ここで小松のステータスアップな展開は順当ながら良いですね。……武器的にも使える凄い包丁だったりする可能性もあるかな?w
LD >> 『黒子のバスケ』う〜ん、やっぱり緑間はカッコいいなあ。他のキャラがどのくらいこいつに近付けるかだなあ。
LD >> ああ。なんか『のび太と夢幻三剣士』に出てきた、もっているだけで絶対に負けない剣みたいな…。
LD >> >小松の新包丁
kichi >> いいキャラなだけに使い方がなぁ……、やっぱ残念……(´・ω・`)流れも黒子の新必殺技のお披露目がメインみたいになりそうで……>緑間
LD >> 緑間は既に作品としての『キャラ格』は“天津飯”くらいになってしまっているのですけどね。スタンドアロンのキャラ立てや、ギミックの緊張感は、他キャラがなかなか引き継げてない所があります。
kichi >> ……でも、以前私新敵に負けた方が展開は面白くなるかも?みたいな予想したことありましたが、ここで緑間に負ける展開もありうるのかな? それならキセキの世代の使い方としては良いかもなんですが……、でも普通に考えたら負けないよなぁw
LD >> そして藍染隊長!生きてましたよ?なんだが、しばらくはレクター教授みたいな立ち回りをしそうな格好ですよ?(`・ω・´)
kichi >> ……この作品での生死の扱いってどんななんでしょうか?死神作品はその辺ややこしいぜw(´・ω・`;)??>藍染隊長生きてた
LD >> 負けないでしょうねえ。こういう緑間に勝つから誠凛はさらに強くなっている…というロジックを組んでいるでしょうからねえ。
kichi >> ……しかしどうでもいいですが一ヶ月寝てたにしては起きた時4人も覗き込んでるのには違和感がw 今日当たり起きそうと予言されてたとかかな?w>ブリーチ
LD >> 藍染隊長程の霊格を持っていると、滅んでも、すぐに同じ霊格の魔王に転生させられるです!そんな繰り返しに飽いた藍染隊長はコスモプロセッサを…(ry
LD >> 鋭いw指摘鋭いw……う〜ん、毎日見舞っていた?w>一ヶ月寝てたにしては起きた時4人も覗き込んでるのには違和感がw
kichi >> 。o(さて、3時には寝ないとだし、それまでに感想どんどん書き込んでおくべきかな……?)
LD >> 『べるぜバブ』、なんか、この学校には魔王候補…じゃなくって?悪魔?がたくさんいるみたいですね。
LD >> うぃっす。サンデーとか。マガジンとか。どんどん行って下さいっす。
kichi >> 「べるぜばぶ」はメイドさんが3人も増えた!w しかも一人はヒルダのそっくりさんかぁ。迷走気味ながらも楽しげではありますw
LD >> …というか、あのメイド悪魔たちが、全員、石矢魔の生徒なのかな。
kichi >> たくさんいるんですかね……?ライバル的なのが一人いる(メイド達はそのお付き)なイメージでしたが……。
LD >> 片目が隠れているのがヒルダさんでしょうけど、ぶっちゃけかなり区別つかなくって困るっす。(`・ω・´)
kichi >> 「ライトウィング」は覇気使ってますねw 相変わらずのスーパーサッカーぶりとメンバーをそのレベルへ引っ張り上げるリヒトという構図もなかなかいい感じ。
LD >> 『スケットダンス』は、ボッスンとヒメコがラブコメ的に動いた……の?
kichi >> 「めだかボックス」は……ふ〜む、善吉予想外の善戦な印象……。しかしさすがに次回全部引っくり返すような展開があるかな? その実力は当然あるはずと思うんですけど……(´・ω・`;)ところで人気投票15位以内にアクネ書記がいない件w ……ま、わかる気はするけどw
kichi >> ……あと、何故3位に宗像?(´・ω・`;)組織票か
LD >> 必死さの伝播というか…とにかく伝播する形を作るのが上手いですね。ルイさんが前に指摘したみたいに、伝播しない人は既に辞めているという形も利いていると思います。
kichi >> 「ぬらりひょん」は引き続き好調。あとはどんどんいろんなヤツを纏ってほしいところかな。
LD >> いやぁ〜。宗像くんは組織票ですかねえw323票は少数でも操作圏内な気はしますね。
kichi >> 「保健室」も順調ですねぇ。……三途川先生元気だなぁw
LD >> いや、善吉くんが球磨川君の両手押さえてますけど“大嘘憑き”の発動条件と両手は関係ないでしょう。故にハブに噛まれた事は普通に“なかった事”にできると思うんですが…。
kichi >> 「逢魔ヶ刻動物園」シロナガスクジラかぁw 絵の魅力も出てるし、悪くはない展開とも思うんですが……、う〜ん、もう一つ抜けきらないか……(´・ω・`)
kichi >> 普通になかった事にできそうですよねぇ。もしできないならその説明が必要なくらいでw ただ、もっと根本的なとこから引っくり返してくるかな?という印象でもいます。善吉が善戦してたように見えたのも全部掌の上だった的に。
LD >> 『ぬらりひょんの孫』、羽衣狐は、リクオのお父さんを殺してないかな?
LD >> ああ…。球磨川がギブアップした事も“なかった事”にできてしまうんですかねえ。できてしまいそうですねえ。
kichi >> ではサンデー。まずとりあえず…………なんで「ツール」をクラサン送りに……orz 他にもっといっぱいあるじゃんかー;
LD >> サンデー行きましょうか。
kichi >> ああ、たしかに本当に何も知らなそうでしたね。お父さんを殺したのは裏でコソコソ動いてたような輩だったのかな……?>ぬらり
kichi >> そうですねぇ……。とはいえ、そこまで何でもアリにしてしまうのもどうか?という気持ちもあって難しいところw どうするんですかねぇ……?>ギブアップなかったことに
LD >> いや、その島流し発想がまず違う気もしますwある程度、読者がクラサンに来ることを見越してというかw>『ツール!』
kichi >> う〜むw ……そういえばiPhoneアプリでクラサンビュアがあったかも……?(クラサンじゃなかったかも?) あとで探してみよう……(´・ω・`)>島流し
LD >> 玉章編の頃に山田某?という名前だけ出てきたやつがいますよね。あいつも妖怪の総大将みたいですが。
LD >> 『ハヤテのごとく』のこの同人誌編?はいったいなんなんでしょうね?
kichi >> 「華っ柱」……ん〜、割と微妙w 微妙にかっこよくなりきれてない感があってなぁ……。Gにしろ、最後振り返っちゃってるらしいとことかw ……でもまぁ、その辺のバランスが悪いとも言い切れないのでしばらくは様子見か……。
kichi >> ……いや、何と言われましてもw 元々ナギがマンガ家目指してるって設定はありましたし……、ちょっと成長を描いてみようか?的な同人誌編……なのかなぁ?
kichi >> 「神知る」は次回待ち〜。……いや、ちょとゆるんでた桂馬が気を引き締めなおして神っぷりを見せてくれると嬉しいのですが。
LD >> 『華っ柱』と『天使な小生意気』の違いというか天使さんは「オマエガ俺ニソレヲ聞クカ」みたいな暗いオーラを出さずに、無言で相手に気まずい圧力をかけていたと思うんですけど、華っ柱くんはとにかく暗い部分が出ている。そうするとカッコいいと感じる以前にどうしても陰険という言葉が先立ってしまっている気がします。
LD >> なんでしょうねえ。ナギの瑕疵を埋めてゆくような作業なんでしょうかねえ…。
kichi >> そうですね。やっぱ中途半端に陰険さが目立っちゃってるのはマイナスですよねぇ……。いっそもっと思いっきり陰険ならそれはそれで西森作品らしくもあって良いんでしょうけど……(´・ω・`)
kichi >> 「マギ」も次回待ちというか、当面様子見な展開なのかなぁ……?
kichi >> しかしモルさん……w
LD >> そうですね。陰険なら陰険で、三橋みたいな清々しい陰険さ(?)を西森先生は描いてきたと思うんですけど、今回の華っ柱くんは、そうでもなくって、なかなかキャラが掴みきれ無い。
kichi >> 「キングゴルフ」順調。ドラコンの経験が活きてくる辺りも良いですねぇ。
LD >> 『神知る』のかのんちゃんは、とりあえず凍結ですかねえ。
kichi >> 「アラタカンガタリ」、とりあえず夫婦が丸く納まってホッとしましたw ……いや、なんか先週無駄に感情移入しちゃって可哀想に感じてたものでねぇ……w
LD >> 『マギ』はウーゴくんの主は他にいると。それで、少なくとも“しばらく”はウーゴくんとお別れなのでしょうか。
kichi >> 凍結ぽく見えますねぇ。>かのんちゃん
kichi >> どうなんでしょう?「二度と会えない」というモノローグもあるようですが……?>ウーゴくん
LD >> いや〜、あれで家庭崩壊しちゃったら、可哀想とかいうレベルじゃないですよねw>『アラタカンガタリ』
LD >> 『マギ』、そして、モルさんに意外な伏兵wwめちゃめちゃ『すももも』のノリなんですがw大丈夫なのか?『マギ』からの読者はどん引きしてるんじゃないのか?(`・ω・´;)…と無駄に心配していますw
kichi >> 「はじあく」……なんかアッサリ学園祭終わっちゃった……? いや、日常スキーとしては充分楽しく良い学園祭回だったと言いたい気持ちもあるんですが……、先週黒澤さんに謎チラつかせたりするから……orz
kichi >> ああー、どうなんでしょう?w もちろん私は「すももも」も齧ってるし平気ですが……w
LD >> 『キングゴルフ』は、短いスパンで、『溜め』の回と、『解放』の回とをきっちり組んでてカタルシスが大きいですね。『PCP』が6話かけて組もうとしたのは、こういう解放のはずなんですよね。
kichi >> でまぁ、やっぱ「ツール」が、ライバル達もそれぞれ戦略持ってて、順調に盛り上がってていい感じだっただけに……orzむぅ
LD >> 『はじめてのあく』は、アキちゃんが赤城会長に惚れてまうイベントが起こったので、個人的にガッツポーズです。(`・ω・´)
kichi >> 。o(iPhoneアプリのはやっぱクラサンじゃなかった……orz)
LD >> 。o(6話?…なんでそんな数字出てきた?)
kichi >> ああ、そういえばそれはありましたねw>アキちゃん
LD >> 黒澤さん謎ですよねえ…。まあ、正義か悪の組織の住人に思えますが…お姉ちゃんに会えば一発なのかな?
LD >> マガジンいっときますか。
kichi >> うい、マガジン……、(前半かなり読み飛ばしてるな……)、え〜と「ベビステ」、そういえば眼鏡子ちゃんは結局不発に終わってしまったような感じですねぇw ま、ナッちゃんとの恋愛模様に介入する意味はあまりなさそうですしね……。そして本編はなかなか面白いシチュエーションを作りましたねぇ。VSヒーローかw
LD >> 新連載のバイクマンガは、とりあえず主人公がすごい腕力あるのはわかりました。他は分からないというか、なんとなく『オーバードライブ』思い出したというか、オーソドックスなマガジン連載のはじまり方ですね。
kichi >> 「ネギま」も順調、かな? ……ところで、実はタカミチの格というか強さのレベルがイマイチ分かってない私w
LD >> 『ベビステ』、なっちゃんと付き合う流れは『ベビステ』っぽくって良かったとも言えるんですが。今回の眼鏡子や、なっちゃんのライバルの子の『目』を不発にしてはいるんですよねえ。その角度から観たとき、このタイミングでなっちゃんと付き合う事にした意味はなんだろう?と考え始めてしまいます。
kichi >> 「エアギア」は海人じゃなくアキトの中の人wが重要人物だったということのよう? しかしアキトの設定とかもあまり憶えてなくて“ふ〜ん”くらいにしか思えなかったりはして……、海人の方が面白かったのにw
LD >> タカミチ、相当強いですよw超鈴音のクロックアウト攻撃に素で渡り合っていたのでw
kichi >> そうなんですよね。眼鏡子はともかく、ライバルの子は最近出てきただけに妙に気になりますよねぇ……>ベビステ恋愛模様
LD >> 『我間乱』は女戦士登場。…よしよし。(`・ω・´)
LD >> 『フェアリーテイル』は雷神衆の人をいい人に見せようという感じの話ですね。
LD >> 『君がいる町』は、風間くんに報告しに来ましたよ?(´・ω・`)
kichi >> 「フェアリーテイル」はうまく流したというかw、雷神衆もかませ犬化は避けた描き方でしたねぇ。コメディチックなサービス回にもなってましたし、キーワードであった“運がいい”という言葉でまとめてるのも良いですし、何気に良かったですね。
LD >> 『エアギア』って、アイオンと、スピットファイアと、それと海人くんが面白いと、なんかそれだけで作品が締まる気がするんですが(←何故?)前者二人はともかく、海人くんはあんましカッコよくない…というか僕が好きじゃないんですよね。
kichi >> ……まぁ、いちおう3人でつるんでたような時期もあったんですよね……。パッツン子の印象が強くなっちゃってて風間と御島の線の印象がかなり弱まってるのでアレですがw>君町
LD >> 浅倉さんもう登場しないとか……もう!……も〜う!!(`〜´)
kichi >> 大暮作品は設定格はあまり高くないキャラが前面に出てる時が、なんか映える印象はあるかもですねぇ。「天上天下」も文七が前面に出てる時が一番熱かったな……。
LD >> 『A−BOUT』ようやく、あ、朝桐って強かったんだ。と思った感じがしますw
LD >> 小烏丸でもブッチャとか、今ならオニギリとかが楽しいですしね。…なんか『天上天下』でもそう思ったんですけど、大暮先生の主人公って「主人公だから主人公」みたいな磁場が強く感じられて冷めた目でみてしまう所がありますね。
kichi >> ちなみに海人はキャラ描写としてそんなに魅力があるわけじゃないんですけど、こう、設定的に一般人の範疇のはずなのに何故か格を落とさない感じが妙に気になって面白かったというかw
kichi >> そうですね。だから「天上天下」で……っと、まだ最後まで読んでないし、またあとで機会があったら……(´・ω・`;)
kichi >> >主人公だから主人公
LD >> 海人は元々、警察権力の人で、そのポテンシャルが充分に出ると、すっげえ悪い大人なんだけど、ワルカッコいい!!(`・ω・´)みたいな感じになると思うんですけど。どうも小悪党に観えてしまうwでもそこそこキー設定が与えられている牙王の兄とか。そのアンバラかな?w
LD >> 『新約花形』は、むしろ花形くんの方がガタガタでしたか!(`・ω・´)
kichi >> ……チャンピオン、「シュガーレス」、やっぱマリモは一段格上な描き方ですねぇw ……でもってシロ君はどうなる?w この流れならさすがに勝つかなぁw
LD >> アニメ観てから『生徒会役員共』を真面目に読むようになりました。恐るべしアニメ!(`・ω・´)
LD >> チャンピオンですね。
kichi >> 「弱虫ペダル」おお、想像以上に早く追いついた! しかし今週の描写は最高でしたね。田所さん……っ!;
LD >> 『シュガーレス』、マリモ対シャケがどういう形勢になるかかなり楽しみです。その構図は作品を決める!!(`・ω・´)(←岳は?)
kichi >> ……いや、真面目に読む作品でもないようなw
kichi >> マリモ対シャケは楽しみですねぇ……!
LD >> 『弱虫ペダル』、田所は弱い。ここで泣く奴は隙がある。でも許す。胸熱という言葉はこういう時に使う言葉かと思いました。
kichi >> 「ケルベロス」が大分グロな描写含みな展開……(`・ω・´;)いや、良いです
LD >> 『範馬刃牙』は、刃牙vs千春の戦力差を、オーガvs刃牙の戦力差にたとえで、その上で刃牙の勝機を見せるというエピに『読み』ましたが。でも、この話、単に刃牙が弱いだけに観えてしまいますw
kichi >> 「バチバチ」なるほど、ここで阿形VS大鵠を組むかぁ……(`・ω・´;)しかしまさか目には目を的なことはしないでしょうし、どういう描き方になるんですかねぇ……?大鵠をへこますには圧倒的な圧勝くらいしか思い付きませんが……?
LD >> 『ナンバデッドエンド』、こんだけ荒れまくってしまったら。もう元に戻れませんよ?(´・ω・`)……球磨川君!!ちょっと来て!!
kichi >> たしかにw>刃牙が弱いだけに観えた
kichi >> 「ナンバ」もどうしてこうなった感がありますねぇ……(´・ω・`;)まとまりかけてたようにすら見えてただけに……
kichi >> そして今週も「ドカベン」は面白かったのだった……!
LD >> 『バチバチ』、阿形さんの形相にはゾクッと来ましたねえ。…そして、医者のいう事を聞かなかった大鵠さんは自滅ですよ?
kichi >> 「みつどもえ」も今週凄く面白かったですね。空気は読めないけど作品の展開は読んでしまう宮ウザさんのウザさときたら……!w 妙に知能高いハム&ネコも面白かったですw
LD >> 正に「どうしてこうなった?」(`・ω・´;)ですよねえwそしてどうするんだ?w>『ナンバデッドエンド』
kichi >> ああ、なるほど……>大鵠さんは自滅
kichi >> 「キガタガキタ」はほんとにヤンデレハーレムきたw 圧巻だw
kichi >> 「エンジェルボイス」は分かってたけど……|||orz
LD >> はい!はい!\(`・ω・´) 『はみどる』、まっしゅるーむのバスツアーで客ゼロって有り得ないと思います!(`・ω・´)
kichi >> そうですよねw ……でもまぁこの作品の定型だから……(´・ω・`)もう慣れますた>客ゼロ
LD >> 『キガタガキタ!』ハーレム来ましたねえw展開について行けない鬼形くんが「OK?ダメ?」とか言っているのに爆笑していましたw
kichi >> 「レイラ」は…………奥さん!?Σ(`・ω・´;)ちょっと予想外な展開
LD >> 『エンジェルボイス』は、わかっちゃいたけどキツいですねえ…。
LD >> 『任侠伝レイラ』は、これまで積み上げて来た家族=団体を解散宣言を出すカムイ社長に当然の造反。今まで矛先がレイラだけだったのが不思議なくらいです。
kichi >> ああ、まぁ、確かに。……というか、ほんとに全然意図説明とかしてないんですねぇ……(´・ω・`;)>カムイ社長
LD >> カムイ社長、元々、流しのヒーローみたいですからねえ…(´・ω・`)(←決めつけてる)
kichi >> では一番候補。ジャンプは……う〜ん、これだってのがないんですが敢えて挙げるなら「ライトウィング」かな?
kichi >> 流しのヒーローw
LD >> さて、一番を決めましょうか。
LD >> ジャンプは…『ライトウィング』ですかねえ。
kichi >> サンデー……もこれってのは無いかなぁ。……最後だし「ツール」で……(´・ω・`)
LD >> サンデーは『キングゴルフ』ですねえ。スポーツもの強いな。
kichi >> マガジン……も……う〜ん。「ベビステ」か「フェアリーテイル」かな?……「フェアリーテイル」で。
LD >> マガジンは『A−BOUT』かな。
kichi >> ああ、「キングゴルフ」も良かったですね。最近ずっと良い感じではありますが。
LD >> チャンピオンは『シュガーレス』、『弱虫ペダル』、『キガタガキタ!』のどれにするか迷う程良かった!今、チャンピオン、本当に好調ですねえ。
kichi >> チャンピオンは「シュガーレス」「ペダル」「みつどもえ」「キガタ」……う〜ん、「ペダル」で。
LD >> 候補、絞り込んでも『シュガーレス』、『弱虫ペダル』、『キガタガキタ!』のどれかだと思いますよ。
kichi >> そうですねw チャンピオン、一時期はかなりガタガタだったのになぁw
LD >> ふむ。『シュガーレス』はここが承場面くらいですね。『キガタガキタ!』は突発の驚き。『弱虫ペダル』に一番積み上げたものがあるかな。
LD >> 『弱虫ペダル』にします。
LD >> お疲れ様でした。
kichi >> 個人的には納得ですw>ペダル一番
kichi >> では、おつかれさまでした〜。おやすみなさい。
LD >> そしてルイさんが来なかったのですが…。(´・ω・`)候補絞る打合せが必要なので本日のラジオは20時くらいから打合せはじめましょうか?
GiGi >> おつ〜(orz)
ルイ >> 来なかったって、金曜は無理だと!
LD >> あ、ごめん。一番の後に打合せしようと言って、特に否定されなかったから来れるんだと思って…。まあ、20時くらいから。


■■■■2010年10月22日■■■■
LD >> 【今週の一番】チャットは土曜深夜24時開始予定です。


■■■■2010年10月24日■■■■
LD >> |ω・`) ういー。
LD >> 今、PDFにしおり入れているのね〜。
LD >> ジャンプおわり。
LD >> 最近、いろいろ新番組アニメ観ているのですが、あんまり追いついていないような、追いついているような?
LD >> 噂の『パンティ・ストッキング・ウィズ・ガーターベルト』ですが…。
カルマ >> こんばんはー
LD >> マガジンおわり。
LD >> こんばんはー。
LD >> まだ、カルマさんしか来てないみたいなのねん。
LD >> で、噂の『パンティ・ストッキング・ウィズ・ガーターベルト』ですが…。
kichi >>    ……こんばんわ……(´・ω|超眠い……。途中で寝落ちるかもです……
ルイ >> http://www.nicovideo.jp/watch/sm12515889 シングルCDが発売されるよ!
kichi >> なんか、懐かしい感じ、とか思ったんですけど気のせいですかね?w>パンスト
ルイ >> 4話で許した。>パンスト
LD >> 『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』ですが…。まだ1話しか観ていないのですが落ち着いた感じだなと。
LD >> え〜っと、kichiさんと同じものかどうかはわかりませんが、僕もそれを感じています。>『パンスト』
kichi >> 「俺妹」は、タイトルから妹萌え系なのかと思ったらどっちかというとヲタクな彼女ツンデレ妹バージョンみたいな感じなんですね。
ルイ >> あれ?3話だったかも?
LD >> なんか『ドラ猫大将』とか……タイトル思い出せないけど、ほのぼのレイクのCMにされた石器時代のおっさんのアニメとか、あんな雰囲気だったよなあと。…で、作画は良い。
カルマ >> 普通のコンビもののアニメだなーと思いますね。画風と下ネタでコーティングされてるけど。>パンスト
kichi >> ……というか、最終的には妹萌えに行くのかなぁ?(´・ω・`)??
LD >> その場合、妹というパーツにどういう意味が…(´・ω・`)>ヲタクな彼女ツンデレ妹バージョン
LD >> ニコニコで観れるのは、けっこういいですねえ。録画はしているけど、カジュアルだ。
ルイ >> ソフト乃木坂春香という印象は変わっていない。
kichi >> ……私はストレートに海外アニメな雰囲気というか……あっ、わかった、ウンジャマラミーだw あれの3面とかに近い印象を持ったのですね。……あと、パンティにちょっとハルコさんぽさも感じてるかも?
kichi >> >ストパン
ルイ >> パンストは件の話数にいくまでは模倣の模倣みたいで何一つ感じる所はなかったけれど、多分この先面白くなるんじゃないかな。
ルイ >> ストパン言うなやw
LD >> ただ、一話の印象だとギャグにしないというか自虐的じゃなさを感じたんですよねえ。その後変わるかもしれませんが。>『俺妹』
kichi >> 違うwパンストだw
LD >> Re:ルイさん、ふむ。間合いをつかむのに時間が要る場合がありますよね。>『パンスト』
カルマ >> 昨日やってた4話はストッキングとかも壊しにかかっていて、楽しかったですね。>パンスト
GiGi >> 小俣
ルイ >> うん。キャラ積みを始めると途端に日本アニメの間合いに入ってくるんですよね。その辺の、ボロが出るというか本性が出た方が面白い。
LD >> ソフト乃木坂春香…という意味によるけど、おたく趣味を自虐ギャグにしないというか、ある種のナイーブさを感じました。2話で変わるかもしれないけどwタイトルとか聴くとw
ルイ >> 今日一番書き込みの少ない人は実写版マリみて鑑賞な。
LD >> いい言葉だ。逆に言うと一発の完成度は『パワパフ』とかカーツーンが素晴らしいとも。>キャラ積みを始めると途端に日本アニメの間合いに入ってくるんですよね。
kichi >> 2話では変わらなかったですねw ただ、3話のサブタイが作品タイトルなんだとすると3話で変わる可能性もあるのかな?とは思って様子見中……
ルイ >> いや、俺妹はそういう点では歪みなくて完成度高いです。好みの話は別だw
LD >> (´・ω・`)なんの話やねん。>実写まりみて
カルマ >> 実写ネギま!全話観た身からすると特に抵抗感がない>実写版マリみて鑑賞
kichi >> なにその条件Σ(=゚ω゚= )……狙い撃ちで罰ゲーム設定されたような気がしないでもないですがw
GiGi >> パンストは#6は誰がどう見ても酷い話だったのでかえって安心した
LD >> 多分、妹がエロげ作品の良さを滔々と語って楽しそうだったシーンでそれを感じたんだけど『野木坂さん』の場合、魔法少女とあと一つマリみてみたいな作品に集約されて、あんま語らないんだよね。野木坂さんはおたくと言っても明らかにソフトおたくで、引き返す事が全然可能に見える。
kichi >> 乃木坂二期しか観てない私には乃木坂をヲタ彼女作品の代表例的に扱われる方に違和感があったりw
ルイ >> #6、つまり三話か。そうだそうだった。
LD >> よし、しおり打ちおわった。
ルイ >> 語れば語るほど踏み込んでいると解釈するものなのか、語れば語るほど対象視聴者的に気安い方向にシフトしていると取るものなのか。
LD >> さて、一番に入って行きましょう。
GiGi >> ジャンプ発掘中。トリコ表紙のでよかったっけ。
ルイ >> ジャンプ。
LD >> ジャンプ。
LD >> 『黒子のバスケ』は必殺技・バニシングドライブが炸裂ですよ!
ルイ >> 目の前にいる相手はいいとして、外から観た評価が早く知りたいですね>バニシングドライブ デビルバッドゴースト?
LD >> 一応、観客からは単に緑間を抜いたようにしか見えてないみたいですね。
kichi >> まぁ、黒子らしい技ですしなかなか良いんじゃないでしょうか?>バニシング
LD >> このノリで、青にも、黄にも、紫にも、何か必殺技がついて欲しいものです。
カルマ >> 「黒子」まぁ絵的にもキレイでいいですね。
kichi >> やっぱり進むべきは必殺技バスケですかw ……まぁ、そうですねぇ……。
GiGi >> 黒子はいい絵が出てくるようになりましたねえ
LD >> 『ワンピース』すんげえ密度濃いなあ。
LD >> 少なくとも緑間が、他のキャラに飛び抜けてキャラが立っているのは(調子がよければ)“どこからでも3Pを入れれる”という常識はずれのギミックを持っているからだと思います。>必殺技バスケ
ルイ >> とりあえず航海に出る前に偽物含めた新参を片付けて格の違いを見せると同時に賞金額にもハクをつけるってところ?>ワンピース
kichi >> 「ワンピ」600話で合流とはなりませんでしたねw でも良かったです。ブルックで燃えました。
ルイ >> ブルックはあのうざい語尾を持ち帰るのでしょうか。
GiGi >> ワンピースやばすぎです。エピソードが同時並行で走ってるので情報密度が半端ない
kichi >> いやぁ、スターの間だけなんじゃないですかねぇ?w>うざい語尾
GiGi >> 再来年のワンピース映画のタイトルは「ワンピースフィルム ニューワールド」ですね、わかります。
LD >> 『トリコ』で、研ぎ師メルクが女じゃなかったか…とか言っていたのはルイさんでしたっけ?
ルイ >> 言ってましたね。幼女だと思ってたw
LD >> 胸のサラシを気にしてみました!(`・ω・´)>研ぎ師メルクが女じゃなかったか…
ルイ >> 諦める時間帯じゃなかったか・・・!!>サラシ
カルマ >> サラシが気になる所ですね>メルク
GiGi >> サラシはポイント高いよねw。どっちに転ぶにしてもw
ルイ >> 思ったより若い、というところの読みはあたったのですけどね。ついでに言えば小松に惚れて、たまに包丁研ぎにやってくると思っていたw
GiGi >> トリコ映画化は素直に驚きました。何とはなしにドラゴンボール改の後番組になるんじゃないかと思ってたんですが。
ルイ >> しかし、トリコはパートナーとしての小松に対して結構シビアといいますか、ナチュラルですね。小松を背負ったりはしないわけだ。
ルイ >> 3Dで嗅覚をどれだけ補えるか、か。>トリコ
LD >> 『ぬらりひょんの孫』は、今、ほんっといいです。羽衣狐、安倍晴明、土蜘蛛…とキャラ格高いのがひしめいていて、ここでさらにもう一人投入。載せるだけで勝ちみたいな状況。
kichi >> どうも小松もグルメ界に(特殊な方法じゃなく)行ける程度には超人化する流れ……なんでしょうかねぇ?
ルイ >> 『ぬらりひょんの孫』は、羽衣狐様の格が危うくなってきていて読者はらはらですね。巻き返しを期待したいところだ。パーティに入るのも、第三勢力になるのもいいぞ。でも一歩間違えると殺生丸だ。
ルイ >> なんらかのシフトがないとグルメ界無理くさいですけどねえw>小松
カルマ >> 小松を背負わないのはグルメ界のことがあってかとも思いましたが、前から自分で行ける所は自分で行っていたしなぁ>トリコ
GiGi >> ここで立ってるだけでリクオの格がガンガン上がっていきますねー
ルイ >> ナルトの流れるような場面転換に漫画うまくなんねーなと思ったことは内緒だ。
GiGi >> 羽衣狐がけっこう武闘派だったのもよかった。アクションできないとフェードアウトしかねない
カルマ >> 「ぬらりひょん」地味に進行してたみなごろし地蔵の話とずーっと伏せられてた羽衣狐の人間の方の話を出してきましたね。凄く良いです
GiGi >> 流れるような…目が滑るような…まあどっちでもいいか
LD >> いえ、羽衣狐はメルエムが出てくるまでの女王蟻というか、そもそもバトン持ったキャラではあるんで、これでいいんです。…問題はこの後、狐が抜けた後に残ったこの黒娘(?)に霊力持ちとか。つまり、カーラが抜けたあとのレイリア展開キボンとかですぞ!(`・ω・´)
ルイ >> 確かに賛辞くさいなw>流れるような
ルイ >> そこはカナちゃんが収まってくれないと帰ってこれないポジションだろうw
LD >> 『バクマン』、最後のコマが今回の結論なら、もうすこしスッキリ、読みやすくできなかったかなあ…と余計な事を考えてみる。
ルイ >> 【ライトウイング】の、そのもの目の描き方が変わるという陳腐な演出はどうなのよと思ったけれども、己の構造に自己言及するのは自覚的でヨイですね。
GiGi >> バクマンって時々崩れた絵が入ってたのって、アタリだけ取って下書きしないでペン入れする実験してたんじゃねーの?とか思った
ルイ >> 【バクマン】亜豆との接点は作れなかったか、ぐぬぬ←
GiGi >> 「目」は敵味方関係なくってところで上手く効いてますね。
カルマ >> 人間羽衣狐が昼リクオに惚れてカナちゃんの焦りを生む存在になればいいんかw
ルイ >> バクマンの崩れる絵は、もう意図的にラフって感じですけどねえ。まあ下書きはしてないだろうけど、サイコーが目指すのはそのやり方でちゃんとした決めシーンも描くことでそ。
ルイ >> 「あいつ・・・目の色が変わらないぞ!?」というときの為のジャブですね>ライトウイング
GiGi >> 「あの人」は確かに連発しすぎで鼻につくんだけどw。徹底的に分かりやすくしようという意気やよし。ほぼ安全圏入ってると思うけど「あの人」が決まれば勝利宣言出してOKですね
LD >> 『ライトウィング』は、けっこう色々理詰めですね。リヒトのやる気の伝播を言語化してきましたか。
ルイ >> 「あの人」は本当ラノベ・エロゲ世代を感じるなぁw
kichi >> 「バクマン」はしばらくは白鳥君物語を中心に展開するのかな?……しかし、パパもうちょい頑張れよw
GiGi >> バブのこのもりあがらなさはいったいどうしたらいいものやら。
ルイ >> パパは息子が勝ちきった後に奥さんを抱きながら諭すポジションでいいのではないですか。親の理解力に救ってもらう展開なんて狙ってないでしょうし。
LD >> まあ、みんな右翼の目をしてるんだね。(´・ω・`)
kichi >> 「ライトウィング」理詰めですねぇ……。ちょっと今週のはあまりにも説明説明しすぎててせっかくのこれまでの速度的にはどうかな……?という気分もあったんですが、ま、しっかり整理しとく方が結果的に速いかもですしね。
LD >> 「あの人」が決まればOKですねえ。…とりあえず左翼か?
ルイ >> ウヨサヨうっさいよw
カルマ >> 「バクマン」熱血展開としては一番素直に読めますね。
ルイ >> バブの脱力展開それ自体は狙っているのでしょうけどね。これが受け入れられる時代がジャンプにまで訪れたか、という変な感慨
GiGi >> あの人は左なのかwww
LD >> 『ばんからさんが通る』は『銀魂』自由すぎた弊害か、ぱっと見、『銀魂』の番外編にしか見えなかったw
ルイ >> 【ばんからさんが通る】はネタが沢山投入されていて、気合が感じられてよかったですね。銀魂で出来そう、というのは言い出せばなんでもそうなので置いとくとして。
GiGi >> 単にレギュラーキャラクターが出てない銀魂でしたねw。
ルイ >> 【サイレン】は結局グラナ達を作者も好きになっちゃってた件。
ルイ >> 【保健室の死神】のこの運動会エピソードは、久々のミスエピソードでしたね。たまにはコケるさ。
LD >> 『べるぜバブ』どうなるのかなあ〜。六騎聖編がやはり強烈に置いて行かれているわけですが…。
LD >> 『スケットダンス』、ボッスンとヒメコはもう付き合っちゃうべきだと思うんだ。『ベイビーステップ』くらいの流れで。(´・ω・`)
ルイ >> 【エニグマ】むむー・・・むー・・・おにゃのこあんまり居ないから、ハーレムメーカーとしての強調より、単純に正妻できちゃって幼馴染とヤンヤン、という線になるのがもったいないっちゃ勿体無い。しかし画力的問題なのか、学校の外が何なのか微妙にわからないw
LD >> え……好きだけど?お色気とか。(´・ω・`)>『保健室の死神』
GiGi >> エニグマは考える前に答えが飛んでくるのでどう読んだらいいのか困りますねえ
LD >> 『エニグ…………ぐう。
kichi >> 六騎聖はもう忘れてあげましょうよw ……ま、メイドさん達の絡み方次第かな(ぉ
ルイ >> 保健室は元々エピソードの脇に端役出すくらいのことはできるのですが、いざ、と構えて全体集合を行った割りには有機的に絡めなかったですね。やはり普段の割く劇の方が彼女の型なのでしょう。
カルマ >> 「エニグマ」はよぅわかりませんなぁ。僕も外の状況の意味がさっぱり。
kichi >> 「保健室」はやぱ今週イマイチな感じしましたね。先週のヒキがああだったのに三途川先生があまり絡まない展開だったのにもしょんぼり……(´・ω・`)
カルマ >> もう忘れてあげましょうよ<忘れた頃に無駄に絡みそうで嫌ですねぇ…w>バブ
ルイ >> エニグマの謎やピンチはえらく上滑ってますからね。さしあたってフェイクでもいいから誰かに犠牲になってもらったりした方がスイッチ入ったかも。とーちゃんかーちゃんも会長も行方不明どまりだしい。
LD >> 【べるぜバブ】ああ、そっか…これに前の早乙女先生が加わって……んんん……しつこいけど前の六騎聖が上手く『回って』ないから、新キャラ大量投入すると、かえって信頼がおけん!(`・ω・´)
カルマ >> 「保健室」キャラのカラミがイマイチだった印象ですね。それぞれキャラ通りのことやって終わっちゃってる?
kichi >> 「エニグマ」……前からちょいちょい出てはいますが、なんかこう影化する?意味とかがまだわかりませんからねぇ……(´・ω・`)しかしほんとどう読んでいいか微妙な作品ですねぇ……。
LD >> 『エニグマ』確かに、誰かが犠牲にならないと緊張感が出ないですねえ。
ルイ >> 行方不明は戻ってくる可能性が普通に残っている分、誰の日常もまだ侵食されてない段階でままごとやってるように見えてしまうのですよね。
LD >> 『めだかボックス』で、善吉が迷いこんだ場所って何なんでしょうねえ。場面設定はおそらく善吉、めだか、球磨川が通っていた中学校教室なんでしょうけど。
ルイ >> 【めだかボックス】メタメタしいですねえ。
LD >> 【PSYREN】超展開ぎりぎりの展開が楽しい。いや、別に超展開ってわけじゃないけど(汗)状況掴ませないまま状況が二転三転している気がするw
kichi >> 「めだかボックス」、そうかぁ、昔球磨川にやられちゃった娘ってのも重要人物足りうるのですね。見落としてたなぁ。……しかし球磨川の能力もやっぱ制限はあるようで、そうなると能力バトルの範疇に収めての決着にはなりそうなのかな……?
ハラルヤ >> こんばんは
LD >> 『SWOT』は、何となくラブコメで、何となくお色気だ。まあいんじゃないでしょうか。
ルイ >> やあやあ。
ルイ >> SWOTそれなりに着地しそうでよかったですねw
LD >> こんばんは。ハラルヤさん。
カルマ >> こんばんはー
GiGi >> おこんばんわー
kichi >> こんばんわ〜
ハラルヤ >> こんばんは
ルイ >> あの教室ねえ。ハルヒでいう中学校校庭のような、今の物語のはじまりの場所と思ってはいますね。時空は切り離されていて、上位視点で○○編と言ってしまえる。球磨川くんもそこを訪れざるを得ないが、気に入らないということは彼もまたその上位まではアクセスできないのでしょうね。
kichi >> 「SWOT」は……あの設定だとどういう方向に行くのがベストだったんだろうなぁ……?とか考えてしまいますw 少なくともこんなヤンキー能力バトルものではなかったはずw
LD >> いや、生徒会戦挙編と言えるあたりはメタ世界っぽくはあるんですが、もっと物語設定としてなんなのか知りたいんですよね。今は分からないようにしているのでしょうけど。
ルイ >> ヤンメガのような構成がよかったのかな?
LD >> サンデー行きましょう。
kichi >> ああ、その辺の感じでバリエーション豊かにやるのが良さそうですねぇ……>ヤンメガのような構成
ルイ >> ハガレンの真理の扉で例えたのはLDさんでしたっけ?あれはよかったと思うけど。
LD >> 寒川先生の新連載なワケですよ!クラブサンデーの景気付けに流した事を後悔しましたか!(`・ω・´)…っていうか『ゴールデンエイジ』全巻買おっと!
ルイ >> 寒川先生は野球派だったでござるうう。
LD >> いえ、Ashさんですけど。>真理の扉 あそこは『祭壇』だという見立ては非常に正しいように思えます。
kichi >> 寒川先生の新連載は……とりあえず様子見。まだ野球マンガにすらなってませんしねw
ルイ >> 寒川先生はやはり漫画がうまい!ゴールデンエイジを島流しwしたことは許さないよ!
LD >> 主人公の御角くんには、何か隠れた才能があるみたいなんだけど。これは単純に豪速球が投げられるという形に見えないですよね?
カルマ >> 新連載、面白そうですがまだわかりませんね。
LD >> 『結界師』、お母さんなんか怖いねwこういう人好きですけど『結界師』だと要所々々にいたりするキャラクターともw
ルイ >> 才能の物語は気付きの物語なので、気付いていないだけでそこに才能がございます、という作りは努力や別趣味が結果的に活きる形とは異なりますよね。ただ、それだけだと読者を食いつかせるのは難しいかも・・・。
ルイ >> しかしこの、最終回の最後のコマが想像できてしまう漫画タイトルはなんなんだろうw?>最後は?ストレート!
ルイ >> 最初から着地を意識しすぎると短命に終わるって週刊連載のばっちゃが言ってた。
kichi >> 「結界師」はやっぱりすでにはじまってるっぽく?だとして、時音ちゃんから入ってくという展開の仕方も良さそうですねぇ。
LD >> まあ、あれだ。『うっちゃれ五所瓦』ですな。(`・ω・´)>しかしこの、最終回の最後のコマが想像できてしまう漫画タイトルはなんなんだろうw?
LD >> ハラルヤさんは少年サンデーとかは読んでなかったり?w
ルイ >> 【結界師】母さん思った以上に突出した才能にやられちゃってますね。
LD >> いろいろ処理して積み上げていったら、最後にお母さんのキャラ格が残ってしまったみたいな感じw
ハラルヤ >> 半年ROMってろ
ルイ >> 【マギ】は展開が遅くてちょっとマズイ。ここはあまり細かく煩わされたくない所だ。
ハラルヤ >> 誤爆です。
ハラルヤ >> 半年ROMってろ状態ですwサンデーは神のみくらいしかちゃんと読んでないですね。他はざっと流し読みです。
ルイ >> 【神のみぞ知るセカイ】は万全すぎて鼻血も出てこない展開になっていますね。設定や状況が、観たいシチュエーションにすんなりと繋がっていっている。極めて正しい作り。ハクアを引っ張り出すしかない天理とエルシィの封じ方は、思いついた時若木先生ガッツポーズだったんじゃないかな。
LD >> 『キングゴルフ』は、もう、とにかくこういう物語好きです!ある意味、曽田先生より冷静な天才の観方をしている分、冷静に天才の物語が描けている気がする。
ルイ >> 【鋼鉄の鼻っ柱】坊ちゃんがかなり早々にキャラ割れというか、意識的に読者に対して小者感を全開にしていますよね。見方としては「こんな小者がどこまで貫き通せるか」という見方になるんでしょうね。主人公自体は今日俺以来の主人公と大差ないw
LD >> 『ハヤテのごとく』はハヤテくんの女装が可愛いからしょうがないな。(『SWOT』を読んでいる時と同じ目つき)
kichi >> 「神知る」はほんと万全の体制が整ったって感じですねぇ。ハクアー。
ルイ >> 【キングゴルフ】はまあ、描きの種類が少ない分だんだん繰り返し臭くなってくるのが問題ではありますが、ブレないですね。
ルイ >> 【ハヤテのごとく】はまあ、楽しそうで何よりです。
LD >> 華っ柱な。(´・ω・`)
ルイ >> それはGoogleIME先生にいっとくれ←
LD >> 【鋼鉄の華っ柱】ああ!こいつブルーだわ。『お茶にごす』のブルー!今回、ブルーを主役にしたんですね。
ルイ >> あら、正解だわ。>ブルー
kichi >> 「華っ柱」……小物感全開まで行ってますかね? ま、大物感ってほどではないんですけど、少なくとも姉弟よりは格上に描いてるから、なんかいまいちスタンスが掴めてない感じなんですよね……。
LD >> ちょっと奥さま、『最上の命医』がドラマ化ですって。
カルマ >> 「神知る」良い展開ですよねぇ。んー素晴らしい
ルイ >> うん。内語を明かしていっているのが技術的に小者感だと思います。
カルマ >> そうですね>ブルーを主役に あれ、ブルーっぽいってどっかで言ってなかったっけ?
LD >> 『神知る』はホントに完璧なシフトですね。そして女神は後、4人…。とにかくかなりの人気を獲得していて、かつ、ずっと出ていない図書子は当確に思えますね。あと3人。
kichi >> ……まぁ、真中先生を主役にするならアリ?w>命医ドラマ化
ルイ >> 実習帰りの先生は確実に入るでござる。
ルイ >> キングオブニートの方じゃないならドラマ化しても別にいいよw
ルイ >> 桂馬的には、これくらいに展開がはじけてくれたほうがルール的にも現実がクソゲーから良ゲーになったくらいのしっくり感があるかもしれないw
ルイ >> 【ケンイチ】。心のどこかでケンイチが岬越寺師匠の直弟子でしょ、アパチャイは4位くらいでしょ、それでムエタイに打ち込んできた奴にムエタイで勝てちゃっていいの、という気持ちがあるのは。いや、流派ブレンドならそれでいいのだけどね。ムエタイだけに特化されると。
LD >> ほんと!?(`・∀・´) >実習帰りの先生は確実に入るでござる。
LD >> 『マギ』は、どういう結末にしろカシムはアラジンの傷になりそう…かな?このまま仲直りして大団円とも思えない。
ルイ >> 八咫烏も悪くないけど言う事ないぞ。
ハラルヤ >> キングオブニートはどう考えてもあんなものはニートじゃないです。
LD >> 『ヤタガラス』は特に言う事ないですねえ。なんとな〜く、南蛮人=悪い奴で、了解していたので、悪い奴と戦う動機を語ってもかえってブランクに思ってしまう。
GiGi >> ちょっとエネルギー切れてた
LD >> はい。(´・ω・`)>あんなものはニートじゃない ってか、学生の事はニートとは言わない。
GiGi >> 寒川先生は味をしめたクラサン担当がまた新規読者を獲得するために送り込んだ刺客なんだぜ(マテ
ルイ >> 今回も移籍したらその説を認めるw
GiGi >> それはともかくとして面白いですね。どう考えても運動向きじゃない、ゴールデンエイジも終わった主人公がどう野球に関わっていくのか。選手じゃなかったりするかもとか思ってたり。
LD >> 月光条例はチルチルの話長いです。(´・ω・`) まあ『雉も鳴かずば…』は救えなかった。だから『マッチ売りの少女』は救いたい。そしてアラビアンナイトに流れてきた。ってのは分かるんですが…。
GiGi >> 女神はあと4人ということで派閥争いが激化しないですみそうですなw
ルイ >> 子供監督?>選手じゃない
LD >> 『オニデレ』、5秒で服作れるって……なんか凄すぎないか?そのネタで一本マンガ作れるぞw(`・ω・´)
LD >> ぱーへくとですな!(`・ω・´)>女神はあと4人
カルマ >> 監督とか戦略思考だと才能の中に引っかかりそうでもあり>選手じゃない
LD >> 歩美や、普通子のようなクラスメートは既に近いから外してもいい…と考えたら、大きな派閥は4女神で埋められそうです。かつ、かのんの序列が上がったかと思いきや、すかさず凍結して他の女神の実装待ちとは、そつが無さ過ぎです。
ハラルヤ >> 女神って今までに人数言ってませんでしたっけ?何となく3姉妹だと思ってたんですけど。
GiGi >> 「ケンイチ」はここでムエタイにこだわるところまでコミで活人拳の体現。コーキンの笑顔を引き出したのはもうそれだけで勝利。
GiGi >> 神話の姉妹というと3姉妹という思い込みを上手く利用された気もしますねw
カルマ >> 僕も三姉妹だと思い込まされてましたねぇ。>女神
LD >> 【オニデレ】あとまあ、それぞれの子供バージョンたまらん。特にお母さんがたまらん。
カルマ >> いつもゲームやってるというのがヒントか…?でも戦術系は何らかの「才能」に引っかかってくるような気がして。
GiGi >> お母さん子供化はさすがわかってらっしゃるとしか言いようがない
LD >> ってか。羽衣狐にしろ、『結界師』のお母さんにしろ、『オニデレ』のお母さんにしろ、『冥王神話』の天馬のお母さんにしろ、『祝福のカンパネラ』のレスターのお母さんにしろ………時代は今、お母さんなのか!!!(`・ω・´)(←)
ハラルヤ >> 今読み返したらディアナが「お姉様や妹たち」って言ってたのであきらかに3姉妹じゃない表現してました。なんで勘違いしてたんだろ?
ルイ >> こればっかりは僕も三姉妹と誤解していたので、現在過去未来の女神つえーとしか言いようがない。
LD >> サンデーはこんなもんかね?
ルイ >> マガジン待ってたの。
GiGi >> デフデビはまた何か新キャラかと思ったら1話限り?
LD >> 『ヤンメガ』、んん…なんか脇の話に……いいけど。
ルイ >> 【はじめの一歩】が露骨に踏み出してくれて俺歓喜。
GiGi >> ブンブンビーは連れがなんだかスネ夫っぽくて面白い。さすがに盗んだバイクで走り出したりはしなかったw
LD >> 【はじめの一歩】…え。その踏み出し何年後に結実すると思います?(´・ω・`)
GiGi >> 結界師は時音が良いですよ時音が。一応言っておく。
ルイ >> 結構早いと思うなぁ。試合後のボクサーは素直だから。
LD >> 『頭文字D』とかは、峠で平気でローリングしているんだけど、やっぱり少年誌とかはそんな事しちゃダメなのかな?>『ブンブンビー』
ルイ >> 【我間乱】は女性比率的に悪くない←
LD >> いや、結実ってのは試合をするって話で。
LD >> 『生徒会役員共』、ジャック・オ・ランタン、一人で作るのは骨なんてもんじゃないと思う。
LD >> 『我間乱』は、なんで異人なんだろう?まあ、キャラは立っているな。とか色々な事を思いました。
ルイ >> 多分時代性の中で「強い女」を出したかったんじゃないですかねえって大亀の人も充分強いかw
ルイ >> 【ABOUT】は、寧ろマガスペの方で瀬下の名前が判明した事に驚いた。というか、むろみさんの重要キャラもマガスペで出るし、僕にはマガスペがよくわからない。
カルマ >> 「我間乱」お姉さんが女扱いされてないのは…まーしょうがないのか?w ブタ言われる筋合いはなさそうだけどw
LD >> 『AKB49』、浦川くんの切り返しがけっこううまい。あと、バキッって音がしているのに秋元さんの落ち着きぶりぱねえ。
LD >> ほう。>「強い女」
ルイ >> AKB49が面白いですね。相変わらず主人公はちっともおにゃのこに見えないけれど、トップチームの神々の目がプロの目で、スポーツ芸能漫画として面白い。
カルマ >> カボチャの皮の固さをなめちゃいけないですよby青果アルバイト
LD >> 『A−BOUT』は、なんかいい感じにまとまってますけど。事の起こりがカトケン話だった事を思うと、なかなかアクロバティカルな展開の連続だったと思う。(`・ω・´)
LD >> 【AKB49】女の子になりきれず…っていうか、ほとんど男言葉でしゃべってますからねえ。よっぽど可愛いんですねえ。
ルイ >> でも、先輩たちが対外的な学校の強さを出したかったのなら、朝桐たちが学校内の誰かのために動くのは構図が綺麗じゃないんですよね。部外者の為に動いて、そこまでいくと先輩たちはまるで関係ないのに「ミツミネだから」で出張るのは正しいと思う。
カルマ >> 「ブンブンビー」は主人公の名前が「ハンマーセッション」と一字しか違わないのによくOKしたなぁ、と思ったり
ルイ >> 意地でも主人公のファンを産み出してなるものかって配慮は感じるw
LD >> それから『A−BOUT』と『AKB49』は空目する危険があるな……ないな。(`・ω・´)
ルイ >> 【ブラディマンディ】無理やりハーレムメイカー疑惑w
ルイ >> 【むろみさん】のハーピーはすっかりネタに困った時の安心の飛び道具だなあ。
LD >> 『エデンの檻』は気がついたら仙石グループ、梁山泊だったでござる。(´・ω・`) ぶっちゃけ「生徒会副会長の初瀬さんは一度見たものを忘れないって話なんです」が大活躍でござろう。
ルイ >> 一芸集団だったか・・・w
LD >> 【ブラディマンディ】アフロまだ生きてたの?疑惑(´・ω・`)
カルマ >> 「ブラマン」南海さんと藤丸の線は以前から期待していたものだったので、こんなネタで無駄に潰されて非常に腹が立っているのですよ?
ハラルヤ >> ああ、なるほど。『AKB49』の主人公が可愛くないのはわざとなんですね。
LD >> やっぱり、マガジンのタグってないね。ツイッタユーザ、ネットユーザに人気ないw #weekly_magazine
ルイ >> 腹立つのかw
GiGi >> AKB49は面白いねえ
GiGi >> マガジン漫画は語りにくいというのはある。
ルイ >> AKBの主人公は、活かそうと思えば今をときめく男の娘ですからねえ。どうにでも可愛くは描けると思いますよ。それを敢えてしていない、或いはネットのコアユーザーが望む使い方は眼中にない(男の娘だからこそのラッキースケベより、グループ内に視点をおくというシンプル目的)というのは言えるかも。
ルイ >> ああ、AKB49の男の娘主人公がオタ的に活かされない事と、週刊少年マガジンのハッシュタグが確立されてない事ってのは雑誌の性格的にリンクがある気がするw
LD >> 『だぶるじぇい』の今週のムダ絵は真田さんか。(`・ω・´) 黙っているとカコイイが、しゃべりだすと、多少残念な真田さんか。(`・ω・´)
GiGi >> AKB49はあくまでAKBメンバーを語るためのハブなんだよねえ
カルマ >> 「AKB49」面白いですよねぇ。企画のイメージで損してる感すらあるw
LD >> タンピオンいぐがあ。
カルマ >> 時代が時代なら「モーニング娘♂」みたいなことになってたかも…と思ったけど、AKBのヒエラルキーの持つドラマが強いから違うか。
ルイ >> モーニング娘の場合は加入時期による単純な地層が形成されるだけなんですよね。入れ替えシステムが機能していないから、競争というより醜い嫉妬が中心になりかねないw
LD >> 『ナンバ・どうしてこうなった・デッド・エンド』ですが…。力石に死なれて、ドサ回りボクシングはじめる(アニメの展開だったかな?)矢吹ジョーくらいに、明日はどっちだ感にまみれていますw
ルイ >> ナンバデッドエンドはちょっと上手いなーと感心している。
GiGi >> 女の子ふたりいるのがよいねー>デッドエンド
ルイ >> 未練がましく白百合戻れるウルトラCはないのかなーなどと後ろ髪引かれっぱなしの読者視点を横目に、更なるワーストケースであるヤーさん登場によって「ここから引き返す事さえできればまだまだやりなおせるよ剛!」という意識にシフトさせられるのが面白い
GiGi >> イカちゃんはアニメを見てひさしぶりにイカスミネタを描いてみたでござる的な
LD >> で、今、退学問題とは別の展開はじまりそうなんですよね。そうすると退学問題はFIXなのかな。
GiGi >> ナンバの家族がどう結論を出すのかなんだよねー。ヤンキー全否定は出来なかろう。どう線を引くのか
ルイ >> LDさんと似た事を言っているはず。
カルマ >> そういえばAKB49のAKBメンバーはこの世界のAKBと違うっぽい?というか、wikipediaとか見てるとたかみな先輩なんかは恋する乙女というよりはさばさばした性格のようなんですよね。あまり現実とリンクはないのかもと思ったり。
名無し >> 過去ログ倉庫がいつ頃からか強調表示に…
GiGi >> 吽形はこれはアウトってことですよね。これはシビアな展開だ。
ルイ >> な、な、なんだと!?>リアルのたかみな先輩はさばさば AKB49きっかけで半ばたあみな先輩ファンの俺はどうすればいいんだ!w
名無し >> おっとチャット中でしたかすいません
GiGi >> ビートルズを超えた未来のAKBなんだっけ。
ルイ >> いや、言っちゃえばいいと思いますw>名無しさん
ルイ >> twitterで呟いたのですが、阿形が阿吽とかに改名したら泣いちゃうね。>【バチバチ】
LD >> やよいちゃんと、藤田さんの動きの違いは面白いですね。やよいはすでに思惑あって動いていて、藤田さんもそれとは別の動きをしそうだけど…。
ハラルヤ >> うーん、チャンピオンは全然わからないです。
ルイ >> 藤田さんが意外に生命力あって、このへんはぬら孫のカナちゃんあたりとは違うなと感心したり。
ルイ >> チャンピオン面白いのに!w
カルマ >> この世界では初期メンバーかつずっとリーダー格なんですな>たかみな先輩 
カルマ >> 「バチバチ」きついですねぇ…地味にぶちかましの受け流し方にも技術の差があるようにも読めますね
ルイ >> 【弱虫ペダル】がさすがの面白さなのですが、小野田くんは既にこのチームのお荷物じゃなく、それは寧ろ弱泉くんなんですよねw彼は別にこの日のレースで何も克服していないのだけど、小野田n活躍によって引っ張り上げてもらっているし、きっと立ち直る事ができる。良い伝達です。
ルイ >> それにしても、バチバチの川口はなんなんだろうねw
LD >> 【ナンバデッドエンド】まあ、今のヤクザ屋さんとの、からみ方で大体の方向が観えてきそうではあります。すごく展開が気になる状態になっている事は間違いない。
カルマ >> (アイドルのブログは性格類推には全くアテにならんな…>AKBメンバーのブログを見ている)
ルイ >> あやひーブログdisってんの?過去の名文貼るお?w
ルイ >> 退学問題FIXってのはテクニカルですよねえ。
ルイ >> 【ハンザスカイ】の副将が熱かった。一番候補だと思います。
カルマ >> 声優のブログはけっこう剥き出しよ。
GiGi >> ふむ。速い展開ではあったが。>ハンザ
ルイ >> もうキャラ配置的にも、団体戦というシステムが持つ情報敵にも、副将戦ってのはどうにもならないくらいに中継ぎピッチャー状態というか、地味なんですよね。だから地味に消化してもよいのだけど、だからこその物語を組んでみせたのは大変素晴らしかった。
ルイ >> まあ、うがった見方をしてしまえば、この陣内先輩の活躍も「緒戦だから」できてしまうのであって、後の重要な試合ではきっちり大将にドラマが集まる為の中継ぎになってしまうわけですけどねwそれを含めても、緒戦でフォローを入れておくのはうまかったなという評価ですね。
LD >> 『バチバチ』は、吽形退場…というか相撲続けられない展開ですかねえ。それは残酷で『バチバチ』の格を上げる展開ですが。
ルイ >> 頭ん中はバチバチで〜。これアニメ化する時OPの歌詞にいれなさい(アニメ化しねーよ
GiGi >> なるほど面白い読み方です>副将戦
GiGi >> アニメ化しようよ。日本相撲協会スポンサーでさw。
ルイ >> いやー、空流部屋の娘がおっとり姉ちゃんとクール妹の三姉妹じゃなかったからバチバチはアニメ化しにくいんだw←
カルマ >> NHKならやれるかなw 観てくれるかが厳しいけど…w>アニメ
GiGi >> 大相撲中継のあとに15分番組で連続テレビ小説風に。というかドラマにすりゃ良いんだよむしろw
ルイ >> ちなみにハンザスカイの次鋒戦はフォロー入れるのも難しいアンタッチャブルな世界だw
ルイ >> それは最高ですねえ!>実写ドラマバチバチ まあ、相撲を実写でやるとどうしても肉体的な説得力がフニャけるのがアレですが。
LD >> この状態で良い形の展開、良い形の終わりが見えないワケでは決してないんですけどね。ヤンキーマンガを読んでる普通の読者はかなり不安じゃないかろうかと。それはジョーが立ち直るまでを気を揉むんだのと同じ感覚で。>退学問題FIXってのはテクニカルですよねえ。
ルイ >> 【ケルベロス】が素晴らしすぎて業界が騒然としているらしいよ。いや知らないけどw
ルイ >> フクイタクミ先生の熱血伝記ホラーという路線が、多分今最高の状態にありますね。読み進めるだけでおどろおどろしい。絵柄そんなに重たくないのに。
LD >> 『ハンザスカイ』は、なんと言うか先輩は偉大!(この場合、大将から中堅の三人衆)って言う世界観があってwだから財前先輩の見せ場がこれまでなかった事に、佐渡川先生の忸怩があった気がするんだw
GiGi >> ケルベロスは不安感が充満していてどうなるかわからないのがよいですねえ
ルイ >> それはありますね。僕も、この作品の先輩偉大価値観については何度となく触れてきたけれど、それは「空手道をより長く歩んでいるから」という形で保証されているのですよね。空手に関わらない先輩はしらんw
ルイ >> ナメクジ崩がただただ増えていく形の先に「多幸感のまんま、食べられる事で母の胎内に戻る」というぐうの音もでない解答を出してきたのがヤバスですね。
LD >> 普通のスポーツマンガだと、ハンザという不良主人公を空手に引き戻した番場先輩に、先輩としての見所を集中させると思うんですよね。バベル青柳とか組むのは拡散的なんですけどね。でも、この作品が描きたいのは先輩は皆すげえ!みたいな世界観でw
カルマ >> 「ケルベロス」おそろしくおぞましく、面白いですねぇ。
LD >> 『ケルベロス』のこの手の取り返しのつかなそうな展開の処理は常世の連中が何となく得意そうに思います。いや、景きゅんが嫌がりそ〜な処理という意味でw
ルイ >> ちゃんとマイミーが可愛く見える手続きを踏んでるのがいいんだよなあ。うしとらの影から脱しつつあるなぁ。
ルイ >> (いきなりマイミーとか愛称つけだしてる奴)
ルイ >> 【みつどもえ】上手いなぁ漫画が。
ルイ >> ゲロ落ちにつなげるまでに吉岡のやっちまった感や勘違いネタなどもふんだんにおりまぜて、変なレベルの安定器に入った感がある。
GiGi >> 取り返しのつかなそうな展開をかつてどう処理したかは既に見せているわけで当然それに景はNOを突きつけるんでしょうけど、その解法は見えないですねえ
LD >> 『シュガーレス』は卜部の微妙な学力が分かってよかった。(`・ω・´)(←卜部ファン)
ルイ >> 常世が「勝手に」処理したら、これまでリンクが張られなかった景と常世が対立状態になりますよね。その辺含め、予断を許さない。単純に言えば、マイミー無事でいてマイミー。
GiGi >> んんーうしとらの影からは脱しているかな?wリビルドはしてると思いますが。
ルイ >> あー影から抜け出すというより、そこからぴょこんと新しい影を出すイメージでw
GiGi >> うしとらがこのあたりの話をやってたときはまだ本山の影はなかったわけで、そのあたりをあらかじめ織り込んで組み立ててる印象ですね
LD >> 【シュガーレス】シャケの存在は超人的ではあるんだけど、あくまで、こいつら(岳たち)の延長上で地続きに存在する超人である事がシャケの良い所。
ルイ >> 【浦安】が終わるらしいが誰も信じてない。
ルイ >> 【シュガーレス】のシャケって、だんだん超える必要がないように思えてきましたね。それこそ上条当麻に見えてきたけど、まあおっしゃるとおり地続きなのが良さではある。
GiGi >> 元祖の次だと何なんでしょうね
ルイ >> 【小鉄】じゃないの?w>元祖の次
GiGi >> というか予告に普通に「まだまだ続くぞ」って書いてあるw。再アニメ化かな?
GiGi >> 松島先生ひさしぶりか。来週楽しみだ
LD >> 『キガタガキタ』はすごいあっさりハッピエンドでした。
GiGi >> 梅田先生の読切りは味わいがあってよかったですね
ルイ >> 【冥王神話】レグルスも逝きましたー。前聖戦世代かっこよすぎるよ前聖戦世代
ルイ >> シオンの「お前…私たちの中で一番年若いじゃないか!」というコマがあるだけで、この回がグッと締まって良かったです。
ルイ >> パンドラ様も勝負の前にお化粧して、死に化粧フラグを自分で築きあげるあたりが可愛くて仕方ない←
GiGi >> パンドラ様けなげすぎる
LD >> 『冥王神話』、この一回、レグルスの最期を見せつつも、次の展開も載せるその『速度』が心地良い。
ルイ >> 無駄に面白い武将頭高校排球軍。
ルイ >> いや無駄なこたないがw
LD >> 『煉獄花』よかったですねえ〜。やばいよねえ〜。梅田先生、気がついたらネムキとかに行っちゃわないかしらw
GiGi >> ムショ高はハッタリは効いてるんだけどちょっとこの対抗戦は起伏が足りない
ルイ >> 【ANGEL VOICE】も熱いですね。血気盛んな生徒たちにとっては、目標の上方修正は「それでこそだぜ!」ってもんなんだけど、黒木的には病気もあってかなりギリギリの鼓舞だという。
ルイ >> 対抗戦それ自体の事を言うなや・・・w
LD >> 梅田先生の描きたい事は、多分、そういう専門誌に行った方がかけるんですよね。でも、画や展開の幅がついたのは『フルセット』描いたからだとも思うんですよね。
ルイ >> 【煉獄花】梅田先生さすがのスマッシュヒットですね。この人連作とかバトル構造より明らかにココだもん。
ルイ >> 月チャンあたりで毎月このクオリティの甘く切なくやるせないものを描いていくのが個人的には望ましいなあ。チャンピオンの為の才能だけど、週チャンの為の才能かは結構難しいw
カルマ >> 「煉獄花」良かったですね。味わい深い。
ルイ >> 煉獄花の世界観は、後ろ向きと取られても仕方ないのだけど。。。「見える」人の、魔法使いの世界観は常識では崩せないよね。これはもう選択だから。
LD >> 『任侠姫レイラ』は、カムイ社長の積上げもかなり利いてきていて……いや、積上げだけなら、秘密があるレイラよりも積み上がっているんですよね。なんと言うかブックで負けて、物語で勝つというカムイ社長のプランがメタ的にも利いてきている。
GiGi >> レイラはこのままクライマックスに入っちゃいそうな勢いだけど、ここはカムイ社長のドラマで締めて、もう一段飛躍がみたいですね。
LD >> いや、本来、週チャンにいる人じゃないですよw>週チャンの為の才能かは結構難しいw  でも、そういう縁もまた縁だよねって話w
LD >> 以前も言いましたが、カムイ社長、普段からヒーローやっている人で、それをリングに持ち込んでいるんですよね。ブック上のドラマも、ブック外のドラマも、フェイクもガチも、全部ごっちゃにして一人だけ使い分けてる人を食ったキャラだとは思うんですが。繰り返しますが"ブック”はレイラの勝ちでしょうけど、物語としてこの人に勝てるのか?って視点で観ています。
ルイ >> えっとねえ。それを言うとレイラ自身リアルプロレスラーとして「物語」の大事さがわかっているから、果たしてカムイ社長を前にしてブック通り勝ってしまえるか?って問題があると思う。
ルイ >> 勝つ説得力、納得力、物語の大きさで上回れないと際で気付いたレイラは、カムイの最大の必殺技を普通に受けて負けそうな気もする。
GiGi >> レイラ自身にもなにか大志があるわけで、そこをぐっと抑えてカムイ社長の意を汲んでその話に乗るみたいな展開のほうが物語に奥行きが出る気はしますね。
LD >> げええ!!その展開かっこいいw>勝つ説得力、納得力、物語の大きさで上回れないと際で気付いたレイラは、カムイの最大の必殺技を普通に受けて負けそうな気もする。
LD >> ブックで勝利が約束されていても、物語で負けているなら、ブックの勝敗もそれに書き直すのがプロレスラーって話ですねw
ルイ >> それってプロレスですよねえ。さてはて、どう来るか!
LD >> 昔の僕のプロレスの観方だ…w>盛り上がった方に勝ちを渡す
カルマ >> なるほど…皆さんの読みを読んでるとワクワクするなぁ>「レイラ」
LD >> さて、一番を決めましょうか。
ルイ >> 僕のプロレスの見方もそうだからなぁw
ルイ >> ジャンプはワンピース。
GiGi >> さて一番…ジャンプは「ワンピース」とか言いたくなっちゃうなあ
ルイ >> サンデーは神のみぞ知るセカイ。
ルイ >> マガジンはAKB49。
ルイ >> チャンピオンは冥王神話。
LD >> ジャンプ。『ぬらりひょんの孫』と、『PSYREN』かな。『PSYREN』あんま語っていませんが、かなりカオスで理解ぎりぎりの展開になっている所が好きです。
GiGi >> あ。サイレンもよかった。
ルイ >> で、冥王神話。 ハンザペダル煉獄花も一番レベルだと思う。
GiGi >> サンデーは神のみ、結界師
ルイ >> サイレンは単話として素直に観ればヒキまでいいかもね。主人公薄いけどw
LD >> サンデーは、『神のみぞ知るセカイ』ですねえ。
LD >> マガジンは『AKB49』か『A−BOUT』。いずれも一番としては弱いかなと思っているけどw
GiGi >> マガジンはどうだろうねー。AKBとか言いたくもなるがw
カルマ >> ジャンプは「ぬらりひょんの孫」、「ワンピース」ですね
カルマ >> サンデーは「神知る」ですね。
ルイ >> まあ、【もうしませんから】でもいいですw
GiGi >> チャンピオンは煉獄花推したいかなー
LD >> チャンピオンは、きっちり詰まっている『冥王神話』と『煉獄花』で。
GiGi >> ワンピか神知るか煉獄花?
LD >> 『神のみぞ知るセカイ』と『冥王神話』と『煉獄花』のどれかだと思います。
カルマ >> マガジンは「AKB49」かなぁ
ルイ >> 煉獄花の内容について全く触れていなかったけれど、最初に一人称語りをする子のモノローグが微妙に、気付くか気付かないかレベルで不穏なのが効いてましたね。
カルマ >> チャンピオンは『煉獄花』ですかねぇ
LD >> ここ数週ずっと『神のみ』のターンなんですけどね。先々週とったのでやめておきましょうか。
LD >> 『煉獄花』で行きましょう。梅田先生なんでも良いから連載してくれ!
ルイ >> 三花の方が病的に見えるから、引っ張り上げてくれる子の立場に見えるのだけれど、その割にはモノローグが不穏というバランス、違和で読み進めさせる力を持っていた。
GiGi >> おつでしたー
ルイ >> 短編の中に細かく、プロボクサーのフェイントみたいな仕掛けるか仕掛けないかクラスのひっかけがあって、良かったっす。梅田先生なんで目玉チュウ漫画にバトル要素もちこんだん?
GiGi >> ワンピと神知るはずっと俺のターンですなー
LD >> 四角枠のモノローグと、描かれているキャラよりちょっとトーンを下げた口調が利いていますね。
LD >> 週チャンはやっぱバトルだろ!って思ったから。(`・ω・´)
ルイ >> 編集者めえ〜←全部編集者のせい
LD >> いや、さすがに描かせるジャンルはダーツで決めていないと思うw
GiGi >> じゃのめとケルベロスは編集者一緒な気がしないでもない
LD >> それでは、今週もお疲れ様でした。
ルイ >> http://www.nicovideo.jp/watch/sm12515889 じゃあ皆聴くだぞ。
GiGi >> というか編集者の趣味だろうどう考えてもw>バトル展開
カルマ >> お疲れ様でした〜
LD >> すげえw>Oh happy day
ハラルヤ >> チャンピオンよんd
ハラルヤ >> 今週からチャンピオン読んでおきます。
ハラルヤ >> お疲れ様でした〜
ハラルヤ >> 名前文字色テスト
ハラルヤ >> 名前文字色テスト
ハラルヤ >> 名前文字色テスト
ハラルヤ >> 名前文字色テスト
ハラルヤ >> 名前文字色テスト


■■■■2010年10月29日■■■■
LD >> 今週の一番は土曜(10/30)深夜24:00から開始します。


■■■■2010年10月30日■■■■
備品 >> 想像以上に良かったです>Oh Happy Day 引越しダンボールの中から天使にラブソングを2のDVD探してこよう
備品 >> 書き込むタイミング悪くなってしましましたが、またお一人代えがたい声優さんが鬼籍に入られました。野沢那智さんのご冥福をお祈りします
ハラルヤ >> 正座待機。


■■■■2010年10月31日■■■■
LD >>
LD >> |ω・`) ?
LD >> こんばんは?
ハラルヤ >> こんばんは
カルマ >> こんばんはー
LD >> む〜、ちょっと風邪気味だったりしまずぞ
LD >> こんばんはです。
ハラルヤ >> カルマさんこんばんは
GiGi >> ぼちぼちやっててください。時々呟きます。
LD >> まあ、ぼちぼちとアニメトークを…。
LD >> どうも『探偵オペラミルキィホームズ』が、今期は良さそうなのですが、どういう星のめぐりかまだ一話も見ていません。
ハラルヤ >> 直近の過去ログは一応見たんですけど、名前に青字使ってる方っています?
ルイ >> 風邪っていうかインフルさんだけど頑張る!
ハラルヤ >> GiGiさんこんばんはです。
ハラルヤ >> ルイさんこんばんはー
LD >> 青字は、過去まで遡ると、使っている方は複数いますが、現在の常連さんで使っている方はいませんね。
ルイ >> http://www.tsphinx.net/manken/chat/chat.php このキャラソンが俺得度高くて良いのです!
カルマ >> 一昨日くらいに2話まで観ました。かなり狂気の予感が…w>ミルキィホームズ
LD >> む。インフルさんか。僕は薬のんで寝たら、大分よさそう。これから徹夜なワケで予断は許さないけどw
ハラルヤ >> じゃあ遠慮無く青字をつかわせてもらいます。
ルイ >> ミルキィホームズはいいって言ってるじゃないか。
LD >> キャラそん?
井汲 >> ミルキィ、どこが「オペラ」なのかわからない所も含めたカオスっぷりがどうやら楽しそうです。
LD >> いや、まあ録れてはいるみたいなので観ますよ。>『ミルキィホームズ』
ハラルヤ >> 井汲さんこんばんはー
LD >> 『アマガミSS』は1キャラ4話でしたっけね。
カルマ >> ハンドルネームが綴る各々の言葉が歌のようだと、なんと詩人なのだ>ルイさん
ルイ >> ゲームのPVを一回見せてもらったんだけど、なんか「トイズ」はいわゆる異能才能ギフトで、異能モノらしく葛藤もあるけど、でも自分にはこの力でできる事がある、といった形・・・?アニメには見る影もない要素だ。
井汲 >> あ、どうもこんばんは。たぶん、すぐ離脱します(笑)。
ルイ >> http://www.youtube.com/watch?v=_7e1MBnkS_w&feature=related ごめんなさい、このキャラソンの話ですよwこれはいいよねー僕が聴いたキャラソンの中でもかなりキャラソンしてるよ。
井汲 >> (2話は見てないんだけど、どうも見なくても大丈夫そうだ…)
カルマ >> ゲームのギャラクシーエンジェルが真面目みたいなもんでしょう>ミルキィホームズ
LD >> 今期は何が面白いですかねえ。『ヨスガノソラ』と『そらのおとしものf』がかなり気になっていますが…。
井汲 >> 野沢さんの死が悲しいので、「そーんなやーつがごっくっうっの大冒〜険〜を〜…」とか歌っててもいいですか。(よくない)
ルイ >> GAは僕の羅列した基地外アニメには含めなかったんだけど、なるほどGAの速度をあげていけばミルキィになって入閣だな、とは思った。
カルマ >> おぉ、素晴らしい>キャラソン
kichi >>    こんばんわー(´・ω|あんま四誌読めてないですが……orz
LD >> 『みつどもえ』は二期とか決まったりしてましたっけ?
ハラルヤ >> kichiさんこんばんは
ルイ >> スタードライバーとヨスガノソラとミルキィホームズが中心かな。次にそらおと。あとはイカちゃんとか神知るとか俺妹とかパンストでいいじゃない。あ、薄桜鬼は好きですよ?
LD >> GA……『芸術科アートデザインクラス』?(´・ω・`)
ルイ >> ガンダムエースです。
kichi >> こんばんわ〜>ハラルヤさん
LD >> あ、そうそう。『スタドラ』もまだまともに観ていない。つまり、今期評判の作品にはまだ目を通していない(汗)
ルイ >> いやしかしヨスガノソラの1話はかなりよかったですねー。僕久々にときめいちゃったよ。
kichi >> ……私はとりあえず「スタドラ」と「ざく」ろ、あと「そらおと」に「百花繚乱」が続くような感じでしょうかねぇ……。>今期アニメ
LD >> ルイさん、まあそんなワケで11月入ったら、アニメラジオするよからね?(´・ω・`)
カルマ >> イカ娘の原作はあまり興味ないのですが、アニメの声が可愛くてもう。
ルイ >> あーごめん、ざくろ自分の定期POSTに入れてたのに忘れてたw
ハラルヤ >> なんかヨスガノソラは地元が舞台らしいんですけど、観れてないですね。
ルイ >> 今期に関してはLDさんが遅れてますもんよね。
LD >> 『ヨスガノソラ』、Cパートが妙に楽しいです。専用のEDまであるし。
ハラルヤ >> 居住地が舞台になってるのに、そこにすんでいる人は観られないジレンマ。
LD >> 『とるてあ現象』ですな。> 居住地が舞台になってるのに、そこにすんでいる人は観られないジレンマ。
ルイ >> 寧ろCパートの前のあれがEDじゃなく挿入歌扱いという。
カルマ >> 夜更かししてるとTLにアニメのつぶやきが流れてきて観るみたいな感じで観る事が増えたような…w>今期
LD >> さて、そそくさと一番をはじめましょうか。
kichi >> 「ヨスガノソラ」は私も見れないです……(´・ω・`)「ミルキィ」と「パンスト」は見てて面白いですが、そこまで盛り上がれはしない感じ……。
ルイ >> そんな事より、1話は単純に情報量の物凄い所作アニメだったんだよねー。とるてあ以来かと思いましたよ。展開の派手さに語られる事が少なくなるならイクナイ。>ヨスガノソラ
ルイ >> twitterによるケツ叩き効果というものは、僕に関してはあるかも。
LD >> ジャンプからですぞ!(ムック風)
LD >> お。そこまで目に止めてなかったです。>物凄い所作アニメ
ハラルヤ >> ワンピース
ルイ >> インフルさんの僕に主導させないようにどんどん書き込むんだよ!
LD >> ああ、そうそう。『パンスト』も良さそうですね。
LD >> 『スケットダンス』の定期ネタ、新競技は、わりと好きです。今回も楽しかったです。アニメ化だそうですね。
ハラルヤ >> あの「海賊王にオレはなる」の再宣言は祭壇にあてはまるんですか?
ルイ >> 『スケットダンス』のTVアニメ化にはびっくりしたけど、ジャンプの迷走論に繋げてぶちあげてみたくはなる。悪趣味か。
kichi >> 「スケット」アニメ化かぁ……。……なんかこう、もうちょい早かったら良かったのに、みたいな気分に……。
ハラルヤ >> 『スケットダンス』アニメ化して制作費の回収出来るんですかね。
ルイ >> べるぜバブといい、真ん中クラスにアニメのハクをつけて、トップに代わるものがないこの時期のしのぎ方を模索している感じかなぁ。でも、バブやスケットくらすに1年単位の安全手形渡しちゃうと、それこそ「次」なんて出てこない気もするけどね。
LD >> いえ、当てはまらないと思います。『祭壇』というのはある種解釈の話なんで、当てはまらないとか言うのはあまり正しくないんですが、でもかなり違うと思います。
ルイ >> 黄老人ネタももう飽きてるけどね←ひどっ!
LD >> ただし、『ワンピース』は、『祭壇』など出現しないような話に見えて、相当世界の謎などの伏線を張っている作品なので、そこを解決する焦点として『祭壇』が出現する可能性はありそうな気もします。
ハラルヤ >> うぬー難しいなあ。祭壇。
ルイ >> ちなみに祭壇ってなんの事かわからないと言っておこう。
LD >> ぶっちゃけ、すっごい下らないので飽きている人も多いと思うんだけど、僕は毎回割とツボです。ローテと言うか開ける間の間隔もいいかもw>黄老人ネタももう飽きてる
カルマ >> 「スケット」アニメ化…過去バナシ全員やんのかなぁw
カルマ >> 「スケット」黄老人がどうこうってのは僕もわからないですが、ネタとしては好きですね>架空ゲーム
kichi >> 「ワンピ」で祭壇はありうるでしょうね。まぁ、ナウシカみたいに割と直接的な感じというか、メタっぽくはない感じでならありそうですね。
ルイ >> アニメの企画→発表までに年単位で時間がかかるわけだけど、そことジャンプの週刊連載の間の摩耗があまりうまくいってないのかも。ストーリー漫画ならともかく、スケットもバブもねえ。あ、バブってストーリー漫画か。
LD >> この場合、たとえばアーサー王がエクスカリバーを抜くシーンを『祭壇』に見立てると、ルフィが海賊王宣言をするシーンも近い…と解釈できるかもしれませんが…。僕はその場所が神殿的に描かれる事にこだわりたいですね。
ルイ >> よくわからない言葉を更に感覚と拘りで細分化されちゃ困ってしまうよ?
kichi >> でまぁ、その「ワンピ」、ああ、なんかもうパシフィスタはこのために作られたんじゃないかってくらいに分かりやすくルフィ達がいかに強くなったかを表現するためにやられちゃってますねぇw
LD >> ルイさんは、僕の『祭壇』の記事読んだけど、分からないという話ですか?
ルイ >> 読んだ記憶があまりない。漫研用語レベルに使いでがあると思うなら脳に入れるが、こりゃ使わない方が伝達性高くねとか思うと流してしまうので。もしくは単純に読んでないw
ルイ >> ルフィは芸コマでさすがに面白かったですね。ゾロが脳筋を指摘された直後に脳筋用語でツッコミいれてる所なんて、読み飛ばしてる人がいたら怒っちゃうよ?w
kichi >> 単純に読んでないに一票w いい記事でしたし使いでのある言葉ですよ。……まぁ、まおゆうも絡んだ話なんですが……。
カルマ >> 読んだけど覚えてないですね…w>祭壇
LD >> では『祭壇』の記事を→http://blog.goo.ne.jp/ldtsugane/e/fff21f98f756087441e9a3208e74761b まあ、主人公が複雑化したテーマの結論を言う場所があるよね?みたいな話です。
ハラルヤ >> 『祭壇』はLDさんが提唱してる概念なんで、LDさんの独断と偏見で決めて良いと思いますけどね。使うか使わないかは個人の自由。僕はおもしろいと思ってますけど。
ルイ >> とりあえず読んだ。
ルイ >> ま、場所かシチュエーションか相手かみたいなものは描きによって分かれるとも思うんで、概念が場所に固定されるこの呼び方にそんなに使いでがあるとも思わないんだけど、ある程度掴んだとは思う。ちなみにワンピのこれは素直に再起動の二週目として考えたいですね。
ハラルヤ >> 読み直したら確かに全然違うや。宣言じゃなくて、対話の方が重要なんですね。失礼しました。
LD >> 『トリコ』は、この人が女の娘(男の娘の対義語)である可能性が跳ね上がりましたね。(`・ω・´)
ルイ >> 概念が、というよりイメージが、ね。そも、ワンピースのこの回のどこにそんな意味合いがあるのかな?宣誓をするから祭壇という意味合いなら、なるほど言葉が順調に広がっていってるね!とは思うw
カルマ >> ていうかもう後半表情が女になってるようにしか見えないw>メルク
ルイ >> くそう、メルクが女性なのは結構なんだけど、トリコに線が引かれていっておる・・・それでは前のハゲの娘同様、トリコのハーレムメーカーという図式じゃないか!小松・・・
LD >> >場所かシチュエーションか相手かみたいなものは描きによって分かれるとも思うんで|うん。ロジックとしてテーマを語るシーン(テーマと反テーマをぶつけ合うシーン)は"いつでもどこでもなんでも構わない”はずなんだよね。…そのはずなんだけど、その場所が神殿っぽくなるのも一定の傾向として認められるよね、そこに注目して観ましたという話。
kichi >> 女なんでしょうねぇ……。もはや女じゃなかったらガッカリしてしまうレベルで女として読んでしまったなぁw>トリコ
LD >> そして『祭壇』を"元型”と言っているこの話は、ユング心理学に引っ掛けた考え方で、心理学は再現性を持たない疑似科学的な部分が大いにある。そういう話だと言う事は理解の中に留めておかないとイケないですね。
カルマ >> 小松くんに欲しいですねぇ…w>メルク
ルイ >> つまり劇的なまでに外的にも状況が整えられて、作者の言いたい事とキャラの言いたい事が乗るシーン等が生まれるよね!それってなんか神々しいよね!って話ですよね。ルフィの「海賊王になる」は一貫性の演出ではあるし、貫いて予言性が強調されていると言えなくもないけれど、そういう方向への伸びは見えなかったですね。ルフィが神殿で跪いて「海賊王に俺はなる!」って言っても印象は同じだと思うw
GiGi >> 来年のあたりにはいぬまるアニメ化するんじゃね
ルイ >> どうでしょうね。ジャンプのトップが交代できないからって、それ以下を大きくしょうって発想。黄金期ジャンプに似てるんだけど、それほどのタマじゃないでしょ、今のジャンプ中盤クラス。
LD >> >なるほど言葉が順調に広がっていってるね!|そう。ハラルヤさんのしょせん解釈(見立て)の話だから、ハラルヤさんの解釈をそうそう違うとか言いたくないのですが、ここでその広がり方を許すと『言葉が死にそう』だったので、敢えて否定した所があります。
ルイ >> ただ、一つ言うとレイリーのリアクション表情が良くて、「同じ事を同じ想いで言っているのに、受け取る相手の格と表情が違う」事が彼らのステージをパシフィスタザコ扱い以上にものの見事に描いていると思う。ここは触れておかないといかん。
kichi >> ……はい。実際問題として場所がそれらしい作品が多数あるんで、それを祭壇と読んでカテゴライズするのは結構使いでのいいことだと思うんですよね。逆に、何故場所をそうしたのか?みたいな傾向の読み解きもできるでしょうし……。
LD >> ハラルヤさんのしょせん解釈(見立て)の話だから→しょせん解釈の話(見立て)の話だから|なんだ?w文章が絡んだw
LD >> トリコがわざわざ「男同士!」とか言い出すあたりで、もうwとかw
ハラルヤ >> ルフィが攻撃力以外の変化がないように感じましたね。
ルイ >> 僕の印象で言うなら、世界に向かって何かを叫ぶ作品なら、どこかでそういう飽和点はあるとは思う。そこまで貯めてきた人なんだから、きっとそこは劇的になる。ゆえに祭壇と言われる事もありうるだろう。ただ、あくまでそれは「これが大事な所なんだ!」という意識から出発してのシチュエーション仕立ての範疇だとも思うので、場所から観ていくと取りこぼし出そうねと思ったりもする。ただ、なんだろう?「ここは祭壇?」的なやりとりはどうかわからないんだけど、祭壇が出てくるような作品かどうか?って話は、作品のステージ見極める上でアリかもねかもねそうかもね。
ルイ >> またギア2とか言っちゃうんだ、とは思ったw
ルイ >> 2があると99があるからなあ(色々言葉はしょり)時間を飛ばしたついでに、これまでのギアをひとくくりの「なんか未熟なもの」にしてしまってもよかったかもしれない。

MANKEN CHAT(1.1)