漫研チャット
名前:
発言:
[正面] [取扱] [過去ログ]


■■■■2010年10月31日■■■■
ハラルヤ >> ウソップはあきらかに成長してるように見えたんですけど、ルフィは挫折→再宣言以外に変化を担保するモノががないように思いました。
ルイ >> だから、基本的には「ルフィはそのまま」。周りが変わる。この描きの中に、レイリーの涙目も含まれていると思うというハナシをしたい!
ルイ >> 『NARUTO』ヤマトが妙にあっさり奪われてしまいますた。
LD >> >場所から観ていくと取りこぼし|うん、そこは「必ずそうなる法則」を発見しようという話じゃなくって、そうなっている作品を集めてそこからさらに傾向(意味)を見出していこうという話だから、取りこぼしというか当てはまらない話は当然ありますね。
ルイ >> 今世界に向かって叫ぶといったけど、傾向はおのずと明らかだと思うなあw
LD >> 『ワンピース』は、ちょっと『男一匹ガキ大将』と絡めて観てみようとという気がしています。今回の「海賊王再宣言」がその角度からの観え方もあるかなとか。
ルイ >> 許斐剛先生がテレスの王子様一発でレジェンド読み切り仲間入りしたんだから、銀魂の人は何も尻込みする事はないと思う。
ルイ >> しかし、この許斐先生というのは・・・誰か読み切りの感想書いてw←自分から何か言うのに怯えている
LD >> 『祭壇』|まあ「このシーンは『祭壇』に見えないから、故にテーマを宣言していない」…みたいなロジックを生み出すための考え方ではないという事ですね。
ルイ >> うん。祭壇が出かねない作品だよね、という語り口が多分あってると思いますよ。30秒で流し読みしたばかりだから誤読もあるとは思いますが。
GiGi >> いっそ真メルクさんが偽メルクちゃんのお母さんだったりしないかな
ルイ >> 真メルクちゃんは偽メルクちゃんの妹でもいいよ。
LD >> 一枚上を行く展開だ!(`・ω・´)>真メルクさんが偽メルクちゃんのお母さん
GiGi >> バクマン読んでスーパーレジェンドってそういう企画だったんだとか思ったり。新井先生ってそら(ry)
カルマ >> 妹?はっは、素敵お姉さんに決まってるじゃないか>真メルクさん
LD >> 『べるぜバブ』は何だろう?僕としては上手いこと不良ケンカマンガの雰囲気を残して欲しいと思っているのですよね。これあの魔界が人間世界に侵食してくる展開で、ちょっと連載的にびびっている所があります。(´・ω・`)
ルイ >> ここで爺を持ってくるのは、なにやら見え透いているという気分から皆母とか妹とか姉とか言ってイルンダヨ。
ルイ >> 『バクマン』は岩瀬とサイコーの異色タッグを想像してしまった人は素直に挙手せんといかん。
LD >> 『ライトウィング』って、かなりロジカルですねえ…w ちょっと笑っちゃうくらいwいろいろあったけど結果自体は1−6というのは良いwその結論をさっさと出す事も含めて。
ルイ >> 『ライトウイング』は相当ロジカルですよ。速度も、構造も、研究してああしている。ヒロインを描かないのも、まずは女性に受けてナンボという地点を見定めての事でしょうね。
kichi >> (´・ω・`)ノ >異色タッグ想像
LD >> >岩瀬とサイコーの異色タッグ|え?なに?なんかのNTR?(´・ω・`)
ルイ >> NTRという解釈はなかった・・・w
ルイ >> ヤングさんの『ハチワンダイバー』なんかは、最近ずっとNTRだけどw
LD >> ああ…必然、男の子ばっかになる作品を女性受けで乗り切ろうという考え方はあり…というか伝統的手法ですねえ。
カルマ >> ノ>岩瀬とサイコーの異色タッグ
ルイ >> リヒトのやる気伝播を、ギアスよろしく目でそのまま描く漫画家だものね。
GiGi >> とまれ総決算的なノリですな。7人だとするとあと1枠残ってますが。
カルマ >> 『ライトウイング』がかっちり構造過ぎてちょっと笑ってしまうところはありますねw
ルイ >> その残り1枠も登場人物内から出ると思えてしまうこのジャンプの在り方自体が、もう完全に「エイジ世代」主導で物凄い刷新してますねえ。
LD >> 平丸先生がこのノリで、また新連載獲得して、それもヒットするような展開だと愉快。でも、何かの挫折的なきっかけで漫画家稼業に本気になる展開もありですね。平丸先生はフリー。
kichi >> 「ライトウイング」はほんと順調にロジカルですねぇ。やってるのはスーパーサッカーなのに、ほんとロジカルな読み心地。……まぁ、スーパー具合のとんでも感と綱引きするのもまた良さそうで、ほんとよくできてますね。
kichi >> 「バクマン」は蒼樹さんの簡単さがちょい心配になったりもするんですがw、でも基本的には平丸さん応援したいですねぇ……。前も言ったかもですが、何気に悪くないカップルになりそうな気もするんですが……。
ルイ >> 考えてみれば、ジャンプのスポーツ漫画で男性主導で成功した例を探すとどこまで遡るかというと(ry
LD >> 歴史的(?)に見ると「エイジ世代」の群像劇みたいな見え方になるんでしょうねえ。え〜っと、高橋留美子先生を細野不二彦先生とか石渡治がどう見ていたか?みたいな?
ルイ >> 先手打って「来年は大会がなくなるかも」と次元を設置したり、ライトウイングの頭でっかち度は異常。これ、サッカーシーンがないとそちらが目立っちゃいますね。全体キビキビやって、一箇所に留まらない方がいいな。
LD >> 『ライトウィング』は、前回、「おお、皆にヤル気が伝播している…!?」とか思ったら、今回、その成果が1−6でしたー!ってなったわけで、その“デスヨネー感”が笑えるというかロジカルw
ルイ >> 本来10点近く取れてたって、あれその程度しか差を詰めてないんだ!ってあたりがいいですね。
LD >> その“デスヨネー感”は、リヒトが現れてやる気がある奴は残ったけど、辞めた部員も多数…にもあるわけで。そこで残った部員にヤル気が伝播しているのも“デスヨネー感”とw
GiGi >> ワンピはサブタイがロマンスドーンてだけでグッと来るわけだが。
LD >> そこで残る部員にやる気が伝播しているのは「んな、上手くいくか?w」じゃなくって「デスヨネー」とwそして敵側に伝播があるのは、そんな辞める辞めないなんて低水位の選択そのものがない相手だから。これも「デスヨネー」と。
ルイ >> セルフツッコミが効いてるんですねえ。カッチカチやぞ(構造が
LD >> 『ぬらりひょんの孫』は、これはレイリア・ネタ・キター!…でもレイリアって、レイリアでもいいっちゃいいんだけど、カーラの方が雰囲気あってよかったよね?的展開ですか?(´・ω・`)
ハラルヤ >> ワンピのサブタイ、ロマンスドーンだったんですか。胸熱だなあ。
GiGi >> ログ読まずに書くけど、祭壇があるとしたらそこに登るのはルフィじゃなくてロビンでしょうね
ルイ >> 『ぬらりひょん』は今のバトルそのものはほぼ完璧というか、まあふと思い出せばカナちゃん・・?とか思う程度でw
ルイ >> 『黒子のバスケ』は緑間くんが限界越えても3Pバシバシなのだなと胸熱。こりゃあ多分最後のブザービーターだけ外れるわ・・・。
LD >> 『黒子のバスケ』…なんか、3Pシュートに“残弾”という概念があるんだ。わりと腑に落ちましたけど。
ルイ >> 『めだかボックス』は日之影先輩の登場の割のしょぼい退場っぷりがたまらねぇぜ!
LD >> いい『読み』です。>祭壇があるとしたらそこに登るのはルフィじゃなくてロビンでしょうね
カルマ >> 「ぬらりひょん」は最高潮ですよねぇ…先週だっけ、扉絵のキャラがカナちゃんじゃなくてつららだったのはどうかと思った記憶がw>カナちゃん
カルマ >> あぁ、それなら納得かも。世界の謎ないし大いなる物と対峙するとしたらロビンですねぇ。
ルイ >> 設定先行だからかな。ミスターアンノウン、知られざる「英雄」。その英雄性が手も足もでない所にマイナスの恐ろしさを描いているのだろうけど、読者としては日之影先輩が英雄として活躍した「実例」自体があまりないので、英雄が英雄性を発揮させてもらえなかった!と戦慄する前に、日之影先輩の格そのものを疑ってしまう。ちょっと描きのミスくさい。
ハラルヤ >> 西尾維新はポジティブなことを言うときよりも、ネガティブなことを言うときの方が説得力あるのが問題な気がw
LD >> 西尾先生もロジカルなんだけど、”デスヨネー感”は無いというか、多分、日之影先輩が相手にした志布志飛沫がロジカルに強いからなんだろうけどネタが割るまではらはらさせられるw
ルイ >> うん。そういう説得力があるという傾向があるならなおのこと、実例による実感がカウンター前のフリとして必要なんですよね。
kichi >> ああ〜、基本的にはそのイメージ(対話のメインはロビン)ですが、ルフィ達も同行してて最後の決断はルフィが下してもいいような……、う〜ん、微妙なとこですけどねw>祭壇に登るのはロビン
ルイ >> ルフィは難しい事いわんでいいよw
カルマ >> 「黒子」この試合は好きですねぇ。今週も特に言う事はないんだけど楽しい。
kichi >> 「ぬらりひょん」はまさに最高潮ですねぇ。……カナちゃんは忘れてもいいような気がしてるんですが、アニメのおかげで復活もないことはない雰囲気もあるかなぁ……w
kichi >> 難しく考えてしまうロビンに対し単純明快な答えを与えるイメージですねw
LD >> >描きのミスくさい。|ミスというか、西尾作品いくつか読んでわかったけど、そこらへん西尾先生、変に補完する気ゼロなんですよね。格が低く見えるならそれでもいいや、くらいな感じで。それはトリッキーな事で、少年マンガとしてどのくらいの耐えうるかは疑問な所ではありますね。
ルイ >> 『保健室の死神』はまた単話に戻ると安定の高品質だであ。中編に踏み出せないって地獄だなw
LD >> カナちゃんもう一度上げたいなら、キャラ格の上げ方から見定めないと、あれですね。設定格だけ突然与えれば出番は増えるだろうけど、いかにもブーストw
ルイ >> それは妥当な指摘に思えるなぁ。実際文字だと身も蓋もなく進むところが、ネームや絵によって重みを持ってしまうからこその違和感と言えるか。
kichi >> 「めだか」はほんと、日之影前生徒会長の描写が残念でしたね……。しかし名瀬ちゃんにスポットが当たる展開は個人的にはいい感じ。今まで名瀬ちゃんの格が(たぶん作者の想定より)低く見えちゃってるのが残念ではあるんですが……。
LD >> ああ、でも映画館の話とか、操の話とかも良かったので、あれくらいが“最長”のスパンで連載してもらえると僕としては心地良いですね。>『保健室の死神』
ルイ >> なんなら羽衣狐をカナちゃんの中にw←わかりやすすぎる
ルイ >> いやでもね、映画館が終わった時に藍本先生の口をついて出たのは反省だったわけだ。
カルマ >> そんな話を羽衣狐の登場し始めに言った記憶があるww>羽衣狐をカナちゃんの中に
kichi >> 「保健室」良かったですね。相変わらず三途川先生の謎具合もいいバランスで……。
LD >> 日之影先輩は、小説なら(西尾先生が実際に書くかどうかは別として)この人にはこんな逸話があって、こんな能力があって、ステルス・黒子・日之影で、チートキャラなんだー!でも、この場ではあっさり負けちゃったー!それはそれで味わい深いよねー!みたいな事もできるんですが、マンガはそういうネームは組みづらい。その分の隙ですよね。
LD >> 『サイレン』は、『カブトボーグ』が大体30分でこういう話を処理していたような気がする。(←何故『カブトボーグ』だした?)好きなんですけど、まあ、早回しで風呂敷たたんでいるのが真相なんでしょうw
LD >> すごーく、小声で言うと『トラウマイスタ』の中山敦支先生との差が、みえるなあ…とか思ったり。小声で。
LD >> 『SWOT』は、なんかこう…がんばれ、いろいろ。
ハラルヤ >> 久しぶりに見たらジャガー枠?に移動してましたね。
カルマ >> 「SWOT」読んでないですけど最近女の子が目を引きます。
ルイ >> まあSWOTについて言う事はねーぞ。サンデーだ(残酷
kichi >> 「動物園」が次号大増23ページとか書いてあって吃驚した。持ち直したのかな?
LD >> サンデー行きましょうか。
ルイ >> サクサクいこうず。インフルさんなのに書き込みすぎた。
LD >> あれ?
LD >> 『マギ』は、ここがアリババの物語の始まり(アラジンの出会いを入れると第二の始まり)だと言う事はわかるけど、どういう始まり方になるかは予断を許さない。
kichi >> 「マギ」は様子見ですねぇ……。
ルイ >> 『マギ』は単純にちょっと遅いですねえ。
LD >> 『神のみぞ知るセカイ』は展開の速さが素晴らしい。ぼちぼち見つけるじゃなくって、一気に見つけようとしていますね。
GiGi >> ハヤテと月光条例には、メタな主張をする前にやることやろうぜ、とだけ言いたい。
ルイ >> 悪魔衣?とドクロ飾りのせいで、せっかく制服に着替えてもそんなに嬉しくないのは誤算だった。他は言う事ないかな。わかりやすく全員描いてきましたし、まさにリスタート地点確認。
ルイ >> 畑先生と富士鷹先生を並べただと・・・!
LD >> リスタートだけど……いや、ちょっと様子を観ましょうか。
kichi >> 「神知る」良いですね。……ほんとに女神の入っていない子は完全に記憶なくしてしまうものなのかな?ということに疑問を感じたりするあたりもまぁ、計算通りなんでしょうね。
ルイ >> なんです?あ、でも地味子に女神がいて大丈夫かいな、とは少し思いましたね。こまでのコマ的に。
LD >> 『最後はストレート』の睦月は、めだかの完成(ジ・エンド)とは言わないまでも、「何にでもなれる才能」なんでしょうかね。チートですねえ。…で、何にでもなれる者が何になるか?という話なのかな。
カルマ >> 「神知る」んー、怒ってるのは記憶をなくしつつも自分なりの感情の再構築があったということもあり得るのかな、と思っています。
ルイ >> 『最後は?ストレート!』1話目はフックの多さで単純に面白かったのですが、2話目は逆に構造が色々心配になったかな。
LD >> いや、少なくとも物語構造そのものが変わったワケで、展開のメソッドもかなり変わると思える……けど?ちょっと様子見という話です。>リスタート
ルイ >> お母さんが睦月の才能について、才能がないと思ったらなんにもならない、といい事風な事(?)を言うんだけど、でもこの学校制服の色レベルで白じゃない人に「無い」って宣言しちゃうわけで、その辺主張とケンカおこさないかな、と少し心配しました。
GiGi >> 普通子ちゃんはブラフだとおもた。
kichi >> 「最後はストレート」、剛速球投げ出しましたねw う〜ん、ほんとに何にでもなれる者が野球を選ぶ話だとしたら、キッカケがこれってのはちょと弱いような……。ま、まだ様子見ですね。
ハラルヤ >> あの攻略法はあのセカイの構造
ルイ >> 僕もブラフに思うけど、女神の人数多いから自由に使える要員もいそうだw
GiGi >> タイトルの意味が取りづらいですねー。どうなるか。>最後は〜
カルマ >> 『最後は?ストレート!』うーん、ちょっとわかりませんねぇ
ハラルヤ >> あの攻略法はあのセカイの構造を理解してないと選べない攻略法ですよね。まさに神様です。
ルイ >> いやつまり「ゴールデンエイジ」は、世代という括り方をしているから同じ事を主張しても問われるのは若さだけで、それはなんというか、大人ははじくけれども、元子供の大人はいないわけだから、つまりは人を選ばない主張なんですよね。この作品テーマで信じた色に染まるとか、才能があると信じてあげるとか、そんな事をやるには学校精度が鋭角すぎるなあと。
LD >> 元々、想定されていた事ではあるんですが、攻略対象として物語内物語…というか物語内ゲーム(盤上)に収められていたヒロインたちが物語上に侵食をはじめたんですよね。このシフトは大きい。というか待っていたものです。
ルイ >> どうだろ?>まさに神様 桂馬は特に初期「見えたぞエンディングが」と言っていたわけですが、その言葉に従うなら、これからの道はエンディング後の話。まさに美少女ゲームがたどった道と同じで、アフターストーリーや人生に漕ぎ出すしかないんだけど、少なくとも桂馬があのキスを「エンディング」と呼んだ以上、神しるの世界の中でもギャルゲーはそこまであまり踏み込んでいないように思える。という事は、今ゲームロジックに無理やり落としこんで対応しているだけの、かなり苦しい当て推量コーナーにも思える。
ルイ >> 今桂馬は、ゲーム、現実(物語)という枠に、もう一回ゲームをかぶせる推論で対処しようとしているみたいですね。
ハラルヤ >> 怒ってる理由は以前雑誌のアオリに「記憶が無くなるのと、気持ちが無くなるのは……」的なものがあったのでそれで解釈可能かと。
kichi >> そうですねw 今まで攻略してきた娘の中にいるという断定も、苦しい状況下での最善の行動だから言い切ってるだけと考えた方がしっくりきますw>ゲームをかぶせる推論
LD >> 桂馬は「だが…その展開もまたゲームにある!」としたいのでしょうねw>今桂馬は、ゲーム、現実(物語)という枠に、もう一回ゲームをかぶせる推論で対処しようとしているみたいですね。
ルイ >> 『キングゴルフ』がちょっと注目。戸川くんがどうなるか。実際、全員をたたきつぶしてハイ勝ちました、で終わった場合、そこにゴルフというスポーツの発展はないと思うのですよね。覇者ならいざしらず「王」のゴルフはゴルフを富めさせないといかんだろうと。そのへんで注目。
LD >> でも、ゲームとしての見立ては桂馬が正しくても、物語としてヒロインたちが侵食して来た事もまた事実の”はず”なんです。そこらへんちょっと様子見なワケですが。
カルマ >> 現実が手に負えないから自分の判断のつく攻略した女子に絞っている、という印象です>神知る
ルイ >> マーちょうどアニメで桂馬の一周目が一番断定的でキラキラしていた頃の初期をやってますから、対比がききやすくてタイミングも素晴らしいやね。
ハラルヤ >> 一巻で言ってた「人間、決戦の場にあえてなれない武器をもつだろうか?」ってやつですね。
LD >> ふ〜むw 僕はキングと言っていても蒼甫は"覇王”だと思っていたので、戸川が富むかどうかは注目ですね。そして少年マンガとしては『王』の方がいい。
kichi >> 実際問題、一人くらいは既攻略娘じゃない娘に女神がいる展開もありそうに思うんですが……、ま、どう転んでも面白そうに展開中ですねぇ。
ルイ >> 『鋼鉄の鼻っ柱』←ググルIME先生が仕事してくれないは、デフォルメなどが出ると真道の格どまりがとどまるところを知りませんね。
kichi >> 「キングゴルフ」はなるほどです。確かにそこは注目ですねぇ。
GiGi >> 最後は?チャイキックは来週引き返すかどうかに注目している
ルイ >> ドラコンの時葉巻ホクロで軽く描いているとは思うのですけどね。かれ、ドラコンやめないでしょうし。その心意気を王は歓迎し、毎回叩き潰すのでしょう。・・・が、牙を出す事を忘れなければ、100%負けるって事もないかもね、ワンショット、ワンホール単位なら上回る事もあるかもね、という可能性は見ているかな。
LD >> 『ケンイチ』はケンイチってアパチャイ要素は一番薄いキャラだったと思うので、それが技に乗り移る展開がちょっと熱いですね。
LD >> ググルIME先生が仕事してくれない|サボんな。僕は辞書登録済みだ!(`・ω・´)
ルイ >> 熱いと観るべきか、なんか乗せられてる?と観るべきか・・・w>ケンイチ 以前指摘した通り、実際お前秋雨の内弟子だろ状態の印象ではあるわけです。まあ勿論、とは言っても他の達人とも沢山修行しているだろうという「印象」はあって、今その印象内で処理できないかって言ったら、できるんですけどね。でも描きの不足は熱さと観る前に意識はしてしまう。
LD >> 『アラゴ』うわっアラゴ!(`・ω・´)
kichi >> 「華っ柱」は……、う〜ん? ルイさんとは違う感覚で読んでるのかなぁ? ま、自分の読感自体が微妙なんでなんともですが……、あまり小物が格高く見せる話って感じには思えなくて微妙。もちろん本当に格高いわけではないんですけど……なんだろう?小物ってのとも違う感覚がどうも……。
ルイ >> ここで引き返した場合、アパチャイの虫の知らせを察知した皆さんはなんか凄いな!特に妹w
ルイ >> ほう。僕はますますその読み方を強めてしまったw>鋼鉄 格高く見せるっていうより、それを貫くと本当に格高くなっちゃったね、な話だとは思っているけど。
ルイ >> 『アラゴ』め!!『アラゴ』め!!
kichi >> 「ケンイチ」はどうなんでしょうねぇ……?(((´・ω・`)))>引き返し
kichi >> 「アラゴ」……?(((´;ω;`)))
ルイ >> でも大丈夫だ。パッと見ダメだったワンちゃんが無事なんだから、作品倫理ランキング的に、ココはブリューナクの「なんだか凄い力」で助かるんだ!←
カルマ >> 「アラゴ」どうするかなぁ…(汗
LD >> いじめられっ子設定なんかも含めて、岬越寺秋雨が主の師である設計ではあると思うんですけどね。だからアパチャイさんと修行したから出せたとは言わないこのバランスかなと。
ルイ >> だって「ハガレン」のキメラ女の子はさ。エピソードをあまり溜めないから「キャラへの思い入れが高まる前」で流せたわけですよ。それだって、エルリック兄弟は引っ張りまくってましたけどね。ココでやられたら・・・立ち直れないやん・・・。
kichi >> そういう言い方なら、まぁ、近いのかな? とりあえず私は真道の振舞いを嘲笑するような感覚はあまりないんで、小物と呼ぶのには抵抗あるんですよね。大物ではないけど、基本的に正しい方を向いてるようには思うから……。
ルイ >> 『月光条例』このままチルチルが月光になったら、なんか獣の槍過去編みたいやな←
LD >> 『鋼鉄の華っ柱』(登録してあるから候補に出る)は、ルイさんとkichiさんの近くも遠くもある見解がそのまま西森作品の感覚かなと。以前、『天使な小生意気』でもその設計を測りかねていたんですが、その感じに近い。でも天使恵は格を見せていたらからそこでの『読み』づらさはなかったけどw
ルイ >> それは中を観るか外を観るかですね。嘲笑とまで言った覚えはないがw真道の心の中は、普通の人と大差はない。それこそ、これまでの漫画の不良主人公たちとも大差ない。けれどそれを表に出さずこなし続けたら、周囲の認識はその内面に及ばないわけで、他人に踏み込ませなかった内面はないと同じやん?みたいな。そういう意味で「そんなにすごくない奴がすごいとあろうとしている事がすごい」(或いはどこでくじけるか)という視点で観るもんかなーとはアタリをつけつつ。
カルマ >> 「鼻っ柱」真道がどこまで貫き通せるかは結構興味がありますけど…うーん基本乗れてないですね
ルイ >> 逆に前作のデビルまーくんは、内面が観てもらえないから誤解されたりしたわけで、行為評価されたわけで・・・っと、つまりはブルー主人公とも言えるし、これまでの主人公と基本的な図式そのものは大差ないと言えるかもしれあい。
kichi >> ああ、「そんなにすごくない奴がすごいとあろうとしている事がすごい」という視点なら近そうですね。……たぶん小物という言葉に対する感覚がズレの原因だったのかなぁ?という辺りで個人的には納得です。
LD >> 僕としては前回言ったように、ブルーが主人公という見立てで大体通っているので、このまま行く予定です。
ルイ >> ブルーが主人公ってのは言葉足りないけどねw ボロがでないブルー、毛深くないブルー(或いは毛深くても押し通せるブルー)。そういう条件づけをすれば、まあ、基本西森作品って外のイメージと内の話なんですよねー。
LD >> 『絶対可憐チルドレン』は読めば読むほど、展開が進めば進むほど、ハッピーエンドのデスティニーしかないように見える件。(´・ω・`) もう少し心配させた方はよくないか?(´・ω・`;)
ルイ >> もう何も心配してなかった。そのうちELSとか降ってくるんでしょ?>チルドレン
LD >> 完全な一致はもとよりないけど、大体あってるんじゃないかと思うよ。>ブルーが主人公ってのは言葉足りない
ルイ >> さっき指摘した繰り返しなのであんまり言う事はないwブルーがブルーのままだとブルーにしかならんのでw
LD >> うん……まあなあ。未だに「心配したい」僕が読み違えているって事なんでしょうけどw……でも、そういう始まり方やったやんぇ?とは言っておこうかな。(´・ω・`)>『チルドレン』
ルイ >> こんなものなのでしょうか!
kichi >> 「はじあく」黒澤さんの正体は悪くない感じではありましたが、想定の範囲内過ぎてちょっと面白味には欠けるような気分も……(´・ω・`)どちらかというとエーコおねーちゃんのフリーダムっぷりに驚いたりw 悪名高かったのか!w
ルイ >> あー、黒澤さんね。まあ編集さんと話しあって「作品温度」を選択した結果だとは思うから、初手からバラスの面白みねえな、みたいな事は言わない。多分溜めてだしてもさして面白くならないという判断でしょうし。
ルイ >> kichiさんの言葉に乗っかるなら「想定の範囲内過ぎて面白みに欠けるからしょっぱなからバラした」という事ですね。そこが面白さの核だと判断したらあんなネームにならんでしょう。
ルイ >> なんてレアな擁護だ・・・!これも黒澤さんが好きだから…!←
ルイ >> 黒澤さん隠れ巨乳とかだと最高なんだけどなー。
LD >> 『はじめてのあく』、日下部さんは無職(非正規)ヒーローだったんだけど、黒澤さんは本職のヒーローですねえ。でも、正体不明の指令に文句言いながら従っていて駆け出しくさい。
カルマ >> 「はじあく」普通に黒澤さんつまんねえと思ってしまった…悪くはないんですけど。無難なんですけど。
ルイ >> それも胸のせいでしょうね>カルマさん
kichi >> ……黒澤さんのキャラなら貧乳コンプレックスより巨乳コンプレックスの方が映えるのは確かですねぇ……(´・ω・`)
kichi >> というか、貧乳にはコンプレックスもたなそうというのが正しいか。
カルマ >> ミルキィホームズ4話がどうかしすぎていてもう…ww
LD >> あ、あれ…?なんで巨乳の話になってるの?(´・ω・`;)
LD >> 『電脳遊戯クラブ』、このニシンの父ちゃんのシリーズも好きなんですw『スケットダンス』の新競技と同じ感じにww
LD >> 『オニデレ』は雅のお父さんって前も出ましたっけ?
LD >> SATE?マガジンに移りましょうか。
LD >> 『ゴッドハンド輝』は、神矢さんがこう……動いたように見せて、何かいろいろ謎を積んでいる?
ルイ >> 『輝先生』は、お父さんにおける綾乃さんだったりするのかしらってかなりお年だな。島の人。
ルイ >> 『AKB49』がちょっと不思議な方向に舵を切りつつあるというか・・・神を見た(キリッ
LD >> 『A−BOUT』はカトケンと田城でまとめるこの空気が好きですね。あとヤンキーが『君がいる町』に夢中なのは何となくリアルなんですよね。
LD >> 冗談じゃなく、マジでビートルズ越え展開を狙っているのでしょうw>『AKB49』
ルイ >> 『ABOUT』はおもしろおおおい!病院にあったな、そんなカード!w
kichi >> リアルなのかw
ルイ >> AKB49の作中では、秋元康が前田敦子に浦川みのりをライバル視さえるような発言をしていますし、ネットの評判も早速「センター誰」に向かっている。今回岡部さんが可愛いと言われたように、周りの太陽を輝かす「異邦人」としての処理にしては、名前が出てきているなと。
カルマ >> 「AKB」骨折れてて踊るのは相当無理があるように思えるのですがw 勢いで押し切ってて面白いですね。
LD >> …で、岡部さんは浦川みのり(男)に惚れたんだよね?
ルイ >> 僕は基本「みのりちゃんを可愛く描かないのは、そこを中心とした物語にする気がないから」という立場だったのですが。彼が下部チームを輝かしてしまうと、思い切り中心に躍り出て、しかもそれって男性ファンからの「かわいい」視点も浴びる事になる??という・・・みのりちゃんの特別な磁場の主張と現在の男にしか見えないみのりちゃんという二軸が交わる事はあるのかな、と気になっていたり。
ルイ >> この後、だんだんみのりちゃんの描きが可愛くなっていくかもしれないw
LD >> ところで、浦川さんと岡部さんの髪型/シルエットかぶってるのはどうなのよ?アイドル的にそれはしょうがないの?
LD >> まあ、男に迫られたりとかね。昔の話なら「冗談じゃね〜!」一辺倒だったのが、今の話なら「え…(どき)」とかするかもしれないwそこが分水嶺w
ルイ >> それも含め、みのりのフォルムがもう一段変身する可能性はある、と言っておこうかな。今のままだと、どうも用意される位置には苦しそうだ。
LD >> 僕の知っているヤンキー(複数)とかは『ラブひな』とか『ときメモ』大好きでしたから。(で、マガジン以外の雑誌は読まない)なんで、何となく「ああ、『君町』にははまりそうだな…」と感じたりw
LD >> 『フェアリーテイル』、う〜ん。実はギルダーツは、エルザやミストガン、あるいはラクサスみたいな描きがなかったので、あまり格の実感がないんですよね。話だけで強い強い最強言われているだけな感じで。
ルイ >> 『ネギま』は、ネギくんが色々強くなりすぎた事もあって、ここいらで「女たちに支えてもらう形」を強調しにかかってますかね。
ルイ >> そうね、めだかボックスの日之影先輩じゃないけど、同感です>ギルダーツって?
kichi >> mjd!?>ヤンキー「ラブひな」「ときメモ」大好き
LD >> 『花形』はなんか、既に決勝戦まったりとしていません?w
カルマ >> 「さっきよりすごい」ってファンの感じ方も「100点より100%」って方向性を示してるから、必死さ、気持ちで観衆の心を掴んでいるんですよね。
ルイ >> 『花形』は素直に花形と星に物語を集めてしまったほうがいいと思うけれども、こうやって描いてきた漫画なんですよねえ。
LD >> いや、耐性がないせいだと思うんですけど、ツボに入るとドハマリするんですよ。『ラブひな』はマガジンでやっていたのがとにかく大きいと思いますが。彼ら別にサンデーとかチャンピオンとか読んでまでそういうのを“探”そうとは思っていないから。>ヤンキー「ラブひな」「ときメモ」大好き
カルマ >> 足折れたってことはクラスメートの子にはバレるのか。主人公はこれでフェードアウトするつもりなんだろうけど、動機の仕切り直しになりますね。
kichi >> 「フェアリーテイル」……というか、ナツがここまで圧倒されるっていうのは、エルザよりも数段格上とかそういうレベルなのかなぁ……?とか、ちょっと格の見定めも難しい感じですね……。
ルイ >> それはまさに俺のたかみな先輩の言った通りやん!?←俺の?>必死さ気持ち  
ルイ >> 自分が詳しくないものほど括りが雑になる罠に囚われそうなので僕はそのヤンキー云々は完全ノーコメントな。俺の知り合いは普通に高橋ヒロシ大好きだお。
ルイ >> 本当に折れたらギブス松葉杖になっちゃいますから、物凄い打撲とかで・・・済まないかなぁ。
kichi >> でまぁ、その「君町」ですが……、なんか、順番間違えてない?みたいな気分に……(´・ω・`)
カルマ >> 不良も不良マンガ読んでしゃべり方を学んだって話もあるしなぁw
LD >> 『マルドゥック・スクランブル』ってこういう話なの?(´・ω・`)いや、なんか普通に読切として成立しているからさ。
カルマ >> 最後のコマで包帯ぐるぐる巻きなんで、男友達が落書きなんかしたら一発で同一人物だとバレるw>骨折
ルイ >> 『君町』今更謎の美女を出されましても…w恋の鞘当てくんを出されましても・・・w
GiGi >> ところで君町って昼ドラなのかな?
ルイ >> 『マルドゥック』はこの男はオリジナルで、そちらから本筋のコの過去を眺めたって事でそ。だって、この主人公の顛末あまりに物語的というか・・・なんにもなれないと言われて逃げ出したら自己で半身不随とか…ねぇ。これは一発モノの短編にしか使いづらいw
GiGi >> ゴッ輝はそういう鉾の納め方をしてきたかと。まったく鉄板やで。
カルマ >> 「君町」また時空が歪んだ音が聞こえたんですけど、凄い力技だなぁ…ww そして新しい女の子は見た目が好みすぎてなんも言えない(汗
カルマ >> 「マルドゥック」コミカライズの出張って…と思ったらオリジナルっぽくて楽しめました。
ルイ >> 週マガ版『マルドゥックスクランブル』、この主人公から観れば運命的なボーイ・ミーツ・ガールで、実際彼はそれを機に人生を変えてもいる・・・つまり物語エネルギーは高いのに少女を全く救わない所に、本編の業の深さも感じませますね。道具だては陳腐な面もあるけど、上手い。
LD >> いや、まあ不良云々の話は、僕はそういう経験があって、あるあるwと思えてしまうって事ですねw
LD >> 『君がいる町』ああ……神咲来たんだ…(´・ω・`)(←特に興味のない目)
ルイ >> 『ブラディ・マンディ』響の言う通りすぎるが、響が何も言わなかったらどうしてたんだコイツら・・・w
ルイ >> 神咲何しにきたんでしょうね>君がいる町 今カノと一番フォルムもかぶってしまうわけで、せめてセミロングまで髪伸ばしてからこいや!
GiGi >> マルドゥックは物語としての格の高さがハンパないですな
kichi >> 「ブラマン」は……なんかそんな話も出てた気はするけど、ほんとにクローンなんだ……(´・ω・`;)唖然
ルイ >> いかんよお〜、プルツーが出てきたらプルは死んでしまうよお〜←なんにでも死亡フラグを観る人 >ブラディ・マンディ
ルイ >> >物語としての格 だね。この読み切りがちゃんとしていればいるほどに、それでも全くタッチできなかった物語そのもののエネルギーが逆に伝わってくる。
LD >> >せめてセミロングまで髪伸ばしてからこいや!|な、なんという正論だ。おらはそういうのには拘るぜ!(`・ω・´)
kichi >> 「エアギア」、正直なんの話をしてるんだかいまいち分からなかったりはするんですが、そんでも描写の気持ちよさで読ませてしまう辺りはさすがは大暮先生だなぁ……とか。
ルイ >> 『エアギア』唐突すぎるだろw
LD >> 『エアギア』は、海人話、積んでいますが……なんでだろう、大暮先生のキャラは過去を積めば積むほど、キャラ格が下がる気がする…(´・ω・`)
kichi >> ……う〜ん、そうですか……? いや、分からないこともないですが、今回の話ではあまりそういった印象は受けなかったかなぁ……>積むほどキャラ格下がる
ハラルヤ >> エアギアは本当にいい加減にして欲しいですね。
ルイ >> お、厳しいw
ハラルヤ >> なぜこれ以上話を広げる……。
ルイ >> 読者が一気にいきたい所でもう一度バラマキを始められてしまう不快感はあるやもしれん。でも元々この人の漫画って・・・ふぬぬ。
ハラルヤ >> あの人は自分が天才だってことをわかってないんですよ。変に裸や過去話を入れたり人を殺すから話がとっちらかるのです。
ルイ >> 高評価にたった低評価なのか・・w
LD >> 『ネギま』は栞ちゃんの出番はもう少しねっちり観たかったのですが、さらっと描かれるあたり、すごいつまり方をしています。
kichi >> ……最近の展開自体多重に同時進行し過ぎててわけ分からなくなりつつあったので、あまりその辺気にしてないというかw ……元々大暮先生の作品はその場のノリで大胆な舵切りしてこそみたいなとこもありますしねw
GiGi >> ブンブンビーは結構好きなのだが人気は出なさそうな
ハラルヤ >> ディティールごとにみていくと面白いのに、それを全体の大きな流れに乗せようとしない。それに腹が立つんです。
ルイ >> ふむ。僕はそういう時「乗せられない」という作家評価になってしまうからw
ルイ >> ブンブンビーもモノにしたらマガジン無敵だな。
kichi >> ああ、そういう意味でしたかw それは概ね同感なんですが……すでに諦めの境地でディティールを楽しめばいいやって読み方になってるかもですw
kichi >> 「ネギま」はやはりここでネギくんが一時退場してクラスメート頑張るって展開になるのはこの作品の当初のコンセプト的に考えても嬉しいですし楽しみですね。
ルイ >> そっすね。最近ネギくん独走状態だったからw
ルイ >> まあ、大きい物語に興味があるクラスタは、まぁたまわりくどいと思っているやもしれんが、これも赤松先生の配慮の形ですからねぇ。バトル展開にあてもムサくはしないw
カルマ >> 「ネギま!」は妥当なもんで言う事があまりないw
ルイ >> もうしませんから、最近若手呼んでくれて楽しいなぁw
LD >> む?何気に気づいたが『だぶるじぇい』野中先生のネームとは思えないつまり方しているな?前からそうだったっけか?
LD >> チャンピオンに行きましょうか。
ルイ >> 出番の少なさに鬼が怒っているチャンピオンですよね!
LD >> …見直したけど、そんなに変わってないな?気の迷いだったか…。>『だぶるじぇい』
ハラルヤ >> 今週はチャンピオン読みましたよ。イカ娘ってチャンピオンだったんですね。
LD >> 『範馬刃牙』、まあな。意図はわかるが柴千春に苦戦してるだけやん?とも思える。(´・ω・`)
ルイ >> まあね、意図はわかるんですけどね。これってオーガが根負けするくらいやられっぱなせって事?違う気もするw
ルイ >> ケンカの作法を学ぶといっても、まあか窓の向こうから殴りつけたりするわけでもないと思うので、心構えを学んでいるのでしょうが・・・いやいや、さすがバキさん、しょぼいw
kichi >> ……うんw 正直今更そのレベルの心構えを学ぶんだ?w くらいな印象しか……w>バキ
ルイ >> 『浦安』が悲しい引越し最終回ですた・・・ブワッ
ハラルヤ >> えっ、あれ最終回だったんですか?
LD >> 『イカ娘』ってチャンピオンで連載していたのですよ。
ルイ >> 最終回と言っても誰も最終回と思っていないので、最終回という事を自分で利用した最終回ギャグと言えるかなw
ハラルヤ >> あと、浦安とバキがまだやってたことに驚いたり。
LD >> 『弱虫ペダル』、箱学、スプリンターを切ったようにも見えますが「切り替えのできないお荷物はいらない」と言っているようにも見える。…ここらへんかな?
ルイ >> それはまだ「となグラ!」やってた事を知った僕の驚きほどではあるまい・・・w
ルイ >> 『弱虫ペダル』はようやく箱学がほころびを見せましたね。これまで裏主人公ばりに魅力的だから、なかなか穴が見えなかったけど・・・「能力による絆」である事、これが彼らの瑕疵か。
ルイ >> 高め合った自分たちの実力への自信と信頼で成立しているから、誰かが落ちた時に「持ち上げる」発想がないんだ。それはレース前ならともかく、レース中にすることじゃないという。
LD >> んん…ルイさんそこで瑕疵という言葉を使っちゃう?いや、敗因になるとしたら瑕疵と行ってもいいのかもしれないけどw
kichi >> 「弱虫ペダル」は……う〜ん? LDさんの見方なら、まぁ、分からなくもないんですが……、ほんとにここで切った方がいいならそれは本当に当然としか思えなくて……、でもそういうコースならここまでにもっとスプリンターを使い潰す使い方しなきゃダメじゃん?と思ったりとか……、う〜ん……。
ルイ >> うん。今の所勝負の分水嶺だと思ってます。
LD >> 『シュガーレス』、キリオ……このテンションの高さが、ヤムチャ・フラグだったか…w
kichi >> ……まぁ、やっぱり私は御堂筋の言う“作戦”が作戦と呼べるレベルになってないことが気になっちゃうんだな……。たぶん御堂筋が絡まずにこの展開っぽいことやってれば素直に乗れてたのかもですが、御堂筋が絡んでることで胡散臭さの方を強く感じてしまう……(´・ω・`)
ルイ >> ハコガクと京都伏見は同じパージ戦略を行ったように見える。結果もしばらくは同じ作戦として推移するでしょうけど、ここには納得の違いがありますからね。
ルイ >> まあ、ひょっとしたら山のフドウじゃなかった山の山岳クンがここらでおお仕事をするかもしれない。ただ、それも坂道を観てからのリアクションになるかな。
カルマ >> 「弱虫ペダル」は様子見というか…総北が上がってくるのは確実なので、切った事を後悔する流れが順当ですが…んー
ルイ >> 『シュガーレス』岳と卜部がページ割かれるまでもなく瞬殺されてますが、岳が主人公です。
ルイ >> しかし、マリモの全力パンチで平然としているシャケさん、ちょっとこの世界の力学から隔絶された感もありますね。
LD >> 分かりました。敗因になる可能性はあるかもですね。…でも、僕はそれが瑕疵という気にもならないんですよね。差ではあるけど。まあ用法の違いかな。総北も田所さん捨てようとしていなかったっけ?あれは巻島先輩だけの判断?
ルイ >> 2年はでも、1年とやって、さらにキリオはそのあとシャケにのされているわけだから、情状酌量の余地はある!まだヤムチャじゃないだろうw
GiGi >> パンドラ様ヒロインすなあ
ルイ >> 田所さん、小野田に引っ張られて回復するまでは使い物にならなかったし、金城の為に巻島先輩は動けないしで、あれは是非もない判断ですけどね。それを坂道が願望通りにしてくれた。じゃあ今回のハコガクの判断は、致し方ない判断なのか?ってテーマがあると思います。
LD >> 『バチバチ』はなんか上手いなあ…この阿形と吽形さんの過去話読んだだけで涙ぐませるものがある。
kichi >> 「シュガーレス」なかなか良いまとめ方でした。キリオの扱いはちょっとカワイソと思ったりもしますが、まぁw
GiGi >> ドカベンがやってることは驚いてもらえないのか…
ルイ >> 『バチバチ』は果たしてこの取組に何週かけるかで、この漫画のキャパシティを観たいですね。ここまでは万全。
ルイ >> なんで土井垣さん抗議するん?w
ルイ >> 『みつどもえ』はひとり吉岡のパンツを観る佐藤くんまじアンラッキースケベ。
ハラルヤ >> えっ、ドカベンやってました?気付かなかったです。
kichi >> 「バチバチ」良かったですねぇ……。今回の件で阿行が吽行の“最後を決める”ことになるのかなぁ……?
LD >> >じゃあ今回のハコガクの判断は、致し方ない判断なのか?|うん、二つ見立てがあって。一つは今回、福富さんは切ったようにみえるけど実は別の意図があるって予想。もう一つは本当に切った場合、瑕疵という描きにはならない気がするんですよね。突き詰めると対総北としての敗因になるかもしれないけど。それくらい箱学の裏主人公としての格を観ているって事でもあります。
ハラルヤ >> みつどもえって毎回あんな感じなんですか?
ルイ >> そしていつか、吽形も阿形の最後を決めるんですね。そこまで描かれるかは知らないけれど、それまで見える。
ルイ >> んーと、ハコガクの格は個別にもチームにも僕も素晴らしいと思っていますけど、チームオーダーレベルならこのクラスのチームの戦術理解度なら、普通に飲み込んでいると思うのですよね。
LD >> この物語積まれて、今度は阿形の最後を吽形が決めるシーンが出てきたりしたら……ちょっと感無量だなあw
ルイ >> あんな感じ…どんな感じかわからないけれどもwみつどもえは毎回流れるように動いていきますね。エロかどうかは、千葉氏が関わるかどうかだから全くのランダムですが。
ルイ >> みつどもえはキャラクターが育ってここまで至ったという認識があると、全体的な各キャラの描かれ方に通りの良さを感じるという、何気に積み上げ漫画の側面はあるw
LD >> 敢えてしつこく言うけど『はみどる』まっしゅるーむの不人気が納得いかない……何か世界観的にバイアスがあるのか?と最近考え出した。
カルマ >> 「バチバチ」の長さの話を見て、ふと4巻の王虎戦はどうだったか確認してたらやはりルイさんが長さをごねていたw 
ルイ >> でも桜井先生ひとりでこの濃度のネームやトーンやベタや背景やってうと思うと、コハル先生を殴りたくはなるよね!(笑顔で
ハラルヤ >> なるほど。ざっと見た感じ恐怖新聞が異彩を放ってた気がします。おもしろいマンガのインターバル回な雰囲気。
カルマ >> やばい。それはたまらない。>阿形の最後を吽形が決めるシーン
ルイ >> いや、誤解されては困るなぁw僕自身が長さをごねるっていうのも勿論あるんだけど、長さは長さに相当するリターンが求められるし、それまで皆まんじりとしているしで、全体のにんきの為にも意識して悪い事はないと思うのですよw
LD >> 『ハンザスカイ』、ほんの数ペーシの描きなのに一ノ橋の過去話にうるうるきた。なんぞw
カルマ >> 単行本で読むと気にならなかったんで、この辺は1話1話に触れる時間の長さの差だなぁとw>バチバチ
kichi >> 「ハンザスカイ」も良かったですね。まさか消化試合にこんな熱を乗せてくるとはなぁ。
ルイ >> あと今回の話は王虎の時同様の速度論的な側面だけではなくて、吽形と大綱がかなりの大相撲を取ったわけでしょう?それを「経て」の阿形戦である所に、描きの意味が加わると思うんです。僕は「吽形はまともにてめーみたいなカスの攻撃を受けたから目とか足とかああなったが、まともにやれば」を短さで表現するのはアリだと思う。そういった意味も含めての長さチェックですね。
ルイ >> 『ハンザスカイ』めちゃくちゃ良かったですね!!正直、自分達のチームが負ける時にバベルがやったっていいテーマだよ!?
カルマ >> 「ハンザスカイ」良かったですねぇ。
kichi >> 「ケルベロス」は……助かると思っていいのかな……?(((´;ω;`)))
LD >> 『冥王神話』、パンドラ様の活躍にめちゃめちゃ期待していた僕が、いざ戦ってみたらキャラ格下がるほど弱かったこの現実に、萌えているのは何故なんだぜ?(´・ω・`)
ルイ >> 今回だけの一ノ橋先輩、名塚さんがカッコいいんだ。しかも蓮城に3タテ食らって負けたとはいっても、ポイントを観ると・・・!>ハンザスカイ
ルイ >> 全員が必死に戦った紙一重の戦いだとポイントが物語っているから、先輩の目をそらすな!もカッコいい。本当に、空手道を歩むものへの敬意がとてもまっすぐだから、こんな突然のゲスト回想にも魂がこもるんだなぁ。
kichi >> 「冥王神話」はほんとパンドラ様がいいヒロインっぷりでしたw 萌えたw あと、アローンの瞳の描写力に唸ったり。
ルイ >> 『ケルベロス』舞美は助かりますが、この場合墓守との対比として描かれるであろう常世の対処にあたってしまった人達が・・・。先週の回想でも、金太郎みたいな常世が日記書いてた人の頭吹っ飛ばしたわけだし。
LD >> 松島先生の新連載は何かいろいろと興味深いものなのです。(´・ω・`)
ルイ >> 『冥王神話』は良かったですねえ。PCで漫画描く利点ってここにあるんだw
LD >> 『キガタガキタ!』は、ちゃんと単話に戻るところが、心得た展開なんだぜ?(´・ω・`)
ルイ >> 『ナンバデッドエンド』はできちゃって更生!
ルイ >> 『キガタガキタ』は、時には恐怖新聞に従うしかない例を出したり磐石ですね。
GiGi >> どっちと?w>出来ちゃって更正
LD >> 『任侠姫レイラ』…え?なに?…この展開、百合的ななにか?(´・ω・`)
カルマ >> 「キガタガキタ」良いですねぇ。ていうか恐怖なのかこれはw 読者的には怖いけどw
kichi >> ……(´・ω・`;)。o(……百合をなんだと思ってるんだろう……?)
LD >> って言うか、恐怖新聞、その手で攻めたら冥くん身動きとれなくね?w「今日は一日平和でした!」とかさw
ルイ >> 別にHせんでも・・・wとにかく、大切な人によって責任とらざるを得ない立場に追い詰められたらデッドエンド生還可能って予言ですよ!
ルイ >> http://www.youtube.com/watch?v=_7e1MBnkS_w&feature=related だから百合ってこれでそ?w
ルイ >> そう、恐怖新聞、せめて恐怖しばりは入れてくれといいたいw
LD >> まあ『任侠姫レイラ』は掲載位置が、いっつも後ろなのが恐いのですけどね。…もしかしてカムイ社長編で終わり?
ハラルヤ >> やっぱりアレは異色回であってたんですね。
kichi >> (`・ω・´)ノ百合と認めます!>杉崎キャラソン
ルイ >> とはいえ、キガタガキタは全編変化球と言えるかもしれない。原典である恐怖新聞をうまく情報圧縮に使ってますね。これ、原作知らなくても楽しい・・・んだよね多分?
LD >> ナンバくん、ホントにデッドエンド〜ヤクザ映画とかでチャカで撃たれて生きているか死んでるか分からない感じに寝るエンドとかあるじゃん?〜もアリかな?という気がしてきました。
kichi >> ……う〜ん、続いてほしいものですけどね……(´・ω・`)>レイラ
ルイ >> まあ大雑把に恐怖新聞のルールと、原典はなんだかんだバッドエンド、というのを知っておけばいいか。守護霊がそのうち幼女で出てくると思ってるんだけどw
kichi >> ちょw>ヤクザエンド
ルイ >> そんなの、不良経験者死すべし!みたいな救いようのないテーマになるじゃないかw
LD >> 原作知らなくても楽しいと思うけど……原作は最初、恐怖新聞のシュールさを恐怖に変える演出と、その配達からの逃げられなさをねっちり描いているから、その部分の納得値は省かれている所がありますね。>『キガタガキタ』
LD >> いやいや、今上げたヤクザ映画のデッドエンドだって、別に「ヤクザは死ね!」ってメッセージとは違うから、そこは描き方だとは思うのよw
ルイ >> しかし、退学に追い込んだルート自体が「どんなに更生しても」という、ギアス的には「過去 からの 刺客」状態だからなぁ。デデデデデッ!(BGM
ルイ >> ナンバデッドエンドがペパーミントキャンディに見えてきたわ・・・w
LD >> うん。それなら、いい不良として死ぬのも一つの手かなあと思ったり。まあ、飛躍したヴィジョンであるのは認めますがw>「過去 からの 刺客」状態
ルイ >> 『ANGEL VOICE』のまるで隠しのない物語組みにも注目したいところ。お涙ものを安く見せないには正攻法って事かな。
LD >> さ〜って!今週の一番は!(サザエ声)
LD >> 『エンジェルボイス』を観て、葉鍵のヒロインが脳腫瘍だった説を言い出したりした人がいた。(`・ω・´)
ルイ >> 『ワンピース』『ケンイチ』『AKB49』『ハンザスカイ』『シュガーレス』あたり?『バチバチ』もいいけど。
ルイ >> だ、だ、誰だ!!!!俺がおもいっきり可愛がってやる!>葉鍵〜説
GiGi >> マルドゥックでいいんじゃないかな。それかワンピース
LD >> ジャンプは……『スケットダンス』と『ライトウィング』?
ルイ >> マルドゥックねえ。さっき言った僕が好きなポイントって伝わっているのか自信がないw
kichi >> ジャンプは……「ワンピ」か「ライトウィング」でしょうか。……ん〜、「ライトウィング」で。
ルイ >> ライトウイング好きね皆!いや好きだけど!
LD >> サンデーは…『神のみぞ知るセカイ』と『電脳遊戯クラブ』?
LD >> マガジンは…『AKB49』と『A−BOUT』?
kichi >> サンデーは……まぁ、「神知る」になりますかねぇ……。「アラゴ」もインパクトは強かったですが……(´・ω・`)
ハラルヤ >> 僕は例によって「神のみ」推しです。か、「ケンイチ」
GiGi >> 間に合わせの材料でも心を打つ料理は作れるのじゃよ
LD >> チャンピオンは…『ハンザスカイ』と『冥王神話』?
kichi >> マガジンは……ん〜、「ネギま」?
GiGi >> ライトウィングスキスキ。
ルイ >> 僕の言いたい事は、間に合わせで作った心を打つ料理でミリ単位でも笑顔になれない人は普段どんな料理を食べてるんだろう的な・・・ああ!例えに乗っかるとてんやわんやだ!w
LD >> 何に対して言っているの?> 間に合わせの材料でも心を打つ料理
ルイ >> マルドゥックですよ。
kichi >> チャンピオンは……「バチバチ」「ハンザ」「冥王神話」。……んん〜、凄く悩むけど「ハンザスカイ」かな。
カルマ >> ジャンプは「ライトウィング」ですかねぇ。サンデーは「神知る」。マガジンは「AKB49」。
ルイ >> 『ワンピース』だろうな!(どん!)もしくはAKB!(きゅん!)
カルマ >> チャンピオンは「ハンザスカイ」「バチバチ」。
LD >> いや、『マルドゥック』も単話として良かったですよね。
GiGi >> ライトウィングはここでなくてもいい。
LD >> 『ライトウィング』、『AKB49』、『ハンザスカイ』のどれかだと思うんだ。
ルイ >> 単話として良いけれども、道具立てがわざとらしい(そのへんがありあわせ)な限界はあるかなと思う。しかし、単話として良いからこそ、この単話の主人公でミリ単位も救う道を見いだせなかった「本編」の深さに身がすくむ思いがするという意味では、正しく宣伝読み切りでござった。
kichi >> 。o(マルドゥックまだ読めてないなんて言えない……)
ルイ >> よし、そこそこ言いたい事を纏められたZO!
LD >> じゃ、『AKB49』か『ハンザスカイ』か。
ルイ >> 案外ワンピの評価低いのね。じゃあ僕はAKB推しですが。誰推しじゃないけどw
ハラルヤ >> 僕はケガの理由があまりにバカバカしかったので、そこから先読みませんでした。
ルイ >> あら、とてもわかりやすいw>あまりにバカバカしかったので 寓話的に過ぎる所はありましたね。
LD >> まあ、『ハンザスカイ』でしょうか。脇役…どころか一回戦のモブクラスのチームなのに『ハンザスカイ』のスピリッツが込められていた一回だと思います。
ルイ >> いや、訓話的、か?w
LD >> 『ハンザスカイ』にします。
ルイ >> 僕も怪我に至るまでの流れは、ちょ、こんな道具立てで人に噂されるような話になんてなんねーよ!だったりはした。まぁ結果スピンオフで納得したんですけど。いや、ソウルはこもってましたよ。
ルイ >> AKBとても可哀想…こんな沸点AKBには二度とないのに・・・←褒めてるの貶してるの?
ルイ >> まあ、ハンザスカイは「まさにハンザスカイ」なエピソードでしたね。重ねて言うけど、3タテとはいっても全て大接戦な事に注目してあげて欲しい。
LD >> それでは。お疲れさまでしたよ。
ハラルヤ >> 主人公が女の子(名前忘れた)とウフコックじゃなさそうだったので、ケガの出だしを含めたんなるメディアミックスだと判断しました。
kichi >> おつかれさまでした〜
ハラルヤ >> お疲れ様でしたー
カルマ >> お疲れ様でした〜。今日は久々に?長かったですね
ルイ >> いや、そういうわけではないと思います>単なるメディアミックス 先程から僕が言っている通り、この読み切りで「原典の救われなさ」というかな、そういうものはふんだんに描けていると思う。それは、この短編自体は奇跡に彩られたKEY作品みたいな展開だからこそ、なお映えるんですよ。だってそんな展開すら許す神が赦さなかった闇がそこにあるって事なのでしょうから。
ルイ >> ちと読んでみたいと思ったのだから、まあ成功なんじゃね?
ルイ >> しかしチャンピオンに甘い連中だぜえ。仕方ねえなあ!
カルマ >> メディアミックスのしかも宣伝と思って読んでみたら面白かったので、そういうこともありますよとだけ。>マルドゥック


■■■■2010年11月05日■■■■
LD >> 【今週の一番】チャットは今週土曜日(11/6)深夜24:00に開始予定です。


■■■■2010年11月07日■■■■
LD >>
LD >> |ω・`)
LD >> |ω・`) おぼんば。
LD >> 『ぬらりひょんの孫』DVDシリーズ全8巻ですか…。
LD >> 2クールだすな。
LD >> まだ『ミルキィホームズ』は観ていなんですよね。
LD >> …が、『ヨスガノソラ』がけっこう良さそうだな…と。
kichi >>     ……こんばんわ……(´・ω|なんかもういろいろ追いつけなさそうとか思いつつ……
LD >> 『それ町』は、ちょっとイメージと違うけど、楽しい。…つか、よりによってエビちゃん話が時間移動で切れるとは…orz
kichi >> あれ?ぬら孫2クールなんですか……。2クール目に入ってグッと面白くなってきてたんですけどねぇ……(´・ω・`)カッパってあんなカッコよかったですっけ……
LD >> こんばんは〜。年末、かなり、お忙しいですか?
LD >> あんま、そんな感じもしなかったんですけど、DVD全8巻って言われちゃうとね。(´・ω・`)>ぬら孫2クール
LD >> 『イカ娘』も『神のみ』もいい感じですね。原作ものが好調に観えます。
kichi >> ……う〜ん、年末だからというわけではなく、ちょっとゴタっとしたことがあったものでして……(´・ω・`)……ま、時間的にそれほど酷い状況ってわけでもないんですが(以前と比べたら……)、ちょっと精神的にやられたりとか……
LD >> そうですか。深くは聞きませんが。>ちょっと精神的にやられたりとか
LD >> む、他の人が来ませんねえ。
kichi >> 「イカ娘」は脱落……。「神のみ」ははじめから見れません……(´・ω・`)あと私が見てるのは「ざくろ」「そらおと」「百花繚乱」「パンスト」「ミルキィ」「俺妹」「えむえむ」「スパロボOG」「赤い約束」……あと「アラド戦記」かな。あ、ネット配信じゃないから忘れがちだけど「スタドラ」もw ……今期私にしちゃ多いなぁ……
LD >> まあ、ぼつぼつ、ゆっくりjはじめましょうか。
LD >> 「アラド戦記」感想教えて下さいw チープなアニメだと思うんですが、僕は噛めば味の出るスルメのようなアニメで好きでしたw
LD >> 「ざくろ」「そらおと」「百花繚乱」「パンスト」「ミルキィ」「俺妹」|→ここらへんはかなり良さそうですね。
LD >> ジャンポイから。
カルマ >> こんばんは。一番前に仮眠する予定が日本シリーズに潰されましたw 
LD >> 『ぬら孫』のED良いですねえw
kichi >> 「アラド戦記」好きですねw ……単純というかB級というか、凄く安い脚本だなぁ……って思ったりはするんですけどねw、でもまぁ、変なノリとか、なんか面白いです。パーティーコールとか好きw あれ最初の一回をもうちょいちゃんとやれば良かったのにっては思うんですけどねぇ……。
カルマ >> 「神知る」面白いですね。テンポも早いし結構なところまで行くかも。
LD >> 『ブリーチ』が新章突入なわけですよ。死神の力を失っている。ジャンプ表紙をみると一護が仮面ライダーの新番組に見えるという。
ハラルヤ >> こんばんは〜
kichi >> いまんとこ「ざくろ」が一番好きかなぁ。四話ラストの薄蛍と小さい妖怪の子とのやりとりは泣けたなぁ……。
LD >> 『アラド戦記』B級で安いですよねwでも、おちゃらけ方が好きというか肩の力が抜けている所が好きですw
LD >> こんばんは。
kichi >> 「ぬら孫」EDは、曲的には1クール目のが好きですが、ぬるぬる動く映像的には2クールのもなんか良いですねw
LD >> 『ざくろ』いいですね。『そらおと』もいいですね。“意外”に良いなと思っているのが『百花繚乱』と『パンスト』です。
kichi >> 2クール目のEDはちょっとやり過ぎたんじゃ……って気もしますけどね……(´・ω・`)>アラドおちゃらけ方
kichi >> あ、EDじゃない、OPだ。>アラドやりすぎ
LD >> う〜ん、何でしょう?死神代行の力を失った上で、ホロウと戦うとか?かなり苦戦しそうですけど。
LD >> プロゴルファー猿ですね。(`・ω・´)>アラドやりすぎ
kichi >> 「百花繚乱」は私も好きな感じですね。幸村や千姫はもちろんとして、その従者の娘とかメイド忍者とかまでよくまわってる感があって良いです。
ルイ >> 今帰宅三行。
ハラルヤ >> 今日はアニメの話ですか?
LD >> 『バクマン』、う〜ん、山久さんって編集はなかなか不思議というか中庸な立ち位置で編集していますねえ…。いや、好きなキャラ、注目しているキャラです。…ところで静河くんってどうなったんでしたっけ?(´・ω・`)
kichi >> 「パンスト」はダイエット回が面白かったですねw あれは確かに突き抜け感のある酷さでしたw
カルマ >> ぬら孫2クール目から面白いと聞いてなんとか観なくてはと思っている所ですw
LD >> いえ、今週の一番はじめる前の、軽いジャブとしてアニメの話を振るのが習慣になっているのですw>ハラルヤさん
カルマ >> 「ブリーチ」様子見感の強い再開1話でしたね。
ルイ >> うん。西村ジュンジュンの趣味性とジャストではまってる感じですね>ぬら孫2クール目
ルイ >> しかし、こんなに一番開始とアニメトークがCROSSしている事はこれまでもあまりなかったように思うw
LD >> 1行目ぬ。2行目る。3行目ぽ。(´・ω・`)
ルイ >> 『BLEACH』は、死神の力は失ったが蓄積としての基本的な運動能力は上がっている、というのは穏やかな作りで良いですね。これが最終回ならいいのにw
ハラルヤ >> なるほど。説明ありです〜>LDさん
カルマ >> 「女なんて幻想や!それをわいがマンガにしたる!」とか言ってたのは覚えてます。>静河くん
LD >> そしてエイジもラブコメですか……読切全員ラブコメってどうなんでしょう編集長?「面白ければ載せる」なのかな?
ルイ >> 『バクマン』は未だ異色タッグの芽はあるかなぁ、と思った所で、地方に帰ったあの男の再登場の目もあるかとか思ったり。それにしてもラブコメ枠はジャンプ原則的に厳しいですからね、どうなることやら。エイジそんなもんも描けるのかよ!
kichi >> 。o(あれ、チャンピオン見つからない……。軽くバーコードカノジョにはまって部屋ひっかきまわしたからな……orz ま、チャンピオンの話になるまでに探せばいいか……)
カルマ >> 「バクマン」僕も中井さん再登場かなと思いましたね>作画いない
ルイ >> 『ワンピース』は潜り出したりして、「泳げない」という悪魔の実の枷がまるで機能していない所がさすがだなとw要はあれ、「人に海を物理的に支配させない」為の設定でしかなくなってますね。
LD >> 実際、死神の力を引き換えにして藍染を倒す事は“まるで最終回のように”盛り上げる事が可能だったと思うのですが、さらりとやってしまいましたねえ。ちょっと惜しい所ですね。>これが最終回ならいいのにw
ルイ >> 『スケットダンス』はギャグ回のネタをシリアスに「引く」とどうなるか、という物語。まぁこれも先人が開拓しつくした道ではあるのですが、スケットでは初めて見たかな。
LD >> 地方に言ったあの男、今度は岩瀬さんに手を出しますか?(´・ω・`)
kichi >> 「バクマン」は……客観的にはなかなか面白そうと思いつつも、なんとなく、こう……なんでしょうね? やっぱラブコメばかりになったら少年誌的にはマイナスだよなぁ……って気持ちが強いからかなぁ……。
ルイ >> BLEACHの処理が漫画的にダメなのは、「死神の力を失う」を藍染さんに言わせてしまった所ですかね。親父との修行の際にそういう選択肢を出していないので「倒すくらい強くなったらまあ結果として失った」というか…決断のエネルギーが乗りようがない。実際続くんだからそれでいいって考え方もあるでしょうけど、BLEACHみたいな作品は毎回ハッタリで引っ張ってるんだから、展開もそうせんとね。
LD >> え?それで、女で身を持ち崩して、文字通り、人知れず、読者知れず、退場ですか?(´・ω・`)>静河くん
ルイ >> 流れで力を失ったのが、今の展開に持っていきたかっただけなんだなーと透けて出てしまってイクナイ。
ルイ >> 静河流はそのうちSQあたりで描くんでそw
LD >> ですね。この技を使ったら……死ぬ!!くらいの盛り上げをしても良かったように思えます。>『ブリチ』
ハラルヤ >> ブリーチは今週だけ読むとものすごいおもしろいマンガに見えました。たしかにあたらしい仮面ライダーっぽいですw
ルイ >> 『トリコ』はメル娘(命名)ちゃんはさておき、次のクエストへ繋げていきましたね。本物メルク、あまりに素晴らしい材料たちに心奪われてその場で研いでるってあたりかなw
kichi >> 「ワンピース」良かったですね。全員集合の描写は想定範囲内としても、送り出す側の描写がこれだけあったのはやや意外というか……、シャボンディ来てると思わなかったですからねw ……しかし、なんかペローナちゃんには付いて来てほしく思ってるんですが……、なんだろ?
ルイ >> 先週のレイリーで描かれていたものの拡大版ではあるんですけどね。一周目との出発との差を出している>見送り
カルマ >> 「人気作家読み切り」の企画自体が編集部判断で「ラブコメ読み切り祭」に置き換わったりするとちょっと面白いですけど>「バクマン」
LD >> 『エニグマ』ですが、シャドウとか、かなりオカルトというか…あれですね。超能力もキテレツというか、現実を歪めるくらいの能力のもののようだ。
ルイ >> いいねラブコメ縛りw極端なジャンプバトルアンチテーゼw
LD >> うすた先生の読切『ポー』は面白かったというか、やっぱりうすた先生いろいろ上手いね。
ルイ >> 『エニグマ』の先走り感はいかんともしがたいので、なんとか良い子の興味を引っ張っているうちに「なんとなく積み上がっている形」になるまで粘るしかないかな。
ルイ >> うすた先生面白かったですね。忍空みたいだったけどw
ルイ >> 蓮舫議員から名前を持ってくるセンスがわけわからんw>ポー
カルマ >> うすた先生良かったですね。
LD >> 『めだかボックス』、めだかちゃんの前でボロ布みたいに転がっているのが新手のマイナスだって事ですかね。……分かりづらいな。
ルイ >> 『めだかボックス』んー、まあ、なんか、なあ。色々勿体無い一話ね。
kichi >> 「エニグマ」は、ジョジョみたいに能力のキテレツさ自体を魅せていきたいのかなぁ……?って感じもするんですが、だとするとミステリ的な組み方はあまり良くないというか、読者を困惑させる面が強過ぎるような……って印象? ……ま、未だに掴めないという印象の方が強いんですがw
ルイ >> まず、球磨川が「めだかは動かない」と読んだなら、それは彼の格からしてかなり確固たる読みで、それは「これまでのめだかなら動かなかった」という事なんですよね。それを今のめだかは動いた、という所の変化の見せ方がイマイチ。日々の蓄積でそうなった形なのに、その場で説得されて動いた軽さになってしまっている。勿論、蓄積あったればこそ一言でスイッチ切り替わるってことなんだけどね。描きがうまくないからピークになってない。
LD >> 『べるぜバブ』…なんか正念場な気がする。ハッタリ・ポイントはかなりたまったのでこれを上手く昇華できれば良いよ?
ルイ >> 掲載位置だけ素直に観れば、なんとはなしにエニグマは脳みそ刺激してるっぽいですけどね、読者を。まぁ、そういう風にジャンプが演出しているという読みもあるw
ルイ >> 『べるぜバブ』ねえ。まあ、あんまり言う事ねえなあ。悪魔つきスタンドバトルになるのか。
ルイ >> 『めだか』で続けると、演出的にピークの描きになってないから、互いに間抜けで(姉貴も間抜け)、ご都合的に展開に流れるという三方三両損な形になってるなーって話。
LD >> 『エニグマ』、kichiさんに同感ですね。少なくとも、普通の『読み』としては。だって、この設定、どんなに難しい謎やサスペンスが仕掛けられても、有り得ないような超能力で解決できるって事ですよね?そらはよっぱど慎重にやらないと、読者はしらけてしまうように思います。
ルイ >> 『保健室の死神』単話描かせると大安定だけど、そろそろパンチが欲しくもなってくるか?
ルイ >> 『逢魔が刻動物園』は、このカップリングが一番映えるよね、明らかにw
カルマ >> 「エムボマ」はもうそんなに楽しめてないです。能力ものとして読んだ方が良いんだろうなたぶん
カルマ >> その場で説得されて動いた軽さになってしまっている<あぁ、確かに。
ルイ >> 『ライトウイング』ですが、ヒロインの出すタイミングも、また、彼女を女々しいキャラにしなかったあたりも色々自覚っぷりが滲みでていて流石ではある。ただ、花というよりはネタ要因臭いがw
kichi >> 「めだかボックス」は……たしかに勿体無いという印象はある一話でしたね。でもまぁ、若干格下の人物の回し方みたいな意味では好きな展開の仕方ではあるかもで、そんなに悪い気もしてなかったりw めだかちゃんが動いた件に関しては不知火の格が今のトコ不明で球磨川との比較すらできない感じなんで、私は気にならなかったです。
ルイ >> エムボマ言うなw
カルマ >> …我慢できなかった。>エムボマ
LD >> え〜っと『めだか』は展開がトリッキーなんだけど、そのトリッキーさに、普通の演出をはめ込もうとして展開の流れがギクシャクしているのだと思えます。…何か大鉈ふるうくらいのネームが必要かも。でも、今回特にキーになる回でもないので早く流してたという事でいいのかも。
ルイ >> 唯一格上げしたのは不知火って事は言える。
ルイ >> 展開が恣意的なだけに、毎回それなりのものを乗っけないと構築ぶりが透けて出てしまうって事かもなー。>めだか
ルイ >> 『いぬまるくん』はもううすたポジションを与えてもいいかもってくらい堅いですね。
カルマ >> 「ライトウィング」好きですね。スポーツマンガとして死なないよう上手く取り込めてるし十分可愛いし。
LD >> 『ライトウィング』、やあ、ヒロイン出さなきゃ〜って心意気は分かるんですが、どうなんでしょうね?こういうマンガだから、主張弱く地味〜な巻き込まれヒロインにした方がよかったかも。いや、回すの観てからの話ですけどねw
ルイ >> リヒトくんの「俺になれる」という判定が凄まじくキャッチーでいいですね。入り口で選民してるんだけど、それは部の退部者と同じ。
kichi >> 名瀬ちゃんの格をどうしたいのか、結構揺さぶられてる感じはするんですよねw 先週のヒキではもっと格高く本筋を揺るがすような存在になるのかな?と思ったんですが、今週を見るとそうではなかった……?という印象でw でもまぁ、まだどうなるか分からないとは思うんで、その分からなさ加減は面白いかな?とかw>めだか
ルイ >> ヒロインのフィールドを持っていないのは良い選択だと思いますね。サッカーの場に入ってきてくれるのは味付けにはなってもノイズにはなりにくい。
LD >> 『黒子のバスケ』の正解は引き分けでした。
ルイ >> それは、キャラを地味にするというテニスの王子様的な選択の真逆であると同時に近い選択ではあるんですよね。異分子などとしては置いていない。ただ、この場合解説視点が確保されていないかな・・?まあ、この娘サッカーには疎いからその辺も兼任でしょうね。次は指導者か。
LD >> 『ぬらりひょんの孫』、羽衣様から「お父様」入りました。(`・ω・´)
ルイ >> 『黒子のバスケ』は黒子のドライブが見せ場あるんだかないんだか微妙な所で終わりましたが、緑の格を維持したいなら引き分けでいい。まあ限界超えた分緑が次失速ってのが描きかな。
ルイ >> 『ぬらりひょんの孫』は、お父様入っちゃったZE!!!何か色々な漫画を思い出す展開だ!w
kichi >> 「ライトウィング」……ヒロインもかなり理詰めで組まれたような印象の子ではありますねぇ……。ま、悪くはないんですが、ちょい重いというか……、ヒロインは単純に華を添えるだけでも良かったんじゃ?っていう気分はあるかも。
kichi >> 「黒子」は引き分けかぁ……(´・ω・`;)う〜ん?
LD >> 『保健室の死神』は……よいな。っていうか苦しい中で安定させたイメージ。
LD >> 主張が強いキャラに見えるんで、そのキャラを維持しなきゃ…って意識になるとつっかえる感じ。まあ、使い方次第なんですけどね。香車の位置に銀が置かれた感じ?w(←なにが?)
LD >> さて、サンドラ・ブロック。
ルイ >> 香車のほうが主張強いように思える件。
カルマ >> 「ぬらりひょん」…は、うーん。どういう展開が入るのか。
ルイ >> サンデーはなんつってもケンイチの「死んでもよ!」ですか。
LD >> 『ケンイチ』、アパチャイ死んでるね?マスタークラスが死んだと判定しているなら、アパチャイ死んでるね?
kichi >> 「保健室」は……う〜ん、良かったとしか言葉が出ないなぁw 四女さんの弟の扱いの酷さも俺妹の妹の酷さと比較すると云々とかなんか考えたりはしたんですが、どうでも良くなってきたw
kichi >> 「ケンイチ」は……どういうことなんでしょう?(´;ω;`)文字通りの黄泉返りがあったという解釈も可……?
ルイ >> 弟子クラスと達人クラスの差を延々と描いてきた作品だけに、このレベルの「奇跡」ならあっていいんじゃないかと思える事自体が既に『ケンイチ』の積み上げの勝利臭いが。
LD >> 新連載の『ちいさいひと』はつらくて読めない件。(´;ω;`)
ルイ >> 小さいけれど「子」より「人」というタイトルもストレートね。
ルイ >> 『アラゴ』やっぱりブリューナクさんはやってくれた!w俺は信じてたよ、ブリューナクさんを!w
カルマ >> サンデー新連載きついですねぇ…しかしえらく重たいのを持ってきたな。
ルイ >> しかし、ブリューナクさんにちゃんと仕事されると、なるほどこの展開はおやっさんがアラゴを受け容れる為に最善の展開なんだなってのがよくわかりますね。
kichi >> 「アラゴ」はとりあえずホッw
カルマ >> 「アラゴ」絶望感漂う説明台詞が積み上がりましたが、あっさり助けましたね。
LD >> いや、良い事ですけどね。マガジンも時々、ドラッグの話とかやるしね。>重たいのを持ってきたな
ルイ >> ブリューナクさん、若干イマジンブレイカーじみてきましたねw
ルイ >> 15の夜の話はやめてもらおうか。
ルイ >> 『キングゴルフ』はなるほどねぇ、描きのバランスとしては一番いいところかもしれない。とりあえずイップスは克服したけれど、そこで満足しちゃうからこの試合では脱落、というバランス。
ハラルヤ >> ケンイチは来週まで感想は保留ですかね。
ルイ >> 『はじめてのあく』は、生んだキャラを連チャンで出しすぎるのはちょっと安くなってしまう悪手かもしれない。
ルイ >> 『ディフェンスデビル』は、良い過去回想だけど、なんか出すタイミングがよくわからないw
ルイ >> 『ハヤテのごとく』は何やってるかよくわかんねーず。
カルマ >> マガジンのはさっぱり乗れないのにサンデーの新連載は響くなぁ…という違いを感じます。視点の違いかなぁ。
LD >> 『キングゴルフ』のこの戸川の着地ラインは好きですね。いいバランスというか、蒼甫のキャラクターは“暴君”で積んできているとは思うんですよね。今後も、暴君で居続ける事は少年マンガ的に難しそうですが、少なくとも出発点はここだなと。
ルイ >> ただ叩き潰すだけじゃ救いがないからね。漫画的にも、ゴルフ的にも。
LD >> 『神知る』は、教員子と、後輩子が落選しますた……orz
カルマ >> 「キングゴルフ」最近特に良いですね。
ルイ >> 『神知る』教員子は使いでいいと思うんだけどね。専用に組むとちょっと重たくなるか。危険因子避けたって感じかな。
LD >> マガジンの『15の夜』シリーズなんかは、ドキュメンタリータッチに描く事で、キツ部分も一歩引いて観れるんですよね。今回の『ちいさいひと』はそれをモロにドラマ演出でぶつけてくるから、ダイレクトに来るのですよ。
ハラルヤ >> 桂馬のすこし寂しそうな表情がよかったです。
カルマ >> 「神知る」ちょっと女神持ちの基準がわからないかな…うーん
ルイ >> 攻略期間が短いほど、とか、最初に無関心なほど、とか色々ありそうね。
kichi >> 「キングゴルフ」良かったですね。しかしスイングもイメージで矯正してしまいましたかw
LD >> それから、基本、前半落としていた子の中に女神はいるだろうという絞りをするつもりかな?>『神知る』
ハラルヤ >> 年齢?
kichi >> 「神知る」はある程度整理してきたというか、正直暗中模索に思えたのが、こんな風にハッキリいないと分かる例もあるのを示してきたのは分かりいいですねぇ。
LD >> あと、盲点的にいうとアクアに駆魂は入ってましたよね。
ハラルヤ >> 桂馬と同学年とか。
LD >> 『マギ』は、モルジアナさんが生きてますよ?(´・ω・`)なにこの子こわい。
LD >> 桂馬は作為を感じるという話をしていましたけどね。…んんん、偶然で片付けない設定が難しいなあ…?
ルイ >> 『マギ』は、これ以上引張らなそうで良かった良かった。
kichi >> 「最上の明医」はこの女医さんが真犯人ってことは本当の本当に確かなの?ってのがいまいち確信を持てなくて、読んでてすっごいモヤモヤする……
カルマ >> うん…どういう説得力ある基準を持たせるか…うーむ。
LD >> 『戦国ヤタガラス』やべえ。佐渡やべえ。戦国時代やべえ。(`・ω・´;)
kichi >> ……ああ、あんま気にしてなかったですが、確かにこれはどう考えても死ぬなぁ……w>モルジアナさん
LD >> 『月光条例』、よし分かった。明日から一寸法師の姫君。レギュラーな。(`・ω・´) チルチル君、きみはクビだ。
kichi >> 「月光条例」は……ほんと、もう、何度言ったか分かりませんが、いくらなんでも長過ぎます……orz
LD >> 『ディフェンスデビル』、『DD』は良い話でしたねえ〜w
GiGi >> おまたし
LD >> 『オニデレ』は、正のモテオーラにも貫禄が出てきました。
GiGi >> 藤木先生には百合属性がないのがよくわかる
LD >> よし。マガジンだ。真島先生が一挙3話(休みなし)とか言っているマガジンだ。
ルイ >> マガジンなー。
kichi >> 「はじあく」は、まぁ、黒澤さんのターンはここまでなのかな?って気はしちゃいますね。……百合アリな反応してたユキちゃんが良かったです(ぉ
GiGi >> 史上初とか言われてもw65ページ自体は史上初でもなかろうにw
kichi >> あ、確かに藤木先生自身には百合属性なさそうですね……orz
LD >> …で、あれなの?メストって男は、つまり、シドニー・マンソンなの?(´・ω・`)
GiGi >> オニデレはサヤさんもムチムチだという以前からの疑惑をずばり言ってくれたw
GiGi >> ブンブンビーが何故か前のほうに載ってるけど、やっぱり悪くないね
ルイ >> シドニーマンソンと聴いて俺登場!!
カルマ >> 「フェアリーテイル」…楽しげだったのにまた外部の敵勢力が出てきて嫌な予感がしてますw
GiGi >> A-BOUTはブログの記事にしようと思っていたんだが、今から書くか。
GiGi >> 今回はそんなに嫌な予感はしないかな?>フェアリーテイル
kichi >> ああ、「フェアリーテイル」は割とカルマさんに同意です。外部の敵が出るにしてももうちょい試験を進めてからにしてほしかった……(´・ω・`)
ルイ >> ABOUTは、やー面白いですねえ。
LD >> ん〜『ブンブンビー』……RZ50かあ(汗)まあ、原付からはじめるコツコツ感がいいのかな。
カルマ >> ABOUT面白かったですね。 そしてこれを貼らねば。つか1万再生したのか凄いな。http://www.nicovideo.jp/watch/sm12627438
LD >> やあ、しかし、この外部の敵、ず〜っと昔っから伏線張ってた黒魔道士ぜレフの名前を持ち出しましたねえ。
LD >> 『A−BOUT』はこのスチャラカな展開が、『もうしま』に出ていた作者のキャラとよく似合うw
GiGi >> そうそう。それ、アップしたの市川先生自身なんじゃね?という疑惑w。仕事がジェバンニ過ぎるw
LD >> 『君がいる町』ほうほう。21才のお姉さんがいきなり誘惑ですか。(´・ω・`)
カルマ >> 投稿日時、火曜の23時?確かにちょっと早すぎるなぁ…w>動画
ルイ >> 『君がいる町』はようわからんけど、恋愛原子核してるなぁw
GiGi >> 投稿者のおにぎりさんはβ時に取得された古参垢だが過去の投稿履歴無しとかいろいろ怪しすぎるw
カルマ >> 「君町」展開的にはどうしようかという気分なんですが、お姉さん好きとしてこのデザインは…くそっ好みだw
GiGi >> ええと宗教の勧誘とかですか(ぇ>君町
LD >> 動画面白かったwああ、でもコマにスキャナーの影が入ってて、作者ならこれは取るんじゃないかなとか思った。
LD >> っていうか短期で1万再生越えって事は『A−BOUT』けっこうブレイク?
LD >> 『エデンの檻』人間消失か…。普通なら隠し通路があって、誰かが連れ去ったんだけど…。
ルイ >> 動画面白かった。こんなん本物じゃないっすかw
GiGi >> ここで人工施設がみつかったりするといよいよ終わりが近いのかもしれませんね
LD >> 『AKB49』は、マンガで見るとあからさまに男の子だから、よくばれないなあと。
ルイ >> 『AKB49』は、twitterでも言ったけど、浦河みのりを可愛く描くかどうするかの瀬戸際に立ってると思うんですよね。
GiGi >> あくまで浦川みのりの側からの視点を崩してないのが良いんですよね。
LD >> 『ブラッディ・マンデイ』、ほう。ファルコンも気づいてはいたか。
LD >> 可愛く描く必要はない。…でも、バレない説得力を持たせようと思うと、ある程度は可愛くなる。そうすると浦川に意図せぬ人気がつく。そんな感じ?
カルマ >> 「AKB49」同じ日に共通の部位に同じケガしたのに全く触れられずにスルーされたのは結構衝撃だったんですが、そういう話じゃないってことなんですかね。うーむ。でも動機の仕切り直しはできていて良いです。
ルイ >> そういう事ですね>LDさん 漫画の方向性が浦河みのりの顔にかかっているw
GiGi >> あ、読み返したら板野先輩に「浦山みのりです」って言っちゃってるw
LD >> ちゃんぽん行きましょか。
LD >> あ、それは気づいていた。あれ、どうなん?w>「浦山みのりです」
GiGi >> たぶん可愛く見せることはないというか必然もないかな。外部視点がないのでみのりを「可愛く見る目」自体がない
LD >> 夢にも思われてないんでしょうね。実際、夢にも思わんでしょう。>共通の部位に同じケガ
LD >> ま、当然のように『浦安』新連載でした。
LD >> あと『バキどもえ』って…w
カルマ >> 僕はそもそも研究生にバレずに通った段階でそういうもんかと思って読んでいますね>浦川の可愛さ
ルイ >> それはこれまでの話ね。だから展開次第なのサ。
kichi >> 「GE」はなんか嫌なフラグが立ったような気がするのは気のせい?w せっかく相思相愛なのは伝わったのに、告白うまくいかない……というか、告白自体できなくなりそうそうな予感……(´・ω・`)
カルマ >> 後で気づいた時の回想で仕込んでるとしたら凄いけどw 普通に誤植なんかな…>浦山です
ルイ >> やー呟きログ、ブログじゃなくてもどっかに載せておこうかなあ。自分の発言の裏取るのもめんどくさいw
kichi >> 「バキどもえ」、最初普通にバキだと思って読んでた件w ちょwとか思いつつもアリそうに思ってた……w
GiGi >> GEはこれは普通にエンディングの流れと読みました。良いですね。あとはね。ちゃんと「ごめんなさい」フェーズを取るかどうかですね
ルイ >> バキどもえは、何故「どもえ」なのかwさておき浦安の導入は凄まじいですね。タイトル変わって越年フラグバッキバキ。
GiGi >> んー誰得という話だなあ>浦川かわいくみせる
LD >> 『弱虫ペダル』は、とりあえず京都伏見の置いてかれた二人が、リタイアしているのがすごいなと。…御堂筋、そんな装備で大丈夫か?
LD >> …ま、ぶっちゃけ、誤植だと思いますがw>浦山です
GiGi >> まだ3日目あるのに2人脱落はどうなんでしょうね、戦略的に。箱学は脱落しないということで対比を取るんでしょうけど。
ルイ >> 何かギギさんはポイントを掴んでもらえてないなw>AKBの話
ルイ >> ちなみに、リタイアしたら3日目は出られないのかな?
LD >> こういうのがあるよ。つぶやきログ→http://twilog.org/
ルイ >> もしそうなら、やはり何気に御堂筋は前の戦いで予定を早めざるを得なかったという話に。
カルマ >> 今回4人で「人数に勝る」として勝った京都伏見は、そのまま6人にこだわった総北に追い上げられる暗示のように思えますね>「ペダル」
GiGi >> うん、いや、本当に誰得?という話です。漫画の力学的にも。その展開誰か得するの?>AKB49
LD >> 『バチバチ』は、大鵠の強さの格だけは落とさないなあ。十両でこの壁という状態がすごい。
GiGi >> 「見てきた世界が違うんだよ!」と吠えるのがいいですね
kichi >> ……う〜ん、京都伏見のスプリンター二人が平地ではガンガン引っ張ってたという印象もないからなぁ……(少なくとも御堂筋のことは引っぱってないよなぁ?)、なんかやっぱ単に御堂筋がチートなだけに思えてしまうんだよなぁ……(´・ω・`)
LD >> 男の娘というジャンルがあるから、本当に誰得という話でもないと思いますけどね。それがマガジン読者に根付くかどうかは別として。
ルイ >> 御堂筋としては総北を敵視してないから、箱根学園の数を減らせれば絶対数的にもOKという話なんでしょうね。事実今は4対2で。
ルイ >> 物語比重を占うセンサーそのものって話やね。
GiGi >> 文脈はわかった>男の娘
LD >> いや、僕は浦川を可愛く描けとは思ってないですけどね。あんまり男っぽ過ぎると浮くなとは思うけど。
ルイ >> 『バチバチ』はやっぱり漫画の煽り自体が「幕下」という括りで煽っているから、十両はやっぱり天上界なんですよね。今のバチバチの視点では間違いなくそう。ただ、ここまで描くと、実際十両なった時は数週飛ばすなりタイトル変えるなり二部扱いにしないといけないかもなぁ。
kichi >> 「バチバチ」も……う〜ん、ここでまた大鵠の強さを見せられてもなぁ?という気分が強いというのは正直なところ。ま、阿行のパワフルさも存分に描かれているので悪くもないんですが……。
ルイ >> 僕も可愛く描けと一言も言ってないヨ。展開をそのまま語っているとは思ってますけどね。だから前回ラストの「あの娘誰だっけセンター」だかの会話は、実はかなりきわどい。
LD >> 『イカ娘』のニセイカ娘・鮎美さんは、以前はペンタッチからして違う、美女だったように思うけど、今は同じペンタッチなのでそんあ飛び抜けた美女には見えないのだった。(´・ω・`)
GiGi >> ムショ高は村田先生推薦で推しまくってるなw。展開的にも良いまとめ方をしてきました
ルイ >> 『ムショ高』良かったですね!てか、センターカラーが何気にうまいw
ハラルヤ >> かわいい必要はないと思いますけど、あれは出オチの女装芸みたいで気持ち悪いですw
LD >> 『ハンザスカイ』は、敵味方共に先輩リスペクト感がぱねえwそろそろ“悪役”を出さないとまずいんじゃないかという気さえするw
カルマ >> 「ムショ高」そうそうカラーがうまいw
kichi >> 「ハンザスカイ」良かったですねぇ。まぁ、先週からの流れでの良さですが、満足な描写でした。
ルイ >> でも、ムショ高を村田先生が推すのは何気にわかるんですよねえ。今の天馬の物語って、アイシールドで言う所のモン太の物語に近いし。
LD >> 『シュガーレス』、新章、いきなしシャケ登場ですが、どうなるかなあ?ここはすかされると思うんですけど…。え〜っと、てっぺん目指して来ない雑魚とはやんないよとか、そんな展開?
ルイ >> アタッカーとして目指した日々はベスト4どまりだったけど、そこまで高めた継続努力が「セッターの隠し武器」としてはトップクラスの武器になるんですよね。戦国っぽさを二天一流にかけた?二刀一流も極めて正しいネーミングと納得力を纏っていたし、まあ熱い。
カルマ >> 今ちょっと考えてたんですが、「ネギま!」の亜子とか明らかに可愛く描いてあるけど現実には地味でモテないようなのと逆で、「AKB」で絵に「男」が乗っているのと作中で女扱いされてるのを分ける考え方もできるというか、僕はたぶんそういう見方をしてますね。
GiGi >> ケルベロスこの展開の速さは気持ちいい
ルイ >> 『ハンザスカイ』は御大将呼ばわりが素敵すぎる。安い悪役出すのは自滅手にもなりかねないのでかなりきわどいですね。
GiGi >> それにしても「ナンバ」の展開がしょっぱい。いや、兄貴の就職先がヤクザだったらどうしようとかは思ってたけど、ねえw。
ルイ >> 『シュガーレス』は、シャケにお前の拳軽いとか言わせれば任務完了なんじゃw
LD >> 『ケルベロス』、ちょー良かったです。まいみー憑き物落ちます。
kichi >> 「シュガーレス」どうするんですかねぇ? すかすにしても、その意味というか意図があまりピンと来ないのですが……、さて?
ルイ >> 『ナンバ』はあんまり意味のない回でしたよね。兄貴は先週の話でもう変わるんですよ。それは確定してるから、今回の話はちょっと一回落としたというか、順風満帆にはいかないと見せただけというか、あんまり意味はない。
ルイ >> 『ケルベロス』はマジで良い。ムショ高的に言うなら、フクイ先生のリョナな日々は今のヒーロー展開の味付けとして二刀一流だぜ、みたいな話?w
LD >> それから『ケルベロス』、副隊長のマフラーに“チチ”と書かれているのは何故なんだぜ!?(`・ω・´)
kichi >> 「ケルベロス」もとりあえずホッとしましたねw でまぁ、常世との邂逅が思ったより早く実現で、どう展開するのかwktkです。
ルイ >> あんたがチチって読んでるからだよw
ルイ >> うん。マイミーは救えたって事は、判定的には人間は皆大丈夫っぽいのかな。舞美がとりあえず顔が知れている中では最古参だろうから。
ルイ >> ただ、中には心の汚れちゃった人達みて、その人達がなぁ・・・
LD >> “地味子”が可愛く見えてしまうのは、お約束バイアスの処理の話で住むけど、『AKB49』の場合、選抜を抜けるとか、実際にステージで人気を獲得する、説得力を持たなきゃ物語が維持されない。それが男(AKBヨイショキャラ)だから可愛くみえては困るという別事情と両立し得るのか?という話ですね。
ルイ >> そゆこと。だから前回の、これまでの内部判定ではない外部からの「センターの名前」は、きわどいって判定になるわけです。
ルイ >> 『みつどもえ』はアニメ逆輸入モードに入ったかもしれないが、着実にひとは受け入れ展開も進んでいるなぁ。さて、この道の先に犬口はいるのかw
LD >> マンガ上はガニマタで男に描かれているけど、なぜか、他では可愛く観えてサクセスを上がっていっちゃうんだ、不思議だよねえ、って話でもいいんですけどね。僕はしたり顔で「それもまた楽しいよね?」って合わせてゆくけど、そんな擦れたおたくが相手でいいの?とは思う。
GiGi >> 逆に浦川みのりが視点人物からずれちゃうと漫画読みじゃない人はどう読んだらいいか分からなくて混乱すると思うんだけどねえ
カルマ >> あぁ、そもそもAKBで人気を獲得するのに可愛くなきゃならないという発想がありませんでした。
ルイ >> 『ドカベン』の土井垣監督の抗議がBLEACHのヒキ並みに速攻跳ね返しで笑った。それくらいマジって描写ではあるんだけど、そこで引かれてもw
kichi >> 「みつどもえ」いつもながら面白かったですねぇ。ずっと話の道具として機能してたみっちゃんが最後の最後でお約束勘違い変態ギャグでオチを作るこの安定感……!w
LD >> 『冥王神話』、やだ、ラダマンティス、ちょーカッコいいんですけど!(n'∀')η
ルイ >> ギギさんの懸念は、可愛くなった「後」の話だから。現状は可愛くない理由を素直に分析した通り語る材料でしかないので、視点キャラその通りって言うか自分でもそう言ってきてますね。
ルイ >> 『冥王神話』が凄過ぎる件〜。目からウロコでした。
GiGi >> 視点人物をずらさずに浦川みのりを可愛くする=浦川みのり自身が自分をかわいいと自覚する、という展開ならアリかw
GiGi >> 冥王神話すばらしすぎた
kichi >> 「ドカベン」もほんと何故だか安定して面白いなぁ……。今回おもむろに岩鬼の話でしたけど、普通に面白かったもんなぁ……。
カルマ >> 女に見えるように描いても問題はないんでしょうけど…みのりの男は行動で示せるわけだし。 それこそ先輩からメイク術を教わる展開でもいい、でもそこで見た目可愛くても大事なのはそこじゃないよね、という話にはなりそうな気がしますw
GiGi >> ねー。本当にこう、毎週毎週チャンピオンばっかりでいいの?今週の一番的にさあw
ルイ >> でも、今のがに股のまま可愛いと自覚されてもキショイですけどねwともかく展開と外部の納得と漫画上の役割をそのもの表現している鏡ではあるわけだ。AKB49を読む時は、みのりの可愛くなさをチェックさえしておけばいいw
kichi >> 「冥王神話」はほんと驚きの展開でしたね。こうきたかー。
ルイ >> いやー、なんというか、冥王神話が基本「正史」の書き換えというか、新訳である事はこれまでも重々承知して、評価もしてきたんだけど、今回のは革命クラスに突き刺さりましたね。ここに極まった感がある。
ルイ >> 次の聖戦へ!!って物凄い台詞だよね。鳥肌立ったわ。
LD >> ん〜、本当に可愛さを出そうとするとそれは心象にも手をいれる事になるけど、それはしないだろうから、ビジュアルで可愛さを出しても確保された視点は崩そうと思わなければ崩れないと思うよ。
GiGi >> パンドラ様がかわいくて死にそうだ
ルイ >> 聖戦というのは最も大きな単位の「運命」というか、神々の創りだすサークルで、聖闘士も冥闘士もその中で踊っている事に代わりはない。聖闘士の場合その物語は継承の物語になるけれど、冥闘士の場合その物語は転生の物語になるわけですね。言われて気付いたクラス。
GiGi >> スペクターとして生きるって
LD >> うん。カルマさんの意見に賛成。や、だから可愛くしろって要望を出している話じゃなくって、男々を強調していると女子アイドルに混じってかつサクセスを予言された現状に対して不自然じゃないか?って言っているだけだからね。>そこで見た目可愛くても大事なのはそこじゃないよね
GiGi >> スペクターとして生きるってのもなかなか語義矛盾があってよい
GiGi >> メイク術教わる展開はいいねw
LD >> ラダマンティスのカッコよさが、パンドラ様の激弱さで際立っているんですよね。やあ〜も〜、パンドラ様の化粧崩れ素敵w
ルイ >> この聖戦をアテナの力で打ち倒して次の聖戦に流れていけば、それはアローンという人間の介在しない、純粋な女神と冥王の戦いになる。そしてそれを僕らは車田星矢で見ている。実際そこまで高潔な戦いでもなかったんだけど、今回の冥王神話によって、あの戦いが祝福に彩られた戦いに思えてくるから凄いw
GiGi >> まさにパンドラの箱の底に最後に残された希望やでえ
LD >> 『任侠姫レイラ』あ〜、豊田がレイラのお母さんというワケではなかったかあ…。親父、ほんとに単なるプロレスファンって事でいこうって事かな?
ルイ >> 冥闘士の「ただ戦いたい」という願望の元に女神が救済される図式は、この世界の戦争と希望の関係のようだホ。
LD >> なんか上手い事言っとるw>パンドラの箱
GiGi >> みちのく編が終わったら父親の因縁で話を組んでいくと言うことかな>レイラ
ルイ >> 「レイラ」は、速度的には正しいのかな。雪女無意味臭かったし。ただ豊田さんはちょっともったいなかった感もありますね。
kichi >> 「レイラ」は、おお、雪女重要人物だったのですね。……今週の展開なら百合の範疇と言えなくもないですw ……しかし、みちのくプロレスの方針がどういうもんなのか若干混乱が……(´・ω・`)?
LD >> 『キガタガキタ!』、「ボウトクなんて難しい言葉使ってたけど、漢字で書けるの?」→「え?もちろん書けるとも」、この間抜けな流れ好きなんだけど、もしかして、つのだ先生のネームのどこかにあった?と思うほど堂に入っているw
カルマ >> (聖闘士星矢読んだ方がいいんだろうか…アニメも生まれる前なのか)
GiGi >> ところでケンイチでアパチャイが生き返った件だけど、これはロスタイムという扱いかもしれないですね。ケンイチが十字架を背負わずに済む組み方をしてなかったので、そこのところのケアだけはするということなのかなと。
ルイ >> 『キガタガキタ』はボウトクの会話が殆ど全てですねwあそこで風格を底上げしているw
ルイ >> 僕はロスタイムで読んでますね。生き返られてしまうのは虫の知らせの扱い的に安くてもったいない。けれどあれくらいの達人には少々のギフトがあってもいい、という感覚で読んでました>ケンイチ
LD >> 今週は百合か!(`+ω+´)
ルイ >> 豊田さんの必殺技を受ける流れを自分で作るというのは、プロレスラーの業に溢れていて素晴らしいんだけどね。解説はいつもどおりないw
kichi >> ……ふむ(´・ω・`)>ロスタイム
LD >> うん。ロスタイムっていうか。うん、死んでいると思っている。が…それは『ケンイチ』ではじめての手筋なので、どう描くか分からない。
カルマ >> 「レイラ」技受ける流れは良いなと思ったけど、すんなりは読めてないですw
ルイ >> すんなり読ませるような漫画作りはしてないんですよねえ。そりゃここにいる人は読めるが、という話でw
kichi >> いや、ストレートな百合ではないですけどねw でも百合的良さを含んではいると思いますw
GiGi >> 先週引き返すかも?って言ったのは、このままじゃケンイチが背負うものが大きすぎるんじゃないかって話で。これでちゃんとした継承がおこなわれるなら、それはアパチャイ退場もあるかなと。
LD >> 観ている限り、みちのく…じゃなかった。奥羽プロレスはコスプレのコミック・プロレスを旨としているようですね。ファイナルだけガチというかそんな感じ。
ルイ >> ただ、アパチャイに退場されるとほのかを中心に日常の重さが待ったなしになるんだよなぁ。武道家として終わり、という軟着陸はさすがに優しすぎるか。
GiGi >> もちろんアパチャイ退場の意味は小さくないので待ったなしの展開にはなっていくでしょうね
LD >> やあ、でも『レイラ』、土偶が苦しかったけど、雪女に勝って、カムイ社長と対決する流れをちゃんと作ったなあ。
LD >> ほう。割といいとこ突いている気がするw>武道家として終わり、という軟着陸
LD >> さて、一番だ。
kichi >> なるほど。今のがガチ過ぎて違和感を感じちゃったのですが、確かにコスプレですからねぇ。>奥羽プロレスコミック・プロレス
ルイ >> 今週の一番は久々に話すまでもねぇ感に溢れてますが、まあ候補候補。
LD >> たぶん、ナマハゲッターズは、夫婦して場外乱闘で子供を襲いますw そしてカムイ社長が子供たちを守ります。子供たち大喜びですw
ルイ >> あ、『ANGEL VOICE』も良かったですね。格下のシラケ感に対する同量の汗流して言え、はなかなかピシャリとしまっていて宜しい。
LD >> ジャンp
GiGi >> A-BOUTですね(棒
kichi >> ああ、「エンジェルボイス」良かったですねぇ。
ルイ >> 奥羽プロレスって普段コミックなんでそ?だから観客たちが「お前らやるじゃねえか」という視点で楽しんでいるわけで、それはプロレスラーたちの「ガチな時はやるんだぜ」という最も再評価の為に必要な視点に適している。
GiGi >> あー縁側でひなたぼっこしてるアパチャイとか郷愁があってよいねえ
kichi >> ジャンプは…………「ワンピ」?
LD >> ジャンプ…ねな。『ポー』くらいか。
GiGi >> うん、ANGELVOICEも良かった
GiGi >> はいはいワンピワンピ。
ルイ >> ジャンプはないというか、他誌にそれぞれあるエース格とは相手が悪い。
GiGi >> いやほんと今週まともに対抗できそうなのA-BOUTくらいじゃねーの?w
ルイ >> 『ケンイチ』『ABOUT』『ケルベロス』『冥王神話』で増やすまでもないんじゃないかな。
kichi >> サンデーは……ん〜、「ケンイチ」は次回待ちとして、じゃあ今回でホッとできた「アラゴ」かな?w
LD >> サンデー。『キングゴルフ』と『ちいさいひと』。
カルマ >> ジャンプ…なし。
GiGi >> ちいさいひとという選択肢はあるか
カルマ >> サンデー「キングゴルフ」。マガジン「ABOUT」。
LD >> マガジン…くっそw『A−BOUT』って言ってしまうw
ルイ >> ABOUTで何が悪いのかw
GiGi >> ちょっとチャンピオン何連ちゃんなのさw
LD >> チャンオン。『ケルベ』、『冥王』だね。
ルイ >> だから先週AKBにしろとw
kichi >> マガジンは……、まぁ「A-BOUT」か。
GiGi >> だから先週マルドゥックにしろとw
LD >> いいんじゃね?そんだけ今チャンピオンに力があるくさ。おら、雑誌のバランスははからねだ。
kichi >> チャンピオンは「冥王」でしょうね。
ルイ >> 今週はしかし、冥王神話で動きようがないでしょう。この漫画の方向性がこうであるとわかって読んでいるのに、それでも震えがきたわ。
LD >> まあ『ケルベロス』か『冥王神話』だけど、どっちがいいかな?
ルイ >> ケルベロスも速度構成台詞的にかなり完璧なんだけどなー。そげぶだ!と思ったし。
LD >> ふむ。それでは『冥王神話』にしましょう。
LD >> 詰まってましたよねえ『ケルベロス』。
LD >> そんなところで。
GiGi >> ケルベロスも文句なしの1話でしたね
GiGi >> とりあえずLDさんはミルキィホームズ見といたほうが良いとは思った
ルイ >> うん。フクイ先生の評価がどんどん上がってるんだけど、今回の副隊長を立てたり、叔母さんも参戦させたり、細かい仕事が素晴らしいし、個人的には最後のページの「空を見上げる舞美」のカットを挟める時点で、もうこの人チャンピオンのエースだと思います。
LD >> ところでルイさん。再来週あたりにTVアニメ放談をやるけどよいかな?土曜夜?
GiGi >> あとガンダム00語る機会があればDisる係やるよ!とか(ぇ
ルイ >> 僕の騒いでいるアニメは全部観るのだ。ぬら孫も観るのだw
LD >> おおう。わかりました。>『ミルキィ』
ルイ >> 来週でもいいくらいですよ。カモンカモン。
GiGi >> ああそういえば沼田純先生のチャンピオンイベントレポート漫画がちょっとツボだった
LD >> 『G00』はもうやっちゃった。(´・ω・`)
ルイ >> 沢編集長がパンドラ様に次ぐ萌えキャラだったっっていうねw
ハラルヤ >> そうかあ、ミルキィ良いのかあ。
LD >> 来週は日曜日ならどうなの?>アニメ放談
ルイ >> dis係はそれ用の場じゃないと設けない方がいいんじゃないか、というやりとりを以前LDさんとしていたw
ルイ >> 日曜?どうだろ。時間と予定次第・・・それだと流動的ですかね。
カルマ >> 今関西でミルキィホームズ5話流れてましたけど、チラ見で観るアニメじゃないので録画分で見直さないと。
LD >> うん。まあ、再来週でいきましょう。来週土曜は別件の可能性が高いのさ。
ルイ >> 5話は「知らぬが仏」「嘘から出た真」ということわざを胸に観るのだ。
ルイ >> ひょっとしたら毎回ことわざハマるかもとも思ったのだが、それだととことんカブトボーグかw
LD >> じゃあ、再来週11/20の夜(多分、21時頃)にTVアニメ放談な。
ルイ >> 結構後になっちゃいましたね。無理だったんだけど、今日の前にできたらベストだったなぁ。
LD >> では。そんな所で。今回、けっこういろいろしゃべった気もするけど、早めに終わりましたね。
カルマ >> ねます。お疲れ様でした。
ルイ >> 僕は冥王神話でもなんか書いておくかな。あと、LDさんがさっき貼ってくれたtwitter用のなんかが気になる。
LD >> 今日は今日でペトロニウスさんと雑談ラジオだったさ。(`・ω・´)
ハラルヤ >> カブトボーグ的に観るアニメなんですか?チラ観で縄食ってましたけど。
ルイ >> 自分の呟きが記事にする価値があるとまでは思わないのだけど、オープンソースを志向する上ではちょっと、辿るのが難しいtwitterでそれを主張するのは横暴臭いんですよね。
LD >> ツイログね。自分の発言の検索ができるから、あれ、僕なんかこんな事言ってなかったっけ?みたいな時に便利。http://twilog.org/
ハラルヤ >> あ、ラジオ良かったです。
ルイ >> カブトボーグほど論理的とも思わないけれど、「論理的に読める」といつも無駄に知恵熱出すアニオタクラスタがw頑張ってますね。
LD >> ちょ。井汲さんが紹介しているこれ何?松江名先生? http://www.tekunichan.com/
ルイ >> ペトロニウスさんに、今回の話が単行本化したあたりで『冥王神話』を勧めるのは良いかもしれぬ。
LD >> どうもです。>ラジオ
ハラルヤ >> ???
ルイ >> 佐藤有世ってクリスティナ・シエラか!観てあげてもいいな!>松江名先生
ハラルヤ >> 松江名俊ですと?
LD >> ある程度、お金はたいて作っているみたいですが、それでも凄いですねえ。週刊連載しながら。
LD >> そんな所で。おやすみプンプン。
ルイ >> ツイログに、1日平均呟き数とか身も蓋もない事を教えられてしまった件orz
ルイ >> しかし、一番の書き込み数をみてもわかる通り、興が乗っている時は言葉選ばないでラッシュかける人だから、まあ仕方ないね!←自分に言い訳
井汲 >> 松江名さんの自主制作アニメは、私は若木さんのつぶやきから情報を得ました。 http://twitter.com/angelfrench/status/978427251265537


■■■■2010年11月12日■■■■
LD >> 【今週の一番】チャットは土曜日(11/13)深夜25時を予定します…が変更するかも。


■■■■2010年11月14日■■■■
LD >>
LD >> |ω・`)
ハラルヤ >> バン!
LD >> |ω・`)ノ やあ!
LD >> |三 ひゃぁぁ!
LD >> |・`) 
ハラルヤ >> こんばんはー
LD >> |・`) こ、こんばんは。未だに『ミルキィ』を観ていないLDです。
カルマ >> 物陰に人が隠れてると手榴弾を投げ込みたくなりますな。
LD >> でも、『パンスト』は観たよ?ハ○クソの話が汚かったです。
LD >> 何のゲームっすかw>物陰に人が隠れてると手榴弾
ハラルヤ >> 「ミルキィ」を観たハラルヤです。
LD >> 『ミルキィ』どうですか?ハラルヤさん。
LD >> さて、ルイさんが起きていたら僥倖。
カルマ >> FPSを思い出しましたw>手榴弾 あぶり出した所を撃つわけですな。
カルマ >> ハナクソの話は…好きじゃないなぁ。つか、あの週の話が特にいまいち感が…
LD >> あと『百花繚乱』とかが面白いです。『ヨスガノソラ』は、エロい。エロいというか、もはやエロビデオです。(´・ω・`)
ハラルヤ >> おもしろかったです。カブトボーグがひきあいに
ハラルヤ >> 出される意味がわかりました。
LD >> そうそう。なにか『カブトボーグ』と両輪で語られているんですよねえw
ハラルヤ >> もし彼女たちが1話でトイズを失ってなかったら、本来の主人公は生徒会長だったのかなと思いましたね。
LD >> まあ、あと『俺妹』は出来が良いですね。普通に演出を積んでゆけば勝ちになるような造りです。
LD >> …く、なにやら謎めいて、面白げなワードがw>トイズ、本来の主人公
LD >> まあ、観ます。
LD >> さて、まあ、ぼちぼち、ゆるると。今週の一番をはじめましょうか。
ハラルヤ >> 話を聞くに『ヨスガノソラ』が足利で観られないのは、普段アニメを観ない地元の人間にとっては良いのかもしれませんね。
LD >> ジャンプ行きましょう。
LD >> 『ナルト』忍界大戦勃発との事ですが、かなり大規模な戦いのようですが、これは最終決戦なんでしょうか?
ハラルヤ >> ブリーチが早速だれてましたね。
LD >> いやいやw>『ブリーチ』
ハラルヤ >> ナルトはイマイチ状況が掴めてないです。ザブザや白達の再登場はショッカーの再生怪人みたいで好きですけど。
LD >> まあ、あれですよ?『ブリーチ』の『べるぜバブ』化とか?そういう話も見えたり、あれです。『ドラゴンボール』セル編終了後のサイヤマン編?みたいな?サイヤマン編がだれてるかどうかは議論のあるとこでででね。
LD >> 再生怪人みたいですよねえ…。再生怪人みたいに倒されてゆきそうですねえ…。
ルイ >> 負けません勝つまでは!!
カルマ >> 「ナルト」は一応終わりに向かっているんでしょうね。ナルトが異変に気づかなかったりなんだりイライラしますがw
ハラルヤ >> あ、目つきの悪い女の子が来たです!
LD >> 『ワンピース』は、G・ロジャーが麦わら帽子をかぶっていたのは驚き。…というかロジャー→シャンクス→ルフィで継承されているのかな?
カルマ >> 「ブリーチ」現実世界のキャラがもうちっと活躍すると楽しいなと思ってたので…なんとか巻き込んで欲しいものですねw たつきとかたつきとか
ハラルヤ >> そうなんですよね。ナルト目線だとどうも状況が掴めないんですよ。全体を見渡せる視点キャラが居ないのがツライです。
ルイ >> 『BLEACH』は悪くないのだけれど、織姫のボケが滑り放題なのと賭け試合でもないのに金だしてスケットを雇う連中がよくわからなかったり色々スッカスカやぞ。
LD >> こぼんは。
LD >> 新妻エイジの弱点が出た格好ですな。>『ブリーチ』
GiGi >> おは。
ルイ >> ナルトについて語るのは難しいけれど、まあ、キャラが沢山育ったから取り敢えず沢山出すだけで決戦感が出るのは悪くないというか、長期連載のご褒美ですね。
LD >> ただ、今、カルマさんが言ったみたいに、ホロウとの戦いのインフレについて行けなくなったキャラともう一度歩調をあわせられるというか、日常キャラと絡めるというか、そういう所を感じさせるのはよいですね。
GiGi >> 継承されてるとしたらその麦わら物持ちが良すぎですねw。
カルマ >> ナルトはシカマルの昇進っぷりは好きなんだけどなぁ…w
ハラルヤ >> ブリーチは今更初期キャラ出されてもキャラ薄すぎて。かといってサジ君みたいな「THE一般人」かというとそうじゃないし。
カルマ >> 麦わら帽子は…なんかすっきり繋がり過ぎる感もあるんですけどねぇw シャンクスがロジャーを真似た、くらいが心地よいのだけれど
LD >> 『ナルト』しかし、最終決戦にするなら、もっともっと暁のメンバー残しておけばよかったのにね。敵が、少ない生き残りと、再生怪人では、どれくらい大戦感(群像感)が出るか疑問です。
LD >> >その麦わら物持ちが良すぎですねw。|僕もそう思ったんだけど、レイリーは「あの帽子」って言ったんだよね。
ハラルヤ >> あの世界は不思議マテリアルがあふれてるから、その延長で何とか納得出来ますよね>麦わら帽子の耐久度
GiGi >> ナルトはまあいいんですが、「その他もろもろ」でずっこけるw
GiGi >> そうか遺伝子組み換え麦か。古代の秘宝のひとつだったんだな。とか言ってみたりw
ハラルヤ >> 麦わら帽子がなんだか王冠じみてきましたね。
LD >> それから『ワンピース』、ナミはショートの方がいいなあ…。ロビンもグラサンとかしてない方がいいなあ。フランキーはあれでいいけど。
LD >> 小麦じゃなくって、丈夫な麦藁作って何か意味があるのかw古代秘宝w
LD >> あと
LD >> あと、バーソロミュー・くま、すっげく謎のキャラですね。なんかこの人だけで、すごいアウトサイドストーリーを作っているw
GiGi >> わりといろいろ謎ですね。海軍内にも協力者がいる風ですが、ガープ絡みとはまた別枠で?
カルマ >> くまのその行動はどうやって2年間隠蔽したんだろう?とかよく分からなかったり
LD >> 『黒子のバスケ』は次の対戦相手は、何か卑怯な事をしてくるチームみたいですね。
LD >> 不思議な雰囲気ですよね。別に世界の謎に絡む物語にも思えないのに、かなりベールに包んで引っ張っている。>くま
LD >> 『べるぜバブ』は、ヒルダが倒れて急展開。
GiGi >> 相手0点てことは徹底的な守備型チームっぽい?
GiGi >> あ、スコアは下か。勘違い
LD >> 『めだかボックス』は、けっこう手を変え品をかえ、一戦ごとの緊張感を作っているなあ…。でも、ロジックが分かっちゃうと、まあ、普通の一戦だねという感じになってしまうか?
LD >> 『バクマン』の、恋愛読切祭りに、新井先生までも参戦!!(`・ω・´)……って誰?
LD >> あと福田先生が「俺も描く」とか言い出すのは、福田先生らしいと思ったよ。
ルイ >> オラが書いたら量が増えて遅くなるし、試しに書かないなら書かないでポツポツ深度なんだよなあ。一番どこへゆくw
ルイ >> 『バクマン』の恋愛縛りは期待通りの展開でしたね。実際、そういう縛りを与えるのは面白いと思う。
LD >> 平丸先生がどんなラブコメ描くのかちょっと楽しみ。
カルマ >> 本当に「恋愛読み切り祭」になって笑ったw>バクマン 新井先生は意図的に全然出てない普通のベテラン作家さんという扱いかしら
GiGi >> しかし恋愛縛りにしたことで決戦感はなくなったようなw。まあまだ続くのでしょうね・
ルイ >> 秋本治先生が読み切りを描かれてますが・・・・インプルな「生きた知識」への礼賛を謳うSF(すこしふしぎ)と、まあ匠の短編ですね。ただ、お婆ちゃんの記憶なのに大臣という他者の思い入れ語りを挟むのは単純化しすぎだろうとも。
ルイ >> 決戦感は最初から想定してなかったなぁw
LD >> ……いや、寝てたろ?(´・ω・`) >ルイさん
ルイ >> インプル?シンプルw
ルイ >> 禁書観てたw
カルマ >> むしろ同じテーマで差がつくと言い訳できない感も>縛り
LD >> 秋本先生の読切よかったですね。この人、衰えてない…というか、もともと『こち亀』、基本一話完結でこれだけ続けてきてますもんねえ。
ハラルヤ >> 秋本先生は週間老人ジャンプを創刊してそこで連載すればいいです。
ルイ >> でもそれって守備範囲の得手不得手に落ち着きますよね。
カルマ >> 読み切りはまぁ普通に良かったというか…んーそれ以上の感想も特にない感じですw
GiGi >> 秋本先生の読切りはイマイチピンとこなかったかな。
LD >> うむ。『上条さん逆上する』か。ならよい。>禁書観てた
ルイ >> 上条さんアバンくらいしか出番なかったが・・・w
ハラルヤ >> 僕はあの読み切り嫌いです。過去という形でしか若者を描く気がないでしょ、あの人。ホント若者に冷たい。
ルイ >> それは役割なんじゃね?だって、少年漫画なんて基本若者礼賛なんだから。ひとりで全視点をしょいこむ必要はない。
LD >> いやあ、僕は好きだなあ。ルイさんが近い事を行っているけど、平凡な人生にもすごい価値があるって言っているだけなんだよね。SFが“その価値”を顕現させているんだけど、それは本来あった価値が「見えるようになった」というだけ。そういう短編ですね。>秋本読切
ルイ >> うん。別に他の価値観を封殺しているわけでもないですよね。本当に単純に、人ひとりの頭の中の生きた体験を讃えているだけ。
LD >> いやぁ〜、老人視点のマンガというのは確かだと思いますw>あの人。ホント若者に冷たい。
ルイ >> ま、その視点がキープされている事を肯定的に評価する事も可能でしょう。僕は視点は視点、以上の何も見出さないけど。とにかく簡素なテーマにしっかりとしたネームでポンポンと欲張らず、まあ、うまい人の漫画ですね。
ルイ >> 『スケットダンス』は色々試してるなぁ。これあと1年ももつんかw
LD >> 『ぬらりひょんの孫』、想定はしていましたが、羽衣狐を潰すのは、晴明自身でしたね。それでも「愛してるボアアア!」とか言っている母の愛が良いです。…キメラアントみたいですね。
LD >> 『保健室の死神』は、うめぇよ、ほんとうにもう!こんちくしょうw
ルイ >> 『ぬらりひょんの孫』、晴明マッチョでかっこよすw
カルマ >> スケットは一時安定してたのがちょっといろんなこと試し始めた感じでしょうか。
ルイ >> 『保健室の死神』たまには逸人にも触れなきゃいけない中で、結構ハードルの高い一話だったと思うんですけど、まあこなしてきますね。派手さはないがしくじらない。派手さはないけどw
ハラルヤ >> あの人が主人公やヒーローとしてフォーカスするのって小学生男子以下と中年男性以上で、その中間にある中学生男子〜20代男性は完全無視してるんですよ。女性は全年齢に対してフラット。
カルマ >> 「ぬらりひょん」良いですねぇ。ちゃんと依り代さん生き残ったし。 記憶が幼少時で止まっていて肉体だけが成長してるのではとか、妄想してみたり。
LD >> 病魔を退治していないと、段々、感情を奪われて行くんですねえ。しかし、冷血なんて普通の病魔名に思えるんだけど、すごい拗らせてるし、すごい能力持ちですねえ。
GiGi >> まあ単純に秋本先生にはその頃の思い出があまりないのでしょうw。
ルイ >> 繰り返しになりますが、役割だし選択でしょうからねえ。それが思い切りくさしだしたら色々言われて然るべきと思うけど、青年黙っててもそのうちおっさんになるし、変な悪意はないでしょう。語る視点を持ってないだけで。
ハラルヤ >> 羽衣狐の器の人は今後ヒロインとしてストーリーに絡んでくるんですかね?主人公の姉ちゃんみたいですけど。
ルイ >> カナちゃんへの死亡宣言感がハンパない。
カルマ >> 「保健室」面白いですねぇ。 アシタバくんが病魔関係では踏み込んでいろいろ考えてるのかな…
LD >> やあ、元々、山上たつひこ先生とか、さいとうたかを先生が好きな人ですからねえ。…というか『ゴルゴ13』みたいなのが好きな人ですからねえ。>秋本治
LD >> 羽衣狐の器の人は今後ヒロインとしてストーリーに絡んでくると思いますよ?主人公の姉ちゃんでしょう。姉ちゃああああん!(`・ω・´)
ハラルヤ >> はっ!なるほど!>その頃の思い出があまりないのでしょうw。>語る視点を持ってない
ルイ >> 『ライトウイング』調査しまくいで足鍛えまくり・・・アイシールドの変型だな。
カルマ >> 高校生のお姉ちゃんが精神的には妹になったりして。して。ヒロイン力高すぎるなしかし…w
ルイ >> お姉ちゃんなのに同級生とか!?下級生とか!?もうダメだ、カナちゃんのライフは0なんだってばよ!
ハラルヤ >> お姉ちゃん属性を持った羽衣狐とか、ヒロイン達の立つ瀬がいよいよ無くなるなw
LD >> うん、サッカーや、バスケって、試合時間フルパワーで戦い切れるっていうのはそれだけですごい武器だよね。
カルマ >> 記憶が残るにしろ止まったままにしろ、どのみちかなり重い設定を背負うし、展開されるであろうシチュも美味しいし、勝てる気がしねぇw
ルイ >> 間違いないです。サッカーとバスケは目の前の相手のマークを外すのが基本なので、走り勝てばフリーのチャンスが必ずやってくるわけです。
GiGi >> セナですねえw>ライトウィング
LD >> いや、それはないだろ。(´・ω・`) たぶん、高校生。ダイジョブ。カナちゃんのライフは5くらい残ってる。
カルマ >> よほどハードなことしないと特性が目立ちにくいというのも今まで気づかなかった説得力がありますし、良いですね>「ライトウィング」
GiGi >> 11人それぞれに違う属性をつけていくというのはなかなか面白いかも。あれ?キーパーも攻撃参加?w
ルイ >> そこまでキャラを立てられるか、という問題はありますけどね>全員自分の吹きを 
LD >> 『サイレン』は完結した時になにか喋ろう。
ハラルヤ >> ジャンプマンガなので遊戯王基準で初期ライフは8000ですけどねw>カナちゃんのライフは5くらい残ってる。
LD >> サンデー行きましょうか。
GiGi >> そこはだから過去のスポーツ漫画から借りてきて畏れを纏えばいいんじゃないかなw>11個の武器
ルイ >> ふーむ。ナルトの忍界大戦じゃないけど、サイレンも、視点キャラをどう確保するかというのは漫画の基本課題だと思うのです。
ハラルヤ >> そういや遊戯王における杏さんのヒロインライフポイントも5ぐらいだったなあ。
LD >> 『最後はストレート』、んんん……ちょっと引っ張りすぎかな。連載初動でなるべく早く、主人公の面目を躍如させないと、再び流される気がするよ?(´・ω・`)
LD >> 杏さんは、そんなに敵多くなかったんじゃね?空気っぽかったけど。
GiGi >> 引っ張りすぎですねえ
ルイ >> 『最後はストレート』導入だけ面白かったけど後はイマイチ。まずキャラクターの広がりが遅い。ゴールデンエイジで比べても、もうキャプテンあたり立ちだしてただろう。
GiGi >> ケンイチはもう、なんというか松江名先生の誠実さに惚れますね。
LD >> 『ケンイチ』はこれだけ念を押されると、死んだかなと思うけど、ここまでやって生きていてもいいかなとは思います。
カルマ >> 「最後はストレート」さっぱり楽しめてないのですが…うーん。
GiGi >> 野球漫画をやるつもりならまだキャラ紹介が2人しかできてないというのは厳しい。違うことやるにしても見えないですねえ。
ルイ >> 『ケンイチ』しぐれの生きてる判定は、活人拳として相手を殺していない事と、アパチャイが生きている事をかけての発言ですよね?前者だけである可能性も含んだセリフという事になるか。
カルマ >> 「ぬらりひょん」カナちゃん鵺に嫁にでもされないとホント行く末がないw 単行本で読者モデルになったとか展開してるんだからそのカラミで鵺が見初めればいいよ。
GiGi >> ちょっと輝先生のこないだまでの展開を連想したりもしたんですけどね。ケンイチに死を乗り越える強さを身につけさせるにはどうしたらよいのかという。
ルイ >> 鵺の嫁でもつららの焼き直しでダメだなあwこらもう、自分で出番の無さを僻んで暗黒面に落ちるでもしないと>カナty
ハラルヤ >> ブラック・マジシャン・ガール登場以降、完全に正ヒロインの座を奪われてましたwそして杏さんを差し置いてBMGのフィギュア発売決定>杏さんは、
ルイ >> 普通におまけ時間、死んでいると考えた場合、死んでなお敵への活人拳を貫けているのだから、それはもう勝利ですよね。
LD >> 「生きてる!!」は、両方の意味をこめて言っていると思いますけど、でも、それは勘のよどみというか虚ろいを表しているようにも思えます。
LD >> ああ…w>ブラック・マジシャン・ガール
ハラルヤ >> 僕はアパチャイ好きだけど死んで欲しいんですよねー
GiGi >> 死んで欲しいは語弊があるけどw。ケンイチがそれを受け止めるであろうように受け止めたいですね。
GiGi >> 国崎出雲がこわい。こういう話をなんの含意もなく書けてしまうというのが。
LD >> 『神のみぞ知るセカイ』は、必ずしも早い展開にする必要はないのに、桂馬が早い展開を求めて動いちゃってますね。
ルイ >> サンデーの部数がうんたらとか悪いニュースが色々ありますけど、実際・・・
ハラルヤ >> 「鬼」になる発言してましたけど、「神」として挫折したわけじゃないのは桂馬らしいですよね。にしても「鬼」?
ルイ >> 『神知る』はメタというか、「ギャルゲー世界は当然作り手がいる」という認識あればこその上位視点読みで、悪くはない。
GiGi >> 女神の絞り込みの過程で結果的に過去のヒロインのおさらいをやりきってしまうという。
GiGi >> サンデーの部数低下は今に始まった話じゃない件。あだち、メジャーに変わる柱が育ってないのだから部数減は当然。
GiGi >> 読めば面白い漫画がたくさんあっても、この漫画のために雑誌買うぜという漫画がないのが辛いところですね。
LD >> 『アラゴ』が何だか上条さん地味ているんですが……そんな事ないかな?いや、しかし、良いネームでした。乗っていました。
GiGi >> キングゴルフとかも本当に面白いんだけどねえ。そのために雑誌を買うかと言われたら…。
ルイ >> 『アラゴ』に説教力を込めれば派手な禁書になるんだけどなぁw
ルイ >> あんれ、まさかの禁書上条かぶりw
LD >> 重要。>「ギャルゲー世界は当然作り手がいる」という認識あればこその上位視点読みで、悪くはない。
カルマ >> 「神知る」は見落としがあったほうが好きですが、どうかな
LD >> まさかって、いうか、今回の話の一連の動きはそげぶっぽかったですよw
ルイ >> 『キングゴルフ』は面白いですねえ。ゴルフの面白いところを見せてもらっている感じがある。宮里藍とか観てると、結局は平安マインド勝負に見えてきて、それは孤高で求道的なんだけど、なんかこう、たぎるものがないw
ルイ >> 『鋼鉄の華っ柱』かなり本性全開になってきましたね。観測者の兄弟だけは用意しているけど、それ以外にバレなければそれは認識的にないも同じという事で、その世界のままどこまでいけるかという話。
LD >> 『月光条例』は……。
LD >> 『はじめてのあく』は、好きです今回の話。というか、ホント、赤城会長とアキちゃんが気になっている。そしてアキちゃんお嫁にいけなくなっている。
LD >> 『絶対可憐チルドレン』は、こっちは、本当に少しずつ進めていますね。着実ではあるけど。…どっかで『神知る』みたいなシフトが必要だとは思うんですけどね。
LD >> 『オニデレ』面白かったんですけど…。最初の飛び降りはなんでしょうね?…なんだろう?と考えたら何かすごく意味深なものに思えてきました。
LD >> マガジン行きましょうか。
LD >> 『エデンの檻』…男女比が7対16………(・ω・` ) ( ´・ω・)………7対16!?(`・ω・´)
ルイ >> エデンの檻は、雪ちゃんがやっぱり強くなってますね。良いキャラになってる。
LD >> 『ネギま』ですが、ネギ・パーティって、実は洒落にならんアーティファクトがいっぱいあるんですよね。ネギくん倒れたけど、かなり何とかなりそうな気がします。…というか弱点はフィジカルなのかなあ。
LD >> 雪ちゃんの動きがしっかりしてくるのは嬉しい限りです。妙にCAさんが落ちつてしまっていたんですよね。……これりゃあ二軸いけますよ!(`・ω・´)
ルイ >> 『ネギま』は全員バクテイオー計画はここに至ったってとこですね。イギリス組とか超可哀想w
LD >> 『君がいる町』は色気でせまってくるお姉ちゃんがいますが…まあ、なんちゅうかこう。今の彼女と懇ろになる展開がはやまるだけかな。
GiGi >> ネギまはネギくんがいなくてもここまで出来るってところを見せることで魔法先生の先生の部分を持ち上げるわけですねw
GiGi >> AKB49はAKB商法の正当化キタコレ
ルイ >> 金を出させている時点でその権利があったってのはまぁその通りではある。
GiGi >> 「ベイビーステップ」は攻めていても相手の脅威をエーちゃんが勝手に読み取るので緊迫感が出るというのが面白いよねえ。
カルマ >> 「ネギま!」は順調ですね。アキラが空気なんだが身体能力を活かせよと…!
LD >> 『AKB49』、浦川くんカッコいいなあ…。
カルマ >> 「君町」はまぁマシな展開に落ち着いたんじゃないすか。あとは真にデレるだけだ。
ルイ >> 『ベビステ』は圧倒しつつも、いつかひっくり返される、でもひっくり返されないと対処できないから取り敢えず今は走っとけ、というのがいいですね。
ルイ >> 『AKB49』、今回の浦河みのりがもう、サルのようだったがw
LD >> そういえば『切望先生』とかはAKB商法とかネタにできない状態なのか?
GiGi >> まあ比較的穏当な罠だった>君町。宗教かマルチだと思ったのだが(ぇ
カルマ >> 「AKB49」AKB商法は値段は変わらないけど「最低限これだけ同じ商品を買えば全特典が揃うかも」とか確率だから…10倍払えば必ず見れる今回のはまだマシという感覚がしますw
GiGi >> むしろその状況をネタにして欲しいw>絶望先生
LD >> AKBめえ……(´・ω・`)>10倍払えば必ず見れる今回のはまだマシ
カルマ >> (切望した!まともな教師人生を切望した!みたいなマンガなんかな…>切望先生)
LD >> …で、この人だれでしたっけ?岡部?とは休戦…というか、もうこの子、フラグ立ちきってる?>『AKB49』
LD >> 『絶望先生 
LD >> 『絶望先生』う……確かに、千歳飴って食ったの、七五三の時だけの気がする。
カルマ >> あぁ、一定数買えば特典がついてくるみたいなやつもやってんだ>AKB商法 タチの悪いのが確率、か。
LD >> 『A−BOUT』、まあ、予想はしていたが、征木は歌上手いよね。多分、カトケンよりも。
GiGi >> 蓮先生はすっかり憑きものが落ちたような風ですが。
カルマ >> 「ブラマン」南海さんの藤丸との線を潰したらさっさと別のキャラをあてがいやがって…!
カルマ >> 「ベビステ」は徐々にエーちゃんに引きつけられる感じが好きですね
LD >> まあ、元々、悪い人じゃなかったですしねえ。>蓮先生
ルイ >> ブラマンの死亡フラグ感がナカナカ。
LD >> 『GE』は、いろいろ揺れている……のか?つか、このシーン黒川みていないのかな?
GiGi >> どう落とし前つけるかですねえ>GE
ルイ >> GEはもう、「こういう時に体が反応しちゃうのは仕方ない!」という倫理観を提示しているのが強みですね。
LD >> 『波打際のむろみさん』は、何かちょっとエロかった……エロマンガだった。(´・ω・`)
LD >> さて、チェンピオン行きましょうか。
LD >> 施川ユウキ先生の『俺はまた週チャンで連載できるのか?』ですが、『サナギさん』終わって2年ネーム描かずって余裕ですねえ。単行本そんなに売れたのかなあ。
GiGi >> 御堂筋にとってはチームは出場権を手に入れるためだけの存在だったということでよいのかな。
ルイ >> 弱虫ペダルは、水田のキャラがたまんないですね。
LD >> 『弱虫ペダル』、御堂筋の過去話読んでいると、今の凶悪な顔の御堂筋がカッコよく思えてくる。同時に、今泉にトラウマ作った乗って、かなり今泉に追い詰められていたんだろうなあ…とか思いました。
GiGi >> 一応他誌で連載持ってたはず>施川先生
ルイ >> これ、水田がなんていうか、姑息に風見鶏なだけならまぁそうでもないんだけど、コイツその時々本気で憧れてるんでしょうね。石垣さんを真似していた時期もありました・・
LD >> 出場権かつ、1年で自分の独裁ができるチーム、それで優勝まで狙えるチームといった所でしょうか。
ルイ >> イカちゃんが最近普通にギャグマンガなのよね。
LD >> ああ…そういう事ですかw>他誌で連載
ルイ >> 『バチバチ』が一気に勝負まで持っていってくれましたね。普段ぶーたれてるだけにwなおのこと嬉しかった。
LD >> 『範馬刃牙』、ピンポイントの最大値を狙う……っていうのは、それはそれで研ぎ澄まされた技巧だと思うな!(`・ω・´)
GiGi >> 「バチバチ」これ大鵠は心を折られたという表現だとは思うのだけど、そうなると引退とかするのかな。
LD >> 『バチバチ』の決着は大体よしのペースじゃないですかね。『速度的』に。

MANKEN CHAT(1.1)