漫研チャット
名前:
発言:
[正面] [取扱] [過去ログ]


■■■■2010年11月14日■■■■
ルイ >> 大鴻、土俵に落ちる前に気絶してますよね、これ。完全に恐怖で心を殺したな。もう立ち直れまい。
カルマ >> 「バチバチ」良かったですね。
ルイ >> うん。大鴻の目がね、阿形の憤怒の目を見据えた直後にもうトンじゃってるの。
LD >> いや、というか大鵠、確か頭に異常がある伏線張っていたんで、そっち側とのダブルで引退かなあ…とか。
ルイ >> にゃるほどにゃるほど。ドタマ掴んでますからね。漫画が漫画なら首の骨折れてる。
ルイ >> 『みつどもえ』が凄いんですよねー。三回くらい読み返したんだけど、よく入り口と落ちを決めた後、ここまで膨らませられたなと。保健室の死神なんかもこの手で凄いけど、ページ少ない分とんでもなく見える。
GiGi >> これで8Pというのは確かに凄いよねえ>みつどもえ
GiGi >> ムショ高が先週に引き続いて良い
LD >> 多分、大鵠ここで踏ん張ったら、首が折られると感じたんじゃないんですかね。それで足の踏ん張りをといて投げられた。
ルイ >> うん、ムショ高良いですねえ。滞空力を称えるこの描きは、たしかに単行本の帯を村田先生が描くだけあるなと思った。鉄馬先輩ならここまでやると思ったんスよ的な。
LD >> 『ケルベロス』、先生、俺、分かったよ!常世の副隊長のマフラー、「チチ」って書いてあるんじゃなかった!あれは鳥居を二つに割った図だったんだ!(`・ω・´)
GiGi >> 完全に戦意喪失してますよね。これはもう格闘家としては詰んでるなあと>バチバチ
ルイ >> 矢部っちは栗山先生とかひとはじゃなく、海江田先生と線引けばいいと思った。俺ののりおならやってくれる!
LD >> 『シュガーレス』、よ、よかった。シャケがあっさり決着つけちゃわなくて良かった。
ルイ >> 『ケルベロス』は、やっぱり舞美のセリフが良かったですね。あと、陸劫が案外巨体に弱いのはちょっと見栄えとしてどうなのかなとは思った。
GiGi >> 冥王神話構成が見事すぎる
LD >> 『みつどもえ』の年増の可愛さは異常。(`・ω・´)
ルイ >> シャケならそれもアリエルッティ(爆)←今年のチャンピオン流行語大賞候補
GiGi >> そこは使い方をバージョンアップしてくる頃合いなんじゃないですかね?>リクゴウ
ルイ >> ですね。不満感じさせて新技とかなら読者体感も含め完璧だと思います。
LD >> 沼田純先生のサイン会レポート。あっさり「シャケで」と応える佐渡川先生に狩人を観た。
ルイ >> 『冥王神話』は、twitterでも言ったけど何度でも言うお。これ、この順番じゃなきゃ絶対ダメなんですよね。そこが素晴らしい。最後に三人を残す形というのも当然素晴らしいけれど、ラダマンティスのキャラ納得としてベスト。
ルイ >> アテナの絵を打ち破る前に、一言でもパンドラに優しい事言ったりしたら、それはもうラダマンティスの生き様的にノイズなんですよね。彼の命のお釣りでやった事だ、という順序の徹底が素晴らしいと思います。
ルイ >> しかし、すっかりラダマンティスにはハドラー様を見てしまったず。
GiGi >> そうですね。やれることをやりきって、このまま終わっても何ら落ちないところで、空っぽの状態で出た言葉と行動だから刺さる。
LD >> う〜ん、『任侠姫レイラ』、ギミックなしだと、地味な蹴りと、地味な棍棒叩きで気絶させられるところが、地味にいいなあ。…で、カムイ社長、ちょっと地味過ぎたかな?と思って棍棒投げたな。
GiGi >> で、少年探偵狩野俊介がなにかいい着地をしましたね。
ルイ >> はい。やれる事をやりきる前に、パンドラに割く意識なんてのは違うだろうと。やり終えた後、ただのいちラダマンティスとしての言葉だから、そこにあるロマンス発言も肯けてしまうのですよね。あれはもう、最初にパンドラを見据えた少年ラダマンティそのままなのでしょう。で、実際ラダマンティスがそう思っていたか、パンドラへの思いやりだったかは多少難しい所ではある。後者が強いとは思うけれど、前者がないというのも、ラダマンティスが心にもない事を頭回転させて言う的なダメな読みになるので違うのだろう。
ルイ >> ん。狩野俊介難しいところに着地しましたね。
LD >> 『キガタガキタ!』、そうか上下のあわせ鏡か…。って、この大月くんって少年、特別悪いわけじゃないよね。是非救ってあげて欲しい。
ルイ >> 「釣り屋ナガレ」はそれなりにオチたらしい。
LD >> 『冥王神話』、いいですね。両軍、ぼろぼろに死んで、多分天馬たちも悲劇的な結末になって行くように思っているのですが、その中で世界の見え方が変わったパンドラが生き残る事は意味がある。
GiGi >> いい人が救われるという話でもない気もしつつも何か愛嬌があって面白いですねw>大月君
LD >> 『狩野俊介』、いいですね。トリックとかは、特に強烈なものではないけど、そこから紡がれる対話が楽しかった。
ルイ >> 人生の真理トークという奴ですね。無駄無意味と言われたら、まあ無駄無意味なんだ。でもそこに意味を感じたら、変化を感じたらそうじゃないと思えるんだなぁ。
LD >> 大月くん、器が小さいだけなんですよw…で、すでに笑われてるから、もういいじゃん?逆切れくらい許してやれよ鬼形!みたいになっているw
LD >> さて、一番を決めましょうか。
LD >> ジャンプ。『サクシード』かなあ。
LD >> サンデー。『アラゴ』、ネーム、ヨカッタ。
ルイ >> 『ケンイチ』『AKB49』『みつどもえ』『バチバチ』ダナダナ。
LD >> マガジン。『AKB49』……好調ですね。
ルイ >> 『アラゴ』も良かったダナダナ。
LD >> チャンピオン、んんん…ここは一つ『狩野俊介』で。
GiGi >> アラゴよかったですね。
LD >> 『アラゴ』か『AKB49』か『狩野俊介』だと思うのよ。
GiGi >> サクシードはテーマ的にはわからんでもないけど、良い組み立てだったとは思わないな。
カルマ >> ジャンプ。んー「ぬらりひょん」ですね
GiGi >> AKB面白いですが、ここがポイントなのかどうか。
カルマ >> サンデーは…「アラゴ」。マガジンは「AKB49」でしょう。
LD >> 『アラゴ』ですかね。今回は。
LD >> 『アラゴ』にします。いや、上条さんみたいとか言っているけど、怒りの乗ったよいネームだったと思います。
LD >> それでは、お疲れ様です。
ルイ >> みつどもえはルイくん賞な!
ハラルヤ >> お疲れ様です〜
カルマ >> お疲れ様でしたー。
GiGi >> おつでしたー。


■■■■2010年11月19日■■■■
LD >> 【今週の一番】チャットは11/20(土)深夜24:00開始予定です。


■■■■2010年11月21日■■■■
LD >> こんばんは。
ハラルヤ >> こんばんは〜
LD >> ちょっと待ってくださいね。
カルマ >> こんばんはー
カルマ >> ネギま!32巻限定版のアニメが凄く良かったです。魔法世界のゆえのとこの話を単独でまとめたものです。http://amzn.to/c2GSxG
ハラルヤ >> 漫研ラジオ、アニメ神のみ完全スルーwまあ僕もアレの評価は低いですけど。
LD >> はい!お待たせしました!
カルマ >> あぁ、まだやってらしたのね…バイトだったのでラジオの状況はスルーでした。
LD >> 反省会終わり!ルイさんもすぐ来て下さい!
LD >> 『神のみ』は、OPアニメーションが好きですね。それとあれですか?何かアニメオリジナルキャラがでるのですか?
カルマ >> アニメ神知るは桂馬が弱く見えすぎるのが好きではないのですが、かのん編はとても良かったと思います。
kichi >>      こんばんわー(´・ω|
LD >> 多分、桂馬の声の下野紘さんの声質の問題もあると思うんですけどね…。必ずしも悪いとも言えないんですが、う〜ん。
ルイ >> 『神のみ』は、語ろうとすると相も変わらぬ下野disに走りそうな自分が好きでないので語らないのですw
LD >> さっきも話していましたが『ざくろ』や、『百花繚乱』などに触れ損ないました。
ハラルヤ >> オーズ語りは僕も直接しゃべりたいです。
LD >> それでは体力が残っている内に、そそくさとはじめ、そそくさと終わらせましょう。
ルイ >> 下野さんは下野さんのできうる範囲でちゃんと芝居していると思うので、選んだ側の問題としか思えないのだぜが、若木先生も通しちゃったって事は若木先生にとっての桂馬ってこんなもんかー的なもにょもにょ感があって語りづらい。
カルマ >> アニメの描写を観ていると、キャスティング段階から桂馬のキャラ読みをだいぶ弱く観ているようにも思えますね>下野さん
カルマ >> OOOときいて(ガタッ
LD >> 頃合いみて『オーズ』ラジオとかもいいですね。
LD >> さて、ジャンプからです。(`・ω・´)
LD >> さけるチーズかじりながらがんばるっす。
LD >> 『ワンピース』は、これまで海王類は相当レベルが高くないと、戦うことすらできない相手として描かれてきたと思うんですが、ルフィはそのレベルまで来たという話でしょうか?
ハラルヤ >> ぬら孫の器子の超絶ヒロインぷりが今週もすごかったですね!最高です!
ハラルヤ >> クラ−ケンなのにタコw
ルイ >> 『NARUTO
ルイ >> LDさんの暁減らしすぎて大戦感でなくね?に穢土の術が答えをくれましたね。死んだ皆さんが貢献してくれるよ!ってほんとカブト任せねw
ルイ >> ちなみに、そのうち自来也が穢土転生で出てくるけど当たり前すぎるから誰も言い出しちゃダメだぞ。驚く準備をするんだ。
LD >> いやいや、僕は穢土の術を使ったとしても…って観点ですねw 大戦感、群像感とは、多視点であって、多人数ではないのでw
カルマ >> 「ワンピース」海王類でも最近はボコってたようにも思いますが、あれは単なる海洋生物なんかな…? 新世界付近に住んでるモノは別格で、それに対抗できるようになったかもしれないですが
LD >> 『バクマン』、ラブコメ読切、なんか蒼樹さん以外は、上手く行っていないように思えますwあとは福田さんか。
kichi >> 海王類……、どうなんでしょ? 個人的には、そういうレベル判定するのに使えるほどの印象は持ってなかったですが……。
ルイ >> 『バクマン』これ、ひょっとして結果は全体的に散々で、「ラブコメなんて簡単だと思われがちだけど難しいんだよ」というラブコメ作家擁護の物語になる気がしてきたw
LD >> 『ブリーチ』は、なかなかに『べるぜバブ』な展開?このまま、番長マンガ行ってもけっこう行けるのでは?
LD >> >レベル判定するのに使えるほどの印象は持ってなかった|そんな感じでしょうか…。まあ、そもそも悪魔の実の人間は海中はダメなので、海王類とはかなり接点がありませんね。
kichi >> ……ふと、シャンクスの腕を食い千切った近海のヌシなんかは海王類ってわけではないのかなぁ?とか疑問に思ってみたり……。いや、逆に海王類ならシャンクスが腕食われたのもギリ納得できる?と思ったんですが、……でもやっぱ1話でルフィが倒しちゃってるからなぁw
カルマ >> 「バクマン」ラブコメといいつつ自分の得意ジャンルに引き込む作家も多そうですねw いやこれラブコメメインじゃないよ、みたいなw
LD >> あの頃は、シャンクスもレベルが完成しているワケでもなかったのでしょう。今も上昇中かもしれませんが。
kichi >> ……しかし今回のワンピはやや説明ちっくさが気にかかったり、あとこの前長期休暇とったばかりなのにまた来週休みなのかぁ……とか、いろいろ不安を感じないでもなかったりしましたね……(´・ω・`)
GiGi >> おは
ルイ >> カルマさん、バクマンに関する意見が毎回冴えてますw「ラブコメ」というジャンルそのものを言及する可能性もありますね。ラブコメのコメはドタバララッキースケベだけじゃねーぞ、想像力を狭めるな的な。
LD >> 手塚先生が、基本、ラブコメというものを描かなかったのは、恋愛ごとはほとんどのドラマに潜んでいるものだから…と観ています。こういうと「いや、『やけっぱちのマリア』は…」という話になるんですが、割愛w
GiGi >> バクマンはみんな駄目ダシ食らいまくってるのが面白いですねw。散々…でも面白いですがここからどうブラッシュアップしていくかも楽しみです。
GiGi >> 良く出来ているものが必ずしも人気になる訳じゃないという話は出るかもですねー
LD >> 『エニグマ』は、各キャラに独白が入る事で『受け手』が手に入れる情報が多くなり過ぎになってくる。…がそれをしてしまっているな。
GiGi >> 神のみOPはすごく良いけど本編はイマイチなの?
GiGi >> 尾田先生って絵の説得力も高いんだけどそれ以上に言葉を尽くすよねえとしみじみと思った。
LD >> 『トリコ』は、この娘、本当の名前は明かしてないですよね?メルクが名前じゃないですよね?
GiGi >> というのは漫画の神が降臨してたからだが。
ハラルヤ >> 本編はイマイチです(僕主観>神のみOPはすごく良いけど
GiGi >> 二代目メルクということで名前を(勝手に)継承してるんでしょう。初代が戻ってこない限りはメルクで通すんじゃない?w
kichi >> 「バクマン」、あれ?平丸さんは絶好調ぽく思いましたがw ……ラブコメ企画はどうなるんですかねぇ。エスパーエイジ君の神通力も今回ばかりは通じ無そうなのかな?
GiGi >> 平丸さんはこれラブコメじゃねーだろと突っ込まれながら人気は良い線行って連載取ったりしちゃいそうですねw
カルマ >> 平丸さんも結果ギャグになっちゃってますものねぇw>ラブコメジャンル
kichi >> 本人休みたいのに連載決定とかいう流れはありそうですねぇw>平丸さん
ルイ >> メルク子ちゃんとの線は望んだところだぜ>トリコ
LD >> 鳥山先生の『KINTOKI』面白いね!(`・ω・´)
GiGi >> KINTOKI圧倒的過ぎて本当に平伏するしかない。プロットとしてはドラゴンボールのセルフオマージュなんだけど、世界の奥行きが素晴らしい
ルイ >> 鳥山明は天才だったのだ・・・
LD >> 『めだかボックス』の飛沫のマイナス致死武器は、なかなか程良く強力ですね。
GiGi >> 天才って実在するのよね
ルイ >> ジャンプ史観的に、鳥山明→尾田栄一郎という天才のラインを引いていたけれど、こう同じ雑誌に載せられると、鳥山明はもう、漫画のコマと寝て、集中線を食べてるレベル。
LD >> ああ、正に『ドラゴンボール』という世界がどこに辿り着いたか、全体が見得たところでリライトしている感じがありますね。>ドラゴンボールのセルフオマージュなんだけど、世界の奥行きが素晴らしい
LD >> いや、意味分からん。(´・ω・`)>漫画のコマと寝て、集中線を食べてるレベル。
ルイ >> ここまで漫画うまかったんだなあ。別の表現みたいだ。
GiGi >> 「ライトウィング」本当に早くて素晴らしいんだが、掲載位置がかなりピンチだな…
LD >> 『べるぜバブ』が、風雲急を告げていますが。ちょっと気になるポイント。出馬くんが「だって、こいつら男鹿くんを殺しに来たんやろ?」って黒く燃えていますが、そういうキャラ設定の人でしたっけ?
ハラルヤ >> コマ枠の線の太さが独特でしたよね。
GiGi >> 冨樫がネームの真理に限りなく近づいた男なら鳥山先生はネームの真理そのものだな
kichi >> 「めだかボックス」なかなか良いというか納得力高い能力でしたし、バトル展開の仕方もいい感じでしたね。普通に能力バトルものとして面白い一話だったと思います。
LD >> 『こち亀』、ステレオラジカセは略してステカセだな。
ルイ >> 『めだかボックス』はジョジョのスタンドぽかったですね。
カルマ >> 「ライトウィング」掲載順が気になりますねぇ…(汗
GiGi >> 結局このスーパーレジェンドって企画、鳥山先生が描くって言ったから箔付けのために始まったんじゃないかという気がしてきた
ルイ >> GiGiさんと一言一句違わず同意なんだぜ。
LD >> 最初のラジカセはアイワ製か…。
ハラルヤ >> こち亀はあいかわらずの若者像w若者にあえてカセットテープ使わせるなら、シンジ君ネタとか欲しかった。
GiGi >> あーDATには触れて欲しかったかもw。しかしこち亀、実際の年代を言うと時空が歪むなあw。
ルイ >> ライトウィングはどうかなー。造形が全体に通ってしまう所はあるかも。巨体とか、絵のバリエーションが必要かも?
LD >> 『ぬらりひょんの孫』、晴明さん「滅」って、結界師を連想しちゃうなあ…w
GiGi >> 絵に華がないのが厳しいところですねえ>ライトウィング
LD >> そして、ずっと伏線でひっぱってた山ン本五郎左衛門ですが、ここで一旦晴明が潰してきましたね。
ハラルヤ >> まだ99の分身がいるみたいですけどね。多いw>ここで一旦晴明が潰してきましたね。
LD >> 『保健室の死神』は普通に面白かった。
LD >> >99の分身|そうですね。しかし、まあ、晴明が最強の敵っぽくはありますね。
ルイ >> 『保健室の死神』はまた掲載位置落ち気味な気もしますが、やっぱ運動会かな!wいや面白いですね。
LD >> …というか、もうホント、ふつーにハデス先生が病魔を退治するシーンを省略するのなw
カルマ >> ここは一旦引くかと思ってたのですが…どこまで晴明とやるのかなぁ>ぬら孫
ルイ >> 病魔圧縮は当時こそ議論のタネでしたが、今や定型としましたね。これは成果。
LD >> 『サイレン』は、終わってからいろいろ言おうと思っていますが、今、けっこう注目しています。
カルマ >> 2Pで家族とお父さんのキャラがばっちりでたまらんですねw>保健室
ルイ >> 保健室のパンチラは、何かもうパンチラの匠に近付いているね!←?
LD >> 『ライトウィング』は、ここが正念場だな。
LD >> パンチラ?……ああ、ようみつけたな。さすがルイさん。(´・ω・`)
LD >> さて、サンデー。
ハラルヤ >> ケーキ安くて良いなあ>保健室
kichi >> パンチラとしてはともかく、パンツの描き込みは物足りないという意見を見かけたりはしましたが……(´・ω・`)
ルイ >> パンチラ見つけた人がエロイみたいな・・・
ルイ >> パンツは描き込みよりも在り様なのだよw
ハラルヤ >> どうしようパンチラの場所がわからない……
LD >> 『アラゴ』、巻頭カラー、かつ急展開ですが、前回のネームの熱量が残っているというか、とても良いネームでした。
LD >> ぶっちゃけ、藍本先生のパンツってそれほどエロくない…むしろ、スク水とかの方がエロいかなって感じ。パンツは万乗パンツ…バン・パンよりは上かな?って感じなわけですが、重要なのはそこじゃない。(`・ω・´)
ルイ >> 『アラゴ』良かったですね!それぞれの意図が渦巻いておるね!
LD >> 『ケンイチ』は、おおおおおおおお、『引き返し』たか!!(`・ω・´)
ハラルヤ >> 万乗パンツw久米田先生が『かってに改蔵』でよくネタにしてましたね。なつかしい。
GiGi >> アラゴ良かったですねえ。先週の熱量を残したまま、アラゴの立脚点を再構築してくれた
GiGi >> BPと並べるとか失敬な…いや確かに連想はしたがw
kichi >> 「アラゴ」良かったですね。飛び道具使った価値のある展開や想いの描写で素晴らしかったです。
カルマ >> 「アラゴ」良かったですねぇ。
LD >> 『神のみぞ知るセカイ』この展開、僕としては、はじめて桂馬に瑕疵の予感を感じています。さて、鬼手の神の行く末はどうなるでしょう?
kichi >> 「ケンイチ」はそっちから引き戻したかぁ!って感じですが、いや、なんかもう納得ですw こういうハッタリ効いた達人の力で引き戻されちゃうなら納得するしかないw
ルイ >> 最近、アラゴのステージの高まりを感じますよね。このあたりで、敵の美女幹部だ!←すぐその発想
ルイ >> 『ケンイチ』は、つまり、ダブルミーニングというか引っ掛けだな。うまし。
GiGi >> 秋雨が出て来たら納得せざるを得ないw。うんでもまあなんらかの「代償」はあるんでしょうね
ルイ >> 裏ムエタイ界の「死神」さよならと思わせといて、さよならしたのはリアル「死神」だったという事ですね。達人は生死を司る神に勝る。
ルイ >> 僕の縁側アパチャイのビジョンが見えてきたかな?w
GiGi >> 確かにこれは鬼だと納得するわけですが、爆弾に点火したときどうなるかですね。
ルイ >> 『神知る』は爆弾の予感も含めて良いですね。桂馬の世界は90年代ギャルゲーのまま進んだ世界だとは何度も指摘してきてますから、今とその時代の最大の違いって、同時攻略なんですよね。そこを使うのは上手い。
ハラルヤ >> 「殺して良いのは殺される覚悟のある奴だけだ」の逆の論理で「人を殺さないものは殺されるべきではない」っていう作品倫理なんですかね。
カルマ >> 「神知る」女の子の受ける体験が同じになってしまうから怖いなぁ…これは
LD >> ちなみに、ちひろや、歩美は、毎日会っている事もあってすぐにわかないけど、栞、月夜あたりはすぐに分かる、という事ではある。
kichi >> 「神知る」……たしかにこのままうまく行っても面白くないっていうかねw ……あと、女神のパワーアップ目的での攻略というのは若干納得力低かったのですが……(´・ω・`)
ハラルヤ >> 結はスルーw
GiGi >> アラゴと並んでエースの風格が出て来たキングゴルフですが、修行僧いいよね。
GiGi >> 現状サンデーのエースは神知る、アラゴ、キンゴル。…部数が下がるのも納得だな
LD >> >「人を殺さないものは殺されるべきではない」|面白い指摘ですね。ただ単なる物語機能的の話としては「殺さない者の物語」は、殺されそうになった時、殺された時、それでも殺そうとしなかった事で最大値を出せる形にあると思います。
ルイ >> それがエースと言われるとねえw
GiGi >> 神は言っている…ここで死ぬ運命ではないと。
ルイ >> 『キングゴルフ』はえらく渋味のある良い展開ですね。変えない攻撃。
カルマ >> 読んでない人にまで名前が伝わってるような作品はあるのかなぁ。コナンくらい?あ、絶チルとハヤテか>サンデー
kichi >> 「キングゴルフ」も好調ですねぇ。それぞれのスタイルを押し通しての競い方がなんとも高レベル感あって良いです。
GiGi >> 絶チルハヤテコナンケンイチが看板ですね。…部数が下がるのも納得だな。
ルイ >> サンデーはなんか、訴求力のタイトルと今熱いタイトルと部数そのものが多いタイトルがバラバラなんだわw
カルマ >> 「キングゴルフ」は面白いですねぇ。
GiGi >> つくづくメジャーは終わらせるべきではなかった。というか今からでも遅くないからメジャー2やるべき。
LD >> 何かやり方を間違っているんですよ…とイメージできるんですよ。仮に彼女たちが、一気に女神覚醒して“物語上ヒロイン化”すると、桂馬のやっていた事が全て周知となる。その時に、何が起こるかって事をこの桂馬は観えているのか?っていう心配ですね。
GiGi >> あだち先生はもう帰ってこないかもしれないなあ
ハラルヤ >> そこを救う気がない宣言が「鬼」ってことなんですかね?>何かやり方を間違っているんですよ…
カルマ >> (ケンイチってアニメになってたのか…)
ルイ >> 桂馬敵には、1ルート1攻略の美学があるんじゃないかな?
ハラルヤ >> そこは常々言ってましたね。作品内用語でいうと「ルート決めうち派」でしたっけ。>1ルート1攻略の美学
ルイ >> 同時攻略を否定するのは、同時攻略ゲー好きとして残念なのだけれどw今のところそちらが見えますね。要はテンプレートに全員に当たる→効果が予想ほど出ない→それぞれに向きあっていないから→これまでの攻略も、桂馬はゲーム攻略とは言えちゃんお向きあって自分の物語を消費してきたんじゃないか?  というナガレ。
ハラルヤ >> あ、「ヒロイン」ではなく「作品」を攻略するのが「鬼」なのかも。ゲームは攻略しても各ヒロインは救わない。故に「鬼」。
GiGi >> なんかオニデレの世界設定つくづく面白いなあw
GiGi >> 怒りや嫉妬まで含めてパワーだと考えているなら当に鬼ですな
LD >> ほう!成程!>ゲームは攻略しても各ヒロインは救わない。故に「鬼」。
LD >> 『ハヤテのごとく』は…
LD >> 『ハヤテのごとく』は…なんでしょうね?この展開?
ルイ >> ハヤテのごとく・・・・・・・・・・・・・
GiGi >> ええと、ハヤテの新キャラなんだったっけ。水…嶋ヒロ(違
ルイ >> なんか、まあ、生きる指針となる「憧れ」を見つけたという事はわかる。それが人生において大事な事もわかる。でも漫画だと、唐突だなあ。
LD >> 『ハヤテのごとく』は、元々、天王洲アテネに絡んだ、グランドストーリーがある物語がみえていた。この展開はそのかかわりとも毛色がちがって観える。…何かのショートエピなんでしょうか?
ルイ >> 僕の好きな漫画『りびんぐゲーム』で、主人公の不破くんが建築家のタラコ唇くんにであって。それは最初は全く存在しないのに妙にいい効きを見せるキャラなのだけれど、まあそのあたりを狙った事はわかる。
ルイ >> きっと昨今の声優さんアイドルみたいだなーと言う所から着想を得たのだな。
LD >> 簡単に言うと、アテネに関する物語ベクトルはファンタジー志向あるいはセカイ系志向のベクトルがみえていた。この一連の同人誌エピは現実に帰る、あるいは物語破壊に近いような志向を感じるんですよね。
LD >> タラコ唇くんって、花粉症くんの事ですか?
ハラルヤ >> でもハヤテってすでに超人いっぱい居るんじゃないでしたっけ?いまさらナギがあこがれるような超人像がよくわからないです。むしろサジ君的な「普通のすごい人」がナギには必要な気が
ルイ >> 地に足をつけて生きるって事でそ。脱セカイ系のラインだけは見えるよ。ラインだけは。
ルイ >> そうそう>花粉症くん
GiGi >> 俳優業よりも小説書きたいヒロ君くらいしか連想しなかったけど畑先生の理路からするとそっちのほうが正しいっぽい>アイドル声優
ルイ >> いや、だから、これは畑先生的に「普通に凄い人」のラインなんですよw
kichi >> ……アテネ絡みはハヤテの物語ですし、今回のはナギの物語ってことで、キャラごとにメインストーリーが違うってことなのでは? ……それが作品としていいことなのかどうかはともかくw
LD >> すっげ〜いい指摘。>いまさらナギがあこがれるような超人像がよくわからないです。
kichi >> ……ま、それらをどう交わらせるかってことになるのかもですが、いまんとこまるっきり別の物語として並行してる気がしますね……>ハヤテとナギの物語
ハラルヤ >> アレが普通っ、てイノベイターか!w
LD >> 『りびんぐゲーム』のあれは、不破くんの取るべき道の中で自然と“出会った”キャラなんですよね。特にキャラがでたワケじゃないですけど『めぞん一刻』で、最初、五代くんは保父さんになる伏線はまったくないのに保父さんになる話と近い。…じゃあ、今のナギも“それ”なの?
ルイ >> 現実にある職業の中で、特別に何か与えられたギフトでなく、一つに固執せず自分のやりたい物語を歩む。これまでにひとりも居ない。これが普通かどうかは作者感覚の問題とはいえ、ラインとしては「普通に凄い人」である事は間違いない。だから、水嶋ヒロは人間という事です。ライダーという説もあるが。
LD >> kichiさんの、アテネはハヤテの物語で、今回のはナギの物語っていう指摘は当たっていそうですけど。この二つの線が直接交差するイメージは持ちづらいですよね。
ハラルヤ >> ワームかもですwクロックアップされた世界なら執筆時間も無限大。
GiGi >> ナギの物語をやること自は問題ないんですけどね
ルイ >> ま、構成としては実はわかるんだけど、造形とタイミングと演出と効きの問題があってw←酷い
LD >> まあ、とにかく“僕の”興味は引きました。ちょっと注目してみます。>『ハヤテのごとく』
カルマ >> ハヤテとナギの話が繋がってないというか、てんでバラバラに見えるのが…いや、繋げようとはしているのかな。
kichi >> ……いちおうナギがマンガ家目指す伏線はあったと言えなくもないようなw ……いや、私もギャグだとしか思ってなかったですけどw、ナギをビルゲイツの守護霊付いたような単なるお金持ちキャラっていうんじゃなく成長を描こうとするなら、元々あった材料から必然的に作られてくる流れではあったのかもなぁ……?くらいには思えます。
ハラルヤ >> ナギが「普通にすごい人」としてハヤテ(それでも超人ではあるが……)の価値を再発見する物語だったら、シンプルですんだのにとは思います。
ルイ >> ハヤテはアテネがらみでセカイの物語背負ってるからダメですね。ハヤテのゴール暗示として効かせるのがせいぜいかな。
LD >> 畑先生は、楽園のネームの名手だと思っているのですが、下地の部分で承認のストーリーを志向しているような所があって。それが今出ているようにも思えます。
ハラルヤ >> そっかあ、じゃあめんどくさいですね「ハヤテのごとく」>ハヤテはアテネがらみでセカイの物語背負ってるからダメですね。
LD >> 『結界師』は、ゆがみなく順調。
LD >> 『最上の明医』は……なに?これw
GiGi >> まあ最上の明医はこんなんでしょう。
ルイ >> サンデーの迷走を象徴してるな!
kichi >> 「結界師」順調ですねぇ。いよいよ最終決戦を目前として高まる緊張感がなんとも……!……そして時音…………!
ハラルヤ >> ああ、これはdisってよかったんですね。あまりにアレなんで黙ってました。>『最上の明医』
LD >> 『マギ』は、ちょっと難しい…アリババくんをどう描くか?という演出の際の話になっている。
GiGi >> Disっていいというか語る意味もないというか
ハラルヤ >> 月光条例の孫悟空の変身シーンは素敵でした。
ルイ >> 月光条例のNPC劇場っぷりがヤバイ。途中までちょくちょく月光挟めてバランスとってたんだけど、最近はもう・・・
GiGi >> チルチルがだんだん魔法を使いこなしている様子がちょっと面白いですね
GiGi >> まあまんまうしとらのジエメイ編なわけだけれども
ルイ >> 『マギ』は、まあ最近の迷走からすると最善回かなー。もう、どうしてアリババはアリババなのか、みたいな所までやってたら遅すぎるでしょ。ただでさえここ1ヶ月ほどは・・・
kichi >> ああ、「月光条例」の孫悟空良かったですね。……こんなとこ良くても困るみたいな気持ちも強いんですが……orz
ルイ >> ジエメイ編ってうしおの視点だから、視点位置はハッキリしてるしなぁ。
カルマ >> 月光条例は…長い長いと言うのも長くなってきたw
LD >> 『キングゴルフ』は、もともとメンタル最強に描いている主人公で、敢えて言えばメンタルが全てになってくるゴルフマンガを描くのは、やがてきつくなって行くだろう…と一般論予想をしていたのですが、そこを超えたというか、きっちり対決の形にしてきたので、これは素晴らしいなと。
LD >> 『ちいさいひと』は、すぐに第2エピソードが作られるみたいですね。
LD >> 『はじめてのあく』は、うん、まあ、もう、このエピでキョーコvsジローかたまりなさい。(`・ω・´)
LD >> 『月光条例』は、アラビアンナイトvs孫悟空という、最初に作品構造が分かった時に是非やってほしいなと思っていた事がここで実現されました。(´・ω・`)
GiGi >> はじあく引っ張るんだねえ。そして3年後…とかになったら面白いんだがw
kichi >> 「はじあく」いきなり無人島かw ま、順当に良かったのではないでしょか? …………vs?
ハラルヤ >> 何それ、読みたい!>そして3年後…とかになったら面白いんだがw
LD >> さて、マガジンに行きましょうか。
LD >> 『A-BOUT』の寿司屋くんとかギターくんとかなかなか面白そうですね。
LD >> そして『AKB49』が相変わらず面白い。…なんだろ?これw
ハラルヤ >> パープルヘイズwルイさんが指摘するまで気付きませんでした。アレ。
LD >> 『ブンブンビー』、すぐにレースマンガに行くかと思ったけど、そういうワケではないというか、バイクの楽しさみたいなものを描く物語なのかな。ライバルっぽいのもでてないしね。
GiGi >> AKB面白いねえ。AKBのシステムいろいろ分かって興味深い
GiGi >> ブンブンビーやっぱり面白いね
LD >> 『ネギま!』の今回のエピ好きです。夏実ちゃんのがんばりが胸を打ちます。
ルイ >> 紫平次ってねえw
ハラルヤ >> 『AKB49』秋元才加の写真ネタすらOKなんですね。清濁併せ呑みすぎ。
ルイ >> 『AKB』が凄い面白い。たかみな先輩がいないのは寂しいけど、本当システムを色々勉強。AとKとBのチームがあるのね。
ルイ >> ABOUTのキャラ引用の楽天性はもう、一種の才能ですねwそのうちえなりかずきあたり来るわw
ハラルヤ >> 今どきの若者がバイクに興味持つなんて、仮面ライダー入り以外あり得ないだろJK。
カルマ >> 「AKB49」面白いですねぇ。こっちの世界の秋元さんはもうちょっと言い訳のしやすい写真の撮られ方だったのだろう。
GiGi >> フェアリーテイル、ガジルが鉄を喰うところはグッと来た
LD >> 「だ…大丈夫って、大丈夫じゃないよね。私…私がッ…私がここでがんばんなきゃダ…ダメだよね」…いや、いいなあ。(浸っている)
LD >> ああ、そういえば新聞記事で若者の自動二輪離れ…みたいな話があったな。
ルイ >> 相変わらずみのりのがに股とかは気になるけどw
kichi >> 「ネギま」素晴らしく良かったですねぇ!
GiGi >> ネギまはここで誰も説教しないところが見事ですよね
ルイ >> 『フェアリーテイル』もかなり良いですね!敵から味方になったキャラクターは、こういうポジショニングがとれるからいいんだよなー。
ルイ >> 『ネギま』はネギまるへの返歌みたいなもんじゃろかw
ハラルヤ >> 『ネギま!』はたしかに良かったです。
ルイ >> このままAKBの曲も口ずさめないままにAKBの評価を上げていっていいのだろうか。恐ろしい漫画だ。
LD >> いや、なんかね。明日菜の効果範囲で、石ころ結界が消失するポイントをどうやって知るか?とか、そうやって地味に出される知恵も好きです。なるほどと思ったもの。
カルマ >> 「ネギま!」は素晴らしいですね。いやー良かった。
LD >> 千雨の好意度ランキングが上位ってのは『ネギまる』こみの話にしか思えないw
GiGi >> 赤松先生ちょっと大変なこと始めちゃってるけど、もうネギまは最終回までプロット固まってると言うことかな
ハラルヤ >> 僕もAKBメンバーは仮面ライダーWに出てた人ぐらいしかしらないw>このままAKBの曲も口ずさめないままにAKBの評価を上げていっていいのだろうか。
ルイ >> 【GE】は誤解の仕方もトレンディですなあ。【君のいる町】は…まあ。
ルイ >> 『はじめの一歩』地味に板垣くんの別離路線の積み上げを始めている様子。自分よりランク下位の挑戦むかつく→自分がしたい だし、下位への蔑視も一歩的ではない。というか、木村とかに失礼じゃね?w
ルイ >> 『むろみさん』リヴァイアさんの尾は何故痛まないのかを考察するのだ。
ハラルヤ >> 今週のエアギアは、めずらしく(失礼)王道におもしろかったんですが……僕だけ?
LD >> 『GE』はいいラインですね。もう一押しすると展開が不可逆になってくるかな?
カルマ >> AKBは…今ヒットしてる「beginner」なんかはかつてのモー娘。みたく、低年齢の女性ファンが拡大したことを受けての曲に見えますね。
kichi >> 「GE」はこの段階でこういう切り出しがあるなら、学祭までには寄り戻せるかな……? ……もっとも、え〜と、名前失念、元ポチャ子ちゃんとかまで絡んでくる可能性もありますし、まだどう転ぶか分からないですが……。
LD >> 『波打際のむろみさん』ですが、何気にリヴァイアさんの設定支配力って強いよね。なんかもう、この人がジ・アースってくらいの位置じゃね?
GiGi >> ベビステ、観客の盛り上がりを挟むのを忘れない丁寧さ。じわじわとプレッシャーがかかってる緊張感がここちいい
kichi >> 「ベビステ」はほんと、いつもながら丁寧な描写で良いですなぁ。直感タイプの描き方も絶妙。
カルマ >> 夏美役の相沢舞さんのブログをそっと貼っておこうhttp://yaplog.jp/moimoi7/archive/863
ルイ >> 『ベビステ』は、要らない回とは言えないですねw試合を形成する大事なパーツだ。
カルマ >> 「ベビステ」は良いですねぇ。エーちゃんの怖さも伝わってくる。
kichi >> 「君町」は………………あ、サブタイトルが「作者取材のため」だったのは巧いのかな?マンガ家志望って展開を自然に呑み込んだのはサブタイが引っ掛かってたからな気がするw
LD >> 『ヤンメガ』、水戸さんとか出てきましたね。八王子さんより弱い子なんですが…でも、まとめるなら出さないとね。
カルマ >> 「君町」…なぁ…w
ハラルヤ >> エデンの檻も良かったですよね。メンタルやフィジカルだけで問題解決に向かわないのが良い。
LD >> 『君がいる町』は……うん、あれか。また、できちゃったエンドか?(`・ω・´)
ハラルヤ >> そのうちチャンピオンでも漫画家志望の奴が現れるに違いない>『君町』
GiGi >> キガタガキタあたりに現われてもおかしくない>漫画家志望
LD >> 『エデンの檻』は、何にせよ、完全に人工物を発見したわけですね。
LD >> さて、チャンピオン。
GiGi >> アテナかわいいのう
kichi >> 「エデンの檻」はいろいろツッコミたい気もするものの……まぁ、呑み込もうw 展開的にはどうなんでしょ?この分だとまだ謎に迫ってくわけではないのかなぁ……?(´・ω・`)
ルイ >> チャンピョンは相変わらず絶好調だよ。
LD >> 『ハンザスカイ』なんですけど「二回戦勝ったのか」って、さらっと二回戦勝ったんですね。
ルイ >> スフィアにインタブーがない事に何か凄い時代のうねりを感じた。
ルイ >> 『ハンザスカイ』、藤木先輩なんか高まってますねw二回戦でも当然次鋒は負けたのだよね。
LD >> いろいろ、ツッコミたいですねえw…でも、と、に、か、く、人工物です。オブジェとかじゃなくって機巧を持ったものですw
ルイ >> みつどもえはいつもどおり。イカ娘がなんだか一生懸命。
LD >> 佐倉が天然で邪魔している構造がいいかもしれんな。(`・ω・´)
ルイ >> 『弱虫ペダル』がまぁた熱い展開だよ!しゃべりすぎではあるが、まあ御堂筋もあれくらい語るつもりだったのだろうw
ルイ >> 切り捨てというよりは、「厳しい信頼」だったのだ、という、総北とも京都伏見とも違う、いい位置だなぁ。
ハラルヤ >> あれ?僕は『エデンの檻』に人工物が出てきたことにむしろ安心してたんですけどね。やっと収束に向かってる気がして。
ルイ >> 『範馬刃牙』烈海王が復活しなくなりますように☆
LD >> 『弱虫ペダル』は、福富主将、実行動としてはともかく、精神的には見捨ててませんでしたね。
kichi >> 「ハンザスカイ」女子側もなかなか良かったですね。お嬢様もベタながらいいキャラ立ちでした。……大谷さんの初戦負けがあっさり処理されすぎなのは気にならなくもなかったですが、まぁ、悪い気にかかり方でもないのか……。
ルイ >> これはでも、メンバーに余程高いレベルの自覚がないと、京都伏見と差がないんですよね。アブくんが今その岐路に立っていて、それを支えるのが誰か。3年には皆その意思が備わっていると思うけど、新開先輩は今落ちている所だし、ここらで空気の山岳くんアゲを期待したいですね。
GiGi >> 弱ペダは展開は予想通りではありますが、来週後ろの組がどんな葛藤をしたのかがどう描かれるかですね
カルマ >> 「ペダル」良いですね。信頼の上での分断。
ハラルヤ >> 『弱虫ペダル』はカブトボーグ並にしゃべってましたねw精神攻撃で勝負が決まる勢い。
ルイ >> 『バチバチ』は悲愴な決戦が。互いに重い物語を背負った優勝決定戦ですよ。
LD >> まあ、そうなんですけど。このどんでん返し、作った人の意図がよくわからないというかw仮にここが様々な絶命生物を保全する施設だったとして、たとえば、あのどんでん返しは何に使うの?っていうw……ん〜巨大生物を捕まえるためかなあ?
LD >> >『エデンの檻』
kichi >> ああ、いや、単に罠仕掛けてあっただけだとすると、こっから本格的に謎に迫る展開に入るのは難しいかもなぁ?という印象もあってですね……。まぁ、ちゃんと収束に向かってくれたら嬉しいですけどw
ルイ >> 『シュガーレス』 こいつら強いじゃん…!→バカ?こいつら(気絶)
ルイ >> 『はみどる』初の?裏のない成功例が!って普通にやれば売れるんだって!
ルイ >> 『キガタガキタ』がかなり良いですね。冥くんの変な器のでかさが全開。
ハラルヤ >> ああ、僕は完全にエデンの檻の整合性とかどうでも良くなってるんで。それを完全に崩しに来たということは、そろそろまとめるつもりかなあと。
LD >> 『はみどる』はDOBIN娘が売れてるよ!?(`・ω・´)
ハラルヤ >> 『キガタガキタ』格好良かったですよねー。説教ヒーロー全開。
ルイ >> あの病んでるヒロイントリオを個性の範疇で包んだかーw
LD >> 『キガタガキタ!』は、今回、特に誰かを傷つけたわけではないダメポくんに、ダメ出しして絶妙の因果を返しているところが好きだなとw
カルマ >> 「キガタガキタ」良かったですね。そこまでは面倒みれねぇよ、ってあたりも
ルイ >> たしかに説教ヒーローと考えると、キガタガキタは禁書のバランスを突き詰めたものかもしれない。
kichi >> 「バチバチ」最後はかなり分かりやすく堕ちた描写となりましたね。……しかしそんな大鵠のことはさっさと振り切って優勝決定戦へ……という展開の仕方も良いですねぇ。
LD >> とにかく今回の鬼形くんはカッコいいですよねw「皆いい娘」とか「小手返し」とか「バカが見るブタのケツ」とかw
ハラルヤ >> 『キガタガキタ!』誇張されてるんだろうけど、投げた『石コロ(笑い)』がやたらデカイあたりが酷いw
ルイ >> もう、吽形の物語はそこにはにですからね。これが阿形なら「もうお前なんぞとは違う番付にいく」と言い切れるけど、吽形の場合別の意味で「もう戦う事がない」可能性もチラついて、なんとも言えず悲愴です。
GiGi >> やーなんか最近のイカちゃんアニメからのフィードバック来てるねー
ルイ >> イカちゃん半年くらい前から明らかに漫画の描き方変わってますね。
LD >> うん、まあ…アシスタントの描き間違え…かなw>石ころ
ルイ >> 『冥王神話』アテナの格が一話で一気に上がり、そして対メフィストへ。ラダマンティスをハドラーに例えたナガレからいくと、こいつはキルバーンだなw
GiGi >> キルバーンは言われてみればまんまなw
ルイ >> 『ケルベロス』も一瞬仲間というか同志にほっとしすぎる景きゅんが可愛く、よくキイてます。
GiGi >> 今週の冥王神話はとにかくアテナがかわいい。まさにカワイイは正義。
ルイ >> ダイ大の終盤はメチャ評価高いんで、これは大絶賛しているという事なのよさ!
LD >> 『シュガーレス』は、岳はともかく卜部が気絶するのはショックだったけど、よくよく考えて観ると、とりあえず卜部が負けるのも定番化している件。…ってか、今このマンガで土付かずはシャケとマリモだけなんだよね。
ルイ >> アテナのクロスが、女性的な美を失わない柔らかいフォルムでいいよねー。歴代のアテナには、胸の部分がスカスカで悩んだアテナもいるのだろう・・・
ルイ >> サーシャは長髪で良かった良かった。
LD >> 『ケルベロス』の展開はよい展開。この問題をどう処すかで『ケルベロス』という物語が分かる。
ルイ >> アテナの「私の戦士たちよ」ってセリフもいいよなー。この先戦わせないと決めているのに。そしてかける言葉もいい。物凄い格上げ。僕結構サーシャどうでもよかったんだけどw
GiGi >> 戦いに赴く悲壮感ではなく、笑顔から入るというのが本当に素晴らしい。思えば沙織さんの笑顔ってみた記憶がないw
ルイ >> 『ムショ高』も熱い、って明らかに他誌と充実度が違うよね今。これ単なる僕の贔屓じゃないでしょ。
ルイ >> 沙織さん目を閉じた時とびっくり汗しか思い出せないw
LD >> あんたバカァ?アテナのクロスなんだから、歴代のアテナのサイズぴったりに収縮されるに決まってるでしょーが!(`・ω・´)>歴代のアテナには、胸の部分がスカスカで悩んだアテナもいるのだろう・・・
ルイ >> 才能と努力というテーマで明らかに描いてきたのに、それを監督が迫力で押し切るのが素晴らしい。これ、敵に先輩くらいのキャラ立ちを用意できるかが勝負だよなあ。
ルイ >> 説としては、アテナが転生すると胸が膨らむという説もあってな(ry  ・・・アテナだけにな!!!!(カッ
GiGi >> ケルベロス真っ直ぐきましたねー。イヤボーンする作風でもないしどう落とし所を持ってくるのか楽しみですね
kichi >> ふむ。変に悟りを開いた感じになってないのが良いですねぇ。>サーシャ  チェシャを見る表情とか可愛いなw
カルマ >> 「ムショ高」良かったですね。
LD >> …というワケで『冥王神話』は、P1から、チェシャ猫を見逃している時点で、とても良い。(`・ω・´)
GiGi >> 部内戦はおわっていよいよ外部の敵ですよねー。
ハラルヤ >> ところで『ドカベン』のサルはなんなんですか?本当の猿?
ルイ >> しかしさ、別働隊の常世に関しては、例の仇喰さんあたりでも来てくれないと助かりようがないですよね。世々さん32歳でもいいけど。
カルマ >> 「ケルベロス」はかなり難しい展開になっているように思いますが…うーむ。景が止める事でさらに状況が悪化するような事態に?
GiGi >> 人に顔を向けているときは笑顔を絶やさず、いざ前を向けば凛々しい顔つきになる。なんというカリスマ。
GiGi >> どう考えても状況は悪化します。超絶パワーアップして全部解決とかでない限りは。
LD >> ここで世々さん来るなら、世々影ヒロイン確定だね!『ケルベロス』の物語が分かる。……ところで32歳だっけ?w
GiGi >> ひとつの着地点として考えられるのは、常世の人たちの優先順位を入れ替えることだけど、それをどう説得力をもって描くか。
kichi >> 「ムショ高」、しばらく読んでなかったんですが、今週のはやけに気になったので読んだんですが良かったですね。監督の説得力ある豪腕ぶりが素晴らしかったです。
ルイ >> 常世も自分たちの大きな目的の為には必死ですけど、それを押しとどめるには、一つ上の解決がいるんですよね。パワーアップか仲間か別の方法か、まあ作品が見える。
LD >> 超絶パワーアップして全部解決なら、それはそれで『ケルベロス』の物語がわかりますね。
カルマ >> 世々さんの32歳は単行本でマジ衝撃だったw
ルイ >> 読みなさい!w>無諸侯
LD >> もうね。アテナ様ね。こんな気高い人のふとももがチラリと見えるから、たまんねえんですが。(`・ω・´)
ルイ >> …凄い変換だな。
カルマ >> 「ムショ高」今まで長い試合だったにもかかわらずまた特訓に入るんですっけ。そこはけっこう不安。
ルイ >> twitterでも呟きましたが、冥王神話はシオンに黒い芽が植えつけられるかにも期待。って伝説の勇者の伝説みたいだなw
kichi >> 最近時間が足りなくてですね……orz最近好調らしいAKBとかも読めてない……
ルイ >> ムショ高が海と言われても、監督ふんどしだろうから被らないであろうたかし麻呂先輩が何を纏うかが気になって仕方ねぇよ。女?何それ食べれるの?
LD >> 来た!32歳の時代!(゚∀゚) >世々さん32歳
ルイ >> 『ANGEL VOICE』までいい積み上げしているチャンピオン。パス出しの予言は熱い。
kichi >> 「エンジェルボイス」も順調に良いですねぇ……。……トーナメント表はどんな感じなんじゃろ?やっぱ早々に船学と当たっちゃってるのかな?
ルイ >> 『任侠姫レイラ』もようやく普通の読者にもわかりやすい図式になったかな!
LD >> 「才能とは何か?自分にあるかなど、挑戦を終えたとき、結果がきめおるわ」は、けだし名言。
ハラルヤ >> だめだアテナ様が美しい以外の話についていけないwサルはなんなんですか?ググってもわからんw
ルイ >> サルはサルみたいだからサルなわけでw
LD >> サルは申年の時に獲得した選手じゃなかったですっけ?>『ドカベンスーパースターズ編』
GiGi >> 人間でないはずはないのだが今まで明言された記憶はないw>サル
ルイ >> カルマさんがムショ高の試合の長さを心配していて、最近村田先生が推薦したじゃないですか。考えてみると、バレーボールってシチュエーションによるプレーの変化がセッターの頭の中にしかないのがちょっと難しいですね。
GiGi >> 日本語をしゃべっているシーンも見た記憶はないあw
kichi >> 「レイラ」も熱いですね。……しかし、パパらしき人影も出てきたってことはやっぱこのエピで終了なのかなぁ……?(´・ω・`)
ルイ >> アイシールドなんかは全体の意識が点差などでダイレクトに動く。バスケもやる事は点取ってとめるだけなんだけど、ファール数やマッチアップが描きやすい。バレー、きっつ!!!
ルイ >> 日本語の後に「ッキ」ってついてるだけやんw
ハラルヤ >> えーっ、漫研メンバーがわからないってなにもんだよサルw
ハラルヤ >> 世々さんはわかった。
LD >> 『任侠姫レイラ』は、正にお膳立ては揃ったって状態ですね。さて、中身はどうか?
カルマ >> 「レイラ」はあえてヒールを演じて倒されるってことはわかるんですけど。
ルイ >> 世々さんの声あやひーにやらせてくんないかなァ。金屋でもいいけど。
LD >> いやwwwハラルヤさんに、言われてちょっとウケてるwこいつ、ホントになんでしょうねwまさかホントに猿じゃないだろうなww
ルイ >> ヒールを演じると簡単に言えないくらい、ヒールをやり切るのですよ。そうあってヤオとガチが渾然一体となった地平を目指そうとしている。
LD >> おいおい…金屋は悠木さんだろJK (´・ω・`)
LD >> そして、世々さんは、竹達さんだろ…。現実を見ろよ。(´・ω・`)
ルイ >> 最近『はなまる幼稚園』のコメンタリを聴いていたら、当初小梅が彩陽さん、柊がMAKOさんだったと聴いて…MAKO柊はまあ、今日の5の2の路線になるのだけど、彩陽小梅は逃したなと。まだそういう役TVでやった事ない。
ルイ >> LDさんのダメ音感は俺以下なんだYO!みつどもえでわかったろ!
ハラルヤ >> アテナ様は美しいなー。美しいと思える女性キャラは貴重。
ルイ >> 今週もチャンピオンが面白かったところで、こんな所でしょうか。あ、短期集中連載は、まあぬるい時代のチャンピオン臭があってよろしいwアイホシモドキ的なw
LD >> そして、イカ娘の援護射撃に見える集中連載『りびんぐでっど』ですが…今なら本格連載いけるんじゃないでしょうか?
ルイ >> 今のチャンピオンを舐めたらあかんで。生半可な構造なら蹴飛ばされるで。
ハラルヤ >> サル……
LD >> SATE?一番を決めましょうかセイ。
GiGi >> さて、KINTOKI以外ではアラゴと冥王神話がよかったわけですが。
ハラルヤ >>
ルイ >> 『KINTOKI』が天才の神々しさだったけど、それ以外だとアラゴ、AKB、ネギま。
LD >> ジャンプは…。
LD >> 『KINTOKI』ですね。
LD >> サンデーは『アラゴ』と、『キングゴルフ』でしょうか。
LD >> マガジンは『ネギま』
ルイ >> あまり漫画に詳しくない知り合いを横にジャンプ読んでいたのだけれど、ずっと「あー面白い」「うー面白い」と唸りながら読んでいた鳥山明先生『KINTOKI』が読めるのは週刊少年ジャンプだけ!←もう読めない
LD >> チャンピオンは『冥王神話』、『ムショ高排球軍』。
カルマ >> 「KINTOKI」と「ネギま!」と「AKB」ですね。「アラゴ」も良かった。
ルイ >> ムショ高もヨカタ!
LD >> さて、どれにしましょう?
ハラルヤ >> 『ネギま!
ルイ >> KINTOKIにしないとか漫研閉鎖レベル←?
ハラルヤ >> かなあ?
kichi >> ジャンプは……まぁ「KINTOKI」になるんでしょうね。面白いというよりは巧い印象が強くてそこまで絶賛する気分ではなかったりもするんですが……、まぁ。
LD >> 『KINTOKI』、『ネギま』、『冥王神話』という気もします。
GiGi >> もうなにか他の選択肢を選ぶ理由が何一つ思い浮かばないのだが
ハラルヤ >> 『KINTOKI』は別格すぎる気が……
kichi >> サンデーは「アラゴ」ですかね。
LD >> 逆に選びづらくなったわw>漫研閉鎖レベル
kichi >> マガジンは「ネギま」。
ルイ >> 巧いとか面白いとかいうレベルじゃねえよ!面白さが、上手さがそこにそのまんまあるんだもんよ!子供の頃は贅沢してたんだなぁ…。
kichi >> チャンピオンは……「冥王神話」か。
LD >> いやw『KINTOKI』にします。僕は『ネギま』もよかったと思っていますが、今回はこれでしょうね。
ハラルヤ >> ただ『ドラゴンボール』ストライク世代じゃないせいか、イマイチ僕は乗り切れてない気もするんですよ 『KINTOKI』
ルイ >> ムショ高が良かった週に言うのもなんだけど、厳然と存在しすぎる才能の壁に戦いた週でした。ワンピという週刊少年漫画史上最上の贅沢をしている今でもそう感じるとは思わなかったぜー。
GiGi >> 漫画がなぜ面白いのかその理由がここにあるというレベル。開いた口が塞がらない
LD >> 『KINTOKI』という事で。
GiGi >> 本当にねえ。鳥山明先生の漫画ってこんなに面白かったのか!と再認識させられたというか。
kichi >> 私は逆に「ドラゴンボール」ストライク世代だからこそ乗り切れてない気分があるのかもw アラレちゃんとか初期ドラゴンボールの絵のが好きなんだよなぁ……。ちょっと今の絵はデフォルメが進み過ぎてるというか、あまりにもまとまり過ぎてるような気分があってね……。話の方もね……。
ルイ >> 来週のジャンプ作家のあとがき欄が鳥山先生がらみで埋まってもおかしくないレベル。いや僕もギギさんと同じで、世代だからっていうよりは・・・桂先生との合作で楽隠居モードだと思っていたので、ドレドレどんなもんかいのう気分で読みだした、というのが本当の所です。打ちのめされちゃった☆
GiGi >> ネームの設計という意味ではあだち充先生は匹敵しうるとは思うけど、鳥山先生は更に動的な面白さがあるからなあ
GiGi >> 絵の魅力、説得力というのは万言を越えるね
カルマ >> 僕は鳥山明先生のマンガはあまり触れてないのですが、素直に楽しめましたね。種類が違うのですが、感覚としてはKINTOKIとネギま!が同じくらい面白く感じているようなところで。
ルイ >> あだちネームは己の志向性に沿うものだけで形成された、優れた俳句のような美の領域にありますよね。鳥山明は鳥山明的なものを突き詰めたというよりは・・・やっぱり、ネームの真理の扉が見えるw
ルイ >> 子供の頃は「まぁたバシバシ殴り合いながら空中か」とか思ってたはずなんだけどなーw
LD >> いや、ちょっと誉め過ぎな気もするけどw面白かった事は間違いないです。最初にGiGiさんが「世界の奥行き」って言葉を使っていましたっけ、それだけワンカットの画に入る情報というか…この場合は“世界観”がまずハンパなくって、その上でアクション…この場合は細かい所作も含めたものがハンパないんですよね。何気なく凄い密度のマンガになっている。何気なく拾った悟空の上着が重いみたいなw
ルイ >> 僕は褒める事に関しては全くもって何も恐れないw
ハラルヤ >> ネームのおもしろさはわかるんですけど、そこで展開される物語やキャラに興味が持てないんですよ。
GiGi >> そう。すごくふわっとした話で軽く読めちゃうんですよ。なんだけどちょっとコマの外にまで意識を広げると情報の洪水に打ちのめされる
ルイ >> スーパーレジェンド企画は大成功だった、という事だな。できれば荒木先生を呼んで欲しかったw
LD >> 『DRスランプ』や『ドラゴンボール』の連載時は、鳥山先生の世界観をもったメカの扉絵なんかが毎回描かれているわけで、それが素晴らしかったんですよね。『DRスランプ』の思い出イメージがアラレちゃんの仮装の扉絵という人も多いはず。
GiGi >> 今諸星大二郎先生がモーニングで西遊妖猿伝やってるんだけどあれと同種の面白さ。妖猿伝は中央アジアの実在の歴史が下敷きになってるんだけど、KINTOKIはまったくオリジナルの世界観でそれに匹敵する奥行きを感じる。たった30Pの読み切りにどんな贅沢なんだそれという。
LD >> まあ、そんなところで。今回もお疲れ様でした。またよろしくお願いします。
ルイ >> ジャンプ読み切りとしては『FOREST』以来に満足したよ!←褒める事を自重しないシリーズ。しかしこれは褒めているのか?w
GiGi >> 内水融先生の「カイン」の単行本もそろそろ絶版ですかねー。絶版というのがポジティブな意味合いになる時代か。
kichi >> おつかれさまでした〜。
ルイ >> 絶版待ってました時代きたる!
カルマ >> お疲れ様でした〜。
GiGi >> とりあえずブコフでForest載ってる巻だけでも押さえておくかw
カルマ >> 河内和泉先生が仰るには、スクエニの契約書では初版から3年で絶版だそうで。
ハラルヤ >> 僕が『KINTOKI』に乗れないのは、押井守監督が「この世には2種類の人間が居て、それは世界観に興味がある奴とキャラに興味がある奴だ」的なことを言ってたんですけど、僕が後者なせいかもしれないですね。
GiGi >> だいたい3年縛り延長は1年単位らしいですねー。増刷かからない限りは5年前の本でもほとんど絶版でしょうね
ハラルヤ >> お疲れ様でした〜
GiGi >> そうですねー。キャラクター関係性の物語にはなってないのでそこは乗れない人がいるのはわかります。kichiさんも関係性の物語をメインで見てると思うのでピンと来なかったんじゃないかな。
GiGi >> よく単行本に既刊リストが載っててあれに載ってないのは全部絶版という理解でいいんでしょうね。
ルイ >> 僕も関係性の人だと思うのだけど誰か分析してYO…
ハラルヤ >> にしても、サル……
カルマ >> とりあえず調べてカインの3巻というのを古本で買いました。>ふぉれすと
kichi >> ……う〜ん、関係性で見てるからというか……、う〜ん……? いえ、面白いとは思ってるんですけど、その面白さの方向というか性質って豊かな味わいみたいな感じですよね?そういう意味では確かに完璧と言ってもいい内容だと思うし高評価も頷けるのですけど、尖ってたり鋭かったりするわけではなくて、ストレートに感情揺さぶられる感じではないのが個人的には絶賛とまではいかない気分の根っこであり、冨樫先生のネームとの比較話とかに違和感を覚える要因かなぁ……?
kichi >> あとまぁやはり、どうしてもアラレちゃんやDBと比較してしまう気分があるのも大きいかなって思います。私、アラレちゃんもDBも持ってないんですけど、これまで何度かアラレちゃんやDB初期の単行本を読む機会はあったんですよね。その度にほんともうメチャメチャ吃驚してるんですよ。うわなにこれ超絵うめー!マンガうめー!って。その時のインパクトと比較すると、今回の読切での鳥山明再評価インパクトはそれほど大きくは感じなかったというか、どっちかというと昔と比べると丸くなったなぁ、みたいな印象を強く残してしまった気はするんですよね。これはたぶん、主に絵の話ですが。
kichi >> ……あと、DB終了後描いてる「SAND LAND」とか「COWA」とかも似た感じの作品でしたので、そういう意味でも想定の範囲内な印象ではあったのですが……(´・ω・`)あ、でも、それこそ関係性というかキャラ配置的にとかで今回のがDB終了後ベストな作品ではありそうだとは思ってますけどね。
LD >> 『COWA』なんかは、少年マンガというより幼年マンガに近い感じがありましたね。その意味で少年マンガのわくわく感の周波数が出ている作品だったかもしれません。(DB継承的にも)>『KINTOKI』
LD >> 僕の感覚で言えば鳥山先生は画の線一本にも独特の世界観が宿る人でそういう天才なんですよね。これは誰かにマネできるというものではない…とは思います。それにどのくらい感動するかは、その人次第なんでしょう。多分というか、間違いなく、僕はGiGiさんやルイさん程は感動していませんwでも、一番だとは思う。そこは。
LD >> 対して僕は冨樫先生のネームは“何故か”マネできる模倣できるものだと思っている。ある程度の技量はいるでしょうけど、誰にもマネができないものだという感覚はないんですよね。その意味であまり比べられる感じはありませんね。
LD >> 冨樫先生のネームは一度観て模写…みたいな事はできないし、やっても意味はないけど、ロジカルな人が常により良いネームを追求し続けると、自然と似たような到達点になるのではないか?そういう感覚があります。“何故か”w


■■■■2010年11月26日■■■■
LD >> 【今週の一番】チャットは11/27(土)24:00開始予定です。


■■■■2010年11月28日■■■■
LD >> |ω・`) こんばんは〜。
LD >> ちょっとスキャナー作業していました。
LD >> あ、しまったまだサンデーにしおり打ってなかった。
ハラルヤ >> こんばんは〜
LD >> 今、Jコミに行ってみたり…。
LD >> こんばんは。ハラルヤさん。
LD >> 『ラブひな』1巻をダウンロード…
LD >> なるほどw広告の付き方にはめちゃめちゃ文句がない…w
LD >> ツイッターにすごい勢いで誰か買って〜発言が拡散している…w
kichi >>         こんばんわ〜(´・ω|眠い……
カルマ >> こんばんはー。巻末アフィリエイト、最新刊を貼っても買わないだろうと思いますがw ネギま!1巻とかにすべき。
LD >> こんばんこんばんは〜。
kichi >> ああ、昨日ラブひな1巻はDLして見てみたんですけど、画質ってどう思いました?個人的にはかなりフツーというか、ぶっちゃけ良いとは思わなかったんですけど、これって通常想定される方法ってことで、単行本をスキャンしたものだったりするんですかね? どっかでスキャン方式に関する言及はあるのかな……?
LD >> お…一応、ページとページの間にも広告が入っているのですね。
kichi >> 最初と真ん中と最後ですね>広告   アニメ形式ってことでらしいですがw
LD >> 画質、微妙ですねえ…。あんまり重くなり過ぎるのもどうかだし。JPEGの高画質なら強烈なんでしょうけど、PDFにした時に圧縮してそこで多少粗くなっているかも。
LD >> 僕は今まで、ノーマル画質でスキャナーとっていたのですが、Jコミの話で慌ててスーパーファインという設定に変えて録り始めましたw
LD >> まあ、僕は「手持ちの単行本化されていないマンガとかをアップロードしてぇええ!!」という誘惑とずっと戦ってきたので、著作者に許可をとってかつ、多少得してもらえる、Jコミのシステムは上手く行って欲しいです。
ハラルヤ >> とりあえず1巻だけダウンロードしてみました。むしろ広告が少なく感じましたね。個人的にはオーダーメイドパンツの広告は巻頭じゃなく「しのぶちゃんのパパパパンツ」の前後につけて欲しかったw
GiGi >> おはー。
GiGi >> 広告の位置とかアフィリエイトの出し方とか実験なんだから細かく配置換えしてるといいんじゃないかなーとか。
カルマ >> 単行本スキャンじゃないですか?生原稿は相当美しいらしいですけども…それよりadobe readerのページ遷移の重さが気になります。一番軽いfoxitだと逆順に表示しないと左右の配置が逆になっちゃうのがなんとも…
kichi >> 良くはないですねw ま、無料ですし読めれば充分とは思うんですが、これが単行本取り込みなのか生原稿取り込みなのかはちょっと気になったり……。
GiGi >> しかしひょっとして今この時点で日本で既に「ラブひな」が一番ダウンロードされた電子書籍になってるんじゃなかろうかw。
GiGi >> Foxitが右開き出来ないのはFoxitの問題なのでそっちに改善要求しないとですね。
kichi >> やはり玄人マンガ読みwとしては絶版作品よりも未単行本化作品の方が目玉って感じはするかもですねぇ……w どのくらい実現するかなぁ……。
LD >> む、すみません。そろそろ一番はじめましょうか。
GiGi >> まだ初動の告知段階ですからね−。本番は利用者からのスキャンデータを受け付けるようになってから。
ハラルヤ >> このままだと今週の一番が『ラブひな』になる勢いw
カルマ >> いや、大半のユーザーはadobe readerを使うと思うんですよね…となるとその重さが致命的になるようにも。iphoneのibooksとか、電子書籍端末は閲覧速度がキモだろうから問題ないでしょうが。
LD >> ジャンプから。
LD >> え〜っと、実は今、VC++を勉強してかる〜いマンガPDFリーダーを作れないかなと検討中w
LD >> 『バクマン』人気投票、1位新妻エイジ、2位サイコー、3位平丸さんですよ!
GiGi >> かなりびっくりしましたねー。編集者人気NO1が吉田氏だったりw。
kichi >> 平丸さん人気あるんだなぁw ちょっと嬉しいw
kichi >> 平丸さんとの漫才が好評なんでしょうねぇw>吉田氏
GiGi >> ラッコまでランクインですからねえw
LD >> 吉田氏にも功績があるというのは同意w
カルマ >> 平丸さんかぁ…好きな人は多そうだが3位ほどのキャラじゃないだろう!という気分になりますw
LD >> つか、吉田氏9位でしたね。
LD >> む、10位以下が詳しくは分からない?静河くんと、カラフジカルの人とかが何位か知りたいところなんですが。
kichi >> それはそうと「バクマン」本編はなんだかほんとに決裂ムード……なの?よくわからんw ちょっとシュージンの考えが図りかねるなぁ。納得いく理由付けもできそうですが、これまでも何回か前科のある少年マンガ的展開のためのテコ入れのための違和感という可能性もありそうで心配……。
GiGi >> 詳細は単行本で、ということでしょうかw
LD >> 『ブリーチ』を読んでいると、どうしても『DB』のサイヤマン編を思い出してしまうけど、僕の頭のリンクがおかしいのだろうw
kichi >> 10位以下は単行本で発表みたいですね……(´・ω・`)
GiGi >> ひとつには白鳥君を自立させたい意図はあるとは思いますが、半分以上は意地でしょうねw>シュージン
LD >> GiGiさん、Jコミって評判はどうなの?僕は運営される限りは支えるつもりだけど…。
kichi >> 本気でそれだけでこの行動だったら、シュージンにはガッカリだよと言いたくなりそうなんですが……w う〜ん……>半分以上は意地
GiGi >> 評判は知られている以上のことはわからないですよ。しかし初日10万ダウンロードもされれば大成功だと思っていたので、この出足は想定以上だと思いますね。
カルマ >> シュージンに何か意図があるようにも思いますけど、どうかなぁ…?>バクマン
LD >> というより、絶版or未単行本化マンガは、200〜500円くらいまでなら、余裕で金落とすって人は多いと思うんですけどね。広告つけるより。
GiGi >> そんなだから人気投票5位なんだよ!とw>シュージン。
GiGi >> 広告をつけるのは有名漫画以外も掬い上げたいからでしょうね。
LD >> 『トリコ』……なんか小松ってメルクさんが女の子だって気づいている?正体わかった時は大げさに驚きそうだけどw
カルマ >> 日本にはマイクロペイメントの仕組みがまだあまりないので購入者は少数かと思いますね。で、マニア向け商売では先がないとも先生は考えていそうです>余裕で金落とす
kichi >> ブログのコメでアイディア出てましたが、ぷちカンパ的な形でお金出したい人は出せる仕組みが取り入れられるといいと思いますね。>Jコミ
LD >> >有名漫画以外も掬い上げたい そこなんだけど、広告主は任意のタイトルを選んで投資するって事はできない仕組みなの?
GiGi >> メルクちゃんの入浴シーンはまだですか!
kichi >> たしか選べるけど、……抱き合わせ的な感じでならすみたいな感じのことを読んだような……?ってあんま適当なこと言わない方がいいかw GiGiさんにまかせようw
GiGi >> そのあたりはまだ何にも発表はない(というかぼかしてる?)んだけど、特定作品とのコラボとか、料金体系で分けるとかするんじゃないかな
カルマ >> 小松くんが口説いてるように見えてニヤニヤw>トリコ
LD >> >マニア向け商売では先がないとも先生は考えていそうです>余裕で金落とす|ふむ。それはそうなんですよね。ただ、元にする資産がそもそも絶版本だともw
kichi >> 気付いてるかどうかはともかく、いちゃいちゃしてるようにしか見えなくて読んでてニヨニヨしてしまうw>トリコ
GiGi >> すべての漫画をここに集めるのが野望らしいですからw
LD >> 既にメルク問題は、メルク一人だけではなく、次にリンが現れたらリンも可愛くなっているのか?という問題にフェーズシフトした。(`・ω・´)
カルマ >> 新装版商法で有名作を復刻してる集英社作品の参加が乏しそうな予感はしますねぇ…>Jコミ
ハラルヤ >> 『トリコ』にもやっとヒロインがw……リン?どなた?
カルマ >> マンガといえばジャンプ、な一般の方にはジャンプ作品の参加が必要なんだけど、まぁ先の話か。「新装版より絶版にしてJコミで広く読んでもらいたい」と言い出す作家が出てきたらおもしろいですね。
kichi >> ……そういえば微妙に気になったんですけど、作家に広告収入が入るのは1回だけなんですかね……? DL数とかに関係なく一律なのかなぁ? クリック数が規定値に達した後別の広告に差し替え……は、聞いた感じではなさそうですし……。
LD >> いや、そこは逆で『グラナダ』とか、『切法師』とか、『鍵人』とかの復刻がどのくらいあるのか?って多分かなりなくってw
LD >> あ、でもジャンプは年間契約の縛りがあるか。
kichi >> カルマさんとLDさんの視点が違い過ぎるw カルマさんはJコミが一般レベルまで普及するには……っていう話ですよねw
LD >> 『スケットダンス』はランチさんの憂鬱でした。ちょっとよかった。椿が女装似合うのは分かっていた。
GiGi >> 広告代理店を巻き込んだことで広告の供給に関してはある程度期待して良いのかなと。仮に将来1億ダウンロード/月とかになったら毎月7億円の広告収入がないと作家さんに配れないw
カルマ >> いやw 有名作が参加しないことには「これがタダで読める」という話にはなっていきませんのでw 集客がないと広告料などでの維持が難しくって、集客できる作品って新装版とかで延命されてそうで、特にジャンプは…という話ですね。
LD >> あ、そういう事かw>一般レベルまで普及 でも、稼ぐタイトルを出版社から抜いてくるのは難しですよw
GiGi >> 需要と供給はどっちもあまり心配はしてないかなー。
LD >> 鳥山〜井上先生クラスの人が賛同して、ご自分の作品、全部ここに載っける!とか言い出すと、流れが完全に変わるんですけどねw
ハラルヤ >> 『スケットダンス』にはぐちゃんが出ててビクったですw>椿が女装似合うのは分かっていた。
LD >> >需要と供給はどっちもあまり心配はしてないかなー。|うん、ある程度、目が立てば、細々とはやっていけそうな仕組みになっていると思う。
LD >> はぐちゃんかよw>『スケットダンス』
LD >> はい。一番一番(´・ω・`)
GiGi >> とりあえず本宮先生を引き込もうw
GiGi >> 本宮ひろ志先生、永井豪先生、ちばてつや先生あたりをですね。あと手塚眞ちゃんにもお願いして欲しいw
カルマ >> 後は隠れた傑作の掘り起こしなんだけど、タグ機能が出来れば「傑作ラブコメ読み切りリンク」みたいなタグが出来そうですね。
LD >> 『エニグマ』は、スタンドクラスの能力者が続々出現ですが……どうも、サスペンスな展開とは相性が悪い気がしてならない。
LD >> 言って簡単に引き込めるとは思いませんがwまあ、ゲームハードで『DQ』が来たら勝ちみたいな感覚で誰かつかまえたくはありますね。
GiGi >> 手塚プロはニコニコ動画に作品提供したりといろいろリベラルなのでいけるんじゃないかなー。まあロケットの3段目くらいで。
LD >> 『めだかボックス』は、これから名瀬ちゃんはアイスファイヤな人として活躍するって事なのかな?
カルマ >> 「エニグマ」能力者ものとして読みたいんですけど活かせる展開になってるかが大変微妙な…
kichi >> 「めだかボックス」は先週に続き能力バトルものとしてなかなか面白かったですね。“改造”の詳細はいまいちピンとはきてなかったりしますが、まぁこれは来週説明されるのでしょうし、アイスファイアはインパクト的にはなかなかでグーかとw
ハラルヤ >> 水木しげる先生(ボソ
LD >> 強い作家、タイトルは、出版社が契約で縛りますから、そう簡単ではないと思いますが。まあ、誰かね。ある程度手間と時間を惜しまずやってくれる人ね。
LD >> 親友が異常じゃないのに異常になる事を望んだのと並んで、マイナスを持たないのにマイナスになったコンビとしてバランスがいいかも。
カルマ >> 「めだか」今回のバトルは良いですね。
kichi >> ああ、古賀ちゃんはそういえば。なるほど、その類似性は気付かなかったなぁw>コンビ
LD >> というか『めだかボックス』、十三組編が超能力(?)バトルだったら、今、異能力(?)バトルに入っている事にようやく気がついた。球磨川くんの能力がぶっとんでいたせいで何か気が回らなかった。
ハラルヤ >> 超能力と異能力ってなにが違うんですか?
kichi >> ……超能力と異能力…………、あー。……いや、異常とマイナスの違いにはある程度気をまわしてたんで、近いイメージは持ってましたが、ふむ。
LD >> 『べるぜバブ』は、敵幹部が“ただ強い”だけなので、あんまり楽しくありません。なんか勝てそうに思える。…でただ通じないって描写になっている。…たとえば卍解とかやってすっげぇええ!!こんな奴勝てるのか?!って思わせて欲しい。
LD >> >超能力と異能力ってなにが違うんですか?|後ろに(?)を付けたように上手く説明できないんですが、十三組は通常人間が持っている能力の延長上にある能力…と仮にしてw超能力、マイナスは延長とかじゃない有り得ない能力…と仮にしてw異能力…としましたが、非常に曖昧ですw
LD >> ただ、西尾先生自身が異常とマイナスを分けて述べているように、この二つの能力は違うもの…としたいはずです。
LD >> 『重装思春機兵ティーンエイザー』はそれなりに楽しかったです。
LD >> 『ぬらりひょんの孫』は、羽衣狐現代編は、鵺復活編として一旦閉幕という事なんでしょうか?
kichi >> どうも一区切りっぽいですねぇ。……せっかくノッてたので残念な気もしますが……、まぁ、妥当といえば妥当ではあるかなぁ……>ぬらり
ハラルヤ >> ああ、なるほど〜。たしかにそういう傾向ですね。なんとなくLDさんの言いたいことがわかりました。>超能力と異能力
ハラルヤ >> 羽衣狐の器子ちゃんが、お姉ちゃんじゃないのは嬉しいやら悲しいやら……
カルマ >> 「ぬら孫」鵺が引く理由は少し弱かったですが、一旦どちらかが引かねばと思っていたので妥当ですね。鵺が京都支配しちゃうくらいは思っていたんですがw
LD >> 『ぬらりひょんの孫』 @ リクオと姉弟ではないAリクオの父は妖とは子を成せないBリクオの父の妻であった妖にそっくり 以上@〜Bを踏まえて、姉子(仮)のもっとも萌えるキャラ位置を述べよ。(`・ω・´)
LD >> ……は!まさか時代は“お母さん”なのか!?(`・ω・´)>姉子
LD >> あ、それとね。リクオの父は妖とは子を成せないのね。うん。そうするとね。リクオとつららはどうなっちゃうのさ?(´・ω・`)
kichi >> ……そこはほら、奇跡さんとか超常さんとかがなんとかしてくれるのでしょう……>リクオとつらら(´・ω・`)いい話だなぁ……?
LD >> 『保健室の死神』、なんだろう?このダメな人の物語は…。いや、ダメな人はダメなままなのねというかw
カルマ >> 肉体はお母さん、リクオへの気持ちは姉、しかし依り代にされたところで記憶が止まってて精神的には妹。>姉子
kichi >> 今後の藤君の描写にこの話を踏まえた微妙な成長が感じ取れるかちょっと注目してみたい気分ではありますw ……なけりゃないで逆にリアルだったりはするんですけどねw
LD >> うん。まあ元々、つららの雪女族は結婚しようとすると何かあるみたいですけどね。『甲賀忍法帖』の陽炎みたいなの。
カルマ >> 「保健室」さすがに今回の人はクズすぎるんですがw 藤くんもまぁ、記憶の片隅には残るんでしょうね。
kichi >> まぁ、病魔の影響も大きかったのでしょうがw>クズすぎる
kichi >> 「ライトウィング」は良いと思うんですけどねぇ……、やはり掲載位置がピンチですねぇ……(´・ω・`)まさか今期アウトってことはないですよね?;
LD >> うんうん。妖のままだと鯉伴と添い遂げる事ができなかったので、何らかの手段で鯉伴の娘に転生した山吹乙女。(※『GS美神』のルシオラ・メソッド)しかし、それが羽衣狐の最高の憑依体として鵺に選ばれてしまった。鯉伴に似たリクオをみた事で記憶が戻り憑依が解けて強引に羽衣狐は引き剥がされた。…こんなところか?(´・ω・`)
GiGi >> ライトウィングは今週はあまり良くないな…次のキャラを育てるかと思ったのだが…
カルマ >> 「ライトウィング」ヒロインさんが性的で頑張ってるとおもいますw
LD >> つまり、姉子(仮)は、肉体的には横島を守りぬいたルシオラ・メソッドの半妖(血がつながってるかは不明)で!精神的にはヨウショウに恋焦がれて天地を観ている阿重霞さんで!人格的には記憶が止まっていて俺の妹がこんなに美しいわけがなくって!外見は黄泉お姉ちゃんというキャラクターなんだよぉおおおお!!?(`・ω・´)
カルマ >> 「サイレン」は…終わりなんでしょうけども…んー。
LD >> 「ライトウィング」ヒロインさんが性的に頑張ってますかw
LD >> 『ライトウィング』は、天使だから天〜吏人との事ですが、そうすると佐治先輩はあきらめた「サジを投げたから」サジ、及川は「追いつくから」及川
LD >> なのかな?いや、まあ何でもいいですがw
LD >> 『サイレン』は終わったら何か言うかもです。
LD >> 『SWOT』は…というか杉田尚さんは、普通にラブコメ描けば普通にウケるのではないでしょうか。毎回、パンチラを入れて……そうだな。タイトルは『青葉の頃』なんてのはどうでしょうか?(´・ω・`)
LD >> さて、サンデー行きましょうか。
カルマ >> 「SWOT」の後半はぱらっと眺めると女の子がよく目に付いたので、ラブ(エロ?)コメ良さそうですよね。
GiGi >> さてサンデーですか。表紙によると「最後は〜」はどうやら本格野球漫画するっぽい?w
LD >> まあ、そりゃそうですよね。>『最後は?ストレート』
kichi >> ……正直言うと、それ自体がイマイチな気もしてるんですよね……>本格野球マンガする   “天才”に重点を置いておきつつ野球っていうのはねぇ……なんていうか、狭苦しいというか、天才という題材の方が広がりあるんですよね。ぶっちゃけ野球マンガで天才出てくるのなんて当たり前のことですし……。
LD >> ん〜あ〜……『ダッシュ勝平』みたいに、一競技に拘らずに何かした方がいい?>『最後はストレート』
カルマ >> 『最後は?ストレート』本格ねぇ…wという気分になってしまう程度に、結局主人公の才能は?という部分への違和感がありますね。
LD >> 『マギ』は、アラジンが強烈に覚醒してるのだけど、ウーゴくんの物語が見えないから、今ひとつ今のシーンの意味がわからない。多分、ウーゴくんの物語が分かった読み返した時に“来る”と思うのだけど。
LD >> ああ、主人公の才能も変にひっぱり過ぎな感はありますね。
ハラルヤ >> 今日はお先に失礼します〜
kichi >> ん〜、必ずしも一競技じゃ駄目ってわけじゃないんですが、野球は苦しいかな、とは思いますw 少なくとも、こんな風に天才を前面に出すならですね……。
LD >> 『キングゴルフ』は修行僧がライバルに見えたけど、それも高速で置いて行くのかなあ。
LD >> お疲れさまでした。
カルマ >> お疲れ様ですー
kichi >> 「マギ」はとりあえず今は静観というか、この話にどう決着が付くのか見守りモード……。
LD >> 『神知る』はアニメ効果でエルシィ人気急上昇なのか……やるな、伊藤さん!(`・ω・´)
カルマ >> 一人の天才がどうにかなる競技か、というとね>野球 一人で完全試合しつつホームラン打てば勝てますけどw
kichi >> 「キングゴルフ」、私は修行僧はライバルまで行かないと思ってたので、期待通りの流れって感じですかねぇ。
LD >> 『境界のRINNE』のこたつの話が良かったです。…なんか『うる星』のまったり回みたいだった。『うる星』って事もないんですが…。
GiGi >> 「オニデレ」は展開早くて良いなー。ギャグマンガだからというのもあるんだけど。
GiGi >> フレンドリースクウェアはいいですよね。詐欺と言い切れないところがw
LD >> というか、この展開で鳳が可愛いと思った。(`・ω・´)
LD >> 『ハヤテのごとく』は何かよく分からんが、ネームに気合が入っているな…。(´・ω・`)
カルマ >> 「りんね」良かったですねw 購入者が納得しちゃったら詐欺にはならんのだよなーとかw
LD >> 『国崎出雲の事情』、加賀斗って、やっぱり加賀斗ってキャラ格高いのね。
LD >> しかし、鳳ってコタツ知らないんですねw
LD >> 『戦国ヤタガラス』は戦象乱入でござる。(`・ω・´) かなりカオスな展開になって来たでござる。
LD >> 『キングゴルフ』は、何と言うか、一戦で格付けが終わってしまう程、ソースケの成長が出てしまう展開が好きですね。これで置いて行かれた戸川臨が象徴的。またソースケがどこで“止まる”のかは見物です。
LD >> 『絶対可憐チルドレン』の紅葉さんは好きだな。美神さんの性格歪まなかったら、紅葉さんみたいになっているのかなとか思ったりしました。
LD >> 『アラゴ』は何か、おやっさんが戦う能力を持ちそうなのか?…おやっさんが?
LD >> ん〜しかも、何か『ゼイリブ』な感じだ…。
GiGi >> 見えるだけってのもなかなかオツだと思うんですけどね>アラゴ
LD >> 『はじめてのあく』は、エーコ姉ちゃんの能力はハシラに書いてあるように千里眼なのか?
kichi >> 「アラゴ」、能力までいくかは分かりませんが、でもとりあえずサポートくらいはできるような立ち位置になるようですね。なかなかいい感じに推移してると思います。リオバレはどんなタイミングで来るかな?w
カルマ >> 「アラゴ」おっさんが能力を持つイメージはないですねw 見えてしまった中で一般人なりに頑張るイメージです。
kichi >> 。o(Jコミ、iPhoneでも軽量版では厳しい感じかも。セリフが潰れ気味になって拡大してもちゃんとは読めない……。しかし高解像度版だとページめくりでひっかかる感じになるな……。容量の問題もありますしね……(´・ω・`)つくづく32GBの方買えばよかったと思う……)
LD >> リオバレってどうなるんですかねえ…兄のユアンの死といろいろ絡みがあって、かなりひっぱりそう。つまり、ココバレの方が早そうにも思えますが…。
LD >> エーコの能力とか分かってくると、そろそろ悪の組織“キルゼムオール”が、どういう布陣の組織か知りたくなってくるな。
kichi >> 実のところ今回の件でバレるかと思ってましたしねぇw>ココバレ   ……やっぱりリオバレは最終エピの導入くらいになる可能性が高いですかねぇ……?
LD >> 『月光条例』、うん。だからこういう展開は待っていたんだけど…w それにしても孫悟空。やはり強いな。設定から考えてもい桃太郎以上だろう。
kichi >> キルゼムオールの布陣かぁw ……いや、あんまキッチリ考えられてるとも思えないんですがw というか、その辺はゆるゆるなんじゃw
LD >> 孫悟空が、かなり神話とおとぎ話の際みたいなキャラクターで、こっから先は作者不詳の神話英雄がではじめますね。そこまで行くのかどうか?行かないとしても、そもそもそういう線をひけるのかどうか?
カルマ >> 「はじあく」エーコがいい動きをしているのが最近ちょっと好きですね。
GiGi >> 斉天大聖は暴れ者で後に改心したというのがポイントなんでしょうね。
LD >> >その辺はゆるゆるなんじゃw|ぶっちゃけ分かっていましたがwそれならそれで、新キャラでも出して、ちゃんと穴を埋め直すとかね。ちゃらんぽらんだから壊滅させられたでもいいんですけどねw
LD >> 実際、『西遊記』をアリとすると、明らかに最強クラスの観世音菩薩、釈迦如来が登場可能になりますしね。那托もアリでしょう。…線ひけないよねえやっぱw
LD >> さて、マガジンに行きましょう。
LD >> 『エデンの檻』、うん。まあとりあえず動物トラップという事なのかな。あと、なんか人工施設があるにしろ、放棄されてかなり時間が経っている模様。多少、『漂流教室』じみてきたか?
kichi >> 「エデンの檻」……そうですねぇ。ちょっとまだなんだか分からないなぁ……。しかしよく全員生きてたもんだw
LD >> 『ネギま』は、良いバトルをしているなあ…。もう遅いかもしれないけど、フェイトは夏実のアーティファクトを認識しましたね。もうこの手にはかからない。
GiGi >> ネギまは何がぐっとくるって、何の覚悟も責任もない女の子たちがこの瀬戸際で戦ってるって事なんだよね
LD >> 動物を殺す事が目的のトラップではないから何でしょうね。あと地殻変動。>よく全員生きてたもんだw
kichi >> 「ネギま」は先週に続き素晴らしく良かったですねぇ!ゆーな……っ!;かっこえかったです。
LD >> うん。なんか知らないけど、土壇場の根性と絶叫でなぜか大逆転パワーが発動…みたいな展開じゃないバトルの良さをきっちり組んでくれています。だから緊迫感のあるがんばりになっている。
kichi >> ……ん〜、まぁ、そんなに深くもない……のかな? なんかあの仕組みだとかなり深くならざるを得ないような印象もあるんですがw あとよく板にひっかからず綺麗に落ちたもんだ、とかですねw>よく全員生きてた
カルマ >> 「ネギま!」は素晴らしかったですね。意識して台詞を減らして場の緊迫感を出しているんだと思います。
カルマ >> ゆーなは「亜子のアーティファクトの力」としているけど、もしかしたらゆーな自身の能力の開眼かもしれませんね。>「ネギま!」
LD >> ああ…確かに。回転する構造を持っている以上けっこうな高さに……んん〜まあ、二階から落ちるくらいかな?(前号確かめてる)
LD >> どうも、乗った方向に落ちるみたいなので、カタパルトみたいに飛ばされるケースは少ないようですね。そっちの方が危険だw>回転トラップ
LD >> 『はじめの一歩』は、ほんっっとおまえ!ほんっとおまえ!さっさと世界へ行けよ!(`・ω・´)
GiGi >> 活躍した女の子を順次退場させてるのもテクニックとして上手い。
ルイ >> 今週の一番があっ・・・・・・・・・・今起きた。
LD >> 『君のいる町』は、ラブホから出るとこ。あれ?なんで神咲がみるん?御島は?(´・ω・`)
ルイ >> 『ネギま』が素晴らしいほどに、ここに参加できなかったイギリス組の事を思って胸が痛んでしまうぜ。キャラ積みの差が残酷なまでに。
LD >> うそつけw>今週の一番があっ・・・・・・・・・・今起きた。
kichi >> 「一歩」は、一歩の弱点?もそれなりに気になりつつ、でもこれは板垣に一歩と闘う決意をさせるための試合なんだろうなぁ……という視点をどうしても持っちゃいますねw
ルイ >> 「一歩」は何かメタ的な匂いを嗅ぎとってしまうのは僕のセンサーがそっちを向いてるからかなぁ。
カルマ >> めっちゃつぶやいてたやん。なんかの理由で参加できへんのかと黙ってた僕アホらしいやんw>ルイさん
ルイ >> 心が今起きたという詩的な意味で(ry。
kichi >> まったく同感w 思わず口に出してしまったほど不思議w>なんで神咲
LD >> 明日香の事を思い出してラブホ出れば、神咲に観られるカナシ。(´・ω・`)
ルイ >> いや、しかしここで神咲が出てこないなら、寧ろこの大学に来た意味がないと言えるだろうw>君のいる町
カルマ >> 「君町」御島と鉢合わせそうだなー→神咲…あれ?というw
GiGi >> AKB49今週も良いですね−。さて今回の騒動で何人が気付いたんだろうw。
カルマ >> 御島と鉢合わせるのはベタすぎると思ったのかな…w
GiGi >> もう最終回で自分からばらして、みんなに「とっくに気付いてたよ!」って言われる展開しか思いつかないw
ルイ >> 神咲と秘密を共有し、そこに調子づいた神咲がもう一度色気見せるか、明日香が神咲にジェラるか、か。素直にあった事全部ばらせばいいのに、しないからトレンディドラマはこじれる。一緒やGEも!
GiGi >> まあ御島だとそこで話が終わっちゃうからw。また妙な秘密の共有で御島が疎外感みたいな展開なのでしょう。
ルイ >> 【AKB49】が面白すぎてそろそろヤバイ。しかし、みのりん普段の言動から男を隠す意識ぜんぜん見えないから、これはボーイッシュキャラというポジションなのでしょうね。
ルイ >> 自分は素直にばらそうと思う、と言ったものの神咲が「それはやめたほうがいいよ!」って入れ知恵して、素直に受け入れるものの実は神咲の胸中には未練が、的展開臭。
ルイ >> 『AKB49』の、「あ、俺今印象操作されてる」気分がまた妙に心地いいのが怖い。まあ本気でそう思わせたら、フィクションだろうがそれが真実の一形態という気もする。
カルマ >> 「AKB49」面白いですねぇ!そしてみのりのカツラには魔法がかかっているな…夏美のアーティファクトクラスだ。
LD >> いやww神咲に意味とか与えて重用すると、この人が通しヒロインになっちゃうよ?wまあ、いいのか?何回もチャンスもらって、何回もQBKでゴールはずした人だからw
LD >> 『AKB49』面白いですねえ。なんか色々いいよね。…(思考中)
kichi >> 「ベビステ」も順調に面白いですねぇ。エーちゃんが微妙に読み違いしてるというか、井出の感性の鋭さを認めきれてない辺りが響いてきたりもするのかな?
LD >> なんでしょうね?ラブコメや、ハーレムの形には強く形成されていないと思うので、そこはポイントじゃないですよね。
LD >> >『AKB49』
GiGi >> ラブコメじゃないですよねー。何か、正統派マガジン漫画という印象なのですがその印象の源はよくわかってないw>AKBメンバー49
ルイ >> ラブコメというよりは視点による再評価モノですよねー。自分が漠然とアイドルとして観ているものの新たな視点を提示されているわけだから、歴史検証モノに近いかなw
ルイ >> いわゆる職業スポーツもののラインにあるとは思うw>AKB49 モンキーターンとかねw
カルマ >> 友達に話をする時は「芸能根性モノ」みたいに言ってますけどね。それで説明できてるとは思ってないんですが、知らない人の作品への印象を変える言葉として使っています
LD >> 単純に言えば主人公の浦川がすごいんだけど…。根性があって、人に見出されるタレントを持っていて、物事の本質を見抜く力がずばぬけていて、しかもその根拠が説明されていない。上条さんみたい…というかちょっと謎なキャラだ。
ルイ >> 浦川は僕はそこまで注目していない。というか、注目すると崩れる気がする。
LD >> 設定格的には、一男ファンにも、女アイドル自身にもなれる。それは変装の有無で切り替わっているわけではなく、場面の心象のみで切り替わる…というところまでは分かるけど。それは外殻部分。
ルイ >> 浦川みのりのハーレムメイカーとしての精度はかなり低くて、そこに根拠や動機的なものは求めるべくもないと思っていて、じゃあどうして浦河みのりはああなの?という話になると、それはもう、彼のなりたちに手間取ることを避けて、ただただ「見せたい」んだよなという答えになる。では何を見せたいの?と言えば、AKBが候補生含めがんばってるという、その一点ですよね。
ルイ >> 幻想に彩られたアイドルの中身を見せます!というスタンス的には、『AKB49』は現代の水滸伝再解釈モノに近いといってもいいのかもしれない(キリリ
LD >> >ただただ「見せたい」|分かる。というか、最適なリアクションをとるキャラというのは分かっていて、それをキャラ個体として説明したときに…という話をしていた。
ルイ >> キャラ固体として説明したときに・・・説明できないwたぶん魔法のドリンクが声だけじゃなく色んなステータスをドーピングして、かつ興奮剤でもあるんでしょうw
GiGi >> 浦川みのり自身はまっしろで、その中にAKBの理想の形がそのままインストールされていくんですよね。
カルマ >> ファン目線でAKBメンバーの良さを受け取って、その良さをAKBメンバーとしていろんな人に伝播させる力を持っていますよね。自分の持ってる男っぽさもメンバーに与えたりしているか。あぁ、現実ではたかみな先輩も男っぽいらしいんだけど、男性性をみのりに集中させるために性格を変えたようなところがあるのかな?
LD >> まあ、ともかくこの回良かったのはラストで「まだ、やる気があるヤツだけ手ぇ上げろ」って言うと、バカにすんなと全員手をあげるところ。本当に当たり前のシーンなんだけど、そこは超えている人たちの物語だという事だよね。
ルイ >> 浦川みのりはぱっと見女に見えないよね。でもばれないよねというのも今の話のライン上ですよね。彼の物語になると物語は別のフェーズに突入しますけど、それは本当、巻き目的くらいにしか想定できないかなあ。堂々とやりだしたらびっくりですが。
GiGi >> AKBに男がなれないなんて誰も言ってないじゃない。位のノリで。
ルイ >> アイドルの内実は案外スポコンノリだよ、というのも、浦川みのりの染み出る男っぽさが問題にならないことの裏の意味かもしれない。
ルイ >> 秋元康はいつか言いそうだと思ってます。「客の前で女の子なら、それでいいじゃない。僕らは幻想を売ってるんだから」って。上条さんと正反対さw
LD >> まっしろなキャラ。最適化されたキャラ。ここらへん、観えているものは同じだろうと分かるんだけど、それが能動的な主人公の感覚を失っていないのが『面白い』。言ってしまえば説教キャラなんだけど。
LD >> 浦川はかなり美味しいところ全部持って行ってしまうキャラなんだけど、不思議と引き立て役に見えるんですよね。この構造はどこから来ているのか?
GiGi >> 浦川みのりの背後に秋元先生が仁王立ちする姿が見えるぜw
LD >> 『A-BOUT』は、ビルゲイツ越えという根拠のないでっかい夢が素敵だった。(`・ω・´)
GiGi >> 何をもってビルゲイツ越えとするのか。当然何も考えてないw
ルイ >> まず何より、浦川みのりには好きなコがいる。まずこの線を崩さない限り、浦河が他のAKBメンと接していても、一種の安全弁ですよね。浦川みのりを獣にしない為の諸策がキイている。浦川みのりの物語がありそうでない。客人性のキープ。LDさんに反対するなら、「能動的な主人公の感覚」はポーズしかない所がこの作品だなあ。結局のところ、きっかけさえあれば全員スポコンできるのが最後の挙手にも出ているし。
LD >> その動作はアイドルを目指す者として最適なんだけど、岡目八目の強さというか実はアイドルになる気がないところなんかが不思議なバランスを生んでいるのかなあ?
ルイ >> ま、ここでもバレルばれないの話が出たように、こうやって都合の求めるままに主人公を動かしていくと、早晩主人公が物語を有してしまうよね、というのは実はハーレムメイカーの歴史と大して変わらなかったりするw
LD >> >「能動的な主人公の感覚」はポーズしかない所|正しい。僕も感覚を失っていないという発言止まりのつもり。…つまり「俺!俺!俺がやる!」→「何言ってるの私がやるの!」→「どうぞどうぞ」のこの「どうぞ」するキャラなんだよねw
ルイ >> つまり浦川みのりって、ハーレム主人公の歴史を一人でたどりそうな素地を感じるんですよねw現在はまあ、旧型なんだけど。
LD >> ふむ。つまり、この設定の時点で、率先して手を上げても、最後には自分ではなく他の娘を送り出す、その動作の説明は完了しているわけか。
LD >> いや、ハーレム構造の観方としてその力場がはたらくのは分かるけど、今はむしろ単純な主人公論として浦川は興味ありますw
ルイ >> みのりの好きな子がAKB本体になるほどの能力はなくて、それでもみのりがAKBから離れなかった場合、初期設定のパージ完了で別のものが見えてきそうですけどねw
LD >> 『新約花形』は、もう終わりなのかな?
ルイ >> 『新約花形』は、甲子園決勝に凝縮させちゃっていいと思うんですけどねえ。続けても、この爪の怪我のせいで球がしょぼくなって→大リーグボール、の形になりそうで。
LD >> 『波打際のむろみさん』、シロクマさん…ってイルカ喰うの?
LD >> んんん…なんでしょうね。原典のストーリー云々はともかくとして、ここで締めてしまうと、飛雄馬の天才的なすごさが今ひとつ未消化な気がして、ちょっと念を残してしまう気がするんですよ。
LD >> さて、チャンピオン行きましょうか。
GiGi >> アザラシは美味しいです。イルカは捕まえるのめんどくさそうw
LD >> ねえw>イルカは捕まえるのめんどくさそうw 集団で襲う種族ならともかく単騎ではきつそうですね。
ルイ >> 弱虫ペダルが良いですねえ。なお迎え撃つ関係性を崩さない福富。
LD >> 『イカ娘』がなかなかハートフルだ。(`・ω・´)
LD >> 新開は無駄口叩いている暇があったら回復に努めていたんですよね。熱い!!…ちなみに、御堂筋は回復する暇があったら一緒に口動かしてあいてを攪乱する事を選ぶw
ルイ >> イカ娘は、漫画的にはじめて仕事した回かも←酷 構造的に使い回しのきくものですよね。
カルマ >> 「イカ娘」が普通に面白くて驚いて思わずつぶやきましたw
GiGi >> 阿部先生成長したよねえw。アニメ化で原作が面白くなった希有な例。
GiGi >> ちょっと登りで喋りすぎちゃうん?と思わなくはないw。前向け前w
ルイ >> それは前回突っ込もうぜw>しゃべりすぎ
LD >> 『バキどもえ』は梢江ちゃんのビンタちょーカッコいいっすw
LD >> いや、多分、御堂筋は、口から生まれてきた男で、しゃべっている方が回復するんですよw
ルイ >> 一方【みつどもえ】はアニメじゃ追いつけないくらいネーム職人化しているぜ。
ルイ >> 総北のいないところで盛り上がってるよなぁ。
ルイ >> 【キガタガキタ】の変則ハーレムが順調に拡大中。これ、最終的にカミーユ的な力で恐怖新聞退ける気がしてきた。
GiGi >> カミーユ的な…w。なんか生身女の子3人に介護されるキガタ君の姿がw
kichi >> 「弱虫ペダル」良かったですね。追いつくのはやっwとか思わなくもなかったですがw、王者の描写として申し分なかったですね。
カルマ >> 「キガタガキタ」ハーレム良いですねぇw 
LD >> 『バチバチ』が熱いですけど、これまだ十両にもなっていない所がすごいなあw
LD >> 『キガタガキタ!』考えてみれば、恐怖新聞の予言をはずすのはキガタ自身じゃなくっていいんですよねw>ハーレム順調
kichi >> 「バチバチ」熱いですね。……両者最後の一番同士……か……(´・ω・`)
LD >> 『シュガーレス』、この流れって、シャケ軍団がいよいよ登場/活躍なのかな?
ルイ >> 恐怖新聞が「誰にも愛されず死ぬ」とか予言してくれるといいんですがw
ルイ >> 【バチバチ】最高やなあ。しかし親方も、現役時代は土俵の中で完結する物語に身を置いていてはずなのに・・・これ、暗に角界の自浄作用なんて無理って話?w
ルイ >> 【ケルベロス】はみんな大好き32歳登場ですね!
LD >> あと、最初、必死でかつ負傷も絶えない感じだったキガタがかなり悪霊のあしらい方を心得てきたのが楽しいw
ルイ >> 景のやってる事は「良くない事」というか、代案を用意できない限り許されない事なんですよね。ただ、こういう状況に泣き寝入りしたくないからこそ、彼はその身を化物にしたわけで。さあどんなワザかなー。
GiGi >> それ自己矛盾や!>恐怖新聞が誰にも愛されずに死ぬと予言
カルマ >> 「バチバチ」良いのですが、親方が悪道過ぎるのがちょっとなぁ…w ここで吽形潰すのって悪意以外の意味がないじゃないですか。
ルイ >> 現世では、さw恐子は殺してから愛するw
カルマ >> 恐怖新聞さんがキガタハーレムに入る事を認めるのがエンディング?(笑)
ルイ >> それもアリですね>恐子取り込みED
LD >> 『はみどる』………あれ?この話って安斉さん、マネージャはずれたまま?
ルイ >> 【冥王神話】の納得力が異常。
カルマ >> 吹いたww>http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=12669458
LD >> 恐子「もう……ほんとにバカなんだからぁ!」とか言って、キガタにハグして成仏ですね。わかります。>恐怖新聞ED
ルイ >> 恐怖新聞に、スーパーヤンデレ対基地外ハーレム連合の構図を持ってきたのは発明ってレベルじゃねーぞ!
LD >> やべぇよ、32歳、足の筋肉漲ってるよ。やっぱ、時代は32歳だよ。(`・ω・´)
ルイ >> ぴくしぶ、やべっさってのが芸コマですね。描いたのふたばかよw
ルイ >> メフィストは、一番目立つ聖戦を全部自分で管理したかったんですねえ。で、なんかまあ歴史が大きく変動するポイントを探していたと。ひとりでメタメタしてるな。
LD >> あ、それとこっちの斬子が、ジョギリ屋じゃなくって、ノコギリのギーコ(だったっけ?)の女生転生だすな。…そのうち、時空を超えて斬る最強のジョギリも現れるかな?
GiGi >> んーしかしそうするともう一つの過去には一体どういう意味がw>冥王神話
ルイ >> あれはメフィストが警戒するまでもないクラスのありふれた聖戦w←
kichi >> ジョギリ屋ジョーはそろそろ単行本化しても良さそうなもんですけどねぇ……(´・ω・`)秋田書店ぇ
GiGi >> ジョギリ屋ジョーは絶版扱いってことでいいよ!もう!
LD >> 『ジョギリ屋ジョー』とか、Jコミに上げるわけですよ。
ルイ >> Jコミ!Jコミ!
ルイ >> まあ冗談はさておき、ケルベロスとジョギリのオールスター描きおろし入れて単行本にすれば普通に売れるよね。
カルマ >> 噂の ジョギリ屋ジョーを僕も読んでみたいぞよ。
LD >> 『りびんぐでっど』……と、まるで『りびんぐゲーム』をひっかけたようなこのタイトルですが。…本格連載行けるんじゃないでしょうか?『しゅーまっは』くらいは可能性があると思いますよ。
LD >> 『ムショ高』期待をまったく裏切らない水着回。
ルイ >> 今のチャンピオンではキツイと思うけども、様子見だべぇ。
ルイ >> 【ムショ高】微妙な人気が奏功しているのか、いい速度で展開してますね。
GiGi >> ムショ高、女の子たくさんかくとこんな漫画でも華やぎがw。展開も早いし、「選択肢」の半見開きもとてもいい
ルイ >> いいすね、選択肢。あとはホント、敵の描き方。
LD >> あ…『少年探偵狩野俊介』も終わりなのかな?
ルイ >> 【レイラ】は巻きを通り越して落丁でも起こったのかと思った。
カルマ >> 「ムショ高」良かったですね。水着もそうだし、司令塔として強い仲間がいる事の心強さもいいです。
LD >> それから『任侠姫レイラ』最終回でしたが……第2部あるかなあ?
LD >> というか、カムイ社長と奥州プロレスがどうなったか分からないんですよね。
GiGi >> 第2部期待したいですねえ。ちゃんと単行本は出るようですし。
ルイ >> カムイ社長政界進出したんでしょ?
GiGi >> この最終回自体が「これで終わりなんてもったいない!」という読者の声を引き出すためのアングルだったんだよ!
カルマ >> 「レイラ」再開を前提に、レイラの肉体を治すパートを描きたくなかったという解釈をしたいですねぇ…(汗
LD >> カムイ社長を描いたんなら、次は大仁田だな!(`・ω・´)
LD >> さて、一番を決めましょうか。
LD >> ああ、山本康人先生の『ポンチー』は………www………(´・ω・`)……ポn…………ぐう。
ルイ >> そういや大掃除から過去につなげる黒子のバスケはなかなか堅調だよねー。
ルイ >> ポンチー僕結構好きですけどね。こういう常識人には描けない展開に惹かれる。ちょっとづつおかしい。
GiGi >> 山本康人先生にしては大人しめの展開というか、チャンピオンなんだから少年誌っぽくする必要はない気がw。
kichi >> ……ジャンプは……「めだか」?
GiGi >> で、一番ですか。決め手に欠く気もしつつ。めだか、りんね、ネギま、イカちゃんとか言ってみたり。
LD >> ジャンプは『ティーンエイザー』かな!(`・ω・´)
カルマ >> ジャンプは「めだか」ですね。
LD >> サンデーは『境界のRINNE』かな!(`・ω・´)
ルイ >> そういやハヤテについてはどんなトークがなされたのかなーっと。
カルマ >> サンデーは…「りんね」?
kichi >> ……サンデーは……話題に挙げてなかったけど「結界師」かな?
カルマ >> マガジンは「ネギま!」「AKB49」。
ルイ >> AKB49かな。
kichi >> ……マガジンは……「ネギま」。
kichi >> ……チャンピオンは…………「バチバチ」かなぁ。
カルマ >> チャンピオンは…「バチバチ」くらいでしょうか。
LD >> マガジンは『AKB49』かな!(`・ω・´)
LD >> チャンピオンは『侵略!イカ娘』かな!(`・ω・´)
LD >> 『ハヤテ』はどんな展開意図かは分からないけど、ネーム気合入っているねと。
LD >> 『RINNE』、『AKB49』、『イカ娘』のどれか!
ルイ >> まーAKBじゃね。りんねも悪くないが、りんねは一番なしで通してあげたいよなあ←?
LD >> 今週は『境界のRINNE』などどうでしょう?(´・ω・`)
LD >> >りんねは一番なしで通してあげたいよなあ|言っている意味がわからないでしょう?(´・ω・`)
GiGi >> ハヤテは普通に全スルーだったが何か?
ルイ >> りんねは週間の地獄スケジュールにいながらにして楽隠居しているところが魅力なのでw
kichi >> 私はわかるw>一番なしで通してあげたい
GiGi >> AKBって言われるとそんな気もしてくるがりんねでもいっこうにかまわないYO!
LD >> んじゃ、今週は『AKB49』な。(´・ω・`)
ルイ >> ゲッソーはまあ、初めての漫画家らしい狙いが見える作りにちょっと皆感動しちゃったんだなとw
カルマ >> 一番を取らせるような連載ではない感覚はしますねw>りんね
カルマ >> なんかイカ娘にあげるのは甘すぎる気がしたんですw
kichi >> ……でもすでに一回くらいは取ってる気がしないでもない?初回とか、取ってなかったですっけ?>りんね一番
カルマ >> ハヤテ…あぁ、展開自体に全く乗っていないので特に何も…w
ルイ >> これまでのイカ娘って、狙いがなーんにもなかったんですよね。キャラを思いつく→出すのルーティンしかなかった。バイトに引き込んだりはしてみたものの、そこにも有機的な線はまったく!存在しないわけで。
GiGi >> みんな大人の事情とか気にしすぎなんだぜ
ルイ >> で、最近とにかく既存のキャラを一話に詰め込めるネームを作ろう!って発想が出てきて、この発想を突き詰めると別のラインが出てくるから悪くない方向性なわけです。そして今度は遂に、まともに使える運動体としての侵略部が誕生した。なんか感動するね!w
GiGi >> アニメで吾郎や偽イカの人を見て「あれ?俺って意外といいキャラ作ってきてる?」と改めておもったんじゃなイカ?
LD >> それでは皆様お疲れ様でした。来週もよろしくお願いします。
ルイ >> 単純にAKBがいいじゃない。秋元さんについて触れまくる事で、逆に視点を固定させるというかね。
GiGi >> 来週はちょっと参加できないかも。あらかじめいっておく。
GiGi >> AKBはずっといいんだけど、確かに今週は特に良かった。
ルイ >> 吾郎は本当そこそこ使いでのあるいいキャラなんで、気付くの遅すぎですね。
GiGi >> Twitterで見かけても誘わないで良いからね!
kichi >> おつかれさまでしたー
GiGi >> そういえばよつばとの新刊買ってきてた
ルイ >> なー。
カルマ >> お疲れ様でしたー


■■■■2010年12月02日■■■■
名無し >> 嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん
名無し >> 誤爆った すいません


■■■■2010年12月03日■■■■
LD >> 【今週の一番】チャットは12/4(土)24:00開始予定です。


■■■■2010年12月05日■■■■
LD >> |ω・`)
LD >> |ω・`)
LD >> |ω・`)こんぼんま。
LD >> さっきまで、『医龍』のラジオやっていました。
ハラルヤ >> こんばんは〜
LD >> そして、そこはかとなく、スキャナー回していました。
LD >> こんばんは〜ハラルヤさん。
LD >> ようやく“山”は一つなくなり、スキャナー回していた実感というか達成感が出てきました。
ハラルヤ >> 『医龍』ラジオは今録音を聞いてます。雑談ラジオは相変わらず止まるんですよねーなんでじゃろ。
LD >> ふむ。>雑談ラジオは相変わらず止まるんですよねー
LD >> たしかに微妙にどっかでつまったりするみたいなんですよね。動画が思いとトラブルの可能性が大きかったりしますね。
カルマ >> シャワー浴びてくるから待ってて。
LD >> 思いと→重いと
LD >> シャワーだすな。
ハラルヤ >> 正確には最初に巻き戻されるというか。キラークイーン バイツァ・ダストのスタンド攻撃を受けてる感じですw
ハラルヤ >> そして『医龍』ラジオでもバイツァ・ダストの攻撃を受けて今巻き戻りましたorz
LD >> まあ、ちょっとぼちぼちとアニメも観ているのですが…。どうも『俺の妹が〜』の消化が後回しにされてしまう。
LD >> >バイツァ・ダスト|うん、なるほど。それは僕も体験しました。…どこらへんで起こりますかね?
kichi >>    こんばんわ〜(´・ω|
LD >> RealPlayerからビデオをダウンロードとかして、ローカルで見るといいかもしれないですけどね。
LD >> kichiさん、ごばんば〜。
ハラルヤ >> 『医龍』ラジオは開始5分くらいの「伊集院の血液運び」云々のとこですね。
kichi >> 俺妹8話を今日見たのですが……、う〜ん、なんだろ?w あまり出来のいい話とも思わないのですが、妙に考えさせられるものはあるというか……、良くも悪くもひっかかりを残す作品ではありますねぇ……。
LD >> あるいは、飛びそうな所でタイムバーを強引にスキップさせると先が聞けるかな?とか。
ハラルヤ >> 『雑談3』は最初1時間14分辺りで巻き戻しが発生して、その後リロードを繰り返すたびにどんどん巻き戻しポイントが早くなる感じです。
ハラルヤ >> キングクリムゾン(タイムバーを強引にスキップ)は試したけどダメでしたね。バイツァ・ダストポイントより先に一切行けないんですよ。
LD >> …ふむ。4分から〜6分までの間、こちらでは普通に流れましたね。ちょっと対応が分からない(汗)運営に言ってみるかな?
LD >> 俺妹8話ってどんな話なんですか?>kichiさん
LD >> >1時間14分辺りで巻き戻しが発生して|一応、僕の環境だとひと通り聞けるので、何かハイライト編集などをして強引にその先を抜き出してみますかね。
kichi >> 妹が書いた小説がアニメ化される話です……(´・ω・`)
LD >> なんですと……(´・ω・`)>妹が書いた小説がアニメ化
ハラルヤ >> うーん僕のパソコンの問題なのかー。これは困った。ペトロニウスさんが期待を煽るしゃべり方をするので、話の続きが気になってしょうがないんですよw
LD >> 妹、才能満ち溢れてますね。
LD >> いや、僕も近い現象が起こって、あの手この手(といってもDL経路を変えただけだけど)でテンポラリにDLしただけなので、同じ現象で止まっている人が多い木が知るんですよね(汗)>ハラルヤさん
kichi >> ほんと、物凄い高スペックなのですねぇ……(´・ω・`)>妹
LD >> でも、管理画面には録画データをいじる操作はないので(ハイライトくらい)ちょっとどうすればいいか分からに状態です。
ハラルヤ >> 水嶋ヒロ子ですね。>妹
LD >> ところで8話までに黒猫さんの可愛いシーンとかありましたか?
LD >> 水嶋ヒロのスペックも、ほんと笑っちゃいますけどねw
LD >> よくよく思い出すと『俺妹』は、幼馴染の話しを観てから先に進めなくなっているんだ…w
kichi >> う〜ん、それほどインパクトあるようなシーンはなかったような……? 8話でのツンデレぶりとかも可愛いくはありましたけど……。
ハラルヤ >> 彼は「天の道を往き総てを司る男」にして、人類初のイノベイターですから仕方ないのです。>水嶋ヒロ
LD >> ハラルヤさん、これは聞けますか?→http://www.ustream.tv/recorded/11242052/highlight/129530
LD >> お、8話で既に、京介にツンデレてますか?>黒猫さん
LD >> さて、最近、ルイ蔵くんが、さぼり気味の気もしますが…そろそろはじめましょうか。
カルマ >> 戻ってきたよと言おうとしたけど入れる話題ではなかったのでだんまりでしたw
kichi >> あ、京介にではないですし、よく考えるとツンデレってほどのことではなかったかもです……orz あ、でも、いちおう今回で京介へのラブの芽が芽生えたとは言える……のかな?たぶん……
LD >> ジャンプ行きましょう。
ハラルヤ >> はい。5分経過現在聞けてます。>ハラルヤさん、これは聞けますか?
LD >> うん。そっから何がどう育つんでしょうねえ。(´・ω・`)>ラブの芽
LD >> うん。つまり動画内に何か壁みたいなものがあって、そこを何からの手段で超えると聞けるようですね。ハイライトで分割編集して対応してみます。>ハラルヤさん
ハラルヤ >> ありがとうございます!>ハイライトで分割編集して対応してみます。
LD >> 『ブリーチ』は分かってはいましたけど、次への展開が遅いですねえ。もう少し初動では馬力をかけてくるかとも思ったんですが。
LD >> 『ワンピース』は、悪魔の実シリーズから“海”という弱点が無効化しつつありますね。まあ、元々、そんなに利いている設定でもない〜悪魔の実能力者を捉えておく事ができる設定ぐらいだったのでいいのですが。
LD >> 『黒子のバスケ』は、何となく「安西先生、バスケが…やりたいです」な展開。
カルマ >> 「ブリーチ」こう、すっと展開してくれませんね。思わせぶりな感じを引きずるというか…まぁ作風なのかな…w
LD >> 『エニグマ』は絵日記を細工された事をどうやって“確かめる”んだ?と思っていたら、中の絵を消せる人もイター!wそして絵日記にあらたな能力が。
LD >> まあ、作風ですかねえ。次の展開に迷いがある気もしますが…。
カルマ >> 「黒子」はなんか、結局メガネくんくらいしかキャラが補強されない感じがしますね。他のは、顔は覚えてるけどよくわかんない部員のままで。
kichi >> 「ワンピ」、海中でも案外平気な感じですよねぇ……w あとまぁ、2年後序盤はもうちょい世界情勢絡みの話出るかなと期待したんですが、このまま“通常エピ”的な展開に入っちゃいそうですかねぇ……(´・ω・`)ま、それでも魚人島ですから、ちょっとは大きな話も絡みそうですが……
LD >> 『トリコ』は、割といいタイミングでメルクさんが女ってばれました。まあ、なんかひっぱるネタにも思えなかったので、ここらが潮だと思いましたが…。なんか微妙な間になってもいるなともw
kichi >> 「黒子」は、まぁ、今更感がないでもないもののw、基盤の底上げとして悪くは無い過去エピではあるでしょうか。
ハラルヤ >> せっかくメンバーが集まったのに、他の海賊船の船長が絵面的にすごいジャマwもうちょっと遠慮しろw
カルマ >> というか、このタイミングで過去話に入れちゃうってのは、順位が堅調なんでしょうねぇ…>「黒子」
LD >> 『黒子』は木吉とメガネとマネージャーの話しを積んでいるように見えますね。これが今後のストーリーにどう関わるかですが…。
カルマ >> 「ワンピ」は「良いの?こんなお手軽で」という気分なんですけどね…んー。魚人島に着くまでは微妙なサブエピ感が維持されるのかな。
LD >> 今週のメルクを観ていて、クラピカ・ネタを継承させるのもアリかな?とか一瞬考えたけど、すぐに思い直した。(´・ω・`)
kichi >> 「トリコ」は、まぁ、いいタイミングだったのではないでしょうかw ……なんかいろいろ感想があるようでないな……w 予想通り過ぎたかw
LD >> 『バクマン』は、ラッコの最終回描きつつ、
カルマ >> 「トリコ」は小松くん持ち上がりすぎてて思わず吹いてしまいましたねw
LD >> 『バクマン』は、ラッコの最終回描きつつ速攻で描いた読切ネームは、吉田氏に面白いと言わせるという、平丸氏、やはりさすがの人と言わざるを得ませんね。
LD >> あんまり、盛り上げてバラしても、こっちは対して盛り上がらなかったろうなあ…と思う反面、ほんとにあっさり味なので判断付きかねる面があるんですよねw>『トリコ』
カルマ >> いや、木吉も監督もキャラとしての変化はないように思えて…今に至る物語としてはメガネに集中してるように思うんですよね>「黒子」
kichi >> 「バクマン」は……白鳥くん育つのはやっw ……ま、元々一人でやってける才能の持ち主だったってことなんでしょうが、これはこれでサイコーの立場がないように思わなくも無いw 平丸さんはさすがですねw 偏ったものながらやはり、やる気はないけど才能はあるんですよねぇ……w
ハラルヤ >> 黒子がどんどん黒子になっていくw
LD >> それと何だかんだ言って、平丸さんの蒼樹さんへの猛烈アタックは悪くない気もするですが、この二人はなんともならないのか…吉田氏そこらへんはどう思っているんだろう?
カルマ >> 「バクマン」数ページ目で「あぁ、独り立ちさせようとしてるのかな?」という予感があったので、1話でそこまで持って行ったのは早いなという実感が…作中時間も早いのでしょうけどね。
kichi >> 個人的には応援したいのですけどねぇw>平丸さんの蒼樹さんへの猛烈アタック
LD >> 『ラッコ』4年連載…20巻前後で、アニメ化ですか。当てたなあ…。
LD >> 赤塚不二夫先生も『天才バカボン』連載時は、一刻も早くマンガ仕上げて飲みに行くことで頭がいっぱいだったとか…。ギャグマンガで長続きするのは、才能があってある程度ちゃらんぽらんな性格の方がいいのかもしれません。>平丸
kichi >> ちなみに平丸さんのラブコメは単純にギャグってだけじゃない魅力を持ってそうですね。「君に届け」の男女逆版?みたいな言い方はちょっと違う気もするものの……。
LD >> 『スケットダンス』は鉄板過ぎる人気投票に、感想もないというか…wまあ、他のところは楽しかったですけどw
kichi >> ……正直言うと、ボッスンが1番人気あるというのには違和感を感じないでもないんですが……、やっぱ皆空気読んでの投票なんかなぁw
LD >> むかし、なにわ小吉先生の『王様はロバ』っていうマンガがあって、ええ加減な線なんですが、不思議と女の子は可愛く見えた…というか妙な色気があった。平丸先生の描くラブコメもそんな感じじゃないかとw
LD >> や、『スケットダンス』って基本、ボッスン〜ヒメコを好きにならないと、はじまらないところがありますよw
LD >> ただ、他の連載は人気投票でほとんど空気読まない(読む必要もない)のに対して『スケット』のファンはそこらへん妙に気をつかう人たちな気がする…って根拠ないですがそんな感じもしますw
kichi >> うすた先生の描く女の子も結構可愛いですし、漫☆画太郎先生だって可愛い女の子描いてますし、絵はそんなに心配してないというかw 内容的に、完全にギャグなまとめ方になるのか、ギャグで掴みつつ恋愛ものとしてうまくまとめる形になるのかって辺りでちょっと興味がありますね。平丸先生の作風だとたぶん後者もバッチリハマるはず、と思うんで。
LD >> 『めだかボックス』は、名瀬ちゃんフレイザードですね。…ところで球磨川「負けたら手を引く宣言」しちゃってるんですけど、どうなるんでしょうね。ここでな〜んちゃっては通じないような。
LD >> うん。画太郎は無理しているとおも。(´・ω・`)
kichi >> ああ、それは確かにw でもまぁ、ボッスンのキャラのせいもあるんでしょうが、やっぱ空気読んでる感じはありますよねw ヌクモリティを感じるというかw
LD >> 『いぬまるだし』は、タマ子先生があぶなかったな。うん。それだけだ。(`・ω・´)
LD >> そして『保健室の死神』の人気投票は、空気読んだか読まないか。アシタバくんが第一位ですた!(`・ω・´)
kichi >> 「めだかボックス」は作中でもセルフツッコミ入ってますが、このバトルはほんとにジャンプマンガしてて良かったですねぇ。おかげで、設定格の高さ(めだかちゃんの姉ですからねぇ)に対し描写格が追い付いてない印象だった名瀬ちゃんの格も大分持ち直した気がします。……でもってさらに「手を引く宣言」がありますからねぇ……、この扱いによってはほんとに大きく物語を動かしたことにもなりかねないのですが……、どうなるんでしょ?
LD >> 一位アシタバくん、二位ハデス先生、三位藤くん、四位安田、五位本好、六位みっちゃん、七位藤兄、で……8〜12位が、鈍、花巻さん、シンヤ、三途川校長、みのり先生という並びがけっこう凄いですね。
kichi >> 個人的にはアシタバ君一位も結構意外な感じ……。とはいえ、突出した魅力を持ったキャラというか、こう、派手なキャラはいないのが保健室の温度であり魅力ではあったりしますからね……、意外と言うほどには「じゃあ誰が一番なら納得?」という質問に対する答えが無い感じw
カルマ >> 「保健室」アシタバくん一位は意外でしたね。嬉しいんですが組織票の香りも感じたりw 女性陣が軒並み低くて、良くも悪くも女性読者に人気があるんですねぇ…
LD >> 『ぬらりひょん』はさて、この設定、どうしてくれよう…w
LD >> 安田が一位だとさすがに驚きますけどね。ハデス先生か、藤くんが一位なら充分納得なんですよね。
ハラルヤ >> テストハイライト聞き終わりました。パイツァ・ダストもありませんでした。
LD >> 女性読者にはみのり先生より鈍さんの方が人気がありそう…かな?
カルマ >> 「めだか」はなんでしょうね…球磨川チーム解散して即再結成とか?で「新たに挑み直す」?
LD >> はい。まあ、ちょっとハイライト作っておきます。>ハラルヤさん
kichi >> 組織票かぁw 女性陣が低めなのはジャンプだと割と普通のことみたいなイメージが……。
LD >> あ、そうか。別に生徒会長戦から手を引いても、マイナス十三組は存続するからいいのかな?
LD >> ん〜あ〜でも、約束の内容は「箱庭学園から手を引く」か…。
LD >> 『サイレン』は…いろいろ考えましたが、やっぱり消化不足だったかなあ。いいタネは蒔けてたと思うんですが…。
LD >> サンデー行きましょう。
LD >> 『ケンイチ』は、新展開……なのか?とにかく、これまでの状況とシチュエーションが変わりましたね。
LD >> 『神のみ』、クリアファイルまだひらいてなかった…ん〜これ単行本とかに貼ってあるシール?
kichi >> 「サイレン」は……まぁ、途中から読みはじまったのでまとまり方に言及するのも難しくはあるんですが、でもやっぱきちんと消化できてたとはちょっと思えない終盤でしたね……(´・ω・`)
ハラルヤ >> LDさん待望の栞ちゃんがやっと出るみたいですね。
LD >> 桂馬は一応、同時攻略のリスクは承知の上で、やっているみたいですね。
カルマ >> 「サイレン」なんとか終わらせましたけど…んー、消化不良ですねぇ。
LD >> あ、LDさん、栞ちゃん待望だったんですか。
kichi >> 「ケンイチ」……美羽さんとの進展はあるのでしょうかねぇ……。まぁ、アパチャイも結局死ななかったわけですし、いろいろ目先は変えつつもあまり劇的な変化はせずじっくり成長していく感じなのかな……って印象ではいますが……。
ハラルヤ >> あれ?違いましたっけ?前に「図書子早く出ろ」的なこと言ってたような。
カルマ >> 個人的に待望なのは僕ですがw 萌えというより、凄く存在として共感できる彼女の変化が気になっています。>栞
LD >> …で、月夜さんは「もう、顔もみたくない」と…。(考)ん〜……一応、かかったのかな?
kichi >> LDさんの待望はこの前さらっと描かれてた実習子さんだったようなw ま、アオリにもあるようにかなり人気あるみたいですけどねw
LD >> ん〜…確かに、攻略ヒロインの中では教員子と図書子が好きですね。でも「長らくお待たせしました」とか言われるとちょっとひいちゃったかもw やはり図書子の人気は高いんだなあw
ハラルヤ >> ブログかなんかに図書子の再登場が楽しみだみたいなこと書いてたと思ったんですけど。勘違いならすいません。
LD >> いえ、図書子が好きなのは本当ですよwただ、編集さんに「お待たせしました!」って言われると、なんかちょっと盛り上がらなくなっているだけですw
LD >> 『戦国ヤタガラス』は佐渡の島に象軍現わる!ですw
LD >> 象を運ぶのは大変だったろうなあw
カルマ >> 「お待たせしました」はいらないですよねぇw 僕なんか少し違う形で彼女が好きだと思うので「ええと、その『お待たせ』な感じで僕は待ってないんですよ?」ってなりましたw
ハラルヤ >> でもたしかに図書子だけやたらブランク長かったですよね。
LD >> 『アラゴ』は、おやっさんがムチ使いみたいになっていました。…といか、ハーミット・パープルみたいな役どころに収まるのかな?

MANKEN CHAT(1.1)