漫研チャット
名前:
発言:
[正面] [取扱] [過去ログ]


■■■■2011年01月09日■■■■
ルイ >> 天野っちの漫画はコメントし辛い。
LD >> ああうん。そこらへんの話ってリアルのAKBのキャラを知らないと分からない話かな?ルイさんの話に反対しているわけではなくって、よく分からないから別の事言っているんだね。
ルイ >> とりあえずミスター味っ子Uとケンカして欲しい料理漫画だなw
GiGi >> 展開の強引さがわりと好感度高かったりはする>読切り
kichi >> 「GE」もドロドロですねぇ……(´・ω・`)というか、大沼さんがいつの間にやらすっかり厄いポジションになっててなんかな……
ルイ >> 漫画好きらしいというか、とてもわかりやすい展開組みではありますね。天野版KAGEROUといったところか…(キリリ
GiGi >> ここんところまき絵の好感度が上がりっぱなしだなー
ルイ >> とにかく地球に残っている皆の格が不憫でしょうがないw
LD >> 『A-BOUT』のええ話と、バトルの話と、ギャグの狭間の感覚がなんか楽しい。
ハラルヤ >> あ、ホントだ。天野博之原作って書いてあるw気付かなかったです。
ルイ >> 『むろみさん』は久々にスケールが大きくて面白いですね。基本このファイアーボール感みたいなものを求めてるんだろうなあ。
kichi >> まったくですw>残ってる皆の格が不憫(´・ω・`)置いてかれた時点で分かっていたとはいえ……   あ、でもいいんちょ達にもいちおう見せ場はありそうなんですよね……?どんな形になるのかなぁ……
GiGi >> それにしてもベビステはストイックだ
ルイ >> ベビステは、主役を倒すヒール側にえーちゃんがいるのよね。いや、遅い。かなり遅いと思うのだけれど、飛ばせない所なのだろうな。テニスは試合始まると、バカテニス漫画でもない限りw他でごまかせないからなぁ。
ルイ >> そんなこんなしている間に、ジャンプスクエアの方のテニス漫画は跡部キングダムが建国されているという。
LD >> 『ベイビーステップ』は、意外な伏兵というか、強敵ですねえ。外堀のドラマ部分では井出くんが勝つ必然で埋められているw
GiGi >> 基本面白くない話なのでちゃっちゃと切り上げたくなる気持ちも分かるけどそれをあえてベタ足でやってる凄みというのはある
ルイ >> 凄みはメリット・デメリット計算的にどうかとも思うけれど、単行本だと気にならないのだろうなー。ジャンプじゃできないなw
カルマ >> 狩り終わり…追いかけなくてはw
LD >> …む!『だぶるじぇい』のこの妹は可愛いな!(`・ω・´)真田さんの次に!(`・ω・´)
LD >> チャンピオン行きましょうか。
kichi >> 「ベビステ」良いですね。精神的に非常に強いエーちゃんですけど、応援とか状況の影響が、ほんとジワリジワリと及んできてる感じが流石です。……ただ、野暮なツッコミかもだけど、事故から助けた子がこんな早くやってきてるのにはちと?となったw
カルマ >> 「ベビステ」はこれでも順位が安定したということかもしれませんけどね。僕は好きだからなんともいえない
GiGi >> バチバチが良い感じに力の抜けたエピソードで良かったですね
kichi >> 「だぶるじぇい」の妹いいですねw マンガ上手過ぎだけどw
ルイ >> チャンピオンの表紙を飾るたかみな先輩。
ルイ >> 『弱虫ペダル』が本当素晴らしすぎて、素晴らしい←
LD >> 『弱虫ペダル』ww御堂筋は新開にむしろやな思い出を刻まれてるかもw
カルマ >> マガジン読み切りはホントにどっかで見た感のある…というと悪く聞こえすぎるかな。まぁ。
LD >> マンガ上手すぎですよねw この子でバクマン・ストーリー組んでもいいかもw>妹
ルイ >> ハコガクから新開たちが遅れた時、まず福富のビジョンから切り捨て?というマイナスから入ったものが、追いついてきた事でプラマイゼロになり、更にアシストとなってプラスになるという、この新開格のジェットコースターぶりが凄い。
GiGi >> 御堂筋3日目1人で走るつもりだったみたいですが、こうなってくるとどうなるのかな
ルイ >> スプリンター勝負で御堂筋に負けた事で挽回不可能に思えましたが、それも込みで同じ日のうちにラストで上げてくるというのは、漫画の上手さとかもあるけど「感覚」だよな。つまらない漫画にしない漫画家の感覚みたいなものだな。
LD >> 『バチバチ』は、足もなんとか無事のようだし…のあとの親方の顔はなんなんでしょうね…。(´・ω・`)
ルイ >> ザクの切り捨てを少し遅らせる必要が出てくるかもしれませんね。いきなり「皆が必要だったんやね!!」とかポーズで言い出したら笑えるw
ルイ >> うん、親方が厄い>バチバチ 相撲は取れるが、すでに峠は過ぎたというのを見ているのかもしれません。
カルマ >> 「ペダル」素晴らしいですねぇ。
ルイ >> また水田くんが本当にザクでw来年も再来年もエースは御堂筋だろうどこをどう考えてもw
カルマ >> 「バチバチ」んー、ホントに無事なのかな?とは思いますが…親方はもう関取にはなれんと、観ているのか。
ルイ >> 穏やかなイベントを描きながら、影は射し続けているんですよね、バチバチ。
LD >> “感覚”っていうのはいいですね。何というか全キャラに主人公補正が付いている感じですね。全員そんな感じで、最後尾から引っ張り上げられるのは小野田くんだけじゃないって物語世界を作っている。
ルイ >> 全キャラに主人公補正をつけるのは何かといったら、基本キャラクター愛なんだよなあ…。
kichi >> 「弱虫ペダル」良いですね。ここで新開ってのはほんと上手いです。……案外御堂筋は2日目で散るのもアリかも?
ルイ >> 『ケルベロス』とうとうフクイ先生が本気だしちゃったじゃないかー。
ルイ >> 御堂筋を救いたかったら、最後に皆で御堂筋をアシストする泣けるシーンががが
kichi >> 「みつどもえ」ひとはがゲームでガチレンを負けさせてしまったことに激しく動揺する様子は笑えつつも何か感じ入るものがあるなぁ……w
LD >> 『侵略!イカ娘』はたけるだけじゃなく、僕も不安になったよ?
ルイ >> あれはわからないではないですよね>みつどもえ 俺の操作するコイツがかっこ良くない、というのは。それがモチベーションとなって上達するのだけれど。
ルイ >> イカ娘は、汗の使い方が厄いんですよ。なんだあの汗の入れ方は。情報的に「そう」見えるじゃなイカ。
LD >> 『みなみけ』を観ていて、夏奈は違う家の子じゃないか?…そんな事を思った私が通りますよ?
kichi >> まぁ、あの必死さは何かあるようにしか見えないですw何もないのだろうけどw>イカ娘
kichi >> 「ケルベロス」は……本気出しちゃいましたねw いや、雰囲気からして違ってたから、女の子達が無事だったことにかなりホッとしてしまいましたしw
カルマ >> 「イカ娘」このネタに嫌な感じを残すのはなぁ…
LD >> 『冥王神話』、ここでヨウマは退場ですか。最後にパルティータ母さんを思い出していましたが…。
カルマ >> 「ケルベロス」女の子の中で死ぬ子と死なない子がいると更にえぐかったかな…とか今考えていますw
ルイ >> 必死にそこは我慢しましたね、フクイ先生w大人になったw
GiGi >> イカ娘はこの話を掘り下げると両親いない問題に…
ルイ >> いや、しかし一話でガラッと世界を変えて、ライバル?墓守の描写をするのは相当にテクニカルですね。この良いこと言う女の子、twitterでも書いたけど明らか友恵を想起させるようにセリフを吐いている。対比が綺麗。
LD >> しかし、考えてみると半人半神のヨウマの息子って事は天馬はクォーターなんですよね。これでペガサスがしっかり転生してくる理由もついた?
ルイ >> 『冥王神話』あれ?アスプロスの方は退場しないのか。しかしクソクソ言う中に熱い物語がありましたね。ヨウマはパルティータに未練を持つその思考が既に「人間のそれ」で、それを得た時に恐らくこの回廊は潜り抜けられなくなっていただろう、という話かと。
LD >> 『ナンバデッドエンド』、ナンバ立ち直りましたね。…なんか、このあっさり具合にすごい安心感がある。
ルイ >> ナンバはめでたしめでたし。ラストバトルがまだだけど、めでたしめでたし。
LD >> 『シュガーレス』、やっぱ卜部はカコイイ!(゚∀゚)
LD >> めでたし…?ヤクザの仕事に関わって、気ぃ持たせて、それで済むと思っとるんか?あ〜ん?ヤクザ舐めたらどうなるか……ナンバの最後の戦いがはじまる……そしてデッドエンド!(`・ω・´)
ルイ >> 卜部は岳に口がついてきたような人で、本当に扱いづらいw
kichi >> Σ(´・ω;`)>デッドエンド
LD >> 『ケルベロス』は陸劫の本当の使い方ってこれなの?
GiGi >> どうしてもデッドエンドにする気かw
LD >> いや、卜部はスペックは高いんだけど、テーマ的に岳より劣るキャラなんですよね。そして主人公補正(キャラ格補正)をほとんど持たない。故に、いいキャラなんだよね。
LD >> 『ハンザスカイ』の小刻み震えいいなwここでこの格のキャラに与えるのは勿体無いくらいw
kichi >> わかりますw>勿体無い
LD >> さて、一番候補の『キガタガキタ』ですが…。
ルイ >> 一瞬ガリ勉クンが切れる時の動作かとか思わせる事も含め良かったし、それより何より番場さんの解説安定感は異常。
LD >> この町だんだん、居着いている霊が増えてきているよね?前のあの子も成仏してないしw
カルマ >> 「ハンザスカイ」良かったですね。まぁ固有の技というわけでもないし、普通に強い相手がさらに震えだしたらもう一段上がるしw
GiGi >> キガタ君また嫁増やしちゃって。
LD >> 「悪いが二人まとめて逝ってくれ!」ってキガタくんの嬉しそうな表情がたまんねいw
ルイ >> キガタくんは本当にパワフルだなあ。
LD >> 「だから一般人には手を出すな!約束だぞ」…カッコよすぎw
カルマ >> キガタくん強すぎますねw こりゃ全部の悪霊引き受けるな。ただし女性に限る。
LD >> まあ、ちょっと。キガタくんじゃなくってキガタさんだな。(`・ω・´)
LD >> 今までこんなにも楽しげに悪霊と戯れる男がいたであろうかw
GiGi >> なんだろうね。そげぶの真逆というか。
LD >> 短期集中の『ノベルゴッド』いきなり怖いですねえ。猿の手が人格を持ったような感じか?
ルイ >> そげぶは所詮己の押し付けですからね。冥くんは受け容れる事から始めておる。
kichi >> 恐怖新聞にツンデレ感も感じて良い一話でしたねw>キガタ
ルイ >> 『ノベルゴッド』人間嫌いのゆりえ様じゃないの?w
LD >> 『釣り屋ナガレ』の最終回についてルイさんから一言。(´・ω・`)
ルイ >> 世の中にはまだまだ僕のわからない事があるんだなあって>一言 いやw結局キャスティングが最後っ屁でしたね。
LD >> 恐怖新聞もねw…キガタさんからこんだけ酷い扱いを受けるのは彼女だけという唯一性をもらっているとかw
LD >> キャスティングのあの血縁者発見のあの微妙な空気が全てだったかもw>『ナガレ』
LD >> 『ムショ高排球軍』もクライマックスなのかな?
LD >> ジャンプいきましょうか
GiGi >> ジャンプがまだだった!
カルマ >> 「ムショ高」いきなりお兄さんとぶつかるんですね。それで終わりそうな感じがしますね。
GiGi >> バクマン内に出てくるとかまるでエニグマが大人気漫画みたいじゃないか
LD >> 『ナルト』は知らない忍者とかも出てきてるわけだ。まあ。
ルイ >> 『BLEACH』がスタンドのように新ギミックに手を出してきて震えるぜぇ。
ルイ >> 『バクマン』は、実際のジャンプ編集部は同日に奥さんに花束なんてオサレプレイをしているのかが知りたいw
カルマ >> 「ムショ高」いきなりお兄さんとぶつかるんですね。それで終わりそうな感じがしますね。
LD >> あ、僕もそう思ったw>エニグマが大人気漫画みたいじゃないか
カルマ >> おっと、マウスおっことしたら二重投稿に
kichi >> ……ていうか、「エニグマ」というよりむしろ「デスノ」な感じはするんで、「デスノ」の扱いがどうなのか気になるw これからシュージンが描くのが「デスノ」にあたるってことになるのか……? それもなんか変な感じですけどw
ハラルヤ >> いよいよジャンプですか、六軒島から一時帰還〜
カルマ >> 「エニグマ」がこういう話を読んですぐに出てくる作品になるかどうか…ですよねw
kichi >> それも気になりましたねw>オサレプレイしてるのか
ルイ >> 最近アニメを観ていると、初期はエイジを敵視して熱い少年漫画だなーとか思っていたのですが、最近ではそのポーズはありつつシステムにストラテジーゲーム挑んでる感もあるし、下からの突き上げもあるしで本当不思議な漫画やで。
LD >> 『トリコ』、軽く振っただけで山が割れる包丁とか!…………そんな宝具を小松が持つとか!!(`・ω・´)
ルイ >> 『トリコ』は取り扱い注意すぎる包丁誕生。それにしても四天王内の実力差が大きいタイプの作品になるのかな?
GiGi >> この世界がデスノがない世界だとすると何かパラドキシカルというか卵が先か鶏が先か的なw
ハラルヤ >> 『BLEACH』は一護がなんでアイツ等に助けを求めたのかがわからんです。まずは浦原さんじゃね?
GiGi >> その包丁を目隠しで振り回すとかこわすぎたw
ルイ >> なんだろ?霊界がらみとは付き合いたくなかったのかな?>一護
カルマ >> 「トリコ」大丈夫なのかこんな包丁w
kichi >> 料理するの大変そうな包丁だなw とりあえず次は最強のまな板を手に入れなきゃな!w
ルイ >> 最強のまな板は本当に必要だw
カルマ >> そうか、最強のまな板でもう1エp…ヒロイン!
ルイ >> ああ、でもメルクだからそうなったのかな?小松ならその力を食材に注ぎ込める、という事かも。
ハラルヤ >> なぜかドヤ顔の藍染さんを思い出したw>「トリコ」大丈夫なのかこんな包丁w
kichi >> まぁ、たぶん扱い方というか腕次第で切らないようにするのも自由自在ではあるんでしょうねw
ルイ >> 『めだかボックス』は、とても香ばしい目のギミックも注目ながら、それを生み出す元ネタ=他人の視点がわかる、という方に面白さを探る「視点」に通じるものを見いだせて興味深いですねー。
LD >> 『銀魂』はなんかこのネタ続いているんですけど…オチはあるんだろうか。
ルイ >> 『保健室の死神』これは上手い。運動会みたいに枠取るより、一話の中に詰め込んだ方が上手さも光るなあ。三途川先生可愛い。というか、生態がほんと謎w
LD >> 大石先生のギャグ読切よかった。
ハラルヤ >> 『銀魂』は1話完結エピだと思ってたんで、確かに意外でしたね。
LD >> 武田信玄と上杉謙信が新婚さんになるやつ。
GiGi >> 大石先生の読切り面白かったですね
ルイ >> ん、大石先生お上手ですね。『水の森
ルイ >> ん、大石先生お上手ですね。『水の森
ルイ >> 』とか『Fate』に通じる良さがあるw
ハラルヤ >> 上杉謙信のアンクさん並の順応性w
LD >> 『保健室の死神』くっそ〜校長、かわいいなあ!(`・ω・´)
kichi >> 「めだかボックス」いろいろと興味深いですねぇ……。相対的に球磨川君に格落ち感が無いでもなかったですが……、そんな情報をわざわざここで出してどんな展開をしてくのか、興味深いですね。
カルマ >> 「銀魂」はわりと好きですが、この中に神楽が入ってない時点で全然やばくないと思ってます
kichi >> 「保健室」はほんと、こうやって大勢キャラ出して詰め込んだ話は安定感抜群ですね。
ハラルヤ >> 球磨川君よりも、安心院さんのキャラ格が高いせいでめだかちゃんが安心院さんの劣化コピーみたくなっちゃうのが問題な気が。>相対的に球磨川君に格落ち感
kichi >> 「ライトウイング」、シアン君はやはりガッカリ感しかないというのが正直なところ……。結局のところチートな性能で勝ち続けられるから、ってだけの怖さで、負けた瞬間何の価値も面白味もなくなってしまうキャラだよ……(´・ω・`)
ルイ >> 安心院の劣化コピー?同ベクトルとは思わないけれど、めだかちゃんがポンコツなのは確かですね。ワザとだろうけど、人に聴くフェーズを毎回はさむからなぁ。
ルイ >> 『ライトウイング』あの人は大失敗ですよ。こんな個人主義とチーム主義の安い対立は・・・
LD >> 『めだかボックス』は、あの子の名前が安心院さんって分かりましたが、一体何者ですか?w摩訶不思議なスキルをたくさん持っていてって。
ハラルヤ >> すごい女の子的な広い意味です。どちらも人に慕われてたみたいですから。 >安心院の劣化コピー?
カルマ >> 「ライトウィング」巻いてなかったとしてもこういうキャラだったら、いずれにせよアカンライバルキャラになったなぁと…
LD >> うん、こんなキャラ格の高い調停者を出して………どうするんでしょうね?…こっちに寄せたかな?
ルイ >> 元々上位なメタ空間にいる時点で、キャラ格は言わずもがななので今更な話ではありますが。
カルマ >> んー、安心院さんとめだかちゃんでは、慕われ方も違うでしょうし。めだかちゃんはまぁ、完璧さがどんどん失われてる構図なのかなぁ
ルイ >> あー。そうか劣化コピーというか「リプレイ」かもしれないですね。やり直しキャラというか。>めだかちゃん 最近最初の全能感がガンガン奪われて「人に指示を仰ぐ」キャラになっているのも、安心院さんの轍を踏まないルート選択と取れるかもしれない。
ハラルヤ >> もともとは普通の、名前をもった女の子ってなると話は別な気が。最初から上位世界の人間ならめだかちゃんと比べられないですけど、人間「安心院なじむ」だとすると比較出来ちゃうじゃないですか。>今更な話ではありますが。
ルイ >> あれ?最初から元普通の人間という認識でしたが…
LD >> いや、彼女は死後に球磨川に神格化(?)される事でメタ空間に入り、そのキャラ格を得たと思ったんだけど、この人、生前からいきなりキャラ格高かったと。そうするとメタ空間にいる意味自体が変わって来るんですよね。
LD >> そもそも、善吉だけじゃなく、球磨川も“大嘘憑き”を彼女からもらったと。…って事はあのメタ空間に彼女がいるのは彼女の意志という可能性も強くなってくる。
ルイ >> なんだか妙に噛み合わないが、生前?の格が高くないとそもそもこんな空間にいないだろうというのは前提情報ではなかったのか…?LDさんまで言い出してるぞう。少数派か。
ハラルヤ >> そうなんですよね。仮にめだかちゃんが死んだとすると、僕にはメタ空間に行ける気がしないんですよ。>生前からいきなりキャラ格高かったと。そうするとメタ空間にいる意味自体が変わって来るんですよね。
ルイ >> 僕はその辺は全く意外性はなかったなあ。ゼロと言っていい。ともあれ、安心院さんの格が高いのは確かで、善吉には干渉してもめだかに干渉しなかったり、何か曰くがありそうな事は確かだ。こりゃ、この戦いはなんとしても引き分けで爆死して欲しいものだがw← いや、選挙編終わるまで待つのは辛いしw
カルマ >> ううん?能力の高さと人格の高さは別個に考えられるのでは?能力が高いからと行ってめだかちゃんの志まで劣化コピーになるわけではないでしょうし。
kichi >> ……まぁ、私も生前から格高かったのだろうと思ってましたが、球磨川に大嘘吐きを与えるほどとは想定外の高さではありましたね。完全に球磨川の上位とまでは思ってなかったです。
カルマ >> 安心院さんの格の高さはまぁ、生前から能力があってこそあの世界にいるのだろうとは思ってましたし、球磨川の能力すら…という部分は予想外でしたが。それがめだかちゃんが劣化コピーになることに繋がるようには思えませんが。
ハラルヤ >> 安心院さんは人格まで上に描写されてる気がするんですよ。めだかちゃんは人の域だとすると、安心院さんは神の域のような。
ルイ >> 大嘘吐きより上位概念というと、世界そのものを複数持つとか、その書き換えた世界を認識する人しかいないものね。なんだかジョジョのラスボススタンドの順番みたいだな。
ルイ >> それで失敗した(とりあえず、球磨川はこのまま)とするなら、安心院とめだかの優劣はこの点だけにおいても簡単につけられなさそうではある。さっきも言ったけど、最近のめだかちゃんのショボさに意図を見出すと、そう思えますね。
LD >> キャラ格という言葉が混線の原因になっているみたいだけど、僕が驚いているのは単純に複数の蝶野力もちだった事に集約されます。生前から球磨川を困らせるだけのキャラ格を持っているとは思っていました。
LD >> 蝶野力>超能力 なかなかいい力っぽかったけどw
ルイ >> 目安箱って上下の序はハッキリしていて、そこに層はあるのだけれど、意見を汲むという意味では良いであるとか、安心院さんは皆に慕われたけれど、その垣根のなさゆえに弊害もあったであるとか。ここらは単純にマンパワーが上なら上って話でもないようには思える。
カルマ >> そもそも方向性が違うようにも思いますし、安心院さんの人格に関してはまだ何もわかんないという認識ですけど。
ルイ >> 世界を○○編とか眺められちゃう人に今更能力のあるなしなんて驚かないわいw彼女の欲求のみに興味がありますね。
LD >> ええっと、単純に少年マンガ読みとしての直感を言うと、めだかちゃんを万能にしておくのがキツくなったので、別の人に肩代わりさせ、構造をシフトしたようにも思えます。それが安心院さんに寄せたかな?と。
ルイ >> 読切時点で「万能という瑕疵」という描き方だった事も踏まえて、元からのレールだと思っております。極論政治体制の違い、くらいのものをめだかちゃんと安心院さんで対比させるつもりなのかもしれません。
kichi >> ……ん〜、個人的には元々めだかちゃんをあまり完璧超人的には思えてなくて、超人ではあるけどかなり偏向(結構強引な“正しさ”)があって、その偏向こそめだかちゃんの個性と思ってたので、結構まっとうに完璧超人臭さを感じる安心院さんとは、やはりベクトルが根本的に違うような印象ではありますね。
LD >> 「世界を○○編」ってのはメタ空間に行けば言えるだろうけどw でも、まあそこはルイさんは左程見立てがゆらがなかったとして。現状見えているキャラ格でどこまで物語に介入というか、めだかの役目をとってゆくか?かなと。
LD >> 「万能という事が瑕疵」な事と「万能という看板に瑕疵つく」事は違うはず。たとえば今回のめだかちゃんは決断結論が出せない時点で基本的に「正しくすらない」と言えると思う。
ルイ >> とりあえずやり直し視点で観ておこう。不明な点が多すぎて視点の方向性でしかないけれど。
ルイ >> だから、万能という言葉に合わせるなら万能とは何か?まで射程に含みうるという事ですよ。そもそも今のめだかちゃんは昔のめだかちゃんより即断即決ができない時点で今LDさんは「正しくすらない」と言っているけれど、歩みの方向としてこちらがゴールかもしれないのですよね。単独の能力の限界を安心院とした場合そういう可能性もある。それは、元々開始時点から形式的な完璧さに完璧故の瑕疵を見出していた視点に沿っていて、どこかで違う答えを見つけなければいけないという話だよねと。なら、別にシフトしたとかではなかろうという。
ルイ >> めだかちゃんが「弱まった」(端からみて)ポイントを探るのは面白いかもしれない。好きな人に任せますがw
LD >> ちょっとサンプルを取り出しますけど、めだかちゃんの特徴で“上から目線性善説”というのがありますが、どうも安心院さんは“人の善悪を飲み込んで許す”くらいの視点に見えますね。少なくとも自分を殺された事になんの恨みもなさそう…いや、死んではいないのか?
kichi >> 死んではなさそうな気がしますねw
ハラルヤ >> 『めだかボックス』におけるめだかちゃんの役割が大部分安心院さんにシフトしているまでは共通認識かとはおもうのですが、そこから進めてじゃあ万能の象徴としてのめだかちゃんは安心院さんの劣化だよねみたいな話をしたつもりでした。
ルイ >> 安心院さんを明確に死んだとは言っていないので、その辺は含みがありますね。世界が割れたとかかもしれないけどwそして、先ほどから「彼女の欲求」と言っているのはまさにそこで、そんな人が介入をするってどういう目的あっての事だろう?と考えるんですよね。そこが今のところ一番面白い謎。
LD >> 歩みの方向としてこちらがゴールかもしれないのですよね。>『読み』としてはあり得るけど、それならそういうルートの明示があるとおもうんですよね。いや、明示がないから有り得ないというつもりは全くないけど。
ルイ >> 安心院、めだかちゃんがやりそうな事を特に肩代わりしてもいないので、シフトって認識は本当、ないです。読者が勝手に、めだかに抱いていた完全性らしきものを一旦安心院に移し変えた(そう作品が誘導した)、とは言えるけども。これはシフトというより各々の役割よね。
LD >> それについては、めだかの万能と、安心院さんの万能(?)は違うものに思えますね。故に劣化というと少し違うかなと感じます。
カルマ >> 安心院さんは何らかの理由で現世に関与できない、あるいは目的のためには関与しない方が良いようになってるのかも。 そうなると、現実に居続ける、そしておそらくそうでしかあれないめだかちゃんはめだかちゃんなりの答えを出していくかと思いますが。
kichi >> ……私もシフトという認識自体ないですw
LD >> シフトって認識は、直感混ぜて思考をこねくり回して出してきている仮説なので、特に共通認識にしようという訳ではないです。
カルマ >> めだかちゃんは全ての人を、マイナスですら救おうとしてるけど…その目的と安心院さんのそれが合致するかどうかもわかりませんしね。
カルマ >> >役割がシフトする
ルイ >> やはりこの話の根っこは「じゃあ安心院は何がしたいのさ」にある気がしますねえ。大嘘つきを与えたりする感覚はまるで「しあわせの王子」ですけど、何かその底抜けた感覚からは人間を形成する欲や立ち位置が伺えない。最近のめだかちゃんがわざとらしいくらい脆い事には、そこの強調の意味合いが強いようには思うなぁ。
LD >> …こねくり回す思考を一段手前で話しましょう。当初、もう少し真っ当にめだかちゃんに球磨川を“倒させる”予定だったのが、球磨川が強敵過ぎた。結果、球磨川を倒せる事のサポートの負荷が安心院さんに寄って来た…という言い方かな。
ルイ >> 西尾先生にそういうライブ感を観ているのん。僕より作品読んでるから、そこから得た印象としてそうだってんなら敢えて追求する事はないけれど、単純に興味として気になる。
LD >> うん、そこはそうだね。球磨川が凄く嫌っているから、敵の敵は味方って単純に考えちゃうけど、まだ安心院さんが味方かどうかすら分かってないですからね。
ハラルヤ >> うーん……そうなのか。劣化って言い方をしたのが混乱の元でしたね。すいません。
LD >> どうなんでしょうね。少なくとも出したキャラのイラストが可愛かったから、別の所でその子の見せ場書いたって事はあるみたい。>西尾先生
kichi >> ……まぁ、私はやはりめだかちゃんに“万能”っていう感覚は元々持ってなかったのですね。超人ではあるけど、めだかちゃんらしい“正しさ”に向かってしかその力も振るえない、一方向に尖った個性だと思ってます。でも安心院さんは、それこそ球磨川に大嘘吐きを与えられちゃうくらい善悪超えて万能で、めだかちゃんとは全然別に思うんですよね。
ルイ >> 現状僕は西尾維新という作家にそういう漫画的ライブ感を見出していないから、安心院に驚きも感じていないし、逆算して読みきりと繋げようーとか色々考えているわけだな。視点の違いを探っていくと、そこに行き着くかも。僕はライブを観ていない。そこだw
LD >> めだかの完璧さが完全無欠感なら、安心院さんは天網恢恢疎にして漏らさずな…。これもどうなんでしょうね。完璧さも対比に使っていいのかまだ分からないか。
LD >> うん、まあ僕はこの連載、けっこう四苦八苦しているように観えるなあw西尾先生どうこうというよりこの連載がね。
ルイ >> めだかちゃんが真の、あらゆる状況にも応じられるという意味でのワンマンアーミーなら生徒会役員自体要らないわけだし、そもそもこじんまりとした構造レベルから、めだかちゃんの完璧というのは形容を越えないというか、いくらかの矛盾を孕んでいますよね。その「仲間に頼る」という部分を強調する為の仕掛けとして想像した場合、今のところ「安心院さんにはめだかにおける善吉をはじめとした、側にいてくれる人に相当する存在はいたのかな」というのが気にしているポイントなんだぜ。まあ、お楽しみにw
LD >> “万能”って言葉も嫌らしいですね。ちょっと今の議論、いくつかの語彙の用法によってズレが生じている面があったように思います。
LD >> 球磨川にとっての善吉という事?>ルイさん
LD >> さて、一番を決めて行きましょうか。
LD >> サンデーは『ムシブギョー』ですね。
ルイ >> いや、めだかちゃんにとっての善吉。安心院さんが善吉ちゃんと呼ぶ点も含め、色々想像できますね。善吉ちゃんを手にした側と手にしなかった側の分岐なのかな、とかね。※これは完全に妄想。
LD >> マガジンは『だぶるじぇい』かな。(←)
kichi >> サンデーは……「キングゴルフ」かな。
ルイ >> 今週は『ムシブギョー』かな。『弱虫ペダル』も熱かったけれど、久々に真っ当なテイクオフを観たかも。
kichi >> マガジンは……「ブラマン」かな。
kichi >> チャンピオンは……「弱虫ペダル」かな。
カルマ >> サンデーは「キングゴルフ」でしょう。「ムシブギョー」は、割と良かったかなという感じでした
ルイ >> キングゴルフはずっと良いw具体的には、蒼甫が「入れてこい」って言った所が最高に良くて、今回はそれに応える修行僧偉いよく頑張った、だな。…って今回も良いかw
ルイ >> マガジンはたかみな先輩。
カルマ >> マガジンは…あ、先週と合わせて「絶望先生」が好きでした。
kichi >> ジャンプは……「めだか」かな?
LD >> あ、いや、うん。兎に角、善吉ね。善吉vs安心院ね。…ふむ。
ルイ >> ジャンプは保健室かなぁ。保健室は基本選ばれる事はねーなこりゃw
カルマ >> チャンピオンは「ペダル」…あ、「キガタ」もいいんだよなぁ。
LD >> ……ま。素直に考えると、安心院さんは球磨川の事が好きだった……かな。(´・ω・`)
LD >> チャンピオンは『キガタガキタ』ですね。
ルイ >> うん。冗談めかして言ってるけど一番妥当な線だと思う。愛はそのへんの理を越えていくしわかりやすいもん。
カルマ >> ジャンプは…大石先生の読みきりかなぁ
ルイ >> カルマさんいい事いったな!!!>大石先生の読切 一番でいいかも!
kichi >> 操ちゃんが再登場すれば一番取れますよw>保健室
ルイ >> あとケルベロスも良かった。女の子を顔面パンチをさせたらフクイ先生に勝てるのは上条当麻だけ。
LD >> だね。この形だとめだかちゃんに特にビハインドなく、話を解決まで持って行ける。
LD >> ジャンプは…確かに『信魂さんいらっしゃい』かも。
カルマ >> ギャグマンガ日和、割と本誌でからぶってるな…
ルイ >> 信玄と謙信だから、同じ「信」で信魂と纏められてしまうという異様なテクニカルさw
ルイ >> 僕はミサワとか鼻毛ほどの興味しかないのでね。あれ?それ重要視って事?w
カルマ >> 地獄のミサワはブログの1コマの方が好きかもしれんなー…
ルイ >> まあ、ほんと、信魂で良い気がする。
LD >> えっと『ムシブギョー』か『キガタガキタ』か『信魂さんいらっしゃい』でしょうかね。
ルイ >> Fateや水の森と言ったけれど、別の可能性を観て、しかし本当に今自分にある生を受け止める感覚はマブラヴなどの並行世界モノを使った感覚なのですよね。そこに風刺やジョークも効いていて、最後は敵に塩を送るという史実にすら別の彩りを添える。ショートギャグを頑張ってやってりゃ普通の漫画も面白くなる、のいい見本かも。
LD >> …うん。ルイさんの解説が良かったので『信魂さんいらっしゃい』にしましょう。
ルイ >> そんな理由は良くないw
ルイ >> 冥くんの凄みは今度LDさんが再度記事に起こすそうなのだ。
LD >> いや、納得したって意味w
LD >> ああ、かもしれないw>冥くん
LD >> じゃ、『信魂さんいらっしゃい』という事で。
LD >> お疲れ様でした。
カルマ >> お疲れ様でした〜。相当まとまりあっていい読み切りでしたよね>しんこんさん
ルイ >> マジすかwカルマさんに言われるまで忘れていたのに・・・wまあ、しかし、ペダルは斤量格だし、キガタは改めていいよねぇ〜の範疇とは言えるのかな?ムシブギョーに関しては、我ながら「最近のサンデーにしては」という作品単体ではない視点が強すぎた気がする。
kichi >> お疲れ様でした〜。
ハラルヤ >> お疲れ様でしたー
ハラルヤ >> さて六軒島に戻ろう。
ルイ >> あ、皆さん先日発売されたジャンプNEXTは新人さんのイキの良い作品や、ダブルアーツや詭弁学派の人の読切があって読み応えありますよ。オススメ。


■■■■2011年01月10日■■■■
LD >> 放送 http://www.ustream.tv/channel/manken


■■■■2011年01月14日■■■■
LD >> 【今週の一番】チャットは1/15(土)25:00開始予定です。


■■■■2011年01月16日■■■■
LD >> ちょっと待ってね。
GiGi >> さむい
カルマ >> さむい
LD >> ラジオおわた!引き続き一番チャットだ!(`・ω・´)
kichi >> さむい……(´・ω|
LD >> さて、体力的に心配なので、ちゃちゃと一番に入りましょう。時候の挨拶はなしだ!(`・ω・´)
LD >> |´_ゝ`)さむい…?
LD >> あれ?ジャンプがない?って今週はなしか。
kichi >> ……ゆき……さむ……(´・|
LD >> 先週、サンデーからでしたから、今週はマガジンからですね。
ルイ >> おはよーおはよー
LD >> あ、雪が降ってますか。こっちはどうなんだろう?
ルイ >> マガジンから?この持ち回り本気で続けるんだなぁw
LD >> そこにいるの?
カルマ >> 大阪はまだマシですが、それでも明朝は−5度とかなんとか…>さむい
ルイ >> 【AKB49】にまゆゆこと渡辺麻友が登場。やはり選抜メンバーのキャラを立てるという主目的はあるのだろうな。
GiGi >> LDさんは熱そうですな…
LD >> そのつもりだけど……何か問題あるかな?>持ち回り
ルイ >> たかみな先輩が惚れている所で、まゆゆはお兄様扱いという所で各配置にバリエーションをもたせて、単純なハーレムにしない意図はあるみたいですね。しかし、前田あっちゃん確実に気付いてるだろうw
LD >> さっきまでラジオで熱弁を奮っていたので、熱いですよ!(`・ω・´)>LDさんは熱そうですな
LD >> 僕らは最近の岡部を上げる展開に喝采していましたけど、契約上…というか取り決め上、ちょっとまずいってなったかもですね。いや、ノルマこなせばまた通常運転だと思いますがw
ルイ >> 実写の(変な表現)たかみな先輩を観ると、まあ、男がいるというのもわかるのだけれど、AKB49を読んでいる限りだとたかみな先輩はただのキュートなりぼんガールな件。
ルイ >> 最終的にみのりが正体バレした時、選抜メンバーのような「格の高いメンツ」の承認を得やすい状況を作るという大目的はあるのかな?
GiGi >> ハーレム組んでくると畳みに入ったのかな?などと思ってしまわなくもなく。
カルマ >> 前田さんはずっと気づいてると思って読んでますよ、僕はw>AKB
LD >> そして、わりと浦川の正体のばれ拡散気味なんですけど大丈夫かな?普通のコメディだったら強引にごまかし続けるのもありなんだけど『AKB49』はちょっと違うラインにも思えるのだけど。
ルイ >> ハーレムつか、変則ではありますが、進んではいますよね。畳み判断は早過ぎるとは思うけれど、物語の留まるエネルギーと動かすエネルギーで言えば当然後者ですね。まあ既にトップのアンダーに入ってるわけで、基本的に緩みのない作品なのだけれど。
ルイ >> 基本的には秋元康「面白いじゃない」という最終救済手段があるからなw
カルマ >> いろいろメンバーをキャラ立てしてるうちは心配してないですね>畳み
LD >> 『GE』は、うん。ちゃんと話し合えれば普通に解決しそうなからみかたでしたよね。…しかし、この流れを大沼さんがブレーカー?
GiGi >> さらっと男バレしてそのまま進行したらちょっとどころでなく凄いですけどねw
ルイ >> 【ABOUT】はミツミネのダメなバトルロワイヤル始まるよー。同じ三つ巴だと繰り返しなので、誰かやられるなりで変化つけるとは思ってましたが、1年トップ決定戦になったな。
ルイ >> 【GE】は大沼さんが動かなきゃただの不安症同士のラブロマンスなので、まあ、大沼さんの荒らしに期待。
カルマ >> 大沼さんの危うさが良い感じに動かしていて良いですね>GE
kichi >> 「GE」は……大沼さんのビンタ連打に思わず笑っちゃったのだけど、すぐブルーというか、なんか苦い気持ちになったりとか。……う〜ん、ブレーカー……かぁ……。
ルイ >> 来週からの【A-BOUT!】は、コマの隅にいる桑村を探せコーナーなのだぜ。
ルイ >> 大沼さんは物語に愛してもらってないから、ビンタくらいしていいと思うw
GiGi >> GEはヒキのコマが結構怖くて興味深いです
LD >> 『A−BOUT』ってさ。朝霧って樋口派って事になっているの?無頼だけど何かほっとかれている状態?
GiGi >> 桑村はたぶんまたいつの間にか寝ているのだろうw
ルイ >> 処女厨大激怒ですか>ヒキが怖い
ルイ >> 朝桐は朝桐派でしょう?
LD >> いた!桑村イター!!!!!Σ(`・ω・´)
GiGi >> ベイビーステップはゾクゾクしますな。
kichi >> いやなんか、ビンタしちゃうこと自体から作者からの愛されてなさを感じちゃうような気分があってですねw>大沼さん
ルイ >> 【ベイビーステップ】は、難波江くんのセリフが欲しい所ですが、それを描かないのも作品らしさかな。
ルイ >> それは正解だものw>愛されてなさ
カルマ >> 桑村…ww
GiGi >> 過去語りは乗り越えるために本当に必要なのかってのはGEなら踏み込んできそうかなーと。
ルイ >> 大勝負にアドレナリン・ブーストをかけるスキルは与えられていないものなー、エーちゃん。理で崩す答えが、スーパーヒールになるとか試合止めるとかなら笑うけど、まあそんな事もないので、予断赦さず。
ルイ >> 過去を知りたいのは男のロマンチシズムからくるエゴだよっていう女性誌的(?)な指摘がなされたら面白いですね。
LD >> 『波打際のむろみさん』、「タックンは足を生やして欲しい?」と挑発的に聞いてくる、むろみさんが良かった。
GiGi >> 感じない、動じないではなくて、認識した上で理詰めで克服しようなんてのは本当に今まで見たこともないですね。
GiGi >> あれは本当に聞いちゃいけないよなーと。もちろん女性のほうから話してきたら聞かなきゃいけないんだけどw
カルマ >> 「ベビステ」、勝つしかないですからね…向き合って乗り越えるのか。ヒーロー性を持たぬまま。面白い
LD >> ああ、しかし、本当に浦山くんは、男か女か分からない狭間にいる子なんだなって思った。>『AKB49』
kichi >> 「ベビステ」良いですねぇ。自覚が難しいレベルでの影響力までどうにか自覚してコントロールしようという、非常に高いレベルでのメンタルコントロールまで踏み込んでて、凄いです。
カルマ >> 「GE」はこのタイミングで聞くの?という気分ですねw
ルイ >> 主役を主役でなくする為には自分に主役の物語を持つ為に、なっちゃんに大声で告白する…とかなら面白いのだけれど。というか、それは島本和彦みたいな解決法だなwエーちゃんはロジックのまま勝負するという、土俵の違いからくるズレがちょっとイメージしきれない。
LD >> 『ベイビーステップ』の気にしないようにしていたプレッシャーの要因を敢えて書きだすって素晴らしいね。恐ろしく実戦的だけどマンガではあんまやらなかったかも。
ルイ >> 男が気持よくなる為の質問である事は間違いないので、GEの立ち位置が次週ハッキリするw
ルイ >> 【エデンの檻】男は犠牲になるのだ…
kichi >> ま、過去話聞く前に怒ってた理由ハッキリさせるべきじゃね?みたいには思いましたねw>GE
GiGi >> 奇麗さっぱり消えて亡くなりましたね…^^;>引目
LD >> 消え方が微妙なんで、生きているようにも思っていますが…。>『エデンの檻』
LD >> 『我間乱』は何か変なメガネが出てきましたが…w
GiGi >> 君町の編集柱がなんのフォローにもなってない件
kichi >> 「エデン」、生きてる可能性もありそうな気がしちゃいますよねぇw あそこまで綺麗に消えてるとw
LD >> 『君のいる町』がメアド交換している件。(´・ω・`)
ルイ >> ザジも引目も生きていたのだw
kichi >> 「君町」の編集柱はツッコミ待ちとしか思えないレベルでしたねw
カルマ >> 「エデン」地下に潜ってる男何人いるんだw
ルイ >> 【君のいる町】はこわーい色々こわーい。
カルマ >> 「君町」はなぁ…ww
ルイ >> 【ガマラン】は要はこれ、亀仙人よね。大亀流だからってw
GiGi >> しかし君町がマガジン作家内で大人気なのってやっぱり作者がいじられキャラだからなんだろうかw
LD >> さらっと…w まあ、瀬尾先生はこうでなくっちゃ!!とか言ってみるかな?w(´^ω^`)
LD >> 『ヤンキー君とメガネちゃん』は受験ははじまったら八王子さんのターンが帰って来たでござる。
kichi >> ほほう。じゃあ読もうかな?>ヤンメガ八王子さんのターン
カルマ >> あぁ、亀仙人w その発想はなかったw えらく飛んだキャラ出すなぁとは思いましたが>ガマラン
LD >> 『ネギま』ですが、アーウェルンクス・シリーズと、フェイトくんは特に連携がとれているわけではないようですね。
GiGi >> ヤンメガは何故弘前大学とコラボしてるのか聞きたいw
ルイ >> 寧ろフェイトくん、先行者としての矜持が。
LD >> 『はじめの一歩』の一歩の弱点は「闘争心」とか「相手を殺す殺気」とかそういうメンタルな事言い出す?
kichi >> ああ、それ凄く気になりましたw>弘前大学とコラボ
GiGi >> 完全に別個体みたいですね。いやしかし良かった>ネギま
ルイ >> 一歩に忠実に任務を遂行させちゃダメ、というのは思い浮かびますけどね。
LD >> 『だぶるじぇい』のキャラが立っていないという意味がよく分からない。(´・ω・`)
カルマ >> フェイトとの連携>予想通りというか、人形シリーズはあの男が勝手に用意したもので、フェイトは反発してきたなぁと
kichi >> 一歩の弱点は、どっちかというとその逆みたいなイメージで、強過ぎる闘争心持ってボクシング楽しむ余裕がなくなると弱くなる?みたいなことを考えたんですが……、一歩がそういうタイプかというとそうでもない気がして……微妙w
ルイ >> 愉しんでるとは思わないがw会長の教えとのリンクを断てば弱そうだなとは思う。
LD >> …しかし、メンタルだと何か際どいよね。弱点突く前にやられてしまいそうな気がする。
kichi >> 「ネギま」良かったですね。真の裏方なの?って感じの人物がさりげなく出てきてる辺りも巧いなぁ。
LD >> チャンピオン行こうか。おお、今日は早いな。
カルマ >> 弘前大学調べても吉河先生のこと調べても繋がりが分からないw>コラボ
ルイ >> チャンピオン!
kichi >> 「だぶるじぇい」はほんとにちょっとバクマンみたいな感じになってて笑いましたw
LD >> なんか、受験勉強に勤しんでいるマンガとして弘前大学からラブコール受けたんじゃないですかねw
GiGi >> 早いのはきのせいじゃなイカ?
ルイ >> 【弱虫ペダル】御堂筋、新開さんのゾンビにビビる。
ルイ >> 新開さん、持ち直したなあ。負けを飲み込む強さ。
LD >> 『弱虫ペダル』の新開さんがカッコ良すぎな件。なんちゅーかw御堂筋の勝ち方って試合に勝っても、格付けは落とせない勝ち方だから何度でも蘇られちゃうのねw
kichi >> 最初の雑誌と考えると割と早い気はしますが、マガジンと考えればいつもとそんなに変わらない気がしますねw
ルイ >> やあ、格付けも落とされる人は落とされるんでしょうけどね。新開さんは完全に一周した強さになってますね。
GiGi >> 御堂筋超びびってますねw。もう一段何かないとここで脱落という可能性もあり?
ルイ >> まさに落とされた弱泉くんがここにいるわけでw新開が数分でこなした作業を、遠回りしながらも目指す今泉のストーリー開始ですね。
ルイ >> 今泉くんがここで乗り越えたら、御堂筋としては作戦変更か脱落しかなさそう。
kichi >> 「弱虫ペダル」新開さんカッコ良かったですねぇ。弱泉君は大丈夫なのかな?大丈夫だといよいよ御堂筋君はジリ貧、2日目でスッパリ落ちちゃうか3日目は暗黒化とかしかなさそうだけど……。
GiGi >> シュガーレスは奇麗な組み立てですな
ルイ >> そういう事になりますね>暗黒化とかしか
ルイ >> 【シュガーレス】の岳のかませ使いが酷いw
GiGi >> レイラが打ち切りの格好にしては単行本のプッシュが強いのでやはり分割2クール(違)なのかな
カルマ >> 御堂筋は変な格落ちしなきゃいいですけどねぇ…んー
GiGi >> ここでメインイベントから主人公wが隔離されちゃうあたりが見事w>シュガーレス
ルイ >> むう、それは良いチャンピオン読みだ。単に沢編集長が好きなんだろうとか思うのは思考停止だw
LD >> 『シュガーレス』は九島の連中がまとめてやられていたのでびびった。毎日ケンカに明け暮れている学校としては弱すぎじゃないか?(´・ω・`) なにか強いヤツが出張ってこない理由が出るといいんだけど。
GiGi >> ゴラクでやってる板垣先生原作の「どげせん」面白いよねーなどと唐突に言ってみる
ルイ >> 強い奴らは校門程度でギャーギャー殴りこんではいかず、中で来たら相手するとか、そもそも不登校とか・・・w
ルイ >> チェックしとくです>どげせん
ルイ >> しかし、サンタさんとマリモが兄弟を倒してしまうと、シロが鼻折損の草臥れ儲けになるので、どこかでシロが活きるシーンがある、はず。
LD >> 『バチバチ』は、海に行くという事で、妙にほくほく顔の吽形さんに安心した。(´・ω・`)
GiGi >> バチバチはモンゴル人力士出て来ましたねー
LD >> >中で来たら相手するとか|とりあえず、そう思っているんですけど…そんなヤツばっかじゃないだろうとか思っちゃうんですよね。この流れでサンタとマリモとのキレイな決闘になるには、もう一歩裏が欲しいなと。
ルイ >> 【バチバチ】コミカル吽形さんが若干アレだなあw
カルマ >> 「バチバチ」モンゴル人来ましたね。しかし「バカ」という日本語が使えるということは、それだけ自分が言われてきたってことなんだよな…
ルイ >> モンゴル人力士の強さの秘訣は負けん気という事かな。黒人みたいにバネが違うとかは言いにくいしな。
kichi >> ほくほく顔w
LD >> 『ケルベロス』は、友恵以外には、けっこうバレが広がっている件。
GiGi >> ケルベロスはダークな話をやりつつベタベタとスキンシップしてるのが良いと思うのです
ルイ >> 【ケルベロス】のバランス感覚はかなり熱い。アニメ化いけるで。
ルイ >> 学校ヒロインはちゃんと全員顔出ししてるんだよなあ。偉いなあ。ズシンズシン言うてるしなあ。良い連載だなあ。
kichi >> 「ケルベロス」はここで景の過去エピまで絡めてきますかぁ。多重に絡まりあった展開、期待です。
カルマ >> 「ケルベロス」先生たまりませんw
LD >> 『ハンザスカイ』の「策などない!」がカッコ良かった。要するに相手より早く手数多く動く事を持続するだけだから、その状態にはまったら打開策なんかないんだよね。…消耗するまで待つか?
ルイ >> 【ケルベロス】は早くアニメとゲームの企画動かさないと沢編集長イカンよねえ。もう動かしてるかな?形になるのは再来年くらいでしょうけど。
ルイ >> 先生の若い頃がすごく可愛いです・・・それを言ったら叔母さんも・・
LD >> ん〜……アニメ化はとりあえず『弱虫』に全力投球じゃない?
カルマ >> 柔道で消極的な逃げを打つと反則を取られますが、空手ではどうなのかな>消耗するまで待つ
カルマ >> ん、言葉が変だな。消極的な戦いをすると、だ
ルイ >> いや、もう今まさに消耗してるけどね>ハンザ 
LD >> 『はみどる』は、天地さんのアイドル姿の「ないわー(´・ω・`)」って雰囲気が出ている所がよかった。しかし、もしかしてここで天地さん、マッシュルームよりブレイクとか?w
LD >> 『冥王神話』はパルティータ母さんが出てきただけで、満足な俺様がいるぜ?(´・ω・`)
ルイ >> いいですよね。まりお先生結構描けるなと。天地さん超無理してて九ァいい。
ルイ >> 【冥王神話】って言うんじゃあない。NDかもしれないだろう。マリンとシャイナじゃなんか当てにならないNDかもしれないだろう。
カルマ >> 「はみどる」ちゃんとは読んでない方なんですが今週はじっくり読めた。良いですね。
ルイ >> チャンピオンの三十路層は厚いからねえ。
ルイ >> 【冥王神話LC】は、アテナによるアスプロス判定が見事だったなあ。物語が終わるべくして終わっていく良さがありますね。
LD >> しかし、天馬とヨウマが決着をつける事はできなかったけど(他に因縁の相手がいたから)パルティータ母さんの存在で締めているところは上手いなと。納得値がある。
LD >> 天地さん、ネネさん、パルティータ母さんの事だな!(`・ω・´)ここが時代か!!> チャンピオンの三十路層は厚い
ルイ >> 【ANGEL VOICE】の選抜説明が上手いなあと。この時点で、才能では上回れない事が宣言されているわけですよね。
ルイ >> 【キガタガキタ】は個別攻略やで。
ルイ >> あーしかしはみどる面白いな。一番候補だな←
LD >> ど、ど、ど、ど、どした!!?(`・ω・´)>あーしかしはみどる面白いな。一番候補だな
ルイ >> 【真々田さんと生物部で】は本誌に来て欲しいの。
LD >> 『釣りナガレ』が最終回でした。……が、まあそれはそれとして『ムショ高』も終わりみたいですね。
ルイ >> いや、面白いなと。天地さんの覚悟もいいし、その中なら上がらないアガリもいい。アガリとデュエットしているときの天地さんの表情を観るに、やっぱスペック高いんですよね。
ルイ >> 【ムショ高】すごく面白いラス前回でしたね。巻きなー。ナガレ如きをあんなにやってなー。
LD >> や、うんw いろいろ残念な事になっているのだけど、何で残念なのか、やっぱりよくわからないよねw>「はみどる」
LD >> 天地さんは、普通に然るべきファッションに戻せば、然るべき結果がでる歌手にみえますね。
LD >> さて、サンデー行きましょうか。
ルイ >> 次はサンデー?
ルイ >> サンデーはとにかく【ムシブギョー】がいい!なんかサンデー久々の救い感!この作品単品では難しいでしょうけど、狼煙にはなりえるかな。
LD >> 『ムシブギョー』は、今週号読んで、よし安心だと思った。
カルマ >> 「ムシブギョー」良いですね。
LD >> 第一回で、仁兵衛くんのキャラを掘り下げて出して、第二回で春さんのキャラを掘り下げて出していますね。キレイにビルドが入っている。
ルイ >> 元を知らないからビルドとかはわからないんだけども、久々にまっすぐストレート投げ込んでますね。
LD >> 『ハヤテのごとく』良いのではなかろうか?(´・ω・`)
ルイ >> 【鋼鉄の華っ柱】は安いながらも効果的な人心掌握術。
LD >> うん。ビルドしていて、その上で変に説明臭くなっていないんですよ。カタルシスがある所まできっちり仕上げているんですよね。
ルイ >> 【ムシブギョー】は、頑張って倒した蜘蛛さんをもう一回重ねる&増やす事で次のキャラクターとの現時点での位置の差が明らかになるであろうところも良いですね。久々に良い滑り出しを観ておる。
ルイ >> 【ハヤテのごとく】一番候補ではなかろうか?
カルマ >> 「ハヤテのごとく」良かったですね!こういうの描けばやっぱ良いんだよな…
ルイ >> 長屋モノならこれはやって欲しいよね(やりたいよね)というモノを出しているな。これ、【めぞん一刻】みたいに生活リズムバラッバラだともっと面白いんだけど、学生ばかりな中では良くやっているし、そもそもこの「ハヤテのさりげない凄み」は、連載の初期からもっと強調しておいて良い部分だ。
LD >> 『神のみぞ知るセカイ』は、どったんばったんしているけど、わりと桂馬が目指すナガレになっているようですね。
LD >> ど、ど、ど、ど、どした!!?(`・ω・´)>【ハヤテのごとく】一番候補ではなかろうか?
ルイ >> 僕はどういうキャラなのですかw
kichi >> Σ(`・ω・´;)>【ハヤテのごとく】一番候補ではなかろうか?
kichi >> ……まぁでも「ハヤテ」良かったですね。マリアさんの気合い入れてのお昼寝とかw
LD >> 『はじめてのあく』は、まだ登場していない、悪か正義の陣営のものが学校内にいるみたいですね。
ルイ >> 【神のみぞ知るセカイ】は、これはもう、トゥルーラブストーリー以外の何物でもない。関係深める為に帰宅イベント入れるのも、帰宅時に一人増えて女2男1になっちゃうと普段上がる恋愛値が上昇しないことも、寄り道デートがCDなどが変えるモールである事も、もう、完全にトゥルーラブストーリー。
kichi >> 「神知る」は……どうなんでしょうね?なんか微妙な展開ではあるなぁ。その微妙さが面白くはあるものの……。
ルイ >> 桂馬の苦労を出したいんでしょうけどね、何か上っ面感はある。
LD >> 『月光条例』、月光の姿をしたブーメラン……ゲッコー・ブーメランか…なかなかカッコいいな。
カルマ >> 「神知る」んんー…中途半端な桂馬の苦労加減というか…
ルイ >> 【キングゴルフ】がマジヤバ。向こうのラフまで行くという細かい凄み描写も良い。
LD >> 生身の人間の身体での同時攻略は無理があるよって話をしたいのかもしれませんね。
kichi >> 「はじあく」も、どうなのかなぁ……? 当分退場なのかと思ってた黒澤さんがネバってみたりとか、悪くもないものの……、う〜ん。
LD >> 『キングゴルフ』は、本当に素晴らしいですね。スランプというか、調子崩していたソースケが持ち直して、その先へ行こうとする時、その調子を落としていた原因のドラコンのスイングが炸裂する!w
ルイ >> まあ、蒼甫のスピードで「回り道なんてない」というテーマを語られても困ってしまう所はありますがw
kichi >> いっそほんとに無理でしたってことになれば納得できる気がしないでもないんですが、苦労しつつもなんとかなってる感じが、どうも微妙で……というか、あまり桂馬らしく感じなくて微妙感があるのですよね……。
カルマ >> 「キングゴルフ」、「これが俺の最速だ」はうるっときた。言われたら確かに早いけどもw さらに体重移動の見開きに…ほんと素晴らしい。
カルマ >> そうそう、ダメフェイズとも言い切れない感じといいますか。まぁ桂馬の主観で、実はなんともなってない可能性はあるんだけど>なんとかなってる感じ
kichi >> 「キングゴルフ」素晴らしいですねぇ。ここにきてドラコンを武器として描く辺り、ほんと完璧さすら感じてしまう構成力。
ルイ >> ピエロでありつつ進んでもいる、話の要求がもたらす優遇感がしっくりこないのかもねー。>桂馬
LD >> 『オニデレ』のこの展開はなんでしょうね?w
ルイ >> 【オニデレ】ではよくあること。
ルイ >> 【アラゴ】のスカボロー・フェアといい、歌でイングランド感をだそうとする姿勢が好き。
LD >> まあ、何ごともなかったような話で落ち着くかもしれませんが…。あれ?締めに入っている?>『オニデレ』
LD >> 何か荒井先生ってイギリスに造形が深い人なの?『ダレン・シャン』の時の取材で覚えたの?それとも元からそうなの?
ルイ >> ダレン・シャンからのナガレと読むと何やら良い話じゃないか。
kichi >> 「アラゴ」良かったですね。誰でも知ってるような歌での謎解きはなかなか納得力高くて好きです。
LD >> そういえば『マギ』が、とても大高先生っぽい『すもも』っぽい展開になっていた件。(´・ω・`)
ルイ >> 【マギ】はわろたw本当に大高先生らしいのだけど、あれを放置していたモルジアナの2人好きっぷりが一番わろたし萌えドコロでもある。要は自分が強くなって守ればいいって感覚でしょうからね。
kichi >> 「マギ」は…………なんでここでメタボらせた?(´・ω・`;)??
カルマ >> 「アラゴ」歌はよく分かりませんが面白かったですね。
LD >> なんかシン以外、みんなニコニコしているよねw>なんでメタボらせた
ルイ >> メタボでヒキすぎる事もあまり想像できないのだけれど、来週の1コマ目でいきなりスッキリしているのもなんか違う気はするので、修行パートにつなげたりするのかなぁ。
ルイ >> そう、もっさんはともかく、シンドバッドの配下はやり手なのにねえwという事は世を欺く姿か?w
カルマ >> 「マギ」先生っぽいなぁとは思いましたがw 修行で痩せるくらいしか思い浮かばないかなぁ
LD >> うん。あるいは、この時代の人間としては、ふくふくとしている事をあんまり悪く感じないとかw
kichi >> ……というか、こう、せっかく次に進むかというとこでこうされると後退感というか、またやり直すの?みたいな感覚があってですね……(´・ω・`;)う〜ん
LD >> まあ、カシムを死なせてしまった事を半年経っても悩んでいる、鬱展開よりはずっといいですよね!w
LD >> いや、この後退感が『すもも』っぽいw……とは言っても、確かに僕も後退は望んでいないですね。『マギ』は先を見せて欲しい。これが本当に後退かどうかは分かりませんが。
LD >> あと、さりげに世界地図とか、シンの配下に変な獣人が混じっていたりとか、世界設定が観えるようになってきましたね。
LD >> さて、一番を決めましょうか。
LD >> マガジン。…『ネギま』かな。
kichi >> シンドバッド周りについて描かれた前半でwktkしただけにガッカリ感が強かったというのもありますがw、ま、完全に繰り返しってことはないでしょうし、見守りましょう……>マギ
kichi >> マガジンは「ベビステ」か「ネギま」。……う〜ん、「ベビステ」で。
kichi >> チャンピオンは、まぁ、「ペダル」かなぁ。
カルマ >> マガジン「ネギま!」、「ベビステ」…「ネギま!」ですね。
カルマ >> チャンピオンは…んー「ケルベロス」か「はみどる」…
kichi >> サンデー……「キンゴル」かな。
ルイ >> 【はみどる】【ムシブギョー】【ハヤテのごとく】【キングゴルフ】か。
LD >> チャンピオン…『はみどる』かな。(`・ω・´)
ルイ >> あ、【ケルベロス】も素晴らしいね。ネームが上手になっているよね。
LD >> サンデーは…『キングゴルフ』か『ムシブギョー』ですね。
LD >> ん〜…実は『キングゴルフ』か『ムシブギョー』だと思いますが…。
LD >> 『ムシブギョー』行きましょか。
ルイ >> ムシブギョーで良いですよ。久々にサンデーに生まれた希望だしなw
LD >> そうですね。それでは『ムシブギョー』にします。
LD >> やあ、なんか三誌で早く終わってよかった。ラジオ5時間やっていたから、くたくたです。
ルイ >> キンゴルも若干斤量組だな。この作品、蒼甫をビビらせるような、プリシラ・ロバーツみたいなキャラを出せたら凄いな。
kichi >> おつかれさまでした〜。
LD >> それが出せたら、このマンガ、極まるね。>プリシラ・ロバーツみたいなキャラ
LD >> それではお疲れさまでした。
ルイ >> チャンピオンの三十路グラビア描いてもらって沢編集長ー!
ルイ >> お疲れ様です。ジャンプネクストも、ミラクルジャンプも良いよ。
カルマ >> お疲れ様でした〜。
GiGi >> 寝落ちェ…


■■■■2011年01月20日■■■■
LD >> 【今週の一番】チャットは1/22(土) 24:00から開始なんだな!(`・ω・´)


■■■■2011年01月23日■■■■
LD >> |ω・`)
LD >> |ω・`)ノ うぃっふ!
LD >> 新作のアニメ、見遅れててるよ?(´・ω・`)
カルマ >> こんばんはー
LD >> まあ、明日中…ってか、今日中にある程度はさらえるつもりですけどね。
LD >> うぃっふ!
ハラルヤ >> こんばんは〜
kichi >>     こんばんわ〜(´・ω|
LD >> やあ、こんばんは。
LD >> …というワケで、本日はアニメはまだ『Rio』と、『フリージング』しか観ていないので、そそくさと一番に行きましょうか。
LD >> ジャンプは7号でよかったですっけね。
kichi >> ……さっき「まどかマギカ」見ました。なんであのキャラデザ?ってのが引っ掛かりつつも、まぁ、一応楽しみな感じでしょうか?
kichi >> あれ?今週はジャンプからですか?
LD >> いいえ。チャンピオンからですw
LD >> 今期は『フラクタル』と、『まどかマギカ』が期待のタイトルですねえ。大げさに言うとこの一年を占ってしまうくらいw
kichi >> フェイントかけられたっΣ(´・ω;`)
LD >> さて、チャンピオンから行きましょう。
kichi >> それほどだったのですかΣ(`・ω・´;)この一年を占
kichi >> ……ま、私の見た範囲では他が低調な出だしではありますしね。「ゾンビですか?」は面白げではありましたが……。
LD >> 『シュガーレス』巻頭カラー。いろいろ良かったです。マリモも、卜部も、九島のザコもカッコいいので、やはり良い連載なのだと思います。
ハラルヤ >> 今期『まどかマギカ』の名前よく聞きますね。今からニコニコで観るか。前期あたりから、評価があらかた決まった後でも後追いしやすい環境が出来たのは最高ですよね!
LD >> あー、『これゾン』と『兄好き』は、裏期待タイトルですねw
カルマ >> ゲームやりだすとホントアニメが止まるなぁ…w秋期以降のアニメをろくに見れていないです。
LD >> ああ、そうですね。けっこうの数のアニメが見遅れた!と思っても、お金を払えばすぐ取り戻せる環境になりつつある。
kichi >> ザコさん達も復活してましたねぇw シロ君もですが、単なる暴力はとりあえず相手にしない感覚で受けちゃったような感じなのかな?
ハラルヤ >> 僕今週もチャンピオン読めてないので、他の雑誌になるまでマギカってきます。
LD >> 九島のザコは、けっこうクズが多い印象だったのですが、こうなると男気集団に思えてしまいますね。そして、九島が“ああいう”場所だってわかっていて入学してくる連中ですから、なんだかんだ言って通す筋を持っているというのは納得かも。
ルイ >> ぐずだよー!
ルイ >> 【シュガーレス】マリモがどんどんと格を上げていきますが、暴力とケンカの峻別はベタながら触れない作品が多いですよね。熱かった!
LD >> そして、卜部の立ち上がりは、卜部ファンにはたまらないですね。そして、この場面で岳の未登場も、岳ファンにはたまらないですね。(`・ω・´)
ルイ >> シロの取り残しは懸念していたので、そこに応えてくれたのは満足なんですけど、「鼻折り」と「鼻傷」のマッチアップはちょっと観ていたかった気もしますね。つまり、贅沢な展開なのだな。
kichi >> まったくですねw>岳ファンにはたまらない
ルイ >> マリモも、卜部も、シロも、シャケも、岳も、サンタも、それぞれがキャラとしての分を全うしているんだな。こりゃあいい連載としか言いようがない。
LD >> 『弱虫ペダル』は、今泉くんのあの“泣き崩れ”から、どう立ち直ったか観ていなかったですよね。転倒をかけたこのシーンでのリフレインは熱かったです。
ルイ >> 【弱虫ペダル】は金城・福富の二大キャプテンの引き上げっぷりがハンパないですね。そのうち「弱虫ペダルに学ぶリーダー論」とか出るで。ちくば文庫から。
kichi >> 「弱虫ペダル」巧いですねぇ。実際、しれっと復活してたのは引っ掛かってただけに、ここでのこの描き方は巧いとしか言いようが無いです。
ルイ >> 今泉くんの肩を心配するツイートを見ましたが、まあこの作品は勇気による負傷で足引っ張らせるほど冷徹ではないと思うw
LD >> 御堂筋は、どうなるでしょうね?けっこう、ここが退き時かとも観ていますが…。
カルマ >> 「弱虫ペダル」良いですね。今泉くんの復活の流れをこうもってくるか。
ルイ >> 御堂筋、今回の「戦術破棄」はなかなか良い描きでしたが、ここで真っ当なロードレースをしようとすると、今はともかく翌日には2人パージが明確に響くであろう事含め、ここで詰んだと同時にキャラが良く収まった感もあるな。
LD >> 『バチバチ』のモンゴルくんもなかなかいいキャラですね。単純な言い方をすると「その上をいく強さ」のキャラはもう出切っているので、この一から伸びるキャラを置くのはなかなか良策だと思います。
kichi >> ……ただ御堂筋君は……、やっぱ私にはちと面白くないものはあったり。正直、ほんとに勝つための計画として今までのことをしてたんだとするといろいろガッカリではあるんですよね。一番納得できそうなのは、その気になればいつでも勝てるけど、ああいう行動取ってたのは鬼畜な御堂筋君にとって“楽しいから”っていうだけ、という感じだったのですが、そうではないのかぁ……。
ルイ >> 【バチバチ】のモンゴルくんはかなり良いキャラです。鯉太郎が主人公としての「成長特性」を持つのはいいのだけど、それって相撲界をCPUが身構えているかのように固定イメージで捉えてしまう危険もあって。それを避ける為のライバル配置が上手いなぁ。
カルマ >> 御堂筋くん、ここで終わりはちょっとつまらないですけどねぇ。戦術の瓦解で今大会を諦めたというのはわからなくもないけど…その最後のきっかけが今泉くんというのが格が弱く見えるのかな
kichi >> 「バチバチ」のモンゴル君良いですねぇ。こちらもいろいろと巧いなぁ。キャラ配置としてはもちろん、最後のモノローグの置き方とか。
ルイ >> モンゴル人力士が一人しかいない現状、名前覚えるまで「モンゴルくん」で通せるのも上手いwし、同時に日本の相撲界に対する「モンゴル人も同じアジア人やぞ!」という叱咤も含まれている。まあ、あちら遊牧民族ですがw
ルイ >> しかしホント、この組にすんなり収まる田上さんのモチベーションも密かに高いなw
LD >> 『ハンザスカイ』は、番場さんの解説「なるほどな、初撃を制すれば連携は封じられる。考えたな。…考えてないかもだが」が、ちょっと良かったw
ルイ >> 【ハンザスカイ】が物凄く面白かったです。説明が難しいのですが、この回で心から「ああ、空手部漫画でいいんだ!」と思ったといいますか。
ルイ >> ポイント制空手だけが出せる攻防の描き、戦術の変化、反省とそれを活かした結果(一本モノやKOモノだと、それを描きつつ勝負は決まらない、というグダグダ感を呼ぶ)。僕の中ではちょっと「あっ!」と蒙を啓かれた回でしたね。
LD >> あ、それと『バチバチ』、鮫島と石川がどつきあっているシーンの直立不動の村神がちょっとかわいいw…ポテンシャルは村神と王虎が圧倒的なんでしょうね。
カルマ >> 田上さん好きなんですよね。まだあまり強さを見せてないのかな
LD >> まあ、実は王虎の存在を思うと、村神はこの時点で嫌なフラグが立ってそうなんですけどね。(´・ω・`)
ルイ >> 田上さんに密かな強さがあったらイヤだなw解説ポジションもそれなりに上についてくる必要があるって事なのでしょうけど、僕も田上さん好きですね。番場さんたちと解説stars結成して欲しい。
ルイ >> やだねぇ、漫画読みの視点w村神に「格がある」だけに、更なる格の為のエサになると言う読みw
カルマ >> 村神
カルマ >> 村神のしこ名は天雷だっけ。ううむ。
kichi >> あぁ、キャラ丸くなってるだけにその可能性は高そうですねぇ……(´・ω・`;)>村神フラグ
ルイ >> 心のどこかで「そうはいってもKOモノの方がいいよ」と思っていたのですが、今週のハンザスカイでなんかもう許した。さすが俺がサイン会に参加した漫画←
LD >> 『範馬刃牙』は、烈先生が人中に打ち込んだあのパンチは何かの反則打になるの?(´・ω・`)
kichi >> 「ハンザスカイ」も良かったです。正直何が良かったのかは深く考えてなかったんですが、ルイさんの解説は納得ですね。
カルマ >> この中でも幕内に入れる・入れないの分かれ方で、こう…ありそうw
ルイ >> 拳という凶器を鈍器に変えるというグローブの誕生経緯から考えると、まあボクシングというスポーツ性からははみ出たテクニックな気がする。抜け穴を見つけ、それにルールか皆が対応するのがスポーツの歴史ではありますが。ってか、グローブどんだけ薄いのw
LD >> WEBマンガ出張の『ハナコの○○』ちょっと可愛かったな。これからはああいうジャンルか?
カルマ >> 「ハンザスカイ」良かったです。その競技のルールならではの戦いが見えるとやっぱいいですね
kichi >> ……ていうか、まだ烈先生のボクシング道続くのか……(´・ω・`;)
ルイ >> ねー。ちゃんとポイントという結果が残るのがいい。KO漫画でこれをやると、局所戦での優劣やダメージは出るのだけど、あまりそれがひとつなぎになった名勝負はお目にかかれないですからね。
カルマ >> 読み返したら田上さんは鯉太郎の初戦でぶちかまし喰らって瞬殺されただけか。きっちり重量級の相撲で魅せて欲しいなぁ。
LD >> 『ケルベロス』は、今、30代が熱いね。…時代は30代か!?(`・ω・´)
ルイ >> 【浦安】に王者のネーム力を見たが、弟子筋の【みつどもえ】も同タイプの女3人かしましい漫画だったのは驚異のシンクロニティw
ルイ >> 【ケルベロス】カラス崩さんのファッションセンスに俺脱帽。まさか黒だからってゴスロリ方向に先生を仕立てるとはなw
カルマ >> 叔母さんも先生も世々さんも30代か…素晴らしいな>「ケルベロス」
ルイ >> ヘッドドレスはどう考えても要らないよ崩さん!あんた最高や!
LD >> 冬子先生の反乱に、ちょと焦って汗流しているカラスが可愛かったわけですよ?……なっちゃえよ!もう!カラス、ヒーローになっちゃえよ!(`・ω・´)
ルイ >> 服の裾部分に黒の刺繍を細かく施す崩さんはチャンピオンのファッションリーダー。
LD >> (`・ω・´)…然り。 RT:叔母さんも先生も世々さんも30代か…素晴らしいな>「ケルベロス」
LD >> 30代+女性+カラスで、ニューヒーローの誕生ですよ?(`・ω・´)
ルイ >> いやあ、胸のあたりのリボンまでわざわざ黒くするカラスさんのワンポイント精神には感動しました。って茶化してるけど、LDさんが指摘した汗含め、シビアさの中にも別の読み味もあるのは良い事ですよね。筆が乗ってる証拠。
ハラルヤ >> なぜにそんな30代好きw
ルイ >> それにしても三つ子のいない【みつどもえ】は裸とか下着とかえろえろだな!えろひどいな!
ルイ >> チャンピオンは三十路雑誌としても名高いですからね。
kichi >> 「ケルベロス」も良かったですね。30代ももちろんですがw ここで景くんの過去エピ絡ませる展開の磐石さがもう、ほんと頼もしいレベルですね。
LD >> 名高いんだw>チャンピオンは三十路雑誌としても名高いですからね。
カルマ >> 三十路だから好きなのではない。こんなに可愛い人たちが三十路なのが良いのだ。
kichi >> 「みつどもえ」は宮ウザさんのウザさが爆発してましたねぇw ほんと、なんだあのドヤ顔w
ルイ >> ケルベロスの三十路3starsとか、はみどるの天地さんとか、ハンザスカイの番場さんとか、バチバチの田上さんとか、イカ娘の千鶴とか・・・>三十路 ※ダウトを探せ!
ルイ >> 宮さんの「ウザさ」って言葉にするのは簡単だけど、キャラとして通りいっぺんのリアクションに任せるのでなく要所でウザさを出すのって結構ハイテクニックというか、人間観察のたまものだなーっと想いますね。この辺が桜井先生が浦安を師匠位置に置いている所以なんだろうな。
LD >> 『ナンバデッドエンド』は、やばいですねえ。…僕、こういうヤクザに逆らったチンピラ映画のラスト、知っているよ?(´・ω・`)
ルイ >> 今週の【クローバー】のヒキが往年の月9的なトレンディ臭で吹いたw
LD >> 全ダウやん?(´・ω・`) …天地さん多分三十路じゃないよ?
ハラルヤ >> なら、かわいい40代に対する意見も聞きたいですw例は知らんけど。>三十路だから好きなのではない。こんなに可愛い人たちが三十路なのが良いのだ。
ルイ >> 【ナンバデッドエンド】は本当にタイトルの潜在効果もあって、ラストでいきなり通り過ぎざまに刺されたり撃たれたりしそうでタマランチンのトッチキチンなのですが、後は梶原のキャラクター性次第ですね。
ルイ >> ボロは着てても心は三十路。心が三十路かどうかが!
LD >> ん〜もうちょっと行くと『保健室』の三途川先生が出てくるんだけどw(←もうちょっとか?)>かわいい40代に対する意見も聞きたいですw
ルイ >> 【聖闘士星矢ND】わあ、手代木先生が頑張って黄金聖闘士持ち上げたのに、この御大の双子座どチンピラだw
LD >> 『冥王神話』は、なんかもう、アテナ様と天馬がアーロンに負ける気がしないw
ルイ >> 【ANGEL VOICE】がかなり面白いですね。先週の選抜ヒキも面白かったんだけど、今週の「怪腕を見る」も素敵。派手さがないアイシールドみたいな漫画になってるな。
ルイ >> 素直にサッカー版キャプテンとか言えばいいのかw
LD >> アーロンにぼこぼこにやられて瀕死の重傷を負ったら『ファイナルファンタジー』のテーマが流れだして黄金闘士たちが体力回復してくれるくらいに勝てそうにないよ!(`・ω・´)
ルイ >> FF4か5あたりまでやってた人にありがちな意見だな!
ルイ >> 【はみどる】相変わらず今週のはみどるも人気出そうだなぁ←毎回こう言う事にした
LD >> ありがちなんだ!Σ(`・ω・´) >FF4か5あたりまでやってた人にありがちな意見だな!
ルイ >> 逆に、その後のFFユーザーからは出てこない意見という事でもあるw
kichi >> 「エンジェルボイス」面白いですねぇ。ほんと戦術もキャラ描写もいちいち丁寧に描かれてて納得感がハンパない感じ。
LD >> 『キガタガキタ』は冥くんがチョーカコイイ!(゚∀゚)ですね。濡れる。
ルイ >> さて、まおゆうのままれさんも大絶賛でそのうち帯を書く(?)【キガタガキタ】の、最後のページは当然LDさんは貼りつけてくれるんだよね?
ルイ >> サッカー漫画でこういう、平坦な中で必然で積み上げる漫画ってちょっと新鮮ですよね。
LD >> …しかし、雑誌ローテして分かったのは、ジャンプだから長いのではなく、一発目だから長いのですね。って事はやってみて良かったかな。
カルマ >> 「キガタガキタ」良いですねえ。キガタくんつえええw
LD >> まかせろ!(゚∀゚)>最後のページ
ルイ >> 最後の顔がホント悪すぎてたまらない。でも、これも彼のバイタリティの証なのだよね。
ルイ >> 病んでるヒロインたちは病んでるからああなんだけど、冥くんは病んでる以上にやはり「強い」が適切で、でもその二人が並ぶと同じ酷い顔をしているのが面白いw
LD >> 『ムショ高排球軍』最終回でしたが、よい連載でしたよね。……内輪の特訓だけじゃなくって、早目に敵側にもぶっとんだチームを見せていると、よかったのかも。西洋鎧を着たチームとか。
ルイ >> 読切【走×シャトル】は構図なり絵は最初からこれだけ描ければ充分ですけど、やっぱ1人2人配置不足な感があるな。なんで最初の交通事故で内気ながら巨乳のマネージャー助けなかったんだろ←
kichi >> 「キガタガキタ」いつもながら良いですねw せっかく出番がまわってきた眼鏡っこちゃんが全然目立ってないほどの冥君のキャラ立ちっぷりw
ルイ >> 【ムショ高】は続けていけば成果が出たと思えるだけに、ちょっとチャンピオンの悪癖が出た気がしないでもない。今度の新連載構成も、1つ2つ露骨に厄いのがなぁ。
LD >> ジャンプ行きましょう。
カルマ >> 「ムショ高」最後はぶった切って終わりましたねぇ。悪くない連載だったのになぁ。
LD >> 『べるぜバブ』は、パー子と神崎のフラグが立っているのが、ほのぼのとして…………………………よいね。(´・ω・`)
ルイ >> 【バブ】は石割とか、もう武術のネタにならなようなネタですね。ただ仰るとおり、古市パートがあるお陰でなんとか読めるけどね。
ルイ >> 【BLEACH】、死神の力がなくなって面白くなったね!とか言おうと思っていたら、それどころか更なるパワーアップの為の布石エピソードだったでござるううう。
ハラルヤ >> 魔法世界から帰還!魔法少女龍騎って感じか。
ルイ >> 【トリコ】の世界観が色々面白いなぁ。紛争地域とかあるのね。
カルマ >> 「BLEACH」他人の能力取り込むんですかそうですか…w
LD >> 『銀魂』のこのネタはなんなんでしょうね?いつまで続くのでしょう?つまらないワケじゃないんですが、なんか話長引き過ぎてオチを不安にさせてしまうw
ルイ >> 【バクマン】エニグマが人気な理由がわかった!というかエニグマより面白い!w
ハラルヤ >> 『BLEACH』は相変わらず新キャラの安売りしてる気が。ヴァイザードの人たちとイマイチ区別がつかんです。
ルイ >> 【銀魂】異様に引っ張りますよね。どれほどのオチだと読み味としてしっくりくるのかよくわからないですね。ただ、繋ぎとして見る分には今週も面白かったというか九兵衛ちゃんペロペロ。
カルマ >> 「銀魂」引くに引けない感じになっててどうすんだとw
ルイ >> まあでも、オサレ漫画のイケメンに作中キャラが真っ当にイケメンという判定を下して惚れるのは、なんだかほっとしたw>BLEACH
LD >> 『トリコ』、なんかギガホースかっこいいなあ…でかいだけだけどw
ルイ >> ジョジョの吸血馬をスーパーサイズにした感じよねw
kichi >> 「ワンピ」2年後になってからもひとつ乗れてないような気分はあるものの、それでも興味深い情報がちらほら出てくる辺りは流石というか、期待感はあまり下がらない感じ。あと、毒の抗体ができてるとかもさりげなく良い描写だなと思ったりとか。
LD >> うん。…どうしたもんかね?つか『エニグマ』読んで、大場先生が「んなら、おいらもこういうのやりたかった!」とか言い出している感じ。>エニグマが人気な理由がわかった!というかエニグマより面白い!w
LD >> ああ、『ワンピ』わりと2年開けても劇的に展開が進まないんだなとは思いましたね。
ハラルヤ >> 『銀魂』は相手キャラが、あの夜何をされたか明言してないので(少年誌じゃ普通紙ないけど)そこに落としどころがあるのかも。
kichi >> 「トリコ」はやっぱギガホースが良かったですねぇw
LD >> なんかギガホースよかったですよねwなぜかw みてぇ〜!って思ってしまうw
kichi >> 「バクマン」はほんとにねぇ……w>エニグマより   ……しかし、さらっと「デスノ」の名前も出てきましたね。となると、「バクマン」以外は存在する世界……?
ルイ >> いや当然そこなんですけどねw>落とし所 ただ、かなり長引いているからそのオチでどこまで受身取れるかな、と。
LD >> 『ぬらりひょんの孫』は、ジョギリ屋ジョーが出たのかと思っちゃった!(´・ω・`)
ハラルヤ >> 僕はわりとガチで夢オチに張ってます。>いや当然そこなんですけどねw
ルイ >> 【めだかボックス】球磨川くんのキャラが暴落傾向の中、言葉の粗をつく「らしい」やり方でレッツ例の教室。というか善吉がかなり凄いキャラになっているなあ、気づけば。
LD >> うん。受身という言葉がしっくり来るんですけどw布団というガード(オチ)を身体にまいて落下すれば30階建からでも大丈夫!…ほんとか?みたいなw
ルイ >> 【保健室の死神】はアシタバ妹と操ちゃんを繋げるあたりの世界の拡がりを見るに、【デュラララ】的な描きをしてるんだろうなあ、ホント。
ルイ >> 【逢魔が時動物園】も変なバトル展開を越えて、短編は悪くないなぁ。でも中堅安牌だから保健室とかこの辺切るのよね。
LD >> 『めだかボックス』、今週単純に面白かったです。良い密度、この展開速度は理想的。
LD >> 『保健室の死神』は、操の距離感を図っている感じですかね。あまり前面に出過ぎないように、さりとて出番が生まれるように…という感じなのかな?藍本先生?
カルマ >> 実はキスしかしてない、そんなピュアかよ→でもキスはしたんだ…くらいのトコに持って行く…と、男が邪魔なんだよなぁw>銀魂
ルイ >> 読切【IPPONバンビ】まあ、主人公のキャラ立ちは良いと思うけれど、まだこじんまりかなぁ。
LD >> はっきり言って、この子(操)『回せ』ば『保健室の死神』は、“藤波竜之介”を得ると思うんですけどね。
ルイ >> でも、ひらがなの量で幼児性を出すのは地味ながら良い仕事だ。あれだけでたどたどしさというか、操のおませさん度みたいなものがよく出るもの。
kichi >> 「めだかボックス」面白かったですね。ほんと、かなり内容詰まった1話でした。善吉の格上げっぷりも実に自然だったわけですが、ここでのパートナーがお母さんなのも何気に巧いですよね。……このお母さんも30路かなぁ? 見た目はロリだけどw
カルマ >> 「保健室の死神」アシタバくんの妹と繋がるのがもうね、素晴らしいです。操ちゃん萌え力発動しすぎてる感もあるんですけどね…んー
LD >> ああ、このお母さん40代じゃなかったですっけw
ルイ >> なんかねえ、こういうお母さんには三十路の業を感じ無いw
ルイ >> 【みつどもえ】の三十路先生みたいなのがね、三十路心萌えの典型なんですよね。
カルマ >> 「めだかボックス」良かったですね。善吉いい。
LD >> 操は『強い』です。ハデス先生を食うくらい。(`・ω・´)
LD >> そういえば『みつどもえ』のお母さん達もよかったですねwあの人達も三十路じゃなかろうかw
kichi >> 「保健室の死神」は待望の操ちゃん回でしたが、まぁやっぱり、慎重になってる感じなんでしょうね。私の見たかったものではない進め方ではあるんですが、これはこれで先が楽しみではあります。
LD >> ちょっとね。アシタバ妹を“与えた”のは、場所を与えたと同時に、行動範囲を囲った…という観方もできるんですよねw勿体無くもあるけど意図が分かる事でもあるw>kichiさん
ハラルヤ >> 三十路至高の異空間がここにw
LD >> サンデー行きましょうか。
ルイ >> ムシブギョーさんが調子良いサンデーさんですか。
LD >> 『ムシブギョー』良い良い良いですねえ!1〜3話ほぼ完璧な組み立てだと思います。
kichi >> そうですねw ほんと、下手な扱い方すると終わりに向けて一直線ってことにすらなりかねないですからねぇw>囲った
ルイ >> 【ムシブギョー】は完全に来てますね。素晴らしい。
LD >> このコアを見せた構成に対して、火鉢というヒロインは“その他”の扱いなのですが、そこが良いというか構造が変化する事を意味する。
カルマ >> 「ムシブギョー」素晴らしいですね。言うことなし。
ルイ >> 唯一、ライバルの格が「持つ」のか?というのは気になる所ですが、取り敢えず現時点ではケチの付け所がない。
ハラルヤ >> 『神のみぞ知るセカイ』は画風の使い分けによる演出があいかわらずうまいですよね。栞の書いた小説の出来がみごとに情報圧縮されてます。
ルイ >> しかも、丁度サンデーに足りない空気なんですよね、この作品が纏っている空気。雑誌の中の連載として読む分には持っていていい視点だと思うのですが、今このストレートさが完全に求められる状況だった、というのもあると思います。
kichi >> 「ムシブギョー」、実は今週まとめて読んだんですが、良いですねぇ! 今週の、“星”の描き方、演出も言葉選びのセンスも(スタドラ連想しちゃうのはタイミング悪かったですがw)もほんと素晴らしい限りでした。
ルイ >> 西森先生や田辺先生など、含む作家多いしwキンゴルやアラゴは少し対象上なので・・・ここだ!こういうのが一個顔にならんといかん、少年誌は!
ルイ >> 【キンゴル】【アラゴ】【ムシブギョー】で3starsイベントやろうず。
LD >> ああ、そういう所あるかも。>今このストレートさが完全に求められる状況だった
LD >> 好きだな。3stars!w
ルイ >> 作家単独だとただのファンと応援対象だけど、複数作品って雑誌応援臭がして、みんなと話していてすごく心地いいと去年のイベントで知りましたw
LD >> 『最後はストレート』は、梶谷くんのキャラがよかった。こいつけっこう堅実なヤツかも…ってw しかし、惜しいというか今のこの展開、テニスのこの子とか話進むと“ここ”には置けないんですよね。
ルイ >> 【最後はストレート】「今は」面白いですね。これが構造的にそのまま行くには、アストロ球団にならないといけないw
ルイ >> 綺羅星!
LD >> 『キングゴルフ』は普通に良いですね。…普通に良いとアベレージを言われる状態になっている所に驚きがありますが。
ハラルヤ >> 綺羅星!>綺羅星!
ルイ >> 【キングゴルフ】は、この面白さは常時出せる所なのでしょうね。こっから先に行くには、とりあえずあの同級生ライバルをいなかった事にして・・・←おい
LD >> 『神のみそ知るセカイ』のあの絵は、SFの児童向け…ちくま書房とかポプラ社が出している感じの絵を彷彿とさせました。
ルイ >> オインゴボインゴではなかったなwまあ桂馬の顔に戻る所など含め、とても筆が乗ってましたね。図書子人気あるから、確信もって動かしてるんだろうなあ。けっ←
LD >> あの同級生は、その後出てくるライオン・ウッズとか言う黒人ゴルファーに食われて退場とか…。そんな夢想をするLDであった。(´・ω・`)
kichi >> ……ふむ。個人的には「最後はストレート」は今週も厳しい印象でした。ベタ過ぎるっていうか……(´・ω・`)まぁ、3話目くらいでこれやってれば許せたのかもですけどねぇ……
ルイ >> 【アラゴ】が最近読み易くて面白いですねえ。バトルも閑話もうまくまわっているし、これでリオとかカワイコちゃんをあまり消費しないで済んでいるのだから大したものだ。まだデートもしてないんだぜ!←何言ってるの?
カルマ >> 「最後はストレート」悪くないけど先を安心させるものが無いんですよねやっぱりw
ルイ >> 蒼甫ってウッズの凄さを漫画文法に落としたキャラだと思うんで、ライオン・ウッズよりはチャック・ニコラスだと思うwそれはともかく、僕もそうやって格を喰われて消えて欲しいですね。「世界はすごかった」とか言って消えて欲しいw酷いなw
LD >> なんだかんだ言って、図書子はすごく良くできたキャラですよ。スタンドアロンなら、この子と、かのん、あたりが双璧w
kichi >> 「キングゴルフ」は今週も素晴らしかったですね。修行僧本人よりも蒼甫が修行僧の一打を高く評価することにより、より高まるモチベーションとか、ひたすら高みへ昇っていく状況がなんとも素晴らしい。
ルイ >> でもねえ、素晴らしいと思う事は大事ですよね、ホント。
LD >> 『アラタカンガタリ』…このミヤビというキャラは地味に良いのですよね。なんだろ?もっともっと構造がシンプルな方が分かりやすくなって、読みやすくなるんだけど…。
ルイ >> 【結界師】教授の時も思い返せば悪魔ちゃんが抱きしめていったし、この世界観はどこか最後の際では、女性が「男はしょうがないわねぇ」しながら抱きしめてくれる作品なのかもしれない。
カルマ >> 「アラゴ」良いですね。バトルもどんどん面白くなっている。
ルイ >> アラゴの加速度で威力が増す水滴とかわかりやすいよね。アラタ参考にすべしw
kichi >> 「神知る」は、やっぱ先週辺りと比較して、図書子人気あるんだなぁ……って思っちゃう感じの描き方でしたねw かなり普通に図書子エピでしたw
LD >> 『ハヤテのごとく』、マリアさんの入浴シーンもよかったですねえ。…やはり時代は三十路か?(`・ω・´)(←ぶっ殺されるぞ)
ルイ >> 【ハヤテのごとく】この程度で旧マリアスキーが満足すると思ったら大間違いだからもう一回天丼!マリアさん回天丼!← マリアさんも三十路心があるな!
ハラルヤ >> 『キングゴルフ』作中時間と作外時間の差が開きすぎてるのがすこし気になりますね。スポーツものの性とはいえ大会入ってから異様にペースが遅い。
ルイ >> わあ、酷い三十路シンクロを見た。
LD >> 『結界師』は、今の展開も良いのだけど、松戸教授の話をされてしまうと「あそこのあの話」をもっとふくらませていって欲しかったと言ってしまう。
LD >> 酷い三十路シンクロを見た……orz
カルマ >> 酷い三十路シンクロに吹いた。
ルイ >> 【絶対可憐チルドレン】は薫優遇が止まんねぇな。そろそろgigiさんのコメントでも聞きたくなってきたがそんな時にいない人だぜ。
ルイ >> http://www.websunday.net/ 連載作品の中に、平然と「師匠ぜよ」がおるぜよ・・・
LD >> 【揉み祓い師】<揉み祓い第七の型…菊白摘み揉み! →| (・ω・` ) →| ( ´・ω・` )
LD >> これマジ、タイトル変わらないんですけどw単行本どうなるんだろう?w
ルイ >> 【キングゴルフ】の・・・体感はさておき、速度の話と捉えますけど。速度って先にある愉しいものを出し惜しみしない感覚から来ている概念とも思うので、今蒼甫の凄みを描くのは避けようがない所という気もしますね。展開で見せる漫画でなく「怪物漫画」だから。
kichi >> 「ハヤテのごとく」は、なんか微妙に複雑な気分になったような……。いや、基本嬉しいマリアさん回だったのですけどね。なんだろ?どうせメインで扱う気はないならいっそそっとしといてくれた方が……みたいな気分かなぁ?w
ルイ >> あーkichiさんの気持ちわかるけど、なんかその周期通り越して、もう諦めてるからちょっと見ただけで嬉しい子になっちゃったw私は我慢弱い!w
LD >> まあ、マリアさんの年齢は置いておくとして、風呂場で胸まで隠すハヤテくんはどうなんだろう…?とかそこそこ楽しかったです。
ルイ >> 【揉み祓い師】聖痕のクエイサーを観て描いたんでしょう?素直に言ってみなさい?な作品ですけど、揉む側に下心をゼロにした事で、シュールな笑いをもってこれてますね。周囲を包むしょうもない話にも事欠かないし、引っ越してくるかもしれんw
ルイ >> まあ神父がキショイから気持ちはわからなくもないけどw>胸まで隠すハヤテ
kichi >> ああ、それは気付いてなかったですw>胸まで隠すハヤテ
カルマ >> 「揉み祓い師」話題になってるほどはエロくないなぁ…という印象ですね。全然爽やか…というかさらっとしてる描きで。
カルマ >> あぁ…神父が見ているものを感じているんだろうなぁw>胸まで隠すハヤテ
ルイ >> さらっとしてるのがエロいんじゃまいか。
LD >> 『はじめてのあく』は、なかなか敵の正体をひっぱるけど、置いてあったバトルキャラたちのポテンシャルがでだして良い展開ではないでしょうか。
ルイ >> ttp://blog.goo.ne.jp/kima2goo/e/d7608349372203e507e8c136085b0126 一応周囲のアレそれも貼っておくか。PS2【チュウリップ】の父ちゃん思い出すな、この人w
kichi >> 「揉み祓い師」は、たぶんLDさんに近い感想で、揉みシーンで笑っていいのかもっと単純にエロ狙いなのかよく分からなくて戸惑ってしまった感じでしたね……(´・ω・`;)
ハラルヤ >> 『揉み祓い師』って『ぬ〜べ〜』にインチキ霊媒師にいそうな職業だけど、いいのか?そんな奴が主人公でw
ルイ >> LDさんの感想読み取ったのかwその点ではkichiさんは僕の上を行くなw
LD >> 『オニデレ』…え?ちょっと待ってwこの扉ぶっとばしたのってサキさん?w
ルイ >> エロ漫画でいますよね、SEXして除霊とか。でも、それを真顔でやっている所に味があると思うのだな。いつか一緒にいる子も揉むのかな、とかね。逆シティハンターみたいな構造?
ルイ >> 【オニデレ】サキさん実はふとましい足に力を秘めていたんだね。
ハラルヤ >> 17才の女の子の年齢を置いちゃダメ!>マリアさんの年齢は置いておくとして、
カルマ >> 「オニデレ」サキさん虚弱ちゃうんかw
ルイ >> しーっw>サキさん虚弱
ルイ >> そういえば【ケンイチ】のリミはフォルム的にも良いキャラだと思うのだけれど、作品カラーのせいでまあ戦うのは美羽さんだよね、とか見えてしまうのはちょっとアレかもしれない。
kichi >> 「聖痕のクエイサー」だと主人公が真顔でも作者達が悪ノリしてる感じが透けて見える感覚があるんですけど、なんかこの作品の場合、妙に生真面目さみたいなのを感じちゃったんですよねぇ……。
ハラルヤ >> 貧乳の女の子の胸を思うように揉めなくて、除霊に苦戦する展開!>『揉み祓い師
ルイ >> そう、貧乳を揉み込む話は絶対観たい。ハート様戦みたいなものだな。
LD >> いやw『揉み祓い師』どうなんでしょうねwこれだけだと、すぐネタがなくなってしまう気がしないでもないですがw
GiGi >> 揉み払い師と聞いて
GiGi >> DEI48を思い出したことは内緒だ
LD >> でも、あそこは確かに蹴り飛ばして扉が開くのが画として良いのですよね。キャラ設定よりネームとして格好良さを選ぶのは好きです。設定なんかあとから追加すればいいw
LD >> 『DEI48』は、この手の作品の最高峰と言ってもいいだろう!(`・ω・´)
kichi >> 「はじあく」は思ったよりいい感じに展開してるかもですね。弟分の子とか、こんな風にも使えるキャラだったのだなぁ……。
カルマ >> ライバルで乳を吸って邪霊を取り込むキャラとか出てくるといいかも。>揉み
ルイ >> シュールな笑いといっても設定主導なんで、DEI48とか持ち出されたら可哀想だなw
GiGi >> しかし想像していたより構造しっかりしてるし絵も上手いしお父さん面白いしまかり間違えば大ブレイクするかもしれない。
ルイ >> だよねえ。構造悪くないしお父さんはかなり面白い。
kichi >> お父さんは面白いと思いましたけどw
LD >> お父さん面白いね。(=´ω`=)……いいのか?それで?
ハラルヤ >> 「胸ではなく尻を揉むだと!!!」そんなライバルの登場w>『揉み祓い師』
ルイ >> ドクターキリコ的な。吸い祓い師とかね。
ルイ >> \(そろそろマガジン)/
LD >> 頭ナデナデ祓い師とかな。地味に人気。(`・ω・´)
LD >> マガジン行きましょう。
LD >> …うん。まあ、つうか『AKB49』良かったね。最高だったね。
ハラルヤ >> 貧乳の娘の胸が揉めず苦戦する主人公を、尻を揉んで除霊するライバルが助ける感動の名場面!>『揉み祓い師』
ルイ >> AKB49が最高で一番ほぼ決まりでござるって言ったらLDさんに馬耳東風されたでござる \(馬扱いかよ)/
ルイ >> いや、貧乳の子用に、あるんですよ。真ん中のぼっちを使う「摘み祓い」がな!…いやもういいやw
GiGi >> それにしてもキングゴルフ素晴らしい。もはや名作の風格。
LD >> そして『A−BOUT』の桑村である。(´・ω・`)
ルイ >> AKB49は週2話の回に構成をバチコンとはめてきた事からもう素晴らしいですね。ビフォアーアフターで描けているし、この2話内で握手会という大イベントが始まり、終わっているという速度感もかなり見逃せない。
カルマ >> 「AKB49」素晴らしい上に2話掲載を上手く使って、新規読者も引き込みやすい構成になっててホント素晴らしい素晴らしい。
ルイ >> しかし、安いお色気に走る岡部のアイドルわかってない感が熱いw振り付けコピーなどは完璧なのに、彼女の中ではプロアスリートとしてのアイドルが先行してたんだろうなw
LD >> なんかね。岡部が岡部のままで岡部としての成長の伸び代がある所が良くってね。
ルイ >> 組み合わせも、安直にまゆゆやたかみな先輩を使わず、分散に走っているのが良いですね。新たに組んだトップどころのキャラもたつし、段々他のたかみな先輩たちと組んだ研修生チームも気になってくるという。そして、うちわの浦川みのりが可愛い事は何気に重要なのではないかと思う次第なのですよ。
ハラルヤ >> みのり時での成長を、男時(名前知らん)でもしっかり引き継いでるのが素敵だな。可愛くなってると同時に男気も上がってるぜ!>『AKB49』
ルイ >> 女の子たちが頑張る可愛い漫画としても面白いし、職業モノとしてもホント「モンキーターン」的な面白さというか…握手会はペラ職人みたいだなーとか思いながら読んでいたものwそして漫画としての構成・速度感覚も良い。こんな時流企画モノなのにどうなっているのだこの漫画は。
LD >> 浦川みのりは、やはり相当可愛いらしいな。(`・ω・´;)ごくり…
ルイ >> 岡部のちゃっかりハートマークはキャラ描写ですよねえ、素晴らしい。
LD >> ある程度、短期決戦を想定している企画物な所がいいように働いているかもしれませんね。>速度
ルイ >> うん。ブログにでも書こうかと思ってたけど、それはかなり大きいと思います>速度 想定・企画物としてもそうだし、冷静にアイドルというものの賞味期限を考えてもね。ハラルヤさんじゃないけど、この作品の場合は体感速度を外すわけにはいかない事情がある。外的要因で。
kichi >> 「AKB49」良かったですね。
ルイ >> しかし実際の握手会のシステムって知らなかったんですけど、確かにああいうキャバ嬢のヘルプみたいな組み方されたら、一途さアピールする為に研修生スルーする人って出そうだなーと生唾ゴクリしてみたり。ほんとそういう職業体験漫画としてもおもろい。
LD >> 何かのゲームイベントで、男性声優の登場には歓声があがるけど、女性声優が出るとしょぼーんな感じになっている動画を観たことがあるけど、あんな感じ?
ルイ >> まあ、僕は彩陽さんの後の豊崎愛生さんともちゃんと握手したけど、その前で魂使い果たして何の記憶もない(キリリ
ルイ >> 男性と女性は単純に需要の違いでしょうw同じ女性で、未来のライバルだからこその一途表明とかあると思うなぁ。逆に先物買いしようと粉かける人も一定層いそうに思うので、漫画ほどの惨状にはならないと思うけどw
LD >> (´・ω・`)。o(…てめぇ…戸松っちゃんを無視したな…!)(←ry)
ルイ >> 【A-BOUT!】の桑村が朝桐をボコッているようw
ルイ >> 戸松ちゃんには…あああ!とらぶるの演技が一番だと思うので続編みたいですー私もそう思ってますよー的な話をした!そういえば【もっと】になったんだな結局!※今思い出した
ルイ >> 桑村、このままバレない内に朝桐にやられて、終わってファミレスに怪我だらけで合流しても面白いな。
LD >>
ルイ >> A-BOUT!のバトルは足技が面白い、というのはたしかにその通りな気がする。
LD >> 『だぶるじぇい』は、真田ファンにはたまらない展開だったのだが……この『だぶるじぇい』って構造“無菌”なんだね?
kichi >> ……あぁ、AKBほどの多人数でもファンは正規メンバーの顔と名前バッチリなもんなのかな?みたいな引っ掛かりはないでもなかったんですが、順番に巡ってくわけじゃなくて目当ての人だけっていう方が普通なんですかね?ふむ。
ルイ >> 無菌というのは男を菌と思う感覚がないと成立しないけど、この作品に男がいても誰もそんな事思わない気がするw
ルイ >> 人ごとの握手券らしいですよーだからCDバカ売れするんだよ?w
LD >> 『ベイビーステップ』はなかなか勝たせてくれない所がいいかも。
GiGi >> 全員覚えなくてもいいようにオシメンという言葉があるんだぜ
ルイ >> 【ベイビーステップ】は、先週難波江の解釈が入らないのだな、と指摘したら今週のど頭に触れてくる、このわかっている感がたまらない。
LD >> ってか、菌候補が部長くらいでさ……あれ、ほとんど男じゃないじゃん?w
ルイ >> オシ(シカ)メン…
GiGi >> ベイビーステップは内圧が高すぎて読んでてドキドキが止まらない
kichi >> ……ああー、そういえばそういう売り方なんでしたねw>CDバカ売れ
ルイ >> パパも男だけど、タッチが違う時点で世界を分けている気がしますね。そういうテクニックはありそう。無菌構造というより、世界分離構造!?
ルイ >> 【ガマラン】ちょっと修行パート長くてタレてきましたね。やはりアイデアのない修行は圧縮セネバ。
GiGi >> アイマスコミュニティなんかを眺めてると、当然イチオシに一番入れ込んで、その上でアイドル同士の関係性を組むのが一般的なのかも。AKBは3チームに分けてるあたりも上手いんでしょうね。
ルイ >> 【絶望先生】が面白かったかな。三期までつくってもらっておいて四期がないとか、富者が調子こいてるなーと思いましたけどwしかも今度は改蔵アニメ化?w
ルイ >> Kチームも最初はAチームのおこぼれだと思ったとか、また情報のバラシが上手いんだ。AKB知らなくてもそれだけでAKBの歴史が見えてくるもの。
カルマ >> 「ガマラン」はまぁ、この修行はさらっといくのかな?
kichi >> 「ベビステ」素晴らしいですねぇ。理詰めの精神コントロールで、天然ノリノリなモチベーションとの真っ向勝負、それで理詰めな方が追いついちゃうことに納得いく描写になってるんですからもう!
ハラルヤ >> 略しすぎですw何の事かわかりませんでした。修行圧縮には同意ですー>【ガマラン】
ルイ >> 次回数日経ってなかったらプンスカするよ!>カルマさん
LD >> 『むろみさん』ガラパゴスバットフィッシュって凄い魚だなあ…。
ルイ >> 【むろみさん】は久々のこういう構造は一番安心しますね。北極とか深海とかアマゾン側とか黒海とか色々いくといいよ ※黒海?
GiGi >> プレッシャーをはね除けるという幾多のスポーツ漫画が取り組んだテーマにこうもロジカルに正解を返してくるのかと。またエーちゃんの表情がいいんだ。
カルマ >> 僕もぷんすかしますよ?つうかこの修行の入りなら次の回で修行終わってていいですよ>ガマラン
ルイ >> 【GE】ね?処女厨大激怒という予言通りだったw
GiGi >> …大激怒…?
LD >> ガラパゴスバットフィッシュ→http://www.tomorrowearth.com/2008/08/red-lipped-batfish.html
ルイ >> 【君がいる町】はこんなお約束コントやる前にメールの事について話しておきんさい。
LD >> 『GE』って何か前も処女厨系の話題なかった?先輩だったっけ?
kichi >> 「GE」、これは確かに酷い過去だなぁ……(´・ω・`)   ……どっかで何かあったんですか?w>処女厨大激怒
ルイ >> http://kc.kodansha.co.jp/magazine/index.php/02065 先ほどサンデーを貼った手前マガジンも貼るのだけど、連載陣いじらなすぎだろうw賭博覇王伝あるでw
GiGi >> 受け止めるキャパないのに地雷を踏みにいったわけだけど、いやはやしかし容赦ない
カルマ >> 「GE」既に絵で示唆されてたからまぁ。こんだけ酷いことして、前に出てきた元彼、爽やかに声かけてたよなぁ…
ルイ >> まあ、以前話しになりましたけどGEは女性誌的な価値観で描かれているので、そういう所はとっぱらった方が「らしい」のですよね。ターゲットを絞るのは潔し。
ルイ >> 【フェアリーテイル】はナツの格がイマイチ乗りきれないので、どこか傍観気分で読んでしまったけれど、まあ設定格高いんですよね、実は。
カルマ >> 零はともかくきっちり終わった奴は消そうよw>連載陣 ちゃんと新連載追加してるんだからw
ルイ >> たしかに新連載追加してるなあwということはこれ、マガジンのローテーション粉飾!!←
GiGi >> 一歩は壊れる覚悟でカウンター取りにいけば十に一つくらいは勝てるよという話なんだけど、これはどちらかというと一歩に対戦相手を壊させるかどうかが焦点になるのかな。
LD >> なんか、先輩にキスマークがついていたとかで、プチ?炎上があって作者がブログ閉鎖したとかしないとか…?>処女厨大激怒
ルイ >> 大激怒すなぁw
カルマ >> 「フェアリーテイル」ゴッドスレイヤーが自称で良かった。ほんとよかった。
カルマ >> 確かにあれは心痛かったんで、気持ちはわかるけどw>先輩にキスマーク
ルイ >> 一歩が撃ちぬく時に加減できるほど起用な話ではないと思いますけどね。一度壊してしまったら、何かしら物語になりそうですけど。特に宮田戦前に。ってもー、宮田はなんなの!?
kichi >> Σ(´・ω;`)>大激怒
ルイ >> 大沼さんがそのうち処女性を武器に迫ってくるな。
LD >> さて、そろそろ一番を決めましょうか。
LD >> チャンピオンはいろいろよかったけど、僕は『キガタガキタ』と『シュガーレス』かな。
ルイ >> 【ムシブギョー】【AKB49】【シュガーレス】あたりかにゃ?
ルイ >> ケルベロスの先生ゴスロリも抜き出してもいいですよ!許可します!←?
kichi >> ……ふ〜む。まぁ、何かもう一つ、確実性の高いカウンターできるポイントに気付いてるとかはありそうですが、でも一歩の物語としてはそこが焦点になる展開なのかもですね……>一歩
kichi >> チャンピオンは……悩みますけど、やっぱ「シュガーレス」になりますかね。
ハラルヤ >> 『AKB49』じゃないですかね。
LD >> ジャンプは……『保健室の死神』かな。
カルマ >> チャンピオン…「弱虫ペダル」かなぁ。
kichi >> ジャンプは……まぁ、「めだか」かな。
ルイ >> 【バクマン】【めだかボックス】【アラゴ】【絶望先生】【弱虫ペダル】あたりも面白かったけれど。っていうか僕は【ハンザスカイ】が滅茶苦茶好きなんだった。一番候補にしとこ。
LD >> サンデーは…『ムシブギョー』ですね。しばらくずっと候補に上がってますね。
カルマ >> ジャンプ「保健室」「めだか」。
GiGi >> キガタAKBベビステキンゴル揉み払い師かな。
LD >> マガジンは『AKB49』ですね。
kichi >> サンデーは……「ムシブギョー」かな。「キングゴルフ」も捨て難いけど、まぁ……。
カルマ >> サンデーは「アラゴ」。「ムシブギョー」は2話のが好きですね
ルイ >> 揉み祓い師とな。
ルイ >> そうね。ムシブギョーは前回が素晴らしいね。
LD >> そして今週の一番は『AKB49』ですね!
kichi >> マガジンは……やっぱ「AKB」になるかな。「ベビステ」も良かったですけど。
ルイ >> で、こういう時一番はどっちになるわけです?>AKB2話
カルマ >> マガジンは「AKB49」でしょう。
ルイ >> カタルシス的な意味では後ろの方で問題ないと思うのだけれど、まあ「今週の」だからこの週に纏めてきて休載ばっかなわけでもない以上、ニコイチ扱いでもいいのか?
LD >> おおう。2話目の方かな?>『AKB49』
kichi >> ……以前「ペダル」で2話両方って例があったような?
ルイ >> kichiさんの記憶力に俺様の鳥頭が嫉妬でゲス。
カルマ >> 普通にこの2話でいいとおもいます。
LD >> おおう。では2話両方な。
ルイ >> 握手会を纏めてきた手腕、ページが離れるからこそのTVアニメAパートBパートのような構成、拍手ですね。AKB49をアイドル嫌いとかイミフな理由で読まないのは赦しませんよう!
ルイ >> これ、単行本になってもちょっと読み味が変わるのだよね。そんな意味でもライブ!ライブ!
LD >> それでは今週は『AKB49』で。
ルイ >> 一話目が終わった後即二話目に飛んだ人とは、ルイさんちょっと殴り合いをセネバなるまいよ?←
LD >> いや、そこまで求めんでもw>即二話目に飛んだ人
ルイ >> でも、それは単行本と同じになるねとは指摘したいわけです。ちゃんと雑誌の魔法がかかっていたのよ。
GiGi >> 2話まとめてなら文句なしですね
LD >> それでは、今週もありがとうございました。お休みなさい。
ハラルヤ >> ギクッ>一話目が終わった後即二話目に飛んだ人とは、ルイさんちょっと殴り合いをセネバなるまいよ?←
ルイ >> そういえば、再放送中の【ソウルイーター】エクスカリバー回で伝説の「CM中延々エクスカリバー」が無かったと聞いて絶望した事を思い出した。
ルイ >> \(お疲れ様でした)/
kichi >> お疲れ様でした〜。
カルマ >> 先に「ネギま!」「ベビステ」「AKB」と読むのだけど、今週に限って巻頭から順に読めたのはAKB巻頭だったからに違いない。そういう意味でも雑誌の力ですね。
GiGi >> LDさん今度アイマスレクチャします。はしくんの説明ダメダメ過ぎたw
ルイ >> 僕は漫研に来て以来読む順番変えた事ないやw
ハラルヤ >> と、思ったら実際は一挙2話掲載に気付かず、巻末にも『AKB49』があったのに驚いたんだった。
ルイ >> \(ネギまなかったけどAKBのお陰で案外不満ないでござる)/
ルイ >> アイマスレクチャーラジオとかするなら呼んでください、黙ってふんふんしてるからw
LD >> うん。なんかアイマス〜ニコマスを理解するような企画を考えてみようと思っています。
ハラルヤ >> 通しで2話をまとめて読んだのは2回目の時だったぜ。ルイさんに殴られなくてすんだよ。セフセフ。
ハラルヤ >> お疲れ様でした〜
ルイ >> ブフッ∵(´ε(○=(゚∀゚ )
ルイ >> …いや、GoogleIMEにあるかなーってw
GiGi >> ちなみに千早の胸いじりネタは原作にもありますw
GiGi >> だいたいアイマスって初期のころはパイタッチゲームだと思われてたんだぜ←思ってた人


■■■■2011年01月28日■■■■
LD >> 【今週の一番】チャットは1/29(土) 24:00から開始予定です。 http://www.tsphinx.net/manken/chat/chat.php


■■■■2011年01月29日■■■■
LD >> ちょっと遅れて顔出します。10分くらい?


■■■■2011年01月30日■■■■
LD >> |ω・`)うい
LD >> |(´・ω・`)ノよっす!よっす!
LD >> 地デジ対応をしていました…。
LD >> 結論。地デジむかつく〜!地デジじゃなくって、正確にはダビ10むかつく〜!
ハラルヤ >> こんばんは〜
LD >> ハラルヤさん、こんばんば。
LD >> …ま、今週の一番は『医龍』かのう…。
LD >> あ、ぬらりひょんの孫がやってるよ?
ハラルヤ >> LDさんはもう、うみねこEP8プレイやり終えました?
LD >> いいえ。時間かかっていて、すみません(汗)>『うみねこ』ep8
LD >> TLで噂もちきりの『まどかマギカ』もまだ観てないし…。
ハラルヤ >> やはりLDさんほどのクンフーでもうみねこはプレイが大変なのか。
LD >> ああ…アップルティが美味しい…。
ハラルヤ >> TLで批判されてる「上条」は『禁書』じゃなくたぶん『まどか☆マギカ』の上条君ですよ。
LD >> いえ(汗)ゲームをやる習慣がなくって、なかなか進められないのです(汗)
LD >> あ、そんな話みたいですね。>『まどか☆マギカ』の上条君
LD >> ハラルヤさんはep8終わったんですか?
ハラルヤ >> ええ、なんとか。
LD >> なんか『うみねこ』、微妙に評判悪いみたいなんですが…。
ハラルヤ >> 僕的にはよくわからん点がいっぱいあって、ぜひ教授の意見が聞きたかったのですが。
LD >> というか、他の人まだこないかな?
ハラルヤ >> みなさん遅いですね。サッカー観てるのかな?
LD >> ふむ。僕もクリアしたら、魔王14歳さんに話しかける予定なんですけどねw
LD >> 可能性ありますけどねwルイさんは、Twitterにいないのなら寝ているのでしょうw
カルマ >> みんなサッカーに夢中なんじゃないかな!
ハラルヤ >> 今平行して魔王さんとこのチャット見ているのですが、人数が多いせいかあんまり建設的な議論になってないですね。
LD >> 以前、漫研ラジオで『うみねこのなく頃に』はやったのですが、それは聞かれています?
LD >> もう〜しょうがないなあwといいつつBS1点けているけどw
ハラルヤ >> はい。一応漫研ラジオの過去放送は全部聞いているので。それは聞かれています?
LD >> ああ!ありがとうございます!>過去放送は全部聞いているので。 では、ちょっとクリアしないと話せる事はなさそうですね。しかし、現時点では僕はそんなに悪い感触を持っていないのですけどね。
ハラルヤ >> ただ、僕の認識だとラジオでの前提がほとんどひっくり返っている気がしてるんですよねー
LD >> >前提がほとんどひっくり返っている|ふふ、それは愉しみだなあw
ハラルヤ >> 今週はどの雑誌からです?
LD >> さて、そろそろぼちぼちゆるゆると始めてゆきますか。
LD >> ジャンプからですね。
ハラルヤ >> 『ワンピース』はついにキャラ格の低い敵に、主人候補生ならぬ悪役補正がかかるようになってきましたね。
LD >> 『エニグマ』ですが、ピットくんに変身できるは、かなり破天荒な才能なので、だんだん楽しくなって来ました。
ハラルヤ >> 作中の有名キャラよりは完全オリジナルの方が良いとは思いますけどね。P4のクマみたいな。>『エニグマ』ですが、ピットくんに変身できる
LD >> 『ワンピース』そうですねえ…。魚人って、悪魔の実人間たちにとっては、天敵じゃなくってなんて言うんだろう?ともかく相容れない敵のはずなんですが、あんまり大物は出てきませんね。
ハラルヤ >> キャラ格の低い敵に悪役補正を掛けて強くするのってあんまり良い流れじゃないですよねー。それだけルフィ達が強くなったって事なんでしょうけど……
LD >> 『エニグマ』は、まだ、ちょっと馴染まないんですが、サスペンスを用意して、それを破天荒な能力で回避する構成で楽しませているみたいですね。もうちょっと、ミッションの目標なり状況が分かりやすくなるといいかもしれません。
カルマ >> 魚人の能力も、命削ってるあたりで弱くみえますねぇ。ちとツライ>ワンピ
LD >> うん。『ワンピ』のこの世界って、竜人は人間を支配しているみたいなんだけど、魚人族と巨人族は、どうしているのか?何をやっているのか見えない所がありますね。一応、文化同じだから世界政府の一員なんですかね?
カルマ >> グランドラインでは「何があっても死なない覚悟」がいると思うんですけど、魚人の薬はそこから外れる行為に思えます
LD >> むう…なんか、エジプトもすごいなあ…。
LD >> 『銀魂』、やっぱりこういうオチかw…まあ、「おいおい、本当にどうなるんだ?」と思わせた分は価値があるのかもw
ハラルヤ >> 主人公たちはピットくんについてわりとよく知ってるみたいなんですが、読者視点だとピットくんの能力がちっともわからないので、その認識の差異が気になりますね。
LD >> しかも、風刺ネタ…だったのかな?(汗)>『銀魂』
LD >> 【エニグマ】そう。なんかふわふわした雰囲気なんですよ。サスペンスなのに。それが『エニグマ』のユニークさと言われると、そうなのかな?って考えるワケですけど。
LD >> 『トリコ』、一億人収容できる刑務所ってすごいなあ…w
kichi >>      おはです……(´・ω|
LD >> 『スケットダンス』、モモカはほんと久しぶりだよ。ロマンもそうかな?そしてモモカはスイッチが好きらしい。
LD >> (´・ω・`)ノ kichiさん、サッカー!
kichi >> ……まだ0-0か……(´・ω・`)ってあぶなっΣ
LD >> 『べるぜバブ』、どうしたら良いのだろう?じんわり特訓していると失うものが大きいと思うんだけど…。
kichi >> ……む、LDさんがジンベエをディスってる……(´・ω・`)まぁ確かに設定格ほど格高く感じなかったキャラだけど……
カルマ >> 「」
LD >> すごいなwまじライン上じゃん。
カルマ >> 「銀魂」ここまでひっぱってドッキリは逆に驚きましたw
LD >> あ、そっか。(´・ω・`)ゞ<ジンベエ
LD >> しかし、『ワンピ』の世界って元からグルメ・ワールドに似ている所があって、身体能力で王者は多分、巨人族だし、ついで魚人族、そして人間って順番だと思うけど、巨人族の国みたいなのは見えないですよね。
kichi >> 「トリコ」、形状的に一億人収容できて最大っていうのにイマイチ説得力を感じないのはどうかなぁ?という気分は無いでもなかったですがw ま、署長のキャラ含め大風呂敷的な見せ方自体は嫌いじゃないのでスルーしときましょうかw
LD >> 今週の『バクマン』は面白かった。違った面白さだった。なんかマンガっぽかった。
LD >> 一億人入るようには見えないですよねw異次元空間ですかね?ギチギチの寿司詰めでもなく、かなりよゆーありそうじゃないですか?w
LD >> 【バクマン】でも、この明るさは何か分かるな。マンガの世代が変わった感覚というか。
kichi >> 確かに、身体能力的に勝ってる魚人や巨人がもっと幅利かせてていい気はしますねぇ……(´・ω・`)う〜ん、でもまぁ、技術的なものなのか、武人の頂点を比べると人間の方が勝ってるっぽいですし、数で圧倒してる分……って感じなのかなぁ……?
LD >> 『保健室の死神』、中編きたな!しかも、グランドストーリーも入っているっぽい。(`・ω・´)
kichi >> 「バクマン」ああ、確かにそうですねぇw>明るさは分かる   そしてまぁ、ウェブ公開も当然計算づくなんでしょうね
カルマ >> 「バクマン」こういうキャラは良いですね。
kichi >> おしい>< >サッカー
カルマ >> ジンベエは覇気使えるんでしたっけ?人種で使えるか否かとかあるのかな
LD >> 知識や技術は竜人、武力は巨人、魚人。人間はとにかく、数、数、数という感じもしますね。悪魔の実シリーズで覚醒するエリートたちで、やや有利に拮抗している感じですかね。
LD >> 僕の感覚からすると七峰くんは、全部計算じゃなくって、天然入っているというか直感的な事に知恵を付加している子に思えます。不思議な得体のしれなさを感じるかもしれないけど、実は割と普通の子というか。
LD >> そうか…覇気は人間だけなのかな。……ハンコックたちも厳密には人間じゃないでしたっけ?
kichi >> 川島!ε-(`・ω・´;)あぶなっ
LD >> 『ぬらりひょんの孫』は、短いエピに戻したのは良かったかな。インフレに行くんじゃなくって、もっと何か大きなすストーリーを編んで欲しいし。
kichi >> ……どうなんでしょうね?確かに覇気人間だけとなれば、この勢力分布も納得できるくらいの武力の差になりうるかも?
カルマ >> 「ぬらり」良いですね。学校を巻き込んでいくような話も出てくるかな…?
kichi >> 「保健室」は中編で済むのかな?ってくらい、もろにグランドストーリー感を感じたのですが……、正直ちと不安+本気で終わりに向けるなら操ちゃんをもっと思い切った位置に進めちゃってほしかったような……(´・ω・`)まぁ、中編くらいで済むのが一番ですが……
LD >> 『めだかボックス』は良かったです。球磨川くんの格を落とすのに足るものがありました。…いや、足らないけどwまず今週面白くする事というのは大事。
カルマ >> 「保健室」はでかい話を持ってきましたね。今後断続的に入って行くにしては、敵の行動が危険ですが…
LD >> ん〜…。あまり根拠なくって、かつkichiさんの感覚も分かるんですけど、締めではないと見ました。……「俺の『保健室の死神』がこんな所で終わるはずがない」?(`・ω・´)
kichi >> 「めだかボックス」はさすがの巧さではありますね。球磨川くんも中途半端に格落とすくらいなら思いっきり落としちゃって仕切り直しする展開は流石ですね。動揺の原因も興味そそられるとこですし。
カルマ >> 「めだか」良かったですねぇ。球磨川どうするかな…?
LD >> …しかし、大嘘憑きとの配合で、オンオフ可能になりましたか……もはや超能力者な上に、ヤンデレやん。………ヤンデレやん!?(`・ω・´)(←どした?)
kichi >> ふむ。私的にもその方が嬉しいのですし、とりあえずは中編でまとめて、その後は日常エピとも並行するようなやり方もありそうではありますね>保健室
LD >> これで江迎ちゃんがヒロインですか?などという話が飛び交いましたが、善吉は不知火半袖のものだから!!(`・ω・´)
LD >> ん〜何というか『保健室』は、もう『ぬ〜べ〜』ゾーンに入っただろう?って感触なんですよね。
kichi >> 「逢魔ヶ刻動物園」、人気的にもですが、内容的にも盛り返してる感じしますねぇ。今週ほんとに普通に面白かったですw 今まで比較的面白かった回でもなんかしら引っ掛かりはあったものなんですが。
kichi >> 不知火ですかw め、めだかちゃんは?w(´・ω・`;)いやまぁ分かるけど
LD >> さて、そろそろサンデヘ。
kichi >> ……う〜〜ん、なるほどです。>ぬ〜べ〜ゾーン
LD >> 田中トモユキ先生の『BE BLUES』ですが、かなりサンデーの王道マンガですね。あと預言書つき。
LD >> あと、なんで“ブルース”なの…?あ、日本代表だから?
kichi >> 延長か……(´・ω・`)。o(お腹減ったな。そういえば夕飯食べてない……)
LD >> あと、うん。まあ『ムシブギョー』は好調だねと。...φ(..)
LD >> 『マギ』……やはり、モルジアナは甘やかしていたのか!!(`・ω・´)だめじゃないか!!
LD >> ん?なんだ?時間が…。
カルマ >> ん、やはり投稿時間が変ですね
LD >> 『神のみぞ知るセカイ』、結はプレイヤーの動作をすると来ましたが……ふむ。(考)
カルマ >> 新連載のサッカーマンガ、悪くない出だしですね。
LD >> ね?なんかね。変……亜空間断層の影響により時空に歪みが生じているのか!?(`・ω・´)(←)
kichi >> 「BE BLUES」良いですね(今読んだ)。一話目はとりかえばやでしたけど、そっちがメインってわけじゃなくいろいろな「計画」を見せてく形なんでしょうね?
kichi >> 「ムシブギョー」は順調ですねぇ。
LD >> >悪くない出だし|はい。小学生編をどこまで続けるのか…。優希が美少女になってからの話をすぐにみたくもあるが…。
kichi >> 「マギ」は……あっさり体型戻ってホッとしたような、なんの意味があったのかと思っちゃうような、微妙にもやっとしつつも、まぁ……(´・ω・`;)
LD >> 『ムシブギョー』は、再び、元の手順と同じ進みを見せているのですけど、三人の同心たちのキャラの作りも深めてくるのかな?それともさっさと火鉢さん主体の話に移るか?
LD >> ん〜wwあれじゃないですかね?連載休み分かっていたから、なるべくインパクトがあるヒキで覚えていてもらおうとしたw>あっさり体型戻ってホッとしたような、なんの意味があったのかと思っちゃうような
カルマ >> 「マギ」大高先生らしいフックでしかないかなww
kichi >> ……う〜むw ま、ギャグなんでしょうし必要以上に気にすることないんでしょうけど、やっぱアリババの覚悟の大きさに関わっちゃう要素なだけに、ちょっともやっちゃう気分はあるんですよねw ま、でも、スルーしとくのがいいんでしょうw
LD >> 『結界師』は……ハートフル…なんですか?(´・ω・`)ぶも?
kichi >> 「結界師」は、私が最初からは読んでないからか、理解力とか記憶力が低いからかはよく分かりませんが、ちょっと把握しきれなくなってる感じかもです……。
ハラルヤ >> あ、点入った。
kichi >> お!>サッカー
LD >> 『月光条例』は、今後、あれですね。きびだんごは仙豆扱い。(´・ω・`)
LD >> え?入ってる?

MANKEN CHAT(1.1)