漫研チャット
名前:
発言:
[正面] [取扱] [過去ログ]


■■■■2011年01月30日■■■■
LD >> 『はじめてのあく』は、黒澤さんの活躍が目立っているなあ…。これでジローくんに惚れなかったらちょっとカッコいいなあ。
kichi >> おとぎばなしでは仙豆的アイテムいろいろありそうですけどねw>月光条例
LD >> 『オニデレ』のこのどっきりは『銀魂』以上に驚いたかもしれません。
kichi >> 「はじあく」、さすがは正規ヒーローって感じの見せ方でしたねw>黒澤さん   まぁ、黒澤さんはキョーコちゃんに惚れての三角関係構築でOKかと……<百合脳
LD >> いや、これが意外と無い?>仙豆 むしろ、もっと行きすぎて不老不死になっちゃったりしたり。
カルマ >> 「はじあく」ジローくんとのフラグもいけますよね。
kichi >> ……ふむ。確かに意外と無い、のか……>仙豆
LD >> ( ´・ω・`)。o(…黒澤さん、キョーコをマジ取りに行ったらかっこいいなあ…)
LD >> むしろ、ジローと黒澤さんがいい雰囲気になってる所をキョーコが目撃する展開キボン。(´・ω・`)
カルマ >> 「オニデレ」速度的にはこちらの方が考える間もなくドッキリ来たので良かったですね。「帰れー!」でクソ吹いたw
kichi >> よし、勝った!ε-(`・ω・´)最後の最後まで激しい攻め合いだったなぁ!
LD >> \(`・ω・´)/ やあ!
カルマ >> JAMのVICTORYがかかっております。
LD >> マガジン行きましょう。
LD >> 『A−BOUT』、今回の桑村終了のお知らせ。(´・ω・`)
GiGi >> 今北産業
GiGi >> 女の子に野球やらせたりサッカーやらせたりするのはとてもよいと思うなぼくは!
LD >> ジャンプ(BR)サンデー(BR)マガジン>今北産業
LD >> でも、どちらも一時的なイベントの匂いがありますよね。>女の子に
GiGi >> 結界師は、超人たちも寂しいんだってばよ的展開
kichi >> アジア(BR)カップ(BR)優勝>今北産業
LD >> 『AKB49』は、浦川みのりも順調に人気街道を進んでいるようです。
GiGi >> メジャー2はまだか。
LD >> ヘイユー(BR)セイユー(BR)エイユー>今北産業
GiGi >> 把握>kichi
LD >> 『君のいる町』、こ、コワイヨー!コワイヨー!(´>ω<`)
ハラルヤ >> 浦川って今までも学校バレしてたんでしたっけ?さすがに先生には名簿にない人間ってわかるだろw先生は浦川の正体わかった上でのファンなんですかね。
kichi >> 「ブラマン」グレーテルは誰か……。意外性を狙うと響たんになりそうな気がしちゃうのがなんとも……。でもまぁ、それ込みでの見せ方で、外してくるかな?
LD >> 多分、何故かバレていないwしかし、そうですね。今回の先生に会う事はともかく、浦山くんかなり学校休みがちになってないか?理由もなく?>『AKB49』
GiGi >> ABOUTって桑村が定着してから朝桐を主人公らしく動かしやすくなった気がするね
カルマ >> 浦川あっさり制服で女装…と思ったけど、制服のまま練習に来るのかな?でも吉永にどこのクラスか聞かれそうな。
LD >> 『ブラマン』は、ビースト・コントが終わり、響のエロイチャより愛をこめて劇場も終わり、そろそろ次のエンタを望むところ。(`・ω・´)
kichi >> ちょw 今真っ当に盛り上がってると思うのにw>次のエンタ
LD >> >桑村が定着してから朝桐を主人公らしく動かしやすくなった|ああ、そうですね。連載当初より、朝桐は格が上がっている気がしますし。
カルマ >> 「ネギま!」ネギくんがあっさり女の子真っ二つにした件。
LD >> 『ブンブンビー』最終回でした。ん〜………まあ。
kichi >> 「君町」は下手なサスペンスよりもホラーよりもドキドキできますねぇ……(´・ω・`;)
カルマ >> 「君町」エバの大学にも近いのか…おそろしい
LD >> いや、このアーウェルンクスは女の子ではないのでは。あっと、真っ二つは茶々丸の仕返しの意があるのでしょう。
GiGi >> 真っ二つにしながら君も人形じゃないと言い放つネギくんに惚れ惚れする
LD >> だって、boku
LD >> だって、僕、『君町』読んでいると、きっ、きっ、きっ、きっ…って『13日の金曜日』のBGMが聞こえてくるもん。(´・ω・`)
kichi >> おにゃのこかはともかく、真っ二つにしたのはちょっと驚きましたね。アーウェルンクスズも人形ではないと認識してるはずなだけに……。
カルマ >> あれ、茶々丸のそばに来てたのは女の子じゃなかったっけ
LD >> いや、女の子のアーウェルンクスは、とっくにネギくんに剥かれて寝てる。(`・ω・´)
カルマ >> あ、そうか。
LD >> チャンピオン行きましょうか。
LD >> 『バチバチ』、鮫島の押し相撲には限界がありますか…。
kichi >> 「ベビステ」も良かったですね。天然VS理性なとこに、理性なエーちゃん側にナッちゃんの応援という天然的モチベーションが加わる展開はいいなぁ。
LD >> 『弱虫ペダル』、わずかに今泉のブレーキが早かったという、このチキンレースはカッコいいなあ!
LD >> ほうふむ。>天然的モチベーション
カルマ >> 「バチバチ」痩せ型ゆえの厳しさですねぇ。それと田上さんもそれに耐える体づくりをしてきたってことかな。
LD >> 『シュガーレス』は、首魁の周防は、もう、卜部が倒して欲しい。
kichi >> 「バチバチ」どうするんですかねぇ? 技主体に転向するのもちょっと違和感ありますが……。>鮫島
LD >> 序の口くらいだと、まだ身体ができあがっていない力士もいるけど、それ以上はちょっと…という感じでしょうかね。
LD >> 『ハンザスカイ』、殴る…っていうのは振り抜いたって事なんでしょうかね?
GiGi >> ベイビーステップはやっぱりエーちゃんの鬼気迫る表情がとてもよい。
LD >> 『ケルベロス』は、友恵vs冬子先生ですよ?(´・ω・`)…というか、これはさすがに友恵にばれますよね?
kichi >> 「弱虫ペダル」熱かったです。……しかし今回御堂筋が前面に出てこなかったのは嫌〜な感じではあるかも……。
カルマ >> いろんな技をやっていかないと厳しくなると思いますけどね>鮫島
kichi >> 「ハンザスカイ」は私もちょっと、どう反則なのか分からなかったりはしました……。
GiGi >> バチバチは取り合えず増量するんだ。
GiGi >> ルイルイいないことに今ごろ気付く
LD >> 策略というか戦略が通じなかった時点で、御堂筋の負け…とは言いませんが、単純体力・技術力・精神力勝負だと金城や福冨の方が長じるんじゃないでしょうかね?
kichi >> あとまぁ、あまり格高くないキャラだとは思ってましたけど、こんな形での反則負けってのは流石に不憫すぎる気はしたかも……。後味良くないものが残っちゃう感じしますからね。この試合で綺麗さっぱりハンザを認める形にしてほしかった気はするんですが……。
カルマ >> 「ハンザスカイ」ん、「打つ」と「殴る」は違う感じに描いてて…って、これは読み返しての感想になっちゃうのかなぁ。
LD >> 『ナンバデッドエンド』は、ピンチが続いていますが……でも、もう峠超えたかな?
kichi >> ……というか、展開読みな感じだと、今回出張らなかったってことは次出張ってくるはずで、下手すると二日目勝っちゃう可能性もあるかなぁ?って思っちゃったのですが、それは個人的にはあまり良く思えない展開というか……>御堂筋
LD >> や、多分、競技の打撃は打った後に腕を引いていると思うんです。それを振り抜いたら“殴る”で反則かな?と。
LD >> ん〜……御堂筋は今、かなりいろんなパターン展開の余地がありますからね。返って福冨も金城もやる事、一貫して決まっているから、その意味で御堂筋は展開の支配を握っていると言えるかもしれませんね。
カルマ >> うん、そこですよね>振りぬき ルールを知らずにあの見開き見て「やり過ぎてる」と読めるかどうか?さすがにそれは難しいか。読み返すときっちりそういう描き分けにはなっているのですが。
kichi >> ふむ。審判にも技術というか眼力が必要な競技なんでしょうね。>振り抜いたら反則
LD >> 『キガタガキタ!』は、冥くんが殺されそうなのに、ニヤけている吹石は、やっぱり病んでるんですよね?
LD >> それにしても恋侍とは…w
LD >> それにしても恋侍とは…w
カルマ >> まぁ、柔道でも、先程のサッカーでもそのへんは同じでしょう>眼力
LD >> JUDO?(´・ω・`)
カルマ >> 「キガタ」あれ?両思いになれるならキガタじゃなくてもいいんかな?w 
ハラルヤ >> 吹石の「しまった バレちまったぜ!!」が個人的にツボにw普通はヒロインのいうセリフじゃないw>『キガタガキタ!』
kichi >> 「キガタ」吹石は病んでますねぇw
ハラルヤ >> 恐怖新聞が助けに来て、別の意味で修羅場になる展開>『キガタガキタ!』
kichi >> 「みつどもえ」今週も面白かったです。特に前半のみっちゃんの体温に関してのギャグ展開は緻密と言ってもいいレベルw
GiGi >> 先に吹石と両想いになることで恋侍の面目を潰す作戦とかどうだろう?
LD >> さて、一番を決めましょうか。
カルマ >> 篠原の内股すかしとか審判の判定では今でも思い出しますよ?>柔道
LD >> うん。やっぱり何か時間がおかしい。
カルマ >> ジャンプは「バクマン」か…「めだか」ですか
kichi >> 「ケルベロス」はいよいよ友恵バレな展開でしょうかね。景の過去エピも絡んでのタイミングはやはり頼もしいほどの上手さを感じますねぇ。
kichi >> ジャンプは……実は「逢魔ヶ刻動物園」を推したい気分もあるけど、やっぱ普通に考えると「バクマン」辺りかなぁ……。
LD >> はい。元々、狗骸の力を欲したのは友恵を護るためでしたよね。今回その形が重複、再現されそう…という『読み』になってくるかな?
LD >> ジャンプは『バクマン』と『めだかボックス』ですね。
LD >> サンデーは『ビーブルース』でしょうか。『はじめてのあく』もよかったけど。
LD >> マガジンは『ベイビーステップ』
kichi >> サンデーは……「BE BLUES」でいいかな。
カルマ >> サンデーは「オニデレ」ですね
kichi >> マガジンは……実は「君町」とか言いたい気分がないでもないですけどw、普通に考えるとやっぱ「ベビステ」辺りに落ち着きますかねぇ。
カルマ >> マガジンは「ベビステ」だけかな。
カルマ >> 君町はちょっと思ったw
カルマ >> チャンピオンは「ペダル」か…「キガタ」もいい。
LD >> チャンピオンは……ないなあ…『みつどもえ』かな。
GiGi >> be bluesは評価高い。つか双子だけでも面白そうなのにちゃんと主人公がそれよりスケール大きく見えるのがえらい
kichi >> チャンピオンは……安定して良い作品多いですけど、今週抜けた印象の作品は無かったかな?「ペダル」か「みつどもえ」か「ケルベロス」か……。「ケルベロス」かな。
LD >> う〜ん。『バクマン』、『ビーブルース』、『ベイビーステップ』のどれかかな?
GiGi >> バクマンのナナミくんは次世代といいつつも年齢的にはサイコーたちとそんなに違わないんだよね。そのあたりも興味深い
LD >> 『バクマン』行きましょうかね。
LD >> 『バクマン』にします。
GiGi >> キガタは来週が楽しみ
GiGi >> え?医龍じゃなかったの?w
kichi >> おや、「バクマン」の方に行きましたか。どっちかというと今週は「BE BLUES」かな?って印象でしたが、ふむ。
LD >> うん。『医龍』ほんっと、ありがとうw
LD >> それでは、今週もありがとうございました。お休みなさい。
kichi >> おつかれさまでした〜。
カルマ >> 数年違うと全然違ってくる印象ですけどね。例えば僕の数歳下はネットといえばPCじゃなくケータイになったりするんで。
カルマ >> お疲れさまでしたー。
GiGi >> 医龍単行本最終巻は2月末ということで、単行本派の人もちょっとの辛抱ですね
ハラルヤ >> お疲れ様でしたー
カルマ >> 医龍終わったんですか。この機会に読もうかな…金はないけど(´・ω・`)
GiGi >> ところでiphoneGREEってラインナップどんな感じなんでしょ?>カルマ
カルマ >> えー、サカつくG、100万人の三国志、萌えcanちぇんじ、憂国の大戦、魔獣ウォーズ、ぼくのレストラン2,モバイルプラネットG、ボーイズメーカー…リロードでランダムに出てきて全部は確認できない仕様なので隠れてるのがありそうです>アイフォンGREE
カルマ >> あとはリバーシだの検定だの。
カルマ >> ブラウザからやってるけどアプリ版はどうなってるんだろ。見てみよう
カルマ >> GREEのiPhoneアプリ、この挙動は…内蔵ブラウザで表示してるだけやないかw
GiGi >> ありです!
ハラルヤ >> さっき『うみねこラジオ』を聞き直してたんですが「前提がほとんどひっくり返っている」は多少語弊のある言い方でしたね。
ハラルヤ >> LDさん達が話してた内容がおそろそしく正解に近かったことには驚きました。そう言う意味ではEP6までの『うみねこ』のラジオとしては完璧だったと思います。
ハラルヤ >> ただEP8が終わって、『うみねこのなく頃に』が「ミステリー」だという前提が崩れた今となっては作品全体の語りとしては的はずれかなと。


■■■■2011年01月31日■■■■
備品 >> ハートキャッチプリキュア終りました、最終回前&最終回、馬越パワ^全開で
備品 >> 良かったです。「くらえ・・・この愛!」は名言じゃないかと思うのよwこの単語で検索するとBLっぽいのも出てきちゃうけどw
備品 >> キュアアンジェから始まり、フラワーからムーンライト、そしてブロッサム・マリン・サンシャインへと繋がる継いで行く物語だった訳ですが、当然ブロッサムの後にもふたばちゃんがプリキュアの意志を継いで行きますっていうラストなのね
備品 >> 風雲児たち、遂に頼三樹三郎、橋本左内、そして吉田松陰が散りましたね。静かにゆっくりと・・・作中の扱いからか悲しくもあるのですがそれよりも、お疲れさまでしたと言いたい退場シーンでした。今後一気に歴史が流れていくのですね。


■■■■2011年02月04日■■■■
LD >> 【今週の一番】チャットは2/5(土) 24:00から開始予定です。 http://www.tsphinx.net/manken/chat/chat.php


■■■■2011年02月05日■■■■
かんで。 >> ありゃ、今週の一番チャットは最近土曜夜なんですか。まぁ、その方が来やすそうですが。
かんで。 >> つぶやいていこう。「喧嘩商売」よかったです。単行本派ですが。
かんで。 >> 「医龍」はまぁ、一か月前に既に終わっていたかな、と。
かんで。 >> 前の「うみねこ」ラジオ、まだ聞いていないのですが、聞いておいた方がいいでしょうね。
かんで。 >> とりあえずその辺で。


■■■■2011年02月06日■■■■
LD >> |ω・`)
LD >> |ω・`) おぼんば?
LD >> かんで。さんが来てらしたのですね。
kichi >>    こんばんわ〜(´・ω|
LD >> こんばんは〜。
LD >> 『うみねこのなく頃に』ep8ようやく終わりまして、今、ブログ記事を書いています。
ハラルヤ >> こんばんは〜
LD >> 。o(おかしい。書き込みの時間がおかしい。原因も分からない)
LD >> ハラルヤさん、こんばんは。
kichi >> 時間はなんなのでしょうねぇ……(´・ω・`)うみねこは……プレイしてる時間なさそうですorz
カルマ >> こんばんは。こんなのみてたりhttp://www.nicovideo.jp/watch/sm13491423
LD >> 時間かかりますよ〜w 『まぶらぶ』もすごい時間かかったし。ノベルゲーってみんなけっこうあんな感じなんでしょうかw
ルイ >> そういえば今週の一番なのだった。先週はチャンピオンの読切かサンデーのサッカー漫画が一番取ったのでゲソ?
LD >> …おっと30分も見れないw
LD >> おう。ルイさん、起きていましたか。
LD >> え〜っと先週は何でしたっけ?
ルイ >> 先週は高垣彩陽ライヴ日でしたからね、僕の命が尽きていた例外中の例外ですw基本クンフーはしたい。
kichi >> ……まぁ、それなりの金額の商品として成立させるにはある程度は量もないと……ってことはあるんでしょうねぇ。
LD >> 『バクマン』が取りました。(=´ω`=)>一番
ルイ >> http://www.nicovideo.jp/watch/sm13092412 ぼ、ぼ、ぼくは最近こんなのを観ているよ!
kichi >> 私はサンデーサッカーマンガを推したんですが、バクマンでしたねw>先週の一番
ルイ >> バクマンか。ふうーむ?このフェーズなら今週の方が面白いくらいじゃないのかw
LD >> ……ま。ニンフはいいよね。…ってこれループですかw
LD >> ああ…そこは否定しないかもw先週の最後のコマの時点で、こういう子だってのは分かりましたしね。>『バクマン』
LD >> さて、一番を始めましょうか。
ルイ >> まあ、今面白い異物が来ているので、そのタイミングに一回一番取るのは面白いですね。
ルイ >> せ、先週4時前に終わっただと!?それじゃ遅延要因は俺で特定されちゃうじゃないか!ホラはじめますよ!w
LD >> 『ワンピース』、人魚姫美人ですね。あんまりエロい事しないマンガですから、おっぱいポヨンポヨンしただけでエロいなと思った。
ルイ >> 今週は何から始めるローテーションなのさあ。
LD >> ( ´・ω・`)(´・ω・` ) ね〜?>遅延要因
LD >> あ、しまったwサンデーからですw いきなり『バクマン』の話になるからw
kichi >> あれ?サンデーからじゃないのかΣ(=゚ω゚=;)
ルイ >> 『ONE PIECE』はエピソード単位の「予言」も組み込んで堅調な組み立てですけど、しかし、折り返しに入ったところで、このエピソードの手触りというか速度は変える気ないのね。半年くらい肩透かしを喰らい続ける予感。
ルイ >> こ、この野郎…(ピキピキ
LD >> 「最後はストレート」とタイプしようと思ったら「産後はストレート」にミスタイプしたでござる。の巻。(´・ω・`)
カルマ >> 風呂出たらワンピがサンデーに移籍してた。
ルイ >> サンデーといえば、『ムシブギョー』は言ってみればチャンピオンにおける『ケルベロス』というか、今勝負をかける時だと思うのですが、球技シャッフルのサッカー版はうまく行きそうですね。
kichi >> ……なんだかカオスな感じに……(=゚ω゚=;)
LD >> うん。『ワンピース』そこらへんの話、同感。しかし、あとでな!(`・ω・´)
LD >> 『ケンイチ』、時雨さんは成人だからなのか、いろいろ容赦なくって、まいっちんぐ(´・ω・`)
ルイ >> 先週いなかったから言いますけど、『BE BLUES』いいですね。現代の漫画らしく、主人公を底から始めないんだなあとは思ったけれど、なかなか良い感じに『ビジョンくん』です。しかし『最後は?ストレート』とあわせて観ていると、あだち充の血を分けたみたいだとも思わなくもない。
LD >> 『ムシブギョー』と『BE BLUES』が良い感じですね。攻勢といえる連載だと思います。それとサンデー、今の連載いくつか畳みそうですね。
ルイ >> 『最後は?ストレート』の、ごまかしながらイニングを重ねる感じって、滅茶苦茶あだち的な既視感があるw
ルイ >> 編集部に真っ当な危機感を覚える神経があるなら、まあ刷新ですよね。
カルマ >> 『ムシブギョー』と『BE BLUES』<この2つがきて少しほっとした感じがありますね。…そうそう、いくつか連載終わりそうですし
LD >> 熱血してて、型破りに見えるけど、意外とクレバーな主人公が光っています。>『BE BLUES』
ルイ >> ビジョンくんですしねえ。どちらかというとクレバータイプだし、怪物性を光らせるキャラとしては不足があるという言い方もできる。ただ、唐突に「僕と君がいれば」とマガジンの『振り向くな君は』みたいに組まれるより、いいんじゃないでしょうか。それに、こちらの連載はギギさんの言っていた「メジャー続けるべきだった」への一種の回答ですよね。
カルマ >> 「オニデレ」と…「ディフェンスデビル」が終わりそうとか?(ちゃんと読んでない
kichi >> 「ケンイチ」、どう見ても上手な受身には見えなかったのだけど上手なのかw ん?木での勢いそぎ方がメインで落ち方はフェイク的な?とか妙に考えてみたり……w あとゼーハーいってるリミさんがなかなか良いです。
ルイ >> 『ハヤテのごとく』は、表紙にヒナギクがいる事にイラッとしつつ、扉にマリアさんがいるのに本編にいない事にイラッとしつつ←イラッとしてばっか?
LD >> 謎の連載、『喝!俺が師匠ぜよ!』も終わりましたしね。(´・ω・`)>「オニデレ」と…「ディフェンスデビル」が終わりそうとか?
ルイ >> ジークは弟子筋の中で一番達人に近い格(描写の方向性的な意味で)なので、相変わらず破天荒で嬉しかった。し、気付けば新白連合、粒ぞろいの戦力だなあw
ルイ >> 『師匠ぜよ』疾風のように現れて、疾風のように去っていったな。最終回に最終回ギャグをかますのは典型的ではありますが、まあ、バカボンのような読み味で良かったのではないでしょーか。
LD >> 『ムシブギョー』、サンデー超版との比較を繰り返しますが、火鉢さんのスカートと、草履は少し線を少なくしてきていますね。週刊連載用に多少調整したのかな?
kichi >> 「BE BLUES」主人公はどっちかというとクレバータイプに感じますねぇ。「計画」ってのがキーワードになってるっぽいですし、発想のアイディア力にも期待したい感じですね。
ルイ >> 今週のムシブギョー自体には特に語る部分はないけれど、ポジティブシンキングさを失わないのは気持よく読めそうでほっとしますね。
kichi >> あとまぁ、今後双子の立ち位置がどんな感じになっていくのかは気になるところ。もちろん、特におにゃのこの方ですが……。>ビーブルース
ルイ >> 『キングゴルフ』ですけど、勝利しながら「第一組で」という事を何度か念押ししてくるあたり、後発組で誰かスコア的に上回ってくるのですよね?それがないなら今週ナレーションで全体の結果を纏めちゃっていいわけで。
LD >> 【BE BLUES】本質はクレバータイプでしょう。ただ、それが前面に出ると地味というか……まあ、ある種のスター性も兼ね備えているスーパーマンって事でしょうね。
ルイ >> うん。双子ネタもあだち充を想起させる部分だったのでしょうねwどちらかが死んでしまうと本歌取りもガチになるのですが、そうでなくとも合宿所にしのび込むとか、二次性徴でサラシ巻いてアラアラウフフとか、ネタには困らなさそうで。
LD >> 【BE BLUES】また、少年時代から始めるあたりが、非常にサンデー王道的ですw
kichi >> 「ムシブギョー」は順調ですね。3話目までが鮮烈な印象を残しただけにもっと攻めてほしい気分もないではないですが、まぁそれは高望みし過ぎかなぁ。
LD >> 女の子をサッカーに混ぜる話は『ファンタジスタ』の琴音姉ちゃんと、『ホイッスル』の小島さんを思い出しますが、特に、琴音姉ちゃんの話をスポイルしてしまったのは惜しかったなと思っています。
ルイ >> 『最上の明医』もようやく当初イメージしていた形に乗ってきそうだ。何か今週のサンデーは整理整頓臭がするな。
LD >> なにかいい話してるっぽい。http://www.hanasakuiroha.jp/interview/interview_05.html
LD >> 『はじめてのあく』は、前哨戦としては良い良い敵なので悪くない感じではないでしょうか。
ルイ >> いい話じゃあないか。
ルイ >> 『はじめてのあく』想像していた形はもっとマズイ形だったのでw悪くないですね。ただ、修行でもするの?
ルイ >> 鋼鉄の華っ柱は人材集めのフェーズだし、アラゴは決意しなおす回だし…
LD >> まあ、タヌキは最高だよな。(`・ω・´)
kichi >> 「華っ柱」、読者的には真道が正しいの分かりきってるからそうでもないんですけど、実際相手にしたらウザイだろうな〜w って辺りのバランスが、まぁ、この作品の味わいなんでしょうねw
ルイ >> 『マギ』良かったなー。モルさんはあの作品の中で、一番地続きの物語を歩んでいる。壊れた鎖は、鎖とは意味合いが違いますからね。
LD >> 【はじめてのあく】個人的に修行は止めて欲しい。ただし、黒澤さんだけは別で。黒澤さんは修行と称してしばらく外れて、美味しい時に帰って来てくれるのがアリなキャラだ!(`・ω・´)
ルイ >> まあ、たぬきEDにしか出ないけどなw
kichi >> 「はじあく」は、まぁ、悪くない感じではありました。
ルイ >> 『神のみぞ知るセカイ』も最近の中では良かったというか、メタ視点の面目躍如と言いますか。たしかに唐突な新キャラは、唐突な新キャラというだけで疑って良いw
kichi >> 「マギ」良かったですね。やっぱモルさんはナチュラルに格高いなぁ。
LD >> 【マギ】もうね。普通にモルジアナが主人公だよねw 彼女が「すごい人だ!」と言ってくれたら、そうならざるを得ないwモモコの上位バージョンw
ルイ >> マギは魔法のルール説明もなかなか手短にまとまっていて、少年少女もついていける仕切りなおしになっているんじゃないかなって。
カルマ >> 「マギ」良かったですね。モルジアナすばらしい
ルイ >> MIXIM☆11も終わったなあ。TRAPも終わるだろうし、ディフェンスデビルは露骨なくらい巻いてる。最下層からラスボスが第一層まで上がってくる作品は〜
LD >> 『アラタカンガタリ』…なんか目え入れ替えたな?
ルイ >> 戦国八咫烏は色々しくじっている気がするけれど、今更なので暖かく見守る訳です。サンデーを象徴してるかもな。
kichi >> 「結界師」はちょっと把握し切れてない感が継続してるものの、各方面の最強が喰い合うような展開は単純にワクワクします。
LD >> 【マギ】最初から、少年少女向けを目指しているとは思うんですが、バランスが難しいのですよねw
ルイ >> というか、ジオと黄金の魔法を飲み込んだような感があるw>マギ
LD >> 【神のみぞ知るセカイ】この時期、来る奴にカマかけるのは悪くない判断です。
ルイ >> 『オニデレ』はどこまでも自由だなあ。サヤさん顔真っ赤だろ。
LD >> 『アラゴ』は、おやっさんが熱くパワーアップしてます!(`・ω・´)
ルイ >> マギに今必要なのは、魔法や神器を駆使しながらわきあいと国家に関わらないところでキャラを立てられる、ダンジョンをはじめとした状況だと思いますけどね。さてさてー。
LD >> …つか、サンデー編集長変わりました?
kichi >> 「キングゴルフ」、“未完成”というのはなるほどと思いつつも、蒼甫のスタイルを表す言葉としてはちょっと足りない気分もあるかなぁ……? 完成へ向かう意思的な意味合いなのは分かるんですけど……。
ルイ >> おっさんはおっさんで、アラゴに任せていた事で自分を詰って、老いを言い訳にせずパワーアップするのは熱いですね>アラゴ たしかにこういう時、糾弾する前に自省すればいいのだ。
ルイ >> イナズマイレブンの吹雪「完璧」エピソードのようなものと捉えてはいますが>キングゴルフ たしかにゾクっとくるようなワードではなかったな。
ルイ >> イナズマイレブンの吹雪「完璧」エピソードのようなものと捉えてはいますが>キングゴルフ たしかにゾクっとくるようなワードではなかったな。
カルマ >> 「神知る」はなかなか良かったですね。これでこそという感じ
LD >> しかし、クラサン送りとかじゃなく、終わりというあたりに多少の意志を感じるな。
kichi >> 「神知る」良かったですね。なんか、アオリとかで顔覚えててもおかしくないような書き方だったので、そうなのかと思ったら、ゲーム定石でのカマかけだったという根拠があとから説明される流れが見せ方として巧いです。
LD >> マガジン行きましょうか。
ルイ >> だからクラサン送りはダメなんだって。逆輸入の人材キープ場所としてのクラサンはいいけれど、上下関係は弁えないと。
kichi >> 「未完成」って言葉だけだと、普通は完成に向かうベクトルは感じないんですよね。話の流れでそうなんだと考えて理解はできますけど、直感的にピッタリくる言葉ではない感じ……。>キングゴルフ
LD >> どんなワードがいいんでしょうね?「挑戦」とか?w>「未完成」
ルイ >> いや、未完成だという事を踏まえて永遠の完成を追い求める渇望こそが、というのは直感的に僕は感じますよ。ただ、そのもの言葉の格はそんなに高くないねってだけで。
LD >> 『ムシブギョー』の仁兵衛は「常在戦陣」を銘にしていますよね。
LD >> 「渇望」とか?w
カルマ >> 「キングゴルフ」まぁ常に未完成でアリ続ける、とするなら陳腐ともいえますしね
ルイ >> ワードの問題というより、僕は蒼甫が今更そんな所もったいぶって通過する所じゃない、と感じた、という方が大きそうだな。
LD >> ん〜なんだろ?『フェアリーテイル』、どうもストーリーが拡散的になっているような…。
ルイ >> 『フェアリーテイル』は死んだり死にそうだったりが混ざって視点は落ち着かないですね。そもそも、ナツがマカロフに戦おう!って励ましを入れてしまうと、マカロフも大丈夫なのねって事になって、ミラジェーンも何もかも、深く入り込み辛い状況になっている。
kichi >> う〜ん、まぁ、これだってワードは無いのかもですけどね……w 「渇望」は比較的良いと思うんですが……う〜んw
LD >> 『A-BOUT』は、こう、『キン肉マン』の第一回超人オリンピックのようなわくわく感が…wどうかな?w
ルイ >> 『ABOUT』はとにかく速度でしょうね。1週づつでもいいくらいで、2週ノルマといった所か。それなりには魅せてきている。それに、朝桐の2は大富豪では一番強い〜とかそもそもの効きも良いしね。
カルマ >> 「フェアリーテイル」そうそう、戦おうって言うと大丈夫かと思っちゃう>マカロフ
LD >> 【フェアリーテイル】なんだかんだ言って、エルザがあら方持って行っちゃって、それで倒れるパターンって、わりとストリームがハッキリしやすかったかもねw
LD >> 『AKB49』、おっさんファンは大変だなあw
ルイ >> 『ベイビーステップ』はナッちゃんの効きが良いですよねー。
ルイ >> 『AKB49』はそんな笑ってられる話じゃねーぞ。夢を背負う職業なんだって実感は、バレもすでに自分だけの話じゃなくなっているという描きなのよね。ファンを抱えるという事は、一種の呪いにも近い。
LD >> 【AKB49】浦川みのりは、やはりスターダムに行きそうですね。
カルマ >> 「AKB49」わかってはいたけど泣けますねぇ…
ルイ >> 少なくとも、すでにバレたら終わりという次元の話ではないですよね。
LD >> 【AKB49】うんうん。男だった…ってのはちょっとショックだよねw
kichi >> 「AKB49」良かったですね。ベタではありますが泣ける話でしたし、まぁ、なんというか、重いですよね。
ルイ >> だから、この瞬間、みのりんは一種の契約をしたんですよ。魔法を顕現させ続ける義務を背負ったと言ってもいい。あの涙は、感覚でそれを理解したからだと思います。ただ有り難いって話じゃないですね。
ルイ >> もう、さくたろうやマリノや浦川みのりはいないなんていってられねーってこった。
LD >> そうですね。「この日、生誕祭で誕生したのはアイドル浦川みのり―」とありますし。
LD >> 『エデンの檻』、ハーレム増えましたか?(´・ω・`)
LD >> 『振り向くな君は』っていうのは、こう…展開としては。あれか。
ルイ >> 【エデンの檻】ハーレム増員にブルマちゃんという隙の無さに驚かされるゼェ・・・というか、使い捨て臭の凄い男キャラが生きていると意外に嬉しいですねw
kichi >> 「エデンの檻」ハーレム増えたっぽいですねw っていうか、また凄い戦闘能力を持ったおにゃのこの登場でもあるというかw ……正直こういう猛獣と渡り合うのにどうしてもリアリティを感じられないんですけどね、まぁ、この作品の一貫した温度ではあるのだし、慣れよう……(´・ω・`)
ルイ >> ところで、現在ベースを襲われているがまだ犠牲者は出ていないのだろうか。往時の「あと○人」メソッド通せば良かったのにw
ルイ >> でも、孫子じゃないが、敵を知り…ってのはありますよね。猛獣だー!となったら、その瞬間カブトを脱いでるにも等しいのだし。進化論の観点に立つなら、連中色々不足があるから小型化していったりしたわけで←強引
kichi >> あ、あと細かいツッコミですが、二人しかいない時「半分以上おまえのおかげ」はあんま褒めてないというか、ここでの褒め言葉としては弱いと思ったw
kichi >> まぁ、やっぱベースの方で犠牲者が出てるのかどうかがリアリティ的にも気になるとこですねw
ルイ >> あ、繰り返しになるけど【ベイビーステップ】のナッちゃんが最近ずっといい。あまり指摘していなかったので繰り返しておこう。
LD >> 『ゴッドハンド輝』…なんか色々順番が違う気もしたけどwとりあえず結婚かや?w
ルイ >> 今【ベイビーステップ】の話は、主役ぢからを持つ敵といかに戦うか、というフェーズなわけだけど、同時にナッちゃんという美少女がスタンドで大声あげて応援するエーちゃんは、その時点で「主人公」なんですよね。少なくともナッちゃんの周りの客はそう思ってるwこの試合の構造をスタンドという上位から上塗りして、一人で全体の認識と互するポジショニングがすごく好き。
LD >> 『君のいる町』え〜っと、柚希の妹のこの子は、どういう位置のキャラでしたっけ?
kichi >> 輝先生w 相手の両親の前でプロポーズは何気に斬新だなw
ルイ >> だから相手の主役ぢからとガチで戦わざるを得なくなった終局になってからナッちゃんが現れるのは必然なんですよね。良いよねーナッちゃん。理想的だよ。
LD >> 【魔法先生ネギま!】おおう場面が地球に来た。そして、う〜ん、世界樹が光ったかあ。
LD >> 『GE』は、うん。まあ、どうなるかのう…。(´・ω・`)
kichi >> 「ベビステ」ナッちゃんは良いですねぇ。正直、今週もうちょい扱い大きいかとも思ってたのですが……、試合のメインはあくまでも理性VS天然で行きつつ、なのがかえって巧いのでしょうねぇ。
ルイ >> プロポーズは【あぶさん】に勝るものはそうあるまい、って、あーSEX前にプロポーズはとても輝先生らしくて良い。
ルイ >> うん。ナッちゃんって、描写の薄さが格を高める典型のような存在なんですよね。縁の下の効きが凄い。普段も出すぎちゃダメだし、ほんと理想的な一騎当千、ご褒美ヒロインですね。
kichi >> 「君町」、妹ちゃんの元の容姿をまるで思い出せないです……(´・ω・`)位置はぼんやり覚えてるのですが、説明しようと思うとややこしいなw
ルイ >> 【君のいる町】めんどくさい展開になって参りました!【GE】ももっとめんどくさいです!
ルイ >> 【ネギま】はラカンが死して…というか消えてなお格上げしていて、こういうのは漫画好き全体の傾向として弱いですねw大好きw
kichi >> 「GE」はどうするのかなー? ……なんか、さすがにもう振り切ってゴールしちゃって良いような気分が強いんですが……(´・ω・`;)
LD >> 【君のいる町】【GE】、いや、この面倒くささってさ、多分主人公がしっかりしていれば一瞬で決着がつくのに、そうはならないであろう?と想像してしまう事による面倒くささなんですよねw
ルイ >> エヴァンジェリン師匠は余裕こいてるけどもう抜かれてるんジャマイカ。
カルマ >> 「君町」元の容姿と違うことははっきりわかるんだけど、特徴として挙げようするとw まぁ小悪魔的に引っかき回すようなかんじ?>キャラ
ルイ >> 特にGEのめんどくささは、トレンディ主人公たちが長年囚われてきた「抱きついてきた女の子と想いと体は無碍にできない」という奴ですからねw
LD >> 『GE』、もう、ゴールしてもいいよね?(´・ω・`)
ルイ >> そうですね。妹は小悪魔引っ掻き回しポジション。>君町
ルイ >> 【ブラッディ・マンデイ】の南海さんの死んでない臭がハンパねぇ!
kichi >> もつれる展開にまるで魅力を感じられないのには、大沼さんの格というか魅力を落とし過ぎたってのは確実にあると思いますね……。先輩ともつれる方がまだ面白げに見えるくらい、最近の大沼さんは駄目過ぎた……orz
LD >> そろそろチャンピオン行きましょうか。
LD >> ただしい指摘ですね。今だと、大沼さんより、先輩の方がずっと恐いw>『GE』
kichi >> 「ネギま」は地球の方がどう関わってくるのか単純にワクワク。ラカンのさらなる格上げも良かったですねぇ!
ルイ >> 【ガマラン】の赤石先輩(違)無双は時限つきですが、だからこそ今はとても爽快ですね。
LD >> チャンピオン紳士ってシルクハットでヒゲのおっさんのこと?(´・ω・`)
ルイ >> チャンピオン紳士・チャンピオン淑女は心に住むのだ。
LD >> そして巻頭はみのりんだったわけだ。
LD >> 『みつどもえ』オールカラーは良かったですね。
kichi >> 「ブラマン」、南海さんは生きてるとしか思えないですよねw ……なんにしてもなかなかいいヒキかと思います。
LD >> ところで、佐藤くんてどうなの?ふたばのこと?(´・ω・`)
ルイ >> 『みつどもえ』のオールカラーは熱いですねえ。村田先生のアイシールド・オールカラーに他た凄みを感じたけれど、それは画力というより、オールカラーへの取り組み自体ですね。この話、どう考えてもオールカラー仕様だもの。
kichi >> 「ガマラン」は……伊織をどうするつもりなんですかねぇ……。普通に考えると脱落しそうな流れですが……(´・ω・`)
カルマ >> 南海さんは絶対生きてるw>ブラマン
ルイ >> まず、チェック柄の衣装はここで一気に使う!という気概がもう熱いw普段は同じシマシマになるからな。
ルイ >> まあ、ここで南海さんが本とに死んでた場合、それは漫画としてはすごい「フラグ外し」の力を持つから、長期的にはすごく効くんですけどね。まあ無理だろうw
ルイ >> また、今回の『みつどもえ』普段より2P少ないのに展開的にはやりきってるのがネーム達人の気迫を感じるところ。これ、もう2Pあったらあと数人キャラ加えて回すんでしょうね。
LD >> 新連載の『てんむす』。これは『浦安』の萌えキャラ、ノムさんの登場フラグか?(`・ω・´)
ルイ >> ちゃんと茅原実里グラビア週におがちんの話を、しかもフルカラーだからこそ映える鼻血ネタで押し通すあたりに桜井のりお先生の匠っぷりを見たい。あと、みっちゃんと絡ませると中の人親友同士ネタ的に美味しい←
ルイ >> 【てんむす】新連載にしては30P台は抑え気味ですが、これは良いですね。明らかに佐渡川先生の所出身w
LD >> 【てんむす】単純に沢山食べました…ってだけでは、『回ら』ないはずで……味皇への道みたいな感じの話かな?
ルイ >> いや、僕は【咲】のイメージを観てますけどね>てんむす 食べ方ギミックと食べ物ごとの相性を描けば、咲ごときで人気になるんだからまあイケるだろうと←おい
カルマ >> 「GE」の大沼さんの駄目な危うさが逆に好きなのは僕だけかw
ルイ >> あとは可愛い子をワラワラ出し続ける漫画体力があるか、かな。初回から食べ方のフォームなどを描いているし、食べ物の「美味しそうに食べる」というハードルはクリアしているし、まあ新連載第一回としては充分でしょう。
LD >> 『弱虫ペダル』、ええっと何て言えばいいのかな?御堂筋くんと石垣くんのセットでキャラ格は上がったけど、勝負格は落ちたな…とでも言えばいいのか。
kichi >> 「みつどもえ」オールカラー良かったですね。比較的まともなポニテの子も髪の毛とか混ぜるのには疑問持たないのだなぁw 料理はできるとか案外まともな面も見せてるし、佐藤君に関することだけ異常という個性付けの部分の徹底の仕方が流石ですよねw
ルイ >> 【弱虫ペダル】御堂筋のデレ方としては最大限の譲歩という感じでとても良いところついていると思うものの、新開先輩まで抜いちゃう事に若干アララ感も覚えている。
カルマ >> 「てんむす」良いですね。実に上手い。天然子が好みというつぶやきもみたけど、今回主観になってる子(主人公?)の悔しそうな感じが可愛い。
ルイ >> ああ、そうですね。おがちん以前、眉毛に好きな人聞かれた時も真っ赤になって否定してたし、何かこう、彼女の「際」があるんですよ。そして詩織ちゃんまじ極悪で、あの色もオールカラーだからこその視覚的オチですねwちなみに、ふたばの胃にはノーダメージという所まで見えるw
LD >> 【てんむす】う〜ん、そういえば『トリコ』が美味しそうに食べる描写を追求していましたよね。なんにしても、ここは、手付かずの鉱脈っぽそうには見えますね。実際に何が掘れるかは分かりませんが。
ルイ >> とにかく数を出す!事を推奨したいですね、てんむすには。
カルマ >> 僕は「抜いた所で気力切れ」という感じで見てますね。抜くまでは良いけど、トップで風を受けたまま維持できるかは別では>「ペダル」
kichi >> 「てんむす」は、なかなか良かったとは思うものの……、食べ方のテクニックが結構興味深かっただけに、天子ちゃんの尋常じゃなさがちょっと度が過ぎるような印象を持ってしまったのですが……、う〜ん、まぁ、まだ様子見でしょうか。
カルマ >> なるほどw>ふたばの胃にはノーダメージ
ルイ >> そうなんだよなあ、伊藤詩織のあのオチは、オールカラーじゃないと一手間いるし効きも弱まるんだよなあ。桜井先生マジ匠。
ルイ >> うん。抜いたところで気力切れは全く同意というか、それ以外で納得するには、二日目終わったら足破壊されてるくらいしかないw
LD >> 『バチバチ』、かなり厳しい事言ってきましたね。
ルイ >> 【バチバチ】の先週からの絵面に対する更に上位からのツッコミにはメタ時代ならではのものを感じるなあ、と思っていたのですが、まあ、「巨人の星」もそうだったなあとか思いつつw
LD >> 【てんむす】そう、単に大食い勝負だと、必殺技繰り出すとか言っても、食えるか食えないかになってくるじゃないですか。だから別の視点のギミックが欲しいのですよね。
kichi >> 「弱虫ペダル」は……う〜ん?
ルイ >> 脳裏に咲のイメージがある以上まるで問題を感じ無いwここで求められているギミックは、だから、そのもの「たくさんのおにゃのこ」だって!w
ルイ >> あと、喰い方のバリエーションと演出。食えるか食えないかになってくる事自体は問題はない。
カルマ >> 「バチバチ」はきついですね…というか、これは周りより遅れてしまうかな。
ルイ >> しかし、親父はあんなガチな体格だったのに、その息子がでかくならない体質というのは、一歩間違えると母親恨みそうですよね。僕は正直、それを口にして姉ちゃんにぼっこぼこにされる所まで想定していたw
カルマ >> 部屋に入る前より痩せてるってことは、食事が悪い可能性もあって…お姉ちゃんが入ることで改善が見られたりするかな?>バチバチ
LD >> 『ナンバデッドエンド』は、ヤクザ問題は越えたかな。
ルイ >> 御堂筋くん、多分石垣くぅんがアシストの役目終える時「ザクやなかったな…」って言うお!>デレた
kichi >> 「バチバチ」は体質なのかぁ……。そうなるとますます技に方向転換するしかなさそうに思えますが……さて?
ルイ >> ああ、食生活のせい。なるほど部屋の飯がマズイのはその伏線w>バチバチ その場合姉ちゃんの人生全部囲う事になって結構重いな。
LD >> ああ、食えるか、食えないかは、単にそれだけだとって意味なんで、他に何か上手く入れば良さそうですよね。
kichi >> ふむ、その可能性はあるかもですね。>お姉ちゃんが入ることで改善
ルイ >> 【ナンバデッドエンド】はもう少し梶原を人情節演出してくると思っていましたが、まあギリギリ範疇かな。ヤクザだろうが上にいく奴はそれなり、というあたりの視点で納得は可能か。
ルイ >> 麻雀の場ルール一定だけど、食はそのもの、食材でバリエーション持たせられますからね。←いつまでも咲イメージ
ルイ >> ここで梶原がかつて社会から拒絶された回想回を挟むのが二流、三コマ挟むのが尾田栄一郎←何の話?
kichi >> ……う〜ん、咲読んでないからなんとも言えないものはありますが、基本的に不確定なものである運の強さと、体調くらいにしか左右されない食べられる量では大分意味が違うような気もしますが……、ま、大食い競技マンガになるのかどうかもまだ分からない段階ですしねw 様子見〜。
LD >> 『モメンタム』は様子見。悪くはなさそう。
ルイ >> 僕の脳内では、梶原はかつて完全に周囲の不理解によってドロップアウトしてたんだぜ。まあ、ヤクザ全般似たようなもの、という風に読む事もできるけど。作品は剛の凶器の沙汰に近い男っぷりに折れた形でしたね。なんにせよ一山超えたー。
ルイ >> いや、だから食材w>体調くらいにしか左右
カルマ >> 食材で得意不得意はあるかな。喰い方のテクニックってどれくらい見せれるかはわかりませんが。>てんむす
ルイ >> 【モメンタム】は悪くはないのだけど、寧ろこの作品こそワンギミックどうするの、という話に思える。ANGEL VOICEくらいガチガチに地味さを突き詰めるなら、それは味だけど。
LD >> 『ケルベロス』あかん……狗骸の服を手放すとか景くん、チョーカコイイ。そして、冬子先生、チョーエロい。(`・ω・´)
kichi >> ふむなるほど>食材   もっともこの娘、なんでも「美味しい〜♪」って言って食べそうにも見えますがw
ルイ >> 咲がヒットした時、僕はその辺の漫画読みとしての視点は一回捨てたところがある。ギミックとバリエーションは現代なら萌えとキャラ立てと口癖で代替可能だし、まあ、やっぱ、数だと思うwとはいえ、佐渡川先生門下だとガチに進んでコケそうな気もするんで、その辺は予断赦しませんね。でも一話自体に文句はない。
LD >> いや、まあバスケマンガは、先達がいろいろ見せてくれているからねw
ルイ >> 【ケルベロス】は、景くんの優先順位がはっきり行動になっているこのダイレクトさが心地良いのでしょうね。別に勝負を投げたわけじゃないけど、今のままじゃ変身もできないわけだし、けっこう是非もなく、自然に選択しているところが景のいいところ。
ルイ >> 先達がハードルも上げまくってますからねえ>バスケ漫画
ルイ >> 友恵が自分の意志で戦場に雪房ごと戻ってくる、というのが僕の望む理想型ですね。他のおにゃのこで代わりを果たす事もできるけど・・・。
LD >> 『てんむす』の一話自体は問題ないですね。ただ、このジャンルはまだ未開で、咲手法でやれば…ってのは意味は分かるけど、確信は持てないな…というくらいの感じですね。
ルイ >> そっすね。まあ現時点では素直に、大食いチャンピオン監修による喰い方テクニック講座もついてて案外ちゃんとしてるぞ?と。
LD >> 大ヒットを狙うならそうだけどw>ハードル
kichi >> 「ケルベロス」良かったです。
LD >> 『ハンザスカイ』は、一回戦の相手もそうだったけど、武道という一脈に対する先輩リスペクトがぱないですね。佐渡川先生の魂が入っているというか、良いです。
ルイ >> なんで友恵に戻って来て欲しいかというと、はからずも、というか計ってwカラス冬子が口にしている通りで「どこから悔い恨めばいいのか」という受身の発想から拒絶も来ているのであって、今も、あの第1話も、全て是非もなく選んだ選択なのだ、という覚悟を「自ら当事者となる事を選ぶ友恵】が表現できると思うから。
LD >> 『シュガーレス』、岳!ザコを引き受ける、ザコ退治を出番にするのはサブキャラの仕事だぞ!しかし、そんな事気にしないのが岳の良い所だ!(`・ω・´)
ルイ >> あと単純に冬子さんの恍惚の表情も、友恵の逆おひめ様抱っこも、ガチな首絞めも良かったw特におひめ様だっこは、直後の逆転を予感させるなあ。
ルイ >> 【ハンザスカイ】を支えているのは間違いなくそこでしょう>武道リスペクト 先輩が偉いのはより長く歩んでいるから、その一点だw
ルイ >> 【シュガーレス】は他の四天王たちが皆が皆岳の存在価値を言葉にしてくれるから優しいよねwシュガーフルだよw
LD >> 【ケルベロス】景が友恵に、真相を話さなかった問題って、そろそろここらへんで乗り越えて欲しい問題ではありますね。
ルイ >> 巻き込ませたくない、という優しさは、同時に当事者感を勝手に奪う欠点でもあるのでね。自らもそれを乗り越えてクガイになったのだろう?というフェーズなのですよね。
ルイ >> しかしハンザスカイ、野田くんは勝つ前にこのままじゃ悪堕ちしてしまいそうだw
LD >> そんな、周りから「あいつは凄かった」とか言われるけど、結局、上にいけないのが岳?w
LD >> 梅田先生はちっこいんだなw
ルイ >> いやあ、最初の頃から言ってるけど、岳ってチャッカマンなわけじゃないですか?チャッカマンは着火対象がいてナンボですからねwただ・・・・これは現状の話であって、最終的に「自分の中に燃える炎を持ち続けている奴が一番強い」とひっくり返る可能性も秘めているとは思う。
LD >> 『冥王神話』、最高潮ですが、なんとかサーシャにも参戦して欲しいのですが、このままの勢いだと見守って終わってしまいそうw
ルイ >> 梅田阿比先生が同じあの狭い会場内にいたかと思うと、ぼかぁもう・・・>スーパーバイトNJ
ルイ >> 【冥王神話】はいいですよねえ、良くないのが良い。←ルイ語
LD >> 『はみどる』……あれ?どの試験デュオも悪くなさそうだったよ?……やばくね?(´・ω・`)
kichi >> 「ハンザスカイ」、ほんと先週の感じだと結城君みじめ過ぎるなと思ってたわけですが、先輩力でベクトルを変えることが出来てて良かったですね。
ルイ >> 完全に最終決戦になって手代木先生のモノになっちゃってるんだけど、今回の聖戦は偽りの聖戦だし、この歪み具合、人の混ざり具合こそが正しくLCの世界なのだ、と思えるところが良いですね、という話。
LD >> 【はみどる】そして、いつもの一言。まっしゅるーむが売れないのはおかしい。(`・ω・´)
ルイ >> 【はみどる】は今回の組み合わせに限らず、仕事ごとのシャッフルは定期的に混ぜていくと良いでしょうね。キャラ描写の点でも、別の反応を引き出せるし。
ルイ >> 【キガタガキタ】この作品の電車の万能度は異常。
ルイ >> いやあ、恋侍利用してもう一人殺す事を選択肢に入れる真洞が一番怖いし、最後に案外いい女に嫌がられながらもまんざらじゃない古川が二番目に怖いし、この世界の妖怪たちはほんと受難だなあw
kichi >> 「冥王神話」は……良いのですけど、マクロ的な意味で魅力的な話が続いた後の最終決戦がかなりミクロ的な内容なのは、ちょっと苦しさを感じるかもですねぇ……。ま、これはこれで熱くはあるんで、やっぱサーシャも絡めたりとか、何かもう一捻り展開があれば……ってとこでしょうか?
LD >> 他事務所のライバルアイドルとか居ないですもんね。ライバルアイドルが欲しいワケじゃないですけど……こう、『やっぱり猫が好き』みたいな舞台劇になっていてw
ルイ >> いや、そこが良い。>ミクロ だってそういう話なんだもん、という結局感が良いですね。義務は果たしたよ、というかw
ルイ >> ライバルアイドル、別に出してもいいとは思いますけどねえ。まりお先生キャラバリエーションもうないんじゃね?w
LD >> 『キガタガキタ』え…っていうか、この古川って、他の彼女つれててリア充なの?w
ルイ >> 寧ろ西条先生のキャラは、笑顔よりドツンの方が可愛いんで、古川はマジリア充。
LD >> 【冥王神話】最後が“ここ”に収束するのは、必然にして予定だった事ではありますね。ただ、周りにあまりに英雄たちが多過ぎたせいで私情で拳を振るっていると、ちょっと格落ちに感じる人がいても無理なき事かなと。
kichi >> ああ、確かにw>笑顔よりドツンの方が可愛い
ルイ >> 格落ちに感じ無い人っているのかな?ミクロを見ないマクロが結局ロクな事にならぬように、ここで格を落とす事自体にしびれるという言い方になるかな。
ルイ >> 色々な英雄たちの物語を描ききった先がこれっていう、しょぼさが素敵!褒めてない?w
ルイ >> ああ!古川の名前「満流(みつる)」だ!wこの野郎!w
LD >> いや、アーロンと、アテナの描写はそんなに悪くなかった……っていうか、むしろ良かった。でも、そこに天馬が入るとって……なんだろうwこの居心地の悪さw
LD >> 真洞さんは両天秤にかけてて、なかなか強かでかわいいね。
ルイ >> 手代木先生のポジショニングなんじゃないかな、アテナはw
LD >> んじゃ、天馬が車田先生だw(゚∀゚)(←)
LD >> ジャンプいこうず。
ルイ >> 【BLEACH】が何かもう自由だなあ。ONE PIECEより余程二周目感があるというか、今更こんなハウス修行って!何巻続いた連載だ!
kichi >> 「フルット」のオチが結構ツボでした。あの体勢で思ってるのがいいんだろうなw
LD >> 『ワンピース』は、冒頭で話をしましたね。どうも2年後の世界というのが、そんなに展開に違いがあるワケではないんだと拍子抜けした感は否めないところがありますね。
ルイ >> 展開もそうですし、尾田先生の取り組み方というかな、そのレベルから違いはないですねwここから50巻だず!
LD >> 『トリコ』は、そんな凄い美貌でもないけど……まあよい。(´・ω・`)
kichi >> 「ワンピ」はそうですね。……ま、このペースに入るのはある程度予想してたのですけど、二年後開幕後しばらくはもうちょっと世界情勢を見れるような話を期待してたのですが……、海中に潜っちゃいましたねぇw
ルイ >> 【トリコ】フェロモンは食事と違ってビジュアル化しきれませんでしたねwまあ食と違って他の比較がない…つまりフェロモンの上下という描きをしない以上は、ベクトルだけで良いんではないですか。
kichi >> ……でもま、あの魚人はまさかこのエピのボスってことはないと思うんで、ゆったりペースながらも大きな話も絡んだエピソードになっていくことは期待してるんですけどね……。
ルイ >> 【バクマン】の新人クンが面白いポジショニングですねえ。漫画家の計算、天然という軸に今昔の軸を入れてきたという事ですよね。
カルマ >> 「ワンピ」はもうちょっとね、世界を見たかったですよね…
LD >> 【トリコ】ゼブラの持つキャラの雰囲気は悪くないですよね。ある種オーソドックスなキャラなんだけど、2、3の味の利かせ方でけっこう大きな存在感が出ている。
カルマ >> 「トリコ」んー、美人はあまり描けない人なんですか…?
ルイ >> そして、編集者より信用に足る読者意見、と言われたら、僕ら草の根オタクはあんまり批判する言葉を持たないwそのあたりも含めて上手いし…まあ、ここで編集者側の矜持をどう魅せてくるかに興味がありますね。ファンを落とすのは簡単なんですよ、あいつらは風見鶏だ、みたいにはすぐ描ける。でも、それじゃ物足りないというか・・・編集者の真正面からのアゲを期待。
LD >> しまぶーは今まで描いた事がない。メルクさんで相当がんばったw
ルイ >> うん>描けない人 で、それに対する答えもさっき書いた通りで、まあ、ここに階層を設けるなら欠点。二度と触れないなら流すところ、かな。
LD >> 『バクマン』、七峰くんは新妻エイジ“みたいな”事を、計算でやる所がすごいキャラではありますね。あくまで、みたいな事ですけど。
kichi >> 「トリコ」、ゼブラの罪はある種を絶滅させるほど食べ尽くしちゃったとかですかねぇ。存在感出てて良いですね。
ルイ >> しかし、エニグマ大人気だなぁw
LD >> 【バクマン】描写を見ていると、編集長と服部さんは何か気づいているようにも見えますね。…キャラ格的にもw
ルイ >> 読者はそのうち見ぬくぞ、みたいな話はちっとつまらないなw
ルイ >> 厳しい時代のジャンプならバトルのまま終わっていそうな【逢魔が時動物園】が最近読めるのよね・・・
ルイ >> 一方【保健室の死神】はここから「らしさ」をどこまで維持できるか。デュラララに例えていたんで、まあイザヤが出てきてもいいんですけどw
LD >> 見抜くというか、見抜かれたっていいんですよね。面白ければ文句ない。炎上マーケティングみたいな事をすると相当嫌われるでしょうけど、線を守った売名は好意的に受け止められもする。
GiGi >> バチバチはてんむすとコラボしてみたらどうかな。
kichi >> 「バクマン」七峰君はやはり面白いキャラですね。もっとも、サイコーシュージンのやり方をさらにエッジ効かせてる感じでもあるんですが、ドライさが実に今風ではあって。福田組みたいな熱血傾向とは、どっちかというと対立しそうな気配?w
LD >> 新妻エイジも、予定されていた連載とは違う作品描いて呼び出しくらって、その場でネーム描いてOKもらってるワケですが。七峰くんは自分の才能を計って、それを意図してやっている。強くて、恐い。
GiGi >> 編集長は気付いているように見せて、その上で七峰くんは編集長が気付いていることに気付いてないように見せてるのが上手いですね
LD >> ああ、福田さんとは目茶目茶意気投合するか、徹底的に嫌われるかの両極という感じはしますね。>七峰
kichi >> あ、あと、そいえば先週書き忘れてたけど、先輩風吹かせてる港浦さんがちょっとウザかったw 編集アゲの展開が順当そうですけど、それもそれで大変そうではあるなぁw
LD >> 「気付いていることに気付いてないように見せてる」というと、「気付いていることに気づいている」って事ですか?
GiGi >> いや、基本的にサイコーたちの前の七峰くんは裏表ないと思ってます
ルイ >> 見せるの主語は全部作者にかかるって事かね。
kichi >> 「逢魔ヶ刻動物園」なかなか良くなってきてますよね……。
LD >> 『ブリーチ』と『べるぜバブ』が、修行フェーズなのか…。
ルイ >> バブは古市が動く分には面白いのだけれど。
ルイ >> そして【ぬらりひょん】はショートエピソードで茶を濁しにいったらコケた、とwジャンプ隙だらけだな!
LD >> うん。何しろ、気づいている事を言い当ててもそんなに意味ないし、天然だろうと裏があろうと、持ってきた原稿が面白ければそれでいいんだよね。
GiGi >> 持ち込みネームがシンジツの教室の直しではなく新作ネームだったあたりが、七峰くんの2段構えの策を透かされた形になってるあたりがポイントかな。
ルイ >> エニグマ的題材を選んだのも、「エニグマより面白い」という反応を狙ったのだと考えると、これは公開disだなw
kichi >> 「保健室の死神」……アガペはあの子供なのかな?
LD >> 読切の『エンマ・ガベル』は、面白かったのだけど、何か微妙に違和感が残った。…キャラの動きが微妙に腑に落ちないというか?
GiGi >> ああ、そうです。読者から観てそう見えるという話>見せる
LD >> 『エニグマ』、今週緊迫感があってよかったです。
ルイ >> エニグマの緊迫感なー。(色々含み
kichi >> ああ、「エンマ・ガベル」は、ヒロインが鬼化する理由とかタイミングとかにもう一工夫する余地を感じましたね。
ルイ >> 【エンマガベル】ふむう…いや、新連載で試してみるのも悪くないとは思いますが。
LD >> 『めだかボックス』、トランプ、いい武器じゃん?(´・ω・`)(←)
カルマ >> 「エニグマ」んんー…
ルイ >> 【めだかボックス】の仮想敵とする「少年ジャンプ」をはじめとした対象はいくらかの突込みどころも残していて。それも含めてまーいいやとやっちゃってる所が面倒臭いですねw
LD >> それから“大嘘憑き”と“正喰者”ね。どちらも、有ったことを無かった事にする能力ですが、一方は、オールフィクションで、もう一方は、リアルイーターか。成程。
ルイ >> エニグマに緊迫感を感じた事は今週含め一度もないよ。一応言っておく。
kichi >> 「めだかボックス」、確かにあれがキレどころってのはよくわからんというか、あれでキレるのはよっぽどキレやすい人って印象なのが正直なところw ……それはそうと、不知火の能力はリアルイーターかぁ……φ( 。 。 )ふむ
ルイ >> しかし日之影先輩の哀れったら無いなあw
ルイ >> あれは西尾先生が大好きなジョジョの、仗助が頭にプッチンくるやつのオマージュでそw
カルマ >> ん?リアルイーターはそういう能力なのかな…?ちょっとわからんです
LD >> 『逢魔ヶ刻動物園』は、日常パートがけっこういけますね。…なんか、上手いバランスというか配合がありそうですね。
LD >> オマージュなんだw
ルイ >> 日常パートだと、参考はネウロだったよね、みたいなところまで立ち返れるというかね。
LD >> ええっと、球磨川と不知火が、同じだという言説に従うなら…ですね。怪我をしたとき、多分、「怪我をなかった事にする」と、「怪我した現実自体を喰ってしまう」くらいの違いかなと。
LD >> さて、一番を決めましょうか。
kichi >> 「ぬらりひょん」はアニメ見てたからショウエイのキャラ知ってましたけど、原作にこのキャラ出て来てましたっけ?w
LD >> サンデー。『マギ』と『アラゴ』と『BE BLUES』がよかったかな。
ルイ >> バクマン、マギ、AKB49、みつどもえ、シュガーレスって所かしらかしら。
LD >> ああ、いましたよ。アニメ通りでよいです。>ショウエイ
ルイ >> いかん、てんむすかしらかしら。
LD >> マガジンは『AKB49』な。
LD >> チャンピオンは『てんむす』と『ハンザスカイ』かなあ…。
カルマ >> サンデーは「マギ」ですね
kichi >> サンデーは……「マギ」かな。
カルマ >> マガジンは「AKB49」
LD >> ジャンプは『バクマン』だな。
ルイ >> まあ今週は【AKB】か【みつどもえ】か【てんむす】なんじゃないかなかな。
kichi >> マガジンは……「AKB49」かな。
LD >> む。『マギ』が評判ですね。
カルマ >> チャンピオンは
kichi >> チャンピオンは……「みつどもえ」かな。
カルマ >> 「みつどもえ」か「てんむす」?まぁ前者ですね
ルイ >> というより、今週のサンデーは全体的に凪ってる。
カルマ >> ジャンプは…まぁ「バクマン」かなぁ
kichi >> ジャンプは……「バクマン」か。
カルマ >> まぁ今週のサンデーなら、という感じですね>マギ
LD >> 僕はチャンピオン、『ハンザスカイ』がよかったんだけどなあ…。
ルイ >> 6Pのみつどもえを推そうかな!
ルイ >> ハンザスカイは先々週に候補にも挙げなかった連中が以下愚痴でゲソ。
LD >> 『マギ』、『AKB49』、『みつどもえ』、『バクマン』といった所でしょうか。
GiGi >> てんむすはすごく佐渡川先生っぽかったですね
ルイ >> うん、溢れてましたね、佐渡川先生ぽさがwすぐ巻末の作者コメント見ましたもんw案の定だったけどw
ルイ >> 佐渡川先生にヒロインの少なさを学んでいない事を祈る。
LD >> 今週は『みつどもえ』にしましょうか。
GiGi >> まあAKBでも問題ない
ルイ >> ・・・そういえば【バキ】の大告白をスルーしてるぞ、今週の一番ッッッ
LD >> では『みつどもえ』にします。
ルイ >> AKBかみつどもえで、ショート滅多に出ないしAKB斤量だし、考えるほどに「ここしかないタイミング」でこの回を持ってくる商業作家としてのセンスというか計算というか、そういうものに敬意を表してみつどもえ。元々ネームは気付けば仙女だし。
ルイ >> しかし桜井先生、アシスタント雇ってからオールカラーとか引き受けた方がいいんじゃまいかw
ルイ >> AKBは今週で更に傑作ポイント上乗せですしね。今の所「今年の一番」状態ジャネーノと。
GiGi >> みつどもえ面白かったけど詩織ちゃんのキャラ把握してないのでオチの理解ができてない
カルマ >> AKBは凄く好きだけど予想通りというか。そういう意味でもみつどもえのがカラー活かした話含め良かったですね。 AKBも「予想通り感動できる」状態まできてるのが凄いってのはあるんですけど。
ルイ >> あ、【医龍】終わりましたねー。とても美しい最終回でした。
LD >> さて、ルイさん、そろそろTVアニメ放談の時期ですが。来週どうでしょうか?
GiGi >> 医龍はこれ以上が考えられない見事なエンディングでした
ルイ >> いつでも構わないのですよ。最新話は地域差もあるしそこまで頑張らなくていいんですよね?所感だし。
ルイ >> これ以上…まあ色々思いつく事は思いつくのですけど、それが全て蛇足に思えるのが「キャラクターが生きている」という事なのかなと。true tearsのBD追加映像のような美しさだったw
カルマ >> そういえば、今週の詩織ちゃん読んだ状態でさっきの関西みつどもえ観たらそこでも凄い策士してて、良いシンクロでしたw
GiGi >> カペタも素晴らしい。ノブも前に進んでる
LD >> そこまで頑張らなくていいし、所感です。じゃあ、来週の土曜のチャット前くらいかな?
ルイ >> アニメで詩織ちゃんのキャラ推しもしているしねw単行本になった時、この週茅原実里グラビアだったんだよーとのちの世代に伝えなければなるまい←必要ねえよ
ルイ >> カペタSUGEEEEEEEEEEEかった!!
GiGi >> 今期所感?
ルイ >> 普段カペタに味わう種類とは違う鳥肌でしたよ。そして、何気に昴〜MOONを描いている作者だけに、喩え話の説得力が凄い。ああいうのが自家発電の積み上げですね。だからガンダム00はTVシリーズやっといて良かったんですよ(?)
LD >> 『医龍』は、ほんと、木原もそうですけど鱈渕にも出番を与えてますしね。国立のかみさんが帰って来ているシーンに感動しましたがw
GiGi >> フラクタは投げたので面白くなったら教えてね。安心の全話パック購入なので最終回だけとかでもおk
ルイ >> フラクタルを愉しく見たいので、僕のフォロワーさんが監督と原案者のリツイートを放りこんでこない事を祈るばかりw
GiGi >> スバルとの違いを明確に宣言しましたね
ルイ >> あの人達自己矛盾甚だしいというか、体系だてて観る事に拒否反応もったりする癖に本人の動向が全て作品に膜張るからな。
GiGi >> 上島メソッドか…
LD >> 今期所感です。TVアニメ。GiGiさん、最近、いろいろ観ているみたいだから出てみる?
ルイ >> 昴の連載の方も最近一周して肯定的になってますけどね。最初「降りてきてる」感覚が不満だったのだけど、あと少しで言葉にできそうな感じが…
GiGi >> 代わりに噂のこれゾンとかでも見るかな
ルイ >> これゾン、こういっちゃなんだけど僕くらいしか噂にしてる人を周りに見ないw
LD >> む。『フラクタル』観てないのか(汗)
ルイ >> スバルといえばようつべのスバルアニメは今季扱い…でもないかw
LD >> いや、『これゾン』初見としては楽しかったし、好きだよ。ただ、ちょっと追うのがあとになっている。
ルイ >> 4話がちょっと…僕の中であっと感じるものがあったので、是非そこまでは。>これゾン
LD >> 『お兄ちゃん』も良いね。楽で。超原子核。
ルイ >> お兄ちゃんをアベレージ設置すると、やはり今期は前期よりは…という事になるのかな。まあ、その辺本番で。
ルイ >> みつどもえは関西最速の埼玉アニメなのよね← 魔まマは現象として諦めてるけど、みつどもえは環境的にもにょってもカルマさんには許してもらおうw
GiGi >> や、ちょっとしばらく夕方は空きそうにないです
LD >> うん。では、本番でね。
ルイ >> ISでは楽になれないのは何故なのか、本番でLDさんに解説してもらおう。
ルイ >> まあ、富山未放送だったtrue tearsを思えば、やはり贅沢の範疇ですね。甘えてはいかんな。
GiGi >> フは4話までみたよ!自分で自分を褒めてあげたい。やはり先払いすると観る意思がむいて良いですね
LD >> う〜ん、夕方じゃなくって21時くらいの開始を考えているけど『フラクタル』はずして、『これゾン』これから…みたいな感じだと、出てもらってもスポット的になっちゃうかも。
ルイ >> ギギさんは魔まマラジオをするなら参加したいのですよね。僕はAKB49ラジオをやるなら参加したいけど、前の少年誌ラジオは若干そんなんだったかw
カルマ >> 僕はあんまり展開そのまんまのネタバレ実況したりしないつもりですがw
ルイ >> 先払いしてるのにそこで降りるのかw>フ
ルイ >> いや、ネタバレなんて気にしてないですよ。見られる事自体にジェラってるだけですw
GiGi >> まーそのうちまどマギの話しましょう
カルマ >> ISとかRioが癒しというか気楽な視聴向けに作用してるのがTL観てて面白いですねー
LD >> え。『IS』も好きだよ。ただ、確かにもっと硬いハーレムかも。
ルイ >> ISで癒されるとな〜。くそう、まだまだハーレムでいいんじゃないか、皆…(?)
LD >> 一応、ラジオの候補としていますw>『まどマギ』
LD >> では、そんな所でお疲れ様でした
ルイ >> まあ、そんなこんなで。FateZERO読んだ流れでFate久々に始めちゃったんだけど、観直しに時間あてようかなw
LD >> あ、うん。Fate/ZERO読まないとね。
LD >> それではお休みなさい。
ルイ >> 4日で4冊読んでしまったでがすよ・・・
GiGi >> fate/zeroは素晴らしい
ルイ >> ねー。あれ読んだ後だと、原典にZEROのライダーさんが召喚されなかった事が悔しくて仕方ないw
GiGi >> まどマギと放浪息子はここからアニメ版fate/zeroにどう繋がるかという視点でも見てたり
ルイ >> 基本マブラヴオルタの視点で観てはいるかな。
GiGi >> 青髭やイスカンダルはもう聖杯戦争に召喚されることはないのだろうなという予感も含めて良かったりもしますね
ルイ >> 満たされましたからねえ。
ハラルヤ >> お疲れ様でした。


■■■■2011年02月10日■■■■
LD >> 【今週の一番】チャットは2/12(土) 24:00から開始予定です。 http://www.tsphinx.net/manken/chat/chat.php
備品 >> http://deagostini.jp/rbx/ ちょっと驚きました


■■■■2011年02月11日■■■■
備品 >> 頭部のデザインが柔王丸を彷彿とさせますの
備品 >> と思ったらホントに神谷みのるデザインだったのね


■■■■2011年02月13日■■■■
LD >> |ω・`)
ハラルヤ >> |(&#8255;&#9685;)
ハラルヤ >> あれ?キュゥべえのAA使えないのか。
LD >> |ω・`) ちょっと待っててね。
LD >> みんな〜?
kichi >>     こんばんわ〜(´・ω|
名無し >> こーんばーんはーっ(子供風に
カルマ >> む、キャッシュが
カルマ >> もとどーり
LD >> こんばんは。さっきまでラジオやっていたので、その整理でちょっとバタバタしています。
LD >> 今週は、何からでしたっけ?
LD >> マガジンからだな。
LD >> …む?ルイさんが来ない?
LD >> さて、お待たせしましたが、一番を始めましょう。
LD >> 新連載の『この彼女はフィクションです』は、かなり面白そうなんですが、どうなんでしょうね。
kichi >> 。o(……そういえばまだ読んでなかったなと思い読み始めるなど……>新連載)
LD >> 手塚先生の短編、『ルンは風の中』…だったかな?を思い出したりしていましたが、その上を行くイタさな面がありますね。
LD >> うん、しかも、登場の仕方を見ると何かの犯罪にしか思えない。(´・ω・`)>『彼女はフィクション』
カルマ >> 新連載いいですね。おもしろい。
ハラルヤ >> 部屋一面の絵は、けれんみのある良いコマですよね。ノートにオリキャラなんて目じゃない圧倒的になどん引きポイントw
kichi >> ほほう、「ルンは風の中」(だったと思う)はかなり好きな作品でした。ほほう(まだ読み中)
LD >> 近い、作品で思い浮かぶのは『AIがとまらない』、『ぼくのマリー』あたり。さて。
カルマ >> 捨てたんだ、と言いつつも未練がある感じですね>壁一面
LD >> 現代的に言うと、こうやって現れた女の子の身元を誰が保証するのか?とか、学校に通えるの?とかいろいろ気になる所です。
カルマ >> しかし最近マガジンで観る新しい読み切りや連載が似たような絵に見える…なんかあんのかな?
LD >> 普通、部屋一面の絵は、サイコさんとか、ストーカー表現でよく描かれるシーンですよねw しかし、それを想いの強さに変換しているのでしょう。
kichi >> ……読了。……その辺含め「ルン」とは大分違うような……という気分がしつつも、まぁ、解釈次第ではあるのかなぁ……?う〜ん。
LD >> あ、はい。『ルン』を思い出しはしましたが、同じというワケではないですね。
LD >> 『AKB49』の舞台整備さんが、アイドルかそれ以上に飛び抜けてカワイイのは何故なんだぜ?(´・ω・`)
kichi >> でもま、とりあえず面白そうですね。想いの強さの裏返しのイタさにせよ、着地をどっちに寄せるのかって辺りの興味にせよ。いろいろ楽しみな出だしです。
ハラルヤ >> 頭の○×飾りが気になってますね。あのノートの設定ちゃんと読めば載ってたのかな。
LD >> 設定の内容は読みましたが、イタイけど。良し。というかイタくて悪いか?って共感してしまった。
ルイ >> んあ…今オキターヨ。おはようございます。
LD >> (´・ω・`)。o(…なめられてる…)
カルマ >> AKB<かわいいこととアイドルであることはイコールじゃないので。それは。
ルイ >> ペロリスト呼ばわりとわな…えと、マガジンですか。新連載は、日本的連載ですねw
LD >> なんだろ。岡部の変わってない所、岡部だなって思えてよい。>『AKB49』
ルイ >> 【GE】がもうすぐ終わるという事でマガジン全体のバランスはこれでいいのですかね?>フィクションです やはり痛ノートの2Pが圧巻でしたね。素晴らしく痛い。そして部屋中に貼り付けるのは痛さ越えて彫像を愛した芸術家なみの自己愛も感じますがw、まあ、他の女の子に脇目ふらず一人の女の子を「詰めていた」というのは、色々と下支えになる要素で良いですね。
ルイ >> 長年一人の子だけ描くというスーパーな行為の前では「まあ、絵が女の子になるよね」くらいに思えてしまうウイングマンパワー(?)が良い。最終的に客人、キューピットで終わるのか、この辺のシンプルな構造で済ますのかにも注目ですね。
LD >> 『君のいる町』……もう、かんべんしてやれよ。(´・ω・`)
ルイ >> 【AKB49】はリアルにこういう生き字引さんはいるのかな?教えてエロイ人。なんにせよこういうキャラ格の高い人は無条件で好きw
LD >> 『フェアリーテイル』ですが、ん〜っと?ぜレフは今の状態だと、まだ弱いって事かな?
GiGi >> 先輩と共犯関係になりそうなのもポイントですね>非実在彼女
ルイ >> 【君のいる町】は、酷い事言い出してますねえ。本当に好き?と問われたら大体の人が無い傷を産み出してしまうじゃないか・・・
LD >> 1万円で満員って展開を納得まで持って行くにはいくつか仕掛けが入りますよね。さて。
ルイ >> よくわからない理屈でごまかさないで、サッサと共犯にしてくれた方が面白そうですよね。
LD >> 初動の展開予想としては、良い感じですね。> 先輩と共犯関係になりそうなのもポイントですね
ルイ >> 【AKB49】は秋元康までageるのか・・・というか秋元さんの脇にいる人もいいw
kichi >> 「君町」なー(´・ω・`;)ま、とりあえず明日香ちんがちゃんと気にしてくれて良かったですが。……しかしどうするんだろうなぁ、この話……(´・ω・`;;)
ルイ >> 【フェアリーテイル】の速度はなかなか良かったですね。切れてヒイて負ける。しかし爺ちゃん結局どないやねん。
カルマ >> 「君町」本当とか問うとか…一定以上好きなら好きでいいじゃない
ルイ >> まあ、シビアな恋愛観の作品ならそれでもいいんだけど>本当か問う 君町でいきなり踏み込まれても困るw
ルイ >> 【ガマラン】あー無双タノシスなぁ。終わってしまったが。
LD >> 「ホントに好きなんですか〜、明日香さんのコト」と言われて、そうだったかも…となるのは“無い”ですねw
ルイ >> 【A-BOUT!】柾木も二戦目は無理だと思うくらい傷を負ったな…しかし一戦二話は速度的に速い方でしょうけど、それでも朝桐出てくるまでこれはちょっとキツイですね。
LD >> >一定以上好きなら好きでいいじゃない|ねえwそこを詰めると、それはそれで恐ろしい事が起こるよとw
kichi >> 「フェアリーテイル」、ゼレフを“手に入れる”って表現はちょっと気になる感じではありますね……。
ルイ >> 【むろみさん】はぽて腹だわハーピーまでも子供産みたがるわ、最高や!!
LD >> 『ベイビーステップ』、井出との対決の描きはいい。スターキャラと戦うという話はしても、主人公キャラみたいなのと戦うって話はなかなかやっていないと思う。
ルイ >> 【ブラッディ・マンデイ】は呼吸をするように南海さんが生きていた。まあ、まさか!?生きていたのか!?的に描かれても困りますがwそれはビーストだけでいい←まだ言ってる
kichi >> 「ガマラン」は単純に陣介を倒そうってわけじゃない目的があるわけなんですかね?一体なんだろう……?
LD >> 「ゼレフを“手に入れる”」って言っても、ゼレフはそんな甘くないと思いますね。彼の設定格は『フェアリーテイル』中、最強クラスでしたから。
kichi >> ほう。実は初期から出てたキャラだったんですか?>ゼレフ
カルマ >> ゼレフがこのエピソードだけで消費されるキャラではないでしょうしね。このギルド利用して目覚めて…果てはラスボス?
kichi >> 「GE」はゴールしたってことでOKなのかな……? しかしさすがにこれで終わりだと大沼さん不憫すぎるな……(´・ω・`;)
LD >> 『ネギま!』はついに来たなあ!って感じ。すっげえどきどきする!w
kichi >> 「ベビステ」は、ほんとに井出がジャンプ主人公みたいなタイプなのがいいですねぇw
LD >> >実は初期から出てたキャラだったんですか?>ゼレフ | そうです。名前だけなんですが。世界にその名を残す大魔導師として。『フェアリーテイル』の読者はその名前を聴けばそれで戦慄を覚える…というはずです。ただし、最近、出てなかったからなあってのはありますがw
ルイ >> 【ネギま】は激突前にのどかがほぼ勝負を済ませている感w
カルマ >> 「ベビステ」みんなの期待の数だけ強くなれる…だが断る、そげぶ、みたいなAAできそうだw
カルマ >> 「ネギま!」のどかはほんまに強いなー。
LD >> ゼレフの格を考えると、ラスボスまでありますね。ゼレフと、ジークレインが、この物語の二大仮想敵だったはずなので。
LD >> いや、決着の予想は大体つくんですけど、その経過が楽しみなのよw>『ネギま』
kichi >> なるほど。だったらこのエピは全体から見たらゼレフ覚醒編みたいな感じになる可能性が高いのでしょうね。>大魔導師
kichi >> 「ネギま」は素晴らしいクライマックス感ですね。wktk!wktk!
LD >> そのゼレフを食う事で、今の敵の格をあげる事もできますけど、まあ、もう一波乱はありそうですね。
カルマ >> 「むろみさん」イエティは可愛いけど一応オスなんか。 あと、たっくん裏で人魚に求められまくってそうだw
ルイ >> イエティは性別不詳を引っ張りすぎて、もう男にするしかなさそうだな。
LD >> 『A−BOUT』ですが、熱い!熱い!(`・ω・´)そして、その戦いを桑村が目撃していないのが不憫でならない。
LD >> YOSHI!そろそろチャンピオンだ!(`・ω・´)
ハラルヤ >> 『ネギま!』は物語のクライマックスと連載の終わりがリンクした作品になりそうなのでワクワクしてます。
kichi >> 「むろみさん」はやっぱ腹ぽてにちょっとビビったりしつつも良いですw
LD >> 新連載、『囚人リク』なかなか面白そうですね。というか設定の飛び方がなにか懐かしさを覚えます。
ルイ >> 【囚人リク】は予想していたより面白いですねえ。裸足のゲン的な生命力を主張しようとすると、今ならこういう設定になるのかな。
kichi >> 「エアギア」、覚醒ブッチャさんはやっぱ良いなぁw あと爺さんもやけにカッコいいんですがw
LD >> 『弱虫ペダル』は、ここらへんが、御堂筋の限界かな?
ルイ >> 覚醒ブッチャさんはねぇ。最高ですね。
LD >> 『エア・ギア』は、ブッチャさんと、アイオーンが、僕の心の糧ですw
ルイ >> 【弱虫ペダル】今回の御堂筋はこれまでとは違う凄み描写ですね。実力より完全に肝というか、覚悟の領域で上回っている。何が彼をそこまで駆り立てるのか・・・
kichi >> 。o(囚人リクも読まなきゃか……)
カルマ >> 「ペダル」ここまでとの読み
カルマ >> ここまでとの読みからさらに御堂筋が行くのがいいですね。
ルイ >> 御堂筋の得体のしれなさは減じているのに、別の興味が出ているところですねえ。
kichi >> 「ペダル」は、ふむ……。まぁ、1km残ってることを考えると逆転する可能性の方が高そうには思いますけど……、エースの本気を見れるのは3日目かな?って予測もあったもので、案外わからない状況にも思えたり……。その良し悪しは別として、ですね。なんにしても今回の御堂筋の凄みはなかなか良かったです。
LD >> 『てんむす』、ルイさんの『咲』の見立てがはまりそうですね。その上で、大食いテクニックを挟みこんで愉しませようとしている。
ルイ >> 【バチバチ】は、もうこっちが現実になーれ。
LD >> ん。よい指摘ですね。>御堂筋の得体のしれなさは減じているのに、別の興味が出ているところですねえ。
ルイ >> 【てんむす】の2話は滅茶苦茶いいですね。こんな良い2話は久々に見た←変な言い方
カルマ >> 「てんむす」は良いのですが、今回のカツ丼があまり美味しそうに見えなかったんですよねえ…タマネギとか虫っぽく見えて少しグロかった(汗
ルイ >> 単行本買う事を決定してしまったず。>てんむす
kichi >> 「てんむす」2話良かったですね。落としどころも気持ちいい。
ルイ >> ページをめくるという行為の面白さを、ちゃんと掴まえたネームを切ってますよね。最初のページめくりの牛乳とパンのズコーな落差と、化物カツ丼の異様なインパクト、一話の中に二つも「めくりどころ」があって最高です。
ルイ >> 食道楽版【咲】になってくれるのは望むところですね!!
ルイ >> 大食い雑学を1つ散らし、各キャラも立てつつ、食べ物のインパクトもあり、食べている表情も良く、幼なじみくんの解説位置も綺麗。これ以上何を望むというのかー。最高の2話やー←だから変な言い方
LD >> 『バチバチ』は、相撲業界が厳しい時に、いろいろ厳しい展開です…。(´・ω・`)
ルイ >> しかし、後援会というものは相撲の本当の稽古を観ているから支援するのですよね。今相撲界を賑わせる八百長問題は、ちょっと視点が狭い上に、その狭さを全体に適用しようという傾向があるのが怖いところ。
kichi >> 「みつどもえ」はやっぱ関係性の変化も丁寧に描いてるのが良いですねぇ。さっちゃんが夏休み泊まりに来てなければありえないオチだなぁ。
LD >> 『冥王神話』は、ちょっと上手く言えないんだけど、天馬の格は上がらないんだけど、その拳が冥王に届き得ることには納得がいった。
ルイ >> 【みつどもえ】はねぇ、なんか凄いですよね。三女はまだクラスでは三女扱いなのだけれど、多分このエピソードでまた距離が縮まったなと。ひとはが皆に受け入れられる軸の物語がw
LD >> なんにせよ『バチバチ』は、ある意味、ずっと逆境の中(本当にこの連載中に様々な不祥事が報道された)ずっとがんばって、良い相撲マンガを書き続けてきています。
kichi >> 「バチバチ」は、とりあえずメンタルな方からですか。そこで後援会という描きもなるほど、良いですねぇ。
ルイ >> 【ナンバデッドエンド】が上手いですねえ。こういう所作レベルのウマさが出せる人なんだな。小沢先生。
ルイ >> 皆の表情や動作が抜群で、ケンカも何もないのにじっくり読んでしまった。
ルイ >> 【聖闘士星矢LC】は、ヤトやユズリハの天馬をあげる正当性があるからこそ、なおの事それを妨げる展開が悪趣味なウマさでしたねえ。
ルイ >> 超マクロに超ミクロで挑む納得感ってありますよね。一点突破といいますか。
LD >> うん、『ナンバデッドエンド』が、こういう小さな芝居に支えられて成り立っている事がよくわかる一回だと思います。
LD >> >超マクロに超ミクロで挑む納得感|これって『聖闘士星矢』のテーマそのものですよね。だから天馬はあれでいいと思える。
ルイ >> ですね。そもそもが悠久の時とスケールを生きる神々に人が挑む話、か。
カルマ >> 「バチバチ」は…難しいなあ。どう展開するのかな…
ルイ >> うーん。>バチバチの展開 小兵である事を受け容れる、という形は…実際の力士としては「ある」けれど【バチバチ】という相撲漫画としてはちょっと違いますよね。
LD >> 『ケルベロス』は、金谷さんや、島田さんの強さがちょっと沁みたw
ルイ >> 【ケルベロス】もまぁムチャクチャ良いですね。ここで島田さんを出し忘れる人は漫画描くな!的に良いw
ルイ >> 喋る犬と普通に会話する流れも納得高いし、コナンと蘭はいつまでグダグダしてんだろ←何の話?
LD >> でも、一概に、小兵である事を否定するのも何なんだし、小兵である事を受け入れた時、身体もついてくるというか…そういう流れがいいかな?とか。
ルイ >> 哲学的だが体質問題ですぞw>小兵であると受け入れたら身体もついてくる
kichi >> 「冥王神話」は、そうですね。まぁ、展開にもう一捻りあるっぽいことへの期待感も込みでですが、天馬がこれでいいという納得感はバッチリで良かったです。
LD >> もう、蘭は、“そういうもの”だからw
ルイ >> おのれー>そういうもの 
カルマ >> 親方が小さい体で巨体を持ち上げる「身体の使い方」を示唆していたけど、それでは足りない話にも思えて…んんー>バチバチ
ルイ >> 雪房のフォーマットの中には、まあ「とら」もいるのでしょうけど、それにしてもキャラクター間の絡まり、会話の運びが素晴らしいな。雪房は景と違いハーレムメーカーでもないのに、会話するキャラクターごとに相手と別の空間を生み出せるナイスキャラ。
LD >> 『シュガーレス』は、今回の首魁の周防を、卜部がぶっ倒してくれそうで、卜部好きな僕はwktk。
ルイ >> でも、重心とか、1つ1つのギミックでなんとかできるものかもしれない。あたり相撲を封印するバチバチは、まあタイトル詐欺臭くて想像し辛い。
ルイ >> 【シュガーレス】、マリモの決意表明の中、多分ほんと卜部が倒しちゃいますね。最初は卜部をギリギリ振り切ったが屋上でシャケにワンパン、というのを想像していたけれど。
kichi >> 「ケルベロス」いつもながら良いですね。金屋たんの“かわいいから”押しが一服の清涼剤だったりとかも含めw
ルイ >> 来週末【ケルベロス】【ハンザスカイ】【シュガーレス】の3starsイベントにまた行ってくるかんね!前回のイベントから今回のイベントまで、失速しないでくれたのが嬉しいなあ。
ルイ >> 【はみどる】地味に業界スタッフに愛されてきている気がするw
ルイ >> 【キガタガキタ】が、面白い小台風を生み出しましたね。不幸新聞のふーこちゃん…ヤンデレ連中が冥に一気に食いつくから、一人距離のある女の子を出したといった所でしょうけど、作品構造に近いのはこっちの子なんだなあ。面白い。この作品のキリコになったりして。
LD >> 『ハンザスカイ』は、今回も良い話なんだけど……これ、次のフェーズでどうするか?だなあ。
ルイ >> ハンザスカイの野田物語は熱いですねえ。まあ、負けるでしょうけどポイント差はある程度詰まる、という所が落ち着きどころでしょうか。
LD >> 『はみどる』はもうブレイクしちゃえよ。…じゃなくって、まっしゅるーむはブレイクしちゃえよ。(´・ω・`)
ルイ >> 野田が勝つには、この熱意にワザ、ギミックがついてこないといけないと思いますしね。結局全敗か、野田!
kichi >> 「はみどる」、普段から変な企画の話たくさんやってると、ドッキリとは気付きにくくてある意味得だなぁ、みたいなことをちょっと思ったりとかw
ルイ >> というか、売れないアイドルにどっきりって趣旨は欧米的というか、日本なら売れてるアイドルにやりそうだ。悪趣味にすぎるじゃないw漫画だから良いけど。
kichi >> 「ハンザスカイ」は……、ふむ。正直勝っちゃいそうに思ってましたが、ここではまだ負けて溜めた方が長い目で見れば良さそうではありますね。
LD >> 『キガタガキタ』、そして鬼形くん、また恐怖新聞に食われています。愛情表現ですか?これは?確かインデックスさんが似たような事をしていたような。(´・ω・`)
カルマ >> 「キガタ」はふーこちゃんがいつの間にか強大になったりもするのかな…ふうむ
LD >> さて、ジャンパーソン。
LD >> 『トリコ』、ゼブラの出所で、市場が反応していますw
kichi >> 「キガタ」、面白いポジションのキャラの登場ですねぇ。
ルイ >> 【トリコ】はまぁ素晴らしい。いや素晴らしい。
LD >> 『バクマン』は、やはり七峰くんは不敵で面白い。…この子、どうなるんでしょうね?
ルイ >> ゼブラも認めさせる、小松のこの世界におけるスーパー主人公っぷりが光るなあ。
kichi >> 「ワンピ」、む、しらほし姫可愛いな。ルフィの嫁になったらいいと思うよw
ルイ >> 【ワンピ】可愛いけどサイズの差がwまあ、典型的なクラリスメソッドというか、最後に元気だしてバイバイ、の図しか見えませんけどね。
kichi >> 「トリコ」、市場反応とはまたでっかく出ましたが、良いですねぇw
ルイ >> 【バクマン】で思うのは、このネット・ブレインたちとの契約はどうなっているの?と。今は軌道に乗せるまでの愉しい盛りだから良いですけど、掲載以降は間違いなく金が絡むでしょ、これ。その辺懐柔してあるのでしょうか。
カルマ >> 「トリコ」しらほし姫…まぁビビみたいなポジションなのかな。…ギガントで身体のサイズ合わせるとか?w
カルマ >> トリコじゃねえ、ワンピ。
LD >> 『べるぜバブ』は、大所帯でわいわいガヤガヤ感が、けっこう楽しいかもと思った。
カルマ >> 「トリコ」は市場反応がいいですねww
ルイ >> 2周目ビビ、という言い方をした場合、しらほし姫はビビと違い不幸になる事で周回の違いを見せる…やり方はあるけど、尾田先生だしなw
LD >> そこらへん、穴があると二度と立ち直れないくらいのダメージを追うかもね。接触がネット上のみで直接会ってもいないならかなりヤバい。> 【バクマン】で思うのは、このネット・ブレインたちとの契約はどうなっているの?
ルイ >> 【ぬらりひょんの孫】前回のショートエピソードはダメでしたが、今回のエピソードは面白くなりそうな陰陽兄妹編。しかし着替え、風呂とお色気場面を二度も頂いているのに、ちっともコマが大きくならないゆらにぬら孫の対象読者層を見たw
kichi >> 「バクマン」はやっぱ契約や金の問題が気になりますね。短編なら面白がって無償で提供してくれる人達もたくさんいるでしょうけど、“週刊連載”となったら破綻するのは明らかですからね。
ルイ >> あまり望んでいる結末ではないのだけど(編集者ageが単純すぎるから)編集者は少なくとも身元晒して、自分の出世もかけて、漫画に取り組むという綺麗な契約関係だけは確保されていますからね。
LD >> 福島鉄平先生の『月水金はスイミング』のゆっくりした感覚は好きですね。
ルイ >> 【サムライうさぎ】の人がこんなアフタヌーンな(?)漫画をー!?>月水金はスイミング しかし、最近ジャンプメタ漫画が増えた事も含め、色々節目の時期なのでしょうね。バクマンで言うところの「青葉のころ」か?
ルイ >> 完全ノンギミック主義の読切、愉しかったです。
kichi >> 「ぬらりひょんの孫」……サービスシーンでゆらちんというセレクトはどうなんだろう?と一瞬思いつつも、つららたんはお色気タイプじゃないし、かなっちは影の薄さが売りみたいになってるから消去法的にゆらちんにならざるをえないのかぁ……とか無駄に考えてしまったりとかw
カルマ >> 「月水金はスイミング」良かったですね。僕はサイコーの読み切り(の初稿)を想像しました。
ルイ >> お互いに、長い一週間を「月水金はスイミング」だと思いながら過ごしていたという事ですね。ハハッ、ハートウォーミング。同時に、動き出さなければそのまま終わる物語でもあるから、勇気・行動の賛歌でもある。
kichi >> 「月水金はスイミング」、これはまたジャンプらしくない読切を……と思いつつも、個人的には大好きです!w
ルイ >> サービスシーンというにはホントコマが小さいけどねw
ルイ >> サイコーの読切は「僕らはわかりあってる感」に酔っててキモいw←酷い
LD >> 『保健室の死神』は、僕はいつでもバトルに来ていいよ!って思っていたから、この展開はいよいよきたな!ですぞ!(`・ω・´)(←ムック風に)
kichi >> 「月水金はスイミング」、これはまたジャンプらしくない読切を……と思いつつも、個人的には大好きです!w
ルイ >> 【保健室の死神】はどこまでいけるのか…勝負ですね、これでもう一度日常に帰還できたら中長期連載になれるけど。
ハラルヤ >> 再連載になってから描き込み過多の傾向を感じてるので、しらほし姫が居るコマは白紙の部分が増えて見やすいので好きです。『ワンピース』
カルマ >> 感じゃなくてあれはわかりあってる実感から来てるからしょうがないw>サイコー
ルイ >> モチベーションの根っこはなくなったが能力自体は残っている、という所が面白いですね、ハデス先生。必然的にそこに立ち返る=回想が先に待っているのでしょうけど、それを誘導する流れとして上手い。
ルイ >> きっとアニメスタッフも似たような理由でしらほし姫は嬉しかろうwいや縮尺でめんどいか?w
カルマ >> 「保健室」イイですね。記憶の消し方が絶妙な描きを生んでて。
カルマ >> アニメは絵作りうんぬんじゃなく話の引き延ばしでタイヘンみたいですけどね…(苦笑)
LD >> 『ぬらりひょんの孫』は、京都編から、ちょっと目先を変えて別の積み上げをしようとしているワケですよね。上手く行くとよいのですが…。
ルイ >> 【ライトウイング】はまさかのサジくんセカンド天才組にワッショイですよwこのネタ、もっとうまく潜ませておけたら序盤の駆動力になりえたのにな←すでに回顧口調
kichi >> 「保健室の死神」、とりあえず良い感じでバトルに入ってきましたね。正直、今までの明らかに中編クラスのバトル展開は歓迎できなかったのですけど、キャラも育ってる中でこのくらい大きな規模の話となれば楽しみに思いますね。
ルイ >> まあ、羽衣狐を切り離した時点でこうするしかない組みかたではありましたが、前回の怪異はイマイチでしたね。
LD >> 『ライトウィング』、佐治くんの雷帝の描写はけっこうカッコよかったですよ。しかし、ここまでは規定とも言えます。11人かっこ良くできたら、ちょっと景色が変わるw
カルマ >> 「ライトウィング」佐治くん良かったですね。うーん、やっぱり良いんだよなぁ。
kichi >> 「ライトウィング」は……、ま、明らかに巻いてるんで言っても仕方ないかもですが、ほんと、“もっとうまく潜ませておけたら”って感じで、納得感はまるでなかったですけど、カッコよく描けてはいました。
カルマ >> 「ぬらり」前エピはリクオの日常への変化とかもほしかったなぁ.…と思ったり
ルイ >> この学校名が似ているところからのスカウトという流れなどは、せっかく相手の女性ビジンさんだし、序盤3話くらいまでに組み入れたかったですね。
LD >> SATE!サンデーかな。
ルイ >> しかし【いぬまるだしっ】は毎週面白くて、今何気にこれが終わったら一番ショック受けるかもしれんw
GiGi >> 囚人リクは古風なのがかえって新鮮かも
LD >> 今週は『ハヤテのごとく』は、よかったですよ!\(`・ω・´)/
ルイ >> 【ムシブギョー】ここまでで導入編というところですかね。これ以上望むものはなし。間違いなくサンデー救国の素材。強いていうなら、町娘のコを小間使いかなんかで奉行所に勤めさせておくれ←
ルイ >> つか、囚人リクもっと顔つき濃いいと思ってたんですけど、案外ONE PIECEあたりの範囲内で読めたので、そこが良かったなとw
kichi >> 「黒子」の頭良さによりアシストあれば100%スチール可能っていうギミックはなかなかいいとこ突いてきたなぁって思ったりはしたんですが……この試合自体への興味が全然湧かなくてなぁw
GiGi >> しらほし姫はよいですね。海賊たるもの港ごとに嫁が居て当然。
LD >> ARE?『ハヤテのごとく』がスルーされている?\(`・ω・´)/
GiGi >> ハヤテよかったですか。それはよかったですね(棒)
ルイ >> んー。裏かきゃ終わりですよねえ。そこも読んでるって事でしょうけど、僕はイマイチぴんとこなかったw>黒子のスチールギミック そもそも、スチールってのはスチールできる位置にいるからスチールできるわけだし、その位置も含めてパスコースは決まるわけだし。
kichi >> 「ハヤテ」…………ああ、サキさんの話か。良かったですねw
LD >> もう、展開の全部が、大体読めていたんですが、だがそれがいい!!サキさんサイコー。(`・ω・´)
ルイ >> ハヤテ…?ん、ああ…。
カルマ >> 「ハヤテ」取って付けたような扉の咲夜さんが気になってw くっそー
LD >> どーしたんだ!みんな!
GiGi >> そんなことよりオニデレついにクライマックスですよ!
ルイ >> まあ、オニデレは終わる気になったら終わる構造ですからねえ。最終回に出会い告白のやり直しをして純愛で終わる、って所に皆なだれ込んできてドタバタエンドってところでしょうか。
LD >> 田中トモユキ先生は、バレー→野球→と描いてきたんですが、その画力はフィールドを縦横無尽に動く、サッカー(あるいはバスケ?)でこそ生かされるなあ…などと言う事を思った。
ルイ >> 【キングゴルフ】先週もにょった通り、未完成って対して良い言葉と思わないのだけど、それに自覚的なのかwツッコミを入れさせて、同じ未完成でもスケールが違うというのは・・・・・・・・・・・・・・・まあ、スルーするよりはマシだけどやっぱ言葉がイマイチってことだよね、とwただ、修行僧を使って上手い事初期ライバルの格を上げてきたのは良いですね。あいつすっかり空気で、居ないほうがいいと思ってたけどw
kichi >> ま、それはそうなんですが、緑君のコートのどこからでも決められるレベルでの納得感として、“アシストあれば”という条件つけることで100%としたのは結構納得感得られた気がしたんですけどね……(´・ω・`)>黒子
ルイ >> 【BE BLUES】は未来の監督さん、同時にキュートなお孫さん← と、ロベルト本郷的な意味でも必要な配置ですね。
LD >> 『キングゴルフ』は、いよいよ宿敵(?)霞見ひかるとの対峙ですよ。ここは正念場ですよ?
kichi >> 「ムシブギョー」も「BE BLUES」も順調ですね。優希ちゃんも早速試合出れるのは嬉しいところ。
ルイ >> 見た目のインパクトがないだけに、かなり正念場ですねえ>キングゴルフ
LD >> UN、なんか『ムシブギョー』、『BE BLUES』とが楽しいと、こう、活気が出てきますよね。
ルイ >> 【ケンイチ】リミは良いキャラだし、その良いキャラに呼応する形で美羽のキャラ埋蔵量も掘り出せている感じなのだけれど、男女を分ける作品的にどこまでいってもケンイチを底上げはしてくれないであろう事が勿体無い。
LD >> 『神のみぞ知るセカイ』、月夜、ちょっと恐いですね。…こういう映画なんていったか。『キャリー』?『チャイルドプレイ』?
ルイ >> 俺の月夜が意外に頑張っておる。
kichi >> 「キングゴルフ」は……とうとうライバル君との対決かぁ。正直不安のが大きいですが(ライバル君の見た目からしてイマイチなんだよなぁw)、どうなるかなぁ?
ルイ >> 【はじめてのあく】姉貴の格上げ描写…
kichi >> 「神知る」は、月夜も悪魔とか絡んでても不思議ではないキャラではありますからねぇ、こうしてみるとほんといろいろ仕込んであって上手いなぁ……。
LD >> あ、姉貴格上げ説はちょっと不満、もう少し実力の一端を見せて欲しかった。
ルイ >> 微妙ですよね。僕はこういう所に高い格を置かれる事自体は好きなんだけど、描写が下手。短刀を指で受け止めるとか、なんでそんな見栄えしない演出なの・・・
ハラルヤ >> 月夜に憑いた女神は、ルナを通して行動するんですかね?
カルマ >> あぁ、僕ももうちょっと力を見せるかと思いました>姉貴
kichi >> 「はじあく」はエーコさんカッコよかったですw “ザ・フリーダム”って通り名は出てましたしね、よかったですw
kichi >> おや、エーコさん不評かぁ……(´・ω・`)
ハラルヤ >> ん、ああ、はい。>『ハヤテ』
GiGi >> あれ?オニデレもスルーか…100年かけてって最高のプロポーズだと思ったんだがなあ
ルイ >> 僕も50年以上経って、死ぬ前の高垣彩陽さんにインタブーしたいお。
LD >> 『アラタカンガタリ』、このシリアスな展開の中に、こういうドキハラなシチュエーションを混ぜてくる形は好きだな。
GiGi >> キンゴルは息をつかずに次!となったのがよいですね。サンデーらしからぬ機動力。
ルイ >> 月光条例はドコニイクノカナー
kichi >> ……ん〜、まぁ、微妙っちゃ微妙な描写ではありますが、爺さんも言ってるように“ザ・フリーダム”っていう通り名に沿った描写には思えて個人的には好きでした……。
ルイ >> 【結界師】は絶界の介錯マシンっぷりに脱帽。しかしやはり、女性が男を「バカなひと」って言う構図だお。
LD >> 【はじめてのあく】少し詰めた事を言うと、お姉ちゃんの怒りが静かに爆発していて、実は彼女が暴れてしまえば決着がつく(あの二人は負けるかもしれない)のだけど、その可能性を見せた上で、決着はジローたちがつけるから一ヶ月後に決闘よと。それなら自分は手を出さないけど?…っていうと相手もじゃあお前を後回しにできる方にするか…くらいの展開が好みですね。
LD >> 『オニデレ』ですが、良かったですね。…でも、ほんと、なんて言うか本当にいつでもここに至れる連載でもあったんだよなw
ルイ >> 見せ場だったのでねえ。もうちょい期待してしまうところだな。
ルイ >> マギが色々良いぞう。太って出てきた時はどうなるかと思ったがw
カルマ >> 「オニデレ」は言葉のチョイスは良かったですね。んでも、まぁ着地としてはわかっていたので…
ルイ >> フェイクな導入としても上手いですよね。海岸から怪物が、となると、今の展開的に「修行を中断せざるを得ない侵攻」という結構ありふれたパターンを想起させるのだけど、そう魅せておいて実際は国威発揚のパフォーマンスでタンパク質祭り、という流れがとても良い。
kichi >> ……まぁ、分かりますが、そこら辺も見せずに、でもエーコさんの望む流れにはなってる、って辺りにフリーダムっぷりを感じることも出来るような気分がですねw あとまぁ、個人的に覚醒シーンとでもいうべきちょっと絵柄の違うコマで満足してしまったとこがあるのも大きいかもですw>エーコさん
カルマ >> 「マギ」襲来する化け物が祭の象徴ってのは、モンハン3でそのままあったな。政治によりそう演出しているのがとても良いですね
ルイ >> そして、モルさん、アラジン、アリババと全てに師匠筋がついている構図のバランスも良いなぁ。
GiGi >> いつでも、とは言うけれども現状に満足しきっていた2人が、「もっと」を求める宣言をしたってのはちゃんと積み上げがあってこそとは思いますね。
kichi >> 「オニデレ」良かったんですが、やっぱあまり言葉は無い感じだったりw
LD >> まあ、危ない祭りですけどね。でも、現在人は簡単に危ない危ない言うけど、昔は牛追い祭とか、多少人が死ぬかもしれない事に血をたぎらせていたわけなんですよね。
kichi >> 「マギ」良かったですね。
LD >> ふむ。成程。>「もっと」を求める宣言をした|少なくとも、今回の話でサヤさんの雰囲気が変わりましたよね。結婚式あげても失神しないくらいにw
ルイ >> 国が絡まない祭りだと自然との付き合い方レベルなのですが、それを利用するシンドバッドが良いですよね。それは読者へのキャラお目見えにもなっているというのも素晴らしい。
LD >> さて、そろそろ一番を決めましょうか。
カルマ >> たとえば現代に残っている祭も、こんな風に民衆を鼓舞させるために王が主導して行わせたかもしれない。いずれ伝統になる祭の始まりにも思えて、そこも良いですね>マギ
ルイ >> 【ONE PIECE】【月水金はスイミング】【ライトウイング】【マギ】【この彼女はフィクションです】【てんむす】【ケルベロス】【囚人リク】といった所でせうか。
カルマ >> マガジンは「この彼女はフィクションです」「ネギま!」
ルイ >> 良い指摘ー。>カルマさん 例えばこの国が滅びても、この国を知るものがまた別の国で利用するかもしれませんし、ただ形だけ残るかもしれない。とりあえず、祭りとしての活力があるのですよね。自然と、民と、国の間に。
LD >> まず、マガジンは『この彼女はフィクションです』ですねえ。
ルイ >> ああ、【オニデレ】も話聴いてナルホドと思い直した。ただ、ここに至る高まりみたいなものはそこまで劇的に感じていないので、読み方として納得、という程度かもしれませんが。
ハラルヤ >> 「未完成」に「アップデート」って脳内ルビを振って読む、中二的ライフハックをしてます。>先週もにょった通り、未完成って対して良い言葉と思わないのだけど
カルマ >> チャンピオンは「てんむす」。
kichi >> マガジン……「ネギま」も良かったですが次回が本番って感じではありますし、今週はやっぱ「この彼女はフィクションです」になるでしょうか。
ルイ >> テニスの王子様なら「まだまだだね」って当て字だなw
LD >> チャンピオンは『囚人リク』ですかねえ。
LD >> あ、『てんむす』も良かった。
kichi >> チャンピオンは……「てんむす」かな。
kichi >> ジャンプは「月水金はスイミング」で。
LD >> ジャンプは『月水金はスイミング』かな。新作を上げる週ですね。
ルイ >> あと、ムシブギョーはずっと良い。
LD >> サンデーは『ハヤテのごとく』ですね。(=´ω`=)
ルイ >> へぇ・・・>ハヤテのごとく
kichi >> サンデーは……流れ的に「はじあく」推したい気分も無いではないけど、まぁ、「マギ」かな。
カルマ >> ジャンプは「月水金はスイミング」。
カルマ >> サンデーは「マギ」かな。
ハラルヤ >> はい…>『ハヤテのごとく』
ルイ >> 【月水金】【マギ】【フィクション】【てんむす】と綺麗に揃ったんじゃないかな!良い週だったという事でしょうか。
ルイ >> 僕は【てんむす】がほぼ完璧な一話に思えるので、【てんむす】。次点で【月水金】かな。
LD >> 『彼女はフィクション』、『てんむす』、『月水金はスイミング』、『ハヤテ』の内どれかだな。
ルイ >> (…)
LD >> ん〜、ルイさん『彼女はフィクション』はよくなかった?
カルマ >> んー、こん中だと「月水金」ですね。てんむすも好きだけど馬鹿盛りのグロ感がちょっとなあ。難しいけど…
ルイ >> 挙げてる人に「良くなかった?」ってなんなんですかw
kichi >> 私も「月水金」推しかなぁ。「てんむす」でもいいですけど、個人的好みで言えば「月水金」。
LD >> いや、僕は『フィクション』か『てんむす』のどちらかだと思うのよ。
ルイ >> 僕の理想の漫画が今回の【てんむす】にあっただけですよ。1話のスカウトから2話の入部という速度に文句がない事も勿論、本当に、これ以上望むものがない。
GiGi >> ライトウイングよかったですね。なんとか間に合った感
LD >> ほう。ともかく、他の方は最終候補から『フィクション』は落としているんですね。
LD >> ………(思考中)
GiGi >> てんむすは特盛カツ丼がクリーチャーだったのが今後が心配。エピソードとしては満点でしたね。
ルイ >> ただ、結構「良い第1話」・・まあ、基本一話は良いのですけど・・・を褒めつつ候補にあげない「一番」の傾向的には、評価は高いですよね。やっぱあの痛ノートと部屋一面のイタさが良かった。
ルイ >> クリーチャー言うなw
GiGi >> 非実在よかったですよ。先輩のキャラが良い。ある意味ベタネタで新味が出てるのは先輩のおかげかと。
ルイ >> 大食いなのだし、絵的にはパンチ重視で、それを美味しそうに咀嚼する美少女、というワンセットがあって「食」として認識される、そのバランスでいいのじゃないのかな。しかしクリーチャーとか・・w
カルマ >> あーフィクションも良いんだよなぁ。うーん難しい。
kichi >> 「フィクション」も良かったですが……なんというか、面白さよりよくできてる感の方が上回る感じなんですよね、個人的には。その点「月水金」は味わいメインなんで、個人的好みから言うとこっちに軍配がw
ハラルヤ >> 演出が効いた良い一話だと思いますよ。>『フィクション』
LD >> 『てんむす』と『月水金』で、『てんむす』にします。情報を詰めている『てんむす』に、情報をそぎ落として美しさを出す『月水金』ですね。…比べられないものを比べてみましたが『てんむす』の方が精度が出ていると思いました。
カルマ >> いや、タマネギは虫に見えましたよ?w>カツ丼クリーチャー
GiGi >> 活きが良さそうですねとでもいえば良いのだろうかw>カツ丼
ルイ >> あのカツ丼を半ページで「なんとなく多く」描かれるのは漫画の「めくり」のパワーとして弱いし、それに応えるにはクリーチャーwか、大盛りカツ丼を数杯用意するか、ただのカツ丼を縮尺ビッグにするしかないですよね。その選択肢なら僕はもう、めくり快感的にクリーチャーが正解だと思いますよwいやクリーチャーってw←引っかかりっぱなし
LD >> 『フィクション』は、kichiさんの言うように良く出来ている感…というのはありますね。わざとタイムリーに言いますが、七峰くんが練ったみたいな感覚ですw
ルイ >> 月水金は、アレを載せたジャンプの意図のようなものが一番気になります。
LD >> 玉ねぎは虫みたいだなあw
ハラルヤ >> ああ、それはありますね。僕も話より演出等のメタ的視点から褒めてますし。>面白さよりよくできてる感の方が上回る感じなんですよね
カルマ >> サムライうさぎの1話の方が読み切りとしては好きだったりするけどw
ルイ >> ああ、サムライうさぎも一話完結してましたねw
LD >> ただ、あの大盛りカツ丼は、美味しそう!って思わせるより「うわっ」って思わせるのが目的のものですしねw
ルイ >> 月水金は素晴らしい。では、その才能をどう活かすのか。ここが気になるが…SQ送りなのかなぁ。
カルマ >> というかあの1話最後まで読んでやっと連載だと気づいたくらいでw>サムライうさぎ
LD >> 『サムライうさぎ』の第一話は本当に良かったですよ。一番とったかどうかは分からないけど。
ルイ >> うん。大食いだし、最初がキショさが勝るのは寧ろ正解に思える。まあ、虫とまでは思わなかった人の感覚ですけどw
GiGi >> 個人的にはオニデレだが全スルーなのでしかたがない。
LD >> ジャンプの連載に持ち込むのは難しいですね。>『月水金』 でも、たとえば10週打ち切り予定でいいから、1〜2巻で爽やかな連載載せてもいいんじゃないの?とかは思う。
LD >> そんなワケで『てんむす』にします。
ハラルヤ >> 【大盛りカツ丼】クリーチャーデザイン:韮沢靖的なwたしかに大食いマンガ的には、倒すべき敵として料理を書くのはアリですよね。
kichi >> 実は今ラブコメ枠あいてますし、案外月水金みたいなしっとりラブコメを連載してみるっていうのも面白い一手ではあるかもですけど……どうでしょうねぇ?
ルイ >> http://www.tsphinx.net/manken/wek1/wek10300.html 褒めまくってる割に一番じゃなかったw
ルイ >> うん>面白い一手 それはまさに、バクマン片手の編集方針ということですよねw
LD >> さて、本日もわりと早目に終わりましたね。これくらいのペースが疲れなくて、続きますね。それではまた来週。
LD >> それではお休みなさい。
GiGi >> 短期連載枠は考えても良いんじゃないかとは思いますね。
kichi >> おつかれさまでした〜。
ハラルヤ >> お疲れ様でしたー
カルマ >> お疲れ様でしたー。
ルイ >> \(クリーチャー)/
GiGi >> あれ?タイムスタンプが何かおかしい?
LD >> ね?原因不明です。>タイムスタンプ
ハラルヤ >> スイーツドーパントが居るならカツ丼ドーパントだって……
ルイ >> 時空の法則が乱れてますね。多分ほむらちゃんの能力。
GiGi >> ほむほむかわいいよほむほむ


■■■■2011年02月18日■■■■
LD >> 【今週の一番】チャットは2/19(土) 24:00から開始予定です。 http://www.tsphinx.net/manken/chat/chat.php


■■■■2011年02月20日■■■■
LD >> |ω・`)
LD >> もしもし?
カルマ >> こんばんはー
LD >> あ、危なかった。さっきまで夢中で記事を書いていて、かなりうっかりしていました(汗)
LD >> こんばんは。カルマさん。
LD >> いや、今週の少年誌は……(ごそごそ)
LD >> …00:14 なに?これ…orz
カルマ >> 他の方はいらっしゃらないかな?
ハラルヤ >> こんばんは〜
LD >> こんばんは。ハラルヤさん。
LD >> ルイさんが、ツイッターでだべっているので、呼んでいますwなんだこれ?w
LD >> 先週は4誌何から始めましたっけ?
ルイ >> おはようございます。そろそろ僕も全雑誌のハッシュタグを活用したいです。
LD >> マガジンからだったから…チャンピオンからだな。
LD >> 全雑誌のハッシュタグとは?
LD >> さて、kichiさんまだですが、一番は始めましょう。
LD >> チャンピオンからなんだよ!
LD >> 『弱虫ペダル』!御堂筋行きましたねえ!!
ルイ >> チャンピオンからとな。
ルイ >> 【弱虫ペダル】は、今泉と同じ格に収まって福富をプッシュしてしまう新開さんの微妙に上がりきらない格にもにょもにょしつつ、ここで敵チーム同士の協力というロードレースの醍醐味が描かれるかに注目。
LD >> 金城と福冨が共闘で追いつくかな…って。
ハラルヤ >> ハラルヤはハラルヤは、もう、いっそ漫研チャットの#タグをつくってそのTL上で今週の一番を決められたら便利ですね!と、無茶ぶりをしてみたり。
ルイ >> いや、チャンピオンはハッシュタグが生きてる感覚を実感できるのですが、他はイマイチぴんとこないままで。もう全部チャンピオンと同じタグで、後ろの部分だけ変えてやろうかw
LD >> あ、まあ、同じ所見るか。
LD >> (´・ω・`)。o(なぜ、ラストオーダーなんだろう?)
ルイ >> ただでさえ3人減って2人減る僕のフォロワーさんが酷い事になるだろう・・・w>御坂
カルマ >> 「ペダル」敵同士の共闘になるといいですね
ルイ >> この共闘は但し、条件つきですよ。金城と福富は繋がりが強すぎるから、この組み合わせだけで共闘を描くとノイズが…当人たちには無いのだけれど、外側からはノイズが出てしまう。「御堂筋とも共闘する」というのが描いた瞬間から求められると思います。
LD >> 【今週の一番】をTwitter上でやる事は、GiGiさんとかが提言していたけど、ある程度閉じられた空間、他所でやるという意味はあるし、そこは悩ましい所です。
カルマ >> ハッシュタグで会話してとぅぎゃったーでまとめるのは昔話が出ましたが、今だとどうかな?LDさん次第
LD >> (´・ω・`) …5人減っとるやないかい。
ルイ >> 5人減ってたなぁw
ハラルヤ >> ハラルヤは、さすがに無茶だと思ってるので言い>なぜ、ラストオーダーなんだろう?
ルイ >> 今泉くんの格が新開並、と読めればそれはそれでいいのだけど、まあ揃って御堂筋に出し抜かれたからなぁ。
LD >> kichiさんが、嫌がっていたと思うし、僕も今は乗り気ではないですね。ツイッターに書くのは宣伝しているのだけど、このチャット上で意見を書かない人は場合によりスルーするつもりでもいます。
LD >> うん、というか、あのタイミングで飛び出したのは、コーナーリングが御堂筋の最後の秘密兵器というか個人技だったんだろうなと。
ハラルヤ >> 言い辛い発言をキャラに乗せて誤魔化しただけです。と、あっさりとに内実をあかします。
カルマ >> 乱入が容易いけど無視も容易いですしねえ>ついった
ルイ >> 自分で残したかったらコピペ&ちょいいじりはしますが、まあ、それくらいですかね。一番は一番で。
LD >> ただ、つぶやいているならともかく「一番を決める」なんて作業をツイッターでやるのは、ある意味挑発行為な気がするんですよね(汗)
ルイ >> 先週言いましたが、御堂筋の今回のコーナリングはキャラクター能力としての隠し武器でもなんでもなく、ほんともう、度胸、気持ちの領域ですからね。追いつかれてまた秘策を出されても困るw
ルイ >> あと、文字数考えてないから長文さんは定期的に140文字超えるんだYO!
LD >> ハラルヤさん、しかし、絶対にツイッター上でやらないという意味ではないです。ある程度、大人数を巻き込んでやる踏ん切りが突いたら出て行くと思います。色んな人と話したいのも事実ですし。
ハラルヤ >> 漫研チャット用のIDを取得して、そこにリプライを飛ばすカタチにすれば、参加者意外読めないかと。
ハラルヤ >> そこは問題ですね。>長文さんは定期的に140文字超えるんだYO!
LD >> 『バチバチ』は、三年前の阿形じゃなくって吽形と同じ事を言っているというのがなんとなくいい話だった。
ルイ >> 閉鎖的なtwitterなんて意味ないじゃないですかwやるならフルオープンでしょうし、スルーなんて極力したくないし、そうするとあまり思い入れなしで発言できるし、四誌ないし三誌くらいは頑張って読むぜというクンフーは求めたくはありますね。ま、やるなら一番ハッシュタグでやるっきゃない。僕もすっかりtwitter使いだし、先にはあるかもしれないですねえ。PCのタイピング速度を前提とした重連携なので、あまりピンとはこないけどw
LD >> ほほうw>漫研チャット用のIDを取得
ルイ >> 【バチバチ】「日本相撲協会、三年先の稽古をさせてやろーぜ」という意味に読めてしまうご時世。
ルイ >> たしかに鯉太郎は150キロといった体格を手に出来はしないでしょうけど、最近のガレ具合はモンゴルはじめペース狂わされたりモチベーション空回りした結果という事も言えますからね。食べる修行という認識が根っこにあれば、微増はしていくのではないかしら。もっと致命的な問題を突きつける(相撲を変えるか?)所まで行きかねないと思ってましたが、まあ、軟着陸ですね。
LD >> ツイッターで一番決めて、Togetterでまとめて掲載すると、いよいよ『漫研』はお役御免になってくるかな?w
LD >> や、なんか時間が飛ぶ気もしているんですけどね。>『バチバチ』
ルイ >> twitterみたいに火種ゆんゆんの所に行くなら「今週の一推し」位に日和るのも手ですねw
ルイ >> 時間スキップは諸刃の剣でもあるなあ。幕下から熱を伝えてきた矜持もあるでしょうしね。あと、現実の相撲界を覆う問題にタッチするかは気になるけど、完全スルーが賢いかなっと。変に八百長悪役をのすのも何か、安いし。
LD >> 『囚人リク』は、なかなか硬派なマンガですね。ある程度の形になるまで続くといいのですが…。
ハラルヤ >> リロードって仕組みがあまり好きじゃないので、わがままを言ってしまいました。空気を読めない新入社員ですよ。牛丼掛けられても良いです。
ルイ >> 【バキ】ストライダム相手に言った事を大体繰り返すバキ、パンチングマシーンで強さ描写というありふれた感。板垣先生、たしかに【どげせん】は面白いけど、バキもなんとかしてください!
ルイ >> リロードする必要がないくらいマッハタイミングで呟き続ければいいのですよ!僕のように!←
LD >> 今週の一推しwwwwwまあ、しばらくはこれで。画像貼ったりするのも楽しいのよ。
ルイ >> 【囚人リク】所長の叶さんは銀河万丈さんの声。これは譲れない。って、おっさん方の描き分けができているのは良いですよね。ただ、牢獄の中だけじゃ息が詰まるナァ・・・
カルマ >> 「バチバチ」単に食ってなかったってだけなのはちと残念ですねー
ルイ >> 描かれている囚人たちが、なんというか、ヒャッハー界の住人なので、ここでおにゃのこが居たらボーイ・ミーツ・ガールする前に色々そつらに酷い目に合されちゃうなぁと考えたり。サッサと脱獄してしまう手もあると思うんですよね。プリズン・ブレイク方式というか。
LD >> 『侵略!イカ娘』の「そりゃ、お前が本気出したら、姉貴だってやられるだろう」は聞き捨てならん。(`・ω・´)
カルマ >> ついったもwebならリロードいるんですけどねー
カルマ >> ヒロインは囚人や看守の慰みものにされてるといいと思ったり>囚人リク
ルイ >> 残念というか、こちらが勝手にもっとデカいイメージをもってしまった所はありますね。でも、長期的には大きな身体になれない、というのは積んでおく形になったのでは。
ルイ >> 【みつどもえ】は自由自在にキャラクターが動き絡まって、これ連載がどういう状態になったら終わるのかよくわからん。桜井先生が飽きたらか。
カルマ >> あるいは囚人の女王様的な立場か>ヒロイン
LD >> いやんっ、それは硬派やなくって、ハードコアや!(´・ω・`) > ヒロインは囚人や看守の慰みものにされてるといいと思ったり>囚人リク
ルイ >> 【イカ娘】今週なかなか頑張ってますが、千鶴の格を目の前のオチの為に簡単に下げるのは悪手ですね。あと、他のキャラはまぁまぁ動いてるんだけど、三馬鹿がちょっとキャラ限界かなぁ。
ルイ >> 所長の高慢ちきな娘、という当たりかなとw>囚人リク ←すぐヒロイン出したがる病
ルイ >> 【てんむす】は全く隙なしですね。1・2・3話のステップの踏み方は教科書レベル。たまに虫に見えるくらいかw
LD >> ああ……とりあえず、栄子が見立てを間違えていて、カチンと来た千鶴がそれを質そうとしているオチと読む事にしました。>千鶴の格を目の前のオチの為に簡単に下げるのは悪手
ルイ >> 1話は主人公を見せて、2話で主人公の過去と動機を描きつつ入部という展開に持っていって、3話で入部にモチベーションを追いつかせて、そして大食いの厳しさでヒク。完璧だな。ムシブギョーといい、最近の新連載はおそろしや。
カルマ >> 「イカ娘」千鶴にも勝てるとか「は?」ですな…
ハラルヤ >> TwitterはF5で再読みこみできますけど、漫研チャットだとたしか直前に書いた書き込みを再投稿しちゃうんですよ。同じリロード式でもその差が辛いです。LDさんから回答も頂いたのでこの話はこの辺で。> ついったもwebならリロードいるんですけどねー
ルイ >> 優しいっ!安倍先生にはそれを匂わせるくらいの形を目指して欲しい!
カルマ >> 「てんむす」は強気さんといい眼鏡さんといい可愛いな
ルイ >> 発信/リロードをクリックするのが面倒って事だな!
LD >> 【てんむす】そうですね。食い道部という馴染みのない部活、競技を分からせて行く積み上げとして、よいテンポに思えます。
ルイ >> ここで【咲】よろしく、喫茶店のプロ大食い師お姉さんに会いにいったりした日には…いや、それはまんますぎるなw
ハラルヤ >> あ、違った。F5はトップページに飛ばされるみたいですね(本当にこれが最後
ルイ >> メガネちゃんの最後のコマとか、気持ち入れて描くと佐渡川門下とはいえ佐渡川先生以上に魅力的なおにゃのこになりますよね。変身ポーズも悪くない。あと、ニ子のパンチラを細かく防いでいるのが気になる。
LD >> 『ナンバデッドエンド』、ホントよかったですね。
LD >> 【ナンバデッドエンド】単純なホームドラマだったんだけど、染みるし。ナンバが相当荒れていただけによかったと思えるんですよね。描きと積み上げが功を奏している。
ルイ >> 私は声を大にして言いたい。「パンチラを防ぐのはいい、但しプリーツの裏側は見せろ」と←馬鹿
カルマ >> 「ナンバ」良かったですねえ…泣ける
ルイ >> 【ナンバ】の素晴らしさは、多分映画の「間」なんでしょうねえ。実写ドラマの間、でいいのだけれど。とても間が見える。それは空気の匂いを感じる事ができる、という意味でもありますね。
LD >> 新連載の『十字架とコイン』は、こっちもアウトローな感じの連載ですね。
LD >> 『冥王神話』は、やっぱり、んんん…天馬の格が足りないって事だと思うけど、いいよね。それを補うのが友情マンガなんだよと。
ルイ >> 【ナンバデッドエンド】おばちゃんが、剛を見たとたんにニコっとするのもすごく良い。別に対面気にしてるわけじゃないですからね。あと、松にも何かあげてくれ、という想いにちゃんと応えてくれるのも嬉しい。人情、ラーメン屋なんてありふれてるんですけどねえ。やはり、結局は中身ですね。
LD >> 『ケルベロス』の景の設定は、普通にケンカすると負ける…つまり、狗骸がないと上条さんよりスペック低いんはずなんだけど……どうかな?修行の時にそこらへんのスペック上がった?

MANKEN CHAT(1.1)