漫研チャット
名前:
発言:
[正面] [取扱] [過去ログ]


■■■■2011年02月20日■■■■
ルイ >> 【十字架とコイン】は短期でよかったなあ。構造も練りこまれていないし、少し前に【ヒイロとナナシ】でやらかした、男と男の愛憎渦巻く物語、というものの上澄み感がすごくある…色々ガジェットはそれっぽく用意してあるんだけど、それを越えてこない。
カルマ >> ちゃんと仕事してる限りは兄弟の会話を止めないんですよね。ちゃんとオーダーも通すコマがあって。
ルイ >> 【冥王神話LC】は、ユニコーンが死んじゃいますねえ← いや車田星矢の頃からユニコーンといえばブロンズ第二集団の先頭みたいな位置でしたから、彼に特別な人間ではないものの矜持を見せてもらえるなら感動しそう。
ルイ >> 会話を止めないという点では、茶々を入れたりしない「客」もいいですね。ラーメン屋の人情劇という「情報圧縮」はきっと彼らの現実にもあって、なんというか、ああいう話が「許される場」という共通認識があるんですよね。おばちゃんも、客も。>ナンバデッドエンド
LD >> 【ナンバデッドエンド】うん…そうか。そういう芝居の一つ一つなんだな。>ちゃんと仕事してる限りは兄弟の会話を止めないんですよね。ちゃんとオーダーも通すコマがあって。
ルイ >> 【ケルベロス】島田さんの、景から得たなけなしの勇気を振り絞った結果の伝播が素敵ですね。景はもとから打たれ強いというのと、墓守になっているので根本的にタフネスは上がってますね。身体能力は…ううむ。
LD >> 【ケルベロス】今週は島田さんが本当にいいですね。勇気の伝播とでも言えばいいのか。力無き者に伝わってこそ勇気だと分かります。
ルイ >> 【ハンザスカイ】やはり、野田勝てなかったですね。最初の、感情が切り替わるまでの点差が響いた形だから、悲観する事ではないのですけどね。これ、佐渡川先生が優しいなら、この野田が得たポイント差で勝利するんですけどね。
ルイ >> 友恵はもとから強いし、金屋さんも元々まっすぐな気質がある愛されですしね。島田さん、元いじめられっ子だし…その人なりの限界の勇気が人に影響を与えるし、同時に、島田に暴言を吐いた男を、他の男が「お前が言った通りなめられてたまるかって話だよ」と言ってるじゃないですか。ぼく、地味にあのセリフ好きです。
ルイ >> この「お前が言った通り」があるだけで、島田さんに怒った少年の顔も潰さずに済む。という事は、島田さんがそのカリスマで皆を引っ張り込んだわけではなく、その方向に各々が流れ、良い立ち位置を見つけたに過ぎないんですよね。この「過ぎない」のバランスがいいなと。
LD >> 野田、負けましたねえ…w なんだろ?もう『ハンザスカイ』勝ち負けじゃない話になっているからw
ルイ >> 今日イベントで、佐渡川先生に「野田くん勝たせて」ってお願いしといた!
ルイ >> やあ、勝ち負けで基本示すとは思いますよ。だから、きっとこの6Pで勝利すると思うのですが、まあ乞うご期待。
LD >> ………よし。『はみどる』楽しいぞお。
LD >> ああ!野田が得たポイント差でね。なるほどw
ルイ >> 【はみどる】ハプニング大賞に出るようなアイドルは人気が(ry←恒例
LD >> 『シュガーレス』は、カニは卜部の獲物を取るんじゃねえ。…しかし、ここで獲物を取られるヤムチャ的立ち位置
LD >> 『シュガーレス』は、カニは卜部の獲物を取るんじゃねえ。…しかし、ここで獲物を取られるヤムチャ的立ち位置が卜部なのかと思ったり。
ルイ >> かすみさんが「アイドルらしく」の連想でせりかを連想するのは百合ですか!!
ルイ >> 卜部、キリオにブチのめされちゃうんですかねえwまあタイマンでも五分という所は見せたけれど。
LD >> 『キガタガキタ』は汚い大人はなんでみんな煙草をすってますか?
LD >> 【キガタガキタ】というか、鏡悪魔と契約したあいつ、晴れて怪異の仲間入りなんだw
ルイ >> 【キガタガキタ】は相変わらずこの悪辣な風刺でいくんですねえwぼくは好きじゃないけど、まあやり切るのも選択か。
LD >> さて、ジャンプ行きましょうか。
ルイ >> 【ライトウイング】が終わる前にサッカー漫画を始めちゃう、怖いくらいシュートな雑誌ですかー。
LD >> 新連載の『ドイソル』は、良い感じですね。村田先生の所にいた人でしょうけど…。
ハラルヤ >> 野球マンガが2作以上ある雑誌なんてよくあることですから、サッカーマンガだって2作連載するかもしれないじゃないですか!(苦しいフォロー
ルイ >> 【ドイソル】は、大体スタードライバー輝きのタクトで当てはめができる不思議wいや、それくらい初期配置3人のポジショニングがいいという事ですね。ただ「監督が指示してパスを受けさせる」という意思疎通は、間にプレイヤーを挟んでいるわけで、うまく描かないとフィールド軽視にもなりかねないけれど。
ルイ >> 数週待てば終わるのにいw
ルイ >> ブラジルに行くほどのモチベーションと行動力があるなら、行っちゃえばいいとも思わなくもないのだけれどw
ルイ >> 監督が監督である理由に怪我なりポジションなりが絡んでくるのかな。なんにせよ、少年漫画にタクティクスを持ち込む方法論として「監督を少年にしちゃう」のは1つの手ですね。三杉くんのように一定時間はフィールドに出られる形がいいかな。
LD >> 『トリコ』は、まさかの(?)ゼブラ、実はいい奴展開w……いや、別に悪いヤツだけど共感する所はあるくらいの間合いでも良かったと思うんだけど、まあ、こうなのかな?w
ルイ >> 【トリコ】世界市場の大慌てぶりなどを観ていたので、若干肩透かしはありますね>ゼブラ だって株の売りぬけも何も、ゼブラが絶滅させる動物、法則性あるんじゃないか。警戒しなくていい生物は全く警戒しなくていい。…トリコが気づいている事を、世界全体で気付いていないという事?
ルイ >> 【ONE PIECE】ルフィの良いモンワルモンの判定丸投げや、仲間たちの狼藉っぷりなど、なかなか「海賊」していて良いですね。
LD >> うん。パクリと言われようが何と言われようが、美杉くんネタはもっとスポーツマンガで醸成されるべきだと思う。……なんかこのネタって外部から変な力が入るのかな?『大介ゴール』も変なタイミングで治ったりしたし?
LD >> いや〜、中途半端なもの言いになるけど、ゼブラの絶滅させた種の半分くらいは〜あとは美味しすぎて食べきっちゃった〜くらいの感じに?
ルイ >> 【NARUTO】吸われるルールがわからないからなかなか恐ろしいというか、こんな所で使うのが勿体無いギミックだ。
ルイ >> 同感。ゼブラ、100%ですからねえ。それはちょっとバランスとして、イイもんに振れ過ぎだろうと。中には純粋な食欲で絶滅させちゃうのも手よね。
LD >> まあ、西遊記の金角銀角の武装はマジで無双ですからね。(´・ω・`)
ルイ >> 【BLEACH】流れるように力を再獲得したなあ。シルバニアハウス(?)での特訓パートかと思ったら、流石に今更徒手空拳の特訓はなかった。しかし、チャドが話しかけなくとも一護は気付いてたって描き方はどうなんだろうw
ルイ >> こういう奴こそシカマルあたりと戦わせたかったですけどね>武装
ルイ >> 【めだかボックス】ですけど、JOJOってスタンドが究極的には時空管理に近づいていく、という縛りというか道筋がありましたよね。めだかも同様に、オールフィクションといいこの受け流しといい、現実受容の拒否・否定という共通性をもたせているのは意図的なのでしょうね。
LD >> 『バクマン』の七峰くんは、面白いけど脇が甘いねwいろいろ考えたけど、結局、この体制を編集部に納得させた上で使ってもらう手順を踏むのが一番正しいように思う。
ルイ >> 【バクマン】の七峰くんは、なんか、期待ほどじゃあねえなあと。
LD >> アイデアや、マンガ作りに関しては七峰くんが制御できるとしても、体制に関する穴は編集部に指摘してもらった方がいい。
ルイ >> 彼の提示したシステムの「可能性」を問う前に、彼自身の口の軽さだの劇場趣味だの自己愛だの過信だので滑る事で、彼の失敗≒システムの欠点という挿げ替えが行われそうな事が怖い。七峰もっとしっかりしろ。
ルイ >> あと、エイジの批判めいた指摘も、ちょっと…うーん、と思わないでもない。多人数による一貫性のなさは当然指摘されうる問題ではあるんだけど、それは人数の問題というより七峰くんのコアの無さに起因すると思うのでね。
LD >> 今回、破綻が見えちゃった所がありますからねwしかし、その原因は七峰くんの甘さに因るもので、この体制自体の試しにならなそうな所に念が残るかなあw>【バクマン】の七峰くんは、なんか、期待ほどじゃあねえなあと。
ルイ >> しかし、別マガか何かでシンジツの教室そっくりの漫画始まってましたねwほんとああいうのそこいらに転がってるw
ルイ >> 大体似たことを言い合っている感w落とし所が要注目である事は変わらないんですけどね。
LD >> エイジの批判もマンガ家ライクなものに感じますね。アニメとかゲームでも、多人数でアイデア出し合ってそれをリーダーが取り仕切る体制でエンタ作りする事はあるわけで。
ルイ >> プロデューサー制、監督制は言われてみればまさにそうですね。その中でも「作家」になる人はいると。七峰くんの失敗をみて、誰か取り入れて成功してくれると溜飲が下がるかなw
ルイ >> 【いぬまるだしっ】10年後の自分へ。バスタード、ファイブスター物語、ハンターハンターは面白かったですね。
LD >> 『めだかボックス』は、単純に体力勝負なら、この蝶ヶ崎くんに勝てる要素はないように思えますが…どう裏をかくかな?
LD >> (´・ω・`)。o(…なぜ、そんな10年後に聞いてへこむようなメッセージを…)
ルイ >> 打撃でなく刺突系の場合どうすんだろ。受け流せるのかしら。
ルイ >> あるいは、格闘ゲームじゃないけれど、空中コンボの時はどうするのか。空気に逃がせるならお手上げだw
LD >> 『保健室の死神』は、この札束シスターの病魔名と、想定能力が、いまいちリンクしないというか分かりづらい。(´・ω・`)
ハラルヤ >> トランプ使いは強いですねー。物理ダメージ以外も押しつけられるとなると、倒し方が思いつきませんね。
ルイ >> 【保健室の死神】バトルのうまくなさは、デュラララというより禁書みたいだ。
LD >> 本来的には「相手に返す」能力じゃないの?>エンカウンター
LD >> まあ、少年マンガ的には一発通れば、耐性をもちようがなかった人として一発で沈む気もしますけどねw
ルイ >> 自爆覚悟の攻撃で相討ちで耐久力差、というのは見える図ではありますが、マイナスの正確な所はわからないので読むといったあたりまでは到達できず。ただ、彼の後だとオールフィクションはかなりネジ巻き直さないとなぁ。
ルイ >> 【ライトウイング】はサッカーが道具立てレベルになっちゃっているな。翼をもぐとかリアルようわからんw
LD >> 刺突系も逃がせるから、今まで無傷なんでしょうね。
LD >> 『ライトウィング』は本当に終わりですね。さて、サンデー。
ルイ >> まあ、嫌なこと含め現実を受け入れろというテーマですよ!
ルイ >> 【サンデー】ムシブギョーが素敵すぎて困りますが、お春殿が住み込みできないなら、奉行で飯を出さずに毎日彼女の所に食べにいく形がいいかなぁ。遠山の金さんじゃないけれど、市井との繋がりを「命令」以外で保つ為にも。ま、とりあえずは無涯との任務?華に欠けそうだw
LD >> 『ムシブギョー』は、今の火鉢さんとの距離感が好きだ。いいよね。ツンデレここにあり!って感じだ。(`・ω・´)
ルイ >> ツンデレって、まだ無関心から半歩出ないくらいだろうにw
LD >> ……ま、ツンツンはしてるじゃん?(´・ω・`)>火鉢さん
ルイ >> お春殿の男を羨むセリフとか、味わいがあっていいですよ。本当に剣の事ばかり観ているんだなあ、というのが、身体接触を経てなおわかるというかね。
ルイ >> 【鋼鉄の華っ柱】が久々に、あふれんばかりに西森漫画ですねえ。なんかもう、西森漫画すぎる。劇的には変われない、そういう器じゃないから。けれど、という地味〜な描きで。
LD >> 『BE BLUES』は順調…ってか強いな田中先生は、絵ぇ観ているだけで楽しくなるよ。
ルイ >> 【ケンイチ】トールは太めの男性を全て背負って戦っているから強いのかしらwなんにせよ、この粉々ディスクを新島閣下が復活させちゃうんですね!←
ルイ >> 【BE BLUES】「ゴールの匂い」を漫画で伝えていくのは面白そうだ。どちらも青年編まで生き残る素材といて、良い出会いなのでしょうね。ジャンプならもっと色々やらなきゃだけど、サンデーだしこれでも大丈夫だろう。
ルイ >> 【キングゴルフ】溜めるなぁ。読者は霞見をそこまで凄いと思っていないので、そこで時を流すなら、一度彼の試合を観戦するなりすればよかった気もしなくもないけれど。
LD >> 新連載の『ノゾミとキミオ』は、あれか。エロいような、エロくなるような。そんな連載ですか?
ルイ >> 【ノゾミとキミオ】エロイけどなんだかよくわからない。エロ特化の「悪の華」みたいなもんですかね。思春期ゆえの共犯希望というか、秘め事願望というか。
LD >> 霞見の事、つええええ!って思ったフェーズがないですからね。そこがちょっと厳しいですね。>『キンゴル』
ハラルヤ >> ヒロインが怖いんですよねー。あんかサンデーっぽくないなと。『ノゾミとキミオ』
ルイ >> 修行僧が、蒼甫と戦ってなおツートップ扱いしたというその一点ですね、読者的には。それは効果的ではあるけれど、あくまで又聞きレベルなんですよね。
kichi >>     おはです……(´・ω|
LD >> さて、何か推理をふっかけられた『ハヤテのごとく』ですが…単純に考えるとハヤテくんになるんですが、どうなんでしょうね?
ルイ >> どんどん過ぎたところにコメントしていきなさいw
LD >> ヒロインが怖いという指摘はいいですねえw>『ノゾキミ』
LD >> \(`・ω・´)/おっはー!kichiさん、おっはー!
ルイ >> 【ハヤテのごとく】ハヤテがお嬢様のゲーム取りに戻ったらビデオカメラ見つけて、中身があんまりにもハズくて朝バレたら可哀想だから消してあげた、以外の何があるというのか。
kichi >> 起きた瞬間思ったことが「ひょっとしてプリキュア見逃した!?」だったくらいグッスリでした……orz
ハラルヤ >> おはようございます!>kichi
ルイ >> 【闘獣士】先週触れなかったけれど、極めて形式的で、でもそこに筆致がこもっていてよかったですね。ジャンプSQ19の方で内水先生が描いている【アグリッパ】なんかも一緒に考えてしまうのですが、ローマという統一、征服を前に命の尊厳を謳い上げるのは、全体的に「バッドエンド病」に対する良いカンフルだ。
ハラルヤ >> ちゃんと推理したんですか。流石です。>LD、ルイ
LD >> え〜っと。面白くもなんともないwひっかけに思えるほどw>消してあげた、以外の何があるというのか。
ルイ >> 結局ローマの支配は「史実」なわけですからね、闘獣士は「幻想生物」という単位で絶滅を描き、【アグリッパ】はまあ、主役がガリア人なのだけれど。ドラゴンは彼の代で潰えたし、せっかくの逃亡もわずか数年の、しかも戦いに明け暮れた日々にしか繋がらなかった。しかし、生きた充足感はそこにあっただろう、という描きですね。いんじゃね。アニメのファントムをただのバッドエンドって言った連中がいる限り、ぼくはいつまでもこの手の描きを支持するw
GiGi >> 七峰くんの話はブログに書きたい。いろいろとケチのつけようのある描き方してるけど、あのやり方でアンケート1位取れるというのは思いきったなーと。
ルイ >> いや、推理は全くしていないw推理したら違うものが出てくるんじゃないの、というくらいつまんない、普通の、ただ1回読んだ印象w>ハヤテ
ルイ >> だから読切単位でアンケートが良くても、連載だとコケる作品があるんだよ、という指摘にも思えるw
GiGi >> ハヤテに面白さを求めるなんてLDさんもまだまだ夢見がちだな。
ハラルヤ >> なんでこんな話を描いたのかを考えちゃいました。畑先生はツカレテルノ?ハヤテ
LD >> 『マギ』でモルジアナが笑ったのがよかったな〜っと。大きなイベントにしていないのも好感です。
ルイ >> 【アラゴ】もうちょいパッと見キュートな方に突き抜けた描きをして欲しいかな。できるのだし。その方がギャップで怖そう。
LD >> (=´ω`=)ゞ えへへ…夢見るよ?w>LDさんもまだまだ夢見がちだな。
ルイ >> 【マギ】先週今週と素晴らしかったですね。モルジアナを前半の牽引者にしつつも、後半はアラジンとアリババの再契約というか、再びの誓いとして他者を介在させない描きも好感。
ルイ >> 元々ファナリスは足が強い民族だそうですし、何か嬉しい気持ちが湧いてきて、とにかくリズムを踏んじゃう、というのはそれがなくとも生命としてわかる。モルさんよかったねモルさん。モルさん、弱虫ペダルの坂道みたいな奴さ。
LD >> 【マギ】 ( `Д´) しかしだ。モルジアナとアリババじゃ、全然釣り合ってねえよ!まるで釣り合わねえよ!『すももも』以上だよ!っっけ!!
ルイ >> すもももよりはマシに思えるw
ルイ >> 【オニデレ】が終わりましたね。なんや、最近流行りのメタな・・・?
ルイ >> 【はじめてのあく】前会長ラブ泥棒すなぁ。ただ、現会長の言った「日常を守るために戦うのに、日常を壊してどうする」はほとんど至言のレベルに思える。銀河美少年あたりも、多分この価値観でしょ。
kichi >> 。o(とりあえずログ読了……。まぁ、過ぎた分はいいかぁ)
LD >> (´;ω;`) ああ…モルジアナ……足の指の描き方とかがいいよう…。
ハラルヤ >> モルジアナ可愛かったですね。
kichi >> 「マギ」良かったですねぇ。モルジアナが照れて笑って踊って、最高でした!w
ルイ >> 【チルドレン】は、コメリコ・ボーイで現時点での未来確認をしているんだろうなあ。まあ、別にボーイだから取られてもいいが←おい!
LD >> 孝士殿20 /もも子100 | アリババ70/モルジアナ300 ←くらいの違いかな?(`・ω・´) 
ルイ >> 1:5と1:4くらいの差じゃまいか。
ルイ >> オニデレについて語らぬならば、マガジンに行っちゃうぞう。
LD >> 『はじめてのあく』、アキちゃん良かった!そして、赤城会長のあの余裕はなんなのだろう?…あの人は何故に紳士?
kichi >> 「オニデレ」最終回良かったですね。メタちっくな見せ方しつつも、跡取り問題も解決して、しっかりキスしての前進を描いて〆は気持ちよかったです。
LD >> ほう。モモ子が5で、モルジアナが4と言いますか。(´・ω・`)
ルイ >> 恋しない事を誓ったイケメンみたいなリアクションですよね。おかしいだろ、どっかでキャラ補正が起こってるw>赤城
カルマ >> 寝落ちてた。
kichi >> 「はじめてのあく」アキちゃんも良かったですねぇ。義理チョコという体裁は崩さないものの、この踏み込みは大きいなぁw ユキちゃんとキョーコの反応も納得感を増してるかもw
LD >> うん……まあ、いろいろ考えると、アキちゃんが一歩進んで言ったんだけど、それでも勘違いしちゃいかんなくらいの考えに落ち着いた態度に思った。(´・ω・`)>赤城会長
カルマ >> 「トリコ」のゼブラは残念ざんねん
LD >> 『オニデレ』は最終回、なんか単行本では描き直ししそうですねw
LD >> Σ(`・ω・´) あれ?このタイミングでゼブラ?
kichi >> ……赤城会長の格は確かにちょっと不思議ではありますねw あまり恋愛的意味ではきちんと伝わってない印象ではあります。
ルイ >> さ、マガジンかぬ。
kichi >> ……ああ、私もゼブラも七峰君も残念でしたね……(´・ω・`)
GiGi >> 失敗なんて亜城木夢叶もさんざんやってきたわけで、現時点でプロの編集者に互すると言っているも同然に思いますね。
カルマ >> 寝てたので…>このタイミング
ルイ >> 増長してはいけない、俺がモテるわけがない、というキャラ?ふうむ、表情だけ追ってるともう少し↑の格を観たくはなるけどなあ。
ルイ >> 戦うのは編集者じゃなく漫画だからなぁ。亜城木はエイジに顔なし判定された事はなかったず。
ルイ >> 連載していったら順位が右肩下がりで、顔色伺いみたいな連載〜なんてつまらないオチがつかない事は願ってます。
LD >> 赤城会長、僕はかなり上に観たいんですけど。それだとキョーコファンクラブの会長である事も相応の格を見せないとと思うんですけど、そうでもないんですよね。>↑の格を観たくはなるけどなあ。
ルイ >> 【エデンの檻】万能だなあ、この誰かが遺した仕掛け。勿論勇気と団結の勝利なのだけれど、この仕掛の貢献度がハンパじゃないw
ルイ >> 藤木先生に無茶をおいいになる・・・>キョーコファンクラブの方でも格 そちらの色を抜いていったら現在の仙人格が残ったように思えるw
LD >> いや、待て。マガジンに移ったの?ええい。マガジンだ。
ルイ >> 【はじめの一歩】板垣の想像した「怒れる一歩」はちょっと世界に手が届きそうじゃなイカ。クミさん寝取られでもすればいいのか←馬鹿
LD >> 『エデンの檻』はなんかこんな、ファミコンゲームなかった?…ディグダグ?(´・ω・`)(←違う)
ルイ >> ロードランナー?w平安京エイリアン?w
ルイ >> ああ、マッピーの無敵ドアにも近いなw
ハラルヤ >> 『エアギア』はもうブッチャが主人公で良いよ。
GiGi >> 七峰くんは陽性のキャラが面白いですね。どう転んでも大ケガはなさそう。それとは別に、あのシステムを肯定的に描いたのが印象的だなと。
ルイ >> 【君のいる場所】待ち合わせ場所にいったら枝葉がいて、なおかつ帰り道に目撃される方に3ペセタ。
LD >> ああ!『平安京エイリアン』だ!w
ルイ >> 肯定的に描いているとは言い切れない程度の描きに思えるけどなあ?1位という部分をずいぶんクローズアップした結果の評し方ですけど、あくまで読切レベルですからね。
ルイ >> 肯定的に描くならもっと描いちくりw
カルマ >> オカルトED…?>君のいる場所
ルイ >> それは君がいる場所。って、いやあ彩陽ストとして無意識のうちに、てへっ。
カルマ >> エデンの檻、やっぱりこの仕掛けの深さがわからないw 前はけっこうあっさり脱出していたような気もするし
ルイ >> 【ゼウスの種】お坊サンバの人なんだ・・・wまあ聖おにいさん系ギャグだよね←見も蓋もない
ルイ >> 【この彼女はフィクションです】んー。うまく言えないのだけど、うれしさ半分残念半分の、微妙な気持ち。
カルマ >> んー、肯定的なのかな?そうとまでは思いませんでしたが>七峰くんのシステム
GiGi >> 非実在彼女これは面白い。しょうじきまったく展開が読めない。
LD >> 【この彼女はフィクションです】ほう、良かったと思うのだけど、残念ポイントってどこですか?
ルイ >> ビームにまで手を広げるという事は、まあそのうち羽根生えて飛ぶと思うんで← そういう形でラブコメのフィールドを広げる事自体は愉しいと思うのだけれど、同時に10年描いてきた付喪神として、キャラクターの「精度」が具現化に繋がったと思いたい向きからすると、ああガワに何でもかんでも詰め込んだ程度の思い入れなんだ、といいますかね。「キャラの通り」が悪くなったな、という気持ちもある。積み上げ系からブラックボックス系にシフトしたって事なんですけどね。
カルマ >> 「この彼女はフィクションです」え、個人的にはかなり面白かったですね。ヒロイン像の変遷があっていい
ルイ >> 我ながら、下の説明に付け足す事がないwそちら側の好評も組み込んでいるとは思います。
カルマ >> これ読んでて思ったけど、幼い頃からプリキュアみたいなのがあると「ヒーロー像」を女性に託す男の子がいても不思議じゃないんだよなぁ。まして自分のヒロインを書き続けるような子なんて。
カルマ >> あぁ、ルイさんは確かに一貫性ある方が好きそう。
ルイ >> 【A-BOUT!】・・・言ったもん負けかもしれないが、このバトル形式飽きてきた←こら!
ルイ >> うん。具現化しちゃうくらいの思い入れって、「この子はこんな事しない」レベルの管理が人間並に、それ以上に徹底してこそだと思ったので。これならまあ、一人の外見にずっと集中させていたという特異性はあっても、他はまあ、イメージの範疇というかね。
GiGi >> アンケ1位を重視しなかったらアンケートシステムdisになっちゃうよw。傷を作ったのはこの話に答えを出す気はないということでしょうね。
LD >> うん。ルイさんが言っているのは主人公の中にある絶対的精度でヒロインが誕生したわけじゃない残念さですよね。まあ、でも10年間その時、その時の思いが織り重なって…というのも充分よいキャラだと思いますよ。
ルイ >> それは肯定的とは言わないでしょ。是非を見せて否定一辺倒にはしないのだね、という言い方はできそうですが。ちなみに僕なんかは、もっと肯定の方に振れていいくらいに思っている、という言い方になりますかね。まだ予断許さないけどな!
ルイ >> そこは認めます>充分よいキャラ 一話で何かもっと凄いものを観ていただけで、この先ブラックボックスへの興味でヒク事自体は面白いと思う。性格まで色んなものが混ざっちゃうのは、飛ぶとかビームとはまた違う残念さもあるのだけれどwまあそれも許容範囲。
カルマ >> うーん、幼い頃からの10年は好みが目まぐるしく変わって当たり前だしw 普通は様々なヒロインに分かれていきそうなところが一人に集約されてるけども
LD >> 『君のいる町』……ちょwwwおまwwwww
kichi >> 「彼女はフィクション」、とりあえず面白くはありました。まぁ、ルイさんの話も分かるというか感じましたけど、いちおう面白さというか期待感の方が上回った2話目でしたね。
ルイ >> しかしこう、時代時代の好みを貼りつけた存在になってくると、先ほども書いた通り、「何故その時その時の外見はブレなかったのか?」という隠れテーマが存在しているような・・・・・・・・・・・・・・・・・・気にしすぎか?w
ルイ >> カルマさんが言ったように、ヒーローの能力をフル装備状態にしていくのに近いとは思うのだけど、おにゃのこの好みは、内面が示したようにまさに多面的なわけでね。ラブプラスだって三人用意したんだぜ、という疑問とまではいかないがチェックポイントはあるかな。お母さんのうり2つとかでも困りますがw
LD >> まあ、『うみねこ』の実体を持たせる魔法の強烈な精度を観ていると、ルイさんの話も分かりますw
GiGi >> 描いたことをちゃんと覚えてるってのはポイント高いかもですよ。
kichi >> いやぁ、一人というか一つのモノに全部盛り込みたい、何もかも兼ね備えた完璧な個を作りたい、みたいな欲求はわかる気がします。>外見ブレなかった
カルマ >> まぁヒロイン創作を作品に置き換えると、いろんな世界観の作品を幼い頃からいっぱい描きかけるもんですな。その時その時のいろんなものに影響受けて。同じ経験はあるのでこの彼女のありよう自体に違和感は全然無いですね
GiGi >> うむ、まったく噛み合わないw。やはりブログ記事にしたほうが良さそうだ。
ルイ >> そうね。そのうち覚えていないポイントが出てきて重要な鍵を握りますけどねw>ポイント高い
kichi >> 「君町」は…………乗っちゃうんだなぁw
ルイ >> 〔君町〕はいやぁ姑息ですねえ。いやあ姑息姑息←言葉を使え
カルマ >> 「君町」はいつも僕らを笑わせてくれるね(棒
GiGi >> 人間は見たことのないものは描けない=理想彼女の素体になった実在少女が出てくる可能性はありますね。
LD >> …しかし、裸エプロンでついてきたんだな?(^ω^;)
ルイ >> 内面は影響を受けるのに外見は動かさないで済むんだね、という指摘をしたつもり>カルマさん これはさっきの残念とは違い、不通のチェックポイントとしてね。
LD >> それは『ぼくのマリー』だ。>理想彼女の素体になった実在少女が出てくる可能性
ルイ >> そう。そこを含んでいるつもり>素体の可能性
GiGi >> 先輩の挙動が期待通りだったのもよかった。
ルイ >> 【君がいる町】の何が姑息って、寝た後でも彼女に告げようとしたからっていう、青大のよくわからない情状酌量の設置の仕方が異様に姑息と感じるわけですwいや、なら書き置きでもしろとwそんな判定神様(読者)しか見てないからw
ルイ >> フィクションの先輩、プチですけど桂馬的というか、まあ物語に浸かった世代がああいうものに遭遇すると、とりうる流れとして納得力ありましたよね。
GiGi >> ああ、桂馬。なるほどそれは見てたかもしれない。可能性のひとつにおいておこう。
LD >> 『GE』は終わり?(´・ω・`)
LD >> 『AKB49』は、岡部がいいなあ…うんうん。岡部がいいなあ…。しかし、サクラさんも、アイドルになるべきでは?(´・ω・`)
GiGi >> 爆弾放置したままでどうなりますかねー>GE
kichi >> 「GE」は、私は今週ので「あれ?ゴール後も描く作品にするの?」という印象を持ったわけなんですが、どうなんでしょう?
GiGi >> 裏方さんには裏方さんの輝き方があるんですよ!w
カルマ >> 「GE」は
カルマ >> 「GE」はんー…どの辺でオチをつけるかはよくわかんないかも?
LD >> 『ベイビーステップ』は、素晴らしいですね。えーちゃんが股抜きショットやるとか、そのアドリブの重さが燃える!
ルイ >> 【GE】なあ。ちなみにギギさんの言ってる爆弾って爆乳ちゃん?←うまくない
GiGi >> 何にせよ岡部がデレる未来しか見えないのは楽しいですねw
カルマ >> 「AKB49」だから可愛さはアイドル性と直結しないんですってw>サクラさん
ルイ >> 僕もちょっとkichiさんの見え方はわかる。少女漫画などでたまにある、主役の恋愛物語が終わった後も流す形とかね、机を囲む図に見えたりもしました。ただ、そう言い切るには連中色々火種残してますよねえ、確かに。
kichi >> 「AKB49」……まぁ、マンガだと明確に差をつけて描かれることはないですけど、現実的にはアイドルになれる容姿とそうでない容姿の差はあるんだろうと思って納得してますよw>サクラさんも
ルイ >> 【AKB49】たかみな可愛いよたかみな…んあ?サクラちゃん?
GiGi >> ベビステはエーちゃんの内なる戦いと外から見たイメージのギャップがずっと楽しいですね。プロの道が確かに拓けている。
ルイ >> 【AKB49】岡部のキャラは、それこそ「精度」が上がるほどに作品に期待できるので楽しみにしています。デレつつもフォームとしては利用、取り込みの形を取るのもいいんだよなあ。
ルイ >> ベイビーステップはここでは声をださぬナッちゃんがいい←いつもそんな事言ってるな
kichi >> 「ベビステ」熱いですねぇ!
カルマ >> アイドル性が容姿と直結しないのは数多のアイドル声優とかAKBなら前田あっちゃんとかが証明してるのでは。
ルイ >> あ、そうだ。飽きてきた←おい!【A-BOUT!】、また朝桐が2を引きましたけど、やはり大富豪的には最強、という描きだと思います。
ルイ >> さらっと言うたで>前田あっちゃんとかが
カルマ >> 「ベビステ」は勝負が決まる直前で焦らされるような感覚を持ってもいいのに、このぎりぎりの1話自体が熱いのでほんと素晴らしい。
LD >> しかし、浦川さん、やっぱり男の体型しているな…。なんだろう?この一線。男の娘は描かないんだな。
カルマ >> ん、前田あっちゃんが49でも「かっこいい」描きなのは容姿が劣っててもアイドルとして輝けるってことかと思ってますよ
ルイ >> いや、男の娘には二種類あるというだけの話。
kichi >> ふぅむ。そういうものですか……>アイドル性が容姿と直結しないの
ルイ >> 別に主張自体はそう思うし否定しないです。ただ繋げていくと自分も何か言いそうなので黙するw
LD >> さて。それでは一番を決めましょうか。
LD >> チャンピオン。『ナンバデッドエンド』ですね。
カルマ >> チャンピオンは「ナンバ」でしょう。
ルイ >> 【ドイソル】【マギ】【ムシブギョー】【この彼女はフィクションです】【ナンバデッドエンド】
LD >> ジャンプ……『ドイソル』?
kichi >> チャンピオンは、ああ、「ナンバ」か。そうですね。
LD >> サンデーは『マギ』、『はじめてのあく』です。
LD >> マガジンは『この彼女はフィクションです』。
カルマ >> ジャンプは…うーん「ドイソル」もなぁ。挙げるほどでもないかな 
ルイ >> まあジャンプはオマケさ。
kichi >> ジャンプ……新連載はそういえばまだ読んでなかった……(´・ω・`)ちなみにバスケマンガ2つ載せてたこともあるくらいなんで、タイミングはほんとに単純に出せるものを出してるだけ、みたいな印象を受けてますw で、一番推しは「ワンピ」でいいかなw
カルマ >> サンデーは「マギ」。 「はじめてのあく」は、会長の描きがよくわかってなかったり。
LD >> さて……『ナンバ』、『はじあく』、『この彼女は〜』かな?
kichi >> サンデーは……「マギ」かな。
カルマ >> マガジンは「この彼女はフィクションです」。
ルイ >> 2つ載せるのは弱肉強食の競争原理の話で、あと数話で終わるものの同ジャンルを出すのは・・・こう・・・ウォータースライダー連チャンというか!←?
kichi >> マガジン……ん〜、やっぱ「フィクション」になるかな?
カルマ >> 立て続けのサッカー漫画では「ライトウィング」が好きですねw
ルイ >> はじあくァ?
LD >> ジャンプは、まあいよいよサッカー四天王が出揃いましたからね。『ドイソル』の結末に期待です。(´・ω・`)
カルマ >> LDさんの個人的思いを感じるチョイスw>はじあく
ルイ >> 五芒星にチェンジか…w
カルマ >> そのうち六身合体して巨大ロボになりそう。
ルイ >> そしてセブンセンシズに至る。
LD >> え〜?アキちゃんも、会長も、いいじゃん?w
LD >> まあ、始まったばかりの『ドイソル』に免じて(?)不吉なギャグはしないけどw…四つ揃ったなと。
LD >> さて一番ですが。
LD >> 『この彼女はフィクションです』でいいと思います。
ルイ >> ま、チャンピオンは最近選ばれまくってるからナンバを強く推すのも遠慮してしまうし、今週はジャンプ以外横並びでしょう。かまへん。
GiGi >> 一番はフィクションかな<略称が安定しない
GiGi >> ナンバよかったですね。同じようにバチバチもよかった。
ルイ >> 略称がイマイチ作りづらいのは、このご時世のタイトルとしては少し問題がありますね。
ルイ >> フィクカノ…並びを逆にしてしまったぞ。
LD >> 『フィクション彼女』(`・ω・´) (←ドヤ顔)
カルマ >> ん、今週はナンバ押しでしたが、「フィクション」も良かったですね。 略称難しいな、「このかの」?
kichi >> 口語的には「カノフィク」が良さそうなんですけど、文字にする時「彼フィク」は違う気がするし、「彼女フィク」だと「カノジョフィク」って読んじゃいますから、それもまた微妙なんですよねぇ……w>略称
LD >> ん……ま、略称なら『かのフィク』かな?
GiGi >> ジャンプは基本全打席ホームラン狙いなので上限見えたら打ち切りもしかたないね。
ルイ >> LDさんゴメンね、ドヤ顔に先行して並び先取りかつもっと削っていてゴメンね。
LD >> では、『かのフィク』にします。
ルイ >> ライトウイングに好意的な発言・・・なのか?w
ハラルヤ >> 略称じゃないけど僕は『ウソカノ』って呼んでます。
GiGi >> 昨今の潮流からすると「こかんです」あたりが妥当にも思える。
ルイ >> それは非実在彼女ばりだなあw
LD >> こ、こっちの方が分かりやすいんだい!(`・ω・´)>『フィクション彼女』
LD >> やめれwまじてw(`・ω・´)(←目がマジ)>『こかんです』
ハラルヤ >> 「このかの」も響きがいいですね。
LD >> それでは、今週もありがとうございました。お休みなさい。
ルイ >> お兄ちゃんのことなんか〜の略称「おニャンコ」でいいのにねえ。
ハラルヤ >> 「こかんです」w
kichi >> おつかれさまでした〜。
ハラルヤ >> お疲れ様でしたー
カルマ >> お疲れ様でしたー
GiGi >> 「おにゃんこ」にするくらいなら「おにんこ」でよいかと…
ハラルヤ >> ルイさんは「おニャンコ」って言いたいだけなんですよ>「おにゃんこ」にするくらいなら「おにんこ」でよいかと…
カルマ >> まぁ「神のみ」も「神知る」も略称だけで分かるわけではなかったりするな
GiGi >> そんな年頃なんですね。>言いたいだけ


■■■■2011年02月26日■■■■
LD >> 【今週の一番】チャットは2/26(土) 24:00から開始予定です。 http://www.tsphinx.net/manken/chat/chat.php


■■■■2011年02月27日■■■■
LD >> |ω・`)
LD >> |ω・`)ノ よっす!さっきまで『うみねこ』のラジオやってました。
LD >> ツイッターの調子がおかしいのかな?
LD >> 明日の夕方も『まどかマギカ』のラジオですね。
LD >> う〜ん。
kichi >>      こんばんわ〜(´・ω|
LD >> こんばんは。こんばんは。
LD >> やあ、まだ、他の人が来ないですねえ。
ハラルヤ >> こんばんは!
kichi >> ……お腹がすいたので何か食べよう……(´・ω|さっき起きたばかり
LD >> こんばんは。ハラルヤさん!『うみねこ』聞いてくだすったようですね!
LD >> ああ、僕もちょっと燃料補給しながら話そうと思います。
ハラルヤ >> ええ、一応。最後の方しか聞けなかったので後で録画分を聞きます。
LD >> けっこう、楽しくしゃべれました。新発見もあったし。>『うみねこ』ラジオ
LD >> さて、体力の残りも少ないですし。さっそく一番に入りましょうか。
カルマ >> こんばんはー
ハラルヤ >> 録画を聞いてわからなかった分は今度質問させてください。
LD >> え〜っと、今回は……ジャンプからでしょうか。
LD >> は〜い。分かる事なら。>質問
kichi >> ジャンプ……ああ、今週もまた新連載読めてない……(´・ω・`)今読むか
LD >> …は!新連載、まだちゃんと読んでない!(`・ω・´)
kichi >> ……まぁ、ちょっとあまり読むモチベーションが上がる感じではないですよねw パッと見の印象として……<酷い
ルイ >> http://www.nicovideo.jp/watch/nm13651588 今日のBGMダヨ。
LD >> 新連載の感想………お母さんかわいい。(´・ω・`)
カルマ >> 「メルヘン王子」読み切りでメルヘンの怖さを出している感じがあれば良かったんですが、キモく描いてるだけになっててつまらないですね
ルイ >> 新連載『メルヘン王子グリム』の感想は、お母さんが可愛いというくらいしかないですね。ヒロインより明らかに可愛い。
ハラルヤ >> ただここまでカオスな新連載もそうそう無いので、変なインパクトはありましたね。
ルイ >> 『バクマン』を読んでいると編集部って何か物凄いところに思えてくるのだけど、いやこういう作品を連載させる所だぞといういい補正効果。
LD >> 絶賛ではないですけど、割と嫌いな感覚は持たなかったです。お母さんがカワイイからかな?>新連載
kichi >> まだ最初の数ページですが、すでにその感想に同意で終わりそうな気配がぷんぷん……w>お母さん可愛い
カルマ >> うん、お母さん可愛い。可愛くなっちゃってるのも狙いとして良くはないんだろうなこれ
LD >> 『バクマン』は、『ラブ太&ピース』が終了か…。
ルイ >> マガジンで今『ゼウスの種』っていうメルヘン現実ギャップものを短期的にやっているわけですけど、あちらの型の方が、聖☆おにいさん系の脱力タイプで、安心感があるなあ。メルヘン王子の場合、ツッコミ役がどこまで効くかなあ。『いぬまるだしっ』のたまこ先生くらいのパーソナリティに育てばいいけれど。
ルイ >> だって『リリエンタール』なんだもの>ラブ太&ピース
LD >> 「10週で打ち切りにしてやる」ってどうやるんでしょうね。
ルイ >> A方法はない。現実は非情である。
LD >> うわ〜改めて見ても今回の七峰くん、すごく悪そうだ〜w
LD >> それをそのまま展開させそうな所が『バクマン』のいい所ですね。>A方法はない。現実は非情である。
ルイ >> まあ大暴露大会はじめたらただの内ゲバになるので、同ラインで一歩面白いものを出してアンケート票を奪うというのがせいぜいだと思いますが、正直七峰くんの方が面白ければそれでいい(by編集長)なわけで、奢るなという気持ちもなくはない。ただ、この辺敢えての少年漫画熱導入でしょうけどね。よく考えると根暗な熱だがw
カルマ >> 育つも何も最初からあのポテンシャルだった気が…そうでもないか。最初はLDさんが好き好き言ってたんでしたっけ>いぬまる
kichi >> 立ち上げがシュージンと共同だったことを考えると、早めに次行くのも妥当な展開とは思いつつ、最大の持ちネタであるのも明らかな感じなんで、すんなり次の作品を出せるもんなのかは気になるとこかもですねぇ……。ま、出せるのでしょうけどw>ラブ太&ピース
ルイ >> 『NARUTO』のギャグ展開はぶん殴ってやろうかと思ったwが、案外謙虚ってのは悪くないゾーンだ。しかし最頻出ワードが切り替わった所で術が切れるのか?いまいちビジュアル的にピンとは来ていなかったり。
ルイ >> 『べるぜバブ』男鹿が絡まない方が自然に回せているのはどうなんだろう。まあ、作品の味がよく出たしょうもない(褒め)展開かと。
LD >> 『トリコ』、「俺はそういうチョーシにのっている奴はサイコーにむかつくのさ」、ゼブラのいい人っぷりが、ぱなくなって来ている件。(´・ω・`)
ハラルヤ >> ギャグ展開でしたか?> 『NARUTO
ルイ >> ゼブラほとんど義賊やんけw
ルイ >> 『SKET DANCE』センター試験前、というか卒業前に安形さんが置き土産とばかりにキャラクターを全開にしていて、久々になかなか面白いデス。
カルマ >> 「NARUTO」は道具のギミックもいまいち浸透してないうちに絵だけで見せてて混乱しました。後から台詞で理解してもなんじゃそりゃ、だし(苦笑)
ルイ >> 『エニグマ』連載開始以来、今回はじめてちょっとだけ興味をもって読んだかな。これまでの仕掛けは、全て未開帳の能力を前提に仕掛けた、披露の為の仕掛けで何も感じなかったから。
LD >> 『ドイソル』、なかなかいいですね。
ルイ >> 『めだかボックス』生魚食っとるw…しかし、こうやって描かれるとこのルールもまた「天下一武道会」あたりのオマージュという事になりますかね。
ルイ >> 『ドイソル』は先週話題にした通り、きっちり三杉くんですね。
LD >> 『べるぜバブ』が、変な展開な気もしますが、これはこれで楽しいのではないでしょうか。
ルイ >> やはりジャンプで弱小軍団を育てる形を取るのは大変なのかな。ライトウイングと比べると、こちらは意図的に集められた優れもの揃いですね。あ、でもこのステータス表記は面白いというか、読み方の指標を与える良いギミックですね。ビジュアル表示にして、定期的に見せるといいと思います。
ルイ >> だって男鹿が気功で岩壊すとか、心の底からどうでも良いものw
kichi >> 「ドイソル」いいですねぇ。ミスリードのさせ方が上手くて、ラストでしっかり熱意を持ってることが分かる描き方がとても巧み。画力の高さもありますし、四天王の中では一番ヒットが見込めそうかも?
LD >> 『スケットダンス』、安形会長、突っ走ってますねえw
ルイ >> 『保健室の死神』が、根っこのなさが浮き彫りになって苦しんでますねー。バトルものにはモチベーションが要るんですよ。当たり前ですが。ちょっと苦しいので、女性陣がプールで戦う的な視覚的な方向で攻めてみてはイカガデショ。
カルマ >> 「ドイソル」はいいですね。上手いという印象が大きいですが
ルイ >> タクトくんが「面白いから」だけじゃなくて独自の動機を持った方が良いと思うけどね。>ドイソル
ルイ >> 『ライトウイング』が打ち切りかくあるべしって感じの風呂敷広げてくれて、打ち切りなりの面白さがありましたね。文句もある事はあるんだけど。
kichi >> 「べるぜバブ」は……、最近真面目に読んでないからでしょうけど、最初サバゲかと思って“まわってる”とかの意味が分からなかったのが多少不親切なような……、いや、まぁ、やっぱちゃんと読んでれば大丈夫なのか(´・ω・`)
ルイ >> というより、バブはちゃんと読んでる読んでないといったリテラシー的なものから離れれば離れるほど「らしい」んじゃネーノ。
LD >> SOSITE 『いぬまるだし』が面白かった!お兄ちゃん、かなり楽しい人だw
ルイ >> 頭でっかちな作品というか、ゴール想定した作品は打ち切りの憂き目にあいやすい印象が相変わらず拭えないなあ。ライトウイングのこのオチだって、確実に始めた時からの構想でしょうしw
ルイ >> ぼくは『いぬまるだしっ』は兄貴だけ大して興味沸かないなぁw
kichi >> 「いぬまる」面白かったですねw
LD >> 『めだかボックス』は、かなりジャンプマンガっぽい、暑っ苦しい話でしたね。
ルイ >> 羽根が地球規模ででっかいから一見羽根に見えなかったヨ!>ライトウイング というインパクト勝負は嫌いじゃないんですが、よく読むと、イマイチイレブンの絡みが弱く思えないでもない。監督が復活したきっかけにリヒトも復活したように読めて、その際「育て上げたイレブンたちが、ここでリヒトを支える」というフェーズが弱いなと。多分、それがないとトランセンドサッカーの結実としては弱かろう。監督とリヒトとシアンの物語で終始してしまう。
LD >> 『保健室の死神』、病魔……というか能力“損得勘定”は、ちょっとバトル能力として分かりづらいかなあ?
GiGi >> 新連載は1話から主人公がアクティブに魔法使ってるのがちょっと楽しい
kichi >> 「めだかボックス」ジャンプらしくはありましたねw でもまぁ、展開でも魅せてた生徒会長戦挙編の中では特にひねりのない展開で、繋ぎの話な印象だった感は正直ありw ま、次の不知火こそが目玉でしょうから、その伏線引きの意味はあったので良いかなw
LD >> 『ライトウィング』、羽を引きちぎるあの描写は心理描写的なものなんですよね。
ルイ >> 皆が見える心理描写的な。
ルイ >> http://www.nicovideo.jp/watch/sm13644981 今日のBGMその2。
GiGi >> 10週打ち切りはまあ無理でしょうねwとはいえ最終的に七峰くんが敗北感を感じれば帳尻は合うわけで。とてもバクマンらしい展開。
LD >> あっけない勝ちでしたけど、短くまとめているので好印象ですね。>副会長戦
LD >> 『ライトウィング』に最後に出てきたメガネは、男なんですよね。
kichi >> 「保健室」はやっぱちょっと分かりにくかったですし、使える上限があるのにあんな余裕綽々で使いまくってる感じにはどうも違和感がありました。……まぁ、最後の辺りの描写を見てもそういう子悪党に過ぎなかったっていう描写としては一貫してるのでいいのかもですけどねw
LD >> サンデー行きましょうか。
kichi >> 「ライトウィング」は……、まぁ、打ち切りエンドだなぁ、とw それにしたってシアンのキャラはイマイチ過ぎでしたけどねー(´・ω・`)
ルイ >> 『BE BLUES』はとても順調に、良くも悪くも安心して読めるなぁ。これがメジャー後のサンデーの答えか。
LD >> 『ビーブルース』は楽しいですねえ。
LD >> いや、僕は“悪くも”は、感じないな。今、普通に楽しいと思うよ。>『ビーブルース』
ルイ >> 安心の悪さというのは「普通に」も含むのです。先が気になるドキドキ感もあまりないよね。
LD >> 『神知る』、アイドルかのんちゃん、ずっと寝っぱなしというのもけっこうヤバいですね。
カルマ >> 「保健室」の損得勘定のギミックは「まず病魔のありかたから考える」とか、そゆのがネックになってそうですね。こういう成り立ちだからこういうギミックじゃないといかん、みたいな。
ルイ >> 『鋼鉄の華っ柱』人件費削減のスカウトものという描きは色々キャラクターを出し易くて良いかもしれない。しかし爺が絶好調だなあw
kichi >> 「BE BLUES」はほんとに順調ですね。
LD >> う〜んw何となく、感じはつかんだ事にするw僕は、ドキドキ感、感じてますし。でも『ムシブギョー』のような威力があるかというと、それは落ち着いている方向だとは思う。>『ビーブルース』
ルイ >> 『ムシブギョー』いかん!この出先には姫なり、ヒロイン相当がいない!← 無涯どのが、他の奉行所メンバーの実力を一応認めて計算に入れているところはちょっと萌えました。
カルマ >> 「BE BLUES」確かに次どうなるか、という楽しみ方ではないですね。でもこれだけ楽しければまぁ。
GiGi >> ドイソルのソツのなさは四天王の力を吸収して完全体になったラスボスのごとく
ルイ >> 『最上の明医』は問いかけたら即そのケースですねw>悪人を医術で助けるか否か 
LD >> 探している女神が一人、ようやく出現しましたが……しかし、もしかして、これってヒロインが倍に増えるって事なのか?
ルイ >> 人形フォルムから実体が出た時が勝負でしょうね。人形子がロリなので、女神は結構姉様系キャラじゃないかとは思ってるんだけど。まあ前々から言ってる通り僕は人形子が好きなので、今の展開は望むところ。
kichi >> 「神知る」は、そうか。考えてみれば攻略前に女神が出てきて対峙する展開もあるんですねぇ。
GiGi >> 神海先生は巻末コメントがとても良かったので次回作に期待しちゃうよ!
LD >> 『ムシブギョー』は、地味に江戸時代の武士の感覚を、上手く取り入れている所がけっこういい下地になっています。
ルイ >> 『ハヤテのごとく』あだちメソッドを活用しようとしているみたいだけど、「作者(畑先生)」を作中でビジュアル登場させていないところがまだちょっと弱いかな。
kichi >> 「ムシブギョー」も順調。
GiGi >> その発想はなかった>あだちメソッド
kichi >> 「最上の明医」は、最後の柱アオリが「さっきのはキス?」なことに妙な納得感を感じたりとかw
LD >> 『キングゴルフ』、霞見は心配なキャラなんですけど、出だしは悪くない緊張感ですね。
ルイ >> 『キングゴルフ』は「密度」対「深度」という縦横の交わらない対決という配置自体はなかなか良いですね。問題は、霞見がどこまで凄い(と、読者が感じる)か、なんだよなあ。プレデターに「スゲエ!」と言わせるしかない、ギャラリーの無さもちょっと気になる。
ルイ >> 影の薄いヒロイン子に立会いさせるくらいは必要なのではないかな。でないと霞見の格上げはプレデターの格下げとイコールになってしまいそう。まあ、そのうち遅れて誰か到着するかなー。
kichi >> 「キングゴルフ」霞見は淡々と強い、地味なのに勝てないタイプなんでしょうかねぇ? これまでの描写との一貫性という意味ではそれも悪くはないですが、作品のタイプとしてもなんらかの凄味は感じさせてほしいとこですが……(´・ω・`)
LD >> 『マギ』は、シンドバッド、何かやらかした見たいですねw
ルイ >> 『マギ』モルジアナの衣装が戻っちゃう事が悲しいです…悲しいです…!(2度
ルイ >> シンドバッド麾下の英雄たちは地味にキャラを出してきていて良いですねえ。そしてポジション的にも主人公達の先をいくシンドバッドが、しっかりと主人公属性としての「鈍感イケメン」ぶりを発揮、と。良い展開ではないでしょうか。
kichi >> 「マギ」お姫様は良さそうなキャラだったのに怪物化しちゃったのでしょうかねぇ……?(´・ω・`)
ルイ >> ただシンドバッド王、子を成さないなら王政は次代で荒れるぞ。まあ、ここでドラゴンボールの「じゃあ結婚すっか!」ノリで結婚しちゃうのも面白そうだw
LD >> 『ハヤテのごとく』…これはあだちメソッドですな!(`・ω・´)
ルイ >> 『はじめてのあく』が面白くなってますね。こんな話が描ける人とはあまり思ってなかった。面白い。
カルマ >> 「マギ」は文化の違いで、自分ではなんでもないつもりが向こうの国ではかなりの意味になることをしたとかあるといいなと
ルイ >> ふむ。それだとシンドバッド過失あんまりないですね。個人的には側近たちやアリババでもわかるクラスの「やらかし」を期待してますけどwそれもアリかなー。
ルイ >> 『ケンイチ』新白連合、凄い組織になってるなあwキサラのありえない服の張り付き方にちょっと笑った。
GiGi >> 神知るは事情を隠さなきゃいけない理由が弱いけど、ちょっと設定がごちゃついてきたので3股のラブコメの体で読者の興味をつなぐ作戦かな
LD >> あ、『やおよろ』ですよ?(´・ω・`)
ルイ >> たしかに、情報の秘匿というか、桂馬の内々で処理しないといけない理由とのリンクはなんかモノローグでごまかしてる感がありますね>神しる
ルイ >> 相変わらず境界のRINNEは話題にしたくならない程度にバッチリ面白いし、相変わらず絶対可憐チルドレンは並列の体で描きながら薫にだけ女の目線を与えるたびにもにょる。サンデー今週もサンデーだな!←?
LD >> 今回の『はじめてのあく』で重要なところは、黄村もキョーコFCを離脱した事だ!(`・ω・´)
ルイ >> 『ノゾミとキミオ』・・・なにがなんだか よくわからない…
ルイ >> これ、もう略称は『ノゾキ』でいいのかしら。
ルイ >> もともとキョーコFCってなんか適当なキャラ付けでしたし、ちゃんと育ってきたら要らないですよね。
LD >> 『アラゴ』のバトル展開は、新井先生の画の良さが遺憾なく発揮されていていいですねえ。
kichi >> 「はじあく」いろいろ良かったですね。扉の生徒会役員予定もよさげなセレクトに感じましたし、緑谷君にこんな形での活躍のメがあったとはなぁ……!
ルイ >> 剣は「全て遠き理想郷」だったか〜>アラゴ やあ、触覚みたいな髪型にする必要ないと思うんですけどねえw面白いです。
kichi >> 「ノゾキミ」でしょうJK>略称
ルイ >> うむ>ノゾキミ ただ、展開読んでると「覗かせたがり」の話なんですけどねw
ルイ >> http://www.nicovideo.jp/watch/1296548706 カブトボーグのコメント数を再生数が上回るのは第何話くらいかなー。
LD >> もともとは、かなり『うる星』のメガネ的な配置として置かれたんでしょうけどね。ちゃんと育ってきたら要らないですよね。
kichi >> 「アラゴ」はやはり絵の魅力が出てて良かったですねぇ。女敵はもっと早くから出してても良かったのにと思ったくらい。……正直、この設定格は高過ぎる気がするんだけど、女敵としての描写力はバッチリ過ぎてw
LD >> さて、マガジン。
kichi >> 読切「GANKON」も
kichi >> おっと、割と良かったですね。ベタな萌え系バトルものではありますが……。
LD >> 『エデンの檻』100回記念!真理谷四郎の絶滅動物比較図鑑がいいなあw
ルイ >> うん、『GANKON』すごく良かったです。最初と最後にゴツイ神様を強調しまくる所はちょっと好み。あとはまあ、わかりやすい契約バトルですね。
ルイ >> ただ、なんだろう?恋愛シチュエーションが降って湧いてきた時に対応できるように鍛えている、というのは「降ってきていい主人公」というか、ただそこらが恵まれたり天から力が湧いてくるキャラとは違う生命力がありましたね。
LD >> 『ヤンキー君とメガネちゃん』は、ここで新ヒロイン登場ですか?
ルイ >> 『ヤンメガ』は何か、凄いタイミングで新キャラ出しますね。ただヒロインというわけではなく、ブースト用のキャラというか・・・
kichi >> あの女の子姿って、完全に今回の願いのためだけに変身した姿なんでしょうかね……? 正確は地で可愛いっぽいですけどw>GANKON
kichi >> 正確→性格
カルマ >> 「エデン」アンドリューサルクスでけえなぁ 
LD >> 『彼女はフィクション』は、良いですねえ。
ルイ >> うーん、元の神様がガチ状態だとあんまりにも萌えハードル高いので、あくまでウーロンの変身体くらいのポジションだと思うのですけどwただ突き詰めると「神体なんだからどっちでもあるしどっちでもない」くらいの話だと思うんですよね。それでも女の子と見定めたから、もうそれは女の子というか。覚悟の形として好みw>GANKON
kichi >> 「エデン」は……100回記念の冒頭をおっぱいから入るのは、この作品をよく表してると思っていいのかな?w しかしミイナは設定の根幹に関わるほどのキャラなのかぁ。ふむ。
ルイ >> 『エデンの檻』はあんな極限状況で、レイプに走るでもなく思春期男子高校生してる連中はつええなあ、と無駄に感心したり。
ルイ >> GANKON連載にならねーかなぁw次の「うえき」になれるかもよw
kichi >> やっぱりそのくらいの感じの方が良いですよねw>どっちでもある
kichi >> 「ヤンメガ」はほんと、凄い新キャラ投入の仕方しますねぇw
LD >> (どきどき)
ルイ >> 『この彼女はフィクションです』は、先輩が物語に浸かった人であるだけに、もうちょっと柔軟に、そこいらのラブコメよりも「読みきって」欲しい願望もなくはないけど、鈍感でつむぐのが基本ですしね。まあ、設置はこれで完了。ここからはクラスメートやら家族構成やらの展開力だな。
kichi >> 「かのフィク」良いですね。……しかし最初、外見から、ベースは優等生タイプなのかと思ったりしたんですが、どうやらその要素はないのですねぇ……(=゚ω゚=;)話のためのキャラ設定としてはその方が面白くできて良いですが
LD >> 『AKB49』の岡部のキャラ積みがすっごい楽しい。
ルイ >> 『AKB49』はかねてからの指摘通り、観客がプロいw観客が観客を「素人」と言っているのが妙に良かった。あと、展開自体は面白いし文句ないのですけど、舞台装置云々は説明が足りずイマイチ読んでいて流れがみえてこなかったですね。
カルマ >> 「このかの」はいいですねー。書かれてないことが個性になる。当たり前のようでいて面白い
ルイ >> ピンチをチャンスに変えるのが浦川みのりの「神の推しメン」たる所以なのでしょうね。
カルマ >> 皆思い思いに略すこのかのであった
LD >> あれ?『うみねこ』ラジオの途中が切れている?
LD >> ああ、良い指摘です。>「「このかの」はいいですねー。書かれてないことが個性になる。当たり前のようでいて面白い
ルイ >> 『ベイビーステップ』良かった。ただ意地悪な見方すると「最高の試合だからいいか」と言えてしまうところが、井出くんの「主役力」の限界かな、と思わなくもない。
カルマ >> 今galaxy tabで投稿してるけど悪くはないな…
ルイ >> 主役力があるのに、このセリフは気持ちよく負けた良い脇役のそれなんだよなあ。
GiGi >> セリが壊れる件は、舞台装置の配置が際どい理由を事前に蒔いて欲しくはありますね。それにしても岡部かわいい
ルイ >> 『ガマラン』はサイヤ人襲来までの時限設置ですが、ここでスッと時間を飛ばしてくれてホッと一安心。また戦いを愉しむ事ができそうです。
ルイ >> 岡部さんマジ岡部。岡部にもみのりにとっての先生のような人が現れたら変わるでしょうけどね。この際、男版の浦河で岡部に熱烈ファンとしてアプローチかけて、惚れさせてしまうのはどうかw
カルマ >> 井出くんのそれはメンタルの切り替えの早さがそのまま出てるかな<しゃーない
GiGi >> エーちゃんのテニスが観客を味方に付けられること、観客を味方に付ける意味を体感したことが何よりもこの試合の意義でしょうね。
ルイ >> 今回の『むろみさん』が、僕の好きなむろみさんの定型だなあ。
ルイ >> プレッシャーの処理バランスは、試合ごとに最適解が変わるのでしょうね。それを模索するのがテニスというか、そこが法則化できちゃうとテニスは簡単だ。
ルイ >> むろみさん、歴史なり伝説とハッタリでスムーズに線引くのが一番楽しい。僕の好きなむろみさんはソレ。
カルマ >> AKBは熱さで持っていかれて気にならなかった(汗
GiGi >> ネギまが、タイマン張ったらマブダチメソッド発動ですがwこれは殴り合いながらこれからを語るのかな
ルイ >> 『ネギま』スーパーサイヤ人とか思い切り言っちゃうのがらしいというか何というか。
LD >> 『ベイビーステップ』は良かったですねえ。というか先週の股抜きとかが良かった。
ルイ >> つか、他フェイトと比べ彼の特別ぶりって凄いんだなあ。
カルマ >> 「むろみさん」良かったですね。久々な感じ
ルイ >> 『ブラマン」ピーターパンの切り捨てられ臭が酷いwセカンドの犠牲者は君かー!
kichi >> 「ベビステ」良かったですね。……上手い言葉が出てきませんが、セリフモノローグなしで〆られる試合になったこと自体が良かったなぁっていうか……。
ルイ >> うん>メンタル切り替え 本当に意地悪な視点ではあるのですが、そこに淡白さというか、配役に収まる哀しさを勝手に見てしまったのですね。
ルイ >> 『君がいる町』はやっぱり柚希が出てきたよママン。言った通りだ。
カルマ >> ここまできたか、って台詞で格がさらに上がる感じですね<フェイト
ルイ >> 朝にもう一度告白したのは良かった…ちょっとホントオープンならなんでもいいって訳じゃねえんだよ感もありますがwしかし、そこで柚希を誘うのはもう不実よね。
LD >> USTREAMって、録画の容量制限はないですよね?
kichi >> 「ガマラン」、とりあえず一年後に飛んでくれたのは良かったですね。……そもそもこの作品ってガマ自身の得体の知れない強さみたいなトコが大きな魅力でしたから、修行内容は分からなければ分からないほど良い気がしますしね。
カルマ >> 君町は誘う意味が不明すぎる(笑)
ルイ >> 良い指摘>修行内容はわからない方がよい 互いのカードが出揃っていては、そこにあるのはみえているカードを出し合う違う戦いの形ですね。
LD >> あんまり「◯◯ェ…」って使わないんだけど、使いたくなった『君のいる町』ェ……。(´・ω・`)
GiGi >> 君町なー。
ルイ >> 実際の相手の剣客も、ガマ達の修行内容はわかっていないわけで。互いにその状態で命をやりとりするのだから、読者が先行しすぎるのは美味くない。
kichi >> 「君町」は………………(´・ω・`;)
ルイ >> ワザを出すその瞬間に、それに沿った修行の形を見せるなりでいいのですよね。
ルイ >> とにかく「過失なく浮気の形を作ろう」として展開を色々こねくり回してるんだけど、いやダメだってw
LD >> 『エアギア』は、ブッチャ、ハンサムだなあw
ルイ >> A-BOUT!は面倒くさいスパイラルに入っちゃってどうすんだ収拾つかねーぞ感が多少あちつつ。
カルマ >> 砂原は起き上がらなくてよかったなぁ<アバウト
kichi >> 「ネギま」良いですなぁ。至近距離でのメンチ切り合いとかマガジンらしくて良いですしw 「エヴァと同様の体になった」という言葉だと決して否定的ニュアンスばかりじゃなくなる、そのバランスがまた良いです。エヴァちんの積みあってこそですし。
LD >> 『ネギま』は殴って分からせるという展開が熱いですね。
ルイ >> 一戦一戦が遅いのもあるし、そもそもこんなケンカ以外に逃せないシチュエーションを構築する事がA-BOUT!の魅力を削いでちゃしょうがないわけで。
kichi >> 「A-BOUT」はとりあえず遅いですね……。脇キャラをこんなじっくり掘り下げられても……って感じしちゃいますし。
LD >> 寿司屋はある程度、掘り下げたいのでしょうけど……むしろ、全体像として戦わなくてはいけな一年が多すぎるのが展開を遅く感じる要因になっているかも。
LD >> さて、チャンピオン行きましょうか。
ルイ >> うん。だから戦いの中で描かれるエピソードに問題があるんじゃなくて、それのみで繋ぐしかないこのシチュエーション構築に問題がある。
LD >> 『バチバチ』、吽形さん足はもう大丈夫なんですかね?
ルイ >> 吽形さんは若干連載の中で形を変えた臭がするんですけどね。今回も、吽形の取り組みを敢えてクローズアップしないように描いているし。オオゴトにせず、そのままいち怪我に落とし込んでいる感。
ルイ >> 『弱虫ペダル』金城さんカッコよすぎてそろそろ抱かれたい。
すれあき >> フンドシ好きにはたまらんね
LD >> 『弱虫ペダル』は次号から4連続、大増カラーというのが熱いですね。
ルイ >> たしかに鯉太郎には粘り腰自体はありましたし、そこまで唐突感はないけれど、究極的には押し相撲だろうという感もある。一意専心も悪くはないけれど、相撲を描ききれないですしね。
GiGi >> シュガーレスが、アバウトキャラ増えすぎでどうすんだ問題へのよい解答例でしたね
ルイ >> 前も弱ペダ祭りやったくせに、ジャニーズJrで映画化しなかったからなあ←何言ってんの?
ルイ >> ど、どゆこと!?>解答例
kichi >> 「弱虫ペダル」はやはり来週からの描写、展開に期待ですね。
ルイ >> ここでエース達の力の源を描きつつ、さらに共闘を描いてくれたら言う事ないですね。
ルイ >> 『囚人リク』囚人たちの描き分けができているのは良いのだけれど、どうやってこの形にエネルギーを投げ込むんだろう。若干息苦しい。
ルイ >> 『てんむす』天子ちゃん私服カワカワ。この連載は絶対コケないよなあ。早くアニメ企画動かすべき。
ルイ >> 『みつどもえ』パンチラ厳禁のこの漫画の中で、絵の中での絵はパンツあり、というのはふたばが示してきたのだけど、吉岡のタッチはほぼ本編と変わらないので無駄にエロかったというおはなし。(真顔
kichi >> 「バチバチ」は妥当な流れではありますね。吽形さんの足は思ったほど酷くはなかったのでしょうかねぇ……?
GiGi >> ちょっと御堂筋が可哀想になってきたw
ルイ >> 御堂筋の必死なコマ、いい「効き」ですよね。
ルイ >> 『ましのの』この少女漫画画力が俺たちの哲弘先生にあれば…※あってどうする
kichi >> 「てんむす」も安心感感じるくらい順調ですね。先週大食いの厳しさを示唆したヒキだったんで、今週は厳しさを見せるのかと思いきや楽しげな話なゆったり具合がもう、貫禄あるというかw
ルイ >> 天子ちゃんが感じるような大食いの厳しさってなんなんでしょうね。興味深い。
GiGi >> 一年同士が泥仕合しても上がきちんと格の違いを見せればどうにでも収まりつくよねという。
kichi >> あと、幼馴染君へのHEARTグサリにチビ先輩が反応してるのが微妙に気になったり。……いや、特に意味はないのかもですがw
ルイ >> 『シュガーレス』がすごく良かったですねえ。キリオ登場で混ぜっ返しという展開を皆予想したと思うのですけど、この作品はシャケという絶対の裁定者がいるという。
ルイ >> ああ、大体似た事言ってますね。この作品、岳が上に昇る為の点火をし続けてくれるとすれば、シャケはそのベクトルを裁定してくれるんですよね。キリオも今回二年らしさを見せたけれど、まあシャケ。
GiGi >> てんむすの彼氏くんが料理人というのはいいですね。うん。グッと来る。
ルイ >> 更に『ケルベロス』もムチャクチャ、ムチャクチャ、ムッチャクチャに良かったです。
ルイ >> 彼氏言うな!w料理人と大食いは敵対関係に捉えがちですけど、食への愛をその量なり咀嚼ペースなりで判断するのも勝手な話ですしね。表情は雄弁だ。
kichi >> 「みつどもえ」もいつもながら面白かったです。写メを絵にするのが当然と言わんばかりの描写に笑ったw
LD >> 『冥王神話』は、これまで英雄/豪傑マンガだったのが、ここに来て少年マンガな収斂をしている感じ。悪くないですw
ルイ >> 一ヶ月くらい前に書いた通り、ここで友恵が雪房を連れてくる展開は、ぼくはもともと期待していた所があったのですけれど、それ以外の配置が全て完璧で、ちょっと震えがくる形になってましたね。望んでいた形より遥かに良かった。
カルマ >> 「てんむす」は幼なじみくんが大食いに嫌悪感示す人の代弁者になるのはいいですね
kichi >> 「シュガーレス」巧い流れですねぇ。やはりシャケで〆るのが美しい形ではあって、でもト部の格も落としたくないってとこでキリオを使う。うん、巧いなぁ!
ルイ >> 『ケルベロス』読みなおしたけどやっぱり今回は究極レベルに良いなあ。ぐふぐふ。良さだけで延々と語れるで。
GiGi >> ケルベロスそんな男の友情で大丈夫か?一番いい薄い本を頼む、的なw。いや、かっこよいし、このタイミングでの援軍到着もベストですね。
LD >> 『ハンザスカイ』は、番場さんの妹が登場だよ!(`・ω・´)
ルイ >> シャケって、『シュガーレス』という作品におけるオシリス神に見えるんですよね。
カルマ >> 「ケルベロス」常世が待っていた風に見えたのだけど、駆けつける途中で偵察していて…ということなのだろうか
ルイ >> 友恵を立会い人とした再契約の瞬間の絵なのですけど、多分これ以上のタイミングとシチュエーションは引っ繰り返っても出てこないと思いますね。
LD >> 『シュガーレス』は、この展開のシフト、ものすごく上手いですねえ。『シュガーレス』に“上手い”という言葉を添える日が来たのかって感じです。
kichi >> 「ハンザスカイ」あんまり同じ形ばかり続くのも何だしここは番場さん負けるという展開になりそうかな……?と思ったのだけど妹ちゃんが出てきたんじゃ勝っちゃうかぁw
ルイ >> うん。twitterでも呟いたけれど、今回のシュガーレスは「一段上がった」回ですね。作品そのものが。
LD >> 『ケルベロス』は、とりあえず。目をごしごししているカラス冬子がカワイイな!(`・ω・´)
ルイ >> 冬子が可愛いのももちろんアクセントではあるけれど、今回はそんな所じゃなくて。それぞれがそれぞれを支えあう円環の表現において、もう完璧。友恵も友人2人に支えてもらっているから、窓から半身乗り出しているわけでね。
LD >> 【ケルベロス】 うむ。良い一回でした。>円環
ルイ >> 景自身が与えた勇気を使い、島田が皆に灯した勇気が更に大きな力となって景自身に返ってくる。雪房は雪房で、結和というその名の通り和を結ぶ少女が仇喰たちの名前を出して彼を肯定してくれる。自分たちが生み出した絆によって、自分たちが押し上げられて、この紹介と名乗りの大ゴマに集約されたと考えると、もう涙じゃきかないくらい今回はもう完璧です。3starsは解散してもマジパネェ。
GiGi >> ハンザスカイはどうやっても番場さん勝つしかない構成だけどさすがにワンパ言われそうなので変化球投げてきた感じかな?
LD >> ところで、カラスと冬子先生を分離させる方法は、常世が持っていたりするのかな?対決としてはここからが本番だな。
ルイ >> 番場さんの妹がキャワイイ幼女じゃないあたりが業が深いなあw
LD >> 『十字架とコイン』は、まだちょっと内容をよく理解していません。
GiGi >> 問題解決フェーズに移ったら全ての問題が必然的に解決する方向へと一気に振れてるのが、ああ、少年漫画だなあ、と惚れ惚れしますね>ケルベロス
LD >> 『はみどる』は、一日警察署長さんって、拳銃かまえたりするのかな?w
GiGi >> いやほんとチャンピオンは作家育てててすごいね。
LD >> いや、でも冬子先生問題は、ちょっとした難敵だと思いますよ。>GiGiさん
kichi >> 「ケルベロス」素晴らしかったですね。
ルイ >> 【十字架とコイン】なー。←急に奥歯にモノ
kichi >> 「はみどる」三角コーンの着ぐるみなんてよく用意してたなw
ルイ >> 3starsはちょっと奇跡的な連打でしたが、その弟子筋がてんむす描いてるわけですから、ヘタこくのが難しいくらいですね。ちなみにサンデーは「巻き返し」をもうちょっと硬軟おりまぜて、ビッグネームなども活用して行おうとしてますね。
ルイ >> 【冥王神話LC】はLDさんの言う通りかな。少年漫画の熱気ですね、これは。ほんと、脳内でペガサスファンタジーが流れましたよw
LD >> 【はみどる】くっそ〜毎回このつっこみってのはどうなんだと思いつつそれでもやってしまう。「売れてないのはおかしい」(`・ω・´)
ルイ >> 但し、歌詞は「セイントテンマー♪」でな!
GiGi >> 基本的には難問題だったんですが、ポジティブドミノ倒しで多少の無理筋でも通ってしまう形でしょう。もちろんその上で美しい解決したら拍手喝采ですが。
kichi >> 荒川弘先生がサンデーにってのはちょっと驚きましたね。でも、荒川先生自身がさらにチャレンジしようという意思を持ってるならサンデーっていうのは案外納得のいく選択ではあるんですよね。>サンデー巻き返し
ルイ >> 【はみどる】群馬さんのロリ府警ファッションは絶対売れる(今週のノルマ発言)
ルイ >> WINWINですねw>サンデー荒川 まあ【マギ】の形の更にごっつい形と言う事はできるんですけど、クラブサンデーのトップを逆輸入してきたり、結構最近手段を選んでないですね、サンデー。よほど去年の部数減がこたえたか。
ルイ >> 今の冬子先生が可愛いという事は、カラスが可愛いという事なんだよなあw
LD >> 『冥王神話』って元々は、完成されたヒーロー/神話英雄たちのバトルではじまって、そこにしびれていたんですが、最終的にパンドラ様を筆頭にしてアローンや、天馬たちの人間くささというか凡人くささの物語に収斂して行くのが何故か心地良いのですよね。可能性としては「格が落ちた」とか言ってがっかりしてしまう事だってあるのに。
ルイ >> ラダマンティスやパンドラ様による「偽りの聖戦」糾弾がすごく効いていて、「今回の聖戦」はそれが身の丈にあったサイズに思えるのですよね。
LD >> 『キガタガキタ』、妖湖「キガタ、ホラ、パンツだよ…」→妖湖「実はスパッツ履いてまーす。ザマミーウリウリ」→キガタ「うっかり騙されてしまった…」いいな!相変わらず!(`・ω・´)
ルイ >> 【エンジェルボイス】ってちゃんと読むほど良いですね。最近お気に入りだけど、ずっと良かったのだな。
kichi >> 「うっかり騙されてしまった」は笑ったw>キガタ
カルマ >> 「キガタ」スパッツはご褒美ですよ?
ルイ >> 【エンジェルボイス】「今日はみんなで病院にいこう」がやはり素晴らしいのだけれど、その前の「黙れ」の効きがやはり凄まじいのだな、と読みなおして再確認。
ルイ >> 基本不良ノリの面子ばかりなチームの中、最も実直な百瀬という男の「吐くはずのないセリフ」だからこそ、皆反発したりする前に「その理由に聞き入る」ポジションに入ってしまうのですよね。ああ、上手い。
LD >> う〜ん、それもあるけど…。>「偽りの聖戦」糾弾 何かもっと別の所でこの流れに納得しているんですよね…。
kichi >> 「エンジェルボイス」良いですねぇ。モチベーション云々に関してを、ただ「病院へ行こう」と言うことでまとめる辺り、ほんと素晴らしく良いです。
ルイ >> 【キガタガキタ】も素晴らしくて、チャンピオンは吹聴するほど胡散臭いんだけど、ほんとに黄金期だなw
ルイ >> おまいちゃんの行動は観ているだけで楽しいなあ。しかも彼女「残り2人が」という事は、自分も例外じゃないんですよね。自分と冥がいい関係になっても、うまくやらない限り赦されないという予言をしているw
LD >> いや、この『キガタガキタ』、妖湖にヤンデレ会話をしつつ、石田三成の怨霊と対決とか熱い。
ルイ >> 次週、すごい東照大権現様の霊が登場!
LD >> 【キガタガキタ】 キガタ「今日は一緒に帰るべきじゃなかった。もう逃げられない」→妖湖「なによォ…いいじゃん。一緒に頑張ろうよォ」→いいな!(`・ω・´)
GiGi >> 妖湖の凄いところは抜け駆けしたら他の2人が黙ってないのをわかった上で抜け駆けしようとしてるとこだなあ。石田三成というチョイスも良い。
ルイ >> 妖湖と比べたら、まだメガネちゃんの方が怪異に対し常識的に驚いたりしていた気もしますねw
カルマ >> 妖湖はほんといいですねぇ。正気で狂ってる。
LD >> あと、今回のこの見通し感が、やはり妖湖は正当な二位子だなと思ったりもしました。あ、一位は恐怖新聞ね。
ルイ >> ふーこちゃんの主がもうちょっと強くなれば楽しいトライアングルだ。
LD >> ああ、ルイさんの指摘もいいなあ。>まだメガネちゃんの方が怪異に対し常識的に驚いたり
ルイ >> さすが最もキリコの遺伝子を感じさせる娘、と言えるかなw
LD >> 吹石は例の恋侍で、キガタ以外の相手の可能性を見たんですよね。…で、首の方は自身がストーカーでも怪異への耐性は低い。一方、妖湖は怪異大好きと。やはり二位子だな!(`・ω・´)
LD >> SATE、一番を決めましょうか。
GiGi >> まあケルベロスかな。それかねじまきカギュー
ルイ >> 【バクマン】【GANKON】【マギ】【ベイビーステップ】【この彼女はフィクションです】【ケルベロス】【シュガーレス】【キガタガキタ】・・・
LD >> ジャンプは『いぬまるだし』かな。
kichi >> ジャンプは……「ドイソル」で。
ルイ >> ああ、ケルベロスかねじまきカギュー。同感だな。
LD >> ふむ。『ねじまきカギュー』は…よいな!
ルイ >> 中山先生は凄かった。
kichi >> サンデーは……「GANKON」でいっかw
カルマ >> ジャンプは…んー
カルマ >> あー中山先生の新作読まないと
LD >> サンデーは…『アラゴ』?
LD >> ああ『GANKON』よいね。
ルイ >> 触れなかったのうLDさんw>よいね。
LD >> マガジンは…『このかの』かのう…。
kichi >> マガジン…………まぁ、「ネギま」か「ベビステ」かなぁ。「ベビステ」で。
カルマ >> サンデーは「アラゴ」ですね。
kichi >> チャンピオンは「ケルベロス」でしょうね。「シュガーレス」も良かったですけど……。
カルマ >> マガジンは「ベビステ」「この彼女はフィクションです」…んー難しい。どっちもいいですね
ルイ >> シュガーレスの方が掲載順一個前なんですよねえ。ドン、ドドーン!って感じw
LD >> チャンピオンはいろいろ良いが…『ケルベロス』か『キガタガキタ』かな。
カルマ >> チャンピオンはスパッt…「ケルベロス」でしょう。
LD >> ああ『シュガーレス』よいね。
LD >> まあ、今週は『アラゴ』か『シュガーレス』か『ケルベロス』か『ねじまきカギュー』だな。
ルイ >> 久々に全てが集約される一話のカタルシスを得たので、今週はケルベロスで決まりじゃないですかね。それかねじまきカギュー。←まだ言ってる
ルイ >> 【クラナド】の「それと便座カバー」みたいなノリでねじまきカギューねじまきカギュー言ってるなw
LD >> やべぇ…『ねじまきカギュー』にしたい……しかし、一応、今週選ぶものが薄かったらって縛りだったっけね。
ルイ >> 中山先生には「オリジナルとは何か」を教えられた思いです。それはベタさにもオマージュにも宿る。必読。>ねじまきカギュー
LD >> 『ケルベロス』ですね。『シュガーレス』もよかったけどシフトのワンアイデアって所はあります。
kichi >> 4誌以外から選んだ例があったのか!wΣ(`・ω・´;)
ルイ >> 4誌以外から選んだ例…ハチワンか何かであったっけ?w
LD >> ルイさん、ブログに記事書く勢い?>カギュー
ルイ >> ああ、書きましょうか。書きます。
LD >> ん〜…なんか『カイジ』のペリカとか選んでいたような…。
GiGi >> あと医龍最新巻出てるから単行本組は急げ!
ルイ >> 参戦前か!LDさんギギさん適当やってんな!w
kichi >> んむー、単行本待ちのつもりだったけど……どうしようかな……(´・ω・`)>カギュー
GiGi >> カペタ選んだこともなかったっけ?候補止まりだったかな?
ルイ >> 候補には、そりゃ挙げますけど・・・w
kichi >> 少なくとも私が参加して以降は無かったと思いますw>4誌以外から
LD >> …ぱっと見る限り、実は本当に選んだ事はないのかな?「マガジン6大連載攻勢!」とか意味不明なものを選んだりしていますけどw
ルイ >> 単行本待ちでも良いですよ。でもとりあえず月曜あたりに提灯記事書きます。
LD >> ん?何か飛んだw
ルイ >> 医龍の最終回もえがったなぁ…ああ、SQ19の【ドットイーター】が面白そうだなあ…【どげせん】最高だなあ…。
LD >> 候補にはあげるけど、実際に選んだ事はなかったかな?…四誌内であれば「マガジン6大連載攻勢」とか意味不明なもの選んでいるけどw
ルイ >> マガジン六代連載攻勢wなんじゃそりゃw
ルイ >> ギギさんの話聴いてから【どげせん】読みだしたのが悔しい。
kichi >> ……存在を主張されてるっぽくて霊現象みたいだw>飛んだ
LD >> さて。今週は『ケルベロス』で。
ルイ >> フクイ先生、3stars解散式で泣きそうになっていた事を思い出しました。「今度は一人でもこういう事ができるように」ってあたりで。きっと出来るよ!おめでとうございます!
LD >> それでは、今週もありがとうございました。お休みなさい。
カルマ >> 六大ってなんの時なんだろうw
ルイ >> LDさんが後でここに書き残してくれるヨ>なんの時(チラ
kichi >> おつかれさまでした〜
カルマ >> おつかれさまでしたー。ゴーカイまでに起きれるかのう…
LD >> 板垣先生が「飢狼伝BOY」を描くというのが目玉だったかな?
GiGi >> 賭博覇王伝の時かなw>6大新連載
LD >> その他、全作品は分からないけど、小川先生が「フードハンター」、あと能條先生が何か足が宙に浮く少年の連載はじめたと思います。……6大全滅だった気がするw
LD >> もしかしたら「覇王伝」じゃなくって「涯」の方かもw
LD >> それでは!
ハラルヤ >> お疲れ様でした。


■■■■2011年03月04日■■■■
LD >> 【今週の一番】チャットは3/5(土) 24:00から開始予定です。 http://www.tsphinx.net/manken/chat/chat.php


■■■■2011年03月05日■■■■
GiGi >> 今週の一番はサンデー5大新連載ですね!
ハラルヤ >> 5大?どれのことです?>サンデー5大新連載ですね!


■■■■2011年03月06日■■■■
LD >> |ω・`)ツイッターの調子がおかしいね。


■■■■2011年03月05日■■■■
LD >> 一番の準備をしよう…。


■■■■2011年03月06日■■■■
LD >> おお、00:00→23:59
ハラルヤ >> こんばんは!
LD >> こんばんは。
GiGi >> LDさんが時間移動を…まさか契約したのか?…
LD >> ルイさんが『true tears』のオフ会に行っていたみたいなんですよね。今日は顔を出せるのかな?
LD >> というか、この空間自体が変だよw>時間移動
LD >> ただ、ほむらって“止める”ところまではやっているけど、“戻す”事はまだしてないですよね。
LD >> 今日は、何からですっけね?ローテにしたのはよかったけど、何からはじめるのか俄に分からない(汗)
LD >> う〜ん、ツイッターが回復しないなあ(汗)
GiGi >> 誰かが魔女落ちして謎空間が発生してしまったか…
LD >> サンデーからでいいのかな?
ハラルヤ >> 僕じゃないよ!
GiGi >> ドラえもん「もとに戻してもあっちの世界はそのままだよ」
LD >> いや、戻せるかどうかw……でも、彼女の能力は、第一話の光景と無関係ではないのでしょうね。
ハラルヤ >> どれをどう数えると5大なんです?
GiGi >> 時間遡行でなく時間軸の移動と言ってるのはポイントかもですね
LD >> ああ…、時間を二次元的に扱えるのが、既に謳われてるなら、遡行はできるかな?
LD >> ああ…。kichiさんか、ルイさんが来たらはじめたいんだけど。
LD >> くっそ〜ツイッターだめぽ。
LD >> ん……編集にかまけて『これゾン』とか『お兄ちゃん〜』とか観れてないなあ…。
GiGi >> 5大新連載は満田先生がメジャー2だったら完璧だったんだが画竜点睛を欠く…
GiGi >> しかし5本も始まるとさすがに何本か終わると思うが、アラゴとかヤタガラスあたりはクラサン送りになりそうな予感。
kichi >>      こんばんわ……(´・ω|ねむい
ハラルヤ >> ああ、サンデー側のキャッチコピーなんですね5大新連載。折り込みのカラーページ見てませんでした。
GiGi >> 「ギャンブルッ」の加賀ミツル先生は原作に回ったみたいですね。これはアリかな。
kichi >> え、怪体真書とトラップと守護悪魔が終われば充分かと思ってたんですが……(´・ω・`)オニデレも終わったし
LD >> えっと?『ムシブギョー』、『ビーブルース』、『ポケモン』、今回の『ランウェイをプロデュース』…他は?『ノゾキミ』かな?終わっちゃったけど。
LD >> 鹿賀ミツル先生、原作になったんだw
LD >> あ、そういえば荒川先生が連載するって話がありましたね!
LD >> こんばんは。kichiさん。
kichi >> LDさんもカラー折込みてないぽw
カルマ >> こんばんはー
LD >> さて、一番をはじめましょうか。
LD >> 今見ましたw>カラー折り込み
LD >> 5大新連載もそうですが……なんか最近、サンデー、お色気度が上がってませんか?
GiGi >> ランナウェイ、ポケモン、満田ボクシング、鹿賀先生の料理漫画、荒川弘新連載ですね>5大
GiGi >> トラップは展開なさすぎで終わる気がしないぽ
LD >> 満田先生、ボクシングはいいかもしれませんね。『メジャー』で勝手気ままな主人公作ったんですけど、けっこうチームプレイのようなものに引っ張られましたしね。
kichi >> ……ん〜、言われてみれば?そこまで大きな印象はないですけど、まぁ、確かに……?>お色気アップ
kichi >> じゃあトラップはクラサン送りで……(´・ω・`)
GiGi >> 月光条例はあと5話あれば終われないかなどうかな?
LD >> (´・ω・`) 送られちゃった…。>『TRAP』
kichi >> ……ふむ。いや、私はGiGiさんほどではないですけど、満田先生はメジャー2で良かったような気はしてますね。……というか、あまり厳しい世界を描かれても……という気は(=゚ω゚=;)
LD >> ノルマ…という事ではないでしょうけど、各連載陣に依頼はしていそうに思いました。…一番、畑先生が反応していると思うw
LD >> いや、描こうよ?厳しい世界。(´・ω・`) 『メジャー2』でもいいけどさ。これ失敗した後でもいいじゃん?
LD >> 『神のみぞ知るセカイ』も、裸になってますしね。
GiGi >> はじあくとハヤテはお色気度アップした感はありますね。マギもか。なるほど。
LD >> 『神のみぞ知るセカイ』は、ノーラさんが悪魔らしい、カッコ良さでよかったです。
LD >> 割と、一斉に、感があるでしょ?>GiGiさん
GiGi >> 松江名先生や若木先生は通常営業という気がw
kichi >> ん〜、「メジャー」が突っ込みどころだらけだっただけにリアリティ的にですね……w おにゃのこが野球する話とか、前提から緩めな話ならもうちょっと素直に楽しめそうな気はしたのですが……>満田先生
LD >> 松江名先生は通常運転だねw
LD >> じゃ、おにゃのこがボクシングしよう!(`・ω・´)
GiGi >> うんまあテコ入れとして間違ってはない。というかひょっとしてサンデー編集長代わった?
カルマ >> あーなるほど、たしかにそうですね>はじあく・ハヤテのお色気 
LD >> 『マギ』は特にお色気ではないですね。
LD >> 変わってますね。いつからかな?
kichi >> それはアリかもですがw>おにゃのこがボクシング
LD >> 失礼。変わってないですね。2009年から縄田編集長のままです。
ハラルヤ >> 皆さんよく見てますねー>お色気路線化
カルマ >> 一番わかりやすいのはハヤテですねぇw>お色気
LD >> 『マギ』は、この紅玉姫の微妙な可愛さがいいなあ。煌帝国って当面の敵みたいに在るけど、中の人達は、そんなに悪い人たちじゃなさそうな描きもいい。
LD >> それから、大高先生、ホンマに身体描くの上手いわ。シンドバッドのこの男も惚れるような身体つきはホンマええでw
GiGi >> 2009年からでしたね。失礼。
GiGi >> モーニングのライスショルダーですね!>女子ボクシング漫画
LD >> それから『BE BLUES』の田中先生の画もほんっとよい!良い絵かきさんの画はそれだけで楽しいよ!(`・ω・´)
kichi >> 「マギ」はかなり直球な過失内容でしたねw 先週の姫が怖過ぎで心配だったんですけど、今週は可愛くてホッとしたりとか。
LD >> お濃いっきり蹴るのではなく、狙って蹴るセーブした感覚が画に出ているんですよね。>『BE BLUES』
カルマ >> 「マギ」は言い逃れできない感じですねぇ
GiGi >> ランナウェイをプロデュースは企画漫画ですがなかなか悪くないです。というかこれもベテラン引っ張ってきてますね。
LD >> まあ、シンドバッド。少年誌的に何もしていないでしょうけどw …けっこう、もう、この二人はカッポ路線ですね。
LD >> 『ランウェイ』は、かなり少女マンガな描き口ですね。ちょっと楽しみです。
GiGi >> ビーブルースはなかなかこんなちゃんとした連携を描けるサッカー漫画もないですね。地味になりすぎてないのもよいバランス。
LD >> 『最後はストレート』は当たり前でしたが、野球マンガなんですね。
LD >> 『ハヤテのごとく』の劇場アニメって何をやるんでしょうねえ…。
GiGi >> 18話かけてまだ助走中というのはサンデーでなければ許されないよなあw
kichi >> 「BE BLUES」良いですね。優希ちゃんの頑張り具合も良いですねぇ。結構男の子に女の子が混ざってスポーツってマンガだと、そう出来るだけの上手さを持ってる感じに描かれがちと思うんですけど、凄く上手いわけじゃないけど頑張って食らい付いてってるような感じがとても良いです。
カルマ >> 「BE BLUES」優希ちゃんはここで外すんだ、というのが興味深かったですね。
LD >> 『ノゾキミ』は短期集中でしたか。
GiGi >> 優希ちゃんよいよねえ。この子が中学生、高校生と成長していくと考えるだけでたまらない。
LD >> 『キングゴルフ』、霞見くんのイメージは、ちょっとどうなんだろうと思ったけど、ともかく、蒼甫は勝てないみたいですね。
GiGi >> そういえばルイさんがビーブルースはサッカー版メジャーのようなことを言ってたけど、どちらかというとキャプ翼リファインという気がしている
LD >> 『アラゴ』は、かなり超バトル展開になっていますが、新井先生の画ものびのびとしていて楽しいですw
kichi >> 「ハヤテ」は……、ヒナギクってこんな重い過去持ってたんでしたっけ?と素でまったく憶えてなかったですw 初期は単行本買ってたから、たぶん読んでるのだろうけど……(=゚ω゚=;)
GiGi >> 勝てないのが正着でしょうね。未完成との整合を考えても
LD >> なんか、雪路と路頭に迷ってましたっけね?>ヒナギク
カルマ >> 「ノゾキミ」は何も起こらず終わっていきましたねぇ…
LD >> そろそろマガジンに移りましょうか?
カルマ >> 一応重い過去はあったかな、という感じで思い出しはしましたが、キャラにそういう重さを乗せてないですからねぇw>ヒナギク
GiGi >> 今週読んで改めてヒナギク良いキャラじゃんと思った。そして畑先生、それはギャグで言ってるのか?
LD >> 『A-BOUT』、桑村…(´;ω;`)
kichi >> 「キングゴルフ」は、やっぱ淡々と強い感じっぽいですね……。蒼甫が凄さを感じてることでまぁ、凄いんだなとは分かるのですけど……、う〜ん、なんかやっぱもう少し読者にも分かりやすい凄みを見せてほしい気分はあるなぁ……(´・ω・`)
カルマ >> 「キングゴルフ」蒼甫が褒めちぎっても実感がないですねぇ。いまいち。
GiGi >> 不遇ケナゲとか少年漫画の主人公適性Sランクだろ
LD >> 【A-BOUT】しかし、砂原と寿司屋のバトルはけっこう好きなのである。
kichi >> 「アラゴ」は良いんですけど、設定格に対しての格描写としてはやはりちょっとバランスの悪さを感じないでもないようなw
LD >> 『AKB49』……この、舞台をもたせるって、この話、いいよw(´;ω;`)
GiGi >> 桑村の人気がこんなに低いわけがない!これは捏造だな!
ハラルヤ >> あのヒロイン(?)が勝てないと言うと、むしろ勝てそうに思えてくる不思議>『キングゴルフ』
LD >> そして、岡部がいい!この子、ほんといい役もらってる!w
GiGi >> AKB49はマジ泣きしそうになった。実話被せるタイミングが絶妙。
カルマ >> 「AKB49」さぶいダジャレに反射的に拒否反応を示すこの身体が恨めしい。 すごくいい話なのに自動的に鳥肌がたつ関西人の悲しさorz
kichi >> 「A-BOUT」桑村の話は面白かったですw ……でも本編はやっぱ遅いなぁ、って印象が強いですね、どうしても(´・ω・`)
LD >> …!これ、実話なんですか?…あ、たかみなのステージがですね。
カルマ >> 「A-BOUT」の桑村の順位が低すぎますねw
GiGi >> 観客の「愛ちゃーん!」コールが良いですよね。
LD >> 『ベイビーステップ』えーちゃん勝ちましたね。
カルマ >> 読み返しても勝手に鳥肌が…やだもう…orz
kichi >> 「AKB49」良かったですね。……しかし、私は受け流すことも出来ますが、確かにこの手の寒いダジャレの扱い方ってもうちょいどうにかやりよう無いものなんかな?と思ったりはしますw
LD >> されは、サブい所がいいと思うんですけどねw 見事に場をもたせていると、それはそれで凄いけど、必死さっていうんですかね?それがそがれてしまうw
GiGi >> 速攻で伊達くんの格をあげてくるのがまったくソツがない。
カルマ >> わかってるんですよ!サブい方が良いのもわかってるんですけど…あああー駄目だw>ダジャレ
LD >> 『彼女はフィクション』は、とにかく展開が早くて、密度詰まっていて楽しいですね。
GiGi >> AKBは客観と主観のコントラストになってるんですね。客観的にみれば間違いなく寒い。だけど主観視点を通してみればこんなに熱いんだ!という。
kichi >> 「ベビステ」ゾーンを意識的にかぁw 単に集中してっていうんじゃなく理性と本能のバランスで、って話なんだから、さすがに常軌を逸したメンタルコントロールに思えてきますがw、それが出来てしまう人物として積み上げられてきてるからなぁ。
LD >> 『魔法先生ネギま!』のネギvsフェイトがメチャクチャ楽しい!…すごいな!今週マガジン!w
カルマ >> 「このかの」ミチルの最後のコマの表情がいいなぁ。初めてミチル可愛いと思った
カルマ >> 「ベビステ」はかなり難しい話にきてますが、完全なゾーンとは言わなくても近い状態を意図的に作る、と考えたほうがいいのかしら
ハラルヤ >> 僕は未散が怖くて仕方ないです。
LD >> 『GE』は、まだ続く…当たり前かw
ハラルヤ >> まず名前の字面からして怖いw
GiGi >> 思わず「どうやった?」と突っ込まざるを得ないヒキが上手いですねー>このかの
LD >> 「どうやった?」は来週ですね。また、とんでもない設定が開陳されたりw
カルマ >> 怖くて当たり前ですね。この子ヤンデレ要素がっつり持ってますから>ミチル
LD >> 未散は怖いですねえw
LD >> 『エデンの檻』が、いよいよ、この島の謎を集計しはじめましたかね。
kichi >> 「かのフィク」は……、なんというか、せっかくの“奇跡”を喜ぶフェーズがまったく無いことにちょっとモヨるような気分があったりとか……。ま、タイミング的にとか、いきなり突飛過ぎる行動とか、不自然なわけでもないんですけどね……、十何年だかの思いって先輩に向いただけで微塵もなくなっちゃったもんなのかなぁ……みたいな気分がどうも……。
LD >> それも、正しい指摘ですねw>せっかくの“奇跡”を喜ぶフェーズがまったく無い この騒動が一段落つくころには、じわじわ来るかもしれませんけどねw
kichi >> 「GE」は、今週の読んで「やっぱまとめに入る?」と私は思ったのですがw、……大沼さんをどうするのが良いものなのやら、いまいち想像がつかないのですよねぇ……。
ハラルヤ >> 主人公たちに謎解きする気あったことにびっくり。遅いよw>『エデンの檻』
LD >> 『振り向くな君は』は、何か不思議なインパクトがあるキャラが登場したw
カルマ >> 「エデン」はこのまとめに入るのにかなり時間かかりましたねぇ。今までにも何度かまとめ直したほうがよかったかと思いますが
カルマ >> ちょっとミチルにエロいことを考えてもいいもんですね>喜び
LD >> お、『ヤンメガ』、試験終了ですか。
LD >> ミチル。答えるはずなんですよね。>エロいこと これを少年誌的にどこまでアリにするか。
kichi >> 「エデンの檻」はようやく、ほんとようやく謎解きパートですねw しかしミイナの名前がどんな意味を持つもんなのか、全然想像がつかないなぁ。機長が知ってたんならタイムスリップ系ではないんでしょうし……。
LD >> え〜っと、チャンピオンに移りますか?
kichi >> 「ヤンメガ」は思ったよりあっさりな試験終了でした。新キャラはブーストってわけじゃなかったですね。あまりにも地味過ぎる試験をひと盛り上げするため出したって感じでしょうか、終わってみれば。
LD >> 『弱虫ペダル』は4連続巻頭カラーでしたっけ?
LD >> 共闘して行くかと思ったら、争う事で御堂筋に追いついてますねwこれも一つの共闘かな?w
kichi >> 「弱虫ペダル」、さすがこういう描写はガッチリ熱くて素晴らしかったです。腕交わしましたし、共闘でしょうw
LD >> 『バチバチ』のこの積み上げは熱い!ですね。
LD >> 「これが、俺たちの共闘だ!!」みたいな感じですよねw>腕交わした
kichi >> しかしほんと最後のコマの御堂筋が憐れだなぁ……。ま、決着まであと3週あるんだとすると、まだ御堂筋の見せ場もあるかもですが……。
LD >> 御堂筋「なんで、追いつくんやぁぁぁあああ〜!?」かwはたまたw
kichi >> 個人的には、ハッキリ“共闘”という意識はしてないんじゃないかと思いますけど、でも「気持ちは一つ!」って感じですねw>腕交わし
LD >> あ、それから今週は『範馬刃牙』が相当よかったw
kichi >> なんか悔しいけど良かったですねぇw>バキ
LD >> 「親父ぃ〜今日は洗い物やってくんね?」wwww
カルマ >> うーん、「ペダル」これで追い付いちゃうのかという感じもありますがw
カルマ >> 「バキ」は先週のヒキから思わず読んでしまいましたw
kichi >> あ、「バチバチ」も良かったですね。いつもとは雰囲気の違う鯉太郎のアップがまた効いてますねぇ。
カルマ >> 「バチバチ」は女子テニス部でヒロイン一人作らないんだなぁ…いや、全然いいんですけどw
LD >> 最終日を越えた所の鯉太郎の腹が見えないなw…次号待ちかw
GiGi >> 4週連続カラーってことはラスト800mを4週でやるの?と思ってたところでこの過去話挿入は見事w
LD >> ああ…でも、4週、御堂筋は粘ってくれる…って事?w
GiGi >> 勇次郎の食事に対する観念は腑に落ちますね
ハラルヤ >> 先週と今週の『範馬刃牙』良いですよねー。しっかり料理がうまそうなのも良いですよ
kichi >> 個人的にはオーガほどのキャラを親子喧嘩という枠に収めちゃう展開は、もうそれしか決着方法が無いであろうことも理解しつつなお“勿体無い”って気分が上回ってた感じなんですけどね……、でもここまでまともに親父されちゃいますとねぇw、面白くもありw良い話でもあり、ちょっともう良かったと認めるしかないですw
LD >> 食事は大事なんですねw…なんだろ、バトルに対する傍若無人とギャップがあるけど、なぜか納得するw
LD >> 『てんむす』を食べ物をクリーチャーって言っていたのはだれでしたっけ?w
kichi >> 一般人でも普通飲み込むような小骨まで除けてるのはどうなんだろw ……ま、食事に対する意識がデフォルトでこうなわけじゃなく、バキの前だから“親父してる”んだと思いますね、私はw
LD >> う〜ん…。食事のシーンは前からあったよな…。どうだったけな?>バキの前だから“親父してる”
ハラルヤ >> カツ丼ドーパントのことですね。言い出しっぺはルイさんだったから僕は知らないw>食べ物をクリーチャー
LD >> いえw違いますよwルイさんは、クリーチャー発言でショックを受けてた方じゃw
kichi >> 「みつどもえ」、「存在自体が犯罪っス!」「ぐぅの音も出ない…」って酷いなw つか、一応罪の意識はあるのかw
kichi >> ルイさんはクリーチャー否定派でしたねw たしかカルマさんが言いだしっぺで、GiGiさんが乗った感じだったかな?w
カルマ >> クリーチャーはGiGiさんですね。僕は玉ねぎが虫みたい、と言いましたw
LD >> 『ナンバデッドエンド』は、ハッピーエンド一直線なのか?
ハラルヤ >> あれ?そうでしたか。記憶違い失礼しました。>クリーチャー
kichi >> 「てんむす」今週は眼鏡先輩エピ。着実ですね。……ま、さすがにちょっと焦れてきたので来週は厳しさを見せてくれることに期待です。……しかしほんと、何なんでしょうね?天子ちゃんが厳しいと感じるような厳しさって。すぐ思いつくとこでは、スピードか不味さ辺り?
GiGi >> ナンバはどうオチを着けてくるかな。デッドエンド=孫に囲まれて老衰で死ね的な意味だったりしてw
kichi >> ああ、最初は虫みたいって表現でしたっけw
GiGi >> ルイさんは読み返したら確かにクリーチャーだったと言ってたよ!w
LD >> このカワイイ子たちが大食いやるギャップって、確かに『咲』のメソッドを当てると、かなりよくなりそうですね。
GiGi >> あとはライバルですかねえ>てんむす
LD >> 『ケルベロス』、さすがに常世に囲まれたら、カラスくんも終わりか?
カルマ >> 倒されたと見せかけて常世の誰かの中に入り込む…というのは、さすがに雪房が気づくかな?>ケルベロス
LD >> 『シュガーレス』はどこまでも、僕好みの展開をしてくれる…!この一端、ポケットして、シャケでもいいけど、やっぱり卜部だよ!って展開はすごく嬉しい!
LD >> 冬子先生の無事が確保されてしまうと、カラスくんは後がない気もします。物語的に。>常世の誰かの中に入り込む
ハラルヤ >> 今過去ログ見たら、後半ノリノリでルイさんが誰よりも多くクリーチャー連呼してましたねw>ルイさんは読み返したら確かにクリーチャーだったと言ってたよ!w
LD >> (´・ω・`) ぶっ!>誰よりも多くクリーチャー連呼
kichi >> 「ケルベロス」、やはり問題は冬子先生をどうやって助けるのかですが……、さて。常世はそういうやり方は普段しないわけですからねぇ……。ていうか、そういう意味では今週ラスト、常世が来ることでかえってピンチになってるとも言えるくらいだしw
LD >> 『キガタガキタ』は400年前の怨霊なんて相当な強敵のはずなんですけど、キガタくんと、妖湖のそこはかとないまったり感がなかなか良いです。
LD >> 常世が来る事で返ってピンチになっているでしょう。しかも、今、フォワードにいるのは、あのジョギリ屋w
kichi >> 「ハンザスカイ」はどっちに振る話なのか結構微妙だったけど、そうか、やっぱ妹ちゃん的には勝ちの方が大事かwメシ抜きかw
LD >> なんか、番場先輩、すごい展開ですねwどういえばいいのかな?ある意味、黙っていると展開がない人だから、いろいろ変なアクシデントが起こっているw
カルマ >> 怪我してるかどうかまでは気が回らないけど、いつもと違うことはわかる、という妹さんの感じが良いですね>「ハンザスカイ」
kichi >> 「シュガーレス」はほんと、ここまで来てさらに卜部に戻すという展開の仕方は凄いですねぇ。一分の隙もない文句のつけようのない満足感ある展開w
LD >> そろそろジャンプ行きましょうか?
GiGi >> うんまあ、カラスが生に執着すれば素体が死を決意した時点で逃げ出すとは思いますね。常世との関係改善のターンでしょう。
GiGi >> シュガーレスは素晴らしかったですね
LD >> ねえwシャケに行って、また卜部に戻ってくるって展開が満足過ぎますよ!岳ほっとかれてる所含めて!(`・ω・´)
LD >> 新連載の『マジコ』よかったです。つか、2回目はずさなかったら、人気でるんじゃないですか?『黒蜜様』の人ですよね。
LD >> 『メルヘン王子グリム』は……なんだろう?密度は濃いのかな?
LD >> 『バクマン』は、誰でしたっけ?名前が出てこないw
GiGi >> マジコなかなか悪くない。何故かダブルアーツを思い出した。
GiGi >> 女の子のほうが世間知らずで男の子が導き手というのはちょうど構図が逆か。
GiGi >> 中井さんでしょうねw
LD >> 基本はかなり近く感じますね。>『ダブルアーツ』 ギミックが違うだけで。
カルマ >> 「マジコ」はいいですね。
LD >> ああ…でも、男の子が手を離したら、女の子は死んじゃうという構造を同じです。
kichi >> 「マジコ」良かったですね。今ファンタジーはかえって難しいと思うんですけど、かなり密度高く設定やネタを詰め込んでて、でも主軸はシンプルなボーイミーツガール……より一歩踏み込み感のある結婚という言葉を使ってるのも良いですし、絵柄も可愛くていいですし、人気出ていい出だしだと思います。
LD >> 中井さんなー(´・ω・`)
カルマ >> 「バクマン」ここで中井さんかよwwwってのがもう。ちょっと忘れかけてる感じでいい頃合。
GiGi >> グリムもいまのところ満足感高いですね
kichi >> 「バクマン」は……中井さんなぁ。作者に嫌われてんのかな?と思っちゃうような使われ方だなぁw ……それにしても平丸さんが面白いですw
LD >> 高いよね?wふしぎだ…ギャグはフィーリングとはいえw>『グリム』
カルマ >> 中井さんは使いようによってはポジティブな帰り方ができたはずですしね。まぁ、表舞台に立たずに活躍するなら…というところでは妥当かしら
LD >> あ…しかも、アシスタント部屋に女の子いるんだw
kichi >> ……私はそんなに高くないかもw>グリム  でもまぁ、何箇所か笑えたところはあった気がしますし、様子見モードで……。
GiGi >> 七峰くんの、間違ってはないのに負けフラグを積み重ねてる感が楽しすぎますねw
カルマ >> 「グリム」は…先週も言ったけど、メルヘンの怖さじゃなくてキモさになってるところで好みじゃなくなってますねー
GiGi >> ギャグ漫画はどうしても出足は体温低いですが、しっかり作ってあるのは確かですね。もちろん人気が出るかどうかは別問題ですが。
GiGi >> 中井さんを女の子と同室にしちゃだめだw
kichi >> 「ワンピ」はロビンとかフランキーとか、周辺からちょっとずつ大きな話の片鱗も見せてきてるのが期待高まりますね。そしてまぁ、女の子と二人で楽しそうにしてるルフィがなんだか新鮮に感じるのは気のせい?やっぱ嫁にしちゃう?w
GiGi >> いぬまるの、この勝負に挑んだ時点で負けという状態をなんと名付けよう。
LD >> う〜ん。『ドイソル』もいいですねえ。
GiGi >> ルフィもすっかりプレイボーイが板についてきましたねw。やはり海賊たるもの浮き名も流さねばw
LD >> 『いぬまるだし』は好きですがw
GiGi >> いや、いぬまる面白かったですねw
kichi >> 「ドイソル」良いですねぇ〜。ルールに捕らわれない意識の持ち方を育てるための練習、お見事でした。正直かなり感心してしまいましたね。
LD >> 『めだかボックス』が、球磨川くんの格を落としました…よね?これでバトルっぽくもなりましたが。代わりに安心院さんをフォワードに持ってきました。
LD >> なんとな〜く、読んでいるこっちも意識が変わった気になるんですよねw>『ドイソル』
カルマ >> 「いぬまる」良かったですねw
kichi >> 「いぬまるだし」面白かったですねw いつもながらテクニカルなオチの付け方含め、かなり笑いましたw
GiGi >> この勝負勝ち筋ないんじゃ…と思いながら読んでたらやっぱり最善を尽くした上で完敗というw。あ、「詰み」かw
カルマ >> 「ドイソル」うーん、僕はあまり乗れなかったかなぁ…
LD >> 『保健室の死神』……やばいのか?
GiGi >> 読んでる方も意識が変わった気になる<まさに。ルールに対する執着を上手く剥がしてくれてるんですね。とてもテクニカルですね。
GiGi >> 納得出来ないということはまだルールに執着してるんですよ!<詭弁。うん、詭弁だけど、理屈は通ってる。
LD >> うん?あれ?誰か『めだかボックス』の感想言ってよ?w
kichi >> 「めだか」は、こういう形でカッコを外すことになるとはなぁ。でも考えようによっては、これまで溜めてきた伝家の宝刀を抜くことで辛うじて少年マンガとしての熱さを保っているとは言えて、そういう意味では巧いんでしょうねぇ。
GiGi >> 頓知ってやつですね
LD >> 逆に言うとカッコっていう負けフラグをはじめから持っていた子って事でもありますね。これはずれた時は負ける時でしょう。
GiGi >> いや、球磨川くんの語りけっこう好きですよ。あとは仕上げをご覧うじろといったところですね
LD >> 頓智っていうか、いろいろ言い方あるんだけど、ミサンガくんの「意識がはずれてるのにシュートしないとか有り得ない」が先ず正解なんでしょうね。
LD >> 球磨川くんの語りはよかったですね。
カルマ >> 「めだか」球磨川がどう振れるかはちょっと保留ですかね…んー。
ハラルヤ >> 選手には服従を要求しつつ、先輩には後輩目線を守ってるあたりがおもしろかったですね。>『ドイソル』
kichi >> ほんと、まさにですねw 実際最初は、ルールの隙を突いたようなものがあることを期待して読んでたんですけど、実際は本当にルール破りでしかないものではあるんですよね。でも、それこそが狙いだったという見せ方はほんとに巧みで、私もルールを破る真似は出来なかっただろうと思うだけに、唸りました。
ハラルヤ >> 今まではカッコつけてたんですね球磨川君。
LD >> ん……ハラルヤさん上手いこと言ったつもりか!?……つか、西尾維新先生ならその遊びはするな。成程、そういう事だったのか。
カルマ >> ルール通りに真面目にやってる人がいたとして。きっちりそういう人が「何かルールに裏がある」と察知して打開していくところがしっかりないからかな。とりあえず破ったもん勝ちなとこがあるw
ハラルヤ >> 上手いことって、それ以外に意味の受け取りようがないじゃないですかw>西尾維新先生ならその遊びはするな。
kichi >> いやだから、ルール通り真面目にやってちゃ駄目っていうことに気付かせるための練習なのでw 裏ルールに気付いて打開するやり方は、この練習の目的から言えば邪道なんですよねw ルールを破らないのが正解w
kichi >> いやだから、ルール通り真面目にやってちゃ駄目っていうことに気付かせるための練習なのでw 裏ルールに気付いて打開するやり方は、この練習の目的から言えば邪道なんですよねw ルールを破らないのが正解w
kichi >> 最後間違えた。ルールを破るのが正解。
LD >> さて、ではそろそろ一番を決めましょうか。
kichi >> 「保健室」は……う〜ん……(´・ω・`)
LD >> サンデーは『マギ』?かな?
カルマ >> じゃあ真面目にやってる人は単にバカをみるだけの展開じゃないですかw そら僕が好きじゃないわけだ。>ドイソル
LD >> マガジンは……ああ!くそ!『AKB49』だよ!
LD >> うん。カルマさんの気持ちは分かります。実はこのやり方は諸刃ではあるんですよね。よっぽど上手く扱わないと。>『ドイソル』
kichi >> サンデーは……「BE BLUES」かな?
GiGi >> 各誌とも新連載に勢いがあってよいですね
LD >> ああ!でも『彼女はフィクション』も『ネギま!』もいいな!こんちくしょう!w
kichi >> マガジンは……まぁ、「AKB49」になりますかねぇ。
カルマ >> まぁ、あの監督は真面目にやる人間も上手く動くようマネジメントすると思いますけどね。そういう意味で心配はしてないですが>「ドイソル」
GiGi >> 一番はAKB、シュガーレス、ドイソルのどれかかな。ビーブルースとマジコも良かったですが。
LD >> 『シュガーレス』はチャンピオンだよ!卜部ぇぇえええ!!
カルマ >> サンデーは「BE BLUES」ですね
kichi >> チャンピオン…………「ペダル」も「バチバチ」も「シュガーレス」も良かったけど、今週は「バキ」かなorz
ハラルヤ >> 今週の一番、僕は『めだかボックス』で。じゃなかった、めだかボックスで。
LD >> ああそうか。あれですよ。真面目にやっている人間でも、何かルール破りしていい局面があるって事には気づくはずなんで、そこで考えながらプレーはできたはずなんですよ。
カルマ >> マガジンは「AKB」挙げたいけど身体には嘘つけないw 「このかの」か「ネギま」かなぁ
LD >> そうだったぁああ!!『範馬刃牙』もよかったんだああ!!(←なんで、コイツこんなテンション高くなってるの?)
GiGi >> ドイソル上手いのは、納得いかねえと思う選手がいても、そういう選手はカントクくんを出し抜こうとして結果としてカントクくんの術中にはまるんですよね。で、その時改めて腑に落ちると。
LD >> ジャンプは『マジコ』と『ドイソル』ですな。(しれっ)
kichi >> ジャンプは、う〜ん、「マジコ」か「ドイソル」かで迷うなぁ。……う〜ん、先週も「ドイソル」推したし、今週は期待も込めて「マジコ」にしておきましょうか。
カルマ >> うん、そこの描きがなくって、まず最初に気づけるような人間だけが正しいように見えてしまう>考えながらプレー で、そういう描きがあったらいいと書いたら、kichiさんがいや「破るのが正解」だからそれじゃダメだと。
GiGi >> ハラルヤさんがちょっとだけカッコつけてる…
LD >> 今週は良い一回の作品が多かったですねえ。正直、かなり迷っています。
カルマ >> チャンピオンは「バキ」か「キガタ」ですね
カルマ >> ジャンプは「マジコ」か「いぬまる」ですね
ハラルヤ >> チャンピオンなら『範馬刃牙』ですよ。僕も読んでるとき、なぜかテンション上がりましたもん。>(←なんで、コイツこんなテンション高くなってるの?)
GiGi >> 難しいですね。AKBもドイソルもテクニカルな良さがあって。それはシュガーレスもなんですが。
LD >> 『AKB49』、『彼女はフィクション』、『シュガーレス』、『範馬刃牙』、『マジコ』……ここらへんでしょうか?
GiGi >> その点ではストレートにドキドキさせてくれたマジコに軍配が上がるかな?
LD >> 『キガタ』もよかったなあ…w このメンツでは一番に持っていくのはキツいけど(汗)
ハラルヤ >> 『カッコなんてつけてないですよ』>ハラルヤさんがちょっとだけカッコつけてる…
kichi >> そうですね。目的からいったら邪道ですけど、でも道が無いわけじゃない。ただ、最初にルール破りに踏み込む人がいなくちゃならないのは結構問題なんですけど、そこはミサンガ君を信頼してという、絆の描きも込めてあるのがまた巧いんですよねぇ>ドイソル
LD >> 『シュガーレス』は、ほんっとにいいし。ほんっとに贔屓にしたいんだけど、この中からは外す。(`>ω<´)
GiGi >> AKBはAKBの楽しみ方講座として完璧過ぎて本当にぐうの音もでないのですがw
LD >> 『彼女はフィクション』は、連載はじまってからずっといいんだけど、今回はアベレージ的にいわせてもらう。
カルマ >> バキは普段読まない僕が読んでしまう力があったなぁw
LD >> 『範馬刃牙』は、他になかったら手拍子で選ぶんだけど、このメンツだとインパクト一本という言い方をして外す。
LD >> 『AKB49』か『マジコ』です。僕は『AKB』、岡部のキャラがほんっといいものに仕上がっている。惚れ惚れする。
ハラルヤ >> 球磨川君は1週目にして2週目に入った感じが好きなんですよ。新ヱヴァのシンジ君的な。
LD >> ふむ。>新ヱヴァのシンジ君的な。
ハラルヤ >> 『マジコ』は無いと思います。
カルマ >> 「AKB」の岡部はサブさ抜きにして素晴らしいと思います。あそこはサブイボ出なかったもんw
LD >> 『マジコ』ないっすかw
kichi >> 私は「マジコ」推したいですがw
LD >> じゃあ、『AKB49』にしましょうか。ほんっと今回は迷った。
GiGi >> AKBかマジコならどちらでも納得です。
LD >> 『マジコ』もいいですよね。非常に完成度が高い。…ま、今回は2回目に期待したいと思います。
ハラルヤ >> 『マジコ』ないです!(キッパリ LDさんは子供の相思相愛に甘いです。
ハラルヤ >> 『マジコ』ないです!『マジコ』マジないです!
LD >> え?な、なにが?まあ、そうかもしれないけどw>LDさんは子供の相思相愛に甘いです。
GiGi >> ところでカルマさん、GREEの新着のグランサモナーというタイトルがなかなか丁寧な作りな本格カードゲームなのでスマホ版があったらやってみるとよいかも。
LD >> どうしたんすか?w
LD >> では『AKB49』という事で。今回もお疲れさまでした。
GiGi >> 私も両想いは大好物ですねw
ハラルヤ >> 直近で言うと『ハヤテ』のビデオ屋夫婦の回とか。>子供の相思相愛に甘い
kichi >> 私も〜w>両想い大好物
kichi >> おつかれさまでした〜。
LD >> めっちゃいいじゃないすかwワタルとサキさんw
LD >> それでは、お疲れさまでした。
ハラルヤ >> 途中から「『マジコ』マジないです!」が言いたくなっただけです!>どうしたんすか?w
ハラルヤ >> お疲れ様でしたー
カルマ >> たぶんスマホ対応はノウハウ1つできればというところなんでしょうけどね…しないところはしないだろうなぁ>GREE
カルマ >> お疲れさまでしたー。
カルマ >> いまandroid版もチェックしていたんだけど、Flash liteとFlashでは別物なのかアプリの数はiPhone版と同じですね>GREEスマホ版
GiGi >> ダービーズキングの伝説と同じ開発元なので、こちらがあればそのうち対応するかな?野心を感じる作りで好感が持てます。
GiGi >> iphoneだけ、androidだけという対応はなさげな感じですね
カルマ >> あぁ、そもそもFlash対応してるAndroid端末が限られてるから、スマホ版GREEオープンの段階ではHTML5での開発に限定しているかも。で、端末ごとに遊べるかどうかに差がつくとプラットホーム的に困るから今後もFlashのみのアプリ移植には腰が重いか。


■■■■2011年03月11日■■■■
備品 >> 皆様、ご無事ですか?


■■■■2011年03月12日■■■■
カルマ >> 僕は大阪なので元より。最近一番チャットに参加されてる方はみなtwitterで無事を確認できたかと。
カルマ >> (今週の一番はどうなさるのかな…?)


■■■■2011年03月13日■■■■
LD >> 本日は、延期しましょう。明日の夜、様子をみようかと思います。
LD >> しかし、今、ぽつぽつメモ書きはしておこうと思います。
ハラルヤ >> 了解しました。漫研の皆さんがご無事で何よりです。
LD >> これまで、雑誌の休みが重なった以外で途切れさせた事はなかったので。
LD >> …というか、ハラルヤさん、大丈夫でしたか?栃木との話でしたから心配してました。
ハラルヤ >> うちはおかげさまで被害ゼロでした。地震の痕跡といえば帽子かけにしてたデッサンドールが倒れたぐらいです。
カルマ >> こんばんはー。延期ですね。了解です
LD >> そうですか。よかったです。
LD >> 読切の時の『戦国ARMORS』読み返しています…。
GiGi >> ほむほむ
LD >> …ああ、人間関係の設定と、武器のデザインを変えてありますね。
GiGi >> 明日の昼間という手もありますね
LD >> 『まどかマギカ』の10話の放送どうなりますかねえ…。
LD >> んんん…今週は、それぞれが思い思いの時間に書くのもありだと思いますね。
LD >> 実は、kichiさんがやれる状態になるのを待っているだけだったりする。(´・ω・`)
LD >> 『バクマン』、中井さんが…w
LD >> 『マジコ』は、とても可愛らしくて良い。人気が出て欲しい。
LD >> 『スケットダンス』はかなり重い話だなあ。
LD >> 『めだかボックス』は、実に少年マンガらしいというか、少年マンガの対決の本質に迫る決着方法だなと。
LD >> 『ぬらりひょんの孫』が、短編的に“怖い話”をしていますね。
LD >> サンデー。
LD >> 『ポケモン』…あれ?なんか『ポケモン』と違う…?
LD >> 『BE BLUES』楽しい。そして妙に不安なヒキです。
LD >> 『アラゴ』かなりノッているバトルで楽しいのですが、アラゴよりカッコいい戦士が現れています。
LD >> 『キングゴルフ』、経験値の差か…。単純に霞見の経験値はケタが違うって話かもしれないけど…。ちょっと『キングゴルフ』の今後を占う局面ですね。

MANKEN CHAT(1.1)