漫研チャット
名前:
発言:
[正面] [取扱] [過去ログ]


■■■■2011年03月13日■■■■
GiGi >> ビーブルースの引きが不穏過ぎてまさか本当にメジャーになってしまうのかとガクブル
LD >> 『マギ』、シンドバッドと紅玉姫は既に鉄板くさいですが…。しかし、シンドバッドはやはり相当に物語を内蔵しているキャラのようです。
LD >> 『BE BLUES』は、『大介ゴール』あたりの形をとってくれると嬉しい気もする……というか『大介ゴール』の先が観たいんですよね。
LD >> マガジン。
LD >> 『AKB49』は、本当によい。人気も出てくれているはず。
LD >> 『彼女はフィクション』も、相当によい。
LD >> 『エデンの檻』は佳境。
LD >> 『君のいる町』は…。
LD >> チャンピオン。
LD >> 『バチバチ』、村神はどうやてマゲ結うのかなと思っていたのですが、きらきらになって来た。
LD >> 『範馬刃牙』、勇次郎、もうほとんど花園垣ママ。(`・ω・´)
LD >> 『シュガーレス』なぜ、岳の失神を定番化する。
LD >> 『エンジェルボイス』はほんと地味によい
LD >> 『キガタガキタ』、怨霊…じゃなくて英霊・東照大権現に震えた。なんかスケールの大きな話で好きだった。
LD >> これくらいかな。
kichi >> おっと、私にはお構いなくー。ネット復活したとしても、一番に参加はちょっとハードル高い感じではありますので……。
kichi >> ……しかし、明日ジャンプ買えるようにはなりそうもないなぁ……(´・ω・`)うーむ
LD >> 【今週の一番】今日の23:00くらいにはじめましょうかね。
LD >> |ω・`)
ハラルヤ >> こんばんは。
LD >> さて。…誰も来ていないかな?
LD >> ああ、ハラルヤさん、こんばんは。
LD >> 東京電力の輪番停電が気になります。明日から。
LD >> …ん?14日は実施しないのかな?とは言え、停電が起こる覚悟はしておこう。
ハラルヤ >> 4月いっぱいっていう期間の長さにあらためて被害の大きさを実感しますね。
LD >> ああ、4月いっぱいなんですか。まだ、詳しい情報を確認していないくて…。
ハラルヤ >> 他の地域も同じかは知りませんがうちの市はそうみたいです。
LD >> あ、あったあった。僕の所は、第二グループかな。
LD >> いえ、記事みる限り関東全域みたいですね。4月まで。
LD >> しかし、ツイッター観ても、参加者の人でログインしている人は少ないみたいなので、今週はそそくさとやって終わろうかな?
LD >> 今週の一番をはじめます。
LD >> マガジンから。
kichi >> まだ東電自体情報が混乱してるそうで、今載ってるリストも確実なものではないんだとか……。そもそも、停電は送電線単位なんで、市区町村でキッチリ分けて発表できるもんでも無いという話もあり……。
LD >> うん…昨日も言ったけど『AKB49』が良過ぎる。
LD >> ああ、kichiさんこんばんは。どうも内容が逐次変わっているし、明日は実施しないという話もありますね。でも、まあ、グループ分けされているのは目安にはなるかなと。
LD >> 岡部の輝き方がただごとじゃないというか…なんだろ?すごくいいキャラに仕上がりつつある。
ハラルヤ >> kichiさんこんばんは。
LD >> 岡部の「おそらくコイツは“上”に行くだろう感」がぱないんですよね。しかも、なんか意地悪キャラのままでというか…。
ハラルヤ >> 泣き顔を見られないよう着替え途中のふりして移動するのが可愛いです。> 岡部
LD >> もともと、こういう意地悪キャラは、改心(?)するとすごくいい人になったりするんだけど、この岡部は変わっているのかもしれないけど「ああ、やっぱり岡部だよな」と思える所が面白い。
LD >> あのシーンはいいですねw>泣き顔見せない
LD >> 浦川は、連載の冒頭でも見えるように途中退場というか、最後にステージにいない事が観えるキャラなわけで、今、そのバトンを受ける第一候補が岡部なんですよね。…今、反目しているその関係がいい。
ハラルヤ >> あのシーンよく見ると、岡部はとっくに着替えが終わってるのに、人の気配を察知してわざわざまた服をあげてるんですよねー(にやにや
LD >> 着替え終わってたんだけど、人が入ってきて服をあげているんですよねw
LD >> 変な言い方ですが、ジョー=岡部、力石=浦川というか……岡部が主役の物語が観えるんですよね。
LD >> その上で、岡部のライバル(?)キャラとしての浦川視点で物語が展開している構造が素敵…というか好みですね。なんか正統派のスポーツマンガではあまりなかった形に見えます。
LD >> さらに、それを押さえた上で浦川の話しに視点をもどすと、これは吉永を送り出す物語のはずなんですよね。そっちはどうなるんだろう?と、今、眠らせてあるものへも興味を引きます。…つまり、すごくいい構造。
ハラルヤ >> うん。たしかに浦川は吉永そっちのけで自分がアイドルしちゃってますねw
LD >> 次に『彼女はフィクション』ですが…とりあえず、こっちは、どうやって入学できたのでしょうね?ミチルが「設定に無い事はできない」とすれば、とんでもない設定が存在するはずなんですが…w
LD >> 【AKB49】吉永も、浦川が上に行ってくれるならそれでいいと言い出しそうなキャラに見えますw…まあ、まだ吉永はあらゆる意味で“動いて”ないですね。
LD >> たとえばユーリが、ミチルの設定ノートに「ミチルはいつもオレと同じクラス」と書いていれば、今回の入学の説明はつきますが、その場合、設定の効果範囲が“恐ろしい”事になります。(`・ω・´)
ハラルヤ >> 僕はスパイ能力設定とかを想像してました。>『彼女はフィクション』
ハラルヤ >> 例えばミチルにロボットのパイロット設定があるなら、そのロボットも実在してしまうのかみたいな話ですね。>その場合、設定の効果範囲が“恐ろしい”事になります。
LD >> とりあえず先輩が「どうやって入学できたんだろう?」と首をかしげる事で手打ちにするようにも見えますが…ここはちょっと重要w


■■■■2011年03月14日■■■■
LD >> そうそうw「実は、ミチルはジャイアント・ミチル・ロボの操縦者だ!」と書いていたら、ミチルはジャイアント・ミチル・ロボを呼び出せる事になる。
ハラルヤ >> たぶんもう転入方法はスルーでしょうね。


■■■■2011年03月13日■■■■
LD >> ただ、そこまで破天荒やらかすと、今、構築しようとしているテーマからかけ離れてしまう気がしますw


■■■■2011年03月14日■■■■
LD >> 今後の描き方次第ですけど、スルーっぽいですかな?
LD >> …しかし、何か事あるごとにビームが出そうになっているのが“恐い”w出したら、世界が一変してしまうw
ハラルヤ >> ミチルって漢字表記での名前は主人公が設定したんでしたっけ?もし違うなら、同い年の未散さんを探し出してきてその娘になりかわってる可能性が出てきて、ヤンデレ度が、ががが
LD >> 『A−BOUT』、砂原は、自分に桑村がいる事の大きさを知るべきw…ま、知っているんだろうけどw
ハラルヤ >> 『はじめの一歩』おい小島、2tの衝撃と2t車と正面衝突することは全然ちがうぞw
LD >> 今、読み返しましたが、一応、ユーリの設定で「本名:蘭未散」とありますね。なりすまししていたら『未来日記』の我妻由乃クラスになって“良かった”のですがw
LD >> まあ、2t車と正面衝突したら死にますね。普通に。
LD >> しかし、一歩の怒りを持続させるのは骨だなあ…w
ハラルヤ >> ひとまず安心ですw>「本名:蘭未散」
ハラルヤ >> 対戦相手にあんな無茶のある挑発までさせて、気をつかわせすぎですよねw>一歩の怒りを持続させるのは骨だなあ…w
LD >> そして砂原は征木とハイタッチする…と。なだろうな。この砂原のリーダーっぽさというのは、あんまりこの作品で前面に出てこないのかもしれませんね。
ハラルヤ >> 『ネギま!』あ、お師匠様が弟子の成長に気付いてしまったw
LD >> 『魔法先生ネギま!』、ネギvsフェイトが佳境ですね。すげーな。地球にもどってきたよ?
ハラルヤ >> 『振り返れば奴がいる』猫の中身が怖いなあw
LD >> この調さんの過去話をこの一回に入れ込む形がいいですねえ。調さんの意地というかフェイトの意地を垣間見せている。それを正面から受け止めているネギくんが素晴らしい。
LD >> 『波打際のむろみさん』は、何かアイドルユニットみたいだ。
LD >> 『ベイビーステップ』、井出くんとの実戦もよかったけど、試合後のインタビューにみたてた感想戦も良い。こういう地味なところでえーちゃんの地味な強さが積み上がってる。その上で、いで線は予想以上に意外性があってかなり良かった。
LD >> チャンピオンいこう。
カルマ >> こんばんは。マガジンいくつか読んでないままだな…大体読んでるけど
カルマ >> 「このかの」この危うさ含めて好きですねぇ。たしかにどういう設定で入学したかは気になる。
LD >> 『バチバチ』は、姉ちゃんとの会話がいいですねえ。口への字というか…姉ちゃんも合わせて口がへの字になっているところとか。
LD >> こんばんは。カルマさん。
ハラルヤ >> カルマさんこんばんは!
LD >> あと、天雷のいい奴度はぱなくて、逆に不安wもうちょっと暗いままでもよかったのにw
LD >> 『弱虫ペダル』150回。
ハラルヤ >> 『範馬刃牙』対比のためとはいえ刃牙の食べ方が汚いwせめてちゃぶ台にはこぼすなよー。
LD >> 御堂筋の勝つ事以外は全て要らないというこの姿勢は分かるけど、こういうキャラって、どこでこうなったんでしょうねえ。いや、金城や、福冨も勝つ事に徹している人間だと思うので、どこかで道が違ったんだよねって思う。
LD >> 『範馬刃牙』さんは、もう、完全に『浦安鉄筋家族』の垣ママが逆輸入されている感ありw
カルマ >> 「ペダル」勝つ事への貪欲さで差をつけるのは難しい気もしますけどねぇ…んー
LD >> 御堂筋はもともとキモい男で、仲間なんかできないから、彼の勝つための最適戦略は“これ”になった…という事だろうけど、でも、多分、御堂筋は負ける。その時、御堂筋は勝つために自分に足りなかったものに気づけるかどうか。
LD >> 御堂筋は、少なくとも御堂筋の世界観では誰も自分の後ろを押してくれないから、自分だけで前へ前へと前傾姿勢をとるんですよね。一方、金城も福冨も、後ろを押してくれる者も背負って走っている。『弱虫ペダル』の世界観を考えると強いのは…という事なんですが。しかし、結局、御堂筋は反則はしませんでしたし、個人能力では御堂筋が圧倒的に観えるんですよね。
LD >> 『シュガーレス』は、卜部が決める展開に激シビw…そして定番のように失神する岳はどうかと思うw
LD >> 『はみどる』は、何かライバルユニットが登場していますが…いいのか?まっしゅるーむのライバルなんかで?そして天地さんが確かに最近、おかしな方向にやる気出している。(`・ω・´)
カルマ >> ちょっと今のペダルは、追う2人が共闘をとらなかったこともあり、お互いの勝ち筋がよくわかんなくなってる感じが…御堂筋が抜かれるという見立てではいるけど、じゃあ二人が差を詰めてるのは?描写が足りない感じというか
LD >> 『キガタガキタ』……なんか、キガタくんが、ズボン脱いで、下半身パンツさらして、スボンを石田三成にぶつけているんですが…こ、これは一体どんな意味が…?
LD >> 御堂筋と同じ、キモイ走りで追い詰めたら、二人は御堂筋と同じステージには立っていて、その上にいる…という感じになりますかねw
LD >> ジャンプ。
LD >> 『戦国ARMORS』は、楽しみですけど、昔、内水融先生が似た感じの連載したかも……『カイン』だったかな?
LD >> しかし、戦国武将の名前を持ってくる事で、『戦国BASARA』とか好きな人はフックになるかもしれません。僕も、そこは楽しみ。
カルマ >> 「戦国ARMORS」は、まぁ無難な感じですね。ちょっと武井先生を思い出したり…?
LD >> この状況だと柴田勝家はもう死んでいるよね〜とか。あと、五人の重臣の中に、徳川家康が入っていないみたいだから、まあ多分、天海と家康がつながるんだろうねえとか。
LD >> 小坊主で、何か『仏ゾーン』の地蔵くんを思い出したりw
LD >> 『バクマン』の中井さんは、変わったというか、お変りなくというか…w
カルマ >> 「バクマン」中井さんも既存漫画家寄りの考えではあるようで。内側から作品を壊すような動きはするかな…?いや、さすがに読者に迷惑かかるような紙面にはしないか
LD >> 『トリコ』は凄いダンジョンです。というか、ダンジョン攻略みたいな感じになりそうで楽しみ。
LD >> 中井さん、迷った最後にピザに手をつけましたからね。そうした以上、全力で描かないとはずかしいです。七峰くんのやり方が気に入らないなら、辞めればいいんです。
カルマ >> 「トリコ」は小松くんいろんなモノに愛されてるなぁ…とw メルクの包丁、小松くんは武器のようには決して扱わないんだろうけど…危機への対処はどうするのだろう。
LD >> 『マジコ』はカワイイです。人気出て欲しいです。
LD >> メルクの包丁があれば、大抵の障害はなんとかなりそうですねw
カルマ >> あぁ、なるほど>ピザに手をつけ うううむ。
カルマ >> 「バクマン」元々意見の取捨選択の権利が七峰くんにしかないので、結果独りよがりな作風になるかと思いましたけど、こうもダメな描きになるかぁ…。
カルマ >> メルクの包丁<得物の存在にビビってモンスターが逃げる、くらいがぎりぎりかなぁw
LD >> 【マジコ】その女の子を護るために全てを捧げた男の子と、それに足る女の子の描きがよくできていて、まあ、とにかくカワイイなと。
カルマ >> 「マジコ」いいですね。キスは引っ張るかと思ったけどあっさり済ませて。こうなると今後「儀式じゃなくてもキスしたい」って感情が芽生えた時の描きがすごく良さそうですw
LD >> 【マジコ】微エロでねwいろんな要素が計算的に詰め込まれているけど、構造自体はすごくシンプルで、一つの物語感も良いです。
カルマ >> 「ぬらりひょん」百物語編?で一番好きですね。怖くもあり、官能的でもあり、今までと違って友人の危機としてリクオが動く流れもわかりやすくて。 この女友達2人にリクオの秘密が知れるといいバランスかなぁ?最近妖怪と人間が切り離されすぎな気がするし。
LD >> 『ドイソル』も熱い。…言うべきが言わざるべきか、真打が来たという気はしますwしかも、勝歩も監督も、このセイレイには一歩譲る情報が先に出ているなかで、どうやって闘うのか楽しみ。
カルマ >> 基本はラブストーリーですよね。モンハン的な冒険要素が出ているからそれをどう描くかも気になりますが
LD >> ああ…なるほど。妖怪と人間のつながりを、もう一度確保するような作業でもあるんですね。
LD >> 基本はラブストーリーですよね。『魔方陣グルグル』あたりをジャンプ風に再構築したらこうなった…みたいな。>『マジコ』
LD >> サンデー。
LD >> 『ポケモン』、新連載。モンスターと一体化するこのギミックは吉か凶か、まだわかりませんね。しかし、本来の『ポケモン』とは少し違った展開になりそうな気はする……『ライブオン』くらいの感じに落ち着くかな?
カルマ >> 「ドイソル」上位校ということは単純に戦術で出し抜けるレベルではないですし。対比として「長所を活かす」主人公側と「均一化する」セイレイ側という印象ですが
LD >> 『BE BLUES』は不吉。それだけ。
カルマ >> 「保健室」のアシタバくんがすごく「こうあってほしい」と思ってた動きをしています。周りの反応が薄いのが気にくわないんですが(笑) 一瞬病魔に憑かれたかと思うほどのキレ方がいいんだよなぁ。
LD >> 【ドイソル】そうですね。元々、あの監督の基本プランは個人技特化にあるようですし、勝歩のような優秀なファクターを見つける事ではじめて機能するプランなのでしょうね。
カルマ >> 「ポケモン」ゲームの過去とか未来の話かと思いきや、モンスターボールとかはあるみたいで…んー。今のところは「ポケモン」でやる必要は感じ無いんですよねぇ…
カルマ >> 「BE BLUES」嫌な感じがしますねぇ…
LD >> 『はじめてのあく』は、この民間人戦隊は何色の配分なんだろう?とか思った。あと、シズカさんが袴はいてる。(`・ω・´)
LD >> それから、特訓の最後の相手がフリーダムなわけですが。そうだとしたら、やはり、挑戦状をたたきつけるあの回のフリーダムはもう少し“強い”描写があった欲しかった気がします。それで全て締まる。
カルマ >> そうですね、戦闘の特訓相手というのは少し意外な感じがしましたし>強い描写
LD >> 『マギ』は、いろいろ情報が詰まっていて楽しかったです。…というか紅玉姫かわいいなあ…。
LD >> シンドバッドのスーパーヒーローっぷりというか、大物っぷりがいいです。そして彼が主人公ではなく、アリババが主人公である事に自然と意味が働いている。
LD >> 『マギ』、錬白龍くんのどうでもよさそうな表情もいいなw
カルマ >> 「マギ」は地味に部下の過去をチラ見せているのがいいですね。彼らの話をがっつりやることに意味はないだろうし。
LD >> 『鋼鉄の華っ柱』、そうか。何だか『道士郎』みたいな展開になってきた、気がしないでも……ないぞ?(´・ω・`)
LD >> 【マギ】部下の過去を、がっつりやってもいいですけど、基本やらない事を希望wよっぽど特殊でもない限り、あの挿絵で何となく分かるんですよねw
カルマ >> 彼らはあの1コマで伝わるイメージで十分というかw 今の彼らの描きでもって過去のエピソードが補完される感じがいいかも>「マギ」
LD >> 『アラゴ』は何だかやたら戦闘が楽しい事になっていますね。
ハラルヤ >> シンドバッドの部下たちのジト目が良いですね。
LD >> もともと、アクションは良いマンガだったんですけど、元々は小さな力(?)で大きな事を起こす画だったんですが…列車事故とか。今、大きな力で大きな事を起こす画になっていますね。意味合いがかなり違ってくるんですが、とにかく画が好きなんで、それが思いっきり振るわれる形にして欲しいです。
カルマ >> 「アラゴ」の戦闘は良いですねぇ。それぞれの戦い方があって。ただ、一般兵器で撹乱しつつも、とどめは魔術的な武器じゃないとダメで、そこは一線引くんだなぁ
LD >> 他の作品で言うと『ルパン三世』とかで次元と五右衛門が「こいつ、女癖だけは治んねえな」という眼で見るときの感じでしょうかw英雄色を好むを地で行く感じがいいですw
LD >> さて、そろそろ一番を決めましょうか。
LD >> マガジンは『AKB49』と『彼女はフィクション』。
LD >> チャンピオンは『範馬刃牙』。
カルマ >> マガジンは「このかの」「AKB」安定ですね
LD >> ジャンプは『戦国ARMORS』と『マジコ』。
カルマ >> チャンピオンは「バキ」かな。「バチバチ」も良かったです
LD >> サンデーは『マギ』かな。
カルマ >> ジャンプは「マジコ」と「保健室」…というかアシタバくんw
LD >> ん〜先週、『AKB49』か
カルマ >> サンデーは…うーん「鋼鉄の華っ柱」かな
LD >> 『範馬刃牙』か『マジコ』かな?
LD >> ああ、『鋼鉄の華っ柱』よかったですね。
LD >> 今週は『範馬刃牙』のジャンケンでいこうにしますw
ハラルヤ >> 今週は『マジコ』で良いんじゃないですかー(投げやり
カルマ >> バキなら納得ですw
ハラルヤ >> ほう、今週で『範馬刃牙』ですか。
LD >> 今さら、勇次郎のチョキに、グーで負けてしまう刃牙はどうやって勝つつもりなんでしょうねwもはや柴千春節しかないのかw
LD >> 何故か『マジコ』は、ハラルヤさんに嫌われていますねw
LD >> それでは、今週もありがとうございました。
LD >> お休みなさい。
カルマ >> 先週も良かったけど先週はAKBありましたしね>バキ
カルマ >> お疲れさまでした〜
ハラルヤ >> 『やだなーLDさん。僕は『マジコ』大好きですよ。ただちょっとツンデレ気味で『マジコ』に対して素直になれないだけですって!』
ハラルヤ >> お疲れ様でしたー
ハラルヤ >> そうだ、昨日は書き忘れたけど、球磨川君のネジ、最後のコマだけネジ頭がプラスじゃなくてマイナスなのが意味ありげで良いですよね。今までのネジ頭はプラスに未練があった象徴なのかなあ。


■■■■2011年03月19日■■■■
LD >> 【今週の一番】チャットは3/19(土) 24:00から開始予定です。 http://www.tsphinx.net/manken/chat/chat.php


■■■■2011年03月20日■■■■
LD >>
LD >> |ω・`)
LD >> |ω・`) こんばんは。
LD >> …地味〜に『スパイ大作戦』などをダビングしておりますが。
LD >> 『ゆとりちゃん』というショートアニメが面白かったりする。
LD >> あ、終わった。しかし、大分、ぎちぎちだったHDDの中をディスクに落とせたかな?
カルマ >> こんばんわー。ACの「こんにちワン」のワンという動物の正体が気になっています。
LD >> しかし、AT-Xでやっているこれは『純情ロマンチカ』だろうか?
LD >> こんばんは。カルマさん。「こんにちワン」ですか?
LD >> ……犬じゃないの?(´・ω・`)
カルマ >> ありがと「ウサギ」、こんばん「ワニ」、さよな「ライオン」、おはよ「ウナギ」、いただき「マウス」なので、こんにち「ワン」はワンという生物になるはずなのですが…「ワン」ってなに?(´・ω・`) http://www.youtube.com/watch?v=-XVdsa0PtKA
LD >> ルイちゃんを呼んでみた。
LD >> 「ワン」ってなに?(´・ω・`) → ……犬じゃないの?(´・ω・`)
カルマ >> じゃあ「イヌ」じゃないんですか!「生きててごめんなさイヌ」とか!(理屈バカ
ルイ >> ヘイザ・フールの皆さん何を言っているのですか。
LD >> よう。ヘイザ・フール。(´・ω・`)ノ
カルマ >> 帰宅してすぐだったのでシャワー浴びてきます…
ルイ >> ヘイは挨拶なんだからザ・フールと呼びなさいよ!って何か間違っている気がしますが、ところで既にジャンプが出ているラシイヨ、
LD >> ルイさんの所って停電が何度かあるの?
LD >> 哲学さんがそう言ったので、あわててコンビニ行ったけど、なかった。(´・ω・`) 多分、西は普通に届いているのよ?
ルイ >> ありましたね。お湯が水になっているとは気付かなかった。
LD >> ヘイザ・フールの意味が分からなかったから、とりあえずオウム返ししてみました。(´・ω・`)
ルイ >> さて、一番なのですか。
LD >> 僕の所は、停電一度もない。すぐ隣の川崎はばきばき停まっているのに。なんかしらないけど、優遇されているらしい。
LD >> はい。ささと行きましょう。kichiさんには、早く復帰して欲しいです。
LD >> 先週、マガジンからだったので、今週はチャンピオンからですね。
ルイ >> 『弱虫ペダル』の御堂筋の配置はちょっとシビれるものがあるなあ。描かれてみると当然とも言えるのだけど、ちゃんと計算されてますね。
ルイ >> 僕は坂道の秋葉原通いを「あの空気の中に身を置く安心感」みたいなものと思っているのだけど、そうだと仮定した場合、御堂筋と坂道ってかなり近いのですよね。コミュニケーションの「飢え」から能力根拠たる蓄積を獲得している。
LD >> 配置というと?今週、御堂筋の過去話が語られて、そこは想定はしていたんですが…。
ルイ >> ただ、坂道はその蓄積能力を活かす場を、同様の上位存在、つまり身近な仲間に求められる事ではじめて得たわけですけど、御堂筋くんの場合は原初モチベーションがそのまま勝利、成功と繋がっていたのですよね。故にキャラクターの違いもこうなる。上手い。
ルイ >> 御堂筋ママンが自転車に詳しければ「ロードレースは一人じゃ勝てないのよ」って教えてアゲラレタノニネ。
LD >> ああ、坂道との対比…という意味での“配置”ですね。
ルイ >> しかし、御堂筋くん一人でってさっき先導してもらったばかりやないかいw
LD >> なんて言うか、御堂筋は能力が高いせいで、こうなってしまったというか、ここで止まってしまったという所がありますね。
ルイ >> 『バチバチ』は相撲界にエール送ってますねえ。今の若手が「自分たちが黄金世代」と思って励むしかないですよね。そして王虎さんキターって鯉太郎どころじゃなく痩せちゃってますがw
LD >> カスを利用する分には「自分の力」なんでしょうw
ルイ >> ああ、今回のインターハイが御堂筋くんにとっての遅いレッスンたりえますね。遅きに失したという事はないと思うけれど。
LD >> そうすると、御堂筋はある種、『シャカリキ』の完全なアンチテーゼと言える……かと思ったけど、そうでもないか。御堂筋は仲間を完全に使い潰すから、テルたちの“破格さ”とは違うものかな。
LD >> 今、ルイさんが指摘したように、御堂筋くんは、先導してもらっているわけで。そこに“気づくだけ”でも意味が違ってくるでしょうね。
カルマ >> 「ペダル」いいですねぇ。自転車競技に「興味があった」んだなぁ、御堂筋は。能力を付ける段階の動機からして坂道とは違う感じがしますが。坂道は「たまたま能力があった」から、そもそもチームとしてあることが坂道にとってのやる意義なんですよね
LD >> 本当に気持ちの問題かもしれない所はあって、御堂筋の戦略自体はそんな間違いでもないように思うんですよね。
カルマ >> 「バチバチ」王虎きましたねぇ。こうなると逆に王虎が「異分子」になる感じがしますね
ルイ >> シャカリキは自転車漫画自体の文法確立以前という事もあって、ボクシング的に描くしかなかった所がありますからね。
LD >> 『バチバチ』は、天雷がなんて言うかこう……かませ犬かなくって、かませ虎?(´・ω・`)みたいになっていますね。
LD >> 今となってはかえって“破格さ”が強調された効果をもっていますけどね。>『シャカリキ』
ルイ >> 『バキ』ぶっちゃけ抱きついてキスしたいくらいでしたよ…のコマで尻を描く板垣先生のセンスは異常。
LD >> 『範馬刃牙』は……今が旬ですね!(`・ω・´)
LD >> スピーディに頭部を振っていたのは、勇次郎ではなく、隊員自身ですよね。
カルマ >> 「バキ」面白いですねぇw 抱きついてキスのコマは絶品w
LD >> 『浦安鉄筋家族』が珍しく、サイレント。
ルイ >> そう、隊員は能力によってスピーディに振ったのではなく、恐怖によってスピーディさを得たのですね。こういう方向描かせたら敵なしだなこの人。
ルイ >> 『浦安』滅茶苦茶面白かったですね。チャップリン級(?)。
LD >> 『エンジェルボイス』は、相変わらず、地味によいですね。
LD >> 『シュガーレス』は卜部が勝って大満足。(゚∀゚)
ルイ >> 『エンジェルボイス』は華以外の漫画に必要なものがほぼ備わっている感があるなあ、地味に。そしてそういったフックなしでアイシールド級の試合を構築するのって、実はめちゃくちゃ凄い事をしている気がする。
ルイ >> 「ナメていた」のコマで、右上のエースクンにだけセリフがないのがまた地味によくて、彼は「なめていた」の格低下から直接的には逃れているのですよね。しかしそのチームの空気を変えられなかったという点で、間接的には過失ととられていて、結果市蘭のみなが走るコマの後で、皆疲れている中の一人にカウントされてしまう。ちょっと凄い。
LD >> 華ないですよねえ…wただ、何が勝負をきめるのか?という事をすごく理解していて、忠実にそれを描いている所がある。>『エンジェルボイス』
ルイ >> 『ナンバデッドエンド』がまた素晴らしいのだ。ラーメン屋の回に勝るとも劣らない。
LD >> 『シュガーレス』は、しかし、このすごいバカな集団の頂点に、訳分かんない強さを持ったシャケがいる事を感謝するべきだなw
ルイ >> コーヒーが安物でも、ヤカンでも、ヤンキー一家でも大切なところは押さえている。なんという人情モノ…これ、適当にイケメンや芸能人に悪者配置して結果的に不良の心象よくする『クローバー』あたりの作劇は反省していいくらいだと思う。
LD >> しばらくはホームドラマっぽいですね。>『デッドエンド』
ルイ >> 『シュガーレス』魂の方向を正すアヌビス神シャケさんですね。シャケさんは絶対学校創設時からいると思うのですよね。この名前も「釈迦」の文字りというのが僕の説w
カルマ >> 「ナンバ」いいですねぇ。個人的にはラーメン屋のが好きなんだけど、この回も素晴らしい
LD >> うん。なんというか、たとえば負けっぱなしの岳をバカに出来ないというかリスペクトする空気があるのは、結局、みんなシャケに敵わないからなんだよね。むしろ、岳は敵わない相手に対する重要な示唆をしてくれている。
LD >> …それにしても失神し過ぎだけど。もはや、恒例となっているw
ルイ >> シャケがいて、その旗を奪えない以上、この学校の生徒、あるいは周辺の不良は全員揃って敗北しているという事になる。そこで、象徴レベルで気絶しまくる岳が「負けってのは倒れたのに立ち上がろうとしない事」と叫ぶ事が全員に波及する。作品主張を支えている存在ですよね、シャケの強さは。
LD >> 『てんむす』は緒戦の形としてはなかなかいい流れを形成していると思う。
ルイ >> 作品の求める位置をこなす事で、自然とシャケさんは半ば神格化された強さになっていくのだけど…このまま風のようにさりぬなのか、どこかで彼の「倒れたのに」が描かれるかは記憶にとどめておきたい。まあ、後者はちょっと想像がつかないけれど、シャケが誰かに負けた時、その相手に何を言うかはすごく興味がある。
ルイ >> 【てんむす】はなかなかというか、抜群ですよね。
ルイ >> 【てんむす】まだ7話だというのに、毎週積み上げてきた食事中の表情とお花の演出がしっかりと機能して、部長が解説する天子の強さが文字説明に留まらず、皆が心から納得できるようになっている。ニ子の回で花がしおれた時からすごかったのだけど・・・・これは単行本買うしかないよなあ。
LD >> シャケが学校創立時からいるという解釈も面白いけど、シャケが王者として君臨するとしても3年間。そして岳の物語としてシャケが居るのは1年間と考えると、その交差性に面白さがでるかも。
カルマ >> 「てんむす」いいですね。1話からずっと同じものを食べ続けていたから描写に説得力があるし
カルマ >> 同じものを食べ→同じものを美味しく食べ ですね
LD >> シャケが負けた事があるのか?ないのか?はけっこう重要ですね。…僕は「無い」方が嬉しいのだけど、有ってもいい。
ルイ >> 【シュガーレス】あくまでシャケ釈迦説は「面白さ」の話で、真面目に読む人にはノイズですよねwしかしシャケ以前シャケ以後を想像しにくいほどの存在感ではある。だからこそ、彼の原初と、彼の最後が気になる…。
ルイ >> 【てんむす】そういえば無かったですよねえ、バイキング。そしてぼくらが観てきた大食い系も、大体は一品ものだなと。
LD >> 『囚人リク』も、なんか地味系の面白さを醸しだしていますね。
ルイ >> 【囚人リク】も地味に面白いっすねえwレノアさんがそれなりに権限を持っているから、陰湿イジメに終始しないところは救いだと思いますけどね。いや、どうせ酷いルールのラグビーなんだろうけど、それだってただ抑圧するのとは違うわけで。そこで根性見せれば、評価もかわる。
ルイ >> 【冥王神話LC】は鳥肌注意ですね。すごく車田漫画理論っぽいし、その上で手代木先生らしい情感を加えている。
LD >> 読切の『寂滅屋』面白かったけど、みんな幽霊だったって話しだね。
ルイ >> 【冥王神話LC】黄道の理屈やハーデスが顎の下見せて吹っ飛ぶけどノーダメージ、なんてのは極めて車田的だけど、黄金聖闘士がそれぞれの拘るものを叫ぶシーンの情感は手代木的としかいいようがない。これが聖闘士星矢LCの到達点。
LD >> 『冥王神話』は、ここで黄金聖闘士が勢揃いしてくれるのは、なんかすごく嬉しかったです。サービスというか、実は全員一堂に会したシーンはなかったかも?
ルイ >> こういう所にフルカラー割かないといかんよね。冥王神話NDに割いてる場合とちゃうで←酷
LD >> 『キガタガキタ』は、前回の石田三成にくらべると小者という気もするけど、これ、けっこうな軍勢になっているのかな?
ルイ >> 【モメンタム】なんかも、この単話だけ観ると速度的にもキャッチーな言葉的にも、レベル高いんだよなあ。どうなってるんだろチャンピオン。
ルイ >> 【寂滅屋】最後の一捻りが良かったですね。女の子の顔をおそらく「戻してあげた」と思うのだけど、その心遣いが好き。
LD >> さて、ジャンプに行きましょうか。
ルイ >> 【ONE PIECE】ルフィの現地妻メソッドって、もっと初期から確立しても面白かったかもしれませんねw
LD >> 『トリコ』は、完全にダンジョンゲーム化している。…ゲーム化狙っているな!(`・ω・´) というか『トルネコの冒険』狙っているな?むしろ狙え!
LD >> 現地妻ゆうな。(`・ω・´)しかし、シラホシ姫は嫁にしてもいい。
LD >> 『べるぜバブ』100回記念ですか。…けっこうキャラ沢山いたんですね。
GiGi >> ほむほむ
ルイ >> 【トリコ】は完全にゲーム化見越してますね。MP相当にカロリーを置いている。良いと思いますよ。
ルイ >> ビビはシリーズヒロインだけど直接的にルフィと云々という形でもなくて、ハンコックはルフィにベタぼれながら助力者ポジションでシナリオそのものを担うキャラとは違う。このあたりの合体存在かな>しらほし姫 いや、単純にビビタイプなんですけど。
カルマ >> 「ワンピ」現地妻大変よろしいと思います。
LD >> 『戦国ARMORS』は、明智光秀はけっこう歳行っていると…。まあ、『戦国BASARA』みたいになると楽しいのではないでしょうか。
カルマ >> 見越しているというか着想がそもそもモンハンブームだったと思うのでw 予想範囲内ではあります>「トリコ」
ルイ >> あ、僕がチャットで語るのは初めてか。【戦国アーマーズ】史実通りなら5〜60は平気でいってますからね。まあギャル一人放り込む形といい、敵に良いキャラ集めればなんとかなるのでしょう。戦国のピーク過ぎてるので、あまり使える名前がなさそうなのが気になるけれど。
ルイ >> 読切時から悪い印象ではなかったと思うのですが、解説や回し役に小坊主置いたのはまさに連載用の設計ですよね。あとは姫が描き慣れるにつれてもっと可愛くなれば良い。まだ、可愛く見せるコマで勝負を避けた構図にしたり、実力不足な所があるので。
LD >> 『バクマン』は
LD >> 『バクマン』は中井さんのあの扱いは、もうかなり復帰はダメそうなんですが。…オワキャラ?
ルイ >> 【バクマン】なー。
カルマ >> 「バクマン」うーん、もったいないキャラの使い方が重なってるなぁと…
ルイ >> 中井さんにも一見して「これは違うだろ」と言わせた七峰メソッドなー。
ルイ >> そういえば【NARUTO】のNPCバトルが普段より面白かった。ってそれでいいのかw
カルマ >> 「ぬらりひょん」あーこれは他のエピソードと同じく黒田坊立てて終わるだけかなー…と思ってさっき今週号読んだらそうなってたでござるう。
LD >> 多分、織田の五人の重臣は羽柴、明智、柴田、丹羽、滝川で、秀吉以外はそれぞれの息子が武具を受け継いでいたりするんじゃないかと。
GiGi >> ビビはルフィの嫁に含まれますか
ルイ >> 含まれないと思うけど。あれは「メリー号のもう一人の仲間」という視点が大きいと思う。読者が置きやすい視点。
LD >> 『メルヘン王子グリム』は、それなりに楽しんでいるのだけど、もっと、あのカワイイ母さんを出して欲しい。(`・ω・´)
ルイ >> 【いぬまるだしっ】面白いなあ。連載の倦怠感すら武器になるし。
ルイ >> 【SKET DANCE】の半端な青春ドラマ感。なんだろう?過去の話に終始していて、今の実害に乏しいからかな?
LD >> 『マジコ』で、いじめられているネコ耳を見て。ネフェルピトーを思い出す。(´・ω・`)
ルイ >> 【magico】はせっかく1話・2話で出した構造が鉄板なのに、最初に出したミッションがどチンピラ相手の生産性のないバトルとか「しくじった感」が熱いな。もっと色々できる設定組んだのでしょうし、頼みますよ。ダブルアーツの仇を(?)
ルイ >> 【ドイソル】は直近の【ライトウイング】とか思い出しながら読んでしまいますが、いかにも【アイシールド】タッグに揉まれた感のあるネームと画といいますか…こちらの方が連載想定は上手いなあ。
GiGi >> バクマン七峰くんは清々しいほどの落ちっぷりですね。18歳の良い思い出となることでしょうw
LD >> 『マジコ』は、もう、なんだろ。もう一人よいキャラが入れば、大体安定だと思う。
ルイ >> 七峰くんを才能で救済する事で、この展開そのものへの救済を「ズラシ」て済ませている感があるのがすごく怖い。まあ、最後まで観よう。
カルマ >> 「マジコ」設定上はもっとファンタジックな冒険にできるはずですしね
LD >> >「しくじった感」が熱いな|しくじったとは思わないけどw言いたい事はわかる。3話目でとりあえず弱くて悪い敵というのは熱くないかも。もう、「まずはジードと戦おうか」という時代ではないかも。
ルイ >> 組み込むにも1話だよなと。カルマさんの言う通り、センス・オブ・ワンダーで勝負せねばねという気持ちもある。
カルマ >> 関西でやってる「若手アニメーター育成プロジェクト」のアニメ観ます。放送飛んだぶん合わせて2本60分…長いなw
LD >> 『ドイソル』…ん〜…キャラボツ。(`・ω・´) 岡くんと口だけくんの区別がつかない。描いている人は髪型とか唇とか分けたつもりかもしれないけど。
LD >> 口だけくん→口竹くん
ルイ >> 【magico】残り一人とはずいぶん高評価ですね。まだいくつかのパーツが必要に思える。明確な恋敵、道を先導する師匠筋、ライバル(敵とは違う、仲間内での)等々…猫さんを配置するのはアーマーズの小坊主同様、配置は整ってますけどね。しかし今回のジャンプの新連載陣は、一見してわかるコケ感に乏しいけれど、代わりに何か、漫画的野心がないなあ。
ルイ >> 岡と口竹はわかるけどなあw
LD >> 『スケットダンス』は、際どい展開だよね。『金八先生』を思い出したりしていましたけど。
カルマ >> 岡と口竹<あぁ、最初岡のあだ名だと思いますた。
GiGi >> マジコとかみてると連載が迷走するのは七峰メソッドの専売特許じゃないよねーなどと。
LD >> >岡と口竹はわかるけどなあw|ルイさんは、よく見る人だから。描き分けてないとは言わないけど、村田先生ならここで手は打たないと思います。
ルイ >> 迷走判定はしくじり判定の俺から見ても早いと思うですがwそういう事なんですよね。結局…いや、黙する事にしようw
ルイ >> 【SKET DANCE】んーと、違和感としては、仰る通り金八であるとか、野島ドラマみたいだなと思ったりはするものの、ではこのエピソードにそこまでの「覚悟」があるようには思えない…そういう違和感ですね。言葉にするのは難しいけれど、スイッチやボッスンの過去エピソードはもっと本腰いれている感があった。
GiGi >> この展開はズラシだと思うけど何をそんなに怖がってるのかよくわからないや。
カルマ >> 1話含め、この作者さんにとっての「悪」が「人の欲望の醜さ」とかそのへんにあるのかも。>「マジコ」
LD >> 『いぬまるだし』は、たしかに最近、たまこ先生のリアクションは投げやり系か、スルー系が多いなあと思っていたw(`・ω・´)
ルイ >> まあ、マジコは早いとこ、塔に密閉されて騎士一人に教育を受けた人が何故田舎弁を身につけるのかの謎を明かして欲しいなとw
カルマ >> 「いぬまる」たしかにツッコミ弱かったよ!って思うけど、あくまで「勢い」強調で、芸人のネタに乗っかってる印象で、ナチュラルなたまこ先生のリアクションかどうかというとちょっとブレるかなぁ
GiGi >> バクマンは小杉くんがかわいいのも良いアクセントになってるよね。
GiGi >> ミウラさんの時はボロカス言われて、やはり人間見た目が9割なのかと。
ルイ >> ミウラさんは亜城木を導いた編集という成功例が既にある所でうまくやれない、という形であるのに対し、今回は七峰くんがアホで聞く耳持たない、という所に落ち着けて管理の不出来より強調しているからなあ、見た目どうこうじゃなく誘導ですね。
ルイ >> この作品の良いアクセントはいつだって平丸コンビだろうw
ルイ >> 【ぬらりひょん】は最近何をしているのだろうw
カルマ >> ミウラさんは自信満々で間違う、小杉くんは自信も経験もなくて管理できてないだけとか>「バクマン」
LD >> 『保健室の死神』のゲインバッカーさんは、自分の運が尽きている事を忘却させられた状態で使ったから、すぐに不運をくらったんだねw
LD >> >【ぬらりひょん】は最近何をしているのだろうw|アニメ二期放送を待ってる。(´・ω・`)(←)
カルマ >> 「ぬらりひょん」人間キャラとの接点復活かと思いきやぁ単に黒田坊立てるだけで広がりがなくて他の百物語編と同じでしょんぼりですたい。
ルイ >> 【保健室の死神】ちびっこ探偵団モード、面白いんですけどね。連載として持つかはわからぬ。編集部余裕みせてーw
LD >> 【ぬらりひょんの孫】や、なんだろ。“何か”を構築しているようには思えるんですけどね。
LD >> さてさて、サンデー。
LD >> 満田先生の新連載、うむ。まずは、女の子がボクシングやってる事に乾杯。(´・ω・`)
カルマ >> 「保健室」アシタバくんがいい動きをしているのでそれだけで軽く幸せw
LD >> 『ケンイチ』、な、なんか逆鬼師匠が『北斗の拳』のケンシロウみたいになってる!…元からだけどw
ルイ >> 満田先生の新連載、面白いですね。ちょっと大場ネーム的というかw変にひねりがない分、言動の1つ1つがちょっとづつシュールな笑い入ってて面白かったです。
ルイ >> しかし、やはり少年期から始めるのだな。
ルイ >> 【結界師】に限がいたお。ああいう描きが女性作家のソレですね。
ルイ >> 【最上の明医】のタイムスリップ芸はちょっと面白いので、今後漫画文法化していっても良いかも。正確に、この作品が最初って事もないでしょうが。
ルイ >> あ、タイムスリップじゃない、タイムスリップね。
ルイ >> …スキップ…orz グーグル先生の予想変換まじ強敵。
LD >> 『ポケモン』は、ルイさんの指摘でしたっけ?子供に旅をさせるにしては、相当な無法地帯ですね(汗)
LD >> 『神のみぞ知るセカイ』、桂馬、無理やりキスとか、かなり切羽つまってきてないか?(´・ω・`)
GiGi >> 満田先生の新連載には正直感動した
ルイ >> twitterで呟いた記憶はあるな。ポケモンと一緒に旅するのは普通、という物言いとヒャッハー感のギャップはあるw
ルイ >> 感動とな。
ルイ >> 【神のみぞ知るセカイ】ポイントはそこでしょうね>桂馬 僕らから観れば漫画内展開だから全部ファンタジーですけどw今彼の目の前にある「現実」が彼の「ゲーム」で培ってきたものを越えてきて、テンパってきていると。しかし現実で自らが積み上げてきたものにより、相手からフォローされると。それにしてもここ数話、人形子好きとしては有難かったですだよ・・・
LD >> 『最後はストレート』は、このキャッチャーの人が入って、かなり野球やっているっぽくなってきました。
カルマ >> 「ポケモン」もうちっと世界観を整理して欲しい感じがしますね。未来ですげー無法になってんのかなんなのか。ゲームとの地続き感がなさすぎて…
ルイ >> んー>最後はストレート 結局ミキミキは公式試合使えないし、どう転ぶかイマイチわからんね。
LD >> 月夜。人気あるんですかねえ。
ルイ >> マガジンではガマランが、サンデーでははじあくがドラゴンボールのサイヤ人編を嬉々として組んでいるなあ。
ルイ >> ないからずっと触れてきた僕が喜んでいるのだよw
GiGi >> ビーブルースの先週の不穏さはいったいなんだったんだろう。
ルイ >> 【マギ】ダメなタイミングの悪役自分語り入った、と思ったら、微妙なチンピラ感が結構楽しかった。元不良に目つけられてるしw
ルイ >> しかしシンドバッドの妻を子を作らぬ理由とは何なのかしら。一代限りで共和国移行まで想定しているかな。
LD >> 『ムシブギョー』は、無涯殿が少し柔らかくなっている気がするな?少し多めに内面を語っているというか。
LD >> 『ビーブルース』は、不穏なままでしょう。あんな楔を打たれている以上は。
ルイ >> 【ムシブギョー】すごく良いですね。理由を忘れたのは、現在はその理由が当てはまらないからでしょう?言外の描写がとても上手い。あとお春殿エロイから奉行所に住みこんでくれ←
ルイ >> 何か不穏な事ありましたっっけか。>ビーブルース
LD >> 『マギ』は、相当なキャラがそれぞれの位置からの、絡みをはじめたから、ここからが正念場かもしれませんねえ。
ルイ >> そろそろマガジン?
LD >> 先週のセリフ「龍ちゃんはこのあとも着実にステップアップしていく…この時、あたしはそう確信して“いました”」ですね。>不穏
LD >> え、まってまってw
LD >> 『結界師』、すごい哀しいですねえ。そして『流星のジェミニ』を思い出した。
LD >> 『アラゴ』は、このアルビオンの戦士が、けっこう色んなものもって行っちゃた気がw
ルイ >> まあ、ニュアンス次第の範疇かなw>いました「この時は」とか言われたら確定ですがw
カルマ >> 「若手アニメーター育成プロジェクト」、「おぢいさんのランプ」は後半がイマイチ、「キズナ一撃」はアクション作画良くて面白かったです。一番復帰しまする。
LD >> じゃ、マガジンかな。
ルイ >> 【結界師】確かにダカザン流星ですね。キミの為の偽りの世界。でも、ネガティブな意味合いはどちらも込めていないように思えます。
カルマ >> 「アラゴ」は一気に話が飛んだ…というか、世界が一瞬で広げられた感じですかねぇ。少し戸惑いもあり。
ルイ >> 【ゴッドハンド輝】長期連載で印象が定着していて、輝先生がこういう所に傷もってこもるイメージはあんまり無かったですね。
カルマ >> 「ビーブルース」この試合で何か起こらなかったらなんだったんだという話、かな>不穏
ルイ >> 【A-BOUT!】は作者自身がこの展開に飽きてきた事をいい加減認めるべき。
LD >> ん〜。たしかに『A−BOUT』、よくないかも…。桑村とか、緒戦のメガネくんとかは面白かったんだけど、あとは消化試合っぽいんですよね。平次と朝桐やらせたいだけいうか。…でも朝桐と砂原や、征木がもう一度やり合うなら意味はあるかな?
ルイ >> トーナメントで描くにはギミックが足りないし、皆なんだかんだ同年齢の不良でしかないからメリハリも乏しいしで、ちょっと読むのに苦行感出てきてます。
カルマ >> 「輝」先生は会いたいのも本音、会わなくていいのも本音、という印象で、傷という感じもしないですね。
ルイ >> 【君のいる町】なんつー悪趣味な不穏積みだ。これこそ不穏というのだw
LD >> 『君のいる町』は……まあ、やってみそ。できるなら!(`・ω・´)
カルマ >> 「アバウト」始めちゃった以上しょうがないけど、主要メンバーの試合でも今の意識より1話ずつくらい詰めていかないとダメですね。
ルイ >> 最低の事を仕掛けた人間が相手を最低呼ばわりする最低ラブコメが読めるのはマガジンだけ!>君町
LD >> つか、こういうの、できないから『アニキス』は「全部、うそだったんだ!」とか言う事になったんだよね。(´・ω・`)
ルイ >> 【AKB49】が相変わらず熱い。ひねりの効いた前田敦子持ち上げも上手いけれど、同時にひねられた元でしかなく、実際は今回大して動いていないたかみな先輩がまぁた格上げちゃってる事にも注目したい。この漫画はたかみな先輩をどこに持って行こうというのだw
ルイ >> 先週の話になりますけど、みのりを持ち上げる時に「たかみながいたように」という表現をされると、それはたかみなの格を主人公に込めるというより、漫画読者側からすれば「これらの行いが全部当てはまるたかみなどんだけ」って話なんですよね。おかしいなあ、単行本の巻末を読む限り、スタッフは別にたかみな押しじゃないのにw
LD >> 『AKB49』は、岡部はなんつー可愛さなんでしょうか。(´・ω・`)
GiGi >> ゴッ輝は世界の優しさが滲み出ててよいですね
LD >> 『AKB49』、浦川とたかみなを対比させてるんですよね。確かにたかみなどんだけって思うわ。
ルイ >> 岡部さんマジ岡部ですからねえ。ゆうことか、あんまり皆興味ないだろうw
カルマ >> 「AKB」たまりませんねぇ。前田敦子かっこいいですやっぱり。「たかみな先輩からなら裏を読まなくていい」ってこともあるかなぁ。
ルイ >> 今のところ、浦川みのりが「神の推しメン」たる素養は、まあわかる。しかし同じ事を同姓でやっちゃってる初期メンのたかみなは何なの!?って言うところが今の複雑な面白さですね。これ、AKBが「ビートルズを越え」るなら、どこかでたかみなの格を飛び越えないといけない気もするのだけれど、初回は掴みと割りきって、このままやってもらってもいいやw
LD >> 前田さんにしても、たかみなにしても、美少女オーラ…じゃないな、アイドル・オーラが出るように描いているんですよね。
ルイ >> ・・いや、違うか。浦川みのりは現実にはいないが、現実のAKBにたかみなが居る限り、それを後発メンバーが継ぐ限りAKBはいつか「ビートルズを越え」るんだ。凄い誘導の仕方だw
ルイ >> 前田さんのツンデレというよりただの天邪鬼な感じタマンネッス!
LD >> ちょっと、変なたとえになるけど、前田もたかみなも、黄金聖闘士で時々降りてきて声かけてくれるんですよ。…で研修生はブロンズ、じゃなくって聖闘士見習いかw
LD >> たかみながアイオリアで、前田さんがムウとかな。
ルイ >> 【ベイビーステップ】ときメモ理論どうりの試合合間サービスシーンを経てw今度は難波江に勝った相手、ですか。どうもエーちゃん&読者の中で「全国=難波江」という感覚があるので、それを崩すためにこの試合活用するのも良いかもしれませんね。つまり、漫画内で「負けられない」って言ってるんだけど、実際この試合は「負けてもいい」。こういうギャップがある時、作品の誘導は意図的で、つまり負けさせるんじゃネーノ、と。
ルイ >> 岡部さんがフェニックス一輝とな。
LD >> 『彼女はフィクション』は、この場の全員を抹殺すれば…という結論を出してくれたのは、期待に応えてくれた感じ。
LD >> おお!?(`・ω・´)>岡部さんがフェニックス一輝とな。 (←よく分からない会話になっている)
ルイ >> 【この彼女はフィクションです】は考え方として悪くないですね。ノートの中に「気がきく」とか「心優しい」の一節すら入れなかったのか外見スペック厨、と言いたくはなるけれどw
ルイ >> 先輩は自分がターゲットであることも知らず、主人公とは別の登山口から性格を矯正していこうとしているのだな。ちょっとコマが足りない感もあるのだけど、図式としては面白い。
LD >> あと、鍋を爆発させた杉田さんの事が気になるずら。(´・ω・`)
ルイ >> あ、この場合のコマというのはキャラ、です。
ルイ >> 【むろみさん】たっくんにこういうハーレムメーカー素養はつかざるを得ないか。乙姫もそうだしな。そうでないところが好きなのだけど、仕方ないか。
LD >> 「俺には優しい」とか…wあと、書き方一つで「気がきく」とかは悪い方に気がきくになったりしますしねw
ルイ >> そういう、作者のニュアンス的な部分は誰が解釈するんだろう!?>ノート 解釈できない漠然とした部分はステータスに加わらない、というところかな?
カルマ >> 「このかの」は良いですねー。細かく部員も性格設定してある感じが好感もてます
LD >> 【彼女はフィクション】う〜ん…背景キャラの『読み』をはじめてしまっているwかなりはまってきてるなw
LD >> >誰が解釈するんだろう!?|神…と言いたい所ですが、僕の想像としては、やはりその時のユーリくんで、その気持を忠実に反映しているように思えます。多分、彼の妄想は「二人だけの世界」に限定されたものだったのではないでしょうか。
ルイ >> なるほどね。想いの純度の高さゆえに他者は介在していないと。…その割に、今、先輩を前に厄介者扱いだなwもっとときめけよw
LD >> →とか、いいつつ「あのノートの中には、こういうサブキャラもいた!」とか言い出す展開もありかな?
ルイ >> 【ヤンメガ】なんかここ半年くらい、メガネちゃんの存在感ほぼゼロのまま大学合格したでござる。
カルマ >> 「むろみさん」イエティは僕の中で両性具有ということになりました。
LD >> 彼女の設定として一行だけ家族構成に触れて「妹が一人いる」とか書いてあると、相当、自由な妹が出現する…のか?
ルイ >> ふーむ?それは漫画設定としてはありうべき幅に思えるけれど、そこに手を出すと色々味噌がつくなあ。
ルイ >> 想いの力で具現化したのに、それが「ノートそのもの」にかかる。付喪神としての格がワンランク落ちるというか。
LD >> 【ヤンメガ】存在感がゼロっていうか、存在がゼロ。(´・ω・`) 八王子さんがメガネはずしてまで、守られたメガネちゃんとは一体なんだったのか…。
GiGi >> 別の「彼女(あるいは彼氏)もち」が出てくるかもとは思ってたり
ルイ >> まあ、この写真をみて受験の時のエリートちゃんが今からわくわくしているわけですよ。どこにいくのか。大学でヤンキーって成立するのか。待て次号。
LD >> >想いの力で具現化したのに、それが「ノートそのもの」にかかる。|ふむ。理の通った話しですね。しかし、同時に、ミチルのあくまで従格キャラであれば、別に良いようにも思えます。
ルイ >> それは一話の時話したかもしれないけど、僕のイメージにもありますね。特に彼氏w
ルイ >> まあ、恐怖新聞の方で不幸新聞が出てきたノリで、異性の方が持ち主もハーレムに加わるな的な意味でw
ルイ >> 【ネギま】エヴァンジェリンやラカンの格を越えていかれる事に一抹の寂しさもありますが、久々3A大活躍。特に双子を観るとなんかすごく安心するというか、ああそうそうもともとこういう形だったな、とw
LD >> さて、そろそろ一番を決めましょうか。
ルイ >> もしくは同姓が自らの理想を具現化したもの、というケースもあるか。それは両方射程内だから良いな←病気
GiGi >> 何かと物騒な世の中ですがブラマンはネタ的にだいじょーぶなのか心配です
LD >> チャンピオンは…う〜ん、『シュガーレス』か、『エンジェルボイス』かな。
ルイ >> 大統領は既に死にました…>ブラマン
ルイ >> チャンピオンは色々良すぎるが【浦安】【シュガーレス】【冥王神話】といった所か。
LD >> ジャンプは、う〜ん。『いぬまるだし』かな。
ルイ >> ジャンプは・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・なんだろ?
LD >> サンデーは…う〜ん。『マギ』かな。
ルイ >> サンデーは【武勇伝】マガジンは【AKB49】【この彼女はフィクションです】…
GiGi >> シュガーレスと結界師がよかったかな。あとは萌花ちゃん!(漫画のタイトルは忘れた)
カルマ >> チャンピオンは…「ペダル」?
カルマ >> ジャンプは「いぬまる」かなぁ
LD >> マガジンは、『AKB49』と『彼女はフィクション』ですね。
ルイ >> しかし満田先生の武勇伝って、そのタイトルや名前や配置の直裁さも含め、ぼくちょっと万丈先生の【武心】を思い出すw
LD >> 斤量を認めないなら『AKB49』か『彼女はフィクション』のどちらか。両方、斤量なら『シュガーレス』かな。
カルマ >> サンデーは…なし?
LD >> オリエンタル・ラジオのネタはなんでしたっけ?
ルイ >> 斤量あるなし無関係で、AKBは前がクライマックス、このかのは起承転結の承を繰り返しているところ。まあシュガーレスか武勇伝じゃないかな。
カルマ >> マガジンは「AKB49」「このかの」ですか。安定すぎるw ああーあえての「むろみさん」も
カルマ >> 武勇伝ですよ?>オリラジ
GiGi >> AKBはここは閑話ですよね。もちろん抜群の良さなんですが。
LD >> ふむ。では周防編の決着とまとめを打った『シュガーレス』にしましょう。
GiGi >> うむしかしそのタイトルだと女の子は勇ちゃんじゃないとおかしい(おかしいのはお前の頭だ)
ルイ >> 岳が作品を貫くセリフを放ちましたしね。シャケ以外には等しく地に這い蹲る権利を与えよう。あとは起き方だ・・・ならば、起きる速度のはやい岳最強説!!
GiGi >> シュガーレスはまるで岳が主人公みたいじゃないか!と思わせた時点で勝ちですねw
LD >> 早起き選手権かよ!(`・ω・´)
ルイ >> いちおーあだち先生がKATSU!で少し前に同雑誌で先鞭はつけているのか。しかし、今プロボクシングって団体がゴミ化していてどこの権威もボロボロですからね。どう描くんだろ。
LD >> よし、いいオチがついた所で終わろう。
GiGi >> 結界師は本当に体温低いままクライマックスを迎えてしまったんだなあとしみじみ
ルイ >> シャケと互角にやりあえるツキノワグマ先輩マダー(いいオチ
LD >> それではお疲れさまでした。
GiGi >> だから女子ボクシングでいいじゃない。タイトル?あーあー聞こえない聞こえない
ルイ >> 偽りの世界ですが、偽りと観測するのは僕らの傲慢で僕らもまた偽りかもしれず←面倒くさい つまり、結界師のあの結末は、決して哀しいものではないのだろう、と思ったりもする。
ルイ >> 女子ボクシングも「一緒に」登りつめていくのは良いかもしれません。顔面撃たれるとアレになっていくけどw
GiGi >> とにもかくにも萌花ちゃんかわいい。性格吾郎でも女の子なら許せる。
ルイ >> 萌花ちゃんは可愛い。>いいオチ
LD >> あ、今日の夜18:00からのUST。GiGiさん、ルイさん、よろしくね。
LD >> 多分、17:30ちょっと過ぎくらいから打合せはじめると思う。
LD >> ん?クロックの異常が直ってる?
GiGi >> たぶん寝てるんで適当に連絡してくださいw


■■■■2011年03月24日■■■■
LD >> 【今週の一番】チャットは3/26(土) 24:00から開始予定です。 http://www.tsphinx.net/manken/chat/chat.php


■■■■2011年03月26日■■■■
ハラルヤ >> 体育座り待機。


■■■■2011年03月27日■■■■
GiGi >> 来週はジャンプお休みのようで。
LD >> |ω・`)こんばんは。
LD >> ネットで無料公開したのは、何号でしたっけ?
LD >> む。ルイさんが、さっき、ツイッターでつぶやいていたけど…。
ハラルヤ >> こんばんはー。
LD >> こんばんはです。ハラルヤさん。今、ルイさん呼んでます。
カルマ >> こんばんはー
カルマ >> 講談社のマガジンほかも配信するらしいですが、今調べたらまだ「配信すると決めた」だけか。
GiGi >> マガジンはまだ日程出てないですね。ジャンプが配信してるのは震災翌週の15号ですね
LD >> ネットに繋がらないと意味はないので、あんまり被災地向けの話というわけでもないんですよね。
GiGi >> 震災の影響でいろいろなボトルネックが吹き飛んだ感がありますが素直に喜んでいいのやら。
GiGi >> 日常復帰の手助けと、大義名分が出来たことで時計の針が早まったということでしょうね
LD >> 紙の流通はとんでもなくでかいシステムだからね。震災でどのくらいの動きになるか分からないけど、少なくともトップの頭の切り替えにはなったように見えますね。
LD >> 今週はどれからでしたっけ?
カルマ >> 紙が足りません、インキが足りません、ってのはかなりでかいですよね。優先順位的に新聞などから取るだろうし、親和性高いコミックを電子化しようという動きはマーケティング的にもちょうどいいかも
LD >> さて、ぼちぼち一番をはじめて行きましょう。
LD >> ジャンプからですね。
GiGi >> 今週はジャンプからかな
GiGi >> トリコ、小松が戦えるのはちょっとびっくりしましたね。
LD >> 『ワンピース』、考えてみると、ルフィがモロに助けるというか…。こういう女の子の心を盗んで行きそうな展開ってはじめてじゃないかな?ナミの時が一番近いけど、そんな気はしなかった。
LD >> 『トリコ』、小松が戦えるというかメルクの包丁が戦えるんですよね。あれは切れ味を観た時に、むしろ戦えね?って思いましたもん
LD >> 『スケットダンス』は、何か微妙な展開だったんですけど、忍者が椿の家臣になるイベントだった…って事かな?
GiGi >> 女ヶ島でそれなりにレディの扱い方を学んだんじゃないかなw
カルマ >> 「トリコ」食材を捌くと考えれば包丁も使えるんですね。小松くんにどう使わせるかってのが難儀するかと思いましたが、あっさり行ったなぁ
LD >> 学んだ感じはないかな?w…というかルフィはいつものルフィに観えるんですけど、なんだろ?本当にそうなるかどうかは別として、このしらほし姫、絶対ルフィに惚れるように見えますよね。今まで、ナミに対しても、ビビに対しても、そういう感覚は持たなかったんだけど、なんでそう思えるのかちょっと考えています。
GiGi >> トリコと連携で、小松がトドメを刺すような展開があると熱いかもしれませんね。
カルマ >> ナミもビビも何らかの決意をして海に出た自立心のある女性ですよね。それに比べると依存が強い感じはしますが>しらほし姫
LD >> まあ、何にしてもメルク包丁は料理包丁の域を越えていますw
LD >> 『ドイソル』は、安藤くんのキャラが変わって、多少ショックというか…wいや、ショックじゃないけど、なんで試合でキャラ変えたんだろ?w
LD >> 『戦国ARMORS』の独眼竜は、多分、「パーリーをはじめるぜ!」とか言わない。(´・ω・`)
GiGi >> 育ての親も含めてルフィは女性らしい女性には触れてこなかったからw。ルフィは天性の人たらしですから女性という生き物がいることを認識すれば自然に彼女らを喜ばす振る舞いができちゃうんでしょうね。
GiGi >> マジコ、先週ちょっとくさしましたが、いいテンポだと思います。
LD >> 『べるぜバブ』は、姫川がけっこう頼もしい展開が良いと思った。このマンガで楽しいキャラ、回っているキャラの一人が姫川なのは間違いない。あと、実は、東條よりも神崎の方が楽しいのではないかと思っています。
LD >> う〜ん、しかし、閉じこもりのお姫様を外に連れ出すって、いいシチュエーションだよねえ。それだけで連載一本できるくらい。
LD >> 『バクマン』の表紙は、『When you wish upon a star』って感じかな?
LD >> 平丸さんの『僕には通じない』は人気出るだろうか?
LD >> 今は、七峰くんより、中井さんのダメさが気になってしょうがない。この人の着地点はどうなるんだろう?
GiGi >> 小杉くん、あきらかに誰にも相談してないよねえw。バクマンは本当に駄目大人を真っ向から描くなあ。
カルマ >> 中井さんはなんでこういう風にしちゃったんでしょうね…(汗>「バクマン」
LD >> 『マジコ』は、どうでしょうね。ヒロインがまったく揺らがないのが、良くも悪くもという感じがします。…うまく言えませんが、何かもうワンギミック欲しい気がする。
LD >> え?省略しているだけで、小杉くん、相談というか…編集長の許可はとってあるでしょ?
GiGi >> しかし2015年のジャンプが電子版中心になっているとはいかな大場先生でも予測できまい(妄言)
LD >> うん。七峰くんの着地点ってまだ想像できるんだけど、中井さんの着地点ってどうなるんだろう?って。今の中井さん、不幸になられても、あるいは改心(?)してもけっこう扱いに困るんですよね(汗)
GiGi >> んーどうでしょう。編集部には立ち寄ってますがあの間の取り方は相談してないと読みますね
LD >> 『いぬまるだし』、今週になって、この前日記に書いていた、ピンチに助けてくれる初老のおじさんが、フィクションだと知って、軽くショックを受けた。(´・ω・`)
LD >> いや、僕はいくらなんでも許可得ていると思いますよw バクマンの大人のダメさは、もっとこう…そういう仕掛けとか伏線じゃなくって、もっとストレートに描かれてると思うしw
LD >> 『ぬらりひょんの孫』、百物語で地固めかと思ったら、二代目・鯉伴の過去話にいったでござる。
GiGi >> ハラルヤさんからめだかBOXについて何か一言欲しいにゃー
カルマ >> 「ぬらりひょん」結局黒田坊のキャラを立てただけで話が終わった印象ですが…んんん
LD >> 『保健室の死神』は、シスターさんの能力も、この子の能力も、わりと小さいというか…あくまで病魔の能力を上手く利用しているだけな所がいいな。
LD >> 『めだかボックス』、これで球磨川戦、決着なんですかね?ちょっと、あっさりしすぎかなと思ったり。
ハラルヤ >> えっ、特に無いよ?(´・ω・`)>ハラルヤさんからめだかBOXについて何か一言欲しいにゃー
カルマ >> 「保健室」はアシタバくんが男前で幸せです。
GiGi >> ないのか…(´・ω・`)
ハラルヤ >> 思うところは色々有るけど、言いたいことは一つも無いです。>『めだかボックス』
LD >> そろそろサンデー行きましょう。
LD >> 『ハヤテのごとく』の水蓮寺ルカって、なんでしょうね?(´・ω・`)
LD >> ってか、水蓮寺でしたか。苗字失念していた。
GiGi >> おすもじは完全に青年誌のテイストだなあ。スペリオールかスーパージャンプあたり。
カルマ >> ん?一応あれですよね、ナギとハヤテの話をリンクさせるとかそういう>ルカ どういう行動原理かはさっぱりですがw
GiGi >> 綾崎ハーマイオニーとはなんだったのか。
カルマ >> 「おすもじ」すごい美味しんぼメソッドでしたけどこの調子でやるんですかねぇ。
LD >> 『おすもじ』はそうですね。少年誌じゃないとも言わないんですけど、対象年齢は高そうですよね。
LD >> 『ポケモンリバースト』は……これでもいいかもしれないけど、なんだろ。モンスターが出てこないのが、ちょっと寂しい。
GiGi >> ケンイチは連載10年やってこの初々しさは貴重だ。
ルイ >> 今起きて慌ててやってきました!寝坊しちゃったてへっ☆
カルマ >> 「ポケモン」全然ポケモンがメインにならないですねぇ。設定知ってるのを前提にしちゃってて説明全然ないし…
ハラルヤ >> 『ポケモンリバースト』はゲームの相性設定に忠実なら主人公が大ピンチのはずなんですが、はたして。
ルイ >> 『おもすじ』はでも、悪かないですね。ちゃんとした、小学館らしい「堅い」新連載という印象。
LD >> てへっ☆ そうですか。それはしかたないですね。(棒)
ルイ >> 『ハヤテのごとく』ルカの役割はカルマさんの言ったそのまんまなのですが、それを繋げる為に「アイドル兼同人作家」というものを衒いなくそのまま組み込んでくるあたり、作家として天性のライトスタッフがあるといっていいのかもしれない(ホントか?
カルマ >> ゼクロムってそうか、「ドラゴン」「でんき」で「ひこう」はなかったか。>相性 http://bw.yakkun.com/zukan/n644.htm
GiGi >> ポケモンついてけない人の入門になるようなものを期待したんですけどねえ。デンチュラがどんなポケモンかとかはせめて説明が欲しいですなあ
ルイ >> 『ポケモンリバースt』は今ハラルヤさんの話を聴いて、なるほど来襲ようやくポケモン的なギミックが出てくるのか、と思ったり。いや、少年冒険モノとしては良い画描いてるんですけどね。
LD >> 『武勇伝』は
ルイ >> ポケモンユーザー以外に理解できる組み方はしていないのに、ポケモンユーザーが思うポケモンからはそっぽをむくという、なかなか難儀な作品ですよね。何故僕のようなポケモン素人にわかるように描かないのか。どうせエッジ効かせるならそっちで穿けばいいのに。
ルイ >> 『武勇伝』は今のところなんの問題もない。先週
ルイ >> 『武心』を引き合いに出した通りw序盤は言う事なし。
カルマ >> ゼクロム、デンチュラ、敵のあれはモグラの…ってことは最新作のBWのモンスターを基本にするんですね。
カルマ >> モグラは進化形の方だったらはがね付くからドラゴンも通らないのかw http://bw.yakkun.com/zukan/n530.htm
LD >> 『ムシブギョー』は、お春殿の要員っぷりには頭が下がる思いでござる。…というか、火鉢さんが出るとかなり持って行くので、もっとお春殿で組んでバランスをとる事にしたのかなと想像。
ルイ >> ジャンプひとまとめ。『マジコ』LDさんに同感でリアクションの固定化がちょっと厄い。『めだかボックス』見事な格落ちっぷりでした。理外のキャラが理に降りてきても何も愉しくない。『保健室』こじんまりとした展開は面白いですが、細かく日常閑話に帰還した方が良い気がする。『バクマン』七峰まじ…。
ルイ >> 『ムシブギョー』サンデー連載でおっきしそうになったのは久方ぶりでござったわ…
ルイ >> 何が?いや、浪漫心がですよ!?>おっき お春殿がとにかく素晴らしく話を回してくれてますね。住み込み、百歩譲って毎日食事はここに取りに来てくれないかなあ。
LD >> あ、 『武勇伝』なんか途切れているw 萌花のキャラにいまいち乗っていないのですが……なんだろう?分からない。普通に、真っ当に組まれていると思います。
ルイ >> ここで萌花好きのgigiさんが烈火のごとく!
ルイ >> 萌花は、満田先生なりの武闘派乃絵だと思っているw
カルマ >> 「ムシブギョー」僕は早く火鉢おねえさん観たいです。
ハラルヤ >> 相手に合わせてバースト(?)するポケモンもチェンジできるなら、『ポケモン』的な楽しさは出てくると思うのですが。主人公はゼクロム意外になれるのかな?
GiGi >> 武勇伝はタイトルが間違ってること以外はたいへん満足しております。
LD >> 『ムシブギョー』、仁兵衛くんが、少年に感謝されるコマを滑りこませているのが、いいですねえ。こういう細かい積み上げが場を作る。
ルイ >> 火鉢さんがすぐ降りてくると安いから、それも込みでお春殿が身体はってるイメージですね。
ルイ >> 【ケンイチ】も素晴らしかったですね。寸止めだけど実際の所寸止めにもなっていないという所や、なんだかんだ相変わらず隔たりが酷い弟子と達人に、リアルに繋がりを感じられるのが唯一この「想いの強さ」だというのも良い。
カルマ >> そうそう、それでモンスターボールを使えばいいと思うんですが、たぶん使わないだろうな 
カルマ >> >バーストチェンジ
ルイ >> タトバやんそれ…>相手にあわせて
GiGi >> ビーブルーズは本当にただサッカーしてるだけなのになんでこんなに瑞々しいかな。
ルイ >> 【結界師】がすごく良かったわけですが。先週ちょっとラジオで結界師の話をしましたけど、その直後にコレと考えると満点回答に近いんじゃないかな?
ルイ >> お母さん得体が知れないし、最近物語の主導者が不在だよね(時守の従格)、という所でお母さん自らが自身の能力ゆえの欠損を語り、そこでその候補者たる良守が引き戻そうとする、拒否される、というフェーズでわかりやすく「家族モノ」としての視点が生まれていたな。
LD >> 『マギ』はモルジアナの可愛さが半端なくなってる件。(´・ω・`)
ルイ >> 【マギ】面白いですねー。
カルマ >> ポケモンはガチガチの属性相性バトルなので…
LD >> それからシンドバッドがあらゆる事で先を行っている。いいなあ…アリババだと処理しきれない事はまとめて、先行してシンドバッドに処理させている。
カルマ >> 「マギ」面白いですねぇ。
ルイ >> やはりロードス島見立てはかなり効くなあ>マギ
LD >> ん〜(考)符号はしますね。>『ロードス島戦記』
ハラルヤ >> むしろアンクさんがポケモントレーナーなんです。ポケモンを捕まえるためにポケモンで戦う→メダルを集めるためにメダルで戦う。で、自分自身は戦わない。まさにポケモンw> タトバやんそれ…
ルイ >> 【神のみ】は久々に桂馬の面目躍如ですが、基本的に女神の力量に丸投げ、彼女が及ばないとアウトな戦略にも思える。まあ、桂馬に言わせれば「女神の方が悪魔より設定的に格上に決まっているだろう」といったところかなw
LD >> 『神のみぞ知るセカイ』、良いですね。しばらく、プレイに四苦八苦していると思った桂馬の面目がしばらくぶりに躍如した。
LD >> 面目躍如シンクロ?(´・ω・`)
LD >> まあ、そこは、かつて数万の旧悪魔を封印した女神の一人ですからw
ハラルヤ >> 『神のみ』は主人公サイドが悪役にならない良い自白のさせ方でしたね。
カルマ >> 「神知る」悪魔の子は一度捕らえていますし、実力的には大したことがないという認識ではないでしょうか>女神
ルイ >> 【はじめてのあく】これは黄村は勝てないんだけど相手が惚れちゃうパターンだな!
LD >> ん。なるほど。このままフィオを捕まえておくと、拷問コース…とは行かないだろうけど、ちょっと厳しい展開だったですね。
ルイ >> やはりサンデーに好循環が生まれだしているなあ。よすよす。
LD >> しかし、本当の桂馬の面目躍如はフィオを惚れさせてしまった時ではなかろうか?(`・ω・´)
ハラルヤ >> しかしハクアのあだ名が的確すぎてひどいw
LD >> さて、『ビーブルース』でGiGiさんの話に合わせると、ほんとにただサッカーしているだけなのに楽しいのです。
LD >> 『結界師』はルイさんの言うとおりかな。…というか、ここに来てお母さんが面白すぎる。やっぱり時代はお母さんなのか?ってくらい(←)。ここで彼女の物語が閉じるのは勿体無く思えるし……この後、なにかもう一つあるとは思う。
GiGi >> 母親をやりたくてもやれなかったうしとらの一歩先を見せてもらった思いですね>結界師
LD >> たとえば『結界師』で面白いキャラって松戸教授とか、無道とか、ちょっと狂ってるキャラですよね。それが(系統は違うけど)、女性とか、お母さんとかに入った時に、けっこう面白いキャラに仕上がっているなと思ったり。
ハラルヤ >> 『結界師』
LD >> マガジンいきましょ。
ルイ >> 自分がおかしいと知覚できてしまう哀れがありましたね。
GiGi >> パイのみちゃん!よし、覚えた!
LD >> とか。この狂ったキャラが愛されるというポジションを獲得できているのは、お母さんだからだよね、とか。こう描かれてしまうと、すごいポテンシャルが観えてしまう。
ハラルヤ >> 『結界師』のお母さんは良いキャラでしたね。
ルイ >> つまり、良守はこの瞬間に「母以上の結界師となり、母を引き戻す」という大きいレベルでの解決を要求されるようになるのでは?だからこそ今回は時守の具レベルだったのではないかと。
LD >> 『AKB49』、あと50人というと……AKB48とあと2人って事でよいのか?いや、もうカウントから既に人入っているか?
ハラルヤ >> パイのみちゃんはフィオの主張する駆け魂隊の真実に対して一番不快感を表してたので好感度アップです。なんだかんだ言って自分が正義であることにプライド持ってるんですね
LD >> >「母以上の結界師となり、母を引き戻す」 母と良守の物語をイメージするとそういうラインになってくるんだけど、これまで積んだ『結界師』という物語に対しては焦点にブレがないかな?
ルイ >> 【結界師】を大きく家族モノと捉えた場合、最初の目的が時音も含めた自分たちの解放だったのだけど、それは母の犠牲を前提とした「切り離し」だったと。そこで1を犠牲にする事を否定するなら、力をつけ、更に守る枠を広げるしかない。 この物語ライン、何か無理があるかな?
GiGi >> AKBは影山先生の生命力が心配だ。
LD >> そして、ここで吉永さんが倒れましたねえ…というか。ここまで、ずっと吉永さんはマドンナ扱いである事が分かります。今回の引きのコマを観ても次回、吉永さんが何をするか?ではなく、浦川が何をするか?何を見るか?になっている。
ルイ >> あ、枠というのは「結界」の枠、つまりは家族の枠、自分の守るべき「大切な人達」の枠で、それを司るから「結界師」なんですね、的な着地のさせ方w
LD >> 大きく家族ものとして捉えるか…。いや、僕の話したブレはたとえば『うしとら』で、白面のものを倒すためにはお母さんが犠牲になるフェーズがあって、それで白面のものを倒す。で、その後修業したうしおが、お母さんを助ける…というフェーズを描くのはブレがないかな?って話です。完全にエピローグとして省略して描くならまた別ですが。
ルイ >> 【AKB48】サクラさんと秋元先生と現役AKB48で残り50人確保ですね!って金出さない人達はカウントされないかな。そこで最後の一人で万札を出すヤスシ秋元がー。
カルマ >> 「AKB」吉永が「100%」を見せられたら格は上がりますよね。
ルイ >> 当初の目的からして要は母親を抜かして家族や場を形成していたんだね、という気付きが前提としてあるので、うしとらはそもそもそんなスタートではない気が。
カルマ >> 途中で売れてるのであと30数枚かな>チケット
GiGi >> このかのは期待のお風呂回だったのですが…あまり踏み込みませんね?
ルイ >> すっかり空気な「当初のヒロイン」吉永さんが久々にスポットライト浴びてますが、みのりが「骨折」を凌いでいるので半端なものでは表現に届かないですね。ここ、最悪吉永がパージされた場合みのりにモチベーションは残るのか?という大きな問題を内包しているように思うけど、まだ早いかな?
LD >> 『このかの』、フーコ先輩「落ちつく為に起こった出来事を私小説風に書き連ねてみても!落ちつかない!まったく落ちつかない…!」……よし!いいキャラだ!(`・ω・´)
LD >> ぱっと見で普通だったら、それ以上踏み込むのは少年誌ではちょっと無理ですよ?アニマルならやっているかもしれませんが…。(´・ω・`)
ルイ >> 【この彼女はフィクションです。】フーコ先輩のキャラは立ってきてますね、私小説モノローグは定期的に出して欲しい。ただ、女の子としての魅力を描けるかどうかとは別の話だ。
ルイ >> 確かに、巨乳趣味がフーコ先輩の時は微塵も残っていないのよね。パーツなんて結局本当の好きの前では大した問題じゃない、という示唆かもしれないけれど。
カルマ >> 「このかの」はまぁフーコ先輩のキャラ立てって感じですね。
LD >> 『君のいる町』、まあ、あのストラップが伏線なのねん。(´・ω・`)
ルイ >> 【君のいる町】こんな不実ストラップをそのままにする男は死んでしまえ!
LD >> 『エデンの檻』、う〜ん、灯台じゃない塔かあ……で、鐘つきというのは…。う〜ん…(考)
ルイ >> 【ガマラン】色んなジャンプ系作品の継ぎ接ぎ感が凄いな!w
LD >> そのままって言うか、柚希に渡すんじゃないかとか。とか。>ストラップ
LD >> 『A−BOUT』は、ハナノアナが勝ちましたね。
LD >> …どうなるんだ?これ?(´・ω・`)
ルイ >> 【A-BOUT!】最近不評の?ひたすら喧嘩ルーティンの中で、できうる限り最大の譲歩策といった所ですかね>瀬下勝ち抜き
LD >> 『ヤンキー君とメガネちゃん』は、メガネちゃんマジで出てこない件。(´・ω・`)
ルイ >> メガネちゃんって誰だよ。
ルイ >> 【ブラディ・マンデイ】は完全に死亡フラグを立てたり外したりして、意識的に読者引きこみに使ってますよね。響、死亡フラグの乱舞や!
LD >> 響ちゃんって、全身フラグの塊だよね…(´・ω・`) フラグ・ストーム。
LD >> 八王子さんが、むかし、メガネかけてたよ?(´・ω・`)>メガネちゃんって誰だよ。
LD >> そろそろチャンピオンだな。
GiGi >> エデンの檻はやっぱり謎解き気分が盛り上がらんなあ
LD >> 『イカ娘』…紙相撲とか…素朴だw
LD >> 僕は微妙に盛り上がってますが、盛り上がらない人の気持ちは分かるつもりw>『エデンの檻』
ハラルヤ >> そういえば、PC超詳しい(笑)人たち両方ともメガネかけてたよ。それじゃね?>メガネちゃんって誰だよ。
GiGi >> 響ちゃんが厄いのって、女の子かどうかが微妙というのもあるかも(性別の話じゃないよ!!)
ルイ >> チャンピオンというのは俺得の雑誌の事ですね。チャンピオンと高垣彩陽を愛する俺が、みつどもえ連載再開スフィア表紙の今週号を世界でトップ3に喜んだ人だ。
ルイ >> せ、性別の話じゃないだと…!?膜の話?
カルマ >> なんでしょうね、口から鍵出てくるのが安っぽいADVみたいに見える辺りからこう…w>「エデン」盛り上がらん
LD >> 『範馬刃牙』…まあ、勇次郎くんが羽織っているジャ、ジャケット?…も大概だと思うけど…ま、羽織ってはいるかw
ルイ >> 謎とは別の話ですが、エデンは読者を乗せる為の当事者感覚を「ザジの死」で表現するのが精一杯で、いまだ人気のあるおにゃのこは守っているのですよね。クンニちゃんはおいといてwもうちょっと早い時期にこの聖域はなくしておいた方が良かったなあ。
LD >> ああ、毎回、メガネちゃんが出ない回は、何らかの形でメガネかけている人が出ていたりして…。>PC超詳しい(笑)人たち
ルイ >> 【バキ】ギリギリの攻防戦ですねえ。熱い戦いだ。
ハラルヤ >> ポケットチーフでむりくり誤魔化してますよねw>勇次郎くんが羽織っているジャ、ジャケット?…も大概だと思うけど
ルイ >> ここからバキはカウントダウン開始。列海王が出ない事だけを祈る。
ルイ >> スーツの目的からするに、胸元晒すのはアウトかセーフかw
LD >> 『エデンの檻』のおにゃのこ死なないね問題は、仙石の責任範囲が広がりすぎた所にありますね。『め組の大吾』問題と近いかも。
LD >> 『バチバチ』、猛虎の「オレが上に行くために!」が熱いね。
ルイ >> ひいては輝先生問題にも通じますね。んー。しかしこれ、サバイバルだからなあ。
LD >> 『みつどもえ』が面白かった。というか29歳先生がなんか好き。
ルイ >> 【バチバチ】は先週の引きからの想像範囲としては最高のものをたたき出していますね。猛虎も熱いし、その猛虎を更に食いそうな王虎も素晴らしい。
ルイ >> 【みつどもえ】はいつも面白いけどなっ!いや、この展開で三十路や佐藤くんのイケメンを混ぜてくるのが既に凄いのだけど、ショート漫画の匠状態。あと、美少女ランキング正式発表きたで!
LD >> そうw救命も、医療も、物語としては必ずしも人が死ななくてはならない系統とは言えない。でも、サバイバル…それも極限サバイバルはそうもいかないはずなんだけどw
ハラルヤ >> 『弱虫ペダル』ギョロ目ママ美人だなw
LD >> いや、あれ正式なの?>美少女ランキング
LD >> まあ、ギョロ目の補正があるかも。(´・ω・`)>ギョロ目ママ美人だなw
ルイ >> 正式ランキング、という主張に対し「あくまで写真写りだから」という言い訳が立つのが絶妙なんですよ。そうも言えるけど、写真写りの悪さというキーワードはひとはにしか適用されていないから、とりあえず元の良さをそのまま拡大させていると解釈するw
ハラルヤ >> うん、多分に思い出補正で脳内美化されてますよね。>ギョロ目ママ
ルイ >> 【弱虫ペダル】はすっかり読者の気分が「勝て!御堂筋」になっている件。というか、人気投票凄いですね。こんなにアクティブな人気投票久々に見た。
GiGi >> 凶虎よかったですねえ。本当に満点。
ルイ >> ギョロ目なんて愛のないあだ名は認めないぞ。御堂筋くんと呼ぶんやザク!
LD >> 御堂筋の原点はこれでいいですね。…しかし、なんで彼には胸筋くんとか、スパイダーとかが現れなかったのか…。まあ、コミュニケーション下手が災いしているって事でしょうか?…と言いつつ、現れていたのに気づいていなかったという展開と予想。
ルイ >> 弱虫ペダルの人気投票って、15人くらい「トップ10の素材」がいて、その時期の展開や描写によってキチンと推移が生まれている印象で、こんなに人気投票の順位自体が面白い人気投票は久々。
LD >> アクティブですねえ……スパイダー案外高いw
ルイ >> 御堂筋は、母に「前へ」という願いを受けて、それを「前だけに」という呪いに変換してしまったんですよ>何故彼には仲間が現れなかったか
ルイ >> いや、僕はショ先輩が4位、新開が3位だと思っていたw
LD >> 『てんむす』は、アイドルが、格の違いで負けてしまいましたけど、この子、再登場するかなあ?
ハラルヤ >> 『キガタガキタ』「すごい重装備!!すごい!!すごい!!」でも学生服は脱がないw
ルイ >> とにかく今回の御堂筋回想回は読みなおせば読みなおすほど素晴らしいですよ。今まで読んできた「読者の中の御堂筋」への繋がり方が物凄い。正直泣いた。特に、学校描写と歯の描写が最高に来る…
LD >> 歯を強調しているのは、歯並びを見せていたんですねえw
LD >> 『ナンバデッドエンド』は、先生の問題に斬り込んでいきました。…どうなるでしょうねえ?復学は最早無理に思えますが。
GiGi >> 弱ペダも、予想したラインから一ミリも外れてないんだけど、ガツンと来るねえ。あの憎々しい御堂筋のキャラクターとまったくぶれてないのが素晴らしい。
ルイ >> 歯をカチカチする御堂筋って最高にキモかったし、印象に残っていましたよね。しかしこの回を経ると、あれは亡き母に讃えられた「他の全てがダメな自分が素晴らしい証拠」なんですよね。あれを誇示してきたと思うと、グッとくる。
LD >> 『囚人リク』は、なんだかよく分からないけど、よい心意気です。(`・ω・´)
ハラルヤ >> ギョロ目と呼ぶ、これが僕なりの愛ですよ!(名前が覚えられない)>ギョロ目なんて愛のないあだ名は認めないぞ。御堂筋くんと呼ぶんやザク!
ルイ >> そう、予想通りだし、御堂筋見直した!とも違うのですよね。ただただ補強されて、道がみえて、結果として「勝っちまえ!」という声まで生まれてきてしまう。
GiGi >> アイドル子ちゃんはリサイクルしなきゃですね
ルイ >> でも、前にゆく為に横を観る事は遠回りやないんや。この試合が母ちゃんの本当に言いたかった事を教えてくれるで、御堂筋。って、婆ちゃんの遺言を誤読した石動乃絵にみえてきたお、御堂筋!!
ルイ >> 【てんむす】ぼくの好きな構成ですね、これ。【アイシールド21】あたりも同種かな。ここでタイトルを出してグッとプロローグを纏める。花ちゃんは本阿弥さやかなので再登場しますw
LD >> 『はみどる』の今回は売れる前フラグなのでしょうか?ねえ?ねえ!(`・ω・´)
ルイ >> 【はみどる】とりあえず売れない理由の1つに、社長の甘やかしがある事はわかったw
LD >> 本阿弥さやかなんだw
GiGi >> この瞬間のために御堂筋を積み上げてきたのだと思うと改めてゾッとするなあ。
LD >> 『キガタガキタ』は、キガタくんお装備の中身がきになる。
ルイ >> 弱泉くんに母親の死で揺さぶりをかけた時に、どこまで考えていたのかは凄く聞いてみたいですね。個人的には後付の方がグッとくるが、予めでもぞっとする。ってどっちにしろ最高なのか。
LD >> >でも、前にゆく為に横を観る事は遠回りやないんや。|うん。そこらへんですよね。
ルイ >> うん。2話読んだ時たしか【YAWARA】でもあるんだ、って言ってたら普通に本阿弥さやかが出てきて抹茶吹きましたw
GiGi >> 付け加えると、弱ペダまだ読んだことない人は今週から読んでもいいです。今週読んで、単行本あと追っかけするとまた格別の体験が得られるはず。
ルイ >> 弱虫ペダルはチャンピオンを今の黄金期まで、文字通り引っ張り上げてきたスーパークライマー。
ハラルヤ >> 背中の装備が重そうで、ライジャケ着てる意味がなさそうw>キガタくんお装備の中身がきになる。
ルイ >> 読切【王様日記】ですけど、雑な線を引きがちなwチャンピオン作家にあって強い線を引いているので、色々期待したいところ。
ルイ >> 【ナンバデッドエンド】今回のエピソードで復学どうこうはイメージできないですね。教師たちのフォローというか底上げ目的じゃないかな。
LD >> 『ケルベロス』のカラスくんは、なかなか味わいのあるキャラだったので滅殺されて残念。……よもや再登場はしないと思うけど。
ルイ >> 【冥王神話LC】そろそろ車田てんてーは手代木てんてーに感謝状出さないといけないよね。
ルイ >> 【ケルベロス】カラスくんにはちょっと愛着がありますね。冬子先生がピンチの時、ゴスロリチェンジして守ってくれる展開希望。
GiGi >> ロストキャンバスは童虎の仕込みも終わってすっかりエピローグですねえ
LD >> うむ。正にそれだ。(`・ω・´)>冬子先生がピンチの時、ゴスロリチェンジして守ってくれる展開希望。
LD >> さて、そろそろ一番を決めましょう。
LD >> ジャンプ。
LD >> 『いぬまるだし』!(`・ω・´)
ルイ >> ジャンプは【めだかボックス】くらいですか?んー。
LD >> サンド。
LD >> 『ケンイチ』かもしんね!(`・ω・´)
LD >> マグ。
ルイ >> 【結界師】。【ムシブギョー】もえろくて単行本買うお。クラサン版から買うべきなの?
カルマ >> ジャンプは…挙げるもんないし「保健室」
LD >> ねえ!(`・ω・´)
ルイ >> マガジンは特にないのかな?AKBくらいか…
カルマ >> サンデーは「神知る」かなぁ。
LD >> ブラッシュ・アップや、組み直しを、後学に活かすなら。>クラサン版から買うべきなの?
ルイ >> 【弱虫ペダル】【てんむす】【みつどもえ】【バチバチ】かな!←急に元気になる紳士
LD >> というか、たった3巻だしね。>『ムシブギョー』
LD >> チャンポ。
カルマ >> マガジンは…特に無いか…
LD >> 『弱虫ペダル』と『みつどもえ』だじゃ!(`・ω・´)
LD >> 『いぬまるだし』か、『結界師』か、『弱虫ペダル』か、『みつどもえ』だな。
ルイ >> んー普通にチャンピオンが良すぎて、今から良くなくなった時に冷静に断を下せるかを心配しちゃうぜ。
GiGi >> まあ今週は格が違った。
カルマ >> 風邪でダウンしてる間に近所のコンビニからチャンピオン消えてたんだぜ。ペダルとバチバチ…(´・ω・`)
ルイ >> スフィア表紙だしイカちゃんあるし買うかー、的な層がw>チャンピオン消えてた
ルイ >> 【結界師】【弱虫ペダル】【バチバチ】で、弱虫ペダルでしょうかね。
LD >> う〜ん。今回は、『弱虫ペダル』かなあ…。
ルイ >> 【ケンイチ】も最終候補に残せるなあ。ONE PIECEはONE PIECEで化物ですけど、松江名先生の今第五巻ですか?くらいのフレッシュさもちょっと凄いですね。
GiGi >> 結界師もバチバチもよかったんですけどねえ。
LD >> 『弱虫ペダル』にします。
ハラルヤ >> み、御堂……ギョロ目の話が良かったんで僕は『弱虫ペダル』で。
ルイ >> 結界師とペダルは、この回でもって「巻き直し」というか、読み直したくなる点で同種ですけど、お母さんが「得体しれない」という獏とした感覚だったのと、御堂筋がこれまで色々積み上げられてきた事の差かな。その差がありつつ、繋がりは同じところまで到達してしまっている。
LD >> それでは、今週もお疲れさまでした。
GiGi >> 今週は弱ペダ1ページも読んだことない人も読んでいい。というか今週のチャンピオンは全体的にバランスよくて入門にうってつけですね。
ルイ >> スフィア表紙で買った週の週チャンが全体の質高いってのも、良い風受けてますね。>入門にうってつけ
ルイ >> ギギさん、その発言twitterで呟いてよ!リツイートするから!w
ハラルヤ >> そうですね(棒)>スフィア表紙
ハラルヤ >> お疲れ様でしたー
GiGi >> ケンイチは美羽さんとのイチャコラもですが、師匠いないんで練習積み増してみましたという善き弟子っぷりがたまらんですね。
ハラルヤ >> ポケモンの件もうちょっと補足すると、タイプ相性だけで考えるとゼクロムにとってこれ以上無い最悪の敵です。相性だけで語るならラスボスだっておかしくない。こちらの攻撃は無効or半減に対して、あちらの攻撃は等倍or2倍で通るという2重のハンデなので本来ならよほどのレベル差が無い限り勝てないはずなんです。なのでこの敵への対応の仕方次第でこのマンガの原作ゲームに対するスタンスがわかるかと。


■■■■2011年04月01日■■■■
LD >> 【今週の一番】チャットは4/2(土) 25:00から開始予定です。 http://www.tsphinx.net/manken/chat/chat.php


■■■■2011年04月03日■■■■
LD >>
LD >> |ω・`) こんべあ〜
ハラルヤ >> こんばんは!
LD >> いま、スキャナーに雑誌取り込み中です〜。
LD >> こんばんは。ハラルヤさん。
LD >> 『フラクタル』と『放浪息子』を最終回まで観ました〜。
LD >> 『IS』も多分、あれが最終回だよね。
ハラルヤ >> 『』
kichi >>       こんばんわ……(´・ω|
LD >> 『お兄ちゃん〜』は、最終回一個手前まで。
LD >> あ、こんばんは。kichiさん。ネット繋がりました?
ハラルヤ >> kichiさんこんばんはっす!
kichi >> ネットは月曜日に繋がりました。……ただ、サンチャンの配信がまだなんで今週分はマガジンしか読めてませんが……(´・ω・`)チャンピオンに関しては来週の一番にも間に合わないという……
LD >> なるほど。>サンチャンの配信がまだ
ルイ >> もっとエアチャンピオンつぶやきを強化せねばな!
kichi >> 「お兄ちゃん〜」は私も最終回一個手前までなんですが、なんかもうガッカリですね……(´・ω・`)
LD >> TV放送とかはどうです?
LD >> 『お兄ちゃん〜』は、オリジナルストーリーに入ってからちょっと…という感じです(汗)
LD >> kichiさんは、原作読んでいるでしょうけど『放浪息子』が良かったので、ちょっと観てみて欲しいです。
kichi >> TV放送って私ですか? TV放送はたぶん最初から大差ない感じだと思いますけど、そもそもこっちでやってるアニメとか少ないですしね……(´・ω・`)
kichi >> あー、結構評判聞きますね。ではレンタルで……。そういえば「青い花」もまだ見てなかったか……>放浪息子
kichi >> そういえばノイタミナで「うさぎドロップ」やるんですよね。う〜ん、これは課金してでも見ようかなぁ?(´・ω・`)
LD >> 『青い花』といい、『放浪息子』といい、すごく解っている人がアニメ化している感じです。…が、ホントのところどうなのか?はkichiさんの意見を待ちたい感じです。
LD >> む、今週のチャンピオン、スキャナーに取り込みはじめてしまったので、終わるまでちょっと雑談したい気分です。(´・ω・`)
kichi >> ほほう。……いや、私の志村貴子先生作品観?みたいなのも偏ってる気はするので、あまり参考にならないかもですがw 未だにベスト作品は「敷居の住人」だと思ってたりしますしw
LD >> 『お兄ちゃん〜』は二期やるなら、元永監督は上江洲先生をひっぱってきて欲しい。
kichi >> やっぱり二期前提なんでしょうかねぇ……(´・ω・`)1クールでキッチリまとめられそうに思えるだけに残念感が強いです……>お兄ちゃん
LD >> 『敷居の住人』の時は、絵柄のせいか(?)けっこう、ギスッとしたイメージがあったのですが、その後、絵柄が変わってやわらかくなっている印象がありますね。>志村先生
LD >> 二期前提ではないと思いますね。二期やるには、相当ストックをためなくてはならない。…『かんなぎ』あたりと同じく、早食いが過ぎた作品じゃないかと…。>『お兄ちゃん〜』
ルイ >> 今週はサンデーからなのかな?
LD >> 『フラクタル』については、ペトロニウスさんから電話がかかってきて…いろいろダメだししていました(汗)
LD >> えっと、マガジンだけのkichiさんに、配慮してマガジンからはじめようと思います。>ルイさん
kichi >> あ〜。……というか、個人的な志村貴子先生作品の良さの一番のポイントって、淡々とした語り口や見せ方(絵柄含む)で、案外ドギツイというか、起伏の激しいドラマを描いているところだったりはするんで、そういう意味で一番そのギスッとした感じが強い「敷居の住人」が一番好きだったりはしてますねw
カルマ >> こんばんはー
LD >> なんだかんだ、言って、雑誌1冊分、取り込むの時間がかかりますね(汗)ぼちぼちと一番はじめましょう。
LD >> …ふむ。僕は、逆にやわらかくしたのが良かった気がしているので、やはりちょっと感想を聞きたいかもしれ。アニメの。
LD >> ぼちぼちと、マガジンから。
LD >> む?新番組はじまっているか?
LD >> 『DOGDAYS』とな?
カルマ >> あ、関西「タイガー&バニー」「ドッグデイズ」もうすぐなので観ます>新番組
kichi >> ……ただ、近所のTSUTAYAが潰れたかも?なんですよねぇ……(´・ω・`)あそこ潰れるとレンタルするのも一苦労だ……
ルイ >> 【ベイビーステップ】難波江くんはこの勝負に対する汚さを認めたのでしょうね。ちょっと格は低いけど、これも井出くんと少し違う形でのポジションバトルかな。まあ、この試合の「負けられない」度はエーちゃんの方が低いか。
ルイ >> 【A-BOUT!】オニギリが出ないのが問題点なんだよ、といっていたらオニギリが出てきたでござる。ああ良かった、そのまま2回戦に行かなくて…。
LD >> 【ベイビーステップ】のこの相手は……当初はある種の“悪さ”にどう対処するのか?といった話だけど、次第に、勝までやる?執念のようなものに勝負点がシフトしていくような気もしています。
LD >> 潰れた?というのは地震ではなく、経営で、ですか?
ルイ >> それって、1つの「主人公ポジション争い」とも思うのですよね。>執念 井出くんで言うところの車椅子少年なんかがそうなのですけど、あれをもっと自分の内から湧き出るように出してくるモチベーションモンスター相手という、また違う「勝利する主人公」の争い。
カルマ >> かっこ悪く見えるだけで実力的にはトップレベルと思いますが>高木くん つうか、難波江が別格と見たほうが早いですね。
ルイ >> 【ゼウスの種】予想外に素晴らしい短期集中最終回でちょっと驚いた。そして連載決定おめでとうございます。聖☆お兄さんの出オチ度よりは面白いと思う。
カルマ >> 現実のプロってこういうヒール的なキャラクターはいるのかな?とふと思ったり>「ベビステ」
ルイ >> 難波江くんを注釈つきとはいえ「天才」と命名した意味は大きいですね。それってつまり、エーちゃんも。
LD >> よし、取り込みました!お待たせしました!
LD >> マガジン2011年18号から
ルイ >> 基本的には紳士である事を要求するから「ラブ」のゲームなわけで、マナーは是正されていきますよねw
kichi >> たぶん両方というか、元々あんま儲かってなさそうだったとこ、地震で店舗も大ダメージ受けたってことで、潰すことにしちゃったのかなぁ?という雰囲気なんですよね。まだわかんないですが、隣のスーパーはもう再開してるのに、片付ける一方って感じなので……。
カルマ >> む、興味なくてスルーしてましたw>ゼウスの種
ルイ >> ゼウスの種、っていうタイトルの直裁さがたまらない所があるが、ゼウスが全能の神であるからこそ、最後にメタる事に納得感が伴うのも注目点ですね。とてもスムーズな、やられてみればナルホドゼウスはこうだ、という感じ。
LD >> 嫌われている人はいると思いますが……世界大会なんかで、あんまりマナーの悪い選手をみた事はないですね。>ヒール
カルマ >> 「GE」2回キスするのがいいですね。
ルイ >> 大体、プロテニスのように「ツアー」タイプだと、1つのサーカス一座みたいな面もあって、精神的に敵を作るデメリットが多すぎるんですよね。
ルイ >> さすが視点がエロイ>2回キスがいい
カルマ >> こういうラフプレーが通用するのはアマチュアレベル、と思った方がいいのかな。でも彼もプロは目指してるはずだしなぁ…んー>高木くん
ルイ >> 浦沢直樹「ハッピー」におけるロイヤルフェニックス一号も、必殺技という形をとったラフプレーかなw
カルマ >> ふむ、ネットレンタル系って利用したことがないんですが、どうですかね?>kichiさん
ルイ >> ツタヤディスカスさんまじディスカス。
LD >> 様々な、生き方(勝ち方)を見せている選手の先に、難波江がいる…って構成になっているように見えますね。…どうなんでしょうね?『はじめの一歩』や、『バキ』なんかだと、ここで難波江を負かす相手がでてくるワケですが…。
カルマ >> いや、幸せを噛み締めてる感じがとてもいいじゃないですかw>エロい
ルイ >> エーちゃんがここで負けると、決勝前で難波江に当たる事になり、結果的にそういう存在を呼びこむ事になるのじゃないのかな。
LD >> 難波江に勝つことに拘った時点で、そこまでの人……という観方もありますね。>高木くん
ルイ >> GEはすっかりグッドエンディング後に見えるなw
ルイ >> 【AKB49】先週「そこまでは踏み込まないかな?」的に期待を抑えていたら、普通に踏み込んできそうでござる。
kichi >> 「ベビステ」……そうですね。ポジションバトル。ただ、やっぱりどうしても格低く見えてしまうボジションではあるんで、どう、あるいはどのくらい描くものなのか……。正直個人的には興味の薄い相手ではあります。
kichi >> ああ、ツタヤディスカスは使ったことあります。料金的にとか多少考えるものはありますが、それも良いかもですね。
LD >> 実は、僕としては、井出も興味が薄かったりもしたんですよね当初。最後に、すごく盛り上がりましたけど。ああいうヒーロー的な奴ってナンバー1譲ってもナンバー2くらいに君臨していないと恐い感じがしないんですよ。
ルイ >> 相手への興味は確かにあまりなくて、問題はこの試合でエーちゃんが何を得るかという観点となると、やっぱりそれってモチベーションの問題か、と思ったりもしますね。
カルマ >> 「ゼウスの種」あ、なにこれイイじゃない(ほっこり)
ルイ >> 貴様…w>ほっこり
ルイ >> メデューサが素直になれないツンデレちゃんなのも可愛いところさ。
カルマ >> 比較サイト見っけ。情報古いかもしれませんがhttp://www.rental-dvd.net/
LD >> 【A−BOUT】のおにぎり参戦と、朝桐脱落のgdgd感は楽しいですね。gdgdが楽しとかw
ルイ >> 今週の【AKB49】で何に注目するかといえば、実は岡部なのだ←お前そればっかな
カルマ >> 井出くんにしても彼がどうというよりエーちゃんがどう相対するかなので、変わらないといえば変わらないですね>ベビステ
LD >> この勢いで、ハナノアナ一年政権が生まれたりしたら面白そうですねw
ルイ >> ハナノアナ、過去のミュージシャン歴やら無駄に格認められて変なサクセスストーリー始まってるからなあw
カルマ >> 「ガマラン」部下相手に互角な感じ醸しだして大丈夫なのかしら>ガマ
LD >> 久保ミツロウ先生が帰ってくるみたいですね。…もう青年誌に行ったのかと思った。(´・ω・`)
ルイ >> 大魔王バーンの前にハドラーに互角感を出していたじゃあないか。要は修行以外の実戦修行の描き次第ですね。
LD >> ハナノアナの微妙な強さが、変な伏線になっている気もするw
ルイ >> 元々解説・参謀ポジションなのに戦える奴、というのがハナノアナの個性だったのですが、それを思い切り拾い上げるとこういう事になるのかなw
ルイ >> 今のところ【AKB49】の構造ってシンプルで、本メンバーの選抜組で言うと「高橋みなみが上から下に降りてきて横から声援をしてくれて、前田敦子が上からハッパをかけ値踏みする」だけなんですよね、実は。AKB48といいつつ物語的機能は2人だけ。だからこそキャパシティはいまだ底知れないのですけど、今回もやはり前田敦子だった、という。大島優子あたり出す手もありそうですが、キャラがそこまで積み上がっていないから紹介もかねてしまう、という問題点があるのでしょうね。
LD >> 【AKB49】ここまで、吉永は本当に、マドンナ・ポジションで、そこから動いていない。…それが今回どうなるか?でしょうか。あくまで、浦川の初動でありつづけるのか。それとも…。
kichi >> まぁ、そうですね。ただ、個人的に井出君よりも高木君の方が断然興味が薄いのは、このタイプとの対決は他の作品でもよくある感じですし、それでいてやはりあまり高いところに行くイメージがないというか……。そのイメージを裏切って深いとこを描いてくれたら凄いですけど、どうかなぁ?
ルイ >> まゆゆ(渡辺麻友)は、多分「後輩キャラだから、主人公の方が後輩だけど先輩と呼ばせたい」くらいの意図でしかエピソード組んでないものなw そのうち、指原莉乃あたりを登場させてみのり絡みの恋愛線をウザク指摘して意識し始めるきっかけを作って欲しいw
LD >> 【AKB49】は、構造を観ると、意外と場を回しているキャラは少ないんですよ。極小と言ってもいい。
LD >> 高木くんが、『ドカベン』の土佐丸高校とか、『六三四の剣』の乾くらいに、“悪い”奴だとインパクトあって惹きつけられるのですが『ベビステ』は、多分、そんなマンガじゃないんですよね。
kichi >> 「GE」はほんとグッドエンド後の話ってことでも良い甘さだったのですが、ヒキを見るとやっぱりまだゴタっとするようですねぇ……(´・ω・`)
LD >> その極小の回転キャラに、吉永が入っていないというのに、けっこう驚きがあるワケです。
LD >> 『君のいる町』のタイトルが、『グッド・エンディング』だと、こ!ここからどうなるんだろう?とか思うんですけどね。(´・ω・`)
LD >> ……ああ、しかし、公演まであと10分というのは、吉永不在はもう確定的なのかな?それとも途中で戻って来る?
ルイ >> 吉永は先週も指摘しましたけど、既にみのりが骨折を押しているので…物語的に特別なものは与えられていないのですよね。あくまでロケットの最初のパージくらいのイメージなのか、ちょっと注目。
kichi >> 「A-BOUT」この展開はらしくて良いですねぇw 2回戦以降をどうするのかな? さらなる変な展開希望w
ルイ >> 吉永の物語というものを組む気があるなら。もっともきわどく描くと、吉永の怪我はひどくて再起不能なのだけれど。
LD >> …ルイさんのアイコンは、さやかちゃん?
ルイ >> さやかちゃん。
kichi >> 「AKB49」はほんとどうするんでしょ? ここで吉永をすっぱり切っちゃったらなかなか凄いですねぇ。
ルイ >> えーとAKB49の注目点を纏めると、みのりには(余程の捻りのある脚本でもない限り)神の推しメンであるという「予言」が既にあるのですけど、その予言の体現者にとっての太陽には何の予言も与えられていないわけで、じゃあその人をどう処理するのか、また原初モチベーションから次のモチベーションに進み出さないと「神の推しメン」レベルにはなれないのじゃないか、というのがあって、それを徹底するなら吉永退場あたりまでは平気で射程圏内なのですよね。
LD >> しかし、物語上、この吉永のほっとかれ方は何なんでしょうね?主人公とヒロインで“対等感”を出す事が多い昨今、完全に浦川の従格というかギミックレベルのヒロインは珍しいですよ?
LD >> 想定圏内ではありますけど、すごく冷たいですよね。何の場も与えない感がある。……いや、そうか。逆に場を与えてしまうと降ろすに忍びなくなるのか…?>吉永退場
ルイ >> 吉永のほっとかれ方は何かと言われたら、それこそ「吉永の物語じゃないから」という身も蓋もない答えを返す事になりそうだwまあ、そこで敢えてここから吉永の物語を描き出す可能性も込みで、大注目。
kichi >> 次のモチベーションはすでに出来上がりつつあるわけですからね……。ここでキッチリと引継ぎを済ませちゃうのは確かに完成度高い構成ではあるんですよねぇ……。
LD >> >「吉永の物語じゃないから」|それはそうなんだけど、人情的に難しい…というか。普通はその子をヒロインとして扱おうとしたら勝手に物語ができたりするじゃないw…トショイインの物語なんかつくらなくてもいいのに、作ったりする人もいるわけで。(`・ω・´)
ルイ >> そうなんですよ、薄々「次のモチベーション」は完成しつつあるわけです。この状況だって、前田敦子がいなかったらそのままAKB劇場を出て、そこにはチケットを配るハゲ先生がいるかもしれないわけでね。既に自発的モチベーションは生まれつつある。あとは、そのステップアップを緩やかに描くのか、峻厳に描くのかという作品温度でしかない。
カルマ >> 「タイガー&バニー」悪く無いです。というかほぼ同時にust放送してんのねー。逆はないんかな
ルイ >> だから「みのりのヒロイン」以上の分(漫画【AKB49】のヒロイン)にしないよう「ほっといた」のでは?「このかの。」のフーコ先輩とは存在意義が違う。
LD >> 完成度高い構成ですよねえ…そうだとしたら、怖いくらいに。(´・ω・`)
kichi >> 「君のいる町」は…………また分かりやすいシチュエーション作りでw しかし、徐々に明日香さんの好感度が上がってることもあって、この展開を組まれることに対する反感が半端ないんですが、ほんとどう着地するつもりなんだろう?w
LD >> 岡部はほっとかなかったよ?w……非常にウェット過ぎる構造になりますが、吉永と岡部を一人のヒロインに集約させる道もあったのでは?
LD >> 「全部、嘘だったんだよ!」って言わないと、この構造は崩せないかもw>明日香さんの好感度アップ
ルイ >> 岡部は「もっとも太陽の威光を受ける象徴としてのオリジナルキャラクター」であって、みのりの原初モチベーションというある種の「枷」とは無縁ですもの。まあ、作品次第では枷になんてしないでしょうけど、本気で「神の推しメン」「ビートルズを超えた」に向きあうと早晩突き当たる問題でしょう?
カルマ >> 「君町」はもう笑うしかないというか…なんというかひどいですよねw
LD >> 【ヤンメガ】大学受かったあとも、マジ、安達さん登場して来ない件。(´・ω・`)
ルイ >> 【君町】はザ・安いという感じの展開ですが、考えようによってはこの展開そのものを「フラグ」と見立てれば、フラグ倒し、フラグ外しを素直に楽しめば良いのかもしれない。
カルマ >> 「AKB」吉永は切られると見ていますが直面すると来るものがありますね…んんんん
ルイ >> 基本的にはフラグ外しの物語として読んでいれば良いのではw>明日香の好感度高い
LD >> うん。一応、言っておくと、僕は、ここで吉永を降ろしたら、素晴らしい展開だと思っています。構成がそれを示していて、そして淡々とそれを為したという意味において。しかし、分かっていても、それをしなかった連載も少なくはないんですよね。またそれが絶対の筋悪でもない。
カルマ >> 今でも月一択だろとか思ってしまったり…w>君町
ルイ >> そこは同感。その展望がみえている以上特にこれ以上指摘する事はないかな。まあ、広い世界を見せる為の「生贄」というと言葉は悪いですけど、カミナが死ななければシモンは天元突破できなかった、という問題に近いかな。一方で、作品によってはもっと穏やかに承認・禅譲を果たす事もある。
ルイ >> 諦めろw>月一択
カルマ >> いや、吉永降りたら「すげー!」んですけど、もっと先のイメージでもあったんですよねー>AKB
kichi >> 本気でみのりをレベルアップさせるためには、切られる運命のポジション、なんですよねぇ……、吉永のポジションって。そういう意味では深く描いちゃうとかえって残酷ではあるんでしょうし……うむむ。
LD >> いや〜?それなら、柚希を出さない大学生活を描いている方が良かったようなwだって、ほら、柚希を無理くりに放り込んでいるから、すっかり、浅倉さんとか神咲さんがでなくなってるw
ルイ >> 元カノ柚希が最後のフラグ外しラスボスってのはふさわしいと思う。そもそもそんなの求めてない、というのはおいといてw
カルマ >> あのキスは君町では珍しくいいものだった…>月
LD >> うん。今は、吉永をカミナに見立てるのは良いと思います。そしてTVアニメだと短期決戦なのでずばっと行くことは多くても、週刊連載はもっと“惑う”のですよね。
kichi >> この前気付いたんですが、いちおうあとがきのアイコン?wが明日香さんに代わってたりはするんですよねw(いつからだったんだろう?) ……ほんとどこに着地すんのかなぁ?w>君町
LD >> 明日香人気悪くないんでしょうねwそもそも柚希人気ってあるのかな?人気投票しましたっけ?
ルイ >> 【ネギま!】股間部分だけ残る布に、なんだか久米田康治的なハダカを観て笑ってしまったりw
ルイ >> 人気投票してない!チキンな連載ですね!←おい >君のいる町
LD >> 『魔法先生ネギま!』は市民を守るなあ……そこは難しい所ですよね。
カルマ >> ずっとそうですよw>股間部分だけ残る布
kichi >> そうですねぇ。でも明日香さんの人気が出たのはたぶん彼女になった後だとは思うんですけどねw 少なくとも私は、それ以前は眼中になかったw
ルイ >> 久々じゃないかw
LD >> 一応、下着は残してくれるみたいですけど、薄いと…かな?持って行かれるようですねw
ルイ >> 【エデンの檻】ツー主人公制はそれなりに機能しているなあ。
LD >> 『エデンの檻』は、また、どこかほんとに分からない地図が出てきたなあ…。
ルイ >> 【ブラディ・マンディ】この展開で響が生きていた場合、かなり典型的な「フラグ外し」のサンプルになるし、漫画だとそれほど印象にないので、是非ともソチラでお願いしたいのだけど、実写ドラマ化などを想定しているのならわかりやすくフラグは活用した方が効果が出るので、どうかなぁと。
LD >> 【エデンの檻】矢頼、僕、好きなんですよねえ…。いい、ハーレムを作って欲しい。(`・ω・´)
ルイ >> ハーレムを譲って死ぬ、という形も見えますが、そのへんはこの作品のハーレム観みたいなもの次第ですねw
kichi >> 「ネギま」は、ふむ。まぁ、難しい所ですね。理由もちゃんとは開示されてないですし、あまり気にせず、素直に世界樹の謎やらに注目です。
LD >> 響はここで死んだと見せかけて、その後、記憶を失った敵の響として登場。ふふふ…奴はフラグを一つはずしても、二重三重のフラグでかんじがらめさ…(`・ω・´)
ルイ >> ああ、でもそれは僕の判定ではフラグ外しとは違うかなwそれは典型的なフラグにフラグを重ねる感というか。もっとあっけらかんと生き残って欲しいw
カルマ >> 「ドッグデイズ」設定が直前の「タイガー&バニー」と結構被ってます…まぁ、ルール破壊する第三者が出るだろうことは共通かな。序盤で主人公の日常を結構描いたので、現実への侵食があったりするかしら?
ルイ >> 【この彼女はフィクションです。】まあ、しかし、どこまで描いても「それはお前が愛して欲しいから自分でそうしたのだ」という指摘はありますよね。純粋なる愛情なのだけど、どこまでいってもそこに自分を観てしまうというか。
LD >> 【GTO】鬼塚が来て、まだ13日しか経っていなかった驚き。(`・ω・´)
kichi >> 「エデンの檻」ツー主人公制かぁw 確かにこちらで謎解きを進めとくのは上手いやり方かもですね。……肝心の謎の中身はどんなもんなのかは不安も大きいですがw
カルマ >> 「ネギま!」全ての謎が世界樹に集約されるなら…って10巻あたりで示されてたかそれはw この戦いを終えても「一呼吸おける」ようにも思えますね。どうするかな。
ルイ >> 実際ユーリもミチルの愛情を目の当たりにして、この娘愛しい…!というよりも「ああ俺こんなに愛されたがっていたのか」という風に己を見つめる鏡としているわけで、この関係性表層の配置以上に【電影少女】に近い。
LD >> いや〜しかし、ミチルと先輩って、ビジュアル、性格ともにほぼ正反対ですねwふむw
kichi >> 「ブラッディマンディ」、あまり響が死にそうと思ってなかったのですが、さて。……ていうか、クローン響とかって確か出てきたと思うんですけど、あれってどうなってんのかな?(=゚ω゚=;)
カルマ >> 「このかの」、「嫌いになれません」は相当重い咎なんですけど…かなり心にダメージ負ったんですが(汗)
カルマ >> 「ブラッディ・マンデイ」響死なないと思ってますね、僕も。
ルイ >> ここで心にダメージ負う人は、僕の判定ではダイジョブな人w
LD >> いや、ユーリは、ミチルに最初に言われたように「責任」とらにゃいかんよw……それと、裸エプロンで公園の高台に登って無事とか…日本平和過ぎ。(`・ω・´) ……いや、あるいは既に何人が殺(ry
ルイ >> ギギさんくらいになると、ロックスミス博士然と受け入れると僕は予想するw
kichi >> 「このかの」は、そもそもミチルが変化、というか、成長することが可能なのかどうか気になるところ。……それが無いんだとしたら……キッツイなぁ(´・ω・`)ミチルルートはアリエナイってことになるんだろうし
ルイ >> 責任といっても様々ありますからね。自分発の愛を受け入れて閉じた円環に篭るのも、破壊して過去と決別するのも、新たな自我を芽生えさせて世界を開けさせるのも、全て責任。
カルマ >> え、ひどいことを言うと「ミチルだけじゃないとヤダ」なのが面倒ですね彼女>「このかの」
LD >> 2万体くらい、いて、響ネットワークを構築しているんじゃないでしょうか?…と響10032号は仮説を立ててみます。
LD >> 責任の取り方は様々ありますけど、この場合は、ミチルを幸せにする事ですね。
LD >> 責任の取り方は様々ありますけど、この場合は、ミチルを幸せにする事ですね。
LD >> さて、そろそろチャンピオン行きましょうか。
kichi >> そいえば「フェアリーテール」で敵倒しても人形が効力持ってるのはちょっと怖いなと思ったw ていうか先週の話だけど、あれに捉われてる時は体頑丈になってたりするのかな?w なんかよくわかんないw
LD >> 『弱虫ペダル』が好きですね。あそこまでやった…といか描いた御堂筋くんが、説明なく(?)金城と福冨に抜かれるあたりが。
ルイ >> 今週の【弱虫ペダル】は文字通り「シャカリキ!でない自転車漫画」を描いたなと。だって御堂筋の在様って単純に見た印象としても、意味合いとしても「シャカリキ」じゃないか。
LD >> う〜ん、「シャカリキ!」でない自転車マンガは賛成だけど、御堂筋がシャカリキかというと、ちょっと違う気がする。ちょっと違う事を分かっていて、同じと言っていると思うけど。
ルイ >> そうですね。そのものとすると、ただのアンチシャカリキになるのでw
LD >> 次回もし、御堂筋の敗因(?)を説明するとしたら、なんでしょうね。やはり新開との戦いで落ちていた…という所なのかな?
カルマ >> 「ペダル」抜かれましたねぇ…ここまで追い上げに説明がないと、なるほど逆に意味が出てくるのか。ふーむ
ルイ >> もちろん全く同じという意味でもないし、御堂筋とテルがレースしたらテルが勝つ気もするけれど、とりあえずこの作品世界で「新開を倒し、弱泉くんと競り合い、ラストにエースと勝負する」という個で全てを背負う物語は遂に限界を迎えたわけですよね。
LD >> 一応、御堂筋も京伏の“あいつ”のロケットに支えられて、前へ出れてはいるんですよね。それをどのような位置づけにするか?にも興味があります。
ルイ >> 以前呟きましたけど、ペダルを限界越えまで漕ぐ、という点で坂道と御堂筋は同じだけど、坂道は引っ張り上げた後はチームに引いてもらっている。その差だと思いますね。
LD >> イカちゃんのショートカワイイとGiGiさんは言うな。(`・ω・´)
ルイ >> そう、
LD >> ちょっと、今、思ったんだけど、勝負所以外、全部他にひっぱってもらっている御堂筋が正しいエースの在り方という気もした。…あ、でもそれは実は金城も福冨も同じかw
ルイ >> アシストはカウントしていいハズなんですよ。逆にいえば、アシストがあったから御堂筋はラストのラストまで持った。つまり、御堂筋が減点法でなく加点法で周囲を見つめられるか?という事なのだと思っています。
ルイ >> そうですよ。ずっとそう言っているつもり。
LD >> 【ナンバデッドエンド】いろいろ後始末に来たけど、これでいよいよ最終章なのかな?
ルイ >> 【ナンバデッドエンド】小沢先生の人情筆はいつでもキレッキレやな。そして最後のデッドエンド・・
LD >> 【バチバチ】は、猛虎がカッコいいね。阿形、吽形とは違う兄貴っぷりを見せている。…最終的にこの物語は虎城親方がどう変わるか?という焦点を持っているようにも思えます。
ルイ >> 【バチバチ】ああ、親方は確かにどこかでケジメをつけて欲しいですね。
カルマ >> 「ナンバ」全然前の作品知らないのに泣けるという…
LD >> 【冥王神話】いやぁ〜いよいよ、最終回っすね!
ルイ >> 前の作品っていうとMG5?
ルイ >> なんだろう?MG5は同じ設定をラノベ的に捉えているんですよね。不良だったけどエリート高校に進学、バレないように恋に友情に喧嘩に!?みたいな。でも、その事実を現実寄りでひっくり返すと、こういう話になるよねと。マブラヴ無印なしでもオルタを味わえるようなものかな。
LD >> 【シュガーレス】、シャケは自分の偽者をどうするかな?キリオが証拠だの、なんだのダサい事言っていたので、ちょっと気になる。
LD >> う〜んw『MG5』から『デッドエンド』に移るのがどのタイミングだったかにも寄るけど……家族にバレてからがデッドエンドでしたっけね?w
カルマ >> しかもデッドエンドも、その学校に不正がバレるあたりで気になって読み始めてw でもとてもいいです。>デッドエンド
ルイ >> 【シュガーレス】偽シャケもクオリティ低いなオイw他校の頭がシャケさんと結構同格なポーズをとっていて、そこがシャケ一強だからこそもっている感のあるシュガーレス世界でどう転ぶか注目。
ルイ >> ファンタジー設定がリアルに突っ込まれるようになってきたぞ、どうする、というブリッジありきのタイトル変更だとは思いますよね。
LD >> 【ケルベロス】は、もう、間をおかずに仇の狗骸と対面ですね。
ルイ >> 【みつどもえ】新しい大相撲応援の形。
GiGi >> イカちゃんショートはアニメ版ともまたデザイン違いますね
ルイ >> 【ケルベロス】は、とにかくリョナは封じ手もハゲおっさんは庇護はされないんだなとw
LD >> 【シュガーレス】…というか、連載当初居た、シロ以外のシャケの仲間たちがどうなっているのか知りたいw
LD >> いや、アニメのイカちゃんショートは、あれは、切ったショートでね。今回のショートはひっこめたショートなのだよ。(`・ω・´)
LD >> いや、アニメのイカちゃんショートは、あれは、切ったショートでね。今回のショートはひっこめたショートなのだよ。(`・ω・´)
ルイ >> 【王様日記】自分というものを奪われ、自分が自分である事が当たり前ではないという気付きを得た少年が頑張るという、これもまた唯一性の物語ですね。
ルイ >> すごい大事な事なんだな…>ショート
LD >> 【ハンザスカイ】の能登くんは、どこかで対戦するかな?
ルイ >> 【てんむす】はむちゃんこおもしろだで。
ルイ >> 【ハンザスカイ】凄いJASRACオチw
カルマ >> 「てんむす」やっぱりメガネ先輩好きです。苦手だから行く…うむうむ。天子では描けないだろうところですよね。
ルイ >> 【てんむす】は天子に食い道部の厳しい面も見せていくという段階勝負で、とりあえず店探しは凌いだが次の敢えて苦手食いは?みたいな。しかし小さいコマの表情もいいなあ。早く持ち上げてアニメ化しなくちゃダメだよ沢さん。
LD >> 【囚人リク】は、レノマがなかなかいい獅子キャラで、彼の気に止めさせた、リクの格が必然的ん上がってますね。
カルマ >> 「ハンザスカイ」ネタが古すぎてぼかぁわかりませぬw
ルイ >> 二子のCVは寿さんなんですよねえ←脳内スフィアキャスト
ルイ >> わからないけど、わからない人もいるんじゃないの!?というツッコミありきで笑えてしまえませんか?時事ネタやおやじギャグが受ける事に通じる気合を感じるw>ハンザスカイ
ルイ >> 【囚人リク】リクのリアクションが凄く良かった。ここでセリフでガッという事が多い中で、とにかく刃向かう、なんか相手の嫌な事をやる、みたいな所に凄くキャラクター出ましたね。
LD >> 【キガタガキタ!】、キガタくんって、どさくさに紛れて、恐怖新聞の虐待をするのが趣味なんだなw
LD >> さて、サンデーずら。
ルイ >> 【BE BLUES】がやっちっち!
GiGi >> 御堂筋はシャカリキという見立てはありますね
GiGi >> 嗚呼
LD >> 荒川先生の新連載は農業マンガですか…。
ルイ >> 荒川先生も試される大地、北海道に根ざした漫画を描くのですね。まあ、ある種「武器」ですからね。空手をやってたーとかと同じで。
GiGi >> いや、覚悟はしてたんだけどさ…同時に考えすぎだったらよいなとも思ってて。サンデーの地形効果なんですかねえ。言葉にならない。
ルイ >> 地形効果てw
ルイ >> 好事魔多しの限界値みたいになってますが…んんん…これ、どういう舵の切り方するんだ?>ビーブルース
カルマ >> 「BE BLUES」やっちゃいましたねぇ…
LD >> 【武勇伝】…なんだろ?萌花ちゃんに、全然萌えない……今まで満田先生の描く女の子は大抵おっけいだったのに…。
ルイ >> え?萌花ちゃんむちゃんこ可愛いけど?
カルマ >> 「武勇伝」萌花ちゃん頭もいいってことで好感度上がりまくりですね。というか主人公が全く太刀打ち出来ないのがいい。
LD >> 【ビーブルース】は来ましたね。……ここで、どういう形に舵を切るのか?三杉くんネタか?監督ネタか?
GiGi >> 本当に純粋にこの続きが読みたいスポーツ漫画だったんでかなりダメージでかいです。あるいみまんまと術中なわけですが。
ルイ >> 【BE BLUES】これは、龍がプラン変更・遅延を余儀なくされながらも同じゴールを目指す物語…でいいんですよね?「そのくらいに見ておいて」いいんですよね?
LD >> >え?萌花ちゃんむちゃんこ可愛いけど?|>萌花ちゃん頭もいいってことで好感度上がりまくりですね。|…やはり、そうか。なんでしょうねえ…ピントが合わない。(´・ω・`)
ハラルヤ >> 『BE BLUES』はまだ10話だったのか。じゃあ、コレは既定路線なのかな。うーん……
LD >> いや、単純にヒキなしでも、今週の『ビーブルース』良かったですよねw
ルイ >> 展開なしでも普通に面白かったからな。青写真をそのまま見せてくれて良かったんやで、と。あ、こんな所でも「青」が。
ルイ >> 日本代表の青を目指す少年が、その青写真が引き裂かれながらも同じゴールを目指す…までならまあ、良いのです。耐えられる。
カルマ >> 「BE BLUES」龍が「プランから外れるほど調子良かった」から起きた悲劇なのかな、とも思うんですけどね。んー。
ハラルヤ >> 『武勇伝』は目指す人間関係の構築のために相当無理してますよね。そのしわ寄せがキャラにきてるんじゃないかな。
ルイ >> これで龍の夢を凡才が叶える物語とか、障害負ったけど車椅子サッカーで日本代表目指すとか、そういう方向に振り切られない限りは…
LD >> 【神のみぞ知るセカイ】ウルカヌス、強いですね。普通に。二期アニメもはじまる。ちなみに、OPテーマは変えないで欲しい。曲調変えても。
ルイ >> その無理が萌花ちゃんの強キャラぶりに繋がって面白いと思うのだけどw>武勇伝
GiGi >> 武勇伝はいつからタイトル変わりますか。というか構造的にはケンイチに近いのかな?
LD >> 成程、そういう所かな?>目指す人間関係の構築のために相当無理してますよね
LD >> 基本、強キャラ大好物の僕が、妙に食指が伸びないんですよね?(´・ω・`)
カルマ >> ああああ、わからんでもないです>目指す人間関係の構築のために相当無理
ルイ >> 【神のみ】はなるほど接触が強いほどに女神としての力が解放されていくのか。ここにきて、並列ハーレムだけではなくサクラ大戦的な親密度勝負の面も出てきましたね。
ハラルヤ >> 僕はヒロインどころか主人公、脇役、モブキャラにいたるまで苦手です。キャラが台詞言ってるんじゃなく、台詞のために存在してるようなキャラたち。>…なんだろ?萌花ちゃんに、全然萌えない
ルイ >> いや、僕は【ハヤテのごとく】のルカにはその指摘がとんでもなく当てはまると思うんだけど、萌花ちゃんって作品作る為のファーストステップ、君と僕の君、第一に組んだキャラなわけで、そのキャラに対する指摘としてはフェアじゃないとか思ってしまうなあw
カルマ >> 武勇伝で検索かけたらキタキタがサジェストされるわ満田を入れたらアンチスレが一番上にくるわでw>「武勇伝」タイトル
LD >> ディアナは、基本、半落ちなんですけど。ウルカヌス自身は落ちそうにないですかね?
ルイ >> ちなみに「ビーブルース」はベーブルースが一番上に来るよw
カルマ >> 勇が事故るか…!?>武勇伝タイトル変更
LD >> いや、フェアかどうかって言うか、萌えない僕の評価が正当と言うつもりもないから、純粋になんでだろう?とw……ただ、今、たとえにルカを出したのは悪くない気がしますね。近いかも。
ハラルヤ >> 『メジャー』が長期連載だっただけに、今回もかなり長いスパンでの物語構築をしちゃってるんでしょうね。
カルマ >> 何気なくバックステージ見たら「高校サッカーが舞台です」って書いてますね。心配しなくていいのかしら…?http://websunday.net/backstage/tanaka/
ルイ >> さっき書いた通り、まあ、ハードな方向にはいかないと思いますよ。でも高校サッカーというのも龍の最短ビジョンからすると遠回りなんでは?
LD >> 【マギ】、煌帝国の第一皇子は楽しみです。こいつでこのマンガの格が決まるかな?……あと皇帝はヴ王みたいな奴キボン。
ルイ >> なんだろ「ドイソル」の主人公はブラジルにいける才能だけど、そんな人が高校サッカーをやろうとすると「楽しいから一緒にやる」なんてものでブラジルサッカーに打ち勝たないといけない。ちょっといびつですよね。そのへんをスムーズに通す為にはこの手荒い手段しかなかったのかなと。
LD >> すごく才能ある奴を、高校でサッカーさせる為に、今の展開チョイスした……のは、どうかなあ?でも、ジュニアユースとかエリートコースに乗ると優希が全くついてこれなくなるかw

MANKEN CHAT(1.1)