漫研チャット
名前:
発言:
[正面] [取扱] [過去ログ]


■■■■2011年04月03日■■■■
ルイ >> シンクロの一種か?w
LD >> 【マギ】しかし、ここでダンジョン攻略なのであった……上手い構成なのかな?
ルイ >> 【マギ】はモルジアナの為に今度は最初から3人のダンジョン攻略…って流れが良いですね。作品のグランドストーリーを摩耗しないでうまく引っ張れる手段wしかし、ダンジョンの歴史古いなオイ!
ルイ >> ダンジョン出てきたら情勢変わってたとか、色々組みやすいと思いますよ。
LD >> 【キングゴルフ】今だに、霞見が格上な理由が見えないw…しかし、『囚人リク』と同じで、獅子キャラである蒼甫が戦慄しているんだから、格が高いんだよね理論かな?w
カルマ >> 「マギ」いいですね。第一皇子とシンドバッドしかいない「複数ダンジョン攻略者」の位置にすぐアリババを持ってきて、なおかつ攻略数でまだ格はアリババのが下になると。
ハラルヤ >> 『神のみぞ知るセカイ』神を自称する桂馬も女神の扱いには困ってるみたいですね。月夜説得の力技っぷりから察するに、女神はメタ攻略が効かないヒロインなのかな?
ルイ >> 【キングゴルフ】はやはり霞見の格描写の不足が全体に響いてますね。霞見は凄いんでしょう。でも、そう読まさせられているだけというか。
ルイ >> 女神は自分たちの都合ありきで「付き合ってあげてる」感があるから、落とし神の沽券には関わってそうだなあw
LD >> 【ハヤテのごとく】のルカさんは、別に萌えなくても、問題なす。(`・ω・´) マリアさんとかヒナギクのトリガーになるかなあ?
GiGi >> うん、というか武勇くんは言動が完全にヒロインのそれなので、そのうち武勇くんかわいいとかいいだすんじゃないかと思ってる。
ルイ >> くぎゅううううう→かぎゅうううううううう→ぶゆうううううううううう こうか!!!
ルイ >> 【ハヤテのごとく】そういえばヒナギクも集めてたね、的な。なんだろう?展開組むのに悩まなくていいですね、この同居形w年齢などが違うとそれぞれのタイムスケジュールが違うからパズル要素が出てくるんだけど、ハヤテのごとくはあんまり関係ないや。
LD >> 【結界師】が、次号最終回ですね。………ふむ。ちょっと考え中です。
ハラルヤ >> 『マギ』主人公たちの行動理由が半年タダ飯を食ったからっていうのが酷い。もっとポジティブな動機でダンジョン攻略に生かせてあげてよwここはプチ3年寝太郎メソッドと好意的に読み変えよー。
LD >> 【鋼鉄の華っ柱】気づいたら、いつものヤンキーひれ伏し展開になっているw
ルイ >> 【結界師】は先週の読みにある程度沿う形になるだろうとは思ってるんですけど(それを描く=長篇 描かない=終わる だけで)でも、色んな可能性があるなあ・・・
LD >> 【ムシブギョー】火鉢さんキター!!(`・ω・´)
GiGi >> 結界師最終回ですね。どんでん返しはないでしょう。今週も泣けるなあ。
ルイ >> 時音が結構普通に良守の事を「大人っぽくなった」って認めちゃってるじゃないですか?もし「できない事を知る事で少年は成長した」とかだったら…いやtrue tearsに通じる峻厳さだけど、数十巻の少年漫画でそれは…wと悩み中。
ルイ >> 【ムシブギョー】お春殿がこねーぞ!
LD >> 今回、良守、時音、お母さん、七郎あたり描いたのですけど、次号1回でまだ、描くことけっこうあるんですよね。その上で、良守で締めなくてはならない。
ルイ >> 描くことそんなにありますか?あとは墨村兄弟で〆れば良いような。或いは、結界師一家、かな。
GiGi >> 田辺先生ってもともと枯れた作風だったけど一層磨きがかかったというか堂に入ってますね
ルイ >> 【ポケモン】属性バトルには触れていましたね。まあ、やっぱりコミュものペットものとしての面白みはないんだけどw
LD >> う〜ん、当然、兄貴と夜行……それから裏会の他の連中も描いて欲しいかな?
ハラルヤ >> 『ポケモン』ちゃんと相性バトルを描くんだね。えらいえらい。で、ドリッガーキャノンてなに?オリジナル技はゲーム設定に縛られず描写できるから便利だけど、その分個別の設定説明がないと戦闘状況を把握できないから安易に出さない方が良いと思うけど。必殺技に地震を使えない代わり?ならドリルライナー使え場良いはずだしなあ。
LD >> >もともと枯れた作風だったけど一層磨きがかかった|その指摘が正しいですね。なかなか変わった連載になったように思います。
ルイ >> まだどんでんを諦めないぞーw
LD >> 【はじめてのあく】新世界の敵……弱いorz
カルマ >> 「ポケモン」おもいっきり進化後だったので絶望的ですな。ドラゴンタイプも通らないw ってことはタイプ相性はかなーり柔軟に、状況づくりに使うということですね。
LD >> 何をどんでんと呼ぶかによると思いますけどw
カルマ >> 今回はタイプ相性はピンチ作りに使うと。逆にチャンス演出にも使うと。勝ち負けに影響するかは別と。>「ポケモン」
ルイ >> とりあえず今回枯れた定型を見せた後、最終回で少年漫画としてのケツのまくり方を見せてくれるとも思っている。
LD >> う〜ん、けっこうサンデー巻末の方、どれも終わりそうですねえ…。
ルイ >> 【はじあく】はああ、この温度で処理するんですね、と。
LD >> さて。ではそろそろ一番をキメましょうか。
GiGi >> ああ、技に地震が使えないとかの縛りはありそう。
LD >> 新世界との対戦は、この温度っぽいですね。次に上に行くかどうか…。ずっと、この温度のつもりなら、日常やってる方がいいように思えます。
ルイ >> 【BE BLUES】【この彼女はフィクションです】【弱虫ペダル】…ん?絞りすぎか?
カルマ >> 先生、ジャンプやってないw
カルマ >> あ、なかった
ルイ >> なんか、肋骨負ったり入院したりの次のフェーズに見えないのですけど、敢えてこちらに戻したのなら、別にあんな描きしなくて良かったよねと>はじあく
ルイ >> 【A-BOUT!】もいれておこうか。
LD >> マガジン…。『A−BOUT』、『AKB49』かな。
ルイ >> AKBは確実に来週ですよ!
カルマ >> 「はじあく」はこのレベルかーと思ってしまいましたね。もったいない感じがします
LD >> チャンピオン…。『弱虫ペダル』ですね。
カルマ >> マガジンは「アバウト」「このかの」ですかねぇ
LD >> 新世界が弱いと、フリーダムの格まで落ちるんですよね。いや、フリーダム、そんな高い描写じゃなかったけどw
LD >> サンデーは…『BE BLUES』ですね。
LD >> 今週は『BE BLUES』じゃないでしょうか。さっきも言いましたが、あのヒキがなくても、この一回はかなり良い一回だったと思います。
カルマ >> チャンピオン…んー「バチバチ」「ペダル」…先週読めてないのが悔やまれる(´・ω・`)
カルマ >> サンデーは「BE BLUES」でしょう。試合自体もとても良かった。
ルイ >> 先週のチャンピョンはギギさん推薦クラスのオススメ雑誌だったのにいw
LD >> わかった。じゃ、『BE BLUES』だね。(`・ω・´)
カルマ >> 無料配信されたら読みますともっtwitterでも紹介しますともっ…結構先なんだっけ
ルイ >> LDさんと主張する所は違うかもしれないけれど「あのヒキがなくても良い一話」だったからこそ「あのヒキのショック」が増大するという意味で、まさにヒキありきの一話でしょう。ベーブルースで。
カルマ >> 僕は「試合中になにか起こるかな」と思ってたので、不意打ちとまでは言わないけどヒキも驚きがありました>ビーブルース
LD >> ああ、いえいえ。勿論そのつもりです。無くても良い。いわんや〜の意です。>「あのヒキがなくても良い一話」だったからこそ「あのヒキのショック」が増大する
LD >> それでは、今週もありがとうございました。お休みなさい。
カルマ >> お疲れさまでした〜
ルイ >> ジャンプがないと早いなぁ〜と言おうと思ったらてんでそんな事はなかった。
GiGi >> AKBは来週ですね。チャンピオンはダブルブースターがぶっちぎってますが、今週はビーブルーズで異論ありません。
ハラルヤ >> お疲れ様でしたー
ルイ >> 来週はAKBと結界師が候補というか注目株かな。


■■■■2011年04月06日■■■■
LD >> 【今週の一番】チャットは4/9(土) 25:00から開始予定です。 http://www.tsphinx.net/manken/chat/chat.php


■■■■2011年04月10日■■■■
名無し >> いまのうちにいっておこう、エニグマが余りにもひどい
LD >> |ω・`)
LD >> |ω・`)。o(…さっきまでラジオやっていました…)
ハラルヤ >> こんばんは!ラジオお疲れ様でした。
カルマ >> こんばんはー。ラジオ情報が致命的に追えていないなぁ…
LD >> こんばんは。かなり必死にしゃべってました(汗)
ハラルヤ >> 今期は『シュタインズゲート』がよさげですね。
LD >> ああ、『シュタゲ』まだ観ていません(汗)というか、また新番組みていない件(汗)
LD >> 『まどかマギカ』って結局、どうなるんでしょう?あまりに待たされている感があるんですが…。
LD >> さっきまで『バトルスピリッツブレイヴ』とか観ていたんですけどね。
ハラルヤ >> そして『30歳の〜』が本気で酷い。『フラクタル』はあくまでもプロが作った「アニメ」として酷評してたのですが、『30才〜』は「アニメ」ですらないという……。
LD >> アニメですらないというと…デキが相当悪い感じですか?『西洋骨董洋菓子店』みたいな?
カルマ >> そんなにスキじゃないのもあって、もう割とどうでも良くなってますねw いやオチは気になりますが>まどかマギカ
カルマ >> 府民として情けなくなるレベルw http://www.senkyo.pref.osaka.jp/
ハラルヤ >> ワルプルギスの夜にひっかけて4月30日から5月1日の夜に一挙放送だったらおもしろいですよね。>『まどか』
LD >> ん〜…ともかく、現状どうだか伝わってこないともどかしいですねえ…『まどかマギカ』
ハラルヤ >> デキが酷くても「アニメ」は「アニメ」としてリスペクトしてるんですが、アレは「アニメ」じゃないです。正確には2分の1は「アニメ」ですが。(それでも相当酷いですけど)
LD >> そろそろ今期アニメの選考ラジオもしないといかんね…。
LD >> さて…?ルイさんは、どうしているかな?
カルマ >> 後半の実写パートはまぁ、酷いというか学生レベルの映像だなぁとw まぁ、クオリティを全く期待して観るもんじゃないですねあれは>30歳の保健体育
LD >> うぬぅ〜。おら、興味が湧いてきたど!(`・ω・´)>30保体
LD >> さて、ぼちぼち一番に入りますが…。
ハラルヤ >> 酷いのはクオリティじゃなくて、誠意のなさですよ。
LD >> 今週は…マガジン優先したんですが、順番を戻す形でサンデーから行きましょうかね。
LD >> ■少年サンデー2011年19号
LD >> 荒川先生の新連載は……なんか『じゃじゃ馬グルーミンup』を思い出したり。
LD >> 北海道の馬ってなんていったっけかな?カッコいいですよねえ〜脚が太くて。
カルマ >> 相当に足りないのは予算かもしれませんがw>保健体育
LD >> すぱっと、鶏をしめるシーンとか好きですね。
LD >> 夢や目的がない主人公が何か悩んでいるようですが…その方向付けが今後なされるのか?そもそも「銀の匙」ってなんでしょう?
カルマ >> 銀のさr…さじ、凄い堂々としてるというかガツガツしてないというかw>新連載
LD >> 『武勇伝』が、なんか美少女フィギュアとか作っています。
カルマ >> 受験に失敗していたたまれなくなって農業高校に逃げてきたって感じでしょうが、そういう「匙を投げた」意味がかかっていて、それが高校生活で変わっていくかなと思うのですが>タイトル
LD >> 『武勇伝』萌花ちゃんが好きだ〜ってフェーズからそんなに動いていないな…。
カルマ >> 「武勇伝」ひたすら勇のモチベーションを外し続ける展開ですが、ちょっと冗長ですね…
LD >> う〜ん、基本的には、農家バンザイ!というか、農家も楽しいよ!みたいな話なんですかねえ〜…?(´・ω・`)
LD >> 沸点遠いですよね。萌花にそんなピンと来ていない所もあって……次の変化をはやく観たくなります。
LD >> 『マギ』の新キャラ…というか、元からシンドバッドの諸将としている人だけど、ビスティさんは、胸が大きくないと見えちゃう感じの服をきているのかな?
LD >> 【マギ】力を得すぎた金属器使いおよびその眷族器使いたちは、それ以上力を与えられない…とは、かなり制御的な設定だな。
カルマ >> 主人公(&宿敵)側を相対的に強くさせるための設定に見えましたが、一方で神が歴史を制御するための仕組みにもなるかしら>「マギ」
LD >> 『ポケモンリバースト』は、ポケモン使っても意味がない…みたいな展開に……。
カルマ >> 「ポケモン」は一応ゲームに照らすと、レベル差があって自分のタイプとは違う技を覚えてたらそれで倒せないこともないのですが、敵より主人公のがレベルがかなり高かったって話になっちゃうので…どのみち上手くないですね
LD >> 『ムシブギョー』は、火鉢さんのカッコ良さをリライトしているなあ…。他のメンバーを悉に描くのかな。
LD >> う〜ん、『はじめてのあく』は、新世界の目的も怖さも、あまり具体化されていないから、緊迫感というか…この戦いの意味を見出すのが難しいですねえ。
LD >> 『ハヤテのごとく』劇場版、製作快調らしいですが……何をやるんだろうなあ…。
LD >> 『ビーブルース』が、いい展開ですねえ…。こっからどうなるか分かりませんが、来週、方向性が見出されるといいテンポです。
カルマ >> 「ムシブギョー」火鉢さんこういう感じのキャラだったんですねぇ…以前と変わってるんですか?
カルマ >> 「タイガー&バニー」2話面白かったです。実にヒーローものの王道ですが、ヒーローシステムの裏が暴かれるための前振りにも思えます。
LD >> いえ、変わっていません。>火鉢さん ただ、かなり念入りに描いている印象ですね。
カルマ >> 『ビーブルース』良いですね。ちょっとうるうる来てしまいました…
LD >> 『最後はストレート』いよいよ、睦月くんが野球の道に進むみたいですが、そうするとこのお姉ちゃんとか、お嬢さんとかのキャラがスポイルされてしまうのかな?だとすると勿体無いというか、それは序盤に積んだ何かを失してしまう。
カルマ >> ふむ。
カルマ >> 『最後はストレート』本当に何もなく野球やっていきそうですが…うーんw
LD >> 『神のみぞ知るセカイ』は、アイドル稼業がかなり板についてきたエルシィが良かった…というか。忘れられないための施策ですね。これはw
LD >> 『結界師』最終回でしたねえ……そして、実に淡々と終了しましたねえ…。
GiGi >> ビーブルーズがどうにも引き返せない展開で涙目です。
LD >> 【結界師】、ちょっと今、お母さんの謎にかなりひっかかっているんですよね。ちょっと、もう一度読みなおしていろいろ、腑に落としていきたいです。
GiGi >> これは優希ちゃんがキュウべえと契約する勢い
GiGi >> 相性バトルとはいったいなんだったのか>ポケモン
LD >> うん…そこが問題ですね。このまま龍が主役の話なのか、それとも双子へその行動がシフトする話なのか。
LD >> >『ビーブルース』
LD >> 『絶対可憐チルドレン』は、葵がよい話とか、実に久々ではないか?(´・ω・`)
カルマ >> そこは気になってます…龍のプランを引き継ぐ話になるのかな…それは、うーん。>ビーブルース
LD >> 月光条例のエンゲキブのストリップを見て、何かやはりサンデーにエロ指令が出ているのではないか?と改めて思ったり。
GiGi >> 銀の匙=生まれながらの恵まれた環境とはなんなのか、というのはテーマのひとつでしょうね
LD >> 「銀の匙」ってそうしう意味なんですか?
LD >> そろそろ次行きましょうか。マガジン。
LD >> 久保ミツロウ先生が新連載ですね。『リプレイ』というか、やり直しものですけど、その真相を知っている女の子が一緒にきているのがミソかなとも思えますね。
LD >> …あの金髪長髪は、何かポリシーがある事なんですかねえ。
ルイ >> おはよーおはよー まむしーまむしー
カルマ >> 「アゲイン」女の子の状況飲み込みがえらい早いなーとは思いましたが、良いですね
ルイ >> サンデーコーナーを読んでいます。
LD >> …しかし、かなり人相が悪い主人公で……これは女の子の可愛さに人気がかかってますね。…女の子の可愛さに期待がモテるって事ですね。わかります。(`・ω・´)
LD >> や〜。寝てましたかあ。それは〜(棒)>ルイさん
ルイ >> 荒川先生の【銀の匙】は、ナチュラルボーン的なものに対する「それは心1つで手に入るんだよ」というような応援歌の物語と捉えていますね。
LD >> 『アゲイン』、一緒に来た女の子がどうなるかですねえ〜。主人公を見張るようにも見えますけど、別に彼女自身もアゲインしていいんですよねえ。その選択。
ルイ >> もちろん外観から【じゃじゃ馬グルーミンアップ】は思い出したけれどwしかし、サンデーって今「攻勢」としてポケモンなり荒川先生なり呼んだはずなのに、こんな枯れた作劇させていいの?作品の善し悪しじゃなく、編集方針的な話ですが、あんまり呼んだ意味ないじゃん的な。
GiGi >> アゲインはちょっと盛りすぎじゃないかというくらい複雑な設定ですねw
ルイ >> 【アゲイン】は今流行のやり直しモノですね〜。まあ、【モテキ】をがっつり描いた後だから許される(本人的に)という側面はあるかなと。
GiGi >> 女の子は元の世界の彼氏との出合いに失敗する流れかとw
LD >> ちょっと、他の運命変えたそうなキャラが何人か載っている所とかねえw>『アゲイン』
カルマ >> 彼女はアゲインする理由がないとしたら、あるがままに生きる結果が主人公に付き合うことになるかもしれないですね>アゲインの女の子
LD >> あと、久保先生って応援団だったんですかねえ?応援団ネタ重ねますね。
ルイ >> 【マギ」はカルマさんの指摘通り、上限設定している見えざる力の意志を感じますよね。いよいよもって昔から口にしているが誰も経験者がいない【天地創造】説が現実味を帯びてきたな!w←ねーよ
LD >> うん。そうかもしれない。>アゲインの女の子
ルイ >> アゲインネタって、現実僕らがアゲインできない以上大体の着地地点は定まってるところがありますけど、そこは展開を語るのではなく、描きをみたいですね。
GiGi >> 加瀬先生の新作もタイムスリップもののようでw
カルマ >> んん…主人公の動機が見えてるので設定の複雑さはそんなに感じませんでした>アゲイン
ルイ >> 【マギ】もっと言うと【ウィザードリィ】でトレボーの護符と称号を持つものはワードナに会えないわけで、そこから生まれた二次設定に「トレボーとワードナが共謀して次代の危機に備え冒険者を育成していた(ワードナ打倒者は既に卒業)」があるなあという処からの連想もしているwゲーム脳や!
ルイ >> 【結界師】物語の組み方が【フラクタル】と似ていた(おい、ちょ、叩くなよ!痛いよ!
LD >> う〜ん、どうかな?その告発は女の子に早々にやらせて、別の方向に行くようにも思えるんだけど。>大体の着地点
LD >> ん?ああ…最後、料理をしている所かw>『結界師』
ルイ >> いや、別の方向というか、それは表か裏かという話で…本当の意味で「別の方向」ならびっくりですが、奇をてらう意味はあんまりない気もする。
GiGi >> 物語の組み方は似てるかも知れませんね。結界師は多視点で組んであるので厚みは違いますが。
GiGi >> ループは単なる入り口の引きという気もしつつ、女の子のオプションがどう作用するのかが読めないのが旨味かな>アゲイン
LD >> 『結界師』は、お母さんがさらっとほっとかれたなあ……ちょっと興味湧いている。
ルイ >> どちらも短編映画のジュヴナイル組みを基盤にしているのかなあと。>結界師とフラクタル 描きのウマさの違いはおいといて。ただ、結界師の場合お母さんが…んんん、まあ、凄く「女性作家だよな」と繰り返すとジェンダー論者にボコられるので「すごくイエロウ先生らしい」という結論にしておく。
ルイ >> 【アゲイン】は女の子がいいですよね。あの子がいるだけで物語の膨らむ可能性が全然違う。
GiGi >> 瀬尾先生生き生きとしてるなあ…
LD >> 裏の方向とか、本当の意味で別の方向とかは、抽象的な話で何とも言えないけど…(汗)まあ、マガジンでなら普通にやりなおしものをしても、あるいはループものをしても、ある程度意味はあるし成果も得られるかな?
GiGi >> フェアリーテイルこれはなかなかえげつない攻撃ですね。
ルイ >> 【ビーブルース】は読んでいて辛すぎるが、この辛さは現実にあると認識させた上で「ならではの歩み」を描いてくれると信じている。【武勇伝】は萌花ちゃん可愛い←これしか言ってない
GiGi >> AKB49がまるでクライマックスのようだ…まさかね。
LD >> 『フェアリーテイル』、ジュビア強いなあ…。氷のグレイと相性がいいような?悪いような?
GiGi >> スーパースター選手生命に関わるは事故とかしちゃだめという法律をつくるべき(ぇ
ルイ >> 【AKB49】これまでのチケットを買った観客たちが一気にブーたれる話ですね!←
LD >> 『AKB49』は、とにかくクライマックスですね。いや、連載スタート時で、ここを焦点にはしているでしょうね。
カルマ >> 「フェアリーテイル」珍しく?重いバトルになりますねぇ。
LD >> また、ここで浦山の街中、女装疾走は、別の問題を引き込みそうなアクションでもありますね。
ルイ >> 【AKB49】相変わらずたかみな先輩が無双すぎるけれど、そのたかみな先輩の号令に乗っかるアイドルたちも「たかみなを信頼しているから」に加え「アイドルたるもの、一度はこういう分水嶺があって、そこは克己だけでなく周りも支えてやるものだ」という認識が染み付いているという描きだなと。全くもってこの世界のアイドルはプロアスリート。
GiGi >> このかのはまあ順当。
カルマ >> 「AKB」、ここで観客が「早く研究生を出せ」と言い出したらアツイ。
ルイ >> それは食い過ぎじゃないか、研究生w熱い通り越して現行ファンを敵にまわすだろうw
GiGi >> ベビステは早くもえーちゃんが相手をリスペクトしはじめてちょっと笑ったw。素直に凄いと思われちゃったらイライラ攻撃はほとんど無効ですね。
ルイ >> 【このかの】はフーコ先輩を可愛く描くのがバランス的にノルマなので悪くないし、彼女のポジションをうまく使ってしっかり設定も追求できそうだしで悪くなし。
LD >> 【AKB49】、岡部がカッコイイわけですが……吉永がはずれても続行、浦川がこないならクビかあ。厳しい判定ですねえ。
カルマ >> 「このかの」順調ですねぇ。
カルマ >> いや、食ってるというより彼らが見に来てるのは誰か?という話ですね>早く研究生を出せ
ルイ >> AKB劇場ですからねえ。そこまで自前のファンを育てたんだね、という話になるとは思わないが「この世代のファン」という描きを見せたいという意味はわかります。
ルイ >> 今のところ、AKB49のファンはプロの評論家状態でw世代は跨がないのですよね。ファンは経験値を蓄積して、評価をするポジション。そこの世代交代を描いたら面白いとは思うな。「最近ミーハーなファンが増えたな」「ああ、奴らの世代がきたんだ」的な。
ルイ >> 【君のいる町】はもうどうにでもなーれ。これ何度目だ。
LD >> 『このかの』、ミチル、ノートに書いてある料理以外はできないのか…。増やせないのか?漠然と料理が得意とでも描いてなかったらダメなのか?
ルイ >> 【ブラッディマンディ】の溢れるクリフハングっぷり。マヤ先生が出てくるとこの作品調子でてくるな!※関係ない
ルイ >> 【このかの】そこ、重要ですよ。ミチルがノート外の料理を習得できたら、それは人格修正も可能という事で、ミチルを「人間」にしていく着地点とか出てきますからね。
LD >> それから、ミチル、転入の設定を開陳してきましたね。…充分に恐ろしい現実改変ですねえ。
GiGi >> ブラマンこの引きは上手いねwマヤ先生は何かオチをつけてくれるのかw
ルイ >> 面白いのは、現実を改変された事を改変された側の住人であるフーコ先輩が理解できた事。このへんはSF解釈ですね。徐々に記憶に修正がかかるパターンとかありますが。
カルマ >> 「ネギま!」が素晴らしいですね。非日常を一番楽しんでいるハルナでも帰る場所は日常で。一般人キャラの釘宮円がその象徴として機能しているのが凄くいい。
ルイ >> 響とイチャコラする薄い本があるなら、まあいいや…>ブラマン
カルマ >> 「このかの」ミチルに学習能力があるかどうかは相当重要ですね。ないとキツイなぁ…
ルイ >> 【エデンの檻】矢頼くんが完全にハーレム主人公的な契約宣言をw
LD >> 『ベイビーステップ』はGiGiさんの言うとおり、えーちゃんが相手を認め始めているのが良いですねw真にえーちゃんをイライラさせいよと思ったら、もっと不徹底というか幼稚じゃないとダメなのかなw
カルマ >> 「ブラマン」マヤ先生出てきて本番帰ってきましたねw ヒキは…医者の人がスパイの可能性とかとか?
ルイ >> というか、勝利への渇望という理解をした時点で難波江と同じ結論に達するから、この手段は巧拙関係なくここが限界ですねw
LD >> 『はじめの一歩』すごい所で途切れた。(´・ω・`)
GiGi >> ん?この現実改変は記憶操作はないですよね。偶然の積み重ねの狭間の存在。逆に考えれば世界が彼女を認知すると世界が壊れるということか。
ルイ >> いつものこったw>はじめの一歩
カルマ >> 「一歩」あぁ、13枚しかないのか今回w
ルイ >> そう。何か世界がよくわからない無茶を働かせて、ミチル用に「理」を通してるみたいなんだけど、そこはブラックボックス、あまり突っ込まない方がよさそうだ。よくわからないからw
LD >> 矢頼くんも『アゲイン』の主人公みたいに、いろいろ誤解されていた人みたいですけどね。ハーレムはバンザイ\(`・ω・´)/
LD >> いや、むしろ逆に考えるんだ。>偶然の積み重ねの狭間の存在。 彼女の記憶操作や直接の現実改変とならない為に、むしろ、「恐ろしい程、遠回りに入り組んでほとんどズタズタに現実改変している」…とも言えるのだよ。
ルイ >> 【エデンの檻】はピープルずヒーロー的主人公とハーレム主人公という2軸を組んでいて興味深いのですが、矢頼くんのハーレムに対する「全員守る」予言というか誓約に「矢頼本人はカウントされていない」事を見出すのが悪い物語読み。←
ルイ >> バタフライ・エフェクトとは真っ向喧嘩だなw>このかの
LD >> 「彼女は最初からセカイに存在しました」という一つの嘘を現実化するのではなく、「彼女は最初から存在しなかったけど、その居場所は存在していました」という10や20じゃ聞かない嘘を現実化する事になっているんだよね。
LD >> 次はメガネ。おまえ…いけ!(`・ω・´)>矢頼ハーレム
ルイ >> 【GE】非処女の元カノとのSEXを意識して童貞がモノの大きさに意識的になる描きを女性が描いちゃう凄み。
GiGi >> その矢頼くんを仙石くんが助けて薄い本フラグ
ルイ >> もう仙石はメガネくんと…
ルイ >> そういえば【エデン】のりおんが変な生命力キャラとしてキャラ立てしてきているのは、細かいですけど悪くない。雪も小さくキャラ積みしてたしな。
LD >> 『エアギア』……あれ?オニギリが強い?w大丈夫かいな? こいつラスボスじゃなかったっけ?…って違うかw双子ねw
カルマ >> 三角関係か。胸が熱くなるな
ルイ >> 【エアギア】完全にタグ付けするなら「謎の感動」だよw
LD >> 仙石は、真里谷のモンだろ。(´・ω・`)
ルイ >> 双子だからって、タナトス神をオニギリが倒したらやりすぎだろうw
LD >> 『ブラッディ・マンディ』、くノ一来たか。…あるいは、以前に出た似た女の子と入れ替わったか。
LD >> そろそろチャンピオンに行こうか。
LD >> ■少年チャンピオン2011年19号
ルイ >> 君は!マガジンのマドンナ、たかみなちゃん!!…が表紙のチャンピョンですね。
LD >> 『疵面』、花山さんのボクシング編は、さっさと終わっている件。(´・ω・`)
ルイ >> つか、花山さんがさっさと規格外っぷりで否定したボクシングに烈海王が文化を学ぶフェーズに入っているこの違和感はなんなのだろう。ひょっとして疵面の作者が烈先生ディスってんの?w
ルイ >> 【ナンバデッドエンド】BGMにはコードギアスの次回予告BGMをお流し下さい。
LD >> 『弱虫ペダル』は、この二人のエースが、最後、御堂筋完全に眼中から消えている所がいいですね。御堂筋視点で。
GiGi >> 弱ペダ2日目きちんと決着つけましたね。これを踏まえて3日目どうなるか。
ルイ >> 【弱虫ペダル】残り1Mの絵で勝敗がわかるのがすげぇなぁ。
LD >> 何故か『スクライド』のテーマが流れてきたよ。(´・ω・`)>(コードギアスの次回予告BGM
ルイ >> 観客が御堂筋の失速か二人の加速かを議論しかけて「どっちでもいい今ゴールだろ」と叫ぶのが細かいけど滅茶苦茶良い。このスポーツの神がおわす場所を明確に指定しているというか。
ルイ >> 【弱虫ペダル】金城さんは人間としての器がデカすぎて、そこに敗因を見出したくなってしまうけれど、おそらく福富は2日目が彼のモチベーションの頂点で、という所の差なのでしょうね。
LD >> 『シュガーレス』、シャケ、統制とってないんだから、俺知らねで通さないと…。
ルイ >> 【シュガーレス】だれか2chのAA使って「ヤダヤダヤダシャケが一強じゃないとヤダヒック」っての作ってちょ。
LD >> 『バチバチ』、王虎、なんだかんだ言って本場所には取り戻したか。…けっこうブランクとかきつくないかな?
ルイ >> 【みつどもえ】宮下さんのヘアピンが本体という所を拡大して、ヘアピン中心に本人不在のまま一本話を作る桜井先生の豪腕っぷり。
LD >> あのにいちゃんが、本当にシャケと互角なのか?含めて、このエピ、次の『シュガーレス』の形をキメますね。
ルイ >> 【クローズ】というか高橋ヒロシ人気をみれば、多団体並立の形が正解なのは、まあそうなんですけど、シャケは持ち出すなとw
LD >> 『囚人リク』が好きですね。レノマが良いから、リクも良くなる、好循環。
ルイ >> 【囚人リク】個人を憎むというより、いびつな支配構造を憎む。この意識を持つとたとえ子供でも世界に対する反逆者になるしかない…っていう描きが上手いっすね。すぐに動き出せないリクの小ささも含め、これは良い一話。
GiGi >> リクは定型ですが滋味がありますね
ルイ >> やはり、リクは世界の、社会の囚人という事ですね。物語構造がぼんやりと見えた回かな。
GiGi >> 冥王神話大団円だったわけですが番外編やるみたいですね。これは嬉しいボーナストラック。
ルイ >> 【てんむす】が面白い(いつも言ってる)苦手料理に対するスタンスでも個々の差が出ているし、食べた量でいまだ謎の部長の格を大きく見せているのもいい。とにかくいい。
LD >> 『ハンザスカイ』は、過去話の強そうなあの人がさっそく出た!財前のキャラ立てとしても、正解な手ずじですね。
ルイ >> 【聖闘士星矢LC】の最終回はちょっと…最高すぎて言葉に詰まるが、涙出ましたね。
LD >> 財前先輩を居合剣士に見立てるのもいい感じですし。
ルイ >> 【てんむす】でもサブタイの「それって面白そうですね」は「それってすっごい楽しそうですね」じゃないの?と突っ込んでしまった。単行本で変わってたらワロス。
GiGi >> てんむすはもうちょっと大食いに優しい世界だと思ってたよ!
ルイ >> 厳しさは追求しすぎるとゆるふわ的ファンがつかないという問題はありますねw
LD >> 『冥王神話』は、良い終わり方でしたね。お疲れ様でした。
ルイ >> 【ハンザスカイ】は文句つける所じゃないkもしれないんだけど、財前の集中が高まっていたなら敵から目を外さないんじゃないかなあ、という所だけ引っかかりますね。ただ、集中していたからこそ遠くのソレが見えたって描きと表裏一体だし、全体的には素晴らしいですけどね。
LD >> 『キガタガキタ』、恐怖新聞になかなかのライバル出現。…しかし、大分可愛くなってるな?恐怖新聞子?(´・ω・`)
ルイ >> 【LC】は天馬たちは結構あっさり退場したのですが、それが不満にならぬ深みがあるなあ。
LD >> うん、あの…あれじゃないの、全体を見ているようで、見ていないようでっていう視線の境地があるじゃない。あれになるとそんな感じなのかも?>財前
LD >> まんま『笠地蔵』なのが、逆に味わい深い…。
ルイ >> 空間そのものを捉えていたと。
ルイ >> 【キガタガキタ】の傘地蔵オプションはかなり熱いですね。いや、Zガンダム敵恐怖新聞調伏ビジョンを持っている僕には必要なパーツだw
ルイ >> 【キガタガキタ】の傘地蔵オプションはかなり熱いですね。いや、Zガンダム敵恐怖新聞調伏ビジョンを持っている僕には必要なパーツだw
GiGi >> 勝敗が軽いのは好みの別れるところでしょうね>ハンザスカイ
LD >> Zガンダム敵?(´・ω・`)
LD >> ジャンプ行っちゃうぜ。
LD >> ■少年ジャンプ2011年17号
ルイ >> しかしLCの最終回が良すぎるなぁ。テネオという若芽と、耶人とユズリハという種子と、パンドラ様のすだちと、転生と継承を経てなお原典を立てるLCは忠節の極みという印象。LCから読んだ人、原典こんな面白くないからな!←問題発言
ルイ >> 車田漫画の面白さは別種の面白さ、というのが正しい言い回しですけどもw
カルマ >> 「キガタガキタ」悪霊もいればそりゃ地蔵様もいるよなぁとw 7人か…ゴクリ
ルイ >> つーかテネオを出す手代木先生まじ手代木。。
LD >> 『トリコ』、また、GTロボのミイラみたいな奴が…。
GiGi >> いぬまるだしは今週の本命ですね。
ハラルヤ >> 『めだかボックス』球磨川君はやぱり副会長になったか。寝首をかく宣言にカッコ付けてないのはポイントかも。
ルイ >> まどマギだから?w>いぬまるだし
ハラルヤ >> GTロボはメカゴジラ的な何らかの生物を模したものみたいですね。雲の上にいたメカじゃないGTロボと同種かな?と
ルイ >> 【ONE PIECE】しらほし姫が可愛すぎるなあ。サイズ同じじゃなくて良かった。物語破壊しちまうず。
LD >> 『ワンピース』、しらほし姫様がかわいいワケですが…。しかし、アーロンの話ですか。アーロン最早弱いから、なんかドキドキしないよ?
カルマ >> 「ワンピース」おれがいるもんな→はい!は良すぎますな。
ルイ >> 【トリコ】のコラボ漫画は良い出来でした。贅沢贅沢。
GiGi >> ワンピースとトリコのコラボもよかったですね。
ルイ >> 【めだかボックス】襲来するサイヤ人やギニュー特戦隊みたいな扱いだと思ったけれど、そこで安全院さんたちが転校してくる=日常侵食してくるのがラノベ作家の矜持ってとこかな(?)。
ルイ >> そういやチャットにどなたかのエニグマディスり書き込みありましたっけ。うん、まあ、エニグマはいつもこんなんだw
ルイ >> 【バクマン】七峰ェ… シュージンが今更っぽいフォローをしていてちょっとワロス。
ハラルヤ >> 僕じゃないですよ。同意見ですけど。>エニグマディスり
GiGi >> そこは別に評価ポイントではないw>魔法少女ネタ
LD >> 『戦国ARMORS』、オゲェ!パーリィーをはじめるぜ?(´・ω・`)
GiGi >> バクマンはここまで予定通りなのであとはどうオチをつけるかですね。
ルイ >> 【マジコ】次のノルマはバリエーション広げる方向でヨサゲですね。さーてここで正妻がいるのにハーレム形成しだしたらラノベだなー。
ルイ >> 【戦国アーマーズ】案外姫様光秀に惚れまくりだよね。今回の新連載組はどちらも感情がフリーパスだな。
LD >> 『ぬらりひょんの孫』は、二代目の話…と。
LD >> ああ……それは良いな!(`・ω・´)>正妻がいるのにハーレム形成しだしたらラノベだなー。
カルマ >> 「マジコ」は今回は良さそうですね。
LD >> 『バクマン』は、中井さんをどうしたのかが、気になってしょうがない。…ってか、ここから浮かべるのかな?
ハラルヤ >> 指輪の次は温泉に新婚旅行ですね。成田離婚わくわく。>『マジコ』
ルイ >> 【ぬらりひょん】京都編が終わってからスムーズに迷走してるなあw
LD >> 【バクマン】あと、一応、「完璧だ」とまで言った回が19位って事ですよね?一度、落下がつくと再浮上は恐ろしく困難という事かな?
カルマ >> 「ぬらりひょん」なんというか…親世代ばっかりキャラが立ちますねw
LD >> 『ドイソル』は、マリーシアって言葉がいい具合に使われているなあ…。
LD >> どうも、ぬらりひょん一族は、ちょっとだけ出る方が光る一族なんですけど、リクオくんはひっきりなしに出て、その輝きをくすませているところに問題があるかもw
ルイ >> 格を落としたら一気に落としていて、漫画の審美眼みたいなものがもうなきが如しだな。まあ、展開の具ですね。
ハラルヤ >> ブギーポップ的な立ち位置が合うんでしょうね。>『ぬらりひょん』
ルイ >> エニグマはいつもひどいのに何故今回を目の敵にするのだ…
ルイ >> 【保健室の死神】はアンケ的には苦戦しているかもしれないけれど、良いなあ!
ハラルヤ >> エニグマは毎度のことながらピンチになってから能力の発現や説明をし出すのがまずいんですよね。先に能力をチラ見せしておけば、「この能力でどうやってこのピンチを打開するんだろう?」とサスペンス感が出るのに。
LD >> むしろ今回はマシな方かもしれないw>『エニグマ』 …っていうか、悪い意味じゃなく『エニグマ』って大体こんな感じだよねw
LD >> うんうんw…というか、なるほど感は無いですよねw>『エニグマ』
カルマ >> 「保健室」は良いですねぇ…見た目の普通じゃなさなんて、とっくに先生で乗り越えているのだよなw
ルイ >> エニグマのサスペンス感はなんちゃってどまりなのですけど、これで突き抜けなかったあたりジャンプ漫画は面白さ至上主義みたいな事言いつつ、エアポケット狙い目みたいな部分もあるなあと。
LD >> 【保健室の死神】はアンケ的には苦戦しているかもしれないけれど、良いね!(`・ω・´)
ルイ >> オウイ。
ルイ >> ハデス先生、殆どトイレの花子さんみたいな扱いというか、彼の物語も彼の謎もあるのに、とにかくその現象に接する事で心を解き放った子供たちがそれを連鎖させていく側面もある。そうはいいつつ、操の時はハデス先生FWでしたし、なかなか多面的だ。
LD >> 『めだかボックス』、終わってみると、喜界島もがなが生徒会に入った、水泳部対決みたいなエピに…(´・ω・`)
LD >> 【めだかボックス】まあ、それで、これが最終決戦かな?
LD >> さて、それではそろそろ一番を決めましょう。
ルイ >> めだかボックスは期待より生徒会選挙編が高まりきらなかったですね。まあ、存在自体がジャンプインフレなら安全院さんをどう処するかは楽しみです。
LD >> サンデーは…『ビーブルース』なんですけど、先週とってますっけね。
ルイ >> 【ビーブルース】【ブラッディマンディ】【この彼女はフィクションです】【弱虫ペダル】【冥王神話LC】【トリコ&ONE PIECE】あたりかにゃ。
LD >> マガジンは『エアギア』かなあ…なんか理由付けてオニギリが優勢なあたりが。
ルイ >> エアギアの手もあるなw
カルマ >> サンデーは「ビーブルース」ですねぇ
LD >> チャンピオンは『冥王神話』かなあ…。
カルマ >> マガジンは「ネギま!」ですね。
ルイ >> 今週のサンデーでビーブルース挙げるのは、この作品の良さってのももちろんあるけど雑誌的にあんまり良い事じゃないんだけどなあ。そういえば先ほど銀の匙に対して書いた事、リアクションもらえなかったですけどw
LD >> ジャンプじゃ『いぬまるだし』……さて、どれにしましょう?
カルマ >> チャンピオンは…「ペダル」ですか
ルイ >> 僕の感覚では【このかの】か【冥王神話】ですw
カルマ >> 「銀の匙」いや僕も「ガツガツしてない」って言い方で表現しましたが、枯れてますよねww
ルイ >> 今ここで召喚する意味ってのを編集部がどう考えていたのかが気になるのですよね>枯れ
LD >> ああ…うん。ルイさんの話の可能性もありますね。本当にはじまったばかりで何とも言えないけど。>『銀の匙』
ルイ >> サンデー作家なんてこれまで通り自家製でやってても、黙ってても中堅どころは枯れていくわけじゃないですか。
GiGi >> いぬまる、エアギア、冥王の3択かな。
カルマ >> ジャンプは「いぬまる」でしょうw
ルイ >> あ、そっちじゃなくて雑誌内ポジション的な話でw>LDさん
LD >> うう〜ん、『エアギア』もよいけど、『冥王神話』にしておきますかねえ…。
カルマ >> 例えば表現ひとつなんですけど、少年のゆらぎのようなもの…勉強を教えるのに「わかるまで教えるよ」と言ってのけるあたりとか、主人公としてはあっさりしてるよなぁと思うのです。>「銀の匙」
ルイ >> 冥王神話は良すぎて何にもイエネ。
ルイ >> 同じ週に【結界師】が終わったのは興味深い。ここもまた女性作家で線引くと問題ありますけどw単なるいち作家として、ユズリハの耶人へのスタンスとか、結界師に通じるものがあるよね。
LD >> 編集部も想定していなかったかもしれないけど……w まあ、『ムシブギョー』と『ビーブルース』が好調なんでよいかな?(←適当)
ルイ >> ポケモンもさーw
ルイ >> 名前だけは「少年漫画としての活気」を取り戻す布陣に見えるのに作品みたらこの不思議だよ!
LD >> ああ、それは思ったというか『結界師』が終わったと思ったら、『結界師』と同じ温度の連載がはじまったなあ…って。>『銀の匙』
ルイ >> 結界師、教授の頃から感じていた「男の人ってバカなんだけどそこが愛おしい」という女性観は、総帥の話も、なんなら兄貴の周りの薄いハーレムですら通じているので、何かその帰結としてああいう描き方をされちゃうと「お母さんが子の夢を守ってあげたんですね」という話に収まって、女性論の枠組みになりかねないのが凄くもにょるし、あんまり使いたい視点でもない。
カルマ >> 「ポケモン」は作家の選定でちゃんと原作リスペクトしてるとかそういう辺りの編集部としてのチェック機能がですね…苦笑
LD >> いや〜wアテネや、天馬が渡しているバトンは、『結界師』のお母さん程分かりづらいモノじゃないと思うw…多分、同じものを渡しているんだけどw
ルイ >> 女性観じゃなく、女性からの男性観、だな。
ルイ >> 原作はリスペクトしてるんじゃないかなあw
LD >> ああ。僕は、ルイさんの今の女性論ほど、お母さんを割りきって観ていないですね。でも、今、何かあるわけじゃないので、ちょっと『読んで』いきたいと思っています。
ルイ >> お母さん中心で観ると、人間のフリをした器が子という「人間」をなす事で、その子を「人間」に正しくしてあげたかった、という物語ですよね。
ルイ >> で、それは結果的にあなたも人間でしたよ、という話になる。
LD >> 直感的には「男の人ってバカ」と言った、そのバカがこのお母さんの中にはある感じ。「そこが愛おしい」と思っているのは、今回残されてしまったお父さんの方で。そんな感じの事を考えています。
ルイ >> お母さんには女性的な思考はないですね。その思考のライン上にお母さんの「行動」を観ると、という話なので。確かにこのあたりは複雑だ。
ルイ >> うーん、どうしても子に自らの何かを寄託とか、嫌な視点ばっかり出てくる・・・w
LD >> いやぁ〜?>結果的にあなたも人間でしたよ それはそうかもしれないけど、むしろ「バカ」である事に対する興味。
LD >> 確かにルイさんが言った女性論的になって、それが嫌な感じではあるんだけど『結界師』の中のキャラで男のキャラの幾人かはわりと“持っていたモノ“持っていたモノ”が、性別が変わり、母親というものに載せられた時、何か不思議なものに変質した感じ。それがどうにも興味をそそる。
ルイ >> 【劇場版ナデシコ】アキトのラストの選択はバカな男そのものだけど、あれはそのうちユリカとルリがひっぱたいて連れ戻すという図がある。結界師のお母さんは「閉じ」ちゃって、良守が何かする・できるという話ではなく「その犠牲を享受する」話になっているので・・・お母さんの欠損に助けてもらってるなあ。
LD >> その意味では一番、『結界師』の最終回でもいいのだけどw
ルイ >> ああ、うむ、それって「子供を産めるという違い」と言ってしまうと問題はあるかしら。
ルイ >> バカな男は自分の道に生き己を滅ぼすが、バカなお母さんは子供に道を残しました・・・ってやっっぱりダメな視点だ!w
LD >> アキトねえ…ユリカやルリが、アキトと同じような行動を起こしたとして、それを追う男の子がいれば普通の物語にみえるなあ……って、それ『フラクタル』のフリュネとクレインだ(汗)
ルイ >> 比べると、【聖闘士星矢LC】は聖闘士見習いを描く事で、継承のパターンを複数種用意してある所がぬかりないな、という話←すごい婉曲な持ち上げ
LD >> バカな男は自分が愛されている事に気付けないし、気付けると憑き物が落ちる。…でも、このお母さんは自分が愛されている事は知っていたし、その証拠もそこにある。…それが返って、このお母さんからは憑き物がまったく落ちないままだったんだよね。
ルイ >> お母さんは愛されていなかったわけでもないし、旦那さんの一言を胸に抱えて生きていたわけですから、彼女は「バカになるしかなかったモンスター」みたいな側面があって、子をなせる事で人に戻れるのは「うしおととら」あたりも同梱かな、と言おうと思ったら【ケルベロス】もそうっぽいなw
LD >> 少し、俯瞰すると、救われないままでも満たされている人間がそこにいて(母)、それゆえこの物語は大団円とされたとして……それは本当なの?という言い方もできるかな。
LD >> いや、その「人に戻る」という話はちょっと乗れない……というかあったとして、それは“かつて”の話だと思うんですよ。今、そこで起こった事は別の事に思えます。
ルイ >> いや、「それは本当なの?」という指摘をしたいなら良守なり兄貴に何か言わせないと。この作品、粛々と受け入れたから。本当というしかない面が。
LD >> たとえば、ロボットがいて、そのロボットは人と接して、心を持って誰かを愛して子供を産んだ。それが“かつて”の話。でも、そのロボットは、自分の使命を覚えていて、その時が来たら淡々と使命を果たす。それがたまたま産んだ息子の願いを叶えるものだったから「そんな話に合わせて」そのロボットは語ったりするんだけど、実は、本当の所は分からないんじゃないか?と思ってしまう……そんな景観かな?たとえば。
ルイ >> 一番遠くから俯瞰して【結界師】を眺めた時、残るのは…子の為に何かしてやりたい男(時守)と、子の為に何かするくらいしかできないと思った女(母)がいて、それを享受するのが子の役割だから、夢をもたなきゃソンじゃない、という形になるのですよね。もちろん良守の烏森を終わらせるというボーイ・ミーツ・ガールな動機があってこそこの世代で決着をみたので、少年漫画的なモチベーションが皆無という事はないのだけど、基本は親が子に与え、子がそれを受け取り歩く話に思える。
LD >> 粛々と受け入れたから「本当」というしかないんでしょうねえ。それをひっくるめた上で本当?という事でもあるんですけど、そこはちょっと堂々巡りっぽい。いや、巡るから考えているのかw
ルイ >> なんだかんだ、お母さんはお父さんの何気ない一言が拠り所だったのだと思いますし、その「使命」もまあ家族から湧いてきているのですよね。だから、母さんは何かの機関が壊れているだけの「人間」にぼくには見える。
LD >> 少年マンガとは別の文脈になるけど、『結界師』が伝統というか血脈を描いた物語である事は最初から明らかではありますよね。→
LD >> 僕も彼女は「人間」だと思ってますよ。だから「人に戻る」とか「人になれた」という言葉を、この場面に持ち出すのは、ちょっと乗れないかなと答える事になります。
ルイ >> 例えばこういう言い方はできるかな?良守の初期動機は、自分で全て背負って、解決して、烏森の歴史を終わらせる事。スーパーマンとして、伝統や血脈を断ち切る話だった。けれど結果として残ったのは母の犠牲ありきの形で、やはりそれは地続きの物語になる。
ルイ >> ああ、そこはホント観測者による際の話なので、表現の細かいところは失敬なのです。人ではないけれど、その形は人と見分けがつかないから人だよね、くらいの事は言い出しかねないq
ルイ >> LDさんの例えで言うと、そのロボットが人である事は殆ど作品で描写したとは思うのですよね。嬉しかった、って時点で、お父さんの言葉を「心」で受け止めてるんだもの。
LD >> →近代の少年マンガ的ベクトルだと、そういう「一族がやって来た事に子供は従え」とくると、多く、その大部分は反発否定を以て応えられる。…『巨人の星』とか親がそうしろって話はまだあれですが、一族って言い出すとほぼ反発という気もします。でも、結界師はそうじゃないから、そこに何等の逆襲なしにその物語を終えた。それでテーマは完うされていると。そんな感じですかね。
ルイ >> 先ほど指摘しましたけど、結界師という物語のスタート時点は「因果」は裁ち切り終わらせる為のもので、そこには敵というか、目標以外の意味はなかったのですよね。スタート地点が反発で、ゴール地点が享受という所か。
LD >> ああ、そうそう。それそれ。良守は伝統を壊すつもりで烏森を閉じようと考えていたわけだけど、実はその“伝統”そのものがずっと烏森を閉じる計画で進められてきて、良守の代でその悲願が完全に一致した……っていう偶然が逆にいろいろ見えなくしている気もする。でも、それがテーマだったりもするw
LD >> だから、スタート時は、この物語の最終回は、いろいろあったけど、やっぱり今日も結界師やってますみたいな想定は、僕とルイさんの中にはありましたよね。
ルイ >> 良守が最後大人びたのは、戦いを経たとか強くなったとかではなくて、俺が俺が、で全てを背負おうとした中で「連綿と続く流れの中で役割を担う」ことを果たしたからかもしれない。おい、枯れすぎっぞ!w
ルイ >> ありましたね。ここまでこの世代で全てを終わらせるビジョンを描けなかったせいもあるけれど。
LD >> だから、その時点の想定でいくと、良守が烏森を閉じようといろいろ画策するけどどれもうまくいかず、結局、自分の代ではダメだけど自分の子か孫の代にはその願いが遂げられるかもね……くらいの状態になって「僕らは今日も結界師…」くらいの感じだと、まずイメージどおりになる感じです。
ルイ >> ああ、うん、つまりそれが「全能感の喪失」という物語とリンクをしているのか・・・?>伝統を壊すつもりが、伝統そのものが〜
LD >> >「連綿と続く流れの中で役割を担う」|うん。でもそれがテーマだし、それは最初から観えていたんだ。だから一貫しているんですね。
ルイ >> 最初の「役割」はあくまで受身で、「やらざるを得ない」ものなんですよね。毎夜烏森を見まわる、みたいなものは。
LD >> >おい、枯れすぎっぞ!w| ちょっと分かってきたけど、烏森が閉じれず「役割を担う」事だけ自覚したら、本当に“枯れた”話しだし、それはかつてのじいさまの話にもなるんですね。で、連綿と続いた物語のクライマックス=最終フェーズを物語の中心に添えたんだけど、返って枯れた景観を強調する事になっているというかw
ルイ >> 全てできると思っていた事は、全てはできなかった。しかし自分が励んできたからこそ果たせた部分もある。結果そこから解き放たれたのなら、菓子職人となる夢を抱かなきゃ損じゃないか、か…お菓子趣味もここで活用する為の下準備ですね。なんたる…
ルイ >> ほんの少しづつ解決していくけど…という程度だと、枯れよりも日常モノとしての側面が強調されるかもしれないですね。ただ今回ものの見事に「様々な思惑の末に」決着をみると、自分の矮小さが際立つ。ただ、もちろん、重要な任務を果たしてるんですよ?良守も時音も。しかしその描きは淡白なのだ…w
LD >> うん。大分、腑に落ちてきた。お母さんはともかく、結界師の継承者の印が消えた時の良守の気持ちはかなり分かる気になってきた。
ルイ >> 非日常で得たEXPを帰還した現実に継承していかない感じに、僕の「ジュブナイル感」みたいなものと共鳴するものがあるのだな。抱えているのは精神のみ。
LD >> 少年マンガなのに、少年が自分一人の力で何かをやり遂げたみたいな…そういう万能感をとことん満たしてくれないんですよ。この『結界師』のラストはw
ルイ >> や、EXPはしょうか。ステータスが戻るw
ルイ >> それが「少年が大人になる」描きとリンクしているという事ですよね>万能感、全能感 良守が結構底なしパワーという方向に一度描いておきながら、最後にそれをお母さんがかるがると凌駕していくところも凄く示唆的。ってなんかこの思索、もうちょいちゃんとした場でちゃんとまとめれば良かったw面白いw
LD >> でも、『結界師』全体の感覚はつかめて来た気がします。成程。そういう話か。
LD >> sajikiさんと『結界師』のラジオをやりましょうという話をしているので、そこで一度まとめましょうか。
ルイ >> 難しいお題のラジオだなあw
LD >> ところで今週の一番は『冥王神話』にしておきますかね。
ルイ >> …で、一番は結界師じゃなくてLCでしたっけかw←
ルイ >> なんだこの会話の流れは…wお疲れ様でしたw
LD >> 一応、僕は最初から全部読んでからやるつもりです(汗)>『結界師』ラジオ
LD >> ああ、あとルイさんアニメ選考の方なんですが…。
ルイ >> ほうい。23日くらいですか?
LD >> そろそろやりますかね。来週はまでに候補まとめて再来週あたり。>アニメ選考
ハラルヤ >> お疲れ様でした〜
LD >> ずばりですね。>23日 では、その予定でお願いします。
ルイ >> 一番を切り出すタイミングもこのあたりもなかなか円滑に話が進むシンクロ具合じゃないかwでは、そういう方向で。
LD >> ハラルヤさんずっと観てたんですか(汗)
ルイ >> 何に疲れたのかって、小学館漫画賞を受賞するほどの作品を「どういう作品なのか」でウンウン唸っていたというこの無様よ。
LD >> ラジオとチャットのダブルヘッダーはさすがに消耗しました(汗)それではお休みなさい。
ハラルヤ >> ええ。
ルイ >> ぼ、ぼくもアマガミやりながらだから消耗するモン!←何の張り合い? お疲れ様でした。
LD >> お疲れさまでした。


■■■■2011年04月15日■■■■
LD >> 【今週の一番】チャットは4/16(土)25:00開始予定です。 http://www.tsphinx.net/manken/chat/chat.php


■■■■2011年04月17日■■■■
LD >> |ω・`)
LD >> |ω・`) こんじゃわー!
LD >> 雑誌のスキャナー取り込みをやりながら…。
LD >> 新作アニメを観ていないよう…。
LD >> なぜか『Aチャンネル』だけ観ている。
LD >> 今日はチャンピオンからかな…。
kichi >>       こんばんわー(´・ω|
カルマ >> こんばんはー。
LD >> こんじゃわー。kichiさん、カルマさん、こんじゃわー。
LD >> うん。今晩も、平常に時間バック現象が起きているな?w
LD >> kichiさん、どうですか?マンガとか本とかの流通は戻りました?
カルマ >> 思ったのだけれど、タイムスタンプ表示をなくしてしまうというのはいかがでしょうかw>時間バック
kichi >> 流通はもうほとんど問題なさそうですね〜。
LD >> う〜んw 何日何時に書いたという印がないとけっこう不便だったりもするのですよ……って、今、具体的に何かあるわけではないですが。
kichi >> そいえば、潰れたかもと言ったTSUTAYAも復活してましたw まだ本とかレンタルDVDとか半分くらいしか入ってない状態ですが。
LD >> ああ、それは良かった。東京の方は段々と、復旧の情報の入りも薄くなって行っているんですが、阪神淡路の時も本当に復旧するには大分時間がかかりましたしねえ。
LD >> ああ、そういえば僕の住んでる駅前に、こんどブックオフが開店するようで、これで勝つる!とか思ってますね。
LD >> レンタルは『青い花』と『放浪息子』を是非。
kichi >> まぁ、私のとこは内陸というか太平洋沿岸ではないので、そこまでの被害ではなかったですからね。流通の混乱が収まればあとはまぁ……。
kichi >> うい。とりあえず「青い花」を探してみますw
LD >> そういえば、ちょっとブログでアニメ『放浪息子』の記事を書こうとしていて、ちょっとkichiさんの意見を聞きたいのですが…原作『放浪息子』ってどういう話なんでしょうね?
kichi >> どういう、とはまたえらくザックリな……(=゚ω゚=;)アニメ見てみないと違いは分からないしなぁ
LD >> 僕は、たまたま主人公が女装というか女の子に憧れる心を持っている子で、必ずしも女の子の心を持った少年をテーマにしているわけじゃないんじゃないか?などという事を思っているのですが…。
LD >> ちなみに、アニメは女の子に憧れる心を持った少年の物語かなと。
kichi >> そうですね。女の子の心を持ってるというよりは、女の子というか自分を可愛く見せることに憧れてる男の子の話って感じが近いと思います。
カルマ >> ちとシャワーをば
kichi >> ……高槻さんの方は結構男の子の心を持ってる風かもですけどね。あんまり憧れてるって感じではないしなぁ。
LD >> あ、違います、違います。「自分を可愛く見せることに憧れてる男の子の話」にはなっているけど、「自分を可愛く見せることに憧れてる男の子」がテーマの話ではないんじゃないかと言う事です。…そもそも『放浪息子』ってどうなると終わりなんでしょう…とか。
LD >> 高槻さんは、そのうち、何事もなかったかのように“女の子”になってしまいませんかね?(いじわるい顔)
LD >> たまたま、カメラを合わせたその真中に居たのが二鳥くんだったとか、そういう感じの話なんですが…。
kichi >> ああー、その辺はちょっと微妙なとこですねぇ。志村貴子先生の作風的にどうしても群像劇風になりがちなだけで、テーマとしてはやはりソコな作品な印象の方が強いかなぁ……? 「青い花」も実は百合度そんなに高くは感じてなかったりはしますしね。いや、この先踏み込むことを期待してる段階だったりもしますがw
kichi >> アニメで出てきたか分かりませんが、そんなに容姿良くないけど同様の性癖?持ったメガネの男の子がいまして、彼が出てきたことで、そこがテーマな印象がグッと増したということもあり……、でもまぁ、LDさんの言いたいことは分かります。少なくともテーマだけを描いてるわけではない話作りですね。テーマを含めた二鳥くんの青春そのものを描いてはいますw
LD >> >群像劇風になりがちなだけで、テーマとしてはやはりソコ| …ふむ。僕も分かりやすく伝えるためにテーマじゃないと言い切りましたけど、絶対、全く気にしていないポイントだとも思っていない所が表現難しいです。しかし、ちょっと前者の感覚で『放浪息子』を語ってみようと思っています。
LD >> 二鳥くんがアンナちゃんと、どうなるんだろう?とかですね。テーマを追うなら千葉さんと高槻さんの三人にクローズアップする方が“眺め易い”はずで。同じく、更科さんだけが好きな女の子がいますよね。あの子、かなり好きなんですが、本筋の物語とはかなり関係ありませんよねw
LD >> さて、では。一番に入って行きましょうか。
kichi >> そうですね。でもまぁ、そこはやはりそういう作風ってのが大きいような気もするというのは正直なところw
LD >> そうですねえ…。テーマとかいう枠にはめないで、作風あたりの言い回しが妥当っぽそうですね。
LD >> さて、チャンピオンから行きましょう。
LD >> 『疵面』袋とじですが、すでに、花山さんはオーガに近く神格化されて行っていますね。拳闘武侠の烈先生とかえらい違いだ。
LD >> 烈先生がボクシングやっているのは、まさか『修羅の門』のリスペクトなんだろうかとかいろいろ考えてしまった。
kichi >> テーマ一直線な描きではないですけど、テーマをそこに置いてる以上、物凄く遠回りでもテーマへの影響もあるわけで、志村貴子先生的なテーマへのアプローチの仕方っていうのが一番しっくりくるかなぁ……?
kichi >> そいえばまだ読んでなかった……>袋とじ
kichi >> そいえば近々決戦始まるようですが、烈先生のボクシングロードはどうするんだろう?w
LD >> >志村貴子先生的なテーマへのアプローチの仕方| 志村先生は、多分、「世界(世間?)と自分」みたいな視点が共通してあって、その相手である世界(世間?)を必然的にリアルに描き込んでいく…ようには思えますね。
LD >> 逆説的に烈先生のボクシングサーガがあるから、この決戦は適当な所で水が刺される…という読みも生まれます||´_ゝ`)
LD >> 『シュガーレス』は、分水嶺というか、神楽工業の兼光の格を、シャケと比してどこに置くか?でこの『物語』が変わってきますね。
kichi >> ああ、そうですね。それが“場作り”なんだとしたら、「青い花」に「放浪息子」と分かりやすくテーマ持ってる印象な長編がどちらもまだ未完なので、テーマの決着をどんな風に描くのかはまだ何とも言えないものがあるのかもですねぇ……。って、あんまキッチリはせず流れていく終わり方なイメージではいますがw
LD >> それから、シャケには当初、最高幹部が数人いたはずなんだけど、彼らがどこに行ってしまったのか?…あの中にキリオは居なかったよね。
kichi >> 「シュガーレス」は、兼光の登場に一抹の寂しさみたいなものを感じずにはいられないってのは正直なとこかもですねぇ……。シャケには孤高であってほしかったという気分はやはりあります。
LD >> >キッチリはせず流れていく終わり方| そう。それは、このテーマの答えはこうだ!みたいなものを志村先生は描くつもりはないからでしょうね。最初から。ただ、それが描かれて時間が流れるだけというか。
kichi >> 忘れてあげて!w>最高幹部   ……もしその設定生きてるとしたら……どう理由を付けるのが一番自然に見えるかなぁ?w
LD >> そう。『シュガーレス』好きには、一時的かもしれないにしろ、この兼光の登場でシャケは格落とされたように思えて、けっこう皆がっかりしているはずなんですよね?
kichi >> 本当に最初からそのつもりなのかはやや疑問ではあるかもですw>テーマ描くつもり
LD >> やw一応、この設定まだ生きていると思うんですけどねw とりあえずシャケ軍団vs兼光軍団かなあ?…ちなみに、今、キリオがいない事は確認しました。
LD >> そこは、終わらないと分からないですねw>テーマ描くつもり
kichi >> シャケ軍団っていうのは岳達じゃなくその最高幹部達ということですか? ……う〜ん、それはどうかなぁ?
LD >> 『弱虫ペダル』は、今回、御堂筋を完全スルーしているのがいいなあ。
LD >> 出したげて!出そうよ!『七人の悪魔超人編』にいた、謎の腕マンみたいな事にならないで!w
LD >> >最高幹部
kichi >> 「弱虫ペダル」はいつもながら良いですね。足切りの話は駅伝なんかでもある話ではありますが、やはり重い……。
LD >> 【弱虫ペダル】そして、明日のレースは走れないって描きがよかった。直後に、表彰台にいる福冨と金城を出すあたりとか、彼らは“それ”を知っている、見ている、刻んでいるんですよね。そして今、表彰台にいない御堂筋は、それを知ってはいても刻んではいなかった。
LD >> 『バチバチ』も快調、好調でよかった。新場所のこのシリーズが『バチバチ』の格を決めるでしょうけど、不安を感じさせないですね。伏線その他全部そろっている。
kichi >> 今日の悔しさを挽回する場がまだ残っている幸せさというか、切られた者達とは違うのだから、今は悔しさを言葉にする時では無いのですよね。それを言葉で伝えるのではなくその場面を見せることで伝えるという描きがやはり秀逸なのですよねぇ。
LD >> それから『ハンザスカイ』もよかった。わりと同じ事の繰り返しで泣かせているようにも思えるんだけど、やっぱり泣けるというか。この物語の先輩、先生リスペクト感ぱないっすね。
kichi >> 「バチバチ」順調に快調ですねぇ。……この場所に王虎も出てくるのかな?いろいろwktkですねw
カルマ >> 参加できず申し訳ない、「タイガー&バニー」3話にして安定感すら感じさせる面白さです。
kichi >> 「ハンザスカイ」もいつもながらの良さでしたね。
LD >> そう。王虎が出るんですよ。村神とどうなるかわくわく。…猛虎は上に行きましたっけね。これは兄弟子対決かな。
カルマ >> 「弱虫ペダル」良かったですね。ハコガクに問題がなさそうに見えるのは「描いてないだけ」なのか本当にないのか。後者だとすると元々厳しいレースが難しくなりますね…どうするのかな。
カルマ >> 「ハンザスカイ」いつもどおり良いですね。
LD >> 『てんむす』も、いよいよバトルに入って行く感じです。…描きの下地が『ハンザスカイ』っぽい気もしますが、女の子出しというか女の子の描きですごく印象が変わるw
LD >> 鈴木央先生の『ちぐはぐラバーズ』ですが、タイトルはともかく、内容は良かったです。
kichi >> 「てんむす」も良かったです。団体戦ってことで、仲間の良さっていうとこにも踏み込んでいくのだなぁ。今回の描写はかなり好きでした。
kichi >> 「ちぐはぐラバーズ」……たしかにタイトルは内容から言ってもイマイチですねw でもまぁ姉弟ものとしてもキッチリまとまってて良かったですね。……後編が必要ないくらいのまとまり方……(=゚ω゚=;)
カルマ >> 「てんむす」良いですね。天子ちゃんの天才性でどこまでやれるか楽しみです
LD >> 必殺技の閃雷の太刀ですかね。鈴木先生のここでキメるという時の画はホントによいです。がに股で低く構えて竹刀に火花散っている所とか。
LD >> 後編が必要ないくらいのまとまり方ですねw
カルマ >> 「ちぐはぐラバーズ」超ツボな姉弟モノだったのにタイトルが覚えられなかったのは結びつきの弱さのせいかw
カルマ >> 「ちぐはぐラバーズ」あ、後半あるんですね…実の姉弟じゃなかったのはちと「変態」というワードに対して弱い気もしますが、良かったです。
LD >> 『ケルベロス』は、絶対絶命な上に、なにやら因縁めいて来ましたね。…というか狗骸を作る里か…。
kichi >> ……後編は相思相愛なのを前編ラストで認識したって前提でのラブイチャい内容になるなら歓迎w
LD >> いきなりバラしてますし、お互い知っていますしねw>変態 …でも、お互いにストイックというか、二人とも「姉と決めたから」、「弟と決めたから」という決意というか誓いに忠実なんでしょうw
kichi >> 「ドカベン」も面白い展開がずっと続いてて何気に凄いなぁ。ここで女性対決とか、なんとも見事な展開。
LD >> まあ、というか、お姉さんの最後の一言で、前編も前編ラブイチャだったわけですよねw
LD >> 『キガタガキタ』は、死神がストリーキングなのは、とりあえずつっこまないとして…(´・ω・`)
kichi >> 「ケルベロス」は因縁めいてきましたね……。お母さんがそういう設定持ちだったことにはやや微妙な気分も無いではないんですが……、ま、この劇的な展開がどう進んでいくのか非常に楽しみです。
LD >> お前は地上の星屑だったというのは、屑というワードが入っていて、ちょっと嫌な感じがしますが、まあ、最期に何かキレイなものを見せてやりたいという善意が良い話でした。
LD >> どうしても、話が進むと因縁めいて来てしまう所はあって、それをいちいち論っても如何ともなんですけど。景が…というかこういう少年が普通の少年であって欲しかった所はありますね。
LD >> さて、そろそろジャンプ行きましょうか。
カルマ >> 「ケルベロス」はうーん…まぁ、父親が殺される理由とすれば、まぁ…うむむむ
kichi >> 「キガタガキタ」良い話でしたね。個人的には屑というワードが入ってるからこそ良いという気持ちがあるんですけど、元々私が星屑って言葉を好きだからかなぁ? たしかにこの少女を指して屑と言う言葉を使うのはちょっと微妙ではあるのかな……。
LD >> 『ワンピース』は、この過去話のはじまりで、二年後もやっぱりテンション変わんないんだなとようやく実感が来たw
カルマ >> 「キガタガキタ」自分をゴミだと思っている、思い込んでいる子だからこそ届く「星屑」という言葉だと思うので、気にならないですね。そして死神さんもハーレム入りですかな…へっへっへ(何
LD >> や、気になるといったら気になるし、気にするなといったら気にならない、レベルですけどね(汗)>星屑
kichi >> 「はみどる」はJKだったんだっけ!?ってことに素で驚いてしまいましたw つか、いくらもっと凄い比較対象がいるとはいえ、かすみさんの学園での扱いも理不尽だなぁw
LD >> >自分をゴミだと思っている、思い込んでいる子だからこそ届く「星屑」という言葉| ああ、そうですねえ。
LD >> 学校描いたの初めてじゃないですかね?w>『はみどる』
kichi >> 少なくとも私の記憶には無かったですw 時間無くて読み飛ばしてることも結構あったりもして、本当に初めてかは自信ないですがw>はみどる学校
LD >> 『バクマン』は、なかなか良い話だったんですが……高浜さんの『正義の三肩』まだ続いていて、ドラマ化決定したのがちょっと驚いたw
LD >> 僕も自身はないですが…wそもそも、このマンガ、そんな背景人物が出てくる話、そんなやってないしw>『はみどる』
LD >> 小杉くんの粘り勝ちかな。
kichi >> 「ワンピ」はフィッシャータイガー登場。……英雄とも呼ばれてましたしもっと見栄えする人物なのかと想像してたんですが、案外むさいおっさんでしたね(=゚ω゚=;)
LD >> 【バクマン】小杉くんの、マンガを描かせるために、何でもやるこの感覚は分かる気がする。
LD >> ロジャーも、そんなカッコいいおっさんでもないですしねw
kichi >> でもってそれとも関連して、魚人はやっぱり人間と比較すると武力の上限は低めなのかなぁ?という印象を強めてみたり。
kichi >> いやでもやっぱりロジャーは格を感じる風貌ではあるようなw
kichi >> 「バクマン」は、とりあえず編集も立てましたし、オチの付け方は綺麗でしたね。
カルマ >> 「バクマン」良かったですね。
LD >> う〜ん…『マジコ』大丈夫かなあ…。微妙に、スタートの切れがよくないなあ…。
LD >> まあ、結局、話しとしてはこの七峰くんが、卑怯な手段でもトップになろうとして、それが失敗した…と、そういうエピだったで片付けられそうですね。
LD >> 【マジコ】以前も言いましたが、もう一キャラ足りないような気がしています。用意しているのなら、あまり伏線とか順番とかきにしているとまずいかも。…なんだろ、暗い側面を見せてくれるキャラがいいと思うんだけど…。
kichi >> 「マジコ」は、堅調ってとこでしょうか? 悪くはないと思いますけど、目的が微妙に分かりにくいというか……、以前のアラゴと似たような印象はあるんですよね……。
カルマ >> 「マジコ」そこまで悪くないとは思いますが…たしかにこの1話で強く惹かれるものはないですねぇ
LD >> 『べるぜバブ』は、ストーリーがどっちに向かっているか分からない所があるけど、とりあえず姫川は面白いから姫川を伸ばした方がいいと思う。
kichi >> キャラですか。ふ〜む……。個人的には基本的には2人いれば充分と思ってはいますね。ただ、なんとなく道程が見えにくい印象。たぶん数珠繋ぎ的に儀式をクリアしてく形式なんだとは思うんですけど、ちょっとその辺の説明が足りてないような……。
カルマ >> 「NARUTO」の猪鹿蝶の話はなかなか良かったと思います。すっと読めましたし
kichi >> でまぁ、これは先週の感想ってことになりますが、儀式とイチャイチャイベントはもっと意識的にセットにした方が良いと思いますw>マジコ
LD >> いや、目的はエキドナの呪いを順を追って解いて行くというものだから…明確だとは思うんですが。でも、ワンエピごとに何をするか?は漠然としているのかな?
kichi >> ちなみに新キャラの野生幼女も一応好感触ではあります。……レギュラー化するのかな?まぁ、百合ハーレムを築くのも良いかなw
LD >> 【マジコ】ああ、そのイチャイチャイベントに注力するために…という感覚ですね。>キャラ 多分、敵でいい。なんかもっと状況に流された方がいいというか、魔法使いくんが場の切り盛りをし過ぎなんですよね。
kichi >> ああ、目的自体は明確なんですけど、その“順”がどういったものでどのくらいの量必要なのかとか、結構漠然としてる気がするんですよね……。
GiGi >> 今週の一番はカギューちゃんですか?カギューちゃんならしかたない。
LD >> 野生幼女も悪くないですね。でも……う〜ん、ちょっと上手く言えない。魔法使いくんに助けられるというか、場を回せそうな感覚がない。
GiGi >> バクマンは上手くまとめましたね。七峰くんの再起は背景で時々描いてほしいですね。
LD >> 『戦国ARMORS』、ちなみに場の回し方はは『戦国』の方が『マジコ』より良さそうなんですけど、人気は『マジコ』なのかな?
GiGi >> 野生娘は家族感があっていいですね。ベタですが、この子がピンチになったところを助けてなつかれる展開でよいかと。
LD >> どう、ピンチになるか?かな。>野生娘
kichi >> ふむ。確かに魔法使い君がちょっと万能過ぎるとこはあるのかもしれませんね。当面はエマたんが厄介ごとに巻き込まれたり困ってる人に同情したりするのを魔法使い君が助けるって形だろうから、必ずしも悪くも無い気はしつつ、少年マンガ的にはもうちょい緊張感はあった方がいいのは確かかなぁ……?
LD >> 『いぬまるだし』の「グッ歯イ!」という掛け声がなかなか好きです。
kichi >> 「戦国ARMORS」は正直なところすでに全くノれなくなってたり……(汗)。……以前「戦国BASARA」の話の時ちらっと話題にしましたけど、私はやっぱ歴史ものの情報圧縮を処理できるだけのリテラシーが足りてないのかなぁ?みたいな気分になるなぁ……。
LD >> 最初の金持ちくんがよくなかった…というか、あれはあれでいいんだけど、即座にもっと強くて悪い奴を出して欲しかったというか『北斗の拳』のジードの次はスペードくらいの感覚は欲しいなあというか。(←なぜに『北斗』持ち出した?)
GiGi >> スケット銀魂コラボ、作画合作じゃなくて個別に描いてるんですね。スケットの銀魂キャラ違和感無さすぎた
LD >> >歴史ものの情報圧縮を処理|ああ、そうか。いきなり伊達政宗とか言われても「?」な感じになるかもですね。『戦国ヤタガラス』ほど、マイナーな武将を知ってるだろ?空気で流してはいないのですが。
kichi >> ……う〜ん、あれですね、やっぱアラゴと似てて、最終目的がハッキリしすぎてるのが逆にネックなのかもしれませんね。もっと目的緩く、“旅もの”的な見せ方にした方が光る内容なのかも、という感覚でしょうかねぇ、私は。
kichi >> >マジコ
GiGi >> タイのお頭というフレーズは良い。
LD >> 僕は、“旅もの”的な見せ方にしたいのは分かるけど、それだともう一つか、二つアイデアを載せないとジャンプでは厳しいよ?という感じです。>『マジコ』
カルマ >> 銀魂のスケットキャラの美形っぷりで気づきましたねw>個別に描いてる
kichi >> まぁ、伊達政宗は分かるにしても、こう、戦国時代の空気というか所作というか、そういう部分で馴染まない感覚があるんですよね……。BASARAの時もちゃんと通じてなかった覚えありますが……。
LD >> 『ドイソル』は、良いですね。理屈っぽくって地味ですが、説得力があってけっこう熱い。
GiGi >> ドイソルはマルオカのキャラを立ててきてるのが良いですね。
LD >> 『メルヘン王子グリム』はさあ……お母さんが出てカワイイのはいいねwまあ、あとけっこう好きだからがんばって欲しいw
LD >> 勝ったり点とったりできるのは、監督とかミサンガとか、特別な人間がいるからだけど、それに合わせて柏木とかマルオカとかのがんばりを引き出して描いているのがいいですね。
kichi >> 「ドイソル」も堅調ですね。やっぱりちゃんと理屈で説得力を作ってるのが良いですし、キャラ立ても順調に進んでていい感じ。敵方も、かなり高い位置にいる感じのチームな割には筋肉バカな感じなのはな〜、って気分はあったんですが、上級生はそうじゃないのも見せてくれたことでさらに期待が高まりますね。
kichi >> 「グリム」は、お母さんが出てる前半だけ読んだw
LD >> 『めだかボックス』はもう終わりですかね。
カルマ >> 「グリム」はお母さんが可愛いのは納得ずくなのかなw あるいは1話で評判良かったから出すことにしたのかw
LD >> 『グリム』、しばらくお母さん出てなくってさ…今回改めて出てきたんだけど、やっぱりいいよね。これは大丈夫なんだろうか?w
kichi >> 見切るのはやっΣ(=゚ω゚=;)>めだか   ……まぁ、流石にこれがラストエピソードになるかな?っては思いますが。
LD >> 1話で評判良かったから出すことにしたように観えますw
GiGi >> 必殺奥義「俺たちの戦いはこれからだ!」発動ですか?w>めだか
kichi >> とまれ、球磨川でも見えてたけど回避されたメタな展開を今度は思いっきり踏み込んでくれるのかどうか、注目ですねー。>めだかボックス
LD >> …『逢魔ヶ刻動物園』も『保健室の死神』も、ヤバそうですね。
カルマ >> 今週の「めだか」凄く好きですね。ジャンプの様々なお約束を逆手に取りつつ王道の話をやっていて。
LD >> >「俺たちの戦いはこれからだ!」|それで、安心院さんに勝ったというか未来を勝ちとったという理屈がつくなら、そうなるだろうけど、基本的にそれはないと思いますよw
カルマ >> このまま「俺たちの戦いはこれからだ!」で終わっても納得してしまうレベルw>「めだか」
LD >> 【保健室の死神】鈍さんとか、三途川先生の涙をみると、ああ、もう、終わりなのかな?という気がしてくる。
LD >> さて、マガジンいきますか。
カルマ >> 安心院さんをどう扱うか…どう「勝つ」か?は難しいですが、戦いの場に引きずりだしたところで「めだかちゃんは勝つ」ことが決定しているとしたら、その段階で「俺たちの戦いはこれからだ!」と言って終わるというのもアリかなと思います
kichi >> 「逢魔ヶ刻動物園」もどんどん良くなってる印象なだけに惜しいですが……、終わりそうな雰囲気ですねぇ……。うわばみさん……!
GiGi >> んーしかし作者の化身に勝つってどうするのかな。球磨川戦の反復で、メタな応援団として読者を動員できればあるいはとは思いつつ。
kichi >> 「保健室の死神」も確かに終わってもおかしくない雰囲気、掲載順になっちゃってるのですよねぇ……(´・ω・`)でも保健室にはまだやってほしいことがいろいろあるですよ?
カルマ >> 「保健室の死神」アシタバくんと鈍さんとか凄く好きなんですが、なんか終わりそうな匂いが…先生が復活したらそのまま最終決戦の流れ?
LD >> 『金田一少年の事件簿』がはじまりましたが、世間の流行りに合わせて……なんていうんでしょうね?こういうの問題脱出系?のエピが来ましたね。
GiGi >> しかしめだかも保健室も終わったらジャンプ掲載作のアニメ化率がいよいよ極まってくるなー。1年以上続いてるのでアニメ化してないのはあといぬまると黒子だけ?
kichi >> あれ?サンデーの前にマガジンな順番になったのですか?
カルマ >> 今週の安心院さんの言葉通り、めだかちゃんが戦いの場に出たところで彼女が勝つことが決定してるなら、「戦わざるをえない状況に追い込む」までできれば「どう勝つか」は描かなくてもいい、だってめだかちゃんは勝つんだから…という事かもしれないw
GiGi >> アゲインの女の子いろんな意味でかわいそすぎる。
LD >> メタな発言はしたけど、作者の化身ではないと思うよ。『メタキャラクター』である事は期待しているけど。しかし、勝つ方法…それ以前に何が勝ちなのかも分からない。つまりオチが見えない状態ではありますね。その意味で「これからだ!」エンドは納得するものがありますが…。
LD >> あ、しまったw何か勘違いしましたwサンデー行きましょうw
GiGi >> 先週書き忘れた小ネタ。GEのサブタイトルが「アゲイン」だった
GiGi >> おやサンデーかw
LD >> 【めだかボックス】、安心院さんは敵とか味方とかというより、QB的に観ればいいかもしれませんね。つまり、何をすれば彼女が満足するか?を考え、成せば、彼女は自然と去る…はず?w
GiGi >> ビーブルーズ間を置かず時間を進めたのは良かったですね次週どうなるかドキドキです。
LD >> 『武勇伝』は、典型的に、長期連載を終えた作家さんの大名ネームになっていると思います。まあ、それでもいいのかもしれないけど、この事件の顛末までを3〜4話くらいで済ませて欲しいとは思う。
GiGi >> ランナウェイが速攻で連載終了>他誌移籍でビックリしたw
LD >> 『銀の匙』は銀の匙が食堂に出てきましたけど、まだ何のことか分かりませんねえw
カルマ >> 「ビーブルース」時間を飛ばしたのは良かったですね。龍の姿はどうなるか…?
kichi >> 「武勇伝」についてはじめて触れるわけですが、萌花ちゃん期待な作品であるのは間違いないんですが……ぶっちゃけキャラデザがいまいちな気がするw 髪型も中途半端だし、目がなぁ、な〜んかイキイキして見えない形してるんだよなぁ……(´・ω・`)
カルマ >> 「武勇伝」僕も同様に感じました>3話くらいまで
カルマ >> 「ランウェイ」は最終回っぽい描きだなーと思ったら本当に終わってポカンw
GiGi >> 銀の匙は堅調。というよりみっちり詰めてきてますね。18Pでこの密度はさすが。
LD >> 【銀の匙】あと、まあ、もうちょっと彩りよく行こうよ。タマコさんとか出してないで。(´・ω・`)
kichi >> 「銀の匙」は面白いですけど地味ですねぇw サンデー的には素直にファンタジーを連載してもらった方が良かっただろうに……w
カルマ >> 「銀の匙」はなんか「りんね」をもう一個増やしてどうするのとw 面白いんですけども。
LD >> ああ、なんか不思議ですよねえ…?>目がなぁ、な〜んかイキイキして見えない形 |満田先生の描く女の子好きなんですけど、な〜んか萌花ちゃんは、萌えないんですよ?(´・ω・`)
kichi >> 「ケンイチ」は美羽パパ登場かぁ……(`・ω・´;)ゴクリ
カルマ >> 作者の実体験に基づいた描きがあるので面白くならないはずがないと思うんですが、それと華があるかは別ですよねー…>銀の匙
LD >> 本来、サンデーだから週刊でやれる連載という気もしますけどねw>『銀の匙』 今、サンデーが荒川先生に求めているものは、これじゃないかも?とか思いますよねw
kichi >> 黒目の割合が大き過ぎるのかなぁ……?私もも一つ萌え切らないのですよね。性格や言動自体は好きな感じなんだけどなぁ……>萌花ちゃん
GiGi >> 題材はサンデーのほうから持ちかけたらしいので何も言うまいw。ハガレンの次にこういう話を描きたくなる気持ちはわかる。
LD >> 『神知る』は、かのんちゃんの冬眠が長期化しましたね。
LD >> > 題材はサンデーのほうから持ちかけたらしい|あ、そうなんですか?w
カルマ >> ビジュアルは僕も全然好みじゃないですね。性格とかは凄くいい>萌花ちゃん
GiGi >> 田辺イエロウ先生には次回作はガチの少年漫画描いてほしいですね。
GiGi >> 毎週情報開示は最低限のノルマかと思うのだけど、まあ大名ネームですね>萌花伝
LD >> 【神知る】あと、ちょっとハクアが動いた……って、この作品、桂馬が落ちるイメージが全然わかないなw問題な程w
kichi >> 「神知る」は……なんかちょっと様子見モード。いろいろ気になる点多くて良いのですけどね……。
LD >> ネームが悪いワケじゃないですよ。むしろ円熟している。…でも、だからこそ問題なんですよね。>大名ネーム
LD >> 『ビーブルース』ですが、中学生編でとりあえず得ている情報はまだ龍はまともに歩け無さそうな事ですね。じゃあ、彼は何をしているのか?
LD >> あと、優希ちゃん、耳を隠すのはマズイなw顔が丸く見えるよ?w
kichi >> 「ビーブルース」は……、まぁ、うん(´・ω・`)しかし優希ちゃんがなんか地味な感じになっちゃってるのは問題だなぁ……。
GiGi >> 優希ちゃん丸いよねえ。まあ動かせば印象変わるかも知らん
LD >> 『ムシブギョー』は、火鉢さんと仁兵衛が交差してハチを斬る画がすごくいいなあ!w
GiGi >> サンデー言うことないな〜あ。ハヤテが初期ハヤテのようだった。
LD >> …ねえ?でもまあ、GiGiさんの言うとおり、動かせば印象変わるかもしれませんねw>優希
kichi >> あ、ちなみにどのくらい時間経ったのでしょうね?まだ歩くの時間かかるってことは、さすがに中学生だろうとは思いつつ……さて>ビーブルース
LD >> 『キングゴルフ』、遠くに正確に飛ばす必要があるゴルフにおいて、真っ直ぐ飛ばす事の意味は大きいよね。ホントに。けっこうゴルフマンガでは、あまり注目されていなかったポイントだけど。
kichi >> 「ムシブギョー」順調ですね。火鉢さん案外あっさりデレたというかw、ま、さっぱりとした切り替えの早さが好印象ですねぇ。
LD >> 小学生編が小学6年で、新章はまだ中一と観ていますけど…。中二でぎり。中三で歩行困難だとちょっと復帰は厳しいですね。
kichi >> 「キングゴルフ」、ほんとそうですね。>真っ直ぐ大事   ……しかし、スコアでは負けたけどキャラ格的には完全に蒼甫が勝ってるって感じの描写をして勝負終わっちゃったんですが、これで良かったのかなぁ?ってとこはちょい引っ掛かるなぁ。
LD >> 『マギ』、この兄弟王に何があったかは、オマケマンガかな?
ハラルヤ >> アニメ『放浪息子』の話して田野かああ
ハラルヤ >> アニメ『放浪息子』の話して田野かああ
LD >> 霞見くんは、後付で、『あしたのジョー』の力石か、『F』の聖みたいな位置に行ってもらいましょう。(´・ω・`)
ハラルヤ >> アニメ『放浪息子』の話してたのかあ、加わりたかった。おはようございます。
kichi >> 「ハヤテ」なかなか楽しかったです。
LD >> まあ、アブマド兄さんが妙にカッコいいw何か要所で再登場ありそうですねw
LD >> おはようございます。>ハラルヤさん
LD >> おはようございます。>ハラルヤさん
カルマ >> (多重投稿返しだと…)
LD >> 『ランウェイをプロデュース』終わりだったんですねw
kichi >> 「マギ」アブマドがなんだか悟りを開いたかのような変化ですね?w ……しかし、ダンジョン攻略には物語的展開は何かあるのかなぁ?
カルマ >> 「マギ」兄の変化が意外というか、もっと時間がかかるかと思ったのですが…ふーむ。
GiGi >> 放浪息子はネット配信待ち
LD >> 『はじめてのあく』は、ネーム運びとしてはいい感じなんですが、やはり新世界という連中の恐さや強さを感じていないので、なかなか乗りきれないといか、絶望感→解放まで辿り着けなかったです。
ハラルヤ >> デリートとエンターを間違えちゃった。>多重投稿
LD >> マガジン行きましょうか。
kichi >> 「はじあく」はシリアスというかキツめの描写をしてきたわけですが……、これやるなら先週ジロー出さない方が良かったんじゃ?とか、いろいろあまり巧くない感じですねぇ……(´・ω・`)
LD >> 『AKB49』は、これで来なきゃ確かに男じゃないですねw……というか。この場に立てなかった吉永の落選は確実なんですかね?そうじゃなかったら行くしかない気もしてしまうんですが。
カルマ >> もうジローが来るだろうことは読めてますからねぇ…>はじあく
kichi >> 「アラゴ」もなんか急展開?(´・ω・`)終わっちゃうの?
カルマ >> あ、そうそう、「アラゴ」もなんか終わりそうですよねぇ…んーw
LD >> キツめの描写はいいんですよね。もっとキツくてもいいくらい。素人がヒーローごっこに手を出したしっぺ返しがあっていい。(彼らはそれは分かっていただろうけど)でも、新世界のある種の恐さがどうも…。あの二人が登場したシーンは怖かったけど、後の展開で打線が続かなかった感じです。
LD >> 『アラゴ』も『ディフェンスデビル』も終わりっぽいですね。終わりの季節ですね。(´・ω・`)
カルマ >> 「AKB」は順調というか。
GiGi >> AKBはここがクライマックスなのかな。ちょっとこの先が想像出来ない。
LD >> 【AKB49】あと、みのりが帰ってきたら、岡部は殴るといい。(`・ω・´)
カルマ >> 「アゲイン」の女の子は戻ったのが分かってていきなり彼に絡んだら素っ気なくされてもしょうがない。温度差を感じた段階で誤魔化せばよかったんだけども
GiGi >> またすぐに会えるよきっと。クラサンとかで。
kichi >> 「AKB49」は思ったより決断遅いですねぇw あの電話でも行かないとなると、吉永に直接促されるしかないかな?(´・ω・`)
kichi >> 「むろみさん」は実にらしいオチで良かったですw
LD >> 【AKB49】とりあえず連載始めた時に射程としたクライマックスはここでしょうね。この先もあるとは思うけど、どういう展開かは分からないですね。
GiGi >> フェアリーテイルあっさり解決したー!wさすが真島先生。
ハラルヤ >> 『めだかボックス』安心院なじみのキャラが濃すぎて、そいつと並び立てるキャラが想像つかない。不知火半纏 ただそこにいるだけの人外って書いてあるし、ほんとうにそこにいるだけの背景担当キャラなのかもw善吉君も『何か』とか言ってるし、ただの「人外」ならロボとか?
LD >> ああ…そういえば吉永は“秘密の共有”ができるか?…しかし、ほとんど公然の秘密という気もw
GiGi >> ゴッ輝も仕上げかな?まだ何か描き残しあったっけ?
LD >> 『ヤンメガ』、ようやく足立さんに話がふられたwまさか、本当に忘れていたんじゃ……(汗)
ハラルヤ >> 『グリム』他人の母親だから無責任に言えるけど、イソッペママ可愛い。イソッペ的にはきつそうだけど。
kichi >> さすがにそんなことはないと思いますがw でも確かに凄い放置っぷりでしたねぇ……w>ヤンメガ足立さん
カルマ >> 「絶望先生」さすがの時事ネタ。
カルマ >> 「フェアリーテイル」ねじ伏せましたねw
LD >> 『アゲイン』は、この女の子の浅慮とはいえ、これでかつて得ていた望んだ未来を失ったのだとしたら、ちょっと残酷な話ですね。
LD >> 『エアギア』は、この熱気のままオニギリに勝たせてやりたかったんだが……さすがに相手が悪かったかな?w
カルマ >> 違う道を通って同じ未来にたどり着くのか、別の幸せを見つけるか、どちらにせよ展開の幅が広がっていいですね>アゲイン
kichi >> まぁ、さすがにそういうわけにもいかないでしょうw……とも言い切れない作家性ではあるんですけどねw>エアギア
カルマ >> 「ガマラン」陣介の目的と行動が一致してませんよね。強くなったガマと戦いたいなら「城で待つ!」もわかるけど、大亀流を殲滅するのが目的ならわざわざここで城に戻る理由がない。
LD >> 『君のいる町』は……浅倉さんを、かんたんに、片付けるな!(`・ω・´) なに?この作者との温度差?逆に怖いよ?w
kichi >> 「君町」なー(´・ω・`)
カルマ >> 「君町」これで、しかも凛ちゃんとつぶやく程度のタカシの本気度でw 浅倉さんが片付いたと思うなら瀬尾先生マジでどうかしてる。
LD >> 『このかの』の松本くんって、けっこういい男っぽいよね?(´・ω・`)
kichi >> 「ガマラン」は、すでに1年待ってるわけですし、単純に殲滅したいだけってわけではないのでしょうw でもま、正直1年待つと決めた時点でちょっともやっとした感覚はありましたねw 深く考えずバトル内容を楽しむのが正しい作品なんだとは思いますw
GiGi >> このかのはまた不思議な展開ですなあ
LD >> 『ベイビーステップ』は「そんな小手先ばかりに頼っていると、お前のテニスは本当に伸びなくなるぞ」という難波江くんの言葉がすべて。でも、高木くんが難波江以上に練習量を課してきた事、何としても難波江くんに勝ちたいという姿勢には意味がある。…でも、その努力の方向が悪いと「お前のテニスは本当に伸びなくなるぞ」も本当の話。
kichi >> 「このかの」松本くんは結構いい男っぽいですね……(´・ω・`)しかしミチルちゃん上げなターンなのかな?
kichi >> 「ベビステ」は正にそれですね。
カルマ >> 「このかの」嫌いになれません、の話でミチルの重みは十分描かれたという認識ですが…松本くんはどうするつもりかしら
LD >> 『ブラマン』とりあえず、今回死んだ響は、あれですね。前に出たそっくりさんズですね。
LD >> 『GE』は、なるよ〜に、な〜れ!(`・ω・´)ノ
kichi >> ちなみにミチルの成長可能性に関して、たぶん“ノートに書いてなかったことを憶える”ことは出来る(料理のレパートリーも増やせる)だろうと思うんですが、ノートに書いてあることを書き換えることは出来ないのかな?という印象ではいます。
カルマ >> ですね>そっくりさんズ
LD >> 『ネギま!』の劇場版って、この魔法世界編、全編なのかな?
かんで。 >> おはようございます。クラシコの前半終わったので寄ってみました。
kichi >> 「ブラマン」はそんな気はしてましたがやはりクロン響たんなんでしょうね。……ただ、黒幕の見当がつかないのが怖いところ。本物響たんという可能性もありうるかなぁ……?でなきゃ総理とか?w
LD >> つまり、ユーリが「他の料理は作れない」と書いていたら、アウトだけど「オムライスが作れる」とだけ書いてあったら、他の料理も作れるって事ですね。
かんで。 >> 『エデンの檻』は島の全貌が見えつつある? フェイクかもしれないですけど。
LD >> いや、とりあえず黒幕Jだと思いますけど、響が既にJの制御下にはいっている可能性は充分あると思いますね。
LD >> おはようございます。かんで。さん。
kichi >> ですね。でないと、厳密に考えると、例えば“文芸部の部員と知り合いである”なんては書いてないはずなんで、永遠に知り合いとして憶えることすら出来なくなると思うので。ただ、「嫌いになれない」を重く受け止めればやっぱ書き換えは不可能なのかなぁ?と。
LD >> やあ、地図を見る限り、作られているオブジェに一貫性がなくて…なかなか、謎が一本軸につながらないですね。>『エデンの檻』
かんで。 >> 『ベビステ』の高木くん、何でもやる、をトッピングにするぐらい本来のテニスの技術を磨けばチャンピオン級なのですが、分水嶺にありますね。
LD >> 嫌いには絶対にならないでしょうね。ただし「他の人を好きにはならない」とは書いていないかもしれませんね。そうなるかどうかは別として。以前も言いましたが、僕はユーリは責任を取らないといけないと思うんですよね。
かんで。 >> そうなんですよね。筋道が構築できない。情報を出さなすぎかなぁ、と思ったり。終わってみれば綺麗につながるように考えてはあるんでしょうけど>エデン
kichi >> 「エデンの檻」はまだ明確な予測を立てることも出来なそうですねぇ。……このおっさん二人も謎過ぎる……(´・ω・`)もうちょい解答に繋がりそうなヒントが欲しいなぁ
ハラルヤ >> かんで。さんおはようございます〜。
LD >> 高木くんの、こういうの何て言うんでしょうね?「目的と手段を履き違えている」じゃなくって?「目的と経過」を間違えているんですよね。難波江に勝つことは最終目的じゃないはずで、でも、難波江に勝つ事に気持ちが奪われている。
かんで。 >> 『エアギア』オニギリいいキャラになったなぁ。当初は単なる失敗キャラだと思ってたけど。しかし、アイオーンが相変わらずかっこよすぎるw
LD >> 難波江に勝てたなら、このやり方は正しいとさえ思ってしまっている。それは難波江が言うように本当に伸びなくなる。…ちなみにえーちゃんが勝ってもこの問題は解決しないけどw>高木くn
LD >> カズがすっかりアイオーンの弟子なんですよねwでも、いいコンビです。イッキよりいいw
かんで。 >> そうですね。高木君は、「本来使うべき足を、君は既に使ってしまった」テル状態になる、というか、もっと長期的な話なんだけど、近視眼になって失敗するパターンに入っている。
LD >> さて、そろそろ一番を決めようと思います。
LD >> チャンピオンは『ハンザスカイ』と『ちぐはぐラバーズ』ですね。
かんで。 >> カズが地味地味、と言われながらかっこいいんですよね。天上天下もそうですけど、この作者の作品は主人公以外がかっこいいなぁ。主人公以外がw
LD >> ジャンプは『バクマン』……か?『めだかボックス』……か?
カルマ >> 『ネギま!』の劇場版<OADで闇の魔法取得まではいってるので、そっから先ですね。何か「企画」を仕掛けようとしているらしいのですけどね。
kichi >> チャンピオン……「てんむす」か「キガタガキタ」か「ちぐはぐラバーズ」かな。……んん〜、「キガタガキタ」で。
カルマ >> チャンピオンは「ちぐはぐラバーズ」。
カルマ >> あ、「キガタガキタ」もいいですね
LD >> 大暮先生の主人公って、どうして“ああ”なんでしょうね?妙にニュートラルというか“主人公”という属性のままで、他に特に付加されてない感じなんですよねw
カルマ >> ジャンプは「めだかボックス」でしょう。それと、アシタバくんと鈍さん…いえなんでも
kichi >> ジャンプは…………「めだか」か「逢魔ヶ刻動物園」か「バクマン」か……。「めだか」で。
かんで。 >> チャンピオンはパス
かんで。 >> ジャンプはめだか
LD >> サンデーは『ビーブルース』がずっといいのですが……今週は『ムシブギョー』かな。
GiGi >> 今週は決め手に欠けるが、キガタ、バクマン、フェアリーテイルあたりかな。フェアリーテイル推し
カルマ >> サンデーは…特に無し?
LD >> マガジンは……む。特にないな?『アゲイン』かな?
かんで。 >> サンデーもパスです
LD >> あ、『フェアリーテイル』も良かったですね。
kichi >> サンデーは、……「銀の匙」か「ビーブルース」か「キンゴル」か…………。うう〜ん、「ビーブルース」かなぁ?
カルマ >> マガジンは「絶望先生」ですね。
かんで。 >> マガジンは……パス(汗)
GiGi >> それかカギューちゃん。
kichi >> マガジン………………無いなぁ(=゚ω゚=;)それでも敢えて挙げるなら「エアギア」か……?
LD >> 『ハンザスカイ』か『ちぐはぐラバーズ』か『ムシブギョー』か『フェアリーテイル』でしょうか。
かんで。 >> ジャンプはドイソルもよかったですね。
LD >> 『エアギア』は
LD >> 『エアギア』は、先週のオニギリ勝てるかも?が良かったですね。
カルマ >> おろ、めだかが落ちた>でしょうか。
LD >> 『ドイソル』は堅いですねw
kichi >> 先週の方が良かったのは確かですねw>エアギア
LD >> 『ハンザスカイ』か『ちぐはぐラバーズ』かな。
かんで。 >> 確かに先週の方がよかったかも(^^>エアギア
LD >> 『ハンザスカイ』にしましょう。多分、この物語、決着が付く時よりも、こうやって泣かせて盛り上げる所の方が見せ場だと思います。
kichi >> 「ハンザ」はいつもの良さの範疇って気はしたので、どっちかというと「ちぐはぐ」を推したいですかね。
カルマ >> 「ハンザ」は何時も通りかなぁと…その2つなら「ちぐはぐ」っておっと
kichi >> おや、「ハンザ」ですか。ふむ。
LD >> 『めだか』は、情報は詰まっていたんですが、安心院さんとどう闘うか?という解法の方に注目したいですね。
LD >> ふむ。では『ちぐはぐラバーズ』にしましょう。
かんで。 >> その2つならちぐはぐかな……あれw
カルマ >> ううむ、それはたしかに>解法に注目
LD >> 『ちぐはぐラバーズ』にします。
カルマ >> ええと、どないやねんと
かんで。 >> 鈴木さんのキャラは立ってるよなぁ。と。
カルマ >> えっと…何か「ハンザ」でLDさんの押す意見ありますでしょうか?
LD >> 『ハンザ』はいつも通りっちゃいつも通りなんですけどねwでも、いい形になっていたとは思うんですよね(汗)
カルマ >> ん、もう「ちぐはぐ」で良いのかしら…?何かLDさんの押す理由があるかと思ったのですけど
かんで。 >> 「ハンザ」がいい形というのはわかります。
LD >> いえ、今回、小粒である事が前提なんですが、今の『ハンザ』の一番いい場所が出ていたなという評価です。鈴木先生は僕は変に持ち上げてしまうんで、ブレーキかけましたが、他の人の意見が一致するなら『ちぐはぐ』で良いでしょう。
LD >> それでは、今週もお疲れさまでした。
かんで。 >> まぁ私も鈴木先生好きなので、あれですけど、すごく良かったですよ、爽さん。
kichi >> おつかれさまでした〜。
LD >> ああ、同級生の女の子も良かったんですよね。読切でなかなか、短く、良いキャラを入れてきました。>『ちぐはぐ』
かんで。 >> お疲れさまです〜
ハラルヤ >> お疲れ様でした〜
かんで。 >> ああ、千春ちゃんもいい感じですね。次週は彼女の話っぽいので、それも期待ですね。
カルマ >> お疲れさまでした〜。
LD >> お休みなさ〜
LD >> ああ、そうか『ちぐはぐラバーズ』ってあの姉弟だけじゃなくて、あの子も含むのかな?
かんで。 >> おそらくそうでしょうね>ちぐはぐ


■■■■2011年04月21日■■■■
LD >> 【今週の一番】チャットは4/23(土)25:00開始予定です。 http://www.tsphinx.net/manken/chat/chat.php


■■■■2011年04月24日■■■■
LD >> ちょっとラジオ続けています。すみません。
ハラルヤ >> 一番乗り宣言しようと思ってたら先を越されたっ!!さすがLDさん、そこにしびれる。あこがれる。
kichi >>     ……明日は出社しなきゃなので、この分だと今日は参加できないかも……?(´・ω|というか、3時には寝ますです
GiGi >> おやまだラジオ中
ハラルヤ >> ルイさんはツンデレ
LD >> \(`・ω・´)/すみません!
LD >> 今、ようやく終わりました!お待たせしました!
ハラルヤ >> LDさんルイさんラジオお疲れ様でした!
LD >> 今日は、ジャンプからでしょうか。
LD >> ハラルヤさんも、長時間お疲れさまでした!(`・ω・´)
ハラルヤ >> もう観念して3時間2セットをデフォにしましょうw
LD >> 短くやりたいんですよw 体力使うし、短くやる意識を持たないと冗長になってしまいますしねw
LD >> さて、ジャンプから行きましょう。
カルマ >> タイバニとドッグデイズ観るのであんまりいませんw
LD >> 『べるぜバブ』は、アニメ化して好調なのんかな?まあ、復活したヒルダさんはカッコよかった。けど、何かかなり張り切ってるな?
カルマ >> 男鹿の影響?ってのが、つながりがなさすぎてちょっと>べるぜ
LD >> そうですね。むしろ、ヒルダが微妙に男鹿を気にしていたという事が、ここで明かされているのでしょうけど…どうなんでしょうねえ?
kichi >> ……まぁ、復活ヒルダさんがカッコよかったのに同意しつつ、男鹿の影響?っていうのに首を傾げるばかりだったのも同意ですねぇ(´・ω・`)
LD >> 『ワンピース』は、かなり空島編?みたいな大きな過去話に突入していますね?
LD >> kichiさん、すみません。駆け足目でいきます(汗)
kichi >> 「ワンピ」はここで魚人過去編をガッツリ描くんでしょうかねぇ……。2年後ルフィ一味の成長をもうちょっと実感してからが良かったような気分はありです。……とはいえ、過去編の内容自体は興味深いので楽しみですが。
ルイ >> おはようございますです(前田亜季ボイスで
kichi >> あー、いえまぁ。……でもマジで3時になったら寝ますのでw 以前頑張ったとき懲りましたw
ルイ >> すげぇ!kichiさんの「…」に物凄く反省させられる!w
ルイ >> 【べるぜバブ】は、うーん?と。ヒルダの強くなっていく積み上げがないので、コメントがし辛いなぁ。例えば男鹿をずっとシバキツッコミし続けているけれど、アレこの間男鹿って強くなっていってるのにダメージは均一なの?なんて下地があるならまた違うのでしょうが。
kichi >> 単に間を取るのに使ってることも多いですがw>…
ルイ >> 多いですが、今回は違うと(ビクビク
LD >> 『バクマン』の中井さんの扱いが、七峰くんより酷いですね。これって物語に復帰させるつもりなんでしょうか?
ルイ >> 【ONE PIECE】は、2年による折り返しが本当に折り返し以上の意味がなかった事にオドロキつつ。あれですよね。MSの型が古くなってきたから何年かすっとばしましたくらいの感じで。
kichi >> 「バクマン」、大場先生は中井さんになんか恨みでもあるのか?ってくらい酷いですねw
カルマ >> 「ワンピ」長くなりそうな過去編ですねぇ。うーん
ルイ >> 【バクマン】中井さんと平丸さんのバトルで、平丸さんなり中井さんなりが手を怪我しない事を祈っています、というか怪我させた反省に平丸先生のアシに入れば万事解決なのか?←
LD >> 『マジコ』は、他の三賢者を入れて、展開の幅を含めてきて、よいですね。…あと、けっこう『トリコ』みたいな世界?
ルイ >> kichiさんの指摘に頷く所はあって、ONE PIECEはまだルフィ海賊団の方を掘り下げていない、キャラ余剰がある状態で過去編つきの長編を始めているのですよね。空島の時はグランドラインからこっち色々あったので当然なのですが、ここでこういう描きをするという事は、本当に強さ調節くらいの意味合いしかなかったのかな、と。
GiGi >> 中井さん、平丸先生とコンビ組めたらほっとしますね。
ルイ >> 【トリコ】は構造的にかなり無敵感があるので、マジコにそこまで射程を…あ、ああ、世界がですか。
kichi >> 「マジコ」はLDさん待望の強敵君登場ですねw いい感じなんですが、ただ、なんでこのタイミングで差し込んだんだろ?ってのは若干気になったかも?w
LD >> いや、そこですよね?どういう着地をさせるにしろ、こんな酷い人を復帰させるのが、楽しい展開ですかねえ?でも、退場させるなら、もっと静な方がよく思えるし、いろいろ不思議です。
ルイ >> 中井さんは素直に田舎からまんがタイム系漫画を投稿しようZE。
ルイ >> バクマンって、要所要所で熱血ジャンプ漫画に回帰しますからね。その視点でいけば、このバトルで敗れた(強いのは体重的に中井さんなんだけど)側が勝者を称える展開はある。ここでタッグまでいくともう一歩先に熱血漫画だけどwまあ射程範囲内。
LD >> 平丸さんのアシというより、他誌でデビューしていた萌え絵のあいつ(?)とかのアシがいい気もする。
ルイ >> まさにまんがタイム系…w
LD >> 『ブリーチ』は死神の力が戻るのかな?
ルイ >> 【NARUTO】は最初に認めてくれた先生とのリアルタイムの絆の重さがあるので、ちょっといい話〜なのですが、言葉のセレクトがもうちょい何か無いのかなと。
LD >> 『戦国ARMORS』は、すごく「パーリーをはじめようZE!」って感じだけど、いいと思う。(`・ω・´)
kichi >> ……う〜ん、そうですねぇ。平丸さんと組めたら確かにそれなりに安定しそうなイメージはあるんですが……、正直もう復帰してくれなくていいよと思ってるくらい酷い描き方ですからねぇ……(´・ω・`)つか、平丸さんと組んだ場合も蒼樹さんのことを考えるとやっぱ不安は払拭できないかな
ルイ >> 【戦国ARMORS】小十郎とパーリーしようZE。
kichi >> 「トリコ」はスタミナゲージを導入したのは足引っ張らないかな?というか、あまりにも制限感が強くなるのはどうかな?と若干不安ではあります。
ルイ >> まあ、中井さん女で身を崩してるので(自己責任ですが)女に救済されるくらいで美しいのではないでしょうか。
kichi >> ゆりたんは平丸先生のものですよ?(´・ω・`)そこは譲れない
ルイ >> 【トリコ】のスタミナゲージというかカロリーは確かに、たまーに「残りこれしかないぜ!」という使い方の方が作劇は絞らないのですが、一方で逆算の面白さみたいなものも読み込むと出てくるのでしょうね。難しい所ではある。
kichi >> 「黒子」、おや、赤さんは悪い人っぽいですね。へぇ。黒子の奇跡メンバとのわだかまりも赤さんとのことが最大要因っていうことにするのかな?
ルイ >> 別にゆりさんをあげなくてもw一言で救済される程度にバカなのが、女で身を持ち崩すバカのありうべき感覚かなとw
LD >> でもなあ…?救う気にならないくらい荒れている気がするんですけど、大場先生の中ではこれが許容範囲内なんでしょうか?
ルイ >> 僕は結構ジャンプ漫画的な楽観を持ってるけど、ギギさんは僕以上にそういう視点なのではないかな。
kichi >> 一言で救済されるとは思えないくらい酷い描かれ方なので……、ちゃんとカノジョが出来ない限りゆりたんの身の危険への不安は払拭できないと思うので……。
GiGi >> そう言えばSQの武富健治先生の読み切りが中井さん過ぎた
ルイ >> 【黒子のバスケ】んあー、残りのキセキ、金剛阿含なのね。んあー(たれ蔵ボイスで)
kichi >> 「いぬまるだし」はいつも通り面白かったです。いぬまるくん出てなかったけどw
ルイ >> 【いぬまるだし】は素晴らしいですねえ。
ルイ >> 焼肉つつきながら教育論と争奪戦がリンクするシチュエーションでの使えるセリフを考えて、そこに繋いでる感覚なのかな。いぬまるくん出てないけどw
ルイ >> 【めだかボックス】最初に通り名で呼ばれた人達、せめてギリギリまで耐えたけどダメだった…といった描きを入れた方が、残った人も映えるように思わないでもない。しかし今度は犯人あてゲームか。
kichi >> 「ドイソル」も順調に面白いのですが、やっぱりちょっと地味ではありますね……(´・ω・`)う〜ん、人気出すにはもう一歩華が必要そうだなぁ。
カルマ >> 「いぬまる」面白いですねぇ
ルイ >> くそう、先週いなかったからSKET DANCEと銀魂のコラボ意味ないよねそれ意味ないよね的な指摘が出来ないZE。←してる
ハラルヤ >> 『めだかボックス』不知火半纏の安心の背景っぷりwこのままずっと後ろ向いててくれ。
ルイ >> 彼【刀語】のエモンザエモン思い出すんだよなあw>不知火半纏
kichi >> 「めだかボックス」は後継者育てかぁ。ふむ。めだかちゃんの“主人公力”がカギだとするとそれは本当に有効なのかなぁ……?と最初思ったのですが、ジャンプマンガの代表格とも言うべきDBで完全ではないにしろ割といい感じに継承がありましたし、古いしスポーツものじゃちょっと違うかもしれないけど「キャプテン」なんかで普通に継承したりもあったんで、“ジャンプ作品”という括りでそれはアリ……ってとこは計算内なんでしょうかね、やはり。
ルイ >> DBって継承失敗作品の代名詞ちゃうんかw
ルイ >> 【エニグマ】の全員の能力ドッキングパートは、最初からエニグマさんが全員の能力のチェックの為にやっていると思っているので半笑いしか出てこないのだけど、そう思わせないで(つまり、謎にワザとらしさを感じさせないで)ここに至ったのなら現代的な作劇と言えたのかもしれない。
カルマ >> 間髪入れず後継者に行ったのはいいですね>「めだか」  DBは結局並列化しちゃったんちゃうん…?
ルイ >> 並列どころか、あれはもう時代の勝者に兜脱いだ作品ですよね?w
kichi >> いやまぁ、あのレベルでも継承できればとりあえず安心院さんの障害にはなるだろうというかw
GiGi >> マジコは野生娘ちゃんのパーティー入りはかなり良いんじゃないかという感触
ルイ >> いや、多分めだかちゃんが一日生徒会長として戻ってこないといけなくなりますよ、DBだとwまあそれはともかくとして、システムではなく生徒会という一部の個人の力で恒久平和を目指すのはかなりの夢物語感がありますね。
ルイ >> マジコは擬似家族感が出てきて良いですね。
ルイ >> …LDさん寝落ちしてるんだろうなぁwまあ、サクサク行くけどw
kichi >> 私も野生娘ちゃんはかなり好感触ですね。個人的にはあまりハーレム化してほしくはないんで、基本的にはエマに懐いてな家族感なのがいいです。
ルイ >> ハーレム化するとラノベですね、という見立てもあったのだけど、擬似家族化されてもそれはそれでもラノベ的で宜しいw
ルイ >> 【逢魔が時動物園】終わりました。最後までやりきった感はあるかな。さて、保健室の後ろ備えがなくなったぞ?W
kichi >> それはそれでアリというか、むしろ望ましいというかw>>めだかちゃんが戻ってくる
LD >> いや、すみません。
LD >> ちょっと別のメール書いていたので(汗)
kichi >> 「逢魔ヶ刻動物園」終わっちゃいましたねぇ……(´・ω・`)まぁ、開始当初の感じから言えばかなり頑張りましたね。段々良くなってただけに残念感もありますが……、まぁ。
LD >> 『めだかボックス』の後継者を育てるは、ロジック上は正解なのですが……少年マンガ的カタルシスの中にそれを組み込めますかねえ…。
ルイ >> バクマンとは角度違いとはいえ、めだかも敢えて一周して往年ジャンプ漫画志向してるところがありますからね。めだかちゃんが輪っかつけて(つけんでいい)戻ってくるのは、それはそれでアリだなあwひどい話だがw
LD >> 『逢魔ヶ刻動物園』は段々とよくなっていったのですが……。まあ、やりきったという感じでしょうか。
ハラルヤ >> めだかちゃんが留年すれば良いんですよ。
ルイ >> それ、留年って言葉は可愛い(そうか?)けど、世界に英雄の人身御供を求めてる話だからなあ。
GiGi >> グリムのなりふり構わないてこ入れも良かった。しかしジャンプのギャグ漫画はふるちんになるという不文律が出来つつあるな。
kichi >> さて、ジャンプ終わったとこで寝ますです(´・ω・`)ノシ おやすみなさい
ハラルヤ >> あとは教師として母校に帰ってくるとか。めだかちゃんの子供が入学するとか。特に教師はめだかちゃんと相性がよさそう。
ルイ >> まあ、めだかちゃん自身のモチベーションがそこにあり、何の枷もないのなら勝手にどうぞ、ではあるのですけどね。
ハラルヤ >> kichiさんおやすみなさいっす。
ルイ >> kichiさんにごめんなさいしないといけないよね、LDさんは。←  いやごめんなさいお疲れ様でした。
ルイ >> 漫☆画太郎先生は偉大だったという事か。
カルマ >> 「逢魔ヶ刻動物園」悪くなかったですね。まぁ、いいんじゃないでしょうかとしかw
カルマ >> 「グリム」はなんかこう、ラブコメに舵きってもいいかもと。この作品恋愛だけは茶化してないんですよね
LD >> kichiさん、お疲れさまでした。すみませんでした。
カルマ >> kichiさんおやすみなさいませ〜
LD >> サンデーに行きましょう。
カルマ >> タイムリミットある時はさっさと感想残して去るのも手ですにゃ
ルイ >> 確かに。>書き逃げ
ルイ >> 【ムシブギョー】お春殿いないけど面白い←
LD >> 『ムシブギョー』のこの新キャラは、最初、女かと思ったけど、ちがったw
ルイ >> このムシに博識な将軍の子供は既にいたキャラなのですか?世界を広げる際にも使えそうだし、なかなか良い配置ですね。
ハラルヤ >> まあどうせ3時に終わった試しないですし、ラジオだけの問題ではないと思いますけどね。
ルイ >> 【○が多ければ貴方もオタク!チェック第一問】仮面や体型のわからない格好をしているキャラは全て「実は女」だと思う。
ルイ >> 擁護のようなdisを見たw>ラジオだけの問題ではない
ルイ >> 奉行というシステムで十分様々なシチュエーションに対応できるのですが、将軍家とつながりがあると色々見える景色が増えて楽しいなあ。
GiGi >> 性別明記してないキャラは全員女の子だと思っておいて問題ない
LD >> >将軍の子供は既にいたキャラなのですか?| いなかったと思う。記憶抜けているかもしませんが。
ルイ >> うん。>gigiさん という事は、ギギさんもヤンジャンの最近始まった契約ロボットものの、1話でアルカディア号化した王子は王女だったと未練をいだいている仲間なのですね?
ルイ >> お春殿がムシブギョーに住み込み奉公さえすれば無敵だな(何にだよ
LD >> >お春殿いないけど面白い|ぶっちゃけ、ここからお春殿ピンチだぜ?(`・ω・´) …まあ、普通に対策考えているでしょうけど。
ルイ >> うーん、仁兵衛の朝御飯か昼御飯を担当させてあげた方がいい。市井の情報がつまるめし処ポジションも悪くないのですが、現地妻感はでないしなあ。
ハラルヤ >> バレテーラ>擁護のようなdisを見たw
ルイ >> 【銀の匙】のわざわざ呼んできて…感は、本当にサンデーの編集部が仕事しているのか不思議な気持ちになる良い仕掛け。
ルイ >> 【武勇伝】ロ、ロリコンだー。
カルマ >> 「ムシブギョー」お春殿の扱い難しいですねぇ…手っ取り早いのが店を蟲に潰させて奉行所で保護?w
LD >> 『銀の匙』って、本当にどういう意味?
ルイ >> 店をw蟲にw潰させるww
LD >> このまま行くと、マジ、じゃじゃ馬がグルーミンうpしないか?(`・ω・´)>『銀の匙』
LD >> 酷い陰謀を見た。(´・ω・`) >店を蟲に潰させて
ルイ >> http://oshiete.goo.ne.jp/qa/3196592.html goo先生なら。
LD >> 『神のみぞ知るセカイ』が、今回、いろいろ情報が詰まっていて大満足ですね!(`・ω・´)
GiGi >> イギリスあたりの成句で「銀の匙をくわえて生まれてきた」というのがあって、だいたいそのあたりなんじゃないかなと
LD >> う〜ん……そういう意味なのか?この作品が。(´・ω・`)ぶも?
ルイ >> 【銀の匙】、それこそ志村貴子感やよしながふみ感とまではいかないこの感じ…佐々木倫子感?(動物のお医者さん) いや、グルーミンアップなのですけどw差別化できるのは気になるなあ。
ハラルヤ >> 『武勇伝』中学生であんなスーパーフリーみたいな発想になるのは大人びてはいるけど、超絶馬鹿だな。
LD >> >『銀の匙』
ルイ >> 僕とかギギさんは一話の時点でこの意味を踏まえては語っていたのですが、なんかプラスチックスプーン、くらいには吹いて欲しいですよね。
GiGi >> じゃじゃ馬と違うのは、道が複数あることでしょうね。
ルイ >> 中学生だから、萌花ちゃん相手でもロリコンではないのですよね。でも発想がバカ大学生だから…w
ルイ >> 確かに色々な学科はある。医療もののインターン制みたいだけど。・・・じゃじゃ馬ブラックジャックによろしく?
ルイ >> 【ポケモン】にポケモンが出てきたと思ったら、ポケモンみたいな人間だった。何を言ってるのかわからねーと思うが(以下略
ハラルヤ >> Au(英雄)の話ではないというダジャレだったりして。
LD >> さっき、ラジオで「ちょろいさん」の話をしていたわけですが、ディアナはちょろいなあ…(´・ω・`)
LD >> このスレから目が離せなくなっている。http://blog.livedoor.jp/himasoku123/archives/51620306.html
LD >> ディアナが10年前から慕っているのに、愛で負けるはずがないと言い、それを遮るハクア。なかなか、いい具合に詰まって来ているのではないでしょうか?
LD >> 『武勇伝』はここで、この男に勝てるくらいの感覚が欲しい。
カルマ >> これは超展開…>スレ
ハラルヤ >> その話にみんな食いつき過ぎなんですよwTwitterでもやたら反応があったしw気持ちいいオナニーと言われれば反応してしまう男のさがなのかw>このスレから目が離せなくなっている。
ルイ >> まあ、桂馬くらいギャルゲー経験があれば、幼馴染がガチ強なんていうLDさん的な妄言も吐かないでしょうからね。ボーイミーツガールこそが恋愛ゲームの基本。年数根拠は神知るでは弱い。
ルイ >> 時間を押している理由を作ったのに彩陽さんの動画を貼る事なんて出来ないぞ、僕はwパネェ〜w
ルイ >> 【BE BLUES】2年後、新ヒロイン(小学生時代に試合観てた子?)展開は面白いですね。色々凹みますが。
LD >> 幼馴染はガチ強だよ!(`・ω・´)-3 (←)
LD >> 『ビーブルース』2年後かあ……いい所ついてきたかな?ぎりぎりのラインw
ハラルヤ >> ハクア
ルイ >> 【BE BLUES】優人がサッカーを続けていたのは朗報ですが、描き的に彼が代わりを目指せるレベルでないのは明らかに思える。
LD >> 『マギ』観ていると、いろんな国の服装をすぱっとリデザインしていていいなあって思う。
ルイ >> 【マギ】はアモンのふてくされと同時に、契約数は少なくともそれを極めるという回答もアリだという意見が提示されましたね。という事は、この煌帝國の彼が契約しちゃうのかな。
カルマ >> 「ビーブルース」いいですね。ヒロインの子は高校入る頃には可愛くなるよ…ね?
ルイ >> もう可愛いだろうデコスケ野郎。
カルマ >> 「マギ」総合的な戦力がアップするなら誰が金属器を手にしても良いとも言えますが、どうでしょうねぇ
ハラルヤ >> ハクアは攻略ヒロインでないので桂馬と真の意味での恋愛が出来るという強み。エルシィは妹に徹してるし、ノーラさんもなさそう。このまま一位ヒロインはハクアになってしまうのか?
LD >> また、三人担いでいるモルジアナの勇ましいこと、迷惑というか、バカにすんなの体で「重くありません」と言うのがいかす。
GiGi >> 優希ちゃんが可愛すぎていきるのがつらい。あとやっぱり丸い。
ルイ >> ハクアに1位感はないけどw被攻略対象でない事は良いことですね。
LD >> 優希はちょっと地味になったよね…(´・ω・`) ちょっとね。
LD >> ここでハクアの『強み』が出されるのは良い事です。
ルイ >> ああ、モルジアナのキャラの描きはもうつかんでる感がありますね>マギ 女性として扱われ「ドキッ」としがちな所で、彼女は自分の有り様を否定されるようで「ムッ」とするんだ。
GiGi >> デフデビは天寿を全うしそうかな?アラゴはクラサンフラグ
ルイ >> クラサンめえ。
LD >> 「雄大な強者の腕に抱かれているような…」がいいですよねwアリババが「ちがった…」って思ってますけど……違わないよ!(`・ω・´)
LD >> ちょっと思ったけど、終わりたい作品は終われて、クラサンでも続けたい作品はつづけられる仕組みかもね。大抵クラサン行くけど、新規一転したければそれもできる。
カルマ >> あってると思いましたねw>雄大な強者
GiGi >> アラゴと怪体新書を墓地に置いて召喚!あだち充!
LD >> 『キングゴルフ』に、霞見より強い兄が出てきたようですが、これは…。
LD >> え〜っっと?霞見にこの兄を潰させて、霞見の格を上げる?
ルイ >> 霞見もともに山を昇るライバルという視点を与えたかったのでしょうが、やはり皇帝よりキャラは弱いな。
ルイ >> あだち先生、それザワさんやないか…
カルマ >> 霞見ですらプロの中では弱いんだぜ、ってことなんでしょうが、霞見を上げたいのか下げたいのかよくわからなく。>キンゴル
LD >> 『はじめてのあく』は……ちょろいなあ…新世界が。何か、もうちょっと波乱が欲しい気がしますね。呼吸的に。
ルイ >> 【はじめてのあく】波乱も何も大したギミック出せないでしょうし、速度しか求めてないw
GiGi >> ゴールを引き上げる意図はあるでしょうね>キングゴルフ
ルイ >> 強いジローにときめくほど、キョーコのキャラが弱くなっていく感じもあり。>はじあく
LD >> 『BE BLUES』うむ……また、表紙でひどく丸いものを見た。(´・ω・`)
ルイ >> 【ハヤテのごとく】文の等身どんどん下がっていってるよね…
LD >> まあ、もう一つは霞見をさっさと力石化して、さっと退場させてしまうとかね。このまま蒼甫と再戦ならずに消えると、それはそれで格大きくできるよ。
LD >> 『月光条例』はクラサンにいくなら終わると思うよ。
ルイ >> 【月光条例】まあ、もうそんごくうが「見たような…」とか言うまでもなく、本人がアブラカタブラ言うてるんですがw
LD >> 【ハヤテのごとく】まあ、とりあえず、ワタルとサキさんは良い。(`・ω・´)
GiGi >> ハヤテが普通だ。
GiGi >> そろマガ
LD >> 『境界のRINNE』がけっこう楽しく、『らんま』的に世界を広げているねえ〜。
LD >> 省略で
GiGi >> AKBファン代表先生が格好よすぎる
LD >> 『絶対可憐チルドレン』今回の葵の話は、けっこう良かったです。
ルイ >> そろマガかな。
LD >> マガジン行きましょうか。
ルイ >> 【AKB49】みのりは、吉永にとっての夢であると同時に、先生の事も思い出してあげてください。そして相変わらずキャラ格を損ねないたかみな先輩。最後のエスカレーターのくだりはワザとらしいですが、だからこそ良いですね。
ルイ >> ファンの声援が途切れたら終わり、というタイムリミット設置も良いなあ。熱いなあ。
ルイ >> 先生のみのりちゃんへの姿勢は、個人的に物凄く理解できるが詳しくは言わないし言うまでもないw
LD >> 『A-BOUT』うん。まあ、朝桐強いよね。
ルイ >> しかし、吉永は満員の舞台に立っていない事になるのだけど、さてどう処理するやら。吉永が正体を知りながら退場し、私生活の理解者になるあたりが落とし所なのかなあ。
GiGi >> 君町は「惨劇が始まるっ」とかアオリ入れたくなる
ルイ >> 【君町】イメージとしては「かまいたちの夜」の初日だろうw
カルマ >> 「AKB」良いですね。声援が途切れたら、はとてもわかる。
LD >> 『AKB49』あの…おっさん……何の役職か、ともかく「あいつは、AKBを捨てたんだ。二度とアイドルにはもどれん」と言っているセリフが重いですね。
ルイ >> 【A-BOUT!】シュガーレスと違い、朝桐はワケのわからない力とズレ具合で皆を惹きつけているなあ。すんなりセンターでやんの。
ルイ >> アイドルでなくなるその瞬間までアイドルを貫く、というのもかなり重たい誓いになってますね。半ば呪い。
GiGi >> すべての黒幕は総理大臣だったブラマンの明日はどっちだ!…しかし最後まで響が偽者かどうか確信出来てないぞ主人公!
LD >> 『コードブレイカー』、桜子にハグを教えたのは大神だったとか…。
カルマ >> 「アバウト」こういう展開のほうが合ってますね、やっぱり。
ルイ >> 【この彼女はフィクションです】ダブルヒロインの芝居か。悪くないけど、キャラを少し増やしにいって欲しかった感もあるなあ。
GiGi >> AKBとは何なのか、アイドルとは何なのかを再定義してくるかもですね
ルイ >> AKBか否かを判断するのは客、という言い方はでてくるかもしれない。
ルイ >> 現実のAKBはちょくちょく卒業があり、その中には足切りもあるのだけど、表現としては「幻想を維持していく力がなくなったら」といった所でしょうか。
LD >> 『この彼女はフィクションです。』は、もう何か、良いね。ミチルもだけど、フーコ先輩もかなりいいキャラで組まれている。
ルイ >> 【GE】もう連載終わったあとゆっくり心の傷を癒していけばいいんじゃないかな(;´Д`)
ルイ >> 【ブラマン】は怒涛のヒキですが、こういう展開を組まれると改めてこの作品は24ブームから生まれたんだよなあ、という事を思い出しますね。
LD >> ああ、僕としてはこのタイミングでキャラ増やし反対……というか文芸部の連中で充分キャラ出ているじゃない。という観点です。>『このかの』
ルイ >> 響に対するファルコンの「裏切ってなくて」の厄さは見事。
ルイ >> 長袖さんが若干展開回せるくらいなので、一枚違う動きを見せるキャラが欲しいかなあ。とらドラの3人をイメージしているのかもしれない。
LD >> 『むろみさん』なんか、たっくんの危機回避能力すごいな。(´・ω・`)
GiGi >> このかのはまあしばらくライトなノリなんでしょうね
ルイ >> 【ヤンメガ】じ、次回最終回だってーーー!!!メガネちゃんの出なさっぷりを逆にプレミアにするには、最終回一点突破というのはアリか!アリだな!
LD >> >【ヤンメガ】じ、次回最終回だってーーー!!!|え?w
ルイ >> 【エア・ギア】アイオーン一瞬かっこよかったのにすぐやられるて。目の前の仲間を攻撃されかけた所からかっさらうなんて、速度が段違い(アイオーン強い)だと思うんだけどなあw
ルイ >> 【ベイビーステップ】ふーむ、1セットでタネ割れちゃったな。この戦い、難波江と戦う前に必要だったの?と言われると若干もにょる。メンタルのもって生き方自体は面白いんですが。
GiGi >> たっくん正解一択すぎてラブコメの主人公にはなれないw
LD >> 『アゲイン』、この部長、強いなあ〜w
LD >> 【アゲイン】、それから暁ちゃんは、順調に失敗アゲインを積んでいっていますね。

MANKEN CHAT(1.1)