漫研チャット
名前:
発言:
[正面] [取扱] [過去ログ]


■■■■2011年04月24日■■■■
GiGi >> エーちゃんはしかし本番で伸びる子だねえ
LD >> 『ベイビーステップ』、井出くんの時もそうだったけど、えーちゃん、対応が正解過ぎて、マジ正解。
ルイ >> 井出くんの時はプレッシャーという状況下で自分のMAXをいかにだすか、という実用性の高さがあったけれど、このシチュエーションはどうなのだろう。まあ、自分から笑う、というのは今後も使えそうか。
カルマ >> 「ベビステ」まぁエーちゃんのメンタル訓練一点のみですね。あるいは高木が格下に負けて目が覚めれば…それも先の長い話だけど
LD >> 『君町』は、先週言ったことをもう一度言うぞ。「朝倉さんを簡単に片付けるな!」(`・ω・´)
カルマ >> 「君町」もう一度言うけどこれで片付けられると思うなら頭おかしい。
LD >> 『エアギア』……アイオーン……カズwwなんだろ?オニギリあんなにがんばったのにw
ルイ >> 朝倉さんは一番可愛いと思うけどオワコン。
LD >> あ、そうだね。ちょっと無理があるねw(=´ω`=) >これで片付けられると思うなら頭おかしい。
ルイ >> ヤムチャが命を賭して呼んだのは天津飯とチャオズだったでござる。>エアギア
ルイ >> チャンピオン。最近こじはるの表紙が多い気がするチャンピオン。
LD >> やぁ〜『ヤンメガ』どうなるんだろう?w
LD >> チャンピオン行きましょうか。
ルイ >> ヤンメガ最終回は、敢えてメガネちゃんの顔を出さずラストのコマで向かい合う手もあるなと。
GiGi >> 弱虫ペダルが完璧過ぎて夢に見るレベル
LD >> ラストの1コマまででなくてもいいねw
LD >> 確かに『弱虫ペダル』が完璧すぎて夢に観るレベルだね。というか意外にして納得というか、よい重ね方をしてきました。
GiGi >> メガネちゃんのメガネだけ出てくるとかどんな銀魂だよ!
ルイ >> 【弱虫ペダル】はねえ。こちらに見せてきた図の通り展開を組むから、オドロキの直後の納得がすごい。
カルマ >> 「ペダル」完璧すぎますね…やばい
GiGi >> いやマジで御堂筋と小野田くんが楽しそうにアニメ語りするシーンを見たような錯覚をしたがどうやら夢の中だったらしい
LD >> 【シュガーレス】「あああんッ!?神楽工業、卜部さんdisってんじゃねええぞお!?かしてんのかあああ?ああ!?」
ルイ >> この展開を読んでいたなんて事はないのだけど、御堂筋と坂道にリンクがある事は読んでいて感じていたのですよね。だから、こういうのが意外と必然のバランスというやつなのだろうな。
LD >> 『王立軍人型兵器2号機』って、エヴァ2号ですよね。
LD >> 「ザク言っているけど…」って話しかけ方がよくって、というか坂道がザクという言葉に反応するイメージを持たなかったのが不覚というか、そんな面もありますw
GiGi >> 小野田くんが御堂筋を引き留めるビジョンまではあったんですよね。いやもう言葉がない。何十年という時を駆ける妄想が走る。
ルイ >> まあ、確かにザクは公約数大きすぎてオタクチェックかけるには博打だよなあw
GiGi >> 御堂筋=ほむら説
LD >> 『バチバチ』、王虎ってもう取り繕えないけど、まだ、外面気にしたままでいくのかな?そのままテレビとかでは通るのかな?
ルイ >> 逆に言えば、ザクでオタクチェックかけるのは普通に考えて物凄くきわどい。その上で声をかけたくなるくらい、坂道の自転車の、戦うレベルにおいて趣味とのリンクをはじめて見出した瞬間だったのでしょうね。
ルイ >> 【シュガーレス】ソーヤングさん以外の2年が格落ち甚だしすぎるww
ルイ >> まあ今回は与崇さんが単純にかっけーですけどね。「征くぞ」つって。彼は組織主義の成功例だからなあ。しかし、どこかに失敗例はいるぞ。
カルマ >> 因縁の流れすら知らないレベルの記者が来てるのが王虎がオワコンな象徴ですよね>バチバチ
ハラルヤ >> 『イカ娘』成人人間女性の分際でイカちゃんと人気で張り合おうとは笑止!
LD >> 『はみどる』、やや、やばいバイトしています。(´・ω・`)
GiGi >> 王虎は文字通りにあらゆる手段を使って這い上がって欲しいですね
ルイ >> 【バチバチ】王虎、まだ体面取り繕える時点でフリーザ風に言うなら「変身」残してますね。
ルイ >> 【はみどる】薄い本が出るぞ。
LD >> 『ハンザスカイ』、あたり前だけど、真鍋キャプテン強いですね。
ルイ >> 【ハンザスカイ】ひたすら誉めそやしながらポイント自体入ってないのがおかしいと思ったんだよーw
カルマ >> かなり長い間触れられなかった印象がありますが、休んだのは一場所だけなんですね。 読者すら忘れる…までいかないけどある種の「今更」感を出したのは彼のオワコンぷりを演出してますねぇ
LD >> 猛虎は案外、外面取り繕う事を強要したりするかな?とか思ったり。
ルイ >> 【バチバチ】記者は全員因縁自体は知ってるんでないかな。本質を知る所は最後の一人くらいでしょうが。
ルイ >> 猛虎に言われて演技とか王虎きゅん可愛すぎるだろ…
ルイ >> 【ケルベロス】親父視点で見ると、かなり救いのない話でござった…。
ルイ >> 景に宿っている人助け感覚みたいなものが、親父の時を超えた鎮魂になるのでしょうけどね。親父自体は普通に「失敗」と言える。ここで法力を学んだなら【うしとら】になったんじゃないかな。
LD >> 『ちぐはぐラバーズ』は、読切なのに、まるで新連載の2話目のような内容。(´・ω・`)
LD >> 親父は救われないですよねえ…。
LD >> >『ケルベロス』
LD >> ミルミル飲んだら強くなる不良は……よいな!(`・ω・´)
カルマ >> 王虎の挑発とか記者はわかってて鮫島dis記事にしてるはずですけど、おそらくそういう「事情」すらもわかってないレベルの記者がきてんじゃないかなと>王虎
LD >> 『囚人リク』が良かった。良かった。良かった。泥臭くてカッコ悪いからこそ伝わるものがある。
ルイ >> 【ちぐはぐラバーズ】ミルミル番長な。LDさんと全く同感で、これ読切の癖に連載のリハビリにしか見えないw
カルマ >> 僕もめっちゃ混乱しましたw>ちぐはぐ
ルイ >> ミルミルは俺にも潰せると思うんだよなあw
LD >> 『てんむす』、部長さんがふつくしいね…。
ルイ >> 【囚人リク】はかなり素晴らしいですね。ヒトコマヒトコマへの気合が凄い。
GiGi >> リクは仲間作り編をねっちりやったのは後々効いてくるでしょうね
LD >> というか『てんむす』、いきなり『ハンザスカイ』メソッドに入ってないか?
ルイ >> よほど編集もノリノリだったのか、柱コメが2P目になっても続いているでござる>囚人リク
ルイ >> 【てんむす】もかなり良いですねえ。部長さんの「いただきます」の見開きに、萌えや色気が混じらず「神聖さ」が出ているのが素晴らしい。
カルマ >> 「てんむす」良いんですけど、もう回想とかやるの?という気分も…「なんのための回想」に近いかしら
LD >> うん。部長の「いただきます」の画像は張っておくね。>『てんむす』
LD >> うん。僕も、もう回想するの?とは思った。
LD >> そろそろ一番を決めましょうか。
ルイ >> 「誰の為の回想?」感はありますね。哲に話してどうするんだとwでもまあ、哲が天子ちゃんに伝聞してあげれば良いのかあ。或いは知る必要もないのかな。基本、キャラが厚くなる分にはいくらでもやれば良いとは思いますが。
カルマ >> 「囚人リク」ここまで描いたら認めざるを得ない説得力がいいです
ルイ >> 【キガタガキタ】次回、三人娘が案外こたえてない展開希望。
LD >> ああ『キガタガキタ』は、三人娘に逆襲して欲しいですね。
LD >> さて、ジャンプ……あ、そういえば『銀魂』が面白かったんですけどね。
ルイ >> ジャンプは何だろうなあ。
GiGi >> ジャンプはグリム、サンデーはハヤテ、マガジンはむろみさんでいいよ。チャンピオンは…言わせんなよ恥ずかしい
ルイ >> なんというセレクトw
カルマ >> ジャンプは…「いぬまる」かなぁ。
ルイ >> 【めだかボックス】【ムシブギョー】【AKB49】【ブラディ・マンディ】【弱虫ペダル】【囚人リク】かな?
LD >> 『逢魔ヶ刻動物園』でもいいな。
ルイ >> ギギさんのチャンピオンは法則的にスーパーバイトJ。
カルマ >> サンデーは…なしかなぁ
LD >> サンデーは『絶対可憐チルドレン』かな。
カルマ >> マガジンは「AKB」…いや「ブラマン」でw
カルマ >> チャンピオンは「ペダル」でしょう。「リク」も良いですね
LD >> ...φ(。。 ) スーパーバイトJと
LD >> マガジンは…『むろみさん』?
ルイ >> ブラディ・マンディの電話のシーンは渾身のシーン組みじゃないかようw
LD >> チャンピオンは、『弱虫パダル』と、『囚人リク』だね。そして、今週はぶっちゃけ『弱虫ペダル』と『囚人リク』のどちらかだね。
ルイ >> フラグ漫画として名高いブラマンにあって、ファルコンは妹に対し「死亡フラグ」を撒き散らしまくるんですよ!なんという神への挑戦!w
ルイ >> 囚人リクかなあ。この先の展開や連載構造に安定感や期待があるわけでもないのだけれど、少なくともこの回にはケチのつけようがない。走ってえー!?とか。
LD >> そして『弱虫ペダル』に斤量をつけるなら、今週は『囚人リク』でしょう。
LD >> 『囚人リク』にします。
ルイ >> おじさん!明日がつながった!ってやっぱり良い言葉だよな。本当「ねえちゃんあしたって今さ」に匹敵する。
LD >> そんな所で、ひゃああ〜、お疲れさまでした。
LD >> 「明日って今さ!」はいいねえw
ハラルヤ >> お疲れ様でした〜
LD >> それでは、今週もありがとうございました。お休みなさい。
GiGi >> Jは今週はイマイチ。主任さん萌えなので…
GiGi >> あ。リクになってた…ううむ。
GiGi >> 異論はないが温度差を感じたwまあ先読みで感動している部分もあるので来週でも問題ない


■■■■2011年04月29日■■■■
LD >> 【今週の一番】チャットは4/30(土)25:00開始予定です。 http://www.tsphinx.net/manken/chat/chat.php


■■■■2011年05月01日■■■■
ハラルヤ >> 25時!
LD >> 25時!
LD >> |三 \(`・ω・´)/わーい!(←何かハイになっている)
LD >> こんばんは。新作のアニメのチェックが滞っているLDです。
ハラルヤ >> ほとんど聞けて無くて恐縮ですが、ラジオお疲れ様でしたー。
ハラルヤ >> あらためましてこんばんは!最近アニメが面白い。ハラルヤです。
ルイ >> 黄金週間の方が仕事と私事と家族事の組み合わせで忙しくなるってどういう事なの・・・今日ちょっとお時間ないので、あとで纏めてダイジェスト気味に書きたいと思います。
LD >> ラジオは1時間半くらいで終わっているので、そんなに長くないから後で聞いてみるといいですよ〜。
LD >> ああ、ルイさん忙しいですか〜。
ルイ >> あ、ラジオですが月曜と木曜の夜なら時間あるかもう。逆に言えばそれくらいしか時間がないw
ハラルヤ >> あ、ルイさん、ゴ〜ルデン!(GWのあいさつ)
ルイ >> あ、ラジオ良かったですね。ちょっと聞きなおしてみたら、案外良い事言ってたw←
ルイ >> ゴルドラン!(GW挨拶
ルイ >> ハイライトによる抜粋も効きがいいので、あとで記事にでもしておこう。今期ラジオがらみは毎回記事にしないといけないなあ。
LD >> ゴルディオン!(GWのあいさつ)……なんかきら星みたいだ。
ルイ >> ちなみに今日は雑誌何からです?先走るにもその順番くらいにはあわせておこうと思うのですが。
kichi >>    ゴルデンワ〜(´・ω|
LD >> 了解。5/2、5/3、5/4、5/5の夜という事で、連絡させてもらいますね。>レイディオ
ルイ >> 月曜から木曜の間、とは言ってないからな!w
ハラルヤ >> kichiさんゴ〜ルデン!
LD >> サンデーからじゃないかなあ〜。なんか適当でいい気もするなあ〜。
ハラルヤ >> 先週はジャンプからだった気がしますね。
ルイ >> サンデーは新連載組が良い風を吹きこんできてますね。銀の匙とポケモンの効きはイマイチなのですが、サンデー史上例がないほど大量に投入してきているので、半分も効けば十分雑誌の刷新イメージは作られてるという印象。特にビーブルース、ムシブギョーの効きが良く、武勇伝もぼくにはちゃんとキャラが物語を持ってきていると思える。
LD >> しかし、ハイライトとして『高梨奈緒の話題』はほとんど聞かれていないのであった。(´・ω・`)
ルイ >> 【BE BLUES】は優れた物語だけが持つ没入感みたいなものを、既に備えている印象すらあるなあ。読んでいて心の前のめり感みたいなものを自分で感じる。かなりスムーズに没入してる。
ルイ >> ああ、僕もまだ聴いてないw>高梨奈緒の話題 放浪息子のトコが良いですよw
ルイ >> 【BE BLUES] yahari
LD >> ちなみに、来週は一番おやすみな!
LD >> (´・ω・`)聞けよ。>高梨奈緒の話題
LD >> まあ、それは、それとして今週の一番はじめましょうか。
ルイ >> 小学生時代の外国監督の孫娘でしたね。二人目のヒロインが道は違えど同じ「スポーツに邁進する少女」である点には、モンキーターンにも通じるw配置のウマさを感じるし、監督のゴールデンエイジ指摘もサンデー文脈的にそのもの「ゴールデンエイジ」というタイトルが既にあるので、そこへのカウンター的な意味で視点が定まる良い発言でした。それこそ田口先生、ゴールデンエイジを読んでアイディアを温めていたんじゃないの、くらいの。
ルイ >> 予め突出した才能があったケースではあるのですが、ゴールデンエイジを棒に振った人の再起の物型なのでしょうからね。
LD >> 『BE BLUES』YAHARI 良いですねえ。
ルイ >> で、そのゴールデンエイジ繋がりで?【最後は?ストレート】も、今回でやっとどういう作品かわかったくらいの印象。元々いびつな才能選択システムには色々なツッコミがありましたが、逆に主人公の数値的な意味での「才能のなさ」を強調する為のシステムだったというわえですね。
LD >> 悪くない設定ですよね。あったものが失われて、それを取り戻すのは、努力の物語だし、かつ底辺から勝利するのも自然になる。
ルイ >> 【ムシブギョー】もむちゃくちゃ良かった。この蟲博士がクラサン時代からの資産ではないというのなら、この作家は本物ですね。
LD >> 『最後は?ストレート』は、逆に、本当に才能がない地点からのスタートになって……いるのか?主人公のフォームのよさは、どこから来ているのでしょうね?
ルイ >> おそらくクラサン時代からあった、仁兵衛の「超ポジティブシンキングで、結果的に意味合いも変えてゆく」部分を友情方面にも活かそうという発想で生み出されたポジションなのですが、同時に将軍の、しかも優れた将軍の息子が持つ鬱屈やらも綺麗に消化した物語にできている。殆ど完璧でないかい。
ルイ >> 数値に測れない部分での「才能」の描きではあるんじゃないかな?でも、それを主張するには現行の眼に見える形の「才能」からは外す必要があった。あからこそMAGIかヴェーダかというクラスの、精度高すぎる謎の才能選定システムを学校が備えていたわけでそ。
LD >> 僕の記憶が確かならば蟲博士はいなかったはずです。…ふふ。確かならな。(←何カッコつけてる)
ルイ >> 【ムシブギョー】月島仁兵衛は、無意識で世界というか既に固定化された関係性や個人の在り方に「認識戦」挑んでますね。戦ってるイメージすらないのがなお強いという印象。LDさんくらいにしか通じないか?w
ルイ >> 【銀の匙】大好評グルーミンアップ中。
ルイ >> 【武勇伝】も、萌花を触媒に主人公も自分の心からの言葉吐けたし、良い塩梅なのではないでしょうか。結局戦うのは萌花というのも面白いw
ルイ >> 使えねえ記憶だな!っていうか一人でタイピングゲームしてる気分だな!w
LD >> 『マギ』の手慣れた冒険具合がいいですねえ。…なんと言うか、こっちの展開で若年層を入れて、そこから階梯的に難しい話をして行く構成なんでしょうね。よく考えているなあ…w
kichi >> 「銀の匙」は一応やはり恋愛方面は軸にしてくんでしょうかねぇ? ていうか、考えてみればグルーミンUPは恋愛主軸と言っていい感じでしたし四姉妹だしと、銀の匙と比べたらずっと華があったからなぁw
ルイ >> あだち充先生は【ショートプログラム】に通じる安定の短編上手っぷりを披露。配置的には【ナイン】【ラフ】に近いかな。予め肩肘はって雑誌の顔を目指すと、どうしてもタッチ〜H2〜クロスゲーム類型にならざるを得ないので、これはこれで面白い。というかサンデー二大巨塔がどちらも楽隠居気味の組み方をしているのが凄く象徴的だ。この号取っておいてもいいかもしれんw
LD >> 仁兵衛は認識戦を挑んでいますねw天然でw 仁兵衛の世界の認識に当てられて、仁兵衛と同じになる…というわけではないでしょうけど、変わって行く物語という事でしょうね。
ルイ >> 確かに銀の匙はヒロインが少ない。そのうち長髪を後ろに束ねたおにゃのこが出てくるんじゃないかな。
ルイ >> 仁兵衛の認識が折られると大事件ですが、その時彼が育てた認識が引っ張り上げてくれるならもう作品として勝利でしょう。って、既にムシブギョーに失敗のイメージが見えないw
kichi >> 「マギ」は段々アリババを頼もしく見せていこうって意図はありそうですね。なかなか良い進行具合かと。
ルイ >> 【マギ」良いすね。しかし、基本的に形はやはりこの帝国くんに契約結ばせる方向に見えるが。
LD >> 僕は『じゃじゃ馬〜』は恋愛主軸に観れなかった所があって、『銀の匙』には甘々の恋愛を期待したい気持ちがあるんですけど…どうかなあ?
LD >> >仁兵衛の認識が折られると大事件ですが、その時彼が育てた認識が引っ張り上げてくれるなら |いや、この物語、まず間違いなく、そこまで既定路線だと思いますw
ルイ >> 【キングゴルフ】は新展開。基本的に速度感覚のある作品だから、ライバル描写の問題とかがあったとしてもすぐ目線を逸らさせ、そのうちに他も整えられるというウマさがあるなあ。
LD >> 『銀の匙』ヒロイン少ないから、もうメッシュちゃんとか気にしているくらいだもん。ボク。(´・ω・`)
kichi >> 「武勇伝」は、まぁ、悪くないですね。速度的にも。……萌花ちゃん髪下ろさないかな……。
ルイ >> 【アラゴ】のどうしてこうなった感は異常。素直にロンドン人情もの&ラブコメの型をとりながらヒーロー物語を組んでゆけば良いじゃないか。スパイダーマン2みたいな感じで。
ルイ >> とても荒川的なメッシュですねw
ルイ >> またクラサン流しか。
LD >> 『境界のRINNE』変わらぬクオリティだが、定期的につぶやきたくなるbot (´・ω・`) ゴスロリのこの猫娘がよいね。
kichi >> ……う〜ん、あまり甘々の恋愛ものになるイメージは無いですけど……、どうですかねぇ?w>銀の匙   あ、グルーミンUPに関しては、分かりますっていうかw 私も恋愛主軸と言い切れるほどには主軸としては見てなかったですけど、でも一応一話からそれは見えてましたからね。今回の話でやっとそれが具体化した銀の匙よりは軸度高いっていうかw
ルイ >> 犬日作画良いなあ。なんだろ。どっかのグロスかな。
ルイ >> 境界のRINNEは面白いけど話題に登らないからなw
LD >> いや、kichiさん。敢えていおう!『武勇伝』は速度的に悪い!(`・ω・´) 言ってしまえばテンポが悪くないと言える程度に遅い事が悪い!これが大名ネームだ!という感じだよ!(`・ω・´)
LD >> 『銀の匙』甘々の恋愛ものになるイメージは僕もないですけどw…ちょっと、どこで楽しもうか困っている感じが、こう、じくじくと胃きますね。『じゃじゃ馬』は競走馬とそれに関わる騎手たちなんかのアクの濃さとかで楽しめましたけど、こっちはどうか。
LD >> とても荒川的なメッシュです。(`・ω・´)
kichi >> 「キングゴルフ」の新展開もとりあえず楽しみな感じではあります。私は先週でライバルとして期待を持てるようになった霞見ですけど、やっぱ前面に出してほしいっていうタイプのライバルではないですからね。裏での努力をなんらかの形で見せてほしいとは思ってますが……。
LD >> 『神のみぞ知るセカイ』エルシィを外したのは、ハクアを上げるため…という事ですが、これは成功していますねえ。今、『SUPER STREAM』流したら隣を走っているくらい。
kichi >> ああ、まぁ、そうなのかもですねw>武勇伝速度的に悪い
kichi >> 「神知る」、被攻略展開で神っぷりをどう見せてくれるのか、次回(以降?)に期待です。
GiGi >> 岳良かったですね。変にいじらずいつも通りで。
ルイ >> 【神知る】の落とされ神は久々のヒットなのでわ。相手の攻略というビジョンは好みですね。
ルイ >> 【岳】いじっちゃいないけど、少年漫画に見えたのが良かったw
GiGi >> 絶望先生はなんだかいつもより3割増しくらい面白く感じたのは地形効果だろうか。
kichi >> 「ハヤテ」は無難にまとめたなぁ……。
LD >> 『ハヤテのごとく』は、ワタルくんが、これで意を決したという事ですか。…いや、ワタル&サキさんの話はそれが掲載されるだけで嬉しいw
ルイ >> つか、マガジンの改蔵は絶望先生に引っ張られてましたから、やはり作家にはその時のモードというものがあるのだなと思ったり。昔の手塚先生とかにはスイッチが備わってたのだろうけどw
GiGi >> ただ少年を「岳」のフィールドに置いただけなんですよね。それでちゃんと視点が確保出来てる。
kichi >> 「オーバーフェンス」は、まぁ、あだち先生ですねw H2か何かと世界観一緒?とか思ったんですけどどうなんだろ?
GiGi >> ムシブキョーは若干の説教臭さは感じるものの真っ直ぐで良い話でしたね。
LD >> 【絶望先生】地形効果というか「旅の恥はかき捨て」というかw
GiGi >> オーバーフェンスは読み切りなのかな?それともこのキャラで回していくの?
LD >> 『BE BLUES』の優希が、丸いのは、この二位ヒロインのアンナとの対比なのか…(´・ω・`)
ハラルヤ >> 結局桂馬は「鬼」になれたのですかね?それとも今が「鬼」だったのかな?「鬼」の解釈のしづらさに対して、たしかに「落とされ神」はわかりが良いですよね。
kichi >> 「岳」はほんとまんまな読み味ではありましたが良かったですね。
LD >> 『はじめてのあく』は、黒澤さんが強かったからよし。(`・ω・´)(←)
GiGi >> ビーブルーズは言う言葉がない。言葉がないのだよ!いつも涙目で読んでます。
LD >> マガジン行きましょうか。
kichi >> 「BE BLUES」、あの観客少女だったというのは巧い配置ですねぇ。あと、最後のページの優希ちゃんは可愛かったですw 丸いのもアレですけど、やっぱ目の描き方が気になってるんだなぁ、私は。
kichi >> 「はじあく」はLDさんに同意っとw
ルイ >> 【マガジン】
kichi >> 「ムシブギョー」順調。
ルイ >> 【はじめてのあく】のドラゴンボールパロディ(?)にも言葉がないのだよ。
ルイ >> 【オーバーフェンス】主人公変えてまわしてゆくのが面白そうですけどね。
kichi >> ……しかし「最後はストレート」の設定の適当っぷりはちょっとどうなんだろうなぁw 容姿が似てただけで間違えて合格させたとか、失礼とかそういうレベルの問題じゃないだろうw
ルイ >> マガジンの新連載【ファイ・ブレイン】は、主人公がリア充なところがポイントかなw
ルイ >> 1話から部活メンツの初恋を惨殺で終わらせるとか、なかなか作品の悪意が半端ないぜ。主人公だけイケメンでリア充なのに。
LD >> 新連載の『ファイブレイン』は、まずまずのスタートでしょうか。
ルイ >> 【金田一】の正統後継タイプではある。って、当の金田一が昨今の脅されノルマ形式におもいっきり迎合しているわけだがw
LD >> 【ファイブレイン】は、主人公、リア充ですねえw
ルイ >> 【AKB49】走り疲れている状態で男とバレないみのりの女装クオリティこそがこの作品最大のファンタジー。そして岡部さんがまた美味しい所もっていったで!
LD >> 『AKB49』、岡部さん、まじヒロイン。(`・ω・´)
ルイ >> 岡部の表情、ヒロインすぎワロチ。まあ、ヒロインというよりは次世代の主人公的配置なんだけどさ。
ハラルヤ >> 改蔵会いたかったよおおおおおおおお!!!『かってに改蔵』はネガティブな事をネタにしても主人公達(ここに地丹を入れても良い)がけして卑屈にならないとこが少年マンガたりえた良い作品でしたよね。ダメ人間にエールを送る良いマンガ。
ルイ >> ヒロインシンクロ。
kichi >> 「ファイブレイン」はまずまずのスタートでしょうね。……リア充……ではあるか、まぁ。なんだかんだで少年マンガ主人公らしく童貞力も高そうな気はしますがw
ルイ >> 【アゲイン】団長が眉毛薄くすれば応援団は復活する、とは言わない事にしておく←
ルイ >> 【エアギア】スピットファイアさんの死後格上げは異常。しかし、機械改造で勝者たりえた作品なんて滅多にないぞ。多分そこに「覚悟」よりも「安易」さを積み上げてしまう漫画文法的実績があるのでしょうね。
ルイ >> 【A-BOUT!】よくわからないけどホントに強い朝桐補正。
ルイ >> 【この彼女はフィクションです】は安定してるなあ。
LD >> >ヒロインというよりは次世代の主人公的配置 ああ、次世代…というか、なんかバトン・ヒーローなんですよね。もう、カミナとシモンの関係w
ルイ >> 【ガマラン】はまさかのヤムチャサイバイマン事件。【はじあく】とガマランってドラゴンボールメソッド使いまくってますよねwしかし、ただでさえ戦力不足の所に負荷も与えるとは。無傷だとファンタジーすぎて作品が軽くなりかねないし、処理が問われるなあ。
ルイ >> 地震だから!
ルイ >> バトスピのダンさんとユースの関係もそうだな。それらの例を持ち出してわかる通り、そこは普通世代が異なるのですよね。今回みのりと岡部は同世代だけど、みのりが女装バレ引退をいつでも潜在情報として持っているから効きが良いのだ。
kichi >> 「君町」は相変わらず作者との温度差に戦慄することしばしw
GiGi >> ファイブレインはアニメタイアップ企画みたいですがどうしてこうなった感がw。せめて読者にちゃんと出題して引いて欲しかったかな。
LD >> 『アゲイン』は……なんか良い。(´・ω・`)
ルイ >> しかしブラマンもネギまもないと、流石にいくら鉄壁のローテ雑誌であるマガジンさんでも今週は「弱い」な。
ルイ >> チア部が良いって素直に言えばいいのさ>アゲイン
kichi >> 「はじめの一歩」はこの試合は案外重要な位置付けになってくるのかなぁ……? いろんな意味で怖い展開がありそうで……。
ルイ >> 対戦相手は死亡フラグまき散らしてますから、直に廃人にしてしまったらあしたのジョー的な十字架が
LD >> なんだろ?この年上の女の子(部長)の、見え無かった所を、今、この主人公が素で見えていて、その至らないところを素で指摘しているんだよね。その指摘がないと先輩がどう動くかなぜかイメージできる所含めてよい。
GiGi >> 改蔵はドライでアッパー系なんですよね。今後もたまにやるといいカンフルになるかも。
カルマ >> お寝坊さん。
ルイ >> 【アゲイン】普通に良さの理由を指摘すると、学生時代に持っていて、実際学生漫画ではかなり徹底されている(そして徹底している方が良い作品になる印象がある)「社会に出ると大差ないのに、1学年違うだけで天地の違い」の正体を解体してくれてる感があって心地良いですね。
ハラルヤ >> 『めだか』のマイナス十三組にも繋がるものを感じますね。それぞれ多大な欠点をもちながら、自分を否定せず、人目を気にせず人生を楽しむ主人公達。同じ作者の時事ネタマンガでありながら、主人公のメンタリティ一つで輝く世界。『絶望先生』はタイトル通り絶望した男の話だからネガティブなのは仕方が無いとはいえ、久米田先生にはまた『改蔵』のような明るい作品を書いて欲しいなあ。
GiGi >> 「GE」ひとこと。めんどくせー!
ルイ >> 先行チャンピオン。
LD >> 【アゲイン】いや、この団長、カッコいい人で多分、下級生から見たら、腹の座った人物に見えると思うんですけど、すごくあっさり到らなさを指摘されてしまっている所がいい。なんでそんなにいいと感じているからしらないけどw
ルイ >> いや、それはタイムスリップ前に3年間過ごしていて、意識から上級生フィルターが消えているからなんですよ。上級生は上級生であろうとし、下級生は下級生であろうとする。そこをバラしているのが良い。
ルイ >> 【バキ】口喧嘩からケツ叩かれたと思ったら60P経っていたでござる。馬鹿にしているというか、これでダレさせない密度はある意味すごい。
カルマ >> (今日に限って早い展開でおろおろ)
kichi >> 「フェアリーテイル」はこのタイミングでこの展開を持ってくるのはなかなか良い、好みな展開です。無理なくパワーアップも為されたわけですし。
ルイ >> しかしバキ、会食マナー結局何も学んでねぇなw
LD >> 【アゲイン】『スラムダンク』とかで、赤木キャプテンって人物に見えるんだけど、指摘する所を指摘したら、こういう感じだったと思うんですよね。バスケ部だめにしかけてるワケだし。
カルマ >> 追いつきPOST。「最後はストレート」は今更こんな展開でどういう顔すればいいかよくわからんです…(´・ω・`)
ハラルヤ >> 肉ヌンチャク
GiGi >> ブラマンがないマガジンがこんなに寂しいなんて…というのは感じた。
GiGi >> アゲインのルイさんの指摘は思わずRTしたくなった
カルマ >> LDさん<サイトにフォント指定入れました?
ルイ >> そ、そう?ツイートしよっかなw
ハラルヤ >> ↓すいません誤投稿です。
LD >> 【アゲイン】……まあ、結局、この絶対に落ちそうにない女が、落とせそうだから、わくわくしているのかな?(´・ω・`)ぶも?
LD >> 『エアギア』、アイオーンの死亡フラグが立ち過ぎな件。(´・ω・`)
kichi >> 「ガマラン」は……なんかうまいこと助かってるんじゃないかとは思ってますが、はてさて……。しかし四十七軍団かぁ。多いなぁw
カルマ >> 「ビーブルース」と「ムシブギョー」はほんといいなぁ…
kichi >> 生きてた理由が語られたと思ったら死んじゃう展開なんですかねぇ……(´・ω・`)>アイオン
LD >> 『このかの』うむ。文芸部の子たちの名前きたな!(`・ω・´)
kichi >> 「ベビステ」はこの勢いのまま勝ち切っちゃってほしいとこですが、さて。
ルイ >> よし、ツイートしたから久々に人にRTされるぞ!(ワクワク
LD >> 『ベイビーステップ』、「審判の心証が悪くなっている」は、いいなあというか、それは必然だよねえw
GiGi >> したくなったとは言ったがするとは言ってな(ry
カルマ >> 「ファイブレイン」は全然乗れないですね…主人公の挙動は気にならないけど…なんか周囲の言動が不可解…?
kichi >> 「ヤンメガ」は、本当に足立さん不在のまま卒業してしまったのだなぁ……。っていうか、足立さんはちゃんと卒業できてるのか?w
ルイ >> 審判の心象はプロのカメラがあるフィールドだと効いてこないので、最終的なこの戦略の否定には繋がらないのですけどね。ただまあ、プロレベルではやはり益がない。
ルイ >> だ、だましたな日本人!←
カルマ >> 「アゲイン」は超いいですね。主人公の…神の視点とは言わないけども、やっぱりアゲインしてきたなりの反応があって
LD >> 『ヤンメガ』は、本当に、こんなんでいいのかなあ?w……なんか、すごいどんでん返しでもあるかな?
ルイ >> 【弱虫ペダル】なんだかカラー扉が、弱ペダにしては久々に肩の力抜けた構図で面白い。
LD >> え?プロテニスって、判定はカメラでした?
GiGi >> 弱ペダ扉良いよねえ。御堂筋がキモくて。
カルマ >> 「ベビステ」の審判の心証云々は…誤差レベルならあってもいいかなと思いますが、カメラあると意味ないしなぁ。
GiGi >> ベビステは3セットやる意味はなさげですね。
ハラルヤ >> 『エアギア』の恐ろしい点はこの期に及んでも主人公サイドのキャラの心の動きすらうさんくさく信用できない点。全然感情移入出来ないよ。『ブラマン』ですら主人公の心情程度は信用できるのに。
カルマ >> 日本のプロ野球とか、カメラ判定入らないのが古すぎるしなぁ
LD >> さて。チャンピオン行きましょうか。
kichi >> 「GE」はほんとめんどくさいですね……(´・ω・`)いい加減先に進もうぜ
ルイ >> GEはいつでも10年後にすっ飛んで、同窓会で「色々あったよね」でも批判しないぜw
ルイ >> カメラというか、センサーですね>プロテニス 心象の働く余地がないという意味で。
LD >> 『範馬刃牙』、もう、勇次郎強くなりすぎましたねwユーリ海老原とか襲っていた時とはレベルが違って、誰かに挑もうという気もなくなっている感じなのかもw
LD >> そっか…。(´・ω・`)>カメラというか、センサー
カルマ >> 「GE」はやっぱり大沼さんと一回付き合ってちゃんと別れとけば良かったなとか思ってみるw
ルイ >> 先週だったか、板垣先生と東野幸治の対談が良かったのだけど、あそこで東野が「連載で一番成長したのはオーガ」と喝破してしまっているのですよねw最強が一番ののびしろを見せていると、戦いの計算式が成り立たないw
LD >> 『弱虫ペダル』は、御堂筋と小野田が、ラブラブになりそうな空間に、山岳が割って入る展開やよし。(`・ω・´)
ルイ >> 【弱虫ペダル】は読者が御堂筋の過去を読んだ時に感じた【意味】をそのままぶつけてきているので、素晴らしいとしか言いようがないですね。コレいつごろ思いついたんだろ、ホント。
kichi >> 「刃牙」は決戦と呼ぶレベルまで届きそうにない感じですよねぇw お仕置きタイムじゃなぁ〜w
ルイ >> 山岳はナチュラルボーンライバルすぎて、この作品の物語る姿勢とはちょっと相容れてないのですよね。シャカリキだとハマると思うんだけどwそのへん、どう描くかだな。
LD >> 『てんむす』、なんでしょ、これw過去話がいきなり良いんですけどw…というか、こっちが本筋でいいくらいw
ハラルヤ >> カラーページの『刃牙』紹介で初めて勇次郎の能力知ったのですが、なんですかアレw武術とかそういう次元じゃなく強すぎでしょ。梁山泊の師匠達でも勝てる気がしない。刃牙
ルイ >> 【バキ】の今回の親子喧嘩ロジックって、対ピクルの焼き直しじゃないかという感覚もないではないですね。ピクルの時も勝ち負けとは別の「土俵に持ち込んだら勝ち」でしたし、今回もオーガが急所に攻撃したらバキの勝ちかなとw
LD >> 山岳はシャカリキ的なライバルというのは同意。その意味で今、持て余している感がありますけど、同時に、こいつをそのままシャカリキ的に動かすとすごい事になるかも。
kichi >> 「弱虫ペダル」良いですね。満を持して山岳も登場か!……って本番前に?wってとこは若干気になるんですけど、どういう描き方というか踏み込み方になるのかな?
ハラルヤ >> 刃牙はこんなバケモノと戦おうとしてたのかよw
LD >> さすがに決戦でそのロジックはキツイwというか花山さんもがっかりだよ!w>急所に攻撃したらバキの勝ち
カルマ >> 「ペダル」山岳はちょっと潜りすぎた印象がありますが、さておき良いです。
kichi >> 「てんむす」過去話はもちろん良かったのですが、何故このタイミングっていうのは“ライバル”の存在をさりげなく示すためだったのかなぁ?などと邪推してみたり。
カルマ >> 「バキ」は全く勝てる気がしないなぁw
LD >> 『バチバチ』は、どんどん楽しくなって来てるな。元から楽しかったけど。…なんか、扱うキャラが増える事によって、一戦一戦の長さと密度が濃密になって来ていると思う。
ルイ >> 【てんむす】はムチャクチャ良かったですね。個人的にも高垣彩陽応援者として通じるものがあったw
kichi >> ……ところで、あの食べ方で2分弱で1杯食べれてるっていうのはかなり不思議だったんですけど、可能なもんなのかな?
カルマ >> 「てんむす」は良かったんですが、他の部員エピと違って独立しすぎてて浮いてる感がある気が
LD >> 【シュガーレス】そろそろ、岳の気絶ネタは勘弁してやろうよwあと、この戦いでもまた卜部が活躍の予感。
kichi >> 「バチバチ」はやはり巧いですねぇ〜。“今回はぶつかるんだな”と読者にもバッチリ思わせといてかわすとはなぁw
ルイ >> やあ、女子部活ものに男子部員がいるのなら通らなければいけない道ですから、これは必須エピソードですよ。というか咲とかスルーしてるよね、ここw
GiGi >> 弱ペダは今週コマ割りもキレッキレなんで何度でも堪能すると良いですよ。
ルイ >> 部長が喉やけどしている所が良いのですよね。当時の彼女の能力限界が良く出ている。キャラ的に、キャラ格異常な生徒会長的立ち位置に置く事もできたのですが「前主人公感」を出す事で凄く良い味わいを醸しだしたと思う。ここまでの部長の「誤読」も含めて面白いです。
GiGi >> バキは「勇次郎vsオールキャラクター」みたいな構図にしないとバランス取れないとは思うがどうするやら。
kichi >> 「シュガーレス」は岳の気絶はまぁいいとしてw、早くも兼光さんが出てきましたか……。ムツカシイ展開だなぁ。
LD >> 【てんむす】前主人公感ですよね。これは。このキャラ格の高さは凄いと思う。
ルイ >> ああ、てんむすの良さを書き足りないお!
LD >> ええっと、そのネタありだな。僕としては>「勇次郎vsオールキャラクター」 しかし、刃牙、既に『シュガーレス』の岳を見習わなきゃならないレベルまで来ているのが忸怩たるものがあるのではないかw
ルイ >> 正直、ここまでは部長に【けんぷファー】や【そらのおとしもの】の生徒会長的な格を観ていたのですがwいや、なんかニコニコだし、天子以上だしw…それとは違い、努力してそうあろうとしてそうなった、という形を1話に詰め込んでいるのですよね。そしてそれを成す上で、忍足がいた事も大きかったのでしょう。金八先生の「人という字わぁ」じゃないが、そういったものまで詰まっていた。
ルイ >> 部長にとっての忍足の大切さと、忍足にとっての部長の大切さが、似ているけれどほんの少し異なる事も含めてどちらも描けていたから物凄く満足しているのだろうな。関係性描写の極みに見えた。…さあ、連載終了したら「てんむすzero」描こうぜ!←早いよ
カルマ >> うーん、その良さは凄く分かるんですけど、男子部員の語り出しの動機がなさすぎて「これを語るための語り」になってて天子の幼なじみくんがどうするかの納得までいってないと思うんですよね。つまり浮いているという話になるんですけど。
カルマ >> >「てんむす」
LD >> >【けんぷファー】や【そらのおとしもの】の生徒会長的な格|ああ、正に。そのままの構造でも良いのだけど、このアプローチはちょっと面白いね。というか軽く感動しています。
ルイ >> いやいや、これは普遍ですよ。どうするかじゃなく、自分の感情に言葉・納得を与えてもらった形。
ルイ >> つまり、忍足は哲くんに自分を見たからおせっかいしたくなったのですよね。最初このエピソード、天子が知らなきゃいけないんだからシチュエーション的に浮いてない?どう接続するの?と思っていたのですが、これは哲の為の話だからコレでいいんだ、という納得もできたのが大きい。天子は知らなくて良いw
kichi >> 「てんむす」この過去エピが素晴らしかったことに関しては異論ないですが、やはり何故このタイミングで?っていう部分は疑問ではありますね。ぶっちゃけ天食祭決勝戦で突入してもおかしくないレベルの回想だからw
カルマ >> いや、先輩の彼はそうした、で、天子の幼なじみくんがどうするか、はそれぞれ別の話でしょう?>ルイさん
ルイ >> 別の話とは全く思ってないですね。忍足くんが辿りついた境地にもっとナチュラつに(それは幼馴染の関係性もあって)近づいているのに、そこに当てはめる言葉や立ち位置がわからない哲くんの為の説明の話なので。忍足と哲は相似関係ですよ。
カルマ >> 先輩とまるきり同じことをするの?じゃあそれこそ彼らに独自性が与えられず「男子部員の役割はサポート」というだけの話になってしまうよ?と思ってしまうのだけど。
LD >> 『囚人リク』に待望の!!(`・ω・´)…………待望というか。うん。このタイミングで出るのは良いよね。勝ち筋。
ルイ >> どこで入れるか、という指摘はありえますね。ただ本戦はじまってから外野の覚悟・有り様の話だとそれはそれでNPCだろうというのは僕としては凄く理解できると思う。
ルイ >> 決勝戦前夜に入れる、とかって手はあるねwまあ、僕はこんないいもの出し惜しみしちゃイカンと思うw
ルイ >> 【シュガーレス】これ、岳が一話の中で復活した所に成長を見るべきだったんですねw誰かのツイートで気づかせてもらったんだけど、なるほどとw
LD >> 『てんむす』の全体の構成から観たこの話が、独立性が高くて浮くというのは分かります。…というか僕もそう思ったwただ、部長のこの格の上げ方はキャラ配置として、ちょっと面白い方向に転がりそうな感覚もあります。
GiGi >> てんむす、前主人公感と言われて成る程なとは思いましたが物語の流れとして上手くないのも事実。このあたりも師匠ゆずり(ぉ
カルマ >> 忍足くんの性格の変り身の部分が一番はしょられてて彼と哲が同一化するかどうかがよく分からない…んー
kichi >> ……まぁ、難しい部分ではあるかもしれませんけど、部長や忍足の“現在”の描写が充分積まれてない段階でこのエピをやってしまうことにもったいなさは感じるのですよね。逆にこのエピでキャラ積みをしたっていう意図もあるんでしょうけど、キャラ積みのためにしては良過ぎる内容なんで、もっと自然にこのエピの良さを味わえるタイミングでやってほしかったという気持ちはあるなぁ。
GiGi >> リクは正直まったく予想してなかった!これは良い。
LD >> 【てんむす】うん、食い道部の部員の紹介は、ある種の定番的なものを僕は感じていて…何が定番かっていうと難しいですがwそれで部長も定番的に、謎の人的だとキャラ配置的にはすごく落ち着いちゃうんだけど、ちょっとインパクトが出ているって事はあると思う。
カルマ >> 「囚人リク」周りの囚人も全員女に反応して、リクの世界が一気に緩くなった感はありますがw 良いですね。
ルイ >> 上手くないと言われるほどじゃないと思う。哲の「食い道部に自分がいる違和」みたいなものはここまでちゃんと積み上げているから、先人がおせっかいをするのは当然の順序だし、プロセス的に間違ってない。ただ、これを劇的にしたかったら先に天子と哲にちょっと衝突させとけば、という指摘ならわかる。但しそれに対しても、結局天子の方は天使だから何も考えず「ありがと」なんですね、という着地の良さがあるので、その指摘はけいおんにドラマがない的な詮無さとも思う。結構ガチ擁護w
ルイ >> 忍足くんは元からあった善性の発露しどころを見つけただけなので、大して代わり身ってほどではないですね。空白の1年による変わり身はただの味付けでw
LD >> 『ハンザスカイ』、真鍋主将が、すごい説得力で強さを表現していて、本当に勝てるの?と思わせておいて、これで互角!!みたいな表現がいいなw
ルイ >> 【囚人リク】は凄く良いですよね。中ボスを倒したら船が手に入って、そしたら世界の広さや見え方がまるで変わりましたよと。そういう良さがある。この場合レノマ中ボス、船は女医。いや、魔法の鍵でもいいな。
kichi >> 「エンジェルボイス」いつもながら丁寧に必然を組んだ上での熱い展開がいい味出してるなぁ〜。
LD >> 『キガタガキタ』の恐怖新聞がすっかりしおらしくなっている件。(´・ω・`)「キガタ、ニゲテ!」みたいになっているのはなぜ?w
LD >> ジャンプ行きましょうか。
GiGi >> まあこのあたりはハンザやマギの評価に温度差がある遠因だと覚えておいてもらえれば。
ルイ >> 【ハンザスカイ】はまさに、真鍋の物語組みが良いからこそバベルの「そこまで描いてようやく互角」という立て方が光る良さですね。結果的にバベルのキャラに加算する仕組みになっているw
kichi >> 「ハンザスカイ」も熱いですね。
カルマ >> 「ハンザスカイ」は良いですね。凄い力技な気もするけど互角と言われれば互角だw
ルイ >> サポートの仕方は独自でしょう?哲くんに忍足先輩みたいな財力はないもの。ただ、女子部活に男子がいる意味がサポートであるのは没個性もへったくれもなく、野球部のマネージャーがそうであるのと同じくらい当たり前の話ですし、細かい部分でなく大きな部分で相似関係なのは当たり前の、継承の話ですらあると思う。
LD >> 『ワンピース』、奴隷の描写がぱねえ。1話、1Pでつかむの本当に上手いなあ…。
GiGi >> バクマンはまあ落ち着くところに落ち着いたなと。
kichi >> 「ケルベロス」は完全にこいつがラスボスってことでいいんでしょうかね。泳がされての仕切り直し……、常世での活動でって形になるのかな?
ルイ >> 【ましのの】の鬼気迫るような謎のネタ詰め込み感に好意をいだいていたら、巻末で実体験だと書かれていてナルホドと。ただ、集中連載時のシュールさの方が良い選択だと思うんだよなあ。
ルイ >> 【ケルベロス】ラスボスはもっと強大な制度的なものと戦って欲しいなと。まあチャンピオンの寛容さ次第w
ルイ >> しかし、今週のチャンピオンも強烈無比だなあ…
LD >> 『バクマン』、中井さんサイテー(´・ω・`) こんなサイテーな人、次回からニコニコ読めないよ?…でも、蒼樹さんが許すって言っているなら、口を出すこっちゃないとは言える。
ルイ >> 【バクマン】何やら予想通りの展開ではありましたが、やはりここで「ジャンプ的な茶番」を組み込める所がバクマンの有利さではありますね。実績もあるし、タッチのメリハリがそのファンタジーさも許容させているし。
GiGi >> ケルベロスはいい組み換えですね。これは本当に上手い。
kichi >> 「ワンピース」はタイガーの英雄っぷりといい、奴隷の描写といい、流石と言う他ない内容でしたねぇ。
ルイ >> 中井さんもニコニコ読めばいいんじゃないかな。
カルマ >> 「バクマン」まぁ、良くはないけど落ちはついたという感じかなぁ
ルイ >> 【ケルベロス】は1話のテーマを上のステージでもう一度押しているのですよね。覚悟と力のステージを上げている。
kichi >> 「バクマン」、割と爆笑しながら読んだんですがw、読み終わったら深いため息が……(´・ω・`)なんだかなぁ
GiGi >> 次は常世の監視あるいは監禁をどう振り切るかでしょうね。景くん既に常世の一員だし。
LD >> 『銀魂』のこのラブプラスシリーズは、何かいろいろと深い話だった気がする…(´・ω・`)
ルイ >> ワンピはタイガーがかっこよすぎてNPCとすら言えねえw中のキャラに命を宿らせてNPC劇場と言わせないなんて達人限定メソッドすぎるよママン。
カルマ >> 「ワンピース」は奴隷描写がほんとに…いやすごい。素晴らしい。
ルイ >> 深いのかw
GiGi >> ワンピース、また泣かせやがってコノヤロウ的なもう自動的に涙出てくるわw
LD >> 『てんむす』の時に何か言いたかったんだけど、ようやく思い出した。『スケットダンス』のネオ・キャプ食いがカッコ良かったw『てんむす』でだして欲しいレベルw
ルイ >> キャプ食いは理で組む漫画では使えねえだろ!w
ルイ >> ただ、僕も咲を最初に持ち出した以上、理に縛られずだして欲しい気持ちはありますね。理がしっかりしている事はいい事なのだけれど。
ルイ >> 最低でも【アイシールド】あたりのバランスは欲しい所です。
LD >> 『マジコ』良いね。エキドナを上手く利用すれば、繁栄した社会ができるかもという大義の立て方とか。『フラクタル』もこれぐらいの感じにならなかったのかな?とか思う。(´・ω・`)
kichi >> 「トリコ」はキッチリ少年マンガらしい描写をやり切りつつなんというヒキ……(=゚ω゚=;)
ルイ >> そこで【フラクタル】を持ち出すのはかなり間違ってると思うしあまりLDさんに使って欲しい論理じゃないんだけどwまあ、わかりやすい世界と個人の立て方でスムーズですよね、マジコは。
kichi >> 古舘先生のバレー読み切り「ハイキュー」も手堅く面白かったですね。……ぶっちゃけ「ドイソル」的な手堅さw
LD >> 『戦国ARMORS』は、この明智光秀というヒーローの成り立ちが僕好みなので、そこを期待しています。
LD >> え?そうなの?一人の女の子を犠牲にする大義の在り方として、このくらいのソフトな感じにして欲しかったなという事なんだけどw>【フラクタル】を持ち出すのはかなり間違ってる
ルイ >> んー、古舘先生、これセカンドプロトタイプ?赤まるか19かあたりで既読感があるので、このタイプで連載までもっていこうとしているのですよね。
kichi >> 「マジコ」は仰るとおりライバル君の大義の立て方も良くってかなり順風満帆な感じになってきましたね。来週の展開は大体予想できる気がするんですが、予想で涙目になれるくらい順調ですw
GiGi >> 読み切り「ハイキュー」良かったですね。これは連載来るかな?
LD >> 『いぬまるだし』、ポポロの話は、悲しすぎるからやめれw
ルイ >> 個人的には、ジャンプネクストの巻頭にあった岩代先生の読切を連載形にもっていくのが良いと思う。【みえるひと】【PSYREN】そしてこの読切と、わかりやすくホップステップジャンプで成長しているから。皆さんも読んでみると良いです。
カルマ >> 「ハイキュー」綺麗だな、という印象ですが良いですね
kichi >> ちょっとだけ不満を言うと、沐浴着はもうちょいエロくても良かったと思うw せっかく沐浴なんだし体の線くらいは出そうよw
LD >> 『めだかボックス』は、kichiさんと話していた、安心院さんの目的は主人公になる事?な話がよかったです。そうなるかどうかは別として、その角度で眺めてみるのは楽しい。
ルイ >> 正しい指摘だなあw>沐浴なのにエロくない
LD >> (´・ω・`)。o(…エロいやつめ…)>体の線くらいは出そうよw
ルイ >> ハイキューの良さは、まだ古舘先生の課題克服にはなってないと思うのですよね。ジャンプスクエアならこのままで良いかもだけど。
ルイ >> 【戦国アーマーズ】は、なんだろう?後ろを恐れていない所が良いかもしれない。安心感はないけど、元来ジャンプってこういうものかも。
LD >> そして『ドイソル』、お前もダメなのか…。
kichi >> 「めだかボックス」はどうなりますかねぇ?今週の展開はツイッタでの話からは離れてきそうな形ではありましたが……さて。
GiGi >> マジコはふわふわした入り口から入っていい感じに世界を広げてきましたね。掲載順的にも手応えがあるのでしょう。
LD >> 【戦国ARMORS】ん〜、ぶっちゃけ、ネームは大名ネーム一歩手前だと思う。いや、さっき、主人公のキャラは好きと行ったけど(汗)
ルイ >> 光秀という時点でキャラ格はかなり高いレベルだし、数少ない装備であるという点もそう。つまりレベルアップRPGでいうとレベル40あたりから始まっていて、今が伊達、と。既に残りの敵もステージも限られていると思うのだけど、もしもの時は元寇でも黒船でも来ればよいしw後先ない所は好きかな。
ルイ >> マジコの関係性レベルもかなり高い所から入っているのだけどwそのへんの共通項はありそうだ。
ルイ >> 【めだかボックス】は単純に一話のネームとして良かったんじゃなイカ。全員のコマのサイズが同じならなお良かったけどね。
LD >> 『保健室の死神』は、話運びが良くって、本当にこれ終わるのか?と思ってしまう。そして、鈍ちゃんは、そのエロさを何とかしろ!w(=´ω`=)
GiGi >> そして今週もなりふりかまわないグリムが好印象なのです。
kichi >> 「ドイソル」、手堅く面白いんですけど厳しそうですねぇ……(´・ω・`)こういうロジックで読ませる内容なだけに仕方ない面もあるんですが、ミサンガ君が印象的にちょっと大人し過ぎるというか静か過ぎるというか、もう一つ熱の入れどころが無いのがなぁ……。
ルイ >> 【保健室の死神】はまあ、終わってもスクエアとかで引く手あまてでしょうけどね。そこまでこの作品の外組に固執しなくても良いもの描ける人だとは思う。
GiGi >> ドイソルがめだかラインを越えてしまったか…
ルイ >> 【ドイソル】銀河美少年なのに綺羅星十字団がいない。あとワコに動機がない。タクトとスガタの動機が共鳴しない。←ひどいダメだし
ルイ >> 【ぬらりひょんの孫】とか、アニメ2期に甘えさせてないでサッサと切っちゃっていいと思うんですけどwアニメだから動かせないのですよね。これがジャンプ中堅動脈硬化の正体だ。
カルマ >> 「めだか」は球磨川と同様に改心でいくのかな?「全員敵」=「全員改心」でむしろOKとかw
LD >> そこで『スタードライバー』を出すのはかなり間違っていると思う。(`・ω・´)(←)
kichi >> 「保健室」は……、う〜む、終わっちゃうんですかねぇ?(´・ω・`)まぁ原点描いて終わりっていうのも収まりはいいんだけど、もうちょい“先”を見たかったなぁ……。
ルイ >> まあ、ハデス先生自体に埋蔵量があるわけではないのでw僕は延々と保健室も見たいし、ただもうこの作品に固執するレベルでもなかろうとは思うw
GiGi >> つスクエア送り
LD >> 改心か〜…。球磨川は、ある意味で、率いた仲間がいたために、改心の領域に入ってしまったんだけど、安心院さんは仲間が一人で、そこらへんに回避があるようにも見えるんですよね。
ルイ >> スクエア僕の好みの雑誌になりつつあるんだよなあw増刊の19とシャッフルすればかなり僕好みの雑誌になるw
GiGi >> いやまじでぬら孫はスクエア行ったほうがみんな幸せなんじゃなかろうか。
LD >> いや、SQに行かなくていいよ。新しいのが観たいw>藍本先生
ルイ >> ぬら孫とリボーンのスクエア送りか・・←勝手に一個追加してる
カルマ >> しまった、全員改心じゃなくて全部安心院さんだった。んー
LD >> みんな、送り送りってwサンデーはあんな批判しているのに!w
LD >> さて、一番を決めましょうか。
kichi >> 「ぬら孫」なー。……せっかく京都編盛り上がったのになぁ。こうなるとあの勢いのままラストまで突っ走っちゃえば良かったのに……とか思っちゃいますねぇw
LD >> サンデー。『絶望先生』かな。
ルイ >> だって、ジャンプは超がつくくらいの競争原理が働いていて、クラサン送りはそれを摘む行為ですけど、ジャンプは逆に「生き残っちゃった後の作品」の処し方に困っているのですもの。
カルマ >> 保健室はやっとアシタバ鈍来たのにpixivで一枚も絵が観れないこんな世の中じゃ。
LD >> >こうなるとあの勢いのままラストまで突っ走っちゃえば良かったのに |う〜んwすごく同感w
カルマ >> 「ぬら孫」は担当さんがちゃんと怒ってやるべきですな。そっちが「全員のキャラ立てよう」とか言い出してる可能性もあるかw
LD >> マガジン、『AKB49』ですね。
ルイ >> 言っとくが、僕もLDさんも保健室をスクエア送りにしろとは言ってないですからねw大名楽隠居モードへの救済手段として、テニミュで実績のあるスクエア送りは現実的ですねという話はしている。
GiGi >> 仲間の人も安心院さんなんじゃないかという気が。実はめだかちゃんも含めて全員安心院さん
ルイ >> あ、LDさんじゃなくてギギさん。LDさんは誤解してるかもしれんw
ルイ >> 続きはスクエアで!みたいなグレイマン戦法は休載でも挟まないと基本ないとは思うんだけど、最終回→間髪入れずスクエアで、はありそうだ。
LD >> チャンピオンは『てんむす』ですね。
名無し >> あなたもアジムさん、わたしもアジムさん的な
カルマ >> テニスの美勇士様…>テニミュ
GiGi >> 岳と絶望先生と改蔵だな。チャンピオンは弱ペダかケルベロス。ジャンプはハイキューかな。
ルイ >> 【ビーブルース】【てんむす】【弱虫ペダル】【めだかボックス】ふが。
カルマ >> まぁ少なくともリボーンは行っていいんじゃないかなと思いますw>SQ
ハラルヤ >> 『かってに改蔵』で。
カルマ >> サンデーは「絶望先生」にご期待
LD >> 『Dグレイマン』ぶっちゃけ、生き生きしてるよね?w
kichi >> サンデーは……「岳」……かな。なんとなくサンデーの一番候補として挙げるの抵抗あるけど、まぁw
ルイ >> 岳ときたか。まあ、昨今流行りの?「新訳」型の1つではありますよね。モノは変えてない、角度を変えただけだ的な。
LD >> ジャンプは『ワンピース』ですね。
GiGi >> あえて雑誌名を言わない配慮
カルマ >> マガジンは「アゲイン」かな。「フェアリーテイル」も悪くない
kichi >> マガジンは……う〜ん、何気に「フェアリーテイル」とか?
LD >> 『絶望先生』、『てんむす』、『ワンピース』あたり?『AKB49』はそんなでもない?
カルマ >> チャンピオンは「バチバチ」でしょう。
カルマ >> ジャンプは「ワンピース」。
ルイ >> フェアリーテイルはまだ僕の中でNPC以上の超えてくるものがないんだけど、アニメ観てたりしたら違ってきそうだなあとも思う。アニメで育ったキャラを使う、というのが漫画にとってのどういう位置づけになるのかはもうちょっとちゃんと考えていって良いかもしれん。ナルトとかブリッチでも思うんだけど。
kichi >> チャンピオンは……まぁ、「てんむす」で。タイミングはともかく内容は文句なしに良かったですからね。
LD >> 『てんむす』じゃないんでしょうか?
カルマ >> あぁケルベロスも良かったですね
GiGi >> 弱ペダでいけない理由が思い付かないのであとはみんな頑張って!w
LD >> ところで、来週はお休みです。再来週からまたよろしくお願いします。
kichi >> ジャンプは……「ワンピ」でしょうね。あ、「ハイキュー」も良かったですけど、まぁ、「ワンピ」かな。
kichi >> 私もアニメ観てるわけじゃないんですけど、今回の話は試験のメイン的な扱いだった娘の話をあの展開の最中にこういう形で差し込んできたのが結構好印象だったのですよね。試験前半でキャラ積まれたギルダーツの娘だったという点も納得感あるものでしたし、結構好印象な一話でした。
kichi >> >フェアリーテイル
GiGi >> 連休中どこかでまどマギラジオしますかね?
kichi >> ……………………ん? もしかして「てんむす」に決まった?
カルマ >> あ、決まったのかな。まぁいいですけど。>じゃないんでしょうか?
LD >> ん〜…(考)>まどマギラジオ
ハラルヤ >> あれ?もすかして『てんむす』っすか?
LD >> 今週は『てんむす』にしますね。
LD >> 『フェアリーテイル』、なんかいろいろおっぱいマウスパッドとか出しているんだな。
ルイ >> まあ、チャンピオンが強い事だけは間違いない。
ルイ >> そりゃ、ONE PIECEにもあるからおっぱいパッドw←謎理由
GiGi >> てんむすダメだとは言わないけど、物語の流れとしては上手くなかったという留保はしておきたいですね。単話としては言うことはないです。
LD >> おっぱい大人気だなあ…w
ルイ >> 流れはもっと良いやり方という指摘はできても流れ自体はあるという留保へのフォローもワンセットでお願いしますw
LD >> 【てんむす】うむ。これから分かる事ですけど、最初にいいカード切っちゃって後で不味くなる事はあるかもですね。でも、その場で出せるものを出せというのも分かる話。
GiGi >> 夕方6時からとかならいつでもいいですよ。ルイさんにまどかがいかに格好よいこかをとくとくと言って聞かせましょうw
LD >> それでは、そんな所で。
ルイ >> ラジオで対立トークはしない方がいいという学習成果が…w
kichi >> そいえば「青い花」アニメ観てます。今DVD3巻まで。幸せですw
LD >> うん。ちょっと考えて見る。>まどマギラジオ
kichi >> おつかれさまでした〜。
ハラルヤ >> お疲れ様でした。
LD >> それはそうですね。基本的にって話ですけど、経験から。>対立トーク
LD >> それは良かったというか、良いですよ。『青い花』
LD >> それでは、お疲れさまでした。
ルイ >> 青い花は、ラジオの中ではLDさんが放浪息子と並べましたが、あくまで良いって共通点であってw放浪息子よりはよほど志村貴子のスケッチ的資質をそのまま捉えていますね。
kichi >> 全部観終わったらたぶんツイッタで詳しくつぶやきますが、“志村貴子好きな私”ではなく、“百合スキーな私”が歓喜してる感じだったりはするんですけどねw……ということでたぶん私はLDさんに近い感想になるのかな?w


■■■■2011年05月08日■■■■
名無し >> お休みだったのか、残念。


■■■■2011年05月14日■■■■
LD >> 【今週の一番】チャットは5/14(土)25:00開始予定です。 http://www.tsphinx.net/manken/chat/chat.php


■■■■2011年05月15日■■■■
ハラルヤ >> よし、一番乗り!
LD >> |syobo-n
LD >> |ω・`) こんばんは。
カルマ >> こんばんは。今期アニメ観てるのでラジオ聴いてたら寝れなかったお…(´・ω・`)
kichi >>     こんばんわー(´・ω|
ハラルヤ >> 明けて今日、6時に家を出なきゃならんのでたぶん途中で抜けます。3時くらい?
ハラルヤ >> こんばんは〜
kichi >> 私も眠いです……(´・ω|……ていうか何もかもに対しモチベーション低い……orz
LD >> すみません。
GiGi >> ばんばん
LD >> すぐにはじめて、ちゃっちゃと終わらせましょう。
LD >> 先週、サンデーからでしたらか、マガジンから行きましょうか。
カルマ >> (まぁ最近注目してるももいろクローバーのust見れてるしいいか…)
LD >> 『君のいる町』ですが、浅倉さんは、片付くのか?片付かないのか?問題について。(´・ω・`)
GiGi >> マガマガ、AKBのみのりんが可愛すぎた
カルマ >> 「君町」は、いっそヌルいハーレムの方が1万倍マシと思わされる浅倉の処理がほんとに…きつい。
kichi >> 瀬尾先生的には片付ける気満々に思えるのが怖いですね……(´・ω・`)>君町
LD >> 『アゲイン』ですが、チア部長が、何か悪い動きをしていますね。…どうも、この話、主人公の精神年齢の高さで解決して行く感じなんですが…。
LD >> もう…!あの人が、なに考えているのか、全然分からないわ!
LD >> > 瀬尾先生的には片付ける気満々に思えるのが怖いですね……(´・ω・`)
LD >> 『AKB49』の浦川みのり、マジかわいいなw
kichi >> 「フェアリーテイル」は先週に続いてなかなか良かったかな。
カルマ >> 絵で
LD >> 『フェアリーテイル』ギルダーツの本当の実力が分かるのは、この回がはじめてかな?
kichi >> デザイン的には変わってない範疇でうまく可愛く描けてますねぇw>浦川みのり
カルマ >> 絵ではわからないけど主人公のビジョン的には1年ってめちゃくちゃ幼く見えてるはずですよね。たぶんふつーに興味ないかも>アゲイン
LD >> 『ベイビーステップ』、難波江が難波江過ぎて恐いw
カルマ >> 「AKB」みのり、可愛いですねぇ…
kichi >> 「ベビステ」は結構あっさりだったこと含め、良い決着ではありました。難波江は流石ですなーw
カルマ >> 「ベビステ」自分を観ていないというのは実にいい落とし所ですね。そして難波江も「相手のリズム崩す戦術はアリ」と思ってるあたりが良い。
ハラルヤ >> あれ?ルイさんは?
ルイ >> 今起きた産業!
LD >> 高木が「小手先はやめる」と言ったのに対して、難波江の「どこかで身につけないととは思っている」というのが、流石過ぎるんですよね。以前、高木に注意したのは「それじゃ伸びないから」であって、それに意味がないとは思っていない。
kichi >> ……あ、デザイン的には変わってないというか、男には見える範疇だけど可愛いのが良いですねw>浦川みのり
ルイ >> 【AKB49】の浦川みのりは可愛かったですね。というか、アイドルしてましたね。男がアレをやれてると思うと、その時点で何か凄い生き物に思える。
ルイ >> 【ベビステ】は物凄く良かったですね。難波江くんの格が久々に一段お仕上がった感。高木くんの勝利のモチベーションは間近で観ていて学ぶものがあるな、マリーシアプレイも即悪ではないな、という良い意味での損得(テニスにおける)だけで動いてるっぷりが凄い。
カルマ >> よく考えるとエーちゃんが自分の為にやる「ガットいじり」も、相手のリズムが崩れるかもしれなくって、消極的な「小手先」になってるんですよね。
ルイ >> 【アゲイン】はカルマさんの指摘が良いと思うのだけど、この世界の1年は天地が違えるほどの視座の変更を意味しますからね。ただこれって突きつめると応援団長だって1年分幼いわけで、当初の「目上だからこその憧れ」の質を問われかねないと思うなぁ。
LD >> 男には見える範囲でって所がいいですね。ここで変にイリュージョンかけない。絵の線引きに相当気をつかっているのが分かる。
ルイ >> ふむ。>ガットいじり まあ、注意されるほどは長くやってないだろうけどw
LD >> 「目上だからこその憧れ」の質を問われかねない|既に問われていると思います。先取りして考えると、目線の上下だけじゃないという語りをはじめるかも。
ルイ >> そう、そのうち「あれ?俺なんでこんなにこの人に執着してんだろ?」というフェーズがあると思う。まあ、年上故の幻想が減じた時に、一周した余裕からくる「俯瞰してみえてくる彼女のリアル」が減じた分をどれだけ埋めているか、ですね。
カルマ >> 普段からタイムめいっぱい使ってノート書いてるんだろうなーあれ嫌だよなぁw>エーちゃん
ルイ >> ノートはカリカリやる事自体が勉強コンプレックスのあるスポーツ脳には(#^ω^)ピキピキくるかもしれんw
LD >> 難波江が、ロジック上の化物だという事が改めてわかりますよね。高木の話も終わってみると、難波江に死角がない事を見せただけのような感じになっている。
カルマ >> 「色恋とかそういうこっちゃない」って話はもう主人公にありそうな。>アゲイン
ルイ >> それを明確に己に問いかけるフェーズ、という事ですね。
ハラルヤ >> なんかエーちゃんも小細工多い奴に思えてきたぞw
ルイ >> 難波江くんもエーちゃんみたいに右往左往したのかというと、子供のうちから見定めているのでしょうね。こういう人に、基本同系統のエーちゃんはどこでアドバンテージを得れば良いのだろう?ナッちゃん抱けばいいんだとか言えば浅田真央的に炎上するな俺w
ルイ >> エーちゃんも対戦相手が気味悪がる面はあるかもしれないですね。故意の有無がポイントかw
ルイ >> 【ヤンキー君とメガネちゃん】お、おう・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・おう?(アシカ声で
LD >> 『はじめの一歩』が動かないまま1話が終わっています。(´・ω・`)
ルイ >> ヤンメガはどうしてドラマまでやっといて、こんな巻きっぷりなのだ。モチベーション尽きたのか。
ルイ >> 【絶望先生】がちょっと改蔵に引っ張られている気がほんのりしたりw
kichi >> エーちゃんが難波江に対しどうアドバンテージを取るのかは気になりますねぇ。ノーパソと手書きというイメージ的にも、エーちゃんの方が感情の扱いというか乗せ方の巧さ辺りはアドバンテージありそうなイメージですけど……、もうちょい明確な何かが欲しい気もしますからねw
LD >> 『このかの』ですが、9時〜7時まで行動不能というのはヤバい設定です。…あと、裸エプロンって明記された設定ですっけ?
kichi >> 「ヤンメガ」は本気で意味わかんね(´・ω・`)何がやりたかったのか
ルイ >> 手書き>ノーパソってアナログ礼賛で終わるのかw
LD >> 『ヤンメガ』は、ここまで忘れていた足立さんを逆に逆手にとっているようにしか思えないw…まあ、そんな事はないだろうけどw
kichi >> 「一歩」は珍しく(ってほどではないか)、ヒキらしいヒキだけどあんまりだw
ルイ >> んんん?一緒に学業復帰したヤンキー君とメガネちゃんが一緒に殿大目指す行動の何が悪かったんだ?王子様が迎えに来る絵面に憧れたのか?
ルイ >> ドラマも、予備校の広告でも「目指せ殿大(東大)」という描きになっていて、そのシンプル構造の何が不味かったのか。メガネちゃんに救われたヤンキー君が、どこかでメガネちゃん「を」救わないと吊り合わないと思ったのかな。
kichi >> 「φ脳」はサスペンス的な話作り的には結構いい形かな?と思いつつもリアリティ的に厳し過ぎるなぁ……(´・ω・`)
カルマ >> それは全く理解出来ないw>ノーパソと手書きというイメージ ええと、図にしやすいしにくいはあるかと思いますが
LD >> 生徒会活動とかで、メガネちゃんを救って(正確には助けて)いたと思うけどなあw
ルイ >> ファイブレイン、あんな手間かかるダイイングメッセージ、犯人が書いたに決まってるジャマイカw←
カルマ >> ファイブレイン、僕も犯人が書いたことを疑いますねw
ルイ >> 書いて覚える!という意味では理解できるのではないかな。まあ、ベビステの描きの果てがソレならずっこけますがw
kichi >> ん〜、まぁ、手書きとノーパソはあくまでイメージですけど、感情的にニュートラルが基本に見える難波江に対し、感情を巧く良い方向に利用する意識を感じるエーちゃんという違いは感じるのですが……(´・ω・`)
LD >> 表に出ている情報では、えーちゃんが、難波江に勝てる要素は無いですね。何か難波江に弱点が潜んでいないものか。
カルマ >> 難波江は棋譜のようにPCの文字上の記録だけで試合を脳内完全再生できるとみた。>「ベビステ」
LD >> ふむ。少なくとも難波江の試合場の内面はみえてないのに対して、えーちゃんは、いろいろ感情を揺らしながらもそれに上手く方向性を与えてやる事を描いてはいますね。
kichi >> ……少し気になったんですけど、ダイイングメッセージって実例あるんですかねぇ?w ……なんにしても、あの現場見て自殺と思うとか、頭おかしいか犯人のどっちかにかしか思えませんよw
ルイ >> あ、なるほど?エーちゃんはマイナスをプラスにする、難波江はプラスを積み重ねるという違いは認識した。
kichi >> 難波江は、意味のない1プレーして感情揺れた時戻すとかしてますからね。少なくとも試合中はニュートラル至上な印象は受けるんですよね。それに対しエーちゃんは怒りを利用しようとかも考えたように(失敗でしたが)感情の動きを良い方向に活かすっていう意識もあるんですよね。
GiGi >> ナバエに足りなくてエーチャンにあるものは何だ?と考えてたら「なっちゃん」という声が。いやいやまさか。
ルイ >> ラブラブ天驚拳最強やないか←いやいやまさかを本気で言ってる人
GiGi >> ファイブレインはどうやってこの警部さんをレギュラーにする構図を組むのかが興味深いですね
LD >> 『ファイブレイン』は、ちゃんとブレインを入れて『エニグマ』よりは、謎解きっぽく話が進みそうですね。
ルイ >> 【このかの】はニヨニヨしました。うーん素晴らしい。
LD >> チャンピオン行きましょうか。
GiGi >> エーチャンは良い意味でテニスを知らないので常識にとらわれない発想はいずれ出てくるかも知れませんね
カルマ >> 「このかの」は二股可能把握。
GiGi >> 裸エプロンはもちろん明記された設定ですよ>LDさん
kichi >> 「このかの」はやっぱ9時〜7時間は絶対寝てるって設定は凄い足枷になりそうなんですが……逆に克服できる可能性もあるのかな?って気分にも……。
LD >> 『このかの』フーコ先輩かわいいですねえ…。う〜ん、なんか上手いなあ…。
LD >> 9時7時も、裸エプロンも、勿論、目からビームも、本当にやばい設定満載だわw
ルイ >> 9時から7時までの間をフーコ先輩に捧げればいいじゃない。睡眠時間?シラネ←
LD >> 巻頭に、刃牙の戦史と、勇次郎の比較が出ているんだけど……勇次郎の設定がとにかく「それよりも強い!」なのがよくわかるw
ルイ >> 【バキ】シュガーレスオマージュじゃないけど、バキまで気絶しだしてもうね。
ルイ >> いや、バキとオーガの戦績比較、ピクルの所だけぼんやりしているのが笑えますねw明らかに当初の予定ではこうじゃなかった感がw
ルイ >> 想定内の事とはいえ、まったく「戦い」にはなりませんね。
LD >> 勇次郎、落下の瞬間、刃牙の頭守っているんですよねw
GiGi >> ケンドーコバヤシとの対談で「今は一人で考えてます」「最後はどうするか決めてません」等不穏すぎる発言が。編集部仕事しろw
kichi >> 「バキ」本当に戦いにはなってませんねぇw ……でもなんやかやで面白くはあります。……しょんぼりなオチが付かないといいけど、どんなオチを付けたらいいのか見当もつかないなw
カルマ >> 「バキ」ほんと叱りつけてるだけの感じw
ルイ >> いわゆる優しい版エメラルドフロウジョンですw>落下の瞬間バキの頭を守るオーガ
ルイ >> 烈海王がどの面下げて出てくればいいかも見当がつきませんえ。
ハラルヤ >> Ustreamのタイバニ終わったのでもう寝ます(←横線で修正)3時までにジャンプにうつりそうにないので、今日はこのへんで失礼します。いやー、球磨川くんカッコ良かったぜ。
LD >> 今の『範馬刃牙』の感想は一言で言うと「ですよね〜!w」ですねwや、楽しいのですけどw
ルイ >> 【バチバチ】が今週凄いですね。1番候補?
GiGi >> 弱ペダここで4番手登場は意外でしたね
ルイ >> 「ドングリだから引かなくていいや」という意識が、他の一番にもない中身の詰まった良い速度をもたらした。ぼくは土俵クリフハンガーはやはりあまり好きになれないかな。これが相撲、と感じられる取り組みでした。
ルイ >> 【弱虫ペダル】急にナイスバディをアピールする幹ちゃんは本当にけしからないよ!!!
LD >> 『りびんぐでっど』、もう一回集中連載みたいですが、なかなか良いのではないでしょうか。
ルイ >> 今週の【イカ娘】は「侵略部」に続く連載的発明というか、本当Twitterで呟いたけど、漫画をバカにしているとしか思えない日々は遠くになりにけりですね。
LD >> 『バチバチ』の試合の短さがいいと思う。非日常であった立合いが、日常の立合いとなってきているわけです。この密度で一試合一試合を短く積み上げば、すごい連載になると思う。
kichi >> 「バチバチ」濃いというか、スピーディーな展開の応酬で良い一番でしたねぇ。
ルイ >> 【みつどもえ】のように理想的な成長曲線を描くのも素敵だけど、ある瞬間からドッカンくるイカ娘の蘇生時心電図なみの動きも愉しいものだ。
カルマ >> 「バチバチ」は素晴らしかったですね。
LD >> 『イカ娘』確かに、いつになく起床点穴がしっかりしていますねw
ルイ >> ね。今回の充実を観て、せめて大一番はページ増を編集にかけあう形にでもして、基本1週決着を心がけてみて欲しいと思いました。
kichi >> 「弱虫ペダル」は……まぁ、かませ犬臭漂う四番手ですがw 御堂筋から意識を逸らす意味でもなかなか巧いかなとは思います。
GiGi >> いい描きでしたね>バチバチ。そういえば今ニコニコ動画で序ノ口の取り組みから見れるんですよ。
LD >> 今回の四番手は、今、意図的にスルーしている京都伏見が挽回するための役を負うのかな?などと予想したり。
ルイ >> 【弱虫ペダル】かませですけど、チームプレイはしっかり徹底してきているわけで、これをチギるには改めて個を上乗せする必要があるのでしょうね。あ、サイン会で巻島先輩を描いてもらったよ!w
ルイ >> 僕も御堂筋くんたちが喰うための存在としてイメージ>広島
LD >> 『囚人リク』は、わかっちゃいたけど、試合後のレノマ、さっぱりし過ぎw
ルイ >> 【りびんぐでっど】目玉たれたり身体割れて臓物はみでたり、ノルマはちゃんとこなしてますね。ただ、二度目の集中連載なので、チャンピオン編集部の無体wと戦うためにも1つ構造的なポイントが欲しいかも。
カルマ >> 「ペダル」まぁ全員で最終日に到達してるぜーってのは悪くないんじゃないでしょうか
ルイ >> 少なくとも、全員で到達してない京都伏見との対比は明らかですしね。
ルイ >> 【囚人リク】レノマさんのデレっぷりは、本当修学旅行あけのときメモヒロインばり。
LD >> 『ナンバデッドエンド』が、まじかよ……って感じなんですが(汗)い、生きとるよね?
カルマ >> 「囚人リク」なぁw 女医登場から温度変わりすぎてる気がしますがw
ルイ >> 【ケルベロス】掲載位置的に久々に一息つきつつwいやあ、落ち着いて眺めてみるとこの作品もキガタとまではいかなくとも変則ハーレムだなあ。望月さん転校してくるん?
ルイ >> でも、女医登場による温度チェンジは完全に正着だと思いますけどね。
kichi >> 「ナンバデッドエンド」なぁ……(´・ω・`;)
ルイ >> 【ナンバデッドエンド】ナンバ兄デッドエンドでござる…orz
カルマ >> 「ナンバ」死なずとも働けなくなってさらなる重荷に、とかなるともうアニキの心が耐えられない。
LD >> 現れるまでは殺伐とした、むくつけき男どもだったけど、女医先生が現れたら、みんなメロメロになって…こいつら案外気のいい奴らなんじゃ?と。分かります。(`・ω・´)
ルイ >> やあ、女医さん登場によって、つまりこの連中所詮大体童貞だよね感といいますか…w
LD >> 【ナンバデッドエンド】アニキにぶっとばされて、この話終わり!で良かったのに…(´・ω・`)
kichi >> 「ケルベロス」は、ちょっとツイッタでも呟きましたけど、常世を内部から変えてくような展開になったら面白そうに思うんだけどな〜とかは思ってるところです。
ルイ >> 【ナンバデッドエンド】兄貴が喧嘩から遠ざかった分なまっていた、という描きはひどすぎるだろう。どう足切りすればいいのだ。
ルイ >> リクってハーレムメーカーとしての地力は低いんですよね。みのりんなどには引っかかるんだけど、そんなに全体波及ではない。その辺身につけないと←なんでだよ
GiGi >> ケルベロスはうしとらがブッチギっていったソレを大事に抱えていく覚悟なんだねえ。うん、今の漫画だ。
ルイ >> あ、リクじゃないない、景です。えらい間違いだw
カルマ >> 他の男は良くても、やっぱレノマの態度だよなぁ…(汗>リク
LD >> 『てんむす』ですが、彼女ら、中部地区だってんですね。…どこらへんだろう?
ルイ >> 名古屋らへんじゃなかったっけか。ドラゴンズ縛りだし。
LD >> ああ、いい指摘ですね。>うしとらがブッチギっていったソレを大事に抱えていく覚悟
ルイ >> 昔ならぶっちぎっていった所を丁寧に、というのは僕も「今の」といいたくなる作劇タイプだなあ。
LD >> 『シュガーレス』は………岳、そろそろ大リーグボール1号とかの特訓はじめろ!w
ルイ >> しかしケルベロスとはじめてのあくが一瞬シンクロしたなw
ルイ >> 【てんむす】は2Dもガチ顔も表情が本当抜群だなあ。そして神事としての描きも凄く良い。
ルイ >> 2Dって、デフォルメですね。いかん頭がそろそろ壊れてきている。ラジオ喋りすぎたw
ルイ >> んー、天子ちゃんや遊の表情を切り抜いて2chニュー速にでも投下すれば、そこのアイドルくらいにはなれるんじゃないか。
LD >> 『てんむす』神事としての描きは、なにか上手くリアリティを付加させていますね。単に大食いが国民的競技の日本とか言われるよりも。
ルイ >> うん。【咲】も大会開始前に牌を天から落とせば良かったんじゃないかなw
ルイ >> 稲山先生は、まだ自分の表情集的なものを固めていないのが良いのだろうな。全ての表情に、再び出会えるかわからない良い意味での不安定さを感じる。
ルイ >> しかし、健康診断のコマはもっとねっちり全員分を以下略←
LD >> 『はみどる』ボーリングは得意とか、しょーもない展開なんだけど、まあ、よかったw
LD >> 『王様日記』は次号最終回ですね。
ルイ >> 【はみどる】いやあ、しょーもないですね。嫌いじゃないw特に天地さんがなぜかはみどるの味方をするのが「ハイミス」という理由だけでなんとなく呑めてしまうのが・・・w
ルイ >> 【王様日記】おもろいですよ。
kichi >> 「はみどる」のこのしょーもなさは巧いと言っていいくらいに良いですねぇw
LD >> 『キガタガキタ』は、僕は、この影男くんとはさっさと決着つけて欲しかったのですが、引きましたね。う〜ん。
LD >> ジャンプいきましょ。
ルイ >> 【シュガーレス】は、しっかりしてる連中はみな「征く」というのだなと。岳さんも失神から復帰できぬほどの兼光パワー。
kichi >> ああ、「キガタガキタ」は私もこの影男くんはイマイチ……(´・ω・`)これで恐怖新聞以上?ってくらいの脅威として扱われてるのが非常に残念……
ルイ >> 【ワンピース】がすげぇぞ←今更
LD >> 『ワンピース』、このコアラちゃんって、また登場する時があるのだろうか?
カルマ >> 「キガタ」影はかなり弱点が多い感じで…と思ったけど恐子ちゃんも弱点は多いかぁ…んー
kichi >> 「ワンピース」凄いですねぇ……。カースト制度の逸話を連想するエピソードですけど、こういう風に、愛したいけど愛せなくなってしまったという形で描かれてしまうとねぇ……(´;ω;`)
ルイ >> 何度目の感想かわかりませんが、ほんっとうに尾田先生は、この作品に全部注ぎ込んじゃってますね。化け物め。
LD >> 『マジコ』が、よかったです。うん、『マジコ』はこういう話なんだろうな、というものをそのまま見せてもらった気分です。
カルマ >> 「ワンピース」は凄い。素晴らしい。ほんとすごい。
kichi >> コアラちゃんに関しては過去エピなだけに、すでにどっかで登場してる可能性も考えてしまったりするんですけど……、それらしき人物はいない、かな?
ルイ >> 王女は正しいが、本当の融和はそんな意識をしない世代がなすと。自分もそれを正しいとは思うが、血。。。つまり人生が拒否をすると。めちゃんこな描きだな。化け物め(2度目
カルマ >> 元奴隷ちゃんもホントに普通の生活に戻れるの?差別はないの?と思ってしまって辛い。
kichi >> 「マジコ」は概ね予想通りの展開でしたけど超良かったです。バッチリ泣けました。大好き。5回くらい読んだよ!w
ルイ >> Twitterで呟いたかな?今週は完全にワンピとマジコなんですよね。
LD >> こういうのを上手く積み上げてゆくと、良い連載になりますね。>『マジコ』
ルイ >> http://twitter.com/rui178/status/67304342285328384 言ってた。
カルマ >> 「マジコ」は良いですね。理想的
LD >> 『戦国ARMORS』のこのロリ化は、もしかしてずっとじゃないよね?wそれどこの『一番湯』だよw
ルイ >> 【戦国アーマーズ】何はともあれ、施策そのものを支持しよう。いやロリコンとかじゃなくてw
ルイ >> 今週のマジコは、ちょっと作者の地力を上方修正しましたね。ページめくったところで抱きしめていて欲しいと思ったら、ちゃんと抱きしめてくれた。読者の意識が乗るネームは良いネーム。
LD >> 『メルヘン王子グリム』が、憑依したぞ!!(`・ω・´)こ、これは!?………wwwww
LD >> 『めだかボックス』まあ、あれですな。球磨川くんも、味方になってみると、まるでマスタング大佐のような人気がでそうなキャラですな。(←マスタング?)
ルイ >> 【めだかボックス】んーまあ味方になったら頼りになるねってホント男塾だなあw
LD >> 『保健室の死神』の話運びがすごくいいんだけど、もう終わりっぽいのが玉に瑕。(´・ω・`)
カルマ >> グリムはなんか面白く転がるかもしれないこととりあえずやってる感じで…うん、見届けようw
GiGi >> 10年後くらいに>コアラちゃん再登場
kichi >> 「バクマン」はとりあえず軌跡の再確認しつつ、そっちに踏み出すかぁ……てな方向の問題に……。まぁ、考えてみれば作品内容的にこの展開も必然ではあったか……。
LD >> サンデヘいきまさぞ。
カルマ >> 「めだか」普段しまパンに何も感じない僕がこれは、と思ってしまった
カルマ >> 「保健室」いいんですけどね…んー
kichi >> 「めだかボックス」、まぁ、良かったですね。球磨川くんにあまり格落とされても困りますからなぁ……。
LD >> マギが好きな僕は、巻頭のキャラ表で既に大満足(`・ω・´)
kichi >> 「保健室」はそこで回想終わりなのかー。ん〜。
ルイ >> 【バクマン】そこはあしたのジョーもいいけど、星飛雄馬の「青春なんかいらん!おわれ!」だろうJK。
GiGi >> マジコはやるべきことを確実にこなしていて余裕すら感じますね
LD >> なんだろ?この球磨川の実は強かった展開って、ジャンプの何を思い出せばいいかな?
kichi >> 「ドイソル」もいろいろ頑張ってる感あるのですが……足りない……orz
ルイ >> 最弱ゆえに強いというロジックなあ。ラッキーマン?w
kichi >> ……まぁ、あれで最弱とか言うのは完全に言葉遊びでしかないとは思いますがw
ルイ >> 【ドイソル】離陸って難しいなっていう。
カルマ >> 「マギ」プロフィール表で女性読者が参考にしやすいと思ってしまったりw
ルイ >> 【マギ】のこういう身長差のわかるキャラ表って、わけもなくときめきますよね。いや訳ははっきりしていて、ただ紙に描かれる各々が、1つの世界の上で比較されていることに実存を感じるのだけど。
kichi >> 「マギ」キャラ表……、え、モルさん14歳だったのか……!Σ(`・ω・´;)つかシンドバットの取り巻きも若いの多いなぁw
LD >> 『最後はストレート』、ここでようやくスタートラインという感じ。ちょっと………ねえ。
ルイ >> 【最後はストレート】むちゃくちゃ遅かったけれど、まあサンデーだから終わらないで済むんだからねっ!という感じ。最初からサンデーとわかっているのだから、これもまた選択か。
LD >> 多分、僕らが想像するより、基本やや若いはず。>キャラ表
GiGi >> ビーブルーズはだから何でそんなに切ないんですかと問いかけて、視点の置場所の作りが上手いんだなと改めて気づいた
ルイ >> 【銀の匙】競馬場に近づくと漂うグルーミンアップ臭。まあ、所詮は家畜、という描きは良いですね。QB的に←
カルマ >> 「最後はストレート」本音を言うと僕はさっさと終わってほしい…はぁw
ルイ >> 【ビーブルース】は切なさと同時に力強さも感じられるのが良いんよ。
GiGi >> ドイソルはここから何を描けるのかに注目している
LD >> 『ビーブルース』、桜庭あ!!さいてぇえええだ!!きさま〜!ちょっとはいい奴かもしれないと思ってたのに〜!!!!
カルマ >> 「銀の匙」頑張って見開き使っているけど、どうも絵の勢いに欠ける感じがしますね…うーん
ルイ >> 子供ゆえに執着に良い言葉や行動を当てはめられない事もあると思うので、ぼくは桜庭くんを見捨てない。
kichi >> 「最後はストレート」じっくり描くことが良さに繋がってればそうもいえるでしょうけど、ぶっちゃけ全然ですからね。選択にしても大失敗でしょう。
カルマ >> 「ビーブルース」桜庭の変わらなさはちょっとかわいそうなレベルですね。彼なりの叱咤激励と読むにも酷い感じがする
ルイ >> まあ、荒川先生って元々粛々と…構造的な作家なわけでね。ハッタリの熱で押し切る人でもないし。
GiGi >> こんなになってもずっと龍ちゃんは「ヒーローであること」を自分に課してるんですよね
LD >> 『神のみぞ知るセカイ』は、栞に見られた所含めていろいろ正しいかな?w
ルイ >> 龍ちゃんが天才をそのまま活かす物語は喪われたけれど、代わりに元天才が血みどろになりながら立ち上がるという稀有な物語を読めるわけで、それって人生を必然とする事そのものだなあっていう。
ルイ >> 【神知る】女装して可愛いオタメガの造形ってなんなのさ。
カルマ >> (クラサンは不意に一番チャット中に存在を思い出してクリックして更新確認することが多いな…)
GiGi >> 優希ちゃん視点で見ると桜庭ひどすぎですが、客観的に見て「見てられない」くらいツラい状況ならあれもわからなくはないんですよね
kichi >> 「ビーブルース」はほんと切なく、応援したくなりますねぇ……。今週で本当にリハビリも終了してて、どんどん進んでいくことを期待します。
ルイ >> 【ムシブギョー】西日本壊滅でござるか。エヴァンゲリってきたな。
LD >> 『銀の匙』いや、さすがというか見開きは充分過ぎるほどの迫力がありましたけどね。でも、うんなんだろ?多分、主人公についてもっと早く、どういう奴が教えてほしいのだと思う。
ルイ >> やあ、でもリハビリを通り抜ける速度ってのは悩みどころですね「ありました」で通り抜けちゃうのも違うだろうし。速度、読後感覚との兼ね合いが。
GiGi >> ムシブギョーはガンパレかマブラヴかという設定開陳ですなー。江戸の庶民が状況を把握していないというのは面白い
LD >> 【ビーブルース】やあ、でもこう言ってはなんだけど『大介ゴール!』で僕が観たかったものを、こっちが見せてくれる展開かもなあ…とか。すぐに分かるけど。
kichi >> 「銀の匙」はやっぱりあまりラブコメらない感じなのかな? ……ま、次回主人公の過去語りがあるのかな?って辺りもあり、まだ様子見感。
カルマ >> 「ムシブギョー」はこの時代大阪から物資がきちっと下っているとしたら表向きは平和だったりするのかねぇ。いや、蟲の存在でそういう歴史自体違ってるかもしれないけど
カルマ >> 「銀の匙」の主人公は大体どんな経緯でこの高校に来ているかは察しが付くので、さっさと描けばと思ってしまいますね
kichi >> そこら辺、アンナちゃんがいることでうまく処理できるのかなぁ?って思ったりはしてるんですが……、さて。>リハビリ速度
LD >> 『ムシブギョー』は、燃える展開ですねえ…w 小さな戦闘勝利ではまったく勝ち目がない事をみせてしまった。
ルイ >> 【武勇伝】は最後はストレートと比べるのもなんだけど、大名ネームだとか揶揄されつつもとりあえずノルマレベルでプロローグ終了まで引っ張ってきたと思うなあ。
LD >> 同感です。>さっさと描けば それでどういう話しかも見えるんですよね。
kichi >> 「ムシブギョー」、予想外にでかい設定ですねぇ。良いです。
LD >> 【武勇伝】ノルマレベルでプロローグ終了まで引っ張ってきたと思います。(´・ω・`)
ルイ >> 主人公の物語開帳から始まるのをつまらないと思ってしまう季節があるのだらう…
kichi >> 「武勇伝」ノルマレベルですねぇ……w ただ、壁に吹っ飛ばされた時髪ほどけてほしかったなぁ……(´・ω・`)そうすれば萌花ちゃんへのトキメキ度数段アップしたかもしれないのに……
GiGi >> 銀の匙は主人公の悩みはそれとして日々是平穏な農業高校ライフでよいんじゃないかなと。ぶっちゃけどうでもいい悩みだしw
ルイ >> この作品タイトルで?w
カルマ >> 「武勇伝」は主人公のボクシングへの本気度が乗ってないのでこれでもまだ見たいものが見れてない気がw
ルイ >> 好きな子がやっていて認められたい本気度で、小学生の離陸には十分に思えるなあ。
LD >> 。o(サンデーの巻末勢が、思ったよりも、クラサン送りが遅いな……などと思っている事は、ここには書かないでおこう…)
ルイ >> 【はじめてのあく】キョーコがキャラ的につまらなかったかな。待つ・信頼女か…ううむ。
kichi >> 「鋼鉄の華っ柱」が結構面白かった。こんなに納得力高い心の折れ方は久々に見たかもw
カルマ >> 主人公が真面目に練習してるシーンとか、そういうの挿入されるだけでもいいのですけどw>武勇伝
LD >> 日々是平穏な農業高校ライフを描こうというなら、『もやしもん』の感じくらいの、もう一味が欲しいかな。週刊連載なら特に。
ルイ >> つまり【動物のお医者さん】的に、家畜にしゃべらせてしま…うわ、それは残酷かw
LD >> >キョーコがキャラ的につまらなかったかな。|同感だけど「キャラ格たけええ!!」ってならないのは何故なのかな?
LD >> >家畜にしゃべらせて |いいね。残酷だったとしても、悪くない。
ルイ >> 確かに同じような描きでもキャラ格の高さを感じられるはずなのですよね>はじあく 「わかってなさそうなのに、わかってる」のギャップかな?つまりキョーコの牙はとうに抜け落ちた、という判断なのかもしれない。
GiGi >> アラゴが意外とちゃんと終われそうですね
ルイ >> ペットならともかく、明日にはチキンソテーになるねんぞ!w>喋らせる
LD >> >キョーコ|単純に言えば、そこまで積み上がってないから…かな?さらに詰めると、実はキョーコの良さってもっと小さい所で気にやんだりする肝の小ささだったかも。
ルイ >> ふむ。そもそもここでキャラ格の大きさを見せるより、泣き惑った所を誰かに支えられる、という形の方が器がハマるというのはあるかも。
LD >> では、そのチキンソテーにも「こんがり焼けたから、美味しく喰ってや!(ぐっ)」……と喋らせる。(´・ω・`)
ルイ >> もう【かってにシロクマ】ですよねw
GiGi >> 農業高校に逃避したのは安易な選択だけどだからといって今更なかったことにも出来ないし次の選択も容赦なく迫られるわけで。やっぱりアゲインと描いているものの方向性は近いんじゃないかと思ったり
kichi >> 「はじあく」は、展開にキャラが乗ってない感と相まって、やっぱこの展開自体が失敗だったんじゃ……という印象がw 話題のキョーコも一位ヒロインとしての振舞いとしては正しいでしょうけど、キョーコのキャラという感じではないからなぁ……。
ルイ >> お姉ちゃんなら、キャラ格というよりジローと過ごしてきた日々の長さでもって、他キャラの格を食わないままに「ジローを信じてあげて」って言えるかなあ。
GiGi >> 月光条例は恥じらうエンゲキブはかわいいが話はどうでもいい
ルイ >> うん。最近大活躍の「現実の受容」でwそこにアゲイン先も含めるあたりはまどマギよね。
ルイ >> 月光条例はフジタカ先生がTwitterでノリノリなのをみて勝手にいたたまれなくなるくらい、最近つまらない。
カルマ >> この話を畳もう、畳んでしまおうという印象のほうが強いですね>「はじあく」
LD >> うん、『面白い』ね。キョーコを一位として扱いたいから…あの態度という意図はわかる。一位の答えは一つじゃないかもね。お姉ちゃんって話もあるけど、ぶっちゃけ乙型ちゃんがキョーコを支えてもいい。…まあ、それを意図的に誤解する輩もいるだろうけど。(`・ω・´)(←こいつ)
ルイ >> ちゅまり、ナチュラルボーンを銀の匙と呼ぶのか、様々な妥協や逃避や間違いの末に辿りついたものまで銀の匙に含めるのかっていう。
カルマ >> 経験上、環境を変えるのはすげー大事なので「銀の匙」の選択は何も間違ってるとは思わないですねぇ
LD >> そうね。エンゲキブはかわいい話はどうでもいいかな。(´・ω・`)
ルイ >> ちゅまり、偶然を運命と言い切る話なわけでしょ←ガンガン先行
LD >> 農業高校に入った事を「やってもうた!……でも!」って話なら、もっと最初に主人公の態度にエッジを利かせないと。
kichi >> 「月光条例」エンゲキブは可愛くてよかったですねw ……確かビッチ設定的なの(言い過ぎw)あったこともあって、結構堂々と裸体になった辺りにも妙な納得があったのですが、月光相手には恥ずかしいというギャップ萌え的な魅力も感じますw ……それれはそうとチルチルの悪意だけ分裂したとかそんな感じなんですかねぇ?
ルイ >> それなんてうしとら…
ルイ >> まあ、でもそこでエッジを効かせる事にリアルを感じ無いというか、それなりに対応はできるけど、でも・・・という人に実感を植えつける…あれ?これなんて【フラクタル】?>【銀の匙】
GiGi >> 銀の匙の彼は現状アトラクティブに状況を楽しんでいるのでそこは素直に乗っかっておけば良いのではないかと。まあ仕掛け控え目なのは大家の余裕ですわな。
LD >> いや、『銀の匙』面白いし、大名ネームでもないんですけど……なんか枯れたものがあるのが寂しいとかw物語の意図が俄につかめない所もつらいのかも。
ルイ >> 大家宣言にはまだ早かろうもん!って思うけど、まあ勝算なしに構造組めるほどいきあたりばったりの人とも思っていないし移籍時にある程度の手形ももらってるでしょうから、のんびり読むしか。
ルイ >> 物語の意図自体は俄に掴め放題だと思うのですが。
ルイ >> それより【ポケモン】の話題が登らない方がなんというかもうね。良かったなサンデー、他のコマがまあまあ機能していて。ポケモンで勝負かけたら終わってたぞ。
LD >> 『最後のストレート』より、やや面白い『最後のすとれーと』な感じ。>『銀の匙』 『最後の〜』今週、その方向ならもっと早めに…と思ったように、『銀の匙』でも似たような事思いそうなわけです(汗)
カルマ >> 僕の感覚では「主人公が来た理由なんて読者にも大体分かりきってるんだから作中人物に浸透させてさっさと話動かせよ」と思っていますね>銀の匙
LD >> 寝ぼけてんのか(汗)『最後のストレート』→『最後はストレート』
GiGi >> おすもじェ
LD >> ルイさんの“銀の匙”の話ね。>意図 そうね。『最後のストレート』が「…これ、野球をやりたいのかな?」と思ったくらいには意図の予想は立ちますね。
ルイ >> そういえば【最上の明医】は、命時代の真中さんの作劇を繰り返しているわけなので、これで二度目も真中的扱いをしたら鬼の中の鬼。
カルマ >> ポケモン…あ、なんかライバルっぽい奴来ましたね。あと終わるギミック出ましたね。
LD >> 『おすもじ』は、色々取材いるでしょうし、人気があるなら、ある程度充電しつつ連載すればよいのではないでしょうか。
ルイ >> おすもじとはなんだったのか。
GiGi >> この何の変哲もない構成で休養期間を置く意味はわからないなー
ルイ >> 人気があるとは思わないけれど、雑誌に1つあっていい感じなのですけどね。おすもじ。
LD >> 真中さんの作劇って?
ルイ >> にゃあ、次世代はここで「じゃ、ケッコンすっか!」でもいいんだよ、と言っています。
LD >> ああ、まあ……でも、そこ片付くと『最上の明医』ちょっと展開積の苦しいかもw
ルイ >> サンデー、数作新連載が成功しましたけど、まだ雑誌全体は危ういなあ。
GiGi >> 何だろう、蘊蓄漫画は嫌いじゃないんだが、おすもじ読んでてなるほどと唸るような蘊蓄は今のところ無いような
ルイ >> そんなこんなで?
LD >> あ、それはそうと『マギ』のアモンのじいさんは、生まれると、何かに変化するかな?
ルイ >> ふむ。無いですね。味っ子Uで寿司はマズイって話が出た時はドヨドヨしましたがw
ルイ >> 【マギ】ああ、アモンは多分美幼女になると思います。
GiGi >> ワンピースですかね?
ルイ >> ここは敢えてmagiko。
LD >> 『おすもじ』特になるほどとは思わないんですけどw なんか奇抜じゃない技術の話をしている所がそこそこ好きかな?
LD >> さて一番決めましょう。
ルイ >> 僕もそこは同感で、こういううんちく漫画は別に唸らせなきゃ、とは限定されないというか…職人もの一個あると落ち着くよね、程度で捉えていました。雑誌の顔なら話は違うけれど。
LD >> マガジンは…う〜んw『AKB49』?
LD >> 敢なくてもいいんじゃないかな?
kichi >> マガジンは……「ベビステ」になるかな? 「AKB49」とか、あと案外「フェアリーテイル」も良かったですが……。
ルイ >> 【この彼女はフィクションです。】【バチバチ】【てんむす】【ONE PIECE】【magico】【ムシブギョー】こんなところで宜しいか。
ルイ >> そうそう、ベビステもえがった。
LD >> チャンピオンは…『範馬刃牙』と『はみどる』キタ!
LD >> ジャンプは『マジコ』ですね。
kichi >> チャンピオンは……「バチバチ」ですかねぇ。
ルイ >> 刃牙は先週の方が確実に面白いだろう女子高生。
GiGi >> 何故かFF5のガラフじいさんを連想したんだぜ>美幼女に
kichi >> ジャンプは「マジコ」で! もちろん「ワンピ」も素晴らしかったけど、「マジコ」で!
ルイ >> ガラフ自体は転生してないから!w死んでるから!w
LD >> サンデーは…『ムシブギョー』か?
kichi >> サンデーは……「ムシブギョー」ですかねぇ。なんか「ムシブギョー」本来の魅力とは別のポイントではある気がして若干あれですが、他にそれほどの候補は……。
ルイ >> 繰り返し【バクマン】で、数年後のジャンプでも大エースとして連載中と宣言された【ONE PIECE】と今週張った【マジコ】ちゃんを期待賞したい。
LD >> 今週は『マジコ』ですね。そして『マジコ』ですね。
LD >> そう。『ムシブギョー』本来の魅力とは違うんですよね。ただ設定がでかくて面白かったというだけで。展開のものりあがりなら『アラゴ』とか『デフデビ』とかあったわけなんですが……。
ルイ >> 内水融先生的な人情ポイントも描けるのは良い事、というか、今週のマジコって感情揺さぶりの射程がどちらかというとワンピ的なのですよね。浪花節だよ人生は。
GiGi >> マジコで問題なさげですね。もちろんAKBも素晴らしかったし、ムシブギョーも次の一手が楽しみですね
ルイ >> AKBは来週最後のチケットを手にする秋元康ががが
LD >> それでは今週の一番は『マジコ』で。
ルイ >> そういえば、相変わらず、AKB49はたかみな先輩が物凄い位置に陣取ってますよねwもう完全に象徴バトンタッチyないか。みのりとたかみな、そんなに世代差ないのにw
カルマ >> 「マジコ」問題ないです(寝落ちてた
LD >> やあ、お疲れさまでした。今日は早く終われました。
ルイ >> 今日に限ってはニチアサは無理だと言わせてもらおう…
LD >> そうですねえ…。わりと何かにつけ、たかみなですね。…前田はもう少し先のキャラなのか?そういう感じでもない?
GiGi >> タイバニは脚本読みなルイさんがどう評価するのか楽しみにしてるんだぜ。ちなみに個人的には脚本はユルいと思ってるんだぜ。だがキャラは最高だ。
kichi >> やあ、好き過ぎて冷静な判断じゃないかもという心配がありましたが無事「マジコ」一番で良かったw おつかれさまでした〜。
ルイ >> 読者感覚的には、板野友美とか、こじはるとか、勿論一番人気の大島優子とか、選抜の「格」レベルで使える題材はたくさんあるし、作者陣の推しメンを観てもバラバラで別にバイアスかかってるわけじゃないはずなんですよね。
ルイ >> ラジオでスカイハイさんへの愛はしゃべったった。
GiGi >> ありがとう!そしてありがとう!
LD >> 『AKB49』元々、かなりシンプルな構造のマンガだから、キャラ絞ってるって事かもね。
GiGi >> スカイハイさんマジでキングオブヒーロー
ルイ >> あとは峯岸みなみとか?まあ、そういうのを「予備生卒業したら用意してある金脈」としているのだとしたら、恐怖の物語埋蔵量だなあ。
ルイ >> スカイハイさん、最初はそのスコアをおびやかすような展開になるかと思ったら、天然は天然のままに普通にアンタッチャブル・ナンバーワンなのがアツイw
GiGi >> タイバニはDVDよりフィギュアが欲しくなるアニメ。
ルイ >> 1話見た時、既に画面の前でスカイハイさんの「ありがとう!そしてありがとう!」の腕の動きはコピーしてしまった。
ルイ >> 勿論あの動きが出来るくらいの可動域はよこしなさい。あと、タイバニ仕様のアーマードコアを。
ルイ >> 僕なんてAKB48は殆ど知らないわけで、そんな人に「もっと選抜メンバー使えばいいのに」と思わせている現状こそが「満を持している」という気もする。
ルイ >> つまり、初期のうちに選抜なり既存メンバーを乱舞させると、それは既に育ったアイマスキャラのアイマス2MADを観る感覚というかw当事者感覚は持ちづらいと思うのですよね。そこを徹底した厳選キャラで、構造に使わないものは表に出さず、今僕にそう思わせる所に持っていった。このエピソード突破したら各メンバーのアンダー(代役)編とか描いていい気がする。
LD >> それではオヤスミナサイ。
ハラルヤ >> お疲れ様でした〜


■■■■2011年05月20日■■■■
LD >> 【今週の一番】チャットは5/14(土)24:00開始予定です。 http://www.tsphinx.net/manken/chat/chat.php
LD >> (↓)あ、しまった。訂正します。
LD >> 【今週の一番】チャットは5/21(土)24:00開始予定です。 http://www.tsphinx.net/manken/chat/chat.php


■■■■2011年05月22日■■■■
ハラルヤ >> こんばんはー
カルマ >> おこんばん。おろ、24時からでしたか…と思ったらきていない?
GiGi >> おや?
GiGi >> すみ?
LD >> こんばんは。
ハラルヤ >> こんばんは〜
LD >> すみまません。いろいろやっていたら、大幅に遅れてしまいました(汗)
LD >> こんばんは。
カルマ >> こんばんはー。エイス5巻が面白かったです(待ち時間に読んでた
LD >> 『エイス』ってなんですか?
kichi >>       ……こんばんわー(´・ω|真理さん不思議な人ですなー。もひとつ心理が読み切れない感じ……。
LD >> というか、う〜ん。申し訳ない…orz 何か曜日感覚にズレがあったのか…。
LD >> こんばんは〜。真理さんって誰ですか?
カルマ >> 河内和泉先生の漫画ですねhttp://www.square-enix.com/jp/magazine/joker/series/eighth/index.html 遺伝子工学と女の子とアクションな。
LD >> ずっとブログの記事書いていて、まだ終わってないんですよねえ…。
カルマ >> 真理さんは読みが難しいですねぇ。この巻は可愛いんだけど。個人的にはアンジェラさんがナオヤじゃなきゃやだーっつってるのがかわいすぎてですね>エイス5巻
kichi >> エイスの登場人物です>真理さん
LD >> あ、なんか面白そう。>『エイス』
kichi >> 豊富な女性陣が皆魅力的ですよね。トリニティさんのいじめられっぷりも好きですw
LD >> いや、すみません。早速いきましょう。マガジンからでしたっけね?
カルマ >> トリニティさんは…残念が先に立つなぁw 僕はアンジェラさんラブです。
LD >> 『ネギま!』劇場版と、『ハヤテ』劇場版が同時上映なんですね。
LD >> 『ネギま!』の、このネギくんと、フェイトが最強呪文打ち合うシーンは『バスタード』を彷彿とさせるワケですが、やっぱり呪文詠唱は決着の場で映えますね。
kichi >> ……先週もマガジンからだったような……?(´・ω・`;)
カルマ >> 「ネギま!」詠唱超かっこいいですねぇ。
LD >> あと、創造主が“顔”を出しましたね。これは何か大きい事のように思える…。
kichi >> 「ネギま」ゼロ距離からの最強呪文対決はやっぱ燃えますねぇ。熱かったです。
LD >> あ!ほんとだ!でも、はじめちゃったので、このまま行きます!なあに順番なんて関係ないさ!(`・ω・´)
カルマ >> んー、ナギの顔になってる気がw 真っ当すぎて外すかもしれないけど…>創造主
LD >> 『エデンの檻』は仙石くん、おっさんや坊主にも慕われてるのか?w……まあ、あそこまで行くと皆が手を上げるからみたいなものかw
LD >> なんですと!?いや……違うんじゃないかな?>んー、ナギの顔になってる気がw
LD >> そして、クジを当然のように引き当てるりおん……ってここは雪ちゃんを当てるべきではなかったか?(´・ω・`) そして、仙石の次のねらいは副会長か?(`・ω・´)
kichi >> 「エデンの檻」なー。……遊びに行くんじゃないんだから、ここはちゃんと能力とか考えてメンバーすべき場面だと思うんだけどなぁw ……皆手を挙げてるのは、慕われてるというよりはリーダーとしての能力にはある程度信頼感ができてるというか、ついてった方が生き残り率高そう……っていう感覚はあるのかもなー?とか。
kichi >> たしかにどうせなら一旦りおんとは距離置いても良かった気はしますねw ……しかし、最終的な敵かもとかまで言われてるとこみるとそうもいかないのかなぁ? 正直今までの流れからいきなりこの医者をラスボスにされても困ってはしまうんですがw
LD >> 『ベイビーステップ』は、えーちゃんが、難波江に勝てるとしたら、なっちゃん、というか、そういうものを力に変える話になってきていますね。
LD >> 仙石「能力なんかで選んだら、俺が仲間に優劣をつけているみたいじゃないか!皆、だいじな仲間なんだよ!」…うん。まあ、全滅パターンだけど。(´・ω・`)
kichi >> 「GE」はもうさっさとやっちゃってほしいとか思いつつも、この微妙な流れでやられるのもなんか……とか、ああ面倒くさいw
kichi >> 目的と合った能力種類の選択をするのは優劣つけるのとは全然違うと思うんだけどなぁw
LD >> 『AKB49』は、最後の一枚は秋元康が買いましたか。
ルイ >> すいません、今日は寝ていたわけでもなかったのですが【スロウハイツの神様】を中断する事ができませんでした。一気に読了したので参加するよー。
LD >> じゃあ、こっち(`・ω・´)→ 仙石「能力で選抜決めたら、りおんを連れていけないじゃないか!」
kichi >> 「ベビステ」はここで本当にナッちゃんをクローズアップとは!
LD >> 僕も、ぽかしてたので。すみません。
kichi >> くじ当たるのは確定なのかw
LD >> 浦川、泣かないなあ…w うん、ええキャラだw
ルイ >> 【ネギま】はすっかり「少年漫画雑誌の巻頭作品」になっている、その事自体が痛快だったなと。
kichi >> 「AKB49」、さすがにここで吉永を切捨てはしなかった、ってことでいいんですよね? ま、とりあえず綺麗にひと段落ですね。
ルイ >> そして、不在の中格上げを敢行するラカンさんこそが、赤松健という作家にとってのブレイクスルーキャラだったのだろうなどと思いつつ。
LD >> 『AKB49』しかし、この連載、たかみな先輩をともかく上げるなあ…w
カルマ >> 「AKB」は予想通りの展開ではありますが、吉永のメモはベタながら泣ける…
ルイ >> 【エデンの檻】の仙石くんの描きは、主旨はわかるが納得はできないですね。ちょっとキャラ描写に寄りすぎていて、これで難局を凌いだとしても、そこに【エニグマ】じゃないけれど、超えるべくして超える、越えられる難局にみえてしまうのは間違いない。
ルイ >> 【ベイビーステップ】は、先週ぼくとGiGiさんが言った通りになりましたよね。勿論、それは「愛の力」なんてものに限らず、極限で難波江の計算を超える何かを生み出せたのなら、それはなっちゃんの奔放さが働きかけているよね、という部分も含めてなのですが、そのレベルの影響を受けるのに必要なのは、やはり「愛」なのでした。
GiGi >> マガジンは最後だと思ってたので油断した
ハラルヤ >> 秋元康ならわざと一枚自分用に残しておいて最終決定権をキープとかホントにやりそうだよなあ。話題性と最終決定権のいいとこ取り。ドラマ性の演出というより、リアリティの演出にしか思えないwおそるべし秋元康。
LD >> 『ファイブレイン』う…なんか、このパズル解きたいけど、いろいろ時間が押していて考える暇がない!(`・ω・´)
ルイ >> 【AKB】も、過去ログを漁ればこの展開は書いた覚えがあるwしかし、秋元康というのはつくづく化物ですね。なんだろうなこの感覚【プラネテス】のロックスミス・・とは違うのだけど。情を理で計算している怖さを表現するに、もっとふさわしい誰かがいるなあ。
kichi >> あー、それは言われてみればありそうですねw なるほどw>秋元康ならわざと一枚
GiGi >> ネギまは前半のネームの流麗さに惚れ惚れ
ルイ >> ああ、そうそう。ハラルヤさんと同じような事を言っているつもり。
ルイ >> 最近【AKB
ハラルヤ >> メモでやっとみのりが男だと気付くことで、お茶目さアピールも忘れない。AKB上げマンガならぬ秋元康上げマンガだぜw
ルイ >> 最近【AKB48ヒストリー】という本を読んでいて、総選挙やシャッフルシステムの残酷さに言葉を失ったのだけど、そのあとがきで「ファンの皆さんと一緒に悲しんだ」とか書いてる秋元康は何かの化物なのだろうと思うに至った。
GiGi >> ナバエは自力で自分にないものを引き寄せられるけど、エーちゃんはなっちゃんの力でそれを加速させるという話で、決定的なアドバンテージというわけでもないんですよね。
LD >> 『振り向くな君は』のこのちびっ子GK、千手くんはなかなかいいキャラにみえるけど、しかしその名前からか「こいつ、ムゲン・ザ・ハンドの使い手では?」という疑念を振り払えないのであった。(`・ω・´)
ルイ >> 難波江の世界にだって周囲に人がいる、という描きをしたいからこそ、先ほどエーちゃんと戦った彼がいるのですよね。そこまでの対比を持ち込む気がない、という宣言としてのキャラ。ただ、決定的な人との出会いというのはやはり「違う」ものだとは思う。
LD >> 『波打際のむろみさん』乙姫さん、地味に重いよ…w
GiGi >> 秋元先生が最後に気付いたのはみのりが男の子だということでなく、みのりのモチベーションの在処でしょうね。
LD >> さて、謎の最終回を迎えた『ヤンキー君とメガネちゃん』ですが…。
GiGi >> 「もう少し見たくなった」というのがリアル秋元康がこの漫画を読んだ感想なんじゃないかというメタ妄想
カルマ >> 「AKB」最初期から気づいていると思いますよ>男
GiGi >> トイレの妖精花ちゃんですね
ルイ >> 【ヤンメガ】は僕の中で【夜明けの炎刃王】とともに残るタイトル。ところでGoogleIME、炎刃王くらい一発変換させるべきだよ。
kichi >> 「ヤンメガ」は………………(思考停止)
ハラルヤ >> なにっ、さらに格が上がっちゃうじゃないですか。なるほどそれで吉永続投と。>秋元先生が最後に気付いたのはみのりが男の子だということでなく、みのりのモチベーションの在処でしょうね。
カルマ >> 秋元康的には「16人の最高の公演」はまだ見れてないって感覚かもしれない。吉永欠けてるし。メモで不在感をなくしつつ、でも公演自体は15人しかいないという
ルイ >> 「いるんやでぇ」オチだったと言うわけか!>トイレの女神様
カルマ >> 「ヤンメガ」は本当に謎過ぎて、途中から読んだ僕にはなんか伏線あったのかと素直に罵倒できないレベル。
LD >> とりあえず。トイレの花子さん扱いなんですが…。ちょっと、前に、弟くんと品川くんが「姉ちゃんの正体」みたいな話をしていて、そこも気になる所なんですよねえ。
カルマ >> 最大限好意的に解釈しても「吉河先生は死ぬほどヤンメガやめたくなかったのかなぁ」とかそんなんですわー
LD >> 読み返さないと分からないですが、多分、最初から妖怪で通るって事はない…はず。>足立さん
カルマ >> 「むろみさん」この回だけ時間進んでる設定なのかなーとか考えないと読みにくいですね…素直に下手だといえばいいのでしょうけど、無駄に深読みしてしまうw
ハラルヤ >> 最近のマガジンのドラマ化作品の再利用っぷりから察するに、『ヤンメガ』の先生エンドはいつでもまた学園モノマンガを再開できる様にするための布石とみました。
GiGi >> 最初から妖怪で通ることはないですね。ただ最初からショートカットの激しい漫画ではあった
LD >> 足立さんは、どこかで死んで幽霊になっているってパターンも考えたんですが、それにしては「姉ちゃんの正体を知りたいか…?」という弟くんは落ち着いている。
GiGi >> ダイヤのエースが地味だけどよい話だったなあ
LD >> >いつでもまた学園モノマンガを再開できる様にするための布石|身もフタもねえw
ルイ >> それってまさに【あの日見た『花』の名前を僕等はまだ知らない』やないか、という。
kichi >> 通されても困るっていうかw>足立さん花子さん   ……正直私は「実は吉河先生余命幾許なくて、無理矢理完結させた最終回なんじゃ……」とか無駄に心配してしまったレベル……。
カルマ >> マジで足立さん4年間何してたのとか全然わからない。考え出すとこのかのの彼女より怖いw
GiGi >> ファイブレインは謎解きモチベは上がりませんが森高先生らしいサスペンス感が出てきて良いですね
GiGi >> サスペンスといえば相変わらず君町のヒキが怖い
kichi >> ああ、「ファイブレイン」はそうですね。キュー君にも何か秘密はありそうだったり、サスペンス感は結構いい感じに思うんですが……無理矢理パズルを絡ませるせいなのか、どうにもリアリティ的な部分で……(´・ω・`)
ルイ >> ファイブレインはそのうち【ブラッディ・マンデイ】が帰ってくる事を思うと、中継ぎピッチャー以外の感慨は特には。
ルイ >> サスペンスといえば【フェアリーテイル】のヒキが怖い
GiGi >> ガマランはここで圧勝なのは良いですね
LD >> 足立さん「じつは私、紋白高校を卒業できなかったので、今年から、他の高校で1年生をやり直していたんです。そしたら品川君が紋白高校に赴任したって聴いたので、今日から転校してきちゃいました!」←もの凄いセリフだよ?これ?(`・ω・´)
kichi >> 「フェアリーテイル」も不穏なヒキというかモノローグですねぇ……(´・ω・`)
LD >> え?パズルは解きたくならない?>『ファイブレイン』
ルイ >> 往年のギャグマンガレベルのエネルギーは感じますけどね。李さん一家か。
ハラルヤ >> (……『ファイブレイン』って何だろう?)
GiGi >> ブラマンの中継ぎというのはその通りなんでしょうね〜なにかモーニングの「グラゼニ」(森高夕次原作)を連想したw
kichi >> 私はならなかったですねw>パズル解き
ルイ >> 金田一少年も最近流行りのSAW型だしさあ。
GiGi >> アゲインもとても面白い
ルイ >> 【フェアリーテイル】は、確かにファンタシースターじゃないけれど、タイトルを宣言したければ世代をまたいだ方が良いとは思いつつ、まだ警戒中。
GiGi >> フェアリーテイルはよい不穏なヒキですね
kichi >> ……まぁ、ヤンメガは大学の四年間八王子さんがそれなりに充実した大学生活を送ったであろうことを妄想することで良しとすることに……。(私の中では八王子さんと品川君は二年間くらいは付き合ってたことになってますw)
GiGi >> しかし今週のマガジンは異様なくらいアベレージが高い
ルイ >> 【アゲイン】はかなり面白いですね。改変モノの「バタフライエフェクト感」を凄く上手く出してる。このチアリーダーちゃんの地は、「1周目」の世界では現出するシチュエーションに至らなかったわけでしょう?
カルマ >> ていうか今思うとどのタイミングで連載終了決まったんだろう?受験で意味深な天才キャラ出したりしてたしなぁ…考えるほどにわからないw>ヤンメガ
ハラルヤ >> ググったけど全然記憶に無いぞ『ファイ・ブレイン』。読み飛ばしたという記憶もないんだけどなあ。読みたくなってきたぞ。
ルイ >> 大学生活では八王子さんと受験天才ちゃんによる品川奪い合いマクロスFがあった事までは「わかってる」(脳内断言
kichi >> 確かにどのタイミングなんですかねぇ……。でも、はっきり言って前回を描き終わった後に宣告されたとしても、もっと“まともな”最終回にはできるw
LD >> そうそうw 八王子さんってどうなっちゃったのよ?w kichiさんの言う通り、そこそこ品川くんと付き合ってないと浮かばれないw(死んでないけど)
ルイ >> 作品が群像モノの色を強めるほどに、個別の物語を収める意識がないと否定されますね。多分コードギアスでギリギリくらい。
LD >> >はっきり言って前回を描き終わった後に宣告されたとしても、もっと“まともな”最終回にはできるw |これも、重要な指摘ですね。
ルイ >> 【この彼女はフィクションです。】も面白いのだけれど、関係性がある程度おさまってきてしまった事に一抹の不安を覚えないでもない。
GiGi >> (言えない…本当は最終回決まるまで足立さんの存在をすっかり忘れていただけなんじゃ、とか言えない…)
ルイ >> 【GE】のカラダ赦す許さないクリフハングって通用するのかなあw
ルイ >> 【君のいる町】はやっぱり瀬尾先生のネジは飛んでるなぁとニヨニヨする為の物語。
カルマ >> この最終回には何か意図があると思うんですけどねぇ…例えば「足立さんの成長した姿が想像できない」なら、そもそも無理に4年後に設定する必要がないわけですよ。
LD >> たとえば吉河先生の中で「決めた最終回」があって、それは担当編集は反対で、長いこと葛藤があった…で、ああなった。まあ、あんまりこっち側を考えるつもりもないんだけど。
ルイ >> やあ、花ちゃんに引っ張り上げられた品川くんが恩を返す形にしたかったのでしょ>4年後にする必要
LD >> たとえば、今、GiGiさんが言ったとおり、最終回が近づいていたのに、足立さんを出すのをずっと忘れていて、土壇場で、出さない理由を欲した。…でも、それはもっといい辻褄合わせあがあると思うw
ルイ >> で、花ちゃんの助力なしにそこに至る品川くんを描きたかったのでしょ。理屈は結構普通に通る。過程がムチャクチャなだけ。
kichi >> 「君町」は……自然なやり取りの不自然さが怖いったらw
カルマ >> もうずっと言ってるけど「GE」とかセックスするかしないかでゴネてるの観るのめんどくさい。
LD >> ぶっちゃけ、『るくるく』の最終回くらい『読む』気満々になっているけどw…まあ、今出ている話で大体という気はしますね。
ハラルヤ >> 僕にはガチで再連載の布石にしか思えませんけどね。>『ヤンメガ』
ルイ >> しかも【ヤンメガ】が【ヤンマガ】!という煽り文句まで見えている>再連載
GiGi >> ルイさんの説明は今までのヤンメガの作劇とも整合があって通りがいいですね
LD >> 【ヤンメガ】まあ、最終巻でいろいろ描き足されそうな気はするので、そこからかな?w
kichi >> なんて無謀なw>読む気満々   私はさっきも言った通り大学編妄想に留めます。八王子さんは最終的に品川君の駄目さをきっちり見定めて別れたと思うんだよなぁ。っつってもそんな酷い別れ方ではなくて、「私の大学生活に彩りをありがとう」くらいのことは言ったりしつつw(<「砂時計」から拝借なセリフですがw)
GiGi >> 最終回だから取り返しがつかないだけで、今までもこれくらい理路のぶっとんだ展開繰り返してたよなあとは思う
カルマ >> あーあーなるほど…>助力なしにそこに至る品川くん 
ルイ >> ほう、砂時計のセリフ良いですね。彩陽さんに言いたい←何言ってるの?
ルイ >> ヤンメガがドラマになるって時点でぶっとんでましたからねえ。
LD >> >今までもこれくらい理路のぶっとんだ| うん。GiGiさんが今、全部読み返す必要のある事言ったね。それが『ヤンメガ』の空気って事はあるね。(`・ω・´)
ルイ >> そんなこんなでチャンピョン?
kichi >> 「砂時計」はお薦めですよー。人生レベルで描ききったドラマチック!少女マンガとして素晴らしい作品です。
ルイ >> オススメ返しすると【スロウハイツの神様】はtrue tears以来にダバダバに泣いたよ。
LD >> いや、記憶では最終回は飛び抜けて変だと思うけどw
GiGi >> スロウハイツって小説?
LD >> ふ〜。『結界師』の次は『ヤンメガ』か〜。(`・ω・´)
kichi >> ふむ。小説ですか。なるべく時間を見つけて読みたいですが……。>スロウハイツ
ルイ >> そうです。ペトロニウスさんにオススメされて、はじめてあの人にオススメをオーダーメイドしてもらった気分ですね。完全に僕のコアだったw
ルイ >> さあ、チャンピョンもマガジンに負けじと充実してるんですよ!
GiGi >> てんむすの福留ちゃんは転校してきそうな
LD >> うん。まあルイさんが言うとおり『ヤンメガ』がヤンマガで再連載というのが妥当っぽいね。
LD >> 『ヤンメガ』話し過ぎて他を話してないけど、もう、チャンピオンに行きます。
kichi >> ……う〜ん、正直、再連載するにしてももっとまともな終わり方はある気がするんですけどね……w
kichi >> (ぶっちゃけ私は最終回読むまではその線も濃厚で、タイトルはYTMとかかなー?wみたいなことも考えてましたが、最終回読んだらその考えが消し飛んだw)
GiGi >> 今週のハンザは頭から尻尾までしっかりアンコが詰まった美味しさでしたね
ルイ >> 新連載は【聖闘士星矢LC外伝】。やはり手代木先生もぼくの思う21世紀の作劇だなあと言うか、今回読んで「ああ、だから魚座は十二宮の最上階にあるんだ」と思ったり。
LD >> 【ヤンメガ】、大学編にしたくない…という気持ちは分かるwじゃあ、二人とも先生にしようか?という案がボツになるのも分かるw「…そうしたら、こうなりました」…ってのは分からないw
ルイ >> 魚座の位置に溢れる、位置そのものがツンデレっていう〜!
LD >> 手代木先生は、僕としてはオリジナルが読みたかった。まあ、はじまった以上それを引きずるつもりはありませんが。
ルイ >> それは発表された時点の感想でしょうよw>オリジナルが読みたかった
カルマ >> 今回から星矢を読んでみることに。設定全然わからないですが。
kichi >> 普通に高校卒業で完結でいいんじゃ……(´・ω・`)
ルイ >> まさにハリネズミンのジレンマ、魚座先生…!
kichi >> 「聖闘士星矢LC外伝」は、とりあえず気になったのはこの感じで12人全員描いたりするのかなぁ?って辺りで、LDさんの感想とも繋がってく感じに……。
ルイ >> アルバフィカの死に様は村の子を守っての死なので、そこに至るものを見せてくれる事は素直に楽しみ。つまり、原典を高める作品を高める作品を描いているわけだ。三次創作?
GiGi >> だから最上階<良い汲み取りですね。
ルイ >> 【バキ】の最後のコマは凄いけど、今週は【どげせん】の方が凄いと思う←なんで比較すんの?
LD >> まあ、ぶっちゃけ、アスミタ無双や、マニゴルド無双が観られそうな気もするので楽しみ。
ルイ >> んん、無双というか「原典の黄金聖闘士と比べかっこよすぎるこの世代の黄金聖闘士」は、いかにして生まれたか?という各自の「際」を描くのだと思う。
GiGi >> ケルベロスはラブラブすぎてほっこり

MANKEN CHAT(1.1)