漫研チャット
名前:
発言:
[正面] [取扱] [過去ログ]


■■■■2011年05月22日■■■■
ルイ >> 星矢Gは、結局たどり着くのが原典どまりだから作劇リアリティに限界があるのですよねw
LD >> …というか『冥王神話』本編では、アルバフィカちょっと弱かったかもね。そこを補強するのはわかる気もする。
ルイ >> 【弱虫ペダル】は岡山くん、御堂筋と違って問答無用でたたきつぶされそうですねwおにゃのこの胸を触るのは赦されないだろうw
LD >> 『範馬刃牙』は、何であれ、勇次郎が手加減する状況を生み出したのはよかったのでしょうね。なんだかんだで楽しく描かれていると思います。本気のバトルになるにしても、いずれで良い事ではありますね。
kichi >> 「バキ」は、やっぱ決着はしないんだろうなぁ……って感じもあって段々残念感が増してってるというのが正直なとこではあります……。
LD >> 『弱虫ペダル』は、おもいっきし京都伏見をスルーしていますけど、どういう描きから入るのでしょうね?そろそろスタートで完全無視ってのもむつかしいと思いますが。
ルイ >> んー、4人の京都伏見がこの6人の岡山を潰せば良いのではないかな。
GiGi >> NJ先生かわいいなもう
LD >> 『囚人リク』は、これで関羽ゲット!ですな!(`・ω・´)しかし、すぐにレノマよりも恐ろしい相手が来ると。
LD >> 『バチバチ』は、今はどうやっても天雷の方が強いのでしょう。
ルイ >> 【囚人リク】も凄いですねえ。レノマさんちょっとちょろいさんですけど、リクとの差は本当に「運」の差でしかないのが、作品世界の温度を宣言してますねえ。
LD >> 『シュガーレス』は、「俺がシャケを倒す。そして兼光さんさえもな…」って、さん付けしている時点でビハインド。
ルイ >> リクにとってのおじさんと、レノマにとってのおじさんが同じ世界にいる、というのは当然の事ながら結構重たい宣言だと思う。
kichi >> 「バチバチ」この対決はなかなか興味深いかもですね。天雷の方が強いのでしょうけど、石川も普通に負けちゃうようだと立ち位置がなくなるというか……。どう描くのかな?
カルマ >> 「リク」いいですね。本当に運でしか無い。
GiGi >> 広島くんは一番もっとる人間を見抜けない時点で程度が知れるかなと。
LD >> いやいや、ちょろくないよ?w セシリアさんは模擬戦でイチカくんが泣いてくれたワケでもないけど、レノマとリクは死闘だったじゃん!(`・ω・´)
ルイ >> だから、リクの涙はなんというのか…同情という言葉にすると安いのですよね。
カルマ >> 下位チームにはむしろ坂道くんの存在のほうが通りがいい気がするけどなぁw>もっとる人間
ルイ >> でも、回想語りは立て板に水ですよw
LD >> >同情という言葉にすると安い|そんな事ないよ?おじさんがそうだったらって思ったら。…でも、まあその上で「レノマ、ちょろいよね。クロコダイルみたいだよね」って遊ぶのはありな気はしますがw
ルイ >> ああ、そうだ。だからリクの言葉は「ちくしょう」なんだ。世界に畜生なんだ。
ルイ >> 悔しいんだな。世界に悔しいんだ。リクの抜けるべき獄は、この刑務所ではなく世界だもの。
ルイ >> 【バチバチ】石川くんの格を危惧してしまうくらい、最後のコマの天雷がかっこいいw
LD >> 『りびんぐでっど』学校に通ってしまうのか!これが『HOTD』のはじまりだった知る者はこの時いなかった!(`・ω・´)
ルイ >> 【シュガーレス】神楽の問題はやはり、血が手先まで到達しているかという問題ですよね。クズ高は身ひとつだからそこにノイズがまじらない。
ルイ >> 【てんむす】食への礼節のなさにキレるってのは良い描きですねえ。てんむす、かなり抜群だなあ。
カルマ >> 「バチバチ」は天雷が負ける気がしないなぁ…w どのくらいの射程で観るか難しいですが、今石川くん負けてもいくらでも上でやれる気がする
LD >> 最近、ルイさんが褒めている気がしないでもない『ましのの』ですが、なかなか『面白かった』です。クマの追いかけ方とかなんかいいです。
GiGi >> 復活した御堂筋がめちゃめちゃ格好よくなってたらどうしようというのが今の弱ペダのドキドキポイント
ルイ >> 【りびんぐでっど】の展開はかなり良いんじゃなイカ!?LDさんも良いと思わない?家ネタはちょっと限界近いですよね。
ルイ >> うん。【ましのの】の人は基本的に頭が悪いんだと思います(褒めてる)。我らの哲弘先生ほどこじらせてないけど。
LD >> 『エンジェルボイス』ですが、WCでPK戦、先攻の勝率91パーセントですって?
ルイ >> 【エンジェルボイス】のデータはちょっとビビりましたね。圧倒的じゃないか>91%
LD >> 家ネタは限界近いっていうか、設定調整しないと、外へ出るのが難しいw
ルイ >> 同点に追いついた方に当然勢いはある!という描きをしていて、マンガ論的には…というか、モメンタムの問題でも「あそこで勝負はついていたんだ」と言っちゃって良い局面なんですよね。アイシールドあたりでもそう言うと思う。
LD >> 『ハンザスカイ』、青柳先輩は、どこかホリックだと思っていました。
kichi >> 「てんむす」は“喰”という字も礼節の部分での話なんでしょうね。……ガングロ子ちゃんをどう見せたいのかはちょっと中途半端にも感じたような……。あと飲み物持込禁止と言われてるのに普通に飲んでるのはどういうことなんだろう……?
ルイ >> ここでまた勝てるビジョンを弱める【エンジェルボイス】って実は凄い連載なんじゃなかろうか。いや、前から面白いとは想っているのだけど。
LD >> とにかくこの真鍋主将がカッコ良く描けていて、青柳先輩は今、この真鍋を喰うからすごいというメソッドに乗っていますね。
kichi >> 「エンジェルボイス」、91%はビビりましたねぇ。薄々先攻有利に感じてはいましたが……。
GiGi >> キガタガキタ、キュウべえさん登場ですね!(違)
ルイ >> 【ハンザスカイ】は物凄い傑作回だと思います。
ルイ >> Twitterでも呟いたのですが、「国島太陽」という往年の王者をすぐ会場レベルで共有する描きって、ここまでずっと描いてきた「空手道を歩む人は基本みんな凄いメソッド」の延長なんですよね。凄いなあこの会館、と。この瞬間空手文脈が圧縮されまくってる。
ルイ >> 【テニスの王子様】の観客は若干ギャグですが、おそらくあの描きも突き詰めると今回の【ハンザスカイ】なんですよね。
ルイ >> で、それを表情だけで「格喰い」するバベル青柳も当然凄いですね。佐渡川先生ってほんとなんでパニッシャー(しつこい
kichi >> あと「エンジェルボイス」はツイッタで落ち穂拾い的に呟いたものの翌日読んだら全然言いたかったことのコアを捉えてなくてガッカリしたりがあったんですがw、この“試合後お見舞いに行く”ということだけでモチベーション支えられてる試合終盤が、大事な大会の決勝並みに“負けられない試合の終盤”として描かれていること自体が熱かったりしますねぇ。
LD >> 『ケルベロス』、やはりこのマンガ、30代がやばいぜ…(`・ω・´)
ルイ >> 【ナンバデッドエンド】はちょっと色々な人に読んでもらう必要があるかもしれんね。
ルイ >> 【ケルベロス】もムチャクチャいいですね。今週はマガジンとチャンピョンがどうかしてる。
GiGi >> 食う前に飲んでる辺り勝負以前のレベルなので…福留ちゃんがどんなアクロバットを見せるかだけ注目ですね>てんむす
ルイ >> 礼節のなさを一年大将という礼節なしで返す所が、なんかもうワクワクするw
LD >> 『キガタガキタ』のこの3人目はあの人なの?
ルイ >> あと【モメンタム】が今回実は面白い。
kichi >> 「ハンザスカイ」素晴らしかったですね。懐に潜り込んでの回し蹴りというのがバベルに対し有効なのが感覚的に納得できる辺りも良いです。
ルイ >> これぞまさにモメンタム・プレイだよなあ。>ベンチへのパス、シュート動作
LD >> ジャンプに行こうぜ。
ルイ >> 【キガタガキタ】こりゃあ完全に礼くんですね。
kichi >> 「ケルベロス」も良いですね。しっかり再契約。あとやはり叔母さん好きだなぁw
カルマ >> 「ケルベロス」はほんと叔母さん可愛すぎる
ルイ >> 【ケルベロス】の良い所は、このおのこの馬鹿喧嘩が「冬子先生がついていかない」という彼女の母性によって確保されているところですね。あの視点が入る事によって、女性の許容によって生まれた少年の馬鹿さ、という図式が出来ているもの。
ルイ >> これを女性作家が描くのは僕にはしっくりくるのだけど(性別で語るのもアレですけどね)フクイ先生きゅんがコレを描ける事に意外な喜び。
GiGi >> ケルベロスは叔母さんの愛情ビンタが反復になってるのも良いんですよね。あれは愛情表現だったのかというのが誤解なく伝わる
ルイ >> 確かに。
GiGi >> あ、そうか。てんむすこれは天子が負けるためのお膳立てなんだ。
ルイ >> 確かに、ハンザと対比すると明らかですが天子は負けても良いですね。l
LD >> 新連載の『花咲一休』ですが、なかなか良いですね。とんち問答の気がきいていたら、相当いいです。
ルイ >> 【花咲一球】んー。読切の時から完成度高いとは思ったけど、アーマーズなどと比べるとビルドが足りなくないかな?
LD >> 『トリコ』は、とにかく、あのクチバシの化物の格がぱねえなあ…w
LD >> それはそうかな?>ビルド
ルイ >> とんちには何も為せない、という絶望も・・・うーむちょっと安いというか、じゃあこれは「実効性がない」とダメなのかよ、という気がしてイマイチ乗りきれないのは気になる。
GiGi >> ドイソルの監督くんの反省がドイソルの敗因をそのままなぞっているようで興味深い。
カルマ >> 「花咲一休」んー連載となると辛いかなーという印象が。出来が悪いわけじゃないんですが
kichi >> 「花咲一休」はなかなか良いと思います。……が、連載するのは大変そうだなぁ……とも思いますw とんちそのものはもちろんですが、とんちを絡めて不自然じゃない展開にするだけでも相当大変そうで……w
GiGi >> トリコいいですね。最初から全力全開バトル、しかも2対1という。
LD >> 『バクマン』は、エイジがいよいよ本気にって……今までエイジをして1位を取らしめなかった、その1位の人が誰なのかが気になる………言うまでもないか?w
ルイ >> とんちが具体的には何事もなせなくたってとんちにしがみつくくらいでないと、僕の中の主人公センサーはあまり反応しないですねえ。
ルイ >> 【トリコ】良いですねえ。フェアリーテイルの2対1は言い訳がましいけどw
カルマ >> 「トリコ」あの生物どんだけ強いねんっていう。ロボの元にする理屈としてはしっくりくるけど
GiGi >> 一休さんはみんな言ってますが納得度の高い展開を作るのに苦戦しそうな予感
LD >> 『マジコ』は、必殺技の箒星がイマイチな気がしないでもないですが、内容はよかったんじゃないでしょうか。
ルイ >> 【バクマン】は、こういう時に「エイジ、あれを終わらせたいんじゃね!?」みたいなものは読者にプレゼントすれば良いのに、作中で平坦に語ってしまうのは「意識的だからこれで良い」という言い方で済ませてしまっていいのかなあ。僕は、ここはフックかけて読者の意識を乗せた方が良いと思う。
kichi >> そこは確かにひっかかったんですが、過去エピを読んで一応は納得いったかな? 得意げになってたところを母の死という形で無力さを痛感させられたら、反動がくるのは理解できるので。ただ、そこをこれから乗り越えるというか、実効性なしでもいいものだという風に変化していくのを描いてはほしいですけどね。>花咲一休
ルイ >> 【マジコ】「箒星」はヤバいですね。前回抜群だったけど、ネーミングセンスは考慮にいれてなかった。バンプオブチキンはよそうよ。
ルイ >> AKAHOSHI的な意味でよそうよ>箒星
ルイ >> 【SKET DANCE】が凄まじく久しぶりに面白い。←失礼
カルマ >> 2話で「それでもオレにはトンチしかねぇ」って決意まで行くと気持よく読めるかも?>一休
ルイ >> なんだろ?どうにもならず死んでしまう「失敗例」があって、その最後にとんちで笑わせる的なエピソードを早く組んで欲しい。
LD >> 『めだかボックス』が良かったなあ。安心院さんの語りとか、球磨川がJCたらしてる所とか、候補生の描きとかもよかった。もどって、それが安心院さんの描いた図だという事も。
kichi >> 「マジコ」、えー?私は必殺技凄く良かったと思います。というか、剣化は分かりやすく必殺技感があって良いですね。もちろん内容も良かったですし、絶好調かと!
カルマ >> 必殺技に引っ掛かりはなかったかな?>マジコ
ルイ >> ☆の画が入る事自体は好きですね。ネーミングセンスがこのレベルで続くとどうなのって思ったくらい。
LD >> ああ、確かに。箒星みると、なぇか『AKAHOSHI』を思い出しましたね。
LD >> ふむ。じゃ、いいのかな?>えー?私は必殺技凄く良かったと思います。
GiGi >> エイジのあれは読者そろそろ忘れてるだろという話で、たぶん使わないかとは思う
LD >> 『ブリーチ』の順位下がってるかな?
ルイ >> BLEACH結構露骨に掲載位置悪いですね。そりゃなあ。このフルブリング路線、最初だけですよね、面白いの。それも、レベル高い人達が再び低レベルに入り込むから面白いのであって、もう一度「レベル高い】所にすぐ踏み込むなら、この展開の武器はなくなって「ただ死神たちがいないBLEACH」だ。
GiGi >> バクマンはここでシュージンが、やっぱりPCPじゃアニメ化無理とか思ってるとこがポイントですね
kichi >> ……う〜ん、私は結構納得しちゃったというか……>箒星   まぁ、剣化の名前が箒星で、最後に放つ必殺技は別に技名を用意しても良かった気はするかなぁ?
ルイ >> むしろ災い転じてで、チャレンジング・ジャンプがアニメ化して世に問うのが「デスノート」的なー。
LD >> 『戦国ARMORS』……もしかして、ほんとにこの子、ロリのまま?
ルイ >> 良いじゃないか。>ロリのまま
カルマ >> 癖の強いキャラが多くて死神隊長のように女性読者も辛い感じかしら>ブリーチ
GiGi >> 箒星面白いのは全然痛そうに見えないところ。それを持ち味に出来たら面白い
ルイ >> プリキュアの必殺技的な?!>痛そうに見えない
カルマ >> 箒をあれこれ変形させるのはベヨネッタの髪の毛的な面白さを感じているので嫌いじゃないです
LD >> そして武田信玄か…。
ルイ >> 戦国最強。まあ、時系列無視するなら斎藤道三とか出しちゃえば良いよ。
LD >> あ、ペトロニウスさんには、『戦国乙女』観るより、『戦国BASARA』観てもらう方がいいかも。
GiGi >> 編集長の鶴の一声でアニメ化GOしたりしてもアリかもですね。条件は、アンケ1位取ること、みたいな。
LD >> そこらへん、他の戦国ものとどう差別化をはかるか…ですね。
kichi >> 「めだかボックス」も良かったですね。安心院さんの語りは興味深かったですが、いまいち行動と合致してる印象ではないような……。でもそこが最終的にピッタリくるようだと凄いですし、巧くやれそうな感触もあるのですよね。
GiGi >> 名前もふわふわしてて、絵もキラキラしてて全然破壊的でないのが逆に良い効果出ないかなと。
LD >> サンデー行きましょうか。
ルイ >> めだかはぼくの大技・グランド保留。
ルイ >> 信長交響曲見せれば良いのではw>ペトロニウスさん
カルマ >> 「めだか」はよくわかんなくなってしまった印象ですー(´・ω・`)
GiGi >> それは既に連載開始時点で通過した場所だッ>グランド保留
LD >> 安心院さんも、キュゥべえみたいなもののはずなんですよ。格を高く考えれば。今回のセリフはそこが出ていてよかたっと思います。彼女は敵じゃないくて、彼女が何を求めているのか、ちゃんと観なくてはならない。前の“平等”の言い回しは悪意がまじっているように見えたんですよねw
GiGi >> LDさんが今までで一番面白いかもと言っていたのはなるほどと思わなくはなく
ルイ >> 列先生通過早すぎっすw
ルイ >> LDさんだから一番面白いと言っているのだろう、と思わなくはなく。
ハラルヤ >> 球磨川君さえカッコよければ後はどうでもいいや。
GiGi >> 安心院さんはようやくラスボス格として安心出来そうですね
ルイ >> 球磨川くんを生贄に安心院さん召喚というカードゲームイメージ。
LD >> 『ハヤテ』は…なんかこう…この後、ヒナギクがかなり的確な意見を述べると思いますが……ねえ。
GiGi >> ビーブルーズは今週も心臓に悪い。そしてアンナちゃんも丸い。
ルイ >> 【ハヤテのごとく】はコメントに困る事kの上ないな。
kichi >> あ、「ワンピ」今週も素晴らしかったですね。誤解のおそれもあるから、とにかく穏やかな手段で進めることを第一としてるオトヒメ様には酔わないと叫びにくい権利の主張……。重いけど熱いです。
LD >> お、思わなくはなく攻撃をくらっている?(´・ω・`)
ハラルヤ >> そして安心の空気。背中男「不知火半纏」。
ルイ >> ん。今週のONE PIECEも素晴らしかった。どこぞのまとめブログでワンピへのディスりを見たけど、この2週のタイミングでやってもそれは読んでない(気持ちを入れて)宣言でしかないくらいの印象。
LD >> >球磨川くんを生贄に安心院さん召喚というカードゲームイメージ。 |それはある…というか安心院さんいろいろつながっていないはず。もう、何でもありだから何でも言える人ではあるけど。
ルイ >> 球磨川が活躍するほど、僕の中では格落ちしまくりなんだけど、ちょっと見方が皮肉かな。
GiGi >> めだかボックスはめだかちゃんが範馬勇次郎なので板垣先生は参考にするとよいと思う(ぇ
ルイ >> 【BE BLUES】はほんっとうに面白いですね。わかっていても、あの時の龍ちゃんを期待してしまう。
ハラルヤ >> 安心院さんの支離滅裂っぷりは何かの伏線なのかな?
LD >> 武勇伝、武勇伝、ぶゆうでんでんででんでん!(`・ω・´) (←感想言う気ない)
kichi >> 「ハヤテ」かぁ……。ま、珍しくヒナギクさんの発言に要注目と思えたヒキではありますが……、来週ズコーとか思わないことを祈るw
ルイ >> 【武勇伝】が良かったな。おにゃのこを殴る事で【ケンイチ】あたりとの差別化をそうそうに宣言したわけですよね。サンデーは最近雑誌の中の情報圧縮が効いてきてる。
LD >> >安心院さんの支離滅裂っぷりは何かの伏線なのかな?| 上手くまとめるかもしれないけど、伏線というのは考えづらいかも。何処か途中で変えた匂いがある。
ルイ >> 寒川先生発祥…というのは大袈裟ですが、明確にタイトルとしての「ゴールデンエイジ文脈」というものは完全にサンデーに存在している気がする。
GiGi >> 痛さが伝わる絵でよかったですね>ぶゆうでん
kichi >> 「武勇伝」……、殴られた勢いがあるにせよ、たぶん本気で?女の子の顔を殴れちゃう勇君は一応ボクサーの素質あるって描写なんだろうか?とか好意的に解釈w
ハラルヤ >> 球磨川君は「『』」が付いている限り本心とは限らないのでギリギリOKじゃないですかね。活躍するのもカッコつけてるから仕方ない。>球磨川が活躍するほど、僕の中では格落ちしまくりなんだけど、ちょっと見方が皮肉かな。
LD >> 『マギ』は、白龍くんが意外(?)にかなりダメな子のようですが…なんだろう、この既視感。
ルイ >> 最初は萌花ちゃんに惹かれたくて、でなんの問題もないのですよね。そこに徐々に自己変革のテーマを溶けこませていけば良くて、以前フォローした記憶があるけど、その移行はうまくいってると思う。問題は、いつ先生があきて時飛ばすjかだなw
ルイ >> 【マギ】のタッグはどう組み合わせるかがちょっと想像つかないです。戦力的にはアリババと白龍かなあ。
LD >> 『ムシブギョー』は、火鉢さん一強だと思っていたけど、お春殿をけっこう持ち上げている。微妙な間合いで。
ルイ >> だってお春殿好きだもん←
GiGi >> LDさんの既視感発言を激しくRTしたくなる衝動
LD >> 大高先生が、白龍くんと誰を仲良くさせたいか?ですね。>タッグ
ルイ >> 最近クラサン版のムシブギョーを読みましたけど、元から素晴らしい作品ながら、チェックかけてキャラクターのブレを減じて精度を高めたのがコレ、というのが正確っぽいですね。
GiGi >> まあアリババから白龍に感染していくのが筋ですかね
kichi >> 「マギ」既視感はそのままアリババだったりしますか?w ダメな子を混ぜておかないと落ち着かない作風だったりするんですかねぇ?w
LD >> なにが?w>既視感
ルイ >> ただ、アリババとモッさんをふたりきりにしたくもあるw
GiGi >> マガジンが面白すぎたせいか今週のサンデーは印象が薄い
カルマ >> まぁ思いっきりかつてのアリババじゃないでしょうかw>白龍くん
LD >> 既視感アリババですねえw 多分、成長させたい子は、ここからスタートさせるのでしょう。
kichi >> ……う〜ん、組み合わせはどのパターンもありはありなだけに予想がつかないですね。
ルイ >> 【キングゴルフ】がキャディ編でちょっともっさりしているのが気になりますね。
LD >> 多分、戦闘中は、モッさん揺れないよ?wアリババの命護るのに必死で。抜けた後の閑話が狙い目。
ルイ >> 【はじめてのあく】日常を取り戻す!つって即三年の日常を終わらせる(後輩への置き土産にする)というのはなかなか速度の効いた展開ですね。会長、キョーコファンクラブだった事を蒸し返すかな。
GiGi >> はじあく今週の展開は悪くないですね。
LD >> キョーコファンクラブだった事を蒸し返すのでしょうねえ。アキちゃんの前で。
カルマ >> 「キングゴルフ」はなぜこの展開で美女の一人も出ないのかという。女っ気のない連載なのは展開の都合じゃなかったのかよーw
kichi >> 「ムシブギョー」は火鉢さん随分さらっと剥かれてるなぁw お春殿も持ち上げられてますが、もう一押しあってもいいバランスには感じるかもw
ルイ >> かわいいおにゃのこが武器にならぬなら、出さないのも選択だとは思う。サンデーかわいいおにゃのこ多いし。
GiGi >> さて今週はマガジンがベビステ、チャンピオンがハンザスカイの一騎討ちかな。
ルイ >> まあ、会長の格を維持するにはファンクラブだった事に「本気」を注がないといけないんですよね。
kichi >> 「キングゴルフ」もうちょっと速度上げて欲しいですね。結局コースを知るにはキャディが一番という落ち着きどころなんだろうなぁ……っていう予測もつくだけに……。
ルイ >> 【ケンイチ】今更ながら長老のドラゴンボール並みの空中移動っぷりに吹いた。
LD >> ああ……うん。アンナちゃんも優希につられて丸くなってないか?
ルイ >> 【風の大地】じゃないけど、ゴルフは最終的にキャディさんも重要ですからね。そうですよね、宇賀神さん?(誰
GiGi >> AKBは文句なしだしケルベロスはほっこりだけどまあ贅沢な選択肢だ。
kichi >> 「はじあく」、ネビロスがいまいちだったせいで日常取り戻し感がちょっと安っぽく感じてしまったというのは正直なとこなんですが、会長とアキちゃんがどんなやりとりをするのかは楽しみですねぇ〜。
ルイ >> ネビロスいまいちなりの次善の速度というのがあったですね。
ルイ >> あそこでネビロス編エピローグとか組まれるよりはずっと良いし、それは結構多くの作家さんがやっちゃう事とも思う。
LD >> ネビロスいまいちですね。標語にしたいくらい。(´・ω・`)
LD >> ネビロス・エピローグ・イラナイ(´・ω・`)
kichi >> それはたしかにそうかもですね。>次善の速度
LD >> つか、アキちゃんすっかり告白する気だ。…カワイイな。
ルイ >> 会長が儀式・ケジメとしてキョーコに振られた後それが本気だと理解するほどにアキちゃんからはアプローチしにくいなあ。会長に男見せまくってもらいたい。
LD >> 『アラゴ』は、おっさんのウィップがすごい戦闘力な所で、何故かにやついてしまう。
LD >> 会長、振られるの分かってて行くからなあ…さっぱりしたもんだと思うけど、それを観てアキちゃんがどうするか?ですね。
ルイ >> そんなこんなで【AKB49】【ベイビーステップ】【ハンザスカイ】ですね。今週は無理してジャンサン入れなくても良いや。
LD >> さて一番ですね。
kichi >> 「ビーブルース」、新人戦に出るつもりという展開の早さが良いですね。……さすがに難しいのかもと思いつつ、やはり龍ちゃんにはどんどん目標達成していく姿を見せてほしいなぁ。……アンナちゃんも丸いですね。優人くんも丸いです……(´・ω・`)
LD >> マガジンは『ネギま!』、『ベイビーステップ』でしょうか。
LD >> あんまり、丸い丸い言っていると、テレタビーズみたくなってきますよ。(´・ω・`)
kichi >> マガジンは「ベビステ」でしょうかね。
LD >> チャンピオンは…『ハンザスカイ』かな。
LD >> ジャンプは…『めだかボックス』かな。
kichi >> チャンピオンは「ハンザスカイ」でしょうか。「ケルベロス」もかなり良かったですが……。
LD >> サンデーは…ないな。
LD >> 『ベイビーステップ』か『ハンザスカイ』
kichi >> ジャンプは……「ワンピ」かな?「めだか」も興味深かったですし、「マジコ」も良かったですが……。
ルイ >> ハンザスカイかベビステでおおいに悩む所ですが、ぼくはハンザスカイだと思う。ベビステのこの回は、難波江戦のクライマックスで「効く」と思うので。
カルマ >> マガジンは「ネギま!」「ベビステ」ですね
GiGi >> 先に挙げた4作品のうちならどれでも異論ないですね。普段ハンザには評点の辛いぼくちんが手放しで褒めるほど。
ハラルヤ >> テレタビーズを思い出して震えが止まらなくなった。あいつらは幼児に見せて良い存在じゃ無い。
カルマ >> チャンピオンは「ハンザスカイ」。
kichi >> サンデーは……まぁ、「ビーブルース」で……。
カルマ >> ジャンプは…「ワンピ」かな。
LD >> まあ今週は『ベイビーステップ』ですね。
カルマ >> サンデーはない。
LD >> お?『ハンザスカイ』の方が票が多いですね。
LD >> では『ハンザスカイ』もしましょう。
ルイ >> も?w
カルマ >> ダブルですか?w
LD >> 『ハンザスカイ』にしましょう。
ルイ >> まあ、AKBが思っていた程爆裂しなかったなという印象ではありました。十分良いのだけどね。しかし、新エピソードまたたかみな先輩からってどうなってるんだろうw
GiGi >> AKBは出来すぎなところも含めて、とてもAKBらしい1話でしたね。満点の出来です。
LD >> これがね…ブラインドで打つとNの隣がM、Iの隣がOなんだw
LD >> それではおつかれちゃんです。
ルイ >> そんなこんなで。スロウハイツでちょっと嗚咽しすぎて、正直かなり疲労があるです。泣き疲れ。
kichi >> おつかれさまでしたー。
カルマ >> お疲れさまでした〜
ハラルヤ >> お疲れ様でした〜
GiGi >> どれも満点の出来なので意外性でハンザが競り勝った形かな。話題性ならベビステですが、本当に差はないですね。


■■■■2011年05月26日■■■■
LD >> 【今週の一番】チャットは5/27(土) 25:00から開始予定です。 (ラジオが多少ずれこむかも) http://www.tsphinx.net/manken/chat/chat.php


■■■■2011年05月29日■■■■
LD >> こんばんは。
LD >> もうちょっと待ってね。
kichi >>      こんばんわー(´・ω|。o(……まだラジオやってるぽい?)
LD >> すみません。もう、しばらく…。
LD >> そろそろ終わります。
カルマ >> こんばんはー
LD >> 終わりました。こんばんは。
LD >> いや、どうしても、放送後の話もしてしまいますね(汗)
LD >> さて…。
kichi >>      あらためてこんばんわです(´・ω|
LD >> ルイさんはどうかな?
LD >> こんばんはです!kichiさん、おまたせしてすみません!感謝観劇です!(`・ω・´)
LD >> …あ、ところで『青い花』とかは見られました?アニメ?
kichi >> 観劇Σ(`・ω・´)
kichi >> あ、はい。見ました見ました。すごく良かったです。前にもちらっと書きましたし、ツイッタでつぶやきもしましたが、百合スキーな私が見たかった「青い花」でしたねw
LD >> それはよかったです。ふみちゃんが好きでね。「嫌いにならないで…」とか言って泣くシーンとかよいのですよ。
LD >> さて、前回、マガジンからだったから、チャンピオンからかな?
kichi >> ……しかし、「青い花」はこないだ出た原作6巻が百合百合過ぎてちょっと狼狽するレベルだったんだぜw ε-(`・ω・´)アニメ続編はあるのかなぁ?……いや、なくてもいいくらいのまとまり方とも思ったのですけどね。個人的百合観としては、あのくらいが好きだったりはして……でもそれはそれ、これはこれで、甘々な百合も大好きなものでねw
LD >> 最終的には、すごい百合に行くのでしょうね。そこから戻ってくるのかなとか。>『青い花』
LD >> さて、はじめます。
LD >> 『ブラックジャック創作秘話』に全俺が泣いた!(`・ω・´)
kichi >> ……戻ってくる。ふ〜む……。どうなんですかねぇ?
カルマ >> タイバニ〜犬日々を観ますゆえ離れがちですがご容赦
LD >> いえ、分からないですけどね。志村先生のシリーズストーリーがどこに向かうかなんて…w
GiGi >> はじまりますか。
LD >> 『イカ娘』が第二期制作快調との事ですが、今回は、なんかちょっとあれが百合っぽかった?
GiGi >> 開始2秒で今週の一番決定とか
kichi >> 「ブラックジャック創作秘話」はやっぱ泣けるものがありますよねぇ……w ああいう熱に浮かされたような現場の話ってだけでも破壊力ありますが、さらに手塚治虫という神様レベルの逸話であるのがなんというか、こう、とりあえず圧倒されるし、泣けてくるのですよねぇw
LD >> 『ブラックジャック創作秘話』は、僕の大好きなあの手塚治虫がそこに居るのでとても良いですね。
kichi >> 「イカ娘」……ああ、膝枕だからですかw うう〜ん、まぁ、目の保養的意味では確かに百合っぽくもあったかもしれないですが、百合好きはもっと精神的なとこを求めるのですよw
GiGi >> カラーページから次のページめくったらまったく同じ構図で真逆のことを言う手塚先生が恐ろしすぎるw
LD >> 『弱虫ペダル』は、差し歯して来た御堂筋くんが、やたらカッコいいワケですよ?w
ルイ >> 面白そうなラジオをやっていたらしいですのう。えーと今週はチャンピョンから?
LD >> そして、いよいよ山岳がその実戦を見せるわけですね。
ルイ >> ブラックジャック創作秘話は、ギリギリでブラックジャックを関連付けようというもがきが可愛かったw
GiGi >> 歯医者行ってたんだねえ。ちゃんと遅刻にも理由があって良かった>御堂筋
ルイ >> まあ、やっぱり手塚治虫ってロクな人間ではないですよね。というと語弊があるけれど、その角度も必ず内包している。その歩みによって人生を狂わされた人もいると思う。それも込みで創作物への狂熱の力を描くのは、漫画好きのぼくらが言うと正当化に見えるかもしれませんけど、いややっぱり漫画を読んでいてもそのダメな面はちゃんと見える。これ大事。
kichi >> 手塚先生でなければ困った人の話で終わってしまうんですよね、正直w でもそういう困った発言を成功……と表現すると反論もあるのかもですが、とにかく現実にモノにしてしまうとこが凄いですよねぇ……。
ルイ >> 実際困った人なのでしょう。失敗も普通に横たわってる。
カルマ >> 「ブラックジャック創作秘話」いやあダメプロジェクトにしか見えないですねぇw あの熱狂もデスマーチハイにしか思えない…マンガと違って巻き込んでる人数が多すぎるからかな。
ルイ >> その意見は大切だと思う>カルマさん LDさんのお膝元だとその辺ショートカットしそうだからね。
LD >> 【物語三昧ラジオ】楽しかったよ?w…いやwペトロニウスさんとは「今度はルイさんも呼んでやりたいね」と話していました。レスター伯さんとは、多分相当、いい具合に近くて離れているので、また何かアニメのラジオやりたいです。
GiGi >> 手塚先生は自分に限界を設けないですからねえ。虫プロ倒産は、あの手塚が懲りた、という意味で衝撃だったわけだけど、調子を取り戻せばいつも通りの手塚治虫なわけですねw
LD >> カルマさんの指摘が正しいw>デスマーチハイ
カルマ >> アニメで数字取れた辺りは貴重な時代だなぁ、と思いますけど>手塚治虫
ルイ >> 【ブラックジャック創作秘話】ここにいる手塚治虫は誰かの人生を壊すほど「酷く」て、けれど一方で人に力を与える人で、ぼくらはその彼の清濁すべてをあわせて「漫画の神様」と彼を呼ぶのだ、という所がキモですね。神様、ほんとダメだなぁという類の「神様」。しかし絶対的に心震わせる作品をくれた人でもある神様。小学生の時火の鳥やブッダ読んでなかったらやはり人が変わっていたはずだもの。
GiGi >> 激マン読んでると豪ちゃん先生はちゃんとセルフマネジメント出来てて大人だなあとか思うw
LD >> 手塚先生の言行を追えば、この人が相当、ロクでもない人間だというのは、すぐに分かってきます。でも、最後の一線が違うのですよね。その一線があるからこそ、僕は手塚治虫という人間がたまらなく好きです。
ルイ >> 激マンはちょっと豪ちゃんの俺SUGEEE感(しかもリアルそう)が出ていて、僕はちょっと、うん、まあw
kichi >> 「弱虫ペダル」やぁ、露骨に山岳君にフォーカス当ててきてますねぇw 御堂筋に関してもスタート前にも思ったより情報開示してきた感じで、思ったより正攻法な感じの3日目になるのでしょうか?なんにしてもwktkです。
ルイ >> 【弱虫ペダル】は御堂筋くんの物語に見せかけた山岳ageですね。やはり住んでいる世界が違う。
LD >> すごい誉められたがりの俗物で、賞とかも大好きだけど、でも真の意味で読者からの褒め言葉じゃないと気が済まない所とか。その褒められる事への渇望さに泣く。
LD >> 昔、石川賢先生が永井先生から「賢ちゃんは、筋肉でマンガ描いてるねえ」と言われて、心の中で「筋肉で描いてるのは先生の方だろ!」と思ったそうですが『激マン』を読むと、その意味が何となくわかります。
ルイ >> 山神を山岳の為のダシに使われた事にはちょっともにょりますが、冷静に考えれば正しい選択というか、普通に積んでいって届くとは思えないものな。
ルイ >> 【バチバチ】は鮫島対ドングリと同じ「速度」で描いてますね。これがアップデートされた今のバチバチの速度だというのなら、それを支持します。本当の、本当の大一番以外は「かなりの大一番」もこの速度で良いと思う。
LD >> 月刊チャンピオンで、『バンブレ』の土塚先生と『明日のよいち』のみなとも先生が組んで新連載だそうだけど、密かに楽しみ。
ルイ >> 週チャンに呼べば良かったのに>日本刀モノ
ルイ >> 土塚先生の要求するネームは「イメージを描ける人」へのネームdから、正直みなもと先生の画では足りない部分も明らかなのですが、キャラは可愛いし、さっさとアニメで凄いエフェクトにして欲しい←
LD >> まあ、当然ながら「松谷氏!!アニメをやります!!」の画像は張るわけだかが…。
kichi >> ……そうですねぇ>最後の一線   まぁ、結果の出た後だから言えることであり、直接は関わってないから言えることでもあるんでしょうけど、やっぱり本当にパワーある人の話っていうのには何かあるように感じて感動してもしまうのですよねぇ……。
ルイ >> Twitterでやったけど、アニメやりますだけでなくアニメやりませんも貼らなきゃ片手落ちですよ。
kichi >> 「バチバチ」この速度は良いですね。……しかし石川君の立ち位置はいよいよ厳しくなってきたなぁ……。
ルイ >> うん。絶対路頭に迷った人いると思うもの。だからここでの手塚治虫好きって宣言は「レイプマンが好きです」という宣言とあまり意味合いの違いがないというか、その最上位みたいなもの。
GiGi >> ちゃんと決着がつくのが相撲のリズムで良いですね>ばちばち
LD >> 『範馬刃牙』、親子喧嘩、しかし、はじまってみると急所を狙わない事で、見事にバトルの形が出来ていますね。最初は苦笑いがなかったでもないけど、これは認めてしまうね。
カルマ >> アニメはやりません→アニメやりますの両方ですねw
LD >> 『バチバチ』のこの一瞬の勝敗の凝縮された空気。………凄い格闘マンガの出現を目の当たりにしているのかもしれない。
カルマ >> 「バチバチ」は一番の長さがそのまま「長い時間戦ってる感じ」になってたので、今の速度だとTVの相撲としっくり合う感じですね
LD >> 変なたとえかもしれないけど、『バチバチ』が今出している勝負への空気感は、『ノーマーク爆牌党』のプロ雀士同士のヒリつきに近い。…それでまだ幕内力士までの遠い道程があるというのだから…。
kichi >> 「範馬刃牙」は……正直私はLDさんとは逆の印象かなぁ? 最初はインパクトもあって単純に楽しんでましたけど、段々苦笑いの比率が上がってきてる気分ではあって……、ちょっと先行きが不安になりはじめてるとこです。
ルイ >> バキは苦笑いとは言わないけれど、ピクル戦と同じ「ルールを変えさせた時点で勝ち」以外のものを見せられるかはずっと懸念。
LD >> そして単純に天雷の圧倒的強さに笑いが溢れるw
ルイ >> バチバチの今の描きだと、同じ顔合わせの取り組みがまた数ヶ月周期でやってくる、と実感できるんですよ。スポーツ漫画はどうしても、一期一会のように描くから。
ルイ >> 【囚人リク】レノマさんが月を観ているシーンは凄く感動した。そして、その目が例えばグリフィスみたいな闇を纏っていない事にも感動した。
LD >> >正直私はLDさんとは逆の印象かなぁ? |ふむ。実は、その意見も分かる上で喋っています。
ルイ >> ジョジョ一部冒頭の詩をTwitter感想で引き合いにだしたけれど、実際レノマさんはディオにならなかったとか、そういう話だと思う。
ルイ >> あれで、水汲みに一生懸命で月を観られなかったら、もう、泣くもの。
カルマ >> 天雷がどんなに強くても、上でまた次があると思わせてくれるので、気にならないですね>バチバチ
LD >> 良い指摘です。>あれで、水汲みに一生懸命で月を観られなかったら、もう、泣くもの。 |最初からの予定でしょうが、ここ数回でレノマの格を物凄くきっちり上げていますね。
LD >> 石川の「テメーごときの圧力なんざ…ウチの大関に比べりゃハナクソみてーなもんだぜ!」という言葉が『強い』です。
ルイ >> 石川の大関経験は強いですよね。大きな部屋の利点も一言で示せている。
ルイ >> 【聖闘士星矢LC】子供の名前は憶えているアルバフィカ様の、ハリネズミジレンマ徹底っぷりが熱いw
ルイ >> 【りびんぐでっど】と【ましのの】が、いや敢えてワンセットにしてしまいますけど、ともに「己の作品のバカさ」に向きあってなんだか良くなっていますね。
LD >> 『てんむす』は、格上げぱない部長の出番は次ですか。
ルイ >> どちらも、キャラクターがいきいきとしているんだよなあ。特に【りびんぐでっど】は同じようでまるで違うというか、もなこの言動やイメージビジュアル、灰田さんの「できみゃす」とか細かい所で血がかよっている、ゾンビもので血がかよっているとかアレですがw
ルイ >> 【てんむす】サンドイッチだからこそのちょぼちょぼ喰いは良いですね。遊可愛い。やはりアニメーションで観たい。
LD >> 『ハンザスカイ』はツイッターでのルイさんの指摘がその通りでしたね。
ルイ >> そして、次週巻頭カラーで部長、という構成の組み方も素晴らしい。というか、これで巻頭カラーと一緒に表紙取れたらチャンピョンの革命だったんだけどなー。
ルイ >> 何言ったっけw>【ハンザスカイ】いや、ものすごかったですね。今ちょっと佐渡川先生が凄い。
LD >> 『ハンザスカイ』のアニメが観たいな。アクション作画アニメで。
ルイ >> 【ハンザスカイ】をアニメーションにしようと思ったら、松本憲生一人原画とかじゃなきゃダメだろうw
LD >> 真鍋の敗因が、足の擦り剥けで、真の意味で日本一の国島には達していなかったという所ですね。
LD >> …沼田さんでいいよ?(´・ω・`) あと女の子は坂井さんね。
ルイ >> ああ…そこですか。結果として「勝者は国島太陽」という所が熱いですよね。真鍋は修錬が追いつかず、青柳はそれなしで勝てなかった、それ含め力の差なので、現状この二人には後腐れもないし、着地点としては最高ですよね。
LD >> 『ケルベロス』……じいちゃん!!?(`・ω・´) つか、神社のおばさんと知り合いか。
GiGi >> ハンザは正直に言うと佐渡川先生の悪い癖が出たなと思っている。アニメで動かしたら面白いというのは同意するけど
kichi >> 「てんむす」……毎回良いんですけど、毎回細かいとこがいろいろ気になる(ネガティブな意味で)作品でもあるなぁというのも正直なところではあって……、でもまぁいいか。
LD >> あれ?『エンジェルボイス』が、勝てる気がしないw
ルイ >> 【モメンタム】はおそらくあと少しで終わると思うのだけど、ジャンプの良い打ち切り漫画のように良いですね。読むのやめてる人、今週読んでみそ。
ルイ >> 僕は今回のハンザは完璧だと思ってるなw
LD >> 佐渡川先生の悪い癖と言うと?
ルイ >> 【エンジェルボイス】もムチャクチャな連載ですよね。派手さはないのだけど、クリフハングの巧みさはおそらく【アイシールド】に勝るとも劣らない。
kichi >> 「ハンザスカイ」は結構力技な描写ではありましたけど、ちゃんと理屈も通してる辺りはさすがですねぇ。
カルマ >> 「てんむす」言葉にこだわるのは嫌いだな。後に「喰い道部」で全国大会に出てくる部が出てきたら逆に良いと思うくらい。
ルイ >> 延長終了間際で同点に追いついたら、そこでモメンタムを完結させてもいいだろうに、更にPKの先行後攻の描きを加えてくる、サッカーを描く事に対する貪欲さが凄まじいですね。
ルイ >> 【てんむす】それは作中の御堂筋の余地を残す為に意識的に積んでいるので、込みの狙いでしょ?>言葉にこだわる
カルマ >> 「ハンザ」はいつもどおり良かったなぁと思うくらいですけど…?
ルイ >> ただ、言霊とも言うし、言葉に拘る事自体は否定したくない。その上で喰を選べば力が乗るわけだし、悪いとはまるで思わないかな。
LD >> ジャンプ行きましょうか。
ルイ >> 【はみどる】で「はみドル」という現象単位とはいえ「ブーム」という言葉が出てきて、次週ファン登場ってところは押さえないとダメだろうIK!!
ルイ >> 【てんむす】話を勧めるけれど、人の、作品の拘り、【際」が見えると人なら人格作品なら温度が見えてくるし、それが予めある事によって取っ払った時には力が乗るし従うなら作品宣言の峻厳さになるし、基本的に「際」を出して悪い事になる事は殆ど、まったくないと言い切って良いと思っています。以上。
LD >> 『スケットダンス』は、どこらへんの流れでモモカが、スイッチ好きになったのかなあ〜って。
kichi >> 「エンジェルボイス」……勝てる気がしませんね……(´・ω・`)まぁ、負けてもいい試合ではあるんですよね。お見舞いに行くということがなければ。負ける展開もそれはそれでドラマだし、どうするかなぁ?キーパーの実力を考慮すれば逆転もありえそうではあるけど……
ルイ >> アイドルになった頃にはもう好きになってたような気もする。
LD >> 『花咲一休』は、二回目の頓智もよかった。これを続けるのは辛いと思うけど、上手く続けて欲しい。
GiGi >> つパニッシャー。佐渡川先生って自分の描写力過信して状況説明が不足するんだよね。
ルイ >> ここで負ける俺らお見舞いに行けないよなーっつって最後の出会いを逃したとか描き出したらプチ切れますよ!
カルマ >> この間の…ってもうどれくらい前か忘れたけど、1個前のモモカのエピソードで確定的になった感じが。あんまりしっくりこないけど>スケットダンス
ルイ >> 良くわからない>パニッシャー 描写力自体があるから、読んでいて重心が流れる様までわかるのだけど。バイアスかかってないかなあ。僕は元々パニッシャー大嫌いだけどw
LD >> ふむ。今回はこれでいいと思いますが、佐渡川先生にそういう所はあると思います。>状況説明が不足
kichi >> いや、さすがにお見舞いに行かないってことはないでしょうけど、負けて行くお見舞いの描写はいろいろやりようはある、っていうか、たぶんそっちの方がドラマチックにはなりそうな……>エンジェルボイス
LD >> 『バクマン』は、なんかなか創作の苦しみが出ていて良かったです。
カルマ >> 「花咲一休」はドラゴンボールやらNARUTOやらいろいろ見えますが、良かったですね。
ルイ >> ここはLDさんのように乗る事が正解とは思えないなあ。佐渡川先生のパニッシャーでいうソレとは別の話だと思うし、これは真鍋回想などに費やしてきた結果としての帰結回なのだから、説明不足はムリヤリだろうと感じている。例えば、読んでない人に「わからないよね」と言われた感に近い。ギギさんが読んでないとまでは言わないけれど、今回は素晴らしい果実の回、実のなった回と思います。
ルイ >> 【花咲一休】2話の方が良いかも。
kichi >> 「花咲一休」は、アイテム設定でとんちを絡める不自然さはある程度解消してきた感じですね。……まぁ、とんちが基本だったり国技だったりする世界設定よりはいいでしょうしねw
ルイ >> 【バクマン】は、とりあえず冨樫先生に読んでもらおうかw←ってリアクションも狙ってるんだろうなぁ。 やあ、順位が如実に出ていて面白いですね。キャラ人気にシフトしてあれば、簡単にはそこまで揺らがない気もするので、僕は「閑話いれちゃえばいいよ、シュージン!」とか思ってしまったけれどwそれは逃げだなあw
ルイ >> しかし【バクマン】的な意味でシャレにならない【BLEACH】の掲載位置でござる。
カルマ >> 「バクマン」素晴らしかったですねぇ。
ルイ >> そういえば、今週読んでると、エイジはPCP終わらせると見せかけてCROW終わらせて超スタイリッシュ悪影響漫画描きそうで怖いですねw
GiGi >> 久保先生はどこかでバッシングされて死神描けなくなりましたかw
LD >> 【ハンザスカイ】今回が、説明不足とは、僕も思っていないです。佐渡川先生にそういう所があるとは思います。『看板娘』〜『パニ』〜『ハンザ』までの総体で。
kichi >> 「バクマン」良かったですね。創作の苦しみの話としても、コンビの絆の話としても。あと、エイジの伏線もどっち転ぶかわからない見せ方になってきたのはさすがの巧さですね。
カルマ >> あぁ、「クロウ」終わらせそう。それはちょっと思った
LD >> エイジ、トップになって『CROW』終わらせたらカッコ良すぎでしょう。
ルイ >> まあ、バクマン移行のジャンプはロジック上は「掲載位置で順位を示す、という事を皆が踏まえている状態で掲載位置をキメられる」位置にあるので、このBLEACHでファンの奮起を促しているのかもしれませんが、でも、まあ、普通にフォローしようがない程つまらないw
GiGi >> 結実回だけに、もう一匙を入れる意識がないのが勿体ないなと。具体的に言うと真鍋の威圧感がまったく足りない。
カルマ >> 「今回はサイレントなんだな」とは思いましたけど、それは演出として十分だと思いますよ。特別無茶苦茶いいとも思いませんでしたが…>ハンザスカイ
kichi >> 「ワンピ」今回も素晴らしかったです。最後オトヒメ様が帰ってきたのを見た安堵感って凄いな……。“今”は故人なのを知ってるのを逆手に取ることで生まれる莫大な安堵感……とか言い出すのは考え過ぎかもですが、ほんと涙が出そうになるくらいホッとするものがありました。
ルイ >> その言語自体の精査はさておき、威圧感を説明不足と言い換えるのはおかしい。かつ、真鍋の凄みはここまでの数週で描いてきたもので、今週はそこに届かない回なので、という返しをしようかな。
ルイ >> 【ONE PIECE】は、過去話の中で不吉なフラグ立てたりそれが折れたり、もう自由自在だなあw
ルイ >> BLEACHは、死神から離れて死神以外を描くと思ったら、死神から離れて死神と同じような事描いてるんだよなあ。孫悟飯の超サイヤマンだと思ったら魔人ブウでした、みたいな話なのだけれど、ブウの時はちゃんと「正史」に切り替えていたのがドラゴンボールとの大きな違い。
カルマ >> 「ワンピース」はハラハラしますね…オトヒメ様帰ってきてよかった…現状を見るに、何も変わってないのだろうけど…
LD >> 『戦国ARMORS』は、武田信玄の描きはなかなかいいと思うけど…。
GiGi >> 前回まで描いてきたから〜で十分としてしまうのを指して勿体ないなあという話なので。まあ。
LD >> 『メルヘン王子グリム』は、ママの可愛さだけ磨きがかかっているのは、何故なんだぜ?(`・ω・´)
ルイ >> それはバチバチの速度がそうであるように、読み味を含めた選択の話だと思いますね。もっと泣かせる事はできると思うしそこからの引き算はできるけれど、動体としての空手漫画を描きたいのなら、まあ、少なくとも僕にはこれを瑕疵とはとれぬ。
ルイ >> 【戦国ARMORS】武田はどこでも最強だなあw
ルイ >> 【メルヘン王子】それは、もともとママの可愛さだけがウリの漫画だからだよ。
kichi >> 「めだかボックス」は結構普通に展開するのですねぇ。いや、仕掛けは充分たくさん盛り込まれてますんで面白そうではありますが。……しかし、人気投票で“NO IMAGE”の太刀洗さんって?w
ルイ >> 【めだかボックス】は、まあ、とても楽しそうにジャンプ漫画してるなあとは思う。あと、体操服ブルマでヘソが見えるとマッチョにしか見えないんだよ。
LD >> サンデー行きますか。
kichi >> 「マジコ」今回も良かったですね。家族感もしっかり言葉にしてきてますねぇ。……これ以上の増員はあるのかな……?
LD >> 新連載の『犬部』いいんじゃないでしょうか?犬好きだし。よさそう。
ルイ >> 【武勇伝】表紙をみてすわ中学生編、と思ったら特にタイムワープはしていなかったでござるの巻。
カルマ >> 僕も気になりました、誰だろう?w>太刀洗さん
LD >> (`・ω・´)ノ三 ゾディア >…これ以上の増員はあるのかな……?
ルイ >> 【マジコ】今週も良かったですねえ。ぼくらが「観た」ものをちゃんと形にしてくると、弱虫ペダルなんかもそうだけど痺れてしまいます。
カルマ >> 「マジコ」良かったですね。家族宣言はくすぐったいくらいw
ルイ >> んー、確かに当初のイメージは家族増員型だったのだけど、この4人単位で家族の核が固まっているような印象もありますね。んー。僕なんかはこういうのはバカみたいに拡大して100人家族にしてしまえ、とか思ってしまうのだけどwこの家族の収まりは良いなあ。
GiGi >> マジコ良かったですね。猫のアニスがお姉さんポジションに収まってるのも良かった。
LD >> 『BE BLUES』龍ちゃんがポジションで、どういう選択をしているか楽しみ。…『大介ゴール!』みたいな役所だったり?それと優希の顔は丸い。(`・ω・´)
kichi >> 何気にアニスも良いんですよね。単に解説役マスコットに留まらない魅力を感じはじめてたりします。
ルイ >> 【BE BLUES】ポジションがセンターバックだったりするのかなあ…
LD >> 『マギ』、モルジアナ無双。その過保護っぷりがぱねえっす!(`・ω・´) ぶっちゃけ、為にならないんじゃね?w
kichi >> 「BE BLUES」、ポジションは気になりますねぇ。
ルイ >> 【マギ】は、モルジアナの内心語りが増えると「あ、この子、女の子になったんだ」と思える所が面白いですね。なんだろう?体言止めや…でごまかせる所を、ことごとく「わ」「かしら」で徹底しているのは意識的演出という印象。
kichi >> 「マギ」いやまぁ、白龍の意固地さも歪んだものなんで、ちょっと過保護でもそれがアリなんだってのを示すのは良いことだとは思うんですが。……しかしモルジアナ……脚力が凄いだけじゃ無いんだなぁ……(=゚ω゚=;)
ルイ >> 【銀の匙】は「普通におもしろい」のだけど、高橋あだちの巨頭ツートップ態勢からの脱却としてるーみっく先生に「普通におもしろい」をやってもらっているわけで、代わりに呼んできた人が「普通におもしろい」のはそれでいいのかしら?という印象もなくはない。まあ、ビーブルースやムシブギョーがあるから成立してるけど。
カルマ >> 「マギ」モルジアナ楽しすぎですねぇw 白龍に気づきを与えられるかとは別かもしれないけど
LD >> 『境界のRINNE』は面白いね。
カルマ >> 「銀の匙」評判自体は悪くないし売れそうだから困る…うーんw 聞こえてくる声の大きな評判はいい大人だろうし、子どもが楽しめてるかは気になる
LD >> いや、なんかさあ〜。モルジアナって、1〜9まで自分が全部片付けてあげて、最後の10だけアリババがやったら、それで全部アリババがやり遂げたように誉め出しそうな所があるじゃん?w
GiGi >> センターバックはあり得ますね。
kichi >> 「銀の匙」はやっぱどうしてもサンデーポジションを意識せずにいられませんねw 今回も実に面白かったのですけど……、う〜ん。
GiGi >> 銀の匙は特にケチをつける気はしないなあw
ルイ >> サンデーの戦略的な観点なので、銀の匙自体のケチではないつもりよ。
GiGi >> 犬部は作画の人が犬好きなのが伝わってきて良いですね
LD >> 『銀の匙』今週は、とっても良かったですねw
kichi >> 「ムシブギョー」はまたエロいカッコした娘が登場ですねw ……西の話はしばらくは時々ちらつかせる程度かな?とも思ったのですが、案外早い段階から切り込んでくるのかな?
カルマ >> いや、面白いんですけどね…今週は特に好き。なんだけどなー(´・ω・`)>銀の匙
ルイ >> だから、ムシブギョーのような作品が育つまでの「支え」として呼んだのだという読み直しを行ったのだという話。
LD >> 獣医になる条件の「殺れるかどうか」って厳しさは好きですね。
ルイ >> 【ムシブギョー】は素晴らしいですねえ。クラサン版から師匠エピソードは1つのちゃんとしたエピソードとして成立していたので、もう一回描き直せといってもモチベーション出るのかな?と思っていたのですが、なんの問題もなかった。
GiGi >> うん、そうですね。荒川先生には好きなように描いていただきたい。
ルイ >> そう言われると、作品に動物内語がない理由が掴めますしね>殺せるかどうか まあ、その人が牛を自分のモチーフに描くなって細かいツッコミはなくもないw
LD >> それと、御影さんは、フリーにしてくれよwつれーよw進学失敗した主人公の目の前でイチャイチャされるのとか!w
ルイ >> フリーじゃないと思ったらフリーだった、が一番興奮するんだろう、素人め(チッ
GiGi >> ムシブギョーは仁兵衛が能力ではなく心意気で居場所を作っていくのが良いですよね
ルイ >> 仁兵衛のキャラは、楽観的であるとか、気付きの低さであるとか、そういったハーレムメーカー的な素養をもっと大きなフィールドで見せてもらってる感があって、滅茶苦茶好きですね。ほんと、「ポジシンモンスター」とか言ってますけどw皮肉ではなくて。
LD >> QB<人間と家畜は充分に理想的な共生関係だよ?彼女はその関係に感謝を込めて自らを牛にしているのさ。
GiGi >> 犬部で愛玩動物の話をしつつ、銀の匙で経済動物の話というのは何気にバランスが取れている気もする。
LD >> >フリーじゃないと思ったらフリーだった、が一番興奮するんだろう、素人め(チッ|ならいいwつか、そうしてくれって話w
ルイ >> 牛が言語を操ると共生というより深くコミットしちゃうよね的な話。まあ、ただの茶々入れです。
ルイ >> 【犬部】は犬がかわゆくて良いですねえ。短いサイクルで出会いと別れを繰り返し、人は強くなるのだな。
カルマ >> あ、新連載「犬部」とてもいいです。過剰な愛護でもなくて救える命を救っていく感じが。
ルイ >> 先に言ってしまうと、殺処分にどこまで踏み込むかがポイントですね。ゴッ輝的な世界観ではなかなか描けまい。
GiGi >> 最初の一話でクロベエとちゃんと別れたのがよいですね。覚悟が伝わってきた。
ルイ >> 【ハヤテのごとく】は置いといて…
LD >> 『キングゴルフ』が、蒼甫が何やれ、えらく謙虚な態度ですね。…キャディの仕事から何かつかむのでしょうか。
ルイ >> しかし、今サンデーは児童虐待モノと余り犬モノが同時に存在するのかー。オヨヨ。
ルイ >> 【キングゴルフ】蒼甫が人間として成長した事はよくわかるが、モンスターに必要なステップなのかはいまだに良く分からない。まあ、一人曽田正人みたいな?
LD >> 【ハヤテのごとく】は置いといて…(´・ω・`)(←肯いている)
ルイ >> あ、そっか。「プレデター」が「キング」に至る描きならこのステップでいいのかな?
LD >> 『はじめてのあく』は、ぬるいな。…が、そのぬるさは良い。(`・ω・´)
GiGi >> 来週「オレ流」キャディが描けるかどうかですね
LD >> ふむ。モンスターではなく、キングに至る道…という事ですか。
ルイ >> 王は民の気持ちも知らねばならんのだ、という主張と「いや、王は王という化物でいいんだよ」という主張ががっぷり四つだなあw
kichi >> 「キングゴルフ」は……、まぁ、悪くはないんですけど、やっぱりもうちょい速度上げてほしいっていうことになるかなぁ? あまりじっくり描かれても……っていう気分ではあります。
kichi >> 「はじめてのあく」は、まぁ、こんなとこでしょうねw
カルマ >> 「ちいさいひと」はなんというか、最初のシリーズほどのインパクトがないかな。事実は事実として大事だけど、やってることは同じだからなぁ…
ルイ >> 【はじめてのあく】まあ、期待しすぎた方が悪いという事でw及第点ですねw
LD >> マガジン行きましょうか。
GiGi >> 正直かなり苦しい展開を選択したなあとは思っていた。勝算があることを期待したい>キングゴルフ
カルマ >> 「はじめてのあく」はこんなとこでしょうw
LD >> 加瀬先生の新連載『ばくだん』ですが、やあ、ここに来るのはある種、必然な気もします。…新選組を義侠心のある不良のように捉えるのは、そんなに悪くない視点だと思っています。
ルイ >> 新連載【ばくだん】は導入が戦国乙女そっくりで一瞬どよめいてしまったぜw
GiGi >> アゲインとタイムスリップネタ被せてきたか〜と思ったら女連れというところまでw
ルイ >> 新選組が「ヨ!」とか語ると思うと胸熱ですね。ゼロセンときてばくだんときて、加瀬先生の日本人応援意識は果てしないで。
ルイ >> ゼロセンは熱い時代の人がやってきて活を入れる話、ばくだんは熱い時代に突っ込んで活を入れられる話。
LD >> 『この彼女がフィクションです』…ふ〜。フーコ先輩にラブコメ的大満足があります。
kichi >> 「ちいさいひと」は問題の原因は見えた感じですけど、それでこのパパさんにどういう落とし前をつけるというか、最終的にどういう人物としてまとめるのかはのかはちょっと気になる感じ……。
ルイ >> 【この彼女はフィクションです】フーコ先輩のちょろさがカードの少ない物語をうまく回していますね。最後は当然キスしちゃうんだよね?
GiGi >> 難波江の採点表にすごくドキドキする。エーちゃんの中間考査やね
kichi >> しちゃうんでしょうねぇw>キス
カルマ >> 「このかの」良いですねぇw
GiGi >> だいたい男所帯で下ネタオンパレードにならないわけがないw
LD >> ちょろいって、けっこう危険なワードだと思うなw
ルイ >> デレっ早でも可。
ルイ >> 【AKB49】たかみな先輩の圧倒的優遇。ただ、ギリギリの所で優遇にブレーキをかけてあるのも特徴的な一話でありました。
GiGi >> ダイヤのエースのユル顔がなんだかお気に入りの昨今
LD >> 『ネギま!』は、ここでフェイトの過去話に。
GiGi >> 浦山みのるの寝顔がかわいくてやばい
ルイ >> たかみな先輩のおめかしモードがみのりの目に泊まる事がない、というのは、結構重要な示唆に思える。
LD >> 『エデンの檻』「よし!じゃあのこの10人でピラミッドを目指す!!いいな!」→「はい!」と答えたそのメンバーにあからさまな不安を感じたのは僕だけか?(´・ω・`)
kichi >> 「AKB49」ピエロ衣装良いですね。鼻で寸止めな辺りも含め。
LD >> 【エデンの檻】あと、戻ってきたらベースがこつ然と消滅している気がしてならない。
GiGi >> ライフメーカーの手下たちが思いがけず愉快な仲間たちだったのは驚いたw
ルイ >> 今回も、たかみな先輩は初期メン越えという指標を与えただけなのですよね、みのり視点で眺めた場合。でも、そのままならなさというか、「女の子を解放しきれない不器用な部分」に、たかみなファンは満足するのだろうな。
kichi >> 「エデンの檻」……む? それは先週の時点で分かっていたこととはまた別の観点でですか?>メンバーに不安
GiGi >> 大森さんがいるから大丈夫だ!
LD >> 【波打際のむろみさん】なんか、イエティとむろみさんがエロかった。
カルマ >> 「ネギま」敵の愉快さは作品温度ですねw 良し悪しだけど、まぁいずれ理解し合える存在だとすれば
kichi >> 戻ってきたらベース消滅は結構ありそうではありますね。真理谷視点でベースを守る話が描かれるかどうかってとこもあるかな……?
GiGi >> 今週のエデンは真理谷がよいよね
LD >> いえ、扉絵で改めて並べられると…って意味ですw>kichiさん
ルイ >> 【エデン】は、それぞれ良い所があるよ!!というのは何の答えにもなってない感が熱いですね。部活動気分だなコイツ、担任の先生なら正しいね、とは思うけれど、貫けばこれも力かもしれません。
kichi >> ああw>扉絵で
カルマ >> 真理谷の判断ならやむを得ない、ってレベルでの納得はあるかなぁ>ベース消える まとまんないってのも余程の自体だろうし
LD >> 『アゲイン』、「マジメそうな奴だよな。柴田麗緒」……こ、この展開はw
ルイ >> 【アゲイン】まあ、ただの脇に「レオ」は名前の格が高すぎると思ってたw
カルマ >> 「フェアリーテイル」エルザの力を残すなんて詰め甘すぎだなw
LD >> 『君がいる町』は、ここで行くなら、まあ何となく許せる感じ?(´・ω・`) どーせ、この二人、未練たらたらだったろうし…。
ルイ >> 【君がいる町】いや、全然許せない感じw
kichi >> 「フェアリーテイル」は、まさか先週の不穏なヒキはエルザさんの見せ場のための布石なだけだった……なんてことは……まさか、ね?(´・ω・`;)
GiGi >> 君町もGEも、もうどうにでもなーれ
ルイ >> 【フェアリーテイル】は、エルザの格をここまで上げ続けてきた歴史の中で、ここで彼女の際というか限界を描くのかなあ。
カルマ >> 「アゲイン」アキの動きが面白いなぁ
ルイ >> このエルザのポジショニングに何か凄いデジャヴがあるのだけど、名前が出てこなくてもにょる。このキャラクターの格なら、という救済で届かないと、まあ見事なまでに一部完ですね。
kichi >> 「君町」は、まぁいずれこうなるであろうことは分かってたし分かってるので、もうここで行ってくれた方が傷は浅いのだろうな……ぐらいの意味でならまぁ、許せるというか、諦める?w
ルイ >> 【アゲイン】のレオさんはバタフラエフェクトの象徴というか、前回のプレイで全く関わらなかったからこそ面白いですね。人生はこんな枝分かれ。
kichi >> ふむ。エルザの限界が描かれるようならそれは興味深いですが……。
LD >> 『だぶるじぇい』がアニメ化とな?(`・ω・´)
ルイ >> 例えば【ダイ大】でバランが死んだ時…ううむ、もっと良い例えがあるはずなのに出てこない。まあ、作者適性的に描かない可能性もありますがw
LD >> 【君町】いや、次週ここで青大くんに踏みとどまられると、次からこの踏みとどまりを超えるイベントを求めて、またしばらくこんな状態がつづくよ?それなら、ここで行った方が次の展開が観れてよいんじゃない?どうにも、そっちへ行きたいならさあ〜というくらいの意味です。
カルマ >> 「フェアリーテイル」あぁ、限界なのかな。ナツがここで格を上げないかなとは思っていますけど…
ルイ >> 【ベイビーステップ】は、荒谷くんがいらないフラグを撒き散らしていきましたねw
LD >> さ〜って、そろそろ一番を決めましょうか。
LD >> チャンピオン!『ブラックジャック創作秘話』と『ハンザスカイ』かな。
ルイ >> 確かにエルザの力を残していたのはマヌケだなwwで、これまでの格的にその一点で大逆転だってあっても不思議ではないのだけど、その「不思議ではない」自体が積み上げで、そこで届かないものを描いたなら「この世代の敗北」→「次世代の勝負」に力が乗るのですよね。まあちょっとこのあたりはRAVEの実績などを読んでいても、まだあまり強くは言えない。でもまあ、その図が見えるだけで「愉しい」のでしょうね。
LD >> ジャンプ、『バクマン』
ルイ >> 【ブラックジャック創作秘話】【ハンザスカイ】【バクマン】【マジコ】【銀の匙】【この彼女はフィクションです。】かな。
カルマ >> チャンピオン「バチバチ」ですね
kichi >> チャンピオンは「ブラックジャック創作秘話」で。
カルマ >> ジャンプ「バクマン」
ルイ >> そういえば、【A-BOUT!】の吉岡はやられ状態から女連れに帰還して、それは格の維持として正しいのかイマイチよくわからないw
LD >> あ、『バチバチ』もよかった。
カルマ >> サンデー「銀の匙」。
ルイ >> まあ、バチバチの良さは、ドングリの時の再実感って感じ。
LD >> サンデーは『犬部』がよかったかな。
LD >> あ、『銀の匙』もよかった。
カルマ >> マガジンは…ちと難しいな。「アゲイン」のレオさんがかわいい。
kichi >> ジャンプは「ワンピ」「バクマン」「マジコ」……、う〜ん、今週は「バクマン」になるかな? 好き度でいうと断然「マジコ」だったりはしますがw
カルマ >> あぁ、サンデー「犬部」も挙げときます
GiGi >> チャンピオン「ブラック手塚」、ジャンプ「バクマン」「マジコ」、サンデー「ムシブギョー」。マガジンはナシで。
カルマ >> 「ブラックジャック創作秘話」は僕にとっちゃ許せないので挙げないw マンガだけならギリギリ個人の責任で見れなくもないんだがなぁ…
kichi >> サンデーは……「銀の匙」ですかね。
ルイ >> なんだか錯綜してるなあw
LD >> マガジンは『この彼女はフィクションです』かな。
LD >> 『ブラックジャック創作秘話』、『バクマン』、『銀の匙』あたりでしょうか。
kichi >> マガジン…………う〜ん、あえて挙げるならやっぱ「このカノ」になっちゃうのかな?
カルマ >> 僕は「バクマン」押しですね
ルイ >> まあ【ブラックジャック創作秘話】かな。先ほどの繰り返しになるのだけど、カルマさんの指摘こそが今回の素晴らしさの理由だと思う。
LD >> さて。今週は、まあ『ブラックジャック創作秘話』でしょう。
ルイ >> ここで、みんながLDさんみたいな物語キチ○イのリアクションで固まるなら、それは【ブラックジャック創作秘話】は漫画オタクの自己弁護ですね、とか綺麗事ですね、という謗りを受けざるを得ないけれど、これは許せない、という意見を呼ぶ事自体が漫画の、手塚の清濁を物語っているもの。
LD >> 『ブラックジャック創作秘話』にします。
LD >> いや、僕だって手塚先生が酷い人だったのはよく分かってるよw
LD >> それでは、今週もありがとうございました。お休みなさい。
ルイ >> そこは乗っておきなさいw最初に言った通り、LDさんは通過済みだからショートカットがキツくて、人から観た時にその立場の主張者としてはおそらく認知されないwだからカルマさんに感謝するべき。
カルマ >> ルイさんの言いたいことはわかります。あくまでいい話風に描いてあるけど体裁だけで中身はトチ狂ってるものw
LD >> じゃあ、乗っておくかw(=´ω`=)
GiGi >> はてブだったら間違いなく「これはひどい」タグを付けられる、それが手塚治虫w。手塚先生の実像はもっと知られて欲しいですね
カルマ >> (手塚先生のマンガってブラックジャックくらいしか読んでないのだよなぁ…それも学校の図書館にあったんで読んだクチ)
kichi >> おつかれさまでした〜。
カルマ >> お疲れさまでした〜。
ルイ >> そういう人の視点があったおかげで大変良かったけれど、まあ、もうちょっと読んでも良いかとw


■■■■2011年06月04日■■■■
LD >> 【今週の一番】チャットは6/4(土) 25:00から開始予定です。  http://www.tsphinx.net/manken/chat/chat.php


■■■■2011年06月05日■■■■
LD >> |ω・`)
LD >> こんばんは。
LD >> ちょっと、飲み物とか買ってきます。10分くらいしたら戻ってきますよ?
kichi >>        こんばにゃー ヘ(=゚ω゚|……いないし
カルマ >> こんばんはー
LD >> こんばんは。買い物中。ちょっと待ってね
LD >> \(`・ω・´)/やあ!
kichi >>        ヘ(=゚ω゚=|
LD >> さっきまで、『結界師』の雑談をスカイプで話していたのですが、なかなか愉しかったです。
LD >> |・ω・`)へ ?
kichi >> ほほう。……私は途中から読んだせいもあるのかないのか、ちょっとまとめ方はわかるようなわからんような、正直微妙な感じではあったかもですが……。>結界師
LD >> 大雑把に言うと、田辺先生はストーリーテラーとしてしっかりしている人のはずなので、彼女なりの文脈を読み解けば、その筋道が分かってくるはずというもの。
kichi >> あ、いやw 単に手のつもりですw 猫っぽくw> ヘ
LD >> >ちょっとまとめ方はわかるようなわからんような |足りない描写や、矛盾があるワケではないので、こうだと言われると納得するしかないのですが、何かどこかで釈然としないのですよねw
kichi >> たぶんちゃんと読み込めば納得はできるのでしょうね。ヤンメガは無理そうな気がしてなりませんがw
ルイ >> ぼくに何か教える事があるならそのうち教えてくださいw>結界師
LD >> まだ、採用するかどうかは分からないですけど、良守と正守の間に、決定的な対立シーンがないのは、女性作家はそもそも決定的に決裂するシーンを描きたがらないというのがありました。
ルイ >> やっぱ女性作家論になってしまうのか。あまり採用したくはないのですが、何故だか僕もそこからは離れがたい。『青のエクソシスト』が女性作家という納得感。
LD >> 『ヤンメガ』も、今、単行本買ってきて読み直しているぜ!(`・ω・´)
kichi >> まぁ、最終決戦へ向けてのお膳立ては、途中から読んだ私にすらかなりしっかりと、たっぷり仕掛けを施して組み上げられてるような印象があったせいで、実際の最終決戦内容はその期待値からするとやや肩透かし感のあるものだった……というのは正直なところではあったかもですw>釈然としない
LD >> うわぁ、女性作家論として『読む』なら『青のエクソシスト』は参考になり過ぎる気がするw
ルイ >> ハガレンも結界師も青エクも、全部知る前に女性作家だって感じましたからね。そこはやはり大きい。
LD >> 週刊少年誌、少年マンガを読みなれた人が、読むと肩透かしの印象を受けるようです。文法上、期待したものが“無い”からです。
ルイ >> ハガレンは偽装wできてる方ですけどね。
LD >> >全部知る前に女性作家だって感じましたからね。|そこは、凄いね。僕は言われた後に「言われて観れば」くらい。ただ、『ハガレン』と『結界師』というサンプルを得たので、今後はもう少しこの類型に直感が働くかも。
ルイ >> 花ゆめに浸かってきたせいかしら。
LD >> いや、今の下の「女性作家は決定的な決裂を描きたがらない」は面白いけど、結界師を読むツールとしては違和感もあって、まだ採用かどうかは決めていません。
ルイ >> そんなこんなで、今週の一番は何でしたっけ?このかのだっけ?←
ルイ >> うん。僕のツールではそれは別にないすね>決定的な決裂を〜 傾向の1つとしてあるかもしれませんが、もう少し少年への目線の温度とか、%が高いものは導き出せそうな気がする。
LD >> 同じように、あの“お母さん”を母性で説明つけてしまうかは、慎重を要するところです。
LD >> 今週は、どの雑誌からでしたっけ?チャンピオン?
ルイ >> 漫画家の女性って時点で彼女たちは「ワーキングウーマン」だよねって指摘はしておきたいけれど、正直言うと僕の本質は作品に寄るスタンスだから、あまりこういう俯瞰メガネは好きではないのですよね。正解当てゲームみたいになりがちだから。まあ、あくまでいち視点として、と強く断りつつ。
kichi >> いや、たしかジャンプからのはずw
ルイ >> もうkichiさんが管理人でいいんじゃないかな。
LD >> ただ『結界師』は、“男の子の物語”であり、田辺先生が好きな男の子ってどんなの?あとどうやらおっさんが好きらしいのですが、好きなおっさんってどんなの?ってのは重要そう。
kichi >> ちょw Σ(=゚ω゚=;)
ルイ >> 結界師全編に流れる「バカな人、私が抱きしめてあげたのに」感は異常。
ルイ >> ジャンプといえば、ジャンプスクエアが面白い。←
LD >> >俯瞰メガネ| 物語から離れた愉しみ(作家論)もまた愉しみの一つだけど、物語の愉しみとは違うものだから気をつけないといけないよね。しかし、それはそれとして「そのフレーム内で何が起こっているか?」はその作家の性向を読まないと正確に読めない事もあるからね。
ルイ >> だから、最終的に作品個体に還元する事だけは忘れないようにしようと思うのですよ。でないと論理の為の論理になっちゃいますからね。
LD >> >「バカな人、私が抱きしめてあげたのに」| 負けた者、去る者はそこまでぶっちゃけさせるんだけど、どうも残る人はそれを言わせない傾向があるんですよ。(良守以外)そこが霧を生むんだけど、どうもある種の美学のような。
LD >> >論理の為の論理|何処で愉しんでもいいけど、自分が何処にいるのかは把握しないとね。
kichi >> …………まぁ、私も基本的にはそうですね>作品に寄るスタンス   そういう視点で面白いものが見れる時とか、よく分からないものを理解したい際に活用したりはありますがw
LD >> さて、ジャンプからでよいですか?管理人さん?w
ルイ >> うん、だから男が行き切っちゃうまではそこにいてあげるというか、副長のキャラが凄く「らしい」なと思いますけどね。
kichi >> ちょ Σ(=゚ω;= )
ルイ >> 今月のジャンプスクエア読切【らぶ☆マッチョ】はLDさんが読んでおくと良いよね。いやそこまででもないけどw
カルマ >> kichiさんが二代目管理人襲名と聞いて
LD >> →結果的に、全く負けなかった“男の子”、正守に対して羽鳥副長はそれを言う機会が、ほぼ無いんだよね。近い描写はあるけど分かりづらい。そしてそこら辺が分かりづらいは『結界師』のキーワードw
ルイ >> ジャンプといえば【バクマン】が表紙。タッグ制の良さを前面にだした、良いエピソードでしたねこの社会問題編は。基本、他少年誌と比べタッグはジャンプが一番強い所でもあるし。
LD >> おっと、副長シンクロw
kichi >> なにこの流れ……(=゚ω゚=;)
ルイ >> ああ、書き込み観て書いたんじゃなかったのかwまあ読み方が近ければそこに引っかかるでしょう。
LD >> そう。たとえば羽鳥副長って、もっともっともっとフォワードに出せば、もっともっともっと人気爆発した萌えキャラだと思うんですけど、田辺先生、百回やったら百回あの位置というかw
ルイ >> 表紙じゃなかった、巻頭カラー…表紙はワンピース…orz
kichi >> 「バクマン」……表紙ではなかったと思うけどw、良かったですね。巧くもあり熱くもあり、良いまとめ方でありました。
LD >> つまり田辺先生ってもっとオールマイティな中庸マンガ家にみえたんですけど、そう見せておいて、もっとエッジのかかった作家さんのようなんです。
ルイ >> あの位置で悶えたりするだけでそれはもう萌えキャラなんですけど、基本田辺女性って「そこにいると決めていて」、際になった時、或いはその後にポツリ吐露するくらいなのですよね。その姿勢を追っていくと、人形のような良守ママもそうである事を淡々と決めた「女性」だったんだよと、ぼくはそう読んでますけどね。
kichi >> ……しかし扉絵、吉田さんがいて岩瀬さんがいないのか……(=゚ω゚=;)ってまぁ、単に走ってる絵というシチュに合わせたセレクトって部分が大きいかな?
ルイ >> そうそう、【バクマン】の扉絵に吉田さんがいるのはかなり衝撃だった。僕が記事書きたがりだったら、これだけでブログの記事にするw
LD >> なんか、カラーページの中の進研ゼミのマンガが面白いw
ルイ >> いや、やっぱり編集者が一人混ざっている意味はデカいですよ。今回原作と漫画のタッグを描いたエピソードですけど、最小単位はここに編集者も加わるし、作品によってはその存在こそがタッグに相当したりするんですよね。平丸さんにとっての吉田さんはタッグ相手だからw
カルマ >> 「バクマン」良かったですね。扉にエイジがいないのは当然として…ふむ、他の人の有無は考えなかった
LD >> 岩瀬さんは、新妻組じゃないからとか?
ルイ >> 岩瀬さんは漫画リビドーランクでは下位なのだろうw
kichi >> 平丸さんのタッグは蒼樹さんな方向を今後は進めていってほしいものだけどなぁ……(´・ω・`)ちなみにエイジはいますw
LD >> 今の、世間のニュースに合わせて、内容が変わってゆく展開は、週刊連載の景観として熱いですね。ここまで直接影響ウケなくてもそういうものだと思うし。
ルイ >> エイジの全能先読みがどこまで行っていたかに注目ですね。「あの事件を知ったトキ、あれきっかけで亜城木先生が上がってくるのは分かってました。CROWじゃ勝てないです。ぼくは亜城木先生に勝つために自分の連載を終わらせるです。ギュイイイーン」とかやりだしたらどうするという話ですよ。
ルイ >> いやそれは無理ですwどこまでいっても平丸さんのタッグは吉田氏w
LD >> >人形のような良守ママもそうである事を淡々と決めた「女性」だったんだよと、ぼくはそう読んでますけどね。|感触の良い『読み』です。そういう結論になるかどうかは置いておいて、そこを詰めて行く予定です。
ルイ >> それか「亜城木先生、この作品ではもう限界デス。次が観たいデス」か。
LD >> なんか、子供のナイフ殺傷事件がおきた時とか『からくりサーカス』を通して富士鷹先生がメッセージを送ったり。すごく富士鷹先生らしいけどw
LD >> シュージンが、ここまで頑張っていて「限界デス」は、エイジ、鬼すごるw
ルイ >> まあ、作品のポテンシャル的に限界だろうって意味でw
ルイ >> 【ONE PIECE】は尾田先生の得意ゾーンとしか言いようがない。
kichi >> 「ワンピ」泣けますなぁ……。
LD >> そういう田辺女性の類型からはずれた、蜘蛛女とかけっこう注目したいのですけど、黒芒楼編であきらかに各残して生き残っているにも関わらず、その後、まったく出ないのですよね。
ルイ >> 【花咲一休】はかなり面白いですね。うーんと、打算的な事を言ってしまうと「女が惚れる男」も「男が惚れる女」もいないのでかなり苦しいとは思うのだけど、物語組自体には瑕疵は感じられない。
LD >> 『ワンピ』は、もうね。今どき、なんで、こんなド直球が通るのw
ルイ >> 蜘蛛女って松戸さんの秘書の事?バリバリに田辺女性だと思ってたwというか、良守母の鏡くらいの勢いでw
kichi >> 「花咲一休」着実ですね。3話目で有名な橋エピを使っての話をしつつの構造説明。かなり順調です。
ルイ >> やはりサスケェ的なイケメンを>花咲一休
LD >> 『花咲一休』は、前回の頓智もよかった。今回の頓智もよかった。…これ続けるのキツそうですけどね。しかし、今は楽しい。
ルイ >> なんだか【四ツ谷先輩の怪談】の話をしているみたいだなw
カルマ >> 「花咲一休」良いですねぇ。うまいうまい
kichi >> まぁ、近いうちに出てくるんじゃないでしょうかね?w>イケメン   ……まぁ、そっちの方は絵柄的に厳しい気もしますが、サスケでもそっちの需要を満たせてるんなら……。
カルマ >> 僕も思い出したww>四ッ谷先輩続けるのキツそう
ルイ >> ちゃんと大きな設定の匂わしを効かせているのも上手いですね。一休の前の契約者はどうなったの、とか。【ケルベロス】とは違う形で、これも【うしおととら】類型かと思ったり。
LD >> うん、なんか一休とは違った悪い頓智を出すライバルキャラとか……うわ、考えただけでハードル高!w
ルイ >> 頓智を暴力(力技)気味に押し通すやつとかいたら面白そうですけど、まあ原作者いてもキツそうだとw
kichi >> うしおととら感は初回から強く感じましたねぇ。
LD >> 松戸教授の秘書は、加賀美くんですね。あの人じゃなくって、きわどい服着た蜘蛛糸操るねーちゃんいたじゃん?w
ルイ >> 【マジコ】もえらく順調で、これは炎刃王的なコケをかまさない限り、まあ当面は安泰ですね。
ルイ >> ああ良かった。加賀美くんが違うっていうとLDさんと殴り合いする事になったからなwあの人はもう一人の女性の伝達者というか、思いを遂げてあげる役割で「己」はなかったですね。
kichi >> 「マジコ」良いですねぇ。ちょっと語り出したら止まらなくなりそうなくらい今回楽しかったですw ……まぁ、抑えて一点だけ言うと、こういう物語的にはそれほど重要じゃないんだろうけど、かなり気になるヒキの作り方は巧いなぁって思いましたね。
LD >> 『マジコ』は、女の子が可愛く動けば、まあ大体勝ちのフェーズにまで入っている。(`・ω・´)
ルイ >> 【マジコ】が唯一残念なのは、まあルーの浮浪者ファッションをもっと観ていたかったw
LD >> セバスチャンとシエルが枢やな先生の趣味なら、加賀美くんと松戸教授は田辺イエロウ先生の趣味。そういう面はあると思う。
kichi >> いやぁ、そこはルーちゃんが“うちの子になった感”の演出として凄く大事なとこだと思うんで、私は今の三つ編姿でいいと思いますね!
ルイ >> 興味深いのが、【マジコ】の「田舎弁」が段々減っている事ですねwいや最初から結構ヘンテコな訛りだったんだけど、不確かな掴みに頼っていたけれど形も見えてそれは要らなくなってきたのかなと。それは、エマが都会に慣れて訛りが抜けていく過程と心地よく一致する。・・・あ、ちょっとこの筋でブログ書いておこうっとw←書きたがり
LD >> ルーの三つ編みは意味性が強くって良いですw
ルイ >> いやそんな主張とはバッティングしないw今のルーがいいというか意味があって変わらないからこそ、その前が懐かしく愛おしいって話なのだからw
LD >> あ、うん。kichiさんと同意見です。>ルー
ルイ >> だから、そもそも別意見ですらないという話し。
GiGi >> おはぶひぃ
LD >> 加賀美くんからお母さんが読めるかというと、直接は読めないと、直感で思っています。あの二人はひねらないと繋がらない。
kichi >> まぁでも、三つ編姿でもほとんど違和感なくルーちゃんであるのも実は凄いことだと思いますけどね。これだけシルエットレベルで衣装代えたら、別人になっちゃう人は結構いると思いますからw
ルイ >> 【SKET DANCE】は本当にリアルタイムに全くあわせる気無く時事ネタを組んでいくね!w
ルイ >> お母さんから加賀美くんを読むんですよ?順番が違うと思う。
LD >> おk。そんなバッティングしていると思って、しゃべっているワケでもないよ。>ルー
ルイ >> でも、SKET DANCEのこの手の勘違いネタというか、入れ替わりネタは結構パターン化している気もする。
LD >> GiGiさんは、何でそんなに萌豚呼称に興味を持ったの?w
ルイ >> そういう事をすぐ記事にするあたり、はてな住人だなあとは思ったw思っていても発信しようと思わないですからねw
kichi >> ああ、確かにw>リアルタイムにあわせる気無い&入れ替わりパターン
LD >> お母さんから加賀美くんを…ふむ。その発想はなかった。お母さんを最後の難物だと想定していたから。でも、巡った後にそこに行くのも愉しそうですね。加賀美くんはたとえば、セバスチャンとかからアプローチしていました。
ルイ >> ドイソルはドイソル←?
ルイ >> 最初に出した明確な田辺女性=加賀美くんが際で、そこから翻訳を重ねてきたという読み方をしていますねwセバスチャンには、何かこう、そういうものがあまりあってもらっちゃ困るw
LD >> エニグマは、しげるの能力は…予知って、そんな単純ではなさそう?
kichi >> 「ぬらりひょんの孫」、雪女がどんな風に代替わりしたのかはかがかなり気になってしまったのですが……(`・ω・´;)
ルイ >> エニグマは……予知夢イラネって事?←おい 物凄く特定シチュエーション、例えば主人公を守りたいとか、そういう特化系なのかなあ。
ルイ >> 基本的には雪女は溶け、その水が結晶化し次の雪女になるのです←大法螺
ルイ >> 【めだかボックス】阿久根書記を持ち上げたがっている昨今。
LD >> ああ、セバスチャンには無いけど、加賀美くんには有るとw…こう考えることはありますけどね。松戸教授が呼んだ悪魔には無いけど、悪魔が要求を受けて被った加賀美くんには有る。それは、とがめと、奇策士とがめの関係のように。
LD >> つらら誕生話は、けっこう楽しいものができそうですよねw
LD >> 阿久根書記を持ち上げるのは、多少手遅れな感もある今昔。(`・ω・´)
ルイ >> 阿久根くん、マイナス戦で結構普通に負けてるから、その辺を前生徒会長同様「相性」とか「やる気」みたいなものでどこまでしのげるのかってのはありますね。まあ、これこそジャンプ的な取り組みといえばまさにジャンプだw
カルマ >> すいません、アニメ観てます>MBSアニメシャワータイム
LD >> まあ、善吉と、球磨川をフリーハンドにしたいなら、阿久根書記をキーパーに…ってのは分かる布陣なんですが。
kichi >> 「めだかボックス」阿久根書記を持ち上げるのには厳しさしか感じませんが、まぁ、結構厳しかった善吉もなんとかしましたからねぇ……。お手並み拝見な気分w
LD >> ジャンプで「いや、こいつそんなに格高くないよ?」ってキャラを引き上げていたキャラって何か思い出します?
kichi >> そして相変わらず安心院さんの行動はよくわからないな……。めだかちゃんが気付いた理由も正直ピンとはこなかったですが……。
ルイ >> 男塾の二号生とか?wっていっつも男塾思い出すのよね、めだか読んでるとw
LD >> …………テリーマン?(´・ω・`)
LD >> 赤石は、思いましたね。でも「何だかんだ言っても二号生だから」みたいなマジックもあったw
ルイ >> テリーマンは最初から格高いですよ、ギミック伴ってないだけでむしろ格だけ先に配置されて内実をあわせるのに苦心してた格好w
ルイ >> 言われてみれば、めだかちゃんが安心院に気付いたのは「気づかないと格的にちょっと問題があるから」以外の何も見い出せないのかな?ロジックはあるのかしら。
LD >> ……『るろうに剣心』の十本刀の亀の人?(´・ω・`)
ルイ >> 後で再登場した時がこの場合のスタディケースなので、るろ剣は当てはまらないですね。
kichi >> テリーマンはギミック伴ってないっていう方がしっくりきますねw ……まぁ、阿久根書記に関しても一応前から設定自体はあったっぽくはありますけど……。
LD >> 『戦国ARMORS』ああ、信玄まだ武装していなかったのか。こりゃ強敵だ。
kichi >> 「ドイソル」はなんか残念なことに……(´・ω・`)まぁ、巻いてるんでしょうけど
LD >> 『保健室の死神』の話運びが良い。でも、もう終わる空気だ。さびしい。(´・ω・`)
kichi >> 「べるぜばぶ」なんというまるだしへのこだわり  ……!(`・ω・´;)
LD >> サンデーいきましょうか。
ルイ >> サンデー。
kichi >> 「保健室の死神」は、少年誌っぽくない話運びって印象ではあるんですが良いですね。……やっぱり終わっちゃいそうなのは残念ですねぇ……(´・ω・`)
GiGi >> ドイソるが動詞化しますかそうですか
LD >> 『ビーブルース』は今、何をやっても良い感じ。
ルイ >> フラクタる。
ルイ >> 【ビーブルース】は物語としての命を持ってしまっているからなあ。なにも言う事はない。
カルマ >> 「ドイソル」はどうしたのかと思ったらドイソったのか…
kichi >> 「ビーブルース」良いですねぇ。攻めを選択したのも、その姿勢込みで考えるともうね……!
LD >> ドイソル「マイスターがやられたか…」、ライトウィング「ふ……奴はしょせん小者。我らジャンプサッカー四天王の面汚しよ…どれ、次は私が」、少年疾駆「次は我が行こう…!」ドイソル「大丈夫か、少年疾駆」、少年疾駆「おまかせあれ」…(´・ω・`)
LD >> フラクタるは、いろんな意味をもってしまっているのではないかw
カルマ >> 「保健室」はアシタバくんのハーレム化がマッハな時点で終わらせにかかっているのだな…と(´・ω・`)
LD >> 『銀の匙』、面白いなあ……くっそ〜。(←)
カルマ >> む、NHKでAKBドキュメントの再放送か…
LD >> 『神のみぞ知るセカイ』、ハクア上がってるなあ……計画通り!だなあw
kichi >> 「ケンイチ」はなんだか不穏な展開の兆し。……ま、まぁ、ケンイチだし大丈夫なんだろうとは思いますが……。
kichi >> 「銀の匙」面白いですね。やっぱりシビアさが肝な連載になる感じなのかな?
kichi >> 「神知る」、たしかにハクア上がってますねぇw ……でも個人的に気になったのは、(今回はじめてってわけでもないんですが)エルシィって髪下ろすとヒロイン感あるんだよなぁ……って辺りだったり。う〜む。
ルイ >> 今回の【銀の匙】は面白いですねえ。丁度同じ雑誌に【犬部】があるのが効いていると思う。
ルイ >> 食肉になるブタに可愛い〜☆ってやる身も蓋もなさが素敵。>銀の匙
LD >> ヒロイン感ですか…ちょっと難しい基準ですね。もともとヒロイン感はある気もしますし。
カルマ >> 「銀の匙」面白いですね。
LD >> 逆に常駐すればかなり『強い』はずの天理を遠ざけて、絶妙のさじ加減で出しているのがすごいですね。
カルマ >> 「神知る」ハクア上がってますけど、それ以上にエルシィの強さも感じたなぁ。信頼の高さ
ルイ >> 【マギ】思ったより素直にぶっちゃけてくれたおかげで話が通りやすくなりましたね。
ルイ >> 【ハヤテ】ルカに不治の病がありませんようにっと。
kichi >> まぁ、絵の印象ですから適当な話ではあるんですが、でもエルシィもその気になれば一位ヒロイン化も可能なデザインにはなってるんだよなぁ……って思ったりはしたのでしたw
カルマ >> 「マギ」ダラダラはしませんでしたね。まぁ、アリババが通った道だし
LD >> 『マギ』は、良かったですよ。ああいう事に気づくのに時間がかかるキャラが多すぎる。世界を救うキャラはああいう心配がない所が好きだけど、そうじゃなくっても、もっと、ちゃっちゃと切り替えなきゃ。
kichi >> 「マギ」、まぁ、良かったですねw 微妙に吹っ切れ過ぎというか、悟りが深過ぎる?ような気分も無いわけではないんですが、ま、速度優先って意味でも良かったかな、と。
LD >> 『ムシブギョー』は、虫狩の人たちは何か企んでいるようですね。西日本全滅と関係があるのか。
ルイ >> 命の危機という際で女子モルジアナに命も救われたら、悟りも深くならあなと。
ルイ >> 【ムシブギョー】は順調すぎてタマランチンですね。
ルイ >> 【ARAGO】が「ここは俺に任せて先にいけ」メソッド過ぎて。
LD >> 『キンゴル』は、キャディ編の目的が大体わかった気がします。…しかし、人妻でもいいから美人キャディさん出しときゃいいのにw
ルイ >> 【武勇伝】MAJORと似たような組み方ではあるんだけど、ライバル候補も親友候補も小学校から組み入れちゃうと構造が狭くなる所もあるんですよね。その分積み上げも効くのだけれど、さて。
ルイ >> 【キングゴルフ】ロジック化する事で自分への理解を深めるというアウトプット奨励エピソードなのかな?まあ、しかし、自分の絵の華のなさに自覚的すぎるのも考えものだw
LD >> 表現の直截さが違うけど、大高先生の女キャラと、田辺先生の女キャラは、けっこう同じベクトルのはず……とか言うと、女性作家論になってしまうずら(汗)
kichi >> ……読み直してみた感じ、ちょっとタイミングというか順序に納得が足りないような気分はあったんですよね。泣いた後も全然切り替わってなかったのが、アリババの涙で、アリババに興味を持つことで……って流れがなんとなくしっくりこない感じが……(´・ω・`)ま、些細なことではありますが
ルイ >> 自分の中ではもう薄々わかってたんですよ。それを表出するきっかけという二段構えで読めば良いと思う。
kichi >> 「ムシブギョー」は順調と言う他ないですねぇ。
LD >> 佐藤寿也は可哀相だったw
ルイ >> 【はじめてのあく】はピーチ再登場。まあピーチだと思ってたから当然すぎるのですが、典型的恋の鞘当てですなあ。藤木先生すなぁ。
カルマ >> 今まで出すチャンス無かったとして処理できないレベルで美人出ないですねw>美人キャディさん出しときゃいいのに
ルイ >> 【月光条例】は、はだかの王様が出てきて誰が喜ぶのか、という所から漫画の描き方を見直した方が良いと思う。藤田先生がコレきっかけにダメな漫画家になっちゃ困る。
LD >> ふむ。え〜っと。kichiさんが行っている順序の話しは分かる気がします。まあ、もともとすごく努力している子なのは間違いなくって、最初から正解が解っている子なんでしょうね。だから、どこでその正解に還れるかという話で。
ルイ >> LDさんが発言をぱくるです。
LD >> →富士鷹「俺が嬉しいんだよ!!」(`・ω・´)
ルイ >> 板垣先生ならそれでもいいんだけどもw
LD >> ああ、この発言そこを指した発言だったんですねw>ぱくるです。
kichi >> 「はじめてのあく」はなぁ……、レギュラー化してほしいキャラだったんですけど、なんかキャラ変わってるっぽいのが……(´・ω・`)しかもルイさんの言うように役割持ったキャラにするためっぽいのがまた……
ルイ >> 藤木先生は、ちょっと評価あげようとするとキッチリもどしてくれるなぁw
kichi >> ああ、え〜と、まぁ、そう読もうと思えば読めるっていうのは分かってはいたんですけど、少なくとも初読時はしっくりこなかったですし、もっといい流れもありそうなんだけどな〜っていう気分がw>マギ
LD >> 【はじめてのあく】ええwそこまで評価落とす展開かなあ?w
ルイ >> いや、単純な話【月光条例】って、はだかの王様やそんごくうの積み上げを明らかに手抜きしたんですよ。月光との線も引かないままじゃ、NPCから出てこないじゃないですか。特にはだかの王様。それでこれまで積み上げたシンデレラや赤ずきんの役割が小さいんだから、バランスが自分の描いてきたものの積み上げ比率に対しいびつとしか言いようがない。
ルイ >> 評価を落としてはいませんよw上げたのを戻しただけでw
ルイ >> 【ちいさいひと】そこで引くんだ的な。
カルマ >> 「月光条例」はやーつまらないなぁw
LD >> 多分、富士鷹先生の脳内ストーリーでは、はだかの王様は裸なのにカッコ良すぎで、格が上がりまくりで、マンガに直したら5巻くらいになってしまうのかもしれない。……鈴木央先生の『ライジングインパクト』みたいだな。
kichi >> 「絶チル」は3人の出会いをこのタイミングでこんなにじっくり描いたりするんだなぁ。まぁ、じっくり見てみたい気持ちも大きい部分だったので嬉しい気持ちも強いんですけど……、なんだろう? 微妙にもやっとした気分も……。
カルマ >> 「はじあく」のあの子は僕は存在をほとんど忘れてましたし、別キャラ扱いでもいいかもw
ルイ >> 【絶チル】はんー、まあ口開くと序列の序に対するもにょりにしかならないんで、とりあえずその前提を乗り越えれば良い回想なのではないでしょうか。
LD >> (`-ω-´) ピーチとは、出そうと思って出すものにあらず…。
ルイ >> 富士鷹先生がそういう所を端折ったらもう富士鷹先生じゃないよ!w
kichi >> 「月光条例」は……、まぁ、富士鷹先生の気持ちは分かるだけに結構楽しんじゃったとこもあるんですが……、ま、いけないかもですねw そんな作者に甘い読み方はw
LD >> 絶対序列チルドレンですからねえ……(´・ω・`)
LD >> マガジン行きましょうか。
ルイ >> 人格というより物語格で言動が決まってくるような感覚がどうしても物語をダイレクトに読めない理由なのでしょうね。GS美神の時なんかは、最後の決断以外は案外普通に物語として愉しんでいたのですが。
kichi >> 「ARAGO」はおやっさんも四騎士(だっけ?)を一人受け持つんですかねぇ? それはちょっと胸熱かも。
LD >> さて!『君のいる町』だ!(`・ω・´)
ルイ >> おやっさんとギャリーベガーとグレムリンで戦うんですね!
ルイ >> 【君のいる町】は、今回ギギさんに初めてってくらいリツイートされた記念すべき作品←
ルイ >> 【君のいる町】には、ドラえもんが中指立ててるAAが必要だなあ。
kichi >> 「君町」は…………もう、なんと言ったら良いやらw
カルマ >> 「君町」はもうどうすんねんw
LD >> おやっさあああああん!!……ココの事を思い出したりするとヤバいよ?(´・ω・`)
ルイ >> とにかく瀬尾先生っておかしいですよねwいや、少し前のデート回の時も思ったのだけど「この状況なら主人公に過失がない」という設置ラインがずば抜けておかしいw
カルマ >> あああ、凄く的を射ているw>「この状況なら主人公に過失がない」という設置ラインがずば抜けておかしい
LD >> え〜っと………まあ、このシーンはよいとします。この後、どうするんでしょうね?w>『君町』
LD >> いや、青大くんが、自分の本当の気持ちに気づいたんなら、それは過失じゃないでしょう。
ルイ >> デート回の時のログ辿ってないので感覚的な繋がりですけど、「この回で今カノを脳裏に浮かべない時点で、もうダメ」なんだけど、まあそういう意識がない。良く言えば目の前に100%なんだけど、悪く言えばサルだよねw
kichi >> ああ、そうですねぇ……>設置ラインがおかしい   ……もっとも、それ以前にそうやって“過失がない”かのような展開を組むこと自体が疑問ですけどね。やり直す展開をやるなら、ちゃんと決断して“過失”を選択する展開にしてくださいよぅ……orz
LD >> そして、その次の『ベイビーステップ』の良さと言ったら…!!
ルイ >> まあ僕としては、この作品はtrue tearsオマージュだと連載当初から言ってきたわけで、その視点的には溜飲を下げてはいるw
GiGi >> 銀の匙は八軒くんの心の揺れがダイレクトに伝わってくるのが良いですね。
LD >> 伊藤誠でも、既に言葉様への熱を失っている描写があった上でだよ?(´・ω・`)
GiGi >> 犬部の主人公のバカっぽさもたいへんよろしい。
LD >> 『AKB49』正規チームへの昇格が迫ってきていますが……展開や、構造自体をシフトさせる必要があるな。
ルイ >> 【AKB49】はついに一番人気登場なわけですが、総選挙のタイミングに大島優子を組んでくるこの隠れ大島優子推しの恐ろしさ!←裏読み
LD >> 『A−BOUT』の2ページ目、征木がものすごいテント張っているように見えて何事かと思った。(´・ω・`)
kichi >> 「ベビステ」今回も良いですねぇ。とりあえずエーちゃん絶好調、と。うん。そうこなくっちゃですよねぇ、この対決は!
GiGi >> GEの主人公とおかしさが逆ベクトルなのは狙ってますか?いや、それバランス取れてないから
ルイ >> 【ベビステ】は、今一番単行本で読みたくなってくる漫画wあれ、ぼく週刊ライブ主義のはずなのにw
LD >> 『フェアリーテイル』は、けっこうエルザがまともに負けたなあ…。
ルイ >> GEと君町はどうして力の1号技の2号みたいになってしまったのでしょうね。
kichi >> 「AKB49」は構造変わってくるのでしょうねぇ。……しかし、薄々思ってたことではありますが描き分けはもうちょい頑張ってほしい感じではあります。48人描き分けろとは言いませんけど、私には前田敦子との見分けすらつかなそうなのは……(´・ω・`)
GiGi >> 北崎拓先生の「このSを見よ」はとても面白いなあと現実逃避
ルイ >> きたざきィィィ版【コードギアス】ねw>このSを見よ
LD >> 『このかの』ですが、ユーリ、最初は桂馬みたいだったんだなあと。
カルマ >> 「AKB49」かなり変わってきそうですね。
kichi >> ……いや、まだ負けたわけじゃなさそうな気がするんですが……(´・ω・`)>エルザ
ルイ >> 描き分けを考えると、わかりやすくアヒル口な板野友美やわかりやすくお姉さんな篠田麻里子を出せば…って俺が数人名前覚えてる時点でびっくりだよ!
ルイ >> 【フェアリーテイル】エルザが負ける流れはわかってましたけど、正面衝突感がなくてイマイチバトルがつまらなかったですね。ハァハァいってるけど、木で絡めて食らう前に倒したんだよね?w
LD >> 描き分け。厳しいですよね。研究生の子は微妙に可愛くなく描いて分けてた所もありますが、正規メンバーはそれもできない。かと言って『ネギま!』みたいに強烈なキャラ立てもやれないw
カルマ >> 大島さんは表情とか口元?とかだいぶ違う感じ。髪型は元より>描き分け
ルイ >> 漫画【AKB49】の総選挙の方でたかみな先輩が圧勝したらちょっと面白い。
GiGi >> 本編読むまで表紙のセンターが誰かわからなかったんだぜい
LD >> 多分、そう。>エルザ負けたわけじゃない。 このマンガ、エルザ補正は高いですから。
ルイ >> 特徴がないのが大島優子、という意味では多分正しいwAkiyamaさんとそんな話をしたw
カルマ >> 「フェアリーテイル」エルザは負けるとして、ここでジェラールかよ!と。どういう風に使うかはわかりませんが、フェアリーテイルの力で勝って欲しいなぁ
ルイ >> 一度負けようず、フェアリーテイル。
LD >> ええのう。フーコ先輩は確かに、ユーリを見て呼びかけているんだよな。
GiGi >> AKBはおそらく最初のプロットは消化してしまっているはずで、しばらく単発エピソードで繋ぎながらもう一山作れるかに注目ですね
カルマ >> ジェラールがなんかして、それでエルザ復活して勝ったらなんかなぁ…w
ルイ >> 今週の【この彼女はフィクションです。】は物凄い勝負回ですよね。
LD >> 「私は君を尊敬します」だしね。……第一話あたりの整合性はとれるのかな?
kichi >> 「このかの」良かったですね。回想も入ってかなりの山場ですなぁ。ミチルの反応を見せてないのも巧いというか、次回が気になります。
LD >> 【このかの】『引き返す』気もするんですけどね。ミチルがどう動作するか…というのもある。
LD >> 『ばくだん』は、『カメレオン』が幕末に通用するか?という話のようですね。
ルイ >> とにかく重要なのは、フーコ先輩に惚れたのは、ミチルを愛する自分を肯定してもらったからという順番ですね。
kichi >> この演劇編はじまった時は、楽しくワイガヤやるけど物語的にはたいして動かないエピなのかな?なんて思ったものですけどねぇw まさか作品ど真ん中の山場が来るとはなぁ。
LD >> しかし、新選組にいて、お札になるためには、相当歴史を改変しないと難しいのでは?
GiGi >> このかのは勝負回、と見るのが正しいんでしょうね。既にしてミチルよりフーコ先輩の方が面白い。
カルマ >> 「このかの」どうしてフーコ先輩を好きになったのか?という問題も含めて一気にきましたね。素晴らしい。
GiGi >> あっと、アゲインがとても面白かった
LD >> 【このかの】沸点近くていいですねえw
カルマ >> 「ばくだん」あくまでタイトル縛りは幕末だけなんで、新選組にずっと居続けるとも限らないかな?
GiGi >> GEの2人は相性もタイミングもまったく噛み合ってないのでとっとと別れた方が当人のため。
LD >> 『アゲイン』は『面白い』ですねえ。単純に今村というキャラが面白い。なんだろ?こいつ。
kichi >> たぶん正しいのでしょうけど、酷いw>とっとと別れた方が当人のため
GiGi >> しかしマガジン気がつくとラブい話ばかりだなw
カルマ >> 「アゲイン」面白いですねぇw
LD >> 【アゲイン】あと、もういきなりレオちゃんが可愛いし。もう、すごい満足だよ?『トッキュー』とは何だったのか?ってくらい。(←)
kichi >> 。o(最初からちゃんと読まないとなぁ……>アゲイン)
GiGi >> アキちゃんのポジションがとても不思議で先を読めなくしてますね。
ルイ >> 【アゲイン】は、物語に浸かった世代としてのリアクションというのか、単純なリアクション以外のリアクションが面白いですね。
kichi >> 「一歩」は相打ちですらなくモロに食らってるのかな?ラス前のページ見ると小島がもらってる風でもあるのだけど……?(´・ω・`)?
LD >> アキちゃんも面白いですよね。僕の記憶ではアキちゃんはアゲインを失敗したのに、本人そんなに気にしている様子ないですし。
GiGi >> もっと困っても良さそうなものなんだけど、なんか普通に状況受け入れてるし、実際3年の巻き戻しってあんまり困らないのかもしれないw
カルマ >> 「アゲイン」アキちゃんはまだちょっとわからないですね。ヤケクソになってるってのがわかりやすいかな…?
カルマ >> レオさん可愛いなぁ…
LD >> よく分からないんですけど、まず、今村くんは、自分の人生が変わると思ってないし、変える気もないんですよね。嫌われ者から脱するのではなく、嫌われ者としてやれる事をやろうとしている。
LD >> 一つ、言えるのは、今、レオちゃんは可愛いのですけど、元の時間では今村くんを無視し続けていた一人のはずで、だから今村くんにはそんな感動はないようなんですよね。
LD >> 『だぶるじぇい』がアニメ化とか。
LD >> チャンピオン行きましょうか。
ルイ >> でも、レオの存在こそがこの物語の意味そのものとも思いますね。
LD >> 『てんむす』一回戦の相手、弱いですねw
kichi >> 「エデンの檻」……人選の件も結局のところ、命かかってるはずなのにその意識が感じられない辺りが問題なんだよなぁ……とか今週の見てしみじみ思ったり。
LD >> 意味そのものとは?分かるけど、もう少し細かく。
ルイ >> 【てんむす】目を見開いたタエちゃんが可愛かった。回想のどのシーンにも幼馴染ちゃんがいるのが良いですね。そして、この子の微妙なさじ加減が結構好き。
ルイ >> 分かるけど、ってwいや、アキちゃんどころではなく、真の接点ゼロですしね。そういう所に物語を見いだせるようになったら、世界の見え方が変わるよとは思う。
kichi >> あと「エアギア」は宙とは決着しちゃうんでしょっかね?全体の流れが全然掴めてないな……(´・ω・`)
LD >> 「命の危険は皆一緒だろ!こいつなら、危ない事も大丈夫だろうなんて、そんな事、俺には決められないよ。くじびきでしか!!」>kichiさん
ルイ >> もっと大食いすればいいし!っていう頭の悪い考え方が、0点で怒られたらカンニング、という頭の悪さに繋がっているし、しかし「頭の悪さ」を単純に「人間の悪さ」に重ねていない所が好き。勿論、悪い所は悪いのだけれど。
ルイ >> 【エアギア】はアイオーンのかませっぷりに泣きましたがw
kichi >> 能力で生存確率は全然変わると思うけどなぁw
LD >> うん。しかし、今の今村のレオの認識は、多分「悪い子じゃないのは知ってるけど、オレを無視していた奴」くらいなんですよね。気づいていない…というかそれも真実。そこらへん今村くんの心象は通るんだけど、結果、やり直しの物語が用意されたのに、主人公はそれに乗っていないという顕れになっている。
ルイ >> 「喰」に怒っていたけれど、タエちゃんのその瞬間の勝負の姿勢は「喰」でなく「食」だったという事ですよね。だから部長は何か技を繰りだそうとしている。名に終始するだけでなかった点も含めて良かった。
ルイ >> そうですよ、今週の今村くんの発言でも見えている通り、彼まだ「この今」にコミットしてないんですよ。
kichi >> 「てんむす」は……良いんですけど、ちょっと欲張り過ぎというか、敵弱いのにフォーカスしすぎな気はするような……? いやまぁ、そういう作品って言われてしまえばそうなんですけど、初戦はもっと思い切って結日高校側をフォーカスしても良かったような?って気は……。
LD >> 【エア・ギア】カズの格をあげるのは、阿久根書記の比じゃないと思うんだけど、確たる信念でそれを積んでますねw
ルイ >> だから「アゲイン」って語尾に逐一つけるんじゃなく「なう」って付けられたら良いのだけどね。そのキッカケとしてはレオちゃんはかなり適所、という話。
GiGi >> そうそう、福留ちゃんを立てる話かと思ってたら不意討ちでたえちゃんかわいいので戸惑っているw。ちゃんと回収してくれるのだろうかw
かんで。@品川 >> おはようございます。
LD >> 『イカ娘』、今週話になっているな!(`・ω・´)
ルイ >> 1週で先鋒次鋒処理した速度を担保に用意された1週で、今回食の姿勢の段階を描いているのだから許してくださいよw徒手空拳でただ相手を立てているわけではなし。
ルイ >> 【イカ娘】ツイッターにも書いたけど、今週みつどもえ並みになっててちょっと感極まったw
LD >> おはようございます。かんでさん。ってか品川ですかw
ルイ >> まあ、みつどもえの普通くらいだけどねっ!←なんのツンデレ?
LD >> 『バチバチ』は、今、マジで熱い!テンポもいいし、言うことがない。
ルイ >> 【バチバチ】は、幕下でひと場所ルーティンで回すこの感じ、たまらないですね。毎日読めたら幸せなのに。
GiGi >> 弱ペダはこの2集団のどちらにも京伏がいないのに注目したいですね
kichi >> まぁ、次週ビシっと部長をカッコよく描けていたら許しましょうw<何様?w   福留ちゃんの実力がどうなのかも気にはなってますしねw
ルイ >> タエちゃんが大将戦で帰らず声援送るシーンを想像しただけで、グッとくるよねw←早い早い
ルイ >> 【弱虫ペダル】は漫画としてムチャクチャに上手いですね。ああ、上手いとしか言いようがない。
かんで。@品川 >> 品川です。東北出張帰りです。今日やっと10日ぶりに兵庫へ帰れる予定です。
カルマ >> 「バチバチ」はほんといいですね
GiGi >> バキは板垣先生の描写力が確かすぎて物悲しいw
かんで。@品川 >> てんむすは女の子がかわいくていいですねぇ。
kichi >> 「イカ娘」良かったですね。ほのぼのなオチだけどいつもの唐突なオチと違ってちゃんとまとまってるものなぁ。
ルイ >> トップ集団の協力→大人数後方集団の協力、という描きまでは組めるのですが、その協力が速度以外の意味も生み出すべく、坂道のモチベーションであるコミュ希求にまで絡めてくるとは恐れいった。さすがまんが賞の評文が超長文なだけはある(?)
LD >> 白水さん、あんまり気づかなかったけど、長身って特徴があるのねw
ルイ >> シンプルで良い!w>女の子がかわいくていいですね 【咲】とかほら、露出狂の漫画やん?wいい地平を見つけて欲しい。
かんで。@品川 >> バチバチもすごく安定していていいですね。ペダルも。
カルマ >> 「てんむす」はちゃんと部長が健闘に応えようとしてるのがいいですね
ルイ >> 白水さんにジャンボ鶴田並みの身長を与えたという優しさ。って俺何歳だよ。
カルマ >> そうそう、全然気づきませんでしたw>長身って特徴
kichi >> 「バチバチ」いやほんと、シビアな世界であることを本気で実感として感じられて素晴らしいですねぇ……。白水、どうなるのかな……。
かんで。@品川 >> そうそう。露出は必要じゃない。むしろ弊害になる、とてんむすとか見てると思いますね。
LD >> 【弱虫ペダル】京伏は、石垣くんが「策はもう無いのか?御堂筋?」、御堂筋「誰に向かって言うとるんや?石垣くぅん?」とか会話してますよ?(`・ω・´)
LD >> 露出狂てw
ルイ >> 少なくとも、咲と全く同じ土俵で戦うのは分が悪いというか、ああいうのは麻雀道みたいなものを描けない人のごまかしテクで、まあそれが成功してるならケチつけても仕方ないのだけど、とにかくてんむすはちゃんと関係性で行けますってw
ルイ >> ああん?最新号の【咲】読んでねっぺな!?>露出狂てw
かんで。@品川 >> 白水さんが190ある、というのは今回まで全く気がついてなかったです(^^;;
kichi >> 「弱虫ペダル」も素晴らしく良かったですね。後方集団をどういう風に描くのかも楽しみです。
GiGi >> ケルベロスは距離感が近くてえろい
LD >> 『囚人リク』は、キャラ紹介、キャラ増員はじまたよ!
ルイ >> http://yaraon.blog109.fc2.com/blog-entry-2144.html ちなみに「会場がどよめく」というのは原村さんにかかっているはずなのだけれど、漫画の組み方がイミフすぎる回でもあります。マンガン一回で覚醒もざわめきもないがな。
ルイ >> 京都伏見は後方集団をおもっくそこっそり利用しているのではw
LD >> 『バチバチ』はギャグだと身長落とす。→白水さんギャグ多い。という事だと思いますw>長身分からない
ルイ >> 【囚人リク】は、不良抗争みたいになってるのが若干イミフ。
GiGi >> 集団をコントロールしているつもりがコントロールされていたとかなるともう一度御堂筋の格上げになりますね
ルイ >> こういう協力ってルーティンで前に出るのがマナーみたいなものだと思いますけど、まず間違いなく御堂筋はそれはしないだろうなと。
ルイ >> あ、或いは後方が追い上げてきた時トップ集団に共闘持ちかける、なんてのも御堂筋的にアリですね。
LD >> 想像しなかったワケじゃないけど、エスカレトしてるw>露出狂
ルイ >> 【ケルベロス】はおにゃのこが皆かわいいよ←バカ
kichi >> 「はみどる」は一応変化を描いているのだろうか……?(´・ω・`)?
ルイ >> いや【はみどる】終わるのでは…?
かんで。@品川 >> ああ、全く前に出ずにプロトンの後ろで引き続けてもらう、と。それは有りですね、>京都伏見
かんで。@品川 >> 本当に露出してますねw しかも自然を装ってw
kichi >> ああ、まぁ、変化の先にあるのは終わりなんだろうな、っていう予感も込みでだったりはします。少年誌的に。>はみどる
LD >> 不吉な事を言うな!( ゚∀゚)=◯)`Д゚)・; いや【はみどる】終わ…
ルイ >> はみどるにファンがつくこの寂しさについてLDさんとも少し話しましたがw最終回はコマの向こう側に向かって「もう私たち、あなただけのアイドルじゃなくても大丈夫ですよね…?」とか言い出した日にはプチ伝説。
ルイ >> 自然装ってるの?w
LD >> 【範馬刃牙】次週、勇次郎が涙目でこらえていたら楽しいなw
ルイ >> そうそう、来週の【刃牙】でオーガが痛がったら爆笑してしまうと思うのだけど、それは禁じ手ですよね。でもシュート板垣だしなあw
kichi >> 「ケルベロス」は見たかったところが申し分ない描写で見れて満足ですね。幼女友恵も可愛いなぁw
かんで。@品川 >> はみどる、テコ入れなのか、打ち切り決定したのか、どっちか判別不能w
かんで。@品川 >> すくんsくとも
kichi >> それやったらたしかに爆笑はしますけど、ガッカリもするなぁw>オーガが痛がったら
ルイ >> テコ入れ…ではない気がするけれど、別に「はみどる」は時々はみでちゃえば要項は満たすのでw売れたはみどるを観てみたい気持ちもないでは…でもまあ、無いかw
LD >> (`・ω・´)ノシ ナイナイ! >自然を装って
GiGi >> 「ってーじゃねーかコノヤロウ!」で一瞬手加減を忘れてバキKOとかしたらさらに愉快
かんで。@品川 >> しまった。少なくとも本人は自然に振舞っている、と入れようとしたのですが、私が動揺していたようですw
ルイ >> それはでも、愉快通り越して多分バキの理論的に「勝利」に近いと思うんですよねw>バキKO オーガの敗北条件は、本気で急所に攻撃する事だと思いマスし。
LD >> オーガでも痛いものは痛い…くらいやった方がいい気もします。「は……はは!親父も痛いんだ…!(滝汗)」ってのはこの親子ゲンカのシーンとしてはありのはずw
かんで。@品川 >> 巫女属性のある私になんということをw>咲
カルマ >> その展開は吹くw>オーガ
ルイ >> そうか、これが鞭打か…痛いな(ニコォ これだ。
ルイ >> 巫女…まあ巫女ですけどw
かんで。@品川 >> オーガが痛がるのは有り得ないとは思っていますが、麻酔で眠らされた前科もありますから予断を許さないですね。
kichi >> 「エンジェルボイス」負けましたねぇ。しかも、プレッシャーはクリアしたのに実力不足により止められるという描きなのがもうねぇ……。
LD >> 『ナンバデッドエンド』、アイ・キル・ザ・ファイト、悲しみばらまき。アイ・キル・ザ・ファイト、孤独を育てる。アイ・キル・ザ・ファイト、この戦いを。俺は今、倒す!
ルイ >> 【りびんぐでっど】が良い感じに頭悪いなぁ。
LD >> 僕は、売れたまっしゅる〜むは見てみたいし、少しづつ売れて行くのはいいんじゃないかと思ってます。
ルイ >> 【ナンバデッドエンド】はうかつに触れられないゾーン。これ「過去からの刺客」の殆ど極みだと思う。逆【隣人13号】というか。
LD >> 『エンジェルボイス』切なすぎますよ(汗)
ルイ >> 【エンジェルボイス】鬼のように淡々と負けましたねw仰る通り、プレッシャーに勝ってもそもそもキックを変えるテクニックがないという。これ、同じシチュエーションで大舞台もう一度ありますね、これが。
LD >> 『ハンザスカイ』は先週がよくって、今週は後味の良さですね。
ルイ >> 【ハンザスカイ】は今週もまた素晴らしいというか、このエピソードそのものの〆として理想的ですね。ラスト3Pjは完璧。
かんで。@品川 >> ハンザ良かったっすね
LD >> 『シュガーレス』……カニは、自分の偽物が出なかった事におこってるの?(´・ω・`)
kichi >> 「ハンザ」良かったですね。基本先輩を立てる作品ですけど、立ち直りの早さは若い者に譲るのだなぁw
かんで。@品川 >> これで辞めるわけね〜だろう、という流れがよかった。自然で。
ルイ >> 国島太陽をここまで持ち上げといて、ハンザ世界の無敵看板娘というかw菅野先生のチート気味の格で飲み込んでしまう所に雄大さを観た。そして結局、菅野先生って作中で「もっとも空手道を長く歩んでいる」から納得できてしまうのですよね。なんというウマさ。
かんで。@品川 >> 先生最強w
LD >> (´・ω・`)。o(…『りぼんぐでっど』は『イカ娘』が時間をかけて到達した所にいきなり着ているよ?とか言うのは止めておいた方がいいんだろうな…)
カルマ >> 「ナンバ」はああ…やっぱり家族の重荷になるような展開に…orz
ルイ >> イカちゃんは4年くらいただただつまらなかったのだし、別に言ってもいいですよw最近は面白くなったしね。
ルイ >> 基本先輩を立てるが、立ち直りは若い者。うん、殆どハンザスカイを言い表してると思う。
kichi >> 「ナンバ」は……orz
LD >> どこまで行っても「先輩は偉大!」で世界感が統一されているんですよねwこれ、ハンザが相手校の二年生とまだ戦ってないのが気になるw
かんで。@品川 >> イカ娘は確かに雌伏の時が長かったイメージ
LD >> つまらないかどうかは置いておくとしてw 今の『イカ娘』の作劇が到達点なら、『りびんぐでっど』は最初からそこに来ているねと思ったw
カルマ >> イカ娘はまぁ…ねw 今週もほっこり系で、ギャグとしてはなぁ
かんで。@品川 >> あーそういえば二年生と戦ってない
ルイ >> まあ、りびんぐでっどはキャラをどう増やせるかも大事ですよ。除霊師とか、みつどもえは偉大だなぁw
ルイ >> ハンザスカイに世代越え、先輩越え的なテーマが含まれているとは思えないのだけど、それを100%徹底するかは気にしておいて良いかもしれませんね。
ルイ >> 【ドカベン】が岩鬼に故障させたりして「この試合でシーズンを棒に振ったスターズは…」とあっという間に2012年にいく図が見えた。しかし怪我といい、全体的にドカベン世代の終わりがうっすら見えてきているような気も。
かんで。@品川 >> 二年生が谷間の世代だったりとか。
kichi >> 「キガタガキタ」はいよいよキガタが悪人過ぎるw
ルイ >> いやいやw空手道を歩んだ年数に単純比例させるとは思いますね、基本は。
LD >> 『キガタガキタ』は単話でよかった。
ルイ >> 【キガタガキタ】久々に気持よくひどいエピソードが出てきて良かったですね。この定型は忘れてはいけないと思う。
かんで。@品川 >> 故障に値する1点だったのかなぁ>岩鬼
ルイ >> これを1〜2ヶ月組んで中編1つ、とか。>キガタの定型
カルマ >> 「キガタ」が良かったですねw
かんで。@品川 >> 酷いエピソードが合う作品だとは思いますね>キガタ
ルイ >> のどごしさわやかな酷さが大事w
LD >> あと、キガタくん、前回いろいろ悩んで誰のお見舞いにもいかない事に決めたな。(`・ω・´)
かんで。@品川 >> あ、そういえばお見舞いの話はw
ルイ >> そのうち「おまい私達の見舞いにこなかったな!」と詰られるのか…wそしてその埋め合わせで海にいったら水着回で悪霊にからまれるのか…。
LD >> さて、そろそろ一番を決めましょうか。
ルイ >> 【マジコ】【ONE PIECE】【銀の匙】【この彼女はフィクションです。】【弱虫ペダル】あたりで。ハンザスカイもバチバチも良かった。
LD >> ジャンプは…。
LD >> 『ワンピ』ですね確かに。
kichi >> ジャンプは「ワンピ」「バクマン」「マジコ」……、う〜ん、今週は「バクマン」になるかな? 好き度でいうと断然「マジコ」だったりはしますがw(先週のコピペだけど今週もそんな感じw)
カルマ >> ジャンプは「マジコ」か「一休」
kichi >> サンデーは「銀の匙」でしょうね。
ルイ >> そっか【バクマン】も良かったですね。
カルマ >> あぁ「バクマン」も良かった
GiGi >> ジャンプはバクマンが良かったのだけど、今週のうちにアンケートの結果までいれるのはちょっともったいない。一週余韻に浸らせて欲しかった。
LD >> サンデーは…『マギ』が好きですね。あと『銀の匙』はあげてしまう。
かんで。@品川 >> 密かにぬらりひょんが良かった>ジャンプ
ルイ >> それ、バクマンではちょくちょくありますよね>余韻に浸らせて欲しかった エイジの動向がすぐ見えるのもそうだし。
LD >> マガジンは…『このかの』と『アゲイン』かな。
kichi >> マガジンは「このかの」でしょうねぇ。
LD >> チャンピオンは、『エンジェルボイス』じゃないかな。
カルマ >> サンデーは「銀の匙」。
ルイ >> ぬら孫の2期監督が西村純二から福田道生に変わったという事で、死にたいけれど福田ぬら孫もそれはそれで気になるのがぐぬぬ。
カルマ >> マガジンは「このかの」「アゲイン」。
かんで。@品川 >> マギは力ありましたね、久々。銀の匙も納得。最ストは今回のエピはひと休みかなぁ。
GiGi >> サンデーは銀の匙、マガジンはアゲインとこのかの、チャンピオンはてんむすかな。
kichi >> チャンピオン……まぁ、「弱虫ペダル」になるかな?「バチバチ」「ハンザ」「ケルベロス」「エンジェルボイス」辺りも良かったですが。
カルマ >> チャンピオンは…うーん「バチバチ」がやっぱり好きだ。
ルイ >> チャンピオンが充実すぎてバッラバラ。
かんで。@品川 >> マガジンはネギまかな、個人的に。
かんで。@品川 >> チャンピオンはどれでもいいですw
ルイ >> 【このかの】か【銀の匙】で【このかの】ってところじゃないかなかな。
LD >> 『ワンピ』、『このかの』、『エンジェルボイス』のどれか。
かんで。@品川 >> ぬら孫監督変わったんですねぇ。どうなるんだろう。
LD >> あ、そうなんですか。>ぬら監
LD >> まあ、今週は『このかの』ですかね。
GiGi >> 今週は特に、順位はあまり重要じゃなくてシュージンの納得がメインの話でしたしね
ルイ >> 関係性的には、フーコ先輩が激しく後出しジャンケンになっているのが…色々な展開を予想するけれど、どれも大概は厄いですね。一応おねがいツインズエンドも見えるけれどw
かんで。@品川 >> 了解です。>このかの
LD >> 『このかの』にします。
ルイ >> しかし、バクマンこのエピでも3位ですからね。CROWは勿論として、ONE PIECEへのリスペクト半端ないw
LD >> それでは、今週もありがとうございました。お休みなさい。
GiGi >> ねぎまの造物主はちょっと喋りすぎかなと思わなくもなく。まあ分かりやすいですが
ルイ >> 今日はちょっとニチアサできそうにないかな…ふぬぬ。
LD >> もっと、何考えているのか分からない、謎の人物のままであって欲しかったキハします。>造物主
kichi >> おつかれさまでした〜。
かんで。@品川 >> ライフメーカーさんは置くとして3ちゃんがかっこよすぎるのでw>ネギま
ルイ >> いきなりカタカナでキハとか、LDさんて鉄ちゃんでしたっけw
ルイ >> 3ちゃんw
ルイ >> あ、そうだギギさん、4gamersのウィズオンライン記事読みました?ギギさんが冷たくあしらうのを観たいんですがw
LD >> キハ(´・ω・`)

MANKEN CHAT(1.1)