漫研チャット
名前:
発言:
[正面] [取扱] [過去ログ]


■■■■2011年06月05日■■■■
GiGi >> 2ちゃんは犠牲になったのだ…(違)
GiGi >> 冷たくあしらいましたが何か?
ルイ >> ちぃ見逃したかw


■■■■2011年06月11日■■■■
LD >> 【今週の一番】チャットは6/11(土) 25:00から開始予定です。  http://t.co/F4USirM


■■■■2011年06月12日■■■■
ハラルヤ >> こんばんは〜
カルマ >> こんばんはー
カルマ >> LDさんTLにも出現してないな…二代目管理人のkichiさんが来ればあるいは(何
LD >> こんばんは。
LD >> 失礼しました。なんか。めざましの時間がずれていたかな?
kichi >>        こんばんわ(=゚ω゚|むにゃ?
LD >> むにゃうにゃ。
LD >> ぶはっ!
LD >> さて、実は、明日は僕朝から用事ありまして。
LD >> 素早くはじめて、手早く終わりましょう。
LD >> さて。
LD >> 先週はジャンプ。…では、今週は、サンデーからですね!
kichi >> うい(=゚ω゚= )
ハラルヤ >> 了解っす。
LD >> まず巻頭カラーの『境界のRINNE』の平常運転ぷりが素晴らしいわけですが。
LD >> 『武勇伝』は………ぐう。
LD >> 『銀の匙』は面白いですね。犬が西向きゃ尾も白い。(`・ω・´)(←)
kichi >> 「武勇伝」……う〜ん、ちと反応に困る展開ではありますね……(=゚ω゚=;)
LD >> 『ムシブギョー』がよろしいですわ。徳川家重様入れて四角関係って、うむ。これはいいハーレム。(`・ω・´)
カルマ >> 「武勇伝」はいまいちですねぇ…
カルマ >> 「りんね」が巻頭に来るっていうのが意外なのがいいですねw 逆に言うと無理に持ってこなくていいんだけど
kichi >> 「銀の匙」面白いです。……そしてこのヒキは、もうちょいはフックになる要素も盛り込んでくるのかなぁ……?と期待しないこともないような?
kichi >> 「ムシブギョー」はいつものことながら順調ですねぇ。ここでお春さんを押してくるのも、なんていうか、“ちゃんとしてる”って感じがするw
LD >> 『武勇伝』は、以前も言いましたが、ノルマ…のようなものは充分こなしていると思います。だからこそさらに反応に困るのですが…1回で起こる展開が分り易すぎて波乱がなさすぎると言えばいいのか。
カルマ >> 「銀の匙」のヒキはなんだろう…もやしもんの地下?みたいなものを想像してしまって、つまり大して物語は動かさなそうというかw
kichi >> 「武勇伝」そうですね。展開はしてますし、予想してたってわけでもないんですけど、なんだか想定の範囲内な印象ではあって……(´・ω・`)
ハラルヤ >> すいませんコレ(映画『攻殻機動隊S.A.C.​ SOLID STATE S​OCIETY 3D』神山健治​監督生コメンタリー上映会 http://live.nicovideo.jp/watch/lv52560887)観るんで今日は抜けます。
LD >> 『銀の匙』はあれですね。『もやしもん』的面白さ…違うか。でも、さりげない情報量と、キャラの描きは、上手いという評価が一番いいかもしれない。
ルイ >> LDさん文学フリマにでもいくのんのん?
LD >> 文学フリマですか?おはよう。
カルマ >> 攻殻3DはIMAXシアターでやるなら観に行ったんだけどなぁ
LD >> 今週のサンデー巻頭から『境界のRINNE』、『武ゆ…、『銀の匙』、『ムシブギョー』、『マギ』って、ボク的にすごい満足度高い。雑誌としてのパワーもあがってないか?
ルイ >> アニメなんたらという雑誌が読みたいなあ。おはようございます。
ルイ >> サンデーはまだ読み味にバリエーションが足りない気はするけれど、一時期の底とは比べるべくもないのは言うまでもない話。
カルマ >> サンデー、うーん「りんね」や「銀の匙」は面白いけど少年漫画誌としてはどうなのかしらという気分があるので。1つくらいはあってもいいんだけど
kichi >> ……まぁ、すごく満足度高いってほどでは無いんですけど、一応改善傾向にはある感じだとは思います。>サンデ
LD >> 【ムシブギョー】いや、しかし、単なる日常回なんだけど、このハーレムの描きはすごく良い。仁兵衛がモテるのに納得できることがベースではありますが。
ルイ >> まー『ムシブギョー』が素晴らしかったですね。連載版で家重を入れた事で生まれた、素晴らしい化学変化。
ルイ >> お春殿の火鉢だとスイングしないんですよね。お春殿を恋に燃える女の子にすれば素直VSツンデレでスイングするのだけど、そこで直接ぶつけるのは読み味が単純になってしまう。そこで代わりに純粋に思慕を向ける…が、男!という配置が物凄く良い。
カルマ >> 「犬部」を3話?で区切ったのがよくわからんとです
ルイ >> 犬部なー。主張自体は構わないのだけど、やはり獣医目指すクラスの人が大量に脱落していく環境は「覚悟不足」というより環境がなってない気はしてしまいますね。もうちょっとサークル代わりくらいの日常侵食でこなせる(ように、フルタイムのおじちゃんおばちゃんがいる)ような形だとわかるのだけど。
LD >> 【ムシブギョー】なんだろ?お春殿だけでは上手くいかない、火鉢さんの“巻き込み”を家重さんがやっていて、それでいて位置的に弱いお春殿も持ち上げているわけや。
ルイ >> またシン(略称
LD >> ああ、シンクロしとる。>お春殿の火鉢だとスイングしないんですよね。
LD >> 簡単に言うと、お春殿は、シエスタではないし、シエスタにはしないって事ですよね。
LD >> それはそうとアニメルカの事かな?どこかで通販できるとも思うけど…。
ルイ >> 【BE BLUES】は本当読んでると切なくなりますが、これは良い描きなのではないかな。龍ちゃんが怪我しない場合、周りのプレイヤーに自覚が芽生えなかった…という捉え方をした場合、今回の縦突破は立派な「この展開だからこそのプラス」ですよね。その為の怪我はいつ観てもキリキリするけれど、これはサッカーのフィールドを世界に広げてみれば、すごくわかる話。
ルイ >> シエスタってゼロ魔の?w僕より補足が雑だなw
ルイ >> さすが現代やで!>通販
ルイ >> 【キングゴルフ】わかるような…わかるような。←
LD >> そう?w でも、超版は、お春殿は確かに弱かった。シエスタにでもならないと割っては入れないだろうと思えたんだけど、そうじゃない、けっこう手間のかかるルートでビルドしていて、お春殿のキャラを守っていて、感心します。
ルイ >> いえ、シエスタはわかるんですが、作品名とかないとイキナリ昼寝がどうしたよ、とかw
kichi >> 「犬部」そうですね。欲張るのは良いですけど、欲張ろうと思ったらやっぱりもっとやり方に工夫がないと、結局は潰れてしまうっていう方が正論と思えてしまいます。……まぁ、無茶でもやるのが美しいって気持ちも分からないことはないんで、あまりバッサリとは言いたくない気分もあるんですけど……。
ルイ >> そうですね。お春殿を恋に突き進めるのも間違った手ではないのだけど、キャラクターの埋蔵量が減ってしまうのですよね。少なくとも家重一人挟んだだけで、二人が恋に強く自覚を持つまでに物語的なネタが沢山生まれたわけで、これは連載作家の見本的な逆算ですね。
LD >> 『マギ』は、モルジアナは内語で語られるのに、アリババはちゃんとしゃべらないと内面が分からないんだなあw
ルイ >> うん。これまで「犬部に入るという意志を見せて」「耐え切れずにやめていった人」を覚悟で切り捨てるだけなら、これはただのヒーローの物語になってしまうと思います。でもこれ、組織の話じゃないの?と。
LD >> 【ムシブギョー】リライト時の再構成の計算が、まじパねえって感じですね。
ルイ >> 逆に考えれば、普段作家たちはこんなリライトができない忸怩たる一本道の中で頑張っている、ともw
kichi >> 「マギ」もなかなか良いですね。こう、シリアス度のバランスコントロール的な意味で。
LD >> 『キングゴルフ』は、計算どおりに行くかどうかは別として………じゃなくって、計算以上の成果を出して、蒼甫をもっともっと化物化させてほしいです。
LD >> 連載走らせたあとに、ここ、こうしていれば…ってのはホントにあるでしょうね。
ルイ >> 【マギ】は、養分にすれど村人を殺していないあたりに今後もジンとして使役しますよ的読者の対ジン感情コントロールががが。
ルイ >> 【はじめてのあく】あーやっぱ時限ついた。本当に恋の鞘当て要員すなあ。
kichi >> 「キングゴルフ」は、ふむ、なるほど。イメージのエピソードの次にイメージの幅を広げる話ってことになるわけですね。やはり巧い作品ではありますねぇ。
LD >> 【はじめてのあく】時限ではじめて、時限を切る流れのような気もするですけどね。
ルイ >> 霞見がみせた沢山のアプローチの可能性に届かせる方法なんですよね。ロジックとしては全くこれで正しい。
kichi >> 「はじめてのあく」は…………(´・ω・`)設定的にもだけど、絵的にも大分魅力が薄れてる感じがして残念感ががが……。独特で魅力的な目だったのに、中途半端に独特でなんか怖い感じに……。
LD >> 【はじめてのあく】ただ、この子動かすなら、乙型とシズカをもっともっと動かしてみてはとは、思います。ん?…どうした?乙型や、シズカを本気で動かしたら、キョーコでは相手にならんで、結末するしかなくなるか?ん?(´・ω・`)
ルイ >> 展開の序にしているうちは、まだキャラクターを天元突破させられんのですよ。
ルイ >> そんなこんなでマガジンですか。
LD >> 『神のみぞ知るセカイ』、栞の扱いは丁寧だなあ…人気からして正しいけどw
LD >> はやいよ!もっと…げっk…マガジンですね。
ルイ >> 栞の天使は月夜と違って可愛いのがなんかズルいもの←
LD >> 『フェアリーテイル』は、またエルザが勝ちましたが。…なんだろ?こう、団体戦で勝ち星ひとつは確実みたいな人ですね。
GiGi >> ムシブギョーの重大発表ははさすがにアニメ化はまだ早いだろうと思っていたんですがプロモ映像作るみたいですね。
kichi >> 「BE BLUES」はほんと泣けてくるものがありますねぇ……。ここで優人が頑張る展開も凄くいいです。
kichi >> 「守護悪魔」が最終回だったけど……まぁいっかw
カルマ >> MBSアニメシャワー枠観ておりまする
カルマ >> 「キングゴルフ」よくわかるんだけど見せ方…うーんw
GiGi >> 犬部は「あれから3ヶ月」みたいな体で回すのなら興味深いかも知れず。
ルイ >> 【ムシブギョー】ほう。まあサンデー、最近やっとテレビCMを国崎出雲からマギに切り替えてくれてw
LD >> 【神のみぞ知るセカイ】もともと今の展開で、女神たちまで惚れちゃったらどうするの?問題があって、それを絶妙な距離感で、ディアナ以外はキャンセルしているのが上手い……正確には際どい。
GiGi >> ビーブルーズは言葉で語れない部分が圧倒的すぎる。そして丸い
kichi >> 「フェアリーテイル」、まぁ、私はこの敵にエルザが負けるのはありえないと思ってましたが、島の魔力云々といった問題をエルザでは解決できないという展開はありうると思ってて、その可能性はまだ続いてるのかな?とも思うんですが……、これだけギルドの力って感じにしたとなるともう解決なのかなぁ?w
GiGi >> 神のみも見事でしたねえ。
LD >> (´・ω・`)。o(『ビーブルース』は、評の後につける「そして丸い」の一言が良く似合う…)
カルマ >> 高校生になったらシャープになるってあたい信じてる>ビーブルース
LD >> 絶好調の『AKB49』ですが、次のフェーズに移りましたかね。…じゃなくって、しばらくは短編的な話を積んでくるかな?
ルイ >> 【フェアリーテイル】戦術的勝利ならばくれてやる。(ルルーシュ)
GiGi >> ベビステが笑っちゃうくらいすごい。難波江の驚きが伝わってくるという状況が凄すぎる
LD >> 甘いな。(`・ω・´) 高校生になったら、さらに丸くなるな。『あおい坂高校』のあの丸いチアみたいになるな。…多分、かなりストレス溜まってるのよ。
カルマ >> 「フェアリーテイル」うーん、他のメンバーの魔力が封じられた状態でギルドの力と申されても…という気分です(´・ω・`)
LD >> >戦術的勝利ならばくれてやる。(ルルーシュ) |あ、上手い。エルザとスザクはかなり属性が近いと思います。
ルイ >> 真島先生にワンピースにしたい野心があるのなら、この後は…わかるな。
kichi >> 「AKB49」はしばらく短編的にいくのも良さそうですね。
カルマ >> 「AKB49」はしばらく地固めにしても良いですね
ルイ >> 【AKB49】は良い描きでしたね。初期メンの想いを受け継ぐ、これ大事。
ルイ >> 【AKB49】は良い描きでしたね。初期メンの想いを受け継ぐ、これ大事。
ルイ >> 【ベイビーステップ】は胎動の一話ですね。ギギさんのように感動まではいってないかもしれないのだけど、これまでの良い試合同様、1stセットを使った互いの戦術バトルが静かに熱い。
LD >> 『ベイビーステップ』は、今回、僕は「麻雀マンガみたいな緊張感」と評したけど、難波江が絶好調(と思われる)えーちゃんに対して、まず“運”で1ポイント返して、その意味の取り合いをマインドでしているあたりとか、相当にすごい。
GiGi >> 次がまゆゆということで、チームはどこなのかな?>ルイさん
LD >> 【AKB49】は良い描きでしたね。初期メンの想いを受け継ぐ、これ大事。
ルイ >> ゾーンのエーちゃんに対し、極端に言えば1セット捨てるくらいの勢いで情報を収集している難波江。基本的にスポーツプレイヤーにとってゾーン以上の概念ってあまり目にしないので、これが通り過ぎた後エーちゃんが何を武器に戦うか、と考えると楽しみですねえ。
ルイ >> チームはAにいくと思う(正統後継者だから)けれど、みのりは特別な「スーパーアンダー」になるかもしれないw
kichi >> 「君町」、この展開は話が早くて良いかも。……いつの間に“ちゃんと答えだす”とか言うフェイズに入ってたんだろ?とかは思うけどw
カルマ >> 今の好調ぶりってMAXを見せてしまうことでもあるわけで、怖いですねぇ>「ベビステ」
ルイ >> ゾーンはあるけれど、ほんの1プレイ、それこそ難波江くんが言う所の運くらいの要素で通り過ぎちゃうもので、オールゾーンではなかなか駆け抜けられないんですよね。
LD >> 『振り返るな君は』のGKスパイダーが、かなりカッコいいです。なんていうか『山下たろーくん』みたいな、チビキャラの対決みたいになっているw
ルイ >> 麻雀漫画も勝負の局までは打ち筋を収集するし、例えとしては適切な気がする。アカギならわざとノーテンにする所w
カルマ >> 何そのナルトの最強の下忍みたいなやつw>スーパーアンダー
ルイ >> やあ、秋元康が大島優子と同じくみのりにAKB正統伝承者としての役割を見出すなら、全てに出向させるくらいのエリート教育は施しそうだなとw
kichi >> 「ベビステ」良いですねぇ。難波江戦で先行する展開っていうのは、まず間違いなく追いかける展開よりキツイ終盤を描けるはずで、ほんとこの先の展開も楽しみです。
ルイ >> 【君のいる町】…そろそろ皆さん、わたしの「君町=不出来な【true tears】論」に頷いてくれるね?色々すっとばしてるけれど、今「全部、ちゃんとするから」な。
GiGi >> そうそう。難波江はすでに1セット捨てる覚悟をしている。それでこの驚きだから重みが違う。
カルマ >> 「君町」この展開を良いとしてしまうのがなんつーかもにょるけど、まぁいいですねw
LD >> えーちゃんも難波江も頭脳派で偶発的な現象の意味まで考えてしまう人だから、どうも麻雀マンガの…『リスキーエッジ』の雰囲気なんかを思い出してしまいます。
ルイ >> 【ベビステ】確認ですけど、この試合って「絶対に負けられない戦い」でもなければ「絶対に勝たなくてはいけない戦い」でもない…のかな?なら、勝ち切ってしまう手もある?
ルイ >> 展開を良いとはちっとも思わないw
LD >> 『君のいる町』は……まあ、いろいろ展開はやそうでいいかな?
ルイ >> 【AKB49】は、現実の方が神7が崩れて「初期メン幻想」が薄まっていきかねないので、今のうちに短めのエピソードで回して板野友美などの初期メンをきっちり使っていった方が良い気がする。或いは、3位の柏木由紀を青田買いの体でみのりと並べてしまう手もある。
LD >> 【君のいる町】次週。青大→(`・ω・´) <両方好きだ!!
ルイ >> あ。実は研究生チームに柏木由紀がいた、というのはどうだろうw←それなんてマンソンじゃなかった劇場版そらのおとしもの?
kichi >> 軽くしか聞こえないのがなんともw>両方好きだ!!
GiGi >> 君町の今週の展開はアリだな。
ルイ >> 青大の料理=眞一郎の絵本なので、まあ料理食ってもらって別れるんですね←流石にない
LD >> 『ばくだん』は、ホントに『カメレオン』が新選組に通じるのか?がまず焦点。あと、前も言いましたが、お札になるためには相当歴史を買えないといけない。…これで局を脱するなら別ですが。
ルイ >> でも、家にいるとか嘘をつく意味があんまりわからないよね。相手は地元にいる可能性すら考えてないわけで。つまり、単にうしろめたさから咄嗟に口をついたという事なのだけど…やあ、不実だなあコイツw
ルイ >> 【ばくだん】お札をゴールとした場合、大政奉還させるくらいの事させんといかんw
GiGi >> 勝っても負けてもどちらでも展開がありますね。>ベビステ。
ルイ >> とりあえず関東大会シードという目標は達成していて、あとはシード位置であって、結局全国優勝が目標である所は変わらないのですよね?つまり、この試合は勝ち切ってしまってシードが上がった方が、漫画的にちゃんと盛り上がる順番に全国大会は組まれる事になる?
kichi >> 意表を突かれるものはありましたし、……じっくりやられてももう……ってのもありますんで、とりあえずは良かった気がしますね、私はw>今週の君町
GiGi >> 新撰組の役割そのものをねじ曲げる可能性もw。あと何気に不殺フラグ立ちましたね
ルイ >> 不殺は最終的に現代に戻るから、しか組む意味がないですよね。
LD >> 【ばくだん】…いや、待てよ。伊東甲子太郎とつるんで、薩摩に走り…かつ、甲子太郎を守りきればあるいは…。しかし、そんなマニアック過ぎる展開…(ぶつぶつ)
GiGi >> 勝てば親にプロの道を認めて貰えるという話はありますね。なので負けたら負けたでドラマになりますね
ルイ >> お札になったのはそっくり顔の自分の子孫で、つまりオレのおとしもの=「ばくだん」だったーというオチですねわかります。
ルイ >> ああ、そうか。全国トップに勝つくらいなら安心だよね?というやりとりはありましたね。となると、やはり勝つとマズイ…考察。
カルマ >> 山南さんを女にしたことで裏切りの意味が変わってきそうなんだよなぁ…>ばくだん
LD >> 【ばくだん】ああ…!というか、戊辰戦争で勝てばいいのかw
LD >> 唐突だが『薄桜鬼』は見事だった…。(´・ω・`)
カルマ >> 負けると親に見に来てもらえないんですよね。で、見に来てもらえないほうがなんかいいw>ベビステ
ルイ >> 唐突ですが『薄桜鬼』は良かったですね。
ルイ >> うーん、いや、親は見に来た方がいい。『シャカリキ』参照w
LD >> 『スケットダンス』のアニメが流れているけど、出崎演出が連発されているw
kichi >> あれって全国大会の話だったんですっけ?勘違いしてたかも>親見に来る   ……まぁ、負けてもさすがに見に来る気がしますがw
LD >> 『アゲイン』が面白いですね。というか次週、応援団崩壊の理由が明らかになるですね。
カルマ >> この大会の決勝か何かに行ければ親が観に来れるって話だったかと>「ベビステ」
ルイ >> 『アゲイン』は安心して読めるなあ。
ルイ >> ああ、関東大会に親が来られるのはちょっと困りますねwクライマックスと足並み揃えてもらわないとw
ルイ >> BSフジでラブプラスでござる。
カルマ >> そうそうw 
カルマ >> そうそうw 関東大会には親に残念がられるほうがいいw>クライマックス
kichi >> ふむ。なんかこの難波江戦を(時間の都合がついたら?)見に来るかも?みたいな話と思ってました……(´・ω・`;)
LD >> 『スケットダンス』良いな…。不覚だ。
LD >> 『はじめの一歩』これで殴り返せるのかw ……え〜っと、空振り&ダウンでお願いしますw
ルイ >> 【はじめの一歩】首を鍛えていたから耐えられたのだ、ってもう人間超えてるでござる。
kichi >> 「はじめの一歩」はw 全ての前提を力技で割とあっさり引っくり返しちゃうとはなぁw もう小島には打つ手ないじゃないっすかw
カルマ >> あれ、でも明日の試合に勝てたらって言ってて、決勝も明日ってことは遅い時間なら行けるのか?>ベビステ前号確認中
カルマ >> 「一歩」はこれで返したら化物なんですけどw
カルマ >> 決勝のルビが明日になってるけどあさっての間違い、とかかなぁ…?>親見に来る
GiGi >> せめてダブルノックダウンかなw踏ん張られるといろいろ(ボクシング的に)まずいような
kichi >> 私も確認してみましたが……、なんか微妙ですねw “そしたら”ってのが“勝ったら”って意味なのか、単に“それなら”くらいの意味なのかも微妙な……。>親見に
LD >> 『この彼女はフィクションです。』展開を溜めないですね。まるで、打ち切りかのような沸点の近さ!!
LD >> ところでGiGiさん。そろそろ『少年マンガ放談』やりたいのだけど、日程的にはどこがよいですか?
ルイ >> 【この彼女はフィクションです。】面白いなあ!コードギアスのようだ。
kichi >> 「このかの」良いですね。みちるの勘違いってことで引き伸ばすのかと思いきや……。
カルマ >> 「このかの」展開がノンストップ。すごい。
ルイ >> 【この彼女はフィクションです。】フーコ先輩がミチルに即アガサ・クリスティーばりに犯人は私だったーと言ってしまうこのインファイトっぷりに【コードギアス】的なクリフハング感を見てしまうな。
LD >> そろそろ、チャンピオン行きましょうか。
LD >> 【このかの】展開的にはここでユーリが身体を張って盾になれば収まる気はしますが、連載時に構築した構造を、この段階でずらすのがすごい。…あるいは、ここから『引き返せる』のか?
LD >> 『囚人リク』27木工場の方は、戦闘力圧倒的に見えて、仮にレノマが帰ってきても勝てないというか、レノマ以外に戦力になりそうな人がいない?
ルイ >> 【囚人リク】不良抗争モノはサクサクお願いします。
LD >> 『範馬刃牙』、いろいろ説明してきるけど、基本は「かろうじて無表情をキープ」つまり、むっちゃ我慢していたって事ですね。……よいねw
ルイ >> 【範馬刃牙】は、とにかく勇次郎の鼻息に参ったwこれが地球最強のむふぅ…!
kichi >> 「範馬刃牙」は……w ツッコミたいけど野暮っぽいから我慢すゆw
カルマ >> 「刃牙」はすんごい我慢してたんだなぁw
LD >> 『弱虫ペダル』の、持っとる待宮くん、とりあえず追いつくことはできそうですね。でも、そこからまだカードがないと追いつきどまりですね。
ルイ >> 【弱虫ペダル】の、この集団は3日目だから組めたという話に膝を打ちました。
ルイ >> とりあえずチームで頑張って、脱落者が出たりで一度底が割れないと選択できない気はしますね。
ルイ >> そして、みんなが追いついたらそこから抜け出せないので、どこかで自分たちだけ前引いてなかったりするんじゃないかなあと想像。
kichi >> 「弱虫ペダル」なかなかのペテン師ぶりで良かったですね。……でもまぁ、しょせんペテン師はペテン師ってことになりそうでもあるんですが……。
LD >> しかし、待宮くん、御堂筋にできない事をやっている御堂筋みたいな所がありますね。
ルイ >> いやあ、それは勿論しょせんペテンはペテンなんですよwでないと3日目にイキナリ出てきたりはしない。その前提の中どこまでやれるかって点では、今週の描きは良かったなと。
GiGi >> いつもの時間であればいつでもいいですよ>ラジオ
ルイ >> 待宮と御堂筋は似ているように見えて真逆、が適切な気もします。御堂筋はザクは求めているけれど、ボールは求めていないと思うw←おい
GiGi >> このかのはこれは畳みに入ったかな?という印象。
LD >> 『てんむす』は、いろいろ勝つための理屈を組んできたけど、美味しく食べるのが一番。そしてカツサンドはがぶっと行くのが美味いんだよ!(`・ω・´) …な、感じですかね。
ルイ >> あくまで御堂筋は「力」で束ねているというのは忘れてはいけないと思う。だから、少なくともアスリートとしての信任は得ているのですよね。待宮くんは口先三寸オンリー。
LD >> え〜?この展開が畳に入ったものに見えるのは同意だけど、『このかの』に人気がないとは思えないなあ。
kichi >> あ、そこはもちろん良かったですがw>ペテン師ぶり
ルイ >> 【てんむす】は、天子ちゃんの異物感を描いてますねえ。ロジック的にこまごま喰いが上というのは確かでしょうから、これは彼女のキャパシティが物凄いという事になるかな。勿論「おいしく食べるのがストレスもたまらず一番」というのもありそう。
kichi >> その可能性は私もちょっと疑ってはいました。マガジンではあまり参考にならないのかもしれませんが、掲載順も結構後ろ目なことが多くなってる気がしてましたし。>このかの畳み
ルイ >> 【てんむす】は、天子ちゃんの異物感を描いてますねえ。ロジック的にこまごま喰いが上というのは確かでしょうから、これは彼女のキャパシティが物凄いという事になるかな。勿論「おいしく食べるのがストレスもたまらず一番」というのもありそう。
LD >> ああ、そうか。ある種の嫌らしさから、御堂筋に似てると思ったんだけど、待宮くんは基本口先だけですね。…もしかして最初の「持っとるよ」も何かの作戦か?
LD >> そして『ブラックジャック創作秘話』は、たまらな過ぎる…w
ルイ >> 【ブラックジャック創作秘話】これまででベストの1話かもしれんね。ベクトル自体はこれまでと同じだから、即一番という話ではないのだけど、このベクトルで最大射程な気がする。要は、手塚治虫は「凄くてひどい」。
カルマ >> 珠玉の「凄いけど酷い」でしたね>「ブラックジャック創作秘話」
ルイ >> 背景を記憶から指定とか意味不明の超人すぎて意味不明(2度
kichi >> 「ブラックジャック創作秘話」たまりませんねぇw
カルマ >> でもそれ以上に永井豪先生の秘話が気になってしまうw
LD >> 「凄いけど酷い」ですね。多分、手塚先生は「え?なんでできないの?」とか思ってますw
LD >> というか、GiGiさん、少年マンガ放談のラジオをしたいのだけど、GiGiさんの日程の都合はどうかな?
ルイ >> いや、人として、どう考えてもそこに至らぬスケジュール管理をするのが絶対正しいのだし、この人最低なんですけどねwただ最低から最高にひっくり返す地力があるから成立しているだけ。天才は模倣できない、がこれほどよくわかるエピソードはそうない。
LD >> 永井先生の他の本で、この時、手塚先生はドナルドダックの原作者に会いに行った事は解ってるんですが、他に何があるでしょうねえ。
LD >> 手塚先生は「できます。やれます」の答えの前提に、こういうのが入っているって事ですよねw
ルイ >> 根本的に尺度が違うんですよね。だから、同じ大丈夫、でも射程が全く違う。これは同じ社会に生まれてしまった互いの不幸というか、幸運といおうかw
LD >> 手塚先生、「名人に名手なし」、「名選手にファインプレーなし」の完全に逆説の人ですね。予定通りピンチになって。ピンチになってからの逆転が醍醐味みたいなw
ルイ >> 【シュガーレス】最後はキリオさんが「ナンバーワンに殴られた差」で勝つと思う。
LD >> それでも、この感動はなに?資料一切なしに背景指示している手塚先生に「うぉおおお!!」ってなってしまって。いや、その「うぉおおお!!」は間違ってるからみたいなw
ルイ >> 【エンジェルボイス】マイちゃんを神輿で担ぎ上げるのかしら。なんだか他の不良も取り込んで、不思議な展開になってきたな。ビートルズの全米デビューじゃないけれど「その日不良抗争がなくなった」的ベクトル。
kichi >> ほんと、一般化は絶対できないんですけど、天才だからこそ為し得る領域があるっていうのをまじまじと実感できるエピソードで素晴らしかったですねw>ブラックジャック創作秘話
kichi >> ほんと、一般化は絶対できないんですけど、天才だからこそ為し得る領域があるっていうのをまじまじと実感できるエピソードで素晴らしかったですねw>ブラックジャック創作秘話
ルイ >> 【はみどる】次週最終回。売れないアイドルのままなんだろうなぁw
ルイ >> 【モメンタム】は【エンジェルボイス】の眷属というか、ちゃんと展開を組み上げていくタイプなんだなあ。絵はともかく、面白いです。
LD >> うむ。『ましのの』が面白いな。(`・ω・´)
kichi >> 「エンジェルボイス」良かったのですが、なんか変なヒキですね……?
kichi >> 「はみどる」終わっちゃう予想はしたものの、先週の展開はあまり関係なかったなぁw
LD >> 『シュガーレス』殴られた差っていうのは、よい指摘ですね。……問題は岳に誰かを倒す出番はあるか?気絶技だけなのか?
ルイ >> 気絶ワザとか失礼な。気絶芸な。
GiGi >> 弱ペダは読者がみんな御堂筋を待ってる状況が楽しすぎですね
GiGi >> 手塚先生の時代にネットがあったらいったいどうなってしまうんだろうとか愚にもつかないことを考えたり。
ルイ >> 描く作品数が倍以上ではあったろうw
kichi >> 「ハンザスカイ」今週も良かったですね。野田が一勝もできてないだけに分かりやすいw
ルイ >> 【ハンザスカイ】はキャラクターがいきいきとしていて良いですねえ。良い漫画はここに行き着くんだ。
GiGi >> そのかわり間違いなく寿命が縮まりますね(^^;
ルイ >> 【ケルベロス】は萌えキャラ描くのが上手いなあw
kichi >> 「ケルベロス」、いろいろ展開も入り組んできたところで最後の崩をどう描くのかも気になってましたが、金屋ちんがターゲットにされたか……(´・ω・`)
LD >> 『はみどる』はクビかよ〜!!(絶叫)(#゚Д゚)
ルイ >> カラス崩から冬子先生にコマを引っ張るセンチさは好み。
LD >> 『バチバチ』は、白水さんがカッコよかったけど、この人をどう扱うかでまた作品が決まる感じです。
カルマ >> 「はみどる」はもうちょっと元祖を大事にした方がいいと思うw
kichi >> え〜〜〜んは可愛過ぎてどうかと思うレベルでしたねw>萌えキャラ描くのが上手い
LD >> 僕としては昔は『はじめの一歩』の木村と青木…とくに青木には適当な所でリタイヤして欲しい気持ちがあったんですよね。今はもう無いですが。それを白水さんにかぶせて話している所があります。
kichi >> 「バチバチ」、とりあえず良かったです。好敵手に事欠かない状態になってる厚みが頼もしいですね。
LD >> 『ケルベロス』、カラス、死してかっこいいですよね。…もう、いこうよ。カラス行こうよ。冬子先生カラスウーマンになっちゃえよ。(´・ω・`)
kichi >> 分かります。……まぁ、やるにしてもどのタイミングでってのはかなり難しいでしょうね……。>白水さんリタイヤ
ルイ >> カラスウーマン賛成ー!
カルマ >> カラスウーマンやりましょう。
ルイ >> 吽形さんがひきかえしたので、どこかで勝負の世界の厳しさを見せて欲しい気持ちはありますね。
kichi >> 今からですかw>カラスウーマン
カルマ >> どこかで挫折はあるのでしょうが、一花…という感じなのかな>白水さん 
ルイ >> 墓で戦う時に、景が苦戦するんですよ。すると冬子先生の脳裏に聞こえてくる、あの懐かしい声。「冬子よ、その隣にある墓を壊すのだ」…あ、カラスレディの方が正しいのか?デビルレディ的には。
LD >> しかし、あの常世のマークは何回観ても「チチ」と書いてあるように見える件。(´・ω・`)
ルイ >> 見えぬ。
カルマ >> 田上さんの強さがしっかり見えたので満足です>「バチバチ」 しかし田上さんのポジションが「強いのに白星に恵まれない」キャラにならないかハラハラw
ルイ >> ジャンプー。
kichi >> 「キガタガキタ」は今週もまた酷いなぁw おもろいですw
LD >> 『ナンバデッドエンド』は、かなり任侠物というか男たちの挽歌というか、そんな流れですが…。これでクライマックスか?
LD >> いいや。見える!(`・ω・´)
LD >> ジャンプ。ジャンプ。いそげ〜。
GiGi >> ケルベロスは予断される展開を着実に積み上げていく重厚さがたまらんですな。
kichi >> クライマックスなのは間違いないだろうと思いますが……、いよいよデッドエンドというタイトルが重いなぁ……(´;ω;`)
LD >> 『トリコ』の表紙、ハンサム所長が、ロングでポーズとっている所がなんか好き。
ルイ >> 【トリコ】四天王の名前だけ感がパないなぁw
LD >> うん。いや、GiGiさん。そろそろ『少年マンガ放談』やりたいのだけど、日程的にはどこがよいですか?
ルイ >> しかし、これで大体のトリコ世界は出揃ったのかな。
LD >> 最強の四天王って意味ではないのでしょうね。その上には帝釈天もいるし、明王もいるみたいな…。
カルマ >> 四天王相対的に格下がりすぎですねw>「トリコ」
ルイ >> 六大魔団長的ではありますからね。ただ、主人公が属していた所だけにお山の大将感というか、まあものの見事に無敵ヒーローのはしごは外されたなとw導入に無敵を使う、は上手なやり方です。
ルイ >> 前は、GTロボとか、敵の幹部クラスに対してピンチヒーローになるような形だったのだけど、今や人類視点でみても尖兵みたいなものよねw
kichi >> ま、20人に満たないって話ですからギリギリ大丈夫なのかもですが、“職員”に劣るとかいう表現はどうかと思ってはしまいましたねw>四天王
GiGi >> さてエイジが動いたわけですが、普通に考えればクロウに飽きたのかな?となりますが、意表をついて現王者の引きずり下ろしに(マテ
ルイ >> 【バクマン】さあエイジはCROWを降ろすかPCPを降ろすかONE PIECEを降ろすか、ですかw
LD >> 一方『トリコ』は、エイジなに言うかな?
GiGi >> 夕方からならいつでもいいですよ。>ラジオ
ルイ >> エイジの格が決まるポイントですが、どれを描いてもそれなりにエイジ、という所が上手いなあ。でもまあ、ワンピは流石にないけどw
ルイ >> CROW以外だと編集長が納得してくれなさそうなんですよね。個人的にはPCP打ち切りも好きな展開ではありますが、自分のケツ巻く権利くれ、はジャンプに対する問題提起としても正道とは思う。って幽☆遊☆白書やドラゴンボールが言ってた。
kichi >> 「バクマン」どっちですかねぇ?“何を言ってるんですかね?”ってセリフを素直に考えるとPCPっぽいかな?って気がしますが……(`・ω・´;)
ルイ >> オレはお前の死神なのに何言ってるんですかね?って?w他にも、こんな限界のみえた漫画に何言ってるんですかね?の可能性も普通にあるです。
LD >> 『めだかボックス』は、なぜ、財部ちゃんを上げる!(`・ω・´)
LD >> 夕方からというと、20時からでもいいかな?>ラジオ
カルマ >> 「バクマン」うーん、難しいなぁ。
ハラルヤ >> ゲーマーちゃんが女の子だと今週気付いたぜ。
LD >> 【バクマン】ん〜でも、一位とって、その連載を止めさせてくれだとしたら、パラドクスだなあ。
kichi >> 「マジコ」今週も良かったです。ラブラブっぷりがもうw ……しかし、不穏なヒキ……(´・ω・`)正直、重過ぎる展開はいらないよ?
ルイ >> 【マジコ】リア充爆発しろ漫画として突き進んでいるなあ。
LD >> ああ、そうそう。候補の子って全員女の子なんだね。偏ってるわ〜w
カルマ >> 「マジコ」はかなり不穏にヒキましたね
ルイ >> そこまで不穏に引かなくても大丈夫だろうに…w
kichi >> 「めだかボックス」、私もゲーマーちゃんは男だと思ってましたw
LD >> リア充爆発しろ漫画!いいね!リア充爆発しろ漫画!(`・ω・´)
カルマ >> 「めだか」えっ最初から全員女だと…それも変な思い込みだな。
GiGi >> トリコの四天王はだいたい青学四天王と同じくらいの格かなと
ルイ >> 僕も当たり前のように全員女だとオモットッタ。
ルイ >> 一応世界規模なのに…w>青学四天王
kichi >> ……まさかとは思うけど、一番やってほしくないのは長期に渡ってシオンとエマが引き離される展開……。構造的に大丈夫だろうとは思うんですけど、ジャンプは結構平気でヒロイン空気化させるからなぁ……(´・ω・`)>マジコ
ルイ >> うん、でもリア充爆発しろ漫画はあながち冗談ではなくて、それをオリジナリティと考えても良いと思うんですよね。ヒキを見ると、普通の漫画としてここから抑圧を加えていくかもしれませんけど。
ルイ >> 多分マジコは「ラノベ的な所」というのかな、ルーが傷ついたりはするけれどすぐ救われるというか、そのストレス短く快楽長く、な所が受けていると思うので、僕もここでユリア展開は上手くないと思うのですよね。
GiGi >> みんなそんなに安心院さんをふたなり属性にしたいのか
LD >> 『ぬらりひょんの孫』は、あれですね。山ン本、三十一原種みたいになっていますね。奇怪三十一原種なんつって。(´・ω・`)(←)
ルイ >> 【黒子のバスケ】今更的な光>影の指摘。
ルイ >> 【花咲一休】ああ、手ぬぐいだけ抜き取るヒキもオサレとんちで美しいですね。このコジャレた「粋」を貫いたら立派。
GiGi >> 別離展開はちょっと勘弁>マジコ
kichi >> 「黒子のバスケ」……目をつぶったかw う〜〜んw 技を破ったのにどうも格落ち感が……w
ルイ >> この場合の格落ち感の一番の問題は、青の格が落ちただえでなく、ワザの格も落ちた両損状態な事w
GiGi >> 天然ではないところが、粋ですね>一休
ルイ >> 明らかに一休はカッコつけてるわけですからね。粋とはすなわちやせ我慢、とは誰が言ったか。
kichi >> 「花咲一休」のオサレとんちは良かったですね。上手いです。
LD >> 『保健室の死神』が終わり近いな…と。一番を決めましょうか。
ルイ >> 【花咲一休】【ムシブギョー】【この彼女はフィクションです。】【ブラックジャック創作秘話】。珍しくコンパクトに一冊一作品にしてみた。
カルマ >> 「一休」はとてもいいですね
カルマ >> 「一休」はとてもいいですね
LD >> サンデー。『ムシブギョー』がいいと思うんだ。
LD >> マガジン。『この彼女がフィクションです。』がいいと思うんだ。
kichi >> サンデーは「ムシブギョー」でしょうね。
カルマ >> サンデー「ムシブギョー」ですね。
LD >> チャンピオン。『ブラックジャック創作秘話』がいいと思うんだ。
カルマ >> マガジン「このかの」「ベビステ」もいいなぁ
LD >> ジャンプ。『マジコ』がいいと思うんだ。
LD >> ああ『ベビステ』いいですね。
kichi >> マガジンはちょっと悩む。「このかの」「ベビステ」、案外「君町」もw ……でもまぁ「このかの」かなぁ。
ルイ >> マジコは先週・先々週の方がどっちも面白いと思うのだけど。
kichi >> チャンピオンはやっぱ「ブラックジャック創作秘話」でしょうね。
カルマ >> チャンピオンは「ブラックジャック創作秘話」かなぁ…
LD >> 『ムシブギョー』、『このかの』、『ブラックジャック創作秘話』なんですが、『このかの』は先週一番とってますね。
kichi >> ジャンプは……「バクマン」「マジコ」「花咲一休」辺り? 今週は「花咲一休」にしておきましょうか。
カルマ >> ジャンプ…んー
LD >> 個人的には『ムシブギョー』です。インターミッションとして。情報の詰め方展開の仕方が素晴らしい。
ルイ >> LDさんがブラックジャック連呼しないのなら、ムシブギョーで異論はない。
kichi >> たしか先々週は「ブラックジャック〜」でしたもんね? 私も「ムシブギョー」で異論なしですw
ルイ >> ただ、今週のブラックジャック創作秘話は、多分【ブラックジャック創作秘話】の一番、とは思います。
LD >> ブラジャ!ブラジャ!ブラジャ!(`・ω・´)(←ブラックジャックの略称らしい)
GiGi >> 今週は小粒ですかね。それでもやはりムシブギョーは良かったかな。あとはベビステ、ナンバ、山ン本あたりで。
ルイ >> 山ン本!
kichi >> それも同感かもです>ブラックジャック創作秘話の一番
カルマ >> 確かに 山ン本さんは素敵。
LD >> では今週は『ムシブギョー』にします。
カルマ >> アニメの時は糞プロジェクトだと断ずることができるけど、背景指定に関しちゃ「凄い」と言い切れますからね。もちろんそんな仕事をしたらいかんのだけど、そういう意味で「凄さと酷さの同居」が一番ですね
LD >> んで。ラジオの件ですが。ルイさんは、来週、土曜の20時からとか大丈夫?
ルイ >> 背景も、ホントは描けるならそれがいいんだけどねぇ…w
ルイ >> む。即答しかねますが明日か明後日にはわかります。
LD >> んんん…なんか前の話をdisってたカルマさんが言うと、説得力だなあ。
LD >> 了解。連絡下さい。GiGi
ルイ >> 多分、ゲームも集団制作だから、全体スケジュール進捗遅延の規模がデカい先週は許せないんですよw
LD >> GiGiさんも、日程の仮ぎめはそれでいいかな?
カルマ >> 別に一番とは関係ないけど、「保健室」で経一がアシタバくんを子供じゃなく普通にライバルとして見てるのに吹いた。それ負けフラグやw
ルイ >> まあ、今週も規模は小さいだけで編集は羽田で3時間電話かけたり、やっぱ駄目なんだあw
GiGi >> ああ、ブラックジャック。勝手に殿堂入り扱いで頭から抜けていた。もちろんブラックジャックでも問題ありません。
ハラルヤ >> お疲れ様でしたー
LD >> それでは、今週もおつかれやした!
GiGi >> 出来ればもう少し早い時間で>ラジオ
ルイ >> そうですね。土曜ってust天国だし、土曜ならもっとサッサかやってしまう手もあるなと。
kichi >> おつかれさまでした〜。
LD >> じゃあ、19時。……いや、具体的に何時がいいです?僕は人の集まりが違うから、できるだけ夜にしたいんですよ。
ルイ >> そうそう、川上とも子さんRIP。彩陽さんと近いベクトルの、良い役者だと思っていました。
カルマ >> お疲れさまでした〜。劣悪な労働を強要するプロジェクトは大体憎んでいますw
ルイ >> ああ、夜の方が聞いてもらえるとかなら僕は前言撤回でw隙間産業としての話なのでw
GiGi >> 山ン本さんはストレートなキモワルさが良かったかなと。
LD >> あ、それとルイさん。『結界師』のラジオ、火曜、水曜とかの夜になりそうなんだけど、それはどうですか?
GiGi >> 19時なら問題ないです。20時だと途中退出になります。
ルイ >> 今夜やっていたという、劇場版ウテナの上映会TLには参加したかったなぁ。劇場版はわかりやすいウテナなのですよね。純度が高い分ノイズがなくなって、その分得体の知れなさも減じているから、アニメはアニメでいいのだけれど。どちらも紛う方無き傑作。
LD >> いや、元々、そんなに視聴者がいるわけでもないので、最終的には気にしないんですけどね(汗)
ルイ >> すぐにはわからないけれど、基本平日中日の夜は望み薄かなぁ。
LD >> ん。では、19時。2時間くらいですね。
ルイ >> 劇場版ウテナイミフって主張があまりよくわからないというか、いや何故カーレース?とかはいいけどw
LD >> ふむ。では、そちらは調整してまた連絡します。>基本平日中日の夜は望み薄かなぁ。
LD >> それでは!
ルイ >> でも、ブログに書いたけれど、彩陽さんはこの若手かつ女性ばっかのアニメが増えた中で、本当幸運に、ベテラン達に接しながらキャリアを積んできているよ…15年後の資産となる事を保証しよう。


■■■■2011年06月14日■■■■
LD >> 【少年マンガ放談5@漫研ラジオ】今週の土曜日 6/18 19:00から @gigir さん、@rui178 さんで、 ジャンプ、サンデー、マガジン、チャンピオンの四半期の雑談ラジオをする予定です。  http://www.ustream.tv/channel/manken


■■■■2011年06月15日■■■■
備品 >> あれ?いずみのさんニコ生でプリキュア語ってる?


■■■■2011年06月18日■■■■
LD >> 【今週の一番】チャットは6/18(土) 24:00から開始予定です。  http://t.co/F4USirM


■■■■2011年06月19日■■■■
LD >> |ω・`)
カルマ >> こんばんはー
LD >> |三 \(`・ω・´)/やあ!
LD >> さっきまで、ラジオやっていました……って、カルマさんは聞いてましたね。ありがとうございます。
LD >> そのラジオを今、録画データ確認中ですよ。
ハラルヤ >> こんばんは〜
LD >> ハラルヤさん、こんばんは〜。
カルマ >> 今日は美郷あきさんのライブに行っていたので、マガジンあたりからですが>ラジオ
LD >> 美郷あきさん…歌手さんですか。
kichi >>      こんばんわー(´・ω|
カルマ >> 今期は「俺たちに翼はない」のOPとかですね>美郷あきさん …見返すとあまりタイアップに恵まれてるわけじゃないなぁw
LD >> kichiさん、こんばっは〜!!|ω・`)へ
LD >> …む?さっきまでラジオしていたルイさんが来ないな!(`・ω・´)
ルイ >> 今日は3時に終わるんだな!
LD >> ほい。早めに終わりましょう。
LD >> 先週はどれからでしたっけね。
ルイ >> 今週はどこからなのかしら、管理人さん?
LD >> 今週はマガジンからだよ!
LD >> (´・ω・`) …管理人さん?(チラッ)
ルイ >> マガジンからという事は【ブラディマンディ】が連載再開しましたね!最初からクライマックスで大変宜しい。
kichi >> 舞HiMEのEDとかストパニのOPとかよくわかる現代魔法のEDとかスパロボOGのEDとか、私的には結構なじみがあるかもw>美郷あきさんタイアップ
kichi >> なんか変な視線が……(((´・ω|
ルイ >> LDさんも僕の誘ったライヴにいけたら、ノエインのOPが聴けたのに←それがウリかよ
LD >> 『ブラッディ・マンデイ』、最終エピ発動だよ!……そういえばビーストは死亡確認なんだな!
kichi >> あ、あと祝福のカンパネラのOPもかーw>美郷あきさん
ルイ >> 【ブラマン】、1話から情報の撒き散らし方が素晴らしい。【24】の最初の1時間のように…って意識してるから当然か。しかし、そこに日本の物語が強調する「フラグ」の乱舞があるので味わいはまた違ってきますね。
カルマ >> 今年はよくライブに行ってます。近畿でやってるとこ限定で。飛蘭さんとか栗林さんとか。 8月には水木さんや串田さん、馬渡松子さんらの合同ライブイベントにも行くです(馬渡さん目当て)
kichi >> 「ブラッディマンデイ」良かったですね。いろいろ謎めきつつのクライマックス感で楽しみです。
LD >> 【ブラッディ・マンデイ】ルイさんがラジオで指摘したように、そこかしこにフラグが飛び交ってるよ!!
カルマ >> 「ブラマン」良かったです。あぁすごくブラマンだぁとw
LD >> 『祝福のカンパネラ』か〜!!!(←いきなり反応した)
kichi >> 「ブラマン」あとちらっと思ったのは、ファルコンの本心を明かすタイミングによってはビースト劇的な心理戦喜劇も期待していいのかなぁ?なんてことw いや、仲間がJに響辺りだとそのまんまとはいきませんけどさw
ルイ >> それぞれのキャラクターに「生きるか死ぬか」「想いは届くか届かないか」といったような天秤を用意するのが物凄く巧みで、それがあるだけで読む側は漫然と読まずに済む、指針になるんですよね。
LD >> 多分、ファルコンが生かさず殺さずの人質交渉をはじめると予想するんですけど、ここらへんの苦しさはビースト的展開かもしれませんね。
LD >> あ、kichiさんとシンクロw>ビースト劇的な心理戦喜劇
カルマ >> 誰でも死にそうな感じになっているのがとてもいいですね>ブラマン
ルイ >> カンパネラ、トルティア版OPしか覚えてないんだなぁコレがw
ルイ >> 【AKB49】2本立て。逆に言えば、2本立てでないと2本目のような「キャラを回す」という楽園に安住するつもりがないという事。宮島先生、体2つ欲しいだろうなあ。或いはフォロワー漫画家w
LD >> 『AKB49』のこのカードゲームは、ほんとうにあるの?
ルイ >> あるわけないじゃあないかッ
ルイ >> ぼくはみのりはチームAの素材と思ってますけど、とりあえずどこからも勧誘を受けましたね。ここでも目立ってこない柏木由紀wチームBだかのキャプテンじゃなかったっけw
LD >> いや、ごめん正確じゃなかったwこれまんまのカードゲームじゃなくってもいいから、なんかカードゲームないの?w
ルイ >> 神7を崩し、3位に入り、チームのキャプテンでもある柏木由紀はおそらく【AKB49】のある種の体現者なんですよね。僕の見立てでいくと。
LD >> 入ったチームから後で“転向”する事はあるのかな?KからAとか。
カルマ >> 「AKB49」ふむ、もう少し正規メンバーのキャラ追加しないかな?と思いますけど
ルイ >> 今のAKB自体がシャッフルによって形作られたものですけど、そういう全体単位での異動がないと個別にはそうそう動かないですね。
kichi >> 「AKB49」は……、まぁ、なんだ、私は実物には心底興味ないのだなってことがよく分かりましたw
ルイ >> こっそりキャラ立ちを始めている指原莉乃…
LD >> 『だぶるじぇい』はアニメ化ってね。
ルイ >> AKBという現象或いは文化は物語を有しているので面白いですね>実物 アイドルとしてうんぬんは全くないけれど。
ルイ >> 毎週言ってね?>だぶるじぇいアニメ化
ルイ >> 【GE】はプラトニックラブ幻想を怖そうと一生懸命でござる。
LD >> 『GE』は、うん。まあ、どうなるかのう…。(´・ω・`)
kichi >> 3回くらいは聞いた気がしますねw>だぶるじぇいアニメ化
カルマ >> 「GE」は無理やりやっちゃって後味悪く距離を置いてお姉さんに逃げこまないかなぁ(わくわく)
ルイ >> 【我間乱】は、ここで我間がすぐに切り捨てる段に至らなかった事が少し不満。これまでは斬り捨て御免だったのに…それくらいの力量的余裕がある、という事かもしれませんけど、大目的は先にあるわけで。
kichi >> 「GE」なー(´・ω・`)あ、カルマさんの展開もいいかもw とか思うくらいどうでも良くなりつつあるっていうのが正直なところ……
ルイ >> 助けようとしたのに、助けられなかった…!とか、そういうゴッドマーズ的な話は良いから←例えおかしいぞ?
LD >> 『この彼女はフィクションです。』は、ほんと止まらなくっていいですねえ。
ルイ >> 【この彼女はフィクションです。】は本当にノンストップで。さっきラジオで語った事が大体全てですが、初期構造はウイングマンばりにそこそこ「回せそう」だっただけに、なおの事回さない事に力が乗るなあと。
kichi >> 「ガマラン」なんで殺さなかったのかは、不満通り越して不思議ってくらいイミフ感を感じましたね……。う〜ん?
LD >> そう。今の構造で半年〜1年くらい『回して』も、速度主義者の僕さえも何も言わなかったでしょう。
ルイ >> 今更不殺って話でもないしね。よほどの魂の共鳴者以外は、不殺を試みちゃいけないと想いますね。
kichi >> 「このかの」良いですね。終わらないらしいとなると、このエピをどう〆るのかも一層興味深いです。
ルイ >> LDさんが言った通り、ノートのルール同志を衝突させて身動きとれなくさせるとか、この場を凌ぐ方法はありそうですけど、本質的解決ではないなあ。当初イメージ通り、【電影少女】ばりにとまらんちんでござる。
ルイ >> 【はじめの一歩】一歩は人間ではなかったでござる。←結論
カルマ >> 「このかの」面白いですねぇ。さてどうなるか…そっちの方に期待してしまう。
LD >> ユーリがミチルの「責任とってください」という言葉に忠実になって、もどってきて、決着をつけようとする展開とか単に素晴らしい。ユーリくん、これは男前です。どっかの町の人に見せてあげたい。
カルマ >> 「一歩」はねぇよw これはちょっとありえなすぎw
ルイ >> 宮田も認めるドンピシャタイミングのカウンターが全力で決まったのに倒れないで力の乗ったパンチを放てるとかこれもう(ry
カルマ >> 誰のいる町なんだろう…>どっかの町の人
ルイ >> 宮田の父なんて、力量とかパンチ力ではなくその「ドンピシャタイミング」というカウンターパンチャーのヒリヒリの世界でボクサー生命絶たれたのに、今この作品は自ら何を行ったかわかっているのだろうか。
ルイ >> ユーリくんや眞一郎といった絵を描く人は内面を一度形にしているから、向きあうとおぎゃあできるのよ。
LD >> …しかし、ミチルのこの“想い”に割って入るのは、フーコ先輩にも覚悟がいるよなあ…。
kichi >> 「一歩」は……(=゚ω゚=;)…………ま、まぁ、一歩については置いておくとして、小島の安否に関してたぶん意図的にスルーしてる今週なんですが、どうなんだろう……?
ルイ >> フーコ先輩の想いの力だけ、比するとどうしても弱さは否めなくて。まあ、でも「初恋」だから10年より弱いというのは暴力的な物語史観かな。
LD >> ミチル「け…ケッコンしましょうユーリ!すてきなお家にすんで…子供もいーっぱい作って……な?ユーリ」って最終回のセリフだなあ。
ルイ >> 【A-BOUT!】よくわからないうちに1年をシメた朝霧の「得体の知れない強者感」は正しく頭からっぽな主人公補正だなあと。
ルイ >> な?はヘンだろうw
カルマ >> 「アバウト」は
カルマ >> 「アバウト」は途中からタフさ勝負なとこもあんなーと思いながら読んでましたw ある意味朝桐のフィールドに引き込んでいるのだけど
LD >> な?→ね?
ルイ >> 【アゲイン】はかつて見えなかった物語の裏が見えてくるだけでもう楽しいですね。そしてレオはどこまでもハニートラップ要員なのか…w
LD >> 「な?」になると、即座にチラ裏に書けおじさんの顔が浮かぶ件。(´・ω・`)
ルイ >> 【エア・ギア】やってる事は【ハチワンダイバー】と同じらしい説。
ルイ >> 【エデンの檻】さんざ盛り上げた割に、なんかパッと見で欠損あるしライバルキャラとしてはなんだか色々不足が。
LD >> 『A-BOUT』、朝霧と砂原の対決を具体的に描かないで、朝霧の勝ちというのは、上手い形だなと思った。
ルイ >> 砂原の格を残しておく効果はありますね。まあ、そこまでの格かって気もするんだけど、こう処理したという事は最後までナンバー2を預けるつもりなのでしょう。
LD >> でもカズは生き残ると思う。このマンガって、主人公補正に匹敵する、カズ補正があると思うw
ルイ >> 【君のいる町】ドラクエ5のフローラとビアンカばりに、修羅場を住み分けで回避したでござる。全部ちゃんとしなさい。
ルイ >> 誰だ、チッチが老衰で死ぬとか言ってるのは!!
ルイ >> 【ネギま】ちょっとカタルシスが弱い所がある気はするけれど、ラカンさんも出てきたし、まあ良かった。マクロの目的も所詮ミクロ発、というコーヒーのくだりは良かったですね。
LD >> 『アゲイン』は、また、僕に『読ま』せないキャラが出てきたなあ…w太鼓男w
kichi >> 「君町」は……この妹ちゃんも大概だけど、でもクズとか言ってくれてちょっとスッとしたかもw
ルイ >> 本当に、出歯亀な妹も大概クズですねw
LD >> ラジオで、今村くんのキャラの面白さは語りましたが、暁ちゃんの、このあっけら「はい次」感もふしぎ(?)だなあ〜。「まあ、こんなもんだよ」って言われればそうなんだけどw
カルマ >> 「君町」は妹ちゃんくらい分かってくれてる人がいるなら彼女でいいんじゃないの。クズだし。
カルマ >> 「ネギま」ちょっと読みづらいですね。ラカンはフェイトの迷いが具現化したんだろうな、とか思いますが
LD >> …もう妹い…いや、浅倉さんいけよ。(´・ω・`)
kichi >> 「エデンの檻」の医者、イマイチですねぇ。……まぁ、そもそも島の謎の裏にいる人物ではなさそうな人物を最大の敵とか呼んじゃったりする方が間違ってるんで、この程度でいいっちゃいいような気もするのがまた微妙な気分ですがw
LD >> 『振り返るな君は』は、このGK千手くんは楽しい敵です。
LD >> 錦織?こんなん、矢頼くんがワンパンや!(`・ω・´)
LD >> じゃ、チャンピオンいきますか。
kichi >> 「ネギま」まぁ、確かにちょっと分かりにくいというか、唐突感もあったりはしたんですが、まぁ、良かったですね。そしてようやっとネギ君の“策”の内容を聞けるようで楽しみです。
ルイ >> 【ナンバデッドエンド】の表現がヌーヴェル・ヴァーグの如し(?)
ルイ >> 復讐の心に染まっている時の背景ベタ塗りと、病院の白の対比がなんかもう凄いなぁ…服装も真っ黒で、黒×黒でトーンの境目がわからない感みたいなものがあるんだけど、この場合はそれで正解だという。
LD >> 勇次郎「なァ、バキィ…もういい加減によォ、父さんに実力見せてくれよぉぉ!」
ルイ >> 【刃牙】父さんに実力みせてくれよォォッ。
ルイ >> 「父さんに」が究極譲歩というか、勇次郎の方からの歩み寄りですよね。ある意味で、この時点で刃牙の勝ちと言えなくもないw
kichi >> 「ナンバデッドエンド」は…………むぐぅ……(´・ω・`)
カルマ >> 勇次郎に萌えれば良いのでしょうか(´・ω・`)>「刃牙」
ルイ >> 刃牙の本気隠しに勇次郎も手心を加えるという事で、形だけは「お互い手の抜き合い」になっていて
kichi >> ルイさんはそう言いそうな気がしてたw>この時点で刃牙の勝ちと言えなくもないw
ルイ >> 若干二人の力量差が狭まっていっるように見える印象操作が巧みというか。
ルイ >> ようは刃牙の認識に乗ったって事ですからねえw>勝ち
LD >> 『弱虫ペダル』、京伏どうやって追いつくかな…。
kichi >> 今週の展開で関心は京伏か……(`・ω・´;)
ルイ >> 【弱虫ペダル】なんだかんだで振りきれない新開さんの格は高いのか低いのかw高く見せようとしているけれど【ハンザスカイ】ほどそれが明確にならないのは、佐渡川先生が部活をはじめとした「道(年数)」で観ているのに対し、渡辺先生はプロのロードレースをはじめとした「力」で観ているからかな。いや、勿論先輩は皆かっこいいのだけど、自転車に乗ると皆一緒、という感覚もあると思う。
ルイ >> 山岳の描写に困ってそうですねえ。なんか匂いで察知とかしてるぞw
ルイ >> 【スーパーバイトJ】「ぶっきょろすぞ!」が可愛い。ちょっと聖地巡礼したくなる罠←ヤメロ
ルイ >> 【ましのの】本格連載の翌週に哲弘先生をぶつけてくるチャンピオンが、まるで週刊少年ジャンプのようだ…バカ決定戦しろって事ですよね。
LD >> 【弱虫ペダル】、箱学は、格がおちないなあ…いや、落とす必要ないんだけどw新海さんって、御堂筋に出し抜かれたの嘘みたいだよw
ルイ >> 新開さん、2日目ラストの置いてかれはタイマン敗北より遥かにアレなんですけどねw格は堕ちないw
LD >> 『ましのの』良いな…!(`・ω・´)
カルマ >> 「スーパーバイトJ」描写で都市部のでかいスーパーってとこはわかるんですけどね
ルイ >> 確か紳士スレとかでは特定は済んでいた気がする…w
カルマ >> 正月に暇なスーパーはどう考えても都市部w
LD >> 『ハンザスカイ』、現最強男登場なワケですね。
ルイ >> 【ハンザスカイ】がちょっと素晴らしすぎる。LDさんの現最強男ってのはイマイチ正しくない指摘だけども。
LD >> 『バチバチ』、蒼希狼の話も熱いですね。ここで蒼希狼積みをするか…というか、まだ鯉太郎と対戦していないからかw
LD >> ん?その意は?>現最強男
ルイ >> 正しくないってーか、良さの不足でしたば。うーん、なんといってもハンカチがアニメプリントなのが良いなあw
LD >> 『ブラックジャック創作秘話』、手塚先生の話もそうだけど、壁村編集長もよいよねえ〜。この人もけっこう人を潰してそうだけどw
ルイ >> しかし、王者が先鋒という組み方もあるんだな…。
LD >> ああ、ルイさんがツイッターで言っていましたね。キャラのさりげない立てというか、かなり軽やかな人物性が出ていますね。>現最強
ルイ >> 【バチバチ】は個人的にはそこまで来なかったのだけど、表現は良いみたい。
カルマ >> まず一勝欲しいという考え方はあるようですね>先鋒
kichi >> 「ハンザスカイ」良かったですね。ライバルが順当に上がってきそうかな?とちょっと思わせたとこからそのライバル本人からの“大仕事”というセリフがあって、現最強本人も登場という流れが巧いですよね。そして現最強さんのキャラも良いです。
ルイ >> 吹越先輩のキャラ立てである事は勿論なんですけど、それに全く触れない峰岸と半座によって作品全体の温度が示されているのも素晴らしいなと。誰も「おいあの柄」と言わないというかね。
LD >> 『シュガーレス』、ごたごたしていたら、兼光が一気にシャケ獲りにくる所が小気味よいwそして、この一戦でシャケのキャラ位置がきまるかな?
ルイ >> 互いに、王者にどれだけの爪痕を残すかで優劣を決しそうですね、一年ライバル同士は。勝ちはまあなかろうw
kichi >> 「バチバチ」も良かったですね。まぁ、割とベタな過去エピではありますが、ベタな強さをしっかり持ってはいるので。
LD >> あのハンカチの柄のスルー具合って、なんかリアル感がありますよねw
ルイ >> 【バチバチ】いや、つまり鯉太郎が控え室で皆の物語を垣間見た「範疇」だと思っていて、蒼樹狼の過去エピソードがあろうがなかろうが「皆程度は違えどこういうものを背負っている」というのは前提にあると思うので、その中で重さ主張をされてもそれは鯉太郎の「大関の息子であるオレの物語は特別」という一種の勘違いの上塗りなので、うーん、と。とはいえ、描写の精度は高くて良いですねと。
ルイ >> あの試合会場を支配しているのは法律でも倫理でもなく「空手道」という事だと思うんですよね>萌えハンカチスルー
カルマ >> 「バチバチ」はまぁ…んー。華やかなりしモンゴル力士も階層でジャパニーズドリーム叶わぬ人々がいるのが知れたのは良かったけど
kichi >> 「ブラックジャック創作秘話」今回もまた素晴らしかったですね。アシさんが救急車呼ぼうとする辺りが素晴らしいww ……いや、やっぱパワーある人の影響力って凄いんですよねぇ。これは端的なダメな方面への影響力ですけど、やっぱ良い方への影響力も凄いからこそこういう手法としては駄目なやり方でも成功してしまったりしてる、って辺りまで感じさせるものがあって。ほんと最後まで素晴らしかったですw
ルイ >> そうね、カルマさんに近いのかな。白鵬の正反対としての存在を知れたのは良かったけれど、じゃあ白鵬の強さってマンホールからは来てないよね親はあっちの横綱だよねというか。
LD >> 『囚人リク』、圧倒的不利に思えましたが、援軍が来た?でもこれで変わるか?というか、フラスト溜めるだけ、溜めて、最後レノマの復活で決着という流れがキレイなんだけど…。
LD >> 【ハンザスカイ】法律とか倫理とかを持ち出した事って何か意味があるの?w
ルイ >> 【囚人リク】レノマさん登場に期待したらレノマさんの友達だった、という横への繋がり感。まあこの不良抗争編はあまり好きじゃないしサッサと進行して欲しいのですが、目的は囚人の一枚岩化しかないので、そこは手続き踏んで欲しいですね。
ルイ >> 特にない。社会でも結構。
ルイ >> 【ドカベン】なんだかこの試合重い重いぞ。
カルマ >> 勝手に実力で最下層からのし上がってきたイメージを持ちがちですからね>モンゴル力士 ある種の後進国偏見だw
LD >> 『ブラックジャック創作秘話』、手塚先生のむちゃくちゃさって、全てマンガとアニメへの愛というか少しでも多く良いものを受け手に届けたいというあふれる気持ちから来ているんですよね。全て。
カルマ >> 「囚人リク」ラグビー終わってから面白く無いです。真剣に。
kichi >> 「ドカベン」……結構きちんと面白く試合展開してたのに、なんで山伏が出てきた?(´・ω・`;)
ルイ >> いや、山伏に限らず、なんかこの試合色々総決算臭いんですよ。そんな劇的な試合でもないはずなのに、何か凄く不思議。
LD >> 『りびんぐでっど』は、今回、身体のパーツ、かろうじて喰われていないみたいですけど……喰われちゃうともう還らないのかな?(汗)
ルイ >> LDさんが手塚に口を開くとあんまりニュートラル感がなくていけないなwカルマさんとkichiさんに任せ用w
ルイ >> 【りびんぐでっど】のトボケ味が妙に癖になってきた。
ルイ >> 【冥王神話外伝】…はい先生!毒を鍛えるより小宇宙を鍛えた方が良いと思います!!
ルイ >> …とか言いつつもw「穢れ」を抱きしめる話なのね、と漸く読み方がわかってホッと一安心の巻でござる。
kichi >> ……ふむ。まぁ、岩鬼がど真ん中打ったりもしてましたしね。>ドカベン総決算
LD >> 『はみどる』終わりましたね。お疲れ様でした。……しかし、それと同時に『キガタガキタ』まで終わるとは!!
ルイ >> 【てんむす】は軽百合というか女友情モノとして良い描きですねえ、フヒヒ。
kichi >> ……や、私に振られてもw>LDさんの手塚話
ルイ >> 岩鬼がHR打ちながら怪我したり、不知火が回想はじめたり、らじばんだり(懐)。まあ、この試合をターニングポイントに1年ズバッと経過させたくてこうしてるとは思うんだけども。
LD >> 巻末のコメントを読むと、西条先生としてもこれは残念なことのようですね。
カルマ >> 創作秘話<まぁギリギリまでかかる人はいるでしょうけどね。そんなに仕事請け負うもんじゃないと思いますけどね。話持ってきた編集はしょうがないとして…
カルマ >> 「キガタ」残念です。単行本売れなかったのか、そもそも秋田書店はそういうとこで判断するのか?w よくわからないです
ルイ >> がんばれタエちゃん!とここまで綺麗に絵でも対比とってくれるとは思ってなかった。タエちゃんかわいいし。
kichi >> 「はみどる」はともかくとしても、「キガタガキタ」が終わっちゃったのは残念ですねぇ……(´・ω・`)
ルイ >> タエちゃんと桃香の回想もなかなか絶妙ですよね。タエちゃん、明らかに「美味しそうな御飯を食べたくて近寄った」と思うんだけど、勿論人間の行動は単純ではなくて、その中には桃香の視点「一緒にいてくれた」も当然あって、それは反対側から見ればタエちゃんにとっても「一緒にいてくれた」であって…という妙な人間関係の的確な描写に万歳。
LD >> そろそろジャンプ行きましょうか。
kichi >> いやでも「1本でも10本でも同じ、いつでも僕は締め切りギリギリなんです!」は素晴らしいとしか言いようが無いセリフだなぁw 無茶苦茶だけど、だけど……!w
ルイ >> 【キガタ】は巻末コメント含め色々含みがあるなあ…
ルイ >> 1本なら余裕あるスケジュール組みませんかと言いたくなるけれどw一本でも推敲に推敲を重ねる、という事なのでしょうね。こういう求道者を商業の世界で使おうというのだから、そりゃ軋轢も生まれるわと。
kichi >> 「てんむす」は……全体的には良いと思ってても口開くとどうしても細かい不満点が出てきちゃいそうなのでしばらくスルー気味に行こうかと……(=゚ω゚=;)
LD >> 『スケットダンス』、あんまり思い出してなかったけど、重い設定がスイッチに蘇りましたねえ。
ルイ >> 西条先生の「キガタが終わるのは」というコメントにある不思議な他人事感といいますか、「自分」と「作品」の間にある距離に何かを読みたくなるし、そう読ませるべくしてこう書いているとは思う。
kichi >> 「ケルベロス」は……、望月さん……(´;ω;`)
ルイ >> 【はみどる】はTwitterでいったけれど、天地さんで一人じゃないで、天地真理賛歌だったってことだなとw
ルイ >> 【ケルベロス】望月さんは可愛いから大丈夫←?
カルマ >> 花形の村上先生がtwitterでイラスト上げてたら「原作借りてる分際で」って怒られたそうですし、似たようないざこざがあるのかしら>キガタ
ルイ >> それ、素人コメント?>原作借りてる分際で それならスルーすればいいだけとは思うのだけどw
カルマ >> 「スケットダンス」未だにスイッチとボッスンがどうして仲良くなったかは伏せられてるのか、そういえば。
kichi >> 「エンジェルボイス」は痛々しさが逆に良い独りごとはなかなかでした。
カルマ >> いや、編集だか編集部からですね>原作借りてる分際で 言葉は違うかもしれませんけど
LD >> 『めだかボックス』の短い展開感がなかなか良いですね。阿久根さんを上げるフェーズのように見せて、動かせば動かすほど、球磨川のキャラの『回り』がよくなっているというw
ルイ >> 【エンジェルボイス】は冗談でなく、これマイちゃんによって不良犯罪が町から消えますよw
kichi >> 「スケットダンス」ももかの結構堂に入ったアイドルっぷりはなかなか良かったです。
ルイ >> 【SKET DANCE】はアイドルヲタの願望煮詰めていて、うん、まあw
LD >> 『トリコ』、あれ?スタージュンってこんな奴だったっけ?って調べたら、仮面している奴だった。
kichi >> 「トリコ」、トリコや小松が「運が良かった」って言うのは分かるんだけど、スタージュンが自分の行動に対して運どうこうと言うのはなんか妙な感じが……?(´・ω・`)??
ルイ >> 【トリコ】いや、スタージュンにとっては「気分」の話だけど、そこに鉢合わせするのはトリコたちにとっては運だよねという話ですね。これだけで、スタージュンの自分のルールに生きる感と、それとは別の観察眼みたいなものがよく出た良いセリフかと。
カルマ >> 「トリコ」トリコたちにはこういう「運」があるんだなと、自分の人生を振り返ってのモノローグでしょう>スタージュン
LD >> 『マジコ』の、この展開の幅のもたせ方はうまいですね。
ルイ >> 【マジコ】はせっかくの単身赴任モードですが、まあこの主人公だと浮気はしないだろうなぁw
ルイ >> でも、家族と離れ男友達とつるんで遊ぶのも1つの開放だな←どこまでもこの視点
LD >> 『いぬまるだし』は今週も好調だった。「自分の得手不得手を把握しとかない亀のミスだよ!」
kichi >> 「マジコ」は、とりあえず長期的な別離ではなさそうで良かったw そしてまぁ、速度的にとか、巧い一話でもありましたね。新キャラのキャラ立ちも充分魅力的ですし、やっぱ順調だなぁ。
ルイ >> 【花咲一休】矢の撃ちぬくスピードでのズレを「同時ではない」と判定するきわどい判定の場合、弓と矢を同時に使って割るテクニカルなやり方にも当然それくらいのラグは生まれるんじゃないか?と若干引っかかった事は引っかかったのだけど、まあ良いや。
LD >> 『保健室の死神』は、終わりですかね。ハデス先生は冷血に何を望むのか…。
ルイ >> 【バクマン】やはり終わらせたいのはCROWでしたね。ドラゴンボールをはじめとした様々な「ジャンプすりつぶし」に対するこれもまた軽やかな問題提起だけど「超えるなら俺たちが力で超える」という熱血のテーマを持ち込む事で、単純にシステムの是非論になっていないのは相変わらず巧み。
kichi >> ……ただまぁ、速度的にも良いし、読みやすくなるってことでエマを動けなくする展開を取ることがあるのも分かるんですが、基本的にはエマも動かした方が良い作品だとは思うんですけどねぇ……。「ワンピ」がずっと一位に君臨してるくらいの雑誌なんですから、ちょっとくらい読みにくい多重進行したって読者は付いてきますから!
kichi >> >マジコ
LD >> もともと、ハデス先生は「人を救おうとする人」で、その対比として真理也がいて、それに打ちのめされて冷血の憑依があった。そういう物語の結末ですね。まあ、良い連載だったと思います。
ルイ >> 慣らし運転みたいなものかと。家族というユニット感は大切ですが、ユニット固定すぎると作劇も固まるので、それぞれがスタンダロンで動いてそれぞれのコミュニティ形成する、くらいのイメージは持っていそう。全て家族に還元して大所帯になるのもそれはそれで面白いけれど、家族にとどまらずコミュニティを複数個持つのが正しい自立というのはナルホドわかる話。
ルイ >> 故に、そのうちエマに姉御肌の女友達ができる←
kichi >> 「花咲一休」は私もちょっと引っ掛かりましたねw ま、許容範囲内の引っ掛かりではありますがw
LD >> 『バクマン』は、七峰くんとの対決を経て、エイジとの対決に入るわけですね。…やはり、形として対決がある流れを模索しているのかな?
ルイ >> しかし、CROW終わらせる編集長とか歴代編集長にぶん殴られそうだなw
LD >> さて、悪くないペースでしょうか。サンデー行きましょう。
ルイ >> ポイントは、対決の形に持ち込んだ瞬間「人気漫画を続けるオブリージュ」とか「作品は誰のものか論」みたいなものはワンタッチで通過している所ですね。これだけで語りたい人は、作品をダシにして語りだすし、まあ巧み。
LD >> いや〜、人気連載5本同時に休載とか、本気でクビとぶと思うんですが、それで無事だったんですからw
kichi >> 「バクマン」は、テーマ性を取ればやはり「CROW」を終わらせようとする方が順当ではあるんですよね。……時々変な感じに熱血少年マンガ展開を導入することがあるから「PCP」の可能性も捨て切れずにいましたが、まぁ。
ルイ >> まさに今、熱血少年漫画展開じゃないかw
ルイ >> http://websunday.net/theater/ これがムシブギョーのCMさ。
LD >> >ワンタッチで通過している所|ふむ。その通りですね。…エイジを止めるパターンで「ファンレターを見せる」とかあると思うけど、そういう流れはとらないかな?
LD >> CM|仁兵衛の声がのってない!(`・ω・´)
ルイ >> そうそう、その「ファンレターを見せる」とかは「主義」の話ですね。これ、主義の話じゃないもん。ここを通りたければワシを倒してゆけ、話だもの。
ルイ >> アニメ化の際オーディションはやり直すと信じてる。
LD >> 『ビーブルース』さて、これもラジオでいいましたが、龍ちゃんが無理やりボールをゴールに押し込んでいる、様になっていない姿勢が素晴らしいですね。
kichi >> あ、もちろんテーマ的に強い方を取ってもそれ一辺倒ではなく熱血少年マンガ展開に乗せつつなのがまたこの作品らしい巧さではあるんですけどねw ……でも、どうなんでしょ?本当にこの勝負で押し切っちゃうものなのかなぁ?>バクマン
LD >> 『ムシブギョー』、インターミッションなのに、この『面白さ』!そして次回に親父がくるぞ!というヒキ!!文句ありません!(`・ω・´)
kichi >> 「めだかボックス」大きな展開の無い話なのに、案外楽しくて良いのですが、そんなに仲間意識強くない4人に対しての不人気投票って有効かなぁ?w
ルイ >> 【BE BLUES】は優人=ユウト=長友佑都であるという読みに到達したので、今週の「とにかく走る優人」に満足しています。モチベーションモンスターによる向上は天才でなくとも果たせる、という描きであるし、龍の失った時間をお釣りにして返す使命を背負っているようにも。
LD >> 【ムシブギョー】いや〜面白い!火鉢さんだけで無く、お春殿、家重様、この構造でいくらでもいくらでも、いくらでも『回せ』そうな所がわくわくわくわくさせますねえ!
カルマ >> 「バクマン」エイジは負けてほしくないなぁ
LD >> 【めだかボックス】思考実験してみると、まず、真っ当に投票すると球磨川の圧勝だし理由も列挙できる。…しかし、それは球磨川を通すだけの展開。…さて、そうしないとしたらどういう選択があるか?
カルマ >> 普通に事前合議で投票すれば問題なさそうにも。今のとこ「話し合いはできない」とは言ってないですよね>「めだか」
kichi >> 「BE BLUES」はいつもながら良いですねぇ。……優人はメンタル的に弱かったから、スタミナ的なものでもこういう化け方っていうのはありえるんですよね。
カルマ >> 「ビーブルース」良いですねぇ。
ルイ >> 【ムシブギョー】は火鉢殿の心象を中心に回しつつ、全体を過不足なく描き更に次エピソードに繋げるあたりも、もう完璧でしょう。
kichi >> 「武勇伝」、髪下ろした上に熱っぽくて目の描写もいつもとちょっと違う萌花ちゃんカワユスw ずっとこれでいこうぜw
LD >> 【ムシブギョー】ホント、完璧。ここって谷の話なのに。
ルイ >> 【武勇伝】それはわかる…w髪はおろすためにあるのだ。
LD >> 【武勇伝】、ずっと風邪気味女子か……新しいな!(`・ω・´)
カルマ >> 「ムシブギョー」なんでこんなに面白いのでしょう…!
kichi >> 「ムシブギョー」良いですね。当初は火鉢さんと家重でマワしつつ、最終的には真っ当に火鉢さんとお春さんが向き合って〆る辺りもなんとも心地よいです。
ルイ >> しかし、他の人にはちゃんと人なりのモノなのに、かんざしで纏められる彼らはあまりパーソナリティを知られていない、という事なのでは…w
LD >> 【マギ】ついにモルジアナが過労で倒れました!(`・ω・´)
ルイ >> 【マギ】ちょっとビックリのヒキですね。無双を抑える為の処置という事なのかな?
kichi >> ま、まぁ、女性へのプレゼント選びの難しさというかさw>パーソナリティを〜
LD >> いや、そこは仁兵衛の天然ジゴロな面ですよ。“同じ簪”なのは。無意識に「さ〜って。拙者は母上にも簪を贈る。その簪を継ぐお方はどなたかな?」と。無意識に!(`・ω・´)
kichi >> 「マギ」は過労ってわけじゃないんじゃ……(´・ω・`;)まぁ、やっぱ無双を抑えるため、なんでしょうかねぇ。モルさん元気だと全部解決しちゃいそうですからねぇ……
ルイ >> 「その人に相応しい(酒とか)贈り物」と「母上に贈る大切な簪と同じモノ違いで」に、ランクの上下がつかない所が仁兵衛の良い所ではありますね。
ルイ >> しかし、連載版だと確かまだ奉行のこの陰陽くんとの線は引いてませんよね?はやく引かねばなあ。
カルマ >> 「マギ」ふむ。どうしますかねこれ。失明くらいはあるのかな…
ハラルヤ >> なんだこれ、本当に3時までに終わりそうじゃないか……
ルイ >> …陰陽「ちゃん」でもいいよ?(ボソ
ルイ >> 【はじめてのあく】うん、まあ、知ってた(この展開になることは)。 でも、流石に引き返しは悪いなーというキャラ生命をかけた特攻への礼節が見えましたね。
LD >> 『月光条例』、親指姫が妙に善戦していたのが、楽しかった……のか?(´・ω・`)
ルイ >> 【月光条例】ちなみに今、エンゲキブ石化で死にかかってマス。
ルイ >> 別に不謹慎とか言いたいわけではないのだけど、読者のモードをどこに会わせるかが難しいですよねえ、ちょっとねえ。
LD >> 失明はないと思いますけどね。マゴイの消費で、白龍くんと同じ症状がでたのかなと。
ルイ >> モルさんって、このダンジョンの最初でも女の子扱いにムッスーしてましたけど、今度アリババに抱えられて女の子扱いされて叱られたらしゅんとして聞くと思うんですよね。無双封じであり、同時に女子性を再取得手続きとも。
kichi >> 「最上の明医」、なんか妙に自然にバカップル化してて、微笑ましいというかなんというか、まぁ、良かった、のかな?w
LD >> 『はじめてのあく』は、展開としてはノルマクリアというか妥当ですね。
ルイ >> 【最上の明医】まあ、命医の方の無念があるので、これでも十分と思える自分が悔しいw
LD >> 【最上の明医】かなりひねくれ合ったカップルですねえw
ルイ >> 【ハヤテ】安心の、高い生徒会塔内にある浴場。
kichi >> 「はじめてのあく」はなー、扉絵のロリルナとの比較を見ることでより一層募る残念感……。うむぅ、成長の良さを感じるほど成長前の描写が多くないだけになぁ……(´・ω・`)
ルイ >> 【おすもじ】も早々に再開してホッとしました。てか、なんだったのだこの空白は。武藤敬司みたいな店主の心意気を見せる回、確かに主人公凄くても職人世界の若造なんで、こういう描きはちょくちょくして欲しいですね。
GiGi >> あら今日はお早い展開。
ルイ >> (3時からスフィアのオールナイトニッポンがあるからな…秘密にしておくが)
LD >> それは、kichiさんがロリコンという話か?(`・ω・´)
LD >> そうね〜。なんか今日は展開早いねえ。そんなに詰め詰めでしゃべった印象ないんだけど…。
LD >> さて、では一番を決めましょうか?
カルマ >> 「おすもじ」終わったのもいつかいまいち認識してなかったなぁw
kichi >> 「コナン」、まぁ、関西の日常会話では出て来ないんでしょうけど、流石に関東では「しょっぱい」と言うという知識が無いなんてことは無いだろう……って思うんだけど……、どうなんでしょ?(´・ω・`;)
ルイ >> 【ブラディマンディ】【この彼女はフィクションです】【てんむす】【マジコ】【ムシブギョー】というカタイメンツの中、ムシブギョーでどうだろう。
kichi >> ロリコン違う(´・ω・`)先週も話しましたけど、目の描き方がロリ時は独特の魅力があったのに今はなんか微妙に怖い感じで良くなかったりしてるんですよw もちろん性格的な面の変化も露骨過ぎて残念ですけど!w
LD >> マガジン。『このかの』。もうマジ『このかの』。連続一番でも可笑しくないくらい!
kichi >> マガジンは……「このかの」絶好調ではありますが、今週は期待も込めて「ブラマン」にしておこうかな?
GiGi >> 一歩はマジ化け物。実は人類じゃなかったと言われても驚かない
カルマ >> マガジン「このかの」。
LD >> だとすると、ちょっとした波長でkichiさんのチャンネルに合った感じかもしれませんね。藤木先生の本来の描き口はいまの子だと思うので。>吸血子
ルイ >> いや、一歩は化物とかなんとか、まあそうなんだけど、とにかくカウンターというテーマを殺してませんか?とwまあ、打った側に度胸が足りなかった、なら仕方ないけど…でも宮田くんカウンター判定したよね?w
GiGi >> ブラマン良かったですね。あとはこのかのですか。
kichi >> チャンピオンは……「ハンザ」か「ブラックジャック創作秘話」かなぁ?…………「ブラックジャック〜」でw
LD >> 『一歩』はこの実力で世界にいかないのおかしいだろうという話にしているようにも見えますけどね。
カルマ >> ぺちぺち当て続けた時より理屈が伴わない感じがして、それはもうアウトだろうとw>一歩
GiGi >> チャンピオンはナンバがやはり良いですね。
カルマ >> チャンピオン。うーん、「ハンザ」かなぁ
LD >> チャンピオンは…『ハンザ』でしょうか。
ルイ >> ナンバ良いですよねえ。
LD >> ジャンプは…おっとここは『いぬまるだし』なんだぜ?
GiGi >> ビーブルーズはずっと良いのでどんな顔をして一番に推せばいいのかわからない
kichi >> ジャンプ…………う〜ん、「マジコ」「めだか」「バクマン」辺り?…………「バクマン」で。
LD >> サンデーは。『ムシブ』!!だね!!
kichi >> サンデーは……ま、「ムシブギョー」ですかね。
カルマ >> ジャンプ…「スケット」好きです。
カルマ >> サンデーは「ムシブギョー」ですね
LD >> 『このかの』、『ハンザ』…
ルイ >> まあ、ハンザブラマンムシブかなと!
LD >> 『このかの』、『ハンザ』、『ムシブ』のどれかじゃないでしょうか?
LD >> 先週、『ムシブギョー』なら、『このかの』かな?
ルイ >> このかの?先週先々週に勝るイメージがないなあ。
GiGi >> 先週ムシブなら今週はこのかので問題ないですね。
LD >> 『このかの』は、ここ一連の展開ですからねw …この回であげるなら、責任をとりに戻ってきたユーリくんとミチルが直接対決する所かなあ。
kichi >> たしか先々週は「このかの」だったような?w
ルイ >> じゃあ、間とってブラマンか。
GiGi >> じゃあ間をとってブラ…ックジャックで。
ルイ >> 間とるシンクロっていやだなあコレw
カルマ >> うーんこのかの先々週取ってるなら今週はなぁw
カルマ >> ブラックジャック創作秘話は取るなら先週だった…あぁややこしやw
LD >> 先々週、『このかの』でしたね。いや、今の『このかの』素晴らしいです。『ムシブギョー』がなければ三週連続ものですw
kichi >> そして先々々週は「ブラックジャック創作秘話」だったのだな、たしかw
カルマ >> 「このかの」でもOKですけどね
ルイ >> ブラマンかハンザかナンバだな、間とって←もうメチャクチャ
LD >> 先々週は、ユーリとフーコ先輩の出会いから、ユーリが告白する話。先週は、そこで誤魔化さずフーコ先輩が「芝居じゃない」とミチルに伝える話。そして今週は意を決したユーリとミチルが対決する話。うん。どれも一番で全然おkですね。
LD >> >先々々週は「ブラックジャック創作秘話」|なんか局所集中している時期ですねw
カルマ >> 普通にクライマックスでもおかしくない展開ですからね>このかの
LD >> いや、今週は『この彼女はフィクションです。』にします。それに足る話になっていると思います。
LD >> あと、ホントどういう着地するかですね。>『このかの』
LD >> 今週は、極めて短時間で終わったなあ…めずらしいw
kichi >> 先々々々週は「ハンザ」ですしねw>局所集中
ルイ >> 僕は前回前々回ほどではないと思う。理由としては、前々回はユーリの、前回はフーコのある種の決意の回になっているが、今週はユーリが既に済ませた決意の先でケジメをつけようとし、相手のミチルは「嘘だ」で固まるレベルで何も示していないから。だから反対ですが、まあハマってるんですねと。
GiGi >> ビーブルーズは漫画の格としては3月のライオンに匹敵すると思っているがそれだけにタイトルを間違えられ続けるのが不憫でならない
LD >> いや、先々週はユーリのフーコ先輩への気持ちという捉え方かな僕は。
LD >> あれ?w>『ビーブルーズ』
カルマ >> ほんとだズ。http://skygarden.shogakukan.co.jp/skygarden/owa/solc_dtl?isbn=9784091230058
LD >> 今週はミチルに対する責任で向き合う話ですね。…なんだろ青大くんとか、何か言うまえに御島さんは逃げてくれたよ?とか、そう比べる話でもないんですがw
LD >> でも、BLUESの綴りでブルースって読むよね?w
GiGi >> いや先週まではなんのかの言って軟着陸するんでしょ?と思っていたところはあって、それが引き返さずに正面突破あるのみだったのはしびれますね>このかの
LD >> さて、ではそんな所で。今週もお疲れさまでした。
LD >> いや、まだ軟着陸の目は残ってますけどねw(何をもって軟着陸というかってのもあるけど)ともかく、次週はブレーキ踏むでしょ?と思ったのに、今週も踏まなかった!という展開が続いていますね。
GiGi >> 日本語のブルースではなく原語の読みにこだわったのも意図のあるところだとは思うので。
kichi >> おつかれさまでした〜。
GiGi >> おつかれちゃん
カルマ >> お疲れさまでした〜
LD >> うん、まあw>ブルーズ というか、ベイブルースの引っ掛けにも思っていたんですけどね(汗)
LD >> お休みなさい。
ハラルヤ >> お疲れ様でしたー


■■■■2011年06月20日■■■■
名無し >> ジャンプ


■■■■2011年06月24日■■■■
LD >> 【今週の一番】チャットは6/25(土) 24:00から開始予定です。  http://t.co/F4USirM


■■■■2011年06月26日■■■■
LD >> ちょっと、コンビニ行ってくるです。
LD >> \(`・ω・´)/ただいま!
LD >> 『シュタインズ・ゲート』を楽しく観ています。
LD >> そして、さっきまで『バトルスピリッツ ブレイヴ』を観ていたわけですが…。
kichi >>      こんばにゃー(=゚ω゚|
LD >> 前シリーズの、エロ兄妹、ユウキとカジツの運命の再開に一抹の寂しさを感じるわけですよ。
カルマ >> こんばんはー。
LD >> |・ω・´) ばにゃー!!
LD >> そりゃあね。転生なんかに縛られない生き方の方が、人として善い事だと思うんですけどね。それでも、転生前の状態を繰り返して欲しいと願ってしまうこの気持ちはなんなのでしょうね。
kichi >> ふむ?(=゚ω゚=;)←見てないのであまりよくわからない
LD >> たとえ「繰り返し」であっても、愛し合った二人は永遠に愛し合って欲しいと…。それは死という生命には如何ともし難いものに対する、抗いの希望なのか。…繰り返しなのに。
カルマ >> あぁ、そういう考え方もありますね>転生に縛られない
LD >> 要約しますと、ユウキとカジツというべろんべろんに愛しあった二人がいまして、二人は戦いの中、カジツの死によって引き裂かれてしまうんですよね。…でも、また生まれ変わってめぐり合えるよと前作『バトルスピリッツ』は終わっているわけです。
kichi >> あー。(=゚ω゚=;)……う〜ん、まぁ、難しいところですねぇ……。
LD >> それが数百年後の今作で、二人がめぐり合ったのですが……一言でいうと男女ではあるんですが、正に“意外な”二人になっていて、多分、前作のような関係にはならないんですね。カジツが転生した女の子には既に好きな人がいますし。
LD >> 確かに、いつまでも転生を繰り返し、同じように愛し合うのは、ある意味呪いですらあるんですよね。…でもねえ。前作のあの時、死に別れる二人にとっては呪いではなく希望だったんですよねえ(汗)
kichi >> なるほど。……まぁ、なんだろ?やはり永遠の愛を願ってしまう気持ちなんでしょうね……。
LD >> あと、ヴィオレ魔ゐがようやく動き出したり、物語速度が極めておそい『ブレイブ』でしたが、大分大詰めに入ってきました。
LD >> 死を超えうるものを願ってしまうんでしょうね。>永遠の愛
kichi >> ……一応前作の途中(torne購入後)から録ってはいるんですが……、なかなか見る余裕がないなぁ……(´・ω・`)>ダン
LD >> ちなみに、ここから、件の二人がくっついたらマジで呪いですw
LD >> 今作は、前作を知っている人じゃないと、かなり鬱アニメに見えたりするんじゃないかと思いますが、前作は良作ですよ。はっきり言って。>『バトルスピリッツ』
kichi >> むぅw>呪い
LD >> さて、今週はチャンピオンからでよかったでしょうか。
kichi >> たしかそうだったと思いますw>チャンピオン
カルマ >> 前作を観ていませんが、魔族同士で暗殺あったり、人類と魔族の融和とか、なんか凄いですね>バトスピ
LD >> 『バチバチ』は、モンゴルってこんな感じなんでしょうか?なんかいろいろ余計な心配してしまうのですが…(汗)
kichi >> まぁ、たぶん前作というか過去を先に見てるからそう思うっていうのはあるんですよね。今作の今を先に見てると本当に呪い的な感覚で見ることになるんだろうと想像w
LD >> ボスキャラとはすぐに手を結べるのだけど、他の連中が上手くいかないという展開とかねw>『ブレイブ』
LD >> しかし、蒼希狼を、まるで金竜飛のような(?)キャラ付けしてきました。ハングリーではモンゴル出身は強いですね。
kichi >> 「バチバチ」は、まぁ、良かったです。結構ギャグっぽい……ってちょっと言葉のセレクトいまいちですが、そういうキャラ立てもあった蒼希狼のシリアスな過去をガッツリ描いておくのは、まぁ、悪くはなかったんじゃないかな?と。
LD >> しかし、四股名に狼って………どうなんだろう?w千代の富士のウルフだってあだ名であってさw
kichi >> う〜ん、モンゴルについても四股名についてもよく分かりませんです(´・ω・`)
LD >> 『浦安鉄筋家族』、フグオの超能力すげえw
カルマ >> これ読んでました。面白い。http://www.hobbyjapan.co.jp/hjbunko/tachiyomi/1107/110702/_SWF_Window.html
カルマ >> マンホールチルドレンはあるようです。http://d.hatena.ne.jp/umeten/20070829/p1
LD >> 『弱虫ペダル』、ここに着て総北チームが「見捨てる」話を明確にしましたね。敢えて見捨てると言いますが。
LD >> ふ〜む。マンホールアダルトとか…。
kichi >> 「弱虫ペダル」そうですね。実際の自転車競技でもここまで明確に戦略変わるものなのかな? 集団利用という展開もあって、1,2日目とは大分違った雰囲気が出てきてて面白いですね。
LD >> 『範馬刃牙』、刃牙がいきなり、最強技を出すようですが……いきなり出すと止められそうですが…どうなるんでしょう。
LD >> 【弱虫ペダル】いや、元々、見捨てないけど見捨てるという、その背反する中で如何に勝利に近い選択をするかという問題で、そこは変わらないとは思うですが。…小野田くんに見捨てさせるための儀式なんですよね。元々、田所さんは置いていこうとしたわけですし。
kichi >> 「バキ」は様子見で……(=゚ω゚=;)
カルマ >> 「刃牙」は父親の承認で刃牙が強く見えるマジックがかかっていますねw
LD >> 『イカ娘』は、千鶴がカウントダウンするだけという話でしたが……まあ、千鶴が数数えはじめると怖いよねw
カルマ >> 「ペダル」チームの中の一人がトップでゴールすればいいわけですからね。
カルマ >> 京都伏見は、そのまま大集団に取り込まれる→大集団を出し抜いてトップ争いとかが伏見的に綺麗かなw
kichi >> ああ、なるほど。>小野田くんに見捨てさせるための儀式   ……ただ、正直言うと3日目まで6人が残ってる有効性をあまり実感は出来てなかったりするもので、なんか“そういうものなんだ”みたいな感覚で読んでるところはあったりして……(汗)
LD >> 少年マンガって、よくよく考えてみると、凄い頂点に君臨している相手を倒す話って案外少ない気がしますね。なんだろ?一応、『あしたのジョー』と『がんばれ元気』なんかがそうですけど。
kichi >> 「イカ娘」千鶴のカウントダウンは良かったですねw
LD >> >6人が残ってる有効性|難しいですよねw 見捨てないための無茶がスーパー過ぎて、それを全部勝利へのパワーにつぎ込めば、見捨てても勝てそう?とか思ってしまいますしw
LD >> …『戦国甲子園』とか?
LD >> 『囚人リク』、すごいブレーンバスターで笑ったw
カルマ >> 「ペダル」坂道くんの2日目までの働きが強すぎたとはいえるか。ふーむ
kichi >> “凄い頂点”が最初からハッキリ設定されてる作品が案外少ないかもしれませんしね。単にラスボスという意味でないなら。
LD >> 『囚人リク』のレノマとか、この史郎とかの豪傑っぽさはいいよねw
LD >> そう。最後に突然正体を現すラスボスじゃなくって、「本当にこいつは強い」と描写されて受け手に認められた、そういう絶対強者を倒す話。
LD >> 『てんむす』…なんだこれは?絶対先輩主義の『ハンザスカイ』こと佐渡川準師匠を揶揄ってんのかい?(`・ω・´)
kichi >> 「てんむす」は……ああ、言われてみればw>揶揄   ……しかし花さんはなんのために出てきたのかわからんくらい可哀想なポジションにいるな……(´・ω・`;)なんだこれ
LD >> あと、アイドルちゃんとか、鉄面皮ちゃんとか、なかなか情報の盛り込み方がよかったです。
カルマ >> 「てんむす」は体育会系茶化してるんだけど、それを持っても体育会系うぜえなw
LD >> アイドルちゃんは『ブリザードアクセル』で言うところの五反田、『金剛番長』で言うところのオヤナナなんだと思う。(←なぜ、鈴木央作品?)
LD >> 『シュガーレス』は、こんな兼光さんに、ナマこいてるチンピラ(岳)に死にフラグが立たないマンガです。(`・ω・´)
カルマ >> 「ナンバ」が本当にデッドエンドでデッドエンドすぎる…
LD >> 『ハンザスカイ』、峰岸はおそらく佐渡川先生の分身だと思う。まあ、全員分身ちゃそうなんだけど、中でもと。
kichi >> 「シュガーレス」は地味に予想しにくい展開だなぁw う〜ん、どうするんだろ? なんやかやでシャケとは対決させない流れなんですかね?
LD >> 『りびんぐでっど』(`・ω・´)。o(…ん〜お母さんカワイイな…)
LD >> 【シュガーレス】…多分。どっかのポイントで、こんな曲がらない奴らが、故無くウチに手を出してはこない…とか何とか。
kichi >> 「ハンザスカイ」あのイメージは良かったですねw まぁ、万全の状態でぶつかっても返り討ちに合うのが正しい展開だと思いますしw
カルマ >> 「ハンザスカイ」あのイメージは…w
LD >> 『ハーフマン』…あれ?まともだ?(´・ω・`) ってか、なにこの連載いけそうな設定?(←)
LD >> 【ハーマン】しかも、絵も連載いけそうといか、こう…微妙にナシだった萌え線が、微妙にアリの萌え線になっている?こんなの!(ry
kichi >> 「ハーフマン」ああ、やっぱ(比較的)まともだという感触は間違ってなかったのかw つか、ちゃんとまともに描いた方が面白そうな設定なのがどうしたものか……w
カルマ >> 「ハーフマン」は立場は逆ですが「かってに改造してもいいぜ」を思い出したりhttp://www.kasi-time.com/item-53496.html
LD >> 『ましのの』、しげるっていうな。(`・ω・´) 松崎さん傷つくだろ。
カルマ >> 前作は知らないのですが話題に上っていたのは覚えてます
カルマ >> >ハーフマンの人
LD >> 【ハーマン】ねえwこんなん、もうちょっとまともなアイデア出せる人に描いて欲しいわw…って、哲弘先生!おかえんなさい!期待してるっす!w
LD >> 【ハーマン】ちがう。【ハーマン】だw
LD >> あれ?【ハーフマン】。なんでこんな変換に?
カルマ >> Google日本語入力でハーフマンと入力しようとするとハーマンで変換される謎。
kichi >> 正直びんぼっちゃま設定はいらないんですよねw ヒーロー願望の男の子のために悪の組織を作るお嬢様って設定だけ使って、毎回どうにかこうにか男の子が勝ったように見える話をやるだけで面白くなりそうなのにw>ハーフマン
LD >> 【ハーフマン】この、ね。幼なじみのヒロインとかも。普通に可愛くてね。うん…まあ、なんだ。(´・ω・`) (←なぜ反応が微妙)
LD >> この幼なじみお嬢様の「私が勝たせてあげる!」ってすごく幸せそうな所はいいんだよね。なんだ、この普通さ?(´・ω・`)(←どした?)
カルマ >> 変態設定は正直僕もよくわかりませんw>ハーフマン
kichi >> そこが哲弘先生らしさって言えばそうなんですけど……、設定のポテンシャルの方が上回っていることで残念感の方が完全に上回ってしまっているという……orz>変態設定 タイトルになっちゃってるし、次回はコスチューム改善ともいかないんだろうなぁ……
LD >> 【エンジェルボイス】、それは…………………………………………それは見たくなかった! orz
kichi >> 「エンジェルボイス」……orz
LD >> 【ダークヒーロー】は、チュナ先生のおっぱいがロケット過ぎる件。(´・ω・`) ロケットっていうか……ペンキャップ?
kichi >> 「ダークヒーロー」もなかなか良かったですね。
LD >> ジャンプに行きましょうか。
カルマ >> 「私立アサシン学園」ザ・中二という感じで良かったですね。褒め言葉で。
LD >> 『トリコ』の世界観ってどんどんどんどん拡がっていっているのですが…ん〜なんだろ、アカシアって何者ですかねえ?彼以前はどんな世界だったんだろう。
kichi >> 「トリコ」、何度か言ってますが、やっぱ世界の広さに対してアカシアの設定がでか過ぎてちょっとアンバランスな気もするんですよね……。未開地の開拓のようでいて、実はアカシアの後追いというか発掘でしかないのかなぁ?という感じもして……。
LD >> 『スケットダンス』は、やはりロマンの講釈には聞き入ってしまう…w
kichi >> 「スケットダンス」、ほんとにキャラを出し切ってて良かったですねw>ロマン
kichi >> 「ワンピ」ジンベエと対決は楽しみさもある反面、過去エピの前にも言ったように、もうちょっと2年後の実力を見せてからが良かったような気分もあり微妙……。まぁ、あんまガチではやらないのかもですが……。
LD >> アカシアって、あきらかにGロジャーよりも“でかい設定”の人物なんですよね。なんだろ、読んでいるとローマ帝国をつくって、新大陸を発見して、世界一周を成し遂げた後、アメリカ合衆国の初代大統領になったぐらいの大英雄に思えてしまうw
カルマ >> ん、アカシアによってグルメ時代が始まったんですよね。>「トリコ」
カルマ >> アカシアはグルメ細胞とか全部見通してて「あえて人類のために全てを教えなかった」くらいの格の高さを感じますw
kichi >> 「べるぜバブ」、男鹿に対して熱くはならない(段々変わりつつあるようでもありますが)ヒルダさんと邦枝をガチで対峙させる仕掛けだったと考えると、この入れ替わりはなかなか良かったのかもしれませんね。久々に次回が楽しみw
カルマ >> 「スケットダンス」ロマンは抜群ですね。設定とか言ってて気持ちとしては好きでもあるのだろうとかw 壮大な照れ隠しと考えると萌える
LD >> 『べるぜバブ』は、何かちょっと展開が楽しいのかもしれない。
LD >> 【べるぜバブ】見ていると、ヒルダさん→ツン9:デレ1、邦枝さん→ツン3:デレ7 これぐらいの配合差と観た。(`・ω・´)
kichi >> ちょっと前までのヒルダさんはツン10だった気もしますけどねw
LD >> 【花咲一休】微妙な可愛さのヒロインキタ!(`・ω・´)
kichi >> 「花咲一休」ヒロイン……なんでしょうね?w まぁ、絵柄的には最初から諦めてたので、割と好感触ではあります。
LD >> 【べるぜバブ】一応、前から、時々、少しだけ誉めたりしてたじゃないですかw
LD >> 【花咲一休】や、可愛いよね。『ナルト』のサクラちゃんと同じくらい。
kichi >> そうでしたっけ?w>少しだけ誉めたり
LD >> 【マジコ】は、真っ当にジャンプ的展開。よい感じです。
LD >> 【べるぜバブ】ほんの、ちょび〜〜っと!だけw>誉めてた
kichi >> 「マジコ」真っ当ですね。……ちと真っ当過ぎて、やっぱもう一味プラスするのにエマたんも居た方が……とか思わなくも無いんですが、まぁ、今回はよしとしましょうw しかしこの二人のエピ後の扱いはどうなるのかな?各地に仲間を作っていってどこかで再登場って感じになるのかな?
LD >> 『バクマン』は、物語のビルドアップとして福田さんがいい所ついていると思う。…あと、サイコーたちも。あれだね。魔天郎みたいな感じだね。
kichi >> ふむ。黙って男鹿の能力に感心したりは憶えあるんですけどねw>誉めてた
LD >> 【マジコ】そうですね。もう一味というか、展開がシンプル過ぎる気がするので、もう1情報載せて欲しい感じはしましたね。
カルマ >> 「マジコ」はうーん普通だなぁという印象でしか無いですね。
kichi >> 「バクマン」前回の展開を受けての順調な流れですね。吉田氏も流石だなぁw
LD >> 【めだかボックス】…いや、分かっちゃいたけど、鰐塚さん、阿久根くんにデレとるよ?(´・ω・`) なに?このシリーズ、基本JCキラーズな話になるの?
カルマ >> 1時間ほど離脱
LD >> 【黒子のバスケ】人気投票が出てますが……黄色が2位ですた。(´・ω・`)
kichi >> 「めだかボックス」……まぁ、正直先週の時点で全員抜けそれほど難しくない条件なんじゃ?とは思ってたのですが、なかなか面白く読ませる辺り、西尾先生の得意なフィールドの話ではあるなぁ、とw
LD >> 【黒子のバスケ】ん〜。青峰5位で、緑間6位か……そうなんだ。
kichi >> 「黒子」人気投票は……う〜〜んw まぁ、全体的にキャラ薄いですからねぇ……(=゚ω゚=;)
LD >> 【保健室の死神】がもう終わりっぽいなあ…って、前からずっと言ってますが。このエピも良い話だったなあと。
kichi >> そして「黒子」、黒子が割とサポート的というか、前面には出ないスタイルなんで、黒子を頼ってたという話はロジック的には悪くないと思うんですけど……、なんかいまいち実感としてしっくりは来ないんだよなぁw ちょっと黒子に助けられる火神という描写の積み不足かなぁ……?
kichi >> 「いぬまるだし」が結構ツボ率高めだった印象。のっけから“凄惨な事故”で笑ったしw
LD >> 【戦国ARMORS】も終わりっぽいですが…ちょっと何が悪かったとも言えない。敢えて言えば女の子の可愛さがイマイチだった。(´・ω・`)
LD >> マンガの難しさですが、黒子を主人公においた時点で、影役の“黒子”にはなりづらいんですよね。
kichi >> 「保健室の死神」は……良かったのですけど……、う〜ん、なんだろ? ちょっと消化不良というか……? いや、やっぱ全体構成に対しての不満ってことになるのかなぁ?
kichi >> 「戦国ARMORS」はやっぱ戦国時代好きな人向けな作品ではあったのだろうなぁ……とは言えそうな気分。悪くはなかったですが、正直私には普通レベルのバトルものな印象しかなかったですね……(´・ω・`)
LD >> 【ドイソル】も終わり…と。...φ(..)
LD >> さて、次サンデー行きましょう。
LD >> 【絶対可憐チルドレン】は『Xメン ファースト・ジェネレーション』に何かインスパイアされましたか?(´・ω・`)
kichi >> 「ドイソル」……(´・ω・`)まぁ、一番の打ち切り要因は“華のなさ”辺りになる印象ではありますが、序盤では結構目を惹いたロジック的な面白さも序盤だけで以降あまりパッとしなかったので、序盤分しかロジックの用意が無かったのだとしたら打ち切りもやむなしかな……とも思ってはいたり(´・ω・`)
LD >> 【マギ】あんな頼もしかったモルジアナが……。いや、モルジアナ無双テラ無双wwwとか言って揶揄していたのが僕なんですが、実際、活躍からはずされると寂しいものです。
LD >> 『最後はストレート』は…あれだね。野球やってて、女の子が選手に混じってるのがいいね。(´・ω・`)
kichi >> 「絶対可憐チルドレン」は、過去エピばかりが楽しみな現状もちょっとどうかというモヤりもありつつも、幼少不二子さんはなかなか良いですw
カルマ >> 「ドイソル」は監督の資格がどうこう言い出したあたりからいまいちでしたね。打ち切りが決まってたんだろうけど
LD >> 【神のみそ知るセカイ】の、なんか考えると宇宙戦争に行ってしまう、この栞の性質を心理的にどう解すればいいかw
kichi >> 「マギ」は、まぁ、精霊攻略で終わらない展開はむしろ順当なのでしょうね……。
カルマ >> 「マギ」はまぁ妥当な感じですね
kichi >> 「ケンイチ」達人の対決の中でも飄々と動ける美羽さんは流石だなぁw
LD >> 【神のみそ知るセカイ】…というか、栞は、かなりスタンドアロンで、かつ内面描写してきますね。なんだろ。キャラの性質に乗っているだけかもしれないけど。
カルマ >> 「神知る」栞は単純にSF好きと読むほうが…いや、むしろ疎いか?本の中にある感情で読めないものを苦手なものに投げちゃってるとか
kichi >> 「神知る」宇宙戦争良いですねw(?) 内面描写してるのもありますけど、かなりじっくり描かれてて、やっぱ人気キャラ優遇もあるのかなぁ?なんても感じなくもなくw
LD >> 【おすもじ】は、なんか、順調におっさんじじいマンガになっている…か?
LD >> 【銀の匙】は、このピザのエピソ^ードで第一部終了みたいな感じですけど。いやぁ、あと残るはピザの肉ですかあ(汗)w
LD >> 【境界のRINNE】は面白いなあ………。くっそぉ〜。(´・ω・`) (←)
kichi >> 「銀の匙」はいつもながらの面白さですね。まぁ、まだはじまったばっかなのに微妙に集大成感のあるピザ作り、なかなか良いです。(=゚ω゚=;)そして肉か……。
LD >> 【銀の匙】肉ですねえ……泣きながら食べるかな?w
LD >> そして【ムシブギョー】もちょっとしたクライマックスっぽいですね。…なぜか『ウルトラマン』の怪獣殿下ゴモラを思い出したりしていましたが。
kichi >> 「ムシブギョー」、カブト登場は不思議とそれだけでwktk感ありますねw ……パパンはこのエピに出てくるのだろか?
LD >> そうなんですよね。前回のヒキで、父上が上京してきそうな感じだったんですが、ほっといてこのエピがはじまっている。まあ、普通に考えるといいタイミングで現れるのでしょうけど。
LD >> 『はじめてのあく』は、キョーコがけっこう格見せたのが良かった。
kichi >> 「はじあく」、まぁ、キョーコの描写は良かったですね。ルナの描写には相変わらず(解決後も)モヤモヤしますが……(´・ω・`;)
カルマ >> タイバニ13話と犬日々最終話観てました。ふっき。
カルマ >> 「銀の匙」は思ったより大きな話になりましたね。ほっとしたw
kichi >> 「最上の明医」、すっかりモンハンに嵌ってる釈さんに和んだりとか。
LD >> 『月光条例』………えっと、工藤さんたちって、本当に勝算なく精霊に勝負を挑んだの?
カルマ >> 「ムシブギョー」クワガタも出てきて奉行すら置いてきぼりの怪獣対戦に…はならないかなw
LD >> 今まで出てきたどの蟲よりもデカいですからね。単純に刀でずばっと割る展開になるかどうか。
kichi >> 「月光条例」は、あそこで女の意地ってだけで無意味な勝負を挑む展開自体もほぼイミフでしたが、勝ち方もついこないだの「めだか」とかぶってるという駄目スパイラルっぷりがにゃんとも……(=゚ω゚=;)
カルマ >> 「月光条例」は本当に勝負を挑んだのが謎過ぎて。
LD >> 『めだか』とかぶっている。|その駄目スパイラルは、言っちゃらめぇ〜!(;´Д`)
カルマ >> 以前「トリコ」で人間すら立ち入れないモンスター同士の戦いの世界とかあって凄く良かったけど、今だと「もっと上の奴らは両方食材にしちゃうんだろうな」みたいに思うのかな>ムシブギョーのカブトムシ見つつ
kichi >> 読み切り「テトラ」は、こういう話だと普通は肝になるはずな召喚主の女の子のキャラ立てをほとんどしてないのですよね。モンスター視点に特化するという意味で独特の味も出てる気はするんですが……、総合的に見て良いのか悪いのかは微妙なとこだなぁ……。
カルマ >> それは偶然の一致だから全く責めないw それはかわいそうw>「めだか」とかぶってる
LD >> 『ハヤテのごとく』は……あれですね。もうバレたかな?というか、わりと取り留めないタイミングで泉ちゃんが来ますね。
kichi >> いや、責めるというか、こんなやらなくていい展開のせいでかぶってるのがなんかこうちょっとね……w
LD >> いや、カルマさん、偶然ではあるんですが、勝ち馬にはいい流れが来る、ではその逆は?って話ですよw(←わざわざ言わんでいい)
カルマ >> ここで意味もなくいいんちょさんが来るのが「ハヤテ」だなぁとw
kichi >> 「ハヤテのごとく」、冷静に考えるとなんでこんな遅れて泉ちゃんが入ってきたんだろう?って感じではあるんですよねw でも展開的に絶妙なタイミングとも言い難いような、ほんと取り留めないタイミングって感じだなぁw
GiGi >> チャンジャン終わってサンターンかな
LD >> 『ビーブルース』は、前回のヒキに至るシーンを別の角度から描いているんですよね。…良いねというか、上手いねというか、こう〜丸い?(´・ω・`)(←丸い関係ない)
LD >> 【ビーブルース】あと、単純に親の泣く姿は、きゅうっとくるねw
GiGi >> ムシブギョーと銀の匙がともに季節を主題にして素晴らしいヒキでしたね
kichi >> 「ビーブルーズ」はもう良いとしか言えないですねぇ。
LD >> 【ビーブルース】そして、自分が1点とった事も、不完全ながらも復帰できた事も、全然関係なくって、勝つ事の目標点からブレてない龍ちゃんカコいい。
kichi >> ああ、特に「ムシブギョー」のヒキ方は素晴らしかったですね。蟲が敵なだけに夏を前面に出す意味は強いですからねぇ。
カルマ >> 「ビーブルーs…ズ」は良い。ほんと良いです。
LD >> …あ。>ズ まあ、ずっと『ダレン・ジャン』ゆーてたしな。(´・ω・`)
GiGi >> 蒸し返すがスケットダンスはこの時期になんでバレンタインネタでしかも何週も引っ張ってるんだろう。
kichi >> ……ま、まぁ、作品内時間を厳格に守るスタイルもそれはそれで……ってあんだけリアリティユルユルな作品でそこだけ守るメリットも薄いんで、やっぱアレですがw>スケット
LD >> マガジン行きましょうか。
kichi >> 「アラゴ」のこの敵さんは以前ココを取り込もうとした人なんですっけ? ココの表情が凄惨過ぎてビビったのですが……(´・ω・`)
カルマ >> 「アラゴ」はそうですね>ココを取り込もうとした人 というか手勢的に勝てるのかこの話は…w
LD >> 【A-BOUT】の水が一杯にならないバケツの話は深い……気がする。深すぎて逆にわけが分からない程に…!
kichi >> 「ガマラン」、先週さっくり殺しておけば良かったものを……(´・ω・`)なんだかな
カルマ >> 「ガマラン」は先週殺さなかった意味が本当にわからんですね
kichi >> 「ブラマン」、最終シリーズってことで、景気良く(ぉ)南海さんを殺しちゃうようだとファルコンの本気度が分かって一気にシリアス度が増すとこですが……、どうかなぁ? やっぱのらりくらりと殺さない心理戦喜劇の方がありそうかな?w
GiGi >> ビーブルーズはこれが奇跡でも何でもなくて必然の積み重ねという描きが良いんですよね。
LD >> 【魔法先生ネギま!】そういえばツクヨミさんとの戦い終わってなかったですね。そして割合あっさり決着しましたな。まあ、こんな感じの決着になるんでしょうね。
GiGi >> 確かめたら敗けなんだよというのは不良の理屈として面白いですね
kichi >> 「A-BOUT」バケツの話はよく分からなかったんだけど、何か納得してしまうものはありますねw 不思議w
LD >> 【ブラマン】ファルコンさんを誰だと思ってるんだ!ビーストさんのご子息だぞ!!?>)南海さんを殺しちゃうようだとファルコンの本気度が分かって
GiGi >> ここでまほらガールズにターンを渡す赤松先生の周到さが小憎たらしいw
kichi >> いや、私も基本的にはそっちの可能性が高いと思ってますけどねw>ビーストさんのご子息
カルマ >> 「ブラマン」僕はエレベーターに残った若手の彼が別のテロリストに焼き殺されそうだなとw
カルマ >> 「ネギま!」フェイトまで消えるのは相当やばくね?という感じなんですが…
LD >> 【A-BOUT】多分、「あれ?」って思ったら負けって話なんでしょうけどね。じゃあ、このいつまでも水一杯にならないバケツはどうするんだろう?というw
kichi >> 「ネギま」は、ここでもうひと波乱あるかぁ。ふむ。
GiGi >> ガマランは勝つには勝ったけど精神的には負けたみたいな話にするのかもしれんね。
カルマ >> 「だぶるじぇい」前半は好きw
GiGi >> そしてこのかのはリーク情報があっても最終回にしか見えないw
LD >> 【魔法先生ネギま!】ここで、こう来るのって、やっぱりライフメーカー?
kichi >> え、ええー?薬野郎相手でそんな話になったらガマの格的にも相当しょんぼりなことになっちゃう印象なんですが……(´・ω・`)>精神的には負け
カルマ >> 「AKB49」はむしろこのヒキだと吉永が落ちると思えないw
カルマ >> 「むろみさん」たっくんいいなぁ…冷めた世代ならではの恥ずかしさがいいw
GiGi >> ベヒステは早くも二転三転するなあ。本当に展開がまったく読めないぜ。試合中に二回りくらいエーちゃんが成長しそうな感触。
LD >> 【AKB49】は、とりあえず皆、みのりを狙っていると……まあ、当然だけどw
LD >> 【波打際のむろみさん】、たっくん良かったですね。
kichi >> 「GE」ほんとめんどくさいな……(´・ω・`)ま、これで進展するならいいけど
GiGi >> 秋元先生はみのりを中心にチームMを作るつもりにちがいまい
kichi >> 「ベビステ」はやはりずっと絶好調ってわけにはいかないですね。凄い試合になりそうです。
カルマ >> NMBに移籍か…http://www.nmb48.com/member/>チームM
LD >> 【AKB49】は、ここで吉永の掘り下げですが……本当にこの子、未だにキャラがつかめていない所すらありますからね。
kichi >> 「AKB49」、まぁ、ここで脱落させるくらいならこの前の一区切りのタイミングの方が綺麗だったって感じになっちゃう気もするんですよね……。でもまぁ、脱落者を描く展開自体はあってほしいんで、それに適任なのは吉永ではあるんで……、どうかなぁ?
カルマ >> 「一歩」はフォローなしか…w
LD >> 【ベイビーステップ】は、何だこの正しさはw 確かに、要因もイメージできない“流れ”は、無心で調子を合わせて長引かせるのがよいけど、外れたと思ったら、すぐに未練なく切り替えるのが良い。
カルマ >> 「ベビステ」はちょっと凄すぎますね。
カルマ >> 「絶望先生」良かった。日塔奈美の中の人ネタ(新谷さんはレジェンド雨ウーマンと呼ばれてる)から奈美だとそうでもない→加賀ちゃん登場で設定台なし→人柱オチが秀逸すぎるw
LD >> 【ベイビーステップ】は、えーちゃんの流れ(調子)とメンタルのチューニングの仕方が一発正解過ぎて、逆にさらりと流してしまいそうになりますね。
LD >> 【AKB49】そうなんですよね。もし、アイドルに至る道の”痛み”を描くなら、他の研究生より吉永の方が適任なんですよね。それくらい、キャラを絞りこんでしまっている。…ここで、岡部ってのも興味深くはあるんですがw
カルマ >> 脱落は…総選挙の結果次第とかだと恐ろしいな(´・ω・`)>AKB49
LD >> 【君のいる町】は……まあ、うん、まあ………いんじゃね?(´・ω・`) 同じ大学であとあと気まずいかもしれないけど。
kichi >> 岡部w それはさすがに無いでしょうねぇw
kichi >> 「君町」は………………ホビロン(゚Д゚#)
GiGi >> 一歩「首を鍛えてたから大丈夫だったんだよ!」<えー
LD >> 【AKB49】うわ〜………カルマさん、今、脱落者、人気投票の結果とか言いました?それはエグいなあ……って、そんなにキャラ出てませんけどね(汗)
LD >> 【君町】ホビロンいうなw
kichi >> 百万歩くらい譲って、展開早くていいと思うにしても「好きな子ができた」は無いだろと!>君町
カルマ >> 「君町」はもう妹と爛れた関係になって潰れろw
カルマ >> そうです。サブキャラの描写が追いついてないですけど、今はともかくこの先あってもいいですね>人気投票の結果で脱落
GiGi >> これが御島明日香の姿を見た最後になるなんて、この時は思いもよらなかったんだ<ナレーション追加しといて
kichi >> 「一歩」もまぁホビロンだなぁ……(´・ω・`)小島もケロっとしてんのね。なんだったんだこの試合……。
GiGi >> 瀬尾先生も、ここで明日香ちゃんにホビロン言わせるくらいのお茶目さがあれば…ところでいろはって2クールなのかな?
kichi >> 2クールらしいと聞きましたね>いろは
LD >> 【君町】しかし、そうなっても、平気で青大の近くにいるであろう浅倉さんと神咲の今後に期待。(´・ω・`)
LD >> いろは、2クールもやるんだ。……PA、金引っ張ったなあ…。
LD >> 【エア・ギア】のカズ補正、ぱねっす。(`・ω・´)
kichi >> カズ補正ぱないですなぁ……(`・ω・´;)
LD >> 【エデンの檻】このお医者さん、けっこういい線言っているように見えるんですが、イマイチ恐くないというか、あんまり強敵な感じがしないんですよね。どうしても悪人が小物っぽくなっちゃう事ってあるけど。
カルマ >> 「このかの」はゲームのヒロインに回復役がいたのかなw
LD >> …あ!『ヤンメガ』、最終巻、加筆したみたいだ!(`・ω・´)
kichi >> 「このかの」はキスでケアルガなんでしょうねぇw それで助かったってことでとりあえずはめでたしめでたしって雰囲気でこのエピは〆かな?
LD >> 【このかの】は、ヘブンズドアー!とか言っている場合じゃないですね。(´・ω・`)
LD >> 【konokano】
LD >> 【このかの】神社が光る所が情報ですね。ミチルの奇跡は神社が担保している……って分かっていた事ですけど、明確に顕現力のリンクがあると。
GiGi >> しかしこのかの、こういろいろケリが着いちゃうと続くにしても完全に仕切り直しかな?
LD >> めでたし、めでたし…ですか。う〜ん、とりあえず、フーコを殺そうとすると、ユーリがかばって死んでしまう。という事をミチルが学習すれば一度、落ち着くかな。
kichi >> まぁ、ここまできといてあれではありますが、結構うやむや気味に〆る可能性もあるかな?と。
LD >> 仕切りなおしと言っても、思ったほど、構造が変化しないようですね。…というかフーコがライバルと認識した時点で、彼女が誰かれ構わず抹殺を試みる行動はなくなって、落ち着くという……その面白さがなくなるともとれますが。
LD >> ユーリと、フーコが両想い確定なのか?そこを有耶無耶にするのか?が今の焦点ですね。…多分しなさそう。
GiGi >> 今回の件で設定が書き変わったことが事後的に判明して、設定改変を意図的に起こすために四苦八苦する、という展開とかどうだろう。
kichi >> なんかしらの形で新しい展開をした方がいいとは思いますね。>設定改変
GiGi >> 通常の方法では成長・学習をしないというのが展開の足枷だったのでそこを上手く処理するロジックを組んでくる可能性は高いかなと。
LD >> いや、成長学習はしているでしょう。ただ、設定を超えた変化をしないというだけで。…難しいですね。(設定を超えた)成長学習はして欲しいけど、設定変更はあまりして欲しくない…というか、多分、つまらない。
カルマ >> 設定を書いたノートを奉納する…追加はできるけど、削除はできない。矛盾する設定があれば人格崩壊させてしまうかも。そういう展開はどうかな>このかの
LD >> 追加はできるけど、削除はできないというのは、いい感じですけどミチルをプログラム・ロボットっぽくした場合、どういう展開になって行くか…という所ですね。
kichi >> ……まぁ、あまり簡単に意図的に設定変更可能になっちゃうのはあまり良くないでしょうね。……制限つけるなら……とは思ったのですが、でもやっぱ基本的には自力で設定を超えるのがゴールって感じもするかな……。
LD >> さて、一番を決めましょうか。
kichi >> アンドロイドが心を得る話路線に行くのか、すっぱりプログラムロボットと割り切っちゃう展開に行くのかっていう分岐はありですけどね……。う〜ん。
LD >> チャンピオンは…。
kichi >> チャンピオンは………………ちと微妙さもあるんですが、設定の魅力を買って「ハーフマン」にしとく?w
LD >> アンドロイド、ロボットという方がイメージしやすい面もありますが、やっぱりユーリが生み出した何かなんですよ。で、僕としてはそれが必ずしも設定を超える=心を得るみたいな話でなくてもいい、というか、ユーリが責任をとればいいと思うんですけどね。
kichi >> ジャンプは………………案外「べるぜバブ」辺りかな?
LD >> 『ハーフマン』っすねw
カルマ >> チャンピオンは…んーw「ハーフマン」はいいですね
LD >> 『ハーフマン』は、普通にやれば、普通に(この場合『りびんぐでっど』、『イカ娘』くらいには)面白くなる、くらい良質の設定ですよね。
LD >> ジャンプは…ん〜『めだかボックス』とか?
kichi >> サンデーは………………「銀の匙」「神知る」「ムシブギョー」辺りかなぁ?う〜〜ん、「神知る」?
LD >> サンデーは…なし。そんな時は『境界のRINNE』
カルマ >> ジャンプは「スケット」の浪漫のとこw
カルマ >> サンデーは「銀の匙」かなぁ。
LD >> マガジンは…『ベビステ』か、『カズ補正』?
LD >> 浪漫のとこw
kichi >> マガジンは………………無難に「ベビステ」かな?

MANKEN CHAT(1.1)