漫研チャット
名前:
発言:
[正面] [取扱] [過去ログ]


■■■■2011年06月26日■■■■
GiGi >> 哲弘先生はダメなまんま漫画が上手くなっていて感慨深いですな
kichi >> 今週は全体的に小粒だったかなぁ……。
カルマ >> マガジンは「ベビステ」ですね。
カルマ >> あ、あと「絶望先生」を挙げておこう
LD >> おお…なんという事だ。『ハーフマン』が一番候補の中で目立ってる…。
LD >> 『ハーフマン』にします。(`・ω・´)
kichi >> 案外高校入学後限定の記憶喪失になって、ミチルが顕現してることに感動してラブラブ生活を送る展開とかどうだろう?と今ふと思いついたw>このかの
GiGi >> 銀の匙も良かったですね。これがどんな漫画なのかが端的に表れた1話だった。
kichi >> 「ハーフマン」かぁw ま、今週でなきゃちょっと無かった気もするレベルだとは思うんですが、今週なら妥当かもですねw
LD >> ユーリが記憶喪失って事ですか?それは面白そうですね。フーコの気持ちも決まっているのに、何故かはっきりしないユーリ!!w (`・ω・´) これは!いけますよ!ディレクター!
LD >> 今週なら妥当かもですw
LD >> それでは、今週もお疲れさまでした。
kichi >> 個人的にそのフェイズが無かったのを残念にも思ってた、ミチル顕現に感動、ラブラブってのをこのタイミングでやるのも結構良さそうかな、とw>ユーリ記憶喪失
kichi >> おつかれさまでした〜
GiGi >> ミチルは創作物のメタファなので、創作者であるユーリとフーコがミチルとどう向き合っていくのかという話が読みたいですね
ハラルヤ >> お疲れ様でしたー
GiGi >> ところで最近PHP+MYSQLかじってまして、もう少ししたら成果物をお見せできるかなと。
LD >> へえ…。MySQLなんだ。
GiGi >> スタンダードっぽいのでw。


■■■■2011年07月01日■■■■
LD >> 【今週の一番】チャットは7/2(土) 24:00から開始予定です。  http://t.co/F4USirM


■■■■2011年07月03日■■■■
LD >>
カルマ >> |д゚)チラッ
LD >> |ω・`) ばんわ〜
LD >> |ω・`) ばんわ〜
LD >> 今期のアニメをそそくさとこなしていますが、なかなか進ま〜ゾフの兄弟(←『カラマーゾフの兄弟』にかけたらしい)
kichi >>          ジーッ(´・|
LD >> そして、僕のIMEは、“きょうだい”と入力した時の第一候補が兄妹なのだな。(´・ω・`)
LD >> |ω・`) ばんわ〜
LD >> |ω・`) ばんわ〜ばんわ〜
LD >> しかも、いろいろ編集も滞っている…。
kichi >> 先生、気力が欲しいです……orz
LD >> TLを見ていると、どうやら『スロウハイツの神様』を読まないと、取り残されてしまうようだよ?(´・ω・`)
LD >> ん…何か滞ってますか?kichiさんw
kichi >> ほう(´・ω・`)先月末は「まおゆう4」出なかったし、小説1冊読む時間は作れるっちゃ作れそう……だけどマンガの積ん読が山のように……
LD >> あと、アイスとしてはガリガリ君の梨味が美味しいですね。
kichi >> いやまぁ、いろいろとやりたいと思ってることはあるんですけどねw 「数学ガール」の感想まとめとかw<今更かw
カルマ >> 今しがた「ぼくの妹は漢字が読める」読了。設定は変わっていますが真っ当な時間移動ものですね。あと物語愛に溢れている、いいお話でした。
LD >> 映像もそうですが、本っていつなくなるか分からないから、積む事にもある程度意味があるとは思うんですけどねw
LD >> 「ぼくの妹は漢字が読める」←ああ、これ評判のようですね。読んでみます。(って、順番詰まっていていつになるか…)
LD >> 『数学ガール』ってマンガの方ですか?描き手変えて新章入ってましたよね?
kichi >> ほう、時間移動ものなのですか。ちょっと興味そそられるものはあるかも……。
kichi >> うい。そうです。無印マンガ版の感想まとめを、作画別の続編読む前に書いておきたいな、という気持ちはありまして……。
LD >> ああ。日坂水柯先生の『数学ガール』は読んだんですが、すごく良かったです。むしろ、他のマンガがどうなっているか興味ある…と言いながら勝っていない(汗)
LD >> さて、今週はジャンプからでよかったですかね?
kichi >> ここでもちょっと話しましたよねw でもきちんとまとめる感じの話まではしなかったと思うんですよね。今思えばもうちょい突っ込んだ話をしときたかったな、とか。「数学ガール(無印マンガ版)」は百合エンドだよねwみたいな感じでw
カルマ >> 先週ここでリンクを貼った段階では静かだったんですが、2chまとめに過剰引用されたあたりから評判になりましたね>漢字が読める
LD >> …え!ゆ、百合エンドなのかな?w>『数学ガール』
カルマ >> 「見た目で判断するな!」「物語は時間を超える!」ってのはかなり爽快ですね。ライトな読み味でした>漢字が読める
LD >> なんか文体とかが面白いみたいですね。>『妹漢』
LD >> さて、一番に入りましょう。
kichi >> いやまぁ、百合エンドは釣り気味な言い方なんですがw ぶっちゃけ、テトラちゃんはミルカさんには敵わないけど主人公よりは強いんだよなぁ……みたいな話ですw 女の子は不思議エンドみたいに言えばもうちょいはしっくりくるでしょうかw
LD >> 『トリコ』の、ビックリアップルの話はみじかくて良かったです。『世紀末リーダー伝たけし』もこんな短い話もはさんでいたんで、なんというか、そういういい意味で楽なフェーズに入ったかな?と思えます。
kichi >> ちなみに、強いっていうのは「数学愛好家として」、なんですよね。数学の奥深さと女の子の神秘が通じるような……、そういう話でまとめていた印象なんですよね。あ、ここまで言えちゃったから結構もう満足かもw
LD >> 女の子は不思議エンドではありましたねwそして、テトラちゃんは、強いですね。
LD >> ああ、そういう意味ですか。>数学愛好家として 確かに「1が何故素数では駄目なのか?」という質問をした時は、このキャラに驚きましたw
カルマ >> ゾンゲさん残りの人生をリンゴ売って暮らせばいいじゃないかw>「トリコ」
LD >> 『ワンピース』は何か、ロビンが新技身につけたみたいですね?
kichi >> ……数学愛好家として、だとちょっと語弊があるかもですね。「数学との接し方」が、主人公とミルカさんより、テトラちゃんとミルカさんの方が近いというか。
LD >> 『べるぜバブ』は、なかなか楽しい回でした。
kichi >> 「ワンピ」ブルックも新技見につけてますねw ……ま、小出しに2年の成果も見せていく感じなんでしょうね。個人的にはもうちょい最初にまとめて見たかった気分もありましたが……まぁ。
kichi >> 「べるぜバブ」一番推しするのは先週より今週でしたねw プリンプリン体操良かったですw
LD >> 邦枝さんと、ヒルダさんが争っているんですが、視点がちょっと違っていて、邦枝さんは男鹿に近い存在はどっちか?だと思うんですが、ヒルダさんはベル坊ちゃんに懐かれているのはどっちか?という。でも、本当にそうなのか?という面白さもある。
LD >> ルフィも何か新技持っているのでしょうね。
kichi >> はい。そこは先週も指摘したつもりでしたが、本来真正面からぶつかることはないはずの二人が、真正面からぶつかる仕掛けとしてこの入れ替わりはなかなか良かったですねw>べるぜバブ
カルマ >> 対立してるようで中身はぜんぜん違うという>べるぜ」
LD >> ちなみに、ロビンは瞬間移動みたいなものですかね。元々、目視でかなり遠くまで自分の身体を咲かせていましたよね。
kichi >> ……あまりしっくりはこないんですが、別の場所に自分の体をまるごと咲かせる、みたいな理屈なんでしょうかねぇ……?>ロビン新技
LD >> 『ぬらりひょんの孫』、人気投票。リクオと、つららでワンツーですよ。
LD >> 服が移動しているのがハナハナの実としてどうなんだろう?と思いますが、瞬間的に本体は枯れて(散らして)別の場所で咲く…みたいな?w
kichi >> 羽衣狐さま思ったより低いなぁ……(´・ω・`)ってまぁ、退場後の人気投票なら仕方ないか……。
カルマ >> 「ぬら孫」昼リクオ登場しなさすぎの割にいいのか悪いのか…昼の静かな強さが好きだったんですけどね。
LD >> ゆらが10位で、カナちゃんが14位、羽衣狐が12位か…。
カルマ >> しかし「くだん」が出てきて予言したのは良かった。所属組織にフルネームってかなり厳しいなぁ>ぬら孫
LD >> …ってか、カナちゃんがんばってね?(´・ω・`) 14位だよ?
kichi >> 黒田坊と首無が4,5位ってのはアニメ効果もあるかな……? いやでも、アニメ効果あるなら毛倡妓とかもうちょい上でも良さそうなんだけど……(´・ω・`)あ、その前にカナちゃんとゆらちゃんかw
kichi >> 原作カナちゃんはむしろ影の薄さがキャラになってるからなぁw
カルマ >> アニメでは毛倡妓がリクオを誘惑してたりしたんですか?(何
LD >> あと、京都編と同じく、なんかリクオくんって昔の事件を背負って対処する感じの展開になっていますね。…悪くないというか、京都編はかなり成功だったと思いますが。
kichi >> そんな展開は無かったと思いますがw、原作よりアニメの方が仲間妖怪の描写はしっかりしてたというか、団体戦になってたんですよね。
LD >> 『花咲一休』、サブタイトルがいい感じですねえ。というかけっこう好調に、展開しています。『四ッ谷先輩』の時のような危うい感じはないかな?
カルマ >> 一瞬だけそういう挙動を見せていたなぁと懐かしくなったw>毛倡妓 なんか組織ものとして良かったという話は聞きました>アニメ版
LD >> え?いや、これから山ン本の復活にからんだバトルが現代で展開して行くんですよね?
LD >> 「ヒューヒューだね!二代目!」とか言って、古!というツッコミが入っていますが、江戸時代としては、むしろ新しい!というか予言?
kichi >> 「花咲一休」順調ですね。……個人的には「四ツ谷先輩」もネタ出しの苦しさ、みたいな意味では充分良くやってたと思うんで、そこでの意味で危うさを測るのはどうなのかな?とは思わなくもないですが、まぁ、感触の軽さみたいなのもあってあまり危うさを感じてないのは確かです。
カルマ >> 山ン本さんの数なら組織戦もうまくできるかな?
カルマ >> 「花咲一休」順調ですね。
kichi >> あ、私の言った“展開”はカルマさんの発言の“毛倡妓がリクオを誘惑”にかかってます(=゚ω゚=;)紛らわしかったですね、すいません。
LD >> 『バクマン』、『正義の三肩』が二位になるって、なんかいい話だった。…っていうか高浜さんは何気に真っ当なマンガ家さんだよねえ。
kichi >> 「バクマン」はまんま熱血展開なのですなぁ。……しかし、ワンピはどうしちゃったんだろう?(=゚ω゚=;)まぁ、ゾンビ島編みたいないまいち盛り上がらないシリーズにぶつかったかな?
LD >> 高浜さんは、最初、サイコーたちの所にアシで来て、もうマンガ家になる気がない人には無関心で、サイコーとシュージンには妙に懐いていた人ですよね。
kichi >> そうですね。……正直こんな風にジャンプでやっていけるようになるとは思ってなかったなぁw>サイコーシュージには懐いてた
LD >> いや、『ワンピース』は今、けっこう重要なエピソードやっているとは思うんですけどね。魚人と人間と天竜人の階級抗争を描いていて。
kichi >> いや、バクマン時間でのワンピですよぅw CROWにずっと一位を許すなんて……ってw
カルマ >> あぁ、そっちかw>バクマン時間でのワンピ
LD >> いや、なんかね。kichiさんの言うとおり、成功するオーラのようなものは感じなかったじゃないですか。マンガ家になる気がない人には声もかけないって、それが好転となる事もあるだろうけど、悪転もあり得て、五分五分なんですよね。でも今、良い結果が出ているならよかったんだよねって。そういうマンガ家としての普通っぽさがいいなと。
LD >> ああw>バクマン時間でのワンピ というか、サイコーたちが頑張り始めたら、いきなり3位以下ってなりを潜めちゃってw
kichi >> あれ?案外気にされてない?だとしたらバクマンのマンガとしての盛り上げ方の巧さになるのでしょうねぇ。私は、ちょっと前までエイジもワンピ抜くのには苦労してたようなのに、十何週も一位で通すようになるっていうのはワンピ的にはどうなんだろう?ってのはずっと気にかかってましたw
カルマ >> 少なくとも5位の週があるのか…というか今の小学生はNARUTOの方が好きみたいだし、アンケート結果自体さほど圧倒的じゃないのか?>ワンピ
kichi >> ……そうですね。まぁ、微妙に腑に落ちないような気分もあるんですけど、こうやって生真面目なやり方で成功してる人もいるっていう幅の取り方は良いことなんでしょうね……。一方で平丸さんみたいな人もいるわけですしw>高浜さん
LD >> いや、気にしてましたよwさっきも言ったとおり、このフェーズに入ったらいきなり姿を消したが如きになってますからねw
LD >> 無論、その一方で平丸さんみたいな作家さんが成功しているのも面白いですw
kichi >> アンケート……どんなもんなんでしょうね……? 実のところ、この一番チャットの感覚で言ったら十何週も一番ってちょっとあり得ない感じなんですけど(いや、トラウマイスタ終盤はあり得たかな?w)、アンケートはまた違った傾向があるんだろうな……って思うことで納得してるところはあったりで……う〜ん。
LD >> 『めだかボックス』は、けっこう短く話を盛り上げて(それでいてグランドストーリーも進めて)、人気が上がってきているみたいですね。
LD >> 十何週連続で一位っていったら、多分、伝説ですよw少なくとも今まで描かれてきた人気投票のままならなさからしたらw
kichi >> 「めだかボックス」、7億人とはまた大きく出たなぁ(=゚ω゚=;)……そもそも“悪平等”の意味もハッキリはしてないんでアレですが……。
LD >> 安心院さんの言うとおり、マイナスに合わせて適当につけた名前じゃないですかね?w
kichi >> いや、どうなんでしょ?ワンピは案外百週くらい連続一位取ったこともあったりするんじゃ?と思わなくもなかったりはするんですがw 3票入れられて低年齢の固定ファンが強いアンケートだと、単純にその週の面白さだけでなく作品自体の人気の力が強そうですから……。
LD >> ブログにも書きましたが、やはり安心院さんは“倒せない敵”として置かれているキャラに思えますね。
kichi >> ……まぁ、名前はともかく、安心院さんが?7億人いるという意味があまりよく分かりませんのでw
カルマ >> 「めだかボックス」7億人はどう受け止めればいいのか、そもそも悪平等がなんなのかはわかりませんねぇ
ハラルヤ >> キーポイントは7億じゃなく、十分の一の方な気がします。
kichi >> ああ、あの言い間違いは気になりましたね。何か意味がある可能性もありますねぇ……。
ハラルヤ >> おそらく現在の地球人口70億のうち、7億って意味なんでしょうから。
カルマ >> 「人類の歴史において必ず発生してしまう存在」と考えるべきかな>安心院さん
ハラルヤ >> 世界人口か。
LD >> ちょっと、想像もつかないですね。7億いるなら、いや、何であれ、古来から人類の総人口の1割いるなら、地球の歴史を完全に掌握できそうな気もします。
kichi >> ああ、そういう意味でしたか。ふむ、なるほど。>必ず発生してしまう存在   ……でも財部ちゃんが見ただけで判断できる(しかも能力?まで)というのは何なんだろう……?
LD >> いや、直感ですが、人類との関連性はほとんどないと思いますよ、安心院さん。むしろ『ジョジョ』のカーズとかを考えた方がいい気がします。「生まれた時から、完全生物だった存在は、何を考えるだろう?」とか。
kichi >> ……う〜ん、まだちょっとわからなそうですね。保留w>安心院さん
LD >> あと『保健室の死神』が最終回でしたね。いや、よい最終回でした。
LD >> 僕もよく分かりませんw彼女が何を目的にしているのか?>安心院さん
kichi >> 「マジコ」は妙にサクサク進行しますねぇ。もっとも、シオンの土下座にルーちゃんのハイタッチ、ゲスト二人の子供欲しい発言wにエマのコツンとアニスの叱責(ここアニスなのが良いのですよねぇ〜)と、描写に不足は無い感じなんで、速度論的にはむしろ理想に近い感じなのかもなんですけどね……。でも、なんかもうちょっとのんびり行こうよ、という気分も残るような……。
LD >> …というか、結局なんともなりませんでしたが、みのり先生というよりは鈍さんなんですねこの話。(´・ω・`) 登場時はなんとなく冴羽遼と冴子の関係を想像して(みのり先生はかおりという事になる)いたのですが、まあ、そんな事もなく。
カルマ >> 「保健室」綺麗に終わりましたね
kichi >> 「保健室の死神」最終回は良かったですね。綺麗なまとめ方でした。操ちゃんのポテンシャルを活かしきれなかった(そもそも活かす気がなかったのかもですが……)のだけが個人的には心残りですが、まぁ。
LD >> いや、操ちゃんも動かせたし、みのり先生と鈍さんの話もできたし、もっとイケましたよ。この連載。…でも、まあ、うん。(´・ω・`)
LD >> 『マジコ』そうですね。情報が詰まっていて、いいとも言えるんですが……どうもアクセルの踏み方が妙な気はしますね?…なんだろ?
kichi >> ああ、そんなイメージを持ってたのですかw 私はそこまでみのり先生を重要視はしてなかったですねぇ。キーキャラとしてはむしろ三途川先生を気にしてた感じですw
LD >> さて、そろそろサンデー行きましょうか。
LD >> いや、『シティハンター』のかおりと言ったのは言い過ぎですが(汗)>みのり先生 遼と冴子をくっつけるための負け子…くらいの位置には考えていましたw
kichi >> ゲスト二人とは別れらしい別れもなくあっさり通り過ぎてしまった感じですしねぇ……。う〜ん?>マジコ
LD >> 『ケンイチ』、逆木師匠の、ゆるゆると拳を突き出して行くという超バトルっぷりに笑ってしまうw
LD >> なんでしょうね?『マジコ』。もともと、忙しなく情報詰め詰めの連載だったら、これでいいんですけど、不意に速度を上げた感があるんですよね?
kichi >> 「ケンイチ」あのユルユルパンチは流石に騙されてる気がしてならないw
LD >> いやいや、両者一歩も動けなくなる闘いの次の展開として妥当ですよwマンガ的にはw
LD >> ハヤテのごとくは最近、お風呂と裸のシーンが増えているよね?ね?(´・ω・`)
LD >> あと『武勇伝』がパイタッチだったよね!(`・ω・´)
kichi >> ……う〜ん、いや?案外最初からこのくらいのペースの気もするといえばするような……?ただ、最初のうちは説明が多いのは普通のことなんで……とか考え中w もうすぐ1巻出るから読み直して続き考えて見ますかねw
kichi >> >マジコ
LD >> 擬音で「TOUCH!」って書いてあるよ!(`・ω・´)
kichi >> マンガ的に妥当というのは分からなくもないんですが……、う〜んw>ユルパンチ
kichi >> 「武勇伝」はパイタッチまで進展、と。φ( 。 。 ;)
カルマ >> あっMBSタイバニとこれからセイクリッドセブン観ます
ハラルヤ >> 『マジコ』マジないです。
LD >> 『境界のRINNE』の平常運転っぷりときたら…。
LD >> ああ〜もう、新番組はじまってるよ!>『セイクリッドセブン』
LD >> 『戦国ヤタガラス』は、とりあえず普通の日本史にもどった…のかな?
kichi >> 新番組かぁ。とりあえず百合姫読者として「ゆるゆり」はおさえないとな〜w あと「うさぎドロップ」は凄く見たいのだけど、最近ノイタミナは有料でも配信してないぽい?(´・ω・`)
LD >> 『銀の匙』は、うん。いきなり結論だね。うん。「困った事に美味い」のだよね。
カルマ >> 僕はスパッツ着用というだけで「ロウきゅーぶ」視聴確定だったりw
kichi >> 「銀の匙」は案外あっさりと結論でしたねw 展開的にも完全に一区切りついて、次は何を描くのかなぁ?ってな状態にw
kichi >> スパッツ属性持ちなのですかw
LD >> 【銀の匙】そうwさっぱりし過ぎていて、次の展開はまたブランクからはじまる感じw¥w
カルマ >> はいw ここはすんごく率直なリビドーでw>スパッツ属性
kichi >> このサクサク進行感は案外マジコにも通じるものがあるのかも……?とふと思ったりもしましたが、一区切りで終わってる方が次の展開の導入でヒクより爽やかな読後感なのは間違いないよなぁ……とかw
LD >> 『最上の明医』、なんかナイロビ編がはじまって、いきなり展開が暗いんですが…。なんだろ?これ?(´・ω・`)
kichi >> 「最上の明医」、キングオブニートなんてサブタイトル付けるくらいだし、キャラ的に考えても軽い作品なのかと思いきや、以前から妙に重い話をしたがる連載でもあるんですよね……(´・ω・`;)う〜ん?
LD >> 【最上の明医】、「実際、女の子を2人も連れてココで行動するのは相当恐ろしい」…って、そんな展開になんでした?(汗)
LD >> まあ、確かに、スラムの大半の人たちはニートかもね……ってブラックジョークにもならないよ!(`;ω;´)
kichi >> ……でまぁ、私なりの想像としてはいろいろなものを描きたいがゆえの軽めの設定なのかな?と考えてみたりはしてます。欲しかったのは軽さじゃなくて幅だったのかなぁという……。
kichi >> んむぅ……(´・ω・`;)>ニート
LD >> 『はじめてのあく』は、ようやくユキちゃんが、緑谷くんに気を向けてくれましたよ!(`・ω・´)…ってユキちゃん以前から分かっていたと思いますけどね。
kichi >> 「はじあく」花ちゃんのお兄ちゃんモテル発言に対する「うんそうだね?」と言ってるユキちゃんの表情が読めない……(´・ω・`;)何あの表情
LD >> 『マギ』、亡国の王女か………よし、わかった。とりあえずシンドバッドに惚れろ!(`・ω・´)
LD >> ああ、僕もあの表情、読めませんでした。あれ?なんでしょうね?>ユキちゃん
LD >> ……僕なら、この表情とらせるなら、吹き出して顔かくして、口だけだすかな?
kichi >> ……緑谷君がモテるわけないじゃん?っていう表情なんかなぁ?(´・ω・`;)もしそうなら、もうちょいこう、機微を含ませてほしい人だけど、ユキちゃんは。
LD >> あんまり、話聞いていない状態のように思うんですけどね…?>ユキちゃん
LD >> ああ、うん。一番近そうなのが「妹さんが、妹だから、なんか言ってる」くらいの聞き流し感覚ですかね?
LD >> 【マギ】あと、煌帝国の他に、マグノシュタットっていう侵略国家もあるんだなと。まあ、ストーリーに絡むかどうかは別として。
kichi >> ……せめて、「花ちゃんブラコンだなーw」て感じで困り笑顔なら分かりやすいんですけどねぇw
カルマ >> 「セイクリッドセブン」悪くはなさそうです。
LD >> 『BE BLUES』、「あんたこそ、贔屓目で見すぎなのよ!」…う!僕が思ってても言えなかった事をズバッと言ってくれた!
kichi >> 「マギ」はさすがというか、単純な悪人はあまり出さないですね。女性は特に?w ま、なかなか興味深いものがありますね。
LD >> 「はいはいw」とかね、小さくセリフでねw……いや、ユキちゃんのこれまでの『キャラ読み』から、それが一番近そうだと思うだけで、本当に謎の表情なんですよね。
カルマ >> 「銀の匙」は祭りとかやりだすとめっちゃ「もやしもん」思い出すなぁ…w
カルマ >> 「BE BLUES」贔屓目で見過ぎはわかるw
kichi >> 「BE BLUES」は、バッチリ決めてくれるんでしょうかね? そこまで甘くはないか? という気もしますが、決めて欲しいなぁ……!
ハラルヤ >> 読んでなかったので、ユキちゃんの表情とやらが気になって仕方ない。
LD >> 【BE BLUES】いや〜これは決まらないと思うけど、単に身体がついて行かずにコケるだけっていう哀しい展開にもならない気がします。まあ、楽しみです。
LD >> 『ムシブギョー』は、本当に面白いなあ…!
カルマ >> 「ムシブギョー」無涯とんでもなく強いなぁ…
kichi >> 「ムシブギョー」、対カブトはやっぱ燃えますねぇw ……夏の陣の布陣も納得するしかないしなぁw
LD >> というか、このカブトムシ、本気でデカすぎですね!
kichi >> 普段どこにいるんだろうw>本気でデカすぎカブトムシ
LD >> 土の中でしょうけどw>普段どこにいるんだろうw>本気でデカすぎカブトムシ
LD >> 【ムシブギョー】この戦いは、もう、人類対怪生物なわけですよね。それを江戸時代にやるという燃えるシチュエーションw
LD >> 『神のみぞ知るセカイ』の栞補正ぱない。(´・ω・`)
LD >> マガジンいきまっせ。
kichi >> 「神知る」やっぱ図書子はじっくり描きますねぇ……(´・ω・`)
kichi >> 「アラゴ」はここにきてリオも戦力化ですか……!Σ(=゚ω゚=;)
LD >> 『ベイビーステップ』、えーちゃんが、自分のフィーバータイムは終わったと判断する速さもすごいなら、難波江がそこからえーちゃんの変化を察知する勝負神経もすごい。…すげぇよ!
カルマ >> 「アラゴ」リオはなんか、こう後戻りできるのか危うい感じもw
kichi >> 「ベビステ」はほんと凄い試合になってますねぇ!えーちゃんの一番の武器こそが攻めるポイントという難波江の判断とかゾクゾクきます。
GiGi >> キングオブニートは雑誌の方向性のリトマス試験紙みたいな漫画やな
kichi >> まぁ、アラゴと並んで歩いていけるようになるならそれはそれで……(=゚ω゚=;)>後戻りできるのか危うい感じ
カルマ >> 「ベビステ」はホントに凄いなぁ…
LD >> 『A−BOUT』の冒頭、「俺も、何となく枝葉が好き!!?」は、的確過ぎて笑ったw
LD >> そして、桑村さんユーモアキャラw
kichi >> 「A-BOUT」冒頭は笑いましたねw ていうか、いいのか?w あそこまで的確に書いちゃってw
GiGi >> バクマンは吉田氏の謀略でハンタ再開1位奪取に違いない
LD >> あれ?『GE』別れちゃいましたよ?(´・ω・`)ぶも?
kichi >> ハンタ再開かぁw それも面白いですけど、さすがにこのタイミングで捻じ込むのは……w
カルマ >> 「A-BOUT」の君町ネタは爆笑したw
kichi >> 「GE」は…………(;´・ω・`;;)今更言いたくなかったですけど、ハッキリ言って読み切りがベストな長さのネタをどんだけ引き伸ばしたら気が済むの?
GiGi >> 君町に出てきた通行人が一瞬朝桐かと思ったが、ネタなのかどうか微妙すぎて判別出来ない
LD >> 『ばくだん』、一緒にタイムスリップした子も無事(?)所在がわかりましたが……こっちの相手、俊輔……伊藤俊輔ですか。それは…。
GiGi >> GEも君町も誰得ではあるが成り行き自体は納得感が高い。どうにでもなーれ。
LD >> 『AKB49』、みのりがどうやって学校生活とアイドルを続けているか…「そ、そこ、つっこんじゃ、らめぇ〜!」な所をついてきましたよ?(´・ω・`)
kichi >> たぶん朝桐なんでしょうねw もうちょい似せてほしいですがw
カルマ >> 「GE」は一番面倒な別れ方を…(´・ω・`)
GiGi >> 伊藤俊輔に成り代わって初代総理大臣になるわけですな
LD >> 【AKB49】まあ、正直、ここでつまずくことはないと思うけど…。
LD >> 予言のお札も丁度1000円なんですよね。
カルマ >> 伊藤俊輔…そうなんですね、へええ>「ばくだん」
kichi >> 「AKB49」、……ま、深入りしない形で作品内で自ら突っ込んでおいた方がいい場合もあったりはしますからねw ……しかし、これは吉永が脱落する流れではなさそうですね。というか、こういう形で脱落されても困るのでw
LD >> 『君のいる町』、いや〜……。どうするのかなあ?御島さんが、完全にあきらめた二人を責めないで宣言をしてくれると回復できる…と言えばそうなんだけど…。
GiGi >> カメレオンも最終回で総理大臣になってるし、加瀬先生にとってわかりやすいテッペンのイメージなんでしょうね。
kichi >> 「君町」は……、ま、そんなイメージでもなかったけど世界に二人だけ状態で生きていくのもいいかもね?という気分w
GiGi >> あと岩倉具視が出てくると役者が揃う感w
LD >> 『アゲイン』、今村くん、なにやるのかなあ?(わくわく)
LD >> 板垣退助もアリですね。>お札
LD >> それにしても楽喜=ラッキーとはw 外人さんとのハーフかな?
カルマ >> 「アゲイン」潰そうと動いたつもりで応援団が集まったように見せかける…って芝居を打つのかな?
カルマ >> 「ネギま!」ライフメイカーは魔力ある限りいくらでも戦力戻せるんですねぇ…
GiGi >> 応援団編は今村くんが悪者になって決着がついたりするのかな。
LD >> 『魔法先生ネギま!』、そっすか〜。エヴァンジェリン師匠、この状況をひっくりかえせますか〜w
GiGi >> まほらガールズの活躍は期待してましたがエヴァ師匠参戦はサプライズでしたね。
LD >> ああ〜。カルマさん鋭い?>潰そうと動いたつもりで応援団が集まったように見せかける
GiGi >> 学園と繋がったことでいろいろと使える手札が多くなったということでしょうね
LD >> 『エデンの檻』、何故、亀食う話でこんなにページ割いたの?何かの暗喩?…それと何気に変わった亀です。
LD >> 世界樹があるのが大きそうですね。
GiGi >> 暗喩とか言うと性的な方向にしかw
kichi >> 「ネギま」はそうなんですよね。修学旅行の時のエヴァ登場は単純に燃えましたけど、今の状況というか敵だとエヴァでどこまでやれるもんなのか、ちょっと不透明感があったりして、単純にはいかない感が……。
kichi >> 「エデンの檻」の亀は作品温度というか、これまでの描写と明らかに違うと思うんですが……まさか(一応)シリアスで通してたのを諦めるつもりなんじゃ……(´・ω・`;)
カルマ >> 直後にでかい亀が襲ってくるのかと思ったw>亀食う話
カルマ >> 学園長は裏でぺったんぺったんしてるんだろうか…>エヴァ様参戦
LD >> 一方、(『君町』、『GE』に対して)『ゴッドハンド輝』は、順調に「さっさとゴールインしろよ?」なのであった。(´・ω・`)
GiGi >> 輝先生はいよいよやり残しは無さげな雰囲気ですね
LD >> 『振り返るな君は』のGK千手くんは最後までかっこよかった。
LD >> 『この彼女はフィクションです』は、次はこの構造でやっていくのか…ふむ。
LD >> ユーリとフーコが両想いなのは、もう確定しているワケですよね。この流れで「俺も…なんとなくミチルが好き!」って展開はまずないワケですよね。ふむ。
カルマ >> 「このかの」良かったです。キャラクターの成長を創作者の醍醐味とするのは良いなぁ。今まで全く変えられなかったんだから大きな変化と言えるかな
kichi >> 「このかの」、割とミチル成長してる感じしますね。
LD >> チャンピオン行きますか。
GiGi >> 哲弘先生が哲弘先生で安心した
LD >> 『弱虫ペダル』、山岳、小野田くんの腰に手を回す…の巻。(´・ω・`)
LD >> 哲弘先生は哲弘先生でしたね。いや、これ酷くね?(´・ω・`)
LD >> それと、待宮くん、見切りはやくね?ホントの先頭が見えてからの方がよくね?
LD >> あと、京伏は、どこにいるんだろう?w巧妙にフレームから逃れているw
LD >> 『範馬刃牙』、ゴキブリタックルは一瞬で破られちゃったね…。(´・ω・`)
GiGi >> 待宮くんはもっとらんので仕方ない。小野田くん無双に期待したい
kichi >> 「弱虫ペダル」はとりあえず荒北さんに頑張って欲しいところですが、広島もここで抜けるつもりみたい?(´・ω・`;)……まぁ、あまり足使ってない分有利みたいな感じなんでしょうけど、それでもこっから先頭に追い付く説得力を持てるかなぁ?
kichi >> 「バキ」は、最初の一撃通用しなかった時点でその後はあまり意味ないような……?(´・ω・`;)?
LD >> 『スーパーバイトJ』のこの子は……保母さん、がんばれよ!と思う。(`・ω・´)
kichi >> 「バチバチ」は、やっぱ吽形さんは完全復活というわけじゃないのかな?(´・ω・`)あと、次回一話で決着つくのかはちょっと注目ですね
LD >> 刃牙はそろそろ、いろいろな事がバレる時という事でしょう…w
GiGi >> ナンバあっさり一線こえよった
LD >> 『バチバチ』は、こうやって積み上げてきた、蒼希狼との対決をどう描くか?は見物ですね。
kichi >> 「ナンバ」はマジでデッドエンドか……orz
GiGi >> スーパーバイトJは面白かったがこの子をマスコットガールに採用するチャンピオン大丈夫かとか。
カルマ >> 「スーパーバイトJ」アッキーナも平気でTVで「109の店員になりたい」とか言ってたので、ああ、そういう子なんだな…と思っているw
LD >> 【バチバチ】短く密度濃く、熱戦を描けばそれで及第点なんですが、蒼希狼との対決はこれからも続いてゆくのですから、鮫島が一瞬でぶちかまし決める。あるいは蒼希狼が一瞬で投げ決めるでもいいですよね。そこに至ると、この連載もう一回り大きくなる気がします。
LD >> 『ナンバデッドエンド』は、ナンバキルドエンドになりそうですね。
カルマ >> いろいろ過去描いてきて、「知ったこっちゃねえ!」とぶちかますのはアリですね>「バチバチ」
LD >> 『シュガーレス』、この黒幕くんは、潰そうとしている兼光の事を「兼光さん」とさん付けで呼んでいる時点で、もう、いろいろダメだろうなあと思ってるw
kichi >> 「シュガーレス」黒幕くん(一味)は明らかに格低い描かれ方ですねぇw しかしゾロゾロ出てきてしまって、こりゃやはりシャケと兼光の対決は実現の望薄かな……。
LD >> 『ましのの』が良かった。ブラ上派とかブラ下派とか、他愛もない話だったけど、その他愛もなさがよかったと思います。
LD >> いよいよ、二人が戦うぞ!っとみんなが緊張してみていたら、二人、がっつり握手して、兼光「俺の誤解だった!」シャケ「そうか!」で、神楽工業編エンドですよ?(´・ω・`)
kichi >> それはないわ……(´・ω・`;)>握手エンド
GiGi >> リビングデッドはこの舵取りは興味深い
LD >> 『ケルベロス』、やべえな……こいつは……カラス・レデエ・冬子の足音が増々近づいて来やがったぜ!?(`・ω・´;)
kichi >> ええ?w ま、それはアリかもとは思いますが、どうかなぁ?w>カラス・レデエ
LD >> 『ハーフマン』ですが、先ほど、酷くね?扱いをしましたが、基本良いです。やはり設定がよいと哲弘先生でも何とかなりますな!…っていうか『ムラマサ』の設定もそんなに悪くなかったんだけどw
LD >> 来る!信じればそれは来るんだ!!信じるんだ!(`・ω・´)(←)>カラス・レデエ
kichi >> 「ハーフマン」はほんとすっかり哲弘節が炸裂ですねw ま、ここまでやり切られると不満を言う気も失せるってものですw
GiGi >> いや哲弘先生なにげに漫画上手くなってますよ。もともとワンダーは全盛期の高橋留美子並みだと思ってますから!
LD >> しかし、お嬢様、反省したようなので次回はハーフマンに必殺技が生まれますかね。
カルマ >> 「ハーフマン」はほんとにしょうもないw
LD >> 凄い評価キター!!w>もともとワンダーは全盛期の高橋留美子並み
GiGi >> 侍女たちも一人残らずボンクラなのが素晴らしい
LD >> 『モメンタム』、前髪切ったら『ピンポン』のペコを思い出したり。
LD >> ボンクラなんだけど、作品から漂う……いや?これ普通だよ?感が素晴らしいのですよねw
LD >> 高橋留美子先生を引き合いに出されて『うる星やつら』の水乃小路トンちゃんの侍女たちを思い出したけど、彼女らは非常に賢くサボってるだけなんだよね。
LD >> さて。一番を決めましょうか。
kichi >> ん〜と、ジャンプは……「べるぜバブ」?
カルマ >> ジャンプは…うーん。「ぬら孫」好きです。つかくだんが好きなんだなw
kichi >> サンデーは……「銀の匙」? パイタッチに免じて「武勇伝」と思わなくもなかったけど……、まぁやっぱ「銀の匙」かなw
LD >> ジャンプは『べるぜバブ』でしょうか。
kichi >> マガジンは……「ベビステ」かなぁ。
カルマ >> サンデーは「銀の匙」かなぁ。
LD >> サンデーは『ムシブギョー』は斤量ついてるので…『ケンイチ』でしょうか。
カルマ >> マガジンは「ベビステ」「アバウト」w
kichi >> チャンピオンは……「弱虫ペダル」かなぁ?ま、無難に。
LD >> マガジンは…『ベイビーステップ』かなあ。
LD >> チャンピオンは『ましのの』かな。
GiGi >> え?哲弘先生2週連続ですか?
LD >> 『べるぜバブ』か、『ベビステ』か、『ましのの』だと思います。
カルマ >> チャンピオンは…そうだ、「りびんぐでっど」の全く深刻じゃないのに深刻そうなヒキが凄く好きw
LD >> いや、『ハーフマン』面白かったけど、二週連続はどうかなあ?w
GiGi >> べるぜバブも良かったですね。ちょっとオチが弱いけど久しぶりにワクワクしました。
LD >> ん。では今週は『べるぜバブ』にしましょう。
カルマ >> 「べるぜバブ」は良かったですね。
LD >> それでは、今週もありがとうございました。お休みなさい。
kichi >> おつかれさまでした〜。
カルマ >> お疲れさまでしたー
GiGi >> 銀の匙とビーブルーズは十全すぎて言うことがないですね


■■■■2011年07月08日■■■■
LD >> 【今週の一番】チャットは7/9(土) 24:00から開始予定です。  http://t.co/F4USirM


■■■■2011年07月10日■■■■
LD >> |ω・`)
LD >> |ω・`)。o(今週は、サンデーからだな…)
ハラルヤ >> こんばんは〜
LD >> こんばんは〜。
LD >> ちょっと思い立って、電子書籍端末を買ってしまいました。
ハラルヤ >> おおっ、何にしたんですか?
LD >> SONYのReaderというやつです、なんですっけ?電子紙…じゃなくって?液晶パネルとちょっと違うんですよ。
LD >> Reader PRS-650ですね。使い勝手はこれからですが、とりあえずそんなに悪くなさそうです。
ハラルヤ >> (ググった)コレかあ。マンガと小説どっちもイケる感じですか?
LD >> ハードカバーの書籍や(元々買ってないけど)、分厚い月刊誌を持ち歩くのは嵩張って難しかったんですけど、これで一気に解決して移動中でも読めるはずです。(`・ω・´)
LD >> 先に言っておくと白黒です。それでいいならマンガも小説も、どっちもイケる感じです。
LD >> ガラパゴスとどっちにしようか迷ったんですけどね。値段と、持ったときのフィット感の差でこっちにしました。
ハラルヤ >> いいですねえ。僕も自炊出来ればなあ。商品ページの紹介のされ方だとカラー表示はされないんですかね?
GiGi >> サンマガチャンジャンの順かな。
ハラルヤ >> 白黒ですか。将来的にカラーの電子ペーパーって可能なのかなあ?
LD >> カラー表示はされないです。あと、自炊でとったマンガはちょとセリフの文字が読み取りづらいかも。…でも、いろいろごちゃごちゃ機能ついてるより、こっちの方がいいかな?と思いました。
GiGi >> 途中抜けてまたあとで来ます
kichi >>      こんばんわー(´・ω|
LD >> カラーの電子ペーパー→う〜ん、白黒の液晶パネルが商品化されてからカラーになるまで、どのくらいかかりましたっけね?w
LD >> こばわー。
カルマ >> こんばんはー。
ハラルヤ >> わー
LD >> 電池の持ち時間は長くって、そこが利点のようなんですけどね。電子ペーパー。まあ、運用してみて、もっとリッチにいきたくなったらガラパゴスとか行きます。iPadはでかいのでナイ。
LD >> ばわー。
カルマ >> Galaxy tabいいですよ。サイズ的にあのへんがちょうどいいかなぁと
LD >> ああ、ガラクシーですか〜w
LD >> 今僕は、SH-04Aってやつを使っているのですが、運用がかなりそれ用に最適化されているんですよね。あまり他の機種に変えられないくらい。
カルマ >> 銀河タブは上手くすれば実質0円で持てるので…僕はプラン変更前の投げ売りで基本料390円(学割で半額)×24ヶ月の1万円弱で手に入れました
LD >> う〜ん、今調べると、SH-04A型のやつは全滅みたいですね(汗)LYNXってやつが何とかなるかな?
LD >> LYNXはiモードに繋げなさそうかな?
LD >> あ、そろそろ一番始めましょうか。
LD >> サンデーからですね。
カルマ >> 城平京先生の「虚構推理」が面白かったです。人々の噂から生まれた怪物を消すため、「怪物が人を襲っているという真実」を「怪物なんて存在していないという虚構」で書き換えるという発想が見事。 「人はつまらない真実より面白い虚構を信じる」を基に「面白い真実をより面白い虚構でねじ伏せる」というやり方で勝つのが見事。
LD >> 【BE BLUES】 ある意味では予想通りなんですけど、いい展開ですね。
LD >> 了解。とても面白そうですね。『虚構推理』城平京ですね。
LD >> 【BE BLUES】 しかし、ある意味では、ここでまるで最終回のように盛り上がってしまっているのだけど、次の展開って何か用意があるのでしょうかね?w
カルマ >> 「ビーブルーズ」良かったですね。
LD >> 【キングゴルフ】はキャディ勝負と来ましたよ?しかし、おばちゃんばかりだった画面が多少華やかになりそうな気もしますよ?
kichi >> 「BE BLUES」良いですね。以前と同じとはいかないとしても、龍の凄さはバッチリ感じられて痺れます。……次の展開はいくらでもあるでしょうw リハビリマンガならともかく、サッカーマンガの一側面でしかないって、少なくとも私は捉えてますのでw
LD >> 【境界のRINNE】は当たり前rのように面白くて困る。(´・ω・`) (←なぜ困る?)
kichi >> 「キングゴルフ」……キャディ勝負かぁ。ま、確かに女子決勝ってことで多少は華やかにもなって、悪くも無いのでしょうけど……w
kichi >> 「境界のRINNE」はほんと困りますね……(´・ω・`)読めば面白いのは分かってるんですけど、分かりすぎてて最近飛ばしがち……
LD >> 【BE BLUES】 いや、たとえば次の展開で強敵ライバル出現とか言っても、龍ちゃんのスペックが決まってしまうと、普通のサッカーマンガになっちゃうじゃないですか。それは何か勿体無いなと。
カルマ >> 「キングゴルフ」面白い展開ですね。キャディ編の時ももうちょっとなんとかできたと思うけどw>画面
LD >> まあ、【キングゴルフ】にそもそも、華とか言っているのが間違いという気がしないでもないですが…w
LD >> おお…【武勇伝】は、いよいよ女子ボクサーが登場だよ。(´・ω・`)
kichi >> 「BE BLUES」……う〜ん?スペック決まる?と言っても完全復活というわけではないですし、元々困難であるのは間違いなかったトップを目指すような道を、今できる中でどう達成するかといおう描写をしていくことに、私は全然不安は無いですけどねぇ……。
LD >> 【マギ】なんか、ちょっと見ているとアリババの剣術は1対1では有効そうだけど、1対多だと厳しそうだなあ…。
カルマ >> 「ビーブルーズ」いや、今の時点でできることを活かして活躍するという話だと…龍くん的にはここでとどまるつもりはないだろうし
kichi >> 「武勇伝」は萌花ちゃんを前に出していくのは良いことなんで、この展開は歓迎ですねw
LD >> 【BE BLUES】あ、僕も不安はないです。それこそ普通のサッカーマンガになってもそれはそれで面白いでしょうし。…ただ、たとえば今回、龍ちゃんが事故のビハインドをほぼ完全にひきずってない事が表されたので、ストーリー的にも引きずれないというか、ちょっとひねって織り込む必要が出てきていると思ったんですよ。
kichi >> 前から言ってるようにそのためのアンナちゃんなんじゃ?と思ったりはしてますw>ひねって織り込む必要
LD >> 【BE BLUES】つまり、龍ちゃん的には、怪我の事は「もう終わった話」なんですよね。そうするとストーリーも「もう終わった話」になってくる。キャラとしては僕は龍ちゃんみたいな悩まない人が好きなんですが、ストーリーとしては、しばらく、いやそれこそずっとずっと、ぐずぐず気に病んでいた方が特徴を出せたかもしれないな…とか思ったのです。
LD >> おおう。今、何か明確なイメージがあるワケではないですが、アンナちゃんはそういう事っぽいですね。あの子は、ぐずぐず悩んでいるしw
LD >> 【神のみぞ知るセカイ】、栞の物語を作文として、真っ向勝負して来たのは、良かったです。そしてそれは成功していると思います。
kichi >> リハビリの厳しさとか、そういうメンタル的な話はアンナちゃんが龍の姿を見て引っ張られる形で描くのでしょうね。で、龍の物語自体は、実際的にというか現実的に能力的にブレーキや限界が出来た中で、どう目標を達成していくか、その難度が上がったという事実だけで充分面白いんじゃないかと思ってます。
カルマ >> よくよく考えたら「ビーブルーズ」高校サッカーの話だそうだから未だに前段でしかないんだなぁ…凄いなぁ…
kichi >> 「神知る」、思った以上に良かったですねぇ、作文w
LD >> 【神のみぞ知るセカイ】soreni
カルマ >> 「神知る」良かったですね。コマ割りがあれば漫画になるなぁ
LD >> 【神のみぞ知るセカイ】それに、天理や、かのんといった「既に実が成っている」娘は待機させて、次々実をつけている状況はすごいなあw同時スタートを切ろうとしているようにも観えるw
LD >> 安西先生、【最上の明医】が重いです。(´・ω・`)
kichi >> 「最上の明医」重いですね……(´・ω・`)つか、ほんとに前もって言っとけよ、いろいろと(汗)
GiGi >> ビーブルーズはギャラリーの落胆と興奮の落差が失われたものの大きさを想起させずにいませんね
LD >> 【絶対可憐チルドレン】は、なんかもう『ファースト・ジェネレーション』ですね。…超能力戦隊にヤドリギとイヌガミの二人がいるのが、ちょっと好き。
LD >> 【ムシブギョー】どうやら、このカブトムシ決戦は江戸の夏の風物詩と化しているようなのですが、家重様、いくらひきこもりとは言え、この事態を知らないという事はありえるのでしょうか?w
kichi >> そうですね。龍自身はどんどん前へ進んで行くのを、アンナちゃんが代表だと思うんですが、周りの人達が見て落胆したり興奮したり感動したりする、そういう描き方で“こういう話として”の魅力もバッチリ出せてるし今後も問題なく出せるイメージです。>ビーブルーズ
LD >> 【ムシブギョー】あと、ちょっと思っているのは蟲って、蟲狩りの連中が連れて来てたのかもね。
kichi >> 「ムシブギョー」その辺は私も気になりましたw でもまぁ、解説役としても最適で、ほんと便利な人物だなぁw>家重様>江戸の風物詩化
LD >> 【月光条例】のこれは…ここに来て、さらに昔話なのでしょうか?
LD >> 【はじめてのあく】ヒーロー試験、シズカちゃん予選落ちかあ…そりゃ兄貴さしおいてパスできないけど…。クロサワさんが試験管で、キョーコは合格できるのかな?ここらへんの力関係がよく分からないw
kichi >> 「月光条例」……きっとまた単行本1冊分程度は昔話なんじゃないでしょか?(´・ω・`)
LD >> 【最後はストレート】の柔道の人の意外に堅実な所は、けっこう好きですw
GiGi >> 絶チルはXMENに触発されたかなw。
kichi >> 「はじめてのあく」は……う〜むw クロサワさんここまで大雑把な人でしたっけ?ま、基本線はそうだったからいいのかなw ちょい百合臭もあったし、良いことにしてしまおうw
GiGi >> 月光条例はこの先生は宮沢賢治なのかな。
LD >> 【ハヤテがごとく】ハヤテくん、回転上昇しながらルカさんを助けるのは、かっこいいなあw何かネオ・キン肉バスターを習得できそうでw
LD >> 百合臭w(=´ω`=)
カルマ >> 「月光条例」また長くなりそうですね…w
LD >> 【ケンイチ】の、この鈴木はじめさんって誰でしたっけ?こんな人出てましたっけ?
GiGi >> ビーブルーズは百点満点ではないプレーの凄みを描き続けてくれることを期待しています。
LD >> そろそろ、マガジン行きましょうか。
kichi >> 「ケンイチ」、少なくとも私の記憶にはないです……>鈴木はじめ
GiGi >> ところでスペリオールの「フットボールネイション」というサッカー漫画がなかなか面白いですね。
LD >> 【BE BLUES】ああ〜。良い視点ですね。そうか、それで、ばたばたした点の入り方なんかの意味が違って取れればいいのか。
LD >> じゃ、新キャラっていうか…ケンイチの次の対戦相手(あるいは設定目標)だったりするのかな?>鈴木はじめ
kichi >> あー、そうなんですかね? 逆に(?)ラスボスって線も考えたりはしましたが、まぁ、私は途中からの読者なんでにゃんともw>鈴木はじめ
LD >> 【A-BOUT】あw田代、グラサンかけはじめたw
LD >> 【A-BOUT】なかなかいい話なのに、最後台なしなところも含めて、いい話でした!(`・ω・´)
kichi >> 「A-BOUT」いろいろ面白かったですねw アナゴ、ウツボ、シャチ、マンタ、オクトパスw
LD >> 【賭博覇王伝零】が、33号から連載再開という事で、在全無量総帥の人生相談が半端ない件。(`・ω・´) 基本「気づけ!」って言ってる人なんだな〜。
GiGi >> スポーツ漫画の主軸が根性論から戦術論に移って、今度は個人の身体的性能の重要性を描くフェーズに移行しつつあるのを感じますね。
LD >> 【A-BOUT】大事にしていたギターが全損とか、いかにもな展開が大好きですw
LD >> 身体的性能の重要性>ふむ。「心技体」と言うものの、これまでのスポーツ漫画はかなり“心”に偏重しているような所がありましたっけね。
カルマ >> 「アバウト」ああ、アバウトだなぁと思うオチがいいですねぇw
LD >> 【財前無量の人生相談】(Q)「もしも野球部のマネージャーが『零』を読んだら、どうなりますか?」→(A:財全)「どうもならんわっ!…っていうか高校野球の女子マネージャーが『ドラッカー』を読んだところで本当はどうにもならんのよ!気づけ!しかし、ま、高校野球の女子マネージャーが前田敦子だったら何かが起こるかもしれんのぉ〜」
LD >> 『アゲイン』、あの飲み物なに?な、なんなの?すっごい気になる!(´・ω・`)
LD >> 【アゲイン】「団長は応援団なのに、なんでそんなに応援されるのがヘタなんですか?」は、刺さる言葉だなあ……ホント。なんで何でなんだろう?宇佐美団長は『3・3・7ビョーシ!』の福ちゃんとは、何か違うものを見ている?
LD >> 【君のいる町】が、何か総スカン食らっているようですが……まあ、適当なところで手打ちになるかな?(´・ω・`)(←すっげえ適当な予想立ててる)
カルマ >> (2時〜4時までMBSアニメ時間か…きついな)
kichi >> 「君町」は……、LDさんとは大分温度違うなぁw ま、そんな風になりそうな気もしないではないですけど、いっそ二人でどっか引っ越してしまえくらいの気分な私w
LD >> 【ベイビーステップ】、次でえーちゃんが何か仕掛けるみたいですね。それにしても、細かく難波江のラケットさばきを描いてくる所とかしびれますね。入らなかったけど、そういう描きの積み重ねが『ベビステ』の厚みになるし、そうしう業の積み重ねが難波江の凄みになる。
LD >> 【君のいる町】いや、多分、kichiさんと温度は近いと思いますよw 本来、僕が持つイメージは言われるとおり、二人で寒く寄り添うイメージなんですが、なんていうか『君町』は、多少、1、2回そういう描写をしても、すぐにその展開はやめちゃうんじゃないかな?という逆説を感じるんですよねw
kichi >> 「ベビステ」はほんといつものことではあるんですけど、丁寧な描写の積み重ねに痺れますね。この試合は両者が同タイプってこともあって、ほんと細かい点まで重要で。
LD >> 【AKB49】は……やあ、うん。お父さんが許してくれる、あるいは黙認みたいな展開が一番正道だけど…う〜ん?多分、このエピは吉永のビルドのためにあると思っているのですが、どうやればそれが成せるか…?(考)
kichi >> ……ま、それはそうかもなんですけどw>君町   でもまぁ、思ったより周りの反応冷たかったですし(まともに考えたら当然ですがw……でも案外明日香さんがあの連中と仲良かった実感が無かったりして、思ったよりは……って感想もあるw)、逆に大胆に展開しちゃうのもアリかなぁ?って気分もあったり。そういう変に大胆な展開もこれまでありましたしねw
LD >> 【この彼女はフィクションです。】は……へえ、こう来たか。というか、そのまま走らせたような構造で着ていますね。
kichi >> 「φブレイン」、先週からだけど、主人公はほんとにこんなボンクラでいいの……?(´・ω・`)3バカとかはいくらバカでもいいだろうけどさー、主人公があの遺書鵜呑みとかあり得なくね?
kichi >> 「AKB49」は様子見〜。
GiGi >> 2人以外誰も知り合いのいない土地に引っ越して「君のいる町なら他になにも入らない」(完)でいいんじゃないですかね(白目)
LD >> 【君町】分かっているのは、御島が「許す」って言えば関係は修復されるんですよね。それだけで。逆に彼女が許さないなら、浅倉さんも、神咲も、月も、一歩も動かれんのですよね。これまで御島さんでまとまる関係表を構築してきたから。
kichi >> 「このかの」は、そうですね。割とそのまま。でも文芸部に秘密を明かしたりと、ちょっとずつは進展もある感じで、まぁ、良いのかな?
kichi >> もうそれでいいよって思っちゃいますよねw>君のいる町なら他に〜
GiGi >> 恵まれた身体というのも本来得難いものなんですよね。バレー漫画の「少女ファイト」あたりが嚆矢かなと思うのですが、ようやく心技体を総合的に描けるようになってきたのかなと。
kichi >> ……そこまで簡単なものなのかなぁ……? 人間としてあまりの最低さに見限ったってことのようにも思えますけど……w>関係修復
LD >> 【このかの】ふむ……大体これくらいに状況を変えて、それがどういう展開を呼ぶかは分からないけど……ドタバタ円環ラブコメディじゃなくって、とにかく展開を呼びこむストーリーマンガを目指しているように観えるかな。
カルマ >> 「GE」はきっちりお姉さんのとこに行ったし「君町」はもうゴールしていいと思うw
LD >> 【君町】、普通の社会感覚としても、物語の因果感覚としても、簡単なものじゃない…と、僕は思っていますw でも『君町』は、そもそもこの状況の原因になっている病気の恭輔に乗り換えるという展開事態が軽かったんですよね。
LD >> 【ブラッディ・マンデイ】ああ…!チームJって懐かしいかもw…こう、ちょっとエロイ姉妹がいたんだよねw
kichi >> 「GE」、カルマさんの言うキッチリの意味があまりよくわかんないかもw ……というか、ここで大沼さんじゃ無い辺りにも無駄の多さを感じたりw<我ながら酷いw
LD >> 【GE】こっちか〜w
カルマ >> え、ここでお姉さんのとこに行くのは妥当じゃないですかw 大沼さんのことは頼る感じじゃないしw>GE
GiGi >> このかのはミチルの居場所が出来てきたのが良かったですね。これで相当動かしやすくなったように思います。
LD >> あ、同感ですw大沼さんの方がシンプルですよねw
LD >> 大沼さんが頼れるかどうかは別として、大沼さんじゃないと美しくないんですよw『ストーリー式』がw
kichi >> 「君町」は、まぁ、私達の常識では計り知れない展開、描写を何度もやってきてはいますからねぇw でもま、今回の振り方はそれにしたって酷かった印象ではいますけど……w
LD >> 【ばくだん】、やはり『カメレオン』との最大の違いは人があっさり殺される所だなwしかし「オスカルで助かる〜!」とかは相変わらずなわけだ!(`・ω・´)
カルマ >> まぁ大沼さんのキャラが死んでるのはわかるけど、ここは学校外のコミュニティで頼れる女性ということでしょう。今までの社会から逃げたいんだから>GE
GiGi >> フーコ先輩がとてもかわいいので、マガジンで早期にカップル成立すると破局するというジンクスにならないことを祈っている
kichi >> 本命とうまく行かなくなったときの逃げ込み先として、本来大沼さんは最適なポジションであるはずなんですよねw ま、お姉さんが出てきている以上はこっちの方が妥当とも言えるんですが、……そういう意味では登場させるべきではなかった人物というかw
LD >> 【魔法先生ネギま!】が頼もし過ぎる展開で震えるw
kichi >> 「ブラマン」はやっぱ総理が気になるところ。案外ファルコンと通じてるって可能性もあるのかなぁ?
GiGi >> 大沼さんに走ったら100%バッドエンディングだと思うw。執着しないで甘えさせてくれる大人が必要だったという理屈はわかる。ギリギリタイトルを成立させる力場が働いているのだろうと。
LD >> 【GE】kichiさんの言っている事が、よく分かります。大沼さんの置き方は、正に「こういう事態」の時の逃げこみ先として、最も良い位置につけていたんですよね。今からでも遅くない。このお姉さんには適当にあしらわれて、大沼さんの所に流れつくんだ!(`・ω・´)
LD >> 【GE】GiGiさんは、大沼さんを大きく見積もっているように思うんだけど、僕は、大沼さんはそこまで強力なアンカーになるとも思っていないから、そこから脱するイメージは持てるんですよね。そもそもこの黒川さんの振り方ってかなり気の迷いだしw
kichi >> ……まぁ、それこそ「君町」の二の舞みたいなことにはなりそうですが……、う〜んw>100%バッドエンディング
GiGi >> 黒川と釣り合わないのは人間力が足りないからなので、ハチクロの竹本くんよろしく人間修行してくるのがよいかと。お姉さんじゃなくおっちゃんとかでいいじゃないというツッコミはあるがw
ルイ >> おはやうございます。カルマさんに同感で、ここで大沼さんは話の筋が綺麗じゃない。この人でいいですね。ポイントは後腐れのなさw
LD >> 『ハーメルンのバイオリン弾き』的展開というか、いや、そもそも『仮面ライダー』的展開というか、よくあるんですけど、ちゃんと積み上げて来てこれが出ると、ほんとなんか嬉しくなっちゃうw
LD >> お早うw
ルイ >> 大沼さんの場合完全に「選択」になるけど、このお姉さんの場合「回り道」になる。今物語の図式としては、黒川との人間力…というか人生経験の天秤が吊り合ってないという話なので、正直ここで性に爛れるくらいの事をした方が、性行為を妙に神聖化せずに対象化できるんですよね。こいつらHに構えすぎなんですよ、しょせん動物なんだからモーw
ルイ >> ギギさんの言うおっちゃんでいいって話は、まさに「人間力」と読み解いたからこその発言ですね。ぼくは性をメインにした体験レベルの話だと思うので、女なんだろうなと思っているw
カルマ >> とりあえずセックスすればいいじゃんと思っていたんだけど、今の大沼さんはカニバサミで中出しさせられそうな気配があって非常に危険です。その点お姉さんは割りきれてちょうどいい。>GE
LD >> 【GE】そう?星里もちる先生は、ここで巨乳の女の子しか出さなくって、それは美しいストーリー式だったよ?(´・ω・`) (←なんのタイトルだ?)
ルイ >> りびんぐゲームか…←
ルイ >> そもそもGEって作品が、勃起しちゃうのはしょうがないよね!とか、そういう幻想の無さをウリにしている作品というのはあるので、その変フツーの恋愛漫画の組み方をイメージすると違えるんでないかなと。
カルマ >> 「ネギま!」儀式の魔力はどちらでも利用出来るんですね。ラカンまで出てくるのはどうかと思ったりもしますが
LD >> >カニバサミで中出し|そこまでやるのはコード的にどうがと思うけどw まあそこまであるとしても、この主人公が大沼さんでそうなるなら、黒川さんを押し倒している気はしますw
kichi >> ……まぁ、後腐れなく爽やかな後味にするにはお姉さんの方がいいんでしょうけど、ドラマを掘り下げるなら大沼さんとヤッチャッタ上で……の方がいいような気がするんだけどなぁw
ルイ >> それは掘り下げじゃなく泥沼説wまあ泥沼の中に物語の鉱脈があるってのは確かですが、基本的に「はよ終われ」派なのでなんともw
ルイ >> 『ネギま』は凄く良かったですね。とってもわかりやすい承認メソッドというか。生徒たちが戦う→前世代の英雄が戦う、というシフトにネギ先生の承認の拡大が明確に出ていて。
LD >> 【GE】、う〜ん、どうなんだろう?これまでの話を総合すると、大沼さんをどれくらいヤバいキャラか?という認識によって意見が違ってきているように思えますね。僕はそんなやばく感じていなくって、ヤバくなさはお姉さんも一緒なんで、どちらでもいいんだけど、ストーリー式としてはキレイな方がいいよね…って話になっています。
GiGi >> 少年誌的にただれはしないと思いますがwお姉さんの横で大人の修羅場体験コースというのは道筋としてあるでしょうね。真っ直ぐ言っても黒川と聖志は絶対交差しないので。
ルイ >> 黒川が非処女でそれを受け入れろって話をしているので、今更チェリーである事を誠実さに置き換えるような作品でもないですしね。
ルイ >> 大沼さんの方が話は汚く(ドロドロに)なるという話をしているつもり。一度生まれたキャラを全うさせろというエコの観点ならわかる話ですが、このお姉さんを出した時点で、正直これ以外の目的はないでしょうと。
LD >> 【ネギま!】ラカンの「半分気合で戻った」とかが良すぎる。いろいろ食っちゃってるよ、この人。赤松先生のマンガでこんなキャラが拝めるとはw
ルイ >> 『AKB49』はパパンのキャラが面白くないのでしばらく様子見。アイドルになんかなれるわけないだろ、って、もうなってるわけで前提があまり噛み合わないw
GiGi >> 大沼さんを選ぶなら分岐ルートはもっと手前でしたね。今大沼さんに行くのはみんな不幸になる君町ルート。
ルイ >> そゆことになります。君町ルート。
ルイ >> 『君町』はなんかもう、自分の筋立ての悪さを棚上げして「好きなら好きでいいんだよ!」という『正解』にムリヤリシフトしているので、ちょっと吐き気を催すレベルだけどまあ敢えて書かない事にしておこう←
LD >> >今更チェリーである事を誠実さに置き換える|ああ〜そこに関してはルイさんの言う事はわかるし、そうかもしれないんだけど、僕はちょっと逆に感じていて、非処女だからこそお前は誠実でいろとか操を守れとか、そういうベクトルを感じています。
カルマ >> 「AKB49」はアイドルになった吉永を生で観る展開とかかなー。それくらいしか思い浮かばない
GiGi >> 赤松先生の場合はラカン復活すら計算づくな気がしてしまうw。あとはネギくんのもうひとりの師匠の活躍にも期待。
LD >> 君町ルート|うん、見積が大きい。僕はこっちは戻れると思うけど、しかし、実際の展開がお姉さんであるという事は、送り手の意図としてはそういう事なんでしょうね。
ルイ >> その視点はなかった>非処女だからこそお前は誠実でいろ うーむ、そのベクトルって先に処女幻想待ち受けて無いかなぁw回避できてるなら面白いロジックかも。
ルイ >> そうか、吉永パパの眼を使えば「アイドル以前」「以後」が強く描ける可能性はありますね。みのりにとっては最初からアイドルだし。
ルイ >> ネギくんのもう一人の師匠…ああ、カモくんか←
kichi >> ……う〜ん、まぁ、そうですね。なんか前提とかグチャグチャでいろいろアレですが、お姉さんが出ている以上はお姉さんとこに行くのが妥当というのは分かる話ではあるんで、まぁ、もっと早くに大沼さんを選ぶルートを描くべきだったと思うって辺りではあります(´・ω・`)
ルイ >> 半ば敵のものである場に溢れたエネルギーの恩恵をうけてこちらにも…って結構既視感があったりもしますね。それにしたって今のネギまは面白い。ヒーロー化した後、また「先生」に戻る(しかしステージはあがっている)のが。
GiGi >> 大沼さんリサイクルという話だと目撃者になってもらう手はあるかな。大沼さんもきっちりそげぶしてあげるのが、真の意味でグッドエンディングと言えるかと。
ルイ >> 大沼さんみたいに愛が重たい人の為に、誰か宛てがってあげるとか。まあ、タイトルの射程次第ですね。誰かのグッドエンドは誰かのバッドエンドですよ、という捉え方なら、大沼さんは理想的だw
kichi >> 「ネギま」良かったですね。燃えました。いやほんと、ラカンは流石に意外でしたし、本来どうかと思うとこでしょうけど、ラカンならアリかと思える辺りがねw
LD >> SOROSORO CHAMPION NI IKIMASUKA?
LD >> まあ、星里先生とか、あだち先生は、さっさと誰か宛てがって、しかも嫌味がない感じにできるんですけどね〜。ここらへんはラブコメの資質というものかな〜w
ルイ >> サンデーの話をちょろっとすると、武勇伝は良い展開かつ萌花ちゃんが可愛かった。ビーブルースはLDさんの心配に乗るかな。毎回観客や対戦相手が残光を観てこちらが龍のメンタル強者ぶりに感動する描きは、今はこれでいいけれど、これ以外のエネルギーにどう繋げるのかな?と思わないではない。今は完璧。
ルイ >> チャンピョン。クローバーとナンバを対比する簡単なお仕事。
ルイ >> 同じ「不良バイトする」で、やってきたカスがパンピーに迷惑かけそうになる所まで同じ流れなのだけど、まあ間違いなくクローバーはぶっ倒して、先輩が認めてくれて終わるだろうなとw
LD >> 『弱虫ペダル』、待宮くん、ちょっとパフォーマンスが過ぎるけど、まあアリだよね。集団の力を目一杯引き出してここまで追いついたんだし。
カルマ >> MBSアニメタイム終わり。来週からはもう30分早いけど…w
ルイ >> 『弱虫ペダル』渡辺先生のテーマ抽出能力みたいなものは、ちょっと舌を巻くレベルだなと。待宮と坂道を対峙させる事でこんな豊穣な物語が生まれるなんて、ちょっとぼくでも想像できんかったわ。
ルイ >> 坂道の心象的には、自転車部は彼にとっての待宮の位置だから、それを裏切る事は感情的に許せないし、同時にその為には自分が培ってきたコミュ力を発揮しなきゃいけないという、凄い組み立て。
kichi >> 「弱虫ペダル」、坂道が“町宮を仲間に絡ませたくないため”頑張る展開になるようなのはちょっと意外で面白いですねw そこで頼れるのが荒北さんというのも面白い展開だなぁ。
LD >> 『クローバー』、先輩カッコよかったですよね。
ルイ >> 元々がコミュニティ希求のモチベーションモンスターという認識なので、そのコミュニティ自体が嘘だったら?というのは、坂道的には物語最大の悪なんですよねー。
LD >> 【ましのの】は、好調過ぎますね!(`・ω・´)
カルマ >> 「ペダル」良かったですね。ここで!という
ルイ >> 荒木なんて、ヒメヒメ歌ってた時は最も対極というか、接点絶対なかったですよね。東堂さんとかは道でモノ落としたら拾ってくれて変な会話できそうだけどwその点で、荒北が最初のコミュニケーション対象というのも抜群に上手い。御堂筋の時は大体読みきってましたけど、こっちは開帳されてビックリの巧みさですね。
ルイ >> さすが漫画賞にものっそ長い指摘をする渡辺先生。自覚的や。
ルイ >> 『ましのの』は好調ながらいまだ安心はできない好調さだけど『りびんぐでっど』は本当に凄く面白い。連載化は当然。
LD >> 【バチバチ】は、どうなるかなあ?一番の好みはそれでも蒼希狼の一発負け。
LD >> でも、どっちが哲弘作品に近いかっていうと『ましのの』の方なんだな!(`・ω・´)-3
ルイ >> 『バチバチ』も上手い。青稀狼の過去話ってぼくも評判ほど乗ってなくて、それは「いや、この物語を全員が抱えているんですよね?」という感覚だったからなのだけど、今回のふっとばしで完全に物語を土俵に戻しましたね。マンホールとか関係ない。
ルイ >> 哲弘は結局模倣できないんだ…本人すら踏襲できないんだから…
LD >> 【バチバチ】ところで、人気投票、4位の天雷と、6位の石川の間に、5位の川口さんがw
ルイ >> 『シュガーレス』シャケが岳に影響うけた描写は初じゃなイカ?
GiGi >> どこにも短期集中連載と書いてないけど哲弘先生ならしかたない。人類にはまだ早すぎた。
LD >> 【シュガーレス】は、岳が正門を殴れて良かった。しかし、倒してはいない。(´・ω・`) あと、シャケの豪快パンチかこいい。
ルイ >> 『イマワノキワ』夏だ!ホラーだ!チャンピョンだ!的な。しかしコマ割が面白い。
カルマ >> 「バチバチ」良いですね。すっとあおきろー負けてほしいかなぁ。舐めてるわけでも騙してるわけでもなかった、と気づいて欲しい
ルイ >> 伝聞的な怖い話を4コマ調で表現する事で、淡々と話す様子が想像できるのは凄い。
ルイ >> そうね、今回威力的な油断を剥ぎとって、それでも負けた方が蒼希狼の為にはなる。でも、投げ合いとかしそうだなあw
kichi >> 「バチバチ」、やっぱ青稀狼には負け切ってほしいとこですねw 結局過去話も負けた方が効いてくるってのもありますしw
ルイ >> 『ケルベロス』まどマギなら金屋さんソウルジェム食われて死んじゃってるレベル。
LD >> 【ケルベロス】……なんか、金谷さん、気を失う前に、九力くんと崩とかと何か話していた?
ルイ >> 鮫島が油断はなかったのにドングリの変化にやられて、自分のおろかさに気付いたエピソードがありましたけど、あれをプレゼントしてあげたいですね。
ルイ >> 『ナンバデッドエンド』が相変わらずヤバキチ。
kichi >> 「シュガーレス」、シャケが降りてきたのは意外ですがwktk
ルイ >> 前回も今回も岳くんにニヨニヨしていたので、神もお気に入りなのでしょうw>シャケが降りてきた
kichi >> 「ケルベロス」は金屋さんも力を得る展開もあり得るのかなぁ……?なんて思ったりもしますね。……しかし、「純白の魂」って黒が混じってないって意味では無いのかぁ……。
ルイ >> 『りびんぐでっど』は本格連載化して良かった良かった。
ルイ >> アクマイト光線的な
LD >> 読切の『鬼ロックンロール』もなかなかよかったです。本当に普通に鬼だった所がwえ?そういう世界観の話なの?みたいな意外性がw
ルイ >> 『りびんぐでっど』は思いついたまま解き放つような言葉のセンスも楽しいし、新キャラの配置に迷いがなくてそこも好印象。
ルイ >> 『鬼ロックンロール』、最初の人形三匹が桃太郎見立ててると気づいて笑いましたけどね。そんなキジがいるか!
LD >> 金谷さんが力を得てもいいけど、まず、冬子先生だよね。カラスな。(´・ω・`)
ルイ >> そろそろ頭に呼びかける声に導かれ、冬子先生が墓を暴いてもいいころ。
LD >> ああ、そういえば『イカ娘』が、あんまり出さないようなキャラを出していて、新鮮でした。
ルイ >> 鬼ロックンロール、漫画的には一回落ち着けとか色々あるんだけど、前のめり感をロックンロールというタイトルで宣言しているから、ありかな…
ルイ >> イカ娘ね。絵的に地獄のミサワってつぶやいちゃったけど、単純にはオバタリアンですねw
カルマ >> あ、「イカ娘」面白かったですね。
kichi >> 「イカ娘」、母ちゃんネタは面白いんですけど、読者も(少なくとも私は)多少イラっとくる部分もあるので諸刃の剣感w
LD >> あのカラス「力が欲しいか?」とか聞いて、冬子先生が応じたら、あっさりドレスアップしてくれそうですよ?しかも、宿主と意志統一できるとすっげ〜強いの!(`・ω・´)(←なんか色々夢見てるらしい)
GiGi >> 真っ直ぐ目の前だけを見るというのがシュガーレスのテーマなんでしょうね。岳が主人公らしくなってきたw
LD >> 『りびんぐでっど』は、面白かったです。あの新キャラが使えるかどうかはわかりませんがw
ルイ >> そう、今回岳主人公らしいんですよね。今回も芸ごとで扱う人はちょっと見えてないな感がなくもない。
ルイ >> いやあ、母ちゃん良いキャラですよw硬直化しそうなキャラクターに別角度から光当てられますし。>イカ すっかり良い漫画になっちゃったな、と。
ルイ >> りびんぐでっどは関係性で回すタイプとは少し違うと思うので、今回のようなキャラクターをどれだけ多く生み出せるかですね・・・って話をすると「それ椿ナイトクラブだよね」という話になるわけで、そういう意味で哲弘先生的な部分もないではない。
GiGi >> 純白の魂を纏えることも含めて、この最後の崩はかなり異質感がありますね。
LD >> 『ハンザスカイ』は、峰岸でけっこういい勝負になっているのでちょっと残念な気分もあるんだけど、吹越さんの底の見えなさも描けてはいるかな?
ルイ >> ヤミーとウバァさんくらいの違いを感じる。
ルイ >> 『ハンザスカイ』の吹越先輩はなんだか特殊な嗜虐性を発揮してますね。1本しか取らない美学とかもってそうだな。
ルイ >> さすがに峰岸で王者と並ばれても困りますしねwここで何を刻めるか、という戦いになるはず。
kichi >> 「エンジェルボイス」は泣けますね……。「ほんの少しでも明るい気持ちになってもらえるなら、死に物狂いで頑張る価値がある」というのがねぇ……、あんま考えてない作品だと“それが高畑の願いだったから”とかいうある意味“過去”のものとして扱いがちなとこを、しっかり今の高畑のために認識し直してるとこがもう……!(´;ω;`)
LD >> 【ハーフマン】最終回でした……バカな!(`・ω・´) でも、微妙に本格行くのは不安があったり?
ルイ >> エンジェルボイスは色々素晴らしいよね。
カルマ >> 「ハーフマン」最終回だったのか、気づいてなかった…けど短期集中でしたか
kichi >> 「ナンバデッドエンド」は……ほんとこのままバッドエンド一直線なの?(´・ω・`)
ルイ >> 今回のエンジェルボイスは、ハガレンのエドに読ませてやりたいね!←
LD >> JUMP NI SHIMASYOKA?
ハラルヤ >> どっちが格上なのか微妙に判断に困る例えw>ヤミーとウバァさんくらいの違いを感じる。
ルイ >> 『ハーフマン』構造的には危なっかしかったし、まあキャラが可愛くなったのを確認できただけで価値はあった。編集部が切り捨てない事だけ祈りますw
ルイ >> ジャンプの新連載がこんなに面白いわけがない。
kichi >> 「ハンザスカイ」はなんだか御堂筋を思い出したりしましたが……、ま、良いでしょうw ほんとは先週負けちゃっても良かったくらいだった気分はありますがw
ルイ >> 『ST&RS』はジャンプというかアフタヌーンみたいですが←? とても良く出来てますねえ。ジャンプはマガジンほどタッグ漫画が多くない分、たまに来る原作作画タッグは本格的だ。
kichi >> 「ハーフマン」は、設定パクって他の人が連載したらいいんじゃないかと思うよw 哲弘先生にはもっとくだらない設定の別の話を作ってもらってw
LD >> 【ナンバデッドエンド】どうなるでしょうねえ?まず、物語因果的に、あの主犯の男は少なくともぶっ飛ばさないとあれですよね。…で、警察がマークしている状態だから、それだけでもバッドエンドの可能性があって、警察と梶原さん、二つパスしないとGEは観えてこなくって、そのイメージはもつらいという…。
ルイ >> ぱくるほどの価値はな(ry
ルイ >> 兄ちゃんに意識が戻ったんでしょう?
ハラルヤ >> 左右半分このヒーローならヒットしたのに。
LD >> 【ST&RS】良かったですねえ。新連載。
ルイ >> 主犯の男は別にぶっ飛ばさないとアレってことはないわいwそれじゃ剛のまんまじゃないかwちょうど警察が捕まえてくれると良。梶原さんは微妙に前回の格が残ってるんで、猛の土下座とかもろもろ抜け道がありそう。
ルイ >> まずタイトルがGoogle先生的に良い>ST&RS
kichi >> 「ST&RS」素晴らしいですね!宇宙モノってだけで応援したくなる題材ですが、設定も抜群、キャラも良好でこれは楽しみな連載が始まりましたねぇ。
ルイ >> 粗を探すならキャラクターが弱い。主人公たちの動機エネルギーが構造(設定)に担保されている所があって、彼らそのものの凄みとは違う。そこの肉付け如何になるかな。
ルイ >> 運命的な設定力に格が保証されていて、一芸能力的には「脳内で宇宙を動かせる」か。さてどうなる。
ルイ >> ナルトの中忍試験や、最低限アニメだと『青のエクソシスト』くらいには同級生に味のあるメンツを揃えて欲しいですね。とりあえず構造的には文句なし。フィフィーちゃん可愛い。
LD >> ふむ。>ちょうど警察が捕まえてくれると良。 小沢先生には、そんなに心配していないので、ちょっと結末まで眺めてみまかね。
ハラルヤ >> 『ST&RS』の宇宙服は仮面ライダー並にボディにフィットしたデザインになるに、コアメダル3枚。その程度にはケレンミを出してくれるはず。
GiGi >> あーどもども。コロコロコミックはほとんど読んでいないGiGiです。皆様はいかがお過ごしでしょう。
kichi >> フィフィーさん最高じゃないか……(´・ω・`)>キャラ弱い   ま、主人公達3人組は順当に良好って辺りだとは思いますが。
ルイ >> フィフィーちゃんは設定埋蔵量的にも色々展開を期待したいですね。本誌以外とか、おまけ漫画とか。
ルイ >> で、村田先生のアシさんだったりしたのですかね?
GiGi >> 作画のミヨカワ先生も原作の竹内先生も村田先生門下のようですね
LD >> 脳内で宇宙が動かせるのは、宇宙空間で何というか凄く有利ですね。…あるいは絶対座標を持っているって事かもしれない。
ルイ >> やはりか…
ルイ >> 宇宙で漂流した時に有利っぽいですね←おい いや、時限作業とかか。太陽照る前にーとか。
LD >> …つか、あと560日かよ!!カウントダウンがあるのもいいねw
GiGi >> ST&RSはまず何より主人公が良いですね。回りを照らし導く太陽のキャラクター。
ルイ >> だから設定的に完璧なんですよ。時限モチベーションも然り。
ルイ >> そんなに主人公の主人公だからこその凄みは感じてないな。位置的に「そうならなきゃいけない」のはわかっているので、暫く追いますが。
GiGi >> 空間座標認識は一種の超能力ですね。どう見せ場に活かすのか楽しみです。
ルイ >> 他の二人に変に超能力与えるとエニグマになっちゃいますからw他キャラの押し出し方にも注目したい所。
カルマ >> 「ST&RS」は相当いいですね。期待。
GiGi >> 設定に導かれてはいますが、主人公のモチベーションはそこじゃないんですよね。行きたいから行く。それに周囲が感染していくのが心地よい。
カルマ >> 親から宇宙漬けの環境提供されたら嫌になるパターンもよぎったけど、まぁそこはそれ
ルイ >> 構造が優れすぎているから致し方ないと思うけれど、ギギさんはちょっと先読み入ってないかなあと思う。現状ではおにゃのこはモチベーション感染というより動機設定以前の保護者気分ですし、もう一人の子だけですよね。でも、「そうなる」事は容易に想像できる。
ルイ >> 構造がキャラ読みまで勝手に進めさせる安心感があるな。
LD >> 2001年に木星に行けなかったから、2035年に火星に行くんだな。
カルマ >> 女の子普通に行ったら試験に落ちそうなので、何がしかの裏の手が入るのだろうな
ルイ >> フィフィーちゃんの輝ける10年を描くその日まで、ハガキ出して応援すっぞ!
kichi >> ……うん。主人公も突き抜けたものまでは感じてないってだけで、悪くは全然無いですし、やっぱかなり完璧な感じしますね。私が粗を指摘するなら、表紙のロケットに跨ってる宙地はキャラに合ってない気がしてどうかと思うくらいw
ハラルヤ >>                                                                                                                      
GiGi >> フィフィーさんはいろいろ猫被ってそうで、地が出るのが楽しみ。
ルイ >> 近年稀に見る完璧さだと思いますよ。特に「完璧」というワードは減点方式の適用できなさっぷりを示しているから、特にこの言葉との相性がいい。
カルマ >> 「一通目の手紙」の内容で如何様にも話が転ぶなぁ…
ルイ >> 一通目「お前らを喰うたるでや」
ハラルヤ >> 猫が小さいっ!>フィフィーさんはいろいろ猫被ってそうで、地が出るのが楽しみ。
GiGi >> 主要4人の配置は完璧といって良いと思う。腐女のみなさんには是非食い付いていただきたい。
ルイ >> とにかくフィフィーちゃんが素晴らしく良いのですけど、村田先生門下なら、ヒル魔を置く必要性はわかっていたわけか。
LD >> 【べるぜバブ】人気投票、ベル坊が一位が……まあ、かなり拮抗的ではある?
ルイ >> ジャンプだからあまりモタモタもしていられなくて、それは速度感覚があって良いのですけど、腐釣り的なことを考えると色々必要ですね。
LD >> 【バクマン】う〜ん、今、『CROW』の中では、今週の『ネギま!』みたいな事の、それが終幕に直結した形で展開しているんですよね?それは温の難しい気がしちゃうなあ。
ルイ >> 『べるぜバブ』はアニメが上手く効いてるという点でイカ娘に似ているかも。人気投票は、ヒルダと邦枝が拮抗しまくりで作者としては超やりやすいですねw
GiGi >> 宙地くんは感情を表にだすのが苦手そうで、実際細かく描写する余裕もないと思われるので、そこはかえってプラスかもしれず。
カルマ >> 「べるぜバブ」ベル坊1位はなんか、凄い落ち着くところに落ち着いてる感じがして面白いw
ルイ >> アニメで人気声優がワラワラ端役にいるわけじゃなですか。彩陽さんとか悠木さんとか。そうなると個別のセリフとか華を意識するようになって、それが最近のバブには効いていると感じる。
GiGi >> ここまできたらクロウ逃げ切りでも良いかな、という雄次郎さんの気持ちはわかりますね。
ルイ >> ONE PIECEの時代は終わっていたのだ…
ルイ >> しかし、PCPあんまり面白く思えないぼくは問題あるんだろうなあw七峰くんの漫画は面白!と思ったんだがw
カルマ >> 「バクマン」登場か!?のヒキで1位取れる感じがしない。
ルイ >> なんというか、この謎解きに「リスク」というか、一種の切迫感がないと多くのジャンプ読者は引き込まれない気がしてしょうがない。
カルマ >> 「CROW」逃げ切って欲しいなw
kichi >> 「バクマン」これは流石に逃げ切りでしょうかね? ……と思う程度な「PCP」の仕掛けではありましたw や、まぁ、実際やられたら面白くはあるんでしょうけど、バトルモノの盛り上がりに勝るほどの圧倒的面白味は……w でも、大場先生、結構自信満々で描いてそうでもあるかも?w
ルイ >> これに負けるCROWなんだって思ってしまうかなwネーム的に、真ん中に写真据えるのは面白かったけど。
ルイ >> 大場先生のイメージ的にはアイシールドと戦ってるデスノートのイメージかなw両者一番(次点か)とかありましたね、そういやw
GiGi >> 球磨川くんはここからどうやって負けるのかなかなか楽しみかも
LD >> まあ【花咲一休】も…良かったんじゃないでしょうか。
kichi >> 最後のページの服部さんの反応は、ちょっと“ワンピが一位”って可能性も感じちゃって期待もしてるんだけど、そのくらいワンピが面白い回だったのなら話題に出てないのは不自然だしなぁ〜w
ルイ >> 球磨川くん病気で判断鈍りとかしっかり余地残してるあたりが賢しらですねw
カルマ >> 「ぬら孫」これ学校で人望ある昼リクオが「人間の友だちから守られる」展開をやりたいのかな。
ルイ >> 【マジコ】ふむむ、さっさと切り抜けて欲しいバトルシリーズ。
GiGi >> バクマン的には、このまま常識的に、クロウがぶっちぎりのダブルスコアとかになりそうな予感w
ルイ >> 【トリコ】こちらもST&RSとは別の観点で無敵構造の強み発揮してるなぁ。
kichi >> 「花咲一休」、今回とんち的にはイマイチだった感はありますね。でもま、流れは良い中なので普代点感w
ハラルヤ >> 球磨川君のことだから勝利は無いでしょうね。なんらかのカタチでジョーカーを利用した、引き分けあたりが妥当な決着かなあ?
LD >> 【スケットダンス】なんか好きだな…こういうのw
GiGi >> マジコはバトルは足枷かもですねえ
ルイ >> うん、単純には読者にはPCPの器を見せてしまっているので、それへの反応は人それぞれで皆がぼくほど辛くないとしたって、そういう辛口評をホイホイしてしまうところがありますよね。クロウは得体の知れなさを保ってるけど。
GiGi >> 一休は次回の使い捨てヒロインに期待したい。いや大丈夫、いろいろ描いてりゃそのうちかわいく描けるようになる。
ルイ >> 読者投稿アイデアからネタ拾っていく無敵っぷり。>トリコ 世界を広くしてしまえば、一箇所での生態系の整合性とか必要ないですしね。無敵だなぁ。
ルイ >> 【一休】
ルイ >> キャラの可愛さは限度があるような…wとにかく頓智次第ですね。
kichi >> 「マジコ」はやっぱバトルは……(´・ω・`)アンケートがどうなのか知りたいなぁ。……ただまぁ、エマたんが極度の狂気を目の当たりにすることで、なんらかの意識変化とかあるエピソードなのかな〜?なんていう期待はしないでもないです。これで今回も通常エピだったら残念すぎるなぁ。
カルマ >> ギミック自体より怪人的な立ち位置のキャラの顔見せまで行かないでヒイたのがサービス足りてない気がする>PCP
カルマ >> 「マジコ」バトル回だけ数字が飛び抜けて良かったりすると悲劇だなぁ。
ルイ >> そもそも怪人は何がしたいんだって言っちゃダメかw
ルイ >> あのね。前回のバトル回=ルー回なので、そこで錯覚起こされるとまずいですよねw
LD >> 【めだかボックス】球磨川、カッコよさがぱなくなってますねえwさすがに括弧つけているだけはあるというかw
ハラルヤ >> 使い捨てで終わるといいんですけどね。
kichi >> 神父とのバトルが忘れられてる件w  ……あ、ちなみに、次男とはルーちゃんがバトってほしくはありますね。シオン3連戦は……(´・ω・`)
カルマ >> それは話の流れがあるからなんともいえないw>何がしたいんだ
ルイ >> いや、人気を判断するには4〜5週くらいは前でないとネーム描けないので。
ルイ >> でも、PCPってそもそも犯罪未満なんですよね。それでシリアスって成立すんのかなぁw
kichi >> 「めだかボックス」、やっぱ負ける前提なんだなぁw ま、こんな相手に初勝利では球磨川の格的にも悪影響なんで当然といえば当然なんですが、ちょとややこしくてそれが面白いですねw
LD >> 【めだかボックス】この試験、基本的にキャラ立て動作のためにあると思うですが、もとから動く球磨川がよりよく回るのは必然でした。安心院さんと、球磨川がいるだけで、大分他のマンガと違って観えるなあ。
ルイ >> 【黒子のバスケ】青はまだ本気ではなかったのだ…ギミックでなく単純なインフレって、他選手は本当に見てるだけになって1on1で終始するから広がらないんだよなぁ。いいのかなぁこれで。
LD >> 【いぬまるだし】は、面白い。まるで少年サンデーにおける【j境界のRINNE】のごとき安定度。(`・ω・´)
kichi >> 今回の「いぬまるだし」はテクニカルで面白かったですねぇw 「ST&RS」が無ければ一番推ししてるレベルでしたw
LD >> あと、【ブリーチ】かなり後ろに来ましたねえ。『CROW』とは大分違うな。(´・ω・`)
ハラルヤ >> おばあちゃんは言っていた。「学校の中ならたいていの事件は犯罪にならない」ってな!>犯罪未満なんですよね。それでシリアスって成立すんのかなぁw
カルマ >> 「いぬまるだし」毎度毎度よくこれだけテクニカルな笑いをコンスタントに出せるなぁとw 面白い
LD >> 『エニグマ』は、シャドウ化する時のあの黒い斑紋は、なんか小汚くてよくないと思うよ?(´・ω・`)
ルイ >> そんなこんなで【ST&RS】で良いですよ。【カペタ】でも良いですよ。
LD >> 【メルヘン王子グリム】最終回でした。面白かった…とは言えないけど、嫌いじゃなかった。また頑張ってください。
LD >> さて、一番決めましょうか。
kichi >> そいえば「ぬら孫」でつららたんがレアな娘とか呼ばれてるのはちょっと面白かったけど、護衛なのにそんな程度しか学校来てないのか?とも思ったw
LD >> サンデー。【境界のRINNE】
LD >> マガジン。『A−BOUT』
LD >> チャンピオン。『りびんぐでっど』
LD >> ジャンプ。『ST&RS』
kichi >> サンデーは「BE BLUES」かな。
カルマ >> サンデー「神知る」ですね
ルイ >> ほかも挙げると【神しる】【ネギま】【弱虫ペダル】。
カルマ >> あぁ、「ビーブルーズ」だ
ハラルヤ >> 『ぬらりひょん』25年て、ライダーの中の人いくつだよw
kichi >> マガジンは……「ネギま」?
LD >> まあ、『ST&RS』かなあ。他の候補が強くないというのもありますね。
ルイ >> ビーブルーズは当然良いのだ。高校生になるまで不安はないw
kichi >> チャンピオンは…………「エンジェルボイス」かなぁ?「ペダル」も良かったですが。
カルマ >> マガジン「ネギま!」
ハラルヤ >> ジャンプ『ST&RS』で。
kichi >> ジャンプは当然「ST&RS」で。
LD >> ああ。『神知る』良かったですね。
カルマ >> チャンピオン「ペダル」かな。
カルマ >> ジャンプは「ST&RS」でしょう。
LD >> 『ST&RS』にします。期待しましょう。
LD >> それではお疲れさまでした。
ハラルヤ >> サンデーは『神のみ』
ルイ >> 【ST&RS】って、ジャンプ漫画の1話という観点でいくと、明確な掴み大ゴマがないんですよね。セナが走ったり、海賊王宣言したり、火影になろうとしたりとかそういう。本当に全体で魅せている作品で、そんな作品がどこまでいくかも楽しみですね。
ハラルヤ >> おおっ即決ですね。お疲れ様でしたー
ルイ >> ああ、ギギさんだと宇宙行きたいを挙げるのかなwでもまあ、ぼくの印象では全体の印象ですね。
ルイ >> この前に新連載が表紙をとったのは【ねこわっぱ】以来なのかい?←
LD >> 【ST&RS】ジャンプで厳しそうな連載ではあると思います。
GiGi >> 今週は各誌エース級の作品が良い週でした。しかしやはりST&RSの完成度に譲りますね。
ルイ >> 例えばこれがジャンプSQなら、バッチリ顔になると思えるのですけどね。そこをどうナイズするかって所で、やっぱり、キャラの強い同級生カモンとw
kichi >> 私の印象ではメッセージの火星で会いましょうっていう、その設定開示部分ですね。あれで完全に「これはイケル!」って思いました。フィフィーちゃんのアップだしw
ルイ >> あと最近ヤンジャンの「孤高の人」が超楽しい。
GiGi >> 作画的な見所としては、常に光源を意識した背景の処理が面白いな、と。世界を美しく見せる絵ですね。
ルイ >> 設定でフィフィーだから、それは全体なのよなあ。
kichi >> おつかれさまでした〜。
ハラルヤ >> あんまりアクが強いキャラが出る学園モノ宇宙モノだと『フォーゼ』とかぶるから僕的には嬉しくないぜ。
ルイ >> それなしでジャンプで生き残ったら大したものです。
カルマ >> お疲れさまでした〜。
ハラルヤ >> 連載終了まであと560日!!
ルイ >> 微妙に頑張ったのねw
カルマ >> そうそう「さよなら絶望先生全書」ってアニメのムックを読んだんですが、500P強の本で350Pインタビューで150P全話解説という凄い本でした。面白かったです。
ハラルヤ >> 『フォーゼ』よりは長いw
GiGi >> 一人じゃ宇宙に行けないんだよというセリフがやっぱりよくって、この世界は誰もが強い理由がなくても宇宙を目指していい世界なんですよね。


■■■■2011年07月15日■■■■
LD >> 【今週の一番】チャットは7/16(土) 24:00から開始予定です。  http://t.co/F4USirM


■■■■2011年07月16日■■■■
LD >> すみません、ラジオの時間がかかりそうなので25:00スタートでお願いします(汗)


■■■■2011年07月17日■■■■
GiGi >> おk
LD >> もうしばらく。
カルマ >> こんばんはー
LD >> |ω・`) 終わりました。
LD >> こんばんはです。さっきまで、アニメ選考ラジオしていました。
LD >> さて。
ルイ >> 1時50分に日本テレビをつけない関東民はぁ!コロ、コロロ少尉!
ルイ >> そんなこんなで、今週は何からですかー。
LD >> さてさて。
LD >> 今週は、マガジンからでしょうか。
LD >> 【賭博覇王伝ゼロ】が、万が一の連載再開!(`・ω・´)
カルマ >> 王の話どこいってしもたん…>零
ルイ >> 【賭博覇王伝ゼロ】ゼロ繋がりで、若干コードギアスR2な導入である件。
ルイ >> でも、標のモノローグでうまい事終わってて欲しかったですよね、前期w最後の一話だけ残して終わられた感が…w
LD >> 【賭博覇王零】フェーズ変えてきましたねえw …う〜ん、何かトリッキーな構成をとるつもりなんでしょうかねえ。
ルイ >> 財前のキュートさを描いた事で、初見の読者にも掴みはばっちりなのでは。
カルマ >> この前半やるなら普通に続きでよかったと思うw 未読者はこの導入で話わからんって投げそうな感じ。>零
ルイ >> 財前は標だけいればいいと思っていて(零も少しは気になる)、標は零もいなくてはダメだと思っていたと。標は財前の横で待っている図だとすると、これ時間かかるというか、カイジの焼き直しのおそれががが。
ルイ >> 【GE】性に爛れないただのヒモとはな!
ルイ >> 【ベイビーステップ】難波江くん、ここまで強かったんだなぁ…と、読者も実感する為の積みあげをしていますね。まあ言われてみれば、タクマがいる時でも上だったわけですしね。
LD >> 『カイジ』は、ある意味でダメ人間の賛歌の面がつよいから、お金持ちシステムのシステムの面には手を出せないというか、結局、手にした資本を失ってしまったりするんですけど、零はそれに届く話を組もうとしているようにも思うんですよね。
カルマ >> 「GE」の残念度がハンパないですw
LD >> 『GE』は……なんか色々、ダメにしているなあ…。これが青春なのだろうか…。
カルマ >> 「ベビステ」難波江くん強いですねぇ…まぁここで勝てなくてもいいし、ただ凄さに圧倒されるばかりって感じなのですが。
LD >> 『ベビステ』は、難波江の当たり前の強さにしびれますね。
LD >> 『GE』は、普通に展開させていくと、色々、ダメあるいは欝な展開になって行くのはみえているんですよね。そうすると、黒川の思いつきのような別れ言葉の意味が強くなってきてしまう。
ルイ >> 【フェアリーテイル】全滅絵図ミエター!?
LD >> #この彼女はフィクションです.
LD >> #この彼女はフィクションです。 #少年マガジン ミチル、裸エプロンとか、裸Yシャツとかの設定は学習できるようだな?(´・ω・`)
ルイ >> 日本語ハッシュタグは対応してないクライアントもあるんじゃネーノ的な。
カルマ >> 「フェアリーテイル」なんだろ…7眷属しっかり倒された感あんまりない。うーん
LD >> …ああ、ルイさんのとか?>日本語ハッシュタグ
kichi >>      おはです(ぉ)(´・ω|
カルマ >> 「このかの」チョコでいけるだろってユーリの優先順位の見立てを裏切ってるあたりも「変化」かな。新キャラは…どのタイミングで生まれたのか?とか気になる
LD >> (`・ω・´)ノ ういは!
カルマ >> tweenは2日後には対応してたかな?>日本語ハッシュタグ まぁ、使えるかと普及するかは別ですよね。少年4誌は定着しそうだけど…
ルイ >> 【この彼女はフィクションです】納得の新キャラですね。問題はその小説のストーリーだ。
LD >> #君のいる町 逆に『君町』は平常運転というか……微妙に安定を感じさせる?『GE』と比すると本道に沿っているからだろうか?
ルイ >> スフィアクラブが始まるよ!
LD >> #この彼女はフィクションです。 |あ、そこらへん、ルイさんどうなの?フーコ先輩のフィクションキャラクターが具現化するのはあり得るんだろうか?
kichi >> ……え〜と、とりあえず「零」は、やっぱ崖落下は無茶過ぎたんだなぁ……と、ある意味納得の仕切り直しではあるんですが……、う〜んw
kichi >> 「GE」は結局gdgd展開かよ!みたいな……(´・ω・`)
カルマ >> (LDさんはtwitterで一番チャットやりたいのかやりたくないのかどっちなんだろう…)>タグ付け
カルマ >> 「GE」はここでセックスせんでどうするのんとか。やってる最中に家に訪ねてくる展開でもいいけどさ…
kichi >> 「ベビステ」はやはり難波江の強さに痺れますねぇ。圧巻。
LD >> Twitterで、チャットやりたいわけではなく、チャットやっている事を示して、こっちでお話したいんですよね。Twitterにダイレクトに流すのはいろいろ危険だったりしますし。
kichi >> 「このかの」はなるほどそうきたかー。……でもどうなんだろ? ミチルが生み出した(生み出せる設定を持ってた)という可能性もあるかな?
LD >> 【この彼女はフィクションです】 そうなんですよ。ミチルを生み出せたのはユーリの10年の情念によるものと思えたのですが、この娘の設定次第では、そこは崩れるんですよね。すると、どうなるか?
カルマ >> いや、やるなら僕らもやんないと、会話になってない問いかけをタグ付きでtwitterにPOSTするとか、知らない人には単なるノイズにしかならんでしょうと、その効果を問うています>LDさん
kichi >> 「君町」はもうどうにでもな〜れっ☆ (´・ω・`)
LD >> >知らない人には単なるノイズにしかならんでしょうと |えっと…そうですね(汗)下のは、ルイさんの問いかけがあっても意図は今週の『このかの』を知っている人には通じると思ったのですが…。ちょっと気をつけます。
カルマ >> 「このかの」例えばミチルが生まれたときに彼女も生まれていたのか、それとも舞台やってたときの現象の影響で生まれたのか…どっちにしてもしっかりした説明がいるような気がします。あるいは第3者がこのキャラがいて欲しいと願った…とか?>このかの
kichi >> 「ブラマン」のこの響たん、偽者の可能性も考えてたけど、どうやら本物ぽい?……なんか回想ぽいコマは今回の書き下ろしなんですっけ?(´・ω・`)
カルマ >> 他人を招き入れたいならタグ付きでチャットのURL貼って宣伝する以上のことは…うーん。 LDさんの発言「だけで」してもノイズになっちゃう気がして。一度twitterでやって、「こんなことをサイトでやってます」とするなら、まぁわからないでもないかも>こっちでお話ししたい
LD >> 【アゲイン】は、まず、チア部長に離反がばれた、レオちゃんの処遇が気になります。
カルマ >> 回想コマ>うーん、なんか潜ってたシーンがあったことは記憶しているのですけど、どうだっけ…響が単独で潜入して死にかけてたことはあったなぁ…
LD >> >LDさんの発言「だけで」してもノイズになっちゃう気がして。 |言われている事は分かります。まあ、そこらへんは僕の好きに発言させて下さいw
LD >> 【アゲイン】しかし…応援団の事は、かなり早く展開が進んでいますね。一段落したら次の展開はどうなるんだろう?
カルマ >> 「アゲイン」チア部長相当外道だけどこれ…(汗) レオさんはこのまま、応援団側に入るしかないか。あるいはチアの退部届を先に顧問に渡して根回ししておく感じかしら
kichi >> 前シーズンのラストはたしか偽者が殺されてたってとこで終わったと思うんですけど、なんかそことはちょっと違うような気がするんですよね……?(´・ω・`)あんま自信ないですが>響たん
GiGi >> ちーす
kichi >> 「アゲイン」風邪菌入りの飲み物だったのは吹いたw (`・ω・´;)なんかすげぇ
GiGi >> アゲイン応援団編はツカミで一段落したら違うことするのかな?と思ってたんですが、どうもそういうわけにもいかなさげ?
GiGi >> 女子リアル怖いですw
カルマ >> はいw いえ、ホントに他の人を招きたいのでしたら、効果の程はいかがかしら?と、思ったことを述べた感じです。気分を害されたら、ごめんなさい。>LDさん
LD >> 【アゲイン】当初は、応援団編が終わったら、違うことするかどうか判然としなかったんですが、今、なんか展開早くて、思いの外いろいろ決着ついちゃいそうなんですよね。そうすると、ずっと応援団の話をつづけるネタはあるのだろうか?とか。
カルマ >> はい、ラストではないです。>ブラマン回想 その前の、藤丸と響が恋人関係になっていたかどうかちょっと分からないくらいのあたりだと思います。アレキサンダーだっけ、おっさんを追いかけてる時の回想のような気がします>kichiさん
GiGi >> ヤンマガの零の広告が「福本伸行史上最速展開」みたいなことが書いてあって吹いた
LD >> いえ、ご意見、ありがたいですw>カルマさん
GiGi >> 半年ROMってろじゃないけど、ある程度間合いが計れる人がきて欲しい気はするのでこれくらいでいいんじゃないかとw>誘導
カルマ >> 「受験時期にかかる前に家族のつばをもらってインフルエンザになっといた友達」の話を聞いたことがあるので、風邪菌入り飲料はリアルに引く…>アゲイン
LD >> 【エデンの檻】は、割と頼もしそうな先生登場?
kichi >> ああ、あの辺りですか。なるほど、どうもです>カルマさん、響き回想
カルマ >> 僕もROMの期間は長かったですw>誘導
LD >> そうですね。誘いたいは誘いたいんですけど、ここを大繁盛させたいワケではない所が難しいです。>誘導
kichi >> 「エデンの檻」先生はかっこよさげなんで結構期待ですね。
LD >> 【波打際のむろみさん】は、ヤタガラスまで来ましたw
GiGi >> 八咫烏は知能高げですねw
LD >> 【エデンの檻】錦織先生は、そんなに強敵には見えないのですが、ストーリーライン的には強敵っぽいので、矢頼くんや、死んだと思われた親友のあいつやら、ここらで一堂に会してくれると楽しいかもですね。
GiGi >> このかのはただのなりきりコスプレちゃんだったりしても展開はあるかな。
LD >> そうかな?ハーピィより、少し上の程度じゃない?w>八咫烏は知能高げですねw
kichi >> 私は確か1ヶ月だったかな。少年4誌を買うようにして4週後(5週目)に参加した記憶が。>ROM期間
kichi >> 一応、知能自体は高いんじゃ?逆らえないくらい本能も強いっぽいですがw>ヤタガラス
LD >> 【このかの】僕は、コスプレちゃんかどうかは、ともかく、フィクション具現化キャラはフェイクの目が高いように思っています。それはユーリの蓄積した重い設定の上にミチルが顕れているからと思うからです。
カルマ >> フーコからの発現ではなく、フーコのキャラに恋をした熱烈なファンならあり得るかなぁ、と思います。逆にそのくらいの想いの強さがないと、という印象>このかの
LD >> カルマさんと同意見ですね。
カルマ >> あ、「アゲイン」チア部長にもってかれてたけど「人間関係を簡単には切れない」ってのも良かった
LD >> 【A−BOUT】砂原も征木も、先輩にカンケリやらされていたのか……なんだろう、微妙に先輩リスペクトなマンガですね?
GiGi >> 先生あたりが今村くんを見込んだりすると面白いかもしれず
kichi >> 「A-BOUT」カンケリはなかなかA-BOUTらしくて面白かったですねw
LD >> 【振り向くな君は】が、最終回だったんですが、ちょっと残念です。せっかくGK千手くんが出てカッコいいなと思い始めていた所だったのに!(`・ω・´)
GiGi >> A-BOUTとシュガーレスはやっぱり似たポジションの漫画だなーと今週しみじみ思った
カルマ >> 「生徒会役員共」今週のラストに「フィギュアにツタが絡まってる触手ネタ」入ると思ったんだけど…これ単発なのか寝かせる気なのか…
GiGi >> マガジンだとキャラで押すよりも展開で読ませる方がよいのかもしれないですね
LD >> ああ…いい所突いている気もしますが…どうでしょう?あんまり珍奇にしてまでキャラを立たせない方がマガジンの水に合うという方がいいのかも。>マガジンだとキャラで押すよりも展開で
LD >> チャンピオン行きましょうか。
LD >> 【弱虫ペダル】は、この共闘展開もいいですねえ…。『シャカリキ!』がしなかった事を一つ一つしている感じ。
GiGi >> 小野田くんを追い詰めたところで、山岳が来るのがさすがですね。理屈はわかる、けどそれは酷だ…というところで、パァッと目の前が拓けた
GiGi >> このオーガさんはニセモノだと言われても驚かない。
kichi >> 「弱虫ペダル」、山岳君の登場は意外でしたけど良いですね。
LD >> 【ドラゴンハイドレート】新連載ですが、武蔵と戦うのがどういう展開になるのかまだ分かりませんが、青山先生の事だと、多分、なんかギリギリな命がけの博打バトルになるようなきがしていますw
GiGi >> 空気の良し悪しという話を先週からしているけど、山岳がいると小野田くんは100%の力を発揮できる空気になるんですよね
GiGi >> ドラゴンハイドレートはタイトルからもあまり内容が予想出来ないですね
LD >> 【範馬刃牙】、このオーガさんは、何かの引っ掛けというか、なんか意外なリアクションすると思いますけどねw
カルマ >> あ、アニメシャワー観ます…汗
ルイ >> ハイドレートとハイレートをかけている事はわかった。
LD >> 【ましのの】は………良いな!(`・ω・´) ぐいぐい良いな!
kichi >> 「範馬刃牙」は、なんかこう、どうしてこうなった感があるくらいオーガが観客気にするのは意外で唐突で残念な感じ(´・ω・`)
ルイ >> 僕もこのオーガは好かない。
カルマ >> 「ましのの」絶好調ですねぇ。
LD >> 【範馬刃牙】、『炎の転校生』で観客のノリと勢いで勝敗の判定がくつがえったりする展開があるんですが、オーガが観客を気にするというのは近い展開まで考えられますね。
カルマ >> 「刃牙」オーガはよくわかりません。恐れられるのではなく注目されるというところかなぁ…「それを刃牙が達成してる」とかだと対比が出るんですけど
LD >> 【ましのの】なんだろう…哲弘先生のようなバカさではないんだけど、八谷先生なりのバカさが出ていてかなりいいノリになっていると思います。
LD >> うわ〜!刃牙は観客を前にして戦うのが慣れているけど、オーガは慣れていないって話ですか?それは一番みたくない展開だなあw
kichi >> ……う〜ん、親子喧嘩視点にしたことさえ幾分残念感を持ってる私としては、そんなことにまでされたらもう……(´・ω・`;)>観客で勝敗判定
GiGi >> てんむすはだいぶ食べ物が美味しそうになってきたなと
GiGi >> 地下闘技場の大観衆でも別段気にしてなかった記憶が
LD >> オーガが観客に乗せられて、いつもはしないロメロスペシャルとかしちゃうんですよ?(´・ω・`)……む?案外楽しそう?w
kichi >> 楽しければいいってもんでもw>ロメロスペシャル
LD >> 地下闘技場の大観衆>まあ、そうなんですけどねwなんか観客に絡めた“そういう”展開が呼び込まれるとしたら嫌だなと。…まあ、そこらへん想像を外してくると観ていますけどね。
LD >> 【バチバチ】青希狼との対決が長くなったのは、ちょっと残念だけど、残念とか行っている僕がおかしいくらい、良い一番になっています。
LD >> 【スーパーバイトJ】鮎は、スイカの匂いがします。(´・ω・`)
GiGi >> エンジェルボイスはまったくマイペースに良い話を積んでますね
kichi >> 「バチバチ」分かりますw>ちょっと残念だけど、残念とか行っている僕がおかしいくらい、良い一番   あとまぁ、青希狼が勝って過去エピの重みを肯定的に扱われるのもちょっと……って感じではあるんですが、逆転あるのかなぁ?
LD >> 【シュガーレス】うぬぬ〜w なんだろう、この爽やか展開w…まあ先輩を“さん”付けしている正門くんでは、すぐに陥落すると思っていましたがw
kichi >> 「エンジェルボイス」はいつもながら良いですねぇ。
ルイ >> ちょっと周防の焼き直し感がある>シュガーレス
kichi >> 「シュガーレス」はデレ早過ぎない?wみたいには思いましたけど、まぁ、らしくはありますし良い、のかな?w
LD >> 【エンジェルボイス】は、まったくマイペースに良い話を積んでいますね……なんて言い方もあるのか。僕は、只々、つれ〜よw
GiGi >> タイバニは方向性決まったなー
LD >> 【シュガーレス】カニのね。…ここらへん、頭で考えて、目の前みていない奴って、岳から気づくパターンは一つしかないのは、そろそろ『シュガーレス』の苦しさになってくるかも。
kichi >> いや、もちろんツライんですけど、この展開に入った以上ツライのは当然なので……(´;ω;`)>エンジェルボイス
GiGi >> ところで読切りの「怠慢霊能者RAZY」が良かったです。
LD >> 【イマワノキワ】は、二話目もいいですね。けっこう、お姉さんに聞かせるショートの「怖い話」がキモなんですが、4コマ構成で語る事含めて上手く行っています。
kichi >> 「イマワノキワ」なかなかいいですね。……微妙にオチがよく分からなかったんですけど、その分からなさも怖さに繋がってるような?
LD >> 【ハンザスカイ】、虚竜は強かったけど、全国覇者の届かない程の強さ…という感じはしませんでした。でも、この間合が『ハンザスカイ』の“強さ感”なのかな?
LD >> 【イマワノキワ】え?最初に出ていた痴漢の人に殺されたって事じゃないんですか?
GiGi >> ケルベロスはまさかの崩れ格上げですなー。これはラスボス化あるで
LD >> 【ケルベロス】 フブキ丸は、『どろろ』のミドロ号の話を連想していたり。…あと、この崩騎馬侍がヒーローになるのもありですよね……クロウ・レディの伏線として!(`・ω・´)
kichi >> ああ、単純にそういうことなんですね。なんかちょっと唐突だったのですんなり飲み込めなかったw>痴漢に殺された
kichi >> 「ハンザスカイ」はもうちょっと圧倒感あっても良かったような気分は確かに残りましたね。強さの形というか、技術的な描写には文句ない気がするんですが……、やっぱこの前の峰岸の反撃が成功してのヒキはいらなかったかなぁ……。
LD >> 【ナンバデッドエンド】の梶原さんのいい人っぷりが止まらねえ…(`・ω・´)
カルマ >> 「ハンザスカイ」個人的には全然圧勝感ないというか、「途中まで油断してた」ということなら油断することが許される世界になっちゃってそれもイマイチと。残念な印象ですね
kichi >> 「ケルベロス」は、ふむぅ。……いろんな展開が考えられそうですが、ちょっと様子見感。
LD >> 峰岸がいいように転がされ続けると、けっこう凄みが出たと思うんですが、峰岸が反撃成功すると言葉通り「一矢報いようとして報えてしまえるキャラ」に思えちゃうんですよね。
LD >> 【てんむす】僕、おやきって食べた事ないんですけど美味しいですかね。ピロシキみたいなもの?あと、今回の食べ物は中が熱いものを食う場合の戦いかな?
GiGi >> おやきは基本的にはそんなに美味しいものじゃないかも。
LD >> 【囚人リク】椿とリクがタイマンですか。レノマとの時は、あくまでフットボールという競技でモロに直接な攻撃を避けていた(そうでもないか?w)のですが、今回はモロにバトル。リクになにか勝算はあるのか。
kichi >> 「てんむす」、私もおやきって食べた事ないというか、知らなかった食べ物でしたw それはそうと試合前のおむすびはなかなか良いですね。……これが仇となったと思えるくらいの微妙な勝敗がどこかであったりもしそうですが、それもまた良さそうです。
LD >> 【怠慢霊能者LAZY】は良かったですね。老猫がよかった。連載に持って行こうとすると、この猫を女の子にしたりするんだけど、それだとこの雰囲気は出ないかも。
GiGi >> 老猫の正体に気付いてなかったのがグッと来ますね
カルマ >> 「おやき」はそんなに美味しいイメージ無いなぁ…食べたことないですけど。http://www.irohado.com/oyaki/index.html うーん…
LD >> さて、ジャンプにしましょうか。
カルマ >> 「怠慢霊能者LAZY」良かったですね。
LD >> 【鏡の国の針栖川】『エムゼロ』の叶恭弘先生が新連載です。
kichi >> 「怠慢霊能者LAZY」良かったです(今読んだ(汗))。いやほんと、老猫が設定的にも想いの描写的にも抜群に良いですね。
kichi >> 新連載「鏡の国の針栖川」、とりあえず1話は良かったですね。楽しくエロコメしてて。……ただ、このギミック?って長期の連載できるだけのポテンシャル持ってるのかなぁ?という辺りはやや疑問だったりはするんですが……、どうなんでしょ?
LD >> 【鏡の国の針栖川】ん〜なんか、微妙にJOJOのハングドマンを思い出したりして…。(´・ω・`)
カルマ >> 「鏡の国の針栖川」エムゼロの先生らしく凝ったギミックで楽しいですが、エロコメとしてはハーレム化しづらいなぁと不安も。事件を解決して女の子助けていくような構成かなぁ
LD >> 【鏡の国の針栖川】この設定、エロコメ的には、そこそこ回転しそうなんですけど、それ以外の部分ではどうなんだろうって思いますね。…もう少し、少しずつ設定が付加されて行くのかな?
kichi >> 鏡ネタって、連載作品のメインで扱われることはあまり無い気はしますけど、脇というか、敵キャラの能力とか試練の一部とかではかなり頻繁に描かれてて、それなりにやり尽くされてる感もあるんですよね。う〜ん。
カルマ >> 叶恭弘先生、巻末コメント見てるとメンタルヘルス大丈夫かなぁ…ととても不安になります。
LD >> ハーレムは狙ってなさそうですね。主人公が動きつら過ぎる。
GiGi >> ハリスガワはちょっと設定に懲りすぎてよくわからないことになってますねw。面白いギミックあってこそでしょうから次回以降に期待。
kichi >> 設定はかなり自由度持ってそうですから、やっぱ小出しに新設定出して広げていく感じなんでしょうかねぇ……?
LD >> 『トリコ』は、グルメDJはまあ置いておくとして……。厚み1kmの滝ってなんだよwどんだけの水がどこから来てどこに流れ落ちてるんだよw
GiGi >> 何か面白いシチュエーションなりが念頭にあって、それを設定するために1話を使った間がありますね。
GiGi >> たぶんどこかにレンズのようになった地形があってそこから大量の蒸気が立ち上っているに違いないw
kichi >> 「トリコ」1kmの滝は……w まぁ、この手の無茶さは今にはじまったことでも無いんで良いですがw
LD >> 【ST&RS】いいですねえ…第二回。どうやって積んだのか想像つく気もするけど、愉しみです。
kichi >> 「ワンピ」はホーディ化け過ぎワロタw くそ〜、キャラ格的にはなんら変わってないはずなのにカッコ良く思えてしまってズルイなぁ〜w
GiGi >> もう3話読んでしまっているんですが、能力を前面に出すのかチームワークを前面に出すのかでカラーが変わってきますね。なかなか興味深い展開です。
GiGi >> やっぱり照明の照り返しみたいな絵を意図して配置してますよね。おそらく漆黒の宇宙空間を描くことを念頭においた演出に思います。
LD >> 【ST&RS】でも、とりあえずハンター試験な感じで話を進めていくのかな?フィフィーさんの画のからみ方が要だなあ…。
kichi >> 「ST&RS」順調ですね。展開速そうで良いです。
GiGi >> ちゃんと2話以降もフィフィーさんがレギュラーで出てくるのは当然ではありますがわかっていて安心しますね
LD >> 【スケットダンス】はっきり言ってボッスンは、フィギュア職人向いているでしょう。これで進路決めてもいいくらい。
GiGi >> バクマンは思ったよりも大健闘w。しかしここでエイジを別格に上げてきましたね。決着後に陰影のない絵に変えてきたのがさわやか感5割り増しw
kichi >> ただ、「ST&RS」の展開予想はいろいろ考えてたりするんですが、なんというか、度胸星で言う所のテセラックパートをどんな風に織り込むかが肝みたいには思ってたりするんですが、どうですかねぇ……? 序盤から宇宙の神秘やロマン感を織り込んでいって引っ張ってくれないと厳しくなりそうではあるんで。
kichi >> 「スケットダンス」ボッスンがフィギュア職人向いてるのは納得ですが、……進路決めるのはどうだろう?w
LD >> 【バクマン】エイジ、伝説のまま行きましたねえ。sajikiさんと話したとき「これが最終回でいいんじゃない?」という話が出ました。しばらく出てこないのでしょうけど、戻ってきたらまたヒット飛ばすんだろうなあ。
カルマ >> MBSアニメシャワー終わり
kichi >> 「バクマン」エイジのチートっぷりに拍車をかけるのは良いですねw ……ちょっと先週のPCPと僅差なのは残念というか、やっぱ私の感触よりは大場先生先週のPCPに自信持ってるんだなぁ……って感じでしたがw
カルマ >> 「バクマン」良かったですね。
カルマ >> 「スケットダンス」最近面白いなぁw アニメが始まっていろいろ好影響があるのかな。
LD >> 【めだかボックス】球磨川は「負けっぱなしのまま、その実勝っていて、格を保つ」という、やたら『面白い』キャラに育ってますね。しかも、この時点でまだポテンシャルがあるw
kichi >> 「めだかボックス」は……、引き分けだったし、内容的にも若干微妙感はあるんですが、まぁラストの『また勝てなかった。』さえ決まればいいんで、そういう意味では流石ではありますかね。
LD >> 【いぬまるだし】世にも奇妙な物語エンド含めて、かなり面白かったです。好調ですねえ…。
LD >> 【花咲一休】お…扉絵で見るとサチはかわいいじゃないか?(´・ω・`)
GiGi >> 一休はここでヒロインを使い捨てなかった代償はのちのち重くのしかかってきそうな
GiGi >> いぬまるはこうも好調だとじきにアニメ化するんじゃないかと思ってしまいますね
kichi >> 「マジコ」はバトルでもルーちゃんだと素晴らしく良いなぁ。……とりあえず震えて、本来庇護されるべき子供として描いてるのが良いですし、ラストの開放感も抜群ですね。あとラストのカットインというかw、右下のアップコマの角度とか勢いを増してて凄く良かったり。
GiGi >> マジコも良かったですね。ピンチに受け身じゃないルーちゃんがとても好感w
kichi >> ……ちなみに、ちょっと不満を言うとエマは気絶せずに、ルーちゃんを見て絶叫したり号泣したりしてて欲しかったような気分はあるんですが……、ひょっとして長男との決着はエマが絡んでくる布石なのかな?とか思わないでもないこともあり、強くは言いませんw
kichi >> (……「とりあえず震えて」って書き方はなんか微妙だなw 震えてる描写を強調してて、に脳内修正よろですw)
kichi >> 「いぬまるだし」はほんと高め安定で凄いですねぇ。
LD >> さて、サンデー行きましょうか。
kichi >> 「花咲一休」サチさんは力担当ってことで役割もハッキリしてるんで、レギュラー化は順当だと思いますが、まぁ、ちょっとメインヒロインとしては弱さを感じるのも確かでう〜む。
LD >> 【武勇伝】、タイトルキャラの武勇くんが引っ張られているなあw
GiGi >> どこで武勇くんの物語になるかですねー。
GiGi >> 今週はビーブルーズが一番で良いよ
カルマ >> (うっかりドラッグオンドラグーンのDエンディングに見入ってた)
LD >> 【マギ】は、この金属器バトルがどう決着つくかでこの作品の中のバトルスタイルが分かりますね。
LD >> 【BE BLUES】は、感動的でしたね。そして丸かったですね。
カルマ >> 「BE BLUES」素晴らしかったですね…いや良かった
kichi >> 「武勇伝」は……まぁ、やっぱ順当な印象であまり言葉が出ないですね。……予想通りってわけでもないんだがなぁ……。
LD >> 【最後はストレート】は、なかなか楽しくなって来ました。慶くんの「さっき」がかなり細かい所を見ているのが、キャッチャーとしての素質を感じさせます。
kichi >> 「BE BLUES」素晴らしかったですね。ほんともう、それだけです。
GiGi >> 最後はストレートのキャッチャーくんは良いですね
LD >> 【ムシブギョー】の「人々もまた、熱く、熱く、幾度もこの夏を乗り越えてきた」という解説は強くて思いですね。いい楔です。この江戸の市民は災厄に強いのですね。それはいい設定です。
kichi >> 「ムシブギョー」はそうですね。こんな巨大カブトとのバトルを“夏の風物詩”でまとめちゃえる辺りが気持ちいいです。
カルマ >> 「ムシブギョー」無涯のこの力は明らかに異能力ですよねぇ…そこが気になりつつ、良かったです。
ルイ >> 結構人も死んでると思うのですけどね。力強い日常感覚だなあ。
LD >> 【最後はストレート】けっこう情報も詰まってきている感じもするんですよね。地ならしが済んで描写の連携がとれて来ているという事かもしれませんが。
ルイ >> 叶先生の新連載ですが、相変わらず連載構造のセンスは皆無に等しくて大変応援したくなりますねw
LD >> そう。けっこう人も死んでいるはずなんです。そこに皆どこかカラッとしているんですよね。お春殿も両親をなくしているんですけど、カラッとしている。その設定を説明したという事は、どこかで、それに救われる事がある…という事だと思います。
カルマ >> 「最後はストレート」良くはなっていると思いますが、乗れない感はずっとありますね。なんか「最初からずっと順調」みたいな評価の人もいるんだよなぁ…
ルイ >> 【バクマン】は結局エイジの終盤の1位はどんな漫画か全く見せていないわけで、伝説の処理としては正道というか、そりゃPCPがあんだけ描かれたら「それほどじゃない」という気持ちを誘発するよねと。ただ、その割に話題になっている通り大検討ですよね。
ルイ >> 救われるとは?少し前の【マギ】の祭りもそうですけど、本来祭りは自然(神)の威光に対する慈鎮の意味もあったりするので、巨大蟲を夏の風物詩とするのは「生き方」ができていて素敵ですね。でも、それをなくしたいという人がいても不思議ではないし、仁兵衛はそれを抱ける人かなあ。
LD >> 【最上の明医】は、もうキングオブなどとちゃらけた話ができない展開。
カルマ >> 「最上の明医」ずっと読んでなかったんですがどうなってこんな展開に…?
LD >> いえ、単純に、西日本が壊滅して、そしてあんな巨大な甲虫が出てくる以上、蟲奉行〜仁兵衛はもう全てを完全に守りきれるイメージは持てないですよね。その時に「江戸の市民は皆が強い!」という設定は意味を持ってくると思えるって事です。
ルイ >> 【最上の明医】最近楽しいですよねえ。
ルイ >> ああ。なるほどね。
ルイ >> 例えばどこかで蟲奉行が「失敗」したとして、その失敗には当然被害が付随すると思うのだけど、彼らは失敗を詰るよりこれまでの行いを掬い上げてくれそうなイメージはありますね。
LD >> 【神のみぞ知るセカイ】室長が…あのキス子なんですかね。
GiGi >> 最上の迷医は10週に1回くらい読むのが一番楽しいかもしれんね
kichi >> 「最上の明医」は、ちゃらけた話はできないはずなんだけど微妙にその雰囲気は残ってるのがね……。ていうかこの先生さんに納得がいかねぇ……(´・ω・`)
カルマ >> 「ムシブギョー」お奉行様が蟲っぽい。西が蟲に「支配」されてるとすると知能ある中で人間側に寝返ったのが蟲奉行様かなぁ。
LD >> はい。たとえば単純に人類決戦をやるとしても、パニックになる人がいない(少ない〜すぐに回復する)という事は、気持の良い人類決戦ができるんですよね。
LD >> まず、無涯が寝返った人間じゃないかと、今、僕は思っているんですよね。
GiGi >> 町の人が他人事として受け止めないというのは、時代物の舞台でやる意味のひとつかも知れないですね
GiGi >> 仮面ライダー無涯
ルイ >> gk
ルイ >> 取り込んで武器にするというデビル感覚
kichi >> 無涯はほとんど確定なんじゃw まぁ、スパイ状態なのか?とか、細かい経緯はともかく。
カルマ >> 僕、西日本が壊滅してるとは思ってないんですよね。「大坂からの下りものがない、途絶えた」江戸がそのことを気にせずに平気な顔してるとか「ありえない」と思うんですよ。だから支配じゃないかと
GiGi >> ああ、そうですね。西日本は虫と共存する社会になってると考えた方がたしかにしっくりくる
カルマ >> 奉行様が顔を隠してることを考えると、無涯は人と蟲の混血とか考えられるかしら…?
LD >> ふ〜ん、完全に侵略扱いですか。>支配じゃないかと 江戸時代の経済状況を鑑みると、そうなるんですが、そこはマンガ的にある程度目を瞑って考える事はできると観るんですけどね。
ルイ >> 国や社会の単位ではないかもしれない>例の図 例えば各地のアダムが食われた的な〜←エヴァ
LD >> え〜っと。そもそも行き来がない事を不審に思う者がいない?…という事に着目すると、行き来はある。したがって、あの地図は壊滅を示す図ではない…って事ですね。
LD >> 僕は、それまでの蟲の習性から、壊滅みたいな想像をすぐにしましたけど、そこをひねってきても楽しいですね。いろいろ、設定の想像が愉しめそうで良いです。
カルマ >> まず町民が騒ぐでしょうからね。それがないってことを考えると…>壊滅ではない
LD >> さて。そろそろ一番を決めましょうか。
ルイ >> BEBLUESかなぁ。アンナちゃんかわいい。
kichi >> 「はじあく」はなかなか楽しい先生が登場ですね。展開とかは置いといて、良いキャラですw、
カルマ >> 「はじあく」の先生はちょっとあざとすぎると思うw
kichi >> マガジンは…………無難に「ベビステ」?
kichi >> むぅ、百合的目の保養感が無意識に補正をかけてる可能性は否定しませんw あ、クロサワさんはもっと強く反応してほしかったw(ぉ>はじあく先生
カルマ >> マガジン「ベビステ」ですね。ネギま!もAKBもないと充実感が…
LD >> 【はじめてのあく】のあの先生は、エロくて良さそうなんですが、ただ新キャラ出しただけに留まらないとよいな。
LD >> マガジン…なし。
kichi >> チャンピオンは……「LAZY」ですかね。
LD >> チャンピオンは【怠惰霊能者LAZY】ですね。
kichi >> ジャンプは……「針須川」「バクマン」「マジコ」辺りですが……、個人的にはやっぱ「マジコ」かな。
ルイ >> まあバクマンかなぁ。
カルマ >> チャンピオン「LAZY」ですね。
kichi >> サンデーは「BE BLUES」でしょうね。
LD >> ジャンプは【バクマン】ですね。
ルイ >> さすがに天才の伝説漫画は大場小池コンビでも絵にする事ははばかられた、と。しかし、エイジはもうちょい良いライバル見つけられなかったものかw
GiGi >> チャンピオンはLAZY、ジャンプはエイジ、マガジンはエーちゃん。サンデーは龍ちゃん
カルマ >> ジャンプは「針栖川」応援したいけど、今週は「バクマン」ですね
LD >> サンデーは…【BE BLUES】かなあ。
GiGi >> ビーブルーズかLAZYだとは思いつつ、ビーブルーズで良いんじゃないかと。
カルマ >> サンデー「ビーブルーズ」でしょう。
カルマ >> 今週は「BE BLUES」だと思いますね
kichi >> ……亜城木をライバル視してることに微妙感があるんですよねw 追い上げに熱くなったりはあるけど基本孤高か、基本的には尾田先生をライバル視する感じでいいのにw>エイジ
LD >> 【LAZY】、【バクマン】、【BE BLUES】のどれか。
ルイ >> そうですね、エイジが先人に興味がない事で世代仲間程度の意識と思われてしまう面はありますね。まあ田舎で寂しかったんでしょう。
LD >> 【BE BLUES】かなあ…。【BE BLUES】にします。
ルイ >> アンナちゃんは龍の近くにいた人ではないから、最初の伝播者と言えるのだ。
LD >> それでは、今週もありがとうございました。
GiGi >> おつでしたー。
GiGi >> と。あと宣伝。
GiGi >> こんなん作ってました。http://www.ani-ban.info/
GiGi >> 一応7月24日を正式オープンの目標にしています
ルイ >> ほう。
ルイ >> 絵かきの知り合いに、アニバンちゃんのイラストを描いてもらうことだ。
GiGi >> ですなー。ロゴがダサイのがとりあえず一番の問題
ルイ >> 配信終了が近い順からとか並べ替えられたら良いですねー。
GiGi >> ニコ動とバンダイチャンネルとあとGyaOあたり抑えておけば新番組はだいたい網羅かな
GiGi >> それは今日中に
kichi >> ほほう。これは利用させてもらうかもです。>アニバン
ルイ >> たまにキー局オンデマンド系の無料もあるから気をつけるんだw
kichi >> では、おつかれさまでした〜。

MANKEN CHAT(1.1)