漫研チャット
名前:
発言:
[正面] [取扱] [過去ログ]


■■■■2011年08月21日■■■■
LD >> OADなら許す(´・ω・`)
GiGi >> 山南さんいいですよね。これでずいぶん動かしやすくなったと思う。
kichi >> 「ばくだん」そうですね。……正直たまにしか読んでなかったのですが、山南さんが前面に出てきたことでグッと関心が高まりました。
GiGi >> 山南さんと歴女の蓮ちゃんとの百合展開に期待
カルマ >> 「ばくだん」山南さんが身を預かることで動き易くなるだろうなぁ
kichi >> まぁ、OADなら広島編だけで済むのかな?って感じしますしね。……いっそ広島編でハッピーエンドにしちゃえばいいと思うよ!w
LD >> #アゲイン は良かったですねえ。なんか、やっぱり安部さんの悪があばかれなくて、よかったというか、そこは正しかった(?)なとか思ったり。丸く収まるってこういう事を言うんだなあとか感慨深いです。
kichi >> おお、ちらっと思いはしたのですが、GiGiさんに期待されるほどとは……?>百合展開
kichi >> あれ、なんか「!」のつもりが「?」になってたw>百合展開
LD >> #アゲイン それから、玲緒ちゃんはすっかり造反組だけど、大丈夫なんだろうか?大丈夫か。
kichi >> 「アゲイン」良かったですね。なかなかの大団円感。
GiGi >> やーだって蓮ちゃん、既に山南さん激ラブでしょうw
カルマ >> 「アゲイン」チアの策略を良心で押しつぶすと面白いかも。 あと、藤枝さんが可愛くなっているな…
LD >> そろそろチャンピオン行きましょうか。
GiGi >> 「リク」めくりの演出が素晴らしかったですね
カルマ >> ネギま!は来週で魔法世界編が終わって劇場版で「魔法世界編終わりで完結ver」、連載で「連載続行ver」をやるということらしいですね。
LD >> #囚人リク リクらしい、愚直を通り過ぎた馬鹿正直展開。(`・ω・´) そして椿、9歳でレノマと対決とか…(汗)
kichi >> ……しっかし「φブレイン」主人公のぼんくらっぷりが凄いな……。ネット履歴くらい主人公に調べさせたら良かろうに、マジでパズルしか取りえのない探偵役にしたいのだろうか……?(´・ω・`;)
GiGi >> チャンピオンはこのところ巻頭カラーできっちりクオリティを上げてる印象が。
GiGi >> ちょっとその世界の狭さは笑いましたw>9歳でレノマと対決w
kichi >> ほう……?>ネギ魔法世界編
LD >> #囚人 そして椿。これは半落ちである。(`・ω・´)
カルマ >> 「リク」良かったですが…ふむぅ
GiGi >> 劇場版でここをクライマックスに持ってくるのは正解でしょうね。残すは世界の謎の解決編ということになるのかな。
ルイ >> 【リク】は徹底が素晴らしいですね。
GiGi >> もう勝っても負けても勝ちですねw>リク。むしろ次の展開が楽しみです。
LD >> #弱虫ペダル は久しぶりに御堂筋が動き出しました。…さて、この広島と協調するのか?
GiGi >> 気が削がれるというか、椿の驚きに読者がシンクロ出来る見事な構成で。オチの納得度も高いですね。
GiGi >> 協調はするでしょうね。その先は、ちょっとわからない。
カルマ >> 椿のこの態度を引きずりだした時点で勝ちですねぇ
ルイ >> とにかく、弱い弱い言ってるけどお前強いやろ!という世に溢れる物語に対して全力で立ち向かっているなと。
GiGi >> イカちゃん今週はなかなか流れるような展開じゃなイカ
kichi >> 「弱虫ペダル」、御堂筋は元々裏切る前提だったとしか思えませんが(まぁ広島もそれは折込済みではあったでしょうけど)、さらに御堂筋はあの2日目ラストを経て変化してるので、どういう展開が待ってるのか、かなり複雑な状況で面白いですね。
ルイ >> 【弱虫ペダル】は御堂筋の出汁にします宣言ですね。これは楽しみ。
GiGi >> お前本当は強いじゃないかというところはありつつもケルベロスも面白いですよw
カルマ >> 御堂筋、協調の約束を果たした上でどうするか…うーん>「ペダル」
GiGi >> ナンバは、まあいろいろあったけどメデタシメデタシと。
LD >> #てんむす は、このdisり先生は、今回言っている事の筋が通っているので、悪く思えないです。
LD >> #弱虫ペダル いや、御堂筋、「協調する」と発言はしていないんですよね。少なくとも今回のページ内では。ただ、広島が協調をあてにしてやってくるのを想定しているだけで。
GiGi >> 言ってることは間違ってないが性格は悪いですわねw
ルイ >> 【てんむす】は部長の動きが面白いなと。割食いの油断を責めるなら、最初に一喝すべきなんですよ。だから先生の言う事は勿論一理あるし、それを上から即言わない所に部長の想いもありそうだなと。
kichi >> 「てんむす」良かったですね。完全に非は清水さんにあるだけに、この先生の言葉も甘んじて受けるしかないという面はあって、このシビアさは良いです。……ただ私は、先生を悪く思えないなんてことは無いですけどねw 筋が通ってれば何言ってもいいなんてことは無いんでw
カルマ >> 「てんむす」先生まともですね。意地が悪いだけで
ルイ >> まあ、ツール界においてチームを跨いだ共闘を悪とするわけにもいかないでしょうから、そのへんの着地ドコロは興味深い。ただ「勝たせたくないから組まない」というのは成立するかなと。
ルイ >> 清水さんに気付きのモノローグを入れた事が効いていて、あの後だから(先生は知らないのに)読者には追い打ち・底意地の悪さという心象が積まれる効果がありますね。
GiGi >> むしろ協調をした後の「騙し合い」をどう見せるかですよね。待宮を受け容れられなかった小野田くんがそのやり取りをどう見るか。
GiGi >> 「エンジェルボイス」あえて逆転不可能と思える点差をつけたところがなかなか興味深いですね。
ルイ >> 小野田くんの近づけたくない、は正しいんですよね。それは究極の答えだwしかし御堂筋は何を言った所でチームメンバーが足りていないわけで、利用はするかな…
GiGi >> お互いに隙を見て出し抜くことを前提とした「協調」ですからね。
LD >> #てんむす いや、なんか僕は、別のこだわり/とらわれで、目の前の相手に勝つことに全力を出せなかったなんて状態は、ボロクソに言われてもしょうがないと思っているせいか…先生のドけなし言葉にもふむふむと頷いてしまう(汗)
カルマ >> 慢心で勝ちを追求しきれなかった清水はダメダメでしょう。それこそチームでそういう方針でやるという話があった上でのことなのだから、擁護しようがないですね
kichi >> ああ、「協調」の内容がどんなものか分かりませんが、ある程度長さがあって、最初は乗ったように見せておいて途中というか最後の辺りで裏切るイメージでした。>御堂筋
LD >> #弱虫ペダル ややこしい話なんですけど、御堂筋と、待宮は(小野田判定で)違うというのがあって、その上で御堂筋には待宮のだましを出しぬいて欲しいという力流がある。ぶっちゃけ、待宮をだまして欲しい、でも、待宮とは違って欲しい…というシーンをあると想像すると「協調する」と明言していない事の意味が生まれてくるかな?と。
カルマ >> 顧問も落ちこぼれ部活を押し付けられての態度なんだろうなぁ…だから許せるかはともかく
LD >> #バチバチ は、白水さんの格上げが半端ないですが、これが不吉なフラグ扱いのヒキがさらに半端ないです。どこまで、何が起こるのか?(´・ω・`)ガクブル
GiGi >> 白水さんいつの間にか良い体格になってますね。
kichi >> ……まぁ、私も清水さんを擁護するつもりはありませんけど、先生に関しては明らかに痛めつけることを目的とした言葉を吐いてると思うんで……、まぁ、やっぱ悪くは思っちゃいますけどねw それこそ、ルイさんの言うとおり読者的には死人に鞭打つような言葉に感じるだけにw
kichi >> 「バチバチ」は……ヒキ……orz ほんと、どこまでのことが起こるのでしょうか……
カルマ >> 「バチバチ」怖いですねぇ…
LD >> #シュガーレス のこの『A−BOUT』を彷彿とさせる展開はなんでしょう?w
ルイ >> そうね、先生の言い方はチームモチベーション的にも理はないですね。
ルイ >> 御堂筋が「待宮クゥン一緒にやろうか!!!」というセリフを吐いていれば、待宮との差って出しにくい。そういう意味で、当時の御堂筋のリアクションを描かなかったのは良い。
GiGi >> 展開としては先生も何か瑕を抱えているというのはまあありそうですね。
kichi >> 「シュガーレス」は何か“シュール”とか思っちゃうくらいのA-BOUT感ですねw
カルマ >> スポーツ校における食い道部は相当悪い位置にあるんだろうなぁ…
LD >> #イマワノキワ は、今週、けっこう怖くて良かったです。…でも、なんか実害はなさそうですw(´・ω・`)
LD >> ああ…チームモチベーション的に理がないのは同意。何か悪く言ってくるのは前提として、その内容がどうか?という見方をしていました。
ルイ >> だから、先生より部長を話題にした方がいいんだって!>スポーツ校における食い道部 何か、部員の先を見据えた戦いを行ってますね、彼女は。
kichi >> 「イカ娘」なかなか良かったですね。ほんと、流れが綺麗でしたw
ルイ >> 【イカ娘】個人的にはダメかな。この骨をどういじるかが昨今のショートの基本ですから。まあ骨だねとは思う。
LD >> #弱虫ペダル ある意味では「何で最後まで協調関係だと思うの?」という態度に出た待宮と、「トラウマで左から抜かれへんのやろ?はいどーぞ!」とやった御堂筋、どっちが嫌か?というと人によって割れそうな所はあるんですよねw
kichi >> 「イマワノキワ」は、個人的にはイマイチ感……。というか、結構長く続けるのは厳しい構成なのかもなぁ……なんては思い始めてます。あまりにもテンプレが堅くてですねぇ……、ホラーってある程度はサプライズ感も欲しいと思うので、あまりにも定型なのは厳しいのかも……とか。
LD >> #弱虫ペダル でも、小野田くんは御堂筋と待宮は違うと判断した。その小野田くんの見立てに御堂筋が乗ってくれるとしたら、御堂筋の中にも何らかの勝利とは別の「線引き」がある事になる。御堂筋がそうなのはどうだろうか?と思いつつも、それを貫くなら、やはり待宮に「協調」を明言するのは避けたいのですよね。
カルマ >> 「イカ娘」良かったですね。キャラごとの動きが見えてて
カルマ >> 「イマワノキワ」何話か前に乗れなくなってから読むのが辛くなっていますね…うーん。なんだろう、冷めるような感覚?
LD >> #りびんぐでっど は、あまり説明しないけど、こう、身体がばらばらになったのを全部集めてくるのはすごいと思う。
kichi >> だからそういう細かいことは気にしたら負けだと何度もw>りびんぐでっど
GiGi >> 指先とか暗闇でなくしたら探すの無理だと思うw。ひょっとして匂うのだろうかw
ルイ >> バチバチの白水さんは厄いですね。こういう時に厄いって言わないでいつ言うんだw
ルイ >> 【イマワノキワ】はてんで恐怖の実感へのリンクがないので、ホラーで悪いSFXがバレた時みたいなアレ感覚。
LD >> #ハンザスカイ 実力ナンバー1じゃないのに、能登のキャラ格の高さは異常。……麻美子だからか!?(`・ω・´)(←)
GiGi >> 普通に負けただけで折れるとも思えないので、どう見せるんでしょうね。
LD >> #イマワノキワ …あれ?僕だけ何か変なスイッチ押されたのかな?(汗)
ルイ >> まずエレベーターに多少グレイ顔が4人いて何があったんだい。にじりよってくるコマ1つあっても違うけど。
LD >> エレベータ……とくに何もなく、じ〜って観られてただけでそ?(´・ω・`)ぶも?
LD >> しかし #ハンザスカイ …そろそろ別のパターンを考えないと、展開、まずいような気がするお…。(´・ω・`)
LD >> さて、じゃあジャンプ?
GiGi >> さてジャンプですね
ルイ >> ハンザは勝ち負けを揺らせないジレンマをどげんかせんといかん。
LD >> #トリコ グルメ番長つぇええええww …なんか、こういう「上には上がいる」がトレンドになるかな?
GiGi >> 「バクマン」七峰くんの捲土重来だったわけですが、今回はなかなか穴がないように見えますね。
GiGi >> 上には上を見せることでトリコたちの世代の伸びしろを確保している感はありますね
LD >> #バクマン そして、逆襲の七峰くん編、爆誕!!(`・ω・´)
kichi >> 「トリコ」良かったですね。何にせよ“スゲェ”って思える人物が出てくるのは良いことですw
LD >> #バクマン いや、編集に言っていないのがまずいと思います。それ以外は、元からしっかりやれば特段問題を感じない話だったはず。
kichi >> 「バクマン」は、前回はコンセプトは面白いのに七峰君の能力がイマイチで……という話を散々してただけに、かなりコンセプトを詰めた展開はなかなか楽しみですね
kichi >> ……とはいえ、結局は七峰君の自爆で終わりそうな気も凄くしてはいるんですがw
カルマ >> 「バクマン」七峰くんが完全に経営側に回ったのがいいですね
GiGi >> 集団原作体制のプロモとしては、ジャンプを踏み台にするやり方はアリですねw。ばれた後で改めて他社にプロモかければ引く手あまたでしょうw
LD >> #HxH アニメはどうなるでしょうねえ〜?
GiGi >> ジャンプにこだわりすぎて自爆するという線はあるかもですね。あるいは七峰くんが
GiGi >> あるいは七峰くんが自分で描こうとして何かやらかすかw
LD >> いや、ばれたって事は、出版社に隠し事をする集団という事だよ?なんで、そこをオープンにしないのかが、よく分からない。逆に何か相応の理由があればいいんだけど。
GiGi >> 冨樫先生巻末コメントでたいへん殊勝なことを言ってますが、蟻編完結まで見通しが立ってると言うことかな。
LD >> #HxH というか、この話はキメラアント編の勝負はもうついたって事ですよね。ここから、ゴンの話は別として、もう一波乱あるのか?
GiGi >> 表沙汰にしたら誰も相手にしてくれないという読みはそんなに間違ってないんじゃないかな。実績を先に出してしまうというのはやり方としてはわかる。
kichi >> ……まぁ、復讐が動機ですからねぇ〜w>オープンにしない
kichi >> ああ、それもそうかもですね。>実績を先に
カルマ >> 「ハンタ」致死毒感染って核よりひでえや…w
ルイ >> 成功してからばらす為にオープンにしてないに決まってると思うのですが。
kichi >> 「HxH」、やっぱ勝負はついたってことなんでしょうかねぇ……。ま、そうでないと決着がイメージできないですしね……(´・ω・`)むぅ
カルマ >> ハンタアニメは普通に期待していますね。描写は…頑張って欲しいw
LD >> #鏡の国の針栖川 は、かなり“短い話”にまとめている気がしますね。…そもそも長期連載を狙っていない?9巻くらい?
ルイ >> これは理屈でも感情でもですよ。理屈で言うなら、色眼鏡を避ける為。まあそれでも編集長くらいには内密に通した方がいいですが、この場合。感情としては、リベンジだからw
LD >> >成功してからばらす|いや、それは分かってるけどw…まあ、ないか。
ルイ >> 【ハンターハンター】は人間の悪性というか、所詮バトル漫画も全て同種の理屈内にあったんだ的な描きが…まあ、その通りなんですねw物語は基本人と人の間に生まれるw
カルマ >> そりゃ、当然実績を作るためにでしょうね。自分の方法論が間違ってないことを証明するため>オープンにしない
ルイ >> 七峰システム2の粗は、話が似通ってくるとわかりやすいのですが、今回ちゃんと「作家ごとの適性」を話しあっていたからそこをポイントにする事は考えづらい。
GiGi >> ジャンプではいらないという理屈は、もうマキビシ撒いてますね。伸びしろのない、そこそこ止まりの漫画は要らないという。そう言う形でジャンプ至上主義を宣言すれば良いんじゃないかな。
カルマ >> 「ハンタ」戦力としては完全に兵器の方が上という描きになって、アドベンチャーに純化されるのかなぁと思ったり。人間同士のバトルはあっても、こう人類の危機みたいな話はキメラアントで終わりにするんですかね
ルイ >> 作品神であるエイジが内容は全く問題視していないからなあ。「原作誰」の答えが「誰でもない(システム)」となった時に、個人である事からの感情論はさておき、生まれた作品を面白い判定するなた否定できないし。まあ、上澄み掬いになるというか、ワンピの浪花節回想的な癖が「毎回の最良の選択」の中に埋没して、作家の読み味は弱まりそうですけど。
LD >> 色眼鏡って言っても「ぐだぐだ言わずに原稿で判断してくれ」で済む話に思える。……しかし、ビジネスパートナーとしては、こういう隠し事は無い、と思ったけど……もう少しゆるく考えていいかな?そもそもマンガ業界問題児が多いと聞くし、納期ずらしが前提のヤクザ業界でもあるし。
GiGi >> ST&RSが今週も素晴らしかったですね。天の川の絵と、違う方向を見つめる白船と。そして訓練から本当の危機へのシームレスな繋ぎが見事。
ルイ >> 結局どこかしらのパッチワークで新味がないですね、だとちょっとありきたりでつまらないし、バイトが守秘義務守りませんでした、もドッチラケているのでw良いオチを読みたいものですね。
kichi >> 「鏡の国の針栖川」はどうなんですかねぇ……? この先どうしたいのかは未だによく分からないです……。まぁ、それはそうと扉絵はちょっとツボw
ルイ >> 一人だと思ってた作家が実は複数だったー、とか、どっかに実例ないかなあw
LD >> 前の方法論だって、隠さなければやっていいと思っている僕としては、自分の方法論が間違っていないというより「隠した事が間違っていない」みたいな変な方向に行っている気がする。
GiGi >> 2人だと思っていた作家が実は1人だったという例ならw
ルイ >> それで2人分の原稿料を貰ってたならそれでも良いw
LD >> …もしかし、案外。服部さんが、原作他にいますか?って聞いたら、そのまま答えてしまう?w「聞かれなかったから、言わなかった」くらいのQBノリ?w
カルマ >> 原作つけているけど名前変える&出さないキバヤシさんってどういう扱いになるんだろう…?
kichi >> 「ST&RS」今回も素晴らしかったですねぇ。この段階で本当の危機を迎える展開はほんと素晴らしい。
GiGi >> この落盤も以前言ってた「月の大空洞」が伏線になってるんですよね。
ルイ >> …と、今回原稿料の部分でも先に釘さして、不利益被らせるようにはなってないんですよねー。
カルマ >> 「ST&RS」素晴らしいですね
LD >> ルイさんが、絶賛だった事を覚えていますが『叢鋼』面白かったです。
ルイ >> 原作○○スタジオ、みたいな表記ってある種このラインにフガフガ。
カルマ >> なんか噂レベルでジャンプの作品には隠れ原作と隠れネームがーみたいな話出ますよねw
ルイ >> まあ、極論は原稿料と印税の話でね。そこ分けられないバイト層って結局守秘義務なんて果たせないんじゃないかなーというかwそうすると結局原作者数百人になって、まあ、金にならんよねとも。
LD >> ん。だから、そうやって編集含めて、複数ブレーンをつけて漫画製作する例はいくらでもあるよね。今、『最上の明医』とか、ずらーっとならんでるよね。
ルイ >> 【叢鋼】はバディをもっとおにゃのこ好みに組めばイケるね!って話はさておき、ちゃんと自分の世界を描ききっているのが良いのですね。この絵柄なのに、女の子もちゃんと可愛く描けているのには安心した。いや、女っていうかオッサンだけどw
kichi >> ……ただ、「ST&RS」でちょっと残念な点を言うと、初回を除いてフィフィーさんの描写がちと物足りないんですよね。……なるべく早く、得意分野では物凄い天才っぷりを発揮するとこを見せてほしいところ。
ルイ >> あの絵柄を担保として、ひょっとこ課長の素顔が美人である事が保証されている事が素晴らしい←なんか関係あるのか いや、読み味として。
ルイ >> 【ST&RS】の素晴らしさは言うまでもない事として、やはり基本的な懸念はジャンプの速度感覚に対する意識が強い事(本来長所)ですかねえ。フィフィーの描写云々もそこに通じる話とは思う。
ルイ >> ある程度安定的な高度に入れたら、多少落ちる事も恐れずキャラ積みもはじめられるかもしれませんね。アイシールドでいうところのデスマーチ的なー。
kichi >> 「叢鋼」良かったです。……まぁ、やっぱ課長の存在感がポイントでしょうかねぇ。
LD >> ひょっとこ課長は、もう、絶対美人というか、勝手にこちらの理想イメージをはめこんで、読んでしまう所がすばらしいw
LD >> 『こち亀』映画、こけたって話を聞きましたけど…。
GiGi >> 叢鋼は連載の1回目としてみても申し分ないですね
ルイ >> ああいう本筋外の余地を残せる時点で、眼が広いなと。
カルマ >> 「叢鋼」課長さんの素顔がチラ見すると良かったですがw とにかく絵に惚れましたね
ルイ >> あと、ドーピングコンソメスープじゃないけれど、犯人にバリエーションを簡単につけられるのも素敵ですね。最近敵も味方と近いフォルムで刺激が弱いよね的な話をしましたよね。和月アメコミ的なメリハリって…みたいな。その観点に対応できそう。まあ、ぼくはかなり、相当好きですw
ルイ >> あ、カルマさんそっち?僕はチラ見がないのが好きwそして、チラ見がないのに画力的には出しても問題ないと画で宣言できているのが好きw
カルマ >> 表情まで読み取れなくても雰囲気がわかるレベルで見えるほうが…!>課長
ルイ >> でも、ST&RSは多分間違ってない。ジャンルがジャンプ的な王道ならともかく、バトルもなくラブも薄いのだから、まずはドラマで引っ張って引っ張って、余裕が作れたらキャラを積む、なんならジャンプNEXTで番外編をやる、くらいの危機意識がないと、ジャンプで宇宙漫画は続けられないですよね。
LD >> #スケットダンス の丹生家のお金持ネタが、なんか懐かしかった。中川家もあんな事やっていななあ…。ちなみに面倒家の総資産は5兆円。今回、丹生家は5京円。
ルイ >> 何も不安なく、アフタヌーンあたりでやらせてあげたくなくもないがwジャンプでやるのがパンクなんでしょーね。
GiGi >> NEXTの番外編は4コマでしたねw
GiGi >> ジャンプでやることに意味がありますね。
ルイ >> 特にジャンプ編集部的には挑戦でしょーね。
ルイ >> 【BLEACH】雑誌順位は低いのに、月島さんはプチブームを生んでいるとかいないとか。
kichi >> 「ST&RS」は、時限も付けてますし、目標に近付いていく推進力自体が魅力の核になってかないとっては思うんですよね。そういう意味で展開自体は想定以上の大満足なんですが、目指す先にあるモノ、または居る人物をできるだけ魅力的に描いてほしくはあって、そういう意味でフィフィーさんが物足りないのは結構問題な気はしてたりするのですよね……。一登場人物以上の目標近くにいる人物として灯火になってほしいので……。
LD >> #めだかボックス が…すごく、爽やかです。(´・ω・`)
ルイ >> まあ、最近フィフィーさんがビックリ担当に収まっているよね、という気持ちは理解します。でも、まあ、今は仕方ないw場が揃ってからですね。
ルイ >> 【めだかボックス】内語が多いせいで破戒臣のキャラ格が高まっちゃってしょうがないぜ。
GiGi >> フィフィーさんは試験官ではなく担当教官になってからが本番でしょうね
LD >> #いぬまるだし 最後の、たま子先生の4コマ漫画評がよかった。
GiGi >> 「いぬまるだし」のオチは実感がこもっていて良かったですね
ルイ >> 【いぬまるだし】まあ、日常系4コマにはちっとも当てはまらないわけだがw
カルマ >> 「いぬまるだし」のオチはなんか漫画家の悲哀がw
GiGi >> まあそれはちゃんと「ギャグ四コマは」と断ってるのでw>日常系はまた別
LD >> さて、そろろろ。サンデーですか。
kichi >> 「めだかボックス」やぁ、ほんと阿久根君の格上げが結構成功してて凄いですなぁw
kichi >> 「いぬまるだし」はほんと伏線も張ってのテクニカルで素晴らしいオチw
LD >> #ハヤテのごとく のマンガについてのヒナギクの助言が重要過ぎる。
GiGi >> うん、まあちょっと、こんなちょろくていいんだろうかと思わなくもなく>ハヤテ
ルイ >> 【ハヤテ】具体的なアドバイスにぼかしがなく、それで面白いとか言われても世界が狭くてアレですねー。
カルマ >> 「ハヤテ」マリアさんを年増に扱ったりアイドルに扱ったりよくわからなかったり。
kichi >> 「ハヤテ」……まぁ、実際やるのはかなり難しいこと言ってると思いますけどねw 元の作品のポテンシャルは高かったという前提で、適切な助言だったということなら、まぁ……。
LD >> #境界のRINNE 今回、オチに出てきた浮遊霊の美少年が、高橋先生の中でも上級のクオリティだった。
LD >> #ハヤテのごとく いやいやwルカは、本質的には充分な才能を持っていて、あとはそれの伝達効率を上げるだけだったんでそ?w
GiGi >> 「神のみ」桂馬の作戦がいつにもまして綱渡りなのは熱に浮かされているからだと思っておこう
ルイ >> ヒナギクの具体的な助言はぼかして、後で読んだハヤテが読んで面白くて、理由を聞いたら「ヒナギクに色々言われたけどその中でも特に」で挙げる方が安心。
ルイ >> まあ、わざと茶番でいいなら良いのだ。
GiGi >> 上級というか女の子の輪郭ですねw>美少年
LD >> #マギ 今回のジンは、案の定というか白龍くんに落ち着きましたね。案の定。
ルイ >> 【マギ】シンドバッドはジンを沢山使役できて凄いのだなあ。
LD >> #神のみ 描写されているのは成功の上々のシーンだけど、桂馬自身は歩美の攻略深度を測りかねていて、イベントの強力さから賭けに出ている状態だとは思います。
GiGi >> 華ッ柱は良いヒキ
LD >> #マギ シンドバッドはもうレベル99で、入ればジンが従う状態なんだろうねえ。故にデキンになっているのだけどw
ルイ >> 【RINNE】の鉄板の面白さにはぐうの音もでない。同時に言う事もない。コミックは安くて良かった。アニメソフトなら猫神やおよろず的扱いになってる所だ。
kichi >> 「マギ」やはり白龍君でしたねぇ。……しかし蛇に噛まれてるんですが、どんな展開が……(=゚ω゚=;)
ルイ >> 【神のみ】はいつもより若木先生が魂込めてるから不安定なのではないでしょうかw
LD >> #鋼鉄の華っ柱 は、ここからの逆転が思いつかないけど……実は証拠をつかんでいましたというのは、簡単すぎてダメだとか思っていたり。
GiGi >> 一連の、真道が悪者になる報道まで含めて全部仕込みだったりするのかもですね。
kichi >> 「神のみ」は、まぁ、個人的には特に違和感というか綱渡りというほどのものは感じず、良かったと思いますね。歩美ちゃん可愛いですw コップに水注いでる絵がなんかツボw
kichi >> 「華ッ柱」解決方法は全然見当がつかないですけど、このヒキは良いですねぇ〜。
カルマ >> 「マギ」蛇がちょっと…w
LD >> #月光条例 サブタイ見ると『千一夜の月』ってあるね………まだ、アラビアンナイト編なんだね?!(`・ω・´)
GiGi >> 「銀の匙」はなかなかきわどい話。
LD >> #鋼鉄の華っ柱 多分、おぼっちゃま以上に「事を大事にする」のが真道の目的だったんでしょうけど…さて、どんなカードを切るか見当もつかない。
LD >> むかし、『今日から俺は』で、伊藤くんのお母さんが、この世の道理を教えるために、伊藤くんと三橋くんに豚を殺して解体させようとしたのを思い出しました。
GiGi >> 手のひら返しはゴシップ誌の得意技ですからねー。
LD >> #はじめてのあく アキちゃんと赤城の話は、普通のラブコメでなごみます…。(´・ω・`)
カルマ >> 「華っ柱 」ヒキ良かったですね。ますますハードルが上がりましたが…
kichi >> 「銀の匙」結構唐突に来ましたね、解体の話……。やるのかな?(=゚ω゚=;)ゴクリ
kichi >> 「はじあく」なごみましたねw
ルイ >> 今週のサンデーはラブコメ感が強いのか。
カルマ >> 「銀の匙」…うーん「今は無理」かなぁ きっと逃げ出しても軽蔑しない人たちですし
LD >> #銀の匙 解体するでしょうね。どのように描写するか、省略するかは別として、美味しいし。
ルイ >> 確かに、1年生の夏で解体が行えたら、もうブタのテーマとか処理済みになりかねない。ただ、自分が時間や手間をかけていない相手、というレッスン1と扱えば処理自体は可能ですね。それとは違う、という話になるので。
ルイ >> つまり「解体」をゴール近くに置くのか「同じ解体でもまるで違う」という解体内のレイヤーの作品を置くのかという話。
LD >> #最上の明医 は、本当にシステム変える話をするつもりか?
GiGi >> まあ田舎のおっちゃんとかはわりとこういう「言ってみただけ」はよくあるw。やるかやらないかでなく、見届けるか目を逸らすかですねここの選択は。
LD >> 原罪…って言い方は好きじゃないけど『銀の匙』なる存在として、生きているだけで、いろいろなもののお世話になっている事を知るのは、少年マンガとしても悪くはないですね。
LD >> #銀の匙 正直、鹿がまだ生きていて、それを仕留める事になったら、それはハードル高すぎ…ってか無理w
ルイ >> 轢いちゃったから調理、という所でクッションは敷いてるんですね。敷いてるのか?w
kichi >> 「最上の明医」の解釈は「外国資本〜」ってとこまで行くと大き過ぎてちと笑ってしまうものはw 女性陣は不正探しかー。ま、この作品らしいテーマではあります。
ルイ >> 【最上の明医】は意外やしっかり展開してますね。来週は女性陣のセクハラピンチですねわかります。
カルマ >> 「解体を見て、食う」くらいですかね>銀の匙
GiGi >> いや、それはむしろハードル上げてるw>轢いちゃったから
LD >> #轢いちゃったら調理 |法律的にはどうなんでしょうね?解体そのものは牛屋さんだから、免許持っているとして。
GiGi >> キングゴルフはイヤミキャディーの言うことが正論過ぎてこれをどう跳ね返すかですね
ルイ >> 【キングゴルフ】のキャディーさんは正しいですねえ。例えばそれは弱い依存だよという返しも出来なくはないのだけど、基本ゴルフってキャディーと離れる事自体がありえないので、別のコースの中でその依存関係があってもさほど困らないのですよね。
LD >> …食用の鶏とか、牛、豚を扱うのは免許が要って、野生のものは禁止獣でない限り、煮て食おうが焼いて食おうが自由だったかな?
ルイ >> まあ、でも、個と個の力が合わさって、というロジックは組めるのかな。
kichi >> 「キングゴルフ」は助言してもしなくても物足りない感じなんで、第三の選択をしてほしいとこですが、そんなものがあるのかどうかすらよくわからないw どうなんでしょう?
LD >> #キングゴルフ 嫌味キャディーの言う事は正しいですね。そもそも今、泥縄をしている…という時点で。ただ、泥縄を承知で逆転するなら、どういうリスクを取るか?という選択の中にはあるかもしれない。
カルマ >> 大学の教授の友人に数十年山でナイフとかでイノシシや鹿を狩って暮らしてる人がいるみたいなんで、それは大丈夫じゃないですかね>自由に食える
カルマ >> 「キングゴルフ」ちょっと解法が見えないですね。単純に追い上げる、で押し切るにはコース調べた程度ではイヤミに並んだだけですしね…
LD >> さて、そろそろ一番を決めましょうか。
LD >> マガジンは…『アゲイン』と『むろみさん』
LD >> チャンピオンは…『囚人リク』
LD >> ジャンプは…『叢鋼』
GiGi >> マガジンは「ネギま」かな。チャンピオン「リク」、ジャンプ「ST&RS」、サンデーは「華っ柱」かな
kichi >> マガジン……「むろみさん」かなぁ?
LD >> サンデーは…『はじめてのあく』かな。
カルマ >> マガジン「ネギま!」ですね。
ルイ >> 【アゲイン】【ばくだん】【てんむす】【ST&RS】【叢鋼】【ムシブギョー】。
カルマ >> チャンピオン「リク」。
kichi >> チャンピオンは……「ペダル」か「てんむす」。「てんむす」かな。
カルマ >> ジャンプ「ST&RS」「叢鋼」。
ルイ >> 【ムシブギョー】良かったなー。キャラに従うだけで展開は面白くなる、という典型ですよね。説教をはじめる仁兵衛、それでいて性善説w
kichi >> ジャンプは「ST&RS」か「叢鋼」。……う〜ん「ST&RS」で。
LD >> 『アゲイン』、『囚人リク』、『叢鋼』の内、どれか。
カルマ >> サンデー…うーん「華っ柱」ですね
ルイ >> 無涯さんも良いリアクションだ。仁兵衛は人を切り捨てないから、皆彼にデレていくのだなあ。
kichi >> サンデーは…………「神知る」か、ああ「ケンイチ」も良かったかな。「ケンイチ」で。
カルマ >> 「アゲイン」は俺を助けろよ!回のが好きですw
ルイ >> まあ【叢鋼】で。金未来杯がこれ以外だったらジャンプをプギャってやるぜ。いや、これより面白いものが出るならいいけどw
LD >> ああ、『神のみぞ知るセカイ』よかったですね。こっちでもいい。
ルイ >> アゲインは今回も良いですけどね。俺を助けろよ!は暴走に任せて叫んだ投げかけ段階で、今回でそのボールが返ってきたという事ですね。個人的には今回のが重要に思える。投げるだけなら独りよがりだもんw
カルマ >> 僕は「叢鋼」押しですね。
ルイ >> タイピングで変換もしやすく、検索オリジナリティも高い部分も評価できるな!w>叢鋼
LD >> ん〜『アゲイン』にしましょうか。今回、今村の中での一段落感強いですし、出てきたキャラがそれぞれの主張のままに総並びするいい回でもありました。
カルマ >> 「叢鋼」はバディ感は弱いってのはあるけど、とにかく絵にやられていますね
GiGi >> ん。リクかなと思ったんですがアゲインですか。
ルイ >> 叢鋼じゃないとか後で後悔するんだからねっ!
ルイ >> つか、アゲイン挙げてるの僕とLDさんだけだし、僕も本推しではないのだがw
LD >> ん。んじゃ、『叢鋼』にします。こっちも、楽しかったですよね。
LD >> いや、今週の『アゲイン』は良かったよ?でも、ま、今週は『叢鋼』でいきましょう。
ルイ >> おっ、本推しとかなんかアイドルオタクって感じィ。まあ、アイドル声優オタクなのかもしれないがw
ルイ >> 僕は好みとして今回のアゲインをピークと観ますが、カルマさんの言う事もわからなくはないなあ。これは別意見というより、同じものの観る角度の話っぽい。
カルマ >> そうだ、これ凄かったので貼っておこう。また鷲崎さんだけど、いいやw 15分124曲アニソンメドレーhttp://www.nicovideo.jp/watch/sm15360409
LD >> それでは、お疲れ様でした。今週は、早くはじめたので、割合早く終わりましたね。
ルイ >> つまり、世界に向けてハッスルし発する事ができた時点で(審議不要)既に物語は拓けていて、今回は予定調和的な結末なのだ、と。そういう意味では叫んだ瞬間がピークでもあるか。
カルマ >> 僕は学校ドロップアウト組なので今村の魂の叫びにシンクロするところはありますねw
kichi >> まぁ、今回の「アゲイン」はすでに流れは出来てた中での収まるべきところに収まった大団円って感じでしたからね。意外性もあり、切実さが痛烈だった「俺を助けろよ!」回の方が私的にも好きでした。
GiGi >> 1時間前倒しなのでこんな感じですかね
LD >> ふむ…。>「俺を助けろ!」
LD >> それでは!\(`・ω・´)/
kichi >> ニチアサ観るにはこのくらいの時間の方がありがたくはありますねw>1時間前倒し
kichi >> おつかれさまでした〜。
ルイ >> ラジオで後ろに倒さない限りは前倒しが基本でいっかなーw
LD >> 分かりました。前倒し目指します。
GiGi >> おつです


■■■■2011年08月26日■■■■
LD >> 【今週の一番】チャットは8/27(土)23:00に開始します。


■■■■2011年08月27日■■■■
LD >>
LD >> |`) 
LD >> そういえば、分かっちゃいたけど、アマゾンの注文が楽になって、古本屋とかに行かなくなりました。アマゾンの「この商品を買った人は〜」を巡っていればいいのかなあ?
LD >> |・`)
kichi >>        こんばんわー(´・ω|
LD >> |三
LD >> |・`) so~
LD >> |・`) コンバンハ…
kichi >>    Σ(´・ω|
LD >> …今週は、チャンピオンからですね?(能登麻美子の声で)
kichi >>      コンバンワ……(´・ω|古本屋の話はよく分からないですが、新規開拓をするのに、という話ですか?
kichi >>      中の人が!?Σ(´・ω|
LD >> そろそろ、映像ライブラリHDDが5台目を数え、い〜加減、HDDラック製作とか考えないといかんなと思い始めた今日この頃。皆様いかがお過ごしでしょうか?
kichi >> あ〜、HDDラックかぁ。やっぱそういう時代なのですね。……HDDは保存用には不安な媒体ではありますが……。
LD >> いえ、「本屋にある、本の匂いがいいね〜。本の手触りがいいね〜。足を運ぶと意外な本に巡り合えるね〜」なんて言っても、便利さには負けるという話ですよ(汗)>古本屋
GiGi >> ばんばんわ
LD >> まず、優先して残したい映像はDVDに焼きます。以前は、DVDに焼くのが主体だったのが、これが逆転したという感じですね。
kichi >> あぁ、まぁ、そうですね……。私なんかはもう全面的に便利さを享受してますしねw 一応近所の本屋になかった本を……という順番にはしてますが、ネット無い時代は近所に無いと本気で入手自体が困難だったからなぁ……。
LD >> それと、HDDの故障の何割かは駆動系のものでしょうから、媒体にはデータが残っている可能性は低くない。もし、壊れたらHDDデータ復旧屋さんに頼めば何割かは戻ってくるかなというプランです。
GiGi >> ディスクよりもクラウド化をきぼん
kichi >> それはそうと唐突に最近面白かったマンガですが、「からん」最終7巻がとても良かったです。……打ち切りっぽいんですけどね、それでもその残念感を軽く凌駕するくらいの満足感を得られました。
LD >> 「すぐに欲しい、なら本屋」とは思ってはいたんですが、ちょっと循環的に、すぐにない事が多くなった。数を巡ってその上で…みたいな事はしなくなった。故に、すぐポチると。こんな感じですね。
kichi >> クラウド化かぁ……(=゚ω゚=;)あれはあれでそこはかとなく不安感もあったりはするんですが、やっぱそれが一番だったりはするんですかねぇ……。ま、確率的にも。
LD >> バンダイチャンネルとかがやっていますね。>クラウド化 まあ、何年後くらいに充分な量に達するか?といった所でしょうか?
kichi >> ……最近だとHDDデータ復旧屋さんも安くなってきてたりするんでしょうか?昔PC壊れた際はとても手が出る金額じゃなかったですが……。
GiGi >> 一旦アーカイブしたら基本的に減ることはないですからいずれCS放送とかは役割を終えていくんでしょうね
GiGi >> PSストアで今月末までダンガンロンパがセールしてたのでついつい買ってしまった。1章が長いw
LD >> 多分、毎月お金を払う事に対する品揃えの閾値があって、そこを超えると変わってくるでしょうね。たとえば僕はレンタルで借りるよりスカパーに入ってがんがん録画した方が安上がりという計算をしたので、スカパーに入りましたし。HDDへの以降も環境が整って、こちらの方が効率がよく安上がりと計算したからなんですよね。
GiGi >> スカパーはアーカイブ目的の人をつなぎとめるためにマニアックな作品を流さにゃならんけどそうすると人気作を流す枠が削られるというジレンマがあるよねえ
LD >> 復旧したいデータの価値に依りますねw>復旧金額
LD >> ところで、一般映画を月額料金で見放題みたいなサービスはあるんですかね?
GiGi >> 映画見放題サービスとかないでもないですが、基本的にB級作品ばかりで一線級の作品はほとんどラインナップにないのが現状ですね
kichi >> たぶんあるような……。というか、以前そういう月額見放題サービスの内容を見てて、一般映画やドラマは数的には潤沢だったのだけど、アニメはほとんどが別枠(1本毎に別料金発生)で使えねーとか思ったことがあった記憶が……。
LD >> アーカイブは減らないけど、著作権者との契約期間とかね。とはいえ、終わった(?)コンテンツは追加で焼いたりせず。ネット配信でほそぼそと稼ぐというのがいい形ではあると思う。売れたものも、売れないものも、ある程度シェアする考え方として。
GiGi >> ひと山いくらの契約になるでしょうからメジャータイトルがわざわざその手のサービスに作品をおろすメリットがまだないんでしょうね。
LD >> さて、一番に入りましょうか。
GiGi >> バンダイチャンネルはほとんどの作品の権利を自社で押さえているからこそ出来たところはあるでしょうね
LD >> スカパーもそうだけど、リアルタイムに見せる事をウリにするチャンネルは料金が高い。配信見放題サービスは、コンテンツが最終的にそこに行くものとして、一歩引いている方が良い気もする。
GiGi >> 今秋日本上陸するというHuluがどれくらいのラインナップを揃えてくるかには期待したいところです
LD >> チャンピオン!(`・ω・´)
kichi >> ……最近は、金額的な問題より時間の問題の方が大きかったりはしてるのが個人的に難しかったりはしてますけどね。バンダイチャンネルもそんな理由でまだ加入してなかったり。今は無料アニメ追うだけでもキャパ超え状態(買ったスタドラやプリキュア映画のBDなんかも積んでるし……orz)なものですからね……(´・ω・`)
LD >> #イカ娘 ですが、ラムネの瓶ってなんであんな形状なんでしょうね?炭酸入れてるからって言っても、コーラとか違いますよね?
GiGi >> チャンピョンチャンピョン。そういえばGREEのイカちゃんのゲームがめっさ出来がよいですね。本編よりもおもしろ(ぉ
kichi >> 言われてみれば……w ま、遊び心?w>ラムネの瓶形状
GiGi >>http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%A0%E3%83%8D_(%E6%B8%85%E6%B6%BC%E9%A3%B2%E6%96%99)
GiGi >> 弱ペダはちょっと待宮くーんをワルモノにする段取りで手こずってる印象ですね
LD >> なるほど…。ラムネ瓶。再使用がエコだね。
kichi >> 「弱虫ペダル」、待宮君の過去エピは逆恨み過ぎてもう……w
GiGi >> ペットボトルが主流になった今でも使ってるのは単にノスタルジーなんでしょうね
LD >> #弱虫ペダル え?今回の過去エピで、待宮くんをワルモノにする目を軽減させて来たと思ったのですけど?
GiGi >> いやー。これは誰もマチミヤくんに同情しないでしょうw.御堂筋の過去エピと比較すると楽さがひどいw
kichi >> ……うむ? ワルモノじゃなくてコモノってことでしょうか? どっちかというとGiGiさんに近い印象でしたが……。
GiGi >> 楽さ>落差
GiGi >> このまま反省とかせずに、すごくつまらない理由でもモチベーションにするのはアリみたいな話になったらちょっと格好良いけど、どうかなー。
LD >> ああ、いや、そうなんだけど。>コモノ でも、こう描かれると、こいつはこいつなりに必死とは思ったんですけどね。
GiGi >> LC外伝がいまいち盛り上がらないのは原作依拠力が弱いからなのだろうか。
LD >> 待宮をワルモノにするオンリーなら、手こずっているじゃなくって、失敗していると思えます。置くもののチョイスが微妙になっている。
GiGi >> 3週連続読切の阿部共実さんはなかなか独特のセンスっぽい?


■■■■2011年08月28日■■■■
GiGi >> 「てんむす」この展開、この価値観はなかなか熱い。
kichi >> ああ、まぁ、やっぱりワルモノというよりコモノって言うのが個人的にはしっくり来る感じで、ほんとに待宮くんはかませ犬的扱いというか、一時的な盛り上げ役でしかないんだなーって思っちゃいましたねw
LD >> ただ、待宮がああなる前に、少し動いたイビ谷という奴が広島の真打っぽくはありますね。
LD >> #範馬刃牙 は、親子喧嘩と決闘の……こんなタイトな展開をしている『刃牙』は、はじめてみているかもw
skerenmi >> お邪魔します
kichi >> ……う〜ん、そうですかね? その動いた時に一瞬そうなのかな?っては思いましたが、その回のうちに「あ、そうじゃないんだ」とも思ったので、なんとも……>イビ谷
GiGi >> もはや一矢でも報いたらバキの勝ちみたいな展開ですからね。これであと10年はたたかえるぞ!(ぉ
GiGi >> おやsさんお久しぶり
skerenmi >> ども、お久しぶりです。>お久しぶりの方
LD >> おや、sさん、お久しぶりです。
GiGi >> 狩野俊介はこのクオリティならぜひシリーズ化してほしいなあ
LD >> う〜ん、いや、でもイビ谷が待宮を制御している所までは間違いないように視えますよ?
kichi >> お久しぶり……なんでしょうか?たぶん一回ご一緒したことがあったでしょうか。>skerenmi さん
GiGi >> 巻末に伝奇アクションがダンゴになっていて何か微妙な雰囲気が…
LD >> そうか。待宮をワルモノにするために、苦慮しているのではなく、イビ谷をワルモノにする為に、待宮をああしていると考えると大体通りますね。イビ谷以外の奴かもしれないけど、今、見えているのはイビ谷w
skerenmi >> 一度だけおじゃまさせていただいたことがありますねー。>kichiさん
kichi >> ……う〜ん、制御、なんですかね? 個人的にはアドバイスポジション的な印象でしたが、まぁ、ちょっとまだ分からないです。>イビ谷
LD >> #バチバチ は白水さんのガタイが、知らず知らずに良くなっている件。(´・ω・`)
GiGi >> 白水さんいい体になってますよねw
カルマ >> こんばんは。ネギま!ハヤテ劇場版の舞台挨拶+飲み会から帰宅しました。一番には参加できませんが(笑)
kichi >> 「バチバチ」白水さん、しっかりいい音は出してるんですものねw ……しかしまぁ、圧倒的な負けフラグ……(´・ω・`)ただ負けるだけならまだいいんですけど、何かあるんだろうか?やっぱ……
GiGi >> おつおつ。何か微妙な噂がたってますがw>劇場版ネギま!
LD >> そして天雷のおっかない顔つきが素晴らしいですw こいつは「勝てない」と思わせる顔ですw
GiGi >> 怪我でドロップアウトだとちょっとワンパ感が出てしまうので…一番きついのは精神を折られる展開ですかね…。どう魅せてくるか期待です。
LD >> #バチバチ フラグについては、今回上手いですね。白水さんに立っているように見せつつも、実は吽形さんに立っているようにも見える。二人共そうかもしれない。あるいは…?と不吉フラグの幅が広いんで、いろいろ想像してしまうんですよね。
カルマ >> ネギま!劇場版、映画になってないですね。筋は悪くないんですが、脚本の三重野瞳さんの読み込みと尺不足でシチュにキャラを当てはめていて厳しい。あと制作間に合わなかったシーンは露骨に真っ白とか(笑)
kichi >> 天雷の顔つきは素晴らしかったですね。目隠れてた頃からは想像つかない表情だなぁw
GiGi >> 完全にスケジュールが破綻してましたからねえ。もったいない。
カルマ >> ハヤテ劇場版は実に面白かったですよ。小林靖子さんさすがだなと
kichi >> Σ(=゚ω゚=;)>露骨に真っ白
LD >> #うずら チャンピオンのマグナム新連載は「とりあえず脱いでみました」感がぱない。(´・ω・`)
カルマ >> まぁ、BDで作画修正だけじゃなく追加シーンあるよね?と。あと20分は欲しいなぁ
kichi >> ……前回のヒキでこの取り組みからはじまるって言ってるんで、白水さんが負けるのは確実として、それで済むのかどうかって辺りを考えるとほんとおっかないです……(´;ω;`)
LD >> #シュガーレス は本当に『A−BOUT』みたいな展開だけど、むしろどう差別化するのか?岳がいきなり気絶芸するだけで、大差別化だけど、それだけでは…!?(`・ω・´)
名無し >> この
カルマ >> 舞台挨拶の役者さんの熱は本当に素晴らしいし涙ぐんでる方が多数でしたし。制作がなぁ…恵まれないなぁ…
kichi >> 「シュガーレス」は、ほんとどうするんでしょうねぇ……(=゚ω゚=;)よく知らない(忘れてるだけかも?)人も結構いるけど、トーナメントするに値する面子は割と揃ってる感ありますが……。
LD >> #ましのの に対しては「いやや、このアクセサリー高かったほい!」というどうでもいいセリフだけでも、ウケているちょろい心境。(´・ω・`)
kichi >> それはさすがにちょっとちょろ過ぎるな……(=゚ω゚=;;)>ましのの
LD >> #ましのの BLドラマCDのタイトルが『乳首はアメジスト』というだけで、大ウケしているちょろい心境!(´・ω・`)
LD >> #囚人リク つ、椿さんが!レノマ化した!?(`・ω・´;)
kichi >> あ、そこは私もちょっとウケたので、まぁw>乳首はアメジスト
GiGi >> 椿さん完落ち過ぎるw.いやしかし、ここからが本番なんだよねこの漫画は。
GiGi >> おそらく紫色という意味かと>アメジスト。サブタイが「チアノーゼなあいつ」だし
LD >> しかし、仏顔になった椿さんには一発KOなあたりが『囚人リク』の徹底している所。
kichi >> いや別に解説を求めているわけではw>アメジスト
LD >> 『ハンザスカイ』の、この蹴りはすごいwしかし、連城が負けるか?というより伊奈が負ける感じがあんまりしない。
kichi >> 「ハンザスカイ」あれ?そうですか?全体の流れ的に言っても伊奈が負けるようにしか思ってなかったですが……。
LD >> #りびんぐでっど のこの展開が、僕には急展開に見えたのですが……急展していない……のか?
kichi >> 「りびんぐでっど」ああオチを付けたのですし、急展してないのでしょうねw いや、ほんとヒドイオチで面白かったですw
LD >> ええっと、全体の流れ的に言うと、伊奈が負けて、連城が敗れるのでしょうね。だから単純に個人戦として、あの人、伊奈のキャラ格に勝てる人なのかなあ?という話になりますね。
kichi >> ああ、確かに、伊奈を負けなそうに描けているっていう点では先週結構感心しましたね。……ただ、いかんせん全体の流れが読め過ぎるため、これをどう負けさせるのか?みたいな見方になってしまって、今週のである程度筋は見えた感というか……>ハンザ
LD >> #てんむす は、フィギュアスケートの選手、そんなに食べまくってて大丈夫だったのかいな?大丈夫だったんでしょうけどw
kichi >> 「星矢LC外伝」は、やっぱ根本的に長過ぎると思うんですよね……。このシリーズ、一人一話……は流石に厳し過ぎるとしても、せいぜい3話くらいの読み切り外伝シリーズで充分だったと思うんですが……。
kichi >> 「空が灰色だから手をはなそう」はちょっと興味そそられるものがありますね。
GiGi >> ハードトレーニングをしていたときは大丈夫だったんでしょうけど、腰をやったあとで同じペースで食べ続けたらカロリー消費できないんじゃないかという心配はありますねw
kichi >> 「エンジェルボイス」は、おお、逆転しちゃうのかな?
LD >> ああ、いや、何か、伊奈にポイントとられて、吹越の顔を見てそれから、やる気になっているあたりが遅いなとか思ってしまって。…多分、この人、黒人のハーフとかでめちゃめちゅ柔軟で変幻自在の攻撃をするとかいうような感じじゃないかと思うんですけど。
GiGi >> エンジェルボイスは「届くかもしれない」と思わせるのが上手いですね。どっちに転んでもアリだと思わせる
LD >> アスリートが、突然、運動をやめると危険なんですよね。
kichi >> 「てんむす」は、ふむ。ここをどう描くのかは楽しみですね。
LD >> #ケルベロス は金谷さんのキャラ格たけえええw
LD >> #てんむす は、この勝負でこの子が笑うんですかねえ…?それは、ちょっと出来すぎな気がしていて、この子とはもっと長い付き合いになりそうだとも思うんですけど。
GiGi >> 福留ちゃんもあれっきりですし、基本的には今回中でケリはつくんじゃないかと思いますよ
kichi >> 「てんむす」そうかもしれませんね>長い付き合い  正直、ここで何をするというか起こる?のかいまいち想像が付かないだけに、興味そそられるものはあります。
LD >> #ドラゴンハイドレート クロワ、速攻で死んだ〜!!!!!あれぇえ?(´@ω@`)?
GiGi >> あれえ!?というか、4週連続新連載だと2本は何か終わる感じですかね
LD >> #狩野俊介 猫鉄砲かっこいいね?(´・ω・`)
kichi >> 「狩野俊介」猫鉄砲かっこいいですね!ε-(=゚ω゚= )
LD >> じゃ、ジャンプじゃな。(=´ω`=)
LD >> #ブリーチ 戻りましたね。死神の力。……ま、正解でねの?
GiGi >> ぶりっち!ぶりっち!
GiGi >> 「それは月牙天衝じゃねえ」「剣圧だ」だけでご飯三杯いけます
GiGi >> このメーターがゼロ近くから一気に100振り切った感
GiGi >> 3週後のブリーチの掲載位置が楽しみです
GiGi >> ST&RSは早くも2回目のセンターカラーとなかなか順調ですが、今週はちょっと一服感。
kichi >> ……ふむ、なるほど(=゚ω゚=;)>ブリーチ
ルイ >> あれ、チャンピオンが終わってる。【空が灰色だから手をはなそう】に対する記述が殆ど観られないのだが大丈夫か?
GiGi >> バクマンはここで「この世は金と知恵」のタイトルが出てきたのは感慨深いですね
kichi >> 「ワンピ」は楽しそうだな〜w 集団での無双感というかw
GiGi >> ちゃんと言及してるがな
LD >> #トリコ のトリコーとサニーにマッスルドッキング「36連の30倍」技もなかなか良いです。
ルイ >> 独特のセンスってだけでちゃんとだとぅ。やぁ…独特のセンスですねw←
GiGi >> マッスルドッキング連想しますよねえw
ルイ >> 顔のパーツのコミック度と体つきのリアル度にギャップがあって、そのギャップが描写、世界の見方そのものにもにじみでている印象がありますね。入り口は顔、実際は体というか。いや、前回はその正反対かな?どちらにせよ、その二層感が物凄く興味深い。
GiGi >> 金未来杯今週もなかなかよかったですね。24時間という設定はなかなかタイト。
LD >> #バクマン ああ、『バクマン』見て。さっきの待宮くんの感覚って、この七峰の感じと近いのよ。僕としては。
kichi >> 「トリコ」マッスルドッキング良かったですねw ……まぁ、その計算無理があるような……とツッコミたい気分は無いでもなかったですがw
LD >> 友情ゲージがふりきれれば、マッスルドッキングができる…そう考えていた時期が僕にもありました。(´・ω・`)
LD >> あの計算式がまさに『キン肉マン』的w
ルイ >> 金未来杯【ハングリージョーカー】なかなか良いですね。おっぱいおにゃのこは本当に不安で出しただけ感があるけどw
GiGi >> この世は金と知恵の名前が出てきたことで七峰くんの動機はストンと腑に落ちますね。
ルイ >> 力を使うほど消費という点で、トリコでいうカロリー的なゲーム要素をそのものシステムのメインにもってきた作品という事で。周りのキャラの連結次第でもっと良くなるかな。
GiGi >> 「スケダン」今週のエピソードは結構好きよん
ルイ >> 待宮と一緒にされたら七峰に失礼感。
GiGi >> めだかの今回の課題はなかなか楽しげ。
GiGi >> ハンタは貫禄。
kichi >> 「バクマン」……早くも雲行きあやしくなってきたというか、やっぱ今回も自爆エンドなのかなぁ?って気がしてしまったりはw
ルイ >> 亜城木的にも初期のトゥルーヒューマンでしたっけ?やらこの世は金と知恵…あたりは色々計算する前の、初期衝動の強いエッジの効いた頃だったんでしょうけど、それでも表現として世に出た以上影響は出るんですよね。主人公が生み出しちゃった存在という事で、作家責任的なテーマも出てきたなあ。
GiGi >> ハンタは本当に何も付け足すことねーな。とにかく読めとしか。
ルイ >> 大ヒットがデなきゃ採算がとれないという七峰システムへの指摘は「ヒット」と「国民的ヒット」の間にある壁というか、そこには計算じゃたどり着けねーよとか言われるとそれだけで終わりそうで厄いですねw赤松健先生がキレそうだがw
GiGi >> うん。七峰くんは亜城木夢吐がいなかったら漫画家にならなかった。その事実をどう受け止めるのかというのは大きなテーマですよね。
ルイ >> ハンタは脇キャラを使って「人生の選択を逃す瞬間」みたいなものを描いていて怖すぎるぜwまあ、何を言えばどうなったかなんてのは多くは逡巡のうちに消えるなあ。
kichi >> 「ST&RS」は順調に良いですね。……ま、それ以上を求めてしまう作品でもあるんですけど、今回は流れ的に言っても問題なく良かったと思いますね。あとはやはりフィフィーさん……。扉絵は良かったですがw
LD >> #ハングリージョーカー のこの筆致はかなりいいですね。新人離れしている。
ルイ >> 【ST&RS】は少年活劇の中にしっかり前世代のかつての失敗を匂わせていますね。良いんじゃないでしょうか。
kichi >> 「スケットダンス」面白かったですw
GiGi >> ウェルフィンの狡知を、それに善し悪しの価値観を付けないところがもう。
LD >> #めだかボックス の問題はなかなか難しそうだけど……これは一種のロールプレイをすれば済む話なのかな?
ルイ >> ゲスは良いキャラですからね。>スケット
ルイ >> 描けば描くほど「こんな王を殺しちゃう俺らまじ」的な内向きの感覚になっていく所が恐ろしい漫画だす。
GiGi >> ST&RSは先週までの6話が一部の隙もなさすぎて、相対的に普通に見えるだけで十分良エピではありますね。
kichi >> 「ハングリージョーカー」良かったですね。やっぱ24時間で一匹という時間制限のシビアさが良くて、連載にしても面白くなりそうです。
LD >> #スケットダンス よかったですね。「やっちゃいけない時に放り込むのがゲス道」ってしびれるw そう。そもそも己の有利とか不利に生きるなら、そもそもゲス道などやらなければよい!(`・ω・´)
ルイ >> 一部の隙もないとは思わないがw基本的に好調の範囲で推移していると思います>ST&RS
GiGi >> 連載化すると大化けするか速攻でネタ切れするかのどちらかになりそうで、ちょっと見てみたいですね>ハングリージョーカー
kichi >> 「めだか」はLDさんが好きそうなお題が来たなぁw とか思ったりはしましたw や、どこまで踏み込むのか分かりませんが……。
LD >> #HXH いや〜。でも、「人間が一番恐ろしい」ってやっぱり富樫先生の原点って仙水編なんだなあ〜って思ったりもします。
ルイ >> 【めだか】まあ認識力の話なのかな。
LD >> (`・ω・´) 一部の隙もないとは思わないがw基本的に好調の範囲で推移していると思います>ST&RS
GiGi >> 大事なことなのか2回言われてしまった (´・ω・`) 
kichi >> 「HxH」はやっぱ貫禄ですねぇ。……すでに決着してるのだとしても、生き残れるかどうかはまた別問題というか、怖ろしく厳しいと思わされる今回の描写だったりもして……(=゚ω゚=;)いろいろパない
ルイ >> ゲス道はダジャレあたりに置き換えればわかりやすいというか、気にしないというより、そこを突っ込む方が己の徹底度的に美味しいもんなあ。ゲス「道」とはよくいったものだ。
ルイ >> 王とネテロのバトルが「どの道でもあの時点で詰み」という描き方で、つまり人生というフローチャートにはどこかで乗ってしまったら終わるものというか、ココ!っていう切り替え点があるんですよねえ。富樫漫画はそこのキワ描写がウマすぎていかん。
LD >> #HXH いや〜。でも、改めて言うけど王様、超カッコいいね!w
ルイ >> サンデーなのかい。
kichi >> 「いぬまる」も相変わらずの高度安定。ラストの歌詞で腹抱えて笑えるのがもう凄いね!w
GiGi >> 一休はこのほのぼのラブエピソードでシメですかねー。次回作は女の子たくさん練習してリベンジして欲しいところ。
LD >> #HXH うん。だから、“正解”がネテロの誘いに乗ってホイホイ決闘に出ない事だったとして、果たしてそれができるの?って考えると、それはもうしょうがないじゃんね。そのままに生きてそのままに死ぬだけだよというか。
GiGi >> ぬらりひょんは時々すごくいい絵を描くので油断できない
kichi >> 「マジコ」、「お前らも…どうだ?」はいいなw 意味わかんないけどw おねえさんもクールな雰囲気なだけにキスにグッとくるものがありましたしねw
ルイ >> 偶然と必然と狭間に運命を見せられたら、作家は基本的に勝者なのだす。
GiGi >> 覚悟の話ですよねえ。だからと言って、覚悟が出来なかったから、ただ己が生きるために全力を尽くしたからそれが悪いの?といえばそうも言わない。誰もがあるがままに生きるしかないという。
LD >> さ、サンデーさ。(´・ω・`)
LD >> 『ハヤテのごとく』の劇場版が面白いという情報が飛び込んできました。
kichi >> 「一休」は……まぁ、やっぱそうなるんでしょうかねぇw>女の子練習   ……正直言うとそれだけでどうにかなるとも思ってなかったりはするんですが、頓智を磨いてリベンジしてほしいとか言うのは無理があるしなぁw
GiGi >> 王やプフがいいのは当然として、やっぱり今週はウェルフィンを見て、でもまあしょうがないじゃんと思わせてしまうのが本当に圧巻。
ルイ >> ただ、今回の狼くんの描きで「とりあえずムーブオン」的な価値観は出ていない気がしないでもない。言って殺されるのはタダというかw←おい>ハンター
GiGi >> 基本トリックではなく人情がやりたい人でしょうしね。であれば女の子はかわいいに越したことはない。
ルイ >> ただ、サクラ大戦なんかで選択肢時間切れが正解だったりもするんだよね、というのが正味の話。
GiGi >> トリックで魅せるひとは女の子描けなくてももんだいない>例:福本先生
LD >> ここでウルフェインが魔神を静める一言を発する事ができたら『カイジ』的感動ですよ!?(`・ω・´)
GiGi >> ハヤテはいろいろとしゃらくせえとしか
ルイ >> 【ハヤテ】は先週と同じイラ壁感。
GiGi >> 一言というか、ここで生き残る道はただの一つしかないですよ。それはしかしウェルフィンがウェルフィンで無くなるのと同義。もちろんそれを選択したとしたらやはりそれはそれで感動的ですg。
LD >> #ハヤテのごとく は、『バクマン』よりも『バクマン』な展開ではないかと思ったり。ナギのやっている事は七峰くんよりいい問掛けになっていると思うんですよね。
GiGi >> 「神のみ」は先週予感した危うさがさっそく顕在化していてとても楽しいw
ルイ >> ハヤテに関するこのギャップときたらw
kichi >> 「ハヤテ」ヒナギクさんにはイライラさせられましたが、ま、ナギとルカで宣伝力と中身という構図を作った辺りはなかなか良さげではある?
GiGi >> 別人になってでも生きるか、己の信念に殉ずる覚悟を持って死ぬか、どちらに転んでもウェルフィンの格が落ちないってすげーなやっぱり。
GiGi >> ちょろいってこういう時のためにある言葉な気がした>ハヤテ
LD >> そういえば平野耕太先生の『大同人物語』はどうなっているのかなあ?などと思ったり…。
ルイ >> そう、対比を作るのが目的。その目的の為に用意したメソッドがイラ壁レベルに安いだけで。
GiGi >> 「最上の明医」もちょろいって言えばちょろいですが、問題提起がヘビーなのでまだ読めますね
ルイ >> この場合ウェルフィンの格って落ちたというか…「選択肢という主導権をそう活用できなかった」という感覚が残るんじゃないのかな、というのが先ほど言った話ではある。ギギさんの二択を活用したらそれはかっこいいけどね。
GiGi >> キンゴルは正解のない選択を迫られる緊迫感が出ててよかったですね。
GiGi >> 100%の手詰まりを明察してしまったらどうすりゃいいのよって話で。とても好きな命題です。
GiGi >> ↓HxHの話
LD >> 確かに、すごいギャップだw …でも、大意においてヒナギクはいい事を言っていると思っていますし、ナギは……どうなるか分からないけど、ある意味敵役としての七峰くん的な事を言っていると思いますよ。
ルイ >> だから、大意においてなら見せ方が悪いってのは先週言った通りかな。ドヤ顔全紹介感がどうにもならぬw
kichi >> 「最上の明医」は、結構ポッと出な印象ですけど愛ちゃんを最近上げてきてるのが割と好印象というか……、普通に可愛くていい娘で良いよねw
GiGi >> めごちゃんかわいいよね。
ルイ >> どうにもならんとw>どうすりゃいいのよ だから、さっき言ったけど、ネテロ戦と基本的には同じ事を形を変えて描いているんですよね。選択に見えてそうでない瞬間とか、そうでないように思えて選択だった瞬間とか。一人一人の主人公感は凄く良く出ているんだけど、その主人公たちが絡まりあう事で、必然的に主人公から落とされるというか、手詰みにもっていかれるケースもあったりするのよね。
ルイ >> 【鼻っ柱】の西森漫画度が全開すぎるw気付いたらいつもの西森漫画になったなあw
GiGi >> 「華っ柱」は、ビデオは撮ってても撮ってなくてもどっちでも結果は同じといっちゃう所がなかなかよかったですね。
LD >> >100%の手詰まりを明察してしまったらどうすりゃいいのよって話で。 いい言葉です。そこで魔人を鎮める言葉があるなら、それは人の求めたる『物語』ですね。
ルイ >> それ100%じゃないよねw>鎮める言葉
kichi >> 「キンゴル」は……う〜ん、まぁ、かなり苦しいけど、その苦しさ込みで良かったとは言えるんでしょうかね……。いろいろ微妙ではありますが……。
GiGi >> 好みというか望みを言えば、ウェルフィンは最後までウェルフィンらしく死んでほしいですね。客観的にみっともなくとも。
ルイ >> 僕もキンゴルはギギさんが言うほどには見えていないというか、強い個という価値観が結構フツーに上位に置かれた感がなくもなく。でも、我慢して描ききりましたね。
GiGi >> うん、ちょっとLDさんは状況のシビアさの認識が甘いような気がしたw
ルイ >> 来週の1コマ目で死んでるかもしれんw
GiGi >> 背を向けて死ぬか、己を殺して生きるかの二択なんですよ。鬼ですよ。
LD >> >大意においてなら見せ方が悪いってのは先週言った通りかな |ふうん。僕は、あの話は20点のものを50点にする話と明言しているし、30部という相当低い目標設定も、プランとして意味があると思っているよ。ナギのマーケティングはどうなるか分からないけど。
ルイ >> 己を殺して生きる、という道もその先で王等に対してそれを通せるかっていう、次のゲームが始まるんですけどねw
GiGi >> はっきり言ってしまえば「ヒナギクは研究した」のコマが余計。あれがなければまだヒナギクの天然の才能で上手く転がったと納得できた。
LD >> > うん、ちょっとLDさんは状況のシビアさの認識が甘いような気がしたw|え?違うよ?GiGiさんにどう捉えられたかは分からないけど、僕もウェルフィンの死はほとんど確実なものだと思ってますよ。富樫先生のストーリーてリング的に観ても流れのままにやってしまうでしょう。…その上で「万が一」の話をしているだけですね。
GiGi >> 万が一という認識がw。億が一もない
GiGi >> ウェルフィンの才気で事態を切り抜ける可能性は億が一もないという認識ですね私は。
LD >> うん。『ハヤテ』の話のギャップの大きさは分かりました。僕はヒナギクの手法全部が正しいとは思っていないけど、そのディティールに納得させて欲しいという感覚は今ないですね。
GiGi >> あ。これ「もしドラ」のパロディなのかね、ひょっとして>ハヤテ。
kichi >> ……というか、てっきり今週ラストで時間切れという認識だったのですが……。>HxH
GiGi >> なんかこの文体既視感がある気はしたんだ。
LD >> > 万が一という認識がw。億が一もない |はっきり言うけど、それは言葉の遊び。「シビアさの認識が甘い」と言いたいだけになっていない?
GiGi >> うーん。「万が一」とか「ほぼ」という単語が出てきてしまう時点でたぶん違う状況認識だなーと思ってしまうのですが。
kichi >> たぶんルイさんも同じ認識なんじゃないかと思うんですが、もしウルフェンにチャンスがあったのだとしたら今週のどこかで話に割り込むことで、今週ラストで時間切れ、チャンスは完全に絶たれたという認識……だったのですが……>HxH
LD >> #最上の明医 は、アフリカ編でどうなるかと思ったけど、こっちでも医大の不正をあばくみたいな展開が!(`・ω・´)
GiGi >> 将棋で、遠い詰みが見えて、相手の力量からしてそれが相手も見えているのを認識して、さてどうするの?それでも相手のミスを期待するの?という話かと。
LD >> 仮に僕がここで「億が一」と言っていたら、GiGiさんは「それは認識が同じです」と言ったと自分で思う? 「とにかくLDさんより自分は厳しい認識をしている」という話だと言う事は分かりました。…が、僕は「どちらも生きる可能性がゼロに限りなく近いと思っている」というレベルの認識の一致で満足する事にします。
GiGi >> 「流れ」を読むとウェルフィンが生き残ったほうが、「本当にこれでよかったの?」と思わせる展開になるかもですね。
GiGi >> 億でも兆でも「ある」と言った時点で違う認識になります。
GiGi >> 生き残ることでカタルシスを得る展開は100%ない、と言い切ります。
ルイ >> スフィアクラブを観ていて遅れましたがwkichiさんと同じ話になりますね。つまり、ここで何かを言えなかった、言えるセリフを思いつかなかったという描きになっているし、同時に言った所でどうにもならなそうというか、その発想自体がここに選択肢があるという錯覚というか、もうゲームブックで「○○なら××へ」と誘導されてる感じwそれでも、動けば何かが起こったのでは、という未練を読者に感じさせる事も含め上手い。
LD >> #絶対可憐チルドレン は、チルドレン自体に暗い重い話をかぶせるのは難しいから、兵部や不二子のこっちにかぶせて行くということなんでしょうかね。…いや、当初からその方向性はあったと思うけど。
GiGi >> 生き残る道はひとつしかないと言いましたが、実際は「王がヘマをする」と「投了する」の2択があります。投了という選択は今週プフが見せたそれですね。ウェルフィンがそれに倣うか、それともそれでも王のミスに期待して死ぬか、という状況というのが私の認識。
ルイ >> そこに私見を加えるなら「投了する」という選択をプフなみの決意と真情をもって行えない「選択肢」でしかないウェルフィンは、たぶんそれを選んでも殺されると思いますけどね。だから僕はギギさんよりは「自分を殺して〜」という彼をよく観る視点は弱い。いやもう、こういうやつだから、ここにいたっては選択肢はない。タコあたりからリロードした方がいい。まだダメか。…と、リロード繰り返していったらこの虚栄心なりを抱えて生まれた時点でどうにもならなそうだ(実際はわからない)という所も含め「運命」を感じさせた時点で勝ちなんですよと。
GiGi >> LDさんが言っているのはその二択ではなく、第3の選択としての「神の一手」をウェルフィンが指す可能性をさして「万が一」と言っているように見えます。
ルイ >> 王のミスは王の格的に計算し辛いから、この場合あるとしたら「王がいきなりハナヂだして死ぬ」とか、それくらいの超他律的な話ですかねw
GiGi >> うん、だから別人になるという表現をつかった。もし生き残ったとしたら、それはもう、自分たちの知っているウェルフィンではない、ただの忠実な王の下僕。
kichi >> ……ふむ。やっぱりGiGiさんの認識とも開きがありますねw 私はもう、今週は死んだ描写はしなかったというだけで、完全に「死んだ」って認識でした。
ルイ >> ああ、別人になれないから言ってる事は結局大差ないと。それこそ人格崩壊とかいう話になりますね。
ルイ >> いやkichiさん、ギギさんとは開きはそんなにないですよw
GiGi >> もう一度読み返したら、抜け殻になって生き残ったほうが読者に刺さるものは大きいかも、とは思ったり。ウェルフィンらしく死ぬほうが、ウェルフィンにとってはずっと幸せだったんじゃないかというレベルで。
LD >> 億でも兆でも「ある」と言った時点で違う認識になります。生き残ることでカタルシスを得る展開は100%ない、と言い切ります。>「ある」はその展開が想定できると言ったわけではないよ。「ある」の意味が違う。いいよ。「魔神を鎮める言葉」というのはそのゼロを越える話。いや、GiGiさんの意見は分かりました。まあ、とにかく絶対絶命という認識では一致しているって事でやめておきましょう。これ以上の認識合わせにはちょっと僕は意味を感じられない。
ルイ >> ウェルフィンがプフと表面上同じ選択肢をとって、そこの違いを喝破されるとか、ここは色々描きようがありそうですけどね。ただ、ここはウェルフィンのネテロ戦の王的な「選択肢終わってた」感を出したかったのだろうなと。
GiGi >> 「神の一手」という表現はLDさんの心情を表すのにわりと的確かなと思ったんですがどうでしょうね。
ルイ >> まあ、僕はギギさんと近い認識ですね。そも、そこでLDさん好みとも言うべき天元突破の話を持ち出すのはこの作品において意味がなさげというか、言ったもん負け感がw
LD >> 第3の選択としての「神の一手」 > 言っています。魔神を鎮める言葉とはそれです。そして「それを口にしたから認識が甘い」とか判断されるのは、僕はよく割らかないけど、まあ、それを今詰めるのはやめておきます。
ルイ >> 王が神の一手を指せるといいねー、というあたりで手打ちにしておこうか。
GiGi >> もし「神の一手」を指す話がくるとすればそれはやはり主人公であるゴンさんの役割で、ウェルフィンはその任はないというのはごく自然な読みでしょう。
kichi >> やー、でも私は、ここでウェルフィンが一言でも言葉を発する余地が残されてるとは思ってなかったのでw 生き残る可能性としては、「王が鼻血出して〜」ってのだけが唯一の可能性かなぁ、とw
LD >> 「言ったもん負け」と言われるのも、よく分からないw ここではその「神の一手」を口にしたら認識が甘いみたいな話には乗れません。…でも、まあGiGiさんとかルイさんの意図はそういう方向と言う事は分かりました。
GiGi >> しかしちゃんと「将棋」の話の読替えで通じる構図になっているんだなと改めて。
ルイ >> そうね、基本的には手詰みの話という点で一致はしています。ウェルフィンにあるに見せた主人公的選択肢はもうこぼれ落ちてたんだなーと思わせたらいいんじゃないですか。
GiGi >> だから「神の一手」は存在しないの?と読者に思わせること自体は、冨樫先生の狙いのうちではあるだろうし、そう読むこと自体は否定はしません。
LD >> >ウェルフィンはその任はないというのはごく自然な読みでしょう。|ごく、自然な読みですよ。それと違う事を口にしたらその認識をしていないという話にはならない。「絶対に万が一が起こる展開だ」と言ったわけではないからね。「万が一」という言葉を使って「その上で」の話になっているはずだよ。
ルイ >> 個人的な感覚では、「神の一手」も「人が変わる」も結構同じククリに入る話だと思いましたが、ギギさんがない選択肢という意味で言ったと言われたので、それならいっか的な認識。LDさんの話は、まあ宇宙の見方の宣言の話でしかないので。そこはギギさんの「王が、ゴンができるか」くらいに留めておこうか。
ルイ >> そうね、だから少年漫画の外殻的にぼくが最初に言った「とりあえず何か言ってみれば=ムーブオン称揚」みたいな空気が出ていて、その賢しらさも込みで上手いと思いますね>狙いのうち
GiGi >> Bebluesはこの失点の呆気なさが良いですね。
LD >> >そう読むこと自体は否定はしません。|なら、僕が
ルイ >> 【神のみ】は先週の指摘通りですねえ。まあ、リアル風邪という「今しか使えないシチュエーション」が、普段プレイに「天の理」をあまり加味しない桂馬に揺らぎをもたらしたという言い方ができるかな。ギアスのルルーシュばりの「今やるしかない感」に巻き込まれたというか。いや、やるしかないって、偶々得た時限の力に調子乗っちゃっただけなんだけどw
GiGi >> 体調不良という外的要因が「桂馬の失敗」の可能性を呼び込んで危うさを見せているんですよね。とても面白い。
LD >> >そう読むこと自体は否定はしません。|なら、僕が「万が一」と言った時に「億が一じゃないと認識が甘い」とか言葉の遊びに流れない方がよかったかもね。
ルイ >> だから、今の桂馬はコードギアス的にナリタあたりと照らし合わせるとわかりやすそうな。
kichi >> 「BE BLUES」はアンナちゃん可愛いなぁw
ルイ >> アタックチャンスには基本頼らないプレイスタイルなんですよね。ゲームはシステムでロジカルだから。
LD >> 確かに王や、ゴンクラスがやれる事を、今、この状態でウェルフィンにできるか?という話が僕の話の意図でした。
ルイ >> 【BEBLUES】アンナちゃんがフォーカスあたってない所で細かい仕事するようになってますね。ここまでキャラ育ってたっけw
GiGi >> 一見してそう読めるようにも描いてはいるけれども、ロジックを詰めるとそれは100%ないようになっているという話なので、「読みが甘い」という指摘は間違ってはないと自負<そろそろ危険球
ルイ >> や、やれるかは知らんw
kichi >> 「ムシブギョー」やっぱ蜜月さんも甘いというか隙が多い人ではありますなぁw ま、そういう相手でないと説得という展開もしにくいですし、だからこそこうなってるわけではあるんでしょうがw あと、お春さんの足の裏が可愛かったですw
GiGi >> そうですね。ウェルフィンに出来るのか?というのが根本的な話でしょう。ウェルフィンにもそういうチャンスはあってほしいという願望を踏みつぶす残酷な展開というはなしですね。
GiGi >> 意図しない失敗をすることで呼び込めるものもあるかもしれないという描きになる可能性はありますね>神知る
LD >> #ムシブギョー は、そもそもこの仁兵衛が誘い出された、この砂丘はどこなんだろうか?海岸でもないみたいだし。
ルイ >> そうですね。リアルの厳しさに跳ね返されるか、同時にリアルならではのボーナスを描くかはステップの踏み込みの違いでしかないので。
kichi >> あれ?蟻地獄の中じゃなかったんですっけ?>砂丘
ルイ >> 【ムシブギョー】は仁兵衛のキャラを崩さないだけで面白いから、まあ連載勝ってますね。
GiGi >> 関東で砂丘といえば九十九里浜
ルイ >> そして、基本的にHHの話じゃないが「ムーブオン」は称揚しないと人類立ち行かなくなるのでwこの辺の描きは注目ですね。ビンタされるだけで終わっちゃうのも惜しいと思うし、ただごまかしきれました、だとリアルのままならなさは「きわどい」だけで結果大丈夫、と誤解されかねない。
kichi >> 「マギ」は随分唐突に襲われてて唐突に助けられたような……。ちと描写的にあまり巧くなかった印象があるんですが……。
ルイ >> 【マギ】は、まあ速度が大事なんでしょう。師匠筋3人だけが助けに来ているあたりのシチュエーション整えました感が。この流れで師匠一人死んじゃったりしたらハードだけどなあ。
ルイ >> 【はじめてのあく】よくわからないけど【神様のメモ帳】と同じ慰撫という事でよろしいかw
GiGi >> よくわからないけどニート賛歌?
ルイ >> ズバリやw
kichi >> 「神知る」良いですねw ラストアオリのツッコミは全読者が共有できるものだなぁw
ルイ >> 【境界のRINNE】は鉄板の面白さですけど、例えば【らんま】並に周囲のキャラの回転力が高いわけでないあたりが、肩の力抜いてる感に繋がるのかなあ。
LD >> う〜んw GiGiさんの「100%」は、実際に話を詰めると言い過ぎな事がよくある。…し、繰り返すけど「言ったらその認識をしていない」という判断そのものが既に思考の“穴”になっている時点で、その「100%」は怪しいものに思えるよ。…という所で終わっておきますか。いや、ウェルフィンは基本潰されると思うよ。「基本」ってつけた時点で認識甘いと言いたいかもしれないけど、僕の立ち位置からはどうしたってそういう言葉が出てくる。言葉でそういうものだから。
kichi >> 「はじあく」は……ふむ。いや、割とガッカリ感?強めな今回ではありました。
ルイ >> 【絶対可憐チルドレン】は本編でなかなか出来ない酷い予言の話にガチ踏みすぎてワロタ。予知者に「気をつけて」とか言われてもw
GiGi >> 方法がどうという話でなくて、ウェルフィンがこの場を切り抜けたとしてその後の展開は作品の主題に合うの?というところですね<ここで作品の主題の読み違えがあったり、キャラクターの暴走に作劇が引っ張られたりということはあるので、実際には100%ではない…が、HxHに関しては100%言ってもよいかな<というところですね。
ルイ >> その辺はLDさん自身も含めて言い張り可能判定に入る印象。とりあえず最初に「お前がそう思うならそうなんだろう お前の中ではな」と言えば良かったらしい。
LD >> #ムシブギョー ともかく、真平らな平地の下に、蟻地獄の大空洞があるんですよね?まあ、あんまり気にする所じゃないかもしれませんが。
ルイ >> まあ、でも本来チルドレンてそういう話なのよね。予言を覆せなかった全世代、という配置は良いですね。イルカ大活躍や。
ルイ >> ×全 ○前
kichi >> あまり気にしてなかったですが、そうだと思ってましたw>蟻地獄
GiGi >> 「ネギま!」良い最終回だった。
ルイ >> 【武勇伝】ずいぶん遅い主人公特権のお出ましだなあwあまり新味のあるギミックではないので、これなら無い方が良かったんじゃね的気持ちがないでもない。
ルイ >> 【ネギま】最終回プランBがかなり切ない事になってるそうですが、大事なそれの脚本を三重野瞳に預けるとか、まあ赤松先生の責任問題と言えなくもないw素直にラブひなに続きジーべと縁続けてれば良かったんじゃw
GiGi >> 相当に基礎固めやったあとでなきゃ才能の片鱗すら見えないという話と受け止められなくはないw>武勇伝ででん
ルイ >> と、流れるようにマガジンにいかされている…だと…
GiGi >> いやそろそろ頃合いかなと思ったんだがw
ルイ >> なるほど。まずはやってみる、という描きでは…にしては早い気もするw
ルイ >> まあ表紙にアスナがいるだけで、アスナというキャラが赤松ヒロインの中でも伝統的に陽性キャラの位置ですから、それだけで解放感が凄いですね。
LD >> まあ、「その展開は僕は全く想定しない。主題の意味を失するから」でよかったかもね。“言い張り可能な世界”の他者の心象を評したりせずに。
GiGi >> そのあたりが落としどころですね>その展開は主題の意味を失する
LD >> #マギ の展開が、ある種、『ネギま!』の師匠ズ登場みたいになっている。
GiGi >> ヒキのネギ君は意識して幼さを消してる感じかな?若干等身が高い?
kichi >> 「武勇伝」はようやく主人公らしくなってきた感じで、まぁ、良いんじゃないでしょうか。……と言いつつ今回も萌花ちゃんにばかり注目してた気もw いつになく無邪気な感じで可愛かったですw
ルイ >> しかし、僕の想定していた方は伝聞だと劇場版の方のプランBに組み込まれちゃったのかな?wそっちに飲み込むのが作品主題(タイトル)的に勝利だと思ってたんだがw
ルイ >> そういえばネギま!にサイレント気味にエピローグを出しているページがありましたけど、他の漫画でも言った覚えがあるけれど、半端に擬音とか残されると演出不徹底な感じで僕はあまり好きじゃないかな。
GiGi >> アフターエピソードで何をやるのかってのはまったく読めないのでなかなか興味津々ですね。
ルイ >> 画力というか自分の演出描写力に自信ないのかなー的な。
kichi >> 「華っ柱」は案外シンプルな解法でしたw ま、良かったですw
ルイ >> まあ、ヒントというか、この回の大団円でもネギが何者かと言ったら「ナギの息子」という紹介ありきなんですよね。別にそれは受け入れて良い事でもあるけれど、描きのベクトルとして。
LD >> いや、「これを言ったら認識不足」とか、そういう思考をしなくったって、普通に話は詰めれるよねって話だね。「〜こういう理由でその展開は無い」と言えば済むし。
ルイ >> その辺話術の中で、敢えて揺らす事でリアクション観てそれすら人物評価に加えようとする人とかいますからね。僕は基本好きじゃないが、その方が効率的な側面もあるかな。
ルイ >> 【ブラディ・マンデイ】響の殺した宣言など、相変わらず宙吊り感は忘れない。
LD >> #神のみぞ知るセカイ は、ピンチだけど、本当にラブコメみたいな展開になっているのが良くて上手い。桂馬のアドリブの旨さは、ゲーム経験の裏打ちでしょうが。そこらへんも上手い。
ルイ >> ああ、言葉を探す為にサンデー溜まっちゃってたのか…w
GiGi >> すんまそん
ルイ >> 【君町】まさかのアニメ化に読者慄くも、OADという事で半分赦し、広島タイアップと聞いて全部許す展開。
LD >> 人物評価は人物評価でやればいいけど、物語を語る事の多くの局面で必須ではない。→
ルイ >> 【ばくだん】は体調とモチベーションが尽きて休載とかにならない限り、なかなか面白く展開しそうだなあ。
ルイ >> 【アゲイン】も良いですね。レオがw…じゃなくて、やり方が多少間違ってても、一回青春謳歌できた人は結果的にこっちでもなんとかなりそう感というか。
kichi >> 「ネギま」……う〜ん?私の理解力が足りないのか読み落としがあるのか……いや、そもそも、単にひと段落として見るならいいですが、最終回A案とか言われると頭に?浮かべてしまう気分……。そもそも、根本的な問題の解決策って提示されたんですっけ?
GiGi >> ばくだんは大きく史実から乖離して行きそうで楽しみですね。
LD >> → これは脱線でGiGiさんを出汁にするのは申し訳ないけど、さっきの話だって、ゆらしとかそういう手法だったとしても、結果、僕の反発に対抗するために“ゼロ”という強い言葉を使い始めたり「100%ないと自負」とか口走っちゃって、その後に「実際には100%ではない」と言い直したり、GiGiさんの中に本来あったであろう「作品観」すら歪めて「対抗する話」を人間ってしてしまうものじゃないの?そこを気をつけて物語を語る事に集中するためには抑えるべきポイントはあると思うんだ。
ルイ >> ん?最終回分岐前の暫定最終回という意味で、AとかBじゃなくニコニコ動画のタグ的な意味で捉えれば良いですw
LD >> まあ、既にマガジンの話に入っているみたいですが、マガジンです。
GiGi >> GEここで先輩という手順はなかなか良いかと。
ルイ >> 【GE】今回は映像的に上手いですね。
LD >> #賭博覇王伝零 は、順調に長引いているように視えますが…。この距離感やパワー調節にも罠があるのかな…?あ、たとえば零が使っているパターは重さが違うとか?
ルイ >> 単純に先輩というだけでなく、最初にハダカで登場させる事で、このエピソードにおける先輩の使い方がハッキリと暗示(変な日本語)されているのが上手い。
kichi >> ふむ。……とすると、やっぱり解決策は提示されてないんですよね? それならまぁ、いいんですが、だとするとひと段落としてもスッキリしない感じはあるかもなぁ……なんても思ってみたり。……そこはまだまだ先送りされちゃうんでしょうかね?(´・ω・`)
kichi >> >ネギま
ルイ >> 零は自分で判断するだろうと読んで、誤魔化しを入れたんでしょうね。
ルイ >> 確かに、この状況でBに流れた時「あれ?そう言えばあれは?」という形になる気はしますねw
LD >> #ネギま! の劇場場は残念だったという情報を聞きつけましたが…!ガンドレスな?そこまでじゃない?
ルイ >> ああ、この先輩の使い方は、true tearsの比呂美の縦PAN的な旨さがあるんだなw
LD >> #ネギま! は、本当にここで全てを解決した最終回足りうる局面というワケではないのでしょうけど…。フェイトと握手したなら「俺たちの闘いは(ry」でもいいくらいの局面って話かな?
GiGi >> 先輩と懇ろになって、そろそろ大沼さんの魂を浄化してあげて欲しいところ
GiGi >> たぶん来週で、「ところで問題何にも解決してなくてね?」と揺り戻すのかもしれませんね。
ルイ >> 肉体でチャンス無くせば芽なしだって?w残酷なw
GiGi >> ↓ネギま!のはなし
ルイ >> ああ、基本そうだと思うんですが、赤松先生自身ここで分岐と言う割には、Bに踏み込む場合A関連の問題ってどうなってん?という意味でのkichiさんの心配はその通りだなと。
LD >> #君のいる町 は…もう、ゴールしてもよいよね?(´・ω・`)…ってかさ。御島さんをああいう振り方して、他の女の子にどきどき…俺ってやつは…みたいな展開できないよね?
GiGi >> 黒川と内海は上手くいかないという観察眼は正しいだけに大沼さんがあそこで諦められないのは自然なんですよね。
GiGi >> B案見てないのでなんともw。
GiGi >> 君町はOADについてくる単行本がどのあたりの話になるのかが問題だ。
kichi >> それなら問題ないんですけどねw なんか、最終回ムードが全然ピンとこなくてw>来週で揺り戻し
GiGi >> ゴっ輝が「俺達の戦いはこれからだ!」的なことを言い始めましたが
ルイ >> 大沼さん「先輩のバディは貧相だから…」
ルイ >> 輝は基本定期的に言ってますw
LD >> #ゴッドハンド輝 は…綾乃さんとか揺らがないよね…?離島か…。(´・ω・`)
ルイ >> 少しレベルが上がると頂を見上げる、が輝の基本形ではありますよね。ただ、展開は進んでいるようで。
GiGi >> うん、今回はなんか師匠格の人たちの人がバーンとやってるのが目新しいなとw。
kichi >> 「ブラマン」は、響たんは最初っからJの手駒だったわけではないのか。それならまぁ、たぶん裏切らない……のかな?
ルイ >> 輝は変わらずやってるんだけど、実際の所レベルは最初とは雲泥なわけで、戦うステージもこういう劇場版な感じになるんだぞ、とw
LD >> #アゲイン は、暁ちゃんが、まだヒロ君あきらめてなかったのね…と。え?そうなの?
ルイ >> じゃあ、なんで響は人とか殺しちゃうの?いつ天のヒメアなの?←LDさんしかわからない
GiGi >> 「エデンの檻」の、このまるで残機制のような命の扱いの軽さ。
LD >> 響さんの事で、安心したがっているな?m9(`・ω・´) >kichiさん
GiGi >> せめて命綱くらい用意してあげたい。
GiGi >> アキちゃんの悪事がかわいすぎて萌える>アゲイン
ルイ >> まあ、チーム決め同様、相変わらず効率とかガン無視して胸が邪魔そうなお色気要員に先行させるのはエデンとしての徹底度と評価できるかもしれない。;
kichi >> ファルコンがそう命令したから?(´・ω・`)>殺しちゃうの?
ルイ >> あれ、さっき言ったけど、アゲインしなくても大丈夫な人はアゲインしても遠回りはするかもだけど大丈夫って話でそ。
kichi >> う〜ん、まぁw>安心したがってる
LD >> いや、アゲインした世界でも、こんなにビハインドっていうか「覆水」しても、それでもヒロ君と上手く言ったら暁ちゃんの物語は完璧だと思うんですけどね。…でも、だとしたら今村構い過ぎだったんじゃね?と。
GiGi >> AKB49はいよいよ新展開の始動ですなー。この強引なセッティングが素晴らしい。
ルイ >> 【AKB49】ひろこは家追い出されてるのに、みのりと来たらラブコメの第一話みたいな…w
GiGi >> 今村が仕上がったあとでアキちゃんのエピソードに移ったのは意識したところではあるんでしょうね。
LD >> #アゲイン いや、暁ちゃんの、このビハインドって「覆水」レベルに思えてね(汗)
GiGi >> ラブコメの第1話というか、第2話ですねw。第1話で女装アイドルとしてデビューして、それを承けるエピソードとして完璧w.
LD >> #アゲイン それとやはりレオが可愛い…というか、チア部やめたって、あの部長から足抜けするのって大変だと思うけど、多分、何とか話をつけてしまうだろう所萌え。
GiGi >> ベビステのこのアップダウンは素晴らしいなあ
kichi >> 「アゲイン」はルイさんほど大丈夫とは思ってないんですけど、まぁ、そんな酷いことにはならないのかな? いや、今村が元より良いアゲインになったのと対比として、酷いアゲインになってしまった……というのを描く手もありそうなんですけど……、ま、アキちゃんのキャラ的にもその可能性はあまり無いのでしょうね。
ルイ >> ただ、アキのそのレベルの失態を取り戻す行為って、歴史の修正力というと大袈裟だけど、そういう意味で今村の先に不安を味付けする効果はあるかもしれない。
LD >> #AKB49 は、秋元康が妙に本気だんだけど…なんだろうな?
ルイ >> 神の推しメン…神とは秋元康の事だったんだよー!
GiGi >> アキちゃんが「元」に戻る過程で今村が元の木阿弥というのはある話ですね。
kichi >> 「エデンの檻」はジャンケンの社会的地位が高いファンタジー世界説を唱えてみるテスト(´・ω・`)
LD >> いや、一つは、暁ちゃんのアゲインって、ある意味、早々に失敗したから今村にちょっかい出しているのか?と思っていたんですけど…そうではなかったんだなあ…というか今村と強い関わりを持たない所でアゲインを修復しちゃったら(ヒロ君と上手く行ったら)暁ちゃん、男前過ぎるなと。
kichi >> ふむ。今村の方が。なるほど。
ルイ >> つまりこのエデンの檻はエスポワール島だとw
GiGi >> 今村に早い段階で成功を味合わせたのはそれなりに意図のあるところだと感じますね。
LD >> #この彼女はフィクションです。 水着回でしたが……う〜む。ユーリ君はっきり言って浦島景太郎よりも羨ましいな?
ルイ >> 今村、まだ入り口ですしね。
ルイ >> 【このかの】は一応アムが出てここで関係図が安定したった所があるので、その確認としてリア充な水着回は良いとして、ここからどう転がすかがお手並み拝見ですね。
kichi >> 「ベビステ」はいつもながら良いです。ゾーンを意識しないようにしたら近付いたとか、実は分析通りだったりもする辺りがもうねw
ルイ >> フィクション生物がいては困る人をだすというのはどうだろう!?とか、妄想は膨らみますね。
LD >> …この中に、ひそかにユーリが好きっぽい子が混じっていた気がするだけど…だれだっけな?それと、この季の強そうなメガネっ子は誰だろうな?
kichi >> 「このかの」水着回、確かに羨ましく思えましたねw
LD >> フーコ先輩の「彼のいい人だ!」発言も、萌えるというか…うらやましす。(´・ω・`) なに?この安定感?
LD >> さて、それでは一番に入りましょうか。
LD >> チャンピオンは、完落ち椿…じゃなくって『囚人リク』。
ルイ >> 【空が灰色だから手をはなそう】【てんむす】【HUNTERXHUNTER】【バクマン】【神のみぞ知るセカイ】【ネギま!】【アゲイン】って所かなあ。
GiGi >> チャンピオンはリクとてんむすがよかったですね
kichi >> チャンピオンは……「空が灰色だから手をはなそう」かなぁ?
GiGi >> ジャンプはぶりっち。ハンタも汲めども尽きぬ魅力。
ルイ >> てんむすは、先生がアレながら意外と人望は地に落ちてなさそうだったり妙に味わいがあるず。
kichi >> ジャンプは……やっぱ「ハンタ」でしょうか。
GiGi >> サンデーは神知る、マガジンはAKBかな。
kichi >> サンデーは……「神知る」でしょうね。
LD >> ジャンプは『HxH』ですねえ。
ルイ >> 【空が〜】は、略称が空灰になるか空手になるかが興味の種ですね。いや、それ以前に来週で終わるのは勿体無いよw
kichi >> マガジンは……う〜ん、「アゲイン」か「このかの」辺り?「アゲイン」かなぁ?
LD >> サンデーは『神のみぞ知るセカイ』ですね。
LD >> マガジンは『アゲイン』か『このかの』ですね。
GiGi >> 今週はなかなかハイレベルな戦い
LD >> 『空が灰色〜』、『HxH』、『神のみぞ知るセカイ』、『アゲイン』あたりですかね。
ルイ >> 個人的には【空灰】。【アゲイン】でもいいかな。
LD >> 『神知る』か『アゲイン』が良さそうなんですけどね。
GiGi >> その2択なら神知るかな
ルイ >> HUNTERXHUNTERはまあこんなもんじゃないんでそw神知るは抜群に面白いけれど、順調に予想通りなので、このエピソードの結末を観たい気持ちの方が強いかな。
GiGi >> アゲインもとても良かったが、伸び代大きそう。
ルイ >> ぼくはアゲインのアキちゃんの展開が含意する諸々の方が味わいが深いという判定かな。
kichi >> ……う〜ん、難しいところですけど、どっちかというと「神知る」派かなぁ。
LD >> う〜ん。『神のみぞ知るセカイ』かなあ…かなり、ラブコメとしてはポピュラーな展開なんだけど『神知る』ならではのシチュになっている。
LD >> 『神のみぞ知るセカイ』にします。
ルイ >> まあ、どっちでもいいから単行本になるかわからない訳だし【空が灰色だから手をはなそう】を読んだ方が良い。今週はそこだ。
GiGi >> ではでは。
LD >> 【空が灰色だから手をはなそう】前とは違う話だよね?
GiGi >> オムニバス短編という売り込みですね>空が灰色
kichi >> おつかれさまでした〜。
LD >> それでは、今週もありがとうございました。
LD >> おやすみっす。
ハラルヤ >> お疲れ様でした〜
GiGi >> そういえばsさんは挨拶だけだったのかw


■■■■2011年08月29日■■■■
kichi >> …………はふぅ。神の一手出ちゃったか……!(=゚ω゚=;;)唖然


■■■■2011年09月02日■■■■
LD >> 【今週の一番】チャットは9/3(土)23:00に開始します。


■■■■2011年09月03日■■■■
LD >> 【今週の一番】すみません。チャット1時間ずらします。9/3(土)24:00に開始でお願いします。


■■■■2011年09月04日■■■■
LD >> ちょっと待ってね。
GiGi >> ☆チン ☆チン\_/\\( ・∀・)<  まだー?
カルマ >> |д゚)チラッ まだか…
LD >> ちょっと待っててね。
kichi >>         じーっ(´・ω|
GiGi >> 困ったね。
LD >> そろそろ終わるからね。
GiGi >> ホントかなーw
LD >> すみません。今終わりました。
カルマ >> うそくせーなー(棒
カルマ >> あ、終わったんですね。
GiGi >> 俺たちの闘いはこれからだ!(完
LD >> すみません。
LD >> さて、ルイさんは、ちゃんと現れるかな?
LD >> いや、ペトロニウスさんと、ルイさんとだと、なかなか切り時が難しいです。かなり、焦ってはいたんですが…。
GiGi >> 2人だけで話させておけばよかったんじゃw
LD >> いや、話を合わせつつ、締めに入らないと、突然、切るみたいになるし。
LD >> さて、結局、1時間遅れですね…(汗)
LD >> 先に話をしておくと、GiGiさん、ウェルフィンは生き残ったね。
kichi >>         (´・ω|
GiGi >> いやもうまったく返す言葉もございませんm_m
GiGi >> という話をするために待機していたのにすっかり毒気を抜かれてしまったw
kichi >> 神の一手出ちゃいましたねぇ……(=゚ω゚=;)
GiGi >> 時間あったらハンタの話はラジオで喋りたいですね
カルマ >> 僕も「ない」と思っていたので、いやぁ凄いですねぇ…>ウェルフィン
LD >> これは、悪くない機会だから言っておくけど、GiGiさんは、他の人の意見を軽く扱い過ぎだと思うよ。無論、いつも、というワケではないけど、自分ののめり込みの状況によってね。
LD >> 僕もウェルフィンが生き残る、そうに違いない!…と思っていたワケではないから、僕の予想が当たったなんて話をしたいワケではなくって、「違う物語の見え方」が場に出た時の、その人がそれをどう処すのか?については、今後のために言っておきたいんだ。
GiGi >> ふむ。
LD >> 一つは、ちょっとキツい言い方になるけど、僕からみてGiGiさんは「自分がある境地に至った見解」に対して疑いがなさ過ぎる。それ自体が悪い事とは言えないかもしれないけど、結果として「自分の至ったこの境地と違う事を言っている意見は“間違っている”か、“考えが浅い”かのどちらかだな」と考え、その影響が言葉の端々に出はじめる。
GiGi >> 基本的に出た目には平伏して従うことでバランスを取ってるつもりですが、意見を封じ込めようとしているようにとられたなら申し訳ないです。
LD >> それに対して反論が発生した時、君は、そこにあった“微妙なニュアンスであるはずの見解”を“その反論に打ち勝つための見解”に形態を書き換えてしまう。自覚的か無自覚かは分からないけど。
ルイ >> ぼくが来る前の漫研みたいな空気で大変宜しい。
GiGi >> 待てば答えが来る問題の解答を保留することにあまり意味を見いだせないというのはあるかもですね。
LD >> 僕は最初からGiGiさんが「100%ない」とか「絶対ない」とか思っていたとは思っていない。…でも、僕が「お互いに“厳しい状況”と思っているなら、どっちがより苦しい状況か?なんて事を比べるのは意味がないよね」という話をした事によって「比べられるロジック」つまり「僕の認識が甘い」と確定できるロジックとして「100% or 絶対」を持ちだしたんじゃないかと思っている。これはGiGiさんの内面世界の話だから本当の所はわからないけど。
ルイ >> いや、外した僕も正直神の一手というほどのしてやられた感はないのですけどね。ひねり出したというより、未処理のままこぼれ落ちたパーツがアレヨアレヨという感覚ではあります。でも、それも含めてウェルフェンの「人間らしさ」と言えるかもしれない。
GiGi >> うん、いや、何か見落としがあったかな、という思いがまずあって、そう言う話ではなさそうだったので保留に意味を見いだせなかったという所存
GiGi >> 決め打ちしておいたほうが、外したときに踏み込みの浅かった部分、見えてなかった部分がハッキリすると言うか。
LD >> 「僕の認識が甘い」と確定できるロジック←もし、こういう事をしているのだとしたら、それを相手にした人は物語について語り合おうとしていたのに期せずして「勝つための論理に歪められてしまった物語観」と「自分の認識の方が正しいんだと証明したいゲーム」に、繰り返すけど、期せずしてつきあわされる事になるよね。
LD >> 人間の性質を考えたら、どうしたって、そのゲームは起こる。でも、僕はそのゲームに付き合っている時間は惜しいというのが正直な気持ちです。
kichi >> ウェルフィンが自覚的に生み出した手ではないから、という意味合いなんでしょうけど、生まれた一手自体は神の一手に他ならないと思いますけどねぇ……。ほんと、心底驚愕しました、私は……(=゚ω゚=;)>ルイさん
GiGi >> 時間が惜しいというのは同感なので如何ともしがたいところです。
GiGi >> 勝つために、というよりも負けるためにロジックを組んでいるという意識はあったりします。
ルイ >> カード表明はしといた方がショートカットには繋がるかもですね。でも僕はあの時のやり方が悪いとも効率悪いとも思わないので、ケース論は超えないとは思いますが。とはいえ、LDさんの引っかかるポイントはわかりました、と。
GiGi >> それに人を巻き込むなというのは返す言葉もないのです。
ルイ >> 神の一手は偶然打っても喜ばないって佐為が言ってたんだい!
LD >> ここは「言い張り可能な世界」ですが、その上で、尚、GiGiさんの言葉の端端をつついて「そういう意図の話ではなかったかどうか証明してみろゲーム」をしてもいいのだけど、それは時間が惜しいのでやめておきます。でも→
カルマ >> うーん、ウェルフィンは本当に運でしか無い…よなぁ、これは。
kichi >> や、まぁ、私的には単純に一手の凄さというか、棋譜を見ての感想というかw
GiGi >> 王の中に残った情、役割以外の生きる意味が、王をしてウェルフィンに共感せしめたという。
LD >> →人の意見を軽々しく「間違っている」、「認識が甘い」と捌く、その時、相手が「GiGiさんとっての間違っている意見」、「GiGiさんにとっての認識が甘い意見」の正当性を聴いてもらおうと話しをする、それだけで人間は「間違っている」と言葉に出した手前、「認識が甘い」と言葉に出した手前、「その言葉に縛られ、その言葉を守ろう」と相手の意見を聞こうとする事より、自分の発した「間違った意見」、「認識が甘い意見」を確定させようとする心の作用の方が大きくなると思うんだ。
カルマ >> 単にコムギへの執着からウェルフィンに興味を失ったわけじゃなく、感謝があるのがいいですね>王
LD >> GiGiさんの心象が実際どうだったかは「言い張り可能な世界」の出来事なので、ここでは詰めないけど、今言った「人の心の作用」を認識して気をつけてしゃべっている人との対話の方が伝達効率はよくなりますね。「俺は、分かっているけど、敢えて使っているよww」とかじゃなくって。
GiGi >> 正直チャットでやるには言葉が足りなすぎておそらくお互いの意図するところが伝わらないように思います。出来ればSkype等で差しで話しましょう。
ルイ >> ちなみにあと19分。
LD >> これは、僕を含めた他の事にも言える事ですね。このチャットに参加している人は、この意識が既に高い人たちだと僕は思っていて、GiGiさんについても曖昧な言葉ながら他と比べたら、その意識は充分に高いと思っているけど、いい機会なので、長々と描かせてもらいました。
ルイ >> 言葉を封じるのも嫌なので、その手続自体を云々はあまりしたくないけれど、個人的にそのタイプが苦手というのはある。けれども、自分ももっと柔らかい人と比べれば十分そうなので、まあナントモw
ルイ >> あと15分。というわけでジャンプからでしたっけ?
LD >> Skypeは、言葉の端端をつついた「そういう意図の話ではなかったかどうか証明してみろゲーム」みたいになりそうなので、やめておいたほうが良さそう。今、僕が言った話がGiGiさんに当てはまるか、どうかは今問うつもりはなくって、ただ今、喋った意見交換の弊害になる事に対してそれを気をつける認識があるならそれでいいよ。僕に言いたい事があるなら、とりあえず、ここに書いてみて。
GiGi >> うん、ハンタに関して言えば深すぎて、保留したら何も言えなくなりますね。
GiGi >> 何も言えないくらいなら、片手落ちでも足を突っ込んで、違う見解があるなら違う見解も拾いたい。
LD >> 僕も、手続き自体を云々したくはなくって「こう言ったらダメ、ああ言ったらダメ」とか言うつもりはないんだけど、それ故、分かるはずのない内心部分で「この人は僕の話をちゃんと聞いてくれるな」という信頼が揺らいだなら、それは言っておきべきだと考えました。いや、普段は言わないのだけど、今は『伝達効率』がいいと判断しました。
GiGi >> ウェルフィンは結果として生き残ったけれども、死を覚悟していたし、しかし死を覚悟していたから生き残ったわけでもない。王の中に情が残っていたのも、王の弱さと言うことも出来るけれども、王の威厳がそれで損なわれるわけではない。
GiGi >> 逆説的な話ですが、自分が強い言い張りをするときは、大抵の場合その物語の全貌をツカミ切れてないときのほうが多いです。
LD >> 「僕の認識が甘い」なんて話をしなくても、「その展開はテーマを読むと無い」という話はできるという話をしたつもりだよ。「僕の認識が甘い」という話からはじめると、僕は僕の見解をGiGiさんに述べるだけで「LDの認識が甘いかどうかハッキリさせてやろうじゃないかゲーム」にとてもなりやすいし、GiGiさんは、それに際して「ロジックを勝てるものに変質させない」と言い切れるのかい?
名無し >> いつか、いずみのさんとルイさんがひたすら喧々諤々やりあってたのを思い出します。あの時と似てる。
GiGi >> よく分からないです。前回にしても、キャッチボールの中で「神の一手」という言葉を引き出せましたし、それはあの段階でキャッチボールしなければ自分の中からは出てこないものです。
LD >> ロジックを詰めるとそれは100%ないようになっているという話なので、「読みが甘い」という指摘は間違ってはないと自負 ← 大抵の場合その物語の全貌をツカミ切れてないときのほうが多いと認識している人が、こういう事を言い出しちゃうの?普通に「それは自分にも掴みきれてない」でよくない?
GiGi >> うーん。言葉の選択を誤ったことは認めます。
GiGi >> 仮説を組まなければロジックの綻び自体を発見出来ない、と考えています。
名無し >> いつか、いずみのさんとルイさんがひたすら喧々諤々やりあってたのを思い出します。あの時と似てる。
LD >> 「その展開はテーマを読むと無い」でも、「神の一手」とか言葉は普通に紡げると思うよ。相手の意見を変に下に表する必要はないと言っているだけです。
kichi >> …………むぅ(´・ω・`)ま、微妙で難しい話ではありますよね。たぶん先週GiGiさんは、GiGiさんとLDさんの認識の違いが重大な違いだとは感じてて、でもLDさんは微小な違いとしか感じて無さそうなのを指摘したくて強い言葉になって現れたってところがあると思うんで……。私も、「私が言いたいのはソコじゃない!」みたいなことで言葉が強くなることはありますし。ていうか、先週ルイさんはそんなに違わないって言ってましたが、やっぱGiGiさんと私の認識の違いもかなり大きなものだったと思ってましたしw
名無し >> おほ、2度書きすいません。ROMに戻りまーす。
LD >> うーん。言葉の選択を誤ったことは認めます。 ←これで充分です。
GiGi >> 王が「人として生きるがよい」と言ったのは、王のコムギに対する情の深さと、同時に王としての役割を全うするためにその情を封じようという覚悟が現われていて筆舌に尽くしがたいですね。
GiGi >> 了解です。親しき仲にも礼儀ありと言うことで。
LD >> 僕は「反対意見を言うな」というつもりは全くありません。むしろ、それを積極的に言わなくては話が進まないのは自明でしょう。でも、その選択された言葉によって人間はその言葉に縛られるという話がしたいんです。
カルマ >> アリに対して「人として生きるが良い」も、相当残酷だと思うんですけどね…っていろいろ深すぎる。
GiGi >> 王が、ウェルフィンを「理解した」ということに心底震えますね。
LD >> 親しき仲にも礼儀←これもそうですね。でも、もう一つは人は発した言葉に縛られるよと言う事です。僕の経験では「意識的につかっているよw」あるいは「意識的に挑発しているんですw」とかうそぶいている人が、“僕の見立て”で認識が甘くなかった人は皆無です。強い反論をすると、あっと言う間に自分の発した言葉に縛られて、自分の意見そのものを「勝てるロジック」に変質させたりして議論の意味を失わせ、しかも、そうなったことにも気づいていないであろう事ばかりでした。
GiGi >> ひとつあるのは、週刊漫画は1週待てば答えが出るというのはありますね。
GiGi >> まあ、1週では答えが出ないこともままあって、そのあたりが積もり積もってしまったのかなとも思います。
GiGi >> 近未来杯の大トリは、ちょっと残念な感じ?絵は悪くないんですが。
LD >> まあ、ルイさんが時々、ひっかけをするかな?それは認識がある上での話でしょうけど。自分で言うように、あまり、いい趣味じゃないw
GiGi >> ブリーチは来週の掲載位置が楽しみです。
GiGi >> 言葉に縛られるというと、例えばこういうやつですね>NARUTOは一度も面白いと思ったことがない
LD >> それを認識している上でなら「絶対言うな」という話でもないんですけどね。バランスはあって。僕はそれを気にしすぎで、つまらない意見交換になり勝ちですし。でも、一度、確認しておいた方がいい事だと思ったので、長々と書きました。
kichi >> あれ?私は結構良かったと思いますけどね。……いや、凄く良かったってほどじゃないですけど、残念な感じはしなかったです。……ていうか、今回の近未来杯はツブ揃いでしたね。突き抜けた作品ってほどのもなかったですが、どの作品もそれぞれよく出来てた印象……。
GiGi >> 「バクマン」はこのシステムを服部さんは肯定的に受け止めてるのが面白いよね。
LD >> NARUTOは一度も面白いと思ったことがない→ 例えば、そうですね。もちろん本質的には内心の話ですが。
LD >> 書きたい事は書いたので一番に戻ります。
GiGi >> 説明的すぎると感じたのかな。展開の中で関係性の変化が読み取れなくて退屈に思った。
GiGi >> リボーンの新展開はわりと楽しみ
kichi >> ちなみに「WOLF×RED」に関しては、早い段階で赤ずきんさんが昔助けた子供だろうと予想が付くのがいいですね。そんな過去で今こんな態度でいられるんだwみたいなのが結構味わい深いというかw
カルマ >> 赤ずきんがああなったのがいまいちわからなかったり>読み切り
GiGi >> なるほどそこは受け止め方ですね。明かすならもったいぶらずに早い段階で明記しちゃったほうが良かったんじゃないかなと。
kichi >> 確かに明記しちゃってても良かった気はしますね。……ああなったというか、元々そういうタマだったのだろうというか、いい性格してんなーwみたいな感じで楽しんでましたw>赤ずきんさん
GiGi >> MAGICOはこれは残念ながら締めっぽいですね
LD >> #鏡の国の針栖川 は、何か普通のラブコメをしているのだけど、やっぱりこの設定はつらそうだ。
GiGi >> ジャンプは本当に恐ろしいところなので、ST&RSが2週続けて普通の話をするだけで不安になりますw
ハラルヤ >> こんばんは〜!名無しさんがあまりに、あまりに、僕っぽい動きをして去って行ったので、あわてて別人だと釈明コメントをしに来たハラルヤですよ〜。僕だと思った奴は引っかかったな、そいつはミスリードだぜ!チャットならではのトリックとはやるな名無しさん!
GiGi >> 針栖川は駆動系がなくて、必死に自転車の立ち漕ぎをしているかのような展開だなーと
ルイ >> おはようございます!
kichi >> 「トリコ」良かったですね。小松の格を快調に上げてるなぁ。
GiGi >> おはこんばんちわ
GiGi >> トリコ、今人気投票やったらサニーが上位でしょうねw
ルイ >> 『WOLF×RED』ぼくは溜めるほどのネタじゃないなあ、という感覚が強かったですが、kichiさんが言うように、また現代の感性自体がこういったミエミエの状態のままで14番目の月をやる時代なのかもしれない、とも思う。
kichi >> 「ワンピ」は舟が全体の話に関わるものっぽいのでとりあえずwktkしときます。
kichi >> 「スケットダンス」も面白かったです。サーヤの羞恥プレイ美味しいですw
LD >> 読切の『WOLF☓RED』は良かったです…というかいろいろ達者です。
カルマ >> 「鏡の国の針栖川」女友達を惚れさせるやり方がエムゼロから変わってないなーとしみじみするなどw
kichi >> 「リボーン」、たしかにちょっと気になる展開というか、設定開示というか。
ルイ >> ああ、名無しさん、漠然とですが僕も思い出しましたよw程度問題かつ自分にもない要素ではないので、だからこそ引っかかるという事もあるのでしょうね。自分基準で程度を定めているから、それ以上は行くなよという感覚になる。がまあ、それもまた思考の罠かもしれない。この場合のLDさんのリアクションだって、そこに引っかかる入り口は・・・とか、終わった話っぽいので切ろうっと。
ルイ >> 『ハリスガワ』はとりあえず今のデッキ構成だとこれしかやることがないw
kichi >> 「針栖川」は……まぁ、苦しいけど普通のラブコメでも結構読めてしまうのが整った絵の強みだなぁw 安易に三角関係行かないでほしかった(三角なら百合含みの方でw)気分はあったのですが、これはこれでまぁ……。
カルマ >> 「スケットダンス」最近また面白くなってきてますねぇ。
ルイ >> エムゼロから変わっていないと申すか…まあ、そうですね←コラ うーん、素直にハーレム志向をもう少し取り込めば、困った時に逃す話の方向が色々生まれそうなのだけど。元々の配置からしてルートが少ないのが凄いし、編集さんもほっといて連載化させてしまう画力の素晴らしさ、と言うべきなのか。
GiGi >> やりたい構図は見えつつも、もう7話かー。という。
LD >> ああ、いや、いずみのさんとルイさんのやり取りを覚えている…って事は、ハレルヤさんではないかな?とか思っていましたよ?w
GiGi >> これもまあ、鏡の設定をもっと明け透けにしてしまうほうが現代的かなとか思うんですけどね。>針栖川
ルイ >> 『ST&RS』はまたミッション系ですが、やはり早々にデスマーチしてるんですよね。間にキャラ詰みを行わないのは自覚ゆえか、焦りで空回りか、今ちょっと際どいですね。まあ、根本的に面白いけどw
kichi >> 「ST&RS」は……う〜ん、先週までの展開(事故)をあっさり流して試験続行っていうのはちょっと残念感が……(´・ω・`)「1人も死なせちゃ駄目よ」なんていう不穏なセリフとか、普通に良くはあるんですが……。
GiGi >> てっきりルイさんが自作自演してるのかと(ぉ
ルイ >> スフィアクラブを観ている俺がそんな浮気をするか!
GiGi >> 閉鎖空間はキャラ積みに不利なので、この後2、3週が正念場ですね。
ルイ >> 宇宙ですからね、事故はつきもので、どう対処するかでしょう。そこを流す事は、僕は問題は感じない。蓄積で信頼などを勝ち得ていた、というのも悪い描きではないし。ただただ、ジャンプの魔のシステムからの不安ですねw
ルイ >> 明け透けというキーワードは面白いかも>gigiさん いや、謎でヒクならよほどの組み立てをしてくださいよ、という感覚はあるかもしれませんね。基本的にエムゼロもそうでしたが、設定に限らず、キャラの動きなども含めて、様々な「埋蔵量」に乏しい作家なんですよね…。
GiGi >> 「ST&RS」今週のファインプレーはお雑煮でしょう。週刊連載も季節感大事。
ハラルヤ >> 『ST&RS』死人が出ないように気を配らなきゃ行けないような試験を出しちゃうフィフィーさんマジどSw
ルイ >> お雑煮良かったですね。クリスマスあたりから始まったんだよね、と。
カルマ >> オカルト好きの理解者みたいなキャラを入れるとマシに…と思ってたら設定で知られちゃダメってことになったんだっけ>針栖川
GiGi >> 知られちゃダメって設定は逆手に取って関係者を増やす手にも使えるんですけどね。発想の転換が必要。
ルイ >> 『ST&RS』速度に対する意識が強いから極端な心配はしていないのですが、やはり変に引っ張らない事ですね。本当、アイシールドのデスマーチと部員集めを兼ねてるような状態とは思うのですが、ヒル魔ほどのキャラはいないというのは正直な話なので。
LD >> この場合のLDさんのリアクションだって > ルイさん、それは誰にでもあるよ。だから本当は、その後、発した言葉に縛られるかどうかが問われる事なのだと思う。
ルイ >> LDさんに言うまでもない事ですから、というか以前電話で話したような事なので端折りましたが、その通りですという話になります。言ったそばから、言っただけの言葉になる。僕等はそんな使い勝手の悪い竹槍しか持っていない。
ハラルヤ >> 試験>安全のホグワーツ並の危機管理意識w実に少年マンガ的なケレンミで良いですね。
kichi >> ……う〜ん、まぁ、事故の処理というか……、まぁ、難しいし、いいか(´・ω・`)もっと大胆な展開を期待してたってことなんですけど。
ルイ >> ロシアのペロリストちゃんのプライドとちょろさが噛み合わさった具合も可愛いし、後はエピソードを重ねながら、どんな人間関係が醸成されてくるかを待つのみですね。
ルイ >> 大胆な展開はコワイヨー、『magico』を読むと色々思いますねw
カルマ >> 視点として考えると、少年たちにとって事故の処理は「大人の仕事」だからそこは描かないんでしょう>「ST&RS」
LD >> 「ナルトは面白くない」はナルトを面白いと思っている人の話が聞ける。「あなたはナルトが分かっていない」は、「ナルトのどこが面白いか?}ではなく、「その人がナルトを分かっているか?否か?」の議論をする事にならないか?(返し言葉も自然と「あなたこそ分かっていない」という意味を持ちやすくなる)…で、聞きたい事、知りたい事はどっち?という意図です。
ルイ >> でも、致命傷と断じるには速度的にはやらかしたって程じゃないと思うんだけどなあ。やはり中位に動かせない作品が固まっている動脈硬化ジャンプの病巣なのかもしれないし、それを過剰に意識してしまう他作家のミスかもしれないし。
ルイ >> >マジコの話
GiGi >> 状況的に見ると意図された阿鼻叫喚絵図が展開されそうではありますね>ST&RS。そのあたりは安全第一の従来のアストロノーツものとは違うものが見れそう。
kichi >> そこはですねぇ、学校の試験というと割と軽い印象ですけど、実際はもっと切羽詰った状況で、高いリスクを負ってでもやらなきゃならない状況なんだと読むといいと思いますよ。実は、実質一年かそこらで火星まで行けるようになる人物を探そうとしてるわけなんで……。>試験危機管理
ルイ >> 死人さえ出さなきゃOKな受験時契約書とかサインしてるんじゃないかなwって、酸素欠乏は危ないぞーw
GiGi >> 同じ土俵に吸い込まれてしまう罠はあるのかもしれませんねえ。Magicoはラブコメですという言い張りが必要だった。
GiGi >> 端的にいうとハンター試験ですがw。
GiGi >> ↓ST&RSの話
ルイ >> そうですね、例えば『ふたつのスピカ』と比べればわかりやすい。カリキュラムレベルでやっているものとは入り口が異なるのですよね。入学試験でありながら、既に中間試験状態。
ルイ >> そう、まさにそれ>マジコはラブコメですという言い張り 珍しくって程でもないけど100%同感ですw
LD >> 「あなたはナルトが分かっていない」という言葉を使いつつ、しっかり、相手との会話を「ナルトのどこが面白いか?」の聞き出しに集中できているな?と思ったら、僕はこんな事は言い出さない。「これを言ってはいけない」という話のつもりではないから。
GiGi >> 読者も覚悟完了してないというところで、良い効果が生まれることを期待ですね>ST&RS
カルマ >> 「マジコ」は続いて良かった連載だと思うんですけどねぇ…
ルイ >> ここでは賛否両論で、ぼくは否側だったと思うのですが、箒星とかやっぱネーミング的にセンス・オブ・ワンダーは感じられなくて。それでもある程度描けてしまうからこその問題というあたりがナントモ難しいですね。
ハラルヤ >> そうそう!そこですよね!入学試験でこんな危険なことをするって事は、入学後どんな厳しい訓練があんのよ!?みたいな。そこが 『ST&RS』のおもしろさの一つですよねー。>実際はもっと切羽詰った状況
ルイ >> 一昔前から、ジャンプで「困った時にバトルに逃げられる土壌」というメソッドは存在していたと思うのですが、『リボーン』あたりを最後に廃れゆくメソッドなのかもしれない。特化時代というか。
GiGi >> あとはひっそりと息を引き取った一休に誰か一言
kichi >> あれ?「マジコ」終了ムード?(´;ω;`)まだこのエピで盛り返せば大丈夫そうかな?と思ってたんですけど、甘いか……。むぅ。 いや、「いちゃいちゃ!バカップルコンテスト」楽しみです!w
ルイ >> …でも、男友達は微妙だったとして、三兄弟は確かに悪かったとして、それでもうここまで紙面に追い詰められた感が満ち溢れているのはどうなの?とは思っちゃいますねえ。トーナメントて。
カルマ >> 南無阿弥陀仏…?>一休
GiGi >> んーそういえば今回は新連載1本だけ?とするとまだMagico生き残る目はあるかもですね。
ルイ >> 良い作品>一休 ストラクチャーだけでジャンプを抜くのは難しいから、それが優れた金未来杯はじめとした昨今のハイアベレージ読切にもにょってます。
LD >> …で、その#HxH ですが、そもそも、プフの「本当の事を言って誤魔化す」という境地が高み過ぎるのがあって、その上で、プフの思い通りにならない因子としてウェルフィンの一言が出てくる。虫だけど、ギリギリの人間同士の絡みの面白さというか。
ルイ >> あ、別に打ち切り決定って思ってるわけではないですねwただ間違いなくその道に進んでいるし、そう感じさせるという事は作者も焦りすぎちゃうかと思ってもいるし、それを生み出した理由は真ん中あたりのアニメ化の山かなとは思っているけれど。
GiGi >> 「我らは異体同心」という王の、人間以上のコミュニケーション能力というのもまた。
LD >> #HxH 王のこの暴虐にして正当なる振舞いは……たとえとしていいのかどうか『蒼天航路』の董卓を思わせる振舞いで、かつ、彼の方がずっと若年な所が…董卓の域にいるけど、明らかに董卓より伸びしろを持っているみたいな凄みにつながっていると思います。
ルイ >> 『マジコ』色々期待しているから色々言うわけですけど、結婚で関係性のある意味ゴールに至りながら「その後」を描くのは面白い試みだと思うし、何より単発を繰り返せる契約ってもっともっと、自由に描ける良い設定なんですよ。契約という設定を活かし、他愛ない閑話をガンガン組めば良いと思う。例えばそれは、SKET DANCEあたりを参考にして。…って言おうと思ってたら夫婦トーナメントハジマタ。
kichi >> 「ハンタ」は最初に書いた通り心底驚きましたし、それぞれの心情を読んでの深みも凄過ぎてほんともう、ただただ圧巻でした。
GiGi >> まあブリーチさんあたりが「この先に進みたいなら俺を倒してみな」とか言って立ちはだかってるわけですよ。
ルイ >> 先週も言ったけど、だから、HUNTERXHUNTERは進むほどに王という傑物を排除する我々の業に対し申し訳なさやら情けなさやらw
ルイ >> 『めだかボックス』というある意味安牌作品すら、今週のうちに速度的にきっちりノルマまで進めてますね。
GiGi >> 「結果として」プフが王を見くびり続けてきたからこそ、今また心の底から心服しているのがわかるという。
LD >> ん〜、やっぱり先週はプフが良くって、今週はウェルフィンがいいですね。ウェルフィンは最初は偶然から「助かる一言」を出しているのだけど、その後は「助からない一言」を発している。その心象はかなり複雑な事が伺えて、なかなか一口には言えませんが…。
ルイ >> 『SKET DANCE』はかなり面白い展開組めてますね。ボッスンを遠巻きに責める展開になっているのがいいw
ルイ >> やあ、助かろうとして助かる一言をセレクトできていないというか、その先がもう出ていない所から入っているので、後は無欲に己が主張を貫けちゃうんですよね。本当、外見以上に人間。>ウェルフィン
kichi >> 「マジコ」ふむ。たしかによく考えればトーナメントかぁ……(´・ω・`)なんか私は、導入的にこのヨシュア&ロゼッタとのエピをやるための場として用意しただけで通常エピ(この二人は重要人物の可能性はアリと思ってますが)の範疇かと思ってたのですが……う〜む。
GiGi >> 助かるための言葉を引き当てて扉を開けたのは偶然だけれども、同時に「自分が何故生き延びようとしていたのか」を引き当てて、その次の言葉が出てくるんですよね。
LD >> >王という傑物を排除する|『幽遊白書』の仙水編とか思い出したりしているんですけどね。それでも「より強いのは人間」という結論の恐ろしさというか、けっこう富樫先生の通底するテーマに思えます。
ルイ >> 重要人物…まあ新婚カップルの隣の家に2〜3年目のカップルが住んでいれば楽だ←家族発想から抜けない
GiGi >> トーナメントはアテで、1週でバカップルが優勝してこいつらからどうやってマイホームを奪い取るかという展開したら感動するかもw。
LD >> 自分が何故生き延びようとしていたのか> でも、その言葉が出てくるのは、最初、絶対助からないと直感したのと同じように、今、助かると直感できたからかもしれないんですけどね。その意識があるかどうかは別として。
ルイ >> とりあえずここでバカップルの強い理由を描写する為にそこに一回戦(1週)割く速度感はヤバイですね。
ルイ >> ので、それをしない事を期待しておくす。
LD >> #いぬまるだし は『グラップラー刃牙』のパロディなわけですが、それだけで面白かったw
カルマ >> ウェルフィン、助かると直感できたかな…?うーん。自分の命はないも同じと考えていたとして。その先。
kichi >> 「めだかボックス」は、水面下で何かが進行してるらしい球磨川君が気になりますねぇ……。本編はノルマ分はきっちりってだけで、実際の読みどころは来週以降かと思うんですけど、こういう回でもこういう伏線を混ぜ込める辺りは流石。
GiGi >> バキの最強トーナメントパロでありつつ、バクマンのパンチラファイトネタでもありますねw>いぬまる
LD >> #いぬまるだし なぜ、力士が比率が微妙に高いw
カルマ >> ああああああww そうかwなんで気づかなかったんだww>パンチラファイト
GiGi >> 大事なのはここでウェルフィンが発したのが「生きるための言葉」だったということでしょうね。
kichi >> 「いぬまる」はパロディ回でしたねw ま、面白かったです。いぬまるくんが何の捻りもなく即敗北なのも逆に面白かったw
LD >> #めだかボックス のこの「口だけファイト」は、上手く料理すればこれで一本連載に持っていけそうだけど……かなり、アイデアの消費がはげしいかな?
GiGi >> パンチラファイトでもきっと最初からパンモロのキャラとかがいるに違いない
ルイ >> えっ、これに気づかないって凄いなw
LD >> あ、そうか。パンチラファイトかw
ルイ >> 刃牙は違いますね、ネームの参考にしただけでw発想の順番はぱんちらファイトが先でしょう。
LD >> #ぬらりひょんの孫 の見開きのあれは、なかなか怖くて良かったです。
ルイ >> そんなこんなでサンデー待機。
GiGi >> 違うと言うか、全選手入場ネタはまあ既にコモディティ化しているのでバキのと注釈がいらないという話ではありますがw
LD >> >発想の順番はぱんちらファイトが先 ふむ。多分、そうでしょうね。
GiGi >> ぬら孫は時々いい絵を描くので(略
kichi >> バキというか板垣先生パロな印象でしょうか。「餓狼伝」とかでもこんな感じで紹介に何Pwみたいなのありましたんで。でもやっぱパンチラの方が目立つネタだったと思いますがw
カルマ >> そういえば「バクマン」は亜城木に固執することで七峰くんの格を無駄に下げていて残念な気持ちに。
GiGi >> そこは逆に亜城木に固執することでモチベーションの源泉がすっきりして良い印象なんですよね。
ルイ >> まあ、七峰くんはねぇ。七峰くん個人がどうというよりは、影響受けた読者代表例の領域ですね。しかし、ここまで言っておきながら、せめて会社の中の一票の権利くらいはホウキしなくてもいいんじゃないかしら。社長室で「どうせわかんないし」と漫画を放り投げさせちゃうのが、バクマンという漫画の悪い…というかいやらしい所だなw
kichi >> ……あれ?というか「トーナメント」っていう表記どっかにあります?今探してみても見当たらないですし、私のイメージしてたのはお題が出て皆いっせいに、ってのを次回のうちに二つ三つこなして、その次辺り決勝戦みたいな感じだったんですが……>マジコ
GiGi >> おお、確かにトーナメントとは書いていない。ぜんぶいぬまるのせい(ぇ
ルイ >> 全体的なメソッド総称のつもりなので、特別な意味はないですね。
LD >> #バクマン は、これで新妻エイジとは違うタイプの、倒したい敵ができたかな?と。元々、その位置のキャラが作りたかったのでしょうし。
カルマ >> モチベ自体ははっきりしてたんで、七峰くんを下げる印象のほうが強いかな>バクマン
ルイ >> 倒したいちゅうか、倒さなきゃいかんちゅうか。タッチで言う吉田ァ!というか←
ルイ >> モチベちゅうか使用目的がハッキリしたちゅうか。
LD >> #バクマン 七峰くんは、エイジみたいに「ただ、超えたい相手」じゃなくって、倒したい……この場合、読者に「こんな奴、やっつけろ!」と思ってもらいたいキャラとして練って行かれたと思うんですよね。今回で一定の成果が見えたかな?とも。
kichi >> 今週の「バクマン」は細かい感想はいろいろありますけど、的を絞れないというか、まとめにくいなぁw ま、七峰君はやっぱ自爆しそうだなぁ……という印象を強めましたが、このくらいハッキリしてた方がわかりやすくていいかなという風にも……。
LD >> もしかしたら「アリかナシで言ったら、当然なし!でも、理屈は通っているからむかつく!」みたいなラインを狙っていたかもしれないんですけど、それはちょっと困難だったというか…でも今回、ある程度の成果はでたというか
GiGi >> 自爆というか、何らかの形で勝敗をつけた後、それでもジャンプにこだわるか別の道を選ぶかは注目したいですね。
カルマ >> このシステム自体は誰かが引き継ぐんだろうけど、七峰くんの資金力に支えられてもいて難しいなー…
GiGi >> 七峰くんの、というかバクマンの良さというのは、一見わかりやすいようでいて実は白黒はっきりしてないところだと思ってたりもするので。
LD >> さて、サンデー行きましょうか。
GiGi >> 鹿肉美味しいです^^
GiGi >> 表情だけで読ますとか、どんだけという。
ルイ >> 鹿はやっぱり豚丼ほど思い入れないし、という所で階段踏みましたね。これは想定の範囲内。
LD >> #銀の匙 は、生き物の解体をやらせようという、その展開自体が好き。
kichi >> 「花咲一休」は……、ま、仕方ないかなという気分ではあります。……初週に話題にした“救済できなくても頓智はいいもの”という境地まで至らなかったのはこの話数じゃ当然なので仕方ないとは思いつつも、エピローグでもそういう雰囲気は感じられなかったのはちと残念かも。
GiGi >> 八軒くんが柏手を打ったあとのお爺ちゃんの表情と、八軒くんが鹿肉を一口食べた後の表情が絶妙。
LD >> #神のみぞ知るセカイ は、ともかく、今週の展開は100点です。『速度論』的に。
kichi >> 「銀の匙」良かったですねぇ。いやほんと、じいちゃん側の理由とか、細かいとこまで行き届いてて流石と言う他!
LD >> ひきで、ちひろが、こう来る。畳み掛けるようなこのひきは、すごくいい。
カルマ >> 「銀の匙」良かったですね。表情ひとつひとつが良い。
GiGi >> 「神知る」も本当に素晴らしいですね。イレギュラーな状況を120%生かしている。
LD >> googleIMEで入力しているが「鋼鉄の華っ柱」と入力しようとしたら、第一候補が「鋼鉄の華っ柱ちゃん」と出てきたのはなぜなんだぜ?
カルマ >> 「髪知る」素晴らしいですね…この、ちひろっぽさも良くて。
kichi >> 「神知る」もほんと素晴らしく良かったですねぇ。
カルマ >> うお、変換ミスってるw
GiGi >> 短期集中のナンセンスギャグが三ッ森先生だということに今気付いた……………多くは語るまい
GiGi >> 八咫烏はそろそろクラサン送りでしょうか。
LD >> #武勇伝 は…ボクシングは危険………みたいな示唆?
GiGi >> 武勇伝は主人公がアウトボクシングスタイルを選択しそうなのが面白い。かな?
ルイ >> 神知るのこの神エピソードは、アニメ脚本の倉田英之的感覚の逆輸入的で面白かったなと。
kichi >> ……「鋼鉄の華っ柱」へのコメントは無いのか……(=゚ω゚=;)いや、この先輩が脅迫シーン目撃したことを引っ張るのかはちと気になりますが……。
ルイ >> 『武勇伝』まあ、聖域排除ははやい内にやった方が誠実ですよね。勝ちに互いが必死なのだから。
LD >> #ハヤテのごとく は、ルカの完売は置いておくとして、ナギの売り方がどれくらいになるかは気になる。
ルイ >> 『鋼鉄の華っ柱』は周りに観られる聞かれるへの手当てができていないなら過失ですね。どう転がるかな。
GiGi >> ハヤテはちょっとオチを見るまではノーコメントということで。
LD >> ひっぱるという言葉の定義によりますが、多分、引っ張らないと思いますよw>先輩の目撃
kichi >> 「武勇伝」はそうなんでしょうねぇ。>危険   正直意外でしたが、理由を考えると納得が深過ぎて……、いや、まぁ、いっかw
ルイ >> 『ハヤテ』まあ、わかりやすくテーマ通りに推移してますね。目的と手段が逆転してるんだもん。金かけたり宣伝で売るのは資本主義的にも間違ってないけれど、ナギの目的はそもそも自己表現による承認要求なんだから、と。その為とはいえルカヒナギクのタッグはお花畑ですね。
kichi >> 「ハヤテ」は、まぁ、うん(=゚ω゚=;)
ルイ >> 『ムシブギョー』うーん素晴らしいな。ザ・少年活劇だ。
LD >> #最上の明医 は、てれびんさんと話した事が、ちょっと今の展開の方向性として面白いなと思っている次第。
ルイ >> 自分の物語を生き抜く強さがヒーローの資質という意味では、仁兵衛は正しく認識力モンスターだなあ。お春殿は死が眼前に見えた時だけひるむのだけど、すぐにまた仁兵衛とワンセットのバカップル状態になるという、この関係性も好き。仁兵衛が太陽。
GiGi >> Bebluesはひとりだけ違う次元でゲームを見ているのが透けてドキドキしますね。
GiGi >> その話は聞いていないけれども興味深くはある>最上のめいい
kichi >> ……まぁ、やっぱ引っ張らないですかねw ……なんか、思ってた以上に喧嘩の時負け過ぎたの込み予定通りだったのだなぁ……って感想があって、ちともうちょい強めのトラブルを期待してしまう気分が……w>先輩の目撃
GiGi >> ムシブギョーは世界全体が陽性なことの良さがありますね。
LD >> 『神知る』が100点なら、今週の『ムシブギョー』は120点の出来ですね…個人的に。

MANKEN CHAT(1.1)