漫研チャット
名前:
発言:
[正面] [取扱] [過去ログ]


■■■■2011年10月09日■■■■
LD >> オーガ、地に落ちたと思いますけどwでも、こういうシーンはいずれ出現させないといけなかったワケですよねw
kichi >> ああ、やはりそうでしたかw>語るレイヤーに齟齬   私もまぁ、作品全般としては、親子に近い感覚とは書きましたが、当然そのまんまっていうわけでもないですし(一番近いのはやっぱアンドロイドと製作者でしょうが、それもそのまんまでは無いですしね)たぶんLDさんと近い捉え方で楽しんでいたとは思います。
kichi >> それはそうなんですよねw ……でも、そこをどううまい具合に納得できる描写をするかが腕の見せ所という面もあって、今回のこれはちょっとなぁ……ともどうしても……w>地に落ちた
LD >> ある意味、それ以上、に勇次郎にほめられたら、涙流しそうなバキの方がどうなのよ?というw
LD >> むしろ、#りびんぐでっど は、今週、エロかった。(`・ω・´)どきどきしました。そして、やはり、お母さんの可愛さは異常だと思いました!<(`・ω・´)
カルマ >> 「刃牙」これはしょうがないかなーと思いますが…うーん>格落ち
kichi >> いや、そっちは私的には結構納得というか……w いや、それはそれでバキの格を低く見積もり過ぎって話でもあるかもなんですが、でも、そんな素直に喜んでるわけじゃないのに涙は溢れる、くらいの描写は結構良い気はしてますw(あ、この涙の意味もまだハッキリとはしてないぽいですけど、喜んででも別に問題ないかな、とw)>涙流しそうなバキ
LD >> #囚人リク は、小さなプライドで死ぬ事を捨てて、大儀に生きる良い話。(`・ω・´)
kichi >> 「りびんぐでっど」たしかにかなりエロかったですねw オチもバッチリで面白かったです。
カルマ >> 「りびんぐでっど」良かったですね。オチが素晴らしいw
kichi >> 「囚人リク」良い話でしたね。これはほんともう、納得というか、本当に守るべきプライドというのはどこにあるのかという大事なお話。
LD >> #りびんぐでっど 青山くんの方はかなり保護者感覚になっているんですが、灰田さんの方が意識してだんだん変な雰囲気になっているのがよかったですw…というか、先週のヤキモチからのつながりですね。
LD >> 読みなおしたけど、レノマかっこいいわw …食器をキチンと元に戻す事で、実は小さなプライドの方もちゃんと拾っているw
kichi >> ああ、そういえば灰田さんが意識するようになったのって先週からでしたっけ。その辺の変化をしっかり意識して描いてるのは「みつどもえ」的かもですねぇ。
LD >> #バチバチ 吽形のフラグは正直刺さり過ぎ。(´・ω・`) フラグ刺さり過ぎて、既になんか弁慶の立ち往生みたいになってる。(´・ω・`)
LD >> #みつどもえ 全然、再開しませんねえ…。
カルマ >> 「リク」良かったですね。
kichi >> 「バチバチ」は、白水さんは復活できそうな流れですね。しかし吽形さんはもう完全に……orz
LD >> #てんむす は、僕の好みの展開でやってくれるようです。原田さんの方で、ふんばったり疲れたりするけど、部長はペースを保って勝ってくれるはず。
ルイ >> 【リク】はそこに淀むレノマさんを見たくないという読者感覚に一週で提示から結論まで出す事で応える、その速度感覚が見事ですね。
kichi >> 「みつどもえ」どうしちゃったんでしょうねぇ……(´・ω・`)
ルイ >> 【バチバチ】はまあ、白水さんが残るならこの方法しかないというのは最初から繰り返していた、と思う。持っていってもらう、代わりのものを託してもらうしかない。
LD >> しかし、この原田さんの葛藤の描写もまた良いのです。…大食い競技はどうやら、マラソンメソッドで描くと良い感じのようですね。
ルイ >> あ、【このかの】のオチは作品として真っ当してありますが、好みとしてはそれほどでもないかな。これはユーリとフーコ先輩がそれを出来るくらいの器だったから、という狭いゾーンに収束してしまう気がして。もっと広範な「表現とのつきあいかた」を見たかった。
kichi >> 「てんむす」やぁ、シビアさを感じられて良かったですね。……ここで原田部長を応援したくなる気持ちになる、これまでのキャラ積みの良さも実感できましたし。
ルイ >> 【てんむす】は、サブタイトルが原田さんと部長両方にかかっているハズ。それがもう素晴らしいですね。足がないのはどちらも同じ。
LD >> #ケルベロス は、水着回でしたが…………………………あれだよ?お腹の中に内臓がつまっているイメージから書くから、何か肉袋みたいになってるんだよ?(´・ω・`)
ルイ >> 原田は無くした足の代わりにその高橋尚子的なスタイルを食の世界で再現しているわけだし、一方部長は食事のスタイルにも派手なギミックを有していない。形は違えど、どちらにも足はない。けれど。
ルイ >> 敵を徹底して描くバランスは面白いですね>てんむす 普通「そうはいっても」というかバランス的にとんとんくらいには持っていくのだけど。
LD >> #てんむす いや、原田さんはイヤミ先生と岡崎さんの会話にあるように、しょっぱなで「崩した」んですよね。それが勝つための必然的選択とは言え。そこのブレで“走り”が持たれてしまっているわびさびがありますね。
kichi >> 「さくらディスコード」も結構いい展開ですね。ノ宮を変に神聖化しない辺り、今後も楽しみってもんですし。
ルイ >> ミチルがラス前に消滅した「だって」の答えが「あなたなら続きを書けるから」というかそういう「形にする」ことだ、という結論は…ある一部にとっての話ではないという判定をしてしまうかな。>このかの
ルイ >> 【さくらDISCORD】はこっぱずかしいくらいのゾーンを敢えてまっすぐ踏み込んでますねえ。
LD >> ふ〜ん。ちょっと、今ひとつルイさんが『このかの』にどういう伸び代を期待していたのか分からないな?いや、完璧で伸び代などないと言うつもりはないんだけど、ルイさんの観ている方向が分からない。
ルイ >> 生かす方法を創作に求めるのはフィクションとの付き合い方という大テーマと比して狭いという事だけど、これでわからないなら時間もないので今日はいいや。
LD >> #シュガーレス は、気がつけば1年四天王の中で一番影が薄いシロの活躍回でした。
kichi >> 「ケルベロス」水着回は……まぁ、うん(=゚ω゚=;) ……しかし打ち切りて……orz いや、フブキ丸エピは、個人的には結構楽しんでたものの人気は出なそうな話だなぁと心配はしてましたけどさ……、これからでしょうに……o...rz まぁやっぱ、“これから”の部分をフブキ丸エピに絡めてしまうべきだったというのはあるんですけどね、やっぱ……
ルイ >> ケルベロスを終わらせるほどのタマがあるのかという一点なんですけどね。さくらディスコードも基本コンパクトに纏めるように見えるし。
ルイ >> 【ブラックジャック】がなかなか良かったですね。周りの医師を一喝するシーンが特に良かったのだけど、おそらくあの喝に応える為に用意されたのがクロエというキャラクターなのでしょうね。
kichi >> これがチャンピオンのかつて以上の暗黒時代の幕開けとなるのだった……(´;ω;`)
LD >> >フィクションとの付き合い方 |ふうん…。送り手受け手の話をしているように思えるけど、それ以上の具体的イメージが沸かないな?まあ、ちょっと寝かせておきましょうか。
ルイ >> 悲観論は好きじゃないけどwピークはもう過ぎているという判定はしている。冥王神話が終わった時に。まあ作品は巡りますよw
ルイ >> いや寝かせるまでもなく、そのものだから。じゃあ皆書くの?的な話ですね。
ルイ >> 【ハンザスカイ】はまためちゃくちゃ良いですねえ。本当、筆が乗っている瞬間というのはあるなあ。
カルマ >> (関西アニメ滝修行タイムなのです…シャナFateホライゾンベン・トー)
LD >> #ハンザスカイ ああ、うん。強さ=仲間の有無、理論ではなく「好きな子に勝ってと言われた」で吹越に対抗するのは、とりあえず正解にみえます。というか、吹越への対抗として僕の納得があります。
ルイ >> 冷静に考えるとどう考えても勝てなさそうな半座と吹越の戦いに、藤木の「勝って」を一匙加えるのが素晴らしい。これでちゃんと読者の意識も揺れますよね。また、半座の勝とうとした意志がチームの勝利を呼び込んだなら、それも勝利ですし。良い展開もってくるなあ。連城が負けた時はそこからここまで物語上積みしてくるとは思わなかったですね。
ルイ >> ああ、ベン・トーあるんだ。一話は熱量で押し切れそうですけど、どう続けるんでしょうねえ。
kichi >> ……たぶん、すでに生まれている作品でも再解釈やら、こう、思い出す(初心に返る的な意味で)ことやらで、作品の価値は高まることがある、みたいな方向の話かなぁ……? いや、私的にそこは“ミチルが作品のメタファ”というのを成立させるにはしっかり踏まえてほしかったという部分なんですが……。
LD >> このハンザなら、吹越の謎さの底は見せてくれるんじゃないかと思える。
ルイ >> 別に仲間理論で押し切ってもいいんだけど、それが出来るのはバベルくらいの器なんですよね。とりあえず単純な螺旋の伸びしろでもって半座は負けているから、そこでは勝負できないと。なら、というドーピングwとして正解ですね。
ルイ >> kichiさんと近い視点なのかもね。フーコもユーリも同じ視点から結論づける事になってしまったので、作品の賄える部分が狭くなってしまったという。
カルマ >> 「ハンザスカイ」これだけで勝てる気がしてくるのが凄いですね。素晴らしい
kichi >> 「ハンザスカイ」良かったですね。ほんと、ハンザが勝っちゃいそうに思えましたし、実際勝っても負けてもどっちでも良い描き方が出来そうで。
LD >> よし。ジャンプだ。(`・ω・´)
ルイ >> 基本的には次鋒が勝たなきゃいけない話になると僕の物語マニアくんは言っているのだけどwそういう見方からしても、半座のこの高め方は抜群に効きそうなんですよね。半座は藤木から得る、次鋒は半座から得る、と。あら、結局「仲間」だ!みたいな恋と友情のハイブリッドな部分で。
ルイ >> ジャンプといえば「次週」は葦原先生の読み切りが載るらしいよ!!
LD >> #黒子のバスケ が、アニメ化です。
ルイ >> 動脈硬化論者のぼくには地獄のような話>黒子アニメ化
LD >> >半座は藤木から得る、次鋒は半座から得る|ああ、上手いねえ……っていうか、吹越は団体戦の強さ放棄しているみたいだから、けっきょく、強さって色々あるねというか、求める強さは違うよねみたいな話かもw
カルマ >> 葦原先生の読み切り良かったですね(しれっ
ルイ >> 強さの形は色々あるんですよね。ただ、今やってるのは個人戦じゃなくて団体戦だよ、っていうのは絶対的な宣言たりえる。
kichi >> 「エンジェルボイス」がまた素晴らしかったですね。視点が一段高いからこそ言える言葉なわけで、その意識の高さを見せ付けられたらグウの音も出ないよなぁ……!
ルイ >> オオイカルマっち!
ルイ >> あ、そうだよ!忘れてた!【エンジェルボイス】良かったですねえええ!!「99回ムダに走れ』は作品の象徴、この作品イコール、の発言だと思います。
LD >> #鏡の国の針栖川 ヒロインに嫌われちゃいますたよ?って、まあ、そこはいいんでしょうが。う〜ん、何かこう、lこのエピも縛りきつそうな…。
LD >> …ま、もう既に読めるはずで。
ルイ >> 【鏡の国の針栖川】なんだろう?肌色全開回なのだけど、個人邸にはまるでエロくなかったですね。乳首券が発行されなくとも週ジャン時代のヤブケンみたいにもがけるわけで、逆に「体に興味薄いのかしら」とか思ってしまった。人体に魅力がない。
ルイ >> この人は裸にしちゃいけないんだな、と悟った。
カルマ >> 「ケルベロス」の先生がメインヒロインになってたのでなんかもう幸せ…希望と絶望の相転移があったけど
ルイ >> 相転移ってレベルじゃねーぞ!w
kichi >> 「黒子」アニメ化なー……。ちなみに本編は、最近良かったのですが、今回の火神のゾーンへの入り方はあまり良くなかったというか、ちと無理矢理感がありましたね。
ルイ >> そう、火神のゾーンの入り方がもう、どうしようもないなと思った。
LD >> #めだかボックス は、安心院さんが、善吉を“主人公誘い”しましたが……うん。さて、どうなるかな?あんま安心院さんの言う事そのまま信じてない所があります。
ルイ >> ゾーンという精神の境地を超サイヤ人的な使い方をしているのですけど、それに加えビジュアル的な仕掛けもてんで駄目。
LD >> #ケルベロス あ、そうそうwなんか友恵よりも先生の扱いが大きかった気がw
LD >> #黒子のバスケ
ルイ >> 叶先生の裸は、土偶みたいなんですよね。くびれいれとけばいいか、というか。胸にも腰にも尻にもフェチ心が感じられない。ちなみに【ふしぎの海のナディア】のフェチ心は胸骨にあった←何言ってるの?
LD >> #黒子のバスケ 酷評だなあ…(汗)そんな守る気もないけど。
kichi >> 「針栖川」は……、これでやっぱ人気様的には絶好調ぽいのが、う〜む。……ちなみに和解はするんでしょうけど、風呂場にいた理由って、分かりやすく納得できるものだったんですっけ?
ルイ >> いや、まあ「この先何が起こるの?」というドキワク感は【I's】的にはありますよね。今競争相手いないし、まあそこそこの人気はあるのでは。
LD >> 矢吹神に慣れて、みんな目が肥え過ぎと思うんだ…(´・ω・`)
kichi >> 私は最近は良かったと言ってますよw>黒子   あと、ルイさんはダメ出してるようですが、ゾーン表現としての目に電気走ったような描写自体は悪くないと思ってます。
ルイ >> 【めだかボックス】イマイチ最近面白くないですね。ロジック大先行状態で、理屈で理屈を弄んでいるような所がただの西尾維新やんという感じで、最近の展開にあったキャラクター性との絡まりがない。
カルマ >> 「めだか」主人公格にするってつぶやきが変に当たった…というか、これで主人公格になって安心院さんと戦う…のも安心院さんは読んでいるんだろうけど。ふむ
ルイ >> 少し前のめだかは、キャラごとのリアクションとロジックとのバランスが良かった。
カルマ >> 「針栖川」まぁ今更お色気あの程度で…とも思いますが、人気取れてるならまぁ。
ルイ >> 別にヤブケン神ほどまでいかなくとも、大体の漫画の裸にはどっかしらフェチが見えるなあ。
カルマ >> 先週僕も同じ事を言ってますね>ロジック大先行
ルイ >> ん、先週からかもね。
LD >> #トリコ なんで、このペガサスユニコーンに会長乗ってないんだろう?とか思っていたら、すっごいでっかくって頭に乗っているのかwじゃあ、鞍はなんのためについてるの?w
ルイ >> だから昔はティターンズがいたんだろうがああ!>トリコ世界
kichi >> 「めだかボックス」は、ふむ。結構直球で主人公への誘いをかけてきましたね。どうするかな?素直に誘われちゃった方が面白く展開しそうな気はするものの、「ジャンプを卒業するのは案外難しいようだ」と言わせたい気はしてるので、やっぱ断るかな?w
カルマ >> この題材でピーピング的なフェチズムも感じられないのは…絵柄から求められるものと感性が合致しないというか。
ルイ >> 特に腰から尻にかけてのフェチズムのなさは逆に異常w
カルマ >> >針栖川
ルイ >> 多分下着にフェチズムがあるのだと思う。試着室は悪くなかった←
LD >> 僕は、ロジック大先行を望んでいますが、それはジャンプのメイン読者にどうとられるのかは未知数ですね。また、安心院さんは何が本当の事か分からなくなり過ぎている所があります。
ルイ >> それは講談社ノベルスで読めばいいじゃない。
LD >> 多分、下着ですな!(`・ω・´)
LD >> 講談社ノベルスじゃなくて、マンガ(少年マンガ)でどうできるかは観たいですね。
ルイ >> 安心院さんによって、めだかと善吉のキャラ位置が連載開始時レベルに戻されたような感覚があったんですよね。それは僕だけなのか、カルマさんとかにもあるのかはわからないんだけど。生きてきて積まれてきたキャラからイキナリ隔絶された印象があった。それは「キャラの形」からはそう見えるけど、そう育ってなかったよね?みたいな。まあ、ロジックはロジックとして愉しい事は愉しいのですけど、それは初期の評価方法に戻っちゃうなあ。最近は良かったです。
ルイ >> 【HUNTERXHUNTER】…まあ今回の富樫は許してやるか…←手抜きの匂いに五月蝿い いや、今回は「火の鳥」のヤマト編みたいでしたね。
LD >> #バクマン
ルイ >> 【ST&RS】わあ受験から入学にすっとぶあたりがこの作品らしいけれど、新キャラがあまり可愛くない事が不安。これならペロペロちゃんと入れ替えておけば良かったヨ!
LD >> #バクマン 平丸さん、ギックリ腰かよw
ルイ >> 【バクマン】なー。まああの条件を持ちだした時からこうなる事は見えましたけどね。最初に大きな形を匂わせて途中から一気に濁すのは前回の七峰編と同じですね。
カルマ >> めだかと善吉の関係性でこういうロジック先行をやっていいの?とは思いました>めだか
LD >> >安心院さんによって、めだかと善吉のキャラ位置が連載開始時レベルに戻された| これはある。安心院さんの言う事は信用できないって僕が言っているのは、当にそこを思うから。
ルイ >> 実は二人で謀っていたんだよ!ってのは納得いくセンかなw「漫画のキャラクターは初期設定から成長するんだぜ?」とか言ってw
ルイ >> 平丸さんの本気というものの結果を数値化させなかったんですよ。まさに神に愛された男、平丸…!← 
LD >> #バクマン 七峰くん、この後、どうするの?もうワンチャンスいくの?…これで逆襲するなら、もう新雑誌立ち上げるしかない気もするけど。
ルイ >> 昔亜城木のライバル的な陰気作家いましたけど、ああいう扱いになるんじゃないですかね。フツーに、ジャンプ作家になると思うw
カルマ >> 「バクマン」「正義の三肩」は激務で潰れそうだな…
ルイ >> まあ結局システムがどうこうじゃなくて慢心なりで負けたんですよね。
kichi >> 「バクマン」は、なんか東先生のいい話にしてまとめましたねw ま、単純に福田組に負けるだけじゃ前回と一緒だしなぁ……。
ルイ >> 【正義の三肩】は面白いですね。実は福田組で一番というくらい成功しているが、毎回死にそうになっているw
ルイ >> 【ぬらりひょん】が最近面白い。というかこの連載、流れるように面白くなったりつまらなくなったりするので、その時期その時期を掴みづらい。
kichi >> 「リボーン」はほんとに総決算的に過去キャラ全集合な勢いぽいですね。過去敵も明確に格落としてる人物は少ないぽい?ですし、ファンには嬉しい展開なんだろうなぁ。
カルマ >> 「バクマン」せめて東先生は残るべきだったなぁ…結局システムもこういう形で捨てられるし、なんだかなぁw
ルイ >> まさに閑話wゲストキャラもゲストシステムも残らないw
LD >> #リボーン は、まとめに入ってるような気がしますよ。奇しくも『クロウ』的な展開でw
カルマ >> (シャナFateホライゾンからのベン・トーの落差で脳みそから変な汁でている)
ルイ >> まじこいとCキューブがめちゃくちゃよいよ。
LD >> 『正義の三肩』は好きだなあ…wってか一位ですか。すごい実績だ。なんというか、前回のリベンジじゃん。
ルイ >> つか、結構福田先生って福田先生ェ・・・状態ですよねw
ルイ >> 最近基地外素人マスコミとかに晒されて忙しいスフィアを応援する為スフィアクラブ観てきます。
kichi >> 「ぬらりひょん」なかなか良かったですね。結構ハラハラする展開でした。もっと引っ張ってもいいくらいにも感じるくらいでしたが、まぁ、一話で解決まで行く速度の方を評価しましょうか。
カルマ >> 「ぬら孫」やっぱり人間組に危害が及ぶとリクオが動く感じがします
kichi >> ああ、「クロウ」的。なるほどw>リボーンまとめ
LD >> さて、そろそろ一番を決めましょうか。
ルイ >> 正しい分析臭い>人間組
kichi >> 「マジコ」、やっぱシビアな方行くのかぁ……と思いつつもなかなか良い展開なんじゃないでしょうか? ヨシュアが居なければベタにシリアス展開過ぎてイマイチに感じるとこでしょうけど、ヨシュアが絡んでくることで展開が読みきれなくて期待がありますね。
kichi >> 「ハンタ」新展開は会長選かぁ。……投票率95%かぁw
kichi >> 「ST&RS」、次号のジャンプは目次だけ見たんですが、巻末固定ってわけでもないようで……orz ……普通に(ふたつのスピカ的に)学校編やるんでしょうかねぇ……。それはあまり良くないような……(´・ω・`)
LD >> サンデー…『マギ』か、『境界のRINNE』。
LD >> マガジン…『ベイビーステップ』か、『この彼女はフィクションです。』かな。
kichi >> サンデーは、う〜ん「マギ」かな。
kichi >> マガジンは、「ベビステ」か「ネギま」。……「ベビステ」で。
カルマ >> サンデーは「マギ」ですね
LD >> チャンピオンは…『てんむす』か、『りびんぐでっど』かな。
kichi >> チャンピオンは「エンジェルボイス」ですね。
カルマ >> マガジンは「ネギま!」「ベビステ」「このかの」
GiGi >> ST&RSは今までの早さがそのまま折り返したような印象を与えてしまいますね
kichi >> ジャンプは……………………う〜ん、「ぬらりひょんの孫」?「めだか」も個人的には結構好きでしたが。
LD >> ジャンプ…う〜ん。パス。
ルイ >> ハンザスカイかエンジェルボイスあたりで。
LD >> 『マギ』、『ベイビーステップ』、『てんむす』あたり。
GiGi >> まぶしさで「ベビステ」。巧さで「マギ」かな。チャンピオン読んでないのであとはお任せ
GiGi >> ハンタはうっかり最新号の話をしそうになる
GiGi >> コムギと王の結末は、美しくも壮絶です。
ルイ >> どうしてもヤマト編を思い出す。つまり良かったってこった。
カルマ >> ベン・トーに心を奪われていた。店内BGMからの半額弁当争奪バトルは、掴みとしては最高ですw
LD >> 終わったらすぐ買ってこようw
GiGi >> 若干逃げ(手抜き)に見えるのは、見えていたなら、見せていたならこんなに美しくはならないかもしれないというところもあってね。それは深読みすれば、パームも「正視に耐えなかった」のかもしれない。
LD >> 『てんむす』が良かったと思うんだけど?
GiGi >> ハンタ最新号は思わずツッコミを入れたくなるw
カルマ >> ハンタは単なる手抜きじゃなくて抜けるとこで抜いてる感じなので肯定的です。演出として機能しているし。
カルマ >> 最新号の方がデザインしっかりしなさい感すごい。
GiGi >> デザインしっかりしなさいと言うか半端ワンピ感というかwww
ルイ >> いや、実際そうだと思いますよ>ギギさん 見えていたなら鼻血ダボダボの、人間の悪意を凝縮したような絵になってしまいますからね。だから今回は許せるw
ルイ >> まあベン・トーが掴みが良いのは観なくてもわかる。問題はその先だ。
カルマ >> キメラアント編のシビアなデザインからすると…ねぇw>ワンピ感
ルイ >> 展開も若干幽白的なのはセルフオマージュなのかしら。
kichi >> 「てんむす」かぁ……。もちろん悪くはなかったですけど、一番かというと、……う〜ん(´・ω・`;)
GiGi >> 最後はやっぱりハンター試験再びでしょ。というのはあるかな。
カルマ >> 「てんむす」はまぁ想定の範囲内という印象ですけどね…
LD >> ああ、うん。あそこ手抜きだとかは思ったりしなかったな。
ルイ >> エンジェルボイスじゃないんかい。
カルマ >> 僕は3作の中なら「ベビステ」かなぁ
GiGi >> 手抜きじゃないけど手抜きに見えるのは、描けるけどあえて描いてないという印象を読者に与えるからなんでしょうね>ハンタ
kichi >> 私も今週は「エンジェルボイス」推しですね。
LD >> >『てんむす』|なるほど。…では、『マギ』に行っておきましょうか。紅玉が可愛い所と、それをシンドバッドが利用している所の、ある種の正邪の逆転。と次の回へのヒキと情報密度がよかったです。
ルイ >> エンジェルボイスかハンザスカイだと思うな。それ以外なら…マギ…?ううん、ギリギリでそれくらいか?
GiGi >> じゃあぼくもエンジェルボイス!(読んでない
カルマ >> あぁ、ハンザスカイ!ハンザスカイだよ!
ルイ >> 他のスポーツ漫画には「99回ムダに走れ」なんて言う権利はないんですよね。書いても言葉が浮く。だって99回無駄に走ってるように思えないもの。そういう意味で、作品の魂を吐露した瞬間でしたね。あの漫画のヒトコマを残すならこのセリフかもしれん。
kichi >> 私も特に手抜きとかは思わなかったですね。ここ描くのかぁ……とはちょっと思わなくもなかったですけど、描き方としての問題は一切感じなかったですねぇ。>ハンタ
LD >> 『ベイビーステップ』かあ…。
ルイ >> カルマさんめぇ〜。
ルイ >> 富樫先生からすれば、セルフ情報圧縮臭いんですよねwこれまで実際手抜きはあったわけで、ああ描いたら読者がヒヤっとする事は計算に入っている。でも今回は違うでしょ?みたいな順序も含めてなので、手抜きという言葉が出る事自体は悪くないと思います。
カルマ >> ベン・トーに気を取られていたのだ。黒ストだったのだ。
LD >> う〜ん(考)
ルイ >> 黒ストならしょうがないかなあ…
カルマ >> こんなので…http://dariusnews.blog11.fc2.com/blog-entry-561.html
LD >> ああ、うん。ここ描くのかぁ…は僕も思いました。かんでさんとも話したんですけど「みなまで描かなくても…」って論者です。
GiGi >> 読者に「想像せよ」と言っているようにも思えますね>ハンタ
ルイ >> ガサラキwwwwwww
ルイ >> そうね、先週で終わっても良いですよね>王とコムギ それを言うなら、先々週で終わってもいいけどねw
LD >> 僕の感覚は『てんむす』と『エンジェルボイス』は、大体、同じレベルに思えるんだけど、なら票のある『エンジェルボイス』にしておきましょうか。
ルイ >> 「指すぞ」の先を読者が知るのは野暮よね的な美観が僕のラインで、そこは人によって異なるし、まあジャンプだしこれでええんじゃないかなと。僕はとるてあ厨なわけでw
kichi >> わかりますw>みなまで描かなくても   ……ただまぁ、そこはパームという観測者が実際にいることもあって、最後までキッチリ描き切る正しさというのも分かるので、納得はしてますね。>ハンタ
GiGi >> 美しい話としてはもう先週がどう考えたってピークで、その続きを描いたのは「美しさ」をあえて壊したかったんじゃないかと思いますね
ルイ >> 少なくとも、最後の黒コマにその「野暮」の感覚が滲みでているように思えたので、全体的に許せました。先週は先週であの出来だったし。先々週論者は僕特有の断念マニアゆえですねw
LD >> そのランキングおかしくね?w
カルマ >> はい、先週で描きとしては十分だと思います。でもまぁ、ここまで描いていいよねと>みなまで
ルイ >> そう。だから先々週で終われ!とか言う僕に言わせれば、今回の終わり方が二番目に良い>壊す・秘す でも先週は単話として美しすぎるというのが悩みどころw
LD >> シュレディンガーの猫みたいに
ルイ >> 僕は雷轟丸と地べたの絵本最終ページなんて絶対見たくないもん。BD化した時そこを映像化してきたらどうしようかと思った。
LD >> シュレディンガーの猫みたいに、描かなければ「ずっとコムギとメルエムは軍儀をやっているんだよ」ってビジョンも存在するワケですが、そこを敢えて完全にその死を観測させに来た…という見方はできますね。
ルイ >> そんなビジョンは設定的にありえないですけどね…wいや、とにかく黒コマが良かった。寧ろ黒コマが良かった。先週はそれに相当するものがないからね。
LD >> ところで『エンジェルボイス』にします。
ルイ >> カルマさんそのランキングTwitterで呟いてようw
LD >> いや、毒ガスを食らった猫も、設定的には必ず死んでるわけでねw どっかで死んだのだろうけど、それを敢えて描かない事で、それを無限のゼロ時間に封じれるというか、そういう演出誘導もでき得るとは思うんですよ。やらなかったけどw
カルマ >> はてブでブクマしたんで流れてまふw もうくっっだらねえのwww
ルイ >> イワンとすることはわからなくもない。僕はそこで終わったとしても「お前らには見る権利はねえよ」的に読んでしまうのですけどねw
kichi >> 個人的には「エンジェルボイス」がやや抜けてた印象でしたので、良かったですw
ルイ >> この作品はこういう作品です、と宣言する「重さ」はある意味特別ですからね。まあ今週はチャンピョンが良かったです。あ、輝先生でも良かったな。まあ感謝状みたいになっちゃうか。
LD >> 僕も「見る権利ない」的に解する方だけど、それに反して敢えて「いや見る権利あるよ?サービスするよ?」って描きではなく、「永遠に軍儀打っているよね?(ぽろぽろ)」に対して「いや、死ぬから!これ以上なく!明確に!」って描きをしたのかな?という推論です。
LD >> それにしても、あのロボットランキングは、どこのソースだよ。ガサラキ3位って…。
GiGi >> ※ソースは脳内
LD >> それではお疲れ様でした。
LD >> …で、ルイさん、ちょっとスカイプ繋げない?
kichi >> おつかれさまでしたー。
カルマ >> お疲れ様でしたー。
LD >> |・ω・`)。o(……)


■■■■2011年10月15日■■■■
LD >> 【今週の一番】チャットは10/15(土)24:00に開始します。
LD >> |…


■■■■2011年10月16日■■■■
カルマ >> こんばんはー
LD >> |・ω・`) …
GiGi >> ばんわんわ
kichi >>    こんばわー(=゚ω|
カルマ >> ロシア・ソビエトオタクの新人声優上坂すみれさんのラジオがヤバイ。「リスナーさんを親愛なる同志として」ww  http://www.nicovideo.jp/watch/sm15817180
LD >> |・ω・´)ノ やあ!
LD >> 今週は、どこからだったかな?
LD >> マガジン?
kichi >> そうみたいですねw>マガジンから
GiGi >> マガジンからですかね
LD >> 新期アニメ、見始めましたが『真剣で私に恋しなさい』が面白いですね。
LD >> それでは、そそらかに今週の一番始めましょうか。
GiGi >> まじこいは出来がいいですね。何か今期は学園喧嘩バトルものが多いというかw
LD >> #ゼウスの種 が本格連載でしたよ。
GiGi >> もったいぶらずにポコポコと討ち取られていくのが気持ちいいですね>マジコ医
LD >> #まじこい 第1話だから、相当、力を入れたって事もあるでしょうけどね。
kichi >> そうですね。……まぁ、原作ものも結構良い出来の多い印象ですし、粒揃いな感じですかねぇ。……個人的に1話で一番良かったのは……「たまゆら」辺りになるかな?>今期アニメ
カルマ >> まじこい1話はなかなか楽しめました。2話もいいハーレムアニメでしたねw
LD >> ケンタウロスの変な体育座りはどうしたものかw
LD >> 『たまゆら』は良かったというか…鉄板な感じですねw
GiGi >> Fate/zeroが王者の風格ですね
GiGi >> ケンタウロスの体育座りはキモくてよいですねw
カルマ >> 「ゼウスの種」うーん、元々そんなに好きではないんですけどね。なんか、ネタの浪費感も感じられて。
GiGi >> フェアリーテイルはこれは誰得展開なのだろう
GiGi >> ファイブレインはアニメが始まった途端に終了ですか
kichi >> まぁ、鉄板ではありますし、すでにOVAでやってるからってのもあるでしょうけど、プレ1話的な部分からしっかり導入ってのは案外新鮮な気もしましたw
kichi >> >たまゆら
kichi >> 「ゼウスの種」は……う〜ん、いまいち。ま、単純にギャグの波長が合わない感じですんで、合う人にはいいのかもですが。
カルマ >> 「ベイビーステップ」なんかカラーのたびに筋肉を鍛えている気がしますw
LD >> #AKB49 が、かなりマガジン・メソッドな感じのアイドルサクセスものを執ってきていて、ちょっとどうなるか……これ、ある意味では一軍を飛び越えてユニットデビューとも言えるんですよね。
LD >> #フェアリーテイル の7年後の展開は(1)ヒキで驚かそう、(2)新キャラを出そう、(3)復活したゼレフの活動を進行させよう、という3つの意味があるとは思います。
カルマ >> 「フェアリーテイル」居残り組から主人公格になりそうなキャラも見えないですね。ジジイが死んでるとして、フェアリーテイルを再興する中でふさわしいマスターを選んでいくような話になるのかな。 とりあえずラキちゃんがメガネ巨乳可愛い。
kichi >> 「ファイブレイン」は最後までいろいろと駄目でしたなぁ……(=゚ω゚=;)あまりの主人公の頼りなさに自ら積極的に真相を語り始める犯人とか、最後の謎かけもまさかとは思ったけどほんとにまんまキーボードネタとは……
kichi >> 「AKB49」は……、しばらく様子見かなぁ。
カルマ >> 「ファイ・ブレイン」はまぁ失敗でしたね。アニメがまるで違う話のようなので、まぁ
LD >> #エデンの檻 は、かなり設定開陳編に入っているようですが……驚きはないですよね?
GiGi >> 先週も言いましたが、真里谷がいないのが致命的ですね>エデンの檻
カルマ >> 「GE」はやっぱり先輩でいい気がしてきました。読み切り版と違う結末でもいいと思うんですよねー
カルマ >> 「AKB49」僕も様子見ですね。なんとも。
kichi >> 「フェアリーテイル」はほんとに誰得な印象しか無いですね。……世界線を変える話になったりするのかな?wとかちょっと考えつつも、う〜ん……。
GiGi >> 零はいかにも必勝法がありそうなルールですが。
kichi >> 「エデンの檻」、驚きは無いですねぇ……。
カルマ >> 「フェアリーテイル」ってキャラばかり多くてほとんど活かされないので、居残り組が根性を見せるようなイメージが持てなくてわくわくしないんですよね。「ナツたち待ち」のイメージしか沸かない。
GiGi >> GE先輩かわいいですねー。仮に晶先輩と懇ろになるとして、どう納得を描くかは注目ですね
kichi >> 「エアギア」は実に大暮先生らしいどんでん返しの応酬ってな展開ですねw でもまぁ、眠りの森をどう扱うのかは単純に興味深いので注目中。
カルマ >> 「エデンの檻」ここまで捻りがないと驚きようもないですねぇ…
LD >> #フェアリーテイル 多分、ナツやエルザが帰ってきて「わーい!」って溜めをしているだけですよw
GiGi >> エアギアの「重力に抗う6つの力」というハッタリは好みですね
GiGi >> つまりブリーチと同じか…いやしかし、別に前段階で何かやりきったわけでもないからなー。
LD >> #エア・ギア は、かなり大詰めの展開に思えますね。
kichi >> ……でも7年後だからなぁ……(´・ω・`;)なので、世界線を変えて、変えた時点の7年前から描き直しとかならどうだろう……?とか思ったりもするんですが……、う〜ん、少年君とかもいるし微妙かなぁ……。>ナツたち待ち
GiGi >> ばくだんはなかなか急展開ですねー
カルマ >> 完成されたフェアリーテイルという組織を崩して再興させるって形は悪く無いかなと思うんですが…んー。
kichi >> 大暮先生って画力のパなさは勿論なんですけど、何気に薀蓄知識量も豊富なもんですから、“力技”を突き通せちゃう地力が凄いんですよねぇ……>重力云々
LD >> #フェアリーテイル 敵に時間魔法をつかう奴がいましたね。…しかし、あまり、タイムパラドックス敵な展開はしない作品にも思えます。
GiGi >> ドラマとしては、爺がいなくなって空中分解しかかるみたいなののほうが盛り上がると思うんですけどねー
カルマ >> 「ばくだん」は全然読めないですね。「運命力」というより政治的要件が整ってないとする方がいいのかなこれは
LD >> ああ、でも、爺がいなくなっても空中分解する連中ではないとは思うんですよ。…というか、ここまで来てまだ爺を殺さないとかあるのか?とガクブルw
GiGi >> 子供たちだけで一件落着したあとで爺復活とかがフェアリーテイルに本来期待される線w
kichi >> 皆いなくなったことで、逆に爺も生き残った目は増えた気がしますねw
カルマ >> そう、ジジイもいそうで怖いw
kichi >> ナツたちが皆帰ってきた!という場面で、でも爺だけは死んじゃってました……とか水指すのもちょっとどうかとは思いますからねぇ……w
LD >> #賭博覇王伝零 の100枚ポーカーは、確かに、GiGiさんの言うとおり、最適戦略がありそうですね。最後は読み合いとしても役作りあたりは。
LD >> #GE は、先輩はやはり“上手く”突破して来ましたね。…とは言っても、とも思うけど。
カルマ >> 「アゲイン」前エピが男前で誠実、今回の団長がこの顔でモテ男ヅラというのが卑怯w
kichi >> 「零」は、そうですね。ちょっとその辺はおとなしく見守る構え。>最適戦略
kichi >> 「GE」は……、まぁ、そうなのかな。個人的にはちょっと今更感を感じてたりもしましたがw いや、ほんとに突破しちゃったら面白いですけど、そうなるとはちょっと思えないからなぁ……。
カルマ >> 「零」は組み合わせで勝率がどうとかの分析があるんでしょうね
LD >> #ばくだん 何か時間制御している人がいるみたいですかね?
LD >> #GE 本当の突破はないと思いますが、かなり、いい間合いまで踏めそうな気はするんですよ。
GiGi >> マガジンが微妙に古い号なのはなにか意図があるのだろうか
LD >> #アゲイン は、何か優しい顔の男が…w
kichi >> ……いや、私も、いい間合いまで入ってくること自体を楽しむくらいの余裕を持ちたいものですが、……なかなかなぁw
LD >> え?>マガジンが微妙に古い号
LD >> #アゲイン 宇佐美団長が、本当にこのかぼ国団長に惚れているのかどうか……「全裸で土下座」とかいうキャラに本気だとなんか、格が相当下落する感じ…?(´・ω・`)
GiGi >> 「ばくだん」で配達されたマガジン、2010年の9号ですね
カルマ >> 「応援団団長としては優れてるけど人としてはクズ」みたいな描きですかねぇ。>アゲイン
kichi >> 「アゲイン」……たしかにこのライバル校団長の容姿をこうした意図っていうのはちょっと興味深いポイントかもですね。今週後半展開を描くにはもっと普通に漢臭いタイプの方が合ってそうではありますし……。
GiGi >> どっちも選べる状況になったときに、内海がどう納得を得るのか似注目ですね>GE
LD >> チャンピオン行きましょうか。
GiGi >> チャンピオンといえばビジンマンですne
LD >> #囚人リク は、そろそろレノマ復帰かな?
GiGi >> リクは熱いですねー。一コマ一コマに熱がこもっている。
LD >> #弱虫ペダル 荒北おとしてきました。自転車競技のあり方を考えると、小野田くんの「皆で」の考え方は背反されると思うんで、そろそろこうなるべき?
GiGi >> ところでレノマの刺青、見るたびに微妙に柄が違うようなw
LD >> #囚人リク は、男ばっかだけど、いいですねえw
GiGi >> たっぷりと予感させた上で荒北脱落させましたね。この不可避感が素晴らしい
カルマ >> 「囚人リク」素晴らしいですね。仲間のリクへの信頼もそうなんですけど、リクも仲間を信じて事情を話しているというのがすごくいい。
LD >> #囚人リク レノマの刺青は……ほら、なんかキャラの心象によって胸にかかれたセリフが変わるシャツとかあるじゃないですか?あんな感じ?
GiGi >> 運動会、バッサリと端折ってるんだけど、小さく描かれたボロボロの手と足のコマだけで、その壮絶さを表してるんですよね。なんだろうこの漫画力。
kichi >> 「弱虫ペダル」は、とうとうというかついにというかな場面ですね。いや、ライバル校の選手だけどw ラストの坂道くんが驚き過ぎなので、あまり簡単には納得しなそうですし、次回どう描くのか楽しみですw
GiGi >> バチバチもまた、一歩一歩予定された悲劇にひた走っていて背筋が震えますね
LD >> #弱虫ペダル でも、この展開がアリだと、今、二人しかいない京伏は、拮抗する説明をつけずらいんですよね。(そのために広島を追いつかせようとしたとも思うんですが)どうするか?
カルマ >> 「ペダル」予想通りで当たり前なのに泣けますねぇ…リクといい連続で涙腺が。
GiGi >> あと「さくらディスコード」よかったですね。先週読んでないんですが、この
GiGi >> この落とし所は見事
kichi >> 「イカ娘」……最近またまともにオチついてないこと増えたな……(´・ω・`;)
GiGi >> てんむすも良かったですね。先生が熱気に気圧されているという図が良い
LD >> #りびんぐでっど 灰田さんの可愛さがぱなくなってきている。いや、デザインは変わらないんだけど、展開/演出によって女の子っぽさが出るようになって、そうすると素朴な素地が効いてくる。
カルマ >> 「さくらディスコード」良かったですね。しかしどういう話になるのかな
LD >> #さくらディスコード やはり、多少、デッサンがおかしい気がしますがw
GiGi >> もなこちゃんもかわいいですが、他の女の子もよく動いていて良いですね>りびんぐでっど
LD >> #さくらディスコード 最初におかれた“問題”は、ここで9割解決できたように観えますしね。
kichi >> 「刃牙」今回の描写はなかなか良かったというか、好きでしたね。好意というか、褒めるという行為でも、いやむしろだからこそ、暴力で享受させられるのはたまらんよなぁ……。
GiGi >> キャラと背景のピントが合ってない気はしますね>さくらディスコード
LD >> #りびんぐでっど 黒川先生のバニは、微妙にスタイルが良くない所がいいです……生々で。(´・ω・`)
カルマ >> 「りびんぐでっど」みんな可愛いですねぇ…特に三十路先生かわいい。28〜9でわざわざアラサーと高め推測される言葉を使うはずが無いので、彼女は33〜4だな(`・ω・´)
kichi >> 「さくらディスコード」は、ノ宮と呼んでいたことへの意味付けをこういう形でしてくる辺り、やはり巧いですねぇ。
GiGi >> どこで刃牙に負けをつけるかで、これ以上ない屈辱的な負けをつけさせたなーと。
カルマ >> 「刃牙」無理やりほめられるというシチュエーションがとても良いですね。
LD >> #範馬刃牙 まあ、でも、ここで無為になでられてしまう程、戦力差があったら、もう終わりなんですけどね。なでる代わりに他の事もやれるわけで。
GiGi >> ケルベロスは金屋さんがかわゆすぎる
LD >> #BJ ここで休載ですか。
LD >> #ケルベロス の事は仕方がない。(`・ω・´) ダーツが当たってしまったんだ。諦めるんだ。
kichi >> ……う〜ん、ただ、さすがにちょっとツンデレが過ぎてちょっとどうかとも思ったんですけどね、住吉さんw 皆割りとすんなり受け入れているのかぁw (=゚ω゚=;)私はちょっと、ツンデレは用法用量を守って正しく使いましょうwみたいな気分にはなったかなw こんなあっさり陥落するんなら、もうちょいデレそうな雰囲気見せてても良かったかとw
GiGi >> 住吉さんは「物理的に無理」だから無理をして人と距離を作ってたんですよね。なので無理が引っ込めば道理が通るw
kichi >> 「りびんぐでっど」はいろいろ可愛くてよかったですね。
LD >> #てんむす 相手の長野女子がすごくいいチームになってるw負けるチームの美しさがあるw
kichi >> 「バチバチ」もほんとジリジリとくる凄みがありますね。
カルマ >> ノ宮が住吉にデレたのでOKなんじゃないかしら>住吉さん
kichi >> 「てんむす」部長はここから、チームとしてではなく個人で勝つため動く辺りが熱いですねぇ。
カルマ >> 「バチバチ」もうね。誰も責められないんですよね。
LD >> #バチバチ は、マジカウントダウンですね。なかなか、メジャー少年誌では難しい展開かも。『フェアリーテイル』はじじい一人退場させるのも手こずってるわけで。
kichi >> ……まぁ、そう読むのが可能なのは分かるんですが、このレベルでの「物理的無理」であの態度は、ちょっと納得しにくいところはあってw>住吉さん
LD >> #ハンザスカイ さあて、けっこう上手い視点でハンザと吹越のメンタルをイーブンにもってきましたね。そうなると純粋技術ですが…さて、どうなるか。
GiGi >> ガチといえばエンジェルボイスもガチですなー。
LD >> #ケルベロス 今回は僕、先生がよかったと思うな!ヤサグレてる所が!(`・ω・´)
kichi >> 「エンジェルボイス」……。これまたほんとに予定された悲劇へ一歩一歩、ですね……(´;ω;`)
カルマ >> 「ケルベロス」みんな可愛いんだけど、やっぱり先生の正ヒロインヅラがたまりません。
LD >> チャンピオンは、ガチの展開を持った連載が多いですねえ〜。こういう連載と単話の連載の両輪で回すのは、正解だと思います。
kichi >> 「ケルベロス」、私はやっぱ金屋さんが良かったですねw あんな表情を見れるとは思わなかったw いやもちろん先生も良かったですけどねw ヤサグレてるっていうか、もう普通に黒いよ!w
ルイ >> 今週もチャンピオン充ですねえ。一時期の全体的な高まりはないのだけど、良い連載は本当良いとこいってる。
LD >> ジャンプ行きましょうか。
ルイ >> 【ケルベロス】は冬子先生の中にカラスさんの息吹が感じられて良かった。連載が続いたのなら、やはり再合体させたかったのではないかな、というフクイ先生の意志をかんじた。
ルイ >> バチバチとペダルは泣けるしリクは速度論的にピーク近いしでまいっちんぐですねこのあたりは。ハンザもずっと好調。
GiGi >> 葦原先生おひさっす。お話自体はたわいもないものですが、大きい物を大きく見せるダイナミックな構図がより進化していますね。早く連載陣に戻って欲しいですねえ
ルイ >> 「最大のイベント」と書いてあるし、実際運動会なんだから色んな競技描いたって構わないのに、2週で終わりそうなこのつめつめ感は誰に急かされてるんだろう。人気もあるっぽいのに…と考えたら「描きたいもの」に急かされてるんですね。今週のリクは凄い。
ルイ >> ペダルはおっしゃる通り坂道がゴネるハズですが、それを止めるには総北側も脱落者が出て「もうそんな段階じゃない」と宣言すると思うのですよね。今泉か田所先輩かで賭けようず。
GiGi >> 詰め詰めといえば今週のバクマンもなかなかの詰め詰め感
LD >> #リボーン は、何か最終章なんですかねえ…これまで戦ったファミリーをどんどん出して。
GiGi >> 田所先輩がなにをもって「最後の仕事」とするのかは注目ですね
GiGi >> 田所先輩がなにをもって「最後の仕事」とするのかは注目ですね
ルイ >> ジャンプ、葦原先生更にできるようになってましたね。超能力漫画推してる場合じゃないな。
LD >> #弱虫ペダル 田所先輩でそう。(`・ω・´) 元々、体調崩してたわけで「小野田、お前のお陰でここまでこれた。感謝しているぜ、が……さすがに……限界だ……」とか言ってずるずる後退?
kichi >> 「ワンピ」、ホーディの正体ってなんだろう? 観念的な話じゃなくてなんかあるのかな?
ルイ >> やっぱり田所さんは二日目に一回力尽きてますしね。新開先輩がスプリント称号とってない事含め、色々思うなあ。だから田所は初日取ったんだな。
GiGi >> 「ST&RS」は今までで一番落ちる回でしたね。苦手な構図をたくさん描いてしまってる感が…このタイミングでこれはいろいろとつらい。
カルマ >> 今泉は特に何も残してない気がするので田所先輩かな…いや、今泉が脱落することで「何も出来なかった」とすることもできるか
ルイ >> 最後の最後で頬に線入れるのが葦原先生のニクい所だし、一方それを大きめのコマにしないあたりが葦原先生の商売っけのなさと言えるかもしれない。
ルイ >> うん、つか、この子が可愛くない>ST&RS
LD >> #クロガネ 順調です……いや、連載が…ではなく展開が、なんか順調すぎて、つっかえがないですね。波乱を予感させない?
ルイ >> クロガネ評は確かに納得がいく。ゲームで言う所のリスク相当が弱すぎるのかな。
GiGi >> 葦原先生は、「楽しそうに足の裏を描く漫画家葦原大介」と名乗っていい
LD >> #めだかボックス やあ、めだかちゃんがかなりボスキャラっぽく動いてますねえ…。
ルイ >> 【バクマン】の編集長交代は結構一発限りくらいの貴重なイベントですし、これは積み上げの成果が出た良い回でしたね。亜城木にエイジ並みを期待するのは相変わらず少しもにょるのだけどw
GiGi >> めだかちゃんはなんだかめだかちゃんもカッコつきでしゃべっているような錯覚をしてしまう
ルイ >> 最近のめだかボックスはどのキャラにもそれを感じるなあ。
kichi >> 「スケットダンス」随分じっくりと安形先輩の卒業を描いてるなぁ……。単に卒業イベントをじっくり描きたくて描ける人物が安形くらいしかいなかったという順序かな?とか邪推しちゃうくらい大切に描かれてることに違和感あるけどw
ルイ >> 【スケットダンス】のこの構成もなかなか贅沢で素敵ですね。サブタイで送辞、次回答辞なのでしょうし。
GiGi >> ハンタはどこから突っ込めば良いのかなというw。とりあえずジンはまったくさり気なく登場しましたねw
カルマ >> 「バクマン」編集長の凄い精算感がありますねw 新編集長はキャラ立てさっと済ませてていいかも。
GiGi >> 瓶子さんまったく貫禄ないけど大丈夫なんだろうかw.いや、佐々木編集長に貫禄があったかはともかくw
LD >> #めだかボックス さて「父親殺し」それも血縁とは違う父親殺しとは、戯言シリーズの哀川潤さんを引用したくなりますが…めだかと潤は元々とても似ているのですよね。
GiGi >> しかし瓶子さんと言えばかつて幕張で名を馳せた名物編集者でしたが、編集長まで上り詰めたかー
GiGi >> しかし瓶子さんと言えばかつて幕張で名を馳せた名物編集者でしたが、編集長まで上り詰めたかー
kichi >> 「めだかボックス」は、誘いに乗ったかぁ。……まぁ、めだかちゃんは元々こういう人で、特別変化を感じた覚えもなかった気はしたりしてますが……w
カルマ >> 「めだか」いまいちですねぇー。善吉が本当に主人公になってタイトル変えるくらいのことやんないかなw
LD >> > 最近のめだかボックスはどのキャラにもそれを感じるなあ。 |メタに過ぎる弊害かもしれないですね。それによって展開そのものは読めないようにできているのですが…。
カルマ >> 安心院さんの企みを突破するのって作品乗っ取るくらいのイメージなんですけどね
kichi >> 「実力派エリート迅」良かったですね。こういう感じで賢い人物は好きです。
LD >> #しまぶー は……茨木さんでしたっけね?瓶子さんの最大の功績は『遊戯王』なんですね。
GiGi >> ほとんどノーギミックで漫画力だけで読ませるとか何かの罰ゲームですか的なw>葦原先生
カルマ >> 「実力派エリート迅」良かったですねぇ。連載に早く来て欲しいなぁ。
LD >> 作品乗っ取るのは、多分、安心院さんの企み通りというか……望外の可能性はあっても望む所だと思いますよ。
GiGi >> ハンタ、消息不明は年平均0.6人で2年に1度はジンが含まれるということは、せいぜい5年に一人くらいだったわけですね。それが1年で18人というのは確かに大異変だ
kichi >> 「バクマン」七峰君の顛末はあっさりスルーな感じでしたねw 新展開の作り方も巧くてよかったです。
GiGi >> 会長の出した「投票率95%以上」というのもそれを踏まえた上での数字なんでしょうね
ルイ >> ハンターは明らかにテンション落ちてるのをなんとかして欲しいw
カルマ >> いや、リボーンとか他の連載が移籍なり終わってから…という気分にさせる今のジャンプ…>芦原先生連載
kichi >> 「マジコ」は、ふむ。おっきく展開するのかと思ったらコンテストに戻るかぁ……。
GiGi >> 葦原先生は何かボタンが噛みあえばとてつもなく面白い漫画を描いてくれる予感があるので、そこそこ程度の漫画ならサクっと打ち切って回転よく言って欲しいとすら思う。
LD >> #鏡の国の針栖川 うん、まあ、なんかけっこう楽しく読んでますが。
カルマ >> 「ハンタ」歴史に残るエピソードを描いた直後なのでテンション落ちは気にしないですがw さすがにつまんないですね
GiGi >> テンション落ちてると言うかネジの巻き直しですねw>ハンタ
LD >> #HxH 逆にハンタの消息不明はすっごい少ないですね。ジンみたいな奴なんていくらでもいる業界に思えるのですが、ヒソカとかも消息勝手してるように思えるし…何か仕組みがあるのかな?
GiGi >> ハンタはもう早売りネタバレとか出てそうだけど、たぶん票の委任、総取りで過半数取ったらとかになりそうですね
LD >> #銀魂 ブリーチの消失編の焼き直しというかリライトな感じですね。
kichi >> 「ST&RS」は……、ん〜。やっぱ学校編をやること自体からどうもなぁ……。メッセージ絡みで学校を飛び出してくような展開になるなら……(´・ω・`)
LD >> #バクマン 七峰くん、ジャンプではもう描けないから、新雑誌立ち上げるしかないですね。…七峰メソッドで!(`・ω・´)
GiGi >> 七峰くん「とりあえず最強ジャンプ潰すぜ!」<
GiGi >> 最強ジャンプがやられたか。やつはジャンプ四天王でも最弱(ry
kichi >> 「ハンタ」、私は案外楽しんでますけどね、この新展開w まぁ、ツッコミどころの多さとか含めてですが、それでもやっぱジンが居て最低限の興味は確保してる辺り流石かと。
カルマ >> 「銀魂」金さんの人望は遠山の金さんパロでもあるのかな。そうでなくても通じるかw 面白いですね
GiGi >> 銀魂はまあ、このパターン何度目だという気はしつつw
kichi >> しかしやっぱネテロ会長は偉大だったのだなぁ……とツッコミどころを真面目に解釈してみるテストw
LD >> #HxH テンションが落ちているわけではないと思いますよ。GiGiさんの言うとおり巻き直しというか、物語の起承のフェーズだって事かと。
LD >> ツッコミ→ ジン「俺がじじぃの遺志を継ぐ」→どんな意志なんだろう?w
LD >> サンデル行きましょうか。
LD >> #願婚 新連載ですが、以前の読み切りに対してグランドストーリーをつけた感じですね。
LD >> #願婚 縁結びの神かあ………あ、パンツはいているんだ?(´・ω・`)(←どした?)
GiGi >> ガンコン連載来ましたねー。読みきりママでしたが、まずまずの出だしかな。
LD >> #銀の匙 連載、再開。
ルイ >> ガンコンはまあ読み切りが抜群だったので来るのはわかってましたけど、うん、変な設定逃しが加わってなくて良かったです。
ルイ >> Twitterで海燕さんとカルマさんと話したんだけど、ちゃんと萌えキャラのメインを巨神状態に置いてある所が良い(?)なと。
GiGi >> 銀の匙は「夏の巻」の続きでしたね
LD >> 本体というか正体はあくまであの巨神と。まあ、神様なので実体はあってなきがとも思いますが、しばりを持っているのはあっちの身体でしょうね。
kichi >> 「ガンコン」概ね読み切り同様ですが、良かったですね。メインを巨神状態には置きつつも、変にガッカリオチっぽく扱わないで普通に可愛いバランスが絶妙というか、どっちが本性なんだろう?と悩めるくらいなのがw
LD >> #ハヤテのごとく マリアさんの話の次はヒナギクと。なんか…ローテ感覚を強くするなあ。
GiGi >> 「月光条例」は「あー」という感じですねw。いや、全く考えてなかったんだけど納得感はあります
GiGi >> 武勇伝はここから逆転負けしても面白いかもですね
kichi >> 「銀の匙」は普通に続きで、牛の出産か……。いや、逆子で扱い荒っぽかったせいもあるでしょうし、鹿の解体よりグロく感じるのが結構わかる辺り絶妙かなぁ?w
LD >> #神のみぞ知るセカイ ハクア、シャフト(主軸)宣言キター!!裏のノーラさんの動きもいい!エルシィ、モブ化!(`・ω・´)どうなる!?
LD >> 死体の肉は脈づかないですからねえ…w
ルイ >> 【マギ】の妙な前のめり感癖になる。シンドバッドの格が凄い事にw
カルマ >> 「願婚」良かったですね巨神が雌だとも明言されてないあたりがすごい
LD >> #月光条例 は「あー」というか、「ふ〜ん」というか、本当にそのチョイスいいの?富士鷹先生が?と思った。
kichi >> 「マギ」はいよいよシンドバッドさんの本気が見れる!?って感じwktkwktk!
ルイ >> シンドバッドさんは凄い代わりに若干人間やめた感がありますねw
GiGi >> 神知るのここにきての多軸展開は圧巻ですね
ルイ >> いや、最近姫サマを利用したりしていて、まあ王の判断としてわからない話じゃないんだけど、ちょっと冷たすぎやしないかい的な違和感もあったのですけど、この人はもう「呪」レベルに至っているから普通の人心地では観られないですね。
kichi >> 「月光条例」なー。……いや、エンゲキブよりは容姿的にトショイインの方が近いけどってのはちらっと思ってはいたんですけど、普通に無いだろうと思ってただけに、えー?(´・ω・`;)
ルイ >> うしとらの時も二位に設定与えてたし、まあ。
GiGi >> ガンダムは扉絵のヒロインがやたらおばちゃんくさい
カルマ >> 「月光条例」ミスリードかと思ったんですが確定でも大丈夫なのかなこれ
GiGi >> 鋼鉄の華っ柱の見事な大人対応が素晴らしいw
GiGi >> この描き方でフェイクみたいなことを富士鷹先生がやるとは思えず
GiGi >> キングゴルフ、うん良い話でした。いや、グランドストーリーとしては超中途半端ですがw
ルイ >> ミスリードはなさそうですねえ。
kichi >> 「神知る」展開してますねぇ。いやぁ、どう収束していくのか非常に楽しみです。
LD >> #月光条例 いや、これ、二位に与える設定じゃないよ……って、確かに真由子も設定格高かったかw
ルイ >> うん、ゼーガペイン的と言ってもいい。
GiGi >> そういえば、なんかこの世界のかぐやひめっておとぎ話の住人じゃないらしいですねw>月光条例
LD >> #キングゴルフ 異動ですが…蒼甫がヘタレて、締めというのは、けっこう残念な気持ちがあります。
LD >> #はじめてのあく 黒澤さんが可愛いかったです!(`・ω・´)
GiGi >> 難しいことをやろうとして見事に玉砕した感はありますが、やろうとしたことの意は汲んであげたいかなと>キングゴルフ
カルマ >> そういえばサンデーのガンダムはアニメより面白かったですね
kichi >> 「キングゴルフ」はやっぱかなり残念ですね。今回の話も、はじめっからチームワーク重視の作品ならいいんですが、王様の描きとしてはなぁ……。王の影響力で有海ちゃんが伸びたって風でもないし、この作品で見たいものではなかったので、どうも……(´・ω・`)
kichi >> 「はじあく」黒澤さんと大神さんは結構良いコンビかもですねw まわしやすそうw
カルマ >> 「はじめてのあく」大神さんがすごく好みです。
LD >> #キングゴルフ 人気はともかく、ストーリー的には玉砕はしていないと思うんですけど、まあ、とにかくキャディ編でくじけるのはキャラとして残念だなと。
LD >> #はじめてのあく ……む!ここは外伝!『ロケット&ペッタン』の誕生か!?(`・ω・´) 次はこれでいこう!
カルマ >> 「キングゴルフ」てっきりクラサンだと思ってたので雑誌だと追っかけるのが大変だなあ…
GiGi >> サンデー超の連載は基本全部クラサンで読めるはず
LD >> さて、一番を決めマソか?
GiGi >> マガジンはなし。
LD >> マガジン……なんかフィーリングで『エアギア』?
GiGi >> チャンピオンはリクとさくらディスコードかな。
GiGi >> ジャンプは葦原先生
kichi >> マガジンは……「エアギア」でしょうかね。
GiGi >> サンデーはガンコンかな。
kichi >> チャンピオンは……なんだかんだ言いつつも「さくらディスコード」になるかな?もしくは「刃牙」とか?
kichi >> ジャンプはまぁ、「実力派エリート迅」で。
LD >> チャンピオンは、『てんむす』で。他にもいいのあったけど、一択。
カルマ >> マガジン…なしかな
カルマ >> チャンピオン「囚人リク」。
LD >> サンデーは、『願婚』、『神知る』、『はじあく』かな。
カルマ >> あ、「刃牙」も
kichi >> サンデーは……「ガンコン」「マギ」「神知る」……ん〜、悩むけど「神知る」で。
ルイ >> まあ今週は囚人リク一択かな。
カルマ >> ジャンプは「実力派エリート迅」
ルイ >> リクエリートガンコン。
カルマ >> サンデーは「神知る」。
カルマ >> リクか実力派で。
GiGi >> じゃあ間を取って「実力派エリートリク」で
kichi >> LDさんがさりげなくジャンプをスルーしてる件について……(´・ω・`)
LD >> ジャンプは……なんか『針栖川』が好きだったんですよねえ。
LD >> いやwちょっと今、別の事しててねw>ジャンプスルー
LD >> あ、『エリート迅』良いね。
kichi >> 「針栖川」かぁ……。いや、そういえば今回は変に厳しそうとかも思わなかった気がしますが……、う〜んw
LD >> 。o(チャンピオンは『てんむす』無理か…)
ルイ >> 囚人エリート婚で。
ルイ >> 今週のチャンピオンの密度の中だとてんむすは4か5番目あたりかなあ。
GiGi >> まじこい2話見てる。なるほど今はビジンマンよりこういうのがリアリティがあるんですね!
LD >> 『実力派エリート迅』行きましょうか。
ルイ >> ビジンマンとまじこいの比較wわかるけどw
GiGi >> 葦原先生の実力を考えるとほとんど手抜きみたいな話にも思えますが、まあ面白いものは面白い>実力派エリート迅
GiGi >> つーか実力派エリートって葦原先生そのものじゃねーかwww
ルイ >> まあぼくの中ではリクで動かないけどね。久々に超速度を観たぜ。
LD >> いや、今週、『てんむす』相当よかったと思っていますよ。実力的には勝るとも劣らないのに、少しづつ敗着を拾って、でも今チームは一体感を持っている所とか……でも、敗着引いているから負けるよねって所とか。
GiGi >> てんむすは両者の対比だけじゃなくて先生といいう第三者視点があるのが良かったですね
LD >> …とは言え、まあ、今週上げるとすると確かに『願婚』、『エリート迅』、『神知る』あたりかな。
GiGi >> LDさんがリクを挙げるのを避けているのは何か意図があるのだろうか
LD >> ないよw『リク』も良かったねw
LD >> では、『実力派エリート迅』にします。
LD >> やあ、何か早めに終われたぞw
GiGi >> まあ実力派エリートジンですか。HxHのことですね!
LD >> それでは、今週もありがとうございました。お休みなさい。
GiGi >> おやすみー
kichi >> おつかれさまでした〜。
カルマ >> お疲れ様でしたー


■■■■2011年10月21日■■■■
LD >> 【今週の一番】チャットは10/22(土)24:00に開始します。


■■■■2011年10月23日■■■■
ハラルヤ >> こんば。
GiGi >> こんばんわ。
GiGi >> こんばんわ。
ハラルヤ >> せっかく早く来たけど、今週はチャンピオンからなんですね。ならちょっと『Fete/Zero』観てきます〜
GiGi >> いてらー
GiGi >> しかしLDさん来ない
GiGi >> GREEの100万人のウィニングポストがすごく出来が良くて面白いです
カルマ >> こんばんはー。
GiGi >> まだましののの袋とじ開けてなかったんだぜ
カルマ >> これみて待とう。http://www.nicovideo.jp/watch/sm15580621
カルマ >> あとこれhttp://www.nicovideo.jp/watch/sm15947771
GiGi >> LDさんSkypeにもいないということは留守かな
LD >> こんばんは。
kichi >>       こんばんわ……(´・ω|
kichi >> お、なんかナイスタイミングだったぽw(=゚ω゚=;)
GiGi >> ばんこんわ
LD >> ん〜。すみません、アラームをセットしていたのですが、なんかならなかったですね?(汗)
GiGi >> Fate/zeroが面白すぎてStay/nightを再開したくなる昨今
LD >> 今期は、『まじこい』が楽しいかな?
GiGi >> まじこいは楽しいですね。
kichi >> …………アニメの Zeroが終わってからどうするか考えよう……(=゚ω゚=;)>Stay/night
LD >> 『Fate/Zero』楽しいですねえ。何か1話の進みが遅い気もするんだけど、それでも楽しく感じてしまう。
kichi >> ふむ。「まじこい」人気なんですなぁ。いや、楽しいですけど突出してるほどの印象はなかったもので……。
GiGi >> 原作も序盤はスローペースなんですが、キャラクターの見せ方が上手くて飽きませんね。
カルマ >> 「まじこい」はなかなか良いですね。あとは「シャナ」のOPだけ好き(笑)
カルマ >> 「P4」の3話がなかなか良かった。やってくれるかどうかかなり怪しかった主人公のペルソナチェンジをやってくれたんで、もうあまり言うことないです。ちょっと説明不足だけど…
GiGi >> 3話だけで切嗣組のわりとややこしい人間関係を端的に表現していて実に鮮やかだなあと
LD >> 『まじこい』ん〜なんでしょう。ハーレムものとして、主人公がまずフラれる所からはじまっていたり、なかなか、仕掛けが上手いんですよね。あと単純にシナリオと、アクションもいい。
LD >> さて、今週はどこからでしたっけ?
GiGi >> Fate/zero、ギルガメッシュのセリフ「この時代、なかなかどうして、面白い」が五七五調だったために川柳王よばわりされているw
LD >> 川柳王とかw
GiGi >> まじこいはアクションシーンが良いですね
カルマ >> 今期は「C3」がめちゃくちゃ好きです。
LD >> んんん…すみません。ちょっと、PC再起動。
kichi >> ……ふむ。いや、「ホライゾン」が“わからない”って言葉とほとんどセットみたいになってるのと比較しての明確な差異ってどこら辺なんだろう?ってのは微妙に気になってたりはしますね。私はどっちもそれなりにわからなかったりはしましたが、でもまぁ、どちらも無理にわかる必要はない部分が多いのだろうとも思っている感じではあって……>まじこい上手い
GiGi >> まじこい3話、1話で声優使いすぎたからかすごい省エネだなw
kichi >> 「C3」も良いですね。まだ2話までしか見てないですけど、こっちはまぁ、単純に巧いと思う設定構造とか展開速度とかでした。……なんか「これゾン」を連想してしまう部分が多かったりはしてますがw
カルマ >> ホライゾンは楽しみどころまで分からないというのが辛くはありますね
LD >> 帰還。
GiGi >> ホライゾンは世界観をわからないといけないようなプレッシャーを感じる構成になってますね。あとコメントがない←
GiGi >> ましののは袋とじでしたが特にいつもと変わりませんでしたねw
kichi >> ……楽しみどころ……ですかぁ。ふ〜む……。あぁ、私の場合、世界観自体の見せ方に期待してるようなとこはあるかもですね。
kichi >> ……なんとなくですけど、1話でおっかけっこが始まった辺りで蓬莱学園を連想したんですけど、まぁ、なんかそういう場を楽しむような雰囲気を感じるような……?>ホライゾン
LD >> さて。
GiGi >> ホライゾンは突拍子もないようで「何かが壊れた世界」であることを匂わせていて、そのへんが「わからん」という感想に繋がるかなと。まじこいはそのあたり固いこと考えるなしという緩さが出てますね。
LD >> 今週は……ジャンプから?
kichi >> チャンピオンからという噂w
GiGi >> チャンピオンからという噂を聞いたのですが
カルマ >> だいぶ予習したんで観れますけどね>ホライゾン
LD >> 一番はじめましょうか。
GiGi >> たぶん原作はSFとしてガチなんだろうなーという感はあるのですが、そのあたりのニュアンスを出そうとしたのが上手く噛み合ってないのかな。
LD >> チャンピオンからですか?あれ?w
GiGi >> 阿部共実先生は週刊ペースでネタを作り続けられるのかだけが心配です
LD >> ああ!僕とした事が、#ましのの の袋閉じ開いていない!!(`・ω・´)
kichi >> ふむ。まぁ、その辺はそれこそグランドストーリーに関わる部分なんでしょうし、たぶん段々と明かされていくのかな?という感じで眺めてはいるのですが……。もっとも、このアニメ版では分からない可能性も十分って気もしてますがw>ホライゾン壊れた世界
kichi >> えー?(´・ω・`;)バキの袋とじは一番はじまるまであけない私が速攻であけたのにw>ましのの袋とじ
LD >> #ましのの なんだろう?この女子あるあるネタ……なのかな?(´・ω・`)?ぶも?
GiGi >> ケルベロス最終回、すごく良かったです。すごく良かったですとしか言いようがない。
kichi >> 「ましのの」は、まぁ、袋とじでもいつも通りでしたねw 面白かったですw
GiGi >> チャンピオン最後だったら、ケルベロス最終回に最後に触れてそのまま一番ごり押しの流れだったのだがw
LD >> #範馬刃牙 は、もう勇次郎のワンステージになっていますね。ゴキブリダッシュと、トリケラ拳、イリュージョンパンチと出してきたバキですが、まだ手は残っているのか?
GiGi >> 「弱虫ペダル」が大きなターニングポイントになる1話でした。
GiGi >> 刃牙はあとは何か一矢報いる事が出来るのかどうかが焦点でしょうね
kichi >> 「刃牙」は、まぁ、はじめっからですけど、いよいよ今回は負けて終わるんだろうなぁ……と思っちゃう内容でしたね。そうか、バキVSオーガが実現したからといっても、それが最終決戦とは限らない……のかな?
LD >> #ケルベロス 最終回よかったですね。いろいろ伏線っぽいシーンを絡めながら、上手くまとめているように思えますが…人気なかったんですかね?
カルマ >> 「ケルベロス」まぁ、よかったですかね。打ち切り自体に不満なので良い最終回なんて言いたくないですがw
GiGi >> 荒北が脱落していくシーンで、進行方向が左→右になっていて、そのあと箱学サイドは奥→手前の推進力のある絵で総北サイドは手前→奥の抵抗力の強い構図になってるんですね。
GiGi >> そこから小野田くんの「なんでもやります!」の見開きを経て総北も反転するという構図の妙が気持ちいいですね
kichi >> 「ケルベロス」最終回は、まぁ、ここで切る描き方としては、という前提条件は付けざるをえないですけど、良かったです。……人気はなぁ、フブキ丸編はやっぱ無かったとしても不思議ではない感触ではあります……(´・ω・`)
LD >> 正に「ダーツが当たった」としか思えないような処遇w
GiGi >> ダーツが当たったのでしょう。ケルベロスは犠牲になったのだ…
LD >> #空が灰色だから は、確かにネタ出しが難しそうですね。…というか、タイトル近いけど、前作と多少、悲喜のブレンドが違うのかも。
カルマ >> どっかで続きを連載しないですかねぇ。Jコミがそんなプロジェクトを始めるそうですが
GiGi >> 実際のところ、戦力というか売上的な意味では大きな貢献はなかったのだろうとは思いますが、あえてこのタイミングで切ったというのは、フクイタクミ先生には新作を描いてもらった方がいいと判断したと前向きに考えたいですね
kichi >> 「弱虫ペダル」凄く良かったですね。ほんと、素晴らしく気持ちよく切り替わりの瞬間が描かれていました。
LD >> #弱虫ペダル は、かなり自然に小野田くんが反転しましたね。
GiGi >> ここがすごく重要なのは、小野田くんの価値観が変容してるんですよね。「みんなで走るのが楽しい」をモチベーションにしていたのが、自分の持てる力を全て出し切ってでも勝利に貢献するという。
カルマ >> 「ペダル」素晴らしかったですね。いやぁよかった
kichi >> 「空が灰色だから」は、今回はまぁまぁレベルの良さではありましたが、連載化は素直に嬉しいです。……悲喜のブレンド……前作も1,2,3話とも全然違ってましたし、そのブレンドが毎回違うことこそが魅力の一端という気もします。
GiGi >> それで弱虫ペダルという作品が更に一段上のステージに上がる可能性、前代未聞の「主人公がチームの勝利のために途中リタイアする」かもしれない可能性が出て来た。
LD >> #バチバチ はカウントダウンが進んでいますね。…なかなかこう…主要キャラをしっかり退場させる連載は見られないので、息を飲んで見守っている気分です。
カルマ >> 「空が灰色だから」まぁ先生にお任せかな。作風がこうだと規定する感じでもないですし
GiGi >> 来週かんでさんとのラジオを再開する予定ですが、テーマは「チャンピオンと敗北の美学」と言ったものになりそうです
GiGi >> バチバチは「喜びのない勝利」というのが非常に重いですね
GiGi >> 「てんむす」は見事な回想シーンの使い方でしたね。無我夢中で食べている間に試合がいつの間にか終わっていたという。
LD >> #バチバチ しかし、変ないい方ですが、こうやって吽形さんが降りてゆくと、白水さんは上に行ってしまうのだろうなあ…とか。「それでも彼は上にいけない」だとカッコ良すぎるのだけど、物語として厳しすぎでもある(汗)
kichi >> 「バチバチ」は……もう、黙って見守るしかない気分です。……いや、あれだけ遠く描かれていた十両昇進の、作中初描写を、当の二人がまったく喜ぶ余裕が無い展開になっているというのがもうね……(´;ω;`)
カルマ >> 「バチバチ」はもうね…凄いです。十両昇進よりも同部屋対決か…
kichi >> あぁ、白水さんは、確かに……。いや、でも、どうなんだろ?どの辺を“上”として想定するかにもよりますが……。
LD >> #てんむす は、星野先生の“いい顔”に笑ってしまったwしかし、長野女子戦はいい話になってますねえ…。
GiGi >> 「さくらディスコード」第1部完ですか。球技大会をやらなかったという処理はなかなか面白いなー。
カルマ >> 白水さんがメンタルを克服するのは普通に見えますけどね。長く関取になって部屋を支えるとかなら良い感じかも
カルマ >> 「てんむす」先生の過去語りはちょっとさぶいわー(´・ω・`)
GiGi >> 「エンジェルボイス」レギュラー組とモチベーションの違う一年生に何を受け渡すのかというのも興味深いですね
LD >> #てんむす しかし、この連載、以前、部長の過去話の時もちょっと触れましたけど、あまり全体構成を気にしていないというか、その場その場で全力出すみたいな連載になっていますね。長野女子はとてもいいチームなんですけど、しかし、全体構成として偏ってもいる印象です。
GiGi >> 白水さんは、鯉太郎に追い抜かれて、それでも折れずに十両に上がってきたらかなり熱いかも。
GiGi >> 大食い競技自体がマイナーで、頂点までそんなにたくさんステップがないというのはあるのかもしれませんね>てんむす
kichi >> 「てんむす」なー。私も先生の過去語りはちょっとさぶかったですねw ……いやまぁ、ちょっとずつそういう流れは作ってたのは分かるんですが、正直追い付いてはなかったというかね、あんましっくり来なかったです。でもまぁ、この長野女子戦は全体的に良かったですね。
GiGi >> 「ケルベロス」は「結界師」と比較していくと何か面白いかもとか思った
LD >> #さくらディスコード 球技大会中止…w まあ、やっぱり野球をやってどうこうって物語ではないんですよね。
GiGi >> ケルベロス続き描かないとか、リクの先週の処理とか、何かチャンピオン全体の編集方針みたいなものを感じなくもないですね>球技大会中止
LD >> 『ケルベロス』と『結界師』のどういった点を比較しますか?設定部分かな?
カルマ >> 「」
kichi >> 「さくらディスコード」は、まぁ、なんか、らしくはありますねw 青春やなーw
カルマ >> 「さくらディスコード」球技大会中止はほっとしましたよ?一緒にいるのが練習とかぬかして普通に野球やられたらどうしようって思ってましたもの。
GiGi >> 墓守の闘いもたぶん本来は「終わりのない闘い」なんだろうなーと。それを終わらせる為の大仕掛けをやろうとすればこの倍以上の巻数がかかるわけで、ならば「終わらない」まま終わるのもひとつなのかなと。
LD >> 先生の過去語りは、家庭をダメにした描写が入っている意味が大きいですね。一人でやって滅びる分には絶望に身を投じるのもそんなに悪くはないと思うんですが、伴侶まで犠牲にしたとしたらねという。
kichi >> 読み切り「恋弁」が結構面白かったですね。幕内さんの強引なキャラが楽しかったですし、ベタながら綺麗にまとまってて良かったです。
GiGi >> 恋弁良い読切りでしたね
LD >> #囚人リク のレノマの暴力は、愛の暴力やったんや!とか言う反転な(?)描写がよかったというかw…いやぁ?僕はレノマは弱い者いじめしていたと思うよ?wって。
カルマ >> 「恋弁」扉でタイトルを「恋ムサ」に読んだのは僕だけじゃないはず
LD >> #シュガーレス 嘉神…w いい人オーラ出しているのは、負け旗なのか?w
kichi >> ……まぁ、しっくり来なかったのはやはり、過去語りの内容自体というよりは、先生のこれまでの描かれ方との整合性の部分でしょうかねぇ……。
LD >> (`・ω・´)ノ ほい!>「恋ムサ」に読んだ
kichi >> 「エンジェルボイス」、興味深い展開でしたね。そういえば一年生もいたんだっけ?くらいの状態だっただけに、何をどう継承するのかは興味深いです。
LD >> まあ、星野先生は、そんなにいい先生というワケでもないのでしょう。…なんだろう?たとえば、一念発起してリタイヤした生徒を立ち直らせようと熱血先生になるでもなく、怠惰な(?)先生やっていたみたいですし。
LD >> #エンジェルボイス のこれは『キャプテン』問題というか……一年生いたんだwとは思いましたがw
LD >> #ハンザスカイ 吹越との実力差はともかく、半座のこの反転からの反撃は当たる…と思うw意外過ぎるwというか、吹越が反転して着地する所までは笑顔なんだけど、そこから突進された時は驚いているのは、細かく描写されていますね。
kichi >> まぁ、そうなんでしょうね……。…………まぁ。>星野先生いい先生ではない
kichi >> 「ハンザスカイ」好調ですね。ハンザが吹越に攻撃を当てるのに納得を感じられる描写になってるのは素直に凄いと思いました。
カルマ >> 「ハンザスカイ」良かったですね。
LD >> 納得というか…もう、なんか無茶苦茶なのでwマンガの嘘がそのまま出ている良い画だと思いますw
LD >> ジャンプいきましょうか。
kichi >> いやまぁ、無茶苦茶なんですけどw ま、そこまでリアリティ重視な作品でもないですし、読者も驚くくらいの描写が出来ればそれで勝ちなところはあるw
LD >> #スケットダンス は、スケットダンスらしい「クサさ」が出ていたかなと思います。安形、卒業。
LD >> #銀魂 このエピソードはなかなか面白い気もしますw
kichi >> 「ワンピ」ちと、とっちらかり過ぎな印象もあるけど、ロビンの気にかけ方とか、チョッパーの人型変化への想いとか、いい描写もちらほらあって楽しくはあります。
kichi >> 「スケットダンス」は……まぁ、らしくはあるのでしょうねw
LD >> #鏡の国の針栖川 あの不良くんもなんか落ち着いてるなあ…やっぱり、いろいろ苦しい連載にみえるなあ…。
カルマ >> 「銀魂」ロボなのかよと思うけどw 面白いですね
GiGi >> スケットダンスは「らしい」話でしたね。なかなか良かったかなと。
GiGi >> 「めだか」でも金時…もとい黒人吉くんが出て来ましたがどうなるか。
kichi >> 「トリコ」……銃殺シーンがあったのに若干驚きましたが、それだけに効果的だったとは言えますね。ふむ。
LD >> なんか、割りと……主人公のっとられたみたいな話はギャグとの相性がいい気がしますね。
LD >> 『めだかボックス』は、この対主人公戦はいろいろ注目しています。…ブラフ込で。
GiGi >> クロガネは精神と時の部屋完備なのね
kichi >> 「めだか」も、やっぱらしい話というか、そうだよね、めだかちゃんは元々こうだよね、みたいな納得はありました。黒人吉君も結構楽しみかなw
GiGi >> 読切りの「ッ」は写実的な犬の絵と人間の描き方のギャップが大きくて不思議な読み味でした。
LD >> ちょっと、今、考えているのは「黒神めだかは本当に主人公なのか?」というところですね。
GiGi >> ジャンプ主人公の条件=ぼさぼさヘアー。そもそも女主人公自体がジャンプだとレアなんですよね
kichi >> 「クロガネ」のは精神と時の部屋とは大分違うんじゃw ……いや、こんなん続けたらマジで死にそうな気もするんですが、夢として処理される分には大丈夫なもんなのかなぁ……?
LD >> #クロガネ ってとにかく展開に障害というか…つっかえがないんですよね。何か不思議なふわふわした気分で読んでいます。
GiGi >> バクマンはいよいよクライマックスに向けての下準備ですかね
カルマ >> 「クロガネ」脳みそが死にそうですねw 割りと人気なのかな
GiGi >> 「ST&RS」今週も動きがなかったんだぜ。火星シミュレーターには期待
LD >> たとえは『涼宮ハルヒの憂鬱』の主人公は誰なのか?一つ越えて『鉄人28号』の主人公は誰なのか?とか考えまして…。これは普段は、単に各人の解釈で、ハルヒが主人公でもキョンが主人公でもよくって、鉄人28号…よりは正太郎くんが主人公なんですけど、まあ、あまり関知しなくてもいい問題ではあります。
kichi >> 「クロガネ」は、障害も無いですが、それ以上に納得が無いんですよねぇ……。正直、楽しみどころが分からない作品だったりはしてます……。人気あるのかぁ……。私も人気様のことはよくわからんなぁ……。
ハラルヤ >> パロディネームである坂田銀時のパロディネームが坂田金時っていうのは、大元のオリジナルの「坂田金時」との区別のし辛さって意味ではマイナスですよね。パロディネームを使う以上はオリジナルをオリジナルとして尊重してしかるべきだとは思うんですが。
GiGi >> ハンタ、カイトに4票入ってますね。死亡扱いにはなってない?あとハンゾー1票とかw
LD >> しかし、対主人公戦として考えると「ハルヒとキョンのどっちが勝つか?」、「鉄人28号と金田正太郎のどっちが勝つか?」を考えると、多分、キョンであり正太郎くんのはずなんですよね。少なくとも僕の解釈ではw
kichi >> 「めだか」主人公は誰かっていうのは確かに結構微妙な話ではありますね。ハルヒよりはめだかちゃんの方が主人公的に振舞っているとは思いますが、ジャンプらしい主人公ではないのは確か。……とはいえ、善吉が主人公だったかというと、それもなぁw 一時期本気で影薄かったしなぁw
LD >> スペックとしてどちらが強いか?ではなく、物語力学としてどちらが勝つか?はそうだと。…とすると『めだかボックス』において善吉はもとから主人公とは言えないか?
GiGi >> 661名の95%は628。無効票が全部有効なら95%になりますね
ルイ >> チャンピオンがもう終わっていたから眺めていよう。
LD >> ハルヒが万能神であるのは(物語)本質的にキョンの投影と言えるように、めだかの必勝は物語本質的に善吉の投影というかね。
ルイ >> 「○○編ではコイツが主人公」という使い分けまでできるのは、ジャンプは勿論西尾センセーも自分でやってるんですけどね。H×Hのキメラアント編はどこをどう見ても王が主人公だしw
ルイ >> kichiさん、クロガネはストレスがないのと、自分の特別感をかなりすんなりと作品に溶け込ませて目立たなくしていますよね。目である事といい、この辺はベビステに通じる。まあ、ベビステはこの後がすごかったんだけど…離陸レベルでクロガネが悪い反応でないのは、まあこのあたりからわかるかなと。
ルイ >> 【ST&RS】はジャンプメソッドであるトーナメントやバトルシフトから背を向けていて偉いなあ、と思っていたら、この作品はシュミレーションがバトルなんだなあw
LD >> 安心院さんが「めだかと善吉を対立させた」のは表に出た言葉通りの計略として、どちらかと言うと彼女は「善吉の勝ち」を元の予定としていて、この覆しというか…善吉という主人公との戦いを欲している?とか考えたり。
ルイ >> この編のめだかのセリフのテンプレ感みたいなものからメタのメタによる更なるどんでんを読みたくはなりますね。
ルイ >> あ、【恋ムサ】は画像つきでつぶやいときました←
ハラルヤ >> 『クロガネ』には何故か土日だけ学校外から教えに来る、めちゃくちゃ怖いおじいちゃん先生を出してほしいものです。(剣道あるある)
ルイ >> タイトルに名前があるから主人公、という所の「無防備さ」は何故何作家こと西尾維新からすればそりゃ突っ込みたくなるところではありますよね>めだかは主人公なのか 既にバカボンなりおそ松くんという解答例もあるわけで。
ルイ >> クロガネは初めて裸足になった素人の足元冷たい感を描かなかったから甘い←あるある
kichi >> ……う〜ん、ベビステは目よりもエーちゃんの賢さが納得に繋がってたからいいんですが……。ま、気にせず納得しちゃえばストレスなく特別感を楽しめるというのは確かなんでしょうが……。>クロガネ
ルイ >> だから、それはベビステが離陸から次の高度を得るまでにちゃんと手を打った証ですよ。
LD >> まあ、既に善吉、負けたわけですけど(汗)「諦めない限り、前の価値は無効化される」のも主人公特権というかwとまれ、あのめだかちゃんを観ていると既にかなり負けそうなんですよねw
ルイ >> うん、今週はチャンピオンが良かったんだよなあw機を逸したのでどんどんいこうず!
GiGi >> クロガネは使い古した防具クサイを描かなかったので甘(ry
ルイ >> チャンピオン同様良かったのはサンデーなのだ。
kichi >> ……う〜ん?エーちゃんって、最初は目が良いからって理由だけで経験者に勝ったりしてたんですっけ?忘れてるだけかもですが、私は最初っからエーちゃんは賢さが最大の武器だったような印象でしたが……。
GiGi >> 福地先生の安定感
ハラルヤ >> 面をつけると世界と自分が格子によって分断されてしまいますから、世界のなかで特別な自分っていう描きにはそれほど違和感なかったり。
ルイ >> やあ、でもそういう細かいリアリティレベルが長期的にはキクってのはありますけどね。別にそんな剣道あるあるに限らなくても良いのだけど、突き詰めると「面」「胴」「小手」「突き」しかない世界で、どこまで描けるのかなと。
LD >> #マジコ は、なんか、こっちの夫婦の方がいいというか…先、行ってるんですよねえ。夫婦の師匠というか、この構造、吉凶ありそうだけど、ちょっと面白いですね。
ルイ >> 福地先生はちゃんとDTソウルを纏い続けていて立派ですね。
GiGi >> ルイさんが言ってるのはベビステのエーちゃんの賢さ=武器だけでなくて、その後のモチベーションの描きの話ですね。クロガネはまだそのステップには行っていない
LD >> あれ?みんな、ジャンプ終わってるの?w
ルイ >> うん。とりあえずクロガネの滑り出しにネガティブになりすぎることはないのではないかなと。ただ、先を見据えた上で細かい部分の欲というか情報、拘りのなさが不安になるというのをちょっと冗談気味に揶揄ったのが匂いだ寒さだって話ですね。
GiGi >> 実力派エリート福地翼と呼んであげよう(えらそう
ルイ >> このサンデーの何か始まった感「武心」が始まったあたりにも感じた←錯覚だった いや、まあ、来てますよサンデー。
ハラルヤ >> まあ、擁護してみたけど個人的に『クロガネ』あんまり好きじゃですけどね。防具つけてない人に突きはイカンよ。死んじゃうよ。
LD >> #バクマン とか『デスノート』の誕生とか言われているけど、普通に『コードギアス』の誕生だと思う。(´・ω・`) 月vs Lは、そんな正邪対決という感じがしないw
ルイ >> 確かにスザクの描き方っぽくはあったw
ルイ >> 少なくともLにはバリバリの正義の味方に外見レベルから見せるデス!みたいなものはなかったですからね。スザクなんてランスロット真っ白よ。あの時点でガウェインの黒は予告されていたのよ。
kichi >> 「マジコ」は持ち直したのかな?とまれ、ヨシュア&ロゼッタ夫婦良いですね。
LD >> #HxH は、アニメ観て、ビーンズさんが緑色でちょっと困ったw
LD >> GiGiさんが言っていたけど、ジンは本当に幽介だなあ…w
ルイ >> 【トリコ】の銃殺シーンは確かに結構びびりましたね。罪は罪というのは流石しまぶー先生←やめろ
ハラルヤ >> マジで!?>ビーンズさんが緑色  ビーンズさんキメラアント説。
kichi >> ……ふむ。いや、私自身がクロガネの滑り出しに乗れないのは、圧倒的に納得がない、目がいいだけで木の練習でゼロスコア出したり経験者に勝ったりできるわけないって部分なんですが、そこは気にせず納得しちゃえよ、っていうだけでベビステ持ち出す意味がそこにはまったく無関係というなら、そうですねというしかないですが……(´・ω・`)
ルイ >> まあ前科はさておき←やめろ 冷静なしまぶー先生の判断として「銃殺を黙って観ている主人公」は瑕疵判定されないという計算があったわけですよね。そのへんワンピースが実は「狭い正義」というか仲間レベルや欲であの地位を得た事で、ジャンプの友情努力勝利感は実は根底から変わってるんだなあ。
カルマ >> ギアスでしょうw>「バクマン」
kichi >> 「バクマン」良かったですね。邪道を追求したからこそできる王道というのは実に説得力ありますし、熱いです。……「デスノ」は邪道ですよねw 白悪魔出す前までならデスノっぽいと思ってましたが、コンセプトだけならデスノを超えた境地とすら言えて、なかなか感慨深いものがありました。
GiGi >> まあギアスですよねw。デスノ→ギアスの流れ
ルイ >> これまでは無駄じゃなかった!(大発タント以外は 
kichi >> 「HxH」は、ハンタ総数661名かぁ……。思ったより全然少ないなぁ。
LD >> #トリコ の銃殺は…世界観の違いというか…『HxH』の存在で割りと許される感じになっている気がします。そして『トリコ』はもう一つの『HxH』と言ってもいい存在。
ルイ >> んあー?主人公の許容判定の問題だからHHを見て云々という計算とは思えないけどなあ。
LD >> ゴンたちが通った時のハンター試験は異常な程の合格者数だったのでw……まあ、それこそ何年も合格者が出なかったりもしたんでしょうね。
ルイ >> まあ、読者のショック度を見て、という事ならこれもまた1つではありますか。
ルイ >> 以上サンデー待ち。
ルイ >> およ、ニコニコのまじこい三話タグの一発録りってどこ情報なのかしらかしら。たまに情報の集積機能を果たされるから困っちゃうぜ。
kichi >> 今までに名前付きで登場してるハンターって何人なんでしょうね?600人くらいだと足りなくなる不安を感じるレベルなんですがw ……それはそうと、選挙と並行して?キルアというかゾディアック家の話も展開していくようで、こちらも楽しみです。
LD >> 計算というか生まれた空気としてって意味ですね。世界観が違うし、トリコの感覚も三次元現代人とは違う所があるので、それをそのまま描けば“そう”なんでしょう。ただ、少年誌で三次元倫理をどこまで無視していいかという問題はあって、ジャンプは昔からそこらへん緩い方だったけど『HxH』が良いも悪いも殺すときゃ殺す描写をしている中で、まあ、いいよね?という空気は出ている気がします。
ルイ >> ふーむ。あまりしっくり来ていないけど許容できる範囲w
LD >> 今回、以外でハンターが大勢呼び出されるエピソードは何がありますかね?
ルイ >> gigiさん、まじこいの公式に「まじこい」というタグを入れた方が検索迷路を起こさず再生数伸びるって言っといてくだしい。
LD >> いや、まあ、変にひねった背景語らなくても「トリコはああいう世界だよね」で済む話だとは思いますwでも、銃殺シーンを驚きのあるものとして解説して行くなら…という感じ。
kichi >> やぁ、こんな大勢出るエピソードがなくても、ちょっとずつ出してって届きそうな数というかw 例えばクラピカが仕事請ける際の選考で何人か集まったりしてましたけど、あれって全員ハンターだったわけではなかったんですっけ?
ルイ >> ち、違うんですよ!世界観の許容レベルじゃなくて、ジャンプヒーローの許容レベルの話なんですよ!そこのズレか!w
LD >> ジャンプヒーローの許容でもそうだと思いますけど?ゴンも多分、普通に観てますよ?
ルイ >> 多分の話をしても。
ルイ >> コメント観るに、まじこいがボーガーだのヴァンガ脳だのに愛でられてるのがとても納得がいかないw
ハラルヤ >> まあ、あるランク以上のハンターになると正規のハンターと無免許のハンターに差がないんでしょうね。むしろ正体の秘匿という意味では無免許の方が都合良さそうですし。だから「プロハンター」は以外に少ない。
LD >> 僕も『HxH』が全てを作ったというつもりもないですが、でも、この作品が倫理の壊れ方は一番顕著なので「これが許されるなら…」って、作品によっては三次元倫理を控えて世界観の描きを優先する、って空気に一役かっている気はするんですよね。
ハラルヤ >> 意外にすくない。
カルマ >> (ホライゾンやっと話動いた…)
GiGi >> ニコニコのタグは思いついた人が入れるがよろし。気が向けば公式タグロックするでしょう
GiGi >> gdgd妖精sは公式が「超兄貴」タグにタグロックしてたんだぜ
LD >> 念能力が、ハンターの専売ではないので、まあ、これくらいの人数でもよさそう?
kichi >> あぁ、無免許ハンター……。なるほど、そこは失念してました。
GiGi >> ハンター協会会員の数ですからね。旅団とかは基本協会に属してないでしょうし。将棋連盟と鬼将会みたいなもの。
カルマ >> あああー。なるほど>無免許ハンター
LD >> ヒーローの許容と言っても「そもそも、世界観がそうだから」って僕は思ったんですよね。そうすると「作品世界観がそうでも三次元倫理の問題が…」って僕の頭の中で思い浮かんだので、「それも最近は『HxH』とかで緩和されているよね」って話した感じです。
LD >> あ、まだサンデーに入っていませんでしたね。
LD >> #アナグルモール 新連載は、リンカーンの鼻の穴からでてきてよかったんだろうか?w
LD >> #アナグルモール あと、普通に『グレンラガン』思い出したりしていました。
kichi >> いやまぁ、念能力がハンターの専売でないってとこは押さえてたつもりですが、ハンターを募集する仕事とかこれまで何回か出てきてた(気がする)ことを考えると、600人くらいは少な過ぎる気はしたんですが……、いや、やっぱそれでも割と少ない気はするんですが、まぁ、ありえないとかそういうレベルではないのかな。
LD >> #神のみぞ知るセカイ は、キャンプファイアーのポスターの前で「4、3、2、1」と言っている桂馬がきになる。…4人誘うつもり?いや?(考)
kichi >> 「アナグルモール」、なかなか良い滑り出しかと。数年後にはマジンが全人類に知れ渡っているということを明記してるのがちょっと興味深いですね。……まぁ、エピローグ的に扱われるだけの可能性もありますが、認知度があがっていく過程まで描いたりしたら面白そうですが……。
ルイ >> お、サンデーか。福地先生はいつまでも少年誌ソウルを持っていて素敵ですね。
ルイ >> パッと見はじめてのあくと構造が似ていたりなんだり。
LD >> ああ、はいはい。旅団編で、たしかお嬢様のガードを募集した条件が、ハンターライセンス持ちでしたっけね。ああいう事ができるのは超VIPって思えば、何とかなる?
カルマ >> 「アナグルモール」なかなか良かったですね。
kichi >> ダンスの練習をしてたわけでは……無い、のかな?う〜ん……。>4321
ルイ >> 新連載は権利としてカラーページを与えられるわけですが、そこでヒロインの髪の色に「ずいぶんファンタジーレベル高いなあ」という印象を持たせてから本編の髪の毛ツッコミ→肯定につなげるのは上手かった。カラーありきの良ネームですね。
ルイ >> この作品のノリなら黒髪か、せめて金髪どまりだよね?ってちゃんと意識に止めてから読みだしたからなぁ。
ルイ >> 元々うえきも緑?髪でしたしそういう作家なのですけど、それを自ネタとして活かす姿勢に成長を観るでがす。
LD >> ここらへんファンタジー世界を構築する問題でもあるんですが、ハンターやあるいは念能力保持者が溢れかえっている世界にしていまうと、三次元世界との乖離が激しくなって、受け手に想定できない世界が生まれてしまうんですよね。そこらへんのバランスを考えて冨樫先生としてはこの人数なのでしょう。
LD >> >ダンスの練習 ああ……いや、違うっぽい?w
ルイ >> 【ガンコン】二話にして何か本当の姿設定に言い訳がましい何かがあああああああああああ。
kichi >> ふむ。なるほど……。>冨樫先生としてはこの人数
ルイ >> 巨神ほど愛する領域に突っ込んで欲しかった、ってまあ今回でそこは触れたという事かな。相変わらずギミックがサンデー的で面白い。ちょうど福地先生かえってきたけど、「うえき」の子供みたいな作品ですしね。
kichi >> ……やっぱよく見るとちと違いそうではありますね。う〜む?>ダンスの練習
ルイ >> 【ムシブギョー】は長い二週間(当初の復帰予定)だったなあ。まあ紹介からシフトまで、休載したなりの面白い展開になってますけど、これちゃんと単行本では新しい巻の1話目だったりしたら凄いけど。。。骨折は事故だしそんな事もないんだろうなあ。単行本で続けて読むとどう感じるかは試してみないとわからない。
カルマ >> 「願婚」え?何言ってるの?これは両性具有フラグでしょ?(真顔
LD >> #神のみぞ知るセカイ しかし、桂馬に大義があっても、これだけ女の子の心を弄ぶのは厳しくなってきたなあ………そこは折込済なのかな?
kichi >> 「ガンコン」本当の姿が別にあるのかぁ……。いやまぁ、そこはやっぱ曖昧に保留にしておいても良かったんじゃないかとは思うんですけどね。……とはいえ、実際それがどんな姿なのかもまだ分からんので、一応次回待ち。
ルイ >> 【ハヤテのごとく】マリアさんが10代なのにお母さんにされてしまったでござるの巻。畑先生はマリア好きに対してサドだなあ。
ルイ >> 実際はなんか美女神だと思うよ!
カルマ >> ミイラ化したババア希望。>願婚
ルイ >> いいねえ、巨神捨てたと思ったら更に萌えられない造形w最高ですねw>ミイラ
LD >> #銀の匙 うんうん、「美味しく育てよ」ってのも愛だよね。
ルイ >> 【マギ】はなんか一人デビルマン状態なシンドバッド国王がメタまで背負ってきてもう無敵厨二。
カルマ >> ほら、領地を広げると徐々に若返るんですよ。>ミイラ
ルイ >> それはなんかゴール目指す意味で美女神と変わらないじゃねーか!
GiGi >> ムシブギョーは不意の休載を逆手に取った見事な演出でしたね
カルマ >> それくらいのご褒美はいいじゃないか…
GiGi >> 神知るは不覚にも萌えた
ルイ >> 雑誌で読む分には。単行本で続いている場合はサンデー超か何かで閑話1つ描いてそれを挟めた方がクッションが効くかも>ムシブギョー
kichi >> 「銀の匙」、“美味しく育てよという愛”は納得でしたねぇw
GiGi >> え、何?神様の正体が名状しがたきものだって?
ルイ >> 沙耶の唄すなあ>名状しがたい
LD >> > ミイラ化したババア希望。 |なして!?ww とは言え、何らかの元の姿が必要なヒキですねえ……神木、神具、そこらあたりか?
LD >> 神木は『かんなぎ』がそうだったかな?
ルイ >> 【武勇伝】モカの相手まじ強者ですねえ。これはやられてしまってリベンジに燃える武という展開か。わかりやすくて宜しい。
ルイ >> 【BE BLUES】ツンデレ後輩登場。挫折からの奮起という点は龍と同じなのだけど、その内実はかなり違いますね。その篭った部分を問題として描くのか…もうどんどん龍の先を読みたいんだけどw
ルイ >> お、カルマさんのゲーム的なご褒美感と中和した回答が出た。彼女、神佑地が少ないからまだあれでも小さいんだ。力を取り戻すと巨大化しすぎて地球を破壊!これでどうだ!←どうだって?
LD >> #ムシブギョー は、まず連載再開めでたい。
カルマ >> まだ中学生編なんだぜw>ビーブルーズ
LD >> #BE_BLUES サッカー選手となる事と、学校教育は別物ってところがあって、龍ちゃんの温度差はとても納得がいくんだけど…どう着地つけるかな?
kichi >> ……う〜ん、やっぱ実際の正体がどうであれ、ハッキリさせてしまうのがあまりうまく無いように感じてはしまうなぁ……。やっぱ巨神が本体と思わせたまま連載を続けて、最終回で「は?巨神は威厳を出すため化けてただけで、こっちが本体だぞ」とか言って〆るのが良かった気がしてならない……(´・ω・`)
ルイ >> まあ、メジャーの後継を求められているわけで頼もしい速度感ですがw>BE BLUES
ルイ >> 冗談言ったけど、カルマさんの言った神佑地ご褒美理論はあると思います。でないと今のまま自衛してればいい事になるので。
LD >> #マギ シンドリアの国防システム凄すぎてわろたw レーダー&バリアーで、それもくぐってきた相手には、最強の駒を問答無用でぶつけるって事じゃないかw
カルマ >> まぁ、まだ2話ですからw>願婚
LD >> #マギ しかも、シンドバッド、ヘルアンドヘブンというか、白と黒の神砂嵐、わろたw
kichi >> 「武勇伝」はタイトル通りというか、武君が強過ぎる苦悩を抱える可能性も見えるような勝ちっぷりでしたね。……そしてモカちゃん戦がどうなるのかも楽しみ。基本的にはルイさんの言う通り負けそうな感じですが……。
kichi >> 「ムシブギョー」はサービス多めで仕切りなおしの説明回。この辺は流石の巧さですねぇw
LD >> #はじめてのあく これは普通に泣いちゃうと思う。ぽろりっって、モロぽろやん(`・ω・´)
カルマ >> 「ムシブギョー」は本当に上手いな…w
kichi >> 「BE BLUES」は、まぁ、サッカーを描く以上はある程度メンバーが揃わないとですからね……w
ルイ >> 武は一歩の学ですからねえ。
GiGi >> 華ッ柱はレオくんが子供扱いされたら凄い勢いで子供化していくのが面白いですね
LD >> #おすもじ の、この龍馬だの近藤勇だのが出てくるこの展開は一体なんなのだろう?
kichi >> 「マギ」はシンドバッド強過ぎワロタwとしか言いようがないですねぇw
LD >> >凄い勢いで子供化していく ああ、そういう言い方がいいのか。何か凄い勢いで反転していますよね。
GiGi >> BE BLUESは途中参加ゆえの龍ちゃんの部活サッカーへのズレが面白いですね。
GiGi >> 「おすもじ」が何かとてもツボにはまってしまった。今週の一番候補(ェ
カルマ >> 「マギ」シンドバッド「この世界の」とか言い始めて格ヤバイw
カルマ >> 「ビーブルーズ」やっぱり体育会系ノリは馴染めんわー。
GiGi >> 何かヒキでメイン2人が雁首揃えてあっけにとられている図が良いw>おすもじ
LD >> #最上の明医 は、何で裸体主義の話行くのかわからないwわろたw
GiGi >> これを言うのは何度目かしらんが「最上の明医」わけわからん\(^^)/
kichi >> 「はじあく」は、まぁ、ポロリってレベルじゃないですよねw ……それはそうと、ユキちゃんまじで緑谷君が好きなの自分だってカケラも気付いてない状態だったんですっけ?……なんか意外。
kichi >> 「最上の明医」はほんとイミフですねw ……まぁ、今週も全体的にエロ多めに感じましたから、そういう要請なのかもですが……w
LD >> ああ……。ねえ、分かってると「緑谷くんもてあそんでいました!」みたいな視点が入っちゃうからなんでしょうけど…ここらへんのこういうキャラのイノセンスはどうなのかな?って思う時はありますね。>ユキちゃん
kichi >> 「おもすじ」も謎な展開ですが……、まぁ、面白いっちゃ面白いw
LD >> そろそろマガジン行きましょうか。
ルイ >> 最上の明医はとりあえず広い視野を獲得している事はわかるのだけど、凄いなあw
LD >> #探偵犬シャードッグ 漫画は『妖怪のお医者さん』の人ですね。
kichi >> ……まぁ、それは確かにそうなんですよねぇ。……ん〜。>もてあそんでいました
ルイ >> シャードッグ、面白いですね。子役の次は動物が流行る。この周期は変わらない。
ルイ >> つまり実写ドラマも見据えた作品といえよう。
LD >> #探偵犬シャードッグ それはそれとして、これで女先生が犯人とかストレート過ぎるんだけど……証拠を隠そうとした人かなあ?でも、だとしたら“あの眼”は迫力ありすぎw
GiGi >> キバヤシさん働き過ぎw。まあブラマンはもう終わりそうですが。
カルマ >> 「シャードッグ」面白いですね。コロンボ型のサスペンスだとキバヤシさんが書いてたけど、そうなると犯人は先生じゃないのかな?
ルイ >> ミスタークリフハング、【ブラッディ・マンデイ】がさすがの展開ですね。響が撃った相手は血が出ているので八百長とは違うとは思うのだけど、構図を揃える事でこちらへの疑念を残す点も含めて本当に匠のクリフハンガー。
LD >> キバヤシさんは、基本、実写売りを考える人みたいですかたねえ。
GiGi >> シャードッグは絵が良いですね。子犬なのに妙に貫禄があるのはなかなか。
ルイ >> 先生は双子でFA>シャードッグ いやあ、38歳って凄いなあ。
kichi >> 「シャードッグ」なかなか良さそうですね。ホームズ本人にしてるのは結構冒険と思わなくもないですが、とりあえずミステリとしてもいい導入だったと思いますし、絵の怖さとか演出面でも良かったです。
ルイ >> チャンピオンの三十路スターズに殴りこみをかける38歳をここで消すのはもったいなさ過ぎてありえない。
GiGi >> 「ベビステ」エーちゃんは自分に厳しいというのが良いですね
カルマ >> ほんまや38や…w
LD >> キバヤシさんは、基本、実写売りを考える人みたいですかたねえ。
ルイ >> 【ベビステ】は凄く納得力高かったですねえ。何故何坊やだからこそここまで来れたのであって、イキナリこの境地は難しいですね。まあ、勝負という1つの道があってこそ他を考えなくなる事もあるのであって、要は今回の「カウント」が「勝利」になれば、なるほどゾーンは見えるなと。そういう意味でさすがのロジカルさ。
GiGi >> 4誌の犬漫画を比較してみるとか思ったけどチャンピオンの犬漫画終わってた
LD >> #GE まあ、とりあえず一言。着付け解き過ぎだ!(`・ω・´)
カルマ >> 「フェアリーテイル」しれっとジジイ生きてるしwwwww
GiGi >> GEは良い外堀の埋め具合
ルイ >> チャンピオンの犬漫画は今週終わったのだ…orz
kichi >> パイプを吹かしてる絵の貫禄は素晴らしかったですねw>シャードックは絵が良い
GiGi >> フェアリーテイル、まあこれは正解かなw。変に引かなくて良かった。
ルイ >> 【フェアリーテイル】ただの若いまま次世代登場させるギミックかよ!w
カルマ >> シャードックの絵の良さはやっぱり妖怪のお医者さんの人やなぁと。
LD >> あとまあ、やっぱ着付け戻すのは難しいのかあ…そうかあ……なんか新鮮でした。
GiGi >> せっちゃんのケツがエロかった
ルイ >> 【ネギま】くーふぇの夢永遠に叶わないやん…まあ、クンフーは目指す過程がそのもの夢ってことかな。
kichi >> 「ベビステ」は納得でしたね。ほんと、ゾーンもここまでロジカルに扱えてしまうのには流石と言う他!
カルマ >> 「フェアリーテイル」いやぁ…なんか、やりたいことがわかんなくなってしまった…
ルイ >> 妖怪のお医者さんより良くなってましたね。というか移籍してからちゃんと追ってないので、そこで修行積んだという事か。
カルマ >> 「ベビステ」は良かったですねぇ。ふつう人は自分に甘くなっちゃうわけで…
ルイ >> いや、だから、継承や世代は描きたいのだけど、愛着もしがらみもあって捨てられないw>フェアリーテイルのやりたいこと
カルマ >> 「ネギま!」アスナの「涙もちょっと本気でした」がちょう可愛い。
カルマ >> 「アゲイン」今村は応援団を変える気満々なのに、応援団は今村を変える気なのが面白いですね
ルイ >> 捨てられないなら遡ればいい、というのは納得の話>初代マスター
LD >> #賭博覇王伝零 う〜ん、やつぱり、100枚ポーカーは、Rストレートフラッシュ4組、ストレートフラッシュ4組、4と3の4カード2組がよさそうだなあ。ただ、基本、必敗の4カードの部分を勝つ可能性のあるものに変えられるなら…?
ルイ >> 【アゲイン】これは合宿で団長にときめいちゃわないと話の収拾がつかなくなる気がが。
kichi >> 「フェアリーテイル」は、とてつもなくあっさり、しかも思った以上に単純な答えでしたなぁ……w いやまぁいいですけど……。
LD >> あと、ゼンバおばちゃんの理屈が狂人なりに通っていそうに思えてしまう所がよかったw
カルマ >> 次世代が立ってないもんで困りますねw>フェアリーテイル リボーンの10年後編をすっごく下手にしたような印象。
kichi >> あとやっぱ爺も普通に生きてたな……。>フェアリーテイル
ルイ >> 確かに次世代はどうにも立ってないですね。名前言われても感慨ないもんなw
LD >> #君のいる町 いや、もう…いいからやれ!そして産め!(`・ω・´)
kichi >> 「零」は、なかなか楽しい狂いっぷりではありましたw
カルマ >> せめてジジイが死んでくれてたら「次世代のマスターをどうするか」バナシにもなったのににゃー…
カルマ >> 「零」言葉を差し挟めない狂い方がたまらないですねw
ハラルヤ >> 僕も100枚ポーカーはLDと同意見です。できるかぎり全役を最強に近づけるのが最善かと。
ルイ >> 【君のいる町】瀬尾漫画なのにページめくり直して妹が出た瞬間の痕跡を探してしまった自分が悔しい…ビクンビクン
GiGi >> ホラー映画ってこの状況のほうがホラーだよ!
ルイ >> 据え膳度が高すぎて約束されたコントみたいでしたね。
LD >> #フェアリーテイル あ、当たり前のようにじじぃ生きてるよ!?(`・ω・´;)
GiGi >> カードが自前で用意したものなのですり替えが可能に思えますね。そのあたりの対処、確認をどうするか>零
ルイ >> まあ前回確認の不徹底を詰って勝ったからねえ、零。
ルイ >> そんなこんなですか。
カルマ >> 「だぶるじぇい」がアニメ終わった瞬間最終回とか潔いなっておもいました。
ルイ >> アニメ化ってオワコン扱いされかねないから諸刃の剣だよねえ。
LD >> #ばくだん もう一人のタイプトリッパーは、単純に考えたら坂本龍馬やってそうだな?
GiGi >> その点アニメが始まった瞬間に最終回になったファイブレインに隙はなかった
GiGi >> 以蔵が出てきましたねえ。以蔵が誰かを殺して、殺された人間に現代人が成り代わってるという線もあり?
kichi >> 「ネギま」セッちゃん回はほとんど無条件ってレベルで楽しめてしまうなw
LD >> #ネギま! 正直、刹那のキャラはCVの小林さんに、逆に引っ張られていると思うんだ…(´・ω・`)
LD >> #アゲイン 今村のショック具合は、まあ、なんか分かる。
ルイ >> ぼくせっちゃん好きじゃないのでkichiさんと足して2で割ると良い感じかなw
kichi >> ……そうなんですか?……まぁ、多少妄想内容には行き過ぎを感じないでもなかったですけど、個人的にはそんなに違和感はなかったなぁ……(ちなみにアニメは一話も見たことないです。あ、ODAの最初のだけ見たか)>キャラ引っ張られ
カルマ >> 「ネギま!」それは大いにあると思いますよ>中の人に引っ張られる
GiGi >> せっちゃん回が面白いかどうかは別にして裸土下座はえろい
ルイ >> そ、それは人斬り以蔵の刀こそが最大のファンタジー!?それはそれで面白そうだなw
GiGi >> せっちゃん回が面白いかどうかは別にして裸土下座はえろい
カルマ >> というか、髪を下ろした姿は小林ゆうさんを参考に描いたそうですし>刹那
ルイ >> 大事な事なんだなあ。
GiGi >> 大事なことなので2回
カルマ >> 龍宮の信念は、場合によってはネギくんと敵対しうるんだなぁ…超に味方したわけで
kichi >> 「アゲイン」なかなか納得力高く面白い展開ですねw
LD >> いや、セッちゃん回が楽しめないって言っているわけではないよw でも、さあ、裸土下座しそうな所とかさあ〜(´・ω・`)(←こいつの小林ゆうイメージも大概である)
ルイ >> 僕は際というかヒダを好む人間なのだなとつくづく気付かされる。
GiGi >> さてそろ一番
LD >> 『かんなぎ』事件じゃないけど、この団長の惚れたはれた話は、いいオチつけないと読者のモチベーションが下がると思うんだ…。
GiGi >> ジャンプは…ジャンプは「いぬまるだし」かな。
ルイ >> エデンの檻「何か見落としたような…」←これゲームのバッドエンドフラグ確定した時のセリフな
GiGi >> サンデーは「おすもじ」
GiGi >> マガジンは「シャードック」
ルイ >> 別に眉毛団長に読者は幻想見てないんじゃないかなwまあ、所詮「抱いてやる」ったって倒れそうな時支えたとかでしょうし、心配はしてないけど、どう転んでもw
GiGi >> 犬漫画で揃えようとおもったけどサンデーの犬漫画はお休み中だった
カルマ >> いぬまるの先生はメガネ巨乳かわいかった。
ルイ >> 【いぬまるだし】はいつだって面白いので、なんかこう上手い候補が思いつかなかった時のお助けマンみたいなw
LD >> 場合によっては敵対し得るとは思いますが、今のネギくんの計画と、超の選択に背反はないと思いますよ。…というか、こうなってしまうと超の方がちょっと強引で独善的だった。ちょっとの差ですが。
LD >> ああ…シャードッグ じゃなくってシャードックか……。
ルイ >> 【スケットダンス】なんかも程良くくさくて良かったですけどね。「安形」だから「足形」なんでそ?らしいらしい。
LD >> さて、一番。
ルイ >> サンデーは【ガンコン】でもいいかなぁ。
GiGi >> まあ今週は「ケルベロス」か「弱虫ペダル」だとは思うのですよ。
GiGi >> ここでルイさんのチャンピオン語り
カルマ >> チャンピオンは「ペダル」「バチバチ」
LD >> チャンピオンはいいもんばっかだったなあ…『囚人リク』か『ハンザスカイ』行くかなあ…。
ルイ >> 【マギ】も良かった。というか超個人特化防衛迎撃システムにわろた、というより慄いた。前から色恋とか慮外だなーと思ってたんですけど、完全にシンドバッド一代に特化したシステムですからね。
kichi >> まぁ、私は卑屈さと葛藤するようなキャラや話は基本的に好きですので、せっちゃんの描写はちと極端でコミカル過ぎるとこはあるかもですが、やっぱ好きですね。
ルイ >> チャンピオン語りはキリがないw
LD >> ジャンプは…まあ、なんか、無し?
カルマ >> ジャンプは…そういえば「NARUTO」が珍しく謎らしい謎を置いてきたのかな
kichi >> 「AKB49」はオチまでは良かったと思うんだけど、このオチはさすがに度を越えて酷なんじゃなかろうか……(´・ω・`)
LD >> サンデーは『おすもじ』かもしれんのう。
ルイ >> 【ペダル】は坂道が知ったコミット感がこの勝負の世界だからこその、言われて納得な自然な切り替えにあっと唸らされましたね。そして、金城先輩の傷がある以上確実にここは「ひっくり返る」。総北は1年アシスト2年エースという構図がはっきりしすぎているから、なおのこと。
kichi >> チャンピオンは……まぁ、「ケルベロス」かな?「弱虫ペダル」や「バチバチ」も捨て難いですが、まぁ……(´・ω・`)
ルイ >> 一コマ目の田所先輩に目が描かれてない所とかゾクゾクきますね。次に落ちる予感の上で言っているのか田所先輩〜。
kichi >> ジャンプは「バクマン」かな。
カルマ >> サンデーは「鋼鉄の華っ柱」が好き。
ルイ >> 【ケルベロス】は、反逆の形として美しかったと思います。漫画雑誌の都合に作品の命まで奪われてなるか的な。
GiGi >> 田所先輩はもう既に「どこで自分を使うのか」を窺ってる段階でしょうね。
カルマ >> マガジン「シャードック」かな。
kichi >> 「サンデー」は……「マギ」かなぁ。「アナグルモール」も良かったですけど。
ルイ >> 坂道に同調して1年が捨て駒を宣言すればするほど、先が淀むんですよね…ちょっと渡辺先生は凄すぎて手がつけらんない。
GiGi >> 誰がなんと言おうが作品として全うしたと思います。この最終回をもって打ち切りなどと言わせてなるものか。
LD >> マガジンは『シャードック』かな。
ルイ >> マガジンはシャードッグですねえ。というか他に候補がブラマンくらいしかない。
ルイ >> シャードックだったか…←
GiGi >> ゴールまで運ぶのは「チームの中のひとり」であって金城先輩である必要はないんですよね。
LD >> ああ、サンデー『マギ』よかったですね。
kichi >> マガジンは「シャードック」で。
ルイ >> まあ、打ち切りなんだけどw←それは週刊少年チャンピオン判定であって、作品は終わり、或いは別の生命を主張したと思います。
LD >> 『ケルベロス』か、『マギ』か、『シャードック』かな?
ルイ >> 金城先輩と田所先輩と比して、ショ先輩にはそれらしい傷が見えていないのでそこは気になってますね。東堂とデートしすぎて潰し合ってた?w
GiGi >> 続きを読みたいとは思わない。ケルベロスという物語はここでちゃんと幕を引いた。10年後の景と雪房みたいな読切りなら読みたいw
カルマ >> 僕は「ペダル」ですね
ルイ >> ギギさんと同じなのか違う反応なのか難しい所ですけど、この先のケルベロスは、僕等の知る手段がないだけで普通にあるのでしょう。それはこの雑誌には乗せる権利がないし、そうなった以上媒体を変えるのも興が冷めますね。
LD >> >続きを読みたいとは思わない。 う〜んwそこまでw……いや、僕はそこまでは思わないけど良い形の最終回だったとは思います。
ルイ >> まあペダルは斤量ガッツンガッツンすぎて何にも言えないけど、凄い漫画である事は疑いがないw
kichi >> ……う〜ん、私は普通に続き読みたいですねw さっきも書いた通りですが、ここで終わらなければならないという状況での終わり方としては最高のものだったとは思いますけど、ケルベロスという物語を全うできたとは思ってないです……(´・ω・`)
ルイ >> 続きは良いよ。次に行くがいいさ。そして次の漫画のゲストヒーローとして景を描けばいいさ。
ルイ >> 【ケルベロス】ではっきりしているのは「巻き」を拒否したという事ですからね。それは作品を何者からの拘束から解き放つ主張ではあったと思います。続きの構想は色々あったと思うけどねー。この形にした以上は望んでも仕方がない。
LD >> 「次に行けばいいよ」は同意。ダーツだろうが何だろうが、ここで終わりならそこはそれ。次に行けばいい。
GiGi >> これを描いた後で続きを描くとしたらそれは「景と雪房が別れに向かう物語」にしかならんですからね。終わらない物語であるなら、これは終わらない物語であるという宣言だけで満足しますね。夏休みスペシャルみたいな読切りで(ry
ルイ >> 作品の手足を縮こまらせなかっただけでも素晴らしかったじゃあないか。
LD >> そんなワケで『ケルベロス』にします。
ルイ >> ケルベロスの最終回ってのめり込み具合で温度変わりそうだと思いましたけど、このチャットがいいテストケースになってるな。
ルイ >> なんかねえ、雪房の言ってる事って人間の「今(命)」みたいなんだよねえ。
GiGi >> 雪房が金屋さんに抱かれて、その金屋さんを友恵が抱いて、景が微笑ましく見ている絵が美しすぎですね。
kichi >> ……いやまぁ、実際終わったわけなんで、そこはもう諦めてますが、満足はしてないという意味ですね。次に行った方がいいのだろうことには同意します。……もっとも、「巻き」を拒否したのだから、続きを描く余地も残っているとは思うんですけどね。巻いてラストまでチラリとでも見せちゃったらもう完全に続きを描く目は無かったでしょうけど。
ルイ >> 確かキャッチコピーが人と妖のバトルファンタジー!だかで「人と妖」だったはずなので、これで良いや。だからラス前までに「人と人」を処理したんですね、という話。その意味でもうしとらでしたね。いや別に侮蔑する意味ではなく。
GiGi >> そりゃあもうたまゆらもゆらゆら揺れるという
ルイ >> 物語は埋蔵してあるでしょうね。あるならば掘り返したくなるのも道理。でも、都合にあわせて発掘させません、と宣言したのだからもう商業誌は超えちゃったよw同人誌でどーだいw
LD >> いや、もう一人のクガイのおっさんとか、お母さんとか、残っている話はあると思うけどw
GiGi >> 「ただの犬に戻りたい」「その愚かな夢は消え失せたのだ」本当になんも言うことないわ。
ルイ >> それはナデシコでいう謎の石版みたいなー。>残っている話
GiGi >> 次の連載のゲストキャラとして出ると言うのはひとつのありうる形ではありますね
LD >> それを圧して「そんな続きはいらいない!」と言うならそれでいいんじゃないでしょうか。「そこは読みたかった」という人もいるでしょうけどね。その上で、今、ここで終わるなら、終りでさらに拡がりを見せる最終回だったというのが僕の感想w
ルイ >> そら大体の人はもっと生きたいですよという話。
GiGi >> うん、別に「さようならドラえもん」のあとでドラえもんが続いても問題がないというレベルで続いてもいい。けど最終回としてこれ以上の結論はないなと。
LD >> 謎の石版とか、『バイファム』の石版とかね、モノリスは放置される運命があったりもするけど、クガイのおっさんは対決姿勢を見せていて、そこは位置が違うとは思う。
kichi >> ……個人的に、景が常世と関わることで、組織への影響力を持つのかどうかっていうとこに興味があったのですよね。まぁ、そんな話にはならなかった可能性も高いですし、結局はどうしようもないんで言ってもしょうがないんですけど、ここからもう一段飛躍できる可能性を感じてただけに、無念なんですが……。
ルイ >> 1話の契約は景が雪房の力を求めた形だから、最後は「相互契約」として雪房が景色を望むこの形こそ美しいですね。これはもう物語の完了と揃えるなら「ハラァいっぱいだ」しかやりようはないと思うし、それを打ち切りの形で載せると逆にこういう美しさが出るんだなあと。ちゃんと終わる漫画には出せない生命賛歌感よ、これ。
ルイ >> 全然関係がないと思うw>モノリスとおっさんの違い
ルイ >> 逆に言うなら、ちゃんとやりきったら只のうしとらになっちゃったかもしれない。この明日をもしれぬ命(残る物語)を前に真っ当する命に美しさがあるからクラブサンデーはやめてえええええええ!←そこか
LD >> う〜ん、そこはやっぱり温度差があるなあ。僕は「さようならドラえもん」は全て概ね片付いていると思う。『ケルベロス』は残してしまったものはあったと思う。その上での良い最終回。…しかし、まあ、この差を無理に詰めても詮無いですから。この辺で、ですね。
ルイ >> さようならドラえもんはこんな反論を用意してしまった点で筋が悪いなw
GiGi >> ケルベロスの終わり方にただ残念だとしか言えないのだったらエンジェルボイスの麻衣ちゃんにかける言葉がない
ルイ >> その言い方だけで大体同じものを観ているのはわかるなw
LD >> いや、謎の石版は、ストーリーを支えるものではあったけどそれ以上ではなかった。おっさんは、ストーリーのレール上にハッキリ倒すべき敵として置かれていた者だという事だよ。仮に只のうしとらになったとしてもですね。
ルイ >> まあギギさんほど仮想敵化する気もないんですがwとにかく先に物語が余っているからこその、こうでしか観られない美だとは思いますた。だから、次は切り離していった方が良いと思いますわ。
ルイ >> それはストーリーの中の重要度の違いでしかなくて、これ以上大事なら残してもいい/駄目とかの話じゃないのでなんとも。
ルイ >> あ、おっさんはそのうち倒すんじゃないかしらw
ルイ >> でも、少年漫画の枷から解き放たれたからこそ、おっさんに負ける未来も許されたと見た方が綺麗かもしれない。
LD >> エンジェルボイスの麻衣は…まあ、いいですw 僕は「今はこれまで」の終りとしたら良い終り方をしたと思います。ただ、残ってるものがあるよねと、その残っているものの軽重に差があるという事なんでしょうね。
ルイ >> 我ながら良い事言ったかもしれないw>おっさんに負ける未来も許された これが打ち切り美の特権かー。
GiGi >> 10巻をかけて、ちゃんとこの結論に至れるまでのものを詰んでいたんだなあと。それだけですね。
LD >> とにかく先に物語が余っているからこその、こうでしか観られない美だとは思いますた。> これは、分かりますし、そういう話だと思います。
ルイ >> そんなこんなで、サンデーが面白くなってきた…というかサンデーらしい体力ついてきましたよ!と纏めてひとつ。
LD >> >ただ残念だとしか言えない |ちなみに、ただ残念としか言ってない人はこの場にはいないと思うよ。
ルイ >> その辺はギギさんの仮想敵論が持つ側面ですよねえw>この場にはいない
ルイ >> LDさんのイメージに合わせるなら採用している満足と残念の2ゲージは皆共通で、後はつまみの位置が違うんだよって話ですね。まあ僕やギギさんに残念側がほぼ0だからわかりにくいだけでw
kichi >> ……ま、いいですw 何を見てGiGiさんやルイさんが話しをしてるのかはたぶん理解してると思いますし、それに納得しないわけでもないんですが、個人的に結構具体的にこの先の物語で見たい場面を想像していて、少なくとも作者は続きを描く意思があったのに、こうして打ち切られてしまった残念な気持ちが消えるなんていうことはないっていうだけのことなんで……。
ルイ >> キチさんを先取りしちゃったかもしれない。けどね、「残念に負けなかった」のがこの最終回だとは思うので、つまみの位置は個人差あれど「満足」の方を強く見てあげて欲しいな、とは思います。これ断末魔なw
ルイ >> 一番残念なのはフクイ先生に決まってるじゃないかー。でも残念を越えましたね。だから雑誌に負けなかったという事。めでたしめでたしですね。
GiGi >> 途上で終わった物語にこういう美しい結びが出来るんだなという気付きをもらったというだけでもやはり素晴らしい素晴らしい最終回だったなあと。
ハラルヤ >> 盛大に水を差しますけどが、そもそも『ケルベロス』はあのまま続けても流行りそうにないし、別に切られたことに不思議はないと思いますけど。
ルイ >> そのギギさんの纏めには全く同意。
ルイ >> 水を差すというかチャンピオン編集部視点という話ですね。作品論にとってはそれはもう自然現象みたいなものでw
ルイ >> ま、チャンピオンの傑作は10巻くらいが多いんですよ←超印象論
LD >> >途上で終わった物語にこういう美しい結びが出来るんだ|同意です。多少、温度差があるかもしれないけどw それを「ケルベロスという物語はここでちゃんと幕を引いた」と言い切るのがGiGiさんの癖なら、「いや、残したものはあるでしょう?」と言ってしまうのも僕の癖って事だね。

MANKEN CHAT(1.1)