漫研チャット
名前:
発言:
[正面] [取扱] [過去ログ]


■■■■2012年05月13日■■■■
kichi >>     こんばわー(´・ω|今週もサンデーが間に合わなかったー
GiGi >> 京急沿いですね
紙魚 >> 実は今週サンデーがどこにも売ってなかった
LD >> 僕は、富士鷹先生は、キャラを立て過ぎる…みたいな事を考えたりしていましたけどね。『からくりサーカス』は、はじまったあたりはあまり好きではなく、最後の方になる程、好きでした。
紙魚 >> 全てのキャラに見せ場を作ろうとして”格の序列”が無くなっちゃったってのは感じましたかね
LD >> 京急線…。まあ、落ち着いたら連絡下さい。どこかで会いましょう。
LD >> 多分、優先順位はあると思うんですけどね……モブでいい人にも、思わずキャラを与えちゃうような…そんな感じでしょうか。>富士鷹先生
GiGi >> 今週は何からですっけ
LD >> kichiさん、こんばんは。今、サンデー調子いいと思うんですよ?(´・ω・`)
LD >> では、そそくさとはじめ。そそくさと終りましょう。チャンピオンからです。
kichi >> ……むぅ。実は3週分積んでしまっててなかなか……orz>サンデー
紙魚 >> 刃牙はリアルタイムでの連載の長さで「最終決戦の重要度」を描くしか手が無くなっちゃったんだろうか
LD >> 『弱虫ペダル』、小野田くん追いつくなあw 先程、紙魚さんが出した『オバドラ』の主人公にやって欲しかった事をやっている感じです。
GiGi >> ここまで来ると小野田くんもう「モノが違う」感ですね。戦うことを覚えたら敵が居ないレベル
LD >> それから、今泉くんが、小野田くんも来ている事を“察知”しているのが、格高くていいですね。
紙魚 >> モーニングのバガボンドもこんな感じに”実際長い”っていう最終戦になりそうな気がしてる>バキ
GiGi >> イカちゃん虫歯になるのか…と素直に驚き
カルマ >> 「ペダル」小野田くんはなんというか、この時点でここまで来るの、という底のしれなさが。
LD >> 小野田くん、逆にテクニックを覚えたらダメっていうか……まあ、この何にもないままで行くんでしょうね。
kichi >> 「弱虫ペダル」はいい具合に混戦になってきてて良いですね。多少無茶さを感じつつも、5人とも格を落とさずに来てる感じが、どうなるのか全然予想がつかなくて面白いです。
GiGi >> リクは今週も素晴らしい
LD >> 『エンジェルボイス』は、まあ、熱いですねえ。
LD >> 『てんむす』は、無いと思った練り物が親子丼の中に入っている…みたいな展開になるかと思ったけど、既に一杯以上食しているので、それはなくなったか?
GiGi >> ましのののこのアホさかげんがいいw
kichi >> 「エンジェルボイス」熱いですねぇ!
LD >> この鳴門ちゃんの、負けのドラマもいい感じですし……いい感じですねえ。
カルマ >> 「囚人リク」はほんといいですねぇ…
LD >> というか、この回は、赤西部長の表情が一つ一ついい。鳴門の子の落差の対になっている。
紙魚 >> リクはもう警察の体制を打倒するところまで描かなきゃ収拾がつかんぐらい警察悪者になってますねぇ
kichi >> 「てんむす」はほんっと相手校選手のドラマを作り込み過ぎってくらいに描きますねぇw どっちかというと二子ちゃんの見せ場になる試合なんじゃ?っては思ってるんですが……。ってか顔怖w
GiGi >> リクは背後の大きい物語が動き出した感がありますねえ
LD >> 『範馬刃牙』は、置いておいてと…。
kichi >> ……じゃあ私も……(=゚ω゚=;)>置いておいて
紙魚 >> 空灰はここまで自分のモヤモヤを言語化出来る子がここまでストレスを溜めるだろうかって気もしましたがわかりやすかったです
LD >> 『囚人リク』は、警察が悪すぎる…(汗)
LD >> 『ましのの』は、ガチャカプセルは、もっと転がると思った。
LD >> マンガだから文字に起こされているだけで、そんなに言語化していないのかもしれませんね。>『空灰』
kichi >> ああ、それかー!(=゚ω゚=;)素晴らしいと思いつつもなんとなくモヤモヤしたものも感じてたのですが……>警察が悪すぎる
GiGi >> ガキ教室は中学生が本当にガキっぽいのがよいなーとか
GiGi >> たけしたけんじろー先生はやっぱりこう組立が上手くないなーと改めてw
kichi >> 「ましのの」、「危機感がそうでもない割にいざ寝たときのヤバさはでかい」っていうのは的確な判断だなと思ったりw もっと転がるは私も思いましたねw
LD >> 『スポちゃん』…ん〜なんだろうなあ…キャラ立ちが悪いのかなあ?
GiGi >> キャラが動き出す前に新キャラ投入しちゃうのが良くないですね
カルマ >> 「囚人リク」はスラム周りの警察のみが腐ってるのか、囚人視点しかないのでわからないですね
GiGi >> 警察サイドに反鬼道院勢力があるかどうかですね。脱獄の過程でその構造が見えたりすると面白いかも。
LD >> 『ましのの』、確かに、眠い時、痛みって対して意味ないんだよなあ、もっと危機感を持つものがいいのはそうだけど、ハイリスクだよなあ…(汗)
紙魚 >> ちぐはぐは短期集中連載ですんでもうそろそろシメの段階なんでしょうが、、、メガネ兄やん強かったんだな
GiGi >> りびんぐでっどは手つなぎシーンで期待通りの展開が見事だったw
LD >> そうだし、主要キャラは、登場回で大体動いてなきゃウソでしょう。なんか、こう…つっかえるものが…。>キャラが動き出す前に新キャラ投入しちゃうのが良くないですね
紙魚 >> 脱獄直後や脱獄自体に政治的な力が働くと脱獄そのものが矮小化しそうなんで難しそうなとこですが
LD >> 『ちぐはぐラバーズ』短期集中くさいですねえ…。単行本分は出して、次はマガジンで…という感じなのでしょうか。
GiGi >> 読切「川井とはじめてのともだち」面白かった。この年でこれだけ二転三転する展開が描けるのは今後に期待が持てる
GiGi >> 今回に限って言えば、新キャラだけの話になっちゃって既存キャラの積み上げがまったくないのがスカスカな印象になりますね>すぽちゃん
紙魚 >> なんかべつに”ちぐはぐ”でも無ければ”ラバーズ”でも無いなぁ
LD >> 『ハンザスカイ』は、佐倉ちゃんはどのくらい頑張れるのでしょうか?
カルマ >> 「ちぐはぐラバーズ」は姉好きでもそこまで楽しめない程度には…うーんw
kichi >> 「空灰」はまたいろいろ巧いなーと。黒大垣戸さんのイメージの異常性に目がいって、結構“普通”の在り方を揺らされたとこ、最後スッとあるべきとこに落としてくれるのが気持ちいいといいますか。
LD >> 『りびんぐでっど』は、大雑把なストーリーが良かった。
GiGi >> ハンザ良かったですね。これはぐっと来る。
カルマ >> いや、いい警察も悪い警察も脱獄自体は否定してくると思うんですよね。>リク
紙魚 >> ハンザスカイは部活モノっぽさがでてますねぇ、いやもちろん今までも出てたけどそれは”登場人物が全員すげぇ善人”っていう爽やかさに裏打ちされた青春っぽさだったんで
カルマ >> 「空灰」は自分の居心地のいい普通に結局収束していく様がいいですね
LD >> ジャンプいきましょうか。
LD >> 新連載の『恋染紅葉』は……いいんですが、ラブコメ激戦区になってますねえ。他のジャンプがスポイルされるかな?
kichi >> 「ハンザスカイ」良かったですね。ここで藤木ちゃんと対決というヒキも良いです。
GiGi >> 恋染紅葉は長野山中から鎌倉に舞台を変えてきましたな
GiGi >> やはり水着は必要という判断か…
紙魚 >> ワンピースの中ボス格のシルエットが出ただけでなんかもうガックリきた、スモーカーがいてロウがいてもう十分出そろってる感があるのにその上敵組織に横のつながり持たせるんですか?って感じで
GiGi >> んー確かにここで中ボス戦はピンと来ないですね
kichi >> 私もそれが気になりましたねw>ラブコメ激戦区  少し前は一つも無いことを
GiGi >> トリコが素晴らしいなあ。うっとりしてしまう。
kichi >> 心配してた気がしたんですが……、慌てて補充し過ぎたかな……(´・ω・`)
GiGi >> ラブコメ3本はちょっとヘビーですね。わりとこう構造も似ているというか。
紙魚 >> 恋愛紅葉はまぁとりあえずヒロイン可愛い!をやる以外にやることないでしょうからね1話は、友達含めて男女3:3ですがちゃんと絡めてくんでしょうかね
GiGi >> コンペ状態になってどれかは脱落するんでしょうけど、そうすると若干ニセコイが厳しい気がしてきた
カルマ >> 「恋染紅葉」は…うーん読切の人気が凄かったんでしょうが、連載にしてきたのはどうかしら。
GiGi >> マジコ扉絵の鳥山リスペクト感
LD >> 『銀魂』は、終章くるんでしょうかねえ…。
紙魚 >> コメディ要素があるのはニセコイだけで他はまぁ恋愛モノってだけでしょうけどなんというかどれも長続きさせにくい設定かなと
kichi >> でまぁ「恋染紅葉」は、まわりの友達のキャラ立ちが割りと良さそうな辺りが期待かなぁ? いやもちろんヒロインの可愛さとかも充分譜代点だと思いますが。
LD >> 『黒子のバスケ』、火神くんのゾーンは、悪くないはずなんだけど、どうしてもインパクトが足らない気がしてしまう。
紙魚 >> 銀魂って一つのエピソード片づけると2つぐらい伏線増やしちゃって進んでる感があんま無いんですよね、それこそ最終戦でやるべきことがパンクしちゃってからくりサーカス状態になっちゃうんではと思ってるんですが
kichi >> 「ワンピ」は前エピに続きテーマ的に尾田先生のガチっぷりが見えて軽く戦慄というか。いやもう、覚醒剤って単語のセレクトがガチですよね(=゚ω゚=;)
kichi >> 「トリコ」も修行佳境に入りつつ次の大きな展開を期待させる見せ方が巧いですなぁ。
LD >> 『ニセコイ』は、よいですねえ。ただ、12を引き当てた時の一条くんの顔が崩れすぎかも?
LD >> GiGiさんが、「若干『ニセコイ』が厳しい気が」という感覚もわかるんですが、一番瑞々しいとも思うんですよね。擦れてない。
紙魚 >> トリコよかったですねここまで十分に燃費の悪さを描いてきた方から皆まで言わずとも今週のヒキだけで修行の意図がわかる
カルマ >> 「銀魂」昔の銀さんの打倒すべき敵は見えた感じですが、今の銀さんがそれに固執するかというと
kichi >> 「黒子」……悪くも無いんですが、やっぱ確かにもうちょいインパクトは欲しい感じですかねぇ。目の電気はゾーン状態の表現としては悪かないと思ってるんですが、入った際の見せ場はもっと派手にしてほしい感じ。
紙魚 >> 今週のスケットはツッコミどころがすさまじすぎてまっすぐ読めなかった
カルマ >> 「ニセコイ」はエロとかのフックは皆無なんですが、やっぱり分かりやすさと清廉さで人気が出ていそうな気も
GiGi >> ニセコイ良いんですが、厳しそうというのはここから物語を動かそうと思うとなんというか強引なすれ違いを作るか君町なみの泥沼展開しか思いつかなくてw
カルマ >> 「黒子」はこれで盛り上がりどころなのか…と苦笑してしまいましたねぇw
GiGi >> スッと問題が解消して爽やかに幕を引いたほうがこの作品の格にあってる気がするんですよね>ニセコイ
GiGi >> くろがねも良かったですね。スッと「日本一」が出てくる素直さがいいです。
LD >> ああ、『君町』みたいな展開になる事は心配してないですね。古味先生は、ラブコメの幻想が直感的に分かっているというか、幻想度が下がると『君町』みたいになっちゃうんですよ(汗)
LD >> 『ハイキュー』は、よいのですが、キャラの形がもう少し増えるとよいかな?
紙魚 >> 今週のヒキだと小野寺さんは今回も前振りにしかみえないがw序列1位ヒロイン権限の強固なラブコメだぜ>ニセコイ
kichi >> 「ハイキュー」良いんですけどねぇ……。う〜む。妙にエロいマネジさんとかももうちょい前に出しても……って根本的解決にはならなそうだしなぁ。う〜む。
GiGi >> ラブコメやるにはニセコイの主人公は誠実すぎるんだよなーという感がw
紙魚 >> パッキーオワルとはおもってませんでした、いぬまるもなんか加速してるしギャグ整理しちゃうのかな
LD >> 『クロガネ』も、やばそうなんだけど…うん
LD >> 『クロガネ』も、やばそうなんだけど…うん、でもいいよね『クロガネ』。
kichi >> 「いちご」の例があるジャンプなのだから、人気次第では小野寺ちゃんにもワンチャン…………無さそうかなぁ?w むしろ無いことで愛されるキャラみたいなとこあるしなぁw
GiGi >> 犬まるどうなるんでしょうね。流れ的には完全に巻きに入ってますが、ギャグの玉が足りなすぎる
LD >> ストーリー的に、必ず一度、千棘ちゃんに行かないと意味がないんですよね。…そこから、再度、小野寺さんに戻れるのか?というのはかなりアクロバティックだとは思うます。
カルマ >> 「いぬまるだし」はギャグで処理しましたけどしっかり時間経過させましたねぇ…
紙魚 >> パジャマにも触れようかと思ったけどまだなんもかんもストーリー的には判断しかねる
LD >> さて、『ニセコイ』の方が瑞々しいなどと言いました、対比先の『パジャマな彼女』ですが、こっちも良いです。こちらはインパクトですね。ヒロイン、レイポされそうになったり、片や死にかけていたり、かなり緊張感あって、楽しいです。
GiGi >> パジャマな彼女のほうが物理的に影が薄くなって幽霊の参謀が付くとかまったく先が読めなくて楽しいですw
紙魚 >> ラブコメある程度連載固めて打ち出すのはわからんでもないんすよね、何がウケるかわからんし
kichi >> 「マジコ」もいい感じ。いやまぁ、焦らずバリエーション豊かな儀式を描いていってほしかった気持ちはあるんですが、やぱジャンプではバトル多めに振らなきゃ厳しいって判断をしたのであろうところ、大きな展開も絡めて行く辺りは頼もしいというか……。しかし、アニス……(´・ω・`)どうなるんだろ……
LD >> 『ブリーチ』、今にも負けそうな人の本気がキター!
紙魚 >> やっぱマジコの作者さん女性なんですかね冒頭のシオンのツンデレは男性作家なら描かないツンデレだろと思ったんですが
GiGi >> ぶりーちは様式美ですねえ
カルマ >> 「ブリーチ」は本当に弱そうでw
紙魚 >> 「本気出した」としか言えない内容量だったんですが、石田強化伏線を張っただけチャドの扱いよりはマシになりそうです
kichi >> 「いぬまる」ほんとどうなるんでしょうね……。相変わらずテクニカルなオチで面白かったですが、素直にギャグとだけ取っていいのかどうかわからん雰囲気出てるからなぁ……(´・ω・`;)
LD >> 『めだかボックス』は、愚行権の行く末が気になっています。…ただ、キャラ全員破天荒にされた時点で、もう機能しなくなる?
kichi >> 「めだか」虎居さんって今まで出てきてたキャラでしたっけ?
LD >> いないと思いま……んんん?風紀委員に居た人かな?
kichi >> 「ぬらり」は羽衣狐様復活かー。……なんか、アバン先生が復活した時を思い出したw
LD >> 『ぬらりひょんの孫』、羽衣狐転生ですけど、もとの子ってどうなってましたっけ?って死んでましたっけ?
カルマ >> 「めだか」虎居さんは風紀委員の人とは別人ですね
LD >> サンデーいきましょうか。
カルマ >> 「ぬら孫」羽衣狐様復活は朗報ですね!
kichi >> ……風紀でそれなりに出番あった人とは違う気がするんですが……、でもどっかで出ててる気がしないでもなかったりはするんですよねw う〜ん?w>虎居さん
LD >> 『ムシブギョー』巻頭カラー!!\(`・ω・´)/
GiGi >> ぬら孫も決戦感出てきましたねー
GiGi >> ムシブギョー改めて終末感がすごいなーと
GiGi >> 「正しい子供の作り方」だから主人公殺せば(ry
GiGi >> 「武勇伝」は今週も上級プレイだった
LD >> 『ケンイチ』、個人的には、シュナザードは仮面がとれたら弱く見える。『ブリーチ』のなんかこう、二段目の変身みたいな。
LD >> 『子供の作り方』…あれ?
カルマ >> 「正しい親の殺し方」なかなか死なないですねー主人公。
GiGi >> 強く見えないからこそ弱くは描かない可能性はありますね>シュナザード。ここで圧勝すると格としては長老並になりそうです
LD >> 『子供の作り方』読みなおしたけど、やっぱり人類は滅亡するんですよね?それで利益を得る連中がいて…?……で、やっぱり、何で殺さないのか分からなくて?……なに?この世界観?
GiGi >> おすもじやっぱり面白いねー。この勝負はとても素晴らしかった。
GiGi >> なんでこんなアクロバティックな設定にしたのかよくわからない>小作り
GiGi >> 展開としては、今開示されている設定は実は真っ赤な嘘と言う可能性もありますが、あんまりそういう感触はないのだよなー。
LD >> 『マギ』は、おっぱい教官がいい人なのがいい感じ。
カルマ >> 「マギ」は短くまとめてきましたね。まんまハンタの水見式ですがw しかし、おっぱい教官が美人なところをもっと観たかったぜ…
GiGi >> 月光条例。んー。
LD >> ん〜なかなか、考え辛いですね。>真っ赤な嘘
GiGi >> マギはなんだか健全な展開でw。
GiGi >> 実のところ、今からでも真っ赤なウソってことにしちゃったほうがいいんじゃないかくらいには思っている>子作り
LD >> 『BE BLUES』ああ、この人、ユース行ってないんだ?
LD >> 僕も、しちゃった方がいい気がするんだけど、上手い代替えのネタが想定できないんですよね。
LD >> >真っ赤なウソ
GiGi >> なんだか丸め込まれてヒロインと上手く行きそうになる>そのタイミングで嘘バレ。本当はヒロイン以外と結ばれるのが正しい未来>主人公苦悩みたいな展開ならわりと納得がいく。
LD >> 『GANKON』は二回戦のルールがちょっと謎。…というか、実は、ニ願に有利な変更ではあって欲しくないんですけどね。
カルマ >> 「GANKON」は判定方法がまだはっきり見えないですねぇ…
LD >> じゃあ、なんで最初は……ああ、こうか。実は主人公を守っているあいつらの方が人類を滅ぼそうとしている連中なんだ。第一回の叙述的に反則な気もするけどw >本当はヒロイン以外と結ばれるのが正しい未来
GiGi >> クラブチームからユースというルートも普通にあるみたいですね
LD >> ただ、三峰さんがああ言うと、イサナさんは「これで丸く納まる」と考えてしまうわけか〜なるほどと。
GiGi >> うん、第1話の叙述的に反則なんだけど、正直今のままじゃ手詰まりだと思うw
GiGi >> はじめてのあくの取って付けたようなハード路線にはどんな顔をしたらいいんだろう。演技…とかじゃないよなあこれ。
LD >> 『武勇伝』は……いいね!(`・ω・´)
GiGi >> 電波教師、この転回「は」面白いです。次の手をどう打つか見もの。
カルマ >> 「武勇伝」は実に順調ですね!!
LD >> 今週の『ハヤテのごとく』はちょっと好き。マリアさんが出ずっぱりだったからか?
カルマ >> 「はじめてのあく」は親父のロジックはわかるんだけどそれだけですね。
LD >> 『月光条例』は、これが最終しょうね?
カルマ >> 「ひめはじけ」は本当に全くわからない
GiGi >> ひめはじけはこんな感じで良いんじゃないかなとか。
GiGi >> 戦国コレクションはアニメが面白いですね!
カルマ >> 「鋼鉄の華っ柱」は今回みたいに現実に戻るコマをもうちょっと入れたほうが良かったような気がする。
LD >> 『電波教師』、すごい看板掲げましたねえ。「生徒全員自主退学」ですか…。ん~……(汗)そのままやるとどうなるかな?
カルマ >> 「電波教師」うーん、「どこでもドア」はあくまでフィクションの具現化であって超えてはいない…だから教師のが面白いということなのかな。
GiGi >> かなり高いハードル掲げたなーとは思います>電波教師。だからこそ上手くハマればかなり面白そうではある。
LD >> 『はじめてのあく』は、ちょっと分からないですね。いきなり世界が変わりすぎてて……伏線が欲しかった。…乙型の話じゃないよね?
GiGi >> というか電波教師も当初プロットから方向転換した可能性はありますね
LD >> マガジン行きましょうか。
GiGi >> 今週マガジン充実していた気が。
GiGi >> ハピプロ、ヒロインかぶりすぎじゃね?と思ったら前ヒロインの髪型が変わっていた
LD >> 『ハッピープロジェクト』は、幼馴染の子はどこかで来るとは思っていたけど、アイドル子とかなり決めに入っていて、そこから何かゆらぐ……のですか?
ルイ >> ハピプロはドラマが決まってるんですよねくらいの勢いでプッシュしてますねえ。
ルイ >> 電脳教師について口を開くと呪詛が漏れそうなので、マガジンまで待っとった。
GiGi >> アイドル子のヒロイン力がかなり低いところが面白みではあるw
GiGi >> やー今週はベビステだねー。岡田に報道陣が集まった時には思わずホロッと来た
ルイ >> 【ベイビーステップ】の結末は…いいのかな?まあ、いいのかな?いや岡田くんにとって良かったねという話なんですが、この敗北のあとの救済を漫画の中でカード先出ししてしまうのが、エーちゃんの「勝たないといけない物語」に対する機能としてどうなのかなと。
ルイ >> 岡田は積み上げたからこれがギフトとしてあるんだよ、ポッと出のエーちゃんは勝つしか無いんだよ、という差別化の演出も積んでいないので、若干気になる救済ではある。そう一言入れた上で、岡田くんは良かったですね。貫いた先に結果があって。作品温度の宣言みたいな重要な回になってるけどw
GiGi >> んー確かに救済が入ったことで決勝の重みは軽くなりましたね。だからこそ、純粋な競い合いを見せてくれるかも?という期待も。
LD >> あの子、アイドル力、低すぎだろう…JK(´・ω・`) スカウターで見たら5くらいじゃないのか?
ルイ >> コーチが来週あたり「お前にアレはないぞ」とか言ってきそうw
ルイ >> 皆 顔が同じなのに アイドルって言われても ワカンナイヨ
ルイ >> 山田くんと7人の魔女が最近肝心のキスシーンを端折り出していて凄いwそのキスの扱いの軽さが凄いw少年漫画的には革命やもw
GiGi >> 山田くんと7人の魔女の魔女の半分くらいは男である可能性が微レ存
LD >> …まあ、『君町』はなかなか良かったんじゃないでしょうか?
ルイ >> うん、7人の魔女じゃなくて魔法使いにすれば良かったー!って後悔してるかもしらんw
GiGi >> まあ君町は柚木が画面に出ないと平和ですね
ルイ >> 君町はまあ瀬尾先生必殺の、分岐の終わった物語の一本道に枝を一本くっつけるテクニックですね。
LD >> 『ベイビーステップ』、岡田よかったですね。というか、この死力の尽くし具合がいい。
GiGi >> シャードックの解決編のテンポが何か気持ちが良いんだよなー。何故だろう。
ルイ >> 【フェアリーテイル】のルーシィ身代わりちゃんが順調に身代わりちゃんの不幸値を溜めていってますね。あまりに展開の為の扱いではあるんですが、なかなか不幸かわいいです。
GiGi >> 本当に口八丁だけで
ルイ >> 【シャードッグ】は良かったですね。他の乗客が無条件で犯人を捕まえるという点に情報・行動と協力しているのがいいんですよ。それが作品の、いや社会の事件に対するベクトルをちゃんと示せている。
GiGi >> 口八丁だけで犯人を追い詰めている感が良いのだろうか。
カルマ >> 「山田くんと7人の魔女」そうそうミスばっさりいきますよねw ちょっと面白いw
GiGi >> あー他の乗客が協調してくれたのは良かったですね。そこはポイントかも。
カルマ >> ミスじゃないキス。
ルイ >> あと、やっぱり多少メタというか飽和した推理漫画という名の殺人漫画に対する言及を帯びている作品ではあって、究極的には自己否定の世界ではあるんですが、うまいこと殺人事件以外も用いてバリエーションを作っていって欲しいですね。
LD >> 『山田くんと七人の魔女』は……このタイトルの構図に向かっているのかどうか、よく分からない(汗)いいんだけど。
GiGi >> Drデュオは展開が危なっかしすぎるのが緊張感を生んでますが、この看護師さんは秘密を共有しそう。
GiGi >> シャードッグとDrデュオをコンペしている感じは探偵漫画というか死神漫画の新しい展開の模索を感じますね。
ルイ >> Dr.デュオは本当に危なっかしいと思うなあw少し前に終わった宇宙漫画ありましたけど、つまり入り口と出口は見えるのだけど、過程を面白くできるかは別の能力で…うーん、輝先生に頼んでヴァルハラに入れてもらうコラボ展開にすればメリハリ効くかもw
GiGi >> おにぎり、このノリはなろう小説…。
ルイ >> 輝先生がノー死人を貫いたので、デュオはそこを破る事のできる自由はあるんですけどねー。
GiGi >> 無免許手術はブタ箱直行すぎるw
ルイ >> ABOUTはズルイなあ、なんだこの落とし方w
GiGi >> アゲインはブレないですね。出来ることを精いっぱい、をきちんと描いている。
GiGi >> あとエリアの騎士も良かった。実況が上手く機能していたように思う。
ルイ >> 【賭博覇王伝零】もう社長は酔ってるから飲み勝負は不平等!といいつつ、酔ってると手が震えそうなのに繊細勝負を持ち込む零さんまじシュート。
ルイ >> 【AKB】が結構真っ当すぎる理由で写真が完全捏造とわかって驚いたw
LD >> 『賭博覇王伝零』、どっちの泡が立っていないか…って僅差ならどうやって測るんだろう?
カルマ >> 「AKB49」は親父さんかなぁとは一瞬思ったけど。
ルイ >> まあ今回AKB49本編の中であまり触れていなくて勿体無いなと思ったのだけど、お父さんと縁切り状態だからお父さんに迷惑かけられない、とか、そういうクッションを挟んだ方がカタルシスに繋がると思いましたけどね。それはそれとして、みのり以外の岡部と吉永に線を設ける動きはある種のみのり外しの一環として楽しみ。
ルイ >> さよなら言い出すファンがちゃんとキモくて良かったです!(クワッ
ルイ >> まあ零なら圧勝できる、なんなら泡立たないくらいの確信があるのでは。ゴルフと違い下準備はできないけれど、基本負けない戦いをする人だとは思いたい。
GiGi >> これ親父さんだよね?とは思っていたが、確かにそれを公表しない理由がピンと来ないのは上手くないように思った
LD >> 『アゲイン』の団長の浮かれ具合がなんかウザいwそこが好きだけどw
ルイ >> 言っても無駄というのと、言えば少なくとも100%捏造とわかるというのは別の話ですからね。
GiGi >> えーと塩入れると泡が立たないみたいなネタをやってた漫画を最近何処かで読んだような。
ルイ >> キタ━(゚∀゚)━!>塩
LD >> それと、今村くんの度胸の座り方がほんと半端ないよなあ。こればっかは、アゲインしているから開き直って…ってロジックでは納得できない。
ルイ >> そのロジックで十分通る気がぼくはするので、そのへんは主観差レベルかな?
ルイ >> 例えば【ゲッサン】の信長漫画は、もう現代人だからとかいうレベルは超えていると思うのだけどw【アゲイン】の今村くんは設定的必然でこういうレベルの度胸は出そう。
LD >> 『AKB49』、この写真…小学生なんだ?(´・ω・`)
ルイ >> 最近マガジンはシャードッグとばくだんが好きらしく、どっちかがないともう寂しい。
カルマ >> え、「父親なんです」なんてあまりにありきたりで白々しい言い訳過ぎるように思いますけど。コメントとしては広井王子と泊まった秋元才加の「一晩中DVD観てた」並の。
GiGi >> 今村くんは「世界が面白い」って事を知ってしまったんだよね。まあ、もともと素養はあったんだとは思う。
ルイ >> 親父版の写真を出して今の親の写真と照らしあわせればガチでしょう。だからそれをできない所に今の親との事情などを明示すればいいのにねという話。
LD >> うん、まあ、主観差レベルですね。納得出来ないとは言ってますが、今村くんのこの開き直った行動は好きです。
ルイ >> 少なくとも「何もしない世界はつまらない」という事実を体験レベルで持っていますからね。>世界が面白い
GiGi >> んーあの写真見たらふつーに「父親とかじゃねーの?」と思うと思うんだが…ぶっちゃけ別の家族で写ってる写真とかを公開すればいいだけだし。
ルイ >> 何かをできないというのは、作劇的にはチャンスだと思うんですね。すればいいのにしない、何故?という所にキャラの際が乗る。そのチャンスをフイにしている点で、最近のAKB49が良くない事は一目でわかる。一時期はその辺拾いまくれてましたからね。
ルイ >> 不可能は世界の壁で人の輪郭だってtrue tears好きのルイくんが言ってた。
カルマ >> そんなことより「デイリー5位は喜べよ」という顔になった今週のAKB49w
ルイ >> まあCDチャート形骸化してますね、というのはリアルでもそうだから、そこはリアルとは言えるw>デイリー5位=残酷な現実
LD >> 『もうしませんから』が最終回ですが、そんなに内容変えないように見えるんですが、なんでタイトル変えるんだろう?
ルイ >> テコ入れだべ。
GiGi >> デイリー5位はともかく1万枚近く売れたら喜んでいいとは思うw
カルマ >> それでも1万枚近く売れてますからねぇ。>デイリー5位
ルイ >> まあ、そこも突き詰めればキャラ的リアリティのチャンスを逃している所とも言えますね。
ルイ >> デビュー作なのだし、ただ敗北とか言うだけでなくその数千という事実に感動するフェーズも挟んでいいし…とにかく最近はキャラ描写が雑い。
LD >> さて、ではそろそろ一番を決めましょうか。
GiGi >> チャンピオンは弱ペダかな?読切も良かった。
GiGi >> ジャンプはトリコ。
GiGi >> クロガネも良かった。
ルイ >> 今週の一番はなんでがしょう?囚人リクやてんむすはいつも通り良かったけれど。いや、囚人リクほんと良かったけれど。
ルイ >> 読み切りはラストページにしてやられましたねぇwいいセンスだ。
GiGi >> サンデーは武勇伝?電波教師?るいさんの呪詛は聞きたい気もw
ルイ >> アンリマユ呼ぶぞー。
カルマ >> チャンピオンは「囚人リク」。
GiGi >> リクはいつも通り良すぎて、まだまだこの先がある期待感が高い
LD >> チャンピオンは、『てんむす』ですね。次点は『弱虫ペダル』。
GiGi >> マガジンはベビステだなー。シャードッグも良かったしエリアの騎士も良かったが。
ルイ >> でも、あんなフランケンをごつい兄貴が後ろから抱きかかえる大ゴマが成立するのは本当囚人リクだけよねw
LD >> ジャンプは、『パジャマな彼女』を上げたい。今回、よかったです。すごく。
ルイ >> ジャンプの恋染うんたらはここの評判どうだったんジャロ。タカヤ続編描いて的な?w
カルマ >> ジャンプは羽衣狐s…「トリコ」。
LD >> サンデーは…おお。ないな?…『武勇伝』?次点で、『ハヤテのごとく』。
ルイ >> パジャマな彼女なんか良かったかしら。
GiGi >> リクの何がよかったって、「しんきくせえ顔してんじゃねえ」ってリクの事かと一瞬思わせて、リクも、読者もリクのことしか見えてなかったって気付かされるんですよね。
LD >> タカヤ続編描いて的な感想ではなかったかな?w
GiGi >> パジャマな彼女は展開をパラレルでやったのが気持ちよかったですね
ルイ >> そうですね、リクとレノマがブラザーな方向で突き詰めてる最中、でもニーナナは?というのは個人的には持っていた意識なんですけど、漫画としては上手く外してありましたよね。それを引き戻すのが上手い。
カルマ >> サンデーは…うーん「武勇伝」かなぁ。「マギ」も気持よくて好き。
ルイ >> まあ、タカヤの実績をあててんのよだけに集約すればこういう連載が生まれるんだなあとw
LD >> 『パジャマな彼女』は、わりと展開がドギツくて、黒髪の子が「好き」という流れの納得があり、そこにパジャマな子に「お前は死ぬ」と、またドギツい展開をかぶせてくる所がよかったです。
ルイ >> んー。今週あまり読んできてそうよそうよ!って思ったものがない。実は【シャードッグ】が一番いいとすら思う。
GiGi >> たけしたけんじろうせんせいは今週のパジャマな彼女を10回くらい読み込んだほうがいい
LD >> マガジン…ない?あ、『ベイビーステップ』がよかったです。
GiGi >> シャードッグと言われれば割と納得してしまう。なんでこんなに良いと思ったんだろうと言うのも上手く言語化してもらえたし。
カルマ >> マガジンは…うーん?何かあったかな
ルイ >> スポーツちゃんばらはゆる部活ものの指向性も強いんだからパジャ彼女みたいなクリフハングを引き合いに出すのはなんか違うと思うが‥w
GiGi >> 良い!ということならリクとトリコとシャードッグが同じくらい良かった。見事と感じたのはベビステとアゲインかな。
ルイ >> スポちゃんは月刊チャンピオンでやってる居合漫画と似たタイプだと思うんですが、そういう意味では展開力というよりキャラ個性を生み出す趣味とか小技的な部分を磨いた方がいいと思われ。
LD >> ああ、わかる…かな?>パジャマな彼女を10回くらい読み込んだほうが でもなあ…『めだかボックス』くらいからでもいい気はするなあ…。
カルマ >> あぁ、マガジンは「アゲイン」が変わらず順調だったな
ルイ >> トリコも良かったですね。ドラゴンボールの蛇の道を改めて新鮮に、みたいな。金字塔なんだから観ないふりする必要もないと思うし。
LD >> 僕は『てんむす』、『パジャマな彼女』、『ベイビーステップ』あたりなんですけどねえ…あんまりかぶってませんね?
ルイ >> てんむすとリクは僕の中でもう斤量組なのだったw
GiGi >> 素直にベビステで良いんじゃないかな。シャードッグは新鮮だったんだけど、又の機会もあるかなとか。
ルイ >> 意外に武勇伝の評価高いっすね。遺影引きからもうワンパンチ入ってれば満足という感じだったかな。面白い展開ではあります。
LD >> …うん、全体みると『リク』か『トリコ』あたりがよさそうですかね。
ルイ >> ふむ、相手がベビステなら仕方ない気もするんだもん。まあシャードッグは探偵モノ全体を代表する宣言的であり、探偵と犯人だけの閉じられたゲームにしなかった形が良かったですねと言えたからいいか。
ルイ >> おっとーw
カルマ >> ベビステは十分いいと思いますよ。締めとしてはアベレージ感が強いんだけど…
LD >> …ふむ。それでは『ベイビーステップ』にします。接戦が決まる、あの際の雰囲気が『ベビステ』だなあと感じたりします。
ルイ >> 今回ナレーション多用しましたけど、今後のベビステがこれを基本とするかは気になる!かな。
GiGi >> ではではおつかれさまです
LD >> 何て言うのかな?この大一番でダブルフォルトを出しても、キャラの格が全然落ちないどころか試合の納得力として完全に昇華しているのが『ベビステ』ですよね。他のスポーツマンガじゃなかなかこれができない。
ルイ >> ああ、シャードッグはアレか、この前の死者が知り合いだったからというのは勿論なのだけど「死者を悼む」という根っこにある感覚が良いのでしょうね。最初に犯人を見せている形や、今回のように1週でわかって追い詰めるだけという形によってゲーム感が出ないのは大きい。
LD >> それでは、今週もありがとうございました。お休みなさい。
ルイ >> まーこの選手打率10割じゃねーの的部分からは完全に抜け出てますねw
カルマ >> お疲れ様でしたー。
ルイ >> ゲッサンのあだち充新連載とジョジョリオンを絡める評論家が出…ない。


■■■■2012年05月18日■■■■
LD >> 【今週の一番】は5/19(土)24:00から開始予定です。


■■■■2012年05月20日■■■■
LD >> |ω・`)
LD >> |ω・`) 10分くらいしたら、また来ます。
LD >>
LD >> よし!
LD >> いろいろ、立て込んでいて、何をよりにも遅い。LDです。(`・ω・´)
紙魚 >> こんばんは
LD >> 『坂道のアポロン』がなかなかいいですね。
LD >> こんばんは、です。紙魚さん。
紙魚 >> ネギま38巻買ってきましたが「まだまだネギまワールドは続くぜい」みたいな前書きでした
LD >> 38巻が最終巻でしたっけ?
LD >> 『ヤマト2199』とか観ているます。
紙魚 >> どうなんだろうか、その単一のタイトルではなんも解決しませんよって作者が居直っちゃうのは、、、雑誌掲載時もいろいろほったらかしだが”神楽坂アスナ編”完結とみれば納得かなって思ってたが作者に言われちゃうとなぁ
紙魚 >> 正確に言うと魔法戦士ネギま長谷川千雨ルートアスナENDっていう物語なんだがw
カルマ >> こんばんは。NHKBSプレミアムで初音ミクのロスライブを流しつつ
紙魚 >> こんばんは
カルマ >> ネギま!38巻<。「またいずれ復活するであろう」「多くの謎を描いていくと軽く100巻を超える」「今巻で示されたラストは数ある並行世界の一つに過ぎない」最終2話の前Pの記述で「最も幸福なハッピーエンド」として示唆されてますね
LD >> いや、『ネギま!』の物語で大体終わっているとは、思いますけどね。相当、広げられる世界ができてしまったなとは思います。
タスタイ >> こんばんは
紙魚 >> 愛着なくなって巻いた展開になったのかと思ってましたが思った以上のサーガにするつもりだったんだなぁ
タスタイ >> いつもラジオ聞かせていただいております、タスタイです
LD >> 「並行世界の一つに過ぎない」と言われちゃうとなあ…w 相当稼ぐつもりなのかな?(汗)
LD >> こんばんは、タスタイさん。
カルマ >> タスタイさんこんばんはー
紙魚 >> こんばんは
紙魚 >> 「俺たちの戦いはこれからだ!」って作者自身が言うことがあるとは思わなかったぜ
カルマ >> まぁ、幾多の結末を描くよりも多くの謎を描いていくスタイルになると思いますけどね。数年後にJコミに載る頃には二次創作も認めてシェアワールドにすると思うけど
LD >> 今週は、どこからだったっけな。
LD >> ジャンプからかな。
タスタイ >> ネギま38巻は、明日菜が帰還した353話の後にエンドロールを入れてるんですよね。残り2話はおまけというか公式による同人のようなものとみなしているのかもしれません。
タスタイ >> ネギま38巻は、明日菜が帰還した353話の後にエンドロールを入れてるんですよね。残り2話はおまけというか公式による同人のようなものとみなしているのかもしれません。
LD >> ほう…なるほど。>353話の後にエンドロールを入れてる
紙魚 >> ジャンプで?
紙魚 >> なにげに私パッキー好きだったので新連載へのハードル上げまくってた
LD >> ジャンプいきます。
LD >> 何度か、読切連載していた『斉木楠雄』が連載化ですね。
紙魚 >> 読み切りでウケてたであろうネタには一切触れず家族設定だけで一話作ってきましたが、
カルマ >> 「斉木楠雄」読切の時は結構好きだったんですが、連載1話はちと不発な印象
紙魚 >> 単行本も出るらしいし鉄板であろうと一話で再録ネタは避けてきたってとこなんでしょうか
タスタイ >> 読みきりだけで単行本出てたんですね。すごいな・・・
LD >> 『斉木楠雄』…ちょっと、設定的に苦しいかも…。なんでもできてしまうと、つまり、次の手がなくなる…。
LD >> 『ナルト』は、なんて言うか、再生怪人編ですよね。
LD >> 『銀魂』は、この見廻組ののぶめさんって人が人気あるんだろうなあ…って思っています。
紙魚 >> ”大蛇丸関連、音隠れ関連”に関してはここで一気にまとめようって感じですね
LD >> 『ハイキュー』は、セッターのボールのスピード感がいいですね。…こういうアプローチのバレーマンガって案外なかったかも?
LD >> 大蛇丸って不思議なキャラですよね。ボスキャラにはなれないけど…キャラ格は妙に高い…みたいな。
カルマ >> 「斉木楠雄」読切のバランス感覚ならそんなに悪くないんじゃないかなって思うんですけどねー。作品の焦点はなんでもできるってとこじゃないし
カルマ >> 「銀魂」ベタだけど見えてたけど良かったなぁ。 のぶめさんは、珍しく銀さんと線がない女性キャラだなぁと
タスタイ >> 銀魂における月詠さんの位置ってよくわからないんですよね。明らかに銀さんとのフラグが立っているのにメインヒロインではないという。
紙魚 >> ハイキューは山田先輩が扱いやすくて主人公はまだ能動的に動かし切れてないのかなってかんじですかね
LD >> 『トリコ』は、食道…?というか、なんでしょう?この食の哲学はあとのエピソードにも影響してくるのでしょうか?
紙魚 >> おタエとさっちゃんがギャグキャラとして固まりすぎてシリアスに出しちゃうと無敵キャラになっちゃうんで月詠が必要なのかな
カルマ >> 「ハイキュー」は黒子よりキャラが覚えられて良いですね。
LD >> のぶめさんは、銀さんと線ひかれると、どうかな?って感じですねえ。でも、引くかも…僕としては、新選組の誰かと引きそうに感じていたり…?
紙魚 >> トリコよかったですね、グルメ騎士の伏線も効いてるしここで師範代が負けても敵が元師匠格なら食林寺の格は下がらないし見開きの演出もよかった、一話でかなりギュッとまとめてきたと思います
カルマ >> 「トリコ」はグルメ時代に飢えでもって食への感謝を知るとかハマりすぎてて凄いですね。
カルマ >> 新選組の方が見えますよね。沖田と殺し合ってたっけ。>のぶめさん
紙魚 >> 敵の脅威も燃費の問題も既出の設定だけでわかるようになってるのがよかった
LD >> 『恋染紅葉』、とりあえず良いですね。ヒロインの子以外の女の子のレベルを少し落としているのもいい。あと、この組立は短期を目指していると思うけど、そこもいい。それで続けばその後考えるというか。
タスタイ >> 「トリコ」、料理人同士の対決がこれからあるのか気になりますね
紙魚 >> 短期設定ですよね、パジャマも時限仕込んでますが
LD >> 『ニセコイ』もいいです。この展開は、定番なのですが、定番なのが良いです。
紙魚 >> 恋染紅葉が一番時空を引き延ばすのが難しい設定ですよね、バレンタインとかクリスマスとかイベントをこなしていくたぐいの設定ではないし
紙魚 >> 小野寺さんが大安定のボッコボッコぶりなのですが、、、
カルマ >> 「恋染紅葉」は長くても2巻くらいで良いんじゃないかなって感じがしますね。悪い意味でなく
カルマ >> 「ニセコイ」は小野寺さんが何もなさすぎて見てて辛いw
紙魚 >> 楽とお嬢の関係をいったん八合目まで持って行かなきゃならんのはわかるけどそのためのイベントの度に小野寺さんをボコボコにしなきゃならんのだろうか?浮上できなくなるんじゃないだろうか?
LD >> 『めだかボックス』は、なんか、流してるっぽい。愚行権がどうなったか、まじ知りたい。
カルマ >> 「めだか」愚行権かとおもいきやその前段階の修業の成果とか出してますねw めだかの婚約者を順番に惚れさせる展開ではなかったか…。
紙魚 >> 6人は多かったなぁ〜〜エピソード持ちのキャラ以外は単純戦闘で減らしてこーーって感じ>めだか
カルマ >> 「いぬまるだしっ」終わりそうなんですけど、最終回でアニメ化発表とかしておくれよ。
LD >> 『スケットダンス』は、楔のエピソードですね。
タスタイ >> 「めだか」、現時点主人公格?が女の子に噛み付く、というのはジャンプ主人公ぽくないなーと思いましたね
LD >> 愚行権は、作者=物語が「これはご都合ではない」と宣言すれば、そこまでなんですけど。それを読者が納得するか?という事を加味するとやっかいな能力です。
紙魚 >> 終わりなんですかね、なんか打ち切り忙しいなジャンプ、
LD >> 『パジャマな彼女』もよいですね。…というワケで今ジャンプは、ラブコメがいいです。
紙魚 >> パジャマは先輩が妙に可愛かった、物語の根幹に関わる設定を見落とすほどに
LD >> 『いぬまるだし』、まさか最終回、パンツはくのだろうか。
カルマ >> 昔めちゃイケでナイナイの岡村がまるだしでTVに出てたけどコンドーム着けてセーフ、っていうアウトネタをやっていたけどそういうの…はやらないだろうしw ちょっと想像つかないですね>いぬまるだし
LD >> 先輩カワイイですねえ。…というかパジャマの子もカワイイので、とてもよいです。
LD >> アウトだろうw
カルマ >> 「パジャマな彼女」の先輩は可愛いですね…なんだこの可愛さは。
LD >> 『黒子のバスケ』は、ゾーンの表現が、凄い紫より、さらに強いんだ〜!な感じなのが、残念なんですよね。
LD >> なにか…なにか、一捻り欲しいのですよ。それだけで、本当に全然違ってくると思う。>『黒子のバスケ』
紙魚 >> 紫くんもそれにあわせていままでそんなんしてなかったのに急に必殺技名を叫んでしまいましたしねぇ
タスタイ >> 恋染紅葉もあと何人かヒロインが出てくるのか、それともメインヒロインオンリーで走り抜けるのか。
紙魚 >> サイボーグ009の加速装置みたいな?>ゾーン
タスタイ >> ゾーンに入ったから勝つ、では面白くないんですよね。
LD >> 『クロガネ』は、もうヒロインの子、落としてるの?(´・ω・`)
紙魚 >> ゾーンがギミックというかキャラの個性の一部というより、物語力学的な勝利へのフラグみたいな扱われ方になってる氣はしますね
LD >> 『恋染紅葉』は、当面は、ヒロイン一人で行くように感じました。打ち切りラインを超えるまで…とか。この構造に割って入ってこれる子は幼馴染子くらいしか思いつかないw
カルマ >> 「黒子のバスケ」は読むほどアニメのほうが面白いなぁ…という気分になってしまっていけない。
タスタイ >> クロガネのヒロインって師匠じゃないんですか?あ、でも師匠も膝枕してるから落ちてるか。
LD >> 紫くんが急に必殺技名を言うのはいいんですよ。僕としては。問題…というか、それをただ返すのではなく「なぜか」火神くんもアドリブで必殺技を編み出してそれで返すくらいの事をして欲しいのです。
LD >> 多分、ゾーン同士の勝負は、加速装置バトルのようなものに思えます。…しかし、今の状態はそういう加速装置バトルのようなカッコ良さを出してくれるかどうかに疑問がある所です。
紙魚 >> 恋染はヒロイン加えるとしたら今の「手の届かないアイドルのヒロイン」と対比させる「手が届く自分に好意を持ってくれる女の子」を出すぐらいでしょうが、この導入だとヒロイン増やさないほうがそこらへんの問題には触れやすい
LD >> 『ぬらりひょんの孫』、羽衣狐様、復活ですが……どういう設定で、退場していたんですしたっけ?
LD >> サンデー行きましょうか。
LD >> 『武勇伝』のトビラ…モカ、体重:ひみつ とありますが、気になります。(`・ω・´)
LD >> でも、ジムの親父さんがなんで死でしまったん?(´・ω・`)
LD >> 『ハヤテのごとく!』、水蓮寺ルカのこのエピソードはなんでしょう。
LD >> 『コドモの作り方』は、とりあえず、殺して人類滅亡を救う手を考えている事はわかりました。…しかし、人類滅亡して得する組織の方は…どうなんだろう?
LD >> 『最上の明医』は、義明は、釈さんの前じゃないといろいろまともですかな。
タスタイ >> 「コドモの作り方」、未来から来たお助けキャラが男ということはメインヒロインに惚れられるとか?
LD >> 『マギ』は、このトトという闘士は、多分、仲間になる。(´・ω・`)
カルマ >> 「ハヤテ」ルカさんはハヤテとナギのハイブリッドなんですかね。よくわからないけど。配置としては漫画の夢なりの断念か失敗ケースとして置くと綺麗かもしれない
カルマ >> 「最上の明医」松前さんの服はあきらかにおかしいw 
LD >> ああ……むしろ、お助けキャラ(男)が、メインヒロインに惚れると面白いかもしれませんね。
LD >> ああ、ハヤテとナギのハイブリッドだと思いますよ。…ただ、そのキャラ位置にどのくらいの意味があるのかちょっと測りかねますね。……単体としてはなかなか面白いキャラだと思うんですが。
LD >> 『BE BLUES』、ナベケンはやっぱりカッコいいなあ。
名無し >> トリコはパワーアップエピソードなんですが、これでようやく達人の領域の入口にたった感がすごいですね
カルマ >> 漫画の夢を追いかけた結果借金を返せなくなって、漫画の夢も叶わなくて普通の人として働くってオチなら位置に意味はありそうだけど、ハヤテでそういう話をするかどうか>ルカさん
GiGi >> コドモの作り方はようやく殺すぞ言われて心がおちつきました
LD >> 『電波教師』は、一応、このメガネっ子がメインヒロインというか、え〜っと、戻る場所みたいなヒロインで確定させて、それでどこへ行くか?という感じなのかな?
GiGi >> コドモの作り方はようやく殺すぞ言われて心がおちつきました
タスタイ >> 「BE BLUES」、なんだか龍ちゃんほとんど復活してない?的な印象をもったのでここでもう1個障害となるものを与えた方がいいと思いました
GiGi >> はじあく。ですよねー
ルイ >> せやなせやな←流れるように溶けこむ
GiGi >> 電波教師のこの組み立ては良いと思いました。
ルイ >> 【ニセコイ】は定番で構わないというか、それをどういう表情でどう描くかという作品ですからね。あーニセコイ良いなあ。
カルマ >> (黒子アニメ、緑間との試合開始回も面白いなぁ…)
ルイ >> 【いぬまるだしっ】は終わるけど最近読んでてゲハゲハ笑うくらい面白い、というか「時が止まっている作品の時を動かす」事に対し自覚的なおかしみがあって、死ぬにしてもただでは死なぬ感があってスバラシイですね。
カルマ >> 「マギ」のこのおっさん3人どういう人だったか覚えてないけど「金儲けたから悪さする必要なくなった」って事ならなんかいいなと思ったり
GiGi >> 武勇伝は、正規ルートを通らない理由がめじゃーよりスマートで良いなと。
ルイ >> 【コドモの作り方】コロスという言葉は出たけれど、世界がかかった選択において人一人で人道的とか平和的とか言ってる場合なのか若干アレ
LD >> 『BE BLUES』は、確かに僕も龍ちゃんに完全復活はして欲しくない感じですね。何か疵が残ってて欲しいというか。
カルマ >> 「電波教師」はいいですね。
ルイ >> 目立たなくなっているのは龍が前線で受け、抜け出すタイプに特化したからであって、例えば中盤からのロングフィードやドリブル突破などだとやはり限界はあると思うのだけど、そこを強調するかどうかはちょっと保留かな。>BEBLUES
カルマ >> 「コドモの作り方」あれ、そんなにしっくりはきてないというか、安い脅しレベルになっちゃってるよなやっぱり。
ルイ >> 【武勇伝】は組み立て綺麗ですね。くも膜下出血で、というのも作品的にそれならしゃあない感があって通りやすいし。
ルイ >> 【ムシブギョー】の蟲怪人がガチグロでよろしいですね。
LD >> 『ケンイチ』、ジュナザード強いなあ…。
ルイ >> ああ、それはなかなか素敵な指摘>カルマさんのSML三兄弟評 まあシンフォバッドに脅しつけられたという話でもあるのだけど、貧困なり環境に原因を求めて、それが変われば人が変わるという描きは【マギ】の世界の観方に合致するものがありますね。
ルイ >> シンフォギアンすぎてシンドバッドがシンフォバッドになったけど気にしない。
LD >> 『戦国コレクション』のアニメ見てるけど……何かシュールというか、関係のなさがすごい。…なんだろ?何か例のタイトルを上げられそうな気がするだけど…。
ルイ >> うん、言い訳レベルで「コロス」とか言ってるだけでまったく安定とかの水域ではないですね>コドモ
タスタイ >> 「BE BLUES」は名前の通り日本代表が目標となっているので、小学生の頃の理想のプランから完全に外れていても最後に代表に選ばれさえすれば物語的には勝ちだと思います。むしろプランをずっと破り続けてきたけど最後のプランだけは守れた、くらいを目指しているかも。
ルイ >> まあタスタイさん(はじめまして?)の言うとおりなのだけど、その上でMF→FWはちょっと綺麗にシフトしすぎていて、その大プラン以外のプランは変わっても、という部分が顕在化はしにくいかもね(瑕疵に見えない)というのはまあその通りかもなと思いつつ。
ルイ >> 大前提にMF大国日本、という感覚があっての構成だったと思うのだけど、香川が出てきてしまったのが作品的にマズいなw>BEBLUES
カルマ >> 戦コレアニメは今のところ映画のパロディをずっとやってる模様ですね。5話がわかりやすく面白いんですけども
GiGi >> ビーブルースはどっちの可能性も残してるのがよいですね
LD >> 時々、いわなきゃだけど『境界のRINNE』は安定して面白い。
タスタイ >> ケンイチが読者視点よりも全然攻防の妙が見えてないのがなんだか面白いです。
ルイ >> 【はじめてのあく】は突き抜けられない藤木先生の体を張ったギャグとして認識。
カルマ >> 「BE BLUES」龍くんは世界のトッププロになるまでの射程で見てるんですけど、それを考えると身体的弱点は克服しないとダメだろって思うんですよね。選ばれさえすればってイメージじゃないかなぁ
LD >> 映画のパロディ?まったく分からなかった…(汗)
GiGi >> 戦コレは各話の遊びの自由さと世界が組み立てられていく感覚が気持ちいいですね
ルイ >> まあだから、今MFになったなら何ができないか、というのは見せた方がいいかもねとは思う。そのうち台詞とかで自分で言うだけでもいいし。
カルマ >> 「はじめてのあく」はダメダメすぎて失笑。
ルイ >> 脚本に応えられてない演出レベルが多々見受けられるのが残念なので、脚本サイドからしか観られないのがアレですけどね>戦コレ 5話は求める演出がモノクロと落とせたので完成度は高かったかな。
ルイ >> あだち充てんてーもやってこないサンデーはこんなところなんですか。
LD >> 『おすもじ』の、握りの量について、この畳み掛けはかなり迫力があってよかったです。引きの「何で鯉を使ったのか?」もいい。
GiGi >> 演出が物足りないというのはまあわかる話
LD >> 『神のみぞ知るセカイ』はとても良かった。このエピソードはほんといい。
GiGi >> おすもじは見事でした
ルイ >> おすもじはビッグコミック的な歩みですねwまあいいのかなあwギミック的に面白いのだけど、開かれていないのが残念。
カルマ >> 「おすもじ」は最近ずっといいですね。食っててもネタの大きさとシャリの量の相対的バランスは考えるけど、同じ大きさでもシャリの量が、とまでは考えてなかったなぁ
LD >> 『ムシブギョー』は、白榊さんが、なかなかよいキャラな感じです。…主人公補正あるいは「その仲間補正」無くても頑張る人…みたいな感じでしょうか。
ルイ >> ムシブギョーはまだ本当に「死んだらショックな人」は死んでないので、シフトを宣言するなら誰かなあ、とは思っている。親父?まあ妥当ですけど。
タスタイ >> 「神のみ」、最初のヒロインである歩美のこの宣言はきますね。
LD >> 『はじめてのあく』は……う〜ん、確かにちょっと残念だなあ。
ルイ >> 別に引き返す事は構わないですけどね。父に背くのが最初の悪ですねって話なのでしょ?ええ、精度が低いだけで。
LD >> さて、マガジンいきましょうか。
カルマ >> 「ムシブギョー」は前エピもそうですが、死にそうでメインキャラは死なない漫画になっているようで、難しいですね。陰惨さは十分に出ていますけども
LD >> いや、多分、親父との対決を徹底的に…五重の塔が出るくらいでっかい話にすれば落差があって、それだけでも納得したとおもいます。…なんかスケジュールの都合でやっつけた感じなんですよね。
タスタイ >> 「ムシブギョー」、仁兵衛たちが江戸に到着するまでもちっとかかるぞい、という情報をすっと見せて、今は仲間たちのターンであることを表してるのもそつが無いですね。
ルイ >> 今週の金さん的キャラが役割受け持ってますけど、ああいうキャラが例えばお春殿の店の常連だったりすると効果高そうですよね。まあ、それはちょっと陰惨な逆算かなあ。
ルイ >> 【トリコ】も【ムシブギョー】もそのへんはサイヤ人編のメソッド下ですねw
ルイ >> 【我間乱】、第三勢力の動きがなかなか面白いですよね。シンからユリア攫ってく南斗じゃないけどw動きの規模次第では親父が殺されたりもありうるのん?
タスタイ >> 敵が大砲受けてもびくともしないって白榊さん置いてきぼりになりそうな・・・
LD >> 『山田くんと7人の魔女』は、こういう感じに魔女が増えて行くの……か?
ルイ >> 【山田くんと7人の魔女】は手管ゼロな直球キス宣言にちょっと笑ったけど、それがカラッとしてこのアレな設定を軽やかに見せているのでしょうね。いい構造持ってこれてると思います。
LD >> その白榊さんの置いてけぼり感がよいのですよw あの人また何か新兵器買ってきますよw成長するヤムチャというか、創意工夫するヤムチャというか…!
ルイ >> 【AKB49】岡部さん久々の面目躍如。もうちょいうまく演出して、演技時の発言内容も本音度高いです、的な部分が観られればより良かったけれど。まあ十分かな。浦川は才能の塊!
タスタイ >> 「我間乱」、無楽さんは第3勢力ではあってほしくないですね。目論見あっての無宝流削りだと変態性が薄れるので。
ルイ >> さすがに全ての雑魚があのレベルの装甲だと手も足もでませんけど、まあ雑魚掃討専になれば良いのでは。民を守る仕事である以上、守りも誰かに任せないといけないですから。なんか散弾砲とか生み出すと思うw
LD >> 『ハッピープロジェクト』は、幼馴染子ががんばっていますが…。うん、なんか動くと変なんだよなあ…?
ルイ >> 無楽さんは…まあ、どっちでもいいのかな?そういう大きな流れに乗じて結局は我間きゅん状態と考えれば、どっちでもそう格はオチないと思います。
ルイ >> ハピプロなー。
タスタイ >> 大砲は「やったか!?」→「やってない」の流れに最適すぎるので不安ですw
カルマ >> 「山田くんと7人の魔女」は順調だなぁ…
ルイ >> 【はじめの一歩】は青木カードを墓地に移動した時の効果発動で木村カードブーストなんですかー。青木ラーメン屋ですかー。
LD >> 『ばくだん』は、ジャンケン小僧ですね。そして「体張った以蔵の方が何十倍もカッコいい」はその通りだと思う。高杉さんに説教とかなかなか燃える展開。
ルイ >> 【シャードッグ】市庁舎内のカメラとかでもろバレちゃうんかとは思いつつw
カルマ >> 「AKB49」良かったですね。
ルイ >> 【ベビステ】よし、次戦は安牌か←
ルイ >> ナッちゃんが出ると漫画がパアと華やぐのが、本当にスバラシイですねー。試合と試合の間。
LD >> 『はじめの一歩』は、けっこうロングレンジな話に…?
ルイ >> 青木だけは引退後の人生設計が簡単に組めるし、ラーメン屋をあぶさんの大虎状態にしちゃえばいいだけなので、さっき書いたのはまあ本気というか客観的な読み。
タスタイ >> 「べビステ」、なっちゃんは天然かと思いきやちゃんと親に紹介する意味とか意識しててかわいい。
ルイ >> 【エデンの檻】まあ良くも悪くも極限状況なのに皆さん倫理観とか保たれてますね。正直、今更先生一人という話だと思ってしまうのだけど、主人公はそれを選ぶ人なのでしょうし、彼に率いられていれば皆そういうヌルいまともさを維持できるのかもしれませんね。
ルイ >> 【君町】は多分大団円に向けてヒロイン総登場させてるのかな?今回回想で先輩出したのも、その役割っぽいですね。まさか再登場の伏線だったらヤだけど、というかそこまでして出されても困るけどw
LD >> 『アゲイン』のレオちゃんが可愛すぎる件。
ルイ >> 今村くんのモテ展開は、学生レベルは外見とかもあるけど今にコミットしてるだけで輝いて見えるんだよ的な描きだと思います。
LD >> 前回、書いたみたいに、今村くんがふっきって動ける感覚はわからないけど、動いたあとに来るセルフつっこみは分かる。こういう感じになるよね。
LD >> そうでしょうね。>今にコミットしてるだけで輝いて見えるんだよ的な描き
LD >> それから、やっぱりオカちゃんは爽やかでいいなあ。少し胡散臭さが混じる所もリアル。
カルマ >> 今村にキャーキャー言ってる子らが萌えよりの作画なのは現実感のなさを出してるのかなとか思ったり。それにつけてもレオちゃんが可愛すぎる。
ルイ >> そう考えると【エデンの檻】は戦国時代タイムスリップものなんかの変遷と通じる部分があるのかなあ。
LD >> いや、こう動ける人はモテるというか、ああいう扱いを受けると思いますよ。>今村
LD >> エデンの檻は、CAさんの服が学ランになったので、そろそろ大詰めかな?と思った。(´・ω・`)
LD >> チャンピオン行きましょう。
ルイ >> 【バチバチBURST】ですね。皆ガタイが大きくなっていて残念な気持ちも少々ありますが…にしても、田上さんが物差しになってとてもわかりよい導入ですね。
LD >> 『バチバチ』、連載再開ですが…ちょっと時間進んだかな?キンクリ?
ルイ >> 王虎も王虎なりに研鑽を積んでいるという描写は大事ですね。
LD >> 王虎の兄弟子は竹虎でしたっけ?すごいですねえ、このキャラ格の王虎が「どうした?」とか言われている図は。
ルイ >> 猛虎じゃなかったかしら?まあ元横綱の部屋ですし、幕内も沢山いるんですよね。
LD >> あ、むしろ時間が飛んでいるって事は、白水さんとか、川口さんはどうなっているんだろう?
カルマ >> 「バチバチBURST」さほど感じていた不安もなく、いいですね。田上さんもいいなぁ。ファンだわw
LD >> ああ、竹虎は引退した人だったかな?
ルイ >> 鯉太郎を読んだ人は白水さんでしょう?敢えて描かなかった感じですね。今回の物語の軸を見せたかったのでしょう。
ルイ >> 【囚人リク】レノマさんの指相撲♂凄いです…
ルイ >> 鬼道院に大目的が設置された事で、物語構造としては一極化されたというか、よりわかりやすくなった感はありますね。
カルマ >> 王虎の兄弟子は猛虎ですね。まだまだ上がいるし、番付的にはまだ田上さんの方が上だったりしましたっけ
LD >> 『弱虫ペダル』、この勝負は横一線だとは思っていましたが、うん、いい感じです。
ルイ >> 田上さんのファンってのは報われねぇな…wでも、努力がある以上否定できないとか、いい奴ですよね。何気に王虎もツッコミというコストはさくわけで、可愛いとこあるじゃんとw
LD >> 『範馬刃牙』は……何か、いい話でまとめようとしている…?
ルイ >> 【空が灰色だから】まあ人生は選択の連続なんだけど、イチイチ自覚しすぎしかもそれを指摘されるのは…と言おうとしたら最後ノロケる所もなかなか綺麗。
ルイ >> 【範馬刃牙】なんか、肩車してた。
ルイ >> 【てんむす】の互いの盛り上げがアツいですね。絶対的に敵描写の方が多いのだけど、それでもニ子の思いも伝わってくるあたり、味方側も積み上がっているという事なのかも。
ルイ >> そもそも物語をずっと付き合う味方サイドの方が強いのは当たり前で、それをポッと出がどう高める?というのが物語の基本命題だと思いますから、そう考えると「逆」からいけるのは贅沢な話ですね。
LD >> 『囚人リク』、鬼道院さん札束溜め過ぎだろう。…銀行とか信用できないんだろうなあ…。
ルイ >> ゲンナマは取ってもバレないからいい感じ←
ルイ >> 【りびんぐでっど】のママがエロすぎて如何なものか。
カルマ >> 「囚人リク」インフレ凄まじそうなあの日本で現金で保管するのかーと思ってしまいました。見落としただけでドルなのかな。
LD >> 『てんむす』は、二子ちゃんを二番手にした理由、ほんとにこれなのかなあ?と思いつつ、いい話でした。特に弱っている部長さんをみると、頑張らざるを得ないですよね。
ルイ >> まあ忍足くんが決めた時おもっくそモノローグしてましたし、二子ちゃんが一番気楽になるだろう局面をあてられたのはほんとにそうだと思いますよ。
ルイ >> 代替わり問題とか、【シュガーレス】がクローズ化の一途をたどってますね。そういう作品なのかな?と思ったりもするのだけど、内容自体は普通に読めます。
ルイ >> 【ちぐはぐラバーズ】防具なしの剣道まじこわい((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
カルマ >> 二番手にした理由は「優しさ」なんですが、優しさをかけられることは弱さ認定だと受け取ってもしょうがないですね>二子ちゃん
LD >> 『りびんぐでっど』は、お母さんファンには、ちょっとたまらんかった…。
LD >> 『すぽちゃん』は、なんで『咲』みたいな感じにいかないんだろうと、ちょっと思ったり。
ルイ >> んー【咲】を別に面白いと思ってるわけじゃないんでコメントしづらいなw
タスタイ >> 「ちぐはぐラバーズ」、ボールスさんが普通にいい人ぽかったり、アヴァロン騎士団は個性出てきてて面白いです。
ルイ >> ただ、ちょっとキャラデザの幅が狭いとは思ってます。バンブーブレードとか、咲とか、外見レベルのメリハリがまずあって、設定はその付随物なんだけど、新体操とかわかりやすいものに頼ってる感。
LD >> 『ちぐはぐラバーズ』はなんか短く終わりそう?
ルイ >> 【ちぐはぐラバーズ】はなかなかいいラインが出てこないですねえ。なんか歯車1つだと思うのだけど。
LD >> うんうん。そういう指摘を考えています。>ちょっとキャラデザの幅が狭いとは思ってます。 でも、幅を考えていないワケじゃないんだよなあ?何か不思議な感じだ。
ルイ >> やっぱりこの主人公で進行させるのは苦しいか。いや読み切りや1話のラインなら構わないのですが、結構まっすぐに少年漫画の縦ベクトルなんで。
カルマ >> 「すぽちゃん」僕もあまりピンとこないです。ネタとしては嫌いじゃないんだけど
ルイ >> 幅を作るのは能力ですよねえ。ハピプロとか一番それがないんだけどw目の形1つでも色々できますし、口癖とか…
LD >> 『ちぐはぐラヴァーズ』、モルガンが謎の女過ぎるのかなあと思ったり。もっと、読者がモルガンを好きになれば、見え方も変わってくると思う。まったく逆にすごく悪い人でもいいけど。
カルマ >> 視点が定まらないというか、群像劇的な感じに読めてしまって話を引っ張る主人公は全然いないですね>すぽちゃん
ルイ >> うん。でも作劇的指摘をしだすと咲も別に良くはないんですけどねw
カルマ >> 「ちぐはぐラバーズ」そう、モルガンさんが魅力的でないと、イチャイチャにも魅力が出てこないし、そもそもそんなにイチャイチャしてるとこ見せてくれないしw
ルイ >> まあでも、輪にかけてベクトルが見えないか。バンブーブレードはそれこそコジローがいましたしね。
ルイ >> ちぐはぐラバーズはアヴァロンと組んで団体戦に出るくらいになってようやく転がり出すと思う(男塾的ない見で)のだけど、なかなか辿り着くのは大変そうです。というより主人公の造形をこうした以上、バトル螺旋だけで引っ張るのはいかにも苦しい。
ルイ >> ハンザスカイが終わるらしい。
カルマ >> 「咲」序盤は原村さんが咲を気に入らなかったり、なんかいろいろ目先の物語をやってたじゃないですか。
ルイ >> せっかくキャラ立ちも悪くないのだから日常バランスも…って考えると、本当るーみっくあたりのバランスはとんでもないですね。
カルマ >> 「ハンザスカイ」物語の帰結は見えるんですけどね。 個人チャンプとか格落ちしたまま終わるんですねぇ…。
ルイ >> まーあの決勝以外は難しそうという気もしていたので、案外納得はしているのだけど。
ルイ >> 以外じゃなかった、以上か。
タスタイ >> ハンザスカイを読み始めたら次号最終回。惜しいです。
LD >> ラッキーストライクは、マイケルのオーバースローをあっさりヒットさせる所が好きです。妙に熱いですよね。
カルマ >> 中学生で170あってオーバースローとかなんとか活かせばいいのにと思ってしまった>ラッキーストライク
ルイ >> ラッキーストライクは速度的には抜いてられない立場に自覚的でいいんですけどね、ギミックレスかな。
LD >> 『ハンザスカイ』は、ここまでこれたのは作者が空手好きだからでしょうし、ここで終わるのも作者が空手好きだから…という気がします。
LD >> 『ましのの』が、よかった。少しだけ、女子力の意味が分かった気がする。(`・ω・´)
カルマ >> 凄いシンプルに師匠越えですよね。だから納得できる>ハンザ最終回 まだ勝てなくてもいいとも思うんだけど。
ルイ >> 師匠も、てっぺんも、確かに畏敬の念を抱くほどに、なかなか越えられないですよね。
ルイ >> 作中でも殆ど下克上的な描写はなかったですし、基本序列に対する敬意があって、それで戦う物語というのは色々大変だったろうなあ。
LD >> 『帯ギュ』も、柔道リスペクトから来ていて、上には上の描写なんですが…ん〜なんというかね。皆もう道を決めたカッコよさみたいになっていて、次の山みたいなものがないんですよね。
ルイ >> だって、己の戦うものだもの「道」ってw
LD >> →だから、最終回前のエピソードは、成長が緩やかになる事の壁を描いている。そこを超えると、もう淡々と登って行くだけというか…。そうじゃないセカイを描くとリスペクトが削がれるというか。
ルイ >> 最初は一気に伸びるけど、そこからは着実に歩み続けるだけだよね…という美観を少年漫画で用いるのは…w
LD >> そろそろ一番決めましょうか。
LD >> ジャンプは、『ニセコイ』、『パジャマな彼女』ともに良い。
ルイ >> ニセコイといぬまるかなー。
タスタイ >> ジャンプはトリコもよかったですね
LD >> サンデーは『神のみぞ知るセカイ』ですね。
カルマ >> ジャンプは「いぬまるだしっ」、「銀魂」もわかってたけど好き。
LD >> マガジンは……『AKB49』かも…しれない。
ルイ >> サンデーは。おすもじ?んー小粒。神知るもまあ終わったけれど、ネクスト待ちかな。
LD >> チャンピオンは『バチバチ』かな。
カルマ >> サンデー「神知る」かなー。
ルイ >> マガジンはアゲインかな?
ルイ >> チャンピオンはてんむす。
カルマ >> あぁ、おすもじはあげとこう
LD >> ああ、『おすもじ』良かったですね。
ルイ >> うん、なんだか最近強烈な単話をあまり観ないのはそろそろ時代のせいにしたくなる勢いですが、今週…おすもじかなあw
カルマ >> マガジン…んー「AKB49」かな
ルイ >> AKBベビステも良。
カルマ >> チャンピオンは「バチバチ」でしょう。
ルイ >> じゃあ、おすもじかバチバチあたりで?
LD >> う〜ん…『ニセコイ』か、『おすもじ』、『バチバチ』あたりかな?
ルイ >> ニセコイはノンギミックというかベタを丁寧さだけで突っ切る感あって熱いですけどwまあ…バチバチをおすもじより上に置くかどうか、に尽きる気がする。
LD >> 『おすもじ』が良さそうですね。というか紗香ちゃんが出て来てから、迫力あっていいですね。マンガはキャラといういい例。
ルイ >> そうですね、妹さんが良いキャラなのは確かです。場の破壊者というか。
LD >> 『おすもじ』にします。
カルマ >> 「ニセコイ」は今のジャンプのラブコメでは残って欲しい感じはしますねw
ルイ >> ニセコイが残らないなら絶望するですよ!
カルマ >> 「おすもじ」が一回取っておくのはいいと思います。
LD >> それでは、今週もありがとうございました。お休みなさい。
カルマ >> 今週の「パジャマな彼女」の先輩とかなんか、バカみたいに可愛く変貌してたやん?ああいうことやられるとさ…読者はころっといきそうでさ。
カルマ >> お疲れ様でした〜。
タスタイ >> おつかれさまでしたー
ルイ >> 漫画がキャラというのは原則にしててっぺんですが、キャラや展開の次というか別の所作やら表情の方向を突き詰めてほしいですね。目指せ京アニ←
タスタイ >> それではおやすみなさい
ルイ >> まだ展開によってそうなっている以上の価値は感じないかな、パジャマも恋染も。そこからリアクションなりでどう己を出すか。今はフォーカスショットで綺麗という、まあ当たり前の話。


■■■■2012年05月27日■■■■
LD >> |ω・`)
LD >> こんばんは。ブログの記事書いています。
カルマ >> こんばんはー。今期はアニメが溜まり気味です。主にゲームのせい。
LD >> あ〜
LD >> こんばんは〜。僕も、アニメいろいろ溜めていますねえ。
LD >> 最近、やる夫シリーズを作っていてですね…。そればっかやっていますね。
LD >> もう、すこし製作プロセスが安定しないと、他のことに手をつけられない…。
LD >> アニメは『アクセル・ワールド』が楽しいです。あれは、ちょっと僕の琴線に触れています。
タスタイ >> こんばんは
LD >> こんばんは、タスタイさん。
タスタイ >> 追いかけてるのは黄昏乙女とモーパイくらいですが、今週ピングドラムを一気に見ました。
LD >> あと『これゾン』とか、『ニャル子さん』とか、楽しく見ています。
タスタイ >> りんごちゃんが相当可愛かったですね
LD >> ああ!しまった!『アムネジア』いいですね!あれは気に入っていますw
LD >> 『ピンドラ』は、りんごちゃんが可愛いですね。
タスタイ >> アイマスというかアイマスのラジオがきっかけで原由実さんのファンになってそれ目的で見始めたんですが、予想以上に面白かったです。
カルマ >> アニラジはいいですね。原由実さんはアイマス関連の学園祭イベントで間近で観ました。
LD >> よい話ですよ『ピンドラ』は。すごく好きです。
カルマ >> 今期まだ1話も観てないのは「アムネジア」「ニャル子さん」「咲」「不二子」「氷菓」あたり。リアルタイムで観れないと本当に観なくなるなぁ
LD >> 『氷菓』、1〜2話まで見ましたけど、なかなか良いですよ。…少し京アニっぽくない気もしますが…。
タスタイ >> "輪る"ピングドラムというのはほんといいタイトルですね。
LD >> いいタイトルですね。ピングドラムという未知のものに付ける名のセンスもいい。
LD >> さて、そろそろ一番を始めましょうか。
LD >> 今週は…サンデーからでしょうか。
名無し >> こんばんは
GiGi >> ようやく落ち着いた感じです
LD >> 『銀の匙』、エゾノーけっこうあっさり甲子園に行きましたね。…ん〜なんだろう?
LD >> うぃっし!ようこそ!
タスタイ >> エゾノーの次は北海道大会じゃないですか?
カルマ >> ん?全道大会だから都大会に駒を進めたみたいなものでは>銀の匙
LD >> …ほら、平凡な高校生の日常…みたいなテイストの『物語』だったから、平凡に甲子園に行けない……と思ったら、甲子園に行けるものまた平凡って感じですかね。いい感じですけど、不思議な感じです。
GiGi >> ん?まだブロック予選で甲子園は決まってないのでは。
LD >> …あ!全道大会って言葉を全国大会って読み違えていました!(汗)
LD >> あと、七軒くんの心の瑕疵のようなものが見えるエピでしたね。
LD >> 『電波教師』は、うん、やっぱり女の子が増えるの大事だなあ…。
タスタイ >> たった1度の敗北で挑戦が終ってしまうトーナメントに対して、八軒君が何を感じるかでしょうか
GiGi >> 「BEBLUES」はまた圧倒的な緊張感です。
GiGi >> 川澄物語面白いですね。これ短期連載じゃなくてレギュラーで続けるのかな?
カルマ >> 「電波教師」はノープライスってことじゃないだろうからプライスレスなんだろうなぁ>主人公の値打ち
LD >> 『マギ』、この剣闘士トトは、モルジアナの当て馬ですな?(´・ω・`)
GiGi >> はじあくは大団円ということで。
カルマ >> 「川澄物語」先週読むの忘れてたんですが連載なんですねぇ。なでしこの企画強いんだなぁ
タスタイ >> 「BE BLUES」、ここで同年代トップクラスの立彦が出てきて、対戦相手のレベルも上がってくるとなると、事故に会わなかった龍ちゃんが到達していたであろう地点がみえてくるかもしれませんね
LD >> 『コドモの作り方』は、う〜ん、なんか世界を破滅させたい組織があるんですかねえ。
LD >> あと、タイムマシンはやり直したり、さらに遡ったりはできないんでしょうか。
GiGi >> まーエロコメとしてはあまりできはよくないかなーと>コドモノ作り方
LD >> いやいや、GiGiさんが指摘しているのはエロコメの部分というより、SF設定の部分という気がするよ?w まあ、物語全体の形として疑問があるって事ではありますけどね。
GiGi >> GANKONはすばらしいなあ
GiGi >> いやーエロコメとして突き抜けた部分があれば設定の不整合とかどうでもよくなるんだけど中途半端だなーと。
GiGi >> 神知るが今週もすごい。
タスタイ >> 「コドモの作り方」、作者のフェチズムが出てこないというか、ありきたりなシチュエーションを続けるのは面白くないですね。
LD >> 『ハヤテのごとく!』そっか~…ルカさんってマンガ家としても成功してしまうのか〜………そっか〜。
カルマ >> うーん…ほとんどの男が死滅する病が発生するって設定なら、主人公にハニートラップ仕掛けてくる破滅させたい側の女を落とすって形で危機回避ハーレム寸止めエロコメができたかもしれない>コドモの作り方
LD >> ああ、それはその通りですね。>エロコメとして突き抜けた部分があれば設定の不整合とかどうでもよくなる
LD >> ……かなり、いい設定じゃないですか。カルマさん、それで一本書けますよ?
LD >> 『BE BLUES』は本当にいいですねえ…。ナベケンと、立彦という役者も揃ってきた。
紙魚 >> こんばんは
LD >> 『ケンイチ』は、本郷さんすげぇ〜!っとw
LD >> こんばんは、紙魚さん。
カルマ >> 「おすもじ」の強烈なネタのサラッと感がなんかすごい。
LD >> 『最後はストレート』、いきなり、お姉ちゃんと睦月が血のつながらい姉弟と。……なにが来ているのか?
カルマ >> 「ハヤテ」のルカさんの漫画家成功宣言は、今の知名度を活かした上での物なんですかねぇ。しかし、それで借金返しちゃうからダメだって、どんだけ給料制で搾取する気なのだろうw
LD >> さらっと、流さないと、ちょっと怖くなってしまう気がw>『おすもじ』
タスタイ >> 「ケンイチ」、ケンイチ自身火事場の馬鹿力とかぎりぎりからの復活は何回もしているけど、達人はもっとすごいよ。みたいな描きになるでしょうか
紙魚 >> キーボードに特大のゴキブリが登場してログ読むどころじゃなかったw
LD >> 『GANKON』は、このルール、イサナさんチームに有利過ぎない?…と思ったので、強敵現るのを待ちたい所。
カルマ >> 「GANKON」はルールが擦り寄ってきた感じがして僕もピンと来てないですね。
LD >> それとイサナさんの、糸が太くなる。やはり、三峰さんが当て馬か…!(`・ω・´)
カルマ >> 「ムシブギョー」は1話も挟まず仁兵衛が来ちゃいましたねw
タスタイ >> 「GANKON」、主人公が揺らぐような勝負が出てくるんでしょうけど、今までのキャラ積みが上手すぎて今の段階では負けるイメージがまったく持てないですね
紙魚 >> ムシブギョーのテンポの異常な早さは知り合い間でも賛否分かれるところ
LD >> 『月光条例』は、トショイインは、かぐや姫じゃなかったと。
タスタイ >> 「ムシブギョー」、小鳥さんの真の実力とかいろいろ期待してたんですけど、本命きちゃいましたね・・・
LD >> 『神のみぞ知るセカイ』は、いいですねえ…ステージが上がる感が…。
LD >> 小鳥さんの実力は知りたいですねえw……どっちだろう?
LD >> 『武勇伝』、どうなるんだ?(`・ω・´)
紙魚 >> 明確にプロ入りの意思表示があったのは今回が初めて?
タスタイ >> 「神のみ」、エリーが何事もなくいつものポジションに戻るのか何か変化があるのか予想が付かないですね
紙魚 >> まぁぽちゃったまんまでも許される指針が示されて何よりです
LD >> 『はじめてのあく』は、あっさりおわりました。お疲れ様。
LD >> マガジンいきましょうか。
紙魚 >> ん?エアギアにはふれないんで?
紙魚 >> まぁ総括しようもない終わりでしたが
LD >> 『AKB49』は、1番は歌えるって事ですかね。
LD >> 『GE』、次号より新学期…いきなり波瀾の展開!?とか。
LD >> 『エア・ギア』、アイオーンは死んでたんですか…。なんだっけ?
LD >> 『エア・ギア』、う〜ん、大暮先生の主人公感というか、ビッグになる感はよく分からなかったりします(汗)
紙魚 >> はじめの一歩は「何どめだこのヒキ」って感じですが、、、本当に引退話にもってくなら評価する
LD >> 『アゲイン』の応援がすごい楽しみ。というか、団長を応援したい気持ちでいっぱいです。
紙魚 >> まぁ別に青木はラーメン屋やって一歩達の話にフンフンうなずくだけでも話に食み込んでいけると思ってるけど
LD >> う〜ん、引退ですかねえ。確かに、かなり退き時なんですよねえ。
LD >> 青木はラーメン屋やってればいいんですよね。というか、そういう引退の悲喜を端のキャラにばかりやらせているのも、まあ、どうかなと。
紙魚 >> 賭博王ゼロはなんなんだろ「ゼロが必勝策ある」ってのは予想ついたけど「あぁそんなんでいいんだ」って気持ちにもなってしまうかな
LD >> 『ばくだん』は、倒幕派、佐幕派とこんなに仲良くなっちゃっていいのかな?と思いつつ、新選組に戻りました。…でも、どうなる?
紙魚 >> その場にいただけの人間が「暗号解読の依頼」を持ち込むって展開も含めてだいぶ無茶というかこれだけのためにビール注ぎ対決やったの?って
LD >> 『絶望先生』は……なにか『かってに改蔵』の最終回の時のような予感が…?
カルマ >> 「零」は塩がどうこうってのはさておき仕立てとして上手くないですね
紙魚 >> 見せ方が極端なだけで年を取らないグルグル時空のギャグ世界の「楽園の終わりEND」としては割とポピュラーなんですけどね
GiGi >> エアギア、面白いんですがちょっとわかりに食い終わり方になっちゃいましたね
カルマ >> 「絶望先生」はカフカじゃなくてそれ以外が死んでるという展開でしたね。残り数話どうなるか…
GiGi >> GEはこれはまだもうちょっと続くの?w
LD >> 『シャードック』は、謎解き部分も含めてきたのかな?マンガとして、いいバランスっぽいです。
カルマ >> 絶望先生は卒業できずに死んだ生徒たちの成仏請負人って感じでしょうか。連載開始の嘘予告と思われてたものがこう繋がるとは…
LD >> 『ハピプロ』は、すこし不思議な展開。しかし、西倉さんが活躍するフィールドができてよかったかな?
LD >> 連載開始の嘘予告って、なんですっけ?
紙魚 >> ガマランは敵にも焦点当てはじめてから戦闘がだれてきた、昔は主人公の得体の知れない強さだけで面白かったが
ルイ >> まさにその通りですよねー←流れるように話題に乗っかる
LD >> 『ベイビーステップ』、アキちゃん遅れてきたヒロインですが……何ともなりそうにない所が逆に不安だ。
ルイ >> 【エアギア】の最終回良かったですね。無駄に凝ってましたけどwまあそれぞれの空、そして1つの空というテーマには辿りつけたのではないでしょうか。
LD >> 流れてないよ!(`・ω・´)
ルイ >> 【ベビステ】は少しペトロニウスさんと話したんだけど、アキちゃんが恋の鞘当てになるとかいう話っていうよりは、悲恋もまた人を成長させるベイビーステップであるって描きの方が強い気がするます。
ルイ >> 親離れした後親をコーチにするのと、その過程を経ないのでは内実が異なりますからね。アキちゃんの為の展開だと思いますし、そのへん僕の言い方だと大雑把だとわかっていながら「女性的」な描きだなあと言う話になる。あと、なっちゃんにモチベーション与える効果もありますけど、まあエーちゃんにはあんまり何もなさそう…w
タスタイ >> 「エアギア」、アイオーン死んだのがいつなのか思い返してみたら宙初登場のところっぽいですね。そこから先全部ロボだったという・・・
LD >> そっかー。う〜ん、僕は『エア・ギア』ずっとイッキくんという主人公に何か、ずっとうわっ滑り感を感じながら読んでいたから…イッキくんに場面が収束して行くとどうしても醒めて観てしまう所があります。
ルイ >> 【絶望先生】はあまりに作者が相変わらずで安心w
LD >> うん、それが良いね。>悲恋もまた人を成長させるベイビーステップである
カルマ >> 予告画像出てこないな…>絶望先生 今週の連載に出てきた島がそのまま連載前の予告漫画として掲載されて「3.1人(ネギま!の31人のパロディ)の生徒と先生の交流を描く」みたいなネタになってたんですよ。結果マジになりましたけど
ルイ >> 最終回はでも、寧ろイッキに話題は収束していっていないわけでね。拡散している。彼のナチュラルボーンヒーローの精度みたいなものはとりあえずさておいて、結果がイッキがどうこうでなく皆がどうこう、なのは描きのベクトルとして間違ってないと思います。ちなみに僕もイッキは「そういうもの」以上の何もないけどw
LD >> そろそろチャンピオン行きましょうか。
ルイ >> 江川達也がBEFREEの最後で「そいつがいつどこから来たのか誰も知らない」とか言って纏めたのと近い感覚かなw>イッキ
LD >> いや、僕はイッキくんに「そういうもの」感すらないんですよ(汗)…というか大暮先生のマンガは『天上天下』でもそうだった。
紙魚 >> あぁそれはあるかな>BEFREE
カルマ >> 「ベイビーステップ」はプロになった後にいろいろある配置かと思ったんだけど、ここで処理しちゃうのかな>アキちゃん
LD >> ああ…雰囲気としては分かるんだけど…。>笹錦先生 彼は最初からある程度超人でね…。大暮先生の主人公はけっこうヘタレからはじまるんですよね。
タスタイ >> なっちゃんの勝ちフラグが立ってるのでこれにどう清水さんが対抗してくるか見所ですね
ルイ >> エーちゃんとなっちゃんに行き違いトレンディラブとかする作品には見えませんしね。
紙魚 >> いつ終わるともしれぬ戦闘ですが、今やってる攻撃の手順って刃牙ママを殺した手順と同じなんですよね>ばき
ルイ >> まあ、恋をきっかけに自我を叫び、人形から人になる為の物語だと思います>アキちゃん 展開的にはそこでクローズするんで、色々期待してる人にはつまらん読み方でしょうけどw
LD >> 『てんむす』の巻頭カラーよいですね。ラストスパート前に脚が止まる感じとか、この競技の感覚のリアルが好きですね。
ルイ >> 笹錦先生も冒頭は人語喋ってて結構ゴールデン・ボーイみたいなんだぜwまあこういう急なキャラ格インフレするタイプの作者っていますよね。
カルマ >> まぁまだベイビーステップにはマーシャがいるからな!
ルイ >> 【てんむす】は部長がニ子を抱きしめるなり一声かけたら演出的にもっと高まったと思うので、敢えてそれを選択しなかった理由を考えている所。
ルイ >> マーシャなーw
LD >> 立浪部長が、思わず前のめりになっている画とか、素晴らしい。>『てんむす』
LD >> あうう…マーシャこいよ〜!(´・ω・`)
ルイ >> 例えば部長が忍足さんの台詞の途中から、口を挟むように横にスッと出て「ニ子ちゃんが次鋒で良かったわ〜」というだけで威力がダンチだと思うので、それは避けたのかなんなのか、と。避けたなら、負けた時のねぎらい用だな←おい
ルイ >> 【範馬刃牙】はなんか気付いたらオーガがまた格を取り戻そうとしてますねw
カルマ >> 心情的にはプロになった後が見たいのでプロになる所に収束するような仕立てに不安を感じたりします>ベイビーステップ
LD >> 『弱虫ペダル』、御堂筋、真の姿をまだ残しているのかw
カルマ >> 仕立てに→仕立てがあると
タスタイ >> もう一度海外編があったらマーシャはエーちゃんにベタ惚れしちゃうんだろうなーw
ルイ >> カルマさんはネギま以来、こう、最後まで全部見せろ的なフォビアにかかっとるん?wいや気持ちはわかるというか、フェド杯的なことはやるんじゃないかなあと。
LD >> なんか微妙に立浪部長の画が下げられていましたね。
ルイ >> 今週の【弱虫ペダル】はなんだか読んでて泣きそうになってしまった。渡辺先生、相変わらず漫画賞の書評が優しくも厳しいのだけどwここまでキャラを動かせる人がいうのだから納得するしかないですね。これは筋立てとかテーマとか言うより、キャラクターの育った彼岸としての感動だもの。
カルマ >> いや?ネギま!は別に最終回以後の話は見たくないですよ?読者の納得を詰めるために3月まで学園の日々はちゃんと描くべきだったと思いますけど。
LD >> 『バチバチ』、鮫島を見つめる、王虎のアップの画が好きだったりします。きっとね~、こいつも人間的に成長しているんよ〜、悪い方向に。
ルイ >> 御堂筋くんはあと三回変身を残している…その意味がわかるな…
ルイ >> 【バチバチ】先週溜めていた、鮫島以外の空流登場。本物の学生横綱の方は、佐藤先生の画的に改心するとかそういうレベルに見えないですねw
紙魚 >> ちぐはぐラバーズはやっぱ短期集中連載だったのかなもう〆にウェイト移してる感じがするけど
ルイ >> 王虎は田上にかけた誘いの言葉が面白いですね。稽古は頑張ってるわけで、彼の何を引きげられるというのか。また今場所負けた後で、しばらくはもう鮫島と戦わない田上を上げて何のメリットがあるのか。なんだか深みのある、面白いキャラに育ってると思います。
タスタイ >> 「弱虫ペダル」、今泉くんがもう別人レベルのかっこよさになっていますね
ルイ >> あと、虎城親方を簡単にデレさせたりせず、相変わらずクズに描いてくれたのも良かったですね。基本はこれで良くて、それでも土俵の上で嘘をつけない、というのが「元横綱」に求める在り方ですから。そういう意味で、言葉はひどくても実際田上には甘さがあるんでしょうね。
ルイ >> 立場が人を変えたんでしょうねえ>強泉くん
カルマ >> 「ペダル」キモ泉くんきましたね。
ルイ >> 【ちぐはぐラバーズ】は今週確かに劇場版アニメの構成になってましたねw
LD >> 『範馬刃牙』は、そろそろ決着ですか……あれかな?「やっぱり、親父は強いぜ!今日はオレの完敗だ!オレたちの戦いはこれからだ!」みたいな?
ルイ >> オーガはやっぱり強かった、と今週巻き直しているのが明らかなのだけど、途中の描写を見ている限りそうも見えなかったというのが正直な所で、なんだか板垣先生に踊らされてる感w
紙魚 >> 『範馬刃牙』はもう決着ネームだけあだち充先生あたりに頼む以外〆らんねぇんじゃないかなぐらいに思ってるんですがね
カルマ >> 「バチバチ」学生横綱の方は礼儀なしの部屋に見えているとしたら相当の挫折がありそうですね。
ルイ >> あだち先生なら来週1年経ってるがいいのか
LD >> 『囚人リク』、今週の鬼道院をみて、何気に闇金のウシジマくんを思い出したりした。
カルマ >> 「刃牙」は結局親父強いって話になるのw
紙魚 >> 徳川のじっちゃんが驚いて、こずえが泣いて、青空が描かれたページの後オーガとバキとこずえが朱美ママの墓参りにいっててもいいかなって
ルイ >> 相撲の世界で学生横綱って横綱にはなかなかなれてないんですよねー。何例かあるのかしら。あったとして競技人口が凄かった頃くらいじゃないかしら。
ルイ >> ふむ、調べたら学生横綱の横綱は輪島だけですね。
紙魚 >> 鬼道院の世紀末っぷり武闘派にしびれたっていうか、そのマントはなんだよって言うね
LD >> あと、「知恵なき者など虫ケラ同然」のセリフで月が出ていますが…なんだっけ?リクが見ていた月との対比だと思うんですが、なんか思い出せない。
ルイ >> リクは月にじっちゃんを見ていたので。弱者をも照らす月、ですね。
ルイ >> あ、おじさんの間違いw
GiGi >> バキは結果的に見れば、やはり勇次郎というキャラの力はハンパなかったということでしょうね。あれだけネガティブ要素を入れても、まったく問題なく最強のままという。
LD >> 学生横綱は、十両にまるで歯が立たないと言われますね。
ルイ >> 問題はあったと思うが、なんか巻き直されて「そうだったろ?な?」とか肩をバンバンされている気持ちの方が大きいw>勇次郎
LD >> ん〜……とにかく、リクがおじさんと見ていた月は小さかったんだけど、鬼道院が背負う月は欠けてて、やたらでっかいのが印象的です。
GiGi >> 鬼道院はドストレートに世紀末覇者ですねw。いよいよコマが揃ってきましたが、まだ脱獄した後のイメージは出来ないw
ルイ >> 鬼道院さん、台詞運びも若干武論尊でしたねw
ルイ >> 【ハンザスカイ】の最終回がなんだか一昔まえの少女漫画みたいだったでござるの巻。
カルマ >> 「囚人リク」鬼道院はどうなんだろうか…表舞台に立つタイプの独裁者は普通に打倒されると思うのだけどw
ルイ >> 強者の論理対弱者の論理なので、基本構造自体は綺麗になってきましたね。マクロ的なものまで見据えるなら、弱者側の政治家とかいると良いかもだけどw>リク
紙魚 >> 作者が空手好きぃ、読者にも好きになってもらいたいって物語としてはいい終わりどころ
カルマ >> 「ハンザスカイ」いい最終回でしたね。
紙魚 >> もう鬼道院ほったらかしてのENDはありえないんで「脱獄ごときでごちゃごちゃやってる場合じゃねぇ!!」ってなりそうな
ルイ >> 1点しか取れないあたり含め、まあ全く瑕疵なくハンザスカイでしたね。この作りだとどうしても少年漫画として届かないものが出てくるのは先週話題になった通りですが、それは選択なのでしょうがない。
GiGi >> リク自身が、弱者が弱者のままリーダーになるモデルなんでしょうけれども、ちょっと壮大すぎて本当にイメージしきれない。成し遂げたら本当に稀代の傑作でしょう。
LD >> 『ラッキーストライク』の……この、打者>投手っていうか、かすらせもしない投手なんていないよ?って感じの中で投手が主人公という構造が好きだな。
カルマ >> 囚人リクは物語射程がとんでもなくなってますね。…脱獄後に囚人リクバーストですか?w
紙魚 >> 米原作品的ラストのしょぼさになるんじゃないかと今から危惧してます>リク
ルイ >> 脱獄しても世界や社会の囚人だから問題ないさwまあ、バトルロワイヤルの主人公がテロリストになる、あのノリだよなあ。
ルイ >> チャンピオン新人賞の書評はガチで面白いですね。浜岡先生はなんか嫌なことでもあったの?っていうかギャグがなくて嫌だったのかw
GiGi >> あーちょっとフルアヘッドココを連想するところはあるかもですね…(^^;
LD >> 『エンジェルボイス』の試合運びの描写は本当に上手いなあ…。
ルイ >> 【りびんぐでっど】が面白くて仕方ないですねえ。オチまで見事で、それは他の若手ショート漫画にはなかなかない資質。
ルイ >> 【エンジェルボイス】はまさに「急転直下」ですね。しかも描写がしっかりしているから想像できる。サッカー漫画とかで、フィールドが宇宙みたいになっちゃってる漫画多いと思ってるんで。
ルイ >> ラブ展開からギャグ時空に引き戻す時が特に上手いですね、りびんぐでっどは。比べると今週のイカちゃんとか、本当に「オチてないよ!」って思うw
LD >> 『ましのの』は楽しいね!(`・ω・´)
ルイ >> ましののはこの手の女性あるあるが得意フィールドですからね。あんまり欲張らない事です。
LD >> 『ハンザスカイ』は、なんかすごくキレイにまとまった最終回だと思った。まあ、なんか伏線とか無いマンガでしたしね。
LD >> そろそろジャンプ行きましょうか。
LD >> 『戦星のバルジ』は、『信長協奏曲』のような始まり方と思ったら、王子が死にました。
ルイ >> む、ジャンプまだだったのか。【星戦のバルジ】良かったです。とても良かった。
LD >> 戦国ならぬ戦星の世…という事は国盗りをするのでしょうか?
ルイ >> 星に他の宇宙人がガンガン来ちゃってる状況らしいんで、まずは国盗りがそのまま各宇宙人とのバトルで、星を統一すればそれは星間レベルでも主権をアピールできるよな、とは思う。
紙魚 >> 次期”柱”を期待したくなる絵柄と設定だけど私はまだ評価保留>バルジ
ルイ >> とにかく良かったですね。久々にジャンプでこういうスケール感のある1話を観た。トリコ以来。
ルイ >> ぼくは保留の価値を尊重しつつ、アタリ付けを恐れない事を選択しているのでwその代わり外れた時の無様も受け止めましょう。
カルマ >> 「戦星のバルジ」良かったですね。期待したい
LD >> 『トリコ』、1ページ目、トリコが本当に死にそうですごかった。
ルイ >> 逢魔ヶ刻動物園の時から画は良いし固定化されたレイアウトに縛られる人でもなかったので、もっといい、開けた訴求力のある題材ならなあ…と思っていたのだけど、それに応えてくれそうで嬉しいです。
GiGi >> バルジ派
紙魚 >> ”世界観”で売り込んでいけるタイプの漫画が久しぶりに来たなってのはわかるしワクワクできるけど、AKABOSHIや鍵人にすら私はそれを感じましたからね、戦国アーマーよりは成功するでしょうけど
GiGi >> バルジははじめチョロチョロでどうなるかと思いましたが、王子が撃たれた(死んだとは言わない)後からの展開が怒涛でなかなかスケールを感じさせる連載ですね。
ルイ >> ギミックといい国ごとの宇宙人といい広がりを作れそうなので、後はワンピース的な浪花節のセンスとストック如何という所かな。まあ何より、ジャンプは主人公大事だと思うんで。勝手に動いてくれそうな主人公は良きものですね。
LD >> あと、しまぶ〜のマンガって「ばあちゃん、最強!」みたいなトコロがありますよね。いや、ボスキャラにはならないんだけどw
GiGi >> 主人公の内的動機の強さがすばらしい>バルジ。一方で世界観の作りこみの甘さは感じなくもなく、そのあたりが足かせにならねばよいなあとは。
GiGi >> トリコは本当にまったく申し分ない。
カルマ >> あぁ、「逢魔ヶ刻動物園」の人なのか。>バルジ
ルイ >> ミクロを大事にできる人ほどマクロを大事にできる、的な形だと思うんですが、家族愛に対する飢えや渇望は転じて「国」なり「星」をその単位にすえられそうで、そういう所は愉しみですね。まあAKABOSHIや鍵人よりはスケール感ありますけどw結局の所ジャンプではキャラ…中央のキャラさえはまればNARUTOになれるしハマらなきゃダメというのは確か。とはいえ、この1話を評価しない理由にはならないかなー。
GiGi >> 「世界観」でいえばAKABOSHIや鍵人のほうがしっかりしていたと思いますね。バルジは主人公がいい。
ルイ >> うん、主人公。ギミックや世界観はその更に上位である「大設定」が強いので(宇宙人、ギミックなどに縛りが生まれない状況)そこはなんとかなると思っていて、あとは中央5人くらいのキャラですね。
カルマ >> 「トリコ」良かったですね。調理法を突き詰めると殺人術になるのは小松くんが決して行かないだろう場所としてもいい
GiGi >> はっきり言って舞台設定もギミックも実のところまったく面白いと思わないんだけど、この主人公は王になるべくして王になる器がありますね。まさにこれがジャンプの王道なんだなあと。
LD >> 『恋染紅葉』は、あ、知り合いなんだ。
紙魚 >> 逢魔ヶ刻動物園は「動物園を流行らせる」って軸が物語の面白さに貢献してなかった気がするから、好き勝手出来るように話積んでいってほしいかな
ルイ >> 【トリコ】もまったくもってスバラシイ。今週の一番はバルジとトリコで←2つ
ルイ >> 逢魔ヶ刻動物園も、根底にあるのは外れものだからこそ知る優しさとか慰撫とかいう話なんだけど、とにかく狭くて読者が自分の物語に転化できないところがあって・・・w
GiGi >> 王具は「王の資質」の証明としてのみ非常によく機能しており、武装としての面白みは乏しいのだけど、そのあたりで盛っていけるのかどうか。
紙魚 >> ”トリコ”小松死ぬの何どめだって感じですが素晴らしい緊迫感ですね、師匠格ならこれぐらい出来ても納得だし
LD >> 『バルジ』は、主人公の言う家族がテーマなんでしょうけど、そこをフォワードにしないベースにして、ギミックやキャラの楽しさで推しているのがいいですね。
GiGi >> 戦星のバルジにGANKONの10分の1程度でもギミック力があれば無敵なんだが、そこが懸念材料ではある。
ルイ >> ワンピのゴムゴムがギミックとして面白いのかというと、ギミック同士を例えば属性的に競わせる話ではやっぱりなくて、信念の具象化なり以上の意味は持たないんですよね。その意味で、他所様にハデなギミックは欲しいが、ギミックバトルが答えでもないでしょうし、やっぱまず、浪花節センス。
タスタイ >> 「トリコ」、小松くんはバトル要因になりうるだけの性能をもつ包丁を手に入れてますけど、さすがに使いはしないでしょうね
ルイ >> できればあの師範たちに少しでも接点があった方が効くんでしょうけど、流石にそれは贅沢ですね。代わりに、到着時全員死んでいても欠損感がない←酷い
LD >> ああうん。『逢魔ヶ刻動物園』は、テーマ(地味?)と物語の進め方が合い過ぎだったと思うんですよ。今回、それはそれとして面白く作ろうという感じがありますね。
ルイ >> しかし気付いたら骨だったとか、殆ど大豪院邪鬼ですけど、その辺トリコってジャンプ黄金期をパロディでなく血肉としているのが頼もしいですよね。
GiGi >> しかし異星人が跋扈する末法の世って実は銀魂の後釜なんですかね(違
GiGi >> 恋染紅葉は頑張って盛っている
LD >> 『ニセコイ』は、やはりこう……つぐみくんが良いね!(`・ω・´)
GiGi >> ハイキューは、練習試合の緊張感のなさが逆に良いですね
LD >> ゼブラとか、未だにラオウ引きずったカオしているからなあ…黄金期の熱がそのまま保存されている感覚はありますね。
紙魚 >> 恋愛紅葉が幼なじみ出んのかなと思ったらもう出たよ
ルイ >> ニセコイはいいですねえ、いい。確かに主人公の器がちょい足りない感はあるんだけど、ゆえに女性たちがまっすぐに引き立つとも。
GiGi >> つぐみんは飛び道具すなー
カルマ >> 「恋染紅葉」ヒロイン2人にしたんですね。まぁそうか。
LD >> 『銀魂』的設定ですけど、開放感が違いますね
GiGi >> パジャマな彼女、サンドイッチはなかなか新しいぞ!
紙魚 >> ニセコイは画太郎漫画かってぐらいつぐみくんのかおアップの連続、顔芸ラブコメとしての本領だ
LD >> 『銀魂』的設定ですけど、開放感が違いますね…むしろ、『銀魂』はなんで、あんな設定暗かったんだろう?世相だった?
ルイ >> つぐみの顔アップ、明らかにビフォーアフター狙ってると思いますね。見比べて愉しむもの。
ルイ >> 銀魂は常態がギャグだからこそ、周辺をハードにする事でバランスが生まれたのでは。
GiGi >> いぬまるだしはもう何かテーマ完遂しちゃったよ感。このまま何事もなく連載続いちゃってもよいのよ?
ルイ >> パジャマな彼女、確かにサンドイッチは頑張ってるかなあ…うーん。恋愛紅葉はセルフテコ入れに速度的敏感さは感じますが、逆にもうちょいヒロイン立ててからでないとキツくね?と思わなくも。
GiGi >> しかしこうしてみるとジャンプ安定感がすごいな
紙魚 >> あぁそうか今週は一人が見えないことによるサンドイッチという発明があったのか>パジャマ
LD >> 『パジャマな彼女』、すごく良いです。(`・ω・´)
GiGi >> 恋染紅葉はもともと読切だから生きる設定でもあって、そのあたりはGE的なうまい盛り込み方が要求されるでしょうね。
カルマ >> 「パジャマな彼女」は先輩の可愛さといい良くなってきてますね。
ルイ >> 【いぬまるだしっ】はのりおてんてーが休んじゃって以降完全に週刊ショートの覇者だったなあ。
LD >> う〜ん、いや、基本変わらない日常に“居る”ための設定だとは思いますけどね。なんでしょうね
ルイ >> うん、そもそも良く連載にしたなっていうw>恋染紅葉
LD >> う〜ん、いや、基本変わらない日常に“居る”ための設定だとは思いますけどね。なんでしょうね。いろいろ欲張った結果あの設定になっていると思うので。
GiGi >> 黒子のこの切り返しもなかなか
紙魚 >> 何がです?いぬまるくんのまるだしが?>う〜ん、いや、基本変わらない日常に“居る”ための設定
ルイ >> 黒子もなかなか。ぬらりひょんもなかなか。←なかなか連呼
ルイ >> 銀魂の世界観の話でそ。ソラノヲト的な意味で。
LD >> 『スケットダンス』、いや、ボッスン間違いなくマジシャンやれるよね。しかもトップ狙える。折り紙とかそれだけで既にマジックだったし。
ルイ >> Ω>ゾーンは天才だけが入れるのだ ΩΩΩ>な、なんだってー!
LD >> ああ、銀魂です。>変わらない日常
ルイ >> うん、とにかく【黒子のバスケ】今回は良かったですね。全体としてだと語りにくい試合なんだけど、こと今回は良かった。才能の物差しをここでする為に、この試合の解説役は青だったんだなーと考えるとしっくりきたので。逆に言えば彼以外の誰に言わせてもしっくりこないw
紙魚 >> 黒子ってもともと「キセキの世代」とその他の人々の物語なんで特別勝ちに飽いた天才と競技が好きなだけの凡人の対比やっても 前にやんなかった?って感じがしなくもない
GiGi >> クロガネの脈絡のない着替えシーンというわかりやすさ
ルイ >> いや、火神がキセキでない所から這い上がるものなんで、だからこそ同じような格を配置して「こっちは違う」と選別するのは前とは違う意味合いですね。
ルイ >> クロガネはそもそもこの巨乳ちゃんはいつのまにこのポジションに?的な所が良いですね!←褒めてる まあ、うまく詰めてないなら積んだ事にしてしまえばいい(おい
ルイ >> 【めだかボックス】がなんだかサラッと作品根幹に関わる事を言い出した気がする。気がする。
LD >> 『めだかボックス』は、設定変わってる…変わってない?どうだっけか?
ルイ >> 設定というか幼い頃の話なんて話す人の主観に支配される話なんで全然ありな後付なんですが、まあダイナミックなw
LD >> 『黒子のバスケ』の紫くんは、気分でちょっとやる気になってるだけくらいの感じであって欲しい。
カルマ >> 「めだかボックス」これはいい後付だったんじゃない?と思います
紙魚 >> 「ポテンシャルとやる気はあるが実戦経験が足りない主人公」をどう使うかって点で今週のハイキューはとっても良かったと思う、主人公のジャンプ力とやる気がフェイクになってるっていうバレーって題材ならではだなぁって
カルマ >> 善吉なりの回想ではめだかの世界を変えるとこまでですしね
LD >> いや、でも、これまでしてきた解説とかを合わせるとさ…どうだっけ?リアルでは主観に左右される所でも、推理小説なら、ここを主観で左右させちゃいけない所ってあるじゃない?少年マンガの解説もこの部類だと思うけど…。さて?
カルマ >> 「いぬまるだしっ」心のパンツはもう履いちゃってる気がする(問題はそこじゃない
ルイ >> めだか主観の思慕のなさを解説した部分があった記憶はないので、多分まったく問題はないですね。画的な矛盾という話だと、要は「めだかちゃんがこれまで完璧に自分を抑えこんできた」というだけの話になるので。
LD >> 今まで「めだかちゃんはこういう人だ!」って解説がいくつかあって……そこはどうなんだろう?って話かな。
紙魚 >> あと田中先輩が実にキャラとしてスパイク似合ってる、こんなに田中先輩ばっかり先行してキャラ立てちゃって大丈夫かってぐらい
ルイ >> 大体は善吉くんの主観説明だったと思うから、それは地の文ではないしね。
GiGi >> こういうバクチみたいな使い方をわりと気安く試しているのが練習試合ならではなんですよね>ハイキュー。ぶっつけ本番だとご都合主義感がつよくなってしまって、ここで一枚はさんで置くのはなかなかテクニカルだなーと。
GiGi >> 問題は履くか履かないかではなく履く意思を見せるかなんですよ!>いぬまる
ルイ >> しかし先輩セッターさんの存在が哀れだw
LD >> 「思慕がない」という解説は当然ないけど(いや、むしろ思慕がありそうだったけど)、いろいろ合わせるとどうだっけな?という。まあ、僕も今、確証的に述べているわけではなく、どうだったっけな?と記憶をたぐっている状態なので。
ルイ >> 彼にサーバー能力でも与えてダブルセッターなんて描きも期待したいなー。アイシールドとかバスケと違って、バレーはメンバー交代って基本ブロック要員くらいしかないんですよね。
ルイ >> あ、あと今書いたけど、ビッグサーバー。
カルマ >> 「スケット」が後輩との関係性を作る描写全部カットしてボッスンの100万回見たキャラ性だけで話終えてて白目。
ルイ >> NARUTOでゴールドエクスペリエンスレクイエムがうんたらとかいい忘れたけど、まあいいか。
LD >> いや、善吉くん以外の人の解説も多いですよ。…ただ、そもそも、もともと『読み』の中に「善吉くんはめだかちゃんを見誤ってるのでは?」というものもあったので、それならそれでいいのかな?と考えている所です。まだ、ちょっとピースがハマらない。
紙魚 >> スケットのフェードアウトしていくキャラの多いこと多いこと
ルイ >> ほう、面白い指摘ですね。まあ、ここでマジシャン特訓がメインになったらそれは【こち亀】なんだろうけどwあくまで今の世代の3人がスケット団なんですよ、という関係性の上下は見えるかもしれない。安形卒業させたり、時間軸感じさせても根っこはそこだよねと。スケット団卒業後に形だけの継承はあっても。
ルイ >> そもそも「人の解説」という時点で地の文と違うので、少なくとも叙述のマナー的な事を言うこたないと思うwずっと通して読んでみてのキャラの通りとどうかな、という話ならまだしもですが、それも生徒会長であるめだかちゃんから始まっている以上、彼女が「完璧に」そうしていた、というロジックが通ってしまうので。
ルイ >> 今週の一番は、モナコグランプリの予選でトップタイムを出したミハイル・シューマッハではないかな。
LD >> 『ぬらりひょんの孫』、羽衣狐に九つの武器がある感じ?
紙魚 >> その読み方を要求されるとなったら小中学生にめだかボックスを読むのは無理だ、、、>彼女が「完璧に」そうしていた、というロジックが通ってしまうので。
ルイ >> そこで言う「小中学生」はそもそもそんな読み方をしない、でしょうね。あんまり括りは好まないのだけど。
GiGi >> mjd>モナコ
カルマ >> めだかちゃんの場合はその一回で恋に生きるのを止めたのが凄いというか、作中では納得できる部類のめだかちゃん凄い描写かもしれないw
ルイ >> うん、まあこの人こうするよねという納得感はありましたねw
ルイ >> mj>モナコ 先週の変な降格処分のせいで6番グリッドからなのが残念ですが、まあ本人としちゃあもう雑音は封じられるわけでw
LD >> 叙述のマナー的な事を言うこたないと思うw>そんな事はないと思うよ。 “解説役”が解説した事を、変更宣言もなしに、右往左往させれば読者は何を頼りに読めばいいか分からなくなるもの。ただ、その上で筋が通れば僕は問題ないというか、むしろそういうのが好きなので通るかな?と考えている所。「完璧に演じていました」はアリな線だけど、もう一本筋が欲しいかな。
カルマ >> 羽衣狐様が出てくるだけでちょっと幸せなのはいかんな
ルイ >> 解説役と地の文はまったく別物なので、それはLDさんのマナーか主観的感触の押し付けというか越権だと思うなあ?とりあえず、言うこたないという部分は全く変えないです。
ルイ >> 少なくとも、推理小説とかを引き合いに出すのは筋が悪いとしか言いようが無い。
ルイ >> あ、さっき書いた通り「読んできためだかちゃん観」という話なら自由ですし、それはさっき言った物語開始後のめだかちゃんは既にそれを完璧に遂行した後だった、という読みと、視点の比べっこなりになります。それは自由だと思う。
LD >> そこは難しいなあ。解説役の話は、さっき、推理小説を挙げたように、医者が死亡診断を間違えたとして「推理小説で、何の宣言もなく、医者が診断を間違えるのはどうだろう?」って話で、それが僕の主観ルールやマナーというから、そうかもしれない。…が、まあ、それはそれとしてキャラ通るならそれでいいと思うよ。
GiGi >> うん、まあ正直めだかちゃんの熱心な読者ではないので特に口は挟まなかったですが違和感は特になかったですよ。
ルイ >> まあ勿論テコ入れ要員なんで、それは正しい反応ですけどw>羽衣狐様 元々ビジュアル最高であとは「ラスボス(当時)」という格で殆ど担保されていたので、今の殺生丸化した羽衣狐様がどうなるかはちょっとわかんないですね。とりあえず出たら嬉しいw
紙魚 >> 斎木楠雄についてはもうふれないのかかかか
LD >> めだかちゃんが、ある行動をとった、それに伴って“解説役”がある「解説」をした。その「解説」は、確かにその時のめだかちゃんの行動を「説明しているように“見えた”」これが、後から解説役に誤解があったとするなら、あの時の解説の「構築のしなおし」が必要になる、その上で「通るなら」それはそれでいいねと思っています。なので、ちょっと今、考えて……というか、本当にそうなのか、記憶をたどっている所(汗)
ルイ >> 編集部内に強烈なシンパがいるはずだがそれはESPによる洗脳なのか否かは気になる>斎木楠雄
GiGi >> さいきくすおはまあ不定期連載時と変わらないクオリティなのでw
紙魚 >> 読者に限らずセイメイが生まれたいま狂骨を筆頭に羽衣狐様の百鬼夜行は「羽衣狐様が復活したよ!嬉しい!」でついてきてますからね
ルイ >> つか、物語開始後のめだかちゃんなら別にその解説なりも間違ってないんじゃないですか?今問われているのは「コドモの頃振られて、そこですっぱり切り替えた」という話なので、問うのならその切替の精度みたいな話になると思うんだけども。
LD >> 「完璧に演じていました」は一発で全部合わせられるくらいの説明だと思うけど、ちょっとワイルドカードかなと。もう、ちょっと筋が欲しい。
ルイ >> それには反論がない>ワイルドカードかな でも、西尾維新なんてワイルドカードの人でしょとも思っているw
ルイ >> 少なくともロジックに詩情のようなブレは込められないし、できないからしない!的に名前付けから否定している作家ですからね。
紙魚 >> マジコは空手家どうしの戦いを「瓦何枚割れるか」で見せられてるぐらい戦闘がなんかつまらんです
ルイ >> 斎木楠雄は続けた先に何を生み出せると思って連載化したのかなあwいや嫌いってわけじゃなんだけど、昔【謎の村雨くん】という漫画があって…(以下略
GiGi >> 西尾維新は「こういうこと」をする人だし、それはまあ好みの分かれる話だよねとは思いますね。
ルイ >> マジコはとりあえず見せゴマのキャラが可愛きゃいいのかな、的な達観を今自分に要求してますw
LD >> え〜っと、今、話しているとそんな感じかなと。>問うのならその切替の精度みたいな話 でも、それも「あの場面でも演じていた」、「この場面でも演じていた」ってチェックされて、こちらの体感を深めるよね。
GiGi >> マジコは盛大に滑ってますね
ルイ >> まあ、めだかちゃんの完璧という記号付を、この物語開始後からの仕掛けに適用できるかどうかはそれこそ「体感」によるかなあと。それに対する好みはギギさんの言う通りだし、そもそも僕はtrue tearsが好きな人なんだから、僕のフィールドではないw
GiGi >> 特に違和感がないのはめだかちゃんが「完璧な人」という見立てのほうに最初から違和感があったからかもかなー。むしろ今週の話は納得感があった。
ルイ >> でも、マジコは滑ってないのなんてぼく主観だと物凄く昔になっちゃうんで、続いている以上なんかこう、ぼくに気付かないフックがあるわけですね。
LD >> >「こういうこと」をする人 勿論です。それ自体を批判してもいない。…でも、その変則反則が楽しいか、通るかは、自分が『愉しむ』ために事例ごとに考えるよ。
ルイ >> まあ、最初に戻ると、僕はロジック作家だと思うので「たははヤラれた、なるほど通るや」と思いました。さっき書いた通り、時系列的に物語が始まる以前(で、そこには善吉の主観しか立ち入っていない)というのがまあ、汚くて上手いなと。もう1手欲しい的な感覚は僕自身にもありますが、この方向で手を積み上げて納得にもっていく作家とも思っていないと。こんなトコですかね。
GiGi >> 後付だろうという話ありましたけど、実は後付じゃないかもよ?くらいには思っていますね。それくらい話としては違和感はない・
紙魚 >> 体感とか印象の話になると暁月先生の仕事の領分になるかもしれんし?
LD >> ちょっと、戻りますけど、なんか物語内の解説に対する話になっちゃったけど、その僕の意見は意見として、現状どうだったけな?と記憶をたぐっている状態だからね?描写として特にトリック無く通るかもしれないし。
ルイ >> ああ、そうね。後付だろうと僕自身も言いましたが、一番最初の構成表に書いてあった大仕掛だと言った方が納得は高い気はします。これまでの物語積み上げからすれば、後付とも思える唐突さなんだけど、ポジションは最初に言った通り根幹なので。
GiGi >> 初期のめだかちゃんを心地よいと思っていたか否かというのは割と分水嶺かなとか。ぶっちゃけ嫌いでしたからずっと
カルマ >> 僕も今週のめだかは気持よく読めたので好評価ですね
ルイ >> おお、僕も嫌いだ(ぽんっ) いや、好き嫌いつかw彼女の「完璧なりの歪」(この辺いろんな言い方があると思うので、言葉は任せます)を突いてきたのは作品自体の道ですし、少なくともそこで言う「心地よさ」はフェイクというか本丸ではなかったでしょうね。それならめだかちゃんばんざいで終わるしw
LD >> >「たははヤラれた、なるほど通るや」  僕も、そう思いたかったんだけど「ん?どうだっけ?」となっただけですね。解説どうあるべきか?とか、解説が覆ってるか?とかは先の話ですね。
ルイ >> そんなこんなで、ミハイル・シューマッハ?
GiGi >> じゃあしゅーまっはで(なつかしい
ルイ >> capetaにしようとか言ってた頃はありましたねw
LD >> んんん…「完璧に切り替えた」で通るのは間違いないからそれでいいかな?
LD >> まあ、そろそろ一番を決めましょうか。
GiGi >> 読み返して検証すること自体は楽しげではあるのでぜひやったほうが良いんじゃないかなーとは思いますが、少なくとも今週この20ページに描いてある範囲内では特別不整合はないように思いますね。
紙魚 >> 一応言質として「バルジはこける」にBETしとく
カルマ >> 最近カギューがとってないんじゃあ
GiGi >> じゃあバルジは「こけるか化けるかのどっちか」で(玉虫色回答)
ルイ >> うむ。しかし読み返しても結局「物語内」なので、この仕掛けに待ったをかけるには、ほんと強烈な彼女自身を規定・断言する言質でもないとな気はする。頑張れ!←他人事
ルイ >> マイナス方面のBETなんてつまんないですよー。だから世には勝ちを当てる賭博ばかりなのにw
ルイ >> ねこわっぱがコケようが、読み切り版の面白さは本当なので、そういう気持ちを大切にしたい(ピュアな目
GiGi >> えー。打ち切りダービーはー?(ぉぃ
ルイ >> 世の中には突き抜け探しとかいるらしいですね。愉楽には真っ向からあたった方が得が多いとぼくは思っているけどw
GiGi >> ねこわっぱ連載版はオッズが成立しない
ルイ >> シューマッハでないなら(しつこい)【戦星のバルジ】か【トリコ】だと思っていて、トリコはまあ完璧な一話なんですけど、個人的には得体の知れない怖さも含めバルジにあげたい気持ち。あとは「一番」のスタンス問題かなくらいに思ってますが。
ルイ >> ねこわっぱは1話目から僕もギギさんも慄きましたからねw
GiGi >> バルジはここがピークの可能性があるのでバルジでいいんじゃないんですかね。いや、本当にこの主人公はすばらしい。
ルイ >> 否定はしないw>ピークの可能性
LD >> いや、仕掛けに待ったをかける 気はないよwむしろ、納得したいだけ。…で、多分、絶対おかしいなんて話にはならないだろうな…と思っているので…。
紙魚 >> 「トリコ」か「バチバチ」で
GiGi >> トリコ、神知る、リクがそれぞれ大変にすばらしくて、しかしアベレージでもあるという。
LD >> サンデーは…『GANKON』…なのか?
ルイ >> トリコはさすがに斤量組のアベレージと考えてもちょっと凄い密度だなーと思うのだけど、今週はちょっとバルジ推し。いい主人公なので。
ルイ >> サンデーは、うん、そんなに、ないけど、【おすもじ】くらい?先週取ったっけ。
LD >> マガジンは何となく『シャードック』がよかったんだけど…。
GiGi >> GANKONもすばらしかった。二願の入り方がすばらしい。
GiGi >> シャードックはこれは完全にアベレージですね。
ルイ >> 【GANKON】はどなたかが過去ログで言ってたキャラの為のルール的なのは、まあいいんだけど(別にそれでいいと思ってるので)この先無双されてもアレなので、このルールを上手く使うライバルが出てくるのが愉しみだなーと。変な異種格闘技戦してほしいw
カルマ >> サンデーは「おすもじ」。GANKONはまだ保留したい。
LD >> チャンピオンは…う〜ん『てんむす』も、『囚人リク』も斤量だよなあ……『ハンザスカイ』?
ルイ >> 【シャードッグ】は今ぼくのマガジンの愉しみですからね。いっつも「この絵でハピプロしたら買ったのに」って思いながら読んでるんだ☆←
カルマ >> マガジンは「絶望先生」をちゃんと挙げとく。まぁ順当ではあるんだけど
ルイ >> ふむ。絶望先生。なるほど。【はじめの一歩】もターニングポイントだしマガジン珍しく動いてましたね。
LD >> うん、『GANKON』は、このルールでの強敵が現れて欲しい。
紙魚 >> バルジがヒットしたら私はユンボルが終わった理由を「アクセルの踏みすぎ」以外でまたなんか探さなくちゃならない
GiGi >> GANKONはこの設定の導入回なので今回は圧勝しましたが、つまりこの設定で今後新太が「うらやましい」と思うようなライバルが出てくるということなんですよ!
ルイ >> まあ、僕は先週のまま青木カードを墓地に送る事で木村カードにブースト効果発動!って思ってますけどw
ルイ >> ユンボル今もやってますけどw主人公で単純比較はできますね。
GiGi >> 絶望戦星はあげておかんと遺憾ですね<誤変換がひどいがあえてこのままで
ルイ >> 寧ろ戦星を変換してるのが凄い。ぼくのGoogleIMEはまだ対応してない。
GiGi >> ユンボルは、というか武井先生の漫画はけっこうハイコンテクスト
LD >> ジャンプは、『バジル』評判なんですが、面白かったけど、僕は一番という感じじゃないんですよね。
ルイ >> まあヒットは人気様によるものとでも思って、面白くなるならないで考えた方が変な信念対立とかにならんかもしれん。
LD >> それそれw>この設定で今後新太が「うらやましい」と思うようなライバルが
GiGi >> うん、一番という感じじゃないんですよね、といわれれば割と同意はする。トリコ読んでみろよ、といわれたら跪かざるを得ない
カルマ >> 糸色望のラブコメ回避に理が通るのもいいですね。カフカが化けてた女子大生には心を許してたのもそういうことか、とも>絶望先生
ルイ >> その辺は最初に言ったまんまだけど、ぼくはバジル一番って置きたい方の人ですね。
LD >> …でジャンプは、『ニセコイ』と『パジャマな彼女』が良かった。
ルイ >> あ、バジルちゃうかったwバルジや!
GiGi >> パジャマな彼女は発明的な回なのでわりと押したい気持ちはある
カルマ >> 恋愛絡みじゃないと食欲、やっぱり人間モリモリ食う奴とか出てこないかなぁ…>GANKON
ルイ >> ニセコイはいつも良いし、パジャマはまあそこそこ良いくらいかなあ。発明というなら素っ裸でお願いしたい
LD >> おお、そうかあ…w>糸色望のラブコメ回避に理が通るのもいいですね。

MANKEN CHAT(1.1)