漫研チャット
名前:
発言:
[正面] [取扱] [過去ログ]


■■■■2012年05月27日■■■■
ルイ >> 性欲食欲…そう、睡眠欲がライバルだ
紙魚 >> 個人的にゃハイキューもよかった、今週はジャンプ厚いね
GiGi >> しかし結構このルール、「うらやましい」と思った時点でアウトなのでやせ我慢をどう表現するか、というかそれはダメージくらいまくりながらも立ってればいいのか!そこで新太の異常なタフネス設定が生きてくると…すげえ、やっぱり菅原先生天才だわ
カルマ >> 睡眠欲に悩むけど、あれか。お姉さんのおっぱいで眠りたいとか言っちゃう奴か。
ルイ >> なんか言ってるw
LD >> 『絶望先生』、『パジャマな彼女』、『バジル』あたりかな?
ルイ >> とにかくライバルホイホイなルールという見立ては皆共通しておるわけです。
GiGi >> うらやましいぞー!と叫びながら、全身から血を噴出しながら、それでもいちゃいちゃする!あたらしい!
カルマ >> 「バジル」連呼でオラ駄目な気がしてきた。
ルイ >> バジルってソースかよ!!!!!!!!!!!!!!
LD >> 絶望先生、第一話が先生の首吊りだったのは、どう位置づけできるんだろう?
紙魚 >> いくさぼしのバジルの方がキャッチーだったやもってことか、、、
ルイ >> 生徒が死を認める為のクッションを作ってたんじゃないでしょうかw
ルイ >> いくさぼしはちょっと厨二感出てくるなwそれも良し悪しだがw
LD >> そうそう、『バルジ』ね。最初、呼んだ時、これドイツ軍のバルジ作戦みたいになるの?とか思ったんだった。
GiGi >> ライバルにオレガノとかローリエとか出すと良いんじゃないかと思った
LD >> かなり『絶望先生』を一番にしたい気分になっていますが…。
GiGi >> 臨死体験することで生徒とコンタクトしていた説>首吊り
ルイ >> 僕はバルジでないならトリコくらいしか納得せんですぞ!あ、でも話題になったからめだかちゃんもアリかもしれないですぞ!
カルマ >> バルジってなんか聞いた響だと思ったらガンダムWの宇宙要塞バルジか。こないだ第二次スパロボZ後編で見たんだ…
GiGi >> 絶望戦星なら特に文句はないですね<しつこい
LD >> とりあえず、嫉妬するとイサナさんの紐も太くなるみたいだしね。
ルイ >> まーでも久米田先生割といっつもこの手の仕掛けなんで、最後どうオチるか次第ではないでしょうか。
カルマ >> 「絶望先生」はあと数話どうひっくり返るか予想もつかないんですけどねw
ルイ >> 僕は久米田先生は風俗漫画が一番面白かったと思っているアレな人なので、意見は気にしなくて良いです。
GiGi >> うろペンが陰陽マークになる演出にはちょっと唸りましたね。あれはすごい。
紙魚 >> 今週ではないでしょう、ほんと最終回での評価>絶望先生
LD >> まあ『改蔵』と同じネタっちゃ〜そうなんですよねえ。
LD >> まあ『バルジ』にしましょうか、期待という事で。
GiGi >> ネギまパロという初志に回帰したところも評価ポイントか。
GiGi >> あしたはペペロンチーノだ!
LD >> 一番は『戦星のバルジ』にします。
LD >> それでは、今週もありがとうございました。お休みなさい。
GiGi >> おやすです
ルイ >> http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=27511383 この絵最後ですよね!
紙魚 >> おっと一番か「戦星のドルジ」嫌いではないんだぜ?って保険もかけとくか
ルイ >> 誤変換が今ナウい。
カルマ >> お疲れ様でした。バジルはもうちょいギミック。もこみちにおけるオリーブオイルみたいな。
ルイ >> それギミックに食われてるやんけ


■■■■2012年06月03日■■■■
LD >>
LD >> |ω・`)
LD >> Σ(`・ω・´) …は! 今から「今週の一番」をやりますが…予告を書いてなかった!
LD >> さっきまで、ラジオをしていました。
カルマ >> シャワーあびてくま。ラジオの内容はなんだったんじゃろ
LD >> こんばんは。ペトロニウスさんと、海燕さんとの雑談で、内容はいろいろですね。本当に雑談という感じです。
LD >> なんか、久しぶりに喋ったせいか、アゴが痛いです…(汗)
LD >> む、ちょっと飲み物買ってきます。10分くらいで戻ります。
タスタイ >> こんばんは
GiGi >> ばんわんこ
LD >> \(`・ω・´)/ただいま!
LD >> こんばんは、GiGiさん、タスタイさん。
タスタイ >> おかえりなさい
LD >> いや、6月ですが、大分暑くなっていますねえ…。
LD >> 今週は、マガジンからでしょうか。
LD >> そそくさと今週の一番を始めましょうか。
LD >> 『君町』が、巻頭カラーで、恐怖の人気投票だったですよ!(`・ω・´)
GiGi >> 時期に梅雨ですなあ
GiGi >> 柚子鬼ga
GiGi >> 柚希が1位ですかそうですか
LD >> 1位:枝葉柚希、2位:神咲七海、3位:桐島青大、4位:枝葉凜、5位:御島明日香、6位:加賀月 …。
LD >> 個人的には浅倉さんが20位以内にいないのが意外。
GiGi >> しかしハルトがDTを貫く理由が良くわからんのだじぇ
カルマ >> 明日香の順位を見るに、彼女になった途端アンケート落ちたのかなー、だから柚希とヨリ戻したのかなーとかそういう…
GiGi >> フェアリーテイルが正しくエルザ無双でした
LD >> あと、なんかこう……この回は、いたさない宣言なのでしょうか?
LD >> う〜ん、カルマさんの読みが正しそうな所が、逆に納得いかない…(汗)
LD >> 前作で、できちゃったからでしょ?(´・ω・`)>DT保持
カルマ >> 柚希至上主義的な視点で見ると、彼女を敵視していた浅倉さんの人気がないのかも。
GiGi >> いっぽうそのころGEはごく自然に肌を重ねていたのであった
LD >> 『ベイビーステップ』、諭吉くんの話は、通過点を見るうえで、なかなかよい話。
LD >> つまり、『君のいる町』のスタンダードな読者は、ずっと「はやく柚希とヨリもどせよ、何しているんだよ」って思っていたって事?
タスタイ >> 回想してるのは諭吉くんだけで、エーちゃんは試合のことしか考えてないんですよね。ここでも試合モードと友情?モードの差が出てるのかもしれませんね。
GiGi >> ベビステの今回の2話はエーちゃんの現在のポジションの再確認ですよね。そして次戦は生粋のテニスエリートと対決という。
カルマ >> 「フェアリーテイル」はわかりきってましたが良かったですね。
GiGi >> 先週の展開で、エーちゃんが心理的に動揺して苦戦するんじゃないかみたいなビジョンも見えたんだけど、そうならずに淡々と、当たり前に勝ったというのが実にベビステらしいなーと。
LD >> 『フェアリーテイル』、エルザ強いですねえ。
LD >> ああ、そうそう。エーちゃんって、そういう盤外戦術に対してはどうなのかなあ?この物語で盤外戦術があるかどうかしらんけど。
タスタイ >> べビステはここからの3戦、異なるタイプの精神的強者の描き分けに期待してます。
GiGi >> そういう揺さぶりに対して耐性があることを宣言した感もありますね>盤外戦術
GiGi >> トーナメント表ちょっと確認できないんだけど、ここで勝つと準決勝は誰になるんですっけ。決勝は難波江ですよね
LD >> 『山田くんと7人の魔女』は、うん、まあ、方向的には『ヤンメガ』と同じ感じなのかな。
タスタイ >> 準決勝は順当に行けば神田ですね。
LD >> 『AKB49』は、なんだろう?倒れたまま、何をするきだろう?
タスタイ >> べビステプロ編が始まったらまた異なるプレッシャーとの戦い方もでてきそうですね。
GiGi >> AKBはたぶんオンエア終わった後が勝負ですね
GiGi >> しれっと「会長選が」みたいな話に移行する吉河先生のセンスってよくわからん
カルマ >> おそらく背景と化すんだと思いますけど>AKB49
LD >> 『ばくだん』は、本当に、幕末に大統領になるのですか?
LD >> っていうか、加瀬先生って、総理大臣になるとか大統領になるとか好きですね。
GiGi >> くのいちという飛び道具を使ってきたのは意外&面白いですね。これは展開が読めない。
タスタイ >> 現代人的幕末人気ランキングは何かの役に立つのかな?作中で言っている通り当時の人気とは全く異なっているはずですし。
LD >> 『エデンの檻』は、タイムスリップという事でよさそう。
GiGi >> ランキングそのものよりも、これから絡んでいく順番ということなんでしょうね
GiGi >> アゲインはかぼ国の団長がちょっとズレてきた印象かも。どう展開するか。
LD >> 『アゲイン』は、何となく、雰囲気は分かります……しかし、マンガ的にすべらず上手くいくかどうか?
LD >> 『賭博覇王伝零』は、海賊王がきました。
紙魚 >> こんばんわ
GiGi >> 零はチーム戦的な雰囲気になってきたのがちょっと面白いですね
紙魚 >> まるでコナンや金田一の殺人並の金づる遭遇率
カルマ >> 「アゲイン」はこれに乗るのみんな?って読者の感覚はありそうですね>すべらず
LD >> 『はじめの一歩』、木村と青木問題はどうするんでしょうね。…負けたあいつと再戦して決めるか?
GiGi >> その応援は誰に見てもらうためのものか、ってのはあるでしょうね。滑っても、結果として野球部が盛り上がってくれれば成功ですからね。
LD >> 久保先生のマンガ腕力で、ねじ伏せてしまえると、言えばそうなんですけどね。…その上で、自然に見えるかどうかは…難しい。>『絵ゲイン』
LD >> ああ、すべったという表現をして、でも、野球部にはウケた…という表現ならそれが無難なんですけどね。しかし、それをかぼ国への反攻とするには、すこしカタルシスが悪いという。
GiGi >> なので今週かぼ国の団長がちょっとズレてきた印象を出したのはポイントかなーと
LD >> 『絶望先生』…なんか、ややこしいな……うん。ややこしいな。
カルマ >> 「絶望先生」は今回で綺麗にまとまりすぎてるので、残り2話の展開に期待。まぁカフカがどうかという話なんでしょうけど
LD >> 『シャードック』なかなか良いですね。
LD >> カフカは、絶望先生の自殺を止めた(?)子ですからねえ。あの子は何か別のものがありそうですね。
LD >> 『むろみさん』、のリヴァイアさんが、リヴァイア砲を充填しているオチがよかった。
LD >> 『ハッピープロジェクト』は、けっこう緊迫してきました?
LD >> チャンピオン行きましょうか。
GiGi >> リクがいよいよ動き出しましたなあ
LD >> 『聖闘士星矢オメガ』に合わせて、『冥王神話』再開。
LD >> 『弱虫ペダル』、御堂筋くんのお腹張ってるw大丈夫かなあ…そんなに詰め込んでw
LD >> 『囚人リク』、田中一郎、革命団に求められてはいるんで、完全に引退しているわけではないと。
LD >> 『ガキ教室』で、今は不登校児童はクラスに一人と言っているんですが、本当ですか。
GiGi >> どうなんでしょうね。とはいえこの展開はなかなか面白いです>がき教室
GiGi >> ましののが超展開なんですがw
カルマ >> http://orionsite.sakura.ne.jp/futoukou/cat0001/1000000001.html 37人に1人の割合で不登校中学生が存在し 年間30日以上欠席した児童生徒のうち、病気および経済的理由を除く児童生徒のことらしいので、中学時代の僕も割と当てはまりそうだなぁ。
LD >> なんとなく、ワンエピで処理するんじゃなくて、時間をかけて学校に連れてくる気がするんですよね。>『ガキ教室』
GiGi >> 夏休みって期間をおいているのもうまいですね>がき教室
GiGi >> てんむすは、この黄桜さんは緊張しているのも演技って感じなのかな
GiGi >> エンジェルボイスは本当にすごいなー
LD >> 『バチバチ』の、この学生横綱くんの面構えは好きですね。
GiGi >> この学生横綱が自信がへし折られるのか突っ張るのかは興味深いですね
LD >> 『範馬刃牙』は、バトル終りですか……まあ、シンプルな一発殴り合いかな?
LD >> 僕の『バチバチ』観だと、鮫島には今はまだ歯が立たない……白水さんに対してどうかなあ?と思うけど、これも今は白水さんの方が強い…ってところかな?
カルマ >> 「バチバチ」
カルマ >> 「バチバチ」 はまぁ先輩が負けることは無いと思いますが
GiGi >> 桜ディスコードは全員にきっちり殴られてるのがちょっとほのぼのとしたw
LD >> 『りびんぐでっど』は、「あなたが僕の恋のナインボール」はなかなかづれた恥ずかしさが良いです。
LD >> 負けるはないと思うんですよねえ~。でも、あんまり何もできないと、不敵な面構えの意味がなくなっちゃうし。
GiGi >> 白水さんがきっちり強いとこを見せてくれるとうれしいですね
GiGi >> りびんぐでっどはこの展開で主題がツインテになっているところが見事すぎるw
LD >> 『ドカベン』、『おはようKジロー』来ました。
GiGi >> ドカベンはずっと楽しいわー
LD >> 『シュガーレス』は、シャケ対キリオかあ…、まあ、シャケの勝ちなんでしょうけど。
LD >> さて『ましのの』は凄い展開ですねw
LD >> 『てんむす』は、手羽先は、食べ残しとか見切るのは難しいですね。絶対
LD >> 絶対、骨に肉残るし。
LD >> …でも、メガネの子、実力的には弱いのかな?
LD >> 『ラッキーストライク』の四番の人、体つきが小学生じゃないwしかし、四番の重圧を示す描写はよかった。
LD >> さてジャンプ行きましょうか。
カルマ >> 「ましのの」はどういう展開なんだw
LD >> 『トリコ』、トリコさん、栄養満点だなあ…。
GiGi >> トリコはバトルとしてはかなりえぐいのですが、あんまりそう見えないのが不思議な感覚
GiGi >> ワンピースは久しぶりにルフィの良さが出ていましたね
カルマ >> 「トリコ」どんな状況でも感謝し続けなければならないわけですか。
LD >> 『ワンピース』同盟ですか…なかなか謎の展開だなあ…。
タスタイ >> 竹ちゃんのパートナーは誰なのか。今まで出てきた幹部は副料理長なので違うとして、もっと上の人間でしょうか
LD >> お、『ハイキュー』、勝負を決めるこのスパイクはいい画ですね。
GiGi >> 四皇の一角を落としにいくということですが、因縁的にはビッグマムかな?
カルマ >> 妥当な所はビッグマムなんですが、これがシャンクスだったりすると面白いんだけどどうかな>四皇
LD >> グリンパーチ?あたり?>竹ちゃんのパートナー
GiGi >> コンビネーションとしては最高ですね。「完成」されちゃうと強すぎるので、そのあたりの加減をどうするか
GiGi >> そして戦星のバルジ第二話素晴らしかった。先週若干腐して正直スマンカッタ
LD >> 『バルジ』、いきなりばれるのはいいですね。これをクライマックスあたりに持ってくる展開っておおいけど、それすると「ええ~分からないものなのかなあ?」という率直な疑問を抱える事になるので。
タスタイ >> 「ハイキュー」、チームスポーツとしての形がしっかり描かれてますね。
LD >> 『斉木楠雄』は、ちょっといい話だった。
GiGi >> ばれるばれないで引っ張ると主人公の誠実さに疑問符ついちゃうんですよね。カメレオン的なノリならそれでいいけど、この主人公でやるならこれで正解。
カルマ >> 「戦星のバルジ」2話素晴らしかったですね!しかし貧民救済を続けられるのかどうか
GiGi >> 形は違うけど、バルジとリクは同じものを描いている漫画なんだろうなあと。
タスタイ >> グリンパーチも副料理長みたいですけど、美食會の幹部はソムリエやら美食屋よりも料理人っぽい肩書きがついてるのでいまいち候補が浮かびませんね。さすがにボスがパートナーというのはないでしょうし。
カルマ >> 「斉木楠雄」はらしい良さが出ていましたね
LD >> 『ニセコイ』、アクセル踏んできた……のか?なんかタイミング的に引き返しそう?
LD >> 何か、テーマなり共通項を挙げられますか?>バルジとリクは同じものを描いている
GiGi >> ニセコイも恋染もパジャマもガンガンアクセル踏んでてよいねー
カルマ >> 「ニセコイ」は引き返しそうに見えるのがナントモ
LD >> ……『恋染紅葉』…よいな?ラブコメ路線の連載、基本みんな当たってるな…。
カルマ >> 「恋染紅葉」の幼馴染は良いですね。
GiGi >> 「正しさ」ってなんだというか。今回のバルジのカタルシスポイントって、バルジが正直に告白したシーンなんですよね。誰もがそれが正しいってわかっていても出来ないことをスッとやってのけた。
タスタイ >> 「恋染紅葉」、ヒロインを増やしたり連載を続けるための仕掛けをつくっていくと読みきりとは違う良さを出さないといけないのでどうなるか読めませんね。
タスタイ >> パジャマの先輩は随分キャラが変わってきたような・・・?
GiGi >> たぶん物語のターンポイントで実は生きていた本物の王子との対決があるんじゃないかと思うんだけど、その時どう飛躍するかも楽しみですね
LD >> 『いぬまるだし』、う〜ん、本当にカウントダウンしているなあ…今回も笑った。
GiGi >> パジャマの先輩はかわいいのだけれども何でデレたのかいまいちよくわからないですねw。
GiGi >> 読み切りはなんだかたるるーとくんを思い出した
LD >> あれで生きているのかw>王子 その展開は、どこかに伏線を置きそうだけど…さて。
LD >> や、あの先輩は暴漢に襲われていた所を助けてもらったんだから、もうメロメロでしょう。
GiGi >> しかしこち亀まで軌道エレベーターとか言い出すと俄然現実味が増しますなー
カルマ >> 王具ってオーパーツとかけてんのかなそういえば
タスタイ >> 両さんは解説役も解説される役もどちらでも出来るから面白いですね。でも両さんは00見てないんだ・・・
LD >> つられて『べるぜバブ』が、わりとラブコメっぽい展開…?
GiGi >> べるぜは他のお子たちが出てきてなんかいい感じに回ってますね
LD >> 『めだかボックス』は、漢字を使うバトルがどのくらい楽しくなるか…?
LD >> ああ、そうですね。けっこう、子供の動きで、主要キャラの連鎖が起きている感じです。
カルマ >> 「べるぜバブ」かなり意図的に下の兄弟を配置していたんですかね、面白い
カルマ >> 「めだか」はちょっとわかりにくい?他の文字を使うとしても…文字だけじゃないのか?
LD >> 『パジャマな彼女』、幽霊は風邪をひくのだろうか?
LD >> 外に出ようとしたら嵐とか、あだち充的展開なわけですよ。
LD >> そしてラブコメ枠が強いと『マジコ』がやばくなるのか…。
GiGi >> 使える漢字の数を有限にしたのはちょっと面白いですね。昔GBAでそんなゲームがあったような
LD >> サンデー行きましょうか。
GiGi >> マジコはラブ部分が弱いですからねー。正直テーマ的にもやり残しはすでにほとんどないような>マジコ
GiGi >> ハヤテのこの開き直った展開は支持する
GiGi >> GANKONハーレムキャラは新ルール下において最強に近いw
GiGi >> 最後はストレートはこういう話だったのか
GiGi >> 最後はストレート(アブノーマルではないと言う意味で)
LD >> 『最後はストレート』、突然、お姉ちゃんと血がつながってないと言われました。……これは?
GiGi >> 川澄物語はベタだがぐっと来る
GiGi >> ケンイチのこのバトルはすごいなー
LD >> …と、それと、この展開と睦月と御門くんが、同じ顔なのは何か関係あるのでしょうね
GiGi >> 神知る
GiGi >> 神知るが本当にすごいなー。もう言葉がない
GiGi >> どうも姉妹で略奪愛があったようにしか読めない
LD >> 『ムシブギョー』、大ピンチかと思いましたが、市中見廻りが強い!という展開で収束したのはよかった。
LD >> え〜っと、双子で、父親の人が死んだ時、そっち側の親戚がかたっぽもらっていった……あたり?>むっくん
タスタイ >> 「GANKON」、2回戦のルールが自分の願いを他の人にも感染させていくと考えると、みんなが共感するような願いをもって勝ち続けたらそれは確かに最強にふさわしいですね。
カルマ >> 略奪じゃなくても、離婚した後の再婚相手が姉妹ってこうw>最後はストレート
GiGi >> ジンベエがパワーアップした分、見回り組もパワーアップしていたというのはアツイですね
GiGi >> 先週の段階では養子にもらったとかかと思ったんだけど、今週の説明を読むと??というw
カルマ >> 「ムシブギョー」市中見廻り組「だけ」強いとしたら納得行かないかな
タスタイ >> 「ムシブギョー」、白榊さんもパワーアップして部下としっかり連携とってがんばったのにこんなに差がつくのか・・・とちょっとへこみ。
LD >> 『ハヤテのごとく!』、西沢さん家賃払えるの?
GiGi >> 月4万5千円は学生にはかなり厳しいw。何か一攫千金ネタでもやるのかも
LD >> いや、父方死んでるんでしょ?ウソで離婚した可能性もあるけどw>ストレート
LD >> 『ケンイチ』のこれはマジで熱いですね。すげえ、すげえバトルだ!
カルマ >> 集団の強さが個の強さに劣るとなるとこう、江戸を守るという目標には向かないようにも思うんですよね。どっかで格上げがあるといいけど>白榊さん
LD >> 『神のみぞ知るセカイ』、これ、ちひろは桂馬を落としたの?
タスタイ >> 「ケンイチ」、敵幹部同士の戦いでここまですごいのが見れるというのはすごいw
LD >> 『BE BLUES』はナベケン、まじカッコいい。
タスタイ >> そういえば達人同士の戦いで弱い方が勝つのは初めてでしょうか。
GiGi >> ナベケンもかっこいいですし、そのプレイを見て一条龍を評価している立彦もいい
カルマ >> ナベケンまじかっこいいっすねぇ。
タスタイ >> 強いチームだとシュートがこない!ってのは妙に納得できましたw
LD >> 『GANKON』まじ楽しいっす。
LD >> 龍ちゃん、ナベケン、立彦は、ブルー確定ですね。これに宮沢が入って来る気がするですが…。
LD >> …というか、第二ステージ終わったら、イサナさんの糸の方もがっつり太くなっているんだろうな…。何か誤魔化さないと話が進んじゃうな。
LD >> さて、それでは一番を決めましょうか。
LD >> マガジンは、今週は『シャードック』か『むろみさん』が良かったかな。
LD >> チャンピオンは『ましのの』一択。(`・ω・´)
GiGi >> マガジンは「ベビステ」2話掲載の使い方がやっぱりよかったな。シャードックはアベレージ感がありますね
LD >> ジャンプは『斉木楠雄』か『恋染紅葉』。
GiGi >> チャンピオンはがき教室、エンジェルボイスかなー
LD >> ああ…なんか最近、いいなと思うようになったんですよね。>『シャードック』
GiGi >> ましのの一択してしまうのか…
GiGi >> ジャンプは「バルジ」
LD >> サンデーは『ケンイチ』一択。(`・ω・´)
GiGi >> サンデーは「最後はストレート」かな?いや、「ケンイチ」と「神知る」も素晴らしかった
GiGi >> うむ。バルジかケンイチかなー
カルマ >> マガジン…んー「フェアリーテイル」あげとこう
LD >> ちょっとはじけているだけで『ましのの』選ぶ、準備はOKだった…。
カルマ >> チャンピオンは「りびんぐでっど!」が好き。
カルマ >> ジャンプは「バルジ」。
タスタイ >> サンデーは神知るにぐっときましたね。
カルマ >> サンデーは「神知る」
LD >> 『バルジ』か『ケンイチ』か…という感じでしょうか。
GiGi >> フェアリーテイルは展開自体は申し分ないのだけどもうちょっとグッと来る絵を見せて欲しかった感
LD >> え〜っと、今週は『ケンイチ』にします。このバトル描写はすごかったと思います。
GiGi >> 「神知る」ちひろが女神を目撃するシーンが、こうまったく解釈とかよくわからんのだけど、やばいくらい良い。
GiGi >> バルジ推したいがケンイチ言われるとぐうの音も出ない
LD >> ちひろに、あれは無いんですよね。
GiGi >> ちひろと、キーボードの子には翼はないんですよ。もう。
LD >> それでは『ケンイチ』にします。
タスタイ >> 女神はちひろが得られなかったものでしょうか。
GiGi >> ちひろは自分が主人公じゃないことをいやと言うほど自覚してるんですよね。それでも、主役じゃなくてもステージの上に立っているという
LD >> 今週もありがとうございました。それでは皆さん、おやすみなさい。
カルマ >> お疲れ様でしたー。
GiGi >> おやおや
タスタイ >> おつかれさまでした


■■■■2012年06月09日■■■■
LD >> 【今週の一番】は本日の24:00から開始します。


■■■■2012年06月10日■■■■
LD >> こんばんは。
LD >> 大分、暑くなってきた気がしますが、今日は雨が降っていました。
LD >> 作業しながら人を待ちます。
GiGi >> こんばん
GiGi >> 今日はやや肌寒いですな
LD >> こんばんは。
紙魚 >> こんばんは
LD >> そうですね。でも、まあ、最近暑かったので…よかった感じです。
紙魚 >> アクセルワールドまとめて見たけどいまいち乗り切れないのは私が電脳モノというかアバターモノを受け付ける素養が無いせいだろうか
LD >> 『アクセル・ワールド』は、僕は好きなんですが、ちょっと周波数の合い方…みたいなものがある気がします。アバターモノという時点でダメな人もいるでしょうし。
カルマ >> こんばんはー
紙魚 >> こんばんはー
LD >> そろそろ一番はじめましょうか。今週は何からでしたっけ…。
紙魚 >> カードゲームアニメとかの玩具販促アニメの世界を主人公たちが”マジになりすぎ”にやってる感じに見えちゃうんですよねどうも
LD >> マガジンからかな。
GiGi >> きんだいちさんじゅうななさい!
LD >> …んんん、まあ、現世の成功が手に入るゲームのようですし、乗れなかったプレイヤーは止めてくんでしょうね。>『AW』
紙魚 >> 特に思うところなっしん!>金田一
タスタイ >> こんばんは
GiGi >> 映画「外事警察」見てきましたが、田中泯のマッドサイエンティストがなかなか良かったです
紙魚 >> これが他誌なら系列紙での掲載になるんだろうなっていうぐらい新規読者を掴もうって気概が無かった
LD >> おっと。
紙魚 >> こんばんは
GiGi >> マガジンの連載終了組のローテーションは古参維持の戦略でしょうね。そのうちネギまも戦列に加わると予想してますがw
LD >> 『コナン』にしても『金田一少年』にしても、息の長さの秘密はなんでしょうね?そんなに推理ネタが切れているとも思えないんですが…。
カルマ >> アクセル・ワールドは敗北条件を避ける事がある種の目標となっていて、レベル10になることは今のところゲーム制作者と会えるだろうという推論だけという弱さはありますね。ゲームものはスポーツものと思えば、世界一の名誉だけでも別にいいんだけども
タスタイ >> アクセル・ワールドにおける主人公達のモチベーションは、ゲームはクリアするもの!というシンプルなものに起因してますね
紙魚 >> 推理モノって主人公たちが「ほかの人間関係の中に毎回飛び込んでいく」って構造だから止めておこうと思えばいくらでも主人公たちの関係を変化させずに済みますからねぇ
LD >> それと『シャードック』は、よいですね。犯人が美人女性だと、なにか緊迫感が違うw
GiGi >> ミステリとキャラクターの組み合わせと言うのは本質的に強いのかもしれませんね
GiGi >> シャードックはよいですね。コロンボ型で上手くいった例ってあんまり記憶にないですが面白い。
GiGi >> ベビステこれは勝てるビジョンがまったく見えないなーどうなるんだろう。
LD >> 『ベイビーステップ』は、池くんとライバルだった人との対戦か。
LD >> コロンボ型のマンガ自体があまり思い浮かびませんね。
GiGi >> シャードックも上手く言ったとしたら、過去の名作のキャラクターを使っているというのがひとつのキーと言えるかもしれませんね
タスタイ >> 「べビステ」、この彼も主人公体質ですねw故障した天才少年の再起というここまでの物語がありありと思い浮かびます。
GiGi >> まあそれにしてもキバヤシ無双ではある
カルマ >> 「ベビステ」再起した龍ちゃんがトリコばりに感謝状態なわけで、鬼強いですね…
紙魚 >> 倒叙物は犯人のミスにつけ込むわけだから重要度の大きいコマを目立たせなきゃいけない「漫画」って媒体とはすこぶる相性が悪いんじゃ
LD >> 『エデンの檻』、そうか〜遮光器土偶は、これをつけていた人って話なんだな…。
GiGi >> あと毎回の悪役のキャラを立てなきゃいけないんでコストが高いかもしれませんね。
GiGi >> おー遮光器土偶は思いつかなかったですが、言われてみれば文字通りですなw
LD >> 錦織って、そんなに恐い敵に見えないけど……まあ、今回捕まったから、その見立てでよいと言えばよいのか。
GiGi >> 太陽の観測に用いていたのかもですね>遮光器
紙魚 >> はじめの一歩のなんだったの?っぷりがスゴい
LD >> いや、『シャードック』は、それを総てではないですが、多くを美人女性で乗り切ろうとしていますね。そこはけっこういいw>キャラ立てのコスト
LD >> なかなか、いい推測ですね。>太陽の観測
カルマ >> 悪役のキャラを立てる<そういう意味では古畑任三郎って犯人の役者自体にキャラをかぶせて観るから強いんですね。
紙魚 >> 恒例の引退話も済んだしそろそろ100巻記念の釣りだな、、、
GiGi >> はじめの一歩こそいったん完結して脇キャラの外伝で回してもよいような
GiGi >> ダイヤのエースの、「来期からの監督」の立ち位置がいまだにつかめない
LD >> 『波打際のむろみさん』、腰のあそこ、大きい鱗だったのか…w いや何かの飾りとか。
GiGi >> そういえば来週から三池崇史の愛と誠が公開されるそうで割りと楽しみです。なんかミュージカル仕立てらしい
LD >> 『フェアリーテイル』、カンスト…とか。
LD >> 『ハッピープロジェクト』、トビラ画のデッサンがなにかおかしい。…え?(ry
LD >> 『賭博覇王伝零』は、福本マンガとしてはトントン拍子で話がすすむので、それだけで楽しいかも。
LD >> でも、暗号は、今の情報だけでは、解けないんだろうな…。
GiGi >> 絶望戦星はなかなか話題になってましたね
紙魚 >> 銀と金の後継と思おう
LD >> しかし、このおじさん、なんで零が暗号のヒントを言うのを止めたんだろう。
GiGi >> アゲインの展開は予想外だったが面白いw
GiGi >> AKB49もいい盛り上げ方ですね
紙魚 >> 無茶も目立つけど言われて「うわぁぁぁ」となる感じですね、アニメ化の際ここらへんの情報はどんだけ伝えてたんだろ>絶望先生
LD >> 『はじめの一歩』、引退するする詐欺だったか…。しかし、青木と木村が対戦すると…いいのかな?
LD >> 『絶望先生』は、なんかちょっとひねり過ぎに思ってしまった。(´・ω・`)
GiGi >> コードブレイカーはなんだかすごく初期のころを思い出してちょっと良かったですね
LD >> 『アゲイン』は、一つはなんかこう…納得したんだけど、マンガの見栄えとしてどうなんだろうなあ…というのと。>応援
LD >> あんまりレオちゃん、片付いて欲しくないんだけど、どうなるんでしょう?鈴木くんって受け皿用意してるみたいだし。
タスタイ >> 「絶望先生」はアニメのOPに完璧にそれを連想させる情報を入れていたようですね
GiGi >> レオちゃんのほうがお買い得ですよ!しょうじき部長はめんどくs
LD >> 『ばくだん』は、ここまで土方歳三をいじっている新選組ものも珍しいw
タスタイ >> 臓器の絵や、クラスメート全員がかふかになる絵があったようです
LD >> 『GE』は、なんだろう?この元彼からむの?う〜ん……。
LD >> ほうほう。…しかし、そうだったかも。カフカが菩薩みたいに描かれた画とかがあった気も。>絶望OP
GiGi >> 元彼のグッドエンディングはちょっと絵が創造できないですね。まあ落とし前付けれるところは付けていくと言うのは面白い
紙魚 >> 伏線そのものより長期連載作品かつギャグ作品でそういうことをやったって事実が効いてるんでしょうな
LD >> チャンピオン行きましょうか。
GiGi >> ましののが壮大な展開に
GiGi >> ちぐはぐラバーズも来週で最終回のようですね。次はマガジンだ!w
紙魚 >> 漫画関係ないですけど150万円の大賞作必ず出すそうでっせ、今までのチャンピオン新人賞の辛口、渋さ考えたら急にどうしたのってほど
LD >> 『弱虫ペダル』は、今泉くんが、小野田くんを運ぶ展開になっていますね。
紙魚 >> ちぐはぐは短期で終わらせるつもりなら何故こんなキャラ配置にしたのだろう、ここまで圧倒的にモルガンの方がさやかさんより積んできたもの多いでっせ!
LD >> 『バチバチ』は、『バチバチ』世界をきっちり描いた安心感がよし。それから、学生横綱を不敵ながらも、なかなかいいキャラではないでしょうか。
カルマ >> 1日1回ペースでPCがフリーズするなぁ…システムっぽいし。というわけで復帰
カルマ >> 「絶望先生」の全員がカフカになるOPは2期のOVAの下巻か何かで、劇団イヌカレーさんの改造版ですね。アニメがどこまで知っていたかはさておき、今週は素晴らしかった
カルマ >> 「ペダル」あぁ今泉くんその選択は…というかんじ
LD >> ああ…あと、学生横綱が空流に入ったのは、虎城部屋の誰かとやりたいからかな?
GiGi >> 学生横綱が底を見せていないところがいいですね>バチバチ
GiGi >> 弱虫ペダルは若干展開のための展開になってしまっている感
カルマ >> 「バチバチ」学生横綱の格も守られているし、いいですね。もう一人の新弟子はどうすんだろ…
紙魚 >> バキはエジプトの壁画のほう本当にひと段落つけないと終わらないのかもしれない、、、
LD >> 『範馬刃牙』…これで決着かな?いや、こういう場合は、リーチ・体格がものを言うわけですが…。
タスタイ >> 弱虫ペダルは3つ巴という感じがあんまりしないんですよね。今回も箱学がいない感じで・・・
GiGi >> エンジェルボイスが容赦ない展開でよいですねー
GiGi >> てんむすのメガネっこはやはり作戦でしたか。
GiGi >> 小野田くんのキャラが難しくって、やっぱりこのレースで温度上げきるのはややつらいですね。もう1年あると思ってたんだけどなー>弱虫ペダル
LD >> 多分、御堂筋と今泉は因縁があるので、まずそこに集中している展開だとは思います。そのあと、小野田くんと山岳の…その後はどうなんでしょうね?お野田くんと、福富との対話がある気がします。
GiGi >> 宿題を残して「次の年」をやるかと思ってたんですが、どうもこのレースで全部やりきってしまうようで。
LD >> 『囚人リク』いい展開というか、文字通り一筋縄ではいかない展開。
LD >> うん。チャンピオンに限らず、スポーツものは、けっこう僕らが思うよりも、一年でやり切る事を考えるようですね。世代交代によるメンバーチェンジとか宿題とか考えないで。『アイシールド』も漫研では散々、蛭田たちが抜けたあとの予想みたいな話題をあつかいましたが、そうはならなかったし。
GiGi >> 囚人リクは来週巻頭カラーということできっちり盛り上げてきてますね。本当に今一番読んで欲しい漫画です。
LD >> 考えてみると、世代交代を視野に入れるとか、宿題を残すとかは、週刊連載としては大名なのかもしれません。
GiGi >> その意味でもバチバチが世代を上げたのはなかなか注目かもしれませんね
カルマ >> 「ペダル」そうなんですよねーここで全部話やりきるんだ…という違和感は強いです
GiGi >> シュガーレスは頂上決戦がさわやかすぎてのどごしすっきり感。これはどうなんだろうなーw
タスタイ >> ダイヤのAは逆にあの3年の面子がいる時に甲子園行けなかったのがすごく好きです。甲子園というものの格がすごく高くなった。
紙魚 >> この課題を突破したからってリクが有能ってわけじゃないけどリクはこうやって常に男を試されることで仲間を増やしていくスタイルなんで脱獄したあと人徳っぷりをどう発揮できるかですな
LD >> 『シュガーレス』も何となく終わりそうな気がしている…。『ハンザスカイ』以上に、けっこうやる事やったし。
紙魚 >> 世代交代って一度築いた人間関係を崩すってことですから最大級のバクチではあるんですよね
LD >> 『ダイヤのエース』は、そこらへんの描きがリアルですね。>あの3年の面子がいる時に甲子園行けなかった
LD >> 『りびんぐでっど』、灰田さんがポニテに!……う〜ん、まあ、ツインテの方がいいかな?
LD >> というか、このゾンビ好きっ子、何か設定が変わってますか?w
GiGi >> ゾンビっこ何か急に命を大事にしてきましたねw。そういう「設定」のほうがそそると言うことに気付いたのか?w
カルマ >> 「ましのの」はエロハプニングに変な理屈をつけ始めるのは頂けないなぁ…
GiGi >> すぽちゃん、剣がふにゃふにゃだから防御が難しいと言うのはなるほど
GiGi >> まあ来週最終回なのでw>ましのの
LD >> 『てんむす』、策略派というか技巧派というか、ともかく、そういう戦い方を見せてもらった。
カルマ >> 「すぽちゃん」読者の剣道知識からくる先入観を破壊しようと動いているとは思うんですが…うーん。
GiGi >> てんむすの食べ残し作戦はまさに「汚い」ですがw、キャラの作りこみから入って審判を味方に付けるのはよいですねー
GiGi >> 漫画としてはまあ。>すぽちゃん
LD >> 『ラッキーストライク』、打たれても、取り返してくれると期待できるチームの存在感がけっこういい感じだと思います。
GiGi >> 乱打戦になってるあたりがリトルっぽくてよいですね>ラッキーストライク
LD >> 『ましのの』、来週終りですねえ…。
LD >> うん、…で、結局乱打戦なんですよね。ピッチャー主人公で、そこの感覚って好きなんですよね。>『ラクスト』
LD >> ジャンプ行きましょうか。
紙魚 >> いぬまるがまぁ終わりました
LD >> 『トリコ』、すごい超人になった感ですね。…この先に精神的なレベルアップはもうないか?
紙魚 >> ここまで達人の境地にしちゃうとこの先本気で怒った方がいい場面に怒れるのかな〜と、あとスプーンの具現化はもはや言い訳不能w
GiGi >> 終わってしまいましたなー
紙魚 >> そして釘パンチはほんとパワーアップを描くのに素晴らしく便利だ
GiGi >> おお、確かにあまりに自然で気にしてなかったが具現化してるw>スプーンドーム
カルマ >> 「トリコ」食義がベースになっていくのは間違いないでしょうね。小松が調理器具を武器にしないように、トリコも美食會に対になる概念を得たように思います。
カルマ >> 「スプーンドーム」はマジでどういう理屈なのかwww
GiGi >> ラブコメ勢が今週も絶好調ですなー今週はニセコイが特に良い
LD >> 『バルジ』の王具は、まだ明らかに集束(顕現)していない感じですね。
GiGi >> マジコもこれは〆ですなー
紙魚 >> ニセコイは鍵に関しちゃ複数の案があるのかなぁ、そうでもなきゃ小野寺さんが勝利することはもう構造上不可能だが
GiGi >> バルジは旅と聞いてやや不安になりましたが、どうなるのかなー。王宮を拠点にしたほうがよいような。
LD >> ああ、そういう事ですね。理解できました。>トリコも美食會に対になる概念を得た
LD >> そのままだとIGOと、美食会って何か違うのか分からなかったんですよね。
GiGi >> ニセコイはどちらの約束も「本物」なんでしょうねー。ヤクザとギャングの偽恋物語ではありますが、まさに義理と人情を秤にかける的な。
GiGi >> こち亀が初音ミクとか言い出すターンになってますが、演歌ロイドは普通に良い
紙魚 >> バルジは旅に出ちゃうのですか、そしてティアマトと二人でしかも60キロいったらもう無法地帯ってなんだか第一話で振った話の規模と偉く違う
カルマ >> 演歌ロイドってくまうたなんじゃあ
LD >> 『恋染紅葉』は、なんか、すごいな…計算が行き届いている。
タスタイ >> 恋染紅葉は幼馴染子ちゃんがやけに強いような・・・
カルマ >> 「バルジ」は旅に全くピンとこないですねー。大丈夫かな
カルマ >> 1話で「城下のみかろうじて守られてる」というような話はありましたけどね。2人旅ってのはなんだろうなぁ>バルジ
紙魚 >> 私もバルジそこひっかかりますね>拠点、主人公のパーソナリティの根幹が家族を守ることで1、2話でそこを軸に肉付けしてきたのに旅に出ちゃうの?っていう
カルマ >> 「恋染紅葉」は幼馴染いいですね。
タスタイ >> バルジで「家族が殺されているのが当たり前」という認識に恐怖するのは正しいですね。まったく異なる常識の世界であることが伝わります。
LD >> 『ニセコイ』は、何しろ、状況設定的に、いくらでも上書きできるので、この出来事でどうなるかは分からないですね。「ザクシャインラブ」って言葉を知らなくても、忘れただけってのがあるし。…結局、今、どっちが好きかという事でしょうね。
紙魚 >> 前作も動物園っていう拠点を人気にしていくっていうのとおでかけしてのイベントを結びつけられず全然話を転がせられなかったって印象なんだけどな
LD >> 幼馴染子、強いですねえ。次の回で、紅葉が出てこないと、けっこうスコアが離されますね。
LD >> ヒロインの拮抗具合は『パジャマな彼女』がいいと思うんですが。
GiGi >> リボーンは家庭教師設定を再確認してきましたねー。いいまとめ方です。
紙魚 >> パジャマは両ヒロインとも主人公好き好きしててとても安心できますな
GiGi >> 3作ともダブルヒロインでかなり拮抗しているとは思います。恋染は幼馴染で初恋のダブルパンチで長門のほうが強そうですが、あんまりかわいく見えないところがポイントかも知れずw
紙魚 >> これだけいっぺんに色々明らかにされてくとさすがにわくわくしますねぇ>リボン
GiGi >> リボーンの目的は澤田綱吉を一人前にすることで、そこから軸がぶれてないのを再確認したのは最終回に向けて良い形を作ったと思います。
LD >> あれ、長門なんだw…まあ、わからなくはないかな?
GiGi >> ぬら孫も戦う理由を再確認してきましたが、こちらはちょっと積み上げが弱い。
紙魚 >> ただツナは「代案は無いけれどおまえ等のやろうとしてることはとりあえず止める!」って旨のことしか言ってないんですよね、いつもそうだといえばそうなんですがツナはやっぱ基本子供で自分で答えを持ってくることが出来ない、ナルトほど無責任な事も言えないって感じで
カルマ >> 「恋染紅葉」の幼馴染は凄い好みなんですが、ということは本流からは外れているんだろうともw
GiGi >> まーなんでもいいです。仮に白長門としますがwなにかびみょーにズレテル感が狙ってるのか単にはずしているのかが興味深いところです>恋染
カルマ >> 「ぬら孫」は母親よりもカナちゃんを人間代表に持ってきてきちっと友達と妖怪とを再確認でよかったのでは…(と人気投票にカナちゃんの姿がないことを確認して涙するw)
GiGi >> ダメツナは誰かが答えを出してくれることを待っていて、それでは駄目だってところで上手く繋がってるんですよね。そこを乗り越えられたら、リボーンの家庭教師としての役割も終わるという。
タスタイ >> 恋染紅葉の幼馴染子はかなり好きですねw
GiGi >> ハイキューとクロガネの組み立てが共通しているのも狙ってやってるのかな。
LD >> 『パジャマな彼女』は、なにかセンパイはOKしているって認識なんですよね?
タスタイ >> 幼馴染子にはすごくメインヒロインっぽさを感じるんですよね。
紙魚 >> っていうかクロガネは本当に主将とエース以外ヘタレだったんだな
カルマ >> 「パジャマな彼女」は主人公にその気がないのはなんででしたっけ。告白聞き取れてなかったんだっけ。
LD >> 『いぬまるだし』は、お疲れ様でした。面白かったです!
LD >> 会話の流れで、告白と認識していなくて、それで相槌打ったらOKと受け取られた…みたいな流れだったと思いますが。
紙魚 >> ラブ米と言えば3回連続掲載ですがまぁ一話とはいえ毒にも薬にもならんですな
GiGi >> 集中連載は地方目線を徹底してるのがちょっと新鮮でしたね。
LD >> 幼馴染子は、かなり定形で、そんなずれているわけではないと思うよ。>『恋染紅葉』 ただ…。
カルマ >> なるほど>認識してない
カルマ >> 競技ダンス部の人の読切は、まだなんともいえませんが楽しみ。しかし上手い。
紙魚 >> 3話に分けて余裕が出来たのかそれともそんな情報多い漫画じゃないせいかどっちかわからんですけど、コマ割というか視点誘導は競技ダンス部より格段によくなってた
GiGi >> あー競技ダンス部の人だったのか。気付いてなかったです>読切
LD >> ただ、いきなり幼馴染はアイドルもやっていて、一位ヒロインの沙奈からいろいろステータスを剥奪しているんですよね。結果、アイドルなのに沙奈は徒手空拳ヒロインになっているという。
LD >> サンデーいきましょうか。
紙魚 >> しかも学校も同じですからね幼なじみ 地の利天の利に恵まれすぎ
GiGi >> うん、ズレているというより、いきなり全部持っているんで、沙奈ちゃんに主人公属性が付与されている感がありますね
LD >> 『武勇伝』のハヤブサ仮面は、これまで出たキャラだと誰の可能性がありますかね?
GiGi >> 神知るはまた想定外の新展開で楽しみだなー
紙魚 >> しかしKOしたらって凄い思い切った殴られ屋だな
井汲 >> (なぜいつもまともにキャラ名を呼ばないここの人たちが、「沙奈」という名前だけ流暢に打てるんだ。おかしい、陰謀の匂いがする…!(しません))
LD >> いや、沙奈ちゃんが徒手空拳過ぎるので、逆に一位に見えるんですが、とにかくいろいろ丸ごともっていきましたよね。幼馴染。
GiGi >> これまで出てきたキャラと仮定する理由は特にないですが、あり得るとしたら萌花が対戦した子くらいでしょうね
LD >> さっき、調べましたw>沙奈
GiGi >> 萌花だって普通に名前で呼ぶぜぇ
タスタイ >> 幼馴染子ちゃんはナナちゃんか
LD >> うん、まあ、何にせよ顔を隠しているから、顔出しした時に驚きが出るには…みたいな逆算の話で。
GiGi >> 今週の武勇伝のサービスシーンは素晴らしい
GiGi >> コドモの作り方は相変わらず設定が穴ぼこ過ぎてなんともはや。
カルマ >> 僕もその辺かなと>萌花が対戦した子 ただ気づいた素振りも…まぁ気づかないのかw
LD >> ん〜あれか?萌花は、一応、着替えだしできるくらいには、やせた…のかな?
カルマ >> 萌花ちゃんはもっと太ってていい。デブはこんなもんやないんやで。
GiGi >> 肉付きがよくてもちゃんとくびれがあるという
GiGi >> 動けるデブなのでコレはコレで間違ってない(どんな議論だ)
カルマ >> いやぁ…くびれるわきゃないんだけどもw
LD >> 『神のみぞ知るセカイ』は、そろった女神たちが、コロコロ語らっているだけで楽しかったです。ん〜今更ながら勝ちの流れですね。
LD >> ん…僕も、デブはこんなもんやない…と思ったけど。満田先生的には、いろいろなパターン描いて、ボツにして結果、これを載せたかな?とか。
カルマ >> 「神知る」女神たちはほんとにディアナ以外は桂馬のこと好きじゃないのか?
LD >> 『コドモの作り方』は、このまま自転車操業で穴を埋めてゆくのも面白いかも…と思ったり。
LD >> ……大変あやしいですがw>女神たち その展開は、何か困るかな?……ん〜(考)まあ、ディアナのキャラ付けが弱まるくらい?
GiGi >> なにかこう、月光条例が楽しかったですw
カルマ >> 「最後はストレート」は結局才能は血統みたいな話にしちゃうんです…?
LD >> 『BE BLUES』、そして丸い疑惑があった優香はすっかり丸くなくなって…。
GiGi >> 最後はストレートは略奪愛かと思ったら両親とも双子だったと言うオチでしたw
カルマ >> 「ひめはじけ」の今週のオチの台無し感はすごく好きw
LD >> 『最上の明医』は、何か変な展開だけど…好評なんだろう…な?
GiGi >> 電波教師も設定にむりくり感が
LD >> 『銀の匙』は、相変わらずいい話だ。コドモが成長する話だ。
井汲 >> 渡瀬センセは現実世界編を書くつもりがまだあったんですねえ。もう書く気がなくなって、足枷にしかなってないんじゃないかと感じていた所でした。
LD >> 『ケンイチ』、先週一番とりましたが、今週の決着シーンも素晴らしかったです。
GiGi >> ケンイチは素晴らしかったですねえ。本郷が生き残ったことが何より素晴らしい。
LD >> 交互にって感じではないんでしょうけどね。異:現が、7:3くらいの予定が、9:1くらいになっているのかも。
井汲 >> 「銀の匙」は安定感が素晴らしいですね。単行本を買わないでいるのを申し訳なく感じるレベルです。(そして荒川先生の投入をもってしても、サンデーの部数低落を食い止められないという危機…)
紙魚 >> ケンイチは演出的には達人の決着としてピークに達するものを今回持ってきたって感じですかね
LD >> 『ムシブギョー』は、戦闘フェーズが進むと、すっかり蟲奉行様がヒロインだよね。
タスタイ >> ケンイチのこれは殺人拳と活人拳の対比でしょうね。
LD >> しかし、『ムシブギョー』、十傑蟲はいいとして、猿飛佐助の次、霧隠才蔵を倒してしまうと、もう残りの人、メジャーじゃないよ?w
LD >> 『GANKON』は全員が弐願を使っているような状態と理解。ちょっと様子見……というか、あまりいい展開に感じていません。
LD >> ただ、僕は「弐願最強!」とかウキウキだったんだけど、実際には消費が早いとみて、早い内に使い切る体勢なのかもしれないと思ったり。
LD >> こんな、ところでしょうか。
井汲 >> 「壱願」「弐願」というのは、「術の強さ」の分類であって、「術の種類」の分類とは違うんじゃありませんでしたっけ。皆が使う技が似通って来てるのは、ルール変更に合わせたものであって「皆が『弐願』(的なもの)を使ってる」ということではないと見ています。
GiGi >> 三願、四願が求められると言う展開自体は悪くないですね。アブノーマル方向に行くとちょっとターゲットがニッチになってしまいますしw
カルマ >> LDさんは主人公の弐願のようなものを皆が使ってて、主人公の弐願が没個性化している状況はいまいちに感じているのでは。
カルマ >> >井汲さん
井汲 >> いろんな個性的な技が見たい、というのは確かですね。
GiGi >> んー。マガジンはAKB、チャンピオンはエンジェルボイス、ジャンプがニセコイでサンデーは月光条例かな。
LD >> カルマさんの説明の通りです。ルール変更が弐願を没個性化させている所がある。
LD >> マガジンは『絶望先生』かな。
井汲 >> だから「神バトル」を仕切ってる委員会が、早々に更なるルール変更の決定を下してくれるといいのかな。
LD >> チャンピオンは『囚人リク』。
LD >> ジャンプは『恋染紅葉』かな。
カルマ >> 本能に近い欲望として何があるかってのと、本来の人間の本能より遥かに強く異常な欲望を持った人だっているはずだけど、このルールだと「共感されないので弱い」という結果に陥るので敵づくりも難しそうだなと>「GANKON」
紙魚 >> 絶望先生かリク 
紙魚 >> でも絶望先生は次最終回だからな
LD >> サンデーは……『神のみ』がけっこう好きなんですけどね。『銀の匙』かな?
LD >> なんか、いろいろ巡りが悪い気がするんですよ。>このルール
カルマ >> 第一試合のルールだと「食欲の権化」として「人間を食うことを至上の喜びにする奴」を主人公が倒す理由を持ちやすくて本能に近いラスボス格として僕はイメージしてたんだけど、人間食うのってあまり羨ましがられないから第二試合のルールだと勝てない。
LD >> 『絶望先生』か、『恋染紅葉』か、『囚人リク』か、『銀の匙』か。
カルマ >> マガジン「絶望先生」でしょう。最終回でずっこける可能性はなくはないので、こだわらなくてもいいかとも思ったりも。
カルマ >> チャンピオン「囚人リク」。まぁアベレージなんですけど
カルマ >> ジャンプ「恋染紅葉」。
カルマ >> サンデーは…「ひめはじけ」のオチが好き。
GiGi >> おー一個もかぶらないと言うのは割りと珍しいw。リクは来週期待だなー
LD >> …『恋染紅葉』がいいかな。(ボソ)
GiGi >> 絶望先生は個人的にはそんなにそそらなかったのですが、センセーショナルではあったみたいですね
カルマ >> 絶望先生の今週のネタはエリアの騎士があったことでプラマイどっちに振れたのかは気になったりします
GiGi >> むしろエリアの騎士から発想を得た可能性が微レ存
LD >> うん、僕もびびったけど、そんなにそそらなかった。…『改蔵』の方がシンプルでよかった感じ。
LD >> …んじゃ、『恋染紅葉』にします。
GiGi >> 恋染はどうなんだろうなー。
GiGi >> と言っている間に決まってしまったw
GiGi >> まあ今週は割りと何でもいいですw
紙魚 >> おやすみなさい
井汲 >> お疲れ様でした。
カルマ >> お疲れ様でしたー。
LD >> それでは、今週もありがとうございました。お休みなさい。
タスタイ >> おやすみなさい


■■■■2012年06月16日■■■■
LD >> 【今週の一番】チャットは6/16(土)24:00に開始します。


■■■■2012年06月17日■■■■
LD >>
GiGi >> ばん
LD >> |ω・`)ばん。
LD >> さっきまでラジオしていました。
GiGi >> ガンダムAGEが期待以上に面白くなっている最近です
GiGi >> 気がついたときには終わっていた>ラジオ
LD >> うん。以前から言っていたけど、『ガンダムAGE』のラジオやってもいいかもね。
LD >> このタイミングだと終わったくらいでとも思うけど。>『AGE』
LD >> む。もう少し人が来るのを待ってみますか。
GiGi >> そうですねー。良い感じに盛り上がって終わったら総括ラジオしたいですね
GiGi >> やはりフリットさんの存在感の危うさがとてもよいなあと。Fate/zeroの切嗣の危うさに通じるところがありますね
カルマ >> (明日ライブなので今日は不参加の可能性が…ねむねむ)
カルマ >> 一応アニソン三昧聴いてます。後3時半からBSでアイマスのおまけ話?放送らしいのですが…
LD >> う〜ん…フリットと、切嗣は直感的には違うと思うけど…そこらへんの視点を語るのは面白いかもしれませんね。
LD >> う、カルマさん、そっすか。
LD >> ・・・・。
GiGi >> 切嗣は深層心理では自分の間違いに気がついている感がありますが、フリットさんはその気配も見せないところがいっそうスリリングですw
LD >> 今週は、何からでしたっけ?
LD >> ああ、正にそこだw>フリット 彼の方がナチュラルに正義を信じているんですよね。
GiGi >> 先週はマガジンからでしたっけ
LD >> 今週はチャンピオンから行きましょうか。
LD >> 一番はじめましょう。
LD >> 『囚人リク』は、上手いと思いました。単純に。
GiGi >> 囚人リク素晴らしかったですね。仲間が、リクを笑わせようとするのがとにかくもう。
LD >> 看守の服を手に入れる…という、ある意味定番の手段を、かなりドラマチックに盛り上げているというか…。看守の目をくらます方法の謎掛けをして、目を見えなくするというとたしかに意識は停電とかの方に行くので……それで後でリクに「ずるい」と言わせて種あかし。…良い組立だと思います。
GiGi >> 謎解きパートは実質2ページしか使ってないんですよね。それが単純な気付きをきっちり盛り上げている
LD >> ただ、レノマのガタイはばれないか…?とは思いましたw
GiGi >> 空灰はエロかった
カルマ >> 「囚人リク」僕はちょっと肩透かし寄りに感じたんですが、確かにうっかり見逃させられてたというか。上手い盛り上げ方とも見れるのか
GiGi >> ガタイのいい看守の服を奪わねばw
GiGi >> バチバチは仁王の「関取感」がよいなあ
GiGi >> ドカドリ、ヘイジャンボは読んでないなー。どっかで探してきて読むかな。
紙魚 >> リスクを勘案してないっていうか、そこが一番難易度高くない?って点を攻略可能な前提で語ってる感じがしてしっくりこなかったかも>リク
LD >> 『弱虫ペダル』、御堂筋、キモイ変身をすると、速さが増すという…w まだ、あと二つくらいキモイ変身残してないかな〜w
紙魚 >> 空灰甘甘すぎる、どうしたアンタの土俵はそこじゃないぞ
LD >> 『バチバチ』、この学生横綱…常松ですか。なんとなく好きです。人形倒して「なにしに来たんだ」ってのも好き。
カルマ >> 「空灰」は膝裏フェチな人、普通にいるからなぁ…
GiGi >> 見積もりの甘さは想定範囲内でしょうね>リク。あくまで発想に至れるかのテストで、実行のためのノウハウは革命の闘士がしっかり見せてくれると期待
GiGi >> りびんぐでっどは定番の惚れ薬という素材の新しい使い方を見せてもらった感
LD >> 『範馬刃牙』、たしかに板垣バトルの結論はそこだと思うんだ。そして、その意味では猪狩vsマウント斗場が最高だった。
紙魚 >> 範馬刃牙のこり10回だそうですね、やっとかって気がしないでもないですけど
GiGi >> ちぐはぐラバーズは愚だ愚だな展開でしたが、なんかほんのり良いオチに。
紙魚 >> まぁ外伝的なのが始まるんでしょうけど、烈先生のボクシングだって手つかずだし
LD >> 『りびんぐでっど』は可愛い話でした。
紙魚 >> ちぐはぐラバーズってモルガン視点の物語にしておけば良かったんでは、これじゃアヴァロン側がちぐはぐラバーズだぜ
LD >> 最終回から、一ヶ月後くらいに『範馬刃牙~新たなる道〜』とか、はじまりますよ?(´・ω・`)
LD >> まったく正しい指摘だw>アヴァロン側がちぐはぐラバーズ
GiGi >> 刃牙最終回ってどこ情報よ?と思ってたんですが、トークイベントでそんな話が出てたんですね。まあ、普通に続くでしょうw
紙魚 >> 浦安のこの女子3人浜岡先生よっぽど動かしやすいんでしょうなぁ、こんな回転率高いサブキャラ今までいなかったよ
LD >> 『エンジェルボイス』の、オレたちにはまだツキがあるという描きがけっこう好きです。…勝負とはそこで決まる事もおおいのだけど、物語的にはなかなか納得値にもって行くのは難しいのですよね。
GiGi >> エンジェルボイス良いですよね。相手が格上なことを認めたうえで、ワンチャンスに賭ける感が良く出ている
LD >> 『てんむす』、なかなか出て来なかったチビ子の本領が発揮されるようですね。天子を食い道部に引き込んだのはこの子だけど、遠い先の戦いは立浪部長と赤西部長が見せてしまった。この子は何を見せてくれるのか?
GiGi >>
GiGi >> 「てんむす」も良い話でした。上手く食べ残すというのはテクニックとしてはありだけど、部長戦で見せた「無心」の戦いとは対極にあるものなんですよね
GiGi >> なんとなく「これが食義か」とか思ったりw
LD >> 『ラッキーストライク』、衣笠は、どこかのチームに入るのではなく、自分が作ったチームにこだわっていますね。すごい執念だなあw
紙魚 >> スポ×ちゃん!のこのマイナースポーツの競技性を紹介していこうってやる気のなさは何だろうか
LD >> 『ましのの』らしい終り方でした。お疲れ様です。
GiGi >> たけしたけんじろうせんせいはまんがはうまくない
LD >> うん………目の付け所はいいと思うんですが……何かが間違っている気がします。>たけしたけんじろうせんせい
LD >> ジャンプいきましょうか。
GiGi >> ブリーチはこういう展開は盛り上がるなあ
紙魚 >> 先週から引き続き「使徒です!」をやりたかったのがわかる、何をやりたかったのかはっきりわかるしちゃんと出来てるってのが岸本先生との大きな違いか
紙魚 >> マジコが素晴らしく打ち切りらしい巻き方ですね
LD >> 『黒子のバスケ』、紫原もゾーンに入るキはしていましたが…なんだろ?あれだけのガタイがと才能があって、どうしてもゾーンに入れないってキャラでもよかった気もしたり?
GiGi >> 黒子は展開は間違ってないんだけど盛り上がりきれないのはどこが悪いのだろう
GiGi >> ラブコメが3本とも好調なのでマジコもようやくお役御免ですね
紙魚 >> 黒子ってスポーツ漫画の分類としては「魔球」漫画ですからね、流れとは別に魔球を攻略したら勝ち(この場合特殊能力を攻略したら勝ち)だから「こなくそーーー!まだまだーー!!」って応酬には向いてないのかもしんないですね
GiGi >> ワンピース、このスライムはなかなかえげつないですね
LD >> 『トリコ』は、やはり節乃ババァは最強クラスかw
紙魚 >> 思うに最近の打ち切り漫画って凄く綺麗にまとめてた方なんだなって妙なこと実感
LD >> しかし、竹ちゃんのパートナーは、美食会会長に見えるぞ?
LD >> …と見せかけて、息子の人(新キャラ)とか、そんな展開と見た。
紙魚 >> 急激なインフレですけど今まではグルメ細胞のパワーアップだけど、今回は細胞強化+食義ですんで跳ね上げても不自然ではないかな
LD >> ラブコメ3が好調なこんな世の中で「斉木楠雄」はアンチラブコメやってて好感触?(´・ω・`)
GiGi >> このパワーアップを儀式としてグルメ界編に突入という流れでしょうね。
LD >> 『ニセコイ』は、小野寺さんと千棘ちゃんが、ふたりとも男らしくて、楽はハブの展開とかそんな妄想をした。というか、この際、約束の無い鶫に行くのはどうだろう?
紙魚 >> ニセコイは子供の頃会ってました〜〜をやってヒロイン格の並列化、。。っていうか初期化?
紙魚 >> 実は二人が約束の男の子だと思ってたのは鶫でしたーとか
GiGi >> 約束から離れたところで積み上げをどれだけ出来るかの勝負でしょうね>ニセコイ
紙魚 >> 曲がりなりにも鍵を差し込んだわけだから”お嬢の方へ一旦向かったモノ”とカウントしてよろしいのでしょうかね
LD >> 『スケットダンス』、コマちゃん、可愛いなあ…そして何か伊藤潤二先生の恐怖マンガみたいな感じがした。
紙魚 >> そして鍵が折れたのは初の性行為の失敗の比喩にちがいねぇ
LD >> ありあり〜w>約束の男の子だと思ってたのは鶫
紙魚 >> コマちゃんってこんなデカかったですかね
LD >> そして『恋染紅葉』は、とても満足な展開だ……これだよ…と思う。(`・ω・´)
紙魚 >> 恋染がどういう脈絡なのかよくわかんないけど主人公がヒートアップして会いたい会いたい言ってたら本当に会えました
GiGi >> 恋染は絵に描いたような綺麗な三角形ですねー
紙魚 >> いいんすか?ラブコメは「どうすれ違いさせるか、つまりどうニアミスさせるか」が脚本の骨子と思ってるんでこれで遭遇されてもなぁって
LD >> 『ハイキュー』は、ちっさい人が新キャラか…リベロなのかな。
GiGi >> リボーンもぬらも最終決戦にむけて良い盛り上がりです。
LD >> いや〜由比ちゃんのターンがデカかったんで、ちょっと彼女のターンに戻さないとバランス悪いでしょう。その際の遭遇の仕方には選択があると思いますけど。
GiGi >> リベロですね。チビでも活躍できるリベロポジションにレギュラーを置くことで、チビのアタッカーの意味性が強まってよいかもですね
紙魚 >> リベロはあんま揉めずにすむーずに仲間になってほしいかな、指導者の問題も控えてるようだし
紙魚 >> 最近の部活スポーツモノでは流行らんかな、指導者というか大人にスポット当てるの
LD >> 『パジャマな彼女』も良い感じではないでしょうか。…ただ、いつでも終われそうな状態だ…(汗)
紙魚 >> パジャマは耳フェチに媚びてる場合だろうか?って順位だったが来週センターカラーなようで一安心だ
LD >> 『マジコ』は…ソードマスターヤマト的終幕が近づいていますね。
かんで。 >> こんばんは。「銀河へキックオフ!!」一気に観て、その後、何故か眠れないので久々に来てみました。
GiGi >> 銀河へキックオフ評判良いですねー。機会を作ってみてみたいものです
かんで。 >> ジャンプは「ハイキュー」が安定していいですね。リベロの人もいいかんじに収まりそう
紙魚 >> ラブコメ3つとも主人公の好意一つですからね、ハードルらしいハードルが無いんでどれもいつでもシメられる
かんで。 >> 「銀河へキックオフ!!」いいですよ。イナズマイレブンに望んで得られなかったものがほとんどある感じです。
LD >> 『銀河へキックオフ』ですか……観ていないです(汗)最近、アンテナ弱いな〜(汗)
LD >> サンデーいきましょうか。
紙魚 >> バルジで言うところの「旅」がどういうことなのかいまだによくわからない、おつかい的なもんだと思っていいのか
GiGi >> あだち先生のこれはゲッサンの新連載なのね
GiGi >> バルジは基本構造が不安定すぎてちょっとというかかなり不安ですね
かんで。 >> 「戦星のバルジ」がどんどん平凡になっていく残念感が。いや、いい漫画なので最初に期待しすぎたのかもしれないですが。
LD >> 『ハヤテのごとく!』は、西沢さんには来て欲しいのだけど、何か無理がある……いっその事、もっと無理やりな展開にした方が返って印象よかったのかもと思ったり。
かんで。 >> ゲッサンの奴ですね。昔ながらのあだち節で2話も安定しています。好き。
紙魚 >> ゲッサンでも1話再掲載だとか
GiGi >> 1ヶ月だけのホームステイでもきっちり家賃取るというのはなにか良い話ではあります
紙魚 >> サンデーもゲッサンも買ってる人は延べ3回同じ漫画に目を通すことになったわけです
かんで。 >> 1話が載ってる雑誌を3冊持ってますw
GiGi >> エリアDの見開きでノドの部分を広げてみようとした人は挙手
GiGi >> 最後はストレートも鋼鉄の華っ柱も最上の明医もやはり何がなんだかよくわからない
タスタイ >> こんばんは
かんで。 >> 美少年属性はないので(^^;
GiGi >> コドモの作り方はなんとかむりやり状況設定の理屈は形になったのかな?
GiGi >> でもって月光条例がエピローグかと思ってたら最終章が始まりそうな勢いですよ!
かんで。 >> 「最後はストレート」最近の流れ素晴らしいですね。まぁ、実際に素晴らしかったのはこの間の姉弟のベッドシーンでしたが。
タスタイ >> 西森先生が小説を出されるようですね
GiGi >> 最後はストレートはシチュエーションは大変よろしいのだけれども、両親が双子みたいな設定の意味がなんだかよくわからない
GiGi >> 国崎出雲はたいへん頭悪くてよろしい
かんで。 >> 血が繋がってなくて、男女がベッドで、相手の異性について全く意識しない、というのは素晴らしすぎました。
LD >> 『マギ』はキャラが増えてきたな〜。あの剣闘士のねーちゃんは、アリババのカシムの部分に惚れてるって話なのかな〜。
かんで。 >> 御角くんと睦月が似ていることの設定強化なんでしょうね。両親が双子同士なら似ていても不思議ではない
LD >> 『ムシブギョー』、くうう……これは火鉢さんが安い……orz が、まあ、参戦する可能性があるだけよし。
かんで。 >> 国崎出雲は強烈過ぎ(^^; 属性ないので恥ずかしくなりますw
LD >> あと、仁兵衛の血統は、名が出ていないだけで超エリートだという事がわかってきた。
GiGi >> ビーブルースは今週も素晴らしい
LD >> 『GANKON』は、このルール変更、いろいろなものの消費が激しいので、適当に切り上げられないかと考えています。
かんで。 >> ビーブルーズは高値安定ですね。フリーキックは決まる流れか。
LD >> いや〜『BE BLUES』、ナベケンのカッコ良さは、龍ちゃんに次ぎますね。
かんで。 >> 「GANKON」のルール変更、作者への負担がバクマン以上に高いような(^^; がんばれ作者(^^;
GiGi >> GANKONは土俵が狭くなってしまっている感がありますね。瞬間的には面白いですが、構造的に苦しい
紙魚 >> あーひたすらにシチュエーションの浪費してますねぇ。完全に悪手>GANKON
GiGi >> ベイビーステップもそうなんですが、周りが良く見えている奴が強いというのが良く描かれてますね
かんで。 >> ナベケンライバルチームのGKでここまでカッコいいのはかっとび一斗の伊緒くん以来かな、個人的に。
かんで。 >> ちなみに「銀河へキックオフ」の主人公の能力も「視野の広さ、展開の読み」だったりします。技術的にはみそっかす扱いなのですが。
LD >> …多分、弐願を活かそうと思って、この展開にしたのだと思いますが、完全に裏目ってると思います。「何故か、開いては小芝居を見てしまう」で十分なのに…。
LD >> ほうほう。>「視野の広さ、展開の読み」
LD >> 『月光条例』の最終章は……やっぱり長いのだろうか?とてつもなく?
かんで。 >> そうですね、弐願は、必要のないところでわざわざ使う、という状況の方が魅力が高い気がします。
かんで。 >> たぶん「からくりサーカス」の最終章並みではw
タスタイ >> 「GANKON」、同系の願いの勝負をしてしまうとそれ以上の盛り上がりがなかなか思い浮かばないですね
かんで。 >> 現代日本の傾向を反映してるんだと思うんですが、リーダーの役割が解体、分割されようとしているのかな、と。
LD >> さて、マガジンに行きましょうか。
LD >> なるほど…あるいは、花形というか、ヒーロー、主人公というものに対する、俯瞰した視点かもしれないですね。>リーダーの役割が解体、分割
かんで。 >> 展開の読みとコーチングって、GKの仕事として統一されてもいいと思うのですが、ナベケンではなく8番が担っていて、それが自然に見えるんですよね。
紙魚 >> ある種の作劇ツールの発明なんじゃ?主人公が作者と同じ次元で思考してしまう理由付けというか
かんで。 >> あ、なるほど>主人公が作者と同じ次元で思考してしまう理由付け
紙魚 >> 賭博王零が至れり尽くせり過ぎるwいろんな意味で
LD >> 『GE』は、一波乱掛けてくるのか……この状態から、『君のいる町』のごとく戻れるのか?
LD >> 『フェアリーテイル』、ラクサスのお父さんって、初登場ですっけ?
LD >> 『我間乱』、松本無楽は、面白いキャラだった。
GiGi >> GEは黒川のターンですね。ごまかしなくきっちり自分の気持ちと向き合うのはとても良い
LD >> 『絶望先生』は、まあ、終りましたね。……う〜ん、改蔵の最終回の方が好みだったなあ〜。
GiGi >> ガマラン、髪の毛帷子は良いアイデアだと思ったんだけど、過去に類例あるのかな
GiGi >> 絶望先生はまあ、お疲れ様でした、とw。
紙魚 >> 絶望先生はここ数週の方が盛り上がってたかな、最終回にしてはって感じだったかも
LD >> 『AKB49』の&Jファンのガラの悪さにわろた。一方、AKBのファンは当然アキバ系なのであったw
かんで。 >> 黒川ついにきたという感じ。やはり本命感強し。
GiGi >> 講談社漫画賞、児童部門…児童部門…?
紙魚 >> はじめの一歩ハンドスピードが凄いから寿司握るのも早いってそれアイシールド21みたいな小ネタ挟んでくるな
LD >> 『シャードック』、美しすぎる市長さん、なかなかいい殺し方ですねえ〜。
かんで。 >> 絶望先生、改造のラストの方が私も好みですね。
LD >> 『ハッピープロジェクト』は、混迷してるけど、この混迷こそが『ハピプロ』だと思う。(`・ω・´)
GiGi >> エデンの檻は人間対人間になりましたねー。槍と弓は相当強いですが、どう対抗するのか。
GiGi >> アニマルの自殺島でも戦争が始まりましたが、木の盾が大活躍していてとても感銘を受けたり
かんで。 >> 遠山えま先生は「かみかみかえし」がよかった。小さな女の子の魅力がわかっている作者ですね>漫画賞児童部門
LD >> 『改蔵』のラストと同系統で、ひねり過ぎなんですよね。多分。クラスメート全員死人だけの方が割りと気持よかった印象。
紙魚 >> 絶望なしだと今週はリクかちぐはぐぐらいしか無いかも
LD >> 『賭博覇王伝零』、福本マンガは、時々、すんごい設備とか仕掛けが、不意に出てくるw
LD >> …さて、そろそろ一番を決めましょうか。
かんで。 >> そうですね、もう少しシンプルな方が落ち着いて観られるのに、と。>絶望先生ラスト
LD >> チャンピオンは囚人リクでしょうか。
紙魚 >> ちぐはぐかな
GiGi >> リク、ニセコイ、MIX、ハピプロって感じ?
GiGi >> ちぐはぐも良かったですね
かんで。 >> チャンピオンは個人的には『ANGEL VOICE』。『囚人リク』も有り。
タスタイ >> ちぐはぐのあの収まり方はよかったですね
LD >> ジャンプは…『恋染紅葉』が好きなんですが…。
LD >> ハピプロ!Σ(`・ω・´)
LD >> ああ、『エンジェルボイス』いいですよねえ…。
LD >> サンデーは……『MIX』?
かんで。 >> 個人的に、なでしこのキセキのW杯決勝で1ゴール、1アシストしても顔をまともに描いてもらえなかった宮間さんに特別賞をあげたいです。
LD >> マガジンは……あれ?『ハピプロ』だなあ…?
かんで。 >> ジャンプは、「ハイキュー」かな。マガジンは……無しかな。
LD >> う〜ん、『エンジェルボイス』でどうでしょうか?
GiGi >> エンジェルボイスは一連の流れが良かったですね。特に異論はないです。
GiGi >> 今日はなんだかわりと早く終わった感
かんで。 >> 『ANGEL VOICE』、私はOKですがどうでしょう。地味といえば地味な良さですが。
LD >> では、『エンジェルボイス』にします。
かんで。 >> 了解です〜。
LD >> それでは、今週もありがとうございました。お休みなさい。
タスタイ >> おつかれさまでした
かんで。 >> お疲れ様でした〜。


■■■■2012年06月21日■■■■
井汲 >> 出ましたね、参願!


■■■■2012年06月24日■■■■
LD >> 【今週の一番】チャットは、6/23()土
紙魚 >> (。--)
紙魚 >> チャットの時計がおかしいよ
LD >> |こんばんは。
LD >> あ…時々、なんか変になるんですよね(汗)
LD >> あと、何か、今日、IMEの調子がおかしいです。
紙魚 >> こんばんは
GiGi >> こん
GiGi >> グリニッジ標準時ですな
LD >> 本日、ラジオをやる予定だったのですが、マシンの調子により中止になりました。
カルマ >> こんばんはー。GiGiさんアイマスライブビューイング行かれるなら明日は15時開演なのでお気をつけを
紙魚 >> アイマスと言えば時間かぶりのせいで最近まとめて見たけどエラく気合いの入ったアニメだった
LD >> え〜っと、元々、サーバーの位置に対して、9時間くらいの時差があって、それを内部で調節しているんですよね。…で、多分、サーバーはアメリカにある。
GiGi >> どうも検索したけどよくわかってないです
LD >> 『アイマス』は気合が入ったアニメですねえ…。
LD >> 今週はどこからでしたっけ?
カルマ >> 映画館でライブの中継観るだけですけど?>わかってない
GiGi >> チャンピオンからかな
GiGi >> いや、どこでやってるのかがいまいち。土曜日だけやって日曜日はやってない映画館が多いのかな?
カルマ >> 梅田の映画館は空いてたし◎ついてたから直接行って買えそうな感じもしたなぁ>ライブビューイング
カルマ >> 沖縄のとこ以外は日曜もやるみたいですけど。http://ameblo.jp/project-imas/entry-11251483992.html
GiGi >> 今検索したら出てきました。なんでかさっきまでは日曜日のスケジュールが出てなかったみたい
LD >> では、そそくさと。チャンピオンから行きましょう。
LD >> 『バチバチ』で、王虎がかなり謙虚さんに見えるんだけど、多分、そんなに作っていない。「稽古のたびに猛虎との差を思い知らされる」という言葉にウソはないのだと思います。
GiGi >> 王虎は怒りを内に封じ込めることで格を高めてますね
LD >> あと、常松は、王虎から尊敬していたという言葉が出て、もう新人じゃないw…しかし、同部屋対決は、そうそうないわけで、どういうキャラ位置に納まるか興味がありますね。
紙魚 >> 「囚人リク」はなんかもう看板漫画の格が出てる、ここでこういう一話の使い方が出来る余裕が出たのはいいことだ
カルマ >> 「バチバチ」常松は中から潰すために来たって感じになるとどうも格落ちを感じるかなぁ
カルマ >> 「囚人リク」はずっといいんだけど今週も素晴らしかったなぁ…
LD >> 『弱虫ペダル』、やはりなんだかんだ言って、スピード勝負は華がありますねえ…。
GiGi >> 王虎の先輩だけど、鯉太郎の弟弟子というポジショニングが面白いですね
LD >> 『囚人リク』は、レノマの驚きがすんげえいいよねw
GiGi >> 囚人リクは素晴らしいの一言ですね。叫びだすレノマがいい
LD >> 『範馬刃牙』、花山さんなら、オーガと正面から殴り合えそうな気がしますが。
GiGi >> 花山VSオーガは禁断のカードですw
LD >> 『ガキ教室』が、何となく好きな話。いろいろ言っているけど、いい先生だよね。みたいな感じで。
紙魚 >> ちぐはぐはどうしたものか? キャラを好きになれたかどうか以上の漫画ではなかったですよね
GiGi >> シュガーレスがなんとも良かったのだけれども終わりそうw
紙魚 >> 「ガキ教室」って先生と生徒の距離感がいいっすよね、金八や鬼塚みたいに現実味のない大人ではないし、解決手段もちゃんと地に足着いてる
GiGi >> さくらディスコードも第一部完といった感じですが、これはまだ続くのかな?
LD >> 『てんむす』が、相変わらずいいです。こんだけ、一戦、一戦よい展開の連載も珍しく思います。
GiGi >> ガキ教室がいいのは先生がすごく生活力が高そうなところですね。職歴いろいろといのがちゃんと説得力ある
GiGi >> てんむすは会場を味方につけた空気感がいいですね
GiGi >> エンジェルボイスもすばらしい
紙魚 >> ここで尾上⇒成田は「持ってきたな」って感じですね>エンジェルボイス
LD >> 『エンジェルボイス』、すばらしいですよね。いいサッカーマンガだ。そしてまだ2分ある。
GiGi >> 読みきりの「推薦ヤンキー」もよかったですね
GiGi >> 写真の「一番いいシーン」の選び方もいいし、「あと2分」という引きも良い
LD >> 『ラッキーストライク』も、いい感じなんですよ。…チャンピオンだと普通の少年スポーツマンガが続く感じです。
LD >> 『りびんぐでっど』も可愛らしかった。そろそろ
LD >> 『りびんぐでっど』も可愛らしかった。そろそろ、いろいろ極まって来たので、終わるような気がしないでもない。
GiGi >> んーわりとぐだぐだと続いてもいい気はしますがw>りびんぐでっど
LD >> ジャンプ行きましょうか。
LD >> 好きなので、続いても全然問題ないです。>『りびでん』
GiGi >> こがねいろは綺麗なまとめで。
GiGi >> ここまでまったく連載になる予感がない読切というのはしかしジャンプでは珍しいなあ
紙魚 >> 妙にリアルでここまで理想的な青春を描いちゃうと十代は引いちゃうんじゃないかなってちょっと思った>こがねいろ
GiGi >> 「ハイキュー」はリベロの先輩が出てきて歯車カッチリ合ったなー。これはもう勝ちパターン入ったか。
LD >> 『トリコ』、竹ちゃんのコンビは、三虎と思わせて、実はスタージュンだったと。うん、でもあのGTロボみるとミドラだと思いますよね。
GiGi >> バルジは不安定。
紙魚 >> リベロの先輩の加入が揉めなかったこともリベロの説明を後回しにしたことも非常にいい判断
紙魚 >> あのGTロボはズルすぎるwそして竹ちゃんは見栄っ張りキャラが固まってますね
LD >> 『ニセコイ』、小野寺さんカギもって来たのね。
紙魚 >> なんか噛み合わないですよね>バルジ、全然SF要素が無いから星人って言われるたびに首かしげちゃうし
GiGi >> トリコと小松が中の人をどっちだと思っているのかわからないという状況が面白いですね
LD >> 写真で、誤解とか、なんてオーソドックスなラブコメ…。>『ニセコイ』
GiGi >> リベロ先輩にすでにパートナーがいるのも心強い
紙魚 >> 今週リボーンが非常によろしかったんではないでしょうか、この形しか無いだろって思ってたけどきっちり積んできたものつかって盛り上げてきた
GiGi >> ニセコイは千棘ちゃんがスイッチはいっちゃったのがどうなるかなー。すごく面白いんだけど、すごく綱渡りな展開w
紙魚 >> 正直もう1。2週悩むかなぐらいに思ってたんですが>リボーン、ツナの出した答えが多少弱くても許せるかなって思えた
GiGi >> リボーン良かったですね。本当に見たかったものを見せてくれた感。
GiGi >> ぬらもよかったです。
GiGi >> クロガネはこれは畳みにはいったかなー
GiGi >> 恋染は良い妄想力だ。
紙魚 >> 私はぬらり、ちょっと巻きすぎかなと思ったんですけどね、リレー形式のバトンつなぎラストバトルなのはわかるんですけどそれぞれの役割の重要度をわからせるには敵の格の描写がよわかったかなと
カルマ >> 「トリコ」上手いですね。スタージュンすら食うか竹ちゃん。締まらないぜ竹ちゃん
紙魚 >> パジャマもなんか終わらせられる位置に着いてしまったかな
LD >> 『ハイキュー』いいですよね。囮の話がいい。「誰かがお前の囮でスパイクが決まるなら、お前のポジションの重要さは変わらない」っていい話だ。
紙魚 >> エロコメは恋染が担ってるんでしょうな、次にパジャマ、次にニセコイと
LD >> 『斉木楠雄』は、このノリでずっと続いている所がえらいですね。面白いです。
紙魚 >> で、めだかですが次週人気投票センターカラーでこの引きは勝ちすぎるぞクマガワさん
GiGi >> 瓶子体制の編集方針と上手くかみ合ってる感がありますね>斉木楠雄
GiGi >> まー狙ってますねーw。今回は人吉君と一騎打ちとなるかどうか>めだか人気投票
LD >> 『恋染紅葉』は、良いと思います。もう、なんて言うか、毎週夢中で読んでしまいます。(´・ω・`) しかし、基本プロットは読切に沿う形なのかな?
紙魚 >> キセキの世代は赤より危険な奴が居たのか、、、よく部活停止にならなかったな
GiGi >> 恋染は読みきりの形が良かったんで連載苦しいかなーと思ってたんですが、存外展開の幅がありそうかなと思い直してたり。
LD >> 『リボーン』はいいですね。なんて言うか、ツナがリボーンから卒業する時が、終わる時で、それは何か?って話ですよね。
GiGi >> パジャマは先輩がデレればデレるほど弱くなるというちょっと厳しい状況
紙魚 >> 銀魂はものすっごい久しぶりにメインキャラの設定に触れてきましたね
LD >> 『パジャマな彼女』も、好きなのですが……風呂来ましたし。ちょっと追いやられている感がありますね。う〜ん、続いて欲しいものです。
LD >> いや、手筋としては弱くなる方がいいんじゃないかな?元々、設定のない徒手空拳子だったので「急がば弱まれ」という諺もありますし。
LD >> >パジャマ
GiGi >> んー。パジャマは結局主人公が自分の気持ちに向き合っちゃうとそこで終わりなのが厳しいですね。いっそ先輩も幽霊になってもらうとかしないとw
紙魚 >> べるぜばぶってなんかこの作品シリーズごとの連続性無いですよね、大魔王の依頼を受けてどうとかそういう漫画だったかなって
紙魚 >> 対等じゃ無いですからね、二人だけの世界が無いから「好意に対して好意」を返すって素直な話にしないと先輩に向かう理由がない
紙魚 >> >パジャマ
LD >> サンデー行きましょうか。
紙魚 >> なんかジャンプ半分ぐらい終わりそうだよ
GiGi >> 武勇伝はいちいち萌花ちゃんがかわいい
紙魚 >> 武勇伝が既存のキャラでもなんでもなかった
紙魚 >> 中3でハヤブサ仮面はセンスが一周してますな
LD >> 『ハヤテのごとく』の展開が分からないです。…ん〜緊迫感はあるかもしれないですけど…どうも乗れないですね。
LD >> 多分、一周してなくて、偶然なんでしょうけどねw>ハヤブサ仮面
GiGi >> ムシブギョーの母は素晴らしかったですね
GiGi >> こうーなんというか畑先生のセンスの古さがもろに出ている感w>ハヤテ
GiGi >> 電波教師の悪くはないけどどうもピントが合わない感
GiGi >> ケンイチは今週も言うことなしですね
LD >>
カルマ >> 「武勇伝」日本一クラスがこんな小銭稼ぎしているのがいまいちよくわからない
GiGi >> やーボクシングは儲からんでしょうw
カルマ >> 「電波教師」やりたいことはわかりますけどねぇ…
LD >> 『マギ』の煌帝国の皇帝が死んだことによって、戦乱が来るという展開がすごく好きなんだけど、上手く説明できない。
カルマ >> いや、どう考えても金稼ぎの効率悪そうだし…w
GiGi >> なんつーか状況設定に説得力がないというか。同じ「イエの縛り」をやっている華っ柱とくらべても納得間が薄い
LD >> 『BE BLUES』のこのポストは、どう観るべきなのか。あくまで勝負の天秤の話なのか、それとも、やはり龍ちゃんの精度が落ちているという事なのか?…まあ、前者っぽいのですが。
GiGi >> 勝負のあやではありつつも、運命の瞬間という感もあり>BEBLUES
GiGi >> BE BLUESは展開に迷いがないですね。どういう結果になっても、それは仕方がないという納得間が強い。
GiGi >> 月光条例展開はおもしろいんだが、かぐや姫の付き人のキャラの濃さはなんだろうw
カルマ >> 「BEBLUES」龍ちゃんとナベケンのどっちが勝ちとも譲れないバランス感がありますね>ポスト
LD >> 『ムシブギョー』、いい話というか良いお母さんでしたね。…ところで、父ちゃんにはこの頃、頬の疵がないか…どこでつけたんだろ?
GiGi >> やはり夫婦喧嘩でしょうw>頬の傷
LD >> あと、お春殿の脱げやすさは伝統芸能ですな。
LD >> 『GANKON』は、参願なんでしょうねえ…本当に、これで勝負が決まる。
GiGi >> GANKONは今の展開が完全にしくじりなので、三願は正念場ですな
カルマ >> 「GANKON」三願がダメだとかなり厳しくなりますね。
LD >> マガジン行きましょうか。
LD >> 参願ダメだと厳しいですねえ……今の展開自体がこう……なんて表現すればいいのか分からないけど、弐願でほぼ勝ちを収めていたのに、小さなつまづきで一気に追い詰められている感じなんですよ。
LD >> 『山田くんと七人の魔女』は能力が変わったとな?(´・ω・`)
GiGi >> AKB2話掲載は見事でしたね。マガジンはこういうコントロールは本当に上手い
GiGi >> 山田君はどこに行きたいのかさっぱりわからないw
LD >> 『君のいる町』は、全身エピローグなこの…。
GiGi >> アゲインは熱い展開ですなー
紙魚 >> アゲインはもうつきあっちゃっていいぞ、恋愛決着つけたあとで続いてもいいじゃない
LD >> 『賭博覇王伝零』の、この零の妄想力のすごさ…!!…別のストーリーも作れそうなんですが。
カルマ >> 「山田くんと七人の魔女」はわからんですねぇw 超速で断言してるしw
カルマ >> 「アゲイン」素晴らしかったですね。レオちゃんかわいいわー
紙魚 >> ばくだんもラブコメってる?加瀬漫画としてはここで女の子増やすの珍しくもないけどなんかこの漫画だと妙に目新しく感じる
LD >> 『アゲイン』は、レオちゃんが大変よろしかったですね。今、面倒くさい事しているけど、団長より明らかに面倒くさくない子ですし。
カルマ >> 「君町」はだから月にしとけって1話だったな…w
GiGi >> ベビステは本当に面白いなー
紙魚 >> 零はちょっと察しが良すぎるんですよね、そんなディティール部分まで予測すんの?って感じで
GiGi >> GEは最終局面ですな
カルマ >> 「GE」は良かったです。
LD >> え〜っと、『エデンの檻』、状態がよくわからないけど……錦織だけ安全な遠くへ逃げていて、他の連中は、あそこに残っていて女の子だけを狙おうとしている状態なのかな?
カルマ >> ハルトは柚希と離婚したら月と再婚すりゃええねんな
LD >> 『シャードック』がよかったです。次もいいと、なかなか良い連載と言えるんじゃないでしょうか。
LD >> ぶっちゃけ、月はそれをず〜っと待っててくれる感じですな。(´・ω・`)
LD >> 『ハッピープロジェクト』は、ここからがクライマックスです……よ?(´・ω・`)
LD >> 『AKB49』は、ピンチだけど、どうするんでしょうね。単純にマイク戻るのもどうかなあ?とか考えたり。
カルマ >> 「AKB49」は音響押さえられちゃうとちょっとわかんないですね。観客の側からやり直せって声が入るとかかな
LD >> ああ、う〜ん、確かに、ブーイングがなくなっている所で、こうあからさまな嫌がらせをしたら返って客が敵に回っちゃうかも。
LD >> では、そろそろ一番を決めましょうか。
LD >> チャンピオンは『囚人リク』でしょうか。
GiGi >> やはり今週は囚人リクが素晴らしかった
GiGi >> ジャンプはリボーンかな。
GiGi >> サンデーはムシブギョー
LD >> ジャンプは『ハイキュー』がいいのかもしれない。
名無し >> リボーンかリク、でもリクはここ数週平均的だしリボーンかな、
GiGi >> マガジンはAKB49ですね
紙魚 >> 名なしになってたwリボーンで
LD >> サンデー『ムシブギョー』ですね。というか、今週は弱かった気がします。
LD >> マガジンは『アゲイン』で。
カルマ >> チャンピオン「囚人リク」でしょう。
カルマ >> ジャンプ「リボーン」か「ハイキュー」。
カルマ >> サンデー…「ムシブギョー」かなぁ
カルマ >> マガジンは「アゲイン」でしょう。
LD >> 『囚人リク』か『リボーン』のようですね。
GiGi >> ハイキューも確かによかった
LD >> 僕は『リボーン』は来週待ってもいい気がするんですけどね。…ちょっと違うかな?
GiGi >> 難しいところですね。確かに今週のリボーンの流れは美しかった
GiGi >> 囚人リクは、漫画としての凄みをちょっと見せられた感。本当に無駄なコマがひとつもない
LD >> うん…来週、ツナの提案内容が良いものだとしても、それが一番に上がるような一話になるかどうかは、また別の話という気もしますね。
紙魚 >> ツナが答えを出す展開なんだけど物語的には「ツナが自分で答えを出した」ってのがもう既に答えなんですよね
LD >> うん、今週は『リボーン』で行きましょう。リボーンにします。
紙魚 >> てか最近マガジン弱いなあ
紙魚 >> おやすみなさい
LD >> それでは、今週もありがとうございました。お休みなさい。
カルマ >> そうそう、ツナがどんな答えを出してもリボーンは認めると思う
カルマ >> お疲れ様でしたー。
GiGi >> リクは本当に素晴らしくて、リクが手錠の第一段階を突破したとき、レノマがリクが何かをしていることに気付いてるんですよね。それで最後の雄たけびが、期待感の落差を表現していて
GiGi >> 柱が「さぁ脱獄へ一直線!」てなってて、そのテンションがまた素晴らしいw
GiGi >> これでまだ6巻しか出てないんだぜという贅沢感。
GiGi >> ではでは。また来週。


■■■■2012年07月01日■■■■
LD >> あ、今週の一番は、本日、24:00からです。よろしくお願いします。
LD >>
LD >> |ω・`) おお、09:02 ?
LD >> こんばんは。
LD >> さっきまでラジオしていました。
LD >> む。
GiGi >> こんばんは
GiGi >> おはようございます?
カルマ >> おはようございまし
LD >> おはようございます。
LD >> 今週は、ジャンプからでしょうか。
タスタイ >> こんばんは
紙魚 >> こんばんは
GiGi >> 雨偉人具スパイダーマンみてきました 
紙魚 >> ラジオ聞こうかと試みたけどなんか無理だった
LD >> こんばんはです。
LD >> では、ゆるゆりと一番に入って行きましょう。
紙魚 >> ぬらりが終わりましたね
LD >> 『トリコ』、千代ばあちゃんと、師範は夫婦でしたか…。すごいな…なんか。(`・ω・´)
GiGi >> さてジャンプですが。パジャマな彼女が私服に戻りましたな
GiGi >> ぬらはNEXTで完結編ということで、中堅漫画の整理が始まりましたね
紙魚 >> 引っ張るにはキツい設定なわけだけで次週の仕切り直し方しだいなんだけどタイトルどうすんのって感じですね
紙魚 >> たぶんまくらが霊界探偵として3人の妖怪を追うあたりから仕切り直すんだとは思いますが>パジャマ
GiGi >> 先輩がパジャマになったりすれば楽しいのになーとか思ってたりw
LD >> 『ニセコイ』は3人目が来たのでしょうか。
LD >> 『パジャマな彼女』は、センパイが
GiGi >> 実は元は1人だったのが2人に分裂という裏設定が
LD >> 『パジャマな彼女』は、センパイが何らかの形で、「パジャマな彼女」と呼べる状態になるのが正しいですね。
LD >> SFか!(`・ω・´)>元は1人
LD >> 元は2人だったが、写真に写る時だけ、フュージョンしていた。
紙魚 >> この幽霊ちゃんをどーにかしてあげる話になるんですかね、珍しくシナリオそのものがおもしろかったです>パジャマ
LD >> 『ニセコイ』は、ここで一人増えて(?)、『パジャマ』はここで元に戻る…正しいと思います。
紙魚 >> ニセコイは最近鍵の話題に固執しすぎかなと思ってるんですけどね「約束の人だった、だから付き合います」だけじゃ弱いんだから「約束は約束、んで今の気持ちは?」って面も楽側から描いてほしい
GiGi >> さっきラジオでも話しましたが、ラブコメ3本をきっちりてこ入れして続ける意思を見せてるのが興味深いですね
カルマ >> 「ニセコイ」は増えますか…ふむ。
LD >> 『めだかボックス』、ここで球磨川くんが現れるというのは、やはり“愚行権”は機能していなさそう?
名無し >> ニセコイが目指す健全とらぶるの道待ったなし。
LD >> 多分、約束の人が誰かはっきりすると、そっちにシフトするとは思うんですけどね。
ルイ >> あ、ぼくです。
ルイ >> 元々鍵穴云々だけで言うならパジャマをバカにできないくらい貧弱な構造なので、もう有耶無耶にするか全員が鍵穴を持っている方がいいなと。
タスタイ >> ラブひなもそうでしたけど、誰が本物なのか?というのはいつでもひっくり返せますからね
カルマ >> 意図的に封印してる可能性もあるのかな>愚行権
紙魚 >> マジコは最後の最後までかわいそうな子供抜きで話作れなかったのかーーって思ったけどそれが魔法の成り立ちに関わってるって言うんであればまぁしょうがない、、、、、、かな?
LD >> あと、球磨川くんのブックメーカーは何気に恐ろしい技でしたね。…オールフィクションの機能が不十分な事を考えると使える。
紙魚 >> スタイルってのがいまいちわからないかな、今までもよくわかんない能力の理屈だったけど今回はハッタリとしても巧く機能してないような
カルマ >> 今回の敵の能力はさっぱりピンときませんねぇw>「めだか」
LD >> あ、『戦星のバルジ』は、女の子はやく出さないとね。
ルイ >> 確かにスタイルは上手くない。展開を見せる為のギミックですね。
GiGi >> 誰にでもプロポーズする軽薄プレイボーイだった幼き日の楽君
LD >> 多分、小説だとけっこうピンときそうなんですけどw>『めだか』
GiGi >> 女の子自体はでているがレギュラーになる構造が見えない>バルジ
ルイ >> バルジ良かったですね。理を越えるという描きは。
紙魚 >> リボーンは細工師のおっちゃんとあっさり会えたってご都合に目をつむれば、なかなかにいい答えが出たなと
カルマ >> 「バルジ」はなんだろう。ヒロインもそうだけど、領地拡大というか植民地解放みたいなイメージは作れないものかなぁ。周辺地図とか出して。
ルイ >> それは自国を出るあたりで期待したいですね>地図 RPG的に言うなら、同時に大目的も出すのは混乱を招くので。
タスタイ >> バルジは王道であるまっすぐな主人公という存在への肯定に力を入れてますね
LD >> 『斉木楠雄』が楽しいですね。『いぬまるだし』終わって……代わりになったというのは厳しいですけど、でも、楽しいです。
紙魚 >> まずいまだに星人の扱いがどんなんなのかまだわからない>バルジ
カルマ >> 「いぬまる」には遠く及ばないけど、らしい面白さは作れてると思います。>「斉木楠雄」
LD >> あれ?『銀魂』は、このエピソード、重い話なの?
GiGi >> 異星人=悪という構図はそのうちずらしてくるとは思いますが、そのあたりが見えないとなんともというのはありますね
紙魚 >> 黒子のバスケは灰崎くんがやべぇっていうより赤司くんの属性がヤバい人じゃなかったと判明した回
LD >> 『黒子のバスケ』は、これは黄瀬が勝つ話でしょうね。
紙魚 >> なんかゲストキャラでそういうのやるのが型になって来ちゃってるかなとは思ってるんですけどね>重い話なの
カルマ >> 「銀魂」はもうちょい長めにギャグに振ると思ったんですけどね。最近ギャグ回低調なのか…?
LD >> 『恋染紅葉』は、順調だす。(`・ω・´) このマンガは、まだキャラ増やさんでいいね。
紙魚 >> ハイキューの今回の話は、こないだのクロガネはこういうことをやろうとして巧くいかなかったんだなってのがわかる感じ
カルマ >> 「クロガネ」はヒーロー感特に無かったけどなんかヒーロー宣言出て終わりそうな感じですね。
カルマ >> 「ハイキュー」はTL見てると女性人気高いようで何より
紙魚 >> てか道場再建っていう大きな設定掘り起こしたのになんか主題がブレそうな気が>銀魂

MANKEN CHAT(1.1)