漫研チャット
名前:
発言:
[正面] [取扱] [過去ログ]


■■■■2012年08月05日■■■■
カルマ >> 「ニセコイ」はマリーも綺麗に立ったなぁ…うまいなぁ…
紙魚 >> タカマガハラはようやく本編開始なのだろうか?見開きの使い方完全に間違ってるけどこのノリはそんなに嫌いじゃないです
LD >> 『暗殺教室』、ああ、うん、なんでしょう。生徒を殴ったら負けというか、そういう状況の中で何を教えられるのか?というか、そういう教育の形が見えるような気はしますね。教材・殺人技能ですが。
紙魚 >> 恋愛モノで顔突き合わせてお互い情報交換するってなんか珍しい>二セコイ
カルマ >> 「タカマガハラ」こっから拠点でも行くのかと思いきやそのまま新たな敵ですか。展開がようわからんなぁ
LD >> 『ニセコイ』、つーかもう、マリーでいいじゃん?鍵とかなくても、充分、運命的な出会いだと思うけどな?多分、それは千棘や、小野寺さんでも、約束関係なくても充分「何か」があるはずで…。これはもう、過去フラ・ゼロの誠志郎くんにしておけという暗示だな!(`・ω・´)
カルマ >> 「ハイキュー」が素晴らしかったですね。個人の強さでもチームプレイでの強さも「同じ1点だ」と。後者でも全然かっこわるくないと。
紙魚 >> 読みきりのゴブリンナイトも割と良かったです、完全にサンデー文法のワンギミックバトルだけど。ただストックがあんのかな?って考えたら連載はどうだろうかなって思いました
紙魚 >> ハイキューよかったけどもう試合を止めて丸々一話「人間ドラマ」に使う感じのマンガにしてくつもりなのかなって
LD >> 『ハイキュー』が良いね。昔から、パンチ力の無い選手が主人公のボクシングマンガや、飛距離の出ない選手が主人公のゴルフマンガが読みたいと思っている人だけど(まあ、稀にあるけど)、バレーでそれを見せてもらっている気分。躱さないと打てない、だからセッターが大切。いいマンガ。
カルマ >> どうでしょうね?今のとこ公式試合じゃないってところがあるんで今後どうなるかは>試合を止めて人間ドラマ
タスタイ >> ハイキューは練習試合の段階でここまで熱くなれるのがいいですね
LD >> むしろ、『ハイキュー』は、相手チームをどう描くか?はまだ見せていない所がありますね。
カルマ >> 「スケットダンス」はどんどんボッスンに対する乙女回路を失っていくヒメコが面白いw
LD >> 日暮が目覚める年は、確かに覚えやすくって面倒くさいって『こち亀』ならではの悩みだw
LD >> あ、そういう事かw>どんどんボッスンに対する乙女回路を失っていくヒメコ
紙魚 >> スケットダンスはこの高校いやなやつが多すぎる
LD >> 『パジャマな彼女』は、ここで新キャラっすか!まあ、佳し!
紙魚 >> 新キャラでました?
LD >> 『べるぜバブ』は、この伏線なんだろう…とか、考えている。
LD >> あ、いや、このメガネの娘ですが……新キャラってわけじゃないか。
LD >> 『めだかボックス』は、一時間席をはずす理由はなんだろう?
タスタイ >> 眼鏡子は初期から出てましたね。なんか主人公好きっぽい感じで。
LD >> ん〜一時間あるから、まったく別の事をしてられるかな?
タスタイ >> どう見てもサブヒロインなのにこれだけキラキラさせるのがちょっと好きですね。
カルマ >> 「パジャマな彼女」何にせよ新ヒロインを立ててきたわけですが、それやってどうするんだろうという感じですね…この子可愛いけど。
LD >> あ…そうでしたっけ(汗)>メガネの子
LD >> 一方、『恋染紅葉』は、なぜフリチンという展開に…。
LD >> サンデー行きましょうか。
LD >> 『ハヤテのごとく』、オリジナルストーリーのアニメですか。以前、言っていた挑戦…だったけな?はこれでしたか。
LD >> 『武勇伝』水着キタ!(`・ω・´)
LD >> ところで、ボクシング部のマネージャーになるために、やせるという萌花ちゃんのモチベーションはこれで終了なのだろうか?
LD >> 『ムシブギョー』、大岡越前さんは、当然のように強い人のようですね。…しかし、これは住民を斬ろうとして、仁兵衛に止められる流れかな?
LD >> 『BE BELUS』は、諸星のがんばりの伝播具合がぱねえです。気がつくと、チームメイトたちがすげえいいキャラというか、勝てるチームのキャラになっている所がすばらしい。
カルマ >> 「BEBLUES」は良いですねぇ…
タスタイ >> BE BLUESは絵の力がすごいですね。
LD >> 『GANKON』は、ともかく「相手の(正当な)願いを潰しながら進むのか?」という、この壁超えるのは相当難しいです。だから、ここで負けて一息つくのは正着に見えますが…。結局、同じ壁がくるしなあ…どうするかなあ?
カルマ >> 「GANKON」は掲載順前の方なのはたまたまなのかな?
タスタイ >> 剣に操られていたのはよくなかったと思うんですけど、そうじゃないと重くなりすぎるんですよね
LD >> 『月光条例』、桃太郎が消滅するのはちょっと悲しいかも。
LD >> いやぁ、話をつきつめてゆくと、重さ自体は変えられないんですよねこれは。…ちょっと目先をかえたりとか、何か一工夫を入れないとここで詰みになる。
LD >> 『るろうに剣心』が、不殺の命題に挑んだ時は、かなりきつそうでしたけど、これはけっこうそれ以上にキツそう。
LD >> 『銀の匙』の「人のミスを願うようではまだまだ…」というのが地味にいいというか、とくにそれをダメ出ししたり注意したりする所までイカないのがいい。
LD >> 『神のみぞ知るセカイ』は、久しぶりにお母さんにやられた。久しぶりに時代はお母さんなのか?と思った。(`・ω・´)
LD >> 『おすもじ』は、うん、やっぱりこのヤンデレの妹の話、続いてるんですよね?安心しますた。
カルマ >> 「おすもじ」あんま時間経ってなくて驚いたりw
タスタイ >> 神のみはしばらくハクアでてこなさそうなのでショボーン(´・ω・`) いやまぁここで一緒にきたらヒロインのバランスが崩れますが。
カルマ >> 「神知る」美人お母さん最強ですね
LD >> マガジンに行きましょうか。
LD >> ここでハクアが、一緒に来たら、もはやハクア・ルートですねw
紙魚 >> うおっっと寝てた
LD >> 『探偵犬シャードック』、このNYくん、ダメっぽく見えて、けこう押さえる所は押さえているのは、良いですね。というかこんだけ若くて出世しているんだから、それない以上じゃないとね。
LD >> 『AKB49』は、前田敦子が正体を知っているという展開ですが…んんん、それだけ前田敦子をドラマにからめてくるのだろうか?
紙魚 >> サンデーもそうですが前田敦子は何でも知ってますな
LD >> 『君のいる町』は、もう浅倉さん出さなくってもいいよ…っていう雰囲気のこんな世の中じゃ…。
LD >> 『A−BOUT』は、朝桐の考えの簡単さが受けた。…というか、入るなら樋口派じゃないのだろうか。
LD >> 『アゲイン』、アベタマがブスだって言われて、すげえ悲しい。(´・ω・`)
LD >> 『アゲイン』あと、鈴木がやる気になってくれると、嬉しいですね。そういう所、なんか応援の良さが出ていると思う。
カルマ >> 「AKB49」一貫してあっちゃんは知っていたようにも思えますが。
LD >> 『GE』は、両方のヒロインから元彼の話があがっているワケですが……このヤバ気ルートがよいのでしょうか?
LD >> いや、多分、最初方分かっていた人として描かれていますね。前田さんと、秋元先生はわかっていた…ってのりですよね。
LD >> 『ドラゴンコレクション』は、やっぱり現実世界というか、閉鎖されていない世界で何か起こる方が楽しいとは思うけど……小西さんおとなしいな。
LD >> 『ちょっと盛りました』が、意外にサッカーエリートで笑いました。
LD >> さて、そろそろ一番を決めましょうか。
LD >> チャンピオンは『ラララライブ』と、『ガキ教室』がよかったと思うなあ。
カルマ >> チャンピオン「ガキ教室」ですね。
LD >> ジャンプは『暗殺教室』かなあ…。
カルマ >> ジャンプ「ハイキュー」で。
LD >> サンデーは『BE BLUES』ですね。ナベケンとの戦いはずっと良いです。
LD >> あ、ジャンプ『ハイキュー』でした。
タスタイ >> ジャンプはハイキュー。可愛さではパジャマ
LD >> マガジンは『シャードック』か『A−BOUT』かな。『A−BOUT』のバカっぽさはけっこう良かった。
カルマ >> サンデー「BE BLUES」はずっといいんですけどね。ここは「神知る」だ。お母さんだ。
タスタイ >> サンデーはBE BLUES。
紙魚 >> ハイキュー、神知る、がき教室
カルマ >> マガジン…うーん。
LD >> 『ガキ教室』か、『ハイキュー』か、『BE BLUES』のどれかという感じでしょうか。
紙魚 >> 特に推したいのは無いんでおかあさんがよかったってだけで神知るでいいかな
LD >> 『神知る』のお母さんは破壊力高かったですね…w
カルマ >> ガキ教室かハイキュー推しで
LD >> 。o(…んんん、今、見返してみると『りびんぐでっど』、二週連続でとっているのか…)
カルマ >> 最近そういうの気にしてなかったですねw>二週連続
LD >> 僕は『BE BLUES』か、『ハイキュー』でと思っているのですが、今週は『ハイキュー』でいきましょうか。そろそろ『BE BLUES』にもまた一本あげたいですけどね。
LD >> 今週は『ハイキュー』にしましょう。
カルマ >> 「BE BLUES」みたいにいいのがアベレージになってくると難しくなってくるパターンですねw
LD >> それでは、今週もありがとうございました。お休みなさい。
カルマ >> お疲れ様でしたー。
タスタイ >> お疲れ様でした
井汲 >> ヤマトの新作は、TV シリーズフォーマットで全26話予定ですね。今の劇場公開の形は全7章で、その終了後に TV 放映の予定…とか。


■■■■2012年08月11日■■■■
LD >> 【今週の一番】チャットは8/11(土)24:00に開始します。


■■■■2012年08月12日■■■■
LD >> こんばんは。
GiGi >> こんばんは。
GiGi >> 先週はねおちしてましたすんまそん
GiGi >> 今週はチャンピオン休みですかね
LD >> チャンピオンは今週休みですね。
LD >> え〜っと、一応、来週はお休みにしようと思うんですが…次の週でまとめてやれますよね。
GiGi >> 了解です
LD >> さて、始めましょうか。
カルマ >> こんばんはー。オリンピックで関西TBS系アニメがなくて悲しみに…
LD >> なんか、今、ディフォルメキャラのAA作りとかに挑戦しているんですけどね。…時間がかかって大変です。
LD >> こんばんは。オリンピックは、もうほとんど観なくなって、2〜3回経っている気がします。後から、情報だけで結果を知るの。
LD >> え〜っと、ジャンプからでいいかな。
GiGi >> 陸上競技とかは観だすとやっぱりずっと見ちゃいますね
LD >> では、一番始めましょう。
GiGi >> さてそろそろバルジの敗因を考えるか
LD >> サッカーは、女子が銀で、男子が韓国に負けたんでしたっけ?
カルマ >> 男女サッカーの最後の2試合とレスリングと…ボルトの決勝は両方みたな。僕も観ようと思うまでずいぶんかかった…
LD >> 『バルジ』は、敗因というか、こちらが想定した世界の可能性のようなものが、作り手の方で想定されていなかった…という感じじゃないでしょうか。
GiGi >> よもやあの出だしで先の展望がなかったとは…
LD >> 『暗殺教室』は、最初の山としてはまずまずじゃないでしょうか。……しかし、この物語ってシチュエーション・コメディ(?)なんですね。あまり、そうほいほい新キャラ(新暗殺者)を増やせる設定ではないので、そこは厳しいかもしれない。といってもそのハードルを超えるだけでかなり面白くなりそうとは思えます。
カルマ >> 「バルジ」は王子の設定で星全部が舞台で、なんであんなおつかいものにしたのか…
GiGi >> 暗殺教室はどうやってシリーズ組むんでしょうね。毎回転校生が来るのかな?
LD >> 『バルジ』、いや、想定されていないって事はないですね多分。そこに至るまでのメソッドがジャンプマンガフォーマットままというか、ノーアイデアだった。そこに至るという発送が既にずれがあった…という感じでしょうか。
カルマ >> 「暗殺教室」は殺せんせーとの信頼関係を築いて心を許さないとそもそも勝負にならないという組み方が本当に上手いですね。
LD >> 毎回転校生でもいいかな?いや、テーマ的に考えると、とても殺せそうにない生徒たちの良い所=殺人技術を見出してあげる、育ててあげる展開がよさそうに思います。
LD >> ああ、良い指摘ですね。>「暗殺教室」は殺せんせーとの信頼関係を築いて心を許さないとそもそも勝負にならないという組み方が本当に上手い
GiGi >> んー展望があれば最初のお使いの手ごたえがなかった時点で早回しでスケールアップすればよかったんですけどねえ
LD >> 『スケットダンス』、相当、組織的な話になっていますねえ。
GiGi >> ニセコイは展開が丁寧ですね
カルマ >> 最初のおつかいが終わった後舞台が大きく広がるだろうと見立てはありましたよね。そのまま違う街に同じような話をやりにいって…ていうのがなぁ>バルジ
GiGi >> スケダン面白いのはこれが過去の話と言うことで、今の人間関係に同つながるか楽しみですね
GiGi >> タカマガハラはここまで女の子が描けない人は久しぶりに見た気がする。吉とでるか凶と出るか
GiGi >> めだかはまったく予想がつかなくて良い引きです
LD >> 『トリコ』、四獣を裏で操る恐るべき黒幕という展開は…!wなんだろうw
GiGi >> ここで自然現象でなく人の意思の介在があったという展開は意外ですね>とりこ
カルマ >> 「スケットダンス」スイッチの闇に触れるとそれだけでぐっと来てしまうなぁ…
カルマ >> 「トリコ」黒幕ですかーうーん。美食會とも違う目的なんですかね
LD >> 『斉木楠雄』は好調ですね。…この娘、ヒロインでしょうか?
GiGi >> 斉木楠雄はサブキャラの組み方がいいですね
カルマ >> 「斉木楠雄」モノローグだらけのスタイルをこう使うかと。ヒロインとしてもいいし上手いですね
LD >> 『ニセコイ』は、良いね!…というかマリー面白いキャラですね。病弱…でよかったですっけ?
LD >> いや、マンガって分からないですね。正直、麻生先生の連載が安定する事があるとは思っていなかったです。
カルマ >> 「恋染紅葉」はゆいちゃんが可愛すぎるな…
LD >> 『タカマガハラ』、女の子は微妙かもしれないけど、ヒロインの子は好きだな。それと、今週はなぜかドーピングコンソメスープを思い出した。
LD >> 『黒子のバスケ』、赤司はまだどんな能力か分からないですけど、「眼」系だと黒子の能力はまったく通用しないっぽいですね。
カルマ >> 「タカマガハラ」今回の話で最初のエピソード作っても良かったような感じはしますね
カルマ >> 「パジャマな彼女」この2話はなんだろう?特に主人公に意識させないまま終わりましたが…
LD >> 『べるぜバブ』の久我山は実は女だったという、この驚きゼロの展開は、実は何かのはやりなのでしょうか?
GiGi >> 驚きはゼロですが展開としてはOKです>べるぜ
LD >> それにしても姫川優遇されています。人気キャラなんでしょうね。いや、確かにこいつは面白い……というか、本来、魔界の磁場の方が強いはずの設定を、無能力のヤンキーもがんばる…みたいな話に引きつけておけるのは姫川のキーパー力に拠る所が大きいですね。
カルマ >> 「黒子」この試合は無冠を格上げするために使って赤の能力は出さない可能性もあるか
カルマ >> 「べるぜバブ」胸の膨らみちょっと描いちゃってるじゃん!wとか思いながら読んでしまうレベル。
LD >> 『めだかボックス』は、次の予想つかないですねえ……何か別の事をやっていた…ってあたりじゃないかと思うんですが。
LD >> 『恋染紅葉』は、ナナちゃんの単話は不要なくらいこの子は強いと思いますが、ファンサとしてはよいのかも。
LD >> 『パジャマな彼女』も、良いと思うんですけどね。このエピも短かったので、どうしたものか…。
LD >> サンデー行きましょうか。
GiGi >> GANKONが畳に入ってしまった…
LD >> 『史上最強の弟子ケンイチ』は、日常…というか学生に話が戻ったわけですね。けっこうギャップがあるなw
LD >> 『GANKON』のショックは、もうちょっと後でな…(汗)
GiGi >> AKB48殺人事件やっぱり面白い
GiGi >> BE BLUESは本当にぎりぎりの戦いですばらしい
LD >> 『銀の匙』の、八軒くんは良い子ですねえ。…なんか、普通に健康健全な子なんですよね。それは『鋼の錬金術師』のエルリック兄弟にも感じていて、もっと母の復活に囚われた危うい兄弟…ってほうが“らしい”所があったんだけど、こっちも全然、そんな感じはなかった、そこは良くも悪くも荒川先生のカラーなんでしょうね。
カルマ >> 「マギ」ここでウーゴくんはいいなぁ。
カルマ >> 「ビーブルーズ」は負けてしまうことを考えながら読めるのがいいです。そのくらい敵も見事で…
LD >> 『武勇伝』、お父さん許してくれましたね。いや、順当な話運びです。短く解決していて良いです。
LD >> 『神のみぞ知るセカイ』は、かなりお使いRPG的な展開というか、ゲーム設定ですね。
GiGi >> 武勇伝は案外あっさり問題解決してほっとしましたね
LD >> 『ハヤテのごとく』が、ジャンプの恋愛マンガで研究しているそうな!(`・ω・´)
LD >> よかったですよ。なんか、間合いがw これそんなに引っ張る意味ないというか、自力で稼ぐってのはどんどんうそ臭い方向に流れてしまう可能性がある。>『武勇伝』
カルマ >> 「武勇伝」良かったですね。そもそも稼げるとは思えなかったですし。しかしクラブにだけ通うという選択肢は特に提示されなかったか
LD >> 『ムシブギョー』は意外なタイミングで、小鳥殿の実力が明かされますた。しかし、ホントに三人だけなんだ?
GiGi >> マギのカラー扉はドリランド風というかなんというか
LD >> 『最後はストレート』、なんか…女の子キャラが増えましたねw…なんぞw
GiGi >> 最後はストレートはぽっと出のキャラが「お前には足りないものがある」みたいな話になっていてふわふわしてる感w
LD >> 『戦コレ』のエピソードがなにかやるせない気持ちになった…。
GiGi >> 松永くん男キャラ使ったのは意外でしたねw>戦コレ
GiGi >> 戦コレアニメのほうはいよいよ光秀ちゃんが出てきてすごかったですね
カルマ >> 関西戦コレはオリンピック休みで明後日大谷吉継回から2話連続か
LD >> 『BE BLUES』は最高ですね。ハンドになる試合の流れが、これ程、納得力をもって描かれるとは!
LD >> すごいなあ〜ナベケンがすごくて、諸星が抜けて、でも交代した太田ががんばって。
LD >> そして宮崎がシュートコース見えて、躊躇なくシュート。そしてハンド。素晴らしい。
GiGi >> アニメ戦コレ、劉備回で戦国以外のキャラを出して、吉継回で舞台そのものを海外にして、という流れがいいですね
GiGi >> クレバーな判断としてのハンドでなくって、思わず手が出てしまった感がいいんですよね
LD >> 『ポケモンリバースト』も締めっぽいかな。
GiGi >> こっちはまあ順当な
LD >> 『GANKON』は、このまま終わったら、ちょっとショックで寝込むレベル。
カルマ >> 「GANKON」は…ひとしきり爆笑した後「これ二重封印だよな?な?」って精神の安定を求めましたね
LD >> しかし、なんだ……回避的な展開が思いつかないというか、「ああ、次週こうなるんでしょ?」みたいな候補が出ず、意外と手強い(汗)>『GANKON』
LD >> 二重封印にしても、つらいわ〜w 巨神ならともかく、こんなこんなおっさんと入れ替わるのw
LD >> マガジン行きましょうか。
カルマ >> この状態を長く続けるつもりだとは思えないんですが、終わるっていうのは…さてどうなるか…>「GANKON」
LD >> 『ベイビーステップ』、面白いですね。緒方に弱点があるとしたら、最後の執念部分、最後の気迫部分として、それを意識するのは吉か凶か。
GiGi >> ベビステどうなるかと思ったら彼女力対決にw。これは勝つるw
カルマ >> 「ベビステ」彼女力なら負けないですねw 足りないのは闘争心というのも納得だなぁ
LD >> 『君のいる町』は、御島さんが登場して、何か胃がきりきり痛いです。
LD >> 『GE』は、つまり、どういう事だってばよ!
LD >> 『シャードック』は、ロマネコンティをダメにする方法で死体を隠したんだろうけど…つまりワイン倉庫に核したんだろうけど…ちょっとその先が推理できないな。
GiGi >> 君町は着拒はやりすぎててまったく意味がわからない
GiGi >> 零は福本先生描いてて楽しいんだろうなーとw
GiGi >> 金田一、こっちはわかりやすく地図の川が竜の形になってますね。若干ネタかぶり感
GiGi >> AKB49はMAYAが復活して完成だとは思っているのだけれども、引っ張るなあw
カルマ >> 「AKB49」MAYAを待ってるファンたちがいるんだから、後は目を向けるだけなんですよね。
カルマ >> 「君町」がここまでやって旅行には行くというのもわからない
カルマ >> 「GE」は先輩の電話に出ないというのが、これで選択させたつもりなんでしょうか。
LD >> 『AKB49』は、ステージ対決編はなかなか良いですね。
GiGi >> GEはそういう話ではないと信じてますが、読者的には揺さぶりですね。どうなりますか
LD >> うん、こうして見ると、MAYAはず〜っと自分のためだけにやってきた…っていう所かなあ?
LD >> 『ばくだん』は、坂本龍馬登場と…本物?
カルマ >> 「ばくだん」坂本龍馬、「ピースメーカー」でドレッドヘアーの坂本龍馬見てるから普通に本物として読んでしまったw
LD >> 『アゲイン』は、宇佐美団長が何かカッコよくみえるw
LD >> さて、そろそろ一番を決めましょうか。
LD >> ジャンプ、う〜ん、『斉木楠雄』、『ニセコイ』がよかったかな。
カルマ >> ジャンプ「暗殺教室」「斉木楠雄」かなぁ
LD >> サンデーは、もう、マジ『BE BELUS』
LD >> 『暗殺教室』もよかったですね。
LD >> マガジンは『AKB49』か、『アゲイン』という感じです。
カルマ >> サンデー「BEBLUES」ですね。
LD >> 『ニセコイ』か『BE BLUES』でしょうか。
GiGi >> BE BLUESですかね。
LD >> 『ニセコイ』で行きましょう。『BE BLUES』は斤量。
GiGi >> 重たい斤量だなあw
GiGi >> 明日は午後からコミケに顔出そうかなと
LD >> 『BE BLUES』はナベケンとの戦いは、ほんっとにいいんですけどね。
カルマ >> 斤量かぁw
LD >> そんなワケで、今週は『ニセコイ』です。
LD >> それでは、今週もありがとうございました。お休みなさい。
GiGi >> おつかれさまです
カルマ >> お疲れ様でしたー
LD >> いや、『BE BLUES』もどっかでとらせたいですね(汗)
カルマ >> そういえばジャンプネクストのぬら孫完結編、何話かやるようですが物凄い勢いで話を消化してて切なくなりましたね…


■■■■2012年08月17日■■■■
LD >> 【今週の一番】 今週はお休みです。


■■■■2012年08月25日■■■■
LD >> 【今週の一番】は8/25(土)24:00から開始予定です。


■■■■2012年08月26日■■■■
GiGi >> ばんわ
GiGi >> るろうに剣心見てきました。面白かったです。
カルマ >> この土日はアニメロサマーライブに参加しています。くたくたなのでチャット不参加で
カルマ >> ただ、昨日行った現代美術館の庵野秀明特撮博物館展が素晴らしかったことを書いておきたく
カルマ >> 新作特撮映画の上映とその後のメイキング、過去の特撮のメイキングや撮影技法展示だけでおつりがくる。というかどっかで常設展示すべきレベル
GiGi >> 特撮博物館評判いいですね
GiGi >> 終わったらジブリ美術館で常設するんじゃないんですかね?w
カルマ >> 怪獣特撮に興味なかった僕でも無茶苦茶楽しめたので是非行ってみてください
カルマ >> アニサマもめっちゃ良かったですがまぁ良くて普通なのでそれはいいやw
GiGi >> さて珍しくLDさんが来ない
タスタイ >> こんばんは
GiGi >> こんばんはー。
GiGi >> LDさんこないですがどうしますかね
タスタイ >> うーん、寝落ちでしょうか
GiGi >> まあぼちぼち始めますか。
GiGi >> 今週はジャンプから?
タスタイ >> 先々週参加してないのでどこからか分からないですね
GiGi >> まあジャンプからいきましょうか。
GiGi >> ニセコイが小野寺さん勝負回でした
GiGi >> 斉木楠雄好調ですね
タスタイ >> 最近の新連載の中でも上位安定と下位が明確になってきましたね
GiGi >> クロガネはここまでかな。きっちりやりきった感。
タスタイ >> トリコのこの瞬殺っぷりにはちょっと驚きました。レベル100かと思ったらもっと上で苦戦するかと思いきや・・・
紙魚 >> こんばんは
GiGi >> トリコは背後の黒幕をどう扱うのか気になりますね
紙魚 >> 人気が安定してきたから小野寺さんで単話をつくる冒険に出られたのかなと穿った見方もしたくなる
紙魚 >> 斉木楠雄はイリュージョニストの人が本物の実力をつけてきたってことがなんかよかったです
GiGi >> ラブコメ三国志は決着ついた感ですね。恋染紅葉はまだ巻き返しの余地があるかな?
GiGi >> パジャマは着地点がまったく予想外である意味面白い
紙魚 >> 燃堂をはじめとして脇役キャラがギャグ漫画としては例外っていっていいほど努力が出来る人達で斉木が努力を一切必要としないというか出来ないめだかと同じキャラなんで対比が際立つ
タスタイ >> パジャマは眼鏡子ちゃん参戦かと思ったんですけどね。巻きに入ったのかな
GiGi >> 斉木楠雄とめだかの対比は面白いですね。斉木は最初から自省というか自覚があるのがめだかちゃんとの違いかw
紙魚 >> パジャマはどこに落ち着くのかよくわかんない迷走っぷりでしたけどなんとか目鼻がつく感じにまとまりそうですかね
紙魚 >> パジャマは背骨となってる設定捨てちゃったこととか先輩とのダブルヒロインが成立しなかったこととか目を瞑れば、、、というか最初と最後だけ見たら”まくらと主人公の物語”にはなってたかなぁ、、、迷走した割に
GiGi >> ハイキューはいよいよ対外試合ですが、今までのペースを維持できるかどうか
紙魚 >> るろうには実にストレートな作りというかまぁ広告漫画ですよね、初見さんへの解説と当時を知る人の記憶を刺激する、意図通りのベテランらしい仕事でした
紙魚 >> 恋染は3人目のヒロインどう扱うんでしょうこの子も主人公に好意を持ったらハーレム漫画の要件を満たしてしまいますが
GiGi >> ブリーチの「もう剣八だけでいいじゃん」感
タスタイ >> 恋染もダブルヒロインとしてはぎこちない感じなんですよね
紙魚 >> ジャンプでハーレムやるならTOLOVEるのリト君ぐらい主人公に好感持てないとキビシい感じがする、恋染は特に主人公のキャラ弱いし
GiGi >> ニセコイの一条君はスペック高いですね
紙魚 >> ブリーチは連載に余裕無くなってるのがかえっていい効果生んでますねスピード感ある、これが藍染編だったら瞬殺された3人の戦闘描写も入ったはず
タスタイ >> 恋染は主人公と眼鏡くんを足したくらいがちょうどいいと思うんですよね
紙魚 >> めだかは失敗っていっていいですよね?漆黒宴、キャラ立てとか”スタイル”が全然はまらなかたったっていうより今回のエピソードのグランドデザインが全体にイビツだったかなぁと
紙魚 >> というか人気でなかったからさっさと終わらせた感がある、ブリーチの消失編みたいに
GiGi >> 最終決戦のしりとり対決は面白かったんですけどね。新生めだかちゃんになってからめだかちゃんの主人公力がむしろ高まっていると言う皮肉w
GiGi >> バルジは完全に敗戦処理
タスタイ >> めだかはもう終わった感がすごくするんですけどねー
紙魚 >> う〜ん仮に連載に余裕があったとして十分なタメがあったとしてもこの伏線がサプライズとして効いたかなぁ?って思っちゃいますね>バルジ
GiGi >> めだかちゃんは善吉を主人公にするまで終われないと言うw
紙魚 >> タカマガハラは迂闊にも最後のコマで胸が躍った、これは特撮だ、仮面ライダーだ、8時20分感だ
GiGi >> さてサンデー行きますか
GiGi >> 「武勇伝」どうしてこうなった
紙魚 >> 正直とびとびでしか読んでなかったんですが鋼鉄の華っ柱がアガリを迎えそうですね
紙魚 >> 一向に痩せる方向に向かわないのが俺得すぎます>武勇伝
GiGi >> 痩せないのはまったく問題ないが、この茶番はいったい
タスタイ >> 華っ柱は
GiGi >> AKB殺人事件が安定して楽しい
タスタイ >> 華っ柱は過去編からの続きなのか、最終章なのか判断がつかないですね
GiGi >> 華っ柱は一周して元のところに戻ってきたという感ですね
GiGi >> 主人公の家の没落の理由が示されて、この先これ以上の上積みはないでしょうね
GiGi >> しかしサンデーは本当に編集方針がよくわからん
紙魚 >> GANKONは島流、、、続きはwebで予想はついていたが
GiGi >> GANKONのクラサン送りはむしろ温情か。仕切りなおして再度盛り上がってほしいところ
タスタイ >> GANKONはまぁ2回戦の中身というかルール変更自体が失敗でしたね
GiGi >> 原因が明らかなのに建て直しができなかったという編集者の無能感
紙魚 >> まぁここまでわかりやすい失策も珍しいですよね、雑誌全体としても企画モノをはじめ風化の早そうな連載陣ですし
GiGi >> サンデーは構造は面白いのに展開がつまらない漫画が多すぎる
GiGi >> 最上の明医は現サンデーに最適化している感があって面白いが
GiGi >> それはそれとして今週も「BE BLUES」がすばらしい
GiGi >> 「ムシブギョー」のヒキもよかったですね
紙魚 >> フィクションに対し野暮だがこの時代に破傷風の知識が存在する世界観なのか
タスタイ >> BE BLUESの、チームメンバーから龍ちゃんへと繋げる展開がすごくいいですね。
紙魚 >> ケンイチはアタランテーが可愛くてよかったです、うきたとキサラの関係をダシに美羽のケンイチに対する想いの再確認もよかった
GiGi >> マガジンいきますか。
GiGi >> ハッピープロジェクトは大団円w
タスタイ >> 神のみはなんだかそのままゲームっぽく展開してますね
GiGi >> タイムリミット設定は若木先生のギリギリのこだわりを感じますね
GiGi >> 零はなぜジュンコをメンバーに入れているのかw
紙魚 >> 零は危機感無さすぎでヌルいテレビ企画みてる気分だが反面急にキャラが立ってきた
GiGi >> 「ベイビーステップ」は彼女力対決で勝ったと思わせつつ、緒方の彼女の格も上げてくる手際のよさ
GiGi >> まあ実際この勝負は負けても別になんらリスクはないので実際ゲーム感覚w>零
タスタイ >> べビステはこれがまだ準々決勝てのがすごい。
GiGi >> シャーロックはAKB48殺人事件と同じくらい楽しい
GiGi >> AKB49は正しい着地点なんだけどちょっと処理に失敗した感
紙魚 >> フェアリーテイルはナツすげぇより敵がしょぼいっておもってしまった
GiGi >> バクダンこの急展開は〆に入ったのかなー
紙魚 >> ばくだんは本当に勝死亡だろうか、えらい歴史改編っぷりだけどこうなると逆に勝に成り代わって正史を通すってのもありかな
GiGi >> あー。マコトが勝ポジションに入るのはアリですね
GiGi >> さてチャンピオン。2週分ですか。
GiGi >> 先週は刃牙最終回というトピックがありましたが、まあ。
タスタイ >> 弱虫ペダル、この佳境で過去話まで連載というのはなぜなのか・・・
紙魚 >> まぁバキはなんとも言えませんな
紙魚 >> それよりもバキパロの方が安定して面白い、浦安のバキ回の安定感はすごい
GiGi >> 誰かが言ってましたが最後まで我侭を貫き通して病気まで治してしまった徳川翁の大勝利ということに尽きますな
紙魚 >> 空灰は先週はライトな空灰で今週はきっちり灰色でしたなぁ
GiGi >> スペアバイクは企画自体はわかるのだがあえて同時連載にした意図はなんでしょうねー。渡辺先生なら問題なくこなせる仕事量なのかもしれませんが。
紙魚 >> 今週のは一読したとき内容がよくわかんなかったけど、架空の弟の話をしてるように見せかけて実際には弟はちゃんといてその弟も架空の理想の姉の設定を持ってるって話だとわかって心がざわついた
GiGi >> 「マーニー」はいかにもチャンピオンな漫画ですが、ケレン味がまったくないなーw
GiGi >> 「弟なんていない」と内語するくだりが最高ですね>空灰
GiGi >> ラララライブはやってることは正しいのだが演出力が足りない
GiGi >> バーサスアースは地味によいがもうちょっと展開スピードは上げてほしいかな
GiGi >> 「エンジェルボイス」は決戦前にしっかり足元を確認する丁寧さ。
紙魚 >> パンダのこは新キャラというかようやく外の世界に場面が移ったが、どうするのだろうここまで成長させてしまって短期集中連載なのかなやっぱ
GiGi >> 「てんむす」もこの閑話休題はよいですね
紙魚 >> 囚人リクはレノマのバックボーンを再び描く形
GiGi >> ここで引かないというのはとても正しくて良いですね>レノマ。勝敗がまったく読めなくて熱すぎる
紙魚 >> レノマは損得計算は出来てもそれだけに徹しきれるわけではないってのは人間的魅力を描くと同時に「クールな完璧超人ではなく欠点もある」って両得ですな
タスタイ >> レノマが負けたくないと思うのはリクがあきらめないのと同じだけの強さがありますね
紙魚 >> レノマが超人だとリクの立つ瀬がないし、まぁリクもほとんど同じ欠点抱えてますがw
紙魚 >> まぁ同じ欠点抱えてるからこそあとあと田中一郎のキャラが先達ポジションとして立ってくるんだと想いますが
紙魚 >> 「ガキ教室」はなんだろうどの程度重い話になるんだろう、この先生なら笑い飛ばせるよりある程度重みがあったほうが解決しやすいと思うけど
GiGi >> さて結局LDさん来なかったですが。
紙魚 >> 候補だけ書き残していきますか?
GiGi >> 中学生にとっては重大なことを、そんなんたいしたことじゃねーぜと言い切っちゃうくらいの力強さを期待したいですね>ガキ教室
GiGi >> ですねー
GiGi >> ジャンプは「ニセコイ」かな?
紙魚 >> ジャンプ斉木 サンデーケンイチ チャンピオン空灰 マガジン、無し
GiGi >> サンデー「BE BLUES」マガジンは今週はなし。
タスタイ >> 今週はBE BLUESかリクでしょうか
GiGi >> チャンピオンは先週なら「バーサスアース」今週は「空灰」かな?
GiGi >> リクはすばらしいがここがピークではないのは間違いないので。
GiGi >> ではではお疲れ様でした
紙魚 >> おやすみなさい
タスタイ >> おつかれさまでした
LD >> すみません。完全に寝過ごしました。
LD >> ジャンプから書いて行きます。
LD >> 『暗殺教室』は、好調ですね。人気も出ているという事でいいんでしょうか。
LD >> 『ニセコイ』は、マリーが立ってるので、小野寺さんのエピで対抗して来たようです。
LD >> 『斉木楠雄』、テレビドラマは好きは、地味に納得。こういう細かな所まで納得的に積み上げてくれるのが嬉しいですね。
LD >> 『黒子のバスケ』は、赤司の能力がいよいよ分かりますが……カッコいい能力であって欲しいです。
LD >> 『恋染紅葉』の新キャラは、いい具合に従格感が出ています。
LD >> 『べるぜバブ』の久我山女ネタ、驚きのなさが半端ないです。…にしても、姫川優遇されているなあ、もっとやってほしい。
LD >> 『パジャマな彼女』は、さすがに終わりかなあ…。
LD >> サンデーに行きます。
LD >> 『マギ』は、あの魔力を抑える石をマギの証みたいにいってますが、どうなんでしょうね。同じ機能の石とは限らないように思えますし。
LD >> 『最上の明医』、よくわからないけど、釈さんの誤解は溶けたのかな?
LD >> 『おすもじ』、ヤンデレ妹との再戦が近づいてます。あの妹、やっぱり怖くて好きです。
LD >> 『BE BLUES』のナベケンのかっこ良さは異常。
LD >> 『武勇伝』の展開がよく分からないw……分からなくもないかな?萌花と同じ高校通って、萌花と一緒にボクシング強くなろうという展開なんでしょうね。
LD >> 『GANKON』、Web送り残念デス。
LD >> しかし、ルール変える前には、この動きあったような気もしますし…どうなんでしょうね。僕としてはルール改変がよろしくなかったと思っていますが…。
LD >> マガジン行きます。
LD >> 『エデンの檻』は、そろそろ島の謎主体になるのかな?
LD >> 『AKB49』のMAYA編は、なかなか良かったと思います。
LD >> ああ…『ドラゴンコレクション』も、もう終わりか…。
LD >> 『ばくだん』、勝海舟が死んだのは驚き。これからかなり改変されて行きそう?
LD >> チャンピオン行きます。
LD >> 『範馬刃牙』の最終回は……おいておくとして…。
LD >> 『弱虫ペダル』、最終フェーズは、小野田vs山岳なんですが、最終バトルとしてはちょっと弱い気もします。福富や今泉くんにはもう少しがんばってもらいたい気がします。
LD >> 『囚人リク』は、レノマの子供っぽさが、ちょっと熱い。
LD >> 『バチバチ』、石川が「押し一本でやるもう一人の鮫島」という設定になっているのはかなりいい選択に思います。
LD >> 『ラララライブ』、「さっきのシローさんの歌は確かにつまらなかった、けど、それはマリーさんの音がつまらなかったから。今度は私がシローさんを鳴らします」は良いセリフ。
LD >> では、今週の一番を。
LD >> ジャンプ、『斉木楠雄』。サンデー、『BE BLUES』。マガジン、『AKB49』。チャンピオン、『空が灰色だから』
LD >> 今週は『空が灰色だから』にします。
LD >> それでは。今回は失礼しました。


■■■■2012年09月01日■■■■
LD >> 【今週の一番】は9/1(土)24:00から開始予定です。


■■■■2012年09月02日■■■■
LD >>
LD >> |ω・`) こんばんは。
LD >> |ω・`) 先週はどうも申し訳なかったです。
LD >> …。
LD >> キッズステーションで『AIR』をやってるんだなあ。
LD >> う。
カルマ >> こんばんはー。と言いつつまだ1冊半くらい読めてない…
LD >> こんばんはです〜。GiGiさんがまだ来ないなあ〜。
LD >> お。
LD >> う〜。
GiGi >> にゃ〜
GiGi >> PSVitaを購入したりしました
LD >> むう、では、ぼちぼち、ポツポツと始めようと思います。
LD >> こんばんは。PSVitaで何を買いましたか?
LD >> 今週は、サンデーからですかね。
GiGi >> 初音ミクですね
LD >> はあ〜…え?ポータブルで作曲とかできるのですか?
カルマ >> LDさんが実に貴重な初音ミク観をお持ちだw
LD >> え?何か、僕、取り残されてる?(汗)
LD >> さて、では。一番に入って行きましょうか。
GiGi >> ゲーセンで出ているリズムゲームですね
GiGi >> 今週サンデーが読みかけだった予感
LD >> 新連載の『デュエルマスターズ』は、パンチラが目立っていましたが、わりと何かこう…SFシリアスちっくな所はいいかもしれません。
LD >> ああ…ホントは何か『P4』くらいは買いたいのですが…。
GiGi >> VitaはPSPでダウンロードで購入したソフトがそのまま使えるのが良いですね
GiGi >> (デュエマって略すんだ…)
LD >> 『ケンイチ』、「この世は持つ者と持たざる者しかいない」というのはそうだけど、勝負は持っている者が勝つとは限らないので、そんなに気にする事はない
カルマ >> TVCMでちょいちょいデュエマって聞きますね。デスティニードローっていうここ一番で欲しいカードを引く能力をご都合じゃなく資質にすんのかしら
LD >> 不利を理解していればいい…というか単にステータスを理解していればいい。
GiGi >> 宇喜多の勝利条件はそもそも決闘に勝つことではないですしねw
LD >> 『マギ』のこの人は、レーム帝国の人造マギみたいなものかな?
LD >> 『神のみぞ知るセカイ』、どくろう…ってあの地獄の室長でしたよね?なんだろ?時系列が……?
LD >> 『武勇伝』、ははは、萌花さん、173センチですか。体型はもうこれで固定で…?w
GiGi >> 悪魔って長命なんでしたっけ?
LD >> あと、ボクシング部の部員はすぐに集まりそうですね。
カルマ >> 「武勇伝」萌花さん鍛えていけば筋肉系のヒロインになれそうですね。道を誤らねば…w
LD >> え〜っと、エルシィも何百歳だった気がします。>悪魔
GiGi >> 華っ柱はこれで〆かと思ったらまだ続くのかな?
カルマ >> 「神知る」意外と若くして管理職になれるんだなぁと
GiGi >> まあ見た目の年齢は関係ないですしね。というか、室長小さかったのは老人だからではなく子供だったからという可能性
カルマ >> あれそうだっけ。>何百歳 すると見た目は変わってない…いや今小さいのはこの時に赤ん坊に変わったからか。
LD >> 『ハヤテのごとく!』のこのおねーちゃんの夢は何か展開があるのでしょうか。
GiGi >> BEBLUESは今週も大変すばらしい
LD >> あ、僕は、室長あのキス子かな?と思っていたんですけどね(汗)でも、子供が大人になっていると、未来が変わると…うん、なんかややこしいなw
LD >> 『ムシブギョー』は、心なしか火鉢さんがピックアップされはじめたような……火鉢さんにはがんばってほしいのです。
GiGi >> 正しいコドモの作り方は相変わらずアレではあるのだけれども二心同体アクションのアイデアはちょっと面白い
GiGi >> ムシブギョー望月六郎のキャラデザが良いなあ
カルマ >> 「BEBLUES」は素晴らしかったですねぇ…。
紙魚 >> こんばんは
カルマ >> 「ハヤテ」の今週の話が繋がるかはさておき、結構好きです
LD >> 『BE BLUES』はホント素晴らしいです。…しかし、これはナベケンが上がってくる!?w
LD >> こんばんは紙魚さん。
LD >> マガジン行きましょうか。
紙魚 >> VITAはソフトさえあるなら値段のことは無視してもいいのになぁ
紙魚 >> 零は喜十郎それ謎解きがどーとかじゃなく相当な行動力の持ち主じゃないとだめだろ。。。
LD >> 『君町』は、なんていうかこう……『涼香』と同じ展開にはならない縛りなんですね。
GiGi >> 一応身内なら勘がよければピンと来るようなところに落としどころがあるような気もしますね>零
GiGi >> 山田くんと7人の魔女がようやく表題どおりの漫画になってきてちょっと面白い
LD >> 『アゲイン』の団長がここに来てカッコいいです。確かに応援は「勝つからする」ものでも「負けるからしない」ものでもないよね。
GiGi >> AKB49は前田敦子引退を「事件」として描くんですねー。割と楽しみ
LD >> まあ、当然と言えば当然ですけど、誰でも解ける謎じゃなくって、身内でおじいちゃんによくしていれば分かる謎というのが妥当ですよね。
タスタイ >> こんばんは
カルマ >> 「山田くんと7人の魔女」誰でも彼でもキスするような女は魔女だ、というのは序盤のキスの軽さからも納得できるw
タスタイ >> 零って、宝探しじゃなくて監禁場所探しなのに緊迫感がないのがおもしろいですね
LD >> こんばんはタスタイさん。
紙魚 >>
LD >> 『山田くんと7人の魔女』ってキス含めて、諸々の設定がちょっとつらい気がしますw(汗)軌道修正も難しそうだし…はまりそう。
GiGi >> いろいろと無理のある設定のままなんだか飄々と連載を続けているので、なんかこのままいけそうなw
GiGi >> というか吉河先生って前作もこんなのりでしたね
タスタイ >> 団長ってもしかして・・・>誰でも彼でもキスするような女は魔女だ
紙魚 >> スタートダッシュもよくないですしねぇ
GiGi >> ばくだんはこのエスカレート具合は〆っぽい
紙魚 >> 敵の主張から主人公の採るべき行動推察すればやっぱ勝の代行でしょうかね>ばくだん
カルマ >> まだ続いてるって十分人気なんじゃと思ったりも>山田くんと7人の魔女
カルマ >> 「ばくだん」正史に流れを戻す話になるとするとちょっとスケール小さくなった印象があるかなぁ。新撰組にいながらとなるとまぁだいぶ変わるか
LD >> 『AKB49』は、前田敦子の卒業をどう描いて、ストーリーにどう影響させるのか。
カルマ >> 「AKB49」「浦川がいるから卒業できる」という話にするには、浦川はたかみなの写身すぎるんですよね。実在の事件の裏話を創作する面白みもありそうで。
LD >> 『シャードック』は、男が犯人の場合にも何か楽しいフォーマットというか形が確立できると、すごく安定するように思いました。まあ、今回もよかったですが。
GiGi >> 相棒の警視のキャラが今後どうなっていくかですね>シャードック
タスタイ >> エリート刑事くんの変わり身っぷりはすごいですね。初期の明智警視くらいイヤなキャラのままでいてほしかった
LD >> 『GE』はあの事件にそんな真相が…!!(`・ω・´)
GiGi >> アリバイが崩れるまでは徹底して被疑者の味方をする刑事というのはわりと新しいジャンルかもしれないw
LD >> 『ドラゴンコレクション』、もう終わりっぽいですが、まだ謎も多いし、けっこう好きだったので残念だなあ…。
GiGi >> GEは過去はともかくとして未来に進んでいくと言う話にしてほしいので元鞘でGoodEndingというのは勘弁してほしいところですがどうなりますか
GiGi >> ドラコレも設定が苦しかったですね。いやまあ単行本売れてるのでセカンドシーズンありえますが
LD >> まあ、でも他の刑事も被疑者を疑って…って展開だとよってたかって感がでてよろしくないって事かもw
LD >> いや『ドラコレ』そんなに設定苦しいとも思わないけど、ただ、次の展開に移る時のアイデアに不足があったかもしれないという感想です。
カルマ >> 「GE」誤解だったんだよー!いやそういう問題ではないw と思うんだけどどうするかなぁ
LD >> 『ばくだん』は、ある意味、現代の価値観の押し付け合いみたいになっていますね。
タスタイ >> べビステ、えーちゃんも全国大会から相当いい顔をし始めてますよね。
LD >> チャンピオン行きましょうか。
LD >> 『バチバチ』は、二巡目でいよいよ即戦即決の早い戦いに入ってきたようで素晴らしいです。
LD >> 『弱虫ペダル』は、山岳がやはりドラマの積み上げが低いので、ちょっと最終フェーズ任せるにはつらいんですよね。
GiGi >> どうせならバチバチとリクを並べて掲載してほしかった今週w
GiGi >> 逆に言うと坂道が追いすがる説得力はあるんですけどね>山岳くん
GiGi >> 鬼さんこちらとバーサスアースは、なんというかこう、どうして似たようなジャンルの漫画を同時に始めたのだろうw
LD >> 『囚人リク』、転房ですか……ホントにこの後会えなくなるのかなあ。というより、椿とか士郎は今後も出てくるのでしょうか?
LD >> いや、結果論で言うと、山岳のフェーズは御堂筋と対決している所、今泉くんとの三つ巴くらいで載せて、その上で福富をひっぱって最終スタート切らせて、それに坂道が追いすがる形がキレイだったかなと。
カルマ >> やっぱりこの大会だけで全部やっちゃう難しさは出ていると思うんですよね>「弱虫ペダル」
紙魚 >> リクは寄り道の余地を削ったというか展開はやいっすね
カルマ >> 「バーサスアース」はこういう話になるのかーという感じが。ここに至るまでに話数かけすぎているように見えるし
LD >> 『パンダのこ』は、けっこう癒されて好きです。すこし展開が進みました。
GiGi >> 後ろ髪を引かれつつ退路を断つのがリクらしさという気はしますね
GiGi >> 日常の延長の決断が、振り返ってみれば決定的な分岐だったと後でわかると言う
紙魚 >> パンダのこはかわいらしい絵柄だあんま突飛な展開は無いだろうってのがネックかな
LD >> 『シュガーレス』、はあ〜。シャケの前はモンブランって人が頂点だったんですね。
紙魚 >> ガキ教室ははじめて先生のほうを掘り下げることになりそうで
LD >> 『ラララライブ』がブレがなくて良いですね。
LD >> 『ガキ教室』、気がついたら、先生ってけっこう謎だったんですよね。今までそんなに気にならなかった。
GiGi >> ラララライブ展開は申し分ないのだけれどももう少し演出にけれん味がほしい
LD >> ああ、『ラララライブ』、テーマの割に、マンガの線が柔らか過ぎというか、優し過ぎるんですよね。
LD >> さて、ジャンプ行きましょうか。
LD >> 『黒子のバスケ』、予知能力はOKです。なかなか良いじゃないですか。
紙魚 >> どこまで可能なのか?上限がまだわからんですがね>予知能力
紙魚 >> 今週のブリーチは過去一護にワンパンでやられたことを無視してもいいぐらい単話としての出来はよかったと思います
紙魚 >> もう少し雀部さんの掘り下げがあったら完璧だったのにとは思いますが過去の戦闘の勝敗結果は無視していいのはジャンプの伝統美ですし
カルマ >> 「ガキ教室」1話で「先生になるまで」は結構濃くやりましたからね。それも理事長?校長?との接点のみの描きだったわけだけど
カルマ >> 「黒子のバスケ」監督の身体能力チェックの延長にある感じですね>赤の予知
LD >> 『ニセコイ』、基本、小野寺さん回復回のはずなんですが、鶫ちゃんは「BANG」一発で回復している気がする。
紙魚 >> 恋染が実にわかりやすくハーレムモノへと進んで行きましたが妹出したあたりこのままハーレムで進むには主人公の掘り下げ弱いってのが作者も思ってるんですかね
紙魚 >> なんかタカマガハラ好きです、毎週作者の力量が上がってる気がする
カルマ >> 「ニセコイ」小野寺さんの上げ方良いと思います。その上でBANGの強さは認めざるをえないw
LD >> おお〜斉木楠雄、ゴキブリが苦手でしたか〜w 確かに思考が読めないとか説得力。
カルマ >> 「恋染紅葉」この新キャラは良いのかな?と心配したり
紙魚 >> 私今回バルジあまりにヒドイって思っちゃったんですがどうなんですかね、ブラックさんが身勝手というより支離滅裂で
LD >> 『スケットダンス』、スイッチが犯人とか、なかなか良い展開です。
紙魚 >> 暗黒エネルギーで偽者を作ったってのはまぁいいとしてもその前後のブラックさんの変化がかなりきついこというと「作劇の放棄」に近いレベルで自己完結してるにしてもこりゃ無いだろうって感じなんですが
カルマ >> 「バルジ」僕は「本当の王子だった」って展開が「国というものを家族スケールで捉えて守っていく」という良さをあっさり殺しててもうそれが耐えられない…
LD >> 『タカマガハラ』けっこう、いいと思います。ボーイッシュ・ヒロインもけっこう好き。
カルマ >> 「スケットダンス」はさすがにメインエピソードだけあって素晴らしい
紙魚 >> ラスボスの思想に対する反論って「別の案をぶつける」とか「お前は性急過ぎるから人に猶予をやれ」とか「お前にその権利はあるのか」とか色々あると思うし、主人公がどういう答えを出すのかがストーリーものの醍醐味の一つとは思うんですが
紙魚 >> ブラックさんの場合って「そもそもどういう視点から見てもあんたが間違ってる」って感じなんですよ
LD >> 『恋染紅葉』は、ナナちゃんが相当「強い」のでこれに並ぶのはかなり難しい感。しかし、かませならそれで戦い方はある。
紙魚 >> これがただ”キャラ作りの失敗”ってのならまだいいんですがこれバルジの「家族を大切にする」って主人公とテーマを物語的に昇華させられず、「論破されることが前提のラスボス」って作りで
GiGi >> バルジはこの底の浅さはいくらなんでもちょっとという感ですな
LD >> 『パジャマな彼女』がもう終わりで残念です。
紙魚 >> 主人公の正しさを通すために敵を外道に描くのは大いにオッケーだけど、馬鹿に描く、それも支離滅裂って方向で馬鹿に描くっていくらなんでも無いだろって久々に漫画読んでガックリ来ました
LD >> さて、そろそろ一番を決めましょうか。
LD >> サンデーはパンチラばっかりの『デュエマ』がけっこう好きでした。
紙魚 >> サンデーBEブル、ジャンプブリーチ、マガジンシャードッグ、チャンピオンリク
カルマ >> サンデー「BEBLUES」ですねぇ
GiGi >> ブリーチ確かに良かったですね。ブリーチかBE BLUESかな
紙魚 >> ジャンプの読みきりは美容師を主人公にするならなぜヒロインにマスクさせたんだ、それ髪型じゃなくマスクの有無じゃないか、、、
カルマ >> マガジン…「アゲイン」かなぁ。
LD >> う…今携帯から入力中。
LD >> マガジンは『ドラゴンコレクション』がけっこう好きです。
カルマ >> チャンピオン「囚人リク」になりますか。
LD >> チャンピオンは『バチバチ』です。
カルマ >> ジャンプは「スケットダンス」がやはり好きです。
LD >> ジャンプは『スケットダンス』ですね。
紙魚 >> リク毎週面白いんですけど「手錠抜け」の時みたいな”1シーンをピークに持ってくるために話を作る”マンガなんで毎週の評価はどうつけるべきか悩む
LD >> 回復。
LD >> 『BE BLUES』、『囚人リク』あたりでしょうか。僕は『スケットダンス』がよかったと思うんですが。
紙魚 >> なんとなくBEブルースなんでスケットダンス推しで
LD >> う〜ん、今週は『スケットダンス』にします。スケットダンスらしく、かつ意外な展開でよかったと思います。
LD >> それでは、今週もありがとうございました。お休みなさい。
紙魚 >> おやすみなさい
カルマ >> おやすみなさいませー。


■■■■2012年09月09日■■■■
LD >>
LD >> |ω・`)
LD >> こんばんは〜。
LD >> こんばんは〜。
LD >> いや〜いろいろ忙しいです。
LD >> ちょっと、雑誌の準備を…。
カルマ >> こんばんはー。
LD >> 今週は、マガジンからでしょうか。
LD >> こんばんは。
LD >> 『ココロコネクト』で、なんか問題が起きているようですが、でも『ココロコネクト』面白いです。稲葉がよい。エロくて。
LD >> む、まだ他の人が来ませんね。
カルマ >> ココロコネクトの騒動も、本人との間で決着ついている話をまとめサイトが蒸し返したんですよねぇ…(´・ω・`) いなばんは可愛いですねぇ
タスタイ >> こんばんは
LD >> 他は『DOGDAYS』とかも良いです。
カルマ >> 「ココロコネクト」キャラが語り始めるといきなり精神年齢上る感じはちょっと違和感あるんですけどね。でも楽しいです。
LD >> はあ、蒸し返したんですか…。まあ、小耳にはさんだ程度の情報なので(汗)
GiGi >> こんばんは
GiGi >> ココロコネクト面白いなあと思っていつつ3話までしかまだ見てない
LD >> ああ……まあ、そもそも「語り」ってリアルさから少しズレる事がありますよね。
LD >> こんばんは。ばんは。
GiGi >> 戦コレが相変わらず突き抜けて面白い
カルマ >> 「DOGDAYS」は2期になって作画やら色々パワーアップしてむちゃくちゃ面白くなってますね。ほんと楽しい。
タスタイ >> ホライゾンがここから佳境に入りますね。熱い熱い
LD >> 『戦コレ』は、ほんっとうにいいですね。大谷吉継よかった。この作品、もはやフロックじゃないですよ。
LD >> こんばんは。
LD >> では、今週の一番を始めましょう。
LD >> マガジンから。
GiGi >> DVDも予約好調のようですし、2期、3期とやってほしいですね
カルマ >> 今期は「ホライゾン」「中妹」が楽しい。次いで「戦コレ」…まぁこの話が良かったという作品だからというのもありますが。劉備・大谷吉継・光秀の4話はとんでもなかった
LD >> 『AKB49』が、これは、いきなりゲコク嬢解散みたいな流れでしょうか?
LD >> いやぁ〜1期26話が美しいとは思うけど、多分、メソッド的には、2、3期くらいなら余裕でやれそうだね。>『戦コレ』
LD >> 『エデンの檻』って、今、すごい大所帯ですよね。
GiGi >> AKBはつい先日のシャッフルの話とも絡めてるんでしょうね
カルマ >> 戦国コレクションには男性武将も同じくらいいるんですが、2期あるならそっち使って2クールやるとかも面白いのかなぁ
GiGi >> GEはどうなるのか
GiGi >> 海外勢が劉備ちゃんしか出てないのはもったいない
GiGi >> ABOUT、朝原かっこよいわw
カルマ >> 「AKB49」これまで育ってきたキャラも絡めつつ、舞台裏の面白さが出てきて良いですねぇ…
LD >> 『GE』は何か、ちょっとむずいなあ……悪者を最小限にするにはどうすれば…みたいな間合いを感じる。
GiGi >> ガマラン、突入の見開きがなんかすごく良い絵だった
GiGi >> ガマラン展開はしょうじきぬるいんだが、時々すごく良い絵がある
LD >> 鎖鎌と、ヌンチャクは、訓練されると、超強い武器です。
タスタイ >> ABOUTはきれいに相手の格を上回りましたねw
カルマ >> 「GE」はうーん…
カルマ >> 「フェアリーテイル」なんかナツが凄く強いみたいなことになっているけど、なんで強いのか?が話の流れからも全然わからない…今に始まった話じゃないかもしれないけど
タスタイ >> ガマランはせっかく敵方が多種多様な流派を取り込んでいるので、背景に使い方なんて考えていないようなゲテモノ武器を描いてもいいと思うんですよね
LD >> 『ベイビーステップ』は、相変わらず一進一退というか、気持ちのぶつかり合いで接戦になる描きが美味いですね。
GiGi >> ベビステこのひとつひとつ勝ち目をつぶしていく感覚がぞくぞくしますね。それでもエーちゃんが勝てる可能性を感じられるのも。
LD >> 『探偵犬シャードック』の世界って、よくよく考えると、有名マンガ家や、有名視聴、有名キャスターが短期間に殺人事件起こしている世界なんですねえ…。
GiGi >> エーちゃんがずっと目をカッと見開いてるのがいいんですよ。「俺は目がいいんだ」の独白もよくって、エーちゃんの最後のよりどころがどこなのかがはっきりわかる
GiGi >> 市長と今回の事件は2年くらい間が空いてるのかな?>シャードック
GiGi >> 山田くんはやっぱり軸が定まって面白くなってますね。
LD >> 『アゲイン』が熱いなあ…。と、ヒロくんもアゲインしている人という展開が…?
タスタイ >> シャードックは時間制限がうまく主人公の積極性を促していてよいですね
LD >> アベタマがかっこいいと、なぜか嬉しい。
LD >> ああ、そういう考え方もありますね。>主人公の積極性
カルマ >> 「アゲイン」ヒロくんもアゲインしているとしたら、あの対応はアキちゃんとの恋愛に後悔してるかもしれないってことで、ドラマが展開できそうでいいですね
GiGi >> ヒロ君もアゲインしてきてるっぽいですね。なんというか、山田くんやバクだんもですが、主人公の特権性が剥奪されてるのはマガジンの編集方針なんでしょうね
LD >> 『波打際のむろみさん』、気がついたら、むろみさんの尾びれが擦り切れ過ぎててつらい。
LD >> 『ドラゴンコレクション』は、最後は、みんなの元気をちょっとずつオラに分けてくれ…!か。
LD >> 『ドラコレ』は、もっと面白くできたような気がするんだけど、ガードバトル、モンスターバトルの難しさがそのまま出ているのかもしれない。
GiGi >> ドラコレは唐突に天堂地獄が出てきましたが(マテ
LD >> チャンピオン行きましょうか。
LD >> ん〜、天堂地獄に謝れ。そもそも、唐突に出てくるものは天堂地獄じゃない。気を持たせるだけ持たせるのが、天堂地獄。僕の中では。
紙魚 >> こんばんは
紙魚 >> こんばんは
LD >> 『パンダのこ』は、『りびんぐでっど』の後釜にいい具合にスチャラカな話がはいってきたなと。
LD >> こんばんは紙魚さん。
GiGi >> マーニーいかにもチャンピオンらしい連載で、殺人事件に頼らないちょっとおかしな話をやっててよいですね
LD >> 『バチバチ』は、前回も言いましたが、取り組みが短い勝負になってきていて、さらに密度が上がりつつある。
GiGi >> 鬼さんコチラこれは良い組み立てですね。バーサスアースは立ち上がり重い
LD >> しかし、王虎の言い切り方を観ていると、基本、王虎編も幕下で終わるのかな?と思ったり。
GiGi >> 弱ペダスペアバイク、本当になんで平行連載だったんだろうw。急に書きたくなってしまったのだろうかw
カルマ >> 「マーニー」1話を読んだ時はどうなるかと思いましたが、悪くないです
LD >> 『バーサスアース』は好きなんですが、立ち上がりが重いという指摘は同意。
カルマ >> 「バチバチ」大一番は長くなるのかなと思いますが、短いほうが実感に沿うしいいですね
LD >> 『囚人リク』は、ここまで優等生のお頭が、なんで囚人になっているのかが、相当気になってきましたw
カルマ >> 「バーサスアース」僕も好きですが、ホントなんでこんなに遅いのか…最初の3話くらいまでは良かったのだけど
GiGi >> まあ人間何がきっかけで過ちを犯すかわからないですしw>炊場の頭
GiGi >> てんむすは展開が妙に忙しいですね
GiGi >> 「豚の糞!」「よっしゃあ!」の流れが素敵過ぎる
LD >> 『弱虫ペダル』、山岳はテルタイプという事ではあるみたいですね。
タスタイ >> レノマの表情変化だけでこれだけ楽しめるのはすごいですね
GiGi >> 刃牙が終わってリクが名実ともにチャンピオンの顔になりつつあるなあ
紙魚 >> 「空灰」に出てくる女の子は妙に男社会の枠にはめ込まれてるなぁ
GiGi >> 3号連続巻頭カラーとかいつ以来だというくらいのプッシュぷり
カルマ >> 「囚人リク」炊場のお頭、この刑務所で更生が機能してるとしたらそれはそれで面白いんですよね
GiGi >> 読切ストライクライクラブ、テンポが気持ちいいですね。あとオリジナリティのあるトリケラトプスのデザインがよいw
LD >> 『シュガーレス』、岳が、マリモに勝つかもしれないけっこう重要な回。
GiGi >> シャケ対マリモはあんまり絵にならないですしね。岳の勝ちで順当でしょう
LD >> 『ストライクライクラブ』の鈍足毎日先生は、ラブコメで短いの数本出していますよね。そのウチ、単行本にまとめるかな?
LD >> 正直、岳のパンチでマリモが沈む図を想像できないんですが……そこを上手く描けたら『シュガーレス』、ワンランクアップの作品という事になると思います。
LD >> 『てんむす』は、前回優勝校は龍聖学院なのか、そうじゃないのか…そこが気になる……というかこの描きが龍聖学院じゃないんだな。
LD >> ジャンプ行きましょうか。
紙魚 >> パジャマが終わりましたな
GiGi >> 読切「インペアコード」はとりあえず編集仕事しろと言いたい
LD >> 『ブリーチ』で、じいさんは最強の1人なんですよね。
GiGi >> パジャマは最終回の流れは妙に貫禄があって面白かったw
LD >> しょうがないとは言え……単行本買う。
LD >> >パジャマ
紙魚 >> 先輩がけいすけを居ない子あつかいしたり最終話まるまる全部使ってあえて打ち切り感を出したというか「凄く長く続いた作品の打ち切り」であるかのように錯覚できる
紙魚 >> トップバッターとの題材が被り気味な事?>編集仕事
カルマ >> 「パジャマな彼女」終盤はメガネ子立ててみたり次回作のための実験して終わった感じなのかなぁ。
GiGi >> というよりこの
GiGi >> この作品って実のところテーマやりきってるんで、ずっとエピローグやって多様なモンなんです代ねw>パジャマ
GiGi >> やー。このネームでOK出しちゃだめだという
LD >> 『ハイキュー』、猫と烏の因縁という……ん〜なんて言うんですかね。街角な感じがなかなかいいと思うんですよ。
GiGi >> 題材かぶりはジャンプの読みきりでは日常茶目仕事なので
カルマ >> 「ニセコイ」今時嘘発見器というコテコテ感は健在やなぁw
GiGi >> ニセコイは何やってもうまくいくゾーンに入ってますなー。
GiGi >> トリコ、一般人めっちゃ食われてるw
紙魚 >> つぐみメイン回は他のヒロインのモブ化が著しい
紙魚 >> 暗殺教室は正直しっくり来なかったです、プロの仕事なのにそんな情報をとりこぼしちゃうの?っと
カルマ >> 「暗殺教室」鉛弾が効かないことくらい一番最初に情報として受け取っていないとおかしいですよねー。なんで松井先生こんな風にしちゃったんだろ?
LD >> 『斉木楠雄のサイ難』え?このマンガまたセンターカラー!?
紙魚 >> ネウロの時もそうだったんですが「超越者に対する人間側の対策」がそんなもんでいいの?、それでどうにかなるかな?って感じで
GiGi >> まさか本物のちょうのうりょくしゃだったとは>斉木楠雄
LD >> 『ニセコイ』、嘘発見器はすごいよねwしかし、逆に一周してありな時代になっているのかも。
紙魚 >> 話動かしてきましたね>斉木。超能力だけで作れる話と連載前のキャラのストックは一巡させたからかな
LD >> 『暗殺教室』
LD >> 『暗殺教室』、ん〜多分、自分の仕事の手法に自信がありすぎて、銃弾効かないという情報に半信半疑だったんでしょうかね。
紙魚 >> 恋染は新ヒロインのおかげでようやく主人公がストーリーに噛んでこれる形に
紙魚 >> でもまぁこれもヒロイン同士で勝手に話し合って話が進んじゃいそうな気もしなくもない
LD >> …『ナルト』、微妙に順位落ちているのかな?
紙魚 >> 「タカマガハラ」は毎週いい絵を一枚もってくる、「これがふつう一話じゃないの?」って言われそうだが
紙魚 >> 一巻の終わりにこの見開きが来るわけだし、新人とは思えぬ横綱相撲だけどちゃんと構成考えられてる
LD >> 『黒子のバスケ』、こうして見るとキセキの世代は、黄、緑、紫、赤と、青が僕は気に入らないんですが、他はまあいい感じなんで、よいのではないでしょうか。
カルマ >> 「タカマガハラ」幼馴染を助ける話を1〜2話くらいでやって、説明回からこの話に繋げて全く問題ない感じですよねw
タスタイ >> 今週の暗殺教室はなんだか第一話みたいな構成だったなという印象がありますね
カルマ >> 「恋染紅葉」ヒロインが恋心に気づいてスタートだといいんですが、終わりに向かうと嫌だなぁ…
カルマ >> 「ナルト」黒幕がどうもカカシの過去と関連がある?ようですけど、だからどうした感がすごい…
GiGi >> タカマガハラはいい絵だとは思うがなぜにわざわざ異世界にするのか…
GiGi >> そういえばGREEのソードマスターBREACHまだやってなかった<
紙魚 >> カカシって物語における重要度というか因縁力みたいなものが読者が考えてるのと岸本先生が考えてるのとでだいぶ差がある気がする
カルマ >> ナルトよりは遊べる感じの作りでしたね>GREEブリーチ
GiGi >> 黒子の「立ってることすらできねえ」というハッタリはすばらしいなw
紙魚 >> バルジのバトルがなんだか凄いヘンテコでした
カルマ >> ナルト、初期のカカシの戦死した友達の話と繋ごうとしているんだろうけど、マダラ以上の格を感じられない時点でなぁ…
LD >> 『恋染紅葉』は、三人目はかませ臭高いです。…いや、ナナちゃんもかませな感じではあるんですが…(汗)
LD >> 『ソードマスターBREACH』そんなのあるんだ。一瞬で四天王倒せたりするのかな?
LD >> カカシって物語における重要度というか因縁力> え〜っと、多分ですね。ファンと岸本先生の間ではそんなに差はなくて、マンガ読みと岸本先生の間に差がある状態だと思うんですよ。カカシは。
紙魚 >> スケットダンスにはよく思うことなんですが今回の事件が解決しても今後の学園生活に出るんやないのこれ?と
GiGi >> 正確なタイトルは違ったかと>GREEブリーチ。正しくはジャンプ裏表紙参照
紙魚 >> 支障がが抜けた
LD >> …『ソウルマスターズ』ですね。ソードマスターに反応したのにw
GiGi >> スケットダンスは過去エピ扱いなんで落としどころは考えてるとは思いますが、どうオチをつけるんでしょうね。
紙魚 >> なんか最近大蛇丸が復活したときも今からストーリーに組み込めるようなキャラなのか?とか思ったんですですよね
LD >> サンデー行きましょうか。
LD >> 『マギ』、やはりこの人、マギじゃなかった…って、大高先生のマンガは友達になると距離感がおかしい人が多いw
LD >> 『デュエマ』、パンチラネタで話進めてるなあ…。
紙魚 >> 「BEBLUES」サッカー漫画でPKってあんま無い?変に新鮮に見えた
GiGi >> 神知るは今のところあまり盛り上がらない
GiGi >> しかし武勇伝の展開は悪路バティックだ
GiGi >> 勝ち負けが自分の能力でどうにもならない天運のようなもので決まってしまうと言う状況を、どう描くのかどきどきしますね>BEBLUES
LD >> いや、PK戦はけっこうありますよ。『キャプ翼』でもあったし。
紙魚 >> ムシブギョーは団子虫人間が浮き気味にキモかった
タスタイ >> マギのこのキャラはものすごく死にそうな感じですね
LD >> 天運故に、なんというか、そんなに能力高くない人が決勝点入れてもおかしくないというか、全員の意識の問題というか、そんな感じ?
GiGi >> 国崎出雲とかおすもじとか、アブノーマルをわりと正面きって描こうとするのはサンデーの作風として面白い
タスタイ >> このPKはどうしても勝てそうにないように見えるんですよね。ナベケンなら龍ちゃん以外全員止めてもおかしくない格ですし
GiGi >> すごいキーパーだから全部止められるわけでもないし、すごいキッカーだから決められるわけでもないと念を押したところが良いですね。まさにこの漫画の分岐点に立っている
LD >> そうなんですよねえ〜。マンガ的にはナベケンがキーパーである以上勝ちはないように見える。……しかし、1対1のフリーキックなら無情に入れられてしまうのが『BE BLUES』クオリティかもと思ったり。
タスタイ >> 龍ちゃんが1番に蹴るってのもいいですね。成功しても失敗しても後は祈るしかないという。
カルマ >> (関西ホライゾンに熱中しとった)
カルマ >> 「BEBLUES」ナベケンですらどうにもならないのがPKという描きになるんですかねぇ
GiGi >> もちろんどういうルートを通っても、あの時の苦労が後々…と言う展開にはなるんでしょうけれども、龍ちゃんにはここからは真っ直ぐにいってほしい感。武勇伝が遠回りしているだけに余計にw
LD >> 『神のみぞ知るセカイ』は、どくろうが復活しているだけで、未来(現在)にどれ程の影響を与えるのか…。
紙魚 >> 鋼鉄の華っ柱が終わりなようですが、西森作品としても尻すぼみな印象
LD >> 『武勇伝』は遠回りというか……満田先生って基本は底辺から上がる話が好きなんですねえ…。
カルマ >> 「武勇伝」そこまで絡めるのかという感じはしますねぇw
GiGi >> 華っ柱は最終回のまとめ方で格が決まるかなという感も。
紙魚 >> ケンイチはアタランテを美羽の一方的ライバルキャラとしてぶつけるようですが美羽って後発の格下キャラが追いつける構造のキャラとは思えない
GiGi >> 基本西森先生は「物語は続いていく」タイプの終わりを好むので納得ではあるんですが
LD >> 最近、西森先生は、終わりのあたりはこう……ぽしょっとした感じのが続いていますね。あんまり盛り上がった話にしようとしているわけでもないと思いますが。
GiGi >> リミは美羽のライバルと言うよりは宇喜多と対照されてる気がしますね。
LD >> …っていうか西森先生の小説、重版かかって売れてるみたいですね。
LD >> 『月光条例』観ていると、富士鷹先生は、ほんとうにメタには行かない人だよなあ…って思う。
LD >> さて、そろそろ一番を決めましょうか。
LD >> マガジンは『アゲイン』か『シャードック』…あんまり無いですね。
紙魚 >> サンデー「BEBLUES」ジャンプ「タカマガハラ」チャンピオン「バチバチ」マガジン「アゲイン」
LD >> チャンピオンは 『ストライクライクラブ』です。
LD >> ジャンプは『パジャマな彼女』…あんまり無いですね。
LD >> サンデーは『BE BLUES』がずっといいですねえ……今週は他、ないなあ。
LD >> え〜っと、今週は『ストライクライクラブ』でいいんじゃないでしょうか。
紙魚 >> >ストライクライクラブ なんだっけと思ったけど読み切りか、まだ読んでないやちゃんぴおんどっかいっちゃって
タスタイ >> マガジンはシャードッグ。
カルマ >> 今週あんまないですね。「アゲイン」か…「ストライクライクラブ」でいいかなぁ。
GiGi >> ストライクライクラブかパジャマですかね。来週はBEBLUESとAKBが楽しみ
LD >> 『ストライクライクラブ』にします。
紙魚 >> パラッと読んだんですが短いページでテンポよくまとまってて読み味はいいんじゃないでしょうか>ストライクライクラブ
LD >> それでは、今週もありがとうございました。お休みなさい。
紙魚 >> おやすみなさい
タスタイ >> おやすみなさい
GiGi >> 毎日鈍足先生は伸びしろを感じますね。発想の奔放さがよい
GiGi >> ではでは
カルマ >> おやすみなさい(関西土曜アニメはまだ続いている)


■■■■2012年09月16日■■■■
LD >>
LD >> |ω・`) 
LD >> まだ、暑いですが、夜はすずしくなってきた?
LD >> 台風が近づいて来ていますか?
GiGi >> こんばんは
GiGi >> 本日帰省中のため手元に雑誌なし。。
LD >> こんばんは。帰省中ですか。僕も、明日、ちょっと帰ったりするかも。
LD >> まあ、手早くはじめましょうか。
LD >> 今週は、どこからでしたっけね?
LD >> チャンピオンからかな。
LD >> 囚人リク。
GiGi >> 弱虫ペダルは真波のひとり劇場ですが、やはりというかドラマが弱いですね
LD >> レノマのあれは“笑顔”なんだろうか?w
カルマ >> こんばんはー
GiGi >> リクは3週連続巻頭&2ヶ月連続単行本ということで編集部の猛プッシュが窺えます
LD >> そして、、これはレノマ、実は『銀の匙』状態なんじゃ……wベーコン、ベーコンw
GiGi >> 笑顔ですねw表情筋は鍛えてなかった感w
カルマ >> 「リク」豚になつかれるとこれは困る展開w
LD >> 山岳だけだと弱いですね。積上が足らないか…。前のラジオで、GiGiさんが懸念を表明して、僕らは「まあ、大丈夫なんじゃね?」的な事を言っていましたっけ?
GiGi >> お産をどう組み入れるかですね
紙魚 >> こんばんは
カルマ >> 「弱虫ペダル」真波のメンタリティに物凄いブラック企業の経営者オーラを感じてしまった
LD >> うん、わざわざ開けたくないから、ドラム缶がんがん叩いてチェックか…。
紙魚 >> 真波の語りは他の誰が言っても同じというかキャラのフィルター通してないというか作者の言葉まんま
GiGi >> あのときは御堂筋独走でしたけれども、小野田くんが追い付く理屈をつけるとどうしても先行者が失速する展開になってしまうのが辛いところ
カルマ >> 「その展開さんざん観た」ってなりかねないのは怖いですね>先行者が失速 真波はそれがないという話をするにしても、肉体の悲鳴は聞いてしまってるわけで
LD >> ああ…違った。ラジオの時は、小野田くんが追いつく説得力みたいな話でしたっけね。
GiGi >> 鬼さんコチラ面白いです。構図の取り方もダイナミックで良い。ただ、このタイトルのセンスはなんなのだろうなあ
GiGi >> 小野田くんは加速はしないですからね。そこはまあ、テーマでもあるので難しいところなんですが。
カルマ >> 「鬼さんコチラ」見開きというかなんというか、めちゃ良かったですね。
紙魚 >> スタイリッシュさはかけらも無いけど破壊を伴う動きだけで見てて楽しいっていう怪獣映画的な>鬼さんコチラ
LD >> 『弱虫ペダル』、山岳くんの描きの難しさは、つまり(並走者なしの)孤高の世界をどう描けるか?みたいな感じかな?
紙魚 >> ぱんだのこは終わるのかな?もう広げようも無い気が
紙魚 >> 「ぱんだとか気にしなければ読める」っていう構造的に難ありな感じだし
LD >> 『パンダのこ』、次回重要なお知らせって………。(´・ω・`)
GiGi >> チャンピオンで重大なお知らせと言えばドラマ化決定(ぇ
LD >> 『バチバチ』は、短い取り組みがすごくよい感じ、密度を上げて物語が回っています。
LD >> ドラマ化やばい(汗)
LD >> 『シュガーレス』、岳に必殺技ができてマリモに勝ったのはかなり良かったです。これまで、必殺技的な展開を持ってこなかったのが功を奏して、かなり説得力出てると思います。
LD >> 『空が灰色だから』、いい話だなあ……死んでも友達がいたら、さびしくないよね!(`・ω・´)
LD >> マーニー
GiGi >> 空灰はちょうど斎木楠雄のねたと重ねて読んでしまったw
紙魚 >> 「隔絶した1対1の世界」ってのが空灰の”ハッピーエンド風”の鉄板ですからな
LD >> 『ラララライブ』、好きなんですが、短期でしょうか?次回、最終回でしょうか。…ちょっと、テーマとしては短い気はするんですよね。
LD >> 『てんむす』、16チーム中3チームしかオチないって、ある意味、緊張感がないのですけど
LD >> どう演出して行くんでしょうね。
カルマ >> あれ?終わるんですか?>ラララライブ
LD >> 『鬼さんコチラ』いい感じですね。…ペンタッチが上手いわけではないのでしょうけど、これは画力があるのでしょうね。
タスタイ >> こんばんは
LD >> ジャンプ行きましょうか。
タスタイ >> バーサスアースはなんで初戦にここまで詰め込むのか・・・はじめはバーン!ドカーン!!だけでもいいと思うんですよね。
紙魚 >> 黒子はかなり冴えたいい展開だったんじゃないかと
LD >> 新連載は、なんかすごく読切な感じでしたが……けっこう好きです。ところで、あのヒロインの子は蹴りでお兄ちゃんの刀をはじいたのでしょうか?
紙魚 >> トリックプレイそのものの面白さもあるけど「精度は落ちるが」ってあえて明言させたことで緑のシュートミスって逃げ道の筋を塞いでるかなと、弱虫ペダルでいう先行者の失速を匂わせずにいるというか
LD >> 『トリコ』は、捕獲レベルが三桁に…!これは、53万も近いか?
LD >> 『暗殺教室』、この女暗殺者、かなりダメ…というか、残念な子ですねw
GiGi >> しかしこれより格上ってそれこそ外宇宙から飛来とかになりそうなw>とりこ
LD >> 『斉木楠雄』は、楠雄が感知できない世界を見せているのが興味深い……深くないかw
紙魚 >> 私は正直あんまり、キャラクターで笑いとれてないかなと・・・>新連載  あともう伊達先輩はキャラが完了してしまっていてこの漫画はヒロインの変人化というか常識感覚が伊達先輩よりになってく感じが凄いする
LD >> 外宇宙いいですねえ……でも、まだ外界があるから、しばらく取っておいて欲しい所w
GiGi >> 斎木楠雄、単話としては面白かったですが、能力者を増やす方向は危険な香りも
LD >> ああ、はい、読切っぽいといったのは伊達先輩の出オチ感がすごいからですよね。…で、ヒロインの変人化はすごい有りそうです。
GiGi >> 伊達先輩はヒロインのほうが実はヤバいというのはありそうですね
LD >> 『黒子のバスケ』、相当良いですね。やはり緑はいい。ここらへんの超人っぽさがピタリとはまるとかなり良いマンガになりますよね。
タスタイ >> トリコはドラゴンボールみたいなインフレですけど、四天王全員が相手だと協力プレイで勝利という構図が見えてしまって不安感がないですね
LD >> 『めだかボックス』の不知火の影武者という設定がよく分からないよ?(´・ω・`)
紙魚 >> 恋染の顔芸のほうがニセコイより好みなんだ
LD >> 『恋染紅葉』は、サナちゃんと、まったく同じ動作に堕してしまっているナナちゃんが超心配です。……終わりですか?
LD >> サンデー行きましょうか。
LD >> 『マギ』は、ソイレントグリーンな展開?
タスタイ >> マギは、アラジンのルームメイトが結構すごいやつだったのが驚きでしたね。しかも回復特化というこれからも活躍しやすそうなポジションとは。
LD >> 『境界のRINNE』は、相変わらず楽しいなあ…。
LD >> 「回復させると眠る」って魔法のネタがいいですね。
LD >> 『銀の匙』は、え〜……ここで倒れますか…。
LD >> 武勇伝
LD >> ハヤテ
GiGi >> ソイレントグリーンというよりはマトリックス感
カルマ >> 「マギ」人口として記載されてるので一応生きてはいるんですかね>5等級
GiGi >> ハヤテ今週はよろしいんじゃないでしょうか
GiGi >> コナンがなんだかメタなwいや、なんか今シリーズは導入から気合い入ってたし自信作なのかも。
LD >> 『ケンイチ』……あ、白鳥、女だった。(´・ω・`)
タスタイ >> ケンイチ、宇喜田ってケンイチ以上にもててるようなw
LD >> 『鋼鉄の華っ柱』最終回でしたね。ん〜……少し方向的に西森先生のモノとは違ったのかな?とか思ってしまう。
LD >> マガジン行きましょうか。
カルマ >> LDさんが武勇伝とハヤテで言いたいことは何だったんだろう
LD >> 『AKB49』、写真週刊誌のネタがどうしても気になってしまう(汗)いや、僕自身は気にしないのですが、人気が変わっちゃうかもとか。
LD >> いや、GiGiさんが手元に雑誌がないというから、何かキーワードをと思ってw僕自身は……亘くんグレたなあとかそれくらい(汗)
GiGi >> 週刊誌ネタってなんでしたっけ
LD >> しかし、神8を落とすというのは、ある意味強烈な展開……ん、前田敦子が抜けるから、この場合はどうなるのでしょう?
GiGi >> AKB48殺人事件は楽屋落ちにせず投げっぱだったのでやや狼狽えた
LD >> 映画『るろ剣』の佐藤健と、前田敦子が合コンで、お姫様抱っこの写真取られたとか…?
GiGi >> AKB49は浦川が男だとわかった上で仕掛けているわけで、どう音しどころをつけるのか楽しみですね
GiGi >> それはファン的にはアウトなん?
カルマ >> これですね>写真 http://blog.livedoor.jp/rbkyn844/archives/5917535.html
GiGi >> というか合コン…?古い写真が出てきた的な?
カルマ >> お姫様抱っこというより泥酔介抱写真というのが正しいw まぁ、49時空の前田敦子のかっこよさからはブレる写真ですがw
GiGi >> すまんカルマさん、リンク先さっぱり文脈がわからんw
カルマ >> 前田敦子 佐藤健で検索してもコラしか出てこないw あとはこれかhttp://blog.livedoor.jp/rbkyn844/archives/5918766.html
LD >> 『シャードック』は、またちょっと違ったシチュエーションの事件解きを見せてもらえそうです。
カルマ >> まともな抱っこ写真はコラしか出てこないな…
LD >> コラ、パねえwwwwww
GiGi >> ドクターデュオはどこまでやりすぎてくれるのか
カルマ >> 合コン→泥酔→力抜けきってて尻丸出しになるくらいみっともない姿で佐藤健に運ばれる写真激写 という感じですね。
GiGi >> んーようわからんがファンが冷静なら特に気にすることもない気がす
カルマ >> まぁ、キス写真とかでないだけマシかな…いや、女の子のファンはちょっと幻滅かもしれんけどw
GiGi >> ドクターデュオはどこまでやりすぎてくれるのか
LD >> 『ドラゴンコレクション』は次号最終回なのですが、何かつづくのでしょうか?
GiGi >> サンデーの戦コレも終わりましたね。出版社的にはあまり旨味がなかったのかな?
カルマ >> 漫画の話してなかったw 「AKB49」いいですが浦川が都合のいい勘違いというか浦川が譲れば吉永がセンターになるわけではないよなぁ
GiGi >> 秋pとの約束的にはそうですが、吉永が首を縦に降るかはまた別の話ですしね
LD >> 『ベイビーステップ』、中断中に、やってる事が対照的なんですが、どう勝負を分けるのか、予断を許さないですね。
GiGi >> ここで中断という展開自体がテクニカルすぎてもう
カルマ >> 「ベイビーステップ」中断で本当にわからなくなりましたね。うーんすごい。
紙魚 >> ん今マガジンか
タスタイ >> べビステは強さとは単なるテニスの能力だけではないというのを見せていていいですね。精神的な勝負をここまで分かりやすく描くのがすごい
LD >> 『アゲイン』、いや、もう十分未来は変わったと思うけど……今村くんの中では最後に目をつむったのが瑕疵なのか…。
カルマ >> 「アゲイン」結果しか見えてない視野の狭さが今村にあって、今後の変化で「あれは無駄じゃなかった」と気づくような形でしょうか。
LD >> 引きの構図からして、鈴木が何かいうんでしょうけどね。…鈴木、そんな口上手そうじゃないので、どう響く言葉に持っていくか。…あるいは、しばらく今村くんにはダウンでいてもらう?
LD >> さて、そろそろ一番を決めましょうか。
LD >> チャンピオンは、『空灰』か、『シュガーレス』。
カルマ >> チャンピオンは「鬼さんコチラ」かな
紙魚 >> ジャンプ黒子のバスケ、サンデー銀の匙、マガジン無い、チャンピオン鬼さんコチラ
LD >> ジャンプは『黒子のバスケ』ですね。
LD >> サンデーは『ケンイチ』?
LD >> マガジンは『ベイビーステップ』。
カルマ >> サンデーは…「銀の匙」になるかなぁ
タスタイ >> ジャンプは黒子、マガジンはべビステ
カルマ >> マガジン「ベイビーステップ」
LD >> 『鬼さんコチラ』か、『黒子のバスケ』という気がします。
紙魚 >> まぁ黒子でしょう、頭ひとつ抜けてると思います
紙魚 >> 緑的にピークだし
LD >> まあ、そうかな?『鬼さんコチラ』もかなりいいですけどね。
LD >> ギミック含めた総合力で『黒子のバスケ』にします。
LD >> それでは、今週もありがとうございました。お休みなさい。
紙魚 >> おつかれさまです
カルマ >> おやすみなさい。と言いつつ、今日の関西深夜アニメは3時半〜5時半だったり(笑)
タスタイ >> おやすみなさい


■■■■2012年09月22日■■■■
LD >> 【今週の一番】チャットは9/22(土)24:00に開始します。


■■■■2012年09月23日■■■■
LD >>
LD >> |ω・`)
LD >> |ω・`) こんばんは。
LD >> だいぶ、涼しくなってきましたね。
LD >> さて、今週は…ジャンプからか。
カルマ >> こんばんはー。涼しくなりましたねぇ
LD >> こんばんは。まあ、まだ昼間は暑かったりもしますが…台風が過ぎたあたりから大分、冷え込むようになりました。
紙魚 >> こんばんは
LD >> 『SAO』と『トータル・イクリプス』観ているのですが、けっこう楽しいです。ペトロニウスさんの評判はあまりよくなかったのですが…。
LD >> 紙魚さん、こんばんは。
タスタイ >> こんばんは
LD >> あと『ゆるゆり』は、クオリティ落ちていないと思うのだけど、人気は落ちている無常を感じます。
LD >> こんばんは。タスタイさん。
LD >> さて、では、ジャンプからゆるゆる入って行きましょうか。
カルマ >> SAO、原作未読だとそこまで構成気にならないような。僕も普通に楽しめてます。「TE」は2話の印象との落差で平和に見えちゃうのが惜しいですね
GiGi >> ゆるゆり人気落ちてるのかー。
タスタイ >> 今期は境ホラですね。難解な原作をあれほどとっつきやすくしているのは見事だと思います
GiGi >> TEはちょっと肌に合わなくてリタイアしました
カルマ >> ゆるゆり観てないんですよね。関東の実況TL観てたら十分圧倒的ですけどw
紙魚 >> 私も>TE エウレカAOの導入の失敗感も凄かったけど遙かに上回るすかし感
LD >> 『TE』は、僕はああいう歴史裏の外伝的空気がけっこう好きなんで、自分で奥行きを補完しながら観ている所はあるかも。
カルマ >> 「ホライゾン」本当に楽しいです。説明不足な箇所もいくつかあって、未読者的にはやっぱ尺欲しいなぁと思っちゃいますが、アニメだけでもめっちゃ面白い
カルマ >> 「TE」は他の深夜アニメの流れがあるんで観てるけど、それがなかったら切っているなぁ…
紙魚 >> ホライゾンは語られない設定より「歴史再現」の重要度というかどの程度の縛りを与えてるのかいまいちわからん
LD >> 実況TL観てたら十分圧倒的ですけどw>ああ、僕の方が最近、Twitter見ていないので、自分の方の環境変化を勘案せずにしゃべっていました(汗)
タスタイ >> ホライゾンは会話やシーンをばっさり切ってるのが逆に本筋だけを見やすくしてるとも思いますね
カルマ >> 深夜アニメの流れで言うとアニメの「黒子のバスケ」が相当出来がいいはずなんですが、女性以外あんまり盛り上がってない感じがしますね。関西はこの後観やすい時間にやるんだけど
GiGi >> アクセルワールドは先輩が主人公になったあとのほうが面白いのでSAOもそのうち面白くなるのではないかと仄かに期待している
LD >> ああ、そこは僕も以前、言ったのですが、あの世界の住人がどのくらいの意識でいるのか?よくつかめないんですよね。MUSTじゃなさそうに見えるんですけど。>「歴史再現」の重要度
タスタイ >> ホライゾンにおける歴史再現は政治的な駆け引きに使われることが多いですね
LD >> 『TE』にしても『SAO』にしても、僕は多分、外伝的空気をすっと呑み込んで楽しんでいる所がありますね。
タスタイ >> 過去の歴史では衰退するはずの国が今回の戦争のように拡大解釈して温存したり、強国が厳密に再現するように圧力をかけたりと。
タスタイ >> 原作読んだ感じでは歴史再現への義務感というのはあまり感じませんね
カルマ >> 今回だとスペインがアルマダ海戦の歴史再現に、前の戦争の敗残兵を使いまわすことで戦力を温存しつつ敗北の歴史を再現しようとか、解説読めば把握できるんですがアニメだけだときつい感じですね。>歴史再現
タスタイ >> 各国首脳は歴史再現は絶対!という意識よりも歴史再現を利用してどう政治的駆け引きをするかを考えていますね
LD >> さて、では一番に入りましょうか。
カルマ >> ホライゾンの1期は主人公がホライゾンの感情を集めてもとに戻す、そのためにまず彼女の身柄を助けるとか、後半の筋がわかりやすく盛り上がったところはあるかなと感じてます。
紙魚 >> 「クロスマネジ」はヒロインの笑顔が異常に邪悪そうに見えてしまった
LD >> 新連載の『クロスマネジ』ですが、始まり方を見ると、昔の『プレイボール』を思い出しましたが、テーマは大きく違いますね。
LD >> あの表情ですよねw 多分、邪悪さ2割くらいの配合意図で描いていると思うのですが、人によっては5割以上の邪悪さに見えたかもw いい表情だとは思うんですけどね。
タスタイ >> ラクロスはルール分からないんですよね。バカダウェイも読んでなくて。一般的にはどれくらい浸透しているんでしょうか
LD >> あと、形としては、女子プロレス団体の男マネージャみたいな話があったかも?少年誌で、男一女多のこの形はいいかもですね。
紙魚 >> 話の内容とあんま関係ないがラクロスのネットは作画の負担すごく大きそうだなぁ
GiGi >> クロスマネジはいい導入ですね。ラストのシルエット演出がなかなか面白い
LD >> 『暗殺教室』は、E組、わかりやすくイジメられてますねえ…。
LD >> 女の子だけのはずなんですけど、なかなか面白いシルエットになっていましたよねw
GiGi >> ガチの女子スポコンものというのはジャンプの歴史の中でもかなり珍しい気はする
紙魚 >> 暗殺失敗したら地球がやばいのに余裕が有り過ぎる、そして徹底して”箱庭”の物語なんですねぇ、めだかが学園外に進出したと思ったら
カルマ >> 「クロスマネジ」敵みたいなシルエット演出良かったですねw 実際一人ひとり絆を得て行ったりする敵のような仕立てかもしれないですが
LD >> 『ニセコイ』は、小野寺さんに入れ替わったのはナイスだと思うぞ!(`・ω・´)
紙魚 >> 主人公がいまだシロートなんでヒロインのやる気メーターを100としたメンバーの温度差の話から入るのかな?>クロスマネジ
GiGi >> 冒頭のパンチラしてた巨女がいるかな?と思ったけどパッと見はいなさそう
LD >> 殺センセイの脅迫でこの状況は秘密に作られているはずですけど、じゃあ、E組の扱いをどう処すのか?というのはありますね。同じく脅迫すれば改善される…しかし?
LD >> あ、いてもいいですよね。>巨女
紙魚 >> 「トリコ」5億人分を3時間(補正あり)はハッタリにしてもやり過ぎだろうよと
紙魚 >> ただ特殊調理素材を一般料理人にも扱えるレベルに引き下げて総力戦で当たろうというのは魔法先生ネギまの文化祭を彷彿とさせる熱き展開
カルマ >> 「トリコ」調理法の開発は超熱いですね。ワクワクする
紙魚 >> 「ブリーチ」は総隊長の卍解を奪わない理由を早く示してくれないと安心して見れない、てかあれだこのまま一護が閉じ込められたまんま総隊長が全部終わらせてもいいぞ
タスタイ >> トリコの5億人というのはいままでのスケールのでかさから考えるとありな範囲だと思いますね。団子5億個とかどう作るのか想像つきませんが
紙魚 >> 伊達センパイはもうちょっと絵頑張った方がいい、上手く描こうってんじゃなく描き文字だけで済ましちゃうのはなぁ、100%中の100%とか
LD >> 『トリコ』、5億という言葉は、ちょっと僕の理解を超えていますねw……でも少年の理解としては「すっげ〜!」みたいな感じでいいんじゃないでしょうかw
GiGi >> 100万人で作るなら1人500個ですからね。無茶な数字ではないかな
カルマ >> 「恋染紅葉」は今回もナナちゃんの挙動がいまいち…サナよりわかりやすく表情に出てるってのが強いキャライメージとちぐはぐというか。
紙魚 >> 「黒子のバスケ」コカされても凄い頑張って急いで立ち上がれば間に合うって早々に出しちゃったな
LD >> 『黒子のバスケ』、今、がんがん面白いですね。
タスタイ >> 恋染紅葉はもうさなちゃんメインで進めてる気がしますね。
カルマ >> そういえば「クロガネ」はなんか続くんだろうか…?
LD >> ナナちゃんの挙動がいまいちになると、打ち切りなのか?と不安になってしまいます。
紙魚 >> 「クロガネ」しかしホントキャラを立てていこうって企みの感じない漫画だ今回の厨二とか今後の育てる方針とかほんと無いだろ?
カルマ >> 「黒子のバスケ」赤のこかす能力は実際にあるそうですねhttp://jumpsokuhou.com/archives/16895118.html
紙魚 >> とりあえず記号的なキャラをバラまいてウケのよかったのだけ拾っていこうって感じに見えてしまう>クロガネ
LD >> 『伊達先パイ』のいきおいは、なんか、好みですw
LD >> 『スケットダンス』は熱かったです。
紙魚 >> 「リボーン」イェーガーの空中逆立ちがたまらなくダサイって点に目をつむれば既出の設定やキャラ格をうまく生かした決着だったと思う
タスタイ >> 緑間のシュートについても現実ではどうなのかまとめてる記事がありましたね。http://d.hatena.ne.jp/GilCrows/20120609/p1
LD >> 『ハイキュー』、ネコとカラスのチームの成り立ちの違いを分かりやすく描いていていいですね。チームというキャラが立ってて、それを元にセッターのキャラが立つ構造が気持ち良いです。
紙魚 >> べるぜばぶは「古市鼻ティッシュ編」と呼んでいいぐらい長くなったがこのシリーズ終わったからって古市になんかキャラ的成長あるんだろうか?
カルマ >> 「ハイキュー」プレーの解説の後「俺達は血液だ」の反復でうまくスタイルを見せてて良いですね。
GiGi >> スケットダンスはやりきった感ですね。
紙魚 >> もちろんベルゼばぶって漫画の強みの一つが「ずっとニュートラル」ってのはわかった上で
LD >> 『クロガネ』は、ちょっと暗黒武闘会みたいな感じになってきていますね。…いいと思います。
タスタイ >> アンバランスな主人公チームと完成された敵チームの対比のされ方が上手いですね。
紙魚 >> 「めだか」結構ちょろいな半袖さん
GiGi >> ハイキューは本当に丁寧ですねー
LD >> 『恋染紅葉』は、なんか、やっぱり終わりそうだなあ…う〜ん(汗)
LD >> 『めだかボックス』は、安心院さんが15秒しか稼げない理由が気になります。
GiGi >> めだかはこれはもう一枚裏があるように見えないのは失策くさいなー
LD >> サンデー行きましょうか。
紙魚 >> 「タカマガハラ」高天原が非常な場所であることを匂わした上で「構うな」の理由が生徒の自作自演だからってのはすごくどーでもいい構成のうまさw
LD >> ビックリマギシールとは…妙にはまっているw
カルマ >> 「タカマガハラ」幼馴染のシーン挟んでたけど日常とどう折り合いつけるのか、見込みあるんだろうか
LD >> 『姉ログ』は、けっこう……いや、相当、好きなんですけど、このノリでどのくらい続くのでしょう?w
LD >> 『マギ』は、ああ、なんか魔法世界でいい感じのディストピアをやっていると思います。
GiGi >> 姉ログはすごくサンデー超っぽいなーとかw
LD >> 『ケンイチ』は、宇喜多さんがとてもモテモテで楽しいです。
カルマ >> 「姉ログ」いいですね。前作「DCD」がぼちぼちだったんですが、これは期待できる感じ。
LD >> …しかし、ケンイチすごいキャラが増えましたね。かなり『水滸伝』めいてきている。(梁山泊だけど)
GiGi >> 銀の匙はこう、お父さんが怖そうな感じで入ってきても全然怖くないところが味ですね。ちょっと目線が大人すぎるだろうとは思いますがw
紙魚 >> ケンイチ>もう自然と武器組は居ないものとしてあつかっていいのかと思ってたw
LD >> 『銀の匙』、八軒くん倒れた……というか、この子、ほんとにお父さん苦手なんだね。八軒くんの問題はそこに集約されている。
タスタイ >> ケンイチはこれから味方キャラに対応する敵キャラを増やしていくフェーズでしょうか。
カルマ >> 「マギ」いいですね。文明が発達するほど人余りは起こるわけで。現代社会でも同様の問題はあるし
GiGi >> 文明(≒魔法)について露悪的な描きをするのはちょっとザワっとするんですけどね…まあお手並み拝見です>マギ
LD >> 八軒くんの視点に共感できる形で描いてないんですよね。お父さん見るとキレイな海原雄山だと分かってしまうというか。…悪いって事じゃなくって、視点が大人にあるって話ですが。

MANKEN CHAT(1.1)