漫研チャット
名前:
発言:
[正面] [取扱] [過去ログ]


■■■■2012年09月23日■■■■
カルマ >> 「銀の匙」どう相対しますかね。「俺は後悔はない」とかかなぁ。言えることとしたら。
LD >> 『デュエルマスターズ』、この対戦相手死んでるのかな?それでこの作品の方向が決まりますね。
GiGi >> デュエルマスターズこの引きは結構興味をそそりますね
LD >> 『BE BLUES』は、すごい、ホントの運次第のPK戦をきっちり祈る気持ちにさせてくれるというか、緊張感がすごい。
LD >> 宮崎の男泣きがすごいよねえ…。
GiGi >> BEBLUESはまさに祈るしかできない状況ですね
LD >> 『月光条例』も、今、よく考えるとディストピアな話なんだ。
LD >> 『キャプテン翼』の時のPKは、最後のキッカーは翼くんなんですけどね。今は、龍ちゃんが先に蹴る方が盛り上がる。
LD >> マガジ行きましょうか。
GiGi >> マガジンがまたタイムスリップネタですがw。エデンの檻も含めると同時に4本タイムスリップものというw
カルマ >> マガジン新連載、タイムスリップもの…なんだけど、読者からすると普通に夢に見えるw
紙魚 >> まぁばくだんはなんか終わりそうだし
LD >> 『我妻さんは俺のヨメ』は、つかみとしては良い感じですけど、このネタだけだと保たない気がします。他に何を盛り込むか。
GiGi >> 切り口は面白いですね>我妻さん脳内彼女と現実がシンクロしているようにも見えて
LD >> ああ、本当に夢と妄想ってオチかもしれませんね。現実手に入れた後に。>『我妻さん』
GiGi >> ばくだん、石抱きはギャグでなくやるのはつらい
LD >> 『ばくだん』終わりそうですねえ。このまま続くと面白そうですが…w
GiGi >> ベイビーステップは両方とも最善を尽くしていて本当に勝負の行方が読めない。
GiGi >> ドラコレ最終回でしたが、むしろこの先が見たかった感はありますね。
LD >> 石抱きは、洒落にならない…。
GiGi >> アゲイン良かったですね。負けたけど、振られたけど、それども前とは違う未来に向かっているという。
紙魚 >> ギャグ描写なら加瀬先生は日本一石を抱かせて来た人なだけになぁ
紙魚 >> 「ガマラン」はほんと一戦一戦が長くなってしまった
LD >> 『ドラゴンコレクション』、少しパンチが足らない感じもありましたが、雰囲気は好きでした。…なんで最終回カラーなんですかね。
GiGi >> 単行本売れてるからじゃないんですかねw>ドラコレ
LD >> 石抱きと三角木馬は洒落にならない…あとアイアンメイデンも。
LD >> 『シャードック』は、今、男の犯人を楽しく追い詰めるメソッドを模索中だと思う。男の犯人が楽しいと無敵だと思う。
LD >> 『アゲイン』、かぼ国編良かった!(`・ω・´) 団長、カッコ良かったのに、カッコ悪くオチたあたりとか!(`・ω・´)
LD >> 『アゲイン』、いや〜、このダメというかイマイチな奴を好きなヒロインって、なんか新鮮なんだけど昔の作品だと誰かいたかな?スカーレット・オハラ?マンガだと?
カルマ >> 「アゲイン」良かったですね。実感は少し引っ張るかと思ったけどすぐだった。あと団長がヘボくて安心w
LD >> 『エデンの檻』、もういい加減タイムスリップと気づいてもよさそうだけど、なかなかそのワードが出て来ませんね。
LD >> さて、じゃあチャンピオン行きましょうか。
LD >> 『囚人リク』、レノマのフォローが仇になる展開ですね。え〜っと?バレると独房行き?
GiGi >> リク、ほっとさせた上でのこの展開はキツイなー。相当にシビアなことをやるんじゃないかという予感が。
LD >> 『弱虫ペダル』は、最後は、孤独の山岳と、みんなと一緒の坂道の闘いになるのかな。
GiGi >> シュガーレスのこの強引な導入はちょっと感動した
GiGi >> 集中連載のバドミントンいいですね。なぜ短期なのかという感
LD >> 『バチバチ』は、白水さんが安定の強さでいいわw
紙魚 >> まさかこの漫画でちゃんと修学旅行やるとは>シュガーレス
GiGi >> あとパンダのこはつまりどういうことだってばよ
LD >> ヤンキーものが、修学旅行先で大暴れってのは、定番ですね!w
GiGi >> 次回からドラマ化記念カラーですが、EXILEって「EXILE一族」って言うんですね(予告ページ)
GiGi >> 素直に旅行に参加するとかないよなー。じゃあ気絶させたまま強引に連れて行こう!<いやマジで素晴らしい発想
GiGi >> 今EXILE一族って何人くらいいるんですかね
紙魚 >> なんだろ仕切り直しって、パンダとこっそり同居ってのが無茶だなってことに気付いたんであってほしい>パンダのこ
GiGi >> 数年後、のこが上野動物園の飼育員になっていたとかだったら楽しい
紙魚 >> ラララライブはおわんの?いや終えるとしたら今週でいいけど、この漫画にエピローグ締めは似合わん気がする
GiGi >> バーサスアース、絵は良いんだよなー
GiGi >> ラララライブは確かに最終回かと思ったw
GiGi >> 鬼さんコチラも面白いんだが連載が続くイメージが持てない
LD >> 『パンダのこ』は、本格連載ですよ。おめでとうございます。
紙魚 >> ここで鬼側全員出撃とか短期集中連載にしかみえないんだけどだとしたらチャンとアナウンスしてほしい>鬼さんこちら
カルマ >> 「パンダのこ」どうするんでしょうね。パンダ、別に可愛いと思わないんですけどw
カルマ >> 「鬼さんコチラ」一気に最終戦ぽい雰囲気にというか、ふむ
紙魚 >> 「ガキ教室」は問題のラインを常に複数起こした状態で進めるのはさすがにベテラン、時系列のごまかしとかもなくてちゃんと全体見据えて書き進めてる感じがする
GiGi >> なかなか週刊連載でここまできれいに伏線を引いてる作品もないですね>ガキ教室
GiGi >> 7月時点で303人か。。。http://www.asahi.com/showbiz/nikkan/NIK201207020011.html
GiGi >> EXILE一族内に女性グループもあるのか。じゃあAKBも男がいても問題ないな<
LD >> 『名探偵マーニー』は、怖いコピペねたを…w
LD >> 『てんむす』は、今回、全国の強豪よりも、スコアをつけていた巫女さんの方が気になりましたw
紙魚 >> いきいきごんぼの女子がかわいい、というかこのどうしようもない男子たちを相手にしてやってるというだけで女神に見えてくる
GiGi >> てんむすは試合の緊張感はまったくないがにぎやかで楽しい
LD >> 『ラララライブ』は、最終回の勢いですねえw 次回、最終回かも(汗)短いテーマなんで、ここまででもキレイなんですけどねえ。
LD >> ああ、ちょっと同感ですw前に出た委員長は、その意味で相当よかったw>どうしようもない男子たちを相手にしてやってるというだけで女神
LD >> さて、そろそろ一番を決めましょうか。
紙魚 >> しかしチャンピオン新連載に妙に厳しいなぁ
LD >> ジャンプ、『クロスマネジ』でいいんじゃないでしょうか。
LD >> チャンピオン、『ドカベン』が終章のはずですし、『バキ』が終わって、『ドカベン』が終わるとなると……『バキ』にかえってきてもらうしかないですね。
紙魚 >> 「ジャンプ」ハイキュー「サンデー」マギかな
LD >> サンデーは、妙に宇喜多がもててる『ケンイチ』。
LD >> マガジン、『アゲイン』。
LD >> チャンピオン、『ラララライブ』。
GiGi >> ドカベンは最終章といってもあと3年は続くでしょうw
GiGi >> 今週は各誌新連載がよかったかな
GiGi >> ジャンプはクロスマネジ、ハイキュー、スケットダンス
紙魚 >> マガジンアゲイン、チャンピオン鬼さんこちらかラララライブ?
GiGi >> サンデーは国崎出雲に触れるのを忘れていた
カルマ >> ジャンプ「ハイキュー」「クロスマネジ」「スケットダンス」どれもいいなぁ
GiGi >> マガジンはアゲインと我妻さん
GiGi >> チャンピオンはばどミントとラララライブかな
紙魚 >> ラララライブこれが最終回なら一気に押し切ったって見方も出来なくもないが
GiGi >> 国崎出雲はなんというか、駄々もれ感にちょっと気圧された。これが公式二次創作というやつか(違
カルマ >> サンデー…「マギ」
カルマ >> あ、「姉ログ」も。
カルマ >> マガジン「アゲイン」かな。
LD >> ふ〜む。『クロスマネジ』、『ハイキュー』、『アゲイン』、『ラララライブ』あたりでしょうか?
GiGi >> 姉ログも良かったですね
LD >> ああ、サンデー『姉ログ』よかったですね。
カルマ >> チャンピオン「ラララライブ」。
GiGi >> サンデー読切二本も荒削りで高感度高し
LD >> いや、迷いますね。どれがいいかな。…『アゲイン』は落としてもいいかな。
GiGi >> うん、展開の衝撃度で言ったらやはりトップクラスだ>国崎出雲
GiGi >> あー。あとチャンピオンシュガーレスも良いよね。というか今週アベレージ高い
カルマ >> 今週いい回が多かったですねー
紙魚 >> あぁ作劇的な思いつきの良さというか思いきりの良さではシュガーレスよかったですねw
LD >> 『クロスマネジ』は期待するけど、今回は落として……『ハイキュー』か『ラララライブ』か。
紙魚 >> まぁでもある程度まとまった情報量がないと一番に推す気にはなれないのですが
紙魚 >> ラララライブ今週選ばなかったらもう無いような、来週最終回だとしても”熱”は全部今回で放出した気が
GiGi >> ハイキューはクオリティ高いですねほんとに。
LD >> では、今週は『ラララライブ』にします。
GiGi >> あとスケットダンス、ドアを破るのではなくて、予想していなかった方向からこじ開けたというのが演出としてとても良かったです。心の壁を越えたのがすっと腑に落ちた
GiGi >> ラララライブ、今週は絵も良かったですしね。
LD >> それでは、今週もありがとうございました。お休みなさい。
GiGi >> お疲れ様でした
紙魚 >> ほんとクラブサンデーもよくないシステムだと思うけど、チャンピオン新人の異常な回転率もそれに準じるぐらい考えものだジャンプよりよっぽど厳しいぞ
紙魚 >> お疲れ様です
カルマ >> お疲れ様でしたー。


■■■■2012年09月30日■■■■
LD >>
LD >> |ω・`)
LD >> こんばんは〜。
LD >> ちょっと、雑誌取り込み中です。
カルマ >> こんばんはー。
カルマ >> GANKONが完結したようなので読んでました。最終回は良かったhttp://club.shogakukan.co.jp/magazine/SH_CSNDY/gankon_002/detail/
LD >> 取り込みとはスキャナーの取り込みです。
LD >> ああ、こんばんは。
GiGi >> こんばんは
GiGi >> なんか結構眠いので最後までいられるかどうか
GiGi >> 戦コレの最終回はすばらしかった。2期も当然期待ですね
LD >> あと、少し…。
LD >> おまたせしました!
LD >> さて、では、ハイスピードではじめましょうか!
LD >> 『GANKON』は単行本買います。
GiGi >> 今日はサンデーからですっけ
LD >> 今週は、サンデーからですね。
LD >> 『ハヤテのごとく』、再びアニメ化ですね。
GiGi >> 順番すっ飛ばしますが「BE BLUES」が良かったです。勝ち負けの向こう側を描いてくれた
GiGi >> 畑先生ご結婚なされたんですね
LD >> 二期…というわけじゃなくって、新作なのかな?…続きなのかな?
LD >> 勝ち負けの向こう側という言葉を、別の言い回しで、もう少し詳しくお願いします。
カルマ >> 中の人の結婚はハヤテ役の白石涼子さんのことかとw
GiGi >> 勝ったら○○だから、勝たないと!という話をした上で、でも本当はそれは勝ち負けの問題じゃないでしょという
GiGi >> あー。
カルマ >> ハヤテ連載休んでる時に800P分のアニメ用ネームを描いていたとかですね
LD >> 『神のみぞ知るセカイ』、駆け魂の脱走を止めるというのは、ちょっとデカイ改変ですね…。果たしてそうなのか?……というより、それをしてはダメなのか?
LD >> …畑センセイ、何か長編にすごい意気込みですねえ。
GiGi >> 神知るはまだ助走段階という印象がありますね。種が明かされた後に何が出てくるか
カルマ >> BEBLUESは元々勝敗とは関係ないところに問題があったのですが、気持ちを変えるきっかけとしてチームメイトの頑張りがあって。いいですよね。
GiGi >> 国崎出雲とおすもじが面白いです
LD >> 『姉ログ』は、第二回にしてけっこうしょーもないですが……いや、好きですよ。
GiGi >> 進退を賭けて戦ったからこそ、自分の本当の気持ちの強さに確信が持てたんですよね>BE BLUES
LD >> 『デュエマ』は、人が死ぬのか、死なないのかは、かなり気になるので、はやく教えて欲しい。
GiGi >> ショートギャグを1回目2回目と3本立てでやるってのは面白い連載の始め方かもしれないですね>姉ログ
GiGi >> まだ息はあるっぽいのですんでで主人公は人殺しにならずにすみそうですね。これも導入としては結構面白い>デュエマ
GiGi >> というかサンデー編集長変わった?
LD >> 成る程、最初、僕は「すっと尽くしてくれた両親に心配はかけられない」という龍ちゃんの意志を納得しましたが、そこはそれを超えて何かを決意しなければいけないものだった。それをどう描くか?という事ですね。
LD >> デスバトルか、そうでないバトルか…という事だけど、既に匂わせているって事は、主人公は死ぬ可能性のあるバトルに身を投じたのでしょうね。その緊張感を保ちつつ、人を殺す可能性のあるバトルをどう回避するか…って事だけど…。
GiGi >> 34号から縄田編集長に代わって鳥光裕さんが編集長になっているのか。
GiGi >> 鳥さんはどういう経歴の人なのかちょっとわからないのだけど、コナンの担当編集っぽい?
LD >> 『BE BLUES』は、甘くない現実というか、チームの総合力とナベケンのスペックを考えたらPK戦になった時点で負けで、それをそのまま見せているんですよねえ。常勝じゃないけど、頂点にいける人の物語を素晴らしく描いていますね。
GiGi >> ぐぐるとコナン映画の原案協力者として名前が出てくる
GiGi >> お。ビンゴな情報があった。コナン、犬夜叉、MAJOR、勝手に改蔵の担当。ド直球のヒットメーカーですな。http://wiki.kumetan.net/index.php?%E6%8B%85%E5%BD%93%E7%B7%A8%E9%9B%86%E8%80%85
カルマ >> デュエマはカードを使ってもっとあくどいことをする奴を、生かすのかというような話をやるんですかね
GiGi >> 敵対者は平気でカードを使って殺人を行ってるんでしょうね。この盗撮魔くんが改心して解説や苦になったりしても面白いかもw
LD >> 『銀の匙』、お父さん、悪い人じゃない事はわかるけど、言い方があるだろうとは思った。っていうか言い方直したら解決な気も。
LD >> 『武勇伝』、太ましい萌えの時代がきてるよね…?(´・ω・`)
LD >> ああ…何かすると、生かしておけるんだけど、悪いヤツはそれをしないから死んだまま…って設定だと大体いいのかな?
GiGi >> 翻訳する人が必要ですね。そこでクラスメイトの出番かも>銀の匙
紙魚 >> こんばんは
LD >> こんばんは。
LD >> 『國崎出雲の事情』は、倒錯していますね。元からだけど、一歩踏み込んだ感。
紙魚 >> 踏み込んでるって言うか「性別以外が真っ当な恋愛漫画」って感じですかね
LD >> 『おすもじ』は、この妹が出ると安定なんですが、そろそろ妹編終わりそうな気も。……何かレギュラー化できるアイデアはないか。
LD >> 『月光条例』、エンゲキブの幸せになれないっぷりが、少し悲しかった。
LD >> マガジンいきましょうか。
タスタイ >> こんばんは
名無し >> こんばんは
名無し >> 一歩のヴォルグの引き出しの多さがなんか不自然に感じてしまった
紙魚 >> 更新したら名無しに、、
LD >> 『我妻さんは俺のヨメ』は、可愛い女の子がいなければ、大体『いきいきごんぼ』みたいなマンガなんだな。
GiGi >> エンゲキブの扱いって、これ王様嘘ついてることにならんのかな>月光条例
GiGi >> それは思ったw>我妻さん。
カルマ >> 「おすもじ」は主人公のために妹に有利な情報を隠す寿がずっと上手くない感じがしてどうも
GiGi >> 「会いに行くよ」が復活。連載作家さんが作画協力しているあたりがなんともあったかい気持ちに
紙魚 >> ばくだんはまぁわかってたことだけど最終回みたいですね、マガジンで加瀬漫画が通用しない時代がきたか、、、
カルマ >> 「我妻さん」なんか先行して単行本がある作品だったんですね。非モテ集団が馬鹿やる話はそれはそれで楽しいかも
紙魚 >> いきいきごんぼの女の子は可愛いぜ?
カルマ >> 「ばくだん」終わりですねぇ…打ち切りが結果的に歴史上の人物の代替というスケールに主人公が落ちちゃう(まだわからないか?)のがもったいないかな
LD >> このまま何の接点もなく、話が進まない方が……いいのかな?
紙魚 >> 「零」喜十郎が回を重ねるごとに男前になりすぎてるw
LD >> >『我妻さん』
LD >> ちょっと可愛いの種類が違うw> いきいきごんぼの女の子は可愛いぜ?
紙魚 >> 加瀬先生の漫画って男が男のハーレムを作ってく漫画(おい)だと思うんですけど主人公に惚れ込む理由がパッとしないしメインヒロイン格に当たる男キャラも浮かんでこなかったのがいまいちピンとこなかった
LD >> 『波打際のむろみさん』、リヴァイアさん、最強やね。
GiGi >> 零は俄然マダムが怪しくなってきましたね。ミステリー感が出てくるとは予想してなかったので楽しいのだけれども人気は落ちてるっぽい?
LD >> ああ、言い得て妙ですね。その場合ヒロインとして強いのは、以蔵だったんですけど、加瀬先生にそのつもりはない所があって…。歴史上の人物をほいほいだしすぎましたかねえ…掘り下げる前に。
タスタイ >> 「ばくだん」、お札の力を扱いきれなかった感があります
GiGi >> 君町ってなんだかんだで時間経過してるんだなーと気付かされる1話
タスタイ >> はじめは偶然からのはったりで大物扱いされていたのが、成長を描こうとしてシリアスに引っ張られすぎて加瀬先生の持ち味が薄くなってしまったかな
LD >> 『ベイビーステップ』と、『BE BLUES』が、本当に本気の選手のぶつかりあいを描いていますねえ。
GiGi >> 今週のBE BLUESの展開はベイビーステップでもエーちゃんが負けた場合有り得る話で、こうなるとエーちゃんには勝ってほしい気もw
カルマ >> ベビステはお父さんが許さなさそうなんですよねぇ>負けた場合
GiGi >> 中学生の龍ちゃんと違ってエーちゃんはまあ実質進路の選択に親の許しはいらない
LD >> あのお父さん、厳しそうですよねえw
GiGi >> なのでエーちゃんが負けて我を通すとただの我侭に見えてしまうところはあるかも
LD >> 厳しいというか……約束事に淡々としていた。約束の内容じゃなくって、約束した事を最重要視している感じ。
タスタイ >> べビステ、これが2セット目だということを忘れていた
LD >> 『エデンの檻』は、これはトオルさん本当に死ぬの?……んんん?(考)
GiGi >> エデンの檻はこういうとき緊張感がでなくなっちゃったのは失策ですかね。状況的には、まあ助からないはずですが。
LD >> ところで、どうして福本先生は「アウト」の事をかならず「アウツ」と言うんでしょう?
カルマ >> 「エデンの檻」はこういう時こそちゃんと絵にしてくれるとブレーキかからなくていいんですが
LD >> 『アゲイン』は、レオちゃん、どったの?今村くんがモテモテだったのが気に入らなかった?
タスタイ >> トオルさん、年長枠に入るはずなのに目立ちませんでしたからね。急に先週から進まれても。
LD >> 『エデンの檻』は、時々、カタストロフが起きるタイプの物語構造だと思うんですが、それに対してすごく臆病ですよね。結果、緊張感が削がれてしまって、後は皆「何が国だよ!」しか覚えていない状態に。
LD >> 『アゲイン』、それとマネージャは酷いw 久保先生のマガジンの連載の中で最も酷い女かもしれない。
LD >> 『ちょっと盛りました』が志村けんと会ってるのは、ちょっとすごいと思った。
LD >> チャンピオン行きましょう。
LD >> 『囚人リク』が、すごい展開に。ワンミスが命取りの状況で、今回は幸い命取りにならずにすみそうですが、しかし、手酷い罰は受けるという良い展開。
紙魚 >> 人脈というか人徳力でもレノマが勝るとリクが陰る
GiGi >> リクは当然この顛末を見ぬ不利は出来ないわけで、いろいろと試されますね
カルマ >> 「囚人リク」リクは見逃せないでしょうし、炊場のトップと遺恨を残す結果になって難しくなりますね。
タスタイ >> これを知って、レノマはそれでも脱獄のために冷静でいられるのかがリクと対比して問われますね。
GiGi >> ここはリクが炊場のボスをたらしこむしかないですねw
紙魚 >> 「シュガーレス」大阪怖すぎる、シャケのケンカ美学を宣教する話になるんだろうか
紙魚 >> 「ガキ教室」はすでにゲボーンが右腕ポジションとして巧く機能してる感じで
LD >> 『弱虫ペダル』、小野田くん、これはすごいなあ…。しかし、最終ステージのクライマックスに足るバトルになっているかは、けっこう難しいかも。
紙魚 >> 「ラララライブ」が全然余裕で続きそうでした
GiGi >> ラララライブがよくわからんがダイナミックだった
GiGi >> ゲボーンはスケットダンスのスイッチポジションにw
カルマ >> 「ラララライブ」続きそうで何より。
紙魚 >> なんていうか物語から脱落するキャラを出さずにまとめられそうな安定感が凄い>ガキ教室
紙魚 >> 「鬼さんこちら」は短期連載なんでしょうけどこれが長期連載なら凄まじく壮大な序章、第二部でヒロインに主人公交代してもいいようなサーガになり、、、えるか?
カルマ >> 「バーサスアース」今回みたく流れるシーンの中に設定が詰まってる感じは結構好きなんですが、モノローグでだらだら引っ張る戦闘がやはりクドかったなぁ
GiGi >> 鬼さんコチラはどうみても終わりそうだが情景はすごく良い。
LD >> 『バチバチ』は、田上が、手に何か入れそうで……って、そういうのってばれないのかな?
GiGi >> これプロローグだったらちょっとすごいですよねえ。タイトルがいまだにピンとこないので何かひとひねりあるのかどうか
カルマ >> 「鬼さんコチラ」がやはりいいですね
タスタイ >> 鬼さんこちらのこの変身シーンは面白い
紙魚 >> 「いきいきごんぼ」この手の漫画で便意ネタが来るとどーしてもネタのストック厳しいのかと思ってしまう
GiGi >> デビルマンGは気にしてなかったけどデビルマンの変奏としては結構面白そうな設定。ミキちゃんが魔女ってのはいいね
GiGi >> スポちゃんは試合シーンの絵は悪くない
GiGi >> というか誰かたけしたけんじろう先生には原作者つけてあげて
LD >> 『ばどばどミント』は、良いのだけど、あんまりメンタルスポーツという所がよく分からなかった。次わかるのかな?
GiGi >> マーニーは尻上がりによくなってるなー。すごくチャンピオン漫画
GiGi >> エンジェルボイス容赦ない
LD >> 『てんむす』、結日高校、弱いですねえ…というか一回戦で、とりあえずの強さ順位が出てしまうのはけっこういいかも。
紙魚 >> 脱落数のヌルさ的にも一回戦のねらいはそこですよね>とりあえずの強さ順位
GiGi >> 龍聖高校は先鋒13位だけど大将戦前にはあっさり2位になってるとか芸コマですね
LD >> ジャンプ行きましょうか。
LD >> 『ハイキュー』、巻頭カラーですねえ。『ハイキュー』は良いです。
紙魚 >> 「ハイキュー」どうやら完全に固定人気得たみたいですね、前回の試合もそうだったけど「練習試合だからいろいろ試してみる」ってのが丁寧ですごくいい
紙魚 >> これがクロガネだと全部が全部「負けられない戦い」にしてしまう
カルマ >> (ホライゾン?最終回面白かった。特報とかはなかった)
LD >> 『ハイキュー』の、「翼がないから人は飛び方を探すのだ」ってテーマですね。天賦の無い者の工夫の闘いを見せてくれています。
カルマ >> 「ハイキュー」いいですね。きちっと「これが本試合なら」と自覚的なセリフもあって安心。実に丁寧でいい
タスタイ >> 「ハイキュー」、先輩たちがしっかり先輩してますね
紙魚 >> 「クロスマネジ」なんていうか「一話を二回やってる」ってぐらい進展が無かった感じ、っていうか前回の引きがあんななのにキャラ紹介しないんかい!
GiGi >> ハイキューは懸念点のひとつだったライバル校もきっちり描けて死角なしですね。しかしまだ練習試合しかやってないんだよなーw
GiGi >> クロスマネジ今週は残念感高かったですね。個性的なメンバー紹介すればそれだけで目を引いたのに
LD >> 『暗殺教室』、教師としての強敵出現ですが…。なんというか、この地球を壊す者を前に淡々と自分の日常を生きてる空気が、松井先生のマンガっぽさですね。
GiGi >> トリコ、小松そこは味を追求している場合じゃないw
GiGi >> ニセコイめまぐるしく読者の視点を安定させない構成が面白かったですねー
GiGi >> めだかボックス、言彦は言葉の通じない人の怖さが良く出てて面白かった
紙魚 >> トリコは「なんと!簡略化だけでなく味もよくなっておる!」って感じであじの改良は偶然の産物でよかったような
カルマ >> 「クロスマネジ」勿体無かったですねぇ…個別に設定あるっぽいのに
カルマ >> 「トリコ」あぁ、そういう展開ならたしかに>味の改良は偶然の産物
LD >> ちょっと分かってきた。『斉木楠雄』は、ドロンパとか、パーヤンとか、出木杉くんが主人公のマンガなんだ。
LD >> 『クロスマネジ』は、ヒロインの子と主人公の掘り下げをまず先にという感じなんでしょうね。
紙魚 >> スケットダンスらしいなぁ、、、といえばそれまでだけどスイッチの家の前で父親がカラまれるのはいくら何でも茶番すぎるでしょうw仕込みを疑われるほどに
タスタイ >> さすがに5分で既に完成していたってのは短すぎたかと思います。でも小松の料理人としての純粋さを示すことは出来ていたかなと思います。
LD >> 『黒子のバスケ』の赤司は満足です。
紙魚 >> 「タカマガハラ」エミシ君黒幕って以外の筋がまるで見えてこないw
LD >> 『伊達先パイ』のノリはけっこう好きです。
紙魚 >> 「恋染紅葉」宣言しなくても現時点でナナちゃんが負ける理由が見あたらない
LD >> 『べるぜバブ』が、変なところから過去話に?w
GiGi >> タカマガハラなー
紙魚 >> 「暗殺教室」はとりあえずは続く見通しがついたから設定カードを一枚オープンしたのかな
LD >> 『スケットダンス』はよかったです。
GiGi >> スケダンはきれいに落ち着けましたね
LD >> (`・ω・´) 「恋染紅葉」宣言しなくても現時点でナナちゃんが負ける理由が見あたらない(`・ω・´)
紙魚 >> 「NARUTO」はここでオビトがどう歪むか描ききれるかどうかが作品全体の出来を問われることになりそう
タスタイ >> ナナちゃんはむしろこの宣言のせいでサナちゃんの従格になっちゃってるように見えます
LD >> ……というか小鳥ちゃんも悪くないですね。いやぁ〜非常に高位置で、徒手空拳子ががんばるような話になっている…?
LD >> いやぁ…物語構造と演出で見ればそれが正しいのですけど…サナちゃんに何もなくてフラグにならない(見えない?)所があるんですよねw>サナちゃんの従格
LD >> さて、そろそろ一番を決めましょうか。
GiGi >> 小鳥ちゃんが戦列に加わったところで連載終了というのがいいお年どころなんじゃないんでしょうか(ぉぃ
LD >> サンデー。そりゃあ『BE BLUES』ですよ。
紙魚 >> ジャンプ,ハイキュー
LD >> 分からんでもないけど、僕は終わって欲しくないな!>連載終了
カルマ >> そういえば「NARUTO」トビの正体がオビトじゃないかってのはファンでは普通に予想されてたみたいでびっくり
LD >> マガジン、んんんんん……『ベビステ』?
紙魚 >> チャンピオン鬼さんこちら
GiGi >> BE BLUES、鬼さんコチラ、めだかボックスかな。マガジンはなし
LD >> チャンピオンは『囚人リク』かな。
LD >> あ、『めだかボックス』良かったですか?……あ、「言葉の通じない人の怖さ」ですか。成る程。
カルマ >> サンデー「BE BLUES」。
紙魚 >> サンデーBE BLUESか国崎出雲、マガジン無し
タスタイ >> ジャンプ、ハイキュー。サンデー、BE BLUES。マガジン、べビステ。チャンピオンは鬼さんコチラ
LD >> ジャンプは『ハイキュー』かな。
カルマ >> マガジン…うーん。
カルマ >> チャンピオン「鬼さんコチラ」
カルマ >> ジャンプ「ハイキュー」でしょう。
LD >> うん。今週は『BE BLUES』ですね。負けて前に進む感というか、勝ち負けはやはり勝つ信念とは別の所にあって……って描きがリアルに描かれていたと思います。
LD >> という事で『BE BLUES』にします。
LD >> それでは、今週もありがとうございました。お休みなさい。
紙魚 >> お疲れさまです
カルマ >> お疲れ様でしたー。
タスタイ >> おつかれさまでした


■■■■2012年10月07日■■■■
LD >>
LD >> |ω・`) こんばんは。
LD >> ちょっと、本を取り込んでるのです。
カルマ >> こんばんはー。
LD >>
GiGi >> こんばんは
LD >> はい。取り込み終わりました。
LD >> 庵野秀明とミニチュア特撮展に行って来ました。
LD >> 『巨神兵東京に現る』を観てきました。相当、カッコよかったです。
カルマ >> 特撮博物館は素晴らしいですよね。僕は世代でも特撮オタでもないけど、メイキングは特に面白くて。
LD >> さて、今週は、マガジンからでしょうか。
LD >> あ、カルマさんも観にいったんですか?
LD >> 特殊効果含めて、全部手作りでCGなし、というのはすごかったですね。
LD >> どういう企画からはじまったかは分からないけど、昭和の特撮ヒーローと、東宝怪獣系特撮映画が一堂に会していて楽しかった。
カルマ >> えーと、8月にですね。アニサマで上京した時に間を縫って。
LD >> …む。とりあえず、しずしずと一番はじめますか。
LD >> そうですか。僕は、今日行ってきて、来週おしまいなので随分混んでいました。
GiGi >> なんかDrデュオが不思議な話でした
LD >> 『コードブレイカー』がアニメ化なんですよねえ…上条先生何気に連載作品2つともアニメ化。
LD >> 真島先生の『RAVE』ってアニメ化しましたっけ?
GiGi >> RAVEはアニメ化してましたね
LD >> 『A-BOUT』の樋口の格高いよなあ〜…ずっと、格が高いだけでここまでやっている気がする。上級生はすごいに決まっている!みたいな感じだ。
LD >> じゃあ、真島先生も2作品アニメ化か。………ちなみに『ゲットバッカーズ』はアニメ化しましたっけ?いや、なんかまとめて考えちゃってて(汗)
LD >> 『エデンの檻』は、タイムスリップだとして、外のセカイが滅びている(助けが来ない)事はこの島が関係しているのだろうか?だとしたら大事だけど。
GiGi >> なんかあんまり大事になっていると、最終回で全部なかったことになるんじゃないかという気がしてくる>エデン
LD >> 【エデンの檻】、普通に考えると、遺伝子操作しようが古代生物が氾濫したぐらいで、世界は滅びないわけでね。…大分、疑問のフェーズはそこらへんに移ってきている。
カルマ >> Drデュオ、1話完結スタイルでもう1年もやってるんですっけ。結構凄い
カルマ >> ゲットバッカーズは僕アニメ観てましたよ。昔は割りと中途半端なアニメ化が多くてw
GiGi >> アゲインはひととおりやった後でここに戻るというのはちょっと興味深いですね
GiGi >> それで君町は来週からふたりエッチみたいな漫画になるんでしょうかね
LD >> む、ところでGiGiさん、さっきスカイプに呼びかけたんだけど、使えない状況ですか?
LD >> 『アゲイン』、なんでかヒロくんからはセカイ系のにおいがするwなんでだろう?
カルマ >> コードブレイカーはもうすぐ、3時くらいから関西最速か…枠の流れで観ることになるな
GiGi >> あ。ごめんなさい。気付いてなかった
GiGi >> ヒロ君が主人公だと普通のアゲインものになりますねw。
GiGi >> ばくだんはサクッと終わりましたね
カルマ >> 「アゲイン」ここに立ち返るのは面白いですねー。そういえば物語当初と違って自分で動くことの面白さを、知ってしまった状態なんだな。
LD >> ヒロくんが主人公だと、なんというか夜神月がタイムスリップしたら……みたいなにおいが出ている気がするんですよ?w
タスタイ >> こんばんは
LD >> ウサ団長とか、アキちゃんとか待たせて、悪い男たちです。
LD >> こんばんは。タスタイさん。
LD >> 『君がいる町』は、来週から『ふたりエッチ』みたいなマンガになるわけではない……と思ったけど、エッチシーンがない『ふたりエッチ』みたいなマンガにはなるかもしれない(という意味だったか)。…それはアリかもしれない。すくなくとも『涼風』とは違う展開だ。
LD >> 『AKB49』は、ラストページの画は前田敦子にみえた。
タスタイ >> 加瀬先生、マガジンから離れるような巻末コメントがあったみたいですね
紙魚 >> こんばんは
LD >> 『我妻さんは俺のヨメ』の、「天地さん付き合ってたの?」で、がっくりくる感覚は瞬間的にわかった。(´・ω・`)
LD >> 加瀬先生、マガジンから離れるようなコメントがありましたよ。…徳弘正也先生の時のコメントと似ていました。
GiGi >> 加瀬先生マガジン以外でどういう漫画を描くのかイメージできませんが、編集とそりがあわなかったんですかね
カルマ >> 気づいてなかった>加瀬先生コメント んー
LD >> しかし、これ……ビタ一文もモテないまんまの連載なのでしょうか…さびしいな。>『我妻さん』
カルマ >> 「我妻さん」は別に我妻さんいなくてもいい話なのか…?
LD >> 編集とそりがあわないと言うか……単純に頃合いってあると思いますけどね。『ばくだん』は、やはり加瀬先生らしくない所はありました。
LD >> そう、もしそういうマンガだとしたら、ちょっとさびしいよね…(´・ω・`) >「我妻さん」は別に我妻さんいなくてもいい話なのか…?
LD >> 『ばくだん』は、本当の意味で殺し合いが在る世界の物語は加瀬先生の作風的に厳しかったのかもしれません。ここらへんは、西森先生が『スピンナウト』が作風的に厳しくなった所と似ている気がします。(『スピンナウト』相当好きですが)
GiGi >> ベビステは時間を進めるところはさくっと進めてくれて本当に無駄がない
LD >> 『フェアリーテイル』、ドラゴンのカッコよさとかすごいなあ…。
LD >> 『ベイビーステップ』は、けっこう、この場にまだなっちゃんがいない事が重要に思えます。もしかすると決勝点になるかも。
タスタイ >> 緒方くんの戦い方も面白いですね。エーちゃんも1試合ごとに着実にひとつずつ上のステージに昇っていってます
LD >> 『シャードック』、鑑識の人が、妙に女の子っぽいんだけど……?そう思うと、エリートくんも女の子にみえてきたぞ?
カルマ >> 「ベビステ」緒方くんも自分の戦い方を見つけてきてるけど、一球目から勝負してくアメリカ編で描かれたテニスとは遠のく形になるのかな。
LD >> エーちゃんの成長の仕方はすごいですねえ。…短期間にどう成長しているのかを「具体的に」描いているので、説得力がハンパないです。
GiGi >> エリート君が女の子はない
LD >> あ…いよいよ来週、鈴木央先生の連載がマガジンではじまるわw
タスタイ >> シャードック、今回の犯人が妙に女性っぽく思えるんですよね、なぜか。
LD >> チャンピオン行きましょうか。
GiGi >> 煽りで4誌制覇アピールしてくるんだなーとニヤニヤ
GiGi >> パンダの子はこれはどう理解したらよいのだろう…
LD >> 髪が長いからかな?…なんか、ガチムチのホモみたいですけどw>犯人
紙魚 >> 仕切り直しの狙いがいまいちわからない、のこの掘り下げなら以前のでも出来たんでない>パンダのこ
LD >> 『バイオハザード』、ええっと、この生徒会長はまだ人間なんですよな?
カルマ >> 「パンダのこ」前の1話に対して何か足されているわけでもなく…困るなぁ
LD >> 『囚人リク』、これレノマどうするのかなあ?…じゃなくって、リクはどうするのかなあ?と問うべきか。
紙魚 >> 「弱虫ペダル」真波にも笑顔が出て条件的に互角か、山頂でまってるのが委員長とおかんってのがあれだけどw
GiGi >> シュガーレスドラマ見逃した。本編のほうは大阪来てもやることは一緒感が安定感高い
GiGi >> リクは決断を迫られる予感がすばらしいですね
GiGi >> マーニー良かったです。本当にどんどん良くなっている
GiGi >> 人の死なないミステリーで人が死ぬシーンを描くというのがこんなに新鮮なものだったとは
紙魚 >> マーニーよかったですね、ありがちな題材だけどこのP数に圧縮出来る人がどんだけいるかってなると
LD >> 『浦安鉄筋家族』のこの話はけっこうやばかったんじゃ……。
GiGi >> ガキ教室も安定感高い。チャンピオンは刃牙終了後部数的にはどんななんだろうなあ。意外と変わらなかったりして
GiGi >> 浦安はわりとガチでアレな話だけどオチですべて許された感
タスタイ >> リクから見たら自分とおじさんの関係そっくりだと思うんですよね。そこで二人の意思をどう受け取るか。
紙魚 >> 浦安は俺の描く女の子は結構かわいいということに作者が自覚的な話が増えた感じがする
LD >> 『パンダのこ』…あ、いや、でも微妙に設定変えてますよ?多分、パンダの子を継続的に育てても無理がない設定に変えている……細かいw
LD >> 『弱虫ペダル』は、ちょっとエロかった…。
GiGi >> お金持ちならパンダを飼っても許されるとw?
紙魚 >> 「ガキ教室」殴ってすぐ「あ、ヤベ」ってなる教師モノってのも珍しい、実にこの漫画っぽい
カルマ >> 「マーニー」めちゃ良かったですね
GiGi >> ガキ教室いいですね。殴ったことそのものはすでに失策で、じゃあそこからどう挽回するかという構図になっている
GiGi >> 鬼さんコチラが今週も大変に良い絵なのだがいったいどこに向かうのか
GiGi >> この見開きの楽しさは本当に良いなあ。これだけでこの人のポテンシャルの高さがわかる
カルマ >> 「ガキ教室」は順調も順調
紙魚 >> 凄い集団戦闘絵だった、こっちこそ仕切り直しか第二部を許すぞw>鬼さんこちら
LD >> 『バチバチ』は何か変な戦いだった…。
GiGi >> バチバチはなぜこんな安い話を挟んだのかw
タスタイ >> 鬼さんこちらは大技連発っぷりが楽しいですね。数回前からずっとスケールでかい絵が多かったのでそこからテンション下げずにこれてます
紙魚 >> 元ボクサーが強いっていうならわかるけど、設定的にも大したことないって言っちゃってるのがな。バチバチ
カルマ >> 「鬼さんコチラ」仮に打ち切りにあってもいくらでも次に期待できるレベルで絵がいいです。
GiGi >> 刀が先に動いているアクションの作画も凄くよくって、漫画として魅力的な絵を描ける才能は本当に貴重
GiGi >> コマ割は平凡だしディテールもアマアマなんだけど、何をどう描けば楽しい絵になるのか本能でわかってるタイプ。のびのび育って欲しい
紙魚 >> ラララライブはこういう風にキャラ積んだ後の爆発力に今後期待したい、あと何気にコスプレ漫画になってるな
紙魚 >> 「スポ×ちゃん!」がなんか後転倒立から攻撃しててこれまでの作品の世界観を揺るがすコマでしたw
LD >> 『名探偵マーニー』よかったですね。善人も悪人もないというか、人間の面白さのようなものが見えて。
紙魚 >> 「 ばどばどミント!!」も仕切り直しか、短期連載ってのとりさげて普通に続くんじゃないかなぁ?おもろいよ?
LD >> 『てんむす』って、多分、この中に前回優勝校が混じっていると思うのですが…龍聖学院以外で。なかなか判明しません。
LD >> 『ラララライブ』も好調ですね。
GiGi >> ばどミントも短期集中の意味よくわからんですね。なんらかの意図があるのかもですが。
カルマ >> 「てんむす」敵校をかなりじっくり描いてきた割に北海道代表を暑さに弱いって理由でニコイチに落としたり、大阪勢全員金の損得勘定してたり、雑に感じるなぁ
LD >> 『ばどばどミント』も良いですね。今のチャンピオンの駒だと本格連載ありそうですね。
紙魚 >> 個人的にはバイオハザードが乗り切れないってぐらいで削るとこ無いですけどね今のチャンピオン
LD >> ジャンプにしましょうか。
LD >> (ぼそっ)『いきいきごんぼ』と『スポちゃん』あたりがヤバそうですぜ?
紙魚 >> 「エンジェルボイス」キーパーに「惜しい」は無いから積極性を出して失策したら責められるだけだってのがなんか他誌のサッカー漫画とのキーパーの扱い方に差が出てる
GiGi >> いきいきごんぼはポジションを得ている感。たけしたけんじろうせんせいにはだから原作者をだな(ry
紙魚 >> 「NARUTO」ひょっとしたら私は岸本先生を甘く見ていたのかもしれないってぐらい綺麗につながりそう
GiGi >> サイコパスってキャラ原案がリボーンの天野先生なんですね
LD >> 『トリコ』、うんまあ、率直にいって大味で美味しくなさそう(汗)
紙魚 >> 「めだかボックス」王土さんは天津飯ぐらいの活躍が出来れば御の字
GiGi >> めだかちゃん結構楽しいです。アニメにあわせてアブノーマルの連中を引っ張ってくるというのも良いですね
GiGi >> なんかジャンプがジャイロゼッター推しなんだが原作はスクウェアエニックス?なんか不思議な感
LD >> 『暗殺教室』、この分身はいろいろやばいと思います。…どっちかというと、ザ・ワールドか、テレポート能力なのかな?
タスタイ >> トリコはボスの造形があいまいすぎて肉がありそうに思えないのも旨そうに見えない原因かな
LD >> ああ、そういう事か。気づかなかった。>。アニメにあわせてアブノーマルの連中
GiGi >> ブリーチいいですね。たっぷりカタルシスを味わったあとでヒキだけで失策が一目瞭然という
LD >> 『斉木楠雄』は、友情も、努力も、勝利も、要らない人間が「でも、まあ、あってもいいよね」って思う話なのかもしれない。(←適当)
紙魚 >> クロスマネジに全然火がつかなくて超不安だぜ
GiGi >> ニセコイは煽り文を書く担当が楽しそうで楽しそうで
紙魚 >> 正直「あとでお茶を濁しますよー」ってのがミエミエすぎて、、、>ニセコイ
紙魚 >> 伊達センパイは愛さんの造形が安定しなさすぎる
LD >> 『クロスマネジ』の着替えシーン……エロくなかったなあ…(遠い目)
紙魚 >> スケットダンスがなんかスイッチの話からそのままスケット団創設秘話に流れ込んでる?もしかして終わらせる?
カルマ >> 腰キスですらとてつもない影響を与えるニセコイで口キスなどルート確定レベルな感が
カルマ >> 「クロスマネジ」ここまで部員に魅力ないとは思わなかった。デブ一人いるのはシルエットで分かってたけど…
LD >> 『ハイキュー』の絶好調具合は良いですねえ…。『ベイビーステップ』とはまた違った形の成長を描いている。
GiGi >> スケットダンスはなんだか過去エピソードを終えるのが名残惜しいかのように続きますねw
紙魚 >> 恋染はアイドルグループのいざこざに主人公が首突っ込むってこともないだろうし、ここは主人公の株を上げられるだけ上げとく話にするのかな
LD >> 多分、ヒロインの子以外に目をいかせない施策なんでしょうけど、ゼロ年代までならボツの発想。さて、今だとどうか…?っても結局、メンバーに別の魅力がないと厳しいですけどね。
LD >> 『ニセコイ』、水着回ですが……どこをどう観ても、鶫ちゃんが一番かわいいです。(`・ω・´)
LD >> 『スケットダンス』、開盟学園って基本的にかなりレベルの高い進学校ですよね。生徒のいい人度をみててもそう思う。
カルマ >> 「スケットダンス」「大事にしないとな」って言った人だれだろうと思って調べたらこんなんでてきたhttp://sclpsn.blog.fc2.com/blog-entry-92.html
LD >> 『リボーン』、いよいよ終わりですね。ボンゴレギアはずして、相手はフリーザ第三形態みたいな雰囲気のヤツで。
カルマ >> 「リボーン」ここで死ぬ気とかもー最高ですねぇ。
LD >> 『スケットダンス』の影にかくれて、『べるぜバブ』も何気に過去回でした。
LD >> サンデー行きましょうか。
LD >> 『マギ』が、ディストピアものになっているねえ…。
LD >> 『最上の明医』は、これファーストキスだったっけか?とか考えてしまった。
LD >> 『神のみぞ知るセカイ』は、この過去干渉は、条件付けがあるんですよねえ。何でこのポイントへの干渉はできるのか。そこらへんちょっと気になってます。
カルマ >> 風俗がどうこう言ってたからそこで済ませてるんじゃないですか>ファーストキス
GiGi >> ちょい寝落ちしていた
GiGi >> 神知るは「まるで若いころの私のような」と言っちゃう室長がお茶目
LD >> 『BE BLUES』、わかっていたけど優希ちゃんと一緒に暮らすのはいろいろやばいと思う。
LD >> あ、そうでしたっけ。>風俗がどうこう
GiGi >> 気になると言えばケンイチの新キャラが「私、気になります」なのは某アニメを意識してのことなのだろうか
GiGi >> アンナも一生に暮らそう(提案)
カルマ >> 「BE BLUES」宮崎が良すぎてもー…
タスタイ >> アラジンよりもティトスの方がよく動いてますね。早いペースのキャラ積み
LD >> 『宇宙コンビニ業務日誌』は、一つ目の女の子が可愛いと思わせたら勝ちなんだけど大体よかった。でも、そういうテーマとして考えた場合、仕掛けはなかった。
タスタイ >> 宮崎の成長はすごい見事ですね。これからも継続して出てほしい
LD >> 『武勇伝』、ヒロインが素で「どすこい」言いました。
LD >> とりあえず、みんな、龍ちゃんと同じ学校へ行こうとすると思うんですけどね。
カルマ >> 宮崎はたとえ才能がなく努力が実らなくても「あの時宮崎がいなかったら」と言える一生の存在になってますよね。既に
LD >> 『姉ログ』は地味に好きです。元々、全デレが好きなので。
LD >> 宮崎は多分、日本代表にはなれない……と見せかけて、なるかなあ…このマンガ。ナベケンが日本GKになるのは確定だけど。
GiGi >> サンデー読み切りを連発してるのはコンペ的な意味合いなんですかね
GiGi >> 「それでも僕は変身する」は設定としてはかなり筋がいい感
紙魚 >> 今サンデーってどうすりゃ新人が本誌デビュー出来るのか謎過ぎですからねぇ>コンペ
GiGi >> 鳥光編集長が本格的に誌面に手を加え始めた感はありますね
LD >> 『それでも僕は変身する』は、一向に顧みられなかったモテないナンパくんに同情してしまうんですが…。
GiGi >> 連載にするなら非モテ怪人の救済までやるとより収まりがいいですかね
GiGi >> デュエマは盗撮魔をただ逃がしてしまったのは残念感
LD >> ああいう、ルサンチマン…?非リアが怪人になって、主人公もモテなくなる…というWモテない設定は連載としてはちょっと苦しいかも。…いや、面白かったですけどね。
LD >> 『ムシブギョー』は、そろそろ火鉢さんのターンが来るようで嬉しい限り。
カルマ >> 「それでも僕は変身する」うーんすごい努力をしてモテてる主人公っていいと思うんですが、設定的にちょっと報われない感が出すぎかなぁ…
LD >> 苦しいですよね。…ただ、多分、連載すれば、それを打ち消す程の何かで、結局、モテるとは思うんですが。
カルマ >> 敵に人外の女幹部集団を大量に出して、人外に惚れられまくる話にすると誰かが喜ぶ(笑)>普通の女の子に嫌われる設定
カルマ >> 「デュエマ」は特に救う方法について説明されなかった…?次の展開も悪くはなさそうですが、ううん
LD >> こ、これーよ!怖いよ!『デュエマ』!
LD >> では、そろそろ一番を決めましょうか。
LD >> マガジンは、『我妻さん』行っておくかな。
GiGi >> マガジンは君町ですか(ぉぃ
LD >> チャンピオンは『名探偵マーニー』かな。
紙魚 >> ジャンプスケットかリボーン
LD >> ジャンプは『スケットダンス』。
紙魚 >> マガジン無し、サンデー、強いて言うならマギ
カルマ >> マガジン…うーん「フェアリーテイル」が久々にちょっと良かったくらいだなぁ…
カルマ >> チャンピオン「マーニー」。
LD >> サンデーは…どうだろう。やっぱり『BE BLUES』かな。
紙魚 >> チャンピオン、マーニーか鬼さんコチラが別ベクトルで高い
カルマ >> ジャンプ「リボーン」。
タスタイ >> ジャンプ、ハイキュー。チャンピオン、鬼さんこちら
タスタイ >> サンデー、BE BLUES
GiGi >> チャンピオン「マーニー」ジャンプ「ニセコイ」サンデー「BE BLUES」かな
GiGi >> 鬼さんコチラもよかった
カルマ >> サンデー「BE BLUES」。
GiGi >> BE BLUESですが、朝日を見つめるシーンが未来への期待と不安がない交ぜになった心象をよく表現していて良かったですね
GiGi >> 鬼さんコチラはただただ絵が良かった。状況設定は本当にどうするんだろうこれw
LD >> うん、今週は『名探偵マーニー』ですかね。
GiGi >> マーニーですかね
カルマ >> そうそう、「ひめはじけ」のネタのためにやたら濃い過去話をこしらえた感じは好きw
LD >> 『鬼さんコチラ』のネームはいいですねえ。画に変なエッジが利いていて、それをネームが支えている。
カルマ >> マーニーでしょうね
LD >> 『ひめはじけ』は、天丼でしたねw
LD >> それでは、今週もありがとうございました。お休みなさい。
紙魚 >> おやすみなさい
カルマ >> お疲れ様でしたー。
タスタイ >> おつかれさまでした


■■■■2012年10月14日■■■■
LD >>
LD >> |ω・`) こんばんは。
LD >> いろいろと忙しく過ごしておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
LD >> 調べ物していたら、体力使ってしまったなあ…。
カルマ >> こんばんはー。
LD >> こんばんはー。
カルマ >> 「絶園のテンペスト」のアニメが始まったので原作読み返したりしています。
GiGi >> こんばんは
LD >> ああ、新作のアニメはまだ観ていないなあ…「リトルバスターズ」が気になってるんですけどね。
GiGi >> ノイタミナのサイコパスは天野明先生キャラデザなんですね
LD >> こんばみ
LD >> はあ…。まあ『リボーン』も大詰めですし?
カルマ >> 関西ノイタミナはまだですが、サイコパスは結構楽しみですね
LD >> 今週はどこからでしたっけ?
LD >> チャンピオンからかな?
LD >> それでは、するると一番をはじめましょうか。
GiGi >> シュガーレスドラマ見ましたがちょっと役者さんの線が細い感じでしたね。アクションはがんばってました
GiGi >> シュガーレスドラマ見ましたがちょっと役者さんの線が細い感じでしたね。アクションはがんばってました
LD >> チャンピオンから。
LD >> マリモちゃんが厳しそうなんですよね。まだ観てませんが。このキャラについてはどこかのプロレスラーを連れてくるべきだったかも。
LD >> しかし、けっこう微妙に(?)ケンカヤンキーもの実写ドラマでウケている気がしますね?ちょっとアナクロな安定度を持つようになってきている?
カルマ >> クローズのヒットの時から、そんな感じでしょう>実写でウケている 深夜ドラマがメジャーになってきたのもあるか
GiGi >> いきいきごんぼが何気に好調ですね
GiGi >> AKBのマジスカ学園あたりのヒットから流れが出来た感ですかね
GiGi >> リクはどっちにいくのかハラハラしてみていましたが、一気にきましたね
紙魚 >> こんばんは
LD >> 元ヤンが喜んで観ているのか?一般にウケているのか?そこらへんが知りたい所なんですよね。
紙魚 >> マリモは芝居なんて出来なくていいからボディビルダーでもひっぱってくるべきでしたね
LD >> 『いきいきごんぼ』、今週いいい話でしたねえw
紙魚 >> 「シュガーレス」大阪編は想像以上にペースが速い
カルマ >> あ、クローズって映画だけか
LD >> 『弱虫ペダル』は、やはり山岳くんが、孤高というか一人で強い感じになっているわりに、他を圧倒する描写に乏しかったのがまずい気がします。
紙魚 >> 「いきいきごんぼ」は全体にポジティブな空気が流れてるから救いがないのに萌えモノやよつばとみたいな日常モノよりある意味「楽園感」が漂ってる
LD >> 『囚人リク』は、助けても、助けなくても可だったのですが、より難しい選択をしましたねえ。
カルマ >> 不良ケンカドラマでちゃんとごついとか最近のであるんやろかw
カルマ >> 「ペダル」はどうにもこうにも盛り上がりませんねぇ。おかんも取ってつけた感じで。
カルマ >> 「囚人リク」リクは蚊帳の外でレノマ一人にのしかかるのが良かったですね
紙魚 >> 新連載ですが〜もうちょい漫画として読ませる工夫欲しかったですコマの情報汲み取るだけで目が止まってしまう
LD >> 山岳くんが、箱学メンバーからのバトンをしっかり受け取って来ているキャラか、そんな事は関係なく『シャカリキ』のテルのように他を圧倒して上がってきたヤツか、振りきれたヤツじゃないと、坂道くんと最後の対決する相手としては偶々感が出てしまうんですよね。
LD >> 「オレが何べん生まれ変わっても、自分じゃ絶対見れねえ景色をあなたは見せてくれる」というのは好きなセリフです。
紙魚 >> 「鬼さんコチラ」大作の序章としての構成なのか二時間映画的構成だからこうなってるのか
タスタイ >> こんばんは
紙魚 >> 「読み切り、詭弁師」対話するだけで前進することもあるっていうモヤモヤした部分を完全に払拭せずにそれでも読後感は結構いいっていうチャンピオンならではの読み切りだった
LD >> 今週の『空灰』の甲賀くん、なんか『アシュラ』を思い出した。『アシュラ』のアニメがやってるみたいですね。
GiGi >> 鬼さんコチラはこの後が本当に思いつかないなー。だからこそ続いてほしくはありますが
紙魚 >> こんばんは
LD >> 『バチバチ』、田上は相当病んでいるけど、どんぐりは普通だな……蒼希狼はどうなってるのかな?
タスタイ >> 御堂筋くんが脱落したところで彼による盛り上がりが萎んでしまったのが痛かったと思います。そこから山岳か坂道に繋がればよかったんですが。
GiGi >> 読切はいかにもチャンピオン漫画でしたね
カルマ >> 「鬼さんコチラ」はこれで続いたら面白いですね
GiGi >> バチバチはこれで鯉太郎が一時戦線離脱とかそういうことになるんじゃないかというのが不安ですね
カルマ >> 読切チャンピオンらしくて良かったですね。
LD >> それと、この繰り返しやっている田上の手つき前の攻撃だけど……いいの?普通なら反則負けとかそういう適用がありそうだけど。
紙魚 >> 「パンダのこ」仕切り直し前からなんもいじってないというかP数増えたせいで中だるみを感じてしまう、既出のネタを全て消化してからじゃないと評価下しようもないかな
GiGi >> この思い切りの良さは何かアイデアがあるからなんじゃという気もするんですよねえ>鬼さんコチラ
LD >> はあ…。まったく考えていなかったですが、そういう展開もアリなのかな?王虎との対決的に…。>鯉太郎一時戦線離脱
紙魚 >> ラララライブはキャラの掘り下げっていうか家族構成とか惜しみなく単話でドシドシ出してきますね
カルマ >> 「パンダのこ」海藤優
タスタイ >> バチバチ、ここまで見苦しいという表現が合う場面もなかなかないですね。
カルマ >> なんか変な変換が出たw
カルマ >> 「パンダのこ」変えてるとこがよくわからなくて、どういう仕切り直しなのか狙いが見えないですね
カルマ >> 「バチバチ」王虎との対決は回避されるでしょうけど、田上さんが潰れて鯉太郎も故障で、だとちょっとどうかなぁ
GiGi >> すぽちゃんが今週は漫画になっていた
GiGi >> バーサスアースはしかしチャンピオンとは思えない速度感だなあ
紙魚 >> 「ガキ教室」この先生だとこのぐらい執念深くやっても泥臭く見えない、職員室にも味方が多いし追い込まれてもスマートな印象がある
GiGi >> ばどばどミントは大ゴマの使い方がいいですね。こちらは短期集中ということで展開がちょっと窮屈ですが
紙魚 >> 和月先生や藤田先生のようだw>バーサスアース、速度感
LD >> 『ガキ教室』のこの坦々とした所というか、ドラマチックじゃないドラマがたまらんですね。
紙魚 >> てんむすはこれ巻いてるんですかね? 
カルマ >> 「てんむす」敵チームを丁寧に描くところも魅力だったと思うんですけど、個人戦はどういう意図なんでしょうね
LD >> 『てんむす』、これはもう実質、個人戦という事では……。
LD >> 巻いている……のですかねえ。7名ってそのまま決勝でもおかしくないですね。…まあ、2名に絞る気がしますが。
LD >> さて、ジャンプ行きましょうか。
紙魚 >> トリコ。具現エネルギーの概念が出たことに賛否は出るでしょうな、まぁいままでもそうじゃないと説明つかないこと多すぎたけど
GiGi >> 荒木先生お変わりなく。
LD >> 『ニセコイ』、うむ……これは見事な『引き返し』だ…(`・ω・´)
GiGi >> キムチはない
GiGi >> とはいえこれは後で反芻して本当の台詞を理解するパターンでしょうね
カルマ >> 「ニセコイ」はなんか健全なラブひなだった
紙魚 >> 『ニセコイ』これはアカンでしょ、なんぼなんでも。同様のシチュエーションを築いたときに今回の事がネックになって乗り切れなさそう
カルマ >> 「トリコ」は四獣に対して食欲見せてるのが悪食っぽすぎるのがなぁw
GiGi >> めだかはエンタメをやると決めたらきっちりエンタメになるところは流石だ
GiGi >> トリコ今回のエピソードは世界全体のスケールを小さくしてしまった感はありますね
GiGi >> そうそうアニメJOJOはなかなかの仕上がりでしたね。オープニングの出来が特に素晴らしい
LD >> 『ニセコイ』うむ………そして良いヒキだ。(`・ω・´)
カルマ >> 連載序盤に見せていたトリコたちの殺気のイメージって正確には食欲だったんですね>「トリコ」
カルマ >> 「ニセコイ」今更嘘発見器ネタとかもそうだけどわざとやってますよねぇ…w ラブひなとかこういう勘違いギャグだらけだった印象だけど、ニセコイで恋愛をネタにそういうことやっていいのかってのはあるのかなぁ
GiGi >> ジョジョの奇妙な冒険 OPに中毒になる動画 (6:26) #sm19105940 http://nico.ms/sm19105940
紙魚 >> 荒木先生の読み切りはまぁ読まされちゃうよねと、あと「山買った」とか動かないシリーズにも時系列の連続性があるのがなんかニヤリと出来る
LD >> 『暗殺教室』は、いい話。負けたけどいい話という所がいい話。
タスタイ >> トリコはジャンプアニメの劇場版そのままの構成な感じがしますね。
LD >> 今週の『斉木楠雄』は、『いきいきごんぼ』のようにいい話だった。
紙魚 >> 「NARUTO」見殺しっていうかけっこうガッツリ殺しちゃってますけど
LD >> しかし、『斉木楠雄』面白いです。麻生先生、何度目の正直だったか……ジャンプ作家でこういう例はめずらしいですね。
紙魚 >> こち亀の大阪とスカイツリーとインド人の繋がりのなさが徹底的すぎてなんかもう逆に笑えた
GiGi >> 恋染紅葉、アイドルがドブさらいはアカン
LD >> 『めだかボックス』、第二期のアブノーマル編に、アブノーマルをさらっと出しますねえ。
紙魚 >> ちょっと展開の都合に押されすぎたように見えましたな>恋染
カルマ >> 「NARUTO」はオビトがどこで出てたのかわからなすぎて、このシーンも既に描かれたシーンのオビト視点なのかどうかすらよく分からなくて…
カルマ >> 「恋染紅葉」終わらせキャラじゃなくふつーにヒロイン追加となりそうで、まぁ良かったのかもしれない…?
LD >> 『トリコ』、この元気玉かっこえええ!!w
タスタイ >> 恋染紅葉はヒロインごとのエピソード量のバランスがよくないですね。このエピソードも結局小鳥以外動きませんでしたし。
紙魚 >> 「クロスマネジ」せっかくキャラ立てしたであろうメンバーの掘り下げもしなけりゃ試合内容にもほとんど触れず主人公をとりまくドロドロした諸問題から触れてこうってのが正直面白くしようとしてるように見えないんですが
GiGi >> ジャンプで女子スポコンものをやることに疑義を挟んでしまうと合意を得られなさそうな…そこは勢いで押し切ったほうがよかったのではという
紙魚 >> もちろん「男子マネ」ってのが他作品との差分だってのはわかるけど娯楽作品として立ち上げる前にそっからやっちゃうの?って>クロスマネジ
LD >> 『黒子のバスケ』、おお、これは試合展開が読めませんねえ。化けたなあ。
LD >> もう、露伴が荒木先生にしか見えない……って今さらかw
紙魚 >> 「タカマガハラ」主人公の能力はよ明らかにしようよって最初は思ってたけどそこは放置しても周囲がどんどん補足していくってのがなんかテンポいいし面白い
紙魚 >> 「リボーン」確かに消去法でそこしか残ってないけどほんとにそこかよw
カルマ >> 「クロスマネジ」こういう展開やるなら部活に熱中してて気づいたらみんなに知られててハブられてた…とかならまぁ。主人公が部活にのめり込んだ後なら居場所にもなるけど、またマネジ続けるかどうかで揺らすの?という
タスタイ >> 黒子のバスケは黄瀬のパーフェクトの持ち時間と黒子のコピーが出来るかどうかが気になりますね
LD >> 『クロスマネジ』、確かにラクロスの面白さから入って欲しかったような気はしますね。
カルマ >> 高校生最強の子と主人公がなんか絡むのかと思ったらそれもなかったなぁ…>クロスマネジ
LD >> 『恋染紅葉』は、三人目という事ですな…。うむ、よろしい。
LD >> サンデー行きましょうか。
LD >> 『ファンタジスタステラ』は、琴音姉ちゃんがどうなっているかが気になるなでしこ。
LD >> …というか、『BE BLUES』にかぶせて来ましたね。
GiGi >> ファンタジスタはこれはどう評価したらいいのか…本田が漫画のキャラクターになじんでいるのは面白いがw
GiGi >> あんまり長期でやるイメージがもてませんね>ファンタジスタ
紙魚 >> ファンタジー寄り現実寄りって住み分けのない同種スポーツ漫画が二本か
GiGi >> ファンタジスタ目当てでサンデー久々に買った人が見て面白そうに思う回じゃなかったのが残念>BE BLUES
紙魚 >> 物語うんぬんより企画としてあんま上手く無い気がする>本田
GiGi >> 雑誌の前のほうにスポーツものを固めてきたのは意図的なものでしょうけれどもいまいちどれもつなぎ回という
タスタイ >> さすがにサッカー漫画2本は共存できないと思うんですけどね。
GiGi >> 神知るは順調に地ならし
GiGi >> サンデー一時期野球漫画3本とかあったから
LD >> 『BE BLUES』は、じいさんが何を伝えようとしているのか気になります。
カルマ >> 「ファンタジスタステラ」よくわからない企画ですねぇ。まぁ2本合ってもいいんだけど…
LD >> なんか、変にひいたんですよね。
紙魚 >> 「ケンイチ」リミが特別扱いされてるせいで緒方の他の弟子はどーしても中ボス以上の格に見えてこないのが残念
LD >> 『武勇伝』、亘くんの話、ひっぱるなあ、
GiGi >> じいさんのメッセージを濁したのはズバリ、アンナちゃんと恋の鞘当をするためでしょう
カルマ >> マガジンでは花形とダイヤのAみたいなのなら併存しましたが、どうなのだろ
GiGi >> 絶チル、スクール水着の薀蓄はためになった
LD >> 『神のみぞ知るセカイ』のこの過去編は、実はけっこう長いシリーズになる?
GiGi >> 今サンデーで一番面白いのはおすもじなんじゃないかと思う程度にはおすもじ面白い
LD >> 『花形』と『ダイヤのエース』だとけっこうジャンルに開きがあると思うんですよね。
GiGi >> 関西で本鮪に劣らない赤身といったら鰤でしょうね
カルマ >> 「神知る」女神編より良い物が出来るかは自分でもわからないが、という話を若木先生がされてましたが…過去編を長くやるのかはどうなんだろう
LD >> 『マギ』、ディストピアネタですが、マイヤーズ先生はいい人で、でもこの下層の仕組も知っている…という所が『マギ』の目指している所だと思う。
LD >> 『マギ』、ディストピアネタですが、マイヤーズ先生はいい人で、でもこの下層の仕組も知っている…という所が『マギ』の目指している所だと思う。
カルマ >> 「おすもじ」季節が冬なら鰤は成立しますが
LD >> 鰤…?ぶり…?鰤って赤かったけ?
GiGi >> マギ今週は構図がわかりやすくてよい話でしたね
タスタイ >> マギ、アラジンの立ち位置に関する葛藤が良かったですね。
GiGi >> 赤身と言っても鮪のように鮮やかな赤色の魚ってあんまりいないんですよね。赤身の代表といえば鮪と鰹ですが、鰹はないかなーと。
タスタイ >> 下層市民が肉体労働するよりも吸った魔力で金属器を動かしたほうが効率がいい、とか設定されているかもしれませんね
LD >> 『おすもじ』、長髪くんがクールそうに見えて胸で動揺している所とかちょっといい。
GiGi >> イケメンむっつりくんのナイスフォローには思わずうなった
LD >> いや、鰹はけっこうありそうな気も。
カルマ >> 設定されてるというか台詞でまさにそういう説明があったような>肉体労働するよりも吸った魔力で金属器を動かしたほうが効率がいい
LD >> いや〜一応、生活保障とかしているみたいで、ディストピアいっても『月光条例』の電源にかえて殺しますとは違うよなあ…と。
GiGi >> 月光条例予想の範囲内ではあったがストレートやなあと
LD >> 『絶対可憐チルドレン』は、超能力者vs人間の成り行きを見ていると、んんん、映画『X-MEN』だなあと。まあ、似たような国あげになるか。
LD >> 『月光条例』は、え〜っと、この設定どう考えればいいんですかね?月の通路が閉じると、世界から「ものがたり」が生まれなくなる?
LD >> さて、マガジンに行きましょう。
LD >> 『7つの大罪』、やはり来ましたねえ。
GiGi >> 7つの大罪はほぼ読切版の踏襲ですが、アクションがよりダイナミックになって申し分ないですね
紙魚 >> 「7つの大罪」面白かった、贅沢な一話の使い方というか”世界”についてしか触れてないっていう横綱相撲っぷり
GiGi >> これを見るとちぐはぐラバーズがどんだけ気楽に描いていたんだという気分になるw
紙魚 >> 小学生で300ヤード以上飛ばしたり素人が4回転ジャンプしたり番長が最強すぎたりする鈴木央先生らしいまったくインフレを懸念してない一話目だった
GiGi >> いやまったく本当に横綱相撲で。マガジンは人を得たなあと。またマガジンの編集と央先生相性がよさそうで。
LD >> 『ハウルの動く豚』みたいな感じで良いですね。
GiGi >> アゲイン面白いなあ。ヒロ君出てきたと思ったらいきなり面白い
タスタイ >> 7つの大罪、
LD >> いやぁ〜。予感としては、鈴木央先生の集大成的作品になりそうに思っています。
タスタイ >> 7つの大罪、とにかくキャラクターを動かして、そこから世界を描いていく流れがさすがに上手いですね
LD >> 『シャードック』の今回の犯人、男ですよね?長髪で、女優とかいうから混乱する。
GiGi >> 鈴木央先生が最大性能を発揮したらどこまで行くのかというわくわく感がありますね。
カルマ >> 「7つの大罪」編集さんがいいんだろうなぁと思った
LD >> 『アゲイン』、ヒロくん面白いですよね。なんだろう?カッ飛んでいるけど今村くんより普通人と地続き感があります。
紙魚 >> いままでマイナスを取り戻す話だったのがプラスを見据えてこうよって話になったからかな>上げイン
LD >> それと、アキちゃん、ヒロくんと恋人だった事ないのかw
紙魚 >> 「零」ここまで良い話に振っておいてこっから犯人探しするのか?
GiGi >> ベビステは次週にも決着が着くかもしれないという一撃必殺の緊迫感が出てますね。
カルマ >> 「アゲイン」今村が俺がやりたいことを他人が決めるな、に立ち戻るのもよいです。
LD >> 『AKB49』の大人買いは、ちょっと爽やかに描いているけど、やっぱり引くレベルだと思う。
GiGi >> AKB買い全肯定ですなー。浦川もがっつり買ったんだろうか
カルマ >> 「AKB49」先生を使ってちゃんとお小遣いの範囲で買ってるのが見えてすげー良かったです。
LD >> さて、そろそろ一番を決めましょうか。
LD >> チャンピオン、『囚人リク』ですね。
LD >> ジャンプは『ニセコイ』かな。
LD >> サンデーは『マギ』。
LD >> マガジンは『7つの大罪』
タスタイ >> チャンピオン、リク。ジャンプ、暗殺教室。サンデー、マギ。マガジン、7つの大罪
カルマ >> チャンピオン「囚人リク」。
紙魚 >> マガジン7つの大罪、サンデー無し、ジャンプ岸辺ろはんは動かない、チャンピオンいきいきごんぼ
紙魚 >> 7つの大罪でいいんじゃないすか?対抗馬無いよ今週
GiGi >> 7つの大罪かなー。他誌が全体的に弱かった
LD >> まあ、今週は『7つの大罪』でよさそうですね。
LD >> 『7つの大罪』にします。
カルマ >> うーん、ジャンプサンデー微妙…マガジン「7つの大罪」。
LD >> それでは、今週もありがとうございました。お休みなさい。
GiGi >> おつかれさまです
カルマ >> お疲れ様でしたー。
タスタイ >> おつかれさまでした
GiGi >> 明日まどマギ後編見に行けるかな?
紙魚 >> お疲れさま


■■■■2012年10月21日■■■■
LD >>
LD >> (´・ω・`) うぃっす
紙魚 >> 今晩は
LD >> 今週は、ちょっと仕事詰めで疲れました。
LD >> こんばんは。紙魚さん。
紙魚 >> 一話見逃したアニメが多すぎる
紙魚 >> でも今期はなんかそれでもついていけちゃいそうな内容が多いかなー
LD >> 今期は何がよさそうですか?他の人からは『新世界より』をすすめられたりしていますが。
紙魚 >> 私新世界よりはまだなんとも言いがたいと言うか今開示されてる情報だけで判断できないんですが
紙魚 >> 今期は少女マンガ原作アニメが何気に好きかもw
LD >> ああ、そういえば『となりの怪物くん』がアニメ化されていましたね。あれ、けっこう好きなんですが。
LD >> 今週は、ジャンプからですかね。
LD >> まあ、ゆっくり一番を開始しておきましょうか。
紙魚 >> 「斉木楠雄」は作者の自虐ネタがハマらないぐらいポジション得たかんじしますねぇ
LD >> 『斉木楠雄』ですが、先週も言ったかもしれませんが、麻生周一先生の連載が巻頭カラー取る日がくるなんて、思ってなかったです。(失礼)
LD >> 同感です。『斉木楠雄』面白いです。ジャンプにいないタイプの主人公になっていますし。>作者の自虐ネタがハマらないぐらいポジション得たかんじ
紙魚 >> 冒頭カラーのメインキャラたちだけで当分回していける安定感感じる
カルマ >> こんばんは。アニメ見ててうっかりうっかり
紙魚 >> こんばんはカルマさん
カルマ >> (ガールズ&パンツァーの一周したSF感がとても好みだったり)
LD >> しかも、巻頭記念か、あの頭のアンテナの秘密が……!ずっと明かされてませんでしたっけ?
紙魚 >> トリコ、王食晩餐はバランスブレイカーというかもうこれっきりの技になりそうですねぇ、ここまでのトリコの世界観を支持していた人達にすれば意見が分かれそうなところ
紙魚 >> 連載前の読み切りの情報と混じってて記憶が曖昧>アンテナ
カルマ >> 「斉木楠雄」頭のアレって「アレを付けてることを違和感覚えないくらい人の認識を書き換えれる」みたいな話をしてましたっけ。あれ超能力の制御装置みたいな設定あったんでしたっけ…?
LD >> 『トリコ』の王食晩餐は、たしか藤崎先生の『封神演義』の雲霄三姉妹が使う、究極黄河陣を思い出した。ちなみに雲霄三姉妹は好きでした。
LD >> ああ、それです。何かちょっと触れたような気がしたけど……でも設定明かしたわけではなかったような……で、もやもやしていました。>頭のアレ
紙魚 >> 「暗殺教室 」殺し屋とか出てきたあとで単なる不良?って思ったけど脅威としては描かれないんだろうなぁ、新キャラの女の子E組としては劣等感感じさせないキャラ造形だけどオッケーなのか?
LD >> 王食晩餐いい技なんですけどね。使ったら勝ちみたいな感じになっている所が、使い所を難しくしているようで、すぐに破られたりしてしまいそうにも思えます。
LD >> ああ、『暗殺教室』の神崎さんは、E組にはいない人に思えますね。何か欠点というかワケが欲しい所ですね。
紙魚 >> 「NARUTO」今週絵の力が非常によかったです展開の濃さや重さに画面作りをあわせていこうって岸本先生の気概を感じた
カルマ >> 「暗殺教室」不良使ってマドンナちゃんの怖いところ?を見せる形ですかね。
LD >> その展開がいいですよね。>マドンナちゃんの怖いところ
LD >> ああ、『ナルト』、今週、画が素晴らしいですねえ。ネームの密度もかなり高いのではないでしょうか?
紙魚 >> 黒子のバスケは今週も黄瀬の株がエライことになってますが「時間制限の能力」って前提条件で後半どう盛り上げてくのか
紙魚 >> 「こち亀」ほんと秋本先生このインド人どっから出てきたのよ、こうなると来週もシレッと出てきて欲しいぐらい
LD >> 『黒子のバスケ』は、良いです。…なんだろ?やっぱり紫と赤の能力が良かった事が大きいとは思うんですよね。今、黄がカッコいいのはそれをコピーしているからで、能力がしょぼいと黄の技もしょぼくなる。…今の『黒子のバスケ』の勢いの写し鏡のようなキャラですね。
タスタイ >> こんばんは
紙魚 >> 「恋染紅葉 」ファーストフード店でスマートに注文することで株が上がっちゃうとかちょろすぎるぜ。。。どぶさらいしてストラップさがすのと同列かよ、メインヒロインのはずなのにエピソード力が相変わらず激弱だぜ
タスタイ >> 今期はJOJO、ジャイロジェッター、絶園のテンペストに注目してます
タスタイ >> 今週は黒子のバスケがまさに最初からクライマックスという感じでよかったですね
LD >> 『べるぜバブ』の、ヒルダ(弱)は、やはり人気高かったんでしょうか?
LD >> こんばんは。タスタイさん。
タスタイ >> この完璧コピーが解けた後ですが、それによる落差を利用して黒子のステルスをコピーするのではないか、というのが予想ですね
タスタイ >> 落差というのは完璧コピーによる普段以上の存在感の発揮からの落差ですね
紙魚 >> 「読み切り石川荘」まぁ絶対ネームの詰め方をはじめ読みづらさは担当も指摘しただろうけどそれを直すと持ち味丸ごと殺しちゃうだろうって判断でこの形で出してきたんだろうなと
紙魚 >> 作者このキャラ大好きなんだろうなーってのは感じたがさすがにこれを連載用に整えるのはちょっと想像できない>読み切り
GiGi >> こんばんは
LD >> 『ハイキュー』、現時点では、駒音高校のほうがずっと上なんだな。
紙魚 >> こんばんは
LD >> タスタイさん、その予想は素晴らしいです。ありそう。>黒子のステルスをコピー
GiGi >> 読みきりは状況を整理するとわりとベタなラブコメで読みやすいですね
GiGi >> 今期のアニメは武装神姫が伏兵ですね
紙魚 >> ハイキューは「練習試合」ってのをやっぱり作者は自覚的というか強調して描いてたんだなぁと
LD >> 『クロガネ』のモッピーはこれは既婚者って事でよいのかな?
GiGi >> トリコはこれは4人が一同に会したときの技として寝かせるのかもしれませんね
GiGi >> 「今は」って言ってたんで既婚かどうかはともかく子供がいる可能性はありますな
カルマ >> 「黒子」なるほど身体能力のいらない黒子の能力コピーは正しいですね>タスタイさん
GiGi >> ハイキュー、省略された試合も全敗なのがポイントですね
タスタイ >> で、後半に再度完璧コピーをすることでオーバーフローすらコピーというのが黄瀬のMAXでしょうか。でもここまでやると、誠凛がどう勝てばいいかが難しくなりますね。
GiGi >> 黒子はコピーが「完璧ではない」ことを強調しているのもポイントでしょうね
紙魚 >> 「クロスマネジ」は世界に魅力のないハルヒってぐらいヒロイン思想の独裁体制
GiGi >> リボーンがあれよあれよと大団円に向かっているw。いやまあ、これもまた今風か。
LD >> 『スケットダンス』イケメンになる薬面白かった。
タスタイ >> ハイキューの「もう一回」というのがよかったですね。このまっすぐぷりが作品全体に通ってて見事です
カルマ >> 「リボーン」は1話に圧倒的ラスボスの強さの提示と対案の提案と、ラスボスの了承まで詰め込んでて面白いですねw
紙魚 >> でもまぁリボーンはギャグの呼吸がベースにあるからこの詰め込み方も十分許せるw>リボーン
紙魚 >> てかデウスエクスマキナですよねリボーンのこれは
LD >> 『伊達先パイ』の霧子ちゃんは、人気が出るでしょうか?
紙魚 >> いつのまにかニセコイが千棘と小野寺さんのヒロインタイマン漫画に戻ってる?
GiGi >> ニセコイはバランスを保ったまま主人公の高感度高めてて巧みですな
LD >> 『リボーン』は、大団円に入っていますね。いい形だと思います。強ラスボス→対案の提示→和解と、これもひとつの“脱英雄譚”の形をとっていると思います。
LD >> 獅子目言彦が、何千年か前は“主人公”であったという設定は、こだわりポイントだと感じた。
カルマ >> 「めだか」はスタイルとか影武者とか全然ピンとこないままに話が進んでるのでさっぱり乗れない感じです。うーん
LD >> 『恋染紅葉』は、ファーストフードの注文が滞りなかっただけで、惚れてまう、チョロインがうりですね。わかります!(`・ω・´)
LD >> 西尾維新先生って、時々、すごくよく分からない設定を載せてきますよね。
LD >> そろそろサンデー行きましょうか。
紙魚 >> 神のみぞ知る世界は思った以上に長くなるなぁ章ではなく部って意識で描いてるのかも
LD >> 今週の『神のみぞ知るセカイ』のヒキは、意味もなくカッコよくって好きだ。
タスタイ >> 「めだか」、前エピソードの盛り上がらなさのためにスタイルを習得して勝ったとしても、そこにカタルシスはおきないんですよね。
GiGi >> 桂馬こわいわー
GiGi >> ファンタジスタは本田を主人公にしたフィクションとして読むことにした
LD >> 『ファンタジスタ』の琴音姉ちゃんが出たと思ったら、三十路前になっていた………ま、いんですが。(´・ω・`)
タスタイ >> 神のみは、ブログによるとこのエピソードの導入に関して四苦八苦していたようですね。
GiGi >> 実在のスタープレイヤーが漫画のメインキャラクターとして出てくるスポーツ漫画とか何か懐かしい感
GiGi >> 難しいことをやろうとしている気配は感じるので軌道に乗ったら一気に盛り上がるかもしれませんね>か見知る
紙魚 >> BEブルース、なんか作中で女の子が可愛いという扱いですよという捕捉が続いたな
LD >> 『銀の匙』のこのマンガの上手さは何だろう?と思ってしまうなあ…。
紙魚 >> どんな体勢からでも教訓をぶちこめるぞと>『銀の匙』
LD >> #神のみぞ知るセカイ ああ、でも、今溜めとしたら、もう一アイデア載せて欲しい所ですね。>難しいことをやろうとしている気配は感じるので軌道に乗ったら一気に盛り上がるかも
LD >> 『マギ』は、世界の核心が顕れてきていて楽しみです。…設定が見えるって事じゃなく、人間の在り様が見えるという意味で。
GiGi >> ささみさんは原作よく知らないですがなかなか達者な作画の人連れてきましたね
GiGi >> BE BLUESおじいちゃんがピッチにたつのは良いですね
カルマ >> 「マギ」はきちんと理由がある、しかしそれを知った上で行う選択は…という話になりそうで、良いです。
LD >> 『BE BLUES』は、監督が伝えようとしている事のネタをやけにひっぱるんですよね。…なんだろ?
カルマ >> クラサンなどで読切を描いてた人なのか>ささみさん作画 http://websunday.net/backstage/nisikawa/
紙魚 >> おすもじは鰹でしたな
紙魚 >> 監督はフットサルをこころよくおもってないんでしたっけ?なんか読みちがえてる?
GiGi >> かつおでしたねー。季節は春だったか
紙魚 >> BUYUDEN ボクシング漫画なのに屋上のコンクリ殴ることに誰も触れてこない
カルマ >> 春なら確かに鰤はちょっと厳しいですものね。鰹は一本釣りで身をダメにするなぁと思ってたらそうでない漁があったと。しかもちょうど関西に。
紙魚 >> ムシブギョーは虫奉行様がもっと性を意識したキャラだったら嬉しい描写に見えたかもしれない
LD >> 『ささみさんがんばらない』は……え〜っと、『ハルヒ』の変化型?
GiGi >> どういう方向に転がるかはわかりませんが、引きこもりが家から出られないところまで最初に見せたのは悪くないですね>ささみさん
LD >> そろそろマガジン行きましょうか。
GiGi >> 新連載はこういうマガジンマガジンした漫画は久しぶりな気も
LD >> 『AKB49』は、ひろこは、そもそもここまで来る子に見えないという所があって、それをどうビルドさせるかというのは、ずっとあった課題ですね。
LD >> えっと、『湘南純愛組』に近い感じ?
LD >> >新連載
GiGi >> AKB49はセンターの風景の説得力がすばらしかったですね
LD >> 『むろみさん』、TVアニメ化て……『イカ娘』のようにはいかないだろうなあ…。好きだけど…産卵するあたりとか。
カルマ >> 新連載はブンブンビーの人ですか。ちょい盛りのエピソードが良かった
GiGi >> むろみさんはニコニコでやってほしいですね。というかまあ5分番組な予感はある
紙魚 >> 7つの大罪、鈴木先生の描くヒロイン造形としては珍しいタイプだろうか、
カルマ >> 「AKB49」良かったですね。前田敦子さんもいきなりセンターになって育っていった経緯があるから、それをなぞるだけで説得力出ますしね
紙魚 >> そんでまぁ説明要素ほぼ無くエピソードの積み重ねだけで世界観と設定を描いてこうってんだなぁ、まじで何一つ焦りが見えない>7つの大罪
紙魚 >> そういやコードブレイカーアニメ見てないや
LD >> 『7つの大罪』は、良いですね。いや…もう、なんか、大満足です。
カルマ >> アニメの「コードブレイカー」は刻より先に遊騎が出てきましたね
LD >> 『我妻さんは俺のヨメ』は、そろそろいたたまれなくなって来る所だったんですが、ここらへんで展開がはじまるのかな?
カルマ >> むろみさんはきちっと方言を出身者に配役してくれればまぁ。
GiGi >> 七つの大罪は本当にひとつひとつがすばらしいですね
紙魚 >> 「アゲイン」だからファーストフードの注文がスマートにこなせたら出来る男ってどんだけ簡単な世界だよ!
GiGi >> 高校生とか、迷わない、がっつかない姿勢だけでかっこよく見えたりするものですよw
カルマ >> 「7つの大罪」は文句なしですねー
GiGi >> 世間知らずのお姫様の視点が読者の視点とピントがあってて、見るもの全てが新鮮に映るんだよなあ
タスタイ >> 7つの大罪はこのランスロットか居合番町かの強さでバトルのファンタジー具合が決まりますね。
GiGi >> Drデュオも本格的に進学を目指して、編集部の強い意思を感じますなあ
GiGi >> エリアの騎士もこれで高校卒業したりするのだろうか
LD >> 『賭博覇王伝零』、「正直後れをとった!ここまでは!が…!ががが…!最後の謎は必ず僕が解く!完全勝利とはいかないが、それで僕の優勢勝ち!」→「いいよな?それで?」→「フフ…いいさ!」→「よしっ!よし!よし!よし!」→(´;ω;`)
カルマ >> 「エリアの騎士」は時間飛ばすタイミングにも思えますけど…つか、どこまで観てる連載なんだろう
紙魚 >> 誰が犯人だとしてもここまで牧歌的に進めてきたから殺すって唐突だなぁって思ったけど考えてみりゃジュンコだって狂人だった>零
LD >> 『エリアの騎士』は、高校編おわり…って話にみえますね。
GiGi >> 零はこの中に狂人がいる!といわれたら間違いなく佐和子おばさんだろ…
カルマ >> 「零」おばさんが怪しく見えてしょうがないですよねw
LD >> 『アゲイン』、あ、今週はこっちも、サブウェイで華麗に注文きめると、惚れてまうチョロイン話だった。…………チョロイン………いいよね!?(`・ω・´)
LD >> さて、チャンピオン行きましょうか。
LD >> 『いきいきごんぼ』も、まさかの巻頭カラーだったw
紙魚 >> いきいきごんぼいい位置つけてるようじゃないですか
GiGi >> いきいきごんぼも完全にポジション得てますねえ
GiGi >> バチバチはまだちょっと不安の目を残している感
LD >> 『バチバチ』、鮫島の、田上の眼中の無さっぷりに泣いた。
LD >> 『囚人リク』、めちゃめちゃやばいですね。少なくともドラム缶の中はもう、相当警戒されるって事じゃないですか?
GiGi >> リクはピンチなんだけど、こう堂々と正面突破でこられるとニヤニヤしちゃいますねw
紙魚 >> 「バーサスアース」は深柱がどんどん人間に近づいていくんだろうか、不気味さを残すヒキでよかったとおもう
カルマ >> 「バチバチ」田上はいろいろ自覚したのがまだ救いに働くといいなぁ…
LD >> 『マーニー』のこのラスト…なんか、こう、読後感がいいな。もやっとして!
紙魚 >> 実質もうこのルートでの脱獄は使えないってことなのかなぁ、飯場を起点に別の筋道考えるんだろうか
GiGi >> 目的のために森田を切り捨てるとかレノマを切り捨てるとか、リクのテーマを考えれば当然あるはずのない選択肢で、こうなってしまうと必然感すらある
タスタイ >> 「バチバチ」、鮫島は完全に自分を高めることに従事していますからね。田上は勝負のステージが上がったのについていけてないですね。
カルマ >> 「囚人リク」はバラバラに尋問されて供述が食い違うと非常にやばい
GiGi >> マーニーも高位安定ですね
カルマ >> 「マーニー」今週は読後感すっきりしてたでしょうw
LD >> 『愛のかたち』…3話集中連載か…面白かった。
紙魚 >> プロフィール的にのりお先生をどうしても連想してしまう
GiGi >> 鬼さんコチラはこれまたストレートに獣の槍ですが、うーん。この一話はさんだのはあまり気持ちよくないな
紙魚 >> わりとふつうにホラー寄りチャンピオン読みきりだった>愛のカタチ
LD >> 『バーサスアース』は、まだ、設定的にバーサスアースである事も判明していないんですっけ?
紙魚 >> 絵的な凄さは今週のNARUTOに迫るモノがあったがなぁ、、、
紙魚 >> >鬼さんコチラ
紙魚 >> 「ガキ教室」ここからどうとでも着地出来そうな巧さを感じるけど、那須君からの働きかけだけで一応の決着が付いたりしたら相当巧いなぁ
LD >> 『てんむす』は、多分、最強の敵である龍聖の三日月部長でも、天娘になっていなくて、本大会に昨年、一昨年の天娘は出ていいなくって、多分、昨年、一昨年の優勝校も本戦出場を果たしていない……という架空競技に対する作り込みのアプローチがいちいちいい。
紙魚 >> 「シュガーレス」榊は回想を繰り返す度に弱くなっていくんじゃないだろうか
紙魚 >> ラララライブ、そろそろバンド頑張ろうよ
LD >> それと、今週、立浪部長が、一瞬ちょっと太かったのは、一瞬ちょっとフィルターがはずれたんだと思う。
カルマ >> 「ラララライブ」はどうでもいいネタで1話消費しましたねぇ…
紙魚 >> 「ばどばどミント!!」父への反発はファザコン力の高さの裏返し、つまり刃牙の補完
LD >> そういえばバンドの話になってませんね?ww >『ラララライブ』
LD >> さて、そろそろ一番を決めましょうか。
GiGi >> 今週の空灰は何か微妙にテイスト違うなと思ったら別の漫画だった
LD >> ジャンプは今週、『スケットダンス』が好きだったりしますけどね。
GiGi >> ジャンプは斉木楠雄?リボーン?
紙魚 >> ジャンプ「NARUTO」
LD >> サンデーは『銀の匙』かな。
GiGi >> サンデーはささみさん、かな?
紙魚 >> サンデー「銀の匙」
LD >> マガジンは『アゲイン』。
GiGi >> マガジンはAKB49と七つの大罪
GiGi >> チャンピオンはいきいきごんぼか愛のかたち
LD >> チャンピオンは『愛のかたち』
カルマ >> ジャンプ…うーん「リボーン」かなぁ?「スケットダンス」も良かったですよね
紙魚 >> マガジン「アゲイン」か「7つの大罪」
カルマ >> サンデー「銀の匙」
カルマ >> マガジン「AKB49」
カルマ >> チャンピオン「愛のかたち」くらいか。
紙魚 >> チャンピオンは愛のかたちかバーサスアース
LD >> ぬう…。
LD >> 『リボーン』、『銀の匙』、『7つの大罪』、『愛のかたち』のどれか。
LD >> 『銀の匙』、『7つの大罪』は外しても良さそう。『リボーン』か『愛のかたち』のどっちか。
LD >> 『リボーン』にしましょうか。この対案があるというネタと、あっさり味でまとまりそうな雰囲気は一つの楔になると思います。
カルマ >> リボーンはちょっと1話に詰め過ぎ感はあるし、愛のかたちは作品単体というよりチャンピオンで似たテイストが来すぎではありますよねぇ
LD >> 『リボーン』にします。
LD >> 鈍足毎日先生のシリーズを思い出しはしましたね。>『愛のかたち』
LD >> それでは、今週もありがとうございました。お休みなさい。
紙魚 >> おやすみなさい
カルマ >> お疲れ様でしたー
GiGi >> おつかれさまですー


■■■■2012年10月25日■■■■
ツ鳴シツ鳴ウツつオ >> How many are there in a book? <a href=" http://stasisfield.com ">real viagra without prescriptions</a> medicine setting. ツキ Identify the laboratory and



■■■■2012年10月27日■■■■
LD >> 【今週の一番】
LD >> 【今週の一番】チャットは10/27(土)24:00に開始します。


■■■■2012年10月28日■■■■
LD >>
LD >> |ω・`) こんばんは。
LD >> 今週は、サンデーからでしょうか。
LD >> 今、なんとなく、ニコニコ動画で『ゆっくりちゃんの経済講座』を観ているのですが…面白いですねえ。というか勉強になります。
カルマ >> こんばんはー。
LD >> こんばんはです。最近、ようやく『DOGDAYS』と、『人類は衰退しました』の最終回みました。どちらもよかったです。
紙魚 >> こんばんは
LD >> こんばんはです。
紙魚 >> 友人から借りた静かなるドン年内読破は無理そうだ、、、
カルマ >> 「DOGDAYS’」は楽しかったですねぇ。1期よりも2期のほうが作画とか脚本とか気持よくて。
LD >> 2期の作画の良さは異常……異常って程ではないですが、クオリティ高くて、どれだけで楽しめましたね。
GiGi >> こばんわー
LD >> 『静かなるドン』って今、何巻まで出ているんです?
GiGi >> 100巻はこえていたはず…
LD >> あ、GiGiさん、ルイさんと連絡とりたいんだけど…って話、言ってくれた?
紙魚 >> 借りたのは100までですね、キャラが立ってるのに次々と死んで退場していって新陳代謝が凄い激しい漫画なんで何気に面白いです
LD >> 今、どんな感じなんだろう?w まだ下着会社のサラリーマンやっていたりするのだろうか?>ドン
紙魚 >> 今104まででてるのか
タスタイ >> こんばんは
GiGi >> 自分もTwitterでくらいしか連絡取れませんが…>ルイさん
GiGi >> 009見に行かねば
タスタイ >> アイドルマスター2WAOの2巻がすごい傑作でした。アイマスという贔屓目抜きにしてもすごく面白いです
LD >> いや、時間帯が合わないのか、返信がこないんだよ。一度、LDが連絡くれって言ってるって言ってみて。
カルマ >> 関東で武装神姫やってる時間に元気に実況してるのは確認してますがw>ルイ=サン
GiGi >> ほいほい
LD >> こんばんは。タスタイさん、『2WAO』ってなんか評判いいみたいですね。
LD >> さて、では一番に入りましょう。
紙魚 >> 武勇伝がなんだか凄い遠回りをした末にありがちな展開に収まった
LD >> えっとサンデーからですね。
カルマ >> コミカライズは凄いのが紛れてますよねぇ。リストに入れとくか…>2WAO
LD >> 『マギ』は、難しいなあ、モガメットのおっさんにはデビルマン的対立構造以外の、在り様を、僕は求めてしまっている所があるのだけど…。
カルマ >> 「マギ」は魔法使いがかつて奴隷のように扱われそこから脱却してきた…という話をしてきてほんと難しいところをやるなぁと
GiGi >> マギはとりあえず来週まで保留ですね
タスタイ >> これを聞いているアラジンが魔法使いとも異なる存在であるところが面白いですね。
LD >> 『絶対可憐チルドレン』、兵部京介のスピンオフ・アニメかあ……変わった所きたなあ…w
紙魚 >> 最近見たとろける鉄工所で失明の原因として挙げられてたのと同じケースだったから今週の最上の明医は暢気すぎるように感じた
GiGi >> TVアニメでスピンオフはすごいですね。現代舞台でやるのかな
カルマ >> 「絶チル」スピンオフは、なんか友達と「ネギま!」のナギの話をアニメにすればみたいな話をしていたことを思い出したりw
LD >> あと、『X−MEN』的というか、過去編を積み上げ過ぎると、過去編が本編というか縛られる罠。…とくに、面白い事は80年代までに終わってしまったと言われる停滞の時代には。
GiGi >> BE BLUESは淡々と次元の高いことをやっとるなー
GiGi >> そろそろネギま!のスピンオフも見たいですねw
LD >> 『ネギま!』も、完結した今なら、ナギの話もいいですね。…でも、ナギの話も本編中にあんまり積むとまずかったとは思うんですよねえ。
紙魚 >> 漫画だとトラップの重要性とかは映える、っていうかむしろスペースの使い方とか漫画だとわかりづらいよ>BEBLEUES
LD >> 今週の『ハヤテのごとく!』のハヤテくんは、ちょっと男性的な感じだった。……最近、そうだったかな?
タスタイ >> 赤松先生は新作について既に編集部とも話してるみたいですが
カルマ >> 女の子が多い作品のスピンオフで男側の話をやって女性人気を掴んでいくやり方はいいと思うんですよね>絶チルスピンオフ
タスタイ >> ネギま関係なのか完全新作なのか分かりませんね
紙魚 >> ケンイチ>いつのまにか武田ってYOMI全員に匹敵するレベルってことになってたのか
タスタイ >> BE BLUESの今回の話は龍ちゃんが日本代表として世界と戦うことを目指しているからこそ重要ですね。
タスタイ >> 武田は強さ、宇喜多はモテ度でケンイチといい勝負してますね
カルマ >> 「BE BLUES」は「エリアの騎士」が仲間を信じて際どいとこに蹴るのとなんか対照的に思えて
LD >> 『BE BLUES』は、優希ちゃんは、女子サッカーしないのだろうか…。今までは龍ちゃんのリハビリがあったとして。
LD >> 『絶チル』って、既に、女性人気はけっこう獲得していると思うんですよね。多分、兵部スピノフは、開拓じゃなくってそれだけの人気があるって話だと思う。
紙魚 >> 境界のリンネ新キャラの子が可愛かったです、いやヒロインが可愛くないと言ってるわけじゃなく
タスタイ >> 優希はアンナとどうヒロイン像を差別化していくかなんですが、アンナは既に怪我からの復帰と再起という設定があるのでマネージャー向きな気がしますね
LD >> 『エリアの騎士』とか、あるいは『帯ギュ』あたりで、あるけど、ヒロインがプレイヤーになるとストーリーもう一本作って距離が離れてしまうんですよね。この点に関しては『ベイビーステップ』が絶妙だけど…多分、先にやっていた事と、既に付き合っている事が効いている。
LD >> 『デュエマ』は正直、怖いです……(´・ω・`)
LD >> さて、マガジン行きましょう。
GiGi >> デュエマはホビーものとしてもあんまり上手くやれてないですねえ
GiGi >> 七つの大罪は今週も文句なしでした
カルマ >> 「デュエマ」は緊張感も無くなったしゲームルールもよくわからないし、もったいないですね
LD >> 『AKB49』、ひろこ逃走しました?……前の不祥事は、浦川の方だっけ。
紙魚 >> 7つの大罪は文句無しだけどもう明らかに仲間揃うまでの確約をもらった上でのこの描写だから他作品と同じ土俵にいない
紙魚 >> 情報圧縮するとここまでで一話だ>七つの大罪
GiGi >> 先週の描写を考えると単純に逃亡とも思えないのですが、どうなりますか>AKB
LD >> 『7つの大罪』は、聖騎士、大罪、いきなりフルに強い描写がいいですよねえ〜w
LD >> そうなんですよね。逃走だと、張った伏線の形がおかしくなる。>ひろこ
GiGi >> リズムが、ジャンプ漫画じゃないですよね。いや。実際ジャンプ漫画じゃないんですがw
タスタイ >> 今週の「ちょっと盛りました」で言ってた主人公をとにかくすごいやつと描写するのは鈴木先生の作品にとって最重要なんですね。今まではスポーツものばかりだったためにインフレに現実味がなかったですけど、ファンタジーを舞台にすることで非常にうまくいってますね
LD >> 『我妻さん』は、フラグが立ちつつある?のかな?
カルマ >> 槍投げて、槍受け止めて、投げ返して。これだけで面白いんでもう。>7つの大罪
GiGi >> わりとどぎつい恋愛漫画の多い中エリアの騎士は初々しくて良い
カルマ >> スレたマガジンの中で清涼感ありますねw>「エリアの騎士」
GiGi >> 槍が届くまでの間が世界の広さを表現しているんですよね。もちろんそのスケール感を納得させるだけの描写力があってこそなんですが。
GiGi >> 男魂ロックの徹底的なマガジンフォーマット感がなつい
LD >> …こう、単純にタイムパラドックス・ラブコメに行っちゃうと、いろいろパラドックスな問題が出てきてしまうと思うし……かといって、モテない妄想ギャグだと、ちょと物悲しいし……バランスが難しいですね。
GiGi >> 歴史が変わって、歴史が変わったのかただの妄想なのか思い悩んだりするといいんじゃないんでしょうかw>我妻さん
カルマ >> 我妻さん、既に2巻出てて本誌に移籍って形なんですよね…非モテギャグが人気あったからこその今の構造なんでしょうけど。
LD >> 『君のいる町』は、何かこう……。
LD >> そうそう。2巻までは、純粋非モテギャグなんですよね?……違うのかな?既に何らかのバタンス施策が打たれている?
LD >> 『シャードック』、こんなん、上手くいくとは思えないけど、トリックはわからない。…それと、被害者に息があるのは、意味があるのかな?
LD >> 『GE』、別れましたのう…。
LD >> チャンピオン行きましょう。
カルマ >> 「GE」主人公が恋愛出来ない状態ってことなんでしょうけど、それにしてもな…

MANKEN CHAT(1.1)