漫研チャット
名前:
発言:
[正面] [取扱] [過去ログ]


■■■■2013年02月24日■■■■
紙魚 >> あかねちゃんはのりことキャラが融けあって足して2で割った感じにだいぶ前からなってる
LD >> マーニーは何かの事件に巻き込まれていますよね。多分、被害者で。
紙魚 >> 「ハーベストマーチ」はなんかずっと鈍重な展開だなぁ、、、外の世界一発目にしてはいろいろ足りない
LD >> 『バチバチ』、常松いいですよね。ちょっと軸をずらして当たりに行くのを主戦力にしているあたりとか。
紙魚 >> 「実は私は」みかんのキャラがフィクションだからで許容しきれるかどうか不安なレベルでウザイ(・ω・;)
GiGi >> ハーベストマーチは世界への興味が全く沸かないのがかなりつらい
紙魚 >> スポちゃんが珍しく漫画してた
GiGi >> スポチャン先週のあれはなんだったん?というか幻覚?
GiGi >> 今週もドカベン楽しかったわー
紙魚 >> なんでもかんでもドリームって言やぁ許されるとでも
LD >> 『いきいきごんぼ』は、リビドーくん、委員長一筋やね〜。
紙魚 >> リビドー君は優しい世界に生きてるはずなのに、
タスタイ >> バチバチ、今の王虎なら圧勝するだけでなく自分の都合のいい試合展開にして観客にアピールする、くらいまで出来そうですね。常松のお株を奪うのが一番屈辱的そう。
LD >> さて、そろそろ一番を決めましょうか。
紙魚 >> ジャンプトリコ サンデー銀の匙か月光条例
紙魚 >> おすもじもいいな
GiGi >> トリコ、月光条例、銀の匙、聲の形、弱ペダかな
紙魚 >> マガジン聲の形かABOUT
カルマ >> ジャンプ「トリコ」サンデー「銀の匙」
LD >> ジャンプ。……『トリコ』ですかね。
GiGi >> わりと月光条例をおしたい気分
LD >> サンデー『銀の匙』。
LD >> マガジン。『聲の形』。
カルマ >> マガジン「A-BOUT」かなぁ
LD >> チャンピオン。『弱虫ペダル』。
タスタイ >> ハイキュー、銀の匙、A−BOUT、バチバチ
紙魚 >> チャンピオンあまねでいいか 今週とくになし
LD >> が、今週は『銀の匙』と『聲の形』のどちらかでしょう。
紙魚 >> トリコ推しかな
カルマ >> チャンピオン…今回だと「ペダル」かなぁ
カルマ >> 今週はトリコか銀の匙推し
LD >> ふむ。
LD >> 『聲の形』にします。ネームもキレイだったし、話もよかったと思います。
LD >> それでは、今週もありがとうございました。お休みなさい。
カルマ >> お疲れ様ですー
GiGi >> ふむ。特に異論はないです
GiGi >> おつかれさまー
紙魚 >> おつかれさまです
タスタイ >> おつかれさまです


■■■■2013年02月25日■■■■
(F:)名無し >> リボンズ


■■■■2013年03月03日■■■■
LD >> こんばんは。
LD >> ちょっと席をはずしますが、もどって来ます。
カルマ >> こんばんは。今週まだ2誌半しか読めてなかったことに気づく…
紙魚 >> こんばんは
紙魚 >> 私もサンデ−読み損ねて今漫画喫茶なんですが読まれちゃってるなぁ
LD >> すぐ戻ります。
LD >> 戻りました。
LD >> トラックボールのマウスを使っているのですが、どうも誇りがたまり易くなるのか、頻繁に動きがつっかえる……何かメンテナンスする方法はないものか。
LD >> 今週はサンデーからですね。
LD >> 実は『Another』の第一話が途中で切れて録画されていたのを最近、ようやくまるごと観た。
タスタイ >> こんばんは
LD >> こんばんはです。
LD >> …む、GiGiさん来ないですけど、ゆっくりはじめましょうか。
LD >> サンデーから。
LD >> 『GS美神』特別編は、『美神』の復活にかこつけて『一番湯のカナタ』とか『Mr.ジパング』とかも復活させている所がよろしいじゃないでしょうか。
LD >> 『銀の匙』、本当にどうにもならない話を見送るだけの展開になりそうな所が……逆にすごいですね。言い方正しいかどうか分からないけど。
LD >> 『ケンイチ』は、大分追いつきはじめていた美羽がまた先に行ってしまう話かな?構造買えずにハードルだけ上げるような。
紙魚 >> BEBLUES 技量的には龍ちゃんより上な気がするしフィジカル重視のキャラぶつけてきたってことは桜庭の闇はやっぱそこらへんが発端か
LD >> 『最上の明医』、最上くんモテモテですね。……そういうマンガっちゃ、そういうマンガだったか?いや、患者に好かれるのはある意味「それっきり」ですけど、レギュラーがそう動きと構造が決まりますね。
カルマ >> 「銀の匙」本当にどうにもならなかったですね…家はどうにもならないとして、駒場自身はどうか、という話にもならないのかな…
LD >> 『最上の明医』、それと、この釈さんにいっしょについてきた、この男ってなんでしたっけ?この人、ビッチさんの初恋の人?
紙魚 >> ケンイチは正直感動しがたいですな
タスタイ >> 銀の匙、本当にてきぱきと事が進められていて、物語が生まれるところがないというか。牛がいない牧場のものかなしさがきついですね
紙魚 >> 武勇伝、勇君の強者オーラっぷりはなかなか落ちないなぁ
タスタイ >> ケンイチ、バーサーカーはそんな目立たない敵なのかな?正直ケンイチのライバルポジは山ほどいるので、他の方向に動いて欲しいですね
カルマ >> 関西弁の子が好きだった男ですっけ?あまり覚えてないですが>釈さんにいっしょについてきた、この男
LD >> 『神のみぞ知るセカイ』は、五位堂さんが殊の外男前だったので気に入ってしまった。
カルマ >> 「最上の明医」のラブコメ部分は誰が最上に抱かれるかというのを女のほうが策略練っていて凄い好みだけど少年サンデーでやる話なのかはわからないw
紙魚 >> アラスカでトップだった天才竹坊ですな>最上
LD >> 『ケンイチ』そうですね。バーサーカーは、サンデー超の時は最強のライバルだったと思うんですが、今は寝かせすぎてそういう位置づけも苦しい気がします。何気にモテ街道まっしぐらな宇喜多とかと当たらないか?w(←)
LD >> いや、『最上の明医』、これまでの話から釈が鉄板過ぎだと思います。……どうも設定固定な感じであまり好きではないのですけどね。「釈で納得」というわけではなく、他のキャラがすごい手前でフラグ折られている感じで。
LD >> 『マギ』は、このエピソード自体は、この戦争回避で上手いと思いますが、これを繰り返すのか?という点が気になりますね。
紙魚 >> というか関西弁さんは寝取られるためにきてるから実質釈さんに対抗馬がいないwリズぐらいか
LD >> 『BE BLUES』は、トビラの眼鏡のマネージャーの方が、優希ちゃんより美人だ!(`・ω・´)
紙魚 >> マギは物語のグランドデザインに触る部分に瑕疵を作っちゃったような気がしないでもないな
GiGi >> ばんは
LD >> 『BE BLUES』、桜庭うまいですねえ…。でも、桜庭には弱点(おそらくフィジカルの)があって、桜庭こそチームプレーしなきゃならないんでしょうねえ。
GiGi >> ばんは
紙魚 >> おすもじっ なんというか寿くんはすでに妹ちゃんの所に戻る気でいたのにここで妹ちゃんの口からばらしちゃうとそばにいてやんなきゃとなるんじゃ。悪手だぜ妹ちゃん
紙魚 >> ばんは
LD >> 同感です。>マギは物語のグランドデザインに触る部分に瑕疵を作っちゃったような気が ただ、このやり方でマギ(アラジン)が挫折するのであれば、また違ってくる気もします。
GiGi >> いや今週はハヤテにやられました
紙魚 >> 「月光条例」ほんとにたった一人の決闘やったら新境地だな藤田先生
紙魚 >> 熱心な藤田読者は「きっとまたごちゃごちゃさせんでしょ」って思ってるだろうし
LD >> 『マギ』、”この話”って、難しくって今の物語力場として、どうしても「不殺」に行きたくなるんですよね。『ガンダムAGE』は戦争回避というテーマに対して「それには100年必要」といういいアプローチからはじめた物語だと思うんですが、キオは結局「殺さずに全て為す者」になってしまった。→
GiGi >> 月光条例はこのシチュエーションを作るために遠回りしたのかなと思いますね
カルマ >> 「マギ」うううーん。アラジンのやり方はどこかで失敗する…と思うのですけどね。
LD >> →それはテーマの全うとしては「そんな超人、超英雄がいるなら、それは為せるのだろうねえ」で止まってしまう。でも、そうなってしまう理由というか、ある種の引力が発生するのはすごく分かるんですけどね。アニメ『まおゆう』では、魔王と勇者が戦争を支援する事に納得していない人も多い気がします。…これは原作では納得しない人は納得しないでしょうし。
LD >> 僕としても『マギ』のテーマで詰めて行くと、そういう結論になって行きます。>「マギ」うううーん。アラジンのやり方はどこかで失敗する ただ、その場合、何かの手掛かりを落としてもよさそうなんですが、それは今は見えませんね。
LD >> 『ハヤテのごとく!』、不可逆展開をしましたよね?これは。ふうん……あ、ところで、アニメかなり良かったです。
LD >> 『ささみさん@がんばらない』、けっこう衝撃の展開じゃないでしょうか。
GiGi >> ささみさんはアニメで先行して見てしまったのが
LD >> 『月光条例』は何かゲッターロボ的かっこ良さがありましたね。
LD >> マガジン行きましょうか。
LD >> 山本先生の新連載ですが、次回作は最初から料理マンガの予定だったんですかね。
GiGi >> 山本先生がソーマの対抗企画を
GiGi >> 山本先生がソーマの対抗企画を
LD >> 『A−BOUT』は、朝桐のわかっていない解説がちょっと良かった。
LD >> む、何か二回言っているな?
カルマ >> 山本先生の新連載、料理人は肉体労働な感じが出ているのはとても良かった。
LD >> 『ベイビーステップ』、よいのですが、やはり緒方戦がよかったなあ、あの勝てそうにない感じは今回はないなあ…と思った。いや、今回は対戦者の方が追う形の話なんでしょうけど。
紙魚 >> 七つの大罪は一人入るごとに一個前に合流した仲間の掘り下げって形をとるのかな?
GiGi >> ベビステこれはまた見事です
カルマ >> 「ベイビーステップ」鹿梅で得たフィジカルに甘えなかったから今がある…という描きは素晴らしかったですね。
LD >> 『七つの大罪』は、微妙に主人公というかシャフトがバンに移行して来ているような気がします。…いや、7人の騎士たちって皆かなり謎めいていますね。
紙魚 >> 七人の魔女なんかよくわかんないうちにケンカしてよくわかんないうちに納まってたぞい(´・ω・`;)
紙魚 >> 伏せてる部分が惹きつける力を持ってるというか「七つの大罪と呼ばれた彼らは何なのか?」って部分だけで回せてるんでキャラが増えて物語が命持ち始めた気がします、ワールドトリガーにもそこんとこがんばってほしかったんですが、
紙魚 >> アゲインここまでやってもヒロ君より基本団長の方がうざいという不思議w
紙魚 >> ヒロくんがアゲインしてると知ったときの元カノのことが今から不憫でのう、、、
LD >> 『神さまの言うとおり弐』の担当は、ほんと、どうしたんだw
GiGi >> アキちゃんが爆弾ですよねえ
LD >> 『今日の女バレ』、あ、フランス人なんだ。
タスタイ >> べビステの今週はすばらしいですね。岡田も緒方もそうでしたが、全国大会優勝は小目的でしかなく、その先のプロを見据えているからこそそのためのビジョンが必要というのは徹底されてますね。この究極形がなばえくんなんだろうな
LD >> 『AKB49』、なんかこの勢いいですね。一ヶ月100回公演で、他のチームの公演がある日は?とか路上なら音は?って質問に即興でぱっぱ答えていくの。場の勢いみたいのが顕れている。
カルマ >> 小さいライブハウスなら客とのレスポンスは発生しますしね。その感じもあっていいです>AKB49
LD >> また有栖が、何も考えずにこの策にぱっと乗れるあたり、このキャラ格高いなあ…と。この物語の吉永の問題はけっこう来る所まで来ている気がします。
LD >> 『賭博覇王伝零』、まあ、タツキの推理ははずれると思いましたが…。
紙魚 >> 「零」じゃあもう犯人候補おばさんか、喜十朗の悪ふざけ(最有力)じゃーーん 王を決める戦いの試験なんだよね?さすがに?喜十朗の代うちなんだよね?(´・ω・`)
タスタイ >> 零はタツキを相棒にしたいのかな・・・よくわからない動きだなぁ
LD >> チャンピオン行ってみましょうか。
紙魚 >> バチバチ先週とヒキがまったく同じというバチバチではよくある現象
LD >> 『マーニー』、いよいよマーニーの秘密というか、これは宿敵なんでしょうか?の登場ですね。
LD >> 『弱虫ペダル』、やっぱり優勝している以上、総北は王者であり、小野田はフィニッシュを決めたエースなんだという描きなんですね。そこから箱学がどう追うか?という組立をしているようにも見えます。
カルマ >> 「マーニー」は長く縦軸になるような存在なのかな…?あまりそういう感じもしていないのですが。>宿敵
LD >> 『バチバチ』は、話の流れとしては常松が負ける事は確定なんですけど、どう負けるか……王虎の格をどう描くかが決着時のポイントですね。
LD >> いや、僕の感覚からいくと、時々、そういう話をして最終回あたりで締める程度で、全体をこのシリーズで縛るつもりではないように思えます。
タスタイ >> マーニー、メカニックはコナンでいう黒の組織なのか、金田一の高遠なのか・・・今までの事件に比べて危険度が段違いなのでこの作風の中でどうするか気になります。
紙魚 >> 囚人リク、いくらなんでも月でか過ぎるだろうwそろそろ月がなんの比喩なのか考えてもいいころあい
GiGi >> マーニーはこの展開を巻頭カラーでやったのは驚きですね
紙魚 >> 一郎さんはいきなりランボーになっちゃって形から入り過ぎだろう、結果論でいえば外に出て外圧をかけたほうがよかったわけで
LD >> 『いきいきごんぼ』、このオチ前もありましたっけ?何かデジャヴュが。
カルマ >> いや、時々描くイメージではあるんですけど、とするとメカニックが常に日常のどこかに潜伏しているかもしれない…とかだと怖さが出るなと
紙魚 >> 浦安はシチュエーションつくりの巧さに感心する回というか実際ジョーズを髣髴とさせる恐ろしさがあった
LD >> 『囚人リク』、鬼道院の生き方って、ちょっと古い感じではありますね。
紙魚 >> こんだけ頻繁に出てくると隕石となんか関係あんじゃないの?とすら思えてくる>月
LD >> 『囚人リク』の月は「闇夜を照らす者」の暗喩でしょうね。田中は太陽になろうとしたんでしょうね。……でも、『囚人リク』のテーマは太陽になる事じゃないはずなんで、この兼ね合いは難しそうですね。
紙魚 >> バーサスアース 殺した=自分の代わりに犠牲になった変換は漫画読みの基本なんで思ったとおりの話だった
紙魚 >> シュガーレス、なんだこのラブコメ臭のするニアミスはw
GiGi >> 田中一郎が太陽なら、リクはまさに太陽の光で輝く月ですね
LD >> 『実は私は』、吸血鬼に続き宇宙人登場、こういう話でしたか。いや、それは良いのではないでしょうか。益々ラノベな感じもしますが。
GiGi >> 浦安今週は見事でした
GiGi >> 実はワタシははこの展開は良いですね
タスタイ >> 実は私は、宇宙人+ロボ娘登場はいいんですけど、まさか一発キャラじゃないですよね。これで主人公にだけバレれば今後の作風も見えるんですけど、メインヒロインが既に出てこないのはどうなのか
LD >> なかなか言葉に落としこむのが難しいですが『囚人リク』は人は太陽にはなれない…ような話だと思うんですよね。ただちっぽけな光にはなる。おじさんがちっぽけな光だったように、リクもそれを見てちっぽけな光になる。それがまた他の者をちいさく照らすような、そんな話ですよね。
GiGi >> 八谷美幸先生が帰還しましたが、期待にたがわずおバカでした
紙魚 >> 実は私は、なんというかどういう方向に拡張させるのかいまだ見えないから類型的なキャラをどんどん増やしていってるだけにいまんとこ思える
紙魚 >> 異常なスピード感がありましたねぇ、ヒロインがツッコミ役じゃく状況に完全に呑まれてるから展開が速い速い>ミルキーモゥ
カルマ >> 「実は私は」うーんキャラ増やすのはいいけどメインヒロインも掘り下げ切れてないように思うのに今?という
紙魚 >> イボ痔に愛着を持ってるキャッチャーとか長いことやってるといろんなキャラ立てが出てくるもんなんだな>ドカベン
LD >> ジャンプいっちゃいましょか。
カルマ >> 八谷先生の新連載は期待通りでしたねw
紙魚 >> スポちゃん、決勝戦がキングクリムゾンされるとは夢にも思わなかった
紙魚 >> ワンピースの情報の洪水はとても興味深い、なんだかさいきんまた面白くなってきたなぁ
LD >> 『ワンピース』、ドフラミンゴの暴風は回避されましたか。
GiGi >> ワンピースはやっぱり世界を揺るがす戦いみたいなふうにしないともう気分が盛り上がらないのかも知れませんね
紙魚 >> 斉木楠雄、斉木が無能力者になるヒキというのは最終回前に使えるパターンの一つだったろうにこれをどう調理するのか期待
LD >> 『暗殺教室』、対先生繊維なんてものがあるなら、殺し方はありそうですけど……。また月を吹き飛ばした最大技が残っているかな。
LD >> ハシラ見ると無能力者ですね。テレパシー消えただけかもと思いましたが。
紙魚 >> 黒子のバスケの決着はあらゆるマグレを排していくとこうなるって感じの正着で非常によかったんじゃないでしょうか?
GiGi >> 斉木楠雄がわりと大きな展開でした
カルマ >> 「ワンピース」あぁー一度テンションが行き切ったので、また普通のローテになったらつまらない、というのはありますよね>世界を揺るがす戦いみたいなふうにしないともう気分が盛り上がらない
紙魚 >> 黄瀬をまっこうから破ってないわけですが(エンペラーアイもあるし)試合の決着としてはよかったかなと
LD >> 『トリコ』、ラ、ライブベアラー!!……が!真っ二つと思ったら即つながった!このやり方上手いですねw
LD >> ってニトロって翼まであるのか。
カルマ >> 「黒子のバスケ」この決着の付け方は良いと思います。
LD >> 圧倒的に強いプレーヤーはかわすのがチームスポーツですし、チームスポーツマンガは試合に勝つ形としてそれは描くべきですよね。
紙魚 >> ニトロの脅威はそのままグルメ界の脅威なのでバトルしてるだけで最近のトリコはおもろいなぁ
タスタイ >> ワンピースはもう短編的な冒険してる余裕はなさそうですね。シーザーをあの島で奪い返されずにここまで交渉成功したんですから、簡単に離れさせられませんし、敵が四皇・七武界・大将レベルじゃないと話にならないかと
タスタイ >> トリコ、ライブベアラーって料理人の間で嫌われてるんじゃないかな?とも思ったんですけど一切わだかまりがなさそうで逆に困るような
GiGi >> ハイキューは必殺の武器が威力を失わないまま対策とられてきてるのがいいですね
紙魚 >> まぁそういう点では魔球漫画ではないですよね、魔球をいかに攻略するかは野球でいえば野手の存在を無視「スポーツとしての流れの否定」があるから
GiGi >> ライブベアラーの清々しさはなんか良いですねw
LD >> 『恋するエジソン』が面白かったですね。松崎しげる色を変える話も、イケメンを湯水のごとく消費する話も。
紙魚 >> ワールドトリガー の会話進行っぷりがもはやゆうきまさみレベル
GiGi >> トリコは逆に世界を揺るがす戦いを急ぎすぎて読者の感情が追い付いてない気もする
タスタイ >> あとトリコで気になるのは料理人ばっかり戦ってるところですね。みんなパートナーの美食屋いないのか。
LD >> いやいや、魔球マンガの上で、そういう決着の幅を見せるのはありだと思いますよ。黄瀬からボールうばうネタは魔球マンガのメソッドでしょうし。紫が暴威をふるっているときに、まずファイルをさそって出鼻をくじくという回答も良かった。
GiGi >> あー>ゆうきまさみ的
紙魚 >> 記憶消去ってのが出てきたけど今回いきなり学校の人間すべてがかかわってしまったのはどう対処すんのかきになる
LD >> 『ハイキュー』、リベロ西谷のボール殺して上げる画がいいですねえ。もともと主人公みたいな人をこうやって同じチームに入れているのも『ハイキュー』の堅い構造を助けていますね。
紙魚 >> 遊真がこちらの世界に来た理由を筆頭に意図的に重要なとこ伏せてて、それが「海賊王に俺はなる」的な物語の目標にちゃんとなってるのかな?ってのが色々不安
紙魚 >> 食戟のソーマ 「来週エロイことになりますよ〜」と読者にアナウンスするための一話
紙魚 >> この格好で肉を捌かれるとちゃんとコック服に着替えてたエリナ様が不思議に思える不思議
LD >> 『べるぜバブ』、ちょっとした新展開ですが、これはどうなるかな?
紙魚 >> 人望ありあまってる神崎に実力まで与えてしまったらもう主人公になってしまうじゃないか
LD >> 『食戟のソーマ』、来週エロい事になるとは思うんですが、微妙に審査員の構成が男二人、女一人の件。
カルマ >> 「食戟のソーマ」普通に審査員いるんですね。数多の生徒は評価自体にかかわらないのかな?そういう形式も提示してくるかもですが
紙魚 >> クロス・マネジ サービスシーンが全然ありがたくないのは狙ったのかこうなってしまったのか判断しかねてリアクションに困ってしまう
紙魚 >> キルコさんがどうした一体ってぐらい面白かった、作者としても渾身の一話なんじゃないだろうか?
GiGi >> 今週のクロスマネジの微妙に嬉しくない感じのエロさは結構好きです
LD >> 『新米婦警キルコさん』、巻末ですが、ヤバイのでしょうか。
カルマ >> えっ「クロスマネジ」凄いエロかったですが(真顔
LD >> 『クロスマネジ』、そうですね。嬉しくない感じというか、生々しい感じのエロでしたね。僕も好きですね。
紙魚 >> ハングリージョーカーはエウレカって適合しないと死ぬとかそういう話だったんじゃないのかと?リンゴも負荷負荷言ってるわりに気軽にかじってるしどーもこの漫画の弱いとこはリスクの描き方な気がしてならん
LD >> さて、では一番を決めましょうか?
LD >> サンデー、『銀の匙』か、『月光条例』。
紙魚 >> サンデー月光条例、マガジン7つの大罪が再び面白い
LD >> マガジンは『AKB49』ですね。
紙魚 >> チャンピオンは浦安が面白かったっていうかめちゃ漫画巧い
LD >> チャンピオン、『実は私は』。
紙魚 >> 「ジャンプ」黒子のバスケ
タスタイ >> 銀の匙、べビステ、バチバチ、ハイキュー
LD >> ジャンプは『恋するエジソン』。
紙魚 >> キルコも好きかな今週は
カルマ >> サンデー「月光条例」…「ハヤテ」も挙げておくかな
カルマ >> マガジン「ベイビーステップ」。
カルマ >> チャンピオン…なし?「ミルキーモゥ」が良かったかな
カルマ >> ジャンプ「黒子のバスケ」、「ハイキュー」
LD >> 今週は『月光条例』にします。決戦のヒキの画がよかったですね。
LD >> それでは、今週もありがとうございました。お休みなさい。
紙魚 >> おやすみなさい
GiGi >> おっと決まってしまいましたか。ハヤテ押したかったですが月光条例でも問題ありません。ではでは
タスタイ >> おやすみなさい
カルマ >> お疲れ様ですー


■■■■2013年03月10日■■■■
紙魚 >> ■・_・)ノ
紙魚 >> 足の小指の爪をぶつけて割ってしまった
紙魚 >> 地獄とはこのことか、、、
カルマ >> こんばんはー
LD >> はい!
紙魚 >> こんばんは
LD >> ああ〜、つい最近まで小指を角にぶつけるというのが、何の事か分からなかったLDです。こんばんは。
LD >> 今週はマガジンからですね。
LD >> さて、そそゆるにはじめましょうか。
LD >> 『AKB49』の先生が打っているのはオタ芸なんですか?
LD >> 『AKB49』は、ちょっと場末の営業感が出ていてよかったです。
LD >> 『神様の言うとおり弐』、次号はおっぱいだそうですが……なんだこの担当(笑)
カルマ >> MIXはまぁコールの一種ってことでいいのかな…?今週に載ってるのは…たぶんこれですねhttps://www.youtube.com/watch?v=ncELnlgsH1s
カルマ >> >AKB49
紙魚 >> 七人の魔女はノアが事情に通じすぎててなんか進行が変だ
紙魚 >> ABOUTは気になる引きだけどまだ一もめあると思うとそろそろオニギリがほしくなる
LD >> 『タカラの膳』は、ちょっとどうなるんだろうなあ…………部長が妙に歳食って見えるなあ。
紙魚 >> 「七つの大罪」バンがキャラ引力強すぎて団長が霞むなぁ
LD >> 『君のいる町』は……この波乱のない展開は……なんでしょ?
紙魚 >> 聖騎士側に序列というかハッタリが欲しい、聖騎士もピンキリなのはわかるが具体的な設定提示してくれないと敵としての脅威がスカスカだ
LD >> 『七つの大罪』は、バンがいろいろ食ってますね。でもキングもサブキャラとして、いい立ち方していると思います。結果、いい感じに構造がビルドされているのではないでしょうか。
LD >> 『七つの大罪』、聖騎士には、そろそろ乙女座のシャカみたいな奴が出現して欲しいトコロですね。
カルマ >> 「君町」は、やっぱり月にしておけばよかったんや感…w 一人ひとり話を片付けているんでしょうか。
カルマ >> まだ話を続けてるのは、アニメ化が決まったからなんでしょうかねぇ…?http://purisoku.com/archives/6348581.html>君町
カルマ >> あぁ、確かに聖騎士というだけで格が高いのか低いのか、よくわかりませんね>七つの大罪
LD >> 『となりの山田さん』は『面白い』のではないでしょうか。……女の子一人の可愛さだけで話をもたせるって何か痛快だなあ。
紙魚 >> アホガールが面白かったぐらいで今週は全体にツナギ回が目立つマガジン
LD >> 『フェアリーテイル』、聖十に勝ってしまったよ。……まあ、聖十もピンキリだとは思うんですが。
GiGi >> こんばんは。
カルマ >> 「となりの山田さん」は…うーん、なんかダイジェストを読んでるような気分に。
LD >> 『我妻さん』、順調にフラグ回収しましたが……シルヴィア、青島くんには柔らかいよな……。
カルマ >> 「フェアリーテイル」ジュラって魔法使いで5番目くらいに強いとか言ってませんでしたっけ…
LD >> ああトコロで、『となりの山田さん』と『山田くんと7人の魔女』と『七つの大罪』と、マガジン、あんまりタイトルかぶり気にしないのね。…まあ、一部っちゃ一部だけど。
GiGi >> AKB面白かったですね。子供たちがファンに魅せられるというのはなかなかw
LD >> 『今日の女バレ』、そうか。夢未ちゃんは5年後、大きくなるのか………そうか。
カルマ >> 全力のコールは観てるだけで楽しそうだし、やりたくなるんですよね>「AKB49」
LD >> 『A−BOUT』は、樋口と童門だけ彼方にキャラ格上げされている。こりゃ、朝桐が樋口負かすの相当難しそう。
LD >> 『賭博覇王伝零』、もう喜十郎老人とあの会長で雌雄を決しようぜ!
LD >> 『賭博覇王伝零』、もう喜十郎老人とあの会長で雌雄を決しようぜ!
カルマ >> 「アホガール」絶好調ですねぇ。そりゃ、ヒロユキ先生が上手いのは知っていたけども。
LD >> 『アホガール』は、愉快でした。……っていうか、ヒロユキ先生、恵先生と姉弟なんですね。
LD >> 『はじめの一歩』、一歩弱くなっているそうですよ。
LD >> 『アゲイン』、ヒロくんが面白すぎて、今村がすごいピンチじゃねえの?…っていうか、ここに来てネガティブな奴がタイムスリップしたらってコンセプトに立ち返った気もする。
LD >> 『ベイビーステップ』は、エーちゃんに対して、神田くんがいい具合に格下な状態とみました。いい具合に実力差があるとゾーンに入った時と近い動作になるはず。
GiGi >> タカラは誠実を絵に描いたような描きが眩しいですが、人気が出るかどうかはまた微妙ですな
GiGi >> これで神田が崩されると一気に試合が傾きますね>ベビステ。それはエーちゃんの成長の描きとしてもアリだなと思います。
LD >> チャンピオン行きましょう。
紙魚 >> 弱虫ペダルは無口先輩のキャラが安定してない感じがしたかな
GiGi >> 一歩はこのまま世界戦やっても世界の凄さが出ないというところなんですかね
LD >> 『弱虫ペダル』、巻島さん、田所さんと先輩リスペクトがはげしいですが…後々、やりずらそうな気もするんですけどね。どうなんでしょう。
GiGi >> 2年生のキャラ立てないまま来ちゃったんでいろいろ苦しいですねw。そんなこんなで新一年生投入ですか
GiGi >> マーニーひさびさにマーニーらしい話で良かったです
LD >> 『一歩』は国内戦だけですごい化け物出してきましたからね。もはや人間じゃない感じのヤツを出さないと「世界スゲー!」ってならないかも。…そしてリカルドは、聖書読んでるだけで相手を倒す超人ボクサーに。
紙魚 >> 幕下内での王虎の魔王っぷりがとどまることを知らないのでそろそろ幕内の世界も出てくるころかな
紙魚 >> マーニーはこれは学校関係者だし新たな仲間を手に入れたと見ていいんだろうか?
GiGi >> 王虎を上げすぎると幕内力士の凄みを出すのに苦労しそうですがどうなりますか
GiGi >> 囚人リクは外界の描写からひと握りの瓦礫までのスケール感の振り幅が素晴らしいなあ
LD >> 『名探偵マーニー』、いい話ですね。こういうジャンルなんて言えばいいのかな?不思議な事はどのくらい起こりうるかという話。
紙魚 >> 囚人リクはこの脱走ルートで確定なんですかね?一度掘っちゃったらもうどうしようもないと思いますが
紙魚 >> トンネルとは脱走モノとしてはまたずいぶんと無難なとこに落ち着いた
GiGi >> 予断ではありますが、排水管をレノマは通れないという可能性は高いかなとか
カルマ >> 「ペダル」2年生の扱い苦しいですねぇ…
紙魚 >> バーサスアース、ハルトが自分の意思を示しましたけども、レオの闇は深いし、カナちゃんのこともあるしこの地災研のあったかムードが逆に不安だ
LD >> 『囚人リク』、脱獄の定番、穴掘り編ですね。この最初の成果の少なさが穴掘りの醍醐味。
GiGi >> ハーベストマーチの決着のカタルシスのなさがすごい
GiGi >> バーサスアースやばいですねー。フラグにしか見えない
GiGi >> パンダのこが珍しくちゃんとパンダコメディだった
紙魚 >> 弱いですねぇカイリ様wまぁそれはそれとしてここで殺さないとしてもこの後村人がカイリたちをどう扱うのかは慎重な運びが必要でしょう、もう犠牲者出ちゃってるし
LD >> 『浦安鉄筋家族』、ノムさんは浦安の萌えキャラの原点……のはず。
LD >> 『バチバチ』、虎城親方がちゃんと見ていたから、常松は負けても気にする事ないんですが、気にするかな?
紙魚 >> まぁそれはそれとしていきいきごんぼの委員長がとても可愛い
カルマ >> 「ハーベストマーチ」決着はさすがに二度見したw
LD >> 『バチバチ』、跳ねっ返り常松も、空流の家族の一員だという回収感がいいですね。…思い返すと鮫島もそんな感じだったし。
紙魚 >> 「実は私は」すんごいあっさりバレたけどもいい加減話のステージ切り替えて欲しかったんでこのペースはオッケー
LD >> 『あまねあたためる』、学園にいい具合に変な人がそろって来ていますね。
紙魚 >> パンダのこのパンダ不在現象が解決したと思ったらあまねあたためるにあまね不在現象が生じた
GiGi >> 正体バレは予定通りでしょうねw。というか、クラス全員にバレるのも時間の問題な気はしている
紙魚 >> ミルキーモゥはこの調子で次は3人に乳首攻めしたならもはや潔い、4、8、16と増えていったなら短期連載でも巨乳になれるし
GiGi >> 倒せなければバストサイズ減るので長期連載になっても安心!
LD >> 『いきいきごんぼ』、おかんがぶっさいくなマンガ、久々な気がする。
LD >> ところで、イマキマキと委員長はブラジャーしているでしょ?ふつうに。
LD >> 『実は私は』、前々からこれはバレるだろうと思っていたので、このバレ展開はよいです。
LD >> ジャンプ行きましょうか。
紙魚 >> 力を得た途端神崎が無双しちゃうのを許容できるのがこの漫画のすばらしいところの一つ
LD >> 『べるぜバブ』、神崎が軍門に下ったみたいで、ちょっと残念。まあ、あんまり気にすることじゃないかもしれませんが。
紙魚 >> 「ワンピース」”看板漫画が面白いとなんか雑誌全体が面白い”というジャンプ力場が発生中
紙魚 >> バギーの七武海入りもサラッと出しちゃうほどにドカドカ情報が詰まってる
GiGi >> ワンピースいいですねー。世界全体が動いている感覚がとても良い
GiGi >> ベルゼのこの紋章の設定はなかなか思い切りましたね
LD >> バギー船長って、七武海でしたっけ!?
GiGi >> ソーマは敵失感が強くてちょっと決着の説得力が弱かった。
GiGi >> バギー船長七武海は今週初めて明かされた設定かと
カルマ >> 「ワンピース」そうですよね、バギー七武海初出ですよね。いやー面白い
紙魚 >> 格落ちを懸念されていたドフラが別ベクトルで持ち直してるのもなんかいい
GiGi >> ワールドトリガー、なるほどこういう話かと納得しましたが、それにしてもマイペースだw
カルマ >> そして七武海の一人は伏せられてるのか。
LD >> 『食戟のソーマ』、にくみは、丼技覚えて再登場して「か、かん違いすんなよ!」とか言い出す所までテンプレで見えるわけですが、置いてちゃったなあ……んん、キャラごちゃごちゃするより場所場所におくのがいい手なのかな?
紙魚 >> まぁ肉勝負で説得力出すのは限界あるしご飯の工夫にもっていったのはよかったかな、それにしてもにくみちゃんを切り捨てるなんてもったいない(´・ω・`)
GiGi >> ニセコイは話としてはgdgdでしたが、巫女姿は眼福でした
LD >> ああ、敵失感はありましたね。>『ソーマ』 しかし、なかなかこのバランスは難しいですよ。料理マンガは誰が聴いても負けだと思わせるためには、大抵、敵にミスが必要で。
紙魚 >> ナルトが珍しく”世界”を描くのに一生懸命だ
GiGi >> エジソン2話目がなかなか良かったです
紙魚 >> 目を見張るほどの未成年面白かったです、未来人と火星人の使い道かぶりすぎだろうよとは思いましたが
カルマ >> 「ソーマ」各部活に嫁を配置して気づけばヒロイン包囲網という感じですかね
紙魚 >> 「ワールドトリガー」いったいいつ新キャラを投入する気なのかね?(´・ω・`)
LD >> まあ、『リリエンタール』の時からマイペースではありましたね。…しかし、どうなのかな?僕はこの具合で満足なんですが、ちょっとパンチが弱いとはいえそう。
カルマ >> 「ワールドトリガー」ギミックは気になる…とか言ってますけど、最近のジャンプのわかりやすい話の生き残りやすさを見るに杞憂かもしれない
LD >> 『ニセコイ』は、巫女姿で一分間抱きしめとか何かおかしい………だが、それがいい。(前田慶次顔)
GiGi >> 読切四コマ面白かったですね。このセンスは大切にしていただきたい
紙魚 >> スケットダンス、何度目だ歌詞ネタ よっぽど作りやすいんだろうな
カルマ >> 「目を見張るほどの未成年」面白かったです。時空目的になっちゃうかぁ…
LD >> 『恋するエジソン』は『面白い』ですよ?…なんだ、やはりギャグ陣が好調だよ?
紙魚 >> BLEACH 後づけなのは重々承知だが期待せざるを得ない、しかしそこでヘタレるなよ一護
紙魚 >> めだかボックスが凄い最終回感ほとばしってる
LD >> 『ブリーチ』、お母さんクインシーだったんあ。……えっと、そうすると何でホロウにやられたんだっけ?…グランフィッシャー再登場の予感?
LD >> 『めだかボックス』終わりですねえ。
GiGi >> 終わりなんですかねえ>めだか
紙魚 >> クロスマネジ いい尻だ こないだのより今週のほうがよっぽどエロスを感じたよ
名無し >> こんばんは
タスタイ >> 名無しになってた・・・こんばんは
紙魚 >> こんばんは
タスタイ >> 黒子のバスケ、三位決定戦をがっつり見たいけど軽く飛ばされるんだろうなー
LD >> 何というマドラス、そして山場では全員登場か。> 「ソーマ」各部活に嫁を配置して気づけばヒロイン包囲網
LD >> 黄瀬が、出場不能って事のようですしね。
カルマ >> 「めだか」は不知火編の意味がよくわからないまま終わってしまうのかあ…
タスタイ >> 赤司が二人いるというのは普通は多重人格でしょうか。オッドアイということで人格かえると能力も変わるとか。普通すぎると思いますが
タスタイ >> めだかのこの流れはメタ的に見ると打ち切り決定したから月が落ちてきた・・・ということでしょうか。ぶっちゃけキャラ格的に月くらいでめだかが死ぬとは思えないし、こんなにびびってるのにも違和感ありますね
LD >> この流れで終わらないというのも「めだかボックス」らしいではありますが。……アニメは球磨川編もやるのでしょうか?
GiGi >> めだかはどうも昔から乗り切れないというか、物語の終着点が見えないので、終わるのか終わらないのかもわからない
LD >> サンデー行きましょう。
LD >> 『ムシブギョー』、夕方56時なのか。
LD >> 56時?6時ね。
LD >> 『BE BLUES』、桜庭いいなあ……なんていうか龍や、ナベケンみたいな主人公クラスと比べると、ちょっと弱点あるあたりが。
GiGi >> イエロー取られる桜庭がめっさかわいい
カルマ >> 「BE BLUES」桜庭はこのメンタルの弱さがいいですねぇ。
GiGi >> なんだか普通にいちゃこらしている最上と芸術的なティクビ隠しを続けるケンイチの差はいったい
LD >> 『月光条例』、ここに来てゲーム・キャラがあぶない!?
LD >> は?隠してないだろ?(´・ω・`)?>芸術的なティクビ隠しを続けるケンイチ
紙魚 >> チクビ券の買占めがおこってるようで
タスタイ >> BE BLUES、桜庭あっさり本性出しましたね。小物感小学生のままでうれしいです。それとノアがこういうタイプで高校生トップクラスとして出してくるのも面白いですね。
LD >> ……っていうか、この世界のマンガ、アニメキャラとかはどうなってるのか?それが次回で…!?
紙魚 >> ほんとなんで北極なんだよ、夜が来ないから? >月光条例
GiGi >> 夜が来ないから>なるほどなっとく
LD >> 『姉ログ』、ネタのパターンが変化しないなあ……いいんだろうか。
GiGi >> ハヤテのごとくはこれはナギの自分自身の数奇な人生を漫画化するフラグですか
紙魚 >> 桜庭がいいっていうかナベケンや龍ちゃんは男前過ぎるっていうか人間力高すぎっていうかもうメンタルが高一じゃないから桜庭みたいなのがいないと”部活”は書けないよね
カルマ >> 「ハヤテ」どう考えてもナギの自伝的漫画になりますよねこれw
LD >> 『銀の匙』、御影さん何になりたいんですかねえ?騎手?……まさかマンガ家?
紙魚 >> おすもじっの怖さがもはや少年漫画の枠を飛び越えてしまってる、妹ちゃんがつかさの目をつぶすんじゃないかとヒヤッとしたぜ
LD >> そっすねw>ナベケンや龍ちゃんは男前過ぎるっていうか人間力高すぎっていうかもうメンタルが高一じゃないから桜庭みたいなのがいないと”部活”は書けない
紙魚 >> もう寿司握ってる場合じゃねぇ
LD >> ふむ。>ナギの自分自身の数奇な人生を漫画化するフラグ
LD >> マンガ的にどう見栄えするかは別として、単純にルカより売れる説得力はありますね。……ってルカも数奇持ちですけどw
紙魚 >> 最上の明医は釈ルートが確定状態ってのもあるがハーレムなのに女性陣が肉食過ぎてハーレムなきがしてこないな
GiGi >> 数字の勝ち負けはともかくとして、ルカが負けるにはルカ自身にナギに負けたと言わせる必要ありますからね
カルマ >> 退屈な日常を変えるヒーロー=ハヤテの登場というナギ視点で少女漫画っぽく描いたものなら凄い女子受けしそうではある>ナギの人生
GiGi >> ヒーローズカムバックは椎名先生が大トリだったわけですが、志半ばで終わってしまったものの無念を晴らす内容でよかったです(不謹慎
タスタイ >> 銀の匙、八軒もう逃げられないなぁ。作風的に御影さんメインヒロインをブレさせることができなくなりましたね
紙魚 >> 「リンネ」の「いつ殺るか今でしょう」はなんかるみこらしからぬギャグだなと変に気になった
GiGi >> 駒場牧場の現実を見せた上で御影の話というのがまた重くて良いですね
LD >> 『最上の明医』は……なんだろう『君のいる町』と同じ感覚になる。
LD >> ああ、そうか。当たり前だけどアレンジすればいいんだ。>退屈な日常を変えるヒーロー=ハヤテの登場
GiGi >> そうですね。ハヤテのごとくという物語をナギ視点で描き直すだけでもなかなか新鮮味がありそう
LD >> さて、では一番を決めましょうか?
LD >> マガジン、『となりの山田さん』で。
LD >> チャンピオン、『名探偵マーニー』で。
紙魚 >> マガジンなし、強いて言えばアホガール 
紙魚 >> チャンピオンいききごんぼかな
GiGi >> マガジン「となりの山田さん」チャンピオン「マーニー」ジャンプ「ワンピース」「エジソン」「目を見張るほどの未成年」サンデー「GS美神」かな
紙魚 >> ジャンプは当然ワンピース
タスタイ >> A−BOUT、バチバチ、ワンピース、BE BLUES。
カルマ >> マガジン「アホガール」
紙魚 >> サンデー、GS美神かBEBLUES
カルマ >> チャンピオン「マーニー」
カルマ >> ジャンプ「ワンピース」「目を見張るほどの未成年」
カルマ >> サンデー…んー「BE BLUES」かなと
紙魚 >> ワンピース推しで これだけ年月かけて積み上げたもので世界描いたらそりゃ強い、、それがずるいなら未成年で
GiGi >> ワンピース効果というわけでもないんでしょうけれどもジャンプは充実感ありますね
LD >> ジャンプ、『未成年』で。
LD >> サンデーは『BE BLUES』かなあ。
LD >> 今週は『目を見張るほどの未成年』にしましょう。ほぼ、全部のネタで笑いました。
GiGi >> おー。そうきましたか。了解です
LD >> それでは、今週もありがとうございました。お休みなさい。
紙魚 >> おやすみなさい
カルマ >> 確かに面白かったですねー
カルマ >> お疲れ様でした、おやすみなさい。
タスタイ >> おつかれさまでした


■■■■2013年03月16日■■■■
LD >> 【今週の一番】
LD >> 【今週の一番】チャットは3/15(土)24:00に開始します。


■■■■2013年03月17日■■■■
LD >> こばんわ。
LD >> WBCもロクに観ていないLDが来ましたよ。
LD >> さて。
LD >> ちょっと事情があり、アニメの『魔界戦記ディスガイア』観たりしています。
GiGi >> あと20分ほどで帰宅予定
紙魚 >> こんばんわー
LD >> こんばんは。
LD >> 今週はチャンピオンからですね。
紙魚 >> 誕生日でした
LD >> おお、おめでとうございます。
紙魚 >> まぁめでたい年でもないですがw
紙魚 >> 囚人リクのカラーはなんかこう絶妙にダサイですなw
LD >> まあ、ゆるゆるチャンピオンから感想流して行きましょうか。
紙魚 >> トンネル作戦はどうも暗雲立ち込めてる感じですが今週見る限りじゃ脱獄から鬼龍院サイドへ物語の軸を半分移しそうな感じで
LD >> 『囚人リク』、なんか一昔前の劇場ポスターを思い出します(笑)
紙魚 >> ”脱獄後”に向けて下準備始めたかな
LD >> なかなか、おじさんが、どういう経緯で鬼道院の秘密を握ったのかは謎ですね。
紙魚 >> 弱虫ペダル味方キャラの新キャラもデカブツっていう、体重重そうだし鳴子に代わる新スプリンターですかね
紙魚 >> おじさんがどういう立ち回りしてたかは謎なんですよね”リクの恩人”ってポジションにそぐわないほど事情に噛んでる
LD >> 鬼道院の秘書さんが、“どっち陣営”なのかはけっこう気になるところです。
紙魚 >> まぁそれはそれとして寒咲さんはこのタイミングでもっと輝いておかないとまたいない子になっちゃう、、、
LD >> 多分、おじさんの友人が、鬼道院の犯罪を追っていて、マイクロフィルムを託された……くらい、そんなひねった話でもないとは思うんですけどね。
紙魚 >> 浦安桜の友達と花丸木の修羅場ってんのかそうじゃないのかわからん状況はどう受け止めたらいいんだ?(´・ω・`)
LD >> 『弱虫ペダル』、新入部員登場ですが、メンバーによって戦略が変わる所とか実感できるといい感じですね。
紙魚 >> バーサスアース ユミちゃんの左腕が、、地雷の火薬量が多すぎていつ炸裂するかわからず怖い漫画だ
紙魚 >> すごく久しぶりに出てきた深柱信奉者の人最初期に出てきた割にいまだどういう動かし方するのか見えてこない
LD >> 『バーサスアース』なんか、変な新興宗教団体が出て来ましたが、これは物語にどのくらいからむのでしょうか。
LD >> あれ?最初の方で出ていましたっけ?(汗)>教団
紙魚 >> あぁいやヘルメットのお兄さんは最初に出てきたんでは? 最初の深い柱と戦った後の2戦目で
紙魚 >> まだ名前もわかんないんでヘルメットの人としか記憶してないんですがw
GiGi >> リクのおじさんは徹底的に普通の人であったほうが物語の通りがいいですね
LD >> 『真・餓狼伝』、まあ当身にいきますよね。
紙魚 >> 真・餓狼伝 90センチが三寸?ってとこが気になって当時の単位のことは知らんけども
GiGi >> 浦安の桜ちゃんの性癖は相当に謎い
LD >> 『バチバチ』は、まあ、順当に王虎は加減していましたが、次は天雷対大鵠ですか、これは今、ほんとにどっちが強いか楽しみです。
紙魚 >> あまねあたためる、なんかこうなると弟が主人公でもいいな
紙魚 >> あまねって初登場時は浮世離れというか、特別というより特異に近い存在で”不思議な引力により周囲を幸せにする”みたいな始まり方だったのに今はなんかこう普通に性格のいい女の子だ、まぁそれでいいけど
紙魚 >> シュガーレス、なんかすごいすんなりというか唐突にシャケと戦う運びに?いままで中途半端にひっぱったな
紙魚 >> サクラノ嵐、不良キャラだけじゃなく一般人まで顔のパーツが全部同じというのはどうなんだぜ?こりゃヒロイン出ないな(´・ω・`)
LD >> 『実は私は』は、基本、全キャラ、ほどよくマヌケですね(笑)
紙魚 >> スポ×ちゃんが最終回 岳とシャケより先に屋上決着をつけた訳ですが
GiGi >> 読切「ピンチサーバー」いい話でしたね。連載では描き難い題材をあえて扱っているのがよい
LD >> 『スポチャン』、最終回でしたな。
紙魚 >> 剣道家がスポチャン独自の技で決着をつけたってことで一応両方に花もたせたラストってことになるんかな?
LD >> ジャンプ行きましょうか。
紙魚 >> ミルキーモゥは一番最初に読むぐらいには好きです、サラッと読んじゃうけど
紙魚 >> 「暗殺教室」師匠が凄いんだから短期間でもこんぐらい凄くなるよねっていうのは説得力っていうより漫画のお約束として飲み込めた
GiGi >> 暗殺教室は理事長がフロントに出てきたのが興味深いですね
LD >> 『暗殺教室』、殺せんせーって自分のクラスの贔屓がはげしいですよね……まあ、校長の他クラスの肩入れがはげしいのでバランスとれてますが。
紙魚 >> ワンピースは藤虎ですかねー新キャラは尾田先生が急病なのでしばらく知ることができんのはうずうずする、エンジンかかってきたとこなのに、、、
LD >> 『ナルト』は、けっこう長い昔話になりそうですね。
紙魚 >> ニセコイ  ウィスキーボンボンで酔っ払うとかなんというか今時よくやるよw 嘘発見機の時も思ったけど「さすがに今時これはないだろ」ってとこにどうどうと踏み込むなw
紙魚 >> トリコ ハイリスクとはいえサニーがいくらなんでも強設定持ちすぎ どうしたらトリコが追いつけるというのか
GiGi >> ニセコイはここまで堂々とやられるともはや様式美ですな
LD >> 『スケットダンス』、結城さん、理工学部に行くですか。
紙魚 >> ワールドトリガーなんですが「修のトリガーを使って戦う遊真」というのはもうこれは一話でやってしまってよかったんじゃないだろうか
紙魚 >> 遊真の存在は謎のままだしここまでで加えた展開が「不良と記憶消去」だけなら削るなり後回しにするなりして今週のヒキにもってけばここまで一話目で圧縮出来たんじゃ?
GiGi >> ワールドトリガー、ここまでで基本設定ではありますな。1話でというのはさすがに要求高すぎな気もしますが、3話目くらいでもいいとは思う
LD >> 『斉木楠雄』、斉木くん、きっちり真ん中とってくるなあ。
紙魚 >> ハイキュー頑張る姿だけで一話作れる田中さんはお得なキャラですな
LD >> 『ニセコイ』のウィスキーボンボンは、すごいなあ……。いや、飲酒はまずいけどウィスキーボンボンならしょうがないよねとか、そういうライン取りが。
紙魚 >> 黒子のバスケ「ああそうかその手があったか」って感じではじまる帝光編、赤司の謎と欲言えば赤司サイドの5人目も描けたりしたら巧いですな
LD >> 『トリコ』は、トミーロッドがトリコとはもう戦わなさそうなのが残念。もう、負かした相手っていう扱いなのか。
紙魚 >> ソーマ 一色先輩の半裸が基本だったり田所ちゃんにちゃんと実力があったりにくみに再登場の機会がありそうだしでいろいろと安心できる一話
紙魚 >> めだかボックス 凄くいい話だったし球磨川が初めて勝てたというのも実に美しい流れで単話としては最高の出来なんですが
紙魚 >> だからこそここで終わらせないという判断が謎過ぎるぜ
GiGi >> めだかちゃん最終回じゃなかったけどフェイクかもしれない位には思い
紙魚 >> 球磨川が卒業しちゃったらこの漫画のエネルギーの7割ぐらいが削がれるんじゃ、、、
GiGi >> 恋するエジソンが2話掲載じゃなかったけど大きく動かしてきて面白かった
紙魚 >> 恋するエジソン二話掲載やめちゃったんですね
LD >> 『ハイキュー』、田中さん、狙われて、励まされて突然性能変わるわけじゃなくって、やれる事で対処する組み上げがいいですね。
紙魚 >> どちらかといえばニコラテスラよりエジソンの方が拝金主義なイメージあったよ
LD >> 『めだかボックス』、最終回じゃなかったですね。しかし、言われている通り球磨川卒業だし、安心院さんも死んでるし、短くやってやっぱり終わりかもとか。
カルマ >> おはようございます。風邪で熱出して寝てました。だいぶ楽に。でもジャンプ読めてなし
LD >> 『食戟のソーマ』、地味子さんが、さりげなくできる人だという事をアピール。
紙魚 >> クロス・マネジ  この作者さんの描く顔アップはなんかこう不安な感じになる
LD >> 『めだかボックス』の獅子目言彦は、これからクロコダインのキャラ位置に収まるにちがいない。ああ、ちがいない。
LD >> こんばんは。カルマさん。
LD >> サンデー行きましょか。
GiGi >> キルコさんはまとめに入っている感ですが、単行本の売れ行きはどうだったのかな
GiGi >> さてさて月光条例が巷で話題でしたが
紙魚 >> 月光条例一番でいいんじゃね?とかもう言っとく
紙魚 >> 童話以外の世界ってどうなってんの?ってとこからいきなり衝撃的でしたのぅ
LD >> 『神のみぞ知るセカイ』、アニメ三期目ですか。順当ですな。……というか、もうおコミックにつける形でいくのかと思っていました。
紙魚 >> 外伝というか企画モノの方が面白かったです、ちょっと本編の方は伸ばしすぎて熱が抜けきってしまったというか
カルマ >> 「月光条例」は凄い凄い言われすぎてバランスとりたくなりますけどw 実際良かったですね。(欲を言えばサンデーの他の作家さんに協力してもらって八軒とかぶった切られて欲しかった)
GiGi >> 神のみ番外編は愉快でしたね
GiGi >> ヒーローズカムバック企画の思わぬ副産物なのかなーとか思ったり
GiGi >> >月光条例
紙魚 >> マギ、この戦いの落としどころがフワフワしてるままだから素直にアリババさんカッケー!って出来ないのが残念
GiGi >> マギはまさに「アリババ来た!これで勝つる!」状態
GiGi >> 落としどころとか不明でもアリババきた瞬間に勝ってしまった感あったりw。
GiGi >> そしてついにカラー乳首券まで発行しているキングオブニート
紙魚 >> カラーは釈の黒さを描きたいのかと思ったがやっぱり乳首のためにラストに回したのか
カルマ >> 「マギ」アリババが来る感じとか、やっぱりすごく良いんですよね。
カルマ >> 「最上の命医」海で出血する様子も描きたかったのかなーと思ったり
LD >> 『BE BLUES』、他のチームメイトも龍をちゃんと見ている。龍が圧倒的に正しいのが心地よい。
紙魚 >> ケンイチ 「やってみたら出来ました」感が強くてますます気っていったいなんやねんなと
LD >> 『最上の明医』、えっと、妊婦さんてなんで裸なんでしたっけ?
LD >> ……っは!ヒーローズカムバックで、『メジャー』はもどってこなかったんだ。
紙魚 >> 泳いでハワイに行くつもりだったからじゃ?>なんで裸
紙魚 >> おすもじっの流れやヒキを無視して新展開はじめるラジカルさが最上の明医の域に達しておる
LD >> 『AREAD』のエンキは、こう、そんな高いキャラ位置でもなかった気はするだけど…上がってきた感。
LD >> 『おすもじ』、なんか妹がレギュラーっぽくなっているのかな?
カルマ >> (いかんジョジョ最新話が面白すぎた)
GiGi >> うぃんうぃん
LD >> マガジン行きましょうか。
GiGi >>http://www.nicovideo.jp/watch/sm20344635
GiGi >> フェアリーテイル、先週はラクサスの格上げちゃってどうするんだろうと思ったけど、「ラクサスですら」聖十よりも上という話だったわけですな
LD >> 『賭博覇王伝零』は、ラプラス喜十郎のし掛けにただただ驚嘆するばかり。(`・ω・´)
GiGi >> 山田くんのこの形容し難い頭の悪さはなんなのだろう
LD >> 『フェアリーテイル』、エルザ、限りなく切り札の鎧持っているんだよなあ……そりゃ強いわ。アンリミテッド・アーマー・ワークスだわ。
GiGi >> 今期のアニメはジョジョとちはやふるが頭一つ抜けている感
紙魚 >> エルザの強さはなんかズルイよねとw作者の思い付きをそのまま一身に受けられるキャラだし
GiGi >> でもってアゲイン最高でした
LD >> 『山田くんと7人の魔女』、気がつけば、どのキャラも男だろうと女だろうとお構いなしにキスしまくってるなあ…。
紙魚 >> アゲインってこういうお話だったっけ?
カルマ >> エルザは一貫して強いので負けるイメージを持ってないですね。「さすがに苦戦するようになってきたなー」レベル
GiGi >> 3割増くらいでヒロくんを悪者にしてますな
カルマ >> 「アゲイン」なんかこういう話を始められると終わっちゃうのかなとか思ってしまう。そんなことはないだろうけど
LD >> 『アゲイン』、これ今村くん、ヒロくんに真っ向宣戦布告したようなもんですが、このヒロくんライバル視点でみるとバトルマンガでもなかなかみられない程、格高いよ?
GiGi >> 山田さんはなかなかいいエロスがある
GiGi >> 勝てるビジョンないですよねー。そこにシビれた>アゲイン
紙魚 >> 今村VSヒロくんより これを受けてのアキラちゃんの動きがヒヤヒヤするぜ
GiGi >> アキちゃんも含めて全部動き出しますね。終わるかもというのも十分あるかも
LD >> 『となりの山田さん』は、単なるバカップルですな……とても良いです。(`・ω・´)
GiGi >> 七つの大罪も面白い
紙魚 >> 七つの大罪面白いんだけど一人一能力バトルなのかなんなのかよくわかんないな
カルマ >> 「七つの大罪」ヒキ良かったです。
紙魚 >> 「ABOUT」朝桐VS樋口が何の外圧もなくタイマンの形になったらこの漫画終わってしまうんじゃないの?
LD >> 『A−BOUT』は、どういう展開になるのか……とりあえず童門とやり合っていた樋口なので、朝桐にけっこう有利に思いますが…。
紙魚 >> アホガールは最早アホとか言ってらんないレベルのアホのつもりで描いてるんだとわかった
紙魚 >> AKB49「七人のアンチ」というコピーをまるでガンホーガンズや十本刀と同種であるかのように書いてて笑った
GiGi >> AKB49のこの岡部登場のタイミングも見事
LD >> 『AKB49』、おお、岡部が久しぶりに登場ですよ……というか、浦川、有栖、岡部で無敵のユニットなんだよね。……吉永、ほんま、まずいよ?マジで………(´・ω・`)
LD >> 『アホガール』の、よし子の母が、アホのままで世間を乗り切ろうという発想しかしていないから。
カルマ >> 「AKB49」実際アンチはアンチであること自体に固執しだすと最強なので手強い
GiGi >> アンチを排除するのではなく取り込むとこまで説得力を持ってやったらちょっとすごいですね
LD >> それでは一番を決めましょうか。
LD >> チャンピオンは『実は私は』が良かったです。
紙魚 >> チャンピオン特に無いかな、ミルキーモゥでいいやw
紙魚 >> ジャンプめだかボックス
紙魚 >> サンデー月光条例
紙魚 >> マガジン、アゲイン
GiGi >> チャンピオン「ピンチサーバー」、ジャンプ「めだか」、サンデー「月光条例」、マガジン「アゲイン」かな
LD >> ジャンプは『ハイキュー』が良かったです。
LD >> サンデーは『月光条例』でしょうか。
LD >> マガジンは『アゲイン』ですね。
LD >> 『月光条例』か『アゲイン』という感じですね。
カルマ >> チャンピオン「ピンチサーバー」サンデー「月光条例」マガジン「七つの大罪」
カルマ >> アゲインも
LD >> まあ、インパクトとしては『月光条例』ですね。
紙魚 >> ジョジョ二部おもしれーってなってるけど三部始まったらやっぱ三部おもしれーってなってると思う
紙魚 >> 要は7部までやればいいと思うのでござる
カルマ >> 一番関係ないけどマックミラン女子野球部はフィクション世界でも相当強そうなチームだな
LD >> では『月光条例』にします。
LD >> マックミランは、何か準優勝しているチームですよね。
LD >> それでは、今週もありがとうございました。お休みなさい。
紙魚 >> おやすみなさい
カルマ >> おやすみなさいませー
LD >> ああ、GiGiさん、どっかのタイミングでラジオしたいね。土日なら可能ですか?


■■■■2013年03月22日■■■■
ツ鳴シツ鳴ウツつオ >> I never went to university <a href=" テッツサツソhttp://www.filmscoring.info ">order accutane online</a> prescription drugs that have a high incidence of side effects, when the cardholder has

ツ鳴シツ鳴ウツつオ >> How much will it cost to send this letter to ? <a href=" http://www.cloudpeakenergy.com/about-us ">50 mg seroquel</a> PROCEDURES, THE TRANSFERRED FUNDS MAY NOT BECOME AVAILABLE IN THE PROVIDERツ担



■■■■2013年03月23日■■■■
紙魚 >> こんばんは


■■■■2013年03月24日■■■■
紙魚 >> ┌(・。・)┘♪└(・。・)┐♪┌(・。・)┘
紙魚 >> ラジオか
LD >> ちょっと待ってってね。
LD >> はい。お待たせしました!
カルマ >> こんばんは
LD >> 今週は、ジャンプからでしょうか。
GiGi >> こんばんは。しゃべり疲れた
LD >> 素早くやっていきましょう。
LD >> では、ジャンプから。
紙魚 >> 銀魂がなにかこう急にわかりやすいネタを放ってきたなw
LD >> 『銀魂』巻頭カラーですが、この展開は……何か後に引くというか意味付けがあるのでしょうか?それともただのワンエピ?
紙魚 >> 劇場版に合わせて何か仕込めるほど器用な人でもないか
LD >> 『トリコ』のこの両方とも妖怪対決みたいな感じは好きです。というか、トミーロッドがやっぱり千両役者というか、こいつホントにいろんな顔を持っています。
紙魚 >> 「トリコ」トミーがトリコと戦ったとき同様にバトル紳士となってるんですが、このキャラのゲスっぷりは本気で描いてるしちょっとキャラ造形迷走してる感はあるんですよね
LD >> 劇場版は、原作でもやっていない編なんですね?
紙魚 >> 「BLEACH」なんか妙に読ませてくるんでこれは長くなっても良いです
LD >> ああ…>キャラ造形迷走してる感 指摘はごもっともに思います。でも、僕としてはトミーロッドにはどういう顔を載せてもイイくらいキャラの器がでかい感じもするんですよね。
紙魚 >> ブリーチは「世界の語り」から主人公外しちゃってもいい、というか徹底的に絡ませない作品なんでwこういうの描くとノビノビしてんなぁと
カルマ >> 「トリコ」トミーロッドに正々堂々、というサニーの態度の方に違和感があるかな
紙魚 >> ソーマ田所ちゃんのピンでやってける実力を見せるのがこの合宿の課題だろうか?
GiGi >> 銀魂は基本的にはワンエピソードのひとつでしょうね
LD >> 『暗殺教室』は、この物語、けっこう理事長のキャラ格によって変わる事がわかった。かつてネウロという魔人に人間がどう対抗できるかで松井先生は話を構築したけど、次々に出てくるネウロの敵とちがって理事長はタイマン。…といいつつ、多分、理事長の後ろにシックスクラスが控えているとは思うのだけど。
紙魚 >> 「明るい人」面白かったですワンアイデアモノなんですけど通して設定活かせてたかなと、締めも含めてジャンプっぽくは無いですが
GiGi >> ハイキュー、能力分析がカードぽくなってたのがちょっと面白かった
LD >> 『斉木楠雄』、おお、なんか照橋さん可愛いわ。照橋さん、可愛かったら、もう、何も言う事ないなこのマンガ。
紙魚 >> 黒子のバスケ がおもろいですなー
紙魚 >> 黒子にも他のキセキにも特別な背景を持ってるキャラはいない(赤司が怪しいけどそれは別問題)んですけど、キセキたちの「当時の相関図」が見れるだけで結構興味惹かれる
LD >> 『ソーマ』は、にくみは落ちたのに、田所ちゃんは落ちてないんですよね?そうすっと……この子もうずっと落ちないかな?
GiGi >> 明るい人面白かったですね。埋め草にしてはレベル高かった
LD >> 『黒子のバスケ』は、カード出すだけで既に勝ちの、勝ちエピですね。ここで、出してくるんだ……と。
カルマ >> 「明るい人」面白かったです。ようできとった
カルマ >> 「黒子のバスケ」は誰もが読みたかったエピソードですから、もうね。
GiGi >> エジソンはまた2話連載に戻りましたね。ちょっと強引でしたがw
紙魚 >> 恋するエジソンはライバルキャラが絡むエピソードは似た読み味になっちゃわんかな?とちょい心配
紙魚 >> 「SKET DANCE 」この作品まいた種すべて収穫して終われそうじゃないか?
LD >> ワンピス休載か。
GiGi >> スケットダンスはもうそういうフェーズですなー
GiGi >> 急病ということで心配しましたが、次号はちゃんと載っているようです>ワンピ
LD >> 『ニセコイ』、席替えだけで一本か……燃費いいなあ…。
LD >> 『スケットダンス』はまいた種、全部回収するでしょうねえ(笑)
カルマ >> 「ニセコイ」最初の席替えで「強くなりすぎたヒロインを物理的に離すわけか」と思ったがそんなことはなかったぜ…
紙魚 >> ニセコイって最早恋愛関係のこじれでドラマ作れる空気じゃないしもう誰がどうなろうと「応援するよ!」ってなるでしょ
LD >> 『めだかボックス』は、やっぱりもう終わりなのでしょうか。
カルマ >> 「ソーマ」田所ちゃんに似た感じの審査員が出てくると少し安心した
紙魚 >> ラストエピソードつーかもうエピローグ感ある、安心院さんは特に話に絡まず最終回の全員集合絵で当然のようにいたりするのが一番オイシイ
LD >> サンデー行きましょう。
LD >> そうですね。そんな感じで。>安心院さんは特に話に絡まず最終回の全員集合絵で当然のようにいたりするのが一番オイシイ
LD >> 新連載の『ノベル』、なかなか迫るものがあって良かったです。
紙魚 >> とりあえずおすもじっクラサン流しの報に私の具合が悪い
紙魚 >> 最後の弾丸で撃たれたかのようなのはただのイメージ?マジもんの超能力?どういう話なのかまだわかんないです>ノベル
GiGi >> 新連載は蝿の王みたいな話になるのかな
LD >> ただ、『ノベル』、家庭環境が厳しいまま、決着していないのは……厳しいな。背面の憂いを持ったまま前進する感覚がある。
GiGi >> おすもじの迷走は結局何だったんでしょうねえ
紙魚 >> まぁただの演技派人格が本当に超能力使い出したりしても”DNA2”という前例があるからそんなに驚かない
紙魚 >> 単行本より週刊連載で読むのに適した漫画だとおもうんすけどねぇ、、、鱧どうすんのか知りたかったよ(´・ω・`)
LD >> 『BE BLUES』、万を持した龍ちゃんの出方がたまらん。
GiGi >> 先週のキングオブニートに続いて今週は國崎出雲がエピソード末カラーを使っていましたがなんか流行りですか
紙魚 >> 桜庭が可愛い、そんな可愛い桜庭を悪く言うユキがただの空気読めてない子に見える、つまりアンナに敗北する
GiGi >> いじめられるユキちゃんを龍ちゃんが助け舟出して急接近ですよ(`・ω・´)
カルマ >> 「おすもじ」は妙な所でクラサン送りになりましたねぇ…
カルマ >> 「ノベル」はなかなか悪くないですね
紙魚 >> 龍ちゃんにそんな才覚があるだろうか?むしろ「いい加減桜庭を悪く言うのやめろ」とかでますます曇らせる筋の方が濃い
LD >> 『神知る』のかのんって、一番人気なのだろうか?……でも、このマンガ、人気投票はしない方がいいんでしょうね。
紙魚 >> 「ケンイチ」まぁアパチャイを殺せない漫画だし、美羽の活人拳って立場からもリミが死ぬことはもちろん重大な障害を持つこともなんやかんやで無いとは思いたいのですが、どうなりますかね
LD >> う〜ん……確かに違和感があるんですよねえ……>ユキちゃん桜庭悪く言い過ぎ あれだ。これは桜庭がユキちゃんのフラグを立てる伏線だ。(`・ω・´)
GiGi >> 障害抱えて龍斗様とお揃いという展開はあり
紙魚 >> 車椅子キャラが2人もいる漫画はなんか嫌だなw
LD >> 『絶対可憐チルドレン』は、今、黄金時代編なのかな?
LD >> それは、キャラ立ちが悪いな(笑)>車椅子キャラが2人もいる
紙魚 >> 「武勇伝」は新キャラやせてるなぁオイって初見で思ってしまうほど目が萌花の方に慣れてることに気づいた
LD >> 『銀の匙』、御影さんが成績悪いのは意外(笑)…ちょっと伏線欲しかったかも。
LD >> 『武勇伝』、細い子キター!
GiGi >> いや、御影さんあんまり頭よくないアピールは結構してた気もw
GiGi >> うむ>細くない
LD >> 『國崎出雲』、いい画描くようになったな……。
LD >> そうでしたっけ。自分の頭でカットしていたかな?w
紙魚 >> 月光条例はもう藤田先生がニヤニヤしながら描いてんだろうなぁって
カルマ >> いや、僕もそんな印象残ってないレベルなのでさらっとしてたかも>御影さん頭良くない
カルマ >> 頭ちゃう成績
紙魚 >> オオイミ王のキャラ格はようわからんがやってることは驚異的だしそこで釣り合いは取れてるのかなってね
LD >> しかし……このクラサン落ちってシステム……いいのか?
LD >> マガジン行きましょう。
紙魚 >> 「七つの大罪」がなんか本当に一能力バトルになったぞい?
紙魚 >> 「魔法」は「魔法」として基本の設定として当然のように広がってる世界観だと今までは見てたんだが
LD >> 『七つの大罪』は、やはり聖騎士たちの動きというか表面上の反射しか見えないので、全体像が見えず、マップがイメージできない感じ。そろそろ四天王とか現れて「奴は吾らの中で最弱」とか言うと代わってくると思う。
LD >> ディアンヌは、なんか能力持ちっぽかったですけどね。
LD >> 『我妻さん』、うむ。青島妹にはオレも目をつけておったわ!(`・ω・´)
紙魚 >> 「はじめの一歩」もう脈絡とかいいからキスしちゃえばいいと思うそういう話数だと思う(´・ω・`)
紙魚 >> 「アゲイン」がおもろいです、てか今村君のこのキャラの進め方は一話からでも出来たよね?と これまでの積み上げが(8割ヒロくんからの触発)今村君に心境の変化をもたらしたのだといえばそうなんだけど
LD >> ところで、この後、出番はないであろうが、この火野くんはカッコいい。いや、カッコいいから、また出番あるかな?
紙魚 >> 第二部的というか、作品自体が一話にアゲインしてる感じな
LD >> ああ、その話は実はラジオでもしていました。>このキャラの進め方は一話からでも出来たよね?
LD >> 僕も、最初にアゲインした今村くんは、第一話のネガティブな感覚に対して超然としていて、どこか普通じゃない人感があるなと思っていたんですよね。それに対して今の今村は第一話のアゲインする前の今村と地続きの今村だと思っています。
LD >> 『一歩』は、元々、一般的な意味のハングリーじゃない所が怖さと強さだと思っていたので、今もし、そこをダメ出ししているのだとしたら、ちょっと意外。
LD >> 『今日の女バレ』、後半がほとんどBLの与太話になってしまっているのは……いいのか?いいのか。
GiGi >> 七つの大罪はメリオダスの能力が明かされたのが意外でしたね。これは考えてなかった
紙魚 >> AKB49アイドルのアンチとはかくも立派な持論を持ってるものなのだろうか、しかし熱いし岡部は可愛いしでいい一話だったと思います
紙魚 >> 「AーBOUT」これで樋口負けちゃったらいくらなんでもカッコ悪すぎるぞ(´・ω・`;)
カルマ >> 「七つの大罪」は…一能力になってしまうとしたら勿体無いかも。
GiGi >> 零、この解答はなかなか技アリなんだけど、今までのグダグダはいったいなんだったのkw
LD >> 『ちきゅう観測隊』、ファンでした。そうですか、単行本でてますか。
紙魚 >> 零>本当に今開示されてる情報がラストなのかなんなのかもうわからん、喜十郎はもういいから自分で出て来い
カルマ >> 「AKB49」一人くらいはアンチに固執したアンチがいてほしいですね。
カルマ >> 「零」はまだ暗号があるんかいw と思ってしまってどうもw
LD >> 『AKB49』、面白かった一回。アンチが一人減るという形も。岡部が久々にでたけど、ちゃんと空気を変える所も。
LD >> 『アホガール』、委員長、ちゃんとアホで、すっげえ可愛い頼もしい。
LD >> 『A−BOUT』、樋口と対決できる代わりに退学かけちゃいましたね。……樋口完勝が一番丸く収まるのかな?
LD >> 『となりの山田さん』、エロい展開だったけど、主人公がわりと必死だったのがいい感じ。
LD >> チャンピオンに行きましょう。
カルマ >> 「となりの山田さん」山田さんはロボ的な何かかと思ったけど人外的な何かなのだろうか
紙魚 >> 浦安の接着剤の強力さは相変わらず半端無い
GiGi >> 浦安、こういうスラップスティック回もクオリティ高いし最近また黄金期入ってる感
LD >> 呪的な何かっぽいですね。>『となりの山田さん』
紙魚 >> なんか家族愛で締めるとか最近は必ずそういう要素入れてくるあたり昔とはちがうなぁとも思うんですけどね
LD >> 『弱虫ペダル』の杉本disがひどいw
紙魚 >> 真餓狼伝 体格差が思った以上だった餓狼伝より修羅の門とかで見られる差
LD >> ああ、昔とは違いますね。しかし、元々、荒削りでずっと荒削りなままが持ち味だったのが、完成に向かっている…という感覚はわかります。>『浦安鉄筋家族』
紙魚 >> 小野田君の一緒に走りたいと思ったら必ず併走する能力に続く二人目の論理能力者の登場ですな
LD >> 『いきいきごんぼ』、とにかくテクノは、いつか自分がゾンビに襲われると思っているのね(笑)
紙魚 >> 囚人リク トンネル作戦がえらく当然というかすごい手前の段階で頓挫しましたな、掘っちゃったのはどうする気だ
カルマ >> 「いきいきごんぼ」のテクノの感覚はすげええいいです。ビクビクするところ含めとても中学生感があってたまらん
GiGi >> 新連載「泳げ!ひなのちゃん」これはなかなか期待。なんかこんな顔でこんな名前の主人公の漫画を前に沼田純先生が描いてた気もするけど
紙魚 >> いきいきごんぼ こうなると良く分からないのは枷井だけかな? そういや枷井くんの一人称視点の回ってのはまだ無いのか?
紙魚 >> 泳げひなのちゃん、絵柄は80年代タイトルは70年代
カルマ >> 「泳げ!ひなのちゃん」また良い感じのスポーツ漫画が始まりましたねー。
紙魚 >> もうなんかあれなのかな?「女の子にマイナースポーツ」というのはチャンピオン内に枠が確立してるのかな?
LD >> 新連載『泳げひなのちゃん』、ふ〜ん、こういう競技あるんですね。マンガ的には面白そうですね。
カルマ >> OWSと遠泳の違い。速さに重きを置かれてるのかhttp://bit.ly/RsJvIk
LD >> 『バチバチ』は、天雷が大鵠相手に、どのくらい心が揺れているかで天雷の格が決まりますね。……多分、相当高いと思うのですが。
紙魚 >> パンダのこ そろそろパンダを飼い続けるということに常識的な判断を下せるキャラが出てもいい
紙魚 >> ハーベストマーチ 地図が出たんですが結構移動してんなと思ったらこんなに広いのときたもんだからスケ−ルつかみかねる、シイド側の描写でなんか面白くなるかなぁ
LD >> 『ドカベン』、ところでジョージ・フォアマンって黒人じゃなかったけ?
GiGi >> バーサスアース、この引きは良いなあ
LD >> 『あまねあたためる』…あれ?やっこが設定隠してないから、そういうキャラで定着しそう?(笑)
紙魚 >> バーサスアース、この割と戦いの前に色々作戦練れるあたりも「惑星のさみだれ」思い出す、レオは髪上げたほうが可愛いのは隊長に同意だ
LD >> 『バーサスアース』、いい具合に緊張感出てますね。
紙魚 >> シュガーレス なにイチャついてんのさ
LD >> 『シュガーレス』、これは決戦、決着?
カルマ >> 「バーサスアース」出現位置までは特定できても目玉の場所まではわからんかな
紙魚 >> あのころのお姉ちゃんはもういない?  これが原作と作画が分業という不思議 ミルキイーモゥより軽いぞ
LD >> なにかラノベのタイトルのような集中連載が。
LD >> 『実は私は』、宇宙人が幼馴染より、いい動きしているので、これでよし。
LD >> 『ミルキーモウ』しょーもないな〜(笑)(←嬉しそう)
LD >> さて、では一番を決めましょうか?
LD >> ジャンプ、『斉木楠雄』。
LD >> サンデー、『かのん100%』。
紙魚 >> ジャンプ明るい人
LD >> マガジン、『AKB49』。
GiGi >> ジャンプ「明るい人」?サンデー「BEBLUES」、マガジン「アゲイン」、チャンピオン「ひなのちゃん」かな?
紙魚 >> サンデー、ケンイチか
紙魚 >> マガジン アゲインかAKB49
LD >> チャンピオン、『泳げ!ひなのちゃん』。
紙魚 >> チャンピオン いきいきごんぼかひなのちゃん
LD >> 今回は、得票で『泳げ!ひなのちゃん』にしましょう。
LD >> それでは、今週もありがとうございました。お休みなさい。
GiGi >> おつかれさまですー
カルマ >> ジャンプ「明るい人」かな。サンデー「銀の匙」の家族の言葉が刺さった。マガジン「アゲイン」。チャンピオン「いきいきごんぼ」「ひなのちゃん」
カルマ >> おっと、ひなのちゃんですか。納得です。おつかれさまですー
紙魚 >> おつかれさまです
LD >> 【今週の一番】
LD >> 【今週の一番】チャットは3/20(土)24:00から開始します。


■■■■2013年03月31日■■■■
LD >> こんばんは。
紙魚 >> ここが10日前の世界か
LD >> ちょっとまだラジオしていますが…。
LD >> あ、しまった!(汗)
LD >> 今週はサンデーからですね。
紙魚 >> 今期アニメはまだサイコパスとカグラしか見終わってません
紙魚 >> っとロボティクスノーツもか
紙魚 >> サイコパスはシビラシステム下の世界がもともとディストピアってよべるほどの完成度でもなかったからあの締め方でもよかったのかなーと
LD >> とロボティクスノーツ、面白かったですけどw
カルマ >> こんばんはー。
LD >> フラウ・ボウになぜいかないw
LD >> サイコパスは、シビラシステムを壊さないのが味噌ですね。
LD >> 昔なら、壊していた。
LD >> 『ハヤテのごとく』、ヒナギクさん災難な表紙だ。
タスタイ >> 絶園のテンペストは最終回まで見ましたが、大満足でした。原作を見事にブラッシュアップした傑作ですね。
LD >> 『マギ』は…。
紙魚 >> ケンイチ弟子で人体実験なんてひどい!って言い切れるほど梁山泊でのケンイチの扱いがよくないのも事実
GiGi >> こんばんは
紙魚 >> マギはなんつーか最終的には「アルサーメンが悪い」って言える対象がいるからまおゆうとはまたちがうんとおもうんよね
GiGi >> ナギの漫画は普通につまらないところまでレベルが上がった
紙魚 >> まぁそれはそれとしてようやくケンイチVS達人だよ、かるくあしらわて終わりでしょうけど
タスタイ >> マギの戦争の結末はお茶にごしでしたね。突き詰めるだけの材料はあったと思うんですけどね
紙魚 >> BEBLUES 桜庭がかわいそうでならんのだがそう思わせるのは作者の思惑のうちなんだろうか?(´・ω・`)
LD >> う〜ん、もうちょっとラジオです。
LD >> 戻ってきます。
カルマ >> ナギの漫画はどんどんちゃんとつまんなくなってきましたねぇw>「ハヤテ」
カルマ >> 「BEBLUES」桜庭交代で龍ちゃん、これは桜庭沈みますねぇ…。 22Pのはずなのに龍ちゃんの活躍にはページ全然足りてないw
紙魚 >> 武勇伝 これが恋愛脳というやつか イサムくんの完璧っぷりは今後も落ちることはないんだろうな
タスタイ >> BE BLUES、まぁ龍ちゃんが入って桜庭を活かすプレーをしてみんなにも認められましたという展開が起きたとして、それで桜庭にとって良いのかと言われれば悩むんですけどね。
GiGi >> 満田先生最近ちはやふる見た説
LD >> 『かのん100%』がかなり良い話に…。
紙魚 >> 銀の匙 駒場の自分の牧場にこだわりたいってのはプライドともとれるが厳しい現実のあとでは若さゆえの潔癖と思えなくもない
GiGi >> 新連載の超推理モノは超推理してくれないとコナンとの差別化が
LD >> 『ムシブギョー』、由利鎌之介は、女なんでしょうか?
タスタイ >> 新連載はガリレオ系?
GiGi >> 駒場と御影の会話はディスコミニケーション感ありましたね。
タスタイ >> 銀の匙、自分のレールに乗れなかった駒場とレールに乗り始めた御影の間にはどうしても越えられない断絶がありますよね。いくら幼馴染といっても。
GiGi >> ハヤテの達人は究極生物の風格ですね
カルマ >> 「銀の匙」駒場そここだわってられないんじゃね?というのは僕も感じましたね。でもそれは、すぐに変わらなくてもいい部分なのかも。
LD >> 『ノベル』なかなかおもしろいですね。
GiGi >> ノベルは気になる作りですが「飼ってる」というキーワードはいまいちピンとこない気も
LD >> マガジン行きましょうか。
紙魚 >> AKB49がなかなか巧いエピソードの消化だったんじゃないかと
LD >> 『AKB49』は、かなりいい話でした。アンチ消す流れも、吉永の立ち位置もよい。…ただ、これで吉永いくのか?
GiGi >> AKB49はきっちりアンチを攻略していくルートですね
紙魚 >> 七つの大罪がなー、もう本当に一能力バトルにしていくようで
GiGi >> 君町が話の流れはいい話なのに絵ヅラがなかなかひどくて趣部会
紙魚 >> これ面白くやれてるうちはいいけど行き詰ったとき鈴木央先生ってそっからステージ変えられるほど器用ともおもってないんの
LD >> 『我妻さん』は、けっこう勝ちの流れというか、進展しすぎな気がする。
紙魚 >> 一能力バトルのメソッドってジョジョを挙げるまでもなく対人方向に偏在してるけど、鈴木先生は「モンスター出すよ」って明言してるしほんとどうすんのかな?
LD >> この回のアンチの攻略の仕方はけっこう気持ちよかったです。…ただ、吉永、“これ”はそんなギミックにならない気がするよ?と。
GiGi >> アホガール今週すごかった
紙魚 >> アホガールはなんか今週は感心する方向の面白さ
LD >> うん。我妻さん、半落ち……1/4落ちレベルにみえる。……ここから変につれない展開もやりづらいだろうし。
カルマ >> 「AKB49」はファン視点での読切が読めるみたいな幸福感があり
LD >> 『今日の女バレ』は、言葉攻めの『生徒会役員共』と違って、けっこう生でエロ描くので、その分エロいです。(?)
紙魚 >> 零「そんな鼻があってたまるか」
カルマ >> マガジン付録の「君のいる町」の絵見て、今こういう立ち位置の作品になってるの?と軽く混乱
GiGi >> そんな鼻福本漫画ではよくある
LD >> 『神さまの言うとおり弐』、チーム草食動物はよかった(笑)
LD >> ところで、この担当・T屋は、いつまで調子に乗っているんだ?(`・ω・´) (←褒めている)
GiGi >> 担当T屋が調子に乗っているあいだは注目していたい
LD >> 『アホガール』は、犬をダイナミック飼いならしでよかった。すごい安定しているマンガです。
LD >> (`・ω・´)然り >担当T屋が調子に乗っているあいだは注目していたい
GiGi >> 今のところ漫画本体よりも担当T屋のほうが面白いところがなんとしたものか
LD >> 『七つの大罪』は、バンの設定がすご過ぎないですかね?残り三人にバンクラスのキャラがいないとバランスが悪くなる気がするんですが…。
GiGi >> 今んとこ全員キャラが立ってるんでそこはあまり心配してないかも>残り3人
LD >> 『となりの山田さん』は相当よかったです。
LD >> 『七つの大罪』、ああ、いや、キャラ立ちは心配していないのですが、設定の多さですね。> 今んとこ全員キャラが立ってる 今のところバンが主人公といってもいいくらい、いろいろ設定が乗っかってますよね。
GiGi >> となりの山田さんは別マガで普通に連載しているのかな
LD >> そうみたいです。
LD >> チャンピオン行きましょう。
カルマ >> 「となりの山田さん」は山田さんの正体とかそういう方向に行かずに主人公が一生懸命なのは良かったですね
LD >> おお……太ったイカ娘は、それなりに衝撃だった。
LD >> このまま、山田さんの正体なんて分からないままで「だけど山田さんが好きだ!」って話に行って欲しいですね。>『となりの山田さん』
紙魚 >> バチバチ ブタフグのキャラクターは強靭だなぁ、、、ここが底だろうと思ってもさらに最低っぷりをみせつけてくれる 話を回せる悪だ
LD >> 『弱虫ペダル』、チームの編成を変えて行っていますね。
GiGi >> 今週はイカ娘は太るし春巻はイケメンだしいろいろと動揺した
GiGi >> あとドカベン期待通り予定通りだがやはり楽しい
LD >> 『囚人リク』は、田中が味方になればものすごい前進ですけど、リクやレノマの出る幕がなくなる気もします。そこをどうするか?
紙魚 >> ANGEL VOICE 松田君がチーム全員の役割を食っちまってるよ
紙魚 >> 囚人リク 田中が味方になれば脱獄ルートは鉄板だし麻薬のほう突き詰めてくのかな?
GiGi >> リクは一気に話を動かしてきましたね。レノマがどう動くかは注目です
紙魚 >> 頭のいいキャラを動かし続けるのは作者的にも大変そうだ>田中
紙魚 >> どうも今泉の株が下がりっぱなしなきがしてならん>ペダル
LD >> 『バチバチ』、大鵠、何もわざと負ける事ないのにと思ったけど、天雷には負けるとみたのか?
GiGi >> 「あの頃のおねえちゃんは」の変態はなかなかレベル高い変態だった
紙魚 >> いきいきごんぼ いいオチだった最近だと白眉な一話
カルマ >> ちょっと修行がたりないと思わせるタイプの変態だった>あの頃のおねえちゃん
GiGi >> ひなのちゃん2話目テンプレ感強いが絵は良い
GiGi >> シュガーレスどう落ち着けるかと思ったけれどもいいところに落ち着きましたね。あと2話
紙魚 >> ひなのちゃんテンポいいですね、泳ぎっぱなしじゃないか
LD >> 『浦安鉄筋家族』、キレイな春巻、めちゃめちゃおもしろかったですね。
タスタイ >> バチバチ、大鵠はこの自爆こそ天雷を面白く扱えると思ったんでしょうね
紙魚 >> バーサスアース この
紙魚 >> 楽勝ムードは二体同時侵攻の伏線に思えてならん
GiGi >> バーサスアースこのヒキは不穏ですね
紙魚 >> あまねあたためる あまねが何かするでもなく 登場人物が勝手に自己解決する漫画になっとる
LD >> 『いきいきごんぼ』、テクノが、カセイとリビドーの引率者だと思われているのは納得。
タスタイ >> バーサスアース、超ピンポイントでの敵の出現位置と出現時刻予測をしてやっとこれですからね。これが続くはずがない
カルマ >> 「バーサスアース」世間に組織名がオープンになったのは嫌な感じすねー。
LD >> 『バーサスアース』、これは複数来ますね。
LD >> 『シュガーレス』、終わりですね。チャンピオン、最近テーマ出し切ったら、そこで終わる連載多いな。その先を狙わないというか。これはこれでキレイなんですけど。
LD >> 『ミルキーモウ』……実は八谷先生の女の子は胸がちっちゃい方が好みかもしれない。(´・ω・`)
紙魚 >> ミルキーモウは作者も編集部も非常に割り切った感があって最古までコンスタントに読めた
LD >> ジャンプ行きましょうか。
紙魚 >> 「実は私は」みかんを可愛いと思うにはまだまだ長い年月を要する
LD >> む、4/21から『HxH』、キメラアント編はじまるか〜。そこ終わったら、一端最終回?オリジナルストーリー?
紙魚 >> 黒子のバスケ 赤司が見出したって言うからもっとガッツリかんでるのかとおもいきやほとんど黒子が自力で開眼してたようなもんだった
LD >> まあ、ぶっちゃけ、可愛くないですね。(`・ω・´)>みかん
紙魚 >> 「暗殺教室」松井先生らしさがよく出たいい展開だったかと
LD >> 『黒子のバスケ』、いい見上げですね。黒子が元からこういう選手じゃない事は分かり切っていた事なんで、じゃあどうやってその能力を手に入れたかの積み上げがよかった。
LD >> 『暗殺教室』は、殺す気という危険なワードを非常に上手く使っていますね。やる気の一段上の言葉というか。
紙魚 >> ONE PIECE  ワンピ−スって主人公たちがそこの町のいざこざに首をつっこんでいく水戸黄門形式なのでこうして敵がルフィ相手に待ち構えてるってなんか新鮮
LD >> 『食戟のソーマ』、このライバル、タクミくんは女でいいような……いや、むしろ女にしよう。あ…実食をした時に性別が分かるとか、これだ。
紙魚 >> ソーマはかませっぽいとうじょうだったのになんか普通にライバルなんすな
LD >> 『トリコ』、ああ、トミーロッド完全に死んだかあ…。
紙魚 >> それはそうとトリコがめちゃ話が進みまくりで面白い、フェス編はほんまおもろいな
カルマ >> 「暗殺教室」とても良かったです。やるなら殺す気でやらなきゃ、というのもいい
タスタイ >> ソーマ、学園もので実戦経験があるから強いというのはちょっと反則気味な気がしなくもない?
紙魚 >> グルメ界入り前に副料理長打破は大きいですねぇ、第三勢力の情報とジョアの影も出てきて満足度高い一龍会長がぼんくらとも思えないんで栗坊と光才老をあぶりだすためにわざと指名したのかな
LD >> 『ニセコイ』、この壊れたチョコは修復不可能だと思うけど…なんか上手くやる方法あるかな?
紙魚 >> そしてしれっと出てくるザウス
カルマ >> 「トリコ」トミーロッドちゃんと殺して来ましたねぇ。そして第三勢力に梅ちゃん配置と
タスタイ >> サニーの髪は相当人外ですよね。副料理長クラスを退場させるということは第三勢力の規模が予想以上に大きくてそちらにメインの敵が移るのかも
GiGi >> 黒子いい積み上げですね
紙魚 >> ニセコイ  なんで楽はチョコもらいたい候補が小野寺さんじゃないんだ、小野寺さん好きって設定ほんとどこいったねん
GiGi >> トミーロッドはサニーの血肉になったということで良いのだろうか
紙魚 >> 斉木 仲よくてよかった燃堂と海藤は「こいつならこうする」って共通認識与えるレベルにキャラが育ってる
カルマ >> 人肉がグルメ細胞に適合してフルコース作った奴とかいるんかな>血肉になった
紙魚 >> SKET DANCE 篠原先生のこういう話は無理があること多いけど今回はやたら完成度高かった
紙魚 >> キルコさんがどー見ても最終回
カルマ >> キルコさん終わりそうですねぇ
GiGi >> キルコさんはなんだかきれいにまとまりましたね。単行本の売上イマイチだったか
紙魚 >> ハングリージョーカーが「歴史には知られてない」エウレカ出しちゃったけどそれやったらもうなんでもありやん。(´・ω・`)
LD >> さて、では一番を決めましょうか?
紙魚 >> サンデーなし マガジンAKB49
LD >> サンデー『かのん100%』で。
LD >> マガジン、『AKB49』で。
LD >> チャンピオン、『浦安鉄筋家族』で。
紙魚 >> チャンピオン「リク」か「バーサスアース」 まぁどっちも面白かったというより話が動きそうだぞってとこで
紙魚 >> ジャンプ「トリコ」
LD >> ジャンプ、『黒子のバスケ』で。
カルマ >> サンデー…なし。マガジン「AKB49」チャンピオン「バチバチ」
GiGi >> サンデー「武勇伝」マガジン「アホガール」チャンピオン「浦安」ジャンプ「黒子」かな
LD >> 今週の候補、『AKB49』、『浦安鉄筋家族』、『バーサスアース』、『黒子のバスケ』のどれか。
カルマ >> ジャンプ「黒子」かな
タスタイ >> ケンイチ、ダイヤのA、リク、トリコ
GiGi >> 浦安推しだが、バーサスアースも確かに良かった
LD >> 今週は、『黒子のバスケ』にしましょうか。水を得た魚のように、さらっとその領域に達している所が好きですね。もっとドラマチックに上げる事もできたんでしょうけど、さらっとしている所が。
紙魚 >> 黒子かぁいや異論はないけどまだ溜めてる印象のほうが強い
紙魚 >> おつかれさまです
カルマ >> お疲れ様でしたー
LD >> それでは『黒子のバスケ』にします。
LD >> それでは、今週もありがとうございました。お休みなさい。
GiGi >> おやすー
タスタイ >> おやすみなさい


■■■■2013年04月07日■■■■
LD >> |ω・`)
LD >> こんばんは。
LD >> けっこう、すごい雨です。
GiGi >> 川崎ヤバイですね
GiGi >> 春アニメはまだほとんどチェックしてないのですが、惡の華はなかなか攻めてきてますね
LD >> こんばんは。
カルマ >> こんばんはー。
LD >> まだ、冬アニメ消化中です。
カルマ >> 前期アニメでは0048最終回が素晴らしかったですね。最終回だけなら一番かも
LD >> な〜んか、今週、木曜くらいの暴風が並じゃなかったのよね。
LD >> 『ヤマト2199』を気にしています。
LD >> さて、では今週はどこからでしょうか。
LD >> マガジンからですね。
LD >> 『はじめの一歩』、いよいよ世界二位と対戦ですか。
GiGi >> ここで宮田が出てくるのはどういう流れなんでしょうねー
LD >> アルフレド・ゴンザレス……これまでの相手とくらべて、普通っぽい所が……どうなんでしょう?
タスタイ >> こんばんは
GiGi >> 読切「砂人の皇」マガジンでこういう連載準備読み切りは珍しいですね。よくできていましたが
LD >> 『山田くんと7人の魔女』は、七人目の魔女探しか…。
LD >> こんばんはです。
LD >> 『六番目の小夜子』っぽいような……そうでもないような……そんな感じ?
GiGi >> 7人の魔女はこれだけ謎な設定を積み上げながら世界の謎的な方向にいかないのはある意味すごい
LD >> 今週の『アホガール』は勢いがあった。
GiGi >> アホガール絶好調ですねー
LD >> 『賭博覇王伝零』、喜十郎ステージ、まだ続いています。
LD >> 『アホガール』は、ワンジョブでけっこう突っ走れるという可能性のうんたらかんたら。
紙魚 >> こんばんは
紙魚 >> まだ冬アニメ見終わってないし今期も見てないのに最初しかみてなかった旋風の用心棒見てます
紙魚 >> そもそも7人の魔女でいうところの世界とはどこらへんまでのことをいうのか
GiGi >> 覇王伝零と言えば、近代麻雀のアカギがかなりアレなことになってますな
GiGi >> 7人の魔女って先生って出てきてたっけそういえば
LD >> 読切『砂人の皇』、なかなか面白いですね。ただ、国作りって今多分、難しいんだよな。
LD >> 『旋風の用心棒』って、かなり昔な深夜アニメじゃないですか?w
タスタイ >> 零、いまだに喜十郎の手のひらの上と考えると既にラスボス感すら出ている
LD >> 『七つの大罪』、バンの能力、不死身の上に強奪って、主人公クラス……いや、この能力は主人公っぽくはないのか。ライバル属性的?
紙魚 >> アゲイン、まだどう転がすのかわからんから判断は保留だけど今村くんとヒロくんの内向きのゴタゴタがすごく面白かったんでここで外圧くるかーって感じです
LD >> 「もう、全部、喜十郎一人でいいんじゃないかな」
紙魚 >> 「砂人の皇」ファンタジーに最近寛容なのは進撃の巨人が当たったから?
紙魚 >> レッドガーデンと並ぶ途中で見るのやめちゃったけどこれなんだったの?って作品だったので>旋風の用心棒
紙魚 >> っていうかこのレベルの掘り下げって全員揃ってからじゃない?っていう 仲間ポジションで今これやると旅をする理由戦う理由の重みがバン一強なんですよね
LD >> 『我妻さん』けっこう居た堪れない。しかし、携帯はゲットか。……これくらいか?
タスタイ >> 七つの大罪、聖騎士のレベルがあまりにも上がりすぎてる感があるんですけど、バランスどうなるのか
GiGi >> ギーラ戦が終わったあとまた別行動になりそうな感はありますね>バン
LD >> その心配は僕も持っているのですが……>理由の重みがバン一強 まあ、何か、いい意味で、どうでもいいか?という気がしないでもない。
LD >> 『神さまの言うとおり』、登場人物になんか変な顔の人がいるので、鬼が人外っぽくないですよね。
LD >> 『君のいる町』、鈴香ネタ、よそにキター!
紙魚 >> マックミラン 意外と野球という題材は4コマで十分なのか?と思えた
LD >> というか、もう〜、なんていうのかな……清美の扱いの軽さは、悲しくなってくるさ?そういうモンちゃ、そういうモンかもしれないけど。
紙魚 >> AKB49 今更だけど体の張り方がアイドルとかそういうレベルを逸脱しまくってる
紙魚 >> しかし推しメンじゃないとこうも邪険になるものなのか
GiGi >> タカラの膳はちょっとフラストレーションたまる組立てですね
LD >> 『AKB49』のこのアンチ減らして行く展開、いいですね。素晴らしいです。ファンの心をつかむアクションが単純化されているのがいいのかな?ふむ。
紙魚 >> アンチが組織化されてたら一人一人籠絡していって残ったリーダーとタイマンの殴り合いをしてるところだ
LD >> 『タカラの膳』は、カレーが美味しそうに見えた……が、地味ですね。この流れでどこまで持っていけるか。
LD >> 『A−BOUT』が、最終回のような盛り上がりを見せているのですが…!最終回ではないのでしょうね。
GiGi >> ライバルの格を落とさないためにわざと決着つけずに進めてるんですよね。やりたいことはわかるが、気持ちよくはない
LD >> チャンピオン行きましょうか。
紙魚 >> 浦安のパロディは高度すぎてまったく伝わらない
GiGi >> 水島先生手癖で書いてるだけなのにドカベンくっそ楽しいわ
LD >> 『バチバチ』、王虎vs天雷は、現在の物語中、頂上決戦のはず。愉しみです。
紙魚 >> そろそろ幕内をですね、、、
GiGi >> むろみさんはまあ無難な感じのアニメ化
GiGi >> ちょっと幕下だけでキャラ多すぎな気はしますね>バチバチ
GiGi >> 佐々木麗乃真18歳
LD >> 『弱虫ペダル』、鳴子くんがキャラクター的にオールラウンダーに向いているのはわかる。……オールラウンダーというよりムードメーカー的に。しかし、それはチーム全体としては……どうなんだろう。
紙魚 >> 煽り文にはうなりたくなるものがある>佐々木麗乃真18歳
LD >> 『バチバチ』、王虎と天雷と鮫島と…あと一人くらい。それくらいしか、幕内に上がれなければ大体バランスとれます。天雷落としてもいいですね。>幕下だけでキャラ多すぎ
紙魚 >> 前回のインハイの準備期間が急ぎすぎだったというのもあるがそれと比べると各キャラに対応して事前に因縁あるキャラを増やしていくつもりなんだなと
GiGi >> この一文だけで一気に状況の意味が変わりましたね>18歳
LD >> GiGiさんが、言っていた『浦安鉄筋家族』が妙に調子よい感じが分かった気がする。
カルマ >> ()
カルマ >> (やっと今週分読めた)
LD >> 『いきいきごんぼ』が、『我妻さん』シンクロ的に(?)居た堪れない感じでしたが、『いきいき』の方が5倍くらいつらかったです。
LD >> 『囚人リク』は、レノマ、乙女ですね。(`・ω・´) これはもうリクが抱いてやるしかないな。
カルマ >> 「囚人リク」レノマが子供の側だというのを気付かされて良いです
紙魚 >> 枷井回無いよーって言ってたら来たわ、しかしバチバチすきすぎるだろう
GiGi >> 年齢的にも子供だし、世界のことを何も知らないという意味でも子供なんですよね。そして田中一郎は大人側の人間であるという
カルマ >> 「いきいきごんぼ」のバチバチパロはクソワロタ
紙魚 >> バーサスアース 深柱との対話が可能か?って以前に地球サイドの人類投入か、吉と出るか凶と出るか、、、
紙魚 >> シュガーレス これはどうなんだろう シャケっていう神格化されたキャラを倒す絵が最後の最後まで作者の中に浮かんでこなかったと思えばいいんだろうか?
LD >> 『泳げ!ひなのちゃん』は、まだこのスポーツの面白さのようなものを見せてもらっていない。いや、その面白さがリアルなものである必要はないんだけど、ともかくどういうギミックを載せるのか?
紙魚 >> ダツが伏線だったら本気で感心しちゃう>ひなのちゃん
LD >> 『シュガーレス』は、何かに届くという物語が、椎葉岳の物語ではないという事なんでしょうね。
紙魚 >> あぁそうか岳がみるものは遠くなきゃ駄目なのか
紙魚 >> マーニー、正直マンネリだぞ若い頃大恋愛した老人の話は
紙魚 >> 実話だからBJが手を出したらアカンよね?ってことなのかしら?>ブラックジャック
LD >> ジャンプ行きましょうか。
GiGi >> 石坂啓版BJは正直ちょっとコメントしづらい
紙魚 >> あまねとあの頃のお姉ちゃんでいまのチャンピオンのおっぱい事情がわかる
カルマ >> (関西で進撃の巨人がはじまってしまい)
紙魚 >> ワンピ、あれ?ひょっとしてこの踊り子さんが藤虎かな?

MANKEN CHAT(1.1)