漫研チャット
名前:
発言:
[正面] [取扱] [過去ログ]


■■■■2013年08月25日■■■■
GiGi >> ケンイチもなかなか大きく状況動かしてきました
LD >> もともと、『神のみ』がはじまった時、僕らの間では「この物語(主人公)はリアルに屈するか否か?」という問いがあって、すぐに「多分、そうではないだろう」という答えを出した。その問題が今、現出していますね。
LD >> 今の展開は桂馬はリアルのリアリズムに打ちのめされて、もう動けなくなってしまったと見える。……まあ、さらに「読め」ば、ここで挫けるって事は立ち上がる事を意味しているのですが、問題はその立ち上がり方。
タスタイ >> 神のみ、桂馬に対して物語がそうとうに容赦ないですね。ミクロ的にもマクロ的にもプレッシャーが増している
GiGi >> 桂馬がこのゲームに飽きてきたのと読者が今のエピソードに飽きてきてるのとのシンクロしているような気も
LD >> 『神のみぞ知るセカイ』→やっぱり現実(リアル)とちゃんと向き合わなきゃ→攻略した女の子たちとちゃんと向きあえば、極めてオーソドックスに立ち上がれる。しかし、この『物語』は本当にそれでいいのか?という話を、連載がはじまった時からして来た。
LD >> 嫌なことを言うな〜!(`・ω・´)=○)´A`)>読者が今のエピソードに飽きてきてる
GiGi >> ところで超推理が意外と面白いのではないかと思い始めている今日この頃
GiGi >> 意図したかどうかはともかく、出口の見えない徒労感を桂馬が感じていることには共感を覚えますね
LD >> 『神のみぞ知るセカイ』→しかし、ゲームセカイ脳の解決では読者が安心できないかもしれない。あるいは第三の解決法か……ぱっとは思いつきませんが。(あと、力技)
LD >> 『神のみぞ知るセカイ』→単純に「やっぱりリアルがいい」とすると、桂馬はリアルという最も複雑で難しいゲームから目をそらして、イージーモードのゲームをやっていた少年になってしまう。そこはそうじゃないだろうと。…ではなくゲームやりまくりでもセカイに手がとどくという物語ではないのか。→しかし、後者をそのままやっても受け手を不安にさせるのではないかという見立てはある。じゃあ、どうするの?どこに行くの?というのが注目点になる。
LD >> 出口みえないですよねえ(汗)これだけ長引くと、ちょっと大仕掛けを求める心境が出てきます。>出口の見えない徒労感を桂馬が感じていることには共感を覚えますね
GiGi >> ちひろと歩の登場が引き金になったという描写も良いですよね
LD >> 『ノベル』…なんだろ?多重人格バトルというか、なんというか。子役社会って恐いねっていうか…。
タスタイ >> 正直、今更天理の格を上げようとしても遅すぎるのではないかというのが最大の懸念点
LD >> 『ムシブギョー』、次号、紀州編完結だろそうですが…。そこで新しいのが出てきましたね。物語の全体像を観せてもらえるのかな?
GiGi >> ムシブギョーはこのまま最終決戦しそうな勢いですが
LD >> ああ、天理は幼馴染子というジョーカー持っているのですが…過去編やると幼馴染子の特性が半減する可能性がありますね。昔の設定が確定するので。
GiGi >> 月光条例もまあ終わる終わるいって1年くらいやってる気もするな
LD >> ちなみに『超推脳KEI』は、なんとも言えない味がありますね。なんというかハッタリが効いている。
タスタイ >> ムシブギョーのインフレ具合もかなりのものですね。敵が物理的に大きくなりすぎると個人の武力でどうにかするのがウソっぽくなってしまうので最後に人型になったのには安心しましたが。
LD >> 『境界のRINNE』で流しそうめんネタをやっていましたが、ニコニコ技術部で流しそうめんネタが好きなので、よかったです。(`・ω・´)
LD >> 難しいですね。意志の通じない怪獣相手の方が仁兵衛のキャラ性、ひいては『ムシブギョー』の物語は映えると思うのですが、蟲奉行様の設定も必要ですしね。少なくとも真田くらいの話の通じなさは必要だと思う。
タスタイ >> KEIは主人公の脳がスパコンという設定のせいかオカルトじみた話が妙に合う
LD >> さて、『國崎出雲の事情』が、ちょっとすごい流れになっていますね。今までも伏線というか線路は観えていましたが。
LD >> 言い得て妙ですね(笑)> KEIは主人公の脳がスパコンという設定のせいかオカルトじみた話が妙に合う 何か胡散臭いんですよね(笑)絶妙に(笑)
カルマ >> こんばんは。アニサマ上京で全然読めてないので今週は欠席で。ギャバンとかガルパンOPとかエウレカOPとかフォーゼとか、サプライズ含め貴重な生歌聴けてます。
LD >> 『超推脳KEI』、なんか仮説とか言って、あんまり断定しないのが、さらに何かこう…オカルト的というか。断定できないのに当たる、という現象が逆に胡散臭いというか(笑)
LD >> 『BE BLUES』、うん、まあこれはやる気になる。(`・ω・´)
LD >> 『ハヤテのごとく!』も、出口がみえない?いや、見えてるけど…う〜ん(´・ω・`)
GiGi >> 國崎出雲は作者が趣味でやってただけのBL要素が主人公が女性性に目覚めてガチになってきたという
LD >> マガジンいきましょうか。
LD >> 『君のいる町』、うん、もうあれだ。鈴香のできちゃった婚問題にもケリつけたし、な。うん。(`・ω・´)
GiGi >> 瀬尾先生も巻頭カラーでこんな話しかけて本望だろう
GiGi >> 聲の形は本当にディテール掘り下げに来てるのう
LD >> 『七つの大罪』、キング強すぎじゃないですか?今回だけ見ると、バン=メリオダス<ギーラ=ジェリコ<<<<キングに見える。
GiGi >> 今回バンの特性封じられたりしてるんで、相性の善し悪しを出してくるのかもですね
LD >> 『聲の形』、細かく掘り下げていますが、連載でそれすると気持ち的にきつくなってくる気もしますが大丈夫かな。面白いですが。
LD >> 『ベイビーステップ』、当たり前のように難波江が勝ってた。そして、なっちゃんが勝ってた。…まあ、普通に考えるとエーちゃんもこのままプロへのチャレンジを続行だけど……さて。
GiGi >> 放送事故の浦川みのりって二つ名はかっこいい
GiGi >> ベビステえーちゃんの決意と寂寥が出ててよいですね
LD >> 『アホガール』は、風紀委員長は人気だろう。アホな上に、よし子よりもドラマがあるからな。(`・ω・´)……よし子ピンチ!
タスタイ >> バンとメリオダスは素手であることを考えれば分かるんですが、ギーラたちの装備がキングに劣っていないぽいのでキングは強いみたいですね。出自を考えれば隔絶した力をもっていてもおかしくないですが。
LD >> か、かっこいいのか…(`・ω・´;)>放送事故の浦川みのり
タスタイ >> べビステ、エーちゃん以外にとってもこの大会は通過点のひとつであり、その先に目が向いてますからね。これくらいのあっさりさでいいと思います。
LD >> っていうか、浦山くん、アリスの前ではカツラとってるんね。
LD >> ところであの落語師匠はなんで吉永をいじめたのん?
GiGi >> アゲインは団長がフリーダムすぎてすごい
GiGi >> 三枝師匠は深夜番組降りたいだけなんじゃないかと
LD >> 『アクマゲーム』、良いですね。すごい頭脳戦をしているように見える。
LD >> 『アゲイン』、団長がフリーダムなのはいいけど、どこへ向かっているんだ(笑)
LD >> 『アゲイン』、団長どこへ行く?って、落ちる時の画からしてなんかおかしいから。 http://twitpic.com/da39pv
LD >> 『はじめの一歩』、板垣負けたけど、今まで勝ち過ぎだったというか一歩と噛み合わせないための方策なのかなあ…。
LD >> 三枝じゃねえし。
LD >> 『マン・オブ・スティール』って、どんな感じのスーパーマンになるの?
LD >> チャンピオン行きましょうか。
紙魚 >> トライガン劇場版見てた
紙魚 >> しかしなぜ髪色まで再現してしまうのか>舞台弱虫ペダル
GiGi >> マン・オブ・スティールは予告を見た限りではスーパーマンがスーパーマンになるまでの物語という印象ですね。
紙魚 >> 雨天決行はこの再契約の儀を積みもタメも無しにやるから余計短期連載っぽくみえてしまうのだな
GiGi >> 雨天決行これは人気あると見てよいのだろうか
GiGi >> バチバチは王虎にミソがついた形ですがどうなるか
紙魚 >> 777チェリーの二重人格像が日常生活蝕むレベルでしたね
LD >> 『実は私は』、ハンバーガーの話だけで終ってしまった。『ニセコイ』並みの燃費の良さだ。
GiGi >> 花子さんなんかすごい巨乳の子が出てきた
GiGi >> あーニセコイ連想したの自分だけじゃなかった>実は私は
紙魚 >> ミソついたというかこれで王虎もマスコミ相手のキャラ路線を変更かな
LD >> 『実は私は』、しかし、みかんにしゃべるメガネ、けっこう上手く回りそうですね。良い傾向です。
GiGi >> 新餓狼伝舞台を明治にした意味のある話になった
紙魚 >> ヒキ見る限りじゃ格闘じゃ勝てそうもない、修羅の門でも無理めなレベル>餓狼伝
LD >> 『雨天決行』、この再契約の速さはよかったと思うというか、今、トレンド的にあまり前の契約長くするのよくない所があるように思います。
GiGi >> しかしANGELVOICEやばい
GiGi >> マーニーはメカニック絡みはだいたいいまいち
LD >> コ、コンデ・コマと闘った時も明治の意味あるし(震え声)
LD >> う〜ん、『777』いいなあ。リアル・ヒーローじゃなくって、リアリズム・ヒーロー?じゃなくって自警団?
紙魚 >> バーサスアース ハルト君がシンジからアムロに
LD >> 『バチバチ』は、王虎のキャラ路線変更は僕も思いました。というか、ここから悪役路線というか、いつまでも仮面かぶったライバルってのもステージがあがるとよくないでしょう。高見を目指すライバルとしては。…そのまま仮面で行っても面白そうですけどね
紙魚 >> ペパブレなんか申し訳程度にギャグ挟んでる感じがして見ててツライ
LD >> 『3LDKの花子さん』は人間の女の子出ましたが…なぜ花子さんだけダメなのか?(´・ω・`)
紙魚 >> これ花子さん女の子じゃなかったらすごく巧い回りかたしたかもなんてこと考える
LD >> 『ペーパーブレイバー』、まあ、とにかく勇者がレベル1のままじゃマズイフェーズに入りましたね。次のエピから真面目にレベル上げするのか。
タスタイ >> 雨天決行、割とあっさりゾンビ全滅とか再契約の速度とか非常にわかりやすい序盤回ですね。
GiGi >> 佐渡川先生は残念でした
LD >> ちょっと事情も分からず、言葉もありませんが。
LD >> では一番を決めましょうか。
LD >> サンデー、『神のみぞ知るセカイ』?ちがうな。『國崎出雲の事情』ですね。
LD >> マガジン、『聲の形』でしょうか。クオリティが高いですね。
紙魚 >> サンデー國崎出雲
GiGi >> サンデーは神のみか國崎出雲ですね
紙魚 >> マガジン、聲の形
LD >> チャンピオン、『777』でしょうか。
GiGi >> マガジンは七つの大罪かな
紙魚 >> チャンピオンバチバチ
GiGi >> チャンピオンはANGELVOICE
LD >> 『國崎出雲』か『聲の形』のようですね。
LD >> 今週は『國崎出雲の事情』にしましょう。
紙魚 >> 國崎出雲かな〜今の展開以上を求めるなら完全にステージ変えないと駄目でしょう
LD >> それでは、今週もありがとうございました。お休みなさい。
紙魚 >> おやすみなさい
LD >> 『國崎出雲の事情』、この展開、正直、期待が高まりますね。なかなか見れない地平が見れるかもしれない。
LD >> それでは。
GiGi >> おやすみなさいー


■■■■2013年09月01日■■■■
LD >> こんばんは。
LD >> こんばん。
LD >> わ。
シミ >> こんばんはー
LD >> ばんばー。
シミ >> 消化のため犬とハサミは使いよう一話から5話まで見てます、なんか妙に音楽に緊張感がある
GiGi >> 今週の一番はUQホルダーということで
LD >> 『クラウズ』最新話みている。
GiGi >> クラウズは安定ですね
LD >> 今週はジャンプからでしょうか。
カルマ >> こんばんはー。先ほど「亡国のアキト」第二章先行上映観てきました。面白かったけど続きが気になりすぎる(一章の時も同じ感想であった)
シミ >> そんなペースなのか>第二章  ガンダムユニコーンも見てないけど
GiGi >> 今日は鋼の男スーパーマンを見てきました
LD >> 『幻影ヲ駆ケル太陽』とか『超次元ゲイムネプテューヌ』観たいんですが、まだ。
GiGi >> ネプテューヌはまあ
LD >> 『マン・オブ・スティール』どうでした?
シミ >> 「黒子のバスケ」とても邪悪な感じが出てていい見せ方だったかと
カルマ >> 春の予定だったんですけど半年ずれて、3章は見間違いで無ければ来春と書いてあったはずw
カルマ >> >亡国のアキト
シミ >> ネプテューヌ ゲーム二作目だけやったけどまだアニメ見とらんなぁそういえば
LD >> さて、一番はじめましょうか?
GiGi >> マン・オブ・スティールはとても良い出来でしたね。後半のドラゴンボールバトルがちょっと長すぎてつかれますがw
GiGi >> 黒子のバスケは嫌な話をずーっと続けますねえ
シミ >> ソーマ、「A5肉の出番だな」のニクミさん可愛すぎだろJK
LD >> 『黒子のバスケ』は、分かりやすかったですね。
シミ >> 急に赤司が嫌な奴になりすぎな気がして「うちの黒子に近づかないでもらおうか」的なやおい臭を私でも感じた以上本職の腐女子さんは大変なことになってるはず>嫌な話をずーっと続けますねえ
シミ >> しかし旨さの弓矢が飛んでくるみてぇだというリアクションの前ふりで全裸になる理由って何だよ(´・ω・`)
シミ >> >ソーマ
GiGi >> 身も心も無防備になるということでは>全裸
シミ >> ニセコイ、ニセコイなんだからボールにも当然当たるし、当たったからには当然記憶喪失にだってなるよそりゃあ
GiGi >> ニセコイですねえ
シミ >> ボール飛んできたコマの時点で記憶無くすなこれはと思った
LD >> 『黒子のバスケ』、キセキの世代をかなり酷く描きましたが、黒子の落ち込みとして良い域まで行っていると思います。
LD >> 『暗殺教室』は、岡島がやけにカッコよかった。
カルマ >> 圧倒的ニセコイ展開でしたねw
LD >> 『暗殺教室』、ラストのコマに出てる動物はなに?カワウソ?イタチ?
シミ >> ひめドル、あぁ正直私まだこの「学園」って舞台に収めたことにまだ利点が見いだせない、少なくとも毎回不良というかクズを出して回すのはどうなんだ
LD >> 『食戟のソーマ』、にくみはもう、なんかヒロインなのですね?(`・ω・´)
GiGi >> カワウソですね
GiGi >> というか柱に書いてありますbねw>カワウソ
シミ >> 読み切りですけど この主人公が小関くんを鍛えて小関が男を見せる場面作ったりするんだろうなとか思ったんですが全然そんなこと無かった
シミ >> 途中までそんな感じの話の組み方にしか見えなかったんですが>読み切り
GiGi >> 連載だとそういう組み方はありそうですね。これはこれで真っ直ぐでまとまった良い読みきりだったかと>相撲
LD >> 『ニセコイ』相関図は……よいな!(`・ω・´) これだけで幸せになってくるぞ!
シミ >> クロクロクがなんかすげー面白かった訳なんですけど、掛け合いマンガとして銀魂の後がま狙えるんじゃない?と思うほどに
LD >> あ、ホントだ。>カワウソ
シミ >> これ連載前に貯めたギャグに活かせるストック全部使いきったんじゃないかと思うほどに>クロクロク
シミ >> いやほんとなんでか今週すごい好き>クロクロク
GiGi >> ハイキュー新マネもかわいい
GiGi >> クロクロクはネタの物量つぎ込んできたのはふんばりどころですね。これが続けられるなら人気でそう
シミ >> 恋愛要員だったりするのん?>ハイキュー(´・ω・`
LD >> 『ひめドル』は……う〜ん、どうなんでしょう?ちょっと展開が遅いか?
カルマ >> 「クロクロク」順調だと思います。今週はどちらかというと世界観の広がりをがっと見せたような印象
GiGi >> べるぜこの展開をなぜ予想できなかったのか
GiGi >> ひめドルはルールが多すぎるのがちょっと気になりますね
シミ >> 姫川さんのもはや球磨川レベルに達するほどのおいしいどこ食いっぷり
LD >> 『クロクロク』は、ボリュームありましたね。
LD >> 『ハイキュー』の新マネは、恋愛要員とか以前に、清水さんを動かすための要員じゃないかと思っている。
LD >> 『べるぜバブ』、ひ、姫川ぁぁぁあああああ!!美味しすぎだろうがぁ!!
シミ >> スモーキーBB ほんとどうしてこのキャラ付けなのに主人公を凄いって思える展開を外していくんだろう?(´・ω・`
カルマ >> 姫川さん絶対やるとは思ってたけどまー素晴らしいw
LD >> サンデー行きましょうか。
シミ >> ムシブギョーさまが正当派ヒロインすぎて無涯さんが嫉妬しちゃうレベル
シミ >> モルさんがヒーロー過ぎるタイミングでアリババ君が霞んじゃうレベル
LD >> 『ムシブギョー』、こいつがボスキャラでしょうか?あと、真田は復帰?
LD >> 『ムシブギョー』、もう蟲奉行様がヒロインで確定っすか!?(`・ω・´)
シミ >> なにげに師匠である藤田せんせーと同じことやってんだぜ。つまりムシブギョーさまは電池
LD >> 『BE BLUES』、江藤さんのサッカー知らない翻訳がなんかよいね(笑)
シミ >> っていうのは冗談として常世の虫が月島をムシブギョーさまの側にいる”男”として見てない感じにオオイミ王の月光に対する態度と同じモノを感じた
LD >> ああ、あいつはオオイミ王ですか。
カルマ >> 「ムシブギョー」以前仁兵衛が見た記憶とも一致するのでボスでしょうねぇhttp://ja.wikipedia.org/wiki/常世神
シミ >> 語学力も重要だけどもう少し広く浅く知識もってないと通訳は務まらぬ
LD >> 『国士無双』、この紅の豚、ひっぱるなあ……。
シミ >> まぁこっちの方がオオイミより段違いで実力も格も感じましたが>ムシブギョー
LD >> 『神のみぞ知るセカイ』、なんかねえ…図書子の顔が丸くなったような……名をつけるなら優希現象?(´・ω・`)
GiGi >> 国士無双はなんだか外の世界の話でなくしばらくこの中で戦う話を続けるっぽい?
シミ >> 最上の明医、いや、、、え?裸の男女4人で寝るとかもうそれがアリなら関係性完結しちゃってるだろ、10年たっても同じことやってるとしか思えないぞ(´・ω・` ;
GiGi >> モルさん帰還に「全世界が待っていた」という煽りは間違ってないけど言い過ぎ感w
LD >> 『マギ』、モルジアナはやっぱりカッコいいなあ…。
LD >> 『銀の匙』……何か八軒くん、考えてる?まだ、諦めてない?
カルマ >> 八軒くんまだ諦めてないですねぇ…
LD >> 『最上の明医』は、うん、まあなんだその……。
LD >> マガジン行きましょうか。
LD >> 赤松健先生の『UQホルダー』、面白かったです。
LD >> 『UQホルダー』、主人公が不老不死になったワケですけど、冒頭の画で「ろくでもないものになった者達」と言っているのが気になりました。他にもなる者がいるのか。
GiGi >> 最上のメイイは乳首券使い放題ですなー
GiGi >> 複数形ですね。不死者はこれからも出てくると考えて問題ないでしょう
LD >> 『ネギま!』で、時間をかけて世界を変える物語を編んだので、次は不死なる者の視点からクロニクルを編もうとしているように見えますね。
GiGi >> 見開きで並んでいるキャラの中に刀太の仲間たちの全員がいるようには見えない(少なくとも肉丸はいないっぽい)のもポイントですね
カルマ >> 不死者になることを選択するのかどうかでもドラマが生まれますしね>全員いない
GiGi >> 今が2086年なので超のいる時代まででも60年は過ごさないとならない
LD >> 大人になったエヴァンジェリンが、なんか良かったです。なにか……新しかった。これはイケる!という感じ。
GiGi >> 新しいですね。ネギまという「歴史」をバックボーンに持っているからこそ、ずっと先まで行ける予感があります
LD >> 『七つの大罪』、お姉さんいい人ですよね。なんか普通に。
GiGi >> UQホルダーは1話でこれがどういう物語なのかを語りきっていて、おそらくはネギま!とのリンクもこの1話が一番強いくらいなんだろうなと思っている
GiGi >> わりとこう、聖騎士側が一枚岩ではないとかいろいろ手管使ってくるのは悪くない感
LD >> 『聲の形』は、かなり良いバランスで話を進めている気がします。快不快の話をしているので個人差が大きい気もしますが。
GiGi >> アゲインこれはどういう顔をすればいいの
GiGi >> ACMAGAMEはイカサマ上等でやってくれると緊迫感あってよいですね
カルマ >> 「聲の形」はこれ一本で単行本にするために構成しなおしたんだなぁと
シミ >> UQホルダー よかったですね 僕は続編っていうより CLAMP的世界観の共有ぐらいのサジ加減になるんじゃと思ってるんですが
カルマ >> 「UQホルダー」は単体としても話が十分成立しているのが本当に素晴らしい。それでいてネギま!で作り上げた世界観を最大限に活用してるし
シミ >> イカサマはいいとして印のつけかたが大雑把すぎないか、、、まぁ一回しか通じないならそれでいいけど
LD >> 『アゲイン』、いったいなんだろうこれ……と思ったのですが、これは団長、フラグ立った?
GiGi >> 来週70年後の未来をストレートに描くことになるわけで、赤松先生がどんな絵を持ってくるかとても楽しみです
シミ >> 七つの大罪は現時点で聖騎士という組織に魅力というか興味を引く要素がなさ過ぎるのでここから全体像にメス入るとすごくいい
GiGi >> 1話は油断して読めるように田舎を舞台にしてコンビニとか学校とか今と地続きの絵をメインに据えてるんだけど、さり気なくパトカーが空飛んでたりするw
LD >> 『アクマゲーム』、こういう裏を読んだそれを読んで裏をかくという展開形態は予想していましたが、それを淀みなく、成る程という感じにこなしているのは、すごい上手いです。
シミ >> AKB49 もう男の娘でいいじゃない大阪ならきっと許してくれるさ、一人ぐらいそんな属性がいても
LD >> 『ベイビーステップ』、こういう負けて魘されるというのは、エーちゃんはじめての経験かもしれない。
LD >> いや〜、男とバレた時の事を終わるネタにとっているはずなので、そうもいかず…。
GiGi >> ベビステの自分では整理をつけてるつもりで付けられてない描写うまいですね
LD >> チャンピオン行きましょうか。
シミ >> ウチコミ ここまで握力アピール重ねられるとそれはもう伏線って言わないw
LD >> 新連載の『ウチコミ』は主人公、さりげに努力して能力高い描写がそこかしこにあってなんかニヤリとくる。
シミ >> さりげなくないない(´・ω・`)>さりげに
GiGi >> ウチコミ主人公のポテンシャル高さアピールは十分なんで、早めに実戦に入って欲しいですね
GiGi >> 弱ペダ一年のかませ感
シミ >> ヒロインも可愛かったですな、別にいまんとこ柔道関連でもないのでマネージャーになるぐらいしか接点づくり見いだせませんが
GiGi >> バカな…シジマとシャカが別人だと…
シミ >> 小野田くんの謙遜はもう完全に読者の感覚とかけ離れちゃってるから調整欲しい
GiGi >> 雨天決行にまさかの夜行さん登場
シミ >> 777ふきだし内の台詞のフォントいじりで恐怖感増すのは不安の種から学んだか小沢先生
LD >> 『侵略イカ娘』、このイカ娘の靴を履いちゃった事件……何かの伏線なんでしょうか?
カルマ >> そういえば「AKB49」TVが台本ガチガチっていうの関西は特に当てはまらないので関西でそういう描写があるのすごい違和感
LD >> 『777』、二重人格君もいい暴れ場所をみつけた感じですね。
カルマ >> 「雨天決行」この夜行は別の夜行なんでしょうけどテンション上がる
LD >> 『ペパブレ』、何がガンナーの気に触ったのでしょう?
シミ >> 雨天決行 まさかのクロスオーバー最後のコマの夜行さんの容姿含めて永井豪を連想したのは私だけでしょうか
シミ >> これは雨天決行というより鬼さんこちらへの評価とダブってしまうが鬼さんこちらってあれ壮大なエピローグに見えたんですよね、だからここでこういうの持ってこられると震えざるを得ない
GiGi >> 村一つ全滅しちゃってるんでこれ人間社会的にニュースとしてどう扱われるのかもなかなかドキドキです>雨天決行
LD >> 『バチバチ』、白水さん、勝っちまった。先輩リスペクトすげえ。そして、これで王虎ともう一戦する可能性が生まれる展開がすげえ。
カルマ >> 「バチバチ」これで鯉太郎優勝の目が出てくるのかーというのが凄いですね
シミ >> ここでウンギョウさんのこと持ってくるのは綺麗な流れすぎて作者も取り組み中にハッと思いついたんじゃないだろうかと思えるレベル>バチバチ
GiGi >> バーサスアース、ユミちゃん参戦に兵真兄復活と大きく動かしてきましたねえ
シミ >> 危篤状態をじっくり見せられすぎてまいっちゃう>ANGELVOICE
シミ >> ハルト君がただでさえ鬱陶しい感じに思春期をこじらせているのにここにユミちゃんや兵真兄を投入したら一体どうなってしまうのか
GiGi >> ANGELVOICEはもう言葉も無いですなあ
LD >> 『エンジェル・ボイス』が、もう本当に大詰めですね。
カルマ >> 「バーサスアース」状況の進め方はいいですね。ただちょっと部隊を整えるとかそういう話を進めつつになるとすると…うーん
シミ >> ひなのちゃんが次週おわりパンダのこもどう見ても終わる
GiGi >> ひなのちゃんペース早いなーと思ってたらそのままゴールしてしまった感
シミ >> 佐渡川先生のこともあるしなんかドタバタしはじめたな
LD >> 『いきいきごんぼ』、マロミがなんか変わってる。(´・ω・`) なんてこった……。
シミ >> パンダのこもなんか感慨深い作中時間と言うより読者としての「実時間」として愛愛に付き合ってきた期間がちょうど別れを惜しみたくなる感じの期間とシンクロしてるからだろう
カルマ >> チャンピオンばたばたっと終わりますねぇ 本当に突然だ(いやひなのちゃんは終わりそうだったけど)
シミ >> でもいまさら母パンダは愛愛を子供として受け入れるだろうかとゲスの勘ぐり
GiGi >> 佐渡川先生の穴は完全に予定外でしょうしどうなるか
シミ >> 秘境ハンターでしょそりゃ
LD >> さて、では一番を決めましょうか?
LD >> ジャンプ、『ニセコイ』でしょうか。
シミ >> ジャンプ、クロクロク サンデー、ムシブギョー
LD >> ジャンプ、『べるぜバブ』もよかったですね。
LD >> サンデーはなし。
GiGi >> ジャンプはべるぜバブかな
LD >> マガジン、『UQホルダー』、『アクマゲーム』。
GiGi >> サンデーはムシブギョーで
シミ >> マガジンUQホルダー チャンピオン 雨天決行
LD >> チャンピオン、『バチバチ』。
GiGi >> チャンピオンはバーサスアースかな
GiGi >> UQホルダーでしょうかね
シミ >> 推すなぁw
カルマ >> ジャンプ「べるぜバブ」サンデー「ムシブギョー」
カルマ >> マガジン「UQ HOLDER!」
LD >> 『UQホルダー』、『アクマゲーム』、『バチバチ』あたりでしょうか。
カルマ >> チャンピオン「バチバチ」「バーサスアース」
LD >> 『UQホルダー』でいきましょう。
LD >> それでは、今週もありがとうございました。お休みなさい。
シミ >> おやすみなさーい
カルマ >> おやすみなさいませー
GiGi >> おやすみなさいー


■■■■2013年09月08日■■■■
LD >> うぃしゅ!
GiGi >> ばんわ
LD >> こんばんば。
カルマ >> こんばんはー
紙魚 >> こんばんは
紙魚 >> 竜巻やばかったですw
GiGi >> 埼玉でしたか
LD >> あああ!竜巻!どうでした?
紙魚 >> バイパス移動中だったんですが道路から見える家の屋根は半分ぐらい吹き飛んでました
紙魚 >> 屋根材が道路にゴロンゴロン転がりながらくるんでびびりました
GiGi >> 昔住んでるところの近所で竜巻があったんですが、あれはちょっと非日常感ありますね
LD >> 今週はサンデーからでしょうか。
LD >> 屋根が吹き飛ぶって、非日常というか、非日本感すらありますね。
紙魚 >> ビーブルース アンナ>>>>アイコ>>ユキ っぽいな美少女度は
紙魚 >> 作中でカワイイカワイイ言ってくれるから安心して見てられるね!
LD >> 『国士無双』、外の世界の方が恐いというか、強い世界なのか。
GiGi >> 畑先生攻めるなー。読者の期待に答えている気は市内が面白い
紙魚 >> こう美少女とされるキャラばかりで固めると龍ちゃんは屈託が無いんじゃなく性欲無いんじゃないかとおもえてくる
GiGi >> なんか世紀末的状況なのだろうかと思ってしまう>国士無双
紙魚 >> 最近はやってますねコレ>外の世界の方が恐いというか、強い世界なのか
LD >> 『神のみぞ知るセカイ』、ちょっと描写が分からなかったのですが、「お前もバカだ」と言われて教室が壊れたのは、香織さんの力なの?
カルマ >> 「国士無双」外が危険って話なんだけど武術家自体は外から集める…?ふうむ、という感じ
LD >> 『国士無双』、うん、でもちょっと違うような…。外へ出なければ守られている世界にも感じてしまったんで。>最近はやってますねコレ>外の世界の方が恐いというか、強い世界なのか
紙魚 >> ムシブギョー 無涯さんに萌えてくださいよとわかりやすいボールが飛んできた
LD >> 『BE BLUES』、犬の散歩してたの桜庭かあ!
カルマ >> 向上心を持たなくともカリキュラムに応じればそこそこ強くなって外に出られるっていうのは義務教育っぽさもあり
GiGi >> いやそれは桜庭でしょうw
カルマ >> 先週の段階で桜庭しかいないかとw
LD >> 『BE BLUES』、美少女度、アンナ>>>>アイコ>>ユキは、実際、演出敵にもそうだけど、画的にもそれは出ていると思う。
紙魚 >> そういや大岡殿の生死が不明のまま新章突入しっちゃったんだが>ムシブギョー
LD >> あ…(汗)そうなんだ。僕は「…新キャラ?」とかいろいろ考えていました。> いやそれは桜庭でしょうw
GiGi >> 銀の匙が救済したおかげでアナグルモールがまだ救済扱いだったことを思い出した
紙魚 >> 「RINNE」教師ポジション投入なのに設定に拡張性が0でもったいない埋め方したようにおもえる
LD >> 『マギ』、うん、突然、悪の化身のような怪物が現れて、世界中の英雄が集まって、怪物を倒してしまったようだけど、これがこの後、世界にどういう影響を与えるのか。
LD >> 『アナグルモール』、ずっと救済扱いですよ。
GiGi >> マギの今の状況は何かわりとトリコの今の状況とかぶって見える
紙魚 >> マギ モルさんの強さへの渇望が手段と目的が入れ替わりかけてるレベルで笑った
LD >> 『ムシブギョー』、うん、その意図はわかるんですけどね。…負けず嫌いってそんなに可愛いのか?(´・ω・`)>無涯さんに萌えてくださいよとわかりやすいボールが
紙魚 >> あーそれは思ってましたがトリコの方が少し巧くいってるかな>マギ
カルマ >> 「マギ」各国のトップの世界認識が大きく塗り替わったかと思いますが、そこで何を考える人間が出てくるかということかなぁ…
LD >> 面白い所ついている気がします。> マギの今の状況は何かわりとトリコの今の状況とかぶって見える|…と言われて、今気がついたのですが『トリコ』にしても『マギ』にしても、今、『ロードス島戦記』の英雄戦争やっている気がしますね。
GiGi >> マギは守るべき人を画面に映せてないところがうまくないですね。マン・オブ・スティールと同じくらい上手くない
紙魚 >> 最上の明医 もははあらゆる場面でベスト回答を選びとることができる勝利を約束された本宮ひろ志主人公なので体制の刷新を痛快と思わせ続けてくれるかどうか
LD >> 『最上の明医』は、いよいよ……なんだ?医者編というか、そんなの?
紙魚 >> ノベル まともな母親はおらぬのか
紙魚 >> 医者編って医療をとりまく問題ですよね。今までもずっとそれやってきて直接触れられるとこにきたというか 今までが最貧国の現状見せたり、船に乗ったり医者がばたばた倒れたり殺人事件が起こったり妙なアプローチばかりだっただけで
LD >> 『境界のRINNE』はとにかく金額がセコくてつらい…いや、笑っちゃうんだけど。
紙魚 >> 兵部少佐のオイシイところどりっぷりが様式美の域に達してて変な笑い起きる
LD >> 『ノベル』って、言っちゃうと、ずっと鬱展開なんですよね。…作風から躁いうかカタルシスが欲しいとは言わないんだけど、何かしら快を得たいのですが、どうなんでしょう。
紙魚 >> 國崎出雲の事情 ノベルにも思うが役者に求められる能力って一体何なのだろうと思わせてくれる一話 お互い共鳴しあってるのかもしれない
LD >> 『ハヤテのごとく!』、つらいわ(笑)GiGiさんが面白い言っているけど、コレジャナイ感の方が強い(汗)
カルマ >> 「ハヤテ」は展開自体もそうなんだけど、「展開を先見せ→追っていけば理由がわかるはず→肝心なとこ伏せるんかい!」がもうw
LD >> マガジン行きましょうか。
GiGi >> ハヤテ、天王洲アテネ編と同じくらい読者の方見てないけど、なんか今回のは許せる感があるのは自分でも不思議
GiGi >> UQのしのむーは男の娘でよいのかな
紙魚 >> ラッキースケベが無かったから??>UQのしのむーは男の娘でよいのかな
紙魚 >> いやだとしても股間に違和感を覚えるとかそういう描写を挟むか、、、
紙魚 >> 昔だったら絶対にラッキースケベが生じてた場面でそれが無いのはさすがにギャグ抜きで「普通なら死んでる」とこでやるのは自重したのかそれともこれが赤松先生の覚悟ということなのかそんなことばかり考えた
LD >> 『DAYS』の、桜校って、前の『ふり向くな君は』のキャラですね。つなげてきた…というか『ふり向くな君は』は、けっこう良かったと思うので、嬉しい。
タスタイ >> こんばんは
紙魚 >> それはそれとして前回と同じ構図での引きはロードムービー感出ててよかったですね、なぜ徒歩で向かうのかそもそも徒歩で行けるのかと思ったけど>UQ
LD >> ああ…いや?これは性別“クラピカ”ではないでしょうか?> UQのしのむーは男の娘でよいのかな
LD >> なるほど……“ふつう”ならラッキースケベが起こる場面で、それがおきない……こ、これが『UQホルダー』なのか!(`・ω・´)(←ギジェ顔)
GiGi >> なんで歩いていくのかというのはたしかに不思議ですねw。まあしかし1カット1カットハッタリが効いててすばらしい
カルマ >> あーうんラッキースケベ起きないのは僕も気になりました。男…とはあまり思えないのだけど
GiGi >> ベビステこの展開に持ってくための演出の積み重ねが素晴らしいなあ
タスタイ >> UQ、忍という名前を見た瞬間に女の子だと認識してましたけど、確かに男の娘も成り立つか・・・
GiGi >> ACMAGAME良いです。いわゆるギャンブル漫画との差別化をきっちりとってきてますね
LD >> 『UQホルダー』、いや、ふつうに読むと、読者にばバレバレなのに主人公は男だと思っていたパターンなのですが……このパターンがあまりあてにならない世の中になりましたよね。
タスタイ >> 徒歩で移動するのはお尋ね者だから、でしょうか。この二人なら車くらいのスピードは出せそうですし。
GiGi >> 修行しながら移動できるというのはあるかもですね。
LD >> 『ベビステ』、今までえーちゃんは、つまり切替えができていて、今回、切替ができないのは執着があるからで、執着があるという事は……と、考えなくてもいい領域まで考えてしまうな。
紙魚 >> やたら南国感出してるから離島なのかなとか思ってたんですけどね
LD >> 『UQホルダー』、ロードムービーというか…『仮面ライダー555』くらいの感じ?……でしょうか。
タスタイ >> どちらともとれる、ということなら雪姫に関しても子供形態と大人形態、どちらが年齢詐称薬の効果なのかは読者の想像しだいになりますね
GiGi >> アゲインは本当にまったく先が読めないわ
GiGi >> AKB49はちょっとリミッター振り切り気味な放送事故ですがどうなるか
LD >> 『七つの大罪』、ヘルブラムって誰?
紙魚 >> 七つの大罪 戦闘の同時展開やるには聖騎士のキャラ立ちが悪くて惜しい、いつもそんなこと言ってるけどそこさえクリア出きれば大安定する漫画だと思うんだけどな
紙魚 >> というかこれを乗り切ってしまったらいったいあとは何が残るというのか>リミッター振り切り気味
紙魚 >> A-BOUT! 朝桐が刃物にびびらなかったことが意外というか違和感、今日から俺はの三橋のようなリアクションを想像してた
タスタイ >> ヘルブラムは縛られていたギーラを助けに来た聖騎士で・・・それ以外は情報無かったような
GiGi >> 朝桐はわりと最初からネジがぶっ飛んでる感はありますね
カルマ >> 「AKB49」女子もボクサー履くよね〜というラインのアクシデントなのは大変良い これ収録ですよね?だったら大丈夫かな
LD >> 『聲の形』、この担任は、ちょっと許せんレベルでむかついてる。でも、多分、普通の人なのだろう。
カルマ >> 「ベビステ」はもうね…素晴らしいですね。
LD >> でも、まあなんかキングの知り合いなんですね。
LD >> いや、聖騎士というかギーラとジェリコは、良いキャラだと思うのですけどね。聖騎士という集団そのものの格が気になっているかなあ?…やられ団と思えば今の形もよいものだと思うのですが。
LD >> 『アクマゲーム』よいですね。ベットの内容以外は、かなり良い形で展開していると思います。
LD >> 『はじめの一歩』、板垣負けましたね。その意味を考えているのですが、あまり答えがでません。
LD >> 『アゲイン』、ヒロくんちょっとカッコいいと思っているオレがいる。
LD >> 最近、『AKB49』を読んでいると、『俺たちのフィールド』ワールドカップ予選編を読んでいた時のような気分になります。
紙魚 >> なぜ?w>『俺たちのフィールド』ワールドカップ予選編
LD >> いや、なんかAKBもいろいろ卒業があって、初期構造をたもてなくなってるし(笑)
LD >> それはそれとして『AKB49』、最終回クラスのピンチだと思うのですが、とっさに可愛く悲鳴をあげてしゃがめば、なんとかなる……かな?
LD >> チャンピオン行きましょうか。
GiGi >> 弱虫ペダルなんだかんだできれいな形になりましたな
LD >> 『バチバチ』は、展開よいですね。王虎が一敗して、白水さんが休場。これで鮫島vs王虎ってどうなるか分からない……ってまあ、これだと鮫島が勝つのかな?
GiGi >> バチバチここで鯉太郎と王虎が再戦という組みでよいのかどうか迷いどころです。どっちかにミソがついて先延ばしはあるかも
GiGi >> エンジェル・ボイスついに来るべき時がきてしまいましたね。そういう組み方をしてるのはわかっていたけれども、同時に市蘭失点というのがまたツライ
LD >> 『実は私は』は、お父さんはラオウや、大豪院邪鬼のように縮むのに千点。
紙魚 >> バチバチ お姉ちゃんは血つながってないとはいえお姉ちゃんに収まるんだな
カルマ >> 「バチバチ」はこの流れで再戦して鮫島が負けることはないかなぁと思いますがGiGiさんの言うとおりその組み方が正解なのかどうか  短期的には盛り上がりますが
紙魚 >> エンジェル・ボイスはきっついですなぁちょうどお世話になってた社長が亡くなったときに読んだからなおのこと
紙魚 >> ここでマイちゃんママが嘘をついたのはもの凄いレバレッジですな、「嘘を嘘としないための戦い」は熱すぎる
GiGi >> 「嘘を嘘としない戦い」というのはこの一戦のみを射程にしてないような気はしています
GiGi >> 何しろお母さんは今戦っている選手に何かを伝える手段がない
紙魚 >> 実は私は どう隠してたというのか 吸血鬼という事実さえ知られなければなんだっていいのか
LD >> 『囚人リク』は、椿とか史郎の話はどうなってるのかな?どうもなっていないの?
GiGi >> 雨天決行はどんどん筆が載ってるなー
紙魚 >> ウチコミ ラッキースケベどころじゃない ヒロインの尊厳ずたずたじゃないか
LD >> 『777』が面白いねえ。これも一つの『ダークナイト』ですね。
GiGi >> 車田星矢「しかしシャカは未来においてすでに死んでいる」という言い回しは計り知れない大きな力を感じる
GiGi >> ウチコミは下品さがちょっと現代的でない
紙魚 >> 雨天決行はバトルももちろんですが 夜行が移動の仕方とかとにかくスケール感ある、ロングショットで見せるのも怪獣映画っぽい
GiGi >> ダイダラボッチがちゃんと巨大に見える構図を取っているのがとても丁寧
GiGi >> マーニーがマーニーらしい良エピ
タスタイ >> バチバチ、王虎がここで優勝してしまうのはまぁ無いと思いますが、鮫島が王虎に勝つのも次のステージを考えると違う。
紙魚 >> マーニーって初対面の相手に信頼されすぎだろしかし
LD >> 前の『鬼さんコチラ』とつなげて来ていますよね。
LD >> 『雨天決行』、千里さんって何の能力者でしたっけ?
カルマ >> 「雨天決行」楽しすぎます。 雨1粒で夜行の武器を消し飛ばすコマも素晴らしい
GiGi >> 夜行のキャラだけ持ってきて、物語としての連続性はないのかな?という感触ではありますが
カルマ >> 「マーニー」マーニーらしくて良かったですね!
紙魚 >> ペーパーブレイバー ほんとどうしたいのかわからんのぅ この根の無さ不安になる
カルマ >> 「777」は小沢先生の温度的に「もしかしてもう救出失敗パターンを描くのか?」とか妙なハラハラ感を持ちながら読んでしまいます。
GiGi >> ペーパーブレイバーはこの不安定さが勇者くんの戸惑いとうまいことシンクロしているところはある。次の一手がどうなるか
タスタイ >> マーニー、こんな個人的な理由で監視カメラの設置を許していいのかというツッコミどころはあるんですけど、それもマーニーへの信頼ですかね
LD >> 『ペーパーブレイバー』、なるべくしたなった展開ですが勇者のがんばりがよく分からない。…いや、この状況になったらそうなる事は分かるんだけど、キャラが変わったように感じるんだよね。
紙魚 >> バーサスアース メールのテキスト量にカナちゃんが病んでしまったのかと一瞬ビクリとした そんなに時間経ってる気がしてないから
LD >> …違うな。今まで白窓さん視点で、不思議な勇者を眺めて来たのに、ここで勇者に視点移動や共感を求められるきつさのようなものが出ているんだ。
LD >> 『エンジェル・ボイス』は、来る所まで来ましたね。あとはボイスが聞こえるだけレベル。
紙魚 >> 泳げひなのチャン 悪くはなかったです、普通に展開していって普通に終わってしまった ここがダメだったって言うのをあげるのは難しいな
LD >> ジャンプ行きましょうか。
LD >> 『食戟のソーマ』、幼馴染子、なぜそこで気のせいと思えるかっ
紙魚 >> 食戟のソーマ  3巻で140万部かこりゃ次で単巻50万乗るな
紙魚 >> 一色先輩が服きてるから一体誰なのかと言ってもらわなきゃわからなかったところだ 
紙魚 >> 次週さらっと半裸だったら面白いな
紙魚 >> ワールドトリガー  9発制限というのはまったく弱点感無いんですがリロードの条件は一体何なのだろ
LD >> 『ワールドトリガー』、安定しているのでしょうか。かなり地味に思うのですが。
紙魚 >> ニセコイ まったくいつもどおりのニセコイなのだけど何故か今週は楽しめました
LD >> 『暗殺教室』、殺し屋としての教育がはじまっていますねえ。このラインがどういう着地をするのか、非常に興味があります。
LD >> いつもは楽しめてないのか!(`・ω・´)
LD >> 『トリコ』に、『ロードス島戦記』を持ちだしたのはよかったかも。一つの見立てとしていろいろなものが見えそうな気がします。
紙魚 >> クロクロク 面白い この水準を維持できる限り一話完結をがんばってほしいものだ
紙魚 >> ひめドル!!  シチュエーション作りが、、、うん、、、まぁニセコイの域では無いとは思うんだけど
カルマ >> 「ソウルキャッチャーズ」次エピ始まったということでいいのかな、結構巻いてた印象でしたが
紙魚 >> 黒子のバスケ うむ、非常に満足な過去編でした 黒子のバスケって漫画の骨子を改めて固められたと思います
LD >> 『黒子のバスケ』、黄金時代編よかったです。
紙魚 >> ジャコ 勝手に11話だと思ってるけどあと4話で宇宙にいけるんだろうか
カルマ >> 「黒子のバスケ」非常に良かったです。
LD >> 『ハイキュー』…ほら、新マネ投入したら清水さんの出番は増えてる。(`・ω・´)
GiGi >> ソーマ売れてますねえ
GiGi >> ハイキューは男は男同士で喋ってるので女の子は女の子出したら動き出すのは必然ですな
GiGi >> べるぜバブあとなんかやること残ってたっけってレベルの満足感
LD >> 『べるぜバブ』は、うん、姫川の格がここまである事は知ってた。(`・ω・´)
タスタイ >> 黒子のバスケ、過去編はよかったんですけど、決勝前まで出さなかったのはもったいないなぁと思ってしまう
タスタイ >> 赤司にラスボス感が出たわけでもないので、全国前がちょうど良かった
LD >> 『ばるぜバブ』、神崎が『幽白』でいう桑原くらいの位置に収まってくれたので、かなり強い構造になったと思いますが、しかし、そろそろ終章なのででしょうか。
タスタイ >> ハイキュー、清水さんの新しい表情が見れて嬉しい!というのがシンクロしてキャラへの愛着が増しますね
紙魚 >> いや幽白でいうならこの王臣紋の設定もいきなりテリトリーぶちこんだようなもんでどうとでも新展開放り込める漫画だとは思うんですけどね
LD >> う〜ん、どうでしょう。単純に、構成のキレイさでいえば全国前なのでしょうが、僕は元々奇跡の五人のスペックを不安視していたので、彼らが安心できると分ってから見た黄金時代編がよかったですね。結局、五人が面白くないと「過去編やられても…」くらいの気分にはなっていたと思うんですよね。
LD >> 『べるぜバブ』は
LD >> 『べるぜバブ』は魔界編が異世界がいまいちだったという経緯があって、そこにたどり着くのが宿題のような所があるんですよね。…別に宿題にしなくてもいいけど。
LD >> さて、では一番を決めましょうか?
LD >> サンデー。なし。
LD >> マガジン、『アクマゲーム』。
紙魚 >> 僕もキセキの積み上げがあったから効いてくる過去編だったと思いますね
LD >> チャンピオン、『雨天決行』か『エンジェル・ボイス』。
紙魚 >> サンデーなし マガジン 「UQホルダー」か「ベビステ」チャンピオン「ANGELVOICE」 ジャンプ「黒子のバスケ」
LD >> ジャンプ、『黒子のバスケ』か『べるぜバブ』。
タスタイ >> ハイキュー、ケンイチ、べビステ、雨天決行
カルマ >> マガジン「ベビステ」「アクマゲーム」
GiGi >> サンデー厳しい。チャンピオンはエンジェルボイスか雨天決行か777、マガジンはベビステ、ジャンプは黒子家べるぜ
カルマ >> チャンピオン「雨天決行」「マーニー」
GiGi >> 並べてみるとチャンピオンの層の厚さがやばい
カルマ >> ジャンプ「黒子」
カルマ >> サンデーは…無いな
LD >> う〜ん、今週は『エンジェル・ボイス』にします。他の候補もよいものあったのですが、今週はこれで。
LD >> それでは、今週もありがとうございました。お休みなさい。
GiGi >> エンジェルボイスですね。他に上がった候補もとても良かったのですが・。
GiGi >> おやすみなさいー
紙魚 >> おやすみなさい
カルマ >> おやすみなさい。
タスタイ >> おやすみなさい


■■■■2013年09月15日■■■■
LD >> うぃっす!
GiGi >> こんばんは
LD >> ばん。
LD >> GiGiさん、ラジオ日程的にはどうですか?16日とかはどうですか?
GiGi >> ラジオは来週ですかね。いちおう月曜の夜には戻る予定ですが
GiGi >> カルマさんがokなら月曜日でも
LD >> では、来週にしましょう。……土日だとどちらが?
LD >> ああ。
LD >> では、カルマさんに月曜夜を聞いてみましょう。いつでもいいのですが、なるべく早めにとも思っているのです。
カルマ >> こんばんはー。月曜夜でも大丈夫ですよ>ラジオ
LD >> では、月曜夜22時からにしましょう。GiGiさん時間的には大丈夫ですか?
LD >> ちなみに、ジャンプの新号は次週に回します。
名無し >> OKです。台風でイレギュラーな事態がなければw
GiGi >> おっと名無しになってしまった
紙魚 >> こんばんは
LD >> おおう!台風来てますっけね。
LD >> それでは、今週もはじめてしまいましょうか。
LD >> マガジンからですね。
GiGi >> マガジン最近充実してますね
LD >> 『七つの大罪』、お姉ちゃん死んじゃってる?……は、もったいないか?
GiGi >> 聲の形はこれで読切のラストに追いつきましたね。ここからどう展開するのか
GiGi >> お姉ちゃんが死ぬといろいろともったいなすぎるので、次の目的地への先導役になるんじゃないかな
LD >> 『聲の形』…。
紙魚 >> UQホルダー なんで徒歩なんだよとかラッキースケベやらんのかとかいろいろ言ったことのアンサーがいきなり出た
LD >> 『聲の形』、読切の時は、いじめ問題的にクローズアップされたんだけど、多分、そういう物語ではないのだろうなと思う。もっと広い意味でのディスコミュニケーションを扱ったような……再構成の仕方とか見てそう思った。
紙魚 >> 3話目で性別不詳ネタやって前話の忍が男の娘ってのはいくら何でもアクロバットすぎる構成だと思うのだけどん?
カルマ >> 男だらけのバトルものに見せかけて女だらけのハーレムもの…とかw
GiGi >> UQホルダーは2話でしのぶ顔の男の娘(仮)出した後で女顔の美形剣士(仮)出すとか攻めまくってるなー
紙魚 >> 聲の形ってタイトルが主人公とヒロインだけじゃなく全体を包括してるということで?
LD >> 『AKB49』、ボクサーパンツ。これかわしているように観えてかせてませんよね?放送するみたいだし。
GiGi >> これで「どっちかは女だろ」「いや時代的にどっちも男という可能性も」という無駄な火種が
GiGi >> AKB49は爆弾抱えたまま進むのは正しいし面白い
カルマ >> 神鳴流の目的が変容している(かそもそも違う世界)というのも>UQHOLDER
LD >> ん〜…いや、主人公とヒロインが出会ってどうするか?みたいな事をイメージすると、という感じで。>紙魚さん
紙魚 >> 火星派神鳴流なんでしょう 江戸柳生と尾張柳生みたいなもんで(適当
GiGi >> DAYSが今週も大変素晴らしく…あと今週出てきた新キャラが前作の主人公という話も
LD >> 『UQホルダー』、今回のあれで、前回の結城くんは、やはり女だな!(`・ω・´)…と思いましたが?
タスタイ >> こんばんは
タスタイ >> UQホルダー、どんな女の子が出てこようが雪姫のメインヒロイン力は揺るがない、みたいになってほしいなー
LD >> 『はじめの一歩』、板垣が負けた意味をずっと考えていますが……まあ、なんだ。サイコロ振って決めてもいいわけだよね。
LD >> 僕もそれを望みます。何かこう…よかったのですよ雪姫は。>どんな女の子が出てこようが雪姫のメインヒロイン力は揺るがない、みたいになってほしい
GiGi >> わりとこう週替りヒロインでしばらく退場する形は、初期の神のみとかを連想させたり
GiGi >> 板垣が負けた意味は、一歩が負ける可能性を演出する目的ではあるでしょうね
LD >> 『君のいる町』は、ちょっと覚えてないのですけど、すんごいロングパスを回収しましたか?
LD >> う〜ん…?(考)>一歩が負ける可能性を演出する目的ではあるでしょうね
カルマ >> 回収っていうか、掃除したというかw
LD >> 『アクマゲーム』楽しいですね。上杉潜夜は、まだ能力使っていないですよね?
紙魚 >> 旅先で出会ったヒロインたちが先回りして都に着いてて一堂に会するんですね!(まだ徒歩の理由付けが足りないと思ってる
LD >> 『アクマゲーム』、ちなみに「生きることは責任を果たすこと」は、普通にいい言葉だ。
タスタイ >> アクマゲーム、2話掲載で半分を回想交えた主人公のキャラ固めに使ったのは正解ですね
GiGi >> アクマゲームの2話の使い方は見事でしたね
LD >> 『ベイビーステップ』は、胸のすく展開だなあ。正しい手順というか、総合的判断というもので次の決断をする。
カルマ >> マガジンは2話掲載の組み方しっかりしてきましたね
カルマ >> 「ベイビーステップ」素晴らしいですね。少年漫画的にハードルもちゃんと上がってるというこの、この。
GiGi >> ベビステも本当に素晴らしかったですね。今週のマガジンの充実度はヤバイ
タスタイ >> べビステ、めったにないことなので運もありますが、全力を尽くしたからこそチャンスを逃さなかったんですね
LD >> 『DAYS』で、『振り向くな君は』のキャラが出てきたのが、実はうれしい、是非、チビのGK千手くん(だっけ?)も出して欲しい。
GiGi >> 打ち切り漫画の設定を新作に引っ張ってくるのが微妙に流行ってる感?
LD >> 『君を回したい』が、ずっと出張掲載している気がしますが…。
LD >> あれ?他に何かありましたっけ?
GiGi >> 雨天決行とかですねw
LD >> チャンピオン行きましょうか。
LD >> ああ、はいはい!
タスタイ >> ネギまも傍目から見たら打ち切りっぽいですし
LD >> 新連載、『錻力のアーチスト』、面白いです。…腰を痛めた設定をひっぱるわけではないんですね?
紙魚 >> バチバチ 虎城親方の大物感の出し方に作者が自覚的になってきた
LD >> いやいやwwそれは違うww>ネギま!
カルマ >> ネギま!投げっぱなし説は根強いですぞw
紙魚 >> なんのマイナスも抱えずシニアでホームラン当たり前のバッターというのは高スペック過ぎる気もしますけどね>腰を痛めた設定をひっぱるわけ
LD >> 『バチバチ』、もともと虎城親方は天才というか頂点の一人という描きをしていましたが、今回のは海原雄山が嫌味な美食家から、至高の求道者にシフトする瞬間の感がありましたね。
LD >> (マスオ顔で)ええー?『ネギま!』のラストは投げっぱなし説が根強いって、本当なのかい?
GiGi >> 錻力のアーチストは主人公が頭が悪いというのがいいフックになってて楽しみデスね
紙魚 >> それはそれとして打者視点の野球モノってめずらしいですよね、なんかありますかね
タスタイ >> 新連載、県大会ベスト8なら弱小とまではいかないでしょうが主人公の実力をどの辺におくのかが怪我含めて肝ですね
GiGi >> 弱ペダもここだけ切り取るとすげー面白いです
LD >> 『弱虫ペダル』、んんん〜杉元、負けるかな?あるいは弟が勝つとか?
LD >> つ 『あぶさん』>打者視点の野球モノ
紙魚 >> 6人定員ですからなぁやっぱ手嶋さんには落ちてもらうか、、、
GiGi >> ドカベンもまあ
紙魚 >> ああ、あぶさんそうか打者がどうってレベルじゃないから思いつかなかった
LD >> 『錻力のアーチス』、気になったのは、ライバルくんが下衆だったのと、主人公の腰をとりあえずひっぱってなさそうな所。…しかし、何かひねっていそうな気がします。
GiGi >> 手嶋さんは車の中がよく似合う…
GiGi >> ライバル君が下衆に振る舞ったのはあれは別の意図がありそうですね
GiGi >> 車田星矢が面白いのだが
LD >> GiGiさんがマガジン好調と言っていましたが、チャンピオンも好調ですね。
紙魚 >> 白いか黒いかで言ったらこれもまぁ黒高校野球ですよね、ポエムがあるからとっても爽やかだけど
GiGi >> チャンピオンはずっと好調ですね
GiGi >> バーサスアースもいい持ち直し方です
LD >> そう思うくらい、それ程意味ないんですよね。「実は三年間、お前の腰に爆弾仕込んでいた」とかならともかく。>ライバル君が下衆に振る舞ったのはあれは別の意図がありそう
紙魚 >> ここで父親のことはもはや関係ないってのは王虎、常松が抱えるテーマにもかかっててとてもいい一話
LD >> うむ。(`・ω・´)(深くうなずく)> 手嶋さんは車の中がよく似合う…
紙魚 >> 「そのスポーツが好きだから強い」ってのはスポーツマンガの基本文法だけどバチバチはそこが「妄執との決別」ってとこにほぼイコール
紙魚 >> 777 これではまるで別人閣との再契約ではないか
カルマ >> やはり手嶋さんが落ちるしか無いのか…
紙魚 >> 別人格が完全な超能力の域だったらそういうことになってた
紙魚 >> いきいきごんぼ てくの君の暇つぶしが立ち読み巡りとは絶対にスマホとか出てきそうにない世界観というか空気感だな
LD >> 一応、青八木が落ちて、手嶋さん覚醒という道はある。…なんて言うかいろいろ辛くなるけど。
タスタイ >> 2年生から一人落ちるのもありだと思うんですけど、3年生の格が足りないので盛り上がりに欠けてしまう
紙魚 >> ANGEL VOICE ハーフタイムで”嘘”のこと含めて話しちゃう気満々?
紙魚 >> あとは怪我か死ですね、「総北が優勝したよ、、、」いやこれだと寒咲さんが死んでるか>…なんて言うかいろいろ辛くなるけど
GiGi >> ANGEL VOICEのハーフタイムは決断ですね。どちらを選んでもまたそれは受け止めるしかない
紙魚 >> ウチコミ このヒロイン主人公がステップアップするたびにセクハラされるの?(´・ω・`)
紙魚 >> この胸の詰め物の多さは秘匿する気を感じない、いや大きい嘘の方がばれない的考え方か?>ウチコミ
LD >> 『777』、主人公が動機を与えられました。…ある意味では遅い?
紙魚 >> 囚人リク まさか島でしばらく潜伏する気があるだなんて最初から思ってなかったんで「大丈夫かよそれ」っておもっちゃいました
LD >> 『バチバチ』、王虎は、実は石川あたりに負けるといいのかな?
LD >> 『囚人リク』、けっこう看守さんを抱き込める状況あるんじゃないかと思いますけどね。どうするんでしょうね。
タスタイ >> 田中さん、ミサイルまで完備しているような刑務所を甘く見すぎな。
LD >> 『雨天決行』、前作のキャラだしたのは、大正解というか、前作覚えているせいか、何かすごく奥行きを感じる。
LD >> 『ペーパーブレイバー』のガンナーくんは、境界のRINNE並の金銭感覚だな。
紙魚 >> バーサスアース イヨちゃんかわいいしアメリカチームは取っつきやすいし(刀の人以外)ようやく新体制って感じ
LD >> 『エンジェル・ボイス』は、もう、何やってもいい…後は見守るだけ。
紙魚 >> いやここはガンナーくんの金銭感覚より500円で雇った魔王の金銭感覚というか懐事情を考えちゃう場面かと
紙魚 >> バイト暮らししてるのかもしれない、はたらく魔王さまなのかもしれない、そんな魔王さまが身銭切って勇者を倒す理由ってナンダロウ
LD >> 『バーサスアース』、レオとシェリカはちょっとかぶってる気がする。
LD >> ジャンプですね。
紙魚 >> パンダのこいろいろあったけどなんか綺麗な感じに
カルマ >> そういえば「パンダのこ」単行本出ないらしいですね…
LD >> 『斉木楠雄』、人気投票、斉木くん一位は順当ですが、二位は海藤くんですか…順当ですね。
紙魚 >> 暗殺教室 ビッチ先生のビッチな水着より表情がかわいかった
紙魚 >> トリコ、ミトラの戦い方どうなんよ?(´・ω・`)
LD >> 『トリコ』、IGOは食器を使っていて、美食会はお行儀が悪い感じ?……そうとも言えないか?
紙魚 >> あくまでこれはミトラ第一形態だと思いたい
紙魚 >> ソーマ  もず屋さんの原型とどめつつエロくてよかったと思います(小並感
紙魚 >> でもこれ客層というか食べ歩きと持ち帰りで住み分けできてるから普通に共存できるよね
LD >> 『食戟のソーマ』は、ザコっぽい話でよかったです。
LD >> まあ、多分、ミトラは二段階……いや、ご段階くらい変身を残していると思います。
紙魚 >> クロクロク はこれ完全に銀魂の後継だ 顔見知りと遭遇しての暴力的ツッコミで確信
LD >> 『クロクロク』は密度濃いですねえ。
紙魚 >> ひめドル かなりツライけど「主人公とヒロインが閉じこめられたら唐突に弱音吐いたりするもんだよね」ってなんとかおもいこもう
LD >> 『ひめドル』、ん〜〜…………。
LD >> 『ニセコイ』、記憶喪失ネタ、ひっぱるな?(´・ω・`)
紙魚 >> ワールドトリガー トリガーの説明のためにチュートリアル感ハンパないのはしょうがないと思うべきなのかなぁ
GiGi >> ソーマは学外の敵を雑魚として片付けつつ、黒幕演出がそつがない
LD >> 『ハイキュー』、「何かを始めるのに揺るぎない意志とか崇高な動機なんて無くていい。成り行きではじめたものが少しずつ大事なものになっていったりする」もいい言葉です。
GiGi >> ハイキューがっつり良い話でした。女マネちゃんにも奥行きがでましたね
紙魚 >> SOUL CATCHER 指揮で鳩を操作か、そのうち風向きを操るとか潮の満ち引きを操作するとか出てきそうだ
紙魚 >> ハイキュー!! よかったです、この新マネ投入は全面的に成功してる
紙魚 >> スモーキーB.B.  いやぁ打ち切りな打ち切りですね
GiGi >> ソウルキャッチャーズは連載的に背水の陣なのと切羽詰まった状況が良い感じでシンクロしてる
GiGi >> スモーキーBBについてはひとつとして擁護するポイントが思いつかなかったので
LD >> サンデー行きましょうか。
タスタイ >> スモーキーBBは主人公が皮肉言わない頃は面白かったというか、正統派のほうがうまかった
紙魚 >> 神知る、天理の振る舞いがまるでメインヒロインのようだ
LD >> 『スモーキーBB』は、強さを打ち出した主人公に対して、いきなりピンチを与えるのがよくなかった。チームメイトがチームメイト足り得ないのを恐れたのかもしれませんが、であるなら、そういう構造に組まなければよかった。
GiGi >> 天理がメインヒロインの領域に踏み込んできましたね
GiGi >> 芯がないとこういうことになる>スモーキーBB
紙魚 >> ケンイチしぐれVS武器組は1対7じゃんってのはわかってたが荷が重すぎる
カルマ >> 「神知る」過去天理がこういう動きをするとなると今の天理のマインドにも影響あるのかなぁ
LD >> 『スモーキーBB』は、作りとしてはクセモノ揃いのチームメイトを翻弄する……文字通り煙に巻く主人公ではじめて形になる構造だと思ったのだが、そうはならなかった。たとえば『ドリームス』で九里くんがいきなりしてやられるような展開になっている。普通はこれだと形にならない。
GiGi >> ところでアナグルモールが10月から戻ってくるとのことですが、バードメンがしれっと長期休載モード?
紙魚 >> BEBLUES! バーに嫌われてるぐらいでツいてないなんて階段落ちしてリハビリするのに比べたらなんだってんだ!なんて諭しかたにはならんのでしょうけど
LD >> 『銀の匙』、八軒くんの「この子を加工しました」がよかった。うんうん。と思った。
カルマ >> サンデー好調な連載が休み入ったり安定しないですねぇ…
LD >> そうそう!『バードメン』!!……って、今、調べたら次回は46号らしいですね。
GiGi >> 定期的に休むのは良いのだけど、特に切りの良い所というわけでもないと非常に困る
LD >> 『神のみぞ知るセカイ』、いや…?これが予定ルートっぽいですけど?
LD >> (´・ω・`)。o(天理がメインヒロインの流れで微妙にもにょってる気持ちがあるな……これだとハクアが入れないからなのか…?)
LD >> 『ノベル』のお母さんの見通し具合がよいね。「私のためにやってくれる」じゃなくって「いつも行くのよ遠足(友達と行きたい)」を見通している所が。
タスタイ >> 銀の匙、どんどん規模が大きくなっていきますね。これがどこに繋がっていくのか
紙魚 >> 借金返済>どこに繋がっていくのか
紙魚 >> 無いか
LD >> 『BE BLUES』、アイコさんは、もう大体フラグ立ったよね?
LD >> いえ、借金返済につながっている気がしています。
GiGi >> 銀の匙ロシア編?w
カルマ >> アイコちゃんはもう十分でしょう(何が
LD >> 『銀の匙』、駒場が借金かかえたとき、ふつーのマンガなら「即座」に解決してくれる事をイメージする。ちょうど『食戟のソーマ』が「即座」に商店街を救ったように。しかし、それはなくって「そういうマンガじゃないよね」というのが『銀の匙』だった。→
LD >> →「都合よく即座には解決できない」というものを見せるのが『銀の匙』らしさなら、「長期になら解決する道を提示できる」事をみせるのも『銀の匙』のポテンシャル足り得ると、今は思っていますね。
LD >> 『競女』、なかなか良い反撃の形になっていたと思います。
タスタイ >> 銀の匙、どこまでリアリティをもって描けるかが問題ですね。
LD >> 『正しいコドモの作り方』が次号最終回。
LD >> 多分、ストーリー的にはいろいろ穴があった気がするんだけど、何かどこかに行けたような…そんな気がする物語でした。
LD >> さて、では一番を決めましょうか?
LD >> マガジン、『アクマゲーム』、ここの所ずっと『アクマゲーム』な気がする。
LD >> チャンピオン、『錻力のアーチスト』ですね。
LD >> ジャンプ、『斉木楠雄』でしょうか。
紙魚 >> マガジン、ベビステかアクマゲームチャンピオン 錻力のアーチスト
LD >> サンデー、『神のみぞ知るセカイ』ですね。
タスタイ >> ハイキュー、神のみ、べビステ、バチバチ
紙魚 >> ジャンプハイキュー
紙魚 >> サンデー銀の匙か神知る
LD >> 今週は、『錻力のアーチスト』か『神のみぞ知るセカイ』だと思うですよ。
カルマ >> マガジン「ベイビーステップ」 チャンピオン「錻力のアーチスト」ジャンプ「ハイキュー」 サンデー「神知る」で
LD >> え〜っと、『錻力のアーチスト』にします。力強い主人公と、けっこう次の展開がきになるフックがいくつもある、よい一回だったと思います。
LD >> それでは、今週もありがとうございました。お休みなさい。
タスタイ >> おやすみなさい
カルマ >> おやすみなさいませー
GiGi >> おやすみなさいー
紙魚 >> おやすいなさい


■■■■2013年09月22日■■■■
LD >> こんばんは。
GiGi >> こんばんは。クッキー焼いてますか?
LD >> いえ……。こんばんは。
LD >> というより、クッキークリッカー、まだ流行ってますか?既にあまり聞かれないなっている気がしますが。
カルマ >> こんばんは。クッキーは焼かれているのをたまに除いては少し手を入れます。
GiGi >> まあネットの流行は3日で収束しますからね
LD >> たまに除く?ビッグバンが起こるまで貯め続けるのではなくって?
LD >> では、今週は…。
LD >> チャンピオンからですね。
LD >> 『神様のベレー帽』は……
紙魚 >> こんばんは
紙魚 >> 有頂天家族面白すぎるわ、油断してた
紙魚 >> 正直もう語り尽くされてて誰も「人間手塚治虫」には興味なくなってきてる件
GiGi >> 草なぎくんの手塚治虫はなかなか悪くないんじゃないんでしょうか
紙魚 >> バチバチ 石川がいて蒼木狼がいない
紙魚 >> 新キャラ四股名で呼ばれてるけどバチバチのレギュラーキャラたちはそこらへんどうなってんだ
LD >> 『弱虫ペダル』、杉元負けました。……が、なんというかチームとしての積み上げが難しいなあと言う印象。
GiGi >> 確かに蒼木狼いないですねえ。モンゴルに帰ってしまったか…
LD >> いや、この間、ラジオで話していたのですが『バチバチ』がバーストになったのって、蒼希狼が原因じゃないかとかなんとか邪推。>紙魚さん
カルマ >> 制作関テレなんだ>ブラックジャック創作秘話実写 僕も草Kくんはいいと思いますね。タイムスリップ云々は、TV用に主人公視点が欲しかったんだなくらい
紙魚 >> ブリーチ今週も良かったですね ポエムと野球は合うな存外
紙魚 >> 試合になったらどうなるんだろうという不安はある一打席一ポエムではスピードに難アリ
カルマ >> 「ブラックジャック創作秘話」長女のエピが好きで、父親を自分の世界に引き込んで、その結果ブランディングになってるというのが実に好み
LD >> 『実は私は』は何かすごかった。…というか、お母さんの設定が少しわかった。
カルマ >> 「弱虫ペダル」杉元くん非常にいい負け方だっと思うんですけど、チームビルドが進んだかというとまた別の話という難しさ
GiGi >> 基本一打席勝負でやってくれればよいんではないかと錻力
LD >> 『バチバチ』、今週目がいったのは、常松が落ちた事。(`・ω・´) いや、格が落ちたとかじゃなくって。鮫島に。
カルマ >> 野球って試合をショートカットして描いても問題無いというか、マックミランとかそれで十分面白く読めましたし
LD >> 『弱虫ペダル』、これまでいた先輩たちが頼もしすぎてリスペクトが高すぎて、今泉くんや、鳴子くんではカバーしきれない所があるんですよね。明訓高校で土井垣さんが卒業しても、山岡さんが卒業しても殿馬や岩鬼がいれば全然OKの状況とは大分ちがう。そういう形でいけばいいと言えばいいのですが…。
紙魚 >> 777は大火傷部分は犯人の自傷なわけですけどこの漫画ではこのレベルのダメージが「制裁」としてありうるっていうのがわかって、かなり濃い話になりそうだなと
LD >> 『バチバチ』、4人決勝じゃなくって、6人決勝にしたのは……やはり王虎を勝たせて負けさせて……って所かなとか考え始める。
GiGi >> バーサスアース、良い組み立てですね
紙魚 >> ウチコミ 今週の投げのシーンよかった 構図のとり方にもセンスを感じる
LD >> 『錻力のアーチスト』は、面白いですね。実は『シュガーレス』で、マリモちゃんがキャラ格に比して、かなり押さえつけれれていたイメージがあるので、あのキャラの解放をみたいなという気持ちもあります。
GiGi >> ウチコミ、絵はそんなに悪くないんですけどね
LD >> 『錻力のアーチスト』、弐織の打撃を聞いて、転倒してしまう所もいいですね。…変な褒め方になりますが世界の広さから入っていて時流があると思います。(?)
紙魚 >> 主人公のスペック考えたらもっと主人公スゲェっておもえる二話にしてもいいと思うが悪手とはおもえずしっかり面白い>ブリキ
LD >> 『囚人リク』、きわどい(笑)
紙魚 >> 読み切りのほうの野球も形ができあがってきて面白かった 正直スモーキーBBがあまりにヒドかったんで野球漫画になんかやさしくなれる
カルマ >> 「ウチコミ」とてもいい絵を描けてると思います。
LD >> 『シュガーレス』の構造で変だったところを直して来ている印象があります。
GiGi >> テッペンが誰にでもわかりやすいものになってますね>錻力
LD >> 『777』、制裁があるかどうかは分水嶺ですね。しかし、あくまで退治に留めるようにも見えますね。チェリーの二人目は普通に暴走するでしょうけど。
カルマ >> 「アレコレいってもフィジカル無いとどうにもなんねぇ」はまさに日本の甲子園の実状で。
紙魚 >> チャンピオン作家って何気に前作の課題をちゃんと自覚してる人が増えてきてる、雨天決行なんかもそうだけど
LD >> そう。『錻力のアーチスト』、基本構造は風車をねらう『錻力のアーチスト』と同じなんですよね。ただ、屋上で誰が待っているのかわからない事、それから何で上にいくのか明確な事。これはチームプレイがあるからというのもあるでしょうけど。正しくビルドしていると思います。
LD >> 『3LDKの花子さん』、うむ。雪女さんが…(`・ω・´) どうも花子さん以外はみんな可愛いく見える。なぜに花子さんがアカンのか分からん。
カルマ >> 「バーサスアース」良いです。立て直しがちゃんと効いているなぁ…
紙魚 >> バーサスアースは仕込んでる地雷の数が多すぎて、予断を許さなすぎる
LD >> 『ウチコミ』よいですね。単純な話を画で持って行っている。
紙魚 >> 深柱化してる二人もそうだけどカナちゃんが蚊帳の外で浮いてるから物語に合流させるためカナちゃんも死ぬんじゃないとか余計な心配までしちゃう
LD >> 『バーサスアース』、チビレオ姉の子、もう死んでしまうん?しょぼりや。(´・ω・`)
LD >> ジャンプ行きましょうか。
紙魚 >> 「HACHI」こーなんていうか悪い意味ではないんですけど、短い射程で見据えた一話目だったかなと
紙魚 >> 今週のヒキ的に仮に10話で終わったとしても十分目鼻つけられる組み方に見えたんですな私には
LD >> 西先生の『ハチ』は良かったです。しかし、どのくらいウケるかは分からない。駆け抜けて欲しい。
LD >> 短い射程は感じましたね。>『ハチ』
カルマ >> 「HACHI」短い射程で終われる仕組みにすること自体は悪く無いかと。あんまりガッチリ小さく組みすぎると広がらないですが…
紙魚 >> 今週出てきたの倒して終わりでもいいし。次の敵出す遊び部分は十分のこしてるし、長く続けるならどうとでもやりようがあるけど少なくとも一話目から一区切り目指して作ってるのは間違いない
LD >> すごく、当たり前の話なんですが、次にどうするか分からない連載よりはヒキは強くなると思うんですよね。
LD >> 『食戟のソーマ』、ようやく?ふつうにぶっ飛ばしてよさそうな敵が…。
紙魚 >> 九席ということで刻んできたとおもうべきかエリナ様とばしとると思うべきか
LD >> ……ああ!『暗殺教室』のトビラ、黒板アートの大将ですか。
LD >> えりな様は、実力派十席より上なので、刻んでおるのじゃよ?
紙魚 >> コンサルティング兼務というのはいいとこだな他の十傑より腕がちょっと落ちても十傑の格は落ちない
紙魚 >> 黒子のバスケ 貫禄あるわ普通にジャンプ史にのこってよいぞ(上から
カルマ >> 「ソーマ」うまい飯を作ったほうが絶対的に勝ちではなく、シチュエーションごとに客を満足させることが大事なので、「俺はコンサルで安い値段で最大限うまいものを提供することに成功している」はそれはそれで凄みがある(漫画的に面白みがあるかはさておき)
GiGi >> HACHIはカラーの見開き扉がいいですね
紙魚 >> 斉木楠雄 ありがちだけど構成凄いうまかった、絶好調時の浜岡賢次先生ぐらい巧かった
紙魚 >> ニセコイとひめドルを足して30倍ぐらいにした巧さ
LD >> 『トリコ』、マイノリティワールドすごすぎ。ハングリースペースもすごいのだろうけど。…こういう固有結界バトルになっていくのかな?
紙魚 >> トリコは主人公が肉弾主体だからどんどん置いてかれてくという悲しさ
GiGi >> マイノリティワールドは破られ方が良かったですね。というか展開速い
紙魚 >> べるぜバブ  ベルゼバブとは思えないほど次の展開への下準備が丁寧
LD >> 『べるぜバブ』、あ、なんか敵もいい感じ?もう敵とも言えん感じだけど殺六縁起の人たち。
紙魚 >> 男塾方式いや王臣紋の設定があるからリボーン方式で仲間を増やして対決だろうか
紙魚 >> 「悪魔を貸してる」って補足でなんかこの章でやってたことを随分明瞭にしてくれた気がする
紙魚 >> ひめドル!! このキャラクターで切り抜き脅迫文を送りつけるというのがアンマッチ過ぎて何がなんだかよくわからない
LD >> 『ニセコイ』、何か核心っぽい?……まあ、引き返すかな?
紙魚 >> ニセコイ  これ約束の女の子が4人のうち誰だとしても収まり悪いし約束の女の子は死んでるとかそんな感じなんだろうか
紙魚 >> 記憶喪失中の出来事の引き返しとか今後触れられなくなるレベルでんがな>まあ、引き返すかな?
LD >> う〜ん、それくらい、次の物語を作れるくらい、次のフェーズを作れるくらいの設定が入るとキレイなんですけどね。>『ニセコイ』
紙魚 >> SOUL CATCHER(S) をほめたいのだが言語化不能である
GiGi >> ソウルキャッチャーズを
GiGi >> ソウルキャッチャーズは主人公の才能をどうにかして絵で表現しようとしてるのがよいですね
紙魚 >> ハイキュー!! が最下位なのは原稿の遅れかとも思ってしまうが新連載二本がまだ保証期間でべるぜばぶとソウルキャッチャーズが調子良いならこんなもんなのかなともおもえる
紙魚 >> ハイキューに勝たなければ短期打ち切りを免れぬとは今のジャンプ厳しいな
GiGi >> ジャコはあと2話というのはわかるんですが、「DB-3」表記はどういう仕掛けですかね。
GiGi >> ジャンプの打ち切りレース厳しいですが、上位陣が一定ペースで畳んでくれるとよいですね
LD >> 『ハイキュー』、おお、鷹がきた。アングルがけっこうキレイに出ましたね。
LD >> 『ハイキュー』は心配していないのですが、僕のそういうのはあてにならないのであった。
LD >> サンデー行きましょう。
カルマ >> 「ハイキュー」はアニメ化前の黒子以上に女性読者ガッチリ掴んでる感があるので心配してないですね
LD >> 『神のみぞ知るセカイ』、天理を上げていますね。……ふむ(考)
GiGi >> 國崎出雲が随分前の方に掲載されてるなーw。いや、最近楽しいですね
紙魚 >> ケンイチ 弓矢はまぁいいとして20ミリ砲を防げる鎧武者は達人も凄いが鎧のほうが凄いぞ
LD >> 『銀の匙』、そりゃロシアは大きいよねえ〜。
LD >> 『國崎出雲の事情』、半落ちだよね?
紙魚 >> 駒場は意固地になる前にお兄ちゃんに勉強見てもらって進学も視野に入れたらどうだ
LD >> 『BE BLUES』、やあ、龍ちゃんええねえ。でも、怪我する事が挫折じゃないんだよ。挫折する事が挫折なんだよ。
紙魚 >> BEBLUES 普通に龍ちゃんの方がもっと大変だったわい!ってはなしだった しかしメンタル弱い奴にこんなこと言っても逆効果じゃん?
LD >> 『銀の匙』おっと、そうですね。すぐにそこに気づくべきだった。>駒場は意固地になる前にお兄ちゃんに勉強見てもらって進学も視野に入れたらどうだ
紙魚 >> 駒場にしろ九重にしろ一度落ちた人間はこうでなくちゃならないと自分自身に捕らわれすぎである
LD >> あっと、同じ事言っていますね。しかし、「このくらいで心を折っていいのか?」という反省にはなるのではないでしょうか。>普通に龍ちゃんの方がもっと大変だったわい!ってはなしだった しかしメンタル弱い奴にこんなこと言っても逆効果じゃん?
紙魚 >> サンデーのトレンドなのか?(いやな流行や)
カルマ >> そうですね。でもたぶんそれだけでやる気出されてもってのはありますね…急に奮起しなくとも、射程を長く取ればいいのか。>「このくらいで心を折っていいのか?」という反省にはなるのではないでしょうか
LD >> 『マギ』、「優れた者」などどこにも存在しないという言葉に、シンドバットをつなげてきたのが意味深ですね。
GiGi >> 駒場って勉強はできる方でしたっけ
LD >> 『ムシブギョー』、久々にお春ちゃんピンチですが、なにかこう……格落ちというか、閑話感覚が強い。
LD >> できないんじゃないでしょうか。野球ばっかやってて。
GiGi >> さて正しい子供の作り方が終わったわけですが
カルマ >> 反復練習の訓練できてる人は勉強にシフトしても強いと思いますけどね>勉強できない
LD >> 『超推脳KEI』、み、水玉のパネル……(`・ω・´)
GiGi >> コナン、世良の兄が苗字が違うといいつつ、関係者が「世良の妹」と読んでいるのが何かの伏線かとは思いつつ不思議な
LD >> あれ?『正しいコドモの作り方』は?
LD >> …と言いつつ、このラストはある意味、当初から想定されているもので、この回がどうという事はないですね。スタート時は設定に首をかしげていましたが、いろいろ形は整ったと思います。
LD >> さてマガジン。
GiGi >> エデンの檻とまたテイストの近い…
LD >> 新連載の『カロン』は、『獣王星』みたいな感じ?(`・ω・´)
紙魚 >> チャンピオン作家は学べると言ったがマガジン作家は学ばんなオイ
カルマ >> 「カロン」…様子見でw
LD >> というか『インシテミル』みたいな感じなのかな?
紙魚 >> デスゲーム大好き編集がいるのだろうか
LD >> それと、この……すごく、ベネディクトさんです。
GiGi >> アクマゲーム、
GiGi >> アクマゲーム、上杉センヤくんは負けても大して失うものないんでしたっけ
紙魚 >> センヤくんは情報提供だけだったんじゃなかったかと
GiGi >> たぶんレギュラー化する算段とは思うんですが、どう使うのかがあんまり思いつかなかったり
紙魚 >> センヤくんの過去挟むと勝てる気しなくなってくるな、なにしろ織田君の人間力がそんなに高くなくて
LD >> 『我妻さんは俺のヨメ』、クリスマスに加藤鷹が乱入してきたのかと思ったけど違った。
紙魚 >> 七つの大罪 たいして善戦してたわけでもないのにやられかたが凄惨になってゆく聖騎士
LD >> 『アクマゲーム』、まあ、ベットの仕方が責任感感じませんでしたもんね。………でも、まあ、そこは忘れる事にしましたが。
LD >> 『ダイヤのエース』が、ホームランシーン、ばしっと決まっている。
紙魚 >> UQ チンコついてるかどうか明言してくれないと困るよ赤松先生ってツイッターで煽られないのかな
紙魚 >> ほんに引っ張る引っ張る
GiGi >> 聲の形ほんとうにどうなるんだろうなー
カルマ >> 「ベイビーステップ」マーシャはよ。
LD >> 『アクマゲーム』、上杉潜夜、よいキャラですねえ。しかし、確かにこれまでの『アクマゲーム』の形式はタッグとかチームのようなものはイメージしずらいかな。
カルマ >> 「アクマゲーム」ゲーム形式にも広がりを持たせる前提でいろいろ組んできているのかも…
LD >> 『アクマゲーム』あと、この潜夜の相棒、直江が気になりますね。特に設定持ちじゃないかもしれないけど、只者じゃない
紙魚 >> 誰が仲間にっていうか出したまんまほったらかしのキャラいっぱいいますからね
LD >> 『聲の形』、ここまでが読切ですね。ここから先のイメージがあるからはじめたんですよね。
LD >> 『ベイビーステップ』、マーシャ来たな!(`・ω・´)
LD >> 『アホガール』、龍一くんがカッコよかった。
GiGi >> もうしまで編集長交代アッピルしたけどどうなるかなー
LD >> マガジンは、そんな編集長で変わるという気もしませんが。
LD >> さて、では一番を決めましょうか?
紙魚 >> チャンピオン ブリキもいいがウチコミおしたい
LD >> チャンピオン『錻力のアーチスト』か『777』
LD >> ジャンプ、『HACHI』で。
LD >> サンデー、『マギ』で。
紙魚 >> ジャンプハチかソウルキャッチャーズ
LD >> マガジン、『アクマゲーム』で。『アクマゲーム』アベレージ高いな。
紙魚 >> サンデーなし
GiGi >> 「錻力」「HACHI」「ベビステ」かなー
紙魚 >> マガジンも特にないかなぁ
LD >> 今週は、『HACHI』にしましょう。
LD >> それでは、今週もありがとうございました。お休みなさい。
紙魚 >> おやすみなさい
カルマ >> おっとアニメ観ていたら。HACHIなら。お疲れ様でしたー


■■■■2013年09月29日■■■■
LD >> こんばん。
LD >> は。
紙魚 >> こんばんは
LD >> こんばん。
LD >> 『モンスーノ』を観て、ビッキーは誰が好きなんだろう?とか考えております。
紙魚 >> 有頂天家族良すぎる、こういうPAワークスの方が好きやな
紙魚 >> 今期は他にそれほど推したいアニメが無いのでとりわけ
LD >> 今週は、ジャンプからでしょうか。
LD >> あ、『有頂天家族』、面白いですね。なんか1話くらい取り逃したっぽいですが。
LD >> 『平成狸合戦ぽんぽこ』ワールドの京都編みたいな感じ。
紙魚 >> 新連載の焼野原ですが落ちモノ居候モノというのはしばらくジャンプになかったですかね
LD >> さて。ではゆるゆるはじめましょう。
紙魚 >> あぁぼくはマフィア映画の構成と重ねて見てるんですよね>有頂天家族
GiGi >> こんばんは
紙魚 >> まだ居候するかどうかわからんけど
紙魚 >> あ、こんばんはっと
GiGi >> そろそろべるぜバブの後釜狙い的な感じでしょうか
LD >> 『焼野原塵』ですが、『暗殺教室』を連想させる所がありますね。
紙魚 >> 伊達センパイの時もそうだったけどノリで笑いをとろうとしてる新人さんはキャラまで完結させちゃってる
LD >> ああ、でも基本プロットは『ドラえもん』なのか。
LD >> 『暗殺教室』は、スナイパー・ペアのキャラ株がストップ高。
紙魚 >> ソーマ、丸井くんも設定持ちだったとはな でも何気に合宿もソツなくこなしてんのよね
紙魚 >> 沖縄編はとりこぼしてた生徒のキャラ立てに配慮してるように見えますね、なんか律もフォワードに戻ってきたし
紙魚 >> HACHIが巻いてるどころじゃなかった(・ω・;)
GiGi >> ソーマはほんとうに隙がない
紙魚 >> 90分映画の構成じゃないかこれは>HACHI
GiGi >> ハチ容赦なく日常を破壊してきましたねー。どうなるんだろう
LD >> 『食戟のソーマ』は、キャラを一気に広げて来ましたね。長期連載フェーズというか。えりな様にストーカー子つけるあたりが最近的。
紙魚 >> 時間飛ぶとか?>どうなるんだろう
LD >> 『HACHI』の疾走感はすごいですね。長期の設定組むより、もらった週で、完全にやり切るのって全然ありだよなあ。単行本売れたら次もあるし。続いた時の事こそ後で考えればいい。
紙魚 >> なんかあらゆる点でワールドトリガーと対極にある連載だなと感じる>HACHI
紙魚 >> 黒子のバスケ 黛とか何気に洛山の5人目のなまえがさらっとでてましたけど既出でしたかね?
紙魚 >> 黒子の代わりだから黛ね、ミスディレクション使いだろうか
LD >> 『ハイキュー』も、マネージャーが回って死角がない感じに。
LD >> 『ワールドトリガー』とは対照的ですね。>あらゆる点でワールドトリガーと対極にある連載だなと感じる>HACHI
LD >> 『ニセコイ』なかなか良かった。自分の事思い出さなくてキレちゃう千棘ちゃんが。やはりラブコメは感情の発露がキモですね。
紙魚 >> ソウルキャッチャーズアマゾンレビューの一体感がハンパない
LD >> 『べるぜバブ』は、古市の話ひっぱりますね。
紙魚 >> 半月で重版かかるなら人気でてると見てよろしいのか?
カルマ >> こんばんは。あれやこれやで全然読めてないですが
紙魚 >> 古市王臣紋出とらんので、鼻ティッシュに限界がきたならこのままの方が動かしやすいという判断では>古市の話ひっぱりますね
カルマ >> (とりあえずハイスクールDxD NEWの最終話はとてもイッセーさんらしくて良かった)
紙魚 >> クロクロク人気無いの?マジで?(・ω・;)
カルマ >> ソウルキャッチャーズpixivで500件ってまずまずではないですかhttp://www.pixiv.net/search.php?s_mode=s_tag_full&word=SOULCATCHER%28S%29
LD >> 古市に王臣紋が出るといい気になりそうですね。
GiGi >> 先週はハイキューが巻末だったしいろいろ試しているのでは
GiGi >> ソウルキャッチャーズ、単行本の反応が良いとしたら続くかもですね
紙魚 >> いやぁ、、、正直言ってひめドルと競ったら圧勝だろぐらいに思ってたりなんだり
LD >> サンデー行きましょうか。
LD >> 『マギ』、ティトスくんがマギになったという事でよいのかな?
GiGi >> マギのこのティトスくんの復活はよいですね
LD >> 『ノベル』が、人格を一つに統合……じゃなくって対等の交渉相手くらいにしようとしているのか?
GiGi >> 神のみ良い展開です
LD >> 『ムシブギョー』が、地面というか足場足元を確認しなおしましたね。良い、というか、やはり『ムシブギョー』はここからスタートして欲しい。
LD >> 『國崎出雲』が気持ちを育むみたいなフェーズになってて、ムズ楽しい。
LD >> 『神のみ』、何となく展開におっかなびっくり感があるのですけどね。まあ、そろそろ色々決めた感じでしょうか。
紙魚 >> 銀の匙 駒場は大丈夫そうなのでそろそろ大川先輩の心配をはじめよう
紙魚 >> ムシブギョーはお春殿は偉大だなと再認識できるエピソード
GiGi >> 巻末の読み切りいろいろ拙いところはありますがなかなかよかったです
紙魚 >> 最上の明医 もはパパがいいひとなのはわかったけど医者としての実力みせてほしいせっかく同じ職場なんだから
LD >> 『ハヤテのごとく!』、これはルカに瑕疵を作る展開なのかな?……ふむ(考)。
GiGi >> 最上のメイイ今週のやり方は筋が通っていて良いですね
LD >> 『BE BLUES』、九重がマークはずせた仕掛けがよく分からなかったのですが……。
紙魚 >> 今週よくわかんなかったですねビーブルース サッカーやってる人なら出てくる単語のやりとりだけでプレイが想起できるのかもだけど
紙魚 >> ケンイチ しかしこの組織ほんとに金塊が好きだな リミの靴にも入ってたし
LD >> 松江名先生が好きなんでしょうね。というか、分かりやすいモノが好きなんでしょうね。マンガとして。
紙魚 >> これだけの量の金塊を船で運ぶとなると比重的に船体のバランスとか心配になる
LD >> マガジン行きましょうか。
GiGi >> アゲインこれはなんというかこれは
LD >> 『アゲイン』、俵くんって……便利キャラ来たなあ(笑)
LD >> 『アゲイン』、いや〜久保先生、画の説得力がすごいっすねえ。バシっときまるし。
GiGi >> DAYSはしかし面白い
紙魚 >> 七つの大罪団長が何者なのかを明かすと言うより何者なのかよくわかってないところへ新しい設定放り込んだように見えてしまう
GiGi >> 七つの大罪はみんな人の話を聞かないのが面白い
紙魚 >> アホガール あっくんさんのデレが見たい
カルマ >> 「アゲイン」はレオちゃんの使い方がかなしい
GiGi >> UQホルダーは意地でも性別を確定させる気はないらしいw
紙魚 >> 不死身だから性がないのかもしれない
GiGi >> そういえば不死者は子作りできるのだろうか
LD >> 『カロン』は、いろいろ設定分からないですね。そのように作っていますね。…主人公がどう動くべきかイメージできなくて緊張感のある状態にも思えるし、『エデンの檻』の時のように切羽詰まっていない感じでもあります。
LD >> 『UQホルダー』、ん〜(考)>不死者は子作りできるか? →A1:できない。血を分ける事で増えるのみ。→A2:できる。冒頭の設定を聞くと単に死ににくい生物に過ぎないので増える必要がある。 A3:できる。ただし生まれてくる子は普通の人間。不死者の体質と、元人間だった機能は別。
カルマ >> 生殖機能までは死んでなさそうなイメージですが>不死者
GiGi >> カロンはいきなりバトルロワイヤルにシフトしてますが、フェイクだと良いなー
カルマ >> 「カロン」エデン終盤の悪い部分「複数の要素を並行して出してどっちかを長い間ほっぽり出す」を最初からやられると厳しい
LD >> いや〜、胸隠すというのは女じゃないでしょうか?(笑)
LD >> 『聲の形』、お母さんかなり鉄面皮だけど
LD >> 『聲の形』、お母さんかなり鉄面皮だけど
LD >> 『聲の形』、お母さんかなり鉄面皮だけど
LD >> おおう…。鉄面皮は用法間違えてますね。
LD >> 『聲の形』、お母さんかなり無表情だけど、はげしいですね。娘さん車に乗せて(多分、見えない角度になってから)叩きに行っている。
LD >> 『アホガール』は……よかった。少し萌えた。
LD >> 『七つの大罪』は、ヘルブラムの強さに驚いた。というか、こう、不等記号をつけて行くとかなりの強さになると思うですが。
GiGi >> お母さんの疲れを描写するのはえぐいですね>聲の形
LD >> 『聲の形』、うん。お母さん、いろいろ思っていそう。
LD >> 『アクマゲーム』は良い。うさぎの仕掛けはなんだか分からないけど、潜夜はゆらぎがあるように見えて余計な事全然しないし、後ろの二人も仕事を見せた。
LD >> チャンピオン行きましょう。
LD >> 『実は私は』、刀ぶら下げてる時点でおかしいと思わないとっ!
LD >> しかし、新キャラ、いい雰囲気ですね。回り良さそう。
GiGi >> 実は私はの新キャラは期待ですね
LD >> 『弱虫ペダル』、よし、わかった。手嶋さん負傷退場で杉元入れよう!(`・ω・´)
LD >> 割と押さえるトコ押さえた感があるんですよね。属性的にも。>新キャラ
カルマ >> 「実は私は」新キャラは良さげですねーというかしっかりポイントを突いてくる
LD >> 『ペーパーブレイバー』、日常話に戻った。
GiGi >> その発想はなかったがありだな>手島さん負傷
GiGi >> 777は次のフェーズに入りましたね
LD >> 『錻力のアーチスト』、基本構造というか話の進め方の骨子は『ハンザスカイ』に近いのだけど、主人公が既に野球に執着がある所が大きく違いますね。競技の差というべきか。その上で凄い先輩ばんばんだそうとしている。
GiGi >> 内田裕也はぬらりひょんだったのか
カルマ >> 「777」はまた嫌な予感しかしないなぁ…
LD >> 『777』は、『ウルトラセブン』のとあるエピソード思い出してました。
LD >> 正解。>内田裕也はぬらりひょん
LD >> そして『3LDKの花子さん』、今回かなり面白かった。
LD >> さて、では一番を決めましょうか?
LD >> ジャンプは『HACHI』か、『暗殺教室』ですね。
GiGi >> ジャンプはハチかなー。
GiGi >> サンデーはマギ、マガジンはアゲインか聲の形、チャンピオンは弱ペダかなー
LD >> サンデーは『マギ』か『ムシブギョー』で。
LD >> マガジンは『アクマゲーム』で。
LD >> チャンピオンは『3LDKの花子さん』で。
LD >> ん〜…。
LD >> 『暗殺教室』か、『マギ』、『ムシブギョー』あたりでしょうか。
LD >> 今週は、『マギ』にしましょう。マグノシュタット編、いろいろありましたが。謎も生まれてますが。いい形で引いたと思います。
LD >> それでは、今週もありがとうございました。お休みなさい。
GiGi >> おやすみー


■■■■2013年10月06日■■■■
LD >> む。
LD >> こんばんは。…定期的にロボット的な書き込みが入りますね。
LD >> 今週はサンデーからですね。
カルマ >> こんばんはー。と言いつつ読めてない雑誌が…
LD >> ちょっと、昔のラジオ流します。
LD >> あ、こんばんは。
GiGi >> こんばんは
LD >> ばんばんは。
LD >>
LD >> では、ゆっくりとはじめましょうか。
LD >> 『マギ』、アラジン、なんでしょうね。この展開は(笑)
GiGi >> マギは文字が多すぎて疲れました
LD >> この、トトって娘、前、こんな顔だったかなとか。キャラ分けのために調整したかな?
LD >> あれ?そうでしたっけ………まあ
LD >> 多いかな?
GiGi >> アナグルモールは連載中断前とテンション変わってないですね
紙魚 >> こんばんは、
LD >> 『ノベル』、二重人格くんは、この下牙な感じの顔になるですかね。
LD >> 『BE BLUES』、いよいよ桜庭登板ですかね。しかし、今いるグループの中で桜庭の復帰が一番難しそうですよねえ。
タスタイ >> こんばんは
LD >> 『ムシブギョー』、これから蟲人が沢山出てくる宣言ですが……虫のままの方がいいような?
LD >> こんばんは。
GiGi >> ハヤテは連載9周年ですか
タスタイ >> マギは気づいたら大団円みたいな締め方になっちゃいましたね
紙魚 >> まぁブリーチもこのぐらいの頃に虚を切ったわけで>ムシブギョー
LD >> 『アナグルモール』は、テンション変わってないですね。…でも、前のヒキ忘れちゃったなあ…まあ、そんな気にしたものでもないんですが。
LD >> ああ、うんうん。僕も正にブリーチの虚の(怪物としての)リストラを思い出していました。>『ムシブギョー』
GiGi >> アラタカンガタリリマスター版というのはこれは代原なんだろうか
LD >> 『ハヤテのごとく!』が、こう、どう言えばいいんですかね。鬱な展開ですね。鬱な展開な分けですよ。
GiGi >> ナギが現状を正しく認識したことを読者にも伝えてきましたね
LD >> ラジオでも話しましたが、ちょっと意図を測りかねてるんですよねえ…なんでナギを追い詰めているのか。
LD >> ああ、でも、具体的に見せる前から既に息苦しかったよ?先読みで息苦しいって分けでもないようにも思いましたが。
GiGi >> 意図としてはナギに試練を与えているわけですが、そういう話でないのならまあやりたくなったからとしか
LD >> 『アラタカンガタリ』、リマスター版ってなんでしょうね……。なんか設定か、セカイ描写増やした?
LD >> さらに、なぜを掛けるけど、なぜ試練を与えているの?>意図としてはナギに試練を与えている
GiGi >> このままだと最後の舞台にナギが立てないからでしょ
LD >> 『絶対可憐チルドレン』、真木の忠臣っぷりとか、葉の忠犬っぷりとか、好きですね。パンドラが人気でるわけだ。
GiGi >> 絶チルパンドラ集結は良かったですね
LD >> ズバリの答えで、納得もしますが、それはナギのキャラポテンシャルを誤ってるかもなあ…。>このままだと最後の舞台にナギが立てないからでしょ
LD >> もっと言うと、精神的に成長しないと、本当に最後の舞台に立てないの?という話でもあります。>『ハヤテ』
LD >> マガジン行きましょうか。
LD >> 『聲の形』、よいですねえ。前回のお母さんビンタは、あれでお母さんのキャラは「ビンタさん」で決まりという感じなわけですが、将也のお母さんイメージも「ビンタさん」になっている所に安心感が(笑)
GiGi >> 聲の形展開も表現もすげー面白いです
紙魚 >> こえのかたち 表現工夫利かせてますな
カルマ >> 「聲の形」面白いですねぇ…
LD >> 『七つの大罪』、ヘルブラムの“リンク”はすごいですね。こういう奴らが揃っていると思うと聖騎士すげえという感じがします。
GiGi >> ヘルブラムは七つの大罪の一人なのかなという気もしてきたり
紙魚 >> アクマゲームは案の定織田君まけちまったわけですがこっから何があるというのか
LD >> 『聲の形』、一言で言うと他者を認識する話なんでしょうけどね……仕掛けの置き方や、誘導の仕方がすごい上手いです。
GiGi >> 織田くん負けましたねー。負け条件は花火と情報だけでしたっけ
紙魚 >> UQホルダーは相変わらずサブカルどっぷりな人じゃないと琴線に響かせるのが難しそうなハッタリをかますな赤松先生は
LD >> ああ、なんか前に一瞬そう思ったんですが、それならもっと大声で開示されるかなあとも思って。> ヘルブラムは七つの大罪の一人なのかなという気も
紙魚 >> UQホルダーのタイトルは無限の住人でもよかったな
GiGi >> UQホルダーはここまでで1巻かな
紙魚 >> なぜかCLAMPを想起した今週のUQホルダー
GiGi >> ツバサ・クロニクルは連想しましたね
紙魚 >> アホガールは海に行くメンツが”レギュラー”と考えていいのかな

MANKEN CHAT(1.1)